青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~手段 手段~ ~手紙 手紙~ 手術~ ~手足 手足~ 才~ ~才能 才能~
打~
打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った ~打つ 打つ~ ~払

「打~」 2291, 25ppm, 4709位

▼ 打~ (248, 10.8%)

32 した 30 して 11 しながら 5 かぶって, したが, するの 4 しました, しましたが 3 冠り

2 [12件] かぶったせい, したと, したん, した何処, すると, 一つ殘し, 一つ袂から, 冠って, 加えた, 喰は, 見物致し, 食は

1 [125件] いたして, うけた後, うけた感じ, うって, かける支度, かけ坊主数千人, かぶった中年, かぶった親爺, かぶった青年, かぶらされルバーシカ, くって, くらったので, くらった気持, くらって, くらわせて, くらわせること, くわせたの, させると, させる相談, されて, されました, されると, したあと, したくなった, したの, したまま, したよう, してるん, しなければ, します, しますが, しようと, し乍ら, し彼, する, するが, すること, するで, するでしょう, するもの, する音, する風, ずぼりと, せずに, まぶ, もっての, もて兩軍, もらしたものの, やるぞ, 一つ, 一つこの, 一つし, 一つしました, 一つせっかく, 一つフラリと, 一つベンチから, 一つ八五郎を, 一つ力松は, 一つ折角, 一つ足音を, 三つ四つ続けざまに, 三つ四つ續け, 与えざるを, 二度許りし, 他から, 使ったり, 依頼した, 冠った, 冠る, 加えられるよう, 加えること, 加え去った楊儀, 加え特有, 取つてピシヤリ, 吃したので, 啖は, 喰って, 喰つた, 喰はせ, 喰らわせて, 喰わすの, 喰わせられたよう, 喰わせ手近, 失くし, 手放すと, 挑む御, 振り上げては, 望み近づいて, 止さないか, 浴びて, 演ずるしか, 父に, 眉深, 脱いで, 脱ぐ態度, 脱った, 脱つた, 蛇の, 行いそれでも, 袂の, 被た, 被ったまま, 被った男, 被つた山林局, 被つた男, 被つて, 見ると, 見るに, 訪ねて, 貰ったなどの, 買う銭, 賑やかな, 迎えて, 阿弥陀に, 頂戴し, 頬冠り, 頭に, 食うん, 食ったの, 食ったよう, 食った俊助, 食わしたん, 食わせようと, 食わせるなんて, 鳴らし冷静

▼ 打~ (199, 8.7%)

5 勝負を 4 ほかに 3 下に, 話を 2 ところへ, ところまで, 仕事を, 女房に, 専門家に, 徒は, 旅に, 笞を, 言葉手形を

1 [166件] あたりが, あてばんを, あと音いろ, おどろきを, お手伝, お話を, こと義昭追放の, さま筆を, して, すんだ後, すんだ水田, ために, つもりにでも, です, ない古鏡, ひどい攻撃, ひびき阿, ひまや, めさないんだい, めされし如く膨, めされたよう, めされて, めしたん, めして, めすよう, やうに, ようで, ような, アカデミシアンで, ネツトリした, 一人が, 一行が, 一行は, 七変化などと, 上あたりを, 上帯を, 上有る, 下六人は, 事について, 二奉行が, 仔細を, 仕事よりは, 代りに, 仲間じゃ, 仲間へ, 仲間入りを, 兇状持です, 冑猩々緋の, 出来る程度, 刑杖を, 初太刀は, 前には, 前廂, 効果と, 勇吉は, 勇戦を, 勝造が, 包を, 危難であった, 古楽には, 名人が, 名人で, 名工が, 唸りすら, 囲い者と, 国府一塁の, 報せまで, 場所と, 場所へ, 夏帽子一つ, 夜更けには, 大事を, 女が, 女乗物, 女房という, 女煙管, 姿で, 娘, 子分共が, 家で, 家庭でも, 工夫についても, 帰途に, 庇に, 廂から, 張番などに, 当時巡査が, 徒が, 徒の, 志が, 念仏修行の, 悪いの, 悲愁嗚咽の, 感が, 態で, 手から, 打撃がんと, 折には, 揚合には, 支度が, 敵に対する, 方が, 方には, 旦那に, 望を, 朝髪と, 本懐も, 柄や, 構を, 槌, 様子では, 死刑, 段か, 決戦を, 決断に, 澄んだ音, 烈しい刀, 烏帽子を, 煙管を, 猿股と, 甚八とやらを, 男が, 白刃よりも, 相手に, 相談が, 眼に, 秘訣, 空襲である, 競争に, 競争より, 精神力を, 紳士が, 縫殿介が, 聲ありし, 行為が, 術も, 襲撃だった, 見世物が, 親分を, 誘いには, 質問に, 転, 逆を, 連中は, 酒喰らい, 野太刀も, 金煙管ポンと, 鉄門の, 長尻で, 門の, 間には, 際に, 離れ業を, 難所で, 面白さ, 音が, 音續けて, 響きごとに, 響ごとに, 類宗旨は, 首途に, 駒下駄蝙蝠傘を, 騒ぎあり, 高慢さ, 鳥おどし, 黒いジャケツ

▼ 打~ (106, 4.6%)

