青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悠々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恩~ ~息 息~ ~息子 息子~ 恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く 悉く~
悠々~
~患者 患者~ 悩み~ ~悪 悪~ ~悪い 悪い~ ~悪かっ ~悪く 悪く~

「悠々~」 1611, 17ppm, 6817位

▼ 悠々~ (1095, 68.0%)

27 歩いて 26 して 15 出て 11 腰を 9 泳いで, 煙草を 7 流れて 6 自分の 5 ここに, 照り暮す山々, 輪を, 長い春 4 したもの, 水を, 糸を, 遊んで

3 [15件] タバコを, 動いて, 帰って, 散歩し, 歩を, 煙を, 腕を, 舞って, 茶の間へ, 落ちついて, 足を, 這入って, 階段を, 飯を, 馬を

2 [60件] お茶漬, した足どり, のぼって, パイプに, 上って, 京の, 休んで, 先に, 勘定まで, 吹き上げてから, 地上に, 坐り込んで, 壁に, 女の, 姿を, 尾鰭を, 巣鴨を, 引き上げて, 引上げて, 扇を, 支度を, 時代を, 机に, 構えて, 横行し, 次の, 歩いた, 歩き出した, 歩く, 浮んで, 澄し込ん, 眠って, 着物を, 私を, 立ち上った, 立ち去って, 立去った, 笛を, 箱根や, 箸を, 羽づく, 肩を, 茶などを, 茶を, 落ち付いて, 葉巻を, 蒲団の, 詩を, 読書に, 身を, 身仕度を, 通って, 酒を, 釣りなどを, 釣りなんぞ, 飛んで, 飲んで, 高く舞っ, 髪を, 鼻髯を

