青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悲しみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悪戯~ ~悪魔 悪魔~ ~悲し 悲し~ ~悲しい 悲しい~ ~悲しく 悲しく~ ~悲しみ
悲しみ~
~悲劇 悲劇~ 悲哀~ 悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱

「悲しみ~」 3283, 34ppm, 3442位

▼ 悲しみ~ (557, 17.0%)

8 感じた 7 覚えた 6 感じて 5 見て, 覚えて 4 もって, もつて 3 して, 味わって, 帯びて, 忘れて, 持って, 胸に

2 [28件] いだいて, おさえて, お察し, させるの, 人に, 何時までも, 含めたの, 含んで, 彼は, 心に, 心の, 忘れること, 思って, 感ずる, 抱いて, 新たに, 深くさせ, 深めるに, 理解し得る, 知って, 知つてゐる, 知ること, 私は, 表して, 見るの, 見出すこと, 覺える, 誰かに

1 [444件] あまり示すまい, あらわす事, あらわす方法, いうもの, いかに支え, いだいた儘いつかそれ, いろいろと, うたった歌, うち明けたかった, おいかけるよう, おさえながら, おさえやさしく, おさえようと, おさえる力, おさえ娘たち, おもった, お忘れ, お感じ, お覚え, かみくだき水気, かみしめて, くんで, ぐっと堪え, こえて, こらえながら, こらへて, さえ彼女, さえ忘れて, させる結果, した人, しないやう, しながら, しなければ, しのごうとして, じっとこらえ, じっと噛みしめ, じっと堪える, すっかり流し, するばかり, そ, そそった, そそったから, その心, そらして, た, たたえて, ただひとり, たっぷり溢れさす, ためらわせる, ちよいと, つたへる, どこまでも, なくして, なくしは, なぐさめようとの, なさる方, ひそめて, ひたに, ひどく痛切, ふみくだいて, ふるひ落しながら, ほかの, ほとんど打ちあけなかった, ほんとうに, まえに, まぎらさうと, まぎらして, まぎらすこと, まぎらすため, まぎらす為, また経験, みのる自身が, もう知っ, もたらしたかは, もたらして, もってるの, やる, よそに, よりよく知らせん, わがもの, われらの, われわれの, 一人でし, 一度に, 一時に, 一生忘れないだろう, 一生懸命に, 不用な, 与えたこと, 与えたの, 与えなくては, 与えられた人間, 与える, 与えるだけ, 与えるもの, 与え得る人, 与へて, 与へる行動, 乱さなければ, 他人に, 休ませるの, 伝うるもの, 伝えた尊い, 体験させられる, 体験し, 何が, 余計刳った, 促すよう, 倶に, 催さずには, 催す, 僕には, 僥倖と, 償うこと, 優しいま, 先生に, 全く知らなかつた, 共にする, 共にせん, 共に味, 内に, 処理し, 出し得る人, 分かちながら, 分かち荷, 分ち合った, 分つこと, 切実に, 別け持つこと, 制える, 刻みつけて, 加重する, 半ば分ちもつ, 友の, 取り去るため, 取り扱う姿, 取扱った民間, 受けた者, 受けとめかねた, 叙し, 同時に思ふ, 含んだもの, 含んだ甘い, 含んだ若い, 呑み込んで, 味う, 味はった, 味ひ, 味わ, 味わいました, 味わうこと, 味わせて, 味わっただけさ, 味わわされて, 味わわなければ, 和げるどころか, 和げゐたるなり, 和らげて, 哀訴し, 喚び帰, 喜びに, 嗅ぎわけた, 嘆ぜざるを, 嘲笑する, 嘲笑の, 堪へた人, 増さしむれば, 増さじとて, 増さするより, 増させること, 声美しく, 変形させ, 多く覚え, 奏しない, 奔流させず, 女への, 始めて, 守って, 実感の, 宿したよう, 少しでも, 少しも, 常に新た, 幾分でも, 底に, 引き出される結果, 弱々しく認められ, 彼から, 得るは, 御存じない, 忍ぶやう, 忘れさせようと, 忘れず天鼓, 忘れそう, 忘れた, 忘れたと, 忘れなければ, 忘れよう, 忘れるため, 忘れ尽くせる日, 思いやって, 思い起こさして, 思うと, 思ひやると, 思ひやるといふ, 思ふ生きると, 怺え, 悟って, 悲しみと, 悲しみながら, 悲しむこれ人間, 悲しむ少女, 悲しんで, 想像し出そう, 感じかつ, 感じさせた, 感じずには, 感じたの, 感じない, 感じないが, 感じながら, 感じられたの, 感じるその, 感じるであらうかと, 感じるの, 感じるよう, 感じる事例, 感じる時, 感じ得る心, 感じ黙った, 感ずること, 感ずるという, 感ずるの, 感ずる者, 感ぜずに, 感ぜずには, 愧じる, 慰めあって, 慰めて, 慰めるため, 慰めるよう, 懷きつ, 我れ, 我身に, 打ちあける一人, 打ち明けるの, 打ち明ける為め, 打忘れ, 払うため, 払ったこと, 払ひ落さう, 抑えて, 投げつけられたその, 抱かせた, 抱きながら, 抱くよう, 押えきれないで, 押さえつける清朗さ, 押さえるよう, 押しかくすやう, 持たせる氣, 持たないの, 持った時, 持ってるの, 持つこの, 持つた人間, 持つて, 持つ川手氏, 捨てに, 描いた名画, 揺すぶられる, 撒いただけで, 救う手, 教えて, 斬り落して, 新しく色, 新に, 早く忘れ, 晴らして, 書いて, 最も厭, 案ずるどころ, 歌った詩, 歌って, 歌つてゐる, 歌ひ, 此胸一つに, 此語に, 武装解除させられた, 汲分け得なかった, 決して私, 泣く事, 浪費し, 浮かべて, 浮べてる眼付, 浮べながら, 消させること, 消すよし, 深くされるであらう, 深くした, 深く味わっ, 深めて, 深め養, 減ずる, 温める力, 湛えた黒い, 湛へたさ, 湛へて, 無理に, 物の, 物語らせなべ, 現は, 現わし, 理会し, 理解しよう, 琴の, 琵琶歌を以て, 生み溜息, 痛切に, 癒すと, 知った時, 知らず, 知らせて, 知らないもの, 知らないやう, 知らないよう, 知らぬ人, 短くする, 示された, 示して, 私などには, 私に, 秘めて, 空に, 突きぬけて, 籠めた, 籠めて, 紛らすこと, 紛らすため, 紛らすばかり, 紛らすやう, 紛らそうと, 紛らわすため, 経験した, 絶した, 緩和する, 考えさせること, 考へたこと, 耐えながら, 耐える耐えかた, 耐え忍ぶ気, 聞いた, 聞きつけた思い, 聞く者, 聞けば, 背負いそれら, 胸いっぱいに, 脱れよ, 自分で, 自分の, 自分ひとりの, 與へる, 舐め尽し食い尽して, 舐め盡, 草雲は, 表す別, 表わすのに, 表わすもの, 表現しよう, 装おうと, 装って, 裝は, 見せて, 見せるの, 見つける男, 見なければ, 見まいと, 見る, 見るに, 見出し鳴きながら, 覚えけるかな, 覚えさせた, 覚えさせるもの, 覚えたが, 覚えた記憶, 覚えましたよ, 覚える, 覚えるの, 覚え始めた, 覚え実際, 覺え, 言いかわすこと, 言い初め, 言葉の, 計りうるで, 計りうるであろう乎, 訴えかねた, 訴えたいと, 訴えて, 訴えも, 訴える, 訴えると, 訴ふる, 訴へ, 訴へて, 詠じたもの, 話しお, 話したいと, 話して, 話題に, 誘うたの, 誘うのみ, 誘ひ出さうと, 誘わるるばかり, 語った口もと, 語って, 語り優しい, 語り合う人, 語り合って, 語る唯一, 諧謔の, 貫く歓喜, 賣物, 起し是非, 越えた気持, 越えた軽やか, 追想し, 追求する, 逆に, 運んで, 過ぎつて, 過ぎりながら, 遠慮の, 避けなければ, 鎭める, 防ぐすべ, 隔て, 隠して, 隠し私たちみんな, 隠そうとも, 離れて, 頒つ, 頼りなく, 齒を

