青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~役人 役人~ ~役割 役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼
彼~
~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往

「彼~」 214261, 2058ppm, 40位

▼ 彼~ (96271, 44.9%)

1386 自分の 927 それを 574 言った 337 云った 325 私の 271 急に 268 思った 261 彼の 247 自分が 234 眼を 221 彼女の 192 そこに 190 心の 183 考えた 178 叫んだ 169 何か 163 さう 160 それに 154 云つた 150 すぐに 149 思つた 147 いった 131 私に, 黙って 129 私を 128 手を 123 非常に 122 頭を 118 そんなこと, 顔を 113 それが 112 彼女を 110 自分で, 自分を 108 答えた 106 急いで 105 口を 104 その時 100 身を 97 そこで 95 何を, 彼女に 94 それらの, 自分に 91 少しも 86 例の 84 目を 83 尋ねた 81 私が, 首を 80 それから, 今まで 79 呟いた 78 これを, 一種の, 他の, 女の 77 父の 73 静かに 72 二人の, 妻の 70 いつもの, 声を, 感じた 67 口の, 次の 66 何の 65 足を 63 何も 62 彼女が, 或る 61 此の 60 一つの, 息を 58 妙に 57 そのこと, その日 56 家の, 母の, 知って, 考えて 55 人の 54 子供の 53 家に, 思って, 自己の 52 その中 51 心に, 殆ん, 言葉を 50 両手を, 曰く, 相手の 49 あわてて, 言って 47 いう, これまで, 手に 46 唇を, 気が 44 一人で, 多くの 43 一人の, 何度も, 慌てて, 言つた 42 俄に, 始めて, 部屋の 41 いつまでも, この時, 僕の 40 妻に, 心を, 自分でも 39 ハッと, 胸の, 自分と 38 そこの, そこを, その夜, ちよつと, 明らかに, 歯を, 耳を, 見た 37 やつと, 腰を 36 ひとりで, びっくりし, 不思議な, 机の, 確かに 35 そこへ, そのとき, 不意に, 帽子を, 考へた, 驚いて 34 幾度も, 答へ 33 こんなこと, すべての, そう思った, クリストフの, 信じて, 其処に, 見て 32 さすがに, ひそかに, 彼自身の, 手紙を, 最後の, 熱心に, 腕を

31 [14件] ある日, いつでも, ここに, その前, その手, その男, その頃, ふいに, 人に, 思い切って, 持って, 眉を, 立ち上って, 返事を

30 [15件] こう云っ, その女, つぶやいた, わたしの, 人間の, 低い声, 兄の, 出て, 好んで, 早くも, 気を, 相変らず, 窓の, 立って, 酒を

29 あたりを, その手紙, もうその, 今は, 歩きながら, 涙を, 私と, 肩を, 胸が

28 [12件] そのため, その場, 今度は, 前に, 娘の, 小声で, 左の, 当時の, 母に, 胸を, 自ら言った, 話を

27 ここで, そうし, 不思議に, 何にも, 何よりも, 強いて, 煙草を, 腹を, 頭の

26 [11件] 云って, 人を, 今の, 大急ぎで, 彼が, 微笑し, 斯う, 眼に, 笑った, 苦笑し, 階段を

25 [15件] いって, そこから, よく知っ, 即座に, 夜の, 夫人の, 巧みに, 帰って, 最初の, 無言の, 父が, 眼の, 立ち上がって, 言う, 非常な

24 [16件] その人, それらを, テーブルの, 両手で, 出来るだけ, 女に, 家を, 彼で, 彼らの, 彼等の, 日本の, 最後に, 生れて, 笑いながら, 笑って, 訊ねた

23 [20件] すべてを, そう云っ, その言葉, もう何, ポケットから, 一切の, 一言も, 今では, 夢中で, 子供を, 室の, 床の, 彼女と, 後に, 扉の, 最初から, 無理に, 父に, 片手を, 節子の

22 [16件] これらの, さうし, さっきから, その足, その顔, どうかし, 他人の, 先に, 周囲の, 咄嗟に, 夢の, 女を, 昔の, 歩いて, 神の, 続けて

21 [27件] おのれの, この, そこまで, なんの, ぼんやりと, もう自分, クリストフを, 今も, 何かに, 俄かに, 夢中に, 妙な, 幾度か, 思い出した, 思う, 我を, 戸を, 死んで, 片手に, 独りで, 生きて, 細君の, 自分から, 言いました, 訊いた, 誰にも, 足の

20 [18件] しずかに, そう思っ, その家, どこへ, またその, 二人を, 二階の, 全身の, 努めて, 寝床の, 慌て, 机に, 東京の, 溜息を, 町の, 自身の, 長い間, 馬を

19 [27件] お延, そつと, そのま, つづけて, また, まっすぐに, ペンを, 主人の, 二つの, 云ふ, 人々の, 刀を, 初めから, 右の, 変に, 大きな声, 妻を, 心が, 拳を, 普通の, 最初に, 眠って, 第一, 肚の, 胸に, 進んで, 闇の

18 [27件] いそいで, こ, これが, そういっ, その声, その晩, その眼, それで, だまって, なぜか, また自分, やたらに, ポケットの, 今日の, 口に, 右手を, 妻と, 思いきって, 扉を, 書いて, 村の, 正直に, 死を, 父と, 現在の, 身の, 顔の

17 [28件] いつた, いつに, きいた, この頃, すぐその, ただその, ただ自分, どうする, ほかの, 一個の, 一刻も, 一度も, 友人の, 壁に, 外へ, 家へ, 寝台の, 微笑を, 必死に, 明かに, 昨夜の, 時計を, 母を, 毎日の, 立ち上がった, 自分ながら, 自分も, 鼻を

16 [33件] くるりと, このこと, このよう, すつかり, そう言っ, その方, それまで, それ等の, どうした, ホッと, 一枚の, 一生懸命に, 両腕, 今でも, 何事も, 半七, 女が, 池の, 汽車の, 生活の, 疲れて, 直ぐに, 眼が, 空を, 窓を, 聞いた, 誰よりも, 近所の, 部屋を, 金を, 電車の, 顔色を, 馬に

15 [38件] お杉, このとき, この家, こんどは, しみじみと, じっとし, その部屋, それと, それには, たずねた, ふらふらと, ほんとうに, また言った, 世間の, 仕事を, 固より, 変な, 大声で, 如何に, 己の, 息が, 指を, 椅子から, 椅子の, 水を, 火の, 相手を, 笑ひ, 筆を, 考へて, 膝を, 自分自身に, 自分自身の, 舌を, 言い添えた, 身に, 青年の, 頭が

14 [54件] ここへ, その, その上, そんな事, た, ぢつと, どこまでも, はっきりと, ふと自分, ゆっくりと, クリストフに, コゼットの, マリユスの, 人間を, 今までに, 今日まで, 仕事に, 仕方なし, 体を, 何と, 僕を, 元の, 前の, 叔父の, 叫んで, 喜んで, 夢を, 實に, 少くとも, 少年の, 己れ, 平気で, 彼女から, 思うの, 昔から, 東京に, 東京へ, 椅子に, 母親の, 気の, 決心した, 泣いて, 盃を, 相手に, 窓から, 立ち上った, 続けた, 縁側に, 考えるの, 自らの, 茫然と, 酔って, 馬の, 黙つて

13 [51件] かすかに, こういう, しばらくし, そう云い, そのよう, その翌日, そんな風, つづけた, びっくりした, もつと, わたしに, わたしを, 三人の, 云う, 人から, 今日も, 今更の, 何かの, 信長の, 僕に, 力を, 厭な, 女中に, 姿を, 孔子の, 完全に, 容易に, 平生の, 彼自身を, 心で, 感じて, 故郷の, 書物を, 横に, 死の, 気づいた, 無言で, 片手で, 目の, 相手が, 石の, 笑い出した, 簡単に, 素直に, 考えたの, 腹の中で, 自分では, 血の, 身動きも, 酒の, 黙々として

12 [68件] いろいろな, いろいろに, この上, この事件, この種, そういう, そう思い, そう考え, そのうち, その間に, それについて, それに対して, つけ加えた, はっとした, オリヴィエの, コップを, 一方に, 一日の, 一本の, 丁寧に, 上衣の, 不快な, 今までの, 今迄, 仕事の, 何でも, 何とかし, 何故に, 余の, 先刻から, 全力を, 別の, 声に, 妹の, 娘に, 学校を, 彼と, 彼を, 思ったの, 敵の, 朝から, 死んだ, 気がついた, 水の, 目が, 知った, 確に, 神を, 立ち止まった, 立派な, 膝の, 自分は, 自然に, 舌打ちを, 苦い顔, 茫然として, 覚えて, 言ふ, 説明した, 足早に, 身体を, 過去の, 附け加, 階段の, 頭から, 額に, 馬から, 驚きの

11 [62件] かねて, こういった, この男, これまでに, これまでの, こんな事, こんな風, そう云う, そう思う, その姿, その点, その為, その金, それによって, それは, それをも, たった一人, ちょっとの, どこに, なにも, まだその, まだ何, オリヴィエに, フラフラと, 二人が, 何かを, 僕と, 全身を, 呼んだ, 問うた, 外に, 娘を, 安心し, 寺の, 幾たびか, 強ひ, 徐ろに, 怒りの, 思いました, 悠々と, 意外な, 愕然と, 懸命に, 杖を, 歩き出した, 海の, 涙が, 満足し, 狼狽し, 生涯の, 畳の, 着物を, 穴の, 立つて, 答えなかった, 箸を, 續けて, 考える, 色を, 道を, 鍵を, 額の

10 [95件] いくらか, いつもより, うっとりと, うなずいた, おどろいて, きっぱりと, きつと, こういっ, この手紙, この町, すぐそれ, その娘, ちらと, つかつかと, とっさに, どなった, はいって, はっとして, ほっとした, ほっと息, むきに, わたしが, 一日も, 主張する, 之を, 云いました, 今こそ, 以前の, 仰向けに, 何という, 何時でも, 保子の, 元気よく, 全身に, 前から, 吐き出すよう, 呼吸を, 咄嗟の, 喜びの, 單に, 嘘を, 大声を, 奥の, 好きな, 姉の, 始めから, 嬉しそう, 客の, 小屋の, 庭の, 彼なりに, 後の, 忘れて, 快活に, 恐怖に, 憤然として, 懐中から, 我々の, 手の, 手綱を, 日の, 最後まで, 枕に, 此等の, 母と, 涙の, 無我夢中で, 無造作に, 父を, 父親の, 瑠璃子の, 病気に, 病気の, 知らず識ら, 社会の, 私たちの, 突然に, 窓に, 立ちあがって, 答えました, 繰り返した, 能く, 自から, 自らを, 自然の, 苦笑した, 葉子の, 蒲団の, 視線を, 言いながら, 車を, 金の, 銃を, 門を, 静に

9 [129件] いいました, いきなりその, いろいろの, お民, お絹, がっかりし, こう云い, こう言っ, ここまで, この作品, この女, これと, これに, じっと眼, そう心, その事, その少女, その心, その瞬間, それだけの, それにも, そんな気, ただ, ただそれ, ただ一つ, だしぬけに, つとめて, どこか, どこかで, どこかへ, ぼんやりし, またし, また眼, また頭, もうこの, もうそれ, より多く, わけも, われを, ピストルを, 一方の, 下宿の, 不安に, 不思議そうに, 中へ, 事件の, 云うの, 人が, 今度の, 今日は, 傍に, 僅に, 元気を, 兎も, 其處に, 又し, 友達の, 吃りながら, 吃驚し, 周囲を, 周章てて, 命を, 外套の, 多少の, 夢から, 奇妙な, 女王の, 嬉しさ, 子供が, 寝床から, 平然として, 平生から, 庭に, 廊下の, 弟の, 彼等を, 後から, 念の, 思ったが, 悲しげ, 意外にも, 意識を, 戸の, 振り向いて, 斯んな, 新聞を, 早口に, 書いた, 月の, 本能的に, 橋の, 機械的に, 歩みを, 永久に, 決心し, 泣いた, 深い溜息, 物を, 玄関の, 珍らしく, 甘んじて, 真面目な, 真面目に, 眠ること, 知らなかった, 祖父の, 神に, 秋の, 種々の, 立ちどまって, 立上っ, 笑つた, 第二, 絶望の, 腹の, 自分自身が, 自家の, 見たの, 話した, 足音を, 道の, 部下の, 郷里の, 酒に, 長いこと, 雨の, 靜かに, 鞄を, 鼻の

8 [177件] あとで, いうの, いつもその, いろいろと, うしろを, おずおずと, おつぎ, お雪, かくて, ぎくりとし, ここでも, この場合, この点, さつきから, じっとその, すぐまた, ずっと前, そう言い, そのころ, その原因, その場所, その子供, その室, その店, その後の, その母, その目, その考え, その頭, それより, それよりも, ただ一人, ただ彼, だれにも, ちやうど, ちょっと考えた, どこから, どんなこと, なにを, なんらの, はつと, ひたすらに, ふと眼, ぼんやりした, またすぐ, またそれ, また云った, まだ自分, むやみに, もう少しで, よろよろと, アンナの, クラスの, クリストフが, コゼットに, コゼットを, テーブルに, フランスの, 一も, 一時に, 一時の, 三日の, 下の, 中, 久し振りに, 仕方なく, 他に, 以前から, 何事をも, 僕が, 先へ, 先刻の, 先生の, 入口の, 再びその, 初めの, 別人の, 前よりも, 勇気を, 単純に, 博士の, 去年の, 反つて, 反射的に, 口ごもった, 口笛を, 呟くよう, 嘆息した, 土地の, 地に, 執拗に, 堂々と, 壁の, 外套を, 夜が, 夜に, 大地に, 夫人を, 女房の, 妹に, 学校の, 安心した, 宿の, 少しばかり, 山の, 山を, 左手で, 己が, 師匠の, 席を, 平気な, 彼に, 彼らを, 待って, 微笑した, 怒って, 思つてゐた, 思案に, 想像し, 想像した, 憤然と, 戸外の, 手酌で, 指の, 早々に, 昂然と, 暖炉の, 暫くし, 書斎に, 朝の, 母から, 母が, 母や, 気も, 火を, 火鉢の, 煙草に, 男の, 異様な, 皮肉な, 知つてゐた, 知らない, 社会を, 私達の, 種々な, 空虚な, 突如と, 繰返して, 續けた, 耳に, 背を, 自ら云った, 自己を, 自身に, 苦しそう, 茶を, 蒼くなっ, 街を, 言下に, 諦めて, 躊躇した, 身体の, 車の, 返事も, 部屋に, 重ねて, 鏡の, 門の, 隣の, 雪の, 電車に, 面を, 靴を, 音を, 頷いた, 顔が, 駅の

7 [225件] あわて, いい加減, いつも自分, いらいらし, うしろから, お浜, かなりの, がっかりした, きょうの, ぎくりとした, ぎょっとした, こう云う, こう考え, ここの, この人, この問題, この日, この話, この際, これは, しかたなく, しかたなし, しばらくその, しばらくの, そういうこと, そうだ, そう云った, そう考えた, その子, その席, その生涯, その話, その通り, その音, それの, そろそろと, ただの, だんだんに, どういふ, なか, にこにこし, ぴたりと, ふとそんな, ふり返っ, ほっとし, またも, また口, まだこの, まだ一度, もう口, もって, りっぱな, わずかに, ジャン・ヴァルジャンの, ニヤリと, マッチを, 一度ならず, 一時は, 一緒に, 一途に, 上から, 下駄を, 不図, 不機嫌に, 世の, 両手に, 主人に, 主人を, 久しぶりで, 事の, 二三の, 二人に, 云ひ, 今その, 仲間の, 伸子の, 何が, 何らの, 何故とも, 何時までも, 何時もの, 余りの, 倒れて, 倭文子の, 傍の, 全くの, 内心の, 凝然と, 凡ての, 凡てを, 前へ, 前後の, 剣を, 勇躍し, 半身を, 叔母の, 叫びました, 台所の, 名刺を, 呆気に, 呼鈴を, 哀願する, 唾を, 善良な, 喫驚し, 大学の, 大胆に, 夫人が, 奥へ, 娘が, 婦人の, 孤独の, 完全な, 実際に, 室内を, 家族の, 寒さ, 寝ながら, 少女の, 少年を, 屡, 年の, 幾度と, 彼等が, 彼等に, 往来を, 後を, 得意の, 微笑んだ, 忌々しそう, 思い出して, 思ひながら, 思わず, 恋の, 惘然として, 意を, 愛して, 感じたの, 憂鬱に, 我にも, 戸口に, 手紙の, 手首を, 故意に, 散歩の, 新たに, 明智の, 時の, 時代の, 暫くの, 書斎の, 有名な, 有頂天に, 朝早く, 本を, 枕を, 森の, 極度の, 横を, 歯の, 母親に, 気に, 氣が, 氷の, 決心を, 決然として, 泣きながら, 流石に, 滅多に, 激昂し, 無事に, 無意識に, 焦, 煙管を, 照子の, 牛の, 率直に, 生まれて, 異常な, 疑いも, 皆に, 目に, 眉根を, 眠りに, 眼前に, 礼を, 秀吉の, 秋蘭の, 空の, 紙を, 結婚の, 老人の, 考えました, 耳の, 聲を, 腰の, 自ら進ん, 自分自身を, 自殺を, 英語の, 草の, 血を, 袂から, 襖を, 見るとも, 言い足した, 言葉の, 詩を, 話の, 認めた, 誰の, 起きて, 起って, 遂にその, 遠くから, 都の, 電燈を, 静かな, 音楽の, 頭に, 顔に, 食事の, 食事を, 駒を, 驚いた

6 [310件] あきらめて, あとから, あとに, ある時, いたずらに, いつまで, いつもそれ, いふ, うつかり, おのれを, お豊, かくの, くり返した, こう答えた, こう言う, こう言った, このやう, この世の, この大, この後, この瞬間, この老人, この道, これ等の, さうい, ささやいた, さっきの, しかしそれ, しっかりと, そういい, そういうふう, そういう考え, そう言った, そこでも, そのあと, その事件, その二人, その仕事, その力, その妻, その年, その当時, その時代, その朝, その次, その理由, その笛, その箱, その結果, その自分, その辺, その道, その音楽, それも, ぞっとした, たくさんの, ただこう, ただ彼女, ちょっと口, ときどきその, ともかくも, どうかする, どうにかし, のろのろと, ひざまずいて, ひとりの, びくとも, ふと, ふと足, ぶるぶると, ほつと, またある, またこの, また彼, また歩き出した, また考えた, また非常, まだ若い, まともに, もう一人, もう今, もう彼女, もとの, やっと安心, よく私, よく言った, よろこんで, わけの, わざとそれ, われながら, われわれの, アッと, クールフェーラックに, サン, ズボンの, ドイツの, ハツと, パリーに, ベッドに, 一の, 一家の, 一散に, 一歩も, 一生の, 一般に, 一軒の, 三千代の, 三千代を, 不在でした, 不幸に, 世界の, 世界を, 世間を, 主張した, 二階へ, 今この, 今に, 今自分, 以前に, 伸子を, 何とは, 何事かを, 何処までも, 何時か, 何物かに, 何等の, 余を, 例によって, 信子の, 俯向い, 元氣, 先き, 先を, 全身が, 其れ, 写真の, 出かけて, 初めて我, 別な, 前夜の, 割合に, 力なく, 力の, 勇敢に, 医者の, 千鶴子の, 卓子の, 厭, 又その, 反対に, 口癖の, 可なり, 右手に, 吃った, 同じこと, 吾, 呟いて, 呟きながら, 呶鳴った, 呻くよう, 和歌子の, 哀れな, 国の, 型の, 夜具の, 大なる, 大股に, 夫人に, 奇怪な, 女と, 女中を, 女房に, 女房を, 女王に, 妹を, 妻が, 孔子が, 学校で, 学校に, 実を, 宣言した, 寝て, 寝床へ, 寝衣, 小さな声, 小供, 小学校の, 少しの, 尻を, 工場の, 左手を, 常にその, 幸福な, 幼少の, 広島の, 床を, 店の, 庭へ, 往来で, 往来の, 後ろに, 微笑みながら, 微笑んで, 必死の, 念を, 怒ったよう, 怖ろ, 思いも, 思わず眼, 思想の, 恐ろしさ, 意外に, 憤怒と, 戦争の, 手さぐりで, 手で, 折に, 振り返った, 支倉の, 故郷へ, 新らしい, 日頃の, 昼間の, 暗闇の, 書物の, 曾て, 本の, 杯を, 椅子を, 極度に, 歌を, 歓喜の, 正面の, 歴史の, 死と, 死人の, 残りの, 民衆の, 気がついて, 気軽に, 汗を, 江戸の, 決してそれ, 決して自分, 注意し, 洋服を, 海へ, 渋面を, 炉の, 無雑作, 父から, 犬を, 狂人の, 玄関に, 現代の, 現内閣, 現實, 生命を, 町を, 直接に, 真の, 真剣に, 真実の, 眼鏡を, 瞳を, 禿頭である, 私より, 秘かに, 窓際に, 立ちあがった, 立ち止まって, 立上った, 節子に, 籠を, 細君を, 続いて, 繰り返して, 考えながら, 考へ, 自分より, 自由の, 自身で, 芝居の, 苦笑を, 茶碗を, 草鞋を, 落ちついて, 見出した, 観念の, 言いつづけた, 言い出した, 話して, 貪るよう, 起き上がって, 逆に, 途中で, 長々と, 隅の, 雪之, 靴の, 音の, 頬を, 顎を, 顏を, 顫え, 飯を, 馬車から, 馬車の, 馬車を, 驚いたよう

5 [494件] あたかも自分, あたりに, あった, あなたの, あまりの, あらゆること, あらゆるもの, あること, ある人, ある朝, あれを, いきなりそれ, いくたび, いそいそと, いつも私, いやな, うとうとと, おごそかに, お清, お芳, お茶を, お通, かうして, かう云, からだを, くり返して, こう云った, こう考えた, ここを, ことさらに, このまま, この世に, この事, この二つ, この前, この年, この旅, この最後, この村, この部屋, これだけの, こんなふう, さきに, しかしすぐ, しばらく黙っ, しまいには, すぐ自分, すぐ近く, すすんで, そういうもの, そういう人々, そうする, そうと, そうは, そう信じ, そう呟いた, そう呟き, そう答え, そのたび, そのなか, そのままの, そのやう, その一つ, その人々, その作品, その全, その凄, その刹那, その友人, その少年, その幸福, その影, その時分, その時間, その若い, その視線, その途中, それこそ, それにたいして, そんなふう, そんなもの, ぞっとし, たいへんな, ただこの, ただに, ただ黙っ, たちまちに, だれかに, だれよりも, ちつとも, ちょいと, つく, つづいて, ときどきに, どうしていい, どうしてもその, どぎまぎし, なんでも, にやにやし, はじめから, ひとりごとの, ふとある, ふとこんな, ふと何, ふと思い出した, ふら, ふらりと, ふりむいて, ぶっきら棒, ほとんど無意識, ほんとうの, ます, まず第, またこれ, またちょっと, また他, また例, また別, また同じ, また歩きだした, まったくの, みんなが, みんなに, むやみと, もう一度その, もう一歩, もう堪, もう我慢, もはや自分, やっとの, やはり同じ, ようやくその, よくその, わっと, アラビヤの, クリストフと, コゼットが, コップの, コーヒーを, シル, ジャン・ヴァルジャンを, ジャヴェルの, ステッキを, ソッと, チョッキの, テーブルを, バックの, バックを, パイプを, パリーの, ピアノの, ベッドの, ベートーヴェンの, ホテルの, ポケットに, ポケットを, マリユスを, ルイザを, 一と, 一切を, 一同に, 一座の, 一座を, 一片の, 一目散に, 上の, 上衣を, 下に, 下を, 不安を, 世間に, 丘を, 両手の, 中を, 中野の, 久しい前, 二度も, 二重の, 云い出した, 云つてゐる, 五人の, 人々が, 人々に, 人と, 人生を, 人間では, 今から, 今夜の, 今日迄, 仔細らしく, 以前と, 会社の, 伸子が, 伸子に, 体の, 何かしら, 何事か, 何気ない風, 何物をも, 余に, 作品を, 併し, 偉大な, 停車場へ, 健かに, 側に, 僕より, 入って, 内心で, 冷然と, 出かけた, 刀の, 別に何, 刻々に, 前と, 前にも, 勇敢な, 動くこと, 十七の, 又, 友の, 友人と, 反問した, 反対の, 口も, 右を, 右手で, 吃驚した, 同一の, 君を, 吻と, 呼びかけた, 咳を, 問題を, 喉が, 喚いた, 土を, 土蔵の, 地方の, 坐り直して, 壁を, 夏の, 夕食の, 外の, 多年の, 夜毎に, 大に, 大抵の, 大阪の, 天の, 天性の, 失望した, 女中の, 妹が, 妾の, 嫂に, 嫌悪の, 孤独で, 室を, 宮の, 家内の, 密かに, 小児の, 少しでも, 少年に, 屈辱を, 屋根の, 左右の, 常の, 年に, 幾分か, 幾多の, 店を, 廊下を, 当然に, 影の, 彼らと, 彼らに, 彼女にたいして, 後悔の, 得意そうに, 微かに, 心臓を, 怒りを, 思ひも, 思わず声, 恋愛の, 恭一の, 息も, 悄然として, 悪魔の, 悲しさ, 愉快そうに, 愕い, 愛人の, 憮然として, 懐から, 懶げ, 我々が, 我ながら, 我慢し, 或日, 或郊外, 戦争に, 戸棚から, 手の甲で, 手も, 手足を, 拳銃を, 持つて, 指先で, 振り返って, 振向き, 掌で, 掌を, 故郷を, 敏捷に, 敢て, 敵を, 斯うし, 旅の, 旅館の, 日に, 日本に, 日本人の, 早や, 早速その, 明日の, 昨日の, 時々自分, 曰ふ, 更にこの, 書斎へ, 朝起きる, 本気で, 東京から, 東京を, 根気よく, 棺の, 機を, 正木の, 此頃の, 武蔵の, 歩を, 死んだの, 毛布の, 気がつかなかった, 江戸へ, 決して私, 津田の, 瀬戸の, 無心に, 無邪気な, 熱心な, 片方の, 物に, 物思いに, 犬の, 狂気の, 猛烈な, 猛烈に, 玉藻に, 甚しく, 生涯に, 用を, 用意の, 申しました, 男を, 町へ, 疲れきって, 疲れた足, 痩せて, 癇癪を, 発狂し, 白痴の, 皆が, 皆の, 益, 盛んに, 直截に, 直覚的に, 相当の, 相變ら, 真暗な, 真白な, 真直に, 真青に, 眠られなかった, 着物の, 矢も, 矢庭に, 知つた, 知らなかったの, 石を, 祖国の, 秀子の, 私から, 私には, 稀に, 空腹を, 突嗟に, 立ちどまった, 立ちながら, 立ったまま, 立上って, 立停った, 立派に, 答えたが, 箱の, 節子を, 約束の, 純粋な, 結婚した, 考えに, 考へたの, 肚を, 背が, 背中に, 背中の, 脚を, 腕組を, 腰に, 自ら, 自信を, 自分にも, 自分へ, 自殺の, 自由を, 自転車を, 興奮し, 興奮した, 興奮の, 色の, 花の, 花を, 芸術を, 若い時, 苦々しげ, 英国の, 落ち着いて, 落着い, 蒲団を, 蝋燭を, 血に, 襖の, 見るも, 親切な, 言うの, 記憶の, 訪ねて, 語つた, 誰か, 誰に, 誰にでも, 誰にとも, 誰も, 誰れ, 誰を, 走って, 起きあがって, 足もとに, 躊躇し, 身も, 身体が, 近づいて, 返事に, 返辞を, 迷った, 逃げて, 逃げるよう, 道, 道子の, 遠方から, 部下を, 部屋へ, 鉄の, 鏡に, 鏡を, 附近の, 陰気な, 雨戸の, 電報を, 電気に, 鞭を, 須永の, 頬の, 頬杖を, 風の, 馬上から, 馬鹿に, 駿介を, 驚くほど, 默って, 黙然として

4 [815件 抜粋] あきらかに, あとへ, あの朝, あるとき, いくども, いずれの, いつもそこ, いつも同じ, いやと, いらだって, うつむいて, うなだれて, おそらくその, おどおどし, おまん, おみや, おれに, お光, お君, お秀, かくも, かすかな, かねての, きいて, きっとそれ, きまりが, けげんそうに, こうも, こう思っ, こう思った, ことばを, この土地, この夜, この間の, こんなところ, さきの, さり気なく, しかしその, しば, じっと耳, すぐ, すぐには, すぐにも, すすり泣いた, ぜひなく, そういう状態, そう叫び, そこが, そこらに, そのすべて, そのそば, そのままに, その二つ, その二階, その光, その名, その名前, その地方, その外, その小説, その後から, その意味, その新しい, その書物, その最後, その歌, その目的, その窓, その紙片, その美, その自動車, その資本, その足音, その間も, その青年, そばに, だれの, ちょっと言葉, ちょっと足, ちょっと黙っ, ついにその, となりの, どう考え, どちらかと, どんなにか, なかなかの, なって, なにかの, なんという, にんじんに, はっと我, はつきりと, ひとりごとを, ひらりと, びつくりした, ふいと, ふつと, ふところから, ふと女, ふと妻, ふと思った, ふるえながら, へんに, ほかに, ぼくに, ぽつりと, まず自分, またあの, またそこ, また元, また女, また微笑, また私, また笑った, また酒, まだ知らなかった, むしろその, もうこれ, もうすこしで, もうそんな, もう以前, もう夢中, もう文学, もう私, ものの, やがてその, やって来た, やっとそれ, やはり黙っ, よく人, よんどころなしに, オリヴィエが, カツレツを, ゴクリと, シベリアに, ソロソロと, チチコフの, ツカツカと, ドアの, ドキリ, ドンと, パイプに, ファンティーヌの, ランプの, ローザの, ワザと, 一人に, 一匹の, 一口も, 一図に, 一寸した, 一寸躊躇, 一日に, 一昨年の, 一篇の, 一言の, 三つの, 三千子の, 不安な, 不審に, 不機嫌, 不機嫌な, 不覚にも, 両国の, 両眼, 中に, 主君の, 乞食の, 予が, 事もなげに, 二三年前の, 二十の, 二度目の, 云わば, 人々を, 人生の, 今, 今までは, 今度こそ, 仕事が, 以上の, 低声, 何うし, 何といふ, 何べ, 何事に, 何事にも, 何時に, 何気なくその, 依子の, 信長と, 俺に, 偶然に, 傍らの, 傲然と, 兄に, 兄に対する, 先ず自分, 先の, 先方の, 八橋を, 其を, 其処から, 其処を, 内心に, 再び自分, 冗談の, 冗談を, 冷やかに, 冷静な, 凝つとして, 出來, 切りに, 初めて自分, 判断した, 別に, 剽軽な, 労働者の, 勇んで, 勢いに, 北側の, 十分に, 千鶴子と, 千鶴子を, 卓上の, 原稿を, 厭でも, 去って, 又た, 友達に, 口では, 叫ぶ, 右に, 右手の, 同じよう, 同時代, 吐息を, 向うの, 呟いたが, 周圍の, 周子と, 呻いた, 呼んで, 品の, 唯だ, 唯一の, 喉の, 喘ぐよう, 喧嘩を, 嘆息し, 囁くよう, 四辺を, 地獄の, 坂井の, 声高く, 夢にも, 大きな黒い, 大勢の, 大変な, 大森の, 天を, 天井を, 夫の, 女は, 女中が, 如何なる場合, 婦人が, 存在する, 学校へ, 學生, 宛も, 客を, 室に, 家から, 寐ながら, 寝床を, 対手の, 小説を, 小首を, 少なからず, 居酒屋の, 岩上に, 巨大な, 己を, 席に, 帽子に, 帽子も, 平岡に, 平気を, 年少の, 幾たびも, 幾人かの, 座敷に, 廊下に, 引っ返して, 彼らしい, 彼れ, 彼女との, 往来に, 待ちかねて, 後ろを, 徒歩で, 御常, 復た, 心配そうに, 必死で, 怏々として, 怒鳴った, 思はず顔, 思ひ出したやう, 思ひ切つて, 急ぎ足で, 恋愛を, 恍惚として, 恭一が, 息子の, 惘然と, 愛の, 愛想よく, 感情の, 慄然として, 慇懃に, 我に, 我れ, 戸棚の, 所在な, 手さぐりに, 手紙に, 押入の, 持病の, 指先を, 探して, 政治の, 故郷に, 敏子の, 数人の, 文学の, 斯の, 旅を, 日々の, 早朝から, 早速それ, 昂然として, 昔し, 時間の, 暇を, 暫く考え, 書きかけの, 書棚の, 最初は, 最近の, 月を, 朝に, 朝廷の, 本来の, 机上の, 松の, 林の, 棒立ちに, 極端に, 樫の, 欄干に, 次郎の, 正三, 歩いた, 死んだと, 気持を, 永い間, 決して人, 汽車に, 浅草の, 消えて, 深く息, 満足した, 滑稽な, 漠然とした, 無言に, 無関心, 無限の, 熱に, 燃えるよう, 父親に, 物事に, 独語の, 猫の, 現実に, 理由も, 生の, 用心ぶ, 男に, 疑ひも, 疲労の, 病気で, 発見した, 白娘子の, 皆を, 直ぐ彼女, 眞に, 真剣な, 真理の, 眩しそう, 眼前の, 眼鏡の, 祠の, 私たちと, 私たちを, 秋子の, 稽古の, 穏やかな, 立ち上つた, 立ち止って, 立停っ, 竹の, 笑顔を, 答える, 策を, 約束を, 細君が, 細君に, 絶対に, 縁側の, 縁側へ, 翌年の, 考えこみながら, 聞いて, 肩の, 胆を, 背中を, 腰から, 腰掛の, 膳の, 自ら尋ね, 自ら自分に, 自分にとって, 自動車に, 自己に, 自覚した, 自身が, 舌打を, 船に, 船の, 良沢の, 色々な, 若いとき, 若者の, 苦しげ, 英語を, 落ちつき払っ, 落胆した, 蛇を, 行つてし, 街の, 衣服を, 表へ, 被告の, 見かけに, 見たこと, 見事に, 親の, 観念し, 評判の, 話し続けた, 語った, 誰をも, 警察の, 財布を, 起き上ると, 足に, 路傍の, 踵を, 躍起と, 近來, 返事の, 遊びに, 遠くの, 遽に, 郷里へ, 銭を, 鋭い眼, 長いあいだ, 閣下の, 闇に, 院長の, 陰鬱な, 階下の, 雑誌を, 雨に, 電話の, 電車で, 露骨に, 青木淳の, 面白そう, 音楽を, 頷いて, 頸を, 食卓に, 首尾よく, 駭然と, 鬘を以て, 黙ったまま

3 [1622件 抜粋] あかくな, あても, あの娘, あまりに疲れ, あらゆる困難, ある意味, いいだした, いかなる場合, いずこ, いつかその, いつのまにやら, いつも言った, いまいましげ, いまの, うしろに, うるさそう, おしの, お世辞, お石, お高, かう言, からだの, がっくりと, きつぱり, きゅうに, くだんの, こう云, こう自分, このあいだ, この友だち, この地, この機会, この若い, この間に, これだけ, こんどこそ, ごく低い, さぶ, しきりと, しばしば, しまったと, じっと私, すぐれた詩人, すぐ妻, すごすごと, すでにその, ずっと以前, そう呟い, そこい, そのほか, その両, その仲間, その同僚, その女性, その小, その度毎, その想像, その教養, その晩年, その村, その熱い, その瞳, その空しい, その老人, その腕, その部分, その間の, その風貌, そばへ, それだけ, それ以上を, それ迄, ぞんざいに, たしかに何, ただじっと, ただ一言, たまらなくなっ, だんだんと, ちょっと眉, ちょっと黙った, つぎつぎに, つひに, てれて, とうから, とうとう最後, とっさの, どうしたら, どうなった, どこで, どんな顔, なおこれ, なお続け, なによりも, なんとなし, にやにや笑, はっと思っ, ひしひしと, ひどく心, ひよい, ふしぎに, ふだんから, ふところ手を, ふと思いつい, ふと気がつい, ふり向いた, ほっと安心, ほッ, ぼんやりつっ立っ, まじめに, またいつも, またぼんやり, また便所, また学校, また歩き出し, まだ子供, まだ独身, まだ若く, まっ黒な, まるで自分, みずから尋ねた, みんなから, むろんこの, もうなん, もう一度, もう可, もう目, もう芝居, もはや一人, やがて自分, やつとの, やみの, ようやくに, よく理解, よろめきながら, わずかの, アリョーシャの, オランダの, オーバーの, クスリと, グツと, ゴンドラの, シルレルの, ステツキを, ゼフィリーン夫人と, タツノを, テナルディエの, ハタと, パリーにおいて, ヒョロヒョロと, ビールを, フランスに, ベンチから, ポンと, ミチミの, ヨロヨロと, 一体どうした, 一定の, 一挙に, 一時間ばかり, 一目見る, 一週間も, 三十に, 三毛猫を, 上品で, 上述の, 下宿に, 不吉な, 不審そうに, 不気味な, 世間から, 中学校の, 之に, 事を, 事毎に, 二度ばかり, 井戸の, 人々から, 人目に, 今さらの, 今はじめて, 今夜は, 今朝から, 仏教の, 他人に対して, 付け加えた, 伊之助と共に, 住居を, 何とも云え, 何んと, 何人か, 何物をか, 來た, 俗用の, 借金を, 停車場の, 傷いた, 働くこと, 兄が, 兄貴の, 先祖の, 全身で, 八畳の, 其処へ, 再びお, 再び私, 冗談半分に, 冷かに, 凝と, 刀も, 初めて会った, 別に驚き, 前より, 前日の, 力いっぱいに, 勇を, 勘定を, 勢ひ, 北海道の, 十六の, 半ば口の, 卑弥呼の, 南の, 却て, 去った, 又私, 叔母に, 口ごもりながら, 只の, 台所へ, 右足を, 吉川の, 名乗った, 吸いさし, 呶鳴る, 呼ばれて, 和服に, 問いかけた, 嘆じ, 固唾を, 土の, 地下に, 坐ったまま, 城内の, 墓場の, 多分に, 夜は, 夜中に, 夢想し, 大また, 大学を, 大通りの, 天下を, 天竺の, 失望し, 妻子の, 始終自分, 婆さんに, 子供たちに, 子供心にも, 学問が, 宙に, 実際この, 客間の, 宮子の, 家庭の, 宿屋に, 寛大な, 寝床に, 寢床の, 小声に, 小林を, 少からず, 少しは, 少年時代から, 岩に, 川の, 巧く, 市役所に, 帰りがけに, 帳場の, 幕府の, 年上の, 幸福に, 幾らかの, 床の間の, 引返して, 弟子の, 当惑し, 彼らが, 待った, 後方に, 得意で, 徳利を, 心中に, 忠実なる, 怒りに, 怖れ, 思いに, 思つてゐる, 思はず溜息, 思わず叫んだ, 思わず首, 怪訝な, 恐れるよう, 息の, 悄然と, 悪い男, 情愛の, 愈よ, 意志の, 愛情の, 感慨に, 慎重な, 憤って, 懐中時計を, 我と我身, 我等に, 戻って, 手帳を, 押入れの, 持前の, 挙手の, 放心した, 数多の, 敵将, 斯う云った, 方向を, 日一日と, 日本語で, 昏, 春の, 昨日も, 昼食を, 時を, 暇さえ, 暫くぼんやり, 更に, 最初それを, 有力な, 朝飯を, 木下の, 本当の, 本能的な, 枕の, 柱から, 根よく, 棒の, 様々な, 横倒しに, 樽の, 次から, 正直な, 死なずに, 死骸の, 残念に, 民衆を, 気違いの, 水に, 汝に, 決してその, 沈黙の, 波の, 泥の, 流れに, 海岸に, 淋しい顔, 満足げに, 漸っと, 灰色の, 無意味な, 無数の, 無理にも, 焦って, 然ら, 熱海の, 父親と, 牧師に, 独りでは, 独言の, 猟銃を, 獣の, 玄関まで, 珍らし, 理想の, 生きた, 生れてから, 生命の, 甥の, 甲谷を, 町に, 異国の, 痙攣的に, 白木の, 皿の, 直ぐには, 相も, 真実に, 眠れなかった, 着替えを, 瞼を, 知る, 砂丘の, 確信する, 祖父が, 神経質な, 秋蘭を, 穏やかに, 空想を, 突然彼, 突然言った, 立ち上がったそして, 立ち上ろうと, 笛を, 答えること, 節子から, 簡單に, 精霊の, 細心に, 結論した, 絶望を, 網を, 繃帯を, 義昭の, 翼の, 考えても, 聞えないふり, 肉体と, 肱を, 胸中に, 腕に, 腰掛けの, 膝に, 自ら尋ねた, 自分に対する, 自分達の, 自然と, 舌なめずりし, 船が, 苛, 若い女, 苦しんで, 苦痛と, 荷物を, 落着いた, 葡萄酒を, 虚勢を, 蟹の, 行為の, 表の, 見るに, 親切で, 言ったが, 言を, 試みに, 話しながら, 語を, 説明し, 誰でも, 諸国の, 谷中の, 責任を, 起きると, 足で, 路傍に, 身が, 身内の, 農村の, 近くの, 述懐し, 逃げ出した, 速に, 遂に, 運転手の, 道に, 遠くに, 部落の, 都会の, 重大な, 銀行に, 長椅子に, 門番に, 防寨の, 隅に, 隣人を, 雪が, 震えながら, 青年を, 鞍の, 頑強に, 頭目の, 風呂の, 飛んで, 食卓の, 養子に, 馬車に, 驚いた様, 高い声, 高輪の, 鬼の, 黙りこんで

2 [5278件 抜粋] あえて言い得なかった, あちこちと, あの中, あまり元気, あらゆる縁故, ある手段, いかなる意味, いきなり立ちあがる, いったい何, いつもと, いまいましく思, いよいよこの, いろんな色, うなぎの, おくみ, おそらく気持, おめ, お八重, お釜, かくまで, かなりよっぱらっ, がんばって, くすんくすんと, けろりとし, こう心, ことごとに, この三つ, この会見, この可笑し, この子, この手, この樹蔭, この経験, この菓子, この運動, これから沼田, こんな歌, さう呟きながら, さも忌々し, しかたが, しばしば私, しまり, じっと彼女, すぐさまその, すぐ御, すこし不安, すつと, すやすやと, せめてもの, そうしたもの, そう云いました, そう答えた, そして私, そのあるもの, そのままそこ, そのホテル, その不可思議, その余勢, その勧め, その品, その失望, その崇拝, その後を, その愛, その日何, その暗い, その柄, その残り, その理想, その研究, その罪, その蘭人, その誘惑, その長, その魂, それほど臆病, そんな飛ん, たしかにその, ただ友人, ただ自己, たばこを, だんだん落, ちょっと眼, ついこの間, つか, つまらぬつまらぬと, とうとう大きな, とにかく往来, どうしてその, どうにかこうにか, どっちかと, なおいっそう, なお暫く, なにか自ら, にやりとし, はじめて気がついた, はるかな, ひと言の, ひやりとし, ふたたびその, ふと妙, ふと遠い, ぶるぶる慄, ほっと助かった, ほんのちょっと, まさかと, またお, またコゼット, また傍, また外国, また思った, また暫く, また話, また黙っ, まだ口, まだ私, まつたく平生, みづから, むっとした, もうどこ, もう一度読み返した, もう偶然, もう古, もう明るく, もう疲れ, もう辛抱, もっぱら奢っ, もんどり打っ, やっと気がついた, やや安心, ようやく口, よく考え, よんだ, わずかな, アッタスン氏の, アンに, インバネスの, ガラスの, クラムの, コゼットと, シルシ半纏が, スコールの, ゼウスの, テレて, ドロシイと, ノートに, パイプから, ピアノを, フリーダを, ヘクト, ホツとして, ムラ, レーニに, ヴェリチャーニノフの, 一体どこ, 一同の, 一層不安, 一方には, 一段と声, 一箇の, 丁度その, 三册の, 三千代と, 三本の, 上官の, 下谷の, 不快と, 不決断, 世界が, 両親を, 中津の, 久しく忘れ, 了解できなかった, 二三枚の, 二枚の, 云ひ放つた, 些しも, 京都に, 人形の, 今しがた夢の, 今宵の, 今心の, 今枕の, 他にも, 仰向いたまま, 伊貝が, 伯爵に, 体力の, 何とも答えませんでした, 何人の, 何時からか, 何物かを, 余りに急いだ, 使を, 便所に, 信念し, 俳句に, 健全に, 働いた, 元気が, 先頭を, 全ての, 八時頃まで, 兵士たちの, 其所へ, 内実は, 再び彼女, 冬子に, 出た後, 切ない声, 初めて處女作小説, 別に法律, 前置, 努力した, 勝ち誇ったよう, 包みを, 十七号を, 十分の, 午前の, 半日の, 南方へ, 原稿用紙の, 参木から, 又何時も, 又直に, 叔父が, 古い電話帳, 只頭, 台の, 同じ結論, 同門の, 向き直って, 呟くの, 呻きながら, 唄を, 善意に, 喰べ, 器用な, 四学年を, 土居三津子を, 地代として, 坐った, 堕落し, 墓穴の, 夏日恐るべき, 外見に, 多數, 夢心地に, 大きな聲, 大声に, 大海の, 天井の, 太政官の, 奈良に, 女学生の, 好奇心の, 妻君が, 始めの, 婦人科の, 子供等が, 学校生活の, 安心する, 定まって, 宮本の, 容赦なく, 富子の, 寧ろ彼女, 尊王家に, 小僧の, 小説の, 少し失望, 少年期から, 屈んで, 山の上で, 屹度終りを, 工場を, 巻煙草の, 帯の, 帰宅を, 幕が, 平常の, 平静に, 幼いころ, 幾分極りわるげ, 床の間に, 度々この, 廣い, 弥次, 強く云, 当然の, 彼にとって, 彼女等に, 彼自身までが, 後悔し, 徒刑場に, 徹底した, 心臓から, 必要以上に, 忠実に, 怖い顔, 思い直して, 思はず口, 思わず微笑, 怠けてなど, 恋人を, 恐ろしい勢, 恩人の, 悔いたり, 悪夢の, 悶え苦しんで, 愉快に, 愚かにも, 感じたが, 慌てると, 憤慨の, 成績が, 戦いの, 戯曲を, 手伝って, 打たれるの, 抱えて, 挨拶を, 掏摸と, 支那の, 放蕩破戒の, 教師の, 敬虔な, 文学に, 断片的に, 新吉が, 旅行者の, 日向葵の, 日記を, 早速安期生, 昏迷の, 昨日までの, 時々イワン, 時局の, 晴の, 暗中に, 曰えり, 更に栗, 書斎を, 最初その, 服装を, 木立の, 末の, 本郷や, 東京で, 枕頭に, 某に, 株に, 梅, 植込の, 楽々と, 機会ある, 次の間に, 止むなく先週, 正義の, 此頃見, 歯ぎしりし, 死ぬ一週間前, 殊にこの, 毎年この, 毛ぶかい手, 気の毒な, 気附く, 水道橋の, 江戸時代に, 決して復讐, 沁, 治療を, 泣きも, 洟を, 浴室を, 淋しい人, 清子の, 満足な, 演説した, 澄まして, 炭を, 無理を, 然し実際, 熊笹を, 爪先が, 牛小屋の, 物質の, 狡猾そうに, 狼狽た, 獲物を, 現在歌舞伎座の, 理論家として, 甘い霞, 生まれ変わったよう, 用心の, 男女を, 留守であった, 疲労で, 病気と, 白壁王を, 盃に, 目的を, 相当な, 真っ逆さまに, 真蒼, 眼も, 知らないと, 石盤に, 社へ, 神殿に, 私とは, 稀にしか, 空腹の, 突然彼女, 窩人の, 立ち止まる, 竹内の, 笞刑の, 答へる, 籠の, 糸子の, 紙片に, 終始一貫, 絵を, 維新前の, 縁先へ, 美しいと, 羽織を, 考えこんで, 考へる, 肩から, 胸糞が, 腰掛に, 自ら切り開いた, 自信に, 自分自身にも, 自己と, 自然科学の, 舌打ちし, 船員の, 芦の, 若い者, 苦笑する, 荒い息, 著名な, 薄日の, 藪から, 蝋燭に, 行李の, 袂を, 裸体に, 要領よく, 覗いた, 親戚の, 言い逆らって, 計を, 評論家を, 話に, 読みかけの, 誰に対しても, 謂ゆる, 議論よりも, 賃銭の, 赤坂の, 足が, 身体中に, 軍隊の, 辞退した, 近代作家の, 途中から, 通路に, 遂に情, 運転手に, 道鏡を, 郊外に, 酔った, 野の, 金魚を, 鉛筆の, 長いこと散歩, 門野に, 阿賀妻に, 随分リヽー, 雑談の, 電話なんか, 青木を, 鞭の, 頓馬で, 頼りに, 飛びかかって, 食卓で, 餌を, 馴れない役目, 驚いたの, 骨牌を, 高架の, 魂の, 鳩の, 黄金メダルを, 黙りつづけた

