青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「押し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~抱い 抱い~ ~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ 押え~ ~押し
押し~
抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拭い~

「押し~」 3046, 33ppm, 3565位

▼ 押し~ (1632, 53.6%)

22 みた 17 いる, みると 16 くる 15 いた, 来る 14 行く 13 やった 12 入ると, 出て, 見た 11 ある, みたが, 中へ, 来た, 来て, 行った 10 きた 9 くれ, みたり, 行くと, 見たが 8 いるの, みました, 外へ, 行けば, 行つた, 見ると 7 あった, おいて, はいって, やりました, よこした, 中に, 入った, 行くの 6 いった, いると, 帰って 5 います, やる, ゆくと, ゐた, 入って, 帰った, 置いて 4 あるの, みても, みますと, ゆくの, 下さい, 來る, 外に, 女中を, 来るの, 行こうと

3 [18件] いなければ, おくが, みたけれども, みて, やらうと, やろうと, ゆく, 出ようと, 押入れ探ぐつて, 有がたう, 来ると, 案内を, 歩いた, 物を, 給仕を, 行く力, 見たり, 見て

2 [94件] ある一枚, いたが, いたの, いたので, いた安さん夫婦, いったの, いって, いて, いましたが, いるところ, いるよう, おかなくては, おきますが, おくと, きくが, きて, くよう, くる人間, くる力, くれたまえ, くれと, ごらん, しまつ, そこに, それに, それを, どうする, なかへ, はいろうと, みたの, みましたが, みようか, みる, みるの, みるん, やったり, やりながら, やるから, ゐる, ゐるの, ゐるやう, 一人の, 下すった, 丸窓は, 事務室らしい, 云った, 云つた, 來た, 内へ, 出た, 前へ, 呉れと, 女中に, 尋ねて, 居るの, 帰ったあと, 庭の, 廊下に, 廊下へ, 彼女は, 来たの, 来た五十七名, 来た男, 来ても, 来ました, 来るので, 歩いて, 水を, 玄関の, 私は, 置きたいの, 自分の, 自分も, 行かうと, 行きます, 行き突飛ばすと, 行くか, 行くから, 行くところ, 行くには, 行くので, 行くよう, 行って, 見ても, 見ました, 訊いた, 訊いて, 訊くわけ, 貰ふ, 連借, 部屋の, 頼んだ, 顔を, 高い利

