青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~悲しみ 悲しみ~ ~悲劇 悲劇~ 悲哀~ 悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情
情~
~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい 惜しい~ ~惡 惡~ 惣~ ~想 想~

「情~」 5478, 57ppm, 2040位

▼ 情~ (1261, 23.0%)

36 もって 23 こめて 11 知って 10 抱いて 8 寄せて 7 含んで, 感じた, 覚えた 6 立てて 5 感じて, 起して

4 [11件] かけて, そ, ほしいまま, 張って, 披瀝する, 捨てよかし, 明かして, 示して, 禁ずること, 表は, 解して

3 [20件] あらわすと, いだいて, そそるよう, 傾けて, 働かす人, 受けて, 叙べ, 感じたの, 慰めて, 抱きながら, 持って, 持つて, 無に, 現わし, 私は, 籠めた, 見せて, 起した, 超えて, 離れて

2 [73件] あらは, かけるの, つくして, なぐさむ, わきま, ヒレキし, 交すの, 催して, 写し時, 利用し, 制する能, 動かされて, 動かして, 動かす, 動かすを, 受けたいと, 含みながら, 味は, 唆か, 喚び起して, 器に, 察する, 張るの, 張るん, 張る気, 張れば, 張通し, 強くし, 待ちわびて, 得た人間, 御賞美, 心に, 心の, 思へば, 想起せし, 感じながら, 愬え, 抑えて, 持ちすぎて, 捧げる, 掛て, 有したり, 有して, 汲みて, 洩らしたの, 痛ましむる, 発して, 知らないで, 知らぬ奴, 知る, 知ると, 矯めて, 示すこと, 禁じ得ないもの, 細叙する, 自分は, 良く洞察, 表して, 見せた, 覚えそめて, 覚えて, 訴えるに, 説き得る充分, 起さずには, 起させた, 起させるに, 迎えるよう, 迎合する, 述ぶる, 通じて, 酌量し, 露はに, 駕御する

1 [886件 抜粋] あつく通, あまりに激しく, あらわしそして, あらわして, あらわすよう, あらわす目的物, ありがたく感じ, ありったけ見せつけた, いくらか悔い, いち早く看破, いとうて, いやが, うけて, うごかされ恐らくは, うたったばかり, うつしたの, うつして, うつすよう, うれしくありがたく感じ, おくって, おさえること, おぼえないわけ, お受け下さい, お懸け, お持ち, お持ちなさい, お遂げなされませ, かき立てるであろう, かけたこと, かけたの, かけるとか, かたるジャンチオット下人, かわした女, こうむりました儀, この夫人, こめた敬称, こめた流眄, こもらせて, こわくし, さしむけやう, して, そそいだ, そそられた模様, そそるの, その贈物, た, だれかに, つかさどる, つくした辞句, つよく感じます, どうしよう, どう受け止め, なかなか隠し得なかった, のべさせて, はじめて表現, はらさうと, はり定紋つきの, ば出來る, ふくんだ目附, まぎらして, まじえて, ますます華やか, みなぎらせたが, むき出しに, もたせて, もちそして, もっと大きく, もつところ, もつもの, もてる故, もよおしその, やぶりせっかく, ゆり動かし日暮れ, よく出し, よせて, よびおこした, ギセイに, ソソリ立てる, ヒレキするだろう, 一種の, 与えた, 与へて, 主として裁くべき, 二三に, 交じうるに, 仇に, 仇の, 仔細に, 付与す, 以つてモンテスキユーか, 以つて事情の, 以つて押し問答し, 仮さないと, 伝えて, 伸ぶべし, 佐助に, 余所に, 偲べばとの, 偽らないらしいので, 催おさざる, 催さしむといへども暴風, 催さずには, 催させた, 催させるの, 催さないこと, 催したくらい, 催し無代, 催すと, 催すらしく人, 催す道理, 傷ぶり復讐を, 傾けた時, 傾けつくして, 働かして, 働かし意, 働かす意識, 働かせる具体, 優しくお, 克服しなけれ, 内面に, 写し現した, 出しを, 切ながら, 制して, 制すべし, 刺戟する, 刺激する, 割りその, 加えたの, 加えると, 動かさしむ, 動かさしむるものなれば, 動かさむとせり, 動かした, 動かしたもの, 動かしたるに, 動かし之, 動かすが, 動し, 動す, 包むに, 十分に, 去りやらず一門, 反撥した, 受けし静, 叙した, 叙してあつ, 叙する, 叙するの, 叙べたり, 叮嚀に, 吐露した, 君は, 吟味したる, 含みて, 含み果, 含む, 含む眼, 含めり, 含んだはで, 含んだ姿, 含んだ目, 含んだ聲, 告ぐる怨霊, 告白する, 呑みて, 味わわせて, 呼ぶ, 和らげること, 唆っ, 喚び起こさずには, 喜び苗字, 囘想した, 圧迫し, 垂れ給えと, 培って, 増しました, 増すという, 壊廃する, 売るの, 多量に, 失う, 失わないの, 奪い取りました, 如何とも, 嬉敷思ふ, 害すること, 宿さぬ露, 寄せたこの, 寄せるの, 寄せ其情, 寄せ罪悪, 寓し, 察して, 察すること, 寫して, 専らに, 少しも, 尤むる語も, 尽さぬ憾み, 尽し理, 尽す事, 屈するは, 巧に, 幾倍した, 張った, 張つておいでの, 張つてゐた, 張つて相手を, 張て, 張りまして, 張り通した, 張るか, 張ると, 張るもん, 張ろうとは, 得たり, 得ぬが, 得ねば, 御すると, 心ゆく先輩, 忍ばせたの, 忍ぶこと, 忘れて, 忘れること, 忘れんと, 忘れ得なかった, 思い貴公, 思ったり, 思はず出して, 思へと, 思わずに, 恣に, 恩に, 想えば, 想と, 想出する, 惹くもの, 感じその, 感じた望んで, 感じなければ, 感じやすく, 感じ出した, 感ずること, 感ずるの, 感ぜしむるのは, 感謝する, 慰むるのみ, 慰む静動二, 憶ひ起, 懸けし甲斐, 我から, 打明けて, 抑えること, 抑え外, 抑壓, 抒べ, 抒べたのは, 抒べて, 折り曲げるため, 抱かずには, 抱かせた, 抱かないでは, 抱き, 抱きはじめるに, 抱き彼, 抱くよりは, 抱く歌扇, 押えて, 押え得た人物, 押し計って, 押し鎮めるには, 持たないで, 持つし, 持れるだらう, 指して, 挙げて, 捧げて, 排せし, 掛けずに, 掛け隣郷, 探究し, 掻き立てられそれ, 描いて, 揺かして, 撓めること, 支配された, 放ちて, 斟酌し, 断ちぬ, 断つこと, 新に, 旨く利用, 晴らしたの, 曰ふ, 更に倍加, 書き綴った手紙, 有し得るよう, 望んだ自分, 棄てつるなる哉, 正当に, 正面から, 殺し心, 求めまい, 汲まば, 汲み分けて, 汲んで, 没了する, 注いで, 洩らすこと, 洩らすの, 活写し, 消すため, 涵養すべく, 深うし, 深くしよう, 深め合った, 添えるばかり, 渇仰した, 温め官省, 湛え懇ろ, 湛へ, 湛へながら, 湧かした, 漲らして, 潜ませて, 潜在させ, 激すべき, 無理に, 照す, 煽るやう, 燃すの, 燃やしては, 父に, 物語るもの, 猿に, 現せしもの, 現出すべく, 理想として, 生じ情, 生ぜしめるもの, 画に, 疑っても, 痛ましむることなし, 痛ましめ以, 癒やす, 発し夢中, 發散せしめる, 益々募らせた, 目がけたの, 直寫せる, 相手に, 知った貴婦人, 知つてゐた, 知らされた, 知らざる第三者, 知らず故, 知らない人, 知らない冷酷, 知らぬこの, 知らぬ人々, 知らぬ武士, 知りつくして, 知り申し候, 知るわが, 知悉せ, 矯むるの, 矯め生, 破壞, 示したいもの, 示したと, 示した曲, 示すよう, 禁じあたわざるが, 禁じ得ない, 禁じ得ないの, 禁ずる事, 秘めいま一人, 突っぱるならゼヒ, 立てるには, 立ッて, 籠めつつ, 約束し, 結んだ, 絶對的な, 縦ち, 繰返された, 聞くに, 肥かう, 胸に, 自覚したくなかった, 蓄えるもの, 薄めてでも, 虐げいつか, 表すため, 表すること, 表するに, 表する形容詞, 表す爲其肉, 表わすもの, 表わす理由, 表出し, 表明し, 表現したい, 表象する, 見せたが, 見せたの, 見せるところ, 見たらいかにも, 見るべし, 見る時, 見抜きそれ, 視察する, 覚えたの, 覚えたり, 覚えなかった, 覚えは, 覚え顰蹙, 覺える, 觀ぜ, 解しない, 解するもの, 言は, 言葉に, 言顕わし得る, 訪れようから, 許されるであろう, 訴えられると, 訴へれ, 話す, 話する, 認むること能わず, 認めること, 認識し, 語つた, 語りぬ, 語る, 語るため, 語るを, 読んだ, 調査し, 謝するが, 讃せよ, 讚せよ, 象徴する, 貫いて, 責めたてて, 賦せりの, 起こさせずには, 起こさせられる下等, 起こさせる, 起こさせるの, 起こさせるよう, 起こしましてね, 起こしまた, 起こす余地, 起さしむ, 起さしめるという, 起さずむしろ, 起させては, 起させるばかり, 起させるほどの, 起したらしい其心理, 起します, 起すこと, 起すに, 起す事, 蹂躙し, 迎えたの, 述べた詩, 述べる暇, 通じたので, 通じたもの, 通じ妾, 通ずるに, 通ずる者, 通ぜる仲, 通わす方式, 逸らすの, 運ばうとして, 遠く離れ, 遣らう, 遣るに, 酌まず売女, 酌み給, 酌むも, 醜虜, 釣りたる上, 閉じ花, 陳べる様, 隠さなかった, 隠すこと, 隠そうとも, 離れたはず, 露に, 面前に, 顔に, 顕して, 顧りみざる, 養って

