青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「折れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折 折~ 折々~ ~折っ 折っ~ ~折れ
折れ~
折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け 抜け~ 抱~ ~抱い 抱い~ ~抱え

「折れ~」 1610, 17ppm, 6560位

▼ 折れ~ (976, 60.6%)

26 しまった, 行った 19 いた 13 いる 11 出て 10 いるの 9 しまいました, しまひました, 往った 7 しまって, 行くと 6 しまったの 5 いて, しまいそう, しまつ, 出た 4 しまうの, 出るの, 地に, 居る, 来たの 3 しまいます, しまう, それが, ゐる, 倒れて, 出たの, 物も

2 [56件] いたところ, いたの, いました, いるから, いること, きた, しまうよう, しまったから, しまったので, しまつて, しまふ, そこの, その努力, つかみ損ねたが, また滔々, ゐた, 一丁も, 下り気味に, 了ひました, 仕込んで, 倒れるの, 其処に, 出たので, 出ること, 北へ, 命が, 四十そこ, 地上に, 坂を, 小高い丘, 尻餅を, 居ります, 居るの, 川に, 左に, 彼方に, 木立の, 木羽葺が, 来た, 来て, 来ます, 死ぬる前, 海へ, 町の, 眞直に, 茎を, 行く, 行くの, 行こうと, 行つた, 透徹る, 鉄橋を, 長い雪渓, 頭から, 頭の, 飛んだ

