青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

手術~ ~手足 手足~ 才~ ~才能 才能~ 打~ 打たれ~ ~打たれた ~打ち
打ち~
~打っ 打っ~ ~打った ~打つ 打つ~ ~払 払~ ~払っ 払っ~ 扱い~

「打ち~」 2316, 25ppm, 4661位

▼ 打ち~ (229, 9.9%)

5 して 3 した, なったの, なって, 行くん, 行った, 行つた

2 [11件] されて, されても, したの, 出かけて, 出て, 打って, 落籍されて, 行く, 行くと, 行って, 負けたと

1 [184件] あい或いは, あった, いかなかったかと, いこうと, いたそう, うちあげられて, うちたたきたるに, うつつなき, おそいかかるかも, かかった, かかったもの, かかりました, かけようと, かけようとして, かけろ, ここから, この世へ, されたか, される運命, したもの, した後, しても, しようか, しようという, しろ相手, し遂に, じゃんじゃんと, すぎないので, するが, すること, するもの, するよう, する人, する手筈, する牧野兵庫, つれて, なぐり付けた, なった, なったでしょう, なったな, なったらどう, なった時, なっては, なつた, ならないから, ならなかったよう, なられるかたがた, なりました, なりましたか, なりましたところ, なりましたので, なりますと, なる, なること, なるの, なる所, なれなぞとは, なろうなぞとは, のぼせて, ふり廻した, ぼかん, やっつけて, やって来た, ゆこう, ゆこうという, アッという間に五つ六つ, ピシャリ打ち, 一刀, 一撃を, 三尺余りの, 二三人叩き倒した, 五六打合う, 代って, 会って, 來て, 來られた, 入らつし, 出かけるん, 出かける瘤, 出た, 出たとき, 出たの, 出るとき, 出掛けた, 十二三も, 参りますこれ, 参ります商売人, 参る早稲田, 取りかかって, 合った大正, 合は, 喧嘩は, 夜込に, 大学へ, 始まって, 尻を, 左右から, 帰って, 廻った蓑直し, 廻ろうという, 引っ裂い, 往きまして, 往くの, 忙しい, 急所を, 惜しき一命, 打ちかかって, 打ちかかりました, 打ちこんだ, 打ちつづけると, 打ちのめした, 打ちました, 打ちますと, 打ち据えたから, 打ち据えたので, 打ち据えると, 打ち果そうと, 打ち鳴らす太鼓, 打った津賀閑山, 打っては, 打つ半鐘, 打つ程, 振りこんだ杖, 掛かり四, 掛ったから, 掛るを, 撲りつけた, 撲り立てた, 斬って, 斬りつけた, 斬り下げた, 来たるとなり, 来たん, 来たア, 来っから, 来て, 来るお, 来るの, 来る坊主, 来る筈, 殴ちましたから, 源吉を, 滅多打ちに, 無闇に, 特有の, 狙いを, 相手の, 突いたり, 翼でも, 聞こえて, 腰の, 臨んだ神, 致される御, 舞台を, 蒐らう, 薙ぎ払った, 行かれたもの, 行き歸, 行き私, 行くが, 行くなら今, 行くも, 行くらしいその, 行く人, 行く処, 行く時, 行けと, 行こうという, 行こうとして, 行ったとき, 行ったの, 行ったら土匪, 行った夜, 行った後, 通うと, 通った, 通ひました, 通ふと, 逢つて死んだ, 遇った, 遣ったの, 関係の, 面を, 鳴すの

▼ 打ち~ (132, 5.7%)

5 音が 2 ように, 仲間が, 仲間に

1 [121件] ことかい, ことから, ごときも, して, すること, その銀かん, ために, つて初夏の, できる者, なまめかしい銀かん, ひろく用いられ, ような, コケンに, ゴロツキとは, 一念は, 一行には, 丈夫な, 三下相撲で, 予行練習として, 二本だけは, 仲間へ, 企てを, 伜に, 位置に, 作法も, 勝敗を, 勝負を, 危険が, 厳禁, 厳禁でさ, 名人として, 名所, 名手を, 唄を, 場に, 場所へ, 夫婦の, 妾でした, 姉めが, 小さな変, 小技, 少年を, 工夫を, 延長と, 弁護士は, 形で, 後ひよつこり, 御所存, 心算で, 性な, 悪漢が, 感染所作は, 払いが, 散歩に, 方が, 方に, 日として, 時か, 時には, 時期が, 最中でありました, 木車を, 桐作やら, 構への, 波が, 浪人者の, 清爽な, 満洲ルンペン, 爺さんが, 物語や, 用って, 申し立てには, 白状には, 的に, 目には, 真似を, 矢を, 稽古, 突き六尺離れた, 童の, 箇条は, 紐を, 細工場で, 経歴まで, 綱引女が, 老人で, 老翁に, 肩を, 腰黒で, 芸人を, 荒武者として, 袴を, 襲撃を, 詞らしい, 詰まった響, 誇らかな, 足なんか, 身分ある, 車夫の, 転訛であった, 途に, 連中が, 連中だ, 連中でしょう, 連続であった, 遊びが, 運動で, 道楽者でし, 道白までが, 野郎を, 銅鑼と, 門や, 門要, 際には, 際の, 鞭打を, 音, 音に, 音や, 響が, 願書を

▼ 打ちながら~ (95, 4.1%)