▼ 悲しみ~ (537, 16.4%)

16 ために 15 中に 12 うちに 10 深さ, 色が 7 色を 6 底に 5 なかに, 塑像, 涙を 4 どん底に 3 中にも, 底を, 最中に, 村の, 歌を, 涙が, 涙に, 淵に

2 [48件] うちにも, かたまりに, ためにも, ため力なく, なかから, ほかに, やうな, ように, 一つだ, 上に, 中でも, 代りには, 分岐点に, 別して深い, 原因を, 味を, 堰が, 声に, 声は, 声を, 夢は, 市, 影が, 影は, 後に, 心あふれ, 情が, 意識との, 感情を, 有無は, 毒虫と, 氾濫何か, 涙で, 涙では, 為か, 爲めに, 王土の, 皺を, 種に, 翳に, 翳を, 聖母, 色は, 見えるの, 門が, 闇に, 青き綾糸, 顔を

1 [322件] あとかたも, あまりある, あまりどうなった, あまりに婆, あまりに復讎, あまりに怒る, あまりに病気, あまりに私, あまりに髪, あまりものを, あまり今にも, あまり御, あまり息絶えた, あまり悉く, あまり感情の, あまり憤り, あまり手紙を, あまり気を, あまり泣き出す, あまり泣く, あまり病人の, あまり立ちあがつ, あまり自分の, あまり自害しよう, あまり身体が, あまり雙手を, あまり驚きの, ありかた, ありさ, ある人, ある物, いかに深い, いたさ, うちには, うつくしさ, おりに, おりにも, かげから, かたまりを, かたわらに, ことを, こもった気持, さし通る, しずめがたい, しるしだ, しるしの, せいで, せつなさ, そのよう, ためそれを, ためでは, ため室内に, ときな, ときに, とき悲しみの, ない先頃, ない処, ない幸福, なかだって, なかへ, にがい涙, はじめに, ほうが, ほうへ, ほかは, まん中に, もとから, やうに, ゆえんを, わく心には, をさまら, スリルが, デヤドラ, メロディーが, モメントとして, リズムの, 一つだった, 一首を, 上を, 世を, 世界に, 丘に, 丘を, 中から, 中で, 中にこそ, 中の, 中や, 中心に, 二つ味ふ, 交ったある, 人忍耐と, 休む間, 位置と, 余り, 余りについ私, 余りに首, 余りまた, 余り憂鬱症に, 余り気が, 余り疲れ, 余り眼を, 余り私が, 余り首を, 余裕を, 像の, 先輩として, 先駆である, 光景に, 全部を, 前には, 厳かなる, 去来する, 叫びを, 叫び声, 叫び声を, 合唱は, 合掌を, 合理化である, 呪いを, 味わいまた, 唯一無二の, 囚に, 在るところ, 地を, 坎かく深く, 坎に, 場合には, 場所から, 境遇の, 外の, 外へ, 多いこと, 多い人, 多い人生, 多い物しずか, 多くなる如く思ひ, 夜が, 大渦巻き, 天女を, 奏楽の, 奥深く地下, 女イヴ, 始まったあの, 始まりな, 姿に, 姿勢を, 姿態でしょう, 子だ, 子供なれ, 実感が, 家を, 家シュナイダア方の, 宿命に対して, 寡婦と, 少し深い, 尽きるとき, 川と, 巻, 底で, 底につき, 底の, 影である, 径園の, 心が, 心に, 心を, 念が, 念に, 思いを, 性質において, 情に, 情を, 意味は, 意識が, 感じも, 感よりは, 感情で, 感情の, 感情も, 所在によ, 所在によって, 投げ罠, 文学が, 方が, 方へ, 日, 日からは, 日が, 日に, 日は, 日も, 時に, 時にも, 時機は, 時間が, 曲も, 最深きものに, 月日であった, 有る無し, 末の, 村に, 枝に, 根は, 根本に, 棲む谷間, 極まりし時, 極みで, 極みです, 極みに, 極みの, 極みまで, 極を, 極点は, 歌, 歌ばかり, 歎き, 残る家, 民坐したる, 気配によ, 氣分は, 氣息に, 沈まって, 泉である, 波形を, 泣き声が, 泪を, 涙か, 涙でも, 涙とは, 涙の, 涙乾く, 深い歌, 深い沼, 深い菅井和尚, 深くなる, 淵の, 湧くの, 漂う顔, 潜むの, 澱を, 濠の, 火が, 為だ, 為めで, 焔であろう, 煙だ, 玉初心の, 球の, 生んだ文, 痕は, 痕を, 発作に, 真新しさ, 真理を, 眼とは, 眼を, 砲声は, 祈りを, 程度が, 種しか, 種だった, 種であった, 種でした, 種を, 空気を, 立像, 節とを, 籠って, 終わりかと, 結び方に, 結果だ, 結果生活の, 綯い合わされた涙, 聖なる道筋, 聖母の, 聲は, 聲はげしき, 聲音は, 色に, 色の, 花火を, 苦しさ, 葬式や, 虫, 行列の, 表情に, 表情を, 表現として, 表現を, 表象だつた, 裡に, 裡にも, 言動に, 話は, 谷へ, 跡の, 路を, 踊りでなく, 踊りを, 途中で, 連鎖の, 逸まった, 道にも, 重味に, 量を, 錯綜した, 門か, 門も, 間に, 限りを, 際に, 雰囲気を, 露と, 青き蜜柑, 静まって, 静寂の, 靴の, 音の, 顛倒した, 風が, 高まつ

