青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「所~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~ ~所
所~
~所以 所以~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~ ~手 手~

「所~」 50555, 546ppm, 174位

▼ 所~ (6825, 13.5%)

129 して 115 よると 112 よれば 86 立って 69 ある 50 来て 43 依れば 42 あった 41 あるの 40 住んで 39 行って, 非ず 36 なって 35 出て 28 於て 27 いて, 立つて 23 いるの 22 置いて 21 あらず, 拠れば 20 あって 18 あつた 17 坐って 16 一人の 15 依ると 14 従へば, 来た 13 よりて, 持って 12 帰って 11 いたの, 寝て 10 いた, 入って, 置かれて, 行くと 9 出た, 由ると, 行った, 連れて 8 なつて, なると, 彼の, 来ると, 足を, 隠れて, 集まって, 飛んで 7 いると, 一人で, 候, 従えば, 来た時, 着いて, 部屋が

6 [22件] あつて, あり, あります, あると, いるん, じっとし, 一軒の, 入る, 在るの, 居て, 居るの, 戻って, 手を, 拠ると, 據れ, 煙は, 由れば, 真の, 着いた, 腰を, 行けば, 走って

5 [30件] あてて, あらずと, あらずや, あるから, あること, あるので, あるもの, あるん, いても, いる, いるよう, おいで, かたまって, ゐるの, 一つの, 人の, 何か, 來て, 入つた, 出ました, 勤めて, 厄介に, 持つて, 據る, 有之, 潜んで, 突っ立っ, 身を, 集って, 非ざる

4 [37件] あったので, あらざるなり, あるか, いつまでも, いらっしゃるの, いるが, かけて, くると, それを, やって来て, よりますと, 一種の, 二度と名前, 何を, 係る, 大門は, 寄って, 就いて, 席を, 我々の, 拠るに, 散在し, 来たよう, 来ました, 物を, 田を, 眼を, 着きました, 自分の, 至る, 落ちて, 行きました, 行く, 行つた, 達した, 違いない, 非る

3 [112件] あがって, あったの, あつめて, あらず候, ありましたが, あるあの, あるといふ, あるよう, いた時, いって, いては, いるよ, いる時, いれば, おいでに, かくれて, ぐずぐずし, この人, この歌, しようと, それが, たたずんで, ついて, つっ立って, なった, ひそんで, やって来た, やつて, ゐた, 一基の, 一緒に, 並んで, 二人の, 人が, 今日の, 付いて, 休んで, 來た, 來る, 僕が, 入りて, 出で, 到れば, 口を, 向って, 困つて, 在ります, 在る, 在るから, 坐して, 坐ったまま, 坐り込んで, 変な, 妙な, 姿を, 存す, 宿を, 居たの, 居たん, 居るか, 床几を, 座って, 彼女の, 従ふ, 手が, 据えて, 於いて, 暮らして, 木の, 来たの, 来た手紙, 横たわって, 止まって, 歩いて, 残して, 残って, 汗が, 泊って, 泊めて, 湧いて, 生えて, 用が, 登って, 私が, 私の, 積んで, 立ちて, 立ち止まった, 置くと, 職を, 脅迫状が, 花を, 落ち着いて, 行き向, 行つ, 見える, 設けられて, 赴きあらゆる, 転がって, 送って, 逃げ込んで, 這入って, 重ねて, 重点を, 金を, 隠して, 電話を, 非ざれ, 非ずして, 音楽会が, 預けて, 顔を

2 [330件] あずけて, あったから, あったこと, あっても, あてた, あらざりき, あらざるべし, あらざるも, あらざれば, ありて, ありました, あるかと, あるという, あるとも, あるに, あるらしいが, ある別, ある墓, ある大きい, ある小さい, ある美しい, ある自動電話, あれば, いさせて, いたいと, いたこと, いたって, いたる, いながら, いること, いるだろうという, いるもの, いる人, いる婆, うずくまって, うろついて, おられようとは, おる, お前の, お越しに, かかって, かけつけて, がんばって, きた, この子, こびりついたよう, これが, これを, ございます, した, したこと, しても, しばらく坐っ, じっと立っ, せず好, そんなもの, そんな温泉, たった一人, ちゃんとあった, ついた, つけて, できて, とじこめられて, とまって, なつた, なりました, のぼって, ひざまずいて, ひしめき合って, ひとりの, ふさわしい, ぶつかつ, わたしの, ゐたの, ゐて, ゐら, ゐる, チャモロ族の, ベンチが, 一本の, 一枚の, 一点の, 三つの, 上つた, 下りて, 不思議な, 並べて, 丸太で, 乗って, 五六株の, 人は, 人を, 人間が, 今日は, 付し会堂, 付場役等無, 住むという, 住む気, 何うし, 何が, 何の, 何んとも, 何時までも, 使うか, 依って, 停まり, 傷痕の, 働いて, 價値が, 充てられ陛下日夕親臨, 光って, 入つて, 入りましたが, 入ると, 入れて, 入れられた, 入れられて, 入所した, 入院し, 出たの, 出る, 出仕し, 出入する, 出入りする, 出来て, 出没する, 列んで, 初めて漁村, 到着した, 副われん, 劇場が, 力を, 動いて, 勤務し, 原因し, 参りました, 収容され, 向かいて, 向けて, 向つて, 呼び出されて, 咲いて, 問題が, 善く副, 土を, 在るという, 坐つて, 坐ると, 坐を, 基づいて, 境界あり, 夕方に, 夢の, 天幕を, 奇妙な, 奉公し, 女に, 存し, 存する, 存するの, 存在し, 学校を, 宮方の, 寢起を, 尋ねて, 小川が, 少しでも, 居たもん, 居ましたか, 居る, 居ると, 居るもの, 屈み込んで, 川が, 幾つも, 床を, 店を, 廊下が, 引込んで, 当てて, 彼は, 往って, 待って, 從ひ, 從へば, 御座候, 御進発, 微かな, 徴し, 忍んで, 意義が, 應じ, 或は一貫, 戻された, 戻して, 手紙が, 担ぎ込まれてからも, 持ち込まれて, 接して, 控えさせて, 放火し, 教えに, 散乱し, 文化的生の, 於ては, 日が, 日を, 日和を, 日本の, 昔から, 暮して, 月の, 有名な, 来たと, 来たもの, 来ちや, 来ては, 来る, 来るまで, 植えて, 椰子の, 此の, 此方を, 歸する, 死体が, 比すれば, 水を, 泊つてゐた, 泣いて, 注がれて, 湯に, 火の, 火を, 火光を, 点々として, 煙が, 特に金泥, 特色を, 現実の, 甘い所, 生まれて, 生活の, 留まって, 留まつて, 留めて, 目を, 相違ない, 真黒に, 石の, 移される, 移つて素人下宿を, 穴を, 窓が, 窮し, 立たなければ, 立ち止まって, 立ち留まらざるを, 立ったまま, 立つと, 立つの, 立停っ, 立止っ, 築山や, 篝を, 籠って, 置いた, 置いたら可, 置くという, 美しい女, 老後の, 耳を, 自分を, 自由は, 至れば, 興味が, 舟を, 船の, 船を, 花が, 茫然と, 荷を, 蒼蠅く, 藤の, 行かない人, 行きその, 行くこと, 行くの, 行つて見ました, 見えて, 見られる, 見舞に, 見覚えの, 許りゆくだらう, 許り居よう, 象の, 赴いて, 蹲んで遠く, 車を, 近い山, 返った仙太, 迷って, 送られた, 這入つて, 這入るや, 進んで, 遊びに, 過ぎない, 還る, 錯誤が, 鏡を, 長い草, 長くいる, 開いて, 関係し, 附いて, 限って, 院長の, 階段が, 集められて, 非らずして, 非れ, 非常な, 非常に, 頼みに, 額が, 駆けつけて, 驩待された, 鳴いて, 黒, 黙って

