青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「忍ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~必死 必死~ ~必然 必然~ ~必要 必要~ 忍~ ~忍び 忍び~ ~忍ん
忍ん~
~志 志~ ~忘れ 忘れ~ ~忘れた 忘れた~ ~忘れる 忘れる~ ~忙しい 忙しい~

「忍ん~」 1532, 15ppm, 7369位

▼ 忍ん~ (1462, 95.4%)

48 来て 35 行って 26 行った 21 来たの 19 いるの 17 来た 14 いた 12 いたの, いると 11 行くと 10 來て 9 いること, 來た, 來る 8 いて 7 いるよう, 来ると, 様子を, 生きて 6 いる, きて, これを, 行つた 5 くる, 来るの, 行きました, 行く, 行くの

4 [12件] いるうち, いるかも, おいでに, ゐる, 出た, 息を, 来たもの, 来ました, 来る, 歩いて, 泣く, 行ったの

3 [23件] いたん, いなければ, いるらしくも, いる様子, きた, くれ, それを, まいりました, ゆくと, ゐると, ゐる事, 出て, 参りました, 来い, 来た奴, 決りきつ, 自分の, 行きますと, 行くこと, 行くところ, 行く女, 行こう, 逢いに

2 [72件] いたが, いって, いました, いらっしゃるの, いるとも, いるに, いる事, いる私, おいで, お町, お艶, きたもの, きた同じ, くるよう, ここに, ここへ, ここまで, するの, もすぱりと, もらいたい, わずかに, ゐたが, ゐるやう, 三年前から, 二階を, 仕えて, 來い, 出ました, 出ると, 出る隙, 参られること, 参ると, 命を, 外に, 好意と, 密と, 居りましたが, 居るという, 屈しなければ, 彼は, 朕の, 来いと, 来たが, 来たこと, 来たらしい, 来たん, 来まして, 来るから, 来るが, 来ること, 来るよう, 来る様子, 来る男, 来れば, 泣いた, 泣いて, 申候は, 蔭ながら, 行く形, 行けば, 行こうと, 行つて小判の, 行つて隙間へ, 見せます, 言つたのに, 訪ねて, 負けようと, 貴様の, 走って, 近寄って, 逢瀬を, 黙って

