青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平素~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~
平素~
平野~ ~年 年~ 年々~ 年中~ 年代~ 年増~ 年寄~ 年月~ 年来~

「平素~」 1016, 9ppm, 11242位

▼ 平素~ (240, 23.6%)

11 ように 8 やうに 3 二倍もの, 彼とは, 生活に, 通りの 2 不満が, 優しい静子, 初々しい温和, 生活の, 督促状とは, 行状や, 言葉は, 訓練が, 起居動作を

1 [191件] うそを, おどけた人柄, おれでない, お指図通り, お雪, かれの, ことが, ことだ, ことであった, ことなどを, ことは, ことも, ごとく家, その人, たしなみも, ため, つ, とおりファンティーヌの, とおり光が, とおり食い, ならは, ひとりごとの, ぼくなら, ぼんやりしてる, ま, ままだ, ままで, ままに, やりかた, わたしたちが, ん気な, 三倍も, 不徳に, 不沙汰, 主張からも, 主張で, 主義として, 二倍も, 交渉なり, 交際には, 仕打ちの, 住宅と, 余りの, 俊夫君に, 修練で, 修養に, 倍も, 冷淡を, 冷静な, 冷静を, 制服といふ, 剛情なる, 剛愎は, 勇気を, 千代と, 半分ばかりも, 博覧癖から, 厚情に, 叔父とは, 取引商人である, 口調で, 吾に, 均衡を, 場合でございました, 声に, 夜であったら, 夜の, 奥畑は, 好物を, 如く健康人, 妻の, 姿勢どおり腹匐いに, 威望と, 宗教哲学的研究が, 寝不足を, 審美論にも, 小品の, 左大臣の, 差別的言動が, 幾倍と, 弾力を, 彼らしくない, 彼を, 彼女にも, 得意先から, 御無沙汰やら, 御無音を, 御鴻恩, 心がけが, 心を, 心安だて, 心掛けが, 心掛けや, 忘却の, 思慮も, 性行から, 性質品行学芸名望その, 悪党がりが, 態度から, 態度と, 態度とは, 慎み深, 慣例を, 憤りから, 憤懣を, 持論にも, 持論を, 日なら, 時でも, 暗い顔, 服装という, 服装の, 李には, 様に, 様子に, 欲望を, 民弥なら, 洒落な, 活動的な, 活溌さが, 淋しい自分, 淳良な, 温和し, 溌剌と, 火事にも, 火事場の, 無沙汰ほど, 無沙汰を, 無造作に, 物臭な, 状態に, 生活には, 生活状態や, 用は, 用意に, 用意到らざる, 百倍もに, 眷顧に, 確信をもって, 私と, 節倹なる, 精気が, 細心の, 習慣を, 習練を, 臆病にも, 自分を, 自分自身では, 自己以上に, 落ち着きに, 落ち着きにも, 落ち着きを, 落付を, 行いを, 行ないも, 行儀を, 行為に, 行状から, 行状などを, 行状なんて, 行状を, 衣裳を, 表情は, 親しみを, 言葉や, 言行に, 言行の, 訓育の, 調子で, 調子に, 調子を, 豪快な, 身汚な, 通の, 通りだ, 通りだった, 通り他の, 通り老婢が, 達雄さんには, 金兵衛よりも, 陰鬱な, 顔と, 顔とは, 顔付とは, 願の, 願望で, 願望でありました, 願望は, 食料であった, 食料は, 高慢な

▼ 平素~ (130, 12.8%)

