青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「所以~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~ ~所 所~ ~所以
所以~
~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~ ~手 手~ 手代~ 手伝い~

「所以~」 1512, 16ppm, 6931位

▼ 所以~ (289, 19.1%)

10 ここに 9 それが 4 そこに, 何ぞや, 右の 3 此に

2 [20件] かの偉大, ここにも, すでに述べた, どうしても仏教, 一は, 上に, 兎に, 其の受納力大, 勿論王城, 却つて其の, 唯だ, 單に, 大体下の, 實に, 彼が, 母の, 畢竟信輔, 茲に, 蓋し一, 言ふまで

1 [215件] あらゆる架空, ある最小限以上, いかに深く遠い, いったいどこ, いつたいどこ, いふまでも, いまだ世間, おそらく彼, おのづか, かう云, かの気風, けだしこの, けだし今, こ, こういう発生期, この事変下, この二柱, この享受, この人形, この人間全体, この堅実素朴, この太郎, この心理解剖, この理想主義, この神学組織, これが, これらの, これを, しかした, じつにそこ, すでにさき, すでに云った, すな, そのまま今日, その中, その八十神おの, その國, その姿, その幻想, その御身, その日, その独自, その議論, その鼻, それらの, それを, ただ貴下, たとい彼等, ちょうど正, つまる処ここ, ともすれば外, どうしてもクリスト教, ない, ないだろう, ないの, なかなか複雑, なし自, なんである, ひとえにその, まずそれ, むしろ日蝕, もと同類, アメリカ人は, カントに, ニイチエが, ヒューマニズムに, フォイエルバハによる, ヘーゲルに, ロシア政府と, 一つには, 三島の, 上海の, 不幸にも, 世の, 世間で, 両者の, 主としてここ, 主として旧, 主として此処, 主に, 主題そのものの, 之だ, 之である, 二三年前雑誌, 人々の, 人生には, 人間の, 仁科氏の, 今日わが国などで, 他ならず, 他集の, 以て, 仮象の, 何に, 何よりも, 何處に, 何處にも, 作者の, 便宜に, 信雄の, 借りた金, 儼然として, 元より, 元気な, 光悦の, 全くここ, 全く茲, 全く高等, 其の外國史書, 其審美學の, 再び可, 决し, 初めから, 初め生れまし, 初句より, 利害を, 到底美, 前者の, 勿論氏, 単に一身上, 単に技術, 即ち, 即ち其正直, 各自バイブルに, 吾, 吾妻鏡の, 啻に頼朝, 国民全体の, 国民鎖国の, 國民全, 土蔵の, 変幻極まりなき, 大体に, 大原君も, 天つ, 天意か, 始めから, 存在の, 実にそこ, 実に作者, 実に此, 実に疲れ, 実に職, 容易く人, 容易に, 尊崇すべき, 屡々繰返された, 師子王に, 幾箇条も, 当時の, 彼の, 彼は, 彼処だ, 彼女が, 彼處だ, 後で述べます, 後期印象派の, 徳川家康と, 恐らく此, 我が婦, 所謂智慧の, 描かれたものの, 救いや, 文学の, 新しい思想, 日清戦争以来シナの, 明らかであろう, 是等の, 時勢の, 時間の, 普遍といふ, 更に平行線公理, 本紙の, 極めて冷淡, 極めて明らか, 槍ヶ岳穂高岳霞沢岳焼岳などの, 権現の, 正にここ, 正に夫, 武士道に, 殆ど子宮, 渋沢子爵の, 漸くそういう, 特に日本, 独り学識の, 生活の, 畢竟するに, 畢竟するに復讎, 畢竟孝治, 畢竟科学, 皇后としての, 相思の, 真理を, 知らなかつたが, 私が, 積極的に, 美術や, 自分で, 自分にも, 自由主義の, 至誠に, 船の, 芸術は, 著者の, 蕪村の, 訳者が, 詩句に, 誰よりも, 貴下に, 軍人勅諭の, 遂にこれ, 集団的組織の, 青年の, 風俗や, 高尚なる

▼ 所以~ (250, 16.5%)

