青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「折~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折
折~
折々~ ~折っ 折っ~ ~折れ 折れ~ 折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け

「折~」 7816, 84ppm, 1320位

▼ 折から~ (832, 10.6%)

3 [11件] そこへ, だつたので, で, なので, 一台の, 下坐, 店口にて, 淋しくて, 私は, 秋の, 通りか

2 [55件] お忙, お目出度, ここの, こよい, その日, だった, だったので, でも, どうと, のけぢめ, はじめてこの, エンヂンの, グツと, バスが, 一人の, 下の, 世話やき, 他の, 伜の, 入口の, 別なる, 午後の, 向うの, 向の, 向より, 土蔵の, 地方巡業の, 夕餉の, 夜の, 山中の, 彼の, 彼は, 手の, 日本の, 昇つた月の, 暑さ, 根なし, 毛利と, 淡々しい, 父母の, 玄関の, 直の, 空の, 突然まだ格子戸, 縁に, 縁の, 聞えはじめたの, 近所の, 門の, 雨が, 雨に, 雨の, 電話の, 面白き新, 靴音たれ

1 [689件 抜粋] あたかも官報局長, あたりも, あなたの, あのよう, あの辻, ありそう, いっぱいの, うららかな, おからだ, おのずから猟奇, お京, お累, お釈迦様の, かつては, かの八蔵, きのうきょう厚生省と, こうした科学論, ここに, このたび, この上, この但馬守, この地, この小次郎, この気分, こぼるる, これはと, こんな処, ごそ, さし上つた日輪, さし登る, さし込む月, さつまいもの, さる方, ざあ, ざっと吹ッ, すでに他, そこに, そこを, その令嬢, その朱実, その紅, その若者, その青年, その食堂, たちまち向こう, たっぷり日が, だから, だそう, だつた, ちょいと, ちょうど居なかった, ちょうど平賀鳩渓, ちょうど鎧, であ, であった, でありますが, である, でしたので, でした染模様, です, で一部, で彼女, で象, とん, どうかした, なかなか示唆, なり, なりあの, なれば, はからずも同居, ひよい, ふと思出, ふと手, ぶくぶくと, ぶつぶつと, ほととぎすを, また, また友人, また夏侯惇その他, また黄巾, やって来た炭車, ゆっくり登っ, ゆゑ誠に, ようございました, よろよろと, わが大君袁紹, アゴスチノ小西行長が, インドへ, ウェエタアが, ジャーという, ストップに, テーブルを, ノズドゥリョフは, バラバラと, ボーイス, マニラの, マートン技師が, ヴェルダンの, 一ぱい花を, 一九三一, 一員の, 一夜の, 一室處より, 一度は, 一挺の, 一段と脊, 一脈新鮮な, 一行の, 一陣の, 一頭の, 三月八日の, 三月十六日の, 三通の, 上汐満, 上洛中の, 下では, 下着なし, 不元気, 久斎が, 乗込む女, 九月下旬の, 二三日降り, 二歩三歩前に, 二竜山の, 京では, 京方に対し, 人通りが, 人通りも, 今の, 以前の, 仲秋の, 伊沢の, 伊藤の, 伴働きの, 佐原山の, 何う, 何か, 何一つ苦労, 何者にや, 來合せた, 係り同心の, 信忠以下二条城内へ, 停車場に, 停電帰る, 側近くい, 偶ま, 偶然銀座の, 兄や, 先程から, 全日本を, 兵士を, 冬に, 冬の, 処を, 出て, 出行きし, 切迫した, 初まつ, 初秋の, 到底この世, 到着した, 前にも, 前衛の, 勃発した, 勅使督郵は, 十一月の, 千貫の, 卒然崛起し, 印度副, 厚生省が, 厭な, 又もや雲, 又一しきり場内, 又仮初, 叫び出された文芸復興, 右御, 号外号外の, 同じ宿, 同じ道, 向ふよ, 君を, 吹いて, 吹く風, 咳入る, 唸るよう, 四五人どやどや, 四国征伐の, 四番目に, 国際劇場の, 地方の, 執拗に, 堤防伝いに, 夏休みにの, 夕刻だった, 夕日を, 夕颪颯と, 外より, 外出より, 夜具を, 夜学へ, 大次郎が, 大臣に, 大雨に, 天地晦冥雹の, 天空低く, 太守丹後守は, 夫理学士は, 奈良の, 女学校の, 女形とともに, 好況後の, 妻の, 始終ふさぎ, 子供を, 安売の, 安田一角は, 実に快う, 実の, 客観的な, 家も, 家内一同な, 寒月子は, 寒気は, 対アメリカ戦の, 小春凪の, 小春日の, 小紋の, 小間使の, 少いもの, 尚お, 尚ほ, 居合せた一人, 居合わした, 居合わせた村井長庵, 居合わせた警視庁, 展開される, 山形県史蹟名勝天然記念物調査委員会の, 島原の, 川端康成氏の, 左将軍張, 市人の, 師匠東雲師は, 帰郷中の, 幼稚園の, 幾度びもそんなことを耳に, 庭に, 庭の, 庵中嚢中無一物な, 廻廊を, 弁兆は, 弁天堂の, 張込ん, 当お社, 彼等の, 待ち構えて, 後続の, 御大切, 御親類一, 心に, 心臓に, 忙しい中, 快晴した, 忽然とし, 思ひがけ, 愛国行進曲を, 慈君の, 所行無, 批評文学にとって, 押丁の, 撃ッて, 撥ね上る水面, 放課の, 新十郎, 新日本, 旅行好きで, 日比谷の, 昇る月, 明夜は, 星一つ見えません, 春の山の, 時雨が, 時雨の, 晴れ晴れと, 晴間を, 暮れ行く, 曇天に, 書類入, 月が, 月に, 月明煌々の, 朗かな, 朝日が, 朝雲は, 本当の, 本所の, 来かかった川俣, 来かかる一人, 来て, 来合されたり, 来合せた客, 来合せた左片盤, 来客が, 来朝中の, 東野夫人の, 松並み木の, 松平伊豆守は, 枯葉の, 柳桜緋桃の, 栗の, 格子を, 桜花は, 森閑と, 横を, 横手から, 此家の, 此方を, 歯磨屋の, 殊に人間, 殿の, 水死人の, 汝南の, 汽車が, 沖を, 河出書房版新, 洗いものを, 流れて, 浚渫中の, 海豚の, 淡り, 混んで, 潮も, 灯籠の, 炉の, 烈しき戸鈴, 烈しく降る, 焼芋, 照り渡る, 爪尖, 父親の, 爽やかな, 物品愛護の, 猛しい, 玉乃が, 現場に, 琵琶を, 生れて, 生田馬場の, 用事が, 田圃の, 町にも, 町並の, 番卒共が, 異香, 畳障りの, 當番の, 疾走し, 発動機の, 白い花, 白髪天窓に, 目明しの, 相川より, 相手の, 真白な, 真赤に, 矢部と, 碇泊し, 磧の, 神田連雀町金清楼の, 祭日で, 秀吉は, 穴山梅雪一手の, 空っぽの, 空には, 空を, 空襲実況中継放送中の, 突然田舎親戚, 窓の, 立って, 立籠める, 端午の, 竿竹売の, 笙歌に, 紅葉し, 紫の, 細かい宵, 縁へ, 縁側に, 羅に, 翩, 翩乎と, 聞える太鼓鉦, 背後のみ, 自分で, 自分もちや, 自然的に, 自然雨の, 興隆期に, 船の, 芬々として, 英国に, 茜色の, 荒れ狂うた浪, 荒物屋の, 荘厳な, 菊朱葉の, 萌しはじめたもの, 薄暮の, 藩の, 行手に, 行違った, 街の, 衛門から, 表の, 表格子, 被官稲荷の, 裏門の, 西南の, 見えた馬超, 見慣れて, 見遣る彼方, 誘ひに, 諜報が, 警戒の, 買物に, 質子として, 赫々たる, 起き出たおこよ, 越後屋に, 身を, 身体を, 軒を, 迎えに, 近ごろ自分の, 迫った夕闇, 透間洩る, 通りかかった, 通りかかった一名, 通りかかった了哲, 通りかかった若者, 通りがかりの, 通り合せた, 遊びに, 運ばれて, 運よく, 遠くより, 遠山青年の, 遥か彼方, 選挙たけなわの, 酒を, 野原は, 野間清治の, 金に, 鐘が, 長く乱脈, 門で, 門には, 門へ, 開催の, 開催中の, 閑散期, 閣員の, 關所の, 附近の, 降って, 降りが, 降り出した満天, 陽も, 隆景の, 雀が, 雨にて, 雨も, 雨天でも, 雨降り出したれ, 雪の, 雲の, 雲清寺の, 雲間を, 雲霧は, 露地の, 青木雄策が, 靴音剣摩の, 頼もしい, 顔を, 風に, 風の音だ, 風は, 風邪気で, 颯と渡った, 食卓を, 飲み友達, 馬は, 馬車の, 駆け付けた部下, 駿卿来かかりぬ, 驅け, 高力家の, 高射砲は, 鵜殿は, 鶏の, M子さんが

▼ 折~ (723, 9.3%)

102 ふれて 34 ふれては 25 触れて 17 触れては 7 して 5 つけて, ふれ事 4 それを, 書いて, 触れ事, 觸れ 3 なった, ふれての, ふれ機, 入れて

2 [18件] つけ私達, つめたカステラ, なる, なると, ふれ時に, 丹波の, 僕の, 幾度か, 弄んだ銀笛, 思いがけなくこの, 父が, 私は, 舟を, 触れつつ, 触れ時, 触れ興, 詰めて, 逢ひ

1 [464件] あいたま, あずかって, あちらへ, あなたの, あのよう, あひたる, あひぬ, あやか, ありがたい忠言, あるあどけない, ある人々折節, ある疲れ, あれらの松並木, あゝいふ, いいつけて, いいましょうが, いうその, いくらか心がけましょう, いただいた黄金, いちど大和へ, いったので, いつかの, いつか聴こう, いつも室生さん, いつも感じる, いやもう, いわゆる柳絮, おたがい, おっしゃいましたお, おれの, お前たちも, お招き, お母さまが, お母さんも, お目通り, お経, お話したごとく, お辰, お關, かしこくも, きいたこと, きめること, くれぐれも頼ん, こういう言葉, ここを, この三首, この大将星, この池, この老, この花, この駕籠, こまらないよう, これは, これを, ございます, さかのぼらなければ, しくぞ, した懐中, した手拭, した横綴, しっかり見覚え, するやう, ぜひこの, そちが, そっとお, そっと返し, そなた, その中, その事, その令嬢, その勢い, その問帳, その家, その怪, その故, その語, そんなこと, そんな文官, たて續けに, ちょっと口, ちよい, ついたでしょう, つい口走った, つけては, つけ四郎, つぶやいたよう, つめ菓子, である, できた女, とある神, なさらなくては, なって, なるの, なるまいもの, にわかに御, のみ用, はきまつて, はにかむよう, はわれさ, ひとつの, ひとり御, ふく鷹笛, ふと, ふと満, ふるるごと, ふれ, ふれいうの, ふれお, ふれこうして, ふれたる, ふれた作, ふれつ, ふれひそか, ふれ云われて, ふれ噂, ふれ子供, ふれ思いいで, ふれ慰めたり, ふれ時, ふれ漏らした感想, ふれ物, ふれ紙片, ふれ綴った和歌等, ふれ興, ふれ若い, ふれ荊州, ふれ見せて, ふれ面白い, ぶつかったもの, ぶつぶつ呟いてる, またお, またこんな, またも, また二十九歳, また娘婿, みんな魂を, もし私, やつと, やられたから, よく見かけた, よりよりわし, よんだの, わたくしは, われ知らず唇を, オーカミイナリの, ギリギリと, ジーット一つ処を, ソローハは, ラスク長官が, 一円三十銭で, 一勢を, 一寸引合に, 一度や, 一度忘れられない, 一度見た, 一所に, 一服の, 一箇条他の, 一通りの, 一食は, 一體先生は, 不意に, 主人が, 乾物屋の, 二人が, 二人で, 二人を, 二歳に, 亡夫の, 交わした良人, 京都へ, 人は, 人馬千魂の, 他が, 以上の, 仰いだ信長様, 休養と, 伸子も, 伺いましたな, 伺い直そう, 住む以外, 佐助を, 何が, 何やら書い, 余は, 余り害に, 余程話, 作る, 例も, 保子一人へ, 俵一八郎の, 備へ, 働いて, 僕たちが, 僕を, 兎角手数, 入ったの, 入れてな, 入浴する, 兩書とも, 八五郎に, 八十艘の, 八幡屋といふ, 公会堂の, 円浄房へ, 出たの, 出でなば, 出る古着, 出家を, 出遭うと, 分らない点, 初めて九鬼殿, 別れて, 別れましたから, 剣菱が, 加へ, 劣らぬ興, 十八名の, 千円の, 千宗易の, 厳丈な, 又二十九歳, 又例, 又其の, 叔母から, 受け取った三分の一, 口を, 右の, 同師, 同郷の, 和尚が, 唱える言葉, 囲碁の, 国の, 園の, 埋めようと, 夜な, 大坂城と, 大小を, 大怪我, 大旱に, 大若衆, 大進物, 天皇は, 夫を, 夫迄, 奴婢百余人を, 姫路へ, 娶ろうと, 宮本家は, 家出を, 寄り集まって, 寧子との, 屍を, 屡々使つた詞, 山谷の, 山陽の, 年寄りなどが, 幼いわし, 幾ら幾らと, 引き断りたる, 当って, 当りました, 当時児玉郡で, 彼女が, 彼女は, 彼自身の, 往々村, 従いて, 御不興, 御嶽に, 御発病, 御覧なすっ, 心が, 心づけたる彼媼, 心配の, 忠義らしい, 思いのたけを, 思い出したの, 思い出すな, 悠々と, 悪い者, 意外な, 感じたよう, 感じるちょうど, 感ずる一種, 戦場から, 戦歿し, 截断によって, 戸隠の, 房内から, 所領も, 手紙を, 押入の, 招ぜられたる手術室, 招提寺を, 拜領した, 拝借した, 拝領した, 掴んで, 描いた白描あたり, 描いた自画像, 描かせては, 援助を, 改めてまかり出ましょう, 改めて父, 改正されれ, 放蕩無頼で, 数氏の, 敵の, 文楽の, 断片的に, 新しい手拭, 新聞が, 時平は, 暇を, 書いた文章, 書かうと, 書きのこしたか, 書き記して, 書けるならイリーン, 曹操が, 曹操へ, 東京から, 林の, 果たして夏侯惇, 柔和な, 樹竹を, 櫓を, 武蔵が, 死んだ母親, 母から, 母の, 毎々勧告, 比企氏の, 気を, 水挿の, 河原の, 油断を, 法師仲間で, 法水は, 泣き言を, 泣女を, 洋造が, 溜りの, 漁師が, 火を, 火鉢の, 無動寺では, 無理強いされし, 熱狂した, 燒けて, 父に, 父の, 父を, 父様に, 生れました, 生田葵山君の, 用いた薬品, 用いられたもの, 町の, 畳むん, 畳んで, 疊んで, 病の, 発する醜い, 的場図書どのを, 益, 盛名を, 目も, 相見, 眼を, 着物の, 禍の, 福岡と, 福草履と, 秋子の, 秋川に, 空襲で, 突き立てた箸, 立って, 筆を, 筍が, 簡単な, 紙を, 経験した, 置いて, 義朝は, 羽柴家の, 老僧, 聞いても, 聞きけること, 聞込むこと, 臍を, 臨み水底, 臨んで, 至りたまいし時, 草餅を, 葡萄などを, 藤村という, 虐待せられた, 衣服を, 見えた, 見かけたこと, 見かけた人家, 見た姿, 見た山科, 見るしか, 見覚えた朧ろ, 覗いた夕暮, 触れ, 触れたる講話等, 触れた今, 触れての, 触れ時に, 触れ資治卿, 言ったこと, 言ひしが如く, 言出し, 訂正したく思っ, 証文を, 話しを, 詳しく相談, 誓ったこと, 誠忠廉直の, 読んで, 誰からとも, 誰よりも, 談話の, 貴方を, 買つて来た, 賢木を, 赤十字の, 踊り狂ったもの, 車を, 逃げて, 途中与, 這入って, 通行券が, 逢ふらん, 遇へ, 運悪く, 都へ, 配置し, 釈放された, 鋭くその, 鋳鉄業を, 附添にな, 隆中の, 隣りに, 隣近所の, 雲原明流先生の, 青白い光, 面へ, 頬冠り, 頭に, 顔を, 願うても, 飛入りを, 飾りなき, 首を, 魚を, 鳴りひびいて, 鼻を