1 [916件 抜粋] あげた印, あげようか, あたふた出, あったの, あっちへ, あとの, ありけり, あります, あり裏, あるから, あるそう, あるでは, あるのみ, ある楠木正成, ある老舗, あわただしく関西, い, いかなけりゃ駄目, いきます, いくと, いくら傲慢, いけないもの, いたから, いた小倉, いた棹, いた職工, いた若い, いったところ, いつた, いつて, いつもの, いひけるは, いよいよ本文, いよう, いるが, いるぞ, いるという, いるのよ, いるらしい, いるらしいです, いるトロッコ, いる体, いる支那人夫, いる私, いる者, いる腕先, おいた例, おいでので, おかれたい, おきました, おくぞ, おくの, おそるおそる奥座敷, おもち, おりますけれども, おること, お咲, お杉, お絹, お訊ねおき下さいます, かいて, かつかさねた, きたが, きたの, きた対手, きた汗, くだせえ, くるの, くるまま, くるもの, くるわけ, くる味方, くる孫七牛, くる武蔵鐙, くる荷物, くる馬, くれたの, くれたらおらお前, くれば, くれるの, くれる僞善, くれ八, このおじさん, この裏板, これだけの, ございまして, ごらんなさい, さうし, さへ, さもしい我慢, しまって, しまわねば, ずかずかと, そこから, そそくさと, そのいわゆるスープ, そのまま教会, その弾力, その横, その皮, その道中, それから衣裳, たずねる, たのまれて, たのんだ, ちょっと眺むると新産, つつましや, でて, とつつきの, どうこう云う, どうとも, どんなこと, はいりその, はっきり座骨神経痛, ひらりッ, ぴったり隣, まいったの, まいりましたさかい, ますよ, また大川さん, また雪, まどの日かげ, まわった, まわる, みせたそれ, みたいこと, みたい気持, みたくなったの, みたくなるので, みたところ, みたらそれでも, みたら井上, みた位, みては, みましょうか, みよう, みようとは, みるが, みるまでも, みる突いて, みれば, もらいたいが, もらふた, やったとか, やっと学校, やつらを, やらうか, やりおまけ, やりつつ, やるぜ, やると, やれ, やろうか, やろうじゃ, ゆかう, ゆかれず理論的, ゆきます, ゆくしか, ゆくという, ゆくとさつさ, ゆくべきところ, ゆくよろこびは, ゆく外, ゆく所, ゆく群衆, ゆく足元, ゆけ, ゆこうと, ようやく帰った, よこしたふたり, よこした年少, より幼き, わざわざ出かけ, ゐたが, ゐたもの, ゐました, ゐますどうして, ゐると, ゐる二人, ゐる光景, ゐる母, アンデパンダンの, エレベーターへ, ギラリと, ケント老, スタンドの, スツと, ソコデ松木が, トゥウェルフスカヤの, トラック小屋に, ニタニタと, ハジキ飛ばした, ベッキイが, ポオッスンと, マーヴラに, 一度神奈川沖, 一散に, 一歩ふみこむ, 一角は, 三人くらゐ, 上がり込んで, 上った, 下ったが, 中の, 中庭へ, 乗出した膝, 乾かして, 二人が, 云はれた, 今夜は, 今日の, 仰云, 会場に, 伸一郎を, 体を, 何にも, 來ましを, 保険を, 借りて, 働きに, 先ず支倉, 先生は, 入ったとたん, 入つた, 入りその, 入れて, 共に一緒, 内部の, 再び酒, 出かけました, 出した菓子箱, 出ないの, 出る, 出ると, 出席された, 出掛けたこと, 別れた, 別れを, 前後に, 力業を, 勘定を, 午後八時過ぎまでに, 半廻転, 厭な, 参りました, 参上, 又よみかけ, 取るヒンズー教徒莫大, 取次が, 叩き返せと, 同行した, 呉れたであらうか, 呉れるか, 呉れ脊中, 問ひ, 四角に, 図書室へ, 国境へ, 坂道を, 型を, 堂の, 壇上に, 売品窓から, 夜空の, 大理石の, 夫に, 奉行四名は, 奥の, 女づれ二人を, 女連れに, 威嚇した, 娘の, 安心し, 室の, 家の, 宿の, 寄越すと, 富岡の, 寒さ, 尋ねましたところ, 少しでも, 居た, 居た艪, 居られたので, 居る, 居るが, 山の上から, 左に, 帰られた, 広い廊下, 床板を, 店には, 廊下の, 引越して, 彼は, 後々一切お, 徐々に伸ばし, 御兄さん, 御覽, 御頼み, 怪訝そうな, 悠々と, 懐中電灯の, 戸外の, 扉の, 手を, 手綱を, 承諾する, 押して, 押し倒した, 押分けて, 捲立, 搖る, 放牧し, 散歩に, 敵国へ, 昇殿する, 昨日の, 普通なら, 普通の, 暮す, 来たからの, 来たため, 来たので, 来たよう, 来たらあの, 来た人々, 来た体, 来た十人, 来た自然, 来な, 来ながら, 来ねえとも, 来また, 来るか, 来るため, 来るのに, 来るよう, 来る人波, 来る力, 来る女, 来る尊氏, 来る敵, 来る波音, 来る蘆, 板の間に, 栞共々, 楽屋へ, 横つ, 横波を, 此方で, 歩いた宇平, 歩き出した, 歩く浮かれた男たち, 歸つて去つた, 水の, 汗に, 決して他, 河原の, 消えると, 液を, 湯気の, 漕ぐ馬来人, 火の, 災禍を, 照らせる此月, 玉子と, 理解され愛される, 甲州方面へ, 申し上ぐる, 番頭に, 痛いです, 登って, 目に, 相手が, 真正面に, 石卷左陣の, 石燈籠を, 私が, 空をも, 窓の, 立ち去った, 糞壺の, 締めつける言葉, 繰かえした, 置いたから, 置いた卓子台, 置かなかったの, 置きますよ, 置けば, 義弟の, 聞いたので, 聞くの, 腰に, 自暴自棄の, 若衆二人と, 草花の, 蓋を, 蜂矢探偵が, 行かれますが, 行かんとの, 行きそう, 行きつ戻りつする個人耕作, 行きやしたがな, 行き一通り理解, 行き米店数軒, 行くあと, 行くお, 行くおかみ, 行くという, 行くべきはず, 行くより, 行く交際ぶり, 行く体力, 行く国柄, 行く子供, 行く方, 行く肩, 行く銀座, 行け式, 行こう, 行こうとは, 行ったが, 行ったのに, 行ったら自分, 行ったん, 行った時, 行つたのか, 行つてそこで, 袂から, 西宮を, 見えなく, 見させたり, 見せたり, 見たらええ, 見ては, 見ながら, 見ましょう, 見ますと, 見るが, 見給, 覗きこんだ, 言い残されたこと, 言ふ, 訊きただして, 訊く訳, 訊ねる言葉, 訪れたの, 診察を, 詮議も, 語ったの, 読むという, 請け合う, 責め問う気力, 貰いたい, 貰つただけで, 貰は, 貰へる, 買って, 走らねば, 起ち上つた, 身を, 身体が, 軍務に, 返した, 追い込まれるよう, 逃げ出した, 這入って, 通ったという, 通り二股山で, 通ろうと, 速力を, 進んで, 運動を, 運輸課長の, 道を, 部屋に, 部屋付女中を, 長い事沈黙, 閂を, 開いた, 開いて, 陸地を, 階下から, 離れて, 雨戸を, 雪ま, 電波を, 電燈を, 青空の, 音も, 頃合を, 頼み遊びなか, 頼んで, 飛びこみました, 飛び込む, 食卓の, 飮んだ, 馬を, 鬨の声を

