青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恐怖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ 恐れ~ 恐ろし~ ~恐ろしい 恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖
恐怖~
~恥 恥~ ~恨み 恨み~ ~恩 恩~ ~息 息~ ~息子 息子~

「恐怖~」 4957, 51ppm, 2261位

▼ 恐怖~ (1000, 20.2%)

93 ために 40 念を 37 色を 26 色が 19 念が 17 念に 14 うちに, 表情を 11 念は 10 ドン底に 9 中に, 叫びを 7 声を, 眼を 6 どん底に, 中で, 情に, 方が 5 為に 4 声が, 念も, 情が, 情を, 爲めに 3 うちにも, ためか, なかに, 一夜, 叫びに, 叫び声を, 底に, 絶頂に, 表情が

2 [52件] あまり, あまり失神し, あまり気を, あまり発狂する, いろを, お顔, さまを, たねで, ためであろう, ための, ような, ドン底から, 一瞬に, 上に, 中には, 前には, 原因は, 原因を, 叫声に, 夜が, 対象では, 対象と, 影が, 心を, 念から, 念で, 悲鳴が, 悲鳴を, 情で, 情と, 情は, 感じは, 感情が, 感情を, 戦慄が, 沈黙, 為めに, 的の, 目で, 目を, 眼で, 純粋さと, 色に, 色の, 色調を, 虚妄性を, 表情で, 謎であった, 連続と, 鎮まらぬらしいお, 際の, 顫え

1 [507件 抜粋] あいだに, あのもの, あまりあらぬ, あまりお, あまりしばらくは, あまりそれ, あまりだ, あまりつきつけられた, あまりにそんな, あまりにたがい, あまりに心臓, あまりに気, あまりに泣きだし, あまりに病気, あまりに私, あまりに聞く, あまりに身, あまりまったく, あまりまるで, あまりわくわく, あまりわたくしには, あまりカナダの, あまり一像を, あまり其の, あまり冷えきっ, あまり卒倒し, あまり叫び声を, あまり声を, あまり始終, あまり彼, あまり悲鳴を, あまり我を, あまり暇も, あまり正気を, あまり歯は, あまり歯をが, あまり氷の, あまり泣きだし, あまり海に, あまり猛りたっ, あまり猩々の, あまり生きた, あまり禮儀も, あまり突然窓, あまり腑抜けに, あまり自分で, あまり興奮し, あまり言葉も, あまり身内に, あまり開けた, あまり飛びあがった, あまり飛びあがつた, あるいは愛着, ある時, いろが, うち特に, うつつでは, うねりが, うめき声を, おとづれびとが来る, お心持ち, お蔭で, かげに, きざしたの, きざして, ことばが, ことを, こもった声, ごとく, さけび声, させる業, さまざまな, さまは, さめきらない不安, せいです, せいと, それである, ためであった, ためでは, ためどうしても, ため三様の, ため声が, ため死ん, ため私の, ため走る, ときには, どよめき, どんぞ, どんづまりの叫び声とも, ない世界, ない心配, なかには, なかば勝利の, なかば悔恨の, なかへ, なくなる理由, はたためき, ひびきが, ふるいだ, ふるえも, ふるへも, ほかの, まじったいぶかし, まじった心, まじった眼, まだ生生し, ままに, むかつくよう, やうだ, やうな, イワン, カクテルの, クライマックスが, ショックが, スリルでは, スリルばかり, タダ中で, ドン底へ, 一であった, 一切を, 一刹那に, 一層はげし, 一瞬, 一瞬が, 一種で, 一種を, 一隊が, 世界, 世界に, 世界の, 中から, 中でさえ, 中における, 中の, 中をも, 中心点に, 予報, 予想から, 予知に, 予覚を, 事などは, 交錯する, 人や, 仄の, 代り彼女自身, 代名詞に, 仮面だ, 伝播であり, 余りとび上った, 余りにこう云っ, 余りに蒼く, 余りまた, 余り夢中に, 余り尿を, 余り心臓麻痺を, 余り気を, 余り顛倒し, 余り魂も, 余地が, 使は, 側から, 偶像に, 光が, 光を, 光景が, 全体を, 内に, 凧が, 出来事に, 前に, 前の, 創造, 力などは, 募るのみ, 匂だ, 匂を, 半ばした, 半刻, 印だ, 原因らしい, 去った後, 去らぬらしい険しい, 口笛, 口笛にまつわる, 口笛を, 叫び声が, 叫び声に, 叫び悲痛の, 叫び聲を, 叫声が, 叫声を, 号びをたてて慄然と, 合間には, 吾人に, 味を, 命令, 国を, 土地であった, 地獄と, 垂葉, 城下に, 場合または, 塊とも, 塊りであった, 声, 声なし, 声に, 声は, 変形した, 夜, 夜だ, 夜であった, 夜の, 夜を, 夜十一時半ビッグ, 夢でも, 夢に, 夢を, 夢魔が, 大きさ, 大凧, 姿を, 室, 家と, 寒気を, 實例を, 対象であり, 対象である, 対象とさえ, 対象としてのみ, 対象としては, 対象物でしか, 対象物に, 専売商標, 嵐が, 嵐の, 巷, 巷に, 帳, 幕を, 幻影に, 幾層倍幾十層倍に, 度を, 度合の, 引いたあと, 弱い声, 強烈な, 形で, 影さへも, 影は, 影絵が, 彼を, 征矢として, 後に, 復活で, 心から, 心が, 心で, 快感を, 念ある, 念いに, 念さえ, 念さへ, 念でありました, 念と, 念とともに, 念にとって, 念にのみ, 念より, 念よりも, 念を以て, 思いを, 思である, 性質が, 怯えを, 恋だ, 息に, 悲声かげろうにも, 悲鳴だ, 悲鳴等々それぞれ変化は, 情である, 情なしに, 情なしには, 情の, 情一時に, 情緒の, 感じに, 感じを, 感などを, 感に, 感は, 感を, 感をさえ, 感情から, 感情で, 感情を以て, 戦慄では, 戦慄に, 所業であった, 手に, 投影の, 故に, 故に思わず, 数に, 数瞬間に, 敵, 方面のみを, 旋風が, 旋風と, 日なか, 日の, 日はた, 日も, 星, 星モロー彗星は, 時が, 時に, 時の, 時間夜昼の, 智慧の, 暗雲を, 曲線か, 有無に, 木かげ, 木の, 本体を, 本能が, 本能は, 本能よりも, 根性を, 森, 森に, 極北で, 極叫び声も, 極叫声も, 様子などで, 様子は, 様子を, 標である, 標的である, 檻を, 次に逃走, 歯がた, 死でも, 死より, 段取りを, 気持を, 水準線が, 沈滞し, 泉と, 波が, 波の, 洞穴は, 流れ漲り脈打つが, 流れ狂僧の, 浮んだ表情, 海に, 涙か, 淀か, 深淵に, 淵に, 淵へ, 混じた軽蔑, 混じった表情, 満点, 激しさ, 激情だけの, 為らしい, 為流石の, 烏, 無間地獄に, 焦点と, 物語, 物語への, 牲と, 犠牲と, 状態であった, 状態において, 状態を, 理由は, 理由を, 生物宇宙の, 画の, 異常地震帯を, 痙攣を, 発作で, 発作の, 発現であった, 的だ, 的で, 的でありました, 的と, 的として, 目的を, 相を, 眉を, 真面目さを, 眼ざし, 眼なざし, 瞬間は, 瞳を, 知識という, 種だつた, 種では, 種とは, 種に, 種には, 種にも, 種教会の, 稲妻の, 突然の, 絶叫が, 絶叫な, 絶壁から, 絶頂まで, 背を, 胴ぶる, 自分も, 船, 色, 色あ, 色がさつと, 色がた, 色さえ, 色で, 色という, 色などは, 色によって, 色まで, 色をさえ, 色を以て, 苦しみに, 虜に, 血を, 表情だつた, 表情と, 表情とも, 表情に, 表情は, 表情も, 裏である, 襲いには, 覚えられること, 観念が, 観念などは, 観念に, 言を, 計画, 記憶が, 記憶は, 試験を, 話であり, 調子に, 谷から, 象徴に, 質問と, 跡の, 跡は, 踊り, 逃亡が, 連続であろう, 連続を, 過少を, 部屋には, 都, 金切声であった, 鉄槌に, 鎖の, 間にも, 闇では, 闇に, 闘いに, 陰謀者, 際に, 雲が, 雲懸る, 電話は, 霊が, 靜寂その, 面, 面持で, 音調が, 頂上に, 顔つき次に, 顔と, 顔を, 顔色は, 餌じきに, 餌に, 餌食と, 餘り, 首は, 騒ぎに, 騒動の, 騒音, 騷ぎに, 魅力こそ, 魅力といふ, 黒い影, 黒色を

▼ 恐怖~ (731, 14.7%)

