青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「情熱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~悲劇 悲劇~ 悲哀~ 悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱
情熱~
惜~ ~惜しい 惜しい~ ~惡 惡~ 惣~ ~想 想~ ~想像 想像~

「情熱~」 2738, 28ppm, 4129位

▼ 情熱~ (535, 19.5%)

40 もって 9 感じて, 持って, 持つて 8 もつて 7 こめて, 傾けて 4 示して 3 かたむけて, 寄すべき, 感じた, 籠めて, 蔵し, 見せて

2 [22件] ほろぼし彼, もつた純, 傾けつつ, 包んで, 吹き込まれた, 失って, 彼に, 必要と, 感じずには, 感じたらしい, 感じると, 托しひそめても, 持つ男, 有して, 欠いて, 湯を, 燃え立たせるの, 自分の, 表す必要, 表現し, 覚えた, 風に

1 [380件] あおり立てるの, あくまでも燃えた, あたえるの, あふり勇気, いだき目, いつも不安, いれて, うちはめ, うみ出すの, おさえきるまで, おびて, かきたてて, かき立てたに, かき立てたもの, かたむけた人間, かり立てるの, かり立てる筈, きっとまとも, こめ, こめた, こめた事業, こめた肉体, こめ戦うよう, こめ戦ふやう, こんなに濫費, さえぎられて, さげすむ克己心, ささげつくしよき, さめたやう, さらけだして, しぼると, せきとめて, そういう形, そこで, そそぎ得るの, そそられるとき, そそり立て悩ましい, そのま, そのまま示し, その仕事, それらの, た, ただ書物, つぎこみほか, ともなって, どこに, なくしたわけ, なくして, にじみ出させる, はじめて自分, ひそめた眉宇, ひそめて, ひたひたと, ひらふ, ふき入れて, ふき込む精神, ぶち込める仕事, ぶつけると, まるで見当違い, みいだすこと, みせて, みんなその, めざまされた, めざまして, もう一度呼び水, もえたたせた, もたせるもの, もちうるところ, もちつづけて, もち得る対象, もった青年たち, もつた諦らめ, もつての, もつところ, もつ所, もつ青年, もてあそぶ結果, もてるは, もると, ゆき子は, よく彼, プッツリ失った, ラッセル女史に, 一瞬に, 世捨人に, 中断された, 中途半端な, 主張し, 云って, 人間として, 以つて, 伝へられたねたみづまであつた, 伴うであろうと, 伴は, 伴ふ, 何故捨てた, 何程抑, 余りある, 使いすぎたの, 偽ること, 傾けた思い, 傾けつくした刹那, 傾けつづけて, 傾けも, 傾けること, 傾け尽して, 傾注し, 僕に, 全人類的, 六十歳を, 具有する, 具有せざるべからず, 具象化した, 兼ねた狂人, 内に, 内心に, 再び掻きおこされ, 冷まして, 出す部分, 出せる女, 出来るだけ, 判つて貰へ, 刺衝されない, 創りだす, 加へる, 動かされた, 動かしながら, 動かそうと, 包んだ演奏, 受けとつ, 受けない訣, 可恐しく思う, 吐露し合った, 否定する, 周囲の, 呼び出そうと, 唆って, 喚び起せる性質, 喚起する, 喪わない夫婦, 嗤う, 嘲笑うこと, 嘲笑ふこ, 夢見て, 大事に, 失うてまで, 失ったと, 失った彼, 失った道義観, 失つてオコウちやんにも, 失わない人, 奮ひ立たせるなら, 好む多, 子供心に, 守って, 守らうと, 宿して, 寄せ得るものの, 封じ込んで, 尊いもの, 尊敬し, 尊敬する, 尽して, 帯びた眼付, 帯びて, 帶び現, 幼稚な, 引っつかんで, 形式で, 彼女は, 得ること, 心に, 思ひ出した, 息づき胸, 息子の, 情念と, 情熱の, 惜しまぬ時期, 想はせる, 意識し, 愛した, 愛する, 感じさせます, 感じさせること, 感じたの, 感じた左派, 感じました, 感じますます, 感じられるといふ, 感じるで, 感じ誇り, 我物と, 打ちあけさせるやう, 打ち込んで, 打込ますだけの, 托しうるの, 抑へ, 投げ拾, 抱いて, 抱きます, 抱て, 押しつけられては, 拒否する, 拡げて, 持たずには, 持たぬ男, 持たれまして, 持ちきれないふう, 持ちじつに, 持ち出した變化, 持ち帝劇出演, 持ち新人, 持ち続けられるもの, 持ち続ける素地, 持ち過ぎて, 持ち音楽, 持った人, 持った四十, 持った曲, 持った肥った女, 持つ, 持つたやう, 持つた四十, 持つた為, 持つた若者, 持つよう, 持つ今, 持つ羨ましい, 持続できる, 挑き立て, 捧げた西野恵之助さん, 捧げて, 捨てて, 掻き立てます, 支え切れず圧倒, 支持さるる, 支柱として, 放散する, 文学の, 文章として, 日も, 日常の, 明, 明治大正に, 暖めでも, 書いた, 最大の, 有した詩人, 有するに, 本位と, 枯らしたよう, 枯らすこと, 根底に, 棄てたならかえって, 欠きたる深幽, 欠きたる純潔, 欠きたる聖浄, 欠くが, 欠けるもの, 欲し情熱, 欲する感情, 死に絶えさせ消え果てさせるあの, 沈め, 沸かしたらしい, 沸かすそれ, 沸らせる, 注ぎ他, 注ぎ込む結果, 深めて, 湧かし一本気, 湧き立たせて, 満足させる, 漠と, 漲らした, 漲らす女, 漲らせて, 焚き尽すほどの, 煽つた他, 煽らずには, 燃え立たせたもの, 燃して, 燃すに, 燃やした, 燃やした私たちそのかみ, 爆発させる, 牽く所, 犠牲に, 犬の, 現わし, 現わす, 理解しない, 甘やかすもの, 生の, 生み出して, 疲らせること, 癒す目當, 盛った不思議, 盛んに, 直ぐ片付けない, 直接に, 眞珠に, 瞳に, 知った, 知らない, 知ること, 研究心を, 破壊する, 示したる宗教的先人, 示しだしたの, 空想した, 籠めた, 紋也の, 統制しなけれ, 維新の, 綴らざるを, 缺くもので, 罩めて, 美しい明らか, 美しく培う, 考えると, 耳朶に, 自分独特の, 自己の, 興すに, 若い世代, 若い心, 莫迦, 莫迦に, 萌芽の, 蔵した, 表現した, 表現しよう, 表現する, 裏切られただけ, 見せたので, 覚えたの, 覚えます, 覚えると, 覚え性欲, 解き放した, 解せざるの, 言ひ, 託して, 託する, 訴えること, 認識しよう, 誘いかけて, 語つてゐる, 語らないもの, 語る強力, 読みとること, 諒と, 警めるの, 賭け合つて, 起そうと, 超えての, 身内に, 軽蔑しない, 辿っては, 追求する, 逃れること, 運んで, 違った他, 遣り場なく, 遮断され, 避ける必要, 隠して, 集めて, 集中し, 離る, 静かな, 面に, 面白がって, 養はれた, 駆り立て郷愁, 高めこそ, 高めた, 高めようとしても, 魅惑し, 鼓吹し

