青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悲しく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~悪口 悪口~ 悪戯~ ~悪魔 悪魔~ ~悲し 悲し~ ~悲しい 悲しい~ ~悲しく
悲しく~
~悲しみ 悲しみ~ ~悲劇 悲劇~ 悲哀~ 悲惨~ 悲痛~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情

「悲しく~」 1432, 15ppm, 7542位

▼ 悲しく~ (183, 12.8%)

5 なかった 4 あった, ないのに 3 あれば, ない, ないの, 思ふべし去年, 恐ろしくも

2 [17件] あきらめて, ある, そこな, なければ, なった, なれば, なんともない, またあはれ, まだ今, 何ともない, 凄まじいもの, 思うこと, 思われた, 恋しくも, 父は, 眼を, 腹立たしくも

1 [121件] あったが, あったろう, あった山荘, あつた, あらじ, ありして, ありするところ, ありまた, あり亦, あり嬉しく, あり情なく, あり楽しく, あり泣いても, あり破滅, あり腹立たしく, あり覚束, あるか, あろう, いまいましい, いろいろに, うなずきます, この世ならざる, して, しみじみと, そういう分離, それは, ないが, ないきょとん, ないこと, ない常, ない思い出, ない日, ない様子, ない樣子, なかったです, なかつた, なくその, なくどころか, なく恐怖, なく想像, なく黙っ, なって, なつかしくも, なり腹立たしく, なるの, なんともありません, なんともなく, また春, 下座の, 丹七の, 主張された, 亦美し, 亦美しかっ, 人に, 人は, 今より, 令孃が, 住むに, 何とも, 何ともありませんでした, 友に, 口惜しい, 可笑しくも, 和尚の, 喜ばしくも, 囚われるの, 外交にまで, 夢では, 嬉しくも, 年を, 彼の, 思いました, 思い定めて, 思い沈んで, 思い知られるの, 思い苦しく, 思かたむけいつ, 思った, 思ひ定めて, 思召した, 恐ろしいこの, 恨めしくも, 恰度其日その, 悲しき事, 情なくも, 愛憐の, 感じない, 憐れである, 憐愍の, 懐かしくも, 我が文学, 我等は, 斯う, 斯る, 最も多く, 未亡人の, 末摘花は, 決心させた, 淋しい一夜, 滑稽に, 無いから, 生きて, 祈って, 祈つて, 私たちの, 私の, 粉飾された, 美しいバス, 美しからぬ, 自分の, 苦しむ者ら, 衝動の, 裏切られ彼女, 裏書きされ, 見送ったろう, 語らねば, 身に, 追放の, 重荷でも, 静かにも, 面白いもの

▼ 悲しくなっ~ (177, 12.4%)

13 て来た 10 てきた 9 て来 5 て涙 4 て, てしまっ, てしまった 3 ていた, てくる, てしくしく, てしまい, て来ました

2 [16件] てきます, てしまいます, てしまう, てじっと, てまいります, て以上, て参った, て思わず, て母, て泣い, て泣きだした, て泣き出した, て泣き出しました, て涙ぐん, て父, て腹

1 [81件] たりし, たりした, たりする, たりするらしい, たり嬉しく, たり照りつける, てああ, てあたし, てあたり, ていつも, ている, てうつむい, てうつ向い, ておもちゃ, てき, てきました, てこんど, てし, てしまいました, てじゅばん, てすぐ, てすすり, てそっと, てその, てそれ以上何, てただ, てどうしても, てはいた, てむせび泣いた, てめそめそ, てもう, てわあわあ, てシクシク, てシクシク泣出, てトランク, てハラリ, て一分間, て中, て了, て二人, て今村さん, て仕様, て仕舞っ, て何だか, て來, て口, て台所, て吹く, て学校, て年甲斐, て彼, て悲しく, て慟哭, て木挽小屋, て来るだろう, て気, て沼, て泣いた, て泣いちまいました, て泣いてる, て泣きたくなった, て泣きたく成, て泣きました, て泣き出し, て泣き叫ん, て泣き合った, て泣け, て流れ出した, て涙ぐまれた, て深い, て物, て盃, て真, て私, て筆, て胸, て自分, て訳, て話, て遠く, て駈け出そう

