青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彫刻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

当然~ ~形 形~ 形容~ ~形式 形式~ 形態~ 形成~ 彦~ ~彫刻
彫刻~
~影 影~ ~影響 影響~ ~役 役~ ~役人 役人~ ~役割 役割~

「彫刻~」 2198, 21ppm, 5430位

▼ 彫刻~ (377, 17.2%)

25 ように 14 ような 5 やうに, 仕事を 4 方で, 方へ, 様に 3 モデルに, 前に

2 [16件] ある大, ある大きな, お手本としては, ことに, やうな, 上に, 中に, 中の, 事を, 外に, 影響の, 持つ神秘感, 方が, 方を, 神秘的な, 美を

1 [278件] あのゆたか, あるまるい, あるりっぱ, ある入り口, ある十八世紀, ある古風, ある太い, ある巨大, ある扇子, ある指環, ある書き, ある木, ある机, ある材木, ある柱, ある燭台, ある物々しい, ある石板, ある立派, ある肘掛椅子, ある背, ある茶色, ある蒼, ある貴重, ある銀, ある麻栗樹, ある黒い, ある黒檀, いろいろの, お手本として, かざりも, ことだけ, ことで, ことなどに, ことなんか, ことや, こんだ寝椅子, ごときは, ごとくはしけ, して, してあつ, すばらしいの, それによく, たとえ, ために, たよりと, ついて, ついに及ばなかった, どの一片, なかで, ひどさ, まはり, ようだ, ようで, わきまで, アポロの, ハトが, ハトを, モデル台に, ラオコーンの, 一つには, 一例を, 一目が, 三次元性をも, 上にも, 上手な, 下は, 下まで, 世界の, 世界は, 中で, 中にと, 事だけは, 二次元性と, 人物などは, 人物は, 仏像が, 代表作と, 会なども, 伝統であった, 伝統の, 伝習から, 伝説的主題として, 体の, 作家は, 価値を, 俊才が, 保存家とかいう, 假面の, 傍に, 傍には, 傑作に, 傑作を, 優品として, 元老高村光雲翁も, 充満し, 先生に, 先生も, 先蹤として, 全部の, 内に, 円盤投げの, 写実に, 写実的特徴と, 写真が, 写真など, 写真を, 出来上った, 刀を, 刀根, 刀法その他何から, 列んだホール, 刻みめの, 北村四海さんの, 協奏曲と, 印象に, 参考です, 台座の, 号を, 同級に, 名人で, 名人として, 名人に, 名人の, 名作として, 名工に, 向日葵の, 周囲で, 唐獅子の, 器用な, 四面性といふ, 四面性とは, 図柄の, 圏外に, 土台が, 場合の, 場合或は, 外には, 外へ, 多いその, 多くは, 大会を, 大家と, 大家の, 女が, 如き今後, 如き過剰, 如き静止, 如く凝と, 如く凝として, 完全な, 寝巻から, 対象と, 左から, 延長である, 延長の, 彫り方, 影響を, 急所々, 性質が, 性質を, 意を, 所謂写実性によってのみ, 手でも, 手ほどきは, 手本とかいう, 手本に, 手際を, 才能に, 技倆も, 技法が, 技法の, 技術としては, 技術を, 技術方面の, 抽象的特徴に, 持つ内容, 持つ奥深い, 持つ魅力, 教場は, 教師である, 教師と, 数が, 新生面と, 方だった, 方にも, 方の, 方は, 施された二束, 施して, 時だ, 時代には, 木材に, 末流を, 本質から, 材料に, 様な, 様式が, 模作は, 模様の, 模様は, 樣に, 歴史の, 歴史は, 歴史を, 沢山ある, 海の, 特質を, 独逸製の, 猿は, 獨逸製の, 理想は, 理想的な, 理解を, 琉球を, 生徒も, 病気に, 真心と, 矮鶏が, 稽古としては, 穴から, 立像が, 立像だつた, 立派な, 第一流, 範囲を, 精緻人目を, 素材の, 細部を, 結構な, 線の, 美が, 美しさ, 美と, 美とに, 美に, 美は, 美も, 群像の, 聯想を, 色彩の, 芸術的三次元性は, 萩や, 街フロウレンスは, 表現する, 表現技巧が, 表面に, 衰ふる, 装飾をも, 裡に, 裸体美でも, 裸像は, 裸體に, 製作によって, 詩が, 跡と, 輪郭が, 輪郭は, 造形美術について, 連続である, 進歩発達を, 道が, 道場で, 遺物は, 金指輪の, 間から, 間で, 陰に, 非凡さを, 面に, 面白いさ, 題材には, 顔を, 類まで, 類も, 飾りを, 首と, 高さ

▼ 彫刻~ (264, 12.0%)

