青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

才能~ 打~ 打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った ~打つ
打つ~
~払 払~ ~払っ 払っ~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ ~承知

「打つ~」 3173, 34ppm, 3414位

▼ 打つ~ (737, 23.2%)

30 ゐた 23 ゐる 15 変つた 13 つけの 8 居る 6 しまつ, ゐるの 5 一丸と 4 あるから, ゐると, 出て, 居りました, 居ると, 打つて

3 [11件] ある, ゐたが, ゐるやう, 下さい, 來る, 元の, 居たの, 歩いて, 目を, 變り, 附けの

2 [35件] ありますから, あるし, あるの, あるやう, ある鐶, くるの, これで, しまつて, しまひました, しまふと, みたが, ゐるうち, ゐる最中, トンと, 三尺許り, 付けの, 別箇の, 勝手に, 呉れと, 喜びました, 喜んだ, 喜んで, 変つ, 居た, 居ります, 居る門辺, 引立て, 引立てると, 掛かつ, 来る, 生きて, 直ぐに, 置いて, 親父の, 貰は

1 [504件 抜粋] あげませうと, あとへ, あらあすんで, ありさうな, あります, ありますよ, あるか, あるでせうか, あるん, ある外, ある容易, ある札, ある質素, ある釘, ある靴, いいわ, いくつかの, いた, いた家, いでながら, いる, いると, いるよ, うたつたが, え事, え考え, おいて, おしまひなさい, おどかしつづいて, おのれを, おろ, お前が, かかる死ぬまでの, かなは, きた, ぎらりとして, くださる蕎麦, くりや, くるむなしい, くれさ, くれた, くれたの, くれました, くれる主人, くれる切火, こ, この有, ございました, ござります, さうし, したり顔に, しばらく経つ, しゆ, すつ転がる, そのま, その上, その中, その福岡市外, その贈物, たしかに異, たじろぐ曲者, つけかも, つけさ, つけだ, つけだらう, つけで, でて, どうしても仲間, なけれ今様風, ばつたり, ぶつて, ぺろりと, まはる, まはるの, みいと, みたん, みちや, みても, みようと, みる, みるより, みろお父さん, みんなに, むしろ進む, めちやめちやに, もう夜なか, やせんだろか, やつた, やつと, やらう, やらうか, やりたいの, やんべ, よこした, よこせ金, よろこんだ, よろこんだしかし, ゐたつけ, ゐたと, ゐたとは, ゐたの, ゐたやう, ゐたドン, ゐた一年生, ゐた伜, ゐた客, ゐた所, ゐた者共, ゐた自信, ゐても, ゐない世界, ゐやう, ゐられる, ゐるか, ゐるといふ, ゐるところ, ゐるに, ゐるので, ゐる丈, ゐる中大喧嘩, ゐる人, ゐる其の, ゐる役者一座, ゐる百姓達, ゐる考, ゐる蔭, ゐる閑, ゐる間, カグラサンで, トウセンボウとか, ドブーリ飛込む, ニヤリニヤリと, バンコ, ヘトヘトに, ポツリポツリ降, リスさんの, 一と, 一人が, 一人の, 一方が, 一時気絶し, 一本に, 一緒に, 丈吉を, 三條ばかり, 三輪の, 下さいと, 下さいよ, 下さらないの, 下さる, 下さる方, 下されば, 下すつたの, 下つ, 下りかける, 下水に, 乘り出した, 了つた, 事も, 二間も, 云つた, 交へ, 人々が, 今年限り学費は, 付けぢや, 伐り倒された, 伸び且つ, 來た, 停車場もよりの, 傳馬町の, 光遍寺の, 兩手の, 其中へ, 其小さな, 内には, 出た大井卜新氏, 出た時, 出た頃, 出づ, 出で, 出ないかと, 出やう, 出ようといふ, 出ようとして, 出られぬ口惜し, 出る事, 出る時, 勘辯してやらう, 十三段目の下まで, 半夏, 即座に, 原つ, 参りました, 反側, 取つたる, 各々かへ, 名物の, 吹雪が, 呉れ, 呉れさうな, 呉れたので, 呉れるお, 唾を, 喜ぶ, 喜ぶ樣, 喜んだらうと, 喝采した, 囃せ, 土の, 坊やんに, 垂れて, 変つた入道姿を, 変つた力の, 変つた心配さうな, 変つた挨拶だ, 変つた気取つた, 変つた肥えた, 変つてこの, 変つて丁寧に, 変つて世界が, 変つて人通りも, 変つて今も, 変つて伯自身の, 変つて女に, 変つて好, 変つて怒り出した, 変つて渠は, 変つて町は, 変つて神妙に, 変つて自分の, 変つて自分は, 変つて軽妙な, 変つて静かに, 変つて頭の, 変つて饒舌に, 変つて馬鹿ていねいな, 変つて鶺鴒は, 変はりし, 変りし貫一, 変り何, 変り小倉服, 外房州へ, 夜に, 夜明しし, 大川へ, 天上に, 天守の, 太刀が, 奧から, 室の, 容易に, 寄した, 寄す, 居たこと, 居たと, 居たらうな, 居たんで, 居た勘次, 居て, 居ましたよ, 居らる, 居るぜ, 居るやう, 居る夜なべ, 居る所, 居る時, 居る桶屋, 居る樣子, 居る武村兵曹, 居る碁, 居る響, 居れば, 巌の, 帰ると, 帰る道すがら, 平次の, 幾度か, 幾度も, 床の間なども, 座つた, 庭の, 庭へ, 廻つて最後に, 引いて, 引かれても, 引つ立てて, 引つ立てても, 引つ立てるばかり, 引つ立てるんぢ, 引立てたの, 引立てたら命, 引立てた後, 引立てます, 引立てませう, 引立てるが, 引立てること, 引立てる所, 引返します, 弟に, 彼の, 彼を, 彼女と, 彼女の, 往来から, 御覧な, 御覧なさいだ, 御覧僕に, 忘れませう, 思はず脇差, 悠長な, 悦び, 悶えるの, 感心した, 戻つて, 打ち殺して, 打ち続け停めようと, 打ち續けた, 投げつけられたやう, 折角の, 押し寄せる, 拝んだ, 拭く, 拵へ, 持参し, 掘り出した大根, 掛つた, 放つて, 數限も, 新しい薪, 明るくな, 星を, 是を, 暫らくは, 暫心静まらず, 暮して, 更に藁, 替はつ, 木戸口から, 木村の, 来た, 来たの, 来たのよ, 来ないので, 来よう, 来り迫るや, 来るかと, 来るから, 来ること, 来ると, 来るの, 来るん, 来る風, 柳橋の, 根肥を, 横ざまに, 歓喜の, 此処に, 歩いてから, 歩行かしやるでござる, 死んだもの, 死んだん, 死んで, 殺しそれから, 殺したの, 氣を, 水の, 汗が, 江戸中の, 池の, 泊り込んで, 波の, 流れて, 消えて, 涙が, 滑らないやう, 滑り落ちた, 無闇に, 熱心に, 燈も, 猿蟹合戰の, 番所に, 祈るかと, 突き出しませう, 立騒ぎ悲鳴を, 笑つてゐた, 笑ひ興じた, 笑ふと, 糧食を, 素晴しい, 給べ, 繩を, 續い, 續いた, 置きいよ, 置くだけの, 耳を, 聞える, 肚を, 肩を, 胸を, 脇司に, 脚が, 腰に, 自分は, 自殺した, 舞い奏で歌つて參, 舟は, 苦も, 草臥れて, 落せば, 落ちて, 落ちるところ, 落下した, 蒐つた, 蒐らう, 蘇つて來た, 血の, 血を, 見せたいやう, 見せるの, 見せるよ, 見せる八五郎, 見たが, 見たり, 見ようでは, 見ると, 見る氣, 見付かつ, 見物の, 見舞はれる, 角力場に, 語つたのが, 變つたあわてた, 變つたかかる, 變つた優しい, 變つた平次の, 變つた心持この, 變つた愛想の, 變つた激怒に, 變つた熱心な, 變つた癇癪持の, 變つた簡素な, 變つた艷し, 變つた調子で, 變つた調子に, 變つた道樂者で, 變つた靜かな, 變つてここは, 變つてしとやかでした, 變つて奧の, 變つて愼しや, 變つて流れは, 變つて渠は, 變つて温かい, 變つて滴れ, 變つて班超らを, 變つて空々しいほど遠, 變つて自分の, 變つて言葉少なに, 變つて賑やかに, 變つて輕妙な, 變つて階子段を, 負けること, 財布が, 貰ふ, 賭けませう, 足を, 跳ね飛ばされ, 踊つ, 踏んで, 蹴つて, 転げ落ち扉, 輕く, 返して, 追つた, 通つて廣い, 遂に一言, 遊ぶ所, 遣つて, 酒を, 醫者を, 門野を, 間も, 附けだと, 附の, 青い樹枝, 青い葉, 頭が, 題目を, 顔を, 飛びあがる, 飛び込んだ, 飜へり死ぬ, 飲んで, 駆け出しました, 驚いたで, 高い処, 高唱し, 鼬小僧を, 龍の

