青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「惜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悲劇~ 悲哀~ 悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~
惜~
~惜しい 惜しい~ ~惡 惡~ 惣~ ~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~

「惜~」 1534, 16ppm, 7096位

▼ 惜~ (143, 9.3%)

14 なかった 10 なかつた 8 ない 4 ぬ者, れる 3 ないの, ぬもの, れるの

2 [12件] ないだろう, ないといふ, ないもの, ない徒, なかったであろう, なかつたので, ぬの, ぬので, ぬ客人, るるかな, れる人, ん

1 [70件] ないから, ないこと, ないで, ないと, ないという, ないほどの, ない人, ない人々, ない心づかい, ない気持, ない私, ない紙巻煙草, ない者, ない金持, なかったろう, なかつたから, なかつたが, なかつたこと, なかつたし, なかつたと, なかつたの, なかつたもの, なかつた初代勘兵衞, なかつた如く理論的, なかつた歴史, なかつた結果, なかつた鑑賞上, なければ, なすぎる, ぬ, ぬから, ぬが, ぬであろう, ぬであろうと, ぬね, ぬのみか, ぬ人, ぬ保胤, ぬ快活, ぬ我が, ぬ歌, ぬ程其心, ぬ立派, ぬ高蒔絵, む, むあゝ夏よ, るる, るる心地, るる秀才瀧廉太郎君, れずとも, れつ花は, れること, れるし, れるぞ, れるでは, れるに, れるので, れるほどの, れる一つ, れる女, れる娘, れる小さな, れる記事, んため朝来, んであります, んとて, ん一葉ぐさ月にや, ん一行の, ん夕あら, ん露の

▼ 惜~ (142, 9.3%)

5 をした 4 たり, を云 3 をしない, をする, をするらしく, を言っ

2 [11件] が強, が強い, ても余り, て容易, て彼馬鹿者, をしなかった, をれ, を言う, 哲人は, 明方出かけよう, 父の

1 [95件] からの擬態, から言った, がある, がかかっ, が出る, が直接, げも, さしも, されても, すら心, たりしもなほ駿河遊び, ぢや, つつ去り, つつ春, てかしこの, てとも思召さん, てもなお, ても猶, ても餘, てアポローン, て嫉み妬みだ, て已む能, て甲斐, て許さず, て谿, て金銀衣裳, でもする, でもなく, でも言いたい, で掛つて來, ながらあと, ながらコツコツ, ながら何処, ながら措く, ながら跣足, などをし, など云つて, なにか繕ひもの, になる, にもなる, にも何, にも貧乏, に堕ちる, に来, に来た, に行った, に通った, に違い, はいふもの, はこう, はしない, はしなかった, はせん, はない, みたいな, もう二時, もまぜ, をいい, をいっ, をいふ, をお, をし, をせず, を云う, を云つて, を云ふか, を思いやる, を言, を言つた, を防ぐ, 且つ悔むの, 乃ち以て, 乍ら差しつ, 危難を, 合ひ, 合ふ, 合へる, 味は, 夜も, 度かつ, 彼より, 悲しんで, 惜まれた, 惜み, 愛み, 死を, 為に, 父を, 留むることをせずただ, 給は, 給ひぬ, 自から, 誰か, 買占めを, 馬の

▼ 惜~ (117, 7.6%)

7 ことを 5 事に 4 事には 3 ことには, ような, ように, 事で, 事を, 口惜い, 時間を 2 のか, 燐寸の

1 [76件] からあと, からお, からこの, からどうか, からどうぞ, から了簡, から叔父さん, から声, から撲っ, から汝, から紅葉先生, から身, から車屋, から造作ア, くらいで, ことで, ことです, ことに, じゃあない, と貞造, な, のである, ので一切, ので色々, ので車, のとで, のは, のよ, は私, ほどだった, ほど無分別, ほど道, やうで, やうな, ようにも, わけは, ッて, 事であった, 事でした, 事と, 事は, 人々に, 人でした, 人を, 伊之助はん人に, 位だ, 体だ, 其が, 切なさ, 口惜いと, 哉, 哉この, 哉其の, 哉山が, 哉彼は, 哉朝廷の, 哉木蓮屁茶居士など, 哉木蓮屁茶居士などという, 太夫が, 妻を, 宝書で御座る, 心持が, 心持も, 思いは, 時には, 時怨めしい, 残念と, 気が, 気も, 畫人の, 目に, 程賑, 腹の, 諢名を, 貴女, 魔界の

