青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「扇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~戻る 戻る~ 房~ ~所 所~ ~所以 所以~ ~所有 所有~ 所詮~
扇~
~扉 扉~ ~手 手~ 手代~ 手伝い~ ~手前 手前~ 手当~ ~手拭

「扇~」 1828, 20ppm, 5812位

▼ 扇~ (524, 28.7%)

27 持って 16 あげて 10 かざして 9 開いて 8 使って, 取って 7 ひらいて, 使いながら, 持つて, 膝に 6 手に 5 もって, 挙げて 4 出して, 動かして, 額に

3 [13件] かざしながら, とつて, ぬいて, ひろげて, 使った, 動かしながら, 口に, 拡げて, 振って, 斜に, 胸に, 腰に, 膝の

2 [33件] うごかして, つかいながら, つかって, つかつて, つくって, とって, のせて, ばた, ばたばたさせた, ぱちぱち鳴らし, ひろげたるが, もてあそびながら, パチ, パラリと, 上げて, 使ひ, 使ふ, 半ば開い, 取つて, 取つて足元, 取り上げて, 叩いた, 右手に, 弄りながら, 折って, 持ちたるまま, 持ちて, 持った, 持つ, 揚げて, 片手に, 眉に, 開き

1 [285件] あけて, あげる, あげ賜わろうにも, あずまやの, あて編笠の, ありありと, いっぱいに, うちひらく, うぬが, うばひぬる, お入れ下さいまし, お置き, お鳴らし, かいたので, かかげて, かさねかさねて, かざしきつ, かざした人, かざした陰, かざし敵, かなり愛し, かりて, きりりと袖, くれよと, ぐいと差し, こしらえさせました, こつちへ, さしかざしたと, さして, さっとひらい, さっと開く, さへ, しめて刷物, すてて, そのままに, その一人, その玉簪, それとなく見, たたむよう, たたむ様, たたんで, ちらと, つかうこと, つかうその, つかう舞, つかひながら, つかみました, つくる家, つぼめたと, つッ支棒, でたらめに, とめた, とめて, とりだしいっぱい, とりや, とり何気なく, とり直して, とること, どこかへ, にぎって, にくみけり, はげますもと, ばたばた使っ, ぱちつかせながら, ぱちぱち音, ひらいたこと, ひらいたやう, ひらかう, ひらき, ひらきひらき, ひらき短冊びら, ひらひらさせ, ひらめかす, ひろげすっかり, ひろげたよう, ひろげ西, ぽんと, またも使い出しました, みて, もつたり, もつて, もてあそびつつ, よっぽど傲慢, り, われ奪, クルリと, バタバタさせ, パチつかせ, パチパチいわせ, パチパチさせ, パチリと, パチリパチリと, 一手に, 一本くれまい, 一本携えた, 一生懸命に, 上げる女性, 下に, 中天に, 主君に, 二枚合せ, 体の, 何本も, 使いぱちりとすぼめて言葉, 使い何だか, 使い使い, 使い使い話す, 使い畳敷, 使う, 使うて, 使うよう, 使う商人風, 使つた, 使は, 倒に, 前に, 動かし乍ら, 動かす, 動かすこと, 動かすの, 匂わす垂衣, 半扇, 取られてから, 取りに, 取り出して, 取れば, 受け取りに, 叩いて, 器用に, 回転せしめ, 地に, 地上に, 売って, 奪って, 射よとの, 小脇に, 山ほど, 左の, 差した外, 差出しながら, 帯に, 帯へ, 広げたよう, 床へ, 引いて, 引き付けて, 当てた一人, 待ちこがれて, 御使いなさいました, 御使いなさり, 御弄びな, 御手, 御鳴らし, 微しく開く, 心靈が, 忘れた位, 忘れて, 思い出しある, 手文庫から, 打ち振って, 打ち振り, 把つてあしらひ, 把つて氣の, 把り直し, 抑えた, 投げつけて, 投げて, 投げられたの, 投げるまで, 投げ捨てた, 抜いて, 抜き出し一勢, 抱いて, 拍く, 拡げたよう, 拾い取ったらしい, 拾つた, 拾つたから, 持たせること, 持たないので, 持ちその, 持ちながら, 持ち今, 持ち右手, 持ち末広, 持ち白鉢巻, 持ち綱, 持ち頭, 持った両手, 持った手, 持った西洋人, 持った金五郎, 持ってた長者, 持つた健康, 持つた其の, 持つみなしご, 持つ人, 持つ手, 持てる孤兒, 持出して, 挙げずに, 挙げたいと, 挙げること, 振り廻したり, 挾んで, 挿して, 授けら, 掌に, 揚げ屹, 握った若, 揮って, 揺か, 擬して, 支えて, 放り出すやう, 旦那筋へ, 柄付眼鏡もろとも, 構えて, 渡したの, 煽りすぎたよ, 煽るよう, 熱帯的に, 父が, 用うる, 畳むに, 畳んだ, 畳んで, 疊んで, 眼にも, 笏, 箸に, 細々と, 縛るん, 置いて, 翳したくなるの, 翳して, 胸の, 胸先に, 胸高な, 腰掛へ, 腹の, 膝について, 色の, 落として, 蔽の, 袖すれ, 袴の, 見た, 見つめて, 見まもって, 視ました, 覗う, 訪れた, 貰ったと, 買う客, 買って, 貸さずば, 賜わった時, 賣る珍しき, 踏みにじりながら, 運用す, 遣ひたい, 遣わしたという, 閉じて, 開いたやう, 開いた形, 開かれると, 開きそれ, 開きて, 除って, 預つて貰, 頭上に, 額の, 顎の, 顏に, 顔に, 顔へ, 颯と開き, 飾ったり, 高くかざし, 高く頭上, 鳴らした, 鳴らして, 鳴らしながら, 鼓し