▼ 情熱~ (476, 17.4%)

12 ために 5 うちに 4 激しさ, 火を 3 ない行為, 中に, 最後の

2 [26件] くじびき, こもった言葉, なかで, ひびきを, ほか何も, 上に, 不足などは, 中で, 克服に, 前には, 力を, 吐け口, 奔騰する, 客観的把握が, 尤もらしい, 必要を, 日も, 毛虫私は, 温度も, 烈しさそのもの, 燃ゆる, 詩篇で, 豊けさが, 豐けさが, 貧しさ, 高さ

1 [390件] あたたかさ, あまりに清かっ, あらわれだ, ありなし, ありよう, あること, あるところ, ある女, ある文字, ある美しい, ある自己, ある顔, おかげで, かえす怒濤, かたまりの, かたまりみたい, ことごとくを, こまやかな, こも, こもったある, こもった声, こもった手紙, こもった歓び, こもった陳述, こもつた息苦し, こもつた挨拶, こもつた甲高い, こもつた細い, こもつた長い, さめ冷えて, しからしめたこと, しこる時, すべての, それである, たかまる癖, たぎりであった, ためと, ためには, ための, ため害された, とぼしい女優, どういう面, どんづまりにおいて描かれ, ないところ, ないの, ないもの, ないゴツホ, ないディレッタント, ない口, ない昂奮, ない男, ない老人, ない限り, なかに, なくなったよう, なすが, なりに, においを, はけ口を, はげしさ, はためきであった, ふるえだった, ほとばしりを, ほむら, ま, ままに, みなぎる時, もちぬしであっ, もっとも直截, もつとも, もつとも深い幽, やうな, やりば, よび出し, よみが, よりどころ, わき立つ, シューマン, フットウ的, マッチを, モメントこそ, リアリズムまで, 一方に, 一部である, 不足を, 不足をもって, 世界には, 世界を, 中から, 中へ, 中心は, 主題は, 人詩人バイロンに, 仮の, 伴うの, 体温でしょう, 余り女が, 俘囚と, 偉大さを, 傾け方, 光の, 光を, 全意力, 全精力, 全部で, 具体化の, 具現者を, 内奥に, 内海を, 内面の, 冷却し, 処理を, 利己主義に, 制御を, 前に, 創造を, 力が, 力による, 助言をも, 動機を, 勘ちがいから, 化身と, 半面に, 印刷機械である, 口実さえ, 古代的迸出を, 可能が, 可能性を, 名づけ親, 名に, 吐き方, 告白と, 味いを, 呼び水に, 呼吸を, 命ずるまま, 咽喉元を, 哄笑です, 唯一の, 問題である, 問題も, 喪失を, 單一な, 噴出する, 坩堝の, 型は, 型を, 埋火, 城に, 変形で, 夕映を, 大洪水, 女だ, 女にも, 女を, 女詩人与謝野晶子, 奴隷であった, 奴隷と, 如く, 始末が, 姿とでも, 子から, 子が, 子である, 子です, 子なら, 存在, 室で, 宿命を, 対象と, 対象は, 對手なら, 幻想であり, 幻想に, 度は, 強い魅力, 彼女を, 御方だった, 思慕を, 恋, 息吹きが, 悲しい浪費, 悲劇は, 愛児也, 感傷的な, 戀でも, 所有者であった, 所産, 手によって, 手中に, 抑揚を, 抛物線が, 挽歌を, 捌け口を, 支配者である, 放散を, 数学でも, 方が, 旋風と, 昂進し, 明暗生命の, 時折の, 最も純一, 最高潮に, 最高調, 有無を以て, 本質が, 極度とも, 模倣は, 権化として, 機構でも, 欠けた日, 欠けて, 欠乏に, 歌を, 歌人の, 正当な, 武士という, 歴史的課題そのものの, 死滅とのみが, 気分が, 沈潜だ, 沸り, 泉の, 洗礼を, 浪費も, 消耗品が, 淨かな, 深い友達, 深い根源, 深き人々, 混乱だった, 清い昇華, 清さ, 渇が, 渦の, 渦巻きが, 渦巻きの, 湧き得る人生, 源と, 源泉が, 源泉としての, 溢れきった素晴, 溢れるもの, 潜勢力の, 潮の, 激しい悔恨, 激発にたいして, 火が, 火に, 火は, 火柱が, 炎とが, 点で, 烈しい父, 焔, 焔に, 焔の, 無いもの, 無い証拠, 無産派文学が, 煙とも, 熾烈な, 熾烈に, 熾烈を, 燃え上がるの, 燃ゆるが, 燃ゆるがごとき, 燃ゆるが如き, 燠の, 爆発が, 爆発は, 物狂おしさ, 物語を, 物語情熱の, 珠が, 現れか, 現実の, 甘さ, 生んだ作品, 生活が, 生活芝居や, 男と, 病人は, 発動を, 発生を, 発露を, 盛られたお, 目標として, 相を, 相異, 相違の, 