26 襲われて 21 襲われた 11 似たもの 10 近いもの 8 襲はれ, 襲はれた 7 似た感情, 打たれて 6 おののいて, 囚われて 5 おそはれた, おそわれて, とらわれて, 打たれた, 身を 4 さいなまれて, とらえられた, 戦いて, 滿ち, 眼を, 顫え, 駆られて 3 おそわれた, かられて, 口を, 怯えて, 戦きながら, 戦慄し, 気が, 襲われる

2 [46件] うたれて, おびえた眼, おびやかされて, かみづつた女たち, かみづゝた女たち, かられた, すくんで, とらえられて, とらはれて, とらわれた, なって, みちた目, わななきながら, 似た感じ, 充ちた声, 充ちた眼, 包まれて, 囚はれ, 圧倒され, 圧倒された, 変った, 変って, 對し, 慄える, 打たれました, 歪められて, 歪んだ勘次郎, 満たされた, 満ちた目, 火が, 絶句した, 耐えられなくなって, 耐へ, 襲は, 襲はれる, 襲れ, 襲われたお, 襲われたの, 襲われたよう, 襲われながら, 襲われました, 近い不安, 近い敬意, 近い狼狽, 近い驚き, 震えながら

1 [452件] あおざめ思わず互いに, ある限界, いなないて, うたれた, うたれたこと, うたれたであろう, うちのめされて, うちのめされ慄然, おいたてて, おさえられて, おそはれて, おそはれる, おそはれるが, おそわれ, おそわれがたがた, おそわれそれ, おそわれたありとあらゆる, おそわれたこと, おそわれたたがいに, おそわれたよう, おそわれながら, おそわれる, おそわれるの, おそわれキヌ子同様, おそわれ屋根, おそわれ掴んで, おそわれ立往生, おとしいれるの, おどおどする, おののきながら, おののき烈しく, おののくの, おののく声, おののく妖花, おびえきったピグミー, おびえつゝも, おびえながら, おびえる自分, おびやかされつゞけなければならない, おびやかされながら, かみずった女たち, かられたこと, かられる, かわって, くらくら目まい, こは, さいぜんから, さいなまれなければ, さいなみ續, しわがれた声, すぎず心, そそぐ, そそけ立って, たえかね子供, たえない様子, たえぬもの, たえられなかった, たえ切れなくなったため, たへられなかつた, たまらず男, ついで不安, つきぬかれて, つつまれて, つれて, つんざかれて, とらへ, とらわ, とらわれたの, とらわれたライオンス, とらわれながら, とらわれはじめた, とらわれるの, とらわれ戦慄, とりつかれたん, とりつかれた目色, とりつかれて, とり合って, なおしばしば, なつて, なほおびえ, なりながらも, なり恐怖, ぬりつぶされて, のたうち廻る思い, はじかれてすら, ひきつった顔, ひしと悶え, ひっつりながらも, ふと青む, ふりそそぐ雨, ふるえがら, ふるえた, ふるえつつも, ふるえて, ふるえながら, ふるへた絶望, ぶるぶる身, ほかならず信徒, ほかならないであろう, まじえて, まのあたり面, まれ理智の, みたされて, みちたヤミヨセ, みちた状態, みちた白い, みちた眸, みちた眼, みちた瞳, みちて, みちみちて, みち行く手, ゆがんで, わなないて, わななき震えて, わなわなと, わなわなふるえる, カサカサと, サッと顔色, ゾッと立ちすくまないで, ワナワナ顫える, 一, 一々竪立, 一層青め, 一時は, 上ずつ, 五体が, 代へ, 似たある, 似たよう, 似た不安, 似た不快さ, 似た壓迫, 似た心持, 似た整然たる, 似た次第に, 似た物狂おし, 似た畏敬, 似た胸, 似た身, 似た驚愕, 似た魔物, 似て, 価するの, 価するのみの, 俺は, 僕は, 充たされた本性, 充ちた人間, 充ちた叫び声, 充ちた夜, 充ちた情景, 充ちた気もち, 充ちた燃, 充ちた男, 充ちて, 充ち土器色, 充ち苦痛, 光つて, 光つてゐる, 兎も, 冷汗を, 凍り付いて, 出会って, 分別を, 加うる, 勝てる者, 包まれた, 叩ッ込まれ, 叫んだ, 吹かれつつ, 吹かれ不安, 呼吸も, 噛み苛まれながら, 囚えられた, 囚へ, 囚われた, 囚われつつ, 囚われる最初, 固くなっ, 圧し潰されて, 埋められて, 執着する, 堪えない彼, 堪えられないかの, 堪えられないで, 堪える精神力, 堪へられなかったの, 声を, 変じた, 変じて, 変ったの, 変ったらしいの, 変つたのである, 変る, 変るの, 変わる, 奇妙な, 對する, 導くに, 度を, 引きつった蒼白い, 引き歪みます, 引き裂かれたよう, 引ずられて, 引釣つた蒼白い, 引釣つて居ります, 張りつめられて, 強く強く抱き合った, 心おの, 心臓が, 思はず尻ごみ, 思わず尻ごみ, 思わず身, 急変し, 怪しく胸, 怯えがち, 怯えさせるかと, 怯えた, 怯えた浪江, 怯やかされ, 怯やかされた, 怺え, 息が, 息の根が, 悩みながら, 悪戯を, 悶えしや, 意外な, 慄え, 慄く, 慣れたせい, 憑かれて, 懸る, 戦いた, 戦がれて, 戦きながらも, 戦きふるえて, 戦き食べる老爺, 戦慄する, 戦慄せず, 戦慄を, 打たれたの, 打たれる, 打たれるよう, 打たれれば, 打たれ室, 打たれ王座, 打ち克たれるの, 打ち克ち給, 打ち克って, 打ち勝ったもの, 打ち勝つた者, 打ち拉がれて, 打震え, 挫が, 捉はれた, 捕へられて, 捕われて, 捲込まれて, 揺り動かされた時代, 支配され, 支配される, 日々追いつめられ, 日本の, 明けて, 暴露し, 次から, 歪んで, 比すれば, 比べれば, 気づいて, 気も, 気を, 氣は, 沈むかなしき, 沈んで, 満たされて, 満ちたよう, 満ちた声, 満ちた幻覚, 満ちた眼色, 満ちた顔つき, 満ち満ちた長篇小説, 溢れて, 滿ちた, 澄んだその, 激しく襲われた, 焙られるよう, 燃えて, 牛吼え, 物も, 物言は, 狂ひ, 理性を, 理由なく, 由りて, 痙攣らせ, 皺枯れ, 目の, 目を, 直面する, 相違あるまい, 真青に, 眼の, 破られながら, 硬ばります, 碎かれぬ, 祟られて, 私が, 私は, 突かれ通し, 突落した, 突陥し, 立ちすくんだ, 立ち向って, 竦んだ瞳, 籠る樵夫, 絶えるの, 縮み上って, 續い, 翳つて恐らく, 耐えて, 耐えぬもの, 耐えぬものの, 耐えぬ彼, 耐えぬ目, 耐えぬ表情, 耐え得せしめようと, 肌を, 胸の, 胸を, 胸迫っ, 脅かされながら, 脅されて, 自分自身が, 色づけされた時, 苛まれて, 若干の, 苦しんだ, 苦しんで, 落ちて, 蒔く種, 蒼くな, 蒼ざめた顔を, 虐げられて, 蝕まれて, 蝕れ, 蟲ほども, 血も, 血迷つた, 衝き揺られながら, 衰えた人間, 襲はれ出す, 襲はれ始めた, 襲われしが, 襲われたため, 襲われたもの, 襲われたものの, 襲われたらしく干し物, 襲われたらしゅう白い, 襲われた人, 襲われた姿, 襲われた彼, 襲われた群, 襲われた表情, 襲われつつ, 襲われど, 襲われますから, 襲われるから, 襲われるばかり, 襲われるほど強烈, 襲われブルブルッ, 襲われ不意, 襲われ専門, 襲撃された, 見開いた大きな, 見開いた眼, 見開いて, 見開く黒燿石, 見開ら, 説き進んだ, 變つた, 變はる, 負けること, 貫かれ事, 責められて, 賭けるよう, 趁い廻された, 足が, 身体を, 身慄いしまた, 輝きながら, 輪を, 近いくらいの, 近い一種, 近い嘔吐, 近い心理, 近い感じ, 近い感情, 近い或, 近い面持, 近い顫, 近づいた, 近づかずに, 迫われ, 迷わされて, 追われて, 追われ逆立つおもい, 追われ駈けられて, 過ぎた余りに, 釘づけ, 鎖されて, 閉じこめられつつ, 限るもの, 陥った, 陥ったという, 陥れて, 陥れるよう, 陥れ到る処, 震いおののきまた, 震えて, 震える者, 震え上った, 震ふべし, 震ふアレース, 青ざめ歪んで, 面して, 顔の, 顔を, 顔色を, 顛倒し, 類して, 顫えた, 顫える, 顫へ, 駆られその, 駆られたまま, 駆られも, 駆られるが, 駆られると, 駆られるの, 駆られるん, 駆られる思入れ, 駆られワアッ, 駆られ考え, 駆るに, 驅られた, 魂消て, 魅力を, 麻痺れ, 黒ずんで

