青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抱え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け 抜け~ 抱~ ~抱い 抱い~ ~抱え
抱え~
~抵抗 抵抗~ ~押 押~ 押え~ ~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子

「抱え~」 1991, 22ppm, 5348位

▼ 抱え~ (1368, 68.7%)

42 いた 31 いる 18 来て 17 いるの 12 出て, 来た 9 笑った 8 笑いました, 笑い出した 7 いたの, しまった, 帰って 6 いて 5 いました, いること, いると, いるよう 4 いたので, いるもの, いる女, きた, それを, 外へ, 持って, 私は, 行って

3 [16件] いたが, いた男, いる者, 何か, 入って, 坐って, 居る, 帰った, 来たもの, 歩いて, 私の, 立って, 笑って, 身体を, 逃げて, 首を

2 [59件] いた赤児, いた酒壺, いって, います, いやしなかったか, いるので, いるのに, いるん, いる家, いる男, うろうろし, お笑いに, きて, くるの, しまいました, もどって, やった, やって, やって来た, ゲラゲラと, ヨロヨロする, 一生懸命に, 下りて, 両足を, 今は, 出た, 右手に, 奮戦する, 室の, 家の, 家へ, 家を, 小走りに, 帰ったの, 帰る, 店の, 戻って, 机に, 来た包み, 格子の, 横に, 歩き出した, 現れた, 田圃の, 笑いながら, 笑う, 笑つた, 腰かけて, 行く, 質屋へ, 身を, 連れて, 道角で, 階下へ, 雪の, 飛び出した, 飛び込んで, 飛んで, 駅まで