▼ 悲しみ~ (419, 12.8%)

17 沈んで 9 なって 7 なった, 似たもの 5 おぼれて, なるの, 心を, 浸って, 満ちて 4 胸が, 胸を 3 なること, 打たれて, 疲れて, 私は

2 [22件] くず折れ, たえられなかった, はりさけないの, 似て, 充てる人, 因縁の, 堪えずして, 堪えないで, 心が, 慣れて, 打ちひしがれて, 氣に, 沈む, 満たされて, 溺れて, 滿ちた, 私を, 耐えて, 茫然と, 遇はんとは, 鎖されて, 閉された面影

1 [290件] あいますとか, あたらしい涙, あって, あなたを, あはれな, あふれて, ある疲れた体, いら立って, うずき始めた, うちひしがれ, うちふるえ, うち勝った, うつりぬ, おそわれその, おびやかされず進んで, おぼれきって, おぼれること, お堪え, お沈みあそばす, お溺れ, かかわりも, かたく鋭くされ, くずおれて, くずれるの, くもった, くるって, くれた大臣, くれた様子, くれて, くれる, こたへる方法, こりかたまって, さへ, しずんだ声, しずんで, せきあげるやう, それは, たえかねて, たえきれぬ想い, たえて, たえやらず君, ちかい驚ろ, つけて, つけなべて, つけ始終, つけ私, つけ自ら, つつまれて, つつまれながら, つつまれました, つながれあれこれ, とざされるなら僕, なきぬれて, なったという, なやまされながら, ならないが, なりましても, なりますこと, なるかが, なるであろうと, なるふう, なるほどの, なる心, なんべ, ひきかえ捕虜, ひしひしと, ひたされて, ふけらないため, ふけるさい, ふさがらせたまま帰途, ふさがらせたまま船, ふるえて, ふるえながら, ぼけたところ, ぼけたふう, まぎれて, まさらじ, まんべんなく裏打ち, みちたもの, みちた曲, みちた現実, みちた眼, みちて, みちてるよう, むしろ茫然, やつれた顏, ややまさった, ゆがんで, 一つは, 乱された私, 云はで, 交る, 代って, 以前の, 会って, 似たいい, 似たよう, 体が, 何とも申し上げられませぬ, 何べん, 何も, 倒れた私, 傷れ, 傷んだところ, 充たされた心臟, 充ちたやう, 充ちた声, 充ちて, 充ちるとき, 入り込まれた人, 出会うでも, 出遇, 加えて, 動かすという, 勝つこと, 包まれて, 包まれては, 化して, 半分は, 取り乱されるな, 取り乱しそう, 取り乱して, 取り巻かれ夕べ, 只, 合致する, 同情する, 同感し, 囚われた, 囚われて, 囚われる, 国境なし, 地も, 均衡する, 堪えかねて, 堪えがたくおなり, 堪えざる処, 堪えて, 堪えないという, 堪えないふう, 堪えなかった話, 堪えぬふう, 堪えぬ御, 堪えやらぬ母親, 堪えようか, 堪えられなかった, 堪えられなかったと, 堪え得ず優しい, 堪え得ず気鬱, 堪へかねて, 堪へざるものの, 堪へぬもの, 堪へられなくな, 堪へ給うて, 変わって, 外ならぬ, 対立する, 小さく顫, 少し甘酸っぱい, 就て, 帝を, 床についても, 強打された, 心から同情, 心は, 心も, 応へる, 思いを, 思わず眼, 急激に, 息を, 悶えて, 悶え自分, 想到し, 感染する, 打しおれ, 打たれたやう, 打たれたろうが, 打たれた心持, 打たれながら, 打ちくだかれる以上, 打ちのめされた僧, 打ちのめされて, 打ちひしがれた姿, 打ちひしがれながらも, 打ちひしがれる主人六兵衞, 打ち拉がれ時には, 打ち沈むこと, 打ち沈んだ男やもめ, 打ち沈んで, 打ち負かされては, 打ひしがれ, 打れ, 捉えられた彼, 捕はれないの, 捕はれなくなった, 捕われて, 捻れたよう, 於て, 暗い日, 暗くなる, 服して, 死ぬるの, 比べては, 比べると, 気が, 気がついて, 気づかないほど, 気に入って, 沈ませるところ, 沈みきって, 沈みその後, 沈みながら, 沈み思い, 沈んだ, 沈んだ時, 沈んでばかりも, 沈んでも, 沈んでる者, 泣いたり, 泣かすこと, 泣き叫んで, 泣くこと, 流す涙, 浸り切って, 浸ること, 浸れ, 深い同情, 混って, 混つて來た, 混乱し, 添った一つ, 湿んで, 湿んでゐた, 満ちた心, 満ちた私, 満ちながら, 溢れたよう, 溢れた喉, 激しく壓, 濡れた姫, 濡れて, 濡れ煩悩, 甘えること, 生を, 疲れたやう, 目も, 相違ない, 眼醒める, 移りかけて, 窶れた色, 立ち給う, 耐えようと, 耐え二人, 胴を, 胸の, 萎れこの, 落ちては, 落ちるばかり, 襲はれ, 襲われた, 襲われて, 襲われる, 襲われる所, 触れて, 言葉も, 誘われて, 語さへ, 負けては, 身を, 転りぬ, 近いもの, 迫られて, 通じるほど, 逢ったあと, 逢つた人々を, 遇わねば, 遭って, 重ねて, 閉された, 閉されながら, 閉され物, 陥った, 陥って, 震えて, 震えながら, 面や, 鞭を, 顔を, 顛倒し, 首垂れ

▼ 悲しみ~ (265, 8.1%)