1 [651件 抜粋] あの学生, あれあれあの, いけねえ, いけません, いたが, いたという, いたのに, いたん, いた片方, いない, いない竹, いなかったので, います, いませんよ, いままでの, いやだ, いよいよシキ, いようと, いらっしったよう, いるでは, いると, いるとき, いるばかりか, いるもの, いるよう, いるらしいの, いる小さな, いる庭木, いる横町, うんという, おりおりかちゃかちゃという賽銭, おります, お濠辺, お進み, かしこに, きたこと, きたの, きました, くだすった, くねくね曲っ, くるか, くるかと, くれるので, くれれば, けば, こない筈, こなごなに, この間の, これまた, しだいに土手, しほらしくかりに, しまい, しまいフリーダ, しまい恨めし, しまうだろうよ, しまう海戦, しまう黒い, しまおう, しまったこと, しまったよう, しまったろう, しまった様子, しまった迹, しまっては, しまつてその, しまひます, しまへば, しまわあ, すぐ掛り, すたすた仁熊, すっかり引っ, すつかり引つ, するりと姿, そうしてまとも, そこから, そしてすぐ, そして橋, その折れ口, その突きあたり, その隣, その隣り, そよいで, そろそろ話, たまるもん, ちぎれ飛んだ, ついには, つき当り, でました, とつ附き, とれて, どうにも書き進められない, どうやら駕籠, なくなった浅草公園, のぼり廊下, ひた泣く黒い, ぶるぶると, まいりました, ますよ, また一並, また二人, また大通, また西, まどろい, みせて, みたの, みると, もう出来ねえ, もう少しで, もと通り一しょに, やっと鹿ヶ谷, やつてさ, やどりけるに, ゆくの, ゆく下り坂, よよとばかりに, らっしゃる, わかれわかれに, わしァ, ゐて, ゐましたが, ゐるかも, ゐるの, ゐるので, ゐるやう, ゐるらしく凹んだ疊, ゐる其曲り角, ゐる椅子, ゐる花, ガタガタ顫え, ガタロ横町の, コイワカガミや, タチバナ君は, ヅカ, トタン屋根を, トンボの, ナブルスの, ポンと, メリ, 一ノ瀬へ, 一丁ばかり, 一段低く, 一町あまり角に, 一町ばかり, 一米幅の, 三吉の, 三田通りに, 三間ばかし, 下の, 下野へ, 不自然な, 世話甲斐の, 丘助手の, 中の, 中矢切村の, 丼の, 了って, 了つた, 了つた本所の, 了ひさうだ, 二ノ瀬を, 二三の, 二人を, 二俣街道へ, 二又道を, 五十男らしく, 井戸ばた, 井戸沢を, 人々が, 仆れ, 今は, 仕方が, 仕舞うん, 仕舞ったらしいので, 仕舞つたと, 仙人谷の, 仮に新築, 仰向けさまに, 仲直りを, 使えなくなったけれども, 侮辱の, 俗称願人坊主の, 停車場の, 僕は, 入った, 入る中, 公園の, 六七丁往って, 六本木に, 其股痛ましむ, 内の, 凭れたり, 出たこと, 出たのに, 出たやう, 出た時, 出ました, 出ましてね, 出ましょうとも, 出る, 出ると, 出るところ, 出るまで, 出るよう, 出るわけ, 出る者, 出れば, 出来たと, 刀身は, 刃は, 切なうござんせう, 切のうござんしょう, 到頭見えなくなっ, 前庭の, 加賀家裏門の, 千駄木林町の, 南へ, 友田の, 口を, 古石場町四丁目の, 台の, 右側の, 同じ邸街, 君の, 和武に, 唐物屋の, 唯有る, 問屋の, 困ります云われて, 困るといふ, 困難な, 土手の, 地を, 地主屋敷に, 地面に, 垂れる特徴, 城下の, 城山の, 塗板の, 墜ちて, 声も, 夏草の, 大きい枝, 大きな親猿, 大分怪我人を, 大階段, 天王寺西門前を, 失せて, 奥は, 奧の, 妙な, 娘は, 子供の, 学校時代の, 学校道に, 寄生虫の, 寺名を, 小さな峰, 小柳町鍋町東横丁と, 小沢を, 少しばかり, 少し歩いた, 少し行く, 尖って, 尖の, 居たやう, 居ましただよ, 居りました, 山の, 山地に, 山裾から, 岩壁に, 岳樺や, 崖へ, 川と, 川ふちへ, 左の, 巨人の, 巴里天文台の, 市ヶ谷八幡の, 幾島は, 広い雪, 広さ八, 店に, 庭の, 引取った, 強烈な, 彌生子さん夫妻も, 彼の, 彼を, 往きかけた, 往きますと, 往くと, 往く塋域, 往く小径, 御門跡前, 急坂に, 怪外人を, 息が, 惣平次は, 意味が, 我も, 我れ, 或急, 手槍を, 承知なら, 承諾の, 折れたはずれ, 指の, 損だ, 損害を, 改心という, 故の, 散った卒塔婆, 敵手の, 斬り合うこと, 新橋の, 時に樹木の間, 晩秋の, 暗い小路, 暗い道, 木戸坂の, 木曾川の, 本堂へ, 本部の, 村の, 村端れ, 来たと, 来なすつた, 来るだろうと, 来るな, 東へ, 東五十沢山, 東側に, 板塀の, 林中を, 林町の, 枯れたまま, 栃木県の, 格子戸の, 桑畠の, 梅田新道の, 森から, 森の, 楽で, 構内の, 横た, 横倒しに, 橋を, 機嫌を, 正門の, 死んで, 死んでしまつた, 殘り, 水を, 氷の, 氷柱の, 河岸ぶち, 河添い, 泉水の, 泣いて, 泣きました, 流るる末, 流るる辺り, 深々とう, 清内路の, 渓に, 温泉に, 源森橋を, 漂流し, 濠端を, 無気味な, 無縁坂から, 煎餅は, 燭の, 爪先上りを, 父母の, 狭い路, 狭い通り, 瓦町の, 生濕, 男泣きに, 町, 疵痕さえ, 疾走し去った, 登ると, 登れば, 白い骨, 白木の, 百歩余往って, 目八分の, 真直に, 眼鏡屋の, 矢の, 短くなっ, 砂利道に, 砥沢を, 神力を, 秀吉の, 私だけ, 私と, 私は, 私達は, 秋暑し, 穂先が, 空中に, 空倉庫かと, 突き当りを, 突当りの, 突然豪宕極り, 第一見張所, 笹の, 筋が, 精根も, 結果少し, 総長屋の, 緩い坂, 羸弱なる, 考えこんだの, 耳敏川に, 肉が, 肉に, 股, 肱の, 背戸口を, 胴の, 脚が, 腕節でも, 腸を, 腹中に, 舞台を, 花岡の, 落ちて, 落ちるとたん, 落ちるよう, 落ちる人, 落ち砕けて, 葉鶏頭は, 蔵前か, 薄暗い小路, 藤吉郎が, 蝉の, 血塔の, 行き, 行き半町, 行く有様, 行く男, 行けば, 行ったが, 行ったら田町, 行つたと, 街道に, 表面に, 襟の, 西へ, 見えただ, 許して, 豆焼沢を, 赤い戦闘旗, 赤ん坊の, 足柄山に, 跪く, 跼まる, 軈て雪山, 軒燈に, 農鳥山支脈の, 這入った, 連山の, 進んで, 遊廓の, 道が, 遠くに, 遥かに, 酒樽が, 金字形の, 金屏風の, 錢形平次が, 錦林通へ, 鍔だけが, 長い上屋, 闇市の, 隠れて, 離れへ, 青々と, 青篠, 静かな, 非持溝口黒河内などの, 頭は, 頼むと, 顔に, 風の, 飛びこんだの, 飛び散れば, 飛んだ青い, 駕籠は, 高嶽, 高谷千代子の, 鳩谷小八郎に, 鳴つた, 麹町隼町に, 黄河の