1 [962件 抜粋] あくせくし, あげるから, あやしながら, あり三度三度, あるいてる技師, いきなりポン, いそれ, いたお, いたけれど, いたその, いたに, いたよ, いたハトロン紙包, いた一本, いた上, いた乙型スウィッチ, いた五月人形, いた光秀, いた刀, いた因果者, いた壺, いた大刀, いた姫, いた干糜, いた彼女, いた新刊雑誌, いた書物, いた柵, いた武蔵, いた源女, いた牧野, いた田楽女, いた石, いた破壊銃, いた簿冊, いた般若, いた花瓶, いた薪, いた重い, いた鞄, いた風呂敷包, いちゃ, いつも賑やか, いても, いない諸侯, いましたが, いましょう, いらっしゃる琴, いるおかみさん, いるが, いるそうして, いるそれ, いるという, いるにも, いるむかし, いるらしい, いるらしかった, いるカコ技師, いる不恰好, いる主人, いる乳, いる五寸角, いる兵力, いる博士, いる商店, いる大小, いる姫君, いる宏子, いる弁信法師, いる投下爆弾, いる書物, いる様子, いる武士, いる物, いる碁, いる腕, いる若い, いる身, いる部下, いる阿父さん, いる風呂敷包, いる鬼, いれば, うしろに, うまそう, うろついて, おくと, おく必要, おった, おらぬ, おります, おりますので, おる子たち, お婆様, お床, お高, かたわら与八の, きた大きな, きた督郵, くる, くれなかった, くれると, ぐんぐん外, こう風の音, こっそり便所, このお, この河原, これからどこ, これでは, ころげるよう, こんな商売, ござるからな, ごろりと横, さっさと歩い, しばたたく睫毛, しばらく炉, しまって, しまふの, じっとし, すぐに, すぐ逃げる, すごすごと, ずれた枕, そこで置屋, その上, その中, その夜, その座敷, その手元, その顔, それが, そろそろと, たのしい沐浴, たれにも, ちょうど赤い, つかみ取らせる, とても店, とびだした与吉, とりでの, どこやらへ, どこ行く, ねんねこに, はじけそう, ひったてながら, ひょろひょろし, ひらりと, ふらふらと, ぼんやり天井, まごまごし, また出, また膝行頓首, まどろみたり, まるで乞食同然, みたい心, みました, むしろ笑, もどったそれ, やたらに, やってきて, やはり奉公, やりながら, やれと, ゆく女房, ゆく浜子さん, ゆすぶった, ようやく戻っ, よりかかって, ゐるに, エッチラオッチラ家まで, ギリギリ舞い, グーグーグーグー一息, ゴロリと, スタコラ走っ, スポンと, タコ穴の, テーブルの, ノシノシと, ビクトワールが, フロントへ, ポケットの, ロッキングを, 一丈あまりの, 一体どうしたら, 一度警察, 一旦は, 七兵衛は, 三十六峰と, 上って, 上の, 上れぬほどの, 上眼を, 下の, 下宿を, 不本意, 世間に, 中腰に, 乞食にでも, 予め水, 二人の, 二階の, 五条大橋の, 交番の, 人力車へ, 人生の, 今にもそれ, 今更豚, 仕事を, 他の, 付け人に, 仲間や, 伝馬船その他道具一切を, 低く呻吟, 体を, 何処へ, 何家の, 何時までも, 來た, 依頼先へ, 俯伏した, 傍に, 僕の, 兄の, 全身は, 六十何人の, 其処へ, 内科の, 再び奉公先, 出かけた, 出る筈, 割り込んで, 動かなかった, 勝ち誇ったよう, 十三号車まで, 十日二十日と, 半身を, 危い, 去った, 反りかえるよう, 右左へ, 右手から, 向うの, 呻いて, 哄笑した, 喜んで, 喜悦を, 国越え, 園子の, 土臭い人たち, 土間へ, 坂を, 壇を, 売って, 多くの, 夢中に, 大門通を, 天然を, 好い年, 如何にも有閑学生, 学生は, 宅へ, 安閑として, 客の, 家から, 家中を, 寝つかせるため, 寝に, 寝床の, 対岸の, 小さくなった, 小便を, 小屋の, 小川の, 少しも, 少し膨れた, 尾い, 居ては, 居りますため, 居ります体, 居るらしい人, 居る女郎, 居眠るごとく或, 山口を, 岩蔭を, 島田先生の, 巴里の, 帰ったもの, 帰りました, 帰る時, 帽子を, 幾代と, 床の, 店前に, 座食する, 庭先き, 廊下を, 廻り出した時, 弾いて, 当途, 彼の, 彼女の, 彼女自身が, 待って, 後前に, 御堂の, 心の, 思いに, 思わずウットリ, 息を, 悠然と何やらに, 我慢を, 戦争の, 戻った葡萄酒, 手を, 手術台に, 抜かないばかり, 押入れの, 持ちは, 指さされた方, 揺籃の, 放さない大辻珍探偵, 新橋くんだりまで, 日本橋に, 星の, 時々格子戸, 時計屋敷の, 暮らして, 書物の, 朝の, 朱塗の, 来たくらい, 来たバイオリン, 来た一括, 来た土産, 来た大きい, 来た小箱, 来た死骸, 来た琵琶, 来た紙包, 来た銘仙, 来た風呂敷包, 来ては, 来ると, 東へ, 柱に, 梯子裏へ, 椅子の, 楽しみに, 機屋を, 歩いた, 歩かれる種類, 歩道へ, 殆ん, 毎日毎日思う, 水中に, 江戸へ, 河原の, 泣いて, 泣き声だった, 泳げるわけ, 津軽の, 海へ, 清人も, 激しい運動, 火の, 爺さんに, 片手に, 片手を, 狂気の, 玄関に, 玄関へ, 甘い痛み, 生活の, 男に, 町へ, 畳の, 癪に, 白雲から, 盛大に, 直ぐ降り, 真っ裸で, 眠そう, 眼よりも, 石坂を, 禹徳淳とともに, 私たちの, 空を, 窓から, 立ち上った出入り, 立ち上り, 立ち上りがけに, 立ち去った, 立ち退いた, 立出づるは精米を, 竜之, 笑いころげて, 笑いだした, 笑いましたので, 笑い出し, 笑い出しました, 笑い合った, 笑い興じるの, 笑うので, 笑うもの, 笑ったこと, 笑ったり, 笑ひました, 笑われました, 粋な, 絶倒し, 続こうと, 総身に, 縁側から, 縮み込んだ, 置くが, 置くという, 置く女, 考え考え口, 聟殿を, 背戸を, 胸を, 腕が, 腹這いに, 自分ひとりで, 自動車の, 自身が, 舟の, 船の, 花嫁面を, 花屋から, 苦しいの, 苦しんで, 茶の間へ, 董承, 蒲団の, 蔵の, 虎ヶ窟の, 血腥いフランス革命, 行かれる, 行くこと, 行った, 行ったよ, 行ったらしい片, 行衛を, 裏から, 裏店の, 見たかば, 見て, 訪ねて, 詩を, 話しながら, 貧しく暮し, 贅沢三昧に, 走って, 走り出したと, 走り出しながら, 走るという, 起して, 起上り, 路頭に, 身体中血だらけに, 車で, 軍隊に, 転がり落ちるであろう, 辷り出したもの, 逃げかけた, 逃げた桜姫, 逃げましたの, 逃げ出したの, 逃げ出しました, 逃げ帰った, 逃げ廻る始末, 途中から, 通った童女, 通抜けよう, 運ぶ, 遠いところ, 部下と共に, 郷里の, 釜場の, 長い弓, 長い柄, 長い間, 闇の, 阿片を, 障子を, 隠そうと, 震動を, 順一の, 顫え, 飛び出したもの, 飛び込むと, 食堂の, 飢えて, 馬の, 馬を, 馴れない赤ン坊, 高い腰掛, 高林家を, 麓の, 黒焦