10 して 8 見て 4 やって, 見ると 3 やつて, 作って, 施して, 見るの, 見るよう 2 かざりつけて, するため, やろうという, 何人よりも, 撰んだと, 施したもの, 業と, 欲すべし, 見た時, 試みたり

1 [203件] いろいろ作った, おくの, かばい私, ぐいぐいと, こしらえにんじん, この紙きれ, ごてごてと, ごらん下す, したばかり, したり, した刀痕, した大小いろいろ, した扉, した時計掛, した程度, した装飾, した銀, しなければ, し色, する, するかと, すると, するとか, するについても, するの, するよう, する人, そのあるべき, そのやう, そのよう, たのしんで, たのみますと, つけたエラール, つまらぬとは, とって, どっかへ, どんどんなさる, ながめたり, ながめ暮らしたの, なさいましよ, なさるそう, なさるの, なさる方, なし画, ねっしんに, はじめたもの, はじめました, はじめ出した, ひとまとめとして, ほどこしたしかも, ほどこしたアーチ, ほどこした榱, ほどこした金具, ほどこして, まねたコンクリート, みて, もったどっしり, もって, もて飾らる, やった, やつた, やめて, やらうとしても, やりまた, やり出したの, やり出しました, やるの, やるのに, やる知り合い, やれ, よくし, 一ぱい彫りつけ, 一点出品した, 三年間修業し, 不滅の, 中世の, 主題として, 二人は, 仕事と, 仰せつかりました, 仰せ附けられたよう, 作り得ずに, 作るという, 作るの, 作るより, 依嘱, 依頼されました, 依頼し, 修めて, 修業し, 入念に, 全く無類, 全然理解, 写真に, 出來, 出品した, 初めると, 刻んだよう, 加えて, 勉強し, 勉強しろ, 勉強する, 動かして, 取りかえして, 合田氏に, 命ぜられること, 命ぜられるであろう, 唯だ, 喜ぶこ, 固定し, 多く目撃, 好んで, 学び十九歳, 学び後美術学校鋳金科, 学んで, 完成した, 容れるため, 左へ, 幾何学的に, 当時の, 得意と, 志望し, 思わせるよう, 想う者, 意味する, 愛しても, 愛し音楽, 拵える上, 持つて, 撫でつつ, 撫で廻せば, 教えて, 文学から, 施したより, 施したり, 施した七宝, 施した円い, 施した圓, 施した壺, 施した大理石, 施した如何にも, 施した寺院, 施した柄, 施した甕, 施した鏡板, 施しながら, 施し候由, 施し形, 施し着々, 施す仕事, 施せしもの, 明るく浮きあげる, 望み金箔, 概観する, 模造した, 止揚する, 残したやう, 無数に, 生み出すこと, 用うる, 病ましめる事, 直ちに絵画, 真似たもの, 眺めても, 研究したくなった, 研究する, 私は, 第二代, 純粋であらしめる, 絵に, 練習する, 考える時誰, 自然の, 褒めて, 西洋人の, 見それから, 見たこと, 見たの, 見たり, 見ても, 見ました, 見よう, 見るとき, 見る感じ, 見る眼, 見れば, 見出すこと, 覚え一人前, 試みて, 試みる者, 語る者, 諦めて, 護るため, 護ろうと, 買いに, 迷はせる, 造ったガンダーラ人, 造つた人間は, 造つてそれで, 運び去りつづいて, 非常に, 頼みたい, 頼んで

▼ 彫刻~ (259, 11.8%)

4 である, の鑿 3 のこと

2 [23件] がある, がいつた, が女王, が自分, だ, であること, であるだけ, です, としての私, などは大きい, なの, における人体, になっ, の, のうち, のモデル, の制作, の弟, の手, の眼, の触覚, はその, はセミ

