青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「折々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折 折~
折々~
~折っ 折っ~ ~折れ 折れ~ 折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け 抜け~

「折々~」 1624, 18ppm, 6498位

▼ 折々~ (177, 10.9%)

2 唯だ, 嗟嘆の, 日本料理の, 沙蚕取りが, 血の

1 [167件] ああ美しい, あちらの, あった, ある, あるです, あるよう, あれでも, お考え, かえって夢, こういうお喋り, こういう方, この正月, そっと入っ, そのこと, そのよう, その習慣, その長, その黒奴, ただどことなく, どうして自分, どうもそれ, なりたいと, ひとの, わたし早く, キャッキャッと, パッと, フランスの, ブランも, 三千雄の, 三四日も, 下女か, 不味い処, 不思議な, 不機嫌な, 不消化物も, 中毒を, 乱れた玉子, 二筋三筋雨の, 互に説, 交えたが, 京子と, 人に, 人を, 会いもし, 何となく暗い, 俺は, 兄から, 共に棲ま, 其のお方, 出かけて, 出入りも, 出逢いも, 初より, 剃らぬと, 千代千代とも, 博士に, 却って栄蔵, 反省し, 口にさえ, 古いもの, 台所で, 叱つて, 向うを, 君を, 吾輩も, 商いに, 四肢の, 団扇でも, 固いもの, 声色でも, 夢の, 大学の, 大気が, 姪の, 嫌さうな, 子供の, 学者の, 宅の, 小遣や, 少しお, 少しずつ, 岩石に, 巡査も, 布施物も, 帳合する, 広瀬川の, 得意に, 御病気伺い, 思いを, 思い出したよう, 憂傷悲憤に, 手を, 抜刀など, 改称も, 故と, 故郷へ, 旋毛の, 映す日光, 暖かき料理, 書信の, 月の, 木から, 未練がましく鮮, 来て, 梗塞された, 此境内に, 死ぬるもの, 母を, 気まずい思い, 気を, 気晴しも, 河の, 河岸の, 波の, 海辺へでも, 消息を, 滑稽さへ, 濁るも, 無感覚に, 物忘れ思いちがえ, 独りでも, 生まれ合わせた者, 生肉も, 用いられて, 用も, 相會, 私に, 私の, 空泣く, 竹筒瓶徳利を, 簇がり来るであろう, 繰り返されて, 耳に, 聞きかじりの, 聴いて, 臆病な, 自ら欺く, 自分でも, 自分の, 茶に, 薄い底, 行くこと, 行ったけれど, 見えぬ所, 見る者, 見出される, 諒解されない, 起きようと, 辷る, 逆上そうに, 途絶え途絶えて, 道端へ, 邏卒という, 都会の, 陰翳が, 隙漏る, 雪を, 青菜の, 面白い, 頭さえ, 風の, 飛ぶ球, 鬢の, 魔法みたいな, 鰻飯の, 鶴と, 黄金丸が

▼ 折々~ (99, 6.1%)

3 季節に 2 消息を

1 [94件] あったこと, あるの, おん譫言さえ, お二人, こ, ことで, この酸味, まことの, 一つの, 事, 交通を, 会合で, 会見や, 便に, 便りにも, 便りの, 催しに, 写真やらで, 出仕を, 切抜や, 劇評に, 去來, 咄で, 報告を, 年中行事は, 年中行事を, 影響は, 彼の, 御用を, 心づけ, 心の, 心次第で, 心覚えを, 急ぐ為事, 情味ゆたかな, 感想で, 感興や, 憂ひを, 按摩が, 探りを, 散歩から, 散歩に, 散策に, 斎を, 旅の, 時候に従って, 時勢によって, 會見や, 有益な, 歌で, 止り木として, 気まぐれに, 気持という, 気欝を, 気象や, 氣分に, 汽車の, 流行の, 災難を, 熱情は, 物売りを, 特別な, 百花が, 着物も, 空に, 空の, 空音に, 精神の, 羞か, 自分の, 花美しく, 花鳥ある, 芸術談に, 草花も, 草花を, 虫干日に, 記, 記に, 訪おと, 詠草が, 退屈払いに, 途方も, 通信は, 配物などを, 長しえ, 間には, 附け届, 雨を, 風に, 風物の, 饗宴にも, 鳥の, 鳥類献納の, 齋を

▼ 折々~ (85, 5.2%)

