青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「惜しい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい
惜しい~
~惡 惡~ 惣~ ~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~

「惜しい~」 1931, 20ppm, 5738位

▼ 惜しいこと~ (478, 24.8%)

132 をした 36 をしました 17 である 138 にこの 6 だと, を 5 であった, でした, にその, にはこの 4 だった, です, には水, にもう, はない, をし, を致しました 3 だが, であります, では, にはそれ, にはもう, に少し, に彼

2 [14件] がある, した, だね, であるが, に, にそれ, には君, には見る, には鼻, に廃盤, に彼女, をいたした, をいたしました, を致した

1 [163件] があろう, したと, したん, して, しましたな, だから, だったと, だつた, だなあ, だらう, だわ, だッ, で, であったと, であったな, であられた, でありました, であるこれ, であると, であるとも, でお, でございました, でございましたね, でございますね, でしたね, でしたよ, でした実は, ですああ, ですが, ですねと, にあいつ, にあの, にあんまり, にお, にこれ, にずいぶん, にそう, にその後, にたつた, にちっと, にちょうど, にちょっと, になつ, になりまし, にはいつも, にはこのごろ, にはすこし, にはその, にはたった, にはもう少し, にはジオルジユ・グラン, には一足ちがい, には二十二, には二千四百米, には今, には位置, には体, には健康, には北の方, には南, には土, には外湯, には大きな, には夫, には夭死, には宗教家, には富永仲基本人, には山脈, には年, には彼, には彼ら, には手, には抱月氏, には本, には歩い, には海, には無風流, には物理学, には生れ, には竹筒, には素人離れ, には肉, には至芸, には諸氏, には身内, には遂に, には顔, には顧野王, には騒乱, にひと足違い, にまだ, にみんな外国, にもうゆっくり, にもはや再び, に三年後, に中国一点張り, に之, に五年前, に人情, に今, に今度, に今日, に今晩, に仕事, に余りに, に僕, に先年病歿, に再び, に十二月七日, に半分, に南アルプス, に口下手, に周囲, に四半刻, に外国, に家内, に彼地, に後, に後先, に思われ, に思われる, に恐ろしい, に成年者, に戦, に戦争中, に戦災, に早死, に曲者, に東京, に根気, に河岸, に病, に病気, に私, に種々, に細かい, に絶えました, に聞き洩らし, に良覚法師, に行方, に解説, に逃がし, に適当, に雲隠れ, に養蠶, に馬鹿将軍, のよう, はありませぬ, はあるまい, はお, はそれ, は実に, もない, よの, をされました, をしちゃった, をしやした, をと舌打, をなされました, を爲, を致された, を遊ばした, 致した

▼ 惜しい~ (178, 9.2%)

54 をした 86 だと, をしました 5 にはこの 2 だな, で, である, でした, です, に, には己, には松浦君, はない

1 [81件] さね今, したと, じゃったなあ, じゃと考えた, だが, であった, でありました, でござんしたな, でしたしかしながら, でしたな, ですから, です春, でもしも, で御座るのう, においで, にこの間, にしない, にそういう, にその, にならない, には, にはいま, にはその, には事此, には今, には何分, には余り, には余りに, には例, には其時壽, には前人, には前歯一本, には只今, には女達, には容易, には技巧, には揚物, には文字, には早く, には母さん, には維新, には貧乏, に今, に余, に作者, に候, に先生, に千山, に向う, に周囲, に大尉, に大方虫, に小野さん, に当時, に彼女, に思ッ, に手, に昔, に未だ, に本文, に歴史上, に由れ, に真向, に私, に羽左衞門, に胆力, に若, に若かっ, に薩陀峠, に趣味, に逃がし, に雪舟, に食い物, に髪, はちっとも, はチットモ, を, をしちゃいました, をしまし, を仕ました, を為ました

▼ 惜しい~ (138, 7.1%)

5 思います 4 思って 3 いえば, 思いました, 思う, 思うの, 見えるな, 言って 2 まこと, 云つたつ, 思った, 思ったこと, 思つた, 思ふ, 言つても