真ならざる, 真実とは, 真摯さなどの, 眼を, 瞳を, 矛盾が, 破船状態だ, 程度に, 種は, 種類で, 空を, 突風であり, 突風とは, 竜巻きに, 範圍に, 籠ったもの, 籠った双眸, 籠った歌, 籠って, 精密機械である, 糧に, 素たる, 素朴純, 結果で, 結集した, 絡み合いの, 統御を, 絶叫が, 絶叫である, 網が, 網を, 緊張の, 総量の, 美しさ, 翼さえ, 肉体だった, 自然に, 色か, 色は, 花が, 若々しい情人, 藍壺に, 虚偽を, 虚構は, 虫が, 血と, 血の, 行いの, 行方が, 行方を, 行為だ, 表情にも, 表現の, 表現は, 裏に, 要求とが, 記号, 詩人, 詩人である, 詩人在原業平も, 誘いをも, 諸相としての, 豊さで, 象徴として, 賦を, 赤黒い蔓, 赴くまま, 起り, 起る年, 趣を, 足りない自己嫌悪, 輝き, 輝きは, 迸るまま, 追求, 酔いごこちよりも, 重みの, 量を, 鈎にか, 電気は, 震えが, 露骨な, 面を, 音詩人シューマンの, 順調に, 香気の, 體温を, 高いイデヤ, 高いドグマ, 高い抒情詩, 高さ劇, 高まつ, 高揚は, 高潮に, 鬼と, 魂を, 魅気を, 麗句に

▼ 情熱~ (267, 9.8%)

4 ない, なくては 3 あった, あって, こもって, 溢れて, 私を

2 [25件] ある, あると, あるの, あるん, あれば, かくも, その道徳, たかまりわいて, なしに, 一本の, 信念にまで, 再び暴風, 凝って, 彼を, 欠けて, 消えて, 淀んで, 湧いて, 激しければ, 燃えて, 胸に, 自由に, 要るらしい, 静かに, 高まって

1 [194件] あい寄ったとき, あったかも, あったならば, あってこそ, あっても, あふれて, あらうとは, あり伸子, あるから, あるという, あるとは, あるべきだつたが, あろうとは, いい加減な, いつの間にか内容, いわせるから, うちかえして, うれしいと, おりおりこの, かれを, こない, この男, こもりやがて, これを, さめて, じかに感ぜられる, そこらいちめん, その農家, それで, ちがいますから, ともすれば八五郎, どうやらぐらつい, ないの, ない場合, なかった, なかつたわけ, なくな, なくなったと, なくなつた, なく代り, なければ, なんとし, ぬけて, ひそんで, ひらめいて, まだ消えず, もたらす多く, もてないところ, もてなかった, もはや著者, よい方, ようやく頭, よく解決, わかなかつたので, わくとか, 一切の, 一度に, 一方から, 一時でも, 一時に, 下品かね, 不思議な, 人間の, 今また, 伴はず職業だ, 伴ふこ, 伸子の, 何故に, 何等の, 作品に, 停滞し, 僅に, 僕の, 入用な, 内から, 加はる, 却つて文学を, 各々全く異, 同じひとつ, 呼び醒される前, 命ずるまま, 和んでから, 哲学者と, 喪失し, 国民に, 変に, 大分原因と, 夫の, 失われて, 女の, 妙に, 始まったと, 娘に対する, 学校で, 実に思ひ, 少女時代の, 尚余つて, 岸田君の, 強くなれ, 彼の, 彼女の, 彼自身思いも, 必要と, 意志や, 感じられなかった, 感じられるの, 感じられ私, 慶応義塾に, 持続し, 指し示す通り, 振い立って, 揃いも, 揺れて, 日本の, 時を, 枯れて, 染め出されるか, 根深い習俗, 正に発火点, 死や, 残って, 沸つて居る, 流れて, 涌き上って, 涸枯する, 漂って, 漂白され, 潜んで, 激しく太く短い時, 烈しかつ, 無いとも, 無いの, 無し夕食, 燃え上がったこと, 燃え力, 燻り乏しい, 爽快な, 理が, 生れて, 當代の, 発表し, 百度以上に, 目ざめて, 眠って, 砂漠の, 私たち凡俗の, 私にと, 私の, 籠って, 籠つてゐる, 籠もっ, 籠るとは, 緩和された, 罩もり, 美術の, 肩の, 脈管の, 自から, 自分の, 花咲きうる, 芸の, 莫迦, 蔵され, 蘇生し, 血管の, 行間に, 表に, 衰えて, 襲って, 許さなかった, 貴方の, 賭けられて, 赤旗に, 起こって, 起ったの, 起って, 起らなかった, 足らぬ, 足りない, 足りないという, 足りないの, 足りなかったの, 足りなかつたの, 足りんの, 透いて, 遺憾ながら, 郷土と, 醒め切れず泉鏡花, 醗酵されるだろう, 醗酵する, 間歇的に, 陰に, 顔一杯に, 高ければ

