青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「技~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

払~ ~払っ 払っ~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ ~承知 承知~
技~
技巧~ 技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ ~投 投~ ~投げ 投げ~

「技~」 1329, 14ppm, 7770位

▼ 技~ (322, 24.2%)

5 を持っ, を持った 4 がある, が無い, のある, を有する, を発揮 3 からいっ, だ, に感服, に自信, の上, もない

2 [21件] ある者, があろう, でやつ, なきも, に信用, に因る, に恍惚, に敬服, の未熟さ, の點, はどれ, は俳句界, は実に, よりいへ, より彼, をもった, を信じ, を持つ, を示す, を見る, を計るよす

1 [232件] ありとも, あるを, ある人, ある人物, ある楽手, からいったら, からであった, から言え, があっ, があり, があるで, がこの, がその, がどうやら, がどの, がない, がなかっ, がなく, が不足, が優れ, が分らぬ, が劣っ, が愉快, が或, が段々, が窺, が進む, さえあるなら, すぐれたる俳優, その技倆, だからと, だけを楽しみ知っ, だと, であって, でありまた, である, でこの, でしょう, です, でそこで, でもある, でわたくし, で知れる, ということ, というもの, といひ, とおどろくべき, としては見事, となさざるべからず, との自信, とやらむ, とを直, とを詩人, と勉強, と心構え, と才幹, と熱情, と腕, と語彙, などと自慢, なりた, なり観客, にある, について不思議, につき, にては知らぬ, になれる, には何, には勝れ, には驚かざる, にひきつけられ, にひどく, にも女, によって人, によって多く, によって獲得, によつて, によれ, に依る, に俟, に信頼, に感心, に自惚れた, に至っ, に達しよう, に非常, に頭, に驚かされた, に驚ろくも, に驚嘆, のすぐれたる, のほど, のほどを現, のよう, の上達, の不足, の全部, の前, の卓越, の差, の持ち主, の持主, の最, の最高, の有らん, の未熟, の点, の無い, の相違, の称すべき, の程, の稱, の覚束, の違い, の鈍い, の鮮やかさ, はあ, はあっ, はぐんぐん, はここ, はすでに, はと云つて意張つて, はどしどし, はない, はまた, はまだ, はよく, は一日一日, は上, は五分, は円熟, は劣る, は十分, は大した, は少し, は悪く, は技倆, は接吻, は格別, は殆, は甚だ, は紅葉, は解りますまい, まで云々, もどうやら, もふしぎ, もまた, もわかっ, も上, も今一段進歩, も何時, も信頼, も共に, も加藤殿, も各自, も名声, も相当, も立派, も自分, も落ちたらう, も露, も養い, や才能, や機械的, よりもこれから, らしかった, をそのまま, をそれ, をば讚め, をば逍遙子言はず, をふるいたく, をもち, をもっ, をもつ, をも失っ, を上げた, を了解, を以, を伸ばす, を修めえた, を備え, を具, を古代, を向上, を尊敬, を御存じ, を意味, を手際, を持たない, を持ち, を振るわした, を揮う, を揮った, を有, を有っ, を有つて, を活かす, を測られる, を現し得たり, を疑える, を疑っ, を發揮, を磨く, を示, を示させよう, を示した, を称揚, を窺, を窺う, を競った, を考え, を芸術, を褒めそやした, を見, を見るべき, を見込ん, を訊ねる, を試み, を試みたる, を試験, を試驗, を誇示, を認め, を認めさせる, を認められ, を賞讃, を軽視, を進む, を顯, 勝れたる翻訳家, 必ず同じ, 見て

▼ 技~ (238, 17.9%)