▼ 恐怖~ (713, 14.4%)

42 感じた 38 感じて 14 もって 10 感じたの, 抱いて 7 覚えた 6 与えて, 忘れて, 持って 5 もつて, 持つて 4 いだいて, 感じました, 感ずること, 感ぜざるを, 覚えて

3 [11件] どうする, 与えること, 感じさせた, 感じたり, 感じながら, 感じる, 感ずると共に, 感ずるの, 懷いた, 覚えたの, 誘われた

2 [48件] あたえたの, いだいた, おぼえた, つたえるため, のぞき私, まじへ, 与えた, 今また, 作した, 刻んで, 呼び起したの, 呼んで, 大きい窓, 宿して, 忘れたという, 忘れ馬, 惟ふと, 感じたが, 感じたもの, 感じたろう, 感じた時, 感じないわけ, 感じなかった, 感ずるもの, 感ぜずに, 感ぜずには, 抱いた事, 抱かせるよう, 抱くもの, 抱く母, 抱く臆病者, 描いて, 救うの, 新たに, 無数の, 示して, 紛らす為, 與へ, 表は, 見て, 覚えながら, 覚える, 覚える臆病者, 語るの, 誰にも, 遠ざけねば, 除くこと, 顔に

1 [415件] あたえない, あらたに, いや何, うかべた目, うけ身体, うち消そう, おかすよりも, おこさせる, おこして, おこす筈, おさえて, おさへて, おぼえたの, おぼえなかった, おもて, お持ち, かえって心から消した, かきたてながら, かくし泣きたいの, かくすため, かくすよう, かざして, かすかに, かんじて, かんじること, くぐって, ことごとく一笑, さえも, さそう, さりげなく, しめしたの, しらず, しりぞける助け, すて, そそること, そそるよう, たたえた, ただよわせて, ただ一睨, たとい一時, とおり越し, ときどき感ずる, ともなう飢餓, どう制し, どきどきと, どんな人間, なしたか, なした陰慘, なして, にくみながら, はつきり知つてゐる, ひきおこすと共に, ふきとばし一座, ふと忘れる, ふりすてる事, まき散らして, まき散らすの, まぎらすため, まざまざと, まじえたもの, まじえて, みな想像する, もたらした, もたらす, もたらすよう, もちながら, もちは, もつが, もてあそんで, もてその, もはや全く意識, やはりそんなに迫害, よび起した, わすれて, われに, アストラカンにまで, ヒソヒソと, ヒソヒソ語り合っ, 与えそう, 与えたか, 与えつづける無慈悲, 与えなかった, 与えぬでも, 与えました, 与えようと, 与えるであろう, 与える何らかの, 与える戦争, 与える新聞記者, 与える種子, 与え絶望, 与え自白, 与へた, 与へる作用, 中心として, 丸切り忘れ, 主張し, 乗り越した彼女, 九州弁で, 二倍に, 交えたしみじみ, 交えた憐憫, 交えた賛嘆, 交へ, 享楽した, 人の, 代表する, 以って, 伝えるもの, 伴う叫び, 伴う死, 伴つて小い, 伸子に, 倶に, 催しました, 催すだけ, 傳へて, 元と, 克服し, 克服する, 全体に, 其心外無法の, 冒してまで, 冥茫たる, 凝固させた, 出し抜いて, 出来るだけ, 分ち彼女, 利用し, 制し得なかったの, 刺戟した, 刺戟する, 割に, 力強く描いた, 加速度的に, 募らせて, 包んだやう, 十倍にも, 去る事, 取りつくろった, 取り去り親しみ, 取り扱った小説, 口々に, 叩き込んだこれら, 叫ぶ, 吐き出して, 否定し得, 否定する, 呑みこんで, 味う, 味わ, 味わうという, 味わせようという, 味わった, 味わって, 味わねば, 呼び覚したの, 呼び起こした, 呼び起させるの, 呼ぼうと, 和げる気持ち, 唆られた, 嗤って, 嘲笑し, 回想する, 圧しつけるよう, 増して, 増すで, 増すであろう, 増すばかり, 夢の, 大袈裟に, 天國の, 失くさせ, 失って, 如何とも, 孕んだ聲, 少しずつ, 帯びて, 引き起こしたの, 引き起す符牒, 彼女に, 彼女は, 征服, 征服する, 後に, 御存じでありましょう, 心に, 必死に, 忘れさせ, 忘れたかったの, 忘れたよう, 忘れた彼, 忘れた故, 忘れること, 思いだして, 思い出さずには, 思い泛, 思ひ出させる, 思想で, 怺えて, 恐怖で, 感える, 感じこんな, 感じさせたところ, 感じさせないよう, 感じさせない不思議, 感じさせるの, 感じさせるもの, 感じさせる一種不思議, 感じさっと, 感じたくらい, 感じただろうと, 感じたであろうか, 感じたと, 感じたなどと, 感じたので, 感じたひと, 感じたるが, 感じた場面, 感じた次第, 感じだした, 感じだしました, 感じだす, 感じないかって, 感じないでは, 感じなかったとも, 感じなかつたわけ, 感じながらも, 感じなくては, 感じはじめた, 感じようとも, 感じられるだろう, 感じるくらい, 感じるでも, 感じると共に, 感じるよう, 感じツぱなしで, 感じ出した, 感じ切って, 感じ寂寞, 感じ寺, 感じ神経, 感ずる, 感ずるが, 感ずると, 感ずるという, 感ずるとは, 感ずるどころか, 感ずるばかり, 感ずるばかりか, 感ずるほど, 感ずるよう, 感ずる程, 感ずる筈, 感ぜざりし事実等, 感ぜざるまでも, 感ぜざる所, 感ぜしめた, 感ぜしめぬ, 感ぜしめるほど陰険, 懐いた, 懐いて, 懐かぬ訳, 懐きたるもの, 懷い, 懷か, 我慢し, 払いすてた長岡頼母, 抱いたの, 抱いたり, 抱かずには, 抱かせたもの, 抱かせること, 抱かせる種類, 抱きながらも, 抱きはじめ二人, 抱き誰一人暖炉, 抱くよう, 抱く敵, 抱く程度, 持たせた, 持ち出した, 持ち来すかも, 持ったの, 持ってる場合, 持つ者, 描いた, 描きあらわすところ, 播いた, 救うに, 散らし堕落, 文化, 新しく目ざま, 新規に, 書いて, 柔げる, 植えつけたのに, 歌つた, 歡喜にかへて, 正直に, 求めたに, 泛べて, 洩らしは, 浮べた赧, 浮べてさ, 浮べまるで, 消して, 消す為, 湛えたそれ, 漠然と感じた, 無理にも, 物語つた, 球体にまで, 甚しくする, 生じたもの, 生ず, 生ずるなり, 疥癬の, 白い顔, 相手方に, 眼の, 知って, 知らざら, 知らせた時, 知らないもの, 知らない人間, 知らない私, 知らなかった, 知らぬ人工心臓, 知らぬ勇士, 知り内面的, 示さず何等, 示さなかった, 示した日本, 神聖な, 秋川父子に, 移して, 素材に, 経験させられた, 経験し, 経験する, 耳語く, 腹の, 自分の, 自覚し, 自覚した, 與へたが, 蔓延させた, 衝かれたよう, 表したの, 表わすもの, 装った金切り声, 裏切って, 見せて, 見るので, 見出, 見通すやう, 覗くやう, 覚えさ, 覚えさせた事, 覚えずには, 覚えました, 覚えること, 覚えるであろうか, 覚えると, 覚えるという, 覚えるの, 覚え初めた, 覚え初めたが, 覚え監禁室, 覚え自分, 許へる, 訴へる, 認めやはり, 誘う, 誘うた瘡痍, 誘うもの, 誘う云いがたく, 誘ひました, 誘発します, 語った, 語って, 語っては, 語りまた, 説いてる軍事教官, 説明する, 誰あっ, 起こさせるほどに, 起こすもの, 起させた, 起させて, 起させる, 起させる場合, 起す事, 超えて, 軽蔑する, 追い払い追い払い無理, 追い払う強大, 追う光明, 通り越した, 造出し, 造出しつ, 過去の, 避けて, 避けロマン, 醸し出しては, 鎮めたり, 防ぐだけの, 除去する, 隠しきれなかった, 隠して, 離脱せよ, 頼みに, 齎らさない

▼ 恐怖~ (440, 8.9%)

9 絶望の 7 不安と 6 苦悩の 5 不安とを, 狼狽の 4 不安とに, 不安に, 心配に, 悲哀と, 戦慄が 3 ショックが, 不安の, 不安を, 嫌悪とを, 嫌悪の, 戦慄の, 歓喜との, 疑惧, 苦痛に

