青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「微笑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

御馳走~ 復~ ~復讐 復讐~ ~微か 微か~ 微塵~ ~微妙 微妙~ ~微笑
微笑~
~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~ 心もち~

「微笑~」 6340, 63ppm, 1818位

▼ 微笑~ (2809, 44.3%)

193 浮べて 113 浮べながら 108 浮かべて 91 含んで 65 浮べた 60 もって 51 うかべながら 50 浮かべながら 48 うかべて 47 含みながら 41 して 39 湛えて 35 たたえて 28 うかべた 27 見せて 26 もらした 25 した 21 洩らした, 湛へて 20 ふくんで, 洩した, 頬に 18 しながら, 泛べて 17 洩らして, 湛えながら, 見せた 15 口元に 14 浮かべた, 禁じ得なかった, 見せながら, 顔に 13 た, 送った 12 もらしながら 11 さへ, たたえながら, もらして, 浮べると 10 もつて, 洩しながら 9 含みて, 帯びて, 泛べながら, 浮べました, 漏らした, 送って 8 浮べたまま, 湛へながら 7 唇に, 洩らしながら, 浮かべたが, 禁じ得なかつた, 続けて, 見て 6 ふくみながら, 交換した, 投げた, 投げて, 漂は, 返した, 面に

5 [15件] たたへ, 含み, 含んだ眼, 唇の, 泛べ, 泛べた, 洩して, 湛へ, 漂わせて, 禁じ得ない, 禁じ得ないの, 見ると, 送つた, 送つて, 送りながら

4 [19件] うかべると, する, 交換し, 口の, 口許に, 含んだ, 含んだまま, 洩す, 浮かべたまま, 浮かべると, 浮かべるの, 浮べたの, 浮べる, 漂わせながら, 漏らして, 漏らしながら, 目元に, 示した, 送る

3 [28件] かわした, たたえた, つ, つくって, つづけながら, のせて, ふくむ, ふくんだ眼, ほころばせながら, みせた, みせながら, 交は, 口辺に, 向けて, 感じた, 残して, 洩すと, 洩らしたまま, 浮べ, 浮べただけ, 消して, 漂はせ, 漂わせた, 片頬, 眼の, 禁ずること, 見せたが, 顔の

2 [111件] うかべ, うかべました, おお之等, お洩らし, かえした, かえして, さえも, されながら, たたえ, ちらつかせて, ちらりと浮べ, つくつて, つづけて, どうする, ひろげ片手, ふくめて, ふくんだ, ふりまきながら, みせ, もらすその, もらすと, ニヤリと, 一杯に, 与えて, 久慈は, 交した, 交しながら, 交しました, 交わして, 信一郎に, 刻んで, 取りかわした, 口と, 口邊に, 含みぬ, 含んだが, 含んだ会釈, 含んだ夫人, 含んだ眼もと, 四人の, 女教師の, 宿して, 帯びながら, 帶びて, 彼女に, 彼等に, 思い出すと, 感じながら, 抑えること, 投げかけて, 持って, 換した, 泄した, 洩せり, 洩らしたもの, 洩らす, 浮かべ, 浮かべいつ, 浮かべたと, 浮かべたり, 浮かべつづけて, 浮かべては, 浮かべ乍ら, 浮かべ眼, 浮かべ静か, 浮べたほど, 浮べた少年, 浮べた彼, 浮べた顔, 浮べつ, 浮べては, 浮べます, 浮べようと, 浮べるの, 浮べる位, 浮べる妻, 浮べ眼, 浴びせた, 浴びると, 湛えたまま, 湛えた眼, 湛えつつ, 満面に, 無理し, 眺めて, 示しながら, 禁じえなかった, 禁じ得なかったの, 禁じ得ませんでした, 禁ずる事, 絶えず泛, 絶たなかった, 絶たなかつた, 絶やさない心掛, 続けながら, 脣に, 見せたの, 見せると, 見せる事, 覚えて, 誘うよう, 誘われて, 誘われるもの, 贈る女, 車内の, 返して, 送りました, 送ります, 送り私, 送るの, 青年に