▼ 扇~ (294, 16.1%)

10 ように 9 やうに 6 ような, 形を 4 音が, 顔を 3 かなめの, カナメを, 地紙の, 要の, 要を, 音を, 顔は, 風を

2 [25件] うちへ, かげで, かげに, かげ動く兎, かなめを, ことを, さきで, もとを, やうな, 上に, 地紙形に, 的で, 的と, 端を, 絵を, 蔭から, 裏絵覚束な, 要が, 要に, 銀地に, 閃きなどにて, 隔子に, 風で, 骨の, 骨を

1 [181件] あらたな, いままでの, うちには, うなり声, かげひそか, かすれた返事, かたちに, かといふ, かなめあやふくなりに, かなめが, かなめで, ことで, ことは, ことばかりを, ごとく拡げて, ごとし衆, さきもて, さやかなる, すこし乱れた, すすめるが, ために, でら, ところへも, とめるの, ほかに, まづしき絵, まとの, まとを, もとへ, ゆらめきや, ようで, 一面には, 上へ, 下で, 中で, 中に, 二ツの, 五ツ骨, 五本骨, 仕業に, 代りに, 仲立に, 位置に, 何者である, 侮蔑を, 働きを, 働けたらねえという, 先が, 先で, 先に, 先にも, 先は, 先ばっかり, 冠緑玉, 利剣に, 利剣霜夜に, 動きは, 動き方が, 動き方で, 勤め振りは, 句, 品々も, 嘆今は, 地紙を, 地紙開きたる, 声を, 夕日の, 大纏, 如きを, 如くつか, 如しと, 妹の, 孔雀の, 定紋打った, 家, 家から, 家を, 家主として, 尖もて, 峰づたい針金渡し, 左右の, 帯に, 幕屋から, 形したる, 形に, 形の, 影, 影からも, 影に, 影一つ動かない, 影見, 後ろで, 御散歩, 心に, 思い詰めたよう, 恥らいを, 態度に, 成功を, 戦ぎばかり, 手を, 手裏剣の, 打ちあたる音, 技を, 折子を, 持ち方, 持つて, 振動や, 文字に, 日の丸が, 旧字, 書いたもの, 最初の, 月, 柄を, 棋風は, 構えが, 正体らしい, 氣あつかひ, 活用である, 点取りを, 白さ, 的とか, 的とを, 的の, 的は, 真下に, 真中に, 瞳の, 研究と, 礼を, 端で, 竹青き, 筆者を, 紋が, 紋の, 紋幕をか, 紋所が, 紋所であるべき, 絵に, 絵の, 縁は, 繪にしか, 自由天才流を, 芝の, 芝ほど, 芝塔の, 花に, 花びらが, 蔭と, 薄い骨, 蟹眼釘にも, 裏へ, 裏繪と, 要ぎは一寸, 要でも, 要口, 言つた, 言葉が, 言葉づかいが, 話は, 起源という, 遊具を, 長歌, 間, 間へ, 陰に, 音と, 音の, 顫動によ, 風でも, 風に, 風にでも, 風の, 風手の, 飛んで, 馬標を, 骨が, 骨という, 骨に, 黒紋付を, 黒銀も