1 [43249件 抜粋] あ, あたかもこの, あなたならびに, あの眩し, あまりに貞節, あらゆる子供, ある半官半民, あれ以来, いかにその, いきなりシャッポ, いくつに, いたく口惜し, いつか或, いつの間にか陸, いつも口癖, いつも話声, いまに, いよいよ城, いわゆる楽譜製造人ら一般, うなずきうなずき面, おおげさに, おそらく野蛮人, おもいだした, お幸ちゃん, かう思つて一寸, かく聴き, かならず直垂, がく然として, きまりきつ, くりかえして, けろりとなり, こうして客, こう見た, このごろあまり, この三者, この功労, この小, この指紋, この歎声, この箱, この重工業地帯長官, これから始まる, こんな不可思議, ご殿, さっさとその, さまざまの, さらに黒手帳, しかし食べ物, しっかり押えつけた, しばらく我慢, しよんぼりと, じつに意外, すぐれた小説, すぐ相手, すこぶる厳か, すっかり驚かされ, すでに朝廷, すり切らし, せっかく悟った, そういう自分, そう云つて, そこで人間, そっと恭一, そのとき外見上, そのまま砂, その一職人, その会見, その十銭, その報知, その小頭, その後生き, その放, その晩私, その波, その町, その笑い声, その荒れ果てた, その貧乏振り, その長く, その魚, それでも煙管, それ等昆虫の, そんな座, たいへん笑った, ただか, ただ仏祖, ただ時々, ただ衰滅, たちまち金剛, たんにグリゴーリイ, ちょいちょい韻, ちょっと立, ついに仮面, つきとばされたよう, つまらなかった, とうとう幸蔵, ところどころ休みました, とりこに, どうしても肯かなかった, どこやら, どんな労働, なお三十分以上, なお莞爾, なさなければ, なほから, なんとなく冷やか, にわかに感じた, はげしい感動, はっきり思い出した, ぱふりぱふりと煙草を, ひとりは, ひどく嚴肅, ひよつくり京都, ふたたび彼, ふと仏教, ふと私設球場, ぶらつと, ほとんど一息, ほろ醉ひ, まことに一座, ますます粗暴, まず狭い, またつかへ, またモデスタ, また右手, また当時, また歩き出す, また笑いだした, また近年非常, まだへこたれなかった, まだ十年前, まだ滴, まったくびっくり, まどいうたがい, まるで空っぽ, みな知っ, むだな, もうす, もう一度あ, もう主人, もう四辺, もう急, もう清波門, もう赤ん坊, もし高等海員, もとより自分, もはや暗夜, やがて朱武, やっと出迎え, やはり, やはり階下, やをら馬の, ようやく肩, よく昼過ぎ, より寛大, わざと大きく, アイトーロスに, アルブケルケが, インフルエンザの, オブローモフの, カラーを, キングを, ケノフスキーへ, サガイダーチヌイだの, シリア人らしい, スバーの, ゾーッと, テレビジョンの, ドクトルを, ハイド氏が, パッタリ顔を, ピューレットを, フリイデマン氏の, ヘルムートにたいして, ボンヤリした, マリイ・ナネット婆さんに, モデルなし, ラファエロや, ロシア人を, 一すくい, 一人, 一六三三年に, 一寸夢見心地, 一巡あたりを, 一応押入, 一時片時も, 一気にその, 一種異様な, 一面において, 万障を, 三日に, 上座の, 下関の, 不機嫌さうに起つ, 世界各国の, 中尉の, 久しく死ぬ, 乳人を, 二つ三つ水上の, 二十二で, 二服目を, 云つて闇の, 五月蠅い, 人なつかしくなっ, 人通りが, 今と, 今一番興味を, 今度ヴァレリイの, 今朝までの, 今黒黍を, 以来ぐんぐん, 会所の, 佐伯や, 何とか言訳, 何事かと, 何時も舅, 余儀なくまた, 依子を, 信じないわけ, 個人的な, 偶然前面の, 償勤兵と, 兄にも, 先づ小野家の, 光り輝く文字, 全く意外, 全身から, 六十に, 其の新しい, 其状態を, 内政と, 再び地方, 再び絵筆, 冴えない声, 凱陣の, 刀は, 初めて久方ぶり, 判断し, 到るところ我々, 前者を, 加減し, 動植物園の, 勿論そんな, 医者であり, 十四歳の, 午前中に, 卑弥呼が, 博奕場へ, 原籍地肥後国葦北郡水俣から, 又俄, 又秋三, 反抗の, 口ごもり言葉, 只ぼんやり, 叱つた, 吊上げ橋, 同頁, 吹き出しかけたが, 呶々する, 哀号を, 唱題し, 喚きつ, 嘗て夢, 四十二歳こんなに, 固く信じ, 土産をと, 坪井の, 堪らなかった, 壮士です, 外国に, 多摩川へ, 大いにつとめ, 大きな熊, 大坂へ, 大決心, 天上から, 太十, 奥村圭吉の, 好子と, 妻女を, 婢を, 字体を, 宇乃の, 官邸へ, 実に撃たれた, 実際出懸け, 宵からの, 寂しいと, 寝られなかった, 対等の, 小さい商人, 小娘の, 小説家だ, 少し世間, 少女サビツが, 居留地の, 山吹での, 島に, 左衛門町の, 帝国軍人たる者の, 常々思っ, 常磐津節を, 平生口やかましい, 幸福で, 幾年ぶりかで, 度々繰返し, 弁当がらを, 弥助の, 強情な, 形式主義者だ, 彼独りの, 後世煎茶道の, 得堪へず, 徹頭徹尾建設的経綸家, 心臓でも, 忍耐とは, 忽ち出産, 思いがけず母, 思つたのに, 思ひ余つて, 思わず大声, 急ぎながらも, 恐しかったが, 恒に, 恰も雨, 悪寒を, 惜しいなと, 愚ならず, 感性の, 憐むような眼を, 戀に, 或数学, 房の, 手早く封, 承諾を, 押入まで, 指揮棒を, 探偵小説には, 擦れ違ふため, 故郷からの, 数メートルの, 文代さんが, 断って, 新協の, 旅行先から, 日々無益に, 日頃口癖の, 早速報告, 明治座の, 昨夜酔いつぶれ, 時々兩手, 時に眼, 晴れやかに, 暫くさ, 曝露の, 更に次, 書生に, 最早その, 朋輩の, 木村氏の, 本当にそれ, 村はずれの, 松や, 柔よく, 桑の, 椽側へ, 様々の, 檢すべし, 次第次第に, 正太夫, 此時本能的とでも, 歩廓に, 死んだん, 殊に世紀末, 母山吹の, 毎晩その, 気づかない足もと, 水夫等と, 汚水に, 決して植物, 沈静なる, 法服を, 注意しなかった, 流人村の, 消防兵を, 深井が, 湯呑の, 演奏中そばに, 潜航艇の, 火事場へ, 無いと, 無論氣, 熊蔵に, 父子相争う, 物憂い幽閉, 犯跡湮滅に, 独立し, 獄中で, 現な, 甘くない, 生れつき軽率に, 用いて, 男性人造人間の, 異邦人, 病室まで, 発見者と, 百年を, 監察の, 直ぐそのまま同じ, 直接それには, 眞劍に, 真鍮の, 眼鏡と, 知らざる戦争, 石だ, 確かある, 神中兄妹の, 秀才で, 稀れな, 空想的な, 突然千鶴子, 突然鑵, 立ち上がり下, 立戻, 笑ふ, 篠田と, 約束ど, 素早く歩, 終日家に, 絵札を, 網棚の, 繰りかへ, 美術写真の, 翌朝人を, 考えた事, 聚議庁, 肉屋と, 背負ご, 腑脱けの, 自らくり返し, 自ら物凄く, 自分自身に対し, 自然現象中より, 舗石を, 芒の, 若い夫人, 苦労性で, 荒々しくそして, 落ち込む途中, 蒼ざめ果は, 薬局の, 蛇腹から, 行き過ぎた, 表面上クールフェーラックの, 襟首を, 見のがして, 規則的な, 観破した, 言葉と共に, 評定岩へ, 語らいまた, 誰ぞ, 識らなかつた, 負担を, 賛意を, 走りました, 足もとの, 躊躇せず進ん, 車上に, 軽く笑った, 農民を, 返つて父, 逃げだすこと, 通俗な, 遂にわが, 遊び疲れた, 遠い村, 邪悪な, 酒食を, 重い犬, 金物たとえば, 銃丸の, 長いこと本, 長政が, 間もなく姿, 限界の, 随分疲労, 雨乞いの, 青い元, 靠れかかって, 頑ばりとおして, 題は, 飛び起きるが, 飯茶碗の, 首筋の, 駈け降りた, 骨壺を, 髪逆だて, 鶴と, 黒眼鏡の

▼ 彼~ (57391, 26.8%)

521 顔を 469 心を 428 心は 367 前に 344 心に 323 心の 302 ために 281 姿を 258 眼に 254 眼は 242 手を 241 頭の 224 手に 221 方へ, 方を, 眼の 216 顔は 189 女は 188 胸に, 頭に 181 ことを 152 耳に 148 姿は 147 うちに 146 眼には 145 頭を 142 頭は 140 女の 138 顔に 133 家の 132 眼を 130 上に, 人の 122 妻は 117 目の 113 胸の 110 姿が, 胸を 104 目に 97 父は 95 ような, 言葉を 94 すがた 93 腕を 87 口から 86 声は, 方に 83 名を 82 様子を, 肩を 79 心には, 手は 78 言葉は 77 手から, 母は 76 頭には 74 家に 73 目は 71 胸は 70 足は 68 ところへ 67 前には, 方で 66 前へ, 言葉に 65 顔が 64 名は 63 心が, 身体は 62 中に, 話を, 顔には 61 人は, 生活は, 眼が 59 胸には 58 傍に, 家は 57 作品の, 女を 56 体は, 方が, 顔の 55 家へ, 方から 54 耳には 53 作品は, 言葉の 52 女が, 態度は, 肩に 51 目を, 魂は 50 そばに, 注意を, 為に, 生活の 49 目には 47 作品を, 前を, 妻の, 気持は, 記憶に 46 ように, 考えは 45 気持を 44 体を, 手の, 腕に 43 父の, 身に, 頬を 42 ほうへ, 手が, 顏を 41 うちには, 精神は 40 やうな, 最後の, 死を, 言葉が 39 一生の, 話に 38 前で, 眼から, 眼前に, 耳を 37 後から, 生涯の, 男は 36 あとを, 側に, 存在を, 家を 35 そばへ, 話は 34 ほうで, 傍へ, 口を, 後を 33 うしろに, 顔へ 32 思想は, 持って, 方は, 部屋へ 31 仕事は, 生活を, 身を, 部屋の, 鼻の 30 ほうを, 作品に, 周囲に, 唯一の, 心も, 手には, 生涯は, 知って

29 [12件] ほうに, 作品が, 周囲の, 性格の, 死は, 神経は, 興味を, 足の, 身体を, 顏は, 首に, 首を

28 やうに, 場合は, 後に, 机の, 母が, 父が, 顔色を, 魂の

27 [13件] 事を, 仕事の, 口に, 名が, 名前を, 妻が, 思想の, 意見を, 所へ, 気を, 言うこと, 頬に, 顔色は

26 からだは, すべての, 最初の, 有名な, 母の, 生命を, 耳へ, 視線を, 身の

25 あとに, 云ふ, 側へ, 周囲には, 女に, 生活に, 頭脳は, 額に

24 [11件] ためには, 上へ, 人が, 全身は, 全身を, 夢の, 帰りを, 腕の, 詩の, 面を, 魂を

23 [15件] 一生は, 友だちは, 声が, 手紙を, 神経を, 背後に, 胸中に, 膝に, 膝の, 足を, 身体が, 身体の, 身辺に, 部屋に, 顔から

22 右の, 地の, 声を, 好きな, 横顔を, 耳の, 記憶の

21 なかに, 周囲を, 心臓は, 生活が, 詩は

20 [11件] そばを, 体の, 妻と, 想像は, 最大の, 来るの, 現在の, 立場は, 精神を, 考えに, 頭から

19 [18件] 今の, 内部に, 口の, 地に, 小説の, 小説は, 左の, 態度が, 手で, 故郷の, 母親は, 目が, 第一, 考えでは, 脳裡に, 言を, 足が, 頭が

18 [23件] あたま, まわりに, 人に, 人を, 内に, 友人の, 国の, 姿に, 後姿を, 思想を, 所謂, 時代の, 様子が, 死の, 男の, 眼と, 瞳は, 精神の, 足もとに, 過去の, 道を, 頭脳の, 鼻を

17 [24件] いうこと, ことだ, 不思議な, 人物を, 全生涯, 唇は, 女房は, 妻に, 影は, 影を, 態度には, 態度を, 掌の, 時の, 男が, 目的は, 考えを, 耳は, 芸の, 血は, 計画は, 足もとへ, 運命は, 部屋は

16 [21件] うちの, もとへ, 中の, 二人の, 仕事が, 他の, 力を, 存在の, 家が, 家には, 容貌は, 性質として, 様子は, 生命の, 背を, 脳裏に, 行動を, 袖を, 視線は, 説に, 頭上に

15 [31件] いわゆる, ことばを, 下に, 人生の, 住んで, 傍を, 出て, 前の, 女と, 子は, 心から, 心持は, 想像の, 感情は, 態度に, 手紙の, 文学の, 様に, 母を, 気に, 気分を, 父親の, 生涯に, 生涯を, 目から, 眼にも, 背後から, 袂を, 言うところ, 詩を, 顏に

14 [38件] あとから, ことばに, もとに, 両眼, 両腕, 健康は, 全身の, 前では, 場合には, 室の, 家から, 家では, 心臓を, 思想が, 性格が, 性質は, 意を, 意見に, 意識に, 愛を, 昔の, 最近の, 様子に, 横に, 気分は, 父親が, 肩の, 肩へ, 胸へ, 腕から, 表情を, 視線の, 話の, 調子は, 運命を, 部屋を, 魂に, 鼻先に

13 [39件] いつもの, うちで, ことは, ことばは, たましい, ところに, ほうが, まわりを, 一生を, 側を, 口は, 命を, 噂を, 声に, 奇妙な, 姿の, 娘を, 子の, 存在は, 家で, 情熱は, 意志は, 意識は, 感情を, 手首を, 文学は, 時に, 様な, 歩いて, 母も, 秘密を, 細君は, 背に, 胸にも, 芸術の, 芸術を, 行動は, 言に, 許へ

12 [40件] すること, ほうから, まえに, まはり, ものに, 両手を, 中には, 仲間の, 傍には, 友だちの, 口へ, 名声は, 声には, 姿も, 娘の, 怒りは, 性格に, 意志に, 意識の, 所に, 文章の, 晩年の, 気持が, 注意は, 父も, 父を, 癖で, 眼中には, 空想は, 背中を, 脚は, 腰の, 表情の, 表情は, 言葉には, 許に, 身体に, 頬の, 頬は, 顏の

11 [52件] うしろで, ほかに, もので, 一生に, 両手は, 人には, 人も, 全身に, 初期の, 動作は, 友達は, 名前は, 唇が, 唇を, 地位は, 妹の, 妻も, 妻を, 娘は, 幸福は, 後ろから, 心へ, 心中に, 心事を, 心持を, 愛は, 態度の, 本当の, 死に, 母親の, 決心を, 消息は, 為めに, 爲に, 父, 病気は, 真意を, 眼や, 神経の, 立って, 第二, 細君が, 細君の, 罪を, 背後の, 胸から, 説を, 身辺を, 返事を, 部下は, 長を, 頭脳に

10 [63件] あとについて, うしろ姿を, からだを, 予期した, 人と, 仕事を, 内なる, 前にも, 力の, 力は, 口からは, 右に, 声の, 子を, 子供の, 存在が, 室は, 家も, 家族は, 平生の, 後ろに, 心にも, 念頭に, 意志の, 手中に, 日記の, 時は, 機嫌を, 求めて, 男を, 真の, 真実の, 眸は, 眼からは, 空想の, 背中に, 腹の, 腹は, 膝へ, 自尊心は, 自尊心を, 舌は, 若さ, 血の, 血を, 見て, 視線に, 言ふ, 計畫, 足に, 足下に, 足許に, 跡を, 身は, 身体から, 面倒を, 面目を, 音楽は, 頸に, 顔や, 首が, 髪は, 魂が

9 [96件] うしろから, うしろには, お葉, からだの, ことで, ひとみは, ものと, 一つの, 三人の, 上を, 不安は, 世界は, 世話を, 中で, 事業は, 云うこと, 五体は, 人格の, 仕事に, 代りに, 体に, 作が, 作は, 作を, 作品には, 傍らに, 全部を, 努力は, 勇気は, 勤めて, 半生の, 友達の, 名前が, 周囲は, 夢に, 天才を, 好奇心は, 子も, 子供は, 室に, 容子を, 小説を, 希望は, 性格を, 息子の, 意見は, 愛の, 憤怒は, 手へ, 才能を, 指は, 指を, 挙動に, 文章は, 日常の, 書斎の, 期待は, 本心は, 正面に, 氣に, 注意が, 消息を, 父に, 現実の, 生命は, 異様な, 病室の, 病気の, 相手に, 眉は, 眼底に, 祖父は, 立つて, 答えは, 精神が, 絵は, 絵を, 考えの, 肉体は, 肩から, 自由に, 自由を, 舞台を, 表情が, 言葉で, 言葉も, 説は, 軍は, 部下の, 部屋には, 郷里の, 面に, 音楽を, 頭上を, 額の, 顔も

8 [95件] からだに, すぐそば, すぐ傍, そばには, ためにも, ほうは, まなざしは, まわりは, 一種の, 不幸な, 両親は, 乗って, 二つの, 云う通り, 人格を, 今までの, 信念は, 偉大な, 健康を, 先生の, 全生活, 判断を, 力に, 友人が, 友人は, 哲学の, 唇に, 唇の, 地で, 坐って, 天才の, 女も, 好意を, 娘が, 存在に, 家族の, 心中には, 心持が, 思いは, 意中を, 指の, 掌に, 敵では, 方の, 書斎を, 服装は, 本来の, 枕もとに, 横を, 正直な, 歩みは, 死骸を, 理想の, 生きて, 留守中に, 皮膚は, 目にも, 立派な, 精神に, 絵の, 耳もとへ, 聲は, 胸中を, 腕は, 腰を, 良心は, 芸術は, 藝術の, 行方を, 言は, 記憶は, 記憶を, 評判は, 詩が, 足跡は, 足跡を, 足音を, 跫音に, 身の上を, 近くに, 返事は, 運命が, 運命の, 隣に, 頭へ, 頭脳を, 額には, 顏には, 顔いろ, 顔と, 顔にも, 顔色が, 首は, 馬の, 鼻は

7 [147件] いうところ, いう通り, うえに, うしろの, うしろへ, うちにも, からだ, さうし, して, その後の, その時, ための, ところには, ところまで, なかを, ほうも, ものである, 上衣の, 下宿に, 不幸を, 世話に, 主人の, 云う事, 人物の, 仲間は, 位置が, 住居は, 価値を, 個性を, 側には, 傍で, 全身が, 内部の, 前半生, 功を, 友だちに, 友人で, 君の, 周囲へ, 命の, 哀れな, 哲学は, 哲學の, 境遇は, 声も, 夢は, 女等は, 好んで, 如くに, 妹は, 妻, 姉の, 室へ, 室を, 家と, 宿命の, 寝顔を, 将来を, 左手は, 帰って, 店の, 影が, 後について, 心中を, 心情を, 心臓に, 念頭を, 怒りを, 思索の, 性格は, 性質が, 性質の, 性質を, 恋は, 意の, 意識が, 感情の, 戯曲は, 手によって, 才能は, 指先に, 日の, 日記に, 日記は, 書いたもの, 書斎で, 書斎に, 望みに, 望むところ, 本心を, 歌の, 歩調は, 気もちは, 気持に, 気色を, 涙は, 涙を, 無罪を, 犬が, 理性が, 生来の, 異常な, 癖の, 真意は, 祖先は, 秘密の, 筆の, 老妻, 考へは, 耳が, 職業は, 肌に, 肩は, 背へ, 背中へ, 脇腹を, 脚を, 脳髄を, 腰に, 自殺は, 自然を, 自白に, 興味は, 良心を, 芸術に, 苦しみを, 荷物を, 行手を, 行為は, 襟が, 要求を, 計画に, 記憶から, 許を, 調子に, 足音が, 身辺の, 過去を, 邸を, 部下が, 面は, 面上に, 面前に, 頭と, 頸を, 驚きは, 鬼の

6 [180件] いうが, いう所, いるところ, おかげで, お杉婆, ことに, したこと, ほんとうの, まわりには, まわりの, もって, わきに, ベッドの, 一切の, 一身に, 下宿の, 下宿へ, 不機嫌, 世界を, 事が, 事業を, 人達が, 位置は, 住居の, 作物の, 使命は, 信仰の, 信念を, 兄弟の, 内心に, 内部で, 前から, 前途に, 剣は, 力では, 功績は, 友だちと, 友だちを, 友情を, 口より, 口調は, 同僚が, 名の, 周囲が, 命に, 命令に, 喉に, 喜びは, 地位を, 外に, 多くの, 夢を, 夢想は, 大事な, 夫人は, 女房の, 女等の, 孤独な, 家まで, 家庭の, 宿命的な, 小説に, 少年時代の, 屍體を, 帰宅を, 弟の, 弟子たちは, 後期の, 得意と, 心と, 忠告は, 思うよう, 性情を, 息子は, 悲しみの, 悲劇は, 想像を, 意志では, 愛して, 愛情を, 感情に, 態度も, 成功は, 成功を, 手と, 才能に, 持つて, 挙動を, 掌は, 文学上の, 方も, 日に, 日常生活の, 時早く, 有名なる, 望みを, 未来を, 本名を, 本心の, 枕頭に, 様子には, 次の, 歌を, 正体を, 歯は, 死が, 母と, 母親が, 気もちを, 氣持は, 火の, 父親に, 父親は, 片方の, 片眼, 理論の, 生の, 生命が, 病は, 病的な, 皮膚の, 眉には, 真似を, 眸の, 眼へ, 眼も, 着物の, 瞳に, 瞳の, 知識は, 立場に, 笑ひ, 答を, 縄を, 考えて, 肉体が, 肉体に, 肉体を, 肢體を, 脳裏には, 脳裡には, 腦裡に, 自白は, 芸が, 芸術家としての, 若い心, 若者は, 苦痛は, 著作の, 行為の, 視線が, 視野の, 言が, 言葉と, 記憶が, 記憶には, 説明は, 説明を, 足どりは, 足もとの, 足もとを, 身体には, 身辺には, 軍隊は, 辺は, 過去に, 道徳は, 部屋から, 郷土に, 非凡な, 面前で, 頭では, 頭も, 頸へ, 顏が, 顔付は, 顔面の, 願いは, 馬前に, 鼻先へ

5 [298件] ことが, ことばが, これまでの, すぐ近く, する事, そばで, ところを, なかには, なかの, なすまま, ほかの, ようすを, 一家の, 一身の, 一身を, 上には, 両の, 両肩, 両足は, 云う所, 人物は, 人達の, 人間は, 会社の, 住居へ, 住所を, 体が, 体には, 体躯は, 作中に, 作品, 作品から, 侍の, 侍は, 信仰は, 健康が, 側から, 傑作の, 兄の, 全人格, 全作品, 全存在, 内心の, 冥福を, 刀の, 判断は, 前後に, 前途を, 創作の, 労を, 友は, 友人に, 友情は, 叔父は, 口が, 句が, 右手の, 右手は, 名刺を, 名声を, 周圍の, 呼吸は, 呼吸を, 命令で, 咽喉を, 唇から, 問いに, 嘲笑を, 噂は, 外には, 大切な, 大胆な, 天性は, 天才は, 奇怪な, 女たちは, 女であった, 女である, 女には, 女自身, 好奇心を, 好意に, 如きは, 妙な, 妹が, 妻として, 姓名を, 姿, 姿と, 姿へ, 娘に, 婦人の, 子に, 子供が, 宗教の, 容子に, 容貌に, 寂しさ, 寝床の, 専門の, 小説が, 少女を, 少年の, 尻を, 居所を, 屋敷は, 席は, 帰るの, 幸福を, 幼い心, 弟が, 強烈な, 影の, 役割は, 後の, 後年の, 得意は, 心境は, 心臓の, 思惟の, 思想に, 性に, 性情が, 恋人の, 悲しみは, 想像に, 意に, 意中の, 感覚は, 態度や, 憂鬱な, 戯曲の, 手にも, 手下の, 手許には, 手許へ, 才能の, 抱いて, 持ち前の, 指に, 挙動は, 描いて, 敵の, 文学が, 文章を, 方には, 旅の, 昔からの, 最愛の, 望みは, 未来は, 来たこと, 様子の, 歌は, 歓心を, 武勇を, 歩き方, 死後に, 母から, 気が, 気力を, 決心は, 注意の, 熱心な, 爲めに, 父と, 犬の, 猛烈な, 理性は, 理想と, 生前に, 生涯が, 生涯には, 男に, 画を, 留守の, 疑いを, 病気を, 癖であった, 癖として, 発見した, 百姓は, 皮膚を, 皿の, 目前に, 眸に, 眸を, 眼光は, 眼前で, 眼前には, 眼鏡は, 着て, 瞳を, 瞼は, 知ったこと, 知人の, 祖先の, 神経に, 空想を, 筆に, 筋肉は, 純真な, 老人の, 老母が, 考えが, 考に, 者の, 耳にも, 耳もとで, 耳もとに, 職業を, 肉は, 肉体の, 肩先を, 肩越しに, 背後で, 胴に, 胸いた, 胸中には, 胸中は, 脚の, 脾腹を, 腕が, 腰かけて, 腰は, 臂を, 臆病な, 自尊心に, 自殺の, 自由な, 自白の, 自白を, 良心の, 芸に, 芸は, 若侍, 苦悩は, 著書は, 著述は, 衆の, 行手に, 行為を, 表情に, 衷に, 見たもの, 親しい友人, 言う通り, 言の, 言葉から, 計画が, 詩集は, 話には, 語るところ, 語気は, 説明に, 読んで, 調子には, 質問に, 足もとから, 足元に, 足取りは, 踏んで, 身が, 身には, 身邊に, 身體は, 通りの, 邸へ, 部下も, 部屋で, 郷里に, 金を, 門を, 降伏を, 青年は, 静かな, 靴の, 靴音は, 音楽の, 頬には, 頭上で, 頭脳が, 額から, 額は, 額へ, 額を, 顔からは, 顔つきは, 顳, 風貌が, 首の, 馬が, 馬は, 馬も, 馬を, 髪を, 鼓膜を, 鼻に

4 [523件 抜粋] いう事, いること, うちでは, お杉, お藤, かたわらに, からだも, こころに, こととて, ことばの, この言葉, すぐうしろ, すぐ眼, すぐ背後, その顔, それは, ためだ, ためらいを, ところで, ばあいは, ふところに, ふところへ, ふるさとの, ほかには, ほかにも, まことの, もう一つ, ものだ, ものであった, やり方は, ゆくところ, ポケットから, ポケットに, 一家は, 一家を, 一方の, 一身は, 三人は, 上で, 上にも, 上半身が, 上衣は, 下には, 不平を, 不幸が, 不幸の, 不愉快な, 不朽の, 世界聯邦論の, 中へ, 主人に, 主張の, 主張は, 主義として, 主観の, 乞いを, 予期しない, 事情を, 事業に, 事業の, 人柄が, 人格が, 人物が, 人物に, 人生に, 人生を, 今日の, 仕事や, 以前の, 仲間が, 伝記を, 伯母は, 住居に, 住居を, 体から, 体にも, 体重は, 作品や, 作物を, 例の, 価値は, 個人的な, 偉さ, 健康の, 健康も, 傍の, 兄は, 先に, 先生は, 先生も, 先祖の, 先輩の, 入って, 全心, 全身には, 全集の, 内心を, 冷たい手, 前期の, 前身を, 剣が, 剣に, 剣法は, 力が, 力で, 助言を, 努力の, 勇気を, 動作を, 動静を, 勢力は, 卓越した, 友, 友であり, 友人と, 友達が, 反感を, 口には, 口辺に, 右手が, 右手には, 右腕は, 同僚は, 名に, 名も, 君に, 告白が, 周囲で, 周囲にも, 味方は, 哲學が, 哲學に, 哲學を, 唇からは, 唐突な, 商売は, 喉を, 地では, 地へ, 地位に, 坐つて, 執拗な, 塔の, 境遇を, 墓の, 壮い, 夏の, 多年の, 夢想を, 大なる, 天性の, 失敗を, 奥さんは, 女で, 女房が, 女房も, 好みに, 好むところ, 妻であった, 妻や, 妻君は, 妻子が, 妻子の, 姉が, 子が, 子供らしい, 室には, 家でも, 家にも, 家庭に, 家庭へ, 家族に, 家族を, 容貌の, 容貌や, 容貌を, 富の, 寝て, 寝台の, 寝床を, 寝衣, 小さな世界, 小屋の, 小屋へ, 居間に, 山, 山々は, 左右には, 巧妙な, 希望を, 帰りの, 帰国を, 平静な, 年齡の, 幼ない, 幼年時代の, 幼年時代は, 幼時からの, 幼時の, 店へ, 弟子たちに, 弟子の, 弱い心, 後ろで, 後ろを, 従来の, 得意な, 心からは, 心では, 心もちを, 心境に, 心眼に, 心臟は, 心身を, 志を, 快活な, 思いも, 思う通り, 思想には, 思想や, 思索は, 性格から, 性格として, 性格には, 恋の, 息子が, 悩みを, 悲しみを, 情熱と, 想像が, 想像では, 想像力は, 意味を, 意図は, 意志が, 意見が, 意識も, 愛情に, 感化を, 感覚を, 態度にも, 態度に対して, 慾情を, 憎んだの, 憤りは, 憤激は, 懊悩の, 懐に, 懐には, 成績は, 戯曲を, 所まで, 所業を, 手では, 手も, 手中の, 手紙が, 手紙に, 手紙には, 手紙は, 手記を, 手許に, 手足を, 手首の, 技倆を, 指さきに, 挨拶に, 挨拶を, 描くもの, 教養が, 敵に, 敵は, 文章が, 旅行の, 日々の, 日記を, 日課の, 旺盛な, 時代と, 時代を, 時間の, 時間は, 時間を, 智慧を, 書くもの, 書は, 書を, 書斎へ, 書物は, 最も親しい, 最初に, 服を, 望んで, 未来の, 本が, 本に, 本の, 本名は, 本心が, 本性の, 本質を, 本質的な, 本領は, 杖の, 枕元に, 枕許に, 棲んで, 様々な, 樣子は, 樣子を, 横の, 歌に, 歌には, 歴史の, 死と, 死体を, 死骸が, 母に, 母や, 気に入った, 気の, 気は, 気分が, 気分に, 気持へ, 気焔を, 気配を, 気魄に, 求むるもの, 泊って, 涙に, 潜戸の, 為人を, 烱眼は, 父や, 片手は, 物の, 物語を, 特殊な, 犬は, 独自な, 理想は, 理想を, 理智の, 理論は, 環境が, 生きた時代, 生家は, 生活と, 生活も, 生涯を通じて, 男と, 画が, 画は, 留守に, 病床を, 病気が, 癖である, 皮肉な, 眉の, 真理の, 真理を, 眼前を, 眼底を, 着物を, 瞳が, 瞼を, 知らぬ間, 知る限り, 短篇の, 祖父が, 祖父の, 私に対する, 空想に, 窓から, 立つ現実, 立場の, 笑いは, 笑い声は, 笑顔に, 答えを, 素姓を, 素性を, 素直な, 紳士は, 経歴は, 経験では, 経験に, 経験の, 経験を, 絵が, 緻密な, 罪悪を, 美しい顔, 老いたる, 老祖母, 耳許で, 聲を, 職業が, 肉を, 肉親の, 肚の, 肩や, 肺腑に, 背は, 背後には, 背筋を, 胸ぐらを, 脣は, 脳裡を, 腕と, 腹に, 腹を, 膝を, 臨終の, 自信を, 自然の, 興奮は, 船は, 色の, 芸を, 芸術に対する, 苦心の, 著, 著書を, 著述の, 虚栄心を, 血管を, 行く手を, 行動が, 行方は, 行衛を, 表現に, 表現を, 衷心の, 袂の, 裡に, 襟く, 要求に, 視界を, 親友であった, 親友である, 観念を, 言葉にも, 計に, 計画の, 記述は, 評判を, 話が, 話して, 誠意を, 論文を, 財産は, 財産を, 貧弱な, 足には, 足許へ, 身について, 身体も, 身辺は, 身近かに, 身體に, 身體を, 躯を, 車に, 述懐を, 運命に, 運命も, 道は, 遺骸は, 邸に, 邸には, 邸の, 野心の, 門に, 関心は, 関心を, 降りて, 陣へ, 隙を, 隣りに, 青年の, 面目は, 靴は, 頑固な, 頬へ, 頼みを, 顏色を, 顔つきが, 顔色には, 風貌を, 風采や, 饒舌を, 駒は, 駒を, 駭き, 骨を, 髪の毛は, 髪の毛を, 鼻が

3 [966件 抜粋] あとに従って, いうには, いふやう, いら, いんぎんな, うつろな, お神さん, かたへに, からだが, くちびるを, ことである, ことなら, ことばかりを, ことも, この主張, さしず, すべてであった, するどい眼, そう云う, そのよう, その日, た, ただ一人の, ところから, ところにも, なすこと, はうへ, ひそかに, ほうからも, ま, もつて, やつて, アントロポロギーは, ジヤアナリズムの, ズボンの, 一味の, 一挙一動に, 一族と, 一族は, 一本の, 上から, 上半身は, 下腹部に, 不在中, 不気味な, 世界が, 両手の, 中核を, 主人は, 主張する, 乱暴を, 予想し, 予想した, 予想を, 予期する, 事は, 事務所の, 事務所を, 二人は, 二疋の, 云うの, 云ふま, 五体を, 人だ, 人及び, 人格と, 人格は, 人気は, 人生観を, 人間に, 人間的な, 今日までの, 代わりに, 代表的な, 仲間に, 件, 伯父の, 位置からは, 体も, 体力の, 体験が, 作中人物が, 作家としての, 來る, 依頼を, 信じて, 信仰を, 借りて, 健康で, 傑作である, 傑作を, 元気は, 兄が, 兄や, 先祖が, 全人間, 全精力, 全財産, 兵は, 内から, 内部には, 写真を, 処へ, 出世を, 刀を, 初めの, 前まで, 前身は, 剣を, 助手を, 努力を, 労働は, 勉強部屋に, 動作には, 勤勉な, 卑劣な, 厚い唇, 原稿を, 友だちも, 反対の, 叔父が, 叔父に, 口ぶりは, 句を, 右腕の, 同僚の, 同時代, 名と, 名前で, 名誉で, 名譽心, 周囲から, 周圍には, 味方を, 命令を, 咽喉まで, 唇には, 問に, 善良な, 四人の, 国は, 土地を, 地にて, 執念ぶ, 場合その, 墓は, 外套の, 夜の, 夢で, 大きさ, 大きな眼, 大工の, 天を, 夫人に対する, 失敗は, 奇禍は, 女では, 女に対して, 如きを, 妹を, 妻である, 妻子は, 姿だった, 威厳は, 婆さんの, 嫌いな, 学問の, 学者として, 官職を, 実人生, 実家へ, 家とは, 家庭は, 容貌が, 宿所を, 寺に, 将来の, 尊敬する, 小舎を, 小説には, 少年時代を, 屋敷の, 屍は, 島を, 左右から, 左手を, 巨大なる, 希望の, 帽子を, 平生に, 年輩の, 幻覚に, 店を, 庭に, 弁証法は, 弟は, 弱点を, 当惑を, 形相は, 彼らしい, 後ろの, 後ろ姿を, 得意の, 微細な, 心境を, 心情の, 心持と, 心理は, 心身に, 忠実な, 怒は, 怖しい, 思念は, 思想も, 性情から, 性格も, 怪しげな, 恋人が, 恐怖は, 悪い癖, 悪口を, 悲痛な, 情熱の, 想像する, 意味は, 意志か, 意志とは, 意見の, 意識を, 愛に, 愛撫に, 感傷的な, 感想の, 憂欝, 懐ろの, 懐中に, 我儘を, 所在は, 所有では, 手もとに, 手や, 手帳を, 手首に, 才能と, 批評は, 拳に, 持ちまえの, 指が, 指導を, 掌を, 推理の, 擁して, 政府の, 故郷は, 教訓は, 教養は, 敵と, 文の, 文を, 新生活, 方であった, 旗を, 日常は, 日記帳を, 昂奮は, 時代は, 時計の, 智勇弁力の, 曠野に, 書かうと, 書斎には, 最も得意, 最も深い, 最も貴重, 最期の, 未來は, 本心では, 本性に, 本意を, 本質が, 机に, 机上に, 来て, 梅の, 椅子の, 業績を, 槍の, 様なる, 樣な, 横へ, 横顔に, 機敏な, 欠点を, 歡喜は, 正面が, 武勇は, 死とともに, 死も, 死体の, 母親に, 気合を, 気嫌を, 気性は, 気持ちは, 気持も, 求めに, 決意を, 泣き声は, 注意も, 洋袴の, 涙と, 湯壺の, 演技は, 演説を, 為にも, 熱心さを, 熱烈な, 爪は, 父なる, 父左衛門は, 父親と, 片腕を, 物語は, 特徴である, 特異な, 犯罪を, 状態を, 狭い部屋, 猫の, 玄関に, 理想も, 理論を, 生き方の, 生に, 生ひ, 生を, 生命と, 生活, 生涯と, 用事は, 画の, 番が, 白痴は, 盃に, 目下の, 目的では, 目的と, 相好が, 眉を, 真摯な, 真面目な, 眠りを, 眼中に, 眼玉は, 眼界は, 睡眠を, 瞑想は, 知り合いの, 短所と, 石の, 研究の, 祖母が, 神は, 神経が, 神經を, 私生活を, 科学者としての, 立身の, 答弁は, 精神と, 精神状態の, 素質が, 紫の, 細長い顔, 絵には, 網膜に, 緊張した, 缺點を, 美き, 美の, 義務である, 習慣に, 老僧, 考え方は, 考へでは, 者は, 耳へは, 耳元に, 耳朶の, 耳許に, 聴水が, 聴水を, 肉体と, 肚は, 背後を, 胸倉を, 脣に, 脳中を, 脳裡の, 腰から, 腰掛けて, 自信が, 自尊心が, 自殺した, 自由で, 自由である, 舌に, 艷書を, 芸術が, 苦しみは, 苦痛と, 苦難に, 著作は, 著書に, 蒙を, 藝術が, 藥を, 處へ, 血には, 行くの, 行く先は, 行動に, 衣を, 表情には, 表面の, 袖に, 襟の, 要求する, 見るところ, 視力は, 親の, 親切に, 観察は, 言う所, 言ひ, 言葉や, 訪問を, 許へも, 訴えを, 詩に, 誘いに, 誠意に, 説の, 読書は, 論文は, 論理の, 豊かな, 財産の, 責任では, 貴重な, 質問の, 趣味に, 趣味を, 足下には, 足許には, 跫音を, 身うちに, 身長は, 車で, 迂闊を, 近づくの, 近況を, 返事が, 逞ましい, 進路を, 道連れの, 邪魔に, 邸は, 部落の, 郷里まで, 醜い顔, 金眸を, 長い一生, 門には, 関係し, 陣を, 陣地を, 雄弁の, 集の, 青年に, 青春の, 非情に, 面には, 面目が, 音楽が, 頑強な, 頭からは, 頭巾を, 頭越しに, 顔つきと, 顔色の, 顔面は, 風貌は, 風采の, 食事の, 館の, 首へ, 體系に, 魅力の, 鼻先で

2 [2779件 抜粋] あいだに, あらゆる知, いうて, いって, いる前, うしろでは, うっとりと, お人, お尻, お芝居, かえりを, きげん, くれえ, こころを, この家, これまで, すきな, すぐ後ろ, するまま, そういう表情, その妻, そばから, では, と異, なかで, はじめて見る, はひる, ふくら脛に, ほうの, まえには, もたらした神教, ものごし, やったこと, ゆく道, らんらんたる, イデア, オモチャ箱は, グラスに, テーブルの, ニセ札が, ベッドへ, ポケットへ, モーニングコートの, 一つおい, 一日は, 一生より, 一言は, 七兵衛老爺が, 上体は, 下宿で, 不安な, 不機嫌な, 両方の, 中なる, 主なる, 主観に, 予想は, 予言の, 二三の, 云い分, 云う人間, 云つてゐる, 交渉の, 人つたら, 人物と, 人種の, 仇し, 仕事であった, 仕業の, 代表作と, 仲間, 任務は, 伝記作者の, 位置に, 住職の, 体力が, 何で, 作つた, 作中人物は, 作品中に, 作物には, 使命の, 信じたカソリック, 俳優としての, 個性が, 側近く, 傷は, 僧を, 兄さんの, 先生が, 児の, 全生命, 兩眼お, 兵士の, 内儀さまが, 内部を, 写真が, 冷淡は, 出たあと, 出社の, 分を, 利を, 前方から, 剛毅な, 劇が, 功は, 労力の, 動物を, 勝手な, 勿体ぶつた, 十字架を, 南京虫だらけの, 印象に, 厚意に, 去就は, 友も, 友人や, 反撥を, 叔母が, 取り札, 口癖であった, 口調を, 句の, 召使は, 右腕を, 同志であり愛する, 同情を, 名声が, 向って, 周到な, 呼吸が, 哲学, 問いには, 問題は, 嗅覚は, 嗜好を, 四歳に, 国に, 地位が, 坊主を, 場合, 境遇としては, 墓場へ, 声にも, 変心は, 夢とは, 夢幻の, 大きな身体, 大名物, 大嫌いな, 大軍は, 天才に, 夫は, 奇蹟を, 女から, 女性に, 好みには, 如き人物, 如何なる激しい, 妻だ, 妻君が, 姫に, 姿勢は, 嫉妬の, 子供に, 存在や, 学識の, 宇宙は, 定鼎, 実験は, 家にて, 家庭では, 家来の, 容子が, 宿へ, 富は, 寝床が, 将棋の, 小さな書斎, 小学時代に, 小田原の, 少年は, 尻馬に, 居間らしい, 屍体を, 山の, 岸へ, 嵐の, 左右の, 巨き, 希いは, 席の, 帰った後, 常に坐る, 平民的な, 年よ, 年齢の, 幻を, 幼少の, 広大な, 座席へ, 弟である, 弟子だ, 弱点は, 強引な, 影響は, 役目は, 従事し, 従弟の, 微笑に, 心事に, 心持ちは, 心機を, 心臓へ, 心配であった, 忠死を, 怒つたの, 思い出に, 思弁癖は, 怠惰に, 性格では, 性質も, 恋愛は, 恩師の, 恰好は, 悪徳を, 悲しさ, 悲惨な, 惑亂した, 想念が, 意久地なし, 意見としては, 愛が, 愛人として, 感じは, 感受性は, 感覚に, 慢心は, 憎みでは, 懊悩は, 懸け硯, 成道の, 戯曲が, 所有と, 所謂嬉し, 手先が, 手腕と, 手足の, 批評や, 技倆は, 抱懐する, 拙を, 持物を, 指図に従って, 指示する, 挙動の, 探す新生学園, 描きかけの, 改革の, 放蕩は, 敏感な, 敗北を, 教室に, 数奇な, 敵でなく, 文字は, 文章, 新らしい, 方によって, 方法は, 旅館を, 日常に, 早熟な, 星の, 時お, 晩年を, 曲者は, 書見は, 最も忌み, 最終の, 有頂天を, 木靴の, 本意でない, 本領に, 村に, 来るを, 枕に, 柩の, 案内に, 椅子に, 様子では, 横から, 櫛を, 歌が, 正式の, 武勲を, 歩みを, 死から, 死ぬ時, 死後において, 殺人は, 比でない, 気に入らなかった, 気分も, 気持などは, 気質は, 永い貧乏, 汝に, 法衣の, 洞察は, 涙が, 温和な, 溜息を, 漢訳の, 為すに, 無学を, 無礼を, 煉瓦の, 熱い呼吸, 熱情の, 爲す, 父母は, 物で, 特徴の, 特長であった, 犯罪は, 狼狽する, 獨特な, 現実主義は, 理想主義は, 理論と, 生と, 生れた日, 生死不明の, 生活力を, 用を, 田虫は, 男こそ, 画には, 番に, 疲れた胸, 病の, 病室には, 病気, 痩せた顔, 癖は, 発明の, 白馬は, 皮膚には, 目ざすの, 目標は, 直感に, 相手は, 看護婦に, 真面目に, 眠りは, 眼である, 眼光には, 着物が, 瞼には, 知りたがって, 知性の, 知識によ, 短気な, 研究した, 社会的位置が, 禁欲的な, 科学者的冷静だの, 穴から, 窓を, 童顔は, 笠の, 筆蹟だった, 箱の, 精神力の, 紙の, 素質的な, 終生の, 経験から, 結論を, 綺麗な, 罪の, 美を, 義務は, 習性を, 老人が, 老躯は, 考え方に, 考へを, 聡明と, 職業に, 肌を, 肚を, 肩先へ, 背から, 背中は, 胸では, 胸深く, 脚早き, 脳裏から, 脳髄は, 腕力を, 腹の中には, 膝は, 自信あり, 自意識である, 自由の, 自記は, 舞台に, 良心が, 芸術では, 芸質に, 若い細君, 苦心は, 苦闘の, 荷物は, 著は, 蒼ざめた顔を, 藝術を通じて, 虫の, 血潮の, 行いも, 行く先々, 行方が, 衣服の, 表情で, 裾へ, 西の, 見地から, 視力の, 親切は, 親類筋にあたる, 解剖に, 言うとおり, 言ったこと, 言ひたい氣持ちを, 言葉とは, 言論の, 計画も, 記述に, 詞を, 詩集が, 話し好き, 話題は, 誕生を, 語調や, 誤解を, 説教を, 諄々と, 貌を, 責任を, 赭い, 足どりが, 跡に, 身にも, 身内には, 躯は, 辺に, 返答を, 述懐は, 逆上した, 通りだ, 連想は, 過敏な, 道連れは, 遺言を, 郷愁を, 酔は, 野心を, 金で, 金眸に, 鋭敏な, 長女が, 長男は, 間は, 陳述は, 雌鶏は, 霊妙なる, 青年時代の, 青白い顔, 面にも, 面色は, 靴音が, 領地へ, 頭上では, 頸筋に, 顏付は, 顔で, 顔付を, 顕著な, 風姿や, 飢えを, 館は, 馬上姿は, 駕籠舁の, 骨が, 高慢心, 魅力は, 黒いひとみ, 黒影は

1 [20044件 抜粋] あいかたで, あの歌, あらゆる行動, いう道理, いつもする, いやらしい親切, いわゆる不味い, うごきに, えらさ, おやじは, お母さんを, かいた画, かみさんが, くぼんだ深い, ことさしも, この体験, この暴威, この言, ごくひそか, さういふ生活, した話, すごみの, せいだった, そうした耽溺, その出鱈目さ, その申しいで, それ以後の, たのしい義務, ちぢめたどた靴, でたらめな, と着替え, なみなみでない, はく息が, は物, ひどい疲労, ほえかた, まとうて, もがく姿, もの何一つ, ゆくえは, よろい具足は, をその, イデヤが, カソリツクの, クリティクを, シャツを, ダッディが, ナポレオン時代史を, パジャマも, フランシスの, ポエヂイの, モノスゴイ独逸魂の, レトリックな, 一人娘が, 一命助け, 一手さえ, 一生について, 一芸の, 一隊は, 三十四の, 上品な, 下宿し, 不可思議な, 不思議に, 不誠実な, 両人は, 中學校時代, 主人張繍は, 久八は, 乳あたりに, 事あり, 二人に対する, 云いたい恨み, 五十人の, 交響曲を, 人なり, 人気と, 人道主義的な, 仁清を, 仕事で, 仙太郎等三人が, 仮吟味所, 伊太郎の, 伝道に, 低い暗い家, 佐女牛のや, 何かに, 作った紙鳶, 作品ほど, 作爲らしい, 侍士が, 俘虜と, 信念も, 俳諧より, 倶楽部で, 側まで, 傲慢が, 儘帯へ, 兄という, 先生から, 光沢ある, 入蜀記, 全部は, 公正と, 内には, 円光の, 冷たい足, 処刑の, 出入の, 出頭を, 刑事裁判上の, 利己主義に, 前数歩, 剣名を, 力に関する, 助手と, 勇躍を, 勝ちな, 勤王家愛國家を, 十七年の, 午餐の, 卓見と, 印度の, 厠へ, 友として, 友達には, 叔父では, 受縛を, 口小言を, 古い幻想, 召使の, 右肩を, 同情者弁護者証人と, 名主に, 向う側の, 呑み掛け, 味方であった, 命と共に, 品物を, 唐薬は, 啓発者であった, 喚問を, 嘉永安政以後二十余年間の, 四人連に, 図形に, 土において, 地下進撃ぶりを, 垢抜けた容姿, 堅い約束, 塗りこんだ, 士分一名を, 変った凜, 外衣を, 夢とばかりは, 大きな団子鼻, 大井に対する, 大岩が, 大猿, 大門番, 天才的ジヤアナリズムは, 夫人に対して, 奇舌は, 女とを, 女房自慢も, 好む南安, 如き大, 如く床壇, 妥協的態度を, 妻君である, 姉と, 姿のみは, 娘子が, 嫌疑を, 子孫では, 孤独と, 学生時代の, 宇宙を, 宗派の, 実業家としての, 宥し, 家名と, 容れるところ, 寂しい心, 寝室における, 対局の, 将軍家お, 小さな姫, 小娘だ, 小説だ, 少年逆境の, 居所, 履歴を, 島原参陣が, 工藝は, 巴里の, 帝郷に, 帰る支度, 常套手段である, 平手が, 幸か, 幼少は, 庇護者でした, 座右銘, 廻状が, 弖爾乎波の, 弱さ, 強情から, 形容が, 役所に, 後に従って, 後追, 得意時代が, 復讐心が, 心につき, 心意も, 心耳に, 志や, 快活さは, 思い付きに, 思念の, 思索に, 性情としても, 性質生活嗜好などを, 恋人たる, 恐ろしい姿, 恩師藤野先生を, 悔悟の, 悪心を, 悲哀観であった, 情有る, 想いを, 意味ぶ, 意気込みの, 愛するモン・レツポ, 愛女月姫が, 感じに, 感服に, 態度でも, 憎しみが, 懐ろには, 成長を, 戦法も, 房の, 所業や, 所謂藝術家としての, 手元を, 手籠に, 手際は, 打算は, 技術に, 抵抗も, 持ち前であった, 持味の, 指先だけが, 挙げ得た実力, 掌には, 接した事態, 描いた画, 揶揄的な, 支配下の, 政治概念それ自身が, 救は, 教師は, 敵である, 文右衞門が, 文治の, 断髪令嬢は, 新気運, 方針あらゆる, 旅行馬車, 日本語が, 旨を, 昔語を, 時代への, 普遍者として, 暗示し, 書いた武士訓, 書物に, 最も嫌悪, 最大関心事であった, 服務計画には, 朝飯であった, 未生以前に, 本性とも, 本領地, 来られる前, 板塀の, 柔弱に, 桐の, 検挙によって, 構想力彼の, 権大納言たる, 横顔から, 欠席し, 歌枕を, 正眼崩しに, 武徳と, 歯間を, 死については, 死刑の, 死後私は, 残した大作, 母なりき, 比較的新, 気に入らんため, 気愾を, 気骨を, 永久の, 決心から, 沼の, 泥坊を, 活動の, 浪人藤崎道十郎といへる, 涙の, 混沌たる, 湯上りの, 演出の, 潜在意識中に, 瀬川君が, 烈しい拳, 無殘, 焦慮り, 熱した額, 爲永の, 父宗円で, 片腕と, 物腰も, 特質は, 狂つた眼に, 独創性が, 猟奇心を, 獨斷に, 現れた時代, 理想とは, 甘言になど, 生れた時, 生地が, 生活へ, 生産物に, 用具が, 申し出に従い, 男泣きに, 留学費が, 異常に, 病に, 病症は, 瘠せた腕, 発狂が, 白と, 皮紐に, 目の下へ, 直ぐ傍, 相貌が, 真っ黒な, 眠い頭, 眼中師弟なし, 眼識に, 瞳には, 知らない賑やか, 知己交友の, 短篇小説は, 破滅を, 社会学は, 祖国の, 神様の, 禍をな, 科学は, 稀なる, 穴籠り, 突飛に, 立場及び, 竹藪に, 第五インターナショナル, 筐底の, 築いた, 精根を, 糞汁は, 純潔な, 素行その他を, 紺足袋を, 結婚観の, 絶望と, 編纂した, 罠に, 美しいからだ, 美紅姫と, 習性であり, 老爺が, 考へたこと, 耳朶は, 聴手は, 肉体的苦痛と共に, 股を, 胃袋が, 胡弓を, 胸奥にも, 脊の, 脳天まで, 腸は, 膝や, 自作で, 自己崇拜は, 自然哲学にだけ, 自身も, 舞踊的な, 色目の, 芸者屋の, 苛み方, 若黨, 苦言も, 草刈り隊に, 菜っ葉服の, 葉書に, 蒲団の, 薙刀とは, 藻西太郎が, 虚榮心も, 血気な, 行く先, 行為についても, 表は, 被案内者, 製品は, 覆面を, 見る處, 見識は, 覚悟だろう, 親孝行な, 観測にも, 言いたい気持ち, 言わないこと, 言衆人等しく善し, 訓育は, 註文する, 詩人と, 話しを, 誇る虎衛軍五万, 語りだすの, 誤解, 誰だ, 論理から, 謂ふところの, 議論と, 豪壮, 財産全部だった, 買ったブル・ドッグ, 質問に対して, 赦免は, 趣味の, 足跡より, 躊躇を, 身体, 身裡を, 軍へ, 軽蔑に, 農奴の, 近親の, 追随者たちをも, 通されて, 逝きたるは, 進路の, 過去や, 道楽みたいな, 遭遇した, 遺書によっても, 郎党の, 部屋主グルゥバッハ夫人の, 配下の, 醜い赤裸, 重心点へ, 金をば, 鉄拳が, 鋭い頭, 鑿の, 長年の, 門前には, 闖入と, 陣中には, 階梯は, 隱れたる, 零落と共に, 青く押し付けた, 非情から, 革命家なる, 響を, 頤撫でき, 頭脳よりも, 題材の, 顔つきを, 願い事を, 風采と, 飽くこと, 香草である, 駈けださないの, 驩心を, 高厳荘重, 鬚を, 魯鈍と, 黄金丸も, 黙阿弥の

▼ 彼~ (14945, 7.0%)

89 自分の 85 それを 51 私の 49 言った 41 私に 40 何を, 私を 39 眼を 35 何か 32 帰って 30 彼の 29 出て 28 そこに 25 口を 21 持って, 非常に 20 これまで, 生きて, 自分で 19 如何に, 身を 18 それに, はいって, 家の, 彼女の, 自分を 17 ここに, 好んで, 手を 16 他の, 目を 15 云つた, 心の, 最後に, 顔を 14 そんなこと, 子供の 13 それから, 始めて, 彼女を, 手に 12 そこへ, 云った, 例の, 彼女に, 最後の, 死んで, 黙って 11 ここへ, 何の, 或る, 最初に, 自分に, 自己の, 見て, 訊いた 10 この家, これを, そこで, 一生の, 家に, 心に, 心を, 熱心に, 立って, 足を

9 [11件] 一つの, 今まで, 住んで, 何かの, 何かを, 急に, 曾て, 来て, 知って, 言つた, 頭を

8 [16件] あれほど, かくの, ここで, そこから, その時, どんなこと, 世を, 今日の, 先に, 前に, 叫んだ, 息を, 此の, 父の, 答えた, 胸に

7 [14件] これまでに, こんなこと, そこを, 一人の, 仕事を, 僕に, 唯一の, 姿を, 子供を, 最初の, 犯人である, 生涯の, 身に, 首を

6 [34件] そのため, そのよう, その中, その家, その日, どんな風, 与えて, 京都に, 人を, 今日まで, 今迄, 他人の, 信じて, 僕の, 入って, 多くの, 好きな, 家を, 少年の, 得意の, 思いも, 想像した, 持つて, 歩いて, 消費する, 物を, 神の, 第一, 腰を, 見たの, 言葉を, 述べて, 金を, 頭の

5 [58件] いうと, いつもの, こ, そうし, そう云う, そのこと, それらの, ために, ひとりで, びっくりした, もって, 一人で, 一個の, 一度も, 一種の, 世界の, 予期した, 二階の, 人の, 人間の, 今までに, 何よりも, 何故に, 來る, 声を, 完全に, 家へ, 己れ, 彼自身の, 得意と, 想像し, 意識し, 愛して, 日本の, 来たこと, 東京で, 次の, 正直に, 死の, 母に, 気を, 求めて, 煙草を, 独りで, 発見した, 眠って, 着て, 立つて, 結婚した, 考えて, 耳に, 自分から, 自身の, 芸術家である, 詩を, 返事を, 進んで, 酒を

