青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怒っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

快く~ 快活~ ~念 念~ 念仏~ 念入り~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ
怒っ~
~怒り 怒り~ ~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い 思い~

「怒っ~」 1717, 17ppm, 6674位

▼ 怒っ~ (1423, 82.9%)

64 いるの 54 いた 41 いるよう 32 いる 21 しまった 10 います, いらっしゃるの, 言った 9 しまいました 8 いました, いると, いるん 7 いること, 云いました 6 いたが, いらっしゃるん, 帰って 5 いたの, いるか, しまったの, しまって, みても, 出て, 剣を, 彼の

4 [11件] いらっしゃる, いるそう, いるもの, いる様子, これを, それを, みたところ, ゐる, 叫んだ, 帰ったの, 立って

3 [22件] いたので, いても, いやがる, いるだろうと, いるという, いるわけ, いる顔, おしまいに, おります, どなった, みせた, やった, らっしゃるわ, 人に, 何か, 小翠, 居る, 彼を, 彼女を, 横を, 私の, 行って

2 [73件] いいか, いう, いきなりくるりとうしろ, いたこと, いたでしょう, いたと, いたね, いたん, いて, いないこと, いないの, いますよ, いらっしゃいますの, いらっしゃると, いられる, いるかも, いるが, いるぞ, いるとき, いるとしか, いるに, いるよ, いるらしい, いるらしいの, いる声, いる時, いる最中, いる若い, しまうと, しまっては, しまひました, すぐに, それじゃ, なんかいや, ぷりぷりし, ますよ, みろ, やしません, やって, らっしゃるの, んの, 乱暴する, 了った, 云った, 五郎さんを, 即座に, 叱った, 呶鳴った, 唇を, 天の, 女の, 女を, 妻を, 家から, 巡査駐在所へ, 怒って, 戻って, 拳を, 暴れて, 泣いた, 田豊を, 直ぐに, 真赤に, 私に, 私を, 立上った, 答えた, 罵りながら, 自ら陣頭に, 自分の, 見たり, 途中で, 顔を

