青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「把握~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

批判~ ~批評 批評~ ~承知 承知~ 技~ 技巧~ 技師~ ~技術 技術~
把握~
抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折 折~ 折々~ ~折っ 折っ~

「把握~」 1100, 12ppm, 9203位

▼ 把握する~ (250, 22.7%)

25 ことが 17 のである 12 ことである 11 ということ 9 ことは 7 ことの, ことを 6 ことに, ためには 5 ことでなけれ, ことによ 4 ために, ものは, 能力を 3 ことによって, のが, 事が, 代りに

2 [16件] ことなく, ことも, こと能は, ための, というの, ところに, に必要, のは, のも, の冀望, の時期なけれ, よりも多く, 力を, 必要が, 所に, 能力が

1 [84件] かしない, かそれ, かに依存, から却って, かを尋ねる, か言葉, ことからは, ことこそ, ことしか, ことであり, ことによってのみ, その香水, たびごとに, たび毎に, ためである, といい, というところ, という立場, といふ, とき心の, とき自我は, ところから, ところまで, と同時に, と考へた, と道, にはまず, には一つ, には主観, には違い, に先ず, に努むべ, に反し, に明敏, に欠ける, に至った, に至つたの, に足りる, に適した, のに哲学, のに最も, のを, の明, の道, ばかりでなく, ほん物か, までにはなかなか, までの道筋, を特徴, オルガンとしての, マルクスの, 事に, 事は, 事も, 事を, 力なく, 努力を, 即ち存在, 又はした, 唯一の, 外に, 態度では, 手段が, 手段でない, 技術として, 時意識は, 最も優れた, 最も根本的, 概念が, 歩調とが, 点に, 知識が, 研究に, 科学者, 筈であった, 精神な, 素質を, 能力に, 言葉が, 言葉を, 認識の, 通路を, 鋭敏な, 限りの

▼ 把握~ (159, 14.5%)

23 ている 10 ていない 8 ていた 4 てゐる 3 てゆく 2 ていなかった, てその, て了, て居る, て棄てなかった, て行く, て行こう, 再現し, 反映する

1 [93件] かつ表現, がたい形而上学, がたい為め, がたい観念, これを, さえすれ, しかもすべて, しかもソヴェト同盟, そうしていろいろ, そこに, そして之, そして着実真摯, そして表現, その価値, その全体, その運行, それによって, それらの, て, てい, ていただき, ていまごろ, ています, ているごとく, ているであろう, ておい, ておく, ておらなけれ, てかからなけれ, てしかも, てしまう, てしまった, てはならない, てわれわれ, てゐない, てゐなけれ, てロマンティック, て之, て何, て使用, て居りません, て愛する, て指示, て時代, て来た, て構成派的力学形式, て生きる, て知識, て美しい, て自由, て行かね, どう取り扱う, ながら心, にくくさせ, はじめアナーキズムと, やうと, やすい輪廓, ピアノの, ブルジョア官憲によって, 一刻も, 之を, 体得せよ, 何物によっても, 作品との, 内化し, 再びそれ, 婦人雑誌に, 実在を, 実相を, 客観的な, 得さえ, 得らるる, 思惟する, 情熱の, 描写し, 描出しよう, 損う, 改めて内面的, 易き理論, 易く又, 歩行しなけれ, 歴史として, 現実の, 理性の, 生活の, 神経衰弱の, 而も, 表現し得る, 西洋画は, 解剖する, 記載し, 難い, 駆使する

▼ 把握~ (62, 5.6%)

4 ために, 仕方が, 仕方の 2 仕方を

1 [48件] ことである, され方, しかたが, ための, 一つの, 一例であった, 上に, 不たしかさ, 中で, 中に, 仕方, 仕方によってこそ, 仕方は, 仕方一般を, 仕方夫が, 仕方常に, 代りに, 偉大な, 働きを, 内部には, 力の, 動機は, 厚みの, 原動力たるべき, 外に, 姿を, 対象と, 態度である, 技法のうへに, 方法としての, 方法の, 方法を, 明晰性と, 明確さ, 条件である, 機関である, 正誤は, 求められたこと, 爪なく, 瞬間性は, 確かさと, 確かさ文章の, 能力が, 能力であり, 能力を, 芸術化の, 貧寒, 道である