▼ 打つ~ (228, 7.2%)

22 である 8 です 7 であった 6 を聞く 5 だ, であるが 4 だから, だった, でした, を見 3 が聞えた, だそう

2 [21件] か, がおもしろい, が聞える, が響い, だが, だつた, だよ, であったが, であると, では, と同じ, はだれ, はもう, は今日, をやめ, をやめた, を感じた, を止め, を聞い, を見た, 斫る

1 [111件] かとおどろきました, かと思ふ, かね, かまだ, かもしれなかつた, かやい, がいい, がうまい, がひっそり, がブンブン, が不都合, が余, が初志, が合間, が常, が平次, が得意, が折伏門, が暗, が最も, が法則, が癖, が私, が習い, が聞え, が肝要, が見える, さえ一人, じゃ, じゃない, だと, だという, だな, だろう, だ耳, であります, であるか, であるから, でございましょう, でございます, でございますからな, でしょう, でしょうか, でない先生, でなければ, でも, と云っ, と全く, と比べれ, と申します, なら恐ろしく, なんかいや, にでございます, には足, にも頓着, にコツ, に先だつ, に夢中, に当惑, に感動, はお, はかわいそう, はその, はなお, はなん, はよす, は下等, は名人, は向う, は固, は家内総出, は少い, は早, は止そう, は此方, は海, は涙ぐましい, は空, は苦痛, は草鞋, は道理, もある, もあれ, も今日限り, も忘れなかった, も殴る, をおぼえなかつた, をやめる, をチャン, を全廃, を商売, を圧, を夜着, を天才, を宙, を幾たび, を待ち, を待つ, を押え, を數, を用心深く, を田山白雲, を相, を眼, を私, を聞いた, を見ぬ, を見る, 打つであるまた, 道樂が, 道樂で

▼ 打つ~ (210, 6.6%)

4 いうから 3 いふの, その音 2 いって, いふこと, いふほど, それを, 云ふ, 化けるよ, 女記者に, 帰って, 私の

1 [182件] あたかも名刀, ありあるいは, あるに, いいね, いいますから, いい加減, いう, いくらか空気, いっしょに, いつた御家人崩れ, いつの間にか障子, いつも店, いふもの, いふ事, いわゆる一網打尽, おじさんは, おもて, お作, お紋, かっとばすん, かや衣に, からだを, こうと, これは, ころりと, すぐ自分, その声, その度, それが, それは, だいじょうぶ安心し, とたんに苦痛, どこからでも, どんな錠, なって, ばら, ぱらり持っ, べっとり汗ばんだ, みるや, みんなが, もう灯, もとは, ものを, カタリナは, ザラ場で, ジュリアの, トビ市が, フンドは, マアセルは, 一そう酒が, 一村の, 一緒に, 三人は, 丸腰の, 二三目は, 二町も, 二発目までに, 二階へ, 云いますと, 云うこと, 云うなら立派, 云うには, 云う仕懸の, 云う命令, 云ったので, 云った具合, 云って, 人間という, 仮定し, 仰せられ断じて, 伺いましたから, 何時でもさ, 何處まで, 例の, 僕は, 先生は, 力を, 北原が, 危険いから, 厳粛に, 又候下女, 反対の, 取次が, 同時にほとんど人影, 同時にわれわれ, 同時にサッと顔色, 同時にドラ, 同時に両手, 同時に右手, 同時に玄関, 同時に銑吉, 同時に隣, 同時に高い, 同様に, 向うへ, 周さんの, 喫驚した, 坂野が, 声を, 奇麗だ, 婆やは, 子供には, 学校から, 実に眼, 客観性が, 家に, 寝に, 寢て, 将校の, 島田の, 庄吉は, 張飛は, 役人が, 彼女は, 後が, 心を, 思うか, 思うな, 思つて戰慄した, 急に, 怪物の, 意外にも, 手が, 曲者の, 次の, 武蔵が, 武蔵は, 残った味噌, 物を, 特別に, 痛いから, 痛いもん, 白い影, 皆寝, 皆寢て, 皆引込ん, 目玉が, 直ぐ飛出しました, 矢庭に, 硬ばつた大豆, 私は, 竜之, 竹刀の, 第一, 米は, 米友公が, 糸は, 約束どおり毛布を, 終わって, 羊毛に, 美少年は, 考へたその, 脆くも, 花瓶の, 苦しさうに, 蒲団の, 蘆が, 蛇王金塊と, 蟹の, 裸松が, 見せて, 見て, 見識ある, 親佐, 観音堂を, 言うの, 言つた, 豹身くるり, 赤らめた顔, 辰三は, 返すと, 道庵は, 遙に, 金の, 間もなくお出かけ, 間もなく出, 間もなく非常線, 間もなく馬, 雪の, 頭の, 馬の背の, 馬車は