4 何の

2 [12件] それほどにも, それを, なにかに, はるかに, 快活な, 感じない家, 温厚な, 神様を, 自分の, 青年も, 非常に, 黙々として

1 [102件] あまり先へ, あまり往来, あまり講義, あれほど, あんなで, あんなに穏, おとなしい性質, こうした軽罪, この部屋, こんな眼鏡, ごく荒っぽい, さすがに, そう思っ, そのよう, その時, それほど気, そんなこと, たいへん話下手, どんな人, なんとも意識, のらくらし, ひどく愛想, ぼくの, まぎれて, むしろ構わない, めったに家, もう森閑, クリストフの, タコが, トカゲの, ノートを, ヤス子を, 一度も, 一点非の, 三十匹くらいしか, 三崎遊廓の, 三盃上戸と, 上, 中門に, 主として鳩尾, 二千メートル以上の, 人様などと, 仲が, 余りに単, 余り寄付かない, 健康すぎる, 僕も, 全く身動き, 其程注意を, 前記の, 十以上も, 厳格な, 可なり, 四十万である, 四角な, 大抵彼, 好んで, 好色な, 家臣の, 寝室と, 少しも, 居村の, 左衛門町に, 巧みな, 彼は, 彼女の, 思料深い, 愛嬌が, 感傷的でなかった, 投げやりの, 早く起きる, 明間に, 朝から, 木綿で, 梵天帝釈などの, 殆ど忘れ, 母親の, 気づきも, 決して岸, 決して成績佳良, 注意深い彼, 浅草橋を, 火鉢だけ, 無論牧畜, 煩いと, 白昼でも, 監守の, 禁足地の, 立派な, 節子任せ, 繊細である, 自分で, 至って無口, 至極頑健, 菜っ葉とか, 見えないけれども, 身装に, 軍部関係出入り記者で, 鉄筋と共に, 顔さえ, 馬の, 麻裏草履や

▼ 平素から~ (96, 9.4%)

2 厳格な, 口数の, 妻に, 懇意に, 評判の, 非常に

1 [84件] あまり人に, あまり手出し, いかにもきびしく, お好き, かうした囚, こういうコセコセ, こんな画, その人たち, それが, それだけの, だらしなかった, てきぱきした, とやかくと, どんな考, もう少し大事, わりに小さかっ, 一角は, 不逞の, 世話に, 人交わりを, 人間は, 仕事に対して, 余り書物を, 公の, 反省し, 名前は, 嘉兵衛の, 四郎兵衛を, 女と, 子供を, 学問の, 官兵衛と, 実は宗蔵, 客としての, 宦官を, 尊敬し, 希望し, 弄剣に, 御懇意, 心を, 心服し, 快く思っ, 快く思つて, 思って, 意思の, 探し狙って, 教えならされた, 教会で, 樽野は, 正直者として, 民衆の, 気が, 気に, 注意し, 淋しいところ, 無鬼論, 熟知し, 用心深く世間, 留守居は, 病身で, 痩せて, 科学知識の, 節子は, 自分の, 自分を, 良人の, 芸術的理解力においては, 表情の, 見ると, 言葉数の, 訝しいよう, 貴君を, 辛抱強くしつけられ, 退け者, 重い物, 金には, 雪子ちゃんの, 雲林が, 青, 頑健な, 頬紅を, 頼んで, 食物を, 黙って

▼ 平素~ (28, 2.8%)

2 似ず檻, 似ない愛嬌

1 [24件] たがわず健康, ない岸本, ない振舞, ない生真面目, ない苛酷, ない調子, なく内部, 似ずきっぱり, 似ずきつ, 似つかず加代子, 似ない行儀, 似合わない元気, 似合わぬ厳格, 倍し, 報いようと, 増したやさし, 増した人波, 変らぬご, 就いて, 幕府の, 於て, 比べて, 製造全能率販売全能率を, 見られないよう

▼ 平素~ (26, 2.6%)

3 異なる行動

1 [23件] すこしもお変り, ちがう行動, ちがって, まったく反対, 云うの, 全く矛盾, 全く違つた, 全然変わっ, 変った所, 変った様子, 変らないが, 変らぬ様, 変りは, 大変異う, 寸分違は, 寸分違わぬ, 少しの, 少しも, 異った, 異なった所, 異なる食物, 違ったご, 違ふ

▼ 平素より~ (22, 2.2%)

2 なおいっそう, 随喜渇仰の

1 [18件] いくらか, いっそう醜く, いっそう陽気, おちついて, はるかに, ぼんやりし, 一層心, 元氣, 多少饒舌, 尊敬いたし居ります, 少し遅く, 年が, 幾分多く, 度を, 御隠居さま, 更に閑静, 気象なる, 釈氏を

▼ 平素~ (15, 1.5%)

2 をつけた

1 [13件] ている, でやってきた, で楓, と代え, なれた振袖, に, の仕立物, の仕立直し, の着流し, は薄, らしい浅黄色, をぬぎ捨て, を貰っ

▼ 平素よりも~ (10, 1.0%)