1 [789件 抜粋] あそばした, あなたは, あの癖, いつもの, いまだにありありと, うかべそんな, うかべたまま, うかべた口許, うかべた眼つき, うかべましたが, うかべられ, うかべるだけ, うかべ恐縮そう, うかべ記代子, うつして, おくつた, おくりながら, おくるこの, おさえて, おさへる事, おし殺して, お見せ, かくさうとして, かけて, かれの, かわして, かわすと, きんじ得なかった, くもらせも, こりかたまらして, こわばらせた, さそはれずには, さそわれるの, された, されて, しいて見せ, したきり, したきり默りこ, したり, した投げやり, しづかに, しては, しました, し出しながら, し目, する若い, そそいで, そそるよう, その童顔, その縹渺, そらぞらしく漏らす, たたえじっと, たたえたらしかった, たたえた皮肉, たたえた皺だらけ, たたえつつ, たたえてるその, たたへた程度, ただよわせながら, ただ一つ, ちらと, ちらりと唇頭, つくりつけたまま凝固, つくり上げて, とめて, とりかわしたあと, とり合わした, どうしても面上, ながめて, なげて, なげ自分, なされながら, にやりと浮べ, にやりと浮べる, のこすと, のせた, はなさず, ひろげた, ひろげて, ふくみ, ふくみ可愛い, ふくみ総じて, ふくみ陽春, ふくむも, ふくんだ愉し, ふくんだ眼眸, ふくんだ聲, ふくんだ視線, ふっと泛, ふと思ふ, ほころばしたの, ほほえんで, ほほ笑んで, また彼, みせたの, みせる, みせると, みなぎらした, むけて, もたらしたの, もつこと, もつた女, もて我, もらしある, もらしたかと, もらしたが, もらしたきり, もらしたという, もらしたの, もらしたり, もらした左膳, もらした無邪気, もらしみんな, もらしもらし守りぎん, もらし彼女, もらし顎, もらすか, もらすだけ, もらすところ, もらすよう, もらす愚かさ, やめた, やめなかった, やる, わざと浮べ, わすれぬ人間, クリストフは, ニタリと, フッと, モナリザの, 一つする, 一人洩した, 一喝に, 与えながら, 与えると, 与へた記事, 二つ重ね, 交う, 交しつつ, 交して, 交す程度, 交わした, 交わす, 人に, 今度は, 以つて, 以つてその, 以つて受け流し, 以つて返事に, 伝えた, 作りながら, 使い分けるの, 保てよ, 信じるだけ, 催さしめる程度, 催させる, 催させるでは, 催させ私, 催したくなること, 催すなど, 催すべき程度, 其時理解する, 初めて見た, 刻まずには, 刻んだ, 勘次に, 包みきれず左右, 包んだよう, 厳かな, 取りあげること, 取り出して, 受けとったその, 口に, 口びるの, 口元から, 口尻に, 右の, 向けた, 含ませ眼差し, 含みおれるが, 含みけれど, 含みたり, 含みつ, 含みふくみ眠白, 含みますと, 含み才蔵, 含み生き生き, 含み鄭重, 含むほどの, 含めた, 含んだま, 含んだまま午睡, 含んだ人形, 含んだ口元, 含んだ右門, 含んだ唇, 含んだ声, 含んだ少女, 含んだ怖, 含んだ父, 含んだ聲, 含んだ蒼ざめた顔, 含んだ赤い, 含んだ静, 含んでは, 吹き出しながら, 呼び起すの, 咲かせるの, 唇元に, 唇頭に, 唇額目という, 噛みころすよう, 噛殺し, 堪えながら, 堪へながら, 大井に, 失うの, 失えば, 失った, 失って, 失っては, 始めだした, 寄せつ, 寄せながら, 小生は, 崩して, 左の, 帯び, 帯びた声, 帯んで, 帶びて私の, 帶びながら而も, 帶びぬ, 弄し, 弄する, 引っ込ませると, 強いて作り, 強要し, 彼女は, 後ろの, 心の, 志して, 忘れた堅い, 忘れて, 忘れないだろう, 忘れない流行醫者, 忘れること, 思いうかべた, 思い出した, 思い浮べて, 思つた時民子の, 思はせる暗色, 急に, 怺え, 悟られないよう, 想い浮かべた, 意識し, 愛したで, 感じたが, 感じて, 感ずる様, 憶えしめて, 抑えて, 抑えながら, 投げかけられて, 投げかける, 投げかけ過ぎゆくあたり, 投げた泰軒, 投げ合, 投げ合うの, 押えること, 拭ひ去る, 持ちながら, 持とうと, 控へる, 斷や, 最後まで, 月に, 杉村は, 梶は, 楽んだ, 横頬に, 欲す, 残したまま, 殘し, 泛かべて, 泛かめた, 泛べたところ凄味は, 泛べな, 洩し, 洩したかつた, 洩したとき, 洩しました, 洩すだろうと, 洩らさずには, 洩らしたが, 洩らしたきり, 洩らしたり, 洩らした許, 洩らしテーブル, 洩らし候, 洩らすと, 洩らすの, 洩らすのみ, 洩らす事, 洩らす泰軒, 浮かべずには, 浮かべそして, 浮かべたかと, 浮かべたまま私, 浮かべたもの, 浮かべたる医学士, 浮かべたパーヴェル・パーヴロヴィチ, 浮かべた横眼, 浮かべた眼, 浮かべてる青年男女, 浮かべは, 浮かべはじめて, 浮かべようと, 浮かべる, 浮かべることさ, 浮かべテエブル, 浮かべポケット, 浮かべ二, 浮かべ会釈, 浮かべ大きく, 浮かべ彦太郎, 浮かべ心, 浮かべ怯, 浮かべ歩いて, 浮かべ立上, 浮かべ立止まり, 浮かべ自分, 浮かべ茶褐色, 浮かべ誰, 浮かべ顔, 浮かめ, 浮ふ, 浮べかけたが, 浮べそして, 浮べたい思い, 浮べたかと, 浮べたきり, 浮べたぎり何, 浮べたこの, 浮べただけで, 浮べたでは, 浮べたばかし, 浮べたま, 浮べた勘次, 浮べた喬介, 浮べた時, 浮べた顏, 浮べつづけて, 浮べてるきり, 浮べてるの, 浮べふん, 浮べましたし, 浮べるだけ, 浮べるだろう, 浮べるであらう, 浮べるまでには, 浮べるよう, 浮べれば, 浮べ乍ら, 浮べ室, 浮べ彼, 浮べ得る女性, 浮べ次, 浮べ親し, 浴せ掛けられて, 浴びなければ, 消さない須永, 消しきらないで, 消すこと, 深く湛, 深めて, 湛えた, 湛えたかと, 湛えたので, 湛えた百合子, 湛えた目礼, 湛えとりとめの, 湛えようと, 湛えクリクリ, 湛え踊るよう, 湛へたり, 湛へた呑気さうな, 湛へた柔和な, 湛へよう, 漂せ, 漂べて, 漂わした, 漂わせました, 漏したいの, 漏したこと, 漏らす, 漏らすだらう, 漲らせたまま, 漾わして, 煽ぎながら, 眺めたと, 眺めながら, 眼尻に, 眼許に, 睨みつけた, 矢代は, 知るか, 示しながらも, 禁じえない, 禁じ得ないが, 禁じ得ないでは, 禁じ得ない心持, 禁じ得なかった早速, 禁じ得なかつたね, 禁じ得なかつた次第, 禁じ得ません, 禁ずる事能はず, 禁ぜざりき, 私に, 空しく費やす, 突如与吉, 窺う, 笑った, 笑窪の, 納めて, 紛らすため, 細根大根に, 終いには, 絶たない顔, 絶やさないといった, 絶やさないの, 続けた, 続けようと, 美しい紅い口元, 美しくまた, 老顔, 胸に, 自分で, 苦笑いに, 落しながら, 表わした, 装った, 見すれば, 見せたこと, 見せたのみ, 見せたり, 見せたれば, 見せなど, 見せようと, 見せる, 見せるという, 見せラテン語, 見ただけでも, 見たの, 見ては, 見る心持, 見んが, 見破ること, 見逃しは, 覚えるほど, 解釈し得た, 認めない訳, 誘う, 誘うかも, 誘ったまま, 誘はれるところ, 誘ふやう, 読みとろうと, 誰に, 買うであろうという, 購ふ, 躍らせながら, 軽く浮べた, 返さずに, 返したの, 返すと, 追い払いたくは, 追い払おうと, 送ったり, 送った様, 送つたが, 送りこんだのち, 送りマリユス, 送ること, 送るので, 送るほか, 送るよう, 送る男, 這わせて, 遠くの, 酬いながら, 酬ゆる, 雪之, 青白く照, 静かに, 頭巾に, 顏中に, 顔から, 顔中に

▼ 微笑~ (1171, 18.5%)

11797 ながら 69 ている 65 ていた 23 てゐる 17 ながら云った 16 てゐた 12 ながらいった, ながら言った 11 てみせた, て言った, ながらその 9 て見せた 8 て云った, て金色, ながら頷いた 7 ていました, ながら彼 6 ていった, て見, ながら答えた 5 ながらそれ 4 てから, て彼, て私, て答えた, ながらうなずいた, ながらこう, ながらながめ, ながらまた

3 [18件] たりお辞儀, てうなずいた, てそれ, てみ, て居る, て立っ, て頭, て頷い, ながらいつた, ながらかぶり, ながら立っ, ながら答, ながら自分, ながら言う, ながら言っ, ながら軽く, ながら頭, ながら黙っ