6 ある 5 こみ上げて, 胸を 4 彼の 3 こみあげて, それを, わきあがりました, 私の, 空の

2 [14件] あった, あつた, あるの, どんなもの, 一度に, 一時に, 微塵も, 心に, 心の, 有るもの, 深い, 生じて, 胸に, 胸の

1 [202件] あったが, あったり, あって, あっても, あつたらう, あまり大でない, ありました, ありました時, あります, あり慰め, あること, あると, あるとも, あるよう, あるわけ, ある行って, あれば, あろうと, おのずからその, お前たちと, お前の, お母さんに, かからないよう, かくの, きゅうに, この少女, こみ上げる, こめた, こもって, これから見出そう, ごっちゃに, さらにまさっ, しだいに寄せ, すぐに, すべてを, ずっと続きまし, そこに, そのうち, その對象, その悲しい, そんなだから, ただよって, つきまとうもの, つのって, つのるばかり, とどいて, どこか, どっと, なかったなら, なくて, なんだらう, はつきりと, ひらめいた, ぴったり結び合わされ, もとで, よみがえりせきあえぬふう, わかるん, わき出しそれ, エリザベートを, マリーナの, 一しほ, 一つに, 一ぱいに, 一層彼女, 一滴ずつ, 丁度庭園, 不幸な, 二人を, 人の, 今や新た, 以前は, 伝わって, 伴った, 伴つた, 伴われなければ, 住んで, 何か, 何処から, 俄かに, 先だちまして, 先に, 光君を, 再び強烈, 再現する, 冬の, 出て, 分り過ぎる程, 刷毛では, 前を, 去らない様, 去ると, 去来します, 又湧い, 又犇, 友には, 向ふ, 味われた, 喜びと, 地の, 外から, 多い, 多いの, 如何に, 始まる, 子供の, 宿つてゐた, 宿つてゐる, 宿る, 少いかも, 少しずつ, 少し静まっ, 己むをえないことではなくてむしろ気休めである, 巻き起つて, 常に添っ, 式場の, 弥増る, 彼に, 彼らの, 彼を, 彼女にも, 彼女を, 心を, 忘れられないの, 思はれて, 怨みと, 息づき歓楽, 悪ずら, 悲しく想像, 悲しみを, 押寄せようとも, 控えて, 新しくなった, 新しくなりまし, 時ならず, 来る, 来れば, 歌われたもの, 歓喜に, 残った, 水の, 永い, 決して分らない, 沈むで, 治三郎を, 流れて, 浸みついて, 消えて, 消えるもの, 深いの, 深きにつれて, 深くて, 深くなり, 深く余り, 深く染みつい, 深まって, 混つてゐた, 湛えられて, 湧き上がって, 湧くばかり, 潜むと, 潜んで, 無いもの, 現われた, 現われて, 生々しい実感, 生命を, 男性の, 町の, 疾風の, 目醒め, 直ちに私, 神に, 私に, 突き出て, 突然練吉, 紛れないこと, 続くため, 美しい彼女, 美の, 胸いっぱいである, 胸から, 自分の, 萎ませた, 薄らいだ時, 薄らいで, 蘇生った, 襲うて, 襲つて来た, 見えるよう, 見たくないため, 言外に, 誘われて, 読者の, 込み上げて, 迫って, 迫つて來る, 過ぎたら必ず又, 過ぎ去るの, 遣瀬, 長く続い, 隣り合せ, 集中し

▼ 悲しみ~ (256, 7.8%)

6 なくこと 5 しなかった 3 いよいよふかく, なかった, 泣くこと

2 [14件] 別として, 喜びに, 堤を, 増して, 幾何泣い, 月が, 深い, 玉と, 眼を, 素朴であり, 老後も, 血液的な, 読者の, 頑是なき

1 [208件] あとから, あの寛弘七年夫, あると, いたしません, いっそう深く, いよいよ深く, かう云, かえって深められた, かかる憬れ, きわめて残虐, こういう世界, ここに, この時, これ以上に, ございますよ, さしおいて, さすがの, さやう, しげ子や, したが, したけれども, しだいに隠微, しない, しなかったか, しなかつた, しばらくの, しまいかと, すでにつぐなわれ, すべてつまらない, すべての, するだろう, せき上がって, そうでなけれ, そこだ, その時期, それでも, それによ, ただひとり君, たちまち憤怒, つきない, つづくの, とうてい忘, とりも, どういう偶然, どうしても彼女, どうしよう, どうだろう, どうであった, どう慰めよう, どこへ, どの程度, どれほど, どれほど深い, どれ程, どんなであろう, どんなでしたでしょう, どんなでしたろう, なかつた, なかつたもの, ぬけそう, はじまる, はたいて, へりは, ほかならぬ, ほとんどたえ, まさるとも, ますます大きく, ますます深まる, ますます鋭く, まだ年, むしろ現, もう何所, もはや欲望, やがてその, ややゆるめられ, ゆるくなる, よく分らない, わかるが, わがかの, ゴマ化され, ハッキリ覚え, 一つ, 一つのみに, 世の中の, 二つの, 人間を, 人間同士の, 今も, 仲間の, 体じゅうだった, 何んとも, 依然として認められる, 僕の, 僕を, 元より, 全く感じませんでした, 冷気と, 分散される, 初めてだった, 到底筆, 前にも, 千世子の, 半分別け, 南都北嶺の, 却って少女, 去らず, 去る, 口の, 吐き出さずに, 味わわせられたが, 四幕十場の, 増すばかし, 増すばかり, 大きいの, 大きかった, 大きなもの, 大将にとって, 大河の, 大空を, 太陽をも, 女として, 如何ばかり, 娘お, 完全に, 容易に, 察する, 小説書く, 少しも, 少年時代の, 嵩を, 左様に, 常にそれ自ら僕等, 平次にも, 幸福でない, 幼い日, 当然の, 彼の, 彼女一生の, 心の, 忘れられて, 忽ち納得, 悲しみとしても, 慰謝を, 成都へも, 持てなかった, 救うに, 救えないという, 文壇の, 新規な, 明るし, 時を, 普通の, 最愛の, 最早や, 本当に知る, 本心の, 次第に打ち消され, 死にうせる, 氷の, 永劫に, 消えないばかりか, 深くし, 深くその, 深くなった, 深くばかりに, 湧き上がって, 無之候, 照子は, 現實世界, 理窟で, 申しやう, 異質な, 異郷に, 當然といふ, 短時日で, 私が, 私に, 私の, 稍, 突然憤怒, 絶えなかつた, 美くしく, 耐え難いもの, 育ちつつ, 胸に, 胸一つには, 自分に, 自分の, 致しませんよ, 苦痛である, 見られますが, 見過ごせないで, 覚えて, 親の, 誘われて, 貴兄が, 貴嬢, 赤く腫れあがっ, 踊る足さきから, 近代の, 過ぎた四, 重く鈍く胸, 金を, 長い年, 限りも, 陸に, 雪の, 非常で

▼ 悲しみ~ (194, 5.9%)

3 なって, 困惑とに, 怒りに, 苦しみを

2 [16件] ならねば, 一緒に, 云うもの, 今後が, 嬉しさ, 怒りの, 怒りを, 恐れとを, 憤りに, 歓びの, 淋しさ, 病いに, 絶望の, 苦しみと, 苦しみとを, 驚きとは