▼ 惜んで~ (94, 6.1%)

3 ゐる 2 いない, いる, いるよう, 餅を

1 [83件] あんなこと, いた, いたのに, いないという, います, いるかも, いると, いるという, いる時, いる植木, いる辞句, おります皆小前, くれるん, この変, すぐ東京, そこらに, その車, ともかくも, なんとかかん, ほろ醉心地の, やがて己, ゆっくり坂, ゐる場合, ゐる始末, ゐる見たいな, 一夜を, 一晩豊世に, 一番低く, 下された由, 与へ, 互に袖, 五ヶ年を, 五人の, 人に, 人間の, 何うし, 何時も手不足, 切に忠告, 切りに, 刻苦した, 勞働を, 卓子に, 夫人達と, 少なからぬ, 居られると, 居る, 山の, 已ま, 帰って, 度々校長室, 心に, 思い留る, 惜み抜いた, 惜んで, 楽な, 歌つた歌によ, 法性寺の, 泣きやんした私, 泣くかと, 海棠の, 熄まざる, 玉成したかった, 田端駅で, 私たちは, 称名の, 立ち尽して, 竟に, 義に, 自分を, 自害する, 落涙する, 薄暗い食堂, 血税を, 送りだしたの, 道中を, 遣ること, 還した, 還したこと, 那覇に, 隱れ, 領布を, 鴎外を, 鵠介を

▼ 惜~ (78, 5.1%)

248 だの 5 でも 3 だこと, だもの 2 だ彼, でくれた, では, でゐた, で見, で見た

1 [23件] だが, だせい, だそう, だところ, だとの, だならば, だのち靜, だりし, だりする, だりオツクウ, だ一文, だ此, だ為, だ記事, でいました, での刻苦勉強, でやりたう御座います, で下さるあなた, で呉れる, で居た, で救おう, で見たかつた, で起き

▼ 惜~ (59, 3.8%)

3 はない, 候 2 ないと, なつて, ッて

1 [47件] かごと, この間に, てありける, てたまりません, てたまり兼ね, てね, ても仕方, てゐ, て友達, て口惜, て如何, て引っ, て情, て惜, て技倆, て祟る, ないが, ないこと, ないとまでも, ないなどと, ないの, ない命, ない老耄, なった, なったよ, なって, なつて來, なりました, なり兎, はあらず, はありません, はある, はなかったろう, ば, よく色, 云ひ, 倩く, 存候故, 思いかの, 思った, 思ったろう, 思つた, 思はれる点, 思ひて, 我は, 此の, 茲を

▼ 惜まず~ (47, 3.1%)

2 に働い, に働きました, むばあらず閣下に, んば

1 [39件] にあの, に働いた, に彼, に此工場, に死なう, に相, に答えた, に能, に血, に行つて, に迎え, ロープを, 一生懸命に, 中途に, 云へる, 働いた, 働きまする, 働き続けた, 働くから, 働くので, 働く事, 土を, 夢中に, 尽された同君, 己れ, 戰はむ, 檢討を, 泣き叫んだ, 泣き崩れました, 泣叫び升た, 盛んな, 真っ黒に, 私を, 箇人的な, 美女の, 買取って, 身を, 防ぎ戦うが, 鳴いて

▼ 惜まれ~ (38, 2.5%)

104 たので 2 たりまたは, て自分

1 [20件] し花, そうし, たか, たの, て, ていた, てならない, て好い, て来た, て物, て立派, て若し, て見る, て逝く, て馬車, ないだろう, なかった, はなはだしきは, まいらすよう, むことを

▼ 惜むべ~ (36, 2.3%)

65 きこと 3 き事 2 きである, し彼

1 [18件] きかな, きであるが, きでは, きなり, きは, きを, き人材, き作品, き彼, き次第, き此種, き缺點, き至り, き貴重書, き限り, し其の, し杉, し論者

▼ 惜むら~ (36, 2.3%)

34 くは 1 くば少しく, く怠り

▼ 惜いと~ (22, 1.4%)

2 いって

1 [20件] いふ事等, は思はなかつた, は思わない, みなで, よ, 云う執念, 口へ, 台所へ, 彼女は, 思いなさるか, 思うたけれど, 思うん, 思った念, 思って, 思わないこと, 申しません, 男の, 皆な, 言つて泣いた, 謂は

▼ 惜いかな~ (21, 1.4%)