3 して, 手を 2 されるの, する

1 [96件] あったまま, いでて, お出掛なさる, かけて, かつ轉, きめ付けられて, された事, された松飾り, した, したこと, しては, しても, すべしと, すべし云々, するとか, するには, するもの, する心得, たたき割ると, たまらず, ちょっと返事, なった程, なっても, なりその, なりたいと, なりまするが, なる, なるから, なる手, もうれつ, やっつけました, インバネスを, コレ程, ズドンと, 一手の, 下せる杖, 会って, 伯父に, 便所に, 光る金, 出かけたり, 出て, 刃を, 切って, 切つけ, 切ろうと, 刺殺し発覚, 加らう, 吃驚し, 啼きつ, 彼は, 往くの, 後脳, 御手, 怪力線を, 打たれて, 打つん, 打擲を, 折紙づき, 振被った小手, 掛け駿府, 撲ちました, 敲いても, 替へて, 来たなと, 根びきされた, 横田を, 武器を, 歸服した, 浴せ掛たが, 烈しく啼く, 特有の, 狼狽する, 猛獣みた, 監物より, 相役を, 私達に, 立つべく命じられて, 紺飛白小倉袴コール天の, 絶か, 而御出被, 而旅行可仕, 而被遣, 胸を, 自信の, 行かれたですが, 行くと, 討ち果した, 近づくの, 逢って, 逢つた, 遇った左近, 遭つた, 關する, 飛びました, 飛白の

▼ 打~ (80, 3.5%)

5 て, をれ 3 ながら見送 2 たりし, ていた, てそれから, て一丸, て兎, て自分, て言った, 翁も

1 [51件] が中りし, たり, たりなどした, っきりなく, ている, てお婆さん, てから返事, てくる, てさり気, てその, てそのまま, てその小さな, てともかく, てなぜ, てはいつ, てやり, て一団, て一時間, て何事, て内戦, て再び, て向き直り, て奥, て奧, て女房, て居りました, て弁護士, て彼, て悪い, て旱魃, て明箱, て此様, て油, て置く, て賞翫, て起ちあがり, て錨, て飲む, ながら, ながらおもたい, ながらその, ながらそれ, ながら倒れた, ながら円い, ながら凝, ながら夫, ながら封, ながら引返し, 乍ら小僧は, 又セカセカ, 湯を

▼ 打~ (46, 2.0%)

2 目の, 高野幸代の

1 [42件] あっても, あり木曾義昌殿, ある, いた, ええ, お品, お持ちするであろう, お熊さん, かかった, きて, これへ, したいの, はじまったところ, まだここ, もてあまして, 一人住まつ, 二人船の, 伍長で, 入った, 到着いたしました, 千代田の, 大勢同類を, 始まったの, 姿を, 実際的, 後代まで, 打って, 持つて, 携えて, 朝鮮渡来の, 江戸柳営に, 直接勝敗といふ, 相手の, 福岡へ, 立って, 自分に, 詰碁の, 追いを, 飛ぶ, 飛んで, 駿府の, 骰子を

▼ 打~ (34, 1.5%)

3 石抱き 2 同じやう

1 [29件] あるは, いわれる彫刻家, どこが, ならず者の, なりそれ, 中折れ, 云あり, 云う, 云つては, 云つて寺方や, 同意義, 字に, 幻覚に, 申します, 石七枚それでも, 石九枚ずつ, 石九枚それも, 石九枚の, 石八枚で, 石十枚四月四日には, 石抱きとで, 石抱きとであった, 素人の, 組んで, 芝生の, 見えますが, 酒飲ばかり, 間違へ, 黒っぽいマフラー

▼ 打~ (33, 1.4%)

2 すれども

1 [31件] あろうと, つづいた, つむりを, ふり, インバネスを, ナデ切りの, 一打と, 余り注意を, 円朝であった, 出来ません仕方, 到底指, 博奕打として, 大に, 天下に, 少からぬ, 徒労に, 意味が, 成否の, 父の, 盆蓙の, 碁の, 築地の, 罪人の, 記者の, 賽ころの, 近頃は, 追つて後, 鉢叩きの, 鎌倉より, 關係が, 飛行機の

▼ 打振っ~ (22, 1.0%)

2 てみせた

1 [20件] たりしました, たり引きずっ, ています, ている, てそれから, てど, てみ, て下, て口々, て大声, て次, て水, て火, て登り来る, て祈祷, て群がり来る, て行手, て逃がし, て高く, て鳴らした

▼ 打揃っ~ (22, 1.0%)

2 てお

1 [20件] ている, ておとなしく, ておねがい, てからでない, てまた, てメーンマスト, て京, て光広, て参った, て座, て当夜, て彼奴, て殿下, て甲府, て程遠から, て茅屋, て裸, て見学, て見物, て陣列

▼ 打遣っ~ (21, 0.9%)

3 て置く, て置け 2 ておけ, て置い

1 [11件] ちゃあおかれません, ちゃあ参られません, ていた, てお, ておい, ておこう, ても置かれまい, て女郎, て来ました, て東京, て置かれた

▼ 打傾い~ (20, 0.9%)

2 て優しく

1 [18件] たり首, てその, て一口, て一口吸つて, て伏目, て又, て小楊枝, て左, て流眄, て老爺, て耳, て聞き, て聞きつ, て遠く, て頬, て頬杖, て髷, で熟

▼ 打~ (19, 0.8%)

2 ふり, 法三章の, 鳥さへ

1 [13件] いうの, された刹那, つて置く, ならず者が, ぶり候ものをと, フッドの, 将棋指で, 狂言師などを, 相場師や, 芝生の, 蛮勇が, 裕福な, 魚取りを

▼ 打克つ~ (18, 0.8%)

4 ことが 2 ように

1 [12件] ことの, ためにも, だけの力, だけの決心, だけの熱意, て花, ところの, 人口原理の, 力が, 新たな, 自信で, 道は

▼ 打~ (16, 0.7%)

1 [16件] あつた, いいつけたもの, お園, ほとんど一年じゅう休み, 何処へ, 取り寄せる, 問い合わせたり, 姫路へ, 座敷方では, 最頂, 板を, 横から, 死にやすから, 泊ろうと, 神奈川台へ, 良三は

▼ 打~ (16, 0.7%)

2 殴って, 殴ろうと

1 [12件] ぬいて, 投げつちや, 投げて, 擲らつら, 擲られつから, 時唐箕立て, 殴ったこと, 殴ったもの, 殴つたところが, 殴りやがったっけ, 殴るよう, 殴る気

