青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「投げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

技~ 技巧~ 技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ
投げ~
~折 折~ 折々~ ~折っ 折っ~ ~折れ 折れ~ 折角~ ~抜い 抜い~

「投げ~」 2216, 24ppm, 4855位

▼ 投げ~ (1384, 62.5%)

58 いた 37 いる 32 やった 29 死んで 28 やると 17 ゐた 15 いるの 14 しまった, 死んだ 13 ゐる 12 やりました 11 しまいました, やって, よこした 9 いたの, おいて 8 やつた 7 くれた, しまつ, 死のうと 6 います, やる, ゐました 5 いました, しまって, しまひました, やったり, やつて, 死んだと, 遊んで 4 いたが, やるの, ゐるの, 居ります, 居る, 彼の, 死んだという

3 [17件] いるだけ, いるので, くれる, くれるの, やつたら, やるよう, やる事, やれ, わざわざ踏切り, 了ひました, 人を, 何を, 居た, 死んだこと, 死んだもの, 自殺した, 見ろよ

2 [71件] あげたん, いった, いて, いると, いるばかり, おやりなさいました, かかって, きた, きょとんと, くる人, くれ, くれると, くれるん, ごらん, しまう, しまえと, しまふ, その娜, その膝, それを, のせること, みい, みたが, みや, やったもの, やりたい気持ち, やりながら, やりましたが, やります, やるから, やれば, やろう, やろうと, よこした男, よこして, よこしました, よこす, ゐたの, 人の, 仕舞ひましたろ, 勢よく, 卜ふ, 呉れるそんな, 大手を, 御やり, 御嬢さま, 憚りも, 拳骨を, 拾って, 来た全身的, 死にお, 死ぬか, 死ぬより, 死んだの, 死んだ上, 死んだ方, 水を, 渡した, 獅子の, 病院にも, 眼を, 着物の, 置いて, 置かないで, 葉毎に, 行った, 衣の, 見た, 辛うじて犬, 顔を, 馬の