1 [150件] あきらめと, あこがれとに, いうだけ, いうよりは, いうよりも, いって, いへども, おどろきの, がっかりした, さうし, さっきの, さびしさの, しかしながらまた不思議, するくら, すること, するの, する悲しみ, そして東京, その悶え, でなければ, なりて, なるべし, なる愛する人, みじめな, やるせなさ, ゆかしさ, よろこびが, 不具の, 不名誉とは, 不安と, 不安との, 云う事, 云う物, 云っても, 似て, 偉大な, 優しみの, 厳かさを, 古人は, 同じよう, 同時に僕, 同時に恋人, 同瞬間, 名づくべき, 名づけられるこころもち, 善意とも, 喜びが, 喜びと, 喜びとが, 喜びとの, 喜びの, 嘆き, 嘆きが, 変じ孤独, 変った, 失望との, 失望とを, 失望の, 奮戦し, 女の, 妻たる, 嫌悪の, 子供や, 安慰, 寂しさ, 寂寥を, 小林の, 屈辱では, 希望とを, 幸あれ, 彼の, 徒労の, 心の, 怒りが, 怒りで, 怒りとが, 怖れ, 思いを, 怨みとを, 恋が, 恋しさ, 恐怖を, 恥とは, 恥とを, 悔い心, 悔みとが, 悦びとが, 悦びとの, 悦びとを, 悪魔の, 悲しみを, 愛との, 愛情との, 憎しみの, 憎みとに, 憤りとに, 憤りとの, 憤りとを以て, 憤りの, 憤りを, 憤りをもって, 挫折とをこそ, 数多の, 新たな, 時に多く, 月光と, 次男を, 歯噛みしたい, 死とわざわいをおくれ, 母性愛を, 法悦との, 涙の, 災害との, 熱狂とを, 燃ゆる, 犯し難い, 用心とを, 申しますもの, 畏怖で, 疲れとに, 疲れに, 病菌とを, 癇癪とが, 絶望が, 絶望と, 絶望とに, 絶縁し得ない, 脚下を, 腹立たしさ, 自分という, 苦い痛み, 苦しみでは, 苦しみとが, 苦悩とを, 苦痛を, 萬朝の, 落胆とを, 落胆の, 衰弱とが, 裏表に, 言は, 訴えるには, 誇りが, 追慕の, 追憶との, 関係の, 闘ひ, 驚きと, 驚きの, 驚ろき

▼ 悲しみ~ (192, 5.8%)

9 苦しみも 4 した, なく, 喜びも, 怒りも 3 憤りも, 私の

2 [13件] して, しない, しなかった, せず焼跡, ただこの, ない, なかった, 不快な, 感じなかった, 歓びも, 殆ん, 消えて, 矢張り同じ

1 [135件] あって, いくらかは, いずれは, うろたえも, けっしていといませぬ, ことごとくただ, これからの, しその, したけれど, した怒り, しないで, しなかったという, しなかったの, しました, しましたが, しようし, し又, し気, し苦しみ, すべての, すべてを, すべて周囲の, すべて心の, すべて洗い浄められ, する, すること, するの, せずいかにも, せずさも, せずに, せずまた, せず例, そこに, そのうち, その極度, それで, それ以上に, だも, だんだん薄らぎ, つまらないもの, どうもしない, ないただ, ない今, ない老病生死, ない顔, なかったでしょう, なかつたから, なくじっと, なくその, なくて, なくなると, なく安眠, なく彼, なく憤り, なげきも, なつかしい夢, また千倍, また喜びもみえざりき, また心, また昇天, やがて薄れ, やわらいで, 一人の, 一日経て, 今は, 伴は, 伴わない追想, 何かの, 何も, 傷みも, 共にすべきであっ, 剥れ, 嘆きも, 在ると, 地団駄踏んだ, 大分薄らい, 子供の, 察して, 少いと, 少し紛れ, 希望を, 平和と, 年老いたる翁, 弁へ, 当分は, 心に, 心配も, 忍びよかっ, 忍び受ける淋しい, 忘れた, 忘れたよう, 忘れられるほど変相, 忘れ果てたよう, 忽ち流し送っ, 思い遣りも, 怨みも, 恥さえも, 悦びも, 愚かさも, 感じては, 感じ得られなかった, 感ぜずただ, 慰めるに, 持ってない, 救われるであろうと, 月日が, 月日の, 歩いて, 永くは, 消え失せた, 涙と, 深かった, 深かったであろう, 渇も, 湧いて, 湧くので, 焦慮も, 生れて, 痛みも, 皆な, 皆塵, 皆忘れ, 皆納められた, 知らないと, 知らぬ月, 知る, 祈祷の, 窒息させる, 羊の, 自分の, 薄らいで, 見せなければ, 見ること, 言わば凝結, 驚きも

▼ 悲しみ~ (84, 2.6%)

4 苦しみを 3 切なさ, 寂しさ, 苦しみに, 苦しみは 2 内外の, 嘆きや, 怒りが, 怒りや, 悦びの, 憧れが, 苦しみが

1 [54件] そうしたもの, またよろこび, よろこばしさ, よろこびが, リズムや, 不安や, 不安を, 不幸という, 哀れさなりや, 喜びである, 喜びに, 喜びにおいては, 喜びは, 喜びや, 喜びやを, 喜びを, 壮烈な, 希望を, 弱さ, 後悔を, 怒りの, 怒りを, 怒り口が, 恨みや, 恨みやが, 悔恨の, 悦びで, 悦びまたは, 愁いは, 愛慕の, 憂ひまたは, 憂欝を, 憤りを, 憧れる姿, 未来の, 楽しみも, 歎き, 歓びを, 決心を, 深し, 笑いや, 絶望を, 絶望感や, 罪を, 苦しみから, 苦しみさえ, 苦しみと, 苦しみの, 苦しみ悲劇が, 苦労を, 諦めに, 辛さ, 運命を, 露骨な

▼ 悲しみ~ (42, 1.3%)

4 心が 3 あつた 2 正直に, 胸が

1 [31件] いっぱいでした, いっぱいに, うつろに, おろおろした, お亡くなり, しめつけられる, どうか, どうなっ, ひがんで, ふさがって, ふさがる夫人, みたされた, 一ぱいに, 一ぱいになつてゐて, 一杯に, 一杯にな, 一貫目痩せ, 何といつ, 地上に, 彼の, 掻きむしられるばかり, 朽ちさせられて, 満たされて, 爆発し, 猛然と掴みかかりたい, 生きた心地, 私の, 私を, 答えるだけ, 踊りぬかないの, 送り迎

▼ 悲しみながら~ (33, 1.0%)