▼ 打仰ぐ~ (16, 0.7%)

2 やうに

1 [14件] が如く, と, に女神バワリア, に象牙, のとは, よりも路傍, 不幸を, 女の, 時も, 涼舟, 石の, 空次第に, 青き空, 面を

▼ 打叩く~ (11, 0.5%)

1 [11件] からそうすると, ってこれ, にぞありける, ものが, ギヤグが, 合図の, 声音という, 太鼓の, 物音が, 者が, 音が

▼ 打振る~ (11, 0.5%)

2 のが 1 と猿ども, ばかりである, ほど悦ばしく, アキリュウス其時先に, 一本の, 日章旗に, 昼中の, 野分に, 金剛杖で

▼ 打揃う~ (11, 0.5%)

21 てお, て別に, て勅使さま, て午過ぎ, て故郷, て殿, て細川家, て見えられました, て野

▼ 打製石斧~ (11, 0.5%)

1 [11件] といつ, と呼ぶ, にて扣, には實際物, のある, のかたち, はある, は最初先づ漬け物, は通例, もコロボックル, よりは更に

▼ 打あける~ (10, 0.4%)

1 ことが, ことの, ことは, といふそれ, とそれ, のに, やうだ, やうに, 勇気が, 老職人

▼ 打~ (10, 0.4%)

1 ある, あるのに, いたの, ない苦しみ, のうげに, 初は, 初夏の, 棄てられずされども, 済んだ家, 物の

▼ 打割っ~ (10, 0.4%)

1 てまでも試された, てニオガイ, て下さいます, て宝, て海, て申, て真裸, て締込み, て見る, て食っ

▼ 打寄っ~ (10, 0.4%)

2 て相談, て話 1 てこの, てこれ, て内輪, て村, て欺く, て開い

▼ 打枯らした~ (10, 0.4%)

1 三文文士の, 中婆さんが, 姿です, 態た, 此の, 浪人と, 浪人の, 痩浪人が, 神尾の, 風体です

▼ 打~ (10, 0.4%)

2 して 1 いたし候時, した, したでは, したところ氏郷, したる勇將, しても, をする, 仕らん

▼ 打~ (10, 0.4%)

3 器を 1 器が, 器であった, 器と, 器という, 器の, 器は, 装置が

▼ 打目戍~ (10, 0.4%)

5 れり 1 った, りて, り候, るであろう, るのみ

▼ 打する~ (9, 0.4%)

3 のである 1 と云, と少から, ように, 岩岸に, 所に, 武者みたいに

▼ 打~ (9, 0.4%)

2 という 1 から女中, といっ, と役人, なぞという事, のと, よ, 浪人に

▼ 打~ (9, 0.4%)

2 てしまう 1 こみ侍すがた, たと, たる兜, た斬るから, た斬れ, ちがえの, て行く

▼ 打割った~ (9, 0.4%)

1 お胸, ところを, とは余りに, には仔細, のである, もので, ゆえ黒血が, 仔細を, 正直な

▼ 打振り~ (9, 0.4%)

1 て長く, ながら, ながらいひました, ながら散歩, ながら車道, 五体を, 口々に, 果てはお, 自動車に

▼ 打~ (9, 0.4%)

2 を教え 1 にも法, のよう, はまったく, はまつたくやらぬ, を教, を教えよう, を見る

▼ 打鳴らし~ (9, 0.4%)

2 ながら 1 ては深川活惚伊勢音頭, てゐた, て地団駄, て殺到, ながら町, やがてこの, 五色の

▼ 打~ (8, 0.3%)

1 かった溺死人, かって斛斗, たり, って大, に問い糺し, に過ぎし, の開戸, り来る

▼ 打~ (8, 0.3%)

1 か, にて斬殺, になっ, の者, の船頭, へほうり出す, へ引込み, 大新地

▼ 打通し~ (8, 0.3%)

1 ての開帳, て好い, て染みる, て碌, て約, て見物, の労働, 十六荘といふ

▼ 打した~ (7, 0.3%)

1 が氣, が芸者, ところがいきなり, のさ, のであつ, 女へは, 書面は

▼ 打~ (7, 0.3%)

2 するべがな, つの 1 ていうの, ていふ, はこう

▼ 打克っ~ (7, 0.3%)

1 てそれ, てはいない, てゆく, て天地神明, て立派, て細々, て自分

▼ 打毀す~ (7, 0.3%)

1 かソレ, か之, ことが, ことも, と親, などという乱暴, のは

▼ 打~ (7, 0.3%)

3 抱き海老責 2 を磨っ 1 です, はポロリ

▼ 打突かる~ (7, 0.3%)

1 ことが, ことは, と慌て, と波, のであります, 獰猛さで, 程大きな

▼ 打負かされ~ (7, 0.3%)

1 てゐる, てスワン, て彼, て縛られ, て行き, はしなかつた, オージン

▼ 打~ (6, 0.3%)

1 だ, で職人, などには死ん, のところ, の辻萬兵衞, は外

▼ 打斬る~ (6, 0.3%)

1 が宜, ぞ, てえ, とは情, べえと, 奴でも

▼ 打~ (6, 0.3%)

1 った, っても宜, つ時, られたが, りあんした, るもな

▼ 打泣く~ (6, 0.3%)

3 ばかり家 1 のは, 妾を, 姿此上も

▼ 打碎き~ (6, 0.3%)

1 て内, セレーピオスの, トロイア軍に, 彼らを, 我等を, 舌の

▼ 打突か~ (6, 0.3%)

1 ってケシ, って来たら, って砕ける, って破壊, って蝋燭屋, らぬで

▼ 打開い~ (6, 0.3%)

1 てくる, てゆきたい, て事, て物語, て茂太郎, て震える

▼ 打開ける~ (6, 0.3%)

