青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~ ~彼女
彼女~
彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往 往~ ~往々 往々~ ~往く

「彼女~」 64438, 619ppm, 149位

▼ 彼女~ (27439, 42.6%)

393 自分の 327 それを 267 言った 233 彼の 178 私の 114 云った 105 彼を 92 急に 90 眼を 79 彼に 73 自分が 69 私を 67 云つた 66 私に 64 答えた 63 何か 60 夫の 57 叫んだ 53 それに 52 すぐに, 顔を, 黙って 51 彼が 45 身を 44 彼女の 43 いった 41 さう, 手を 40 思った, 自分で 36 少しも, 私が 35 口を, 心の 34 そこに, 自分を, 静かに, 非常に 33 僕の, 急いで 31 それが 30 声を 29 いつもの, 笑った 28 不意に, 子供の 27 その時, そんなこと, 目を 26 頭を 24 両手を, 他の, 思つた, 父の, 笑いながら, 考えた 23 わたしの, 男の, 相手の, 言葉を 22 知って 21 或る, 涙を, 首を 20 いつまでも, それから, 今まで, 家の, 気を, 言つた 19 いつでも, 唇を, 殆ん 18 それらの, ちらと, 二人の, 何を, 尋ねた, 自分に

17 [12件] そのこと, ちよつと, クリストフの, 一人で, 両手で, 例の, 俄に, 兄の, 夫を, 息を, 最後の, 気が

16 あわてて, そこで, そつと, その日, 幾度も, 立って

15 何も, 子供を, 母の, 泣いて, 自分でも, 部屋の

14 クリストフを, 低い声, 机の, 言う, 言って

13 [12件] かすかに, その手, その男, よく知っ, 一つの, 云って, 何にも, 寝台の, 平気で, 弟の, 此の, 答へ

12 さすがに, それと, 何の, 夢の, 夫に, 容易に, 感じた, 手に, 相変らず, 近所の

11 [15件] びっくりし, クリストフに, 一種の, 出て, 室の, 彼から, 彼と, 微笑を, 思い切って, 死んだ, 片手を, 私と, 窓の, 考えて, 返事を

10 [33件] くるりと, これを, そこへ, ひとりで, ふらふらと, ほんとうに, ぼんやりと, やつと, 一言も, 人の, 何と, 多くの, 妙に, 小声で, 帯の, 帰って, 彼女自身の, 慌て, 慌てて, 扉を, 書いて, 本能的に, 東京に, 母と, 熱心に, 父に, 眉を, 確かに, 立ち上って, 笑って, 素直に, 肩を, 足を

9 [41件] あたりを, いつもより, こ, ここに, こんなこと, そういっ, そのため, その中, その言葉, どこに, なにも, ふいに, また言った, ハッと, 一生懸命に, 云う, 今も, 僕に, 娘の, 心を, 悲しげ, 持って, 昔の, 普通の, 母に, 母親の, 涙が, 涙の, 父を, 窓を, 立ち上った, 答えて, 答えなかった, 耳を, 胸に, 胸を, 訊いた, 訊ねた, 青年の, 顔の, 驚いて

8 [37件] いいました, いう, きつと, この男, これまで, すべての, そう言っ, そこの, そんな風, た, だしぬけに, ひそかに, ほかの, クリストフが, 人に, 以前の, 口の, 女中を, 廊下を, 微笑みながら, 微笑んで, 怒って, 思いました, 早くも, 柚木が, 涙に, 無意識に, 町の, 真面目に, 眼の, 笑い出した, 胸が, 胸の, 膝を, 身動きも, 非常な, 黙つて

7 [56件] いそいで, いって, うっとりと, おれの, こう云う, じっと彼, そう言い, そこから, その人, その青年, それらを, だまって, ぢつと, つづけた, なんの, びっくりした, また, また云った, また自分, 今では, 今は, 仕事を, 何が, 信じて, 其処に, 力を, 努めて, 即座に, 好んで, 妙な, 姿を, 娘を, 子供に, 家に, 左の, 床の, 彼女で, 微かに, 微笑んだ, 心に, 思って, 息子の, 歩いて, 死を, 水を, 泣きながら, 津田が, 父が, 相手を, 眼で, 私より, 続けて, 膝の, 身に, 鏡の, 静かな

6 [95件] いつに, くり返した, ここで, この頃, こんどは, こんな事, しずかに, しみじみと, じっとし, すべてを, そう云っ, そこを, その, そのま, その手紙, それで, ただ, ただ自分, つぶやいた, どうかし, どうした, どこへ, わたしに, わたしを, 一人の, 不思議な, 事もなげに, 二つの, 二階の, 云うの, 今日も, 仕方なく, 何かを, 何とも, 何事も, 前の, 勇気を, 単純に, 叔父の, 叫びました, 台所の, 囁いた, 変に, 夜に, 大急ぎで, 嬉しそう, 完全に, 寝床の, 待って, 微笑し, 微笑した, 快活に, 思うの, 恋に, 息子を, 手紙を, 持つて, 指を, 斯う, 暫くの, 書物を, 最初から, 最後に, 東京の, 椅子に, 次の, 歩きながら, 母を, 無理に, 無言の, 煙草を, 片方の, 男を, 目が, 直ぐに, 第一, 繰り返した, 背が, 腕を, 腰を, 腹を, 自分と, 自分自身の, 良人に, 良人の, 良人を, 言うの, 誰の, 酔って, 静に, 靜かに, 頭の, 顔色を, 駭い, 驚きの

5 [128件] あとで, いつも彼, お茶を, きっぱりと, こういった, ここへ, ここまで, ここを, この時, これらの, さきに, ささやいた, そういう, そう云う, そう云った, そう思い, そう思う, そのうち, その上, その前, その場, その夜, その方, その苦痛, その頃, ただの, ただ一人, つかつかと, つけ加えた, どうかする, どうしたら, どうしてもその, ふとその, ふと気, またその, またも, まだ自分, むっとし, もうそれ, もつと, わたしが, テーブルの, マリユスを, 一と, 一本の, 両親を, 主人の, 二階へ, 云ふ, 人を, 今でも, 何でも, 何よりも, 先に, 入口に, 冷静に, 凡てを, 前後の, 半七, 口に, 君を, 周囲の, 喜んで, 壁の, 夢を, 夢中に, 夫が, 姉の, 安心し, 寒さ, 小さな声, 小走りに, 岸本の, 己れ, 帯を, 平気な, 床に, 店の, 庭を, 強いて, 彼女が, 必死に, 思い出したよう, 思う, 悲しそう, 我を, 戸口に, 扉に, 手紙の, 放二, 日本の, 明かに, 暫く考え, 最初の, 最後まで, 母が, 気の, 決心した, 溜息を, 無我夢中で, 無理にも, 父親の, 片手で, 物に, 珍らしく, 生れて, 生活の, 皮肉な, 眼が, 眼に, 着物を, 瞳を, 知らない, 突然に, 立ち上がって, 立上っ, 笑つた, 若い時, 茫然と, 見た, 誰が, 赤ん坊を, 身体を, 途中で, 道を, 部屋を, 鏡を, 顏を

4 [251件] ある日, ある晩, いきなり彼, いつも私, いろ, いろいろな, うつむいて, おずおずと, お秀, きっぱりした, こう云い, こう云っ, こう云った, こう答えた, これも, これ等の, さうし, しまいには, じっと耳, すぐ彼, そういうふう, そのあと, そのとき, その娘, その感情, その晩, その朝, その父, その生涯, その眼, その美しい, その翌日, その間に, それまで, それをも, そんな事, たずねた, ただ一つ, だん, だんだんに, ちょっと口, つい口, どうしていい, どうする, どこか, どこまでも, どちらかと, どんなこと, なにを, なんとも, ぴたりと, ふり向いて, ほっと息, またあの, また彼, まっすぐに, もうお, もう何, もう口, もう彼, やがてまた, やって来た, ゆっくりと, よそゆきの, わしの, オリヴィエを, ジャン・ヴァルジャンに, ドアの, ハツと, ベッドの, マリユスの, 一寸言葉, 両手に, 二人を, 二階に, 云いました, 云い出した, 人から, 今の, 今までの, 今度は, 今迄, 仕方なし, 他人の, 仲間の, 伸子を, 佃の, 体の, 体を, 何かに, 何かの, 何に, 何度も, 俄かに, 傍に, 僕を, 兄が, 兄を, 先刻から, 全身を, 其処で, 其處に, 出来るだけ, 出発した, 別にそれ, 別の, 前に, 前よりも, 力なく, 動かなかった, 半身を, 卓上に, 博士の, 去った, 去年の, 反射的に, 叔母の, 叫んで, 君の, 呟いた, 周囲を, 周章てて, 咄嗟の, 哀願する, 善良な, 嘘を, 変な, 夢中で, 大声で, 夫と, 夫や, 女の, 好きな, 妙子が, 嫁に, 存在し, 実の, 家を, 寝床から, 小屋の, 山田の, 帽子を, 平凡な, 平然として, 平生の, 床を, 庭の, 弟を, 彼にたいして, 彼女を, 従兄の, 微笑もうと, 心が, 怖ろ, 思わず声, 恐れて, 恐ろしさ, 意味あり, 感じの, 憤然として, 戸棚の, 扁理が, 故意に, 旦那の, 早口に, 明らかに, 晴れやかな, 暫らくは, 朝から, 本を, 村川の, 東京へ, 枕を, 極く, 機械的に, 歯を, 死んだの, 死んで, 母に対して, 毎日の, 気づいて, 永久に, 泣いた, 津田に, 消えて, 演奏が, 火の, 無言で, 父や, 片手に, 独りで, 独語の, 猫の, 男が, 男と, 男達の, 畳に, 病人の, 病的な, 真の, 真蒼, 真赤に, 眠って, 知らなかつた, 神経質に, 私には, 私に対して, 私よりも, 窓から, 立ち上がった, 立ち上ると, 笑いだした, 笑ひ, 答える, 結婚し, 耳の, 脚を, 自分も, 自分より, 自分達の, 蛇の, 血を, 見事に, 言いながら, 言いました, 言い添えた, 言ったが, 話した, 話を, 誰かに, 誰に, 誰も, 調子を, 豹一の, 起つて, 返辞を, 途方に, 遠い所, 部屋に, 限りなく, 階段の, 雨の, 雪之, 頭から, 頷いた, 額に, 額の, 風邪を, 髪を, 鬼頭の, 黙ったまま

3 [422件] あきらめて, あとを, あの時, あまりの, ある時, あれほど, いきなり, いくらか, いったが, いつた, いつも同じ, いなかった, いふ, いまその, いやに, いろんなこと, お光, お君, お延, お時, がっかりした, きいた, ぎくりとし, ぎょっとした, ぐったりと, こういう意味, こういっ, こう言う, こう言っ, このとき, この上, この人, この土地, この部屋, この間の, これで, さっきと, しかしこの, しっかりした, しっかりと, しばしば彼, しばらく黙っ, しんみりと, すぐにも, すっかり疲労, そういうこと, そういう自分, そうし, そう云い, そう思っ, そう思った, そこい, そこまで, そつち, そのたび, そのよう, その一つ, その姿, その子供, その小鳥, その心, その恐ろしい, その意味, その箱, その美, その考え, その話, その足, その金, その顔, それについて, それは, それまでに, それも, そんなもの, そんな私, ただもう, たった一人, だれも, ちょっとためらっ, つひに, とう, ときどき自分, ともかくも, どうしても, どうしよう, どこかに, どこからか, どこの, どんな事, なか, なぜか, なんとかし, なんども, にこやかに, はじめの, はっきりと, はっとした, はつと, ひそひそ声, びくとも, ふだんから, ほっとした, ます, またし, また眼, まだ彼, みんなの, むやみに, もう, もうその, もうそんな, もう泣い, もう私, もどって, もはや彼, やがて自分, やはりその, わけも, わたくしの, われ, われにも, われ知らず, アリョーシャの, クリストフと, コレットの, テーブルを, ヒステリックに, フランスの, ベットの, ヤンが, ヤンの, ランプを, 一匹の, 一家の, 一度も, 一座の, 一日の, 一日も, 一時に, 一時の, 下唇, 不安そうに, 不平を, 両方の, 中, 云いながら, 亭主と, 亭主の, 人が, 人形の, 人間の, 今までに, 今夜の, 今夜は, 今更の, 以前から, 伯爵夫人だ, 伸子が, 佃に, 佇んで, 何ごとも, 何という, 何とも答えない, 何もかも知っ, 何んな, 何度か, 何物にも, 俺の, 元の, 先へ, 先刻と, 全身に, 再びその, 冬子に, 冷やかに, 初めの, 別に気, 前から, 前後を, 力の, 午後の, 危険を, 又も, 友の, 叔父に, 口惜しさ, 口早に, 口走った, 右の, 同じこと, 名を, 呆気に, 周平の, 命令する, 咽喉の, 喜びの, 器用に, 坐って, 外に, 夜の, 大きく眼, 大声に, 大声を, 大胆に, 夫から, 奥へ, 女性の, 好奇心に, 姉と, 媚びるよう, 嫣然し, 嬉しくて, 子を, 子供が, 学校の, 安らかに, 室に, 室を, 寄って, 寝て, 寝台から, 寝床に, 察して, 小林の, 小柄で, 少しの, 少女の, 少年の, 左手を, 席に, 平気だった, 平素の, 幾たびか, 幾度か, 庭に, 庸三の, 影の, 彼にとって, 彼に対して, 彼らに, 彼らを, 彼女と, 彼等の, 待った, 得意に, 思いきって, 思ひ切つて, 思ひ返して, 恋人に, 恍惚と, 恐怖の, 息も, 悲鳴を, 感じたの, 懐しげ, 我れ, 戻って, 手摺の, 押入の, 指で, 探るやう, 放笑, 救いを, 斯んな, 方々の, 日が, 昨日の, 昼間の, 時と, 時どきに, 時間の, 暗黒の, 書いた, 最初は, 月を, 朋輩の, 朝の, 木下の, 本家の, 本當, 机に, 村の, 来て, 来なかった, 枕の, 椅子を, 横を, 横目で, 橋の, 正ちゃんを, 死の, 気がついて, 水の, 水色の, 氷の, 汽車の, 泣きじゃくりながら, 泣く, 浴衣の, 漸っと, 灯も, 煖炉の, 爪先で, 父親が, 物を, 物足らなかった, 物静かな, 犬に, 犬の, 犬を, 狂人の, 狡そう, 猛烈に, 玄二郎に, 生きて, 生命の, 田舎に, 申しました, 異常な, 痩せて, 百姓の, 皮肉に, 益, 盛んに, 目に, 目の, 相当に, 相手が, 相手に, 眉根を, 真から, 眼鏡を, 着物の, 知った, 知らず識ら, 知らなかった, 確に, 祈って, 祖母に, 神妙に, 私から, 私にとって, 種々な, 空を, 空二の, 突然私, 窓に, 立ちあがって, 立っても, 立上った, 童女の, 笑みを, 笑顔を, 答へる, 紙に, 結婚と, 結婚の, 結婚を, 絶対に, 縁側に, 續けた, 續けて, 美しい女, 美しかった, 考へた, 聞いた, 職業の, 肩の, 肱を, 背を, 腑に, 腹が, 自らを, 自分から, 自分に対して, 自宅に, 自然に, 自然の, 自身の, 良人が, 芝居の, 苦笑し, 茶の間の, 蚊帳の, 行って, 裳を, 見て, 覚えて, 言いつづけた, 言うと, 言葉の, 語った, 誰からも, 誰よりも, 赤児を, 起きて, 起ちあがって, 足の, 身も, 軽く頭, 近頃の, 過去の, 遠くから, 遠くに, 遠くの, 金色の, 鏡に, 長年の, 長火鉢の, 長谷川の, 闇に, 闇の, 降りて, 震え上がった, 音楽を, 頬を, 顔に, 風に, 驚いたやう, 黙々として, 鼻の

2 [1629件 抜粋] あいそよく, あっと声, あなたの, あまりに純, あまり気, あらん限り, いうの, いくらも, いっしょに, いつしか自分, いつまで, いつも二の足, いつも自分, いまは, いろいろと, うとうとと, うれしくなった, うれしそう, お杉, お祝, お雪, かうも, かつて彼, からだを, がばとはね起き, きらきら光る, くりかえした, こう云つて, こっくりを, このたび, この夢, この手紙, この町, この訪問, こみ上げて, こんな言葉, さつきから, しかしその, しきりにニヤア, した, しばらくその, じきに, じっと目, じぶん, じれだして, すぐと, すぐ自分, すつかり, すべてが, ずっとその, そういう時, そうだ, そう言う, そこまでは, そちらへ, そのあいだ産褥, そのままに, そのレモン, その事, その修繕, その匕首, その娘たち, その幼年時代, その悲しみ, その様子, その生活, その腹, その荒々しい, その計画, その途端, その頁, そばの, それとなく扁理, それより, そろそろと, ぞっとし, たしかに彼, ただその, ただわなわな, ただ普通, たまらなくなっ, だれにも, ちょいと, ちょっと肩, ついに自分, つとめて, てんで対手, とうとう目, とろとろと, どうするだろう, どこからとも, どんなにか, なお, なにかに, なにかを, なんとも答えなかった, にこにこし, にっこりし, はいって, はつきりと, ひざを, ひとりに, ひどく不, びくっと, ふだんは, ふと気がついた, ふと近づい, ふりむいて, ほっと溜息, ほんとうの, ぽつと, まず子供騙し, またそれ, また今, また元, また思ひ, また横, まだそれ, まだ庭園, まだ起き, まつたく私達, まるで気, みずから言った, もういつもの, もう一刻, もう先, もう帰る, もう死ん, もう眠っ, もう自分自身, もはやそれ, やがてそこ, やさしく彼, やっとの, やはり強情, やはり身動き, やや茶の間, よく彼, よく言っ, りっぱな, わしに, われと, ウイスキーを, オリヴィエの, カーテンの, クリストフにたいして, ケリルの, コルマックを, ジョルジュの, セエラを, チラと, テオデュールに, ドイツの, ニヤニヤと, バティスティーヌ嬢と, パルチザンの, フラ, ベッドに, ボタンを, マリユスが, メートルの, ヴィール夫人の, 一刻も, 一向やって来なかった, 一寸の, 一寸考え, 一度は, 一日に, 一歩一歩と, 三児の, 三日目よりも, 上気した, 不安に, 不断の, 不経済, 世間で, 両肱, 両足を, 中途半端な, 主人から, 主婦の, 乳を, 二の句を, 二人に, 云い続けた, 云われるまま, 人目を, 今その, 今日では, 今更どうする, 仏壇から, 他に, 仰向きに, 伏目に, 低い小さい声, 何うし, 何より先, 何事にも, 何処かへ, 何処の, 何気なくその, 何者であろう, 佛蘭西語で, 信一郎の, 健三に, 健康な, 傍若無人と, 僕が, 先妻の, 全力を, 其の時私, 再び元, 再び私, 写真を, 冷たい切口上, 冷静を, 出稽古を, 初めから, 初めて自分, 初恋の, 別人の, 到頭寝台, 前にも, 勇躍し, 勝平が, 勝手元から, 北側の, 十八歳に, 十六歳だ, 半信半疑の, 卓子の, 厭に, 又こんな, 反抗する, 受話器に, 叫んだが, 台所へ, 同じ部屋, 君に, 呆然として, 呼び出された, 呼鈴を, 唖かと, 喀血した, 喜びに, 嘗て此, 四十歳より, 土蔵へ, 地面から, 墓石と, 声も, 外出を, 夙くの, 夜を, 大きく呼吸, 大兄の, 大抵の, 大變, 夫に対する, 奥の, 女である, 女学校へ, 妊娠を, 始めから, 姫の, 嫂の, 子供らしく, 孤独な, 安らかな, 宙に, 実によく均整, 実に単純真摯, 実際口, 室中に, 富子を, 寝たまま, 寝室を, 封を, 小倉が, 小学校の, 小波一つ立たない, 少くとも, 少なくとも正直, 尾根に, 屹と, 左手に, 己が, 市ノ瀬牧人の, 平氣, 年を, 幸福だった, 幼児の, 庄吉の, 店に, 庭から, 引き出しの, 弱い声, 当座の, 彗星の, 彼よりも, 彼等が, 後悔した, 復讐の, 微笑の, 心底から, 心配そうに, 忙しそう, 思いあまって, 思うこと, 思ひ出したやう, 急な, 恋という, 恐る, 恭しくひれ伏し, 悦んで, 悲しくなっ, 意を, 意識した, 愚かな, 愛と, 愛嬌よく, 感傷的に, 慴えた, 懸命の, 扁理たちの, 扁理を, 手も, 手袋を, 拒絶した, 持病の, 指環を, 振り向いた, 掌に, 故郷の, 断りました, 新たに, 新聞を, 日々の, 日増に, 日本女を, 早速亭主, 映画は, 昨日までは, 時間を, 暫くする, 曖昧な, 書斎へ, 最善をばかり, 有頂天に, 朝田を, 本当にそれ, 村川を, 来年十八歳で, 板壁に, 果して裸体, 格子に, 森の, 極めてインテリ, 楽隊に, 次郎, 次郎左衛門の, 歓喜の, 正直な, 歩き出した, 死んだ者, 残念に, 母らしい, 気軽に, 氷を, 池の, 決して人, 決して自分, 沈黙を, 泣いたり, 泣き伏して, 泣くばかり, 注意を, 津田の, 海に, 涙も, 満身の, 澄して, 火を, 烈しい悲嘆, 無邪気に, 熱にでも, 父と, 父親に, 片隅に, 物も, 狂気に, 独身時代の, 猫に, 玄関まで, 現在の, 生き返ったよう, 産婆の, 甲斐, 男性との, 疲れきって, 病気な, 病院へ, 癖の, 白繻子の, 皆の, 直吉の, 相当の, 真面目な, 眠気に, 瞼で, 知つてゐる, 短い言葉, 砕かれた胸, 祈った, 神の, 私について, 私達の, 空二を, 突然彼, 立ち上つて, 立ち止まって, 笑ひたい, 答えました, 答え返した, 箸を, 素子の, 素足に, 終りの, 絵画を, 緊と, 繰り返し, 美奈子に対しては, 義貞に, 老人を, 考えたの, 考えを, 肉を, 背後の, 腰掛けの, 膳に, 自分という, 自動車の, 自殺した, 自身でも, 良人から, 色の, 花の, 若くて, 茶箪笥から, 菓子の, 落着いた, 蔑むよう, 蝋燭を, 表へ, 袋を, 裸体と, 西の, 見ないやう, 視線を, 親兄弟, 言い続けた, 言うこと, 訴えるよう, 認めた, 誰にとも, 諸君と, 貞淑であり, 走った, 足音を, 身内の, 込み上げて, 返事に, 連れの, 達雄が, 遣瀬, 金を, 鉄の, 銚子を, 長い廊下, 門口に, 間もなく立ち上がった, 陰鬱な, 隣りの, 雨戸を, 電気に, 震えながら, 青年が, 面を, 頑固に, 頭も, 頼朝の, 風呂敷を, 飛びあがって, 食事を, 飢ゑたやうにがつがつと歯を, 駅の, 驚いたよう, 高慢な, 魂の, 默つた