1 [784件 抜粋] あちこちで, あちらへ, あちらを, あの小説, あの柳, あるいて, あるは, いつまでも, いわせただけでも, うって, うねり流れ, おくつろぎ, お世辞, お休み, お前の, お話しちゃおられません, お賽銭箱, きょうの, くつろげて, ここの, ここへ, この時岩, この本屋, この館, こんなこと, さいぜん立った, しすぎて, したおちつきそして, したところ, したひろ, した印象, した希望, した手つき, した気もち, した気持ち, した糸, した美し, した表情, した足取り, した顔つき, してと, しゃがみ込んで, するよう, せし故, そういう記録, そこらの, そこを, そのお話, そのビヤホール, その大名, その後へ, その船, ただ一騎乗り, ただ消化する, つかいながら, つき添いながら, とって返して, どんなこと, ながれるよう, ねそべって, ねて, のさばり行く, のたくって, はいって, はいて, ひたって, ひろが, ひろげて, ふりかえり, ほかへ, まくり上げて, また濃霧, みせて, もう朝日, やがて使者, やって来たり, やられて, やるん, やる馬上, ゆき過ぎた, アビトの, オールを, ゴールイン, スコッチを, タバコに, デパートの, バットの, パンを, ポケットから, 一めぐり見, 一休みし, 一場の, 一年間の, 一発放った, 一首の, 万年筆を, 上洛した, 上空を, 下りて, 下宿の, 主人の, 乗つ切る川, 事務を, 二三間先き, 二千メートルの, 云いつづけた, 云い出した, 云っても, 人々を, 今まさに, 仏租界の, 他を, 会うかも, 会ってなんか, 体得し, 体操などを, 何事かを, 余生を, 併し, 修行が, 停車場へ, 傘も, 充実した, 入って, 入口から, 八住を, 公衆の, 六十年の, 兵糧を, 其場あとに, 内へ, 処方箋を, 出づ, 出口の, 出座するなどという, 刀など, 刀を, 剃り終り, 前に, 動じる色, 午餐を, 卓布一杯に, 南京米の, 印象を, 去来する, 又刀, 古代へ, 右衛門の, 吉祥天女像を, 向こうへ, 吹かす, 味い, 味わい, 唄いつづけた, 唸ること, 啼いて, 四つ這い, 四肢を, 国境を, 土手で, 地下を, 地平から, 坐つて, 城壁へ, 堤を, 墨を, 壇を, 夜光の, 大将の, 大浪を, 大胯, 大飯を, 天寿を, 天王寺の, 奥に, 如是の, 子分連中の, 安らかなる, 安国山の, 宵の, 家に, 家来に, 家畜の, 寝そべって, 寝て, 寝台に, 寝過して, 小便を, 小取廻し, 小春の, 少将を, 尻を, 居残って, 山を, 山林に, 崖を, 川に, 巻煙草に, 巻煙草へ, 席へ, 帰つ, 帰つて行く, 帽子の, 帽子を, 平衡し, 床の間へ, 店を, 府中の, 座敷を, 廻つてゐる, 廻わっ, 引きあげて, 引き上げた, 引き上げる, 引上げた, 引揚げた, 強敵と, 当面の, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 待って, 後から, 御暮らし, 御焼香, 微吟を, 微笑を, 心の, 忙か, 念入りに, 息を, 憎て, 戻って, 扉を, 手に, 手術室には, 担いで, 拡がって, 拡がつて, 拾い取って, 拾い集めて, 持ち忘れた笠, 持って, 指の, 振返った, 掻ッこん, 提灯の, 握飯食った, 支えられる筈, 支倉が, 敷島を, 斜に, 方々の, 方向転換を, 旅し, 日当りの, 日本全国を, 昇り出した, 時間を, 晝飯を, 暗室へなど, 暮らせるよう, 書かれたもの, 曹操の, 朝に, 朝寝を, 朝寝坊し, 朝飯に, 未來の, 村の, 来かかる, 杯を, 東の, 枕の, 森へ, 椅子から, 検閲を, 楡の, 楽しまうと, 楽しむ心, 構えては, 構へて, 横ぎってゆく, 機を, 機密書類を, 正しく信念, 正月を, 此處に, 歩きながら, 歩きまわった, 歩く気持ちはちよ, 歩けるくらいの, 歩み出す, 歩み行く田山白雲, 歩行き出した, 死骸の, 毎日昆虫網を, 気長な待たせ, 汗を, 池へ, 沈んで, 河を, 泊りこんで, 波間に, 泳ぎ廻つて, 泳ぎ廻る, 泳げ廻れたらどんなに, 洋傘を, 流るる河, 流れるユーコン, 流れ入, 浮かんで, 海を, 浸って, 消えて, 清貧に, 済ました顔, 游ぎ廻つて, 湯を, 満ち広がった, 滑りゆくよう, 滞在する, 漂流し, 火を, 烟を, 然しいさ, 煙りを, 煙草入れを, 煙草入を, 片足を, 片隅に, 牛馬の, 独木舟の, 独歩し, 獣医の, 玄関から, 玄関の, 玄関を, 玉座に, 班長と, 現れて, 現われて, 現われました, 生涯を, 用を, 男には, 畑を, 白い腹, 白樺の, 白髯を, 盛んな, 目安箱を, 看督長, 真鍮環の, 眠り目, 着衣持物などを, 石柱の, 砂利道に, 砂風呂の, 破られた柵, 碁を, 礼に, 秀吉は, 私に, 穏やかな, 空しく待っ, 空中へ, 空駕籠を, 窓から, 立ち上って, 立ち上り微笑さ, 立ち去った, 立ち去ったという, 立ち去つたの, 立って, 立つて, 立上つ, 立上つて湯ぶねを, 立去る程, 立小便を, 笑いながら, 節句遊びの, 粟田口を, 紋付袴で, 紋太郎は, 素足に, 絨毯の, 絵図面を, 総門外, 繕いながら, 美髯を, 羽扇を, 老木の, 肌なぞを, 背を, 胴仲を, 胸を, 脂下っ, 腹拵へを, 自分たちの, 自然の, 舌なめずりを, 舞いときどき, 舞う人間, 舞ひ遊ん, 船に, 船端に, 芝生を, 花見の, 茶なぞ, 草や, 落ちつかせること, 落ついて, 落付きを, 落付き払っ, 落着き払つて三態の, 落附き, 薬を, 薬局に, 蟹を, 行く姿, 行く彼, 西に, 西へ, 見まわして, 見下ろしながら, 許都へ, 話して, 話など, 話込みました, 話込んだ, 説明した, 読んで, 読者を, 謎ときゲームを, 謡を, 走り去るラジオ自動車, 起きるが, 起出し, 越して, 路地を, 身上話などを, 辞典を, 近づいて, 迫って, 迷兒の, 追いかけ回して, 逃げた強盗武士, 逃げて, 逍遙する, 這ひまは, 通ったあと, 通りかかった, 通りすぎて, 通り抜けて, 逞しいの, 進み出いたは, 過ぎて, 遣つて, 部下の, 部屋に, 郷左衛門が, 酒壜の, 重曹を, 野良路を, 金口煙草を, 鏡を, 長い手, 長く居る, 長く静か, 長煙管, 門を, 門番詰所へ, 闊歩し, 阜の, 降りた, 降りて, 陽炎を, 階段の, 隠居の, 雀を, 雪原を, 露台で, 露台を, 青空に, 青空の, 顎の, 風呂に, 風呂敷を, 飛びかい, 飛翔し, 食べさし, 食べて, 飲んだり, 驢に, 高く天, 高照り, 鬼門道へ, 麦の, 黄いろな