6 示します 5 演じて 4 練ること 3 競って 2 みがいて, もって, 断念し, 盛返そうと, 知る, 磨くこと, 磨くの, 示した, 練磨し, 語ります

1 [200件] おとなしく見る, お好み, かこつこと, かしこに, きそう烈々, きそわせその, くらべて, くらべようという, こ, こらした仕掛, こらしても, こらしポーズ, こらし人, さして銭, しめす, するから, する余地, その唇, たたかわした, ためして, つかまりたぐつてゐられるので, つちかいきたった泰軒先生, なす, ねり業, はげみみがこうと, ぴしぴし封じ, ふるった, ほこる主君, ほめて, みがいた, みがきます一心, みがき努力, みがくほう, めでて, もちながら, もち風采, もつお, もつわたくし, もてこれ, やって, やらそうと, よく守っ, 主と, 争い自得, 争つ, 以太利に, 会得し, 会得した, 伝習せずん, 修むるものが漸く, 兵法とでも, 凝らした上等, 別に, 労は, 包んで, 受け持つたと, 含むの, 售らむがための旅で, 售らむこ, 售り, 售る, 售ろうという, 嗜むところ, 堕すという, 売って, 売ること, 奏すべきは, 奏せしめき, 奪はず, 好まなくなった, 妬みあるいは, 始む, 学んだが, 学んだ者, 守るもの, 尽くしても, 尽くし巧み, 帯びて, 弄した, 弄ばず着実, 張つて麦袋を, 御覧に, 心得た工人, 心得て, 忘れること, 応用する, 愛する剣法, 感じさせられる, 成して, 披露いたす, 拝見する, 持ち加, 持った兵馬, 持って, 捨て技, 授くる, 採った, 掴んで, 撮りに, 有する人, 有する怪人, 有する老人, 有せざる, 有せざれは, 有ちます, 校正する, 棄つるに, 楽しむ, 楽しむとか, 比べ美, 求めたでありましょう, 汚すもの, 渇仰し, 演じ後, 演じ給, 演ずる, 演ずるを, 演ぜしめかの, 演ぜしめた, 為す吾, 無二の, 無駄な, 熟練せしめたる, 熱心に, 爭ひ, 爭ひ死し, 爭ふ, 爭ふと, 爲せ, 献納した, 用ゐざる, 発揮し, 発見する, 知って, 知らなかつた, 知り善く, 知る人, 研いたの, 研いては, 磨き根岸御行, 磨き道, 磨くと共に, 磨くには, 磨くもの, 示さん事, 示しますが, 示すのみ, 福山に, 競い耳, 競うという, 競うほか, 競う名誉, 競う関係上, 競った, 競ったと, 競べた, 競べんこと, 競わせ能, 精しくする能わず, 絶したる大, 練え, 練ったガンダーラ人, 練り宣伝, 練ると, 練るに従って, 練習いたしました, 習ったまで, 習んだ, 自得し, 自得した, 良しと, 行ふ, 要し策, 見かけます, 見せ, 見せて, 見せました, 見せるつもり, 見て, 見よ師, 見るべし, 見れば, 見んよりも, 観棚から, 評した人, 試して, 試す隙, 試みある, 試みるところ, 誇るなぞ, 認めぬと, 語るよい, 賛する, 賞し給ひき, 超越し, 進めた, 進め遂に, 錬磨し, 闘わした, 闘わせた上

▼ 技~ (118, 8.9%)

4 上に, 末に 2 ために, 巧拙は, 手振, 程を, 話を

1 [100件] あらゆる努力, いたく勝る, いづるごとく諸, ごとき児戯, さばきが, たしかな, ため, つとめて, ほうも, やうに, ように, よくする, アラクネに, レコードを, 一端を, 上から, 上手であり, 下なる, 下敷と, 中より, 了る, 争いと, 伝わる町, 体力を, 何ひとつ初段の, 修練と, 優れたるを, 優劣は, 冴えと, 冴えに, 冴えは, 冴え肝の, 出来心が, 前に, 力が, 勝れて, 士所謂方士で, 天籟を, 奥儀主, 奥義を, 妙が, 妙に, 完全な, 巧を, 巧拙と, 差は, 意義と, 意見相, 手懸り一瞬の, 批評の, 拙からぬ, 拙きを, 拙さ, 拙なる, 拙劣な, 持主に, 敵としての, 方から, 方が, 方で, 早さ, 未熟である, 末の, 末や, 棊客も, 構えを, 段位などは, 母な, 流を, 深奥に, 点で, 熟する, 熟達を, 異なるは, 疇昔に, 発達は, 秘奥や, 秘訣に, 稽古し, 稽古などは, 精妙さは, 素晴らしいという, 素晴らしい一族, 組織的に, 絵と, 習得が, 聞人である, 評の, 試合では, 語は, 譽なる, 進まざるを, 進むを, 進歩といふ, 進歩は, 遊びといふ, 道具に, 醸す一つ, 限りを, 鮮やかさは

▼ 技~ (99, 7.4%)