▼ 折~ (564, 7.2%)

15 やうに 10 ように 8 ことを 6 事を 5 やうな, 屏風の 4 ついた着物, 屏風が, 彼の, 私の 3 こと, ことだ, ことで, 一つも, 作, 姿は, 小屏風, 模様を, 議論を

2 [27件] きたるべくうつくしき, ことなどを, ことは, ために, 中へ, 事ある, 事である, 事は, 事も, 人物に, 包みを, 外は, 屏風を, 底へ, 心の, 日記に, 有りもやすと, 歌, 氏の, 深底, 滝だって, 祝言は, 約束を, 紙石盤やら, 股引に, 自分の, 鮨を

1 [418件] あなたが, あなたの, あらゆる表情陰翳, ありもや, あるごと, あるの, いい折, いかにも空虚, えせ歌, おいいつけにござりまする, おまわりさんに, お住いです, お作, お催し, お力添え, お勘定, お友達, お叱り, お小屋, お肴, か, からに, ことが, ことこの, ことさて, ことじゃ, ことその, ことだった, ことだったろう, ことである, ことでございました, ことでした, こととて, ことなり, ことにて, ことにてぞ, ことらしい, こと花が, この会合, この突然, すみどなりけれ, せいであろう, その嬉し, たゆた, とおりな, なかへ, ひくい屏風, ひとつも, ほうな, まつり, ままに, ままは, まま懐紙で, まま昨今の, まんままあ, もので, ものの, ようであった, わが責, わたしの, わるいよう, われらが, ハンカチと, フロツクコートだけは, メモを, メリヤスの, 一人であった, 一戦は, 上から, 上総介信長さまにも, 不思議を, 不自由も, 不覚を, 世話に, 中には, 中の, 乗合い, 事この, 事で, 事です, 事とや, 事どもを, 事何処へ, 五千万円の, 井伏さんの, 人数は, 人物と, 今年に, 他には, 仲人でした, 休み茶屋である, 休憩所で, 会場は, 低い子守唄, 住みし家, 作である, 信長の, 備にとて, 優秀炭質を, 光景を, 入城祭りは, 写生帖が, 写真と, 写真を, 刀傷を, 分も, 勧誘通り明日行く, 包紙や, 十円札へ, 十竹斎風なる, 半紙に, 半紙十数枚を, 印象を, 厚紙に, 原則として, 厭ふべき, 又兵衛の, 叔母に対して, 古記に, 古足袋, 可愛らしさ, 可憐さに, 右端に, 右馬介と, 合戦は, 君枝の, 味気無, 回廊も, 図を, 境遇で, 変人だ, 外へ, 大原氏の, 大工棟梁あばたも, 大店, 大慈悲, 大火災, 大物持, 天候は, 天武天皇の, 太夫の, 女子の, 好い瞬間, 妄執として, 妙に, 始末を, 嬉しさ, 嬰児が, 子としての, 実状を, 家は, 家へ, 寄るを, 密語は, 富豪です, 将軍の, 将軍家の, 小さな屏風, 小册子, 小言で, 小説構想に, 少し大きな, 少女の, 尼さんの, 屋形船の, 屏風で, 屏風に, 屏風押し明け, 山浦真雄が, 山逕に, 岩岨道で, 峠道を, 常の, 底を, 座の, 座興に, 式である, 式に, 張飛でござる, 当然な, 役人の, 彼は, 彼女の, 後味の, 得意さ晴れが, 御参考, 御行列, 御製と, 御製の, 御馳走に, 心ならひ, 心地は, 心持ちに, 心持ちを, 心持で, 心輕げなる, 怖ろ, 思いちがいを, 思いを, 思ひ付き, 思ひ出, 怪猫は, 恐ろしさ, 恩を, 悦びも, 悪いの, 悪い時, 情景が, 情景は, 惨めな, 意匠に, 意味あり, 意気組は, 態度に, 慶長九年には, 懊悩は, 懷ろ紙, 或る, 戦場に, 手から, 手紙である, 手紙を, 抄本を, 折を, 抱一の, 指揮者としては, 採用試験に, 支那兵の, 文章自由画, 新しい発見, 新唱之, 新聞包を, 方が, 方向に従って, 日, 日眼女へは, 日記は, 早百合, 明るい道化, 時代の, 景色の, 書付なども, 有様を, 朝の, 朝倉先生を, 木の, 末に, 本草会の, 朱具足の, 束が, 条文によって, 来るの, 枕屏風に, 枕屏風の, 柳行李を, 桟敷又は, 梅も, 植木の, 楽しみと, 槍前よりも, 様に, 様を, 様子で, 樣な, 横顔を, 機嫌は, 機根相応に, 歌は, 武者の, 武蔵どのは, 歸途の, 母が, 母は, 母親の, 気持が, 気持だつた, 気色を, 汽車の, 油絵, 法螺の, 流鏑馬に, 浜の, 淡彩を, 火事だ, 為めに, 烏帽子の, 無いうち, 無意識と, 然も, 物持ち, 物持ちである, 物持で, 物足らな, 犯罪が, 献立が, 玉音を, 現は, 瑣事が, 田楽女では, 甲斐甲斐しいいきごみ, 男と, 男を, 男一人片手を, 画箋紙なぞを, 癖と, 白い衣, 盤の, 直ぐな, 眞白に, 真昼など, 真相を, 眠さ, 破損かも, 礼には, 礼を, 私たちには, 私としましては, 空想も, 窓, 筆など, 箱を, 節と, 紀念と, 紀行をも, 終りて, 経験に, 綾麿に対する, 編笠に, 美しいし, 美しさ, 義臣の, 翁が, 老僧, 聯想いちはやく, 胸の, 脳細胞の, 腰屏風の, 腰手拭と, 自分に, 自動車の, 色氣の, 芭蕉翁の, 苦しさ, 茶入れの, 菓子にすら, 葢の, 葢を, 葭簀屏風に, 葮の, 蒋幹か, 蓋が, 蓋にでも, 蓋を, 蓋取れ, 蓑に, 褄を, 西洋紙が, 見物の, 覚悟の, 観光記を, 観察によっても, 計の, 訓誡を, 記憶が, 記憶を, 詔の, 話しとくな, 話だ, 話で, 話なども, 話題に, 話題の, 詳しい事情, 誓約にも, 誠に杜撰, 諸大名, 負けざまは, 財産よし, 足利勢が, 身軽に, 軍司令官袁紹の, 軸が, 軽いお, 返礼に, 返辞としては, 逍遙に, 速力を, 連想が, 道すがら九段, 道を, 選者委員の, 酒に, 酒屋じゃ, 酒屋で, 重味が, 重臣という, 金屏, 金持です, 銀屏である, 長い幟, 長歌竝に, 門人だ, 開校式, 関係と, 陳謝を, 隠居の, 雜, 雲の, 青の, 面影が, 音頭の, 顔と, 風景は, 骨を, 鮮かな, 鵞群帖の, 鷹揚な, 鹵簿を

▼ 折~ (430, 5.5%)

19 あらば 1713 なかった 9 折とて 6 あれば, 折この, 折である 5 折な, 折に 4 あった, あれ, 折その, 折であった 3 あるまい, あろう, あろうに, よし, 折そこへ, 折だった, 折ちょうど, 折です

2 [23件] あつた, あらうが, あらばと, ありましょう, あるかと, あること, あろうかと, あろうが, おりなので, ないで, なかつた, なくその, なくて, なく本箱, よしです, よしと, 寒き折, 忙しい仕事, 我が組, 折再度, 折戸外を, 折火事に, 持って

1 [258件] あったら見舞ってたも, あって, あらせたま, あらむとおもひて, ありき, ありしを, ありました, ありましょうと, あります, ありませうから, ありませんが, ある, あるだらう, あるだらうし, あるだろう, あるであろう, あるの, あるべし, あるべしと, あるまいちょうど, あるまいと, あるやう, ある位, あれこの, あれ嗚呼, あろうけに, あろうと, いった, いつもの, いつも範頼, うまく見つからない, おりいま, おりだ, おり丸山公園, おり十兵衛, お救い, ございましょう, ございますまいから, ございません, ござろうが, しありなば, しようが, し舞ひも, すぐ思い当りまいた, すでに奉行所, そのため, その嘆き, そんな口調, だいぶあった, つい伸, ないが, ないだろうが, ないだろうと, ないところ, ないので, ない江戸, なかつたから, なかつたが, なかつたの, なくあじきない月日, なくきょう, なくどこ, なくむしろ, なく不孝者, なく世, なく今日, なく別れた, なく失礼, なく平次, なく心ならずも, なく悶々, なく打ち過ぎ, なく文, なく暫し, なく枕辺, なく柳橋, なく権利, なく歩きつづけ, なく気, なく生き永らえ, なく町内, なく筆, なく至極, なく過ぎ, なく過ぎました, なく過し, なければ, なし, めったになく, もっと告げたい, もっぱらその, よく, よくその, よく巽丸, よく海鼠壁, よく知っ, よしお, よしこ, よしちょうど, よしゆっくり, よしよい供人, よし人, よし人目, よし人穴城, よし信雄, よし四, よし大学, よし年, よし村, よし母, よし番, よし遠慮, よし那古屋, わるく, わるくその, キモノは, 一円の, 二人の, 二度と故郷, 交って, 今年の, 今日も, 伺いまして, 何は, 信長が, 信長の, 信長は, 内輪には, 再びランターン, 友人の, 双柿舍, 可有, 同じ包装紙, 同じ様, 壁により, 大雅, 夫は, 奉行の, 好しこれ, 好し甲州, 孔雀明王の, 孤城五千の, 小国ながら, 少ないだろう, 店の, 彼のみは, 悪くすぐ, 悪く早, 所蠅男の, 手前が, 折あなたという, 折あの, 折いざ, 折いまは, 折お, 折おなじく, 折かの, 折から, 折からと, 折さらに, 折じっと, 折せっかく, 折だ, 折で, 折であり, 折でござった, 折と, 折という, 折なる, 折なれ, 折にこやかに, 折ふと, 折まことに, 折またもや, 折まるでわざと, 折ゆうべも, 折ゆうべ深更に, 折ゆえ馬揃いで, 折りそういう, 折りその, 折りまことに, 折わしの, 折丁度, 折世界戯曲全集と, 折丹三郎いささか, 折人家の, 折今夜甚太郎が, 折今度は, 折侍中辛毘から, 折其處へ, 折写真に, 折同じ, 折呉主, 折図らざる, 折国中を, 折夜来の, 折夜見ヶ浜からの, 折定家卿から, 折実業家ヴェーゼンドンクの, 折客と, 折左馬頭義朝が, 折席も, 折幸田酒月の, 折彼は, 折彼方の, 折征途から, 折心もとない, 折心魂の, 折文壇の, 折早馬で, 折昨夕お, 折時なる, 折時も, 折普請奉行の, 折曹操からの, 折東京の, 折松岡外相の, 折構内に, 折江北から, 折河北の, 折渭の, 折牛肉で, 折盂蘭盆の, 折秀吉からの, 折稲光り, 折穴山梅雪の, 折端午の, 折細川忠利公に, 折群集の, 折臨月に, 折蔡和蔡仲の, 折警視庁の, 折鎌倉からは, 折関東一帯の, 折霊帝が, 折鳩山さんの, 曹操から, 有っただろうと, 有る為, 来に, 松平大膳大夫の, 梶は, 次の, 無いで, 無かった, 眼鏡越しに, 矢張りあゝ, 祈新妻, 福田氏は, 稀である, 肝腎な, 肝臓肥大ならびに, 草の根松の, 見計, 送る女, 鑑定課に, 随分ある, 黙視し

▼ 折~ (402, 5.1%)

94 見て 19 持って 12 見ては 11 みて 9 待って 6 得て 5 して, 出した 4 狙って 3 提げて, 見付けて, 高く取っ

2 [12件] うかがって, そこへ, 下に, 届けて, 押して, 振り上げました, 杖に, 狙つて居た, 見すまして, 見つけて, 見計らって, 開けて

1 [204件] いと恐ろしくおも, うかがうの, うしなって, おどおどし, おはずし, おろさずに, おろした裾, おろすと, お待ちする, お手本に, かかえて, かさねて, くれたと, ぐるりと, さ, さげて, したの, した前, つかまえたと, つかまえて, つけ狙って, どうしよう, ぬいで, ねらってるわ, ねらつて, のがしたら, のがしたらもう二度と, のがしては, はかって, ひきよせて, ぶらぶらさし, まるで持ち草臥れた, みては, もって, りの, わたしたり, ポンと, 一つ宛持つ, 一つ持つ, 一つ添え, 一つ買った, 一同が, 上げて, 上ったという, 下げて, 下げてるもん, 下して, 与えずに, 中元と, 今日まで, 伺って, 作って, 作る, 出して, 出すと, 初として, 利用し, 力いっぱいに, 包んだの, 取つて, 取り出して, 取る左, 取出した, 取出し源次郎, 取逃しては, 受取って, 口ぐせに, 吊さげて, 回想し, 外しちゃ, 夜風が, 大事に, 失って, 失つてし, 奪り合う, 左に, 差出して, 幸いに, 引き取ると, 待ちて, 待ちながら, 待ちましょう, 待ち兼ぬる, 待ったの, 待つうち, 待つこと, 待つた, 待つたが, 待つて, 待て, 待て見世, 待とう, 待とうと, 得ずば, 得ず強いて, 得なかつたこと, 得なくて, 得ませんもの, 御待ち, 忘れずに, 思わるるが, 應酬し, 押してお, 押すと, 拵える家, 持たせたまま瓦町, 持たなかつた, 持ちて, 持ったこと, 持つて, 指せるならん, 振り冠, 振上, 措いて, 撫でたり, 改めて宅, 書いたり, 書きとばす, 期しぬ, 未だ得ない, 李, 標準として, 毎日待ちこがれ, 求めて, 注文し, 注文した, 海へ, 添え母, 添へて, 測っては, 然う, 然うい, 片手に, 狙いました, 狙い同じ, 狙ったが, 狙つたが, 狙つたので御座います, 狙つた相手で, 狙つて, 狙つてそれを, 狙つてもろ, 狙つてゐる, 狙つてを, 狙つて居つた, 狙つて月日を, 狙つて錢形平次は, 発見する, 目の, 直し, 眺めた, 着て, 窺うため, 窺うて, 窺って, 窺ひ, 窺ひ倦まず撓まず, 窺わねば, 置いて, 考えながら, 背負った沖売, 脇へ, 膝に, 自暴に, 致しまして, 裏の, 見つけては, 見ての, 見はから, 見はからって, 見まして, 見ること, 見ると, 見れば, 見出されないの, 見出しては, 見出せなかつた, 見計, 見計らつて, 見詰めて, 覗つてあの, 覗つてゐた, 觀ん, 計って, 貰った, 貰って, 買って, 返品し, 逃がしては, 逃さなかった, 逃さぬ性, 逸しては, 道具箱に, 選んだ様, 避けたの, 重ね白, 量って, 開いて, 開き午後, 開けた, 頼んだところ, 高くし, 高く取り, 高く取りました