▼ 把握され~ (56, 5.1%)

10 ている 7 ていない 4 てゐない 3 ていた, ていなかった 2 てゐる, 感性的

1 [25件] そうである, そして提出, その意味, ていず, ていたなら, ているだろう, ておらず, てはならない, てもいた, て得た, て感性的, 一箇の, 且つ合理的, 又表現, 反映された, 味到される, 実践されはじめた, 後の, 描写され, 文学的作品の, 是等の, 表現さるべきである, 表現されね, 表現される, 規定され

▼ 把握~ (40, 3.6%)

3 容易に

1 [37件] いかなる愉悦, おのずから文学, かくて, この限り理解, その基礎, どたんば, ないの, 一応大衆作家, 人によ, 人物という, 全く恣意的, 劇作家として, 単に之, 又情意的, 向に, 実践それ自身では, 実践的, 実践的である, 少しの, 常に概念, 当然現象, 恰もこの, 我々を, 所謂理解に, 把握的概念によって, 歴史的で, 無から有, 理解を, 理論的であった, 知的作用に, 空間と, 表現の, 量的に, 静観的であった, 静観的に, 非常な, 香水に対する

▼ 把握される~ (34, 3.1%)

7 ことが 2 外に

1 [25件] かといふ, かといふこと, ことと, ことを, ということ, というケーラァ, ときには, とき可能である, とき如何に, とは一面, に到る, のでなけれ, ばかりでなく, ものだ, もので, ものは, や否, ように, 事が, 他は, 他者の, 何物かが, 場合, 場合が, 限り存在の

▼ 把握した~ (29, 2.6%)

2 のは, 上で

1 [25件] かといふ, がさり気, ことには, ときには, とも考え得る, と思われる, と思われるなら, のだ, のであった, のであらう, のである, のみならず, ほどそれほど, もの, ものを, オーストリアの, 叡智と, 因果律を, 如くに, 宋土の, 時必ず, 生活態度が, 真理を, 読書の, 青年の

▼ 把握しよう~ (28, 2.5%)

14 とする 4 とし 3 とすれ 1 ための, とした, とするなら, と努力, と欲, と欲するなら, と試みる

▼ 把握~ (23, 2.1%)

2 なくては, はっきりし, 其処に

1 [17件] ありその, どれほど必要, 不足し, 云はれ, 先の, 可能だろう, 奔放な, 実践である, 微妙に, 必要で, 感覚の, 欠くべからざるもの, 欠けて, 正しく確か, 目立つて, 試みられる, 足りなくて

▼ 把握された~ (23, 2.1%)

3 存在の

1 [20件] かという事実, それの, に過ぎない, ので, のである, ものが, 事物, 偶然性そういう, 具体性は, 喜悦, 場合が, 太子さまは, 必然性に対する, 性愛や, 意識その, 所謂自然弁証法に対しては, 方法的理解は, 現物関係が, 限りの, 限り個々別々の

▼ 把握しない~ (17, 1.5%)

1 [17件] ことに, ことによ, さらに, でフランス人, で政治闘争, で止まっ, ということ, といふこと, ところから, のに由來, のは, までも少なくも, ような, ように, 恰も科学方法論, 更に, 者かくの

▼ 把握せられる~ (17, 1.5%)

4 のである 2 ものは, 物の 1 ことでなけれ, ということ, と答え, に至る, のでなけれ, のもの, ものでなけれ, 実在の, 所に

▼ 把握~ (17, 1.5%)

1 [17件] あり, ある, つとめるべきでは, とつて, よれば, 到って, 努力する, 基礎を, 存する, 導く筈, 成功しました, 探り入った, 於て, 燃やしつくしたこと, 精進する, 較べて, 関係し

▼ 把握~ (17, 1.5%)

1 [17件] がなけれ, が加わっ, が極めて, が生れ, が生涯, すなわち大衆, で素材, とこれ, としてこの, の増大, の大き, は刻々, は気分, をつよめ, を作者自身, を持っ, を貧弱

▼ 把握的概念~ (15, 1.4%)