3 太く身動き 2 かたちを, 漏らす言葉, 騒がしく女主, 騷が

1 [74件] あなたの, お松が, かの女, ここへ, この天稟, こんなこと, ございますが, しづくし, すぐ傍, する便り, その話, それとも, ちがう, ちよいと, よい印象, わあッ, ベッドの, 乳母の, 人に, 人間に, 何処からか, 作りて, 先刻から, 分析されるであろう, 叔父に, 因って, 大工の, 大臣山の, 夫人が, 姿を, 山小屋へ, 彼と, 思ひ出されて, 感じたこと, 感づいて, 招きあって, 掛けかえるという, 描きためたこうした, 教示を, 斯ういう, 於て, 時鳥の, 暦を, 来る蓮光寺, 桔梗の, 武蔵史料の, 池が, 浮んで, 添削を, 珍しい食物, 用いて, 禅で, 私たちの, 聞えて, 聞ゆ, 肩の, 胸を, 腹に, 自分が, 行動や, 見えけり, 見えて, 見えなかったら暗夜, 見聞きした, 見舞ひ来る, 解いて, 言われた言葉, 試掘致しとう, 贔屓の, 違って, 里へ, 里を, 風に, 麓の

▼ 折々には~ (24, 1.5%)

2 打融けられた

1 [22件] ふたりの, ほっと正面, また山野, むくと, わが身だけが, 一鉢の, 大石の, 失なわれた, 姿を, 嫂自らの, 山の, 描いて, 有年方面の, 決してよい, 茶々の, 葉子も, 遊びにも, 閑を, 閑窓に, 雪まじり, 頭に, 飛沫風に

▼ 折々この~ (16, 1.0%)

2 料理が

1 [14件] ぼちや, 地方に, 女が, 家を, 店に, 旧作を, 村の, 村をば, 渓奥から, 点に, 癖を, 種の, 老猿, 道を

▼ 折々その~ (12, 0.7%)

1 [12件] マグネシュームを, 停滞状態と, 声に, 宅, 家へ, 山の, 師範役を, 握りの, 溪奧から, 表面を, 言葉を, 雲の

▼ 折々ある~ (11, 0.7%)

3 そうです 1 がさ, が失敗, ことで, ことであろう, し恋愛争奪戦争, のを, 事だ願っ, 事柄なり

▼ 折々~ (11, 0.7%)

2 の頭 1 の事, の心, の生活, の眼, の細君, の見た, は帳内, は熱き, は疲労

▼ 折々~ (10, 0.6%)

1 が台処, にくれるです, の側, の喜ん, の空想, の財嚢, の遣った, は躓いた, をつれ, を煽てた

▼ 折々~ (9, 0.6%)

2 出に 1 内庭を, 宅へ, 手を, 見うけなされたか, 見えでござる, 見かけ申し, 見舞いし

▼ 折々~ (7, 0.4%)

1 と喧嘩, に話し, に語り, に顔, の悪い, の通り過ぎる, を馬鹿

▼ 折々~ (7, 0.4%)

1 一緒に, 出でに, 機嫌伺いに, 目にか, 見候えかし, 辛抱下さい, 遊歩に

▼ 折々見える~ (7, 0.4%)

1 うちお, からソコ, がああ, とのこと, 問罪所の, 太陽の, 紺の

▼ 折々遊び~ (7, 0.4%)

1 にもゆきました, に來, に来, に来る, に行きし, に行く, に遣っ

▼ 折々~ (7, 0.4%)

1 がご, が吹い, が立つらしく, のよう, の吹き, の渡る, もない

▼ 折々ここ~ (6, 0.4%)

1 から多摩, の二階, へ情況, へ招くであろう, へ来, へ顔

▼ 折々~ (6, 0.4%)

1 の保養, をあげ, をくばり, を挙げ, を支那文学, を見合わせ

▼ 折々自分~ (6, 0.4%)

1 で自分, のからだ, の喋舌, の我儘, は林町, を占領

▼ 折々~ (6, 0.4%)

2 かと誤たれた 1 が通る, が降つ, にかすむ, の降り出した

▼ 折々~ (5, 0.3%)

1 てあるく, ています, て来, て来る, 遇つた

▼ 折々立ち止まっ~ (5, 0.3%)

1 てそこら, てはおくれる, ては眼, て水溜り, て路傍

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 坂え, 掃除を, 都市に, 鯉が

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 な事, な地ひびき, な幻覚, な質問

▼ 折々山鳩~ (4, 0.2%)

2 の庭 1 がたった, がたつた

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 で遇, で遇う, の掃除, へ出

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 を休め, を入れる, を衝く, 吸いに

▼ 折々~ (4, 0.2%)

2 を介し 1 が物蔭, の頸

▼ 折々溜息~ (4, 0.2%)

2 の聲 1 の声, を吐く

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 に付く, に浮かんだ, をさまし, を押さえた

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 にした, にしない, にする, のいたい

▼ 折々~ (4, 0.2%)

2 ゆるは 1 ゆる笑い声, るもの

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 が人間, が足, が颪, 裂け天

▼ 折々~ (4, 0.2%)

1 や胸, を上げ, を挙げ, を擡げ

▼ 折々あの~ (3, 0.2%)