▼ 扇~ (121, 6.6%)

8 顔を 5 風を 4 拍子を 2 あおいで, あおぎながら, 払いながら, 日を, 胸を, 膝を

1 [92件] あおいだり, あおぐくらいの, あふぐ, あふぐこと, あほい, あやつ, かおを, さし示す, さし隠し, さます, すぐ消し, そっと突かれた, そのおも, ちょっと招い, ちよいと, なぐり殺さうと, はたき合ったり, ばさばさ追, ばた, ぱさぱさと, ぱたぱた裸の, ぴしゃりと, ぽんと, まねいた, まん中に, もつて, よせられた富士山形, テーブルを, バイバイを, パタパタあおい, 一寸招い, 伏せて, 半ば頬を, 半面隠し, 又もやその, 口を, 合図を, 品を, 唇を, 客を, 富士春の, 小間使を, 差し示した方向, 床を, 彼を, 彼女は, 御叩き, 手の平を, 手拍子を, 打たれ泣いて, 打ち払った, 払いのけた, 払い退けるよう, 払ふ, 招かれるの, 招きかえす, 招きました, 指した, 指して, 日をよけながら, 朝日を, 木魚を, 正孝, 深くかお, 煽いて, 煽いで, 煽ぐと, 皇帝を, 相手の, 眼さきの, 米から, 紛らして, 続け打, 胸の, 自分の, 舞台で, 舷を, 蛾を, 裾を, 踊つてゐ, 踊の, 身を, 軽く拍子, 軽く触り, 追ひ, 透き間風を, 陽ざしをよけながら, 雛妓に, 雷の, 頭を, 頻りに炭, 額を

▼ 扇~ (92, 5.0%)

3 僕の 2 彼の, 箒を

1 [85件] いかにも嬉し, いくらか氣, いたずら児の, いなかったの, いぶかしそう, いまに, うしろに, お前の, くつくつと, さう, さきに, さほど古い, すつかり, すましこんで, せかせかした, そっと立ちあがっ, その会社員, その視線, それを, だまって, どうしても普通, どうやらけた, どてら姿で, なかなか高価, なぜか, なにか, ねちねちした, ぱったり黒檀, ひくい声, ひとりごとの, またその, また続け, クリルと, スポオツマンらしく, ツイと, ビイルを, 不思議な, 不満そうに, 世間の, 中にも, 二つ三つ宙が, 人などを, 今日買つたばかり, 使わずとも, 信長の, 俺の, 僕が, 僕と, 僕を, 兵古帯を, 前々から, 勝負中は, 卓に, 卵いろ, 厭味で, 名題の, 団扇で, 少し口紅, 床の間の, 彼女の, 後ろに, 手や, 教育的で, 昔より, 昨夜宵の, 枕に, 桜色の, 沈んで, 澄まして, 猿股ひとつで, 皆半ば畳まれ, 神妙に, 空に, 空へぞ, 粗製に, 紅茶の, 素より生, 素裸の, 細君と, 縁先に, 脱衣場の, 茶碗を, 誰も, 酔いで, 金泥に

▼ 扇~ (67, 3.7%)

