青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「払~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った ~打つ 打つ~ ~払
払~
~払っ 払っ~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ ~承知 承知~ 技~

「払~」 1907, 21ppm, 5591位

▼ 払~ (316, 16.6%)

13 をし 12 買へる 9 をする 8 をした 5 のやう, をすませ 4 箱に 3 の声, を挙げ, を発した

2 [11件] ちよつと, て, ながら, ながらその, なほ勢に, になつ, をすませる, を済まし, を発する, 君待つ, 残りが

1 [229件] いく夜寝ぬ, がある, がきこえ, が一様, が三十円, が不足, が出来ず, が出来なかつた, が出来る, が多く, が好き, が恐い, が悪い, が技巧的, が溜つて, が起つた, が足らなかつた, が野放図, これが, こんなところ, さへ, しづ, その上, その代金, たちは, たまへの, たり, つつゐ, つつ窓, つつ跌, ていざ, てうつくしき, てそ, てその, てにじり入り, てのそ, てんでひどい, てメフィストフェレス, て両, て六美女, て内懐, て千仭, て場内, て御, て我身, て来らず, て独り後れたる, て竹村, て色紙, て見えぬ, て見れ, て警固, て逃, て雪, なか子を, ながらいまいまし, ながら一, ながら冴え渡る, ながら出, ながら天窓, ながら挙手, ながら私達, ながら走り出る, などが突然, などを聞かされる, なんぞは, にか, にからかふ, にし, にしようしよう, にすぎない, につかまつた, にならなく, になる, になれ, には, には草人形, に少々, に年, に来る, に用, に終つて, に行, に追, に過ぎなかつた, に還元, に非常, のけむ, のこれ, のため, のセツト, の件, の具合, の几帳面, の口調, の多い, の姿, の嫌味言, の客, の彼, の御, の時, の為, の物々し, の現金, の男, の相手, の真似, の祓除, の神経衰弱者, の言葉, の足し, の邪魔, の都合, の金, の顔, の駕籠屋, の騒音, はおろか, はみなさうだ, はみんな大言壮語, はブレーキ, は何うに, は出来, は始め, は尿, は嵐, は怖く, は突然, は衰弱消耗, は覚悟, は説明, は酔払, また社会改良, やテーブル, や家賃, や煙草盆, や狂気, や足音, をあげ, をあしら, をさせる, をしました, をたま, をひとつ, を一つ, を二つ, を取, を受けよう, を挙げた, を検め, を済ませる, を申しつ, を発し, を続けた, を致しまし, を頼んだ, ゼーロンの, 一つで, 一つ聞えず, 一切腰かけに, 一家相伝の, 一旦専属, 一洵老の, 下げにな, 下げの, 乍ら物語類を, 乍ら読ん, 人力車も, 体をね, 例の, 候へば, 全部さ, 八つ橋栄之, 共が, 共の, 其の間, 其台場をも, 内に, 厭といふ, 厭味な, 堪忍を, 女に, 嬉々として, 屋敷を, 年来にわ, 店の, 待合室で, 得らるる, 必らず, 懐へ, 戦書を, 手向ふ, 払ひ, 振りに, 新聞を, 方が, 書生と, 書類綴りを, 東京に, 此家も, 殊に, 残つた二三の, 海内の, 深夜でなけれ, 皆で, 硯を, 社会事業には, 箱だ, 肝腎な, 自ら, 茶代を, 茶代百七八十円, 莫大で, 落し群がり落つる, 落し蹴落し, 葬儀の, 許りで, 遁出で, 達が, 達は, 酒を, 闇で, 除けむと, 雲塊半より, 露葉蕭索として, 面倒くさいが, 頭髪の, 香を

▼ 払つて~ (262, 13.7%)

13 ゐた 7 ゐるの 6 しまつ, ゐて, ゐると 5 ゐる

2 [14件] しまつて, ねむつて, も, も払つて, やらねば, やる, ゐたの, ゐても, ゐました, ゐること, ゐるやう, 居た, 歩いて, 立ちあがると