▼ 折には~ (252, 3.2%)

2 それを, 差当り頼りの, 彼は, 彼女は, 父樣も, 西軍に, 西軍について, 見て

1 [236件] あの女詩人, いささかの, いつも一尾, いつも先生, いつも引, いつも草, いつも観音様, いろいろの, おかしくなっ, おたより, お人好しの, お便りも, お側の, お材木代, お独り言, お腕, お茶の, お訪ねいたします, お訪ねする, お顔, かくかくと, かれの, きっと妻, くずせない, こういう回想, こうまでに, こう云う, こつぴどく面当, このやう, この光秀, この南宮山, この家, この岩, この画家, これへ, これを, ご悲嘆, ご異存, すぐさまお, ぜひとも, ぜひまた, ぜひわれら, ぜひ尊公, そうした商人たち, そっと片手, そのよう, その女, その尻尾, その石, その詩, ちというた, つぶさに, とても一つ, とても身, どうぞいつ, どう云おう, どの刀, なかなか申, なりたけ読み, ほとんど戦わず, また僕, まだ二十歳, まだ裏手, まよいが, まるで朽木, みずから問う, めくらに, めぐまれぬけれども, もういっぱしの, もうヘツケル教授, よくも活字, よく軍書, よろこんで, よろしくお, よろしく御願, わざわざ京, われに, われ家を, ヒラダケと, ペンで, リルケも, 一切新, 一帯に, 一度急ぎ足, 七八円と, 上手に, 不折氏は, 予て剥い, 人の, 人は, 今一度, 他人ながらも, 何うし, 何かと話, 何よりこれ, 何事も, 何気ない調子, 余りに広く, 作者は, 依然として官兵衛以上, 価を, 倒れそう, 價を, 先方から, 先生は, 全課目に, 全身へ, 其まとい, 前後重複の, 努めて, 勝負に, 十が, 半破れ, 台所門から, 君前よしなに, 和尚は, 品行を, 問者も, 器用で, 四季に, 土地名物の, 土橋の, 墓地において, 夜に, 大きゅうなられた, 大事の, 大抵最後, 大阪の, 夫の, 如何ようなる, 妙な, 妙子さんは, 定めし一箇, 実現されず, 実際困難, 客を, 家族と, 小児科医に, 小西加藤など, 小金貸し出す, 属官が, 屹度, 岡野氏は, 布緒と, 庭先の, 引き洛内, 役者の, 御台所さまは, 御懇ろ, 必ず千両, 必ず当の, 必ず懐炉入れ, 忍んで, 忘れますが, 恋し, 態と筆, 手で, 手向の, 持って, 搦手で, 敵を, 日光へ, 日本の, 日野俊基の, 早く絶念, 旻は, 最前口に, 本丸の, 村年寄僧侶などさえ, 林檎の, 果して色慾, 柳生一族からも, 極つたやうに十銭本, 極つて腹の中, 極力その, 樽野は, 檀家の, 欧米共に, 此の, 殆ん, 殊更に, 氏は, 水が, 決して物, 河内より, 熊谷の, 父の, 父様も, 狐が, 甘えも, 甦えらせて, 番茶を, 異る, 畳に, 真言族ポン教族金剛族から, 眼が, 眼を, 矢も, 私も, 窓硝子を, 笑い終ると, 笠の, 筑前を以て, 細君の, 結句いい, 缺かさず, 老人は, 胸のみ, 腹が, 自分の, 自分は, 興じ入ってる風, 苞苴もてゆく, 若菜集の, 茅屋を, 蕭照も, 藤夜叉が, 藪八ひとりで, 袂の, 親しく皆, 語らなかった, 誰か, 誰が, 誰でもが, 論語でも, 譬えば, 譬へば, 走ること, 道命は, 関羽が, 陣笠の, 青, 音楽隊を, 食べ残した核子, 駿河台胸突坂に, 鶴岳宮に

▼ 折~ (237, 3.0%)

15 あれば 11 あつたら 9 なかった 8 なくて 7 あって 6 あった 5 あつた 4 あると, あろう, 出来ました 3 あったらお, あらば, ある, ある毎, 折とて 2 あったら, あったら一度, あります, あるか, ないかも, なかつた, わりい, 折な, 有つたら

1 [131件] あったが, あったらお前, あったらお話, あったらこっち, あったらこの, あったらそんな, あったらたった, あったらと, あったらよく, あったらチンセイ, あったらユカタ, あったら二人, あったら伊達侯, あったら同, あったら夜, あったら尋ねて, あったら彼女, あったら折, あったら殺して, あったら清岡, あったら砂町, あったら神官, あったら積年, あったら羽衣, あったら自分, あったら蔵, あったら蜂谷良作, あったら訪ねて, あったら許子将, あったら話して, あったら貴方, あったら逃げ出そう, あったら進, あったら進撃, あった時, あつたら書く, あつたら飛出し, あらあ, あらうとも, ありましたっけ, ありましたら蛸, ありません, ありませんでした, ありませんでしたが, あるが, あるごと, あるさかいにな, あるだらうか, あるだろうと, あるもの, あろうか, あろうが, あろうと, いいとばかりに, いくつも, きたら其方たち, ございませぬため, すぐやつ, ない, ないだけ, ないつばくらめ, ないとは, ないとも, ないばかりか, ないん, ない雁, なかったら, なかつたが, なかなか二度とある, なくって, なくなって, なく失礼, なければ, なさそう, まとまりかけたので, めったになく, シーンと, 一層なかつた, 一層薩張, 乏しかった, 二つある, 云って, 以前は, 使い古しの, 偶, 出される, 出ました, 出来たです, 出来ようから, 到来した, 参ったのよ, 喧しく言, 堆い, 多い, 多うございます, 多かった, 多くなった, 崩れて, 廊下の, 悪いから, 悪いという, 悪いなあ, 悪いの, 悪いのね, 惡い, 懸かって, 折だけ, 折だけに, 折だった, 折で, 折桃の節句の, 掛けて, 描くところ, 有れば, 来たの, 来たらと, 殆どない, 滅多に, 無い, 無いうち, 無いから, 無かった, 無く忘れ, 生憎な, 画く所, 皆うまい, 積んで, 見つからなかった, 見出せなかった, 近来法帖気違と, 隅に

▼ 折~ (232, 3.0%)

2 あっても, あつて, ない, ないぞ, ないでしょう, なかった, またとない, 少しの, 廓の

1 [214件] あ, あたかも予備後備, あなた様も, あのよう, あまり私, あらうとも, あらゆる自分, ありゃしない, あわよくば洛内, いつもお供, いつも六十人, いつも六十人位, いつも特に喜久山添采氏一家, いとど, おぬ, お前さんに, お十六, お重, きっとお送り, きっとわらわ, ここを, しない, すでに出家, すでに愛情, そのお, その折, その羽織, それが, たしか父貞氏, たった一, ちと人数, どういふ, どうぞと, どうも, ないか, ないが, ないじゃ, なかつたの, なかろうこれ, なかろうとまで, なく, なささうですね, なさそう, なし, なしました通り, なにかと, ばらりと肩, ひどく素裸, ほとんどありませんでした, まあ夢剣庵, また此者, もうあるまい, もうここ, もう何, もっと小, やや空想的, よかった, よくあった, わからん, わが見た, アタシが, ジョウヅカ森へ, チンドン屋を, 一つの, 一つを, 一名か, 一寸先見え, 一度も, 一度拝顔, 一度訪ね, 一発しか, 一肩入れねば, 一部落の, 下婢や, 下流上流の, 不快じゃの, 丸帯の, 主名を, 乱れた机, 二三度会う, 二枚袷に, 他の, 代りに, 何かの, 何とかし, 何ともは, 何んな, 何んの, 何様じゃ, 侍らん, 全く驚いた, 全力を, 兩側から, 六部の, 前以, 化た, 医者の, 十丈も, 午前九時であっ, 又円融院, 取押えて, 古碑, 同伴が, 唯笑つて, 喰べ, 四千余尺の, 城の, 大きにお世話様, 大層な, 大納戸, 奴的の, 好まないですら, 妻は, 嫁君の, 実にお, 岩間角兵衛どのの, 帰りの, 平服だった, 度々ございました, 座敷に, 庭先を, 弟と, 当日午後二時頃渋谷道玄坂の, 御内儀, 御用多端の, 御褒美, 忘れしか, 忘れず寄って, 忘れず寄つてちやうだい, 思いの外の, 恐ろしい勢, 恰で, 悪い奴, 悪夢より, 情が, 意外の, 我等が, 打寛ぎ, 拙僧, 拙者こそ, 敵とも, 是非世間の, 朝夕綾麿の, 未だ道幅, 未然に, 構は, 構わないでも, 機会という, 正について, 氏は, 水に, 水を, 永え, 汚い家, 江川太郎左衛門様の, 汽車で, 泉山さんよろしく, 深刻であり, 満足に, 無かった, 無くなって, 父も, 爺さんの, 物事忙わしくもあり, 特別に, 犬が, 猿に, 獄舎の, 琵琶も, 男性女性中性を, 皆様に, 知らぬ顔を, 石段も, 私に, 私の, 私は, 秋篠寺で, 秘密に, 筑前が, 繰り返すといふ, 義元の, 老馬, 自分でも, 若君の, 茶をと, 蜜でも, 西寮の, 見るに, 見事に, 親分とも, 親切顔し, 読み古し, 誰にも, 貞奴の, 貫一が, 貫一の, 身に, 過てしまったの, 道中の, 道徳的に, 違棚の, 遠慮なく申しつけ, 部屋の, 酒飲みて, 金剛寿命院の, 鏡を, 集合も, 雨も, 露西亜人を, 非常な, 面白半分, 願っても, 餓鬼谷の, 鶴女鶴女と

▼ 折~ (230, 2.9%)

5 であるから, の雨 4 の烈風 3 だから, であった, ですから, でもある, のこと, の風

2 [12件] だったので, である, ではある, でもあった, なので, なれば, の上潮, の傾いた, の日曜日, の西日, 殊にその, 烈しく音

1 [174件] あたかもあなた, あたかも好し, いよいよ御, うまくツァンニー・ケンボ, うまく話, おしよせるオロシャ, おもて, お代官, お賤さん, お辰, かむろ蛇, が折柄, くれかけた街路, このさき, この不評, この夜, この家, この射撃事件, この望楼, この申出, この被害地方, こんな男, じゃ, じゃとて直, じゃ贅沢, そういっ, その晩, その爲, だ, ちょうど店, で, であったが, であつ, であるので, でござれば, でした, ですし, でどうか, でなんと, ではあった, では御座います, でもあったろう, で少しく, で彼, で御座います戻り駄賃, で昂奮, で面会, とて伯爵, とて學者, とて棄置, とて直ちに, とんだお, と存じまし, などにも不便, にあたかも, にお, にこの, にはふさわしかろ, には女, にまいられた, に一応, に一軒恰好, に付, に何者, に候, に候え, に再び, に又, に図らず, に左様, に師匠, に珍, に私, に轟, のおそい, のどん, の不景気, の俄雨, の光景, の凍, の名月, の坂本警護, の夕, の夕焼空, の夕陽, の好, の寒中, の小春日和, の微風, の忙し, の快晴, の旭, の春, の春光, の時雨, の時雨空, の月, の月光, の月夜, の月明, の朧夜, の村會議員, の気勢い, の満潮, の濃い, の灰色雲, の烈しい, の物価騰貴, の端役, の糠雨, の納税告知書, の義, の自動車, の菊, の闇, の雑沓, の雷, の霰, の風雪, はいっ, はからず先生, はした, は一体, ひ, またパチパチパパパパパ, また時として, も我身, やがて向う, わが唯物論研究会, をも構いませず, を妨げられ, 丁度この, 依然日露戦争継続中, 其の猟師, 去る九日, 又一しきり, 同じところ, 同地方, 向う座敷, 向ふ, 寒き月明り, 帰って, 御大切, 御尋, 怪しき病, 悪いところ, 或いは御, 或印象, 或夜夫, 昨十二日, 暮れようと, 来た京極, 来た大阪, 来合せた高井覺太郎君, 来合せつる壮士三名, 殊に先年月形城, 沸き起る絃歌, 満珠艦出帆, 漲る暴徒, 烈しい物音, 種々御, 突如と, 第一審, 絶入るよう, 訪ねて, 訪れ来った杉山昌三九, 起った薄板工場, 通りかかった汽車, 過ル二十一日石川宗十郎, 遥か向う, 間もなく新穀, 降り出した細か, 飛ぶよう, 食べようと

▼ 折よく~ (216, 2.8%)

9 そこへ 3 私が 2 久しぶりで, 便所へでも, 先方から, 来て, 私の, 電車の

1 [192件] あったぞ, あの日, あの騒ぎ, いて, お忍びで, お玉さんが, お越しくだされ, この仕立屋, この地方, この時ひろ子, この樹立, この辺, これも, そこに, そこには, そこを, その刑事, その場, その姿, その茶屋, その途中, それを, ぢいやが, という, にしろ, ひよつくりと, もあり, も忘れ, も所司代, も訪れ, も電車, やって来た目下, やつて, サン・セバスティアンに, シムソンが, ダンピエール先生が, ヒダの, プウルの, モリが, 一本の, 一番若い, 丁度この, 丁度こんなに, 下女が, 主人は, 主人主婦在宅で, 主人來り, 九時の, 二人も, 京都の, 人が, 人は, 人影も, 他に, 來合せ, 來懸つた二人乘に, 來挂つた馬車に, 偶然に, 傍を, 僕の, 先刻書い, 入って, 入ッ, 其処を, 其處へ, 典竜老師が, 内に, 再婚問題が, 凪で, 出会うこと, 分部殿が, 医師の, 十二時にほど, 南部から, 右の, 向うから, 呂蒙, 啼くほととぎす, 在宅し, 在宅しばらく, 在宅ほつ, 在室と, 城壁の, 城外で, 変な, 外から, 外にも, 大名が, 大次一行, 天候に, 姉が, 娘の, 孔明が, 学校帰りの, 定助, 宵から, 家の, 密行の, 小山田掃部弟弥介来かかっ, 居まして, 居合せた沢崎源次郎, 山羊の, 山門の, 巡査が, 帰り道で, 帳場格子へ, 平次と, 平賀源内が, 庭さきと, 廊下で, 強制疎開で, 彼へ, 彼を, 御僧, 御前には, 御飯が, 思い出した, 怯んだの, 慢心和尚は, 拙者が, 拙者来合わせ, 持ち合わして, 持つて, 撥を, 政治季節の, 故人の, 故郷から, 救って, 敬君も, 日本橋の, 昨夜の, 有合せの, 村田氏は, 来た逸作, 来合せて, 杭州から, 東京から, 松島行の, 槐の, 次の, 正月の, 此處へ, 水汲み, 水沢君と, 町はずれで, 町奉行の, 發車間際で, 白が, 目覚めた幼い, 社の, 私に, 私は, 私達は, 空が, 突然ある, 立つて, 童子めが, 竹橋御門の, 竹生島の, 第三者が, 紐育に, 給料を, 良人が, 芳男と, 見え早速, 観音堂で, 訪ねて, 診察を, 誰にも, 警察署長が, 足下に, 辺りに, 近いところ, 近くに, 這ひ上がれた, 通りかかった上野行, 通りかかった空車, 通りかかりました当, 逢へて, 連の, 遊歴し, 酒が, 重役の, 閑院, 降り出した雨, 電話室に, 霽れ, 順八さんと, 風上船首へと, 飛行島は, 鴉が, 黄忠が