2 [33件] いうよりも, いふよりは, なった, なって, なつた, 不安が, 不安とが, 不安とは, 四分の好奇心とに, 困憊と, 好奇の, 好奇心とに, 寒気とで, 尊崇の, 屈従との, 屈辱とを, 心痛に, 悔恨に, 悲哀とを, 悲嘆とに, 憎悪とを, 憎悪の, 憧憬の, 歓喜の, 涙と, 激情に, 煩悶に, 狼狽との, 疲労とで, 疲労の, 苦痛とを, 警戒とを, 迷惑の

1 [295件] あらゆる悲愁, あるいは懐疑, あるまじき嫌悪感, いいますの, いうより, いっしょに, いっては, いわば壺中, おどろきで, しりごみを, そして人間的禍悪, そして後悔, その二つ, その苦痛, その話, それから, それが, それに, それによって, それに対して, たたかいながら, たたかうこと, たたかわねば, でも現われた, なったの, ならむそのみ, なりつつ, なりました, なり世間, なり大鳥氏, なり罵詈, もつれ合つて彼, アレが, アレの, アワレミを, ショックは, 七分の憤, 不安とだけしか, 不安とも, 不安は, 不安ばかりの, 不思議が, 不思議とを, 不気味とを, 云うもの, 云えば, 云ったらその, 云へば, 人間の, 人馴れない, 何か, 侮辱感は, 信仰との, 信頼とを, 修道女の, 傷の, 光に, 光の, 光明に, 冷淡との, 別事たるを, 労苦とに, 化せり, 半分の, 危険とを, 危険は, 反抗と, 反撥とを, 反省とに, 可笑, 同情とが, 同情とを, 同時にめまひ, 呪詛とで, 哀悼と, 哀愁とは, 哀憐とが, 哀憐とは, 哀願と, 喜びに, 嘆きの, 嘆美との, 困惑とに, 困惑に, 圧迫とを, 圧迫を, 変りきて, 大寂, 失神は, 失策とに, 好奇と, 好奇とを以て, 好奇心が, 好奇心とで, 好奇心との, 好奇心とを, 好奇心に, 妖異感は, 威圧を, 嫉妬を, 嫌厭の, 嫌悪で, 嫌悪とが, 嫌悪とに, 嫌悪との, 嫌悪を, 嫌疑を, 安心とが, 安心との, 実在性とを, 実際どこ, 寒気と, 封建性の, 尊敬の, 屈辱とで, 幻とに, 幻怪の, 幻覚から, 当惑と, 当惑とが, 心労に, 心配が, 心配という, 心配とで, 心配の, 快感と, 快楽とにをの, 怒りと, 怒りとが, 怒りは, 怒りを, 怨嗟に, 怨恨が, 怨恨との, 恥かし, 恥じと, 恥とに, 恥羞に, 恨みとを, 悔恨との, 悲しみとの, 悲劇の, 悲哀とで, 悲哀の, 悲愁とが, 悲歎に, 情熱を, 惨酷, 愚劣と, 愛憎の, 感動が, 慟哭の, 憂悶に, 憂懼それが, 憂鬱が, 憎々しさ, 憎しみで, 憎念, 憎悪だけ, 憎悪で, 憎悪とが, 憎悪との, 憎悪を, 憐み, 憐憫とが, 憤怒が, 憤怒と, 憤慨の, 憤懣との, 憤激を, 憧憬とを, 懊悩とが, 懊悩の, 懸念から, 戦ってばかり, 戦慄すべき, 戦慄に, 戦慄を, 戰慄とを, 拘泥を, 支配者の, 救はれ, 敵意とを, 敵意の, 昏迷に, 極めて尖鋭, 極度の, 歓喜と, 死の, 死への, 死後の, 死霊に対する, 殺意と, 気欝とで, 波瀾とを, 混乱の, 混亂から, 混迷で, 混雑とを, 激動に, 激昂とは, 無力の, 無気味と, 焦燥とに, 焦燥を, 焦躁とが, 熱望と, 物珍らし, 狼狽とに, 狼狽とを, 狼狽に, 狼狽ぶりが, 狼狽を, 甘い涙, 用心の, 畏懼, 畏敬とに, 疎開さわぎ, 疑いは, 疑心とで, 疑心とにさえ, 疑念に, 疑惑とに, 疑惑に, 疑惑の, 疑懼とに, 疲労, 疲労からと, 痛みを, 盲目的畏敬と, 破滅との, 破綻を, 礼節も, 神秘との, 神秘を, 神経緊張は, 科学の, 秘密が, 秘異感の, 空想が, 笑と, 結びつけること, 絶望が, 絶望とに, 絶望とを, 絶望に, 緊張が, 缺乏から, 罪悪との, 罪悪の, 羞ぢらひ, 羞恥とに, 聞いて, 脅えとに, 脅威の, 自責に, 苦悶が, 苦悶と, 苦悶とが, 苦悶との, 苦悶に, 苦惱に, 苦惱の, 苦痛で, 苦痛であった, 苦痛と, 苦痛とで, 苦痛とに, 苦痛の, 被害とを, 親爺への, 言うか, 諧謔の, 讃美と, 變つてやがて, 變りきて, 責任とで, 超自然的な, 迷惑とを, 醜悪の, 関係が, 闘うため, 闘わなければ, 非道徳的, 驚きに, 驚嘆で, 驚愕, 驚愕と, 驚愕との, 驚愕とを, 驚愕に, 驚愕を, 驚愕一座は, 驚異とに, 驚駭は

▼ 恐怖~ (301, 6.1%)

9 ある 6 あった, 彼の 4 私の, 私を 3 あったの, 全身に, 彼を, 湧いて, 私に

2 [13件] あるの, いつまでも, ひそんで, わたしの, わたしを, 下町一パイに, 心に, 松太郎の, 消えて, 湧いた, 目覚めて, 起ったの, 起るの

1 [231件] あまりに大きかっ, あまりひどい, あまりひどかっ, あり, ありファシズム, あり彼女, あり病気, あるから, あるきまった形, あるに, あるばかり, あるもの, ある水準, いかに深い, いまだに頭, いよいよつのっ, いよいよ彼, おそうと, かれを, きざしはじめるの, この世に, この娘, この船艙, さきに, させた業, しかも奇怪, しくしくと, しずまると, すうーッ, すこしづつ, そうである, そこを, その声, その極点, その眼, その顔, その顔一ぱい, それまでの, それを, ぞっと全身, どういうもの, どうしても呑, どの位, どれ程, ないよう, なかったら, なくて, なく死, ぬけて, のしかかって, のぼって, ひろがって, ふたたび夜空, ふと彼, ほとんどすっかりなくなっ, ほどなくこの, ますますつのり, ますます彼, まずさり, まったくなくなった, むずと惣平次, もたらされて, やってきて, わいた, わいて, わきます, わたしたちの, サッと全身, セント, ソッと, ゾッと私, チラついて, ヒシヒシと, マタ・アリを, 一同の, 一寸の, 一度に, 一旦人, 一時に, 一般に, 一通りでない, 一部の, 不気味に, 不氣味, 予想外に, 事件が, 事実と, 事実化する, 互の, 五体に, 五体を, 五體を, 人々の, 今や蔽う, 今初めて, 伴うて, 体中を, 何とむさく, 來て, 來る, 俄かに, 傑作, 先ち, 入り混つて, 入道雲の, 全く実感的, 全く消え, 全身を, 再びしんしんと, 刻まれて, 加はれ, 加わりました, 勝利者らの, 募って, 十ほど, 原因を, 去らないこと, 去らなかった, 吐き気の, 含まれて, 圧迫する, 堪え難いもの, 堺や, 変に, 多いせい, 失はれて, 女を, 存在しないなら, 実現された, 家の, 寂として, 審問の, 尋常でない, 少しずつ, 少しづつ, 少しづつ内部, 己を, 幽霊と, 強かった, 彼に, 彼らの, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 彼等を, 心臓を, 必死の, 思いやられるなあ, 怪獣の, 想像された, 感じられる樣, 手伝う, 数倍したらしかった, 昂ずると, 昼も, 暗い愚劣, 暴動化し, 更に更に大きく, 来た, 来なかった, 根拠の, 極点に, 次から, 死に感応, 殆ん, 氷の, 洞内を, 洩れて, 流れじつと, 消えうせ恐怖, 消え去つて, 消え失せたの, 淋しくすら, 渦まきはじめた, 湧いたよう, 湧きおこった, 激しく自分, 無いと, 無くなれば, 焼きつけられて, 熱いもの, 現れても, 現われたが, 現在の, 男たちの, 畏敬に, 異常な, 病的にさえ, 発火点に, 百姓らの, 盛んに, 破壞, 社会主義連邦の, 窺えるの, 窺われる, 群がり立って, 翌朝までに, 背すじを, 背に, 腋の下から, 自分の, 自分を, 至る所, 舞台へ, 船全体に, 花火の, 薄らいだ, 薄らいで, 表れて, 裏書きされた, 襲って, 襲つた, 襲つてきた, 見えて, 誘惑され, 警察犬に, 走った, 走つた, 起って, 起らずには, 起りました, 足を, 身うちを, 身体も, 追うて, 這い上がって, 過ぎて, 防止された, 顔へ, 颯と浮かんだ, 馬鹿

