青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「微妙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

御飯~ ~御馳走 御馳走~ 復~ ~復讐 復讐~ ~微か 微か~ 微塵~ ~微妙
微妙~
~微笑 微笑~ ~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から

「微妙~」 1891, 19ppm, 6110位

▼ 微妙~ (1287, 68.1%)

18 ものが 13 作用を 11 もので 10 ものだ, 関係を 9 変化を, 関係が 7 ものである 6 ものです, ものは, 心理の, 音が

5 [11件] ところが, ところに, ものを, 力を, 問題が, 女の, 心の, 感情の, 美しさ, 関係に, 音を

4 [17件] ことを, ところで, ものの, ニュアンスを, 人間の, 味が, 変化が, 形で, 感情を, 感覚を, 点が, 調和を, 運動を, 関係は, 音の, 音楽が, 音楽を

3 [16件] ことには, ところは, ところまで, ものと, 力の, 問題です, 影響を, 心持が, 心理から, 楽の, 相違が, 立場に, 色調を, 表情を, 語感を, 関係の

2 [94件] ことで, ことは, ちがいの, ところである, ところです, もつれ, ものであった, ものに, ものも, ニュアンス, ニュアンスが, 一点で, 一瞬の, 一種の, 不思議な, 世界が, 人生の, 働きを, 力が, 効果を, 動きに, 動機が, 匂が, 反応を, 呼吸が, 問題である, 啼声が, 因果関係については, 均衡の, 均衡を, 夢を, 姿と, 季節の, 差別を, 微笑を, 心に, 心持, 心持を, 心理, 心理が, 心理を, 愛憐の, 感情から, 感情が, 感触を, 或る, 手ざわりを, 接吻が, 放出を, 政治的の, 方法を, 時代に, 時間を, 曲線を, 機会を, 消息は, 消息を, 点で, 点に, 点は, 点も, 生の, 発現である, 直感が, 相互作用が, 矛盾を, 神経が, 笑いを, 笑い方を, 細工は, 線が, 線の, 美の, 肉体で, 自然の, 色が, 色と, 色に, 色の, 色彩を, 色調と, 薄笑いを, 薫の, 触感を, 調和の, 起伏を, 鈴の, 關係は, 陰影の, 陰影を, 音楽であった, 音色の, 響きを, 魅力も