1 [761件 抜粋] あいつの, あそびくらしつ, あそんどれば, あった, あって, あぶなく死に, あらゆる罪悪, あるあの, あるの, いいもの, いう, いきました, いたかも, いたじゃ, いたそれ, いた処女, いた大, いた男, いた私, いった財布, いなかった, いようとは, いるお, いること, いるそう, いるという, いるのに, いるのね, いるらしいん, いるん, いる人, いる何, いる寛永寺裏門, いる少年, いる昂然, いる時, いる美しい, いる翁, いる荒れ庭, いる迄の, いる鮮, いろいろの, うつとりとして, おいで, おくれ, おしまいなさい, おしまひなさい, おっ死ん, おぼろなる, おります, おりますので, おれど, お亡くなんなすった, お呉れ, お寺へ, お果, お果て, お艶, お葉, お願いします, かかる, がっくり鬢, きたの, きた古, くださいました, くだはった, くる, くる砂礫, くれい, くれたぞ, くれたので, くれたは, くれた一銭銅貨, くれた南鐐, くれた索, くれた魚, くれなかったの, くれながら, くれます, くれやう, くれるもの, くれる努力, くれる金銭, くれる銭, ぐつたりして居た, ける, こぐもの, ここを, この家名, この悲しみ, さてぎごち, しまいます, しまうか, しまうには, しまうの, しまうわけ, しまうん, しまえ, しまえば, しまおうかとまで, しまおうと, しまったという, しまったといった, しまったり, しまったん, しまはうか, しまはうと, しまわしった, しまわなければ, すすり泣く, すっと下りた, すべての, そこから, そこに, そのまますぐ前, そのまま眼, その下, その主, その儘皆んな, その光り, その投げた, その煙, それからなんと, それが, それでも涙, ちょっとの, どのがらくた, どの見当, なほ三十分も, なんとか町, はげしく彼, はげしく敵, はるかの, ぱーっと, ひまを, ひよい, ふところ手を, ましかば, また大声, みた, みたって, みて, みても, みました, みますと, みようという, みるだけ, む津の, もらった, もらって, もらわなければ, やったところ, やったりなど, やった包み, やった包み物, やった握飯, やった毒菓子, やった花束, やった魚, やってよ, やって来た, やまなかった, やらうと, やらなかったそう, やりたい気, やりたくなる, やりますと, やりませう, やり毒, やり隱居, やるだろうに, やるという, やるやう, やるん, やる木ぎれを口, やる者, やる襤褸, やる音楽, やれようか, やろうそうして, ゆく, ゆくこうした, ゆく者, よこしたという, よこしたの, よこした最高, よこした葉っぱ, よこしなんぞ, よこすだろう, よこすので, よこす事, よこそうと, よよと哀しく, わあ, わたりし, ゐたが, ゐたこと, ゐた視線, ゐなければ, ゐるだけで, ゐるばかり, ゐるグラスぢ, ゐる樣子, ゐる霜柱, ゴロゴロころがり, スッと, デキシアデースイーピノス, ナムアミダブツと, ベッドに, 一人は, 一升買う, 一寸掌, 一歩踏み出し, 一軒の, 丁子巴の, 丁度私, 丈八は, 上天の, 下さつた一銭銅貨, 下さつた浮標, 与えたという, 与えた自分, 世間へは, 世高の, 両提, 主に, 了つた, 云った, 人殺しを, 今まで, 仕舞いたかった, 仰向, 仰向いて, 佇立んで, 何となく恥ら, 來た, 例の, 俯伏せしま, 倒すか, 儚ない, 入口に, 其処へも, 再び道場, 刀掛けに, 切り結ぶ刄音, 刹那に, 前の, 割るなどは, 助けを, 勇武の, 十兵衛は, 千二三百円客次第で, 占われました, 又悠々, 取っ組み合う, 古井戸, 吊しあげた, 向うに, 呉れた, 呉れる一人, 命を, 哭いた, 喜んだり, 囃した, 地上は, 坐った, 埋めに, 墨江が, 大人しくし, 大切な, 失恋の, 奥山を, 娘を, 婆やへ, 媚かしくも, 定むるなり, 家々の, 寄した, 寄り伏し, 寄越して, 寄越すこと, 寝て, 寿子に, 小次郎は, 尽きて, 居たの, 居た時, 居るの, 居るやう, 居れど, 届く距離, 岩松の, 崩折れ, 川辺みさ子が, 左膳廊下へ, 席へ, 庭の, 庭へ, 当ると, 彼が, 彼女の, 彼方此方に, 御愛犬, 心から相, 心中ひそかに, 忍び足に, 思案に, 急に, 怪我を, 怫然と, 慌しく出, 慟哭せり, 憚る, 我が心, 手枕した, 投げ甲斐, 拱手し, 拾わして, 掻上げ, 故郷の, 救い上げ, 敵の, 敵艦の, 新鮮な, 日は, 木立の, 机に, 来た評論家李明植, 来て, 来ようと, 来る石, 果てました, 柱時計の, 楽器を, 横ざまに, 此方に, 歩き出した, 死なうより, 死ななくて, 死なれたという, 死にたいよう, 死にましたぜ, 死にます, 死にますから, 死ぬ, 死ぬかも, 死ぬの, 死ぬべ, 死ぬわけ, 死ぬ人たち, 死ぬ決心, 死ねば, 死のうかと, 死のうより, 死んだといふ, 死んだとかいう, 死んだはず, 死んだり, 死んだろう死骸, 死んだろう海, 死んだ池, 死んだ筈, 死んでしまつた, 死んでしまつた方, 毛布を, 汝を, 油の, 泣きだしました, 泣きながら, 泣き入りたかった, 泣き咽びながら, 浜へ, 浮いて, 渡したふきん, 渡したもの, 渡すと, 溜息つき, 潜らした, 潮へ, 火祭を, 無底, 無殘, 片手を, 犬を, 狂おしく八方, 猛悪な, 生命がけ, 甲走つた声, 畳の, 白珊瑚を, 皆脇差ばかりに, 直下の, 直接ぶつ, 眉を, 石炭の, 砕けて, 神前に, 私の, 秦野屋の, 程も, 立ちたるは, 立ち上がった, 立上つた, 笹の, 紅の, 素早く渡した, 綴糸を, 練習を, 置いたかの, 置いたに, 置いては, 置かれたらそれ, 置くさ, 置けるか, 置て, 背筋貫き, 腕組みを, 膝くみて, 臥すと, 自然と, 舞ふ, 船は, 船上から, 芝の, 若殿の, 落すと, 落せば, 落ちると, 落下した, 行きます, 行ったが, 行ったもの, 行った紙片, 行った金包, 裏が, 裏つきの, 見せた, 見せて, 見たい, 見たくて, 見た一石, 見て, 見ようか, 見るぜ, 見るという, 見事に, 言った, 試したの, 責め得る人, 貰いました, 貰つ, 賛五郎は, 赦しを, 足で, 身を, 転がった, 軽く煽つた, 追い散らすの, 追っても, 逃げた, 逃げるの, 通信する, 連れて, 遊びました, 遊ぶ, 遊ぶの, 遊ぶもの, 遊ぶ場所, 遊ぼうよ, 遊んだの, 遊んだ去年, 遣った細君, 遣つた, 醜女を, 金庫の, 鋭に, 鐘を, 長巻, 防ぐ, 防寨を, 陣十郎の, 障子の, 雪に, 霜溶けの, 鞍上から, 音が, 頂戴ね, 頭上を, 颯と拡げた, 飛ばして, 食わされるの, 飮み, 餞別に, 首へ, 騒ぎ乱れた, 驚く玄蕃, 魚を, 鳥と, 黄泉軍を, 默