▼ 折れそう~ (57, 3.5%)

5 になる 4 になった 3 だった 2 だ, であった, なくらいに, になっ, になり

1 [35件] だから, だわ, だ四人, であったに, でした, でやっと, で頬, なほど, な名ばかり, な男, な細い, な肉, な責任, な鋭い, な隆々, な音, な風, にぎちぎち, にご, にたわん, になりました, にまで撓む, に体, に打ちたたかれ, に曲がっ, に曲げ, に曲っ, に激しく, に痛く, に痩せこけ, に細っこく, に縛り上げられた, に見えた, に見える, もない

▼ 折れたり~ (45, 2.8%)

5 左へ 4 して 2 曲がったり, 歪んだり

1 [32件] けるを, した, したなり, したの, しないわけ, するもん, するやう, するよう, する恐れ, そうかと, なだめたり, はずれたり, ひや, または上, 五~六段の, 倒れたり, 先きが, 切れたり, 外れたり, 左に, 引裂かれたり, 抜けて, 挫けたり, 散らされたり, 朽ちたり, 根ぐるみ引抜かれ, 棟梁は, 稲妻の, 葉が, 裂けたり, 顔が, 馬が

▼ 折れ~ (30, 1.9%)

4 持って 2 持出して, 眺めて, 胸に

1 [20件] ふり返っ, 入れた所, 冠り直し, 取って, 取つて, 噛ませて, 増しくべて, 女どもの, 投げすてて, 持つての, 持出したの, 持出したので, 指に, 指先で, 挙げること, 片手で, 被って, 視て, 鉈に, 頭から

▼ 折れ~ (29, 1.8%)

3 この考 2 とれる, ぱっと散る

1 [22件] おねられ, この糸, この考え, それ以上も, まだまだ多い, むすめ気, やさしき枝毎, よいぞ, ポキリと, 三方四方円く, 五本の, 六七年前でしか, 其だけ, 十年たちたり, 去年の, 大丈夫, 少からぬ, 手足が, 早くも, 短くか, 私の, 血を

▼ 折れ~ (19, 1.2%)

4 尽きて 2 つきた形, 尽きたり, 尽きるまで 1 が立っ, つきて, まで拾ッ, も尽き, 尽きたの, 尽きたよう, 尽きた思い, 尽きた感じ, 尽くる

▼ 折れても~ (17, 1.1%)

2 張合が

1 [15件] いいか, この方法, それは, なおも屈せず, なおりが, まがっても, 何でも, 余病さえ, 差支なく, 急いで, 承知その, 朝夕ムクと, 構わないから, 野末の, 関わない

▼ 折れては~ (16, 1.0%)

2 いるが

1 [14件] いかん, いなかったが, しなかった, ならない, なれて, カチンと, 今後の, 何にも, 出られないと, 宙に, 敵の, 来て, 決していらっしゃいません, 降って

▼ 折れ~ (14, 0.9%)

2 ような, 杖を, 痕が 1 下から, 形は, 木太刀という, 紙入を, 苦味走った, 茶の, 鞭の, 鞭を

▼ 折れ曲つて~ (14, 0.9%)

3 ゐた 2 やがて小さな 1 ゐるの, 流れて, 行くと, 行くの, 見る, 辛うじて川原, 通じて, 重く頭, 青い枝

▼ 折れ~ (12, 0.7%)

3 しません 2 せぬかと 1 いくらか, しないかと, しなかった, それぞれ当時の, ペコペコお辞儀, 何か, 果たして水沢

▼ 折れ~ (11, 0.7%)

1 [11件] からかえって全く, から靴先, が這入っ, に手提カバン, に鉄環, のついた, のよう, の断面, は見えなくなった, を指す, を直さう

▼ 折れ~ (10, 0.6%)

5 うな 2 うだ 1 う, うです, せまいもの

▼ 折れ~ (10, 0.6%)

2 一と 1 ゴムの, ピシリピシリと, 大時計, 打たれたり, 撲らせて, 百たたきの, 百の, 立看板を

▼ 折れながら~ (8, 0.5%)

2 父母の 1 ちょっと女, ちよつと, 打ち込まれて, 揮り返った, 曲がって, 葉ばかりの

▼ 折れ~ (8, 0.5%)