4 次の 2 あこがれる心, 玄関へ, 進まぬ足

1 [23件] いつも一つ, いろいろの, この上ない歓喜, しおしおと, しかし佐助, その鏡, ちょっと壁, つくづくと, ほえて, ます, リルケの, 冬の, 尊い努力, 復活の, 暮して, 生きて, 神の, 私は, 窓に, 自分は, 起ちあがった, 進もう, 雨の

▼ 悲しみにも~ (28, 0.9%)

2 また実感

1 [26件] おかれて, かかわらず彼, つひぞ覚えたこと, どこかに, なれた淋しい, まさって, また慰め, めげず, 三種類くらゐある, 似喜び, 動転し, 勝るかつ, 堪えて, 堪える力, 増して, 忽ち自, 怒りにも, 掻き乱されない心, 時が, 歓びにも, 涙その, 花は, 関はりなく, 際限は, 順応する, 馴れて

▼ 悲しみとも~ (19, 0.6%)

5 憤りとも 2 あきらめとも, なんとも 1 つかない大きな, つかぬ感情, つかぬ憎, 何とも形容, 分けがたい, 名状し, 喜びとも, 恥ともは, 憂愁とも, 胸に

▼ 悲しみとに~ (18, 0.5%)

2 充ちて

1 [16件] おとしいれようと, とざされた人々, みちたあらゆる, わなわなと, 世の中が, 千次郎は, 悶えながら, 打ちのめされて, 打ちふるえる, 摧かれ, 放心を, 満ちた心, 濡れて, 紅顔は, 落ちこんで, 面喰っ

▼ 悲しみから~ (15, 0.5%)

2 気を

1 [13件] がくがくと, ついに病気, のがれるばかり, 受ける有害, 彼女らを, 極度の, 気の, 清水の, 濾過された, 立ち上った人間精神, 脱したおり, 脱すること, 超越し

▼ 悲しみでは~ (15, 0.5%)

4 ない 2 ありません 1 ないか, ないし, ない好き, なかった, なかったでしょう, なかつたか, なかろうか, なくかえって, なくなにか

▼ 悲しみとを~ (13, 0.4%)

1 [13件] くだすべく新年, 不思議を, 与えて, 与へた, 他人に, 己が, 描いた文学, 最早偽り, 考へたので, 自分一人で, 茶のみばなしに, 覚悟し, 高調する

▼ 悲しみという~ (12, 0.4%)

3 ものを, ような 1 ので, ものが, ものの, ものは, ものも, 悲しみが

▼ 悲しみ~ (11, 0.3%)

1 [11件] その反, よき空, よめる, 二月の, 其紅頬を, 弟の, 桑の, 殘りつ, 熱涙そ, 自刄, 身を

▼ 悲しみである~ (11, 0.3%)

2 のか 1 かということ, か知ろう, ことから, ことに, といふこと, とかあるいは, と思召す, と見, のだ

▼ 悲しみでも~ (11, 0.3%)

3 ない 1 あった, ないただ, ない一種, 又は嬉し, 憤りでも, 無くもの凄まじい恐怖, 起ったの, 驚きでも

▼ 悲しみとの~ (11, 0.3%)

1 [11件] 中に, 叫びである, 境遇の, 姿を, 幻影の, 混じった名状, 混乱の, 為めに, 裡から, 訴えにたいしては, 象徴は

▼ 悲しみとが~ (10, 0.3%)

2 彼女の 1 お前は, もう一度私, 一つ心の, 交, 先を, 庄吉の, 征服され, 胸の

▼ 悲しみ苦しみ~ (10, 0.3%)

2 は人生, を逆 1 というもの, といふもの, を弔う, 乃至絶望, 喜びあるいは, 楽しむこと

▼ 悲しみその~ (9, 0.3%)

1 おあと, 品性を, 夜ひそかに, 家に, 屍の, 悲歎の, 時の, 滲み透る深度, 相手を

▼ 悲しみつつ~ (9, 0.3%)

1 ある私, かかる時代, そばに, 他界せられた, 十二月帰国の, 描いたの, 立ち上った, 苦しみつつ, 軈ては

▼ 悲しみとは~ (8, 0.2%)

1 この自信, ちがいます, ちがう涙, どういうもの, むしろ花世, 別の, 単なる感傷, 想像する

▼ 悲しみながらも~ (8, 0.2%)

2 許嫁の 1 その心持ち, またその, 人目を, 猶ズルズルと, 自分一手で, 青年の

▼ 悲しみには~ (8, 0.2%)

1 何の, 多くの, 多少の, 心の, 泣き喜び, 違いありませんが, 青白い騎士, 顧慮せず

▼ 悲しみ~ (7, 0.2%)

2 のが 1 か何だか, つたなら, とかを私, と思え, のと

▼ 悲しみ~ (7, 0.2%)

1 が今, などをこの, に來, に色々, は成人, をし, を宮様

▼ 悲しみ~ (7, 0.2%)

2 いて 1 いた, いたでありましょう, き憤りを, くの, く多く

▼ 悲しみ~ (6, 0.2%)

1 ういふ, う云, へも奪, へも生きる, へ忘れ得た, へ覚えた

▼ 悲しみとで~ (6, 0.2%)

3 胸が 1 いっぱいに, 一刻もじっ, 塗り潰されて

▼ 悲しみ~ (6, 0.2%)

2 のだ 1 の, んだ, んだろう, んです

▼ 悲しみよりも~ (6, 0.2%)

1 はるかに, ほっとした, まづ, むしろ喜び, 大きい悲しみ, 深い寂しさ

▼ 悲しみをも~ (6, 0.2%)

1 おのずから堪える, それこそ, 忘れまた, 感じない空, 苦しみをも, 見事に

▼ 悲しみそのもの~ (5, 0.2%)

1 であるかの, ではなくし, で耐え, には変り, を樂

▼ 悲しみであり~ (5, 0.2%)

1 またおそらく, マイナスであり, 不幸であった, 悦びであり, 悲しみの

▼ 悲しみといふ~ (5, 0.2%)

2 ものを 1 ものが, ものの, 言葉を

▼ 悲しみまた~ (5, 0.2%)

1 一度は, 俳優の, 心から愛し, 怒るごときこと, 歌い喜ぶの

▼ 悲しみよう~ (5, 0.2%)

1 であった, である, です, にうたれた, をその

▼ 悲しみさえも~ (4, 0.1%)

1 そのとき, 今は, 小唄に, 祝いの

▼ 悲しみそして~ (4, 0.1%)

1 なげいた, 折々私, 死んで, 疑いつつも

▼ 悲しみだけ~ (4, 0.1%)

1 だから, であっても, であろうか, です

▼ 悲しみと共に~ (4, 0.1%)