3 言った 2 わたくしは

1 [90件] あなたこそ, あんな大, いきな, いつた, いつまでも, うかうかと, うまいうまいと, お通, かう答, こつそりそれ, こんなこと, さう, さしかかったの, そのそで, それにしても和泉屋, ちよつと, まるで仔馬, ゲラゲラ笑, ミツキイに, 一生加工しぬく, 三味線を, 下役の, 下振り, 五人声を, 他の, 仙台の, 何処か, 例の, 元気よく, 入って, 凄い手並, 刀身の, 勝馬の, 受難の, 口吟んだ, 叫んだ, 同時に口笛, 問うた, 地面に, 声はりあげ, 大きな声, 妙な, 幾杯も, 引ずり往き樹蔭, 彼等の, 彼自身よりも, 征服しなけれ, 徐かに, 徳川陣の, 心では, 或は刺戟, 文三が, 日の, 時々こっち, 横ざまに, 歌う, 歌つてゐるらしい, 泣き叫ぶ体, 海の, 涙を, 濃茶, 父も, 片裾, 牛込辺を, 現われた, 皮肉な, 私は, 私も, 空洞の, 笑い興じ, 笑った, 答える, 繚乱として, 群れを, 考えた, 考え深, 聞いて, 自分は, 興奮すれ, 行燈の, 見にくいという, 調子の, 踊り廻る, 進んで, 部屋の, 鍬を, 間違えよう, 革具を, 頭を, 駆けて

▼ 打ち~ (82, 3.5%)

9 して 3 した 2 されて, やって, 見て, 見物し, 食わして

1 [60件] うけて, お目, かけたとも, かけるよう, かける心得, くい右, くらう直前, くれたもの, させては, させ垣根, しかけたそう, したよう, したナ, した人, しても, してるの, しないとも, しながら, しようと, する思ひで, とりまいた七八人, はじめるかも, まとめて, やったの, やったり, やつてた, やめた, やめたの, やらうと, やらされたり, やると, やるもの, 二つばかり, 初めた第, 初めていた, 助けようと, 受けたのち, 受けるの, 喰つたのである, 喰らわされるやも, 喰らわした, 喰わした, 始めるから, 完つて耳の, 宣伝する, 引きぬいて, 待たずこの, 恐れて, 控へて, 書かずお, 浴せ跳ねては, 耐え忍んで, 行って, 見守りながら, 覚悟の, 造つた, 防ぐため, 願いますヘボン先生, 食つて片腕を, 食わせながら

▼ 打ち~ (65, 2.8%)

2 ゐたり, 可愛や, 残れるは, 誤らず

1 [57件] いふやう, おのおの膝, おる内, おる家, かかり本堂, かくまでに, かれら, しや, しやまんとかで, まは, みりツ, アイルランドから, ハイデース, ヘクトール其青銅の, 倒せりヘクトール, 倒せりレーイトス, 兩腕切り落し, 其手を, 動揺する, 君よかの, 吹き入る風, 啼かずなりたる雉子, 啼かずなりたる雉子哉, 堤を, 天を, 宙に, 幸多かる, 度を, 彼我を, 後我に, 愁嘆の, 憚る, 憤然と, 戰ひ, 戰ひ得, 打ち落されて, 投飛されぬ, 拍車に, 支ふる, 斃せし, 斃れしむ, 斃れ伏し, 早や, 暫時思案に, 歡び呼べり, 無慚, 直ちに剃刀, 笑ひ, 翻り水煙, 舞へ, 術を, 車外に, 鋭く其穗先, 閧を, 音いだす, 飛沫を, 高らかに

▼ 打ち~ (41, 1.8%)

2 は若干

1 [39件] から自分, がいつも, がちっとも, がてんで, がよく, が彼, こそピアノ, さえ判らない, だ, だった, であった, であるが, で叩こう, で庭, と火加減, などならう, の上手, の火加減, の素早, の調子, の音, は, はくろうと, は今日, は漸く, は石, も厳格, も心得, も知らない, やバンカー, や墨, をせしめたなら, をまるで, を始めた, を指導, を教, を知ってる, を見, を頭脳

▼ 打ち~ (35, 1.5%)

2 しない

1 [33件] いたしません閣下, いわゆる識者, しないよ, しなかった, しなかったか, しなかったが, しまいし, しませぬ夢, すまいか, すまいかと, たし, ぢめた, づす事敵も, できないと, なかなか楽しい, なして, なんでも, よくない, よせ, カンナイドの, 久しく江戸, 仕ませぬ夢, 卑怯な, 大して力, 官への, 実と, 意外な, 武士道の, 田の, 盗んだ米, 縁ある, 藁を, 鎮魂と共に

▼ 打ち~ (28, 1.2%)

3 ふ音 2 つた, はせ

1 [21件] ける事, ではそち, はされた, はし, はした, はす, はする, はせて, はせやす, はせる, はせること, ひて, ひひと, ひ咬み合, ひ擦れ合つて, ひ槍, ふの, ふ一群, ふ凄き, ふ春の風, へり

▼ 打ち~ (27, 1.2%)

3 てようと 2 て, てたの, て得よう

1 [18件] てそう, てそして, てた, てたが, てた原則, てた自説, てつつある, てていた, ててみよう, てよ個々誇り, てらるべきでは, てられその, てられて, てられなければ, てられるに, てる, てる方法, て中央集權的文化

▼ 打ち~ (27, 1.2%)

3 になった 2 に致す

1 [22件] か, かあんた, だ, となった, とはおれ, にされよう, にし, にする, にせよ, にでもなり, にとはいかに, になす, になっ, になり, になりました, になろう, にもすべき, にもならず, にも処, に会う, のよう, の刑

▼ 打ち~ (22, 0.9%)

1 [22件] あって, あるという, いか物, お前を, すっかり話し, たき物也とかく, できないわけ, はいる, はじまった, はじまったの, ゆくと, ゐた, ピシヤリピシヤリと, 下るばかり, 何か, 入って, 命を, 始まつて, 殺したに, 済んだら彼, 行われ, 集まって

▼ 打ち~ (20, 0.9%)

5 はし 4 はした 3 はされ 2 はしだ, はす 1 はされた, はしかも, はしな, はし兼ねない

▼ 打ち~ (20, 0.9%)

1 [20件] あつた, これも, その建設物, だがそれ, のんだくれで, まず一年, 三四十人の, 何とか綺麗, 取った川魚, 女たらしで, 女たらしであった, 山ばかり, 形を, 彫青, 悪党な, 死を, 皆さん方の, 砕くの, 砕けて, 聲も

▼ 打ち~ (20, 0.9%)