1 [191件] あつた, あるから, あるやう, あるん, あんな騒ぎ, いいとおも, いただくこと, いただけませんか, いつもの, うやうやしく夫人, おいたつて, おそろひで, お舟, かう言, かはり, から, ください, この体験, この実感, この明盲, こんな事, しまつたん, そして白米一升豆腐一丁買, そのお金, その古城, その画, その芸者, その金子, その銭, その頃僕, それから離れ, そんなこと, つかは, どうして法外, どんどん先, ないといふ, ないなんて, ないもつ, ない家, なし正に, ね, ねむつ, のんびりと, はゐない, は又, は喧嘩, は困る, は馬, ばかりゐた, ほとんど芝生, まはる, まアと, もあの, もい, もいい, もどうしても, もなお, もらはれさ, もゐない, もゐませんでした, も何, も元々, も勝て, も可, も必ず, も惜しく, も珍書, も眼, も絶えず, も許さる, も頭, やつて, やらうかと, やらんぞ, やりながら, やり少, やるから, やるからと, やると, やれば, よくいろんな, るぢ, ゐたけれども, ゐたと, ゐたので, ゐたばかり, ゐたもの, ゐたわけ, ゐた和尚, ゐない, ゐないし, ゐないやう, ゐなかつたので, ゐるおや, ゐるか, ゐるかといふ, ゐるから, ゐるが, ゐるつもり, ゐるのさ, ゐるので, ゐるん, ゐるフランス学士院, ゐる事, ゐる余裕, ゐる修一, ゐる借家, ゐる劇芸術家, ゐる商売人, ゐる時刻, ゐる様子, ゐる竹藪, をります, 一応捏ね直し, 一段と声, 借りるの, 傾けて, 出て, 出ようと, 出ると, 別れて, 去つた如く唇頭, 又之, 取つた町, 受けた, 可笑しな, 呉れて, 呉れと, 呉れよ, 呉れる, 呉れるの, 在る, 坐り直して, 大いに自分, 大ニコ, 始めて, 居つて, 居ないの, 居なかつたもの, 居りましたが, 居りません, 居りや, 居る事, 帰る事, 帰れなくなり深夜, 広い寄宿舎, 往ける事, 御ところ, 怠ること, 成し得れば, 押し寄せるから, 断乎保護, 曇り硝子, 書いて, 来た, 来たぞう, 来たの, 来たん, 来て, 来るのに, 消えて, 済まして, 漸く取り返す, 無かつ, 無くなつた, 生白い釣堀, 立ち上りました, 立つた, 立上がり青々, 答えた, 聞いて, 良く気焔, 行かうと, 行く金, 行く顔, 行け, 見えた, 見て, 見に, 見ると, 観たくないもの, 診て, 走せ向つた血気, 起きあがりながら, 辛うじて其, 送つて, 這入り込んで, 進まねば, 遣ると, 飲めるだけ, 飾りたてたの

▼ 払~ (178, 9.3%)

14 やうに 8 ことが 6 ことに 4 のが, のであつ, のを 3 やうな, 事を, 必要が 2 のである, のになく, のは, 影も, 為に, 硯かな, 買ふ

1 [115件] が君たち, が如く, が如くなる, が後, ことです, ことにな, ことよりも, ことを, ころを, そしてほど, そして洗濯, そして飲める, だいぶさ, だけは払, でせう, どころかあべこべ, などは面白い, に大, に至れ, に違, ね, のかも, のだ, のだらう, ので洋袴, のに同情, のみならず, の士, の工風, の雨, は何ぞ, は僅か, は落花, ほど僕, やうにと, よりはカストリ一杯, わけには, わけにも, を満枝, 一万三千, 上演料は, 事が, 事だ, 事とも, 事に, 事は, 今日此頃の, 仕事に, 余裕も, 作家としての, 価値が, 借金は, 其手を, 利己的の, 割合で, 力が, 努力を, 効験が, 半面において, 古本屋も, 哈爾賓紙幣を, 場合は, 奴なんて, 宇多の, 心地よさ, 必要は, 悲痛なる, 所以だ, 所以である, 払へる, 技術などといふ, 折しもむく, 敬意の, 月の, 様に, 様子は, 様子を, 母の, 毛布の, 気に, 気は, 渡の, 灯取, 為である, 物無き, 珈琲店と, 男で, 男の, 盟邦の, 租税である, 程度の, 税金だ, 筈ぢや, 良材である, 荒掠, 荷が, 術も, 袖も, 見込は, 訳だ, 訳に, 謝礼とを, 踊りである, 銭が, 闘ひ, 雑誌など, 雛の, 雨風に, 電燈料も, 頃に, 風なき, 風に, 風の, 風は, 驚異と