1 ひとたちは, 外で, 滝の

▼ 折々いつも~ (3, 0.2%)

1 の人, 気味わるし, 私は

▼ 折々かの~ (3, 0.2%)

1 女は, 山寺の, 石碑の

▼ 折々これ~ (3, 0.2%)

1 はそも, を用いる, を開く

▼ 折々こんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, 事を, 因縁に

▼ 折々~ (3, 0.2%)

3 うした

▼ 折々そこ~ (3, 0.2%)

1 に暮し, の門, をのぞい

▼ 折々それ~ (3, 0.2%)

1 に生命, も一週, を見あげ

▼ 折々どこ~ (3, 0.2%)

1 かへ行く, からか舞っ, へ行っ

▼ 折々やる~ (3, 0.2%)

1 と, と云う, ものだ

▼ 折々わが~ (3, 0.2%)

2 門に 1 君が

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 おのづか, それに, 待つほどに

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 か掛声, か食う, とも云えず

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 のお, の方, も見る

▼ 折々出る~ (3, 0.2%)

1 からそこで, さうだ, と申す

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 と一, の勤め, の歳

▼ 折々姿~ (3, 0.2%)

1 を現, を見かけました, を見失っ

▼ 折々往来~ (3, 0.2%)

1 で自転車, の人, の人どおり

▼ 折々思い出し~ (3, 0.2%)

1 てもただ, て口ずさん, て大事

▼ 折々思い出した~ (3, 0.2%)

2 ように 1 様に

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 でずぼん, にすくいあげ, を隠し

▼ 折々手紙~ (3, 0.2%)

1 に添, は參, をあげた

▼ 折々新聞~ (3, 0.2%)

1 に伝えられる, に投書, の三面

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 ては小三郎, ては老人, て休む

▼ 折々東京~ (3, 0.2%)

1 から此処, から此處, に歸

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 をかえる, をつけ, を附ける

▼ 折々白い~ (3, 0.2%)

1 ハンカチーフで, 雲が, 霧は

▼ 折々突然~ (3, 0.2%)

1 に開き, に開き直っ, 激怒し

▼ 折々考える~ (3, 0.2%)

1 と自分, ように, 様に

▼ 折々見た~ (3, 0.2%)

1 ことの, ことも, 僕に関する

▼ 折々見る~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことで, や尻目

▼ 折々~ (3, 0.2%)

2 を掠める 1 のあたり

▼ 折々~ (3, 0.2%)

1 の下, を見, を見合す

▼ 折々あります~ (2, 0.1%)

1 がそんな, がつまり

▼ 折々あゝ~ (2, 0.1%)

2 いふ科白

▼ 折々おも~ (2, 0.1%)

1 ひつめ, ふこと

▼ 折々そういう~ (2, 0.1%)

1 人が, 苦情を

▼ 折々そっと~ (2, 0.1%)

1 六畳へ, 合嗽を

▼ 折々それとなく~ (2, 0.1%)

1 誘いの, 雪子の

▼ 折々そんな~ (2, 0.1%)

1 のを, 事も

▼ 折々つれ~ (2, 0.1%)

1 たり左脚, の若い

▼ 折々などに~ (2, 0.1%)

1 彼は, 浅井に

▼ 折々にやりと~ (2, 0.1%)

2 笑って

▼ 折々ぱちぱち~ (2, 0.1%)

1 が止む, と遠い

▼ 折々ひときわ~ (2, 0.1%)

2 鋭く五位鷺

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 あれど, 山に

▼ 折々もの~ (2, 0.1%)

1 くれたり, を言いたげな

▼ 折々よっ~ (2, 0.1%)

1 てあげましょう, て今日

▼ 折々わたくし~ (2, 0.1%)

2 が寐

▼ 折々わたし~ (2, 0.1%)

1 が自殺者, に便りし

▼ 折々バイオリン~ (2, 0.1%)

2 を携

▼ 折々一方~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ 折々不意~ (2, 0.1%)

1 と訪れる, にはっきり

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 でも思い出します, までに見た

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 に洩, の男

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 が陋屋, の耳

▼ 折々公爵~ (2, 0.1%)

1 はクサンチス, は音楽

▼ 折々其処~ (2, 0.1%)

1 に戻, へはいつ

▼ 折々出し~ (2, 0.1%)

1 て見ます, て見る

▼ 折々勝手口~ (2, 0.1%)

2 の破

▼ 折々古い~ (2, 0.1%)

1 手紙くりかえし, 物の

▼ 折々可笑しい~ (2, 0.1%)

1 ほど事実, 程事実

▼ 折々~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 折々~ (2, 0.1%)

2 込む外

▼ 折々吹く~ (2, 0.1%)