1 [14230件 抜粋] あいた車室, あたかも彼, あのとき, あの美しい, あまり目を, あらゆる生活, ある安楽, あれ程, いおうと, いかに退屈, いきなり板敷, いくらでも母, いちどわっ, いつか水の, いつの間にかきっと二人, いつもオールド, いつも悪口, いつも若く, いは, いま心のや, いよいよ真面目, うしろに, うなづく, おおしくも, おそらく女性中, おとなしく言った, およそ幸福, お定まり, お由, かう吐き出した, かすれたよう, かなりの, かわいそうな, きっと口, きまつて, くすくす笑い出した, けさ夫人が, こうして一切, こう説明, このところ毎日夕刻, この会社, この定刻前, この未知, この結婚, この陣中, これ程心, ごくわずかな, さして退屈, さながら夫, さらにもっともっとすばらしい, しかし彼, しだいに気, しばらくぼうっとし, しまいに黙っ, じっと月明り, すぐお, すぐ眼, すこし気の毒そう, すっかり捕へられ, すでに手, すみませんがと, せめてもの, そういう申し込み, そうも, そこでさすが, そしてこの, そっと頭, そのどちら, そのまま渚, その不平, その光景, その喜び, その子供たち, その幻影, その情夫, その料理, その服装, その活発, その病気, その秘密, その肩, その見取図, その郷里, その飲食店, それだけに年, それでも飽き足らず, それ以上夫を, そんな眼, たいへん自慢, ただいつ, ただ一寸, ただ本能, ただ赤面, たつたいま, だから夢中, ちゃんとした, ちょっと微笑んだ, ちらりと牧野, ついに閉口, つづけて, つんとすまし, とうとう正直, とぎれとぎれに, とろけるよう, どうしても本家, どうもここ, どれほどに, どんな弁解, なおアンガス, なお長く, なつかしげ, ならんで, なんと感じたであろう, にわかに冷ややか, はしゃいだり, はっと思い出し, ぱっちり眼, ひとりきりに, ひどくまじめ, ひるまなかった, ふっと見上げた, ふと思い出した, ふり向いた, ほかに, ほとんど聞きとれない, ぼくに, まあ云わ, まず後ずさり, またそんな, また不意, また如何にも, また手土産, また漠然たる, また考え直し, また顔, まだね, まだ倦, まだ業腹さうに, まだ震え, まったく荒唐無稽, まるで君, まるで男, みずから自分の, むっつり黙りこんだ, もうしっかりした, もうひょっと, もう一刻前, もう一通, もう六十四歳, もう夢中, もう悲鳴, もう泣き, もう美しい, もう酔った, もっともっと村川, もの足りなく, もはや花嫁, やがて忍び足, やさしい文句, やっと引きつった, やはりおちおち眠られなかった, やはり火鉢, やや険, ようやく一, よくよく考えた, よく眠つたふり, よみ返れば, わざとそう云う, わたしには, アウグストゥス在世の, イギリス人であった, エレクトロラの, カンボジヤの, クリストフから, コップに, シネマ, ジル, ソフィヤを, テレ帯の, ドン地方で, ハンカチを, パリが, ピシャリと, フランネルの, ベルクマンと, ポンメルシー夫人です, メ, ラレイについては, ロシアの, 一々たたん, 一二分の間私を, 一体彼女, 一定の, 一層声, 一座と, 一日じゅう恋愛の, 一枚一枚脇へ, 一瞬間に, 一通の, 丁度犬, 三十と, 三時間ばかりの, 下の, 不審に, 不真面目, 両親に, 中食後本郷の, 乗り越したの, 事々に, 二三度空中から, 二十四人の, 云いすてて, 云ひ終る, 亡き夫, 人参大根葱トマトを, 仁科夫婦を, 今ほど, 今向け換えた, 今年十五歳である, 今時珍らしい, 仕えの, 以前四条に, 休みなく, 低く囁く, 何し, 何もかもはっきりと, 何処か, 何時しか夜ふかし, 何者にとも, 例によって, 信濃の, 倹約で, 傾斜地の, 元来体が, 先ず非常, 先達鎌倉へ, 全く悔恨, 全然沈黙, 六時に, 其後何様なった, 内心ひどく, 再び椅子, 冷えきった顔, 凡そふさわしから, 出発の, 初めて彼, 別々に, 別れ際に, 前折, 加藤某といふ, 勝手口の, 北国に, 十人の, 十日かかっ, 半ば微笑した, 卑屈な, 博士事件以来ここへ, 去就に, 友達の, 受持の, 古風にての, 台所が, 同じ所, 名古屋の, 吾妻下駄を, 呼んで, 唐突に, 啜泣きながら, 嘆いても, 囁くの, 困憊するだろう, 在来の, 坐席, 堪らない淋し, 変装の, 多少きまり, 夢でも, 大きなメリケン粉袋, 大体その, 大抵日曜日, 大酒, 夫人に対して, 奥さんとも, 女中奉公に, 如何にも幸福さうに微笑, 始めてホッと, 娵や, 嫌だ, 字通り損に, 宅に, 実に不思議, 実は, 客商売を, 家族の, 富裕な, 寝返り打って, 封筒を, 小さな扉, 小意気だった, 小鳥の, 少し渋る, 尚饒舌, 山口を, 川の, 市ノ瀬牧人が, 帰ろうと, 平常こそ, 年寄りたちを, 幼少すでに, 広い庭, 度々自殺, 廬山の, 弱々しい点, 当分パトロン老人との, 彼に対する, 待ちきれずに, 従って自分, 微笑する, 心持ち顔を, 必吐息を, 快活さうに唄つてゐた, 怒鳴り付けたが, 思い出さずには, 思はず叫んだの, 思わずはっとした, 急いだ, 怯か, 恐らく僕, 恐ろしそう, 息絶えた, 悪く思っ, 悲しむだろうという, 意地の, 愛らしく裾, 感心な, 憎みました, 成程, 戻つて來, 手提げの, 打ち明けた, 抵抗した, 持前の, 捜す, 揺籃へ, 放蕩親爺の, 数回にわたって, 断わったの, 新吉を, 既に一度結婚, 日暮里駅で, 早くこじれない, 昂奮し, 明白に, 昨夜は, 時々シュピネル氏, 時々軽い, 晩方頭巾も, 暗にそこ, 曰う国, 書きつ, 最初本家は, 望んで, 未だ執拗, 本当に血, 来し方行く末を, 松葉や, 某重役, 案外平気, 極めて自然, 横町へ, 次々に, 歌いやめて, 正確に, 歯がゆいよう, 死物狂いに, 残酷な, 毎日いじめられる, 毎朝そこで, 気づかは, 気持よく, 水色ガラスの, 江戸を, 決して昼間, 沁, 泣きだしそう, 泣く泣く承知, 流れに, 消えも, 深々と, 渓流の, 源平と, 漫画家, 激しく情, 炉辺の, 無意識的な, 無雑作, 熟知し, 父親にでも, 物事を, 犯人では, 猟夫の, 現はれ, 甚だゆっくりと, 生れぬまえ, 用談を, 男性といふ, 疎かな, 病気に, 発狂した, 白い襟もと, 皇太子妃の, 目醒時計の, 相場を, 真ん中の, 眠ってるだろうと, 着物でも, 矢張り微笑んだ, 石の, 確実な, 神から, 私でなく, 稼ぎに, 突然マリユス, 窓ぎわに, 立ち上つて抽斗を, 立止つて部屋の, 笑ひ出すだらう, 簿記台に, 紅や, 素備前の, 紳士の, 結婚後間もなく, 継母も, 縄跳びを, 羅馬や, 美しく化粧, 羽左衛門と, 考える, 聞えるか, 肥料代の, 胸迫る, 腰掛けて, 自ら強く, 自分一人で, 自殺を, 舳先の, 花子と, 若い女たち, 苦しい都合, 茶化した, 菓子を, 葛城が, 蔭では, 薫に, 螢光燈に, 行水を, 被害者の, 要心ぶ, 見掛け以上, 親切らしく言った, 言い直した, 訊き返した, 詩人達の, 語り出した, 調子をかへて, 豚に, 貨幣を, 赤いオレンジ色, 起き上がり一本, 足袋跣足で, 身ぶり手まねで, 身震いしてるらしかった, 軽くその, 輝く手, 近年は, 追っ手の, 逆らうの, 連れ帰って, 遊びに, 遠い東京, 都へ, 重く弱い中音, 鈴の, 鍬を, 長い長い間, 間に合わせの, 陽気に, 隣家の, 電柱に, 青葉を, 音も, 頭布を, 顏色を, 飛びのいた, 飯茶碗を, 馬車と, 驚愕と, 髮を, 麦粉を, 默つてゐ

▼ 彼女~ (17434, 27.1%)

216 顔を 161 心を 145 手を 138 心は 132 ために 129 顔は 125 前に 117 眼は 113 ことを 105 心に 100 姿を 96 方へ 87 心の 73 眼の 71 姿は 69 うちに 65 姿が, 胸に 63 方を 60 口から 59 方で, 眼に, 眼を 58 手に 54 声は, 顔に 52 家の 50 顔が 47 眼には, 言葉を, 頭の 44 上に, 眼が 42 方から 41 そばに, 腕を 38 顔には 37 父は 36 方に, 肩に, 肩を 34 ところへ, 夫は, 胸を 32 方が, 胸の, 顔の 30 母は 29 体を, 名を, 手から 28 頭に 27 耳に, 肉体の, 言葉は 26 家へ 25 傍に, 後を, 身体を 24 すがた, 家は, 胸は 23 うちには, 家に, 心が, 母の 22 前へ, 手の, 手は, 生活の, 足は, 頬に 21 前で, 夫が, 態度は, 言葉に, 部屋へ, 頬を, 頭は 20 声が, 部屋の, 頭を 19 そばへ, 持って, 様子は, 生活は, 美しさ, 肉体を 18 ような, 側に, 家を, 様子を, 横顔を, 背後に, 額に, 顏を 17 最後の, 父の, 耳には

16 [11件] ように, 名前を, 声を, 夫の, 後に, 心には, 父が, 眼から, 膝の, 言葉が, 魂を

15 中に, 口を, 唇は, 方は, 気持を, 生涯の, 目に, 身体は

14 [12件] からだを, ことは, 体は, 周囲に, 唯一の, 小さい胸, 母が, 為に, 目は, 肉体に, 胸には, 身体に

13 [17件] ところに, ほうで, ほうへ, 口に, 後から, 後姿を, 愛を, 態度が, 手が, 手には, 腕に, 身体の, 頬は, 顏は, 顔色は, 魂の, 魂は

12 [14件] 周囲の, 唇を, 機嫌を, 死を, 父親は, 目には, 神経は, 肉体は, 膝に, 視線は, 視線を, 身に, 身を, 部屋に

11 [19件] からだは, 一生の, 云ふ, 体が, 傍へ, 右の, 名は, 唇に, 心臓の, 心臓は, 性格の, 感情を, 様子が, 目を, 瞳は, 腕の, 良人は, 話は, 髪は

10 [26件] ことが, まわりに, 世話を, 体の, 僅に, 全身に, 声に, 姿に, 心にも, 息は, 死の, 母親の, 母親は, 注意を, 知って, 耳の, 言うこと, 言葉の, 話を, 跡を, 身の, 身の上を, 身辺に, 部屋は, 髪を, 魂が

9 [34件] しなやかな, ためには, なかに, ほうから, ほうに, やうな, 両の, 両手を, 事を, 体に, 全身を, 唇が, 寝て, 心持を, 心臓を, 意志を, 手へ, 手紙を, 指は, 死は, 母に, 父親が, 生命を, 皮膚は, 眼前に, 神経を, 答えは, 肩の, 肩へ, 表情は, 足を, 過去の, 面影が, 顔から

8 [28件] すること, そばを, ほうは, 一生は, 全身の, 前を, 口は, 唇の, 夫に, 存在を, 帯の, 意見を, 手紙の, 指に, 本当の, 母親が, 気持は, 父親の, 生命の, 目の, 真実の, 答は, 背後から, 表情を, 話に, 面影を, 頭には, 髪の

7 [44件] あとを, うしろに, 今の, 代りに, 側を, 傍を, 兄の, 兄は, 全身は, 前には, 唇から, 夫を, 好きな, 姿も, 家から, 左の, 希望を, 帰りを, 幸福を, 性格を, 愛は, 手で, 最初の, 涙を, 為めに, 生活を, 眠りを, 瞳の, 肉体が, 胸が, 舌は, 華奢な, 言葉には, 話の, 足が, 足の, 返事は, 運命を, 道を, 頭から, 顔も, 顔や, 首に, 首を

6 [65件] あとに, うちの, からだの, ことだ, ことで, ほうが, 一生を, 上を, 不思議な, 云うこと, 傍で, 傍には, 兄が, 内部に, 出て, 周囲を, 味方に, 場合は, 夢に, 存在が, 家で, 小さな胸, 彼に対する, 快活な, 性質は, 息を, 意に, 意識は, 愛情は, 態度に, 態度には, 態度を, 手紙は, 椅子の, 母も, 母親も, 気を, 求めて, 涙の, 生きて, 白い顔, 目が, 真の, 眸は, 眼にも, 眼や, 第二, 美は, 耳へ, 耳を, 背を, 背中に, 芸は, 行動を, 表情には, 足もとに, 身体が, 運命は, 部屋を, 間に, 静かな, 面影は, 額を, 顏が, 顔色を

5 [99件] あとから, あとについて, いうこと, いつもの, うしろ姿を, すべての, すべてを, ほうを, もとに, もので, ものである, やうに, サロンで, 下に, 両親が, 両親は, 仕事の, 仕事を, 住居の, 作品の, 作品は, 作品を, 兄も, 処女らしい, 前では, 力では, 口の, 名が, 坐って, 声の, 夢を, 好奇心を, 子供の, 存在は, 室に, 家が, 家では, 家には, 家まで, 希望は, 幸福の, 弟の, 影が, 後について, 心から, 心持は, 性格は, 悲しみは, 感情は, 手紙に, 故郷の, 方も, 机の, 枕元に, 様子に, 死が, 死に, 死体を, 気持が, 涙は, 父親に, 片手を, 生命が, 生涯は, 白い手, 眉を, 眼も, 眼付が, 着て, 瞳に, 空想は, 罪を, 美に, 美貌を, 考えは, 耳は, 腕が, 自尊心を, 血は, 視線と, 言うところ, 記憶の, 誇りを, 説に, 足下に, 身の上に, 身体も, 返事を, 運命の, 運命も, 過去は, 部屋で, 頭上に, 頭脳に, 頸に, 頸を, 額は, 髪の毛を, 鼻の

4 [156件] いわゆる盲目, お蔭で, からだ, ことばかりを, ことも, すらりと, ぜんたいから, そばで, ところから, ほかに, まえに, ものだ, 一挙一動は, 一挙一動を, 上へ, 不幸な, 不機嫌, 両手は, 両肩, 中の, 二の腕の, 二人の, 仕事は, 低い声, 住んで, 体には, 体温に, 健康を, 偽の, 兄と, 全生活, 前の, 前方に, 力で, 力に, 努力は, 危険から, 友達が, 友達の, 名も, 名前は, 周囲には, 周圍の, 唄の, 夢の, 大きな眼, 夫と, 奇妙な, 好みに, 好奇心が, 姿と, 姿の, 存在の, 家庭の, 容貌は, 小さい心, 居間に, 帰宅する, 帽子を, 幸福は, 店に, 影も, 影を, 後ろに, 微笑や, 心も, 心臓が, 息が, 意志とは, 愛して, 愛の, 愛情の, 愛情を, 態度の, 所へ, 手と, 手も, 手首を, 才能を, 抱いて, 持つて, 指の, 書いたもの, 枕もとに, 枕頭に, 正面に, 母性を, 気の, 気持に, 氣に, 父に, 現在の, 生活が, 生活に, 病気が, 病気は, 白い脛, 目から, 眼からは, 眼付は, 着物の, 瞳を, 空想を, 窓の, 第一, 精神は, 精神を, 素性を, 美しい顔, 美を, 老いたる, 肖像を, 肩から, 背中を, 胸から, 腕は, 腰の, 腰を, 膝へ, 良人が, 良人と, 若さ, 苦痛を, 華やかな, 血を, 裡に, 裸体が, 裾に, 見て, 視線に, 視線の, 親切を, 言葉も, 許へ, 語るところ, 豊かな, 足に, 足音が, 身の上話を, 身は, 過去を, 靴の, 頬には, 頬の, 頭が, 頭へ, 頭脳は, 頭脳を, 顏の, 顔つきが, 顔と, 顔へ, 首は, 驚きは, 鼻に, 鼻を

3 [319件] あいだに, いう, うしろへ, うちで, うちにも, かすかな, かたわらに, ぐるりに, ことな, ことばを, これまでの, その時, そばには, それに, それを, たましい, ためと, ためにも, ための, ためを, ところで, どこに, ひそかな, ふしぎな, もとへ, もとを, ものでない, ものに, わきに, アパートへ, 一切の, 一家は, 一身は, 上半身が, 不幸を, 世界の, 両親の, 両親も, 主人の, 乳を, 乳房の, 事が, 二つの, 云うところ, 云う所, 亡夫の, 仕事に, 住居を, 体へ, 体内に, 体温が, 例の, 信頼を, 俤を, 倅の, 傍らに, 優美な, 内に, 内心に, 写真は, 写真を, 冷たい心, 冷淡な, 切なる, 力を, 動作を, 半生の, 半生は, 厄介に, 口へ, 右に, 周囲から, 呼吸は, 命令を, 喜は, 噂を, 場合には, 境遇に, 境遇の, 境遇は, 境遇を, 声には, 声も, 声や, 外の, 多くの, 夢想の, 大切な, 女の, 女主人, 姉が, 姿から, 姿には, 姿勢は, 子供らしい, 子供を, 学校の, 孫を, 安否を, 実際の, 室は, 室へ, 家と, 家族の, 容貌の, 容貌を, 寝台の, 小さな手, 小説は, 席の, 帰宅を, 幼時の, 後ろから, 後ろを, 後ろ姿を, 後姿は, 微妙な, 心と, 心持が, 心持に, 心理が, 思想の, 性格に, 性質が, 性質に, 性質の, 性質を, 恋の, 恋人とを, 恋人にも, 息子の, 悪口を, 悲しみを, 情熱は, 想像した, 意の, 意を, 意志に, 意志も, 意見に, 意識が, 愛に, 愛らしい顔, 愛人の, 感情が, 態度から, 態度も, 懐から, 手く, 手であった, 手によって, 手足の, 指には, 指先が, 指先を, 指紋が, 掌中に, 教育は, 方からは, 方には, 方の, 方へは, 日常の, 日記は, 日記を, 最近の, 服装が, 未来の, 本名を, 本當, 来るの, 柔らかな, 横に, 横顔が, 横顔に, 機嫌は, 此の, 歩いて, 死因は, 死骸を, 母と, 母親に, 気に, 気分に, 気分も, 気分を, 気持ちが, 気持も, 氣の, 決心が, 決心は, 決心を, 消息は, 消息を, 涙に, 清らかな, 演奏を, 無智, 無罪を, 爲めに, 父を, 父親も, 特別な, 特殊な, 犠牲の, 狂暴な, 生前の, 生家は, 生活と, 病気の, 皮肉な, 皮膚の, 目と, 相手に, 眉が, 眉の, 看護婦としての, 真実を, 真心が, 眠って, 眼ざし, 眼と, 眼付を, 眼前を, 眼瞼は, 瞳が, 私に対する, 空想の, 立って, 笑ひ, 笑顔を, 細い眼, 経歴の, 結婚の, 結婚を, 絹の, 繊細な, 美しい眼, 美には, 美貌に, 考へは, 耳にも, 聲は, 肉体, 肌に, 肌の, 肌を, 肩が, 肩や, 背へ, 胴の, 脚に, 脚は, 脳裡に, 腑に, 腰に, 自信は, 自尊心が, 自殺を, 自由には, 興味を, 良人に, 良人の, 芸を, 若い時分, 若き日, 苦しさ, 苦しみを, 蒼い顔, 蒼白い頬, 蒼白い顔, 血と, 血に, 行手を, 行方を, 行為を, 表情に, 裸体は, 視線が, 言ひ, 計画は, 計画を, 記憶は, 許に, 話では, 誘惑を, 調子は, 貞操を, 赤い煙突, 足跡を, 身元を, 身辺から, 身體を, 通って, 運命に, 部下の, 郷里は, 醜い耳, 醜さ, 長い睫, 長衣, 面を, 頬が, 頭にも, 頭髪を, 頸から, 額には, 顏に, 顏には, 顔, 顔いろ, 顔だけが, 顔にも, 顔色が, 髪に, 魂に, 鼻が, 鼻は, 鼻先へ

2 [959件 抜粋] あたま, あの片, あらましの, あらわな, いない留守, いわゆる, うしろには, うしろを, おかげで, お尻, お腹を, からだ全体が, ぐた, ことである, ことばかり, このよう, この冷酷, この意見, この頃, さうし, して, するまま, そう云う, そぶりに, ただ一つ, ためのみ, であるか, どこからも, ひとみに, ふくよかな, ふなば, ほしいもの, ものうげ, ものであり, やり方は, ようすには, よろこぶ顔, わがままを, イノチは, グラスに, ヒステリックな, ヤンを, 一人が, 一切を, 一家が, 一挙一動に, 一瞥は, 一身から, 一身の, 三人の, 上には, 下を, 下駄を, 不平を, 不浸透性, 不謹慎を, 両眼, 両親と, 中で, 主家おもい, 乗って, 乱れた髪, 乳房は, 予期する, 二番目の, 云分, 亡骸を, 亭主が, 亭主の, 人生の, 今日の, 仲間の, 伴奏を, 住居も, 住所を, 体も, 体温の, 何処かに, 作画は, 信仰し, 信仰の, 修理された, 健康の, 側で, 傑作, 傷いた, 僅かに, 働きが, 元気の, 先の, 全体が, 全身が, 全身には, 内生活, 円らな, 冷たい理性, 凄艶, 出来を, 出生は, 前半生, 前途には, 創作の, 功績を, 勇気と, 勇気を, 動作に, 動静を, 勤めて, 半生を, 印象に, 印象を, 友達から, 双眼には, 収入は, 叔父は, 受けた教育, 口からは, 口元から, 口元には, 口吻でも, 叫び声は, 名であった, 名の, 含み笑いが, 周囲では, 呼名は, 命令に, 唇と, 問いに, 問に, 善良な, 喜びの, 喜も, 国の, 墓は, 声で, 声にも, 変化に, 夢想的な, 大柄な, 天の, 天性の, 夫だけに, 夫で, 夫君が, 失踪した, 奴隷に, 好意を, 妖婦的な, 妹の, 姉の, 姉妹とも, 姿だった, 姿であった, 姿までが, 娘に, 嫋や, 子は, 存在そのものの, 存在をも, 完全な, 官能は, 実家は, 家とは, 家出の, 家庭では, 家柄から, 容姿は, 容子に, 容子を, 容貌に, 寂しさ, 寝室へ, 寝床の, 尊敬を, 小さな心, 小さな足, 小さな部屋, 小さな魂, 尻に, 居ないこの世, 居間にまで, 屋敷は, 崇拝者の, 左手を, 希望であった, 帽子と, 平和な, 平素の, 年と, 年の, 年齢を, 幼少の, 店は, 弁護の, 弟である, 弱い二の腕, 弱点に, 強い性格, 彈いた, 影は, 後姿が, 得意の, 微笑の, 心, 心もちは, 心境を, 心臟の, 心配を, 快楽の, 怜悧な, 思いは, 思って, 思ひ出, 思念は, 思想を, 性格が, 性格としては, 恋は, 恋人の, 息の, 悔は, 悩みは, 悲しそう, 悲しみと, 悲鳴が, 悲鳴を, 意識に, 愛する少年将軍, 愛情が, 感傷を, 慎しい, 憧れの, 懐に, 懸命な, 成功を, 我が儘, 所作を, 所在を, 手の甲を, 手より, 手元を, 手紙が, 手首は, 打ち明け話, 抱えて, 持味は, 指が, 指を, 指先の, 指先は, 振分髪の, 接吻を, 擾れ, 放逐を, 数々の, 文学的社会的成長の, 新しい心配, 方からも, 日々の, 日頃の, 昔の, 更年期が, 書体は, 最大の, 朋輩が, 服装とか, 服装は, 朝の, 本名は, 本来の, 来訪を, 枕元で, 柔い, 柔かな, 極度な, 楽屋を, 様子の, 横へ, 横顔へ, 歌の, 歓喜も, 正体を, 歩みは, 死と, 死んだ時弔電, 死骸が, 死骸の, 母への, 母親を, 気が, 気分は, 気性の, 水, 求めるところ, 泣きぬれた顔, 注意の, 活動は, 浮気と, 浮気心を, 涙も, 清純な, 激烈な, 濃艶, 無事な, 無邪気な, 焼餅を, 父, 父なる, 片手が, 特長である, 犯罪の, 独特な, 現実的な, 理想と, 理知の, 生が, 生れて, 生前私は, 生命は, 生家の, 生涯と, 生涯も, 生際, 産は, 留守に, 病気に, 病氣は, 痛切な, 白い姿, 白い遠目, 皇太子でも, 皮膚を, 目つきは, 目的を, 直ぐ斜前, 直感の, 相貌は, 眉宇の, 真実が, 真意が, 真赤な, 眼で, 眼付には, 眼差に, 着こなしの, 着物は, 睫毛に, 瞼が, 知つてゐる, 知恵の, 石の, 社会的地位とか, 神経に, 私室に, 移り気を, 空気が, 立場が, 立派な, 笑顔は, 答えを, 精神に, 精神的な, 純一な, 純潔は, 素振りには, 紫色の, 細い頸, 経歴を, 経験に, 結婚する, 結婚は, 絵画勉強の, 繍った, 美しい横顔, 美しい眼つき, 羞恥心を, 習慣の, 考えて, 考えを, 考では, 耳もとで, 耳元に, 肉と, 肉を, 肉体と, 背なかへ, 背中が, 胸にも, 胸一ぱいに, 脚下に, 腕から, 腕には, 腕首を, 腹の中には, 膝を, 臍とは, 自信の, 自分に対する, 自殺の, 自由に, 自覚を, 良人を, 艶や, 芸術が, 芸質が, 若き母, 苦しみが, 苦慮は, 苦痛な, 落ち着きを, 虚栄から, 虚構の, 蛇の, 血液とを, 行くの, 行方不明が, 衣服の, 表情から, 表情や, 袂の, 袂は, 裡には, 裳を, 裸を, 襟もとに, 見知らない青年, 親しい肉親, 親切に, 言った言葉, 言ってること, 言葉から, 言葉にも, 言葉や, 記憶も, 許しを, 許婚が, 話しぶりは, 話で, 誕生日に, 誤解を, 調子とは, 貌を, 貧弱な, 質問の, 趣味を, 足には, 足先に, 足音を, 身も, 身体と, 身体全体は, 身内の, 身振, 身辺の, 躯を, 車に, 車を, 輸送車は, 返事が, 返辞を, 追憶について, 連れの, 運の, 過去が, 過去については, 遣口, 部屋から, 部屋には, 郷愁を, 里へ, 金髪は, 鏡台の, 長い睫毛, 隣りの, 霊魂を, 青みがかった横長, 青春も, 面に, 面前に, 靴音を, 頬から, 頬笑みは, 頼みは, 顎が, 顔つきを, 顔立を, 顧客の, 食慾が, 饒舌が, 驚きの, 高慢な, 髪が, 髮は, 鬢に, 魅力に, 魅力を, 魔力を, 黒い髪, 黙々たる心