▼ 払~ (128, 6.7%)

23 なければ 18 うと 7 ないで 5 れなければ 4 ねば 3 なかつた 2 されて, ないと, ないなど, なくともい, れんこと

1 [58件] いつでも, うずけしきで, うずと, ございませんか, させられた, されたの, されること, される一点, ざるは, ざるを, して, しむるが, しめぬ, しめまいと, す程, せその, せた, せたが, せたま, せた兵士ら, せられて, せられるので, せる発明者, でぞ, ない, ないうち, ないこと, ないといふ, ないのに, ない使用人, ない初年兵たち, ない連中, なかつたこと, なかつたところ, なかつたの, なかつた又, なきゃならぬことになりさうである, なきや, なくては, なくとも, ぬと, ぬといふ, ぬとか, ねばなるまい, ふとする, ふ思ふとるうち, むともせず裂きたる, もう皆, るる無意味, れること, れるの, れる事, れる抵当, れる理由, れ聊か, 下さりませんからな, 佐藤大使の, 少しも

▼ 払へる~ (42, 2.2%)

22 だけ払 5 だけ払つて 2 だけ払う

1 [13件] しおまけ, だけそして, だけは払, だけマイナス, だけ借金, だけ払つた気持, だけ払ふた, と思つて寄席, ものか, ものが, やうに, 見込が, 見込の

▼ 払つた~ (40, 2.1%)

2 であらう, ものに, やうな, やうに, 阿父

1 [30件] あの大, かそれ, かな, からたまらない, か殆ど覚, か知れない, か貴方, がその, が料理, が硯箱, ことが, ことは, すぐあと, そのくせ, だけで, だだつ広い, つもりだ, と, といふ話し, としてもそれ, とも書い, と申す, ならば, ね, ほどのおも, ものさ, もので, んだ, 慌ただしさ, 筈だ

▼ 払~ (38, 2.0%)

4 して 2 する, 掛けて

1 [30件] かけて, かける, この三十日, しそう, した, しただけでも, した人々, してやると, しはじめた春日, するに, するより, する時, する積り, する酒屋, 一つし, 一ツやっ, 仕ましょうと, 休める黄色い, 取出して, 命ずる, 喰った事, 始めた, 引っこ抜いた, 持って, 持つやら, 済まして, 済ませて, 結び附けて, 腰に, 響かせた便所

▼ 払~ (35, 1.8%)

3 てくれた, てしまふ 2 たりする, てき, てくれない, てくれる, てしまはう

1 [19件] たりし, たりした, たりフッ, たり泣き出し, たり紙屑, たり返せる, てい, ていた, ている, てくれ, てくれね, てしまひ, てしまひたい, てしまひたかつた, てみた, てみる, てもらいたい, てる兵を, て下さい

▼ 払ふと~ (35, 1.8%)

2 いふこと, 云ふ

1 [31件] いくらか, いふので, いふ事, いふ具合, いふ式, いふ条件つき, いふ機運, いふ約束, か云, こ, このお, すれど, そよ, ならし, のこと, はいや, まづ腕, ハダカにな, 場所を, 大はしやぎ, 客を, 後から, 怪しい虫, 怪力を, 日本一の, 相変らず, 自分で, 親の, 言ふ, 誰にでも, 金主に

▼ 払はれ~ (34, 1.8%)

6 てゐる 2 てし

1 [26件] て, てうすらぎ消え, てゆく, てわし自身, てゐない, て二階, て今, て医科大学, て彼, て後, て揃, て柳, て横ざま, て真, て落つる, て行く, て転んだ, て青く明るく, て驚い, やうが, 両家の, 単に宗教, 大洋を, 波蘭人は, 絵は, 荒涼たる世界