▼ 投げたり~ (76, 3.4%)

11 して 4 した 3 いろいろな 2 いたします, したが, しては, しました, すると, 枝を

1 [46件] うるんだ眼, からかった, この青年, したもの, した者, してから, する, するだけ, するところ, すると同, するの, するン, する者, それを, なぐり合いに, なわ, ひきよせたり, ガラガラを, 倒したり, 出刃庖丁を, 割つたり, 受けとめたり, 声を, 大きな木の実, 引いたり, 打つてか, 投げたり, 振り廻し, 暴れるので, 樹を, 玄関に, 異様な, 着物を, 石を, 突然大勢, 立棒を, 竹槍で, 胸を, 蛇が, 蛇の, 行方知れず, 諦めたり, 蹴られたり, 面を, 首を, 鬼ごっこを

▼ 投げ~ (52, 2.3%)

9 の小 6 の小六 2 と楯, の極意

1 [33件] あッと, か刀, がブーン, でやられた, といふよう, とを持ち, と礫, と食糧, などを買いもとめ, などを買ひも, にまた, に串刺し, に仕, に劣らぬ, の使い, の密集団, の手練, の柄, の禍, の秘術, の開祖, の顔, の飛び交う, はぐざと, や斧, や矢, わざと石突き, をくわされた, を下し, を霜, を飛ばし, を飛ばした, 投げ槍

▼ 投げても~ (34, 1.5%)

5 こはれない

1 [29件] あなたの, いいという, おもしろかった, こうは, じっとし, よいの, よかろう, コロコロと, スピードが, プレート守った, 三斎めの, 及ばない時, 可いんです, 宜かろう, 彼は, 徒勞で, 御奉公, 必ず雲山萬里, 惜しくは, 手答えが, 死ぬこと, 死ね, 死損ねる, 決して失敗, 浮いて, 観音さまの, 遁げなかっ, 首を, 駄目だ

▼ 投げ~ (33, 1.5%)

5 して

1 [28件] くったよう, くわして, してに, し溝, するかと, する時ガマ口, やった, やつた, やるの, やろうじゃ, ろさう, 喰つたと, 喰は, 始めたもの, 始めました, 打ち返し美事, 打つた時, 打とうと, 掛けた, 見て, 試みた, 離れた石, 食い向こう側, 食い完全, 食うた, 食ったの, 食った今, 食わせるなんて

▼ 投げながら~ (32, 1.4%)

3 三つの 2 言った

1 [27件] あたり構わず, それとは, ぞろぞろと, とぼされた, どやどやと, ひとりごとの, ふと彼, やや慌しい, コポオの, ヂリ, 依然としてそれ, 咳こんだ, 声だけは, 太郎の, 妻の, 川中島の, 彼を, 彼方の, 悠揚として, 次第に風車, 男の, 監視は, 自分は, 街を, 言いました, 足を, 高らかに

▼ 投げ~ (30, 1.4%)

3 選手に

1 [27件] いってんばりだ, かたちで, やうな, 一手発止とばかり, 名人, 名人だった, 型し, 大業一本, 天才だ, 天才だってね, 天才であっ, 天才の, 太夫支那人の, 妙技を, 威力を, 形を, 技で, 支度に, 流行せし, 物語りを, 白金光五彩の, 稽古を, 遊びにも, 遊戯に, 道化師たちから, 選手の, 選手を