3 長じ 2 優れた人, 思わずほほ笑ん, 比べれば, 精しかつ, 達して

1 [86件] いたりては, かけちゃ, して, すっかりたんのう, たけて, ただ溜息, たのむところ, つながる, どぎも, ならって, なり貝淵流, よった, よりて, よる, 仏は, 伝える人格, 似たもの, 何と, 依つて, 依りましょうか, 傾投間もなく, 入る草人さん, 冴えた多く, 勁烈な, 及ばざりき, 及ばないと, 及び私, 因り樵夫遙, 因り風, 天上の, 天稟の, 如き兒戲, 委せて, 実なる, 属する, 属する性質, 屬する, 巧妙な, 引かれて, 彼は, 彼らは, 従ふと, 感ずるや, 接したこと, 携はる人では, 携る, 於て, 於ては, 施して, 暗しと, 法は, 深く敬慕, 熟して, 熟達した, 秀でて, 立ちむかって, 精しけれど, 絶対感激, 練り鍛えられた二人, 習熟する, 背ける罪人, 至っては, 興じいわゆる, 舌を, 苦心し, 落ちて, 観客を, 負うて, 較べれば, 近いもの, 近い狩り, 近い芸, 遊ぶと, 過ぎないと, 過ぎませぬのに, 達しては, 錬達して, 長けたひとり, 長けたる人, 長じさせる, 長ぜる馬, 間髪を, 陥って, 非ず, 飛びつき発止, 駭き

▼ 技~ (75, 5.6%)

2 神の

1 [73件] いかよう, いまどこへ, いわば下々, こんな嘘, ずっと落ち, それ自身には, たしかでございます, たしかに出来る, とうとう優劣, どうも上達, どぎまぎし, どれ程か, ないか, なかなか優れ, ぴたりと, ほとんど段違い, またむらむら, むしろ三軍, むろん本気, もと琉球から, よく物事わき, わが愛兒, 一か, 万べ, 上手な, 並大抵では, 人と, 今も, 余りにも, 古来秘伝と, 大いなるかな, 姿勢が, 実に達者, 展覧会を, 左衛門の, 巧に, 彼女の, 忽ち其功, 技ばらばらである, 折れて, 掛川で, 新聞に, 日毎夜毎の, 旦那よりも, 昔通りに, 是真夏雄を, 更なり, 書數が, 最初朝鮮から, 未だ巧, 李柱國が, 武道と, 残りますが, 照れかくしに, 片山伯耆守久安の, 現今第, 磨かれ種目, 神に, 禅茶儒学兵治武士訓などの, 素人の, 続き主, 繪姿に, 置台や, 聽衆の, 自慢の, 自然より, 衰えしかも, 誠に日本, 遠い歴史, 遠く春琴, 随分進みました, 面に, 馬と

▼ 技~ (56, 4.2%)

2 今も, 大切な

1 [52件] あったもの, あって, あるだけに, あるなら人, あろうと, いかに驚嘆, いずれも, うまくて, お前の, かくも, くつきりと, けっして一場, それに, どうして発達, なまやさしいもの, みなあまりに, もし絵画, ようやく円熟, わずかに, キレイな, 下ったため, 伝えられ質, 何に, 何れも, 余りにも, 優れて, 充分でない, 入用だ, 出来過ぎますると, 加へ, 勝れて, 大に, 害われない, 巧妙でやる, 心を, 忙しく働く, 折れて, 拙いの, 拙くて, 普及し, 残るの, 盛であります, 結果を, 美事だった, 翻訳の, 要るでありましょう, 見られます, 足らず風, 近頃落ち, 進み術, 進められようか, 進んで

▼ 技~ (37, 2.8%)

2 に於

1 [35件] あれば, すぐれし七人, であり創作, で何, として尊ばれ, なり, にし, にても歌, によつて, に對, に就い, に拙い, に秀で, に結ばずし, に達した, に醉, の低下甚, の傳つた起源, の光榮, の家, の工夫, の是非, の祕訣, の聲價, はまことに, は佛國, は我々, は拙く, は更に, もてかく, をも認め, を初めて, を見, を賞め, 高き趣味

▼ 技~ (36, 2.7%)

