青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心持~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~心から 心から~ 心もち~ 心中~ ~心地 心地~ 心境~ ~心得 心得~ ~心持
心持~
~心持ち 心持ち~ ~心理 心理~ ~心臓 心臓~ ~心配 心配~ 必~ ~必ず

「心持~」 11216, 111ppm, 951位

▼ 心持~ (2369, 21.1%)

375 した 169 して 159 する 39 するの 21 しました, します 17 したの 14 ある 13 するので, 致します 10 よい, 悪いから 9 したが 8 あって, すると, よくわかる 7 よくない 6 あつた, あります, あるの, いい, しなかった, 動いて, 悪いと, 悪かった, 惡い

5 [11件] あった, したから, しながら, するという, よかった, わかりません, 出て, 変って, 悪くなっ, 私を, 自分に

4 [16件] いたします, したので, するん, よくて, よくわかります, 好い, 少しも, 悪い, 悪くて, 悪くなった, 残って, 湧いて, 現れて, 私の, 起って, 非常に

3 [32件] いいでしょう, いつまでも, しない, しましたよ, するか, するとか, せい, そこへ, ない, ようございます, よくなった, よく出, よく解った, 二人の, 今は, 分る, 反映し, 可なり, 好くない, 岸本の, 彼女の, 悪いの, 悪くなる, 流れて, 異う, 私には, 胸に, 自分ながら, 落着い, 起る, 違う, 離れて

2 [115件] ああいう, あらわれて, あり何, あること, あると, あるのみ, いいか, いいもの, いたしましため組, いたしまして, おそらく継子さん, お解り, かわって, したと, しないでは, しないのに, しますから, しますわ, し出した, し出して, し初め, するあゝ, するから, するが, すること, するだろう, せずには, せぬでも, ともすれば揺ぎ始めよう, どうしてもわかりません, どこからか, どこにか, なければ, ほぐれて, まざまざと, また信一郎, やがてお, よい庭下駄, よくねえ, よくわかった, よくわかつ, よく分っ, よく分りました, わかって, わかつて, わからなかつたの, わかる, わるい, わるいと, わるいよ, 一つの, 一杯に, 一番和やかで, 主に, 今の, 今日の, 何とも, 働いて, 僕が, 充分に, 分らないばかり, 分らないもの, 判って, 十分に, 可哀そうに, 変ると共に, 好いの, 如何に, 宜く, 容易には, 岸本には, 平次には, 年を, 彼には, 彼女を, 復た, 心の, 忘られない, 思ひ出されて, 悪いに, 惡いから, 惡いと, 揺ぎ初めた, 明敏な, 晴々した, 朝霧の, 楽に, 歌はれ, 水の, 沈んで, 済まねえ, 湧くの, 満更虚偽, 潜んで, 生若い, 異って, 異ふ, 盛に, 納まりません, 緊張し, 聞いて, 自分で, 自分の, 致しますね, 落着いたらしい, 見えて, 見て, 見られるの, 解って, 解ると, 語られて, 起つて, 路, 闇の, 離れなかつた

1 [969件 抜粋] あそばさぬという, あったと, あったので, あっては, あなたの, あのよう, あの浅草, ありが, あります私, あるあいだ, あるでは, あるので, あるらしい, ある事実, ある場合, あんまり張りつめ, いいぢ, いいの, いいや, いい役目, いかにも病的, いじらしかった, いたしました, いたしやす, いたすので, いぢら, いつに, いつまで, いとおしく感じられた, いま言った, いやに, うちひらい, うろつく, おかしいよう, おさまらないので, おどるよう, おわるひの, お分り, お島, お松には, お父さんには, お爺さんには, かなり混乱, かなり落, かもされたが, かわりまた, きっと分っ, きょうに, こう変った, こしらえもの, この唄, この秋, さうでありますから, さっぱりなくなっ, されるだろう, しきりに, しきりに起り, したか, したし, したそう, したという, したろう, した事, しっくりと, してねエ, しないから, しないでも, しないので, しないらしいと, しないらしく縁臺, しない軒端, しねえだろうから, しばらくし, しましたの, しますの, しませんか, しませんでしたが, しみじみと, しみじみ自分, し又, し始めたの, すぐわかりました, すこしずつながら, すっかりなくなり, すてきです, すまなかったの, するああ, するかね, するその, するだろうなあ, するだ酷く寒い, するであろうか, するどうぞ, するのに, するはず, するもん, するよ, するわ, する云々, する再び, する果たして, する見て, ずうっと, せき上げました, せめて君, せらるるでは, そう働く, そこから, そのうち, そのま, その光り, その場合, その流行, その自然さ, それとなく考へられた, そんな扱い, たとえば無理, たまらなくうれしい酔態, だいぶつけ加わっ, だんだんお, だんだん弛ん, ちがう, ちつとも, つき纏って, つくられて, つのって, つのるよう, つよくした, どういふ, どうしても, どうしてもお, どうしても消す, どうしても頷けなく, どうも気に入らなかつた, どこか, どのよう, どの様, どんなに変る, どんなもの, ないとは, ない生き, なおのこと募った, なかった, なくなって, なさいますえ, にぎやかで, のびのびする, はいる, はっきりし, はっきりと, はっきり感じられた, はっきり筆, はつきり出, ひろがって, ぴったり合う, ふと彼, ほんとうの, ますます隠遁的, また前, また違う, まだわれわれ, まだ底, まだ本当に落つ, まるで変っ, まるで通じない, もくもく湧, やってきた, やっと有った, やっぱり相, よいから, よいだろう, よいと, よい母, ようやく定まりました, ようやく首, よう分つとる, よくあらはれ, よくある, よくないだらう, よくなかった, よくわかっ, よくわかり, よく分った, よく呑, よく感ぜられた, よく窺, よく解, よく解る, よく風呂場, よさそう, わかった, わかってさえ, わからないと, わからないよう, わからん法てないや, わかるだらう, わかると共に, わかろうはず, わしから, わるいけれども, わるいほど, わるい程, わるかった, わるかろう, わるくないであろう, わるくなった, グッと, サアッと, シューラに, ノラでない, ハッキリ解っ, 一ぺんに, 一層深く, 一杯であった, 一番大切である, 一目見る, 一部では, 万一でも, 万田龍之, 不意の, 丸で, 久保には, 乗り移って, 事実そのもの, 交, 今でも, 今まで, 今少し, 今日まで, 伴つて來る, 伺われるの, 体中に, 何かの, 何とか整理, 何事に, 何時まで, 例の, 偶, 僕を, 先に, 全体を, 具体的に, 内部に, 冬の, 冷やかに, 出る, 分かりません, 分つて, 分らないね, 分らねえん, 分り過ぎる位, 分るん, 判らなすぎる, 前以, 加わり小歌, 動くの, 包み蔵す余裕, 卒然として, 去り落, 又幹太郎, 反映しない, 可いよう, 可か, 可愛い, 同時にはげしく, 呑み込めたよう, 呑込めなかった, 呑込めなかつた, 味はれる, 和み女, 哀れに, 善いという, 善か, 善くない, 嘘とは, 堪らなく悲しく, 変です, 変化しひらい, 外国人の, 多分に, 夜の, 大してしない, 大分好く, 大変楽に, 大層よろしゅう, 奥に, 好いか, 好いくらい, 好いじゃ, 好いん, 好かった, 好くなっ, 好くなる, 如何にも有り難い, 妻にも, 姿にも, 嫌な, 嬉しくなっ, 宜い, 宜いと云います, 宜いねえ, 宜かった, 宜しいと, 実にまざまざよ, 室の, 家生活に, 察せられますので, 尊くあり, 少しは, 少し変っ, 嵩じて, 帰って, 常に生々, 幾らか救われる, 広くいろいろ, 底に, 延びて, 張り切つて, 強かった, 強くある, 強く胸, 強く起き, 強く起つた, 彼に, 彼を, 後に, 徹底しない, 必要である, 忘れ得ないの, 快くは, 快方だ, 快方だって, 思いやられる, 思ひ出された, 恐らくその, 悪いじゃ, 悪いっ, 悪いとは, 悪いねえ, 悪いのよ, 悪いわ, 悪い二三人, 悪うございます, 悪かったら, 悪くって, 悪くつて, 悪くなり, 悪くなりました, 悪くなり出し, 悪けりゃ刺身, 悪しくなりまし, 悲しいん, 惡いとい, 惡けりや, 想像されない, 想像出来る, 意識に, 感ぜられますね, 懐しくも, 我慢出来ませんでした, 我身に, 或程度, 手伝ったの, 手伝って, 抑えても, 抜け切らないと, 抽象し, 拔目の, 描写の, 新しく智惠子, 明瞭とは, 時間という, 暗々裡に, 書いて, 有ったればこそ, 有るに, 本当でございません, 来て, 根強くわだかま, 桜や, 次第に分っ, 次第に窕子, 次第に農民, 此頃一層, 殊に強く深く, 殘つて頭が, 母様と, 毎も, 気取られたなと, 永く続かない, 沁, 沈着い, 洩って, 流露され, 浮びました, 浮薄でなく, 海の, 消えなかった, 淋しい位, 深かった, 済むよう, 湧き上って, 湧き出した, 溢れます, 滅入つて, 潜在的に, 激しく思ひ出された, 濃厚でない, 濟みません, 為た, 照子に, 現はれ, 現はれる, 現われて, 現在と, 理解出来ず, 甘く明るく変, 甦って, 留吉の, 皮膚を, 目醒まされ, 知りたいもん, 示されて, 私にはよ, 稚くても, 窺われる, 簡単な, 紛糾って, 細かく洞見, 絶えずし, 続いて, 聞きたいと, 胸いっぱいに, 胸一杯に, 腹立たしいよう, 自分ばかりの, 自然であり, 自然に, 自由に, 致しまして, 致しますか, 致しますの, 芸術への, 苦しくくちおしくも, 茅野雄を, 落ちつかない, 薄らいで, 藤左衞門の, 蘇返っ, 融合しない, 表われ, 襲つて來た, 襲ふ, 見えるという, 親切の, 解けた様子, 解け怨み, 解ったから, 解つた, 解らなかったの, 解らなかつた, 解らぬよう, 解らんのだ, 解るに, 解る筈, 言葉の, 読めて, 譬え様が, 貴君には, 貴郎様, 起こる, 起つた, 起るの, 起れば, 込上げて, 迫った, 迫って, 逆に, 通じたのに, 通って, 進みたくない気持, 逼迫し, 遊びの, 違うかと, 違って, 違ふ, 適切に, 重たくな, 鉛の, 鎮って, 附いて, 附帯し, 陰氣なお, 隅々まで, 露骨だった, 面白いから, 顔を, 飾りなく, 馬鹿に, 高潮に

▼ 心持~ (1594, 14.2%)

331 なって 168 なった 67 なる 60 なりました 52 なつた 48 なるの 42 なります 23 なったの 22 なつて 10 なったこと, なること 9 して, なりながら 8 打れた 7 なると, 成った 6 ならずには, なりましたが, なるので, 成って 5 させられて, した, なる事, 於て 4 なったと, なったり, なった時, なりますよ, なるん, 成る, 浸って, 酔って

3 [11件] さへ, します, なったが, なったもの, ならざるを, なれないの, なれば, 寝て, 帰って, 打たれた, 襲われた

2 [54件] おなり, さいなまれます, させた, されて, なったので, なったら改めて, なったん, なった事, なっちゃ, ならずに, ならないぜ, ならないね, ならなければ, なりたい, なりたいもの, なりましたから, なりましたので, なりましたよ, なりまして, なりますが, なり父, なるかも, なるから, なるとき, なるよ, なるペン, なれたら人間, なれないので, なれないよう, なれなかつた, ぴったりと, やましいところ, ウカウカと, 何か, 余裕の, 作用し, 勝平は, 啖呵を, 変化した, 媚び得たこと, 寐た, 悩まされつ, 打たれて, 押上げられ, 於いては, 沁み入ります, 相応した, 相違ない, 移って, 耳の, 聞取れた, 胸を, 酒を, 隙の

