青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幕~ ~幕府 幕府~ 干~ 平~ ~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~
平家~
平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平素~ 平野~

「平家~」 1561, 14ppm, 7688位

▼ 平家~ (540, 34.6%)

7 落武者の 5 ために, 人々が 4 人々の, 人々は 3 うちでも, 人の, 公達の, 公達を, 嫡流として, 落武者が

2 [27件] 一族は, 一曲を, 一門は, 一門果て給ひたる, 世を, 人たちは, 人達は, 入口と, 全盛に, 公達や, 墓の, 大軍は, 大軍を, 家憲で, 曲の, 末路を, 武者の, 盛な, 群が, 落ち武者が, 落人が, 落人の, 落武者だ, 衆は, 行末に, 赤旗と, 門葉の

1 [443件] あざけりなり, あらくれ, うちでは, うちの, うらみを, おごりと, おもわく, お侍衆, お身内, お辻, かの船, かぶろ, きずなや, ことじゃ, ことを, この専横ぶり, ころは, ころへ, ころ藤戸, ごときもの, ごとき何もの, ご恩, すが, すがた, そして特に, たまし, ための, ため将来を, ため惨敗し, なにがしが, なにがしやら, ばあいの, ひめを, ほかには, ほか當時の, まだ侮れない, むかしと, むかし俊寛が, ものである, やうに, やり口については, ように, 一つの, 一族で, 一族の, 一族を, 一族清盛の, 一族門葉も, 一曲でも, 一曲に, 一曲も, 一杯水か, 一杯水の, 一番とっつき, 一節に, 一群が, 一門かばねは, 一門が, 一門であった, 一門に, 一門を, 一門丹波少将平, 一門同じ, 一門眷族の, 一門船を, 一門藤原一族いよいよ, 三郎なら, 下宿に, 不評を, 与党の, 世ごろここの, 世であろう, 世と, 世には, 世は, 世も, 世代でも, 世盛りと, 世頃とは, 世頃には, 世頃一門と共に, 両物語, 中央の, 中枢と, 乱に, 二の舞を, 二勢力を, 亜鉛屋根に, 亡びかた, 亡びたの, 亡びた文治元年, 亡びるべき原因, 亡ぶ日, 亡んだ様子, 亡者の, 亡霊の, 人々いかで, 人々とて, 人たちの, 人びとの, 人も, 今の, 付人の, 代でも, 代りに, 代わりに, 低い窓, 住宅別, 余族の, 余類追討に, 作者は, 例にとって, 侍が, 侍に, 侍の, 侍や, 侍共も, 侍大将では, 侍大将弥兵衛兵衛宗清で, 侍悪, 侍達に, 係累を, 倶楽部に, 傳説が, 先鋒が, 入口近くへ, 全勢力, 全盛を, 全盛期と, 全篇, 公達が, 公達だって, 公達である, 公達などの, 公達は, 公達も, 公達一ノ谷の, 公達上, 公達衆にも, 公達重, 六騎ここに, 兵どもあ, 兵ばかり, 兵船だ, 兵達が, 処から, 初春, 前に, 動静は, 動靜を, 勢の, 勢は, 勢ひ, 勢力が, 勢力を, 十萬騎を, 原語を, 厳島信仰の, 史蹟に, 名ある, 名ごりにや, 名は, 向う側は, 向を, 命に, 問罪所へ, 四疊半には, 圧力に, 地上に, 地位の, 地侍などに, 地盤で, 城ノ, 塵芥武家の, 墓場の, 壇の, 大将, 大将に, 大将方も, 大将清盛は, 大将首九人の, 