▼ 情~ (733, 13.4%)

15 於て 13 ほだされて 8 堪えなかった, 駆られて 7 激し 5 変って, 感じて, 打たれた, 燃えて 4 ひかされて, ひかれて, 打たれて, 於ては, 激した

3 [14件] からんで, して, すがって, とらえられた, 切なる, 堪えない, 堪えないで, 堪へない, 堪へなかつた, 溢れて, 禁へ, 耐へ, 胸が, 身を

2 [49件] あふれた彼, おぼれて, かられて, すが, たまらなくなっ, とらえられて, とらわれて, まかせて, みちた世界, よりて, 交じって, 充ちて, 充溢にな, 冷かでは, 劣らざるもの, 包まれて, 唆られ, 圧倒され, 圧倒された, 基く政治, 堪えかねて, 堪えざるもの, 堪えないよう, 堪へずし, 変りは, 富めるを, 就て, 引かされて, 強き人に, 打ち勝たれて, 本づく, 柔らかな, 棹させば, 殉ずるを, 油を, 満たされて, 満ちて, 生きて, 異らざるもの, 絆されて, 責めつけられないだけ, 身さえ, 迫られて, 酌みしかな, 鈍くて, 附入る, 震えて, 駆られた, 驅られ

1 [502件 抜粋] あずかった事, あずかるの, あついの, あつい人, あつい房枝, あふれた文章, あふれて, あらずして, いうに, いつもとらわれる, いとしさ, うごいた容子, うしろ髪を, うたる私, え忍, おすがり申しやす, おもねるなかれ, およぶもの, お報い, お泊め下さいまし, お訴え, かがやく眼, かきむしられて, かけられた, からまされないという, からまれるの, からむだろう, かられこれ, かられた, かられました, かられます, からんだ気流, くらべると, こめて, これを, ご案内くだ, さいなまれたその, さしぐんだの, さ執拗さ, しがらまれ, すか, すがり社, すがるの, すぎなかった, すぎなかったが, せめられた, そむいて, たえませぬ, ただ一度, たへ, ちかいよう, つきたいという, つきたがるよう, つきつめて, つく方, つけ上って, とらえられたわけ, どうしても今日, どうぞ懐剣, なずませること, なずみその, なって, なほ云ひ続けました, なやまされないでは, なり自分, なるつむじ曲り, はか, はぐくまれ親, ひかされやすい, ひかされ武士, ひかれては, ひたりながら, ひたりながらも, ひっかかって, ふみこたえて, ふみ堪えて, ほだされた態度, ほだされちまうん, ほだされ且, ほだされ天下, ほだされ思わず, まけるの, みたされつ老, みだれる, みちあふれた, みちたひととき, みちて, みちみちた, めでてこそ, めんじて, もう一度同じ, もつれては, もとり義, もろいこと, もろいとか, もろいもの, もろい一面, もろい中, もろい人間, もろい叔父, もろい吉之助様, もろい彼, もろい気さく, もろい涙, もろい編輯長, もろい豪傑, もろくしかも, もろくそして, もろくって, もろくまけない, もろく人, もろく崩, もろく情, やれこの, ゆたかである, よく通じ, よりても, キャナリーへ, 一とお, 一人黙っ, 一首の, 不堪偶親里に, 世を, 乏しいこと, 乏しいと, 乏しからざる, 二つなき, 云った, 交じった恐怖, 人間と, 人間も, 代って, 任かせ, 会っては, 伴ひ思ひ, 似たもの, 似たるが, 似る感情, 依て, 依りきょう, 依り此, 偏し義, 充たされたい欲望, 充たされて, 充ちたところ, 免じて, 全然かなわない, 其の御札, 冀ふ, 内在する, 到りては, 加えて, 動かされたが, 動かされた心理, 動かされて, 動かされも, 動かされ誤り, 動く心, 勝えざる, 勝ちたれども, 包んで, 半ば眼を, 即して, 厚いしかし, 厚いところ, 厚いので, 厚い半面, 厚い大庭春吉, 厚きこと, 厚き人物, 原稿を, 友人たちと, 口を, 合掌します, 向けて, 和げられて, 咽びそう, 咽びました, 因って, 圧せられて, 坐り込んで, 執着し, 基き御国, 基くもの, 堪えがたい, 堪えきらざる手本, 堪えざら, 堪えざるを, 堪えざる湯島, 堪えずたまたま, 堪えずまた, 堪えず呪言, 堪えず心中, 堪えず急いで, 堪えないと, 堪えないらしくいま, 堪えない気持, 堪えなかったの, 堪えなかったもの, 堪えぬが, 堪えぬもの, 堪えません, 堪えやらず笠, 堪えられないが, 堪えられないで, 堪えられないもの, 堪えられない様子, 堪へざらん, 堪へざる如く握緊め, 堪へず, 堪へずして, 堪へず意強き人, 堪へず柳氏, 堪へないといふ, 堪へないので, 堪へないやう, 堪へなかつたが, 堪へなかつたの, 堪へぬ氣, 堪へませんでした, 堪能し, 墜ちざるは, 墜らざる, 墜らず, 変わった, 変わりは, 外ならず, 太く動かされた, 奸盗を, 妨げられまして, 姉と, 媚ぶるみせ, 孝助は, 客を, 富ましめたり, 富みて, 富み教養, 富むもの, 富めるしげ子, 富んだ句, 富んだ聲音, 富んで, 小用足し, 少年の, 弄ばれたの, 引かされまい, 引かる, 引かるれば, 引かれて, 引かれては, 強いよう, 当りも, 役せられか, 彼も, 後の, 從つてそれぞれの, 從ひ, 御座候へども, 心にも, 心を, 忤らざるは, 悖ること, 悶え泣いた, 悶え玄徳, 惘れて, 感じも, 感じる性質, 感じ易い, 感激した, 感激しまし, 慄える, 憑かれて, 憑った, 我れ知らず, 我慢し, 我慢出来ない, 打たれざるを, 打たれずに, 打たれながら, 打たれぬわけ, 打たれる, 打ちのめされた彼女, 打ち勝ち難かっ, 打ち勝つて, 打れた, 打勝れざる, 抱きいたはられる感じ, 抵抗う, 抵抗する, 捕えられて, 捕へられた, 揺りうごかされた, 搦んで, 撃たれつつ, 撲たれたの, 攻め立てられた佃, 救われた恩, 敷瓦を, 於いて, 於いては, 於ても, 月も, 本づき, 極まると, 欠けたる者, 欠伸を, 死ぬ男, 殉し, 殉ぜしむる所以, 殉ぜんかなと, 汚されて, 洗われた裸, 流れては, 浸って, 浸つた, 浸み, 浸りたいとさえ, 涙ぐんだ, 涙しながら, 深いやう, 深い哀れ, 深く意志, 深く身, 混って, 混つて烈しく, 添うよりは, 渇けるなり, 満された, 満たされたる便り, 満たされ心, 満ちあふれて, 満ちたわざ, 満ちてる目, 溢れる, 溶けたと, 溺る, 溺れすぎたところ, 溺れては, 溺れるべきでは, 溺れ易い, 溺れ癡, 滿ち, 滿ちた, 濃なる, 照し, 熱した頬, 熱して, 燃えた熱烈, 燃えた片, 燃ゆ, 燃ゆめ, 片意地な, 牽かされて, 狂って, 猶も云い続けた, 甘えて, 甘えようと, 甘へ, 生くる, 由來した, 甲斐なく, 異ならざりしと, 異ならざるべしと, 異ならず, 疎きところ, 疲れて, 発達した, 相手へ, 眼眩み, 称う, 突きでた顎, 突き上げて, 突き刺されること, 立っての, 立つ合目的性, 篤いもの, 篤い利家, 篤く大胆, 篤く実に, 精通し, 絆された, 絆されたとしても, 絆されること, 結ばれた平穏無事, 絡まって, 縋つて, 羈され, 耐えざるの, 耐えざる様子, 耐えなかったらしいの, 耐えぬの, 耐えられなくなって, 耻る, 耽惑, 胸つぶし狂おしく, 胸つぶし狂ほしく, 胸を, 胸苦しかった, 脆い, 脆いから, 脆いが, 脆いこと, 脆いと, 脆いところ, 脆いやさしいところ, 脆い小, 脆い日錚和尚, 脆い江戸ッ児, 脆い生来, 脆い男, 脆い親切, 脆い質, 脆い風, 脆く人なつこい性質, 脆く行き当りばったり, 自から, 自分の, 自説を, 至っては, 至て, 薄い一方, 虐まれ妻だけは, 血が, 襲われて, 襲われはじめた, 襲われること, 襲われ思わず, 観入, 訴えて, 訴えるという, 訴ふる, 誘うこと, 誘はれし, 誹諧の, 調和さす, 調和すべく, 負かされた, 負かされて, 負き, 負けずに, 負けず結婚, 負けた, 負けて, 負けないと, 走り情, 足は, 蹤はる, 身もが, 身震いを, 転換せしめる, 辛抱し, 込上げられました, 近かった, 迫った声, 迫って, 迫つた様な, 迫つた樣な, 迫まれば, 迷は, 迷ひ, 逆らうは, 通じて, 通達せざる, 逼って, 過ぎなかったの, 過ぎる, 遠いから, 適して, 還りつつ, 都の, 酔う恋, 重きを, 關係する, 限って, 隨れ, 順な, 須臾も, 預っては, 預り御, 頭より, 頭を, 顔を, 願うて, 飢えた外国生れ, 飢え親身, 飢え金, 駆らるる関平, 駆られたこと, 駆られたの, 駆られたもの, 駆られた手紙, 駆られた揚句, 駆られました, 駆られまして, 駆られ彼, 駆り立てたから, 駆り立てられて, 驅らるれ, 高まって, 高められようと