1 いっそう利己的, そうぞうしいよう, 一層男性, 一層若々しく, 大きくなっ, 数を, 更に一層元気, 気息を, 激しく匂, 遙に

▼ 平素よりは~ (9, 0.9%)

1 いっそう華美, さらに冷やか, 一層真面目, 別して美しく, 萎れて, 鈍いやう, 鈍いよう, 随分長く, 顔の

▼ 平素なら~ (8, 0.8%)

2 母の 1 てつきり遠, ば誠に, 兼吉桑作共に, 夜遅く, 熱中できる, 私は

▼ 平素からの~ (6, 0.6%)

1 希ひであつ, 心掛けは, 疑いが, 相互理解である, 軽いかわいた, 防空訓練の

▼ 平素その~ (6, 0.6%)

1 三十人大家族と, 人格に, 学問を, 活眼ある, 父から, 襲撃に

▼ 平素あまり~ (5, 0.5%)

1 かわいくない, こんなもの, にも無, 好まれて, 寝たこと

▼ 平素自分~ (5, 0.5%)

1 から, に好意, の家, の用事, の考へ

▼ 平素~ (4, 0.4%)

1 いかにも平和, 不和であろう, 売出しでなけれ, 悪いから

▼ 平素とは~ (4, 0.4%)

2 違って 1 なんだか違ってる, 違つて何かに

▼ 平素には~ (4, 0.4%)

1 似ず大げさ, 似ず大袈裟, 家号のみを, 戦略や

▼ 平素にも~ (4, 0.4%)

1 なく召使いども, 似合わぬこと, 信長の, 勝し

▼ 平素~ (4, 0.4%)

2 知って 1 思いあわせると, 酒に

▼ 平素めったに~ (3, 0.3%)

1 人が, 半蔵には, 口に

▼ 平素~ (3, 0.3%)

1 きちんとした, なかなかの, 大まかであり

▼ 平素よく~ (3, 0.3%)

1 おつき合い, 心がけて, 物の

▼ 平素~ (3, 0.3%)

1 と争うた, に佛蘭西語, に役

▼ 平素~ (3, 0.3%)

1 が云ってた, の頬, は彼女

▼ 平素~ (3, 0.3%)

2 が付け 1 障な

▼ 平素温和~ (3, 0.3%)

1 しい善い, なかれに, なるも

▼ 平素~ (3, 0.3%)

1 はそれ, は迷信, を実子

▼ 平素見馴れ~ (3, 0.3%)

2 ている 1 てゐる

▼ 平素運動~ (3, 0.3%)

2 をすこしも 1 をし

▼ 平素あまり人~ (2, 0.2%)

1 の入り込まぬ, の気

▼ 平素あれ~ (2, 0.2%)

1 ほど剛直, ほど我慢強い

▼ 平素~ (2, 0.2%)

1 得意先の, 経を

▼ 平素この~ (2, 0.2%)

1 人が, 点について

▼ 平素それ~ (2, 0.2%)

1 を人, を欲し

▼ 平素~ (2, 0.2%)

1 すら男, 牡蠣殻の

▼ 平素でも~ (2, 0.2%)

1 泣くこと, 肉を

▼ 平素めった~ (2, 0.2%)

1 に人, に取り出した

▼ 平素もっとも~ (2, 0.2%)

1 大切に, 苦悶に

▼ 平素もっぱら~ (2, 0.2%)

1 実験を, 文献いじりの

▼ 平素交際~ (2, 0.2%)

1 する社会, せる人

▼ 平素仕馴れ~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ 平素何事~ (2, 0.2%)

1 につけ, によらず

▼ 平素冷静そのもの~ (2, 0.2%)

1 といわれ, といわれた

▼ 平素勉強~ (2, 0.2%)

1 をし, をせない

▼ 平素~ (2, 0.2%)

2 にしない

▼ 平素~ (2, 0.2%)

2 を相手

▼ 平素姿~ (2, 0.2%)

1 をみせない, を見せない

▼ 平素~ (2, 0.2%)

1 に誠実, の中

▼ 平素忘れ~ (2, 0.2%)

1 がちな, ていた

▼ 平素抱懐~ (2, 0.2%)

1 して, 致しおり候う日本民族成立上

▼ 平素新聞~ (2, 0.2%)

1 の発展, を購わず

▼ 平素書斎~ (2, 0.2%)

1 にやって来る, の塵

▼ 平素相当~ (2, 0.2%)

