青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~折っ 折っ~ ~折れ 折れ~ 折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け 抜け~
抱~
~抱い 抱い~ ~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ 押え~ ~押し

「抱~」 1061, 11ppm, 9519位

▼ 抱へて~ (407, 38.4%)

9 ゐた 8 ゐるの 6 ゐる 4 出て, 居たの, 廬の, 笑つた, 笑つてゐる, 笑ひ, 笑ひました, 笑ひ出した 3 來て, 母さん母さんこれを, 空を, 行つた

2 [22件] きて, ゐるもの, ゐるやう, ゐる女, ゲラゲラと, 來た, 右に, 夜中に, 居る, 帰つて行つた, 来て, 柱に, 歸つて來る, 泣いて, 私が, 私は, 立つて, 笑は, 笑ひこけた, 笑ひ崩れ, 笑ひ転げ, 鼠小倉の

1 [296件] あちこちと, あの五月二十五日, あり合せの, あるので, ある醫者, いそ, いつまでも, おも, お勝手口, お帰り, きては, ください, こちらへ, これで, ころぶ目, さうし, さへ, じつと, すぐ扉, すごすご都, すた, その後に, そは, それに, それを, た, ぢつと, とらせい, どうして行, どやどやと, どんな生活, のみ口から, ひらりと, ふいと, ふらりと, ぶらさがるやう, まことに殺伐, また走り出, まるくな, みせた, みつ子は, めい, やつて, ゆくの, ゐたから, ゐたからな, ゐたが, ゐたの, ゐた妻, ゐた新聞包み, ゐた膝, ゐた風呂敷包, ゐた風呂敷包み, ゐては, ゐても, ゐながら, ゐなければ, ゐました, ゐるし, ゐるその, ゐるそれで, ゐるテル子, ゐる一冊, ゐる俳優たち, ゐる子供, ゐる楽譜, ゐる紀友, ゐる義男, ゐる者, ゐる若い, ゐる身の上, ゐる酒, ウーム, グン, 一丈あまりの, 一夜月明の, 一目散に, 三, 三十五歳に, 三田は, 上げるから, 下さる氣遣, 不思議と, 乗られやがて, 了つた, 二三人で, 休みなく, 何処へ, 來つ, 例の, 傍らの, 僕に, 先に, 先を, 入つて, 入つて來, 入口の, 兩足を, 再び姿, 冬子に, 凝つとう, 出かけたせゐか, 出づ, 出る, 力一ぱい喚き上げよう, 勇みたつて, 動かなかつた, 勝誇つたやう, 十日二十日と, 去り母, 参りました, 参れと, 又た, 口を, 可笑しさ, 台所から, 向ひ, 吹き出さぬ訳, 呉れと, 周圍の, 呻いたの, 唐紙の, 噴きだした, 四歳位に, 困つて, 土藏の, 夢中で, 大きい乳房, 大きに笑, 大急ぎで, 大笑, 大股に, 大騒, 夫に, 奉天へ, 妻がは, 宙に, 客を, 家の, 小さくな, 尾い, 居りますから, 居ります萬, 居ること, 居るの, 崖縁に, 市内電車で, 帰る, 帽子も, 干魚, 床の, 座敷に, 座敷へ, 庭石を, 引きあげて, 引き上げて, 引くまま, 彼女が, 往つて傍に, 往來の, 待つて, 後から, 後家を, 後悔した, 微苦笑する, 思ふさま, 持つて, 故郷に, 新規の, 昇降機にの, 明日の, 時々は, 暗い廊下, 暫くぶり, 暫く考, 暮すと, 曰ふ, 書齋に, 會釋し, 有つ, 来かかるさま, 来た, 来た労働新聞, 来た包, 来た折箱, 来た火鉢, 板屋家の, 栃木の, 格子の, 梯子段を, 椅子から, 椽側から, 次の, 欧羅巴の, 此方に, 此營業を, 此稿を, 歩いて, 歩んだ, 歸つ, 歸つて來た, 民子は, 気が, 気軽に, 浮れ出す, 海辺へと, 淋しい場所, 渋川に, 湯氣を, 濠洲で, 無理に, 煙管を, 物に, 物をも, 物狂は, 猶太人, 獨房に, 甲板を, 病人を, 病院を, 痩犬の, 白い馬, 目を, 眞赤な, 眠さ, 私に, 私の, 立つた, 立つた時, 笑つたことを, 笑つてし, 笑つてしまつて, 笑つて居る, 笑ひこけ, 笑ひころげた, 笑ひだしました, 笑ひ出しました, 笑ひ出す, 笑ひ崩れた, 笑ひ続けた, 笑ふ, 筵も, 篠田長二の, 繰り出して, 置くと, 置くといふ, 置けば, 肩を, 背戸へ, 艇の, 艱難辛苦した, 花園を, 苦闘し, 虎の, 行きましたが, 行くこと, 行くので, 行つた姿など, 行つて二人で坐つた, 街に, 街を, 被告の, 見しに, 見たり, 貧しい寡婦, 走り出ると, 蹲踞んで, 逃げた, 逃げるやう, 逃げる事, 途方に, 運んだ, 道臣の, 遥々と, 酒池肉林を, 重い程, 門を, 閉口した, 静かに, 鞍の, 順一の, 頬擦りを, 頻りに駈け, 額に, 風を, 飛び上, 飛び起る, 飛出しました, 飯の, 首を, 駆け出した, 駆け続けようと, 高笑を, 鬼怒川の, 麺麭の, 黒焦