1 しそう, しない脚, しなかった, せず柔, 御同様, 曲りも, 砕けも, 見える

▼ 折れ~ (8, 0.5%)

2 に曲る 1 に折れ, に曲り, に曲りし, に轉, の一本, へ曲つて

▼ 折れ~ (7, 0.4%)

1 しゃがんで, なって, なつた, 屈んで, 文を, 曲がり赭顔, 腰を

▼ 折れ~ (7, 0.4%)

1 なまなましい片腕, ソフトは, 兜の, 煙の, 竹切れで, 竹切れなどを, 血あぶらや

▼ 折れ~ (6, 0.4%)

2 飛んで 1 うなる蛾次郎, ヒュッと, ヒラリと, 目に

▼ 折れでも~ (6, 0.4%)

2 したよう 1 あるよう, しかけて, したら大変, した様

▼ 折れ~ (6, 0.4%)

1 が腰, の弟, や角帽, をかぶっ, をかぶり, を硝子

▼ 折れさうに~ (5, 0.3%)

1 なつて, なるので, 思はれました, 立つて, 見えた

▼ 折れ~ (5, 0.3%)

2 を円陣 1 つきた落莫, で掘れ, をカラリ

▼ 折れ~ (4, 0.2%)

2 した 1 した枯稲, した穂麦

▼ 折れ~ (4, 0.2%)

1 の種類, までがわけ, もちがう, を調べる

▼ 折れ易い~ (4, 0.2%)

1 といううわさ, とか曲がる, 自然薯を, 骨の

▼ 折れ~ (4, 0.2%)

1 た雑草, つ, ていた, ている

▼ 折れつつ~ (3, 0.2%)

1 お妙, 両袖, 驚くべき快速力

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

1 そのくずれ, ぼとぼと元, マッチの

▼ 折れという~ (3, 0.2%)

1 服装が, 街頭の, 馬鹿馬鹿しくニヤケ

▼ 折れども~ (3, 0.2%)

2 折れざる線 1 折れぬ民衆

▼ 折れやすい~ (3, 0.2%)

1 ところから, のを, 木は

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

1 はぬねばり, ひませんの, も悪く

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

2 つた 1 つたところ

▼ 折れ曲り~ (3, 0.2%)

1 とは違う, の所, を一心に

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

1 が大, へ眼, を地

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

1 と言, に関係, の名

▼ 折れ~ (3, 0.2%)

1 をひ, をふりかぶっ, を抛っ

▼ 折れてや~ (2, 0.1%)

1 がらあ, がる

▼ 折れなど~ (2, 0.1%)

1 して, 積みあり上

▼ 折れなんか~ (2, 0.1%)

2 取出したわけ

▼ 折れにくい~ (2, 0.1%)

1 そして折れ, 木は

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 がつた葉, がつて行

▼ 折れまた~ (2, 0.1%)

1 あまり殺生, 深い学識

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 えじゃ, の深い

▼ 折れ勝平~ (2, 0.1%)

2 の視線

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 の軸, へ落ち

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 の拷問, を見つけ

▼ 折れ或は~ (2, 0.1%)

1 努力し, 根こぎに

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 かれて, けていた

▼ 折れ曲つた所~ (2, 0.1%)

1 に小さな, に彼

▼ 折れ曲つて行つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐる丘添

▼ 折れ更に~ (2, 0.1%)

1 北へ, 左に

▼ 折れ沖田総司刀~ (2, 0.1%)

2 の帽子

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 尽くる, 既に尽く英風一世

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

2 なつて

▼ 折れ~ (2, 0.1%)

1 を抱, を抱え

▼ 折れ馬斃~ (2, 0.1%)

1 れ彈丸盡, れ矢弾

▼1* [195件]