1 [97件] いうて, いうので, いうより, いうよりは, いって, いつた風, いろいろ考えた, おっしゃらない方, おっしゃるお方, おもつ, おもわなければ, するジレンマ, それが, だだ誰, みえて, わしが, 云いたいの, 云うの, 云う理由, 云ったら赤シャツ, 云って, 云ふ, 云へば, 人々に, 人が, 仕官を, 仰っしゃって, 仰有るが, 作者へ, 先刻いいました, 噂される, 大阪へ, 存じてな, 存じまして, 宇野氏が, 思いながらも, 思いましてな, 思いますけれども, 思いますどうしてもっと, 思いますよ, 思いますわ, 思います何とか, 思いませんから, 思いませんが, 思い出したもの, 思い女房たち, 思うお方, 思うかと, 思うて, 思うと, 思うならば, 思うほどの, 思うん, 思う気持, 思ったか, 思ったが, 思ったほど, 思ったらけっして, 思ったら今, 思ったら武蔵, 思ってね, 思ってるん, 思つたのは, 思つたは, 思つて紙札を, 思はれたの, 思ひました, 思ひましたよ, 思ふから, 思ふこと, 思ふと, 思ふよりも, 思ふ気持, 思や, 思わず寺田, 思わなかった, 思わぬが, 思われた, 思われない生, 思われるの, 感ぜずには, 感歎し, 批評を, 申せ, 病床に, 考えて, 見えるの, 見え男, 見ゆる, 言いますんで, 言うので, 言った, 言つた, 言つた心持ちを, 言つてゐた, 言われるほどの, 首を

▼ 惜しいもの~ (107, 5.5%)

2210 だと 8 である 6 じゃ 4 でお, です 2 か, だから, だな, だね, では, とみえる, はない

1 [39件] がある, がたくさん, じゃがそれ, じゃそん, じゃて, じゃア, じゃテ, だお父さん, だかわいそう, だが, だこれ, だという, だりっぱ, だ乞食, だ何とか, で, であつ, でございます, でございますなあ, でしたあの, ですが, ですな, ですね, です大木, でも, とはいわん, とも思っ, なん, に思はれる, はし, はインカ, は今, は惜しい, ばかりまして, もない, よあれ, をこじき, を半分他, を取り逃がした

▼ 惜しいよう~ (91, 4.7%)

41 な気 2 だが, である, なもの, な気持, な顔, に, にも思った, に考え

1 [34件] だと, だな, だね, ですね, でそれ, ではござりますが, で憐, なじれッ, な代物, な器量, な外記, な夜, な学問, な宵, な山, な心もち, な心持, な心持ち, な気持ち, な氣, な物, な男, な異様, な美しい, にさえぎるものをひづめにかけて, にじっと, に倉皇, に思いました, に思う, に思われた, に思われる, に節約, に編笠, に見える

▼ 惜しい~ (66, 3.4%)

139 である 5 では 3 か, です 2 だが, はお仙, は敵

1 [27件] かそれとも, かね, かも知れない, かわからない, じゃ, じゃあなく, だけどね, だけれど, だね, であるが, ですがという, と他, ならなぜ, はお, はこの, はこれ, はわし, は一ノ谷, は具体的, は喜多川季荘, は朽つる, は系図, ばかり取り残し, らしいしみつたれと, 大事な, 念を, 惜しくない

▼ 惜しいかな~ (58, 3.0%)

2 名利が

1 [56件] あの男, ある夏, かかる思想, この手輩, この老爺, さして事新しく, そのとき, その仏像, その夜, その姓, その後取払われました, ただ一つ, まだ甲州, ようやく解きほごした, よく無い, ダージリンの, 一度も, 三日の, 二十五で, 今の, 今は, 先生は, 前に, 前記の, 匹夫の, 吾その, 地方の, 大抵皆女, 好漢大村君も, 好漢胸中百巻の, 彼は, 心を, 故人と, 敵に, 文字の, 旅嚢バイロンの, 景が, 暑すぎる, 木米も, 標高が, 正月は, 正治二年閏二月六日生年四十八歳で, 殆ど見た, 火事で, 現代の, 病没の, 皆合わない, 眞正の, 秀吉も, 続くもの, 蕪村は, 製法が, 製紙用として, 賊に, 雄敵夏侯淵, 魔の

▼ 惜しい~ (48, 2.5%)

18 がする 11 がし 5 がした, もする 2 のする 1 があそばされた, が致します, はしなかった, もし, もした, もします, も起こらない

▼ 惜しい~ (33, 1.7%)