1 ので火, 風が

▼ 折々夜半~ (2, 0.1%)

2 に看護婦

▼ 折々大きな~ (2, 0.1%)

1 声で, 笑い声も

▼ 折々大雨~ (2, 0.1%)

1 が降つ, が降つづく

▼ 折々~ (2, 0.1%)

2 が里方

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の灯, へ来

▼ 折々尋ね~ (2, 0.1%)

1 て来ました, を受けた

▼ 折々廊下~ (2, 0.1%)

2 でつかまつた

▼ 折々彼女~ (2, 0.1%)

1 の家, の手

▼ 折々彼等~ (2, 0.1%)

1 が育つ, の詰所

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の馬車, を向い

▼ 折々微か~ (2, 0.1%)

1 でもその, に鳴る

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の内, を痛める

▼ 折々忍返し~ (2, 0.1%)

2 をつけた

▼ 折々恐しい~ (2, 0.1%)

2 音し

▼ 折々感じ~ (2, 0.1%)

1 ている, て書い

▼ 折々拵え~ (2, 0.1%)

1 てみましょう, てみます

▼ 折々振り返っ~ (2, 0.1%)

1 ては話しかける, て見

▼ 折々支那人~ (2, 0.1%)

2 の詩集

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 がぱっと, を掠め

▼ 折々日光~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ 折々曲ぐる口元~ (2, 0.1%)

2 の愛らし

▼ 折々書い~ (2, 0.1%)

1 てあり, てゐた

▼ 折々書生仲間~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 折々未知~ (2, 0.1%)

1 の人たち, の獨逸人

▼ 折々松葉~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の地, の雲

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 が狂, にかけ出し

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 を飮むために眼, を飲む

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 のふち, のやう

▼ 折々汽車~ (2, 0.1%)

1 の停る, の窓

▼ 折々波風~ (2, 0.1%)

2 の起る

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 が出, を感じ

▼ 折々病気~ (2, 0.1%)

1 の同僚, を診

▼ 折々私ども~ (2, 0.1%)

1 へもくれた, へ使い

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 に仰い, をゆく

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の外, より外面

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 止まりて, 聴きを

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 をすすめた, を擱

▼ 折々老人~ (2, 0.1%)

1 などが悴, の咳払

▼ 折々聞える~ (2, 0.1%)

2 ところの

▼ 折々聞く~ (2, 0.1%)

1 が是, ことである

▼ 折々落ち~ (2, 0.1%)

1 ている, て来る

▼ 折々落葉~ (2, 0.1%)

1 する, を巻い

▼ 折々西洋~ (2, 0.1%)

2 の漫画

▼ 折々西洋奇術~ (2, 0.1%)

2 の貼

▼ 折々見かける~ (2, 0.1%)

1 がその, 柿色木綿の

▼ 折々見受ける~ (2, 0.1%)

1 ような, 奇妙な

▼ 折々読んだ~ (2, 0.1%)

1 事も, 句集の

▼ 折々賑やか~ (2, 0.1%)

1 な方, な都

▼ 折々赤き~ (2, 0.1%)

1 ふさの, 色または

▼ 折々足らぬ~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 折々通う~ (2, 0.1%)

1 て逢う, 猪鹿の

▼ 折々通っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て行く

▼ 折々遅ればせ~ (2, 0.1%)

2 に出かけ

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 の治下, を送ります

▼ 折々電光~ (2, 0.1%)

1 がひらめい, が物騒

▼ 折々~ (2, 0.1%)

2 丸に

▼ 折々非常~ (2, 0.1%)

1 に無邪気, に縁

▼ 折々~ (2, 0.1%)

1 が足, と馬

▼ 折々高い~ (2, 0.1%)

1 木の, 笑い声を

▼1* [770件]