▼ 折入っ~ (183, 2.3%)

22 てお願い 12 ての頼み 8 てお 7 て頼みたい 54 てのお願い, て御, て頼んだ 3 ておねがい, て殿様

2 [17件] てあなた, てお目にかかりたい, てお詫び, てお話し, てそち, てとは, てのお, ての相談, てひとつ, て御願, て懇願, て話, て話したい, て貴公, て頼み, て頼む, て願いたい

1 [77件] てあなた様, ていう, ておかえし, てお伴, てお話, てきょう, てこ, てこちら, てこんな, てしかも, てしばし, てそれ, てたのむ, てちと, てという, てという奴, てとかいう言葉, てとは何, てと申します, てな, てなどという言葉, ての, てのお話, ての使い, ての儀, ての御用向, ての打ちあけ, ての申し入れ, ての話, てひとつ先生, てわし, てわれら四名, て一つ, て一生, て一言, て万太郎様, て三吉, て今日, て仙石殿, て会いたい, て先生, て其許, て博士, て只今お話, て君, て姐さん, て将軍家, て尊公, て弁, て徳川どの, て提督, て旦那様, て智恵, て暫時, て来る, て極, て此, て直々貴殿, て相談, て相談ぶつ, て罷り越した, て聴い, て胸, て至急, て親分, て親方, て談合, て貴, て貴下, て貴殿, て軍機, て道誉, て遠国, て静どの, て頼みます, て願い, て願え

▼ 折つて~ (173, 2.2%)

8 しまつ 5 ゐる 4 は巧み 3 居ります, 戻つた

2 [15件] お呉れ, は繊維, は纎維, みたり, も惡, も駄目, やらうと, ゐたり, ゐる樣子, 下されと, 戻つて, 来た, 来て, 見せるの, 見た

1 [120件] あの死骸, ある処, おくれこんな, おる, お置きなさい, かう勘定, かき集めた金, かぞへ, かぶるもの, からかはれ, からキクッタ, すられた人, そのまま本立, その上, その夜, その竹, たうとう, つくつて, ねぢ, の義, は, は焚き, は焚きし, ひどく物, まで物事, まゐつ, みせたり, みて, もあと, もそれほど, もどうしても, もらつて, もらふこと, も人間, も信用, も同じ, も奧方, も成功, も折つて, も殺された, も水気ひとつ, も沖, も通じない, やるぞ, よく歩く, ゐた, ゐたン, ゐた炉, ゐて, ゐると, ゐるところ, ゐるの, ゐれば, をります, キリキリ舞, 下すつた, 下すつたか, 丸くなり, 伏せたと, 倒れたため三里, 働いて, 其の上, 参ります, 坐つたて, 坐る, 坐るといふ, 坐るやう, 大恩人, 妨げて, 宥めたこと, 居た, 居る, 居るだけ, 居るのに, 居る樣子, 帰りましけ, 帰る, 待つて, 戻るあゝ, 戻る昼顔, 投げた, 捨てなければ, 捨て両, 捻切つた, 描いた繪圖面ぢ, 描いて, 散ずる時, 敷いた上, 敷き詰めた, 早速口, 書いたエッセイ, 書かれて, 来るとも, 棄てるが, 棲んで, 止めたか, 止めたこと, 溜めた金, 燻べた, 笑い, 考へて, 見せました, 見せるところ, 見たい, 見たらやつぱり蓬, 見たり, 見て, 見ては, 見ました, 見ませう, 見ると, 見れば, 讀まうと, 貼りつけたばかりの, 返した, 追ひ散らした, 追付三子, 透かしぬ, 遣らうと, 頼まれて

▼ 折からの~ (145, 1.9%)

4 雨に 3 夕日に, 闇に 2 南の, 巡査に, 強風に, 微風に, 時雨に, 曇った空, 東風に, 西風に, 闇夜を

1 [117件] おくりもの, こととて, ご叩門, ざんざ降で, そのあかるい, そぼ降る雨, はげしい風, ラヂオは, 一条の, 一際冴えた, 上げ汐が, 上げ潮を, 上汐あつ, 上汐あぶ, 五月である, 五月雨で, 停電に, 入日に, 入日を, 冷い, 凩が, 出盛りの, 午後の, 半月の, 半月を, 台風に, 名月に対して, 土曜で, 夕日が, 夕日の, 夕陽は, 夕陽を, 大雨に, 大雨の, 大雪で, 大雪の, 天神祭で, 季節は, 宵闇を, 寒さ, 小春の, 小雨の, 平手前, 強い西風, 御もてなし, 我が懐, 日でりで, 日光に, 日光を, 日和で, 日差しに, 日差しの, 日曜で, 旱天にも, 春の, 時雨がよ, 景物と, 暗夜に, 月が, 月夜に, 月夜ツイ障子を, 月明に, 朝日を, 朧月夜である, 木曾の, 来客それを, 来客と共に, 森の, 椰子の, 歌も, 正月の, 水が, 深く曇った, 渇を, 満月を, 炎暑と共に, 烈風で, 生暖かい南風, 秋の, 空腹で, 窓の, 緋葉も, 翳った陽, 背丈の, 自分の, 良い月, 若草で, 若葉の, 蒸暑さ, 蒼空に, 薄日の, 藤の, 虹と, 蛙なく, 西日が, 辛苦が, 遅い朝日, 重い靴音, 銀座の, 鐘声も, 長州征伐に, 降りしきる雪, 陽ざしを, 雨で, 雨にて, 雨の, 雨は, 雨中傘を, 雨止みを, 雪を, 風に, 颱風の, 騒ぎに, 驟雨が, 高温に, 鰹が, 麗かな

▼ 折~ (84, 1.1%)

5 もある 4 はある, もあり 3 あつた 2 はない, も, もない, もなき, もなけれ, 市中は

1 [56件] いま逃出した, さえお, さえも黒死館, さ足袋, すませる日, すら山, すら胸, はあり, はあろう, ぴたぴた歩い, もあります, もあれ, もあろう, もございます, もなく, も側目, も必ず, も懐, も狙つた事, も隙, よろしゅうございます, ボリヴァル, リボンも, 下駄を, 二人の, 人と, 作つた札に, 働いて, 出会頭に, 出掛け藤屋, 印刷の, 厶ります, 吉植です, 啣楊枝を, 喞筒の, 夜逃を, 大股に, 妻など, 威勢よく, 庭に, 戦争が, 打たれた, 打たれたと, 打ったな, 本物の, 歩くと, 残念な, 無論異存, 生れましたので, 畠の, 粗末な, 自分から, 裏山の, 読本の, 風月堂で, 駈けずり

▼ 折悪しく~ (75, 1.0%)

3 そこへ 2 辰夫は

1 [70件] お角, こんな事件, しかもどんなに, そこに, その向う, その時, その時刻, その第, その紅い, どうも手, ふさがりまして, もありました, もその, も巡行, イ, クシ, ノートを, ホテルは, 下女が, 主人の, 五百群賊盗みし来っ, 仙台の, 信明は, 健康の, 其の晩養子武田重二郎, 円タクが, 出勤し, 利助は, 取次を, 吹き捲くって, 城主長治は, 夫人の, 安川は, 宵に, 宿の, 帆村名探偵の, 庄太郎留守なりしか, 彼女の, 急ぎの, 急に, 戦後の, 旅行の, 日曜の, 暮方に, 最前の, 月末で, 有名な, 来かかった, 橘仙氏は, 滝川教授は, 用事が, 申しあはせたやう, 皆出払つて了つてゐた, 目を, 祖父が, 私の, 私も, 突発した, 西風が, 誰も, 買物に, 退き潮時, 鍋銭は, 降出して, 階下の, 雨が, 震災後の, 革命戦争の, 風でも, 鼻紙を

▼ 折~ (71, 0.9%)

24 つての 6 つてお 2 つた態度に, つた樣子で, つた調子で, つた調子でした, つて御, つて頼む

1 [29件] つたご, つた丁寧さが, つた姿です, つた御願が, つた樣子は, つた頼みです, つた顏を, つてお前に, つてた, つてと, つて一宿の, つて主に, つて伺ひたい, つて兩手を, つて叔母に, つて君に, つて平次に, つて平次殿に, つて申上げ度い, つて申上度い, つて皆さんの, つて私に, つて聞きたい, つて訊きたい, つて頼みたい, つて頼み入る, つて頼むだ, て頼み, はお金

▼ 折にも~ (64, 0.8%)

3 私は 2 せざりき, 美奈子は

1 [57件] あらわれて, あれ, あれあれどうか, あれあれ何, おったの, この樹, こんな消化, しばしば大殿, じつと, そうした意味, その車屋, それは, なった石段, なるの, ひとり嘆息し, ふと心, わが父, 一首を, 人目に, 例の, 僕は, 又新日本文学会の, 叙爵の, 同じ憂, 安彦様を, 少しは, 巨き, 幸いこの, 幸ひ, 彼が, 彼一人だけは, 彼一人だけを, 心に, 必ずや絶大, 慾を, 手が, 抜群の, 春ほど, 時々多く, 来ま, 民の, 油断無く, 漠然と私, 畏くも, 相談相手に, 真実の, 私の, 経験した, 翌朝学校へ, 自分の, 見せぬ様, 野口米次郎氏や, 鐚銭一つ持合さない, 面目を, 鞄だけは, 韮山城の, 顔を

▼ 折しも~ (54, 0.7%)

2 院長は

1 [52件] あたかも陣痛, ある夜ふけ, いきなりガチャーン, いくつかの, いずく, この地球, この挾, この金属壁, こんどは, その日, それし, どぼうん, またここ, むくむくと, むら雲とみに, 三台ばかり, 下の, 不意に, 中庭の, 二人の, 何を, 何処より, 先ほど, 入口の, 凄まじく大戸, 取次が, 大海を, 妾の, 官員風の, 店の, 思いがけないこと, 恰も陣痛, 指揮官望月大尉の, 按摩取りの, 日は, 最少し, 枕辺の, 汽車は, 由兵衛の, 真昼近き, 立て切りある, 紙門を, 続いて, 背後の, 船の, 落くる, 表の, 見る, 車が, 酒樽到著す, 重井独り帰り, 門に

▼ 折~ (43, 0.6%)

4 てき 3 てくれ, てしまふ 2 たりし, たり曲げ, てくれた, てしまひました

1 [25件] たま, たらしく癒, たり, たりおや, たりしない, たり伸し, たり水, ちよつて來て, ちよつて遣ん, ちよれねえ, てあげた, ていく, てきた, てくれる, てくれるだ, てしまひたい, てしまひたかつた, てしまひます, てみせる, てる人です, て下さい, て行く, ぺしよつて來ませう, ぺしッて, 端にでも

▼ 折~ (39, 0.5%)

1 [39件] いいこの, いい常に, いうと, いえば, いたし妄, いたそう, てないので, なして, みえる, 一緒に, 三郎の, 云へば, 今度と, 今度の, 兜とを, 全く御, 別に寸志, 吉祥寺へ, 声を, 思うて, 思ったので, 思ひまして, 思へど, 所とが人を, 根気づよく, 氣に, 申しいずれ, 申して, 盆が, 目録包みが, 綾麿の, 見える, 見て, 言ふ, 違って, 金一封を, 雖も, 高氏を, 鼻紙一帖とを

▼ 折~ (38, 0.5%)

3 に烏帽子 2 にかけ, のやう, へ掛ける

1 [29件] からだらり, から外し, がうち込んである, が打ち込んであります, だけが二本, で怪我, にかけて玄関, には吾妻コート, にぶら下げた, に下っ, に似た, に墨西哥, に懸けつ, に掛け, に飛び, に飛びつい, のところ, のよう, の二寸, の側, の周囲, の数, へ巻きつけ, へ懸ける, へ結えつけ, や絲屑, を並べ, を打ち込み, を掴み損ね

▼ 折つた~ (36, 0.5%)

2 が, ものだ

1 [32件] かといつた, かと意外, かも知れない, かわかりません, か如何, か知つて貰, が文句, が眼, が結局, が若, ことが, ことだらう, ことぢや, ことで, ぜ, ぜ親分, ぞ, ために, だけに大, といふ, といふやう, といふわけ, といふ話, と云, と思ふ, のでせう, ので頻りに, もので, やうです, よ, 小さな薄, 新しい手拭

▼ 折あしく~ (34, 0.4%)

1 [34件] うつかりそこ, そこへ, ちやうど, にしろ, のっぴきならぬ, もこの, 不在で, 主人は, 俄か, 健康を, 原の, 原稿が, 受持ちの, 大掃除, 学士は, 宿直そして, 御面会申, 戌亥の, 持病の, 改札直前に, 救世観音は, 日曜日で, 春日町の, 柳斎さまは, 此夜は, 池の, 病人をか, 発病の, 矢立懐紙の, 聴く機, 茶の間には, 近頃お, 雨が, 風邪を

▼ 折~ (33, 0.4%)

2 から三等患者, ぞ

1 [29件] お茶でも, からあれ, からお前, からお松さん, からかまわず出かけ, からこ, からこういう, からその後, からと思っ, からどう, から二ヵ月, から今度伴, から吾, から椅子, から言う, から道場, が足駄, けれども座敷, しまた, し御, し私, し貴公, つたので, とは思い, と思いました, と思った, と私, なあと話された, 清川もろともに

▼ 折悪く~ (31, 0.4%)

2 ワイスマン先生と, 差支が

1 [27件] いぬが, その時裏, ちょうどその, とよの子供が, と申す, また彼, も其処, も国元, 一人の, 一度も, 井戸換の, 兵庫さまには, 出火に, 卸したと, 又八, 局中病人多く, 幕間で, 日曜日で, 李, 河岸の, 私は, 納税貯金組合から, 道で, 釣船も, 開いて, 風を, 高弟二三の

▼ 折~ (30, 0.4%)

4 のである 2 ので, のでこの, ので早速

1 [20件] のでし, のです, のでそう, ので五時, ので但馬守様, ので全, ので家, ので彼, ので気, ので浮浪人, ので測らぬ, ので異議, ので突然, ので自分, ので謙信, ので迷い, ので風呂, のを, んです, んでな

▼ 折ある~ (28, 0.4%)