6 明らかに 5 説いて, 説明する 4 知って, 説明し 3 知らない, 説明した

2 [19件] もって, 切論し, 実証し得なけれ, 尋ぬる, 明かに, 発揮し, 知るへ, 知れり, 示した, 考えて, 解せざるに, 解説せ, 解釋し得た, 説いた, 説かむ, 説て, 論証し, 述べて, 頌して

1 [182件] おも, おもはず, これからお, さとらむ, すでに私, なして, なす条件, はっきり見て取らなけれ, はつきりさせたい, ほんの露, よく考え, ダンテに, ツワイグは, 不思議と, 了解せられた, 五分間で, 人間精神作用の, 今も, 今日の, 以前の, 会得せられた, 信じて, 信じますと共に, 僕等, 先に, 克明に, 切言した, 初めに, 刻みつけて, 前にも, 力強く是認, 力説した, 即ち日本精神主義, 反省せし, 合理的に, 吐くかも, 吾, 味い得た, 問うたこと, 問うに, 問は, 大聲, 宣伝した, 審に, 幾分窺い得た, 弁じたい, 弁じました, 弁信には, 弁証法的に, 弁護しよう, 当時の, 彼は, 心理的に, 思はざる能はず, 悉く発揮, 悟って, 悟られて, 悟ること, 悦んだの, 感ぜざる能はず, 感知し, 懇, 指し泛用, 指す但し, 挙げむ, 擧ぐれ, 擧證し得る, 改めて心, 教えざる結果, 教えざる結果学校, 数へ, 明らかならしめ, 暁った, 暁らしめついに, 書して, 最もよく表した, 最初に, 根本的に, 次の, 歌はん, 歴史的に, 殊にそれ, 滔々と, 滔滔と, 無言の, 現わし, 理会する, 理解しない, 産み出して, 痛論せる, 発揮しなけれ, 發揮し, 白雲は, 知っても, 知らざるなり, 知らざるもの, 知らざるを, 知らざる愚者, 知らしめた, 知らしめないと, 知らしめ懦夫, 知らず, 知らずいや, 知らずして, 知らず何, 知らず然, 知らせた, 知らないで, 知らなかつた, 知らぬ者, 知らねえ, 知りたり, 知りません, 知り且つ, 知ること, 知るなり, 知るは, 知るべきなれ, 知れるに, 示さ, 示して, 示し以, 示すこと, 示すの, 示すもの, 私は, 精窮する, 組織的に, 縦横に, 考うる, 考へて, 自分に, 自覚し, 自覚する, 自覚せしめ, 見た, 見たが, 見ない, 見よう, 見れば, 見汝, 視人, 覚らないほどの, 覚知せしめ, 解する, 解する能, 解せざるなり, 解釋し, 言ふ, 言外に, 訊ぬれ, 訊ねると, 詢う, 誇示したがる, 語り重ねて, 語ろうとして, 誤たずに, 説いた建白書, 説かれること, 説き, 説きこれ, 説き先, 説き明らめた人, 説く, 説明すべく試みた, 説明すべし, 論じたが, 論ずる, 論ぜられことに, 論弁し, 論究せられた, 述ぶ, 述へ, 述べた処, 述べること, 述べ立てると, 遂に告白, 過去の, 重ねて, 陳じ, 陳じた, 陳ぶ

▼ 所以~ (205, 13.6%)