1 [6442件 抜粋] あいだには, あのすばやい, あらゆる条件, ある部分, いう事, いたずらに, いなくなった理由, いるおかげ, いわゆるクラム, うしろ姿に, うつろな, おどおどした, お仕込み, お手本に, お腹は, かたく繋がれた, かゆい乳房, きものの, ぐるりを, こう云った, ことについては, この妄想, この珍しい, さういふ意味, しぐさに, しばしば呟く, すぐ後, すべては, せわしい両手, そういう生れつき, そうした態度, そのぎごち, その心理, その自讚, そばまで, そんな気色, たのみで, ちんまりした, つれなさ, ところへでも, どっしりと, なすまま, はいって, ひとみが, ふっくらと, ほかの, まさってる点, まつ毛には, みずみずしい髪, もっとも怖, ものとは, やさしい養母, やりさうな, ようには, わずかな, アパートは, オーミングアツプが, コオトや, スキイは, テオリー全部の, パンを, ブルジョア気質を, ボックスの, ユダヤと, 一つ覚えで, 一家ばかり, 一日分五十瓦の, 一番苦しんだ, 一部であった, 三匹の, 上海行を, 下宿先へ, 不安なある, 不幸に, 不用意に, 両手が, 中での, 主人公であった, 乱れた生, 予ね, 事だ, 二刀は, 云いたかったこと, 云ふと, 交り, 人となりに, 人生を, 今度の, 仕業だ, 以前の, 会話の, 伯父の, 住家は, 体力の, 体躯を, 佛蘭西の, 作品はと, 侍史に, 信仰は, 修業の, 健かさうな, 偽瞞, 傲然と, 像を, 元気は, 兄を, 児童の, 全宗教, 全裸の, 兩肩や, 内の, 内面的な, 写真帖を, 冷たくな, 凡ての, 出る役, 出生が, 初めての, 刺すよう, 前生活, 創作であった, 力量が, 努力で, 勉強ぶりに, 勝手を, 勤務時間中患者の, 医師の, 半身に, 印象の, 厚意を, 友の, 反動論には, 収入を, 受口の, 口もとには, 口紅は, 叫び声が, 右手の, 同情者の, 名前やら, 向い側の, 周囲へ, 呼吸までも, 命令により, 咽喉部を, 唇へでは, 啜り泣きは, 單なる, 噂さえも, 四月が, 国では, 地位の, 垢に, 場合でも, 境涯の, 壮大なる, 変心, 外見の, 夢は, 大きい面, 大声が, 天性である, 夫だ, 夫や, 失踪を, 女として, 女友達, 奴隷と, 好奇心は, 妖艶な, 姉妹達や, 姿である, 姿態から, 娘時代に, 嫁入り口について, 子に, 存在で, 孫息子に, 完成を, 実力に, 客観的な, 家人に, 家計も, 容色もはや, 寄付は, 寝呆け姿, 寝間とは, 対話を, 尋ねて, 小さなまるまっ, 小さな耳朶, 小屋を, 小鼻に, 局御所へ, 居間へ, 崇拝者かも, 己惚れでは, 師外川先生も, 帰京には, 干渉を, 年老ける, 幸福や, 幼女時代に, 店で, 弁解であった, 弟達が, 弱身, 弾丸による, 形見である, 役だった, 待って, 後半生を, 従姉の, 御難時代で, 心それらは, 心なんかを, 心事を, 心持とても, 心臓へ, 必死的努力は, 応答を, 怒り方が, 思うこと, 思想的雰囲気から, 性分に, 性質と, 恋にとっては, 恋愛で, 恐ろしい計画, 息づいて, 悟り澄ました, 悪口ばかり, 悲しむ時, 情人は, 情緒に, 想像の, 意中の, 意志でも, 意識の, 愛する沙翁, 愛人水戸の, 愛称かと, 感情生活を, 態度と, 慰めに, 憤りを, 懐中電燈の, 我儘には, 戻るの, 所有者では, 手さえ, 手へでは, 手前憚から, 手紙なども, 手記には, 才気の, 批判の, 技量はかの, 拒絶を, 持参金の, 指示した, 振舞いは, 接触感とは, 撥音は, 政治的イデオロギイ, 教えた人々, 敵に, 文学的教養の, 断髪が, 方へと, 日日は, 旧友で, 映画が, 普通でない, 暴風の, 書物だった, 月々の, 望みは, 未完成, 本質に, 来た時間, 枕元を, 柳眉は, 椅子に, 楽器の, 樣子は, 横顔にまで, 欠け縮れた, 歌そのものより, 歓迎する, 正論には, 歯に, 死に対する, 死体には, 死笑靨, 殺気ば, 母へ, 母親などは, 気に入らないらしかった, 気力は, 気持ちを, 気質が, 氣分には, 求める唯一, 沈默は, 泣き声に, 洋服は, 活気であった, 浴場から, 涼しげな, 添に, 満されなかった, 澄み切った眼, 灰色の, 焚べて, 無気力は, 無鐵砲, 熱心と, 父に対して, 父石崎源三が, 片手は, 物とては, 特徴と, 状態は, 独断によ, 率直な, 理屈は, 琵琶にも, 生き方には, 生れた村, 生命であった, 生活だった, 生活様式や, 生皮を, 甲高い笑, 畑だった, 疲れた心, 病室を, 病気と, 痩せた肩, 癖では, 発議で, 白いアンダー, 白い肘, 皮肌の, 盛装姿を, 目的にとって, 相変らず, 眉目は, 真前に, 真白い足, 眸に, 眼つきや, 眼差から, 眼頭が, 瞎雌猿に, 知ったこと, 知り合, 短い亡夫, 碧い, 祈願は, 神経の, 秘密だ, 稽古を, 穽に, 立ちすぐれた, 競争者たる, 笑う度, 笥には, 答へ, 精力的な, 精神生活は, 純情の, 素描に, 細くて, 経験する, 給金は, 綺麗で, 縄目を, 罪ばかり, 美しい寢臺, 美しい薔薇色, 美点は, 義務心よりも, 老の, 考えも, 耳では, 聲が, 肉は, 肉情と, 肌膚の, 肢体は, 肩越しに, 背なかを, 胴へ, 胸三寸から, 脈は, 脳みそを, 腰は, 腹の中も, 腿の, 臓腑が, 自分で, 自我は, 自由にも, 興奮は, 良人である, 色素の, 花顔から, 芸術至上論よりも, 若い恋人, 若盛り, 苦悩は, 茶店の, 菓子は, 著述の, 蒼白さ, 薄暗い退屈げ, 虚栄からばかし, 血潮を, 行動が, 行衞が, 衣裳を, 表明に対して, 袂に, 裁きを, 裸体を, 襟脚を, 見たアメリカ, 見事な, 親しい人々, 親友ジゼルの, 解説が, 言うの, 言葉どおりに, 計画に, 記憶力は, 証言に, 話すの, 話声に, 誕生日を, 誠実を, 論拠に, 議論を, 貞操の, 責任を, 資金で, 赤い服装, 超人間的, 足もとまで, 路を, 身の上にも, 身体には, 身分せ, 身柄に, 身體が, 軽快に, 辛苦の, 述懐も, 退屈を, 通俗作家としての, 運命であった, 過去も, 遠い祖先, 遺文は, 郊外の, 郷里からと, 醜い点, 重ねた手, 金歯の, 鋭い視線, 長い髪, 門前に, 闊達な, 隙を, 雑談の, 霊魂と, 青ざめた首, 面かげが, 靨を, 音楽への, 頬にも, 頭痛の, 頭髪は, 頽廃そのものであった, 顏ばかり, 顔かたちが, 顔について, 顔立は, 風体と, 飲み物は, 首にも, 馴染客は, 驚きを, 體躯に, 髪の毛が, 鬢の, 鮨皿の, 黒い睫毛, 鼓が

▼ 彼女~ (4899, 7.6%)

48 自分の 36 私の 28 出て 24 私に 23 それを 21 彼の 17 自分を, 言った 15 何か, 私を 14 そこに, 何を, 彼を 12 彼に, 眼を, 自分で, 自分に 10 僕の, 帰って, 手を 9 口を, 顔を 8 ここへ, 瑠璃子夫人である, 訊いた, 黙って 7 云った, 他の, 姿を, 彼女の, 第一, 身を 6 そこへ, 二人の, 夫の, 心の, 生きて, 立って, 言つた

5 [12件] この家, 一人で, 前に, 家に, 家を, 彼と, 生れて, 目を, 着物を, 知って, 訪ねて, 非常に

4 [26件] それに, どこに, なんの, はいって, わたしを, 云つた, 先に, 化粧を, 始めて, 子供の, 客間に, 席に, 或る, 手に, 持って, 東京に, 死んだの, 死んで, 無事に, 父の, 窓から, 結婚し, 芸術の, 足を, 連れて, 静かに

3 [67件] いった, いつもの, お蝶, ここまで, この世に, この世の中, さう, そう云う, そのこと, その中, そんなこと, ちやうど, ちよつと, どこへ, 三週間の, 今でも, 今の, 今まで, 低い声, 何も, 僕に対して, 兄の, 別れに, 嘘を, 外出する, 夫に, 女の, 女学校を, 女性である, 寄り添って, 居る, 帰った後, 平気で, 彼から, 心を, 愛して, 感じたの, 普通の, 最初の, 最後に, 最後まで, 来れば, 殆ん, 殺害された, 母に, 水を, 泣きながら, 涙を, 父親の, 物を, 独りで, 球を, 男を, 眉を, 私との, 私達の, 笑ったので, 答へ, 結婚する, 腹を, 見かけに, 言って, 谷中の, 身に, 近づいて, 通るの, 金を

2 [326件] あの地位, ある原因, いうには, いかに愛, いかに自分, いかに衰, いくらか, いちばん醜く, いなくなった今, いなくなっても, いること, いるという, お正さん, お酌, お銚子, かうも, きて, きょうは, こ, こうする, こたえた, この部屋, こんなこと, さう云, しきりと, して, すこし意地, すべての, そういう状態, そうなった, そこから, そこで, そこの, そつと, そのよう, その事, その問, その少女, その心, その時, その湯呑, その臨終, その話, そばに, それほどに, た, たった一人, だん, ついて, とついで, どういふ, どこかへ, どんなこと, どんなに侮蔑, どんなに聴く, なんと言いこしらえた, ひそかに, ひとりで, ふいと, ふいに, ふとそこ, ほかの, まだほんの, まだ一度, まだ小娘, まだ此, まだ着物, もう一度の, もう彼, もはや全く愛し, やって来た, やって来るの, やつて, わざわざそこ, わしに, わしの, わたしに, わたしの, カンガルーの, コンナにまで, ハッと, フランス語を, ベッドの, ペテルスブルグに, ル・ブラン氏の, 一緒に, 三人の, 世に, 世間から, 両手で, 両手を, 両親の, 乗って, 予期した, 二度も, 二度目に, 二階から, 云いました, 云ふ, 人家つ, 人間の, 今は, 仏蘭西語の, 付き添って, 伯爵と, 佃に, 住んで, 佐助を, 体を, 体中に, 何かに, 何でも, 何にも, 何故に, 例の, 健康だ, 僕に, 元の, 兄と, 六十日以上も, 内地へ, 内心当惑し, 再び出, 出かけようと, 出発した, 初めから, 努めて, 十二の, 十二三の, 十六の, 十四の, 厚顔無恥である, 去った後, 去って, 去ると, 受話機を, 口に, 叫びだした, 可哀さうに, 同期の, 君を, 呆れて, 哀れな, 唇を, 喪服を, 執拗に, 堕落した, 声を, 外に, 外の, 多くの, 夫と, 夫を, 奥畑と, 女であっ, 女らしくない, 女主人, 女学校の, 好きな, 好んで, 妊娠した, 妹さんと, 妹の, 嫁いでからは, 嫉妬が, 嫌いだ, 学校から, 学校へ, 実際に, 客間には, 室の, 家の, 小学校を, 少しでも, 少しも, 帰り次第, 帰ると, 帰る時, 常々心配し, 幼い時, 床を, 店に, 弾いた, 彼には, 彼女に, 彼女自身を, 後へ, 後を, 心理学に, 心配した, 必要と, 怒れば, 思って, 急に, 恐れて, 息を, 悪いの, 想像し, 我々無産階級に, 戸を, 戻って, 扉を, 持つて, 振り向くと, 操る蜘蛛, 断りも, 斯うし, 新聞を, 時々兄, 書いて, 最早や, 服装を, 未だに再縁, 来たこと, 来たの, 来てから, 枕に, 案外あつ, 棺の, 椅子に, 横たわって, 機嫌の, 次の, 此の, 死を, 死んだと, 死んだという, 死んでから, 死力を, 残して, 母親を, 気に, 気を, 永い間, 永久に, 決心し, 泣いたの, 泣いて, 浅草の, 海の, 清浄で, 演じたところ, 無罪である, 無言の, 父と, 父に, 物心つい, 率直すぎる, 現れたから, 男たちの, 男であるなら, 男の, 男帝なら, 画の, 異性を, 痩せて, 白浜へ, 相手の, 真直ぐに, 真面目に, 眠つてゐる, 砂を, 立ち上って, 笑うと, 答えると, 籐椅子に, 米八の, 糸を, 素直に, 結婚した, 結婚の, 結婚を, 聞いて, 職業先の, 胸に, 胸の, 脳に, 腰を, 腹に, 自らの, 自分から, 自分にたいして, 自分より, 自分自身の, 自殺を, 自身の, 興味を, 興奮した, 舞台に, 舞台を, 若くも, 裸体である, 裸体に, 襖を, 見たもの, 見て, 見聞した, 言うから, 診て, 話して, 誇って, 誰かに, 誰だ, 谷中から, 起きて, 躊躇し, 追っかけて, 送って, 途中で, 這入って, 選んで, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 郵便局へ, 重ねて, 銚子を, 長い間, 長く姿, 青山墓地で, 頭を, 頻繁に, 飛び込んだの, 駭きの目を, 高い塗下駄, 鼻水を

1 [3384件 抜粋] ああした仕事, あなたこそ, あの小さな踊っ, あの晩ヤールタ, あまり世, あらゆる通信, ある役, あろう事, いい出した, いかにも熱心, いきなり突拍子, いくら眠ろう, いたため, いっさい包まず, いつか羞らいを, いつもかじりつい, いつも宿, いつも頭脳, いないという, いなくなって, いまは, いま観戦に, いる, いろ, うけいれたといふ, うちで, うなる時, おそわれるよう, おれに, お柳, お轉婆, かえるの, かつて唄った, かれこれ言, きょう駅での, けっして許し得ない, こうした悲しい寂しい, こう云う, ここに, こちらを, この不安, この八年, この小, この時計, この痔疾, この路, これまでに, こんな事, こんな蝋細工みたい, さうとは, さっきから, しいて, しめ殺した黒装束, すきだった, すすり泣いてるの, すばらしい嘘, ずっと以前, そういう感情, そうしたところ, そうして朝田社長, そう決心, そのとき, そのホテル, その二週間, その偽り, その友情, その屋台, その恋歌, その新聞, その時間, その沈黙, その籠, その良人, その豊富, その靜, そばの, それほど不倫, そんなにゆ, そんなふうに気持, そんな膏ぎった眼つき, ぞっとする, たずねた, たった一人東京, ために, だんだんに私, ちょっと眼, ついに精神, つくらずして, でると, ときどき足, どういう世界, どういう関係, どうすれ, どう考えよう, どれほどこれ, どんなに才能, どんなに苦しみ悩ん, どんな心持, どんな顔, なすこと, なにか彼, なんら驚く, ねつく時一燭光, はいては, はっきりした, ひたすらに, ひとりでに力, ひどく疲れ, ふたたび, ふと眼, ほのめかした通り, ほんとうは, ぼんやり目送, またこんな, また取り, また稽古, まだ五歳, まだ子供, まだ田舎, まるで袋, みどりの, めんめんと, もう一皮真, もう帰途, もし三度目, もじもじすれ, もっと強かっ, やがてぐつたりと力, やって, やっと十五, やはりその, よい柄, よく識, わかった, わざわざ大阪三界, われわれの, ゐなければ, アポロに, エピミーシウスの, キチンと, グッタリ抵抗力を, コスモの, ショールを, ソファーへ, テナルディエへ, ドレスを, ハンカチに, パンドーラの, ピンを, ブルバラネクへ, ポストに, メデューサの, ユルスュールという, ヴァンダの, 一人ぼっちで, 一寸でも, 一度だ, 一日工場で, 一流の, 一番知りたい, 一色党の, 一銭の, 万事を, 三度くり返し, 上成績で, 下著に, 不幸な, 不承, 世界よ, 並んで, 丸い体, 予ね, 事情を, 二十歳の, 云う, 云った通り, 五十万ミルの, 亡くなったとき, 亭主の, 人力車を, 仇男を, 今までの, 今夜に, 今度引越す, 今日墓詣り, 今観客席の, 他人に, 以前作った, 会見を, 伴れ込まれ, 何かしら激しい, 何と答, 何処か, 何故自殺, 何病だ, 作品に, 俗悪の, 信心の, 側に, 働いて, 兄弟同志の, 先回りし, 入牢する, 全く知らぬ, 其から, 其処へ, 再びねた, 再び結婚, 写真を, 出かけて, 出ました晩, 出逢ったある, 初めてこの, 初め両親とともに, 別段理解, 前生涯, 勉の, 勤めに, 医者に, 十九の, 十六歳の, 半井氏を, 卓子の, 厭が, 友人の, 叔父叔母の, 受け取った, 口癖の, 可憐な, 同意した, 含月荘へ, 呟く言葉, 呼吸し得る, 品川の, 喋るとき青年達, 喪ったものの, 噴火を, 団扇を, 在りし日, 堅く引緊め, 売春を, 外出の, 多少育児, 夢の, 大きな机, 大声に, 大層綺麗, 天使であろう, 夫入道の, 奉公してる, 女として, 女学院から, 如何なる手紙, 妙子の, 姉妹の, 娘らしくない, 婚禮の, 嫁がずに, 嬉しそう, 子供や, 学校に, 安堵した, 実さい仕合せ, 実見した, 室を, 寄稿した, 寒気あるいは, 寝間着一枚の, 小さな旅行帽子, 小学校の, 小皿の, 少しの, 少し落ち着いた, 少年を, 居すわって, 屋敷へ, 山岸に, 島田に, 巧妙な, 帝の, 帰らなくとも, 常の, 平素見なれ, 幻灯の, 幼少の, 幾度も, 座敷へ, 廃人としてまで, 弟子を, 弾く手, 当番で, 彼について, 後に文芸協会, 御殿の, 心ひそかに, 必要な, 怒つたとき, 思い乱れて, 思はず私, 思わぬ手蔓, 急行列車の, 恋しくて, 恢復する, 恰も澄江, 悲しんでると, 意識し, 愛育し, 愼ましや, 憎悪と, 成功する, 我知らず求め, 手から, 打ち明けた, 抑へ, 抱いて, 持ち続けて, 振り返ったので, 掛蒲団だけを, 控え目な, 握って, 故なく, 教壇の, 文学に対して, 新しいソヴェト女性, 日曜日に, 日頃の, 早晩作家として, 昔よく, 昨夜催眠薬を, 晩年の, 暗い臺所, 書きだしたので, 最もよく感ずるらしい, 最初に, 最近では, 有坂イサヲと, 木の, 未来の, 本当に強く, 本社の, 来た時部屋, 来ること, 来るまでは, 東京を, 林田に, 果して英子, 柿沼に, 案外めきめきと, 検事の, 樋の, 樹の, 欠勤でも, 歌いさざめくの, 止めて, 此處へ, 死にかけて, 死んだこと, 死体と, 殘し, 母権を, 毎晩訪ね, 気の, 氷嚢の, 求める男, 汽車の, 泡鳴氏との, 泣くか, 洋妾だろう, 浅原と, 消費階級らしい, 深夜独り寝, 渋沢氏の, 湯風呂の, 滿足した, 火に, 無智, 煩い勝, 爪楊枝を, 片手間の, 物思いに, 特異な, 狂気の, 独唱し, 玉の, 現れるの, 現在住ん, 生きた心臓, 生まれると, 生れた時代, 生存し, 用ゆる, 申訳けばかりの, 画架を, 病める母, 病気に, 療養所生活の, 盗みを, 目黒駅に, 看護し, 真犯人である, 眼に, 知つてゐたなら, 石の, 示して, 祈祷の, 私だけの, 私より, 種々な, 空虚なる, 窺うよう, 立ったとき, 笑い出すと, 笑ったよう, 笑顔を, 箒に, 紅海丸に, 紹介しよう, 結婚によって, 絵筆の, 続けやう, 繪ハガキへ, 美しい物, 美を, 老けたこと, 考え得るかぎり, 耳目を, 肉片を, 育つとは, 脇へ, 腋の下を, 臆病な, 自分と, 自動車から, 自慢に, 自覚し, 舟芸人の, 色んな男たち, 芸当を, 若い時其夫, 若し八郎, 苦しみ始めた, 茫然した, 荘家を, 薄く開きかけた, 虚勢を, 行った時, 行つて見たい, 表面は, 襟首に, 見つけなかった商売仇, 見出すところ, 視線を, 親切に, 言いたそう, 言うサ, 言ってるの, 訊くの, 話しにくい, 説得されはじめた, 誰に, 警官の, 豪族の, 貧しくなり, 賣られたもの, 赦しを, 足軽の, 蹲って, 身装ひ, 軽い塗下駄, 轡川に, 近づいたとき, 追いかけて, 逃げ出したの, 逢った, 道中の, 遠くの, 邸の, 配給した, 里へ, 野蛮な, 鎌倉に, 鑑札を, 長崎の, 間の, 附き合いを, 階子の, 雪の, 露店で, 革命を, 頬を, 頼みに, 顫える, 飛び込んで, 飲んだオレンジ・エード, 飽く迄で, 馴, 驚こうが, 魚住千枝子が, 鹿皮の, 黒っぽい服装

▼ 彼女~ (4018, 6.2%)

61 愛して 37 見た 31 見て 23 自分の 21 連れて 20 して 18 ながめた 16 待って, 抱いて, 眺めた 14 見ると 12 相手に, 知って 11 つれて, 殺したの, 眺めて, 見つめて, 訪ねて 10 ながめて, 慰めて, 抱きしめて 8 呼んで, 見ながら 7 めぐる, 包んで, 呼んだ, 無理に, 膝の, 見ること

6 [11件] 中心に, 家に, 幸福に, 待つて, 愛すること, 抱擁し, 私の, 自由に, 見つめた, 訪問した, 軽蔑し

5 [16件] 乗せて, 少しも, 彼の, 忘れるため, 愛しては, 救って, 狼狽させた, 私は, 繞る, 置いて, 襲った, 見つけて, 見るの, 見張って, 迎へ, 送って

4 [28件] そうさせた, そこへ, とらえた, とらえて, ながめながら, 両腕, 伴れ, 妻に, 心から憎み, 憎んで, 拉して, 捉へ, 捨てて, 眺めながら, 知ってから, 脅迫し, 苦しめた, 苦しめて, 襲って, 見た時, 見出した, 見守った, 見詰めて, 観察し, 迎えた, 迎えに, 追って, 避けて

3 [57件] いたわって, かばって, ここに, しっかりと, そこに, たずねて, とりまいて, なだめて, 一目見た, 伴って, 促した, 保護する, 利用し, 前に, 取りまいて, 囲んで, 失って, 安心させる, 家まで, 尊敬し, 導いて, 彼女の, 待った, 心の, 恋して, 愛した, 所有し, 抱きかかえて, 抱きしめた, 抱き起して, 抱擁した, 抱擁する, 捉えた, 捉へて, 救うこと, 散歩に, 欲しが, 残して, 殺して, 殺害した, 浮気な, 眺めました, 知ろうと, 破滅から, 見その, 見たいと, 見つめながら, 見ては, 見るたび, 見守って, 見据えて, 許して, 責めた, 起して, 送つて, 避けるよう, 離れて

2 [272件] あまり善く, い, うるさがるので, おいて, おそつたとしても, おどして, おめ, かくまで, この上, この家, この恐ろしい, ささえた, じっと見た, じっと見つめた, すぐに, その中, その母, ぢつと, つつんで, とがめて, どんなにか, どんなに欣, どんな深淵, ながめたが, ねらって, ひやかした, びっくりさせ, へんに, みて, むしろ崇拝, よく見, スターに, リヤカーへ, 一人で, 一歩も, 不愉快に, 二階へ, 人生の, 介抱した, 他の, 伴いまた, 侮辱した, 保護し, 借りて, 偉くする, 偶然に, 傷つけたこと, 免職させる, 入れて, 其の地位, 其処に, 冒涜する, 刺す勇気, 創り出しつつ, 劬らなけれ, 励まして, 勇気付けた, 動かした, 動かして, 勝手に, 包んだ, 十分に, 取り巻いて, 可愛がって, 呼びさ, 呼びとめて, 呼びに, 呼び覚すと, 呼ぶと, 哀れに, 喜ばせた, 囲む阿諛, 外に, 大切に, 奥の, 奪い取って, 奪った男, 奪って, 如何に, 妹の, 妻と, 姉の, 嫁に, 嫌つてゐた, 守って, 安心し, 尾行し, 岸の, 崇拝した, 床へ, 引き取って, 引き摺るよう, 引っぱって, 引っ張って, 強く抱きしめ, 強迫した, 彼は, 待たずに, 待たねば, 待受けて, 忘れて, 忘れようと, 忘れようとして, 怒らせて, 思い知らせるには, 思って, 思ひ知らせるには, 急に, 恋してる, 恨んで, 悦ばせた, 悪人と, 想いやること, 意の, 愛したか, 愛しても, 愛してるの, 愛し彼女, 愛する為, 愛すれば, 愛撫し, 慕って, 慰めた, 慰めようとして, 憎みさげすむこと, 憐れむ心, 或る, 抱いたまま, 抱えて, 抱えるよう, 抱きよせようと, 抱き上げた, 抱き締めた, 抱き起さうと, 抱き起したり, 抱くよう, 押しのけた, 押し進めて, 招いて, 招じ入れた, 招聘する, 捉えて, 捉へる, 捕えて, 捜しに, 排斥した, 探して, 掴みそこ, 揺すった, 支えた, 支持し, 支配する, 放さなかった, 救い出そうと, 救い給え, 救おうと, 敵の, 早くも, 普通の, 最後まで, 東京へ, 東京駅の, 模倣し, 横から, 正視する, 殺さねば, 殺しは, 殺す気, 殺害し, 気の毒に, 永久に, 求めた, 求めて, 海岸から, 清水屋に, 満足の, 照らして, 煩は, 犠牲に, 犯人と, 玄関まで, 現在の, 理解し, 疑つて, 発見した, 益々不安, 目がけて, 真似て, 睨んだ, 知らなかった, 知ること, 知る者, 稱讃し, 空想する, 立たせて, 立てて, 立派に, 精神病院へ, 納得させる, 純真な, 罵ること, 考えること, 育てそして, 脅やかし, 膝に, 自分は, 自然に, 興奮させる, 苦しめること, 苦しめ出した, 裏切って, 襲つた, 覆って, 見あげた, 見いだしたの, 見かける, 見たが, 見たこと, 見たという, 見たならば, 見たの, 見た瞬間, 見た者, 見つめた時, 見つめました, 見ました, 見ますと, 見まもって, 見ようと, 見る事, 見れば, 見上げた, 見上げながら, 見下して, 見出す, 見彼女, 見据ゑた, 見直した, 見舞って, 記憶の, 訪ねた, 訪ねても, 訪れた, 訪れたの, 訪問する, 誘った, 誘って, 警戒する, 譲って, 讃美する, 起ち上らせた, 身投げと, 迎いに, 迎へに, 近くの, 近ぢ, 迫害する, 追いかけて, 追い出して, 追い遣ったの, 追った, 追詰めて, 逐い出すに, 采女に, 銀座の, 長椅子に, 離すこと, 非常に, 面罵し, 顧みた, 駭かす, 驚かした