1 [504件 抜粋] あたためて, ある, あるか, あんまりよくそぐった, いら, いろいろ人としての, うたれること, うっかりと, うとうとし, おかれるの, おなりなさった, おなりなさる, おなん, おまじないを, お互に, かえってぴったりする, かえって昔, かなり影響, けちを, こういう一見滑稽, こういう調子, こそばゆいよう, こたえた意味, こたつで, この眺め, こんなこと, さいなまれて, さした事, さして, させます, させるの, させる風景, さそはれて, される, したの, しつくり, しつくり篏つて來, しては, しても, しみとおして, しみ込んだところ, しろ同じ, しろ彼, しろ日本人, しんみりし, すっと足, すること, する奴, する為, すれば, せかれて, そぐは, そぐわない何もの, そぐわぬ物, それから, ただの, たびたび誘おう, たるみが, つかって, つかれました, つつまれた, つながるの, つり合って, とらわれて, どんな毒, なったから, なったそう, なったとき, なったところ, なったに, なったばかりに, なったよう, なったらしい声, なったわ, なったわけ, なったミス, なった光君, なった平次, なった彼女, なった懐古, なった際, なった青葉, なっちまったの, なってさ, なってしも, なっては, なっても, なってると, なってるよう, なつてこの, なつてる, ならう, ならうと, ならず, ならせた, ならなかつた, なられません, なられるだろうと, なり, なりかかって, なりかけた時, なりきって, なりすぎ, なりすぎて, なりたいと, なりたかつた, なりつ, なりつつ, なりともかく, なりましたああ, なりましたかい, なりましたけれど, なりましたですから, なりましたの, なりました故, なりました歌, なりました歌いたくなりましたな, なりました白骨, なりました行きましょうよ, なりましょう, なりますそして, なりますと, なりますわ, なります女人, なりまち, なりゃしませんか, なりやが, なりやがってね, なりアンマ, なりベンチ, なり不覚昏, なり二階, なり五両費, なり五兩費, なり何心, なり佳一, なり切ったとき, なり切る事, なり切れない, なり前後, なり宿, なり少時, なり峻厳, なり彼女, なり得ようはず, なり愚談猥談, なり明日朝, なり浜田, なり番地, なり立ちつづけた, なり粮米, なり自動車, なり詫びるという, なり食事, なり骨董, なるか, なるかな, なるからな, なるが, なるさ, なるそれ, なるたび, なるだらうさ, なるだらうと, なるだろうし, なるだろうと, なるぢ, なるであろう, なるであろうと, なるという, なるとは, なるなどは, なるに, なるばかり, なるもの, なるより, なるわい, なる八五郎, なる坐禅, なる時, なる洒落, なる犯人, なる瞬間, なる程画, なる野郎, なる間もなく, なれそう, なれた, なれたので, なれたらばとも, なれないで, なれないところ, なれないん, なれなかった, なれなかったとさえ, なれなかったの, なれなくて, なれました, なれようはず, なれる, なれるか, なれるかも, なれるから, なれるだらうか, なれるの, なろうと, なろうとは, のこります, ひかれて, ひたって, ぴったりする, ぴつたりとはまるやうに思つたのも, ぴつたり來ない, ふさわしいよう, ふと瞼, ふわふわ当る, ぼんやりした, ぽうッ, また調子, まとまって, まどろみかけて, もめざま, よく似, よりすぎて, より多く, よろこびよろこびの, わめくの, アサが, シルクハットを, スッカリ同情されました, バサリと, ピッタリあった, ピッタリと, フツ, ワクワクし, 一層あわただしく, 一段落が, 丈は, 三時半迄, 三途の, 主水, 乾いた亀, 二人とも, 云い知れない共鳴, 人居の, 今一度なっ, 今度の, 仮りに, 似た点, 似た薄い, 似て, 似てはを, 似合は, 体を, 体洗っ, 余裕も, 使われて, 依つて, 信吉は, 俳諧の, 優り劣りは, 元気を, 入ること, 全身の, 共鳴し, 内容づけ, 制せられるので, 力を, 加わって, 動かされて, 十一時まで, 半十郎, 即すべきもの, 反しコポオ, 反りを, 同情を, 同感いたしました, 同感する, 同感できる, 名称を, 向きます, 吹けて, 呶鳴っ, 唸つて, 嘘は, 在ったろうか, 坐って, 執拗に, 基くの, 堪えかねて, 堪えられない, 堪えられなかったから, 堪能し, 変って, 変つて有り, 変りは, 変わること, 多く用ゐ, 多く芸術的素材を, 大変ちがいが, 天気が, 妨げられて, 密接な, 寐て, 寐入っ, 寝こんで, 寝たん, 寝ようと, 寝られるだらうと, 寝付きました, 寝入って, 寝入ろうと, 寝込んで, 小半日も, 少し疲れ, 帰れるよう, 廻ったと, 引き入れられて, 引き摺られて, 引下つて来ない, 引入れられます, 引込まれて, 強く同情, 影響され, 後ろを, 従ったん, 御酔いなさらない, 必然が, 応は, 忠実な, 思いを, 思い較べて, 恍惚した, 恵まれて, 悩んで, 惱まされ, 惱まされた, 惱んで, 想い到るの, 意地の, 感じて, 感心し, 成しと, 成ったほんとに, 成つた, 成つていつまでも, 成つてうつかり, 成つて居た, 成つて蒲團を, 成つて見る, 成らないか, 成らなくても, 成りたくッ, 成れただろうと, 或る, 戻った, 戻つたとは, 戻れないと, 手綱の, 手足のばし, 打たれたの, 打たれました, 折を, 持前の, 支配され, 支配される, 支配され過ぎ, 教養の, 敬服した, 於いて, 於ては, 於ても, 日向ぼっこを, 時間潰しを, 暖かい面影, 暖まって, 暫く茫然, 本当に明るい, 楽に, 欺かれて, 此程の, 歩いて, 殊更な, 毒のな, 比べて, 気が, 沈んで, 治まりが, 泣いて, 浮かれて, 涙ぐんだ, 涼しくなった, 深く深くひたっ, 混って, 渋さ, 満たされた, 源を, 溢れよく, 溺れひと, 滿たされた, 潔癖と, 潜むもの, 煩は, 特別な, 現の, 理解の, 生じて, 異変は, 目が, 直接ふれ, 相触れる, 眠くなっ, 眠った, 眠って, 眠りこけては, 眠気が, 知らず知らず乗って, 秘められて, 突然人間, 立ち返って, 立ち還ったといった, 立ったこと, 立還, 立還っ, 立還つ, 結びついて, 置かれて, 聞いて, 聞き入りつ, 自分を, 自惚れさせて, 至つて始めて, 舟を, 苦しんだが, 茹って, 茹つて歸つて來ました, 落ちた, 落ちて, 襲はれた, 襲われて, 誘われずには, 語り及んで, 調和の, 變り, 責任を, 踊り出しました, 踊り狂い怖, 身を, 較べると, 輕い, 迎えられて, 近い, 近いやう, 近づけること, 返って, 返つて, 迫らず, 迫られながら, 迫られる時, 迫ること, 逆っても, 逆らって, 逆らつてゐる, 通じた, 通じるよう, 通暁し, 過ぎなかったけれども, 過ぎなかつた, 道中の, 違ひ, 適するやう, 適切に, 還って, 還つた時, 還る, 還元し, 酔いが, 酔い倒れて, 酔うて, 酔った, 酔った頃, 酔っちゃあ, 酔つた, 酔つて, 酔つて歸つた, 酔ッて, 醉つた體を, 醉ふて, 鎖されて, 閉されてと, 関係が, 関係せず, 關り, 陶然と, 青白い顏, 鞭韃される, 類似点が, 食い酔って, 餘裕の, 駆り立てられる

▼ 心持~ (1578, 14.1%)

24 あつた 14 自分の 12 見て 10 それを 9 眺めて 8 いるの, もって, 私は 6 彼女は, 暮して, 聴いて 5 せう, そこに, 岸本は, 帰って, 彼は, 神田へ 4 いた, いたの, いる, その日, フラフラと, 外へ, 居る, 居るの, 考えて, 胸が

3 [27件] あらう, いること, それに, ゐた, 二人は, 云つた, 別れました, 巴里の, 床へ, 彼の, 振り返りました, 暫らくは, 書いて, 朝の, 本を, 母の, 涙を, 眺めた, 眼を, 筆を, 老人の, 見送って, 見送つて, 足も, 電車に, 顔を, 黙って

2 [115件] あたりの, いて, いても, いました, いられるわけ, いるか, いるん, いる処, お墓, お茶の, かれは, ここへ, この手紙, この話, そのあと, そのまま外, その二階, その晩, その男, その話, た, ね, わたくしは, ゐたので, ピシリと, 一パイだ, 一パイでした, 一パイに, 一人極めに, 一夜を, 一旦綺麗, 一杯に, 上がり込んで, 不思議な, 云えば, 人通りも, 今度は, 伸子は, 何も, 何を, 入って, 出かけて, 劇場の, 動いて, 勝利を, 千枝太郎は, 去りました, 同情し, 呼んで, 墓地の, 夏の, 夜の, 夜を, 大雨の, 娘の, 宵に, 家へ, 小屋の, 小屋を, 居ながら, 居眠りを, 平次の, 平次は, 店の, 庭の, 庭先に, 徳さんと, 急いで, 我に, 或る言葉, 手に, 振返って, 日本の, 日頃の, 早々に, 明かした一, 明神下の, 昼夜を, 晩酌の, 有る, 本銀町, 極めて熱心, 横に, 此の, 歩いた, 毛氈の, 深い感銘, 瑠璃子の, 甚内橋を, 生活し, 甲板を, 皆んなは, 眠って, 眠りました, 睨み合って, 秋に, 突っ立っ, 立ちつくしました, 聞いた, 聞いて, 自分は, 舟を, 行くと, 行つたに, 裏の, 裏へ, 見渡します, 見詰めるの, 親切に, 返すの, 返事を, 阿片吸入者が, 青木さんを, 頭を, 飛んで