▼ 恐怖~ (204, 4.1%)

4 ない 2 だんだんに, つねに病的, 如何に, 本能的な, 極度に, 死面一杯に, 浪漫的であり, 私の, 絶頂に

1 [182件] あったに, あらいながされて, ありました, いつの間にか去, いつも彼, いよいよ募っ, いよいよ強く, お角さん, この凡, この子, この存在, この自分, さらに歓喜, して, しばしばその, すぐ乳腺, すべて偽りの, そのため, その後も, その後長い, その時, その生々し, その説明, そもそも一九三一年, そも身, それだけの, それは, ただ自分, たちこめて, たちまち全, とても御, とりも, どこかへ, どんな理性, ないもの, なくなって, なくなつ, はじまった, ひそめ, びっしょりと, また一層, また二重人格離魂病, もう私一人, もう絶頂, もちろん近隣, やがて悶え尽きる, やはり存在, やわらげられて, よりいっそう濃く, トルストイの, パロよりも, プロレタリア文化団体に対しての, 一つの, 一刻ごとに, 一瞬間に, 丁度高所恐怖症, 三吉の, 丑松の, 世界の, 世間を, 二倍にも, 人間の, 今まで, 今日の, 何か, 何であろう, 何と, 何時も小さな, 何等かの, 借金の, 別な, 前よりも, 効果の, 動物的本能だ, 勝を, 募るばかり, 却つては, 去った, 去って, 去らないばかりか, 去りつくづく, 反対に, 反對, 叔父さんの, 取り除かれると, 君達に, 吾人の, 唯絶滅, 地獄を, 執念深く己, 夕方まで, 大きかった, 大きくこの見知らぬ, 大分失くなっ, 大東京, 女の, 女学校の, 嫌いだ, 子供と, 己が, 幸いにも, 幸ひ, 強かった, 強くなっ, 強く浮き上っ, 彼が, 彼の, 彼女を, 往時の, 征服され, 後から, 徒に無言, 御顔, 心の, 必ずしも天才的民族, 忘れること, 思いすごしだ, 恐怖として, 恐怖に, 恨や, 想像出来るであろう, 感じても, 感じない, 感じなかったが, 感じなかつた, 感じながらも, 感じられなかった, 感ずるの, 慚愧と, 憎悪に, 效果の, 新しき太陽, 日とともに, 日ましに, 日を, 早くも, 明治政府に, 暗黒の, 更に起これり, 書かせまいと, 期待の, 木の葉の, 未だかつて地球人, 極端に, 死そのものと, 死其ものに対して, 残して, 毛根を, 沢山だ, 消えた方, 消えて, 深みと, 潜在意識と, 無い, 無くなって, 無くなりは, 無くなるどころか, 熱情と, 狂猛に, 現世界に, 病気の, 痴人の, 白っぽいだけに, 益々募っ, 祖母の, 私らが, 絶頂を, 老若男女の, 薄れ懐かし, 襲って, 要するに感官的, 起こらないかも, 起らない, 身に, 遁逃を, 遠く山間僻地, 銀の, 鏡の, 非常な, 顔を, 飛び去る, 高まるばかり

▼ 恐怖~ (115, 2.3%)

3 を懷 2 がその, である, を抱い, を起させ, を高めた

1 [102件] から何となく, から起った, があらゆる, がこの, がすべて, が不, が偶然, が判事, が加わった, が増し, が強い, が彼ら, が揺いだ, が搖い, が次第に, が湧, が漸次, が私, が腹, が解け去っ, が起こる, が起る, が非常, だけがあふれ, だけは不思議, だと, であった, でひどく, でももたれ, でわからない, で久能, で第, とがひとつ, とに対しては猛悪, とはにかみ, とを利用, と口惜し, と油断, と羞恥心, などに囚, などを起こす, にさらに, については一度, にとらわれ, にとらわれる, にまけまい, に向っ, に変っ, に属する, に強烈, に投合, に捉, に支配, に襲, に驅, のせゐか, のつよ, の一段と, の入りこむ, の大半, の角度, はしばらく, はひそか, はもう, は人間, は人類以前, は再び, は彼ら, も消え, や良心, より行う, をあおった, をもっ, をもつ, を助長, を募らせ出した, を和げる, を完全, を感じぬらしい, を懐い, を懐く, を所謂指導者, を抱かし, を抱かす, を抱く, を持つ, を有, を枯尾花, を発した, を磨り減らす, を表明, を誇張的, を誘い出す, を起こさせたく, を起こし, を起こすで, を起し, を起しかかった, を起しません, を除く, を養っ, を麻痺

▼ 恐怖~ (101, 2.0%)

19 ている 16 ていた 3 たりし, ていない, てゐた 2 ているらしい, ながら見守った, やすく概して, 憎悪した

1 [49件] さが, たり嫌悪, たり苦悶, て, てあるいは, ています, てたじろいだ, てどこ, てへたへた, てみせる, てみた, てゐる, てパトロクロス, て何処, て叫ぶ, て居る, て山中, て憎ん, て疾く, て直に, て相次い, て立つ能わざりき, て自由, て重臣たち, て関羽, て面, て顔, て顫, ながらもしかも, ながらも私, ながら接近, ながら毎夜, ながら自分, またれい, また必死, 且つ錯愕, 之を, 人生の, 呪詛し, 嫌悪する, 宿が, 弟子達でさえも, 慌しく駈出す, 抵抗を, 昼の, 有能な, 皆から, 目を, 面縛し

▼ 恐怖~ (89, 1.8%)

4 不安も, 忘れて 3 なかつた, 感じなかった, 羞恥も 2 やや薄らい, 今は, 何も, 苦痛も

1 [64件] あったけれど, あらうとは, ある, あろうとは, お持ち, されるよう, し憤怒, すすり泣けり, そこに, ない, なかつたやう, なくあなた, なくそこ, なくなり従って, なくは, なくまるで, なくむしろ, なく欣楽, なく無数, なく美しい澄んだ, なしに, まじって, みんなそれに, やはり同じ, 一緒に, 一身の, 不思議に, 亦其新鮮, 伴は, 児玉医院の, 共に奪い去っ, 危惧も, 同じく虚妄, 圧迫も, 威嚇も, 彼の, 忘れ去って, 恐怖とは, 感じないまま, 感じは, 感じること, 感ぜずに, 戦慄も, 抱いては, 敵意も, 消え去り大体, 深まって, 湧いて, 無かつ, 無しに, 物怪も, 知らないが, 知らなかった, 知らなかつた, 穢ない, 羨望も, 自分の, 興味も, 花の, 苦痛の, 見せなかつたらそして, 誇張された, 遅疑も, 遲疑も

▼ 恐怖から~ (65, 1.3%)

4 解放され 2 でも

1 [59件] ある程度遠のい, かように, くるおどおど, くる一種醉, だった, のがれる道, のがれ幽か, はっきり截ち切られ, まだ離れ切る, まつ青, ようやくの, わしの, わたくしの, 七月二日以来どこかへ, 人民戦線運動の, 今にも泣き出し, 免れしめた上, 出たもの, 四百万の, 壁に, 少し救われた, 恐怖, 悚ん, 慄へ, 我れ, 戦争に, 放たれた気, 救えば, 救って, 救われたよう, 最も苦しめられた, 来たもの, 来る激烈, 来る結婚, 気が, 泣き顔に, 滴たり, 無良心, 現実的恐怖へと, 生じる, 生み出された古来, 発した老獪, 発生した, 立ち上がったとも, 絶えず其心, 脱するため, 自分を, 自分達を, 自殺する, 解かれて, 解放された, 解放される, 解放するであろう, 解放せられ, 起るもの, 身震いし, 逃げ出したい, 醒めたの, 食事を

▼ 恐怖~ (61, 1.2%)

7 あつた 2 みんな地の

1 [52件] あつて, あらう, いる白い, うちます, ぐいと握り締められた, この娘, たまらなくなる, だれも, ひき歪んだ, まもなくスヤスヤ, もう十分万事, よむもの, ベッタリ仆, 一ぱいに, 一杯な, 二重に, 五郎には, 凍りついて, 動転してた, 包んだまんま扉口, 吐き出された偽証, 唇を, 固くな, 坐って, 寒くする, 張りきって, 怯えねば, 息も, 手足が, 歪んだ, 歪んで, 気が, 泣きも, 消そうと, 混惑し, 烈しく顫, 煙草入を, 痺れ体を, 益々ぎこち, 直線的に, 私を, 終りを, 縮んで, 胸の, 胸を, 苦痛を, 蒼褪めた, 足も, 身体中が, 身動きも, 躰が, 顔は