▼ 抱~ (280, 26.4%)

24 込んで 1513 たま 8 られて 6 た儘 5 たまま 4 こんで, た女, 込むやう 3 させた, つ, ようと, 三抱への, 主は, 二抱への, 右の, 持つて 2 たお前, た彼, た時, た母親, た男, ました, 出しま, 鼠色の

1 [157件] あげて, あげる様子, ありき, いつまでも, おき酌, かねたるその, きれないから, きれなくなるので, きれぬほど, こまれて, こんだの, こんだり, させたので, させた旧友遠山三郎, させて, ず足手絡, たい, たう, たお, たが, たきり, たきり泣き, たことは, たその, たどす黒い, たの, たもの, たピピヤス, たユキ子, た丘, た亭主, た僕, た儘街, た同じ, た大, た娘, た嫁, た孫, た寡婦, た岡, た従兄, た復員兵, た手, た手代, た書物, た村民, た清二, た町家, た白衣姿, た私, た腕, た臺, た花束, た若い, た頭, た風呂敷包, ぢやあありました, づつ薔薇と, てかが, てこの, てじつと, てつて, てるでは, てるの, なほし, ぬ鵜川老人, よう, ようとして, よう致し, られた, られたが, られたもの, られたれど, られた後, られた舞姫, られた足輕頭倉八長四郎, られてた, られます, られるやう, られる二十五年前, られる様, られる重, られ文政二年四月二十二日, わかい天才, んばかりに, 一頭を, 三抱へに, 上げた, 上げて, 上げながら, 上げようと, 上げるやう, 下手に, 主に, 主の, 主や, 乍らその, 乍ら変に, 乍ら戻り来る, 乍ら相応に, 他手, 以上も, 便所の, 儒者で, 出された, 出した, 出して, 切れぬの, 前こ, 医者に, 去つて風呂, 大旗, 女が, 女出, 左の, 度が, 役者とて, 息を, 或カツフエ, 抱へては, 歩いた必然さ, 片手には, 片手は, 片目だけ, 直した, 直して, 直しながら, 直すと, 移して, 耳を, 脇差を, 脚には, 花道にて, 苗字まで, 起さなければ, 足を, 辯護士, 込みそして, 込みながら, 込みコンパクト, 込み候, 込み触鬚, 込むだ, 込むで, 込むで自分, 込む操作, 込む隙, 込む風, 込んだ, 込んだこと, 込んだまま, 込んだ儘, 遊女薄墨と, 運轉手の, 達の, 醫者に, 長き舌

▼ 抱~ (32, 3.0%)

