青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「才~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~手拭 手拭~ 手柄~ ~手段 手段~ ~手紙 手紙~ 手術~ ~手足 手足~
才~
~才能 才能~ 打~ 打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った

「才~」 2113, 23ppm, 5065位

▼ 才~ (287, 13.6%)

12 男の 11 男は 9 男が 6 時に 54 ある人 3 アルプ花崗岩を, 方は

2 [17件] あつた, あるところ, 作品は, 優劣に, 如き, 思想は, 時であります, 時の, 時分には, 男と, 男を, 男同時に, 男系統の, 部屋で, 青年で, 非凡を, 頭は

1 [200件] あった人, あること, あるその, あるなし, あるの, あるのに, ある女, ある子, ある役人, ある男, ある若い美しい, お兒, かぎりを, かった人, ころには, すぐれた組, その中, たけた中宮支持, ために, ときの, とき当家先代長次郎氏に, ところへ, ないこと, ない不器用者, ない女達, ない者, ひらきが, ひらめきの, やうな, ような, わかい科学者, ヂェラルド・ド・ネルヴァル, マダムよりは, ミツキイを, 三親分は, 不充分なる, 乏しいこと, 乏しいのに, 九月に, 仲は, 信西入道が, 優れた者, 元気な, 児が, 六月から, 写真を, 凡ならざる, 処女に, 利きて, 利く浅井, 前半身, 前田某という, 力が, 劣つて居る, 勝つた女, 口から, 古巣右内という, 可愛いいお, 台本を, 名だけは, 名は, 器は, 場合の, 大なる, 大に, 大丸髷, 天才洋琴家狩屋愛子は, 奇蹟, 奈々子は, 奴アもうだいぶ, 妹てる, 娘分, 婦人だつた, 子の, 子供が, 子供に, 子供らしい, 子供を, 字が, 字こそは, 字の, 字は, 定めにて, 実家は, 實家は, 寧ろ早熟, 尋常でなかった, 小なる, 小供, 小娘と, 小舟帆を, 少女が, 工夫, 帰ったの, 年の, 年までに, 幼児である, 彼に, 徳に, 徳を, 心を, 思想に, 思想を, 戲場に, 手から, 手相画が, 打合せこれも, 拍子などの, 拙く學, 拙なる, 持つて, 故にかえって, 敏学の, 方へ, 方をば, 日向の, 時から, 時だ, 時です, 時クエイカア教徒の, 時別れ, 時徳子と, 時故郷の, 時独奏家として, 時私の, 木村は, 松太郎を, 林太郎が, 様に, 次男で, 歳も, 死骸の, 死骸を, 殺された窓, 殺された部屋, 活かざる, 浄土論中に, 淵子ちやんは, 漲った著書, 無いのに, 特殊性を, 玄石に, 田舎紳士が, 男である, 男です, 男なども, 男に, 男の子が, 男の子だ, 男即, 異母妹を, 疑いが, 発揮が, 相, 真味, 短きこの, 祖母上が, 秀れた, 童子が, 筈です, 筋から, 素敵な, 終りを, 絶大さよ, 編物教師の, 美しいひらめき, 美しい若者, 老人とを, 聖女テレジアといった, 聞え夙に, 良人の, 良家の, 花嫁の, 若さ, 若者だつた, 虫も, 言葉は, 詩人, 誕生の, 誕生日に, 誕生日の, 足らじと, 身分で, 輩立てこの, 遠縁に, 部屋に, 長命は, 閃きは, 雄なる, 雋鋭なる, 雪子は, 面影では, 頃か, 頃には, 頃父と, 馬に, 高く情, 高齢で, 高齢を以て, 龍女が

▼ 才~ (232, 11.0%)