2 ほんとうに, 縺れつ解けつヒラ, 羽ばたき出した

1 [61件] あって, あんな風, いままでの, いるなら彼, お役に立つなら, こわかった, さう, さかんに, さがって, そこにも, その支持柱, ひとり湯槽に, ふと手, ぶつか, また散った, ものを, ゆるやかに, コウモリの, ピクピクと, ブルブルと, 一本二尺に, 一面欠け, 上って, 上るかは, 二つ入った, 來てからものの, 例の, 倦る, 僕の, 入った, 加わって, 千枝松の, 半開きに, 唯一の, 喜兵衛の, 姿を, 實に, 差しつけられた白刃, 必要な, 忘れたよう, 思いのほかに, 日頃へんな, 槍や, 止まって, 無かったら, 無數, 煽りを, 爽かな, 知らず知らず立てる香, 私の, 胡蝶の, 落ちたので, 落ちて, 谷在の, 逸れたか, 長刀の, 開いたり, 開いて, 離れた処, 頭上に, 飛んだ

▼ 扇~ (63, 3.4%)

3 の主人 2 の寮, を出た, を引払っ

1 [54件] か, から御曹子, か二葉屋あたり, だつたか, で借着, で財産, といふやう, としてもそういう, とはうれしかろ, と覇, にいた, にとつ, に二十年, に奉公, に對, に来, に泊る, に至る, に這入った, のほう, の上下, の亭主, の前, の囲い, の奥, の建つ, の方, の焼けた, の牡丹畑, の表, の金力, の金太郎さん, の隠居, の雇人, は何, は出, は家業柄, へもぐずり込ん, へゆき, へ姿, へ帰っ, へ帰つて, へ戻っ, へ泊ろう, へ落ちついた, も死んでしまつた, をさして, を出, を出ました, を宿, を指し, を旅館, を聯想, を覘

▼ 扇ヶ谷~ (58, 3.2%)

5 の家, の方 2 に関

1 [46件] からここ, からもすでに, だと, で, では中門, にあった, にいらっしゃいます, にお, に住む, に家, に転ず, に近づい, のお, のおや, のかなり, のひとたち, のほう, の上杉憲房, の二位, の元, の四代目クラブ, の坂道, の天宮さま, の川瀬, の知人, の秋川, の細川三兄弟, の谷戸, の道路, の酒屋, の門, の馬上美人, の黒煙, はここ, へ, へは招かずし, へ仕返し, へ匿い, へ向う道, へ従い, へ返し, へ駆けつけた, までお, までまいる, や大宮, を立っ

▼ 扇~ (53, 2.9%)

3 書いて 2 似て, 幽に, 載せて, 頤の

1 [42件] あおられて, いろいろの, おもて, かいて, かくして, かくすよう, かわって, きれいな, すえて, たずねたの, ちょっと好み, ならずに, のせたるそがまま, のせて, ひらいて, 伏せた, 似たる前髪, 似ては, 凝る, 告げて, 夕が, 如くは, 惜しき涙, 打ち込むの, 招かれて, 描いたは, 改め後青木, 日を, 時鳥を, 染めし梅, 白いお, 白小袖の, 眼を, 見えて, 見立てたの, 軽く玉肌, 進んで, 遭遇した, 集つてゐた, 題して, 鳥目を, 麾く風

▼ 扇~ (38, 2.1%)

2 かざしたり, 対座し, 捨てられて

1 [32件] いうが, いうよりも, うら表, おなじよう, お篠, この文法, すてられたらば, それに, なす, なって, なり, なりはてて, また逢っ, わかれいったん, 五色の, 僕との, 其外肘掛椅子の, 幣束とを, 御経料, 成らずや, 捨てられたその, 捨てられた形, 捨て澄江様, 握手を, 摂氏四十度を, 改められたか, 照れるが, 称ふも, 舌と, 言つて年は, 逢って, 鈴を以て

▼ 扇~ (25, 1.4%)

3 である 2 のため, は鉄之進, を見た

1 [16件] が門口, なの, ならこそ, の侠気, の前, の家, の情夫, の胸, の言葉, の部屋, の顔色, は早速, は盃, は盛り溢れる, は聞きとがめた, を両