大庭景親に, 大敗する, 大軍も, 大軍七万余騎が, 天下は, 天下も, 天下より, 太政入道殿へ, 奥へ, 奥深そう, 女世帶, 女人や, 女子達が, 女御達それと, 奴らは, 如きは, 如きも, 如くに, 嫡流にて, 子孫だ, 子孫で, 官女が, 官女だ, 官女玉虫が, 官爵を, 宿命と, 富力と, 富源であった, 専権時代にも, 専横に, 専横を, 将は, 将士は, 尊崇する, 小松殿の, 小烏丸, 少女も, 屋根から, 庁に, 庁の, 序章には, 庭で, 弓取が, 後裔のみ, 御威勢, 御家人であり, 御家人と, 御恩, 御所を, 御用商人だった, 御運, 心は, 恒久的な, 恨みじゃ, 恨みは, 恩賞に, 息子や, 悪口なぞ, 悪行これより, 所為に, 所領は, 手より, 押潰れ, 捕吏に, 捜索に, 推挙によりて, 攻勢に対して, 政庁が, 政道が, 敗色が, 文化が, 文章を, 方々が, 方々の, 方が, 方で, 方には, 旗の, 旗や, 旗色で, 既成勢力しか, 日本人倶楽部に, 日本人倶楽部の, 日本建で, 旦那方が, 旧勢力, 暗い建物, 暴状癪では, 曲, 曲が, 曲でございます, 曲を, 書き出しから, 有に, 有象無象が, 末は, 末孫たちが, 末裔たちの, 末路から, 末路は, 末路へ, 本拠を, 栄華に, 栄華の, 栄華を, 棲息は, 榮耀榮華を, 権力も, 横暴さが, 横暴なふるまい, 機先を, 權勢驕る, 次男宗盛が, 歌も, 武力を, 武士, 武士たちも, 武士である, 武士も, 武士や, 武家政治が, 武者ばらの, 武者を, 武風とは, 残党, 残党だ, 残党である, 残党として, 残党の, 残党は, 残党木曾の, 残党詮議の, 殘黨の, 殿ばらは, 殿原こそ, 氏, 氏神と, 氏神として, 水軍と, 水軍の, 水鳥で, 没落した, 没落の, 没落後路ばた, 治下に, 治世が, 洋館が, 海軍を, 消滅では, 清盛などよりも, 清盛公の, 源氏のと, 滅亡後は, 滅亡承, 煉瓦造を, 爛熟凋落を, 爺さんの, 物語, 物語を, 独壇場であり, 狼狽は, 玄関前に, 琵琶荒神の, 生命は, 盛そも, 盛りあらん, 目を, 真似事を, 眼の, 眼は, 知るところ, 硝子戸に, 社会に, 立場は, 端くれでも, 筆者も, 節で, 糟糠武家の, 系譜の, 終りには, 終わりごろ, 総敗退, 縁故へ, 總ての, 繁栄と, 罪は, 美しい官女, 者が, 者の, 背景などと, 興りから, 船を, 船団が, 若い美くし, 若武者で, 落ちぶれか, 落人たちが, 落人だ, 落人と, 落人に, 落人伝説を, 落人勝秀と, 落人悽じき瀑と, 落武者では, 落武者という, 落武者な, 落武者は, 落武者を, 著者も, 蔭口を, 血縁の, 衆も, 行末なり, 行末を, 衰亡は, 衰運と共に, 親族は, 討っ手, 話や, 語り本が, 誰も, 諜し, 諜者じゃ, 豪傑が, 貸家が, 足もとから, 跋扈と, 軍勢が, 軍勢二万余騎が, 軍船が, 軒さきに, 輩まで, 追窮の, 追討にも, 退却は, 運が, 運命かな, 遺跡が, 郎党である, 郎党としての, 都中心に, 都落ちまでは, 重宝小烏丸などは, 重恩を, 門葉ばらに, 門閥が, 間にあった, 陣が, 陣とも, 陣の, 陣は, 陣も, 陣中へ, 陣地たる, 陣地へ, 陣所の, 頃にも, 頃は, 領有に, 顛覆する, 餘類この, 馬場から

▼ 平家物語~ (119, 7.6%)