6 もって, 持って 4 お習, 恃み, 愛し士, 習した, 習ふ 3 つれて, 抱きながら, 殺したの, 殺した下手人

2 [12件] あらわした, この家, 利用し, 呵して, 展ぶる, 愛して, 持ちながら, 殺す気, 比べて, 竭くして, 見せて, 認めて

1 [164件] いだきながら, うんと脅かしました, おれは, お習い遊ばす, かの星, くれたい, くれたいッ, ことごとくそなえ, この世に, これから育てあげ, して, そなえて, たたえまるで, たたえられその, たのみき, たのみ過ぎは, たのんで, つちかいつつ, なんの, のばさせたもの, のばすこと, はじめ親類一同を, ば人皆稱せり, ふるい出したの, みがくべき年ごろ, むけし者, むしろ嘆い, むなしく抱い, もった男, もっては, もってるかの, もってるにも, もつばかり, 一つも, 三唱し, 三唱出征中の, 世に, 亡くして, 他に, 以って, 伸ばして, 伸ぶる, 備えて, 具せる, 処刑に, 出したこと, 切れ端に, 利かさねば, 制すること恆, 包もうと, 叫んで, 可愛が, 可愛がって, 同時にやる, 向う側に, 呼んで, 啓發すとの, 天より, 失わなかった, 奪はれ, 妬み特に, 嫌って, 嫌つてゐる, 家へ, 少し持っ, 展べ, 庇ったが, 庇つた, 心掛けて, 怨んで, 恐れ同じ, 悼んだ, 惜しまれつつ, 惜しまれて, 惜しまれるよう, 惜しむの余り, 惜しんでは, 惜み, 惜んで, 愛されて, 愛しそれ, 愛した, 愛したの, 愛しながら, 愛するよう, 愛する情, 愛せざるに, 抱いたもの, 抱いて, 抱きて, 拾ひ出す, 持った人間, 持つて, 持て筆, 振つて人, 振り捨て, 掘り出すこと, 採用した, 揮ふ, 擅に, 放つた時代, 敵として, 施すの, 日頃から, 時めかせしアツバリアート等, 曹操の, 有したり, 歎ぜり, 歪めみずから古, 殺したこと, 殺すこと, 求められる様, 洛陽の, 為さしめず乃ち詞人, 無に, 現わし, 生じそれから, 生ずるの, 用いさせたにと, 用いたばかり, 用いつくしながら, 用いられて, 用いるに, 用る, 用ゐ, 異なりとして, 異にし, 知り又, 知れるからに, 磨いて, 磨き上げたの, 称揚し, 稱へ, 稱へたり, 綜ぶ, 習うなと, 習は, 育し, 草莱に, 蔵し, 蔵すればこそ, 見る心地, 見分けること, 許して, 試して, 試みようとも, 誇る風, 認められて, 認められ当, 識つたのです, 讚めたり, 買いかぶって, 賞す, 越した老いぼれの, 越して, 鋭うし, 隠して, 離れて, 非常に, 頼む心, 頼んで, 養う, 馳せ妄人, 騁せ

▼ 才~ (144, 6.8%)

11 して 5 なって 4 なる, 富んで 3 なります 2 なる娘, めぐまれて, 任せて, 逢って, 長けたり, 長けて, 非ず

1 [103件] あらず兵, いやその, うね, おなり遊ばした, くらべると, したがい確実, すっかりアホ, その一条, その時, たけあらゆる, なったばかりの, なった時, なつた, なつたろう, なつて, ならない小耳, なられました, なりますお, なるまで, なる人夫, なる子, なる慎造, なる爺さん, なる男の子, なる男子, なる者, なる英三, のべつもてあそばれる, ひどく乏しい上, ほこり利, ほこる英文和譯, まかせて, デンマルクの, ハ火薬千金斗云云頼置候, 不快の, 乏し, 乏しい, 乏しい者, 乏しかった, 二歳で, 亡ぶの喩, 任じ能, 任せ気, 信頼する, 傾倒し, 公より, 劣り行く末, 勝つそはか, 堕さない唯一, 堕して, 変な, 宛てたもの, 富み天資豪邁, 富み恐らく, 富み無芸大食, 富めるや, 富める身, 對ひ, 応じて, 恵まれ教鞭, 惠まれて, 所長あり, 手傳つて紬の, 抜けた自分, 拔けた自分の, 拾はれ, 斃れ, 榮光を, 氣付かれず, 源氏は, 溺る, 溺れる, 煩わされ, 百の, 短である, 絡みつかれた困惑, 罷在, 耻もつ, 至ってから, 舌を, 見付けられ飛んだ恥, 親しい男, 言はせる, 言ひ出される, 訊いて, 認めて, 負けると, 負けるなかれ, 身を, 逢つて見る, 逢ふ, 過ぎざる, 鈍い彼, 長けたまえるのに, 長けた如何なる, 長け老いても, 長け頭脳, 長短も, 頼り不, 餓ゑ智に, 驚いた, 驚かして, 驚きて

▼ 才~ (113, 5.3%)