▼ 恐怖すべき~ (48, 1.0%)

2 ことである, ものの, 光景に, 瞬間だった

1 [40件] ことであっ, ことであり, ことに, とんでもない, にあらずや, ほど乾燥, ものが, ものである, ものは, 事件について, 事実を, 事柄の, 兵力を, 出来事に対して, 力と, 危険な, 姿で, 姿を, 害心を, 悪魔では, 或る, 敵であった, 日に, 時代は, 来襲の, 武器として, 残忍なる, 毒矢を, 湖の, 独特の, 現象に対して, 符合の, 経験を, 結果を, 絶対制は, 追憶なぞは, 遊びを, 銃火が, 静寂が, 高等数学の

▼ 恐怖する~ (48, 1.0%)

3 ように 2 のあまり

1 [43件] あまり人民一同前後を, が故に, ことなく, ため安全な, という, という遠吠え, に至つたの, のか, のです, のみ, のみで, ばかりであった, ばかりなり, ふうは, もので, ものである, ようだ, ような, ようにも, を以て自ら, 不幸な, 人が, 余り闇の, 勿れ, 卑怯な, 博士も, 妻君の, 実感なぞは, 心から, 念が, 性質のみが, 時は, 時間の, 暇も, 有樣, 村は, 桃子の, 知覚さえ, 筈は, 者で, 表情は, 身の上とは, 迷信が

▼ 恐怖~ (48, 1.0%)

3 のため 2 はなかっ, を本質

1 [41件] がいつも, が幼時, が横, が次第に, が私, が自己補強, でした, ではなかっ, で苦しめ, というもの, と圧迫感, と情慾, と自分, など通り, にしっぽり, にもだえる, に囚われた, に欠け, に襲, に襲われた, に身, の起こる, はあっ, はあった, はたしかに, はなかつた, は春の風, は眠っ, は要するに, までがまざまざ, もあった, もこの, も持っ, をさえ乗越え, をもっ, をも唆ら, を忘れ, を蹴, を音階式, ヲ伴ッタガ, 迄が甦っ

▼ 恐怖~ (47, 0.9%)

2 が逃げた

1 [45件] か, があらわれた, がおどろい, がどうして, がばけ, がやってくる, がピストル, が残っ, です, ではない, というどろ, といわれ, としか思われません, とよん, にさらわれる, にとびかかっ, にねらわれ, のお, のほんとう, の二十面相, の仏像, の声, の部下, はいきなり, はいよいよ, はおもわず, はかたす, はかる, はくやし, はこの, はこんな大きな, はしばらく, はその, はそれ, はだまりこん, はとうとう, ははっと, はもう, はギョッ, は今夜, は変装, は映画, は黄金仮面, もにっちもさっちも, もびっくり

▼ 恐怖~ (46, 0.9%)

2 不安に, 不安の, 欲望として, 逡巡は

1 [38件] おそれ, お前の, お化けの, で一杯, 不安が, 不安は, 不安や, 不幸を, 仲間同士の, 単純な, 危懼の, 嫌悪を, 孤独の, 孤獨の, 弱さ, 悔いに, 憎悪に, 憎悪までを, 憐憫, 戦慄や, 戦火の, 欝憂を, 残忍や, 犯罪についての, 狂的な, 狼狽を, 皮肉や, 経済上の, 絶望の, 苦痛に, 苦痛忍耐の, 蔑視や, 責め苦の, 逃げたい気持, 逡巡が, 過去世動物の, 非難や, 驚愕や

▼ 恐怖とを~ (36, 0.7%)

2 もって, 集めその

1 [32件] すべて合わせ持っ, そのまま生, たつた二つ, つきまぜて, 一つに, 与えた, 与えて, 伴なつて, 同時に感じさせられ, 含んだ目, 妥協せし, 容れる余地, 想い浮べて, 感じて, 感じないでは, 感じる時, 感ずること, 感ずると, 感ずるの, 感ぜしめられても, 感ぜずには, 抱いたらう, 抱いて, 拡げた, 新に, 深くする, 混じたよう, 背景として, 自覚し, 蒙ること, 覚えたの, 鼓舞する如き

▼ 恐怖とに~ (29, 0.6%)

3 襲われて

1 [26件] とらわれぬわけ, ふりそそぐ雨, ふるえて, ブルブルと, ヘトヘトに, 囚われて, 圧しられる, 壓しられる, 夜も, 失神した, 幻の, 弱きもの, 強くおびやかされ, 心が, 悶えて, 慄へて, 手を, 打たれた, 満ちたどん, 襲われた, 語尾が, 身を, 閉ぢられ, 陥った, 陥りただ, 駆られて

▼ 恐怖とが~ (26, 0.5%)

2 めいめいの, 信一郎の, 胸一杯に

1 [20件] あって, あろうと, きらめいた, ごっちゃに, ごつちや, 一致した, 今まで, 入りまじったよう, 全身を, 再び千枝太郎, 前後から, 千代子を, 同じくらいの, 彼の, 感ぜられる, 戰つた, 燃えるよう, 織りまざるよう, 表れて, 頭の

▼ 恐怖との~ (26, 0.5%)

5 ために 2 念を, 淵に

1 [17件] どん底へ, へんな, 上に, 中に, 二つが, 二方面から, 人並以上に, 勝ったさまざま, 念に, 振幅ほど, 歪みを, 混り合った, 爆発的開花だ, 肉体的感覚や, 表情に, 表情を, 間で

▼ 恐怖時代~ (26, 0.5%)

2 の下, を見よ

1 [22件] があろう, がまだ, が來, が出現, が始ま, が始まった, が終っ, が過ぎ去ろう, こうして真, だった, であった, である, でもなけれ, といふべき, のローマ, の一插話, の旗, は目前, をのがれ, を出現, を現, を顕

▼ 恐怖した~ (23, 0.5%)

3 のは

1 [20件] が張飛, ことであろう, ところから, と思われ, のかも, ので, のであった, のである, 乾児どもが, 嘶, 彼が, 心情の, 心持は, 果敢さで, 眼当も, 私の, 行為だ, 顏を, 顔つきで, 顔の

▼ 恐怖政治~ (22, 0.4%)

2 が終った, しかない, はとても, は鎖

1 [14件] からの解放, が独裁, が獨裁, が終っ, というよう, といふやう, によって統治, によつて統治, に近い, よりももっと, よりももつ, より出た, を使, を使いこなす

▼ 恐怖とは~ (21, 0.4%)

2 夫人に対する

1 [19件] いうものの, いえそれ, くらべもの, その殺せし, ちがうゾッと, まだまだは, ものに, 云えない, 凡そ縁, 別に昼間, 受取れぬ無, 少し異う, 決して納まらなかった, 決して納まらなかつた, 絶えずその, 背後に, 違いまた, 非常な, 高まって

▼ 恐怖とも~ (21, 0.4%)

2 つかないもの

1 [19件] いふべき不思議, つかない声, つかない底氣味, つかない真, つかぬ歪み, つかぬ色, どれにも, 不安とも, 何とも判断, 例え様, 憐憫とも, 歓喜とも, 焦躁とも, 異なって, 称すべきもの, 絶望とも, 羞耻とも, 言えぬ, 驚異とも

▼ 恐怖という~ (20, 0.4%)

3 ものが 2 ことを, ような

1 [13件] のは, ものの, ものは, ものも, やつさ, やつは, 一つの, 事を, 動物的な, 困難の, 字が, 宗教からの, 要するに一つ

▼ 恐怖~ (20, 0.4%)

3 なもの

1 [17件] で而, なことば, な動悸, な印象, な原理, な好奇心, な妄想, な懸け声, な無, な現, な目, な神秘詩, な迷惑, な顫, にその, になった, に圧迫

▼ 恐怖では~ (19, 0.4%)

4 ない 2 なかった

1 [13件] あったが, ないかと, ないが, ないらし, なかつたので, なかろうか, なくて, なくもっと, なく滑稽, なく知らないという, なく神社, なく複雜, 無かつ

▼ 恐怖とで~ (19, 0.4%)

2 慄へ

1 [17件] なんにも口, オズ, オヅ, 全身が, 呼吸を, 嗄れ顫, 夢中で走り出した, 戦慄へる, 気も, 涙に, 涙を, 私は, 自分を, 見たり, 足が, 阻止され, 飛び上がって

▼ 恐怖でも~ (16, 0.3%)

2 あるの, なくただ

1 [12件] ある, ない, ない刑罰, なかつた, なくこの, なくただ人, なく好奇心, また兇悪, もう笑い飛ばせる, 不安でも, 何でも, 地獄でも

▼ 恐怖さえ~ (12, 0.2%)

2 感じて 1 させる, して, 伴って, 平然と咀嚼, 感じた, 感じるの, 漂うよう, 覚えて, 閃いて, 除いて

▼ 恐怖よりも~ (12, 0.2%)