▼ 投げ~ (27, 1.2%)

2 なると, 来た

1 [23件] いたって, かけられる一瞬前, けり, した, して, し戀, なったの, なっても, なつた, なるかと, 乗じて, 出かけること, 出たといふ, 夢中に, 嬉戯する, 小石を, 投出して, 行く人, 行ったという, 行ったの, 見えること, 負い頭, 迷い込むとも

▼ 投げ~ (26, 1.2%)

2 が夜風, です

1 [22件] がサツ, が久し振り, が二度, が二枚, が何時, が平次, が曲者, が物, が眼, が飛びました, が飛びます, が飛ぶ, が飛ん, が飛んだ, に奪, に封じられました, のため, は僅か, を乞うた, を用, を音, を飛ばす

▼ 投げ~ (25, 1.1%)

18 の小三郎 2 の小三郎さん, の親分 1 がよろけ, が聞え, の作者

▼ 投げては~ (18, 0.8%)

1 [18件] いかぬ, いけない, いけないから, ならぬ, また次, また石, みたが, 勝家の, 受留め, 困る, 夜営の, 少しく間, 挿せど, 柔かな, 淋しそう, 的を, 襲い襲っては, 鮮人の

▼ 投げ槍小六~ (15, 0.7%)

1 [15件] が一閃二閃, が交じっ, だけはきっと, という男, との悪縁, とピッタリ, と一緒, と申す, と異名, と金井一角, の楽屋, の横鬢, の腕, はやッ, は笊組

▼ 投げ~ (13, 0.6%)

2 つたり

1 [11件] つた, つたやう, の間, はう, はうでは, ふと火の見櫓, ふの, ふので, ふ以外, までにも及んだ, も思い出さず

▼ 投げそう~ (11, 0.5%)

1 [11件] だから, なお, なこと, な千鶴子, な見幕, な語気, にし, にした, にそれ, に見える, ほう無言

▼ 投げ~ (11, 0.5%)

3 をし 2 をする 1 が悪い, じゃ, について十幾通り, の稽古, はなかなか, よりも寧ろ

▼ 投げ松明~ (11, 0.5%)

1 [11件] だ, である, でも抛りこんだ, など, などで彼, に交ぜ, の光, の雨, の類, はどこ, または火揚げ

▼ 投げ~ (10, 0.5%)

41 るべき言葉, るるに, るる故, るる時, るる立場, るる者

▼ 投げ~ (10, 0.5%)

1 ができる, が八方, です, でもする, にかかっ, の名人, の術, の輪, はみごと, をつかむ

▼ 投げ~ (9, 0.4%)

1 でも投げ込む, なるもの, にし, のある, の文句, は多分, をし, をした, をひろげ

▼ 投げ~ (9, 0.4%)

2 で獸 1 なんか引つ掛ける, のよう, の自慢, も使, を投, を死骸, を首

▼ 投げキッス~ (8, 0.4%)

4 の泰助 1 して, と三拍子, をし, を僕

▼ 投げ~ (7, 0.3%)

1 えそう, くる, くるとき, くるもの, くる金, くる雨, けむかな

▼ 投げその~ (7, 0.3%)

1 ま, 到達点を, 墓石に, 外部を, 手や, 手を, 胸の

▼ 投げ~ (7, 0.3%)

4 わを 2 わで 1 わにから

▼ 投げ~ (6, 0.3%)

2 の弁天 1 がわたへん, で強く, の弁天様, を早め

▼ 投げかへ~ (5, 0.2%)

3 して 1 した, してやる

▼ 投げてから~ (5, 0.2%)

1 下宿へ, 其処に, 其處に, 内証は, 婆アさんと

▼ 投げ~ (5, 0.2%)

2 上級に 1 しなかった, しまいかと, しませんから

▼ 投げよう~ (5, 0.2%)

1 がチット六, が速, としてもベッド, として留め, に

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

1 上手に, 人生に, 始まった, 始まる時候

▼ 投げそれ~ (4, 0.2%)