4 の作者 3 のうち, の校合 2 か何, といふもの, なんてもの, の一節, の著者, を書い

1 [97件] から教えられました, が著聞集, だつて一種, だと, で, であの, である以上, での革命, ではもう, では壇ノ浦, では書く, では福原落去, でもおよそ, といえ, といひ, といふ一つ, といふ作品, とちがっ, と同じ, なるもの, に, にいう, においてすらそう, におけるごとく, にくらべる, にならつた, になる, には, にはきまった, にはだいたら, にはゆかり, には人柱, には会下山, には拠っ, には筆者, にもそれ, にも出, に主題, に入れ, に於ける, に清盛, のなか, のはじめ, のやう, の世, の世界, の人間像, の出来た, の参考書, の史蹟, の史蹟調べ, の哀, の哀歌, の完成, の平家的諧調, の弾かれた, の方, の歐字本, の治, の終り, の註釈者, の重盛諫言, はあの, はいわば, はこれから, はこれからさらに, はその, はだいたい, は政治小説, は日本, は詩, まだつづく, もある, もいつか三年, もさうです, もその, もそれ, も謡曲, や源平盛衰記以外, や盛衰記, をお, をつらぬい, をね, を一貫, を初めて, を引き合い, を弾奏, を描く, を暗記, を書き, を書く, を演じ, を見, を註釈, を詠じた, を読む, を韻文学

▼ 平家~ (79, 5.1%)

3 語って 2 中心と, 新築し

1 [72件] あけて, いつまでも, うたって, うち亡ぼし, たずねたこと, たずねたと, たずねた者, たずねて, たずねなさったかを, ひきあいに, ふり返る時, ほろぼしました, 一軒借りた, 亡ぼさん畢生, 亡ぼしこの, 仆した, 仆す, 倒して, 初め保元, 剿滅し, 勦滅せよ, 唸ったもの, 増築した, 壇ノ浦に, 廟堂から, 弱めたこと, 弾じ, 悉皆く, 憎んだ, 憎悪する, 打ちほろぼし易々, 打破って, 掃滅しつくさね, 掃滅し給わぬ, 描くには, 攻むべ, 攻めるつもり, 敵とも, 書いて, 書きながら, 書き進みつつ, 歌った合作帖, 滅した, 滅ぼして, 生み平家, 盛りの, 笑い屋島, 笑うだろう, 築きあげた入道相国, 罵ること, 罵るよう, 考える上, 聞きたい, 葬る具体的, 討たん, 討たんの, 討ったと, 訪ねたとは, 訪ねたの, 詠ずる歌, 語らせたり, 語りましたの, 語ります, 語るもの, 語る盲人, 謡って, 讀んで, 走らせたもの, 迫ひ詰め, 追い出しやたら, 追って自身, 追下し朝日將軍

▼ 平家~ (71, 4.5%)

3 亡びて 2 あった, 都落ちの

1 [64件] ありました, あり私, ある, あるけれど, いつ夜襲, おこるつまり, ここで, これ以上見のがし, すぐれて, その仏, どうあろう, わしと, 一ノ谷が, 一軒平家だ, 主力を, 久しからずし, 九州の, 九州経略を, 二十四日追討に, 亡びたの, 亡びてから, 亡ぶや, 亡んだの, 亡んだ後, 亡んで, 今も, 入れた建礼門院徳子, 円を, 出ない, 出来るの, 刻々その, 勝って, 勢力の, 北君の, 千里の, 場合により, 壇ノ浦に, 多くたまに, 屋島で, 引続き健全, 御承知, 思い忘れた, 悩む時, 戦争を, 教育界に, 敵味方に, 本拠を, 椎葉に, 権力を, 残して, 殺させたの, 沈んだ海, 油断しぬい, 滅びた後, 焦点では, 疎らに, 福原へ, 行って, 襲せ, 西国の, 赤直垂衣の, 追われれば, 退去した, 長門の

▼ 平家~ (64, 4.1%)