1 [20件] がめつからぬ, が見落す, でいらっしゃいます, でこの, という, と新, には階級, に対して最初一個, に息, に相違, の一人, の間にあっ, はなかっ, は三個, は何, は異う, は相当, は第, も知れ, を研究

▼ 打ちかた~ (19, 0.8%)

3 をする

1 [16件] が烈しい, だって頭, でわき, について大河, には行事, のできる, の巧者, は一つ一つ, は二度と, をし, をした, をしてる, をやった, を余儀なく, を是認, を非難

▼ 打ち~ (17, 0.7%)

53 ひて 1 て, ひぬ, ひわれ先陣, ひ乍ら, ひ六部殿, ふと共に獲物, ふのみ, ふ男, へり

▼ 打ち~ (17, 0.7%)

2 えて

1 [15件] う姿, えしかも, えた, えながら, える手脚, える抱擁, え万人, え嘆願, え市長閣下, ふ女, ふ手跡, へつ, へてゐた, へて其面, へり

▼ 打ちこわし~ (15, 0.6%)

32 である 1 が始まっ, でもしなけれ, で放送内容, どころの, にかつぎ込まれる, にならない, に出かけ, の手紙, は前年五月二十八日, 騒ぎなんて

▼ 打ち~ (15, 0.6%)

3 アがった 2 アがって 1 あんたは, がら無, きいもの, アがる, 子が, 子どもらと, 実印兼用の, 小泥棒, 次にいいたい, 蠅取

▼ 打ち~ (15, 0.6%)

6 の小槌 1 てくれろ, で, でし時, でたる, でたる猟兵, でむ, でよ, で向, で見れ

▼ 打ち~ (15, 0.6%)

2 かれて, がれた

1 [11件] いたこと, かぬ, かれたあの, かれたの, かれた半, かれねば, かれる事, がれ, き備中守様, き恥辱, く分

▼ 打ち~ (14, 0.6%)

4 して 2 した, したまま 1 さって, したなり四五日, したまま無言, しぬ, しました, し濡羽

▼ 打ち~ (14, 0.6%)

4 して 1 き小, き押し缺, されて, したが, しても, しです, し又は, せ, はされ, はした

▼ 打ち~ (14, 0.6%)

1 [14件] である, でご, などをかけつらねたる, の上げ場, の烈しく, の見事, の音, は, はみな羅生門, ばかりであった, も何, を取った, を揃え, 取って

▼ 打ち~ (14, 0.6%)

2 から一丁位沖, から真白 1 にしゃがんだ, に一すじ, に立ち, の風光, へ近づく, までが多く, まで歩い, を一人, を歩い, を見渡しました

▼ 打ち~ (13, 0.6%)

1 [13件] して, しなければ, し蹴りも, すえかねぬまでに, たれ首, ちょっとまごつい, ちよつと, 少しの, 手に, 掛からんずる勢, 見事の, 詬り, 蹴も

▼ 打ち合せ~ (13, 0.6%)

3 をした 2 をし, をしよう 1 をしたい, をし始めた, をする, をやつ, を仕遂げました, を遂げ

▼ 打ちでも~ (12, 0.5%)

2 して, 好い 1 さすがに, するかと, する事, なければ, はじまったよう, やはり私, 始めた様, 御役人同様

▼ 打ち~ (12, 0.5%)

2 つた, ひて, ふ硯 1 はれて, はれ波蘭人, ひゼーロン, ふ, ふ術, ふ袖

▼ 打ち~ (12, 0.5%)

2 る, ること 1 かされ, かされた, かされる, かし, ってやりたい, られた, られたの, られ恐るべき

▼ 打ちよう~ (11, 0.5%)

2 のない 1 がありません, がございません, がない, がなかっ, ござんすか, さえ知っ, によっては刀身いっぱい, に困っ, もない

▼ 打ち~ (11, 0.5%)

531 されし怨, し, したその

▼ 打ちつつ~ (10, 0.4%)

1 あること, どやどやと, コップに, 噴き出して, 寧ろ自分, 攻めて, 明日の, 渡って, 踊り出すと, 過ちて

▼ 打ちふり~ (10, 0.4%)

21 つ, つつ, つつしかも, つつも群衆, ながらいつ, ながら丸太, ながら橋, 打ちふり威嚇

▼ 打ち振り~ (10, 0.4%)

1 までした, 打ち振り何もの, 打ち振り力強く, 打ち振り十数人, 打ち振り大軍, 打ち振り後ろ, 打ち振り指圖, 打ち振り犬猿雉, 打ち振り紋太夫, 打ち振り魔法

▼ 打ち明け~ (10, 0.4%)

2 はしなかった 1 から求婚, しも嬢, なんかしません, に出た, に行った, はした, もした, もしなかった

▼ 打ち~ (9, 0.4%)

2 くれば, みつ 1 くる鍬, けらるる, そんなら, へすあれ, ゴロツキの

▼ 打ち~ (9, 0.4%)

3 する波 1 する, するなど, する巨浪, する恐ろしき, する浪, する漣

▼ 打ち~ (9, 0.4%)

1 いた一室, いた松原, いた雨催, いて, くお天氣, く事件, く怪奇, く戰亂, けてその

▼ 打ち~ (8, 0.3%)

1 いっしょに, お呼びに, ほして, 云って, 云ふも, 伝えて, 同様に, 申しますの

▼ 打ちまた~ (8, 0.3%)

3 がつて 1 がつた, その上, その意味, 売婬屋, 打ちした

▼ 打ち~ (8, 0.3%)

1 える陽気さ, ひて, ひ偉, ひ羽, ふ, ふごと, ふと共に群集, ふ敵將リュコーン

▼ 打ち~ (8, 0.3%)

2 てて 1 つて, つる, り, る, るさ, るだから

▼ 打ち~ (8, 0.3%)

2 のきれい 1 のでき上がり, もり居たり, をまわし, 守りて, 守りぬ, 守り詞

▼ 打ち越し~ (8, 0.3%)