1 [15件] から派生, がある, が論理的, と呼ばれる, と構成的概念, によって行なわれる, の与り知った, は実在, は情意的, は構成的概念, は無, は理論的, は論理的, を得た, を概念

▼ 把握~ (14, 1.3%)

1 [14件] されなければ, 可能と, 失うよう, 妨げ易い, 媒介と, 強制される, 得た, 志して, 択ぶ, 教えるもの, 時間的に, 求めた, 現象と, 顧みずに

▼ 把握~ (13, 1.2%)

2 世界的世界形成の, 理念との 1 いうよりも, 人間完成とを, 再現とを, 同じ事柄, 実践との, 批判と, 文学的実践力を, 歴史的把握との, 高貴の

▼ 把握し得る~ (10, 0.9%)

2 ような 1 だけの進歩, という意味, のであった, ものである, ものは, わけが, 人々の, 程度の

▼ 把握出来ない~ (10, 0.9%)

1 ことを, それは, だから運動, ということ, という根本認識, のに過ぎない, のは, ばかりでなく, 処の, 論理である

▼ 把握しなけれ~ (9, 0.8%)

5 ばならない 3 ばならぬ 1 ばなるまい

▼ 把握されね~ (8, 0.7%)

7 ばならぬ 1 ばならない

▼ 把握し行く~ (8, 0.7%)

3 所に 2 のが 1 ことである, ことでなけれ, という行為的直観

▼ 把握されない~ (7, 0.6%)

2 ことである 1 ことは, にも拘らず, 客観的世界が, 社会だった, 限り

▼ 把握~ (7, 0.6%)

21 しないで, できるであろうと, ない, アヤフヤだ, 困難であり

▼ 把握されず~ (6, 0.5%)

2 主觀的 1 ある人々, ただ推し移され, 主観的に, 即ち社会

▼ 把握せね~ (6, 0.5%)

4 ばならぬ 1 ばならない, ばならなかつた

▼ 把握出来る~ (6, 0.5%)

1 ということ, というの, ので, 一面を, 真理への, 筈だ

▼ 把握から~ (5, 0.5%)

1 抜け出ると, 独立し離れ, 芸術理論の, 見ても, 遁げ出した

▼ 把握しうる~ (5, 0.5%)

1 という段階, のは, 人です, 眼としての, 程の

▼ 把握しなかった~ (5, 0.5%)

1 ことに, ところから, ところに, ように, 物質とは

▼ 把握し得た~ (5, 0.5%)

1 とき之に, とすべきであらう, ものの一断片, 水火鍛錬の, 結論という

▼ 把握である~ (5, 0.5%)

2 ことが 1 が故に, のだ, 他は

▼ 把握とは~ (5, 0.5%)

1 むかしの, 何か, 別でなけれ, 概念する, 要するにこれら映画

▼ 把握し得ない~ (4, 0.4%)

1 ために, であらう, 婦人にでも, 恨みが

▼ 把握し得ぬ~ (4, 0.4%)

2 無限な 1 しかし何らかの, しかし何等

▼ 把握せられた~ (4, 0.4%)

1 ということ, ものでなけれ, 実在の, 智慧です

▼ 把握されたる~ (3, 0.3%)

1 又は把握, 真理部分は, 限りの

▼ 把握され得ない~ (3, 0.3%)

1 だがともかく, ということ, ような

▼ 把握しきっ~ (3, 0.3%)

2 ていない 1 ている

▼ 把握せず~ (3, 0.3%)

1 そこへ, ただ自然主義風, 枠は

▼ 把握せられ~ (3, 0.3%)

1 てあやまる, 利刃を, 実現せられ

▼ 把握せん~ (3, 0.3%)

1 がため, として把握出來, と欲する

▼ 把握~ (3, 0.3%)

1 すらある, 捉えて, 窒息させよう

▼ 把握であり~ (3, 0.3%)

1 之を, 建国精神即ち, 後者は

▼ 把握として~ (3, 0.3%)

1 世界観が, 理論的で, 表現として

▼ 把握とを~ (3, 0.3%)

1 今の, 問題に, 基礎と

▼ 把握において~ (3, 0.3%)

1 プロレタリアートの, 誤ったこと, 高さ

▼ 把握にまで~ (3, 0.3%)