20 ごとに 3 毎に 1 たびに, 事情に, 地方で, 新聞記者が, 部分に

▼ 折など~ (27, 0.3%)

2 このへん, 女中達が

1 [23件] あいつは, いつぞや頂戴, これは, その供槍, その長持, ともすると海, もって, フライパンひとつで, 一時に, 傍から, 別して親切, 口に, 向うから, 宿に, 届けろよ, 差し出し懇, 彼女は, 捧侍りし, 決して彼女, 玄齋居士が, 町中を, 硝子窓ご, 自分が

▼ 折あら~ (25, 0.3%)

2

1 [23件] ばかならず, ばこの, ばその, ばつけこむ, ばとひそか, ばと漁夫, ばと私, ばと諸道, ばわが, ば二官, ば今一際, ば作家, ば報ぜん, ば弾圧, ば彼, ば彼等, ば敵, ば日野俊基, ば殿, ば秘か, ば詳しく, ば資朝卿, ば靜

▼ 折好く~ (25, 0.3%)

2 ハリーも

1 [23件] いらし, も降り, テーブルには, 勝手の, 噴火の, 夕暮時の, 家の, 小蒸汽, 居合された, 居合した, 巡回の, 彼女の, 持合せ, 春子が, 来合せたの, 来合せた六号, 杭州から, 現れたなんぞは, 留守だつた, 芝居稽古を, 表に, 貴客様, 酒屋の

▼ 折~ (25, 0.3%)

1 [25件] く指井, く目, しくお, しくす, しくその, しくて, しくとても, しくも野澤先生, しく三軒長屋, しく不在, しく二時間, しく仙臺, しく使, しく出た時人, しく巴里, しく橋, しく燒餅, しく用, しく留守, しく私, しく誰, しく買物, しく近在, しく鍋錢, しく風邪氣味

▼ 折その~ (22, 0.3%)

1 [22件] ときも, ような戯れ, ポケットに, 信澄は, 公孫樹は, 可能を, 地に, 宣伝版に, 折の, 日は, 旧材, 月の, 母さんが, 水面に, 病の, 眼の, 綱領に, 話と, 辺を, 都度わたしは, 顔近く音し, 驢耳なる

▼ 折ヅメ~ (22, 0.3%)

3 を貰った

1 [19件] だから, という存在, とタケノコメシ, には手, の件, の分量, の十四, の印象, はお客さん方, はブラ, は十四本, もその, をとどけた, をもらった, を才川家, を持っ, を自分, を自宅, を食べた

▼ 折曲っ~ (22, 0.3%)

1 [22件] ている, てしまった, てまた, てもう, てコルトン, て二階, て入側, て内, て切れよう, て十二畳敷, て台所, て小家まばら, て日, て流るる, て祖母, て秋森家, て続い, て縁側, て行く, て行った, て逃げ, て遥か

▼ 折~ (21, 0.3%)

2 て毛臑丸出し

1 [19件] て何事, て來, て千住製紙所, て半分, て南, て南西, て會津, て水これ, て流れ去る, て立つた, て終に, て自分, て草鞋穿, て障子, やア, スヰスの, 上に, 右端を, 袖を

▼ 折さえ~ (20, 0.3%)

6 あれば 3 あると, 有れば 2 ある 1 あった, あったらこの, ありゃ二人っきり, あるくらいに, あるに, お側に

▼ 折とて~ (20, 0.3%)

1 [20件] たまたまその, 一行は, 京橋の, 何は, 余り人目に, 大に, 大隅学士は, 天草の, 妾は, 彼に, 彼には, 徴兵の, 快い限り, 止むを, 母様の, 求むるまゝに言附くる, 直ぐに, 私も, 縄張り喧嘩以上の, 輝高は

▼ 折~ (19, 0.2%)

2 はその, は或

1 [15件] が此処, が殆, が生れない, が色々, ともう, のあげた, の力, の希望, の弟, はいつも, はかの子さん, は先生, は同山幹部, は始め, は身

▼ 折~ (17, 0.2%)

2 父様は, 糸は

1 [13件] うわさした, そばに, てまえ, もひ出られ, 主の, 別れした, 別れ申した, 屋敷うちなら, 留守は, 菊どのが, 誓いしたよう, 逢いできればと, 鯉は

▼ 折こそ~ (17, 0.2%)

2 あれ

1 [15件] あれ襖スウ, あれ金明泉, あれ闇, いい時, じつは全く隠密, だ, どうぞこれからは, よけれ, よしこれ天, われ故に, 口実にも, 将軍の, 成金が, 捕虜の, 汚れたる身

▼ 折曲げ~ (17, 0.2%)

2 乏しき火鉢

1 [15件] て, てある死んだ, ている, てこれ, てする, て坐っ, て坐る, て引, て横倒し, て縦, て育った, て脾腹, 式の, 杖で, 蹲踞んだ

▼ 折この~ (16, 0.2%)

1 [16件] まっくら, やうな, バラバラ事件に, 呂布が, 呼び掛けで, 土地へ, 夏輕井澤に, 夕暗, 女将の, 山越えに, 快報, 折を, 村の, 界隈には, 詩人は, 頃の

▼ 折などは~ (16, 0.2%)

1 [16件] こま鼠の, まったく神, やっとの, 一と, 丁寧に, 不残形, 不殘形, 冷い, 勝盃を, 吾輩は, 塩冶の, 小供心, 川面の, 慌てて, 昔から, 自分も

▼ 折~ (14, 0.2%)

1 [14件] またかく, 兜は, 刃を, 厳寒の, 場合に, 子供への, 短冊を, 箱に, 紅白の, 綻びの, 茶掛を, 虚子や, 酒なども, 鋭どき

▼ 折わるく~ (14, 0.2%)

1 [14件] きょうは, その兵庫様, その晩, 一番瀬の, 勝豊は, 吉岡清十郎が, 国許の, 子息宗矩も, 小母さんも, 彼の, 日根野備中は, 私の, 諸将, 風邪の

▼ 折~ (13, 0.2%)

2 來て

1 [11件] くれたが, 事実に, 出れば, 居られるの, 居るが, 居るの, 急がぬやう, 本を, 来て, 枕に, 火鉢へ

▼ 折だった~ (12, 0.2%)

1 [12件] から皇帝, が, がいつ, がびしょびしょ, そうな, ので, のである, のでいろいろ, ので健康, ので後, ので混乱, ので私

▼ 折重っ~ (12, 0.2%)

2 て倒れた 1 てその, てみる, て俯伏, て倒影, て力まかせ, て怪漢, て摺り, て斃, て死ん, て絣

▼ 折かへ~ (11, 0.1%)

4 して 32 すなれば 1 し挨拶, し頂いた先生

▼ 折であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, から一, から大いに, から通りすがり, か保胤, が途端, などとはあと, にし, のだ, ので喜ん, 故露月の

▼ 折~ (11, 0.1%)

1 [11件] ちょうど御, わが身や, 入れて, 入れと, 忽然と帰っ, 殿, 番将の, 縁をめぐって, 翁の, 詰めて, 飛びついて

▼ 折あれ~ (9, 0.1%)

1 だけの生霊, と祈る, ばあわれな, ばケンカ, ばハダカ, ば中世, ば各, ば定家, ば曹操

▼ 折つたの~ (9, 0.1%)

2 です 1 かそれ, かと申します, だもの, は表, は諸子略, をあて, 折らねえの

▼ 折でも~ (9, 0.1%)

4 あった 1 あったから, ないと, 並べたよう, 屑屋へ, 食え

▼ 折より~ (9, 0.1%)

1 この言葉, 境界の, 御一族, 心得よろしき, 挿頭の, 柔しき, 老師の, 若様へは, 見えざりしが

▼ 折るる~ (9, 0.1%)

1 ところに, まで, よう蝶番もて, よりほか, を畳みかけん, 如くし, 妹を, 路あり, 迄打て

▼ 折カバン~ (9, 0.1%)

1 から出し, と風呂敷包み, と黒い, の中, をもった, をもてあそび, を下げた, を小わき, を小脇

▼ 折~ (9, 0.1%)

1 が出家遁世, の傍ら, の孝藏, の情誼, は小, は山本, は諸人, は銀子五百枚, も連れ

▼ 折角い~ (9, 0.1%)

2 らしって, らして 1 らしたの, らしった, らしつたの, らしつたん, らしつて

▼ 折~ (9, 0.1%)

3 なつて 1 つた山々の, つてゐる, つて一しきり, つて私の, つて移動し, つて花盛りだつた

▼ 折です~ (8, 0.1%)

1 からお話し, から于吉, から和睦, し, し呼びましょう, し呼びませう, よ, よお

▼ 折なれ~ (8, 0.1%)

2 ば現在後世 1 どもこ, ば, ばくず湯, ば予, ば唯, ば怪し

▼ 折~ (8, 0.1%)

1 が二, が嵐, とて廿, などからどんな, を地, を把, を挿す, を縒金

▼ 折~ (8, 0.1%)

2 にまさる, はこの, を愛する 1 という, といふ

▼ 折葉さん~ (8, 0.1%)

2 が父, のこと, の方, の横顔

▼ 折ちょうど~ (7, 0.1%)

1 そのさ中, 出発の, 大庭景親も, 御子息, 支那人の, 旅行で, 来あわせて

▼ 折つて來~ (7, 0.1%)

21 たしぼりの, たの, たので, た花, て部屋

▼ 折である~ (7, 0.1%)

1 から, からこれ, からよろしい, から倹約, から恐らくは, から渡り, すぐここ

▼ 折ふと~ (7, 0.1%)

1 出逢つたの, 右の, 宿所へ, 尋ねて, 心に, 眼に, 鯉坂君が

▼ 折取っ~ (7, 0.1%)

1 てくるくる, てしまう, てそれ, て了おうと, て来た, て焚い, て跳

▼ 折敷い~ (7, 0.1%)

1 てドドドドッ, て危うき, て寝たら, て対岸, て扶, て相手, て銃

▼ 折曲った~ (7, 0.1%)

2 処に 1 この小路, 一棟の, 処を, 石塀の, 縁側は

▼ 折おり~ (6, 0.1%)

1 にきこえた, 妙に, 山屋敷に, 瓦盃を, 笑った, 老人の

▼ 折~ (6, 0.1%)

2 何かを 1 なにかを, 何か, 何かで, 何かに

▼ 折つてそれ~ (6, 0.1%)

2 を二ツ 1 がこじれた, をまた, を數, を鞭

▼ 折とは~ (6, 0.1%)

2 違って 1 あつて, ちがい旅すがら, 思いましたが, 感情が

▼ 折とも~ (6, 0.1%)

1 なって, なりましょう, よろづ, 思いますから, 思ったので, 開けて

▼ 折などを~ (6, 0.1%)

2 持って 1 ひらきながら, 小僧に, 携げて, 貰うこと

▼ 折~ (6, 0.1%)

2 てくれた 1 ちまえ, てここ, てそれ, て奴隷同様

▼ 折屈み~ (6, 0.1%)

1 が下手, のある, はす, も尋常, も至って, や言葉

▼ 折曲る~ (6, 0.1%)

2 と灰色 1 しばらくここ, とその, のが, 処に

▼ 折焚く~ (6, 0.1%)

6 柴の

▼ 折自分~ (6, 0.1%)

1 がその, で庭, に授け, のため, の頭, は何

▼ 折~ (6, 0.1%)

1 があつ, にとまる, を叩きしか, を手, を結んだ, を辞し

▼ 折革包~ (6, 0.1%)

1 から書類, とを持ち, をぶら下げ, を手, を抱え直し, を膝

▼ 折かえし~ (5, 0.1%)

1 てノーマ号, て入電, て電報, 挨拶に, 質問は

▼ 折からとて~ (5, 0.1%)

2 結び髮に 1 いやいやながらもさう致しまする, 唯両, 結び髪に

▼ 折からや~ (5, 0.1%)

2 苫を, 風吹き 1 哀れも

▼ 折そこ~ (5, 0.1%)

2 に避難 1 へまた, へ取次, へ新田

▼ 折それ~ (5, 0.1%)

1 がし, がたまたま, に寄せ, を自覚, を記念

▼ 折という~ (5, 0.1%)

1 ような, 気もちが, 面白い風, 風で, 風に

▼ 折~ (5, 0.1%)

1 かが癪, かのはなし, か直々, ならば, の仕草

▼ 折~ (5, 0.1%)

1 して, するに, と云, のため, の場合

▼ 折取る~ (5, 0.1%)

2 ほどになり 1 ときの, と子供, 時の

▼ 折曲げた~ (5, 0.1%)

2 肱の 1 ものを, 真白の, 間に

▼ 折曲り~ (5, 0.1%)

1 が利かなくなった, て竹, に突当り, を起点, 折曲りし

▼ 折曹操~ (5, 0.1%)

1 からの急使, とは三つ, はまた, は全, へ向っ

▼ 折柄そこ~ (5, 0.1%)

1 に居合せた, の大, へ来, へ東ローマ皇帝, へ訪れ

▼ 折畳式~ (5, 0.1%)

1 になっ, の, のベッド, の写真機, の鉄梯子

▼ 折~ (5, 0.1%)

4 み眼鏡 1 んで入

▼ 折花攀柳~ (5, 0.1%)

1 の遊宴, の醜聞, の韻事, の風流, をやった

▼ 折からと~ (4, 0.1%)

2 申し 1 いうべき適切, 学校の

▼ 折そち~ (4, 0.1%)

1 が上, が東宮, に預けおいた, の屋敷

▼ 折だに~ (4, 0.1%)

2 あらば 1 あれば, 容赦なく

▼ 折つてこれ~ (4, 0.1%)

1 はくちばし, は翼, をお, を片手

▼ 折つて数~ (4, 0.1%)

1 へた, へてみる, へ出した, をよみ

▼ 折などに~ (4, 0.1%)

1 さぞ見苦しい, 唯単, 幾度か, 熱くはぐくまれる

▼ 折なる~ (4, 0.1%)

1 にかかる, ほど女, を知らず, 訪れに

▼ 折にて~ (4, 0.1%)

1 ありしさりながら, した, 向脛, 打擲され

▼ 折にでも~ (4, 0.1%)

1 これを, そうしたお, 自然に, 話さなければ

▼ 折よりも~ (4, 0.1%)

2 更に雑沓 1 もっとあらわ, 美しく身躾

▼ 折らむ~ (4, 0.1%)

3 初霜 1 の歌

▼ 折~ (4, 0.1%)

1 から見込まれ, と奥, の問う, 公の

▼ 折入った~ (4, 0.1%)

1 ことでも, ところを, 調子で, 顔を

▼ 折初めて~ (4, 0.1%)

2 このお多福人形 1 会った時政, 気がついたの

▼ 折~ (4, 0.1%)

1 であった, で石版図, の哲学, の本

▼ 折屏風~ (4, 0.1%)

1 があった, が図案, を見ました, を逆

▼ 折~ (4, 0.1%)

1 大切に, 家族の, 母上様の, 話有之

▼ 折~ (4, 0.1%)

1 いざという, ずいぶん気, の多い, や東海道

▼ 折敷き~ (4, 0.1%)

1 などし, のよう, 手に, 片手が

▼ 折椅子~ (4, 0.1%)

1 が片付けられ, にもたれ, に腰かけた, へ掛けた

▼ 折~ (4, 0.1%)

1 が掛け, に気, も持ち居れ, をし

▼ 折秀吉~ (4, 0.1%)