▼ 情~ (629, 11.5%)

10 切なる 6 深さ, 為に 5 ために, 心を 4 中に, 日本は

3 [17件] ある声, あろうと, こもったもの, 上に, 上の, 仮寐, 剛い, 海の, 深い女, 深い子, 満足を, 籠った声, 美しさ, 胸に, 脆さ, 身に, 迫りたる時

2 [38件] うございます, うすさ, こはい, こまやかな, こもったお, こもった手紙, こわい人, ふかい人, やさしくも, ように, 世界が, 人だ, 人で, 人なり, 人也, 假寐の, 分らぬ奴, 切な, 塊は, 心が, 感激は, 感激より, 數, 方は, 旋風に, 日本を, 日本人である, 深いお, 激しい母, 無い奴, 真実を, 織手, 藝術では, 訴でも, 謂いである, 雨の, 露の, 露は

1 [462件] あた, あつさ, あの婆, あふれた落着, あやに, あらはる, あらはれだらう, あらわれだ, あらわれて, ありそう, あるその, あるもの, あるよう, ある人, ある口, ある口許, ある女, ある宣教師, ある愛, ある所, ある手紙, ある様, ある淑やか, ある男女, ある眦, ある眼付き, ある血, ある見送り, ある言葉, ある返事, あッた, いかに切, いかに喧騒, いかんに, いたるところ, いと深く, うございました, うてなん, うて涙, うなった, うるおいや, おもしろみ, お人, お婆, お深, お蔭で, お詞身, かたと, かったあの, かねそなわった, きついお方, ことごとく氓びつくしてしまつたこと, ことである, この女, こまやかさが, こまやかさと, こまやかさに, こまやかであった, こめられた源氏, こもったなれなれしい, こもった大阪弁, こもった悲しみ, こもった慈愛, こもった手箱, こもった眼, こもった草履, こもった言葉, こもった軽打, こもった銀貨, こもった顔つき, こもつた別れ, こもつた挨拶, こもつた握手, こもつた様子, こもれるやさしい, こわい女, こわい娘, こわい肌ざわりしかないのである, こわさ, ごとく巌, さけびとかも, しぐさから, しこつた弟息子の, その二道, たかい人, たかまった若い, たかまり, ためから, ためには, ためにや, つよい人, つよい女, つよい癖, ない, ないこと, ないしぐさ, ないもの, ないわけ, ない事, ない他人, ない先生, ない少し, ない彼, ない怖ろ, ない慾, ない綱雄, ない者, にほひ, はげしさ, はためきへ, ふかいけなげ, ふかいひと, ふかいもの, ふかい子, ふかい神話, ふかそう, ふと消え行く, ほうが, ほかは, ままを, もっとも著しき, もつれを, もつれ暮, ものであっ, ものである, もろさと, やうでし, やる方, ような, よくない, わくの, エッセンスだ, シエクスピイヤが, 一つ, 一つの, 一両に, 一匁なる, 不思議さは, 世にもたとえ, 世界に, 両面から, 中には, 中にも, 了解し, 二字は, 二岐かけ, 交感が, 交通を, 人か, 人が, 人たる, 人だった, 人であった, 人である, 人とか, 人には, 人は, 人関羽は, 余り将軍にも, 側の, 働く場合, 優しかりし, 充分に, 光でも, 光を, 出ないの, 切なる溢れ, 剛き, 剛さも, 剛では, 力や, 力を, 加わって, 動きが, 動きは, 動くが, 動く所, 危機迄, 厚いお方, 厚い人, 厚い者, 厚い誠実, 厚そう, 友なり, 器凡愚煩悩の, 囘向をば, 坩堝も, 堪え難いの, 堪え難かり, 報なりと, 報は, 増す事, 声, 声に, 外に, 多少に, 夢は, 奇なる, 女房が, 奴と, 如きは, 妄動を, 姿だった, 孔雀玉, 守を, 宿を, 察し難, 實の, 少きを, 岐巷に, 已み, 幾篇で, 幾許篤から, 底に, 強いおやじめ, 強いの, 強い人, 強い師匠, 強い所, 強い詠嘆, 強きは, 徃来に, 御言葉, 心より, 心深く, 必ず濃, 急なる, 性は, 性質と, 怨まるる, 怪しき作用, 恣ままな, 悲しさ, 意味を, 感激, 慈悲に, 憂やつら, 戀に, 我等に, 我等を, 收ま, 放恣無, 數にも, 新らしい, 方から, 方で, 日に, 日の, 早業だった, 昂ぶつた, 昂ぶりのみが, 時代だ, 時代には, 有りそう, 有る親切, 朧気ならず, 本質に, 極端を, 横行に, 次第に加はるの, 歌, 水に, 水の, 求心も, 泉で, 波が, 波を, 活動に, 活動を, 流露までが, 流露も, 海に, 涙, 涙と, 涙をも, 深いお方, 深いこと, 深いの, 深い人, 深い処, 深い古, 深い心根, 深い性質, 深い挨拶振り, 深い母, 深い沈黙, 深い涙脆い見る, 深い父親, 深い男, 深い目, 深い立派, 深い良人思い, 深い行き, 深い話上手, 深い誰, 深い野, 深い顔, 深か, 深きを, 深さ絲竹, 深そう, 淵に, 混り居ら, 温か味という, 港の, 湧き來, 湧く如く, 満足, 満足する, 満足と, 満足は, 源泉が, 溢れたよう, 溢れた言葉, 激しい一面, 激しい母親, 激しさ, 激した, 激してる, 激越である, 濃かさ, 濃ならざる, 濃なる, 濃厚なる, 火が, 火を, 火花の, 炎であった, 炎の, 点に, 為めに, 烈しい正直, 焔は, 無い少し, 焦点を, 熱きに, 熱き一滴, 熱さ, 熱して, 狂いやすい, 狂乱の, 現れが, 現われは, 理想が, 異る, 発する所格調, 発動の, 発露では, 發作に, 發動せざる, 發展と, 發達に, 發露である, 百両を, 目を, 直接さを, 直接性を, 相貌を, 真と, 矢の根に, 示し方, 禍が, 移らぬ顔つき, 程こそ, 種を, 篤い優しい言, 篤い心, 篤きは, 篤さ, 籠ったしかも, 籠った人間らしい, 籠った信頼, 籠った口調, 籠った手料理, 籠った調子, 籠つたのが, 籠つた心から, 籠つた手紙は, 籠つた時の, 籠つた然し, 籠つた言葉を, 籠る一重ね, 籠れる, 精力が, 純なる, 素たる, 素振, 細やかな, 紹介幾通か, 終に散じ, 罪を, 群り起る, 翼に, 肌師に, 背後には, 胤を, 胸間に, 脆い人等, 自然の, 至りだ, 草餅も, 荒い人間, 著るしく含まれた, 蔓草の, 蔭による, 薄いもの, 薄い冷たさ, 薄い女, 薄い者, 薄かる, 薄く我儘, 薄さ, 蜜より, 表出である, 表現だ, 表現を, 衰ふ, 衰ふる, 裾に, 複雑な, 見えること, 言の葉に, 言葉と, 訝しく奥様, 詞さて, 話を, 變化を, 赴くま, 赴くまま, 赴く儘, 起こるの, 起らぬ者, 辞で, 迫った涙, 迫ること, 迷いに, 通う若たち, 逼った, 過ぎた運命, 重い者, 重目を, 金しばりだ, 長者も, 間に, 関係に, 関係情の, 闇, 陰で, 露さえ, 露と, 露を, 露骨な, 面, 頭を, 頼もしくそれだけまた, 風姿であり, 饉え, 驚くべき描写, 體たる, 高ぶるの, 高ぶるを, 高潮に

▼ 情~ (476, 8.7%)

7 籠って 6 湧いて 5 動いて 4 あって, 一時に, 胸に, 起って, 起つて 3 ある, うつって, こみあげて, こもって, 彼の, 深くって, 濃でない, 私の, 移って, 身に

2 [34件] あった, あったの, ありますならば, あるの, ある筈, ないから, ないでも, まざまざと, むら, むらむらと, わく, ダイナマイトでも, 二人の, 交じって, 信吾の, 反して, 含まれて, 喉に, 強いねえ, 彼を, 心の, 旺然として, 歴々と, 泉の, 深いから, 深いって, 湧くの, 溢れて, 發し, 直敍, 罩つて口の, 胸の, 自ら此老先生の, 起こるの