2 出来従って

1 [34件] あざやか, おしえ人々, どうにもこうにも, なし第, よいと, われながら, 下手だ, 世の常ならず, 京都は, 体も, 円熟し, 力も, 各異, 嘗て汝, 妓等の, 工夫されず, 巧みに, 心と共に, 心情も, 抜群である, 拙くそして, 昔より, 気念も, 確かに, 素晴らしい, 見せて, 見る見る上達, 超えたもの, 進まずただ, 進まない, 進んで, 陣十郎と, 非凡であった, 高時の

▼ 技~ (35, 2.6%)

1 [35件] いうべきわざ, いおうかこつ, いへど, いわれて, したという, しやれたの, すくふた, するのみか, その人, その命運, なして, なって, なりお, なりました, 云うべきである, 云わねば, 人品であろう, 分れば, 即東西, 名刀の, 士魂とを, 御覧ある, 思わるるくらい, 技の, 折り紙つけた, 數術とを, 智を, 滑稽とは, 理を, 理合が, 理合とは, 理合も, 考えれば, 見得, 言って

▼ 技~ (24, 1.8%)

1 [24件] あつて, お身, こいひきょう, それに, どことも, ひゅういと空, まだ十九, アバイテいる, 一人を, 一頭の, 伏しうる, 光って, 取って, 問題を, 小判の, 忘れ得ないもの, 拵えられたもの, 敵を, 昔は, 満目環視の, 聞えます, 見て, 負けたところ, 野趣ある

▼ 技では~ (16, 1.2%)

8 ない 1 ありません, おそらく別府, なかった, 勝てるかも, 容易に, 有ません, 比較に, 無いぞ

▼ 技~ (7, 0.5%)

2 力の 1 よしあしの, 作り構えでない, 免許取りに, 口伝だけ, 葉は

▼ 技を以て~ (7, 0.5%)

2 するに 1 其名三備に, 名ある, 悠々自適し, 時に鳴る, 生活の

▼ 技~ (7, 0.5%)

5 のする 1 の芸, を召しつれ

▼ 技~ (7, 0.5%)

1 にもかも, に入る, に入れる, に入ろう, に迫つた達人振り, に達した, に達す

▼ 技~ (6, 0.5%)

1 あれまで, し太郎, といったの, とはいつ, と思う, 油断する

▼ 技である~ (5, 0.4%)

2 にし 1 からその, ことが, と思っ

▼ 技でも~ (5, 0.4%)

1 そうである, ない限り, 更に優れた, 深奧, 自信の

▼ 技とも~ (5, 0.4%)

1 いふべきもの, いふべき素晴, なんともいい, 申して, 見わけられないほど

▼ 技とを~ (5, 0.4%)

1 ないがしろに, もって, もつて, もて人々, 合すれ

▼ 技には~ (5, 0.4%)

1 一か, 人が, 新九郎が, 頭が, 餘程精し

▼ 技にも~ (5, 0.4%)

1 あらぬ体, また特別, 似ず鬘, 勝れて, 見るべきもの

▼ 技~ (5, 0.4%)

5 が居

▼ 技~ (5, 0.4%)

1 から半町, に到着, の土俵, の菊人形見物, を出た

▼ 技において~ (4, 0.3%)

1 ミケルアンゼロに, 上の, 優れて, 特に冴える

▼ 技などは~ (3, 0.2%)

1 下手でも, 元来得手と, 卒伍の

▼ 技においても~ (3, 0.2%)

1 じつに神, 拙者を, 私から

▼ 技よりも~ (3, 0.2%)

1 体と, 気だ, 鉄砲の

▼ 技~ (3, 0.2%)

1 然リト為ス, 甘ンゼザル人モアリ, 試ミ初

▼ 技~ (3, 0.2%)

1 からなんとなく, が上記, とでも云う

▼ 技~ (3, 0.2%)

1 のやう, の続出, らしい風格

▼ 技藝天女~ (3, 0.2%)

2 の御 1 の像

▼ 技たる~ (2, 0.2%)

1 やほとんど, や細部

▼ 技だけ~ (2, 0.2%)

1 あって, 強いの

▼ 技であった~ (2, 0.2%)

1 ことを, のを

▼ 技といふ~ (2, 0.2%)

1 のが, 言葉が

▼ 技として~ (2, 0.2%)

1 奨励し, 尊敬の

▼ 技とで~ (2, 0.2%)

1 打破した, 捕虜達を

▼ 技とは~ (2, 0.2%)

1 其運命實に, 思われぬ速

▼ 技~ (2, 0.2%)