1 導かれねば, 物自体の, 進んで

▼ 把握によって~ (3, 0.3%)

1 代表される, 学問理念の, 自身の

▼ 把握させる~ (2, 0.2%)

1 に相違, 力の

▼ 把握されなけれ~ (2, 0.2%)

2 ばならない

▼ 把握され得る~ (2, 0.2%)

1 かという種類, 限りの

▼ 把握したなら~ (2, 0.2%)

1 ば当然, ば彼等

▼ 把握し得なかった~ (2, 0.2%)

1 という歴史記述上, のであります

▼ 把握すべき~ (2, 0.2%)

1 か如何なる, ものを

▼ 把握すれ~ (2, 0.2%)

1 ばその, ば初めて

▼ 把握せざる~ (2, 0.2%)

2 を得ない

▼ 把握せよ~ (2, 0.2%)

1 そして良き, という

▼ 把握せられない~ (2, 0.2%)

1 ということ, といふこと

▼ 把握できる~ (2, 0.2%)

1 のである, ものは

▼ 把握では~ (2, 0.2%)

1 なかつたの, 常に何

▼ 把握という~ (2, 0.2%)

1 事が, 働きの

▼ 把握といふ~ (2, 0.2%)

1 ことである, ことにあつ

▼ 把握としての~ (2, 0.2%)

1 概念は, 理解は

▼ 把握との~ (2, 0.2%)

1 ために, 間に

▼ 把握には~ (2, 0.2%)

1 抵抗すべからざる, 概念を

▼ 把握によ~ (2, 0.2%)

1 つてのみ, つて雰囲気の

▼ 把握に際して~ (2, 0.2%)

1 欠くこと, 私の

▼ 把握~ (2, 0.2%)

1 で行われる, の失敗

▼ 把握出来~ (2, 0.2%)

1 それを, て従って

▼ 把握~ (2, 0.2%)

1 にいずれ, は人

▼1* [84件]

把握あるのみである, 把握からの口授によって, 把握さえが人々の, 把握させている, 把握させ掘り下げる方法を, 把握さるべきものである, 把握されざるを得ない, 把握されないなら一つの, 把握されなかったのは, 把握されなかつたのは, 把握されぬ空しい動亂, 把握されるべき白い物, 把握され替えなければ従来, 把握され替えられねばならぬ, 把握しきらないうちに, 把握しきらなかったという事実, 把握したごとくに記述, 把握しちがえることは, 把握しなほすこと, 把握しなおし文学的確信の, 把握しなかったら人は, 把握しなかつたところから, 把握しなくてはならない, 把握し出すので, 把握し分けられるばかりで, 把握し得ずさながら同志小林, 把握し得たるときこれを, 把握し得なければならない, 把握し得られるのです, 把握し描き出してゆく, 把握し来ったものである, 把握し直された上でなけれ, 把握すべからざる火事装束五人組と, 把握すべきであって中位概念的, 把握すべきであるにも拘らず, 把握するならば我々, 把握するべきであるという覚悟, 把握せしむることに力を, 把握せしめる処の, 把握せずして単純, 把握せなければならない, 把握せられるごとく別個の, 把握せられる如く別個の, 把握その必要の, 把握そのものに何, 把握からだ, 把握であっても或, 把握できず私を, 把握できたと信じ, 把握といわるべきもの, 把握とか大衆心理の, 把握とが不足してる, 把握なさるならば, 把握なしにはいか, 把握など総じて将たる器, 把握においても敢然と多数者獲得, 把握についてはヘエゲル先生を, 把握にも虚々実々の, 把握によってのみ得られるの, 把握によるものだ, 把握に対してこのよう, 把握へと出て, 把握への必然的な, 把握描き出ししか, 把握を通して初めて吾, 把握セント欲セハ優勢ノ海軍, 把握不足からぼんやり, 把握出來ず體得出來ずし, 把握出来なかったからの結果, 把握判断する社会的見地, 把握力日本人特異の単純化, 把握表現である, 把握從つて自覺, 把握と闘志, 把握歩行等の事, 把握の結果物, 把握な触覚, 把握の自主性, 把握を替えた, 把握表現されて, 把握複雑な現実, 把握通路となる, 把握遠く野の, 把握體得する所斟