1 [3991件 抜粋] ああし, あそばした, あったし, あった牡丹畑, あてられた, あなたも, あやかって, あらずただ, あらわれる体温, ありましたし, あり平生, あるそう, あるとは, あるわけ, ある一寸, ある内部, ある奇妙, ある御堂, ある杉, ある温泉, ある石神, ある背, ある長い, あんたが, いたいん, いたらさぞ, いた侍, いた時以来, いっときもじっ, いつも使っ, いまさあ, いようはず, いられないこと, いるから, いるとき, いるべきであった, いる子供, いる老父, いる間, えたいの, おかれまして, おこもりさせたら, おったぞ, おひくる, おられましょう, おりますから, おろして, お八重, お家が, お泊, お馴染, かけさせたの, かしづき, かの古き, きぬ, ぐんぐんと, こう声, この小さな絵島丸, この蛆虫, ころがってるの, こんな晩, さがし求めまったく, さまざまの, したに, しばらくお住い, しゃがむと, じっと立ち止まった, すこぶる大きい, するブガーノフ, せよ中央, そのまま立っ, その王樣, それらの, ただ一点, たまに, ちょっとの, ついた手紙, つづいて, つぶさに上申, とどけて, とんで, なお肱, なったり, なり僧空海, なる筈, ねころんで, はいり込んだのよ, ひきつけられる, ひやりと冷, ふみ込んで, ぶら下げて, ぼんやり立つ, まいりましたの, また一つ扉, まどろんで, むかし羊飼い, や, やや開けた, ゆわえ同じ, よりかかって, わたしは, ゐないでも, ゐるよりは, ゐる者, アーマー, ウロつい, グズグズし, シェストーフ的な, タブチーという, トクスン・ターサムという, ヒョッと, ファラデーを, ホイゲンスの, マッチの, レストーランが, 一つ二つ小さな, 一二行の, 一分だ, 一宇の, 一揆が, 一日徒然な, 一条の, 一番最初に, 一致する, 丁度相手, 三匹の, 三枚の, 上飯台の, 不完全な, 丘が, 丸木を, 乗込んで, 乾小屋は, 二三の, 二十年の, 云って, 五行ぐらいずつ, 人声が, 人間同士の, 今夜あたり誰が, 仕事を, 仙化し, 仰ぎたいとの, 会い奉りわが, 似たり, 住だ, 住みついては, 住む動物, 住んでるから, 何かの, 何んで, 作って, 使いが, 來ても, 依つて, 保存され, 俺は, 借りて, 偏するであらう, 備える祭壇, 僕あ, 充てて, 先刻から, 入った我々, 入りかつ, 入るの, 入れると, 入院中の, 兵を, 再び其の, 出かけまだ, 出たと, 出られるから, 出入りしてる, 出来るん, 出逢, 分散し, 初めて岩, 到って, 割り込まして, 労働生活を, 勢が, 北陸や, 十年余も, 半分消えかかった, 印を, 厳として, 又並ん, 反って, 取材した, 叩き売つた奴だ, 右手を, 同じく小, 同一人民, 名手でなけれ, 吹き溜められて, 呼び出され通三丁目, 命を, 商人どもの, 囚はれ, 四角く切っ, 困るからと, 國友は, 在ります夫, 在るらしい, 在れば, 坐ったまま笑顔, 坐りましょう, 基づきまた, 報告する, 境界を, 夏毎を, 多く這入, 大きい粗末, 大きな柳, 大勢乞食が, 大盤石が, 天神様も, 夫婦の, 奉公を, 女王の, 姿勢を, 存するので, 学者として, 安置され, 定めて, 客を, 家長らしく, 宿りました, 寄ったの, 寄り添うたまま, 寐ちや困る, 寝るから, 實に, 射, 小さい柊神社, 小さな入口, 小さな黒い, 小屋懸けし, 就職する, 居たいの, 居った時分, 居ました何, 居りましたが, 居るといふ, 居る様, 居合せた剣術, 屏風などを, 屯ろし, 山賊などが, 嵌められて, 巡査ア一人来, 己の, 帰っては, 帰る, 常に住ん, 平林寺という, 幸なる, 座りたさ, 建てた室, 廻勤に, 引き留めて, 引導石という, 張り出された合格者, 当てはまる例, 彼あり, 往きまして, 待たされた, 後へ, 従うて, 従はず一朝の, 御座候へば, 御飯の, 心配そうな, 応じて, 思いがけない人, 怠惰の, 怪しい運動, 悲哀ある, 感じた, 憑し, 我慢が, 戻つた時, 手ごたえが, 打消して, 投り込む, 押しかけ示威運動, 招かれて, 持ちきたされ不可抗, 捕手の, 捨てられしと, 据ゑて事実の, 控えて, 描き出して, 擦り硝子, 放置せられ, 散らばつて焚出し, 敷皮うちしき, 斬られたと, 新ローマン主義, 於ける研究, 旅館ある, 早春の, 春さんも, 普通此等の, 暫く厄介, 月輪関白兼実の, 有村の, 木理の, 本當, 来さして, 来ない, 来るだ, 来る第, 板塀の, 柵や, 案内し, 森閑として, 植ゑ込んだ, 樅の, 樵径を, 歌が, 止らざること莫, 歩み出たよう, 歸りつくまで, 殉ずるの, 残雪が, 比すべき武候鋪, 気がつかないかい, 気軽い懐しみ, 氷柱が, 汝何人なれ, 沼が, 泊りこむ数名, 波に, 活動すれ, 浮いて, 海岸へ, 淡い電燈, 温泉が, 満月が, 滿足し, 潜んでるいけないもの, 濡れ手拭, 火葬場が, 無いと, 無理な, 燃えて, 片手を, 物語らるるに, 犯罪は, 玄関が, 現われしかも, 現存する, 生じて, 生れたので, 生徒の, 用いられたが, 由りては, 留らずに, 疏水の, 登仙し, 白いなよなよ, 白帆が, 盛に, 目的を, 相分れ, 相談に, 真白に, 着きたい, 着す, 石ノ上, 硝子の, 祖先を, 禅風を, 秋山とか, 移って, 稽古学問いたし, 突き当ったの, 窺われるの, 立ちながらも, 立ち暫し, 立ってること, 立つを, 立寄って, 端書と, 答へて, 粉状の, 納めると, 細い裏階段, 結び附いて, 綿服を, 縛られて, 置いた恐るべき, 置かれる, 置くかと, 美しい詠歎的, 而已止ッて, 肖て, 背の, 腰かけながら, 自分も, 至って, 至りぬ, 至るため, 興味深いもの, 芋が, 若々しい生命, 茂つてゐる, 莊園が, 落し込んであるの, 落ち合, 落合つて来る, 葬つて, 蓮の, 薫が, 虐殺が, 血を, 行かれて, 行きたく無い本当, 行き冷たい, 行き着く前, 行くに, 行けり欲, 行ったの, 行ってる事, 行つて二人が, 行つて愛想の, 行て, 袿姿で, 見えぬ所, 見はり番, 見られ空, 見舞って, 親父の, 触れる, 設け布告, 証明した, 詰合て, 語り伝えられて, 誰人の, 讀者の, 貫籍する, 赤い光, 赤土の, 起き伏し, 起居し, 足場を, 踏み止り更に, 軍鶏の, 軽く置かれた, 迎えられて, 近い護摩堂, 近づいた, 近年は, 迷惑せし, 送られぬ, 逗留する, 這入り込んで, 通されました, 通ひ始めた, 連れ込む, 逸して, 遊女, 運び込まれた時, 過冷却水滴, 達して, 達すると, 遣らうと, 遺伝的の, 配置され, 野馬が, 金色の, 鈍器で, 銃剣を, 長い間, 長く立, 閂を, 関所を, 附けて, 限る, 陥隔, 際立つて, 集ったまま, 集まる時, 集り候筈, 雨潦の, 電柱が, 青白い顔, 非るなり, 順從う, 頭を, 顕れて, 飛び飛びに, 食客を, 馬鹿が, 駈けよって, 高塀, 鴉や, 黒子なんぞが

▼ 所~ (5641, 11.2%)

400 顕治宛 69 方へ 65 ものは 29 ものを 26 ように 25 前に 20 ものである, ものなり 18 中に 17 あるの, ものが, 前を, 者は 16 ような, 中へ 15 中で, 前で, 方から 13 方に, 門を 12 方で, 窓から 11 ほうへ, 名を 10 すべての, ものと, 者が 9 ものの, 前へ, 方が 8 一つの, 中から, 中は, 中を, 他の, 壁に, 方は, 者と 7 人は, 前の, 巡査が, 物は

6 [12件] あつた, もので, ものに, 一種の, 中の, 前には, 名は, 如し, 白洲へ, 窓の, 裏を, 鏡の

5 [24件] あったの, あるところ, ある人, お白洲, ことを, ないもの, ものすなわち, ものなれ, 中には, 人々の, 仕事は, 入口の, 古記録, 外に, 戸を, 扉を, 手に, 掛員は, 方も, 水の, 深い此あて人, 片隅に, 白洲で, 門の

4 [44件] ある所, ために, ところで, ないの, ないよう, ない程度, ほうから, やうに, ドアを, 一つを, 上に, 下の, 主人が, 二階に, 仕事を, 仮牢, 住む所, 例繰, 入口に, 内へ, 前まで, 外へ, 多かつ, 奥の, 子供は, 山の, 巡査と, 巡査に, 巡査も, 建物が, 建物の, 掃除を, 方を, 旦那が, 書は, 横に, 横を, 直角形, 習俗として, 者だ, 者で, 鏡に, 門前に, 隅に

3 [83件] あたりに, ある, ある他, ある女, ある男, うちには, お役人, ことは, ところへ, ない人, なかった, なかで, ほうで, もの, ものであります, ものも, やうな, ようにも, ベンチに, 一室で, 一室に, 一隅に, 上を, 下に, 世界, 中蔵経, 主人の, 事の, 事も, 事を, 二階へ, 人, 人あり, 人を, 位置を, 傍の, 前から, 原因を, 同心仲間で, 名も, 唯一の, 土地の, 堤が, 外の, 多くの, 女が, 室を, 宮本顕治宛, 屋根に, 巡査の, 巡査を, 工事は, 帳面繰り, 建物は, 彼の, 御主人, 所長に, 扉に, 方の, 方へと, 様に, 機械の, 残して, 気温, 水が, 物に, 男が, 看板を, 短歌の, 者などと, 者の, 者を, 脚本部員と, 袈裟で, 設けも, 設備が, 警官が, 近くに, 部屋へ, 金を, 防備を, 隅で, 障子を