▼ 打つ~ (122, 3.8%)

9 がした 8 がする 4 がし 2 が聞こえ, が聞こえる, が響い, などは聞え, のよう, をきいた

1 [89件] がきこえ, がきこえる, がしました, がしんみり, がど, がひ, がひびい, がぽんぽん, がガンガン, がタン, がチョン, がド, が例, が台辞, が夜, が大きく, が幽か, が攪, が方々, が松風, が枕, が続けざま, が耳, が耳立っ, が聞え, が聞えた, が聞え出した, が聞こえた, が聞こえました, が聞こえます, が逼, が重々しく, が鏡子, が静か, が響きはじめる, が響く, が鳴り響き, きこえぬ我, し, すらする, せしが, だけがぴしりっぴしりっと, だと, でお, でしょうか, で寝附かれない, で旅びと, で栄介, とが聞こえる, とたんに入口, と消音装置, と点滴, なりドーン, にふと, にも驚く, によって広々, に涼しく, に驚い, に驚愕, のよろし, の終る, は二間, は四里, は思い出した, は音楽, ばかり, までがはつきり, もまったく, も聞える, やさざめく, や嘆息, や手斧, や物, や馬, をき, をさせ, を一々, を嘲り, を悦ん, を数え, を数えた, を時, を聞い, を聞きました, を聞く, を響かせた, 絶えず片方, 踏む音, 遠暴風

▼ 打つよう~ (115, 3.6%)

7 な音 4 にし 3 な形

2 [11件] なこと, な事, な手つき, な鋭い, な響き, にどきどき, になっ, になった, に云った, に聞え, に見えた

1 [79件] じゃ今村, じゃ末, だ, だが, だと, です, なこの, なところ, なの, なまね, なむせび声, なカラクリ, な一通, な不快, な不思議, な出来事, な動悸, な場面, な女, な奴, な妙, な姿勢, な少女, な幕府非難, な感じ, な手まね, な気, な真似, な研究, な窮屈さ, な美しい, な胸, な言, な身持, な酷, な響, に, にいいました, におもむろに, にけたたましく, にざあざあと, にした, にその, にたたき伏せた, にと言い残し, になる, にぱっと, にぴしゃり, にまた, にみえ, にパイプオルガン, に一句, に一層, に八丁堀はじめ町方一統, に動いた, に動かし, に動く, に大きくせわしなく, に姉自身嘘, に後, に思われる, に懐しく, に払い退け, に攻め寄せ, に日吉, に流れ, に火花, に烈しく, に矢代, に美しく, に考える, に聞えた, に膨らみ, に西瓜, に返し, に降りそそい, に飛び込みました, に飛ん, に食堂

▼ 打つこと~ (102, 3.2%)

5 になった 3 にした, になっ 2 がじょうず, ができた, ができる, にしよう, にする, は決して

1 [79件] か, があった, がある, がいかなる, がかえって, がただ, ができなかった, ができなくなる, が僕, が出来ず, が出来ない, が好き, が許し, が跡, じゃ, だけは許し, だ鞭打つこと, である, であろうと, でした, でしたが, です, では, でも, で呪術, で隣りの, となった, と思い, なかれと, ならざしり泉水, ならねば, になつ, には十分食指, によって物質界, に慣れ, に成功, に決めた, に飽きだし, のできぬ, のない, の上手, の大, の速, はし, はできない, はよく, は出来ない, は出来なかった, は出来ません, は大地, は失敗, は手のうち, は打つ, は逆, またいと, もあった, もあります, もある, もおぼえた, もできなかった, もできまい, もできる, も一向に, も出る, も困難, も御存じ, も払う, も爲, も知っ, も踏込ん, を反覆, を忘れ, を忘れた, を忘れなかった, を提議, を日本じゅう, を止めます, を肯ん, 突かねども

▼ 打つもの~ (66, 2.1%)

12 がある 9 があった 3 があつ, があり, では, はその 2 である

1 [31件] あり, かなこんな, があっ, があります, がない, が残っ, が迫っ, であるから, です, でない, でもござりませぬ, で中下新川二郡及信濃, なし, に左, は, はあるまい, は岩壁, は扇型, は打たれる, は露, もありません, もある, もない, も現, や奇声, をもっ, を受けられず, を感じ, を感じさせる, を感じた, を見た

▼ 打つたり~ (41, 1.3%)

5 して 3 するの 2 した

1 [31件] けつたり, さうかと思ふ, したいばかり, しました, します, する, するのでが, する位, する六郎, する微妙, つめつたり, パクパクと, 今他人, 出鱈目な, 叩いたり, 宛然お, 引つ掻いたり, 彌造, 時間を, 本を, 村長並びに, 横木に, 殴いたり, 洗濯を, 煙管の, 肴を, 花合せを, 蹴つたり, 蹴つたりも, 蹶つたり, 馬の

▼ 打つ~ (33, 1.0%)

73 だから 2 じゃない, だが, だぞ, だつた, だね

1 [13件] じゃあなく, じゃねえんでがすが, だけど, だと, だらう, だろう, でしょうそりゃ, です, ですか, ですから, ですの, ですよ, ならお

▼ 打つ真似~ (33, 1.0%)