1 が宜, ことが, ことの, ことは, と神通力, 位なら

▼ 打騒ぐ~ (6, 0.3%)

1 をも宮, を禁め, を興, 声何事かと, 娘達の, 比には

▼ 打あけ~ (5, 0.2%)

1 ていっ, て延期, なさいました, なされて, 兼ねるの

▼ 打という~ (5, 0.2%)

1 ことな, ことも, ものは, 出立で, 太鼓を

▼ 打乗っ~ (5, 0.2%)

1 ている, てたちまち, て先発, て根岸, て紅下濃

▼ 打~ (5, 0.2%)

2 りて 1 りの, り手, り隨所

▼ 打向い~ (5, 0.2%)

31 て打, て荒々しく

▼ 打守り~ (5, 0.2%)

1 て, て屹, て珍, ながらじっと, 油斷の

▼ 打守る~ (5, 0.2%)

2 に彼方 1 に過ぎなかった, のであつ, 外なかつた

▼ 打~ (5, 0.2%)

4 の契機 1 の機縁

▼ 打笑っ~ (5, 0.2%)

5

▼ 打~ (5, 0.2%)

1 つて置い, つて置けとおつ, て置く, て置け, ッて

▼ 打~ (4, 0.2%)

3 ふぐ蚊遣の 1 ふぐに

▼ 打おろす~ (4, 0.2%)

1 と鼓, 大鐵槌, 肩は, 鍬の

▼ 打~ (4, 0.2%)

2 くる女房 1 何か, 悪くすれ

▼ 打から~ (4, 0.2%)

1 受ける部下, 太平洋戦争が, 聞いた話, 鎬腰刃の

▼ 打しほれ~ (4, 0.2%)

2 て又, て口

▼ 打たる~ (4, 0.2%)

1 ものの, コイラノスアラストールと, 兜を, 平生この

▼ 打つかり~ (4, 0.2%)

2 そうに 1 さうに大な, 前へ

▼ 打でも~ (4, 0.2%)

1 されるもの, 二た, 喰はせ, 恨みを

▼ 打といふ~ (4, 0.2%)

1 句多く, 怪しげないでたち, 日の, 題が

▼ 打には~ (4, 0.2%)

1 さっきから, ほと, もうよう, 腹の

▼ 打まもれ~ (4, 0.2%)

3 ば貴 1

▼ 打~ (4, 0.2%)

1 ちやを, て居なさる, 損で, 縲絏と

▼ 打~ (4, 0.2%)

1 入道らに, 入道義昭らの, 入道義昭世良田兵庫助田中氏政山名忠家額田為綱等等等, 入道里見義胤らに

▼ 打仰い~ (4, 0.2%)

21 で淋し, で熟

▼ 打入り~ (4, 0.2%)

1 しより, の太鼓, の石版絵, の際

▼ 打寛い~ (4, 0.2%)

1 でいた, で充分, で置炬燵, で話

▼ 打忘れ~ (4, 0.2%)

1 てその, て大地, て晴れ晴れ, 武家の

▼ 打揚げられ~ (4, 0.2%)

1 たるも, てござった, 月見の, 烏に

▼ 打枯らし~ (4, 0.2%)

1 ている, ても檜木風之進, て居ります, て居る

▼ 打案ずる~ (4, 0.2%)

1 さまにて, 体にて, 様なる, 状し

▼ 打殴っ~ (4, 0.2%)

1 たりしねえで, ている, て済む, て谷

▼ 打突かつ~ (4, 0.2%)

2 て行く 1 てピリ, て人間

▼ 打立つ~ (4, 0.2%)

1 ときは, 時に, 用意に, 門出

▼ 打笑う~ (4, 0.2%)

1 て嬉し, と, のであった, のを

▼ 打笑む~ (4, 0.2%)

2 顔の 1 とき頬の, 樣仔細あり

▼ 打興ずる~ (4, 0.2%)

2 事を 1 あたり最, は失禮

▼ 打越し~ (4, 0.2%)

1 て, て君, て来る, とかのやかましい

▼ 打~ (4, 0.2%)

1 の紐, をもぎ取つ, を上ゲ敵拾人斗, を持つ

▼ 打鳴らす~ (4, 0.2%)

2 鼓の 1 のであった, 太鼓の

▼ 打あけ話~ (3, 0.1%)

1 をする, を終っ, を聞い

▼ 打かへ~ (3, 0.1%)

1 して, し打, し見る途端

▼ 打~ (3, 0.1%)

2 明けたいと 1 明けるは

▼ 打こえ~ (3, 0.1%)

3 て溝

▼ 打こわし~ (3, 0.1%)

2 ちまつて 1 をながめ

▼ 打せる~ (3, 0.1%)

2 引幕の 1 から

▼ 打たり~ (3, 0.1%)

2 しに 1 ょうと思う

▼ 打なげく~ (3, 0.1%)

3 に返事

▼ 打れる~ (3, 0.1%)

1 ところが, のである, やら何時の間にか

▼ 打七五郎~ (3, 0.1%)

1 などは書きおろし, の事, の家

▼ 打下す~ (3, 0.1%)

1 はぎら, 第二石, 鳶口それが

▼ 打事件~ (3, 0.1%)

1 があった, の人, はなかっ

▼ 打人形~ (3, 0.1%)

1 が畑, は悲しき, は畑うち

▼ 打任せる~ (3, 0.1%)

1 ことにおいて, ことによつ, とは其生育

▼ 打先生~ (3, 0.1%)

1 と電燈工夫, の処, も会い

▼ 打割られた~ (3, 0.1%)

1 のを, を残念, 頭蓋と

▼ 打割る~ (3, 0.1%)

1 というは暖, といふは暖, 能は

▼ 打叩い~ (3, 0.1%)

1 ている, てこ, て見た

▼ 打吟じ~ (3, 0.1%)

1 て, ている, て思い出した

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 のほか, の生活, を唱道

▼ 打坐っ~ (3, 0.1%)

