青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打たれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

手段~ ~手紙 手紙~ 手術~ ~手足 手足~ 才~ ~才能 才能~ 打~
打たれ~
~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った ~打つ 打つ~ ~払 払~

「打たれ~」 1174, 13ppm, 8669位

▼ 打たれ~ (778, 66.3%)

16 いた 13 いる 12 しまった 11 いるの, 死んで 8 いたが 6 いること, しまいました, ゐた 5 しまつ, 居る, 死んだの 4 いるよう, ぎょッ, しまったの, しまって, 私は 3 いたの, ゐる, 彼は, 有がたう, 来た, 眼の, 眼を, 黙って

2 [32件] ある, いたし, いるうち, こもる蝸牛, しまうと, しまつて, しまふ, すつかり, たまるか, ゐるかの, ゐると, トッサに, ヒンヤリする, プツンと, ポロリと, 両手を, 仁助は, 女らしい悲鳴, 引退きました, 思わず眼, 恥かしい, 暗いなか, 死にました, 殺されて, 滅茶, 炎熱地獄の, 目を, 色が, 足を, 頭を, 驚きの, 鼻血を

1 [566件 抜粋] あっと目, あらゆる対策, ありがたく頂戴, あるとは, あわただしく散る, いきど, いきり立つとか, いたから, いたこと, いたという, いたら一晩, いた友, いった, いつのまにか森田, いつまでも, いない, いなければ, いぶかるよう, います, いると, いるという, いるとき, いるコント・ド・ロートレアモン, いる中, いる官兵衛, いる容子, いる泥濘, いる鋲, いる間, いる麾下, いわゆる養蜂家, おとなしく俯伏, おみね, おもわず二, おや誰, おりましたので, おりましたわけ, おります, おりますが, おりますもの, おる容子, お菊殺し, きた, きゃっともすんとも, くるもの, ぐらぐらと, ぐッとも, こ, ここで, ここに, この蛇, この部屋, こまごまと, さし俯, さし俯向いた, さすがの, しかもそれ, しだいに読めなくなり, しばらく顔, しまいましたわい, しまいます, しまいもはや, しまうこと, しまうの, しまうよう, しまったよう, しまってからも, しまっては, しまつてゐた, しみじみと, しめやかな, しょんぼりと, すぐに, すっかり興奮, そして鍜, そのため, そのまま倒れ, そのまま自信, そのまま見, その人, その喜び, その場, その夜, その理由, その画策, その痛, その真実, その覆面, それまでは, それ以上の, ぞっとした, たじろいだ, ただじっと, ただもう, ただ一, ぢつと, では, とうとうそれ, どうも日本, なお二, なかには, なすこと, なんだか変, ばらばらと, ばらばらに, ひきだされて, ひきつけられた, ひそかに, ひと足先に, ひびく音, びっくりした, ほとんど気, ほろほろと, ぼつと, ぼんやりした, ぼんやりと, ぼんやり腰, ぽかんとし, まずその, また這入得ず, まだ呼吸, まだ間, まとまった感想, まるでただ, みたくなりますと, みると, みれば, もう一度にやにやとは, もう死ん, もはや迷惑, やつた, やる, よろめいて, ゐたと, ゐたどす黒い, ゐたに, ゐたら此方, ゐました, ゐるだらうと, ゐるので, ゐるやう, ゐるん, ゐる人, ゐる人間, ゐる昨夜, エジンバラに, ギョッと, ギヨツと, ドロドロに, フョードル・パーヴロヴィッチは, ブルは, ブルブルッと, ボンヤリ見, ムセルという, 一たまり, 一人の, 一人も, 一敗地に, 一時気を, 一瞬眸を, 一言の, 三回までに, 三嶋安は, 世捨て, 世間に, 中間は, 久しぶりに, 事毎に, 二人とも, 二言と, 五六首の, 亡び去る, 人々は, 人相も, 今を, 今迄の, 今頃は, 仰向けに, 伏して, 伯父様と, 低くかすれ, 佐助は, 何ともない, 何人もとめよう, 