2 [51件] たり悲ん, ちょっと片手, ていない, ていられた, ており, てしまう, てそう, てそれから, てゐました, て久光, て女, て手紙, て枕元, て無限, て眺め合う, て聞い, て聞いた, て腰, て見せ, て見せる, て観る, て話しつづけた, て話しつづけました, て軽く, て頷いた, ながらいっ, ながらお, ながらこたえた, ながらしかも, ながらしばしば, ながらじっと, ながら二人, ながら云う, ながら僕, ながら再び, ながら叔母, ながら娘, ながら思った, ながら急, ながら煙草, ながら眺めた, ながら私, ながら純金, ながら紙, ながら聞い, ながら肯い, ながら肯いた, ながら訊いた, ながら遠い, ながら静か, ながら首

1 [452件] いしいいいました, いつもの, おくみ, さてなに, さては声, さも謙遜, じっと甲斐, すぐに, その微笑, それから挨拶, たりし, たりした, たりする, たりそして, たりまた, たり目, たり長屋, つつ, つついささか, つついよいよ, つつその, つつダーリヤ, つつ中腰, つつ好, つつ無意識, つつ秋田さん, つつ親切そう, つつ電話, つつ静か, つつ音絵, つつ麦, てあなた, てあれ, てい, ていう, ていかにも, ていたらしかった, ていや, ていらっしゃる, ていられる, ていられるでしょう, ているらしかった, ていれ, てうなずい, てうなずく, てお母さま, てかう, てかの女, てかはす, てから小腰, てかれ, てきた, てきらり, てきれい, てくれたら, てこう, てこちら, てさう, てしばらく, てすぐ, てすっかり, てそっと, てそれでは, てたずねた, てただ, てつつましく, てつぶやいた, てつまり, てなにか, てなほ, てはい, てはいけない, てふしぎ, てべつだんなんとも, てほしい, てほめ, てみせ, てみせたい, てみせる, てもう, てもどした, てらッ, てわからない, てゐ, てゐられた, てゐるで, てゐれ, てコニャック, てゾシマ, て一同, て一応, て一揖, て丈夫, て両手, て云, て云う, て人々, て今度, て何, て傍観, て僕, て出した, て刀, て制する, て博士, て去った, て取り去る, て受話器, て口, て合, て同感, て同時に, て呉れる, て問答, て嘲る, て四十人許, て坂本新太郎, て声, て多く, て妻, て小林君, て小母さん, て尾沢, て居た, て居れた, て岩下, て建っ, て引き, て強いて, て後方, て心, て思ひ出し, て恭しく, て我, て扉, て手, て手摺, て挨拶, て振, て斃, て施米, て曰く, て更ら, て本, て格子戸, て横, て氏, て氷峰, て流浪, て浮ん, て消え, て火夫, て熊城, て犬, て申, て疑問, て盃, て目, て眺め, て眼, て秋雲, て立, て立ちあがり, て立ち上り, て立ち止まった, て竹筒, て答, て納得, て終った, て給仕, て縁側, て繰返した, て置け, て聞き流す, て聽, て肩, て脚部, て膝, て自分, て蓬生, て見よう, て見る, て見上げる, て見廻し, て言, て言い, て言う, て言っ, て言つて, て訊いた, て訊ねた, て訓, て読み返した, て誰, て起き上る, て身体, て迎えましょう, て通りすぎた, て過ぎる, て金網, て院, て階段, て頷き, て顧み, て首, て黙っ, では一人, どうせ乗りかか, ながらあいまい, ながらあたり, ながらあと, ながらあやまる, ながらいいえ, ながらいわゆる, ながらうなずい, ながらおどおど, ながらお松, ながらお辞儀, ながらかう, ながらかうした, ながらかの, ながらきいた, ながらこっち, ながらこの, ながらこの世, ながらこんな, ながらさ, ながらさっき王生, ながらさて, ながらしかし, ながらじろじろ, ながらすぐ, ながらずい, ながらずいと, ながらせっせと, ながらそう, ながらそこ, ながらそっと, ながらそのままごろりと, ながらたしなめた, ながらたずねた, ながらただ, ながらためら, ながらだいじょうぶ, ながらちょぼん, ながらつくづく, ながらつけ加え, ながらつけ加えた, ながらながし, ながらなだめる, ながらなにか, ながらぱちりと鍔音, ながらほんの, ながらぽっと, ながらま, ながらまさか, ながらまず, ながらまたは, ながらもう一度, ながらもたれ, ながらやや, ながらよくそう, ながらわざと, ながらクナアク先生, ながらジョーン, ながらトルストイ夫人, ながらドア, ながらペン, ながらリズム, ながら一口, ながら一寸, ながら丁寧, ながら上り端, ながら不意, ながら不断, ながら両手, ながら乗り, ながら云, ながら云いました, ながら仕方, ながら付け加えた, ながら伝六, ながら低い, ながら優しく, ながら兩手, ながら其處, ながら出, ながら出合頭, ながら十左, ながら去つた, ながら取り合う, ながら受け取る, ながら受け答え, ながら口, ながら向けた, ながら君たち, ながら商人, ながら喋っ, ながら喋つて, ながら喜兵衛, ながら喝采, ながら嘲る, ながら四つ折, ながら坐, ながら坐った, ながら外記, ながら大きな, ながら大言, ながら太田弥兵衛, ながら妻木君, ながら嫉妬, ながら宿, ながら尋ねました, ながら尋ねる, ながら小娘, ながら川, ながら席, ながら帰っ, ながら彎曲線, ながら彼女, ながら待ち受け, ながら御, ながら心, ながら心もち椅子, ながら恭一, ながら悠々, ながら想, ながら感謝, ながら戯れめく, ながら手, ながら持ち前, ながら持前, ながら掏摸, ながら掴まれ, ながら新聞, ながら早足, ながら春子, ながら暫く, ながら暫らく新吉, ながら服, ながら木の下, ながら机, ながら枕, ながら梢, ながら棚, ながら森川夫人, ながら横たわっ, ながら死んだ, ながら汗, ながら海, ながら涙, ながら準之助氏, ながら点頭いた, ながら煖炉, ながら燗徳利, ながら片寄せ, ながら片言, ながら琵琶, ながら病室, ながら白, ながら盛ん, ながら目礼, ながら目顔, ながら眉, ながら眺め, ながら稍皮肉, ながら立ちあがった, ながら立ちあがり, ながら筆, ながら答えました, ながら紙幣, ながら美和子, ながら聞く, ながら脚, ながら自分たち, ながら舞台わき, ながら舟木, ながら良人, ながら菖蒲, ながら藤吉, ながら行, ながら行っ, ながら見, ながら見つめた, ながら見つめる, ながら見まもっ, ながら見送った, ながら覗き, ながら言, ながら言いました, ながら言い始めた, ながら訊ねた, ながら詰所, ながら話しかけた, ながら話しかける, ながら語るなりき, ながら誰, ながら起っ, ながら跟, ながら近づい, ながら近付い, ながら道具, ながら部屋, ながら随, ながら際限, ながら静, ながら面, ながら頬, ながら頭部, ながら頷い, ながら頷き, ながら頷ずい, ながら顔, ながら飛んだ, ながら鷹揚, ながら黙々と, ながら龍子, なん刻でしょう, のみ, ひどく気, ポケットから, 上座へ, 乍ら会釈し, 乍ら覺束ない, 乍ら都会の, 会ふ, 初めた, 初めて頭取, 初め血に, 哄笑する, 子供たちの, 幸福と, 幾度も, 彼女の, 恭しく範之丞, 意味深く, 手を, 本を, 片手で, 用が, 眸を, 空を, 美味いそうめん, 肌着と, 膝で, 自分が, 苦笑し, 苦笑する, 重々しく溜息, 頬に, 額には, 鼻孔を