64 ものは 11 ものを 8 者は 6 ものも 3 ものが, もの決して, 者を, 道である, 道を

2 [11件] もの, もので, ものである, ものに, ものの, もの亦, もの実に, 一つは, 原因を, 大本を, 本領を

1 [79件] あること, ある筈, そのくくり, それほど時運, ひとつである, もつとも, ものかく, ものから, ものそれ果して何ぞ, ものだ, ものであった, ものでありましょう, ものでなく, ものとは, ものな, ものなり, もの何処に, もの更に, もの栄名厚利の, もの生物の, もの知るべき, もの豈, もの随て, もの隨て, よき例, 一つ, 一つだった, 一つである, 一つも, 一である, 一でも, 一は, 一理由で無けれ, 一般性の, 主質, 二つ, 使命を, 來由と, 元素ある, 具で, 凡てには, 力が, 基礎を, 境に, 大体を, 大本をば, 大法の, 大略也, 尊き本質, 對象が, 常識は, 意を, 態度という, 或力, 最大事件たる, 本を, 根源を, 源は, 物だ, 特色それから, 理を, 理由を, 第一, 経綸なく, 經綸なく, 美妙の, 者が, 者で, 者なり, 者此に, 職分なり, 要点を, 説得力としても, 諷刺の, 返答書を, 途である, 道でない, 道に, 重なる理由

▼ 所以~ (79, 5.2%)

30 して 5 あらずや, 非ず 4 非ずや 3 なるの 2 至っては, 非ずして

1 [28件] なって, なつて, なるから, なるだろう, なるだろうと, なるでありましょう, なると, なるという, 全く相応, 千聖已に, 反するの, 外ならない, 外ならぬ, 帰して, 幽と, 御座候, 志趣は, 惑ふ, 想ひ到つた, 数へて, 相当する, 賢后と, 通じる処, 過ぎぬ, 限ったもの, 非ざる, 非らざるべし, 非るなり

▼ 所以~ (72, 4.8%)

8 ある 7 之である 5 あるの 3 ない, 之だ, 茲に 2 あると, ここに

1 [39件] あったの, あったよう, あって, ありその, あり又, あるかと, あるわけ, あろう, うなずけるよう, お雪ちゃんには, こ, ないだろう, なければ, ほぼ解る, よくわかりました, わからないの, わかりませぬ, ハッキリ判る, 一層高潮, 之であった, 之であり, 之な, 分るの, 分るやう, 判らない筈, 単なる趣味, 存する, 存するの, 指摘される, 明らかだろう, 明らかと, 明らかに, 明白に, 此処に, 此所に, 種子不浄とか, 自分から, 説明され, 韻文である

▼ 所以である~ (54, 3.6%)

4 事を 3 ことを, とする 2 と考え, のかも

1 [40件] か, かどう, かの如く誤解, かもしれない, かも知れない, からだ, から商売, から拒ん, がいま, がさらに, が人間性, が今, が処, が逆, ことも, と, という, というの, といふ信念, とこの, ところの, として称め, とも説く, と之, と信ずる, と博士, と思う, と思つて, と思ひます, と思ふ, と思意, と私, と解する, と解釈, に係らず, のである, のは, ようだ, んである, 処の

▼ 所以~ (49, 3.2%)

4 と思ふ 3 という 2 といふ, と思います

1 [38件] から, がお客様, がニュース, が企業内, が存在, が放言, し私, それともそういう, と, とあきらめ, というた, とし, とでもいう, と云, と云つて, と信ずる, と僕, と大目, と心得, と思い直した, と思う, と思つて, と思はれる, と思われます, と悟得, と懇, と気, と知らね, と私, と考えた, と言つた, と誤解, と誤認, と謂つたの, と謂つて, と頑なに, な, ね

▼ 所以~ (47, 3.1%)

7 あらう 6 あつて 5 あつた 2 失敗し

1 [27件] あある, あつて清儒王, あらうが, あらうと, お銀様, ここは, これを, しこうし, それが, つまりは, まことによく彼, 三唖は, 人の, 傭主が, 其の氣, 刑部は, 勤勉な, 吐き出すの, 大師の, 彼は, 愈, 感心する, 故右大将家幕府, 教育の, 有るの, 氣絶ゆれ, 農村の

▼ 所以では~ (44, 2.9%)

17 ない 5 あるまい, ないか, ないの 3 あるまいか 2 なかろうかと 1 ありません, ないかと, ないかといふかも, ないかとも, ないという, なかろうか, なくなるの

▼ 所以~ (43, 2.8%)

3 そこに 2 ある, またこ, またそこ, 亦こ, 亦ここ, 兎に, 納得が

1 [26件] あったの, かつて説いた, こ, この, そうした文学, その一半, それが, それにも, ほぼうなずかれる, またここ, また科学, 亦すでに, 亦実に, 備わるが, 共に認識, 其処に, 御解, 想像に, 文芸の, 明白に, 此処に, 真理である, 知りぬ, 肯けます, 要するにその, 解つたで