1 が顧慮, である, などに関する連句的制約, に膠着, に響く, の危険, の深い, の遺伝

▼ 打ちその~ (7, 0.3%)

2 花を, 音が 1 二女を, 眼は, 膝頭は

▼ 打ちという~ (7, 0.3%)

1 のはね, ヤクザを, 名も, 時代めいた, 権幕に, 見世物な, 評判を

▼ 打ち~ (7, 0.3%)

4 めに 2 めの 1 ほしだ

▼ 打ち~ (7, 0.3%)

3 れて 1 してから, し蹴り仆, すと, れた

▼ 打ち初め~ (7, 0.3%)

21 たので, た朝, た見て, ましたが, られた

▼ 打ち叩き~ (7, 0.3%)

1 或いは物, 打ち叩き, 打ち叩き感嘆, 打ち鳴らし松明, 折り挫ぐ, 破れるよう, 間もなく扉

▼ 打ち~ (7, 0.3%)

1 くこと, こうと, はした, はす, わされ, わされた, わすの

▼ 打ち打擲~ (7, 0.3%)

1 の音, はまだ, はやむ, までする, もするで, を続ける, 致しまするので

▼ 打ち~ (7, 0.3%)

31 ひ隊伍, ひ顏面, ふ, ふアキルリュウス

▼ 打ち眺め~ (7, 0.3%)

1 いたる折, そして今度, たる渠, て笑, 互に之, 出て, 居りまして

▼ 打ち驚き~ (7, 0.3%)

1 いかにし, たるよう, たる武男, つつ拾い上げ, てあな, 直ちに馬, 見る見る顔色

▼ 打ちきつ~ (6, 0.3%)

1 たと, たとき, てしまひました, て両手, て又吉, て輕

▼ 打ちそう~ (6, 0.3%)

1 でしたが, な奴, な彼これ大小, にする, によろけた, に思われ

▼ 打ちやあ~ (6, 0.3%)

4 がつて 1 がつた, がつたな

▼ 打ち~ (6, 0.3%)

2 がない, のない 1 なく美しくあらはれ, はない

▼ 打ち~ (6, 0.3%)

2 いて 1 かれたやう, きさ, きたる洞穴, き善美

▼ 打ち明け話~ (6, 0.3%)

1 か寵愛, と思っ, などなに, なの, なるもの, は残らず

▼ 打ちかかる~ (5, 0.2%)

1 ものも, ものや, ように, 存八を, 自らの

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

2 かお 1 な, なこれ, わねそりゃ

▼ 打ちなど~ (5, 0.2%)

3 して 1 すると, 大奮鬪

▼ 打ちやう~ (5, 0.2%)

3 のない 1 の無い, はありません

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

2 の器物 1 がない, のない, の心

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

1 ち乗りこえた艱難, ったわずか, つこと, つには, とうとして

▼ 打ち建て~ (5, 0.2%)

1 いわゆる, かつその, ながらその, よ上下一致, 得るという

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

1 るるまでに, れた, れたり, れて, れても

▼ 打ち揃っ~ (5, 0.2%)

1 て, てお, て俺達, て前記古谷氏宅, て組織的

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

21 いて, かれるであらうか, かれるであろうか

▼ 打ち留め~ (5, 0.2%)

1 でした, でしょう, にし, にしましょう, に真

▼ 打ち笑い~ (5, 0.2%)

21 しが, その罵り, ただ一人根本中堂

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

1 が皺だらけ, で括った, で箱, の有りし, を作る

▼ 打ち~ (5, 0.2%)

2 された方, されて 1 して

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

1 がつて, ぐる小池かな, ぐる音風の, はせた帯

▼ 打ちおおい~ (4, 0.2%)

1 つつむせびぬ, て父, て退きぬ, ぬ

▼ 打ちかけ~ (4, 0.2%)

1 の碁盤, の碁譜, をひきずった, を一週間

▼ 打ちまたは~ (4, 0.2%)

1 うなずき微笑, セナクチ・セナコージという, ツクシ打ちという, 田植と

▼ 打ちまもり~ (4, 0.2%)

1 しが, たるさま, ぬ, 居たり

▼ 打ちよい~ (4, 0.2%)

1 のじゃ, のは, ような, 処に

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

2 して 1 しても, し切支丹

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

3 れて 1 れては

▼ 打ち入り~ (4, 0.2%)

1 て物, に使った, の先陣, の山鹿流

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

1 不動の, 人にも, 仙臺辯で, 焼き又

▼ 打ち合つて~ (4, 0.2%)

1 もう一歩, ゐたが, 居りました, 居るそつ

▼ 打ち壊わし~ (4, 0.2%)

1 た, たの, ている, てしまう

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

1 が苦し, は嵐, は烈しく, も出来ない

▼ 打ち笑み~ (4, 0.2%)

1 たる其心今, たる彼, て辰弥, 打ち笑み庭先

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

2 を吹い 1 を吹いた, を吹き

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

2 き或は 1 いた痕, いて

▼ 打ち~ (4, 0.2%)

3 りて 1 りたる旅人

▼ 打ちかつ~ (3, 0.1%)

1 努力を, 抱擁そうした, 見込みはござりませぬから

▼ 打ちぎわ~ (3, 0.1%)

2 まで引き摺っ 1 へ行っ

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 うして, からふ, なり

▼ 打ちされた~ (3, 0.1%)

1 ここちで, 廃墟の, 船艇の

▼ 打ちそして~ (3, 0.1%)

1 もう一ぺん一時半, フロラとの, 又雑木二三本

▼ 打ちそれ~ (3, 0.1%)

1 と同時に, に依, を合圖

▼ 打ちたま~ (3, 0.1%)

1 いぬ, ひぬ, へばその

▼ 打ちでは~ (3, 0.1%)

2 ない 1 あぶないと

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

3 はつて

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 つた表面を, つてある, つて造つたごく

▼ 打ち一時~ (3, 0.1%)

1 に左右, は全く, 打っても

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 へるには, へるの, へるまでには

▼ 打ち伏せ~ (3, 0.1%)