1 からの早打, が, が床几, にねだっ

▼ 折あなた~ (3, 0.0%)

1 がお, という対岸, は感情

▼ 折かの~ (3, 0.0%)

1 女にも, 癩が, 菓子を

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 たるごとき風情, たる如き風情, 散りまた

▼ 折これ~ (3, 0.0%)

1 へ呼ん, を用ゆ, を質ぐさ

▼ 折そっと~ (3, 0.0%)

1 母を, 申し上げて, 藪陰から

▼ 折たたみ~ (3, 0.0%)

1 の風呂, 式の, 椅子で

▼ 折つた上~ (3, 0.0%)

1 その口, に喉佛, の世上

▼ 折つて數~ (3, 0.0%)

1 へてみた, へて居る, へること

▼ 折とても~ (3, 0.0%)

1 なかった, なくおまけ, アンチフェブリンよりは

▼ 折なぞ~ (3, 0.0%)

1 トルストイ作中の, 受ける覚え, 市中とは

▼ 折などには~ (3, 0.0%)

1 彼は, 文三も, 私は

▼ 折なら~ (3, 0.0%)

1 では何事, ばなかなか, 義経も

▼ 折なんか~ (3, 0.0%)

1 下げて, 折角手に, 提げて

▼ 折にしか~ (3, 0.0%)

1 はいらない, 用いられて, 見られないこと

▼ 折まで~ (3, 0.0%)

1 よく草, 待つが, 開けて

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 もう時雨, 汝の, 熱海の

▼ 折よくも~ (3, 0.0%)

1 彼は, 彼女は, 私達の

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 でもの骨折り, で過ぎ, で過る

▼ 折~ (3, 0.0%)

2 から 1 から明白

▼ 折わし~ (3, 0.0%)

1 が諫め, の姿, は母

▼ 折わたし~ (3, 0.0%)

1 はそう, はどうか, は浅原六朗

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 でよりより, には長い, の水紅色

▼ 折京都~ (3, 0.0%)

1 に滞留, の妙覚寺, へ上洛

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 にもの, に聞いた, のもと

▼ 折取った~ (3, 0.0%)

1 ので, 紅い椿, 野の

▼ 折同じ~ (3, 0.0%)

1 署の, 船で, 都の

▼ 折式変調受信機~ (3, 0.0%)

1 に限らず, の驚くべき, を組立てあげた

▼ 折彼女~ (3, 0.0%)

1 にそう, の野心, は女性特有

▼ 折~ (3, 0.0%)

3 上に

▼ 折持っ~ (3, 0.0%)

1 ていきゃ, て入, て行った

▼ 折揚げ~ (3, 0.0%)

3

▼ 折既に~ (3, 0.0%)

1 あの御立派, 幾度か, 物故した

▼ 折曲つて~ (3, 0.0%)

1 だら, ゐる道, 行くと

▼ 折柄どこ~ (3, 0.0%)

1 からか聴, ともなく, やら切り

▼ 折柄来~ (3, 0.0%)

1 かかったお店者, かかった此, 合わせた町奉行

▼ 折柄此~ (3, 0.0%)

1 の唐津藩, の後, の鑛毒被害地

▼ 折武蔵~ (3, 0.0%)

1 のこと, は, も貴公

▼ 折焚柴~ (3, 0.0%)

2 の記 1 を読ませ

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 がどういう, が刺され, の表面

▼ 折玄徳~ (3, 0.0%)

1 とも知っ, の一子, は駒

▼ 折神社~ (3, 0.0%)

1 というの, の真裏, の石

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 に入, は流され, は特別

▼ 折絶息~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 折義元~ (3, 0.0%)

1 の先手, はその, はどう

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 歩は, 歩を, 歩齲齒笑を

▼ 折誰か~ (3, 0.0%)

1 から教わった, がその, がブライアン氏

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 の全体, をつかった, を反対

▼ 折~ (3, 0.0%)

1 より, より空しく, より血

▼ 折革鞄~ (3, 0.0%)

1 を傍, を抱え込んだ, を持っ

▼ 折あっ~ (2, 0.0%)

1 て九段坂, て罪悪感

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 て, てやる

▼ 折いっ~ (2, 0.0%)

1 ておねがい, て相談

▼ 折いつも~ (2, 0.0%)

1 の書道, 将棋の

▼ 折いづ~ (2, 0.0%)

1 ことも, こへ

▼ 折お供~ (2, 0.0%)

1 して, のうち

▼ 折お金~ (2, 0.0%)

1 を一文, を立て替

▼ 折かぞえ~ (2, 0.0%)

1 て, て待った

▼ 折からでも~ (2, 0.0%)

1 あらうが, 若い女

▼ 折がら~ (2, 0.0%)

1 お差し支えない, の朝酒

▼ 折くら~ (2, 0.0%)

1 ゐな, ゐの

▼ 折こう~ (2, 0.0%)

1 お約束, も言った

▼ 折ここ~ (2, 0.0%)

1 の大, へ移し換えられた

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 へあれ

▼ 折した~ (2, 0.0%)

1 が其の, ところには

▼ 折する~ (2, 0.0%)

1 彼の, 数百歩忽ち

▼ 折たしか~ (2, 0.0%)

1 お守役, 刀は

▼ 折たれ~ (2, 0.0%)

1 にかは喜バ, も御霊屋

▼ 折だったら~ (2, 0.0%)

2 お前は

▼ 折つたら~ (2, 0.0%)

1 ぽかり, 花が

▼ 折つた事~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ 折つた方~ (2, 0.0%)

1 が水泡, には酬

▼ 折つた経験~ (2, 0.0%)

1 がある, を持つ

▼ 折つち~ (2, 0.0%)

1 まひ乱暴だ, まふ

▼ 折つてやつ~ (2, 0.0%)

1 と出来上る, と死ぬ

▼ 折つて作~ (2, 0.0%)

1 つたもの, つて

▼ 折つて勘定~ (2, 0.0%)

1 して, し乍ら

▼ 折つて帶~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 折つて書~ (2, 0.0%)

2 を読んだ

▼ 折つて貰~ (2, 0.0%)

1 はう, ひ度いが

▼ 折でない~ (2, 0.0%)

1 とか云う, と私

▼ 折でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばちょっと, ば徒渉

▼ 折とんとん~ (2, 0.0%)

2 部屋の

▼ 折ながら~ (2, 0.0%)

1 なおかつ垂, 八蔵は

▼ 折なき~ (2, 0.0%)

1 を憾み, 頃にて

▼ 折なく~ (2, 0.0%)

1 して, 過ぎて

▼ 折なぜ~ (2, 0.0%)

1 おぬ, 彼に対して

▼ 折なぞは~ (2, 0.0%)

1 未だ嫂, 泉太や

▼ 折などから~ (2, 0.0%)

2 聞いて

▼ 折なども~ (2, 0.0%)

1 坂上主膳の, 正面から

▼ 折にと~ (2, 0.0%)

1 とって, 言った

▼ 折になど~ (2, 0.0%)

1 云わなくても, 立ち寄って

▼ 折によって~ (2, 0.0%)

1 異る, 種々に

▼ 折のし~ (2, 0.0%)

2 のし

▼ 折ばかり~ (2, 0.0%)

1 繋いで, 酔いしれるとは

▼ 折ふせ~ (2, 0.0%)

1 て旅寝, ながらはひいでぬ

▼ 折ほど~ (2, 0.0%)

1 忘れがたく, 情が

▼ 折また~ (2, 0.0%)

1 その他の, 出雲の

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 をや, をやや

▼ 折もし~ (2, 0.0%)

1 仏躰に, 新田殿が

▼ 折らしい~ (2, 0.0%)

1 大きな紙包み, 福紗包を

▼ 折るれ~ (2, 0.0%)

1 ば例, ば槍

▼ 折わが~ (2, 0.0%)

1 松の, 眼の

▼ 折わたくし~ (2, 0.0%)

1 の入院先, の心

▼ 折ッテ門~ (2, 0.0%)

2 前ニ戯レ

▼ 折一度~ (2, 0.0%)

1 か二度, はきっと

▼ 折丁度~ (2, 0.0%)

1 表通りを, 高柳夫婦が

▼ 折上げ~ (2, 0.0%)

1 てくくられた, て太股

▼ 折不意~ (2, 0.0%)

1 にお, に彼

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 回川, 縁也古事記には

▼ 折人々~ (2, 0.0%)

1 の目, は何故

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 でもいちばん

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 に貸す, の者

▼ 折伊織~ (2, 0.0%)

1 がここ, が後ろ姿

▼ 折何処~ (2, 0.0%)

1 かで二時, か脾腹

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 の怪しき

▼ 折傷以上~ (2, 0.0%)

1 ならば, の罪

▼ 折光秀どの~ (2, 0.0%)

1 から詳しく, 御自身

▼ 折再度~ (2, 0.0%)

2 の狭心症

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 しても, 此の

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 でもと思っ, 考えると

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 が自身, の書状

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 玄関へ, 講堂と

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 御覧入, 指上

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 が大き, をつかまえ

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 で姉, に在りし

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 った上, を突いた

▼ 折嶺居~ (2, 0.0%)

1 のよろし, を探しあてる

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の余白, を伏せ

▼ 折弁当~ (2, 0.0%)

1 を一同, を開き始めた

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の書物, や三十二折形

▼ 折彼等~ (2, 0.0%)

1 がどんな, が思わず

▼ 折戸外~ (2, 0.0%)

2 を通る

▼ 折撓まざる~ (2, 0.0%)

2 の堅志

▼ 折数え~ (2, 0.0%)

1 て浮き立つ, て考え

▼ 折敷いた~ (2, 0.0%)

1 ままで, 白紙の

▼ 折新聞社~ (2, 0.0%)

1 に活字, の会計係

▼ 折日向守~ (2, 0.0%)

1 が大, に会うたら申し伝えよ

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 の繁昌

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 なる哉, も時

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の処, も自由

▼ 折曲げる~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 折曲一つ~ (2, 0.0%)

2 折れて

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 たりて再び, ていただきたい

▼ 折東京~ (2, 0.0%)

1 の海原家, の音楽学校

▼ 折柄上方~ (2, 0.0%)

1 のお, の街

▼ 折柄人~ (2, 0.0%)

1 の善, 住めるとも

▼ 折柄幸い~ (2, 0.0%)

1 にも東京府, にも貴下

▼ 折柄廊下~ (2, 0.0%)

1 を小走り, を近く足音

▼ 折柄扉~ (2, 0.0%)

1 をコツ, を排し

▼ 折柄日清~ (2, 0.0%)

1 の戦争画, の戰爭畫

▼ 折柄来訪~ (2, 0.0%)

1 して, の英百合子

▼ 折柄無理~ (2, 0.0%)

2 な詮索

▼ 折柄秀吉~ (2, 0.0%)

1 は征韓, は関東奥羽

▼ 折柄私~ (2, 0.0%)

1 の入る, は吾妻渓谷

▼ 折柄空~ (2, 0.0%)

1 に月, は雨雲

▼ 折柄通~ (2, 0.0%)

2

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 と話し, の家

▼ 折格子~ (2, 0.0%)

1 の問題, を写真

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 に因み

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 に入れられた, やいろいろ

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 にかう, はなぜ

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 に, には必ず

▼ 折池邊君~ (2, 0.0%)

2 は何故

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の上, へ落ち

▼ 折火事~ (2, 0.0%)

1 にあ, にあっ

▼ 折燻べ~ (2, 0.0%)

1 てフウ, てフウフウ

▼ 折畳椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰掛け, をのばし

▼ 折畳眼鏡~ (2, 0.0%)

1 とラッコ, を持っ

▼ 折突然~ (2, 0.0%)

1 人像の, 小鳥の

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 折美濃~ (2, 0.0%)

1 に居合わせ, を落ち去った

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の下, 誤墜園中

▼ 折葉十二~ (2, 0.0%)

2 の年

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 の影, の蔭

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 さう

▼ 折角山~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ来た

▼ 折角川~ (2, 0.0%)

2 の岸

▼ 折詰め~ (2, 0.0%)

1 でも貰っ, と一緒

▼ 折~ (2, 0.0%)

1 と誰, の發意

▼ 折買っ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て来

▼ 折連れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てまいっ

▼ 折関羽~ (2, 0.0%)

1 の手, は言伝

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 と思い立ち

▼ 折~ (2, 0.0%)

2 ひ得たる一隻

▼ 折高氏~ (2, 0.0%)

1 はその, を伴う

▼1* [1271件]