何処に, 佳いという, 倒れ, 倒れかけてると, 倒れし王, 倒れたが, 倒れたり, 倒れた兄, 借りて, 傘の, 傷だらけに, 僕は, 光榮の, 光秀と, 全くの, 兵部の, 冥王の, 凍えて, 凛然と, 凡手では, 出て, 出来たという, 刀を, 列に, 前後の, 勝てなかった, 勢いジョーン, 千枝松は, 千萩は, 半ば切れ, 半砂, 半面に, 危ふく熱く, 即死し, 即死した, 又伏し, 反対する, 口へ, 口を, 叫んで, 呆然たる, 呆然と佇ん, 呻いて, 和やかな, 唇を, 唖然と, 喜んぢ, 喫驚した, 圃の, 圧迫を, 地上へは, 坂田に, 埋めたくも, 堅く口, 堅剛の, 堪らなくなったの, 塩辛に, 塵中に, 壁から, 壁辰は, 夕刊を, 多助は, 大怪我, 太く足, 夫は, 奮い立ったもの, 姿も, 宮の, 寝る, 寿平次の, 小娘に, 小者を, 少し赧, 居る草木の間, 居る騷ぎ, 屋敷から, 左の, 左手の, 幾たびか, 幾らか傷ん, 幾分か, 床に, 度を, 弁慶は, 弓状に, 引据ゑられたのは美しい, 弥生座の, 当分の, 彼の, 後この, 後にそれ, 後ろへ, 得難い胸, 心は, 心持を, 心配しました, 必ず之, 忽ち冷静, 忽ち堕気, 思はず丑松, 思はず匕首, 思はず庖丁, 思はず持つた刀, 思はず王, 思はず電気, 思わずあと, 思わずこう叫ん, 思わずよろける, 思わず匕首, 思わず呆然と立ち竦んだ, 思わず最敬礼, 思わず気分, 思わず片手, 思わず自分, 思わず足, 思わず頭, 恐らく衆僧, 息が, 息を, 息詰つた, 悄れました, 悔悟の, 悩ましくなる, 悶死を, 惨殺され, 意気地が, 意気地なく, 愚鈍な, 感傷的にも, 感動する, 我知らず新聞を, 戦, 戦はずして, 手に, 手やら, 手より, 手練に, 振り仰ぐと, 握った肩, 握って, 撓う, 撓まざれば, 敬之進は, 数千の, 数珠の, 敵の, 斃るべし, 新なる, 昏倒し, 暫くの, 暫時茫然として, 暮らしました, 曲者は, 木の, 枯れて, 梢より, 森の, 椅子から, 槙島へ, 横倒れ, 正気づいた, 死し腰, 死するに, 死なんと, 死にき, 死にその, 死にたいとか, 死ぬつもり, 死ぬと, 死ぬ人, 死を, 死んだ, 死んだからと, 死んだと, 死んだとて, 死んだに, 死んだわけ, 死んだん, 死んだんぢ, 死んだ樣, 殺されたから, 殺されたろうと, 母の, 気が, 気も, 気先を, 気絶し, 気絶した, 気絶しちゃった, 氣も, 水が, 水烟を, 沈黙し, 沈黙した, 泣き出さずに, 泣き喚きながら, 泣けば, 泣真似を, 涙を, 滝本は, 漂うの, 演劇熱が, 激しく泣き出す, 濡れはためい, 片目が, 狂うよう, 猫背に, 痛え, 痣だらけに, 痴夢を, 相碎く, 眉を, 眞劍な, 真剣な, 石高路から, 神女泣き乍ら屈み, 神女泣き叫び, 禁慾苦行の, 私たちは, 私の, 移すとも, 空へ, 窓から, 窓の, 立ちました, 立つて, 立往生だ, 竹刀を, 米友は, 紙の, 終った, 終に叫び出した, 絶えずくちびる, 絶えず葉, 翼を, 耳の, 耳を, 職業を, 肥ダメへ, 胸から, 腐ったらしく小さい, 腐ッ, 腕組を, 膝を, 膨れた頬, 興奮する, 船に, 芳は, 苦しくなつ, 苦笑した, 茂みの, 茫と, 落ちそう, 落胆した, 蒼くなつた, 蒼味を, 藤吉は, 血が, 血に, 血を, 行った, 見ましたが, 見るに, 見るの, 覚む, 親愛な, 言いたいこと, 誰かが, 誰も, 谷崖の, 責められること, 躍って, 身じろぎも, 身ずまい, 身に, 身を, 身体は, 身体を, 迷ひたい, 退避ろいだ, 遁げけれ, 都へ, 野口昌作は, 長い時, 長くは, 開くこと, 閾の, 陽も, 雨の, 青く腫れた, 面も, 頬を, 颯と消えた, 飛び上った, 飛び上ると, 飯を, 首が, 首垂れ, 駆け出す気勢, 駈るやう, 駕籠は, 驚いたからか, 驚いたの, 驚かされること, 驚きましたが, 驚く高, 骨も, 髪の毛が, 髪を, 鬢を, 魂の, 鹽辛にな, 黒くなる, 黒焦げに, 黙して, 鼻血が

▼ 打たれながら~ (69, 5.9%)