1 な生活, の扶持

▼ 平素神様~ (2, 0.2%)

1 を御, 御信心

▼ 平素考え~ (2, 0.2%)

1 ている, て居る

▼ 平素考へ~ (2, 0.2%)

1 てゐた, て居る

▼ 平素自明~ (2, 0.2%)

2 のもの

▼ 平素薄命~ (2, 0.2%)

2 を口

▼ 平素路上~ (2, 0.2%)

2 にころ

▼ 平素~ (2, 0.2%)

1 なんか呑んだ, をつつしむ

▼ 平素酸性~ (2, 0.2%)

2 の多い

▼ 平素非常~ (2, 0.2%)

1 に世話, に遺憾

▼1* [294件]

平素あまりに法律に, 平素あまり区別のない, 平素あまり接触の機会, 平素あまり議論をこのまなかった, 平素あまり魚類を嗜まない, 平素おとなしい山内を, 平素お洒落の人, 平素かけない習慣に, 平素かなり理想家である, 平素きたえにきたえた, 平素くわしいことも, 平素こういった方面, 平素こういう身装が, 平素これにペン, 平素せんぶりを嘗めつけた, 平素それほど気にも, 平素それ等の医師, 平素そんな服を, 平素たしなむ酒の, 平素であったならもっともっと大騒ぎ, 平素ですか, 平素どちらかと云え, 平素どんな生活を, 平素なかったの, 平素なら恍けておく, 平素なるべく奇抜な, 平素においても演説は, 平素については善く言っ, 平素のきげんを, 平素はさほどで, 平素ひどく粗食し, 平素ぼくは思つて, 平素まことに言葉も, 平素まつたく映画に, 平素めつたに思出, 平素もう疑惧, 平素もつてゐる, 平素エジプト煙草は嫌い, 平素オースチンの思想, 平素デビーの書記兼助手, 平素トナカイを養い, 平素ネズミの通う, 平素バットばかりしか吸わない, 平素か八, 平素一二の教授, 平素一方を向いてる, 平素一日おきには必ら, 平素一見して, 平素万事に対して注意, 平素のよう, 平素本意にも, 平素不仲な兄, 平素不眠になやん, 平素不自由極まる生活, 平素不足して, 平素世界をもっ, 平素世間から侮られ, 平素主人を大切, 平素云っている, 平素交わる人々について, 平素人形や阿, 平素人殺しをする, 平素人間に近く, 平素人間同士相殺して, 平素仕えては江戸表, 平素仕事の間, 平素ノ嗜好ナシ, 平素他人に向っ, 平素住んでいる, 平素佐助に手, 平素とも思わなかった, 平素何等かの機会, 平素余り好かない煙草, 平素余り無責任に取扱いすぎ, 平素佛蘭西語を耳, 平素使う沃度の, 平素侠客をもっ, 平素信じていた, 平素信仰せるところ, 平素借財はあっ, 平素健かで仕事, 平素健脚を誇っ, 平素充分の事, 平素の杵, 平素全く知らざる人, 平素全然感知しない, 平素其心に憂慮, 平素其方の研究, 平素内地人に抱い, 平素冒険的の気性, 平素出入りを許し, 平素利益になつ, 平素劇場に出入, 平素勝手元不如意を申し立て, 平素医薬分業を唱, 平素単に強壮と, 平素めしい大, 平素口論一つしたこと, 平素なり贅沢, 平素可愛がって, 平素同情などという優越的態度, 平素君江が何, 平素君達の境遇, 平素命じて酒, 平素が薄く, 平素善根を積んだ, 平素国猿を憎悪, 平素土底から女, 平素地下又は植物, 平素坦々たる心境, 平素執務の際, 平素壮健な人, 平素外部から役人諸君, 平素多少己に対して, 平素夜行の際, 平素大学教授といふ名前, 平素天然を楽しん, 平素夫人が愛し, 平素の客, 平素女丈夫と言われ, 平素女房にいたぶられ, 平素好ましく思って, 平素好めることとて, 平素如何に鉱毒地民, 平素子どものよう, 平素子供達のこと, 平素学問もあり, 平素学生に向っ, 平素安心して, 