11 をした 6 をし 5 をする 3 して 2 をしました 1 などもする, にした, にちょい, はしたれ, をすれ, を示した

▼ 打つという~ (32, 1.0%)

2 ことは, のは, 事は

1 [26件] あのたまらぬ, いくらか間, ことが, ことである, の, のが, のも, やり方それからまた, わけで, 三沢を, 事が, 事も, 代りに, 動作に, 噂の, 変わり方, 宿命的な, 思いつきは, 曲芸が, 残酷な, 流儀と, 点で, 目的が, 約束が, 言葉が, 風で

▼ 打つやう~ (30, 0.9%)

5 になつ 32 な音, に耳

1 [18件] であるが, なそんな, なカラクリ, な氣持, な眞, な素振り, な美, な静か, な響, にそれ, にわれ, に一句, に一團, に叫んだ, に姉自身嘘, に波, に返事, に飛び込みました

▼ 打つかって~ (27, 0.9%)

1 [27件] いました, おら塀を, きた人か, くる冷たい, その傘, つぶれた, どっちにも, は弱い, は滝, もけっして, もそう, も林, も誰, 呂宋兵衛が, 大いなる味方, 居る波, 来たこと, 来て, 来ましたが, 来ます, 殆ん, 沈んで, 行きやんさ, 行くと, 行ったせい, 跳ねかえりこっちへ, 遭難する

▼ 打つかる~ (26, 0.8%)

6 ように 2 ような, 様に

1 [16件] ことが, ごとに, ところでした, なと思った, なア, のじゃ, のであった, のも, ものである, 前に, 所で, 気で, 雨の, 音, 音が, 音だった

▼ 打つ~ (26, 0.8%)

2 が出来, にしましょう

1 [22件] があっ, が出来ない, が出来る, さえ厭, で緑揺, にした, になった, になつ, に就い, に致せ, に身, のありがた, はできる, は出来ぬ, は危険, は幾度, は無理, は知つて, も出来ず, も心得, を屑, 後奈良帝

▼ 打つところ~ (25, 0.8%)

2 のない

1 [23件] がある, が見えぬであらう, だ, だよ, であった, であるの, でしたが, ですが, なきを, にいたれり, にその, に面目, のもの, の持った, の笑劇, まで気, よ, を五つ, を歌った, を見, を見る, 凡そ船舶, 重き負傷

▼ 打つ~ (24, 0.8%)

2 まかせて

1 [22件] あへ, あらず鍵, さまで, その傷つけ得べき, たうる無垢, ちが, つけて, まかせまた, 余念無し, 十分だ, 及ばぬ意味, 器を, 均しき処, 打ち甲斐, 至って, 至つてゐた, 葦索を以て, 足り太き, 通じる打つは, 違ない, 随って, 隨つてみな肉着く

▼ 打つ~ (24, 0.8%)

15 の音 2 も人間 1 が空, に揺, の下, の単純, の雫, は漸く, を見上げた

▼ 打つ~ (23, 0.7%)

6 がある 3 があった

1 [14件] あらば, あるよう, があっ, があつ, がありません, がいる, がない, が来るべき, と叫喚, と打たる, の前, はない, は五目, は髪形

▼ 打つ~ (21, 0.7%)

6 の音 2

1 [13件] がバシヤリ, と一緒, に, に似, のかけら, のひま, は狂瀾, は玉, は諸法実相, もにわかに, も船, を見せ, 砕けて

▼ 打つ~ (20, 0.6%)

4 ッて 2 ろうと

1 [14件] こうした時, して, りながら, りやがった, わかりゃしないじゃ, ッた, 取消しの, 呆れるか, 怪我は, 打たぬかと, 打たぬかに, 木曽から, 見当が, 蹴るか

▼ 打つても~ (20, 0.6%)

1 [20件] これ又, はたいても, まだ丑松, まだ暗い, やはり遊郭, 僕と, 勝ち越しに, 叩いても, 常先で, 投げても, 構は, 死なないが, 泣かない, 滿谷君等の, 相變ら, 突いても, 誰も, 返事も, 音を, 鴉に

▼ 打つ~ (20, 0.6%)

2

1 [18件] がきた, その音, でもピアノ, で有難, なぞ田村屋好み, にあなた, にここ, には何, には鉄板, に出る, のあの, の身構え, はない, は塩水, は思わず, は自分, めぐし子, 出るやう

▼ 打つから~ (19, 0.6%)

3 なかった

1 [16件] おやりなさい, すぐ来る, である, ないとも, ない限り, なければ, みんな気の毒がって, ドジョウが, 主膳も, 出て, 分らねえそれ, 屋久島へ, 己ア方でも, 痛いよ, 誰でも, 面倒くさいが

▼ 打つので~ (18, 0.6%)

2 あつた

1 [16件] ここに, さすがの, とうとう師, クリッククリッククリックと, 丁度議事堂, 大名屋敷の, 時折眼が, 気分が, 痛えや, 私は, 竜之, 自分の, 自然饂飩粉などを, 與吉は, 辛くて, 非常な

▼ 打つ~ (18, 0.6%)

3 あり 2 もある

1 [13件] がちらほら, なの, なら分りますけれども, には直, にも三人二人, の姿, の曳きこじてた, の無, の顔, はどうも, もずゐ, もその, やココット

▼ 打つ~ (17, 0.5%)

2 いい

1 [15件] いいか, いい打つ, ごとくとうとう, ごとくなん, ごとく水, ごとく洞裏, まだお山, よろしい, 何うだ, 如きこと, 如くおの, 如く一時, 宜い, 打ち殺すこと, 貉には

▼ 打つ~ (15, 0.5%)

2 伊勢の, 真間の

1 [11件] うつつに, 否, 手練の, 斧音の, 汝若し, 皷の, 磯屋の, 蒼い顔, 蘇小が, 颯と立っ, 鼓の

▼ 打つかと~ (12, 0.4%)

1 [12件] いうと, 問うと, 問うに, 思ううち, 思うと, 思ったのに, 思ってたどもな, 思ふうち, 思ふと, 思わるる, 思われるよそ目, 見える絶壁

▼ 打つため~ (12, 0.4%)

2 にはそれ 1 か或いは, です, にいった, にしばりつける, に使う, に姉妹, に物, に用いる, に用意, に神様

▼ 打つには~ (12, 0.4%)