1 てしまった, てでもいる, て足

▼ 打寄り~ (3, 0.1%)

1 て土, て撞球戲, て絶えず

▼ 打廻っ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 て苦しん

▼ 打払い~ (3, 0.1%)

1 の一番がけ, の少し, をお

▼ 打払令~ (3, 0.1%)

1 の旧, を修正, を取り消し

▼ 打~ (3, 0.1%)

2 いて 1 がなく

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 っちゃ, って置く, つて

▼ 打掛け~ (3, 0.1%)

2 て一人 1 て大

▼ 打揚る~ (3, 0.1%)

1 花火を, 跳波の, 響聞ゆ

▼ 打撃つ~ (3, 0.1%)

3 ことの

▼ 打斬っ~ (3, 0.1%)

3 てしまう

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 の境内, の庄屋, の者

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 した浪人姿, した身の上, して

▼ 打殴る~ (3, 0.1%)

1 から私, と云う, 様に

▼ 打渡っ~ (3, 0.1%)

1 て, てしまった, てもし

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 でそち, は目, をもたらし

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 シの, シふと, 突横打どの

▼ 打眺める~ (3, 0.1%)

1 たびに, とちよ, 自分の

▼ 打積ん~ (3, 0.1%)

1 でお前, で有りやす, で来た

▼ 打突ける~ (3, 0.1%)

1 やうな, やうに, 様に

▼ 打笑い~ (3, 0.1%)

21 つつ泰助

▼ 打臥す~ (3, 0.1%)

1 ほど, ほどな, ほどにもあらね

▼ 打~ (3, 0.1%)

1 と藁打槌, や草鞋作り, を引

▼ 打製類~ (3, 0.1%)

1 の條, も磨製類, 及び磨製類考説

▼ 打負かし~ (3, 0.1%)

1 てやりたい, て彼, 私の

▼ 打負かす~ (3, 0.1%)

1 のでそこで, 事の, 技術が

▼ 打跨り~ (3, 0.1%)

1 つついずれ, 五六度乗まわし, 彼の

▼ 打開いた~ (3, 0.1%)

1 まま思わず, 一面の, 素直な

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 と十分, 先とは

▼ 打これ~ (2, 0.1%)

1 は冠, も筋

▼ 打すてられし~ (2, 0.1%)

2 親子の

▼ 打たて~ (2, 0.1%)

1 の水, の生

▼ 打たんずる~ (2, 0.1%)

1 もの打ち, 折神明と

▼ 打だの~ (2, 0.1%)

1 武勇伝などと, 釣船頭だ

▼ 打ぢさ~ (2, 0.1%)

2 なぃのか

▼ 打である~ (2, 0.1%)

1 と思, 其の従弟

▼ 打では~ (2, 0.1%)

1 ちょっと骨, なくかねて

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 がむれ, 傑作である

▼ 打なげつけ~ (2, 0.1%)

1 てさ, てそうして

▼ 打なども~ (2, 0.1%)

1 彼の, 言って

▼ 打なんか~ (2, 0.1%)

1 して, 敷居も

▼ 打はらひ~ (2, 0.1%)

1 て空, 墓に

▼ 打ばかり~ (2, 0.1%)

1 して, 持つて

▼ 打まける~ (2, 0.1%)

1 のが, ように

▼ 打まもり~ (2, 0.1%)

2

▼ 打よりも~ (2, 0.1%)

1 インチキが, 民衆の

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 明けた上彼, 明ける前

▼ 打れた~ (2, 0.1%)

1 まま虫の息に, 虻は

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 反シタ, 消シテイタノデアルガ

▼ 打下し~ (2, 0.1%)

1 てみせた, て来

▼ 打下ろされ~ (2, 0.1%)

2 てガバッ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 は名, は相手

▼ 打仰いだ~ (2, 0.1%)

1 という感じ, 按摩の

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 いた, して

▼ 打~ (2, 0.1%)

2 は喰

▼ 打傾いた~ (2, 0.1%)

1 掌を, 耳を

▼ 打傾く~ (2, 0.1%)

1 のが, 面に

▼ 打入っ~ (2, 0.1%)

1 ていました, て放神

▼ 打叩かれ~ (2, 0.1%)

1 ても黙っ, 巻きかえし打すえられた

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 ひや, ふ盾

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 ひ近, ヒ如何ガセント語レドモ先ヘ

▼ 打呟き~ (2, 0.1%)

1 ながら起行き, 更に又

▼ 打囃し~ (2, 0.1%)

1 て市中, 初めは

▼ 打囃す~ (2, 0.1%)

1 鳴物が, 鳴物の

▼ 打囲まれた~ (2, 0.1%)

2 折節兵火の

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 したが, しに

▼ 打守りし~ (2, 0.1%)

2 が我が

▼ 打寄越した~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 いたゴルフ場, いた本所区

▼ 打師辻萬兵衞~ (2, 0.1%)

1 といふの, の店

▼ 打建て~ (2, 0.1%)

1 よと命じる, 小地主

▼ 打建てられ~ (2, 0.1%)

1 てゐない, て居る

▼ 打建てる~ (2, 0.1%)

1 ことによつ, 意気込みの

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 の者, は

▼ 打微笑む~ (2, 0.1%)

1 月の, 目も

▼ 打忘れられ~ (2, 0.1%)

1 て嬉しく, て自他共

▼ 打折られ~ (2, 0.1%)

1 んな, 加之

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 の大, の改正令

▼ 打振られ~ (2, 0.1%)

1 ながら三年前, テープや

▼ 打振りかざし~ (2, 0.1%)

2 つつ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 から中老引, てまず

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 は, ひて

▼ 打揃つて~ (2, 0.1%)

1 この下屋敷, 居りますなどと

▼ 打揚げる~ (2, 0.1%)