▼ 押し~ (99, 3.3%)

79 押されも 3 おされも 2 どす

1 [15件] あった, きくで, きく骨, しなかったのに, 寄せたり, 強ければ, 押されぬと, 押されぬ位置, 押されぬ名, 押されぬ名士, 押されぬ存在, 押されぬ店, 押されぬ立派, 押されもし, 突きも

▼ 押し~ (88, 2.9%)

14 強さ 3 つよさ, ような, 一手で 2 声を, 太さ, 強い人間

1 [59件] ある真似, かかった古漬, きいたもの, きき目ある, くりかえしは, つもりで, つよい人, つよい量, つよい黒あばた, ふとい方, ぼつて, もとで, 一手だけ, 一手より, 上部ここでございます, 利いた言葉, 利かないこと, 利く一代, 利く人物, 利く仲裁人, 利く奴, 利く物, 力負けで, 動揺が, 喜三郎に, 声にも, 声は, 声や, 外には, 太い人間, 太い尺八乞食め, 実相という, 小船の, 弱さ, 強いいつも, 強いその, 強いの, 強いわり, 強い人, 強い人柄, 強い人種, 強い仕打ち, 強い商人, 強い奴, 強い妾, 強い子供, 強い押売, 強い男, 強い言い, 強い調子, 御先駆, 握るところ, 火光を, 網で, 網に, 自覚が, 試験畜生とは, 音と, 音有能の

▼ 押しても~ (86, 2.8%)

7 叩いても 5 引いても 4 突いても 2 だめだ, びくとも, 小揺ぎ, 押しよう, 捻っても

1 [60件] いうたもの, いつかな, こいつは, ごろごろと, さわっても, たたいても, ついても, とうとう返事, ゆけない, ビクとも, 二十度も, 凹まないくらい, 凹まない位, 出られないこと, 出向かねば, 判然した, 前方から, 力が, 動かない, 動かなくなった, 動かなくなつ, 動きそう, 取次が, 同じ音, 外れる筈, 大丈夫だ, 容易に, 彼の, 忽ちつぶれ, 我慢が, 押しても, 擦っても, 敢て, 明かない応接室, 東京に, 東作爺は, 森閑と, 決して元, 決して彼女, 決して開かない, 渡りたい密境, 現在文学的野望に, 相手が, 福井の, 航空機は, 船が, 血膿に, 見たが, 見たけれど, 誰一人返事を, 貧乏搖ぎもすることではありません, 起きないん, 返事が, 鉄の, 開かないくぐりを, 開かぬ所, 開きやしません, 駄目だ, 鳴らないよう, 鳴らぬと

▼ 押したり~ (75, 2.5%)

13 して 6 引いたり 5 押されたり 3 叩いたり 2 何か, 動かしたり

1 [44件] あるいは猫, いろいろし, かき分けたり, したにも, しだした, しなければ, する, するの, するので, するよう, する事, する會社員, する残忍, その他の, それを, たたいたり, つまんだり, なぐったり, また左右, また放し, また時に, ゆすぶったり, よせと, スイッチを, ノッブを, ノツブを, 垣を, 引っ張ったり, 後ろへ, 手を, 押し返したり, 探ったり, 放したり, 時には, 曳いたり, 母親が, 突っついたり, 背を, 衝いたり, 語數を, 踏んだり, 離したり, 革細工貝殻細工その他を, 鶴嘴を

