青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「技師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

払っ~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ ~承知 承知~ 技~ 技巧~
技師~
~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折 折~

「技師~」 1193, 13ppm, 8539位

▼ 技師~ (216, 18.1%)

4 細君に, 罪名と 3 思ひ出

2 [12件] ように, ダム工事に, 家, 家は, 屍体の, 帽子を, 手を, 指導を, 殺害と, 細君である, 自宅で, 話は

1 [181件] あせり様, あとについて, あの人, いとも晴やか, うしろについて, ことで, ことなど, ことばに, ことを, するよう, そばから, そばに, ところへ, のぞいて, ひざに, ほうへ, ほかに, やうに, やる仕事, ようであった, ような, アルバートさんが, エリー・エルスベルゼは, エルスベルゼに, エルスベルゼも, エヴァンスは, ダビットに, デュローは, ニェムツェウィッチなどは, ニェムツェウィッチも, バルトンと, フィリップスが, 一と, 一人が, 一歩前で, 下で, 不注意より, 世界から, 並々ならぬ, 中根が, 乗って, 二人を, 云うこと以外, 人から, 人たちが, 人に, 仕事に, 仕事も, 休職を以て, 働きは, 先生が, 先生だ, 先生の, 分析的頭脳と, 到着という, 制帽を, 制度の, 前だ, 前に, 助手と, 助手を, 勤め口を, 厳密な, 召聘に, 命に従って, 命令に, 單なる, 地位について, 塩野と, 声だ, 声でした, 外は, 奇妙な, 如き姉妹, 妻ユリヤ・ニコライエヴナなどに, 姿を, 娘たちと, 娘の, 子として, 宅は, 家で, 家の, 宿泊所であった, 寒暖計が, 尾佐とは, 屍体は, 屍体へ, 山川理学士とが, 建言によって, 後に, 得意の, 復一君の, 心となど, 心は, 心細い指導, 必要な, 志, 息子で, 態度と, 態度に, 所業を, 手が, 手で, 手によって, 手落ちから, 手錠の, 拇指, 招聘に関する, 拵えたもの, 方々が, 方が, 方なら, 方の, 方は, 旦那の, 早取, 時と, 時よりも, 月給と, 松井菊三郎, 検定に, 死刑が, 残した仕事, 殺害に, 河合が, 洩らした言葉, 派遣等は, 満足である, 物腰に, 物語は, 犯行は, 生活を, 白い頭髪, 白皙長身で, 眼が, 眼の, 石川だけじゃ, 私室と, 細君で, 細君御, 耳へ, 職に, 股ぐらへ, 肩に, 肩を, 胸に, 胸中で, 自信が, 苦心も, 苦衷は, 草加君から, 蘊蓄の, 行動こそは, 行動に, 行動の, 行状を, 言葉に, 記要まで, 設計を, 設計監督による, 許へ, 話でも, 話に, 話漠然として, 説明だつた, 講演放送中でありました, 資格など, 進言を, 道徳である, 道楽半分に, 鑑定で, 雄弁丸が, 雄弁丸は, 雲に対する, 青谷二郎です, 頬は, 顔に, 顔には, 顔を, 飛んでも, 鼻先へ

▼ 技師~ (210, 17.6%)