▼ 悲しく~ (149, 10.4%)

16 悲しくて 7 なりません 5 なりませんでした 4 泣いて 3 ならない, 泣くの, 泣けて 2 たまらなくなっ, ならなかった, なりませぬ, 仕様が, 涙が

1 [98件] あきらめ切れぬという, あなたに, あまり出かけない, いじらしい涙, いっそ尼, いやだ, おねむり, おわりますよう, お泣きなさる, お自身, ごたごたいたし, しかたが, しかも乱れる, しようがない, そうし, そっといっしょ, それに又あの, たまらないと, たまらないという, たまらないの, たまらなくな, たまらなくなった, たまらなさ, たまりません, たまりませんでした, たまりませんでしたが, つまらなくなる, つらいの, どうにも声, なにも, ならないこと, ならないなどと, ならないの, ならないはず, ならないん, ならなかつた, ならぬ, ならぬ事, なりませんのに, また何時, また泣いた, もう意志, やるせなくて, ピーピー泣い, ブルブルふるえ, 二三歩あるく, 仕方の, 信仰の, 冷たい或, 出る涙, 出家した, 切のうございます, 告げに, 堪らないん, 堪らなくなって, 堪りません, 夜も, 姫君は, 家内の, 帰り路中泣い, 幌の, 心を, 心細さ, 思わず涙, 怪しいの, 恨めしくて, 情の, 未亡人の, 正しくない, 死んで, 毎日ふさい, 気味わるく, 永いこと, 泣いた事, 泣いた涙, 泣いちゃった, 泣いちやつた, 泣いてるうち, 泣きあかしました, 泣きたいの, 泣きたいよう, 泣きたくなったん, 泣きながら, 泣くん, 泣くんだい, 泣けた, 涙さえ, 涙の, 湯水も, 病犬の, 着物を, 私自身さえも, 美しかった, 腹の中で, 荒々しい最期, 西の, 辛くて, 都に

▼ 悲しく~ (81, 5.7%)

6 つて来た 5 ッて 4 つてし 3 つてゐた, つて来ました 2 つたといふ, つて了ふ, つて來た, つて来る, つて泣いた, つて泣きたく, つて涙が

1 [46件] つた, つたのか, つて, つていきなり, つてこの, つてさめざめ, つてその, つてそれなら, つてぢつと, つてならない, つても, つてもうこの, つてわ, つてゐる, つてピイ, つてフト顏を, つてラヂオを, つてワツと, つて來て, つて來ました, つて叔父様の, つて喘ぐ, つて夢から, つて大きな, つて大声を, つて山の, つて帯揚を, つて幼児を, つて急い, つて恋に, つて来, つて来たり, つて歩い, つて歩き, つて母親を, つて泣き出しました, つて泣く, つて田の, つて畑の, つて考へ, つて貰ひ泣きした, つて貴女と, つて足を, つて踊る, ツた, ツて

▼ 悲しくなる~ (64, 4.5%)

4 ぢや 3 のであった, のです 2 ことが, じゃござんせん, じゃない, のだ, のである

1 [44件] お松も, かだが, からとて強いて, から主人, から止め, がいい, くらいでした, くらゐ, ことには, ことも, し悲しい, し笑う, だけだ, といった, とき人は, とそれ, と同時に, と自分, と足, などと話した, のでありました, のでした, ので会うた, ので寄れ, のを, の東京に, ばかりだった, ばかりでした, ほど単純, ほど正直, ものです, やうな, よ, ような, んです, 一二杯ひつかけ, 事が, 千世子は, 或る, 時が, 時と, 時には, 筈は, 薫は

▼ 悲しくなり~ (28, 2.0%)

2 て泣

1 [26件] あの世の中, きゅうに, さうだ, そこい, てかく, ながら, ながらサルーン, ながら清岡卓行, ほろほろ涙, またもや何時間, またイライザ, 他人の, 光の, 切なさ, 同時に非常, 小さい声, 心が, 斯うし, 暫くぼんやり, 浅ましくなり, 目から, 眼に, 眼の, 胸が, 運命に, 長安に

▼ 悲しく~ (24, 1.7%)