1 [12件] さらに一層の, なお恐ろしい, もっと恐ろしい, 侮辱を, 先ず哄笑, 引っ立てられて, 強い感情, 怒りの, 最大な, 歓喜を, 烈しい怒り, 雪に

▼ 恐怖にも~ (11, 0.2%)

1 [11件] あたるリリパット国大皇帝, おさらばだ, せよ幻怪, まさる咯血, 一向気づかぬらしく, 似た気もち, 動かされず非難, 味な, 襲われずに, 襲われた, 近い悔恨

▼ 恐怖観念~ (11, 0.2%)

2 が非常 1 からである, がいつ, が明治, なの, に脅, に部落, のよう, を僕, を漂わせ

▼ 恐怖には~ (9, 0.2%)

2 十手も 1 いささかも, ぢかれ, やはり誇張, 値して, 全身から, 及びも, 実際十分

▼ 恐怖をも~ (9, 0.2%)

3 感じなかった 1 想像し, 感じない態度, 感じなかつた程, 抱かずに, 私は, 誘うた

▼ 恐怖を以て~ (9, 0.2%)

1 併し, 占領され, 彼女の, 敏腕な, 次第に叫び, 瞶めた, 私に, 見ること, 見上げて

▼ 恐怖とか~ (8, 0.2%)

1 凄愴, 厭悪とかいう, 怪奇とか, 戦慄とかいう, 暗さ, 雀躍とかいう, 頽廃とか, 驚駭なら

▼ 恐怖させる~ (7, 0.1%)

1 ため或は, ところが, に如く, ほど率直な, もので, 程の, 程度に

▼ 恐怖~ (7, 0.1%)

1 からである, があの, が降参, ということ, と思いました, の, またもや旅券

▼ 恐怖であり~ (7, 0.1%)

1 人類の, 他は, 宥恕すべき, 幻惑で, 従って神経, 明るい側, 武器を

▼ 恐怖~ (6, 0.1%)

1 わが涙, 凄みかに, 憤懣が, 激情かの, 疑惑か, 痛きわな

▼ 恐怖より~ (6, 0.1%)

1 せりあがる, とつぜん歓喜, 一時なりとも, 汝は, 蛍ちらつき, 逃れんと

▼ 恐怖~ (6, 0.1%)

2 にとツ 1 だ, にでもとりつかれた, の流行, も私

▼ 恐怖など~ (5, 0.1%)

1 さへ, すっかり忘れさせ, その無念, 互いにオクビ, 宿って

▼ 恐怖やら~ (5, 0.1%)

2 緊張やらに 1 焦躁やら, 狼狽の, 疑心やら

▼ 恐怖をさえ~ (5, 0.1%)

1 まじえた非常, 交えた眼, 感じた, 感じる, 浮べて

▼ 恐怖~ (5, 0.1%)

1 が, ではない, なん, の女優, の最後

▼ 恐怖戦慄~ (5, 0.1%)

1 したの, にまで曝露, に価する, に対しては一種, の美

▼ 恐怖ある~ (4, 0.1%)

2 ことなし 1 こと等, のみである

▼ 恐怖~ (4, 0.1%)

1 その亡くなった, 処に, 屋体骨は, 眼を

▼ 恐怖させ~ (4, 0.1%)

1 その瞬間, ていた, ている, て沈黙

▼ 恐怖させた~ (4, 0.1%)

1 のは, ものか, 上で, 底力を

▼ 恐怖しない~ (4, 0.1%)

2 のみでなく 1 ことバランスの, 程に

▼ 恐怖だの~ (4, 0.1%)

2 不安だ 1 口説の, 迷いだの

▼ 恐怖である~ (4, 0.1%)

1 かも知れません, ことが, ために, のだ

▼ 恐怖と共に~ (4, 0.1%)

1 ナニ先が, 世の, 思ひだした二人, 迫って

▼ 恐怖~ (4, 0.1%)

1 のだ, ので, のであった, んじゃ

▼ 恐怖なぞ~ (4, 0.1%)

1 かけら一つ, は私, 古びた写真, 忘れようと

▼ 恐怖によって~ (4, 0.1%)

1 大きな損, 将来の, 沈黙させる, 絞り出された生命そのもの

▼ 恐怖悲劇~ (4, 0.1%)

1 では知らぬ, にとってはたかが, の序文, の方

▼ 恐怖状態~ (4, 0.1%)

1 になっ, に陥, をここ, を示し

▼ 恐怖がる~ (3, 0.1%)

1 ッていうからよ, 事も, 程の

▼ 恐怖せざる~ (3, 0.1%)

2 を得なかった 1 の論理

▼ 恐怖せられ~ (3, 0.1%)

2 襖の 1 てゐる

▼ 恐怖そのもの~ (3, 0.1%)

1 だったそれ, ではなく, といった眼

▼ 恐怖だけは~ (3, 0.1%)

1 どうにも払い, なくなつ, 迷いと

▼ 恐怖といふ~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 ことを

▼ 恐怖ながら~ (3, 0.1%)

2 烈風強雨の 1 覗きました

▼ 恐怖なき~ (3, 0.1%)

1 もの, 生活, 生活について

▼ 恐怖なし~ (3, 0.1%)

1 にきく, にねむった, に卓一

▼ 恐怖などの~ (3, 0.1%)

1 動作は, 感覚から, 感覺から

▼ 恐怖などは~ (3, 0.1%)

1 ただの, 一時精神上の, 啻に道徳上

▼ 恐怖などを~ (3, 0.1%)

1 いだくよう, 少しも, 感じるが

▼ 恐怖なんか~ (3, 0.1%)

1 ぢや, ないよう, 角の

▼ 恐怖について~ (3, 0.1%)

1 心中ひそかに, 考えまた, 考へまた

▼ 恐怖に対する~ (3, 0.1%)

1 とりみだしただらし, 反作用として, 警告を

▼ 恐怖のみ~ (3, 0.1%)

1 だった, であって, では

▼ 恐怖ばかりに~ (3, 0.1%)

2 満された 1 なって

▼ 恐怖~ (3, 0.1%)

2 十幾人の 1 死へと

▼ 恐怖までが~ (3, 0.1%)

2 何か 1 加わって

▼ 恐怖めいた~ (3, 0.1%)

1 ものを, 意識に, 衝動が

▼ 恐怖~ (3, 0.1%)

2 に足らぬ 1 可き

▼ 恐怖不安~ (3, 0.1%)

1 をあらわす, を伴, を通してもやもや

▼ 恐怖事件~ (3, 0.1%)

1 であって, に関する今, は一応

▼ 恐怖以上~ (3, 0.1%)

1 にあの, に何物, のシヨツク

▼ 恐怖以外~ (3, 0.1%)

1 に柿本, の他, の快

▼ 恐怖心理~ (3, 0.1%)

1 から一ペン, の産物, もトリヴィアル

▼ 恐怖驚愕~ (3, 0.1%)

1 そんな文字, と云う, などと云う

▼ 恐怖この~ (2, 0.0%)

1 ような, 夜も

▼ 恐怖~ (2, 0.0%)

1 が身内, へ感ずる

▼ 恐怖すべきで~ (2, 0.0%)

2 はなく

▼ 恐怖せし~ (2, 0.0%)

1 むるところのものとなるや必せり, むるに

▼ 恐怖せしめた~ (2, 0.0%)

1 からその, のか

▼ 恐怖せる~ (2, 0.0%)

1 ため消防に, 洋妾を

▼ 恐怖その~ (2, 0.0%)

1 恐怖に, 恐怖感の

▼ 恐怖だったろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 恐怖だろう~ (2, 0.0%)

1 か昂奮, と思います

▼ 恐怖であっ~ (2, 0.0%)

1 てあたし, て欠乏そのもの

▼ 恐怖であった~ (2, 0.0%)

1 のである, 二強国支那と

▼ 恐怖です~ (2, 0.0%)

1 がそれだけに, 超大巨人

▼ 恐怖といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 方が

▼ 恐怖とから~ (2, 0.0%)

1 猫に関する, 発するもの

▼ 恐怖として~ (2, 0.0%)

1 痛烈に, 置いて

▼ 恐怖とでは~ (2, 0.0%)

2 どうも今

▼ 恐怖とでも~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 申しましょうか

▼ 恐怖なく~ (2, 0.0%)

1 して, 痛烈なる

▼ 恐怖などと~ (2, 0.0%)

1 云うより, 云ふより

▼ 恐怖なり~ (2, 0.0%)

1 不安なりは, 咀ひなり

▼ 恐怖なんて~ (2, 0.0%)

1 存在しません, 無くも

▼ 恐怖に対して~ (2, 0.0%)

1 堪えきれるほどの, 彼女の

▼ 恐怖へと~ (2, 0.0%)

1 かわる, 陥って

▼ 恐怖または~ (2, 0.0%)