1 [202件] あるいは印版師, あるいは彫刻家, から始めて, か建築家, がいくつ, がいた, がね, がねおく, がねなんだか, がブロンズ, がモデル, が一鑿一鑿, が住む, が使用, が刻むべき, が君, が土方, が大理石, が子供, が山霊, が彫刻, が文学者, が日本人, が木彫, が物, が私, が能, が自由, が見物, が詩, が輩出, だからなどという, だが, だった, だつた, だと, だよ, であった, であったらしいこと, であったアルブレヒト・デューレル, であつ, でありながら, でありました, であります, でありまだ, であり有名, であり画家, であるか, であるが, であると, であるの, である事, である何処, である何處, である岡, である某氏, である経川, でおなじ, でおのれ, です女, でその, でそれでも, でないこと, でもあった, で二十七歳, で伊太利, で個人的, で菅野, というよう, とかいう人たち, としてのあなた, としての先生, としての自分, としても優れ, として世間, として恥ずかしから, として最もよく, として有名, として認められる, とでもいった, となっ, となりました, となる, とは即ち, とは簡, とを内面的, と交際, と戦った, なり, にある, にこれ, にし, にとってはこの, になった, になりたい, になる, には彫刻家, にも逢った, によつて彫刻, に会った, に似た, に変じ, に妾, に強い, に逢え, に逢わなけれ, に鑿, に降伏, のそば, のため, のほう, のやう, のよう, のわびし, のアトリヱ, のジャコメッティ等, のゼフネル, の中, の中倉, の仕事, の伊上凡骨, の住居, の作風, の兄, の創作, の助手, の半身, の去年, の和久井献作, の地位, の女神像, の完成, の家, の屈託, の徳, の意匠, の持家, の方, の朝倉文夫氏, の業, の次, の注文通り, の爲, の牛耳, の目, の立場, の群れ, の耳, の菊池君, の藤井浩祐氏, の藤尾, の製作, の製作現場, の許, の話, の集合, の集団, は, はああ, はあり, はざら, はそう, はそういう, はた, はたった, はねそべっ, はわざと, はわざとらしい, は人生, は仏閣, は余技画, は全部牙, は女性, は嬰児, は幾度, は当然, は此, は気宇, は物, は物言掛長, は現実, は眼, は知合, は突然, は観破したがる, は言った, は談話, は黙々, へ渡す, までが彼, もあつ, もしくはその, も僕, も小説家, や画家, や蒔絵師, をいく度, を志し, を糾合, を見送った, を訳し, を養成

▼ 彫刻~ (124, 5.6%)

6 しても 4 見るよう 3 見るやう 2 いそしんで, お気づきに, なるが, 属する偶像, 於ては, 比して

1 [99件] あった, あらず, ある, あると, ある女, いい, おおわれた寺院, かざられて, こんな新しい, さ迷い商店, したって, して, しては, しようと, しろこの, しろ文芸復興, たとえて, なったり, なってからは, ならないが, よく似, よく彫られ, 一層好評, 与えたの, 亘って, 他の, 作っては, 使うこと, 例を, 出会ったの, 刻む時, 取り掛かったもの, 取り掛かるというまでには, 向かない, 向けるの, 因縁を, 塗りこんである絵具, 外ならず, 妙を, 完成の, 就いて, 就ては, 巧なる, 彫った神, 心を, 手だけ, 手鞄を, 拵えること, 接した最初, 接して, 接すれば, 據り, 散らかった干菓子, 於いても, 於ける, 於て, 曠世の, 最も近い, 殊に好い, 比しては, 注意を, 渡辺義知氏の, 現れたる中性, 現れた二個, 現われた心, 現示し, 男女裸体の, 盛名を, 眼を, 神秘的な, 禪に, 絵の具を, 腹を, 血が, 表現し, 見て, 見られるところ, 見られるよう, 見る伝統的規矩, 見入る時, 親しんだり, 豊饒な, 趣を, 転移しなけれ, 近いと, 近きもの, 通う入口, 通ふ, 通有な, 違ひない, 適するもの, 限らずあらゆる, 限りませんが, 雄大な, 面する時, 面白そう, 飾られた殿堂, 飾られた石窟, 駄肉が

▼ 彫刻~ (103, 4.7%)

5 して 4 施して 2 あった, あって, あります, ある, 施されて

1 [84件] あつた, ありすべて完全, あるかと, あるが, あると, あるという, あるの, あるので, あるもの, いくつも, きざまれて, これも, ございまして, すきな, すべて彼ひとりの, その直接, たいしたもの, ただ形式, たとい善く, つくられて, どのよう, どの程度, ないッ, なかったら, はめ込まれて, ひどくローマ, ほどこされて, ほどこされ絵, ほんとに物, もてはやさるるところ, やりたくなって, 中途で, 今にも灰, 作られ始めた, 出て, 出來, 出来あがりました, 出来また, 出来るの, 出来るもの, 出来るよう, 出来上がらぬので, 分るもの, 動くの, 十三ある, 問題と, 夜の, 好きに, 完成する, 巧みで, 広間の, 床から, 彫刻として, 微細に, 急に, 恋しくなった, 恐しい群, 所狭し, 控えて, 方形の, 施こし, 施され花模樣, 日本に, 最も簡素, 本来静止する, 此の, 浄土変の, 浮かびました, 現はれた, 盛んに, 目に, 立体的な, 置いて, 自然と, 西方の, 見たかったの, 見事であろう, 解って, 追うた情感的, 途中で, 鎌倉期の, 随所に, 飾って, 齎す肉体美

▼ 彫刻~ (91, 4.1%)