1 [2605件 抜粋] あきらめさ, あしらつて軽々と, あのま, あまり愛しすぎ, ある時間, いかにモテナス, いっそうい, いつまでも, うしろに, うとんじるよう, えたいの, おそく訪れた, おのれの, おびやかす忌まわしい, お婆さんと, お貸し, かうした自由, かすめて, からかった, きわめて巧妙, くるんで, こう呼びつづけ, このまま, この挙, この避難所, こらしめた, こんなところ, さげしむよりも, さしまねいたの, さまそうと, しかり飛ばして, しつけ, しみじみと, じいっと見た, じっと見据えた, じろりと一眄, すっかり包み込ん, せかして, そういう風, そっと起こし, そのまま放置, その地位, その腕, それだけの, そんな夜, た, たずねましたら彼女, たづねてゐたと, だますよう, ちらと, つかまえて, つきとめて, つついたり, てんで相手, とがめなかった, とらえ頭, とり囲んで, どうしても尋ね出す, どうする, どれほど, ながめそれから, ながめ初めた, なぐさめ励ましました, なだめようと, なほ寂しく, のせた町駕, はじめて松本在, はっと思わせる, ひきずるやう, ひきとめその, ひとつ踊らせなく, ひどくびつくり, ひどく建介, ひやつ, ふりむいた, ほめた, まず絞め殺し, まだまだ信じる, まるで変える, みると, めぐるは, もう一度ハッと, もっとよく知った, もとの, やりこめるため, ゆるして, よく見たい, よびとめた, りっぱな, アリョーシャと, オリヴィエに, シャンと, セパート犬の, ハイゲートの, ホテルへ, リザヴェータの, 一人自殺させる, 一層少, 一心に見詰め, 一段と高く, 一眼見る, 一見気の, 上げるやう, 下げるよう, 不安そうに, 不幸にも, 与し易い, 中心と, 乗せた乗合馬車, 乗ものぐるみ跳ね, 二つに, 二度と伯母, 交じえた, 人間らしく乙, 今夜の, 仕向けて, 仲間と, 伴い去る, 住せました, 使ひ, 俊助に, 信じてると, 修道女たちに, 偏頗な, 偶然にも, 傷ける, 僕の, 先ず作家志望者, 先立てて, 兎に, 全盛の, 再び沈鬱, 凌駕する, 処刑しよう, 初めあまり, 別間へ, 力づけたいと, 力一杯に, 助けないで, 助け彼女, 動かすべき理由, 包み異常, 包んだ時, 十分小綺麗に, 博物館に, 厭ふ, 叔母の, 取り巻くこと, 取り押えた, 取巻いたの, 取返しながら, 叢の, 可愛ゆく思う, 叱りつけるの, 吟味する, 味噌屋の, 呼びよせる気, 呼び出すばかり, 呼び寄せなかつたこと, 呼び留めた, 呼ぶよう, 呼吸し, 啄み始めてる内部, 喘がせて, 喜ばせたもの, 喜ばそうと, 嘲り笑い, 嚇したの, 回避し, 囲む世界, 圧して, 圧迫した, 坐らせようと, 埋めつくすであろう, 変えたの, 多少脅, 夢より, 大人達は, 天使たらしめた, 失ったって, 失業させる, 奪い合うよう, 女と, 好いた, 好んで, 妙光と, 姉たちと, 娘の, 娶ろうなんぞと, 存八の, 安全な, 安心させよう, 完成の, 客間に, 宥めるよう, 家へ, 容れれば, 寝かそうと, 寵愛した, 尊み, 導きキリスト, 小径の, 少しでもより, 少し驗, 島へ, 帰らせまいと, 幽閉の, 座席から, 弄びはじめた, 引きて, 引き上げる度び, 引き戻さなければ, 引き立てようと, 引っこ抜くの, 引っ張り出す時, 引合せた, 引据えよう, 引立てて, 強く愛した, 形容したら, 彼女らしく, 待ちうけて, 待ち構えて, 待切れなくなった, 後ろから, 得意がらせ, 心から喜ばせ, 必要と, 忘れしめ給, 忘れ得ないよう, 怒らせること, 思いきらせるに, 思い出すであろうと, 思い返させ得るという, 思ひ出せず眼, 思へば, 恋した, 恋ふる, 恐れたわけ, 恨みも, 悔ま, 悪い女, 悲しませて, 悲惨な, 惑は, 惜んで, 想ったの, 想像し, 愛さないという, 愛しくれしかして, 愛した如く彼女, 愛してたかを, 愛してる私, 愛しよう, 愛すて, 愛するの, 愛する海, 愛せるに, 愛欲からの, 感冒に, 慰むるは, 慰めねば, 慰める言葉, 憎い気, 憎むもの, 憎んでも, 憚って, 懲らす事, 戸口の, 手で, 手離したがらなかった, 打ち負かさずには, 打つ男, 扱った, 批評した, 投げ捨てて, 抱き, 抱きしめながら, 抱きしめわざと, 抱き寄せた, 抱き本当に, 抱擁しました, 押えつけその, 押し倒したので, 押し鎮めて, 拉き去った, 招いた, 持つこと, 振りかへ, 振り返つた, 捕えれば, 捕まへようと, 捜し始めた, 捨てよう等, 掛けさせると, 探ね, 接吻する, 掴まえて, 揶揄つてゐる, 摘みあげて, 撲ったの, 攫ッて, 支えました, 支持する, 攻めたてて, 放慢, 救い出しに, 救うもっとも, 救つてゐた, 敬い自ら不潔, 方々で, 是非とも, 暗殺しよう, 最も恐れなけれ, 月あかりに, 望まなかった, 本当に世話, 案内した, 棄て小学出, 横に, 欺いて, 歓ばしかつて, 正しくし給え, 歴史上の, 死に導いたもの, 殴ったこと, 殴りました, 殺したつもり, 殺しに, 殺せしか, 殺害する, 気づまりにさせているらしかった, 求める気持, 汽車へ, 泣かせた, 洗って, 淋しがらせた, 清純な, 温雅な, 溺愛し, 漠然と導いた, 火の, 無性に恋し, 無知として, 煩悶さす, 爽快な, 片隅へ, 牽制しよう, 狂人だ, 独占できる, 猛然と挑戦的, 現実の, 生かしたいと, 生きながら, 生んだ程, 画壇上に, 疑うアタマ, 疲らして, 病院と, 痺らす, 皆から, 目に, 相當, 真正面から, 眺めたり, 睨めあげた, 知ったかという, 知つてゐ, 知らぬ者, 知る前, 破滅させる, 社長に, 神サマに, 私達の, 空想し, 突き刺しは, 突放した, 窺っても, 立つても, 籐椅子の, 素っ裸に, 紹介しよう, 結婚させなけれ, 絞め殺そうと, 縛り担架, 置き去りに, 罵倒し, 美しく照らす, 羨ましく思った, 聡明に, 肩に, 育て彼女, 背後に, 脅したらん, 臆病だ, 自家用車で, 自覚した, 舞台の, 苛むの, 苦しめたので, 苦しめないつもり, 苦しめるであらう, 苦しめる為, 苦めるいろ, 菩薩の, 落ち着かせようと, 藁屑みたいに, 行かして, 裏切ったと, 補助し, 褒めちぎって, 襲った症状, 見おろして, 見かけると, 見たいとしき, 見たと, 見たぶしつけ, 見た大きな, 見つけた, 見つけ出した, 見つめ通り過ぎて, 見てる者, 見ねば, 見よ, 見るだけで, 見るまでは, 見上げて, 見付け出すの, 見出すまでには, 見失うまいと, 見守つたが, 見掛けた事, 見直さざるを, 見舞った, 見送った, 見送りに, 視た私, 覗き直ぐ, 観たとき, 言い負かす言葉, 訪ねさせなかった, 訪ねるといふ, 訪れたもの, 許し, 許せるだろうか, 認めた, 誘うため, 誘つたのである, 誘惑し去った, 説き伏せるため, 調べたの, 警察へ, 護衛し, 責むる時に, 責めること, 責め立てたの, 賛美してる, 赦さずば, 足の, 踊りに, 軽々と胸, 辱めたこと, 迎えながら, 迎へる, 追いかけるよう, 追い返そうと, 追う男性, 追つて, 追究し, 退屈させ, 逃亡させよう, 通さした, 連れ一度, 連れ出すこと, 遂に死に, 運ぶその間, 遠い遠い細い廊下, 遠まき, 選んだその, 避けるやう, 鄭重に, 醜くした, 鏡の, 間違った方, 除く外, 際立って, 雇い入れる決心, 離別し, 震駭憂悶せしめた, 面白がった, 頷かせる何等, 顧みたり, 飽かせまいと, 養つてゐた, 馬超に, 駅まで, 驚かしたの, 驚かせたあの, 驚ろかせたがる, 魚として

▼ 彼女~ (2782, 4.3%)

25 向って 24 して 21 とつて 17 言った 16 いった 15 取って 14 手紙を 13 云った 12 取っては 10 接吻した 9 何か, 手を, 近づいて 8 しては, それを, 声を, 好意を, 對する 7 よく似, 会って, 向かって, 自分の, 話した

6 [12件] すれば, 与えた, 嘆願した, 對し, 少しも, 最後の, 特有な, 背を, 言葉を, 話しかけた, 話しかけて, 金を

5 [15件] なんの, むかって, 代って, 会うこと, 何も, 取つて, 向つて, 心を, 恋して, 注意を, 私の, 私は, 見せた, 言って, 訊いて

4 [26件] 一つの, 云つた, 云わせると, 会いに, 会ったの, 何の, 口を, 告げた, 外套を, 尋ねた, 就いては, 感謝した, 着物を, 約束した, 触れること, 言わせると, 言わなかった, 訊いた, 話を, 返事を, 迫って, 逢いに, 逢うこと, 逢った, 逢って, 連れられて

3 [40件] あっては, さう言, そのこと, よく似合っ, 云はせる, 会うの, 会つた, 似合って, 出会った, 別れを, 同情を, 夢中に, 従いて, 必要な, 恋を, 愛が, 愛情を, 手伝って, 打明けて, 敬意を, 暇を, 最初の, 會ひ, 泥を, 目を, 相違ありません, 眼を, 礼を, 結婚を, 興味を, 言つた, 訊ねた, 許して, 話して, 近づいた, 近づくこと, 近づくの, 返した, 酒を, 頼んだ

2 [150件] あうこと, あって, あつた, ある, あるの, いくらかの, お酒, かう云つて, かけて, くらべると, こういった, しても, そう云う, その権利, それらの, そんな我慢, たよりした, ついて, なかった, なくて, なんらの, はっきりと, ひらりと, ぶちまけるの, まこと, むかつて, めぐり会うこと, よれば, 一番楽しい, 一種の, 丁寧に, 万一の, 不安を, 不思議な, 不敏な, 与えたもの, 与える, 与える事, 与える仕事, 云は, 会い彼女, 会うという, 会えば, 会えるの, 会おうと, 会った, 会った時, 会わずに, 似た顔, 似て, 何にも, 何事か, 倦きる, 優しい言葉, 再び会う, 再び逢, 再び逢う, 出会つた, 出来なかったこと, 出来なくて, 初めて打たれた, 判然と, 勤めを, 反感を, 同情し, 同情した, 同情してる, 向けて, 喰らは, 囚われて, 大切な, 好奇的な, 妙な, 宛てて, 対して, 導かれて, 就いて, 帰って, 幸あれ, 影響する, 彼を, 思い知らせて, 思ひ知らせて, 意中を, 愛を, 戀を, 戻って, 手渡して, 打ち明けて, 指して, 捧げた愛, 接吻し, 接吻しました, 擲つけて, 教えて, 於ける記憶, 書き送った, 會へる, 椅子を, 欲しいの, 母の, 比べると, 求めなかった, 注目する, 無関心, 物の怪が, 疑惑を, 相談を, 眼の, 知らせたの, 示して, 示すべき自分, 私が, 私を, 秘密を, 答えた, 美しき信頼, 聞えるよう, 聲を, 肉体的に, 見せて, 見せるの, 見て, 見られたの, 見られること, 話したの, 話し出した, 話すこと, 説明した, 調子を, 負うところ, 起って, 起りつつ, 近づくもの, 近づこうと, 迫った, 逃げられないやう, 這入つて, 逢ふ, 連れて, 道を, 適用した, 關する, 限って, 集中し, 面と, 顔を, 飛びかかって, 飛びつきその, 馬車馬の

1 [1842件 抜粋] ああいう, あたえた, あたえられた部屋, あったの, あてたもの, あてられたもの, あの相当, ある切羽, ある性行, いいつけて, いかほどの, いっさいを, いつから, いつまでも, いろいろな擦れ, いわれて, うってつけの, おかあ, おどりかかって, お辞儀を, かかると, かける, がみがみいった償い, きて, くっついて, こう注意, この定, この用紙, こんな表情, さう云つて, ささやくの, させた, させる, しが, しきりに話しかける, してやらうと, しみわたった, しろ自分, すすめたり, すべてを, ずっと初め, そういうふう, そういった, そうした行為, そう尋ね, そう言う, そっくりだ, その劇的能力, その権威, その肩掛, その若い, それだけの, そんな事, そんな親切, たいそう親切, たずねた, たつた一学期教, だつて, ちょっとする, ちらちらと, つかまって, つきまとい夜中, つながりを, つれなくしよう, とって, どういうふう, どのよう, どんな印象, なぐられたと, なった, なつき彼女, にじり寄って, ねむりを, はいれと, はじめて逢った, ひ, ぴったりしない, ふしぎな, ぶちあ, へだてなく呼びかけ互いに, まかせた, まだ全然ぴったりしない, まとわせ拳銃, めぐり合, もう意見, もっと多く, もとめて, やさしく親切, やりました, よき夫, よく似た, よく逢った, よりかかり彼女, わけて, オペラを, ケチを, チヤホヤ云う, ハッキリした, ヒステリックな, プレゼントを, マリユスの, 一任した, 一度に, 一文も, 一杯喰わされ, 一瞬間も, 万という, 下手な, 不審を, 不愉快を, 不滿足, 与えたぎりで彼, 与えたので, 与えた似而非貞女, 与えた指環, 与えても, 与えられたもの, 与えられ神丹, 与えるには, 与え終わるか, 与へた彼, 与へられたもの, 之を, 争う機会, 二千ポンドを, 云いたまえ, 云い聞かせました, 云わせれば, 亡くなった夫, 今それを, 今日といふ, 仕送りし, 代つて, 任かせ切っ, 会いそれから, 会いたい会いたいという, 会いは, 会い度, 会うつもり, 会う事, 会えないと, 会ったこと, 会った当時, 会つては, 会ひ, 会わずもう, 会わなかった, 会釈し, 伝えること, 伝へて, 伯父からの, 似た女がい, 似通った女, 何と, 何らの, 何氣なささう, 余り馴染めなかった, 侏人の, 価値が, 保子に, 信頼し, 働きかけさせた事, 僕は, 優しく叔父さん, 充たした, 兎の, 内兜, 再会の, 凄さ, 出あうでしょうか, 出会ったが, 出来ない以上, 出逢ったこと, 出遭ったもの, 分ちくれたので, 切り付けること, 別れた, 別れるの, 力抜けを, 勇氣を, 勝てないよう, 勧めて, 勧説した, 匿し, 千五百円の, 単刀直入に, 又会うべく, 反抗する, 取つて覚悟, 口ずさませたいやう, 各自の, 同じく私, 向かい所持品, 向け, 向つて嘲笑, 君は, 呉れるといった, 告げよう, 告げるの, 呼びかけた, 呼びつづけた, 唆つた, 問いかけたの, 問ひかけ, 喰い尽された残骸, 嘘を, 囁かれた甘い, 回避的に, 園田の, 堪らない思い, 多くの, 大いなる不安, 大変よく, 奨めて, 女らしさ, 妙に, 姙娠されたら困る, 娼婦の, 子を, 安らかな, 完全に, 宛てた手紙, 容赦ない, 寄せてる執拗, 寄る彼, 寝床の, 対抗しなけれ, 尋ねて, 小切手を, 少しでも, 少し参つて, 少し心配, 尽して, 屈服する, 左右せられ, 差し迫った変事, 帰ったよう, 平和が, 幸福を, 引きつけられた, 引ずられるよう, 強いる家庭, 当てが, 影響力という, 彼女の, 従って, 従兄弟みたいな, 微笑し, 心ひかれた, 心苦しかつ, 応じて, 忠実であろう, 怒りを, 思い知らして, 思ひがけ, 怪しい点, 恋した, 恨みを, 恩返ししたい, 惚れ, 惚れ抜いて, 想像させる, 惹きつけその, 意ある, 愛嬌を, 感じた牽引, 感ぜさせる死んだ子供, 感謝させられ, 感謝の, 憐れまれて, 懐いて, 我慢しかねてる, 戸締りを, 手紙が, 手習いを, 打ち倒された父, 打ち明けまいと, 投げた, 投票を, 抱かせる, 持續される, 挨拶の, 捧げた, 捨てられる, 接すること, 接吻と, 接近しよう, 描かれて, 搦まる, 教える者, 教師の, 敵わ, 断わられてから, 新しい魅力, 於ては, 日本の, 早くお, 昔風の, 時たま御馳走, 書いた, 書くべき返事, 最も正当, 會つた, 會は, 會得させよう, 望みも, 本質的な, 案内され, 楽しい胸騒ぎ, 欠けてるの, 歌謡の, 此の, 歩み寄り踵, 死ほど, 残つてゐた, 比斯呈利性幻視力, 気づかせようとも, 気を, 氣が, 水が, 求めただけで, 求められて, 求婚し, 決まって, 泊りたいと, 注いで, 注意し, 洗礼を, 浴びせかけた, 深く信頼, 深淵を, 清涼を, 渡した, 渡し顔, 渡せない, 満足以外の, 演奏さした, 潰されまいと, 烈しい思い, 無駄足踏ませる, 熟睡を, 片を, 物語った, 特異な, 猟の, 現われた, 理解し, 甘えたくなった, 生じた変化, 用が, 申し入れたの, 男という, 留守を, 疑いが, 発射の, 百は, 目くばせする, 直接ぶつかっ, 相談する, 真の, 眩惑されなかった, 瞳を, 知らせた, 知らせなかった, 知らせる方法, 石を, 示した, 示すやう, 神サマを, 科学上の, 種々な, 突きつけながら, 笑いかける, 答えたか, 答へ, 納得の, 紹介された, 組み付いたと, 結婚する, 続けること, 縁談の, 縛りつけられて, 罪の, 耳を, 聞えないつもり, 聞かれて, 職を, 肩を, 背かれて, 脱出の, 腕力を, 臨む態度, 自分を, 自殺せよ, 與へ, 舟賃を, 若しもその, 草刈りを, 落ち着く隙, 蓑を, 虐待された, 行はれた, 見いだすこと, 見え出して, 見せた責任, 見つかる恐れ, 見られてるよう, 見る女性, 見出した試し, 見苦しい顔, 親しみを, 触れたあと, 触れると, 觸れで, 言い寄って, 言うの, 言ったところ, 言わせれば, 訊かさせた, 託して, 許した, 訴えて, 詰め寄りました, 話さずに, 話しかけたかつたけれど, 話しかけないで, 話しかけようとも, 話しかける時, 話したって, 話す, 誘われて, 語つたそもそもの, 語ろうとしても, 説教は, 読まれて, 請ひ, 警察から, 負かされる程, 貧しい東京, 貴下の, 買集め, 質問しよう, 贈ったと, 起こった, 起っても, 躍りかかろうと, 軽蔑的な, 辛抱ならぬ, 近い婆, 近しくした, 近づきつつ, 近づくつもり, 近づく口実, 近づけば, 近付いた, 近寄り何, 返して, 返答を, 迫つて来た, 追いついても, 送つた, 送るに, 逆らおうと, 通告し, 逢いたくて, 逢えたこと, 逢おうという, 逢ったおり, 逢ったわけ, 逢っては, 逢つたのを, 逢へ, 連れが, 遇った, 遇へる, 道具を, 遠い深淵, 適した場所, 遭遇した, 遺して, 針仕事の, 間違いない, 附き添うこと, 附しわが家, 随って, 隣って, 集った, 青い尻, 非難した, 面会する, 頼まなければ, 飛びか, 飛びついて, 食って, 飲み水, 饗応を, 驚いた, 髪の, 麻酔する, 黙つて

▼ 彼女~ (997, 1.5%)

8 それを, 彼と 6 さすがに, 彼を, 自分の 5 私を

4 [11件] それに, また私, 今夜は, 口を, 同じよう, 彼の, 流石に, 私も, 自分も, 自分を, 黙って

3 しまいには, またそう, また彼, よくそれ, 今では, 俺の, 僕の, 父の, 私と, 私の

2 [51件] いつかは, しばらくの, そうらしい, それと, それには, なんだか不安, びっくりした, またこの, またそこ, またその, また何十年, また群衆, まだ小娘, もうその, もう此, フランスの, 一旦その, 一種の, 一緒に, 亦もつ, 亦私, 京子の, 今は, 今日は, 他の, 何か, 出て, 初めは, 同樣, 夫に, 実家の, 小声で, 年を, 彼も, 彼女の, 心を, 忘れて, 恐ろしい危機, 文展に, 生きて, 男の, 眠れないと, 私に対して, 立って, 胸が, 自然の, 良人に, 負けて, 酒は, 顔を, 驚いて

1 [782件 抜粋] あからさまに, あすを, あたかも初めて現われ, あまり動かなくなった, あわてたらしくあッ, あゝ云う, いくらか目蕩ん, いっしょに, いつか黒木の, いつの間にか不思議, いつまで, いつまでも, いまでは, いまに, いま人から, いわば箱入り娘, うすうす感づい, うつつな, うなずいた, うれしそう, えんりょぶかい女, おそらくはそれら, おそらくは気, おどろいたよう, おなじく左, おなじ動作, お仲間, お捨, かつてそんな, かつての, がっかりし, きっとこんな, くわしく知っ, こちらを, ことし二十三はや, この寂し, この手紙, この機会, この父親, この興行, この部屋, これには, こんな冷たい, さうであ, さそって, さぞいや, さぞ満足, さるもの, しきりに洋傘, しばらくは, しんに, すくなからず驚いた, すぐ笑顔, すこし剛, すでに二十一, するする世の中, ぜんぜん予期, そ, そういう危機, そうした社会, そうな, そうやっ, そこでやつ, そこまで, そこを, そのあと, そのうるんだ, そのとき, そのまま受け売り, その一人, その中, その家族, その後ろ, その愛, その日一日, その晩, その評, その音, それきり何も, それきり黙っ, それっきり帰らなかった, それ以上には, たしかに諒解, ただの, ただ者では, だれに, だんだん乗, だんだん正気, ついつり込まれ, ついて, ついでに, ついに気, つい腰, つづいて, とうの, ともにいた, どうする, なおクリストフ, なんとなくいそいそし, ひとしく驚いた, ひどく困ってる, びっくりし, ふと, ふところに, ふと白い, へんに, ほっとした, ほほ笑むの, ほんとに私, ぼんやりし, まさかこんな, まさにその, また, またいつも, またお, またかぶり, またかよわき, またここ, またさ, またすぐ, またそれ, またそんな, またふと, またみんな, またやはり, またモース夫人, また一匹, また一枚, また一歩, また上流, また今朝, また動い, また危険, また同時に, また場末, また妾, また嬉し, また官能的享楽人, また幽霊, また幾らか, また戸口, また日常, また旧, また死んだ, また津田, また異常, また発狂, また私同様, また笑いだした, また腰掛, また良人, また訳, また込み合った, また酔っ, まだそこ, まだ半分, まだ達者, むろん木, もうだいぶ年, もし豹一, もっとこちら, もののあわれに, もはや二十五, やっとゆるい, やっぱり恥, やはり同じ, やはり女, やはり家族たち, やはり腹, やはり誰, よく承知, よく知っ, よく知つて, わしの, わたしも, クスッと, グラッドロンを, シマダと, ダンスレコードは, ペトゥローの, 一二度は, 一二枚の, 一人の, 一人位は, 一層活動, 一度行, 一応得心, 一旦は, 一生唄い通し, 上流人の, 下から, 不幸を, 不真面目, 両眼, 主家と, 久さんも, 二十一, 二十八の, 二度ほど, 二晩ほど, 云う通り, 云った, 云わない, 亡母に, 亦ハッと, 亦人並み, 亦全く一つ, 亦威勢, 亦幸吉, 亦決して, 亦犬, 亦自, 亦闇太郎同様, 亦4, 今に, 今までに, 今歳, 今頃は, 以前は, 会うこと, 会釈を, 体の, 何かしら容易ならぬ, 何だか変, 何とか他, 何も, 何度か, 俄に, 俺に, 倉持も, 倦んで, 健三の, 偶像を, 僕が, 兄に対しては, 全力を, 全然男嫌い, 公然と, 共に足, 内ない待ち受け, 内心少し, 出京, 出発した, 初めてわなわなした, 初めてフォン, 別にそうしよう, 劇しく, 勝手に, 勿論熱心, 十一時に, 半球であり, 又外川先生, 又私, 只管謹慎し, 可なり, 吃驚りした, 同じく無遠慮, 同じもの, 同じ年頃, 同じ店, 同じ程度, 同化し, 同意を, 同感で, 吹き出すやう, 呆気に, 哀れな, 唇の, 喜ぶには, 困惑し, 固くなっ, 地図を, 声を, 夕食に, 夢の, 夢想に, 大きい声, 大きくなれ, 大分弱々しく, 大喜び, 夫人の, 女である, 好き母に, 如何なる場合, 如何に, 妙子も, 妙心派, 妹も, 妻の, 婆やと, 嫌いであり, 嬉しさうだつ, 宇野の, 安らかに, 客も, 客人の, 寂寥を, 密つと, 寝所へ, 寝込んでしまつたので, 察して, 小指を, 小次郎と, 少しつかれ, 少しは, 少し落ち着い, 屈しは, 嵐の, 川獺の, 常より, 幼時から, 幼稚な, 座敷から, 引続い, 弱い女, 当座の, 当惑し, 彼が, 彼に, 後に, 得意そうにわ, 微笑した, 心安らかな, 心安らかに, 忙しくて, 応答してる, 快活に, 怖がって, 思いしったの, 思い決めたと, 思った, 思わずハッと, 急に, 恋を, 恋愛を, 恐らく助かっ, 悄々として, 悦びと, 悲しく思った, 悲しそう, 情慾については, 惨劇後かなり, 愛しようと, 愛嬌そのものの, 感じ種々, 慌てて, 憐れむべきやつ, 我が半部, 我も, 或時, 所詮は, 手伝ひはじめる, 拒否を, 拘引され, 支那とは, 政子の, 既にそれ, 既に子供, 昔は, 昔中を, 時による, 最初に, 最早その, 朗かな, 朝夕顔を, 本当に腹, 本院の, 杖を, 東京生れでは, 東京行を, 林檎を, 次第に先, 歌ふ, 正成の, 正直な, 此方から, 歩いた, 死ぬと, 死を, 殆ん, 段々理解, 母の, 母親も, 気がつかなかったが, 気づかなかった, 気に, 決して自分, 汽車の, 洋装し, 浮橋の, 海へ, 涙声で, 淋しく床, 清川によって, 満足し, 澄まして, 無理に, 無論それ, 無論権右衛門, 照子だ, 犬も, 狭い土地, 獣医も, 現代を, 用が, 田丸に, 男へ, 畢竟私, 異様に, 痩せた蒼白い, 痩せて, 白い顔, 白髪を, 目を, 相当に, 相応な, 真面目くさった先日, 眼を, 瞬く間, 矢張り東洋風の, 知ってる筈, 知らずしらずに, 研究所を, 神の, 神妙に, 私とは, 私生児を, 稲を, 突然くず, 立ち上がったが, 立ち上りそして, 立ち上りました, 笑った, 笑つ, 笑みを, 答えた, 素直に, 結婚し, 縁先に, 羞恥心を, 老いた, 老母と共に, 老母も, 考えて, 聡明で, 腕を, 自ら進ん, 自分で, 自分なし, 自分には, 自力に, 自動人形の, 舞台の, 良人と共に, 色を, 若い娘, 若かった, 苦笑する, 落付き払ってる, 葉子も, 藤次も, 行って, 裏木戸から, 要も, 見られてるの, 見物が, 訪ねて, 語らなかった, 諦めたか, 豚小屋の, 負けずに, 贏得る, 走った, 起ち上つた, 路を, 身づく, 身の丈が, 軽く身, 辛からう, 逃げるよう, 途方に, 連れて, 遂にサタン, 遂に我慢, 達雄を, 避暑地を, 酔ったの, 酔っ払って, 醜さ, 長く住みなれた, 闇夜の, 防寨の, 阿波へ, 頬辺で, 顔が, 顔出しを, 駈け出して, 駒に, 默つて取らせ, 黙ったまま