1 [340件] あたしに, あってか, あつた, あつて, あの女, あの無比, あふれて, あふれるならば, あふれるほどに, あふれ賞罰, あらうとは, あらば, あらわるる, あらわれたと, あらわれて, あります, ありませんよ, あり得る, あり穏やか, あるから, あるが, あること, あるせい, あるぜ, あるであろう, あるならその, あるならば, あるん, あれば, あればこそ, いっそう切になっ, いっぱいだろう, いぶきと, うす紅色, うち出し, うつったやう, うつて, うつらないからね, うつりません, うつるかと, うつるという, うれしかつ, うれしく思われた, おこった, おれの, かえって悲しい, きついから, ぐん, ここから, ことにこまやか, こは, こめられて, これだけ, こわくて, さうさせたの, しのばれて, しみじみと, するどく胸, せきあげて, そしてまたほとんど, その全身, その眸, それこそ, それへ, それを, たかぶって, たかまって, たぎり湧いた, ただ純粋, たちまちに, たゆたっては, だんだん大きい, ついには, つい仕草, とう, ともにこもっ, どの程度, ない, ないこと, ないとは, なくなって, なければ, なさ, のぞき見られた, はげしく胸, ひそんで, ひびいた, ふかいと, まじって, まじると, またできます, また萌す, まだ充分, みえるばかり, みだれて, むらむらっと, むらむらとよみ, やがて胸, やはり昔ながらの, よくわかる, よく現, よく現われ, わいたが, わいて, アンナには, ギクリと, ズット前の, チラツイた, ハッキリと, 一ぱいに, 一杯に, 三人の, 世間普通の, 九月一日の, 五体に, 交流し, 人々の, 仇だ, 仇に, 今更の, 他を, 伝えられるとともに, 余りて, 僕を, 充ちて, 充ち渡った, 充ち満ちて, 全く占め, 公卿の, 写りますまい, 冷かで, 出てよ, 出るいや, 切々と, 切実で, 切迫し, 刻まれるとも, 剛いと, 加えられ甚十郎, 加は, 動きは, 動きひたむき学究的, 動きました, 動くまま, 半分汲めたなら, 半蔵の, 却って深く, 却つて悲しい, 卿様の, 去りそれら, 友を, 古い舞踊, 只其瘡痍, 合併し, 和らぐと, 噴泉の, 国論と, 増し強まり, 多かった, 好奇心に, 姿が, 寸時も, 少し減じてる, 尽せないこと, 岩木でない, 幅を, 強いため, 強ければ, 彼には, 彼らにも, 彼女の, 復た, 心に, 忠實で, 憐れみの, 懸らう, 懸ろう, 戸惑ひする, 手に, 承知しません, 抑えられなくなったよう, 日一日深く, 昂って, 景の, 暖く, 有ったと, 有るから, 有るなら一, 有るなら殺して, 有れば, 村一体に, 果して好い, 次第にキリスト教國, 次第に募っ, 次第に湧き上っ, 殘つてゐる, 沁, 油然と, 油然として, 泣き声と, 流るるよう, 浅いもの, 浮んで, 消えて, 消えなかった, 消え失せて, 涌いて, 深い, 深いか, 深いからの, 深いし, 深いだけ, 深いの, 深いん, 深くないだろう, 深くなった, 深くねざし, 深くやさしくされれ, 深く父, 深ければ, 深まるにつれて, 深まるもの, 深過ぎ, 混じて, 渠の, 測, 湧いた, 湧き出づる訳, 湧き出るの, 湧き堪える心, 満ち溢れてこそ, 溢れたから, 滴ると, 漲って, 漸く多く, 潜んで, 激して, 激発し, 濃か, 濃かな, 濃くて, 濃であるべきな, 濃やかだった, 濃やかで, 烈しいの, 無意識に, 熾である, 燃えあがった, 燃えて, 燃えるやう, 燃え上った, 燃え立つて, 燃え閃, 牛に, 猛烈で, 現われたが, 現在の, 理想, 甚だ盛ん, 生じて, 疎くなる, 痛切で, 痛切に, 発現した, 發生する, 發生せぬ, 真実であるなら, 真理を, 短い文, 石川の, 祖国の, 神聖なる, 私自身を, 移らねえん, 移りませんが, 移りませんの, 移り彼, 窺はれ, 篤くなけれ, 籠ったの, 籠るため, 籠るのに, 籠ッて, 粗暴な, 累を, 結ばれること, 纏は, 纏わって, 聞えて, 脈々として, 自ずと深い, 色々の, 蔽いきれなかった, 薄いと, 薄いという, 薄いの, 薄いんぢ, 薄かった, 薄くなる, 薄らいだだが, 薄らぐはず, 表れて, 表われ, 見えて, 見えぬでも, 見る見る色, 見事に, 触れる時, 話して, 語られて, 赫と, 起こったの, 起こって, 起こります, 起った, 起ったら自らそれ, 起る, 起ると, 起るならば, 起るの, 迫ったよう, 迫つたといふ, 迫つた樣に, 迫つて別離の, 迫つて言ひたい, 迫りでも, 迫ると, 通ずるか, 通つたと, 通わなくなって, 過ぎ去ると, 酸の, 閃めいた, 隠れて, 静まると, 非常な, 頭を, 顏に, 魂の, 龍つてお

▼ 情~ (313, 5.7%)

3 吉野紙の, 現れ不 2 これまで, た, 人の, 四時わたくしを, 始めて, 彼の, 深しト, 父子の, 著者が, 鎖國の

1 [287件] あったに, あっても, あつた, あつて, ありがたけれど, あります, ある, あるらしい, ある者ら, あれど, いっそう多かっ, いつか消え果て, いつもの, いつも私, いつも軽い, いと深し, いと濃, いと高く, いまや一種, いよ, いよいよ彼, いらぬ, うけませんでも, かえって人, かえって濃密, かならず長く, かの帆影, かよわい肉體, かれの, きわめて大きかっ, この一点, この未練, この痛苦, これに, これを, さう, さすがに, さること, すこしも, すこしも美徳, すっかりなくなった, すでに利害, すなわち文芸家, そ, そうある, そのため, その夜居士, その慣れざる, その新しい, その行為, その青紺色, ただ自然物, たとえその, ときどき同じ, とにかくお, どうする, どこか, どれだけ, どんなにか, ないはず, なにものの, にわかに恐怖, ひしと押し寄せ, ひとの, ふた, ほんとうに, まことにユニック, まことに性, また格別, まだ温く, まったく手, まつたく絶對, みなこれを, むかしの, むしろ道徳的, もはや二度と味わう, やがて自己, やがて領内, やめるよ, よからぬ, りける時, わが胸, ニッタリと, 一たび淨まれば, 一なり, 一層の, 一層深く, 一撃の, 一時我心上に, 一種の, 一言の, 一転化し, 一週間も, 丁度其, 上に, 丑松が, 丑松の, 丹波先生の, 亦人間, 京中に, 人々の, 人口増加の, 人格者を, 人間に, 仇よ, 今でも, 今までの, 今よりも, 今彼の, 仔細に, 他し, 他の, 他人の, 仲, 何ともあれ, 何処の, 作物中に, 依然として深かっ, 健全ならず, 兄弟なれ, 其時自分の, 其論賛に, 切っても, 別でも, 別と, 加わるばかり, 勃然として, 動くなりき, 動くの, 即ち父子, 又泉, 収まるであらう, 可なり, 同じ一つ, 君が, 唐人笛の, 唯半, 問ふ, 増すこと, 墨色にも, 売れど, 変形し, 多年一夜の, 大化革新の, 夫人が, 妻の, 学ぶべきも, 宗教的な, 實感なり, 審美感なり, 尋常一様でない, 少しも, 少も, 尽きない, 巣食ひ, 常に其出口, 底なき, 廃墟の, 廣き, 張らないだろう, 張り得まい殊に, 強いて, 当時の, 影を, 彼にも, 彼らが, 往々に, 微塵も, 心身の, 必ず起こる, 必ず起る, 忍び難い, 忘れ果つる, 忽ち遊廓, 忽又起り, 恰も幻術, 情を, 情武士道は, 愈, 愛惡とも, 愛翫の, 感情的な, 感謝の, 懐旧の, 懸けて, 我が思ふ, 我胸に, 我魂を, 押え切れなくなって, 拔きだから, 持って, 捨ようとしても, 損の, 斯く水臭き, 日一日に, 日本人よりも, 星の, 是と, 時にあはれ, 景を, 更に烈しく, 林泉に, 格別である, 梅子さん疾く, 極りて, 止まぬ, 正しく同, 此の, 武将の, 武王自身または, 歴然浮び出る, 殊に老後, 母に, 母子より, 氏の, 氏を, 気の, 水島爾保布画伯の, 求め得られない, 決して単なる, 海山にも, 消えなかった, 消え心, 深くし, 深くなる, 渇した人, 湧かないもの, 漸くまた抑える, 灯を, 無論なかっ, 無限の, 熱し未來, 熱烈で, 燃えながら, 燃ゆる, 父子だ, 父子である, 父子なり, 物かは, 猶父子, 猶輕, 猿の, 甚だ深し, 病人めく, 皆恥ずべき, 眞に, 知って, 筆を, 篤からむ, 絶えず丑松, 美を, 翡翠です, 聲と, 自ら人を, 自ら満面に, 自分たちに, 自然に, 與之, 薄き墨, 薄らいだ, 西洋人はなはだ, 見上げたもの, 親のね, 言ふまで, 誠に涙ぐましい, 誰しも, 誰の, 論争に, 諸聖徒, 變化し, 起こさなかったが, 起らないの, 起らなかつた, 身に, 遂に深く, 酌むが, 長く髪, 闘争すべき, 除れぬ, 露骨に, 青春を, 静まって, 頬の, 飽くまで歴史, 餘り, 首皇子を, 香玉の

▼ 情~ (140, 2.6%)