5 ある, やまと心に 4 あった, あって 3 ない 2 あると, あるの, そういったの, ないと, 出て

1 [82件] あったから, あったが, あっても, あつた, あつたさうだ, あつて, ありさ, ありや, あり数年後, あり臨機, あり話, あり金, あり雄弁, あるですからね, あるもの, ある上, ある日, あれば, いきなり私, いたから, おあり, お仙を, したやう, その人, どこに, ないから, ないの, ないので, なき出しました, なくな, なく分析, なく小才, なした禍い, まだその, わが荊州, わずらいを, 一匹金魚を, 下手人の, 乏しかった, 伸びたという, 何を, 何所だ, 僕には, 凭れて, 利巧過ぎ, 勝ち過ぎて, 勝れて, 唐突に, 多い, 多く生れ, 年頃にな, 廻つて器用で, 必要だ, 必要な, 敷居の, 旗本の, 欠けて, 死ぬと, 殺されたさうで, 殺された戌刻, 殺されまだ, 殺されるなら理窟, 氣を, 汝の, 決して画一的, 派手好みな, 無理を, 玄徳について, 生きて, 生れて, 申します, 番頭の, 穂に, 自分の, 自慢で, 自讃, 要求される, 言ひます, 越後から, 足らなかったというしか, 足らぬから, 閃めい

▼ 才~ (104, 4.9%)

2 平次に, 得易らず, 決して孫六, 能く, 難し

1 [94件] あながちシャイロック, あるが, あるので, あろう, いけぞんざい, いつでも, いづこぞや, おあり, おのづか, おのれだ, この半年私, この期, そのま, その為, たとへばうま, ちゃんと仕込まれず, ついに孔明, とうていお, どうしても主人, ない, なかった, なかなかあります, なきながら, なんだって, ま, みとめるが, わからぬが, モーツァルトの, 一つであった, 一種の, 下手人が, 云ふまで, 何んだ, 働くし, 全く天下一品, 匹夫押して, 君に, 呂蒙, 呉の, 哉の, 四十九歳であった, 声を, 夙に彼, 大番頭, 学識によ, 孫子呉子にも, 宝塚から, 富士見町の, 後智, 從兄の, 御家人の, 思わず立ち上がった, 恐ろしくさえ, 悄々と, 愈, 我慢が, 拙くし, 持ちながら, 挙げられましたが, 推して, 擧げられましたが, 早くからここ, 明くる日の, 時々子規氏, 曹丕に, 業界でも, 此話を, 歴と, 汝の, 漸く世人, 無かった, 煙管ポンと, 猶鉄, 申します, 申刻前に, 當時の, 疎い人, 眠れるなり, 窓に, 竹を, 素直に, 続けた, 美しき眉, 聞えさせ給はず, 自分が, 自分の, 自害で, 若旦那の, 追ひ出される, 霜月, 順天の, 顕著である, 默つて顏を, 黙って

▼ 才さん~ (63, 3.0%)

7 を殺した 2 があの, の方, の父親, の部屋, はひどく, はよく, は大伯父, は賢い, を可愛がる, を殺す

1 [36件] がその, が一時, が何時頃それ, が可, が可哀想, が悲鳴, が意地惡, が死んだ, だって年, ですよ, といふ人, とお, とお嬢さん, とかいうの, とかいう女, とかいふの, と敗けず劣らず, と近い, に学資, に逢, のこと, の使つた二梃剃刀, の樣子, の死んだ, の頭, はこの, はさ, はまだ, は敵同士, は殺された, は窓, は見えなかった, は隨分仲, を, を怨ん, 良いきりやう

▼ 才兵衛~ (60, 2.8%)

2 はすぐ, はその

1 [56件] いよいよ増長, がうろうろ, がそこ, がその, が今戸, が堀江, であった, とある, という道具屋, といえる, とて生れ落ちた, とのあいだ, と遊ぶ, どうして之, にぎょろりと, に似た, に意見, に逢った, のふところ, の一件以来, の力自慢, の巨躯, の幼少, の店, の怪力, の悪評, の検視, の死骸, の足, はおそれず抱きかかえ, はおろか, はくれぐれも, はそこ, はただ, はひとり裏山, はぷいと, は何, は例, は八, は困ったらしかった, は土俵, は声, は宇兵衛夫婦, は師匠, は来年, は松の木, は眼, は祝言, は自分, は鰐口, ほどの豪, やまあ, を奥, を恋, を殺した, 次第に目まい

▼ 才~ (57, 2.7%)