▼ 彼女~ (924, 1.4%)

55 一緒に 19 いっしょに 18 並んで 14 別れて 13 話を 11 して, 二人で 9 同じよう, 顔を 8 男装 7 しても, 彼女の, 結婚した, 結婚する 6 私の, 結婚し, 肩を, 自分との 5 同じやう, 離れて 4 私と, 私との, 話して, 面と 3 一しよ, 別れた, 別れてから, 別れること, 反対に, 口を, 彼の, 私とは

2 [51件] すれば, た, まるで違っ, もう一人新橋, 一ことでも, 二人きりで, 二人きりに, 二人きりの, 二人の, 交際を, 仲の, 会うこと, 会って, 何の, 僕とは, 僕の, 別れたとき, 別れる機会, 同じ家, 同年輩の, 同様に, 向き合って, 喧嘩を, 外目の, 夫との, 妙な, 姉妹の, 差し向いに, 彼との, 恭一との, 手を, 村川との, 比較し, 父との, 現在の, 眼を, 知合いに, 福子の, 約束した, 胎児とは, 自分とを, 自分の, 視線を, 話が, 話すこと, 話すの, 語って, 逢って, 鉄路の, 青丸との, 魂を

1 [553件 抜粋] あそこまで, あなたとは, あの理知的, あの風景, あまり変り, いえども, いっしょの, いつしよ, いつても, いろいろの, おかしな対照, おじいさんとが, おちあつ, おなじ北海道, おなじ女, おれに, お千代さん, お延, お春, お杉, お母さんとの, お浜, お美夜, お茶をの, きめちゃうから, ここの, この写真, この家庭, この青年, ごく親しく, さし向い, さほど懇意, しっくり調和, しばしば会っ, すこしも変っ, すっかり仲よし, すれちが, すれちがった時, すれ違いながら, そういう男女, そうし, そう長い, そこで, その卓抜, その娘, その子供等, その愛兒, その洲, その良人, その連れ子, その馬, それから, そんな風, どちらが, どんな関係, なおお茶, なすべしその, なって, ならば, なら彼, なら飲んで, ばったり逢っ, ふざけ悪口, ほぼ同じ, また松濤, まるで同じ, めぐりあいそれ, めぐりあうため, めぐりあひそれ, めぐり合, もう一度一, やはり異なってる, ゆっくり話, よく酔払ってる, よろこんで, わかちもって, わかれた, わたしとが, わたしとは, ウラノスは, オフェリアとの, ツナガリの, テーブルに, ヘレンの, ベッキイとを, マズルカを, ミユーズの, ワルトンと, 一しょに, 一つ床の, 一二間遲れ, 一体と, 一分一厘違わない, 一座する, 一所に, 一時間か, 一時間ばかり, 一緒じゃ, 一緒について, 一言も, 丈け, 三人が, 三人で, 三人の, 三沢の, 世子の, 世間に, 両方に, 両親の, 並びたいと, 並ぶよう, 中村とは, 久佐賀との, 予とを, 争うた場合, 争うの, 二三度花骨牌の, 二人きりだった, 二人ぎりで, 二人ぎりになればよい, 二人クレーヴシンの, 二人限りの, 二人飛び越え, 二人食卓を, 二十時間ちかく, 二度目の, 云った方, 云っても, 交る代る, 交わる者, 交換した, 交際う, 交際する, 人中で, 今しも, 今日の, 仲が, 会うだけでも, 会う機会, 会おうか, 会った, 会ったとき, 会っては, 会わずには, 会見す, 会話を, 伴れ立つ, 似て, 佃と, 佃との, 佐助との, 何か, 何かに, 何を, 佛蘭西語を, 作品とが, 俊太郎との, 俺とは, 僕が, 僕との, 僕は, 僕を, 元来は, 兄との, 兄の, 兄夫婦に, 全く同質, 全く違つて, 共にあるだろう, 共に送った, 共謀じゃ, 出かける時, 出会うチャンス, 出会したの, 出会った, 出逢, 出逢ったため, 分れた切り, 切り離されて, 刑事の, 列んで, 初めて知り合った, 別々に, 別な, 別れた汽車, 別れると, 別れるの, 別れる事, 別れる前, 別れる時, 別れる気, 別人である, 努めて遠ざかろう, 勉との, 十吉を, 半井桃水との, 半日の, 半蔵との, 卓を, 友人の, 友達とは, 友達にな, 友達も, 取り換わせた会話, 合奏し, 同じい, 同じくらい, 同じくらいに, 同じく死ん, 同じもの, 同じ位, 同じ内容, 同じ境遇, 同じ山口県, 同じ心地, 同じ病気, 同じ組, 同じ車, 同じ軒下, 同じ運命, 同一人, 同席した, 同年輩ぐらいの, 同年輩ぐらゐの女の, 同棲し, 同棲しうる, 同様の, 同行する, 同衾の, 同類の, 向い合って, 向かい合いに, 君じ, 君とが, 君との, 吹き込んだ時代, 唯二人きり, 喋々喃々する, 喜びを, 喧嘩の, 喧嘩は, 噂し, 四肢を, 堀田が, 声を, 変りが, 変りない, 夫十四郎との, 夫婦に, 夫婦にな, 妓夫台に, 姉の, 始めて, 始めて泊りがけ, 婚約の, 媾曳する, 子供が, 子供たちが, 子供だけを, 子供に, 子等との, 富子との, 寝て, 寸分違わない, 対坐した, 対坐する, 対座し, 対座した, 対立できた, 小林の, 小猿, 少しも, 岬を, 島崎との, 巍とは, 差し向, 巴里の, 帝の, 平賀との, 幼い子たち, 幾代とは, 弁蔵を, 式を, 引き離されし滑稽談, 弟との, 弟とのみが, 弟とは, 彼とが, 彼は, 彼等との, 往来で, 往来などで, 待合せる場所, 後ろ向きに, 御一緒, 復一との, 心臓の, 応対し, 思いて, 恋に, 恋の, 恐怖を, 恒雄との, 恒雄の, 悪縁を, 悲しいやさしい短い対話, 情事関係を, 愛し合ったの, 愛し合ったもの, 愛し愛されてるの, 懇意に, 戦うべき日, 戦ふべき日, 手に, 手紙で, 打ち合せを, 抱影氏とが, 接触した, 掴み合, 握手し, 擦れちがったとしても, 擦れ違, 斜向いに, 方福山との, 旅館で, 日の出と共に, 日本左衛門の, 旦那の, 明智とが, 普通の, 暮して, 暮方近い, 最初に, 最後の, 最近親しく, 木村との, 机を, 杯の, 杯を, 板倉との, 果して稽古, 果てしも, 権大, 此の, 此等の, 母親との, 気がついて, 水原とは, 永遠の, 没交渉であるらしく思われる, 河内介とが, 法律上の, 津田の, 活動の, 火鉢に, 灯との, 無関係な, 熊谷とが, 熔け合いに, 父と, 父親との, 爺さんの, 特に親しい, 獣達とは, 生涯の, 産褥に, 田宮との, 直接口を, 相向い, 相対し, 相対した, 相見し, 相談した, 相遭, 眼が, 知つた, 知り合いに, 知り合いの, 知り合い精神的, 知り合った以上, 私とが, 私とを, 私を, 笑いながら, 第三者との, 等しくその, 策謀し, 約する時, 組んで, 結婚が, 結婚しなかった, 結婚しなくなったであろう, 結婚しよう, 結婚すれ, 結婚の, 絶交し, 縁を, 老婦人, 老母だけは, 肌が, 肩に, 膝が, 膝を, 自分とが, 自分とに, 自分等との, 自然は, 良人との, 良介は, 色々世間話, 芳江が, 落ち合うまでの, 葛城の, 虚無僧らと, 衝突する, 表との, 襖を, 見知り越, 覚一だった, 親しい交際, 親しくなかつた, 親しくなり, 親しく向かい合っ, 親しく言葉, 親しく語を, 親しそう, 親しむこと, 親しゅうする, 親しんで, 言うよりも, 言葉も, 試みたこと, 話した, 話したくなかった, 話したり, 話しつづけて, 話してる時, 話しを, 話し何, 話そうと, 語った瞬間, 語りたい自分, 語ること, 語る幸, 誰ちやん, 談合しなけれ, 談話を, 論じ合った, 論戦を, 識つてから, 識り合った, 赤ン坊を, 赤坊が, 趣味を, 路上で, 踊ったり, 踊る敵, 輕佻な, 近づきに, 退屈な, 逢うこと, 逢う度毎, 逢う為, 逢ったとき, 逢ったとしても, 逢った後, 逢った時, 逢ふ, 連れ立つて, 連絡を, 遇った時, 遊んでる所, 過ごしたこの, 道ならぬ, 違ったもの, 違つて彼の, 邂逅する, 野蛮な, 金魚とは, 鉢合わせを, 鎌倉に, 長いお喋り, 関係の, 關係を, 隔てなく話すこと, 雖も, 青年とは, 青年紳士との, 静かに, 非法, 須山に, 顔馴染な, 風船玉を, 食卓を, 馬田との, 馴れ染んだぞ, 駈けつこ, 高木とを, 高次との, 鬼ごつ

▼ 彼女には~ (830, 1.3%)

26 それが 8 思われた 7 自分の 6 何の, 自分が 5 わからなかった, 何か, 分らなかった 3 あった, いっさいわからなかった, それを, 不思議な, 会えないの, 思われるの, 自殺する

2 [44件] うれしかった, かなり強い, さう, すぐに, すべてが, すること, そう思えた, ふさわしくない, ほかに, もつと, 一つの, 一人の, 一籌を, 不可能だった, 不思議でならなかった, 他に, 仲麿の, 何でも, 何よりも, 個性が, 兄と, 全く分らない, 出来なかった, 前に, 名前を, 女ながら, 子供たちの, 子供の, 宗教も, 少しも, 常に無味乾燥, 彼が, 彼の, 心苦しかった, 思いも, 意地が, 意識した, 感じられた, 母と, 自分を, 良人の, 見えなかった, 見当が, 返事が

1 [653件 抜粋] あの坂, あの時, あまり重い, ありえないこと, ありません, あるの, あんまりけばけばしい, いおう, いかにも優しく, いつでも, いまその, いまだ手, いろ, うすうすながら, うまくいかず, かうしたもの, かえらないこと, かすかに, きのうの, くれた, こういう処, こういう風, ことばの, このあはれ, このどれ, この位, この古くさい, この夜ふけ, この子, この病児, この金髪, これからどうなる, これと, これまでにも, こんな処, さして深いなつかし, さっきの, しかし気, すくなくともマチス, すぐ分った, すぐ眼, すこしも事件, ずっと好ましかっ, そういうところ, そういうもの, そういう聡明, そうした満足, そうでも, そう云う, そぐわなかった, そこが, そのすき, そのほう, そのやせた, その偽善的, その先, その卵, その可笑し, その声, その夢, その屋敷, その役, その智能, その真面目臭つた顔, その言葉, その謀反, それきり逢わない, それだけの, それは, それほど世, それほど苦, そんなうちあけ, そんな事, そんな余裕, そんな思ひ, そんな恐ろしい, たいして骨, ただ目だけ, たまらないこと, だらしの, だんだんすばらしい, ちっとも効目, ちゃんと当て, ちやうど, つくるの, つらい道, つらく思へた, できなかった, できなかつたの, とても今, とても方角, ともすれば拭われ, どうしてもこの, どうしても男性, どうする, どうでも, どうにも客, どうも怪しい, どこも, どちらでも, どんなにか, どんなに藥, ないの, なく自分, なぜか, なぜ彼, なつかしい, なにひとつ責任の, なにも, なんとし, なんとなく情けない, なんともいへぬ, なんにも, なんらの, なんら苦い, はじめての, はっきり専門家, はやその, ひどくおもしろかっ, ぴんと来ない, べつな, ほとんど一分の休憩時間, ほとんど通じなかった, まかされては, また彼女, まだいろいろあるらし, まだその, まだそんな, まだまだマズルカ, まだ世継, まだ好色, まだ少し力, まだ心, まるでその, まるでわからなかった, まるでクーキン, まるで理由, みえが, むしろ嬉しかっ, むしろ重大, めずらしく情, めったに, もうできなかった, もう一つ, もう何, もう残っ, もう波, もう父, もう生き, もう自分, もう苦しむ, もう誰一人, もちろんわからない, もっとも恐ろしい, もっと大事, もっと心, もはや彼, やはり, やれさ, よくわからなかった, よく分りませんでした, わかつて, わからないけれども, わからなかったが, わからなかつたが, わかるし, アリストブルスと, イエスとも, シモーヌ, フトその, リンゴが, ルドルフと, 一仕事だった, 一向その, 一向苦痛, 一番ふさわしく, 一番よく, 一言も, 七之助の, 七分通りの, 三人の, 上なき, 上様であった, 不似合, 不可解な, 不思議であった, 不思議にも, 不愉快で, 不満な, 不用に, 世界が, 世間慾という, 二三度その, 二十すぎた, 五つばかりの, 今に, 今の, 今夫, 仕事と, 他人であった, 仰々しく支度, 伯爵の, 似つかわしかった, 似合わない妙, 佃が, 何だか不安, 何となく彼女自身, 何とも云え, 何も, 何もかもが, 何もかも変梃, 何度教え, 何故かわからなかつた, 何等死, 余りに明かで, 余程恐ろしい, 俊吉と, 信じられない, 僕は, 優しい友情, 元来世の中の, 兄の, 充分彼女, 光り輝き然し, 全く思いがけなかっ, 全く無意味, 内密に, 内心うれしかっ, 再び斯, 冗談が, 冗談として, 凡てが, 出来なかつた, 分からない, 分からなかったの, 分からなかつた, 分らなかったけれど, 初めて見る, 判らない, 別にありがたく, 到底, 前夜の, 勇気が, 動じた気配, 十二神貝十郎という, 十分推察の, 南の, 却って嬉しかっ, 卵の, 厭味に, 去年行方知れず, 及びません, 及ぶまい, 友達も, 反抗し, 口惜しいので, 只忍耐, 可笑しくも, 司教が, 合点ゆかなかった, 同級生の, 君が, 告げないで, 呑みこめなかった, 問題じゃ, 問題でなかった, 善良な, 嘉吉が, 嘗ての, 噫にも, 堪えがたい苦痛, 堪へきれなかつた, 堪へられなかつた, 夜は, 夜ひそかに, 大きな変化, 大して構わなかった, 天分が, 夫が, 夫に対する, 失なわれた, 好感を, 妙な, 始めて, 始終不安, 姓も, 嬉しい記念, 嬉しかった, 嬉しかったらしい, 嬉しく思われる, 子供らしい, 存在しなかつた, 存外新, 孫を, 安心で, 実以, 家庭とか, 寝ぼけたお, 實に, 審美眼が, 小綺麗の, 少しの, 少なからず, 差別の, 差迫つた不安といふほどの, 市ノ瀬牧人の, 希望が, 平常から, 平気らしい, 年老いてるとも, 幼い頃, 幼少の, 幾分の悶え, 彼らが, 彼らは, 彼らを, 彼女特有の, 彼女自身だけしか, 往来で, 心がかりな, 心地よさ, 心苦しかつ, 心配の, 快い自己満足, 怖しかつ, 思いだすこと, 思えた, 思えなかった, 思はれた, 思はれだした, 思ひも, 思われなかった, 怯懦ほど, 恋しくなった, 恐くない, 恐らく意味, 恐ろしいこと, 恐ろしくもう, 恥かしい, 悦んで, 悪い情夫, 悪い気, 悪寒が, 悲しいの, 悲話は, 情人は, 想像も, 愉快で, 愉快であった, 感じないの, 感じられない憤怒, 感ぜられた, 慰安だった, 我輩も, 手の, 手答えも, 批判の, 持って, 数年前から, 敵である, 新しい男性, 新らしい, 日本の, 日本橋の, 旦那との, 明日の, 明暸な, 明瞭に, 普通の, 暗いかげ, 最も落ちつける, 望めないこと, 本当に安心, 本望であった, 村で, 構は, 横着とも, 欠けて, 次郎の, 此の, 武士の, 武蔵を, 歯も, 歯痒かつ, 殆ど無, 母が, 母に, 母親の, 気づまりな一瞬で, 気に, 気に入るだろうと, 氣に, 水精など, 汽車が, 泣いて, 注いだつもり, 注意を, 洋装が, 済まない, 満足出来ない, 漸く昔, 無論夫, 煩さく不快で, 父の, 片付ける力, 狐疑心が, 珍しくは, 珍らしく, 現在の, 現実も, 理知の, 甘ったるい事, 田園生活必しも, 田園的な, 男やもめの, 男性を, 異常な, 目の, 相も, 眼新らしい, 知られぬであろう, 禁酒論や, 私の, 私は, 空虚な, 突然の, 立派な, 笑ふと, 筑摩家の, 精一杯だった, 約束した, 細かい注意, 結婚した, 絶対者の, 縁の, 纔かに, 罪の, 美貌を, 羨望の, 義哉その, 耐えられなかった, 聖められた, 聞えず何, 肱で, 膝までの, 自づか, 自分として, 花の, 芸の, 若い美しい彼女, 蜘蛛ほどの, 血みどろの, 裸体の, 西洋文字の, 見えたの, 見えて, 見事な, 見分けられない, 見覚えは, 親しめない文字, 解って, 解らない, 解らなかつた, 言えないし, 言わないと, 言葉や, 訳が, 訳は, 訶和郎の, 話して, 話を, 誇らしいこと, 論議の, 豹一の, 財産は, 身体の, 辟易せず, 辻斬りの, 返事の, 遠慮し, 適当だった, 遲すぎた, 都会の, 重苦しいやるせない夕方, 金など, 鏡の, 隠して, 雛人形の, 青森に, 面白かった, 面白くて, 音楽は, 風呂敷包に, 首が, 馬鹿に, 高氏に, 魔性が, 黒死館人特有の, 黙って, 齒といふ

▼ 彼女たち~ (748, 1.2%)

8 の前 6 はその 5 の多く, の姿, の生活, の頭, は彼 4 のため, はどんな, は自分

3 [15件] が, の, のあいだ, のこと, の大, の家, の後, の父, の父親, はただ, はどんなに, はまた, は決して, は自分たち, は金

2 [53件] から遠ざかり, から遠ざけさせる, から離れ, がみな神, が客, が歓声, が自分, が見つけた, としばらく, とも親しく口, と率直, にたまらなく, に向っ, に話しかけ, に近づけさせた, のお, のお供, のそば, の世界, の中, の人生, の僅, の労力, の動静, の唇, の存在, の幸福, の心, の感情, の方, の目, の美, の背景, の身, の躯, の逞しい, の飲み食い, はげらげら, はこうして, はこの, はそこ, はそれ, はド, はピカピカ, は不景気, は二人, は少し, は廊下, は志村, は私, は腰部前面, は醜悪, をし

1 [546件 抜粋] からすこし, からの手紙, から奪, から引, から早く, から早く遠, がいつも, がここ, がこの, がしめした, がそう, がそれ, がそんな, がとき, がどんな, がはっきり, がほか, がわらわれね, がキャバレット, がワルシャワ, が一人, が事情, が人間, が住ん, が何, が光彩, が六年, が労働者, が十五歳, が単身少年, が双六盤, が反対, が名のり, が大, が奉じる, が孔子, が小説, が幼少, が廊下, が抵抗, が提燈, が揶揄, が断髪, が昔, が昨夜, が来ない, が歴史上, が決して, が炉, が現実, が生れ, が男性, が知る, が緋, が薄命, が行つて, が街頭, が見, が親しい, が資本主義, が醜業, が金, が電車, が飲む, だけのこと, だけの室, だって私, であるから, であろうか, では少し, といえ, との最初, との花やか, とはハッキリ, とは反対, と似た, と別れ, と同じ, と同様, と庭, と秋山, と附かず, なりの身, に, にある, にうんと, にこんな, にし, にちょい, について何, につづき, にとってはじめて, にとっては初期, にとってもやっぱり, にとっても疑問, にとって嬉しく, にとって心, にとつ, にどう, にはあらゆる, にはここ, にはそれ以上, にはたいした, にはまざまざ, には一人, には互いにいっそう, には医者, には本気, には殆ど肉体, には矢張り男, には過去, には高麗丸, にもよく, にも又, にも職業, によって生まれ, にソンナ受持以外, に与えた, に与える, に並々, に五十銭玉, に人間らしい, に代った, に会いたがらせる, に取っ, に向, に安全, に快い, に悟らせ, に敬意, に文学, に會, に残し, に滑稽, に物, に物価指数, に見えた, に見せる, に言, に言った, に言わせる, に踊らせ, に近, に關, に顔, のある, のいろいろ, のうち, のこうした, のこの, のす, のせい, のちょっとした, のどたばた, のなか, のますます, のまわり, のもの, のアパルトマン, のシェークスピア, のジープ, のダラシ, のマアシュ・エンド出發, のモラル, の一人一人, の一団, の一日, の一票, の一行, の三十円, の上, の主観, の些細, の仲間, の任意, の会話, の住居, の何割, の個性的価値, の健気, の僅か, の働く, の兄, の先祖, の円陣, の労働, の十余年昔, の午後いっぱい, の口, の口利き, の可愛らしい, の咽喉, の哀しい, の品物, の善意, の土台, の境遇, の好み, の姿勢, の字, の実際, の室, の寝室, の小, の小説, の就寝, の希望, の年相応, の年齢, の弱, の当, の後姿, の性格, の意識的分子, の愛し, の或, の接頭詞, の政治的発足, の教室, の数少ない, の文化, の文学, の文才, の日々, の日常, の早熟, の明るい, の時代的経験, の暮し, の會話, の服装, の服裝, の格式, の歎, の殆ど, の母子, の母親, の気分, の気持, の活動ぶり, の活躍, の涙, の涙ぐまし, の演技, の熾烈, の白い, の真, の眼, の眼差し, の知慧, の礼儀, の社会的, の空虚, の立っ, の純真闊達, の経済, の繊手, の置かれた, の美貌, の習慣, の職場, の育っ, の背後, の胸, の脚, の良人, の花やか, の芸術至上主義, の若, の若い, の若いやさしい, の蒼白い, の行く手, の衣裳, の裏面, の話題, の資本, の趣味, の身ごなし, の通ってる, の遊び, の遊び友達, の運命, の金髪, の長い, の間, の陽気, の雇い主, の靴, の顏, の顔つき, の食器棚, の高い, の黒い, は, はああ, はいかに, はいったん, はいろいろ, はおみ, はお互い, はお八つ, はきまつ, はこもごも, はさて, はしばしば, はしゃべる, はしや, はそう, はそのまま, はそれら, はたしかに, はただよう, はたまたま, はどの, はなかなか, はなんと, はひたすら, はぼくら, はまざまざ, はまだ, はもう, はもつ, はやはり, はようやく, はらくらく, はわざと, はジャン・クリストフ, はタダ, はダンス, はロシア語, は一, は一体, は一冊, は一向, は一家, は一番前列, は一重, は不動明王, は不思議, は人間, は他人, は休み時間, は何事, は何年小屋, は元彦, は党員, は全く, は全身, は全部, は内弟子, は円光, は別に, は前, は勝手気儘, は勞れきつて, は十年, は厳しく, は反対, は可哀そう, は善良, は地方, は堅く, は墓場, は売卜者, は多く, は大きな, は妹, は子供, は完全, は客, は家, は小刻み, は小鉢, は幕府, は年上, は幸運, は彼女たち, は後, は思う, は恐れ, は情欲, は愉快, は愛情, は揃っ, は政治的, は新しい, は旅立っ, は日本内地, は昔, は昼, は普通, は暖か, は月二三度, は本, は本当は, は来た, は歴史, は毎年二日目, は毎日毎日, は永遠, は河内介, は泣いた, は洋酒, は漠然と, は無頼漢ども, は父親, は猛然, は番兵, は百五十三名, は直に, は眼, は矢車草, は知っ, は確か, は社会, は童戯, は笑いこけた, は結婚, は花時, は草, は薔薇, は解放, は詩碑, は詩集, は語らない, は課せられ, は諸, は講習, は貰つて來, は農村ソヴェト, は返事, は逃げ散る, は運動場, は銀, は長い長い, は陽, は雄弁, は雪沓, は雲, は非常, は顔, は驚いたであろう, は鬼ごっこ, は黒髪, ばかりでなく, までを筆誅, も, もかりに, もさう, もまた, もまだ, もやがてそう, もソヴェト権力, も一日, も古い, も山輿, も彼, も思い思い, も採る, も昔どおり, も父親, も積極的, も美しく, より何倍, を, をいろ, をその, をとりおさえた, をウンテル・デン・リンデン街, を了解, を二重, を傷つけ, を助ける, を取りかこみ, を咎める, を喜ばせ, を在る, を常に, を引きとめ, を恐がらせよう, を手, を昔ながら, を死に, を珍しく, を眼, を考える, を肉体的, を自ら, を苫, を補助的, を襲う, を見, を見廻し, を訪れる, を追う, を面白, を食わせる, を馬車, 抱き合ったり