1 [12件] 同じ速度, 忍びなく, 思いきった大がかり, 打ったが, 打ったものの, 打ッ, 此処な, 相違ない, 秘訣が, 絶好な, 高電圧, 鶏卵も

▼ 打つほど~ (12, 0.4%)

1 [12件] いよいよ廻り歩き, では, ヤングが, 儲かった上, 印象の, 危険な, 向は, 強くは, 怒った気持, 暴れ出した, 苦に, 零落する

▼ 打つ~ (11, 0.3%)

1 [11件] 合図に, 声聞師と, 得させじあと, 押止め, 目的と, 礼法の, 聞き世, 見しが, 言えば, 逃げつ, 逃げつつ

▼ 打つ~ (11, 0.3%)

1 [11件] がある, では一見, に手練, のある, の重点, はない, はなかっ, もなかっ, をもっ, をもつ, を見出す

▼ 打つたび~ (10, 0.3%)

2 にわたくし, に臭い 1 にひやりと, にファンティーヌ, に断続, に朱実, に母, に点滴

▼ 打つつもり~ (10, 0.3%)

1 かどう, じゃ, だつたん, で, であったの, でございましょう, です, で切りだした, で待ち受けて, なら打って

▼ 打つ~ (10, 0.3%)

10 似を

▼ 打つだけ~ (9, 0.3%)

3 である 1 だ, だった, でそう, では, なら何でも, 何の

▼ 打つちや~ (9, 0.3%)

3 つとい 1 いけない, つとくと, りは, るやう, 冷えるが, 可哀

▼ 打つては~ (9, 0.3%)

1 ぐちや, だん, ならないところ, ひた, ワッワと, 悲しい慟哭, 慌てて, 蒼白い火花, 駄目です

▼ 打つなり~ (9, 0.3%)

1 平次親分なら, 抓るなり, 斬るなり, 月昇る, 殴くなり, 湯気の, 真裸の, 縛るなり, 蹴飛ばすなり

▼ 打つにも~ (9, 0.3%)

1 たたくにも, 全力を, 全心全力, 声なく, 打ち甲斐, 止るところ, 異ならぬ暴挙, 細心の, 舟を

▼ 打つ~ (9, 0.3%)

2 の音, は外 1 と違っ, の響, は誤, を, を持ち出そう

▼ 打つ~ (9, 0.3%)

1 か, かい, さえあっ, で, で襲, で覘い, にならなかった, に浮舟, もしない

▼ 打つ~ (9, 0.3%)

2 の音 1 が音, と流れ, に逆, のなか, のみ青白く, のやう, の方

▼ 打つちやつて~ (8, 0.3%)

2 置けと 1 ありますから, は置けねえ, 置いたつて, 置いたつて大丈夫さ, 置いた料理, 置くと

▼ 打つてあつ~ (8, 0.3%)

1 た, たそう, たという, たの, たもの, てその, てそれ, て猫

▼ 打つとき~ (8, 0.3%)

2 に神戸 1 この自然, の入神さ, の折れ敷け, の緊張, ははじめ, もあり

▼ 打つとも~ (8, 0.3%)

3 蹴るとも 1 斬るとも, 殴くとも, 知らずに, 知れぬ戸口, 破るべからず之

▼ 打つ~ (8, 0.3%)

1 にお, におれ, にかぞえ, には, に一旦, に考えた, に見せたい, の吹き

▼ 打つ~ (8, 0.3%)

1 がある, ですから, で弥兵衛, で甚八, の常, の方, も大, らしいですよ

▼ 打つ~ (8, 0.3%)

7 打つ 1 の重

▼ 打つたん~ (7, 0.2%)

21 だよ, だらう, だらう位, でせう, では頬

▼ 打つ~ (7, 0.2%)

2 果てるも 1 またやむをえず, 佞吏を, 叩くも, 可し, 張合は

▼ 打つ~ (7, 0.2%)

1 かつて, かつて己, かつて項, かつて頭, かりました, かり身體中傷だらけ, かるぞ

▼ 打つその~ (6, 0.2%)

1 三つの, 声は, 思ひが, 翼, 音を, 頃は

▼ 打つとか~ (6, 0.2%)

1 いろいろ知ったか振り, その他手荒な, または鉄砲, 叩くとか, 捻ると, 殴るとか

▼ 打つとは~ (6, 0.2%)

1 いること, すこぶるむずかしい, どういふ, なんたる, 何事でござる, 酷い疵

▼ 打つ~ (6, 0.2%)

1 その扉, 勿論飲む, 手を, 武士の, 石の, 誰が

▼ 打つまね~ (6, 0.2%)

2 をし, をした 1 をしかけた, をする

▼ 打つやら~ (6, 0.2%)

1 した, しばらくもじっ, 丁, 丁々かちかち, 叩くやら, 賑やかでした

▼ 打つより~ (6, 0.2%)

2 ほかは 1 その方, ほかない, 他に, 外に

▼ 打つ~ (6, 0.2%)

1 の下, の粒, の音, もいさぎよい, よ, を塞いた

▼ 打つ~ (6, 0.2%)

1 がいたら, だそう, である, のよう, の人形, の槌

▼ 打つ~ (6, 0.2%)

4 の音 1 が, のかすか

▼ 打つ~ (6, 0.2%)

5 ふの 1 ふ飮むの三道樂

▼ 打つかつ~ (5, 0.2%)

1 たので, たもの, たやう, たんです, た時

▼ 打つだけの~ (5, 0.2%)

1 ことで, 何かは, 価値は, 力を, 手を

▼ 打つばかり~ (5, 0.2%)

1 であった, である, でなく突いて, でカタ, 叩きつけられて

▼ 打つ~ (5, 0.2%)

2 した 1 しなさって, しに, しにな

▼ 打つ場合~ (5, 0.2%)

1 がある, だけでなく, であるか, と見られる, に

▼ 打つ~ (5, 0.2%)

1 がした, が直ぐ, が聞え, が聞こえ, であると

▼ 打つ時計~ (5, 0.2%)

5 の音

▼ 打つ~ (5, 0.2%)

21 が銀, の声, もない

▼ 打つ~ (5, 0.2%)

2 に成っ 1 となり, までのかなり, まで私

▼ 打つかつて~ (4, 0.1%)

1 も破れない, 大いなる味方, 微醉機嫌, 行つたのである

▼ 打つかも~ (4, 0.1%)