▼ 払~ (26, 1.4%)

2 ない

1 [24件] かし雪には, たつて, た歩いて, だと, つか, ないから, ないで, ないの, ないので, ないやう, ない買ひたい, なかつたの, なかつたので, なくて, なくなつた, なければ, ば, ばいいんだ, ばといふ, ばなかりけり, ば好い, り, んと, 彼の

▼ 払~ (24, 1.3%)

2 使命を

1 [22件] ことを, ため従業員の, とき道具屋が, ま, ように, 主が, 内に, 台所へ, 地所を, 態だ, 方が, 時の, 最上等, 歳事記を, 洋服を, 滞なぞ, 滞りやら, 範疇に, 約束を, 音が, 音の, 音ばかりで

▼ 払~ (20, 1.0%)

4 ていた

1 [16件] た, たが, たりした, たアゲク, た伝来, てついと, てでも一路京都, てふたたび, てもまた, てガミガミ, て仕, て出来た, て泣きだした, て自然, て進め, て選挙演説

▼ 払はれた~ (18, 0.9%)

1 [18件] かどう, から行かぬ, が炉, ことは, と見え, に拘らず, のか, のも, まま, やうに, よ, んです, 人が, 後社殿と, 村井と, 熱心な, 犠牲が, 静謐な

▼ 払ふこ~ (17, 0.9%)

2 とはできない, とまことに

1 [13件] とさ, とすら困難, とだけで, となく, とによつ, とは余りに, とは出来ない, とは忘れません, ともあつ, ともさ, とも為ず, とよ, と再三

▼ 払ひし~ (15, 0.8%)

1 [15件] てこの, てさて, て据膳, て曰く, て薬料, て進み出で, ながら, ながら訪ねる, ながら起きる, に等し, はその, 折余は, 虚に, 長持, 驚愕的称賛の

▼ 払ふべき~ (15, 0.8%)

2 ものは

1 [13件] ものな, ものを, もの払へる, 九十円の, 其月の, 報酬の, 塵も, 大なる, 注意の, 犠牲である, 税だ, 道も, 金が

▼ 払~ (12, 0.6%)

1 [12件] その代金, なさって, また噬, 仕舞い兼, 仕舞た, 出でん, 居るが, 居れば, 行くに, 行けと, 語りたること, 遣るから

▼ 払はず~ (12, 0.6%)

2 には居られない 1 つまり演劇, にです, にゐられなかつた, にブリキ屋, に交渉, に其鎧, に来た, に逃亡, に顔, 取添

▼ 払へば~ (12, 0.6%)

1 [12件] なんでも, よろしいにな, 人は, 光月を, 又三月, 取直すその, 女房を, 娯楽の, 宮は, 当然必要, 相当の, 立派に

▼ 払ひのけ~ (11, 0.6%)

1 [11件] てくれた, てその, てどしどし, てむつくり, て身, でもする, ながらメンデル, ながら彼はつ, ながら窓, 首を, 黄金丸に

▼ 払~ (9, 0.5%)

2 よくする, 聞えた 1 三十二円も, 出来るの, 無いそこで, 聞える, 黒田に

▼ 払つたの~ (9, 0.5%)

2 です 1 が延享元年, だ, だと, である, に芸者, はかれこれ, もどうやら

▼ 払~ (9, 0.5%)

2 なって 1 ありつきましたと, その話, なつた, なるなら, なるまで, まごついたという, 与へ

▼ 払はう~ (9, 0.5%)

1 ぢや, としても無残, としてゐた, としてゐる, として一生懸命, として居ない, と努めて, と必死, と思つたの

▼ 払ひのける~ (9, 0.5%)

3 やうに 2 ことが 1 ための, と, のにまつたく, 勇気も

▼ 払ひ落し~ (8, 0.4%)

1 たりし, たりした, て, て口, て岩, て持つ, ながら幾らか, ながら往来

▼ 払つたら~ (6, 0.3%)