1 [820件 抜粋] ああいう, あたしを, あなたに, あの三人, あぶなく鉄拳, あべこべに, あんた達の, いい, いいの, いいもの, いきなり室, いきなり私, いたかい, いたから, いたでは, いたところ, いたとの, いたねえ, いたよ, いた主人, いた城太郎, いた態度, いた源十郎, いた自分, いちど禁門を, いつと, いないという, いないよう, いなかったの, いなければ, いなさるかね, いなさるよう, いましたが, いましたぜ, いましたね, いましたよ, いますから, いますね, いますわ, いやしない, いよいよ鋭鋒, いようが, いら, いらしたけれど, いらしたよう, いらっしゃること, いらっしゃるでしょう, いらっしゃるに, いらっしゃるわ, いらっしゃる様, いられるの, いられる様子, いらッ, いるかと, いるかを, いるため, いるだろうな, いるだろうなと, いるって, いるでは, いるところ, いるなという, いるね, いるので, いるふう, いるらしいのに, いるらしいん, いるらしかった, いるらしくきっぱり, いるらしくも, いるんだい, いるエピミーシウス, いる一節, いる人間, いる口調, いる場合, いる姿, いる小山, いる師匠, いる形, いる恰好, いる樹, いる浪人者, いる者, いる警官, いる象, いる頭, いる顔付, いる風, おいて, おっちり, おまえたちは, おらるる, おられる実に, おりました, おりましたの, おりますよ, おる, おるだろう江戸, おるよう, おれを, お帰り, お杉, かく歴々, かまわなくなったって, からむの, きいた, きた, ぎょろりと睨み, くれるもの, ぐんぐんつめ草, こう叱りつけた, この火事, この餓鬼め, こんどは, こんな表裏反覆, ござろうお, さけびました, しかし冷やか, しきりにすぱすぱ煙, しばらく説明, しまいある, しまいその, しまいまして, しまいましてね, しまいグレゴール, しまい蓋, しまうだろう, しまったから, しまったって, しまったもん, しまった夫, しまった頃, すぐにかの, すっと立っ, ずたずたに, そこを, そのゆくえ捜索, そのノート等, その噂, その大将夏侯淵, その夫, その家, その日, その朝限り高橋, その男, その短い, その臼, その隊, それから, それから後, それならもう, それに, それは, そんだは, そんな奴, たちまちにその, たちまち毒気, たち帰ったという, てよ, とうとう幹事, どうしても二人, どう頼ん, どなったり, どなりました, ののしった, のみいる感情, はれへん, ひどく一閑, ふりまわす鼻, ぶうぶう飛ん, ぶつん, ぷんとし, へんわなあ, ほてって, ぼくの, ましてね, まっくろの, まっすぐに, みたが, みたけれども, みて, みなければ, みるだけ, みるよう, みんないっしょに, みんなで, み給い, もうだめ, やしませんか, やすまいね, やったん, やりました, やろうかとも, やろうという, よかった, らしって, わきから, わたしの, ゐた, ゐたの, ゐるの, ゐるやう, ゐる由, イキナリお婆さんに, ウォルムスに, オレの, カケアイに, ギンネコ号に, サリーの, シモンの, テーブルの, ドクトルという, ナガレ目の, ハンモックに, フルスピードで, ポカリと, マットン博士を, ミサ子に, ミミ族を, ンの, 一人を, 一時は, 七代目賽の, 三日も, 下さい, 中断された, 中白上下, 乱暴を, 了って, 二人で, 二度と再び女, 云い返した, 云っつけに, 云ひました, 五郎を, 人民を, 人間に, 今では, 今度は, 仕舞って, 仲が, 伍長が, 何とて新六郎, 何の, 何百人の, 侍女達を, 俺を, 傍の, 僕らを, 兄を, 児を, 入れ替りながら, 再びそこ, 凛々しいの, 凛々しかった, 出たから, 出でずんば, 刀を, 前吉, 力を, 勘当に, 原城の, 又病気, 受け取らず是非, 口を, 古田の, 叫び出しました, 叱り付けました, 叱付ける, 吠えた声, 吠えると, 吼えますそうして, 呆れて, 呉を, 呼んだが, 命じて, 命令を, 喚きたてた, 喧嘩する, 喧嘩は, 四十哩で, 四月から, 坐り直した, 塩で, 壁掛けを, 外人の, 夜鴉の, 大きくなる, 大きな二本, 大切な, 大剣, 大弥太, 天狗様の, 夫を, 女中を, 始末に, 婆様黙れ, 孟を, 官に, 家主に, 家賃の, 容易に, 射つならなぜ, 将に, 小屋から, 小犬と, 小癪なる, 少将を, 尚その, 尾張の, 居られると, 居りまして, 居りまする, 居るところ, 居るん, 山寺の, 川の, 巨き, 差し控えるよう, 布団を, 希臘方から, 帰ったが, 帰りし後, 帰る, 幽閉した, 庄之, 彼は, 彼女から, 往って, 後を, 御出, 御飯も, 心底この, 怒鳴ったり, 怒鳴って, 思い出すまでは, 恋の, 息を, 悪い方, 悪態を, 悲鳴を, 愛する女, 懲しめの, 成を, 或は名残り, 手兵を, 承知しなかった, 折角の, 挨拶ぐらい, 撲りつけたと, 支那語と, 攻め立て矢叫び, 数ヵ月にわたって, 敵地へ, 斧で, 斬るであろう, 斬ろうと, 早く名主どん, 早く帰っ, 明くる日は, 昨夜も, 曇り岩手山, 曰くさそれでは, 曰く公等みずから之を, 書いて, 曾を, 木刀で, 木部の, 村役人を, 来たそうだし, 来たそこで, 来たの, 来ない, 来なくなったり, 来る, 果ては嫉妬半分お前, 棒を, 権次を, 欺された, 止めさせる, 武器を, 殴りつけなすったわね, 殺すと, 気を, 水を, 決して聞きますまい, 法学部全, 法廷で, 泣いたから, 泣き喚く声, 涙ぐんで, 湧き立つという, 火を, 火吹竹で, 烈しい返事, 無惨にも, 焦燥し, 燕児を, 父を, 牙を, 牡に, 牧宗親に, 狂いたつと, 甲羅の, 男の, 瘠せた男, 白くなった, 皿ごとひっくり返し, 直ちにその, 直ちに中国, 相手を, 真っ暗な, 真先に, 瞋眼から, 研究所に, 破れたの, 破門した, 私い, 私が, 空気銃を, 突然立上, 立ち上がった, 立ち去った, 立ち去るか, 立上がろうと, 立退くあと, 竹の, 答えるには, 籠られ帝, 米袋を, 絶交する, 絶対に, 縁を, 縊死する, 罰を, 罵って, 背中を, 自ら舳に, 自分たちの, 花魁に, 英国領事エリオットを, 荷持を, 菊子を, 葉子の, 薦を, 蛇を, 蛙神の, 見えるの, 見える両, 見せながら, 見せよ, 見せようと, 見たが, 見ても, 親が, 言いますから, 言うこと, 言葉の, 詰ると, 話し合ってるか, 調べたが, 講義を, 警察へ, 貰いたいよう, 赤くなり, 足音荒く, 身を, 転がり回ったり, 辞めて, 返事は, 返事を, 追い来るを, 追っ駈けようと, 追放を以て, 途中から, 過激思想に, 遠く甲州境まで, 部下の, 部屋を, 釈さなかっ, 野枝さんを, 金剛杖を, 長柄の, 門を, 関羽を, 降りろ, 鞭で, 鞭を, 頭を, 飛びかかって, 飛びかかる, 飛び上がりながら, 食卓の, 養家に対しても, 馭者に, 騒ぎが, 鳶を, 鼎を, 鼻を