▼ 微笑~ (524, 8.3%)

24 浮んだ 19 浮んで 13 浮かんだ 11 うかんだ 10 浮かんで 8 頬に 7 唇に 6 うかんで, 浮びました, 見えた 5 泛んで 4 あつた, 彼の, 消えて, 湧いた, 湧く, 湧くの, 漂って 3 うかぶ, こもった, 一層深く, 上った, 後から, 浮ぶ, 浮ぶの, 消えた, 自然に

2 [36件] あった, あるだけ, しみじみと, そのまま凍りつい, その口辺, その赤い, ただよいました, ただよって, のぼりました, のると, ほのかながら, ゆらぐよう, アリ, スーッと, チラリと, 一寸皮肉, 交されたやう, 何時の間にか浮かん, 刻みつけられて, 動いたかと, 口元に, 唇の, 悩ましく耳, 泛ぶ, 洩れた, 浮び上って, 浮んだふう, 湛えられて, 漂うて, 漂った, 漂つてゐる, 現はれた, 現われた, 私の, 自然と, 顔に

1 [282件] あって, あとかたも, あふれて, あふれどこ, あまりあからさま, あらわれかけて, あらわれたが, ありがたくて, ありました, ある, あるか, あるのに, いまも, うかびたのし, うかびゆるやか, うかび誰, うかぶの, うかぶよう, おだやかに, おのづか, お口, かがやきだして, かなしいもの, かれの, くちびるを, この色褪せた, こぼれて, こみあげて, こみ上げざるを, さ, さざ波の, された, したくなった, したくなつ, すぐおすゑにもつたはつて, すぐに, すっと流れた, すばやく消失, そう言った, そここ, そこに, そのがさつ, その口, その唇, その懶, その痩せこけた, その譯筆, その黒い, それに, それを, たえずただよっ, たたへ, ただよ, ただよい息づかい, ただよった, とてもよかっ, ともすれば口元, どんなにかすか, どんなにその, なくて, なごやかに, なんとなくうす, におい出ること, にじみ出た, にんめ, のぼった, のぼって, のぼると, ひとりでに浮かん, ひらめいた, ひろがった, ふくらみやがて, ふくらみ軈て, ふたたび浮かんだ, ほころびた, ほころびました, まが, またもやまさ子, まだ浮ん, まだ私, まるで囘教君主, みなぎって, みなぎると, むくいられた, もう一度ちらりとストーン氏, ものすごい渋面, もれ音楽, やさしく頬, わいて, わきます, グラフィーラの, スッと, ストーン氏の, スーと, チラチラうかぶ, ツイ場所柄も, フェリックスの, 一かわ, 一刹那多四郎の, 一時に, 一番いやだった, 一瞬唇を, 下ぶくれ, 不意に, 乗りうつる, 乾いた唇, 互の, 仄かに, 今は, 今も, 何の, 催されたの, 僕の, 優しく動い, 兄さんに, 先に, 全身に, 再び湧き上っ, 再び重吉, 冷笑に, 凍りついて, 凝って, 出た, 出る所, 出没した, 分らなくなって, 刻まれて, 動いた, 口じり, 口の, 口びるの, 口もとを, 口頭に, 吉良兵曹長の, 同じ皮肉, 名人の, 君の, 含まれて, 唇から, 唇を, 喰み, 嘲けるよう, 変に, 如何にも生き, 宿って, 宿つてゐる, 宿り頬, 寝不足の, 対照的に, 尊いという, 少かった, 少女の, 左の, 常に僕, 広い額, 底知れぬ, 張り合いの, 当時の, 彫られて, 影の, 影を, 彼をも, 彼女の, 待って, 徐にあなた, 心から好き, 意識的な, 感じられます, 投げて, 折々変つて, 掠めるかという, 描かれた, 放心した, 映ったよう, 暫く漾つて, 横切った, 此の, 残って, 水面に, 泛べ, 泛み上った, 波うつた, 洩れて, 流れあつ, 流れた, 浮いたかと, 浮かびそれ, 浮かび頭, 浮かぼうと, 浮かみあらわれた, 浮かんだの, 浮びそう, 浮びなんとも, 浮び上ると, 浮び出て, 浮び太い, 浮び昂然, 浮び眼, 浮ぶと, 浮ぶという, 浮ぶに, 浮ぶほど, 浮みました, 浮んだが, 浮んだで, 浮んだよう, 浮んだり, 消えたかと, 消えたとき, 消えたり, 消えなかった, 消えやらぬまま, 消えるか, 消えると, 消え今, 消え失せた, 湛えられ一見赤児, 湧いて, 湧きのぼる様, 湧き墨, 満ち渡った, 溢れた, 漂いつづけたろう, 漂いました, 漂います, 漂うたまま, 漂っては, 漂つた, 漂つてゐた, 漂ふてゐた, 漂よっ, 無敵艦隊破滅の, 然ら, 現れる筈, 現われあるいはまた, 現われたの, 現われて, 産まれ出た, 癪に, 皆の, 眼にまで, 硬ばり, 神楽坂を, 私に, 突然クリストフ, 終わらぬうち, 絶えず流動, 絶えず漂っ, 美しい女形, 聞えた, 脣の, 脣邊に, 腹の, 自分にたいしての, 自分を, 舎る, 色の, 葛藤の, 見えて, 見えないかも, 見えるよう, 見る間, 覚えず葉子, 認められて, 論理という, 購へ, 走ります, 身に, 迸る, 遠い世界, 長く男の子等, 長く続いた, 長平の, 閃いた, 開いた, 院の, 陰鬱な, 靜に, 非常に, 靨と, 頬の, 顔から

▼ 微笑~ (349, 5.5%)

32 影が 16 中に 13 うちに 12 影を 7 下に, 影さえ 6 ために, ように 5 ような, 影の, 影も, 皺が, 顔を 4 中には 3 かげに, ひとを, 底には, 意味が, 浮んだの, 眼で, 眼を, 顔が

2 [20件] うちには, なかには, もとに, やうな, 上から, 中で, 会釈を, 先駆として, 前には, 大きや, 影に, 意味を, 持主である, 波が, 美しさ, 能面に, 衣を, 表情を, 裏に, 面の