4 [96件] いくらか, いった, いつまでも, いなくなると, こう云う, この時, この部屋, さきに, そうする, そこまで, その部屋, それらを, そんな風, どのよう, なんの, ぼくに, まだ東京, もしその, オリヴィエの, 一と, 一代の, 事実を, 二度目の, 云うと, 云ふ, 人々の, 今度の, 仏蘭西の, 何も, 側に, 兄の, 入つて, 初めから, 到着した, 勝手に, 勤めて, 医者の, 十九歳の, 口の, 命を, 問題を, 外へ, 外套を, 女を, 妙な, 妻に, 妻の, 小説を, 巧みに, 席に, 庭に, 当時の, 彼自身を, 得たもの, 心ひそかに, 恐れて, 意識を, 意識的な, 戻って, 所持し, 扉を, 日頃の, 昔の, 普通の, 望んで, 来ると, 来れば, 東京へ, 歸つて來る, 死んでから, 殆ん, 残して, 母の, 江戸に, 満身の, 父に, 犯人だ, 生れて, 畢生の, 相当の, 真の, 私から, 私と, 私等の, 縁側で, 肩に, 背を, 興味を, 言うこと, 訊ねた, 訪ねて, 誰よりも, 赴任し, 近づくと, 通るの, 頭上に

3 [217件] あなたに, あまりにも, あんなにも, いう, いかなる者, いって, いない時, いろいろな, お杉, お石, かうして, かくも, けがを, ここを, こちらの, この, このこと, このやう, このよう, この世で, この土地, この村, この窓, さう, すぐに, すべての, そういう, そう云いかけた, そう云った, そう言った, そつと, その, そのうち, そのやう, その人, その女, その手紙, その言葉, その間に, そばに, それと, それまで, そんな事, た, どうしてこの, どうしてこんな, どうする, どこから, どこに, どこの, どこまで, なにを, ひそかに, ふたたび眼, ほんとうに, もしこの, やつて, より多く, わずかに, わたしの, わたしを, ヴァイオリンを, 一代に, 一度は, 一日の, 一言も, 不意に, 世間の, 主張した, 二十一歳の, 二十歳の, 二度目に, 云ふと, 人間としての, 今に, 代って, 何時もの, 僕を, 入口の, 出来るだけ, 創作の, 努力すれ, 十七の, 去ると, 友人と, 名を, 喜んで, 坐ると, 城の, 夕食を, 外出する, 女の, 好きに, 如何なる人物, 妻と, 妻を, 娘を, 孔子に, 学問の, 学校に, 学校を, 家督を, 密かに, 寝て, 寝台の, 尋ねた, 小学校に, 少しでも, 尤も痛切, 山へ, 希望した, 席を, 帰ると, 広島に, 広島の, 床に, 座を, 弟を, 彼たる, 後を, 必死の, 情熱を, 手で, 振り返ると, 提出した, 改革の, 故意に, 教育の, 敵に, 敵の, 斯う, 旅から, 旅に, 旅の, 日に, 日本に, 昔から, 昼寝を, 時代の, 書物を, 曹操に, 最愛の, 本気で, 村の, 村を, 来た時, 来ること, 森の, 椅子に, 横合から, 死に, 死ぬこと, 死ぬまで, 死を, 死んだ兄, 死刑に, 気の, 江戸を, 涙を, 満足する, 無言の, 犯人でない, 犯人では, 犯人と, 犯人を, 狂人に, 率いて, 現在の, 生れた日, 生活の, 町に, 町を, 画面に, 発表した, 白状した, 相手の, 真剣に, 眼の, 知つてゐる, 社会の, 空を, 立つと, 笑うと, 第二, 節子の, 精神的な, 絵を, 美を, 聞いたの, 自分でも, 自慢の, 自殺した, 自殺の, 自然を, 行って, 言ったこと, 言って, 言ふ, 記憶し, 許に, 話して, 話を, 読んで, 誰である, 身の, 近づいて, 遊びに, 郷里に, 郷里へ, 階段を, 革命の, 頼むと, 顔から, 馬を, 驚いたこと, 驚いたの, 驚くの

2 [964件 抜粋] あたりを, あの女, あの音譜, ある種, あんまり好き, いうには, いかにし, いそがしいこと, いて, いみじくも, いると, うしろを, おどろいて, お客を, かつて知らなかった, きいた, こういうふう, こう言っ, ことばを, この世を, この二年, この偉大, この問題, この大, この小屋, この本, この泥沼, この物語, この町, この言, この道, これだけ, これほど, こんなふう, さう云, さう言, したたかに, すがれた頃, すすんで, すべてを, そういうの, そうやっ, そう思った, そのそば, その前, その大, その室, その後の, その所得, その方, その昔, その棒, その次に, その深い, その箱, その話, その足, その顔, それぞれ紙に, それについて, たずねた, ちやうど, ちよつと, ついて, つくば, とびあがったとたん, どうしてそんな, どうして急, どこで, どんなにすぐれた, どんなふう, どんな人間, どんな心もち, なかま, なさなければ, なすこと, のぞいて, はっきりと, ひどいがに股, ほんた, またこの, まだ一度, まだ子供, まだ小学校, まだ手, むせびながら, ものを, やって来ると, やつと, ようやく仕事, わが国の, わたしに対して, オモチャ箱の, グラチアに, コーヒーを, シャツの, スペインに, ハッと, ハーヴァードの, パリへ, ピストルを, マルクス主義者である, モントルイュ・スュール・メールに, 一たびその, 一年の, 一日も, 一生かかっ, 一番に, 一番彼女を, 一足踏み入れた, 三十の, 三歳の, 上級生たちから, 不思議な, 不用意に, 世阿弥に, 世阿弥の, 両膝, 中学の, 丹精し, 予の, 事件の, 事務室の, 二十三歳の, 二十五歳の, 二階へ, 云い終ると, 云ったから, 京都の, 人生の, 人間通では, 今この, 今の, 今は, 今時の, 仏教徒であった, 以前から, 会社から, 伝家の, 何うも, 何と, 何より怖, 何事を, 何度も, 何気なく自分, 何遍も, 余の, 作った発見品, 作曲を, 俄かに, 信任を, 俳優としての, 俳句界における, 借りて, 偉大な, 傍へ, 僅かに, 働いて, 元の, 先刻この, 先刻まで, 光秀に, 全世界, 六七段も, 兵を, 其所を, 再びこの, 出たあと, 出京, 初めてこの, 別の, 到達し, 前の, 剣を, 力を, 勅使の, 動くと, 勝利を, 十七歳で, 十五歳の, 十六歳の, 十年前の, 半身を, 単身敵の, 去年の, 又解消, 双ヶ岡, 取得し得る, 取澄, 口癖の, 叫ぶの, 右の, 同一の, 同志である, 名誉は, 告白する, 周旋にて, 呼んで, 喋舌る, 囁いた, 国内において, 地上を, 地下に, 城へ, 塚田強し, 境遇を, 変態性慾患者だ, 外国に, 外遊の, 夜ふけの, 大きな図体, 大もて, 大切に, 大学を, 大狸, 大阪へ, 大陸の, 天を, 天井を, 天才の, 夫に, 失明した, 奪った血, 好きであった, 姉に, 嫌疑を, 字句に, 学校から, 宅へ, 客に, 室に, 宮を, 家庭を, 宿へ, 尊氏から, 小芝居, 小説の, 少しも, 尻の, 居そう, 居間へ, 屋根の, 山の, 山中を, 左の, 己の, 市場に, 師巴人に, 帰つて来た, 帰宅しよう, 常識を, 平生の, 年来の, 年齢は, 幼年時代に, 床屋へ, 度外れた, 廬を, 引越して, 役所へ, 彼を, 彼女たちの, 彼等の, 往来に, 待ちあぐんで, 後年信長との, 得る報道, 微笑する, 心にも, 心血を, 志望を, 忘れて, 怒つて, 怒気を, 思いきって, 思ったの, 性格の, 恐らく全身, 恩義を, 悠々と, 悪いの, 意見の, 愚痴を, 愛読し, 感動した, 慌てて, 憤つとして, 懸命の, 成長し, 所有してる, 扉に, 手飼の, 技倆を, 招いた人達, 持ってたの, 挙動の, 挨拶の, 振向いて, 探して, 支倉の, 支払わなければ, 改良を, 政治家として, 故国へ, 故郷の, 散歩を, 斯く, 新たに, 新聞を, 旅行した, 日々眼の, 日本を, 日本語を, 昏倒した, 昨夜から, 時にこれ, 時計の, 暇を, 暫らくぼんやり, 書く特徴, 最も信頼, 最も好む, 最も気, 最も許し, 最初見た, 最後まで, 朝の, 未來の, 未熟な, 本当の, 来てからの, 来るまでは, 東京に, 東京を, 柄にも, 椅子の, 楽しんで, 橋を, 次郎, 正式に, 歩くと, 歸つて來た, 死にでも, 死ぬの, 死んだこと, 死んだ時, 殺人罪を, 毎日見かける, 気がついて, 気儘に, 水島の, 氷島へ, 江戸の, 池を, 決心を, 法廷に, 消極的な, 渡り板を, 満腔の, 火を, 無事に, 無心に, 無理に, 熱狂的に, 父は, 片目だけを, 犯すべからざる敢為, 獄中の, 玄関の, 王滝の, 現在に, 現実に, 瑠璃子に対して, 生きた人間, 生を, 生来の, 生活に, 生涯を, 生長し, 町で, 留守に, 疎開し, 病を, 白馬に, 皆の, 目下家を, 直立し, 眞に, 真実に, 真実欲する, 眺めやつ, 眼やにを, 着ると, 瞳を, 知り得たこと, 石を, 確かめに, 祖先の, 神田の, 秀吉を, 私たちの, 秘密を, 突如と, 突然の, 立上る, 答へ, 節子と, 約束を, 純粹, 細君に, 組頭の, 絶対に, 縁を, 老いて, 考えを, 考へても, 聞いて, 職に, 肋膜炎を, 胸の, 腕を, 腹を, 臨終の, 自ら, 自ら言ふ, 自刃した, 自分たちの, 自分は, 自然に, 自白を, 自負する, 與へる, 舟に, 船暈を, 苦しまぎれに, 苦悶の, 英語を, 菅茶山翁遺稿の, 虫を, 蛇を, 街を, 表面の, 見えると, 見たとき, 見つめて, 見上げる空, 見得, 見聞した, 覚えて, 親しみを, 言うと, 訊くと, 訪ねようと, 詩に, 話すの, 誠実の, 誰にも, 警察に, 警察へ, 貧相でみ, 起き上ったの, 起ち上がったの, 身を以て, 身辺に, 軽い駭, 近づかうと, 近所の, 返事が, 逃げを, 通って, 連れて, 道を, 遠い旅, 遷都の, 部屋で, 部屋の, 部屋中を, 金の, 銀座で, 長い年月, 長い間, 長屋から, 階下へ, 隠れて, 雪の, 電車の, 霊的に, 青年にな, 青木の, 静かに, 非凡の, 鞄を, 顏を, 顔色を, 食べて, 飯を, 首尾よく, 馬の, 黄石公から, 默つてゐる

1 [9825件 抜粋] ああし, あたふたと, あの北の方, あまりに勢い, あまり猛烈, あるとき激昂, ある晩, あんな風, いかなる程度, いかに帰服, いきなりの, いざ降りよう, いちばんやりたかった, いつでも, いつも独り, いふ詩人, いや私, いわゆる訣別, うとうとし, おしゃべりである, おまえの, お礼を, かかる災厄, かごの, かつて約束, きいたの, くだしたいろんな, こういうの, こうして少し, こう書く, こっそりと, このごろ恐ろしく, この二者, この合戦, この巴里化粧品会社, この時後架, この立場以前, この調子, これから槇, こんなに冷淡, こんな深い, さういふ仕事, さだ子に, さッ, したやう, しや, すきという, すっかり得意, すでに解放, そうある, そうしたの, そう呼び慣れ, そっと身体, そのもと, その任, その前夜, その団体, その子供, その師アルベルトゥス・マグヌス, その性格, その方面, その果物, その犬, その絵馬, その論告, その頃学者として, それほどの, そんなに固執, そんな思ひ, たずねると, たとえ熟慮, だしぬけに, ちようど服の, つけ加えると, とおりすぎると, とらはれ, どうし, どうしましょう, どちらかと, どんどん行っ, どんなに窮迫, どんな画家, なかなかの, なぜそんなふうに云う, なに者である, にぎったかたち, はさんで, はっと思っ, ひとか, ひょいとそれ, ふだんよ, ふと気付いた, ほっそりと, ぼんやりと, またこつこつ, まだ, まだ十九, まだ洲股, まったく気, みすぼらしい痩馬, みんなの, もう一人前, もう少しで, もしやと, もちだすほか, もっと朗らか, もはや以前, やっつけた人々, やっと取出した, やる気が, よく思い出す, よろけて, わざわざこんな, アッタスン氏に対して, イングラム孃と, カトリーヌに, キリストを, ゴットフリートを, ジャンニイ・カロフとかいふ, スミス事件を, チンドン屋の, ドアの, ネネと, バルナバスの, ピリッと, ブツ, ボートを, ミカン箱の, モンフェルメイュへ, リボンを, ローマ教皇に, 一九一九年度の, 一声や, 一度この, 一応写実主義者, 一時間以来押えよう, 一生その, 一番早く, 一角的に, 丁度茶, 三分ばかり, 三年に, 上京し, 下して, 不來方城頭, 不幸に, 不臣, 世俗的な, 並々でない, 中軍の, 主人の, 乗り出して, 乾坤一擲の, 事実に, 二三町も, 二十六歳の, 二百万ルーブリからの, 云ってた言葉, 五十余年の, 交る, 人差指を, 人間は, 今にも唐突, 今働い, 今提に, 今此処, 介添えの, 他人である, 以前には, 伊太利国会に, 伝来の, 住む村, 何ぞと, 何もので, 何心なく, 何處か, 作ったわけ, 使って, 保護をば, 個人的に, 偉大なる, 僅の, 元気に, 先刻も, 光明に, 入學, 全身に, 六十八歳まで, 其処を, 内福に, 再び眠, 冬の, 出かけようと, 出勤しよう, 出發, 初めてこ, 初め申出た, 制作情熱を, 前田家を, 力説する, 勇敢にも, 勞役に, 十の, 十八年の, 千歳村に, 卒業し, 博士の, 原田の, 又彼, 反感から, 取出したの, 受取る分, 句読の, 右腕を, 同志と, 名文家たり, 吹き出づる一高一, 呶鳴った, 和氏を, 唯今言った, 喫むのでなうて腹の虫が, 嘗て見た, 四才の, 国家の, 在る所, 地面から, 執念深くぐずぐず, 塾生に, 壮漢の, 夕飯を, 夙くより, 夜, 夢みがち, 大それた, 大変元気な, 大層君, 大豆を, 天性然るべき, 失望しなけれ, 奥畑商店の, 好みの, 如き大事, 妓楼と, 委員長である, 子供たちに, 存在してる, 学校生活を, 安土へ, 宗教によって, 実家に, 客観質を, 家では, 宿の, 富貴に, 寝床に, 寿永革命史上に, 将門を, 小さな会社, 小船で, 少し酔ってる, 居なくな, 屡々口, 崩れゆく荘園貴族文化, 巧な, 師の, 帰るまで, 常に周囲, 帽子の, 平生得る, 幼かった, 幾何学的な, 座席番号によって, 延福寺へ, 弟に, 強大な, 役者にも, 往復の, 後で語った, 徐々に大衆作家, 從順である, 徳利を, 心中には, 必ず答礼, 忙しげに, 怒りに, 思うには, 思ひ切つた誇張, 急所を, 恋でも, 恭一に, 悪事を, 惨酷, 意外にも, 愛と, 感じつづけて, 憎悪の, 成さんと, 我民族を, 戲は, 扇を, 手記を, 投げ出す品々, 抱いて, 拳固で, 指さしを, 振りむい, 掘り起した草木, 揉まれ既に, 搗かせられた, 支払を, 放射してる, 救いに, 教育家として, 敵であった, 文学的円熟期に, 断頭台から, 新九郎の, 旅客の, 日々生き, 日本文を, 早昼の, 昔, 昭和十年から, 時折一年に, 暗い行燈, 更に富んだ, 書く音楽, 最も優等, 最も親しむべき, 最後につき, 有名に, 望楼から, 木炭筆で, 本国から, 本當, 来たので, 東山道軍を, 果してどんな, 栓ぬき瓢箪の, 棚の, 槍術を以て, 機会を, 次第に身動き, 歌ひ出す, 正直であった, 此特色ある, 武蔵温泉に, 歸つてゐた, 死のうが, 殉公の, 殺人に, 毎日三十分間日向に, 気でも, 気附く, 氷島人等が, 求古, 決して人, 沈黙だけで, 泊まって, 泣いて, 注意深く守るであらう, 流浪中に, 海水浴を, 渇いて, 満たして, 演劇に, 激すれ, 炉傍で, 無教育, 無駄に, 熱湯を, 爽快に, 物足りなく思った, 犯人に, 狩野に, 献扇事件は, 玉振, 現を, 球を, 甞て, 生れながら, 生活し, 用いて, 甲府へ, 画筆を, 異なってるからでも, 病室の, 痛いッ, 登って, 百円あまりの, 盗賊だ, 目立って, 直覚主義に, 眞正面に, 真摯である, 眠る夜, 着くうち, 知ったわけ, 知りながら, 石田家を, 確信を, 社会的にも, 神がかりの, 私には, 租税を, 空想の, 立たれるまで, 立ち去るまで, 童心を, 第三, 箱根で, 精を, 素朴で, 終局的に, 結婚式の, 維新革命史上一頭地を, 織田家に, 美しい妻, 義一に, 老いたるマザー, 考え出したもの, 聞きなれぬ発音, 肋膜を, 背に, 脚注を, 臆病者だった, 自ら好ん, 自分たちを, 自動的に, 自然という, 舞踏会に, 芝生に, 若い女性, 苦しい羽目, 茫然し, 荷馬車から, 落着く, 薄目を, 藤次郎を, 蟄居を, 行く前途, 街に, 裏口を, 見えたという, 見た敵艦隊, 見るたび, 見守って, 親娘三人, 言い出しそれでは, 言った言葉, 訊ねるまでも, 訳したレーニン, 詩人の, 話の, 語つた時彼の, 説明しよう, 論じたこと, 警吏に, 負けぎらいな, 貯蔵庫の, 質店から, 走ること, 超人間的, 踏もうと, 身体を, 軍隊を, 迎えて, 近頃急, 追い払ったエンシソ, 逃げ出せる門, 通った後, 連夜の, 遊戯の, 道でない, 遠くへ, 邸内へ, 酒屋の, 重罪犯人の, 鈍重な, 鍬で, 長年手がけ, 門番に, 間違へて, 降りて, 陰気であった, 隔日に, 離した刀, 電話を, 非凡なる, 音楽家である, 頸に, 風を, 飛騨の, 飲んだ六斗, 馬島に, 駈け過ぎた時, 驚異を, 高等学校には, 魚の, 麻薬中毒者である

▼ 彼~ (10867, 5.1%)

265 して 105 見て 91 見た 84 待って 65 愛して 56 見ると 42 自分の 39 見つめて 37 ながめた 32 迎えた 29 見つめた 28 知って 27 眺めて, 訪ねて 26 ながめて, 連れて 24 呼んで 19 見上げた 18 助けて, 呼んだ, 見ながら 17 相手に, 苦しめた, 迎へ 16 尊敬し, 待ち受けて, 待つて 15 殺して, 襲って 14 つれて, 我は, 抱擁し, 見あげた 13 とらえて, 目し, 迎えて 12 眺めた, 見守って, 見詰めて, 誘って 11 そこに, 包んで, 嫌って, 導いて, 認めて 10 不安に, 伴って, 促して, 呼びとめた, 引っ張って, 彼の, 案内した, 見ること, 評して

9 [11件] からかって, とらえた, 乗せて, 取りまいて, 尊敬する, 招いて, 捕えて, 捨てて, 支配し, 苦しめて, 迎えに

8 [15件] 信じて, 取り巻いて, 囲んで, 忘れて, 恐れて, 慰めて, 拉して, 救って, 案内し, 殺したの, 睨んだ, 知るもの, 見るなり, 見るや, 見上げて

7 [28件] ここに, じっと見つめ, そうさせた, とりまいて, 不愉快に, 中心に, 圧倒した, 悩ました, 悲しませた, 慰めた, 扶け, 抱擁した, 殺すこと, 睨んで, 知り己, 私の, 脅かした, 襲った, 見まもった, 見る, 見送って, 訪れて, 訪問した, 許して, 迎へて, 送って, 非常に, 馬鹿に

6 [39件] そこへ, なだめて, よんで, 両腕, 信用し, 包み彼, 外に, 失望させた, 奥の, 好いて, 家に, 尋ねて, 少しも, 引張って, 待受けて, 愛し彼, 憎んで, 抱いて, 捉へ, 探して, 支配した, 有頂天に, 満足させる, 生かして, 目がけて, 睨みつけて, 私は, 襲ったの, 見守った, 訪問し, 誘った, 誘つた, 追っかけて, 追って来た, 運んで, 避けて, 顧みて, 養子に, 駆って

5 [62件] こ, ここへ, じっと見, じっと見つめた, つかまえて, ながめながら, ひいきに, もって, よく知っ, 不快に, 二階の, 利用し, 前に, 動かすに, 取巻いて, 嘲弄し, 圧して, 圧倒する, 崇拝した, 引っぱって, 待った, 悦ばせた, 慕って, 抱えて, 指して, 支持し, 救ふ, 気の毒に, 監視し, 眺めながら, 睨めた, 知つてゐる, 笑って, 紹介し, 置き去りに, 襲ひ, 襲ふ, 見あげて, 見たの, 見つけて, 見つめながら, 見つめました, 見ては, 見に, 見るの, 見れば, 見捨てて, 見据えて, 見詰めた, 見送った, 解放し, 訪ねた, 訪れた, 診察した, 誘惑した, 責めて, 軽蔑し, 軽蔑した, 軽蔑する, 追いかけて, 驚かした, 驚ろかした

4 [88件] おいて, おそって, ここまで, さして, さそって, じっと見た, そこから, つかまへて, みつめて, めがけて, テーブルの, 一人で, 一種の, 介抱し, 他の, 伴れ, 元の, 凝視した, 刺し殺して, 刺戟した, 動かして, 包んだ, 取り巻いた, 呼ぶに, 呼んだの, 喜ばせたの, 嘲って, 困らせた, 外へ, 夢中に, 失って, 安心させた, 家の, 師と, 庇護し, 引いて, 引止めた, 征服し, 待ちかまえて, 待ち彼, 後ろに, 恐れさ, 憂鬱に, 抱きしめた, 押しのけた, 押しのけて, 拒んで, 拒絶する, 捉えて, 探しに, 揶揄する, 支えて, 支持する, 放さなかった, 敵に, 棄てて, 款待し, 殺そうと, 満足させ, 激励した, 無視し, 現実の, 理解する, 発見した, 紹介した, 脅かして, 苦しませたところ, 見おろして, 見た瞬間, 見た者, 見まもって, 見る者, 見上げながら, 見下して, 見直した, 見送つて, 観察し, 識って, 責めた, 買って, 迎え, 迎えたの, 迎え入れた, 遇する, 部屋の, 離れなかった, 非難する, 驚かしたの

3 [184件] いたわって, かこんで, かばって, からかった, この地, この家, さしまねいた, しっかりと, じっとながめ, そこまで, そのままに, その場, そんな風, ぢつと, とらへ, ばかに, ひきつけた, まともに, みつめた, ゆるして, よく知る, よく見る, よろこばせた, 一人残し, 不幸に, 不思議そうに, 中心と, 乗せたまま, 乗せた車, 使って, 侮辱する, 保護し, 元気づけた, 出迎えた, 判断し, 制した, 助けた, 助けようと, 励ました, 動かしたの, 十字架に, 危険に, 反対の, 可愛がって, 味方に, 呼びかけた, 呼びとめて, 呼びに, 呼び彼, 呼び止めた, 呼ぶこと, 呼ぶもの, 呼ぶ者, 喜ばした, 喜ばせた, 囲繞する, 圍むは, 圧迫し, 圧迫した, 好きに, 妙に, 客間へ, 導いた, 導きて, 崇拝する, 幸福に, 床に, 弁護する, 引いた, 引きよせた, 引き寄せた, 引き止めた, 引き止めて, 引き止めること, 引き留めた, 引寄せた, 彼と, 彼女は, 待ち構えて, 待つもの, 忘れること, 怒らせて, 怖れ, 思うと, 思ひ是, 悩まして, 悩ますの, 惱まし, 惹きつけたの, 愛すること, 感動させた, 慕い彼, 憂欝に, 憎み彼, 戸口の, 扉の, 手招きし, 扶けて, 批評し, 振向いた, 捉えた, 捕虜に, 措いては, 支へ, 支へて, 支配する, 救い出した, 救ったの, 救ひ, 救ふも, 散歩に, 敵と, 敵として, 歓迎した, 死刑に, 死地に, 殘し, 殺さなければ, 殺せ, 殺害した, 沈めて, 満たした, 激昂さした, 無言の, 照らして, 熱愛し, 犯人と, 狂人だ, 狙って, 玄関に, 理解し, 生めるは, 用いて, 目するに, 眼の, 眼前に, 睨みつけた, 知ったの, 称して, 突き放して, 紹介する, 綽名し, 罪に, 置いて, 罰するため, 臆病に, 自分たちの, 自分よりも, 苛, 苦しめるため, 苦しめ出すの, 苦笑させた, 見かけて, 見せて, 見た時, 見つけ出した, 見つめたが, 見つめたまま, 見る事, 見る眼, 見奉らんわが, 見守つた, 見彼, 見知って, 見返した, 見返して, 訪ねたこと, 訪ねること, 許した, 認め彼, 誤解し, 責めること, 迎えました, 迎へに, 迫害した, 追って, 追ふ, 送り出すと, 連れ出して, 非難し, 頭から, 食事に, 驚かせたの, 黙らせようと

2 [663件 抜粋] あざけるよう, あとに, いかに焦立たせる, いじめて, いだいて, うっとりと, うつし村井, うながした, おびやかした, おびやかしたの, おも, かくまった容疑, かすかに, からかおうと, くるんで, このまま, このよう, さうし, さげすめさげすめと, ささえて, さまして, さんざんに, ざっと写生, じっと見守っ, せきたてて, そう呼ぶ, そのよう, その小, その席, その様, たずねて, たずねましたら留守, たよりに, つかみ彼, つきとばした, つれだしついで, とらへて, とり囲んだ, どうする, どこか, ながめそして, ながめそれ, ながめ頭, なぐさめ彼, なだめた, にらんだ, のぞいて, ひきつけて, ひやかした, ふり返った, ほかの, ほんとうに, ほんとうの, まいて, みた, みたが, みつめたが, みて, みると, もっともひきつけた, よそに, よびだして, より偉大, わきへ, ゾツと, ハツと, ベッドの, メランコリアに, 一つの, 一刻も, 一歩でも, 一生の, 一目見, 上へ, 上機嫌に, 下に, 不快な, 不思議な, 不意に, 両の, 両手に, 中心として, 主に, 乗り越して, 乘り越し, 二階へ, 亡き者, 亡くして, 人間とは, 人間らしくする, 仇と, 介して, 介抱する, 仰いだ, 仰向けに, 伴な, 何か, 侮蔑し, 便りて, 促した, 俘虜に, 保護する, 信じさせたの, 信頼し, 倒して, 側に, 先に, 先頭に, 光榮の, 八〇年代の, 八幡村に, 内から, 刑務所へ, 利用する, 制したの, 前より, 助けること, 助け起し, 励まして, 動かすこと, 勝手に, 勵し, 勵ませり, 包むよう, 包囲し, 去りかねさせるの, 去り秀吉, 反省させる, 取りまける総て, 取り圍む, 取り巻きました, 受け入れて, 召して, 可なり, 叱るだけの, 呆れさせた, 呑んだ, 呻吟させた, 呼びながら, 呼ぶ, 呼ぶのに, 呼ぶよう, 呼んだ事, 咎めて, 啓発した, 啓發する, 喜ばせるもの, 喜ばせるよりも, 嘲る, 嘲笑ひ, 囚え, 囚へて, 地上に, 坐らせて, 埋めようと, 夢の, 大事に, 大西洋に, 奥へ, 好かなかった, 好きだった, 好んで, 威圧し, 嬉しがらせた, 学校に, 安らかに, 安心させなけれ, 家老に, 寝床から, 寺中へ, 対手に, 尊重し, 導くの, 導びいてどんな, 小馬鹿に, 少しでも, 尾行し, 崇拜し, 左右から, 師の, 幽霊だ, 庇護する, 庭の, 弁護し, 引きずるよう, 引きつけて, 引き捕えて, 引き止めようと, 引止めて, 引留めようと, 引見した, 強いて, 彼女たちに, 征服した, 征服しよう, 待たせて, 待ちうけて, 待ち伏せして, 待つよう, 律して, 微笑させた, 徳川家康に, 心の, 必要と, 怖れる, 思ひ此, 思ふと, 恐怖する, 恨んで, 悩ます, 悪人と, 想い抑え得ない同情, 想像し, 想像する, 愕か, 愛した, 愛したの, 愛しては, 愛してること, 愛するの, 愛せしめ微笑, 愛せし者, 愛づる心の, 感じ太田, 慄然と, 慰めようと, 憎むこ, 憎むという, 憎むよりも, 憐ま, 憐んで, 懇ろに, 懲罰に, 成敗し, 或る, 戸外へ, 手で, 手に, 手招い, 打ち, 打ちのめした, 打つ, 打つの, 打つまね, 批評する, 批難する, 抱えるよう, 抱き彼, 抱擁する, 押さへ, 押しのけようと, 拒否した, 招いた, 招が, 招じ入れた, 招待した, 拝し, 指さして, 指した, 指導した, 振り向いた, 振り返つた, 振向いて, 捕えた, 捕えたの, 捕えに, 捕へるため, 捜しに, 捨て, 掩ふ, 措いて, 掴んで, 撃った, 支配しつづけた, 攻めつつ, 攻撃し, 放した, 放して, 政治の, 政治界の, 政界の, 救った, 救つた, 敬愛する, 斬ること, 是非する, 曳きずり, 東京へ, 東京駅前で, 棄つ, 極度の, 楽しむに, 横目に, 欺いたり, 欺いて, 正視する, 正面に, 死に導いた彼女, 死の, 死より, 殴りつけて, 殺さんと, 殺した, 殺した翌日, 殺しながら, 殺すと, 殺せば, 殺害する, 気に, 気違いと, 水の, 永久に, 治療する, 注視し, 洋食屋へ, 海の, 淋しがらせた, 深く夢想, 混乱させ, 混乱の, 湯に, 無事に, 無意識に, 無用の, 牢へ, 犯人だ, 狂人と, 玄関の, 現在の, 理解しない, 甘く見, 甘やかして, 生け擒, 生んだ母, 生んだ聖霊, 畏れて, 疑ったこと, 疑って, 疑つて, 発見し, 発見する, 皆に, 監視し始めた, 真似ず独特, 真似て, 眠りがたく, 眺めそれ, 眺めること, 眼で, 睨むよう, 瞶めて, 知ってるの, 知らなかった, 知らぬ者, 知ること, 知る共同, 知る者, 石から, 祀ったコマ神社, 祝福し, 祝福した, 祭りあげて, 稀代の, 稱し, 突き放した, 窓の, 立たせて, 精神的に, 絶対に, 絶望に, 縄で, 縛れ, 罪人として, 罰するの, 罵った, 罵りこき使い倒れるまで, 翻弄した, 聡明に, 肩に, 背後から, 背負って, 脅した, 腕に, 膝に, 自分から, 自分は, 自宅に, 自殺から, 自殺へ, 自由に, 興奮させ, 興奮させた, 苛んだ, 苛立たせた, 苦しめたの, 苦しめつづけた, 苦しめるの, 荊州へ, 蔽ふ, 裁くこと, 裏切って, 襲い始めた, 襲来した, 西皇帝と, 見おろしたまま, 見すえながら, 見ずなりて, 見たこと, 見たその, 見たという, 見たので, 見たり, 見つけると, 見ないで, 見む, 見やりながら, 見ようとして, 見るごと, 見るたび, 見る人, 見る機会, 見んとて, 見下した, 見下ろした, 見出した, 見捨てたの, 見舞いに, 見詰めたまま, 親切に, 解放した, 解雇し, 訪ねた時, 訪ふ, 訪れた時, 訪問する, 詰問した, 認めしは, 認めた, 認めると, 誘い出すの, 誘ひ出した, 誘惑し, 誘惑する, 誤解した, 識った, 護って, 讃美し, 貧乏に, 責めたり, 責める気, 賞賛する, 赦せ, 赦せ彼, 走らせるいくら, 起して, 躊躇させた, 車に, 軽ん, 軽蔑すべき, 辱しめ, 辱しめる, 迎えたが, 迎えるに, 迎えるもの, 迎へる, 追う, 追うこと, 追うと, 追つかける, 追つて, 追ひかけ, 追窮した, 退屈に, 送った, 逐ひ, 途中に, 通した, 遇し, 遠くに, 遮った, 遮つた, 酷論す, 重用し, 釘抜と, 除いて, 除いては, 陰鬱に, 離れた, 青白き大佐, 静かな, 面白がっ, 靴屋の, 頼って, 飜弄し出した, 駅へ, 駆り立てて, 驅つて洋上の, 驚かさなかった, 驚かしたもの, 鬼と

1 [6185件 抜粋] ああ恥しく, あしらつた, あまりに自, ある程度まで, あんなに信頼, いくらか, いたわり共に, いつもより, いやがるからと, いら立たせた, うちながめた, うろたえさせたの, おさゆる, おどかして, おびやかしつづけた, お父さんと, かかえ込んで, かつぎ上げた米兵, からかい半分, かり立てて, きらって, ぐいぐいと, こうしたすべて, こっぴどくやっつけた, この名前, この村, こんなにむかむか, さえぎるよう, ささえかくして, さそうの, しからしむるなり, しばらく座敷, しり目にかけて, じらして, すすめて, すてさせて, せき立てて, そう見, そのやう, その母, そんなに怒らせた, たしなめた, ただその, ためらわせた, ちらと, つきのけつきとばす私, つつみ彼, つれもどすため, とらえほのか, とりまく表情, どうしよう, どんなにおどろかそう, ながめそれでも, なぐさめなお, なだめるつもり, なめて, ねぎらった, のぞきこんだ, はげしく突き飛ばす, ばかだ, ひきつけかつ, ひき戻そうと, ひっ掴み抵抗, ひどく突つき, ふたたび百日前, ぶちました, ほめて, まごつかせ肩, また動き, まっ二つ, みそな, みるその, めぐりて, もぎ取った, もっと離れた, やがて出版, やらなかったか, ゆり起した, よびおこして, より放恣, わけも, アテーナイ中の, キイヴァンと, ゲラルドと, ジョーヌさんと, トロイア城の, ビックリさせる, ヘクトルアエネアスと, マタギであった, ラローシュに, 一そう憂いさせた, 一人秀岡が, 一寸黙らせた, 一枝花の, 一眼見たい, 一階の, 上に, 下座敷に, 不快ならしめた, 世話する, 主要番組として, 争い迎えた, 亡きもの, 人質に, 介抱しなけれ, 仰ぎ見て, 休ませようとは, 伴れ帰り, 作りあげて, 侮って, 促すもの, 信じられないほど, 信用しなかった, 倒したの, 偶像と, 傷めども, 優遇した, 充した, 先頭と, 全ての, 共謀者なりと, 再び十年前, 写生し, 凌いで, 凱旋の, 出迎えさて, 刑執行人の, 別間に, 制止し, 刺止めた, 剛いと, 加えてから, 助ける者, 励し, 勇気づけた, 動かし父, 勵まし促し立てる, 匿いだて, 半狂乱, 占めて, 厳格端正に, 去る水, 反臣伝中, 取りまくさまざま, 取り巻いた一群, 取り押さえようと, 取巻き押えつけ閉籠め, 叡山に, 召使達の, 可懐むにはあらず, 叱る時, 同じ門前, 向けさせたとき, 吹きめぐる墨, 呑噬せん, 呶鳴りつけた, 呼びとめると, 呼び出す事, 呼び留めて, 呼ぶ聲, 呼戻さんと, 哀んだ, 唾棄した, 喜こ, 喜ばせる, 喰は, 嘲ったり, 嘲笑うよう, 囚えて, 囲み彼, 圍み, 圧制家といふも, 坐らせ自分, 堀口は, 壇上に, 変人だ, 夢現に, 大切に, 大胆に, 太鼓腹と, 奇人だ, 奮い起たせるの, 好まなかったので, 妨げむ, 威すこと, 嫉妬の, 子供か, 守り得ず, 安易な, 客として, 宥め宥めした, 宿から, 寝床の, 封し, 導き入れた女, 導く役, 小艇へ, 居間へ, 崇拜する, 己が, 帰らした, 干乾しには, 広い客間, 底の, 引きずり落そうと, 引き倒しながら, 引き出そうとして, 引き渡した, 引っぱり込んだ, 引上げる, 引止めること, 弥生から, 強要し, 役げた男の, 征服し得, 待ちわびて, 待ち迎えて, 待つ大きな, 待遇する, 従来より, 御馳走し, 心配させた, 忘れては, 念ずれば, 怒らせた揚げ句, 怒らないで可愛, 思い出すと, 思つたヤンを, 思ふ, 急に, 怪しむ考え, 恐しい熟睡, 恐れるよりも, 恥ずかしめ, 息づまらせて, 悩ましつづける神経, 悪く思っ, 悲しませて, 惜しむ余りに, 想い出し彼, 愍み, 愛さぬ人, 愛しても, 愛し初めて, 愛するより, 愛そうと, 感じたこと, 慄え, 慰さめ, 慰めること, 慰藉する, 憎み出した, 憎もうと, 憐れむ僧庵, 憫しむ, 懐柔すべき, 我と, 或新しい, 手こずらせた一枝, 手繰り寄せるの, 打ち倒したもの, 打っちゃって, 扮装し, 抉った手, 投げ倒し殴つて, 抱きこんだかは, 抱き取って, 抱き起し半ば彼, 押えつけその, 押しとめた, 押し進めては, 拗らすため, 招きこの, 招宴の, 指さし彼, 挫く, 捉えない, 捕え足, 捨つるの, 採用した, 推し立てること, 掻き乗せまた, 援引したる, 搾れるだけ, 撮影場の, 攘ひ得ず, 攻めんかと, 政治界へ, 救い自分, 救えなかった自分, 救ひ出す, 教祖といふ, 敬愛し, 敵視した, 斬った, 斬れと, 方々へ, 旧友あつかい, 明るくし, 普通言う, 曲庇弁護し, 最も憎, 有力な, 本位に, 松本に, 案内すれ, 検事局へ, 模倣する, 機敏に, 欺くの, 歓迎せず, 止める者, 正道な, 歩ませぬ, 死に至らしめたの, 殴ったの, 殺さなかったという, 殺しても, 殺すほどの, 殺害させよう, 毛嫌いし, 気負わせて, 永遠に, 河原に, 注意深く極めて徐々に, 浮薄な, 深く責める, 湯へ, 溺らさんとして, 炉ばた, 無慈悲だ, 無罪放免と, 焦燥せしめ, 煙に, 煽動し, 燃えて, 物凄く思はせる, 犒った, 狂喜させる, 独身にまで, 玄関口まで, 現実へ, 甚だ幸福, 生むと, 生意気な, 甲板へ, 留むるや他の, 疎略には, 疲らせいらだたせた, 病院に, 発見したい, 益窮屈に, 目すに, 直接に, 真の, 真面目には, 眺めてる彼女, 眼下に, 睨みつける位, 知った, 知らない奥向, 知るや, 知合の, 破るか, 礼拝し, 神戸まで, 称えて, 穽に, 突き殺したの, 窓框に, 立ち去りそう, 笑はせる, 精神的変質者であろう, 紹介しよう, 絞め殺して, 絹織物の, 縛めた上, 置いてきぼりに, 罵り辱めた, 羽交い絞め, 耐えきれなくした, 聡明な, 育てた個人主義的, 胸騒ぎさせた, 脅したから, 臆せず, 自然臆病に, 良しとして, 苛立たせてるの, 苦しめこの世, 苦しめてる恐るべき, 苦しめる時, 苦めつつ, 茶の間から, 落ち着かせようと, 葬った蜀, 虐ぐる神を, 蜘蛛の, 衒学的な, 裁判官として, 裏切るから, 襲いそれ, 襲う衝動, 襲ひし, 見あげました, 見かえるもの, 見しこと, 見そう, 見たまま, 見つけた, 見つめること, 見なおそうとして, 見まもったそして, 見るが, 見るのよ, 見る目つき, 見上げた庄平, 見下すその, 見出しぬ其部衆, 見奉らん識ら, 見張りながら, 見染和郎, 見直すと, 見舞う責任, 見誤って, 見送つた丘, 見限り彼, 覗く花, 観る人, 言いなだめること, 討ち將ヘクト, 記憶し, 訪ねたから, 訪れたの, 許したの, 試さん其前, 詰所へ, 認め出した時, 誘き入れて, 誘ふたの, 説いて, 説服する, 論ずる事, 識らなかっ, 讃めれ, 貫き其槍, 責めた人々, 貴族院議員に, 賞讃し, 赤面させ, 起さなかったから, 越えて, 跳び越すこと, 蹴落したの, 軽く擽, 辟易させ, 迎えたこと, 迎えた父, 迎えるふう, 迎え入れて, 近づけ得ない人間, 追いつめて, 追い払ったり, 追い返した, 追っ駈けて, 追撃した, 退屈な, 送るべき所, 逐い出そうと, 速く彼, 逸しては, 遊廓に, 道に, 遠ざけるであろう, 遮るよう, 避けること, 邪魔者として, 酔わせた, 重んじなかった, 釣ったかも, 鎮めて, 関いつける, 陣地に, 陰に, 階下の, 離そうと, 離れ去りしなるべしと, 震いつかす程, 非難すべきいはれ, 頤で, 風呂から, 養ひ, 馬の背へ, 駆ったところ, 駈り立て彼, 驚かしたとき, 驚かせた一事, 高僧の, 魅すること, 黙って

▼ 彼~ (7758, 3.6%)

121 曰ふ 99 よれば 96 向って 79 とつて 73 言った 54 取って 48 して 41 取っては 34 つけて 32 於て 28 向かって, 陳じ 27 近づいて 25 あっては, むかって, 取つて, 對し, 於ては 24 渡した 23 向ひ 22 あつて 21 對する 20 手を 19 しては, 告げた, 尋ねた 18 いふ, 与えた, 何か 17 会って 16 云った, 向つて, 好意を, 手紙を, 言葉を 15 いった, しても, よると 13 云つた, 代って, 声を, 背を, 與へ, 言わせると, 訊ねた, 話して 12 似て, 目を 11 すれば, つづいて, 与えて, 云わせると, 告げて, 言って, 話しかけた 10 会うこと, 何の, 同情し, 同情する, 呼びかけた, 就いて, 答へ, 背中を 9 同情を, 向けて, 従えば, 教えて, 注意を, 渡して, 答へて, 話しかけて, 身を, 酒を

8 [11件] いわせれば, それを, ついて, 似げ, 命じて, 注意した, 示して, 私は, 答えた, 自分の, 迫って

7 [11件] そんなこと, 一つの, 一種の, 仕事を, 会った, 彼の, 從ひ, 心を, 注意する, 近寄って, 顔を

6 [18件] たずねた, なんらの, 別れて, 反感を, 口を, 宣んし曰, 或る, 挨拶を, 接吻した, 残して, 相違ない, 私の, 興味を, 訊いた, 話した, 近づいた, 酌を, 頭を

5 [35件] ある, いわせると, ささやいた, すがりついて, すすめた, つきまとって, むかつて, 不利な, 会いに, 会った時, 傾倒し, 別れを, 匹敵する, 叫び曰, 叫んだ, 囁いた, 多少の, 幸福あれ, 必要な, 意見を, 教えた, 杯を, 比して, 注意し, 盃を, 眼を, 示した, 答えて, 紹介した, 與へる, 要求した, 言ったこと, 言つた, 贈った, 金を

4 [53件] あった, あって, とれば, なって, むかひて, 与えたと, 与えたの, 与えなかった, 与へた, 云ひける, 代わって, 会つた, 会釈を, 伝えた, 倣って, 出会って, 出逢, 力を, 取りて, 君は, 多くの, 妙な, 少しも, 差し出した, 帰って, 彼が, 彼女の, 従いて, 從へば, 想像力が, 手渡した, 挨拶し, 挨拶した, 接近し, 於ても, 最後の, 椅子を, 甘えて, 礼を, 約束さした, 罪を, 茶を, 行って, 見せた, 見せて, 語った, 説いた, 諫めた, 返した, 關する, 限る, 電話を, 願った

3 [144件] あたえて, あり, いう, お前は, かう云, かなわなかった, きいた, くらべると, こう言っ, さへ, すべてを, そ, そういった, そのこと, そのよう, それが, それだけの, た, ついて行った, つきまとった, とりて, とりては, なかった, ならって, なんの, はちよつと, ひそかな, ふさは, みせた, もどって, ものを, よく似た, キスを, 一人の, 万一の, 不思議な, 与えられたの, 与へて, 二枚の, 云って, 今まで, 他の, 会うと, 会うの, 会おうと, 会ったこと, 伝わって, 何かを, 何も, 依ると, 依れば, 元気を, 先を, 先んじて, 出会った, 分けて, 分って, 助けを, 助力を, 勲章を, 及ぶもの, 取ては, 同情した, 向けながら, 呼びかけて, 唇を, 問うた, 子供の, 宛てて, 影響を, 微笑みかけて, 思い出さした, 恋して, 感謝の, 憐れみを, 手伝って, 打たれて, 打撃を, 托した, 投げた, 抱きついて, 抵抗する, 授けて, 接吻を, 握手し, 援助を, 撲られて, 曰ひける, 最後に, 残されて, 残って, 永遠の, 注いで, 注がれた, 満足を, 無断で, 現われた, 現われたの, 相談した, 真実を, 矢を, 示したの, 示しては, 続いて, 續く, 耳を, 肩を, 腕を, 自分を, 見えて, 親しみを, 触れた, 言わすれば, 訊いて, 託した, 託して, 話さうと, 話さなければ, 話しかけること, 話を, 誘われて, 語って, 調子を, 請ひ, 警告した, 負は, 贈って, 起こったこと, 起させた, 近づき彼, 返って, 迫った, 追いついた, 追いついて, 送った, 速達を, 逢ったこと, 逢って, 連れられて, 道を, 随い, 面と, 面会を, 頼んで

2 [432件] あいそづかし, あたえた, あたえたの, あやかろうと, ありて, ありては, あると, いだかせた, いつた, いろ, いろいろの, いわせて, いわれて, おもえた, お辞儀した, お辭儀, お重, かえって, かかって, かけた, かなりの, かぶさって, くっついて, くらべれば, くれて, こう言いました, このこと, この夏, この素晴らしい, これを, こんなこと, こんな問, さう, さう云, さし示した, さそわれて, すぐこの間, すこし反感, すすめて, すべての, せまって, そう言った, そのやう, その朝, その罪, その話, そむいて, それほどな, それ以上を, そんな女, そんな覚え, ただした, つきつけて, できること, なして, なにかしら, なみなみならぬ, のしかかって, のり移るの, はなした, ばつの, ひきあわせた, ひきつけられたわけ, ひとつの, ふれようと, まつたく傘, もたらしたの, もたれかかって, もって, もつて, やさしい眼つき, やった, よく似, よりそって, わかった, わが汝, われわれは, ザビーネの, パンを, ピアノを, ロマン主義者の, ヴィジョンを, 一と, 一層の, 一度も, 一日の, 一本の, 一杯の, 一番懐い, 万事を, 不利益な, 不幸を, 不快を, 与えたもの, 与えた所, 与えられたもの, 与えられて, 与えると, 与えるに, 与へる, 云いました, 云はせる, 云ふ, 云わせれば, 人間の, 仕えて, 他に, 以前の, 任せて, 会いました, 会ったの, 会った弟, 会った者, 会ひ, 伝えられて, 伴れられ, 似たよう, 似寄って, 似気, 何うし, 何となくその, 何となく一等船室, 何に, 何もかも奪っ, 來る, 依って, 依つて, 傳へ, 傾倒した, 働きかけて, 兄事する, 先ち, 再会し, 再現させよう, 出ようと, 出会うこと, 出会ったの, 分らない言葉, 力強く保たれた, 力強さ, 加えて, 助勢し, 助言を, 勇気を, 動くこと, 勝つ, 勧めて, 厚く礼, 及ばざるもの洵, 友情を, 反して, 取っても, 取縋って, 叫んで, 合図を, 同意する, 同意を, 向かっては, 向けた, 向けられて, 向った, 告白した, 味方する, 呼びかけ彼, 呼び掛けるもの, 命け, 命じたこと, 命令した, 問ひ, 問へ, 因りて, 在つて, 在ては, 在りと, 報告した, 壮烈な, 外ならぬ, 大なる, 大阪からの, 天皇を, 契約証を, 奪われて, 女の, 好感を, 妙に, 始めて, 委託した, 姿を, 嫌疑が, 嫌疑を, 子供は, 子供を, 安らかな, 宛てたもの, 宿を, 寄り添うて, 寄り添うよう, 対抗しよう, 尊敬を, 尋ねたこと, 尋ねて, 導かれて, 小声で, 就職を, 差出して, 幸あれ, 幸ひした, 影響し, 彼自身の, 従うこと, 従って, 復讐を, 微笑みかけた, 微笑んだ, 心服し, 心身を, 心配させまい, 忠告を, 思を, 急に, 恋を, 恐怖の, 恰好な, 悲しみ乞ふ, 悶々の, 惚れこんで, 愛を, 愛情が, 愛情とか, 愛情を, 愛着し, 感謝した, 感謝しました, 慴伏し, 戦を, 戻って, 手渡し更に, 手渡し私は, 打ち明けて, 打向ひ, 投げかけた, 投げると, 抗議する, 抱かせた同, 挨拶する, 捧げて, 授けた, 接したスタニスラーフスキイ, 接近する, 握らせて, 擬するに, 救ひ, 教えを, 教へ, 教へる, 散佚した, 敬意を, 敵すること, 敵対する, 新しい元気, 於ける如く整然たる, 旨を, 明らかに, 明確な, 時々起る如く, 曰ける, 服従する, 望みを, 期待する, 木戸の, 未練を, 歌って, 正当な, 此に, 歸つて來た, 死の, 死を, 残ってるもの, 殺させて, 比べて, 比べると, 気が, 気づかれないよう, 気づくと, 気を, 水を, 永久の, 油断を, 法王を, 泣くこと, 注がれて, 洗礼を, 浮かんで, 浴びせかけた, 深い印象, 添って, 渡しました, 渡し彼, 湧いて, 熱を, 物を, 特有な, 現われて, 甦って, 疑惑の, 目も, 相当した, 真事, 真面目に, 眩暈を, 知らして, 知らせないよう, 確信させた, 示すこと, 示すもの, 種々の, 突き飛ばされて, 笑いが, 紹介し, 組みついた, 経済的余裕と, 結婚の, 絵を, 縁の, 罪が, 習つてゐた, 耳打ちした, 聞えた, 聞えて, 聞かして, 聞かせようとして, 膺懲の, 臨んだ, 自信を, 自分が, 自分は, 自殺の, 自殺を, 與へられた, 與へんず, 色々の, 英語の, 荷物を, 莫大の, 蒲団を, 薬を, 融通の, 衣食を, 表すべし, 襲いかかって, 襲って, 見えざるさき, 見せながら, 見せまた, 見せようと, 見せるもの, 見られると, 見切りを, 視線を, 親しくした, 触れるすべて, 言いは, 言う, 言はせる, 言ふ, 言わせれば, 言わなかった, 計った, 訊いたこと, 訊けば, 訊ねて, 訪問の, 許した, 話しかけました, 話しかける, 話したいこと, 話したい誘惑, 話すと, 語つた, 誠あり, 説明し, 説明した, 課せられて, 謁見した, 譬て, 譲って, 讀んで, 責を, 貸して, 賛成した, 贈り物を, 起さした, 路を, 近づくの, 近づこうと, 返して, 返しながら, 返事を, 迫りて, 迫りながら, 迫り來, 送つた手紙, 送られて, 逢は, 逢ふと, 遅れまいと, 違いない, 遣る, 都合の, 釣り込まれて, 開き示して, 限らないが, 隠して, 隨い, 隨ふ, 隨ふこ, 露骨な, 非ず, 非常な, 面会する, 頭から, 頼って, 頼る自分, 頼んだ, 飛びか, 飛びかかって, 飛びついて, 食って, 食後の, 食物を, 首相たるを, 黙って