3 なかった 2 あったが, ないか, ないかね, ないの, なかつた

1 [11件] あった, あったけれども, あるが, ない, ないけど, ないぞと, ないだろうか, ないん, なりません, 思いながらも, 思わない

▼ 悲しくなった~ (23, 1.6%)

3 のです 2 のである, のでしょう

1 [16件] か理由, がこの, がまた一方, ことでも, というの, とも見えない, のか, のだ, のであった, のであります, ふうで, ほどしみじみ, まで何, まま言った, もの, 私と

▼ 悲しくない~ (18, 1.3%)

2 の, のかと, ものは, んだ 1 か, から, ことは, というの, と答えた, のか, ばかりか極めて当然, ように, 泣き方も, 涙の

▼ 悲しく思っ~ (14, 1.0%)

7 ていた 3 ている 1 たり思い出される, てどう, てももはや, て泣いた

▼ 悲しく思う~ (11, 0.8%)

1 [11件] くらいに昔, ことが, とともに又, と同時に, のだろう, ので, のであった, のである, のは, わけが, 心を

▼ 悲しく思った~ (11, 0.8%)

2 のである, のは, 事は 1 がその, ことが, ことや, のです, ほどであった

▼ 悲しくても~ (10, 0.7%)

1 ここに, その苦し, まだ五年, 涙に, 父上の, 痛くても, 私は, 耐えるって, 自分などの, 苦しくても

▼ 悲しくばかり~ (10, 0.7%)

2 なった 1 それらの, なって, なる私, 思われた, 思われて, 思われるの, 思召され, 思召される

▼ 悲しく思い~ (9, 0.6%)

1 ある僧, さだめたとき, て, ながら, はした, ふけり悪い, 浮べた, 貞操の, 過ぐします

▼ 悲しく~ (8, 0.6%)

6 思いに 1 つらいこと, 休みに

▼ 悲しくなります~ (8, 0.6%)

21 から, し覚悟, し覺悟, の, わい, ワ

▼ 悲しく~ (8, 0.6%)

5 つた 2 ほゆ 1 つたが

▼ 悲しく思召~ (7, 0.5%)

4 して 1 された, した, す方

▼ 悲しく感じ~ (7, 0.5%)

2 たりする, ながら折々 1 ている, て姉, て満腔

▼ 悲しく~ (6, 0.4%)

2 に来, に聞えた 1 に感じられる, に迫つた

▼ 悲しくさせる~ (5, 0.3%)

1 な, のであつ, ような, 毎日で, 蜂谷の

▼ 悲しくつて~ (5, 0.3%)

3 悲しくつて 1 しやう, 心細くつて

▼ 悲しく情なく~ (5, 0.3%)

3 口も 1 なりたれば, 我に

▼ 悲しくなつ~ (4, 0.3%)

1 ちまつたわ, てきた, て何処, て来る

▼ 悲しくなつかしく~ (4, 0.3%)

1 思います, 思ったでありましょう, 思ったでしょう, 清潔な

▼ 悲しくなつた~ (4, 0.3%)

2 がさりとて 1 ことが, のでほんとう

▼ 悲しくわびしく~ (4, 0.3%)

1 なぜとも, ぬれて, 何とは, 父母の

▼ 悲しく思われ~ (4, 0.3%)

1 てならぬらしい, て来た, て自身, 宮が

▼ 悲しく淋しい~ (4, 0.3%)

1 だらうな, 事で, 心持, 気が

▼ 悲しく自分~ (4, 0.3%)

1 が哀れ, のため, の悒鬱, の為め

▼ 悲しく見え~ (4, 0.3%)

3 てならない 1 てくる

▼ 悲しくおのづと肩身~ (3, 0.2%)

3 せばまりて

▼ 悲しくする~ (3, 0.2%)

1 のだった, ばかりであろう, 意志と

▼ 悲しくそして~ (3, 0.2%)

1 印象の, 容赦なく, 忘れないの

▼ 悲しくその~ (3, 0.2%)

1 人の, 切なさ, 心情の

▼ 悲しくそれ~ (3, 0.2%)

1 はインゲボルグ・ホルム, を意識, を見守る

▼ 悲しく~ (3, 0.2%)

2 見ゆ 1 する望小

▼ 悲しくなく~ (3, 0.2%)