2 の大将, の軍勢

1 [60件] からは左大将重盛, があんな, が圧勝, たる自軍, であった, では上流, では勝敗, では夜来, では察知, では忠盛, でも怠らず, で悪口, で能登守, として名, と対立, と称び, にお, について行かれた, にも主戦地, に多い, に睨まれ, に立っ, に置い, のある, のみでなかったであろう, の一女性, の一将, の主将, の全, の内部, の前年, の半数近く, の土地, の大将たち, の将, の後ろ, の情報, の意向, の打首, の武将, の畠山重忠, の総, の諸, の諸国, の謀, の軍勢三千余騎, の陣, の陣地, の雑人たち, はもとより, は十人以上, は大庭景親, は御所, は星山, へ和睦, へ迎合, も咆哮, も駈け降りる, をうごくまい, を誹す

▼ 平家~ (57, 3.7%)

3 あらざれば 2 して, なつた, 代って, 弓を, 心を

1 [44件] かぎらず人, こころよからぬ, するので, つかわして, ないといふ, なった, なって, なりました, にらまれて, はおへんどすな, ゆかりある, ゆかりの, 仕えて, 代ろうと, 傾いて, 内から, 出る, 加担の, 反い, 反抗した, 味方し, 媚びて, 屈しなかったので, 属する豪族, 帰ってからも, 建直り, 忠臣の, 捕われて, 於て, 楯つく, 無いといふ, 由縁の, 窓を, 縁の, 縁故の, 負けて, 銜める者, 附隨し, 降を, 限つては, 随身した, 非ざる, 非ずん, 飽きたらぬもの

▼ 平家~ (47, 3.0%)

1 [47件] あせりだした, いくたび, いつも源氏, いひあはせたやう, かう終らせようといふ, かくて, この地上, これからが, その一族, とかくここ, とりはらはれて, どうしてあの, ひとたび九州, びくとも, まだ生き, まったく勢い, 一族盛んな, 一見その, 二階に, 亡びるさ, 亡び損, 亡んだが, 何年ぐらいの, 原典から, 取りのけられて, 嚴島の, 平家の, 平家自身の, 戦いに, 捨てて, 日本の, 時代は, 最期まで, 朝敵である, 栄華身に, 根っから受けない, 比較的風, 江州鮒の, 源氏と, 源氏に, 瀬戸内海の, 発作的に, 自ら火を, 語って, 説経を, 非常に, 高平太以下皆悪人こちらは

▼ 平家一門~ (45, 2.9%)

2 の墓, の運命, を滅

1 [39件] がその, が人臣, が厳島神社, が栄えた, が滅んだ, が軒, と平泉, に似, のあと, のため, の中, の公達輩, の呪詛, の喜び, の墓場, の多く, の安泰, の屋根, の帰依, の思い, の栄耀栄華, の栄華, の横暴ぶり, の華やか, の話, の護り, の車駕, の邸宅, の風, の首領, の驚愕, は九州太宰府, は死に絶え, は自分たち, は藤原, ばかりでなく, へ私怨, もまた, も西海

▼ 平家~ (26, 1.7%)

4 あつた

1 [22件] おれは, これくらい, さっぱりし, ついその, どこかの, 中央は, 二人の, 先方は, 半ばは, 四間ぐらいの, 土蔵が, 外から, 小言絶えず, 山田流の, 後は, 洋風とは, 海に, 玄関の, 綺麗好きと, 老主人夫婦, 随分見すぼらしい, 離家の

▼ 平家~ (23, 1.5%)

2 同様に

1 [21件] あり何もかも, そろそろ終わり, とうとう源氏, なく源氏, 亡び去った, 取縋るの, 哀史一路を, 少しは, 恋々と, 戦争で, 救って, 時を, 最初は, 楽しみ栄えて, 水島の, 源氏も, 盛衰記も, 眼下に, 私の, 約二十年, 詠う

▼ 平家~ (22, 1.4%)

2 でこの, の家, の薄暗

1 [16件] がある, だから, である, で河, と思つて, の一軒, の二人詰, の低い, の家屋内, の小家, の小屋組, の屋内, の広く, の長屋, ばかりで, や二階建

▼ 平家~ (18, 1.2%)

1 [18件] いい太平記, いえば, ちがい築地, ちがって, なってからが, なりました, よばれ源氏, よんだり, 云うの, 原田種直との, 味方に, 呼ばれるだらう, 戦うから, 淪落した, 源氏といふ, 爭ひ, 義仲とが, 諸国源氏の