1 [4179件 抜粋] ああし, あたえた印象, あったこと, あつて自由, あの親愛, あらしめよ, ありわれら, あるだろう, あるべし我, ある深い, あゝ今, いえ, いささかの, いつかロンドンで, いひかれ歩めるとき, いやな, いわれた, うち勝って, うなずいて, おそいかかって, おもむく患者, お払い, かえそう, かぎらず笠置挙兵, かすりきずを, かまわず道, ききました, くり返し聞かした, こういっ, こう告げ, こだわりはじめたの, この天職, この職業, これほど, こんな大金, さう言, ささやいたの, さずけ踵, さわるの, しつこく挑戦, しばしば面会, すえられた, すがろう, すっかり任せ, すること, せがんだ, そう云う, そっくりだ, その人形, その勇気, その日, その礼, その財産, そむいたら一ぺん, そんなもの, そんな気, たいへん熱情, ただよわせた, たよって, ちょっかいを, ついで発言した, つきて, つけても, つづき樹林, でっくわした, とびかかって, とらせて, どうした, どれほどの, なかなか愛情, なつた, ならんで, につこり笑つて, はい, はたへず, はなして, ひきかへて, ひどい失望, ふさいで, ふれるよう, ほえつこうとは, ほほ笑みかけながら, まさる兵船, まつわりついて, みつがれて, むけたり, もうここ, もう憑, もたらした一つ, もっと徹底, もはや秘密, やって来たの, やらせて, ゆるし与うるに, よく言っ, よりすがって, わかって, わたせり, アイアースまた, アーダの, クロムウエルの, ダナオイ諸, フロックを, モマれ, レコードの, 一ポンドの, 一層箔, 一歩を, 一言の, 七二〇磅を, 下されてる判決文, 不愉快である, 不要な, 与えたるか, 与えない以上, 与えよと, 与えるため, 与える椅子, 与ふるに, 与へるの, 中を, 乗じられるお, 争ふ, 二十三歳で, 二重に, 云うと, 云ひしれない, 云われて, 京都の, 人間修養を, 今晩来, 仕える人物, 他愛ない, 代つて診察, 仰向けに, 会いたいから, 会うとは, 会えると, 会ってから, 会わないで, 会釈する, 伝えること, 伝染し, 伸子は, 似も, 似合わしからぬ立派, 何かの, 何らの, 余り苦労を, 佩刀を, 侍し, 依頼した, 信念が, 借りが, 偶然な, 傾聴する, 償うに, 優れる学者, 充分同情出来た, 先導の, 先見の, 全くじっとし, 全身を, 六本やった, 再び起つ, 冷酷な, 出くわすの, 出会った人, 出合う度毎, 出逢って, 分配する, 別れた, 利用され, 刻まれて, 剣法を, 加えた我意傲慢, 劣って, 劣らぬまで, 助けられた, 勇猛の, 勝って, 勝手な, 勧告するであろう, 十シリングで, 十分の, 協せ, 却って不安, 厳しく促され, 及ぶもの鮮, 反い, 反對, 反旗を, 取つて殆, 取り合わない様子, 叛いた, 叫び羽ある, 同伴者にな, 同情的な, 吐かせてから, 向かいて, 向っても, 向つて文章, 向ふて, 吹きこんだから, 告げたこと, 告げでも, 味わわせまた, 呼びかけました, 命じた, 命中しなかった, 唾を, 問ふ, 善処させ, 喜びの, 嘆願し, 噛みついて, 四千フローリンの, 國王プロイトス禍害たくらみ, 在りて, 垂る, 報いずんば, 報告する, 売りつけようと, 多恨な, 大した満足, 大規模, 天皇の, 奨めた日, 好きな, 妙変を, 委された, 婦人関係でも, 嫉妬の, 学びかつ, 安住の, 定職を, 宣戦し, 寄って, 寄り添って, 対って, 専らユーモア, 尋ねました, 導かれつつ, 少しなぐさめ, 就けて, 届けて, 左右遠ざかつ, 差図を, 帰し彼, 幕府の, 平気な, 幾たびか, 庭の, 引き合わせて, 強いた, 強く沁み込ん, 当てはめては, 形容させる, 往遇ふ, 従う手勢, 従来以上の, 從つて默, 微笑みかけまたも, 心苦しい思い, 忘られない, 忠なる, 快感を, 思い出された, 思はせた, 急を, 恐ろしいまでの, 恩を, 悩まされたこと, 悪意を, 惚気話を, 惹きつけられたけっして, 愛される, 感じさせて, 感づかせるよう, 感染したらしく, 慟哭の, 憑いてる, 我らは, 扈従せる, 手向ふ, 手渡しよっぽど, 打ちあけると, 打ち砕かれたよう, 払わせたこと, 抓られたの, 投げられたこと, 抗ふ, 抱きついたと, 押しつけるやう, 拘束を, 指し示して, 挑んで, 捉えられて, 授ったで, 探求の, 接する機会, 提供し, 支払いを, 放火せしめた, 教えた哀愁, 敬服した, 斃され, 断りなく, 新しい平俗性, 於ける一切, 日記を, 映った, 晩酌の, 曲りなりにも, 書くの, 最も親しめる, 最高の, 會釋した, 服しますという, 望まなかったら彼, 期待したい, 来い来いと, 来る前, 梅の, 模倣せる, 欠けてる思想, 欺された, 歪曲された, 死滅を, 残された活路, 殴らせてでも, 殺されるから, 比すれば, 気づいたの, 気に入ったよう, 気力を, 氣付かれない, 求めるわけ, 汝我心に, 沈黙を, 注意しなかった, 洩らした, 浮んだ疑ひそして, 涙を, 済まないと, 渡した金, 渡そうと, 滲入つた時に, 漸く詩作, 災禍を, 煩わされず強く, 父に, 物思わせる, 犯罪ある, 玄関ば, 珍らし, 理解さす, 甘かるべし, 生活資料を, 由て, 画才の, 當らず, 痛痒を, 白金巾の, 皮肉と, 目録學の, 相槌を, 真新, 着せかけて, 矢代は, 知らせては, 知られないよう, 石を, 示した態度, 社会の, 神を, 禄の, 私達の, 移ったの, 突き当たって, 突当って, 立ち回って, 竹刀を, 答えたの, 答礼も, 約束し, 累を, 結びつけるの, 給仕し, 絶望的な, 續い, 美男の, 考へられるかしらと, 聞かした, 聞きました, 背き去った事, 臨まずして, 臨み死ぬとき, 自殺し, 自重を, 與えたから, 與へて, 良い筈, 芸術家として, 苦しい思い, 苦難を, 莨を, 薦めた, 行し給い, 襲はれ, 見えすいたの, 見せしめしもの, 見せた弱点, 見せ彼, 見とれさせたがって, 見われたそれ, 見覚えは, 親しげ, 親愛の, 触った, 言いそう, 言うと, 言った逃げよ, 言わせますと, 訊ねたの, 託したもの, 許さず意地, 許しました, 訴えて, 訴へる, 詩作を, 話しかけたの, 話しかける気持, 話しました, 誇りたかったの, 語ったり, 語りかけること, 語るには, 説明す, 課せられるの, 謀られるのみ, 謝罪したろう, 讀ませた, 負かされたイギリス人医師, 負わせるところ, 貸したジァン・クリストフ, 賛同した, 質問も, 贈らずには, 起こるべきだったが, 起つた時, 跟い, 身元証明を, 輝いて, 近い何人, 近ければ, 近づくや, 近代的藝術家の, 返す, 返済された, 迫りました, 追いついたの, 追ひつ, 送った写し, 逃げ終せる廣野, 逆らはずほつたらかし, 通わせたの, 逢いたいと, 逢う機会, 逢つた, 逢ひたく, 連想せしめた, 遇され, 道で, 遣った, 適当した, 還俗を, 酷似し, 銀行の, 錯想を, 関した事, 闘いを, 附合っ, 降った, 限って, 随喜した, 隷属し, 離れて, 静思の, 音楽の, 預けられた箱, 頬笑みかけ, 頼みまして, 頼りきり, 飛ばしたり, 食いものを, 飲まして, 馴, 魅せられて, 黙許し

▼ 彼~ (4548, 2.1%)

42 忘れて 28 さすがに 21 知って 19 それを, 自分の 18 今は 16 此も 14 またその 13 また 11 彼の 10 私も 9 それに, また私, 気が 8 何か, 流石に 7 一緒に, 亦その, 彼女も, 我も, 承知し, 私に, 私の, 私を, 見て 6 それは, よく知っ, 一度は, 今では, 同じよう, 心の, 知つてゐる, 自分も, 黙って

5 [21件] あきらめねば, いっしょに, すつかり, そのこと, その一人, それで, またそれ, また自分, 亦, 亦僕, 人間である, 判つた, 家の, 心得て, 急に, 打ち忘れて, 打ち明けて, 打明けて, 柵まで, 私が, 言って

4 [32件] おしまひ, そこに, そこを, そのあと, その中, その例, その日, その時, ひそかに, またこれ, また彼, わかつたやう, 一時に, 一種の, 争って, 亦同じ, 人の, 今夜は, 妻も, 投げ出して, 濟んで, 無事に, 皆な, 眼を, 知つて居る, 笑った, 聞いて, 見拔, 見通して, 話して, 諦めて, 首を

3 [52件] あきらめて, お仕舞, お前の, ここでは, さるもの, すこしは, そこまでは, その通り, なかなかの, またそう, また彼女, やはりその, よろこんで, 一ぺんに, 一人で, 中, 二人の, 云つた, 亦一個, 人々について, 今日は, 仕方なし, 他の, 何かを, 俄かに, 僕の, 分って, 初めは, 口を, 存じて, 家に, 彼女に, 思った, 慌てて, 憂欝, 我を, 手を, 打ち棄て, 承知の, 放擲し, 時代の, 死んで, 濟んだ, 父の, 白状し, 知らなかった, 考えた, 自分に, 許して, 途方に, 酔って, 頭の

2 [226件] あふれる情熱, あわてて, いまは, うつつに, おしまいだ, お仕舞い, お前に, ぎょっとした, このお, このお嬢さん, このとき賭博者, このへん, この日, この頃, これ以上, ごく小さい, さらけ出して, して, しんとして, すぐに, すてて, すべての, すべてを, そういうぐあいに, そのほか, そのよう, その仲間, その場, その女房, その後に, その批評, その方, その話, それらの, たえず小声, たしかにそんな, だまって, だん, だんだんに, ついそれ, つづいて, つまらない何だ, つりこまれて, とうとう我, ない誰, なくた, ひきとめて, ひどく恐縮, ほかの, またいつのまにか, またここ, またこの, またほか, また人間, また何, また同じ, また国内, また夢, また女, また心, また次第に, また父, また罫紙, まだ三十前, まるで子どもみたい, みな黙っ, みんなお, むかしの, もう思慮, やはり, よくわかりました, よく誰, わかって, わかつたよ, ツクシンボウも, ニコ, ホッと, ホテルとは, 一しょに, 一個の, 一口に, 一旦は, 一旦同意, 一時, 一概に綺麗, 一箇の, 万一を, 云つ, 亦た, 亦どんな, 亦一方, 亦一時, 亦一生不犯, 亦今, 亦彼, 亦彼女, 亦神, 人なり, 人我も, 今ここで, 今に, 今度は, 他人の, 以前の, 何の, 例の, 俺を, 充分に, 六官も, 冗談に, 十分に, 合法の, 同じこと, 同意見, 同様に, 呆気に, 呑込んで, 呪ったわたし, 呼び留めようとは, 唇を, 困って, 売尽しまして, 大あわてだ, 女の, 妙に, 妻子の, 姿を, 存在する, 市内見物の, 帽子を, 平次の, 平気で, 彼は, 彼女と, 彼女の, 彼女を, 後から, 後の, 心を, 忘れたよう, 忘れるといふ, 忘れ果てて, 怖いよ, 急いで, 恐らくその, 息を, 悉皆厭, 憤然と, 懸命に, 打明けます, 承知した, 握手を, 放ったらかして, 敢て, 日光浴を, 早目に, 昔の, 昨日の, 本気に, 東京に, 棄て, 機械的に, 気を, 注意ぶ, 涙ぐましく眺め, 満足し, 無くなって, 無表情に, 無言私も, 煙に, 父と, 物を, 犬達も, 狸を, 申上げます, 癪に, 白状致します, 皆その, 皆んなわかつた, 相当な, 相当に, 眉を, 矢張り, 知つてゐた, 知つて居た, 知らず我, 私と, 立ち上がった, 立って, 立上って, 笑いながら, 笑って, 笑ひ, 符節を, 答へ, 終に心, 結婚した, 絶望し, 耳に, 胸が, 膝を, 自分と, 自分は, 興奮し, 若い頃, 虚空の, 見た, 見盡, 解つた, 言った, 詩を, 話しかけない方, 説明し, 誰も, 讀んで, 賣り盡, 足を, 近頃この, 遂に, 随分借金, 非常な, 非常に, 頭が, 顔を, 駄目でございます, 驚いた

1 [3336件 抜粋] あいた口, あった, あのレコード, あまりに遠い, あるもの, あんじょう行った, いくたび, いささか気, いそがしがっ, いつかむかしは, いつまでも, いまそんな, いろいろ仕事, うごかされたか, うまくない, おかしなこと, おだやかに, おなじ空白, お任せする, お明, お話し致しましょう, かなりな, きて, くわしく判っ, こういう搾取者, ことごとく, このうえ, この写真, この大, この強い, この老人, これから仕事, こんなにたくさん, こんな行為, さういふ噂話, さっきから, さぶちゃ, しきりにわが, しなければ, しらべました, し天使, し許し, すぐあと, すこしく不安, すっかり分った, すてるの, すでに察し, そういう天賦, そうする, そう熱中, そこは, そのつもり, その一冊, その前, その告白, その影響, その手記, その正体, その相手, その行者, その間に, それが, それほど妻, そろそろ帰ろう, たうとう, ただあわれ, ただ力ずく, だ, ちゃんと大小, ちょっとの, ぢつと, ついに望み, つい昨日, ていねいに, とうとう灰, どうでも, どこを, なかなかこうは, なくなる, なまけものだつた, なんの, のけぞらんばかりに, はっきり記憶, ひとり観念し, びっくりした, ふらりと, ほっぽり出した様, ほほ笑むという, ぼんやり側に, まず安心, またいい, またかの, またそのまま, またとぼけた, またみ, またアイルランド, またシュルツ, またプロペラ, また一人, また一睡, また下問, また中国, また今, また偶然, また八津, また動坂一派, また半ば惰性的, また同様, また堅く, また妙, また小学生, また幸福, また微笑み返さないで, また抜き足, また敵, また最初, また未然, また根気, また気軽, また温和, また無事, また獲得, また瘤, また福井氏, また突き離された, また精神世界, また聞く, また草, また訊ね, また近江半国, また金, また顔, また鳴らぬ, まだ名, まったく俗交, まるで鏡, みな忘れ, みんなお前に, みんな心配し, みんな病人だ, みんな誓約書に, むやみに, もうあきらめ, もうよほど以前, もう昔, もう起き, もとより彼, やおら杯, やったもの, やつと, やはりシュルツ, やはり戰爭, やはり腰かける, やや戸惑い, ようやく事態, ようよう気, よく寝た, よく知らなかった, よほど亢奮, わかつて, わかるでせう暫らく, わたしと, アメリカ行きと, カーを, グラスを, スッパリと, ダンスの, ニッと, パンの, フランスの, プロレタリアートとは, マデライン嬢に対して, レビュー見物に, 一々製造元, 一も, 一六一二年には, 一切取り揃え, 一城の, 一息新鮮で, 一日も, 一杯を, 一生の, 一目見る, 一角の, 一類の, 七兵衛との, 三日の, 上気し, 不二麿, 不思議そうに, 不破の, 世間の, 丸太の, 事件の, 二三日野口の, 二百キロぐらいの, 云は, 亦いい気, 亦わが家, 亦一度, 亦人, 亦其身, 亦博士, 亦大声, 亦実は, 亦心, 亦政治, 亦時に, 亦演劇指導者, 亦真珠, 亦自身, 亦貧乏, 亦魚, 人に, 人自分も, 今, 今までに, 今更おそろしく, 今自分の, 他人と, 仲間の, 伸びた髪, 体全体で, 何処に, 佗びしく浅ましく, 侍です, 信玄を, 傍観者だ, 償つて町中の, 元気を, 先代の, 全く一歩, 全身に, 公言した, 兵も, 其は, 内地へ, 内閣が, 冷たい通り雨, 出して, 出来ないので, 分らぬまま, 分ッ, 列席者の, 判つ, 別れ切るに, 前の, 剥ぎ取られ奪われて, 努めて, 動かなかつた, 匂ひさうです, 匡房に, 半年ほど, 南部修太郎, 去り高氏, 又私, 取り乱した日, 叫ばねば, 吃驚し, 同じく放, 同じで, 同時に何だか知ら, 同罪である, 吹出したい気持ち, 周子も, 商売柄それを, 喜んで, 嘘である, 国元に, 地方的な, 堀江へ, 壞れ落ち, 変に, 外地へ, 多勢で, 夜中ひそかに, 大いに心, 大乗気で, 大團圓, 大層よろこん, 大概二た, 天とう, 失つ, 女という, 好きです, 妖妄の, 妾は, 嫉妬を, 孔子に, 学校という, 定めし夢, 客の, 宿の, 封じて, 尋常な, 小市民, 少からず, 少し面, 尠なから, 山に, 川を, 市会に, 平和だ, 年少気鋭の, 幾らか固く, 弓を, 強いて争う, 形だけは, 彼等と, 待ち受けて, 後悔は, 御存じで, 微笑みを, 心得た風, 心配に, 忘れずに, 忘れようと, 忘れ洗いざらし, 快活に, 思いおよんで, 思つたらう, 思わず棒立ち, 思切って, 怪物である, 恨み自分, 悪魔の, 惨, 愉快そうで, 意外な, 愕と, 感心しました, 慣れたもの, 懴悔の, 戦う力, 手に, 打たれたので, 打ち明けませう, 打倒曹操の, 投げすてて, 拍手を, 拵える譯, 捕えなかったか, 推服せざる, 放さない方, 教員室へ, 文の, 斯し, 新免姓を, 日ごろの, 旦那に, 早速其の, 明日出直し, 昼の, 時としては, 普通一般の, 書き込んだもの, 最後の, 有耶無耶で, 本当の, 材木屋として, 東京住居中は, 根こそぎに, 梁山泊軍三千の, 極めて呑気, 横取りされた, 次第に心, 正確な, 武家ことばが, 死に切れない死, 死人の, 殆ん, 母と, 民さんの, 気づかぬ本然, 氣の, 水音を, 江戸へ, 決して暗愚, 泣いて, 活氣づける, 浪浪の, 涙ぐんで, 清算する, 満足やら, 滅茶滅茶だった, 潜って, 濟んでしまつた, 無事で, 無言で, 焦れて, 煩悶の, 爪尖, 父一人の, 物分りの, 狂者の, 珍しく苦難, 生きたいの, 生れながらの, 用心し, 申上げ, 男の, 留守が, 疑ぐらずにはゐられないなんて, 疲労したらしく, 白い元結, 百面相に, 皆んな用意し, 皆深刻な, 目を, 相当人を, 眞實で, 眠を, 睨むよう, 知つてる, 知らない, 知らぬ気, 知り抜いて, 確かに, 禁じ得なかった, 私に対して, 稀には, 突離された, 立ち止まった, 競争で, 簡単に, 紅いもの, 素晴しい, 終つた, 終戦後の, 結局朗読を, 罪なく, 美しい夫婦, 羨ましそう, 考え出した, 聖マルグリートの, 聴に, 胃病患者に, 脱れる, 腹立たしい苛ら, 自ら思う, 自分だけが, 自分より, 自己の, 至らぬ奴, 舌を, 色と, 花やかに, 苦しいよう, 英雄という, 菩薩である, 落ち付けなかった, 藤夜叉を, 行き疲れ, 裸体で, 見えが, 見たこと, 見物に, 見通しだ, 覚ったの, 覺つてし, 解らなくなつ, 言い合わせたよう, 言われるまま, 話さなかつた, 説明した, 調べられるでしょう, 諦めること, 謹聴です, 貞盛と, 貫一の, 赤くなった, 足許などに, 身体が, 辛抱しきれなくなった, 近来恐らく, 迷は, 造化の, 遂に逝っ, 遊ぶ気, 違つてゐ, 避暑に, 酒の, 重要な, 金蔵の, 鍛えた躰, 長い眉, 間もなく応召, 附けても, 隠さずに, 電車で, 静かに, 音無しくし, 頭を, 顔色が, 飛騨行きの, 馬籠の, 騷音で, 髪を, 麗かや, 黙々とし

▼ 彼~ (3354, 1.6%)

27 の心 18 の利潤 16 の資本, はその 15 是れ 13 は自分, 等は 12 此れ 11 の労賃, の妻, の顔, は之 10 の地代, の手, の眼, は曾 9 が成功, の貨物, はそれ 8 が曾, の, の人格, の人物, の前, の大, の雇傭者, の頭, は最も

7 [11件] が如き, にし, の名, の地主, の所得, の耳, の財貨, は, は他, は実に, は常に

6 [18件] が如く, に在, に對, のいわゆる, の位地, の利益, の労働者, の思想, の性格, の為め, はまた, は伊藤侯, は又, は遽, も亦, をし, 曾て, 自身に

5 [23件] が, と相, の労働, の土地, の心事, の方, の著, の行動, はこの, は一種, は今, は何, は其の, は斯く, は此, は決して, は自己, らは, 一人の, 必ず地, 我を, 等の, 自身の

4 [38件] が如何, が果して, に於, に比すれ, に見る, のすべて, の先輩, の共同者, の剛愎, の姿, の家族, の彼, の意見, の時代, の理想, の生涯, の目的, の眞價, の真価, の眼中, の穀物, の胸, の親近者, の言動, の風采, の鼻, はいきなり, はふと, は主義, は啻に, は妻, は始め, は彼, は私, を呼, を憎む, 曰く, 豈之

3 [59件] が大, が老子, が自由党, が自由黨, に逢, のこの, の不幸, の主義, の享楽品, の他, の全, の分, の利潤率, の力, の勤勉, の収入, の地位, の境遇, の大望, の子供, の存在, の富, の差別, の支出, の智識, の機械, の母, の為, の純, の自叙伝, の言葉, の註, の誇り, の身の上, の農場, の馬, の魂, はた, は久しく, は何故, は唯, は屡々, は既に, は未だ, は村, は第, は自然, は足, は闇, は非常, もこの, も此, 丈の, 何物ぞ, 等を, 能く, 自身は, 自身も, 豈に

2 [412件] か, か此, があらゆる, がその, が下院, が主義定見, が久しく, が人, が人情, が伊藤侯, が伊藤公爵大隈伯爵等, が伊藤内閣, が何, が信望, が全く, が公人歴史, が公平忠忱, が其平生師父, が内, が初期, が勢力, が同化力, が名, が唯一, が外務大臣, が外務大臣候補者, が子供, が宗匠, が岐阜, が帷幄, が心術, が感情, が政治上, が故, が時代, が最も, が有する, が本性, が死んだ, が気象, が決して, が無, が熱心, が盛名, が第, が終始, が統御, が老, が自任自信, が自治案, が自負, が薩派, が衆議院, が見, が言動, が記者, が議長, が赫々, が身, が駒, これ申し, これ言はれる, これ言ふ, との関係, と与, と同, と同一, と妻, と是, と秘密, と與, と語れる, と進退, なしに, にしろ, に別種, に利, に及ばず, に同化, に同情, に告げ, に問, に師事, に愛蘭尚書, に敬服, に最も, に比せ, に背き得, に自, に良心, に詰る, のより, のテーブル, の一, の一代記, の一切, の一挙一動, の一政友, の上, の不, の世界, の主張, の人格思想, の人物性格, の仕事, の代議士, の以前, の作, の使用, の保守主義, の個人的資質, の傀儡, の入閣, の全身, の別, の利, の到底, の友誼心, の口, の周囲, の国, の堅固, の声, の契約, の子, の安, の家庭, の属する, の工夫, の市長, の帰朝, の帽子, の平等主義, の年収入, の強, の後藤攻撃論, の性向, の恐る, の感化力, の感情, の態度, の戸外, の持てる, の指命, の支払, の政友, の政敵, の政治的閲歴, の政治論, の政界, の新, の方法, の春秋, の智術, の有する, の本心, の本領, の歸朝, の死, の気, の気分, の演説, の為す, の爲, の獲物, の現在, の用意, の疎, の病気, の目, の真実, の神経, の種族, の第, の美質, の考える, の職業, の肩, の肺肝, の自ら任ずる, の自ら明言, の自由党, の自由黨, の良心, の英文, の英語, の著作, の著書, の藩閥, の衣貌, の言行, の討論, の説明, の議論, の貨幣労賃, の貨幣所得, の趣味, の身体, の通常, の部屋, の鄙野, の野性, の銅像, の門前, の雄心, の頬, の頭脳, の風貌, の食物, はあの, はある, はかく, はさも, はじっと, はすたすた, はそこ, はただ, はとうとう, ははや, はランプ, は三十歳前後, は主我的意思, は二三日妄想, は人, は人間, は今更, は他郷, は代議士, は任, は何時, は依然, は倏忽手, は傲然, は僅, は元, は共和政府建設論, は其, は其同志, は内務, は内閣, は内閣大臣, は再び, は初めて, は前田家, は十分自我, は卒然沼間守一, は名古屋出身たる, は向, は君, は固, は多く, は夢みた, は大きな, は大事, は大隈伯, は天性, は女房, は宛然, は實, は封筒, は少し, は尚, は居酒屋, は市民, は快く, は思想, は恰も, は愛蘭, は感情, は憐れ, は憲法, は支那, は斯, は新, は新しい, は方, は日, は日本憲政史上, は日本華族, は早, は曰く, は更に, は最高, は正直, は此事態, は此問題, は此決議, は此特質, は此輩, は民選議院, は父, は爾, は犯罪, は現代華族, は理想, は生れ, は白縞, は直に, は稍, は純然, は老躯, は肉, は能, は腹, は自由党, は自由黨, は自身, は舊來, は華族, は虚飾, は衆議院, は記者, は詩人, は説教師, は誰, は談, は議長, は身, は道理, は酒, は雪, は雲霞, は響, は風俗改良, は馬, は驚い, ほどに思ひ切り, ほどの良人, ほど働き, らが, らの, を, をビスマーク, を以て之, を以て最も, を以て未だ, を以て東洋, を以て浮浪, を以て華族中, を以て高島一派, を信用, を入閣, を卑む, を味方, を咎め, を喜ばざる, を嘲, を多, を家, を指し, を捕へ, を敬, を敵, を敵視, を新, を時代, を暗黒, を欺き, を畏, を畏れ, を目, を知らざる, を称し, を稱, を粗, を粗放, を罵つ, を覊束, を見させた, を見た, を認め, を誘ふ, を論じ, を讚美, を迎, を迎へん, を閣員, を非難, イリオンに, 一旦悟る, 一読し, 不幸に, 亦自ら自由進歩, 以外の, 何物ぞや, 冷然之, 又曾, 及び彼, 固より, 少しく動け, 常に武士道, 御自身, 我に, 星亨氏なり, 星氏の, 是れ手間取り, 是れ申しません, 是れ申す, 曰く余に, 曰く余は, 曰く先生の, 曰く我れ, 果して巧み, 秒時に, 程の, 等には, 自らこれを, 蕪村歿後数年ならずし, 豈他, 豈好む, 豈熱心, 驚きしか

1 [1588件 抜粋] あるいは本来東国, からはお前, から其の, から大橋, から行端, がいえ, がお, がした, がたしか, が一代, が三, が二ヶ月, が仕へ, が何処, が使つた茶碗, が党, が公爵夫人, が初期議會以來, が動かず, が大きな, が如くなる, が學力, が富嶽, が将, が少く, が廿歳, が忌嫌, が押し, が探り得たる, が放胆, が断つた, が時政, が最近, が月番, が横濱埋立事件, が此事實, が気, が測っ, が漸く, が無罪, が爲め, が理想, が発表, が窃, が絶體, が自分等, が英京龍動, が行つて了, が謹愼, が超俗, が退, が進歩黨中, が鞭, が顔附, が馴染, が黨與, こそシェイクスピア, これ一時である, これ四年には, これ巳刻, これ言う, これ言ふわ, その第, だけの山, ぢや, となし, とは短い, と交, と党員, と同居, と彼, と會合, と自由黨, と馬, なんだ, にさせた, について語らう, にはさ, には一日じゅう, には一種家庭的, には彼, には我慢, には農場, によれ, に乗るです, に人殺し, に個有, に処決, に反対, に呼びかけた, に対して悪声, に対する設題, に從, に投げ掛ける如く, に此癖, に移り, に聞い, に聽, に處決, に話し, に近づく, に追い着いた, に非ずし, のか, のため, のま, のシェイクスピア, の一番, の一身, の両親, の主観的意図, の乘つて來, の事, の二十一, の今, の仮定, の住居, の俘虜, の借地人, の健康さ, の元, の党派, の公正, の処決, の出発点, の別々, の制度, の努力, の友達, の取引, の名誉, の周圍, の命, の営業, の基礎理論, の増加, の大きな, の大言壯語, の奧方, の婦と, の宇宙觀, の宗教, の家屋, の實業奬勵策, の専制的手腕, の專制的手腕, の尽力, の年々, の底, の強み, の後ろ, の微笑, の必要, の念頭, の思想的, の想, の意味, の懐, の所有物, の手中, の手許, の打, の採用, の提言, の改良, の数字, の日本開化小史, の時事新報, の曰う, の未來, の根拠, の極めて, の樂地, の欠点, の正直, の歩み, の死後七年, の比率, の汗, の涙, の無罪, の爲め, の牛馬, の状態, の率, の理由, の生れた, の生活, の疑い, の盲目, の真, の知識, の私, の穀物労賃, の立論, の箭筒, の米国公使, の経済学研究, の總身, の習慣, の肺臟, の胸中, の自ら感じ自ら, の色戀, の茶, の葡萄酒, の藝術論, の行事, の表, の要求, の見境, の言条は, の記述, の話, の諸, の議論奚, の財, の貯蓄力, の資本部分, の跡, の軽蔑, の退, の進歩党, の遺骨, の附加的支払, の雄偉, の露國, の靴, の額, の首筋, はいまいまし, はおどおど, はかつて, はくさくさ, はこれ, はしも, はそう, はそんな, はだまつ, はとう, はのけもの, ははたと, はやんわり, はカツ, はハタ, はベッド, は一個, は一年間, は一葉, は一髪, は七歳, は三四日前, は不思議, は世間, は久しぶり, は事實, は二十七歳, は二十歳, は云う, は亡き, は今や恐らく, は佐藤, は何処, は何者, は僧侶, は党人, は全く, は兩親, は其大望, は其実一個謹慎, は其處, は冷眼, は到, は動き出した, は南京鼠, は反対党, は同じく, は同郷, は唯ニヤリ, は四年間独居生活, は地方出, は場主, は外, は夙く, は夜, は夢, は大胆, は女, は妾, は子供ども, は学校, は宣帝, は容易, は小屋, は屹度ヒステリー, は川上, は幕府天文方, は平気, は平生大言壯語, は引き続い, は当時西洋, は彼自身, は復, は心, は快, は思い切っ, は思った, は思わず, は怨めし, は息の根, は悲し, は感歎家, は態と, は懐かし, は折々, は拙い, は持つ, は放火犯, は政治的哲学, は文学, は早熟, は星, は普通, は最下等, は本, は来る, は枕頭, は正しく, は歳, は母さん, は気丈, は江戸屋, は泰然, は渡辺侠禅, は満足, は潔, は濡れる, は炉, は物, は独断, は用, は画家, は當時, は疲れ, は盗, は盲人, は真個, は社会, は科学的精神, は突然, は素早く, は絵, は美新, は聞きつ, は自, は自ら其職分, は自家, は色彩, は葮簀張, は行水, は見る, は解, は詩, は論理, は警察, は起き上り, は跳ね起き, は逃げ出す, は道, は醜い, は釜屋堀, は開会, は隠者, は電車, は頑として, は風呂敷包, は馬力, は驚くべき, は鰥寡孤獨, は黙, は龍溪, へ参っ, へ言った, ほどの地邸, まず口, まだそこ, もしこの, もはあ, もやたら, も下宿屋, も取りた, も大望, も実に, も枯枝, も皆汐溜, も自分, やそう, よりも上段, より来る, をいたわる, をからかう, をむこう, を中心, を以て專ら力, を假議長, を包んだ, を口説い, を呼ん, を塞ぎ, を変節者, を大言壮語, を好まざれ, を怒り, を捨てなかつた, を施療部, を殆, を熟視, を盗まれた, を社會, を罰する, を見入つた, を觀, を評し, を読み出した, を貰え, を鉈, を食いたい, アイア, アレース懲す術に, コポオが, トルストイと, ラランドは, ロオランは, 一切を, 丈だ, 亦窃, 人の, 今も, 今立ち, 以為らく華族の, 位の, 何を以て, 余に, 信仰に, 全く逃れぬ, 其妻に, 其武具と, 前年独逸大学に, 剛臆を, 十七歳の, 及び古沢滋, 双の, 嘉永三年鎮西の, 地を, 声に, 大衆に, 安藤は, 家を, 屡々首, 年十二立志編を, 弁妄書に, 往時英国の, 必ずしも愚, 必ず施薬, 怒りて, 意外にも, 我領有たら, 戰勝の, 政友会に, 敵王の, 明かに, 是云れぬ, 松村は, 楊雄が, 此れする, 毛利氏は, 清淨に, 父に, 獅子は, 白痘満顔広, 眞つ, 神に, 程お, 程までに, 程好く嬉しく, 等も, 翌日は, 聖霊を, 自らその, 自ら卵を, 自分で, 自身にも, 艦橋に, 若林鏡太郎が, 荘厳正, 語意半ば通じ, 象山に, 遠山の, 長者が, 首に

▼ 彼には~ (3070, 1.4%)

52 それが 27 思われた 22 思えた 19 何か, 彼の 16 なかった, 何の 14 それを 12 少しも, 自分の 11 分らなかった 9 わからなかった, 何よりも, 見えた 7 何も 6 それも, そんなこと, どこか, わけが, 一つの, 一種の, 嬉しかった, 子供が, 彼女が, 私の 5 その言葉, ない, 一人の, 彼女の, 思えたの, 想像も, 父の, 解らなかった

4 [20件] あつた, ある, この時, すべてが, よくわかっ, 不思議な, 二人の, 何にも, 何らの, 充分だった, 夢の, 女の, 妙に, 妻が, 当然の, 感ぜられた, 珍らしい, 相手の, 考えられも, 辛かった

3 [53件] あったの, さう, すべての, その理由, それに, それらの, つらかった, できなかった, どうで, どうもそれ, なにも, なんの, なんらの, まだこの, よく分っ, よく分らなかつた, わからなかったの, わからなかつた, 不似合, 不快だった, 人の, 今の, 今は, 今までに, 今も, 他の, 何が, 出来なかった, 分らなかったが, 判らなかった, 十分だった, 堪え難かった, 妙な, 徒らに, 心の, 怖ろ, 思えなかった, 思えるの, 思はれた, 思われたの, 思われて, 思われなかった, 思われるの, 感じられた, 数年来珍しく, 父が, 用の, 眼も, 自分が, 見えて, 親しみの, 言うこと, 非常に

2 [204件] あたかも可愛らしい, あたかも葡萄, あった, あったという, あまり九鬼, あらゆる策, いけない癖, いつか二三人の, いろいろな, うれしかった, おかしかった, おふくろも, お構, ことに親しみ, この女, この頃, これから入梅, これが, これらの, こんなこと, さまざまな, した, すぐに, せめてもの, そこに, その一生, その事, その意味, それは, そんな事, ただ一つ, ただ情熱, だれも, どうしてだ, どうする, どうでもよ, どこまでも, ないこと, なにを, なんだか彼, はっきりし, ひそかな, ひとつの, べつに何, まだそれ以上, まだ水夫, まるで見当, もう肺病, よくこんな, よくわからなかった, よくわかる, よく解っ, わかった, わかって, わからないが, わからなかったが, オデン屋の, ピンと, リヽーを, 一刻が, 三百六十五日の, 世間が, 事情が, 人間の, 今まで, 休暇を, 何うし, 何だかわざ, 何でも, 何事も, 何処と, 余裕が, 保子の, 信じられも, 傍系的な, 兄と, 充分に, 冷淡である, 出来なかったの, 出来なかつた, 分った, 分らなかつた, 分るが, 初めての, 初耳の, 判って, 制限せられた, 前に, 前よりも, 前院長, 力が, 動かない力, 勝手に, 勤勉が, 卓子の, 又死ぬ, 反論が, 只事でなく, 只行人, 合点が, 同時に九鬼, 固より, 堪えがたかった, 堪らなく不快, 多少の, 大き過ぎる, 奇怪な, 女が, 好い皮肉, 好もしかった, 如何し, 妹が, 妻の, 妻も, 妻子が, 子供の, 實に, 小説と, 年よった, 幾日か, 彼が, 彼なりの, 彼女たちの, 彼自身の, 心に, 忘れられずに, 快かつ, 思い出されて, 思い出せなかった, 思へた, 悲愴の, 感じられるので, 或迷信, 手が, 手を, 敵が, 數年來珍しく, 明かに, 昔の, 昨夜の, 昨日の, 時間の, 最も至難, 最初から, 最初この, 本堂庫裏客殿作らせ, 根小屋という, 極めて自然, 欠けて, 此等の, 死と, 気に, 決して理解, 活きた現在, 澄まして, 無かつ, 無用の, 父も, 父らしい, 珍らしかった, 理解出来なかった, 男の子が, 皆目見当, 稀らしい, 空間が, 立派な, 絶対に, 美奈子が, 考えなければ, 考えられなかった, 胸に, 腑に, 自信が, 自分で, 自分でも, 自分に, 自分を, 自由に, 芸術上の, 苦痛であった, 見えたから, 見えなかったが, 見える, 見向きも, 見当が, 解せなかった, 言って, 言葉の, 谷崎氏と共に, 貴と, 路傍の, 身に, 迚も, 通じなかった, 通り一ぺんの, 遠いところ, 遥かに, 適当な, 離して, 非常な, 面白かった, 面白くなかった, 順一の, 魅力が

1 [2069件 抜粋] あ, あたかも宿命, あの変屈, あの莫大, あまりにも, あまり似つかない, あらゆること, あらゆる自叙伝, あるの, ある特別, いい逃れる術, いじらしく見えた, いっそう興味, いつでも, いつもの, いとしく見えた, いまだかつてめったに経験, いやで堪らなかった, いろんな惡いところ, うしろからの, うれしい晴衣, おかしい腑抜け顔, おとといの, おもしろかつ, お化けと, お里が, かなひません, かなり重要, きわめて好ましかっ, けっして不, こういう風, ここを, このとき, この世の中, この仮, この写字, この友だち, この場合, この家, この引続き, この源三郎, この男, この群れ, この請求, この醜, これは, これ等の, さうでは, さっぱり見当, さほど不快, しかし大きな, しよつちゆう人, すぐ浮ぶ, すっかりおなじみ, すでに将軍邸, すべて別の, そういう, そういう座, そういう経験, そうした才能, そうした衝動, そうなる, そこが, そのとき, その不安, その人物, その何, その噂, その後を, その息づかい, その手紙, その時, その歌, その火影, その直, その運命, その音響, その風, それだけでも, それほどの, それよりも, そんな呑気, そんな気, そんな祝い事, ただそれ, ただやがて, ただ休息, ただ悪夢, ただ神聖, ただ行く, たのしいらしい, だまされた喜び, ちかぢかと彼女, ちょうど適し, ちょっと抵抗, つきかねた, つらい思い, できそう, できなくなった, とうてい頼れない, とても理解, どうかし, どうしてもあの, どうしても何, どうしても動物達, どうしても好き, どうでも, どうも氣, どことなく何, どのよう, どんな不満, なお一緒, なかつた, なすべきこと, なつかしいの, なんでも, なんと云つて, はげしく瞬間的, はっきり意識, はつきりと, ひと山これに, ひどく愉快, ぴんと来る, ふしぎな, ふと自分, ほとんどああいう, ほとんどふしぎ, ほとんど通じない, ほんとうは, まぎらしやう, またさういふ存在, また久しぶり, また彼, まだどうしても君侯, まだわからなかった, まだ住宅, まだ友達, まだ家, まだ旅行者, まだ正義, まだ痺れきらない, まだ非常, まったく無感覚, まるで欠け, まるで聞えないらしく, みすてられましたから, むしろ大事, むずかしかった, もういくら, もうなかっ, もう一つ別, もう二度とこの, もう半分旅行先, もう当座, もう恐ろしい, もう油, もう自家用, もう長者, もっと心当り, もとより平生, もの音が, もはや三沢, やさしい美しいそして, やはり彼, ゆうべの, よき父親, よく分らなかった, より少く, わかったよう, わからなかったので, わがままに, アンジョーラが, オリヴィエの, コンゼクエンツを, ジャン・ヴァルジャンが, デリカシーが, ヒロイックな, ラエーフスキイが, 一つ変つた癖が, 一人で, 一口も, 一室を, 一層強く, 一度も, 一月ばかりも, 一番堪え難かっ, 一目置く, 一見真物, 丁度うわ, 三人の, 不可思議であった, 不可能な, 不安であった, 不快であった, 不思議の, 不服の, 不満足だ, 世嗣は, 丘の, 主君の, 乾児らしい, 事件の, 二つの, 二度会った, 二重に, 五十人も, 些かのみ, 人に, 人後に, 人間を, 今おいち, 今までの, 今決して少し, 他に, 以前と, 仲の, 会わないこと, 伯父の, 似つかわしからぬ, 住み辛い, 何かしら未練が, 何となくそこ, 何もかも判らない, 何より楽しみ, 何んとも, 何時間か, 余りにも, 余程意外, 偶然とは, 僕を, 兄が, 充分使命, 先づそれが怪奇で, 免状も, 全くなかっ, 全く分らなかった, 全く意外, 全く無縁, 全従業員, 全然知り得べく, 共犯者が, 再びあの, 凡そ敵, 出来ない, 出発前に, 分らずじまい, 分らないの, 分らなくなって, 分りすぎるぐらい, 切実だった, 初めの, 判断も, 別に何, 別の, 到底那須野, 勇気が, 包むふう, 十八年ぶりに, 十年ぶりで, 南方の, 却つて憐れみ, 厭であった, 又早く, 友人が, 反対に, 可笑しかつ, 合点も, 名も, 周囲の, 命を, 唯一つ, 問題では, 嘘とは, 困り物, 固く念ずる, 坐り心地の, 堪えられないの, 堪え得られないもの, 堪へられないもの, 塚田に, 変に, 外界も, 多少貯金, 大いなる喜び, 大した感じ, 大事に, 大変すばらしかっ, 大自然, 天気の, 失われて, 奥床しかった, 女性以外の, 好感が, 妹に, 娑婆の, 嬉しいだろう, 孔子の, 学校が, 守りを, 実に変てこ, 実はお, 宰相の, 寂しがり, 寢る, 寺院の, 小田先生が, 少しの, 少なからず, 左門が, 帰って, 常套手段で, 平水夫, 幸福だった, 幾人か, 店の, 式服の, 当って, 形勢が, 彼に, 彼女へ, 彼自身でなけれ, 征服すべき, 御馳走であるらしい, 心ぐるしいようだった, 心強い気, 心苦しく思われ, 必然な, 忍びがたいことだつた, 忘れ得ぬ二つ, 思いあたるもの, 思い寄りも, 思えたので, 思へたの, 思われたので, 思われるから, 性格の, 恐くなつた, 恐ろしいの, 恐ろしくも, 恢復する, 息苦しかった, 悪夢だつた, 情無しと, 想い当たる, 愉快であった, 意外だった, 意識された, 愛とか, 感じられるの, 慣れた家, 憚かつて, 或短篇, 手といふ, 払わせなかった程, 投げ出す事, 持運べぬ, 支那人ほど, 放縦狂躁浮薄な, 教科書に, 斯うい, 方法という, 既に身体, 日本座敷の, 早くから蜀, 明るい心もち, 昼から, 時として善く, 普通人の, 書くため, 最もたえ, 最も得意, 最初九郎右衛門が, 有難かつ, 朝だった, 本を, 本當, 条件が, 東海道の, 案じられて, 楽しみが, 概念的にしか, 欠けた力, 次第に自信, 正成の, 此上も, 死にかかって, 殆ど絶え間なし, 残念に, 母親と, 気が, 気に入らないと, 気まぐれでない, 気掛りであった, 永遠の, 決して起らない, 注意を, 浅草橋の, 深い思惟, 済まないと, 満足に, 演劇理論の, 無いこと, 無気味なふるえ, 無論一円, 然しもっと, 父以上な, 物乞いを, 物足りなくなっ, 猫を, 珍しく天鵞絨, 現代人の, 理解し, 生きること, 生来さうし, 甥に, 田舎者の, 男四人女四人都合八人の, 異様な, 病気に対する, 目的が, 直感として, 相当大きな, 眞摯な, 真実らしく思えなかった, 眼鏡も, 知るよし, 確実な, 秀吉を, 穏かに, 笑つてゐる, 答える勇気, 精一ぱいだった, 紋付の, 紙張障子の, 結局女色より, 縁の, 罪悪の, 義雄の, 考えても, 考えるひま, 耐えられなかった, 聞えないだろうと, 肉弾の, 腹は, 腹立たしかった, 自分ながら, 自然的な, 自覚され, 興味を以て, 色彩の, 苦しくて, 苦痛な, 莫迦げたその, 薄らいで, 血も, 被告の, 見えずしかも, 見えなかった, 見せなかったが, 見られるので, 見境いの, 見送人, 親しい女, 親密な, 解けないの, 解らない, 解決が, 言い知れぬ安易さ, 言われぬので, 討入の, 詩的な, 認められなかつた, 読めなかった, 請人も, 貴い経験, 赦されること, 躊躇された, 近づく事, 返す言葉, 追憶の, 通じないよう, 遂にその, 遠い幼いころ, 選択の, 都合が, 金が, 鉄砲という, 鋼鉄で, 長老が, 随分寂しかっ, 青春が, 面倒な, 頓着しなかった, 頷けた, 風と, 食物にも, 馬鹿らしく見える, 驚異であり, 魔法の, 黙って

▼ 彼自身~ (2535, 1.2%)

22 の中 21 のもの, の心 17 の言葉, もその 13 がその, である, のため, の生活, はそれ, もまた 12 の手 11 の内部, の力, の姿 10 の口, の意志, は, もそれ 9 であった, のこと, も 8 の生命, の眼 7 にもわからなかった, の内, の胸, の魂, も亦, も自分 6 ではなかっ, にもはっきり, の顔, は自分

5 [11件] が自身, だった, であつ, でそれ, なの, にも分らなかった, のうち, のなか, の声, の書いた, は何

4 [15件] であること, ではない, にとつて, に對, の位置, の死, の立場, の筆, の考え, の耳, の自, の部屋, の頭, はその, はまるで

3 [43件] がすでに, が彼, が意識, が自分, と彼, に, にし, にもよく, にも説明, の, のやう, のやり, の上, の体, の個性, の外, の夢, の威厳, の弁明, の弱, の影, の心境, の悲しみ, の感傷, の教養, の新しい, の生, の罪, の著書, の言う, の趣味, の過去, はこの, はそんな, はもう, は意識, は懺悔録, は非常, もそう, もよく, をし, を発見, を語る

2 [191件] いうの, が, がいう, がいっ, がこの, がそう, がそこ, がそれ, がまず, がまた, がまだ, が一番, が人間, が今, が俄, が具え, が前, が大いに, が実に, が居る, が彼自身, が急, が日本人, が病気, が知っ, が貧窮, その思想, であ, であるかの, であるところ, でいっ, ですら, ではある, ではなく, でもそれ, でも何, とその, とてこ, とのあいだ, とも, と一つ, と雖, なん, にさ, にとって最も, にはそんな, にもそれ, にもどう, にもなぜ, にも始め, に向かっ, に対する心理的興味, に対する怒だった, に最も, に正当, に許されたる, に関すること, に関係, のすぐ, のせい, のせつな, のよう, のイデヤ, の一生, の主人, の代, の体験, の作, の信念, の健康状態, の偶像, の像, の價値, の優越, の写真, の処世, の判断, の利害, の前, の創作, の反映, の哲学, の問題, の喜び, の嘘, の場合, の境遇, の子供, の存在, の学問, の実力, の家, の年齢, の幸福, の幻想的, の心持, の性格, の意見, の意識, の愚, の感想, の態度, の憂慮, の所有, の敗北, の有, の欲する, の欲望, の気持, の氣持, の活動, の独創, の理想, の生活条件, の生涯, の痛ましい, の皮膚, の目, の秘密, の稟質, の立派, の経験, の經驗, の腑甲斐, の自尊心, の自我, の良心, の芸術, の苦しみ, の行為, の表現, の見解, の解釈, の言いぐさ, の証言, の話, の説, の身体, の軽蔑, の道, の風貌, の驚くべき, はそう, はただ, はつ, は何等, は信心, は其半生, は勿論, は岡田, は悪疾, は欺かれない, は決して, は無論, は至極, は詩人, は長く, は高等小学校, ほとんど忘れかけ, まで肩身, もこの, もだんだん, ももう, ももはや, も今, も何, も又, も後, も気づかなかった, も知つて, も知らぬ, を, をなつかしく, を嘲笑, を守る, を彼, を恥ずる, を恥づる, を理解, を示し, を種, を表現, を見出し, を見出した, を解放, を語つて, を誤り, を軽んずる, を軽蔑, 少しも, 憤らずには

1 [1539件 抜粋] あるのみ, いって, かう説明, からかまた, から常に, から申し出た, がある, がいっぱし, がいま, がかつて, がさけぶ, がそして, がとりこ, がにこにこ, がびつくり, がまっ先に, がもうもう, がやる, がキレイ, がタッタ今, が一つ, が一種特別, が二度, が京都, が他人, が何かしら憑きもの, が信仰, が克明, が内面, が努めなけれ, が化物探険隊, が取調べ, が告白, が囚われ, が大きな, が妖気, が存在, が少し, が引込む, が後日, が思っ, が恒, が手, が指摘, が握っ, が景陽岡, が最後, が横浜, が欲する, が民, が浸, が物語っ, が現在, が産出, が白状, が知らず知らず, が総, が義仲, が腑甲斐, が自ら, が自殺, が苦しい, が落ちつけなかった, が言, が認め, が迂闊, が閑, が鶏小屋, くしけずられる黒髪, こそ他, さうで, さえ自身, すらそれ, すら予期, すら知らない, そう思った, そのままに, その墓穴, その時, その苦しみ, そんな気持, だけだった, だけのエイ智以外, だけを引き離し, であったかも, であったとか, でありあらせ様, であると, である主人公, でさえその, でさえ驚く, ではあるまい, では何一つ, では少し, では気づき得ない, では自分, でもこれ, でも人, でも健気, でも意識, でも気づかない, でも知っ, でも知らなかった, でも見当, でも識別, でやる, で信じ, で反省, で手入れ, で点す, で而, で起した怒, という分野, としてはせっかく, としては彼, としてもすこぶる, とそう, となん, との隔たり, とは握手, とマルグヴェン, と全, と周囲, と星田, と間断, などよりもずつと順調, にあ, においては何ら, において見出した, にさえ, にさえもわからず, にすら驚かれる, にそれ, にとっていかがわしい, にとってはそれ, にとっては学問, にとっては恥辱, にとってもわれわれ, にとっても言葉, にとって第一義的, になった, にはこの, にはつきり, には一つ, には何とも, には向けられなかつた, には大体歓喜, には感じられた, には深刻, には高い, にもこう, にもついに, にもふしぎ, にもわからない, にも不思議, にも何ん, にも具體的, にも分らなかったらしい, にも判っ, にも判別, にも勝っ, にも愛, にも気, にも肯定, にも解らなかった, にも解釈, によって作られ, に云わせる, に他, に何ら, に取っ, に喜び, に執筆, に媚び, に対して思想的, に対する客観, に対する情けな, に属し, に必要, に思はれる, に於, に気休め, に物, に知られぬ, に纏わる, に自分, に近い, に返った, に適わしい, のいった, のこうした, のこんがらがつた, のそして, のつたな, のひいた, のまだ, のもっ, のやり方, のオリジナリティ, のポートレート, の一策, の一面, の不満, の中軍, の事, の云つた, の人柄, の人間, の付け加えた, の任務, の作品, の作文, の保有, の健康, の入獄, の内奥, の内輪, の凡庸さ, の刀, の利益, の剣法, の功績, の勉強, の勢力, の十字架上, の印画, の反射的反撥, の名誉心, の呼吸, の哲學, の器量, の土民的, の堪へ, の大, の失策, の好色, の威圧力, の実生活, の家来, の小説, の山々, の平民, の幻覚, の庇護, の弁解, の役目, の心中, の心細い, の心身, の怖, の急変, の恋, の恰好, の惑い, の意志如何, の意識的, の愛し, の感ずる, の成り行き, の戦い, の手がけた, の抵抗, の指揮, の擾, の放蕩無頼, の文体, の斷念, の旧悪, の時代, の末日, の本質, の樂しみ, の正しい, の死活, の母国, の没落, の消費, の渡した, の無能, の熱い, の物語る, の独特, の猛, の獨立, の現実主義者, の理解, の生き, の生れ, の画壇的, の病的さ, の發狂, の眞正, の真面目, の研究, の社会, の神経衰弱, の租税分担, の立ち場, の精神, の結論, の美的要求, の考え方, の肖像, の脱ぎすてた, の腕, の自供, の自負的心境, の花, の苦しい, の茶碗, の著作, の血, の行路, の裸体, の視覚, の言っ, の言行録, の記述, の訴える如く, の詩人, の詫び状, の説明, の謙遜, の財産, の貴い, の足, の身, の軍隊, の述べる, の適当, の部分, の配慮, の銅像, の関心, の面影どおり, の頭蓋骨以外, の顔色, の食, の髪の毛, はいつ, はきわめて, はさ, はそういう, はついに何一つ, はとうに, はどちら, はぱっぱっと, はまぎれ, はまだ全然, はもはや全く, はベッド, は一太刀, は一滴, は五百余騎, は以前, は修行, は元来, は切支丹, は劇, は即座, は可, は外見上両立, は大人, は大衆小説, は女中部屋, は実際, は年, は急, は我がまま一パイ, は既に, は普通一般, は本業, は楽しみ, は毫も, は漫然と, は理由, は生来, は知っ, は祖先, は義民, は背広, は萬承知, は見る, は誇り, は踵, は酔い, は隣室, は飽くまでも, ばかばかしくなった, への戰, へ正, まだ, までが一種, もあらわ, もいちばん自信, もいつか微笑, もう一つ, もこれ, もさき, もっと若く, もどうも, もはっと, もみずから, もやはり, もポケット, も一頭, も二十年間, も五代綱吉, も以下, も信子, も刀, も加わっ, も危く, も同じ, も多分, も太刀, も安心, も少年, も幽鬼, も彼, も徹頭徹尾, も思いがけない, も思つて, も恐れ, も抱え, も救われた, も斯ん, も最も, も松島準一, も此の間うち, も気がつい, も深更, も無一文, も疑わず, も知っ, も確か, も自覚, も苦悶, も藩老, も見逃さなかった, も言葉, も語らなかった, も買手, も酔っ, も限り, も飛んだ, よくそれ, よく知つて, よりほか, よりもむしろ, よりも如何, より先, をあわれむ, をこの, をすらあ, をつねに, をなだめた, をひろげ, をもてあます, をも救おう, をヒイヤリ, を世間, を代表, を信じない, を偽る, を卑しく, を同化, を嘲るごとく, を如何, を彼女, を怪しみ, を恥ぢる, を意味, を憎んだ, を指す, を救った, を欺い, を洗練, を犠牲, を生き生き, を自由, を見, を見る, を解釋, を詩, を譬えたい, を道徳的, ギラギラ悪鬼的, 信じて, 即ち彼, 大いに進歩的, 怒濤, 持つて, 早くから, 極めて緩やか, 死ぬほど, 決して民族的立場, 狂いそう, 知らないであろう, 遊んだ好