1 が二人, が水びたし, は向う, を拾った

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

1 きかされもの珍しく, 同じく自分, 来るから, 称して

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

1 ならこっち, の一手, の手, の手並み

▼ 投げ太刀~ (4, 0.2%)

1 ではいかぬ, の妙技, までは止めなかつた, を稽古

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

4 つる御

▼ 投げ気味~ (4, 0.2%)

1 で, になった, に部署, をあらわしました

▼ 投げ炬火~ (4, 0.2%)

1 が一船, が雨, をたくさん, を負わせ

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

1 で風船, にとらえられた, は伸子, を投げる

▼ 投げ~ (4, 0.2%)

1 されたやう, したり, したるジヤベリン, して

▼ 投げかは~ (3, 0.1%)

1 された, し, しつつ

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 へすれ, れるよう, んせ

▼ 投げそして~ (3, 0.1%)

1 ふとん, 子供が, 過ぎ去って

▼ 投げそのまま~ (3, 0.1%)

1 例によって, 彼女の, 足早やに

▼ 投げなわの~ (3, 0.1%)

1 使い場が, 小さなやつ, 用意しっかり

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 いとする, えとする, えと思った

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 アが, トラムプ占い式の, 賽コロの

▼ 投げ合つて~ (3, 0.1%)

2 ゐる 1 ゐる微笑

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

2 されたもの 1 し墜死

▼ 投げ座り~ (3, 0.1%)

2 をし 1 のまんま舟

▼ 投げ或は~ (3, 0.1%)

1 のんびりと, 枝を, 竹竿にて

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 がな, は, はたれだろう

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 という名前, なども土地, を飛ばし

▼ 投げ~ (3, 0.1%)

1 の行く手, を一層, を段々

▼ 投げ込み~ (3, 0.1%)

1 ができなかったろう, にし, をやる

▼ 投げあつ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 投げうち~ (2, 0.1%)

1 になる, をする

▼ 投げつつ~ (2, 0.1%)

1 あるところ, 急いで

▼ 投げという~ (2, 0.1%)

1 ことは, 派手な

▼ 投げやつ~ (2, 0.1%)

1 た, て右

▼ 投げキス~ (2, 0.1%)

1 をし, を送る

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 の姿, を忘れ

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 ださる, だせり

▼ 投げ夕日~ (2, 0.1%)

2 が最後

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 のド, は女

▼ 投げ島田~ (2, 0.1%)

1 の頭, 丸く結う

▼ 投げ弁当~ (2, 0.1%)

1 の殻, を担い

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

2 るやう

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 の経つ, の經

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 の火光, 投げ松明

▼ 投げ梯子~ (2, 0.1%)

1 が二挺風, をかけ

▼ 投げ棄つる~ (2, 0.1%)

1 がごとく, より早く

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 をこころみ, を干した

▼ 投げ自分~ (2, 0.1%)

1 は裏門, も貨車

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 へつ, へる餌

▼ 投げ落し~ (2, 0.1%)

1 あるもの, そしてそれ

▼ 投げ返し~ (2, 0.1%)

1 ながらふつ, ながら昂奮

▼ 投げ錢掌~ (2, 0.1%)

1 の中, を宙

▼ 投げ長い~ (2, 0.1%)

1 制服の, 板を

▼ 投げ頭巾~ (2, 0.1%)

1 に同じ, をかぶり

▼ 投げ~ (2, 0.1%)

1 の世話, を出し惜しむ

▼1* [188件]