▼ 平家建て~ (16, 1.0%)

1 [16件] が並んでる, だ, でしたが, でそう, で窓, で赤い, ながらわりに広々, に女文字, のそれ, の一棟, の家屋点在, の屋根裏, の格子造り, の造り, の頽然, 数え切れないほどの

▼ 平家~ (12, 0.8%)

2 盛衰記の 1 いそっぷ, その他の, 源氏の, 物語本は, 猿楽の, 盛衰記などでは, 盛衰記に, 謡曲等の, 都の, 鎌倉初期までは

▼ 平家~ (12, 0.8%)

1 [12件] から平家, が殘, といふの, といわれる, などよく, など各地, の人々, の山中踏査, の生態, の読者, の資料, を作つた

▼ 平家没落~ (9, 0.6%)

3 の後 2 の頃 1 の時代, の砌, の跡, を語っ

▼ 平家時代~ (8, 0.5%)

1 とくらべ, とし, にはなお, にも流れ, に近い, の, の洛中洛外記, を招き興そう

▼ 平家滅亡~ (8, 0.5%)

1 のおり, の前, の史詩, の日, の相, の翌年, の計りごと, の陰謀

▼ 平家には~ (7, 0.4%)

1 その期間, 一貫した, 反感を, 小松の, 弱味が, 彼自身が, 見えたあの

▼ 平家~ (7, 0.4%)

1 何やら通状, 出入りした, 反い, 和睦を, 洩れて, 移りまた, 通じた気

▼ 平家一族~ (7, 0.4%)

1 がいた, のあの, の没落, の繁栄振り, は高位, をばか, を真似

▼ 平家史蹟~ (7, 0.4%)

1 にあかるい, の関係, は一昨年, は各地, を一巡, を歩いた, を求め

▼ 平家部落~ (7, 0.4%)

1 からはふたたび, がある, など訪ね歩い, の五箇, はもちろん, やまた, を作りました

▼ 平家都落ち~ (7, 0.4%)

2 のむかし 1 から始まっ, と木曾, の前夜, の夜, の悲劇

▼ 平家から~ (6, 0.4%)

1 ただならぬ様子, 出て, 受けた恩義, 昨夜走り出し, 睨まれて, 置き去られた民衆

▼ 平家という~ (6, 0.4%)

1 お家柄, ものは, 司権者の, 当面の, 異った, 者と

▼ 平家~ (6, 0.4%)

1 が一門海の, のあいだ, の一人一人, の頭, は女子, も多く

▼ 平家納経~ (6, 0.4%)

1 などに私, のトビラ絵, の十六巻, の名, の扉絵, を見

▼ 平家追討~ (6, 0.4%)

1 となった, には武勇, の折, の返, の院宣, を叡山

▼ 平家~ (5, 0.3%)

1 がわりにゆったり, が崖, ての西洋館, と, とすれ

▼ 平家では~ (5, 0.3%)

2 あるが 1 ありません, ないが, なかった

▼ 平家との~ (5, 0.3%)

1 交渉に, 北陸戦は, 廂合へ, 関係では, 関係に

▼ 平家文化~ (5, 0.3%)

1 に彩られた, の特色, の絢爛, は鎌倉, を咲かせた

▼ 平家~ (5, 0.3%)

1 とはいう, にさえぎられる, のうち, はこの, を追い

▼ 平家さん~ (4, 0.3%)

1 の一門, の御, の残党, の落武者

▼ 平家でも~ (4, 0.3%)

1 あるの, ないらしい, ぼくの, 勿論ここ

▼ 平家~ (4, 0.3%)

1 からお供, から一ノ谷, の事情, はそれら

▼ 平家~ (4, 0.3%)

1 がふたたび, が遽, との戦い, は

▼ 平家源氏~ (4, 0.3%)

1 のあと, の末路, の興亡, を問わず

▼ 平家~ (4, 0.3%)