▼ 彼女自身~ (553, 0.9%)

8 の言葉 7 のうち, の口 6 のこと, のため, の心, もそれ 4 の手, の耳, の運命 3 がその, のもの, の身, はさ, は何, は自分, を見出した

2 [37件] からいえ, がかうし, が夜毎, ですら, にそれ, には気, には責任, にもわからなかつた, にも一度, に向っ, のむしゃくしゃ, の内, の利益, の力, の勝気, の影, の放縦, の方, の正体, の猛烈, の生活, の腹, の臆病, の苦痛, の象徴, の身の上, への意地, もまた, も一度, も何だか, も何故, も自分, も赤い, を亡ぼす, ノ幸福ノタメデモアルト思ッテ貰イタイ, 制すること, 恐ろしい罪

1 [400件] いろんなつまらない, からも知られず, から来た, から聞い, から見る, から飛び出した, が, がしなやか, がそう, がそれ, がそれほど, がとるべき, がなに, がまた, がわれ, が云っ, が今, が他人, が其処, が喀血, が好ん, が嶮悪, が巻末, が思ひ切つ, が恐ろしい, が或は, が打つ, が撒いた, が既に, が服用, が死, が犬, が秋山, が空しく, が肌身, が膝, が自ら, が自覚, が良い, が良人, が見た, が話す, が道子夫人, が飛び込んだ, が驚いた, きわめて気乗り, こそ彼, さえ, すくなくとも今度, すらどう, すらまるで, すら彼, すら持て余し, その不幸, その唯一, たること, だけしか存在, だけしか知らない驚くべき, だけはもう, だという, であって, である, であるから, でさえどうしてこう, でさえも嘲侮, でで, でなければ, ではそういう, ではそれ相応, では娘, では誰, でもそれ, でもなく, でもよく, でも氣まり, でも自分, でも見る, でも説明, でも驚く, で云, で希望, で生活, で茨, としては中園, とむかし, と同じ, と直吉, どうにも, にあった, にある, における主人, にさ, にさえよく, にとってさえ突然, にとっては確実, にとつて, にはおのれ, にはこの, にはちょっと, には些か, には安易, にもよく, にもわからなかった, にもわかる, にも不思議, にも人, にも他人, にも分っ, にも分らなかったろう, にも奥さん, にも実際, にも恐らく, にも感ぜしめよう, にも気づい, にも自信, にも解っ, にも訳, によって, によっても個人的閲歴, によって平気, によつて目, に云わせれ, に似た, に作り上げ, に夫, に対する何, に対する苛立たし, に悟らせなかつた, に想像, に意識, に書い, に照子, に繰り拡げ, に見る, に違, のあの, のいう, のこわい, のし, のなか, の一人, の一部, の上, の並々, の中, の予期, の云う, の人間, の体, の体温器, の便り, の信用, の優越, の内心, の内部, の凱旋, の凱歌, の判決, の名前, の名誉, の呼吸, の命, の堅忍, の声, の大, の大事, の天才, の姓, の姿, の娘, の嫉妬, の子たち, の子供, の存在, の実証, の家, の容貌, の小さな, の履き物, の弁解, の形, の心理, の性情, の恋, の悦び希望, の悧巧, の意志, の意思, の意見, の感情, の懊悩, の所持品, の所謂職業, の持っ, の描いた, の教養, の文章, の方々, の明, の暗い, の歌, の気分, の気質, の決断, の温かい, の火鉢, の為, の物, の物語, の生きてる, の生まれた, の申し立て, の病気, の目, の眼, の破局, の立場, の答, の素直, の経, の縁談, の缺點, の考案, の肖像, の腰巻さ, の自己意識, の自然, の自由調, の艱難, の芸術, の蔵版, の行く末, の行状, の衣服, の表現, の裸体, の言い草, の言う, の言草, の記憶, の許し, の詠んだ, の認めた, の財産, の趣味, の身體, の通信, の過去, の遣り場, の選んだ, の鍛錬, の隠され, の面前, の面影, の顔, の類, はいわゆる, はおくび, はこの, はさう, はしめず, はそういう, はその, はそれ, はそんな, はただ, はと言え, ははっきり, はますます, はもうすっかり, はやはり, はキミ子さん, はヒダ, は一枚, は一生懸命, は下, は世話好き, は主観的, は二人, は云ひき, は健康, は割り, は夜, は己, は恐らく, は恐らくは, は恥づべき, は手, は提琴家, は支那生れ, は普通人, は暑, は最も, は朝, は決して, は理解し合っ, は疲れ, は空しい, は行え, は裁縫, は辛うじて, は音楽家, への思いやり, への貞操, ほがら, もあまり力, もありました, もいつか, もおそらく, もおもわぬ, もここ, もこの, もごく, もさらに, もすっかり, もそう, もその, もそれなら, もどう, もなぜ, もなんだか, もはじめて, もひどく, もほとんど, もまだ, ももう, もピッタリ, もヴィール夫人, も一層, も亦, も何とか, も例, も信濃, も健三, も加わった, も好ん, も子供, も心, も思いがけない, も感じ, も最初, も母, も気, も気がつい, も気づかずし, も気づかない, も気付かなかったであろう, も特殊, も犬, も知らない, も私, も紐育, も若し, も言っ, も認めなかった, も退い, も過程, も重吉夫婦, も電話, も顔, よりほか, より一層, をあらゆる, をいっそう, をおどろかし, をしか愛さない, をその, をなぐさめ, をも殺す, をモデル, を厳しく, を売る, を情ない, を懶く, を支えよう, を救おう, を欺いた, を無視, を発見, を省みる, を罵った, を花, を見た, を見出し勝ち, を讃, ゾッとした, ノ健康, 云って, 何とも思はない, 全ク気ガ付イテイナイトコロノ, 分らなくなって, 切っても, 却って若, 又良人, 受けねば, 少しも, 御主人, 知りすぎて, 自覺, 遠く旅立っ

▼ 彼女~ (526, 0.8%)

11 の生活 6 は私 4 はその

3 [11件] のそれ, の夫, の心, の頭, は, はこの, は未だ, は決して, は男, は自ら, は自分

2 [27件] にとつて, のうち, の体躯, の叡智, の唯一人, の夢, の席, の患者, の意志, の慾情, の眼, の腕, の自由意志, の自覚, の苦しむ, の言葉, の身持, の顔, はまた, は何, は出, は口々, は家名, は尊敬, は背, をし, をその

1 [418件] あやしてを, から受け取っ, から離れ, があおぐ, があまり, がそれ, がハリウッド, が人類, が今, が何, が加つた山, が化粧, が圏境, が女権, が姉妹, が子供, が孤独, が家庭生活, が尊大, が屡, が山, が彼, が彼方, が愉快そう, が手甲, が打ち開けかね, が揃っ, が描く, が放言, が暮し向き, が本当, が此の世, が殆ど一人, が濁った, が社会, が私, が自らアルキメデス, が自分, が良人, が薄い, が踏ん, だってまんざら, だつた, であつ, ですら, でも出来なかった, としばらく, とひょっくり, とも, と彼女等, と近道, なりに適当, にあ, にある, にすゝめ, にその, にそれ, にそんな, については今, について行つた, につめ寄つ, にとっては依子, にとっては昔, にとっては決して, にとって全く, にとって遊戯, にはそれ, には強い, には快い, には梅柳, には正しい, には理解, には生活, にふざけ, に云, に人気, に全く, に再び, に出し抜かれ, に別れた, に刻々, に取り, に取りかこまれた, に取り入る, に好意, に対して毎日顔, に対す, に対する同情, に對, に帰る, に引きつけられ, に母親, に漸く, に知られる, に與へた, に訊ねた, に贈, の, のあいだ, のいる, のきれ, のこまか, のしぼる, のす, のそういう, のその, のはなし声, のもの, のオリヂナリティ, のダンス, のテーブル, のマンネリズム, の一世一代, の一人, の七八十パーセント, の上, の不, の与り知らぬ, の中, の二階, の伴, の作品, の価値, の兄弟, の先輩, の全部, の前, の力, の動作, の包囲, の受け, の周囲, の命ずる, の和洋古今, の咽び, の多く, の夢みる能わざる, の大きな, の好, の好み, の好奇心, の姿, の存在, の家庭, の家政, の幸福, の引緊, の後, の後姿, の心理的動搖, の性, の愛, の感じ, の感情, の感覚, の所有, の手芸, の技芸, の持ち続け, の持っ, の持つ, の教養, の方, の日常, の會話, の本分, の来, の格子戸, の極力, の樣子, の権威, の権能, の気嫌, の求め, の洩らし, の派手, の消息, の特殊, の現実的, の生命, の発達, の白い, の眉, の瞳, の知らぬ, の知合, の示す, の礼拝, の祖母, の神経, の私, の米, の精力, の素直さ, の素知らぬ, の総て, の美貌, の群, の職業, の肢体, の育児, の背中, の背後, の胴衣, の胸, の自尊心, の自由, の芸術家的客観性, の芸術的, の行動, の要求, の視線, の親切, の親達, の言い分, の話, の話題, の讚, の賃金, の賞玩態度, の踊り, の身, の身体, の部屋, の鈴, の間, の階級, の非凡, の面影, の靴, の願望, の風俗, の髮油, の黒, はあの, はいずれ, はいつも, はお互い, はかうし, はきほひ, はこれ, はさ, はさぞ, はしきりに, はすっかり, はそう, はそれ, はそんな, はとびきり, はどちら, はどんなに, はならん, はほとほと, はぽつぽつ, はまだ, はみな各々, はもう, はやっぱり, はエロ, はキヤツキヤツ, はシル, はスマート, はテラテラ, はフランス, はフランス語, はボーシュレー, はマタイ伝, はリゼット, は一様, は一種, は一身, は下層インテリゲンチャ, は両親, は丹念, は二年, は人生, は他, は何年來妻, は余りに, は使, は例外, は停車場, は働い, は僕等, は先ず, は冗談, は冬, は凡て仮象, は別, は前, は割切っ, は労働, は十人, は十数年, は単に, は又, は各自, は同時に, は喜ぶだらう, は囁き合う, は四方, は墜落, は夜, は大抵, は大方, は太い, は女性, は如何なる, は少年, は山, は干からび, は幸福, は当時, は彼, は心, は忍ばね, は思い, は擂鉢, は救われるだろう, は早くから, は易々, は昔, は昨日, は普通, は普通飲食店, は朝, は歩く, は母, は気の毒, は涙, は深山木, は温泉旅行, は濃い, は無知, は物見遊山, は独り, は生, は畳まう, は疑, は疑う, は皆, は皆此, は眞面目さうだつ, は真に, は確か, は私共, は秋子, は笑つた, は簡単, は素早く, は絶えず, は聞い, は職業, は肉体的, は腐心, は自分達, は自己, は舞台, は芸者, は苦しい, は萎微, は落, は衰微, は装, は訊いた, は誰, は貨車, は車座, は酔漢, は醜き, は野天, は鉱石, は集団的, は青銅, は頭, は顏, への一つ, までが口, もその, もそれぞれ引取, もまた, も人間以外, も又, も寝る, も床, も形式的, も手伝った, も日増, も矢張り, も若し, も行きたかつたら, も默つて私, や彼等, よりももつ, よ花苑, をすつかり, をそう, をそこ, を一人, を喰, を夫, を尊敬, を愛撫, を揶揄, を敬遠, を死んだ, を監視, を相手, を見る, を見送つ, を視る, を訊問, を訪ね, を賢く, を軽蔑, を非難, を面白, ヲ驚カシハシタモノヽ

▼ 彼女から~ (348, 0.5%)

8 離れて 7 手紙が, 眼を, 返事が 5 見れば 4 忍びがたい, 遠くに 3 愛されて

2 [15件] あの晩, こういううぶ, それを, 云えば, 何を, 僕の, 少しも, 手を, 熱烈な, 矢代に, 翻弄され, 自分の, 見詰められて, 軽蔑されてる, 顔を

1 [273件] ありがたく一銭銅貨, ある距離, いって, いろいろ面白い, うけて, おじさんの, お絹, きいて, きびしい眼つき, こういうふう, こうして私, こう云われた, この物語, こんな冷淡, こんな手紙, したたかピシャリと, じっと見つめられる, じっと見られ, じっと見られてる, じっと覗き, すっかり離れ, すでに二度, すゝめられた, ずっと遠い, そういう憐れみ, そう云われ, その力, その大事, その手紙, その相手, その秘密, そんな態度, そんな言葉, だ, とりどりの, どうしても逃れよう, ながめられて, なんらの, ぬるま湯に, のがれた, のがれたと, ひきつけられて, へんな, また一倍, また西洋封筒, みむきも, もらった三個, もらった住所書き, やかましく飲み代, よく云われ, よく聞かされ, よこして, わざわざ手紙, コスモに, 一段低く, 一種の, 一通の, 一雫でも, 与えられた間接, 与えられようと, 与えられる印象, 二歩ばかり, 二歩ほどの, 云い出すまで, 云い負かされて, 云われる何, 享けたのは, 亭主を, 今までの, 伝えきいた祖母, 何にも, 何の, 何も, 促された時, 促されると, 催促される, 兄貴にでも, 先生らしい, 全然離れた, 冷嘲, 凡てを, 出て, 出るまで, 切願された, 制作と, 力が, 十五歩か, 十分に, 半碼, 卑俗さを, 卒直の, 去って, 反らして, 取り去られたよう, 取り扱かわれた経験, 取り立てるべきかも, 取上げられて, 受けたこと, 受けた私, 受けました巧妙, 受けるとき, 受けるの, 受け取った手紙, 受取ったかずかずの, 受取った最初, 吸ひとつて, 呼び出しを, 呼んで, 嗤われ, 嗤われる, 売り込んだ話, 奪い返そうと, 奪うこと, 奪つてしまつたの, 好まれてるらしい者, 娯楽雑誌などを, 嫌な, 学んだ, 密に, 少しは, 少し離れ, 少し離れた, 屡, 引離して, 役場へ, 彼女が, 彼女の, 征服された, 後代の, 得たと, 復讐され, 微笑みかけられてること, 心を, 恨まれてるなと, 愉しさうに聽, 意図を, 愛されてるあらゆる, 愛して, 愛の, 感じ出した, 感謝の, 懇願され, 手紙も, 手紙を, 拒まれて, 招かれないかぎり, 持参金として, 指令され, 掴みかかって, 放射する, 教はるのは, 教會へ, 時によっては, 更に詳しい, 来た手紙, 来るつぎつぎ, 来る芳香, 東京風の, 案内された, 極端な, 次の, 欺かれてるの, 歩きながら, 死ぬの, 毒気を, 求婚を, 決して金, 注意の, 浮かび上がって, 涙ながらの, 清いもの, 温室の, 濡れた布, 無視されてる, 焦慮された, 献身的に, 生れて, 発して, 発するあらゆる, 発見する, 目を, 眺められると, 眼つきで, 祝いを, 私に, 私への, 私を, 突如と, 立ち去るやう, 精神上の, 結婚の, 縋られたある, 罰せられようと, 聞いた, 聞いたよう, 聞いた白鷹先生, 聞きたくなかつた, 聞き出そうと, 聞された時, 聴いた覚え, 聴かされたこの, 聴かされて, 腕を, 自分を, 自己の, 若い女, 裏切られた, 見えなかった側, 見たその, 見た僕, 見て, 見られたこと, 親しい対談, 親切に, 言えば, 言って, 言われると, 訊きうるすべて, 話しの, 話を, 詳しく知る, 貰いました, 貰ったこと, 貰った手紙, 貰った立派, 貰つた八通の, 贈られ, 贈られた彼女, 贈られた手袋, 贈物を, 赤ん坊の, 赤ん坊まで, 距てよう, 身を, 返事を, 追い出されさえ, 退ぞ, 送つて, 逃げて, 逃げまわるよう, 逃げようと, 逃げること, 逃れられないと, 逃避しよう, 速達が, 逢つて以来初めて, 遁れられない, 遊離し, 遠く逃げ出した, 遠ざかった, 遠ざかって, 遠ざかつた, 遠ざかりがち, 遠ざかろうと, 遠ざける媒介, 遠のいて, 遠のくこと, 都会の, 金を, 長い, 隔てる時, 雑誌の, 離さない, 離し二人, 離し自分, 離れたやう, 離れなかった, 離れる, 離れ遠ざかること, 電話を, 面倒な, 預かった系図書き, 飛びさる

▼ 彼女~ (344, 0.5%)

74 はこの 3 がその, が街, の一人, の一家, の中, の方, の生命, の眼, はどんなに, は自分

2 [22件] がしづ, が何故, が家庭, が着飾, の夢, の心臓, の服装, の生活, の美, の肉体, の自然, の衣服, はその, は何故, は彼女達, は手, は煙草, は皆, は膝, は鶏卵, ばかりとはいへまい, を肺病患みと

1 [259件] からこんな, から卑怯, から夫, から敬, から眼, があまり, がプロレタリヤ, が今日, が住宅, が何曜日, が信じ, が借り, が好ん, が学校, が席, が帰った, が思ひ, が是認, が湯, が眼, が競争, が自身, が解放, が言, が軽蔑, が近く, が遥々, が面白い, だけの交際社会, であるのに, でも帰つて, という複数, といえ, とは何となく, と共々, と彼等, と懇意, と枕, にお, にし, にそういう, にその, については一度, につかまっ, にでも訊い, には玄八, には青天の霹靂, にふさわしい, に乗り移る, に些か, に使徒, に供養, に固有, に好き, に婉然, に対して斯, に永久, に知られない, に知れ, に神聖, に触れた, のある, のお, のその, のたてる, のため, のとり得る, のやう, の一ヶ年, の三資本, の上役, の下, の不自然, の世界, の並ん, の仲介業者, の体, の保護者, の公約, の処, の出世, の勞働部屋, の包囲, の北方軍閥, の告白, の喚き, の場合, の多く, の失, の妹, の姿, の家族制度, の帯, の彼岸近く, の快活, の感受性, の感情, の感覚, の手, の手傳, の手腕, の抱え主, の日本髷, の智識, の曇りない, の望む, の本能, の樣子, の横顔, の死, の溌剌さ, の溜息, の父, の犠牲, の現実, の病室, の着く, の着物, の窓, の笑顔, の納むる税金, の美し, の職業婦人, の薄倖, の行為, の視線, の言, の話す, の話材, の踵, の部落, の重立った, の間, の頬紅, の飛び立とう, の驚くべき, の魔力, はい, はいいます, はいつも, はくすくす, はすべて朝鮮人, はどうして, はどこ, はなお, はまつたく, はめい, はもう, はよしんば, はベツレヘム, は一たび其境遇, は一やう, は一よう, は一刻, は三宅坂, は不思議, は世界戰爭, は事毎, は云う, は他, は何と, は何年, は何故か, は作業, は依然として, は共同戰線, は具体的, は初め, は勇ましく, は又, は口先, は古参, は合図, は同時に, は呼吸, は嘆く, は土用, は坑内, は声, は多く, は大広間, は夫, は如何, は嫁いだ, は家, は家族, は山, は帰っ, は彼, は往々, は忽ち, は急, は恵まれた, は感謝, は我知らず性格, は所謂美人, は揃, は斬られ, は早く, は春ちゃん, は次第に, は毎日毎日, は水上, は永久, は煙草屋, は特別純情派, は現代婦人, は生活, は畑, は白昼, は皆膨, は直ぐ, は真暗, は知っ, は知るまい, は私, は絶えず, は縁側, は胸, は自分達, は薔薇, は都会, は陽, は顔, もそれ, もまたい, も亦, も嘗て, も廊下, も知, をあらためて, をやがて直ちに, を了解, を交, を凝視め, を刺戟, を呼ぶ, を心強く, を愛する, を抜い, を書斎, を朝な夕な眩惑, を目, を相手, を紹介, を聴手, を若く, を襲うであろう, を見た, を見られる, を見入った, を見守った, を見舞っ, を言いよう, を誘惑, を護った, を養う, を高尚, 大した金

▼ 彼女にとって~ (162, 0.3%)

3 それは, 何の 2 一つの, 子持ちの, 幸福な, 自分の, 重大な

1 [146件] あまりに恐ろしい, あまり好ましい, あまり見, ありがたいこと, あれでは, いかなる関係, うれしいこと, お嬢さんは, お浜一家, かえって辛い悲しい, こうして鐘, ここは, この事, この嬰児, この根本的, この街, この路, こよなき快感, すこぶる重大, せまくるしかった, そこから, その刻々, ただに, ただ一つ, どうかしてやりたい, どうで, どうな, どれ程の, どんなにか, どんなに貴い, どんな駭, なくては, なぜ無理, なんの, ひどく排他的, ひどく気まずい, ひどく腹立たしかった, ほんとうに, また私, まったく意外, むしろ迷惑, むずかしいこと, もっとも魅力, もはやうんざりし, やさしくない, やはり旧来どおり現実, やるせないもの, ゲイムに, パンを, マダム・ブーキンという, リーベの, 一応一致, 一様に, 一番懐かしい, 一義の, 不幸な, 不愉快な, 不明暸な, 不面目な, 今までより, 他人であった, 何であろう, 何とない, 何を, 何等かの, 余りに恐ろしい, 僅か十四歳, 僕は, 処世の, 別に珍, 前夜来の, 勿論悦び, 厭らしい, 反発心の, 喜びや, 堪えられない恐ろし, 堪へがたく寂しい, 大きな光明, 大事な, 大切な, 夫が, 失敗は, 存外重い, 孤独な, 宇宙外の, 実に出来る, 実在しない, 少しも, 幸か, 幸福なら, 彼の, 彼は, 彼女は, 後天的な, 復活の, 忘れかねる匂いこまやか, 忠実なる, 恋愛の, 恐かった, 恥辱であった, 恵まれた偶然, 憂晴らしでも, 掛け替えの, 新しい屈辱, 日常の, 日本一太郎は, 最もつらい, 最も不利, 最も好ましい, 最善の, 未練であった, 本当に初めてであった, 気乗りの, 永久に, 深い不安, 父を, 物の数でも, 物珍しかった, 珍しくない, 珍らしい, 現実だった, 現状の, 生きながらの, 痛々しい仕事, 癪で, 皆馴染み, 目に, 私が, 秋が, 空中の, 絶えざる重荷, 職業を, 肉を, 自分が, 自分は, 興味が, 興奮と, 芳枝さんは, 苦痛だった, 行くほど, 記憶すべき, 貞操は, 逆効果, 革命以外に, 音と, 驚異だった

▼ 彼女にも~ (147, 0.2%)

3 自分の 2 それが, わからなかった, ヒシ, 人間らしい心, 恥しさ, 母が, 警告した

1 [130件] ある, いいたいもの, いいところ, おそらく自分, お別れ, こうした夢幻境, しうしろ暗い, して, すすめたが, そういう束縛, そうした責め, そうであった, そのよう, その妹, そんな秘密, たとえそれ, だいぶあった, できなかつた, ないもの, なお逢いたかった, なって, はつきりわかつ, まして此, またさう云つたの, また子供, また彼, まだ信力, まるで解らなかった, もっと深いたましい, やさしくどこ, やっぱり恋人, やはり楽しみ, よい客, ようやくわかった, よくわかっ, よくわかつ, よくわからなかった, よく分っ, よく分った, よく解っ, わかった, わかつた, わからない, わかるやう, ボンヤリ分った, ボンヤリ分つた, 一半の, 一文だって, 不似合, 不快だった, 今与えられた, 仲間が, 会つてゐる, 会わせまた, 伝わって, 似げ, 何か, 何の, 作用し, 係らずある, 先立たれたし, 其血が, 分って, 分らなかった, 判らなかった, 判るであらう, 勝って, 勧めると, 危急にも, 反射した, 可能である, 困り切りますがな, 多少の, 夫の, 守住の, 安心の, 容易に, 少しずつ, 差して, 復讐せず, 心が, 心の, 心付が, 快かったらしい, 恩師であった, 悪う思う, 想像された, 意外で, 感じた, 慾の, 憎悪が, 或る, 手を, 撃たせようと, 是非大阪へ, 暗い部分, 木下の, 来いと, 気に入って, 気儘で, 氣に, 汝を, 油断は, 淡い不安, 漂って, 濃い, 為吉にも, 物足りない気, 生き生きと, 用意が, 疲れが, 白髪が, 矢張家柄とか, 私自身にも, 移つて, 結局分らないらしかった, 老を, 苦しみを, 苦痛な, 見当が, 親が, 読み聞かせた, 責任が, 通じたらしかつ, 通じて, 逢って, 重すぎる, 野人らしい, 鑑定は, 鶴子殺しの