1 しれないの, しれねえ, しれません, 知れません

▼ 打つ~ (4, 0.1%)

1 てあつた, ませんね, やがった, 頭に

▼ 打つごと~ (4, 0.1%)

1 にがち, に情欲, に波, に起立

▼ 打つなと~ (4, 0.1%)

2 云ふ 1 大手の, 目顔で

▼ 打つほどの~ (4, 0.1%)

1 ものは, 気で, 稚気も, 赤石が

▼ 打つまで~ (4, 0.1%)

1 球を, 随分長い, 隨分長い, 震えながら

▼ 打つわけ~ (4, 0.1%)

1 では, にはもとより, には行かねえ, にもゆかず

▼ 打つ伏せ~ (4, 0.1%)

1 になっ, になった, になつ, になれ

▼ 打つ~ (4, 0.1%)

2 かがそこ 1 か, かが自分

▼ 打つ太刀~ (4, 0.1%)

1 が一太刀ごと, は皆空, をたがわせない, 引く太刀妙

▼ 打つ太鼓~ (4, 0.1%)

3 の音 1 がとほとほと

▼ 打つ~ (4, 0.1%)

1 が慌てる, だから, を側, を明言

▼ 打つ拍子~ (4, 0.1%)

1 にある, にウーム, にロク, に彼

▼ 打つ~ (4, 0.1%)

1 な事, な惰, にさせた, に聞える

▼ 打つ~ (4, 0.1%)

1 がにぎられ, でもっ, としては確か, の音

▼ 打つ音鋼~ (4, 0.1%)

4 を鍛える

▼ 打つうち~ (3, 0.1%)

1 に升田, に白い, に首尾

▼ 打つくらい~ (3, 0.1%)

1 ですから, で近づいて, ならば

▼ 打つころ~ (3, 0.1%)

1 になっ, には外, に私たち

▼ 打つこ拔~ (3, 0.1%)

3 いて

▼ 打つじゃ~ (3, 0.1%)

1 なし仲間付合, なし家庭, 早うせい

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 おかしい, ツ, 出るなら出ろ

▼ 打つたか~ (3, 0.1%)

1 としか思はれない, と思ふ, と言

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 おい当たりゃしない, 血が, 静かに

▼ 打つなんて~ (3, 0.1%)

1 ありも, ことは, 揃って

▼ 打つまでは~ (3, 0.1%)

1 人に, 大事な, 話したくない

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

2 呆れた馬鹿 1

▼ 打つよりは~ (3, 0.1%)

2 一人味方に 1 あくまで僕

▼ 打つんで~ (3, 0.1%)

1 げすか, げすがな, さあ

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 で二度, をまるで, を体

▼ 打つ墨縄~ (3, 0.1%)

2 の曲る 1 のただ

▼ 打つ夜半~ (3, 0.1%)

2 の雨 1 もあり

▼ 打つ心臓~ (3, 0.1%)

2 の鼓動 1 の響き

▼ 打つ必要~ (3, 0.1%)

1 があっ, がある, もなかっ

▼ 打つ手つき~ (3, 0.1%)

1 から燃えついた, の反, ポンポンと

▼ 打つ波音~ (3, 0.1%)

1 のほか, のほか何, もやや

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 に外出, に外廓, に郵便局

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

2 が強い 1 には方向

▼ 打つ理由~ (3, 0.1%)

1 は彼等, もない, を彼女

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 の音, はしどろ, をすてよ

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

2 の如く目 1 は過っ

▼ 打つ落葉~ (3, 0.1%)

2 の音 1 のひ

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 もねえだ, をのみ手裏剣, を待つ

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 ひざら, ひながら, ひに

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 が一面, が常に, の音

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

2 の音 1 に堪えない

▼ 打つ~ (3, 0.1%)

1 がありました, が白い, は里

▼ 打つかの~ (2, 0.1%)

1 ごとくであったが, ごとく近く

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 たあ, 貫いて

▼ 打つこの~ (2, 0.1%)

1 人も, 畑の

▼ 打つぞと~ (2, 0.1%)

1 大きな声, 彼は

▼ 打つたらしい~ (2, 0.1%)

1 杭の, 盤を

▼ 打つたる~ (2, 0.1%)

1 かとばかり雲間, より静か

▼ 打つてか~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 打つてかは~ (2, 0.1%)

1 つて京に, つて立派な

▼ 打つてから~ (2, 0.1%)

1 気がついたん, 波の

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 せう

▼ 打つといふ~ (2, 0.1%)

1 微妙な, 持て餘

▼ 打つなど~ (2, 0.1%)

1 なかなか曲芸的, 中

▼ 打つのさ~ (2, 0.1%)

1 へ憚, へ難儀

▼ 打つのみ~ (2, 0.1%)

1 でそこ, で片腕

▼ 打つばかりに~ (2, 0.1%)

1 して, なつて

▼ 打つふり~ (2, 0.1%)

1 をし, をする

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 うぞ, えぢ

▼ 打つほどに~ (2, 0.1%)

1 よくわかる, 夏の

▼ 打つまでには~ (2, 0.1%)

1 きっと悟っ, はずんで

▼ 打つまでも~ (2, 0.1%)

2 孜々と

▼ 打つよりも~ (2, 0.1%)

1 あの京極曲輪, 進めねば

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 打つわ, 濡れずば

▼ 打つ一脈~ (2, 0.1%)

2 の線香

▼ 打つ二つ~ (2, 0.1%)

1 の撥, の河

▼ 打つ人々~ (2, 0.1%)

2 成りしおよそ

▼ 打つ仕事~ (2, 0.1%)

1 で或, に励ん

▼ 打つ付け~ (2, 0.1%)

1 たの, たんで

▼ 打つ以上~ (2, 0.1%)

1 はスピイスブルク, 一旦なおっ

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 にはその, には敢

▼ 打つ別離~ (2, 0.1%)

2 の言葉

▼ 打つ勇気~ (2, 0.1%)

2 も失せ

▼ 打つ参詣者~ (2, 0.1%)

2 があった

▼ 打つ喧嘩~ (2, 0.1%)

1 をする, を為る

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 太鼓が, 白髪の

▼ 打つ小家~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 打つ強い~ (2, 0.1%)

1 光線に, 雨は

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 は僕, れチュウヂュース

▼ 打つ感じ~ (2, 0.1%)

1 があった, があつ

▼ 打つ手拍子~ (2, 0.1%)