2 人間の, 怪奇を

1 [87件] いざ知らず, いちばん根源的な, うまいもん, この家, せいぜい銅, ただ仏門, だれの, とてもこの, どうと, なかなかよく出来, ほとんど原型, ほとんど新宿, ほんとに判らない, まことに碌, まだ大成, まっ裸, みんな古来の, もとよりギリシア, もとより蒔絵, やはり目, よくそれ, よほど指, 与八さんでなけれ, 中村暉氏の, 二三人にも, 二尺ばかりの, 人体の, 人形の, 何と, 個人主義から, 先ず小刀, 全然余韻, 全部象牙彫りで, 出来ない, 出来ぬ, 前時代, 動かないもの, 勿論セザンヌ, 友人の, 古代美術の, 嘘である, 多かった, 多分に, 大きな向日葵, 大抵見尽した, 大浴室, 始まるの, 実に巧妙, 帽子カケや, 平鑿, 建陀羅の, 引き取られて, 形を, 彼が, 彼にとって, 彼らが, 彼等の, 後藤平四郎漆師は, 従って, 思ったよりも, 掛かりの, 斯かる, 日本の, 早くからよほどの, 未だ珍しい, 極めて優れた, 構図も, 沢山ある, 洞壁や, 父に, 特殊の, 相当粒揃ひであ, 矢張り端麗とか, 私の, 立体の, 絵画よりも, 絵画的で, 腕力の, 良くなっ, 蚯蚓に, 西洋彫刻を, 見たこと, 遂に彫刻業, 遠くロダン, 飛鳥から, 高村に, 鶴井君に

▼ 彫刻~ (63, 2.9%)

3 な美し 2 な鼻, に表現

1 [56件] だが, であるが, である事, である能, でなくては, で生気, なこと, なもっと, なもの, なスタイル, な体躯, な作品, な効果, な均斉, な形, な形成, な影, な感じ, な感銘, な指先, な描法, な横顔, な浅黒い, な男, な白い, な立体, な精神労作, な綜合性, な自然さ, な隆起物, な顔, な顔つき, な顔立, な高い, にかきたい, になる, には不調和, に完成, に形成, に感じ, に成就, に把握, に歩み佇たせ, に浮き沈み, に立派, に締, に締つた中高, に見えた, に面白かっ, のよう, の形態, の微妙さ, の性質, の明確さ, の端麗さ, 及び舞踊的効果

▼ 彫刻~ (53, 2.4%)

2 なの, になる

1 [49件] があった, が働い, が時計, が花, が誰, その人, だが, だもの, っての, である, であれ大工, でいつも, でも如何程, で十八歳, という正体, といえ, とが詰めかけ, としては名家, としては稚拙, としてまず, として彫刻, として豪く, となった, と印刷者, と言った, になった, には彫刻, にも宛行, によって書家, に成つた, に頼ん, の人数, の作, の作った, の充分, の刀, の家, の店, の職掌, の鑿, の随一人, はいない, はこの, はさぞ, はその, も写す, も出来ますまい, を派遣, を聟

▼ 彫刻した~ (50, 2.3%)

3 ものが, 鳥を 2 もので, ように, 鳥に

1 [38件] かと思われる, とかわけても, のである, はだに漆, ものである, ものなどが, ものや, ものを, ようで, 仏殿の, 作品, 入り口の, 凸版, 台座の, 名誉の, 壺の, 夜の, 大小幾多の, 幾本かの, 支那の, 新しい石碑, 昆虫の, 木か, 柱を, 椅子, 白大理石の, 看板が, 石の, 紙切りナイフに, 置物の, 背板の, 象牙の, 連珠形の, 遊印である, 銀製の, 高村光雲と, 鬼の, 鮒の

▼ 彫刻~ (44, 2.0%)

3 いえば 2 なって, 同じよう

1 [37件] いい哲学, いっても, しあるいは, して, なり古拙, なる, なると, よび微, モデルとの, 丁度反対, 云い部屋, 人間との, 同じに, 同様に, 同様一つの, 大石柱の, 天井や, 実によく相, 対坐し, 対比され, 対比し, 戦つた, 浮彫と, 申すほか, 異ならない, 白鳳天平彫刻との, 稱せられる, 素材との, 絵の, 繪畫と, 繪畫とには, 言い良弁, 説教と, 軌を一にし, 違って, 違ふところは, 限られたの

▼ 彫刻~ (43, 2.0%)

2 油絵を, 演劇舞踊の, 画に

1 [37件] もろもろの, ギリシアの, ブロンズの, ロダンや, 仏像を, 像は, 刺繍に, 古い品物, 図絵を, 壁画で, 壁画等は, 壞れた, 宝石や, 宝石を, 工芸品を, 巨大な, 建築にも, 建築やを, 手の, 文学や, 文学作品などにも, 木材に, 極彩色の, 油絵の, 現代の, 絵や, 絵画や, 装飾画が, 襖の, 西洋の, 詩や, 詩作に, 近代名家の, 鑄型による, 陶器などの, 陶器類が, 音楽ほど

▼ 彫刻~ (41, 1.9%)