折々あたりを払う, 折々あってそれ, 折々あったのです, 折々あっちこっちで聞え, 折々あつめては製本, 折々あなたの着物, 折々あらぬ方へ, 折々あれど斯く, 折々いつ会う日, 折々いでて此方, 折々いやな噂, 折々いわば人生より, 折々かがはれる, 折々うかがわれる風景であった, 折々うけていた, 折々うしろも振向いた, 折々うっすらと眼, 折々うわ言のよう, 折々おいで下さるの, 折々おかき下さい, 折々おかしくなって, 折々おとずれてくる, 折々おれが小さい, 折々お側へ罷, 折々お湯にお, 折々かいていい, 折々かう精神錯乱と, 折々かけかえられることも, 折々かすかにカサカサカサカサ, 折々かっと照りつける陽, 折々かれは背, 折々かんさんの部屋, 折々大変結構です, 折々くわつと野山, 折々こういうことが, 折々この世の日影, 折々こぼれるような, 折々これからの機会, 折々これらの漿果, 折々使用に, 折々ございますので官吏中, 折々さっと白雨が, 折々さまざまな見舞, 折々さわさわと木の葉, 折々て居ます, 折々しくじるとその, 折々しぐれるけれど早く, 折々しのび入りて, 折々がたを, 折々するだけであった, 折々せきをし, 折々せつかれる仕事の, 折々そう云う現象, 折々ぞっとするよう, 折々ただ一人で通って, 折々たのしみにし, 折々たよりをし, 折々ちらと見せられる, 折々つよい興味を, 折々といへない, 折々という文字が, 折々とぎれてはまた, 折々とんで来る, 折々どころでは, 折々なつかしく思い出される事, 折々にさえ鮮かに, 折々についてのめづら, 折々にも気の, 折々のすさびである, 折々はさまれていた, 折々はまるのまま, 折々はネ私の, 折々は種が飛ん, 折々ひっかけるような, 折々ひっくりかえしてみ, 折々ひとりの人柱, 折々ひやひやさせられた, 折々ひろげられ互の, 折々ひろ子は重吉, 折々びっくりして, 折々ぴかりとはげしい電光, 折々ふっと感じて, 折々ふと奥から, 折々ほいろにかけてお茶, 折々まじる大きな雪片, 折々まだあるよう, 折々まるい輝紅色の, 折々てやっ, 折々みそのが現れ, 折々みぞれの, 折々むかし友達には気, 折々やって行く, 折々やって来たでしょうか, 折々やや土溜りの, 折々よくよく自分の, 折々よこすお君, 折々よみ纏めて杏奴さん, 折々あっわ, 折々わしの兄, 折々われ知らず言葉の端, 折々われ自らバレン持ちて, 折々アクを取り, 折々インヴァネスの羽根, 折々クサンチスは台, 折々サヤサヤと花, 折々ザアと葭, 折々ザーとふきつけられ, 折々セラの方, 折々タバコかユリ, 折々チラと遠い, 折々ニトログリセリンの厄介, 折々ハンケチを上衣胸, 折々バターが買えない, 折々パッと異国, 折々パラパラと風, 折々パリの文壇, 折々ピニイの木の実, 折々フットボールが飛ん, 折々フランスとイギリス, 折々フーとなっ, 折々ポーッポーッと明るく, 折々ユーモアをまぜ, 折々ロッチの文, 折々ワーッと鬨の声, 折々一二本弱いの, 折々一人二人の叩く, 折々一日おきの留守, 折々一時間も此処, 折々一種の不快, 折々一緒にうたっ, 折々三味線の音, 折々上品な滑稽, 折々上屋敷に伺候, 折々下女さえいない, 折々下手な囀りを, 折々下男を飼禽場, 折々不審なこと, 折々不愉快なこと, 折々不気味な若い, 折々へのぼっ, 折々両国美術倶楽部にて古書珍, 折々中庭に入, 折々主人に挑まれた, 折々を見た, 折々二人の耳, 折々二度の髪, 折々云いつくせない光の, 折々亡くなった父や, 折々亡父よりも申, 折々交替に二三週間づつ陸地, 折々京都へ来ました, 折々人声は聞える, 折々人目を忍ん, 折々人通りの多い, 折々今日のよう, 折々仰せられます今日は, 折々仲間入りをさせ, 折々休みながら鼻, 折々休むことも, 折々休息をさせ, 折々会うことに, 折々までが自分, 折々の散歩場, 折々伸子も口, 折々伺いに来た, 折々伺候する部将, 折々低い声で, 折々佐伯へ行っ, 折々にかかる, 折々何とも形容の, 折々何事にもあれ, 折々何処へ行く, 折々何者にか煽動, 折々余り近くに, 折々余燼がチラ, 折々作品を発表, 折々佩剣をが, 折々侍従医長の屋敷, 折々便りが来た, 折々し目, 折々俳諧謠曲の會, 