3 いって 2 云うもの, 巳之助, 技巧と, 腕とを

1 [46件] あらず, いい号, いっては, いつた所, いわれたお, いわれる学者, お清, その色, なって, ポレミスト的説伏力とを, 与兵衛は, 二人で, 云えば, 云ひおん, 云われた人, 五才に, 刻苦精進し, 勇だ, 反抗との, 同じ年, 天質の, 将来の, 幸八の, 彼女の, 思想による, 情との, 情の, 文化性に, 文名とを, 新造の, 智を, 橇を, 為すは, 燈火を, 爲すは, 男は, 知力とが, 策を, 美とを, 色とは, 色とを, 記憶とを, 話を, 認む可きもの実際, 認む可きもの實際に, 間違えたん

▼ 才~ (56, 2.7%)

3 あって 2 あるの, なければ, 不才も

1 [47件] あったから, あった人, あまりに曹操, あらざれば, ありは, ありません, あり一個, あり智, あり智謀, あるから, あるし, あるしかし, ある穢多, おのずから豊か, ない, ないし, ないた, ないの, ないのに, ない様, ない若, なくただ, なく売れない, なく泣き笑い, なく貧乏, また鈍けれ, みな去就に, 与兵衛も, 世間に, 人に, 伸べ終らずに, 働きも, 元の, 同じ年, 名も, 嫣然歯を, 容も, 将来に, 戦術上の, 敵する能わざるの, 有る者共, 死人の, 腕も, 自分は, 見せて, 見識も, 豊かであった

▼ 才~ (55, 2.6%)

3 がある

1 [52件] ある人なれ, があった, がすぐれ, がそち, しかなかっ, でもあの, とか自分, とみえ, とを持ってる, と全, と共に常人以上, なりに力, にもない, によっていかなる, に今, に富んだ, に応じ, に恵まれ, に欠け, に自信, の作家, の先天的, の少ない, の弾, の恰も, の文学的, の豊か, の豊かさ, の貧しい, の面白, はあり, はもし, はよく, はわかわかしい, は庸三, ばかりのこと, まずしき僕, も天才, や性格, よりは一層, をきめる, をたまたま, をもつ, を比較, を生かし, を疑わざる, を発揮, を示した, を等し, を自ら恃, を舞台, を認めない

▼ 才~ (51, 2.4%)

28 助は 9 助の 6 助も 1 助が, 助と, 助といふ, 助に, 助には, 大事十四秘, 御許に, 聞有之

▼ 才~ (36, 1.7%)

2 のある

1 [34件] あらば, ある人, があっ, がある, が有っ, たかく奇舌縦横, なし, なしと, にて此, にまかせ, にも舌, に欠点, に誇っ, の噂, の抜群, の深浅, の特徴, の高い, はあつ, はどんな, は世, は優劣, は包ませられ, も人, をもっ, を以て人, を尊重, を慕っ, を振りまわす, を謳, を負うた, 優れさせ給うた御, 故前聯及之, 有り尤も

▼ 才~ (31, 1.5%)

2 の話

1 [29件] が口, です, には頭, に殺さした, の手, の掛引沢山, の方, の果し合い, の苦渋, の血, の邪剣, はカッ, はプッ, は子供, は小手, は懐, は斯ん, は片手上段, は物々しく, は血, は貝六, は長い, は黙っ, へも一通, へ変, もその, も不敵, をその, を袈裟掛

▼ 才~ (29, 1.4%)

2 という

1 [27件] が亡くなつた, が取りなし, が嘘, が彦太郎, が空, が覗い, が言, が費, でかげ, ではなく, といふ, と法印無道軒, に比べる, に迎, のパトロン, の案内, の遊び, はちよい, はモヂモヂ, は主人市十郎, は子供, は斯, は永禄元年出生候, は首, も下女, より少し, を呼び出し

▼ 才ある~ (24, 1.1%)

2 や否や, 者は

1 [20件] これからの, ものが, ものは, も社会人事, を認めさせた, 人々であり, 人という, 人なるべし, 人の, 女が, 如くに, 婦人と, 怜悧なさばけた, 武将であった, 生まれだけに, 者が, 者と, 者も, 者を, 身には

▼ 才~ (21, 1.0%)

2 があつ

1 [19件] あり外國通辯頭取, ある好男子, が溢れ, で以, で浪人大井久我, で見る, と人, と論理, などといふところ, にまかせ, のからくり, の上, の外, の溢れた, の煥發縱横, の輝いた, もそこ, を僕, 溢れる