8 てある 3 てあっ, てあった, ている 2 たりする, ていた

1 [20件] その書, それを, たりまた, つつある, てほんもの, てゐる, て仏像壇, て期待, て流し込み, て種字, て置いた, て雲形, て首尾, インキも, プリニウスが, 人々は, 初めた, 封内の, 紫水晶と, 高度に

▼ 彫刻~ (31, 1.4%)

2 やったもの, 師宣や, 音楽も

1 [25件] あったし, あらゆるもの, くだり定, こ, こんなに沢山集め, されたと, し茶室, はるかに, また甚だ, やり子弟, やるという, やれば, 作らず詩, 僕の, 優れた作, 出来ると, 向日葵だ, 始まり江戸時代, 小さいもの, 建築も, 文章も, 独立した, 絵も, 絵画も, 良く日本趣味

▼ 彫刻~ (22, 1.0%)

1 [22件] あれを, いうならば, これくらい, やって, ロダン位人間の, 与えられた条件, 云えば, 何かを, 作らなかったの, 出来上って, 勝利を, 幼稚で, 心を, 思い出したが, 構成せられた, 目も, 示しました, 第一, 育つた, 装飾し, 言うならば, 飾られて

▼ 彫刻でも~ (22, 1.0%)

2 漆器でも, 見るよう

1 [18件] お買い上げ, かかる意味, すべて支那や, その他な, ない, はじめるつもり, まことに立派, やって, やろうという, 何万の, 局部的な, 建築でも, 据えたよう, 私達から, 絵画でも, 芝居でも, 見たこと, 音楽舞踊でも

▼ 彫刻では~ (18, 0.8%)

1 [18件] ありません, ない, ない在来, なかった, なかつたはず, なく一挙, なく根附, やれない位, 夢殿の, 好んで, 決してない, 泣く子, 漢代の, 目立って, 石川先生の, 私と, 翅は, 聖林寺の

▼ 彫刻にも~ (18, 0.8%)

1 [18件] それが, なって, ならないもの, みな此傾向ありし, みられない, めったに作れない, ピカソの, モウ長い, 似て, 匹敵する, 取るべきところ, 手すさび, 效果の, 未開の, 東大寺開山堂の, 無い妖異, 稀な, 遺つて

▼ 彫刻する~ (17, 0.8%)

2 ことなれ, のも

1 [13件] がまた, ことが, ことは, ことを, ということ, とか学校, となれ, と彫刻, のが, のは, 地方の, 文句迄, 材料たらしめる

▼ 彫刻~ (17, 0.8%)

2 であつ, に金

1 [13件] が点々, が甚だ, が食い付い, であるが, で代用, といふこと, として御覧, にも移った, は活き, は覚束, をまた, を取り扱い過ぎる, 有り

▼ 彫刻という~ (15, 0.7%)

3 ような 2 ものは 1 ことよりも, のは, のを, 型の, 大きい意味, 程に, 美術上の, 芸術を, 観念では, 観念の

▼ 彫刻~ (14, 0.6%)

2 あるいは写実性

1 [12件] がなくなっ, というもの, とか写実性, についての自分自身, に二, のある, の一つ, の出せる, の特色, を多分, を失う, を深く

▼ 彫刻~ (14, 0.6%)

2 へ押し出す

1 [12件] では丈五尺, では反対者, と交, にあまり, に一つ, の泰斗石川光明翁, の発達向上, の発達進歩, の白眉, の衰退, や美術界, を風靡

▼ 彫刻には~ (12, 0.5%)

1 [12件] いずれも, どこかに, ならない, コスモが, 一日も, 勢いが, 多少の, 対自然的に, 明らかに, 明治大帝の, 目も, 適当でありました

▼ 彫刻~ (11, 0.5%)

2 を云々 1 である, というよう, としてのみ語る, について殊に, の如き, の淵源, の鑑賞, をし, を与え

▼ 彫刻として~ (10, 0.5%)

1 ながめるだけ, むきに, 世に有名, 全く段違い, 始めて完備, 完備し, 未だ完全, 立派な, 表現する, 製作に

▼ 彫刻とは~ (9, 0.4%)

1 いえ本質的, こういうもの, そんなもの, 一つの, 丸で, 最も縁遠い, 言わば高次, 非常に, 音楽とは

▼ 彫刻された~ (8, 0.4%)

1 と信ずべき, ように, 今にも, 家具で, 材木と, 誌文が, 遊園地には, 銘を

▼ 彫刻~ (8, 0.4%)

2 のという 1 つてさうだ, ということ, というもの, とかふるい, とかアッ, のの

▼ 彫刻など~ (7, 0.3%)

1 いうこと, ここは, やって, 出て, 拵える時, 歩くたび, 面白い

▼ 彫刻において~ (7, 0.3%)

1 そうな, 初めて内面的寂寥, 単に肉感的, 日本自, 民衆的特色の, 素晴らしい光, 赤衛兵を

▼ 彫刻よりも~ (7, 0.3%)