1 に連れ, 踏む足拍子

▼ 打つ手真似~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 打つ振り~ (2, 0.1%)

1 をし, を示した

▼ 打つ振子~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 がよから, が痛い

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 がある, が来た

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 なこと, に一つ

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 に二寸位づつ, に其の

▼ 打つ気持~ (2, 0.1%)

1 にはなれない, にもなれず

▼ 打つ水音~ (2, 0.1%)

1 に呑まれ, や四方

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 はあるまい

▼ 打つ用意~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 は何度

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 に我衣, の想像

▼ 打つ筆力~ (2, 0.1%)

2 は全く

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 はない, もなく

▼ 打つ群衆~ (2, 0.1%)

1 の中, の聲

▼ 打つ者鉦~ (2, 0.1%)

2 を叩く

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 低い女

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 のすべて, を強いて

▼ 打つ舞台~ (2, 0.1%)

2 の時計

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 り合, ると

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 は侍以上, を映し

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 は飲む, も飲む

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 かつた, かつて来ます

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 の雫, の音

▼ 打つ音丁々~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ 打つ音物~ (2, 0.1%)

1 を敲く, 凄し

▼ 打つ響き~ (2, 0.1%)

1 でもなく, は幟

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

1 には悲壮, のきつい

▼ 打つ飛礫~ (2, 0.1%)

1 のよう, は雨

▼ 打つ高い~ (2, 0.1%)

1 声が, 天井の

▼ 打つ鬨の声~ (2, 0.1%)

2 に変ります

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 をさす

▼ 打つ~ (2, 0.1%)

2 かな

▼1* [412件]