▼ 彼~ (2125, 1.0%)

69 して 67 一緒に 41 彼の 31 並んで 28 いっしょに 24 同じよう 23 話を 19 我との 18 私とは 16 しても 14 同様に 13 いえども, 私との 12 彼女とは, 自分との 11 一しょに, 同じやう, 話して 10 彼女との, 私の 9 別れて 8 別れた, 顔を 7 同時代, 此とを, 肩を 6 一しよ, 僕とは, 彼女の, 此との 5 二人の, 向ひ, 私とが, 私は, 自分とを

4 [19件] 交際を, 何の, 共にあった, 同じくらいに, 向い合って, 喧嘩を, 妻との, 彼女とが, 我れ, 握手を, 相対し, 知り合いに, 私が, 節子との, 結婚した, 結婚する, 自分とは, 雖も, 離れて

3 [28件] たえ子との, ならんで, もう一人, 世話を, 二人で, 交渉の, 会って, 会話を, 倶に, 僕との, 反対の, 同郷の, 向き合って, 妻とは, 妻の, 小娘, 彼とは, 此, 此とに, 母との, 海との, 眼を, 私と, 約束し, 袂を, 試合し, 話すこと, 顏を

2 [129件] いっしょであった, いへども, おれとの, お冬, お民, けんかした, これと, これとの, これとは, こんな機会, すれちが, すれば, その家族, つきあって, のみながら, ふたりで, ほぼ同年輩, わたしとは, クイックシルヴァとは, レーニンとの, 一人の, 一処に, 一緒だ, 一緒にな, 三人で, 争ひ, 二人きりに, 二人だけの, 二人に, 交渉する, 交渉を, 交誼を, 交際が, 人々との, 今の, 他の, 仲好く, 伊藤侯との, 伯父との, 何か, 何かの, 信長との, 偶然知己, 兼子とは, 別れてから, 別れる時, 別れ一人, 前後し, 十二に, 千代子との, 反対側の, 口を, 同じくらい, 同じく否, 同じく彼ら, 同じに, 同じもの, 同じ程度, 同年ぐらいの, 同年で, 同意の, 同棲し, 同様の, 向いあって, 向かい合って, 呼んで, 夫人との, 子と, 対ひ, 対坐し, 対峙し, 対等の, 島田との, 差向いに, 彼を, 彼女は, 彼等との, 往来で, 性格が, 懇意に, 我とを, 手紙の, 接吻を, 村の, 此と, 此とは, 此れ, 此互に, 武蔵との, 武蔵の, 歩調を, 母とは, 母親との, 洋傘の, 温いもの, 父とは, 男の, 知って, 知りあったの, 知る者, 知合に, 社会の, 私とに, 私とを, 私を, 竹竿を, 育ちの, 腕を, 自分と, 芸術家としての, 行動を, 視線が, 視線を, 親しくし, 話が, 話した, 話したり, 話しはじめるが, 話すの, 議論を, 足を, 遊ぶこと, 運命を, 関係の, 隣人の, 面を, 面會した, 顔見知りの, 駒を

1 [1159件 抜粋] あうとき, あまり會, ある関係, いくらか言葉, いさかいを, いっしょな, いっても, いひ此, いられなかった, うるさい事件, おなじ姿, おなじ程度, おばあさんとは, お客たちを, お浜, お雪, かけ離れて, けっしてよい, ここにて, この平野, この話, しめし, すこしも違, する者, すれちがう人たち, すれちがったが, すれちがって, すれ違う時, すれ違つた時, そっくりの, その一派, その人, その友, その子供, その後の, その植物, その男, その部下, それから後, それを, たえ子とを, ただ二人相対し, ちがわなかった, つき合い始めて, つながって, どういうかかわり, どんな関係, なおいろいろ, ならうちとけた話, なら酒, にらみあ, はつきり顔を, ひとしく黄海, ふたりだけで, まちがって, まったく同じ, むきあって, やや似た, ゆっくりすれ違った, わが輩と, わたしとが, わたしの, イワンの, オリヴィエ以外には, ガマーシュとの, クリストフとの, ケプナラが, シイ, スクルージの, セーラーらとを, チヨも, ドアの, ナオミとは, バックの, ベッドを, ボーイ長の, マメイドとを, メートル法の, リューシーとの, ロチスター氏とを, ヴィアルドオ夫人との, 一切交遊が, 一寸押問答, 一度出会っ, 一月も, 一緒の, 一致し, 丁度いい, 三つ違いの, 三人の, 三日滯在した, 三馬路の, 不和な, 世間を, 丘を, 並び立ち得るもの, 並べて眺めた, 並行し, 中学時代の, 九州とは, 争うは, 争ふ, 二つ違いだ, 二人きりで, 二人だけ, 二者相対の, 云うもの, 云う人格, 云う我ただ一人, 云はう, 云此と, 五代目菊五郎との, 交を, 交游を, 交遊を, 今夜の, 今自分, 介三郎の, 他人とを, 仲よしだった, 仲直りしたい, 仲良くなつ, 伊代父の, 会いたさ, 会うとき, 会う事, 会った, 会ったの, 会わなければ, 伯爵との, 似て, 何れも, 余との, 供の, 信長とが, 俥に, 俺との, 僕とを, 入り違い, 全く同じ, 公卿若, 六の, 共にありし, 共に亡ぶ, 共に出かけ, 共に哭き, 共に死ぬべく続い, 共に行け, 共二人の, 共犯関係でも, 兼子と, 兼子との, 冬次郎とは, 出会えば, 出会ったとき, 出逢うこと, 出逢った, 出逢わないよう, 分ちがたい, 列んで, 初対面の, 別れたあと私, 別れたよう, 別れた元成, 別れた翌日, 別れなければ, 別れましては, 別れるとき, 別人では, 労苦を, 医者の, 十二違ひ, 千鶴子の, 協力すべき, 又他, 友達だった, 友達でなかったら, 双生児の, 叔母を, 取り換, 叡山の, 句とは, 只二人, 吉岡家との, 同じう, 同じくその, 同じくただ, 同じくまざ, 同じくセーヌ川, 同じく一つ, 同じく半ば眼, 同じく多少平民的, 同じく建設, 同じく枝切り職, 同じく眼, 同じく給仕, 同じく軍隊, 同じく音楽家, 同じで, 同じである, 同じ不服, 同じ今川家, 同じ信徒, 同じ十三歳, 同じ囲い, 同じ市松, 同じ年恰好, 同じ意見, 同じ数限り, 同じ村, 同じ気持, 同じ理想, 同じ盤, 同じ稼ぎ人, 同じ考え, 同じ苦痛, 同じ速力, 同じ酒肴, 同じ非難, 同体量の, 同名異姓の, 同型の, 同居し, 同年か, 同年くらいの, 同年輩ぐらいの, 同年輩または, 同座し, 同数な, 同時にフィレンツェ, 同棲生活を, 同様だった, 同病に, 同等であった, 同級生で, 同行する, 向い合せに, 向い合ったよう, 向き合いに, 向き合ったまま, 向って, 吾らの, 周囲との, 呼んだ方, 和睦し, 問い答え, 喋る時, 団十郎とでは, 土岐との, 塩冶判官高貞の, 変らないこと, 外に, 大の, 大分懇意に, 大賀弥四郎との, 太刀を, 夫, 契れり河, 女とは, 女の, 女房の, 妙子との, 妻と, 妻を, 妻女との, 姉との, 娘との, 婦人の, 孔子とは, 学校の, 実にも, 家とを, 家を, 寝台を, 寺尾とは, 対峙する, 対決する, 対立する, 対談し, 對座した, 對面匆々彼が, 小姓が, 小林兄弟神戸牧師の, 小猫, 小見山次郎とは, 屡々銀座, 山林官長との, 岡とは, 市長との, 平和に, 廣岡との, 当代の, 彼らとの, 彼女, 彼女と, 後半の, 從者の, 御相談, 応対し, 快からざる後白河法皇, 思ったは, 性が, 息子たちとは, 悶着する, 惚れ合ってる芸者, 意見を, 懸隔し, 我が子, 我とは, 我の, 戦いを, 戦い是, 戦おうと, 戦つて大に, 戦わねば, 戰はむ, 戰ふ, 打ち解けようと, 抱きあって, 接する機会, 接近せしめた, 擦れ違うにも, 政子との, 散歩の, 数千の, 数時間いっしょに, 敵対の, 新しい歴史的世代, 新助, 日頃仲の, 明智との, 是とでは, 是紛々として, 時を, 晩餐を, 最も親しい, 會す, 朝日照り炊煙棚引き, 朝鮮の, 机を, 松雪院との, 根くらべ, 楢林榮七郎だけに, 槍を, 横隊にな, 檻房が, 正面から, 正香とが, 此の, 此兩軍互に, 歸途に, 殆ん, 母と, 母の, 比肩できる, 氣づかなかつた, 決鬪を, 添はば, 満枝との, 瀬川とは, 無二の, 爭ふこ, 牛を, 犬猿の, 猛烈な, 玄徳と, 玉藻との, 瓜二つに, 生写し, 生活を, 田原が, 申して, 異って, 異なりて, 異なる道, 異性の, 発田の, 白馬の, 目礼だけ, 直義とが, 相会, 相呼ぶ, 相對, 相接し, 相識に, 眞正面に, 眼が, 睨合う, 矛を, 知らずに, 知りあひに, 知り合った戦時中, 知合ったの, 知己たり, 短い対談, 確かに, 社会を, 神尾の, 神経衰弱などといふ, 秀吉との, 私牧師と, 筆と, 等しき巨砲, 精悍な, 精霊との, 細君と, 組むこと, 結ばれて, 結ぶもの, 結婚し, 結婚しない, 結婚するなら, 結托し, 絶ち家計, 義兄の, 義絶し, 肚の, 自分とともに, 自分は, 自己との, 自身との, 舞台なり, 船中に, 芸術談を, 芸質相反する, 苦しみとの, 葉子の, 藤田の, 虎井夫人とが, 虫眼鏡で, 融會の, 行きあ, 衝突した, 被告との, 西郷との, 見ゆること, 親しい者, 親しかった, 親しくする, 親しくなり, 親しく話, 親しみたいしんみり, 親密に, 解ると, 言うより, 言を, 記代子との, 話しても, 話しを, 話し合ったあの, 話そうと, 語つてゐた, 語りたいとねが, 語り合うこと, 語るの, 誤りて, 誼み, 調査に, 談合し, 議論する, 貴女には, 赤松一族の, 趙太爺は, 車掌とが, 近づきに, 追っかけっこ, 通りがかりの, 逢うの, 逢えば, 逢つたのである, 逢ふとき, 連立ってるところ, 連絡した, 遊んで, 道連れに, 違ふ, 遠藤とは, 邦夷の, 野本氏との, 釣りに, 長い間話, 長年の, 門の, 関係を, 關係の, 阿賀妻との, 隣り合せ, 隣人とが, 隨分長く, 雑談する, 離婚し, 静葉との, 面して, 面会する, 須美子と, 頼朝とが, 飲んだウイスキー半瓶, 馴染むこと, 駈落, 黒田とは

▼ 彼から~ (540, 0.3%)

14 見れば 12 離れて 8 眼を 5 見ると 4 離れなかった 3 いえば, 受けて, 見られてること, 身を, 離れた, 顔を

2 [32件] して, その傘, ものを, 一切の, 一番離れた, 一間ばかりの, 何かの, 切り離すこと, 受けたこと, 叱責を, 奪って, 妙な, 妻子に, 手紙が, 抽き出した, 授けられたもの, 採用した, 期待した, 獨立なる, 私は, 聞いた事, 聞いた話, 聞いて, 視線を, 訊ねた, 話を, 逃げて, 遠ざかって, 部屋を, 金を, 離れたところ, 電話が

1 [415件] あふれ出た, あらましの, ありのままの, いきなりこれ, いくら説明され, いじめられて, いま, いろ, いろいろ買っ, おれの, お待ち遠, お辞儀される, からかわれたこと, きいたの, ききました, きれぎれ, くすねたり, この, この生命, これへ, ごあいさつ, さらに容赦, しばしば呼出し, すうつと, すすめて, すべり落ちて, せしめたこと, そういわれる, そう言われる, そつと, その, そのいきさつ, その一節, その口火, その増加, その寶物, その批評, その頃彼の, それも, それを, そんなもの, たった一ツ, だいたいの, だんだんと, だんだん離れ, つい二歩, つけられてること, であ, では, どう扱われよう, どんなに息, どんなに苦しめられた, ながめられてること, なんらの, のがれかかって, ののしられたある, ぱっと飛びのいた, ふらふらと, ますます逃げ, みると, もたらされる, もらされは, もらったレクラム版, もらった古い, もらった手紙, やすやすと, わずかな, わずか二三歩, わたくしを, わたしに, コンナ話を, スペンサーの, ナニイを, ネネを, ハンカチーフを, ピアノを, ポントスの, 一人残されてる, 一年近くも, 一度手紙を, 一札入れ, 一歩ふみ出しさえ, 一番困らされた, 一身上の, 三歩の, 上着チョッキさては, 不愉快な, 与えられる善, 久慈の, 二三番前の, 二三間は, 二十円という, 二歩の, 二歩ばかり, 云うと, 云えば, 云った, 云ふと, 云へば, 云わせると, 五六十歩の, 五六通の, 五間ほどの, 享けて, 人の, 人形の, 仏天青なる, 仕事する, 仰いだ, 何か, 何かを, 何らの, 何遍も, 余に, 使われてる職工ら, 供給し, 便りを, 俸給を, 借りられるだけ, 借り受けて, 借金を, 先手を, 光を, 全く姿, 公然と, 出て, 刀を, 切符を, 初まったでげす, 刺激され, 剥離し, 勇気と, 勧められるまま, 十メートルとは, 十間ばかりの, 千鶴子に, 去った今, 去って, 去つたやう, 去つて行, 反らして, 取り上げそれ, 取り上げたの, 取り除けやう, 取去られたとしても, 受けた, 受けたその, 受けた侮辱, 受けた好意, 受け取った栗, 受け取つた, 口を, 口説いて, 古物陶器の, 叱責せられる, 名指されたところ, 吹き飛ばして, 唆り得る, 嗅ぎ出そうと, 嘲笑されてる, 四散した, 固い緘口令, 圧迫される, 圧迫を, 声を, 多くを, 大いにたしなめられた, 天下茶屋の, 失われて, 失われるだろう, 奪いとったその, 奪い取ろうと, 奪うこと, 奪おうと, 奪ったこの, 奪つて迷路, 奪われて, 学ぶべきこと, 学んだ, 学んだこと, 學ぶところ, 家康への, 察せられてること, 尊敬され, 尋ねかけられても, 小さなやさしい, 小作人たちが, 小首を, 少し放れ, 少し離れた, 山登りの, 希って, 帽子を, 幾度と, 弓矢に関する, 引き出された, 引き放せないまでに, 引き離すやう, 引っこめようと, 引出しえないので, 引離した, 強いられては, 強く毆打, 彼の, 彼女に, 彼女の, 彼女を, 得たお, 心も, 忘れて, 忽ち気に入られた, 思いがけないた, 恨みが, 情人リザベッタを, 想われたこと, 愉快な, 意味を, 愛されたこと, 愛されまいと, 愛の, 愛妻お, 愛想よく, 感染され, 憐まれて, 懐中電燈を, 或る, 手を, 手招きした, 手紙で, 打たれると, 招待を, 挨拶された, 捨てさせた, 掘り出して, 推挙し, 改めてこう挨拶, 攻撃される, 敏感な, 教えられて, 教えを, 教わるん, 散々罵られた, 数学を, 数歩の, 日本から, 日本の, 明確な, 春風駘蕩たる, 暴力を, 最も厭, 最後の, 本を, 来たもの, 来た手紙, 来た葉書, 来るなら仕方, 来る手紙, 来意を, 欠けおちた, 次の, 款を通じて, 止ど, 母に, 母へ, 気を, 求められた以上, 求められるまで, 汲取る, 沙汰が, 泊りがけに, 注意を, 淫蕩の, 滑り墜ちて, 激情の, 無くなったの, 煙草を, 独立し得なかった, 独立なる, 猟の, 生きて, 生まれ出, 痛いところ, 発起し, 目を, 直接聴いた, 相談された, 真向上段に, 矢部の, 知らせるまでも, 知り得た事, 破約を, 私へ, 私を, 稽古を, 穏やかに, 突然, 窓の, 立去つた, 端書が, 笑われた私, 米を, 紙を, 結婚の, 結果する, 考えると, 聞いた, 聞いたこと, 聞いた二つ, 聞かされた, 聞かされてるうち, 聞きとるよう, 聞きましたよ, 聞き得た範囲, 聞くこと, 聞くに, 聞く事, 聞く時, 聴いた顛末, 背き去ったか, 背き去った事, 脅やかされる, 脱がせること, 脱落した, 自作の, 自分が, 自分にだけでも, 與へ, 色々と, 苦々しさ, 英語の, 蔑視される, 蚕食され, 行軍を, 表情を, 被害を, 見たら他人, 見た妹, 見て, 見ては, 見られてるか, 見られないよう, 見守られてること, 見捨てられて, 解き放されること, 言えば, 言われるよう, 言葉を, 訊ねられると, 訪問される, 話しかけられるの, 話しかけられ一人, 話して, 話し込んで, 誘い出されたの, 語られた, 請求された, 財布と, 買い取ったと, 買って, 資格を, 贈った名馬, 起こさせられた信頼, 跳びかかった, 軽蔑されてる, 輝き出したこと, 辛辣に, 辞書を, 迎いの, 返事が, 追っつかれるの, 追ひ, 逃が, 逃げたもの, 逐一聞い, 通帳を, 遊里の, 遠くない, 遠くなってた, 遠くに, 遠く離れ, 遠く離れ去った, 遠ざかつて行, 遠ざかるという, 遠のいて, 遠退いた, 選まれた, 選択される, 遺書を, 鏡の, 除ける風, 陶器づくりに, 陶器を, 離れおちた, 離れがたく, 離れたの, 離れたわけ, 離れてないので, 離れなかった想念, 離れようと, 離れる子供, 離れ丹尾, 離れ切って, 離れ去つた父, 離れ去らうと, 離れ去る, 電話がか, 非常に, 音楽癖が, 頼まれたこと, 頼まれたという, 頼まれて, 飛び出て, 養家の, 馬鹿に, 高下の

▼ 彼にも~ (423, 0.2%)

4 分った, 分って 3 あつた, よく判っ, 分らなかった, 彼の, 自信が

2 [22件] ある, さすがに, その方, それが, よくわからなかった, よく分っ, わかった, わからない, 三十八年間の, 他の, 何の, 全然ない, 分らなかったが, 判らなかった, 同じよう, 同じ力, 困りきります, 想像にも, 確かな, 私にも, 誰だ, 誰にも

1 [356件] あからさまに, あきらめたこと, あったの, あの覆面, ある証拠, いい智慧, いくらかの, いまもっ, いまもつ, いると, いろいろの, うつつた, おぼろながら, おもわれる, おゆう, お気の毒, かう言つた, かたく誓っ, きっと普通, けっして忘れる, こういう懸念, この, この下心, この報告, この斜面, この白骨, させたし, したたかに, すすめ, すすめた, すっかり望み, すでに出, すべての, すわるよう, そういう性質, そうした信念, そうした悪戯げ, そうであったろう, そこの, そこまで, そこらに, そのとき, そのプリブレージ, その一日, その意味, その意識, その愛, その理窟, その笑い, その考え, その苦痛, それくらい, そんな惻隠, そんな時代, ただ一つ, ただ感じる, たまたま破綻, たれかけて, だいたい推察, だんだん分かっ, ちょっとこれ, ちょっと見きわめ, つかないの, つたわつて, どうする, ないが, ないで, ない急ぎ, なお我慢, なかった, なかなかむずかしい, ならぬことぢ, はっきりいえない, はっきりし, はっきりと, はっきりとは, はっきりわかっ, はっきり判らなかった, はつきりとは, はつきり判つてゐた, ひきうけられる自信, ひとりの, ひと目で, また, またこの, また一種奇妙, また巧妙穏和, また希望, また彼, また拒まれた, また正確, また無謀, また耿, また近, まだでき, まだなかっ, まったく謎, ままに, まるでつかなかった, むかしの, もちろん分ろう, やって来た, やはり文, やはり東北人特有, やはり模倣者ども, よい薬, よう, よくわかってる, よく感じられた, よく理解, よく見えた, よく覺, よく解っ, よけい会いたかった, わかった気, わかつた, わからないので, わからなかった, わからぬ力, わかりかけたほど, わかり切って, わかり切つて, サバトの, チョコレートが, ハッキリと, ハッキリわかっ, ハツキリと, マリユスが, ロセッティの, 一つの, 一と, 一向にこの, 一向要領, 一片の, 一目瞭然で, 一語で, 下った, 不完全な, 中原の, 了解できた, 予備知識が, 予想できなかった, 云つた, 云ふと, 亦その, 人並の, 今日は, 介添人に, 仕事の, 以前味つた, 伊織と, 休息が, 伝えられるよう, 伝って, 伝わって, 似あわず家, 似あわず心から, 似ずきつ, 似ず今度, 似合わずすぐさま, 似合わず妙, 似合わない調停, 似気, 何か, 何かしら分った, 何となくこの, 何故と, 侍という, 信じられる, 元々つかみ, 充分意見を, 充分解つて居た, 免れぬ弊風, 全作にも, 兵力が, 出来ないこと, 出来なかつたらしい, 出来るよう, 分けて, 分らない, 分らないこと, 分らないの, 分らないので, 分る, 分るよう, 判って, 判断は, 前日に, 加増の, 劣らず楽々, 募る, 勧誘の, 勿論わかっ, 千鶴子の, 反映する, 口留めを, 只二人偖我口より, 合点が, 同じやう, 同じキマリ文句, 名君らしい, 呆れられは, 呪符を, 商法の, 喋って, 嚥みこめる, 増して, 変化の, 多少の, 多少は, 夢は, 大いに恃むものがあるようだった, 好意が, 如何なる野心, 妻にも, 妻の, 妻や, 妻を, 嫌われて, 孔明が, 完成せられず, 寝つかれない晩, 察しが, 尊いもの, 島の, 幸福に, 当然一つ, 彼だけの, 彼相応の, 微かながら, 忌まわしいこと, 忘れさせるその, 快かった, 怪しかった, 恋の, 悪い気持, 想像できた, 意外だった, 意外であった, 意外千万で, 意識され, 愛されて, 感情は, 感染し, 我にも, 手伝わせて, 方程式は, 日本の, 明け暮れ共に, 明瞭には, 書いて, 最後の, 有害には, 本能的に, 機嫌の, 欝憤, 歎きがあるであろう, 歓びだった, 正しい人間, 武士の, 気に入らない, 氣持がよ, 水内郡の, 決して悪い, 浮かんで, 淡い親しみ, 深い憎しみ, 深く点頭けた, 火の, 為せたし, 父の, 猟犬即ち, 猶俺自身, 現代の, 理由が, 理由の, 生まれたところ, 生命を, 田舎生活の, 疎まれて, 疚しきところ, 盛子にも, 監視と, 目的の, 相当の, 矢張り解らなかつた, 知らせて, 私の, 粋あり, 糠あり, 紹介した, 罹災当時の, 老後の, 考えられた, 考えること, 考へること, 聞えたの, 聞えて, 聞き取れるほどには, 聞き覚えの, 肖て, 背負わした, 自分と, 自分の, 自慢そうに, 自慢らしく, 自明的であった, 自由を, 色目を, 花を, 若々しい愛嬌, 若い妻, 落度が, 落度は, 薄ぼんやり, 薬など, 蘇つた現実です, 見えた, 見よと, 見当が, 解って, 解らなかった, 言い分は, 言うこと, 話しかける外, 話した, 誤りが, 説明出来なかった, 読ませるよう, 読めた, 譯が, 負けないほど, 負けない声, 責任を, 足かけ十年臥薪甞胆の, 足利公方の, 近くなった, 通ずる卑俗, 通暁し, 過去の, 遜らじとばかり, 開けて, 青年らしい, 非常の, 非常人的精進行為を, 音楽が, 響いて, 頓て, 頭に, 食べさせ私, 饗膳と, 馬鹿らしく見えた, 馴れて, 鬱憤を, 黒い二つ, 黙って

▼ 彼にとっては~ (421, 0.2%)

7 一つの 6 それが 4 この上, 一種の 3 それは, 少しも, 非常に

2 [11件] すべてが, すべての, 人間の, 何でしたろう, 何でも, 何も, 何んで, 冷やかな, 宿命的な, 第一, 縁の

1 [369件] あとは, あまりにも, あまり心持, あらゆる宗教書, いかにも珍しい, いかに楽しい, いちばんみじめな, いつか全く, いわゆるイデオロギー, いわゆる古, おそらく万象, かなりの, くるしい一夜, こうした見張り番たち, こうした食事, こうして自分, ことに彼, この一瞬, この世の中, この世界, この事, この種, この部屋, これが, これは, これほど, これまでに, さし伸べられたすくい, しゃべること, すべて迷信な, すべて郷里は, そういう屈辱, そうめずらしい, その一日一日, その伝言, その四五日, その豊饒, それより, それらの, それ以上に, それ自身が, そんな言葉, た, たしかに雑嚢事件以来, ただこの, ただ彼自身, ただ間断, ただ音響, たとえ多鶴子, だが, とても困難, とても思い切った, どうでも, どれも, どんな種類, なおまだ, なかなか決行, ひたひたと, ひとりの, ほとんど一生涯, ほとんど存在, まことに限り, ますますドイツ精神, ますます愛する, またと, また言語, まだしもいや, まったく初めての, まったく新しい, まったく異物, むしろはじめての, もうそんな, もう不変, もう久しく, もう凡て, もう存在, もう慣れ, もう皆, もちろん娯楽, もっけの幸いだった, もっとも親愛, もはや何物, もはや役得どころ, もはや彼女, やはりつらい, やはり一つ, やはり彼女, やはり新鮮, ゆるやかに, よい寝床, エイゼンシュタインより, コゼットは, ナポレオンは, ハルモディオスに, パラドックスは, フランスの, フランスは, ベートーヴェンと, マンハイム家の, リーリ・ラインハルトの, ワグナーは, 一の, 一大打撃だった, 一大転機に, 一層東山道軍, 一度や, 一度妻, 一枚の, 一様に, 一番愉しかっ, 一種名状し, 一通の, 三上が, 上官であり, 不倶戴天の, 不幸であった, 不幸な, 不思議な, 不思議に, 不思議極まる, 不愉快そのものだ, 不服な, 不用な, 世の中で, 中間は, 主君であり, 之は, 予期以上の, 二度めの, 云わば, 人物は, 人生の, 人生は, 人間万事が, 仇敵の, 今日という, 仕合わせであった, 何か, 何かの, 何の, 何よりの, 何よりも, 何物も, 余りに重大, 保子は, 信ずること, 信仰と, 偉大であった, 偉大な, 停滞は, 僕が, 光明と, 全くこの, 全くどうで, 全く何, 全く思い, 全く縁, 全然むずかしい, 全然計算上, 六ヵ月位の, 共和帝国などという, 初めての, 初年兵教育が, 別々の, 別天王, 力に, 午前二時頃までは, 単純な, 同一事, 同時に又, 唯一の, 問題でなかった, 善を, 喜びであった, 喜びである, 土こそ, 地上楽園の, 地理的の, 堕落であった, 堪えがたい寥寥, 場所にも, 夜分寝室が, 夢想の, 大いにわけ, 大きな冒険, 大きな意味, 大きな打撃, 大なる, 大事件, 天国に, 天来の, 奇蹟よりも, 女房ッ子も, 好きで, 好都合だった, 如何なるもの, 如何にもはっきりしてるらしい, 妨げでは, 嫌悪すべき, 存在しない, 存在とは, 学問と, 安心だった, 宗教上の, 実にたまらない, 実に勿怪の幸い, 実に容易, 実に悲痛, 実に懐かしい親しい, 実に死ぬ, 実家の, 宮原俊彦こそ, 家康との, 容易である, 寂寞であり, 審判の, 寸時も, 尊いそして, 尠なから, 平安の, 年来の, 幸福と, 役所の, 彼が, 彼の, 彼らにとっても, 彼らの, 彼以上の, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 待ちに, 徳蔵は, 心からの, 必然的に, 必要だった, 必要な, 思いがけないこと, 思いも, 恋すること, 恐らく最も不幸, 恐るるに, 恐怖と, 恐怖の, 恨みの, 息を, 恰も先, 悪徳にも, 悲しみの, 悲しむべきこと, 惜しいこと, 愉快な, 懐しい唐松, 我々が, 我々の, 手痛い刃, 拷問の, 持って, 教室で, 敵の, 文学, 新しいその, 旧友である, 星が, 時代の, 普通事と, 暑さ, 暴挙に, 書くこと, 最近の, 有利な, 未だ踏ん, 本来の, 本能寺の, 来る日, 森や, 極めて幸い, 楽しい因縁, 横に, 横田という, 正しい義憤, 正法像法末法と, 死を, 死物だった, 殆ど判らぬ, 残念な, 母が, 母の, 毎日の, 永久に, 江戸は, 決していい, 決して笑いごと, 法服の, 洞穴の, 活動写真が, 深い意義, 演技は, 災いなる, 無感無情な, 無理な, 煉獄と, 父が, 物質的の, 特別な, 珍しいもの, 現在とは, 理想的であった, 環境も, 生であった, 生れて, 生命の, 生死を, 生活の, 百千の, 百鬼夜行の, 皆打撃であった, 目の, 真の, 瞬間のみが, 矛盾の, 神聖な, 秋子を, 穀物が, 空想は, 突飛な, 粉屋は, 精神的な, 結局同じ, 美よりも, 羽の, 老人の, 自分の, 自尊心と, 自己の, 至って自然, 致命的な, 致命的の, 苦々しいこと, 苦しみは, 苦手の, 荷が, 虎も, 衆生の, 行為の, 見るも, 許すべからざる文字, 論理的の, 論理的普遍的を, 謂わば, 躊躇すべき, 迫害にも, 追い風である, 過去は, 重大な, 金の, 鋳形そのもの, 長い不思議, 階級の, 階級を, 面白くも, 音楽は, 頗る気の毒, 頭にも, 飽くまで中国攻略, 餘り, 骨髄に, 鳴海の, 鶏肋の

▼ 彼にとって~ (419, 0.2%)

7 それは 6 一つの 4 不幸な, 何の 3 一種の, 何という, 何よりも, 大事な, 非常な, 非常に

2 [17件] あまりにも, この上, この世の, すべての, その夥しい, 不思議な, 何でも, 問題では, 多少の, 如何に, 少しも, 慰めや, 新しい世界, 決して愉快, 真の, 私は, 重大な

1 [346件] あまりにうっとうしく, あまりに突然だった, あまりに陳腐, ある程度の, いい機会, いい相手, いかなる意味, いかにも息苦しかっ, いっさいが, いつも辛い, いつも邪魔, いわば敵地, かけがえの, きわめて大きな, きわめて大切, けっして小さな, この仕事, この地上, この大喝, この検挙拘留中, この混乱惨敗, この血気, この部屋, これは, これらの, さぶちゃん, さほど不幸, すぐこの, すばらしい意義, すべては, そうし, そのとき以来一変, その仕事, その住居, その女, その程度, その言葉, それが, それまでは, それよりも, そんな冒険, そんな都合, たしかにそこ, ただ一人の, ちっとも不自然, ちっとも珍, ちょっと金, つまらぬこと, つらい, とても堪えられぬ, どういう印象, どうしよう, どうで, どうにも, どう扱っ, どれだけの, どれほどな, どれ程の, どんなに危険, ないも, なくては, ひしひしと, ほとんど同じ, まことに絵画, まずいこと, またとない仕事場, まだ不信, まだ終ろう, まったく新奇, まったく無関係, まんざらで, むしろなく, むしろ怨霊, むずがゆい苦しさ, もうなん, もちろん好ましい, もとの, やさしい方向, ゆめの, ゆめゆめ不快, より一層重大, オリヴィエは, キャムプの, ジョーンは, パリーの, フォーシュルヴァン氏は, ホメロスは, 一切は, 一抹の, 一条の, 一生の, 一番親しみが, 一番適当な, 不利であった, 不利な, 不幸である, 不愉快な, 不面目としか, 中央の, 主人では, 京極曲輪を, 今こそ, 今の, 今は, 今凡てが, 今彼自身が, 仏法の, 仕合せだった, 他の, 他事とも, 何だろう, 何である, 何と, 何に, 何よりつまらない, 何よりの, 何より大事, 何物にも, 何等の, 余り宜い, 例外でない, 倖せ, 元来さほど不自然, 全く無意味, 全く無用, 全く無縁, 全く用事, 全力を, 全然新, 全然新しい, 全然未知, 再度の, 切実な, 初めての, 別に罪悪, 利が, 到って, 到底不可能, 力であった, 動機では, 半神, 単に味方, 単に彼, 危険の, 危険は, 却って幸い, 同一物, 同時に必要, 名状し, 唯一の, 唯一無上の, 問題で, 問題でなく, 喜ばしい一日, 地上の, 坂本の, 堪えがたく恐ろしいこと, 多分な, 夢にも予期, 夢想さえ, 大きな心, 大きな悲しみ, 大きな愉悦, 大きな打撃, 大きな痛手, 大きな矛盾, 大なる, 大事だった, 大切で, 大切な, 大詩人, 天の, 女友だちの, 女番頭と, 好ましかった, 妻である, 妻は, 嬉しいこと, 子供の, 宇治は, 実にびッくり, 実に心外, 実に思いがけぬ, 実に苦しい, 実に誰, 実際たえがたい, 家族という, 容易な, 容易ならぬ, 少し迷惑, 少し重, 少なからざる, 尾沢の, 屈辱なく, 崇高な, 工場管理者という, 市民を, 常に先輩的, 年賀状という, 幸か, 幸福かも, 幸福であったろう, 幾分の, 強すぎた, 当然すぎる, 彼の, 彼らは, 彼ら小人輩は, 彼を, 彼女は, 忍ぶべからざる侮辱, 忘れること, 思いしずん, 思いもうけぬよろこびと, 恐いの, 恵子との, 悲しい幸運, 悲しい悦び, 悲しみから, 愉快な, 意味する, 意味の, 慈悲を, 慰安でも, 戦いは, 戦後はじめて, 所得と, 抽象的な, 敗北と, 敢て, 文学への, 新しい刺戟, 新しい意味, 日夜耐えがたい, 日本にとって, 早く死, 最もつらい, 最も効果的, 最も痛切, 最も興味, 最も親しい, 最も貴重, 最も都合, 最上の, 最大の, 月々の, 有利です, 有利と, 有難いもの, 朝倉先生の, 根本に, 楽しいの, 楽しい時間, 此上ない淋しい, 殆ど何, 殆ど驚異に, 殆ん, 残念であった, 母の, 母は, 毎朝偶然子爵に, 気の, 汲めども, 決してぼんやり, 決して無意味, 決して調和, 決定的な, 淡い慰め, 深いいや, 深い驚き, 深淵の, 漠然たる観念, 牢獄に, 特別な, 独占の, 珍しい事, 珍しくむず痒い快感, 甚だ有難い, 生の, 生死を, 生活の, 生涯の, 異様に, 百倍千倍の, 直接に, 眼前の, 知りすぎて, 確に, 社会主義は, 神の, 神聖であれ, 神聖な, 究竟の, 第二流, 算用であった, 細君の, 絶大なよろこびであろう, 絶対であった, 絶対であり, 絶対な, 絶対に, 絶対的真理であった, 美と, 美男という, 耳馴れた親しい, 聖の, 腹立たしくも, 自分の, 至上の, 致命的である, 致命的な, 苦痛である, 蓬莱氏と, 薩張り訳の, 血の, 行かなければ, 複雑な, 親しかった, 親密な, 請わば, 謙蔵は, 豊太閤という, 負けた気, 貧困の, 足で, 辛ければ, 過去の, 道了塚は, 遠い過去, 遠く疎くいぶかしげ, 重大だった, 重荷である, 金無垢の, 長い間, 間歇的な, 電光に, 静観的な, 面白くて, 面白くない, 音楽は, 音楽中の, 頼まれること, 驚きでは, 驚ろくべき, 骨に, 骨折りがい

▼ 彼とは~ (238, 0.1%)

10 別人の

2 [15件] いつもの, まったく反対, まるで別人, 一本の, 互にその, 全く異, 切っても, 十年程, 反対の, 同じ屋内, 夏すぎに, 密接な, 親戚の, 趣を, 銀座の

1 [198件] あくる日禁軍の, あまり口, あまり話, あれからも, いえ少々, いつまでも, お互に暫く, お寺の, かなり親しく, しばしば用, しばらく会いません, すぐ友達, すっかり変わっ, ずいぶん異なってる, ずっと音信不通, そのカフェー以外, それこそ, それほどに, たった一言, だいたい小説, ぢめて, つかみ合, つきり視線, とうてい思えなかった, とても近しい, ともに宗族, どちらも, なお懇意, なれれば, ふたりいっしょに, べつな, べつに大きな, べつ物であった, まだなじみ, まだ一度, まったく人間, まったく違っ, まったく関係, まるで違っ, まるで違つた人間, もう三度目, もう二つ, もう十年, もう憎み合えない, やっと一度位, よく気, わずかな, プラトニックな, メイキャップと, 一つの, 一二度あっ, 一朝一夕の, 一緒に, 一面に, 一面識も, 中学校の, 中學校の, 二つの, 二人きりで, 二度か, 二町ほど, 云えその, 互いに本陣同志, 交は, 人の, 人間が, 人間の, 今度は, 仲よくなっ, 会へ, 似た棋風, 似つかわしくない, 似も, 似寄りの, 何の, 何んな, 何年とも, 余程前, 係りなし, 全くかけはなれた, 全くち, 全く様子, 全然その, 共に天下済世, 共に泣く, 共に漢室, 内談し, 刎頸の, 利を以て, 十五六年も, 双生児で, 反対だった, 反対に, 反對, 口を, 合は, 同じ団員, 同じ新聞社, 同郷の, 名前も, 向かい合った, 向ひ, 君が, 多年の, 夜歩きを, 大の, 大分年の, 妙だ, 姿は, 宛も, 宮の, 宿命的な, 宿怨も, 対蹠的であったらしい, 将来手を, 小学校時代からの, 左右に, 常に競い, 年来の, 幼さ, 幼な, 幼少からの, 彼が, 心持から, 思い得ず又, 思えないほどに, 思えないよう, 思えなかった, 性的嗜好が, 愉快な, 感情の, 斯う, 星影の, 昨今の, 時間に, 最もちかしい, 栗島という, 格が, 楓母子を, 極めて親しく, 正反対に, 殆ん, 沒交渉の, 浴場の, 炭火が, 無関係に, 父の, 生き写しだった, 異る, 登山者対金銭で, 眠りながらも, 矛盾する, 知る仲, 竹馬の, 縁が, 織田随一の, 義従弟同士で, 聖天の, 職業によ, 色々な, 若い時分, 莫逆です, 莫逆の, 血も, 血縁たり, 見たとおり, 親しい仲, 親友たり, 親子の, 誰か, 誰だ, 調子が, 識合いでない, 車しょう台の, 逢いませんでしたが, 逢ふ, 逢わないの, 遊ばなかつた, 違い大学, 違って, 違つた見解を, 部屋を, 郷里も, 酒に, 酒を, 酔って, 間違って, 隣り合って, 隣り合つて, 隨分深刻な, 非常に, 顎の, 顔を, 顔馴染の, 風貌も, 風馬牛の, 駆け回つた, 黙々として

▼ 彼としては~ (206, 0.1%)

2 あくまで正論, 予想した, 充分に, 此の, 珍らしい, 自分で, 自分の, 鄭重を

1 [190件] あまり好ましく, あれで, いい答, いかに信長, いきなり千仭, いつもと, いと穏当, うけとった原稿料, おおびらに, おちつき, かつて覚えなき, かなりな, かなり初期, かなり自戒, きょう初めて, こ, こうし, こうした涙, こうも, この一大事, この不可思議, この城, この戦時, この際, これで, これは, こんどは, ごく珍, しおらしい自省, じっと手, すでに久しい, すでに前日, そう思う, そこは, その正体, その自分, その言葉, それが, それも, そんなこと, た, たださ, ただ一つ, ただ全力, ついぞポーランド人, どうあろう, どのやう, なお足らない, なか, まことによんどころない, まさにこんな, まさに破格, まじめな, まずこう言う, まずふらつき, まず第, まるで顔, まんざら気まぐれ, むしろそれ, むしろ一種, むしろ危険視, むしろ珍しく, むしろ相当, めずらしい位, もうこの, もうどうにも, もう仕上げ, もう言葉, もう退っ, もはや人間, やや姿, よくつ, ギリギリに, 一字一行も, 一斤という, 一斤といふ, 一生の, 一番危険な, 万全な, 不審な, 主人夫婦に対して, 予定の, 事を, 人形の, 今さら良心, 今伸子と, 介三郎が, 他に, 伊丹遭難後初めて, 何となく気, 何となく自身, 何の, 何よりも, 信長の, 健全な, 全くこの, 全く近頃, 八方から, 出来るだけの, 切腹仰せ付けられよう, 初めての, 別に不思議, 勇気を, 勝を, 勢い危険, 勿論もう平定, 北支四州に, 十分の理解と, 千早館の, 同室する, 唐突でも, 問題解決の, 団員として, 堂々たるもの, 多少の, 大きな思惑, 太夫の, 失敗だつた, 始末が, 娘の, 嫌であった, 安心な, 実にめずらしく, 実に族長, 実に珍, 実際彼等, 将軍以上の, 将軍家薨去の, 少なからぬ, 尤もで, 差しあたりその, 幾分傲然, 彼女が, 心外千万な, 必死の, 怯まないの, 恋に, 恐らく堪えがたい, 恐縮し, 惣三の, 意味の, 我々の, 或はやむを得ない, 所謂の, 手を, 断りにくい, 映らないで, 時々吉川家, 最大な, 最後の, 機会を, 死を, 死物狂いの, 決してこれ, 決して帰っ, 決して流行的, 無くては, 無理も, 無謀は, 狭きに, 珍しくあけ, 珍しく不, 珍らしくいろ, 留守の, 當然の, 目的変更では, 相当に, 相当の, 真に時節到来, 研上げた, 破天荒な, 秀吉こそ, 私に, 私情の, 第二段, 精いっぱい生きる, 精一杯求めた, 織田家に, 自分が, 自然だった, 自然の, 良心が, 莫大な, 誂えたよう, 軍法を, 遊んで, 適当であった, 野暮臭いこと, 青山の, 非常な

▼ 彼との~ (193, 0.1%)

20 間に 10 間には 6 関係は 5 間は 4 間の 3 こと, ことは, 交渉の, 交際は, 結婚を, 間を

2 [11件] ことの, 交り, 交友の, 仲は, 別是と, 友情を, 悪縁が, 永遠の, 距離は, 関係が, 関係を

1 [108件] あいだに, あいだは, いい運動, いづれにか勝の, ことを, この恐ろしい, その大きな差, つきあいの, はなしで, インネンは, 一寸した, 三人で, 中間の, 主従の, 事などを, 二人の, 二人雑誌は, 二人雜誌は, 交わりを, 交友を, 交情に, 交情を, 交渉に, 交通は, 交通も, 会見は, 会話について, 会話は, 作戦は, 健康を, 公私表裏さまざまな, 別れを, 勝負を, 區別を, 十一年にわたる, 協調を, 友情に, 友情に関する, 友情の, 友誼は, 名義の, 国力比較から, 地位が, 外に, 大江戸の, 婚約の, 媾曳だけで, 対座で, 対決には, 対面の, 将来の, 對面の, 差を, 年齢の, 幸福を, 形や, 心契が, 応接を, 愛こそ, 懸隔は, 戦の, 接触は, 新生活, 時代人格が, 最初の, 最後の, 永久の, 爭ひ, 生活に, 生活には, 生活の, 相似を, 相違し, 立話で, 約束に, 約束は, 結合生活に, 結婚の, 結婚への, 結婚問題だけは, 結婚後更生した, 絶交を, 縁を, 肉体の, 試合を, 話題に, 話題を, 談笑の, 赤縄絶ゆる, 距離を, 遠い私行上, 邂逅という, 邂逅を, 釣り合いを, 間で, 間にあった, 間へ, 間柄を, 間隔が, 関係で, 関係なりを, 関係に, 関係や, 關係を, 隔りは, 離別を, 食卓で, 飮み

▼ 彼~ (192, 0.1%)

11 な事 10 して 6 な奴 5 な男 3 いふもの, なこと, なもの, な好い 2 いふこと, いふ性質, では, な下等人種, な人, な処, な烈しい, な非業, な風, 憂欝

1 [128件] いう子, いう顔, いかなければ, いふの, いふやう, いふ人達, いふ娘, いふ御, いふ本, いふ気象, いふ異分子, いふ調子, したもの, した奴, した状態, しても, するの, でなくては, なお方, なお死に, なけち, なこと許, なに, なは, なひねくれた女, な不幸, な人懐っこい, な人物, な偉い, な偶中, な優し, な口先, な問, な喙, な塩梅, な変ったお祭, な夢, な大, な女, な女房, な娘, な実, な家, な巧, な席, な広い, な忌, な思は為, な怪我, な悪, な悪い, な悪党, な感心, な所, な手合, な教師, な断末魔, な方, な本, な柔しげ, な死, な毒口, な気, な汚, な演説屋, な災難, な無学, な煩い, な猥, な珍客, な田舎, な病気なぞ, な病的, な目, な穢多, な窮屈, な立派, な結構, な綺麗, な者, な自暴自棄, な茫然, な親孝行, な警策, な身分, な道楽者, な酷い, な野心家, な鬼, になさる, になる, になれる, にはならなかったろう, に乃公, に人, に仰しゃ, に先輩, に出, に厭, に啼, に喰, に大騒ぎ, に太ってる, に悋気, に早く, に泡, に眠る, に立っ, に腫れ出し, に舟, に花やか, に親切, に親孝行, に言う, に跟, に身代, のが欲しい, のといふこと, のといふの, のはねえ, は心, 仕ったと, 仰や, 汚い形, 汚れた男, 言わなかろうもの, 話す積り, 迄は譲歩

▼ 彼にと~ (177, 0.1%)

112 つては 6 つても 3 つての, つて一つの 2 つて最大の, つて認識は

1 [49件] いうよりも, つてたのしみ, つてのみの, つてむしろ力で, つてインコンゼクエンツを, つて万事休矣だろう, つて中学生としての, つて事實とは, つて別に, つて力に, つて印象といふ, つて唯一の, つて單に, つて基督教とは, つて外部的な, つて存在としての, つて寝耳に, つて幻滅の, つて必然に, つて忘れ, つて意味の, つて愛しい, つて抽象的な, つて抽象的形式的な, つて新しい, つて新らしい, つて最後的な, つて有難い, つて此の, つて歴史は, つて永遠と, つて満員列車以上に, つて特筆すべき, つて獄中に, つて生活の, つて生甲斐を, つて盡きざる, つて真理と, つて神秘境であり, つて終結した, つて經驗である, つて自分の, つて致命的な, つて興味が, つて苦しい, つて行為は, つて隨分辛い, つて魅力が, びかゝり

▼ 彼~ (177, 0.1%)

4 にある 3 に, へ行つて 2 に一團, に入る, に此處, に見える, に迎, の裏, へ入, も怪しき

1 [151件] から出た, から船橋, か此處, が一番, が三井寺堅田石山, が其, が鎭守, だ, ですか, では他, では兩方, では秋, でも此處, で彼等, で月, で見る, で送, といひ, と思へ, と此處, と流浪, と立騷ぐ此, なら大丈夫, なり, なる枯井, にえ, にちらつく, にてかの, にては, にてベアトリーチェ, にて禮, にとられき, になく, には, にはあんな, にはた, にはまた, にはよい, には一人, には何百人, には幸福, には舟, には誰, にもある, にも一つ温泉, にも亦, にも此處, にも見え, にや昔, にゆ, にゐた, にゐる, に一日, に一群, に不思議, に五日, に他所, に入りし, に入用, に其の, に出入, に地圖, に坐せる, に塊つて, に大きい, に家, に寢, に居た, に居る, に干し, に彼, に怒, に插込み, に於, に横, に止まり, に死したる, に火, に現, に白い, に百日紅, に移つて, に立つてる, に立てり, に群れる, に蝶鳥, に行い, に行つて, に見ゆる, に達する, に遙, に鎭守, に鼈甲, のゴミ箱, の三者汝, の二番目, の人間, の壁, の安全, の家, の富家, の屋敷, の岩陰, の會席, の海上, の淵此所, の湯, の田, の田畔ガラ, の病人, の社會部長, の私共, の色, の草原, は人里有處, は何, は何と, は全, は彼樣, は惡人, は燒, は風儀, へと賣られ, へ五本, へ來, へ入れ, へ出る, へ參, へ圍, へ座つて, へ座つて新聞, へ彼様糸, へ棺桶, へ行つた時, へ行つて大口, まで電話, も一樣, も封じられ, も少し, よりいづ, れて, をずつと行け, を叩く, を如彼, を御, を拔, を指さし, を行く, を赤く, を通拔, んとこ

▼ 彼~ (172, 0.1%)

4 に於 3 では, へ行っ 2 ではいふ, で妻, に上陸, の人, の新聞, の方, の自然

1 [148件] からわざわざ, から小石川, から帰っ, から持っ, から来た, から歸つた, から渡っ, から美女, であつ, でいう, でこの, です, でなんとか, でのその, での溺死, での発展, ではくす, ではまつたく望ん, ではもはや, では女, では楊子江下流地域, では経済学, でもそれ位六, でも俳句, でも歓迎準備, でランプ, で一枚, で上田敏先生, で修業, で家庭, で家柄, で彼, で懇ろ, で教授, で教育, で日本女性, で暮らし, で死ん, で煩ら, で生活, で申します, で豪商クレエテルヤアン, と関係, にあった, にいたい, においてなしつ, にしか無, につづけ, にては人力車日, にては當夜あたり, にては知る, にてほいと, にて切支丹, にて多く, にて娶りし, にて家業, には一箇, には大, には小生, にゐよう, に住ませ, に傭聘, に到り過ち, に向はん, に在る, に居た, に居る, に帰還, に於い, に栄え, に残した, に泊まり, に漂着, に物故, に生き, に着いた, に着き, に置い, に至り, に行っ, に赴い, に赴く, に趣, に遊べる, のお歴々, のよう, の一大馬頭, の一學者, の人々, の人士, の出来, の劇界, の名物, の土人, の夏, の大, の女, の好意, の學界, の実業家井上要氏, の小説, の常識, の形勢, の所有, の文学, の文物, の日本人, の最高, の有力, の模様, の母親, の王, の癖, の碩学, の篤, の花, の若い衆, の英一, の貝塚, の陪審官デニス, の風俗人情, の鬼神, はお前樣, は必ず, は植民地, は至, は適宿直祗候, へ, へお立ち, へは御, へ下り, へ到った, へ参り, へ密航, へ往, へ渡り, へ渡りし, へ発足, へ着く, へ行け, へ行つて, へ行商, へ送り, もお, より兩人同道, より出, をたっ, を占領