4 云ふも 3 云うもの 2 云ふ, 気の毒の, 自分が, 高き人格

1 [125件] あらたに, ある神秘, ある種, いい意地, いい生命, いい風情, いうべきかと, いうべきでしょうが, いうべきもの, いうものの, いうよりも, いえこれ, いえば, いえる, いふ, いふが, いふに, いふべきかと, いへば, かゆみと, くすべも, こうした貧しい, さきの, なし兵気銷, なった, なりて, なり佶屈, なり頑固, また躍, やらいうもの, よく調和, わが身とを, イタワリを, 一つにな, 不撓の, 云うこと, 云うと, 云ったが, 云った肉身的, 互に相, 人の, 仇と, 他界即, 何の, 何より嬉, 佶屈の, 信心とが, 冷めたい客観, 努力とに, 勇ましき力, 化すを, 又何処, 古今同, 同じこと, 同じやう, 同じ者, 同憂から, 哀愁とを, 執拗な, 壮行を, 変って, 外界の, 多大の, 夫婦の, 好知己, 実生活から, 実際生活, 怒りとが, 思えば, 悲哀の, 意とが, 意志との, 愛と, 感謝の, 慾とに, 憂愁の, 憐みとで, 憤怒とに, 憲法上の, 或る, 戦へる霊妙, 才藻とは, 批判の, 文壇の, 景との, 景とを, 智とに, 智との, 智性とが, 来客たる, 正義とが, 殆ん, 殺気に, 涙と, 漱石の, 焦慮とで, 熊野の, 熱に, 物の, 皮肉な, 相との, 相結び, 知とは, 知とを, 称ふ, 穉孫を, 竝ぶれ, 絶望の, 縁の, 自然な, 自責の, 衝突する, 衣食問題とが, 見ずこう, 言ったでは, 言つたで, 言ひ切, 言ふ, 言葉以上の, 迷心との, 遂げねば, 邂逅とを, 部落を, 雖も, 骨肉の

▼ 情~ (135, 2.5%)

3 なきに 2 しぬに, 恋も, 道の, 霊魂も

1 [124件] あつて, あらはれて, あらば, あり勇気, ある, あるが, あるもの, ある日本人, ある片足, あれば, いまは, いよいよ切, うれし, かけぬ気, くそも, ここでは, こみ上げて, さては世, さらに切, し魂, じかに胸, ちょっとも, どこかへ, ない, ない代り, なかる, なくただ, なく憎悪, なく野性, またひとしお, また同, また文芸家, まだ知らない, もうこれ, クリストフの, 下さりょう, 交って, 亦偽, 亦得, 亦戲曲なんど, 亦此主義, 亦自ら, 亦随つて切, 亦隨つて切, 人間なれ, 伴わずあるだけ, 何も, 何等未練, 冥途への, 出て, 別に悪い, 動かさないで, 動かします, 又益々, 叙ぶべきなれ, 同時にこもっ, 多く加わっ, 失せ心ざま俄, 妙なら, 子でない, 存候ものなり, 容赦も, 少しずつ, 強い方, 強くなる, 得ず空しく, 心の, 忘られなく, 悔恨も, 愛も, 慾も, 憐愍の, 持たずに, 持って, 持てない, 断ち切りがたい, 日一日深く, 明白でない, 最早私, 有る, 浮ばずようよう, 消えて, 消え失せて, 涙も, 深いです, 深かりし, 無くおろした, 煙り行く難波, 甘く和やか, 異れ, 知って, 知らないで, 知らぬと, 知らぬ無神狗, 知らねえで奉公人, 知ッた, 禁ずる事, 移ると, 移るの, 篤しという, 籠って, 籠れりと, 義理も, 肉に対する, 色も, 萌さず山, 薄からぬ, 薄らぐで, 見えなかったが, 見るべく歴々, 覚えないが, 解さない冷薄, 詩と, 誠も, 赤くこぼれた, 起させないこれ, 起って, 起つて, 起らなかつた, 起らぬでは, 起り葉石, 通らぬので, 隙も, 首尾も

▼ 情~ (106, 1.9%)

4 あつた 2 あらう, いかん, いっぱいに, 内と, 我儘で, 浦島を, 消えも

1 [88件] あらうから, あらうが, あらうと, いかんけれ, いたずら気分を, いましたけれども, おかく, お皆, かくまって, げしょう況して, ござります, しかも神, すくなからず, すべて溶け, その儘, たまらなくなっ, たまらなくなった, ときどき餌, どうしても其の, なかなか好い, ながめた, ね, わけへ, エゴイストだ, ソンな, 一命を, 一夏千葉県船橋町泥の, 一生を, 仕樣, 何うかし, 倉庫の, 光り出した, 出て, 判斷出來ぬ, 別荘の, 助られました, 唐變木で, 姉妹として, 始末に, 姿を, 将棋指しが, 居候に, 帰って, 弟子小僧に, 彼を, 御ゆるし下さっ, 怒らぬかも, 思ふやう, 恰で, 愛人と, 我慢強くて, 手の, 手當の, 旅費を, 書生を, 有る, 有ッ, 案じて, 死のうという, 死んだつもり, 殊には, 洗礼を, 涙ぐましいまでに, 片意地で, 片意地であった, 生きて, 生きのびて, 當選した, 短気で, 絶えずゾッとし, 縁を, 胸が, 自分の, 自分勝手で, 落ちて, 見守って, 訪ねて, 話すだろう, 誌上に, 豊滿で, 逢いたいから, 野卑で, 長者町の, 関羽を, 雨に, 顔を, 饑ゑず凍えず, 馬鹿力の

▼ 情無い~ (76, 1.4%)

4 事を 2 お言葉, ことを, では, もんだ, 住み憂い場所, 生活を, 者に, 長虫が

1 [56件] けれどこれ, ことで, ことには, つく, というもの, といふ風, と云, と云う, と思い, ね, のつ, ばかりで, もう不具根性, ものだ, もので, ものの, ものは, やうな, やら駄夫, ような, わたしに, 下司男は, 事で, 事です, 事には, 他の, 十兵衞に, 十兵衞は, 厭で, 女の, 奴だ, 如何かし, 妾が, 宮さんお前は, 思を, 思想を, 愛想尽し, 方にばかり, 景色では, 有様である, 此我はよと, 此所を, 気持に, 気持も, 眼つきを, 程遅れ, 結果に, 自分だ, 苦行の, 親方様二人で, 親方私を, 詰らないと, 談である, 貴女の, 酔つては, 黙つて

▼ 情ある~ (42, 0.8%)

3 言葉を 2 人の, 男に

1 [35件] あるじの, うるわしの, お婆さんに, が如き, が如く, が如し, すら我, とすぐ, ものの, を哂, を認諾せり, ロオザと, 一艘の, 人なる, 佐太郎を, 医師でも, 友に, 取扱いを, 叫びの, 可らざるは, 君の, 巡査は, 御主人, 心で, 心を, 扱いを, 獸の, 男も, 神に, 羅馬の, 言を, 言葉に, 贈物に, 通知が, 降伏の

▼ 情を以て~ (39, 0.7%)

3 之に 2 服從せね, 神に, 章魚の, 見られて

1 [28件] お桐, する, せず故に, その質, それを, 他を, 充された, 入り来りし, 告ぐ, 嘆くも, 本を, 柔和に, 母の, 温く眺め, 測ること, 玄明を, 相接したる, 禍惡に, 禍惡其物を, 答えて, 答へて, 綴つた, 臣に, 見て, 見はじめた程, 親しまれ可愛がられる性分, 解決し, 迎へ

▼ 情から~ (37, 0.7%)

2 いえば, して, では, 申せば

1 [29件] すれば, せし秋, その場, であって, であらうかと, である, でなくとも, でも, とき, また挑発, 両手を, 出た歌, 又は淡々たる, 夜も, 女の, 家中野良へ, 思わず鋭い, 恵んで, 滲みでた自然, 生まれる, 當て, 結ばれたもの, 結婚し, 見ると, 觀て, 解すれば, 遠く離し, 醒めて, 離れ去った光風霽月

▼ 情には~ (31, 0.6%)

2 尊敬すべき, 弱く意地, 心を

1 [25件] あらざるを, ごく一致, すぐ涙ッ, それぞれ卑しい, つい心, つくづく弱い, 堪えられないと, 奔るほうな, 女史も, 既に最前, 極くお, 浴したくない, 相違ない, 脆い, 脆いのよ, 脆い小, 脆き彼, 脆くし, 脆く心, 脆すぎた, 脆ろき, 蜜の, 鋭き女, 關係の, 驚いて

▼ 情として~ (30, 0.5%)

2 好い心持

1 [28件] いい心持ち, この花和尚, この際, ご尤, さもあるべき, すぐこの, ただに, やはり互いにいい, わかりますが, 今日の, 初めは, 又某, 取り計らうぶん, 廉子の, 強い綜合, 当然であろう, 彼女を, 御尤も, 徳川家に, 忍びがたい, 忍びがたく, 忍びない, 忍び難い, 父斉興とは, 至當の, 親の, 訴たえる, 遺憾に

▼ 情という~ (29, 0.5%)

6 ものを 5 ものは 4 ものが 2 ものに

1 [12件] ことでした, ことは, のは, ものさね, もので, ものも, もんじゃ, もんだ, 意地の, 方面に, 言葉が, 言葉は

▼ 情~ (24, 0.4%)

3 やスタイル

1 [21件] が出, が高潮, であり内容, との間, とは此所, と散文, に於, のす, の上, の主題, の偽り, の底, の抑揚, の本質, の鼓動, はことごとく, も浪漫的情緒, や技巧, をし, を包んだ, を多能多才

▼ 情無く~ (24, 0.4%)

3 なつて 2 も思われる

1 [19件] さへ, して, て私, もあった, も御覧, 云ひ捨て, 古びし障子, 圧迫する, 存候へども, 思いました, 思い浮べ, 思う事, 思つた, 思ふの, 我慢する, 振り切りも, 瓦の, 相成候, 見えた

▼ 情にも~ (23, 0.4%)

2 是非茶屋まで

1 [21件] ある, しをりが, じっと寝室, その手, そんな軽, ひとり城を, 何も, 動かされるし, 又特別, 因つて仕舞ふ, 好奇心が, 姿も, 富んで, 弱い, 我が粋癖, 程が, 縋って, 腰を, 訴え口, 電光が, 骨肉の

▼ 情において~ (22, 0.4%)