▼ 才~ (20, 0.9%)

2 あつた, 行かなければ

1 [16件] きりぬけて, これは, また下等, もって, も無く, 何の, 如才が, 嫁に, 学校を, 学生鞄を, 小学校の, 居たが, 御頑是, 歿した, 行方不明に, 鳴るの

▼ 才~ (19, 0.9%)

1 [19件] がその, がとも思った, が呟く, が頼, とやらァ, と上野敬助, と主人, と浅, と申候, などと書いた, に小声, に石川氏, の周旋, の眼, は一歩, は後, は落着き払っ, は行燈, ェそちゃこの

▼ 才~ (19, 0.9%)

2 は言った

1 [17件] が両手, が傍, が初江, などが一家, などが上っ, の言葉, はそう, は二階, は声, は宗旨, は差出人, は平生胸, は渋い, は父, は眉根, は眼鏡, は話

▼ 才はじけた~ (17, 0.8%)

1 [17件] ことを, ところの, ような, 一少女が, 作者らしい, 女性を, 娘で, 子を, 年増の, 性質を, 方で, 於通です, 童女を, 美しい元禄, 聡明な, 頭の, 顔立ちだ

▼ 才あり~ (15, 0.7%)

1 [15件] うるわしく尊敬, おん身の, しかも事, て, て浮文, とも乾坤, とも奸佞, と謂, 学あり, 學あり, 學あれ, 徳ある, 智あり, 稀世の, 西の

▼ 才ちゃん~ (14, 0.7%)

1 [14件] がわけ, が言う, てば, なんかの若い, に叱られました, に御馳走, に聞い, に話した, は, はそう, は照吉さん, も泣い, や, を呼ん

▼ 才~ (11, 0.5%)

1 [11件] かな, くらいな, といふ, といふ色師, と云う, については憐れ, に懸想, の恋, の親, も実は, を誰

▼ 才~ (10, 0.5%)

1 お六, 力や, 史筆に, 寸劇高尾光子の, 小僧たちが, 小僧達が, 機智の, 機略には, 社交の, 腕だけ

▼ 才図会~ (10, 0.5%)

2 に長 1 にある, には, によれ, に俗伝, に本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也, の岩城山権現, は漢文, もない

▼ 才~ (10, 0.5%)

1 いたして, が出, が首尾, して, たのみ, にて徳川氏, も出, も男, をし, を促したさうである

▼ 才~ (9, 0.4%)

1 つたから, つたのです, といふ子, と思ふ, と見えまし, と言う, のみにし, よ, よ玉屋小三郎

▼ 才を以て~ (9, 0.4%)

1 この世に, しても, す, すること, 働き鳩巣, 参丁校対の, 呉を, 庶民生活の, 自ら任じ

▼ 才~ (9, 0.4%)

1 が預かっ, と妾, などは朝, の費, は, は三百両, は小男, もお, もお隣

▼ 才~ (9, 0.4%)

1 であった, と態度, のある, は持ちあわせ, は是, をふるっ, をもっ, を持っ, 多智

▼ 才なき~ (8, 0.4%)

2 ままに 1 がためなり, を笑い, を自任, 人の, 者は, 者も

▼ 才~ (8, 0.4%)

1 というの, とでもいった, などからなる, の努力, は過去, や流行児, や疲れきった, 無非譎

▼ 才~ (8, 0.4%)

2 に徃 1 と仏蘭西書院, に注文, に立寄り, に至り, に行く, を訪

▼ 才~ (8, 0.4%)

1 の煥發, はすでに, は植弟君, へのあこがれ, を示したら, を誇, を輝かした, を鬪

▼ 才~ (7, 0.3%)

1 からめぐん, でしたが, で大きな, の, の婦人, の男, の痘痕

▼ 才~ (7, 0.3%)

2 を馳せた 1 があった, の高い, を恃, を知られ, を馳せたる

▼ 才次郎~ (7, 0.3%)

1 がひとり息子, という与力衆, という人, とお, の募, も死んだ, も母

▼ 才~ (6, 0.3%)

1 あるいは舞踏者, お五才, 七才だったろう, 五才ばかりの, 歌手としての, 音楽家としての

▼ 才~ (6, 0.3%)

1 が多く, と被, に比すれ, を徴す, を率い, を集め得た

▼ 才八どん~ (6, 0.3%)