2 閣下は

1 [19件] その成功, その日, どこでも, 中途で, 今の, 其芽は, 四五の, 土地の, 子規氏は, 宝蔵には, 庭は, 昔し, 火の気が, 無学に, 無學, 神話学は, 胃癌に, 蕪村は, 阿武隈川の

▼ 惜まざる~ (21, 1.4%)

4 を得ず, を得ない 2 の士

1 [11件] なり, にはあらざれ, に感謝, の傾が, の気象, の氣象, ものなかりき, も亦, を得ざるなり, 勤労努力の, 天下第

▼ 惜~ (18, 1.2%)

2 に足らぬ, は身

1 [14件] が如く, この諷刺, です, で泣い, とともに清冽一塵, に非, の別離, の工夫, の度, ほどの貴い, よりも更に, よりも若し, 我が方丈, 程の者

▼ 惜から~ (17, 1.1%)

3 じと 2 じ, ぬ身 1 じ明, ずとまでに, ずやと, ずエ, ず真実, ぬ今, ぬ命, ぬ命捨, ぬ家, ぬ生命

▼ 惜~ (17, 1.1%)

2 に降参

1 [15件] に世話, に二階, に力, に泣きたくなる, に泣けた, に言, に貉, に貴方, に身, は口惜し, をなぐさめ, を思わせる, を織, 可愛さ, 悲しさ

▼ 惜むこ~ (17, 1.1%)

2 との出來, と金, の家

1 [11件] となく, とにしよう, との最も, とは倫理科, とを知つて, とを知る, とを詠んだ, と我々, と甚, と生命, と至極

▼ 惜~ (15, 1.0%)

1 [15件] おも, ことも, ひとみには, 冷たいしぐさ, 執り持ち話, 夫人の, 好事に, 家の, 強いので, 念が, 情夫の, 文字である, 脾腹を, 蘭瞼が, 親の

▼ 惜くっ~ (13, 0.8%)

1 [13件] てあの, てしようが, てなりやせん, てもどかしくっ, ても喧嘩, て今, て今にも, て堪りませんでした, て寝, て情なくっ, て渡口, て皆, て静枝

▼ 惜~ (12, 0.8%)

7 もなく 31 に欄干, もなく知った

▼ 惜みなく~ (12, 0.8%)

5 愛は 1 これを, 其人に, 口もとを, 奪ふ, 歓を, 自分の, 自己に

▼ 惜~ (11, 0.7%)

1 [11件] た, たのにとも, ばいよいよ, ば國, ば彼等, ば花, ば薄, り, るこの, るによつて, るやう

▼ 惜くも~ (10, 0.7%)

1 ないその, ないのに, ない位, なき命, なるし, やがて好き首尾, 御恥く, 思うが, 見ゆる真白, 逝ける勇猛

▼ 惜そう~ (10, 0.7%)

1 であった, な風, に, にし, に云う, に云った, に元気, に大路, に脱い, に頭

▼ 惜~ (9, 0.6%)

1 ことなら, 事に, 其大体に, 夢の, 奇遇ながら, 御心, 惜き, 日和に, 此筆止めかね

▼ 惜~ (9, 0.6%)

1 うと, うとは, じつはまんじりともし, はっと気がついた, 何となくあきたら, 壁へ, 手つだって, 杯を, 習んで

▼ 惜~ (9, 0.6%)

3 せずに 1 あのお方, たった今殺しゃあがった, 云ひ, 体験した, 刺した短刀, 囲うこと

▼ 惜~ (8, 0.5%)

1 いちど起き直っ, かしらを, すでに着た, すばやく二階, そんなお, 佳麗絶世と, 初めて男, 本能的に

▼ 惜まずし~ (8, 0.5%)

2 て主, て唯, て奇玩 1 てこの, て家族一同

▼ 惜む可~ (8, 0.5%)

2 しと 1 き, きあまり, きに, き一生, き壮士, し悉く

▼ 惜む心~ (8, 0.5%)

1 から蔭, から見あたり, さえ天上, だに今, である, と来る, は人間最後, やあらむ

▼ 惜かった~ (7, 0.5%)

1 から実は, から泣きました, けれども目, のであろう, のです, んだろう, ネ素晴らしい

▼ 惜みし~ (7, 0.5%)

1 ちやい, てこう, て働かない, て早速, は妾, 命二日灸, 妻は

▼ 惜いこ~ (6, 0.4%)

1 と, としました, とはない, とは其時そち, とは御座いません, とよよく

▼ 惜する~ (6, 0.4%)

