青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「技巧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~払っ 払っ~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ ~承知 承知~ 技~
技巧~
技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~ ~折

「技巧~」 1302, 14ppm, 7920位

▼ 技巧~ (213, 16.4%)

4 一つだ 3 技巧を

2 [13件] たくみさ, 上から, 上に, 上の, 作為が, 妙を, 巧拙を, 底に, 拙いこと, 末に, 結果では, 跡が, 遊戯に

1 [180件] あとが, ある女, うまい女, うまさ, おづ, おもしろさ, かおりの, ことすなわち, ことであっ, ことに, さえを, せいで, ためだ, ために, ためにかへ, づばぬけて偉大に, どうする, ない大まか, ない術, むずかしいこと, めまぐるしい累積, もたらす感じ, ようであっ, ように, よしあしなど, メンタルテストの, 一点張の, 上で, 上にも, 上より, 不備な, 不十分な, 不必要, 中に, 中には, 中へ, 丸い眼, 事が, 二字を, 仕業である, 余地が, 余地も, 作であろう, 例は, 価値が, 修練は, 優れたるよりも, 全部を, 公卿ぶりが, 冴えが, 冴えと, 冴えに, 冴え重厚な, 冴が, 凝り性を, 力を, 劣った点, 動力たるしらべ, 勝ったもの, 勝れた日本人, 勝れて, 古風で, 問題として, 問題としての, 問題について, 問題や, 問題を, 堕気を, 変化は, 変化を, 変遷のみ, 奇怪なる, 如く見え, 如何によっては, 妙会話の, 妙味を, 學習によ, 完璧さと, 山とも, 工藝では, 延長の, 影に, 影響を, 征服者リストこそは, 愛を, 所有者だつた, 手先で, 手綱, 手綱にと, 批評の, 技を, 技巧, 技巧などと, 技巧なんら, 技巧に対しては, 拙な, 拙なる, 教科書が, 数々を, 斧の, 方が, 方面に, 暴露的描寫を, 最後の, 未完成, 末を, 末節に, 本流では, 極点に, 極致は, 極致を, 歌は, 歌作爲の, 正直は, 歴史を, 歴史直ちに, 法則即ち, 洗煉せられ, 洗練を, 滋味を, 点において, 点においては, 点は, 為め清新の, 熟練は, 爲め清新の, 片隅に, 物で, 甚しく, 産物でなく, 病いから, 病いが, 発展を, 発達のみが, 發露に, 皆無という, 研究に, 破綻を, 範囲に, 粋を, 精緻な, 精華を, 純粋理論な, 練達は, 罪を, 美は, 美沈潜の, 習練や, 老巧さをも, 肉づけ, 自然的單一に, 自由を, 臭味なし, 舊套を, 芸当に, 芸術と, 苦心が, 表現の, 複雑な, 要る事, 見事さにも, 訓練が, 評ばかり, 評価的判断は, 超過に, 超過より, 足りない穉拙, 跡に, 跡は, 近接努力が, 進歩なし, 進歩のみ, 進歩も, 進歩を, 達人であった, 重荷と, 鉄条網が, 長い習練, 開展が, 驚くべき冴

▼ 技巧~ (206, 15.8%)

9 もって 8 弄し 3 凝らして, 弄した, 弄する, 突破した, 離れて 2 こらした, もつて, 弄すること, 弄する訳, 磨くこと, 要するので, 駆使する