1 [33件] あせるまい今, いつかまた, えらい東北訛り, お嬢さんを, ここを, この茶碗, ざっとかい, ぜひも, どうも致し方, またそれ, また二方, もうそろそろと, やめて, ホテルで, 一先ず帰京, 上杉殿との, 久しぶりに, 今と, 余り疲労する, 再訪を, 切って, 幾口も, 御主人, 捨てまして, 是非も, 時間な, 東市正の, 止むを, 燈台の, 略す, 稼げば, 自分は, 説明し

▼ 惜しいとは~ (31, 1.6%)

3 思わない, 思わなかった 2 思いませぬ, 思いません, 思わぬ

1 [19件] ぞんじませぬ, つゆ思いませぬ, なんだ, 思います, 思いませんが, 思いませんよ, 思いません金銭, 思ったが, 思つ, 思つては, 思はないいつ, 思はないから, 思はないが, 思ふが, 思わないでは, 思わないの, 思わねえ, 思われないの, 言いながら

▼ 惜しいから~ (27, 1.4%)

2 だ, であろう

1 [23件] いよ, おやめ, このまんま, そう川, それでこんなにも, それを, そんなれ, だよ, です, では, ようすを, よしたが, わたしに, キリシタンと, 今と, 何か, 尹子と, 暇乞を, 泣きます貴方, 石炭に, 私の, 金貸しを, 魔の

▼ 惜しいやう~ (26, 1.3%)

6 な気 5 な氣

1 [15件] だが, だね, ですな, でも, なもの, な娘, な心持一貫三百位, な未練, な氣さ, な綺麗, な美しい, な落, に幕, に思ふ, ね

▼ 惜しいので~ (23, 1.2%)

1 [23件] いうの, いっそ観世物, ぐるぐるの, こうして置く, そのなき, そのナメラ, なるべく吉原, なるべく斬り合いはやりたくない, わたしが, ランターンを, 一度そこで, 主任教授の, 二三の, 便器を, 俯向い, 到頭貰う, 帝大の, 彼は, 後から, 私は, 絶対に, 自分らは, 草履を

▼ 惜しいとも~ (20, 1.0%)

3 何とも思ひ 2 思わずに, 思わなかった

1 [13件] いわれるでしょう, せずに, なんとも思いません, 何とも思, 思いませぬ, 思う, 思うまい, 思った, 思はなかつた, 思わなければ, 思わぬこれ, 思われないよう, 思われませんでした

▼ 惜しいという~ (19, 1.0%)

3 わけで

1 [16件] お心, ことでしょう, ことに, ことも, ことよりも, ことを, たので, ときが, ので, わけの, 心が, 気が, 気持では, 理由から, 者も, 風に

▼ 惜しいもん~ (19, 1.0%)

62 だつて言, だね 1 だから, だけん, だとかいう, だな, だなあ, だん, だナ, だナア, や

▼ 惜しい~ (19, 1.0%)

2 だ, です喃

1 [15件] がなくなる, が早死, だ専門, であったこと, であるだけに, でしたが, ですよ, ではあった, ではある, でも遺骸, はまずまず, は皆烏天狗, や名, をば, を死なした

▼ 惜しいところ~ (18, 0.9%)

2 で逃げられた

1 [16件] であと, でこの, でまた, で催眠術, で大きい, で幕, で敗北, で映画, で盗聴器, で茨組共, で落選, で話, で負けた, で遮られた, を討ちもらし, を逃がした

▼ 惜しい~ (18, 0.9%)

42 だが, だと, だのに 1 かな, だった, だよ, ではある, とはどうして, なの, を, を死なせ

▼ 惜しいほどの~ (12, 0.6%)

2 腕でした 1 ことで, 人柄に, 人物だつた, 周囲でも, 命でも, 字だ, 年ぢや, 文でも, 若者だ, 面白いもの

▼ 惜しいです~ (11, 0.6%)

3 なあ 2 な, ね 1 からね, ねえ, ねこの, よ

▼ 惜しい~ (11, 0.6%)

3 の中 2 だ御初 1 だが, だ御, であろうとも, とて財宝, は何一つ, を手

▼ 惜しいけれど~ (9, 0.5%)

1 あのお方, それきり夜に, もう夜, 一本奮発しよう, 壺井さんが, 是を, 是非二三本は, 詮方の, 逃げること

▼ 惜しいけれども~ (9, 0.5%)

2 仕方が 1 この子供さんたち, 割ること, 大慾は, 幽霊の, 文句が, 残念ながら, 銭金の

▼ 惜しいじゃ~ (9, 0.5%)