2 [292件] あの美しく明るい, ありそう, あること, あるこの, ある日本, ある老人, ある高原, うるは, お医者さん, お手先, お雇さん, こと, ことが, ことだ, すみに, その自然価格, そばの, それに, ところどころに, ないこと, ないその, ない人間, ない完全, ない男, なかつた時, なかに, ほうが, ほうに, ほうは, まねなどを, ものから, ものであっ, ものであった, ものでありまし, ものな, ものなかるべからず, ものを以て, もの即ち, ようで, わきの, カーテンの, ガラスが, ガラス窓が, ドックに, 一つだ, 一つで, 一つに, 一切の, 一般に, 一面には, 不死の, 世界的世界形成主義と, 世話を, 世話番の, 中では, 中にも, 丸鋸が, 主人は, 事, 事で, 事は, 二階から, 二階で, 二階を, 人々は, 人が, 人たちは, 人に, 人の, 人格的驚異に, 人物は, 人物も, 人達が, 人間どもは, 仕事に, 何に, 何の, 何らかの他, 作品は, 倅なら, 側の, 傷も, 元の, 先生の, 先生方の, 入口は, 入口へ, 全然ない, 八百屋に, 兵が, 内部に, 内部は, 前あたり, 劣等の, 労働の, 労働者の, 医者の, 博士の, 反対側に, 口を, 句と, 台の, 台所で, 名に, 命を, 哲学である, 唐代の, 商品を, 問題に, 問題は, 問題を, 四角な, 地図に, 場合に, 壁の, 夢に, 大屋根, 夫の, 奇男子である, 女に, 奴だ, 如くである, 如く而, 娘が, 娘と, 婆あ, 媒介物の, 学, 學問であります, 家に, 家は, 寄人でも, 寄人に, 富の, 小使が, 小僧は, 山にも, 山内君から, 岩の, 巡査は, 希望は, 師範役に, 平べ, 床に, 庭に, 延長と, 建物や, 弊害なり, 役人, 役人へ, 役人も, 役人より, 彼れ, 彼方の, 彼方此方から, 待合室に, 御人数, 御方に, 悪魔の, 或る, 所謂, 扉が, 手で, 手形, 手形が, 手形を, 提灯を, 揺籃から, 教官に, 敵国である, 文化であります, 文化を, 新らしい, 方だ, 旧家で, 書を, 書物は, 最初の, 最後の, 有るは, 有力なる, 有様を, 木の, 木戸や, 本體, 村から, 板が, 板の間に, 柱の, 業の, 構内には, 様子を, 横の, 横手から, 殆ん, 母の, 水を, 海の, 海岸に, 渡場は, 灯を, 無意識なる, 熔鉱炉の, 牢内に, 物が, 物を, 狂的な, 獄中に, 玄関に, 現象に, 理事の, 理事長の, 理事長を, 生命の, 生活と, 生活を, 用意を, 町名を, 異る, 病院で, 白洲の, 百姓に, 百姓は, 目立つ, 硝子の, 社会の, 社員に, 神を, 神聖なる, 種々なる, 空は, 空気に, 窓で, 窓を, 精神を, 紙の, 経及び, 縁から, 縁が, 縁の, 翁媼二人は, 者, 者か, 者である, 者などは, 者に, 者より, 職工は, 脱走さわぎ, 自分の, 草庵が, 菅茶山の, 蒙古, 行爲是を, 衝突を, 裏が, 裏で, 製造, 西の, 見地なく, 角に, 記録にも, 設備は, 証拠物件なる, 詩は, 話ぢや, 話では, 語なれ, 諸侯へ, 貨幣価値の, 貨物の, 責任に, 責任甚だ, 趣旨である, 足跡の, 近くの, 近くへ, 近くを, 部屋の, 部屋までは, 酒造り長沼家に, 金が, 門から, 門に, 隣に, 雨戸を, 音を, 領主松平大和守には, 食堂は, 騒ぎじゃ, 騒ぎでは, 髯面の

1 [3402件 抜粋] あいだは, あった源氏, あはれな, ありさま, あるに, ある作者, ある山稜, ある植物, ある真, ある話, ある顏立, いった浜村孫兵衛, うす暗い中, おじさんは, おやじが, お嫁さん, お手付けでございます, お芳さん, かつ出来る, かんかん爺, ことで, この一節, この要求, これら二つの, ご二男, しらべに対しても, すべては, その人相, その石塊, そばに, それらの, だいくさんたち, できて, ところまで, ないかなしさ, ないゆき子, ない健康, ない天性, ない時代, ない淋しさ, ない私, ない言葉, なき移気, ほうへは, まえへ, まねを, もとを, ものでありましょう, ものによって, もの一二が, もの潔, やった密貿易, ような坐, アドミニストレイションに, エス様や, キャスケード山脈を, システムまで, タイプライター用紙を, デブ銀行の, ドン詰まりの, フランチェスカといふ, ベッドから, ホ育費を, マークも, 一つだった, 一二を, 一個の, 一大芸術品だ, 一時的の, 一番好い, 一般PWの, 一部に, 万力は, 三毛の, 三階の, 上り高という, 下ッぱ, 下部であった, 与力同心たちも, 与力鈴木藤吉郎を, 丘陵に, 中にでも, 中央に, 丸木橋を, 主人も, 乗客係が, 事が, 事実の, 二つの, 二十日鼠を, 二階屋が, 五經即ち, 人々を, 人と, 人口は, 人物に, 人間な, 仏書あり, 他者が, 代理人たる, 件が, 伝記の, 住まひなされる, 何, 何者だ, 使いでございましょう, 供御人などと, 俗吏と, 信の, 俳談会では, 倉には, 倒潰を, 側へ, 傍らまで, 傾を, 優れた設備, 先生である, 光線により, 入口には, 全軍, 公卿裁きでも, 共働, 其の連中, 内で, 内方オースチン師の, 冷気は, 出仕日と, 出来た様, 分類が, 列仙傳七十有餘人と, 利子率決定の, 前は, 前面ばかり, 割烹の, 力は, 労働者が, 動機から, 北側の, 医者が, 十四人衆から, 単位数を, 印刷所は, 原子爆弾反対説に, 友に, 受けも, 口金を, 古代人の, 句に, 台本には, 司とか, 合目を, 同心波越八弥と, 名で, 名前も, 名稱, 向うの, 吹所局長の, 味方の, 品なり, 商人宿が, 喧騒は, 四十万分一予察図も, 固定資本と, 国の, 國人とは, 土壇に, 土間いつ, 地に, 地代に, 地理上から, 坂, 執り物, 堰を, 境に, 壁へ, 壽阿, 外猶, 多い議論, 夜会に, 大きくほころびた, 大事な, 大学や, 大泥坊, 大臣さんが, 天井を, 太陽空気気圧の, 奉公人だ, 奥へ, 女の, 女共は, 女眞族は, 如き趣, 如くなるを以て, 妖術幻術は, 姦吏を, 婢女を, 子供達は, 存在を, 孫子とか, 安固や, 官吏が, 実城院, 客観的なり, 宮門は, 家郷に, 寄人だ, 審問を, 寺院客室などでの, 将卒二万七千八百余人舶長さ四十四丈広, 小さな公園, 小使を, 小村で, 小窓, 少いこと, 少ないかを, 居酒屋に, 屋根の, 山に, 山東, 岩波書店に, 峰に, 崩れ尋常, 巡拝を, 工場と, 市場において, 帝王は, 帳面を, 干渉圏の, 年貢の, 幻影を, 広汎の, 店に, 度會家の, 庭を, 延長で, 建築は, 弘化丁未の, 当主に, 形式を, 役人では, 役人丈けが持つ, 役宅へ, 待合室で, 後立山谷は, 御威勢, 御用が, 御行の, 徳義なかるべからず, 必要を, 性慾の, 恩賞方よ, 情景である, 意を, 感じ, 憲法, 我我自身の, 戸口に, 所書とを, 所長である, 手にて, 手を通じて, 手勢では, 技官に, 技手それに, 投機の, 拷問倉まで, 掃除が, 控同心藤波友衛, 摸本を, 支部を, 放火陣地陣地の, 故路, 教育とは, 敷地を, 文体を, 文字の, 文殊岩は, 料理店へ, 新年会で, 新設工場は, 方へは, 方法に, 旅館に, 日の, 日本人は, 日記によっても, 明に, 昼夜どんな, 景況で, 智識は, 書き役, 書数種なり, 最う一階上, 最大な, 月番に, 有無を, 木屑毎日焼か, 木魚刀一あり, 本当の, 札あり, 材料には, 東儀様や, 松並木の下へ, 板塀の, 果して首肯, 柱を, 根底も, 案書を, 條件であります, 棺槨さへも, 極めて重要, 構内へ, 様子さえ, 標識であった, 権威と, 横町へ, 機械場では, 欄干に, 歌は, 正しい記録, 正門まで, 武器を, 武蔵が, 死, 母方の, 比較的少量, 気温が, 水崖に, 江戸ッ子の, 沢庵樽ぢや, 油障子に, 法則は, 注文により, 流刑即ち, 海上から, 深山を, 温いもの, 源を, 漂浪永き, 灯, 災害の, 無い, 無えの, 焼棒杭, 煙害という, 煙筒叢立つ, 爆発や, 爻辭の, 牢屋に, 物と, 特り立っ, 状態である, 猟師よりも, 玉龍傑赤では, 現代趣味に, 理固, 生一本の, 生活が, 用事が, 田畑が, 申渡書を, 町へ, 留置場を, 番人梶さんの, 異物奇品棟宇に, 病室の, 痛みの, 登子の, 白洲に, 百太夫に, 皇室とか, 監督食事中この, 直ぐ近く, 相違によって, 看護婦を, 真ん中で, 真相です, 眼言葉つきを, 石垣に, 砂利を, 研究室と, 示したこの, 社長としての, 神である, 神社仏閣あやし, 祭田をも, 私丈けの, 租税に対して, 種々の, 空気の, 窓ぎわの, 窓口へ, 立札が, 第一番, 管ばかりを, 米の, 精神科學にばかり, 素質を, 終著は, 結果で, 絵草紙店に, 総ての, 緯書の, 總ての, 美しいそして, 美人だ, 義務のみにても, 者ことごとく, 者ども, 者らの, 而かも, 聯想を, 職業以外の, 脚下は, 腰掛の, 自由なる, 舟な, 色気と, 芸術, 若い者四五十人, 英語教師を, 草の根から, 菓子の, 著述であります, 藏經の, 虹の, 衆の, 表の, 裏では, 裏門か, 補助を, 西晉の, 要害を, 見合室, 規矩に, 角へ, 言葉を, 記事が, 設立を, 評議を, 詩と, 話, 話題に, 誤りである, 誰か, 調書によって, 諸儒皆舌, 諸墓, 講釈でございました, 警鐘および, 谷合いで, 貝の, 貨幣だ, 貴い物, 資本の, 資金を, 起原は, 趾から, 軍人が, 辛抱だ, 迎えの, 追捕, 連中や, 過渡期でありまし, 道程に, 邪げし, 部隊へ, 酒亭の, 釋奠即ち, 重に, 野良が, 金属の, 鉄扉は, 銭の, 鏡花の, 長い時期, 門は, 門前であった, 開け放された戸口, 関係者の, 關中の, 附加の, 除外例なる, 隘地に, 集団そのものである, 離れの, 電燈の, 霊魂は, 静と, 音なり, 頭の, 風や, 飛行機技師長, 食物以外の, 養子に, 駅路に, 骨折と, 魚の, 麻袋繕い, 黒部四十八箇瀬で

▼ 所~ (5470, 10.8%)