▼ 彼女との~ (137, 0.2%)

14 間に 5 約束を 3 結婚を, 距離を, 間が, 間には, 関係が 2 仲に, 恋の, 恋愛は, 肉慾の, 間の, 間へ, 間を, 関係は, 関係を

1 [85件] あいだは, こころは, ことだ, ことについて, ことを, これまでの, ただひとつ確実, ランデブーには, 上に, 中に, 二人だけの, 交り, 交情二人は, 交渉は, 交渉ほど, 交誼の, 仲だつた, 仲の, 仲を, 会話により, 初対面の, 別れ前から, 別離は, 友情を, 同棲生活など, 問答, 夜を, 対話の, 対面を, 床中を, 役割が, 応対に, 性格的差異を, 恋に, 恋について, 恋を, 恋愛も, 愛恋を, 或不思議, 戦闘を, 抱擁の, 新生活, 昨日からの, 曖昧に, 最初の, 最後の, 深刻な, 無役, 瓦斯事件を, 私的関係で, 立ち話が, 立場の, 精神状態に対して, 約を, 約束が, 純な, 結合の, 結婚から, 縁が, 縁組が, 縁組に, 縁組みを, 肉体は, 肉体を, 芸術観の, 親しさ, 親しみを, 親密さを, 距離が, 距離は, 逢った地点, 過去の, 間にも, 間は, 間柄を, 関係から, 関係その, 関係には, 関係も, 関係をも, 闘争解け, 關係がちつ, 隔離を, 靡爛した, 馬糧倉が

▼ 彼女にとっては~ (117, 0.2%)

4 それが 2 一種の, 継子である

1 [109件] あまり愉快, いつも喜び, この村, これだけの, これらの, しかたが, しかつめらしくやや, すべてが, その何百分の一, その相手, それは, それも, それを, ただ普通, ともにそのまま独立, どの土地, なおさら一期, なんでも, ぼくが, まったく自分, むしろサバサバ, むしろ生れかわったよろこび, もう無, やはり市長様, アッタレーアの, クリストフは, フシギに, マリユスは, 一つの, 一生の, 不快であった, 不愉快で, 世の中は, 今では, 今やこの世, 仕事な, 何か, 何でも, 余りに気骨, 俺の, 僕達を, 動き回る口実, 可なり, 同じだった, 唯一つ, 唯一の, 問題では, 喜びだった, 器の, 土地に, 堪えがたい痛恨事, 大事だった, 大事件, 大打撃, 夫の, 奥さんという, 妹の, 姉妹の, 嬉しいこと, 実に有力, 客席に, 寝耳に, 常に抱きかかえ得る, 強い無口, 彼は, 彼女の, 彼女を, 怖ろ, 急変した, 恋からは, 恩人であり, 息子が, 恰好の, 悲しみの, 意外の, 愛されるの, 懐しい恋人, 手に, 指導的な, 救い主だった, 敵であった, 新しいこと, 旦那でも, 最も大, 最上の, 最後の, 服を, 極めて好都合, 死よりも, 決定的だった, 無力だった, 独逸語の, 理由に, 私は, 私よりも, 肉体的に, 肝要な, 自分の, 自由であった, 興味が, 苦悩の, 行為において, 見物や, 見覚えが, 誰よりも, 非常な, 非常に, 音楽は, 魚は

▼ 彼女とは~ (97, 0.2%)

2 ちが, 全く別, 全く別人, 別の, 死ななかつた, 現在でも, 逆に

1 [83件] おのおのその, お互に, くらべもの, さして縁故, さりげなく, すっかり異, そういえ, そのまえ, その歓声, その追憶, だんだん仲よし, ちがった意味, どうしても同, なにか短い, また別, まったく違った, まつたく共通, まるでかけ離れた, まるで別, まるで反対, まるで違っ, もう二つ, もう融和, やがてそこ, 二つの, 二言三言応答した, 人が, 人種でも, 似ても, 何という, 何の, 先刻からの, 全く人, 全く没交渉, 全然別個, 其後一度も, 別れ別れに, 別人の, 別居し, 到る処, 反対に, 口を, 垣根ご, 壁一重越しであった, 変って, 多く話さなかつた, 子供を, 幼な, 心臓に, 息吹が, 愛し合って, 改めて對, 早速こんな, 最初の, 樂しく, 比べものに, 気が, 永遠に, 没交渉で, 深々と, 深間に, 無関係な, 異って, 眼を, 私は, 立ち入った関係, 組合の, 絶対に, 腹ちがいの, 腹違ひだと, 裸の, 親が, 言はず前にも, 誰だ, 誰で, 誰であろう, 近頃初めて会った, 逢わないこと, 逢わない決心, 遊びませんでした, 違つてゐる, 風といふ, 餘り

▼ 彼女~ (79, 0.1%)

2 向って, 声を, 宛てて, 言った

1 [71件] あてた手紙, いったが, おくられたもの, お渡し下さい, それを, たいへんやさしかっ, にっと笑顔, もって, よりかかって, ニコッと, 与えたもの, 両手を, 云った, 云ったの, 伝わる, 何と話した, 倚りかかっ, 口を, 告げた, 変に, 委せて, 対するあんまり, 強いて話しかけた, 復讐した, 心配を, 手渡すが, 打明けた, 投げつけた, 投げられる, 持たせて, 控え目な, 握手を, 書き送った, 木や, 杯を, 権ぺいに, 残した, 残す名前, 求婚した, 決戦を, 注意を, 流れて, 渡させ高氏自身, 渡す, 犠牲を, 率直に, 理屈を, 眼を, 知らせなければ, 突きつけながら, 結婚の, 興味を, 花を, 蔡瑁は, 言い出しかけた, 言わなかった, 訊いた, 話したの, 負担を, 責めた, 贈らねば, 跪いた, 輝かしいとか, 近づいて, 近寄るの, 追いかかった, 遺された唯一, 野菜の, 面と, 頭を, 飛びかかって

▼ 彼女に対する~ (78, 0.1%)

5 自分の 3 気持は 2 不信は, 大きな魅惑, 彼が, 感情は, 憐れみや, 憤懣の

1 [58件] あはれみ, いぢらし, おもいやりから, おれの, こうした好意, この傾倒, とき帰っ, のと, のとでも, ような, 一切を, 一情婦の, 不思議な, 事件みな解決される, 何等の, 俺の, 個人的な, 其の事, 其の時, 内と, 冒涜とさえ, 反感, 取扱いぶりとは, 彼の, 怒りで, 思いやりが, 思い出からも, 恋は, 恐ろしい憎悪, 悪感を, 愛は, 愛を, 愛寵が, 愛情が, 愛情は, 愛情を, 愛慾の, 愛憎の, 愛着心を, 感情とは, 掛念だけが, 日頃の, 本田や, 検事の, 気持が, 淡い嫉妬, 熱烈な, 犯人の, 甘ったるい空想, 疑いを, 私の, 私達の, 肉体的精神的の, 蔑視とまでは, 衝動を, 訊問ぶりは, 軽い嫉妬, 野心とも

▼ 彼女~ (74, 0.1%)

32 口カラ, 口カラ洩, 性質カラ推シテ果シテホントウニ睡

1 [65件] タメニオ静ガ籐ノ, 二ツノ足ヲ, 全身ガ明ルイ光ノ, 全身ノ, 全身ハ白地ニ粗, 出テ来タ商店, 前デ, 前ニ揃エル, 前ニ行キ, 周囲ニ集マリ天下, 唇カラ出タコノ, 喜ビヲ買ワンガタメニ負傷ヲシテモ惜シイトハ思ワナイソノ負傷ガ原因デ, 喜ブ顔ガ見, 夫タル者ガ発見スル, 姿ヲ, 姿態, 姿態ニアルコトハ確カダガロク, 孫, 寝室, 専用ニナッテイル, 左右, 常デアルカラ, 常套語ヲ, 心持ソレヲ知リタイト思ッタ, 忌避ニ触, 性慾点, 意志ノ, 愛ヲ, 感ジヲ匂ワセルヨウニスルコトダ, 態度取, 捜索癖ヲ, 方モ数回ニ亙, 方ヲ, 母ニ親愛, 母ヲ, 気持ヲ, 淫乱ヲ, 犬ニ蹈ミ殺, 理性ハ制御ヲ, 疑イ, 眼ニ触, 素足ニ触, 経理, 義理, 耳ニ痛イヨウナ, 肉体ノイカントモシガタイ宿命ナノデアル, 肉体ハ拒ム, 胴体, 脈ヲ, 脹脛ノ, 腹, 芝居デ, 芸名ヲ, 衣類ヲ, 裸体ヲ, 要求ニ応ジテイルノデハ断ジテナイ, 計画ノ, 貞操ヲ, 足デアッタ, 足ヲシャブルコトハ一向, 顔ガ見, 顔頸肩腕スベテノ輪廓ガ二重ニナッテ見, 食イ残シガ廻ッテ来ルコトヲ豫期シテ, 飽クナキ肉体ハ理性, 髪ノ

▼ 彼女に対して~ (70, 0.1%)

2 綿々の, 責任を

1 [66件] あらゆる力, おずおずと, こんなに純, しみじみと, しようと, そんなこと, そんなに熱烈, どういう気持, なんらの, はなはだ乱暴, ひざまずいた, まつたく注文, もっと, もつと, 一種の, 乗気, 乱暴を, 今三人の, 何か, 何の, 何も, 何等の, 冷淡な, 危害を, 合掌の, 君としか, 夫の, 女としての, 始められた, 居る泊る, 強い真実, 彼は, 愚かな, 憎悪は, 懐くよう, 抱いた変, 持つよう, 未だそこ, 残酷な, 毒を, 気の毒がる, 気の毒だ, 気の毒という, 気恥ずかしい, 注意を, 深い愛情, 済まなかった, 烈しい憎しみ, 無礼を, 無関心, 特別な, 申しわけの, 私は, 種々の, 経験せざりし, 美しい幻影, 背負って, 自分は, 自然に, 親友の, 訊問の, 重大な, 鋭い視線, 非常な, 馴れ馴れしい態度, 黄絹七反柴絹七反毛皮三枚五個五色の

▼ 彼女一人~ (50, 0.1%)

5 では 3 だった 2 のとき, の手, の胸

1 [36件] がそれら, が助け, が圧倒, が大名, が正確, ぐらいな, だけが知ってる, だけが義雄, だけで, だけであつ, だけは亡き, であった, であつ, である, でなにか, でもない, でやって来た, で決定, ならともかく, に来い, に止まらず, ぬけること, のため, のもの, の働き, の影坊師, の心, の思い, の時, の特有, の贅沢, はこの, は突然, をさ, を包ん, を後

▼ 彼女としては~ (45, 0.1%)

2 そんなにまで, 主義に, 早く知らし

1 [39件] こう思う, これは, そうする, それを, そんなこと, どうした, なによりも, まさに死, まだほか, よくよくの, 不本意, 世間の, 今彼を, 傍に, 兄の, 全く始め, 初めての, 前途の, 呑気な, 夫と, 女中同様に, 家の, 幾らか浮かび上がった, 当然です, 恋人民弥に, 恩人でも, 憤然と, 日常茶飯の, 無理で, 珍しくそれ, 真実な, 矛盾した, 精いっぱい力強い, 素人に, 自分の, 辛くもあったろう, 長いもの, 雪之, 非常に

▼ 彼女への~ (44, 0.1%)

2 お土産, 同情が, 大きな報酬, 忠告を, 餞と

1 [34件] ささやかな, なぐさめに, 一通だけ, 便りに, 便りには, 便りを, 信頼感が, 反応は, 復讐には, 心づくしである, 忠義だてに, 思慕から, 恋は, 愛かなしみ, 愛に, 愛を, 愛僕が, 愛情が, 愛慕だ, 愛着心を, 感情に, 態度から, 憐憫と, 手紙を, 月々の, 熱心な, 紹介状を, 結婚の, 義務という, 謝罪の, 讃美の, 贈物と, 野心を, 関心の

▼ 彼女では~ (36, 0.1%)

10 なかった 5 あったが 4 ないか 3 ない 2 あるが, なかつた, なくて 1 あつた, ありましたが, ありますが, ありません, あるまいか, ないの, なくましてや, 愛それが

▼ 彼女にと~ (35, 0.1%)

22 つては 2 つての

1 [11件] つてまたは, つても, つて余りに, つて堪えがたい, つて恐ろしい, つて楽しく, つて淋しい, つて深い, つて興味が, つて運動会の, 進めたり

▼ 彼女~ (32, 0.0%)

19 あつた

1 [13件] あつて, すら果して, せかせかと, その傍, そんなこと, なくして, 僕の, 全体を, 家の, 小者一人の, 彼女は, 最後という, 本當

▼ 彼女について~ (30, 0.0%)

2 私が

1 [28件] あの頃, いろいろと, この点, しばしば言った, しみじみと, ついに一口, つかみ得た最初, どれだけの, なにか書け, なに一つ満足な, ほかで, まだ知らなかった, よもやと, 事前に, 交わした言葉, 他の, 多く語った, 少しも, 彼に, 恐る恐るバラック, 最もはやく, 来た, 無頓着には, 痛憤の, 私は, 立上る, 語った言葉, 語るの

▼ 彼女と共に~ (28, 0.0%)

2 銀座を

1 [26件] ここの, そっと机, その罪, ぼろぼろ泣い, ゐる快, ゐる苦痛, ベンチに, 上野を, 別に, 別荘近くを, 劇場に, 味い, 外へ, 奪い去られたよう, 姫路から, 安逸を, 恐怖を, 懐中の, 東京へ, 棺の, 海辺を, 石狩川の, 苦悩を, 西浦夫妻が, 鉄砲洲の, 電話口へ

▼ 彼女とが~ (25, 0.0%)

2 きつと, すつかり

1 [21件] いろ, うまく一つ, その一團, そんな家搜, 並んで, 互ひ, 今は, 何やら云, 入れ代, 其處で, 切っても, 別々な, 同じ家, 同じ枝, 同時に彼, 手を, 既に完全, 眼の, 自動車に, 逢って, 顔を

▼ 彼女からは~ (22, 0.0%)

1 [22件] あまりに厚かましい, どうしても想像, なれ, バーの, 下品な, 何が, 何一つ得られない, 大して得る, 孫に, 度々お, 彼が, 微塵も, 深く心, 用事の, 盛んに, 目を, 絶えず鞭, 自然と, 見えない所, 返事も, 随分と, 離しがたい

▼ 彼女~ (22, 0.0%)

2 たしかにあの, ということ

1 [18件] からだ, が, つた, つたのだ, つたのだらう, つたのである, つてその, つて多少なりとも, という証拠, とか少女, とは思えない, とは思っ, とわかった, と云, と思いこん, と思はせる, よ放浪, 彼女に

▼ 彼女より~ (22, 0.0%)

1 [22件] いっそう心, さらにできなかった, ずっとまずかっ, ずっと初心, ずっと年上, もっと年, 一つ二つ少い, 上手に, 下等だった, 二つ年下の, 他に, 以上の, 十も, 名高く人気, 富裕な, 少く悲観, 少し年上, 強かった, 才女としての, 立派に, 自分が, 若くて

▼ 彼女よりも~ (22, 0.0%)

1 [22件] いっそう不幸, すぐれた批判者, ずっと年下, ずっと精力旺盛, その信仰, なおいっそう, はるかに, ひと昔まえ, むしろ兄, もっと痛めつけられ, 二つばかり, 大きかった, 大きな声, 少し紅かっ, 年下で, 弟たちの, 彼女と, 愛する, 知らないので, 背の, 自分が, 誠実で

▼ 彼女である~ (20, 0.0%)

4 ことを 2 ということ

1 [14件] か, かもしれない, から, が年, ことは, といふこと, とすれ, と断定, のに, のにそれ, のに自分, 事を, 宮の, 男思ひである

▼ 彼女だけは~ (19, 0.0%)

2 彼等よりも

1 [17件] いわば虫, お城田楽, すべての, 信じさせて, 充分幸福, 別だ, 妙子さん珈琲を, 思ひ描けなかつた渺, 武士の, 残したの, 燈り, 私に, 米が, 罹らずに, 超越した, 身動きも, 鬼頭の

▼ 彼女だった~ (19, 0.0%)

2 がその

1 [17件] からいつも, からだ, からな, がいま, がしかし, がそれ, がようやく, が弟, ことを, とすれ, のだ, ので, のである, のです, のでつい, ので屹度, ので彼女

▼ 彼女ひとり~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] が不参加, が承っ, で占領, にとりすがっ, にわかっ, に憧れ, のみが今, のみが他, の内部, の収入, の見識, の遊び, は大家, は支那, ゆくこと, を残し, 打ちやらかして

▼ 彼女とともに~ (18, 0.0%)

2 罪に

1 [16件] かたわらの, この世から, 健かに, 喜んだ, 後ろざまに, 手を, 新宿の, 旅を, 旅館へ, 河原へ, 滑走し, 漫歩の, 観衆の, 讚美歌を, 近くの, 過ごす時間

▼ 彼女にたいして~ (18, 0.0%)

2 いだいて

1 [16件] かなり横柄, ごくやさしい, ごく懇切, どんなに自分, ひそかな, ふざけた考え, やや迷惑げ, 内に, 十分の寛容を, 大きな父, 寛大な, 温かい軽蔑心, 自分が, 覚えたの, 限りない, 顔を

▼ 彼女~ (17, 0.0%)

3 彼女の

1 [14件] その周囲, その幼, ベルクマンと, 半兵衛を, 友人たちからばかり, 堂上の, 女中たちの, 子供に, 抱えの, 料理番の, 此女や, 母から, 議論の, 辰子の

▼ 彼女らしい~ (17, 0.0%)

2 贅沢を

1 [15件] きりっとした, ヒステリーを, ユーモアが, 女が, 好みであった, 意見で, 日常生活の, 気品の, 激情によって, 独断を, 角度と, 誇りか, 調子で, 謎めかしい, 豊かな

▼ 彼女をも~ (17, 0.0%)

1 [17件] かき亂, そのいそがしく, ほっとさせたい, 加えいわば, 同じ波瀾, 女としての, 室に, 寄す, 岸本は, 思われた唯一人, 愛して, 我より, 新たに, 殴りつけ踏みにじりたかった, 湖水の, 裏切った, 訊問の

▼ 彼女こそ~ (16, 0.0%)

1 [16件] この学校, その犠牲, まさにその, まっ先に疑わるべき, やったの, 今でも, 何にも, 名に, 唇の, 常に変らない, 悪口を, 持つて, 正しくその, 母の, 病身な, 真の

▼ 彼女~ (16, 0.0%)

1 [16件] ソウサセタノニハ予ニモ責任ガナイコトハナイガ浄吉ノ, 俯向キニサセ臀, 失ッテハ不便デ, 心カラ愛シテイル, 悪酔イサセルニ限ルト思ッタ, 愛シテイル, 極度ニ辱カシメ彼女ガドコマデシラヲ切ッテイラレルカヲ試シテヤリタイノダ, 熱愛シテイル, 盲愛シテイタダガ若, 見出シテ驚クホカハナカッタ, 調べ始メタ, 追イ越シテ進ンダ, 連レ出シテ二三時間過, 酔イツブシテ寝, 陶酔セシメタ, 風呂場カラ寝室ヘ

▼ 彼女という~ (15, 0.0%)

2 のは, ものを

1 [11件] ものが, ものは, 一つの, 人間の, 代りに, 伴侶と, 存在の, 対象が, 悲母の, 耕地なく, 言い方には

▼ 彼女からの~ (14, 0.0%)

1 [14件] あわただしい電話, 以前の, 便りで, 小包が, 小包も, 恋文の, 恩義を, 手紙により, 手紙は, 時々の, 相談の, 葉書の, 訴え手紙を, 贈物として

▼ 彼女以外~ (14, 0.0%)

1 [14件] にそんな, にはあり, には何, に親身, に誰, の, のだれ, のもの, の人, の人々, の団員, の女たち, の誰か, ノ種々

▼ 彼女であった~ (12, 0.0%)

2 かも知れない 1 から分からない, から源氏, がこの, が何, ことも, たかが詐欺師, ということ, のでまずまず, ような, 彼女の

▼ 彼女一流~ (12, 0.0%)

2 の理屈 1 のでたらめ, の丸っこい, の仕方, の女細作, の想念, の探り, の毒舌, の神秘, の芝居, の雰囲気

▼ 彼女独特~ (12, 0.0%)

2 の美し, の観察 1 のつよい, のモノスゴイ嘘, の原則, の天才的, の敏捷, の方法, の無邪気, の重々し

▼ 彼女だけが~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありありと, このアパート, その真っ, 先妻の, 光って, 娘の, 昔の, 東京に, 母の, 猿を, 私を

▼ 彼女~ (11, 0.0%)

5 のだ 1 のであった, のである, ので何, ので友松, ので手狭, のに違

▼ 彼女に関する~ (11, 0.0%)

1 [11件] ひそかな, 事は, 事実の, 今までの, 借財に対して, 僧院長セラピオンの, 思ひ出, 恐ろしい秘密, 消息の, 記憶だけが, 貴下の

▼ 彼女とを~ (10, 0.0%)

2 比較し 1 おろした, 抱へて, 比べて, 笠松博士親娘と, 結びつけること, 結びつけるだけ, 見せて, 隔てるもの

▼ 彼女なら~ (10, 0.0%)

2 君に 1 そこの, ば女学校, 事を, 我知らず, 東京者という, 決して云, 泣きも, 自分の

▼ 彼女~ (10, 0.0%)

1 今マ, 依然トシテ事ニ, 全然顔モ出サナイ, 半バ夢見ツツアルカノゴトキ様子, 寝惚ケテ, 当然マダ, 最モ忌ムノデアル, 深イ, 突然右側ニ廻ッタ, 遠カラズ予ガ死ンデシマッタ後モ

▼ 彼女によって~ (9, 0.0%)

1 一つの, 初めて羞恥心, 初めて肉体, 女という, 彼は, 示された, 私は, 繰り返された, 繰り返されるこの

▼ 彼女はも~ (9, 0.0%)

1 いちど手を, いちど袿衣の, 一人医者を, 一度, 一度ほほえもう, 一度啓介, 一度彼, 少しで, 少し詩

▼ 彼女だって~ (8, 0.0%)

1 いつでも, そう易々, また亭主, 僕と, 差し支えないだろう, 汗を, 考えては, 聞く

▼ 彼女とても~ (8, 0.0%)

1 何か, 同じこと, 同じ事, 女の, 帰った時, 気附か, 濃情な土地, 相当の

▼ 彼女なりに~ (8, 0.0%)

1 もっともな, 切實に, 子供を, 幸福だつたらう, 本気な, 礼子を, 色づけられたそれら, 髪を

▼ 彼女に対しては~ (8, 0.0%)

1 この以上, ただ甘ったれる, もう不可能, 一点の, 予は, 分外の, 十分尊敬を, 実に高飛車

▼ 彼女ほど~ (8, 0.0%)

2 独創的な 1 勤労者として, 情熱的で, 早く進めなかった, 熱情的でなく, 美貌でも, 詳しく知っ

▼ 彼女~ (8, 0.0%)

2 多クノ女性 1 実際ニ石, 現レタ, 睡リ込ンダ, 睡ル真似ヲスルノニ都合ガヨカロウト思ッテ飲マシテヤッタノデアル, 若シ, 這入ッテ

▼ 彼女~ (8, 0.0%)

2 に人 1 に云, に刈り込む, に角, に語られる, の率直さ, の道徳的

▼ 彼女達職業婦人~ (8, 0.0%)

1 が真面目, のグループ, の多数, はどこ, は決して, は舞台化粧以上, は雑誌, を包んだ

▼ 彼女とも~ (7, 0.0%)

1 あまり話, 今日では, 別れて, 多かれ少なかれ縁, 家族的に, 思わなかった, 気がつかずに

▼ 彼女にとっても~ (7, 0.0%)

1 きまりが, そうである, それは, やはり牢屋, 全く一つ, 恐らく家族全部, 重大な

▼ 彼女はと~ (7, 0.0%)

1 つくに, つておきの, ほうに, ぼとぼと暗い, よに, 云えば, 見ると

▼ 彼女自ら~ (7, 0.0%)

1 が叛, しなければ, はそう, も心, 招く報酬, 知らないうち, 語らぬながら

▼ 彼女からも~ (6, 0.0%)

1 あの人, はねつけられた彼, 聞いて, 聞かされて, 自然に, 頼朝へ

▼ 彼女その~ (6, 0.0%)

2 者が 1 人の, 彼女の, 愁に, 無頓着な

▼ 彼女たち職業婦人~ (6, 0.0%)

1 の大, の身の上, はこうした, はその, は裏, を堕落

▼ 彼女だけ~ (6, 0.0%)

1 だった, だったの, であった, 先に, 抜け出そうという, 逃げかくれすること

▼ 彼女だけの~ (6, 0.0%)

1 問いかけでは, 問題, 意味に, 智慧では, 祕密である, 重い苦しみ

▼ 彼女でも~ (6, 0.0%)

2 あった 1 あるの, そこまで, なかった, 成るべく人

▼ 彼女に対しても~ (6, 0.0%)

1 また深き, また自分自身, 洩さ, 洩そう, 男子の, 自分の

▼ 彼女までが~ (6, 0.0%)

2 愛らしいおどけた 1 報道員として, 急に, 発狂した, 白いエプロン

▼ 彼女以上~ (6, 0.0%)