折々停車場へ出掛け, 折々健三の耳, 折々偸むようにその横顔をながめ, 折々傷む眉を, 折々元気が好い, 折々先方から手紙, 折々光って居る, 折々光りそれと, 折々光り物して, 折々光井にそういう, 折々入荷されます, 折々れと, 折々其の眼を, 折々其小屋へ食事, 折々に寄る, 折々内所で売る, 折々冥想せよと, 折々冬木立に風, 折々凡下ではいえない, 折々出かける赤阪の, 折々出た事も, 折々出前に入る, 折々出合ふ時, 折々出掛けて行, 折々切実に感ずる, 折々刺身を煮, 折々から来る, 折々前線からの騎馬, 折々剥げ破れた裏を, 折々割るのさ, 折々剽気た戯れなど, 折々動物が感じるだろう, 折々医師は戸口, 折々千世子に不愉快, 折々千代千代と云う, 折々卒倒したり, 折々南側にくっきり, 折々参りますのでございます, 折々夏に, 折々友達と呼び, 折々反省しようと, 折々かえ, 折々受けねばならぬ, 折々をつけ, 折々口ぎたない言葉を, 折々古くなり過ぎた悪い, 折々古賀の友達, 折々只ぼうっとして, 折々台所を抜け出し, 折々叱咤をいただき, 折々右手の拇指, 折々同氏を訪問, 折々名句を吐く, 折々名状しがたい, 折々吐いてゐる, 折々のよう, 折々吹いて来, 折々唸っていた, 折々問答の稽古, 折々へてゐる, 折々喊声は天, 折々をし, 折々四五十年前電車も自動車, 折々四方山ばなしをしかけた, 折々団扇で強く, 折々土人が食物, 折々坊主になりかけた, 折々と共に, 折々堂宇の天井, 折々堪らないやうに, 折々場内へ響き渡った, 折々をかけ合わせ, 折々変つてその唇, 折々夕方に通っ, 折々外して見せる, 折々外国人を暗, 折々計代が, 折々多少の風波, 折々になる, 折々夢想する通り, 折々大事を云い出し, 折々大変詩をよみたい, 折々大屋の醫者, 折々大火がございました, 折々天下堂の三階, 折々天秤棒を肩, 折々夫婦の耳, 折々奇兵を放っ, 折々奇矯の事, 折々奥様は差, 折々女優を附近, 折々奴等の吸う, 折々好まぬ相手にも, 折々妹達がそんな, 折々婦人作家たちがこういう, 折々媚びるような, 折々な事, 折々子供を見, 折々字引と首引, 折々学校の先生方, 折々へお, 折々連の, 折々実家へ参っ, 折々の障子, 折々宮門をうかがっ, 折々宴会を催したる, 折々家族と暮した, 折々宿命的に考へる, 折々宿直なども勤められ, 折々と静まり, 折々寝返りをうっ, 折々面倒で, 折々小さい茅屋が, 折々小さく動かしたり, 折々小やみにもなった, 折々小田原の新吉, 折々小石川の門巷, 折々小禽の啼く, 折々小説を書い, 折々小遣取りにいた, 折々小雨降る, 折々尻尾で蠅, 折々尼僧と共々, 折々ながらにいいえ, 折々居眠りをした, 折々山の上から西坂本, 折々岐路に立っ, 折々岡田の懐中時計, 折々岩角が肩, 折々岩野さんのお, 折々川上が貞奴, 折々左右の将, 折々差入れの卵, 折々差込みますの, 折々市内の墓地, 折々帳簿を出し, 折々床柱に背中, 折々底意味の知れない, 折々へも行くだ, 折々店員四五人をつれ, 折々座談会などでそういう, 折々庫裡で鳥, 折々を打つ, 折々廻附して, 折々引き返して敵, 折々弘道館へ出席致世話候様, 折々弱い心が, 折々往來する樣, 折々後足でそれ, 折々従容と歩, 折々御飯を一緒, 折々心憎い事を, 折々忌味をいわれた, 折々忍び音に啼い, 折々忠之に事務, 折々忠告もされた, 折々怒鳴りつけられて癪, 折々思いながら書かない, 折々思いかえしすっとしなかった, 折々思い直したように, 折々思って苦しく, 折々思ひだされるのは, 折々思ひ出したやうに, 折々思ひ出すよ, 折々思ひ出だされては流石, 折々思出したよう, 折々に私, 折々怪しくなる事, 折々恐ろしい夢を, 折々悠々と朝, 折々悪寒を催し, 折々愉快で溜まらないと, 折々愚直そのものと思われる, 折々感動の極まり, 折々感想を送り, 折々憂欝になる, 折々成功の時, 折々我が国においても実業家, 折々我夢の現に, 折々我慢し兼ねて, 折々我身の不幸, 折々戯れをいっ, 折々戯曲論を筆, 折々所感を公, 折々手ずからパンを, 折々手桶に汲み, 折々手足を, 折々払っていた, 折々折々其の眼, 折々拍子木と按摩, 折々招待された, 折々拡がったり縮まっ, 