261 行って 156 来て 72 持って 71 連れて 67 出て 55 帰って 48 行った 38 戻って, 来た 35 来たの, 行くと 32 行くの 31 出た 27 来ると 24 手紙を 23 遊びに 20 行く 19 いって, つれて 18 出かけて 17 行つた 16 持つて 15 行くん, 顔を 14 嫁に 13 はいって, やって, 通って 12 入って, 尋ねて, 飛んで 11 やって来た, 手を, 置いて, 行こうと, 走って, 逃げて, 這入って 10 きて, やって来て, 往って, 行かなければ, 行きたいと, 行けば 9 寄って, 行く気 8 やつて, 來た, 届けて, 行きました, 行ったの, 訪ねて, 馳け 7 案内し, 泊りに, 行きましょう, 行くこと, 這入つて, 駈けて

6 [21件] おいでに, かけて, もって, 上って, 伴れ, 來て, 入れて, 出ました, 御案内, 押しかけて, 来たと, 来る, 相談に, 立って, 自分の, 行ったが, 行っても, 行つて, 身を, 頼みに, 頼んで

5 [29件] いった, お気が, くると, 人を, 何し, 使を, 出入りする, 出掛けて, 参りました, 帰った, 廻って, 往った, 来ては, 来るの, 歩いて, 眼を, 腰を, 行くには, 行く事, 行ったん, 行った時, 行っては, 送って, 通りか, 運んで, 金を, 隠して, 隠れて, 駆けて

4 [44件] お嫁, たずねて, 一緒に, 不意に, 出ると, 参って, 呼ばれて, 呼び出されて, 報告に, 家の, 家を, 席を, 帰ると, 引張って, 手の, 持たせて, 指して, 来たん, 来た事, 来ても, 来なければ, 来ること, 来る女, 水を, 牛を, 独りで, 私の, 私を, 自分を, 行かねば, 行きその, 行きます, 行くが, 行く時, 行こう, 行ったり, 行った事, 足を, 達した, 門野が, 電話を, 飛び込んで, 養子に, 驅け

3 [80件] あなたの, いらつし, おいで, お出で, きたの, ご案内, さつきの, しゃがみ込むと, それを, ひろ子が, まいりました, もどって, やって来たの, ゆく, ゆくと, 一しょに, 一人の, 一通の, 上がって, 人が, 何を, 使いに, 使いを, 入つて, 入れられた, 出して, 出れば, 出入する, 出張って, 出掛けた, 参りまして, 口を, 向って, 呼び出された, 埋めて, 女が, 姿を, 寝て, 導いて, 帰れと, 引き返して, 往け, 往つた, 往て, 往ッて, 心を, 急いで, 来たもの, 来た手紙, 来た時, 来ました, 来ますと, 来る客, 歩み寄って, 母が, 火を, 現れて, 知らせて, 私は, 聞きに, 落ちて, 行くか, 行くという, 行くところ, 行くもん, 行けと, 行ったか, 行ったって, 行つ, 行つたのは, 行つても, 行つて見, 見せに, 話しに, 誰が, 返事を, 送った, 遣って, 飛び込んだ, 駆け寄って

2 [265件] あずけて, あなたが, あの方, あんな物, いっても, いらし, いらしった, いらっして, いらっしゃるの, うちから, おはいり, お入り, お出でなすっ, お帰り, お泊り, お行き, お邪魔, かけだして, きた, くれば, これを, そう言っ, そのよう, たびたび遊び, であった, でて, とどき私, どか, のぼって, はいった, はいるの, まいって, まいりまして, まいるにも, また一人菊池, もつて, やった, やってきた, やって来たん, やろうと, ゆき着いたの, ゆくの, よく遊び, ダッと, ヘシ込ん, 一人で, 三保から, 二人で, 二週間前に, 人の, 以て, 会いに, 伝令する, 伺って, 伺候した, 住みこませて, 僅の, 僕の, 入るの, 入る前, 入口に, 兵を, 其人が, 出かけた, 出かけたが, 出かける, 出かけるの, 出たよう, 出ようと, 出られる事, 出る, 出るの, 出入を, 前の, 参ったの, 参り, 参りましょう, 参りますわ, 向くん, 品物を, 善く話し, 回って, 坐った, 堀が, 夕方から, 外の, 夜話に, 大分頻繁に, 天幕を, 奉公し, 奉公した, 奥から, 女の, 女を, 女中が, 嫁なんぞに, 子弟を, 寄ると, 寮を, 導いた, 小間使が, 帰った時, 帰つて来た, 帰つて行く, 帰るん, 幸ひと二人の, 幾度も, 座布団を, 庭の, 弓を, 引き移る, 引返して, 弟子入りを, 彼は, 往かずに, 往くこと, 往くの, 往こうと, 御出, 御高説, 忍び込んで, 忍んで, 急使を, 意外な, 我々が, 戻つて來, 戻ろうとして, 手が, 手助に, 投出した, 折よく, 抜けて, 抱いて, 指を, 捨てて, 擦り傷の, 昇って, 曳かれて, 書生が, 書生に, 来い, 来いと, 来たとき, 来たので, 来たもん, 来たよう, 来たら本当に, 来たんだい, 来まして, 来るはず, 来るまでに, 来るもの, 来る前, 来る理由, 来れば, 東京から, 校正を, 梅子が, 森川町から, 横に, 横臥し, 此の, 母屋の, 気が, 気がついた, 気を, 注進に, 流れて, 流れ込んで, 消えて, 源氏は, 片づいて, 片付いて, 甥の, 用が, 男が, 登って, 登ると, 登ろうと, 目を, 着いた, 着いたの, 着けて, 知らして, 知らせに, 石が, 社長が, 私が, 移して, 移って, 立つて, 立会に, 維新の, 線を, 考が, 膝を, 自分で, 自分も, 舞い込んで, 英語を, 荷を, 落付い, 落着い, 落込ん, 薫は, 行き, 行きたい, 行きたくなったの, 行きますと, 行き大いに, 行くなり, 行くので, 行くもの, 行くよ, 行く位, 行けとも, 行けるの, 行こうという, 行った帰り, 行つたさうだ, 行つたのだ, 行つていらつ, 行つて居た, 裸体と, 見に, 見舞に, 訴へ, 話を, 談じ, 走らせた, 走り寄った, 赴任した, 越して, 迎に, 近寄って, 返しに, 返ると, 迷って, 送らずに, 送られた, 送り子規, 送ると, 通うこと, 通された, 通知位する, 連れ出して, 進んだ, 運ばれて, 道路を, 遣りませう, 降りて, 階段を, 集まって, 電報を, 電話で, 面を, 預けたいが, 預けて, 頭を, 馳せて, 駆けつけた, 駆けつけて, 駆け込んだ, 駈けつけて, 駈け込み訴