1 [817件 抜粋] あやであろう, あるひ, いきさつで, いきさつの, いくつかの, おもしろさ, かねあいだ, きっかけだ, こ, ことかと, ことが, ことだった, ことである, ことでし, ことまさに, この問題, この變化, ざわめきが, ざわめきの, しかも相当, ずれが, せりふ回しの, そして小さな, そのふくらみ, その水底, その色調, そぶりに, それらの, ちがいが, つながりが, つながりの, ところから, ところがどう, ところな, ところへ, ところまでは, と云っ, どきどきした, のだ, はたらきによ, ひとときで, ふしぎな, ほんのりした, またおそらく最も, まはり合, むずかしさ, ものさへ, ものであっ, ものであります, ものでした, もの等の, もんだ, ゆきかいが, キッカケが, ギャップと, コツが, テクニックや, デッサンに, ニュアンスで, ニュアンスと, マイクロ・エヴントを, モメントは, リズムそれに, 一つの, 一点, 一点での, 一瞬だ, 一筋の, 一線を, 一連の, 丈に, 不可思議です, 世界に, 中傷の, 了解も, 事件では, 事件でも, 事実の, 事実は, 二つの, 交渉をも, 交錯に, 交錯は, 人心にくらい, 人心の, 人間と, 人間生活の, 人間関係は, 仕事が, 仕事を, 仮設は, 伴奏は, 位置から, 何ものか, 作品が, 作品を, 作用である, 作用として, 価値標準が, 備えであろう, 備へで, 傾斜を, 働きである, 像と, 光が, 光景を, 光沢や, 光線の, 内部的の, 凹凸と, 刀の, 刀機を, 切線を, 刺激を, 前兆を, 創造の, 力強いぎごち, 力強いところ, 動きについての, 動きを, 動き揺曳が, 動作に, 勢力の, 匂いと, 区別を, 協力ある, 単調さを, 原因が, 反射作用だの, 反映が, 反映な, 受け応への, 同時に彼, 味いの, 味といふ, 味に, 味にまでも, 味は, 味も, 味繊細な, 呼吸は, 呼吸を, 哲理が, 問いに, 問題でありまし, 喜びが, 器と, 因縁と, 困難を, 国土は, 国際関係の, 垢ぬけ, 堕落の, 境に, 境地を, 境遇に, 変則的な, 変化の, 変化や, 変幻自在な, 変転自在な, 外交的術策を, 外交関係の, 外力の, 夢幻感と, 大気を, 天の, 天楽であるごとく, 奇妙な, 奏でに, 女ほか知らない, 女心を, 好い働, 妻としての, 子供たちの, 宛然流れ混る, 対立が, 対話の, 小鳥の, 展き, 岐路に, 工夫デリケートな, 差, 差です, 差異で, 差異を, 弱さ, 彎曲を, 形から, 形と, 形に, 形式美を, 影を, 影響が, 影響の, 御声, 御注文, 心, 心づかいを, 心もちが, 心持だ, 心持ちが, 心持の, 心機と, 心理それが, 心理である, 心理について, 心理や, 心理交錯の, 心理学的の, 心理状態だつた, 心理的の, 心理的旋律である, 心理的韻律を, 心的過程を, 心秘密な, 快い音, 思いやりが, 思いやりを, 思想の, 思想へまで, 性質の, 恍惚と, 息と, 悲壮さは, 情愛に, 情愛の, 情調に, 意味が, 意味がね, 意味の, 意味をも, 意味深い, 意識状態から, 感じに, 感動と, 感知を, 感覚が, 感覚である, 感覚に, 感覚の, 感覚までを, 感覚や, 成熟が, 戦気が, 所で, 手掛りを, 手練, 才能を, 技巧で, 投影は, 指さきに, 振動によって, 振舞とに, 推断を, 描写に, 揶揄が, 摩擦について, 敬意を, 数理によって, 数行が, 数限りの, 方針を, 旋律と, 旋律に, 日本知性の, 明治初期の, 時と, 時代的好尚の, 時期の, 時間的關係が, 智慧の, 暗さ, 曲線でしょう, 曲調に, 有機的運動の, 未完成な, 本能によって, 本能や, 条件と, 格調の, 格闘を, 植物は, 楽器の, 模索が, 樹皮の, 機官に, 機械の, 歌を, 歓喜でしょう, 比率が, 気に, 気動が, 気持ちの, 氣持ちだつた, 江戸情緒を, 法則に, 注意, 洞察力をもって, 活動の, 消息に, 淡褐色, 深味を, 深遠な, 清新さで, 演出という, 潮の, 濃淡を, 灰色の, 点なども, 点について, 点を, 無声の, 無理は, 熱的条件の, 物は, 物体の, 特徴を, 特色と, 特質が, 状態においてのみ, 状態の, 独特性で, 現実であろう, 現実の, 現象を, 甘い露, 甘さ, 甘美さに, 生活を, 生活感情に, 生活的モメントを, 生活的蓄積の, 生物の, 生理的解析を, 用途を, 痛し痒しを, 目の, 相似性で, 相続問題や, 眼に, 矛盾の, 知慧の, 研究問題です, 確実な, 神秘な, 神経の, 神経を, 神経質さ嫌悪その, 神霊が, 秋の, 秒針の, 秘事が, 秘密の, 秘密を, 移りか, 種々の, 空気が, 空気の, 空氣を, 立場を, 笑いである, 節度と, 節廻しの, 精巧な, 精巧を, 精神の, 精神労作である, 精神的均衡を, 糸の, 紫じみた, 細い割り方, 細みから, 細刻, 細目で, 組織を, 経緯が, 結合が, 結果を, 統一が, 綾の, 線こまやかな, 線で, 線は, 線や, 繊細な, 織物で, 罪名の, 美くし, 美しい青, 美味さ, 翳には, 考案力は, 而も, 肉そして, 肉づけ, 肌の, 能力を, 脈絡は, 腕前を, 自己曝露の, 自己満足の, 舌の, 色合の, 色合を, 色彩の, 色彩変化の, 色調に関する, 芸術の, 芸術を, 荷は, 薔薇色の, 薫は, 融合, 融合によ, 螺旋を, 表現, 表現で, 衰えを, 補助手段として, 複雑さが, 複雑な, 複雑音と, 複雜な, 要点を, 要素から, 観察である, 角度が, 触れ合いで, 触手を, 言葉の, 計を, 計算によって, 証人は, 証拠は, 語感は, 説を, 調であったろう, 調和, 調和は, 調節に, 諧調, 諧調を, 謹直な, 警戒が, 趣で, 路だ, 踊躍, 輝きを, 近代化誰にも, 近代的感覚によ, 速度だつた, 連繋は, 連関で, 過去の, 過程で, 道徳的感慨を, 違いが, 遺伝の, 部分である, 配合によ, 釣り合いに, 鋭敏な, 錯綜が, 錯綜と, 鑑定法が, 長い新鮮, 間に, 間歇が, 間色の, 関係などを, 関連によって, 陰翳の, 隅々で, 雑種を, 雰囲気が, 雰囲気の, 震動数の, 霊感と, 青い色, 面倒が, 音と, 音にも, 音楽であっただろう, 音楽に, 音楽の, 音楽よりも, 音色でした, 音色を, 韻律その, 響と, 顔を, 風貌を, 香りが, 香気が, 魂の, 魂を, 魅力を, 鮮かな, 黙契が