1 ムダで, 傑れ, 写真の, 名作らしいです, 文学の, 絵に, 貴し

▼ 彫刻絵画~ (7, 0.3%)

1 など, に対して明, の三門, の本質, もそれ, 御亭主, 故柳敬助氏

▼ 彫刻である~ (6, 0.3%)

1 ことは, ために, のか, のは, よりも玩具, 以上それを

▼ 彫刻~ (6, 0.3%)

1 のいろんな, の意味, の技巧, の考, の肉, の面白

▼ 彫刻~ (6, 0.3%)

2 の諸 1 には適, もあり, を載せた, 極めて貴重

▼ 彫刻~ (5, 0.2%)

1 何かの, 奈良の, 屋根の, 木乃伊にでも, 練ものか

▼ 彫刻され~ (5, 0.2%)

1 その口, てある, ている, てゐる, 中に

▼ 彫刻そのもの~ (5, 0.2%)

1 が凡作, が動く, が既に, の問題, はそんな

▼ 彫刻から~ (4, 0.2%)

1 受取るもの, 影響され, 排除した, 脱け

▼ 彫刻などは~ (4, 0.2%)

1 これほど, 壁ぎわに, 皆臺の, 駄目だ

▼ 彫刻における~ (4, 0.2%)

1 ごとく, ように, ヴィーナスに, 写実的傾向が

▼ 彫刻への~ (4, 0.2%)

1 推移小説より, 欲望を, 熱情である, 興味は

▼ 彫刻~ (4, 0.2%)

1 が幅広く, の地色, の浮彫, をつける

▼ 彫刻~ (4, 0.2%)

1 のコテ, の槌, の鏨, の鑛鑿

▼ 彫刻~ (4, 0.2%)

1 にいっ, にはいっ, の中, の先生

▼ 彫刻製作~ (4, 0.2%)

1 されると, となる, に等しい, の順序

▼ 彫刻せる~ (3, 0.1%)

1 もの路傍に, 和文數千の, 數百の

▼ 彫刻といふ~ (3, 0.1%)

1 ものに, ものは, 物体に

▼ 彫刻とか~ (3, 0.1%)

1 いわゆる美術, 工藝とかは, 飾り道具とか

▼ 彫刻としての~ (3, 0.1%)

2 面白さ 1 姿態感じが

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 あれは, のであった, んです

▼ 彫刻などが~ (3, 0.1%)

1 して, その芸術的形式, 施して

▼ 彫刻などに~ (3, 0.1%)

1 すばらしい立派, 使用される, 見る神

▼ 彫刻について~ (3, 0.1%)

1 ありとある, 何等の, 当時の

▼ 彫刻にでも~ (3, 0.1%)

1 ありそう, しなければ, 近づくやう

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 にも見出し, の傑作, の名品

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 が気候, の線, を置いた

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 のなか, へ持っ, を懐かし

▼ 彫刻建築~ (3, 0.1%)

1 と自然, は空間的, または文字

▼ 彫刻熱心~ (3, 0.1%)

2 の人 1 の人たち

▼ 彫刻的契機~ (3, 0.1%)

1 から発する, に乏しい, はその

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 がそこ, に一新紀元, の技能

▼ 彫刻~ (3, 0.1%)

1 に, に関する私, の列品

▼ 彫刻からでも~ (2, 0.1%)

2 脱け

▼ 彫刻したる~ (2, 0.1%)

1 獅子の, 銀煙管にて

▼ 彫刻しない~ (2, 0.1%)

1 からである, ことに

▼ 彫刻せるごとく~ (2, 0.1%)

2 にて天然

▼ 彫刻だけが~ (2, 0.1%)

1 裝飾に, 黙然と立っ

▼ 彫刻との~ (2, 0.1%)

1 比較も, 相違は

▼ 彫刻とも~ (2, 0.1%)

1 いえるであろう, 同じこと

▼ 彫刻とを~ (2, 0.1%)

2 見た丈

▼ 彫刻と共に~ (2, 0.1%)

1 素描に, 趣の

▼ 彫刻なぞ~ (2, 0.1%)

1 いうもの, を写し

▼ 彫刻などで~ (2, 0.1%)

1 男性を, 見ると

▼ 彫刻などの~ (2, 0.1%)

1 影響を, 観照が

▼ 彫刻なども~ (2, 0.1%)

1 ギリシアから, 内地人が

▼ 彫刻なら~ (2, 0.1%)

1 何んで, 立体的に

▼ 彫刻においては~ (2, 0.1%)

2 人体を

▼ 彫刻においても~ (2, 0.1%)

1 稀に, 絵画においても

▼ 彫刻によって~ (2, 0.1%)

1 どれだけ, 生きて

▼ 彫刻に対して~ (2, 0.1%)