3 忍びない 2

1 [17件] あなたの, いささかお, しのびなくなった, 下層階級が, 叔父御, 忍ばるる処, 忍びがたい, 忍びざるところ, 忍びざるもの, 忍びざる所, 忍び得られぬところ, 忍び難い, 比較上最も, 激せざる, 然り, 自己を, 興味を

▼ 情とを~ (21, 0.4%)

3 もって 2 忘れて, 抱いて, 起させる丈

1 [12件] こめて, ごまかさうと, すぐ隣, ようやくに, 与えて, 利用せ, 完成した, 寄せて, 強制的に, 把って, 持って, 自然に

▼ 情~ (21, 0.4%)

2 に師父

1 [19件] ある既成政黨, といふやう, と手加減, なく謙遜, などに拘泥, に合し, に拘束, に拘泥, に泥み, に纒, に離れ, は素より, もある, も汲まぬで, をここ, を打ち明け, を汲ん, を知つて, を酌ん

▼ 情~ (21, 0.4%)

2 でも, なもの, な意味

1 [15件] である場合, と呼ん, な一面, な主観芸術, な容貌, な挨拶, な美し, な餘韻, に, にもさ, にも人, にも深める, 及び知的, 及び知的生活, 過ぎる事

▼ 情~ (21, 0.4%)

3 して, する 2 するの, する文学

1 [11件] し機械, するすべて, するので, する世界, する方, する芸術, であり単なる, であるか, であるならば, の故に, を合点

▼ 情~ (20, 0.4%)

3 女だ

1 [17件] 女です, 子供が, 子供らしい, 幕府勘定方役人は, 性質の, 情熱を, 態度を, 歩みを, 爺い, 理屈を, 男が, 男だ, 男でした, 継子の, 藤蔓が, 長男が, 長者めも

▼ 情ねえ~ (19, 0.3%)

3 事を

1 [16件] あんたも, ことに, こんだから, こんだこれ, もので, もんだ, よこせたって, わけだ, 事で, 人間さがりたくねえ, 仮令どんな, 彼様な, 私が, 老いぼれ船, 訳だ, 訳で

▼ 情~ (19, 0.3%)

1 [19件] まず, 半兵衛の, 召使ひ, 夜遊びを, 心持という, 恋愛が, 憂き目にも, 春渓尼を, 智でなく, 智を以て, 本能の, 涙で, 理想や, 絆は, 義にも, 自然崇拝や, 苦痛の, 行基に, 跡方も

▼ 情~ (18, 0.3%)

2 を託

1 [16件] が有る, にのみ耽る, に大, に沈ん, は久しく, は推し, をうたっ, をおも, をた, を一番, を想, を有っ, を窺, を詠じた, を述べた, 故宴

▼ 情~ (17, 0.3%)

2

1 [15件] お互に, からって何, からである, がお前, がハダシ, その刀, つたのです, といった, とも愛, と言われる, なあ, のと, ま部屋, よまた, 君も

▼ 情~ (17, 0.3%)

2 の三

1 [15件] などのごとき, などは少し, なる我々, のごとき, の三つ, の三作用, の三種, の三者相, の作用, の働き, の別, の區別, の諸, は表面一方, を働かす

▼ 情~ (16, 0.3%)

2 えぜ

1 [14件] いこんだ己ア家, い人, えが, えじゃ, えまアあんたさま, えやり方, え事, え奴等, え御領地, え料簡, え根性, え男, え話, え辛

▼ 情~ (16, 0.3%)

2 かつた, さを

1 [12件] え了簡, かりし風情さ, さが, ささうな, さで, さと, さとを, さ君は, も死なれ, やぼた餅, や勿体, 過ぎるが

▼ 情あり~ (15, 0.3%)

2 げなる, げに

1 [11件] げな, てかく, てすでに, ても此勤, て又, などという平凡, 之あり, 恩あり, 昨冷, 暮の, 錢の

▼ 情けぶかい~ (15, 0.3%)

1 [15件] お言葉, のと, 人であった, 人である, 娘さんで, 子であった, 心の, 性質で, 方で, 旦那がた, 武士でした, 独り言も, 男が, 結構人に, 顔を

▼ 情とは~ (15, 0.3%)

2 その心性作用, 一層私

1 [11件] おのづか, たれびと, はるかに, 全然で, 別な, 区別する, 品異, 思われぬ, 恰も蜜, 感覚的な, 違った凡人

▼ 情~ (15, 0.3%)

2 が死, を二つ

1 [11件] あらず人界, が本当, する者, に出発, のある, は成りしならず, は衆, を, を一つ, を受け, 激しとも

▼ 情である~ (14, 0.3%)

1 [14件] かぎり時として, からこの, から保胤, が仏, ことが, ことは, これに, だけに知意, と思い, にしろ, のに, 又唐, 母親に, 証拠は

▼ 情我慢~ (13, 0.2%)

1 [13件] でなんと, で一方, で何ん, で英雄的, と憎まれ, なるその, なる其良心, な幕府勘定役人, の二葉亭, の井上雷侯, の対馬守, を憎む, を見兼ね

▼ 情容赦~ (12, 0.2%)

5 もなく 1 なく澄江, なく着物, は致しません, もあら, もない, も無く, を知らない

▼ 情~ (12, 0.2%)

2 というもの 1 あり, がこもっ, でしたもの, などはなかっ, の先生, の闇, は動物, をおこす, を持ちたい, を知らないです

▼ 情との~ (11, 0.2%)

2 完成を, 水準を, 間に 1 交り合った, 如きは, 相關, 調和好き此一曲は, 關係は

▼ 情~ (11, 0.2%)

1 [11件] かいありがたい, かいいきとどいた, かいです, かいやさしい, かい優しい, かい姉, かい山男, かい母親, かい眸, かくは, かく声

▼ 情より~ (11, 0.2%)

1 [11件] して, ほかに, 事起り, 來り, 出で, 外にゃ, 多かりけれ, 深いもの, 生ずるところ, 生ずる影響, 結晶したる

▼ 情~ (10, 0.2%)

1 が其處, として文学, にあんまり, にその, の上, の第, はあんなに, を綴っ, を読む, を謡

▼ 情~ (10, 0.2%)

2 に拘泥, を打破, 尚ほ 1 がある, で自然, を一掃, を退

▼ 情では~ (9, 0.2%)

1 かかる場合, ござらぬか, ない, ないかしら, ないかと, なかった, なくて, なく頭, 村の

▼ 情~ (9, 0.2%)

1 で時間, とを白, に対象, のなやましい, のみどり, の毛竝, の海, を吹き醒まさう, を表象

▼ 情~ (9, 0.2%)

1 あり, ありという, あるか, こそ呼べ, でもある, と巫山戯かね, の情婦, は居ない, や何

▼ 情~ (8, 0.1%)

2 其人の 1 である, 分りませぬ, 嫉みにか, 実情か, 恐怖かを, 無情か

▼ 情さえ~ (8, 0.1%)

2 感じられたが 1 感じ勝ち, 持って, 書いて, 覚ゆる, 起らないで, 通わぬの

▼ 情~ (8, 0.1%)

3 なので 1 がある, が出来る, と遊ぶ, の知った, を見つける

▼ 情~ (8, 0.1%)

2 の要求 1 であって, とは常に, とを進歩, に従, の人, を野蛮

▼ 情~ (8, 0.1%)

1 と共に溢, には誰, に意気地, の涸渇, はあった, は熱かっ, を塵芥裡, を彼女

▼ 情でも~ (7, 0.1%)

2 あろうが 1 あらう, あるが, あるわけ, 多少生理的變化, 放す事

▼ 情においては~ (7, 0.1%)

1 さきには, ほぼこの, まことにうるわしゅう, 優るとも, 兄弟よりも, 断ずるに, 毛利皇家と

▼ 情をも~ (7, 0.1%)

1 含めないわけ, 感じた, 感じないで, 撓めず欲, 時に多少は, 考慮せず, 鎮めるやう

▼ 情無し~ (7, 0.1%)

2 と見た 1 だあ, と雖, のお方, の我利, の風

▼ 情~ (7, 0.1%)

2 の絶つ 1 あらば, がやはり, が重う, を断たん, を斷

▼ 情~ (7, 0.1%)

1 が二人, が弁護士, ですから, といふこと, には耳学問, に育ちました, は頑として

▼ 情~ (6, 0.1%)

1 がわかっ, こそと思ひ遣る, で何かと, へ書い, へ起り得ない, へ身近

▼ 情のう~ (6, 0.1%)

1 ござります, 仰せられまするか, 御座いましたこと, 御座います, 淵に, 立てる間

▼ 情~ (6, 0.1%)

1 で鬼, なりしなり, なりし如くダンテ, なるあまり, なるもの, にし

▼ 情及び~ (6, 0.1%)

1 二月十一日の, 心の, 心一々, 心個々特立し, 心渠も, 心漠として

▼ 情~ (6, 0.1%)

3 の發現 1 の積り累, は實, を抱く

▼ 情知り~ (6, 0.1%)

1 のさく, の太夫, の御方, 訣知りらしく, 訣知りらしく伝わった, 顏の

▼ 情~ (6, 0.1%)

2 あるは 1 なくば, の, は何事, を忖度

▼ 情~ (6, 0.1%)

2 のうち 1 がいっぺんに, の沸, をかき乱した, をたぎらせ

▼ 情であった~ (5, 0.1%)

1 かあるいは, かもしれない, から, か彼自身, のだ

▼ 情といふ~ (5, 0.1%)

1 ものあるべし, 事を, 小曲風な, 語の, 語句が

▼ 情とが~ (5, 0.1%)

1 あるの, かなり強い, 人倫の, 其まれびととの関係を, 往来し

▼ 情とも~ (5, 0.1%)