1 [1086件 抜粋] ああいう, あいつの, あたりを, あなたと, あの壁, あの方, あらうか, ある日彼, あゝ詰らない, いきなり自分, いせえすりゃそれで, いたいよ, いたが, いたので, いたもの, いた咲二, いちゃ, いっそ多少の, いっぱいだった, いっぱいです, いっぱいに, いつまでも, いとも神妙, いましたが, いよという, いらっしゃれば, いられるもの, いるかという, いるつもり, いるという, いるらしい, いる人たち, いろ, いわば漫然, うずくまって, うたい出したもの, うとうとする, うなだれた, おいでに, おきました, おそば, おったん, おなおさん, おられますか, おります, お互, お千代, お春, お湯に, お詣りし, お贈りいたします, お雪ちゃんは, お靜, かうした蒙古風, かえって来る, かからなけりゃ嘘, からだの, がすよ, きいた, きのう省線の, くつろぎます, げんなりした, こづいた, この一文, この些細, この先, この娘, この新しい, この男, この筆記, この部屋, これから仕度, これなら死ん, こんな事, ざんすな, じっと考え込ん, すぐに, すっかりのんびりした, せうね, そういう息子, そう云う, そこらを, そしてから, そちらで, そっと教え, そのまま墓地, その中, その前, その坊主共, その娘, その小説, その断れ, その晩騷ぎ, その死体, その細い清, その老人, その車力, その顔, その鳶, それらの, ただ溜息, たった一人, ちょっとは, ついて行きながら, つぶやいた, どうしてお, どうぞお, どこで, ながめて, なげつけるよう, なりません, なんにも, のみほす朝, ぱっぱと蓮葉, ひどくはしゃぐ, ふざける, ふらふらと, ぶらりぶらりと橋, ほぼ同じ, ぽかんとし, まず講演会, また別に, また立ち上った, まだ生き, みんなの, もう一度小, もう我慢, やっぱり父親, やつた, ゆかう, ようやく口, よんだ, わが貧しい, わざ, ゐたいよ, ゐたん, ゐなければ, ゐるか, ウトウトし, オートバイで, ガラッ八, シカケて, ジッと, チヤホヤされ, ツイすらすら, ノリトを, バスに, ブル, ベッドの, マジマジと, ヤンの, 一ぱいだつたんです, 一ぱいで御座います, 一パイです, 一人行く, 一心に勉強, 一杯だ, 一杯である, 一枚一枚と, 一生の, 丁寧に, 三々九度の, 三年の, 三時間ばかりの, 不幸な, 不機嫌, 両親の, 主人の, 久しく向い合っ, 久しぶりに, 乗ったこと, 乗り出して, 事務所で, 二人を, 二度ねを, 二階に, 云へる, 互に犇, 人を, 人樣なんかを, 人類が, 今歌と, 仕事に, 代官山の, 低い窓, 佐太郎は, 何だかすっかり主, 何です, 何となし, 余計に, 例の, 保子さんなり, 停って, 働いて, 元気づいた, 光る針, 入つて來, 八五郎に, 兵馬は, 其人なり, 内々人知らぬ, 再び飛鳥山, 冷かしに, 凝と, 出入する, 函嶺の, 分明を, 初めて病院, 初秋の, 判ります偽物, 前日の, 力ア入れ, 勉強の, 勝手知ったる, 医者の, 午睡を, 卓子に, 参りましたの, 又始つた, 受取つた, 只やたらに, 可愛い連れ, 右から, 同じ傘, 名前だけを, 君を, 周囲を, 味い働き, 唯おめおめと, 善後策を, 四辺の, 団結し, 土御門の, 堅い言質, 堪能し, 増田と, 声を, 外らさず附, 夜も, 夜自分は, 夢みつづけて, 大乘寺, 太陽を, 奥さんの, 奧へ, 女身を, 姉や, 娘と, 嬉しくて, 守田と, 安心し, 宜いと仰しゃ, 室一杯の, 家族の, 寝こんで, 寝て, 寝台から, 寝込んで, 寺を, 尋ねた, 小さい包, 小さくな, 小坂部は, 少しは, 居たい人, 居たもの, 居て, 居られると, 居られるもの, 居りますが, 居るに, 屏風の, 山を, 川中へ, 己は, 帰ったお, 帰りました, 平吉は, 平気で, 幾日か, 床の, 座敷牢の, 引揚げました, 引返しで, 強くお, 弾きまくって, 彼と, 往復した, 待ち構, 待ったこと, 後を, 従って外, 御両親, 御覧に, 微笑んで, 忖度された, 思い起した, 思わず台所, 急ぎました, 恐れて, 悲しくなりました, 悲痛の, 愛撫しいとおしみ, 感じるの, 我が家へ, 或る, 手紙を, 手足の, 批評する, 折に, 押し開いて, 招寿軒の, 指を, 捜索隊の, 掛けられる様子, 探偵小説の, 接せられるべきでは, 救いの, 敷石の, 文学界以外の, 斯う言いました, 新しく進歩, 新刊書に, 明朝目の, 昨夜の, 昼も, 時々暗い, 晩景一酌, 暑くない, 暫く席, 暮した今日一日, 暮れか, 更にいい換えれ, 書いたん, 書いた曲, 書けその, 書ける生活, 月の, 月明を, 朝, 朝十分間体操を, 本所の, 来て, 東京の, 松の, 林町に, 棄ても, 森垣さんは, 椅子へ, 檻の, 歌う, 歌へ, 歩いて, 歩くこと, 歸つて來る, 死を, 母親の, 毎度上る, 氏の, 氣輕に, 氷の, 永く着, 決して幸福, 治療台から, 浅井の, 海を, 消化の, 深く気, 清子の, 渋い茶, 演奏した, 激しく泣いた, 炊かなければ, 然し泣かず, 煙突の, 熱海の, 父親彦兵衞を, 特にお礼, 特別に, 独言を, 珍らしく, 生きて, 生きるやう, 生れ乍らの, 生長した, 田舎へ, 町の, 畳の, 病室の, 登臨し, 白砂糖を, 盃の, 目を, 目黒へ, 相手の, 眉間の, 眠るもの, 眺めてばかり, 眼が, 着物を, 睨み合つて來た, 知らなかっただろうが, 破滅に, 硬張った, 礼を, 禿茶瓶を, 私も, 立ち竦みました, 立てた此小家, 笑いさえ, 箪笥の, 節子の, 精一杯謡っ, 終始一貫, 経文を, 絵筆を, 縦横に, 美くしい, 考えると, 耳を, 聞かない振を, 聴いた, 聴くに, 胸を, 脚を, 腕組を, 腰掛けて, 自分が, 自然と, 興奮し, 艇に, 芸術の, 苦痛なく, 茶ぶ, 落着か, 藤澤の, 行かぬこと, 行ったか, 行って, 被居, 見た, 見ないわけ, 見られる芝居, 見るの, 見得, 見詰めた, 親分の, 觀察し, 言いながら, 言うの, 言つた, 話し会うよう, 話し合つて, 語られるでありましょう, 語ると, 誠に尤, 読者一般より, 譲吉は, 貫かれて, 買うこと, 走って, 越後獅子の, 足を, 跪いたの, 踊るが, 身動きも, 車坂の, 辨當を, 辿ったこと, 迎へ, 追ひま, 逃げ出したの, 通過る, 進んで, 遠くを, 遣って, 酔わされたよう, 野には, 長い間, 長椅子に, 門前に, 間抜けな, 闇の, 陣笠を, 障子を, 雪は, 靜かに, 面白かった, 順々に, 頼母は, 顏を, 風呂に, 食堂を, 馬から, 駆け付けて, 高い空, 鰐より, 默した, 鼻唄が, 鼾を

▼ 心持~ (1323, 11.8%)

16 もって 13 して, 察して, 抱いて 11 感じた 10 持って 9 知って, 私は 8 考えて, 考えると 7 悪くする 6 悪くし, 想像し, 起させた, 起させる 5 お察し, しながら

4 [13件] くんで, こめて, させる, どうする, 思い出して, 思うと, 感じる, 暗くした, 書いて, 汲んで, 聞いて, 起した, 起して

3 [26件] いったの, おこさせた, きいて, しみじみと, そのままに, 云って, 伴って, 伸子は, 妙に, 引出された, 忘れずに, 忘れて, 忘れないで, 思い出した, 想像する, 感じて, 感じながら, 懐いて, 理解し, 知つてゐる, 私に, 経験し, 纏めて, 聴いて, 表現する, 見せて

2 [96件] いうの, いえば, いだいて, いったもの, いら, おこさせる, お察し申, させた, さへ, その時, どこへ, みんなその, もつて, もつと, 与えた, 与える, 主として描いた, 人間に対して, 分って, 十分に, 取ひしぎ今夜, 取直せばい, 可なり, 呑み込んで, 味う, 味って, 味わ, 味わった, 喜んで, 察したもの, 少しも, 彼女に, 御察し, 心の, 忘れる事, 思い出すと, 思ひやつ, 思出し, 悪くした, 悪くするだろう, 想像した, 意識し, 我慢し, 抱いた人, 抱かせる, 持つこと, 持つて, 持つと, 描いたもの, 擾すまい, 支配する, 早くも, 暗くします, 暗くする, 楽んで, 歌つた, 正直に, 死者に対する, 汲みとって, 測り兼ねた様子, 測り兼ねて, 測り損ねたの, 滅入らせました, 無くして, 現わし, 現わす, 理解する, 痛切に, 直して, 知つてか, 知りたいと, 示して, 紛らすだけの, 經驗する, 纏めようと, 考へて, 胸に, 自分に, 自分は, 與へ, 落着けると, 表現した, 覚えた, 訊いたこと, 訊いて, 詠んだもの, 話した, 話す, 語って, 説明する, 起させは, 辿りながら, 述べて, 通り越して, 酌んで, 領解し

1 [850件 抜粋] あてがって, あなたは, あの人, あらは, あらわし, あらわす暇, ありがたがって, ある意味, いい現し, いうと, いつまでも, いやしいとは, いやして, いらいらさせ, うたった歌, うたわずには, うつしたつもり, おこさせはじめた, おこったよう, おさえて, おさとり, お互にどう, お人形様, お歌に, お話しすれ, かき亂さ, かき立てるよう, かくす為め, かすかに, かの女, かんちがえする, きこうと, くまないと, けいけんします, この間それとは, こんな方, さすがに, させたこと, させるの, させる事さ, さんざんに, しっかり伺っ, しっかり捕まえる, すっかり取かえ, すらすらと, せめては, そういう心持, そのあと, そのまま陽溜り, その儘, その様子, だん, つたえなければ, つよく魅, とりかへ, どうした, どうにも纏め, どう形容, どう表現, どのくらい, どんな名画, なぜか, なほ子に, のこりなく, のべたもの, のべて, はかりかねた, ひらめかしながら, ほぐすには, まじえて, まだかなり沢山持っ, みんな書表し, もった, もった若い, もっと明瞭, もつよく, やさしく眺め, ゆたかに, よからぬ, よくのみこん, よく御, よく知っ, よく知つて, よろこんで, わたしは, わるくし, カラリと, シンと, スッカリ無く, スッカリ知っ, スツカリ無く, セーヴし, フェリックスさんに, プロレタリアとして, ホンノ, 一, 一つに, 一人で, 一層強められる, 一方には, 一生懸命に, 丁度鋭い, 万吉は, 三方から, 不明ならしめる, 与えて, 与えられるもの, 久しく風雨, 了解しない, 云いあらわすよう, 云つて了つた後で, 人々に, 人に, 人間らしく満足, 人馬の, 仄めかせたり, 今から, 今だに, 今始め, 今日お前が, 今日私共は, 仕立屋商売という, 他に, 以御肴料に, 伊太夫は, 伊東伴作は, 伝え訪問者, 何という, 何に, 何処かの, 余に, 信仰と, 偽った外交辞礼, 傷つけること, 僕に, 僻見なく, 兄き, 充分持ち, 全く入れ替えなけれ, 公表しなけれ, 兵馬は, 其のま, 其様子と, 典獄なる, 内輪に, 写すこと, 出すこと, 分けずに, 判らして, 制して, 制せられなくなった, 創作の, 加えたの, 動かされたし, 包んで, 十分御, 半ば驚き, 又思い出さず, 反省せず, 取しづめた, 取入れて, 受入れる人, 口小言や, 同情し, 同感される, 同感した, 含んで, 告げると, 呑込んで, 味った, 味は, 味わういと, 味わうこと, 味わって, 呼び起こさうと, 呼び起した, 和めずには, 和らげたよう, 哲学は, 唯一の, 喜ばせたと, 嘲るやう, 嘲るよう, 回想し, 圧倒する, 壞す事が, 変えた, 外に, 大きく持つ, 大切に, 失い死人, 失はないやう, 失わずに, 女々しいもの, 好く知つて, 妹や, 妻に, 嬉しがる, 子供の, 字で, 実感的に, 害された, 寂しく解釈, 察しじゃんけ, 察したらしく席, 察し云う, 察する, 察するばかり, 寸分隙を, 寺院の, 少くも, 展べ, 岸本の, 左右される, 己に, 常に寂しく, 幾度も, 度外視し, 引き起させるの, 引付ける, 当てて, 形式こそ, 影響されまい, 彼の, 彼女の, 後には, 得た, 御伝え致しました, 徴塵に, 徹底的に, 忘れては, 忘れなかつたが, 忘れぬ同氏, 忘れるんぢ, 思いおこさせます静か, 思いました, 思いやったら何だか, 思いやり一寸, 思いやるきっと, 思いやると, 思い出す, 思い同情, 思い無惨, 思って, 思ひやる, 思ひ出したので, 思ひ出すこと, 思ひ起して, 急に, 怪しまなければ, 恋愛論に, 恥じた, 恥ぢながら, 悟って, 悪くさせまい, 悪くしました, 悪くすりゃ, 惡くすりや, 想い出した, 想うと, 想像に, 想出し, 想起し, 惹き起したわけ, 愍んで, 感じたの, 感じたので, 感じます, 感じるの, 感じ得れば, 感じ畜生, 感ずると共に, 感知した, 慊らなく, 懐くやう, 懷い, 我々は, 或日彼女, 打ち明けて, 打明けて, 打消す事, 批評した, 抉るよう, 抑えること, 抑へ, 披瀝すれ, 抱いたん, 抱かせられること, 抱く, 抱くの, 抱く事, 押えられない, 押しつめて, 押し隠すよう, 押へる, 持たずに, 持たせて, 持たれるの, 持ち得るもの, 持ち虎, 持った若い, 持つよう, 持て余して, 持続する, 捉えたの, 探り合って, 探るよう, 推察し, 推量したく, 掴む聴き手, 掻きみだして, 描く点, 揺られ落, 支えきれないよう, 散文詩の, 敬慕の, 整えようと, 整理し, 新しい客観的, 日記にでも, 昂奮しきっ, 明治文学研究者は, 明言し, 時代的な, 暗くし, 曇らすには, 曇らせた, 書いたもの, 書き記す事, 書こうとして, 最後の, 有って, 有つて居た, 有頂天に, 本当によく劬, 柔げたやうで, 楽しむ余裕, 標準として, 正面から, 歩んで, 残したくない, 殘す, 殺して, 毛筆に, 池を, 波及させられ, 洞察しき, 浮べた, 深くした, 深くほり下げる, 深めて, 測り兼ねながらも, 測り兼ね乍ら, 湯上りの, 滅茶滅茶に, 演出する, 無視し, 父親に, 特に日永, 特別な, 現した言葉, 現は, 理解したらしく, 理解せよ, 田沢が, 申せば, 申上げ, 疑いあるいは, 目ざめさせて, 直接に, 相続し, 真面目に, 真顔で, 眼で, 知ってか, 知つた, 知つたより, 知つて心配で, 知らないかと, 知らないみや子, 知られまい知られまいと, 知り怒り, 知り過ぎる程, 知るなんて, 確かめようと, 確め得る, 示した声, 禁する, 秀子に, 私共は, 窕子に, 節や, 籠めて, 糺すという, 紛らす為, 紛らそうとして, 細々と, 細かく立ち入っ, 結びつけるため, 統一する, 經驗せず, 綺麗に, 繰り返して, 考えた, 考えたり, 考えますと, 考える, 考へるから, 聞くと, 聴いたら大概, 肩の, 肯定出來る, 胡魔化す, 自分で, 自分自身の, 自認し, 自身で, 色づけるたつた, 色色な, 苛, 荒ませる, 落付け, 落着かせる, 蔑ろに, 表した積り, 表すため, 表は, 表わして, 表現し得た, 表白し, 表象する, 裏切らないでは, 要する時代, 見せたり, 見ないよう, 見守る手数, 見抜いて, 見透かされるやう, 覚えます, 覚えるの, 覚って, 観察せられ, 覺えた, 解けない謎, 言いますと, 言い表したの, 言葉の, 詞で, 詠んだ歌, 詩で, 話したら稲子さん, 話しますと, 話しまた, 認めて, 誘うの, 誘ふの, 誘われるの, 誘発され, 語つてゐる, 語り合, 語るであらう, 説明しあっ, 説明した, 読むと, 諒解し, 謎に, 讀むと, 起こす, 起させて, 起させないところ, 起させやすい, 起させられる, 起させると, 起させる種類, 起したり, 起すもの, 起す以外, 踏み躙つて, 軽くし, 輕くしては, 辛辣に, 述べるの, 迷わせるよう, 追って, 逆に, 避けるため, 重く見, 鎭める, 開いて, 閲した後, 陳べた通り, 隠しながら, 隠し合って, 雁に, 非の, 須磨から, 顔に, 風流とか, 養わなければ, 高める一つ