▼ 彼より~ (162, 0.1%)

16 先に 2 一つ下であった, 二つ下だった, 以前に, 來朝し, 四つ年上の, 此と, 肉付きが

1 [132件] いい寄席, いくらか低く, いっそう炯眼, いづるも, いづる奇しき, いでたり, さきに, すぐれて, ずうずうしく出来上っ, ずっと年下, ずっと心, ずっと脊, ただ十八歳の, ただ食事の, はげしい肉体労働, ほ, ほかの, ほかは, もっとおとなしかっ, もっと判る, もっと細か, よけいに, よほど出来, 一つ上であった, 一つ年上の, 一世紀も, 一倍半も, 一切を, 一日の, 一段立ち勝っ, 一番よい, 一番大まかで, 一遍明りを, 七つ若い, 三つ年上の, 三つ年若い, 三ツ下の, 三倍も, 世才も, 九ツ年下な, 二つ年上で, 二歳年下であった, 五六間後れた, 五分間後れ, 亨けた興奮を, 享くる, 仏国詩人等の, 他には, 他の, 余計に, 借りて, 優れて, 優れる弟子, 先き, 先には, 先の, 先へ, 八年前に, 兵端を, 凶命を, 出かれに, 出づるにいたれる偉業, 出でたり, 出来るだけの, 前に, 剥ぎしもの, 劇しい, 劣るため, 劣る軍將, 十歳年下の, 単純で, 反映しつ, 受けきた, 受けて, 叛心を, 増だつた, 多くの, 大なる, 夫に, 奪ひ, 奪ひ去る, 奪ふべからざる, 奪へりし, 射て, 小さなかなり, 少い戸数割, 弱きが, 彼女を, 後の, 思慮深かっ, 悪うございます, 憎らしい女, 戦いを, 拂ひ, 早く母屋, 早く登っ, 早く金蓮, 智慮を, 最初の, 望みて, 朝一時間早く, 来って, 来るこそ, 来るもの, 正式の, 汝逃げ去る, 漢製の, 烈しく泣きました, 発する堪え難い, 立つのち, 立派な, 経験に, 聞いた, 聞かんとて, 芸術に, 若い年頃, 若くもっと, 襲い来る憂い, 要求さるる, 見るべからざら, 訪い寄る霊, 貢物の, 起れり, 身分の, 軽い犬, 輕蔑せらる, 遙かに, 金を, 金銀を, 離れない, 面倒なる, 高きもの

▼ 彼に対して~ (158, 0.1%)

4 一種の 2 千の, 妙に, 敬意を, 敵意を, 無関心, 自分は, 非常な

1 [140件] あてつけ皮肉, ありありと, ある文句, ある者, あれほど, あわや剣, いささかの, いちどでも, いつも窮屈, いろいろ画策, かすかな, このよう, こんな軽薄, すこしも嫉妬, せめてこういう, その作品, その後かわらぬ, そんなしらじらしい, たしかに軽薄, たちまち顔付, だれも, だんだん敬意, ちつとも, つめたくは, どういう制裁, どういう風, どうか好意, どんなによそよそしい, どんな惨, なにから, ほかの, ほんとうに, まずおもしろい, まったくなに, まるでその, もう一名, もし呉軍, もって, もはや目, やさしい顔つき, わたしは, サン・ジョルジェ十字勲章を, 与えた彼女, 人間的な, 今まで, 以前とは, 何かしら腹に, 何の, 何も, 保子の, 僕は, 先入主的な, 公訴を, 冷たいよう, 初めて反感, 初めは, 勝手な, 勝目は, 却って一そう心服, 厭悪と, 友情を, 友達であろう, 反感や, 反抗し, 反抗心や, 取調べが, 同情的な, 地代の, 変るまで, 多くの, 大きなギャップ, 実に忠実, 寛大で, 帰国を, 平家一門の, 幾分かずつ, 彼女が, 忍ぶあたわざる不快, 忠実な, 怒り得るほどの, 急に, 怨を, 恋の, 恋心を, 恩を, 恭順の, 悪口を, 悪意を, 情なくも, 意味を, 意地くね, 慎重だった, 憎悪を, 憐みの湧いた, 憐れに, 憤つて, 抱いて, 抱きはじめて, 持って, 持つたこと, 撓み易く, 曰く, 最期の, 最高の, 朝鮮農民が, 果してそれ, 沈黙し, 浩は, 済まないよう, 激しく頭, 無関心な, 無頓着, 無頓着なり, 発せられるという, 皮肉な, 相当周到, 神事舞としての, 私が, 私は, 節義と, 粟六万を, 終始清い, 絶望的に, 罪である, 職権を, 膝を, 自分の, 自然と, 色々の, 著しい怒り, 覚えた, 親しい態度, 親切でも, 言い知れない不安, 談を, 野心を, 閉ざされたの, 非常に, 面会を, 鞠治したる

▼ 彼一人~ (154, 0.1%)

9 では 5 である 3 の力 2 がその, だった, のため, のオモチャ, の爽, はかね, らしい

1 [123件] がいた, がぜんぜん, がそう, がメルキオル, が両親, が出, が呼ばれる, が大阪市中, が好い, が官僚臭, が射, が嶄然, が知っ, が細君携帯, が除外物, しかいない, しかない, しか残っ, しか無い, だ, だけがそれ, だけが別者, だけが当の, だけで, だけになつ, だけの問題, だけの胸, だけは排斥, だけをつれ, だけを排斥, だけ椅子, だけ眼, だけ遠く, だったと, であ, であった, であったが, であったの, であったろう, であって, であつ, であるか, でお, ですから, でたべる, でないこと, でひきうけ, で世の中全体, で十八世紀, で取り賄っ, で用, で秀子, で總理大臣, で赤橋, となつ, とは限りません, なの, ならば, なら裏門, なりき, なりけれ, にあつ, にしかわからない, にその, にとつて, になったらしく, には南北朝, によつて, に与ふべし, に任せた, に命ずる, に喋舌ら, に希望, に止らなかった, に満足, に集中, のした, のほか誰, のみが佛國, のみが知ってる, のみでなく, のみのこと, のみの技, のみまさしく, のもの, の下降, の丹精, の処置, の力否十人, の功, の問題, の存在, の左右, の思い, の把持, の気持, の物, の耳, の苦労, の静か, の音頭, の頭, はそう, は何, は否応なしに, は留守, は返事, は酒, へ手練手管, また煙草, やがて安間了, より収穫, をここ, を内, を守っ, を救う, を殺害, 嬲られ者, 存じて, 放っぽ, 断わるという, 死ぬが, 高しと

▼ 彼に対する~ (152, 0.1%)

3 私の, 自分の 2 一種の, 尊敬の, 愛を, 感情は, 憎悪と, 特別な

1 [134件] こっちの, これまでの, それと, ひごろ, みつ枝の, もっともよき, やさしい情, ような, ように, われわれの, クーデターの, 一つの, 一族の, 一種す, 不満が, 世評は, 世話ぶりは, 仕打が, 余の, 信頼も, 信頼を, 僻見で, 友情が, 友情そのものでしか, 友情な, 反応は, 反感は, 反感を, 反抗を, 同情者は, 周囲の, 変な, 大人らしい, 大打撃, 夫人の, 好意の, 好感を, 婦人の, 嫉視中傷の, 嫌悪の, 嫌疑が, 嫌疑は, 寵幸が, 尊崇は, 尊敬は, 平生の, 彼女の, 恋の, 恩恵だ, 情熱を, 想像の, 意地も, 愛が, 愛の, 愛は, 愛情の, 愛撫も, 感情も, 態度が, 態度は, 態度も, 態度を, 憎悪が, 憤懣の, 批評は, 批評や, 批難, 攻撃の, 敬意から, 敬愛の, 敬遠策である, 敵愾心さえ, 新しい興味, 最初の, 最後の, 朝貢族たる, 期待も, 本当の, 杉乃の, 某氏の, 正しい気持, 正当な, 死後の, 気の毒さと, 気持は, 気持も, 気持を, 津田は, 淡い愛着, 清鑑堂の, 無意識の, 無限な, 熱情は, 理解の, 理解は, 理解を, 申訳も, 異常な, 疑いは, 直接の, 神の, 私共の, 私達一家の, 競争的心理が, 米良の, 約, 細君の, 絶対の, 義務だ, 義理を, 考えは, 腹立たしさ, 興味は, 興味も, 親しさ, 親しみも, 証拠は, 話しかた, 誤解に, 誤解も, 誤解を, 貫一の, 責任を, 買被り, 賛美の, 軽蔑の, 迫害の, 追憶も, 遠慮や, 重役連中の, 関係が, 青年たちの, 面当てに, 魂の

▼ 彼~ (146, 0.1%)

5 向って 3 声を, 手紙を, 話しかけた 2 むかって, 手紙が, 示して, 話した, 速達を

1 [122件] いった, うち明けた, おさずけ願いたい, きつと, こう云った, こう訊ね, ここに, ことばを, ささやいた, さずけてから, しきりに酒, すすめる, そそいだきり, それとなく読ませた, ただした, だんだん勢力, のしかかって, はなしかけたが, ぶつかって, ぶつかる人数, ぶつかろうと, またぞろ過大, もちらし, よく言い聞かせました, クリストフの, スープ一合黄卵三個肝油球, チップを, ハンカチを, 両腕, 云った, 云って, 亡き友, 任命の, 例によって, 先に, 冷淡に, 努めぬいて, 叫んだ, 名残りを, 向けて, 吹っかけ例, 告げた, 呼びかけた, 和歌の, 問ひかけた, 喚きかかって, 嗅覚を, 報らせ, 報告した, 大任が, 宛てて, 寄宿が, 対して, 対しての, 対する恩義, 尊氏は, 届け物の, 差し出したの, 差出した, 彼女は, 御一泊, 意を, 戻して, 手を, 手ん, 手渡す例, 投げつけた, 抛りつけた, 抛るよう, 披露し, 招待状を, 挨拶した, 握手を, 映った, 来て, 杯を, 柳営の, 渡して, 無断で, 獅噛みつい, 疑惑の, 皮肉ったよう, 目を, 目配せを, 示した, 示す恋, 答えた, 約したが, 組みついた, 総掛りに, 羽子板を, 聞こえて, 肱を, 至極平静, 蒐まった, 襲撃し, 親しい呼びかけ, 言って, 言葉を, 詫びたこと, 話したの, 話して, 豚を, 贈賄した, 辞令を, 近づいて, 近づかせて, 迫った, 迫って, 述べなければ, 送って, 送つた書置き中, 進上し, 酌した, 開かれて, 預けて, 頼んで, 飛びかかっては, 飛びついて, 飛び掛かって, 首を, 駆け寄って

▼ 彼よりも~ (135, 0.1%)

7 先に 3 背の 2 それを, はるかに, わたしが, 年下の, 甚く, 遙かに, 遥かに

1 [111件] いっそうそれ, いっそうの, いっそうはっきりと, いっそう宗教心, いっそう心, いっそう怜悧, いっそう憎ん, いっそう気兼ね, いっそう警視庁, いっそう非, お鳥, かの上, この不満, さきに, しばしば書き送っ, すこし若く, ずっと健全, ずっと大きく, ずっと大人, ずっと積極的, ずっと背, つと細か, とっくに先, なおいっそう, なおうれしかっ, なおひどく, なお震え, にこにこし, むしろ母, もっとうまく, もっと愛し, もっと磊落, もっと神経, もつと, よく知っ, クイックシルヴァの, 一枚半も, 一番熱心に, 不當, 二つばかり, 二三寸も, 二十歳も, 五つも, 五つ六つ年上に, 五代目を, 他人の, 以前に, 伊織は, 体重が, 何倍も, 偉大である, 偉大なる, 優れた少年, 優れて, 先き, 八つ上であった, 冷靜で, 力強いこと, 十四五歳若かっ, 半世紀前, 危険なる, 四つ五つ年上の, 多くの, 大きな子供, 女親の, 好きな, 官職の, 寧ろ孫, 小さく上品, 小さく低くお, 少ない懸念, 帆村荘六の, 常に上, 幅の, 年を, 年上であっ, 年上の, 年配の, 強大な, 役者が, 後ろに, 後代の, 怠惰で, 急なり, 悧巧な, 我の, 更に妄想, 更に激しい, 更に立女形, 楽に, 歯の, 歳上の, 浅いが, 社会的には, 私の, 稍古く, 肥った兄, 脊が, 腕の, 自分で, 色の, 賢いすぐれた, 輝りきらめけるなり, 連れの, 遅く起き, 遥か余計, 遥に, 隨分背が, 雄大だ, 馬と, 馬の

▼ 彼でも~ (123, 0.1%)

9 あった 7 なかった 4 ある, ない 2 がぶ, 古い物一切

1 [95件] あったに, あまりに専科的分業的, あるの, いいいいいいいいいいいいと, いたら斬って, きめが, きり廻した, こんな子供, さらけ出すところ, すぐに, そうした自分, それを, そんな速度, どうして最初, ないいやあの, ないが, ない非, なお生きのびる, なかつた, なくただ, なさそう, ぼんぽん, むやみに, クラブ白粉の, スパイ容疑者に, バビ誰々が, 一切いる, 一本立で, 二つに, 今日中に, 低頭し, 佐分さんの, 信長が, 借りて, 光子さんの, 具体化せね, 兼子でも, 即座に, 厚かましく嘲笑, 叩き斬ると, 可笑しがる, 名誉の, 喰べ, 売っちゃうの, 売り飛ばさうとして, 多少の, 宣伝と, 巡回中に, 平氣, 引っ張り出されちゃ, 思はずソレ, 恐ろしいこと, 想像し, 手当り次第に, 採集袋に, 探偵小説に, 撃ち平げ, 文字を, 断りなし, 新しい知識, 日本の, 書かせる, 書き散らすので, 未刻, 来いと, 欲い, 此の, 死んでは, 残らず打, 沢山お腹, 沢山に, 涙を, 白昼堂々, 皆な, 皆なし, 直き病院, 直に遊び, 着手の, 私の, 綿貫の, 脅かして, 自分が, 自分でし, 自分の, 良いお茶, 褒め上げて, 見えるの, 親切に, 買わなけりゃあ, 賭ける, 輸入し, 遂には, 運だ, 黄色に, 鼠小僧だ

▼ 彼もが~ (118, 0.1%)

2 いひ合せたやう, みんな憤っ, 美しく見え, 自分の

1 [110件] いかにもその, いちように, うろたえて, きのふの, げっそり憔悴, こちらの, これを, その仕事, その声, それぞれの, そんなに見惚れる, ただ社会, ちやうど, なんと云つて, ひたむきに, まるで様子, まるで羊, みなちゃんと, みんな本, めんだ, やつて, ゆらゆらと, より誰, セエラの, ヨーロッパ風の, ワイワイ云っ, ヴィストの, 一せいに, 一つの, 一番槍一番槍と, 一種の, 不完全で, 不思議でならない, 不思議でも, 不思議と, 世帯を, 云う, 今日の, 何だか憎らしい, 佗びしい気持ちで, 俊寛の, 信じ切って, 単に世界人, 卷込まれ, 同じやう, 土色の, 外へ, 夜露で, 夢の, 大体に, 好意に, 姉さんを, 婆さんの, 嫉妬漢な, 宇宙艇を, 密かに, 師匠は, 役所での, 從つてそれが, 急に, 愉快そうに, 戦戦兢兢として, 持って, 昨夜の, 時間を, 晒しを, 期せずして, 木戸番の, 桃源郷を, 極つたやう, 欠伸を, 死んで, 比較される, 民主的政治家に, 気忙しさうに, 水戸者の, 流行の, 清潔です, 温和しくなった, 白い綿ぎれ, 白眼視し, 皆な明け, 皆んな一奇と, 皆礼拝, 眞黒に, 神様の, 窓の, 純粋な, 結び付けて, 縮こまって, 羽目を, 聖降誕祭の, 肺病に, 膽を, 自然の, 莊嚴に, 華やかに, 表へ, 見まじきもの, 見やう, 見惚れると, 見惚れるほどの, 見通しです, 言ふ, 辯證法を, 逆であった, 金銀を, 隆吉の, 露宿の, 飲む買う喧嘩

▼ 彼奴ら~ (113, 0.1%)

2 が合点, のこと, は君, を殺せ

1 [105件] いわば長袖者流, が, がという態度, がひそん, がふらふら, がわれわれ, が不正, が仕事, が何, が何だか, が十手, が怜悧, が恐ろしい, が永い, すなわち金貸しども, だってきっと, とても主人, と異う, と衝突, と邂逅, なんとかし, につけられ, にとっては親切, にとって訳, には学問, には解らねえ, にひどい, にも無理, に気, に狼狽, に聞きたく, に追いつかれ, の一隊, の万歳, の仕業, の仲間, の前, の如き, の守り本尊, の官職, の家, の巣, の意志, の手, の方, の本体, の深い, の生活, の目, の眼, の策戦, の船, の言葉, の足, の跳梁, の間道, の陣所, はあなた様, はいついつ, はこの, はただ, はちゃんとしっかり, はつけ込んだ, はつまり, はどこ, はどんなに, はまさか, はみんな詐欺師, はやって来た, はわれわれ, は一体, は姿, は弱い, は愉快, は新任, は昨夜, は木曾川治水, は法術, は火, は癌, は考えた, は道場, もこの, もやっぱり, も大, も空気服, より先, をおら, をことごとく, をすっかり, をたぶらかし, をみんな, を一人二人, を処分, を嚇しつけた, を怨み抜け, を攻める, を方角違い, を殺し, を蹴落し, を除く, 恐らく一晩中, 悪いこと, 組んで, 誑されるかな

▼ 彼では~ (107, 0.0%)

19 なかった 18 ない 16 あったが 8 なくて 7 あるが 2 あるけれど, ないか, ないの

1 [33件] あった, あったけれど, あつた, ありません, ありませんでした, あり内蔵助利三, あり剣技, あり満身, ある, あるし, あるまいと, ないかと, ないが, ないこと, ないこの, ないせい, ないでしょうか, ないのに, なかつた, なかつたが, なかつたの, なかろうかと, なくおばあさん, なくただ, なくなるの, なく自分, なく警察, もとよりない, 些っと, 有るまいか, 有るまいかと, 無かつ, 足りぬところ

▼ 彼~ (107, 0.0%)

5 彼の 3 彼女の 2 これや, その部下, 彼女らは, 彼女達が, 書きつけて

1 [89件] いうて, いかに, うるさくて, おばば, がああ, が招, こだわりの, そのモデル, その他を, その持物, それと, で一日, で店, で意外, で次第に, で沢山物, で遣い果し, とても気, とむずかしく, とやや, とよく, と世話, と先生, と取り沙汰, と取紛れ, と品物, と家, と後, と憎まれる, と朝廷, と毎日, と評議, の御, の洗物, の配給, まさに四十, まだ五十四歳, わしに, を拾っ, を殆ど, を残らず, を盗ん, モリスが, 久留雅雄が, 人に, 人の, 今まで, 佐渡よりは, 出入に, 勝家も, 叔母とは, 吟味致しまする, 四方鬱蒼に, 大将の, 天下の, 妻に, 妻に対して, 学生などの, 少しの, 山県狂介や, 干渉される, 幾代の, 弟や, 彼女が, 彼女という, 彼女は, 彼女らが, 彼女らの, 彼女を, 彼式に, 後片づけ, 思い詰めると, 我がもの, 是と, 是やに, 未だ苦労, 次郎の, 残らず帳面, 母の, 片付いた十一時, 私の, 節子よりも, 純友一味, 紙に, 複雑に, 買うて, 贅沢いう, 金吾が, 鴟梟之性を以て

▼ 彼~ (98, 0.0%)

5 のと 4 つたから 3 ということ 2 から, からである, かサッパ, つたと, といわれ, とか, よ

1 [72件] かかれだ, かも知れない, からありふれた, からかう, からその, からという, からとうとう, からどういう, からな, からナイフ, から体裁, から忽ち, から生活, から疑ひなく, が, がその, がそれ, がそれでも, がとくに, が今, が何, が秀吉, つたのか, つたのである, つてあの, つてこんな, つて怖, つて怪しから, つて意外の, つて獨で, で一週間, という, といういよいよ, というの, といはん, といろいろ, とかあて, とかいうけれど, とかいふけれど, とかかっ, とか言, とさ, としては彼, とて持つた, とは氣, と僕, と分れ, と判定, と判明, と大げさ, と思い, と思ふ, と思わざる, と氣, と激論, と申し, と見ぬい, と見る, と言っ, と言つて世話, と附き, と雑用, と騒い, な, なぜ彼等, の, のが, アもの, シテ見る, 其身體の, 彼だ, 彼は

▼ 彼自ら~ (97, 0.0%)

3 の力, の手 2 の本質的, ももう, も亦, も先刻医者, をも世間, 最も平凡, 知らなかった

1 [77件] いって, かかりきって, がいい出した, がその, がジャン・ヴァルジャン, が云ふところ, が今, が他宗, が孤独自体, が山, が思, が獣臭, が称し, が自ら, が要するに, が試み, したためた覚え書き, そうと, その然, その頃, だらしないと, であるといふ, でなければ, にほかならなかつた, にも分らなかった, に向かっ, に外, に感じさせた, に調査, の, のこと, の体臭, の信念, の勝手, の塋墳, の境遇, の姿, の心, の慊厭, の所有, の文章, の本領, の気づかざる, の芸術, の表現手段, の言, の言葉, の魂魄, は, はそれ, はっきり自覚, はついに, は当時境遇, は河, もかいもく, もそれ, もよく, も伯父, も指揮, も気付かざる, も自分自身, をも完成, を人類永久, を傷, を憐れむ, を貧者, 光り輝いて, 刳貫, 呟いて, 実は少し, 導くかれよりぞ, 気がついて, 現に感じ, 自讃歌, 苦しんで, 記して, 詠じて

▼ 彼~ (94, 0.0%)

34 あつた 5 自分の 3 あつて 2 あつたら, あつたらしい, なくして

1 [46件] あらう, あらうし, いい, いながら, おくれると, こ肥り, さへ, すらそう, すらそれ程, すらも何, すら母, すら江戸幕府, そのため, その間よい, それを, なおつづく, また, また相当, まアだ, やがてまだ死人, やっと二人, 一個の, 両方の, 乗り損って, 低い沈んだ, 別に何ぞ似合い, 又どうやら, 女の, 弟の, 彼こそ, 彼との, 彼女が, 悔むこ, 手馴れたもの, 日記を, 時流の, 未だ未練, 氷の, 皆が, 祕かに, 秀吉と, 考えないわけ, 興味が, 詩社の, 食える, 香具師を

▼ 彼~ (93, 0.0%)

4 いら 3 へ行 2 で切り上げ, へあんな, も丸く, も御無沙汰

1 [78件] からも此所, から七八町, から入らしつた, から牛込見附, がもう少し, が一番静, が撞楼堂, が老師, でただ統一, で問うたら分るだろう, で実家, で相手, で聞, と探し, ならもっとずっと, ならゆ, なれば, にある, にあゝ, にお, にお前, にちん, にて承われ, にて能, にも柵, に一本, に二升壜, に住む, に同, に変, に往き, に持っ, に採掘, に敷い, に棄, に臥たる, に見え, に見ゆる, に詰合, に部落, に黒門, の下, の事, の婆, の屋敷内, の息子, はいけない, は三十六坊, は何と, は打ち水爲可, は昔, は焼失, は當奉行支配, は近習, は遠藤, は遠藤さん, へまでは大変, へも連れ, へゆき夫, へ御, へ行っ, へ行つて, へ連れ, へ遣っ, まで押し, も寸, も寸斷, も既に, も賑ふゆゑ貧富, も開け放され, より多く, をもっと, を何, を塞ぐ, を立歸, を通り掛った, を通り掛り, 迄押し

▼ 彼ほど~ (86, 0.0%)

3 な男, 自己の 2 子供らしい, 死を, 馬鹿正直で

1 [74件] うまい笛, おとなしくじっと, かうした上方, そのほう, その目的, な人, な勇士, な大, はっきりと, ボヘミア的生活を, 一心不乱に, 世相の, 人情を, 他念なく, 偉大な, 充実し, 其点に, 出世したい, 厚情を, 大義を, 嬉しそう, 孤独で冷めたく, 実人生, 巧みな, 強い意思, 徹底し, 忠実な, 快絶, 怖いもの, 急いでは, 恵まれた環境, 情熱的な, 感心しないらしかった, 懇願を, 我々人間を, 打ち解けなかった, 敏活で, 書物の, 本質において, 果敢の, 残り惜しさ, 渇望を, 演技の, 漢文学の, 激烈で, 熱心で, 現実の, 男性的な, 痛烈な, 百合の, 真剣に, 知って, 神田邸の, 私を, 美しく育つた, 老成し, 自在に, 至上の, 興味ある, 蒼白に, 虚栄心の, 衷心から, 複雑な, 親切で, 認めて, 誠実な, 諸家の, 通人らしい, 酒と, 金を, 鋭く心, 錯雑した, 間違われっ放し, 陽氣で

▼ 彼について~ (83, 0.0%)

3 来た 2 きた, エマスンは, 思い出すこと, 歩いた

1 [72件] あるくよう, いっそう求むる, いられるの, かねて, こういった, こう云われ, これから語らね, こんな記事, すでに一文, ずいぶん急, そこへ, そして俳句, その口, その寂しい, その庭, なされた種々, もう少し話し, わからないであろう, クの, 一つの, 一言費やす, 上らなかつた, 中庭の, 云ふ, 五階まで, 何か, 何かを, 何も, 來た, 侮蔑的な, 働いたが, 出た, 多い, 多くの, 奥へ, 存し得る, 客間へ, 常に動かし, 廻るの, 必要な, 房江は, 書きたい, 本当の, 来いと, 来たの, 来て, 来なかったの, 来ました, 次の, 深い記憶, 深く考え, 漠然とした, 焼けた方, 知ってること, 知ること, 確かめること, 私が, 種々の, 立とうと, 笑うもの, 終始云われ, 聞かなければ, 自分の, 行つた, 言い得ること, 言わなければ, 診察室の, 話す時, 語り得る唯一, 説くこと, 面倒な, 駈け上った

▼ 彼一流~ (83, 0.0%)

3 の婉曲 2 の冷笑, の無, の照れかくし, の狡, の自尊心

1 [70件] だ, にえらい, のさ, のせわ, のシネマ, のプライド, の交渉, の仕事, の仕方, の仮名文字, の利口さ, の唯物論的処世観, の地主哲學, の夢, の奇妙, の好み, の座談, の強引, の忍耐, の思ひやりで, の恋, の批評, の斬り合い, の方法, の早口, の明晢, の朗読法, の朗読術, の機敏, の正義観, の毒舌的, の活路, の活躍, の流儀, の激昂性, の爽やか, の献策, の率直, の理論, の用語, の痛罵, の発願, の目, の目先キ買い, の砂糖, の秘密, の空想, の粘り強, の系統, の細かい, の綿密さ, の美しい, の考え, の考え方, の肩, の舞台上, の表現, の解決法, の計画, の詭弁, の語り, の説明, の調子, の調査方法, の豐富, の辛辣, の遣, の雄弁, の順序, の高

▼ 彼ひとり~ (78, 0.0%)

3 だった 2 であった, のため, の手, の胸

1 [67件] あるのみ, あればと, かへり, がその, がムク, がムクムク, が異国人, が秘密, が自由法曹団外, が落ちた, が車, が雨, しかその, しかなかっ, だけが感ずる, で, であらまし, でさえタジタジ, でしめくくる, ですでに, でそういう, でなく他, ではもの淋し, でボウ, で仕事, で捜し, で背負っ, となっ, なのに, に全, に対して一方, に矢, の, のみならず, のもの, の力, の声, の宿怨, の心情, の意見, の智慧, の考え, の臆測, の行動, の造りごと, は父親, は荒磯, への殺意, へ視線, をそこ, をとり残した, を中, を先, を別室, を当地, を残し, を無残, を目標, を相手, を立たせた, を苦しめ抜く, を見つけ, を選ぶ, 残った, 残って, 知り又, 突きとめ

▼ 彼こそ~ (76, 0.0%)

2 はげに, 憎むべき蛸, 最もすぐれた, 著者である

1 [68件] あらゆる意味, この不思議, この手, さしずめ最も疑うべき, そのよう, その人, その発見, それは, たしかに今, どちらかと, ほんとうの, まぎれも, まこと, コノールの, ミヤ子の, ミルキ国第, 一番現実の, 二川家の, 今丞相と, 体でも, 俺の, 假令小粒では, 偽善者, 元禄型の, 全くマクベス夫人, 別の, 古法眼, 右府の, 夢中に, 太刀川青年の, 実に一流, 家康の, 将来怖, 已に垢, 平凡の, 当代婆娑羅者と, 彼女の, 彼女を, 徹底した, 心理的に, 恐るべき犯罪者, 恐るべき脅迫状, 文壇的で, 斯うし, 昨夜の, 未然に, 本当に生きた, 正しくその, 比類の, 無二の, 燒場の, 燦として, 父が, 現在過去未来を通じての, 真の, 確かに, 神に, 私の, 秘密を, 稀代の, 第一, 自分の, 誠に斯道, 金宝の, 隆夫の, 隠れた傑物, 電波で, 驚かなければ

▼ 彼~ (76, 0.0%)

6 でも, な奴 4 な事 2 なの, な人, な手つき, な浮いた, な物, な袖, な訳, な風, な魚, の云

1 [40件] ぞの障り, だか, だと, でもを吸取, でも思うた, でも東京, でも飲み込ん, とかし, とか云, とも云われない, なお丈夫さま, なだ, なでれすけ, なに嚇し, なやくざ, な処, な危, な大きい, な奴等, な守銭奴, な家, な小僧, な所ぢ, な新しい, な暮し, な病氣, な白痴者, な目, な真似, な良い, な處, な親孝行, な軽率, な長い, な頭, な顔, やと, 中へ, 時にや, 畜生余りと

▼ 彼らしい~ (71, 0.0%)

2 軽羅をのみ

1 [69件] いいかた, ところが, ところである, ところを, と思つて, のである, ものが, ものの何物, イタズラ心と, エティケットで, 不様な, 以外には, 傲岸な, 勿体ぶりと, 卑屈が, 友情の, 君子の, 奇問を, 奇妙な, 好みによ, 姿を, 小説を, 希望さえ, 幸福が, 弱気な, 性格的な, 情感と, 意志気力を, 感じか, 感情の, 所は, 手跡で, 押しを, 新味ある, 智恵を, 楽天的な, 正義感で, 気働きから, 気短かさで, 決断を, 派手好, 浪曼的な, 率直さと, 理性を, 用心ぶ, 発色が, 真価も, 神を, 神経を, 穴を, 童心の, 純情の, 純眞, 結婚生活の, 緻密さで, 義の, 莊重な, 言と, 言葉の, 調子を, 謙譲な, 豪放さで, 趣向であった, 返事を, 述懐によって, 道樂とのみ, 静かな, 靜かな, 點だ

▼ 彼への~ (69, 0.0%)

4 愛情が 2 愛を, 愛情いや愛着とが, 愛情と, 最後の

1 [57件] いやがらせに, いろんな誹り, ご沙汰, たよりで, 世間の, 便りに, 信念と, 信頼の, 冷静さを, 勲功叙位が, 原稿の, 反感から, 味方が, 唾とも, 報恩の, 対立気分の, 尊敬が, 崇拝者の, 復讐をのみ, 心服を, 心當て, 応へは, 忠誠に, 思慕を, 恩命に, 恩返しも, 悪口は, 悲痛な, 愛情を, 憎悪と, 挨拶で, 敵意と, 景仰は, 最初の, 服従が, 杯には, 死罪の, 毛ぎらいが彼の, 毛嫌いを, 深い信, 無関心, 疑問肯定の, 監視や, 眷顧は, 研究や, 祝意と, 義理みたいに, 褒賞として, 訪問者といふ, 論評なども, 貞節は, 軽蔑が, 追捕, 酷評が, 門出祝に, 餞別を, 高い評価

▼ 彼と共に~ (65, 0.0%)

2 ゐると, 生活は

1 [61件] あれ, いまな, くみかわした酒, そこへ, その家, ゆくなり, スペイン人八名受洗土人四名も, パリに, 一ト棟の, 不寝, 二条富, 二階の, 互性活眞の, 仕事し, 仕事を, 働いて, 叔父の, 呉を, 善とか, 地を, 大きな重い, 奮戦し, 姿を, 子供の, 完成し, 家に, 寝るドルカ, 島崎の, 市十郎が, 帰順した, 彼を, 忍ばば, 怒り彼と共に, 悪事へ, 拍子木を, 改札口の, 木曾の, 東漸した, 歩きだしながら, 死な, 沢庵を, 犯罪を, 王たるべし, 生くべし, 盃を, 眞理を, 眼の, 神は, 笑いも, 精神に, 義の, 老酒を, 耳を, 逆を, 降参した, 難に, 飛び出しましたが, 駅まで, 駒ツナギの, 鼻寺の, VIKINGの

▼ 彼独特~ (63, 0.0%)

4 のもの 2 な, のスタイル

1 [55件] とも思はれる, なもの, な調子, に扱われ, のあらゆる, のおさえつけた, のめぐり合わせ, のやり方, のアトリエ, のユーモア, の一つ, の人懐そう, の冷笑, の処理, の剣技, の単なる, の反感, の声, の奇怪, の奇警, の妙, の子ども観察, の巨大, の弁証法, の怪奇主義, の悪戯児, の意義, の意見, の数理的, の文学, の方法, の概念分析, の気つけ薬, の気安い, の気軽, の物凄い, の理論化, の用心, の発声法, の神秘主義, の科学的, の繊細, の美しい大きい, の考え, の言い方, の設計, の詩的リアリズム, の詳細, の議論, の貴族的生活態度全体, の足, の闇, の静座法, の領域, の魅力

▼ 彼~ (59, 0.0%)

2

1 [57件] が何, が名札, が貴, だけは私たち, だって内気, だ俺, とそれから, とても惡, との間, と倶, なら六左衛門, なりき, にの面當, に厚く, に及第, に私, に言, の勤務, の喜ぶ, の性質, の我上, の横顏, の烟, の知, の素性, はお前, はしばし, はねル・バング, はようやく, はよく, は一日, は一旦, は一語, は其様, は双眼鏡, は妻, は姉樣又, は屹度妹, は引捕, は微笑ナニ盜賊, は惡しき人, は此方, は流星, は眼, は見, は點頭, ほど自分, もこれ, も一旦, も余計, も同じく, も彼男, も續, も饒舌家, を庄太, を思っ, 太く困じ

▼ 彼~ (58, 0.0%)

53 女ヲ 2 人アナーハン

1 [48件] ぴすとるニ至ツテハ幸ニ吾常勝軍ニ従フニ依, 伶ヲ, 兵役忌避ヲ, 凄慘タル隣邦, 分割ヲ, 力ヲ, 十分ニ安意シタル所, 地ニ存スル竪穴ヲ, 声ガスルノデ起キテ茶, 大儀牲ヲ, 大学企図, 大樹, 女ニ対スル余, 女ハ, 妻, 姿ヲ, 学校ノ, 宇和島より, 宗門浸, 宿デハ近頃風呂ヲ立テナイノデ風呂場ガ空イテイルカラアスコヲ使ッテモ構ワナイアスコナラ水道モジャンジャン使エルト云ウ, 寛恕ヲ, 小説ハ予ノ, 常言モ, 從屬的現状ヲ, 心理状態ガ今, 心身ヲ, 悽惨タル隣邦ヲ, 愚昧ナル善人ガ斯ル惡魔, 戰國時代, 投票神權説ニ累セラレテ鮮人ニ先ヅ參政權ヲ, 暗味ナル, 最後, 欲スルママニ如何ナル物品生物ニモ変ゼシメ得ル力ヲ, 津浦鐵道ガ南北ニ分割サレテ列車ヲ, 滞流, 火, 無慾ト其, 獨立ヲ, 神通力ハ瞬時ニ消滅シ物ミナ旧態ニ復ルベシ仍リテアダムハ飼育セル多数, 背後ニアル心霊科学ト握手シ同, 自由戀愛論ノ, 船ニ御上リ余モ亦, 艦隊卜衝突ノホカナシ, 若君ヲ, 行ヲ調ベ見, 計ヲ用イテ, 針路ハ西南西微, 革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立ヲ

▼ 彼によって~ (57, 0.0%)

1 [57件] あらわされて, なされた兵学, まず私, 与えられた静か, 今少し, 代表された, 伝えられた, 何ものか, 作り出されると, 使い古されて, 俳味として, 初めて本当, 前払される, 印された家族, 取り上げられたかと, 基礎を, 幾重にも迷惑, 当時は, 彼の, 彼女は, 念仏無間と, 意味深く, 感じるから, 慈愛憐愍の, 成長させられた, 或いは少なくとも, 抛棄された, 描かれるばかり, 支えられて, 支出され, 支払われる, 救いを, 救わるるの, 救われたの, 救われ安定, 教えられるの, 文献学乃至, 東京の, 死に彼, 残された沢山, 消極的な, 燃されるため, 現実の, 生きて, 示唆された, 私が, 立てられた作戦計画, 紹介された, 絃の, 経済史観とか, 考え出された処, 述べられる, 迷わされて, 造られた, 過去の, 非常に, 高貴な

▼ 彼~ (55, 0.0%)

2 ですか, に, の病気, の行末

1 [47件] かい, がいつ, がどうか, がどうして, が断然, さ, だってどんな, では, とはだれ, とは違ふか, に困ります, に操, に與, に証, のこれ, のため, のみかは我, のわが, の事, の前, の吾, の影, の往かん, の悔恨, の手, の料簡, の様子, の歩みざま, の答え, の美点, の許, の身上, の顔, はわれ舊, は不幸, は既に, は是, は物, は生れつき器用, は邪魔, は餘, まさねば, も君, を, を良人, を遇, 御安き

▼ 彼とても~ (54, 0.0%)

1 [54件] いろんな快楽, お艶, こころよくは, この場, この子, この日頃, その崩れた, その手段, それ位の, そんな野望, ただ漫然と, よい友人, 不審を, 主人の, 之が, 云い難き, 亦禁令, 人並みに, 人間である, 仕事の, 他の, 何を, 先着の, 凡夫煩惱の, 初めより, 千代子と, 又決して, 如何とも, 妻の, 娘の, 孔子の, 存じて, 少くとも, 巧い, 平田門人の, 彼と, 心苦しかった, 慣れずには, 憐憫も, 技には, 村へ, 次郎の, 気の, 特別に, 理性は, 理論能力に, 男でなけれ, 美しいと, 臣下の, 芸妓と, 視覚的に, 金を, 頭が, 食う為

▼ 彼以外~ (54, 0.0%)

9 の者 5 の誰 3 のもの 2 の人々, の人間

1 [33件] にこの, にはだれ, には未だ, には誰, にほとんど, にまで許され, にもひとり下水道, にも余りに, に一人, に優れた, に彼, に恐らく, に求めよう, に知る, の, のこと, の三枝子さん, の人, の人人, の他人, の何人, の全, の存在, の富豪, の彼自身, の戦功者, の案内人, の民間関係者, の男, の紙帳, の重量, まだ誰, 知る者

▼ 彼~ (54, 0.0%)

2 で去年, に出入, のお, へ嫁, へ行

1 [44件] から頼まれまし, じゃア二三日前, じゃ奥様, だ, では好い, では薬屋, で飲む, なら傘, なる下婢, にし, にしよう, にも電話, に嫁さん, に至ら, の乳母, の事, の人, の奉公人, の婚礼, の家政婦, の庭, の老婆, の重臣, は二人きり, は云わ, は宮松, は金持, ばかりで, へでも尋ね, へは御, へは行かない, へ住, へ宿, へ往ッ, へ行く, へ行っ, へ行った, へ行つた当座, も無事, より此兩商, を出, を去る, を買っ, を駈出します

▼ 彼だけは~ (51, 0.0%)

2 シャンパンを, 知って

1 [47件] あとに, あのまま堀川船橋の, おれを, しきりに気, そんな身装, ちゃんと納めた, つけて, どこの, なんのかんのと, まあ兄弟中, まだ何, まだ外套, まだ思いきれなかった, もう背広姿, ゆうべから, アベコベだった, 一人にな, 一人黙っ, 一向にひもじ, 一度も, 一段歩の, 他の, 仲間脱れ, 充分に, 切支丹史上に, 別物扱ひ, 別荘住ひ, 医院へも, 夙に知っ, 怒らせたくなかった, 戦時中も, 敵が, 新しい光厳帝, 死を, 独り水を, 率直な, 白昼も, 相変らず, 絶叫を, 背と, 自然を, 茶室を, 見せなかつたやう, 転任させられない, 通勤で, 通知簿を, 遠慮を

▼ 彼にたいして~ (46, 0.0%)

2 少しも

1 [44件] いい姉, いかんとも, いだいたこと, いだいてる, いつもより, いらだった憎しみ, おまえの, このたび従四位下, これまでより, そうだった, その書面, たいへん注意深い, なした最近, なんであった, なんらの, まったく無, よくも悪く, よく臆面, 不満である, 保護者的な, 出陣令が, 勝手な, 反抗を, 嘲弄的な, 対等らしい, 座席は, 心の, 怨嗟しなかった, 恨みを, 悪いこと, 最も激昂, 最大な, 服従を, 母親や, 温良で, 異常な, 秀吉の, 秀吉は, 親切だつた, 設けてる柵, 起こした, 遺恨の, 閉ざされて, 隠しもってる大きな

▼ 彼をも~ (45, 0.0%)

3 此をも 2 そこに, 微笑ました

1 [38件] あらゆるもの, いつか別格に, くるんで, その波, はっきり掴んだ, またそして特に, また幻覚, もてなした, やはり科学, イングラム孃をも, 一度呼び出そう, 一括し, 乗せた, 他の, 仲間に, 同罪に, 含めて, 地へ, 威圧し, 幾分ほっと, 床の, 心から可愛く, 浸して, 無意識に, 片附けよう, 督し, 知って, 知つてゐる, 絞刑, 総立ちと, 美しくする, 自分の, 自然シャン・マティユーと, 見捨てざるなり貧, 見逃がすこと, 誘った, 馘って, 馬をも

▼ 彼こそは~ (43, 0.0%)

1 [43件] ある意味, いま博士邸の, かならず味方, かねて, かの大胆不敵, この世に, そうした絶望状態そのもの, その儘, その箱, まことに, フランス・サンボリストの, ベートーヴェンの, 一つの, 一滴の, 中世魔法精神の, 先に, 勤王の, 大正年代の, 実に一時, 実に光り滾るる, 実に典型的, 実に外面的, 小説壇に, 己れ, 常にこの世, 当代の, 彼女の, 最も殺される, 本当の, 本朝興信所の, 正しく, 武勲第, 清和源氏の, 犯罪の, 理学士の, 私の, 第二, 継母にとっては, 自ら, 英雄であり, 行く末の, 裁判官の, 陶磁芸術という

▼ 彼である~ (41, 0.0%)

7 ことを

1 [34件] かどう, かない, から, からこれ, からそれ, からでもあった, からもともと, から妾, から当年, から彼, から降りる, から靈媒, が五年, が木村, が皇居, ことから, ことに, ことジャンナンが, しかつて, しまた, し世界市民, だけ信頼, ということ, というの, という見込み, と幾度, と御, に相違, のが, のに今夜, のに東福寺, のを, 主人公が, 故妙

▼ 彼とか~ (37, 0.0%)

3 云って, 口実を, 名を 2 言って

1 [26件] いって, わめくので, 云い抜けようと, 云った, 云はれ, 云ひ, 云ひ寄る, 云われる人, 体の, 偉そう, 可なり, 圧迫し, 弁解を, 接触が, 条件を, 無理を, 独りで, 理窟を, 男に, 筆者を, 自己を, 菓子やの, 言い合って, 言つて追, 酒飲は, 難癖を

▼ 彼~ (37, 0.0%)

10 のだ 7 のである 3 のです 2 のだった

1 [15件] お客に, のかも, のこの, のであった, のであつ, のであります, のでただ, のでたちまち, ので初めて, ので吉野, のに, のに流石, 事を, 奴を, 姿で

▼ 彼~ (36, 0.0%)

2 にも沢山

1 [34件] お関等, して, じゃあない, だったので, におじけず, にお話, にぎっしり, にしっかり, にまざまざ, にも違う, にキラキラ, に云ったら, に光っ, に光ってる, に好き, に度々, に急, に悲しい, に愛し, に手伝っ, に才気, に楽, に止める, に気, に涙, に自由, に見, に身, に長い, に雑作, の, 下らない一貫, 大きなもの, 恐ろしげ

▼ 彼なら~ (35, 0.0%)

2 ば自分

1 [33件] いそいそと, これほど, こんな事, ざるが, でもこの世, とし子の, ば, ばそれ, ばまだ, ばよかろ, ば上等, ば同じ, ば必ず, ば梅暦, ば確か, ば秋川家, ば関羽, ドストイェーフスキイの, 妻の, 安心し, 庸三が, 廂から, 従来駿三に, 恥しくない, 慥かだ, 木曽街道を, 生みだせる, 立派に, 結論を, 藤左衛門や, 西洋人の, 讃めて, 默っては

▼ 彼~ (35, 0.0%)

234 ひけるは 1 ふあゝ, ふさ, ふ上, ふ我等, ふ海, ふ終焉, ふ行, 是非僕

▼ 彼奴等~ (34, 0.0%)

2 の歌った, はい

1 [30件] あまだ, が, がことごとく, がやってきました, がわれ, が乗っ, が出さなけれ, が奥, が如何, が征め, が後, が悪く, が無茶, が米, が躍, が驚い, とは何, のした, まるで不用心, もきつ, もこの, もすこし, も匕首, も残らず殺さね, も浮かぶ, も為, も途, やり出したな, 如きを, 青くなってる

▼ 彼という~ (33, 0.0%)

3 人間の, 人間は 2 人間を

1 [25件] とき聞く, のが, のは, のも, べつな, ものだけで, ものを, 一つの, 一個も, 中に, 人物を, 人間が, 人間だ, 人間と, 人間との, 人間に対する, 人間も, 人間全体に, 具体的な, 剣人などは, 単独な, 友人を, 存在との, 幸福に, 順序に

▼ 彼また~ (33, 0.0%)

2 名利に, 根戸川亭で

1 [29件] これを, コルラード・マラスピーナと, 一面芸術の, 主義の, 人の, 以為らく, 伯の, 君を, 吾を, 嘗て品川弥二郎, 夷狄の, 委しく答, 彼の, 曰く, 曰く女子とは, 更に甘言, 歩戰に, 決してすぐ顔色, 決して臆病者, 法性寺関白忠通の, 痛く政府, 眞の, 群衆横切り, 自ら心中に, 自ら急ぐべし, 詩文を, 貴賤老少, 身に, 金を

▼ 彼だけ~ (31, 0.0%)

8 では 3 だった 2 である

1 [18件] あって, この世で, そッと, だったという, だつた, であった, でありまた, でなく先天的みたい, でほか, で架空, で親方, なの, ふたたび門外, らしいが, 変に, 帰つて来なかつた, 選ばれて, 部屋の

▼ 彼であった~ (31, 0.0%)

2 かも知れない, が, ということ, のだ, のである

1 [21件] かが感じられた, かが読みとれる, かと思わるるであろう, からね, からむやみ, がいよいよ, がこの, がこれ, がその, がつい, がまことに, が友, が年, が眼鏡, が福本和夫, が静夜, のなら, のに思い, 位で, 同僚の, 忽ち素晴らしい

▼ 彼において~ (31, 0.0%)

2 また教育的欲望, 明かに

1 [27件] あくまでも主体的, あり彼, いかに密接, そのブルジョア的埒内, つねにいは, つねに造形的, はじめて心, よし模寫, 一番偉大な, 何か, 健康と, 僣越である, 全然覚えなき, 切り離せないもの, 労働, 問題に, 單に, 彼が, 心理的主, 最高く, 構想力の, 正しく結合, 法への, 相互に, 結合する, 自然の, 頂点を

▼ 彼以上~ (31, 0.0%)

2 によく, のもの, の人

1 [25件] にいっそう, にその, にもち, にも適当, に価する, に出よう, に夢中, に彼ら, に敬虔, に満足, に病態, に目, に考え, に胸ぐるしい, に自分, に達者, のなに, の動悸, の熱烈さ, の紳士的悪漢, の考え, の者, の見, の贈遺致すべし, の驚き

▼ 彼とともに~ (30, 0.0%)

1 [30件] あのよう, いまどこかかの, ここに, この家中, ひざまずいた, アルプス山中の, 一生暮らす, 一目散に, 不幸な, 世界をば, 事を, 人傑地霊を, 力戦した, 同じ方, 喜び彼, 外に, 大聲, 心から愉快, 愛想の, 戦列に, 掴もうと, 暮す日, 楽しみうる生活, 歩いて, 泣くの, 消え失せること, 滞ま, 立ちあがった, 統率し, 落ちて

▼ 彼からは~ (28, 0.0%)

5 何の 2 何にも

1 [21件] すつかり見える, なれて, もうかなり離れた, クリスマスの, コロンボでの, 一度も, 今まで, 全く用, 全然独立, 堕落としか, 大に, 従姉の, 手の甲で, 手紙も, 斯くも, 書物を, 歌文の, 殆ど手の, 淡々と, 藤枝も, 離れ得る

▼ 彼らしく~ (28, 0.0%)

6 もない 3 もなく

1 [19件] まだ書い, もある, もなかっ, アラを, ロシア共産党の, 一う, 一つの, 又彼, 各種の, 女性的に, 彼の, 彼女に, 徹底し, 歌つてゐる, 死後あらゆる, 皮肉な, 突発的に, 軒昂たる, 陳弁した

▼ 彼~ (28, 0.0%)

2

1 [26件] がこの, がまた, が申したで, だッ, にもなあやからせとう存じます, に眼, のいる, の勝手, の十三, の容貌, の母, の為, の病氣, の顔, の髮, は, はあれ, はあァ, は些, は彼娘, は自分, もしっかり, を, を他, を呉れたく, を捨てなけれ

▼ 彼~ (27, 0.0%)

1 [27件] あるいは他, あるいは私, して, たくらんでは, どうか, ひとり語を, むやみに, やつて, オクサーナに, 云うて, 動きの, 取りついて, 外へ, 宴会へ, 差支へが, 彼女か, 彼女に, 彼自身の, 拵え事を, 新しい戀, 有るもの, 橋渡しとして, 用事を, 知己も, 私か, 考えを, 陽気な

▼ 彼とも~ (27, 0.0%)

3 云ひ 2 云いよう, 申しやう

1 [20件] あろうもの, いい様, いえない秘め, いえなかった愚僧, お前にも, お詫びの, つきあい切れない味, ねむくて, みえない, ものに, 以前の, 取り返しの, 思えないほど, 見えぬが, 親しか, 言いようの, 言訳の, 話して, 譬へ, 顔馴染の

▼ 彼~ (27, 0.0%)

3 いう事 2 いう訳, 云う人

1 [20件] いうこと, いう処, いう悪い, いう方, いう時, いう肌合, いう釜, なってからは, なれば, は云っ, やって, 云う三藏さん, 云う娘, 云う御, 云う怖い, 云う気性, 云う親孝行, 云う訳, 云って, 遣って

▼ 彼その~ (26, 0.0%)

2 彼が, 説に

1 [22件] 下に, 人です, 人の, 儘で, 兄弟達に, 光を, 反対党なる, 周囲の, 弟の, 昔ここに, 昔テーベーに, 昔客として, 昔神聖の, 美しき目, 老妓の, 肉を, 腕を, 言葉を, 説の, 論旨を, 難きに, 非行を

▼ 彼のみは~ (26, 0.0%)

1 [26件] あらぬ方, おことわり, そう言っ, その志士的行儀, それに, ただ死せる, とうとう馬, ほかの, 一日一日が, 人々の, 他の, 冠り, 反撥し, 名が, 土民の, 常に最後, 幕臣であり, 思うの, 怠らずに, 昇殿も, 椀の, 独りと, 独り春風の, 瞼も, 空しくも, 馬を

▼ 彼はも~ (26, 0.0%)

2 一つの

1 [24件] いちど卯木の, いちど山門の, うじつ, うそとへ, うたえ得ないで, ちっとで, ぢも, つくり起き上つた, もじりに, 一つ文句を, 一つ気懸りな, 一度それ, 一度下を, 一度井戸, 一度前からの, 一度大空, 一度尋ねた, 一度心に, 一度故郷, 一度池を, 一度自分の, 一度起き上がろう, 一脚の, 少しで

▼ 彼ほどの~ (26, 0.0%)

2 冷静な

1 [24件] ことは, 人が, 人でも, 人には, 人物が, 人物である, 内容が, 句をも, 大成業, 好き者は, 怠け者で, 感激は, 政治家は, 権力を以て, 熱心さを以て, 男なら, 老年では, 聡明な, 能力を, 若者にとっては, 若者を, 蘭学医でも, 誠を, 身の