5 ないか 3 ありませんか 1 これから往

▼ 惜しい~ (9, 0.5%)

5 やない 3 やありません 1 やねえか

▼ 惜しい~ (8, 0.4%)

2 だよ 1 だ, だなんぞと, だほんとに, だ四円, ですね, ですもの

▼ 惜しい人物~ (8, 0.4%)

31 だが, だった, だってみんな, とは存ずる, を魔

▼ 惜しい~ (8, 0.4%)

1 この比較, この種, せっかくの, そういう人物, その布局, その時, 前二者, 惜しい哉

▼ 惜しい~ (7, 0.4%)

1 さりとて運ばう, 以上の, 奇妙ね, 妻子も, 時に賑やか, 荷は, 見て

▼ 惜しい~ (7, 0.4%)

4 はない 2 はございません 1 はありません

▼ 惜しいといふ~ (7, 0.4%)

1 のか, 嘆声を, 彼の, 感じも, 様子を, 気持も, 風に

▼ 惜しい~ (7, 0.4%)

1 じゃねえ, だなんて, ではない, では少し, とは思いません, ばかりは助け, をいたわれ

▼ 惜しいとか~ (6, 0.3%)

1 こ, さうし, もったいないとかいう, 何んとか, 官位が, 残念だ

▼ 惜しい~ (6, 0.3%)

21 あいつに, 今からでも, 折角そういう, 玉の

▼ 惜しいなあ~ (6, 0.3%)

1 こんな大きい, せっかく思い立っ, つて云つた, 惜しいなあ, 手前も, 雜誌屋さんが

▼ 惜しいなと~ (6, 0.3%)

3 思う 2 思って 1 思った

▼ 惜しい人間~ (6, 0.3%)

1 がひとり, が幾人, だ, だったよ, の精神, を

▼ 惜しい~ (6, 0.3%)

2 肌理が 1 の事, の場合, 堂々たる顔, 有頂天の

▼ 惜しい~ (5, 0.3%)

1 可哀相に, 女房が, 知んねえの, 逃げ損ね, 金が

▼ 惜しいくらいの~ (5, 0.3%)

1 人間です, 愉しさ, 男である, 立派な, 顔揃いであった

▼ 惜しいわけ~ (5, 0.3%)

2 である 1 じゃありません, じゃねえ, だが

▼ 惜しい~ (5, 0.3%)

4 が女 1 が娘

▼ 惜しい惜しい~ (5, 0.3%)

1 この水一滴, とおっしゃらない, とおっしゃる, と言つて, 生命の

▼ 惜しい~ (5, 0.3%)

1 かと嘆息, だと, だ此, ほど散りいそぐ, も何人

▼ 惜しいほど~ (4, 0.2%)

1 気力を, 澄んで, 面白い話, 黒塗の

▼ 惜しい先生~ (4, 0.2%)

1 が揚げられた, だという, だ此方, というの

▼ 惜しい~ (4, 0.2%)

1 であるから, は今, は動かない, を二三百本

▼ 惜しい~ (4, 0.2%)

3 な気 1 だが

▼ 惜しいくらい~ (3, 0.2%)

1 な明眸皓歯, クルクルと, 迅速に

▼ 惜しいなんて~ (3, 0.2%)

1 思や, 言いますし, 言うよりも

▼ 惜しい~ (3, 0.2%)

1 ちがいない, ちがわんからなあ, 因って

▼ 惜しい~ (3, 0.2%)

1 い, な女, のもの

▼ 惜しい別れ~ (3, 0.2%)

3 を告げた

▼ 惜しい心持~ (3, 0.2%)

1 がある, もする, をその

▼ 惜しい欲しい~ (3, 0.2%)

1 という欲望, ものかしら, 欲望の

▼ 惜しい気もち~ (3, 0.2%)

1 がせぬで, でみな口々, などは少し

▼ 惜しい気持~ (3, 0.2%)

1 がした, が致します, のされる

▼ 惜しい~ (3, 0.2%)

1 がし, がした, がする

▼ 惜しいお方~ (2, 0.1%)

1 ですけれども, ではある

▼ 惜しいこの~ (2, 0.1%)

1 大みそかに, 水一滴あれ

▼ 惜しいそう~ (2, 0.1%)

1 して, 多くの

▼ 惜しいそして~ (2, 0.1%)

2 残念だ

▼ 惜しいそれ~ (2, 0.1%)