▼ 心持~ (917, 8.2%)

19 しない 11 少しも 10 しなかった 7 しません 6 よくわかる 4 なかった, わたくしにも, 何と, 平次にも, 私に, 自分の

3 [11件] しないかも, しないの, しなかつた, ない, なくなって, よく知っ, 今の, 他の, 同じ事, 悪くない, 私には

2 [62件] あつしには, いさ, いたしません, いつもの, おわかり, お秋, こつちから, さうし, しないでしょう, しないわ, しないわけ, せぬ筈, だん, どうする, どこまでも, どんなだったろう, どんなで, どんなであったろう, どんなもの, まあ判る, もう全く消え, よい, よくわかっ, よくわかつ, よくわかります, よく判らない, よく呑, よく解りました, よく解ります, よく解る, 一刻も, 今でも, 今も, 伸子に, 何か, 何ともいえない, 何に, 保子さんには, 俺達には, 八五郎の, 分らない, 十分に, 執拗に, 家の, 寂しかつ, 忘れて, 忽ち奈落, 忽ち掻き, 悪くは, 新らしい, 確かに, 私にも, 私の, 自分には, 自分にも, 自殺である, 自殺です, 解るだらう, 解るだろう, 起らなかった, 近頃の, 非常に

1 [683件 抜粋] あたしなんぞに, あつて, あなたの, あの晩, あばずれた, ありません, ありませんね, あるつもり, あるわけ, いい心持, いかにも寂寞無聊, いかよう, いくら純真, いつまで, いつもあの, いつ行っ, いろいろ苦しい, おかしなもん, おそらくただ, おのずから別, おのずから多面複雑, お前さん些とも, お前には, お庄, かなりひどく, きまって, こうし, こうして考え, こうやっ, この作家, この俺, この家, この気分, この漢字, この花, この間とは, これが, これに, これらの, ございませんでした, さうですか, しかし吉野朝, したが, しないから, しないさ, しないだらう, しないであろう, しないと, しないもん, しないらしい, しないらしくあります, しない身の毛慄, しなかったあれ, しなかったけれども, しなかったの, しなかったので, しなかったろうがね, しなかつたけれども, しなかつたで, しなかつたの, しなかつたらしいの, しなかつた樣子, しねえあの, しねえから, しませんでしたの, しめやかであった, しーん, すなわち良い, すまいね, するが, ずっと一つ, ずっと同じ, ずっと岸本, せず秀吉, せめて画, せめて畫, そうです, そうは, そして妃, そとの, そのとき, その心持, その方向, その時, それと, それとも違, それに, そんな所, ただただ萎縮, ただ旅行, ただ自分, ただ詩, だんだんと, だんだんに, ちがうもの, つまり女性, つよいが, とても一国, とても御, ともすると頽, どうしても取り去る, どうしても私ども, どうだ, どうです, どうにも, どうも木綿物, どう処理, どう変化, どこから, どなたかの, どのよう, どんなだろう, どんなである, どんなでしたろう, どんなに恐ろしく思われたでしょう, どんなに珍しく, どんなに蕭々, ないけれども, ないこと, ないまでも, ないらしい, なお明らか, なかなかさう, なかなか活, なくなり逆, なく徳永, なさらずそれ, なさらないでしょう, なまゆるい, なんともいえない, なんと本社, にわかに全く感動, はっきりし, まことにこうも, まざまざと, ますます明らか, また三つ, また日本, まだ岸本, まだ忘れる, まだ神秘, まともに, まるで反対, まるで夢遊病みたい, みぢん, みんなそれぞれに, むしろ年中行事, もう再び返, もう暫く経つ, もう私, もう私たち, もちろん私, もっと露骨, もつと, やがて此, やはりまた, やはり四十歳ごろ一つ, やみました, よくない, よくわかつた, よく分った, よく分ります, よく分る, よく私, よく解っ, よく解つて, わからないでは, わからないといふ, わからないとか, わからないよ, わからないヒステリック, わかりましたから, わかりますがね, わかりませんが, わかり過ぎるほど, わかる, わかるけんどよ, わかるの, わたし一生忘られません, ゲーテの, シヤンとして, スケールが, パトラッシュには, マグダーレンの, 一ツだ, 一変した, 一寸形容, 一寸異様, 一層せまった, 一層浮立ち, 一段に, 一段一段とせり上つて昂奮, 一種特別である, 一通りで, 一駅前の, 一體どうして, 丁度薔薇, 七十日の, 三文で, 上々に, 不安です, 不思議に, 不意に, 両端とも, 二つに, 二人とも, 二人の, 人の, 人間の, 人類が, 今とは, 今に何, 今尖がり過ぎ, 今度は, 今日どの, 今日も, 今日自分に, 今私を, 仏様だ, 仕なかったが, 以前と, 以前友達から, 伴わぬの, 伸子に対しても, 似たる境遇, 似て, 何うだ, 何うだったろう, 何かの, 何となく不安, 何ともありません, 何ともいひない, 何とも云い, 何とも云え, 何と妙, 何と独特, 何人も, 何處かに, 佛樣だ, 作品の, 俺にも, 俺より, 僕に, 僕にも, 僕も, 優しかった, 充分お, 先ず消えよう, 全くしなかった, 全く他国, 全く客観的, 全く膝, 全然知らぬ, 全部に, 八五郎が, 其だけの, 其那些細な, 冷たくて, 凉しく思ひ出せる, 分って, 分る, 分るよう, 切な, 初めてだ, 判りつこは, 判る, 判るの, 別に申しません, 到底口, 加減の, 募って, 勿論分っ, 勿論自分, 十や, 十分わかっ, 単純で, 却ってそのままに, 却って一面, 又格別, 口に, 古今を通じて, 可成作者自身, 同じこと, 同じだ, 同じである, 同じでいらっしゃる, 同情された, 名状し, 君自身が, 吾, 吾れ, 周囲の, 唯詩, 問う迄も, 地上の, 堪えられぬて, 変りません, 変化し, 多く歌, 多分そうであろう, 夜の, 大して持たなかった, 大分違っ, 大概わたしの, 大阪人でない, 天下様で, 失いかた, 失くし, 女でなけれ, 女に, 女には, 好く解つた, 如何, 如何であったろう, 如何で御座います, 如何にも明るい, 妙に, 孔の, 完全に, 宛も, 実に何, 実に何とも形容, 実際何とも形容, 家來共が, 察する, 察せられます, 小半が, 少しずつ, 少し寒かっ, 少なくとも當, 届いたと, 山の上の, 常に十分, 平静でした, 年を, 幾度と, 床しゅうございます, 庸三が, 当の隣人, 当時に, 彼が, 彼の, 彼女の, 後では, 後で聞く, 後まで, 微かに, 心からの, 心に, 必ずしも羞恥, 必ずもう一度會, 忌々しさ, 忘れなかった, 忘れられない, 忘れ難い, 快いもの, 忽然羽が, 思い切ったよう, 急に, 恐らくこれ等, 恐らく私ほか, 恐らく誰, 恐れと, 悲しいとか, 愈, 愚痴とか, 感情として, 或はその, 才能や, 折から, 持って, 描けても, 支那の, 明白に, 昔マドレエヌの, 昔日も, 時々夢, 時々経験, 時代により, 更に無, 書きとめて, 書くもの, 最初百観音が, 最近まで, 月日と共に, 有難うございます, 朋友で, 期待の, 木で, 未だにあり, 未練と, 本当に自分, 本当に虚心坦懐そのもの, 村を, 東西同じ, 果して何, 根が, 極めて少なかっ, 楽でない, 機敏な, 次第に暗く鬱陶しく, 此処で, 此島人が, 歳月や, 殆ど完全, 殆ど江戸の, 段々裏切られ, 母に, 毛頭ないけれど, 気楽で, 水の, 水練を, 決して今, 決して朗らか, 流沙, 消すこと, 深く強くごまかし, 溢れる程胸, 濟むでせうか, 為やしません, 無いに, 無かつ, 無くつて, 照ちやんの, 独特であった, 理解できる, 生活に, 申上げ, 男の, 男性にでも, 略, 疾くに, 病院を, 痛快であった, 益々明かでした, 目白時代よりは, 直には, 直接には, 相当複雑, 矢張り一人でも, 知らず知らずの, 知らせて, 短命の, 短篇に, 私たちには, 私にだって, 私を, 秋に, 稿料が, 空竹を, 窕子にも, 節子の, 純然たる, 紛らそうとしても, 素より解らない, 自ら今人と, 自ら進ん, 自分ながら, 自分にと, 自分自身の, 致しません, 致しませんわ, 花が, 芸人であった, 若さ, 苦しいもの, 表面に, 複雑であっ, 複雜で, 解つてる, 解らなくても, 解りすぎるほど, 解るが, 解るまい, 解る酒, 誠に無邪気, 読者の, 誰れ, 變らなかつた, 貴方は, 起しちやなら, 軽薄な, 近い上, 送るもの, 逆な, 通じまいし, 連, 連れ添ふ, 違います, 違ふ, 重々察し, 間もなく裏切られ, 間違つては, 陰鬱で, 雪子も, 面つきに, 顧みて, 飯事の, 餘程嬉し, 鳥渡持つ

▼ 心持~ (672, 6.0%)

13 上で 10 中に 9 中には 8 上では 6 い, もので, 方が 5 するもの, よいもの, よい朝 4 したこと, ものじゃ, 上に, 中で 3 ものぢや, よい日, わるいもの, 上だけ, 上の, 変化, 変化を, 好いもの, 好い日, 日は

2 [45件] あるもの, ある三十男, ある利助, いい事, うちに, したの, する時, する景色, せいか, つづきが, なかに, なかには, ものが, ものだ, やうに, よいこと, ように, よくない, よりどころ, 一つ, 上でも, 光りを, 全部を, 処へ, 可い, 変化は, 好いわけ, 好い筈, 好い風, 強さ, 影を, 悪い所, 悪くない, 或る, 捕物では, 日が, 時か, 時に, 沈黙を, 混乱に, 状態を, 立派な, 進みかた, 鋭どく出る, 面からだけ