1 これも, 一時は, 本事業, 歩めかし

▼ 悲しみなどは~ (4, 0.1%)

1 ありさうに, 吹きとんで, 問題では, 恥しいほど

▼ 悲しみ共に~ (4, 0.1%)

1 喜び考えるもの, 喜ぶこと, 悩んで, 暮して

▼ 悲しみ~ (3, 0.1%)

1 あらむ, 京吉も, 慾求の

▼ 悲しみかつ~ (3, 0.1%)

1 嘆かずには, 悔いて, 憐み

▼ 悲しみこそ~ (3, 0.1%)

1 それ自ら人類一般の, 無限の, 真の

▼ 悲しみそういう~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 ものの

▼ 悲しみとか~ (3, 0.1%)

1 その孰方, 怒りとかいう, 折檻とかいう

▼ 悲しみとして~ (3, 0.1%)

1 あれ程, 胸の, 鋭く感じ

▼ 悲しみによって~ (3, 0.1%)

1 一層関, 得られるの, 病んで

▼ 悲しみに対して~ (3, 0.1%)

1 いきどおるよう, 伸子が, 冷淡に

▼ 悲しみばかりが~ (3, 0.1%)

1 のこされて, ふえて, 不思議な

▼ 悲しみ以上~ (3, 0.1%)

1 に男, の何もの, の悲しみ

▼ 悲しみ~ (3, 0.1%)

1 の益, をか哀れむ, を恨む

▼ 悲しみ喜び~ (3, 0.1%)

1 一切の, 或は行動, 自殺する

▼ 悲しみ嘆い~ (3, 0.1%)

1 ている, ての家出, て出

▼ 悲しみ悶え~ (3, 0.1%)

1 て居た, の心, はある

▼ 悲しみ泣く~ (3, 0.1%)

1 ことが, ためか, 声が

▼ 悲しみあらゆる~ (2, 0.1%)

1 もので, 歎き

▼ 悲しみある~ (2, 0.1%)

1 とはいえ, を知つて

▼ 悲しみかも~ (2, 0.1%)

1 しれないわ, 知れぬが

▼ 悲しみからも~ (2, 0.1%)

1 まだ二か月, 解放される

▼ 悲しみさえ~ (2, 0.1%)

1 よくは, 含まって

▼ 悲しみそれ~ (2, 0.1%)

1 に続く, を見る

▼ 悲しみだけが~ (2, 0.1%)

1 増大する, 私の

▼ 悲しみだけを~ (2, 0.1%)

1 自分は, 表わして

▼ 悲しみてや~ (2, 0.1%)

2 あらん汝

▼ 悲しみであっ~ (2, 0.1%)

1 て一つ, て文学

▼ 悲しみであった~ (2, 0.1%)

1 そういう父母, のみならず

▼ 悲しみとかいう~ (2, 0.1%)

1 ものが, ような

▼ 悲しみなし~ (2, 0.1%)

1 に死ぬ, の喜び

▼ 悲しみなど~ (2, 0.1%)

1 そんなもの, 読み耽りました

▼ 悲しみなどが~ (2, 0.1%)

1 あった, よく出

▼ 悲しみなどを~ (2, 0.1%)

1 一時に, 眞に

▼ 悲しみにこそ~ (2, 0.1%)

2 生きむ

▼ 悲しみのみ~ (2, 0.1%)

1 だった, 永遠に

▼ 悲しみへの~ (2, 0.1%)

2 怒りへの

▼ 悲しみやら~ (2, 0.1%)

1 悶えやらを, 戀ひし

▼ 悲しみより~ (2, 0.1%)

1 先き立つ, 忍びやすい

▼ 悲しみを以て~ (2, 0.1%)

1 その關係, 自分の

▼ 悲しみを通しての~ (2, 0.1%)

2 御心

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

2 ふ者

▼ 悲しみ互に~ (2, 0.1%)

2 その夢想

▼ 悲しみ刑場蹟~ (2, 0.1%)

1 に地蔵尊, に地藏尊

▼ 悲しみ嘆く~ (2, 0.1%)

1 ああ眼下, 葬の

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 のあけし, の蜘蛛

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 恩ある, 憂愁大

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 の兩家, は幸

▼ 悲しみ恐れ~ (2, 0.1%)

1 はすれ, 甘え纏わる

▼ 悲しみ悦び~ (2, 0.1%)

1 の感激, また藻草

▼ 悲しみ或は~ (2, 0.1%)

1 憤り或は, 椎の

▼ 悲しみ沈ん~ (2, 0.1%)

2 でいた

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 の雨, はもう

▼ 悲しみ温かい~ (2, 0.1%)

2 春の

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 ふ花瀬, へる人

▼ 悲しみ等他~ (2, 0.1%)

2 の情念

▼ 悲しみ~ (2, 0.1%)

1 ひしは, へ野

▼ 悲しみ鑿愁~ (2, 0.1%)

2

▼1* [253件]