1 二人とも, 暗い背地

▼ 彫刻に対する~ (2, 0.1%)

1 強烈な, 憧憬は

▼ 彫刻ぶり~ (2, 0.1%)

1 が荒削り, に興味

▼ 彫刻~ (2, 0.1%)

1 広い額, 顔を

▼ 彫刻~ (2, 0.1%)

2 んもす

▼ 彫刻やら~ (2, 0.1%)

2 額やら

▼ 彫刻られ~ (2, 0.1%)

2 てある

▼ 彫刻~ (2, 0.1%)

1 て有し, の素晴

▼ 彫刻作品~ (2, 0.1%)

1 の数, の石

▼ 彫刻家ロダン~ (2, 0.1%)

1 がロオマ, などに至つて

▼ 彫刻家丹波高一~ (2, 0.1%)

1 が心魂, という落ち

▼ 彫刻家意識~ (2, 0.1%)

1 がこの, の発達

▼ 彫刻家朝倉文夫氏~ (2, 0.1%)

2 のアトリヱ

▼ 彫刻家芸術上~ (2, 0.1%)

2 の素人等

▼ 彫刻家達~ (2, 0.1%)

1 と一緒, の持っ

▼ 彫刻~ (2, 0.1%)

1 が牛車, は今夜

▼ 彫刻工芸~ (2, 0.1%)

1 の世界, は私

▼ 彫刻師凡骨~ (2, 0.1%)

1 などのお伴, をかし

▼ 彫刻技術~ (2, 0.1%)

1 の伝統, を父

▼ 彫刻様式~ (2, 0.1%)

1 の上, もほぼ

▼ 彫刻活字~ (2, 0.1%)

1 が工夫, といふ日本

▼ 彫刻的形象~ (2, 0.1%)

1 としてうけ入れられ, の様相

▼ 彫刻的表現~ (2, 0.1%)

1 が大きな, のよう

▼ 彫刻繪畫~ (2, 0.1%)

1 など, はどんな

▼ 彫刻~ (2, 0.1%)

1 から見れ, 或は白鳳彫刻観

▼ 彫刻音楽~ (2, 0.1%)

1 に至る, は勿論

▼ 彫刻頒布会~ (2, 0.1%)

2 を発表

▼1* [208件]