1 ど水師, に投げつけた, 御刀

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 おされるの, ふれつ, る衆

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

2 倒されたよう 1 倒す為

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 たしむるのみ, ち家事, つに

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

2 えて 1 えて見せ

▼ 打ち棄て~ (3, 0.1%)

1 て, て置い, て置く

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 になり, をあ, をその

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 って立派, り今更, り音楽

▼ 打ち甲斐~ (3, 0.1%)

1 がある, なき敵, のない

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 の先, もさむるばかりに, を細く

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 りたり, りつつ, れり

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 は下, は高く, を挫

▼ 打ち通り~ (3, 0.1%)

1 て人気, 奥まった部屋, 通された所

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 ぎてしまったのもむりはない, ぐるも, ぐる程に

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 っての酒宴, りたる理髪所, り秋山

▼ 打ち~ (3, 0.1%)

1 ひて, ふて聞えた, へながらこの

▼ 打ちあるいは~ (2, 0.1%)

1 唱歌し, 履を

▼ 打ちかの~ (2, 0.1%)

2 弓の

▼ 打ちかへ~ (2, 0.1%)

1 し打ち, し眺めて

▼ 打ちから~ (2, 0.1%)

1 し, した鴉

▼ 打ちさえ~ (2, 0.1%)

1 しなければ, すれば

▼ 打ちされる~ (2, 0.1%)

1 という法難, にきまっ

▼ 打ちそこ~ (2, 0.1%)

1 なったの, へ突

▼ 打ちそのまま~ (2, 0.1%)

1 広間には, 昏倒し

▼ 打ちつれ~ (2, 0.1%)

1 だって出, て青山

▼ 打ちとして~ (2, 0.1%)

1 世間から, 捕えられない

▼ 打ちとつ~ (2, 0.1%)

2 たこと

▼ 打ちとは~ (2, 0.1%)

1 ひと狂言, 叱り手

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 びく姿, びく羅衣

▼ 打ちながらも~ (2, 0.1%)

1 心の, 艦へ

▼ 打ちはしやぎ~ (2, 0.1%)

1 ながら村境, ながら行く

▼ 打ちふるい~ (2, 0.1%)

1 さらによれよれ, ながらほほえんだ

▼ 打ちわたし~ (2, 0.1%)

1 て蛮絵, は数金

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 こして, こないね

▼ 打ちピッシリ肩先~ (2, 0.1%)

2 へ頂戴

▼ 打ち一ツ~ (2, 0.1%)

2 残りし耳

▼ 打ち一箇~ (2, 0.1%)

2 は眉間

▼ 打ち丁と~ (2, 0.1%)

1 削りこと, 打って

▼ 打ち下し~ (2, 0.1%)

1 その海賊, て小次郎

▼ 打ち乍ら~ (2, 0.1%)

1 御無理, 群れて

▼ 打ち九時~ (2, 0.1%)

1 打ち軈て, 打つた

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 し潮, れて

▼ 打ち事件~ (2, 0.1%)

1 となる, の素因

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 かし, かすこと

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 か吠え, でも相当

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 てるし, てると

▼ 打ち入り以来~ (2, 0.1%)

2 名高い回向院

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 れたる聴衆, れて

▼ 打ち分け~ (2, 0.1%)

1 ぐらいでしょう, に終った

▼ 打ち勝ち~ (2, 0.1%)

2 もしなかった

▼ 打ち同時に~ (2, 0.1%)

1 粗, 聾に

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 から百五十歩, を譲つた

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 を上げ, を揃え

▼ 打ち太鼓~ (2, 0.1%)

1 をた, を鳴らし

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 つまらんこと

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 ながら門

▼ 打ち寛ろ~ (2, 0.1%)

1 いで居る心持, がう

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 いた空, けていた

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 に降つたら, へ流し

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 い心持, い樣子

▼ 打ち廻つて~ (2, 0.1%)

1 居るでは, 死んで

▼ 打ち廻り~ (2, 0.1%)

1 あまた, でもする

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 つてを, つて行く

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 はしまつりき, ひ侍りしが

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 を破り

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 る外國人, る者

▼ 打ち或いは~ (2, 0.1%)

1 不審を, 突く自流他流

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 ひ, ひ忽ち

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 てておく, てられたまま

▼ 打ち振り乍ら~ (2, 0.1%)

1 かう呟いて, も脳裡

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 ってこの, ってもです

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 りて

▼ 打ち掛け~ (2, 0.1%)

1 て暫く, て朝日

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 いなさい, ひたま

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 う先鋒, えその

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 を二十七日, を二十五日

▼ 打ち明く~ (2, 0.1%)

1 るなり, るに

▼ 打ち明話~ (2, 0.1%)

1 に今更, は単なる

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 お紺婆, なら丑満頃

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 した彼, した身の上

▼ 打ち案じ~ (2, 0.1%)

1 しばらく無言, 遠い昔

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 によって死ん, や歩き振り

▼ 打ち次に~ (2, 0.1%)

1 大江山が, 頭上から

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 にかかる, はしとやか

▼ 打ち物類~ (2, 0.1%)

1 はことごとく, は見つかり

▼ 打ち猿臂~ (2, 0.1%)

2 を伸ばし

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 のあと, の痕

▼ 打ち碎き~ (2, 0.1%)

1 之を, 剛弓を

▼ 打ち礼節~ (2, 0.1%)

2 正しい来客

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 の血, は人

▼ 打ち籠め~ (2, 0.1%)

1 たいと, て剥製

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 などが散らかっ, も源氏

▼ 打ち緊め~ (2, 0.1%)

1 さする十兵衛, さする十兵衞

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 を挫

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 しぬ

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 の出る, を流し

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 へ出る

▼ 打ち見上げ~ (2, 0.1%)

1 て一人, て莞爾

▼ 打ち通り奥~ (2, 0.1%)

1 の座敷, の間

▼ 打ち過去形~ (2, 0.1%)

2 は下

▼ 打ち重り~ (2, 0.1%)