1 [157件] あとには, あふれる顔, うちにも, おのおのは, お孝, お屋敷町の, かげから, かげが, かげさえ, かげでは, ことが, こびり付て, ごとくなりき是, さざめき, たねに, ためだった, ためには, ときに, なかで, なかに, なぞを, のぼって, ほか何ものでも, ほのめいて, まに, まま目を, まま見上げ, ものうさ, もれる気持, やうで, やうに, やさしさ, ゆれて, ようだった, わき出るの, わく思い, 一つで, 一つでさえ, 一つをすら, 一生でありたい, 上って, 上に, 下描き, 世界, 中にも, 中心に, 二つの, 代わりに, 仮面を, 余沫を, 余韻かも, 俤が, 光が, 光も, 光りの, 光を, 初夜を, 前で, 前に, 加えられるの, 口を, 口許とで, 句を, 合間に, 味ひ, 哲学, 唇から, 唇に, 喪失に, 国, 境地, 如きもの, 如くその, 寸前である, 幾らかを, 度毎に, 庭, 影さへ, 影すら, 影で, 影でも, 影と, 影は, 影浮び, 意味は, 意義を, 愚かしさ, 愛嬌を, 所有者であり, 数々が, 方が, 日光を, 有様を, 本家みたいな, 本尊や, 本質を, 栄の, 榮の, 様子で, 氣持で, 泉の, 波起りぬ, 浮ぶの, 浮ぶを, 浮むこ, 浮んで, 消えた槙三, 淡い影, 漂って, 漂つてゐる, 癖が, 皮肉さの, 皮肉さを, 皺で, 皺を, 皺夕立ちはれ, 目を, 真義を, 眼の, 眼付を, 眼眸とに, 砦もて, 立像に, 筆致で, 習練が, 翳が, 翳を, 背後に, 脆さ, 膠着した, 至りだ, 色を, 花が, 苦渋な, 蔭から, 蔭にも, 表情が, 表情の, 裡には, 裡にも, 記憶は, 諧調などは, 謎が, 謎は, 趣きには, 輝いて, 釣針の, 釣針を, 閃めき, 陰には, 陰影の, 隙間から, 面とも, 頬に, 顏は, 顔で, 顔にかは

▼ 微笑した~ (169, 2.7%)

175 だけであった, のを, ように 4 がその 3 が直ぐ, のか

2 [14件] お菊, がなん, それは, のだった, のであった, のである, ばかりで, まま云った, まま立っ, ものだ, ものだった, よ, 眼を, 途端に

1 [99件] あの顔, お初もう, があの, がおすえ, がこの, がさすが, がすぐ, がそれから, がそれにしても, がどこかこ, がまた, がやがて, がやはり, がマリユス, が声音, が審判席, が気持, が目, が突然, が綾子, が考え, が若殿, が返事, きりだった, きりでした, ぎり黙っ, くらいだった, くらい無邪気, ことだろう, ことは, ことを, そしてささやいた, そしてその, そして自分, その時, だけだった, だけで, だけであつ, だけです, だけでもすぐ, だけで何, だけで默つて, っけなあ, ときには帽子, ところな, とたんつい, と思う, に止っ, のだろう, のち尚, のであろう, ので僕, のは, ばかり別に, まま, ままかう, ままそれには, ままで, まままた, まま丁度, まま俯向い, まま続けた, ものか, ものです, やうに, ようだった, ようで, ようであった, ような, よずるい, ダフウトは, 丈で, 両の, 人も, 儘眼を, 夢に, 大之進, 天地の, 夫の, 悪戯つ, 懐疑主義者は, 所は, 摩訶迦葉に, 斉彬の, 時今から, 火焔が, 由さる, 目に, 眼だけは, 眼に, 眼には, 眼差が, 私などは, 積でも, 通りこの, 重蔵は, 顏は, 顔へ, 顔を

▼ 微笑~ (147, 2.3%)

6 消えて 3 彼の 2 う, そよ風, 含んで, 浮んで, 私が, 私の

1 [126件] いさ, いささかも, いまだに, おのずから湧く, おろか苦笑さへも, かすかに, こういう時, この一組, この際, さっと彼, さらに大きく, したけれ共, して, しなかったが, すぐに, する者, そう永く, その眞状, その言葉, それが, それを, たしかに科学精神, とめども, ない, なお深く, なか, なかつた, ながく見つめ, なみなみでなく, にわかに変った, ひとりだんだんと, ぼくの, またわたくし, みられなくなった原田さん, もう見えなかった, もらさない, もらせど, わが身の, アカダモの, 一種の, 中途で, 云うまでも, 今の, 今問題, 何か, 何といふ, 僅かに, 僕には, 全く消え去っ, 冷たかった, 冷笑では, 凍りついたやう, 凡てを, 切らした事, 危険の, 叡智の, 口ばた, 哀れにも, 喫茶店の, 太子の, 実に深く, 寂しそう, 寧ろ強い, 少し和尚さん, 彼に, 彼には, 彼を, 彼女が, 彼女等が, 彼特有の, 微動も, 微笑であった, 微笑に, 必ずしも心和かな時, 性質から, 悲しげ, 意味の, 慈愛に, 憂鬱な, 打撃の, 指先が, 故に, 明るくし, 更に内面化, 極度に, 永遠なる, 消え去ったの, 消え去って, 消え去り真面目, 消え残念そう, 涙に, 深まった, 無理な, 無言の, 特別に, 男を, 白鳳天平と, 眼に, 瞑想の, 確に, 神の, 神経衰弱なんかとは, 神聖冒涜と, 私を, 素直で, 肉体の, 自分の, 自然に, 若い女, 苦痛の, 苦笑に, 薔薇の, 蝋燭の, 見るもの, 解かんと, 言った, 諸君の, 近づく多く, 部屋中に, 静まった夜, 非常に, 頤が, 頬の, 顔の, 魅力的だ, 黄疸にか

▼ 微笑~ (130, 2.1%)

4 まぎらせて, 似たもの 3 近いもの 2 まぎらして, まぎらせながら, 似て, 変った, 変って, 溶けこんで, 誰でも, 面と

1 [103件] あうと, あらずカンラカラカラ笑, いくらかの, いたづら, うけて, かわって, こたえなかった, たへ, つい笑っ, つつまれた女, つつんで, つりこまれて, でっくわすと, とめられた, なった, なって, なっては, ならない顔, なんとなく悲痛, ひたされて, ほぐらかし, ほころばしながら, ほころびた, まぎらさんと, まぎらす, まぎらせそツ, またたいて, まわりの, ゆがんで, ゆるんで, クリストフは, 一生の, 久慈も, 云わして, 伏して, 伴なう, 似た, 似たうらうら, 似たやう, 似た何物, 似た皺, 似た秘密, 似た表情, 似なくも, 何か, 口を, 口元を, 和らげて, 哄笑を, 堪ふるに, 変じた, 変らせて, 宿る至難微妙, 就いて, 崩した, 崩れて, 帰って, 帰つて, 心づいて, 心惹かれぬ, 悪感を, 惑は, 意中を, 意味を, 打消し, 押しかえされて, 接する時, 期待を, 歪めながら, 比するの, 気がついた, 気がついて, 気がつくと, 気付かなかったらしい, 永い間, 消して, 牽引され, 現して, 矢代は, 笑顔で, 紛らわせて, 綻びかけて, 綻びたもの, 胸の, 胸を, 膨れて, 自分は, 裝はれ, 見せながら, 見つつ, 見詰められて, 解して, 誘惑を, 譬えて, 變つていつた, 近い物, 返る, 送られながら, 金色の, 釣られて, 釣りこまれて, 開けて, 魅せられた者