2 ポカンと, 二人の, 勘定を, 身体を, 驅け

1 [59件] いく晩, いそいで, お助け, こういう場合, しばらくじっと伝六, だんだん世の中, ついたての, とぼとぼ歩い, なお心, にやにや笑い出した, びしょ濡れに, まだ額, もの陰に, 一本歯の, 一面には, 不思議そうな, 主水之, 二三度往復した, 他人事, 何者で, 修理に, 倒れたまま, 冴子が, 別れの, 勃々たる, 勘定などを, 厳かな, 営所を, 夜は, 大変急な, 天南の, 天満の, 庸三の, 引き摺られて, 彼方是方と, 心の, 急いで, 手を, 早まりました, 曹操の, 木々が, 木津の, 案内を, 歌に, 母親に, 永遠の, 海港の, 猶も二人, 秋森家の, 老い寂び, 舗石の, 若しかする, 見廻った, 読みつづけて, 読了した, 頬冠り, 騒ぐ, 驚いて, 驢馬を

▼ 打たれても~ (36, 3.1%)

2 容易に, 擲かれ, 蹴られても

1 [30件] あの恐ろしい, いいから, お詫びの, くるっと, この人たち, そのお蔭様, それを, なお顛倒, びくとも, やまず狂わしく, よく耐え, 両顎, 叩かれても, 平気で, 引つ掻かれても, 打たれて, 打たれ損, 打ち返す力, 振廻されても, 擦った擦ったと, 李四は, 毒そうで, 気分は, 生きが, 知らないから, 私は, 自分の, 賢母は, 避けそう, 醒める気色

▼ 打たれたり~ (34, 2.9%)

4 した 3 叩かれたり 2 するので, 蹴られたり

1 [23件] あるいは軽便鉄道, およそ三十分間, して, し出した, する度, せずまったく, どことも, なさったと, なんかされ, また吹かれ, また揺られた, また芝居, まっかな, 引きずられたり, 昼は, 更けて, 波に, 縛られたり, 芝居の, 苦しめられたり, 足蹴に, 逃げ散って, 顏へ

▼ 打たれては~ (15, 1.3%)

2 たまりません

1 [13件] いた, お毒, ばば様の, 又消える, 堪らぬから, 堪りませんが, 大変だ, 定めしお, 小次郎も, 残卒全, 痛いから, 腹が, 間に合いませぬから

▼ 打たれその~ (11, 0.9%)

1 [11件] せつなには, ま, 作者に, 傍題として, 力に, 夜は, 広い面, 底には, 所以を, 柔かさ, 翌日より

▼ 打たれつつ~ (8, 0.7%)

1 出て, 又も, 唇を, 怪しき魚, 深き思い, 習い覚えた曲, 自分の, 蹌踉として

▼ 打たれ~ (7, 0.6%)

2 せぬかと 1 しない, しないかを, しなかった, しなかったか, せぬ仔細

▼ 打たれこの~ (6, 0.5%)

1 人が, 女は, 年の, 桟と, 発見を, 訊問以後も

▼ 打たれながらも~ (5, 0.4%)

1 その沙門, とうとう傘, ツツーッと, 嬉しがっ, 畳まで

▼ 打たれ~ (5, 0.4%)

1 にさいなまれ, にさらされ, にも揉, に揺られ, に晒され

▼ 打たれそう~ (4, 0.3%)

1 だから, なので, な気, になっ

▼ 打たれそれ~ (4, 0.3%)

1 からいろいろ, が今, が彼, よりこの

▼ 打たれでも~ (4, 0.3%)

2 したよう 1 したかの, したもの

▼ 打たれ~ (4, 0.3%)

1 おいでに, き, 来ました, 行った山

▼ 打たれちゃ~ (3, 0.3%)

1 たまりませんね, ア困ります, 一と

▼ 打たれてか~ (3, 0.3%)

2 順一も 1 身ぶるいしました

▼ 打たれてから~ (3, 0.3%)

1 きけッ, しきりに海, 汽車へ

▼ 打たれ~ (3, 0.3%)

1 したが, せまじ, せん突かれも

▼ 打たれ~ (3, 0.3%)

1 という心構え, にならねえ, の形

▼ 打たれ~ (3, 0.3%)

1 にて焚かれ, に包まれた, に焙られ

▼ 打たれ~ (3, 0.3%)

1 つける, など殊に, を負

▼ 打たれちゃあ~ (2, 0.2%)

1 勘弁が, 辛抱が

▼ 打たれてしも~ (2, 0.2%)

1 うたと, たと

▼ 打たれてね~ (2, 0.2%)

2 ぢけ

▼ 打たれての~ (2, 0.2%)

1 ことな, 感興か

▼ 打たれどこ~ (2, 0.2%)

2 かで時々

▼ 打たれまた~ (2, 0.2%)

1 それらの, 私自身も

▼ 打たれやがて~ (2, 0.2%)