▼ 押し~ (72, 2.4%)

3 押して 2 けり, ならんで, 押しのぼりみ

1 [63件] いったり, かかった, かかった栄三郎, けちらして, したの, するの, それでも大, ちょっと顔, つめかけた, なったの, なった見物, なって, なりました, なりますが, なると, まきの, もみつぶせや, やると, 上方から, 並んだ, 今ぞ, 出かけた協同問題, 出かけて, 出掛けて, 力を, 十五六名の, 参りましたよう, 取り巻いて, 周囲を, 壁ぎわに, 尋ねられた結果, 帰って, 御一戦, 戻つて来, 投げやられ軍曹, 押されたといふ, 押されつめ, 押されて, 押したため, 押したもの, 押した揚句, 押し下った物すごい, 押し寄せる, 押寄せて, 来るの, 河を, 突ッかけ, 立って, 立つ事, 落ちかかって, 行くと, 行くといった, 行く天勝曰く, 行ったけれど, 行った時, 行つた, 試みた時, 調べようと, 踏みつぶされた, 踏みつぶせ, 集まって, 顔を, 骨牌に

▼ 押しながら~ (70, 2.3%)

2 半ダアス, 私の, 緩い傾斜

1 [64件] いそいそと, うたふ, しばしば立ちどまっ, その提灯, その馬柄杓, それに, それらの, ねり歩いて, また, まだ十二時, もうひとつ, ヂツと, ヴィエイユ・オードリエット街から, 云った, 云つた, 他の, 入口の, 内側へ, 写真を, 出て, 判を, 坂野が, 埒の, 天へ, 始めての, 家を, 家路に, 工場へ, 己の, 彼女は, 往來した, 後から, 急いで, 指さして, 指圧師は, 明るい家, 時計を, 曹操は, 歩いた, 歩いて, 歩くの, 水の, 現れる, 町を, 登りはじめた, 登場, 看守に, 粉ばかりに, 続けた, 考えを, 膝を, 自分の, 船を, 色々な, 蘆の, 行くお, 裏口へ, 赧い, 踊りの, 進んだ海すずめ, 金五郎は, 開く戸, 静かに, 飛びこんで

▼ 押し~ (46, 1.5%)

15 して

1 [31件] くれたかと, くれて, した, したり, した道, しても, しなければ, しましたが, すると, つけて, つとめて, なす者, はじめた, はじめて, はじめると, やめました, やらされる, やろうか, ゆるめぬという, る, 切つてもう, 切つてゐた, 利かせるだけの, 坑夫の, 強く出る, 強めて, 志願した, 私の, 討手の, 試みて, 進めて

▼ 押し~ (45, 1.5%)

6 強くて 2 強い

1 [37件] あったり, あり検事さん, きく, きくところ, きくの, すこし不足, とうとう義父, はじまる, ふてえ, むらで, よわいところ, りか, 交替で, 利いて, 利かない, 利かないせゐも, 利かないそういう, 利かないと, 利かないらしい, 利かなかったばかり, 利く地位, 勝つか, 太いの, 太いや, 太いよ, 太いん, 太く, 太くて, 太過ぎる, 強いか, 強いから, 強いという, 強くごく, 強くって, 強くつて, 強くなくっ, 強すぎる

▼ 押し籠め~ (32, 1.1%)

12 られて 2 て置いた

1 [18件] てある, ておきましょう, てしまった, て其の, て神符, て負っ, られた, られたさうで一度, られたの, られたり, られてからの, られると, られる因縁, られ給, るおつもり, 同樣, 奉って, 奉るさ

▼ 押しては~ (26, 0.9%)

3 いけない, いると 2 ひらうと

1 [18件] あばら骨が, いつた, いつて, くり返した, また水, みるが, ゐるが, 何とも言いませんでした, 危険い, 婚儀を, 押し返されほとんど, 来たものの, 私は, 聞かなかった, 聞かなかつた, 訊ねないと, 貼り剥しては, 近所を

▼ 押し~ (25, 0.8%)

2 つたのは, つて

1 [21件] つてあわて, つてから, つてこの, つてこれに, つてし, つて上機嫌で, つて勘定を, つて妙に, つて数へ, つて毛布に, つて相對しました, つて相手の, つて秋の, つて背を, つて胸一杯の, つて自分も, つて貧乏臭い, アがる, ッた, 合戦に, 腕相撲に