1 どうだい, バカぢ, 三人の, 何と壱円十九銭, 八円だけ, 幾らでも

▼ 払はせ~ (6, 0.3%)

1 ていた, てくる, てもよ, てゐる, て呉れ, て建て拡げた

▼ 払ひで~ (6, 0.3%)

1 あらうと, もしてやらう, もしなかつたら, も根生曲り, も私, 蹴倒して

▼ 払ひと~ (6, 0.3%)

2 いふもの 1 なりその, なる, 共に立上つて, 称して

▼ 払ひも~ (6, 0.3%)

1 あへず, ありさ, しなければ, する五百三十何円, 出来ないし, 長く続く

▼ 払ひ退け~ (6, 0.3%)

1 てお, て屹, ながら, やうの, ようとして, 滅相な

▼ 払~ (6, 0.3%)

1 いいん, しないよ, しねえぞ, 半分でも, 婦人小児の, 病院の

▼ 払~ (6, 0.3%)

1 うつもり, ってもらう, って駄々, ふ積り, へば又, われて

▼ 払~ (5, 0.3%)

1 そこらに, ながら眉, 掃除や, 漸く全快, 煙を

▼ 払~ (5, 0.3%)

1 が最後, ところり, と何と, は可, 音に

▼ 払つた態度~ (5, 0.3%)

1 で口, で夏蜜柑, で恰も, に驚ろか, をした

▼ 払つて貰~ (5, 0.3%)

1 ひたいの, ふことは, ふとまで, ふの, ふ人生

▼ 払~ (5, 0.3%)

2 箒とを 1 なってから, 云ふ, 東京へ

▼ 払ふため~ (5, 0.3%)

1 にセメント, に工夫, に強, に空砲, に観客

▼ 払~ (4, 0.2%)

1 てそうして, て可, どんどんと, 去るもの

▼ 払つて言~ (4, 0.2%)

3 つた 1 ふの

▼ 払はん~ (4, 0.2%)

1 と逃げ出し, などと書裁, のか, ばかりに堂々たる

▼ 払ひのけた~ (4, 0.2%)

1 つもりで, のであつ, やうな, 一行は

▼ 払ひのけよう~ (4, 0.2%)

2 とする 1 とあせり, ものと

▼ 払ひます~ (4, 0.2%)

1 から, からねいくら, が, よ

▼ 払ふも~ (4, 0.2%)

1 の, のである, のです, のの

▼ 払へども~ (4, 0.2%)

1 また来る, 尽きぬ愁, 尽きぬ暗, 落葉の

▼ 払~ (3, 0.2%)

1 ことが, と云う, と思

▼ 払つた後~ (3, 0.2%)

1 であつ, に自分, 格別その

▼ 払つた金~ (3, 0.2%)

1 だけの値打, の残り, は信徒

▼ 払つてやつ~ (3, 0.2%)

1 た, たらお, てき

▼ 払つて外~ (3, 0.2%)

1 へでた, へでる, へ出た

▼ 払はれる~ (3, 0.2%)

1 には安, やうな, より好い

▼ 払ひかね~ (3, 0.2%)

1 つつ吾, てとかく, ての屈托

▼ 払ひける~ (3, 0.2%)

1 しるしも, となり, 間元朝三韓の

▼ 払ひ落す~ (3, 0.2%)

1 とソローハ, まばらな, 力も

▼ 払ひ除け~ (3, 0.2%)

1 てゐる, ながら一方, ながら彼

▼ 払ひ除けよう~ (3, 0.2%)

1 とした, としてゐた, と思つたの

▼ 払らい~ (3, 0.2%)

1 で取っ, と乱暴, 除けて

▼ 払~ (3, 0.2%)

1 たりし, て, てその

▼ 払渡し~ (3, 0.2%)

1 の小切手九十九円八十銭, や買物, をし

▼ 払つた気持~ (2, 0.1%)

1 のよ, はよい

▼ 払つた骨董~ (2, 0.1%)

2 が宅

▼ 払つちまつ~ (2, 0.1%)

1 てこの, て遊んでしまつた

▼ 払つて了つて~ (2, 0.1%)