2 はそれ

▼ 打たれ一見~ (2, 0.2%)

2 豪放磊落でも

▼ 打たれ~ (2, 0.2%)

1 も失う, を挫

▼ 打たれ~ (2, 0.2%)

1 もがき, をゆだねる

▼ 打たれ~ (2, 0.2%)

1 に悩み, を冒した

▼ 打たれ~ (2, 0.2%)

1 を下げず, を破り

▼1* [139件]

打たれいちどにはっきり眼を, 打たれいまだに残る額, 打たれかっとなって, 打たれかと思ふと, 打たれこもごも拝礼した, 打たれへもした, 打たれさえすれば, 打たれそして間も, 打たれその後明石の濱, 打たれぞっと身ぶるいし, 打たれただあっけに, 打たれたりからかはれたり, 打たれたりばかりして, 打たれたるにやあらん, 打たれちや業腹ぢやありません, 打たれちや菊次郎も清五郎, 打たれてからといふもの何うし, 打たれてでもいるよう, 打たれという芸術上の, 打たれなおかついよいよ深き情熱, 打たれなにがしの目覚める思ひ, 打たれなんたる無能, 打たれはだしで氷, 打たれひとしく亡び去る, 打たれほのかな明るい, 打たれほんとにそう思いますか, 打たれまたは馬に, 打たれむものかふりあげし袂このまま夜, 打たれもうしばしご養生, 打たれやや暫くその紙面, 打たれようはあるまい, 打たれわれとそれから女, 打たれがため, 打たれタジタジと二, 打たれハッと思う, 打たれポリフェモスはみずから善意, 打たれリヴィングストーンの偉大, 打たれと握り, 打たれ不具の身, 打たれ乍ら五台の馬車, 打たれ乍ら勞るやう, 打たれ乍ら色々の秘術, 打たれ互に憂苦を, 打たれ五つ目に右手, 打たれ今日までの心配, 打たれ何とも測りかねて, 打たれ候ものから貴意, 打たれ付いて, 打たれ兵船中に休ら, 打たれ円き眼を, 打たれ冥府の暗に, 打たれを打たれ, 打たれ勝ちで甚だ, 打たれ千賀子には謎語, 打たれ惹きこまれる力, 打たれくるもの, 打たれ同時に十九世紀の, 打たれ四つ目に唇, 打たれ地上へ仆, 打たれ塵労にもまれ, 打たれ奈何ともする能わず, 打たれの青い, 打たれ如何ようの折檻, 打たれ宇治は思わず, 打たれ実際自分が, 打たれに戻ろう, 打たれ寧ろ自らに, 打たれ将来自分たちもどうにか, 打たれ将来自分達もどうにか, 打たれに吹かれ死ぬ, 打たれは覚えず, 打たれがいっぱい, 打たれ返の, 打たれはすぐさま, 打たれ感心したの, 打たれ感慨深げに, 打たれ慶童は百以上, 打たれ程自分, 打たれ或いは手を, 打たれを打たれた, 打たれ放題になつ, 打たれ敢なきご最期, 打たれるれば, 打たれが足りなかつた, 打たれ易いと云, 打たれ最後に額, 打たれ最期を遂げしめよ, 打たれの雫, 打たれに圧され, 打たれ木曾の空翠, 打たれ楽しみに頼り, 打たれの運命, 打たれ沙河の日, 打たれ河内殿以下人も馬, 打たれ淋しい深い北国の, 打たれ熱いお詫びの, 打たれの所, 打たれ玄徳はついにこう, 打たれ王座よりたち, 打たれ甚内は内, 打たれ申候大小一腰金子二十兩有之, 打たれ皆船中に横はり, 打たれがさめ, 打たれをそばだてず, 打たれ立ち留る, 打たれ節語りに東国訛り, 打たれで絞め上げられ, 打たれが張り, 打たれとして鉢, 打たれ翌日同所を探検, 打たれ夫婦の, 打たれを拉がれ, 打たれ背後に冬子, 打たれ臀部に柱, 打たれ自分の贋物的, 打たれ良心をさえ苦しめた, 打たれ藤原玄明も常陸, 打たれ虚弱になり, 打たれにくわれ, 打たれに塗れ, 打たれ装置が貧弱, 打たれには水晶, 打たれ規律正しい陣所, 打たれ金三百円を醵出, 打たれ長い弁髪を, 打たれ雑草の中, 打たれに覆われ, 打たれ霊柩車はまつし, 打たれにさびた, 打たれを呼吸, 打たれを打たれ, 打たれを打たれ, 打たれを打たれ, 打たれを打たれ, 打たれられて, 打たれ高徳はわずか, 打たれ高手小手に縛められ, 打たれ鳰鳥は思わず, 打たれ黙然でただ目