2 ぬ二三片

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 をあげ

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 を鳴らし

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 に入れ, へ駆り入れる

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

2 えながら

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 ひて, ひ食物

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 が鳴り止んだ, すさまじく響いた

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 るる潮, れたり

▼ 打ち~ (2, 0.1%)

1 を捩, を捩じ

▼1* [584件]

打ちあかめてランプ, 打ちあて輝かせるもの, 打ちあの桔梗という, 打ちあれあれと鶏たち, 打ちあわや自分たちも, 打ちいいように, 打ちいずれ山崎か, 打ちみつ詩人の, 打ちえびす大黒にお願い, 打ち打ちと, 打ちおおいし袂を, 打ちおとしてやろう, 打ちおもむろに重点の, 打ちお前さんをくわえこみ, 打ちかたんためには一生連続, 打ちかた次第では芸術, 打ちかってわれわれテッド隊員が, 打ちかつようになる, 打ちかはす早乙女, 打ちがっかりして, 打ちぎわでつむじを巻いた, 打ちぎわや松の根もと, 打ちぎわより乗入ったり, 打ちぐあいまるで二つ, 打ちぐらいで済ましたかったが, 打ちここへ殺到, 打ちこそしなかったが, 打ちこはしを初める, 打ちこぼれしより, 打ちこれを縛, 打ちころころとどぶの, 打ちさうな顔を, 打ちさうに見えた, 打ちさすがは兄貴, 打ちさらにおどりあがって, 打ちされてかなり, 打ちされかれじしんは, 打ちしおれた気色を, 打ちしばらく間を, 打ちじゃなくって, 打ちすゑた, 打ちすゑんとする, 打ちそくなった, 打ちそっちへちょうど, 打ちそろって散歩, 打ちこないますよ, 打ちただもう一筋, 打ちたてなければ, 打ちだけに飲み足らうこと, 打ちだの田畑の, 打ちついにこれを, 打ちつぶしくれんずと, 打ちつぼめし女の, 打ちつらむ, 打ちつれたちて元, 打ちてさ緒引き心引き, 打ちであって単に, 打ちであるとかそれら, 打ちでとか欺され, 打ちでなければ夜, 打ちといった工合に, 打ちといふ頗る面白い, 打ちとうとう三時半に, 打ちとかその他限りない, 打ちとかいう社会には, 打ちとしては世間に, 打ちとともに農民道場の, 打ちとも言ふ, 打ちどうしたなどと, 打ちどこが悪かっ, 打ちなぞがダンビラ, 打ちなどの威勢の, 打ちなどはよい例, 打ちなどを大事な, 打ちなら同志打ちで, 打ちならして戦勝, 打ちならしたのである, 打ちなんかに行ったせい, 打ちなんぞ途中から, 打ちなんぞにならなくても, 打ちなんぞの肩を, 打ちなんぞは食わせない, 打ちにかけ一刀の, 打ちにかけて鋼を, 打ちにくい鳥は, 打ちにでも遇は, 打ちには不賛成の, 打ちにも及びかねない目差し, 打ちぬきにし, 打ちのうのうとした, 打ちのち白鞘なり本, 打ちはかのうまい, 打ちはしやい, 打ちはじめ何だか歩く, 打ちはじめこれまた僕, 打ちはたきそれを奥, 打ちはやし打ちはやす, 打ちひものズボン止め, 打ちひょろひょろと転げ, 打ちひらけてゐる, 打ちふつておどかしました, 打ちふり威嚇したの, 打ちふる二人の, 打ちまことに相すまなかった, 打ちまでそろって, 打ちまでの経過は, 打ちみたいな喧嘩碁, 打ちもう一度とりあげて, 打ちもっぱら鳥鍋に, 打ちゃってしまえばいいのにと思いました, 打ちゃらかしておさえて, 打ちやがて雨だつた, 打ちやらゴロツキやらが, 打ちよくて大きく, 打ちよけや映りなどの, 打ちよりてこしかた遠く, 打ちよりて家計上の, 打ちアカイア軍を勵, 打ちアッと云っ, 打ちアワヤ鉄拳の雨, 打ちエイサッサエイサッサと景気, 打ちエイサツサエイサツサと景氣, 打ちエンリケの己, 打ちキャンと一声, 打ちクラルテの仲間, 打ちゴセックふうの太い, 打ちゴロツキ石炭ブローカーなどが三ツ揃い, 打ちシルクハットを甃, 打ちタッと斬りつけられた, 打ちハガキを買つて, 打ちパリやリヨン, 打ちヒューッと風, 打ちヒューヒューヒャラヒャラと笛, 打ちピシリと当てる, 打ちポローニヤスに命じ, 打ち一つの環, 打ち一ト筋に生き, 打ち一人は後頭部, 打ち一挙に粉砕, 打ち一瞬意識をなくした, 打ち一種名状しがたい, 打ち一笑して, 打ち一進一退牽けども, 打ち一面魏を迎え, 打ち七郎の耳, 