▼ 微妙~ (204, 10.8%)

7 して 6 ものを 3 笑った, 笑ったが

2 [12件] なって, なつて, なるの, 作用した, 反映し, 変化し, 変化した, 捕捉せられ, 楽しむ為, 相関し, 苦しまなければ, 身体を

1 [161件] あらわれて, ある, あると, うごきつつ, うごく, うつって, うねらせて, からまりあって, からみあって, からみ合って, からみ合つて, からみ合わされ若い, こたえて, この人間, この單純, こもる, これを, こんがらがったもの, さけて, しかもどっさり, すぎるもの, そ, その人格, その感情, それらの, たよって, ちがうもの, ちがって, つくられた肉体, つながり合ひ, つまりイキ, では, とけ合つて, なされて, なります, なると, はられて, ふれて, ぼかしにな, もっと拡がっ, わかる神経, ギイと, ディテールが, ムズ痒く, 且つ力強く, 云ったもの, 交流し, 人間らしい味, 人間生活に, 位置を, 作用し, 作用する, 促して, 個的であろう, 働いて, 光る皮膚, 入り交, 入り混つた反省, 其人の, 内的にも, 利いて, 刺戟される, 動いたかと, 動いて, 動かしながら, 動きまわって, 動き廻って, 動くの, 動作いたします, 即物的, 反映した, 反映する, 反響し, 取合せて, 右の, 唆る, 変って, 変わって, 変転する, 大坂, 妻への, 属する, 当時の, 影響しはじめた, 影響し合う, 微笑し, 心の, 悦しく思はれた, 悲喜劇的に, 想像された, 愛の, 感じられるせい, 感じられるせゐばかり, 感じる力, 感應した, 押しあい跳ねあうよじれも, 推移し, 描き分けられて, 敏捷に, 日本の, 明るい暗示, 映った, 暗くしかも, 書かれた短篇小説, 末端の, 柔らかな, 沁み渡るです, 泥の, 注いで, 混り合い, 混り合っ, 混り合った, 温みを, 溌溂に, 潛んで, 照應し, 現は, 現代の, 生々しく作用, 生動し, 生活の, 目まぐるしく何もの, 相つながる, 眺められた, 眼醒めかけ, 笑ったもの, 笑った薬草道人, 笑って, 節奏する, 精緻に, 組み立てられて, 組合わされて, 組織され, 結びついて, 絡んで, 聞こえて, 苦しむ蘆, 荘厳せられ, 薄笑いを, 融け合って, 融け合つた, 蠕動し, 行われて, 表現され, 複合した, 複雑に, 誇張なく, 調節する, 身を, 輝いて, 迫るよう, 過ぎ難解, 道徳感宗教的世界観と, 違う, 部屋を, 釣り合って, 閃いて, 震わせたり, 震動し, 静かだった, 静かだつた