1 [160件] あげれば, あらわして, ある点, いろいろな, おもにし, こねまわした工夫, このピアノ, こらさない, こらした形象, こらして, こらしてなど, こらし見栄, これ美と, さへ, つかう, なさらないお方, みいだしたと, もてあそぶ心, もてあそぼうと, ルブランが, 一掃し, 一撃の, 主と, 云うの, 交えて, 交えぬ音, 会得した, 併せて, 使うから, 使おうと, 使って, 侮蔑した, 信ずること, 借りて, 全く取り去った, 全然裏切っ, 再現する, 冴えかえらせながら, 凝したわけ, 凝らさぬところ, 凝らしますから, 凝らし過ぎては, 凝らすなぞ, 凡そ四五遍も, 加えず有, 加えたの, 加えるとき, 加味せざる, 包蔵し, 取り払った顔付, 喜ぶ點, 嘗め盡, 土産に, 売物, 多く含んだ, 完成する, 尽くした都, 尽くして, 尽した化粧, 弄される, 弄したら, 弄しない, 弄し過ぎた, 弄するまでも, 弄せず, 弄せない, 弄びたるを, 弄ぶに, 弄ぶ傾向, 征服し, 征服した, 得意気に, 御主人, 心得て, 必要と, 忘れたかの, 意味せられる, 感ぜしむる部分, 持ち合せて, 持った人, 持って, 持つて, 持つ作家, 指して, 振捨てようと, 捨てせめて, 捨てて, 排し言語, 採用し過ぎた, 教わったと, 新らしい, 施さず自ら清新, 施したから, 有したであろうか, 有して, 案出しました, 棄てて, 棄てると, 構えて, 次々と, 歎美すれ, 無用視せらるる, 無駄使せず, 現は, 用いた, 用いたもの, 用いて, 用いないで, 用いるの, 用ゐる, 留めて, 疑い出したの, 疑ふわけ, 発揮した, 発達させた, 發揮し, 盛ったこの, 直ぐ聯想, 知らないの, 知り尽した人, 磨くべきもの, 磨けば, 示す, 示す積り, 私は, 競つても, 競ふであらう, 第一, 経れば, 練りなさい, 罩めた, 考え乍ら, 考慮せず, 聴くこと, 衒う者, 装うて, 要するの, 要するもの, 要するやう, 要せざる武器, 要せずに, 見て, 見ること, 見ると, 見るべきである, 視天界, 誇るの, 誇る一流, 認めます, 賞美し, 超絶した, 超越し, 超越した, 超越する, 軽蔑する, 辯明し, 遠慮会釈なく, 遺して, 重んずる傾向, 鑑賞する

▼ 技巧~ (116, 8.9%)

5 非常に 3 ある 2 あった, あって, あること, いよいよ多く, 施されて, 積まれて

1 [96件] あったって, あったの, あっても, あると, あるという, あるわけ, あるん, いかにも態とらしい, いった, いらないほど, うまくて, お岩, この極端, したたるよう, すぐれてるため, そこで, その内容, ないだけに, ないとは, ないよう, なかった, なかつた, なかなか旨い, なければ, ますます複雑, まずくて, またぐんぐん, まだ進ん, みえつくり, もっともっと自由, ものを, よく会得, インドほど, 一歩進ん, 一般に, 不可分な, 不器用とも, 主たるかぎり, 互ひ, 伴つて来る, 儒家の, 割合いに, 加つてゐる, 加は, 勝ち過ぎて, 勝つた, 勝つて, 可なり, 同時に聞かせる, 堅実である, 多くの, 女を, 如何に, 完全に, 幼稚な, 彼女の, 必要である, 必要な, 意味を, 憎らしかつ, 或る, 技巧として, 技巧らしく見え透い, 拙いため, 拙かった, 拙であっ, 明らかに, 未熟で, 毫も技巧, 漸次成育, 無いとは, 無いので, 生きて, 生まれるであろう, 生れる, 用ゐられ, 盛んに, 目に, 目立つと, 相手の, 細君とは, 繊細に, 自然に, 著しく目, 行きついた達意, 行はれ, 複雑に, 要るもの, 要求される, 見えすくやう, 許すならば, 跳躍し, 達者で, 達者な, 面白い, 齎らした

▼ 技巧~ (99, 7.6%)

2 ない, 無用だ, 無益な, 確です, 飾りでは

1 [89件] ある程度の, あんまり無, いまだ一般, いわば彼, お八重, かえって稚拙, この点, さすがに, しばしば北斎, その反映, それが, それを, たいていの, つまり故意, どうしても捨てる, どうしても臭気, どうで, どれほど, ないが, まさに素人, ますます精練, まず大抵こんな, まったくフランス娘, もっと精微, もとよりその, ユニックには, リリカルの, ロシア映画では, 一々の, 一切用いない, 万葉のとは, 人生を, 今と, 作品に, 使えまい, 兎も, 全生命, 其部に, 内容そのものを, 冷たいまでに, 到底複雑, 前にも, 単なる作文的技巧, 単なる玩弄物, 却って渡り, 多く作為, 大したもの, 大まかだ, 大切な, 如何に, 始めてこの, 嫌いだしまた, 寧ろ一種, 少ないと, 山岳景に, 当然失敗, 形骸に, 彼の, 心得て, 忘れないのね, 所謂技巧としての, 拙策に, 捨てて, 日本人に, 極めて繊細, 歌子に, 江戸切ッての, 無用かも, 無用じゃ, 生れながら, 用いないまでも, 皆無である, 目に, 相当幼稚, 相当考へた, 知らぬの, 私を, 簡單で, 精緻を, 精緻微妙に, 至純に, 良師チェルニーの, 芸術としての, 覚える余暇, 連歌から, 道具だ, 道庵先生の, 非常に, 驚ろくべき