1 よく分らなかつた, ゐた

▼ 払つて家~ (2, 0.1%)

1 に入, に帰り

▼ 払つて帰つて~ (2, 0.1%)

1 いつた, きた

▼ 払つて私~ (2, 0.1%)

1 は勝手, は慌しく

▼ 払つて立~ (2, 0.1%)

1 上ると, 帰りました

▼ 払つて買~ (2, 0.1%)

1 つて, ひ切り

▼ 払~ (2, 0.1%)

1 また心配, 払つて一応

▼ 払のけ~ (2, 0.1%)

1 てもその, やうと

▼ 払はむ~ (2, 0.1%)

1 ぞまた, 雨の

▼ 払はれし~ (2, 0.1%)

1 由聞き, 馬十は

▼ 払はれたる~ (2, 0.1%)

1 事も, 後に

▼ 払ひたくない~ (2, 0.1%)

1 といふ, ので室内

▼ 払ひたる~ (2, 0.1%)

1 ぞ, 積りに

▼ 払ひ去る~ (2, 0.1%)

1 や渓風之, 能はず

▼ 払ひ落さう~ (2, 0.1%)

1 として彼, と思つたの

▼ 払ひ落され~ (2, 0.1%)

1 てゐました, て丘

▼ 払ひ込ん~ (2, 0.1%)

1 でも僅か, でも或は

▼ 払ひ退けよう~ (2, 0.1%)

1 ともがいた, と頭

▼ 払ふお~ (2, 0.1%)

1 客様に, 布施も

▼ 払ふか~ (2, 0.1%)

1 と云, を論じ

▼ 払ふた~ (2, 0.1%)

1 うれしさ, 邪魔が

▼ 払ふたの~ (2, 0.1%)

1 だが, は近来

▼ 払ふて~ (2, 0.1%)

1 からの気持, 清興茶話夜の

▼ 払ふとともに~ (2, 0.1%)

1 起ちあ, 高貴なる

▼ 払ふと必ず~ (2, 0.1%)

1 こ, 誰か

▼ 払ふべく~ (2, 0.1%)

1 一杯ひつかけた, 行つたら

▼ 払増し~ (2, 0.1%)

1 が余り, をし

▼1* [352件]