1 いふべきか, いへるもの, なり時に, むろん同じ, 謂はず遇ふ

▼ 情なり~ (5, 0.1%)

1 この情, 其花に, 宜しくわが家, 是れ, 智水千頃の

▼ 情なる~ (5, 0.1%)

1 に天道, に拘わらず, 事常人に, 父と, 老黄牛

▼ 情なれ~ (5, 0.1%)

1 ど, ども人情, ども其情如何, ばといひき, ば世に

▼ 情ばかり~ (5, 0.1%)

2 では 1 である, 剛くなる, 独り盛んで

▼ 情以外~ (5, 0.1%)

1 になにもの, には多く, に胸, の何物, の難き

▼ 情~ (5, 0.1%)

1 がこみあげ, この中, の動き, をかくありあり, を隱顯

▼ 情~ (5, 0.1%)

2 の熱き 1 の機微, へ追放, を遊び

▼ 情~ (5, 0.1%)

1 だが, のどさくさ紛れ, らしくて, をいいかけられたら, を言ッ

▼ 情けぶかく~ (4, 0.1%)

1 して, だれにも, て優しかっ, 孤児を

▼ 情この~ (4, 0.1%)

2 市に 1 まま盧将軍と, 書の

▼ 情~ (4, 0.1%)

1 やありません, やとかいふ, やわ, や禁

▼ 情であり~ (4, 0.1%)

1 もう実際に, イキり立つ, 味で, 最も新

▼ 情とか~ (4, 0.1%)

1 でケルミッシュ君, やかましく云っ, 濃情, 片意地とか

▼ 情としては~ (4, 0.1%)

1 これが, 無理も, 爾か, 美しいところぢ

▼ 情とに~ (4, 0.1%)

2 分かちて 1 充ち満ちた父, 迫られて

▼ 情と共に~ (4, 0.1%)

1 こういう感慨, また一縷, 味わう事, 犯し難い

▼ 情なかつた~ (4, 0.1%)

1 からである, ことは, さう, どうかし

▼ 情にて~ (4, 0.1%)

1 不思議に, 受けたり, 右手の, 生き伸び

▼ 情によって~ (4, 0.1%)

2 生きること 1 営まれたという, 空腹と

▼ 情よりも~ (4, 0.1%)

1 はるかに, まさって, やはり御, 親の

▼ 情~ (4, 0.1%)

1 叙ベテ敢テ勧ム, 含ンデ, 懸ケテヤレ, 示ス傾向ガアル

▼ 情~ (4, 0.1%)

1 があらう, がある, を察し, を知り

▼ 情~ (4, 0.1%)

1 に至る, に適合, を知る, 不穩

▼ 情無かっ~ (4, 0.1%)

4

▼ 情生活~ (4, 0.1%)

1 がほとんど, にピタリ, の方, の絵画的表現

▼ 情~ (4, 0.1%)

1 が出来た, なこと, のもと, を造らえる

▼ 情禁じ~ (4, 0.1%)

1 かたきを, がたく同時に, 難きを, 難くし

▼ 情~ (3, 0.1%)

2 ひを 1 ひは

▼ 情じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, 放せっ, 禁厭う

▼ 情だけ~ (3, 0.1%)

2 では 1 なの

▼ 情とから~ (3, 0.1%)

2 くる放任 1 この嬌態

▼ 情など~ (3, 0.1%)

2 微塵も 1 なくて

▼ 情などに~ (3, 0.1%)

1 乱されて, 唆られる, 最も乏しく

▼ 情なら~ (3, 0.1%)

1 こっちも, ばわれ, む

▼ 情に対する~ (3, 0.1%)

2 感激の 1 感謝の

▼ 情ばかりが~ (3, 0.1%)

1 ムツと, 浮かんで, 燃えて

▼ 情もて~ (3, 0.1%)

1 此景物を, 畫ける, 觀ましかば

▼ 情らしく~ (3, 0.1%)

1 拾ひ上げた, 枝と, 熟と

▼ 情を通じて~ (3, 0.1%)

1 そこに, たらすも, 居たけれども

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 がある, があろう, を察し

▼ 情先ず~ (3, 0.1%)

1 有難くこの, 生じ之, 神女の

▼ 情史秋七草~ (3, 0.1%)

3

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 のこもれる, をおび, を花火

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 の如く, の如し, れが

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 のあらそいであった, を啓発, を妨げ

▼ 情極り~ (3, 0.1%)

1 て彼, て彼等, て纔

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 があれ, をトロ, 切って

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 の事, の波瀾, を渡らん

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 だと, であろう, を話せ

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 だとも, で金持, 兼ねそなわった名

▼ 情知らぬ~ (3, 0.1%)

1 人の, 人のみには, 獄吏に

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 にいかなる, に振動, に触れ

▼ 情~ (3, 0.1%)

1 とさ, の方, も皆記

▼ 情いかに~ (2, 0.0%)

1 一女子の, 我に

▼ 情いと~ (2, 0.0%)

1 思ひ, 熱き

▼ 情かも~ (2, 0.0%)

2 しれない

▼ 情けぶ~ (2, 0.0%)

1 けえ, けえお

▼ 情さえも~ (2, 0.0%)

1 断じて自分, 起こさせた

▼ 情しみ~ (2, 0.0%)

1 の心, を感ずる

▼ 情その~ (2, 0.0%)

1 景さながら, 累を

▼ 情そのもの~ (2, 0.0%)

1 に対するこちら, のデリカシー

▼ 情だった~ (2, 0.0%)

1 がしかし, のです

▼ 情だの~ (2, 0.0%)

1 新しい型, 迷ったの

▼ 情であっ~ (2, 0.0%)

1 ても彼, て殊に

▼ 情です~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 情でない~ (2, 0.0%)

1 か, 証拠を

▼ 情なりと~ (2, 0.0%)

1 するは, する哀悼

▼ 情においても~ (2, 0.0%)

1 理においても, 開国の

▼ 情にのみ~ (2, 0.0%)

1 支配される, 生きて

▼ 情によ~ (2, 0.0%)

1 つて盛岡の, つて盛岡市の

▼ 情により~ (2, 0.0%)

1 情は, 養はれ来りし

▼ 情に対して~ (2, 0.0%)

1 自分の, 警戒を

▼ 情のみ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 情のみが~ (2, 0.0%)

1 残った, 闇夜の

▼ 情ふかい~ (2, 0.0%)

2 言葉を

▼ 情ふかき~ (2, 0.0%)

1 女性の, 程は

▼ 情ふかく~ (2, 0.0%)

1 わけて女, 静なる

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 の見ゆべく, の見ゆべし

▼ 情までも~ (2, 0.0%)

1 現代の, 移して

▼ 情よりは~ (2, 0.0%)

1 むしろ国家, 遙に

▼ 情らしい~ (2, 0.0%)

2 柔順な

▼ 情をさえ~ (2, 0.0%)

2 覚えた

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 堪ル能ハズ, 脆イ癖ニ

▼ 情一つ~ (2, 0.0%)

1 に送られ, 見せないん

▼ 情不足~ (2, 0.0%)

2 の信

▼ 情兼父子~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 によって減少, を一瞥

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 かになり, く言わむ方

▼ 情凛乎~ (2, 0.0%)

2 として眉目

▼ 情厚き~ (2, 0.0%)

1 さまの, 夫人の

▼ 情史的~ (2, 0.0%)

1 な物語, の小説

▼ 情小説~ (2, 0.0%)

1 だと, を一読過

▼ 情張り~ (2, 0.0%)

1 だと, で人

▼ 情意とも~ (2, 0.0%)

1 にきわめて, にたちまち

▼ 情我儕~ (2, 0.0%)

2 は情

▼ 情我慢他~ (2, 0.0%)

1 を圧例, を壓例

▼ 情~ (2, 0.0%)

2 にこもり

▼ 情有る~ (2, 0.0%)

1 言を, 言葉の

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 の思ひ, もひさしぶり

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 の淵, は遂に

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 となる, をそそがれ

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 るるばかり, るる計

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 ぞと打, と見限っ

▼ 情激し~ (2, 0.0%)

2 筆走り候まま失礼の

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 ヤカニ致サバ男子十一人出生セム, 感蘊籍渾厚一読人を

▼ 情濃き~ (2, 0.0%)

1 あくがれ人との, ものは

▼ 情無う~ (2, 0.0%)

1 なります, 立てる間

▼ 情~ (2, 0.0%)

2

▼ 情癡集~ (2, 0.0%)

1 の序, の序詞

▼ 情的生活~ (2, 0.0%)

1 がどう, を満足

▼ 情的要素~ (2, 0.0%)

1 が同様, を具備

▼ 情知りで~ (2, 0.0%)

2 遊びも

▼ 情禁ずる~ (2, 0.0%)

1 こと能わず, 能わざらし

▼ 情立てまし~ (2, 0.0%)

2 よと

▼ 情籠り~ (2, 0.0%)

1 て云々, て詞舒び

▼ 情纒綿~ (2, 0.0%)

1 たる隣座敷, の意

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 の權化, や行徳

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 娯頭を, 寂

▼ 情薄き~ (2, 0.0%)

1 を云え, 評定の

▼ 情言葉~ (2, 0.0%)

1 あらそい果てしなけれ, あらそひ果

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 すべし, するに

▼ 情象主義~ (2, 0.0%)

1 の文学, の芸術

▼ 情起り~ (2, 0.0%)

1 易きは, 殺生偸盜邪婬慾惡口兩舌綺語妄語瞋り

▼ 情転た~ (2, 0.0%)

1 切なる, 熾んに

▼ 情迫り~ (2, 0.0%)

1 心激し, 聲さへ

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 するが, する故

▼ 情関係~ (2, 0.0%)

1 のあった, は生理学

▼ 情~ (2, 0.0%)