1 とスペイン, 昼花火を

▼ 打撒ける~ (2, 0.1%)

1 と横, ものは

▼ 打撲る~ (2, 0.1%)

1 ぞ, んだ

▼ 打攻撃~ (2, 0.1%)

1 は皮相的, を以て太平洋戦争

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 のお, の宗旨

▼ 打敲く~ (2, 0.1%)

1 としよう, よと云っ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 しリュルネーソス, せ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 てしまう, 付け遂に

▼ 打斬られ~ (2, 0.1%)

1 ても名僧智識, ても惜

▼ 打明し~ (2, 0.1%)

1 て呉れ, 十九ケ年の

▼ 打曇り~ (2, 0.1%)

1 てよく, て薄日

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 懸軍さ, 駆矢

▼ 打果す~ (2, 0.1%)

1 とて刀, など何

▼ 打棄て~ (2, 0.1%)

1 てあった, 百万長者畑柳に

▼ 打棄てられ~ (2, 0.1%)

1 たるを, てある

▼ 打棄てられた~ (2, 0.1%)

1 まま其来歴を, 光景ほど

▼ 打機械~ (2, 0.1%)

1 があり, は面白く

▼ 打欠い~ (2, 0.1%)

1 てその, で縦

▼ 打欠いた~ (2, 0.1%)

1 ような, んです

▼ 打毀され~ (2, 0.1%)

1 たりする, 地中に

▼ 打毀せ~ (2, 0.1%)

1 しより, ば指

▼ 打渡した~ (2, 0.1%)

1 水の, 稲は

▼ 打渡り~ (2, 0.1%)

1 市川の, 黄河の

▼ 打湿っ~ (2, 0.1%)

1 て云ってる, て見ゆれ

▼ 打潰れる~ (2, 0.1%)

1 から出ません, に相違

▼ 打眺め~ (2, 0.1%)

1 て坐する, ながら引止められ

▼ 打碎い~ (2, 0.1%)

1 て戸外, て粉

▼ 打突かった~ (2, 0.1%)

1 のは, んです

▼ 打突かつた~ (2, 0.1%)

1 のです, やうな

▼ 打突つて~ (2, 0.1%)

2 見て

▼ 打立った~ (2, 0.1%)

1 ときにだって, 三挺の

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 ひ悦びて, ひ玉

▼ 打続ける~ (2, 0.1%)

1 ことを, 何年ぶりかで

▼ 打背き~ (2, 0.1%)

1 て歓ぶ, て過

▼ 打背く~ (2, 0.1%)

1 と俤, 頬に

▼ 打臥した~ (2, 0.1%)

1 が右, ところで

▼ 打融けられた~ (2, 0.1%)

2 磊落な

▼ 打衝かる~ (2, 0.1%)

1 とそこ, とハタ

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 が多く, であります

▼ 打視め~ (2, 0.1%)

1 た, て少年

▼ 打語らい~ (2, 0.1%)

1 或は黙し, 鳰の

▼ 打負ける~ (2, 0.1%)

2 のが

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 できないわけ, の運動

▼ 打通っ~ (2, 0.1%)

2

▼ 打過ぎ~ (2, 0.1%)

1 たり, てしまいました

▼ 打過ごす~ (2, 0.1%)

1 余はかほどまで, 貴殿も

▼ 打遣らかし~ (2, 0.1%)

1 て居, て置かせ

▼ 打遣る~ (2, 0.1%)

2 様に

▼ 打重なった~ (2, 0.1%)

1 尾根と, 死骸

▼ 打開き~ (2, 0.1%)

1 横向きに, 相手の

▼ 打開け~ (2, 0.1%)

1 てゐた, て話したら

▼ 打開けない~ (2, 0.1%)

1 でいた, ものです

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 の砂, まで落ち

▼ 打~ (2, 0.1%)

1 ひて, へる人々

▼ 打騒動~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ 打驚き~ (2, 0.1%)

1 て室, 匆々差配人差添えの

▼1* [529件]