1 [2759件 抜粋] ああも, あずけさせないん, あづけ, あの観世, あらぬ山路, ある日, あんな人間, いけバしん, いったって, いつか手紙を, いつの間にか電燈, いま赴任の, いらしつて御覧, いらっしゃいますでしょうね, いらっしゃるほう, えたいの, おいで下さいます, おっかさんから, おめ, おれの, お使, お出で兄さんや, お勢, お床几, お断わり, お目, お礼の, お米出, お赤飯, お通しする, お電話, かくかくの, かけもどって, かたづいたん, かよって, きても, くること, こだわって, この出来事, この娘, これから, こんな値段, ごあん, ご紹介, さしかかりました, さびしい肯定, さ迷い出ても, しばらく中将, しょっ引いて, すぐ出向い, すわる女, そういう友達, そして姉妹たち, そっと後, その後二三度馴染みに, その簿, そんな夜遊神, だしたお, ちゃんと立っ, ついて行きます, つなぐ事, でなければどこ, とびこんで, どうして来た, どこから, なぜ自分, なら何十人, なんで酔狂, のがれれば, はいったら誰か, はっしと中った, ひきずりこまれて, ひょっこり出, びつくりした, ぶすっと一本, ほったらかしに, まいりましてから, まかりくだるもの, また一人, まわしお, みんな鋭い, もし平家, やったわけ, やってくるもの, やって来ようとは, やりたくないって, やれ家庭小説, ゆくつて気, よくいらつ, よけいな出すぎた, よこすこと, よび出されて, わざわざ一里, わざわざ近寄っ, わたる, カードが, コートを, ズタ, ヌッと, バイブルの, マイクが, 一しよ, 一人一人まだ, 一時半頃行っ, 一群の, 一辺に, 三男袁尚が, 上げた, 上の, 上様には, 下らなく君, 下手奥の, 世帯を, 久しぶりに, 乗り入れるとは, 予ね, 二三度櫛を通して, 二度とゆく, 五郎が, 人数を, 今の, 今度また, 今時分電話を, 今頃来る, 仮令へ, 伝送される, 伺ったの, 住みつくこと, 住んで, 何と, 何事も, 余興に, 來つち, 侍の, 侵入し, 信徒を, 偶然この, 元来何, 入った, 入らしったわ, 入り込む, 入れたとでも, 入れられるん, 入壻, 全部送り出される, 六カ月ごとに, 其人等が, 凹みが, 出かけました, 出かける前, 出すですね, 出たいなあ, 出たならば, 出たんで, 出ましたと, 出られるそう, 出るや, 出入りいたす, 出向くの, 出掛けたの, 出掛け落第, 出馬した, 別荘を, 努めて, 勝手口で, 匿し, 午後から, 厩の, 参ってからは, 参りそっと, 参りますと, 参るよう, 又, 友人の, 叔父は, 吉兵衛と, 同道致そう, 向け戻そうと, 向側の, 周旋する, 呼ばれたといふ, 呼び出されるなんて, 命乞いに, 喰いちぎった餅菓子, 四月二十日の, 土産物を, 坐らせるの, 堀の, 墜ちたかと, 変に, 夜警の, 大政奉還を, 天来の, 奉公口を, 奪われて, 奴婢奴僕として, 妻を, 姫君を, 嫁がせたいと, 嫁た, 孝助の, 定期刊行物を, 客が, 宮廷の, 寄せさせた, 寄つた明日の, 寄り給, 寄るに, 寄越しやがった, 寝たらなんだか, 射るはず, 導き殺し殊に, 小倉の, 少し来い, 屆け, 届けっかも, 山田の, 巡禮, 差しつけて, 差上げましたよ, 巴里から, 帰ったほう, 帰つて来, 帰り美人, 帰るの, 幅一尺二三寸の, 年賀に, 庄吉が, 廐に, 廻り子, 引かれて, 引き取ること, 引き渡すから, 引き退がった, 引っ張りこむと, 引っ返すより, 引取られる, 引渡した, 引返した時, 弾き出されて, 彷徨い出して, 往きて, 往き此の, 往ってから, 往つて歸らぬ, 往復する, 御到着, 御忍び, 御縁付, 復って, 忍びこんだ, 忠義立て, 思ひがけ, 急報によって, 息子が, 惣菜を, 成の, 戻った, 戻りて, 戻るつもり, 手勢を, 手紙で, 打ち落すはず, 投げやられた音, 押かけ, 押しやる, 押し込んだ, 押込に, 拉して, 招待した, 持ちだした, 持ち込んだの, 持参した, 捕手の, 捨てられた, 掛合いに, 提出される, 改めて御, 散らかって, 敵は, 斬込んだから, 新三郎は, 旅行しませう, 日本左衛門が, 早くわたくし, 明智小五郎の, 昭和九年の, 暗号文で, 曳きたまえ, 最後に, 本統の, 来させること, 来たから, 来たならば, 来た吾, 来た様, 来た遠国廻り, 来ないであろう, 来ない方, 来ましたから, 来やしませんか, 来られるよう, 来るとき, 来る事, 来る迄は, 来合わせて, 林田も, 案内いたそう, 案内します, 案内せられ, 楽しみで, 横山も, 此の節幸手に, 歩け, 死んだ知らせ, 殺到し, 母親が, 毎日通つた, 気楽に, 汚水を, 沈んで, 治療を, 泊つて今朝早う, 法を, 洋子は, 流罪に, 深く這入っ, 渡来し, 源氏みずからが, 漕ぎ附け探偵, 火でも, 無理に, 父母が, 片づけさせる訳, 犯人を, 現れても, 生れるの, 申し渡して, 疾う, 登美が, 目の, 眞つ, 着いたらと, 着くと, 矢代が, 研究生に, 福知山松平家の, 私共の, 移されたが, 移った, 移つて來て, 移植し, 種々の, 穿って, 突っ立っ, 突然朝日新聞, 立ちまして, 立ち寄りますと, 立ち退きはせぬ, 立てて, 立寄り働いて, 籐で, 納める年貢, 結び文を, 縁側から, 罪人が, 置いては, 置かれるもの, 置き物に, 罷り越す, 習いに, 聟見舞に, 脱け, 自ら好ん, 自慢に, 自首し, 船の, 花の, 若君に, 茶色の, 落そうと, 落ちつくまでには, 落ち込んで, 落着かせたい, 薪買いに, 蘇生した, 蜂須賀家の, 行かずに, 行かない限り, 行かなきゃあならないんだけれ共, 行かれても, 行きおろう, 行きそこ, 行きたい行かなくっちゃ, 行きな, 行きません, 行きスイッチ, 行き下, 行き奥, 行き悦子以上, 行き楽し, 行き蝋燭, 行くかも, 行くとも, 行くほか, 行くわ, 行く因縁, 行く必要, 行く用事, 行く迄には, 行けないだけ, 行こうか, 行た, 行ったと, 行ったらどう, 行ったわけ, 行ってね, 行つた後に, 行つてすつかり詫び, 行つては, 行つて一時間程, 行つて來ました, 行つて大事の, 行つて探し, 行つて来た, 行つて留守でした, 行つて腰を, 行つて遊ばう, 行は, 行合わし幸い, 襲つて来よう, 見すぼらしい姿, 親犬, 言って, 許都百万の, 訴え出た, 診て, 詰めかけて, 誰だつた, 講演に, 財宝を, 贋使者と, 走りもどっ, 走り寄り, 越したいから, 踏みこませるなんて, 躍り込んだ, 転がり込んで, 転居させた, 辿りつく, 近づいて, 返して, 追っ払って, 送つて自殺, 送りこんで, 送るだけの, 逃げかくれた男らしから, 逃げ走つて, 途絶えがち, 這入ったもん, 這入つたもの, 通いました, 通う多く, 通じて, 通りしが, 通わせるよう, 連れては, 連れ込んで, 進めて, 運び入れて, 道を, 遣ったもの, 遣る使い, 郵便で, 里子に, 野宿した, 開業する, 附いて, 院の, 陥りかけた自分自身, 障りなく, 隠すよう, 隣室から, 雇われて, 雨が, 順番が, 顏を, 飛ばせたり, 飛び込ましたらまことに, 食べ物を, 首を, 馳せ附けたが, 駆け込み訴訟を, 駆込もうと, 駈けのぼって, 駈け寄った, 駈け附けて, 驅込訴を, 髯が, 鹽原角右衞門が

▼ 所~ (4148, 8.2%)

231 ある 77 あって 60 ない 59 あった 57 あつた 53 あるの 39 あります 38 あると 33 あつて 23 多い, 私は 21 あるから 20 あるので 17 あるよう 16 なかった 15 あるが, あれば 14 あるん 13 ないの, 或る 12 此の, 無い 11 あるか, ないから, なければ 10 あったの, あるやう, なくて, 彼は, 私の 9 ありません, ないでも, ないと, 出来て 8 ありました, ありますから, その時, それが, できて, ないので, 多いの 7 あるかと, それは, 不思議な, 見える 6 あったが, ありは, ありますか, あること, あるという, 出て, 是れ, 非常に

5 [16件] あったので, あっても, あつたら, ありましょう, ありますね, あるに, あるもの, これは, その人, 今の, 多かった, 少しも, 急に, 日本の, 書いて, 私が

4 [24件] あったと, あるかも, あるし, ある訳, ございました, その晩, それから, ないで, ないん, 不幸にも, 不思議にも, 今日は, 僕は, 出来た, 多かつ, 彼の, 支那では, 日本では, 是は, 有って, 次の, 見えた, 設けられて, 面白いの

3 [61件] あったよう, ありまして, ありますので, あるけれども, あるそう, あるぞ, あるだろう, あるでしょう, あるとか, ある時此間, ある様, ある筈, きまつて, こ, ございます, ございますが, そこへ, その手紙, それも, それを, ですね, どこに, ないという, ないもの, ないやう, なくては, ねえん, 中央程に, 之を, 人間の, 今では, 今は, 今度は, 何う, 其れ, 出來, 分って, 多いと, 多い様, 好きだ, 幸に, 彼が, 彼等は, 或日, 支倉の, 最後に, 有りますから, 有る, 有れば, 有ッ, 沢山ある, 無かつ, 無ければ, 猿は, 男の, 男は, 眼に, 確かに, 秀子は, 私には, 面白い

2 [181件] あったから, あったに, あったもの, あったり, あってか, あらう, ありそう, ありそこ, ありますかと, ありますが, ありますな, ありますよ, ありませんでしたから, ありまた, あり又, あるあの, あるかい, あるけれど, あるこれ, あるであらうか, あるといふ, あるとは, あるね, あるまいか, あるもん, ある熱海, あれど, あろう, きまって, このよう, この屍体, この歌, この男, この袙, これが, これも, こん度は, ございまする, さう, すぐに, そう云う, そのうち二度三度, そのお, その中, その主人, その夜, その家, その後一月ばかり, それに, それよりも, たくさんあった, ついこの, です俺, どうだ, どうで, どこかに, ないか, ないけれども, ないため, ないよう, なか, なかったら, なかつた, なくなって, なんの, また不思議, みえる, もう年, 一々根拠, 一つの, 一方良秀, 一番貴い, 丁度私, 不幸に, 中, 久しい間, 之に, 人の, 今から, 今度の, 仕合にも, 仕方が, 何かの, 俺の, 僕には, 先生の, 先生は, 其処に, 出来たの, 出来たり, 分らぬから, 到底然るべき, 前にも, 北宋の, 十歩と, 午頃から, 卑しかつ, 印刷所を, 古版の, 可いか, 可笑しいん, 多いから, 多いに, 多かろう, 多く活字, 多ければ, 大寺が, 奇妙な, 妙に, 子供が, 家庭の, 實際は, 少々違つて, 少くない, 後から, 悪かった, 悲しい事, 惡かつ, 愈子, 意外にも, 成程, 我々教育者に, 支那の, 散在し, 既に無形, 日本に, 日本へ, 日本人は, 明治の, 晩に, 最後の, 有りましたけれど, 有りますか, 有るか, 有るの, 有る此, 本を, 東京では, 果して然り, 校長の, 欠けて, 此方は, 此編輯局には, 残って, 泣き伏した女, 無いぢ, 無いでも, 無いなら, 玩具の, 現実と, 生憎, 發光しない, 白根火山の, 目について, 相手に, 神戸牧師の, 第一, 節蔵は, 素敵です, 緑盤は, 缺けて, 自分の, 自分は, 自然と, 良秀は, 茲に, 落第な, 藩の, 見えて, 見えない, 見えるね, 見られますが, 親爺の, 誤って, 誰も, 連中には, 長子の, 開かれて, 附属し, 頓と, 鼻を