▼ 悠々として~ (135, 8.4%)

2 歩いて, 生きて, 観る態度, 通行する

1 [127件] あせらないこれ, あちこち二階を, あなたの, お茶を, お銀様, この大きな氷, するべき勉強, そして黙々, その席, その葛籠, たじろがない, つよい展望, わが足, ゐた, ゐたかと, 一句に, 一日一夜を, 下つて, 下りて, 両人の, 二十分それより, 二階正面の, 人智の, 伝統の, 余生を, 使いこなした顔料, 倫敦三界から, 出かけました, 出て, 出掛けて, 刑場の, 北から, 南山を, 去来に, 右を, 向うへ, 堤上を, 変化の, 多くの, 大文字山に, 大洋を, 天を, 天分に, 天命を, 太平の, 女を, 安心する, 少しも, 居ます, 居られず中腰, 居るから, 居るが, 山路を, 帰国する, 帰心の, 帰路に, 常に春がすみ, 年の瀬を, 庫裡の, 庭などを, 庭へ, 引きあげた, 強弱の, 後の, 成功を, 扇面に, 手頃の, 接待に, 早瀬は, 春の, 書を, 最後に, 月の, 月夜の, 柱に, 櫂で, 歩るきまはる, 歳月を, 水の, 水天一如の, 永遠に, 浦賀海峡の, 湯治とは, 漕ぎ去りつつ, 濶歩すべき, 煙草のみつつ, 煙草をのみに, 狂歌俳諧の, 現はる, 甲州入りの, 甲州道中を, 甲板上の, 画よりも, 白骨を, 盤面に, 秋雲の, 而も, 腹の中では, 自在である, 自由である, 舞い下って, 芝の, 落着き払って, 落着き拂つてを, 著述の, 蒼く昭, 西の宮の, 辷り出して, 迫ま, 迫らざるその, 迫らざる風情, 迫らず一頁毎, 迫らない心, 迫らぬ気取り方, 迫らぬ気象, 通って, 通るの, 通過し, 遊んで, 酒を, 長火鉢の, 闊歩し, 陣屋の, 雅趣に, 雲を, 青天の, 馬を

▼ 悠々たる~ (111, 6.9%)