3 二抱も 2 あらうといふ, ある大木, あろう, あろうという, 三抱も

1 [19件] あらう屋, ありさ, ありたらむ榎, ある, あるけれども, あるだらうか, ある大きな, ある大樹, ある大樹鬱, ある材木, ある松, ある橡, ある高い, あろうと, あろう屋, 三抱えも, 同様の, 四抱も, 物置の

▼ 抱へる~ (31, 2.9%)

19 やうに 2 やうな 1 かそれとも, と十貫目, と折れ釘, と胴, のです, 様に, 爲めに, 程の, 程突, 者は

▼ 抱への~ (25, 2.4%)

2 大きさ

1 [23件] うちに, かずかずの, 一人の, 人達を, 医者は, 大きいもの, 大工に, 大木で, 妓など, 小川吉五郎といふ, 小春といふ, 座敷着を, 御能方, 楢の, 樹齡も, 着物を, 胴の, 荒石ばかり, 詩人も, 資格を, 身分で, 遊女薄墨の, 鳶の者一人

▼ 抱へも~ (25, 2.4%)

3 ある程 2 あらうかと, ありて

1 [18件] あつて木, あらうと, あらうといふ, あらむと, ありさうな, あるかや, あるべく四方八方, あるやう, ある丸太, ある四角, ある大木, ある老樹, ある肉桂, ある赤松, ある青桐, 二抱へも, 四抱へも, 有るかと

▼ 抱へながら~ (21, 2.0%)

1 [21件] ぼくの, もう止し, やつと, 凝つと, 叫ぶやう, 夢中で, 奮闘し, 家に, 廊下へ, 悶死した, 慌しく入, 歩いたの, 洋画家の, 涼しい風, 無理やりに, 熟と, 裏木戸から, 言つた, 逃げて, 静かに, 駆け出して

▼ 抱茗荷~ (21, 2.0%)

5 の紋 4 の説

1 [12件] があろう, じゃござん, である, と椿, と知る, ならば, になつて, のよう, の御, はいけません, は他家, を太輪

▼ 抱~ (17, 1.6%)

1 [17件] いなければ, いる顔, しまった, ヒョイと, 先生が, 入って, 共に談, 多数の, 多數, 専ら措画経営, 專ら措畫經營する, 庭に, 扉を, 手を, 水に, 考え込む私達, 遣って

▼ 抱~ (15, 1.4%)

2 非人といふ

1 [13件] 娘も, 幹に, 数を, 松と, 栃の, 楢の, 樹ばかり, 樹齢も, 着物の, 自動車で, 遊女薄墨の, 青草を, 鳶頭の

▼ 抱~ (13, 1.2%)

3 して 2 なって 1 かかえ舷側, しっかり私, 下らず, 余る古びた橋, 余る大, 余る山桜, 引ン抱く, 餘る

▼ 抱上げ~ (11, 1.0%)

2 て見せた 1 て, てドブン, て出, て名残, て終った, て見る, て頭, 今しも, 猶ぐづ

▼ 抱車夫~ (8, 0.8%)

1 が夜宿り, にゃあがき, に虎蔵, の喜助, の御用, の返, を入れます, を邸内

▼ 抱へに~ (7, 0.7%)

1 して, 二間ばかり, 參候仕合故, 及ぶそれ等, 近い樣, 餘り, 餘る

▼ 抱起す~ (6, 0.6%)

2 ように 1 とがっくり, と他, と情ない, までには幾等

▼ 抱へほどの~ (5, 0.5%)

1 化けさうな, 大きい石, 大きさ, 松の, 自然石の

▼ 抱しめ~ (4, 0.4%)

1 て, て頬, て額, もした

▼ 抱へては~ (4, 0.4%)

2 ひつて 1 それが, 音楽室に

▼ 抱~ (4, 0.4%)

1 ていた, ている, て一行, て暖

▼ 抱つこし~ (3, 0.3%)

1 て上げませう, て下さい, て見ませう

▼ 抱ほど~ (3, 0.3%)

1 あるの, なの, なる大榎

▼ 抱~ (3, 0.3%)