折々拵えさせるが先ず, 折々振り返つては, 折々振り返つて己, 折々振舞ひて, 折々掃除をさせる, 折々掛けてある, 折々掛けかえて置きます, 折々掛けられてある, 折々掬い取らなければなりません, 折々描いていた, 折々提出された, 折々摩尼講まあ日本, 折々撓まんとする, 折々攻め付けるので大概, 折々散るときだけ, 折々散歩すらんやう, 折々のどよめき, 折々文士のいる, 折々料理に箸, 折々うした, 折々新吉の顔色, 折々旅行に伴, 折々日曜にやって来, 折々日本の公使館, 折々日本人の短所, 折々日本橋通一丁目反魂丹, 折々日蓮を書い, 折々明るい女性たちの, 折々明方彼の部屋, 折々昏倒しかかるその, 折々昨夕の光景, 折々昨日の蒸返し, 折々時人の顏, 折々時計をながめた, 折々時雨はありましょう, 折々あらん時遊び, 折々暑い日が, 折々暑苦しそうに, 折々暗い水面から, 折々暴力否定論者になっ, 折々暴力肯定論者になる, 折々曇って寂しい, 折々更代に入っ, 折々書き継がれたらしく思われるものが, 折々書斎に出, 折々書物を持出した, 折々書見の眼, 折々最も印象的に, 折々の明, 折々月下の春, 折々月影が朦朧, 折々有りますからヘイ, 折々朋友に誘われ, 折々のうち, 折々期待にみちた, 折々木枯が激しく, 折々を曳く, 折々来る貴族が, 折々の下, 折々枝頭の若芽, 折々枯葉を取り, 折々にもない, 折々根太をも軋ます, 折々格外の安値, 折々桃子が不思議, 折々案じずにゐられなかつた, 折々が啼い, 折々植附や草取, 折々楓湖氏はベンケイ, 折々親しい友達, 折々榕樹を見出した, 折々樗門へ出仕, 折々を向い, 折々横道に反れた, 折々樫鳥までが吹き飛ばされ, 折々機嫌のいい, 折々のやう, 折々止ります荷を, 折々此の世に降し, 折々此人に手紙, 折々此儘伯林で死んだら, 折々歩いて来る, 折々の根, 折々母家の方, 折々気分わるいという, 折々気紛れの鳥影, 折々水位遣らずには, 折々水平線低く玄海灘, 折々水沫を飛ばす, 折々氷室のよう, 折々氷屋の旗なぞ, 折々のあやめ, 折々汚らしい洗濯物を, 折々沛然と驟雨, 折々河北の消息, 折々や元結, 折々泉原の方, 折々洗うことが, 折々津田の父, 折々眼を, 折々流れの向, 折々流れ来る其等の, 折々流れ込むからホント, 折々流星が長い, 折々の方, 折々へ出, 折々消えなんとした, 折々をも推拭ひつ, 折々深い悲哀が, 折々深雪女来訪酒がま, 折々清水の水音, 折々の景色, 折々湿っぽい小銃音の, 折々溪河へ魚釣, 折々漏れ聞ゆるにぞ, 折々漢中まで出, 折々漢学の急, 折々の方, 折々灯される灯火な, 折々炸爆する音, 折々烟草を呑ん, 折々無事に電氣, 折々煙草の煙, 折々黒い物, 折々熱帶の植物, 折々の間, 折々爪先が彌生, 折々が沁, 折々の尻, 折々牛込の方, 折々の肉, 折々物具の手入れ, 折々物品の紛失, 折々物思いをする, 折々物案じをするらしく, 折々物議の種, 折々狐色の外套, 折々独寐する晩, 折々狸寐入をする, 折々現代の曲直瀬道三, 折々の昔, 折々用いている, 折々や畑, 折々田畑に出, 折々男装したり, 折々の若い, 折々當番の船員, 折々をすつ, 折々疑う事が, 折々走った懸声, 折々病氣の同僚, 折々痛烈なこと対者, 折々発する絶望の, 折々発表して, 折々登城しては, 折々登山者を苦しめる, 折々白壁や宏壮, 折々白鷺の羽音, 折々に話題, 折々の清水, 折々目撃した, 折々目金の縁, 折々を顰め, 折々看守が通つて, 折々元朗, 折々眼鏡を掛けた, 折々着る白いバンド, 折々着物についての御, 折々矢来の閑居, 折々知人や未知, 折々短い鋭い口笛を, 折々にひびく, 折々石油を振りかけ, 折々の上, 折々確実でない学者, 折々磨いてやらね, 折々祖父に伴, 折々秀吉と共に笑声, 折々秩父の紀行文, 折々移つた為に, 折々種々に劬, 折々稲妻が閃い, 折々稽古本抱え, 折々突調子もない, 折々窪地へ颪, 折々窮屈そうに膝, 折々立ち留まって, 折々立って歩い, 折々笑って見, 折々に塵払, 折々築地に母, 折々を持ち上げ, 折々米利堅粉で饂飩, 折々のやう, 折々素人が欺, 折々素子がそう, 折々細い聲を, 折々細君に向っ, 折々紺屋の干場, 