1 [463件] あなたへの, あの波, あふれた姿, ありよう, あり場所, ある人, ある他方, ある際, いいこたあねえ, いいこと, いいとこ, いいところ, いいほど, いいもの, いいやき, いいベッド, いい云うに, いい人, いい娘さん一人, いい字, いい居候, いい役, いい徹夜, いい插画, いい柔, いい物, いい説, いい颯爽さ, いきさつな, いくらか, いたって小さい, いろんな面, うえか, うごきを, うすれゆかぬうち, うちで, うちには, うつりかわり, えい朝であった, お正月でした, かげに, かげには, があった, ぐるりを, ことで, こととして, こまかいこと, こまやかな, さっぱりした, したお, したもの, した事, した時, しないもの, しないよう, しなかつた記憶, しようがない, しんを, すっかり渝, すむよう, すること, するたちまち, するところ, するの, する事, する人, する先生, する処, する国, する小説, する日, する本, する汀, する淋し, する目, する眸, する筈, する険しい, せいだけにでも, せいでありましょう, せつなさ, そういう心持, たてとよ, だね, ちがいを, ちがって, つ, つながりの, つながりも, ときが, とききっと, ときも, とき人間が, ところ, ところである, ところ一寸, どこかに, どっかでは, ないこと, ないむやみ, ない人, ない奴, ない赤, なかで, なかでは, なかでも, のんきな, はけどころとして, ひとは, ふかさ, ふき井戸の, ほかに, ほとんど全部, ほどが, ままいる, ままこの, ままサヨは, まま蒲団の, もちかたに, もちかた次第という, もつれが, ものか, ものです, ものは, ものを, もんだ, やうな, やまれぬ動き, やや鎮まり, やり場が, ゆったりした, ゆとりは, よいいいもの私たち, よい人, よい人達, よい処, よい声, よい夕方, よい感じ, よい晴天, よい空気, よい笑い方, よい老人, よい色, よい血液循環, よい音楽, よき其日, よく激変, よって, わるい夢, ガラッ八, ガラツ八が, キメの, ニュアンスも, バランスの, ピッタリ接触, マンナカに, モーティヴ知らなかった, ユーラスは, 一つでございましょう, 一つに, 一方には, 一番底に, 上だけの, 上での, 上において, 上にも, 上へ, 下に, 世界という, 世界の, 両端に, 中から, 中での, 中でも, 中にだけ, 中の, 中は, 中心において, 主流は, 九分は, 争いの, 争ひ, 事は, 二人を, 交通を, 交錯大変物わかりの, 人が, 人と, 人は, 人居ず, 人達が, 今でも, 伝へ方, 伴ひ起る, 伸びやかさ合理さ食事の, 何十分の一が, 佳い場処, 使ひ, 側に, 優い, 入りまじった苦しい, 全体が, 共鳴者でも, 具合で, 内から, 内側からだけ, 内側からね, 内容が, 内容とで, 内部的組立てが, 凝固だけが, 凡ては, 処です, 分析を, 判らないといった, 判然する, 動きかたという, 動きかたとに, 動きかたや, 動きに, 動きを, 動き四方の, 勘には, 勝利を, 十五日であったろう, 十分に, 印象を, 反応は, 反映だ, 反省の, 取直し様一つ, 句については, 可いこ, 可い画, 同志が, 同気相求むるところからであったろう, 呑気さ加減が, 周囲から, 問題だ, 問題で, 問題と, 問題について, 変化いろいろ目に, 変化については, 外に, 多かった, 多分に, 多岐な, 多数の, 大層違う, 天真な, 失われずに, 失望と, 奥に, 好いこと, 好いの, 好いほど, 好い事, 好い平, 好い庭, 好い思いつき, 好い思ひ, 好い感じ, 好い旅館, 好い晩, 好い朝, 好い温泉場, 好い眺め, 好い程, 好い返事, 好い香水, 好くない, 好さそう, 如きは, 子です, 実際の, 対照長吉と, 尋常でなかった, 小児にも, 少しばかりの, 工合を, 差が, 差異である, 平次だ, 幽玄に, 広きを, 底に, 底には, 底にも, 底の, 引懸り, 強いこと, 影が, 後の, 後又, 微妙な, 必然の, 必然は, 快さ, 快晴, 思い出を, 急所が, 性質について, 恐ろしさ, 悪いこと一通り, 悪いそり, 悪いという, 悪いもの, 悪い冷たい物, 悪い処, 悪い品, 悪い声, 悪い日, 悪さ, 意味を, 感じられるきき方, 成長が, 成長を, 手紙を, 承認を, 抑揚や, 抵抗が, 持ちよう, 持って, 接触を, 推移が, 推移などを, 描きかた, 揺れが, 撓いに, 整理は, 整理も, 方から, 方を, 旅であった, 日です, 日では, 日常から, 時と, 時沈思し, 晦渋さをも, 晴々した, 晴々と, 暮しという, 曲折や, 最も深い, 朝でした, 本質が, 核心を, 様だ, 欠けて, 次第に少女, 次第に深められ, 歌である, 汚れや, 活, 涙でした, 深さ, 温まる間柄, 満足は, 準備だけは, 溢れた言葉, 漂うもの, 激しさ, 無邪気さ加減を, 煩ひ, 状態から, 現われて, 理由は, 理由を, 生々しい姿, 生きた断面, 男前です, 益々多く, 直るよう, 相通じ, 相違が, 真実さは, 真実の, 真実は, 真実を, 眼の, 秀れた, 秘密である, 範囲で, 篤さ, 籠って, 純素人, 紹介と, 経路から, 経過を, 絡み合いを, 綯い交, 縺れの, 繪柄半幅には, 肌を, 自然な, 致すこと, 良い所, 色合や, 若々しさ, 若いもの, 若者であろう, 荒けずりで, 落付きを, 落着く, 著る, 行き交いにさえも, 表に, 表現かも, 表現としての, 表現に, 表現の, 表現を, 表面を, 裏に, 複雑な, 要求し, 要求で, 観かたの, 観察が, 解け消える機会, 記憶なぞよりも, 話から, 話じゃ, 語で, 語に, 調子とれた, 豊かさ話し, 貴族が, 起った試, 起つた試, 起るよう, 起伏の, 身じろぎを, 転化作用を, 転換の, 通いが, 違ったところ, 違ったもの, 違って, 違つた平次です, 部屋だった, 重さ, 重圧を, 開きが, 間に, 間には, 関係は, 限りでは, 限界を, 陰翳には, 隅にまで, 離れて, 離反として, 青年も, 靜かに, 面から, 面だけ, 頂上で, 頂上まで, 鬪爭ばかり

▼ 心持~ (394, 3.5%)

20 する 15 した 8 して 7 ない 5 しない, するし, するの, するので, 少しは 4 あった 3 あって, あつた, ありませんでした, あるが, するが

2 [19件] あったの, したが, しないでは, なく向島, ぼんやり分る, わかる, 事情も, 分って, 分る, 判った, 判つた, 同じよう, 旅館の, 知らないで, 籠めて, 聞いて, 落着いた, 起つて, 起らない

1 [262件] あったが, あったし, あったん, あなたに, あなたには, あまりコムマアシャリズム, あります, あり人なか, あるだろう, あるの, あるので, いくらかありましょう, いたしました誰, いたします, いたしません, いつか変る, いつしか女, いやな, うつら, うつらうつら夢見る, おのずから複雑, お君, かなり分った, からみあいつつ, きまらないので, きょうの, この頃, こんなもの, ご無理, さう, さぞやいい, さっぱりしたろう, さっぱりしました, したし, したの, しないさ, しないで, しないもの, しない実は, しなかったが, しなかったと, しなかったよう, しなかったろうが, しなかったろうけれど, しながら, しまいと, しました, しましたけれど, します, すこしは, すつかり枯れ切つ, すでに変り, すまず三日, するから, するという, すれば, せざるを, せずに, せぬでは, せぬと, そう意外, そこへ, そのあいだ, そのおり, そのついで, その一つ, その動揺, その年々, その死す, それから同情, それだけ村, ちがうだろうし, ちがって, ちゃんと持っ, つい今し方, つよいであろう, どうしよう, どうなる, どちらも, ないそこで, なかなか今日, なく広間, なしに, なんにも, のこされて, はかられずパッション, ほ, ほしいわね, ほぼお, まじって, まず讃め, またどんな, またわるく, また人間並み, また別, また幾百千年, まだまだふみわけ入っ, やつぱりそれと同じ, やはりこの, やはり今日, やはり同じ, ややそれ, よいわけ, よい訳, ようやく解せました, よかった, よくあらはれ, よくない, よくわかっ, よくわかります, よくわかる, よくわかるではござりません, よく解る, わからない, わからなかつた, わかります, わかるだろう, わかる積り, 一人で, 一般人の, 一通り聞い, 不快自分が, 世間で, 交つたのである, 交つてゐ, 亦えぐ, 亦た, 今は, 他の, 休まるかと, 伝えそれ, 伸子には, 体も, 何が, 何だか一方, 傳へ, 先とは, 八五郎から, 出て, 分つて, 分るやう, 分るよう, 分んねえな, 判らぬ此際無分別, 厭だ, 又なくやさしい, 可なり, 同じであった, 同時に感ぜられる, 呑み込めた, 味い深く, 変に, 変る, 大いに動いた, 大よそ, 大人びて, 大変健康に, 大方あなた, 大概は, 女に, 好い, 好いの, 好くあんめ, 定って, 実にこうした, 察して, 察せられその, 尊信と, 帰って, 平らかで, 平次は, 平静でなかった, 平静を, 幾分ある, 弱い人, 強くある, 微に, 微笑まれるし, 忽ち消え, 思い出せば, 思い当った, 思われて, 感じられぬこと, 或は自分, 或は誰, 手伝ったこと, 手伝つて聊か, 抱いて, 持つて, 挙動も, 文学書に, 新しく成つて, 昔の, 朗らかな, 柔かく重くなっ, 次第に展開, 次第に平日, 段々成熟, 比べて, 気分も, 決して悪く, 決して無理, 洩らした, 消え去って, 湧いたで, 湧いて, 爽に, 疑わしいと, 癒るだらう, 直って, 直り丹治親子, 真個に, 真実に対する, 知って, 知らなかった, 確りし, 私に, 私にゃ, 私は, 私を, 節ちゃんには, 紀子には, 素直な, 考へると, 腹立しかった, 自分の, 致しましたが, 致します, 良し消化吸収, 色々と, 苦しさ, 落付い, 落着き不埒な, 行くと, 表面から, 複雑に, 見て, 解けよう, 解け花魁, 解つてゐた, 話し落, 読める, 調和する, 貴方は, 起こらない, 起こらない訳, 起さずに, 起させゲンコ, 起った, 起らなかつた, 起るし, 起るの, 身に, 通じるし, 通ぜぬらしい何, 違うて, 陽気に, 響いて, 頭も, 餘程ゆつ, 鷹揚で, 黒谷村の

▼ 心持から~ (127, 1.1%)

3 岸本は, 言っても 2 では, 云って, 云っても, 出たもの, 自分が, 自分の, 自分は, 見ると, 言えば, 離れて

1 [101件] あやめは, いえば, いって, いふたの, いふと, うたって, この夜一人, さつき女の, すると, すれば, そうしてあるく, そう源女, その晩, その栖家, その為事, そんなもの, ただその, だ, だつたの, ついそのままに, であったこと, でたしかに, なら良人, はなれること, ほんとの, ほんまの, わざと書かない, ドストイェフスキイの, ユーモアへ, レーニングラードの, 一刻も, 一寸そんな, 一緒に, 一致し, 予言が, 二人合意で, 云うと, 云えば, 云えばね, 云えません, 云わば, 何かしら新しい, 元は, 写実的に, 出た要求, 出た言動, 割り出そうと, 助けて, 又この, 又一方主, 反れたヘン, 口に, 周囲と, 声が, 奥さんは, 嫌悪した, 子供を, 実際の, 引きつける, 引戻された, 彼は, 念じて, 或一つ, 推せば, 整って, 書いたもの, 書くしか, 本間氏に, 死んでも, 求める社会的, 江戸へ, 消極的自由を, 演ぜられたの, 生れて, 申せば, 病が, 祖父の, 私が, 私は, 空想的な, 絶えず十字架, 脱しない, 脱却する, 自己が, 自然に, 自由に, 芽を, 茶色外套を, 藤八猿を, 見れば, 覚めきること, 覺め何物をも, 解き放されて, 言いあらわし難い, 話を, 誘惑された, 身なりから, 退いて, 金の, 離れた政治, 離れること

▼ 心持よく~ (119, 1.1%)

4 流れて 3 して, なかった 2 さました, 話の, 輝やいた

1 [103件] あたるから, ありません, おわかり, こっちの, したの, し福岡さん, すらすら書け, ずん, たべた, つ, てもう, と思っ, ないし, ないもの, ない後味, なかったので, ねえからね, ねた, ひっかかって, よく理解, よまれた, よんだ, わかる, 万事を, 三十間堀の, 世間話を, 了解する, 亢奮しました, 人の, 仕事が, 会って, 倉の, 働いて, 円満に, 冷やして, 出ると, 分る, 別れた, 加えた, 勉強, 勉強が, 匂って, 取って, 受けながら, 受け取る気, 受取って, 合点が, 吸いこみながら, 味はれた, 味われた, 圓滿に, 垢ぬけ, 多くの, 弾みかけると, 当って, 御別れ, 思います, 思うの, 思って, 感じられたの, 感じられる, 感ぜられた, 感ぜられて, 戦いだ, 手を, 押しつけられて, 整って, 晴れた, 暮して, 暮すなら云々, 此盃で, 歩いて, 気が, 氷解する, 決して他, 洗いざらした, 洗ひざらした, 浸りながら, 滑って, 生垣の, 目覚めた, 眠れた, 眺めた, 砲台の, 笑う, 笑ふ, 紙の, 緊張した, 聞えた, 聞かれたの, 聴くこと, 自分は, 落付く, 行った, 表を, 設備の, 読めた, 足を, 酔った, 響く, 顔を, 風に, 食事を

▼ 心持~ (112, 1.0%)