▼ 彼~ (26, 0.0%)

2 人を

1 [24件] お前の, ムツかしい, 一所懸命に, 単一に, 古典的な, 吾夫は, 堅い父, 夢幻的な, 学問が, 学問も, 平常物の, 打解けて, 敏慧, 極端に, 淡泊として, 満足出来ない, 熱く神, 真面目に, 聡明敏活の, 蔵書の, 退屈だった, 通暁し, 鋭い技巧家, 隔ての

▼ 彼だった~ (25, 0.0%)

5 のである 4 のだ

1 [16件] からです, が, がそんな, がなぜ, が今, が今日, が田端時代, が胸, が草鞋, が途端, としてもその, のです, のでその, のでまくし立てる, 確かに, 許りでなく

▼ 彼に関する~ (25, 0.0%)

2 記録は, 限り永遠に

1 [21件] あらゆる伝記者, あらゆる文章, ことなら, ことを, 一事件が, 一二の, 不遜な, 伝説が, 余話は, 噂または, 報道は, 思ひ出, 批評を, 新聞記事を, 最も断片的, 消息は, 研究は, 色々な, 若干の, 被害は, 述懐録の

▼ 彼のみ~ (24, 0.0%)

3 では

1 [21件] そっと紫陽花, つぎを, であろう, でないこと, でなくピュージェット・サウンド, でなく乾児たち, でなく居あわせた諸, でなく戦国, でなく誰, ならず他, ならず十二男七女子, ならず多く, ならず夫婦, ならず帝, ならず幕僚すべて, ならず裏手, ひとり価値あり, 太宰なら, 家の子郎党三百余騎を, 漬る, 生きて

▼ 彼ばかり~ (24, 0.0%)

8 では 2 でない

1 [14件] いい目, でなくすべて人間, でなく世, でなく伊織, でなく半, でなく多く, でなく彼, でなく戦, でなく総じて, でなく鷺組, でも, もとの, 義務を, 見つけて

▼ 彼~ (24, 0.0%)

1 [24件] から往, から東京, だよ, と推し移, には餘, にもう, に五十一, に年二十七, に得たる, に挽いてた, に躯, の君, の変化, の御返事, の心機妙変, の発心, は, は只, は彼樣, は酷い, わが雄, 早く又, 速し此時遲, 遅し忽ちに

▼ 彼を以て~ (23, 0.0%)

2 首相に

1 [21件] これに, これを, して, 一部の, 与に, 人類の, 偉大なる, 公武合体朝廷幕府諸侯三位一体の, 半四郎の, 君子仁人と, 嚆矢と, 女を, 完全なる, 当面の, 改革家なりと, 星を, 殺伐一方の, 泣菫君と, 激情の, 與に, 鳥居派の

▼ 彼~ (23, 0.0%)

2 のため, の心

1 [19件] が, とかく迄, にある, に見する, のお, の家, の居給, の歌, の目, はこ, はフイレンツエ, は学生, は此堂, は歸, は汝, は淺, を愛す, を愛せざるべし, を戀

▼ 彼~ (23, 0.0%)

2 して, で御, なこと, もしたら

1 [15件] いふこと, いふ味噌汁, いふ場所, いふ路地, すると, とこれ, なところ, な事, な人物, な林立騷ぎ, な病持, に御, に新聞, の法, 直せとか

▼ 彼だけが~ (22, 0.0%)

1 [22件] いないの, この席, そうだった, なにかうさんくさい, ひとり不思議, ほかの, もう以前, 同時に自分, 在野の, 夫人の, 心配し, 感じねば, 敢て, 楠木家には, 楽屋中で, 生き残って, 異説を, 知って, 知つた未だ, 称揚され, 診察室に, 食べた

▼ 彼とて~ (22, 0.0%)

2 鈍きに

1 [20件] いつ寝返らない, うごかぬこと, したたか者なかなかどうして, その足つき, たかが船長附, よもや申しますまい, よも鬼神, ハスレルの, 人間であり, 人間である, 何の, 同じだった, 容易に, 少しは, 山々の, 思っては, 新しい宋学, 熱いには, 知らぬわけ, 老父の

▼ 彼においては~ (22, 0.0%)

1 [22件] きわめて都会的, このやう, すべての, また数学的自然科学, エロースは, ジャックリーヌにおけるほど, 一々の, 一箇の, 両増加力, 他の, 修行功夫によって, 倫理学と, 勝利も, 実践は, 柄を, 生活の, 祈りであった, 神の, 精神的な, 美の, 自己實現による, 走って

▼ 彼にたいする~ (22, 0.0%)

2 私の

1 [20件] わたしの, クンツと, テオドルと, フォーゲル一家の, 人々の, 人の, 唯一の, 大公爵, 好奇心に, 彼らの, 彼女の, 意見と, 愛を, 態度を, 戦いが, 攻撃が, 攻撃だった, 最初の, 興味を, 軽視が

▼ 彼に対しては~ (21, 0.0%)

1 [21件] あしらいかたが, い, いかなる責任, いつも御, こう云わ, すべて如何なる, その唐突, た, てれるという, まだ到来, もう素知らぬ, もっと温かい, 働き得ないこと, 多少遺憾, 嫌悪を, 子供の, 少くとも, 少しの, 極めて有力, 誰よりも, 銕桿も

▼ 彼よりは~ (21, 0.0%)

1 [21件] いくらか暮し向き, いっそうの, この日, ずっと気軽, ずっと簡明, ずるくは, よほど頼朝, 一日前に, 上手だ, 今日の, 六つか, 厳しいもの, 多かつ, 好いと, 尊氏を, 年下の, 最う少し, 確に, 能弁な, 遥かに, 高い

▼ 彼からの~ (20, 0.0%)

3 手紙を

1 [17件] たよりを, 便りを, 先日の, 少しばかりの, 強い影響, 手紙である, 手紙に, 手紙の, 書状を, 最初の, 最近の, 求婚それに対する, 第一声であった, 通信は, 通信を, 電話を, 靈界通信に

▼ 彼だけの~ (20, 0.0%)

2 もので

1 [18件] ものに, ものは, 不審で, 交友範囲において, 伎倆が, 会得した, 信念は, 地位に, 大きさ, 心の, 性格では, 慰みの, 手当に, 新しい粗末, 特別な, 私情であった, 私用の, 経験も

▼ 彼のみが~ (20, 0.0%)

2 常に自信

1 [18件] またそれ, よく知っ, 又それ, 唯一の, 多少人間らしい, 役に立つ唯一, 彼女の, 本懐と, 決定的に, 知って, 知るで余人, 知る何事, 知る恐ろし, 知る胸, 良く気付きうる, 見手, 開拓した, 非難されなけれ

▼ 彼これ~ (19, 0.0%)

2 に答

1 [17件] いわない, その詮索, に心, はうまい, を一籌, を主張, を以て人, を以て自ら感激, を以て自ら鼓舞, を伸べ, を作す, を信じ, を我等, を算, を行う, を行え, 思わないかも

▼ 彼とを~ (19, 0.0%)

2 忽ち接近

1 [17件] こう並べ, ひとつの, 凝つと, 分け距, 分別する, 加えて, 和解させる, 威迫すべく訪れた, 思い比べて, 放すこと, 比較し, 箱に, 結びつけるか, 結びつける一種, 路傍に, 較べれば, 連想する

▼ 彼にとっても~ (19, 0.0%)

1 [19件] あまり悪い, うれしい思い, この事実, さすがに, じぶん, コゼットにとっても, ッけの, 何となく心憎い, 家じゅうの, 容易な, 彼の, 恰好だった, 数学や, 特別の, 目前の, 身を, 辛かった, 迷惑な, 限りなく

▼ 彼によ~ (19, 0.0%)

1 [19件] つてよき, つてわ, つてエンマは, つてテュケーと, つて予告せられ, つて修道服を, つて其導火線を, つて占められた, つて安穏和楽を, つて忘れられない, つて慰められ, つて憐憫される, つて提出された, つて教へ, つて発見する, つて研究された, つて神の, つて非常な, つて飛躍の

▼ 彼~ (19, 0.0%)

1 [19件] でも新しい, でも第, においてはかえって単に, に出馬, に居つた, に発向せり, に籠居, に鬼神, の事情, の及第, の文明, の新, の王族, の統計, の美術心, の表情表現法, の観念, の貴婦人, へ帰っ

▼ 彼~ (18, 0.0%)

1 [18件] かその, か逃げました, でも落合, のと, のといふ, やって, やら, やらこれ, やらその, やら好い, やら帳場, やら引離し, やら成人, やら此處, やら無事, やら町人, やら裏木戸, 爲い

▼ 彼だって~ (18, 0.0%)

1 [18件] いい齢, すぺいん人, その美しい, その頃, たぶん思い設けぬ, なかなか単純, なにか忘れもの, のどかな, やはり自分, 人間だ, 好い蔵, 彼女の, 忘れものを, 昔は, 知って, 私だって, 聞いても, 近頃は

▼ 彼以前~ (18, 0.0%)

2 にも上泉信綱

1 [16件] にこれ, になにびと, には全く, にもひとり人影, に数名, に音楽, のあらゆる, のいかなる, のクラフト家, の多く, の大家ら, の旧, の歴史的發展, の永い, の茶人たち, の葉子

▼ 彼~ (18, 0.0%)

6 へて曰 3 ふらく 2 へて我 1 ていわく, に曰, ふらくねが, ふらく我, へて, へてい, へてしかいふ

▼ 彼~ (18, 0.0%)

2 と互に

1 [16件] が勝, とよる, ども左仲, に詛, の恋, の智慧, は左仲, は幼年, は貴殿, も手, 其の名, 又水呑村, 堪兼ねて, 度々手, 思はんには, 本ト悪心

▼ 彼~ (18, 0.0%)

2 の心事

1 [16件] この風, とは誰, と人, においてをや, のなす, の手, の為め, の爲め, の能, の非, は不埒, は何, は其所有, は皆, もわれ汝, 果して高士

▼ 彼だけに~ (17, 0.0%)

1 [17件] かなりくわしく, ことさら真剣, この種, そしてさほど, とても暖かい, みとって, 一旦反省, 人の, 今の, 共にこうまで, 婉曲に, 整然たるもの, 早くも, 自分自身の, 観たところ, 言われるの, 豊かな

▼ 彼でなけれ~ (16, 0.0%)

2 ばならない, ば出来ぬ, ば誰 1 ばその, ばならぬ, ば不快, ば出来なかった, ば到底, ば夜, ば彼, ば御す, ば殆, ば気

▼ 彼として~ (16, 0.0%)

1 [16件] おもしろくない, かなりの, わが信ずべき, 一割方の, 今日あらしめ, 仏恩に, 伸子に, 初役ながら, 思いも, 有つ, 深く信ずる, 現実の, 発達した, 相当の, 苦慮に, 身を

▼ 彼なりに~ (16, 0.0%)

1 [16件] こうせざる, これだけの, それに, 今成人, 分りかけて, 在家と, 心の, 感じて, 期するところ, 本ものだった, 相當, 社会を, 粘って, 苦心は, 詩人とも, 類推し

▼ 彼得堡~ (16, 0.0%)

2 に一人, の大学

1 [12件] が現, たいしたもん, でそんな, で役, で有名, との中間, にお住い, にだ, に入り込み, の大, の関門, へだ

▼ 彼及び~ (15, 0.0%)

4 彼の 2 他の 1 すべての, その家族, 其の後, 彼よりも, 彼一座の, 彼女たちを, 彼女の, 歌, 現に空冥界

▼ 彼特有~ (15, 0.0%)

1 [15件] な習性, の, のある, のすべて, のずるい, の人間學, の円, の変, の心理分析, の我, の批評, の抑制, の柿, の王国, の鋭い

▼ 彼なれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ばあの, ばこそであろう, ばこそと私, ばこそなおさら, ばこの, ばたやすく, ばなり, ば何でも, ば必ず, ば早耳地獄耳, ば明智, ば相当, ば警察, ば非道

▼ 彼ほどに~ (14, 0.0%)

2 自己を

1 [12件] いろいろな, なると, 多くの, 広く世界, 強い憧れ, 愛の, 拙く感じさせた, 旗幟鮮明な, 熱つ, 綿密な, 美しく彼, 自己の

▼ 彼さえ~ (13, 0.0%)

2 此処に

1 [11件] いて, いなければ, いねば, おれば, この器械, つかれはてて, なくば, 取ッ, 将軍と, 居たらば, 首尾よく

▼ 彼とが~ (13, 0.0%)

1 [13件] しゃべって, どうしてちかづき, むすびつけられたもの, 二人がかりでも, 二人限りで, 人間らしければ, 対決された, 恋仲である, 昔おなじ, 百年の, 箱根へ, 腕を, 顔見合わせた

▼ 彼については~ (13, 0.0%)

1 [13件] いろんな噂, おかしさ, かねがね集つて來, ただ無為, なにも, ほとんど知らなかった, よく知っ, 前に, 土蔵の, 多くを, 少しも, 母からの, 流れの

▼ 彼はた~ (13, 0.0%)

1 [13件] うたう顏, うとうそんな, うとうパレツト, うとう女, うとう彼女, うとう本家, うとう殆, うとう煙草盆, うとう眼, うとう自分, うとう頭, えまなく大きな, おれは

▼ 彼~ (13, 0.0%)

3 から曰く 2 からその 1 からの, から信ずる, から懐, から歌う, から活ける, から記し, も判官, 斎も

▼ 彼この~ (12, 0.0%)

2 時において 1 ときはじめて, 事の, 倨傲なる, 場合職務に, 壁に, 尊攘の, 毒を, 渦潮の, 策を, 麗しき世

▼ 彼はが~ (12, 0.0%)

2 つくりと 1 くりと, ちょうの, つかりしたとい, つかりしたや, つかりしたやう, つかりして, つかりと, つしり, なりたてるの, ーんと

▼ 彼はの~ (12, 0.0%)

3 べつに 2 つそり 1 し上った, そっとし, そりと, そりの, そり立上る, べつにこういう, ぼつて

▼ 彼~ (12, 0.0%)

2 に於 1 からのたより, でお前, で得られる, における夫, にてもあれ君, に送る, の深淵, へ行く, へ逝った, までもゥ

▼ 彼個人~ (12, 0.0%)

2 の意志 1 としては此, にとつて, のうち, の一存, の偉, の内, の内部, の凄絶, の欲求, の自由

▼ 彼少女~ (12, 0.0%)

2 は我 1 が, との関係, との關係, ともの語せり, なり, に近づき, は何, は粗暴, は面紗, も我等

▼ 彼自身それ~ (12, 0.0%)

2 に就い 1 に近づい, に酔う, の基本的, をふりかざし, を作り, を信じ, を判断, を意識, を欲する, を認め

▼ 彼としての~ (11, 0.0%)

1 [11件] 存在を, 憎悪と, 成功に, 戦は, 方向を, 満足の, 秩序で, 穿鑿を, 立場という, 良心激情性感傷を, 関心は

▼ 彼につき~ (11, 0.0%)

2 物だ 1 あはせ, あひおく, まと, 倒されたの, 当たった, 当たったの, 従つてゐる, 纏うの, 纏って

▼ 彼にとっての~ (11, 0.0%)

1 [11件] もう一つ, 何よりの, 和解は, 問題は, 大災難, 平和な, 最も大きな, 秘密と, 苦痛に, 親房は, 重要さは

▼ 彼人々~ (11, 0.0%)

4 は余 2 の嘲る, は唯余 1 の一たび, の間, は先見

▼ 彼~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも第, にて明, に招聘, に渡り, に而, の人, の大統領, の梁啓超, の舊例, の車主, の風俗

▼ 彼独得~ (11, 0.0%)

1 [11件] のおとなしい, のもの, のやり, の冴えた, の変装, の工夫, の法則, の芸術, の芸術的, の陰性, の雰囲気

▼ 彼たる~ (10, 0.0%)

2 所以は 1 ものに, もの失望落胆せざる, や人臣, や別人, や実に, 実力の, 所以ただ, 所以唯

▼ 彼などは~ (10, 0.0%)

1 うんと厭生的, さしずめ昔, なかなかすぐれた, まつたく眼, もう三十マイル, 全く損得, 妄りに, 無視し, 誰よりも, 雑魚の

▼ 彼はと~ (10, 0.0%)

2 ぼとぼとこの 1 いやもう, こしへに, つくに, つとと, どこおりなく, なりまち, 胸を, 見れば

▼ 彼一代~ (10, 0.0%)

1 に止, に酒癖, の中, の政策, の教養, の正義観, の芸歴, の芸目, の芸風, の表芸

▼ 彼~ (10, 0.0%)

1 すべての, の醜き, 先に, 先鋒の, 土に, 立ちて, 翼を, 衆に, 酷くお, 鋲を

▼ 彼~ (10, 0.0%)

2 に於 1 と此国, にある, に往き, に移す, の人々, の使徒聖人, の文明, の旧

▼ 彼~ (10, 0.0%)

3 が先刻 1 がいる, がこの, が先祖, の名, は国, は確か, を生んだ

▼ 彼既に~ (10, 0.0%)

1 かくの, 四才なり, 我等の, 我等を, 探く迷, 數多く, 曠野の, 病客ならず, 身を, 身をか

▼ 彼~ (10, 0.0%)

1 に, に不安, に大笑い, に描写, に率直, に説明, の呼吸ぬき, の矜恃, の知性, の道

▼ 彼~ (9, 0.0%)

1 いふ奴にや, いふ男が, なされと, までとは思はなかつた, も悪く, 云う家業, 云う御, 云う生活, 云う風

▼ 彼からも~ (9, 0.0%)

2 よくその 1 他の, 何ものをも, 深くわび, 看破し, 秀吉からも, 聞きまた, 雪枝さんからも

▼ 彼に従って~ (9, 0.0%)

1 しかもなお無疵, 一山の, 去るが, 壁の, 小沛, 暮して, 森の, 植民地へ, 馬から

▼ 彼はか~ (9, 0.0%)

3 ういつて 1 たいじに, ぢる, へつて, やうな, ツとして, ーっと

▼ 彼へも~ (9, 0.0%)

1 そのまま繰返した, ひとしく, やあや, 一枚の, 一盞の, 他の, 勧めた, 感染し, 鬱憤を

▼ 彼みずから~ (9, 0.0%)

1 がこれ, がのぞん, の見方, は法衣, も言った, をあらわしめる, 実際耳, 打明けたこと, 称して

▼ 彼~ (9, 0.0%)

2 が幼少とき 1 が人様, が家, と蔑み, の申す, は下手人, も最早, も途方

▼ 彼~ (9, 0.0%)

1 と共に夢, にむかひ, に御, の探, の義論, はタイタニック, は出, は徒に, を由比浦

▼ 彼若し~ (9, 0.0%)

1 この事, これを, わが詩, 伴侶の, 実に人, 己を, 我を, 逝かずン, 養母を

▼ 彼あり~ (8, 0.0%)

1 といわれ, といわれた, とせ, ともいわれた, とようやく, 尤も彼, 心の, 風の

▼ 彼~ (8, 0.0%)

1 三婆の, 光こそ, 光さんは, 兼に, 勇を, 浦の, 藥の, 言葉を

▼ 彼であり~ (8, 0.0%)

1 ながらフランス, ながら今日, 彼は, 彼女を, 批判の, 歌については, 海外の, 自分の

▼ 彼です~ (8, 0.0%)

1 から情欲, から生れつき所謂奸智, がこれ, が兵曹長, が卒業以来, けれども彼, さ, よねバルシク

▼ 彼でない~ (8, 0.0%)

1 お前は, から表, ことを, ところの, にし, 彼こんな, 彼その, 或る

▼ 彼なりの~ (8, 0.0%)

1 夢と, 小さい世俗的, 悶えが, 根拠が, 理窟を, 職業上の, 解釈と, 鋭さ

▼ 彼においても~ (8, 0.0%)

1 こうした暮しかた, 主として感性的, 明らかに, 永遠性の, 直接に, 神即ち, 経験論に, 認識の

▼ 彼にか~ (8, 0.0%)

2 自分の 1 へらうと, へるにつれて, 云って, 云っても, 罰を, 謝罪云ふて

▼ 彼はじつ~ (8, 0.0%)

1 と店内, と眺めた, と眼, と私, と考へ, と考へた, と見つめ, と身

▼ 彼はずつと~ (8, 0.0%)

2 前から 1 前に, 古くから, 寢つく, 後の, 病臥し, 續けて

▼ 彼をば~ (8, 0.0%)

1 かれら, その深い, クリストに, ピラトに, 友は, 徒歩の, 最も先, 覗いた

▼ 彼を通じて~ (8, 0.0%)

1 吠えて, 実業家を, 實業家を, 松林の, 涌きおこり彼, 発露せざる, 色々な, 起った主

▼ 彼一個~ (8, 0.0%)

1 には至当, のなか, の判断, の場合, の大難, の失敗, の将来, の楽しみ

▼ 彼~ (8, 0.0%)

1 でも一飯, はトレード製, はドーブレク, は船, を, を何と, を日本, 御かえし下されまする

▼ 彼~ (8, 0.0%)

1 に損じ, の一つ, は如何, も倒れやせ, を作った, を作つた十兵衞, 倒れたら生きては, 倒れた時

▼ 彼必ず~ (8, 0.0%)

2 十二月所では 1 地の, 憂心あるべし, 我に, 神を, 自ら知らざる, 降らざらん

▼ 彼独自~ (8, 0.0%)

1 な戯れ言, な考え方, の生活, の目的, の経営法, の義仲観, の行動, の途

▼ 彼處此處~ (8, 0.0%)

1 から人, とページ, に家, に航海, に雪, の穴, へ彷徨, 暗んじたり

▼ 彼~ (8, 0.0%)

2 にこれ, に徒爾 1 に粗, に鷙鳥, 之に, 皆奇才

▼ 彼ぐらい~ (7, 0.0%)

1 一世に, 不合理に, 増上慢に, 楽々と, 計画性に, 露骨に, 頭を

▼ 彼すら~ (7, 0.0%)

1 すぐ飛びつい, へとへとに, 之を, 予測し得なかった, 行き悩むこと再々, 観て, 過誤を

▼ 彼だつた~ (7, 0.0%)

2 が照子 1 が今度, が吉原第一流, が母, ことも, やうである

▼ 彼でなく~ (7, 0.0%)

1 てはならぬ, てはの感, ては解るまい, て良かっ, とも刑事, とも此間, 大覚

▼ 彼にだけ~ (7, 0.0%)

1 先へ, 彼が, 教えて, 流眄を, 理解される, 聞えるよう, 見えるらしいもの

▼ 彼にとり~ (7, 0.0%)

1 サルペードーンは, 一つの, 必要であろう, 旅行の, 縋ったであろう, 縋らうとして, 縋ろうと

▼ 彼にのみ~ (7, 0.0%)

1 あるの, 与えたこと, 利多く, 在る, 当てはまるの, 当てはまるので, 彼の

▼ 彼はは~ (7, 0.0%)

2 ッと 1 ぢめ創作が, ぢめ羅馬の, づみを食つて後ろへ, ッとして, ツし

▼ 彼みづか~ (7, 0.0%)

5 らの 1 らによ, ら誇りと

▼ 彼もしくは~ (7, 0.0%)

3 彼女の 2 彼女は 1 彼の, 彼女を

▼ 彼わが~ (7, 0.0%)

1 ために, 家宝を, 方に, 牛羊の, 瘡を, 裾を, 鬚の

▼ 彼ジャヴェル~ (7, 0.0%)

1 にとっては不名誉, に対するジャン, はそれ, はなお, は悪, は法律, は警察

▼ 彼~ (7, 0.0%)

1 アマリニ刺戟スル, オ座敷ヘ, シテ行カシメヨか, 亡ボス也, 措イテ他, 敏子ニ妻ワセテハドウカトイウ考エガアッテ家庭ニ出入リサセルヨウニシ妻ニソレトナク二人, 知リ己ヲ

▼ 彼即ち~ (7, 0.0%)

2 我に 1 また, ドメーニコと, 犬どもの, 自分が, 自分は

▼ 彼~ (7, 0.0%)

1 なる母教祖, に我, 坂浦に, 幸を, 政治家と, 盡夫婦を, 銅鉢を

▼ 彼~ (7, 0.0%)

1 の側, の如き, の心根, は又, は故, を伴, を見し

▼ 彼自身自分~ (7, 0.0%)

1 がみじめ, について云つて, の考へ, の職業, の胸, の言う, を信用

▼ 彼~ (7, 0.0%)

1 の対談, の所属, の晒された, の瞳, は上, は創作, は私

▼ 彼かと~ (6, 0.0%)

2 心迷ひ 1 ゆうまぐれ, 口々に, 数語を, 無用の

▼ 彼じゃ~ (6, 0.0%)

1 ない, ないか, ら, アちょい, アねえ, ア乗り

▼ 彼すでに~ (6, 0.0%)

1 保守という, 十五年の, 変を, 妻に, 自由と, 進歩と

▼ 彼ただ~ (6, 0.0%)

1 ひとりが, 一人だ, 一騎と, 曰くこれみなヤソ教なれ, 獨り, 耳を

▼ 彼だけには~ (6, 0.0%)

1 いつもの, 不審であった, 信じられないの, 別扱い, 腹を, 言ふ

▼ 彼であろう~ (6, 0.0%)

1 か, とはみどり, とも思える, と俺, と考えた, よ

▼ 彼なし~ (6, 0.0%)

1 ですますこと, では, といえ, に暮す, に生き, に私

▼ 彼なる~ (6, 0.0%)

2 ことを 1 ことが, に彼, ものは, 者

▼ 彼により~ (6, 0.0%)

2 添って 1 そつて, 多額の, 添うよう, 社内の

▼ 彼に対し~ (6, 0.0%)

1 さらにさらに多く, ふしぎに, 幾分疑惑, 強硬なる, 復活し, 直ちに出

▼ 彼のみに~ (6, 0.0%)

2 向け冷やか 1 与えられた自由休憩時間, 挨拶し話しかける, 見られる傾向, 赦されて

▼ 彼のみの~ (6, 0.0%)

1 ことで, べつな, もので, 力で, 心理としては, 持って

▼ 彼のみを~ (6, 0.0%)

1 そこに, そっと残し, 余の, 誇称し, 読んだ, 讚めぬ

▼ 彼はい~ (6, 0.0%)

2 ぢらしい, はゆる 1 つたい何, ーと

▼ 彼または~ (6, 0.0%)

2 彼女を 1 彼れ, 彼女にとって, 彼女の, 社会に対し

▼ 彼までが~ (6, 0.0%)

2 私達に 1 側から, 平生高位顕官の, 思はずシルクハット, 町中に

▼ 彼もに~ (6, 0.0%)

1 はつきりした, 云ひたかつた, 別れを, 少しづつ嫌惡, 疲れきつて, 蔽ひ

▼ 彼もの~ (6, 0.0%)

1 友人の, 嗚咽と, 斧の, 笑いが, 評判に, 顔が

▼ 彼らしき~ (6, 0.0%)

2 ところを 1 ことを, 小閑の, 文学の, 生活の

▼ 彼を通して~ (6, 0.0%)

1 こちらの, 世に, 事を, 力強いリズム, 常に鋒先, 私は

▼ 彼一名~ (6, 0.0%)

1 だった, のみを本丸, の名, は城外, を生, を目がけ

▼ 彼~ (6, 0.0%)

2 はた 1 けの虚勢, けは綿ネル, にはまるで, の決心

▼ 彼二人~ (6, 0.0%)

1 がいつも, の唐人等米子, の皮肉屋, の邸, は久さんの, を入れろ

▼ 彼二品~ (6, 0.0%)

1 を三寶, を取出せ, を奪, を差, を莚包, を見せ

▼ 彼地此地~ (6, 0.0%)

1 で空壜, で論ぜられ, にポツポツ, に十ヶ月, へ向け, 出たぢ

▼ 彼大臣~ (6, 0.0%)

2 はまた 1 の比, はまたもや, は例, を呼び出し

▼ 彼如き~ (6, 0.0%)

2 陋劣漢を 1 に大事, に負け, を近づけ, 鬼畜の

▼ 彼~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 に来る, に特電, に発信, に郵送

▼ 彼~ (6, 0.0%)

1 にし, に石槌神, に老, の間, を越, を越え

▼ 彼~ (6, 0.0%)

1 が屹度ぐづ, でも氣, にあり, は私, よりこの, 大帝位

▼ 彼得大帝~ (6, 0.0%)

1 という露西亜, の前, の宿志, はそう, は和蘭, は支那

▼ 彼支倉~ (6, 0.0%)

1 の如き, は公判, は日に日に, は極悪人, をし, を極悪人

▼ 彼本来~ (6, 0.0%)

2 の芸術 1 のうごき, のもの, の賢い, の面目

▼ 彼~ (6, 0.0%)

1 したりと, して, するか, するや, にてわが, を祕

▼ 彼程の~ (6, 0.0%)

1 地位にも, 大揉, 大病で, 男を, 立派な, 美男が

▼ 彼自身の~ (6, 0.0%)

1 であろうけれど, では, とを披, と云ふよ, は血, を出し

▼ 彼~ (6, 0.0%)

3 が二十 1 は何處, は六十あまり, は芝赤羽根

▼ 彼ある~ (5, 0.0%)

1 が故に, と見る, によりて多く, によりて幻境, を知らない

▼ 彼さえも~ (5, 0.0%)

2 私の 1 どうやらこの, まだ遠慮, 真面目な

▼ 彼それ~ (5, 0.0%)

1 が今, が英国牧草, ならば, は人々, を叩きつける

▼ 彼についての~ (5, 0.0%)

1 いい噂, いろんなでたらめ, ことでない, 意見を, 解釈が

▼ 彼によつ~ (5, 0.0%)

1 て作り出される, て初めて, て概ね, て私, て見出された

▼ 彼による~ (5, 0.0%)

1 この大, 実験的方法の, 征服如何に, 自然は, 集団心の

▼ 彼に対しても~ (5, 0.0%)

1 すべての, つもっとも, レジオン・ドンヌール勲章の, 又数多, 赤の

▼ 彼のや~ (5, 0.0%)

2 しきに 1 しきで, しきは, しきも

▼ 彼はや~ (5, 0.0%)

1 しきへも, にはに煙管, にはに腕, にはに走, むにやまれぬ心の

▼ 彼~ (5, 0.0%)

1 づかく我, づ少しく, づ斯く, づ杖を, づ語り

▼ 彼やら~ (5, 0.0%)

1 で随分, 世間の, 判らなくなつ, 差支えまする, 有たけ

▼ 彼れたる~ (5, 0.0%)

4 所以なり 1 もの果して

▼ 彼れで~ (5, 0.0%)

1 あつた, さえあの, は全く, も捕へ, 中

▼ 彼フルハタ~ (5, 0.0%)

2 の場合 1 が冷凍状態, はこの, もあと三十日

▼ 彼マリユス~ (5, 0.0%)

1 との間, に向かっ, の心, はなお, をジルノルマン氏

▼ 彼~ (5, 0.0%)

1 れの, れを, れ五十年前, を重んぜず, 者共厳科に

▼ 彼~ (5, 0.0%)

1 が為此, の情, も弁えん, をかれ, を仕出す

▼ 彼半蔵~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 が平常, の本意, もまた

▼ 彼女らしく~ (5, 0.0%)

1 するほとんど, どこと, ない弱々しい, なくおどおど, もない

▼ 彼~ (5, 0.0%)

2 へ行き 1 で待っ, の休息所, の扉

▼ 彼~ (5, 0.0%)

1 仏の, 屋鋪の, 所持の, 言葉の, 話に

▼ 彼曲者~ (5, 0.0%)

1 に向, はヘイ, は半四郎, は如何なる, は紀伊家

▼ 彼~ (5, 0.0%)

2 に見し 1 が完全, をば汝何處, を蔵する

▼ 彼~ (5, 0.0%)

2 生くる 1 お未だ, 太を, 此玉を以て

▼ 彼自体~ (5, 0.0%)

1 がひどい, その, の前後, の本領, は自己

▼ 彼~ (5, 0.0%)

1 で梵語學, にはすでに, に吾が, の制, の古筆

▼ 彼いふ~ (4, 0.0%)

1 ものが, 令嬢の, 女を, 我等の

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 へ務め, へ居ね, へ幾度, へ来なけれ

▼ 彼した~ (4, 0.0%)

1 ことに, 卑怯な, 容子を, 御最後

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 アカイヤ全, 今トロイア軍, 歌ひし, 正しくわれ

▼ 彼だろう~ (4, 0.0%)

21 とは思った, ね

▼ 彼~ (4, 0.0%)

2 方の 1 ちゃい行きなされ, 方此っ

▼ 彼であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, てもいつも, て彼, て見れ

▼ 彼であったら~ (4, 0.0%)

1 ば無論, 何も, 憎い治六, 私は

▼ 彼といふ~ (4, 0.0%)

1 人物に, 人間の, 如き個体的生存, 存在の

▼ 彼なぞは~ (4, 0.0%)

1 うしろに, 心を, 戸長の, 目も

▼ 彼なり~ (4, 0.0%)

1 であるが, と秀吉, にくふう, 斯くて

▼ 彼にだけは~ (4, 0.0%)

1 フランス語で, 到底狂人, 採用し, 比較的従順

▼ 彼につけ~ (4, 0.0%)

1 日本の, 是につけ, 稚殿, 絵に

▼ 彼にばかり~ (4, 0.0%)

1 ひかせて, 教育され, 知つた, 質問する

▼ 彼にまで~ (4, 0.0%)

1 傳はつた, 延長され, 恢復する, 発展する

▼ 彼によりて~ (4, 0.0%)

2 彼を 1 彼と, 悲劇は

▼ 彼に対してのみ~ (4, 0.0%)

1 である, では, 燃え彼, 輝く熱情

▼ 彼はから~ (4, 0.0%)

2 だが 1 だぢ, つぽ

▼ 彼はつ~ (4, 0.0%)

2 ひに 1 なから, なの側

▼ 彼はど~ (4, 0.0%)

2 つちか 1 さっと女, つちに

▼ 彼はに~ (4, 0.0%)

2 はかに 1 やりにやりと, ゅうがさらにふえて深まった

▼ 彼はむ~ (4, 0.0%)

1 ッくり起き直った, ッくり起っ, ッと, ッとして

▼ 彼はもの~ (4, 0.0%)

1 しり顔し, 怖ぢ, 思いに, 柔らかに

▼ 彼まで~ (4, 0.0%)

1 お前が, それを, 巻添えに, 隔離された

▼ 彼みたい~ (4, 0.0%)

2 に心 1 なの, な男

▼ 彼もし~ (4, 0.0%)

1 いそぎ我, 押して, 拒まずば, 謙りて

▼ 彼もとより~ (4, 0.0%)

1 ヨブの, 平等の, 自由の, 韓玄とは

▼ 彼をめぐって~ (4, 0.0%)

1 いろいろに, 家督問題の, 洛中に, 雲の

▼ 彼アイヌ眉毛~ (4, 0.0%)

2 かがやき, かがやき白き

▼ 彼ジャン・ヴァルジャン~ (4, 0.0%)

1 が少し, はそれら, はどう, は自分

▼ 彼ロイド・ジョージ~ (4, 0.0%)

1 であろう, の仕事, は勇者, は自ら

▼ 彼ン代集の~ (4, 0.0%)

4 と申し

▼ 彼一家~ (4, 0.0%)

1 と言った, には不幸, の小, の窮乏

▼ 彼一箇~ (4, 0.0%)

1 にとつて, の使い, の利, の功利

▼ 彼一身~ (4, 0.0%)

1 に関すること, に集まった, の音楽, をばらばら

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 はまだ, は村, を南都, 愈

▼ 彼以後~ (4, 0.0%)

1 には流行, の七十八年間, の散文, の西欧彫刻

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 すぐに, に腹黒い, の年輩, ゐの

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 アドリブの, 利せん, 強固なる, 曰ひける

▼ 彼吊橋~ (4, 0.0%)

2 の下 1 を渡っ, を渡つて往

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 ひて, ひ我答, ひ此答, を試み

▼ 彼安彦氏~ (4, 0.0%)

1 しかりさ, はそう, はなぜ, は犯人

▼ 彼実に~ (4, 0.0%)

1 日本に, 日本の, 自から, 自由論派より

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 には不義理, は七とせ, へは來ら, へ呉れ

▼ 彼小笠原~ (4, 0.0%)

1 と反覆討論, に剣, は外套, は来訪

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 のこと, の事, は貴下, 遅くな

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 に對, の名, もない, をこ

▼ 彼獨自~ (4, 0.0%)

1 の墓碑, の新しい, の苦しい, の逆説的

▼ 彼相応~ (4, 0.0%)

1 に順序, の儒学, の幼稚, の意味

▼ 彼程に~ (4, 0.0%)

1 云ふて下さる, 常識を, 彼方此方の, 成るまでには

▼ 彼~ (4, 0.0%)

1 の作物, の娘, は廓内, をだに見ざりき

▼ 彼自身今~ (4, 0.0%)

1 はする, までに十分勞苦, まで押入れ, 飲みほした液体

▼ 彼金子~ (4, 0.0%)

3 鋭吉 1 をお

▼ 彼あるいは~ (3, 0.0%)

1 堂上の, 彼女が, 彼女たちの

▼ 彼いう~ (3, 0.0%)

1 杜漏な, 目に, 都合に

▼ 彼うに~ (3, 0.0%)

1 もならぬ, もへツ, も酷い

▼ 彼かく~ (3, 0.0%)

1 いひいふ間, なせる, 頽れ

▼ 彼かしこ~ (3, 0.0%)

1 にゆき, に歸, を過ぎ

▼ 彼かつて~ (3, 0.0%)

2 法理の 1 天賦人権論を

▼ 彼がも~ (3, 0.0%)

1 うちやんと, しいなかったならば, すこし落着

▼ 彼こんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, ぬらりくらりした, 大悪党

▼ 彼そして~ (3, 0.0%)

1 お綱, この確信, 浮気を

▼ 彼そのもの~ (3, 0.0%)

1 が博物学者, が爬虫類, より彼

▼ 彼だけにしか~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 分らない片言

▼ 彼であれ~ (3, 0.0%)

1 ばこんな, ば浅ましい, ば芸人冥利

▼ 彼でさえ~ (3, 0.0%)

1 乗組員には, 岸の上へ, 耐え難かった

▼ 彼なぞの~ (3, 0.0%)

1 そう長く, 最も知りたく思う, 立つ瀬は

▼ 彼などが~ (3, 0.0%)

1 反対では, 如何程くどく, 想像も

▼ 彼なみ~ (3, 0.0%)

1 にやむべからざる, の営々, の烈々

▼ 彼における~ (3, 0.0%)

1 その合理主義, 生成乃至, 限りでは

▼ 彼についても~ (3, 0.0%)

1 やはり前書き, 二つの, 彼の

▼ 彼にもが~ (3, 0.0%)

1 いいかげんの, しろがね, 過ぎて

▼ 彼によっては~ (3, 0.0%)

1 個人的自由は, 如何程真剣, 必然性という

▼ 彼はきゃ~ (3, 0.0%)

2 っと叫ん 1 っと悲鳴

▼ 彼はを~ (3, 0.0%)

1 かしくなつた, かしな, ない神

▼ 彼ばかりが~ (3, 0.0%)

1 わるいとは, 女じゃ, 贋と

▼ 彼もさ~ (3, 0.0%)

1 うして, うしては, うだつた

▼ 彼もは~ (3, 0.0%)

1 お互に, 公平に, 船が

▼ 彼もはや~ (3, 0.0%)

1 力は, 老齢で, 老齢に

▼ 彼もを~ (3, 0.0%)

1 さまり, 泥棒と, 覆して

▼ 彼ゆえ~ (3, 0.0%)

1 に, に傷ついた, に良人

▼ 彼らしくない~ (3, 0.0%)

1 フルマイであった, 彼で, 彼に

▼ 彼をぞ~ (3, 0.0%)

1 つと, ーっと, 斃したる

▼ 彼プロレタリア作家~ (3, 0.0%)

1 の心, は, は暗い

▼ 彼ルパン~ (3, 0.0%)

1 の元気, の部下, は空しい

▼ 彼九十郎~ (3, 0.0%)

1 の妾宅, は一揆, は危険

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 では, の一頭, の論派

▼ 彼以下~ (3, 0.0%)

1 には身, の六十余体, の雑賀隼人

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 きに, に酔っ, を見

▼ 彼先生~ (3, 0.0%)

1 だつて一度, と郡視学, は実は

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 がやった, は正直者, へお

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 の詞, は容貌, を誰

▼ 彼南港~ (3, 0.0%)

2 に入れ 1 に入る

▼ 彼同様~ (3, 0.0%)

1 おさえつけられて, なのに, の教養

▼ 彼嘗て~ (3, 0.0%)

1 その門人, 曰く, 歌うて

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 の上邊, は御, を記し

▼ 彼坂下鶴吉~ (3, 0.0%)

1 が背負い切れぬ, の信仰, は欣々然

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 はもうとう, は何, を開き見る

▼ 彼多く~ (3, 0.0%)

2 問ひ 1 の勝利

▼ 彼夫人~ (3, 0.0%)

1 の期, の汝, をたづ

▼ 彼如何~ (3, 0.0%)

1 なれば, に天才, に威力

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 と合, は名残, も母乳

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 が心配, のため, は世に

▼ 彼宛て~ (3, 0.0%)

1 に国, の手紙, の短い

▼ 彼少しく~ (3, 0.0%)

1 微笑みて後, 心を, 我を

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に於, に渡れり, の君

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 だね, で買う, は高い

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 から小作人たち, は亡命者, は彼

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に代る, は少し, をかく

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に一, を同囚, を拍

▼ 彼果して~ (3, 0.0%)

1 伝うべきもの, 烈公の, 素直に

▼ 彼様いふ~ (3, 0.0%)

1 弱い身体, 悪い風潮, 良い教師

▼ 彼様いふ風~ (3, 0.0%)

1 ですから, に平素壮健, に考へる

▼ 彼様考~ (3, 0.0%)

2 へ込ん 1 へ込む

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に対する愚見, をうた, を例

▼ 彼烏啼~ (3, 0.0%)

1 の仕業, は家内, は新しい

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に視, は臺所, を連れ

▼ 彼独り~ (3, 0.0%)

1 のもの, の工房, の心

▼ 彼獨特~ (3, 0.0%)

1 の心理解剖, の言, の靜座法

▼ 彼町人~ (3, 0.0%)

1 の曲者, は得, も大酒飮

▼ 彼町人體~ (3, 0.0%)

3 の男

▼ 彼相当~ (3, 0.0%)

1 な待遇, の懸, の観念

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 けふ, の御, は己

▼ 彼自分~ (3, 0.0%)

1 の半身, の怖, の魂

▼ 彼自身さ~ (3, 0.0%)

2 へそれ 1 へ此二つ

▼ 彼自身何~ (3, 0.0%)

1 か詭弁, のこと, を云おう

▼ 彼自身彼~ (3, 0.0%)

1 の心, の病源, を信ずる

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 シ知ルコトアラバ又, 成我之, 疾く還りたら

▼ 彼誰時~ (3, 0.0%)

1 が近く, の空, の薄

▼ 彼進み~ (3, 0.0%)

1 めぐりまたくだれりされど, われ進み, 我は

▼ 彼長三~ (3, 0.0%)

1 の室, の死に際, は既に

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 を駆逐, ラインと, ラインなども

▼ 彼~ (3, 0.0%)

1 に映ずる, の中, の縁

▼ 彼いつ~ (2, 0.0%)

1 の日, まで妻

▼ 彼および~ (2, 0.0%)

1 彼の, 彼女は

▼ 彼かに~ (2, 0.0%)

1 つけて, 見える

▼ 彼かれ~ (2, 0.0%)

1 らと, らを

▼ 彼がくびじろの角~ (2, 0.0%)

1 にかけられ, にかけられた

▼ 彼がでも~ (2, 0.0%)

2 この友人

▼ 彼がの~ (2, 0.0%)

1 そりと, べつに

▼ 彼くら~ (2, 0.0%)

1 ゐ一作家, ゐ西洋人

▼ 彼ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 年輩の, 智能犯に

▼ 彼これ夜~ (2, 0.0%)

1 の八ツ, の十時

▼ 彼これ酉刻~ (2, 0.0%)

1 じゃ, 近い刻限

▼ 彼ごとき~ (2, 0.0%)

1 に劣る, 者を

▼ 彼さらに~ (2, 0.0%)

1 これを, 驚かず客

▼ 彼しか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 住んで

▼ 彼しかも~ (2, 0.0%)

1 いのち惜しき, 爪先を

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 しんと人々, しんの

▼ 彼すな~ (2, 0.0%)

1 はち, はち去れる

▼ 彼すらも~ (2, 0.0%)

1 悲しい秘密, 時には讓

▼ 彼せよ~ (2, 0.0%)

1 の言付, の言附

▼ 彼ただちに~ (2, 0.0%)

1 平等を, 自由を

▼ 彼たちまち~ (2, 0.0%)

1 わが肩, 水中に

▼ 彼だけしか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, 傷つけないと

▼ 彼だけで~ (2, 0.0%)

2 生きること

▼ 彼だけを~ (2, 0.0%)

1 ひいきに, 憎むわけ

▼ 彼だったら~ (2, 0.0%)

1 彼は, 躊躇する

▼ 彼つねに~ (2, 0.0%)

1 おほいな, 供物を

▼ 彼とかいう~ (2, 0.0%)

1 哲学的趣味も, 噂が

▼ 彼とかの~ (2, 0.0%)

1 女との, 面倒なかかり

▼ 彼とてもまんざら~ (2, 0.0%)

1 同感できなく, 自信が

▼ 彼とても別に~ (2, 0.0%)

1 女に, 定見の

▼ 彼とでは~ (2, 0.0%)

1 大人と, 意気進退別人の

▼ 彼なく~ (2, 0.0%)

1 ては, ば

▼ 彼なぞ~ (2, 0.0%)

1 の及ぶ, の考える

▼ 彼など~ (2, 0.0%)

1 時代の, 真に官軍

▼ 彼などの~ (2, 0.0%)

1 名も, 想像し得る

▼ 彼なに~ (2, 0.0%)

1 ほどの者, 長うございます

▼ 彼ならず~ (2, 0.0%)

1 とも人間, ばこれ誰

▼ 彼ならで~ (2, 0.0%)

1 は持たない, は良策

▼ 彼ならびに~ (2, 0.0%)

1 彼と, 彼の

▼ 彼にさえ~ (2, 0.0%)

1 まだ一尺, わざと意地

▼ 彼にたいしては~ (2, 0.0%)

1 ページの, 主君として

▼ 彼につれて~ (2, 0.0%)

1 老婆を, 頭を

▼ 彼にでも~ (2, 0.0%)

2 直ぐ解る

▼ 彼にはも~ (2, 0.0%)

1 ひとり付い, 一つなすべき

▼ 彼にもの~ (2, 0.0%)

2 曰はず

▼ 彼に対しての~ (2, 0.0%)

1 みその, 順当な

▼ 彼のくらいの~ (2, 0.0%)

1 娘は, 養子は

▼ 彼ので~ (2, 0.0%)

2 日に

▼ 彼はう~ (2, 0.0%)

1 と, ツとりと

▼ 彼はく~ (2, 0.0%)

1 びを, びをきられた

▼ 彼はくす~ (2, 0.0%)

1 ぐつたさうに首を, っと笑った

▼ 彼はこ~ (2, 0.0%)

1 よいを, よい信長

▼ 彼はさ~ (2, 0.0%)

1 ほどにも驚かなかつた, も堪らぬ

▼ 彼はず~ (2, 0.0%)

1 しんずしんと, しんと真空

▼ 彼はぜ~ (2, 0.0%)

1 あし, いぜ

▼ 彼はぞ~ (2, 0.0%)

1 つとした, つと身ぶるい

▼ 彼はにが~ (2, 0.0%)

1 笑いし, 笑いを

▼ 彼はめつた~ (2, 0.0%)

1 に人, に外出

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 居残り番, 引っ張って

▼ 彼ばかりか~ (2, 0.0%)

1 こういう惜しむべき, 細君の

▼ 彼までに~ (2, 0.0%)

1 するにゃ, 目を

▼ 彼めがけ~ (2, 0.0%)

1 て躍り, て躍りかかる如く見える

▼ 彼やがて~ (2, 0.0%)

1 亡ぶべし神靈彼, 僧に

▼ 彼やらの~ (2, 0.0%)

1 中傷が, 手荷物一つである

▼ 彼よりずつと~ (2, 0.0%)

1 年下の, 背が

▼ 彼りゃ~ (2, 0.0%)

1 あ好, アもう

▼ 彼れである~ (2, 0.0%)

1 か如何なる, ことを

▼ 彼れなく~ (2, 0.0%)

1 むば自由党は, むば自由黨は

▼ 彼れなら~ (2, 0.0%)

2 ばと母親

▼ 彼れ動け~ (2, 0.0%)

2 ば議場

▼ 彼れ聴かざる~ (2, 0.0%)

1 においては勢い, のみならず

▼ 彼わが子~ (2, 0.0%)

1 と爲, よねがはく

▼ 彼をから~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 彼をからか~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふやう

▼ 彼をよけて~ (2, 0.0%)

1 通りすぎなければ, 通れば

▼ 彼アイヌ老い~ (2, 0.0%)

2 たる鷲

▼ 彼カンブロンヌ~ (2, 0.0%)

1 その最終, である

▼ 彼クリストフ~ (2, 0.0%)

1 の祖父, もまた

▼ 彼コンドル~ (2, 0.0%)

1 がノブ子, の執念深

▼ 彼ヤイコク~ (2, 0.0%)

1 がアツシ, が五束

▼ 彼ルナアル~ (2, 0.0%)

1 のしんみり, は彼

▼ 彼ワット~ (2, 0.0%)

1 とは言うまでもなく, はガウン

▼ 彼ヱヌス~ (2, 0.0%)

1 に於き, の右

▼ 彼一己~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の道徳

▼ 彼一日~ (2, 0.0%)

1 座ってる, 高き山

▼ 彼一生~ (2, 0.0%)

1 の大, の奮闘時代

▼ 彼一統~ (2, 0.0%)

1 のほう, の暴虐

▼ 彼万年松~ (2, 0.0%)

1 の類, は紫花

▼ 彼三十六号船~ (2, 0.0%)

2 の舳先

▼ 彼三十六歳~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 殿此耶此皆不可解者姑附諸, 開室の

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 の上, の景勝

▼ 彼九郎右衛門~ (2, 0.0%)

1 は其壮年時代, は賊

▼ 彼~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ 彼五十兩~ (2, 0.0%)

1 の其金, を渡しける

▼ 彼井東~ (2, 0.0%)

1 が缶詰仕上げ, はこの

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 来る, 聊か安んずる

▼ 彼人達~ (2, 0.0%)

1 の間, は死ぬ

▼ 彼仁清~ (2, 0.0%)

1 が拾い物, である

▼ 彼伊之助~ (2, 0.0%)

2 には心

▼ 彼何處~ (2, 0.0%)

1 に, にありや

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 つて, り黄金黄銅其船

▼ 彼個有~ (2, 0.0%)

1 の傑作, の技巧

▼ 彼全く~ (2, 0.0%)

1 虎井夫人と, 閉口した

▼ 彼八景~ (2, 0.0%)

1 しまひ, といつた

▼ 彼公子~ (2, 0.0%)

1 に索, 身まかりぬ

▼ 彼再び~ (2, 0.0%)

1 我に, 起ち上る死

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 をさした, を持っ

▼ 彼勧進帳~ (2, 0.0%)

1 が壬子, が若し

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 はあまり, へつく

▼ 彼叫び~ (2, 0.0%)

2 ていひける

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 をエウリピロ, をフィアルテ

▼ 彼国十二由旬~ (2, 0.0%)

2 を照す

▼ 彼圓朝~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ 彼地方~ (2, 0.0%)

1 に非常, の男女

▼ 彼坂所住~ (2, 0.0%)

1 之非人等, 之非人等吉野法師

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 はわれ, 見しところ

▼ 彼女らしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 者が

▼ 彼好み~ (2, 0.0%)

1 な改良仕立て, の官僚的

▼ 彼如何なる~ (2, 0.0%)

1 力を, 方法に

▼ 彼妙音~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 彼婦人~ (2, 0.0%)

1 に逢, は誰

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 は御, へ差越申候

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 煙草が, 煙草は

▼ 彼対人生~ (2, 0.0%)

2 の関係

▼ 彼対友人~ (2, 0.0%)

2 いな

▼ 彼小僧~ (2, 0.0%)

1 の運, のSOS

▼ 彼小夜衣~ (2, 0.0%)

1 よりの言傳, を根引爲

▼ 彼岩見~ (2, 0.0%)

1 は彼, は白

▼ 彼帆村~ (2, 0.0%)

1 とはきょう, は肩

▼ 彼幻境~ (2, 0.0%)

1 に向, に隠れし

▼ 彼彼女ら~ (2, 0.0%)

2 は悪妻

▼ 彼得寺~ (2, 0.0%)

1 の塔, の穹窿天

▼ 彼忽ち~ (2, 0.0%)

1 此, 此の

▼ 彼怒り~ (2, 0.0%)

1 をふくみ, 諸神

▼ 彼愛しき~ (2, 0.0%)

2 を外

▼ 彼~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 彼或いは~ (2, 0.0%)