1 では, のみやびもお, の馬, は都

▼ 平家造り~ (4, 0.3%)

1 かせいぜい, のよう, の小学校, の離れ

▼ 平家関係~ (4, 0.3%)

1 の事柄, の古, の古文書類, の遺蹟

▼ 平家に対する~ (3, 0.2%)

1 不満から, 憎悪の, 謀反の

▼ 平家~ (3, 0.2%)

1 としては花, の永遠性, をい

▼ 平家~ (3, 0.2%)

1 とこの, のあたり, のある

▼ 平家武者~ (3, 0.2%)

1 が柔弱, の末, はさすが

▼ 平家~ (3, 0.2%)

1 でも縁故, の人間, の縁すじ

▼ 平家繁昌~ (3, 0.2%)

1 のころ, の時代, の頃

▼ 平家~ (3, 0.2%)

1 である, の濃かっ, の濃厚

▼ 平家討伐~ (3, 0.2%)

1 のため, の事, の御

▼ 平家調伏~ (3, 0.2%)

2 の祈り 1 の声

▼ 平家だて~ (2, 0.1%)

1 のこわれかかった, の格子づくり

▼ 平家といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 武門は

▼ 平家ながら~ (2, 0.1%)

1 天井が, 瓦葺で

▼ 平家なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 者が

▼ 平家にて~ (2, 0.1%)

1 たしか門構, 屋根低く

▼ 平家ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく盛衰記, 一人はん昌し

▼ 平家への~ (2, 0.1%)

1 報復と, 憎悪が

▼ 平家をも~ (2, 0.1%)

1 源氏をも, 相應

▼ 平家一色~ (2, 0.1%)

1 となっ, になり

▼ 平家与党~ (2, 0.1%)

1 たる誇り, の遁亡

▼ 平家以外~ (2, 0.1%)

1 の家, の方

▼ 平家伝説~ (2, 0.1%)

1 というもの, なども頭

▼ 平家全盛時代~ (2, 0.1%)

1 は今, ほどな

▼ 平家全盛期~ (2, 0.1%)

1 と源氏, の序

▼ 平家史料~ (2, 0.1%)

1 やら有名, を漁り歩く

▼ 平家史蹟巡り~ (2, 0.1%)

1 の旅行, の第

▼ 平家~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, で

▼ 平家専横~ (2, 0.1%)

1 の世の中, の世界

▼ 平家~ (2, 0.1%)

1 が三里, も来

▼ 平家打倒~ (2, 0.1%)

1 の鹿ヶ谷, を画策

▼ 平家敗戦~ (2, 0.1%)

1 の遠く, はじつに

▼ 平家最後~ (2, 0.1%)

1 の力, の夜

▼ 平家村史料~ (2, 0.1%)

1 でもわかる, は週刊朝日誌上

▼ 平家物語り~ (2, 0.1%)

2 を語り得る

▼ 平家物語等~ (2, 0.1%)

1 がそう, は高等民種

▼ 平家発祥~ (2, 0.1%)

2 の地

▼ 平家~ (2, 0.1%)

1 な公卿たち, な宇宙観

▼ 平家紀行~ (2, 0.1%)

1 では, のつづき

▼ 平家自身~ (2, 0.1%)

1 のつくった, の栄華

▼ 平家西~ (2, 0.1%)

1 走の, 走前後

▼ 平家西海~ (2, 0.1%)

2 に没落

▼ 平家~ (2, 0.1%)

1 としてもそう, とに一つ

▼ 平家遺蹟~ (2, 0.1%)

1 とくらべ, は一昨年

▼1* [163件]