1 てどう, ても自由, て死ねる

▼ 悲しくまた~ (3, 0.2%)

1 それらの, 喜ばしくした, 愉しくそして

▼ 悲しく切なく~ (3, 0.2%)

1 なって, 感傷的に, 目が

▼ 悲しく~ (3, 0.2%)

1 に決め, に浸, に響いた

▼ 悲しく思われる~ (3, 0.2%)

1 に違い, のであった, のは

▼ 悲しく情けなく~ (3, 0.2%)

1 なって, なつて, 思って

▼ 悲しく成っ~ (3, 0.2%)

2 て来た 1 てね

▼ 悲しく最も~ (3, 0.2%)

2 切ないところ 1 惨めな

▼ 悲しく流れる~ (3, 0.2%)

2 ものが 1 とばかり世間

▼ 悲しく浅ましく~ (3, 0.2%)

1 思った, 思った事, 情過ぎたる

▼ 悲しく淋しく~ (3, 0.2%)

1 された心, なって, 綱手の

▼ 悲しく~ (3, 0.2%)

1 に応え, をちぢめた, を引き裂きたい

▼ 悲しく~ (3, 0.2%)

2 を振りました 1 を振ります

▼ 悲しく頼り~ (3, 0.2%)

2 なき色調 1 ない生物

▼ 悲しくああ~ (2, 0.1%)

1 これが, 甲斐も

▼ 悲しくあきらめ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, て離れた

▼ 悲しくおなり~ (2, 0.1%)

1 になっ, になつて

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

2 うして

▼ 悲しくされ~ (2, 0.1%)

1 て, ている

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

1 ていた, て痛ましく

▼ 悲しくないだらう~ (2, 0.1%)

2 とそれ

▼ 悲しくなかった~ (2, 0.1%)

1 のでこんど, ので彼

▼ 悲しくなかつた~ (2, 0.1%)

1 といふ追憶, わ

▼ 悲しくなつかしい~ (2, 0.1%)

1 思いに, 思ひを

▼ 悲しくならない~ (2, 0.1%)

1 がため, のは

▼ 悲しくなりまし~ (2, 0.1%)

1 てお母様, てその後

▼ 悲しくなりました~ (2, 0.1%)

1 ゆえいつも, よ

▼ 悲しくなんぞ~ (2, 0.1%)

1 お思い, ちっともない

▼ 悲しくなんて~ (2, 0.1%)

1 ありあしない, ないね

▼ 悲しくみすぼらしい~ (2, 0.1%)

2 ものだ

▼ 悲しくやるせなく~ (2, 0.1%)

1 きこえた, して

▼ 悲しく今日~ (2, 0.1%)

1 こそは必ら, も歩むなりけり

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

1 やさしくわし, 喜ばしい意識

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 悲しく嬉しい~ (2, 0.1%)

1 といえ, やら悲しい

▼ 悲しく子供~ (2, 0.1%)

2 の学費

▼ 悲しく寂し~ (2, 0.1%)

2 みながら

▼ 悲しく寂しげ~ (2, 0.1%)

1 に漂泊, に穹窿

▼ 悲しく心細く~ (2, 0.1%)

1 て子供, われながら

▼ 悲しく心配~ (2, 0.1%)

1 しないでも, であった

▼ 悲しく思い出し~ (2, 0.1%)

1 ている, 又同じ

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

1 かしいこと, かしい父

▼ 悲しく恥しく~ (2, 0.1%)

1 なって, も感じたであろう

▼ 悲しく悲しく~ (2, 0.1%)

1 かつ楽し, 実にリアル

▼ 悲しく情ない~ (2, 0.1%)

2 目に

▼ 悲しく想像~ (2, 0.1%)

1 され少し, した

▼ 悲しく暗い~ (2, 0.1%)

1 日本庶民, 諦めは

▼ 悲しく死んだ~ (2, 0.1%)

1 お妙, 切ない運命

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

1 弱くなり, 恥ずかしくなっ

▼ 悲しく灰色~ (2, 0.1%)

1 に光っ, に光つて

▼ 悲しく~ (2, 0.1%)

1 として老いた, なきアーサー少年

▼ 悲しく生き~ (2, 0.1%)

1 ています, ている

▼ 悲しく皮肉~ (2, 0.1%)