▼ 扇風器~ (25, 1.4%)

2 をかけ

1 [23件] がいらだたしく, がかけ, が回っ, が幾つ, が廻つて, が涼し, が設けられ, が風, だの唐机, で風, に当った, に預け, のなまぬるい, の上, の台, の音, の風, は便宜, までが輸入, もない, も一層, を私, を突き飛ばし

▼ 扇骨木~ (19, 1.0%)

2 は日, は梅雨前, もえたつ墓地

1 [13件] いけがき, から放した, が大変奇麗, と云う, のすずし, の丸く, の枝, の植込, の生垣, の生籬, の若葉, を, を奇麗

▼ 扇~ (18, 1.0%)

2 雲の

1 [16件] ア大, 人乳を, 友禅を, 団扇を, 壁掛が, 手拭が, 手拭を, 手提袋や, 時として畳んだ, 枕を, 海苔や, 淋しき顔, 煙管などと, 簓を, 紙片に, 銚子を

▼ 扇~ (18, 1.0%)

1 [18件] か, がどう, が一つ, で, でございます, と号す, などを持っ, にとまった, に眼, に納められ, のお, は見, を, をうしろ, をやった, を届け, を置い, を顎

▼ 扇~ (16, 0.9%)

2 といふ役者

1 [14件] だが, といふの, といふ白塗, に目, に頼ん, の姿, の惡業, の所作, は今夜芝居, は來, は揚幕, へ名主, も名主, をけしかけた

▼ 扇~ (15, 0.8%)

1 [15件] お見事, きりりとする, ぐったりし, そう答えた, またもちろん, マダムも, 使へ, 将棋盤を, 持たずうき, 歌川風の, 生きん, 笑い出して, 言ったよう, 開くに, 風の

▼ 扇~ (14, 0.8%)

3 の花壇 2 の半 1 とが上下二段, と後述, に拡げ, のやつ, の分, の島, の紙屑入, の薄い, を示す

▼ 扇~ (9, 0.5%)

6 の水の手 1 の一かく, の区域, の水の手一つ

▼ 扇~ (9, 0.5%)

4 をし 1 でも, と名づけ, にキャッ, もさっぱり, や貝遊び

▼ 扇さん~ (8, 0.4%)

1 が來, でも, とが集った, と仲よく, は大した, は店, は死ぬ, は身體

▼ 扇~ (7, 0.4%)

1 からすぐ, があたり前, が中, と思っ, 一本の, 夏爐冬扇である, 舌三寸だ

▼ 扇には~ (7, 0.4%)

1 まだ初心, 何が, 推服し, 斜面が, 根付五人囃し, 油が, 白地に

▼ 扇一本舌三寸~ (7, 0.4%)

2 で芝居 1 が絶対金科玉条, でこの, で夜, で老若, という自分

▼ 扇~ (7, 0.4%)

1 が始終, すなわち春風亭梅朝爺さん, といふ男, といふ落語家, の生涯, の身の上話, もさては

▼ 扇~ (6, 0.3%)

1 へらず風秋, 何か, 何にか, 日和の, 橘そう, 鶴の

▼ 扇から~ (6, 0.3%)

1 なんの, 不断遣い男もの女ものいずれにも, 掌へ, 春が, 真赤な, 袖へ

▼ 扇~ (6, 0.3%)

1 お書き, さらと, ちょっと礼, 何か, 受けまして, 金で

▼ 扇一本~ (6, 0.3%)

2 を以てその 1 で噺, で拍子, で此, 取出して

▼ 扇なりに~ (5, 0.3%)

2 展開し 1 展いた, 引いた, 楚々と裳

▼ 扇三郎~ (5, 0.3%)

1 だらう, だらうよ, はひどい, は三十そこ, は行方不知

▼ 扇夫婦~ (5, 0.3%)

1 のあと, はたくさん, は庭, は立ち去った, を待った

▼ 扇~ (5, 0.3%)

1 で食事, と云, の上, へ来, を飛出し

▼ 扇拍子~ (5, 0.3%)