▼ 怒ったり~ (100, 5.8%)

15 して 4 悲しんだり, 泣いたり 3 憎んだり, 笑ったり, 騒いだり 2 した, する, するの, ふくれっ面を

1 [60件] いいかげんに, いたしますの, いろんなこと, おかしく思っ, こんな講壇, されるの, したが, したくは, したの, した後, しては, しても, してる, してるから, しながら, しながらも, しました, すること, することあれ, するにも, するよう, する時, する様子, する者, すれば, そんな女, なされては, なんかしないでしょう, なんかしなかった, びっくりし, ふきげんに, わめいたり, ラムを, 不愉快に, 何か, 叫んだり, 吠えたり, 呪ったり, 呶鳴っ, 喜んだり, 夢を, 引っ叩い, 怒られたり, 思案し, 怨んだり, 恨んだり, 憂に, 或る, 暴い声, 暴力の, 業を, 毒汁を, 激し, 立ちあがって, 笑うたり, 考えたり, 自分に, 若い娘, 軽蔑させ, 軽蔑し

▼ 怒っては~ (42, 2.4%)

8 いけない 2 いけないと, いけないよ, いないと, いないの, ならない, 困る

1 [22件] いかんよ, いかんよく, いけません, いけませんね, いけません猛獣, いない, いないあなた, いないよ, いない泣きやんで, いなかった, いません, いませんでしたが, いやです, いらっしゃらないん, いるが, とうてい物, ならないこれ, ならないと, ぶち毀しだ, みたが, みたけれど, ゐないの

▼ 怒っちゃ~ (41, 2.4%)

8 いけませんよ 3 いけない, いけないよ 2 いけねえ, いけねえよ, いけません

1 [21件] いけねえいけねえ, いけませんぞ, いけません一時, いけません斯, いないわけ, いないん, いませんか, いやよ, アいけ, アいけない, イケね, イケません, 不可い, 不可ません, 厭よ, 可厭, 困ります, 困るけど, 困るよ, 嫌よ, 宜ない

▼ 怒っても~ (41, 2.4%)

2 しようがない, 仕方が, 仕様が

1 [35件] あなたに, いた, いないかの, いないよう, いない様子, いなければ, いれば, おれは, これ程な, しかし旦那, つかまえどころ, のそのそとしか, みんなそれが, よろしいいくら, ダメだ, 一人の, 仕よう, 仕方ない, 仕方の, 他に, 僕の, 凄い見幕, 嫁は, 子供に, 宜い, 居らず又, 平かな顔である, 怒っても, 恨んでも, 相手が, 知りませんよ, 親じゃ, 諦めて, 駄目だ, 駄目であります

▼ 怒ってなんか~ (12, 0.7%)

2 いません 1 いないの, いないよ, いはしませんからね, いませんよ, いませんわ, いやしません, いるもん, いる様子, おりません, 居るもの

▼ 怒ってでも~ (9, 0.5%)

5 いるよう 2 いるかの 1 いて, いるの

▼ 怒ってや~ (9, 0.5%)

1 がる小, しない, しないがね, しないけど, しないの, しないよ, しなかったよ, しねえって, しねえで

▼ 怒ったって~ (8, 0.5%)

1 おんなじ理屈, それや, どうなる, 何だす, 怖くも, 構わないけど, 歯痛に対する, 結局おんなじ

▼ 怒ってばかり~ (8, 0.5%)

1 いた, いたの, いて, いやがる老耄, いる, いる彼, いる必要, いる青年

▼ 怒っちゃあ~ (5, 0.3%)

2 いけませんよ 1 いけないねえ, いけねえ, 嫌よ

▼ 怒ってね~ (5, 0.3%)

1 それで姉さん, とうとう喧嘩, 庖丁を, 新聞に, 誰かの

▼ 怒ったりは~ (2, 0.1%)

1 しないが, しないよ

▼ 怒っていう~ (2, 0.1%)

1 のを, 間われを

▼ 怒ってばかりも~ (2, 0.1%)

1 おられず憎んでばかりも, 居られまい一時

▼1*

怒ったりなんぞしないわ, 怒っちょるな, 怒ってなはんの, 怒ってなぞいるもの, 怒ってにぎりこぶしをにぎっていましたけれども又, 怒ってのんでる, 怒ってばさら竹の, 怒ってんだい