1 です, なんかひと, には結構, は店, は深間, は笑

▼ 才取り~ (6, 0.3%)

2 をする 1 ができれ, のやう, のよう, をし

▼ 才~ (6, 0.3%)

1 と申す, に距, に過, はあり, は多望, を彼

▼ 才にも~ (5, 0.2%)

1 密かに, 富んで, 満たない紅顔, 達せぬ頃, 長け向上心

▼ 才不才~ (5, 0.2%)

1 と云う, にも依ります, に惑う, に論, の如き

▼ 才優れた~ (5, 0.2%)

5 族人が

▼ 才博覽~ (5, 0.2%)

1 でいらせられ, で入らせられた, で文學, な方, に諸道

▼ 才氣走つて~ (5, 0.2%)

1 おつ, その上押し, ゐるので, ニヤニヤし, 居るお

▼ 才~ (5, 0.2%)

5 さと

▼ 才とは~ (4, 0.2%)

1 一体どれ程, 仲が, 彼の, 王道の

▼ 才なく~ (4, 0.2%)

1 して, てはと色, とも才, ばこれ

▼ 才なし~ (4, 0.2%)

2 と, といふべからず

▼ 才には~ (4, 0.2%)

1 つい眩惑, 中, 感心する, 曹操も

▼ 才前後~ (4, 0.2%)

1 といふ頃, の女, の少女, 極く

▼ 才長けた~ (4, 0.2%)

1 奸雄の, 好青年, 戦上手の, 羨やむべき

▼ 才あっ~ (3, 0.1%)

1 て徳, て里閭, て門地

▼ 才から~ (3, 0.1%)

1 奉公し, 福崎までの, 蛙ヶ鼻までは

▼ 才だった~ (3, 0.1%)

2 のです 1 健坊と

▼ 才では~ (3, 0.1%)

2 ありません 1 ない

▼ 才でも~ (3, 0.1%)

1 お血統, なく金持, 菊様が

▼ 才という~ (3, 0.1%)

1 ものは, 人間が, 内の

▼ 才どの~ (3, 0.1%)

3

▼ 才はん~ (3, 0.1%)

1 が粗, が駆出し, に話し

▼ 才ばかりの~ (3, 0.1%)

1 バラの, 柄の, 男の子を

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 渡したもの, 迫った, 迫って

▼ 才より~ (3, 0.1%)

1 えらいかも, 上では, 何の

▼ 才よりも~ (3, 0.1%)

1 妙なり, 曹丕の, 粗朴

▼ 才をも~ (3, 0.1%)

1 かえりみず学界, 商売に, 有つて

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 である, の入口, の奴等

▼ 才右衛門~ (3, 0.1%)

1 と改名, の二男, も参るべく

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 よりこれ, より当世, より當世

▼ 才女らしく~ (3, 0.1%)

1 もあり, ハキハキ答, 歌を

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 につき, を以て世間, を述べ

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 が石川, の放恣, はむかし

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 なく学, なり加, にし

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 であったと, といわれる, の評判

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 にこそとて我と, の人, 長ぜずして

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 となっ, なる父, の死

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 で今日, で行われた, をみな

▼ 才~ (3, 0.1%)

1 が目立たずし, の目だたぬ, を早くから

▼ 才ずつ~ (2, 0.1%)

1 二千五百八十名への, 吐き出すコンクリートミキサー

▼ 才たけ~ (2, 0.1%)

1 たりとはかくして, てみ

▼ 才たる~ (2, 0.1%)

1 を知るべし, 証拠には

▼ 才だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, で最

▼ 才であっ~ (2, 0.1%)

1 てもこれ, て尭孝

▼ 才であった~ (2, 0.1%)

1 が或, が智恵

▼ 才である~ (2, 0.1%)

1 からつつまう, その才

▼ 才でなく~ (2, 0.1%)

1 てどんなに, てはなりますまい

▼ 才といふ~ (2, 0.1%)

1 女が, 女は

▼ 才とが~ (2, 0.1%)

1 仲の, 清麿の

▼ 才として~ (2, 0.1%)

2 寧ろ之

▼ 才との~ (2, 0.1%)

1 下を, 間に

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 ことを, 信西入道です

▼ 才なども~ (2, 0.1%)

1 ついには, 豊富であろう

▼ 才なら~ (2, 0.1%)

1 ば自分, めど

▼ 才なりと~ (2, 0.1%)