1 なるもの哉, に思い出された

▼ 悲しく緊張~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 悲しく聞い~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 悲しく腹立たしく~ (2, 0.1%)

1 立ちつくして, 自烈度

▼ 悲しく苦しい~ (2, 0.1%)

1 のであった, ものと

▼ 悲しく苦しかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たに

▼ 悲しく虐げられ~ (2, 0.1%)

2 てきた

▼ 悲しく見える~ (2, 0.1%)

1 ので途, 事が

▼ 悲しく諦め~ (2, 0.1%)

1 ていた, てしまう

▼ 悲しく辛い~ (2, 0.1%)

1 ので, 思いを

▼ 悲しく辛く~ (2, 0.1%)

1 彼女の, 真実別離の

▼ 悲しく響く~ (2, 0.1%)

1 やうな, んです

▼1* [369件]

悲しくあけぼのの浜あはれ, 悲しくあつたの, 悲しくあなたに似合わない, 悲しくあはれ深い合戦, 悲しくあらはれぬ, 悲しくいかで父様の, 悲しくいじらしいものに, 悲しくいたましい純情一途な, 悲しくいぶかしく感じるであろうと, 悲しくいよいよ世の中が, 悲しくうたふもの, 悲しくうたえるときは, 悲しくうつるのであった, 悲しくうらぶれてしまう, 悲しくうらめしくしばらくは, 悲しくうら寂しく心を, 悲しくおかしく異様で, 悲しくおとりにはならない, 悲しくおもいだしていた, 悲しくかつ楽し自ら詩作り, 悲しくかはいさうに, 悲しくからみあってしまう, 悲しくくるしゅうございました, 悲しくけれども私は, 悲しくこくりと, 悲しくここが芸術, 悲しくこだました, 悲しくこの上なくなさけない, 悲しくこれもつらく, 悲しくさえなり口, 悲しくさけぶ聲きこえ, 悲しくさせたことな, 悲しくさせられるよりは怒らされた, 悲しくさびしいものだ, 悲しくさびしかったの, 悲しくさびしくなると, 悲しくさみしいのだろう, 悲しくしかめて, 悲しくしたのであった, 悲しくすさまじい顔であった, 悲しくすまなかったと思った, 悲しくせつない位の, 悲しくせつなかったの, 悲しくせわしい事務の, 悲しくそこに建つ, 悲しくそこなわれたのちに, 悲しくそんな思ひに, 悲しくたそがれの部屋, 悲しくただぼんやりと, 悲しくたつてお, 悲しくてい, 悲しくつて涙が出, 悲しくつぼんでしまう, 悲しくつらい所を, 悲しくつらく玉の, 悲しくてね泣いたわ, 悲しくときめき浮き立たせて居りました, 悲しくとどめている, 悲しくなかったらどうかし, 悲しくなくなって自分, 悲しくなしていた, 悲しくなったればこそそうした, 悲しくなっちまったのさ, 悲しくなっちゃって一緒, 悲しくなっちゃったわ, 悲しくなつかしさで, 悲しくなつちやふわね, 悲しくなまじ最初お, 悲しくならずにはいられまい, 悲しくなりしを押, 悲しくなりだしてたえず, 悲しくなり始めるところまでは, 悲しくなり隠そうとする, 悲しくなるいりまじった感情ばかり, 悲しくなる気づかいはない, 悲しくなる泣いたって生, 悲しくなんかあるもの, 悲しくざめの枕に, 悲しくはかない努力が, 悲しくはなつてゐ, 悲しくはらだたしい現実である, 悲しくひしひしと迫つて, 悲しくひたむきの恋, 悲しくひろげられて來, 悲しくへやのうち, 悲しくほえる声が, 悲しくほっとする, 悲しくませば鳳仙花, 