1 [2315件 抜粋] あいつには, あったっけ, あったらしい, あったら何ん, あつたせゐ, あつて心, あの子, あやういぞ, ありさえ, ありながら, ありましたそれ, ありましたら今, ありまするし, ありませんかしら, ありやしない, あり且つ, あり先生, あり場合, あり我々, あり種畜場, あり老子, あり郵便局, あるいは無理押し, あるくらい, あるそれ, あるだろう小夜, あるであろう事, あるなら二人, あるばかり, あるらしいからな, あるシャバンヌ, ある其処, ある夜薬局, ある拗者, ある朝, ある熊笹, ある近い, あろうわけ, いいよう, いかにも派手, いくら南瓜, いっそうよく目立った, いつ頃, いろいろ話してる, おじさん世間では, おまつ, お前さんは, お前言, お気持, お酒, かくの, かの子僧の, ぎっしり右左, ここを, この世の, この先, この團體, この夜稽古, この度, この支那史學, この昼飯, この正月, この薬師仏, この道子, この頃姫君, こんなもの, ございませんから, さういふこと, さうでない, しかるのみ, すぐそのまま鋭角, すっかり泥棒, すべて正しく少し, そいつの, そうたやすく, そうは, そこの, そのレストーラン, その不平, その侍, その前, その問い, その安穏幸福, その後から, その後幕府は, その御, その捜査, その昔ウェッシントン夫人, その時衣, その気配, その病源, その真実, その翌々二十一日, その途中, その陳列箱, その頃は, それから半年, それには, ぞくぞくする, たつた一時間半, だんだん向う, ちがって, ちょうど去年, つい目, つて, できた, とうと, どうかした, どうしても体, どうも口, どうも灰吹, どこへ, どんな所, ないからナ, ないだろう, ないに, ない人, なかったなら, なかつたの, なくな, なくなっては, なくなる人民, なく後々, なく身, なんとかし, ねえから, はげかかってる黒い, ひっくり返って, ふと言葉, ほしいし, ほんとな, また王, まだ茶碗, まるで想像, めに, もう五六日, やけて, やはり何処, よい所, よくお, よく判らなかつた, よその, わからなかった, わかるよう, わたくしは, アリアリと, インターラーケンで, グラグラし, スラッグは, ソレには, ツネの, ドストエフスキイの, フロウベエルは, マダなか, ヤイヤイと, ヴァニティの, 一つ見え, 一二言で, 一向写真, 一層鮮, 一方不思議, 一日金曜日の, 一歩戸外に, 一番本当だ, 一瞬に, 一面の, 丁度三日目の, 七年度の, 三つ並ん, 三度の, 三枚続きの, 上海な, 不便な, 不思議であった, 世の中に, 世界中纔に, 並んで, 中の, 中津の, 之と, 事件と, 二つに, 二ヶ月ばかり, 二十日頃僕は, 二股に, 五徳同様故, 亡われおわり, 人事の, 人間と, 今に, 今や二人, 今年にな, 今日までの, 介殼を, 他の, 以前に, 会が, 佐々にも, 何です, 何とか云, 何んといふ, 何度か, 何箇所か, 侍従には, 倍悪く, 偶其名を, 僕に対して, 元々じゃ, 兄貴め腹ア立ちや, 先住の, 先日室町一条の, 光としての, 入つて, 全部では, 六月の, 其の金, 其処も, 其尊圓法親王其人の, 其所にも, 其處へ, 其體裁から, 冷然院が, 凡庸な, 出てを, 出来テレビジョン, 分かって, 分ってる訳, 分る事, 初学の, 到るところ, 前申す, 動かなくなったので, 動物の, 北條彦五郎は, 十四か, 千日前よりも, 南門であっ, 却て, 又その, 又暫く, 友人は, 古典論では, 可成, 各県, 同じ村, 同教授, 君は, 吸取紙, 和武が, 唐末紛擾の, 問題に, 喪の, 困つた事, 圖書は, 在ること, 堂の, 声を, 変って, 夕方に, 外面的の, 多いので, 多くありました, 多く大, 多少でも, 夜に, 大きいが, 大きかった, 大きに御苦労, 大切な, 大嵐毎日, 大藏如才ない, 天下に, 天狗巣の, 夫婦生活には, 奥さんと, 女と, 女房を, 好いなん, 好きで, 如何に, 妙な, 姫の, 嬢様は, 子爵も, 宇都宮を, 完成すれ, 宝石は, 実際さうで, 実際描いた, 家族又は, 寂蓮さんもう, 寿美蔵と, 小鬢の, 少し洒落, 少し荒く, 尼さんに, 居て, 山で御座います, 峠たるに, 嵯峨に, 左眼には, 市内へ, 常陸風土記にも, 平らに, 幸村父昌幸の, 幾度築い, 広かったらしい, 底面から, 廟主の, 建てられつつ, 引き請けた, 当人其を, 役場だ, 彼女等の, 往来の, 後年一寺を, 御好, 徳の, 必要である, 怖くなっ, 性に, 恐らく上皇, 悪いん, 惡く, 懐しい, 我が梅子嬢, 或日細川潤次郎, 所です, 手前は, 打って, 持って, 控訴院の, 播作の, 支那は, 教場である, 文芸その, 斬は, 新着の, 日本は, 日露戰役で, 昌幸は, 明律には, 明治二十七八年の, 春秋戰國以後下級民衆の, 是等の, 時候の, 時間も, 智凡尼は, 更にない, 書上げる, 最近特別な, 有そうな, 有ったのみ, 有った様子, 有りまする, 有ると, 有る余, 有る本来彼, 有難い, 朝鮮の, 本人の, 本当の, 杉江さん人の, 来る三十日, 東京府では, 松本さんは, 果してその, 案に, 棺の, 極めて少ない, 横浜に, 次下に, 正しく仙台人, 正直と, 此万引した, 此奴が, 此度老母が, 此連嶺の, 歩けないで, 死んだの, 残ったの, 段々帰, 毎日二十センチくらいの, 毫もない, 気に入つて, 水に, 汚されないまま, 決してソンナ気, 沢山あり, 法律だけは, 泥の, 流石に, 浪風なく, 海盤車と, 深い内部的, 清水は, 源氏に, 澄んで, 火燧崎だ, 無いから, 無えで, 無く全く, 無惨にも, 熱って, 燒けて, 牛乳は, 独断論的とも, 猫は, 玉織姫を, 現はれはじめた, 現在であり, 理義明白いささか, 甚だ多く, 甚多い, 生憎客席, 画像に, 當時日支間の, 病猪と, 登り口, 百二十萬圓掛る, 皆感服, 目標さ, 直にお, 相応に, 眞面目で, 眼下に, 矢張り同じ, 石川と, 確に, 神樣が, 私共の, 稍廣く, 穢いこと, 窮屈で, 立つこと, 笑って, 筒先き, 精密な, 終った後, 縮れるの, 義理の, 職人の, 腑に, 膨れて, 自分にたいして, 舊唐書の, 色と, 若気の, 英子さんなんかは, 菊池五山の, 蒲壽庚の, 蔵され, 薄茫乎, 虫だ, 行って, 西原五十嵐の, 西行なりと, 見えたの, 見えました, 見えるのに, 見え鉄格子, 見たくって, 見つかりましたからね, 見当らないから, 親戚の, 解らなくなった, 設けられ, 設置され, 認められた, 読書家の, 警部の, 象眼に, 貴女だけは, 走れる, 身上らしい, 轡を, 近く東京の, 近頃は, 逆に, 遂に焦, 道士等の, 違ふかといふ, 鄙俗な, 野郎落着き払っ, 鎌倉の, 閉鎖され, 間が, 閣下何う, 隣の, 雨である, 露骨でない, 面摺の, 面白かった, 頗る明, 頼る所, 餘り, 馬鹿に, 高が, 鶴はから, 黒ずんで

▼ 所~ (3533, 7.0%)

145 見ると 40 見て 37 見れば 24 知らず 21 出て 18 得て 17 通って 16 歩いて, 見せて 15 選んで 14 設けて 13 持って, 聞けば 9 もって, 開いて 8 夜中に, 教えて, 書いて, 異にし, 見つめて, 見ても, 見るに, 越えて 7 みると, 出た, 出ると, 助けて, 求めて, 異にする, 私は, 聞いて, 見詰めて 6 さがして, 眺めて, 知るべし, 示して, 示す, 見つけて

5 [12件] つくれ, 得たもの, 持つて, 指して, 捜して, 探して, 直して, 知らない, 聞くに, 見た, 見に, 訪ねて

4 [22件] かえて, 借りて, 得せしめると, 御覧に, 想像し, 想像する, 押へて, 日本, 知らずと, 知らなかった, 私が, 突いて, 経営し, 聞いた, 聞くと, 行ひ, 見たこと, 見るの, 見るべし, 調べて, 諒と, 避けて

3 [45件] あるいて, きいて, そのままに, つかんで, 丁寧に, 上から, 不意に, 中心と, 何べ, 作って, 出して, 出でて, 去って, 境に, 変えて, 失はじと, 守って, 尋ねて, 幾度も, 建てて, 廻って, 復習し, 押えて, 教へて, 明かに, 歩き廻って, 求めなければ, 注意し, 無理に, 狙って, 異にした, 知って, 綜合し, 考へて, 補ふ, 襲うて, 見た事, 見つけた, 見付けて, 訪ねたの, 訪問し, 読んで, 述べて, 遠くから, 離れて

2 [231件] あけて, あそこで, あちこちと, あり, いい加減, いうの, いった, うろついて, えらんで, お八重, お建て, お歩き, お話しする, かいて, かねて, きめて, こしら, こしらえた, こしらえて, さがすの, じっと見詰め, すぎて, そつと, たずねて, どこに, ながめて, のぞいて, ひっかいて, ぼんやり照らす, もう一遍, もう少し雄大, もつて, やられて, よくお, ウロウロし, グイと, グッと, 一々殺す, 一つの, 一人で, 一羽の, 与えて, 両手で, 中途から, 乗掛っ, 云えば, 云って, 云ふと, 今度は, 他の, 代助, 何度も, 作った, 俗に, 修繕し, 写生した, 出たの, 出る時, 切つた, 創設した, 同じうし, 向うへ, 呼び出した, 固めて, 墨にて, 変へ, 好い加減に, 好むこと能はず, 好加減, 如実に, 存じて, 察し得可, 建て, 建てるつもり, 建てると, 建てるん, 建立する, 彼方へ, 後から, 後廻しに, 得たの, 徘徊し, 思わせるよう, 手を, 手早く紙莨, 批評せずし, 択って, 択んで, 披い, 披いた, 掘って, 掘り返して, 探した, 探し歩いて, 描かうと, 撮んで, 散歩し, 断行した, 旦那様に, 明瞭に, 更に木綿, 望んで, 東で, 根気よく, 横ぎつて職員室に, 横に, 横様に, 欲し, 歩きながら, 歩くの, 歩くん, 江戸川の, 決行し了せた, 津と, 流れて, 渡ったり, 渡って, 源氏が, 爲し, 玩味せ, 申述べ, 発見した, 発見する, 登って, 發表し, 白状すれ, 目指して, 目的に, 目近く見せ, 瞶めながら, 知つてゐる, 知らざるの, 知らざるもの, 知らして, 知らせないで, 知らないで, 知らないの, 知らなかつた, 知りません, 知りませんか, 知るに, 石崖の, 破って, 突こうと, 窺いに, 約言すれ, 紹介しよう, 置いて, 耳木兎は, 聖衆來迎圖に, 聞かずや, 聴いた, 自分も, 興して, 行はむ, 補はう, 補足し, 補足する, 襲って, 見せた, 見せようと, 見せる, 見たいと, 見たと, 見たという, 見たの, 見たり, 見つけました, 見つけると, 見ては, 見ながら, 見ようと, 見られたの, 見られて, 見るの賢明, 見るよう, 見る眼, 見付けた, 見届けて, 見廻した, 見物した, 見附けました, 視察し, 覗いた, 覗いて, 観て, 解する, 訊いて, 訊くと, 記して, 訪れた, 訪れたの, 訪れて, 訪れる, 訪問した, 設けること, 語り我が, 語るに, 説明する, 貴女方に, 費やしましたが, 走るの, 越して, 足を, 辞して, 辭し, 逃げて, 通った, 通つ, 通りか, 通りこし, 通りすぎて, 通りました, 通りません, 通り抜けて, 通ると, 通過し, 過ぎた, 過ぎて, 選んだの, 邪魔に, 開けて, 開始した, 閲みし, 除いて, 隈なく, 電燈の, 領分の, 飛んで, 魚刺で, 麻で