3 そういっ, 正吉の 2 いそいで, これを, 次の, 自分の, 黒光りに

1 [194件] いささか面, いさましくさけぶ, いつも原始人, いよいよ冷酷, いらないと, いらないの, うなずきました, うわ眼, おおぜ, おもわずとんきょう, おもわずひとりごと, かん高い声, ここで, ここまで, このお願い, このハンドル, この数多い, この点, この男, これに, しかしとうとう, しずかに, しばらく指, しんみりと, すぐそれ, すぐに, ぜんしんびっしょり, そう云っ, そう言っ, そこに, そのこと, その後方, その日, その逸話, それを, たいへんよろこんだ, たまりかねたか, だまって, ちょいと, ちよつと, どこへ, にやりと一笑, はんけちで, ひげ, ひと息, ひと通り係長の, またハンドル, また云った, まだソヴェート, まるでおばけ, みかた, むろん主人, ようやく気, よろよろと, わたしが, わたしを, エレーナ・ニコライエヴナに, エヴァンス一人きりで, カルロ・フォンタナで, カーテンを, ガラスの, ギョッとして, ゴクリと, スイッチを, ハンマーを, バクーの, ピチピチし, ブドリを, 一介の, 一息した, 一種の, 丁度其の, 不都合の, 事もなげに, 云って, 人形の, 仏印の, 何を, 作楽井氏に, 係長から, 係長へ, 俳句も, 側の, 側らの, 傍らに, 冷酷無情にも, 出て, 別室から, 別室で, 前に, 力を, 動かなかった, 午前十時の, 卓上の, 博士の, 印度僧に, 受話器を, 叫んだ, 告別式の, 呼ばなくても, 喬介との, 器械を, 四人の, 困ったよう, 国際殺人団の, 士官らしく, 大分以前から, 大臣の, 妻君より, 安全な, 寝に, 小さな釘, 少しばかり, 少し顔, 山腹の, 工業を, 帰りしなに, 平素から, 幾分苦笑, 広場の, 床の, 徳薄く, 必要でない, 忙しく局, 憮然として, 抜け上った額, 排気管を, 撮影機を, 早速この, 時計を, 暫くの, 服装に, 椅子の, 構わず続けた, 次第に声, 歯ぎしりを, 気が, 河合少年に, 海水を, 潜水機の, 激しく抵抗, 激して, 炭車から, 無學文盲, 熊狩りで, 熱心を, 燃えるよう, 燃上る, 直ぐに, 真俯向け, 真面目で, 立止っ, 笑いながら, 簡単な, 米国でも, 組んで, 結婚し, 続けた, 緊張に, 職工を, 股野に, 肩を, 自分が, 自分たちをも, 自動車を, 自宅で, 舵を, 苦笑する, 落ちついて, 落着いた, 見出すの, 親しげ, 説明した, 読み了, 調室の, 赤い林檎, 透明な, 進み出て, 鉄の, 鉄扉の, 閂を, 間の, 陸軍大臣の, 障子を, 電胎法による, 電鍵を, 静かな, 須臾に, 頭の, 顔を, 飽いて, 驚き且嘆い, 鬼村博士の, 魂消た係長

▼ 技師~ (147, 12.3%)

4 罪に 3 口を 2 そういっ, その材料, 云った, 来て, 言いました

1 [130件] あって, あらわれた, いくら苦心, いたけれども, いつの間にか正吉, うっかり一枚, うなずいて, おそるおそる聞いた, くわしく調べ, この不思議, この通り, さういふ通信, さうしろ, さけびました, しきりに一台, しらべて, じぶん, そこに, その地, その時, それを, たいへん忙しく, とうとう自分, とびだして, はいりました, ふいに, ふきだして, ふるえ声, ほんとうに, まじめな, まるで眼, やってきたと, やってきて, ゐる, ゐるさ, アッと, オリザの, タマリかね, テーブルに, ハンドル握っ, ピストルで, 一人か, 一人主事が, 一番後方から, 三階も, 不馴れで, 中心であった, 乗り込んで, 事細かに, 二人助手が, 今度会社から, 何ヶ月も, 何者かに, 何者にとも, 働いてでも, 僕であり, 入って, 全く別, 内閣の, 冷然として, 出て, 初めて見つけ出し, 前任技師の, 半身を, 受話器を, 叫びました, 呼ばれること, 四少年の, 地図を, 失敗した, 女の, 如何にも不満そう, 妻の, 実は何, 室の, 寄凭って, 少し急いだ, 居る, 帰ったあと, 彼等の, 待って, 急死した, 手持撮影機を, 招聘されました, 支那の, 支配慾の, 数日前から, 来ること, 来るまで, 来工手, 案内を, 橋の, 歩く, 殺されたという, 殺された時, 殺され小頭, 気づいて, 江東ホテルに, 河合少年の, 油だらけに, 注意する, 滝口坑へ, 現れると, 生産組織の, 発明し, 発明した, 目的場所に, 真面目な, 私の, 竣工式の, 笑いながら, 答えた, 答えました, 肝を, 自分の, 自宅まで, 若い技術員, 見事な, 見本として, 設計費を, 遮切った, 配電盤の, 酒の, 開いて, 陸軍大臣と, 電話口に, 額の, 食料品を, 駆けつけて, 黙って

▼ 技師~ (68, 5.7%)