悲しくまたたいていた, 悲しくみじめな暗, 悲しくむずかしき玩具ゆえ, 悲しくむせんでいる, 悲しくむつかしき玩具ゆゑ, 悲しくもつとつまらなく, 悲しくやりきれないものを, 悲しくやりきれなくていた, 悲しくやる瀬ない幼い, 悲しくやるせない冒險の, 悲しくらっぱをふいた, 悲しくわあわあ泣いて, 悲しくわかりその旨, 悲しくわが生の, 悲しくわが子が思われる, 悲しくガッカリとした, 悲しくて五体, 悲しくてね, 悲しくベツドの中, 悲しくは楽し, 悲しく一つに溶け合いたい, 悲しく一人ぽっちだったか, 悲しく一句読みては, 悲しく一生をお, 悲しく不意に躓き, 悲しく不貞腐れてといおう, 悲しく云っていた, 悲しく互いに暗涙に, 悲しくに言, 悲しく松は, 悲しく低くなりました, 悲しく何度もくり返し, 悲しく作つたのも有る, 悲しく侍りとてよ, 悲しくがしたれ, 悲しく候えば一日経書, 悲しく傷つけられて今朝寝台, 悲しく傷んだ心を, 悲しく優美な背景, 悲しく光つてみえる, 悲しく具合いのわるい, 悲しく冷酷な戦い, 悲しく凄惨な光景, 悲しく切ない理の, 悲しく別れるにし, 悲しく厭わしくなった, 悲しく受肯します, 悲しく口惜しいものに, 悲しく叫びながら落ち, 悲しく叫んで吹きまく, 悲しく可笑しかった, 悲しく同時にまた何とも, 悲しく吹き渡りそしてそれ, 悲しく吹く風に, 悲しくはしくなった, 悲しくせ返りながら, 悲しく営まれる葬式の, 悲しく四方を見まわし, 悲しくのあたり, 悲しく夜半に独り, 悲しくに啜り泣い, 悲しく大きな聲で, 悲しく奇怪なもの, 悲しくの間, 悲しくの啜, 悲しく始めて浮世の, 悲しく姫君は思った, 悲しくはれて, 悲しく子安貝を耳, 悲しく存じて居ります, 悲しく存じますわ, 悲しく存ぜられまして御, 悲しく実にリアルに, 悲しくは思召, 悲しく寂しい生涯で, 悲しく寂しくあなたの, 悲しく居給ふ間, 悲しく屈伏的なもの, 悲しくを越え, 悲しく崩れて来る, 悲しく年少でまた, 悲しく廃れ果て, 悲しく弄ばむやんごとも, 悲しく引止められし命を, 悲しく張りわたって, 悲しく当のない憤懣, 悲しくが眺むらむ酒場, 悲しく彼方此方に人, 悲しく待ち遠くまた, 悲しく微妙な思ひ遣りが, 悲しく微笑むのである, 悲しく忘れられないし三, 悲しく念じ煩うなり, 悲しくろしく, 悲しく思いだしている, 悲しく思いますよ, 悲しく思いやらないので, 悲しく思いやられるばかりだった, 悲しく思い入りながらしかし一方, 悲しく思い出された源氏は, 悲しく思い出されまして胸, 悲しく思い出したのである, 悲しく思い暮らす人の, 悲しく思つたほどで, 悲しく思つた事はない, 悲しく思つて居た事, 悲しく思はせるに充分, 悲しく思ひみじめに, 悲しく思ふは一国, 悲しく思わずにはいられませんでした, 悲しく思わせている, 悲しく思わせるこのよう, 悲しく思わないわけで, 悲しく思わぬかエデン, 悲しく思わぬでもなかっ, 悲しく思われたことなどに, 悲しく思われないでもありません, 悲しく怨み合い復讐し合ってる, 悲しく怨めしく見すてられたよう, 悲しく恋しく人目には, 悲しく恐ろしく飲み食うこと, 悲しく恥ずかしく感じました, 悲しく恨めしく思って, 悲しくの八千度, 悲しく悲しいことだ, 悲しく悲しめば悲しむ, 悲しく想い出しながら, 悲しく想い出されたに違い, 悲しく想起せしめたの, 悲しく意地悪いもの許, 悲しく意志の喪失, 悲しく愛すべき性格では, 悲しく感じられたり先, 悲しく感ずるのである, 悲しくえて, 悲しく慈愛深く微笑ん, 