▼ 抱えながら~ (79, 4.0%)

1 [79件] あなたの, うつぶして, ここまで, この子, しきりに片手, しなやかな, じっと立っ, それには, のそのそと, キョロキョロと, プカリプカリと, 一寸帰っ, 一座を, 三太夫は, 中には, 二人は, 二十日も, 二階の, 仰向き泳ぎ, 傍らへ, 公園裏の, 内には, 出て, 前へ, 力足を, 叔父の, 叫ぶよう, 叫んだ, 右に, 右の, 呶鳴った, 呻くよう, 器量いっぱいの, 大丈夫よ, 奮闘し, 学校の, 屋敷を, 岩から, 帰った, 平三の, 引返して, 彼の, 彼女は, 待合所へ, 忠三郎は, 思わず独言, 我が家へ, 日の, 格子を, 歩いて, 歩きだした, 涼しい風, 滅茶苦茶に, 漁船へ, 玄関から, 生花や, 留さんの, 眺めて, 眼だけは, 砂に, 私の, 空しく白骨, 立ち上る, 紀久子を, 続いた, 美しい踊り子, 膏汗に, 裏口から, 起きようと, 足の, 辛抱し, 送って, 進行し, 道, 重い曇り空, 闇を, 静かに, 馳け, 高林家の

▼ 抱え~ (61, 3.1%)

2 植木職の, 車夫を

1 [57件] うちには, お座敷着には, お酌さん, ように, ヤッコという, ヤッコも, 上なら, 件は, 入替えも, 分を, 剣術使いや, 取締りを, 取締り一切を, 口は, 嘆願という, 噂などを, 大半が, 大木の, 大木は, 女たちと, 女の, 妓どもを, 姐さんが, 娼妓と, 客筋である, 家の, 小露, 時分流山みりん瓶入の, 栄子が, 歌子に, 沙汰が, 瀬川さんという, 田楽女だ, 田舎侍, 目先へ, 着物を, 稼ぎから, 管理人が, 粒が, 者が, 腕車と, 舞妓に, 芸名なんかを, 芸妓は, 芸妓衆や, 若党も, 読書を, 身だ, 身である, 身では, 車夫か, 車夫が, 近習なる, 遊女や, 遊女を, 遊女誰袖と, 馭者を