悲しみあえぎ恋しつつ, 悲しみあざ笑い歎き, 悲しみあそばすであろうなどと切り離す, 悲しみあつた, 悲しみあなたを劬, 悲しみありて霧, 悲しみあるいはそれをさえ, 悲しみいきどおりを, 悲しみおぼろ月夜の花, 悲しみかたは泰造, 悲しみかの旅行中の, 悲しみからばかりでは, 悲しみがちだった精神, 悲しみぐらいはなんでも, 悲しみけれども更にお, 悲しみこの島に, 悲しみこれ程泣かされた事, 悲しみこんな落莫と, 悲しみじまいだと, 悲しみじゃ恨みじゃ, 悲しみすべて事情をなに, 悲しみすら恋愛本能の, 悲しみせつなさ, 悲しみその聖なる祈りの, 悲しみそれらは単に, 悲しみそんな通り一遍一目瞭然の, 悲しみぞと問ふも, 悲しみだけはやはりさびしく, 悲しみだったの, 悲しみだったならそれは, 悲しみだろうか科学, 悲しみてか眼に, 悲しみてもなお余り, 悲しみであり併せてまた, 悲しみでないように, 悲しみでなければならぬ, 悲しみというも平和な, 悲しみとかのないあの, 悲しみとかはまだ感情, 悲しみとしても彼は, 悲しみとについて語ったかの, 悲しみとむらうお葬式, 悲しみどうしてそれを, 悲しみなげいたので北の方, 悲しみなさいますな, 悲しみなぞと対い合っ, 悲しみなぞといった心の, 悲しみなどに何処に, 悲しみなどの激情を, 悲しみなりの表現という, 悲しみなりは小鳥の, 悲しみなんぞ忘れて, 悲しみにこそが二度つづい, 悲しみにさえもその静穏, 悲しみにたいして本能の, 悲しみにつれ歓びにつれ, 悲しみにとぢ籠つてゐた, 悲しみにとり乱して, 悲しみにのみ覆はれて, 悲しみにのみか私個人にさえ, 悲しみにばかり浸って, 悲しみにまで持って, 悲しみによってのことで, 悲しみによってのみ支えられて, 悲しみによつてわたし, 悲しみによりていたくみだれ, 悲しみに対する平然たる傍観者, 悲しみのせゐでもあるでせう, 悲しみのみにとらわれて, 悲しみはぐくむことである, 悲しみはた限りなき, 悲しみばかりでありませう, 悲しみばかりの続くもの, 悲しみばかりを多く感じる, 悲しみひそかによろこん, 悲しみ誘い込んだ, 悲しみへと沈み入りぬ, 悲しみほほえみ喜び憂いその, 悲しみまどい阿鼻叫喚を, 悲しみもだえて死んだ, 悲しみもて守り給うように, 悲しみやすい方違いましたら, 悲しみやらが一緒に, 悲しみかうべを, 悲しみよう煩悶のしよう, 悲しみよりかかえってあの, 悲しみよりは地物の, 悲しみよろこびのみの姿, 悲しみわが家でどんなに, 悲しみをさえ感じさせたの, 悲しみをしか見出せないの, 悲しみをまで残酷な, 悲しみを通してばかり見て, 悲しみを通じて欣びを通して, 悲しみキリスト教とアイヌ, 悲しみトロイア軍勢は, 悲しみバルドルが夭折, 悲しみヘタヘタとくずおれた, 悲しみ一つのよろこび, 悲しみ一方の心, 悲しみ一時に湧き来る, 悲しみ不安心配落胆夜中に逃げ出し, 悲しみ且つ自ら怒り, 悲しみ乍ら戰ひて, 悲しみ乍ら次の営み, 悲しみ乍ら歸り來, 悲しみ乱れた線, 悲しみれ, 悲しみ京屋善八に交渉, 悲しみの意気沮喪, 悲しみ人間の, 悲しみ人間らしく無邪気に, 悲しみ佐太郎が親切, 悲しみの死, 悲しみ修道を欲, 悲しみ傷んでいる, 悲しみ其の首や, 悲しみ出発の日, 悲しみ切なさによって, 悲しみ到底治国の, 悲しみち囚, 悲しみを落す, 悲しみ勇躍にあたって歌い, 悲しみを懐し, 悲しみ友人の死, 悲しみ叫ぶ声は, 悲しみ合うことは, 悲しみ同情を感じ, 悲しみ嗚咽さえ, 悲しみ呻くような, 悲しみ啼くところへ, 悲しみ喚んでゐる, 悲しみ困難ははっきり, 悲しみ国家や社会制度, 悲しみ国民が意気沮喪, 悲しみをあげ, 悲しみ夢みつつある, 悲しみ大いに怒る, 悲しみ失望落膽して, 悲しみ奮発して, 悲しみの嘆き, 悲しみを救, 悲しみ娑婆に出で, 悲しみ孤独と観じ, 悲しみ宇治の河音, 悲しみになっ, 悲しみ居らざる事を, 悲しみを下ろう, 悲しみ平和主義のため, 悲しみ幼児用のケープその他, 悲しみ弟妹等の生長, 悲しみ弟子日向をつかわし, 悲しみ往くが此二人, 悲しみ後代の帝国主義的歴史家たち, 悲しみ御存知ないん, 悲しみ心魂持し難し, 悲しみ怏々として楽, 悲しみ怒りを最も, 悲しみ怒り歎く前, 悲しみ思ひ定めて世, 悲しみ恨みて作れる, 悲しみ恨み憎み罵っていた, 悲しみ悔い悩み如何に, 悲しみ悦び憂いをかわるがわる, 悲しみ悩むかそれ, 悲しみ悲しみだか, 悲しみ悶えた時の, 悲しみきの, 悲しみの精, 悲しみ憂えて名状, 悲しみ憎み慰安を, 悲しみ憤り軽蔑し, 悲しみに仏, 悲しみ懐かしみ惜しみした心持と, 悲しみ我が喜びに, 悲しみ我とその罪業, 悲しみ我らと共に歌っ, 悲しみる者, 悲しみ戦後の混乱, 悲しみで押える, 悲しみ抵抗するところ, 悲しみの色, 悲しみ更に深し, 悲しみに夕, 悲しみ未熟な自分, 悲しみまわって, 悲しみ極まり歌い尽さねば, 悲しみ極まれるわが心, 悲しみ樹蔭をいでず, 悲しみ歌い絶望し, 悲しみ歓びたとい僅かの, 悲しみどめ, 悲しみ此等はおそる, 悲しみをくいしばっ, 悲しみ死になのでございます, 悲しみ死人を見, 悲しみ気遣いながら抵抗, 悲しみこそとこし, 悲しみ波瀾にもまれ, 悲しみ泣けば一切, 悲しみ泣けり譬ふれ, 悲しみ淋しさと, 悲しみ淡し我がど, 悲しみ深い眼で, 悲しみ深き吾眼には, 悲しみ清一や清一, 悲しみるるとき, 悲しみ濡れて, 悲しみ無常をはかなめ, 悲しみ牧師やユダヤ人, 悲しみ理解レムブラントは生き, 悲しみ疲れを思出, 悲しみ疲れたるハートに, 悲しみ直ちに弟ラクシュマナを, 悲しみをひそめ, 悲しみ知らぬ若い日本人, 悲しみ窒息し, 悲しみふ, 悲しみ笑い崩れた姿態, 悲しみ笑い身悶えして, 悲しみの強き刺激, 悲しみ米友もなんと, 悲しみ給えどかい, 悲しみ総代を出し, 悲しみ總代を出し, 悲しみ聞かむと思ひき, 悲しみ自分自身の肉体, 悲しみ自己の罪, 悲しみ苦しみそれもよし, 悲しみ苦しみ恨みなど過ぎ, 悲しみ苦しむものは, 悲しみ苦みを通っ, 悲しみ苦悩を消す, 悲しみ英雄主義センチメンタルがある, 悲しみ虫けらの死んだ, 悲しみ行末をみ, 悲しみ西洋人が怒る, 悲しみ見る見る大地の, 悲しみ記者対談をやっ, 悲しみ訣れの悲しみ, 悲しみふる, 悲しみ訴えたが呂, 悲しみ辛苦不撓な芸術, 悲しみ追慕恨み甘え, 悲しみ追憶した歌, 悲しみを飲んだ, 悲しみだと, 悲しみのかたはら, 悲しみ震えてるアントアネットを, 悲しみりてを, 悲しみ高士世に容れられざる, 悲しみであるの, 悲しみ鳴く行人その