、駄折助のたぐい, 打あけなかったという身の上話, 打あけられて私たち, 打あげると此, 打うてば寺, 打うるさい奴だ, 打かけて指揮, 打かけるように, 打かたぶき打かたぶきする, 打かたぶきするほどに又, 打かたむいたが身, 打かっていく, 打かぶせる気お, 打ながら往く, 打きあげ十七八で, 打きってわたし, 打き殺せと云っ, 打くだかるると同時に, 打くもりたるやうなり, 打ぐらゐは平気です, 打けぶりむら雨すぐる, 打ければ総, 打はし, 打こまれたように, 打こんで, 打さえして, 打されまたこの, 打しか無い狂妄, 打しきりてとひ来る, 打したかつた迄である, 打してらあ, 打しめれば万づ, 打しようと思った, 打し励ましたことか, 打じゃアあるまい, 打すさまじい稻光り, 打ずつ紙に, 打ながらジッ, 打せよといいつけた, 打そうかと思う, 打そっくりあるの, 打その原価ほとんど, 打見ぬ底, 打たつしやる, 打たりと思ふに, 打だげすの戲作者気質, 打だったと申す, 打だって自分で, 打ちとうちこむに, 打つかってゆく, 打つかったような, 打つかり合ったほどだった, 打つかると慌て, 打つこんだななあに俺ら爺樣, 打つづき風流御, 打であって筆, 打であったし残念, 打でありボートでは, 打でございますあれを, 打でしたので恐怖, 打でなければ工合, 打で無く随分闘った, 打とか呼べること, 打としておのずから別, 打とはあったの, 打とも鳴音, 打ながらさしっ, 打なぐります花嫁だ, 打なさいますやっぱり少しは, 打なされて退いた, 打なしで単に, 打なぞ恐しく鳴り渡るにつれて, 打などそれだ, 打などと大同小異であります, 打などを喰います, 打なやむ罪の, 打なるかならぬ, 打なんてお父さんが, 打にて差上げ置きました書状, 打にでもならないの, 打にと切つて掛かつ, 打になんかなりません, 打にも似通うところ, 打によつて突然, 打に際し禁裏に, 打ぬいて正面, 打のでいりを, 打はらいて空, 打ばかりの眼球の, 打ひしぐには十分, 打ふしている, 打ふるえ髪ゆらぎぬ, 打ふればすぐ, 打くろを, 打ほかに石七枚, 打まかされて訪問, 打まけられる湯の, 打まして, 打まじりおのがじしたのしむ, 打まもりし主人は, 打みしゃいだ, 打ものさえ多く, 打やぶり或は火, 打やら噴飯の, 打ような処置, 打らしいぞ, 打らしく存分に, 打られるより余程, 打りならして僅か, 打り当り湧き返り深碧, 打り翳し漆の, 打つてやりたい, 打をくらいどんな目, 打をも同じ事, 打アノ傷は決して, 打シ一ハ刺ス棒ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, 打チトケヌカラダトヌカス故盃ヲヨウヨウ, 打チドコロガ悪カッタラドンナコトニナルカ, 打チナビケ給フ果断決断ノ程, 打チ外シテ斬ルハ, 打チ明ケタラ彼女ガドンナ顔付ヲシ, 打チ棄テテオカレタナラバ貴官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス, 打チ込ミ方デアッタガ今デハソレホドデナイコトハ確カダ, 打ッテカカッテコレマタベツダン高イ思念ノ故, 打などという語, 打ツカッテ出ル場合ガ多イワ, 打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, 打ツカル恐レハナイト思イマス, 打颯と烏, 打一打に身, 打一打落武者共のよう, 打一撃を加, 打三打斬付け, 打三打石はポロリ, 打三打稲妻のごとく, 打三打穴は次第に, 打上がって松原, 打上がった木片板片の, 打上った妹弟子ごとき, 打上られて光つて, 打上りて縁日もの, 打上下付棹懸色々, 打上装置のすぐ, 打下されまして揚る, 打下ろして来, 打下ろす音かとも, 打世良田などの隊, 打並べて歩み行くさま何, 打にも色々, 打乗らせ天下取ったる, 打乗り白き装束, 打乱す薄月, 打乱れたる犬小屋若しくは, 打た打, 打二三度して, 打二人は遂に, 打交っての能, 打交わすからであろう, 打付りくさつたぞい, 打付ろ此様野郎は脆く, 打付窓でございます, 打以上に出る, 打仰ぎ一躰何て, 打仰げばこれ, 打仰向いて目, 打仲間では知らぬ, 打かせ他者, 打任してよく, 打任すべきものは, 打伏すやうに, 打伸ばしてなこれ, 打倒れた學生で, 打候節御覧これ有りし末, 打みて, 打傾かるるもの多く, 打克たねばならぬ, 打克ったのだ, 打入ったとしたら, 打入られても母屋, 打入り候もの拙者初め沖田, 打入り候処一ヶ所は一人, 打入り武人の面目, 打にする, 打初めるのが, 打割られ最後には, 打割られるよりは黙っ, 打割りて見れ, 打割羽織に野袴, 打動かす団扇の, 打勝れざるを得ず, 打印器とは種字, 打卸しつつ米友, 打去みて直道, 打友達が來, 打叩かれた果て罪の, 打叩かんばかりの勢, 打叩きて, 打叩けば腰, 打合されてあつ, 打合して買物, 打合すのだ, 打合セノタメ至急庶務ヘオ出デ下, 打合会の議事録, 打向いたまえるは細面ただ白玉, 打向ってくる, 打向った青行燈の, 打呟く声を, 打咳いたがえ, 打問うに彼, 打喜びわずか一ヶ月二タ月, 打喜ぶ事一方ならず, 打喧嘩にもならんで, 打嘆くにも只, 打圍む數多の子息, 打地蔵と称し, 打の南, 打坐りそうに, 打坐り込んで意気地, 打大きなくまの, 打天照教まで大, 打始めようとは夢にも, 打しに, 打守って, 打守った渡邊は, 打寄ったが此, 打寄りしが母上, 打寄り評議の結果, 打寄り額を集め, 打寄る冠詞の, 打寛いだ好い友人, 打寛がせるのであつ, 打野郎などと, 打尽して獄, 打居る祭かな, 打の小町娘, 打の低い, 打から杣田, 打布かれたのが, 打幾多の悪業, 打廃帝故事を調査, 打建てむ死者に對, 打建てられた新しい文明, 打建てられなければならない, 打廻ったようであった, 打廻りし也, 打でびんびん, 打弾薬入れすべて身, 打当って行く, 打当てる音が, 