1 に少し, は惜しい

▼ 惜しいだけ~ (2, 0.1%)

2

▼ 惜しいとお~ (2, 0.1%)

2 もふも

▼ 惜しいなら~ (2, 0.1%)

1 この書類, 惜しいと

▼ 惜しいばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく非常, では

▼ 惜しい~ (2, 0.1%)

1 うだつた, ね五十両

▼ 惜しいらしく~ (2, 0.1%)

1 キャラコさんの, 先ず膳

▼ 惜しいんで~ (2, 0.1%)

1 小綺麗な, 行き度

▼ 惜しい~ (2, 0.1%)

1 ていう話, て人

▼ 惜しい一生~ (2, 0.1%)

1 を男, を終った

▼ 惜しい仕事~ (2, 0.1%)

2

▼ 惜しい作家~ (2, 0.1%)

1 である, である仕事

▼ 惜しい~ (2, 0.1%)

1 でないだけ, でもなかっ

▼ 惜しい実に~ (2, 0.1%)

1 惜しい, 惜しいもの

▼ 惜しい度胸~ (2, 0.1%)

1 じゃ, だこう

▼ 惜しい才能~ (2, 0.1%)

1 でしたあの, と思われる

▼ 惜しい様子~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 惜しい死に~ (2, 0.1%)

1 度く, 方を

▼ 惜しい気持ち~ (2, 0.1%)

1 がします, などは少し

▼ 惜しい生命~ (2, 0.1%)

1 じゃないらしい, の濫費

▼ 惜しい縁談~ (2, 0.1%)

1 が壊れかかった, だがな

▼ 惜しい若者~ (2, 0.1%)

1 が幾人, をあたら

▼ 惜しい菅原~ (2, 0.1%)

2

▼ 惜しい虎の子~ (2, 0.1%)

1 だって隠し切れる, だつて隱

▼ 惜しい~ (2, 0.1%)

1 が三, をわかせ

▼1* [222件]