▼ 所以~ (42, 2.8%)

20 のである 6 のだ 5 のです

1 [11件] ので, のであ, のでありました, のでありましょう, のであります, のであろう, ので有つて, のを, んだ, んだらう, んです

▼ 所以でも~ (41, 2.7%)

13 ある 5 あるの 4 あろうか 3 あろう 2 あった, あると

1 [12件] あったの, あつた, ありそれ以外, あります, あり人間, あり同時に, あるし, あるだろう, ない, ないと, ない爲, なく小さい者

▼ 所以~ (34, 2.2%)

5 なるであろう 3 す, なる 2 知らねば

1 [21件] この平均, したの, なった, なったもの, なって, なつて, なること, なると, なるの, なるよう, 云わねば, 国法の, 思う, 思ふ, 愚案じ申次第に, 我より, 来歴とを, 為す者, 知らずや, 考えられたの, 自慢し

▼ 所以なる~ (21, 1.4%)

42 も知るべからず, を見, を韓民

1 [11件] が余ら, ことを, のみならず, を思ふ, を思わず, を慮り, を看取, を知らざる, を知り, を知る, を知れり

▼ 所以なり~ (20, 1.3%)

2 但だ, 我輩の, 然ら, 蓋し彼

1 [12件] ああ岳神, その謳, 且つ夫, 唯其諸法中何れ, 大寒至れ, 恰も田畑, 故にわれら神, 故に第, 然れ, 素より文字, 緑雨は, 諸先志

▼ 所以であり~ (17, 1.1%)

1 [17件] かく證, そこから, それが, ひいては自分, 他人の, 他方に, 又奢侈, 又日本主義的イデオロギー, 子供が, 左の, 惡に, 林粛軍内閣が, 母からは, 真の, 神は, 質樸は, 陵墓建築として

▼ 所以であっ~ (9, 0.6%)

1 てそれ, て三木, て医学, て吾等, て婦人, て彼, て罪, て而, て若し

▼ 所以なりと~ (7, 0.5%)

2 誤解する 1 する俗, 云ふべし, 考ふる, 解す可, 非難の

▼ 所以なれ~ (7, 0.5%)

3 ばなり 2 ば氏夫 1 ばこの, ば凡そ

▼ 所以かも~ (6, 0.4%)

2 しれない, 知れない 1 しらぬて, 知れませぬ

▼ 所以であろう~ (5, 0.3%)

3 と思う 1 いくら茶室, が又

▼ 所以をも~ (5, 0.3%)

2 くどくどと 1 その内, 示さ, 考えねば

▼ 所以とは~ (4, 0.3%)

1 ならない, ならぬ, 云へ, 同意義

▼ 所以なら~ (4, 0.3%)

4 むや

▼ 所以には~ (4, 0.3%)

2 ならない 1 ならないで, ならぬから

▼ 所以~ (4, 0.3%)

1 指摘シテ日本國民本有, 明ニスルトキ百般, 知リ之ヲ, 考ヘ

▼ 所以ある~ (3, 0.2%)

21 哉主税の

▼ 所以たる~ (3, 0.2%)

2 を見るべく 1 ある文獻

▼ 所以だった~ (3, 0.2%)

2 のである 1 と云っ

▼ 所以です~ (3, 0.2%)

1 がそれに, ね, 既に石器

▼ 所以でなけれ~ (3, 0.2%)

2 ばならない 1 ばなるまい

▼ 所以とも~ (3, 0.2%)

1 なるの, なろう, 考えられた

▼ 所以ならずん~ (3, 0.2%)

3 ばあらず

▼ 所以~ (3, 0.2%)

1 只肉體, 無智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ, 要スルニ予

▼ 所以即ち~ (3, 0.2%)

2 高い豊か 1 社会主義が

▼ 所以~ (2, 0.1%)

1 乃至吐く, 知らぬが

▼ 所以かと~ (2, 0.1%)