打当るのを, 打から後, 打る, 打念ずる時の, 打思ふがま, 打急所がある, 打懲らし取挫く, 打懸け四辺を, 打懸けるぞ, 打懸けろいげい, 打成一片にし, 打戦いてしばらく, 打戦くのみ答, 打打つて水, 打打てば千万, 打払之令出近郷, 打の人, 打抗的なもの, 打折ってやる, 打折らせ給ふ, 打折り即死助手兼乳搾, 打抛っておけ, 打拉がれた気持ちに, 打持出して来た, 打振らせていた, 打振りかう云つた, 打振り三味線で囃し, 打振り励ましていた, 打振り歓び勇んで, 打振れば, 打振返って暗がり, 打捕えて岡田螺, 打を, 打捨つて置いて, 打掛けたまま秀吉は, 打掛るを早く, 打掛座頭に至る, 打ひまた, 打揃うたが宗時殿, 打揃つて中座の楽屋, 打揃つて出發する事, 打揃つて神様の前, 打揃つて雑煮を祝, 打揃ッて心しずか, 打の船, 打揚げにかかった, 打揚げたのを, 打揚げねえのだ, 打揚げられましてじ, 打揚げられ打落されて居る, 打換えの際, 打るを, 打揺ぐお三重, 打撒くよ, 打撞かったその冷, 打撞かつて足, 打擲ってくれなくっ, 打擲った力を, 打散けてお話, 打散らしたのだ, 打敲いて同一船, 打て時, 打敷きて時, 打斬られし如く両袖, 打方始めだ, 打の都合, 打けむわが, 打明かせし事あり, 打明くること, 打明け話をする, 打晴れた三月の, 打曲げるが主義, 打有力な算家, 打朋友の医者坊主, 打村小右衛門が検死, 打村庄屋茂兵衛の家, 打杢作などいふ, 打果したのである, 打果そうと云う, 打果たされた為甲軍の, 打栗ト云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 打案じたり, 打案ぜし後, 打棄つて少い人は妻, 打棄てねばならぬ, 打検挙するの, 打を始めさせた, 打楽しむ癖を, 打と小さい, 打横瀬堤などの一族, 打てた理論, 打は彼女, 打權現や笛吹權現, 打欠かずには置かぬ, 打残しの麻糸, 打殴ったんだ, 打候とも, 打毀という奴が, 打江戸打と云, 打沈めたやうに, 打沈める蒼々漫々たる, 打沈ム然ウ而, 打も複雑, 打流されたんだ, 打流したが相手, 打浸された山脚の, 打混ぜて哀訴嘆願, 打へて持つ, 打添わりておのずから, 打渡されて見えた, 打渡して得意, 打渡す深緑は, 打渡る昭和通りの, 打滅すに於, 打滅ぼしたという報告, 打潰されて了, 打潰されずにはいまい, 打潰された心を, 打潰して己, 打潰すと云う, 打玉田屋の酉兵衛, 打意氣な, 打田中額田などの同族たち, 打男達之に和す, 打なりきと, 打発候得バ自分もちてを, 打皆近世に関係, 打にされ, 打守れり, 打眺めたるすえ, 打眺め夕河岸の小, 打かり合いであるよう, 打着けよつたああ痛, 打着けるように, 打着るとあんた, 打睡るばかりの双, 打碎かれて手入れ, 打碎かれたる屹水下からは, 打碎かんとす, 打碎きしはいづれ, 打碎くかくして馬, 打碗花等がある, 打神事の一部, 打貰ふて, 打稲妻のごとく, 打積んだは恐れ入った, 打は次第に, 打突かってみる, 打突かり彼方の, 打立たせたが朝長, 打立ち候油断無くゆるゆる, 打給いしと問う, 打続けて呉れ, 打続けるらしく五月の, 打縛りでもする, 打續候餘り人, 打纏い衣紋開き, 打置いてひょろひょろ, 打の徒, 打聖なるものが, 打聞かせたまうらん, 打聞くところです, 打聴く毎に, 打背いて, 打背けたる貴婦人の, 打にぶち込んだ, 打臥して了, 打臥しおはす, 打臥せらるるの有様, 打興じて曰, 打に分乗, 打花簪の舞子はん十何人, 打茶筅の徒, 打萎む野崎の, 打萎れて背, 打落武者共のよう, 打蔽う風情が, 打または穂打ち, 打融けた世間話などを, 打衝かってしまう, 打衝かり合うが言葉, 打衝けるということ, 打生単, 打衣出之生, 打を腰, 打被さったように, 打裂き相助, 打製石斧石槍石鏃石錐石匕等とす, 打ねたる, 打覆してもう, 打覆したるばかりなり, 打覆った塩梅だろう, 打解されなくてはなりますまい, 打の木箱, 打語って相互とも, 打語らえり一人は年四十頃デップリ, 打語らひて寝, 打語りつつありし, 打語りしことに, 打語るに疲れなかった, 打護り居けるがやがて, 打負かさるる事と, 打負かされた場合の, 打負かされまいと思っ, 打負かされる男だった, 打負かした者は, 打貫いて落, 打貫かれたように, 打貫きさえすれ, 打貫くんだ, 打跨って尻, 打跨ると一鞭, 打転がると己, 打転ばされたが中, 打輪切袈裟掛はて我, 打辮子十天一剃頭とて五日毎, 打通さなければならない, 打通した部屋を, 打通る大風にも, 打通れば鼻, 打造り公卿より列侯以下万国航海, 打造り船軍を習練, 打もこの, 打連れだって帰省, 打過ぎるのも, 打過ぎ候段平に御, 打過ぎ申訳も無, 打道具父譲りの伝来, 打遣っといて貰いたい, 打遣らかしに, 打遣られるのを, 打遺てて出来る, 打里見烏山細屋大井田大島籠守沢額田世良田羽川一の井, 打なりぬ二三片, 打重って田鶴子, 打重なって仆, 打重なる見物の, 打重りぬ二三片, 打金紐までが新品同様, 打鉢叩きの徒, 打銃猟をする, 打鋲器をあつかっ, 打鋲機は天井裏, 打ノ声甚ダ急, 打開かれた大きな鉄, 打開けないではいられない, 打開けなかった当の恋人, 打附けに, 打附けられ脊筋が, 打附けると若草, 打降ろす刀を, 打集い浅瀬の, 打集って私たち, 打じって, 打りたる客圍, 打ふ, 打震う手で, 打震える涙声で, 打靡きて肩, 打響くに謙三郎, 打頷いておりました, 打頷いた襟さみしく, 打頷きやにわに下枝, 打頷く咽喉の, 打頻り祝詞を, 打類取扱方の事, 打飛べねえよ, 打飛んで這入ります, 打飲めることだ, 打飲んだのであった, 打駕籠を二挺, 打騒いで戸障子, 打騒げる姉夫人道子が, 打驚いて見る, 打驚かされて, 打鬢挟髱挟当節また前髪留, 打鳴らいてかッ, 打鳴らされていた, 打鳴らされたように, 打鳴らせば足軽