2 その灰色, なって, 連れられて

1 [62件] あそこへ, いった, いわれて, きいた, しろまた, つたえたので, なったこと, なったの, なつた, なりたいから, なりたいの, なり百二十円, なり皆, なるつもり, なると, なるとか, なるとの, なるの, なる適当, なろうと, みかた, みせる, むかって, もちかけたといふ, スパイを, タクマ機関士それに, バケ込ん, 一切の, 任命した, 伺いを, 依って, 合図を, 向くる, 宛てて, 思いきり一つ, 抜擢し, 採用されました, 提示した, 書類を, 服を, 案内を, 死なれては, 相談し, 相談しました, 私らである, 至りては, 言いつけて, 訊ねた, 設計させられた, 話したまえ, 説明した, 貸して, 賄賂を, 躍りかかった, 逢ったきり, 過ぎなかったの, 電報を, 電気で, 電話を, 預け硬度計, 頼み込み木田, 頼んで

▼ 技師~ (60, 5.0%)

14 して 3 見ると 2 知って

1 [41件] しとったそう, その研究所, そばに, たすけだすか, たのんで, つれて, とらえて, はじめ居合わせた, みとめたという, やって, やと, よんで, 一人雇ふで, 信任し, 先登に, 勤めて, 呼び出して, 呼ぶかも, 呼ぶこと, 呼んで, 始めとして, 帰し狂人, 引立てた, 従え津田, 恨んで, 招き林檎, 招くこと, 招聘した, 探して, 殺害する, 派遣する, 筆頭と, 職と, 見つけ出すこと, 見下ろして, 護る, 買収し, 起して, 酒場へ, 雇って, 雇入れ

▼ 技師~ (57, 4.8%)

2 として局面展開, と中村捜査係長, はふたり, をし

1 [49件] かだった, から次, がわら, が口, が有名, が殿村探偵, それから六, だった, であった, でありその, と, として招聘, とする, となった, となり, とは少し, と殿村探偵, どうです, なの, にしかすぎない, に聘せられ来たる, に英国, に面会, のおとうさん, の三人, の今, の仕事, の口, の啓司, の報告, の姿, の愛児相川泰二君, の申し出, の発案, の職, はあきれかえっ, はあっけ, はさけび, はさも, はそれ, はともかく, は先, は子供, は微傷, は途方, や四人, をはじめ会社, を務め, を見あげる

▼ 技師~ (55, 4.6%)

2 この工場, その細君, なって, 私は

1 [47件] いろいろ話しました, いわず職工, してでも, そうし, その仕事, それから, なっても, ならんで, なること, なれり, わしは, エレーナと, エレーナに, トラストへ, トルストイを, ブドリは, 一人おいた, 云う, 云える, 何人かの, 力を, 労働者は, 同じよう, 同じ意味, 同じ立場, 同乗ひどい, 変つて希望と, 大変な, 太田氏との, 工場内の, 工手と, 工手に, 工手を, 河合少年が, 監督は, 相談の, 組んで, 結婚した, 職工が, 花前との, 見える人, 言われて, 話して, 調査し直し, 間違えられると, 間違われたり, 高田と

▼ 技師~ (34, 2.8%)

2 今は

1 [32件] あつまって, ここで, しゃがんで, その空いた, にこにこし, にやにやし, はねあがりました, はればれと, また始め, みなこらえ切れぬ, みんな死ん, みんな煙に, われわれには, 五人寄越しました, 出て, 出で, 出張し, 午後八時には, 家来みんな家来で, 工手も, 必要の, 来て, 死に栖方, 瀬谷も, 災難を, 牧師も, 眼を, 祭壇の, 自信は, 言いました, 飛んで, 黒井技師も

▼ 技師さん~ (32, 2.7%)

2 ですね, のところ

1 [28件] いいです, がお, がおいで, がラーゼマン, そんなこと, ただどうして, だとうとう, だよ, でしたね, ですって, と十三日間, どうかいくら, にあの, にわかっ, に会った, に張込み, に申し出た, に私, に話しかけないで, ね, のあと, のこと, のじゃま, の前, の助手, はどこ, は酒場, もうお

▼ 技師~ (23, 1.9%)