いや人よせをし, 払がね大人しそう, 払きだッてね, 払きつくして, 払き出せば好い, 払き始めて午前, 払き殺しても事, 払ば何, 払られた, 払するがごとき, 払たりしには, 払よ, 払ちゃいましたし大, 払つたせゐかと思ひ, 払つたためしのない, 払つたつてこんだ, 払つたつもりで答, 払つたといつてはいひすぎる, 払つたひと組の連中, 払つたわよ何, 払つたネステレンコの声, 払つたミン平がそんなこと, 払つた一瞥をくらつて矢庭, 払つた上でないと, 払つた主人の権限, 払つた久良の老父, 払つた五リラ以外にもう, 払つた仕事のがつ, 払つた価をも書い, 払つた其顔が着, 払つた努力以上の努力, 払つた卓一の様, 払つた夏川が梯子酒, 払つた女がひとり舞, 払つた姿勢で余念, 払つた寅さんが私たち, 払つた年賀でなし, 払つた形跡がない, 払つた彼よりも私, 払つた悦楽の時間, 払つた懐剣のやう, 払つた手つきでそれ, 払つた抗議に彼, 払つた方がいい, 払つた時のこと, 払つた本郷の家, 払つた榊の立木, 払つた洋服男がわりこん, 払つた清新味もある, 払つた王様はひどく, 払つた生活を展開, 払つた留守だつたの, 払つた秀一は門柱, 払つた秀吉に切支丹, 払つた答へにすこし, 払つた結果であると, 払つた結果娘の寝室, 払つた総理大臣といふもの, 払つた美人であつ, 払つた考が私, 払つた脇差を持つ, 払つた腰掛を女, 払つた葉うらに, 払つた調子に巻き込まれ, 払つた鎗ヶ嶽の絶頂, 払つた頃あひ, 払つた顔にこの, 払つた風をし, 払つてあちこちの部屋, 払つておいでになる, 払つておしやべり, 払つてきのこの研究, 払つてきれいに浄め, 払つてこんどは自分達, 払つてさつぱりしたところなのです, 払つてしまへツ, 払つてしまつたそれでも一銭, 払つてしまつてゐた, 払つてそれを卓, 払つてぢきに, 払つてとんとんと鞠, 払つてのち毎朝麻油は誰, 払つてむやみに威張つ, 払つてやつぱり海の方, 払つてゆるやかに空, 払つてるね, 払つてゴロリとねむる, 払つてサビエルを迎, 払つてパツと投げた, 払つてミカン箱をもつ, 払つて一人もゐなかつた, 払つて一歩遅れて, 払つて一緒にし, 払つて丁寧に二度目, 払つて三態の悪魔, 払つて三方ともを唐紙大, 払つて不具に直面, 払つて不味が無感覚, 払つて丼を投げた, 払つて了へ, 払つて了つて浜のいちばん静か, 払つて了つて浜辺のいちばん静か, 払つて事にのぞむ, 払つて二人して, 払つて人気の死んだ, 払つて人目も憚ら, 払つて其処を立つた, 払つて其後へ神, 払つて其翌日さつと, 払つて円タクの中, 払つて冗談さうに呟いたり, 払つて処女或は主婦, 払つて出入りの道具屋, 払つて加之に結婚, 払つて加藤は座敷, 払つて北海道へ渡つたの, 払つて十一時過ぎまで謹聴, 払つて口をき, 払つて古今の名曲, 払つて合鍵を出し, 払つて呪ひを, 払つて唄つたり, 払つて唐物の名物, 払つて坂道を降り, 払つて変な力, 払つて夢中で此処, 払つて大坂へ遂転, 払つて大変悠長な笛, 払つて大将の席, 払つて女に狎れない, 払つて始末がつかない, 払つて姑に訊ねた, 払つて家族は新町, 払つて富岡が白い, 払つて対手なしに, 払つて小切手に判, 払つて巡査の前, 払つて工事費総額二千九百何十円といふ巍然, 払つて帰つたのよお, 払つて帰つて行つた, 払つて帰途を失つて, 払つて年始にやつ, 払つて年紀の頃, 払つて幸福なもの, 払つて店へ現れた, 払つて庭にかけ降りる, 払つて彼は数万, 払つて待遇する, 払つて微笑しながら, 払つて意識不明のところ, 払つて愛をもつ, 払つて我家へ帰り, 払つて手負猪の様, 払つて拾ひ終つた, 払つて控へてゐ, 払つて敵銀を進ませ, 払つて新来の敵, 払つて日常の会話, 払つて星の交会, 払つて朝の空気, 払つて木賃宿へ行き, 払つて村長の後ろ, 払つて東京行の汽車, 払つて桑畑に為, 払つて次の言葉, 払つて此小さい街, 払つて死者の思ひ, 払つて殆ど喋らずに, 払つて汽車へ乗つ, 払つて治療して, 払つて海辺へ小用, 払つて消滅す可, 払つて清浄な眠, 