6 ものである 3 歩調で 2 もの, 態度を, 日常性を, 許容の, 足どりで, 追憶の, 閑日月を

1 [88件] あしどり, うちに, うねりに, かな白雲, かも人生の, こと, ことが, その態度, のは, のんきな, ものが, ものさすが, ものだ, ものであった, ものであろう, ものです, ものゆっくり, ものを, 一寰区が, 三千年以上の, 不良ぶりという, 世界では, 中原の, 二千六百年間の, 人生それらを, 人生だ, 人生を, 余裕が, 力に, 動作を, 単福, 原始的魅力を, 口調を, 哉天壌寥々たる, 大輪を, 天と, 天地限なく, 奥深さ, 好々爺として, 威厳に, 川を, 御返事であった, 微笑を, 思いが, 意気を, 感傷が, 態度で, 態度とか, 態度の, 旅を, 日の, 時劫の, 晩年に, 桃源洞裡の, 極楽の, 気持で, 江水誰が, 流れ, 浪人ものが, 無能ぶりは, 無限の, 物腰で, 白雲も, 百姓の, 筆致の, 緩急を, 義貞の, 翼を, 老婆らしい, 老楽, 自然に対して, 自然や, 舞台的生命を, 落ちつきとは, 落着きぶりを, 行路を, 調子で, 趣が, 足どり, 身の, 遊びである, 長い蛇, 門出だった, 閑天地を, 雲の, 霊山とを, 風では, 鱗の

▼ 悠々自適~ (12, 0.7%)

6 して 1 したいなどとも, したであろうと, し興, するその, するの, するの覚悟

▼ 悠々~ (11, 0.7%)

1 [11件] 一舟を, 世界に, 内容も, 境地である, 天命を, 感人間存在の, 旅へ, 旅心が, 月日を, 生を, 間に

▼ 悠々~ (10, 0.6%)

1 たる伝公, と, としかも, として打たせ, として淫猥, として突っ, と上座, と四方, と座, と鑿

▼ 悠々~ (5, 0.3%)

1 がある, が出来る, で悔ひも, をたたえ, を身

▼ 悠々~ (5, 0.3%)

1 たりなどする, ていた, てお, て居る, て気分

▼ 悠々その~ (4, 0.2%)

1 あとを, どちらも, 夜は, 辺を

▼ 悠々たり~ (4, 0.2%)

2 天地の 1 千里の, 遅暮

▼ 悠々休養~ (3, 0.2%)

1 されるが, して, するでしょうか

▼ 悠々~ (3, 0.2%)

1 の側, の壊滅, は小田原城

▼ 悠々~ (3, 0.2%)

1 帰館であった, 歸館, 逗留なすっ

▼ 悠々綽々~ (3, 0.2%)

1 として一向に, として千載, として腰

▼ 悠々迫らぬ~ (3, 0.2%)

1 ところが, 声で, 趣が

▼ 悠々閑日月~ (3, 0.2%)

2 を送りし 1 を送るなり

▼ 悠々~ (2, 0.1%)

1 はなしを, 支度を

▼ 悠々した~ (2, 0.1%)

1 態度で, 相当大きい

▼ 悠々たるも~ (2, 0.1%)

1 のですこしも, ので彼

▼ 悠々たる観~ (2, 0.1%)

2 の世界

▼ 悠々とは~ (2, 0.1%)

1 いつて, して

▼ 悠々~ (2, 0.1%)

1 たる自適, と從事

▼ 悠々仕事~ (2, 0.1%)

1 して, にかかろう

▼ 悠々写生~ (2, 0.1%)

1 の筆, を初めた

▼ 悠々千里~ (2, 0.1%)

1 の流れ, を南下

▼ 悠々天地~ (2, 0.1%)

1 の如く, の自然さ

▼ 悠々実質~ (2, 0.1%)

2 をかせい

▼ 悠々~ (2, 0.1%)

2 夫人との

▼ 悠々昼寝~ (2, 0.1%)

1 して, でもし

▼ 悠々潮流~ (2, 0.1%)

2 に乗っ

▼ 悠々生活~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 悠々~ (2, 0.1%)

2 惚心を

▼ 悠々迫らざる~ (2, 0.1%)

1 巾が, 態度で

▼ 悠々通っ~ (2, 0.1%)

1 て妻女山, て行った

▼ 悠々遊ん~ (2, 0.1%)

2 でいた

▼1* [163件]