悲しく憂ひにくづるる濱邊, 悲しく憂鬱な又は, 悲しく懶く送って, 悲しくしたい, 悲しく成つてすた, 悲しく或は絶望的に, 悲しく決すると, 悲しく仰がれる, 悲しく打ち震ふて聞えた, 悲しく承っている, 悲しく投げやりな気持, 悲しく投げ出すように, 悲しく挙げた顔は, 悲しく描いてゐる, 悲しく揺れていた, 悲しく揺れる心で, 悲しくったこと, 悲しくの沈む, 悲しく明滅するあかり, 悲しくまでに思い込まれし, 悲しく暮れて行った, 悲しく書いてありました, 悲しく服從するかの, 悲しく末枯れの下, 悲しく枕近くきこえたり, 悲しく枚挙にいと, 悲しくは物言はず泣, 悲しく果敢なまれ, 悲しく果敢なくなつて後, 悲しくは街路樹, 悲しく次郎吉は舌, 悲しく歌いながら身, 悲しく歓ばしくなほ子は, 悲しく此処の, 悲しくつて, 悲しく死にましたといふ形相, 悲しく死んで行った, 悲しく残っている, 悲しく残り惜しく相済まなく, 悲しく気の毒そうにお, 悲しく汚くつまらない星空で, 悲しくの面, 悲しく沈むばかりだった, 悲しく泣き入ってしまった, 悲しく泳ぎ恐れて潜り, 悲しく浪費されて, 悲しく浮んできた, 悲しく淋しかった, 悲しく溶けこみきれないのは, 悲しく滑稽な男性, 悲しく無性に何かが, 悲しく無気力では, 悲しく無知な姿, 悲しく燃えて消える, 悲しく物思いばかりし, 悲しくの遠, 悲しく甘いだけのこと, 悲しく生きなければならない, 悲しく生きることそれ自体が, 悲しく生きん世に, 悲しく生涯を終る, 悲しく甦つたのであらう, 悲しく田道将軍が眠りいます, 悲しく疎外された感情, 悲しく疲れ顔で, 悲しく疲れ果てたる者を, 悲しく痛々しく可憐で, 悲しく痛くよみ返つて, 悲しく痛痛しさの, 悲しくのとどかない, 悲しく相成候て, 悲しく眺めていた, 悲しく眺められたのであつ, 悲しく矛盾に富んだ, 悲しく知つてゐた, 悲しくが洩る, 悲しくも人, 悲しくたって, 悲しく立て廻した中に, 悲しく笑ったことも, 悲しく籠って静か, 悲しく糧米も持たず, 悲しくぼそ, 悲しく細々と, 悲しく結論し得たこと, 悲しく続くうちに, 悲しく綺麗に私, 悲しく繰返されるだけだった, 悲しく纏うてゐる, 悲しく美しい物語です, 悲しく美しく刻まれて, 悲しく羽根ぶとん, 悲しく考えて終に, 悲しく考へ入つて, 悲しく考へたのである, 悲しくにはいつた, 悲しく聞えぬ振りし, 悲しく聞くということ, 悲しく肯定して, 悲しく腹立たしい過敏な, 悲しく腹立たしかった, 悲しく自分等を持, 悲しく苦しげな, 悲しく苦しく不安の, 悲しく付かぬもの, 悲しく落つかない, 悲しくして, 悲しくのわく, 悲しく行きかう有様を, 悲しく裏書して, 悲しくていられなかった, 悲しく見えたのは, 悲しく見つめ考えていた, 悲しく見るところよし, 悲しく見れば氣, 悲しく見開いてゐた, 悲しく覚醒させた, 悲しくふ, 悲しく訝しいというよう, 悲しく誇りいたわらねばならない, 悲しく認めるのだった, 悲しく貧しい雑草園でしょう, 悲しく貴い半跏, 悲しく返事が出来なかった, 悲しくひすがった眼, 悲しく退屈そうな顔, 悲しく逝った浪路に, 悲しく逢わざれば逢わざる, 悲しく連続して, 悲しく遊びに來, 悲しくはない, 悲しく酔つてゐると, 悲しく銭あらば銭あら, 悲しく長い眉を, 悲しく陣歿した, 悲しく静められたので, 悲しく面白い彼等の, 悲しく響いてめ, 悲しくが歪んだ, 悲しく飽き足りない思いが, 悲しく飽く迄も痛快な, 悲しく高く鳴いて, 悲しく鳴いて中空, 悲しく鳴らしている, 悲しく鳴る管笛