▼ 技巧~ (94, 7.2%)

5 なもの 3 な微笑 2 なところ, なの, な文章, になる, 過ぎて

1 [76件] すぎる, だつたので, だと, でありまして, であり作り物, である, であるが, であるなど, である事, でおもしろ, で上等, で芸術的, で野卑, となる, なこと, なそつ, なそれ, ななめらか, なもの言ひと相俟つて, なる笑い, なわざとらし, な作, な作品, な修業, な個人性, な半, な口調, な句, な噴水, な完全さ, な快活さ, な念, な手附, な抽象, な按配, な概念, な歌, な比喩語, な絶間, な美し, な考え, な言葉, な配置, にいえ, におなり, にか低徊的, にくずし, にだけでも優れた, になり過ぎ, にはさしたる, にはそれ等, には完成, には拙劣, には無論, には玲瓏, には衰頽, にもひどく, にもシューマン, にも見ゆる, にやや, に上手, に不思議, に吐き出す, に完成, に廻す, に曖昧, に立つ, に素晴, に美しい, に考へ, に誇張, に運ばれる, に震え, に面白い, の作家, の進歩

▼ 技巧~ (77, 5.9%)

4 於て 2 たけて, 依つて, 押しつけようとしても, 於いては, 過ぎない

1 [63件] あるの, かかわらず決して, こりすぎあまりに, さへ, しろ, すぎないの, すぎなかった, すぎなかつた, その心, そんな事, はげみ演技, まんまと成功, よりて, イヽ気に, 一層無, 亡ぶであろう, 依頼する, 全力を, 凝ったもの, 出るのね, 加うる, 却つて見, 吃驚せざる, 囚はれ, 堕したもの, 如何ほど, 富んだ風景, 就いて, 就て, 帰した, 征服され, 徹した証拠, 忠實に, 悩んだ後, 感心する, 慣れた眼, 捻ったところ, 浮身を, 溺れないザングリ, 熟達せず, 熱狂的な, 種を, 立つもの, 終始する, 美が, 耽りやすい, 苦しんで, 話を, 謀って, 走ろうと, 躍らされて, 近い物, 過ぎた表現, 過ぎないという, 過ぎないの, 過ぎない場合, 過ぎなかつたであらうか, 過ぎるかと, 長じ, 関心せず, 陥り繊弱, 陥るから, 飽くまで

▼ 技巧~ (61, 4.7%)

2 云うの, 云ふ, 練達を, 美とを

1 [53件] いうよりも, によつて, プロ・アルテの, 一致しない, 云ふも, 作の, 個性との, 内容との, 内容の, 冒険とで, 別方法, 制作上の, 合した時, 呼ぶ可, 呼んで, 啓示的内容とより, 天分とが, 工程と, 形式の, 微妙な, 想念とに, 意識し過ぎ, 感じさせないところ, 措辞の, 敏慧さとを, 新技巧, 材料とが, 材料に対する, 機知が, 機知に, 機知に対して, 機知を, 気の, 理知だけ, 相具つた方, 着想の, 知識の, 称するもの, 粉飾が, 素朴おとなし, 美しさ, 能力とに, 自信と, 要するコロラチュラ, 見るほか, 見る訳, 見傚, 解すべきか, 言い無, 言ったらそれ, 言ふと, 鋭角的な, 鮮明な

▼ 技巧~ (41, 3.1%)

2 上手も

1 [39件] ありません, ある程度までは, いいが, いくらでも目移り, こまかいの, ない古藤, ない束髪, なく不完全燃焼, なく外, なく本, なく松, なく死體, なく素より, よいが, コロムビアの, 一番素人くさい, 仮装も, 元は, 全く申し分, 共に優れ, 内容に, 加えず露骨, 加えては, 口説も, 大分派手に, 巧だ, 幾分は, 整理も, 施さずに, 施さず自然, 施して, 既に一部, 旨過ぎる, 用いずそれ, 用ゐず, 知らないし, 要りませんが, 認められた, 豊富に

▼ 技巧~ (37, 2.8%)

1 [37件] あつた, あつて, あらう, おもしろく思わせる, さへ, さまざまに, するそれ, そのくせ唐突, その巧拙, その時々, ただ見境, たどって, できた結構, ひきまくる快, 下には, 人に, 何んの, 作為しよう, 出さうと, 出て, 妙に, 存分過ぎる, 巧に, 愉快を, 手際よく, 歌われたシューベルト, 自分では, 表現した, 誘惑を, 豊富な, 贏ち得た, 追つかない, 遂げられた恋, 過去の, 過去を, 長く男, 駆使し

▼ 技巧~ (23, 1.8%)