平素安死術を主張, 平素宣言してる信念, 平素宮将軍のお, 平素家人の出入, 平素家族の者, 平素宿の者, 平素尊敬して, 平素屠殺を業, 平素山水の眺め, 平素崇拝して, 平素巫山戯たことを, 平素市中の百貨店, 平素師事されて, 平素座談の折ふし, 平素に趨くも訓誨, 平素に苦め, 平素強健なる人, 平素彼らの食料, 平素彼女は早め, 平素彼等の武器, 平素彼等夫婦の深い, 平素往々患うる所, 平素つつある, 平素小言を, 平素心掛けている, 平素心理衞生英文に關, 平素忘れられてることに対する, 平素には念, 平素怒りつぽくて, 平素出さないやう, 平素思っている, 平素思出したこと, 平素恥ずかしがりやだった彼, 平素恨みを抱く, 平素まれもの何う, 平素悲喜ともに節, 平素想像して, 平素愛想のいい, 平素愛誦の謡, 平素愛読してるフランス革命史, 平素憂悶の日, 平素憂慮する所, 平素憂慮苦心せる事柄, 平素憎悪んでいる, 平素憤慨して, 平素懇意にする, 平素抱いている, 平素持ってい, 平素排斥しつ, 平素探偵小説など見向き, 平素描き馴れてゐる, 平素敬愛し居る人, 平素敬慎の心, 平素日常の素顔, 平素春琴に随行, 平素曾根の口, 平素最も親密な, 平素馴れた家, 平素正直な博士, 平素武家から極端, 平素るく, 平素歩き馴れてる所だ, 平素死牛馬を屠る, 平素殺生戒を守ろう, 平素比較的快活な, 平素江原印刷所に出入, 平素決して先生と, 平素沈着を以て聞え, 平素沈黙であるかわり, 平素沈黙寡言学力はさほどでない, 平素涸沢であるもの, 平素深く仏教に, 平素渇望の念, 平素滋養として牛肉, 平素漁夫によって捕獲, 平素漬物ばかりを噛, 平素潜んでいた, 平素を記入, 平素無口な案内者, 平素無断で他, 平素は髯, 平素牛肉などは三人前, 平素牧畜をやつ, 平素を考える, 平素犯罪学に興味, 平素独り味い誇る処, 平素の様, 平素現代の青年男女, 平素理科知識に対して冷淡, 平素琵琶を愛し, 平素甚だ敬重せざる, 平素を鑑賞, 平素留守番許りさせられて, 平素畜生を灰色坊主, 平素疎遠にしてる, 平素病身ではあった, 平素痛嘆する所, 平素の起らない, 平素皇后の徳, 平素監督不行屆, 平素を掛け居る, 平素県令国貞廉平の施設, 平素眼前皆不平, 平素研究しおくは, 平素祖父に不, 平素神信心をしない, 平素種々の関係, 平素稲荷信仰なれば, 平素笑った時に, 平素粗食をし, 平素精神的に余りに, 平素紋附の寝, 平素純粋な精進料理, 平素紙入の中, 平素練習を怠らなかった, 平素繁劇の人, 平素に, 平素聞きなれてる炉の, 平素肉体を酷使, 平素胸中にわだかまっ, 平素自由を尊び, 平素芝居でも見られる, 平素苦役に飽, 平素菜食の結果, 平素の垂, 平素衛生に注意, 平素見なれていた, 平素見慣れたるものは, 平素見込みの悪い, 平素見馴れた親しい友, 平素見馴れない自分自身に対する, 平素言つてらつしやら, 平素を秤盤, 平素誠実に働き, 平素読んでいらつ, 平素にも話, 平素諸君から受ける, 平素謙遜の谷風, 平素識らず識ら, 平素護国寺の観音様, 平素貞之助の書斎, 平素貴下の作品, 平素身体が比較的, 平素身辺に大小種々, 平素身近に帯, 平素近づいてゐれ, 平素通りな有様, 平素通り幸福そうに見える, 平素逸楽を擅, 平素遊びにやって来, 平素遊び手として定評, 平素配給物ばかり食べ, 平素を下さない, 平素鍛錬の出来, 平素関西地方の実際, 平素阪井の傲慢, 平素隣りの人たち, 平素に過去, 平素音樂的な文體, 平素頼みにし, 平素風前に立て置ける, 平素食料として捕獲, 平素飲まない酒を, 平素魚鳥の料理, 平素黒衣を著し