1 [2218件 抜粋] あいつに, あしからず, あの人, あれの, いえば, いきなり朗読, いつそ, いまだ見た, うしろから, うろつきおるなど, えなかったが, おっしゃい, おン, お扶けしよう, お教え, お見つけ, お通り, かき取らんと, かくよう, かなりの, かれこれ二三十遍, ききあわせて, きれいな, ぐつと繩を, けちらし窪めし, こしらえしかも, こっちから, この丸ビル, この朝, さがし回った, さがった一同, さだめず飛びまわる鳥, さまようて, しきりに引き廻され, しらべて, じっと見詰めた, ずっと四, せつせと, そのまま当時, その折, その青年, たいへん御苦労, たずねた, たった二人, たてて, ちくりと刺された, ちょっと訪ね, ついて, つかむ, つくったそう, つくろうと, つる, どうか教え, どうにか運動, なおしたり, なでると, にぎって, のがれ去って, のぞく障子, はじめその他全国諸, はすに, はなれること, ひとめぐりし, ひらくそう, ふんづけちゃ, ぶらぶら歩い, べつにすれ, また暗い, みがけば, みんなさが, もう五分, もっとるから, もつ為, やって, やつたり, やや離れ, やろうという, よく入來つた, よく知つて, よく見掛ける, よめる, わざわざシュテルン・カンマー, わたり歩き家, ガヤガヤ笑い, グル, グルグル廻る, ダラダラと, ドー通っ, ビリビリに, ポチが, 一つに, 一マイルも, 一寸法師の, 一日延した, 一生懸命に, 一覧し得る, 三々五々として, 三等を, 上下した, 下ると, 与えつつ, 与へて, 世間から, 主人が, 乗り越せるの, 二幕に, 云えよ, 云へば, 些と, 人に, 今頃, 他人が, 仰いで, 伝って, 佐渡平に, 何という, 何分にも, 余に, 作り女子, 作ると, 例によって, 信じて, 信実に, 僅かに, 僕は, 先生に, 入るん, 八時に, 其の方, 其特色と, 兼ねた小さな, 再興し, 冷かすの, 出さうと, 出たもの, 出づる前, 出なけれや, 出勤の, 切りゃあこそああだ, 判断する, 利用する, 削つて, 助かりやした私, 勒とか, 勝手に, 北に, 十五日ボルトリ方面より, 十枚も, 半兵衛は, 卒業後学校に, 占拠し, 去つて, 去る一ヶ月前, 友人サンマース氏の, 取り扱えるもの, 叙すること, 口走った, 召し捕られた, 右手で, 同じくし, 名づけて, 吹く風, 咀嚼翫味する, 問い歩い, 問わずそれ, 喜ばすだけ, 噛みつぶして, 四方から, 国家の, 執りて, 塗りはじめた, 変えよとでも, 夜二度と, 夢想の, 大方は, 失うて, 失った悲しい, 失へる, 奔り, 奪取する, 女詩人らしく, 始終探し, 子牛線と, 守りて, 定めずさまよって, 宛も, 実行する, 家康に, 察して, 實行した, 少うし, 少し話し, 山岡屋の, 岩を, 工場内に, 帆村は, 店員が, 建てました, 建て望楼, 建築中です, 建設中で, 廻るだけ, 引き払う際, 引ッ込めよう, 引抽き, 強い波, 彩色で, 彼らし, 往きつ戻りつなさって, 後方から, 得させたれば, 得ざれば, 得ず今日, 得たよう, 得ないため, 得べく郡立図書館, 得今更, 御目, 御邪魔, 心掛けて, 忘れがち, 忠実に, 思って, 思ふと, 怪しまぬは, 恥じてる節々, 想像した, 想像の, 感じて, 憚かり, 成遂げ, 手に, 手持ちの, 打ち壞, 批評する, 抄出した, 抜萃し, 択んだもの, 押えた, 押える左手, 拓いて, 括り第, 拵へる, 拾綴し, 持たぬを, 持ち聖母会, 持つに, 指さして, 指し, 指せば, 指摘し, 捉へ, 捕まえて, 捜させると, 捜索中捕虜と, 排し去つた, 採りて, 探したって, 探しまわるやら, 探った, 探る気, 推して, 掴つたら, 掻くという, 揚げて, 摩擦する, 撫でたり, 撰って, 支へて, 放された者, 教えろと, 散歩した, 数回見た, 斬られたん, 断わつて, 新設され, 日本の, 明けて, 明言し, 暁って, 更に人間, 書き続, 木の, 来たの, 柳営外へ, 棒で, 概論せ, 横ざまに, 横面を, 正しいと, 歩いてるから, 歩きたがると, 歩き廻つて, 歩行する, 殊に, 毎日越す, 氣と, 求めたの, 求めるため, 汚しましたる不敬, 油絵が, 泳ぎ廻る, 流れる潮流, 浮いて, 涼木と, 渡るの, 満足せしむべし, 漂泊った, 潜らせ後で, 澄子の, 為し人, 為す敢, 無闇に, 煩わしても, 爲すの, 物見の, 狭めずに, 現実と, 田舎へ, 画きて, 畳屋の, 登った, 白けさせた, 百に, 監視に, 目当に, 目標として, 直ちにさとれる, 直言し, 真向から, 眺めるとも, 知ったはず, 知らさる, 知らざるも, 知らざる間, 知らずただ, 知らず名, 知らず新聞, 知らず爲め, 知らず見渡す限り十萬白竜天, 知らないで困つて, 知らぬで, 知らぬ現状, 知り他, 知るだけで, 知るまい, 破られて, 確に, 禿顱で, 科学の, 穿ったもの, 突き留て, 窘歩し来り, 立って, 竭す能わざるなり, 筆頭に, 簡単に, 紋十郎から, 素早く掬い取る, 経れば, 結ぶ云云, 經る, 締密に, 總括し, 繹れ, 置いた方, 置き幕府, 老母に, 考え出し夜中大, 聞かして, 聞きしま, 聽け, 胡麻化し, 脱出しなけれ, 自ら捨て, 自認する, 舞った, 若旦那が, 草鞋がけの, 蕉翁は, 蛇蝎の, 行きつ戻りつして, 衝きたり, 補ふため或は, 襲った, 要約する, 見し儘, 見せては, 見せねば, 見せると, 見たい気, 見たもの, 見たわ, 見た近所, 見つけ, 見つけられたので, 見つけ出そうと, 見つめ鼻洟, 見て取って, 見なくては, 見ましたよ, 見よ, 見られは, 見ること, 見る目, 見出さうと, 見出し今, 見受けた, 見定めて, 見張って, 見捨てて, 見渡したって, 見耳, 見計らって, 見附かろう, 視て, 覗き, 覗くと, 観れば, 角右衞門は, 解明す, 言った, 言ふ, 言語に, 訊かれても, 記す, 訪ねそれから, 訪ねるよりも, 訪ひ, 訪れてから, 訪問する, 設けさせたの, 設けたり, 設ける, 設け当時公使館附武官, 設立する, 許允せられな, 詮索する, 話しまして, 認むるや, 語らでは, 誤りました, 読まして, 誰かが, 調べた末一度, 調べ医者, 譲ったこと, 豊富に, 買ったもの, 質問した, 超越し, 足で, 踏まれるので, 踰ゆる, 身に, 辞したので, 述べた, 述べようと, 述べ誰, 追はれた, 退き東雲, 逃れ出でて, 這いだすとき, 通ったので, 通つてタンクに, 通りしめきったまっ黒, 通りぬけました, 通り植物園, 通り過ぎたこと, 通る, 通航する, 進むには, 遍歴する, 道の, 遮つて, 選べなかつた, 選んだ, 邪魔した, 酌源堂と, 鉄道が, 鏡の, 長く私, 閉めて, 開き創立, 開設した, 附け入って, 陥擠山, 随分歩き廻っ, 隠蔽する, 離れない, 電車は, 非常に, 順次述べ, 頭から, 風に, 飛び岸, 飜さなかった, 食へ, 首に, 駆け回ったの

▼ 所~ (3149, 6.2%)

107 あつた 23 私は 20 あらう 13 あつて, 私の 12 それは, 何を 10 働いて 9 私が 8 此の 7 何か, 何の, 顔を 6 それが, 仕方が, 僕は, 話を

5 [12件] お目, お目にかかりました, せう, 一人の, 会った, 彼は, 故障が, 滑らかに, 自分の, 逢った, 長期の, 開けて

4 [11件] あらうと, ござります, それを, 二人は, 何も, 問題は, 寝て, 待って, 待つて, 急に, 静かな

3 [36件] あなたに, あらうか, おめ, お目にかかりましたな, お目にかかろうとは, ここに, これは, さう, その中, 一緒に, 二つに, 今の, 休んで, 例の, 前から, 君に, 君の, 君は, 夜を, 彼の, 彼らは, 我々は, 或る, 是れ, 有る, 水を, 火の, 私に, 私も, 詩を, 誰が, 誰も, 踊って, 蹉跌し, 遊んで, 電車を