3 一緒に 2 いえば, 云ふも, 少しも, 平生の, 比べて, 調和し, 齟齬し

1 [95件] ああ云う, あちらから, いえた, いおうか, いったら, いったらない, いったら無い, いつたやう, いつたらない, いひ其処, かかわりない, これとは, しっくりしなかった, すると, すれば, そうでない, そう使う, そこからの, そこに, その次, それが, つながったもの, なつた, なりを, なりアスピリン, なり楽, なる, なるべく手軽, わざとらしさ, アグネス, トタン葺に, ロシア人の, 一つには, 世間を, 云う特別, 云ったよう, 云ったら実に, 云っては, 云ふ, 今のと, 今晩の, 似かよった心もち, 何と似, 全く釣り合わない, 全體, 共通な, 冷汗を, 助かったという, 古今の, 合つた, 同じである, 同なじ, 同時にげんなり, 同様だつた, 同様の, 君に対する, 変りは, 大分に, 実行との, 彼女の, 感じて, 或は似通える, 戦い一時間, 文章という, 新しい年代, 新しい社会的事情, 新鮮な, 方法とで, 暁天の, 様子と, 混同し, 煙草の, 申すもの, 相俟, 相応した, 相通じる, 相通ずる, 知らねえで逆, 稍, 自分が, 自分の, 花菖蒲の, 荷風や, 藤の, 表も, 見えました, 観察的な, 言うよりも, 軽い不安, 軽蔑する, 進退の, 違った角度, 違つた或, 離れるよう, 高燈籠

▼ 心持~ (103, 0.9%)

75 つたのです 4 と思います, よ 3 さつ, つたと, な, ね 2 か知れ, と云, と思う, ね親分, よさ, 嫌な

1 [59件] え, おい由兵衞さん何か, か, からお前度胸, からだった, からです, から動悸, から匂い, から縁側, から親玉ア成田屋ア, から誰, から防空演習, があんな, がのぼせる, が兎, が部屋, けれども前者, こんなこと, し彼女, し面白い, つたで, つたのか, つたのかも, つたのが, つたので, つてわかりやし, つて起つたら, という意識, という顔つき, といわれた, とかいった, とかもしくは, とか不愉快, とか大, とか聞いた, と勉強, と思った, と思ったら, と思ふ, と感ずる, と手紙, と止め, と病人, と見え, なあ月夜, な八, ねえ悟った, のに対して, のに目, のに眠れず, よう月夜の, わ, わい, アけん, 事, 何処で, 湯壺に, 肝を, 長安の

▼ 心持にな~ (97, 0.9%)

14 つてゐた 5 つて居た 3 つたのである 2 つた, つたのは, つてあの, つてし, つてしまつ, つて只, つて居りました, つて自分は, つて行く, つて行つた

1 [55件] つたに, つたのださうである, つたのと, つたは, つた事も, つた人も, つて, つていつも, つてお, つてぐつすり寢込むだ, つてそこに, つてもぐり込んだ, つてもしも, つてもらひたい, つてやつぱりまた女と, つてゐ, つてウツラウツラし, つてヤケ糞に, つて一成内, つて來る, つて兜さへ, つて八五郎を, つて夜更の, つて大概ひとりで, つて宿へ, つて居り, つて居ります, つて廊下に, つて思ひ, つて想像する, つて或, つて新しい, つて暫らくは, つて暫らく縁側に, つて来た, つて次の, つて歸つた, つて歸つて來た, つて歸りました, つて涙が, つて畢ふ, つて眠氣が, つて神田へ, つて私達は, つて立ち上つた, つて終つた, つて藥代と, つて行つた人も, つて見, つて詠んだ, つて雨戸を, つて頭を, つて風呂桶の, つて食堂に, ッて

▼ 心持では~ (85, 0.8%)

8 なかった 5 ない 3 ないかと 2 無かつ, 誰だ

1 [65件] あえて山崎一人, あの時, あらゆる方面, ありますが, ありません, あるが, あるまいかと, あるまい間違えられた僕, いられない苦労性, おしはかれぬもの, こういう悪戯, ございますまいか, ございません, ございませんでした, そう思わず, ちっとも何, とてもあそこ, とてもその, とても仕事, どこの, ないそして, ないであろう, ないと, なかったろうな, なかつた, なかつたか, なかつたの, なかつたやう, なかなか辛い, なくなんとなく, なく二重, なさそう, まあ隔意, まだまだ二人, もしもその, もっと来べき, 一つところにじっ, 一寸云うべき, 何うも, 去年の, 大きい字, 大原満君の, 居ないらしいの, 巌石の, 彼の, 思い出されなかった, 成ろう事, 斯うだ, 斯様の, 日本などは, 春江ちゃんと, 時間が, 暮せないもの, 本を, 決してそんな, 無い, 真面目で, 秘密の, 笑ふ, 素直に, 腹の, 芸術家には, 通ること, 鈴慕は, 非常に

▼ 心持には~ (80, 0.7%)

2 それが, なられさうに, なれません

1 [74件] いくらか弛み, いつも私, うつらない, かなり同情, させて, すっかり打たれ, それ以外の, ちっともそんな, づれたことに違ひ, とりあはず, どうせ興味, どこかしら, なくて, なって, ならずに, ならない, ならなかった, ならなかつたで, ならなくなった, なり兼申候, なるまいと, なれない, なれないで, なれなかった, なれなかつた, なれませんでしたが, なんの, ふれずに, ほ, ほんとに同情, まだいろいろの, アストージェンカで, 一致する, 今と, 今日でも, 似通ったところ, 余裕が, 僻んだり, 十分に, 十分同情が, 十分同感されました, 単に社会, 同棲者であった, 味わうべき貴い, 固より, 変りは, 多少の, 多少狂気, 大いに差, 大人の, 女としての, 始終滑, 嫉妬は, 家そのものに, 少しも, 当って, 微妙な, 早くから大人び, 明かな, 書けるもの, 最早成れなかった, 此の, 武人が, 父と, 現実に, 病人が, 真剣も, 自分の, 自分は, 自分も, 若い娘, 複雑な, 違つた, 金そのものが

▼ 心持にも~ (62, 0.6%)

7 なって 4 なった 3 なる, なるの 2 なりました, なりましたが, なれなくなります

1 [39件] おやつれ, お身体, お身體, そうした傾向, なったが, なったけれど, なったので, なつた, なつて, ならないか, ならなかつた, なりまた, なるかも, なるし, なるので, なるもの, なれません, ひろ子の, また世間, また調和, ゆとりが, よい理解, 似た淡雪りんご, 似て, 劣らないほどの, 囘顧的に, 変化が, 失われ動揺, 感激せざる, 成つたから, 明らかな, 残った乙女, 相なり, 立入って, 聯想が, 落着きが, 身体にも, 限りなく, 響いて

▼ 心持よい~ (54, 0.5%)

2 人だ, 時候に

1 [50件] がタクシー, ことで, ことであった, ことである, し先, だけのもの, だろうという, でしょう, というの, と云っ, と云ったら, の, のが, のだ, のである, のは, もんだ, オレンジ色の, 二人連れが, 人々だ, 人達だ, 作品です, 公園の, 午後に, 印象を, 吉祥寺の, 夕方, 女客に, 家を, 布袋を, 手である, 手紙です, 日向の, 晴天に, 暖色を, 暮しです, 朝飯で, 木下道を, 様子でした, 沖からの, 男だ, 男であった, 真率さが, 程一點の, 色の, 色彩あれ, 貸家を, 重みが, 風景画の, 齒音を

▼ 心持~ (46, 0.4%)

5 のだろう, んだ 4 のです 3 のだ, のであった, んです 2 のであります, ものです

1 [19件] ことだ, つたのも, の, のか, のかも, ので, のである, のであろう, のでお, のでした, のでわたくし, のに, のに違い, のよ, のよよう, ものかと, んだい, んで, んでしょう

▼ 心持~ (36, 0.3%)

2 口裏を

1 [34件] あなたへの, え, これまで, その書きかた, その頃, 一と, 乾燥した, 事情を, 何となく感じる, 其を, 又それ, 安心した, 家運を, 対手の, 希望が, 当時の, 感覺やを, 態度は, 憎らしいよう, 新しい一夏, 本やで, 正直な, 気分を, 生活が, 當時の, 考えを, 聲も, 自分の, 若い時分, 行為の, 行状を, 運命も, 面白味を, 顔つきが

▼ 心持です~ (34, 0.3%)

52 か, から, がどう, よ, よ親分

1 [19件] からお, がそれ, が相手, けれども, けれど兵馬の, この感謝, とも, な, などと答え, ね二週間, ね見れ, ね親分, ね話さず, ものね, わどこ, 一寸立っ, 懐の, 暑くは, 汗に

▼ 心持~ (34, 0.3%)

14 さそうに 3 さは 2 かりそう, ささうに, さそうな, さに 1 げな, げにゆったりと, げに悠然とそこ, さうれし, さそうだ, さとを, さ話に, そうです, 何しろほんとう

▼ 心持という~ (32, 0.3%)

12 ものは 5 ものを 4 のは 2 ものが 1 かき出しの, のが, ので, のを, ものに, ものの, ものも, 抽象の, 部分と

▼ 心持だった~ (29, 0.3%)

10 のです 6 のでしょう

1 [13件] かは私, からモヤ, がこの, が今, ことよ, ことを, それから, に違い, の, のだ, のである, んです, 由

▼ 心持そう~ (28, 0.2%)

6 です 3 でした 2 に続け

1 [17件] に, にうと, にお, にこんな, にニコニコ, にニヤニヤ, に反り返っ, に反り返った, に大束, に寝, に帰った, に昼寝, に熟睡, に眠っ, に聴きほれ, に行灯, に飲ん

▼ 心持さえ~ (26, 0.2%)

6 する 4 した

1 [16件] あれば, きまれば, さっぱりし, するの, まざまざと, ハッキリきまっ, 予想した, 出来れば, 分って, 動いて, 次第に湧き上っ, 起させます, 起した事, 起る, 通れば, 頭を

▼ 心持であった~ (24, 0.2%)

1 [24件] かと石川, かどう, からこの, から多少, か知りません, か私, がかえって, がその, が前日, が取りあえず, が坂, が彼女, が柏, けれど, しかしそれ, そうです, とさえ云われた, に相違, に違い, のか, のだ, のだろう, ように, 事か

▼ 心持でも~ (24, 0.2%)

2 ある, なかつた

1 [20件] あったの, あらうか, あるそんな, あるので, ない, ないん, ない和歌子, なかった, なく和歌子, ねえから, わるいの, 悪いか, 悪いこと, 悪いの, 悪いん, 悪くなった, 持って, 推した様子, 濡れましょう, 茶を

▼ 心持~ (23, 0.2%)

7 を赤く 4 を赤め 3 を赤らめ 1 をこわばらせ, をぽ, を上気, を曇らせる, を歪め, を赧くし, を赧らめ, を顰め, を顰めた

▼ 心持だけは~ (21, 0.2%)

1 [21件] いい機会, これで, こんな遠く, どうか, どうしても, どうやらこうやら, どうやら似, まだいくらでも改良, よく解っ, ゴロツキだ, 今なお, 充分了解, 出て, 千年も, 変って, 掌を, 未だに忘れない, 消えて, 自然に, 読まれると, 通じたに

▼ 心持とは~ (21, 0.2%)

1 [21件] あまり遠く, いくらかその, うらはらだつたせゐ, ひたと合, もうちがう, 一つもので, 一致しない, 全く異種, 全然関係, 変って, 大きな差, 大きに異う, 大分違う, 大変に, 少し違う, 異う, 異うと, 知らずに, 知らなかつた叔父さん, 違つて, 非常に

▼ 心持それ~ (20, 0.2%)

2 がこの

1 [18件] があらはれ, が自分, こそ真に, に対する青年, はこの, はその, はどの, は伸子, は海, は混血, は私たち, もあった, も伸子, を, をきせ, を人並, を字, を追っかけよう

▼ 心持として~ (19, 0.2%)

1 [19件] おのずから彼等, おもしろいと, したいと, その作品, その日うち, それが, それだけ書き綴られ, とりあげて, ふれて, わかるところ, 分らず黙って, 分ります, 又考えます, 当時の, 歌われて, 氏は, 理解し, 認めるの, 通じなかったろう何

▼ 心持とを~ (19, 0.2%)

1 [19件] いつの間にやら, 一幕物に, 云ひ現す, 交, 同時に経験, 塗抹し, 常に思い出し, 平和な, 思い比べた, 感じながら, 感じられるよう, 披瀝し, 持って, 深く感じた, 生み出して, 花の, 表示し, 見た忠次, 見通したこと

▼ 心持などは~ (17, 0.2%)

2 私に, 較べて

1 [13件] さすがに, どういう所, もう誰, 二の, 今度の, 察しよう, 影さへ, 持たうと, 毛ほども, 毛頭なかった, 毛頭なかつた, 綺麗に, 鵞毛の

▼ 心持でした~ (14, 0.1%)

3 がこの, よ 1 から時々, が, が丸く, が無事, と思え, ね, ねえ, のであった

▼ 心持じゃ~ (13, 0.1%)

2 あるめ

1 [11件] ありませんよ, いないの, ない, ないか, ないが, ないだろう, なかった, なかったん, アありません, アない, ア大きに

▼ 心持をも~ (13, 0.1%)

2 その時

1 [11件] つたえて, 和らげたよう, 喋って, 少なからず, 忘れません, 忘れること, 思出す, 混へて, 眺めて, 見つ, 起して

▼ 心持~ (13, 0.1%)