▼ 微笑~ (123, 1.9%)

6 あつた 3 それに, もって, もつて, 以て, 眺めて, 私を 2 あらう, それを, やはり口, 彼を, 応じた, 訊ねた

1 [87件] あしらって, いった, いつぱいだつた, かくしながら, こちらを, ごまかして, さう云, そう云った, そのうしろ姿, つつもうと, ながめられること, なだめると, にやりと笑った, ひんまがって, まぎらして, みせた, やっと答えた, ゆがめて, ゆるんだ, ニッコリと, 一空さまを, 両手を, 云うと, 会釈した, 何から, 僕を, 先ずお松親子, 全身を, 加野は, 包むやう, 受けて, 受けとめたが, 受けるやう, 彼に, 待つて, 応えた, 応えると, 応じたが, 応じて, 意を, 押し止めて, 拭い取られて, 拭ひ取られ, 振り向いた, 明るい想, 明るかつ, 此おきやん, 温良に, 由吉は, 相変らずだ, 眺めつづけて, 眺めながら, 眺め他, 睨むよう, 矢代の, 矢代を, 示すほか, 答えてから, 答えながら, 答えると, 答へ, 答へて, 答へながら, 聞き流した, 聴いて, 聴きながら, 自分たちの, 見上げたが, 見廻して, 見物人を, 見送る, 親しい友人等, 訊いた, 証明する, 詫び合った丈, 軽くうなずい, 輝いた, 迎へ, 述べて, 部屋の, 野村に, 隠して, 青年を, 頬を, 飾られた呪い, 首を, 黙って

▼ 微笑する~ (112, 1.8%)

5 ことが 3 だけで, のが, のだった 2 が時には, ことは, ことも, と同時に, と微笑, のだ, のは, ばかりで, ような, 美しき瑠璃子夫人

1 [78件] おばあさんは, かも知れぬ, が清子, くらいで, くらいである, くらいでいます, くらいのこと, ことであろう, ことに, ごとに, そして返事, たびに, だけで何, だけで動かなかった, だけの事, という事件, という位, といたわる, ときの, とことごとく, ところも, とじつに, とずばり, とずぼし, となに, とまず, とゆっくり, とピクピク肩, とホテリング, と両手, と彼女, と彼等, と明日子, と泰然, と白い, と眼尻, と穏やか, と若い, と詑びるかのごとくに, と静か, には余り優越感, のであった, のであつ, のでした, のみだろう, のみで, のみであった, のも, のを, ばかりだつた, ばかりであった, ふうで, ようないつわり, よりほか, よりも苦笑, より外, スパイとして, モウニング・コウトと, レオナルドの, 事が, 事も, 体の, 先生は, 句, 唇とを, 唇もとには, 川端君と共に, 巨人王クリスチャン十世陛下とを, 懷疑とに, 時母親は, 毎に, 気力も, 者は, 間もなく森本先生, 面白味は, 音楽の, 顏が, 顔の

▼ 微笑~ (83, 1.3%)

5 なって 2 光輝とに, 堅い鉄, 歓心とを, 老人の

1 [70件] あの凝視, いっしょに, いっても, これだけから, それには, たのしい言葉, であり後者, なる, やさしい言葉, 一しょに, 一緒に, 一言の, 丁重だけ, 二つだけ, 云つたのは, 云ふ, 云われて, 先生の, 光る涙, 冷淡な, 凝視とを, 凝視を, 勝とう勝とうと, 取りかえたよう, 口調で, 同じい, 哀愁とを, 哄笑とが, 唇の, 啜泣, 夢殿観音の, 大胆な, 安らかな, 寸分たがわぬ, 小さな寛恕, 快い感情, 悲心の, 愛撫とに, 愛撫を, 憂欝な, 手厚さ, 持って, 挨拶とを, 掴みどころの, 敏捷との, 曖昧な, 未来と, 沈黙とで, 涕泣もっ, 涙の, 渋面とを, 点頭とのみが, 燃えて, 燃え上る憎悪, 眸には, 秋波を, 笑顔で, 簡素な, 聡明らしい, 親しみとを, 親密とを, 解釈する, 言うやつ, 言ふべきで, 言葉が, 謝罪の, 軽いうなずき, 遠慮の, 重なり合ったり, 首肯との

▼ 微笑~ (45, 0.7%)

2 しなかった, 無論三秒, 蜜の

1 [39件] おずおずと, おのずと口辺, かくさずじっと, かの苦悩, こうまで, すぐ怪訝, せず反対, そうしてあらわれたであろう, つくれなかった, てんで見当らなかった, なさらず一座, はれぼったい瞼, まるで朝日, やさしい表情, 交って, 交る, 出来なかった, 印象的であれ, 夢の, 影を, 彼にとっては, 彼を, 微苦笑と, 忘れて, 次第に消え, 注意の, 洩らせた, 浮かんで, 浮んで, 消えた, 涙も, 湧くの, 白くその, 禁じ得ず, 見ず尋ねる姉, 見せない厳めし, 見せなくなったと, 雪の, 静かで

▼ 微笑さえ~ (44, 0.7%)

7 浮べて 4 浮かんで 3 浮かべて 2 うかべて, して, 浮べながら, 浮んで, 湛えて

1 [20件] うかんで, されむしろ, しだした, なかったなら, もらしたもの, 報いて, 彼の, 我慢すれ, 浮かべた, 浮かべだした, 浮かみ出たの, 浮かんだでは, 浮びます, 浮んだ, 浮んだの, 矢代は, 蒼穹に, 見える, 見せた彼女, 見せて

▼ 微笑って~ (32, 0.5%)

5 いた 3 見せた 2 みせた, 兄を

1 [20件] いらっしった, いるよう, いる無邪気そう, おり美しい, しずかに, すぐ元, そしてその, そっと近, その竜, みせ自分, 何ごとが, 委細承知した, 引ったくろう, 目で, 私の, 答へ, 行ったこと, 見て, 言った, 通って

▼ 微笑を以て~ (25, 0.4%)

2 彼の, 自分は, 苦に

1 [19件] した, その注意, それに, 万事に, 佐古の, 其弱点を, 妾を, 宥恕し, 彼を, 応じた, 想いだしたい, 挨拶に, 答え小屋, 見送るの, 言下に, 語られた, 語る, 送迎した, 静かに

▼ 微笑とも~ (23, 0.4%)