折れあわ好くば, 折れいくら走っても, 折れ徒町の, 折れおかみさんの手, 折れなんどの, 折れかじは流され, 折れかの石段で, 折れかよわい女性の, 折れがちであった, 折れくず折れして, 折れくねくねと曲っ, 折れこの邊よほど, 折れさうに体は顛倒りさうに, 折れさうに剛つて濃く淡く色づい, 折れさえしなければ, 折れざらん, 折れしみじみと頼ん, 折れすぐまた右, 折れずんずん薬研堀の, 折れそこからやや, 折れその童子の, 折れその他表面にある, 折れそれから狭い, 折れそれから内平野町へ, 折れたりなどして, 折れだの性の, 折れつつといきを, 折れてからどうした, 折れてなんかゐやしませんからね, 折れとある玉垣を, 折れといふ紳士風の, 折れとか鉄の, 折れとんだ破片が, 折れどうかすると, 折れどころでは, 折れどんな悪鬼も, 折れなどを雑作なく, 折れなむばかりなり, 折ればこそ高くも, 折れひじょうな速力で走っ, 折れほとんど形の, 折れほどのラジウムは, 折れまで残りなく, 折れみんなの影法師, 折れやがて一軒の, 折れやすくなるなどという, 折れやっと部屋まで, 折れようが御, 折れあ, 折れわが家へは少し, 折れサヤンキーが血, 折れトラックは転覆, 折れヘンデルの命, 折れマストリリの祈り, 折れ一方に千仞, 折れ一本をどう, 折れ一槍はそれた, 折れ一片は跳ね上がっ, 折れ一輪の花, 折れ一郎が出, 折れ折れ胸, 折れ三川合して, 折れ三角点目的に登る, 折れ上ノ宮中学の前, 折れ五間とは直に, 折れいた応接間, 折れ以後の天候, 折れふ事, 折れ低温蒸気は凄まじい, 折れとも六十, 折れ具合箱の蓋, 折れに折れ, 折れ十町左に曲り, 折れ折れ五間, 折れ半月から腹, 折れの右京一坊大路, 折れに曲っ, 折れ右舷はひどく, 折れ合つて私對弟等の或, 折れ商店街は瓦礫, 折れ四ツ辻まで来る, 折れにかかり, 折れの方, 折れ夏彦の弓矢, 折れ夕顔の花, 折れ多賀城の碑, 折れ大勢の人々, 折れ天地は震撼, 折れ夫人はそのまま, 折れ子供の指, 折れは倒れ, 折れ小さな方の, 折れ小林は真直, 折れ尻尾も垂らし, 折れがむ, 折れ山峡の低み, 折れ山路を行く, 折れ巉岩にて築き上げた, 折れを越え, 折れ帽子位のもの, 折れのひろい, 折れ幌かごも押し潰れた, 折れつきて, 折れは鐡搭, 折れ従つて結果は, 折れ急坂を攀じ尽した, 折れ慕利延折ること, 折れ慕利延これを折りけれ, 折れは倒れ, 折れを二つ, 折れ挫げたのを継合せ, 折れ断片となり, 折れじるしは, 折れ旗手も抜刀, 折れ易き我れ, 折れ易くて不便, 折れ曲つたが急, 折れ曲つたテーブルの上, 折れ曲つた個所には凡そ一坪位, 折れ曲つた楓の側, 折れ曲つた羊齒の路, 折れ曲つた膝を抱く, 折れ曲つて音もさせず, 折れ曽根の邸, 折れ月明らかに星稀, 折れ本家と私, 折れが剥, 折れにそい, 折ればかりの長刀, 折れ柱伝説なども此神, 折れの町角, 折れ歌舞伎座前を築地, 折れ残つて今も岩, 折れ残りの翼, 折れも少し, 折れも挫, 折れ水タンクもやぶれ, 折れはあふれ, 折れじりの, 折れ浪花座の前, 折れ海岸づたいに歩いた, 折れ深山に是, 折れ猴ども一同水に陥った, 折れ玄関を通過, 折れ田圃の間, 折れ目割れ目を一つ一つ番号, 折れ目耳を立てた, 折れ真直に大地, 折れ矢尽き茫々たるスーダン熱沙, 折れ矢庭に竹籔, 折れ矢盡きた今日, 折れ矢種はつき, 折れ矢竭きた形だね, 折れ矢笠馬糞などが踏みにじった, 折れ硝子は破られ, 折れ硯箱はひっくりかえり, 折れ神経がささくれ立った, 折れ広き街, 折れ窪地に落ちこん, 折れ三の, 折れに霜, 折れの腱, 折れ絶壁の間, 折れと皮, 折れのあたり, 折れ腰折れすらも得詠まれぬ, 折れが裂け, 折れは爛れる, 折れ砕けたる廃船, 折れも真, 折れ船側はくぼみ, 折れが撫で, 折れ芳町の通り, 折れ落葉など雑然と, 折れの下, 折れ薄暗い電燈の, 折れ藤堂平助の刀, 折れ藤堂平助刀はさ, 折れ藤山も謝, 折れ観音堂のほとり, 折れをささえよう, 折れがゆがん, 折れ造りたる堂, 折れ野底山から上飯田, 折れ金沢道にかかる, 折れ金親君四時に来た, 折れ鉄弓も鉄鎚, 折れ障子をピッタリ, 折れ雁首は空, 折れ雑草を踏み分け, 折れ難いと信じ, 折れ鞄傍に置い, 折れ音楽学校前への通り, 折れが割れ, 折れ頸部の皮膚