2 認むる能はず然

▼ 才なれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 才はじけ~ (2, 0.1%)

1 て同じ, て浮

▼ 才ばかり~ (2, 0.1%)

1 なる稚児, 見えて

▼ 才まで~ (2, 0.1%)

1 おさげ, 獨身で

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 徳トシテ彼女ヲ, 観ント欲ス

▼ 才一郎~ (2, 0.1%)

1 が嘉永五年七月一日, はこの

▼ 才三方~ (2, 0.1%)

1 へ嫁, へ約束

▼ 才二十七八~ (2, 0.1%)

2 の中年増

▼ 才五郎~ (2, 0.1%)

1 が老中溜り間, は平伏

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 と云, は茶山書牘中

▼ 才先生~ (2, 0.1%)

1 でさえ知らない, に訊い

▼ 才兵衛さん~ (2, 0.1%)

1 も綺麗, や

▼ 才厚徳~ (2, 0.1%)

2 の士

▼ 才圖會~ (2, 0.1%)

1 に従, に或

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 な紳士, に徳

▼ 才文武~ (2, 0.1%)

1 を兼ね, を兼ねた

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 て世, べしとの

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 がある, は伊藤

▼ 才次郎先生~ (2, 0.1%)

1 に會, は伊那高等女學校

▼ 才殺し~ (2, 0.1%)

2 の下手人

▼ 才氣煥發~ (2, 0.1%)

1 だつた, といつた

▼ 才無き~ (2, 0.1%)

1 者も, 者健康者と

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 の問答, の如き

▼ 才組織~ (2, 0.1%)

2 の能力

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 にかけても断然, に慢

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 ある歌妓, でなぜ

▼ 才迄の~ (2, 0.1%)

1 子を, 子供が

▼ 才~ (2, 0.1%)

1 だっていう, であろう

▼ 才高き~ (2, 0.1%)

1 ある夫人, によりてこ

▼1* [267件]