▼ 微妙なる~ (66, 3.5%)

2 接吻, 關係を, 音響と

1 [60件] しかしながらきわめて, ものです, ものの, エフェクトを, 一つの, 了解が, 事象を, 働きを, 協和不, 反応, 味心と, 大悲観世音の, 大計算, 学理原則の, 宇宙の, 山姫に対して, 差別を, 影向の, 影響を, 心情の, 心持, 情調の, 意味あり, 感能の, 戦機を, 架橋を, 毒に, 準備心理であった, 点を, 独歩モオパスサン組合の, 理を, 理法でも, 知能を, 秩序これあり, 種々相は, 筆は, 節制である, 精神的作用が, 結合は, 者と, 耳を, 聴問には, 般若の, 良藥疵に, 融合である, 趣味判斷の, 造化の, 連関について, 部分までも, 関係が, 関係に, 関係を, 関連が, 階級の, 階級微妙なる, 音楽であった, 音楽の, 音樂で, 音樂を, 音調を

▼ 微妙~ (57, 3.0%)

1 [57件] お分り, が小刻み, が頭, そして其処, であると, でおのずから, でしょう, で屡, で感動, と, という, として, とその, と確かさ, と解決, と高低, に, にいまさら, にこれ, にしだいに, について繰返した, にはただ, によつて, に主人, に制約, に身, の感歎, はいかなる, はそれ, はどう, はふきとばし, は一九四五年冬以後, は八五郎, は感覚的, は簡単, は誰, は錢形平次, へ十分, もいろいろ, を, をおどろき直す, をこの, をもつ, を一篇, を信じる, を含ん, を味わう, を持つ, を檜, を此事件, を知る, を私たち, を経験, を考える, を証明, 又は鼻, 面白さ

▼ 微妙~ (54, 2.9%)

2 おんか, 御顔, 趣味を

1 [48件] うちに, ために, ものである, ものに, クロニオーン惡蛇を, 世尊の, 光景に, 力が, 勢力と, 境に, 多様な, 夜の, 天楽を, 天然に, 姿, 帛を, 御働, 御面相でなけれ, 微笑を, 心証を, 快感に, 楽の, 樂に, 樂の, 機によって, 海に, 現象も, 秘奥の, 節廻しの, 糧與ふ, 美しさ, 聲も, 芸体躯に, 菩薩の, 衣袴を, 言が, 調子を, 身体を, 辺に, 辺を, 道に, 霊音とも, 音も, 音を, 音楽を, 響を, 香を以て, 魔力を

▼ 微妙~ (50, 2.6%)

2 大切である, 正直な, 複雑な

1 [44件] あつた, あつて, あながち年, いい, いくらの, かつ厳粛, ござりまし, しかも深い, そしてあぶなっかしい, たとえば, ちっとも戸外, なつかしいにも, ねチョイ, はげしく限界, またうち, むずかしいところ, やっかいな, よほど古風, 且困難な, 作家は, 出血が, 列に, 刺戟的な, 又摩訶不可思議, 同時におそろしい, 夜中どんなに, 幽玄で, 強力な, 心理的で, 必然で, 文学にとって, 正確な, 殆ど微, 男らしい模倣, 瞬間的で, 私たちの, 自由で, 至難な, 興味尽ぬ, 苦しいもの, 複雜な, 調子が, 面白いこと, 面白いだろう

▼ 微妙である~ (13, 0.7%)

2 処一ケ所として

1 [11件] かという仔細, かに感動, かは知り得べき, からなんとも, から云われ, から自然, が日本, ことを, ため起居動作から, ばかりでなく, 瞶る

▼ 微妙~ (13, 0.7%)

2 極めて

1 [11件] うか, きわめるもの, この仏体, すっかり呑みこん, つくして, 察し談笑, 極めてゐます, 極めます, 極わめ, 私は, 細察したり

▼ 微妙です~ (10, 0.5%)

3 からね, ね 2 から 1 から注意, そう思います

▼ 微妙~ (7, 0.4%)

1 から, からそれ, からである, から面白い, ということ, とも思えなくなった, と思う

▼ 微妙きわまる~ (5, 0.3%)