1 思ふ, 私は

▼ 所以から~ (2, 0.1%)

1 わざと夫妻父母, 云うと

▼ 所以けだし~ (2, 0.1%)

2 偶然に

▼ 所以さり~ (2, 0.1%)

2 ながら伊藤侯

▼ 所以じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないよ

▼ 所以でない~ (2, 0.1%)

1 と云, と思ふ

▼ 所以でなく~ (2, 0.1%)

1 これを, てはならない

▼ 所以とが~ (2, 0.1%)

1 明確に, 説明され得る

▼ 所以なく~ (2, 0.1%)

1 して, 畢竟は

▼ 所以~ (2, 0.1%)

2 アル

▼ 所以~ (2, 0.1%)

2 此に

▼ 所以~ (2, 0.1%)

2 が革命

▼ 所以~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [95件]

所以ありと言うべきである, 所以ありけるよ, 所以さえ判然せず, 所以するしかない, 所以そして又それが, 所以それ安くに, 所以それから後に, 所以ただこの一誠以, 所以だろうと思う, 所以であったかも知れぬ, 所以でありますがさ, 所以であり兼ねてまた, 所以であるまいか, 所以でしょうか, 所以で御座いますからこれ以上, 所以で無いと爲, 所以といふものは, 所以とかを説き書物, 所以として時代的な, 所以とでも考へての, 所以とを記すこと左, 所以なき名を, 所以なく哀しくあとから, 所以なるべきか, 所以なるべしされど我, 所以にもなりは, 所以に従って之を, 所以のはッきりいっ, 所以ばかりでは, 所以をのみ論じて, 所以をば今迄の, 所以を以てモデルとして, 所以イデオロギー性が論証, 所以デアツテ最モ簡単ニ諸君, 所以ナリ之ヲ以テカ欧米列国ハ夙ニ莫大ナル費用, 所以非ズ, 所以ニシテ之ヲ名, 所以ノモノハ即チ吾徒ニ禍スル者ト謂フモ, 所以ノモノハ洵ニ国家生民ノ為ニ図リテ, 所以ノモノハ皆一トシテ財ヲ要, 所以ハ其形式亦實ニ丹田, 所以ハ凡テ國家ノ保護ニヨル, 所以ハ則チ新花, 所以ハ前掲ノ諸, 所以ハ國家ノ兒童, 所以ハ國家ガ國家ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, 所以ハ國家ハ全生産, 所以ハ國民ノ自由, 所以ハ國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, 所以ハ外境ノ組織セル關係, 所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力ヲ缺ケルガタメナリ, 所以ハ婦人ハ男子タル父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, 所以ハ婦人ハ自己一人以上ヲ生活セシムル勞働力ナキ原則ニ, 所以ハ愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故ニ, 所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 所以ハ此通義ヲ固, 所以ハ此限度ヨリ免カルヽ目的ヲ以テスル外國, 所以ハ現時大資本家, 所以ハ至誠を尽くし, 所以ハ輿論ガ甚ダ多クノ場合ニ於テ感情的雷同的瞬間的ナルヲ以テナリ, 所以ハ遺棄シタル事情ガ背徳ニセヨ又, 所以ブル書, 所以二百年来水戸人士のこれ, 所以の人, 所以何ぞや, 所以作品をし, 所以其の動物に, 所以別乎實質之踈者也, 所以動物界の永久, 所以此一点の, 所以の祭事, 所以如何といふこと, 所以又所以終何如, 所以もまた, 所以平和のある, 所以平均のある, 所以感慨全く禁ずべから, 所以者は, 所以或は天譴を, 所以て歎美, 所以新旧代謝の生ずる, 所以汝等の倶, 所以決して偶然ならざる, 所以越三日過其間聞哭聲扣隣人曰少, 所以甚だ重しと, 所以於見存者也, 所以相対的なる所以, 所以継嗣相続の起る, 所以者何といふ, 所以に起因, 所以親閲方書俾令撰集溥天之下, 所以請うこれを, 所以多也, 所以遂に解すべからず, 所以鄭家の奴