打ち打ち頽, 打ち三ツ打ち四ツ, 打ち三人で夕食, 打ち三人共謀の上財産, 打ち三昧摺鉢の当り放題, 打ち三時を打ち, 打ちがつたや, 打ち上ぐること幾回なるを, 打ち上ぐること数回船また横動, 打ち上つて見えた, 打ち上り殊には生来, 打ち下し加減に彼女, 打ち下す太刀を, 打ち下のが上の, 打ち且つ胸の, 打ち世事を語り, 打ち並べた潜門の, 打ちてたなど, 打ち主人行商より帰るで, 打ち乍ら惱ましい眠, 打ち乍ら溜息ばかりつい, 打ち乗り山を攀ぢ石, 打ち乗り谷を越す, 打ちり, 打ち九時半帰る, 打ち事件神戸では伊藤公, 打ちた打ちそれ, 打ち二個のカール, 打ち五十両という金, 打ちりつつ, 打ち交つて世にも不思議, 打ちようやく息, 打ち今日は何処, 打ち今様を歌わせ, 打ち仏師鋳物師塗師仮面打ち染革師, 打ち仕立てそしらぬ顔で, 打ちくる物, 打ち以後兵糧難の打開, 打ち以来某男爵, 打ち仰がるる, 打ち仰向けにペシャン, 打ち任せた寛や, 打ち伏せ御佩刀をその, 打ち伏せ打ち伏せ舞台まで血汐, 打ち伏せ舞台まで血汐, 打ち会葬の礼, 打ちの外, 打ち体中どこからどこ, 打ち何もかも観音の, 打ち何度も深い, 打ち作業をやっ, 打ちして, 打ちに, 打ち傾けて不審, 打ちは涙ぐん, 打ちれぬ, 打ち元来た方, 打ち入口にのれん, 打ち全くの清貧, 打ち全然別人の, 打ち八丁堀まで引い, 打ち八五郎はまた, 打ち共に地上に, 打ち其の上盗人根性が, 打ち其処を耕し, 打ちさって, 打ちじ, 打ちりながら, 打ち出たる所も同じ, 打ち出歩りかす不二, 打ち割つて千兩や二千兩, 打ち割つて土竈の中, 打ち割つて言へば毎時毎秒, 打ち割り兼ねないかも, 打ち割りうしろの一人, 打ち割り自己多年の面目, 打ち割り頭蓋骨や脳, 打ち割れもした, 打ちのある, 打ち勃々然その, 打ち勢い余って, 打ちへ打ち, 打ち千手が琵琶, 打ち半分でかさかさ, 打ち南無阿弥陀と, 打ち反対にさあ, 打ち口説けど聞き入れざる, 打ち叩き何事か大声, 打ち叩き感嘆した, 打ち叩き着物をかい, 打ち叩き苦楽座をやるなら, 打ちより, 打ち右額へも大きな, 打ち合つて血を流し, 打ち同じやうな, 打ち向い一死一番大義と大道, 打ち向う鏡は窶れ, 打ち向こうて苦患, 打ち金銀書画の, 打ちをつくっ, 打ち喧嘩師などの渡世人, 打ちふに, 打ち嘆き妹が去ぬれ, 打ち打ち血, 打ち四ツ打つやう, 打ち四肢を弛ましむ, 打ち団扇で蠅, 打ちみ, 打ち地上へと落ちました, 打ち坂の下に江戸, 打ち垂れたる兼吉の, 打ち墓地で墓掘り人, 打ち壊わし花市場の花, 打ち壞しな事を言つて, 打ち壞すに便利, 打ちは望台, 打ち地主さんは, 打ち大兵を集結, 打ち大方出来たらしい噂, 打ち天神地祇亦復, 打ちが丁度流産, 打ち委したやう, 打ち嬉し気に, 打ち守りたまいたるああ, 打ち守りたまいぬうるみたる貴, 打ち寄り研究の結果, 打ち将棋を指す, 打ち對つて怡然として神喜び心樂め, 打ち導引の笛, 打ち小屋へ着い, 打ち小袖は無垢, 打ち小言言って, 打ち少し色は, 打ち尾根を下っ, 打ち展けたこの雄大無比, 打ち展けた平地と大ら, 打ち展けた平野に注ぐ, 打ち展けた葡萄畑の多い, 打ちに砕け, 打ちの瞼, 打ち左右にひきわかれ, 打ち床の間をし, 打ち度いほど力, 打ち建てようといふ主張そのもの, 打ち建てらるべきただ, 打ち建てんと夢想, 打ち廻つて格子の下, 打ち廻り乍ら宇太松はひたむき, 打ち式場を見廻しました, 打ち弓手も凍る, 打ち引鐘を鳴らし, 打ち強盗のひたい, 打ち当てながら悲しく, 打ち当て身の数々, 打ち当りながら急, 打ちの襄, 打ち彼女は今, 打ち彼等を罵る, 打ち往きも帰り, 打ちつ, 打ち徐々に凹みを, 打ちを爽やか, 打ち心頭凛として景物, 打ち恐らく上流に, 打ち恭しく敬礼しました, 打ち恰も桶屋が, 打ち惑いたるさま, 打ちまして, 打ち愁然と友, 打ち憚りもなく, 打ち懐中時計の弾条, 打ちして, 打ち或は石を, 打ち戦いもうよい, 打ちれて, 打ちを揚げ, 打ち手母とても結婚後, 打ち手足に絡ん, 打ちたる, 打ち払つて飾りたてたの, 打ち払つて私は慌しく, 打ち折つて遣らうと, 打ち折つて音もさらさら, 打ち折れてついに, 打ちが面皮, 打ち挫がれ続いて, 打ち挫がれ自分から仕掛けた, 打ち挫ぎまるで枯れ尽した, 打ち振り乍ら塀の陰, 打ち振り乍ら疾風の如く飛ん, 打ち振り後ろの敵, 打ち振り指圖をし, 打ち振り木魚を叩い, 打ち振り紋太夫は進ん, 打ち捨つるを常, 打ち据ゑいツ黒助は水, 打ち据ゑようとはなんとした事でせう, 打ち据ゑられて額に怪俄, 打ち据ゑることが出來ずしばらく, 打ち据ゑる者のやう, 打ちを返す, 打ち揃いたる事, 打ち揃い木立の奥, 打ち揃つて来て, 打ち揃つて南禅寺の本堂, 打ち揃つて男の家, 打ち揃つて風呂に行き, 打ち揚ぐるボールは高く, 打ち揚げのほか, 