投げあるいは棕櫚の, 投げいっさいを放下し尽し, 投げいとも不思議な, 投げうち勞力の報酬, 投げうち腕を拱い, 投げうち膝をかの, 投げかくてこれ等, 投げかたは人生, 投げかなり手荒くその, 投げきれいに陣, 投げころがし, 投げさえすれば, 投げさては傍の, 投げさながら男は, 投げしばしば細長い枝, 投げしばらくはこの, 投げしも喜七郎は, 投げじっとトロミエスを, 投げすぐ又しら, 投げそのもの自らも永遠, 投げそれから又急い, 投げたまへ, 投げたりなんぞして, 投げちゃアくれねえ, 投げっ放しな語調, 投げてかの女が, 投げてでもいるであろうと, 投げてと思ひしこと, 投げての知れない捕縄, 投げてをります, 投げこれを, 投げでもなされては, 投げどっちが余計, 投げながらも動こうと, 投げなどを喰は, 投げなわにしごきを, 投げなんかすると, 投げにでもされたよう, 投げやと, 投げば人におくれぬ, 投げひもの先, 投げふたたびこのう, 投げふたりのほ, 投げほんのりと紅味, 投げむしつては投げ, 投げあり大関, 投げやあしまいかと, 投げやがて大地と, 投げトタン屋根に落ち, 投げハンケチを顔, 投げヴァイオリンセロピアノなどで奏される, 投げ一体これまでに, 投げ万鼓千喊攻め立てること昼夜七日, 投げぐれば, 投げ上げ歓喜したる史実厳存, 投げ上衣を脱い, 投げ下足という, 投げ耳を, 投げ両手もてわが, 投げ乍ら云って, 投げ乍ら真弓は砂丘, 投げ五個の指環, 投げ亜細亜の歴史, 投げ亡き人に逢おう, 投げして, 投げの一レース, 投げくること, 投げしぬ, 投げ会場は徹底的, 投げ伸子はなるたけ, 投げかうまい, 投げが次々, 投げ八丈島では海浜, 投げ出だし人に告げ, 投げ出だし膝にて頸, 投げを舞わし, 投げを作っ, 投げ刺しにした, 投げ十分ばかりも遊ん, 投げ十手を打った, 投げ又は受取る, 投げ合ッて走っ, 投げ合掌と捨て, 投げを吐きかけた, 投げをとりあげ, 投げ城門をひらい, 投げを破り, 投げ売物の交つて, 投げ大型のわな, 投げ左足で三度地, 投げ差物もささず, 投げ彼女の胸, 投げ徐ろに, 投げ必死に防ぐ, 投げ怪聞についてある, 投げも投げ, 投げ悪罵と嘲弄, 投げをした, 投げ或いは馬に, 投げだの花合わせ, 投げ手布を振っ, 投げ打ちにした, 投げてていた, 投げ拾つては投げし, 投げ捨つるくだりあり, 投げ接吻を送る, 投げ散らしあり, 投げ散らし寝床に飛び込み, 投げの荒くれ男, 投げ新たな衝動, 投げ日本のプリゾナー, 投げ暫らくは庵室, 投げ曹操の軍, 投げ望みの目, 投げ東雲の横雲, 投げの奧, 投げ果ては自分の, 投げをうち, 投げ柴炎の投げ, 投げ棄つる右の御, 投げ棄つる左の御, 投げ棄つる御杖に成りませる, 投げ棄つる御衣に成りませる, 投げが飛ん, 投げとやらかせ, 投げ椅子をできるだけ, 投げをかけた, 投げ槍はくの字, 投げ槍三本試合に於い, 投げ槍小六重ね打ちに三尺余り, 投げ槍気合をかけ, 投げ樋川の夜ぶり, 投げ武芸の衰微, 投げ沈鬱の底, 投げをふりかけ, 投げを投げ, 投げ洗面台から見事, 投げ海上たひらかに, 投げ渡しでもする, 投げ爆弾へ口火, 投げバラバラこっち, 投げ父母の生れない, 投げ独楽をすくい奪った, 投げ甲斐のある, 投げは帽子, 投げねたらむやうに, 投げをすて, 投げ短刀の放れ, 投げに違い, 投げ突き伏せて, 投げされて, 投げを飛ばし, 投げ節その他の短章, 投げ節笠に面, 投げ罠貝六の首, 投げ羽子が有れ, 投げ脱兎のごとく, 投げを背負い, 投げをやりし, 投げ落し騎った者, 投げ尾花の, 投げを突い, 投げ蛾次郎といわれる, 投げ見事落ちて, 投げ見舞客は顔, 投げ言葉である, 投げ調子で, 投げ足弁天の由来, 投げ返したままでお, 投げ返し一定の線, 投げ遊びの道具, 投げ野外写生に出かけ, 投げ釣りに興じた, 投げの緒, 投げの呼吸, 投げ錢一枚はその, 投げ錢七八枚の四文錢, 投げ錢山吹色の小判, 投げ錢惡者達は鼻, 投げ錦糸星のごとく, 投げで事實, 投げ競い拾う間, 投げちたまひ, 投げ頸飾り投げ五個, 投げを振り, 投げが四ツ脚, 投げ高飛び棒術など武技, 投げと隼