6 を顰め 2 を顰めた 1 をしかめた, をひそめた, をよせる, を寄せた, を顰めぬ

▼ 心持~ (12, 0.1%)

3 やありません 2 やある, やない 1 や, やあんめえな, やございません, やなかつた, や餘

▼ 心持とが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あたかも互いにその, まざまざそこ, 一寸も, 他の, 全く誤解, 別々に, 同じこと, 完璧と, 日に, 明瞭に, 相争, 相争った

▼ 心持だけ~ (11, 0.1%)

2 では, なん 1 である, です, でそれ, なの, 瓜實顏の, 薄らいで, 複雑な

▼ 心持よかっ~ (11, 0.1%)

81 たが, たけれども, たと

▼ 心持~ (11, 0.1%)

2 をかしげ, を傾げ 1 をあげ, をかしげる, をすくめ, を傾け, を前, を動かし, を垂れ

▼ 心持まで~ (10, 0.1%)

1 お袋の, ちゃんとのみこん, よくあら, わかるよう, 充実しきっ, 卑怯に, 少し発育, 少し發育, 押へ, 蒼ざめるような或

▼ 心持~ (9, 0.1%)

2 へする, へ起した 1 へするであらう, へ入れ, へ聽, へ豫想, へ通れ

▼ 心持その~ (9, 0.1%)

1 ような, 上品な, 人間的な, 心を, 態度そのものが, 故です, 時ばかりが, 相互的な, 邊が

▼ 心持など~ (9, 0.1%)

1 いかにもこの, もういつか實感, よくわかり, 少しは, 感ずるところ, 書くとは, 本ものの, 話しました, 顧る

▼ 心持わるく~ (9, 0.1%)

1 するの, つるの, ない人, なさらないで, なって, 何も, 作者の, 眠りから, 被ったまま

▼ 心持である~ (8, 0.1%)

1 か私, がその, がウイスキー, が結句, こと, ことが, と思う, 個人の

▼ 心持などを~ (8, 0.1%)

1 徹して, 想像した, 憶い出し, 書きとめて, 私は, 考え森, 考え続けて, 考へても

▼ 心持次第~ (8, 0.1%)

1 であるが, でできる, では決して, でホント, で和気, で結構, と云, のもの

▼ 心持~ (8, 0.1%)

2 を赤く 1 が小さく, が蔭つて, を曇らせる, を紅く, を赤らめ, を赧くし

▼ 心持~ (7, 0.1%)

2 わかりに 1 わるかったでしょう, 分りに, 絹も, 縫を, 駒は

▼ 心持自分~ (7, 0.1%)

2 を傷けたため 1 がもや, が愛する, に皆, のため, の希望通り生活

▼ 心持~ (7, 0.1%)

2 を下げる 1 をかしげ, をさげ, をさげる, を下げました, を左

▼ 心持さうに~ (6, 0.1%)

2 なつて 1 お樂, こんな事, 何やら唸, 立ち去つた後

▼ 心持だろう~ (6, 0.1%)

2 と思う 1 あんなの, この味, と, のに

▼ 心持といふ~ (6, 0.1%)

4 ものは 1 ことが, 事によ

▼ 心持との~ (6, 0.1%)

3 間に 1 へだたりに, 快い共鳴, 矛盾を

▼ 心持について~ (6, 0.1%)

1 まづこれ, まるでやり放し, 一種厭な, 暫く考え, 考えて, 考へて

▼ 心持ばかり~ (6, 0.1%)

2 では 1 ぢや, です, でなくむかし, で生きて

▼ 心持を以て~ (6, 0.1%)

1 きいて, この鳥, 反省するでしょう, 歌ふ, 終ったと, 自国の

▼ 心持~ (5, 0.0%)

1 これが, それとも今, 声も, 御好意, 知らないが

▼ 心持だけでも~ (5, 0.0%)

2 何とか新しく 1 これに, 伝えて, 故なく

▼ 心持だけの~ (5, 0.0%)

1 ものである, ものです, 事だ, 手当二十両を, 線香を

▼ 心持だけを~ (5, 0.0%)

1 比較する, 現は, 肉の, 言って, 言つて子供の

▼ 心持でしょう~ (5, 0.0%)

1 こうやっ, さぞさぞ眠る, それは, ねそういう, わたしは

▼ 心持でない~ (5, 0.0%)

1 か, から, ことは, にし, のも

▼ 心持なり~ (5, 0.0%)

1 事の, 態度なりが, 態度なりを, 立場と, 遣り口なりが

▼ 心持にさえ~ (5, 0.0%)

2 なるの 1 なって, なる, なろうと

▼ 心持一つ~ (5, 0.0%)

1 だ, で, でこっち, で無造作, なの

▼ 心持~ (5, 0.0%)

1 から上, をおとし, をまげ, を後, を曲め

▼ 心持赤く~ (5, 0.0%)

2 しながら, 興奮する 1 して

▼ 心持いい~ (4, 0.0%)

1 ですか, ほど綺麗, わ, 水洗便所を

▼ 心持これ~ (4, 0.0%)

1 が主税, ならと, は一口, までこういう

▼ 心持そのもの~ (4, 0.0%)

1 が抗議, であった, において同感, に不吉感

▼ 心持だの~ (4, 0.0%)

1 さう, 何んな, 犠牲博愛の, 真面目に

▼ 心持って~ (4, 0.0%)

1 あんなに血の気, 尊いと, 面白いこと, 面白いもの

▼ 心持でなく~ (4, 0.0%)

1 この市, ては駄目, ても現に, 身が

▼ 心持とか~ (4, 0.0%)

1 これを, たるに, 云ふ, 態度とか

▼ 心持とも~ (4, 0.0%)

1 いくらかは, なり同時に, に如何にも, 云えた

▼ 心持なら~ (4, 0.0%)

1 じゃア, やっぱり一番, 丁度いい, 自分でも

▼ 心持なんか~ (4, 0.0%)

1 ただの, 初号活字で, 話には, 通じなかったらしい

▼ 心持なんて~ (4, 0.0%)

1 おれには, のは, ものは, 襞の

▼ 心持にて~ (4, 0.0%)

1 よろしい, 喜色満面勇み立った, 旅を, 有之

▼ 心持また~ (4, 0.0%)

1 愛し合う男女, 秋宵この, 苦しさ, 逃げて

▼ 心持よき~ (4, 0.0%)

1 は云はん方, ものには, 家を, 薫りが

▼ 心持らしい~ (4, 0.0%)

2 が何 1 がどんなに, ようで

▼ 心持らしく~ (4, 0.0%)

1 低声, 引っ切り, 腰を, 語氣を

▼ 心持をば~ (4, 0.0%)

1 この瞬間, 今でも, 取直し何卒力, 悲しくも

▼ 心持~ (4, 0.0%)

2 か木の実 1 かそこ, か他人

▼ 心持~ (4, 0.0%)

3 さそうに 1 ささ

▼ 心持濡れ~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐる, てをりました, て居る

▼ 心持~ (4, 0.0%)

2 赤くし 1 赤い顔, 赤くなりました

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 しないもん, はて, 私にも

▼ 心持かと~ (3, 0.0%)

1 思うと, 思って, 思つたのだつた

▼ 心持かも~ (3, 0.0%)

2 知れませんが 1 知れない

▼ 心持からも~ (3, 0.0%)

1 多少神経質, 父が, 私は

▼ 心持この~ (3, 0.0%)

2 平次も 1 まま別れ

▼ 心持だけで~ (3, 0.0%)

1 たくさんよ, 終ること, 進みせわしく

▼ 心持だつた~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, ことを, やうだ

▼ 心持だつたらう~ (3, 0.0%)

21 と私

▼ 心持であろう~ (3, 0.0%)

1 か, がただ, と思う

▼ 心持でなかった~ (3, 0.0%)

1 ことだろう, ようです, 事丈けは

▼ 心持としては~ (3, 0.0%)

1 ですね, 全くこれ, 非常に

▼ 心持とに~ (3, 0.0%)

2 導かれて 1 屈託の

▼ 心持なども~ (3, 0.0%)

1 少しは, 稀れ, 面白い材料

▼ 心持については~ (3, 0.0%)

1 あなたに, 何も, 私達周囲の

▼ 心持に対する~ (3, 0.0%)

1 作者の, 理解, 自嘲不幸な

▼ 心持への~ (3, 0.0%)

1 影響の, 理解と, 結合という

▼ 心持までも~ (3, 0.0%)

1 いくらか明るい, 一々記憶, 逆転した

▼ 心持より~ (3, 0.0%)

1 あの作, お金が, 寧ろ母上

▼ 心持わるい~ (3, 0.0%)

1 のねいや, 故フロ場へ, 由ロシアでは

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 は少し, は通っ, は通つて

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 まで自分, もまざまざ, 死んでは

▼ 心持仰向く~ (3, 0.0%)

2 癖が 1 と不意

▼ 心持~ (3, 0.0%)

2 の貴女 1 の運命

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 二十日ばかり, 気持の, 父の

▼ 心持受け口~ (3, 0.0%)

1 で, で端麗, の唇

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 か左, に傾け, へかしげ

▼ 心持好く~ (3, 0.0%)

1 かれの, 寐て, 手足を

▼ 心持少し~ (3, 0.0%)

2 蒼くは 1 病的な

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 に反り, へそらせ, へ引い

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 さから, るくびつしよりと冷汗, クナリテ泣ク

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 の心持, の顔, は熱

▼ 心持~ (3, 0.0%)

2 を高く 1 を右

▼ 心持~ (3, 0.0%)

1 が白く, の黒い, の黒く

▼ 心持身体~ (3, 0.0%)

1 の向, を横, を開い

▼ 心持あれ~ (2, 0.0%)

1 は実際, を太郎

▼ 心持いや~ (2, 0.0%)

1 さいろいろ, に痛切

▼ 心持からか~ (2, 0.0%)

1 彼女は, 遮った茅野雄

▼ 心持からと~ (2, 0.0%)

1 その心理的, 云ふ

▼ 心持からの~ (2, 0.0%)

1 中国人の, 表現だ

▼ 心持からは~ (2, 0.0%)

1 大分隔絶れた, 自分は

▼ 心持がよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 心持こうして~ (2, 0.0%)

1 かえって又, そちらから

▼ 心持こそ~ (2, 0.0%)

1 初めてその, 文化の

▼ 心持しか~ (2, 0.0%)

1 心に, 起らないの

▼ 心持する~ (2, 0.0%)

1 にうろつき, 事なく

▼ 心持せき込ん~ (2, 0.0%)

2 で訊ねます

▼ 心持そういう~ (2, 0.0%)

1 ものの, 実際問題

▼ 心持そこ~ (2, 0.0%)

1 から湧く, には何

▼ 心持だらう~ (2, 0.0%)

1 どんな心持, なア

▼ 心持であっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てみれ

▼ 心持でし~ (2, 0.0%)

1 ても猶, まりの

▼ 心持でじ~ (2, 0.0%)

1 つと眺めた, つと見守る

▼ 心持とで~ (2, 0.0%)

1 それを, 自分の

▼ 心持とでは~ (2, 0.0%)

1 その間に, 充分に

▼ 心持とな~ (2, 0.0%)

1 つて, つて話を

▼ 心持と共に~ (2, 0.0%)

1 千代子の, 娘は

▼ 心持どれ~ (2, 0.0%)

1 も切実, も私

▼ 心持ない~ (2, 0.0%)

1 ところよし, のであろう

▼ 心持なし~ (2, 0.0%)

1 で相当, にそれ

▼ 心持などが~ (2, 0.0%)

1 あつて, 追い払っても

▼ 心持などに~ (2, 0.0%)

2 何の

▼ 心持などには~ (2, 0.0%)

1 御用が, 鋭い深い氏

▼ 心持なりに~ (2, 0.0%)

1 愛着する, 自分に

▼ 心持なんかも~ (2, 0.0%)

1 はっきり思い出せる, よくは

▼ 心持にっと~ (2, 0.0%)

1 笑った, 笑ったの

▼ 心持にとって~ (2, 0.0%)

1 さも, 代えるもの

▼ 心持にもな~ (2, 0.0%)

2 つて見

▼ 心持によって~ (2, 0.0%)

1 変化が, 音色を

▼ 心持に対しては~ (2, 0.0%)

1 彼は, 真の

▼ 心持ばかりを~ (2, 0.0%)

1 書くん, 自分に

▼ 心持ひそめ~ (2, 0.0%)

2 て何

▼ 心持または~ (2, 0.0%)

1 微風に, 目的を以て

▼ 心持よし~ (2, 0.0%)

1 きくらしい, また返される

▼ 心持わかる~ (2, 0.0%)

1 には分る, 同時に微笑

▼ 心持をよ~ (2, 0.0%)

1 うく知っ, うく知つて

▼ 心持一パイ~ (2, 0.0%)