1 のに, んだ

▼ 技にかけては~ (2, 0.2%)

1 優秀を, 段違いに

▼ 技のみ~ (2, 0.2%)

1 であった, 勝って

▼ 技ばかり~ (2, 0.2%)

1 でその, でも

▼ 技~ (2, 0.2%)

1 向ける厳し, 飛び降りようと

▼ 技より~ (2, 0.2%)

1 いづるを, 一種べつな

▼ 技をば~ (2, 0.2%)

1 さも誇り顏, 見せて

▼ 技一芸~ (2, 0.2%)

1 の小さな, の持主

▼ 技倆亦松田氏~ (2, 0.2%)

2 と同日

▼ 技倆如何~ (2, 0.2%)

1 にて極, に因る

▼ 技倆手腕~ (2, 0.2%)

2 に畏服

▼ 技~ (2, 0.2%)

1 かと目, はない

▼ 技精妙~ (2, 0.2%)

1 を極, 第一流

▼ 技~ (2, 0.2%)

1 に非, は多く

▼ 技藝家~ (2, 0.2%)

1 の少年, の自重

▼ 技~ (2, 0.2%)

1 とした, にあつ

▼1* [128件]

あざやかにまいりまし, 技あり材あり, 技て貰った, 技いまだしであっても, 技鉄扇に, 技から見ても, 技からもなかなか生み出せなかった, 技くらべは明日, 技道を, 技けがしたように, 技けた牛のやう, 技けて怪獣の, 技けをして, 技かけるの, 技ここに至らん, 技こそ備わらぬが, 技じゃねえが, 技すら徒に伸びなくなる, 技そのものが一, 技それらを年, 技だけのことにな, 技だったのだ, 技だろうか, 技って何, 技であるなら高ぶりも, 技であろうと真佐子, 技でございますが, 技ですね, 技でなく心胆の, 技というのは, 技としての名目も, 技としては進む所, 技とともによい印象, 技とに慢じきって, 技と共に梅坊主双, 技などには多少の, 技なども女性の, 技などを語るとき, 技ならまず左剣手, 技ならずやと答, 技における基礎工事と, 技について語りましょう, 技になつて居ります, 技によつて決せられる, 技に対する興味が, 技ばらばらである, 技びとや技に遊ぶ, 技ますます冴えわたり, 技まで習ったもの, 技よりはまずもっ, 技一千数百年の星霜, 技一時に秀づと雖, 技一藝ありと, 技の智識, 技に写真, 技が醫方明, 技になり終ろう, 技抜群雖, 技修業を致す, 技倆シエクスピイヤが詩, 技倆一つで苦, 技倆上達の霊符, 技倆他に劣る, 技倆以上に思う, 技倆以外にも重く, 技倆彼の好評, 技倆才覚が根本, 技倆拙劣読むに, 技倆的に巧, 技倆私も嬉しく頼もしく, 技倆競べをし, 技倆等をもっ, 技倆自慢のおまえさん, 技倆見識をもつ, 技倆試めし見む, 技倆起倒流では免許, 技倆近松が質, 技倆骨柄を認め, 技のこと, 技だと, 技即ち人は, 技である, 技吹針の術, 技売芸の沙汰, 技多能であつ, 技大いに進みて, 技小能なるいわゆる, 技巧ニ始マリ拙ニ終ル, 技巫覡の法, 技と伯仲, 技弓矢もろともぱッ, 技忽ち一世を, 技るべし, 技悉く長ずるは, 技振りの, 技う云, 技方法も変化, 技曲芸をとらえ, 技と女, 技漸く円熟する, 技熟達とうとう孫六遺愛, 技としてある, 技皆之を能くせず, 技監工学博士古市公威内務省衛生局長後藤新平大蔵省主税局長目賀田種太郎農商務大臣秘書官早川鉄治農事試験場技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 技目前味方の斃, 技神妙の侍, 技の進闡, 技童心を包蔵, 技ひ, 技競べをする, 技ではない, 技育徳育美育気育体育あり, 技脩め徹して, 技藝一世に秀でた, 技藝其他あらゆる文化, 技藝史の菜圃, 技藝品鋪の前, 技藝員に相, 技藝天即ち藝術, 技表現の真, 技見せではない, 技えなき弱き, 技ひ換, 技質素な心, 技進まぬ人の, 技進マズ其ノ故, 技間然する所, 技もない