あいさつに出, 折あきれて考える, 折あしくむか, 折あなた様もお側近く, 折あの鶴が, 折あまりのお, 折あるじが口, 折あるやろさかいまあまあもうちょっと, 折いかなる話を, 折いく日わたづみ, 折いざみな子と, 折いちど会わせて, 折いち早く救助に, 折いったことだった, 折いまは一年中落葉, 折いやに凄み, 折うけたご厚恩, 折うまい松魚を, 折おなじ房に, 折おなじく因果な, 折おぼろに聞き覚え, 折おり包んで見えた, 折おれに董卓, 折お世話になった, 折お前は何となく, 折お母さんにお, 折お直婆さんは, 折お礼をね, 折お話しいたします, 折かがみがこんな, 折かがむ背中も, 折かがんだまま首だけ, 折かしこに尋ねゆき, 折かとわざとそれ, 折かなんかで打たれるよう, 折かにその城, 折かば則ち, 折かばんを膝, 折かばん位のもの, 折かも知れないとさえ, 折かようの行法, 折からじゃ目を, 折からに表の, 折からにつけ忘れませぬは, 折からにはあけ方, 折からはぎやすすきの咲き乱れた, 折からをかしうて, 折かりにそちが, 折かれははるか, 折がと思って, 折がらくた物の中, 折がら正午の西洋間, 折がら馬楽の死, 折きんは真夜中, 折けては折要, 折けり世の, 折ける勿れ, 折けんと言, 折まして梯子, 折こいつも引っ立て, 折こういう病人を, 折こそと思って, 折これぱしの改修, 折こんな失策を, 折下問によって, 折ごと下へ置く, 折さきの戦争, 折さらに一両を, 折さる海辺にて, 折さんこいつは少し, 折しく一羽の, 折しなかったら東流二絃琴は, 折しばしなりと, 折し来ぬればあやめ草, 折じっと怺え, 折じゃお邪げ, 折すこしはまし, 折すこしく御酒気, 折すごさず世に名, 折すでに太閤と, 折すべらないためであろう, 折すらなかった, 折せしめ美妙幸福の, 折せっかくな御, 折せんというは曹操, 折なたが, 折そこここの雅会, 折そつくりの氣持, 折その当の叔父が, 折それとなく注意した, 折それとなくこうこういう議論, 折それらのこと, 折風も, 折のは, 折たく柴の, 折たとえ曹操の, 折だかかってみい, 折だけそれは, 折だけに検事と, 折だけは獅子神の, 折だつたのでそんな, 折だのみかんの, 折だ行こう行こうと云っ, 折まや, 折ちやうど御加持, 折ちょっと耳に, 折や今日, 折ったらしく見えた, 折ってその小さい, 折ついでのやう, 折ついに彼の, 折つたお蔭で小屋, 折つたくらゐです, 折つたさうで不具, 折つたつて構はないだらう, 折つたつて結局子供だましの夜鷹仕事, 折つたはがきぐらゐの大きさ, 折つたるちうんで親爺さん, 折つた一人の兄弟, 折つた一葉の端書, 折つた上何處で見付け, 折つた上馬に蹴られた, 折つた五位鷺種々な者, 折つた人で台記, 折つた冑をかぶり, 折つた冠り物, 折つた千代松の腿引, 折つた單衣の縮んだ, 折つた坊主は偉い, 折つた場合でも三從弟妹, 折つた山榊を手, 折つた手拭と一つ, 折つた木の枝, 折つた様に胴, 折つた歌なんぞは到底, 折つた甲斐だけはある, 折つた積りさ, 折つた結果は大抵, 折つた緑いろの, 折つた臂は時々, 折つた裾を下し, 折つた輯佚の風, 折つた道尊坊を引出し, 折つておいでになつ, 折つてお世話をしました, 折つてお花の水仕事, 折つてかしこまつて, 折つてしまはずに無事, 折つてそつと錢形, 折つてそれ切り余は引, 折つてまくらにさせよう, 折つてものは案外, 折つてゆかりと勇三郎, 折つてゆるやかに打, 折つてるのです, 折つて一ぺんにキユーツ, 折つて一應の調べ, 折つて三人で弓矢立合, 折つて下手に出れ, 折つて主人の手, 折つて之に旅用意, 折つて了へ, 折つて二十五足の雪靴, 折つて介抱したのに, 折つて仕舞つた, 折つて何か大切, 折つて使つても十行, 折つて例の問い, 折つて信託銀行と直せ, 折つて僕の胸, 折つて兩手を揃, 折つて兩方の袂, 折つて其兩膝に罪, 折つて其癖の舌, 折つて別を惜しみ, 折つて別々になげすてました, 折つて創立した所, 折つて助勢を頼み, 折つて勸めた, 折つて十吉に渡した, 折つて十年別れ住んだ女房, 折つて吸つて, 折つて唯糸に操らる, 折つて噂仕合へばまして, 折つて土の上, 折つて圭介の掌, 折つて地に低く, 折つて坊主にもなる, 折つて坊主頭をがく, 折つて墓打ちた, 折つて娘の首, 折つて少年らしくサメザメ, 折つて帰つた山独活を四五本, 折つて帰つて来たが, 折つて平次は勿論, 折つて床下を覗い, 折つて座中に投げ散らせ, 折つて彌次馬を追, 折つて彼女は一つ時, 折つて往来越しにこちら, 折つて念入りに岩乘, 折つて恭儉の行, 折つて愛撫するやう, 折つて懷中煙草入を差, 折つて手に攫んだ, 折つて手柄を三輪, 折つて押へ付けた, 折つて拵へた, 折つて揚子箸で手探り, 折つて摧いて, 折つて敵を防ぐべき, 折つて日にちを数, 折つて本場のチンプンカンプン, 折つて松花堂忌か遺墨展覽會, 折つて枯柴の火, 折つて桃畑の向う, 折つて椅子に倚つて, 折つて此度の相談, 折つて母親の年齡, 折つて汝が馬鹿, 折つて泰松寺の老師, 折つて火鉢へ燻べた, 折つて父に隠し, 折つて疊に手, 折つて皆に運ばれ, 折つて盜つた癖に鐚錢一枚身, 折つて眞物のゐざり, 折つて礑と倒れ, 折つて竿へ掛け, 折つて筆の軸, 折つて箒を持つた, 折つて細心の注意, 折つて結婚さして, 折つて網一ぱいの魚, 折つて緋縮緬の湯, 折つて肥だめへ投, 折つて肩だけゆすつ, 折つて胡麻は摺つて, 折つて胸をつき出した, 折つて腕組をし, 折つて臆病さうに上眼越しにチラチラ, 折つて良医となる, 折つて薦につつん, 折つて藥罐の下, 折つて蛭ヶ小島に流した, 折つて裏の三軒長屋, 折つて解決して, 折つて言つた, 折つて談話を哀願, 折つて謝罪したとか, 折つて貰ひたいのぢ, 折つて貰ひたい仕事に膏, 折つて賜はつた, 折つて足を多く使, 折つて辻斬野郎を漁, 折つて遺書を見せる, 折つて鎮魂の義, 折つて長押に吊つた, 折つて音もさらさら, 折つて風呂を立て, 折つて食ふべく鼎钁, 折つて馬の尾, 折つて髪に翳せ, 折つて默つてしまつ, 折つて默つて聽いてを, 折つて鼠の餌食, 折つとるんだ, 折つれづれに探偵小説, 折づめや口取りなどの散ら, 折であり不意だった, 折でございますが何, 折でござったよ, 折でござるゆえ暫時これにて, 折でしたかな, 折でてすけとくて, 折ででもあるらしい絞りの, 折といふもの, 折とうとう浮いて, 折とか小松殿の, 折とかや兄弟多く, 折とかを届けためくら, 折とがそのあと, 折として篝を, 折としても大変適薬的だった, 折とては着て, 折とにはいつも外役, 折との此世の, 折とりてかさ, 折とりきめたことじゃ, 折とを賜った, 折どういう風に, 折どうかあなたから, 折どこか聞か, 折どすさかいにな, 折どんなに御喜び, 折なお親しく語る, 折なしかえって御, 折なぞにお産を, 折なぞを見舞に, 折なつかしく神山に, 折などがあたりに, 折などでいへば, 折などの到来物が, 折なほ独善の道, 折ならねば辛, 折なりければ, 折なりしかばいかに, 折なり老いて夫, 折なんぞ一筆でも, 折にかような, 折にこやかに近づい, 折にという風で, 折になつて炎天の, 折になあ土産に, 折にまでそんな眼鏡, 折により体に従って, 折によるもので, 折のにかなったもの, 折のみでない, 折はという考えも, 折はなしのついで, 折ひとつだけが歴然, 折ひとつお供いたしましょうか, 折ひとり舎監室で謹慎, 折ひとり鏡を取寄せ, 折ひょっと同姓異人では, 折びろうどの帯, 折ぺっしょっても引寄せて, 折ほどの坂道で, 折まがいの奇抜, 折まことに絶好の, 折または祈事, 折またまた国法を, 折またもや糸子との, 折までに出来るの, 折までは毎朝つやぶきん掛け, 折まるでわざと狙ったよう, 折まわしの土塀, 折まわした曲の, 折むささびと睨め, 折むべきものはそれ由, 折もう君そろそろ, 折もがな今一, 折もがなと伝手を, 折もこそあれと, 折もすつかり腰掛に, 折もと心がけて, 折やや得意そうな, 折ゆうべもこの, 折ゆうべ深更に信長, 折ゆえ溺れるもの藁, 折ゆえ大殿のよい, 折ゆえ馬揃いで大笑い, 折よいお訪, 折ようお梅どん, 折よくすぐ榎本にも, 折よそながらお目にかかりました, 折よほどお打明けし, 折よも山の, 折よもやこんな事, 折らしたり, 折らしやがったと云っ, 折らめどもをりき, 折りくぶるよすがと, 折をしもべに担わせた, 折を以て求むべきこと, 折アメリカの學者, 折キリスト教が復活, 折グラツドストオンは聴衆, 折ケルンに於い, 折ゴリキイは件, 折サアゼントは或, 折サイダア砂糖袋玉子の折, 折シヨペンハウエルが万亭, 折ッタリ伸バシタリシテ最モ蠱惑的ナル角度カラ, 折ッテ御本丸, 折てゐる, 折ヅメ十四人前か, 折ヅメ料理にもタケノコ, 折テラコッタの壺, 折ナドモ官兵衛ニ語ラヒ何トスルヤト問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 折ニモ偶然人ガ野外ニ立ッテ拓本ヲ製作シテイルトコロヲ, 折持舟, 折ブラウン教授の挨拶, 折ヘルバルトはもう, 折マゲにゆう, 折ラァゲヰッツ村の辺, 折ラレテ半棒トナル, 折ラレテ後棒トナル又棒切折ラレテ, 折重ナッテイルヨウニ, 折レテ来ヤシナイカ, 折レテ十余町スレバ浜辺へ出, 折ロシヤ使節側から幕府委員, 折ロンドンに私, 折ワルク兵庫ガ納戸ヘオレガ入ッタラ, 折なるぜ, 折一つでお前, 折一助に目, 折一家の貧窮, 折一寸頭をひねっ, 折一山はまったく, 折一度経験して, 折一挙に浅井, 折一段語りおえて, 折一緒でもよかありません, 折一言なかるべからずと, 折一際はなやかに, 折一首の歌, 折三つになっ, 折三の丸二の丸まで取り詰められまし, 折三角寛氏などはある, 折に鐘樓, 折上げた着物の, 折上洛した良兼, 折上田先生の伊太利亜, 折下駄をつまんだ, 折図間近の, 折与右衛門は何者, 折世に喧伝された, 折世界戯曲全集と近代劇全集, 折世話になった, 折両国の福本, 折両親に別れ, 折中庄の翁, 折中根氏が健康上, 折丹三郎いささかの, 折主催の朝日新聞社, 折主君信長様には密か, 折乃木かならずその, 折久留島様と云う, 折乙若の話, 折九兵衛念のため, 折九品寺の茶筅売等, 折乱軍の中, 折乳母に死に別れ, 折二つを身共, 折二三歳の家, 折二箱あり, 折ひに, 折五六杯の酒, 折亡父と亡児, 折人家のうしろ, 折人気者の花夜叉, 折今夜甚太郎がさも, 折今川家から放たれ, 折今川義元へ槍, 折今度はまた, 折仏蘭西から瑞西, 折だけは損, 折仲人が新郎新婦不参, 折の庭石, 折伏す枯草の, 折会うたる我に, 折会社の扉口, 折伺いましたが, 折低い声音を, 折佐佐木茂索氏とふさ夫人, 折佐原小学校の教員数名, 折何ぞ途中の, 折何で普請の, 折は其の, 折侍中辛毘からこう, 折侍側の荀攸, 折侍坐して, 折侍女の萩乃, 折信忠の遺命, 折信長の手, 折修繕したるもの, 折と同じく, 折しゐたり, 折傘そいつを恭, 折の家, 折兄弟どもも皆, 折兄者人はその, 折へ行った, 折光ると甲板, 折光厳が次, 折光子さんのうろたえた, 折光明皇后がこの, 折光春がいう, 折入ってたのん, 折入口ちかく掲げられ, 折入牢中顔を見知っ, 折六名の貧乏ぶり, 折六条の頭殿, 折共に朝餉でも, 折から没収, 折兵学の講義, 折其時の母校, 折其處へ小生, 折兼好法師の次, 折内室付として斎藤家, 折内庭の檜木山, 折写真にうつされ, 折凍てた大地に, 折出して用いた, 折出版届にわが, 折出馬されなかったので, 折分捕った十字架を, 折切れます誰にも, 折列座の中, 折判ゴシック字体の非常, 折の一詩, 折前垂で膝, 折割ってはいった, 折割人の條項, 折加藤兄弟の老母, 折加賀の国, 折助けられた恩人な, 折勝家のことば, 折勝豊が共に, 折医院長の三宅速博士, 折十一月廿七日父富造翁死去の電報, 折十分死者の面目, 折十年ばかり前, 折千種忠顕から女, 折半兵衛重治から語られ, 折半日ほどお, 折卒然と自分, 折博士に対してはかの, 折博文館の文士, 折危険不便は多い, 折即座に一刀流, 折参戦を書い, 折参詣人の柏手拍, 折參觀を許され, 折取らなければいけません, 折取りし小枝, 折取るべき一個の, 折受取りし三通の, 折叡山の北, 折叡覧の光栄, 折を尖らし, 折口惜しげに申し, 折材木を, 折古ぼけた制服を, 折古本の事, 折だの畳句, 折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 折召使に伝言, 折の事情, 折司馬懿仲達がそっと, 折合えない二十の, 折合えるものもみ出された, 折合壁から泥棒, 折吉野の仮宮, 折同じく玉虫さん, 折同僚に囁いた, 折同職の柳生但馬守, 折名うての荒武者伊達政宗, 折吾が紙の, 折呂布へ与える, 折主孫権, 折呉王孫権が戯れ, 折味方の一部隊, 折をすて, 折をまじ, 折唯物という言葉, 折問題になった, 折善くもう学校, 折ましい警察自動車, 折に出た, 折四国摂州, 折回廊を慈悲太郎, 折図らざる天の, 折国中を悲嘆, 折国会図書館長のラップ氏, 折土産にくれた, 折など云う, 折とおなじ, 折の体裁, 折執事のそち, 折堪忍して, 折塗師屋柄巻職人など住ん, 折塩川文麟をも訪ねた, 折物の, 折夏目君も又, 折夕刊を読ん, 折夕汐の水, 折夜来の雨, 折夜見ヶ浜からの早馬, 折夜道を一人, 折夥しい歓迎人の, 折大杉氏の方, 折大樹の梢, 折大病をわずらい, 折大臣馬子の無道, 折大赦が行われた, 折大車輪で本書刊行, 折大風が吹い, 折暗く水, 折天皇領の住人, 折太宰府の天満宮, 折太閤は何, 折夭死するに, 折奉書を受け, 折奉書三枚にもわたる, 折のひと間, 折奥様にもお目にかかりました, 折女中が自分, 折女優がなかっ, 折好き機会にもなる, 折妙齢の娘, 折の婿, 折始めて叔父夫婦, 折が来, 折婦人溜り所には父親, 折婦道を守れ, 