1 [864件 抜粋] あいに, あっちへ, あつしに, ありのままを, あるくの, いかなる喜び, いきました, いこうと, いたかれの, いたという, いたところ, いたので, いたらしい, いた一人, いた人達, いた刑事, いた峠, いた庄太, いた櫛まき, いた流浪, いた辻咄, いった, いったの, いつのまにかお, いても, いなかった, いましょう, いようとは, いようとも, いらしった事を, いらっしゃる事, いられなかった, いられよう道理, いられるよう, いるから, いるかを, いるしか, いるだけで, いるという, いるところ, いるともか, いるには, いるのねえ, いるやつ, いるらしく思われた, いるん, いるギセイ者, いる人, いる半, いる忠房, いる所, いる時, いる用心棒, いる番頭, いる若い, いる風, いれば, うかが, おったの, おりましたが, おります, おりますと, おるで捕まえて, おれを, お君, お手もと金, お暮らしなさい, お美夜, お話しした, お賤, お逢いする, お願いに, かなり筋道, かわるがわる内蔵助, きたこと, きたの, きたらしい, きた後, きた慶娘, きた男, きた隙間風, きました, くだりました, くるあの, くること, くるので, くる怪物, くる様子, くる者, くれたの, こい, こいといふ, こう智恵, この使い, この土地, この夜更け, この比喩, これらの, ござりませ, さへ, する薫, せめて一つ, そうしてお, そなた, その小さい, その帰る, その老人, その過, それは, たずねて, ちらと, つけて, どうかし, なお軍備競争, なし得ざるもの, のぼり下だりの, ひそかに, ほかへ, まいりますと, みい, みせる, みよ, むかしの, むりに, もっと鋭く, もらひたいと, やった, やってくる田舎者相手, やって来たの, やるので, ゆかねば, ゆきそう, ゆきたいと, ゆきほか, ゆき方々, ゆき舗石, ゆくところ, ゆくもの, ゆくよう, ゆく若い, ようよう拵えた, われらの, ゐた, ゐたの, ゐた善吉, ゐて, ゐなければ, ゐること, ゐるとか, ゐるとき, ゐるの, ゐるよりか, ゐるらしく, ゐるん, ゐる多く, ゐる時, ゐる若い, アパートの, クレアンデルという, ソッと, チヨイ, パアトナーの, 一と, 一日も, 一時叔父を, 一洵老の, 三谷青年が, 上りましたの, 上りましたもの, 上演を, 下男に, 不倫を, 世にあまたある, 両極を, 主家を, 主義の, 予防命令の, 二声ばかり, 二階に, 二階の, 五日目には, 交際し, 京都に, 人跡稀な, 今の, 今後永久に, 仕事を, 他人の, 会って, 伝えなくても, 伴れ, 何か, 作らせて, 來ました, 俳句などを, 僕に, 光やは, 入つた曲者, 入るという, 入道を, 八郎が, 兵馬を, 其処を, 典けたので, 凝つと, 出たろう, 出た慈善市, 出られぬこと, 出るには, 出るので, 出る苦心, 切開手術を, 別れるより, 努力を, 勢力の, 十万の, 千倉屋の, 即座に, 参ったこと, 参ったの, 参られたそう, 参りたるによって, 参りましたが, 参りました道, 参りますと, 参ること数十回, 参る身, 参籠し, 同じく有明荘六人, 吾人の, 咽び泣き初めた, 唯まあ打ち解け, 団結する, 地名を, 坐った, 士道の, 外へ, 夜な夜な逢おう, 夜中に, 夢中で, 大原の, 天下に, 失せたは, 奥の, 奧へ, 女の, 妻や, 媾曳する, 子の, 子分の, 守人の, 家からも, 家も, 寄ると, 密会を, 寢に, 尋ねて, 小三郎の, 小走る, 小鳥の, 少女の, 居たが, 居た笑, 居て, 居る, 居るさ, 居る事, 屈したやう, 山に, 左の, 帆村に, 帰って, 平伏して, 幾たびか, 幾日かを, 広隆寺の, 度々わし, 強情を, 彼女の, 往った, 待つに, 御城代, 御墨付の, 御幸が, 御息所は, 御様子, 微笑み, 必ずお, 忍ぶべからざる, 忍べないこと, 快く飲む, 怪しい光り, 愚者を, 慌て, 房州の, 打ち口説, 折々城壁, 折角吹, 指さされるなり, 撰十を, 攻め続くるか, 斉彬の, 斯んな, 新聞記者と, 旅行なり, 日影ものと, 日本を, 昔の, 昨年の, 時々そんな, 時節を, 暗夜を, 暮し向の, 暮羊君の, 更に注意, 書くという, 最前の, 朝から, 朦朧たる, 来いとか, 来たいぢ, 来たか, 来たかと, 来たでしょう今度の, 来たとき, 来たわけ, 来た不幸, 来た仔細, 来た勇士達, 来た堪忍, 来た役向, 来た惨憺, 来た者, 来た落人たち三人, 来てさ, 来ては, 来てや, 来ないと, 来ましたが, 来ますから, 来よったの, 来られたの, 来るお, 来るだろうね, 来るという, 来るところ, 来るので, 来るらしかった, 来るらしかったが, 来る一人, 来る中, 来る切支丹族, 来る前, 来る女, 来る形跡, 来る必要, 来る筈, 来る雪入道, 来柵, 棺の, 楽しんだらどう, 機嫌気褄を, 此に, 此の, 段を, 殺しに, 毎日の, 水辺の, 決して離, 治部殿の, 法に, 泣きながら, 泣き明かすの, 泣付いて, 流して, 済州へ, 湯に, 源, 漸く嘉義, 瀬戸に, 無益な, 爲し, 物も, 独修書によ, 玄関の, 現れ州太, 理想の, 生きたいとは, 生き延びたところ, 生活し, 目を, 直に起き上った, 相変らず, 硫酸か, 秀吉の, 私の, 私は, 移住する, 立たれるには, 立ち出でた, 立ったまま丁寧, 立聞きし, 笑いながら, 笑いました, 笑って, 細い針, 終に自, 終日旧, 結ぶに, 緩やかに, 繋ぐ細い, 考えて, 聞いて, 聴いて, 聴きに, 胸の, 自室へ, 舞に, 若い同志享楽, 茎を, 薫中将が, 藻岩村に, 行うと, 行かうと, 行かれるわけ, 行きそっと, 行きたかった, 行きましたが, 行き八五郎, 行き帰って, 行き面, 行くぜ, 行くという, 行くもの, 行くよう, 行く夜, 行く姿, 行く様子, 行こうそう, 行ったこと, 行ったではござりませぬか, 行ったには, 行ったわけ, 行った奴, 行った時, 行つたのを, 行つた者が, 行つては, 行つて其処が, 行つて左吉松の, 行つて長い, 行なき, 裏口から, 裏階子から, 見える, 見て, 見られるし, 親元へ, 角まで, 言うの, 言葉を, 話しこんで, 語りました, 變な, 貴女の, 買物に, 買物の, 足の, 踏み止まって, 身を, 近寄ったのに, 返金すべく, 逃げる必要, 這う様, 這入りますと, 通う溝際, 通ったが, 通って, 通勤し, 逢引し, 進まなければ, 進んだ, 遂行した, 運ぶ工夫, 遣らないとは, 部屋を, 配所の, 銭を, 長平ひとりで, 長沼の, 開けるほどの, 間食を, 附合つて居, 階段を, 隣りの, 静かに, 面会を, 風流の, 食うもの, 飲まねば

▼ 忍んでも~ (38, 2.5%)

2 い, 生き延びるの

1 [34件] いまの, これを, その交響曲, なほかつ, ひとたび軍を, まだ自分, もう涙, よいが, 一度は, 上演し, 不思議な, 人は, 侵しては, 出られまい, 厭わないから, 土中の, 外国事務局の, 夫の, 夫人の, 学業を, 宗門を, 尊氏と, 差閊は, 彼女は, 後世の, 抑制する, 新しく小作地, 暮さなければ, 生きたいん, 諫めだてを, 超然と手, 逢っては, 金銭を, 飛行機を

▼ 忍んでは~ (12, 0.8%)

2 居ませぬと 1 いるものの, お婆さんに, するもの, よく一人, ゐませぬと, 囁きに, 歩行けますまい, 毎晩の, 話しこんで, 首尾し

▼ 忍んでの~ (8, 0.5%)

1 かすかな, ことである, 仕送りで, 割りない, 少しばかりの, 旅行である, 結実で, 飴売だ

▼ 忍んだり~ (3, 0.2%)

1 するべきもの, 人に, 締切の

▼ 忍んでまで~ (3, 0.2%)

1 あの狭い, 厭うほど, 祖国の

▼1*

忍んでから後の, 忍んででもいるよう, 忍んでといふよりも, 忍んでねんごろに, 忍んでまでも劇作を, 忍んよりは寧その