1 女の, 媒介体が, 正負について, 音楽が, 鼓の

▼ 微妙~ (4, 0.2%)

1 はまる, 姫神余りの, 帳床に, 製作を

▼ 微妙であっ~ (4, 0.2%)

1 ていちがいに, ても動機, て私, て軽少

▼ 微妙であり~ (4, 0.2%)

1 また漸次的, 意味ふかい, 清新である, 重大でも

▼ 微妙なある~ (3, 0.2%)

2 もの 1 相違に

▼ 微妙なうごき~ (3, 0.2%)

1 が一瞬, が兆し, を見せ出す

▼ 微妙且つ~ (3, 0.2%)

1 具体的です, 心理の, 雄弁である

▼ 微妙深刻~ (3, 0.2%)

1 な何, な形, を極め

▼ 微妙端厳~ (3, 0.2%)

1 なやさしい, なるその, の緑玉

▼ 微妙複雑~ (3, 0.2%)

1 なもの, な問題, な程度

▼ 微妙でしょう~ (2, 0.1%)

1 ね, 私は

▼ 微妙でも~ (2, 0.1%)

1 ある, ある課題

▼ 微妙~ (2, 0.1%)

1 なって, なり幽

▼ 微妙なひびき~ (2, 0.1%)

1 をつたえる, を持っ

▼ 微妙な動かし~ (2, 0.1%)

1 方だけ, 方一つで

▼ 微妙な生きた~ (2, 0.1%)

1 必要が, 関係の

▼ 微妙にも~ (2, 0.1%)

1 当の大森氏, 正確な

▼ 微妙不可思議~ (2, 0.1%)

1 のところ, の心理

▼ 微妙極まる~ (2, 0.1%)

1 手際に, 音であった

▼ 微妙~ (2, 0.1%)

1 に歌っ, はアメリカ文明

▼1* [75件]

微妙気勢に, 微妙うもおは, 微妙きはまるものだつたらう, 微妙飭った, 微妙くも奇しき幻, 微妙さ民族性というもの, 微妙さ永遠さを感じさせる, 微妙さ熱烈さ流動の豊麗さ, 微妙くもまた, 微妙だろうと思う, 微妙であったろうか, 微妙であればある, 微妙でいいあらわせないような, 微妙でいりくんでいる, 微妙でないかといふ, 微妙とも形容したい, 微妙ないいあらわしがたい性質, 微妙ないりくんだものが, 微妙なくたびれの心もち, 微妙なとりあわせのうれし, 微妙なほのめきを投げる, 微妙なめぐり合せで, 微妙なもつと好評, 微妙なゆるがすことの, 微妙なるしらべ聞え候, 微妙な云い方を, 微妙な仕うちという, 微妙な坐り方を, 微妙な心づかひがそれ, 微妙な思ひ遣りが含まれ, 微妙な愛すべき表現を, 微妙な振りきまりきまりの, 微妙な曲がり方その, 微妙な焦立ちが, 微妙な白けた瞬間の, 微妙な縺れ合いにただ, 微妙な軋みまで僕, 微妙な閃きだつた, 微妙にかばひあつて, 微妙にて人智の, 微妙にでも演じ得ると, 微妙人間関係に, 微妙魁車の, 微妙みたいな形, 微妙らしい大西少佐の, 微妙のつね, 微妙些細なること, 微妙なども万葉初期, 微妙厳粛な所以, 微妙の中, 微妙多様に影響, 微妙実にうまい食べ物, 微妙幽邃を極め, 微妙はそこ, 微妙柔軟な動き, 微妙極みない線, 微妙活溌な有機的関係, 微妙尽の, 微妙清音まん, 微妙玉環の相, 微妙甚深無上の法, 微妙への強烈, 微妙端巌なところ, 微妙精美な光, 微妙精英の有, 微妙繊細な立体感, 微妙義塾を一団体, 微妙なれば, 微妙自在ではっきり, 微妙至極である, 微妙荘厳す, 微妙謹直な精神, 微妙道君宋朝八代の徽宗皇帝, 微妙道君風流皇帝宋朝八代の天子徽宗, 微妙雄大な和声