打つひだだけ, 打つああ己が, 打つあいだに追手, 打つあな憎し, 打つあれ見い, 打つおのが子ら, 打つお前の枕元, 打つかいだかと, 打つかかる大荒れ, 打つかくて物凄く, 打つかしわ手は, 打つかなたに藺, 打つからには退引, 打つかわりに灰皿, 打つかを算えて, 打つくらはしてやる, 打つくらいが道楽である, 打つぐらいの奴なら, 打つけいこはできる, 打つけど若し何, 打つことに彼等の, 打つこと三たびにし, 打つこと劇しくし, 打つこと無数投降者約一万, 打つこと甚しい, 打つこと百五六十回にし, 打つこれが武蔵, 打つころつた家ッて提灯, 打つしきたりも江戸, 打つしとしと雨に, 打つしぶきが冷, 打つじゃまでだ, 打つは天王, 打つそういうもの, 打つそして取ッ組み合い, 打つそのうちドローン, 打つそれを合図, 打つそんな光景を, 打つぞとでもいうよう, 打つたこたあねえ, 打つため手に笞, 打つため郵便局へ出かけよう, 打つたらしい大きい傷の, 打つたりといふんです, 打つたりなんかするやう, 打つちやつてしまつてゐた, 打つちや厭ぢやい, 打つやありません, 打つついでに頭, 打つついには自分, 打つつけながら中程, 打つてかへて豆腐の, 打つてとぢ込みを, 打つてどどどと, 打つてやらア, 打つてをがんで, 打つてんの見, 打つというも実は江戸, 打つといったことかネ, 打つとかいう特有の, 打つときはずみでそんな, 打つところ僅かに百振り, 打つところ重き負傷に惱, 打つとたんにああ, 打つとでもいったよう, 打つとをぢさんは, 打つと共に地稽古の, 打つどうにもこうにもしよう, 打つなかなかゆだ, 打つなどと云う力, 打つなどは時節柄あまり, 打つなにものかがある, 打つなんかとても吾, 打つなんざ心得たもん, 打つなんということ, 打つにあたって一度に, 打つにゃアあたらねえ, 打つに当たってみずから半生を, 打つのどつせ, 打つのみに滿足されなくなる, 打つの三道樂の外, 打つの刄物で斬る, 打つの式を行, 打つの有利に立った, 打つばかりか山卯の, 打つばかりが能じゃ, 打つひたむきなもの, 打つへへ小鳥, 打つほかなかつた, 打つまでのことは, 打つものさへある, 打つものの近く二人遠く一人小山の, 打つもの心を動かし, 打つもの結び様はこの, 打つもんでは, 打つやあら埴の, 打つやいなや母親は, 打つやがて玄関の, 打つやつがいなくなっ, 打つよし人に, 打つらんやうなるに, 打つらん砧の声, 打つわれわれは外部, 打つんだいええナゼ俺ら, 打つカーンカーンの音, 打つタイプの音, 打つタイプライターの音, 打つチラシを撒い, 打つバッサバッサバッサと云う, 打つパシアンスの遊, 打つフィリップスの指先, 打つプロレタリア文学なるもの, 打つメリケン粉とパン, 打つ一方庭の捜査, 打つ一石の重, 打つ三十分は進ん, 打つ不知火の光, 打つの時参, 打つと知らずあく, 打つ事それ自身を目的, 打つ事娘ふたりはきょう上野公園, 打つ事幕明幕切の時間, 打つ二人の男, 打つ二本のバチ, 打つ五分前に器械, 打つ人々家内惣出だその, 打つ人たちに何, 打つ人出八幡宮の旗幟, 打つ人物です, 打つ以上園田氏が政治生命, 打つ以外には何, 打つ仲間に加わる, 打つの事, 打つ佐保子は師匠, 打つ何ものでもありません, 打つ何物かをもつ, 打つ作品が少く, 打つの, 打つ係りの教授, 打つ信二にほとんど, 打つ元手のない, 打つ兄者人の中, 打つ光景である, 打つ兒童は極, 打つれを, 打つに足, 打つじさ, 打つなどが物, 打つ刀鍛冶の女, 打つ刄平次はそれ, 打つ動作を繰返し, 打つ動悸と呼吸, 打つ動脈のよう, 打つ勢いちょうど海波, 打つ勤めをおろそか, 打つ半鐘の音, 打つ南京の法庁, 打つ南無阿弥陀仏新左殿, 打つ危禍を逃れた, 打つ即ち復讐とか, 打つ厳粛さがあった, 打つ又は切開手術を, 打つ口笛などをふきおる, 打つ古代女神模様の上, 打つ吏員を欠い, 打つか淡路君, 打つ吹雪の音, 打つ呼吸の裡, 打つを吐く, 打つ商売の浅まし, 打つ喜六は頭, 打つ国際道徳を, 打つ地方も多い, 打つ地面には麦畑, 打つが飛ん, 打つ場合人はどういう, 打つ場所がちがっ, 打つ場面とをくらべ, 打つ変幻極まりなき面白さ, 打つだ, 打つ夜寒の袖, 打つ大きな弓を, 打つ大砲の響き, 打つ大粒な雨あし, 打つ大蛇の腹, 打つ太刀一本引く足一足, 打つの歌, 打つ女狂ひを, 打つ女狂いはする, 打つ女色にはふける, 打つ如しだ, 打つ孔明か豆, 打つ守り札を魚籃, 打つ安い興行も, 打つがあった, 打つ伝馬船の, 打つ小児の業, 打つ小波も昔ながら, 打つ小石の音, 打つの, 打つはない, 打つの八重桜, 打つ幻覚だつた, 打つ幽かな音, 打つの生ける, 打つ座敷へ走り込んだ, 打つ廂髪の白い, 打つ弾片けれども伊沢, 打つにした, 打つとを等分, 打つにあたって, 打つ彼女の頬, 打つ彼等はほんとう, 打つして, 打つ心算りだつた樣, 打つ心配がない, 打つ心間なる鴻, 打つ必死の場合, 打つ忽ちにして, 打つ急調なリズム, 打つ患者の白い, 打つ悪食家もある, 打つものが, 打つ所以はいったい, 打つ所存であるとの, 打つ手先が戦い, 打つ手筈になつ, 打つ手筋によつて黒, 打つ手続をする, 打つ手許が狂う, 打つ手負いの数, 打つ打棒とを繋い, 打つは姿勢, 打つといふ暴ツ, 打つから妹, 打つ押借ゆすり位やり兼ねない男, 打つ拍子木にもう, 打つに力, 打つ指図をした, 打つ振動が伝わっ, 打つ掃木それから掃木, 打つにし, 打つ掛けたり犬, 打つ掛声まで交っ, 打つ撞木は何所, 打つのつかい, 打つをする, 打つ敵味方の兵, 打つ敵軍を眺めやる, 打つ文学そういう風, 打つ文章として語っ, 打つ斜めの雨, 打つ早鐘であつ, 打つ春著姿にかり, 打つ時にはウクレルを, 打つ時彼等は必ず, 打つ時涼気がスウーッ, 打つ時間も早く, 打つを詩人, 打つ暖さに又, 打つ暖気に又, 打つを作った, 打つ曲芸でも科学的, 打つ最良のフォーム, 打つ木槌のこと, 打つ木靴の音, 打つの数, 打つは元来, 打つの音, 打つ古りに, 打つ柱時計の声, 打つ棄つてしまつ, 打つのひびき, 打つを伏せた, 打つは又, 打つ槌先が視覚, 打つを更に, 打つ機会があっ, 打つ次第のヨセ工合, 打つ殊に博奕が, 打つ比喩にエキスプレッション, 打つ気合いが抜け, 打つ気振りもしません, 打つ気色を見せない, 打つ気配でもなかっ, 打つ水明りが尖っ, 打つ水滴が砕け, 打つ氷嚢を見つめ, 打つ永禪和尚は身, 打つの真鯉, 打つの方, 打つなり, 打つの音, 打つの音, 打つ漁師を呼ん, 打つの音, 打つに自然, 打つ激しいこころを, 打つ濤聲の騷, 打つ点滴も聞えず, 打つ為めに打つ, 打つかする時, 打つに目, 打つ煙草盆を投げ付ける, 打つな音, 打つして, 打つ狂言のケタ, 打つ独得な匂, 打つ猛烈に打つ, 打つは大抵, 打つ玩具人形を指し, 打つ甘い新派劇などが, 打つ申しあわせであったの, 打つ男女何処となく, 打つ男彼は手伝, 打つのくま, 打つ白き布を, 打つ白人隊で喇叭, 打つ打つ然, 打つ相手方の手, 打つ真似ごとをお, 打つ眺めであろう, 打つ碁石は二人, 打つの実り, 打つ程度だ, 打つや南風, 打つ空巣狙いもやる, 打つ空気銃の音, 打つ空鳴りがし, 打つ童左に流れる, 打つを吹く, 打つのざわつく, 打つは僕, 打つ箇所あり, 打つ約束を思い出し, 打つ細雨の音, 打つの音, 打つ繊細な妙音, 打つけてら, 打つ美しいものが, 打つを見, 打つ群集の中, 打つ者自身天地に祷り, 打つ者色を添える, 打つ者花牌をひく, 打つ者酒を飲む, 打つして, 打つを掻き, 打つ耳髱へかかった, 打つ自分の姿, 打つ興味に感じなく, 打つ芝居にお, 打つ若衆の手許, 打つ苦々しさ, 打つ荒々しい雰囲気に, 打つ落ち葉の音, 打つのなよ, 打つの音, 打つ衝つてしまつ, 打つ要諦は身, 打つ覚悟なん, 打つ観音堂がご, 打つである, 打つがこもっ, 打つ猴固有の, 打つを謡う, 打つ豪雨の音, 打つ赤坂の勘兵衛長屋, 打つ赤鬼もあれ, 打つで踏んづける, 打つ跫音さへ一瞬, 打つもどる輿, 打つ辻川博士をみ, 打つ迄はお前さんも, 打つ途端にあゝ, 打つの高低, 打つ重い濤音とともに, 打つ重大発表を待たなけれ, 打つ野良仕事はもう, 打つのピリウド, 打つ鈍い杵の, 打つの香, 打つ鉄砲もなか, 打つ銀蛇呼吸と燃える, 打つ鋭い音が, 打つ鋲一つが船, 打つ閑人以上の閑人, 打つの事, 打つ雑魚のよう, 打つ雨だれが折り, 打つ雨音の底, 打つはらはらと, 打つが白く, 打つかな, 打つ青年のパーセンテージ, 打つ音さへ恨めし, 打つ音シュッシュッという板, 打つ音人の走る, 打つ音伏金の音, 打つ響争い叫ぶ若者, 打つ頃三吉正太の二人, 打つ飮む兩刀遣ひだ, 打つに音, 打つ騒ぎに並居る, 打つの下, 打つ高射砲の無数, 打つ髪形と言う, 打つがあった, 打つ魅力を持っ, 打つもありません, 打つ鼠蹊のほとり, 打つSOSが火