▼ 押し~ (25, 0.8%)

12 ひへ 2 ひて

1 [11件] ひ一人, ひ中, ひ駆けま, ふ, ふだけで, ふなか, ふのに, ふやう, ふ樣, ふ筈, へり

▼ 押し当て~ (18, 0.6%)

1 [18件] がった帆布, させるの, それが, それを, たりする, ながらわっ, ながら一所懸命, 全身を, 接吻し, 早口に, 沈痛に, 泣いて, 真珠の, 私の, 聞き覚えの, 道を, 針金で, 顔を

▼ 押しやつ~ (17, 0.6%)

101 たずんどう, たと, たりする, た後, てある, てしまふ, てやりました

▼ 押し~ (16, 0.5%)

1 [16件] おしてただ, おしてどうやら勇, おしてやろう, なって, ほした歩行, ほして, 云うところ, 八五郎に, 力が, 学問とは, 強氣で, 思いましたが, 思ったか, 思った首山堡, 男前に, 飛躍では

▼ 押し~ (16, 0.5%)

6 せて 3 せた 1 けて来たろ, せたと, せた郎党, せては, せよう, せる所存, せ新田

▼ 押しあて~ (15, 0.5%)

1 [15件] させたくならせるかと, そして叫んだ, そして向う, ながらおさえつけた, ながらされる, ながらすすり泣いた, ながらとうとう, ながらどもりどもり, ながらリュクサンブール, ながら挨拶, ながら遠く, ながら震えた, ぬき足さし足, 強く息, 泣く真似

▼ 押し~ (15, 0.5%)

2 通して

1 [13件] つぶれそう, なびきさうに, のびて, 取り出して, 夜遅く, 彼の, 押しまくって, 春から, 無視し, 物に, 蒋介石政府は, 近いうち国老, 近く国老に

▼ 押し~ (15, 0.5%)

4 して 2 した 1 くし, し, した媚, しては, しながら, し手早く, すやう, す愛嬌, せは

▼ 押し~ (12, 0.4%)

1 [12件] が悪い, が足りなけれ, さえ知っ, だ, である, で道庵, に巧拙, のくふう, の守則, の性質, をし, をしました

▼ 押し~ (12, 0.4%)

21 てさうに, てた, てたり, てていざ, てておいおい, てて離れない, てるやう, て恰も, て水, て聞き

▼ 押し強く~ (11, 0.4%)

1 [11件] その立ち場, なくては, も帝釈宮, やれるの, 出なければ, 坐禅の, 尋ねましたり, 杖に, 葉子に, 藥を, 訊いた

▼ 押しあけ~ (9, 0.3%)

1 て中, て通る, ながらよく, ながら一同, ながら黙然と, なにかポケット, になる, バタバタと, 飛びついた男

▼ 押しという~ (9, 0.3%)

2 ものは 1 ところが, のは, ものでありましょう, ように, ジリジリ詰め, 時に, 間際へ

▼ 押し~ (8, 0.3%)

3 ひながら 2 つた, ひつつ 1 ひ鼻

▼ 押しころ~ (7, 0.2%)

6 がし 1 がされ

▼ 押しちゃ~ (7, 0.2%)

1 いけねえ, いたいよう, ァ転ン, アいけません, 塀へ, 怪我する, 落ちるわ

▼ 押してから~ (7, 0.2%)

1 こっそり拝ませ, ちよつと, でないと, 俄かに, 安心した, 烟を, 重い扉

▼ 押し鎭め~ (7, 0.2%)

21 たもの, つ, つ眼, て麻, ながらさき

▼ 押しかくして~ (6, 0.2%)

1 さも愉快, そのま, にっこりと, ひそかに, みんな毆り, ゐる苦痛

▼ 押しきつ~ (6, 0.2%)

1 た藏前, てきつ, てしまはう, て下女, て遺骨, て鉄筋コンクリート五階建

▼ 押しこく~ (6, 0.2%)

2 られて 1 られずには, られやつ, られ押しこく, り

▼ 押しつつ~ (6, 0.2%)

2 んで 1 のぼる日, むようにやかましくなる, 一歩入口の, 腹掛から

▼ 押し~ (6, 0.2%)

1 つた家は, つていろいろ, つて千兩箱を, つて参つたのでございます, つて来た, の方

▼ 押し立て~ (6, 0.2%)

1 たりこの, ながらおのれ, ながら動い, ながら登壇, はしなかった, 二百余貫の

▼ 押しあい~ (5, 0.2%)