3 苦笑とも 2 つかないよう, 嬌羞とも

1 [16件] いえぬ閃きが, つかずいたわりとも, つかないもの, つかない薄笑い, とれれば, なく笑った, なく笑つた, ひかりとも, よく似, 付かぬ笑, 付かぬ笑い, 取れた, 取れるの, 思はれた, 異なりむしろ, 皮肉な

▼ 微笑とともに~ (22, 0.3%)

1 [22件] あいきょう者, いった, かすかな, しずかに, そっと彼, そっと片手, なにか貧弱, ゆるくド, 一太刀おろした, 例の, 呟いた, 命令一下, 彼女を, 思い出しながら, 振り向いた, 泰軒は, 源十郎は, 答へ, 見ながめながら, 見送りながら, 青年の, 飲みほした

▼ 微笑~ (17, 0.3%)

2 言葉の

1 [15件] または悲壮, わが子を, 可愛いその, 希望が, 強いて, 彼女の, 悩める本能, 戯れは, 握手や, 機敏で, 無意識に, 眼眸が, 繊細な, 衰えた身体つき, 言葉つきで

▼ 微笑と共に~ (16, 0.3%)

2 信一郎を, 痛感し, 行え 1 あらわれるの, 千代次の, 味わって, 小規模ながら, 彦兵衛は, 往来する, 種彦は, 肯いて, 遠慮なく二人, 野村の

▼ 微笑には~ (16, 0.3%)

2 愛情が

1 [14件] いかなる苦衷, さっきの, どこかで, どことなくとげとげしい, 人類の, 何処か, 孔雀が, 宗教裁判所の, 弁解が, 強い力, 深い寂寞, 蔽えない嬉し, 違いなかった, 違ひなかつた

▼ 微笑~ (14, 0.2%)

5 へ浮べ 2 へも浮ん, へ浮びます 1 へ殘つて, へ洩らし, へ浮べた, へ浮ん, へ漂う

▼ 微笑せず~ (13, 0.2%)

6 にはいられなかった 2 にはいられませんでした, にはゐられぬ 1 にいられなかった, にはおられず, には居れなかった

▼ 微笑とを~ (13, 0.2%)

2 うち湛へた湖

1 [11件] この戯曲演出, しなかつた, それからそれ, もって, もつて, 交る, 持って, 持ってる盗賊, 浮かべること, 見たから, 運び入れて

▼ 微笑をさえ~ (11, 0.2%)

3 浮べて 2 含んで 1 含んだ, 洩らして, 浮かべて, 用意し, 見せるよう, 頬に

▼ 微笑しない~ (10, 0.2%)

3 訣には 2 わけには, 訳には 1 ではいられなかった, ではゐられなかつた, ように

▼ 微笑では~ (10, 0.2%)

4 ない 2 なかった 1 あったが, なかつたらうか, なくいかにも, なくて

▼ 微笑らしい~ (10, 0.2%)

3 影が 2 影を 1 ものさえ, ものさへ, もので, もの癖声青年らしい, 明み

▼ 微笑しいしい~ (9, 0.1%)

1 とっさに, 三人の, 両手の, 先に, 又も, 古木書記を, 姿を, 息を, 皮肉な

▼ 微笑せざる~ (8, 0.1%)

4 を得なかった 2 を得なかつた 1 ことを, を得ないであろう

▼ 微笑とは~ (8, 0.1%)

2 全く逆, 金剛石と 1 ある時, おそらく余韻, 或は慟哭, 無関係に

▼ 微笑された~ (7, 0.1%)

2 がそれでも, 時にも 1 かも知れません, 口もとが, 相手の

▼ 微笑しよう~ (7, 0.1%)

4 とした 1 としてはまた, としても吐く, と唇

▼ 微笑とが~ (7, 0.1%)

2 太郎の 1 いっしょに, どやすよう, なかったら, 別々に, 心に

▼ 微笑一つ~ (7, 0.1%)

1 しないの, でたくさん, で自分, もらさずいつも, 浮かべようとは, 浮べぬといふ, 見せず

▼ 微笑され~ (6, 0.1%)

2 ながら 1 たりした, て, て恨む, て私

▼ 微笑したい~ (6, 0.1%)

2 ほどの遥か, ような 1 くらいな不思議, やうな

▼ 微笑である~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, がしかし, ことに, ことよ, ところは, ように

▼ 微笑という~ (6, 0.1%)

1 ことが, ものが, ものは, ような, 一語に, 日光ゆたかな

▼ 微笑~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 のかも, のであった, んだろう, んです

▼ 微笑ながら~ (6, 0.1%)

1 云った, 夫等の, 如何にも道理, 此處だ, 立って, 答えた

▼ 微笑~ (5, 0.1%)

1 ううと, ながら, ながらいった, ながら棹, 山羊乳も

▼ 微笑から~ (5, 0.1%)

1 一種の, 冷たい風, 意味を, 曽て, 私の

▼ 微笑させ~ (5, 0.1%)

1 つつ運ん, て, ておられる, ぼくの, 陣十郎の

▼ 微笑すら~ (5, 0.1%)

2 浮べて 1 しなかった, その面, 現すこと

▼ 微笑~ (5, 0.1%)

1 と思っ, と悟る, と答えよう, にさせる, もしなかった

▼ 微笑でも~ (5, 0.1%)

1 ある, あろうか, したらって, つて心の, 贈らうと

▼ 微笑によって~ (5, 0.1%)

1 いうに, 会話しなく, 判断する, 破られた, 黙許し

▼ 微笑させる~ (4, 0.1%)

1 のであつ, ものが, ものだ, 余裕を

▼ 微笑ばかり~ (4, 0.1%)

3 して 1 交わすこと

▼ 微笑~ (4, 0.1%)

2 ながら荷物 1 ながら言, 然は

▼ 微笑まで~ (4, 0.1%)

1 そなえて, ついて, 浮べた, 現われた

▼ 微笑をもって~ (4, 0.1%)

1 ものを, 回想される, 言うの, 返答する

▼ 微笑~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と可憐, どころか誰

▼ 微笑させられた~ (3, 0.0%)

2 のである 1 が同時に

▼ 微笑される~ (3, 0.0%)

1 のである, ほど現金な, よりは寧ろ

▼ 微笑したぎり~ (3, 0.0%)

2 それには 1 不相変

▼ 微笑してる~ (3, 0.0%)

2 ような 1 彼女は

▼ 微笑しました~ (3, 0.0%)

2 がその 1 がふと

▼ 微笑すべき~ (3, 0.0%)

1 満足では, 理由に, 道理が

▼ 微笑せる~ (3, 0.0%)

1 に似, を寸善尺魔, 懷疑主義者は

▼ 微笑その~ (3, 0.0%)

1 やさしい声, 愛らしい目元, 目の

▼ 微笑それ~ (3, 0.0%)

1 から長い細, が見込み, は静か

▼ 微笑だけ~ (3, 0.0%)

2 のこして 1 では

▼ 微笑だった~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, けれども微笑, と言っ

▼ 微笑つて~ (3, 0.0%)