▼ 情熱~ (234, 8.5%)

3 彼の, 私の

2 [16件] いっそう高まっ, ないが, まるで神秘, よみが, 一つの, 三十年間絶えず, 例外である, 古学の, 小学時代から, 少しも, 彼が, 彼女の, 死よりも, 莫迦, 見えても, 驚くばかりに

1 [196件] あげて, あたかも発作, あったからね, あつて, あやまるよ, あらゆる感傷, ありながらも, あり得る, ある, ある場合, いかにも稀有, いつでも, いつもこの, いつもその, いわば埒, ここには, ここの, この世の, この大陸開拓, この矛盾, この絶望, この迫害, さすがに, さつと退い, すでに薄れ, すべてこの, そうした生活, そこにも, そのよう, その上, その人道主義的, その暴慢, その檻, その熱気, その獄屋, それかと, それが, それにも, それほどまれ, そんな場合, ただただ驚嘆, ちいさな胸, ちらくら, てんでなく, どうやら当面, どこから, ない, なかった, なかなかの, にわかに冷めた, はげしい火, はっきりと, はっきり感じられる, ひそかに, ふかくなっ, ほんとうに, まさにその, まさに沸騰点, ますます真実, ますます高まっ, またべつ, また仏教, もっては, もっぱら飲み, やはり戀愛, やはり社会主義, ゆうべの, よかれあしかれしぶき, わからないなりに, われを, カイビャク以来の, ヘーゲルに, 一体どこ, 一体何, 一種まことに, 一脈の, 一葉の, 一途に, 世界の, 両立する, 中ぶらりんで, 主観的に, 乃木大将の, 之を, 人生を, 今陽子, 会堂を, 佃一人に, 何か, 何かの, 何の, 何も, 何んと, 作家の, 信長の, 信頼が, 全体として, 内から, 内へ, 内部に, 冷えかかって, 凄いわね, 凡て一しよ, 切実に, 動物的であり, 反動的に, 取交した手紙, 古典芸術の, 同じそのひと, 向けられるかも, 唯物論とか, 在るが, 執なり放に, 失ったにも, 失はれて, 女を, 宗教と共に, 容易に, 寧ろ田舎法師, 専ら現実, 尊いもの, 小學時代, 少くとも, 常にその, 幸福で, 当初冒険者を, 形ち, 彼と, 彼に, 彼らの, 彼を, 彼女には, 恋と, 情念と, 愛の, 感じないわけ, 戀愛に, 或る, 或意味, 戦闘的な, 挙げられて, 政治の, 斯うし, 斯の, 既にこの, 日々に, 日毎に, 時が, 書籍上の, 正直者です, 死んで, 永続しない, 決してさ, 決してそうした, 決して湧かし, 決して衰, 決して間違っ, 沈潜の, 涸れ汗, 演奏よりも, 火の, 炎え, 烈火に, 然し人, 爆発する, 物に, 物理学だけに, 理解し, 生活力に, 生活的であり, 画の, 白熱の, 白熱的に, 盛でし, 相手を, 真純さを, 社会制度の, 私が, 精神を, 純粋であり, 結婚後に, 緩き音楽, 羞ぢ悲しむ, 習俗との, 耄碌どころか, 自分を, 芸術化しきれない, 衰えは, 衰へて, 見る見るまた, 酒へも, 醒め果て人間, 野心以上に, 非常な, 騒々しい夢想, 高鳴っても

▼ 情熱~ (231, 8.4%)

12 燃えて 5 駆られて 4 溢れて 3 任せて, 駆られた瞬間, 駆られると

2 [15件] ありこれ, とらわれて, なやみたり, わななきつつ, われを, 偏した, 動かされて, 咽せた, 富んだもの, 富んで, 引摺られた, 溺れて, 燃えた眼, 転嫁し, 追はれ