1 あきらめて, にもご存知, に宗教, に苦しんだ, に音楽, の用心深

▼ 彼女~ (5, 0.0%)

1 どうか, どうか知り, わからない, 或は二人, 逢茶喫茶ひもぢう

▼ 彼女さえ~ (5, 0.0%)

1 その気, ぼくを, 季参の, 盗みを, 私の

▼ 彼女でない~ (5, 0.0%)

1 ことは, ことを, と説明, 女が, 限りコスモは

▼ 彼女とて~ (5, 0.0%)

2 自分とて 1 もしもその, 公卿教養は, 知って

▼ 彼女にだけは~ (5, 0.0%)

1 そんな, 一種の, 卑猥な, 彼は, 金を

▼ 彼女については~ (5, 0.0%)

1 まだ特筆, 今までの, 常に好奇心, 語らぬという, 魂も

▼ 彼女にのみ~ (5, 0.0%)

1 ある幸福, 内証の, 内證, 属するもの, 見られる特長

▼ 彼女のみが~ (5, 0.0%)

1 その情人, ほとんど全, コスモの, 知るであろう, 馬鹿に

▼ 彼女へは~ (5, 0.0%)

2 支払へ 1 ほとんど注意, 一線を, 挨拶も

▼ 彼女~ (5, 0.0%)

1 依レバ, 疑ワ, 罪深イ, 見エルヨウニ彼女, 見ラレテハ

▼ 彼女一家~ (5, 0.0%)

1 が今どこ, とつきあおう, には災難, の住宅, はそして

▼ 彼女自身壁代~ (5, 0.0%)

5 に寄せかけ

▼ 彼女たち夫婦~ (4, 0.0%)

1 になにか, に好奇心, のこと, の顔

▼ 彼女だけに~ (4, 0.0%)

1 なりました, 一方九十郎, 事の, 知らせるため

▼ 彼女だけを~ (4, 0.0%)

1 こつそり, 思ひ描いて, 愛して, 死なして

▼ 彼女であっ~ (4, 0.0%)

2 てみれ 1 てこそ今や, て己

▼ 彼女なし~ (4, 0.0%)

1 では, にはどうしても, には一日, には妻

▼ 彼女において~ (4, 0.0%)

1 異様に, 発見しなかった, 発見する, 私自身の

▼ 彼女についての~ (4, 0.0%)

1 場合に, 思い出を, 此の, 物語に

▼ 彼女へも~ (4, 0.0%)

1 ムリオへも, 事情を, 常々小銭の, 禍いが

▼ 彼女よりは~ (4, 0.0%)

1 まだ越前守, 女々しく聞える, 小首を, 遥に

▼ 彼女を通して~ (4, 0.0%)

1 すべてを, そのもっと, 普通人の, 私は

▼ 彼女全体~ (4, 0.0%)

1 が十五貫, が好き, のすがた, の感じ

▼ 彼女~ (4, 0.0%)

2 はみた 1 がいる, しは

▼ 彼女親友~ (4, 0.0%)

1 が社長, にその, は彼, は押し

▼ 彼女~ (3, 0.0%)

1 もひあがり, 八重は, 小夜は

▼ 彼女きり~ (3, 0.0%)

2 しか歩い 1 であった

▼ 彼女こそは~ (3, 0.0%)

1 家族全員の, 彩尠ない, 愛すべき永遠

▼ 彼女だけには~ (3, 0.0%)

1 特別の, 遠慮なしに, 頭が

▼ 彼女だち~ (3, 0.0%)

1 にはその, はみな憧憬, 生徒に

▼ 彼女であり~ (3, 0.0%)

1 ツイこの間まで, 彼であり, 細川美代子と

▼ 彼女であれ~ (3, 0.0%)

2 ば男 1 ばこそあの

▼ 彼女でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 彼女としての~ (3, 0.0%)

1 特有な, 目的が, 精進を

▼ 彼女とに~ (3, 0.0%)

1 こちらから, 出逢, 別れない限り

▼ 彼女にたいする~ (3, 0.0%)

2 彼の 1 深い憐憫

▼ 彼女にとっての~ (3, 0.0%)

1 一つの, 未知数である, 重大事

▼ 彼女によ~ (3, 0.0%)

1 ぢの, つてその, つて浮立たなかつた

▼ 彼女に対し~ (3, 0.0%)

1 だした, 彼女に, 或は公平

▼ 彼女はか~ (3, 0.0%)

1 はるが, へつてそれ, へるまい

▼ 彼女はが~ (3, 0.0%)

1 くりと, つかりした, つくりと

▼ 彼女はさ~ (3, 0.0%)

1 ほどに感じなかった, ほどの執着, もあろう

▼ 彼女はた~ (3, 0.0%)

1 うとう眞實, うとう自分, うとう靴

▼ 彼女はに~ (3, 0.0%)

1 こっと, こと横を, こと笑んだ

▼ 彼女はは~ (3, 0.0%)

1 ぢめ鳥の, ふり落ちる涙, ツと

▼ 彼女ばかり~ (3, 0.0%)

1 でなく青年, では, 彼女ばかり

▼ 彼女ばかりは~ (3, 0.0%)

1 いても, こんなとき, 其の気

▼ 彼女ほどに~ (3, 0.0%)

1 忙しく立働い, 熱情的な, 透徹した

▼ 彼女ゆゑ~ (3, 0.0%)

1 に如何なる, に為さなかつた, に為し

▼ 彼女夫婦~ (3, 0.0%)

1 の幸福, の暮し, の没落

▼ 彼女彼女~ (3, 0.0%)

1 のため, の老親, はひどい

▼ 彼女特有~ (3, 0.0%)

1 の嘘, の技巧的, の表現

▼ 彼女~ (3, 0.0%)

1 本当に生真面目, 気の毒な, 輝きを

▼ 彼女自身の~ (3, 0.0%)

1 とを合せ, と同じ, はひつ

▼ 彼女かい~ (2, 0.0%)

1 いけ好かない行かなき, いけ好かない行かなきゃ

▼ 彼女からと~ (2, 0.0%)

1 思えず怪しみ裏, 直覚する

▼ 彼女がね~ (2, 0.0%)

1 この石碑, 僕の

▼ 彼女くらい~ (2, 0.0%)

1 変りやすい, 完成した

▼ 彼女じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, アある

▼ 彼女すら~ (2, 0.0%)

1 決心を, 自覚しない

▼ 彼女それ~ (2, 0.0%)

1 がいつも, は最近

▼ 彼女たち姉妹~ (2, 0.0%)

1 がまだ, のこと

▼ 彼女でさえも~ (2, 0.0%)

1 意外に, 知っては

▼ 彼女などには~ (2, 0.0%)

1 住みよい, 敗けて

▼ 彼女ならず~ (2, 0.0%)

2 お金持

▼ 彼女なりの~ (2, 0.0%)

1 観察の, 趣味性で

▼ 彼女なる~ (2, 0.0%)

2 女性が

▼ 彼女についても~ (2, 0.0%)

1 一言し, 今では

▼ 彼女につき~ (2, 0.0%)

1 まとつて, まとふ不幸

▼ 彼女にばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくあらゆる, 気を

▼ 彼女により~ (2, 0.0%)

2 よく似

▼ 彼女のみ~ (2, 0.0%)

1 えっぱりの罪, 知る林檎

▼ 彼女のみは~ (2, 0.0%)

1 一個の, 神妙で

▼ 彼女はい~ (2, 0.0%)

1 つたい何, つとなし

▼ 彼女はかぶり~ (2, 0.0%)

2 を振った

▼ 彼女はきゃ~ (2, 0.0%)

1 っと云っ, っと叫ん

▼ 彼女はじつ~ (2, 0.0%)

1 と其の, と蒼白め

▼ 彼女はぞ~ (2, 0.0%)

1 つとした, つと寒

▼ 彼女はつ~ (2, 0.0%)

1 ひうつかりして, ひに

▼ 彼女ほどの~ (2, 0.0%)

1 老年にとっては, 虚構吐き

▼ 彼女まだ~ (2, 0.0%)

1 幼い二人, 床の

▼ 彼女まで~ (2, 0.0%)

1 その渦, 人でなしに

▼ 彼女までも~ (2, 0.0%)

1 ツァーの, 呑みこんだ漆黒

▼ 彼女みずから~ (2, 0.0%)

1 はっきり知っ, 知りも

▼ 彼女~ (2, 0.0%)

1 が正体, はさまざま

▼ 彼女もう~ (2, 0.0%)

1 来て, 谷村さんは

▼ 彼女~ (2, 0.0%)

1 マダムよ, 私の

▼ 彼女らしい思はく~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 彼女をこそ~ (2, 0.0%)

1 愛してるの, 生命から

▼ 彼女を以て~ (2, 0.0%)

1 台湾一の, 婦人の

▼ 彼女ト直接閨房~ (2, 0.0%)

2

▼ 彼女ニソウイウ自覚~ (2, 0.0%)

2 ヲ与

▼ 彼女ハ今夜モ~ (2, 0.0%)

2 同ジ夢

▼ 彼女マイケル~ (2, 0.0%)

1 の手, の腕

▼ 彼女一人兄妹~ (2, 0.0%)

2 を相手

▼ 彼女~ (2, 0.0%)

1 に其資産勝ちたる者, に其資財

▼ 彼女並びに~ (2, 0.0%)

1 一切の, 其産を

▼ 彼女主人~ (2, 0.0%)

1 にし, の美

▼ 彼女~ (2, 0.0%)

1 ゐの, 佳き抒情

▼ 彼女個人~ (2, 0.0%)

1 としての人気, はどう

▼ 彼女~ (2, 0.0%)

1 の一たび君, をばわれ

▼ 彼女本来~ (2, 0.0%)

1 のやさしい, の使命

▼ 彼女独得~ (2, 0.0%)

1 の情熱, の美しい

▼ 彼女等二人~ (2, 0.0%)

1 の性格, の間

▼ 彼女等以上~ (2, 0.0%)

2 に周到

▼ 彼女等特有~ (2, 0.0%)

1 の形容詞たっぷり, の音聲

▼ 彼女等私~ (2, 0.0%)

1 をよく, を嗤

▼ 彼女自体~ (2, 0.0%)

1 がネジ, にも興味

▼ 彼女自分~ (2, 0.0%)

1 の一部, も何処

▼ 彼女自身自分~ (2, 0.0%)

1 のする, の肉体

▼ 彼女達自身~ (2, 0.0%)

1 に責任, も考える

▼ 彼女銀子~ (2, 0.0%)

1 に関してはまた, の眼

▼1* [405件]

彼女ほんとに好い, 彼女あてに署名, 彼女あはれな妻, 彼女あれですっかり, 彼女いっこのブルジョワ夫人, 彼女かく言いて, 彼女からでも吾家の, 彼女がかへつて來る, 彼女がどつと寝つい, 彼女がにつと笑み, 彼女がはッと, 彼女くらいにはなんでも, 彼女ぐらいドイツ式な, 彼女ぐらいのジャベを, 彼女ぐるみ何処かへ攫っ, 彼女焦れたんぢ, 彼女へそれ, 彼女さえも遠望した, 彼女しげしげと見, 彼女しんの, 彼女じしんまだぴったりと, 彼女すぐに, 彼女そこにマリユス, 彼女そのものに仕立て上げ, 彼女それからこっち手違いだらけだ, 彼女ただ一人が, 彼女たち一人一人が闘っ, 彼女たち三人と子供, 彼女たち二つの影, 彼女たち五六人をなかには, 彼女たち以外の婦人, 彼女たち娘仲間の三四人, 彼女たち母子の傍, 彼女たち眷属をこれ, 彼女たち自ら進んで, 彼女たち血の繋り, 彼女たった一人という, 彼女たるところと, 彼女だけと會つた, 彼女だったら眉を, 彼女だつてまた, 彼女だの家内だ, 彼女やない, 彼女つまりおわき, 彼女づきの小間使い, 彼女であったならば, 彼女であったらばもっと, 彼女であろうか, 彼女でしたやッぱり彼女, 彼女でしょうね, 彼女ですから伯爵夫人, 彼女でなくても悲観, 彼女でのうて誰, 彼女といふ人の, 彼女として今の, 彼女とだけ出会うため, 彼女とだけの二人きりの, 彼女とてもそれほどの馬鹿, 彼女とても多分酔って, 彼女とにとっては全世界, 彼女とにもそれから勿論, 彼女とのみ過すといふ, 彼女なお生きて, 彼女なくてなん, 彼女などとそんなベラボー, 彼女などに対して示す一種, 彼女などはびくびくもの, 彼女などもその方面, 彼女ならずしてたれ, 彼女ならではならぬ, 彼女なればあなた様, 彼女なんかもうどうでも, 彼女なんかにそう易々, 彼女においては全的な, 彼女においてもまた次第に, 彼女にかけて見た事, 彼女にからかつた, 彼女にからかはれても, 彼女にさえ極力秘し, 彼女にさえも疑心暗鬼を, 彼女にしかない生活, 彼女にたいしては自分の, 彼女にだけ返事を, 彼女についてばかりでは, 彼女にとがむべき, 彼女にまつわるあやしい挿話, 彼女にまで及ぼして, 彼女によっても毎日忍耐を, 彼女に対してだけは生地の, 彼女に対しての働きは, 彼女に対するよりもストオヴ一つ買う, 彼女に関し私が, 彼女のうへに降りそそがれた, 彼女のちからで, 彼女のにはかに, 彼女のぶざまな様子, 彼女のぼーつと, 彼女のみとは限らず現に, 彼女のみの持って, 彼女のやはらかな, 彼女のるすに, 彼女はからかふやう, 彼女はからのチューブの, 彼女はくふうして, 彼女はぐッすり睡った, 彼女はこよいの, 彼女はじぶんを孤独, 彼女はずつとあとから, 彼女はどつと人々, 彼女はなんぞ僕の, 彼女はめりんす, 彼女はもうとつく, 彼女はもの言いたげな様子, 彼女はやッぱり煖房を, 彼女はわつと泣き出し, 彼女ばかりに脊負はせ, 彼女ばかりの罪では, 彼女ひがしにあら, 彼女ふちなし眼鏡, 彼女へかどちらとも, 彼女へだけは消息すべきで, 彼女ほどにはあきらめ切れないよう, 彼女ほどは子供を, 彼女またわれらの, 彼女までは伝えないけれども, 彼女みずからそれの噂, 彼女みずから一二友情以上のもの, 彼女みずから膂力があれ, 彼女もしくは彼が, 彼女ゆえに浩さん, 彼女よりずつと沢山見つけ, 彼女らしい思ひつきで, 彼女らしく一向グチ, 彼女わざわざ東京から, 彼女わたしの妻, 彼女をかばつて, 彼女をさえぎつた, 彼女をしか知らない, 彼女をのみ思って, 彼女を通じて次の, 彼女を通じての伝言で, 彼女ア旦那何処へも往き処, 彼女イヤ親友の, 彼女ガイカナル反応ヲ示スカト思ッテアノ性慾点, 彼女ガコレヲ実際ニ盗ミ読ミシテイルト否トニカカワラズ, 彼女ガコンナニ種々ナ技巧, 彼女ガサンダルヒールヲ穿イテ這入ッテ来, 彼女ガソノ不足ヲ補ウタメニ, 彼女ガソノ行為ニ渾身ヲ打, 彼女ガソレヲ知ッタ上デ自分, 彼女ガドコカヘ立ッテ行ッテシバラク戻ッテ, 彼女ガドンナ場合ニモ僕トノ情交ヲ拒マナイ, 彼女ガドンナ身ナリヲシテイルカ見タクナッテ, 彼女ガドンナ顔付ヲシ, 彼女ガホントウニ睡ッテイタノダトスレバ, 彼女ガレスリート相乗リシナガラ出テ行ッタリスルノヲ見カケルト, 彼女ガ僕ヲ拒ンデモ, 彼女ガ勤メテクレルコトヲ望ンデ已マナイノデアルガ, 彼女ガ厭ガッテイルトコロノ悪戯ノ数々, 彼女ガ和服ヲ着, 彼女ガ彼トハ実事ヲ行ッテイナイ証拠デアルヨウニ思ッテイタケレドモ, 彼女ガ彼女達ト仲良クスルノヲ, 彼女ガ彼女達ニ意地悪ヲスレバスルホド彼女ニ魅セラレル, 彼女ガ折リ重ナッテイルヨウニ, 彼女ガ故意ニ二人ヲ置キ, 彼女ガ日記ニ木村ニ対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, 彼女ガ映画ヲ見, 彼女ガ朗カナ顔ヲ出, 彼女ガ石ヲ蹈ミ着ケテ, 彼女ガ空寝入リヲシテイルノダトスレバ, 彼女ガ薬ヲ取, 彼女ガ身ニ纏ッテイルモノヲ悉ク剥ギ取リ, 彼女クラースヌイ・コルプスにかえるなり, 彼女ダケニ備ワッテイルアノ長所ヲ長所ト知ラズニイルデモアロウガ, 彼女てそんな, 彼女デアルカラマサカ悪ク, 彼女トタッタ二人差向イデ食事スルコトガ出来ルノデアル, 彼女トノ性交ヲ嫌ッテイルノカトイウト, 彼女ト春久ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 彼女ト河合女史トガ出テ行ク様子デアル, 彼女ニドンナコトヲドンナ風ニ云イツケタノカ知ラナイソノ晩ノ十時, 彼女ニハ彼女自身全ク気ガ付イテイナイトコロノ, 彼女ニペッティングヲ許シテ貰イソノ代償ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, 彼女ニ一目置クヨウナ素振ヲ, 彼女ニ云ワセレバ執拗イ恥カシイイヤラシイオーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々, 彼女ニ劣ラヌ陰険ナ男, 彼女ニ十分ノ義務ヲ果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモ, 彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, 彼女ニ蹈ミ殺サレルノデハナク, 彼女ニ酒ヲ仕込ンダノハ僕ダガ, 彼女ニ顔ヲ剃, 彼女ニ魅セラレタノハ彼女ノ姿態ニアルコトハ確カダガ, 彼女ノソレラニ似ルヨウニ畫カセル, 彼女ノヨウニアノ方ノ慾望, 彼女ハアダリンヲ, 彼女ハコレマデ決シテ必要以外ノ部分, 彼女ハコレヲ聞イテ果シテ自ラ喜ブデアロウカ恥ジルデアロウカ, 彼女ハコレヲ読ミサエシナケレバ意識ヲ失ッテイル最中ニ何ヲサレタカ知ラナイハズナノデアルカラ, 彼女ハスッカリ予ニ愛想ヲ盡カシテイタ, 彼女ハスデニ階段ヲ降, 彼女ハソノ器具ヲ夫以外, 彼女ハソノ時ハ明ラカニハットシテ眼ヲ覚マシタラシク瞬イタ, 彼女ハソノ犬ヲクーパート名付ケテ寵愛スルコト一方ナラズ, 彼女ハソノ要求ニサエアマリ快クハ応ジテクレナイ, 彼女ハソノ頃ハイヤヲ走ラシテ伊丹ニ, 彼女ハソファニ両足ヲ伸バシ, 彼女ハチョット意地ガ悪イ, 彼女ハナルベク木村ト二人キリニナル機会ヲ作ラヌヨウニシ, 彼女ハバス・カーテンノ中ニ隠レテイタ, 彼女ハバツガ悪ソウデアッタ, 彼女ハブリュウデエッフェル塔ノ模様, 彼女ハモシ僕ガ日記帳ヲ故意ニ彼女, 彼女ハ不意ヲ食ッタ, 彼女ハ世間ノ多, 彼女ハ予ニ背中ヲ向, 彼女ハ事ニヨルト過去ノアラユル隠シ場所, 彼女ハ今日モナオ時代オクレナ舊道徳ヲ重, 彼女ハ何処カラ見テモ立派, 彼女ハ先月アタリカラアノ茶羽織トイウ丈ノ短, 彼女ハ勧メラレレバ黙ッテカナリノ量, 彼女ハ卯木家ニ於テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, 彼女ハ大概足袋ヲ穿イテイル, 彼女ハ大胆ナ, 彼女ハ夫ヲ見送, 彼女ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, 彼女ハ左肩ヲ差出, 彼女ハ彼女ノ方モ数回ニ, 彼女ハ最初ハホントウニ寝テイタラシイガ, 彼女ハ本来ソンナニ悪イ性質デハナイ, 彼女ハ格別ノ意見, 彼女ハ独得ノ意地, 彼女ハ生レツキ陰性デ秘密, 彼女ハ眼ヲ半眼ニ, 彼女ハ籐椅子ヲ二段ニ伸バシテ長椅子ニシ, 彼女ハ自分ダケ囲イノ中ヘ這入, 彼女ハ薄情ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, 彼女ハ足袋ヲ穿イタ時ニ踝, 彼女ハ頭ト骨ト尾トヲ皿ノ一方, 彼女フライパンを持つ, 彼女モオシャベリデハ引ケヲ取, 彼女モ仕方ナク折レテ来ヤシナイカ, 彼女モ僕ガイカニ彼女ノ裸体, 彼女モ後ヲ振, 彼女モ訥升ガ好キナノデハアロウガ, 彼女ユーロップの頭, 彼女ヨシ子の早川, 彼女ヨリハハルカニケバケバシク映画館ノ絵看板ノペンキノヨウニ毒, 彼女ヨリハ彼女ノ母ニ親愛, 彼女ヨリモ彼女ノ母, 彼女ヲ同等ニ愛シテイルノデアル, 彼女ルミを操縦, 彼女レッテイス・ノリイの祖母, 彼女一つの例, 彼女一人きりだ, 彼女一人のけもののよう, 彼女一代の傑作たる, 彼女一生のあ, 彼女三味線はペン, 彼女の客人, 彼女久しぶりに起き, 彼女二十九歳のとき父男爵, 彼女云うが話し, 彼女人佛に成らせ給ん, 彼女は一人, 彼女今や亡し, 彼女今日はいない, 彼女以外僕の生活, 彼女にゆく, 彼女を断わっ, 彼女の幻想, 彼女北地の, 彼女入口を塞い, 彼女全体彼が知ってる, 彼女六畳にゆき, 彼女十七歳の時, 彼女十歳になる, 彼女単身で訪ねた, 彼女即ち笹屋の, 彼女同じ質問, 彼女又は幸福な, 彼女同伴最上先生にで, 彼女同士こそ互, 彼女同様に醜悪, 彼女名あての一通, 彼女名儀の株券, 彼女に出る, 彼女夫妻を呼ん, 彼女妊娠で八月あたり, 彼女姫草ユリ子は彼女独特, 彼女娶りて連れ, 彼女に寄越す, 彼女宛てに来る, 彼女実に細かに, 彼女に居, 彼女小泉美津枝のもの, 彼女山吹に他, 彼女常に曰く偉大なる, 彼女年老いた英吉利人の, 彼女にあり, 彼女が機会, 彼女彼女ッてそんな, 彼女得意の伊太利民謡, 彼女思わずふきだした, 彼女は思つて, 彼女恋しさに, 彼女想像の眼先, 彼女批評家はまるで, 彼女を保てり, 彼女に披露, 彼女朝食のところ, 彼女本位にした, 彼女林町の門前, 彼女果して何人に, 彼女次第であり彼女, 彼女毛布を頭, 彼女の敬称, 彼女澄江は男嫌い, 彼女煙草を吸い, 彼女特得の薔薇色, 彼女独りがしっくり, 彼女独自のリズム, 彼女獨特の方法, 彼女目当に通, 彼女相当の愛し, 彼女相手にぐずぐず, 彼女のくるり, 彼女知らない恋人何が, 彼女程度にも知る, 彼女等ガ這入ッテ, 彼女等トノ交遊ニヨツテ振リ棄テルヨウニシナケレバナランノダ, 彼女等ハ茫然トシテ無言デ顔, 彼女等三人の事, 彼女等三人以上におそろしい, 彼女等以外には一人, 彼女等処女の共同生活, 彼女等夫婦の日常, 彼女等日本でしなかった, 彼女等自身もまた, 彼女素早く疳癪玉の, 彼女経営の流行品店, 彼女織江であった, 彼女纖手を傷つけぬ, 彼女翻訳は全く, 彼女も彼, 彼女自ら後になっ, 彼女自ら心内に堯舜, 彼女自身お話をする, 彼女自身さへ気付かぬ, 彼女自身それが非常, 彼女自身はちよつと袿, 彼女自身クリストフを訪れ, 彼女自身一人で撮っ, 彼女自身五体が満足, 彼女自身伏見菊人と向, 彼女自身何等の償い, 彼女自身其人を若い, 彼女自身切つても切れない, 彼女自身列車が新橋駅, 彼女自身名簿に枚数, 彼女自身嗤つてゐないでは, 彼女自身嚇かすやう, 彼女自身四十年前に一人, 彼女自身国の女学校, 彼女自身嫌でないらしく嬉し, 彼女自身子供に愛着, 彼女自身家から数歩, 彼女自身役に立てる, 彼女自身彼にとっては謂わ, 彼女自身彼女の戀, 彼女自身愕然とした, 彼女自身手紙を出し, 彼女自身枕頭近くの水差, 彼女自身気がつかない, 彼女自身気ガツカナイデイタ部分ノ彼女, 彼女自身満月の自然, 彼女自身潜在意識的に感じ, 彼女自身田舎について何, 彼女自身知つて, 彼女自身知識も教養, 彼女自身祖母について云った, 彼女自身血まみれになっ, 彼女自身裏書して, 彼女自身記憶できないほど, 彼女自身過去に過失, 彼女良人良人の入牢, 彼女芳紀既に二十二, 彼女のこと, 彼女西にあら, 彼女西欧の人種, 彼女を見る, 彼女身死するとも, 彼女迄が支那風の, 彼女近眼で眼鏡, 彼女達ト仲良クスルノヲ, 彼女達ニ意地悪ヲスレバスルホド彼女ニ魅セラレル, 彼女達今夜の宴会, 彼女達今宵ばかりはキャッと, 彼女達仲間の嫉妬心, 彼女達自身実行して, 彼女選ばれひけを, 彼女酷似の踊り子, 彼女野原さん桜井邸へいかれる, 彼女隱居は紙, 彼女青磁の鉢, 彼女をさげ