折々経験して, 折々継ぎ足さなければなりません, 折々緑青毒の交った, 折々編輯を助け, 折々緩み勝ちに, 折々繙いている, 折々繪筆を取る, 折々繰り返すことあれ, 折々繰返されてるが斯, 折々老婆がダシコフ, 折々考へる事が, 折々耳側て時に, 折々聞いた事が, 折々聞えたり聞えなくなっ, 折々聞かされるので其度毎, 折々のあたり, 折々脅かされていつか後醍醐, 折々腹の中の事, 折々を擦する, 折々臨席したが, 折々自己に省, 折々自覚した, 折々剥を, 折々の運転, 折々の梯, 折々船端を打ちつけ, 折々の着いた, 折々が揺れ, 折々若いうちに, 折々がい, 折々苦いことを, 折々英語を記し, 折々を呑み, 折々荷車が通っ, 折々葉書で友人, 折々著しく眼に, 折々眼を, 折々薄目を開け, 折々がひらひら, 折々ふに, 折々行かなくちゃあならん, 折々行きかふ, 折々行く人が, 折々行われてきた, 折々行人の肩, 折々行方を遮り, 折々衝突が起ります, 折々表情のない, 折々遣候, 折々襖越しに和尚, 折々襲ってくる, 折々襲つて行くその, 折々西洋料理や西洋菓子, 折々西洋料理屋へ往, 折々西行芭蕉の名, 折々西風が煙, 折々要地を指し, 折々見えない力に, 折々見かけたものであった, 折々見せつけるともなく, 折々見やる尻目おそろし, 折々見ゆる若い者, 折々見ようと考えます, 折々見られたであろうと思う, 折々見れば寄宿舎, 折々見合って居た, 折々見掛けた時分には, 折々見物の席, 折々見舞に来る, 折々見舞いの手紙, 折々見舞っていた, 折々覗きに参りました, 折々からない, 折々言う抱月の, 折々言教て誤, 折々言葉の端, 折々記憶の裡, 折々記載される廢物利用, 折々訪ううちに, 折々訪ねてゆく, 折々訪れてくれ, 折々診察を受け, 折々試みていた, 折々試験するけれども, 折々詩吟などをやります, 折々詰らぬという, 折々話しかを呼びます, 折々話しかける父親に, 折々話した事を, 折々話題に上った, 折々語り出でては友人間, 折々誤認されるの, 折々読しめ忘ること, 折々読みいつも薄手, 折々読むときっと, 折々読んで氏, 折々か, 折々談声が聞え, 折々大将と, 折々議論をする, 折々な身振り, 折々變更されるの, 折々を食べた, 折々貞之進をせびる, 折々財産争いというよう, 折々貴方の表現, 折々購求して, 折々赤坂を見舞っ, 折々起ったことである, 折々起る人々の, 折々を深く, 折々足もとへ落ちる, 折々の年老いた, 折々跳ね廻るのを, 折々を切る, 折々車掌さんがヘッド, 折々軽い響を, 折々軽妙な洒落, 折々載せて欲しい, 折々迫られましたがその, 折々退け折々冥想, 折々退治られる, 折々つてもらひ, 折々送ってくれる, 折々途上で顔, 折々通つてゐたが, 折々通りか, 折々通りがかりの旅人, 折々通る人影が, 折々通過する小, 折々逢う毎に, 折々遊軍的に質問, 折々運命の間違い, 折々道化にことよせ, 折々違つた男と湯治, 折々遠方でポロ競技場, 折々て居た, 折々避難者の馬車, 折々邂逅う五分刈, 折々へ出, 折々酒井雅楽頭忠道の屋敷, 折々里心が首, 折々重量を試す, 折々を刺し, 折々鈍い刺激を, 折々鉄管が凍っ, 折々銃声が響き, 折々鋭い稲妻の, 折々鎌倉の夜, 折々に来, 折々閉口して, 折々開けて新, 折々間外れな溜息噛, 折々閼伽の水, 折々降ってくる, 折々降りか, 折々降るがぬくい, 折々陽脚を仰いだ, 折々随筆の真似事, 折々障礙せられるので, 折々袋から, 折々の気合, 折々の声, 折々雑誌の上, 折々雪中に彳ん, 折々のよう, 折々雲霧に見舞われる, 折々電話のベル, 折々電車の響, 折々のうごく, 折々霹靂とともにおそろしい, 折々青年にし, 折々静かな部屋, 折々をそむけ, 折々面白き女客と, 折々面白げに外, 折々響いて来る, 折々頂きたいと思います, 折々風呂を招, 折々風呂小屋を覗き, 折々颯と吹く風, 折々飛立つ白鷺の, 折々食べた事が, 折々をかく, 折々香具師の材料, 折々香華を手向け, 折々馬鹿騒ぎをする, 折々騙されて空手, 折々驚歎の私語, 折々高かった, 折々高氏の姿, 折々鬼柴田の角, 折々魚商と気象, 折々を逆さ, 折々鳴らす鉦の, 折々の声, 折々黙然と不興に, 折々の尻尾