2 で江戸

▼ 心持世間~ (2, 0.0%)

2 は気次第

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 向いた姿

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 だけの真実, は私

▼ 心持分っ~ (2, 0.0%)

2 て下さるでしょう

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 にし, に振ら

▼ 心持化粧崩れ~ (2, 0.0%)

2 を直し

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 心持同感~ (2, 0.0%)

1 される, して

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 あれを

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 を潜めたらしく, を潜めます

▼ 心持大きく~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 心持実に~ (2, 0.0%)

1 不意打ちの, 日本の

▼ 心持平次~ (2, 0.0%)

2 はもとより

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 を逸

▼ 心持悪く~ (2, 0.0%)

1 感じた, 暮した

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 出したと, 切なく変

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 い色

▼ 心持書い~ (2, 0.0%)

1 てある, て見たい

▼ 心持格子~ (2, 0.0%)

2 から離れました

▼ 心持極り惡氣~ (2, 0.0%)

1 に言, に頬

▼ 心持極悪気~ (2, 0.0%)

1 に言, に頬

▼ 心持様々~ (2, 0.0%)

1 の思い, の想像

▼ 心持次第に~ (2, 0.0%)

2 なります

▼ 心持泣き脹~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 心持洋燈~ (2, 0.0%)

2 の火

▼ 心持浴槽~ (2, 0.0%)

2 の縁

▼ 心持濕つて~ (2, 0.0%)

1 ゐること, 居ること

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 を大きく, を細く

▼ 心持緊張~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 心持翳らせ~ (2, 0.0%)

1 てこう, て斯

▼ 心持良人~ (2, 0.0%)

1 であり妻, を定めずし

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 んでいる, んでゐる

▼ 心持蒼く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて

▼ 心持西~ (2, 0.0%)

2 と東

▼ 心持赤い~ (2, 0.0%)

2 顔を

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 心持~ (2, 0.0%)

2 を早め

▼ 心持通り~ (2, 0.0%)

1 である, にしてやる

▼ 心持釣り上げ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 を前, を延ばし

▼ 心持~ (2, 0.0%)

1 へてさ, へます

▼ 心持黒い~ (2, 0.0%)

1 ようで, 髮を

▼1* [415件]

心持ああ何にか, 心持あたりを見廻しました, 心持あっちだって解っ, 心持あの辺から, 心持あゝ休まるわいと, 心持悪いて, 心持いかにも彼の, 心持いちいち御尤, 心持いっぱいで打たせ, 心持いとおしむような, 心持いまもする, 心持な垂れ, 心持うその心持, 心持うちあけずいるところも, 心持うまく成功した, 心持お上人様わかりまするか, 心持かいている, 心持からだけ出発し, 心持からだけでも決してわたし, 心持からばかりでは, 心持がっている, 心持がはひつて, 心持がをどるやう, 心持けれども一方では, 心持ここで二人, 心持こみ上げて来る, 心持こわさみんな一どきです, 心持さうにニコニコして, 心持さうに指圖をし, 心持さうに晝寢をし, 心持さうに脂下つて居たと, 心持さえもしないよう, 心持さがり加減に, 心持しかめていた, 心持しかも何だかすこし勘, 心持しんに感じられ, 心持じゃあなかろうでは, 心持じゃあねえか人にも, 心持すこしはよろこん, 心持すらが今の, 心持そうねそれを, 心持そぐわない空気一座は, 心持そして酔へば, 心持そつくりだ, 心持そのままだという, 心持その後に控, 心持その間で消耗, 心持それ等を通して著者メレジェコフスキー, 心持それ自身を或, 心持そんなことからさえ, 心持たぶらかされたような, 心持だけが増長し, 心持だけになつて, 心持だってことを, 心持だつたり御, 心持だつたせゐか酷く, 心持だもつと煽い, 心持ちくびをかしげ細い眉, 心持つつしみの欠乏, 心持つて一體どう云, 心持つまり凡夫の, 心持てえものは, 心持であったらしく私に, 心持であったろうと私, 心持でありましたか, 心持でありますから, 心持であり行きたくない心持でも, 心持であるならば寂しい, 心持でございましてねえそれ, 心持でございますからそう, 心持でござるよ, 心持でござるなら拙者に, 心持でござんしてな, 心持でさえあった, 心持でしたろうね, 心持でと言って, 心持でなかつたことだらう, 心持でなさると間違, 心持で無ければウカ, 心持といったような, 心持とかいうものによって, 心持とかいふところまで, 心持とがった顎と, 心持とくに母親の, 心持としか思われません, 心持としてのお母さんの, 心持とてはなかった, 心持とても必ずしも例の, 心持とでもいうか, 心持とりに来, 心持つしり, 心持どうかしらという心持, 心持どういうのだろう, 心持どおり君のこの, 心持どころでは, 心持なくらいな, 心持なぞはお母さん達とは, 心持なぞも物寂しく待設けられた, 心持などといふものは, 心持などとは非常に, 心持なら死ぬのも, 心持なりが多少解る, 心持なりは相當, 心持なりを只私, 心持なんかは説明した, 心持なんぞする筈, 心持において感じにおいて, 心持においては勝気でしょう, 心持にだにの樣に, 心持についての物語を, 心持につき纏われその, 心持にでもなったの, 心持になどなった, 心持にのみ拘泥し, 心持にまで進んで, 心持にゃなれぬと, 心持によってはすぐその, 心持に対して私は, 心持に関して終始あんなにつよく, 心持いやね, 心持ねばついた福よかな, 心持のうへにも調子の, 心持のせゐかつや, 心持のみでは, 心持はよかつた, 心持ばかりがする, 心持ばかりの化粧も, 心持ばかりはわかりませんが, 心持ひろい端に, 心持びつこを引いて, 心持ふくらんで持上つて, 心持ふっくらした体容, 心持ふるえていた, 心持ふるへる押し殺したこゑで暗闇の, 心持食い入って, 心持ほころびて白い, 心持ほど今日の, 心持までは呑みこめぬ者, 心持までをエンゲルスの, 心持みっちり仕事しよう, 心持むしろさういふ, 心持もちあげた白い柔, 心持もっと具体的だ, 心持ゆすってるのである, 心持ゆられ気味に, 心持よう書いて, 心持よう行つてくらつし, 心持よう解っては居りまする, 心持よからず, 心持よくしっとりした日, 心持よく大きくなつたらう, 心持よければいい, 心持よほどの大蛇と, 心持よりは如何程うまみ, 心持よりもあんなもの, 心持よりもといふ純な, 心持らしく引つ切なしに, 心持わが思ひも, 心持わだかまりの無い, 心持わなないている, 心持わるがり随分苦し, 心持をかへり見て, 心持をさえ懐かせた, 心持をぞッと, 心持をと思って, 心持中で, 心持腹の, 心持アンリイとの訣別, 心持しねえん, 心持ガラッ八は, 心持ガラツ八は一ペン, 心持スープを浅い, 心持幾分ヲデモアナタガ直接斯波君ニ表白スル事ガ出来タラ, 心持ハ何と云ったら, 心持ヒントは非常, 心持ポーと頬, 心持モスクワにある, 心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, 心持一々御尤, 心持一人では, 心持一層感じられますそして, 心持一歩放二, 心持一段のうち, 心持一貫三百位と思召, 心持丁度唐詩に, 心持三白の射通す, 心持へさし出し, 心持上がり段の方, 心持上体を前, 心持上半身をうつむけ, 心持を向く, 心持下げてくれた, 心持下り勾配のため, 心持下足番の爺, 心持図する, 心持不味そうに, 心持不思議な心持, 心持不機嫌になります, 心持世界がなり, 心持並びなれない自分の, 心持振で旅, 心持久しぶりだ, 心持乗り出して来た, 心持乗る方は, 心持事業に向う, 心持人気などを考えた, 心持人類永遠の未来, 心持仄めかすように, 心持今一人の書記官, 心持今日になっ, 心持仏意冥慮にもかな, 心持仏間に向っ, 心持以上に一足, 心持仰向けた上人差指と, 心持低くもっと肥り, 心持佐藤春夫の見失われた, 心持何とも形容の, 心持何故だろう, 心持余程の大蛇, 心持例えば昨晩の, 心持俯向いて, 心持俯目ながら大きく, 心持個人的にむくわれなけれ, 心持健三の方, 心持先方の態度, 心持心を, 心持全く説明の, 心持全体が生活的, 心持全部をそれ, 心持内輪な勤勉, 心持なり, 心持切々とし, 心持判断行動それだけがあっ, 心持利他の喜び, 心持前かがみになっ, 心持が加はつ, 心持動いたげにございました, 心持動くではありません, 心持十兵衛汝も過し, 心持十兵衞汝も過し, 心持十疊ばかりもあらう, 心持半円に外, 心持卑小なる良人, 心持南無する心, 心持厚ぼったい鼻と, 心持去らず悲しかった, 心持又は或事件, 心持反り出た粗い二本, 心持口紅を含ん, 心持妻という, 心持右側を下, 心持善く昼寝を, 心持噛んだばかりであった, 心持四畳半五畳六畳ばかりもあり, 心持固く脣を, 心持地味なお, 心持執行の手続き, 心持墓地の縄張, 心持変って居る, 心持に現, 心持大きい口を, 心持大きな片手で, 心持の端, 心持太い小さな口, 心持としての充実, 心持好う力の, 心持妻子に引渡された, 心持を庇っ, 心持安心させたい心持, 心持敷相成, 心持へ入っ, 心持寄せて夫, 心持寒い風が, 心持乱れの, 心持小さい顔に, 心持小さく羽毛全, 心持小鼻をふくらませた, 心持少くとも今, 心持尖った唇が, 心持幾人も持っ, 心持廂髪を大きく, 心持弓なりに曲り, 心持張つて見える, 心持強いでしたけど, 心持強く土の, 心持をあらため, 心持後ろへ引張つた, 心持得意らしくうなずいた, 心持白粉を, 心持微笑を浮べた, 心持さそうに, 心持怒つた肩長い, 心持思い出すと田舎, 心持思うと笑える, 心持のしかた, 心持つたりと, 心持悪いようであった, 心持悲しく慄え, 心持悲しみキリスト教とアイヌ, 心持かねえかはあ, 心持感情を思いおこします, 心持で顔, 心持敬太郎のいる, 心持にひらい, 心持旅愁のやう, 心持昂揚した声, 心持明け方を, 心持明るかつた, 心持昨夜も夕景, 心持は秋, 心持書かんとする, 心持最も苦しいにも, 心持本屋を見渡し, 心持本当にわかります, 心持本当によくわかります, 心持へと進路, 心持から浮かす, 心持へた, 心持にした, 心持正直な稚い, 心持此方に向け, 心持歴史の将来, 心持残ってて僕, 心持水入の中, 心持汗ばんでゐる, 心持流露して, 心持涸れたようだ, 心持深い女ほか知らない, 心持が元気, 心持湿っている, 心持ります, 心持照れ臭さげに, 心持照準を挙げ, 心持はしけれ, 心持狭いスキーの, 心持玉子形をした, 心持甚だよろし, 心持生きかたを, 心持生意気になる, 心持生活の内容, 心持の母親, 心持異性に向う, 心持痩せてい, 心持白んだと見える, 心持白芥子の花, 心持を寄せ, 心持目許ね第, 心持真に感じ味わっ, 心持眼下に石狩川, 心持を伏せた, 心持のよう, 心持頬の, 心持稻田を隔て, 心持立ち上つた時じんなりと, 心持を養う, 心持ってから可愛, 心持素朴な原始的, 心持細く窄めたが, 心持総てを自分達, 心持って見えた, 心持締つて見えた, 心持考えるとなかなか, 心持を張つて, 心持を屈め, 心持背延をし, 心持から上, 心持脇息に身, 心持致しそれまで, 心持興奮して, 心持若しあれを, 心持苦笑し乍ら續, 心持付いて, 心持落すとさあ, 心持蒼い顔を, 心持蒼白に引きし, 心持薄い唇を, 心持藤尾の方, 心持の中, 心持西国訛がある, 心持視線を相手, 心持親しみを見せ, 心持親心教育者の苦痛, 心持触れて双, 心持れて, 心持言葉で云え, 心持読み手の心持, 心持謂わば空, 心持赤面しいしい事件全体, 心持を退った, 心持身構えたが何時, 心持近くなるよう, 心持速度を緩め, 心持運命に対する心持, 心持野暮つたいところ, 心持野暮ったいところは, 心持長いかな, 心持長くなって, 心持阿弥陀に被, 心持陰鬱なり, 心持青ざめた顔に, 心持面白いこと全く, 心持を染め, 心持頭部を高く, 心持を突出, 心持顏色が惡, 心持顔色を蒼く, 心持みます, 心持飲めば酔はず, 心持馬場も草, 心持高いかと思われる, 心持髣髴なすって, 心持髪の毛が縮れ, 心持を直し, 心持魚うりの神さん, 心持が高く