1 その肩先, よく見, ゐる

▼ 微笑であった~ (3, 0.0%)

1 かもしれなかった, けれどもこの, という

▼ 微笑であり~ (3, 0.0%)

1 あるとき, 同時にまた, 同時に批評

▼ 微笑との~ (3, 0.0%)

1 うちに, 間に, 間の

▼ 微笑などが~ (3, 0.0%)

2 何うし 1 あの日

▼ 微笑にも~ (3, 0.0%)

1 なる, なんの, 変化は

▼ 微笑に対して~ (3, 0.0%)

1 つい目, 杉本は, 腹を

▼ 微笑ほど~ (3, 0.0%)

1 こわく的な, 安全な, 愛くるしいもの

▼ 微笑めく~ (3, 0.0%)

1 ものを, 顫いに, 顫ひ

▼ 微笑をすら~ (3, 0.0%)

1 口元に, 浮べて, 見つけた

▼ 微笑をも~ (3, 0.0%)

1 忘れたかの, 知らぬ顔し, 見逃すこと

▼ 微笑さえも~ (2, 0.0%)

1 殆ん, 浮ばせなかった

▼ 微笑しかけた~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が青ざめた

▼ 微笑しつづけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 微笑し合っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 微笑すらも~ (2, 0.0%)

1 かわして, 泛べて

▼ 微笑せし~ (2, 0.0%)

1 むるのみ, むるものこそ菩薩と

▼ 微笑せしめず~ (2, 0.0%)

2 にはおかぬ

▼ 微笑せしめる~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものも

▼ 微笑だけが~ (2, 0.0%)

1 この言葉, 輝いて

▼ 微笑~ (2, 0.0%)

1 そのまま首, 在はせ

▼ 微笑といふ~ (2, 0.0%)

1 ものを, 風な

▼ 微笑とか~ (2, 0.0%)

1 つまり肝腎, 心がけてとか

▼ 微笑とに~ (2, 0.0%)

1 満足を, 送られて

▼ 微笑なさる~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, わ

▼ 微笑などを~ (2, 0.0%)

1 もって, 浮べて

▼ 微笑なる~ (2, 0.0%)

1 がゆえに, ものを

▼ 微笑にな~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 微笑のみ~ (2, 0.0%)

1 では, 消えざるぞ

▼ 微笑ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でそれ, 浮べなかつた

▼ 微笑めいた~ (2, 0.0%)

1 眼色や, 落着か

▼ 微笑をかは~ (2, 0.0%)

1 して, すこと

▼ 微笑作る~ (2, 0.0%)

2 かはたれに

▼ 微笑居士~ (2, 0.0%)

1 と今一度声, になる

▼1* [143件]

微笑ある事を, 微笑いいった, 微笑いも満足そうな色, 微笑うたを唄え, 微笑うて私を, 微笑なかった, 微笑えませて泰然, 微笑えまれるのだった, 微笑えることをも, 微笑おうとしたが, 微笑かがあった, 微笑かもしれないが, 微笑からも責められた, 微笑くらい苛立たしい気もち, 微笑ぐらいはもらすの, 微笑こそは孤児の, 微笑させたのは, 微笑させられるような, 微笑しい感じが, 微笑しいしいいたって物静か, 微笑しいしい行き向かったところは, 微笑しか浮んで, 微笑しすぎてるのに, 微笑しずにはいられなかった, 微笑したぎり黙って飯, 微笑したくなった私であった, 微笑したくなるだけである, 微笑しただろうが内心, 微笑したらかず枝は, 微笑したるところの, 微笑してじつと聞い, 微笑してるらしい表情さえ, 微笑しながち振り返つた, 微笑しはじめてからやっとしだいに, 微笑しますとお, 微笑し合っただけで行きちがう, 微笑し得る小品が, 微笑し続けて飼場, 微笑し返すことが, 微笑たまへる, 微笑せしめられる趣である, 微笑せしめ注ぎ満たしああ, 微笑せぬ人は, 微笑せらるる記事少から, 微笑そうな涙, 微笑そこまで辿つ, 微笑そのものの静けさ, 微笑それから声だった, 微笑それからまたときどき取り交わす, 微笑それでもやはりお母さま, 微笑たまふなり, 微笑たる目には, 微笑だけは美しかった, 微笑だけを見たかった, 微笑だしたように, 微笑だってこうまで, 微笑だつたけれども微笑, 微笑ている, 微笑ってばかりもいられない, 微笑つくる嬉れし, 微笑でしか思いだせない仁太, 微笑でなければならない, 微笑とさえも云えない, 微笑としか持つてはを, 微笑とそがいかばかり, 微笑とで犬の, 微笑とには好悪の, 微笑とめてもとまらなかった, 微笑なさりながら指貫, 微笑なしつ, 微笑なぞ決して浮かべた, 微笑などというもので, 微笑にかへつた, 微笑にて足りる, 微笑にまでねじまげられて, 微笑によつて互ひ, 微笑に対する返事を, 微笑のけ高い温良さ, 微笑のみがあるだけで, 微笑のみで答えたの, 微笑ひも寛大な言葉, 微笑推移した, 微笑まざると同じ, 微笑ましたそして一層, 微笑までが生ける日, 微笑みたいなもの, 微笑むといつものえくぼが浮かんだ, 微笑むぶなの木の群, 微笑むほほに愛しき, 微笑る短き, 微笑めいて見えました, 微笑めど神女の黒き, 微笑もし夢見る様, 微笑もしくは苦笑もて, 微笑やをつくづく眺め, 微笑よりもむしろ冷笑, 微笑コレ, 微笑われるくらいです, 微笑をば僕は, 微笑カラカラと鳴り渡る, 微笑たが, 微笑ティツィアーノ式の肉感的, 微笑ナニ一升や二升, 微笑ナニ盜賊に這入らん, 微笑バアナアド・シヨウの微笑, 微笑デ教エル, 微笑一方をピアノ, 微笑世に最も勝れた一人, 微笑人間という, 微笑以前の微笑, 微笑先刻より伺ふ, 微笑をもっ, 微笑其方が夫喜八, 微笑勲章大礼服, 微笑十九の春, 微笑合是を斯, 微笑呼吸かおり青い, 微笑哄笑の二種, 微笑四畳半に籠りし, 微笑は御, 微笑失笑をさそはれた, 微笑封曰風流之士, 微笑市民服の上, 微笑弾指棒喝等人間の表現手段, 微笑打ちとけた物腰一片の, 微笑抱愛を約束, 微笑持って生れた, 微笑持つて生れた, 微笑新しい大空の, 微笑新妻の微笑, 微笑の網, 微笑是九郎兵衞愚僧に逢, 微笑最早や凡, 微笑此書面は貴殿, 微笑歩きかたは自分, 微笑火焔菜と燕麦, 微笑禁じることが, 微笑は氣違ひで, 微笑端的の叫び, 微笑自分の影, 微笑芥川竜之介の微笑, 微笑のこなし, 微笑風景を展開