悠々いつまでお待ち, 悠々うわてにさえ出る, 悠々お出ましのもの, 悠々お話し下されませ, 悠々かけまわりたい人が, 悠々くらしております, 悠々ここをで, 悠々この所作を, 悠々これに跨り, 悠々評議で, 悠々してるね, 悠々せまらぬ態度で, 悠々ただひとり後から, 悠々たらして奴凧, 悠々たるおちつきぶりを, 悠々たるおもむきが勿体, 悠々たるべしとは今, 悠々たる戦人の見, 悠々つけられるのは, 悠々とか従容とか, 悠々とかげを見せ, 悠々としてはいられない, 悠々とやぐらを, 悠々なしとげたが後, 悠々まことに無口, 悠々ト逗留シロトテ座敷ヲ一間明ケテ, 悠々ニコヤカなもの, 悠々一席弁じおわって, 悠々一泊しその, 悠々一浴を試むるがよろしい, 悠々一睡のあと, 悠々一行が進ん, 悠々万感を胸, 悠々下知して, 悠々不動の姿勢, 悠々世外の物, 悠々軍の, 悠々中央と往来, 悠々久濶を叙する, 悠々乱入したの, 悠々二等車へ乗り込んだ, 悠々人間としての権利, 悠々以後の期間, 悠々休息をとっ, 悠々住んでいた, 悠々の緒, 悠々八貫俵を背負つて, 悠々公卿風の人, 悠々を引きあげた, 悠々内懐のチョッキ, 悠々出発に及んだ, 悠々分ち合ふ, 悠々勤務して, 悠々包囲すると, 悠々十年の旅, 悠々半月あまりも留守, 悠々へ攻め入っ, 悠々陣地を, 悠々の文學, 悠々かし, 悠々国民の血, 悠々に鍬, 悠々塵外の人となり, 悠々士林に交遊, 悠々の疲れ, 悠々坂に, 悠々大乱起るの, 悠々へ入ろう, 悠々嬉々として翻訳, 悠々官渡の下流, 悠々となり, 悠々寄手の備え, 悠々小田島のシガレットケース, 悠々小説に精進, 悠々少しずつ粟津, 悠々の如く, 悠々山巓を南, 悠々を離れ, 悠々左岸の市村, 悠々巨館を造営, 悠々を張っ, 悠々揚げて, 悠々待ってはいなかった, 悠々待つべきではありますまい, 悠々から姿, 悠々思案顔を見くらべ, 悠々成都に迫る, 悠々或は躍如として, 悠々戦気を養っ, 悠々敬称をつけ, 悠々敵中を通る, 悠々昼席へ出かけ, 悠々を待つべきで, 悠々は霧, 悠々暗号の解読, 悠々朝食をした, 悠々本来の創作, 悠々を交わし, 悠々構えている, 悠々構えろというあなた, 悠々をあげ, 悠々の上, 悠々を尽す, 悠々此方を向い, 悠々歩いている, 悠々沈着きながら, 悠々泰然とした, 悠々泳いでゐる, 悠々洛陽へもどる, 悠々浮いている, 悠々を納め, 悠々淡々閑々寂々, 悠々れ悠々, 悠々漢中への引揚げ, 悠々漫歩したパリ, 悠々濶歩し得ること, 悠々無窮の日の出, 悠々煙草を吹かし, 悠々独り詩を賦, 悠々独立的なもの, 悠々独身であった, 悠々独酌二合で腹, 悠々王宮の奥, 悠々現れ我々の, 悠々現れるのを, 悠々に発露, 悠々立って居間, 悠々を羽摶, 悠々老いを養う, 悠々を下し, 悠々腹帯を解い, 悠々自在無我の境, 悠々英気を養っ, 悠々華族会館の門, 悠々落付きはらって, 悠々落着いて, 悠々虚心タンカイである, 悠々行乞は遊歩三昧, 悠々行列を練っ, 悠々行路の人, 悠々赤兎馬にまたがっ, 悠々起床にかかる, 悠々趣味で片づける, 悠々身心をお, 悠々身支度をした, 悠々迫らずはいって来た, 悠々迫らず帰ってきた, 悠々逍遙する, 悠々逼らざる葉, 悠々遠くへ退い, 悠々の近状, 悠々重厚の感じ, 悠々を垂れ, 悠々と今, 悠々関内へ入っ, 悠々闊歩自由に商店, 悠々階段を下っ, 悠々静養の上, 悠々頸動脈を避け, 悠々の如く, 悠々風雅のみこれ事, 悠々を乗り出し, 悠々の鞍