3 へしあい 1 へしあいされ, へしあい笑い

▼ 押しすゝめ~ (5, 0.2%)

21 てゆく, られて, る中軸

▼ 押しての~ (5, 0.2%)

2 夫妻であり 1 ご出陣, ショーバイだ, 疑問に

▼ 押し~ (5, 0.2%)

2 だれて 1 から, はん, はんな

▼ 押しボタン~ (5, 0.2%)

1 でもある, のついた, のよう, の上, はなに

▼ 押し~ (5, 0.2%)

3 さって 1 さるよう, せるよう

▼ 押し~ (5, 0.2%)

2 する 1 すべしなんど, するを, する似たり

▼ 押し拡め~ (5, 0.2%)

1 て動物愛, て文学的, て考へる, ること, 得ると

▼ 押し殺した~ (5, 0.2%)

3 声で 1 笑い声か, 笑ひ

▼ 押しさえ~ (4, 0.1%)

4 すれば

▼ 押しする~ (4, 0.1%)

1 と彼, と思われ, ようで, 郵便配達を

▼ 押しづよく~ (4, 0.1%)

1 いわねば, 出ると, 出るより, 隠れて

▼ 押してまで~ (4, 0.1%)

1 働いて, 失敬な, 書いて, 津多子様は

▼ 押しでは~ (4, 0.1%)

1 あなたき, なくて, 支え切れないから, 竜一は

▼ 押し~ (4, 0.1%)

1 せぬ, だける癖, 存外今, 近すぎ

▼ 押し~ (4, 0.1%)

2 がつて 1 つた, ぼりそこ

▼ 押し~ (4, 0.1%)

1 されて, して, し両, すと

▼ 押し合つて~ (4, 0.1%)

1 ゐた, ゐる, ゐること, 来て

▼ 押し~ (4, 0.1%)

1 が, にその, を受け受け, を貸す

▼ 押し押して~ (4, 0.1%)

2 見ました 1 振り飛ばすと, 見たところ

▼ 押し潰し~ (4, 0.1%)

1 した, また私, 喰い潰して, 押し潰し

▼ 押し~ (4, 0.1%)

2 がす 1 がされ, がし

▼ 押し~ (3, 0.1%)

2 がつて 1 ぐるように

▼ 押し~ (3, 0.1%)

2 何かを 1 ぶし降雪

▼ 押しかくし~ (3, 0.1%)

1 でもする, キツと, 亀の

▼ 押しかへ~ (3, 0.1%)

2 して 1 した

▼ 押しくら~ (3, 0.1%)

2 をし 1 するよう

▼ 押しこら~ (3, 0.1%)

1 へた, へながら熱, へるやう

▼ 押しすすめ~ (3, 0.1%)

1 のため, の精神作用, 出すもの

▼ 押し~ (3, 0.1%)

1 かわいい孫, ぞ, といふ話

▼ 押し~ (3, 0.1%)

3 だて

▼ 押しよう~ (3, 0.1%)

2 のない 1

▼ 押し~ (3, 0.1%)

1 つてゐた, つて來て, には車

▼ 押し~ (3, 0.1%)

1 し, して, し表面

▼ 押し太鼓~ (3, 0.1%)

1 のバチ, の乱打, の初め

▼ 押し~ (3, 0.1%)

2 えて 1 えながら

▼ 押し殺し~ (3, 0.1%)

1 てゐるらしい, 或いは判じあてよう, 押し殺しどもりながら

▼ 押し照る~ (3, 0.1%)

2 や八隅 1 難波ほり江の

▼ 押し~ (3, 0.1%)

1 った, った上杉, って来た

▼ 押し~ (3, 0.1%)

1 つた町内の, つて覗い, なつて來

▼ 押し默つて~ (3, 0.1%)

2 ゐた 1 しまつ

▼ 押しあて涙~ (2, 0.1%)

2 を流し

▼ 押しかぶせ~ (2, 0.1%)

2

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 えすよう, 嫁なら

▼ 押しごと~ (2, 0.1%)

1 にこの, に費す

▼ 押しせま~ (2, 0.1%)

1 つた一日気早の, つた必要と

▼ 押してでも~ (2, 0.1%)

1 やって, 直ぐ上の

▼ 押してとは~ (2, 0.1%)

1 言ひかね, 言わないで

▼ 押しでも~ (2, 0.1%)

1 所望される, 腕相撲でも

▼ 押しながし~ (2, 0.1%)