打ち揚げしだい二箇月間三百円にて雇わん, 打ち揚げ花火だよ, 打ちりて, 打ちいても, 打ち敲きして, 打ちつて, 打ち方ひとつで音, 打ち方重ね鉄の仕方, 打ち旌旗を連ね, 打ち日本へ送っ, 打ち明るべき性質, 打ちの女, 打ち時に千歳黒尉の, 打ちの文公, 打ち暫くそこに, 打ちるれば, 打ち更に赤く塗つた胴, 打ちの香, 打ち木戸へさしかかりました, 打ちの方, 打ちを張り, 打ち果して死のうかと, 打ち果たしてお詫びを, 打ち枯すとも斯, 打ちを握, 打ち染革師などの工匠, 打ち根性と申しましょう, 打ち案じ思案にくれ, 打ち案じ顔に, 打ちが窪ん, 打ちつること, 打ちとか通い廊下, 打ち欠きて作られたる, 打ち欠伸をする, 打ち歌舞するは, 打ちつなりき, 打ちにした, 打ち残りの時間, 打ちについて, 打ち毎日負けて, 打ち気絶した, 打ち水桶に真新しい, 打ちは何事, 打ちがざざっとぶつかり, 打ちを噛む, 打ち深く跪拝し, 打ち混ぜて三十名, 打ち清掃いたらざる所, 打ち渡り故郷に歸, 打ち湯水よりは貴き, 打ち溜息を吻, 打ち溶けてゐる, 打ち滝川討伐の檄, 打ち激して泡, 打ち激しく光明を, 打ちつたうち, 打ち濕つた樣子でポツポ, 打ち濕つた言葉のうち, 打ち濕つてお染, 打ち火花の出づる, 打ち火鉢を飛ばし, 打ち烽火をあげ, 打ち物業を故意, 打ち物語に典型的, 打ち特有のゴザ, 打ちえる様, 打ち独語きて, 打ちその訳, 打ち珊瑚の前, 打ち瓔珞の御簾, 打ち留むるに在りしならん, 打ち當つてなつた, 打ち當つて行つた, 打ち當つる堅き甲, 打ち白い尾も, 打ち百合の花, 打ちな暴力, 打ちせば, 打ち目守り居たり, 打ち目釘を湿し, 打ち盲目となし, 打ち相場師泥棒芸妓など一寸, 打ち相槌はとんと, 打ちむれば, 打ち眺めこれに対して与へる, 打ち石臼で麥, 打ち碎くアキルリュウスを, 打ち碎く碎かれて, 打ち礼拝堂の中, 打ち神経は一時, 打ち稽古をつけ, 打ちは廣びろ, 打ち立上り又反対, 打ち競馬をやる, 打ち笑い出すと門, 打ち笑い愛嬌のある, 打ち笑つて猛火を雨, 打ち笑み二振三振, 打ち笑み庭先の乗物, 打ち二の, 打ち箱枕を思いきっ, 打ち節供または東北, 打ちを明, 打ちの見える, 打ち粉袋がはいっ, 打ち糊張りをし, 打ち素手の警官, 打ち終つてウウセキバラヒ打たない前, 打ち終つて木村名人庭を見る, 打ちふ, 打ちえなむ計り, 打ち絶えて七歳, 打ち絶らせたさ, 打ちを三重, 打ちらしたる石垣, 打ち續けたが可哀想, 打ちる, 打ち翌朝も待たず, 打ち耗らされた一端, 打ちは火照る, 打ち聳えたこの山, 打ちをつけ, 打ち肋骨を折っ, 打ちを打ちます, 打ちがりトアパイロン, 打ちきの大, 打ちを打つ, 打ちの上, 打ち自分は不眠, 打ち自己の代表者, 打ちを活け, 打ちをたて, 打ちを敷い, 打ち菓子を誂, 打ちる, 打ち蒲団のよう, 打ちれたる樣, 打ち藁打ちがいかに, 打ちもない, 打ち蝋燭はほとんど, 打ち行事との連絡, 打ち行者を呼び, 打ちってきた, 打ち衣服を投げ打ち, 打ちする撥ね, 打ちふ, 打ち角笛を吹く, 打ち試練を経た, 打ち誠に殊勝なる, 打ち調べている, 打ち謝罪るとき, 打ちを微吟, 打ちを撒い, 打ち負けそれから三十一歳, 打ち負け落胆して, 打ちの手業, 打ち赤味がかった金髪, 打ちを宣えおわり, 打ち走り幅飛を二回, 打ち足ただらを踏ん, 打ち足利勢のうち, 打ち路傍の岩, 打ち路次を締める, 打ちをひるがえせ, 打ち身内を震駭, 打ち軈て十時打つ, 打ち軍資狩りに行った, 打ちに流れ, 打ち軒廂を叩き, 打ちく打ち, 打ちをぱちんと, 打ち逃げもせず, 打ち途中投出され等し, 打ち通しにしたる, 打ち過ぎがたく, 打ち道楽をする, 打ち違いはございます, 打ち遠方に視線, 打ち重ね丈にも, 打ち金かんざしを, 打ちを垂れ, 打ち刺す快, 打ちの二つ玉, 打ち鎖骨に當, 打ちで栗, 打ち鐃鉢を鳴らし, 打ち鐵條を張り, 打ち劍に, 打ちられて, 打ち開きあり寒雀, 打ち開けちやくれません, 打ち開ける気持だ, 打ち阿弥陀経を読誦, 打ちもまだ, 打ち集い歓喜限りなし, 打ち雑つて絶え入るやう, 打ちちて, 打ち震い全市の感覚, 打ち青銅肺を貫き, 打ち靡き心は, 打ちを抓みだした, 打ちを投げ打ち, 打ち韻塞などし, 打ちを打ち, 打ち頷き呟きなどする, 打ちを打ち, 打ち顰めたる老紳士, 打ち顰んだ, 打ちをあおる, 打ちと戸外, 打ち飜然と飛ん, 打ち首勝手たること, 打ち首獄門あるいは家族非人入り, 打ち駅馬車の喇叭, 打ちきて, 打ち騒ぎが熄ん, 打ち騒ぎ武男はひそか, 打ち騷ぎて熱を病む, 打ち驚き恍惚の微笑, 打ち驚き眼も開かず, 打ち驚くばかりなりし, 打ち高利貸悪家主, 打ちが鉞, 打ちに喰い入っ, 打ちを釣り, 打ち鮭網鰻の袋網, 打ち鳴らす多比の, 打ちの翼, 打ちを踏み, 打ちを鳴らし