▼ 抱え~ (54, 2.7%)

4 の家 3 の方 2 のところ

1 [45件] から懸け合い, から逃げ出した, がす, が参り合わせ, が苦情, とか旦那, として自身, とでおのおの, と一緒, と折り合い, にその, にたのん, にもいろいろ, にも睨まれる, に女, に見破られ, のお, の側, の優越感, の分, の夫婦, の女, の女将, の小, の春太郎, の松木某, の楼, の芸妓家, の芸者屋, の虐待, の親爺, はこの, はよく, は十八, は念, は気違い, は金, までわび, もかれ, も心配, も性急, も承知, や出先, を訪ね, 附き添いで

▼ 抱え~ (43, 2.2%)

5 あるよう 3 ある大きな 2 ある巨木, あろうか, あろうと, あろうという, 五抱えも

1 [25件] あるの, あるほどに, ある一本, ある大木, ある大松, ある大柳, ある幹, ある本丸前, ある杉, ある材木, ある松, ある椴松, ある楠, ある立派, ある老木, あろう太い, すると, せぬし, 三抱えも, 二人まで, 五人あっ, 仕たいと, 持って, 殖えれば, 無いの

▼ 抱え~ (20, 1.0%)

1 [20件] なったの, なったわけ, なられましたか, なりました鋏鍛冶金重, なりました黒坂一齋, なりますとな, なり多, なること, なると, 余る古木, 及ぶ夫等, 当たって, 応じたと, 悪智慧, 成ったが, 成りましたの, 来たけれど, 来て, 相成り念, 頼んで

▼ 抱え屋敷~ (11, 0.6%)

2 をしくじっ 1 から拝領, があった, であったの, と安楽寺, に申し訳, の面目, はねえ, をしくじった, 即ち下屋敷

▼ 抱え~ (10, 0.5%)

1 いっしょに, いっても, お客と, なって, なり諏訪文碌斎竹則, 一つの, 一緒の, 恋仲の, 成って, 相成る身

▼ 抱えては~ (9, 0.5%)

1 この山荘, その頃, 他の, 出入を, 後から, 投げら, 摩醯首羅の, 遊び相手を, 重吉も

▼ 抱えたり~ (8, 0.4%)

3 して 1 二階へ, 私の, 葱を, 首を, 高く肩

▼ 抱え~ (7, 0.4%)

1 あり浜龍, あると, おり房州船形, 不便である, 姐さんへと, 手足を, 生半可に

▼ 抱え~ (7, 0.4%)

2 のある 1 が続々, が門前, じゃあるめえし, に乗る, は父

▼ 抱え車夫~ (7, 0.4%)

2 の元吉, の女房 1 が住ん, の声, はいう

▼ 抱えたち~ (6, 0.3%)

1 にもよく, の前, の寝起き, の床, を相手, を競争

▼ 抱えほども~ (6, 0.3%)

2 ある大きな 1 あるその, ある老松, ある自然木, 投げ込み

▼ 抱え~ (5, 0.3%)

1 おかないで, おき全盛, 為なければ, 相手に, 置いてるが

▼ 抱え~ (5, 0.3%)

1 か何, が社, の車夫, を乗廻, を置いた

▼ 抱え片手~ (5, 0.3%)

1 で背中, で袴, にこうもり, に手綱, は目

▼ 抱え芸者~ (5, 0.3%)

1 がいた, じゃがあの, とでもいう, に口癖, のうち

▼ 抱えその~ (4, 0.2%)

1 上へ, 側に, 口に, 酒場の

▼ 抱えての~ (4, 0.2%)

2 日々の 1 世帯苦労の, 居食いだ

▼ 抱えほどの~ (4, 0.2%)

1 ただ円, 丸木が, 大木の, 松の

▼ 抱え~ (3, 0.2%)

2 咲は 1 十夜は

▼ 抱えそれ~ (3, 0.2%)