1 その本質, 敵の

▼ 押しによって~ (2, 0.1%)

1 一ノ関が, 接戦の

▼ 押しぶち~ (2, 0.1%)

1 で枠, を結びつけ

▼ 押しもと~ (2, 0.1%)

2 来た山

▼ 押しよせ~ (2, 0.1%)

1 て來, 一気に攻め落さん

▼ 押しハンドル~ (2, 0.1%)

2 を廻す

▼ 押し一人~ (2, 0.1%)

1 がその, の巡査

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 た押し, にも押し

▼ 押し伏せ~ (2, 0.1%)

1 ながら背中, に押し伏せ

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 るカキ色, る滔々

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 から引っ張っ, へ進め

▼ 押し堅め~ (2, 0.1%)

1 られて, られ從つて

▼ 押し太い~ (2, 0.1%)

1 厚顔な, 男も

▼ 押し太く~ (2, 0.1%)

1 悪狡く, 生きて

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 き天, くやう

▼ 押し廻つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたと, 居る典型的

▼ 押し強い~ (2, 0.1%)

1 弁も, 気性も

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 の肩, は一歩一歩階段

▼ 押し押す~ (2, 0.1%)

1 と圧, と舟

▼ 押し押せ~ (2, 0.1%)

1 ば人力車, ば十

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 がれ, がれず

▼ 押し~ (2, 0.1%)

1 がつて, がりながら

▼ 押し止め~ (2, 0.1%)

1 に出, もしない

▼ 押し石位~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 押し移りうしろ風~ (2, 0.1%)

2 もつ綿雲

▼ 押し絵葉書~ (2, 0.1%)

1 を買い, を買う

▼ 押し脛押~ (2, 0.1%)

2 と參

▼ 押し迫つて來~ (2, 0.1%)

1 るの, る表現

▼ 押し逼つて~ (2, 0.1%)

1 来た前後, 来る氷

▼ 押し開ら~ (2, 0.1%)

1 いた, かれた

▼ 押し階段~ (2, 0.1%)

1 を一気に, を降りる

▼1* [256件]