1 [23件] そのほか, 助手や, 労働者たちも, 労働者は, 医師の, 学者たちの, 官吏に, 小説家が, 工手たちが, 弟以下に, 昨年登山した, 演奏家に, 潜水夫や, 瀬谷たちは, 監督の, 科学者や, 科學者や, 職工が, 職工たちは, 職工なども, 職工は, 説明者や, 革命家などの

▼ 技師として~ (22, 1.8%)

3 採用された

1 [19件] その頃の, はたらいて, また航海技術研究家, わが北端, ニカラガに, ボルドーに, 使われて, 働き得るだけの, 働くため, 勤める口, 小さな製図机, 採用されるべき, 楽に, 活躍し, 聞えて, 迎えられること, 近代工学の, 遇する, 金銀銅鉄の

▼ 技師たち~ (14, 1.2%)

1 [14件] がすこし, がみんな, が総がかり, と相談, に休め, のこれ, はまだ, はもちろん, は五年以上職場, は念入り, は皆外, も, もいろいろ, を連れ

▼ 技師~ (14, 1.2%)

3 あつた

1 [11件] いらっしゃいましたのね, なかなかいい, 人間も, 全長九キロ二に対して, 四十歳に, 大きい娘, 新思想, 昭和十五年の, 浅原礼介と, 膃肭獣猟獲, 詩子に

▼ 技師~ (11, 0.9%)

1 [11件] からな, が, がいつ, つたがね, ということ, というの, というよう, といふ, とスパセニア, と主張, よ

▼ 技師である~ (10, 0.8%)

2 が本当 1 かどう, かのごとき, が矢代, といふ事実, とは今, 十歳年下の, 父の, 行雄は

▼ 技師から~ (8, 0.7%)

2 いわれて 1 いって, だ, であった, デニー博士に, 例の, 高田に

▼ 技師です~ (6, 0.5%)

2 か, ね 1 よ, わ

▼ 技師にも~ (6, 0.5%)

1 そうしたの, たれながら, なれば, なれるから, 会釈し, 劣らない自信

▼ 技師技手~ (6, 0.5%)

2 の亜類 1 すら踏み迷う, に任せ, の人, はそれ

▼ 技師さんあなた~ (5, 0.4%)

1 の行い, はおそらく, はひどく, は毎日, もお気づき

▼ 技師らしい~ (5, 0.4%)

2 男が 1 一人が, 生活の, 男に

▼ 技師~ (4, 0.3%)

1 のね, んだ, んていう, んです

▼ 技師~ (4, 0.3%)

2 はこの 1 であった, は男子

▼ 技師さん私~ (3, 0.3%)

1 にじゃま, にはよく, の失望

▼ 技師であった~ (3, 0.3%)

1 がこの, 作者の, 父は

▼ 技師であり~ (3, 0.3%)

1 ながらこんな, ながら測量, 化学者であり

▼ 技師という~ (3, 0.3%)

1 のは, 若い発明家, 風采で

▼ 技師フィリップス~ (3, 0.3%)

1 が受信, が懸命, は二千人

▼ 技師からは~ (2, 0.2%)

1 ひっきりなしに向こう, 場面の

▼ 技師さえ~ (2, 0.2%)

1 出て, 眼を

▼ 技師さんわたし~ (2, 0.2%)

1 はあなた, はまだ

▼ 技師だけ~ (2, 0.2%)

1 あって, 妻君の

▼ 技師だけが~ (2, 0.2%)

1 コールテンの, 卓抜なら

▼ 技師だって~ (2, 0.2%)

1 それらを, 言いました

▼ 技師であっ~ (2, 0.2%)

1 て文学, て著者自身

▼ 技師でも~ (2, 0.2%)

2 好きな

▼ 技師とが~ (2, 0.2%)

1 つれ立って, 入って

▼ 技師としての~ (2, 0.2%)

1 技術家が, 身分を

▼ 技師とは~ (2, 0.2%)

1 これまた, そのままソヴェート

▼ 技師などと~ (2, 0.2%)

1 いっしょに, おなじよう

▼ 技師なんか~ (2, 0.2%)

1 われわれにとって, 必要で

▼ 技師について~ (2, 0.2%)

1 すべての, 操縦室へ

▼ 技師には~ (2, 0.2%)

1 まるでわからない, 危険な

▼ 技師~ (2, 0.2%)

1 目礼し, 訊ねるの

▼ 技師インデル・モウル~ (2, 0.2%)