平家いらい宿命の, 平家それとも橘, 平家かといふふうに, 平家からは上総介広常を, 平家からも相当の, 平家がたりでは, 平家ぎらいだが院の後白河, 平家こそは源氏にとって, 平家一門に, 平家すなわち平族と, 平家だけの性格であります, 平家だってそうだった, 平家だらうと一向, 平家づくりで数奇, 平家てんぷくを策した, 平家であり奥州の, 平家でありましたけれど門付け, 平家であるならば床上, 平家であれ人間が, 平家であろうがなかろ, 平家でございますから薩摩, 平家でしたけれど上, 平家ですか, 平家でない次の, 平家でなければ源氏, 平家とうたつてゐますし, 平家とが戦ったとき, 平家とともに海底に, 平家とは違う, 平家ともに持ちつづけた, 平家どもの煽動, 平家んだ, 平家などの語り物を, 平家なり物語り申してとか, 平家なりという言葉が, 平家なれば, 平家においてをや, 平家について一夕話を, 平家についての一夕談でも, 平家にても知盛卿など, 平家にとって川は, 平家にも九州勢の, 平家に対して瞽女は, 平家に対してすら山の, 平家揚羽の, 平家びいきとか源氏びいき, 平家ほど大陸的風貌を, 平家ほどの壽命を, 平家ほろびし後は, 平家または二階付きの, 平家おどかして, 平家よりは格落ちが, 平家らしさが, 平家ハアカルイとおつし, 平家ラグリー氏の意見, 平家一門入水の篇, 平家一門榮華を極めた, 平家三里退きて, 平家世代の幻想, 平家でいちばん, 平家事情は内外, 平家二十年の栄花, 平家五万余騎の夢, 平家亡ぶ時も, 平家亡んで源, 平家代々の者, 平家以上源氏の末路, 平家以下地下人武者の勃興, 平家以前の世, 平家以後には一つ, 平家以来の謀叛, 平家住まい奥の, 平家余話はあれ, 平家の西洋館, 平家全滅ノ前, 平家全盛の間, 平家全盛期十余年間に顕著, 平家其他の物語, 平家内裏を遷しし, 平家分子もまた, 平家勃興時代にみえ, 平家動静を措き忘れ, 平家勢力と地下源氏, 平家十年の栄華, 平家及び源氏の, 平家写経の, 平家史中での大きな, 平家史中心に観れ, 平家史文化平家史の永遠性, 平家史料百八十余通にのぼる, 平家史話がこぼれ, 平家多く屋根は, 平家大敗の原因, 平家崇拝と平家恐怖, 平家左手が日本風, 平家幾十の, 平家座頭の発祥, 平家建てそれが先生, 平家建て入口の作り庭, 平家入水の, 平家忠家次本多酒井大久保牧野石川榊原などの諸, 平家忠小笠原長忠を, 平家恐怖の観念, 平家敗戦直後を序編, 平家時代ころの人々, 平家時代清盛のいた, 平家晩鐘の中, 平家は, 平家最悪の年, 平家有王島下の条, 平家朝威を背き奉り, 平家木造建一棟ヲ仮, 平家末代の恥辱, 平家村分布地方から約, 平家禁入の, 平家栄花の勃興期, 平家栄花時代と義仲, 平家様々だが, 平家機運による騒乱, 平家気質と偉大, 平家沒落の砌, 平家の巨頭, 平家流亡のあと, 平家海軍を封じた, 平家源氏いつの治世, 平家源氏吉野朝戰國期などの支配者, 平家潰走の序幕, 平家物語太平記太閤記に至る, 平家物語方丈記近松西鶴の作品, 平家物語時代の命名法, 平家物語灌頂の巻, 平家物語物でもない, 平家物語考証の著者, 平家画帖の下巻, 平家的性格が随所, 平家的諧調と色彩, 平家盛衰記などよりもこの, 平家直属の秘密警察, 平家系図をいちど, 平家納經といふやう, 平家絶えずの感, 平家群像とは人間的, 平家膺懲のお名, 平家を叩き, 平家のこと, 平家落去のさい一門自体, 平家衰亡時代との三部, 平家調にいえ, 平家の伝説, 平家という男, 平家追放なんて夢にも, 平家追討使たるの役目, 平家退去の時, 平家の蔀, 平家遺跡の一端, 平家都落ち壇の浦, 平家都落ち近くば維新当時, 平家重代の刀, 平家長屋さ, 平家に眉, 平家顛覆の謀議, 平家は相, 平家風物も随所