1 [171件] あたしすつかり, あふれながら, あらためて驚嘆, あると, いても, うかされるの, うずかれて, うたれる様, おわって, かかって, かき立てられて, ころりと, して, すぎない, すぎなかった, それを, とらえられた, とらえられる, とらわれたその, とらわれること, なって, ひきずられて, ふけりました, ふしぎな, ふるえて, ふるえるだけ, ほだされて, まきこまれずに, また声, まだとらえられ, まったく身, もえて, わずらわされてなんぞは, 与みして, 乏しいわけ, 伴ふも, 似た単調さ, 値するか, 傾いた姿, 充たさせ思い止まらすべくも, 全く要約, 全身を, 内に, 冷水を, 出逢った, 動かされる感情, 卓一は, 反映し, 取り憑かれる前, 同感する, 噛まれて, 圧倒された, 圧倒せられ, 圧迫される, 執して, 基づいて, 変って, 変つた, 変化した, 奮い立った, 委ねられる, 存するの, 富む作品, 富む詩人, 富んだ心, 富んだ才人, 富んだ氏, 富んだ湖南, 富んでも, 尋ねて, 少しは, 就いて, 己れ, 從ひ, 心を, 心酔し, 忠実でなけれ, 恵まれて, 惱み, 感じやすい, 感激し, 憧れないとは, 戦って, 打ち負, 打ち負かされて, 投げこんで, 於てのみ, 映り映え, 期待する, 根ざして, 欠けて, 止むにやまれずあげた叫びと, 比較しうる, 水を, 浸りたい願, 涙を, 湧き立つ拔群, 満ちた場面, 満ちた夢, 満ちた道案内, 溢れたもの, 溺れたり, 濁りを, 焼かれようと, 焼け爛れた太陽, 燃えきって, 燃えたこの, 燃えたの, 燃えた一生, 燃えた人々, 燃えた四つ, 燃えた幻, 燃えた青年クリスト, 燃えつよい, 燃えながら, 燃えると, 燃えるばかり, 燃える眼, 燃える瞳, 燃え恐ろしく, 燃え熱狂, 燃え立って, 燃え立つたまま, 燃え立つて, 燻蒸する, 狼狽し, 献身する, 生き情熱, 疲れ切って, 癇高い, 白老の, 目を, 眦に, 終ること, 絶大な, 自爆させる, 苦められた, 襲われないの, 論理を, 負けあと, 負けがちだ, 負ける弱, 走る彼等, 足場を, 身もだえし, 身を, 身悶えし, 輝きみちみち, 輝き燃, 輝やかし, 迫られたやう, 逢って, 過ぎて, 過ぎなかつたから, 過ぐる, 關し, 陶酔し, 音楽の, 顔負けした, 顫えず, 駆られたこと, 駆られたらしく蝋, 駆られた数か月, 駆られてる頃, 駆られるが, 駆られ易い, 駆られ熱狂的, 駆り立てて, 駆り立てられて, 驅られ, 高め持続

▼ 情熱~ (189, 6.9%)

5 では 4 な, なところ, な眼 3 なもの, な性質 2 で冷やか, な声, な態度, になる, にみえた, の人格

1 [154件] すぎる女, たる主観主義, で, であった, であったよう, であつ, であり或は, である, であること, であるという, であるに, であるに対して, であるべき年齢, でしかも, ですが, でそうして, でただ国, でないの, でない平和的, でほとんど, でまた, でも, で世の中, で作品, で取り止めも, で性欲的, で意志的, で櫛, で殘酷, で潤おい, で無, で熱風的, で現代生活, で脂, で華, で覇気, で軌道, で鋭い美し, で静か, ななか, なるもの, なる人間主義者, なる人間浪漫家, なる人間生活者, なオノレ・ド・バルザック, なスパニッシュ・ワンステップ, なタイプ, なリズム, なロマン派, な争闘, な亢奮, な人, な何, な作曲家, な働き手, な僻見, な優人諸君, な光, な光りに, な加担, な半面アメリカ風, な南, な口調, な名, な味, な境, な壮年者, な大きな, な女優, な好学精神, な宗吉, な小, な小唄, な岩谷, な強引, な役だつた, な彼女, な思慕, な性格, な恋愛詩人, な愛着偏好, な感傷, な感受性, な感覚, な戀愛小説, な暗い, な気質, な深, な温かみ, な演出, な濡れて, な焔, な現実, な理想家, な甘い, な瞑想, な瞳, な笑い, な絵, な美しい, な胸, な自然児風, な興奮, な舞いごころ, な色, な色合, な表情的, な表現, な詩人, な誇張, な読者, な調子, な論文, な豹一, な鉄火, な雪中突進, な青年, な顏, な顔, に, にいろんな, にさ, にする, になっ, になった, にほめすぎる, にほや, にアクセント, に光っ, に初夏, に囁いた, に夢見, に接吻, に操縦, に活動, に燃えます, に物, に直接, に私, に笑っ, に結び合わされた, に肩, に興味, に訊ねた, に話す, に語られ, に語る, のその, の声, の大きな, の挨拶, の眼, の美しい, 第一楽章

▼ 情熱~ (169, 6.2%)