あつて然, 才あの博識, 才あまりある男, 才あらゆる人材が, 才いみじきよし, 才おん身の藝, 才お菓子を買い, 才かしこに容れられざる, 才きわまる科学を, 才くらいの革の, 才ぐらいの年輩で, 才ぐらゐの子であつ, 才ぐれえな小児だ, 才ここににほひ, 才この術を, 才辺みずからその, 才ごろであろうか, 才さんのですよ, 才しかありません, 才しかして英三は, 才すでに病院生活は, 才ずんぐりと太, 才そこに, 才そこそこの若, 才たちまち煥発す, 才だったろう初夏に, 才だにあらば, 才であれば負け, 才であろうか菅谷, 才ですと正直, 才でないと云う, 才で隣りの職人, 才とか青二才とか, 才とかいふ方面は, 才とぼしく家祖の, 才とをもって, 才なさけ似ざるあまた, 才なと小野さんの, 才などが結合され, 才などと名づけて, 才などの事を, 才などは足許にも, 才なにがしの女房, 才なり海路は, 才なりし故直木三十一, 才なる者は, 才なんぞはまあ道化役者, 才にかけては比類すく, 才にて進みたるの, 才により功を, 才によるらしい, 才に対する尊敬の, 才に従って偶然に, 才のきはなみ, 才のというだん, 才のみ知って, 才のみの虫少年が, 才はかる秤器の, 才はじけぬ人が, 才はほどなく鎌倉, 才ふけにけり, 才ぶった様子が, 才への興じかた, 才までが覚束ない, 才ゆえ助けて, 才いざ我, 才よし自家相伝の, 才らしくまた何, 才をさえ有して, 才アリテ能之ヲ成シ, 才ザンギリ髪といふ異形, 才ダンテに劣るまじき, 才トノ二ツニ分ツナリ識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 才拙キ者アリ, 才ニヨツテ育ヲ楽シミ一律ニ, 才ニ饒カナレドモ識ハ短ナルガ如シ, 才ニ饒カニシテ識ニ乏キ者アリ, 才短キヲ不肖ト云フ, 才ハ各部神經ノ作用ニ由ルコトト, 才一光の曲技, 才一方の年上, 才三さん丈八ッさんと云, 才三女のジェン, 才三絶の賢婦人, 才だったから, 才才徳不徳その, 才丸あたりの馬, 才丸ぢや大きに, 才乏しく徳低き, 才乗物ぎらひの酒ずきとよ, 才今日の三浦謹之, 才のこと, 才以下の天分, 才以為えらく婦人, 才を以て妥, 才位会読をする, 才佐遂同到礫川, 才何ぞその恆, 才何ものぞ, 才何んとなく, 才俊豪傑をし, 才信士という, 才僅かに坐, 才だ, 才六どんあれは飛んだ, 才兵衛お前は十九, 才兵衛ア坊主になら, 才兵衛九つになった, 才分境地には大小, 才助あてに提出, 才助さんで, 才助それを受取り, 才助今日といふ今日, 才助紀の内意, 才といふ匿名, 才博識として朝野, 才取り経済による紙幣, 才右衛門一貞は知行二百石, 才右衛門宛にいたしおき候え, 才名一時に高, 才名世に許され, 才名同族を圧し, 才名高く馬氏の, 才はまだ, 才器縱横を誇張, 才図会出板の少し, 才図絵には丹波国遠坂村, 才圓喬のこの, 才圖會二七に按ずる, 才圖繪に, 才塚野君の採集, 才士らに嫌, 才士此国にたどりし, 才多力である爲, 才大いに受ける, 才大学では数学, 才大徳がなぜ, 才とすれ, 才学兼備で表面, 才学凡ならぬ優秀, 才学非凡でしかも, 才學一世を曠, 才學識の三長, 才宏劉なるかなと, 才典従容之, 才です, 才小屋と富貴, 才小春とお, 才市それがうっかり, 才のある, 才弁縦横の若い, 才弓馬に堪うる, 才張玉に及ばず, 才彈けた男ですよ, 才彼情を棄てつるなる, 才得易すからず, 才釈迦様が, 才の導き, 才を愛でた, 才情円熟なる伊藤侯, 才情圓熟なる伊藤侯, 才情婉往事南朝感慨深我, 才戦時の忠将, 才技肌ではない, 才敏而好学多病而不能継其業以其門人直卿為嗣, 才旗秋山の諸, 才早大学生のオーケストラ, 才な人, 才曰く我また何ぞ, 才有り行無く, 才木茂右衛門と云う, 才東坡柳州の筆, 才果して何, 才に依り, 才次夫婦も子供たち, 才次自身たいていな, 才次郎播磨西村の百姓堀井儀三郎, 才正男が五才, 才正義潔癖は認め, 才段々馴れて, 才氣峻峭なる壯年政治家, 才氣横溢で進取果敢, 才氣眞氣などといふ語, 才氣走つた人に反, 才氣走つた娘で, 才氣走つて油斷のならぬ, 才氣走つて疳の昂, 才決して然らざるなり, 才浅く智乏しい, 才と云, 才の一徳, 才せる情, 才無く力弱く, 才煥発なり, 才をあ, 才牛十三年忌追善のもの, 才牛市川団十郎が日本随市川, 才のきかぬ, 才疎く万事人望に, 才発けた商人風のと, 才発家事よりは社交, 才き想, 才継で, 才相当って居り, 才相應じ四境清平, 才識浅年三十を, 才れしもの, 才秀でよく戦策, 才秀でたるわが友, 才程に成長した, 才穎天宝の末年, 才穎天寶の末年, 才をうかと, 才干す下, 才美人を写し, 才などの叶音説, 才の事, 才をもち, 才色白で髪, 才華はなみならぬもの, 才華天分精進においては靈山子, 才華悧悧たる眼, 才華燦爛心を慰むる, 才華玉の如き, 才華発越筆をとれ, 才華美貌を讃える, 才か何, 才をこえ, 才行器識ありうた, 才覇気まかり違えば, 才親分は討死, 才覺ひとつにて良人, 才計りの子供, 才謀学識の人いちばい, 才なりと稱, 才豪邁の人物, 才貌ともにお, 才貌共に予期, 才貌兼備の婦人, 才貌兼備才の方, 才貌双絶の艶名, 才賢く立廻っ, 才ではありますまい, 才赤い襦袢を, 才足らざるに苦しん, 才足らざれは記し, 才足らず苦しんで, 才踈ニ識浅く加, 才はある, 才辯多智なる陸奧伯, 才くづれ, 才逸足の徒弟, 才達識の人々, 才計ちょっと, 才野郎がどういう, 才鎚環で強く, 才長けている, 才陣営の巨雄, 才雄激昂して, 才のごとくただよう, 才音楽を要求, 才のとき, 才であって, 才き人物, 才魯粛を凡人