払つて温泉にでも行つて, 払つて満山の木の葉, 払つて溝へ陥つた, 払つて王様のお, 払つて田甫道なんかに寝, 払つて直吉が便所, 払つて石を引取, 払つて私達が砂浜, 払つて秋葉の行者, 払つて答へた, 払つて管さへ巻かなかつたら, 払つて簾をおろした, 払つて米代に為, 払つて精神的覚醒を得た, 払つて細工に取り, 払つて胸も広々, 払つて脚色する, 払つて自ら嘲るやう, 払つて芝に移つたの, 払つて茶匙を受取つた時, 払つて著作権の譲渡, 払つて行つたといふこと, 払つて行つたのが段々, 払つて行つてゐる, 払つて観に行く, 払つて詞をつづけた, 払つて詩を掲載, 払つて貰つた弟が兄, 払つて買つた小馬, 払つて賛成したらしいん, 払つて購つて往くさ, 払つて踊つたり, 払つて軽口沁みた洒落, 払つて返事をした, 払つて返辞をした, 払つて退屈しきつて, 払つて逆に本質, 払つて遁走した, 払つて遇して, 払つて遊覧船に乗つ, 払つて邪魔するの, 払つて釉の工合, 払つて金をおく, 払つて金百七両持つて, 払つて陽りに, 払つて難を免れる, 払つて顔を顰めた, 払つて食ひければ, 払つて鮪の刺身, 払つとくから, 払であるに違い, 払でなきやアあと, 払でなきゃアあとへ, 払として彼に, 払とも叫びとも, 払と共に重い扉, 払になつてゐた, 払はずして恩沢, 払はず二人で抜け出す, 払はず従つて需要も少く, 払はず租税を払, 払はばよきよし, 払はるべき当然の, 払はれたらうと推察, 払はれぬので活字函, 払ひおとして顔, 払ひきれぬ霾の, 払ひくれたり, 払ひくれる者も, 払ひこみ近所に, 払ひさりて雨, 払ひすごしたことそして, 払ひそよしや衣, 払ひたいだけは払, 払ひたい不用の書物, 払ひたい払はなけれ, 払ひたがるものは, 払ひだが表, 払ひつづけて, 払ひである伴れ, 払ひできるやうに, 払ひですね, 払ひで大分前借してるから, 払ひで漸と買取つたモウパツサン全集, 払ひといつしよに, 払ひといふ話に決め, 払ひと落着き払ふ母, 払ひなのか訣ら, 払ひのけたくなるのである, 払ひましたけれどもやつ, 払ひませなんだ, 払ひませうか, 払ひも敢へず, 払ひよチヨツ誰の為め, 払ひらしい意地悪るで, 払ひらしくそんなこと, 払ひ下げて其山, 払ひ下げた時に, 払ひ下げるやうな, 払ひ下さるやうに, 払ひ下さるべきのを, 払ひ出してその, 払ひ出した傾向が, 払ひ出来るだけ買物, 払ひ切れぬ気が, 払ひ去つて健やか, 払ひ去られた様な, 払ひ受け突きふりか, 払ひ当れば飜, 払ひ得ないやうな, 払ひ得ぬ言訳の, 払ひ戻しは掛金, 払ひ戻すのかと, 払ひ持つてた金も, 払ひ捲きを, 払ひ揉み合ふこ, 払ひ棄てる風俗さへ, 払ひ残るところの, 払ひ渡すこと, 払ひ滞らぬにも知られ, 払ひ申して, 払ひ終るまで毎日誰か取り, 払ひ落せば, 払ひ見たいな村井, 払ひ退けることが, 払ひ過ぎた位か, 払ひ除かれたのはよ, 払ひ骨折をし, 払ひ鳴く千鳥もの思ふ, 払ふかげもなし, 払ふからとさ, 払ふから品物を渡す, 払ふぐらゐなら誰, 払ふこつちやない, 払ふそれると翼, 払ふつもり, 払ふてしまふさかいにとかわし, 払ふて居る馬の, 払ふといつも生殖器の, 払ふとき札を, 払ふとしたところで, 払ふならこれらの, 払ふなら取払つても, 払ふべきであることを, 払ふまいとする, 払ふまでもなく, 払ふもんですか, 払ふんだから驚く, 払ふ振をし, 払ふ飲めるだけ飲む, 払へてめいろ君, 払へと云つた, 払へもせぬ癖, 払まじりの浮かれ浮かれた, 払やぁおまえさんの, 払らしくするがいい, 払らつてゐる良人, 払らつて山路にぐうぐう, 払をば国麿の, 払ッタガ年来丹精ヲシテ拵エタモノ, 払て立つ, 払フ山風といふ和歌, 払ヨ, 払ヘバ暗ニ香気馥郁タリ宛モ, 払一人を打た, 払下品なの, 払先生は摺れ違っ, 払労働でなくて, 払労働強化三百万の失業, 払半分は買物, 払問題が盛, 払宜しくと云, 払床の間仏壇机上食卓をきれい, 払未納の分, 払租税のため, 払証明書といつた, 払請求書が来た, 払退けて, 払退けられたように