2 が故に, の情 1 のであつ, 同じ暗

▼ 惜むの~ (6, 0.4%)

3 である 1 は勝太郎レコード, は眞實, もある

▼ 惜む人~ (6, 0.4%)

1 がある, が必らずし, なし見る, の群, は蓋し, もありました

▼ 惜む者~ (6, 0.4%)

2 でございませぬ 1 が若干人, なり, は殆ど, は殺さぬ

▼ 惜もの~ (6, 0.4%)

21 だ思う気, でならない, を, をつい

▼ 惜~ (6, 0.4%)

1 お春, お秋, はらはら袖, われら上根なら, 口惜や, 自分は

▼ 惜武士~ (6, 0.4%)

1 に世, の戀死せん命, を世, を手, を捨て, を捨てじ

▼ 惜いよう~ (5, 0.3%)

2 な晩 1 なきまり, な云う, な昨夕

▼ 惜がって~ (5, 0.3%)

1 おいで, ヤイヤイ騒ぐ, 住替を, 昨宵, 祖母さんがね

▼ 惜がる~ (5, 0.3%)

1 のです, のは, もの曰く, 大切な, 男であった

▼ 惜~ (5, 0.3%)

1 いえば, するの, 張三の, 腸を, 言ひつ

▼ 惜まぎれ~ (5, 0.3%)

2 に今 1 に十露盤, に怒鳴る, の惡戲

▼ 惜まね~ (5, 0.3%)

21 ばならなかった, ばならぬ, ばなりません

▼ 惜むか~ (5, 0.3%)

1 と人, のやう, のよう, の如くし, 或は理解力

▼ 惜~ (4, 0.3%)

1 お世話に, その夜, つたが, 愉しそう

▼ 惜~ (4, 0.3%)

1 して, しては, たくさんな, 出るであらう

▼ 惜まざれ~ (4, 0.3%)

2 ば福 1 ばわれいま汝, ば黄金

▼ 惜めど~ (4, 0.3%)

1 も, も早く, も更, も限

▼ 惜いの~ (3, 0.2%)

1 と怪しから, と淺, と落胆

▼ 惜いや~ (3, 0.2%)

1 うな, 腹ン中に, 蔦ちゃんなんか

▼ 惜~ (3, 0.2%)

1 ないの, ろゑゝ負け, ろ然

▼ 惜がっ~ (3, 0.2%)

1 てくれた, ても清吉, ても狭い

▼ 惜がった~ (3, 0.2%)

1 から莟, それは, 時には

▼ 惜がり~ (3, 0.2%)

1 ようで, 唯身, 拳を

▼ 惜くば~ (3, 0.2%)

1 ドンと, 己っ, 御逗留

▼ 惜とは~ (3, 0.2%)

1 おもいながら, また何で, 云わるれど

▼ 惜~ (3, 0.2%)

1 奴よ, 美人も, 討死など

▼ 惜みする~ (3, 0.2%)

1 なよ, のを, 為めなら

▼ 惜みの~ (3, 0.2%)

1 強い女, 強い女々しい奴, 強い男

▼ 惜む事~ (3, 0.2%)

1 になつ, ばかりいう, も出来ず

▼ 惜紛れ~ (3, 0.2%)

1 に, に笄, に蹈

▼ 惜あなた~ (2, 0.1%)

1 ほどな, 程の人物

▼ 惜いね~ (2, 0.1%)

1 ちょっとない, 明い処

▼ 惜いも~ (2, 0.1%)

1 ただ謹, ので文明開化

▼ 惜いもの~ (2, 0.1%)

2

▼ 惜いやら~ (2, 0.1%)

2 情けないやら

▼ 惜いわ~ (2, 0.1%)

2

▼ 惜~ (2, 0.1%)

1 ぬしほど, 若いとき

▼ 惜かつ~ (2, 0.1%)

1 たが, たらう

▼ 惜かな~ (2, 0.1%)

1 些と, 口元が

▼ 惜こと~ (2, 0.1%)

2 に候

▼ 惜さん~ (2, 0.1%)

1 というあんな, は十九

▼ 惜とも~ (2, 0.1%)

1 おもは, 思へりし

▼ 惜みせず~ (2, 0.1%)

1 お出しなされ, 世事には

▼ 惜みせぬ~ (2, 0.1%)

1 こと, 性質とは

▼ 惜みなく奪う~ (2, 0.1%)