1 をもつ, 豈人間

▼ 情願切~ (2, 0.0%)

1 なりき, にし

▼1* [395件]

あいのじつに, 情あいともないそうなお, 情あふれる母様の, 情あらば, 情あらたにひたひた, 情あらなむ隠さふべしや, 情ありありと顔, 情ありける言の葉を, 情ありければ心, 情あれば年, 情いかにも気の毒である, 情いずれ疎なる, 情いまだ癒えがたき, 情いよいよ切なり, 情うけいとこの, 情うけたならばその, 情うるはしくも, 情案じあらせられ, 情おのずから異なること是, 情お笑い下さい, 情かくのごとし, 情かたみに同じかる, 情かと思うと, 情からでもあった, 情からの故であった, 情かわしてこそと思ひ, 情くむ声, 情ぐし眼ぐし, 情けぶかそうに, 情ここに始め, 情こそあるべきなり, 情こまやけき先生, 情こめて思はれる, 情こもれりとおぼしく, 情さながら聲と, 情さまねしひさかた, 情しいものは, 情しか見えなかった, 情しく嬉しく思はれる, 情しぬびて, 情しみじみかたじけのう, 情しらぬもの多く, 情じゃとかいう名に, 情じゃわ生命冥加, 情じゅうぶんと見破った, 情すらが人気を, 情なはつ, 情そしてこの二週間, 情そそがれている, 情そぞろに起こっ, 情それを行末, 情や, 情だけから何となく手帳, 情だけがこの男, 情だけで追憶する, 情だけに訴へる, 情だけの女の, 情だけは心得て, 情だけを抽象し, 情だにあらば, 情だらうと思, 情ってものが, 情つてのを通, 情であったろうと考えられる, 情であるなら奉行が, 情であろうか, 情でござるテ, 情でさえたち切らなければ, 情でしゅ私腕を, 情でしょうか, 情とかいうのが, 情とかいふ方適切なら, 情とかを決して人, 情とても詩興なけれ, 情とでもいうの, 情とともに私は, 情とを以て感興の, 情ないしは少々の, 情なごやかな心の休, 情などから朝の, 情などがマザマザと, 情などと云ふ, 情なんて自然に, 情においてさえ余り重き, 情にこそあんなれ, 情についてあた, 情にとは何うし, 情にまであずかるよう, 情によっても明らかに, 情に従い他人の, 情雨や, 情ねえよ俺, 情ねエ身の上な, 情のせゐもあらう, 情のほど如何で, 情のほどをいよいよかたじけない, 情のみはまだ残ってる, 情のみをもって, 情はかへつて, 情はずつと後に, 情はとは言へ, 情はるのも政夫, 情ばかげた口論で, 情ぱりだと云はう, 情駆り立てた, 情また尋いで, 情までが加わった今, 情みたいなもの, 情めいたものが, 情もっともなと, 情もやはらぎ, 情もろく氣弱く, 情やの中に, 情よく人心を, 情ほの, 情らしさなどが, 情わすれた不義いたずらを, 情をだに致さする能はず, 情をでも知って, 情をばいかなる詞, 情在シマス人ナリ, 情ガ薄イトテ強談シタガ兄ガ云ウニハ全ク貴様, 情ナイ姿ノトコロヲ彼女ニ見ラレテハ, 情ナルニ考ヘテ之ヲ自作農, 情ニテ御助命アリ, 情ニ対シテ弾ク弓ナク御辺, 情ニ於テハ必ズシモ強兵ヲ意味セズシテ, 情ニ能通じ居り候もの, 情如何ヲ, 情ハハハオホホで朝夕, 情ハ世ニ有ル程昨日ニカハル習ナレバ, 情フラマン人風の粗野, 情深クオハシケル上ニ, 情一切審かに皆, 情一時に激発, 情一滴の涙, 情一致して, 情一致あとの落度, 情一致恩愛の洽き, 情万景であり乾坤, 情万物の心, 情三分芸七分で見せる, 情上帝の嘉納, 情不通なり, 情世に変化あらん, 情世界に愬, 情の一つ, 情觀の, 情主君の愛, 情乾坤の美, 情二人が間, 情敦し, 情人間的願望は肉体, 情ぞ和ぎぬる, 情今日よりは遙, 情のみ舊, 情以上の悲痛, 情伝醒世第一奇書, 情体愛語の女, 情何んぞ紛, 情何卒お助太刀, 情何忘るべき家来, 情亦賦一律以奠, 情余りて情けな, 情になづん, 情偵察のため京都, 情の七言絶句, 情より日本, 情先生にはしきりと, 情其物の上, 情兼ね備はる, 情円熟なる伊藤侯, 情分らぬか, 情切ニシテ涕泣言ウ所ヲ知ラズ, 情く云い切った, 情勃然として動く, 情動きつまたは想, 情勝ちたるとを説きし, 情化合一するほどの, 情を書い, 情史暗黒史をかく, 情史風のばら, 情牛女隔天河, 情同志じゃそう, 情がなさけ, 情吾が眼の, 情和ぎむと繁山の, 情和ぐやと早く, 情哀史を物語りました, 情より狡黠, 情圓熟なる伊藤侯, 情を得, 情売るは安き, 情夕映ゆる, 情多きものである, 情もねむれず, 情失ひて, 情を新た, 情女カリテを娼妓, 情があります, 情好むべきかな人間の, 情如何を詮索, 情如満不照江山照我心, 情婉往事南朝感慨深我, 情宗と名づけたること, 情客觀の相, 情だった, 情寝台に仆, 情察し難く日夜苦心, 情き者, 情小川の縁, 情少しも文章, 情少なき也, 情尤も惡むべき, 情尽きざる作品です, 情屈すれば則, 情左夫之苦, 情ひ歓, 情を生じ, 情述主義を, 情張ったから, 情張つて渠は自分, 情張ると蹴, 情強きもよも再び, 情強く笑ッて, 情形不穏にし, 情心妄想あるきながら, 情忍び難いここち, 情られなくに, 情忘れたりなどゆめ, 情心の, 情に起り, 情に誠壮, 情を遺し, 情恨ふたいろの, 情悪くともすこぶる, 情んで涙, 情悲しも独, 情悲哀の涙, 情悲歌慷慨の辞句, 情想等を顧慮, 情深くし, 情意合致の悲痛, 情意合致心の一角, 情愛ぶかいヨネ, 情怨恨怒憎, 情懷古伊太利風土の美, 情を驅, 情我儘の佐久間, 情或は中折する, 情から出た, 情へ自ら我, 情抑圧への反抗, 情拙者が承, 情持てるもの, 情換言すれば, 情敗れたる者は, 情智不足の信, 情好, 情有滯無所彈問と云, 情朋友の信, 情望呉の感, 情能諧偶婦忽乘夜來挽衣求共被, 情をさ, 情林風時有鳴枝葉, 情果して戀に, 情極まれりですな, 情として迢遞悲腸ため, 情濃く撫愛, 情を奏でる, 情止むことなく, 情武士道は武士道, 情のみが人間, 情殆ど度に過ぎ, 情母血によって作られた, 情の詩, 情油然として胸中, 情に濃やか, 情既に枯渇, 情流転の哀しみ, 情海欲瀾のほか, 情消失奴若有, 情涌きましてこの, 情清くさらに大いなる, 情清隅之池之, 情温厚な感, 情濃やかなる君, 情濃やかそうな瞳, 情を燃えさす, 情無いしろものでした, 情無い恨めしい天道様が, 情無い悲しいうしろ姿を, 情無い物淋しい情意では, 情無からねば塔破壊, 情無き事は, 情無き能わざりしと雖, 情無くなって仕舞った, 情無くならないものは, 情無くなるばかりである, 情無げな苦痛其, 情無し女の一人, 情無尽の思い, 情無比なお姫さま, 情焼くも吾, 情燃えたつのである, 情片時も心, 情独往大歩の意, 情の美鬼, 情甚だ忘るべからざる, 情生じ人の, 情生活そのものが欧洲, 情用捨はなかつた, 情申述度一刻を争, 情男女の情, 情界大に風, 情異なり情異なれ, 情異なれば詩, 情なるも, 情をも振り返らせ, 情の性, 情すれば, 情的動機は幾許, 情的活動意志的活動というよう, 情的滿足を貪る, 情的装飾だ, 情的談話の時, 情的資料は豊富, 情的関係があった, 情皆これを一, 情して, 情もあてられぬ, 情真に迫って, 情知己の感, 情立てした江戸, 情を揮, 情篤からぬ恋, 情結ぼれ哀み, 情綿々とした, 情美感や潔癖, 情者わがまま者癇癪持ちの通武, 情者二人は当分あそこ, 情を得, 情に浸, 情を衝きつ, 情自ら止め難し, 情致當さに人, 情良寛に劣らず, 情は同人, 情艶場面はついに, 情花守詩人の名, 情かりき, 情ふ, 情見する枯野かな, 情見ぬく眼あり, 情親子を棄て, 情解的智識を加えたら, 情をむしろ, 情を読む, 情誠にはたの, 情談口を開く, 情因縁は, 情に一人一派, 情豊彩のわが, 情象表現であると, 情負けをする, 情貴下私も無, 情起こさで, 情起りしと云う, 情を責, 情迫ればなり, 情通露見したる時, 情過ぎたる夫, 情でもある, 情遠きに騁, 情方なく, 情の反面, 情の亜流, 情で食っ, 情録二十巻を編, 情なんてもの, 情陣務の妨げ, 情障らず後代の, 情を捨てず, 情集惠贈, 情頂戴致すよう, 情に荒涼, 情顕著なるもの, 情願われの胸, 情願判断を混乱, 情願判斷を混亂, 情願拙宅へと勧める, 情願道中でコロリ, 情鬱々として胸襟, 情や祷り, 情の劫