5 なって 4 なつて 2 同じもの, 感情の, 魂を

1 [154件] あの得意, いうか, いうより, いっしょくたにするのが, おれを, からみ合って, これを, さまざまな, さらにその, したの, すがすがしい心境, する以外, そしてその, そして意力, そして行届いた, その努力, その大胆さ, その復仇心, その方法, その豪宕壮快, それゆゑ絶望し, たたかって, つながりの, でありますならば, なった, なったの, よばれたロシア, アフリカの, 七十翁の, 不思議な, 之を, 云っては, 享楽とに, 休息とを, 信念, 信念を, 克己心, 公憤とが, 公憤との, 冷酷な, 初々しい驚き, 力量とは, 努力とで, 勇気とを, 勇気に, 勤勉との, 化せしめ, 匹敵する, 協力し, 危惧の, 反面の, 叡智とから, 同じく芸術的価値, 吐いて, 呼ばるるところ, 喘ぐが, 喜びとを, 声として, 多情で, 夢の, 夢を, 奮闘の, 実力とに, 希望と, 希望を, 常理, 平行し, 強い克己心, 強い意力, 強い意志, 復仇心を, 忘我と, 怒濤, 悦びを, 悶えとが, 情緒が, 意力と, 意志との, 意志とを, 意欲とを, 愛とを, 愛嬌とが, 愛情でなけれ, 愛情とは, 感覚とを, 憎悪を以て, 憤懣とが, 才智とで, 技巧が, 技巧と, 支離滅裂な, 政治的意義とを, 新鮮な, 方法が, 明るさ, 智性でも, 最も偉大, 根強さ, 根気と, 正しい感覚, 没入は, 浄らかな, 混乱を, 溌剌たる, 潤ひ, 無言の, 犠牲を, 理想とに, 理想とは, 理智の, 理解を, 生命力の, 皮肉な, 相関する, 真実とに, 確信とを, 社会の, 秘密を, 純潔を, 組み打ちを, 織りまじった恋愛, 纏繋する, 美は, 聡明さとを, 聽き, 肉体の, 肉感とが, 肌とを, 胎を, 自信とに, 自信とは, 自信とを, 自信を, 自分の, 自尊心を, 自覚とは, 良心現実的な, 若年との, 苦痛こそは, 融合させた, 行動の, 行為とが, 見えるの, 言うもの, 言ふ, 詩との, 認めざるを, 讃美と, 貞操を, 近代的な, 逸楽との, 遊ぶ子供, 野性と, 香気が

▼ 情熱~ (74, 2.7%)

3 なかった 2 なければ, 信念も, 叡智の

1 [65件] あるの, いる, うしなったよう, おのずから湧い, かきたてられて, かつてキリスト, しぜん, そこに, その構想, それっきり褪め, ない, ないただ, ないん, ない男, ない若い男, なか, なかつたで, なかつたの, なくなって, なく物, なく華やかさ, なさそう, なしに, まさしく来るべき, またこれ, また文化, もたなかったお姫様気質, やつぱり魂の, 何處かへ, 力も, 加わって, 君の, 大きなもの, 失い最初, 学芸会の, 強く作品, 思想も, 意志も, 感じて, 感じられて, 感情の, 慨世の, 憎悪も, 持って, 日に, 智力も, 期待も, 本当の, 気力も, 沈潜し, 消えて, 漸く冷め, 無い, 無かった, 無くそのまま, 生命すらも, 知れたもの, 示さなかったよう, 示し合おう, 自信も, 自分も, 表情も, 起きなかつた, 醜い下男, 陋劣と

▼ 情熱~ (53, 1.9%)

3 あつた 2 あつて, ウズウズし

1 [46件] あらう, こんなこと, それを, つないで, ね, はじきかえさずそこ, もって, もつて, もはや恋愛, やったん, キラリキラリ二階, 世界の, 仕事に, 以て, 伸子は, 前川の, 剣を, 厚い赤い唇, 土をも, 圧せられて, 外国の, 天職に, 専横を, 小説へ, 思い決して, 恋して, 憑かれたよう, 抱き合った時, 振り仰ぎながら, 書かなければ, 有頂天の, 無理に, 生れた東京, 病気に, 眼の, 純粋を, 結ばれて, 結び合わされた, 自分が, 自分により, 自分を, 自身を, 表現し, 語って, 醸し出された不思議, 鼓舞されてる

▼ 情熱~ (32, 1.2%)

2 だった, であった, である, ではない

1 [24件] が冷たく, この二人, だ, だから, であったに, であるあの, であること, であるよう, である自分自身, でそして, でなければ, でのんだくれ, でボーイ, で凝り性, で十二歳, で夫, で生涯, で男, のよう, の作物, の北条左内, の死んだ, の筋, らしくて

▼ 情熱という~ (28, 1.0%)

7 ものは 5 ものが 3 ものを 2 ものな, ものも 1 ことに, ことを, ものに, ものについては, ような, 病気に, 言葉が, 語は, 風に

▼ 情熱とを~ (24, 0.9%)

3 もって 2 こめて

1 [19件] かねそなえた理想的, たたへ, ます, 互に持ち, 伝統の, 傾けつくすべきである, 傾けようとして, 動かされる瞬間, 厳しく選択, 土台と, 失い蝉, 托したと, 抱かせるやう, 持った人, 持った作品, 持った比類, 欠いて, 認めて, 込めて

▼ 情熱~ (22, 0.8%)

2 また時として

1 [20件] よし結局, 一時的な, 冷静無私の, 厭世的な, 客気を, 怒りに, 思想などを, 悲哀や, 情緒の, 感傷に, 感情で, 感激に, 才能は, 文体を, 民族的使命の, 浪曼的心緒が, 理解は, 興味を, 野心や, 野心よりも

▼ 情熱から~ (21, 0.8%)

2 来たもの

1 [19件] きたもの, それ以来この, 一切の, 使い捨てた, 使ひ捨てた, 出たの, 感激から, 書かれたもの, 未練に, 湧く怒り, 現れた妖怪変化, 生じる熱, 生まれる, 自分の, 解放され, 逃れようと, 逸散し, 道徳的價値判斷の, 霊感を

▼ 情熱によって~ (18, 0.7%)