1 であ, で叩いた, で語つた, をとっ, をとり

▼ 扇~ (5, 0.3%)

1 が評判, となった, の前, の手人, の真似

▼ 扇折り~ (4, 0.2%)

2 の夫婦 1 の女房, の机

▼ 扇~ (4, 0.2%)

2 の如く 1 に着く, を除く

▼ 扇という~ (3, 0.2%)

1 三ツ扇の, 女優の, 女役者が

▼ 扇にて~ (3, 0.2%)

1 さしまねけば, 皆殺しに, 蔽ひつ

▼ 扇~ (3, 0.2%)

1 介, 介の, 介愚劣なり

▼ 扇使い~ (3, 0.2%)

1 して, に伽羅, をし

▼ 扇~ (3, 0.2%)

1 が枕もと, が見えなくなった, を贈ったら

▼ 扇~ (3, 0.2%)

1 の住みし, の早, の翁

▼ 扇~ (3, 0.2%)

1 とで作った, にみえる, の一種

▼ 扇だった~ (2, 0.1%)

1 が川風, のか

▼ 扇だって~ (2, 0.1%)

1 二度見た, 要が

▼ 扇だの~ (2, 0.1%)

1 煙草盆だの, 花合わせだ

▼ 扇だらう~ (2, 0.1%)

1 か, 黒い眼鏡

▼ 扇づかひする~ (2, 0.1%)

2 か卷煙草

▼ 扇では~ (2, 0.1%)

1 売れませぬまま, 憎らしいほど

▼ 扇とか~ (2, 0.1%)

1 緋おどし, 金魚とかいう

▼ 扇とは~ (2, 0.1%)

1 そういう信者, 血を

▼ 扇とも~ (2, 0.1%)

1 慧星の, 狐の

▼ 扇なし~ (2, 0.1%)

1 で見たいと, で見たから

▼ 扇などが~ (2, 0.1%)

1 あとから, 出て

▼ 扇などを~ (2, 0.1%)

1 使って, 眺めて

▼ 扇なら~ (2, 0.1%)

1 でこれ, 下女か

▼ 扇もつ~ (2, 0.1%)

1 子に, 手の

▼ 扇をば~ (2, 0.1%)

1 ツば, 手に

▼ 扇ヶ浜~ (2, 0.1%)

1 というの, と申しまするで

▼ 扇ヶ谷家~ (2, 0.1%)

1 の留守, は憲房以下

▼ 扇三百~ (2, 0.1%)

2 の侯伯

▼ 扇三郎さん~ (2, 0.1%)

1 と八百吉どん, は番頭さん

▼ 扇太郎~ (2, 0.1%)

1 という旅役者, は巧み

▼ 扇~ (2, 0.1%)

1 があり, はたそがれ

▼ 扇模様~ (2, 0.1%)

1 の丸帯, の帯

▼ 扇次さん~ (2, 0.1%)

1 がそいつ, だけは別

▼ 扇~ (2, 0.1%)

1 に対する嗜好, を持つ

▼ 扇~ (2, 0.1%)

1 の小, の微風

▼ 扇風舎桃林~ (2, 0.1%)

1 って, の名

▼ 扇~ (2, 0.1%)

1 に結いつけ, の色

▼1* [177件]