1 彼女が, 彼女は

▼ 彼或は~ (2, 0.0%)

1 彼女が, 彼等と

▼ 彼手紙~ (2, 0.0%)

1 の礼, を貰つた時

▼ 彼批評家~ (2, 0.0%)

1 といふもの, には必ずや

▼ 彼教師~ (2, 0.0%)

1 の中, の魅力

▼ 彼數百千家~ (2, 0.0%)

1 はその, は小家數

▼ 彼斯く~ (2, 0.0%)

1 我等に, 語れる間

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 に集まる, 教員が

▼ 彼方向~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 彼旅人~ (2, 0.0%)

1 は夫, は旅馴

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 が敗北, を撤し

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 より悉く, を厭

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 が彼辺, の譬へば

▼ 彼~ (2, 0.0%)

2 は是

▼ 彼時代~ (2, 0.0%)

1 の元気, の圏境

▼ 彼時我六百~ (2, 0.0%)

2 の銭

▼ 彼書牘~ (2, 0.0%)

1 には尚, の言

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 の敵封, 倒れぬ

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 あ誰, の辻

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 からも府中, には居られなくなる

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 にもたれ, の響く

▼ 彼様いふ人~ (2, 0.0%)

1 を捨てる, を穢多

▼ 彼様乱暴~ (2, 0.0%)

1 しようとは, な人物

▼ 彼様男~ (2, 0.0%)

1 の所, へ嫁

▼ 彼様言~ (2, 0.0%)

1 はう, ひますし

▼ 彼様言つて~ (2, 0.0%)

1 下さる, 置き乍ら

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 をまた, 有ること

▼ 彼此の間~ (2, 0.0%)

1 の社会的地位, 毫も差異

▼ 彼武士~ (2, 0.0%)

1 に向, は立上り何

▼ 彼毫も~ (2, 0.0%)

1 これを, 遅疑せず

▼ 彼泰然~ (2, 0.0%)

1 としてその, として曰く

▼ 彼洞窟~ (2, 0.0%)

1 は今, は幽魂

▼ 彼活溌~ (2, 0.0%)

2 なる同郷

▼ 彼浪人~ (2, 0.0%)

1 に向, も夫

▼ 彼~ (2, 0.0%)

2 村恭平が

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 名犬の, 慚の

▼ 彼~ (2, 0.0%)

2 は昌作さん

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 の出し作, はその

▼ 彼異様~ (2, 0.0%)

1 なる感情, に鋭き

▼ 彼白人~ (2, 0.0%)

1 の勢力, は滅種計画

▼ 彼穀物問屋~ (2, 0.0%)

1 の主人, の前

▼ 彼答え~ (2, 0.0%)

1 つつそぞろ, て言う

▼ 彼美しい~ (2, 0.0%)

1 声で, 女の

▼ 彼聞き~ (2, 0.0%)

1 て今, て曰

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 くいは, くわが

▼ 彼自ら自分~ (2, 0.0%)

1 の意, を昔罪

▼ 彼自然石~ (2, 0.0%)

1 という薄, といふ薄

▼ 彼自由主義~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を主張

▼ 彼自身これ~ (2, 0.0%)

1 までに通つて來, を率い

▼ 彼自身アノニム~ (2, 0.0%)

2

▼ 彼自身之~ (2, 0.0%)

1 に重大, を破

▼ 彼自身人~ (2, 0.0%)

1 に話し, に話した

▼ 彼自身公言~ (2, 0.0%)

1 したごとくまさに, した如く正に

▼ 彼自身勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, に附けた

▼ 彼自身宿酔~ (2, 0.0%)

2 とか夜逃げ以上

▼ 彼自身意識~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 彼自身感性的存在~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 彼自身柳生流~ (2, 0.0%)

2 の使い手

▼ 彼自身知つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるから, ゐる筈

▼ 彼自身私~ (2, 0.0%)

1 に向っ, のすゝめ

▼ 彼若く~ (2, 0.0%)

1 は彼女, ば彼女

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 の大いなる, の廣大

▼ 彼蘭軒~ (2, 0.0%)

1 が一目小僧, が少い

▼ 彼處等~ (2, 0.0%)

1 へ行つて待合, も高

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 く我寡, にぬきんず

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 ひけるは, ふ

▼ 彼詩嚢~ (2, 0.0%)

1 を齎し, を齎した

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 会社は, 生は

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 をはやめ, を左

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 では, に在る

▼ 彼遂に~ (2, 0.0%)

1 囲を, 歸國の

▼ 彼道十郎~ (2, 0.0%)

1 の後家, は舊吉良家

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 にて聞し, の壁

▼ 彼那事~ (2, 0.0%)

1 を云っ, を仕た

▼ 彼那人~ (2, 0.0%)

1 が彼那事, が立っ

▼ 彼那家~ (2, 0.0%)

1 だのに, に取り越し苦労

▼ 彼野々村君~ (2, 0.0%)

1 の平素, は無理義理

▼ 彼野宮光太郎~ (2, 0.0%)

1 であつ, の所業

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 の船, の芸州

▼ 彼長庵~ (2, 0.0%)

1 が惡事, に頼まれ

▼ 彼隆太郎~ (2, 0.0%)

2 は神経質

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 に嘲笑, の嘲笑

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 から見る, の貴

▼ 彼~ (2, 0.0%)

1 を内, を此

▼ 彼馬鹿者~ (2, 0.0%)

2 に與

▼ 彼高貴~ (2, 0.0%)

1 に媚, の精神

▼ 彼高輪田長三~ (2, 0.0%)

1 に繋がっ, は天罰

▼ 彼魔窟~ (2, 0.0%)

1 といふところ, の畔

▼ 彼麼ところ~ (2, 0.0%)

1 へ遊び, をほ

▼ 彼黄金~ (2, 0.0%)

1 の秘密, の色

▼1* [1641件]

あか斯うかと思ふ, 彼あして鹿, 彼あした外觀の人間, 彼あての手紙, 彼あに易く奪, 彼あによくその説く, 彼あばら家とは雲泥, 彼あらば, 彼ありせばそれ, 彼ありぬ柳散る, 彼いかでトロイア勢に, 彼いかばかり強くとも, 彼いかめしき鬚を, 彼いかり我笑へば, 彼いかんに人情, 彼いっこの白き, 彼いつか七八人になった, 彼いつも飛んでも, 彼いと深く墜ち, 彼いまだきたらざるに, 彼いまトロイア軍勢とヘクトール, 彼いま敵の軍隊, 彼いま燦爛かくやくたる, 彼いま衆に慇懃, 彼いよいよ不審そうに, 彼いわくこの寺, 彼うなるといふの, 彼うも無いこの楽譜, 彼えらびてこれ, 彼おうな夢, 彼おかず媼さん処へ引, 彼おのが心身, 彼かくして進みその, 彼かたりをはれるとき, 彼かならずしも鈍骨と, 彼かの翁の, 彼かもしれない, 彼からずつと離れて, 彼からはずつと離れた向う端, 彼がかへつて来る, 彼がくはへ, 彼がずつと以前反古に, 彼がはだかに, 彼がめつきり老いこん, 彼きつてもきれない, 彼くらいすべての, 彼くらいの年頃では, 彼くるすを, 彼くるす乃至は, 彼ぐらいな貧しさ, 彼ぐらゐ木村の勝利, 彼ぐらゐ未来への仕事, 彼ぐらゐ豊かにもつ, 彼げに我も, 彼ここらではて, 彼こころよくうけいれしなれ, 彼こそが白々しい哀れ, 彼こたえたのです, 彼こたへて, 彼この聖なる祈りを, 彼これ八ツ下り四時頃と覚えます, 彼これ凧糸の切りあい, 彼これ大小もあった, 彼これ対照すれば, 彼これ小一時間も, 彼これ日が暮れ, 彼これ相たほる, 彼これ詮索立てもいた, 彼これ間を隔てた, 彼さえが宗教に対する, 彼さきに入り, 彼しばらく待ちて, 彼しゃれ者は, 彼すっかりアキレ返り, 彼すなわちジョンソン自身が, 彼すべからく列將を, 彼やかて, 彼そっくりの栄介, 彼そつくりであ, 彼そのままでおせん, 彼その後東京へ出, 彼そも如何なる鬼謀神算, 彼そんなにまづく, 彼とひ, 彼たし女と, 彼たそがれの頃, 彼ただに自由平等を, 彼たとえどこへ, 彼たとへばわれ鏡なりとも, 彼ためらはずかつ目に笑, 彼たらしめて居る, 彼だから一種の, 彼だがあのいや, 彼だけに対してさんを, 彼だつて皆家, 彼だつたら歌舞伎座, 彼だつたらう彼は, 彼だつたればこそもつ, 彼だに我を, 彼だのつて云ふけ, 彼だ云ったってうまく, 彼は怖し, 彼や, 彼ってカイゼルに, 彼かはし, 彼つい旅行に, 彼ついに絶え入った, 彼つちだあつちだ, 彼であり酔えば泣く, 彼であるであろうが千, 彼であるやに見える, 彼でか頭の, 彼でござったか, 彼でしたから彼, 彼でなかったことが, 彼でものお前様新造盛りの, 彼でもをそれに, 彼というは堂々たる現代文士, 彼とかいふてゐなさるやう, 彼としか書かなくなった, 彼とだけずっと饒舌りこん, 彼とだけがやたらに, 彼とちがつた樣, 彼とてもいかで初めより, 彼とてもかほど迅速にとは, 彼とてもけっして血も, 彼とてもまだ三十の, 彼とても全く人間を, 彼とても単に勤倹な, 彼とても心からよろこばないはず, 彼とても時々もしやと云, 彼とても決して愚鈍な, 彼とで別人の, 彼とともにはいって, 彼とに対する悲しみが, 彼とばかり遊んだ, 彼どんなことを, 彼なきが爲, 彼なくしては為し, 彼なぞが力と, 彼なぞにとってはこのいわゆる文明開化がまこと, 彼なぞにはついぞ見せた, 彼なって斯, 彼などには眼も, 彼などもその係, 彼などを甚だ想像, 彼なほ十五歳ながら間, 彼なほ輦の左, 彼ならざるを得ず, 彼ならぬ彼を, 彼なら分るように, 彼なりき進みて助け, 彼なりけるよと武男, 彼なりとして大いに褒めた, 彼なんかまだまだ癩, 彼なんかとは話も, 彼なんかには傍へも, 彼なんぼうか, 彼にあたって角力が, 彼においてすらそうであった, 彼にかけてゐる希望, 彼にしかわかって, 彼にしかと寄り添って, 彼についてのみ我々に, 彼にてありし, 彼にてもあれ他, 彼にはのたれ死にを, 彼にははつきりわ, 彼にはははアああ, 彼にばかし話しかけて, 彼にまでずつとより近く, 彼にまでも聞こえるの, 彼にもを否定します, 彼によりも彼の, 彼にわかに命を, 彼に対してさえ不快を, 彼に対するよりも隣人に対して, 彼に関してはなんら評判, 彼ぬしでは無い, 彼のうマルテン・ルーテルが, 彼のうへに晴れる空, 彼のくびすじのところへつきあたる, 彼のくらい稼ぐ者, 彼のけいずかいたる, 彼のせゐにした, 彼のちつぽ, 彼のって蓄った, 彼のてのひら, 彼のといふのを, 彼のばかりでは, 彼のみか北へ, 彼のみで足り彼, 彼のみとの歎を, 彼のみへ一つの, 彼のめちゃな言葉, 彼のもじやもじやの毛髮, 彼のよかりしその, 彼のをこつきを, 彼はおつかぶせて言, 彼はかぶりを振っ, 彼はかまはなかつた, 彼はからかひ半分彼女たち, 彼はからになるまで, 彼はがばッと, 彼はきつかり一時間自分の, 彼はけふ此方で, 彼はごうごう鳴る, 彼はしかしさう疑つて, 彼はじぶんの手足, 彼はじめより主, 彼はずぼんのかくし, 彼はなま返辞, 彼はなんて冤罪だ, 彼はね婆さまが, 彼はねる時わざと, 彼はばからずピラトに, 彼はぶきように, 彼はぶつきらぼうに幾らか, 彼はへへへと笑ったまま踵, 彼はほどちかい水分, 彼はむつくり起き上が, 彼はめちゃな気持, 彼はめまひと喪失, 彼はめッきり年をとった, 彼はもうとつく, 彼はやしなへり, 彼はよつぽ, 彼はろじへはいっ, 彼はわーと, 彼ばかりじゃないん, 彼ばかりとはいいませんこの, 彼ばかりに話した, 彼ばかりには許されて, 彼ばかりの激しく感じ, 彼ばかりは肥って, 彼ひとりきりで少女たち, 彼ひとりクリストの呪, 彼ひとり晏然として僥倖, 彼ひとり草庵造りの家, 彼へとへとになり, 彼へはしかるべき恩賞, 彼へばかり話しかけて, 彼ほどにはわかって, 彼ぼんやりした心, 彼まんまと斬りそこねその, 彼みずから一時はどき, 彼みずから世界を作った, 彼みずから呉境へ首, 彼みずから地中海の帝王, 彼みずから敵に絶好, 彼みずから裏ぎっている観がある, 彼みずから陣頭に立った, 彼もかの女の, 彼もしやべつて, 彼もし我と共なら, 彼もそないいい出し, 彼もちよつと, 彼もちやんと大小, 彼もと押寄せて, 彼もどきっとしたらしい, 彼もも少しジャンロー袋町, 彼もよかつた, 彼やって来り, 彼やっと気を, 彼やまとを愛する, 彼やらか三時が, 彼やらと下らない事, 彼や取片付親分, 彼よく誤解する, 彼よと働く, 彼よりはずつと教育を, 彼よりもずつと年上の, 彼よりももッと, 彼よりより一層美しくもあれ, 彼よりをさむる地, 彼らしいふざけるにも程, 彼らしい取越し苦労を, 彼らしい思ひあがりにも好意, 彼らしい滾りをもった, 彼らしくいい出したものである, 彼らしくなく何も, 彼らしくなっていった, 彼らしく死んだようだ, 彼らしく育てあげていた, 彼りやア此方の人が映る, 彼れかまわず引ッつるん, 彼れことに二番, 彼れでげすか, 彼れですか, 彼れならぬ他人の, 彼れならん彼れなるべし, 彼れなるべしさらば噂さ, 彼れはもうお置きなさらん, 彼れよ是れよ, 彼れ優れる豪勇の, 彼れ応ずる景色なし, 彼れ急いで歩きました, 彼れ憂へ彼れ痛む, 彼れ来らんと欲せ, 彼れ痛む己の, 彼れ見分ることも, 彼れ迫り來て, 彼れ逝く文界は, 彼れ震怒をもて, 彼われを打つ, 彼われらの組, 彼をかへり見て, 彼をかばひ立て, 彼をさえ避けようと, 彼をしも今とら, 彼をすら斥けたりき, 彼をって一たい誰を, 彼をのみかくも, 彼をはがいじめに, 彼を通じての間接の, 彼ん時からぢ, 彼アイアースすぐれたるアカイヤ軍, 彼アイヌよく黙し, 彼アイヌ家屋の空, 彼アイヌ蝦夷島の神, 彼アウクスボルクに在り, 彼アカイアの戰, 彼アマルフイイの女房, 彼アリスバス産むところ, 彼アルゴン大尉を招き, 彼アルセーヌ・ルパン今は惨憺, 彼アンジエロの獲つる, 彼ア云ふ気象, 彼ア何てえの, 彼イギリス人に少し, 彼イライラしそう, 彼イロハ丸の船代, 彼ウェルズは一瞬, 彼ウルランド氏の生命, 彼エムピレオの天, 彼オイッケン自身が純, 彼オヂュシュウスヂオメーデースもろともに, 彼オトナしい角谷, 彼カザノヴァなる人間, 彼カナダにおもむく, 彼カークハム氏はこれ, 彼多クノ點即チ軍事政治學術其他, 彼ガシャワーニ来ルノハ午後カラ夕刻マデノ間多分颯子ガ浴ビルノト, 彼ガソコマデデ蹈ミトドマッテクレレバヨイガソレ以上ノ, 彼ガ彼女ニドンナコトヲドンナ風ニ云イツケタノカ知ラナイソノ晩ノ十時, 彼ガ旅順包圍軍ヨリ寛過サレシ理由, 彼ガ東大経済学部ヲ卒業シテパシフィック・プラスチック工業株式会社ニ入社シタコトハ知ッテイル, 彼ガ浴室ニイル時アスコノドーアハマサカ開ケッ放シニハシテ置カナイダロウ, 彼ガ立チ去ッテシマイ, 彼キラキラする烈しい, 彼グイードを第, 彼ケンペルはそこ, 彼ゲエテの希臘, 彼コルシカ人の, 彼コロンブスは西暦一四九二年, 彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 彼サンジカリストはそう, 彼シエエクスピイアの戲曲ヱネチア, 彼シテ見れば, 彼シバルリイは朝廷, 彼シャルルよりもさらに, 彼シャルルマーニュの軍中, 彼ジャヴェル自身も打ち負かされ, 彼ジュウヴェの功績, 彼スチュクスの奔流, 彼スポンサー氏の自ら運転, 彼ズケリと卓子, 彼ターネフ首領こそ派遣, 彼ダグラスはあらはれいづる, 彼ダネックが優秀, 彼ダンテもまた, 彼チューヂュウスカドモスの多く, 彼チロにいふ, 彼ツ切入らつし, 彼テキパキして, 彼テナルディエは砲煙弾雨, 彼トハ実事ヲ行ッテイナイ証拠デアルヨウニ思ッテイタケレドモ, 彼トマス金鍔バテレンは天草島原, 彼トロイアにわれ, 彼ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, 彼ドイツ風の歴史的論派, 彼ドレゴが何故, 彼ナイフとフオーク, 彼異ルコトナシ, 彼ニシテ全然沒交渉ナル獨立, 彼ニモ誰カ好キナ人ガアルラシイノヨ, 彼ニ上半身ヲ与, 彼ニ命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込マセタ, 彼ニ對スルニハ現代的再建ヲ想像スルヨリモ, 彼ニ従フトコロノモノモ屈強ナル壮年男子ニ限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, 彼ニ於テ破壞, 彼面倒臭ガッテホントノコトヲ云ッテクレナイノ, 彼ハノホにぞありける, 彼ハンベルヒヘリオドオルマルブランシユヱルゼンブルヒプロイスリムビヨツク諸家の報告, 彼ハ一度モ近文ニ顔ヲ見, 彼ハ以前コノ近県切ッテノ大荘院, 彼ハ再建ヲ云フベク我ハ改造ニ進ムベシ, 彼ハ家庭内デ颯子ガ安ッポク, 彼ハ家督相続人デアルケレドモ目下ノトコロ予ガコノ家ノ主人, 彼ハ西藏獨立ノ交渉中ニ青海四川, 彼ハ郁子ヲ担ギ込ンデカラソノママ寝室デウロウロシテイタノダガ, 彼ピサの市民, 彼ピントはポルトガル生れ, 彼ピート一等兵はあんがい, 彼フイと身, 彼フランチエスカの君, 彼フレンド派が唱道, 彼フンガイする, 彼ブーラトリュエルがよく, 彼プロテスタント教徒たるが故に, 彼ヘクトール戰を挑む, 彼ヘーレーに對, 彼ペスツム古祠の畔, 彼ホートンには解っ, 彼ボオドレエルにとつて, 彼ボルゲエゼ家の少女, 彼ポムペイの古市, 彼ポーは毒薬, 彼ポーニンがインドシナ, 彼マサニエルロとフラヰオ・ジヨオヤ, 彼ムリオはああ, 彼メヅウザに逢, 彼モー東洋語学校は迚, 彼モ幾分カ負担シテイルヨウデアルガ依然トシテ, 彼ヤ彼女等ヲ驚カシハシタモノヽ, 彼ユゴオはその, 彼ユニヲンに左馬, 彼ヨスエを聖地, 彼ラシイヌによつて, 彼ラスコルニコフを生かす, 彼ラボアジェーのある, 彼リムビヨツクの著書, 彼リューイスを援助, 彼リンピイは, 彼ルーズベルトは彼, 彼レニ從ヘバ男子ノ姦通罪, 彼レーモン伯の徳, 彼レ両人の周旋, 彼ロダンの價値, 彼ローマを逐, 彼ン畜生変な物, 彼ヴィクトル・ユーゴーの脳裏, 彼の哀憐, 彼一々我に, 彼一たび死す水戸老公, 彼一ツけん, 彼一二と指, 彼一人きりしかいなく, 彼一人上機嫌に笑い崩れた, 彼一人伸子の室, 彼一人兵の影, 彼一人前に出た, 彼一人動物園の石門, 彼一人外国の方, 彼一人安閑として世, 彼一人拒否したとて, 彼一人父の書斎, 彼一代生活の中心, 彼一口話は今, 彼一句これ一句遠慮なくやがて, 彼一名光秀の前, 彼一層余を, 彼一巻の内, 彼一度逝く入道相国, 彼一座の恥, 彼一手にお, 彼一方ならず驚き秀子, 彼一日聖殿の頂上, 彼一条はとまれ, 彼一生此からいづれ, 彼一石我一石を下す, 彼一篇より幽霊, 彼一門の擁護, 彼丁山小夜衣の兩人, 彼のP, 彼七右衞門と申者, 彼万国平和の慈仁, 彼万朝報の記事, 彼三五郎鴻の巣なる鎌倉屋金兵衞其外野州浪人八田掃部三加尻茂助練馬藤兵衞, 彼三人の奴等, 彼三十一歳その臨終, 彼三十七兩の金, 彼三十二歳のとき, 彼三十郎の知った, 彼三右衛門従之が名, 彼三吉は又, 彼三吉事とても生, 彼三品を前, 彼三宅木ベエこそ世, 彼三河町に到り, 彼三派に優劣, 彼三王日の前夜フイレンチエ市, 彼三田翁が着々, 彼だ, 彼下劣な肥った家婢, 彼下宿が嫌, 彼不可思議な色, 彼不器用らしき男, 彼不才にし, 彼与右衛門が所有林, 彼世人に諂う, 彼世界の故実旧式, 彼両手を揚げ, 彼に他, 彼並びに自分を, 彼なる二品, 彼丸木もついに, 彼水は, 彼乃ち右にむかひ, 彼乃ち絶叫して, 彼乃至彼女は, 彼を欧州, 彼久作はなに, 彼九伯浸及齊桓, 彼九十郎剣道にかけては無双, 彼九州に遊びし, 彼乞われるままに, 彼乱歩は正に, 彼乳糜如意飽食悉皆浄尽, 彼もあった, 彼事寂然と柱, 彼の自然, 彼二十一歳の男子, 彼二十五を過ぎ, 彼二十人なれば, 彼二婆さんは余, 彼二集に行く, 彼ひ過ぎ, 彼云悪党が, 彼五十の楯, 彼亡き後には, 彼亡ぶか乾坤一擲, 彼亡ぶる日なれ, 彼亡人を愛する如く, 彼京都にあり, 彼京都産の女中二人, 彼京野等志との間, 彼人ッて云, 彼人世を早, 彼人丸左陣よりは貫禄, 彼人名辞書の記載, 彼人城に歸つて親族, 彼人情本によって津藤, 彼人我我所なし二, 彼人来やと, 彼人氣勇烈を含む, 彼人物故したと, 彼人者だちに, 彼人迎へに行く, 彼今や無実の, 彼今中に閨房, 彼今回はお, 彼今朝もまだ, 彼今現, 彼仏国ニて薩生両人周旋, 彼仕事に曖昧, 彼仙太郎はこうして, 彼以上熱心に耳, 彼以下六名が捕へられ, 彼以下楠木勢の一念, 彼仰やるのよ, 彼伊勢屋千太郎は養子, 彼伏せり其他の, 彼の蘭軒, 彼伯龍はいま, 彼伴蔵日頃厄介になっ, 彼位妻や子, 彼位気分のデンマーク詩人, 彼位芸術上で悟り, 彼佐吉千浪に対する煩悩, 彼体格で砲兵, 彼何ぞかく來る, 彼何より先に, 彼何んぞかく, 彼何処へ行きました, 彼何哉即秦誓, 彼何所迄悪, 彼何故に不幸, 彼と同じく既に, 彼作者が寝, 彼佳人は我, 彼使者に大膳殿, 彼が女, 彼侍士を, 彼侏儒であり小, 彼俗人だちが, 彼保さんの姉水木, 彼信ぜざるもその, 彼るされど, 彼偉大なトルストイ, 彼の堤, 彼偶然にも赤壁, 彼偽善者は諸井琴路, 彼傲慢なるジャヴェル, 彼僧主を頼み, 彼儀式は固, 彼の相貌, 彼右衞門に, 彼元来達腕の画人, 彼先生のは可, 彼先駆殿ニアルトキハ軍中何トナク心ヲ安, 彼は棒, 彼兜卒天に浄楽, 彼兩人のこと, 彼兩替屋にては翌朝, 彼八五郎の習性, 彼八十兩を遣ひ, 彼八月二日の書, 彼八行の珠玉, 彼六人の神官僧侶, 彼六兩は殘ら, 彼其不法を償, 彼其武器を横, 彼其華麗の軍裝, 彼其首級を抱い, 彼ふ, 彼兼平を顧み, 彼写真を出そう, 彼冥途から毒舌, 彼冷然として, 彼凱旋門上の女神バワリア, 彼出すかわれ出づるか, 彼出張った橋の, 彼切りと酒, 彼を免, 彼強く後, 彼ち往きて, 彼則是常怨猶如画石文云々等, 彼前世の露見, 彼の一部, 彼加納屋利兵衞方へ引移り元服, 彼勝つかこれ, 彼勝麟の父, 彼勸めたる何某面目, 彼十兩は惣助, 彼十六歳の時, 彼千里はその, 彼半兵衛は栗原山, 彼半蔵なぞの前, 彼南印度洋マルセイユが蘇っ, 彼南港満山緑葉新, 彼南港緑葉紅花冬似春, 彼いところ, 彼却つて我を愛せず, 彼去らんとす, 彼去りぬ世も, 彼又は彼女は, 彼及ビ彼ノ背後ニアル心霊科学ト握手シ, 彼及彼女を思ひだす, 彼に抗する, 彼取り越し苦労して, 彼駕籠に, 彼可厭と思った, 彼可憐の貞女, 彼右左と御, 彼吉田の千両, 彼吉野桜を始, 彼名乎伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾, 彼名声もなく, 彼吹矢隆二という人物, 彼呉一郎自身にとってはどちら, 彼告別の辞, 彼和田武夫氏は我が家, 彼哀しい出来事の, 彼哀れむ可き, 彼の味, 彼唖然として心茫々, 彼唯一の芸, 彼善く愛し善く, 彼喜ばしき聲にて, 彼四面皆塞, 彼国朝政記未落成, 彼国民の眼, 彼国軍機大臣より更に, 彼國人士に歡迎, 彼圓太郎の素晴らしい, 彼土手下檢使の場, 彼土蜘蛛と云, 彼在るのみなる, 彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 彼地元來我屬島にし, 彼地処でア, 彼地唱門師多く住す, 彼地有名の銀行家ビショップ氏, 彼地此所に眼, 彼地風雨しげく海上波, 彼坐して亡びたる, 彼城主の唯一, 彼基督紀元七十九年の前, 彼堀盛は今日, 彼堆く積める蛇, 彼場所に傘捨, 彼墳墓を尋ね獲ん, 彼存ずる旨, 彼士共を斯く, 彼士官と我と, 彼壯大なる火山, 彼もださず, 彼夕もろひとに辱められ, 彼夕劇場にあり, 彼外國人ならぬもの, 彼多年露国の域中, 彼多病にし, 彼の中, 彼夜彼女が持て来, 彼夢声の一文, 彼大してうれしくない, 彼大井河原辨天堂の前にて相, 彼大作なる者, 彼大寺警部とは全く, 彼大水のあった, 彼大臣一人の外, 彼大蛇の背, 彼大金は預け, 彼駆が, 彼天一坊なる者, 彼天心居士が日本, 彼天狗犬を散々, 彼天王の膝, 彼天野一郎も見えなくなった, 彼太祖はその, 彼夫婦の者, 彼奉行所本町東の本陣, 彼ぞ容易, 彼奚んぞ喜ん, 彼にある, 彼奧座敷に至り, 彼女らしく激しい音楽が, 彼女子今か出, 彼奴らわれわれとの根, 彼奴ら我々を発見, 彼奴等みんな東京弁が巧, 彼奴等人を狂人, 彼奸計を信實, 彼如意影耳即擧手中如意示之, 彼の剛情, 彼を得, 彼姿を見しならん, 彼娘私は私, 彼媼さへひねもす, 彼子猫はやう, 彼学者の渋江抽斎, 彼孫権はどう, 彼宇和島より来る, 彼安助を造ら, 彼安東はまるで, 彼安治川舟三の残酷, 彼安間平左衞門始め, 彼宗三の写真, 彼定命に從, 彼して, 彼実感を経験, 彼客觀相をし, 彼宮崎が私, 彼宮澤賢治がその, 彼を怖, 彼家々に栖め, 彼家屋には初め宝石商, 彼家康の名, 彼家此家の差別, 彼宿命教の旨, 彼宿長吏真土宿之長, 彼寂寥の王座, 彼富澤町の古着渡世甲州屋吉兵衞, 彼くば, 彼寺供養の日, 彼寺此邸皆其等古人の目, 彼対我の観, 彼対犯人の間, 彼封建時代的武勇に秀でた, 彼兒の, 彼小人菊池慎太郎が果して, 彼小室の落著やう彼, 彼小家の前, 彼小笠原善平が恩人乃木将軍の部下, 彼少くとも浩, 彼少女家に歸, 彼少年に再, 彼帽宗の, 彼尼院中なるフラミニア, 彼に到り, 彼屋内にて叫声, 彼屍体を発見, 彼展覧会をする, 彼山々こそ北海道中心, 彼山県は土百姓ら, 彼山陽の一つ, 彼岡部伍長はたしかに, 彼岸本省平が焼け跡のけち, 彼ならめ, 彼島ニ渡りし者ニ問, 彼島ニ行て唯, 彼越えて, 彼さえ越せ, 彼巍然たるニコライ会堂, 彼川柳點に, 彼川那子丹造が生れた, 彼左右を顧, 彼左馬太青年がそこ, 彼巨人の額, 彼巨人アルセーヌ・ルパンは再び, 彼が罪, 彼巻物の内容, 彼の人總, 彼市ノ瀬牧人はこの, 彼帆村探偵が見, 彼帆船に抱き上げ, 彼帝政論派の熱心, 彼帝近江宮にて崩玉, 彼帰りて何となくホッ, 彼常盤屋へ行, 彼平生に水, 彼若くし, 彼年二十七歳赤地の錦, 彼年少者の分際, 彼年齢に成つて, 彼の中, 彼幼者ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 彼幽玄の都, 彼幾ら成熟せぬ年頃, 彼広之丞誠に先生, 彼庄藏三郎兵衞の兩人, 彼店頭の彼女, 彼座敷の襖, 彼廂此廂一時に興り, 彼廉直と誠実, 彼に一室, 彼になっ, 彼式而異之族一人而無之, 彼弘安本古文孝経, 彼弘自身も自分, 彼は, 彼張子の釣鐘, 彼役人打笑て夫, 彼役者の才伎, 彼彼女等は十数年, 彼彼店頭の彼女, 彼彼等は我等, 彼往きて自由, 彼徂徠の南留倍志系, 彼律義な若者, 彼後藤基国をし, 彼は之, 彼得堡大學にも昨年, 彼得堡大學東洋言語科大學, 彼得堡等の國都, 彼得寺塔を觀, 彼得尊者特に好む, 彼得帝以来不断西欧の文化, 彼得意気に鼻, 彼得斎節の前, 彼得法王の偶像, 彼は, 彼御方の儀, 彼微塵の知慮, 彼をこめし, 彼心驕りてシエーナ, 彼忘我忘の喜捨金, 彼忠兵衞を證據人, 彼思えらく我に, 彼思へり高きイーリオン, 彼怪しの死骸, 彼恐るべしともすれば彼, 彼恐怖の彼, 彼に身, 彼恢復せられたるエルザレム中, 彼悉く投げ棄てぬ, 彼悠然たる態度で, 彼悪鬼江戸まで来た, 彼悵然として兼平, 彼を棄てつるなる, 彼惡僧に誑, 彼惡婆のお, 彼ましい死を, 彼意次病いと称し, 彼なる官人, 彼愚者の, 彼じて, 彼慢心の爲神, 彼慧巧なる栗園, 彼慨然として答え, 彼慶喜がこの, 彼憤然として階下, 彼成功の蔭, 彼所位なもん, 彼所此処と置き直し, 彼所謂逐語訳は必らずし, 彼所謂逐語譯は必らずし, 彼手柄顔に, 彼手燭を持っ, 彼才彼情を棄てつるなる, 彼才覚に伏, 彼も何, 彼折竹を俟, 彼拙く彩りたる罪障, 彼持っている, 彼持戒の出家, 彼は又, 彼捜索である, 彼捨子を久左衞門, 彼探偵が例, 彼操吉もまた, 彼放庵に逢, 彼放逐された大尽, 彼敗走して, 彼教員も聞捨て, 彼教育を受け, 彼て人, 彼敢えて為さんと, 彼散りて此生ずる, 彼数人の妾, 彼の亂箭, 彼敵將プリアモスの女, 彼敷居の上, 彼文字は美文的, 彼新しき背を, 彼新聞紙に目, 彼にて姦謀, 彼旅僧を連, 彼旅客の群, 彼旅籠屋の客人, 彼旅館へ赴き, 彼日フリツチイは某君, 彼日頃の洞察力, 彼早足も一層, 彼昂然として曰く, 彼を失, 彼春一を乗せ, 彼時われ母の胎内, 彼時人數記不分明之間, 彼時人間に打たれ, 彼時代前後に於い, 彼時命を惜, 彼時妾目前り雄, 彼時山木にしろ, 彼時私は雪江さん, 彼時自分が戀, 彼時親類共の態度, 彼時迅く, 彼景岡秀三郎の頭, 彼景蔵のよう, 彼暴力なるもの, 彼曰く既に心変り, 彼曰く我は如何なる, 彼曰く我世に望む, 彼曰く爭ふ者, 彼のため, 彼更に曰く君は, 彼書付を懷中, 彼曹操かならず, 彼曹長の如き, 彼曼陀羅華を根, 彼て自分, 彼最後彼臨終あるが, 彼有名な北畠顯家卿, 彼は, 彼望むとき一齊に, 彼望めども攻め, 彼未だ余が, 彼未知の女, 彼未醒が洋画家, 彼本人にとつて, 彼杉山其日庵主は単身孤往, 彼杉山茂丸はその, 彼杉本も同じ, 彼村出生の女, 彼村重はもう, 彼来る我も, 彼東京に永住, 彼東京演劇界の変動, 彼東海林自得斎めよくよく田安家, 彼松平冬次郎は草莽, 彼のあなた, 彼林田先生がこの, 彼果たして約束を, 彼にも紅玉, 彼柳丸には稚拙, 彼柳澤が謀叛, 彼之丞, 彼梅玉は福助時代, 彼梅野十伍はいつもそう, 彼は素, 彼植木屋は何ぞ, 彼の下, 彼楝軒が霞亭, 彼のお, 彼えその大いなる, 彼榮達を極めし, 彼様々に思案, 彼様いふ喀血が幾回, 彼様いふ病気に成る, 彼様いふ目に逢, 彼様いふ訳だし, 彼様いふ話を聴い, 彼様いふ話好きな人, 彼様こと致したの, 彼様なに揃ひやう, 彼様ニヤけた頭ばかり下げ, 彼様三角形の冠, 彼様不用心な家, 彼様事を云, 彼様他の前, 彼様何も喰, 彼様心懸の, 彼様忠告したから, 彼様挙動エすれば, 彼様松島様などの言, 彼様物を考へさせる, 彼様狒見たいな, 彼様猛悪な心, 彼様用心すると, 彼様目の敵, 彼様穿れ此処, 彼様竹を割つた, 彼様糸をかけた, 彼様能く言う事, 彼様装をし, 彼様貧乏人と山木様, 彼様邪推深いだらう, 彼樣言つて置き乍ら, 彼横笛船では船将, 彼樹庵は見すぼらしい, 彼をみ, 彼を造り, 彼の村, 彼欧人等がそれ, 彼歌人は趣味, 彼歌女に寄せ, 彼歌樂の群, 彼きつ, 彼正しき愛を, 彼正義の仮面, 彼武夫少年の一生, 彼武家時代に於ける, 彼死せりとは思ひ得ず, 彼死様をされた, 彼死骸を海, 彼殉教に渇き, 彼段々と吟味, 彼殺すかの決戦, 彼を置い, 彼水上の柩, 彼水品陣十郎という男, 彼水戸の運命, 彼水曜日の晩只一人, 彼永遠に富み, 彼汝等に食, 彼江戸へ廻された, 彼の滸, 彼沈み背を, 彼沈痛なるアヌンチヤタ, 彼油屋の番頭久兵衞, 彼法皇に奏し, 彼法螺丸一流の悪魔, 彼法金剛蓮華教亦然, 彼を, 彼泣いたり喜ん, 彼泣聲の止, 彼洞天の光景, 彼津屋さんの話, 彼浅田栗園の如き, 彼浪人め一文貰の身分, 彼海録に見え, 彼消せる燈火を, 彼流して, 彼涼しい而し, 彼清吉めが飛んだ, 彼清水が私, 彼清淨蓮華之中, 彼温泉の入口, 彼満足するであろうと, 彼源三郎もその, 彼源十郎が少年, 彼ぶれば, 彼漁父の子, 彼の井, 彼濃い紺, 彼瀬戸物屋忠兵衞は益, 彼灑掃応対進退の節, 彼の光, 彼火事頭巾あれを出しまし, 彼火坑より發, 彼を立てれ, 彼にする, 彼の外岸, 彼無地の木綿羽織, 彼無情なる友, 彼ゆる水, 彼燐火をも見たれ, 彼と西洋間, 彼爺さん達彼処此処に鳶色, 彼爺発砲するぜ, 彼牀頭の小, 彼片町の醫師方, 彼のみ車, 彼牝犬の子, 彼物教へん, 彼特別な光りを, 彼特殊な東北弁, 彼特製の野菜, 彼犯人氏はテクニシャン, 彼ふ間, 彼踏みにじりては, 彼独り血を見ん, 彼き流れ, 彼はチベット語, 彼理想主義者のため, 彼理江戸湾に闖入, 彼璃昇がいかなる, 彼を受け, 彼甘き雫を, 彼甚兵衞世話致し自分, 彼甚左衞門善助は此時, 彼祠記本末記遺言録の, 彼生みき, 彼生れて羸弱, 彼生態に移った, 彼生活といひ, 彼生涯の茶道感, 彼生滅者是識不生不滅者是智, 彼のニッケル製手拭掛, 彼田丸浩平もさ, 彼田圃を渡り, 彼田巻安里は決して, 彼田沼どうした, 彼男それは旦那樣貴方, 彼男のは売, 彼男子の面, 彼男私しは, 彼町人心の内, 彼町醫師村井長庵は既に, 彼るべしわが, 彼留吉中にお, 彼番頭久兵衞は己, 彼が釈けたら, 彼疑問の女, 彼病気さへ無けれ, 彼癌腫の様, 彼発明のオゾン注射, 彼白痴の喜ぶ, 彼を受けしなるべし, 彼百兩の金子, 彼百憂者真天公, 彼百日もわるかっ, 彼的矢貫一に違い, 彼盛んなれば, 彼し紙入, 彼盜人にあらず, 彼盜取し毒藥, 彼をこれ, 彼相反対の方向, 彼相手の議論, 彼相馬大作の先生, 彼真新しい欅の, 彼真木和泉が生涯, 彼貪りてた, 彼眠る片手を, 彼眺むるを得せしめず, 彼矢部は一体どう, 彼知らず彼の優秀人, 彼の現せる, 彼石棒を以て古史, 彼砂地一文なしに, 彼砂地省造はすべて現金, 彼社交上において階級儀式, 彼祈り能わざる時彼, 彼祈り得る時は, 彼神なりや我知らず, 彼神尾は自分, 彼神日の歩, 彼神谷仙太郎にとつて, 彼はわが, 彼ひの, 彼禪杖にて片端, 彼れて, 彼秀子を余, 彼は私, 彼秋田清吉の望み通り彼, 彼科学者は思った, 彼程までに悲劇なる, 彼穀代金百兩を仕合, 彼穹窿と巖壁, 彼空封筒の比, 彼立上りつ, 彼立者早速御, 彼童僕となっ, 彼童謡をば己, 彼端唄に謠, 彼竹島ハ地図を以て側, 彼竹島行の事ハ兼而御聞ニ, 彼ふ, 彼笑ってああ, 彼に似つこらしゅう, 彼笠森仙太郎にも支配, 彼を傾け, 彼一に, 彼等身を上ぐる, 彼の代金ハ三十一両, 彼箇所は御蔭, 彼節貴殿の御, 彼の如き, 彼糺明之由, 彼系図水津本と溝挾本, 彼紀州より持來, 彼約束を忘, 彼紅屋等に語りし如く, 彼素問識霊枢識に編, 彼素肌にてつき殺されし, 彼終に鋒鋩を, 彼の生徒, 彼縦横の才, 彼いて, 彼の呼び, 彼美しき詩を, 彼美人を見よ, 彼美的百姓は曾, 彼美術諸生は果して, 彼美酒に酔う, 彼の男, 彼義一にとつて, 彼義仲は戦勝, 彼羽織衆夢八となっ, 彼翁汝がおとなしき, 彼狸を, 彼老中より忠義, 彼老女をさ, 彼老獪逃げて, 彼老神士に心, 彼者共語りしは, 彼者從ひ第, 彼者申やうは夫, 彼者自若として予, 彼者自身は揚々, 彼者芝原へ手, 彼者迷惑して, 彼へじ, 彼聖者の如く老衰, 彼肖像に似, 彼肥前を招き, 彼の上, 彼胴卷を解, 彼をひらき, 彼膳部を持出し, 彼臨終あるが, 彼自らモンテエニュの思索的好奇心, 彼自ら主張する如く最も, 彼自ら主役を買つて, 彼自ら云ふの, 彼自ら今は意識, 彼自ら会堂を新築, 彼自ら何を言, 彼自ら使用せしもの, 彼自ら公判廷に陳述, 彼自ら右手首の動脈, 彼自ら子供らしい無, 彼自ら寡聞寡讀をいふ, 彼自ら広言するほど, 彼自ら徒らに勢つて, 彼自ら憐む心であった, 彼自ら手を下し, 彼自ら東国の一方, 彼自ら永遠の世界, 彼自ら狐猿に悩まされ, 彼自ら神來の響, 彼自ら禁慾といふ言葉, 彼自ら紅軍に大将, 彼自ら自己の品性, 彼自ら舞台に立つ, 彼自ら茫然としていました, 彼自ら言ふやう, 彼自ら詩を作り, 彼自ら越後に入ら, 彼自信の妻, 彼自由の文字, 彼自由平等の原則, 彼自身あまり好んで倣うた, 彼自身あれを保存, 彼自身いくらかの収入, 彼自身ここまでやって来た, 彼自身これらの国, 彼自身そうは思わないらしい, 彼自身そこから超脱, 彼自身たて物と近づく, 彼自身どうしようもなかっ, 彼自身どれほどうまく, 彼自身はつきりそれと自覚, 彼自身ほかのだれ, 彼自身われ関せずという, 彼自身オリヴィエのため, 彼自身クロア・ド・コルバの客たち, 彼自身ジョルジュの地位, 彼自身ディオニュソスを以, 彼自身トマス・リードの例, 彼自身ラテン語その他の手寫本, 彼自身ヴァレリイの中, 彼自身ヴィーンにい, 彼自身一人の画家, 彼自身一匹の猛獣, 彼自身一節ずつ読ん, 彼自身一陣をひきい, 彼自身下知にかかった, 彼自身不幸な最後, 彼自身世界一と自任, 彼自身予想もしなかったであろう, 彼自身二十余歳まで眼, 彼自身二十八歳を迎, 彼自身二回も雪中, 彼自身云ふところに從, 彼自身今ヒンドスタンを勉強, 彼自身今後の身, 彼自身他の多く, 彼自身以上に彼, 彼自身以外の殊に, 彼自身伸び育たなければ, 彼自身体裁屋なので, 彼自身何うにもかう, 彼自身何ものをも掘り下げ得ない浮いた, 彼自身侯爵の行動, 彼自身修正を施したらしい, 彼自身個人としては公生活, 彼自身偽造の遺言, 彼自身僅かに十五ボブ, 彼自身先に退屈, 彼自身先づよく感じ, 彼自身凡夫煩悩の典型, 彼自身制御し得なかった彼, 彼自身剣の深, 彼自身千曲川の難, 彼自身卑劣の外, 彼自身危い腰つき, 彼自身友人に報告, 彼自身向う側の飛, 彼自身善人である丈, 彼自身城外に出迎えた, 彼自身多くの悲しみ, 彼自身大胆に入り込んだ, 彼自身太鼓たたきになった, 彼自身好い加減興奮して, 彼自身如何様に弁護, 彼自身子以上の人間, 彼自身存八を下僕, 彼自身学校が厭, 彼自身學生時代, 彼自身宛然たる, 彼自身宮の口, 彼自身家は焼かれ, 彼自身富をもっ, 彼自身将として征途, 彼自身小宇宙であるが, 彼自身小説家の余技, 彼自身山へ登る, 彼自身己の滅亡, 彼自身市井の塵埃, 彼自身弓杖ついて, 彼自身役者として其処, 彼自身待ちしびれたには, 彼自身心のうち, 彼自身必勝の信念, 彼自身思いも設けず掻き立てられた, 彼自身成都を出, 彼自身戦意もない, 彼自身戦死した, 彼自身支那の地, 彼自身教授に対して個人的, 彼自身旧主の恋人, 彼自身明確な徹底, 彼自身昔は富裕, 彼自身時代のディフォーメイション, 彼自身普通の按摩, 彼自身暗澹たる人生, 彼自身朧げにしか意識, 彼自身東京の中, 彼自身棹を使, 彼自身機関銃を操っ, 彼自身正直にいっ, 彼自身死を呼ぶ, 彼自身沖売ろうになり, 彼自身没落したという, 彼自身泰山のいただき, 彼自身消費する穀物, 彼自身無事であるが, 彼自身物の自己運動, 彼自身率直に表明, 彼自身疑念を懐いた, 彼自身白テロ調査委員会の責任者, 彼自身百姓の子, 彼自身相当にすぐれた, 彼自身眺め飽くこと, 彼自身督戦に向った, 彼自身矛盾を犯し, 彼自身神となっ, 彼自身穀物または労働, 彼自身筆を執っ, 彼自身細心の注意, 彼自身考古学者となります, 彼自身職工たちに対して相当以上, 彼自身肥桶でも担い, 彼自身自身の勇気, 彼自身良友ぶつて, 彼自身芸者遊びをする, 彼自身莫迦莫迦しくな, 彼自身表に立つ, 彼自身被害者であるばかりか, 彼自身裁判所の人間, 彼自身話の空疎, 彼自身誰よりもよく, 彼自身軍司令官に任命, 彼自身軽率にも一種, 彼自身近代人としてか或は, 彼自身近頃のその, 彼自身途方にくれた, 彼自身鎌倉中の地, 彼自身陣頭に出た, 彼自身雑誌や新聞, 彼自身霊媒能力を発揮, 彼自身非常に早婚, 彼自身頭陀その者, 彼自身飛躍のあつ, 彼自身餘りに, 彼自身駒をとばし, 彼自身駒飾りした騎上, 彼自身麝香の香い, 彼臭いがな, 彼舟中の少女, 彼舳羅島の字, 彼船脚の一歩, 彼船長の醜態, 彼良人よき鼓舞者, 彼花街の小夜衣, 彼若き時ひとりだに, 彼若君澤の井, 彼若者は居ず, 彼草稿は猶, 彼荒い海中を, 彼之助, 彼葛城の為, 彼蒼白い髪の, 彼藤井紋太夫の事, 彼藤作の眼, 彼藤崎道十郎が忘れ, 彼藤枝と同じ, 彼を見せけれ, 彼藥種屋效力は忽ち, 彼蘆花の天分, 彼蘭軒伝を無用, 彼處いま花はひからび, 彼處さまよつた, 彼處ぢやまだ, 彼處のは横, 彼處彷徨へばとある, 彼處此處煌いて, 彼處此處袖襟を手, 彼處紫陽花咲けりと, 彼處舊遊の澱, 彼處蹄や觸, 彼處邊が程度, 彼處露地の日あたり, 彼虚舟にも比すべき, 彼に塗れつ, 彼血天井の部屋, 彼衆くして我寡, 彼行くての山道, 彼を取っ, 彼衰亡の幕府, 彼西村源吉方へ頼置候フラフ, 彼西郷吉之助を恋し, 彼見ず彼知らず彼の, 彼見事に下りぬ, 彼を召し, 彼親達を識, 彼観音力刀尋段々壊, 彼観音力釈然得解脱と牢, 彼言詞を纂集, 彼言詞習得するを, 彼許してくれ, 彼に耳, 彼詩集と同じく, 彼を御, 彼されてない今, 彼誇るとも效, 彼を出し, 彼語りゐたるときソルデルロ彼を, 彼語るをえて, 彼譯指, 彼ひて, 彼論じてこ, 彼譬諭の通り, 彼を唱えた, 彼と鯨, 彼貞派の乾燥, 彼なりし時, 彼貧富智愚により, 彼責任感のこと, 彼貴公子は例外, 彼貴殿の御, 彼賀川市長は強度, 彼の同類, 彼質兩替渡世伊勢屋五兵衞方にて子供, 彼起き此倒る, 彼越前守は奉行, 彼越後の令嬢, 彼足元にも手元, 彼に厳粛, 彼身此身のひとつ魂, 彼を止め, 彼軍人的教練なる者是, 彼軽々と土塀の, 彼く我, 彼輕舸の中, 彼輩姦謀露われた時蛇責め, 彼輩衣食のため, 彼轟武兵衛に書, 彼農学士が百姓等, 彼迄にいって, 彼へ神, 彼近所へ行夫, 彼述べむ, 彼ひ我迷, 彼退屈であると, 彼送れかし而うし, 彼逃れ出で祖先, 彼はむ, 彼の無鉄砲, 彼通り表裏の無い, 彼通称を得た, 彼逝いて寂寥, 彼逝くと雖, 彼逝けり不死の, 彼かに嘗て, 彼の者, 彼連れよその, 彼運動に現, 彼運転但し, 彼ぎゆけり, 彼過去の影, 彼過去帖に遠近, 彼を示さん, 彼道路からずっと, 彼道連に成し, 彼那いやな, 彼那お爺さんが提灯, 彼那ことはあるまい, 彼那どこの馬の骨, 彼那のを養子, 彼那ぼろ雨戸でさえ, 彼那ものをとくとく, 彼那何処の如何, 彼那勢いで駈け出した, 彼那単純な心, 彼那噂もあります, 彼那土人みたいなもの, 彼那奥さんの居る, 彼那妙な事, 彼那嫌な風付き, 彼那子供みたいな風, 彼那小人が居ら, 彼那強そうな体, 彼那心理か, 彼那恭の傍, 彼那我儘な人, 彼那獣みたいな男, 彼那金と云え, 彼邦医方の一隅, 彼邪魔な彼, 彼部曲の職掌, 彼郷里の友達, 彼はおのずから, 彼酒田は意外, 彼酔僧は汽車, 彼醉僧は汽車, 彼重んずる處吾却て, 彼重井の変心, 彼重蔵の真骨頂, 彼野口であつ, 彼野口昌作の肩, 彼金包を取りいで, 彼金柑の光るなりけり, 彼銚中に入る, 彼をもて, 彼鐵板は腋, 彼長駆して, 彼限りで音沙汰, 彼陣十郎はどこ, 彼陳腐な歌, 彼い来って, 彼隱亡彌十, 彼雑木山の一本檜, 彼雛鷲は電, 彼雷獣は御, 彼電信柱が人間, 彼の訓, 彼をもて, 彼露台の夕, 彼露西亜の美わし, 彼青き星に, 彼青年紳士レオネルロの友人, 彼青竜王の心境, 彼靜智に當, 彼文学的の, 彼非職官吏を殺しつ, 彼面此面に刺す, 彼と絲, 彼頼むように, 彼の蘭軒, 彼をたれ, 彼顏といはずして, 彼風流な草葺, 彼飛川先生が天下人物, 彼飛田は底野, 彼ひ飮, 彼食卓も嘸, 彼養子のつがふ, 彼たりしかして, 彼餞以外に別に, 彼を振り, 彼は陰部, 彼香しき花を, 彼香以と親しかっ, 彼馬丁等と惡人, 彼では税関, 彼驚いて曰く, 彼高き山は, 彼高木氏の故, 彼高杉より被, 彼鬼二郎の所在, 彼魚戸ともあろう, 彼を奪わ, 彼鳴海ではなかっ, 彼鵜照君の年賀状観, 彼彌であった, 彼麼ものを入れ, 彼の百合, 彼黄忠は夏侯淵, 彼とがトチ, 彼黒羽織を狙, 彼すため, 彼黙然たり, 彼黨此黨いづれも, 彼の様, 彼龍女も同時に, 彼の前