2 行動した

1 [16件] これまで, さまざまの, その婚約, フランス中産階級の, 不屈に, 修道院に, 個人という, 創られ情熱, 命を, 彼等は, 想念を, 打ち砕かれるの, 振い立ち情熱, 破ろうと, 霊的憧憬の, 面目を

▼ 情熱を以て~ (18, 0.7%)

2 行動する

1 [16件] さうし, しても, する変造, 制作を, 君の, 唱導せられる, 多く得難き, 大詩人, 強く宅守, 技巧を, 書け, 横に, 精読した, 精讀した, 語って, 謡うて

▼ 情熱とは~ (13, 0.5%)

3 同じもの 1 その婦人, ちがうん, とりも, なんらの, パッションの, 何ぞや, 海の, 獄裡の, 現実の, 相手の

▼ 情熱とが~ (10, 0.4%)

1 こもつて, 一つものである, 不思議な, 先行しなけれ, 友情を, 彼の, 浸透し, 漂って, 盛られて, 細かく渦

▼ 情熱でも~ (9, 0.3%)

1 あった, どんな歓喜, なく夫婦愛, 信念でも, 好い, 差支えない, 思想でも, 瑠美子との, 秘めて

▼ 情熱には~ (9, 0.3%)

2 一度だって 1 さすがの, すっかり魅せられた, 僕だって, 凡情の, 大いに賛成, 当らない, 畢に

▼ 情熱~ (8, 0.3%)

1 からね, と云, と僕, と呼号, と思いました, と思う, よ, 同時に情熱

▼ 情熱との~ (8, 0.3%)

1 うちには, ために, 交じった崇敬, 共鳴, 前では, 助けを, 所有主である, 相異

▼ 情熱によ~ (8, 0.3%)

1 つてのみ, つて一貫された, つて個人といふ, つて専ら, つて徳義化しうる, つて結婚だけが, つて青年は, つて魅惑する

▼ 情熱そのもの~ (7, 0.3%)

2 のよう 1 がここ, が昇華, さえも二人, である, を根

▼ 情熱だけ~ (6, 0.2%)

1 です, でなくその, でなくなにか, では, でもの, で宗教

▼ 情熱では~ (6, 0.2%)

3 ない 1 とても切符, ない私, なかった

▼ 情熱などは~ (5, 0.2%)

1 ないけれども, ものの, 全然よそ, 彼の, 思ひま

▼ 情熱ある~ (4, 0.1%)

1 は実, は彼, ものと, 精神の

▼ 情熱だけが~ (4, 0.1%)

1 のちのちまで, 万事を, 漂つてゐた, 濡れた唇

▼ 情熱であり~ (4, 0.1%)

1 ことにもっとも高尚, われわれの, 彼等の, 科学や

▼ 情熱である~ (4, 0.1%)

2 ところの 1 ことを, そして芸術家

▼ 情熱とで~ (4, 0.1%)

1 その生活, ケーテは, 男の, 自分に

▼ 情熱とに~ (4, 0.1%)

1 充ち健康, 害された彼, 心奪われ, 燃えました

▼ 情熱なし~ (4, 0.1%)

2 には人間 1 にはおよそ, には発生

▼ 情熱など~ (4, 0.1%)

1 いうもの今, 少しも, 思ひ出せないから, 更に

▼ 情熱においては~ (4, 0.1%)

1 なおさら焦き立てられ, ほとんど比べもの, 人一倍強い, 遥かに

▼ 情熱らしい~ (4, 0.1%)

4 ものが

▼ 情熱こそ~ (3, 0.1%)

1 いまの, なんでも, 今日ヒューマニズムが

▼ 情熱それ~ (3, 0.1%)

1 こそ獰猛, を持っ, を表現

▼ 情熱だけは~ (3, 0.1%)

1 まがうかた, 信じなければ, 忘れること

▼ 情熱でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 情熱といふ~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, より西洋文化

▼ 情熱として~ (3, 0.1%)

1 では, 愛するという, 示されねば

▼ 情熱なき~ (3, 0.1%)

1 の詩, サタイアリストの, 上段々

▼ 情熱にまで~ (3, 0.1%)

1 昂じなかっただけの, 熱せられる時, 高まらずその

▼ 情熱にも~ (3, 0.1%)

1 同情を, 欠けて, 燃やされる女性

▼ 情熱をも~ (3, 0.1%)

1 持って, 無辺の, 無邊

▼ 情熱~ (3, 0.1%)

1 がにわかに, であ, であつ

▼ 情熱自体~ (3, 0.1%)

1 がうらぶれた, がたくまざる, が知っ

▼ 情熱あり~ (2, 0.1%)

1 宗教的本能を, 掩ふ

▼ 情熱~ (2, 0.1%)

1 ともかく異常, 愛情を

▼ 情熱からも~ (2, 0.1%)

1 精神の, 脱せられなかった

▼ 情熱こそは~ (2, 0.1%)

1 ほんとうに, 我々が

▼ 情熱この~ (2, 0.1%)

1 三つの, 天真爛漫さいかにも

▼ 情熱~ (2, 0.1%)

1 と東洋的, に薄気味悪く

▼ 情熱すら~ (2, 0.1%)

1 もつて, 抱き得ない有様

▼ 情熱だって~ (2, 0.1%)

1 書かれて, 燃えれば

▼ 情熱です~ (2, 0.1%)

1 といっ, ね

▼ 情熱とかいう~ (2, 0.1%)