1 患難または, 放牧地の

▼ 恐怖もて~ (2, 0.0%)

1 人を, 満たされ一国

▼ 恐怖よりは~ (2, 0.0%)

1 可愛らしさ, 特殊であっ

▼ 恐怖らしい~ (2, 0.0%)

1 ものに, 影さへ

▼ 恐怖をもって~ (2, 0.0%)

1 凝視した, 臆測され

▼ 恐怖スリル~ (2, 0.0%)

1 だけに局限, であって

▼ 恐怖ノンセンス劇~ (2, 0.0%)

1 のドン詰め, の興行

▼ 恐怖~ (2, 0.0%)

1 伴ワナイ, 除去シタル者ナリ

▼ 恐怖不安戦慄~ (2, 0.0%)

1 が更に更に, を今日

▼ 恐怖主義者~ (2, 0.0%)

1 と同一, ならむや

▼ 恐怖好奇心~ (2, 0.0%)

2 を湧き立たせ

▼ 恐怖~ (2, 0.0%)

1 の結果, は極度

▼ 恐怖性神経衰弱~ (2, 0.0%)

1 とでも申しませう, に駆られ

▼ 恐怖散乱~ (2, 0.0%)

1 せしめたこと, せしめたる件

▼ 恐怖昏迷~ (2, 0.0%)

1 して, の体

▼ 恐怖混乱~ (2, 0.0%)

2 せしめ苦痛

▼ 恐怖狼狽~ (2, 0.0%)

1 して, する人間

▼ 恐怖絶望~ (2, 0.0%)

2 の念

▼ 恐怖美戦慄詩~ (2, 0.0%)

1 が歌われ, の愛好癖

▼ 恐怖自棄反抗~ (2, 0.0%)

1 の気分, の氣分

▼ 恐怖苦悶~ (2, 0.0%)

1 であった, はその

▼1* [210件]

恐怖あり盲目の, 恐怖かったろうという, 恐怖からは危うく助けられた, 恐怖からも不安からも, 恐怖かを示し喧嘩, 恐怖がって居るが, 恐怖がらせるのであった, 恐怖くも何んともない, 恐怖こそ私の, 恐怖こそは快天王, 恐怖これがまた, 恐怖さえももたらせて, 恐怖さしている, 恐怖さすところの, 恐怖させずにはおかない, 恐怖させまいがため, 恐怖されてゐる, 恐怖された領主の, 恐怖しいとは兼, 恐怖したらしく彼女の, 恐怖しつづけている, 恐怖しもしないという, 恐怖し出したら蘭丸とて, 恐怖し叫ばざるを得なかった, 恐怖し泣きぬれて立っ, 恐怖し駈け狂ひ, 恐怖と雖, 恐怖すなわち死の, 恐怖すべきありさまを, 恐怖すべき透き通った藍色は, 恐怖すまじとあせる, 恐怖するだろうと思え, 恐怖する如きは不, 恐怖すればする, 恐怖せしめ擾乱を, 恐怖せしめざるを得無かった, 恐怖せずにはいられない, 恐怖そして底知れぬ, 恐怖それを思う, 恐怖それらの惨禍, 恐怖たる桜花あらぬ, 恐怖だけでは, 恐怖だけを感じさせた, 恐怖だったのです, 恐怖つぎに戦慄, 恐怖でさえあった, 恐怖でないからいい, 恐怖でなく不可解でなく, 恐怖といつてもい, 恐怖とかいふのから, 恐怖とからの出口を, 恐怖ときては額面通り, 恐怖とともに人情も, 恐怖とにて苛責まれ抜いた, 恐怖とまで言うべき感じ, 恐怖とを以て読まなければ, 恐怖なさいますな救い, 恐怖などから出たもの, 恐怖などというものは, 恐怖などに心を, 恐怖などによって彩られるの, 恐怖なども感じて, 恐怖ならばみな, 恐怖なれば御存じ, 恐怖なんかじゃないん, 恐怖なんぢやない, 恐怖にさえ襲われるの, 恐怖にすら価しない彼等, 恐怖についてのいろいろの, 恐怖にとり巻かれた, 恐怖になつた巾着切と, 恐怖にまで変って, 恐怖に対してものんびりとしか, 恐怖はも早や, 恐怖ばかりでなくなった, 恐怖ばかりが心に, 恐怖ぶりはひど, 恐怖への豫感, 恐怖ほど全く無, 恐怖また近づきつつ, 恐怖めいた怯みは微塵, 恐怖もたらしヘクトール, 恐怖もて誤察し種々誇大の, 恐怖やかくしだて, 恐怖やの感情, 恐怖やらに歪んで, 恐怖よろこび好奇心滑稽などを, 恐怖るべき或者, 恐怖一方では, 恐怖わずらわしさ金れいの, 恐怖をすら感ずるよう, 恐怖をば光の, 恐怖だよ, 恐怖ガチラト脳裡ヲカスメタ, 恐怖キッティと二人, 恐怖シ村役人共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 恐怖ト興奮ト快感トガ代ル, 恐怖ナキニ至レルコトハ支那ニ於テ二國ガ亦同, 恐怖似タ楽シサデアッタ, 恐怖一切の不安, 恐怖一方ならず二銭, 恐怖不安怪異の心, 恐怖不安疑惑憤怒嫉妬の月日, 恐怖不安矛盾の情調, 恐怖予期想像等によりて妄覚, 恐怖人外の異常, 恐怖人間が人間らしい, 恐怖に類, 恐怖るも, 恐怖充分の怒り, 恐怖先生が病気, 恐怖全く此奴は, 恐怖公園に開かれた, 恐怖刺戟の種, 恐怖劇興行者兼現代稀有の邪妖劇名女優, 恐怖千々の思は, 恐怖卑怯の類, 恐怖単なる不吉の, 恐怖叫喚騒擾地震における惨状, 恐怖哄笑夢種々の夢, 恐怖までまっしろ, 恐怖困惑せずに, 恐怖地獄の底, 恐怖手術の, 恐怖の命, 恐怖嫉妬疑惑絶望等の表示, 恐怖嫌忌する形象物体等, 恐怖安心満足そんな気持, 恐怖家族に伝わる, 恐怖専門へ逆戻り, 恐怖の心, 恐怖彼女の苦痛, 恐怖従ってまた, 恐怖心そのものが怖, 恐怖心厭アなもの, 恐怖性神経衰弱症と診断, 恐怖性錯覚を起こし, 恐怖怨恨哀愁疑惑嫉妬憤怒憎惡, 恐怖怨恨哀愁疑惑嫉妬憤怒憎悪呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 恐怖恋愛が自己, 恐怖恐怖という, 恐怖患者だつた, 恐怖悪鬼入其身, 恐怖悲哀等の感じ, 恐怖悲哀絶望苦悶の表情, 恐怖悲痛憎悪の感情, 恐怖感あれをなんと, 恐怖憂慮悪意なんでも好い, 恐怖惡の, 恐怖憎悪すべきもの, 恐怖ひは, 恐怖或いは不安によって, 恐怖抱きて一齊, 恐怖抱くもさも, 恐怖の要, 恐怖政治時代を発生, 恐怖映画の主人公, 恐怖有ること無し, 恐怖未知の世界, 恐怖本能等から生れた, 恐怖極まって地団太, 恐怖極まる時は, 恐怖歓喜その他の心境, 恐怖死に先だつ深い絶望, 恐怖の胸, 恐怖に入った, 恐怖流言極マリナシ, 恐怖深夜邸内をさまよう, 恐怖漠然とした憤怒, 恐怖煩悶なくし, 恐怖煩悶零落の臨むべき, 恐怖物語にみなさん夢中, 恐怖猛獣蛮人などから感じる, 恐怖王みたいに木のぼり, 恐怖王君なんとかいわない, 恐怖懼の, 恐怖畏伏の念, 恐怖異様の口笛, 恐怖疑惑戦慄さまざまな錯倒, 恐怖病患者と同じ, 恐怖病症状についてはこの, 恐怖を独得, 恐怖的心理状態が音響的, 恐怖的愛撫を予感, 恐怖的服従とそれ, 恐怖的観念を畳み込んだ, 恐怖真犯人が可憐, 恐怖の心理, 恐怖紛れにがならっしゃる, 恐怖ですね, 恐怖絶望それらのもの, 恐怖羞恥に震撼, 恐怖耳底に存する, 恐怖胸毛の乱れ, 恐怖苦惱は之, 恐怖苦痛等の表出, 恐怖難に, 恐怖装置を廻転, 恐怖見知らぬものなどにたいする, 恐怖観念以外何も怖, 恐怖觀念の實例, 恐怖解決の見出されない, 恐怖言いかえれば世の中, 恐怖をする, 恐怖貪慾嫉妬それから意趣返し, 恐怖軍隊生活が個人, 恐怖追われるものの, 恐怖長いあいだかかっ, 恐怖頑強な身体, 恐怖驚異呪いそれらを融け焦がした