折孟達が頑強, 折の小太郎成胤, 折孫策の父孫堅, 折宗良親王が, 折定家卿から相伝, 折道から, 折実業家ヴェーゼンドンクの若く美しい, 折とみえ, 折家出をし, 折宿は光明寺, 折宿望を達する, 折寄進した書, 折寝食欠乏のため, 折でその, 折寺院や庭, 折将棋をさした, 折将軍義輝と一夜雪見, 折尊氏どのもかなり, 折六の, 折小さな控え目な, 折小児の折, 折小児痲痺で片方, 折小母さんが一日, 折小貝川の河原近く, 折少女を爺さん, 折尺八のはなし, 折尾谷で尺三, 折ながらに世, 折居合せながらみすみす, 折屈せざるの先例, 折屈むのを, 折届けて来た, 折屋敷の主人, 折屡々椅子を, 折深ければ, 折山中のこの, 折山陽に与え, 折に一戦, 折島崎氏は几帳面, 折居そして, 折嶺君その人, 折嶺君同行何とかいふ, 折左右には水, 折左大臣からあの, 折左衛門尉は自分, 折左足を挫, 折左馬頭義朝が名古屋, 折の聯合, 折市村座の座主, 折も席, 折席上で認め, 折帰来便不鮮, 折幕府の役人, 折平六にいった, 折年頃は四十二三, 折幸田酒月の二人, 折幼帝には北, 折幾重の峯, 折宗の, 折広岡の家, 折の紅梅, 折の下, 折建て直し以前の, 折廻しの縁, 折廻した大構, 折廻った処の, 折や血刀, 折引上げ家族を乗せた, 折張昭が訊ねた, 折当所で開墾, 折当時東洋のルソー, 折に同化, 折彼得は私, 折彼方の本多豊, 折征途から帰還, 折従者に向かっ, 折の全, 折心もとないと思ったらしく, 折心魂のおののき, 折忙しくさっと一度, 折忠平は彼, 折忠興と自分, 折よく母, 折恵鎮和尚に伴われ, 折シク脚気ニテ久シク煩ッテイタ故, 折悪うドードッと, 折悪しく激しい旋風が, 折悲惨だったの, 折感じた事である, 折懇意な事務員, 折懐中に少し, 折懐中鏡は財布, 折懐手の珍妙, 折る新聞記者, 折戯れのうち, 折戴いた御馳走な, 折所難所の戦い, 折扈従の老, 折手づるがあっ, 折手前に五十仙, 折手術室である婦人客, 折して, 折から満開, 折拍子を踏み, 折いて, 折捌いたの部屋着, 折掛けて突俯, 折へ来られ, 折撓まず対毛利家と, 折改めて申しあげるつもり, 折贅沢を, 折故人摂津大掾, 折故国にある, 折敗亡遁竄の果て, 折散財かけて, 折数枚書きなぐる梅焼酎, 折から莫大, 折敷かせ手綱を, 折敷くその背, 折敷く屈み腰で, 折敷けの姿勢, 折文壇の荒木陸相, 折於松を伴, 折の宿, 折日々看護に来りし, 折日本に連れ, 折旦那様と磯見様, 折早馬でここ室, 折昆布などが目, 折明恵は質素, 折明智光秀どのの手勢, 折明治座の廊下, 折の義, 折易介は隣室, 折星野氏は深い, 折昨夕お姿, 折時宗公が元, 折普請奉行の役, 折景親が東国, 折暗夜にフラツド・ライト, 折暴風のため, 折曲がった廊下を, 折曲げするのも, 折曲げなければならぬ, 折曲げ投げだした左の, 折曲つた壁に添う, 折曲つた廊下の先, 折曲つた方の北側, 折曲つて列り行く, 折曲りして通っ, 折曲ろうとする, 折書林太郎君墓銘数葉持参致し誠に, 折書棚の草双紙絵本, 折書肆からと, 折朝廷からお召, 折木曜会の知友多かりき, 折末子の朝成, 折阿弥様の, 折朽ちた古卒都婆は, 折材木置場から隅田川, 折小右衞門, 折東京駅で彼, 折東大寺の大仏殿, 折東宝社長が都, 折東軍と西軍, 折松岡外相の提議, 折松永久秀の兵, 折松風氏は卓子, 折枝さんがゆかぬ, 折枝桜の落葉, 折柄これは根本的, 折柄こんどの怪人集団事件, 折柄さしか, 折柄さきの銃声, 折柄そとはいちめん, 折柄とりどりの流言伝はり, 折柄ひとつ国境に於ける, 折柄ふだんは銭湯, 折柄むだにすてられよう, 折柄ゆえそれが何より, 折柄ゆえ事と次第, 折柄ゆえ酒の肴, 折柄わたしの部屋, 折柄アアアラ不思議やいぶかし, 折柄エクセター教区監督を誹謗, 折柄ガラガラと表, 折柄クロクロ島の沈没, 折柄タキシー運転手姿の樫尾, 折柄ダンスの一くさり, 折柄ツエツペリン伯号来る, 折柄ツヽと小, 折柄ペツポのをぢ, 折柄ホテルの玄関, 折柄リーマン博士が初めて, 折柄一丁目から歩道, 折柄一人なりとも, 折柄一先づ民間航空事業の貢献, 折柄丁度よいお, 折柄丁度英軍の高射砲, 折柄三岸のもの, 折柄三番鶏の啼声, 折柄上州名物の空っ風, 折柄不意に天来, 折柄世話やきに, 折柄中学は卒業, 折柄主君は御在, 折柄二三頭の毛むくじゃら, 折柄二人は予ら, 折柄二十日あまりの月光, 折柄五月雨の水勢, 折柄人間的労働力を節約, 折柄今度は川上, 折柄他に貸, 折柄伯耆守と共に子, 折柄何等の遺恨候, 折柄俄雨が一方, 折柄修理不在で番所, 折柄傍らなる小門, 折柄傭人達の食事時間, 折柄先輩の人, 折柄入りかかる夕日, 折柄八月の末近く南国, 折柄六月中旬で標高三千尺, 折柄兼て山陵, 折柄処断を明, 折柄処用で外出, 折柄利根川増水の噂, 折柄則重の書状, 折柄勃発した支那事変, 折柄勘次に盗取られた, 折柄十人許りで刀脇差, 折柄午近くなっ, 折柄南禅寺の山門, 折柄南禪寺の山門, 折柄参詣の人, 折柄口が一杯, 折柄向うから来た, 折柄吾人戦勝国の国民, 折柄呼鈴が激しく, 折柄咄嗟に降っ, 折柄喧嘩を致す, 折柄四國鐵道土讃線の開通當時, 折柄四時頃の事, 折柄土砂降りに降り出した, 折柄場内に哄, 折柄塀外へ来た, 折柄墓石の下, 折柄夜中で人気, 折柄大患後の衰弱, 折柄大阪の病院, 折柄天火を以て降らし, 折柄奉行も濫, 折柄奥平家の大奥, 折柄奧の障子, 折柄妙齢美貌の婦人記者, 折柄婦人に就い, 折柄季節にも当っ, 折柄安否を氣遣つて伊豆, 折柄官憲にて支那人, 折柄宣告を澄ました, 折柄小生を訪問, 折柄居士は, 折柄屋敷の隅, 折柄山のうへなる, 折柄岸近く縄舟を漕ぎ, 折柄川向の磧, 折柄平次や八五郎, 折柄座敷の方, 折柄当時政府に左院, 折柄從臣介之推, 折柄御三家の奥女中, 折柄徳川政府の方針, 折柄心掛けが宜しく, 折柄悪意を満載, 折柄悪戦の最中, 折柄意地になつて噛りつ, 折柄意外の障害, 折柄戦の声, 折柄指導的立場にあるべき, 折柄教室に並べ, 折柄文献だけで調べ, 折柄新興の茶道, 折柄日は傾き, 折柄日本の軍艦, 折柄昔風の思い付, 折柄是非先生の御, 折柄昼やすみで, 折柄時分どきでござろう, 折柄時鳥の鳴く, 折柄月明によって歌舞, 折柄有馬玄頭邸で能楽, 折柄朝のすがすがし, 折柄木曾河第一, 折柄本国のイスパニア, 折柄杉の妻戸, 折柄東の空, 折柄柿落葉の時節, 折柄格子戸のベル, 折柄桜時故ニ風景モ, 折柄梯子段を踏, 折柄椽近く座を占め, 折柄楼上より聴, 折柄正面から来た, 折柄此程の秋, 折柄残暑どきで午後, 折柄毎日のよう, 折柄氏は夕飯中, 折柄水野様より参れ, 折柄洋上には密雲, 折柄浄蔵の父, 折柄浅間颪が寒く, 折柄涼みがてら, 折柄渡来したる日本人, 折柄満々たる風, 折柄満月が空, 折柄満開の桜, 折柄潮に乗り, 折柄父の輝国, 折柄片破れ月が澄みきった, 折柄玄関で訪う, 折柄異国船の来, 折柄盂蘭盆のこと, 折柄相当参考になる, 折柄研究員として出入, 折柄碇泊中のイギリス, 折柄社長室には東宝重役, 折柄秋の太陽, 折柄秋風空中を掠め, 折柄窓のそ, 折柄竹の台の方, 折柄篠突くばかりの, 折柄米友が居合せなかった, 折柄紫派の波, 折柄細雨が降っ, 折柄絲を紡い, 折柄老生もこのごろ, 折柄腹こなしに一席, 折柄膝がしら, 折柄自愛専一に祈, 折柄芋銭のやう, 折柄英国がこれ, 折柄荒増る風, 折柄衆目がこの, 折柄街ではもう, 折柄衣山にさらし首, 折柄表の戸, 折柄表通りに浅田, 折柄襖が静か, 折柄見物に来てた, 折柄誰やらん訪, 折柄警部は次, 折柄買出しに来た, 折柄賑やかな新宿, 折柄走り寄った追手, 折柄車止の提灯, 折柄軒を鳴らし, 折柄近く寄って, 折柄通りかかったあの, 折柄通りがかりの八五郎, 折柄通読しても, 折柄遥かの下界, 折柄長州藩士等追, 折柄門の方, 折柄開庁した函館, 折柄障子は開けっ放し, 折柄難捨置依之已来御料私領村, 折柄雪も止ん, 折柄雲間を出でし, 折柄電話で會見, 折柄電車は台町, 折柄霧が薄れ, 折柄青空を衝い, 折柄面部を包みし, 折柄頸を延し, 折柄風は追手, 折柄養蚕上簇に際し百姓, 折柴古原艸等にも恩, 折柴瀧井孝作の影響, 折柴田どのの甥, 折の苗, 折がない, 折根岸の御, 折桃の節句の当日, 折案内役を勤めたる, 折梅一枝又作和歌并以賜余, 折梢女友というの, 折は多少, 折棕梠の樹, 折森どのがしきり, 折森山榮之助, 折榛名湖の氷, 折構内に於い, 折槍一筋でも持っ, 折に応じ, 折欠けた二本の, 折の会, 折此侯までも信用, 折此婦人がその, 折武太郎の無残, 折武田信玄コノ城ヘ取懸, 折死んでしまつたと答, 折残された腹心の, 折殿様に全然, 折毀誉褒貶を超え, 折毫毛純乎として純, 折民爲刑推爲三后而皐陶不與, 折求め帰って家蔵, 折江北から急使, 折江戸へと聞い, 折池辺君は何故, 折河北の袁紹, 折治部大輔従五位下をいただきました, 折沼田の下新田, 折法水は右手, 折法要万事は大淵, 折泰勝寺の裏山, 折洋画展を観る, 折洒落た塗盆の, 折のカット, 折添えて亥, 折渡来したか, 折の津, 折の岸壁, 折満々たる濁水, 折滬上当今の書家高, 折漠然とした職業選定, 折漢訳の明治維新史, 折の生一本, 折に吹かれ, 折炉辺を囲み, 折炸裂弾をうけ, 折べて炉, 折後啓霊此等郷間皆親友為之城市有用貧者, 折熔岩のため, 折熨斗を附け, 折熱海のそば, 折に落ち, 折から十手術, 折父早川三左衞門殿には正義, 折父母を失いけれ, 折片岡君は唸っ, 折片方に仕事道具, 折を盗まれた, 折牛肉で酒, 折物語の悲し, 折特に自分の, 折に咬まれ, 折独帝は六歳, 折猿田彦の子孫, 折玉屋町の自宅, 折女史と, 折擒った, 折生々しく甦って, 折生乾きの朱泥, 折田平内の, 折田沼の慰め, 折甲府の使者, 折申しつけておいた, 折男子の面目, 折といった調子, 折るごと, 折の椅子テーブル, 折畳式袋入衣裳掛, 折畳机をもっ, 折疑獄事件があっ, 折を隠し, 折に罹り, 折白いペンキ塗りの, 折盂蘭盆の十三日, 折目だつたのを, 折目撃した人々, 折目立っていた, 折目立った日に, 折目立つたことの, 折直々手渡して, 折相州さまのお, 折省内の廊下, 折着させて戴きます, 折着せて, 折を立て, 折矢庭に躍りかかった, 折矢田平が父より夢中, 折知合の結婚式, 折破して決して, 折破り走りて城門, 折とわし, 折の手巾, 折祖父の石舟斎, 折神明と人, 折禰衡をもちい, 折秀吉様からそっと, 折秀次から頼まれた, 折私たちは船長, 折私どもが並ん, 折私達は船長, 折光りが, 折穴山梅雪の非業, 折空濠に落ちた, 折と着のみ着のまま羽織, 折へはらりと, 折端午の節, 折端詰つてお前にやつ, 折には, 折一に, 折にむら雀, 折笹島先生は独身, 折の水彩画, 折筑前どのに侍, 折筒井家の客, 折して, 折管内恐れて, 折の浮子, 折粗略あっては, 折細川忠利公に抱えられ, 折紺足袋に雪駄, 折に羽二重, 折給仕に出た, 折綱金時が宿直, 折総長は小, 折練習に練習, 折織田殿の名, 折群臣を戒められ, 折群集の渦卷, 折義弟関羽どのがすでに, 折からの依頼, 折先生の, 折考えものだと, 折の護符, 折脚絆草鞋穿という異様, 折の端, 折の翁, 折臨月に近い, 折自然話は夏目さん, 折自由になだらか, 折舎内で時計, 折舞台がかりの出, 折も旅籠屋, 折良人から投げ与えられた, 折花井訓導と次, 折荘王が楚城, 折莫大な軍需品, 折華族の次男, 折の裏, 折蔡和蔡仲の諜報, 折薄いノメリの, 折薄気味のわるい, 折藤原秀衡から云いふくめられ, 折の中軍, 折行家様へは領地, 折表紙に似た, 折裁判長より何故, 折西日さへよける, 折西洋人は傘, 折見せられた鳥は, 折親しく賜わった丞相旗, 折親しゅうお目にかかって, 折親父は卓子, 折観客は揺ぐ, 折角くみちや, 折解いてみる, 折解けかかっていた, 折聞かされて, 折言ってやらなかった, 折記念に遺し, 折訪ねて往つた男, 折診察を受けん, 折評議の末席, 折語っておこう, 折語り手が申します, 折誦念の砌, 折読みさしていた, 折談話の機, 折請取証が要る, 折諸君のまちまち, 折警視庁の捜査, 折豊前小倉の小笠原家, 折豊後へわたる, 折はお, 折責任を感じた, 折貴公様にお, 折買い吉川の, 折買ったものです, 折のなか, 折黄昏月一梢, 折赤ちゃんをお守り, 折赤裸になっ, 折走つてゐる, 折越路は自分, 折足利の大軍, 折足利殿には一夜不慮, 折跣足でちょびちょび, 折路傍の一機縁, 折の案内, 折身体を揺, 折軍素的占領ハコノ計画ノ第, 折近くに開かれる, 折近郊に大, 折返っていた, 折送ってよこしました, 折で食つた蜜柑, 折進物す, 折遁世して, 折遂に失った左, 折のほとり, 折道中用心のため, 折に入り, 折の横, 折邸内の隅, 折邸附近の行き, 折郁次郎の懐中物, 折都合よりももっと, 折酒宴の半ば, 折醍醐寺に入れられ, 折重ねてその, 折重りて群れ, 折駈けに, 折金ヶ崎の御, 折金丸五郎が, 折鈴木鼓村氏が箏, 折鉄葉の片, 折鉱毒地の農民, 折鋭き小刀にて, 折鎌倉からは処刑, 折長刀になつ, 折長政はそ, 折長老の普, 折門前では節句目当て, 折門司か何処, 折開いた衣紋着ぢや, 折関ヶ原の戦, 折関東一帯の大, 折関白どのとお, 折阪妻の, 折陛下の御前, 折階下へ降りた, 折い参らせた諸, 折雑木を抜ける, 折雨傘打並べて歩み行く, 折雨露次がいぬ間, 折之丞, 折霊帝がたった今, 折露伴氏は島, 折露西亜の政党, 折革鞄慾張って, 折韓暹に胸, 折音楽家の履, 折の事, 折頭初に持ち出せし, 折頼まれたのだ, 折頼政はその, 折入さん, 折飛び道具なら瞬間, 折馬関と浦賀, 折髪の毛の縮れた, 折に結い代え, 折は大将陳造, 折の塩焼, 折鳩山さんの病臥, 折鷲尾博士の言葉, 折鹿苑寺の一僧, 折黄巾軍に属し, 折黒磨きの土蔵造り, 折YWCAに電話