1 もっと強い, 怡しい

▼ 情熱としての~ (2, 0.1%)

1 万葉精神王朝精神などと, 宗教が

▼ 情熱とでも~ (2, 0.1%)

2 いうよう

▼ 情熱~ (2, 0.1%)

1 のです, んです

▼ 情熱なぞを~ (2, 0.1%)

2 どこに

▼ 情熱なる~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 情熱なんか~ (2, 0.1%)

2 ケロリと

▼ 情熱にたいして~ (2, 0.1%)

1 それらが, 城壁を

▼ 情熱については~ (2, 0.1%)

1 それ自身には, だれも

▼ 情熱にとっては~ (2, 0.1%)

1 他人の, 日常生活の

▼ 情熱に関する~ (2, 0.1%)

1 八十一章, 限り彼女たちは

▼ 情熱のみが~ (2, 0.1%)

1 凝つて, 永遠を

▼ 情熱のみの~ (2, 0.1%)

1 別の, 問題としては

▼ 情熱へと~ (2, 0.1%)

1 追いやって, 駆り立てて

▼ 情熱への~ (2, 0.1%)

1 まけかた, 自覚的献身の

▼ 情熱をさえ~ (2, 0.1%)

1 感じる, 打ち倒します

▼ 情熱不足~ (2, 0.1%)

1 の主たる, を彼ら

▼ 情熱以外~ (2, 0.1%)

2 に友情

▼ 情熱家肌~ (2, 0.1%)

2 の純情屋さん

▼ 情熱家達~ (2, 0.1%)

2 はその

▼ 情熱自分~ (2, 0.1%)

1 の生涯, はまた

▼ 情熱詩人~ (2, 0.1%)

1 が静か, と葉子

▼1* [120件]

情熱あふれる若人達の, 情熱いたづらに, 情熱かけて馬鹿正直, 情熱からということも, 情熱からの超越が, 情熱からは遠く離れ, 情熱こめてわたし, 情熱こめたくべつの, 情熱こんどは向こう, 情熱さえ眉に, 情熱つつ, 情熱しか知らない謂わば, 情熱じゃないの, 情熱すべてこの一巻, 情熱するものを, 情熱そういったものを, 情熱そのほか無数の, 情熱それから女らしい欲望, 情熱それ自体がそう, 情熱それ自身よりもずっと, 情熱たらしむるか否かは, 情熱だけをいま一度取り戻したい, 情熱だったということ, 情熱やない, 情熱っぽい純子という, 情熱であって砂漠それ自体, 情熱であったのだ, 情熱でありし時代哲学が, 情熱でかく作家でも, 情熱でなく自然を, 情熱とか云うだけの, 情熱とかには縁遠いそれ, 情熱とともに憎悪という, 情熱とによって語られるその, 情熱とに関する八十一章, 情熱とのみが芸術に, 情熱とも言い理想主義的, 情熱と共に更に新しい, 情熱なくして, 情熱などが湧いて, 情熱などというものは, 情熱などといふものは, 情熱などに関しては彼は, 情熱などを演じたの, 情熱なら右翼の, 情熱なりを示して, 情熱なんて私は, 情熱において現れず常に, 情熱にすらそれを, 情熱にたいする嫌悪の, 情熱についてのことで, 情熱にばかり生存の, 情熱に対して自分の, 情熱に対する自主的な, 情熱のこれつぱかりもないやうな生活を, 情熱のみである, 情熱はからつぽ, 情熱ばかりを見せようと, 情熱伏し拝みたい, 情熱まで甦って, 情熱めいたものが, 情熱より自由に, 情熱よりは理智と, 情熱よりもさらに深く, 情熱よろこびと苦痛, 情熱をすらすこしでも, 情熱ジェスイスト的激しさ, 情熱マルヌッフ夫妻ユロ男爵の底, 情熱ユーモア人間らしい親しみ, 情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, 情熱主義のヴヱルレーヌ, 情熱主観等の語, 情熱乃至はその, 情熱亢奮をもつ, 情熱人間を描き得る驚くべき, 情熱以上だつた, 情熱偉大な視力, 情熱傾けてこの, 情熱凡そ人間的な, 情熱した, 情熱鬼策十五日には, 情熱又は熱中は, 情熱及びプラグマチズム風の, 情熱哲学者孔子や老子, 情熱ノ全, 情熱家家庭の風儀, 情熱思い設けない夏子の, 情熱は排斥, 情熱恐ろしい困難闘争建設を, 情熱情熱の内面, 情熱より, 情熱憎悪などは, 情熱或は苦悩が, 情熱次いで隠花植物殊に, 情熱として天分, 情熱浮動の状態, 情熱深く燃えてるところ, 情熱漢クープリンでさえ彼, 情熱漢コロレンコでさえ彼, 情熱漢ヘンデルの伝記, 情熱漢天民のかく, 情熱澄んだ静かな, 情熱焦せる論理, 情熱燃えるような, 情熱畢竟するに其素たるや, 情熱的意力におけるわれわれ, 情熱的意味もあらゆる, 情熱的民族となっ, 情熱的興味が私, 情熱的芸術欲それと子供, 情熱的詠歎家でありその, 情熱的詭弁によって魔術, 情熱的賭博においては賭物, 情熱的魅惑的にも見える, 情熱確信という点, 情熱は羨し, 情熱から従来, 情熱複雑困難な現実, 情熱詩人与謝野晶子が, 情熱誠実をもっ