1 持った大将, 楯に, 脱して

▼ 抱~ (3, 0.3%)

2 こして 1 このぐい極め

▼ 抱ッこ~ (3, 0.3%)

2 をし 1 で夜さり

▼ 抱三抱~ (3, 0.3%)

1 に余る, の楢, の樹

▼ 抱付く~ (3, 0.3%)

1 か逃出すか, 様に, 樣に

▼ 抱占めた~ (3, 0.3%)

2 時は 1 手を

▼ 抱~ (2, 0.2%)

1 てゐた, て別

▼ 抱すくめ~ (2, 0.2%)

1 て床几, て掴み行く

▼ 抱ずつ~ (2, 0.2%)

1 さっくと, 抱えては

▼ 抱~ (2, 0.2%)

1 一人の, 女の

▼ 抱って~ (2, 0.2%)

1 おいでもっと, 寝たいと

▼ 抱ついた~ (2, 0.2%)

2 ものが

▼ 抱へたり~ (2, 0.2%)

1 すること, 前に

▼ 抱へた手~ (2, 0.2%)

2 にしつかり

▼ 抱へても~ (2, 0.2%)

1 どつて, 背負つても

▼ 抱へてを~ (2, 0.2%)

1 つた, る体

▼ 抱へと~ (2, 0.2%)

2 なりしより

▼ 抱へにな~ (2, 0.2%)

1 つた位だ, つてゐた

▼ 抱上げた~ (2, 0.2%)

1 がお, 儘寒い

▼ 抱付い~ (2, 0.2%)

1 てゐる, て唇

▼ 抱付き~ (2, 0.2%)

1 ても思ふ, て匕首

▼ 抱太夫~ (2, 0.2%)

1 と云, の收入

▼ 抱寄せ~ (2, 0.2%)

1 て見せる, 抱きしめて

▼ 抱寄せる~ (2, 0.2%)

2 ように

▼ 抱止め~ (2, 0.2%)

1 てお, て能

▼1* [63件]

あまりの葉柳, 抱ある布ぎれ細工の, 抱和鞍に, 抱ぐらいの天然の, 抱て一足先, 抱さうさな五抱, 抱さきの口説, 抱しめるように, 抱せると泣き, 抱そうさな, 抱きたるは, 抱ついてのそのそ, 抱つこされて大崎, 抱年中千五百石積を, 抱ありますから, 抱なすって下さる, 抱いないし, 抱ばかりあらうと, 抱て汽車, 抱などの有ろう, 抱へかへらんと, 抱へた一群が乗込ん, 抱へた向きもあります, 抱へた家は二十戸以上, 抱へた所が始め, 抱へはたつぷりあらうといふ名物月見, 抱へほどある榎, 抱へほどもある楢, 抱へるなり院長の, 抱へを引かしたの, 抱ほどの大きな松, 抱めむと喘ぎゆく, 抱れんとて地, 抱ゐてる赤ン坊を, 抱イタワケデアッタガサテソノ結果ハ僕ノ期待, 抱イテ寝テ, 抱イテ水ニ入レリト, 抱キオロシタ時ハ玄関ニウロウロシテイタヨウデアッタガ僕ラト入レ違イニ, 抱キニシテ腰カケ冷エ冷エシタ彼女ノ髪, 抱キハシマセンガ近頃特ニ思考シテ, 抱キ起シタ時主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 抱テ夫ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 抱テ放心逸楽快, 抱上げまして彼, 抱上げましたから圖書, 抱上げるといま, 抱上るやうに, 抱二抱の樹齢, 抱付かれ殺されようとする, 抱以上もある, 抱余り見上げるやう, 抱入れて電信事務, 抱居候上全無高之事, 抱火消と繰出し, 抱火矢を使っ, 抱牛血大蒜人参獣肝茯苓草のた, 抱窘めて恨, 抱茗荷のはそのまま, 抱茗荷湯にぬくみ, 抱茗荷紋のある, 抱茗荷肥前の佐賀, 抱關取かと思, 抱附くように