2 ものだ

▼ 惜みなされ~ (2, 0.1%)

1 てそれ, て見す見す

▼ 惜みの様子~ (2, 0.1%)

1 も見えなかった, も見えなかつた

▼ 惜むという風~ (2, 0.1%)

1 で, で母

▼ 惜むに~ (2, 0.1%)

1 は当りません, も当らない

▼ 惜むもの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 惜むものは~ (2, 0.1%)

2 寧ろ氏

▼ 惜むや~ (2, 0.1%)

1 うで, うな

▼ 惜むよう~ (2, 0.1%)

1 に成った, に浮かない

▼ 惜む処~ (2, 0.1%)

1 ではない, を考えた

▼ 惜む座主~ (2, 0.1%)

2 の連歌

▼ 惜む心持~ (2, 0.1%)

1 があるで, になつ

▼ 惜む情~ (2, 0.1%)

1 が全く, より多

▼ 惜む所~ (2, 0.1%)

1 なり, は餌代船賃

▼ 惜む所以~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 惜む月夜~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 惜め涙~ (2, 0.1%)

1 よ, を惜め

▼ 惜~ (2, 0.1%)

1 ヲ云ウモノサ, ヲ自由ナラシメテ現時

▼ 惜一命~ (2, 0.1%)

1 をむだ, を捨つるの

▼ 惜~ (2, 0.1%)

1 の精彩, もならない

▼1* [249件]