押しあえ犇めく, 押しあけそこから手招き, 押しあけ人工の花束, 押しあけ剣を抜い, 押しあけ外を覗いた, 押しあけ房の内, 押しあけ筵を拂つて, 押しあてせつ子は理性, 押しあてたまへ, 押しあて両手で縋りつい, 押しあて化粧の残り香, 押しあて彼女の許し, 押しあて様とする, 押しあて眠つた振りをし, 押しあて脈搏を探つた, 押しあて腕を胸, 押しあて首をかしげ, 押しあて鼻を啜り, 押しあるいて, 押しあるいは初期の, 押しお辞儀しながら, 押しかかるように, 押しかくし笑つて, 押しかくし美しい人間像だけを, 押しかたの呼吸, 押しかたまつたりもり, 押しから除外された, 押しからがして, 押しがちになる, 押しくだつて來てゐる, 押しくらまんじゅうをし, 押しくら饅頭をし, 押しぐらいはするの, 押しぐりぐりとそこ, 押しこくった, 押しこまにゃふた, 押しこれが相撲, 押しころした声で, 押しさうにもない, 押しさげ豪刀濡れ燕を片手, 押して敵, 押ししずめ顔色を, 押しすればすぐ, 押しすゑて熱き, 押しずしであって, 押しせまるような, 押しそうにもない, 押しそういうのが, 押しそして無数の, 押しその光を, 押しそれをはぎとつてそこに, 押したてそうな勢, 押しだいと言っ, 押しだけで火蓋, 押しっけられ持ち重り, 押しっぱなしで風入れ, 押しつよさを, 押しつよい態度に, 押しづよい女の四つ, 押しづよい顔をご覧, 押しづよくあれからまた, 押しづよさが感じられるの, 押してあつたので, 押してとも言ひ兼ねた, 押してねえそれにもう, 押してまでも八住は, 押してもというわけには, 押しであるとは思い, 押しといふところで, 押しとおし自分の, 押しとして虱の, 押しとは何んだろう, 押しとめよわれに抗せ, 押しとを以てして, 押しどころもよく, 押しながらをり, 押しならんでいる, 押しにしか進み得なかった, 押しには船員を, 押しひさしやがてこの, 押しひらいたりし, 押しひろがつて, 押しはすと, 押しまげて頭の, 押しまた背中で, 押しまたは隔句に, 押しみや子が, 押して呼吸絶, 押しもう一押しだ, 押しもどす砂とで, 押しもんで扇形, 押しやらそれを, 押しゆするとむっくり, 押しするぞ, 押しよせた生徒たちに, 押しよせるようなうなり, 押したつて, 押しわたり絵島が, 押し一ふんばりを諦めすてる, 押し三校四校まで取る, 押し上ぐるように次第, 押し上つたのだつたが, 押し上つて三河に活動, 押し上つて國の半, 押し下しこれを錦織村, 押し並む鉄兜眼には堪ふる, 押し並んでゐる, 押しに入る, 押し乍ら自分も一緒, 押し人々は熟睡, 押しくるを, 押し伏せるように, 押し伏せ髻を掴ん, 押し何より根本の, 押しおして動かせない, 押し冠さるほど低く, 押しで角端, 押しくるざわざわ, 押し前ヶ岳の三角点, 押し割りながら東, 押し加減にし, 押し反対に父親, 押し合つて角力の勝負札, 押し向うでびっくり, 押し向け知らすれば, 押しけんばかりに, 押し堀切氏はこれ, 押しされて, 押しに仕掛け, 押しってしまった, 押しか何, 押し夫人は気軽, 押しは一人, 押し寄す荒い波ぐらゐ, 押し寿司をほほ, 押しい誘惑, 押しまつて, 押し廻わり突き破って, 押しさも, 押しだ, 押しだけ高, 押しられるよう, 押し戴いて立ち上がりました, 押しの前, 押し打診し薬, 押し抵抗器の丸い, 押しはうとても, 押しかれて, 押し拡げて降りそそぐ, 押し拡め直接筋力と比較, 押し拭いながら充血, 押し拭って笠, 押し拭つて壇を下りた, 押し拭つて真直ぐに祭司, 押し拭ひつ涙に赤らめる, 押し拭ひもせずに, 押し据ゑて何ぞこの, 押し据ゑられたる我はアヌンチヤタ, 押しれるその, 押し擴げて行かず, 押し擴めて支那人, 押し攻めれば落ちる, 押し明けその縁, 押し明け娘のみき, 押し昼食をなす, 押し来り小胆の, 押し枕引き足角力も一席, 押し根気の懸合いだ, 押しの先, 押してて歩く, 押し止めようとしてゐる, 押し歩いちやあ, 押し殺したこゑで暗闇のなか, 押し気味になっ, 押し水兵は引っ張り, 押し水泳島のまわり, 押し沈黙って向う, 押しるる水, 押し流れる力は, 押し深く辞儀し, 押し清水頭と申山, 押しっていた, 押し渡つた天狗黨の始末, 押し渡つて夥しい財宝, 押し潜り西北の方面, 押し潰し粉砕し吹き飛ばす, 押し潰すやうな, 押しをつけ, 押し煙幕に飛びかかる, 押し照れり咲く花, 押し狂っている, 押し狹めらる, 押し申した時に, 押し病室へもどった, 押しつて, 押し登つた時にもそれ, 押しをさしあげ, 押し移つてゐる大きな, 押し移り朱く騒, 押し種々な力, 押しのちょうど, 押し立てたるが如し, 押し立て押し立て二百余貫, 押しんで茂つて, 押し竝んだ巨樹, 押してている, 押し競べというよう, 押し籠め嚴重な見張り, 押し終に世界を, 押し絶頂へ多く, 押し締めて来た, 押しきて, 押しもって, 押し老衰を意, 押しを突きとばす, 押し腕相撲のうち, 押し落しにつけ入っ, 押し落し身をかわす, 押しけて, 押しして, 押しされた気持, 押し親父を勘当, 押し詰つた忙しい時, 押し詰つた江戸の夜, 押し詰つてその噂, 押し課長とふたり, 押しぜられ, 押し向けて, 押し負そうとし, 押してるもの, 押しけてゆく, 押しを鄭寧, 押し迫つたのであらう, 押し迫つた屋根の上, 押しつたが, 押し通り大きな座蒲団, 押し通り南路から越え, 押し通ろうではない, 押し進めば見る, 押し遊ばして, 押しにし, 押し重なる屋根人口稠密の, 押しと鍔, 押し開らいて空, 押し除けして雨戸, 押し除けらる, 押しみ, 押し崩れる, 押しまつて, 押し高城伍長がのっそり, 押しって奴, 押しを呼びました, 押しっていた, 押し默つて了ふの, 押し默つて深刻な顏, 押し默らせようと