3 と無 2 なの, の對比

1 [16件] だから, とか人道主義, と云, と云う, と人道主義, と同, と片づけられる, などと呼ばれ, について, のところ, の二派, の作家, の太鼓持, の文学者, の絵, 無技巧派

▼ 技巧~ (20, 1.5%)

2 形式を

1 [18件] お先っ, スタイルや, 主張や, 作家の, 作為の, 修辞に, 思想の, 意識や, 手法を, 様々な, 機智が, 歪曲の, 筆致の, 策略など, 自分を, 表現規約を, 近代芸術の, 音律などが

▼ 技巧~ (16, 1.2%)

2 の問題

1 [14件] から見よう, に多少, のこと, の伝統, の個性, の区別, の常套手段, の微妙, の必要条件, の或, の注意, の洒落, の生気, の秘密

▼ 技巧~ (14, 1.1%)

4 のだ 2 言葉を 1 ことで, のである, もの凡そ, 一本調子で, 事を, 人格の, 真情が, 野蛮な

▼ 技巧~ (14, 1.1%)

2 がある, だが 1 だ, である, でなかった, ではある, で描写的, と溺美家, のところ, は少い, よりもっともっと, を称し

▼ 技巧という~ (11, 0.8%)

4 ものが 1 のが, ものついに, ものである, ような, 二字を, 武器の, 点で

▼ 技巧から~ (10, 0.8%)

2 言えば 1 らしかつ, 出て, 来る呼吸, 溢れ出る戯曲的動作, 生れ個性, 見れば, 解放された, 魂へ

▼ 技巧では~ (8, 0.6%)

2 あるが, ない 1 あったけれども, ないよう, ない表現, なくわけて

▼ 技巧とは~ (8, 0.6%)

1 いつも並び進む, よく一致, 何だ, 全くちがった, 抜群で, 正反対である, 特に少年たち, 結合する

▼ 技巧には~ (8, 0.6%)

1 けっして真性, 仁の, 充分自信, 感心する, 感服する, 時として恐るべき, 法水も, 直接ソフォクレス乃至

▼ 技巧とか~ (7, 0.5%)

2 腕とか 1 そういった外面的, 主義とかいう, 単なる経験有無, 性の, 材料とかに

▼ 技巧として~ (6, 0.5%)

1 はじまつたの, 之に対する, 擧げた四つ, 目に, 見ると, 風景などの

▼ 技巧とを~ (6, 0.5%)

1 もつて, 併せ宗教的, 併用すれ, 備えて, 持って, 見せて

▼ 技巧~ (5, 0.4%)

1 から仕方, がそれ, とかそんな, な, などということ

▼ 技巧だけで~ (5, 0.4%)

1 価値を, 充分だ, 書いた字, 画工に, 綴って

▼ 技巧との~ (5, 0.4%)

1 いわばトリック, ためである, ほか何ものも, 緊密な, 錯誤より

▼ 技巧といふ~ (4, 0.3%)

2 ものは 1 のは, ものが

▼ 技巧などは~ (4, 0.3%)

1 ちやんと, 他の, 修辞学者にも, 花火の

▼ 技巧を以て~ (4, 0.3%)

1 それを, 三十一音に, 作品の, 格二郎の

▼ 技巧~ (4, 0.3%)

1 以テソレヲ感知セシメナカッタノデアル, 心得テイルトハ意外デアッタ, 持ッテイタモノデマコトニ不思議ナ, 要スル方法ナノ

▼ 技巧~ (4, 0.3%)

1 が抽象的, の不可能, は単なる, を信じ

▼ 技巧そのもの~ (3, 0.2%)

1 が英雄的, に対する関心, の妙味

▼ 技巧であっ~ (3, 0.2%)

1 てそれ, てバルザック, て過去

▼ 技巧である~ (3, 0.2%)

1 かも知れない, がこの, がしかし

▼ 技巧とに~ (3, 0.2%)

1 みちた三百ペエジ, 富んだはなやか, 感心せざる

▼ 技巧などと~ (3, 0.2%)

1 云うこと, 云ふ, 澄まし反

▼ 技巧などに~ (3, 0.2%)

2 就て 1 気を

▼ 技巧なら~ (3, 0.2%)

1 上海一だって, 戦争だ, 新しい少女

▼ 技巧において~ (3, 0.2%)

2 近い素質 1 苦心の

▼ 技巧によって~ (3, 0.2%)

1 事足りるであろう, 死んだ思想, 痛切に

▼ 技巧ばかり~ (3, 0.2%)

1 でなく内容的, でなく学, 磨いて

▼ 技巧への~ (3, 0.2%)