ああいう英材, 惜いか悲いか, 惜いが寒い時分, 惜いがそれよりもせっかく, 惜いが不可いそう, 惜いが二人とも外, 惜いが俺のはこんな, 惜いが愚痴に聞える, 惜いが目が光った, 惜いが石碑は台, 惜いが袖や袂, 惜いし身体の容子, 惜いってね若, 惜いつ位だから, 惜いでしょう先生子, 惜いというんじゃア, 惜いとおもふも, 惜いなんち野郎は, 惜いに心も, 惜いにゃ口惜いでしょう, 惜いねえ清葉さんは, 惜いのちだ, 惜いまでぴたり, 惜いもんだが別れ, 惜いようだよ, 惜いんで万事人任せ, 惜い様にも思われる, 惜御座り, 惜うございます中央に, 惜うて出仕に, 惜おまえが仕舞っ, 惜かざる衷情とを, 惜かわした上衣の, 惜がってるそうです, 惜がってるでがんす, 惜がればぞ踏み, 惜くつて堪らない, 惜くないね, 惜くもねえから行, 惜くもねえでないか, 惜くも可恨くも又或, 惜くも思つたらうが, 惜くも本日は材料, 惜くも正なきこと, 惜くも無し心配も無い, 惜くも私は半信半疑, 惜くやしいことじゃ, 惜く見ればお, 惜けりや俺, 惜けりゃ一本足の, 惜ければせめて, 惜ここに終ろう, 惜この地に, 惜さうな顔を, 惜さうに眼鏡を覗く, 惜さゑゝ不運ほど情, 惜そういう角が, 惜その露を, 惜が尊氏, 惜とをおもち, 惜ながら手出しも, 惜には私が, 惜はこぼるるような, 惜まざりし能勢氏の, 惜まざるべからずであつて, 惜まずやや単調な, 惜まずよく働く上, 惜まず次々のもの, 惜ませて下さい, 惜まねばこそ恁, 惜まるで御見当ちがい, 惜まれ乍ら身を引き, 惜まれ最後の会食, 惜みける己が, 惜みしない心の, 惜みすぎて名物茶入れ, 惜みたいという口上, 惜みたかったのです, 惜みだかそれとも, 惜みとさえ受取れた, 惜みなく与えたという証拠, 惜みなく持ち続けてゐる, 惜みなく照し出します, 惜みのようにいつも, 惜みの先生はどうも, 惜みの冷笑を洩らした, 惜みの外聞がある, 惜みの平気を装つて, 惜みの情は誰, 惜みの捨台詞だろうと, 惜みの眼ばかり光らせます, 惜みの考方は獨, 惜みの肩を聳やかします, 惜みの自己欺瞞である, 惜みの色が動い, 惜みや面当じゃありません, 惜みよろこびもあり, 惜み得るに於, 惜み抜いたのだ, 惜むため華燭銀燈輝いて, 惜むだな所, 惜むでもなかろうけれども又一方, 惜むで寝台でもぞもぞ, 惜むというのがどうも不思議です, 惜むという意味からし, 惜むといふことの重んずべきと, 惜むといふのではないが自分の腕, 惜むといふは爐中の炭火, 惜むといふ気にも成らなかつた, 惜むところは御座いません, 惜むところは君がこの, 惜むところは望が大き, 惜むとて毎に峻嚴, 惜むとも惜みて, 惜むなと申しやり漸く, 惜むなよ今宵明けても, 惜むなんかはをかしな話だ, 惜むな辛防せよよい, 惜むにゃ当るまいこんなに沢山, 惜むのあまりその人, 惜むのあまり半ば道楽にやつ, 惜むのが日本政府及び日本國民, 惜むのが玉に疵, 惜むの人は多く, 惜むの余り先ず読書, 惜むべきが如きも, 惜むものが何を仕出かし得よう, 惜むものは他の憎, 惜むものをして福運の來訪, 惜むものゝ如く暮れ, 惜むものゝやうに思はれても, 惜むやうに忙しげ, 惜むやうに云つた, 惜むようなお新はまだよく, 惜むような感傷的な気もち, 惜むようにゆっくりと, 惜むようにして働いて, 惜むように千種十次郎は新聞記者, 惜むよりも甚しく候, 惜むわかき日のこころ, 惜むわけではないがとにかく榎本, 惜むベンチがあれ, 惜む上から来る, 惜む世に子等, 惜む人々泣き腫らした婦人, 惜む俳人が蚊帳, 惜む冬にぞ入りぬ, 惜む勇士の姿, 惜む友ひとり載せ, 惜む可きの士なりと浩歎, 惜む夫婦かな, 惜む宿の女中, 惜む工夫が無けれ, 惜む形式を行, 惜む彼の瞥見, 惜む念において人, 惜む恋人を仮に, 惜む惜むこの諷刺, 惜む意味になる, 惜む春の日も漸く, 惜む時は海, 惜む様なり, 惜む様子で首, 惜む武家氣質は違つた世界, 惜む氣持もあ, 惜む涙の, 惜む現代人に其様, 惜む生徒にも同じ, 惜む色がなかつた, 惜む輩もあっ, 惜む間にいつしか, 惜む雲の峰, 惜む風だった, 惜む餘に其死, 惜め高品なわかい, 惜もんだからよ, 惜ゅう覚えて, 惜よき世に, 惜らしく誰かに, 惜らしく見えたのは, 惜ら千円を費, 惜ら千圓を費, 惜て即座, 惜て今, 惜シイヨ, 惜シイケレドモ夫トイウモノハ見馴レタ妻, 惜シイトハ思ワナイソノ負傷ガ原因デ死, 惜シカッタガ仕方ガナイ故残ラズ売ッタガ, 惜シガルコトガアルンダコンナニ手ガ痛ンデ朝晩苦シガッテイタンジャ, 惜シミナク奪ウ, 惜シミ好悪ニ災ナキハ人ミナ訝カル, 惜マズ賊寨ヲ粉砕シテ, 惜マヌトテモ多ク, 惜ミ等ヲナスコト能ハズ, 惜一代の弓矢, 惜一点の泥, 惜丈夫の焦れ死し, 惜三十八歳の有為, 惜二十一の花, 惜二十有餘の若木, 惜二十歳の春, 惜二度ない青春, 惜兵火の犠牲, 惜勿体ないほどな, 惜北国一の英傑, 惜惜, 惜天下の奇才, 惜好漢を滅茶苦茶, 惜幾多の人命, 惜忠義のこころざし, 惜意匠の美, 惜散るのを, 惜有為の身, 惜に振った, 惜此二書の世, 惜此奴温泉場の化物, 惜死相の翳, 惜治国愛民の宝剣, 惜洛陽に余伎, 惜浅井長政は血迷う, 惜浮世を夢, 惜の埋草, 惜となす, 惜無駄にお, 惜の役に立つ, 惜田野の卒, 惜を, 惜のあたり, 惜な功, 惜老後の晩節, 惜と胸, 惜自滅のほか, 惜若い者が, 惜若木の花, 惜貴重な兵馬, 惜越後の謙信, 惜足下ほどな英質, 惜転がるのを, 惜近日のうち, 惜逃がしたような, 惜都會の一隅, 惜醜いものに, 惜へ追いやっ, 惜野鼠を逃がす, 惜青年の身花とい, 惜青年一人此處にかく, 惜非凡の天才, 惜頭上の風雲, 惜のしらべの緒