1 と共に洋活字, を監督

▼ 技師エヴァンス~ (2, 0.2%)

1 に命じ, はぐっすり

▼ 技師クロード・ディグスビイ~ (2, 0.2%)

1 の関係, を派遣

▼ 技師ルイバコフ~ (2, 0.2%)

1 が建築, は人減らし

▼ 技師一行~ (2, 0.2%)

1 についてゆき子, に連れられ

▼ 技師先生~ (2, 0.2%)

1 のまえ, ポツポツ仕度

▼ 技師大得意~ (2, 0.2%)

1 のスカンジナビヤ半島談あたり, の節

▼ 技師職工~ (2, 0.2%)

1 にいたる, は仏人

▼1* [113件]

技師何かと, 技師からの発信が, 技師この二人が, 技師さんだれがあえて, 技師さんぼくを見つけ, 技師さん今夜はうれしい, 技師さん今日あなたと何, 技師さん陳情人が何, 技師しか乗せて, 技師その他と立っ, 技師その他数百名のもの, 技師それから今度は, 技師たりし村橋次郎先生, 技師だけは笑わなかった, 技師だったの, 技師だの助手だの, 技師であるならば兎, 技師でさえもう何, 技師ではある, 技師とか建築家とか, 技師とにあいさつし, 技師との二人だけが, 技師ともあらうもの, 技師とを搭載致しました, 技師などが頻々と, 技師などに劣らぬ働き, 技師などの用いるスライド, 技師などはすぐにも, 技師なんぞはとにかく教育, 技師にしか自分は, 技師についての照会が, 技師にでも見えたかも, 技師にとっては平野を, 技師にまで敬意を, 技師に対して烈しい恨み, 技師のうでに, 技師ばっかりを見つめいらだたし, 技師までが唯もう行儀, 技師みなで十人, 技師やなんかの世話まで, 技師ら亜炭の火, 技師アソーリンは人間, 技師エルスベルゼと少佐シャブラン, 技師ガンブルが上海, 技師キンドルも英人, 技師クロード・ディグスビイ自作ものなの, 技師ゴルレコフが妻, 技師ジェイムス・シャンク姉妹船ジイロング号機関長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 技師ディグスビイの設計, 技師ドイツ人技師その他数百名のもの, 技師ドナルド・マッケイの最初, 技師ニェムツェウィッチの女房, 技師ビル・マートンが廊下, 技師フランメリオン博士が開戦, 技師ブランネルが有名, 技師ブランネル氏の最も, 技師マイコフがする, 技師ミルン氏の計算, 技師一人技手一人と測量人夫六名, 技師三浦宗次郎氏と同, 技師上りの係長, 技師下後藤新平や奏任五等珍田捨巳等々, 技師先生心中非常に激高, 技師共産党員であって, 技師兼重役であり中内忠, 技師利根川保君が設計, 技師及び刑事が, 技師吉村彪なの, 技師である, 技師土木技師造園家などが日々彼, 技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 技師夏見俊太郎は病, 技師女給なぞが次, 技師学者役人等による大反, 技師学者等従来プロレタリア階級の発展, 技師工場委員会などを確り, 技師をかぶっ, 技師心得になっ, 技師技術家が殖え, 技師教師であった, 技師教授が古い, 技師新米故やっと, 技師新聞記者国際的仲介人アルジェリアの黒奴売買人的, 技師木川専介子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 技師東条某はその, 技師林常夫君に面会, 技師として事業, 技師梅本豊吉氏の談話, 技師熟練工の養成, 技師筑紫警部平岡巡査らは倔強, 技師細井岩弥同和田国次郎, 技師職工たちに手足, 技師蔵書家名人家元などという連中, 技師表方テケツをも含めた, 技師説明者が同時に, 技師請負師なぞの歓迎ぶり, 技師諸君失望したでしょうね, 技師議員など網羅, 技師造園家などが日々彼, 技師などは古い, 技師連中はコイツ, 技師のほう, 技師長それから小林君はじめ四人, 技師長たちには君ら, 技師長みずから探偵事務所をたずね, 技師長兼職工が笑っ, 技師長格の菊池技師, 技師長武田博士の来る, 技師長職長その他何によらず, 技師長苦心の設計事情, 技師関係トラストの支配人, 技師の人たち, 技師飯島工学士一人は建築美術専門家武田工学士