あげてさしまねき, 扇篠姉妹を, 扇かざした手古舞姿第, 扇からはなんの, 扇がたにひろがった, 扇がわりにし, 扇へ載せ, 扇て大, 扇その他の面白い, 扇それからいろいろ, 扇それから素足なぞと, 扇去年までは, 扇たるきと御影堂, 扇だけがわずかに, 扇だけは白扇で, 扇だけをあとの, 扇やない, 扇つかいがうまく, 扇つかへる手の, 扇つつましく持添え, 扇づかいしたりし, 扇づかひしながら大, 扇であった浪之, 扇であるが故に, 扇であるしかればますます, 扇でさえあれば, 扇ですねまた, 扇でなくてこれ, 扇でのツぺりした顏を, 扇でも張扇でも, 扇といふものも, 扇とかを棄てる場合, 扇として役立つの, 扇とだけ平字, 扇とりてはみづい, 扇とわが小, 扇とを品よく, 扇と共に沈まんかと, 扇ので扇, 扇ながしの都染九尺, 扇なす彩羽の, 扇なぞを見るに, 扇なつかしきかな, 扇などひらめかす手, 扇などにまで獨自の, 扇などは忘れて, 扇についてはかう書いて, 扇によって春そのものを, 扇に対してある異状, 扇に関しては大きな本, 扇のなづさへばあはれ水照の, 扇ははッと, 扇はははははははまだであろう, 扇はらりと開き屹, 扇ばかりな真白な, 扇ばかりは新しいもの, 扇ひき裂くなごり哉, 扇ひく手の, 扇ひとつでも何, 扇ひらめきかへる, 扇ふたつ胡蝶のさま, 扇への厭がらせ, 扇ほども惜しまなかったの, 扇までも多く添え, 扇めいた太い葉, 扇もとむるわが衣ずれに, 扇やら機関車などに, 扇吹けよ, 扇るるが, 扇て躍り, 扇もので, 扇を以て煽がれた如く漂, 扇採ラズ, 扇ヶ凹の方, 扇ヶ谷一帯の松籟, 扇ヶ谷南はきのう, 扇ヶ谷方面で討死, 扇ヶ谷泉ヶ谷などと呼ぶ, 扇ヶ谷辺を葉子, 扇ヶ谷遠征となつ, 扇握を, 扇一扇は不思議, 扇三本に書い, 扇三郎どんが何, 扇若くは, 扇かね二十歳, 扇作りの職工, 扇使ひを, 扇凧奴凧トンビ凧の数, 扇で, 扇十本を描かしめ, 扇千思萬考すれども, 扇の名, 扇又は熊手の, 扇取って練る, 扇可哀そうな失恋, 扇の手, 扇右手に肩, 扇地紙の襖, 扇地紙団扇絵等に描ける, 扇型われに何, 扇売りの夫婦, 扇女さんの家, 扇女ソロソロおっこちても, 扇女物は相談, 扇にて候, 扇はその, 扇工場に西班牙人, 扇帽等に用, 扇藺笠藁尻切などで, 扇広告その他の最も, 扇座どころで開け, 扇の腕木, 扇や貝掩, 扇影ざんざめきたる花の下, 扇影簪光参差として床, 扇の夢, 扇妝梳, 扇がお, 扇扇子など商, 扇に指し, 扇手提籠の類, 扇投げでもなされ, 扇折九品寺の茶筅売等, 扇拍子畳を軽く, 扇持たぬ娘も, 扇持ちの少年, 扇持ってるか, 扇の下, 扇明神と呼んだ, 扇是ト馴染ンデ党中トナリ, 扇末広形の板, 扇なども見, 扇や小男, 扇椰子滴る様, 扇極楽に歌舞, 扇で清水, 扇歌師匠へ, 扇正面に置据ゑ, 扇港ビルの講堂, 扇町谷高萩村から阪戸宿, 扇白山小桜, 扇短刀などを持參, 扇硯筥一式等をおさめ, 扇窓下にし, 扇たる所, 扇立つて舞ふよ, 扇等何にても水中, 扇箱ひとつだった, 扇箱一つで殿中引廻, 扇箱一個なんて間抜けめ, 扇箱以来の美濃守, 扇箸三種の護摩木, 扇絵師の翁, 扇綸巾膚寒み, 扇綸巾風輕き, 扇興ってやつ, 扇船水鳥などの形, 扇芳亭へ招待, 扇藁細工のかご, 扇とか子供, 扇袢纏鳶蝉あんどん奴, 扇見事な弓, 扇とも云っ, 扇遊びに打ち興じ, 扇遊ビール瓶の曲芸, 扇めく影, 扇の形, 扇開けば薄墨, 扇を用, 扇風戦車失敗の巻, 扇し舞姫, 扇馬殿印藤猪荻野隣羽仁常諸兄御出崎, 扇骨木八ツ手なぞの庭木, 扇骨木垣の上, 扇骨木籬まだ新, 扇鳴らす汝の