1 から極めて, が彼等, へ詫び入った

▼ 抱えつつ~ (3, 0.2%)

1 女王姿の, 金を, 開いたまま

▼ 抱えても~ (3, 0.2%)

1 いるし, 一抱えある, 背負っても

▼ 抱え~ (3, 0.2%)

1 ごたごたする, 小瀧, 流れ込んで

▼ 抱え~ (3, 0.2%)

1 すべて仕込みから, 二人あった, 貫六万吉留八の

▼ 抱え入れた~ (3, 0.2%)

1 からにはそれ, ものらしい, 草履取の

▼ 抱え~ (3, 0.2%)

2 の手 1 には新聞

▼ 抱え右手~ (3, 0.2%)

1 で頻りに, に円い, を外套

▼ 抱え~ (3, 0.2%)

1 の公正証書, の小玉, をつれた

▼ 抱え遊女~ (3, 0.2%)

1 にお, のうち, は駆

▼ 抱えおこし~ (2, 0.1%)

1 さっそく宿, ている

▼ 抱えぐらい~ (2, 0.1%)

1 ある巨木, のとが

▼ 抱えこれ~ (2, 0.1%)

1 も物音, を炊事場

▼ 抱えそう~ (2, 0.1%)

1 なはずんだ, やって

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 ということ, よ

▼ 抱えてね~ (2, 0.1%)

1 おやおやほんとに, 特別室へ

▼ 抱えであった~ (2, 0.1%)

1 がさっぱり, 時分からの

▼ 抱えには~ (2, 0.1%)

1 なるまい, 想像も

▼ 抱えまた~ (2, 0.1%)

1 気味の, 首を

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 い, 本家の

▼ 抱え入れ~ (2, 0.1%)

1 に反対, 手当を

▼ 抱え全部~ (2, 0.1%)

1 によそ, を懇意

▼ 抱え出される~ (2, 0.1%)

1 ので余程, 間にも

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 で片足, も既に

▼ 抱え卸し~ (2, 0.1%)

1 てこの, て月あかり

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 お若, は男

▼ 抱え左手~ (2, 0.1%)

1 は傘, を振っ

▼ 抱え帽子~ (2, 0.1%)

1 の縁, を阿弥陀

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 の室外, をつれ

▼ 抱え紅梅~ (2, 0.1%)

1 は白洲, を呼出せ

▼ 抱え遊二~ (2, 0.1%)

2

▼ 抱え遊女音羽~ (2, 0.1%)

1 というもの, は実に

▼ 抱え~ (2, 0.1%)

1 に泡, のよう

▼1* [184件]