彫刻あり劍槍術馬術弓術柔術相撲水泳諸, 彫刻ある鎧の, 彫刻および中真, 彫刻かて男性でも, 彫刻かと思はれる, 彫刻けたもののよう, 彫刻ここのは生き, 彫刻させて掛額, 彫刻さながらの気高い, 彫刻したくなって来た, 彫刻しました彼等の, 彫刻じゃないか, 彫刻せずにある, 彫刻せられている, 彫刻せられたものである, 彫刻せんには藝術家, 彫刻そのま, 彫刻そのままの恰好, 彫刻その他種々の工芸的製作, 彫刻それから宮の, 彫刻だってそれからどんな, 彫刻だの建築だ, 彫刻がひ, 彫刻つきのデスク, 彫刻であったに過ぎず, 彫刻であれ演劇であれ, 彫刻でございましてその, 彫刻でなくまた蒔繪, 彫刻でなければ駄目, 彫刻とかは勿論料理, 彫刻とが確かに, 彫刻としては一種の, 彫刻としてよりも人形として, 彫刻とて高が, 彫刻とで立って, 彫刻ながら鉛ボデイの, 彫刻なさるともち, 彫刻なぞと違って, 彫刻などでもあまりに近く, 彫刻などと呼ぶ以上, 彫刻などについていろいろ教え, 彫刻などにて美術家の, 彫刻などには大抵刀の, 彫刻ならざるもの建築ならざる, 彫刻なり作ったならばと, 彫刻なんて本当に薄, 彫刻におきましてもいうまでも, 彫刻にかけても偉いという, 彫刻についての考察から, 彫刻についても国文学上の, 彫刻につれて忘れ難い, 彫刻にて衣裳頭の, 彫刻にまで造られて, 彫刻によってよりもむしろ芸術的, 彫刻によりまた建築, 彫刻に対しても音楽に対しても, 彫刻のみならず芸術, 彫刻のみにかかりきり, 彫刻はと云へば, 彫刻また絵画の, 彫刻または建築の, 彫刻まで上手に, 彫刻みたように, 彫刻やは部分的なる, 彫刻より先生のが, 彫刻らしいものを, 彫刻てある, 彫刻をかばひ私, 彫刻を以て為ようと, 彫刻で飾った, 彫刻ファサアドが何百何年, 彫刻ベルン製の城, 彫刻ポスター技芸品といったよう, 彫刻マスネエの音楽, 彫刻モ石段ノ下, 彫刻一通りの順序, 彫刻今日でいへ, 彫刻を見る, 彫刻仕上げたとき父親に, 彫刻付きの古, 彫刻以上に汲取, 彫刻以前からの事, 彫刻の先駆, 彫刻を, 彫刻修業のためパリ, 彫刻修繕の方, 彫刻にろくな, 彫刻入りのメダル, 彫刻全く無類の, 彫刻全般芸術全般の問題, 彫刻を現に, 彫刻半紙六枚の名古屋新聞, 彫刻及設計の一切, 彫刻取扱手伝という名義, 彫刻の左右, 彫刻史中では, 彫刻名人作阿弥の身寄り, 彫刻品人形浮彫の品等, 彫刻四つである, 彫刻塑像には帝展, 彫刻のくすんだ, 彫刻大いに行はれ, 彫刻天井や壁, 彫刻阿弥の, 彫刻家さんのなさる, 彫刻家たちもときたま, 彫刻家つていふの, 彫刻家カリマコスの逸話, 彫刻家クララ・ウェストホフに對, 彫刻家ストロンジリオンの作った, 彫刻家セラッキの妹, 彫刻家トルヴァゼンに扮, 彫刻家ベチウスの河岸, 彫刻家ムニエの芸術, 彫刻家仲間に珍重, 彫刻家作陶家等そんな仕事, 彫刻家医文法理工の学士, 彫刻家多数であるが, 彫刻家山田鬼斎氏はまれ, 彫刻家左甚五郎作の眠り猫, 彫刻家建築家文學者音樂家等の個性型, 彫刻家建築家文學者音樂者等の名, 彫刻家建築師達は小さな, 彫刻家建築技師土木技師造園家などが日々彼, 彫刻家戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 彫刻家漆工指物師など幾多, 彫刻家独逸人のフリッツ・ル, 彫刻家生活をつづけ, 彫刻家画家はすべて名, 彫刻家的幽暗の, 彫刻専門であった, 彫刻小説と演劇, 彫刻師たちもそれぞれ出品, 彫刻師染工などから馬, 彫刻師自身の意匠, 彫刻帯軒蛇腹更にその, 彫刻建築工芸の粋, 彫刻建築庭園等美術の美, 彫刻彩色縫箔挿花盆栽庭作り建築等みな美術なり, 彫刻手伝を仰附けられた, 彫刻技法をそのまま, 彫刻数点までを加えた, 彫刻数点クローデル嬢の作品, 彫刻や蒔絵, 彫刻書画をもっ, 彫刻染織仏像舞楽面蒔絵もの熊野懐紙, 彫刻染織蒔絵鋳造刀鍛冶仮面打なども彼, 彫刻にダリヤ, 彫刻椰子大きなバナナ, 彫刻の意識, 彫刻模型写真演奏歌唱其の他, 彫刻武具漆工芸古文書類などケース, 彫刻活動写真の濡れ場, 彫刻演劇やキネマ, 彫刻演劇舞踊の方面, 彫刻煙草入れも同様, 彫刻物宝玉の飾, 彫刻理法の中心, 彫刻的あらわれとして殆, 彫刻的一齣であるとい, 彫刻的作品を描い, 彫刻的分子が多い, 彫刻的彫刻に外, 彫刻的昂奮を感ずる, 彫刻的様式であったに, 彫刻的気持は解らない, 彫刻的特質にある, 彫刻的省略と誇張, 彫刻的究明を行つて, 彫刻的空間としてあらわれる, 彫刻的組立が出来, 彫刻的線の美, 彫刻的能力を出し尽した, 彫刻的舞踊的及び音楽的効果, 彫刻的表情なの, 彫刻的要約である, 彫刻的面の力学的構成, 彫刻に入り, 彫刻科学等の方面, 彫刻競技会を開き, 彫刻絵画その他種々の工芸品, 彫刻絵画ともにある, 彫刻絵画工芸作品舞踊力士の体格, 彫刻絵画工芸書道などについては私, 彫刻絵画漆工磁工などが僅か, 彫刻絵画蒔絵彫金等の名家, 彫刻の姿見, 彫刻縦書き横書き斜め書きペン鉛筆小刀爪名文あり警句, 彫刻繪畫その他一切の品物, 彫刻美術工芸品特殊建造物名園などなどを初め, 彫刻に接し, 彫刻者ロダンのやう, 彫刻肖像画の類, 彫刻自体から直流, 彫刻自身としてはとる, 彫刻花模様の陶器, 彫刻藻絵を事, 彫刻設計ヲ爲ス, 彫刻詩文書法音韻学医道薬物その他土木造筆製墨製紙の諸, 彫刻車宝石機械道具等が, 彫刻象牙細工銅器刺繍陶器各種の制作者中, 彫刻運動のもと, 彫刻金具の葵, 彫刻鋳金などの美術工芸, 彫刻隆盛の後, 彫刻を見, 彫刻などを擧げなく, 彫刻骨董品のおびただしい