惜しいあのジャガタラいもさえ, 惜しいあれらの花が, 惜しいいかにも惜しい十一文, 惜しい命が, 惜しいおれが一人, 惜しいお前やるつもり, 惜しいお方さまで只今, 惜しいかとひとりが, 惜しいかな後の一分, 惜しいかよ血相かえ, 惜しいからといって, 惜しいきりやうです, 惜しいくらゐです, 惜しいくらいに早くたっ, 惜しいぐらいの気持ちで, 惜しいぐらゐのことは日本人なら誰, 惜しいけれどもと云いたい, 惜しいこうして見て, 惜しいここちがする, 惜しいこっちゃ, 惜しいことしちま, 惜しいさあ注いで, 惜しいせいかね, 惜しいそれほど怖い今, 惜しいだらうよ, 惜しいつまらぬことを, 惜しいでしょうよ, 惜しいでやすよ, 惜しいといへば紙一枚, 惜しいといったように, 惜しいとさ馬鹿に, 惜しいとでも言うの, 惜しいなど思い上った慾, 惜しいなどという気持ちでは, 惜しいなどとは思わなかった, 惜しいなんらかの鋭さが, 惜しいにはござらぬけれ共, 惜しいのみならずそのまま, 惜しいはかないやうな, 惜しいばかりに斯うし, 惜しいまで不便で, 惜しいてえだ, 惜しいもんぢやね, 惜しいやつを取逃がした, 惜しいやら私は, 惜しいこんな野郎, 惜しいよりも胃痛が, 惜しいらしく恥じる色も, 惜しいあなた程の, 惜しいわけぢやありません, 惜しいわねそれほど洋学, 惜しいバスの見えなくなる, 惜しいペンを置い, 惜しいホテルだつた, 惜しいですもの, 惜しい三たび目に拭い, 惜しい上高地ではあるまい, 惜しい世帯を畳まなけれ, 惜しい世間へ出し, 惜しい事実であります, 惜しい二三の石, 惜しい人々を今, 惜しい人柄碁さえ打たなきゃ, 惜しい人柄碁さへ打たなき, 惜しいは二度と, 惜しい今夜ですから, 惜しい何物もなかっ, 惜しい余り美し過ぎる, 惜しい俳優をうしなった, 惜しい傾斜の中ごろ, 惜しい儲け物だのにという, 惜しいのよう, 惜しいの君, 惜しい写真ではありません, 惜しい勇士じゃったが, 惜しい十一文といえ, 惜しい友達の一人, 惜しい古着をため, 惜しいであった, 惜しい名称である, 惜しい命ぢやねえ, 惜しい哉ことが遅れ, 惜しい哉それはゼーロン, 惜しい哉それらのもの, 惜しい哉どこまでも営利, 惜しい哉事皆中絶, 惜しい哉人道以外に堕落, 惜しい哉仕事は過去, 惜しい哉十年前一見した時, 惜しい哉十数年前修繕の際, 惜しい哉声がとどかない, 惜しい哉彼伯龍はいま, 惜しい哉彼女は既に, 惜しい哉東の方, 惜しい哉業者の中, 惜しい哉此の服装, 惜しい哉終りを完, 惜しい哉羽目板だから, 惜しい哉色を出し, 惜しい哉蜀や, 惜しい哉赤絵の生命, 惜しい哉越前の紙, 惜しい哉高度が低い, 惜しい商魂商才生活力旺盛であるから, 惜しい問題である, 惜しい器量のお, 惜しいの持主, 惜しいも更けた, 惜しい夜明けを詠嘆, 惜しい大団円を結んだ, 惜しい大晦日に亭主, 惜しい大月先生のご, 惜しい太宰さんを死なせる, 惜しいさ, 惜しい奴等だとは, 惜しい姿と今尾様, 惜しい婦人とは思っ, 惜しい孕まれたのは, 惜しい存在であると, 惜しいを石, 惜しい家来につめ, 惜しい容貌で第, 惜しいに實, 惜しい小学校を中途, 惜しい小説才能だ, 惜しい嶝道を到頭, 惜しい川島家が惜しい, 惜しいではない, 惜しい年寄りの仕打ち, 惜しい年齢で世, 惜しい度胸昔の天野屋, 惜しい彫刻の手際, 惜しい役者を失った, 惜しいは十分, 惜しい心地はせぬ, 惜しい心持ちがする, 惜しい思いであります, 惜しい恋人ではある, 惜しい悲しいことである, 惜しい惜しくないは, 惜しいでとうとう, 惜しい手紙を焼きすて, 惜しい才ゆえ助けて, 惜しい担いで行け, 惜しい持物であれ, 惜しい指輪の玉, 惜しい政治家にし, 惜しい午後, 惜しいだった, 惜しいだが, 惜しい旦那を殺した, 惜しい明るい世間に, 惜しいであったと, 惜しい普通の人間, 惜しい景色であつ, 惜しい最後の一盃, 惜しい最期であったこと, 惜しいだつたが, 惜しい勝負の, 惜しいを枯, 惜しい果敢ない心持が, 惜しいの枝, 惜しい極みではありますまい, 惜しいな心持, 惜しい樹木だが, 惜しい武士であつ, 惜しい死なせたくないのだ, 惜しい氣もちになつて, 惜しい氣持ちが湧い, 惜しい江戸へ入, 惜しいの音, 惜しい洋箸を放り出し, 惜しい浮世じゃ御座ん, 惜しい清らかな女, 惜しい湖辺を離れました, 惜しいだ, 惜しい烈婦じゃ, 惜しいの剣, 惜しい父子を死なした, 惜しい物そのものを愛する, 惜しい犠牲者のこと, 惜しい状態であつ, 惜しいだったが, 惜しい甘味がいまだ, 惜しい生き証拠を, 惜しい男一匹が使命, 惜しい男振りです, 惜しいだが, 惜しい盛りよなし, 惜しいでもし, 惜しい着物のこと, 惜しいですよ, 惜しいは此処, 惜しい立派な人物, 惜しいじゃ, 惜しいが備わっ, 惜しい美肉が犬コロ, 惜しい美貌の浮舟, 惜しいの清く白い, 惜しい花ざかりでした, 惜しい芸術的素質が自分, 惜しい落ちつかぬ心持に, 惜しい製作室を出, 惜しいで出来れ, 惜しい話材である, 惜しい誤解だった, 惜しいだと, 惜しいをした, 惜しい財宝が燃えきれず, 惜しい貴い犠牲が, 惜しいでもない, 惜しいづかひで, 惜しい限りであります, 惜しいを眺め, 惜しい雲林さえ放そう, 惜しい雲林さへ放さう, 惜しい青年を廃らせた, 惜しいは乱れ, 惜しいをした, 惜しいもせず, 惜しいではござります, 惜しい黄金の土地