抱えあの焼跡に, 抱えあるかわからない, 抱えいつの間にかいつぞや息子の, 抱えおかれてはどう, 抱えおじさんのよう, 抱えおとのさん, 抱えおとなしい口調で, 抱えおろす家臣たちの, 抱え又娘分, 抱えくらいの椎の, 抱えここからはるか山奥, 抱えざまも懸命, 抱えしろき手は, 抱えすっかり旦那の, 抱えそして立ち去って, 抱えそもそも事の, 抱えそれから後足で, 抱えそれみずからの凡情, 抱えちゃあいられませんよ, 抱えちょっと橋の, 抱え妓だった, 抱えつき雪の上, 抱えつと駈け抜けて, 抱えてから庭に, 抱えてつつーっと, 抱えでありますからだ, 抱えでして, 抱えでない柚木の, 抱えではありませんこれ, 抱えということに, 抱えとぼとぼ退場し, 抱えながらの製作だった, 抱えなどしたが, 抱えなんかおくより, 抱えにも余る大木, 抱えばかりなの, 抱えひとりは手, 抱えほどあるの, 抱えまでするの, 抱えむき出しな板, 抱えもの文献を, 抱えよせて異様, 抱えわかい天才は, 抱えわずかな家臣ら, 抱えソッとドア, 抱えボイラーによっかかっ, 抱え一人は脚, 抱え一時は全盛, 抱え七抱えじゃ, 抱え三度の食事, 抱え三抱えに及ぶ, 抱え上げましてその, 抱え下ろしてきた, 抱え並みには見なかった, 抱え主夫婦はかの, 抱え主等に対して忠実, 抱え主親元小野亭からも人, 抱え乍ら変に落着, 抱えの涙, 抱え俯向き加減に白い, 抱えをさし, 抱え僅かの事, 抱え入れたいほどな, 抱え入れようとし, 抱え入れられている, 抱えてて戸外, 抱え医者の私生児, 抱え十一二になる, 抱え十間余りも走り抜ける, 抱えある, 抱え又八はじっと, 抱え取れないその口惜し, 抱え吠え面かいて, 抱えの奥殿若殿, 抱え堅く眼を, 抱えなら団扇, 抱え外套の襟, 抱え大仰に吹聴, 抱え大地を蹴る, 抱え夫人携帯の見上げん, 抱えへ逃げ, 抱え女ちよを妻, 抱え子供でもあやす, 抱えも許し, 抱え宿入り姿で出, 抱え文治は, 抱え小野派一刀流の使手, 抱え睡りも, 抱え屋上庭園へ昇りかけた, 抱えの小脇, 抱えの室, 抱え帆桁の上, 抱え常念岳を東, 抱え幼稚園のこども, 抱えの上, 抱えいとか, 抱え座敷をゴロゴロ, 抱え座頭になった, 抱え廊下を走り, 抱え引ッ攫うよう, 抱え役者も同様, 抱え彼女を背なか, 抱え忽ち部屋を, 抱えをひそめ, 抱えカッフェへ, 抱え或は小さな包み, 抱えがない, 抱え手ずから水を, 抱え手芸品の包み, 抱え打ちにする, 抱えけながら行宮, 抱え教授というもの, 抱え教授入江達三郎から上聞, 抱え文士となる, 抱え新劇の女優, 抱えが袋, 抱え日あたりの谷間, 抱え易い程度の, 抱え本郷から自動車, 抱え李剛は跛足, 抱えを分け, 抱え格子戸を引, 抱え梅川じゃ, 抱えとして聞い, 抱えの雪, 抱え浪人半弓にかけての名人, 抱え浮袋会社の蝋細工看板, 抱えをさん, 抱え淫売婦のお, 抱え無一物の中, 抱え父親の膝, 抱え片目だけまっ, 抱え田楽と思い誤っ, 抱え申しながらお, 抱え町人が葉, 抱え番人を斬っ, 抱えの上, 抱え看護婦の後, 抱えを半眼, 抱え瞬間に飛び退い, 抱え砂煙を揚げ, 抱え私有財産を認めない, 抱えから下, 抱え約束を致した, 抱え紅梅勇之助代, 抱え紅梅并に下河原園八郎, 抱え経木の海岸帽子, 抱え絵師であった点, 抱え絵師矢野吉重などの雲谷派, 抱え続きで幼児, 抱え姑と, 抱えは低い, 抱えの中, 抱え脇腹へ活, 抱え臆病らしいまた, 抱え船頭と明るい, 抱え芸妓のひとり, 抱え若い武士を, 抱え若気の至り, 抱えで編んだ, 抱え蒲団の上, 抱え蒼くなって, 抱えの中, 抱えに濡れた, 抱えで裸馬, 抱えをあけ, 抱え覆面して, 抱え起し寝かしつけ彼女自身血まみれ, 抱え起したが彼女, 抱え起し尿をとっ, 抱え起し脈を診る, 抱えをちぢめ, 抱え身なりもお, 抱え遊女薄墨と相対, 抱え遊女黛美貌無双孝心篤く父母, 抱え釜山鎮という駅, 抱えを重ね, 抱え除けますとその, 抱え青年が方向, 抱え面白そうに, 抱えには彼, 抱えもなく, 抱えを真紅, 抱え飛鳥のよう