1 係わりが, 労力の, 腐心な

▼ 技巧より~ (3, 0.2%)

2 入ると 1 前に

▼ 技巧以外~ (3, 0.2%)

2 に私 1 に何ん

▼ 技巧~ (3, 0.2%)

1 されそこ, しつつ, し芸術化

▼ 技巧呪術~ (3, 0.2%)

1 で今日, の本体, の習作

▼ 技巧~ (2, 0.2%)

1 ている, てみる

▼ 技巧だけの~ (2, 0.2%)

1 問題だ, 媚辞を

▼ 技巧としての~ (2, 0.2%)

1 身体構成が, 露出が

▼ 技巧としては~ (2, 0.2%)

2 末の

▼ 技巧とで~ (2, 0.2%)

1 なし得る限り, 大金字塔

▼ 技巧とも~ (2, 0.2%)

1 云ふべき, 見ら

▼ 技巧なく~ (2, 0.2%)

1 ば美, 技巧を

▼ 技巧なんかは~ (2, 0.2%)

1 何んにも, 清澄な

▼ 技巧においては~ (2, 0.2%)

1 同時代, 彼は

▼ 技巧にも~ (2, 0.2%)

1 似て, 巧拙が

▼ 技巧に関する~ (2, 0.2%)

1 ことが, 伝統が

▼ 技巧主義~ (2, 0.2%)

1 で態と, を忘れない

▼ 技巧内容~ (2, 0.2%)

1 と云う, の問題

▼ 技巧意識~ (2, 0.2%)

2 を別

▼ 技巧水準~ (2, 0.2%)

1 ではなく, は高まっ

▼ 技巧等々~ (2, 0.2%)

1 と言, と言われる

▼1* [95件]

技巧あらゆる至妙の, 技巧いささかもなく, 技巧からはかえって出, 技巧こそ彼ら世界の, 技巧へ懷, 技巧しかありませんでした, 技巧じゃないでしょう, 技巧すでにそこには, 技巧すなわち物に対する, 技巧そんなものは, 技巧たっぷりのおてんば娘な, 技巧たっぷりの表情, 技巧たるや恐らく, 技巧だけならば, 技巧だけとも思われない, 技巧だけを伝えたため, 技巧であったと同時に, 技巧でありお世辞, 技巧ですよ, 技巧でなく無意識に, 技巧でも備って, 技巧とかいうような, 技巧とかが器の, 技巧とにおいてシューマン的である, 技巧とによって何をか, 技巧なしに靴, 技巧などで困つて, 技巧などについては既にいろいろの, 技巧などには往々ま, 技巧などを疎かに, 技巧ならぬ技巧を, 技巧なるものの, 技巧なんてぞんがい小, 技巧なんら策を, 技巧においてもまた私, 技巧について言つたから, 技巧についてはあなたたちの, 技巧にのみの進歩が, 技巧によつて容易に, 技巧に対してはいつもチョットの, 技巧に対する不安である, 技巧のみならず作曲, 技巧のみに走ること, 技巧はいふをまたない, 技巧ばかりが芸術の, 技巧ばかりじゃないよと, 技巧ばかりを詮索し, 技巧よりの解放自然に, 技巧よりも無心が, 技巧らしいものが, 技巧らしき技巧は, 技巧らしく見え透いて来, 技巧をすら忘却せしめる, 技巧をも与へること, 技巧を通じて文芸上の, 技巧一点張主義を廃し, 技巧主義的であること, 技巧二つながらすぐれたもの, 技巧では幼稚, 技巧以上の技巧, 技巧倒れがし, 技巧偏重の, 技巧共に愛すべく掬, 技巧呪術そのものは幼稚, 技巧呪術書を完成, 技巧哲学が一種, 技巧実に燦爛の, 技巧に燦爛, 技巧専一の職人的傾向, 技巧征服的でエルマン, 技巧心境腕前という事, 技巧批評のない, 技巧方面に於, 技巧比べで演出, 技巧沢山で甘, 技巧細工の, 技巧癖あれらは二人, 技巧的スケッチ画家でないという, 技巧的主観が強く, 技巧的人工的生活である, 技巧的名人肌ではなかっ, 技巧的感触や西陣お召, 技巧的方面でははつきり自然主義, 技巧的水準線が如何, 技巧的美文が出来ざる, 技巧的鑑賞には盲目, 技巧が敵, 技巧粉飾を用いず歌われ, 技巧練習の過程, 技巧が非常, 技巧裝飾を加えぬ, 技巧せぬまでも, 技巧で鑑賞, 技巧重点主義で煩, 技巧頗幼稚なれども