2 [148件] あなたと, あなたを, あの人, あの男, あらうが, いつまでも, いよ, いろいろに, おまえに, お目にかかりましたね, ここら一面, これだけの, これを, ござりました, ござりまする, さ, しかもその, そこから, その時, そんなこと, ちょっと立ちどまっ, どういふ, どうした, どうなる, どうにもなる, なか, なにを, ねエだ, よく漁師, わたしは, クルリと, グッと, ピタリと, 一囘讀ん, 一軒の, 三人の, 三四郎は, 上衣を, 之を, 乗馬の, 五つ六つの, 人は, 人間の, 今は, 今まで, 今夜は, 今度は, 仏蘭西語を, 仕事を, 他の, 余は, 使用する, 保護され, 俺の, 働いた方, 働くの, 先の, 其の中, 切り上げても, 別に辛くも悲しく, 別れそれから, 別府までの, 卑怯な, 厄介に, 口を, 只今も, 声を, 外の, 大師の, 女は, 子供が, 家の, 尚且つ, 幅を, 平岡が, 庭を, 役に立ったかと, 彼女が, 御勧め, 御目, 思わぬ人, 悠々と, 意外の, 成功する, 我々の, 戦争が, 手を, 手当を, 教育家は, 敵の, 昔から, 時々今日ハ手, 時を, 暮した, 書いて, 最後の, 有ったが, 有ったと, 果して絶対美, 栖方は, 歌を, 歯を, 死んでは, 水が, 波の, 海を, 消えて, 渦を, 無駄な, 煙草を, 父の, 特に奥地, 犬に, 生れた, 男の, 町の, 発見される, 発見した, 盛んに, 研究を, 祖母さんの, 私し, 私を, 私達は, 給料の, 聞けば, 自分が, 自分は, 自分も, 自然に, 自由に, 舞台なぞも, 色々の, 行われて, 見ると, 見物させろ, 詰らぬから, 話して, 調べて, 調べられる其度毎, 貴方の, 足下には, 身を, 迚も, 逢いましたね, 逢っても, 頭を, 首を

1 [2369件 抜粋] ○○○○室の, あと二つは, あの殺人事件, あまり儲かり, あり得ないこと, ある点, あんまり変, いい気持どころ, いたしますけれども, いふと, いろ, うちには, うら, おしまいに, おもむろに挿入, お七, お前を, お味方, お嬢様何と, お惚言, お泊まり合わせ, お目にかかって, お眼通り, お茶の, お雪, かかる種類, かるく会釈, きたない黄いろ, くたびれて, くわれた南京虫, げすから, ここまで, こちらの, この優れた, この困難, この小屋, この様子, この色, これからいよいよ寒気, これ程には, こんなに用心深い, こんな目, ご意見, さして不体裁, さっきから, しずかに, しゃべっても, すこし揺れた, すべるぞ, する妙, そういう人, そこの, そのご, その二人, その前, その場所, その寺坂め, その時何, その歳, その運搬, その間には, それじゃ, そんな事, そんな風, ただ統一の, だがね, だんだんその, ちょうど下, つかえて, つながれたらしい, つれづれに, できる下等, ときどき見かける, とても駄目, どうする, どうだ, どこへ, どんな仕事, なぜ待っ, なんとなく話, ねある, のりものに, はしやうが, はたらいて, ばったり出遭う, ひと息つい, ひょっこりと, ふと噂, ふりかへ, ぶつりと, ほとんど銃火, ぼくも, まさか注文, まず黒, また会った, また最近, まだ不足, まるで擂鉢, みると, めぐり逢って, もう今日, もし電車, もとより斯ん, やはりお, やめて, やるもん, ゆるやかな, よく聞いた, わざわざ行く, アイヌ時代の, アハハハ, イヂメられ, カツラを, ギッチリと, コッコツやっ, サルを, シルクハットと, チャンと, ドドド, ヌーヴ・サント・ジュヌヴィエーヴ街が, バッタリ顔を, ヒツパクさへ, ファラデーは, プロレタリア婦人の, ボヤボヤし, マゴマゴ這いずっ, メールアイランドと, ランデヴウする, ルリさんに, 一つは, 一スーの, 一人晶子さんに, 一切の, 一向差し支え, 一夜泊りの, 一尺とは, 一度会いました, 一方は, 一杯やります, 一致し, 一陣の, 三四カ月の, 三日泊まった, 上下の, 下馬評まちまちである, 世界各国に, 両方の, 久しく御, 九州の, 争うの, 事務を, 二人の, 二歩二朱か, 云う迄も, 互に頻繁, 五哩近い, 五錢か, 人々の, 人にも, 人形だ, 人造人間は, 今世界, 今後は, 今日まで, 今更ら事珍らしく, 今朝その, 仕方の, 他人の, 件の, 会いましたねえ, 会う約束, 会ったも, 会った小笠原, 伝わって, 何かしら重要な, 何と, 何故無理, 余人の, 作らはる狡, 信ぜぬ訳, 俺は, 停めて, 傍に, 働くよう, 僕を, 元の, 充分に, 先刻電光が, 兎に, 八百長の, 其の人, 其の筆, 其れ, 其木立を, 冗費を, 凍へて, 出られない, 出帆を, 出逢った, 分れて, 切上げて, 初さんが, 初子は, 別れその, 刻下の, 力が, 勉強し, 勘定すれ, 化けた禪坊主, 十八歳に, 即ち頭, 厭味を, 又お, 収容した, 古い乾魚, 古昔の, 可能だ, 右側が, 同じ生活, 名うての, 向うから, 吟味を, 呉れた紙包, 商売に, 啼いて, 喧嘩を, 嘲笑され, 四人の, 四十円やっ, 国から, 土方を, 地面を, 塑像を, 売って, 外套を, 多少の, 大きくなつた, 大きな工場, 大もてだ, 大変失礼です, 大慶この, 大衆小説などという, 大雪田から, 夫れ, 奇蹟を, 女と, 奴突然, 妙な, 始まったら始まったで, 子供の, 学徒隊が, 安いもの, 官吏侮辱位の, 実家の, 実験の, 家屋が, 寄せつ返しつ揉み合いひしめき合って, 密談は, 寝たり, 寝泊りした, 小使が, 小言を, 少しも, 尚言, 屍体が, 岩が, 島の, 左右から, 巻初の, 師匠が, 幌馬車に, 幽邃な, 店賃の, 廊の, 弁の, 弱点を, 当時は, 役に立ったもの, 彼奴が, 待ち伏せすること, 後から, 後世印度人の, 御免を, 御逢い, 心から, 念仏する, 思いがけない人, 思い出す, 怪しい唸, 恐ろしい激論, 悪い者, 惜しか, 意外な, 成るべく前人, 戦いは, 戸を, 手が, 手前達に, 承ろう, 折れて, 拘禁生活の, 拾って, 捕まったね, 探偵する, 提燈が, 擦違, 支度し, 改名する, 教科書なし, 文学的思想には, 新政府人, 旅銀だ, 日中の, 日本文化の, 早く紙袋, 明かである如く身の程, 易々と, 昨晩夜着を, 昼間は, 時と, 普請も, 暗闇が, 暴れ廻る, 曲者は, 最も意外, 月を, 有った爾, 有るが, 朋輩だった, 本を, 杉浦先生に, 松島さん山木も, 果して遠足, 桑十は, 検めて, 極めて仕舞, 横木に, 欧米乃至, 歓迎され, 正しきに, 此新注は, 歴山王, 死にや, 死んだ, 殆ん, 殺されたの, 母に, 氏の, 水稲とは, 江川太郎左衛門には, 決心し, 沸かした湯加減, 泊りますわ, 波が, 泥の, 派手な, 深い安息, 渡辺修二郎さんの, 滑らかなある, 漸く縄脱, 火を, 為事が, 無作法な, 焼餅かね, 熱射病で, 爾まで, 物問う, 犯人は, 猛毒気体の, 猿股を, 王は, 甚助も, 生れたの, 生理的影響に, 甲谷と, 申し分の, 男性の, 留まった, 病気が, 發見した, 白ッちゃけた器で, 百叩きに, 皆釣込まれ, 盜まれそれに, 直します, 相手を, 眼が, 矢張り何時迄も, 知己に, 砂除け, 社会の, 祈る者, 神の, 秀子の, 秘密会合やら, 空しく戻る, 窮屈だ, 立ち聞きした, 立木に, 立話は, 笠を, 第二段, 精, 約三, 組織した, 絵なんぞ, 縄に, 纏めるという, 美味い干物, 而も, 聞いた評判, 聞くが, 職員生徒ことごとく, 育った私, 胡魔化し, 腹を, 自分だけ, 自然合わさせ, 航海術を, 色気も, 芸と, 苦しく喘ぐ, 茶山の, 荷物を, 落しましたの, 落ち合って, 落着い, 著述が, 虚言の, 行き倒れて, 行なわれる時, 行水を, 表は, 装薬し, 西洋の, 見かけたん, 見たに, 見た旅人達, 見ますれば, 見られるほど危急, 見るだらう, 見張って, 見直し始めたので, 覧台の, 言い散らして, 言つて居る, 討死なさる, 詩人でなく, 話しましょう, 話も, 語り明かさぬか, 誰かが, 調べ蒐めて, 謙遜の, 議論が, 買うたナニ柳原, 費されそれ等, 起こったの, 起工満, 足許が, 踊るの, 車が, 転ばないやう, 輿は, 辰造, 近来素敵な, 迷児に, 送る日々, 逃すなんて, 逢いました, 逢ったさあ, 逢ふより, 遊弋を, 達者で, 邂逅った, 酒を, 量子力學の, 鉄の, 錯雑した, 長い間視, 開いたが, 開こうか, 陸奥湾から, 隠者の, 雨に, 電車の, 青服姿を, 靜かに, 預つて, 顏を, 飛び降りなんぞ, 食べるちゅうて, 飯を, 養生を, 駅に, 騒いで, 高く屹立, 鯛の, 鵜飼邦太郎の, 黙って

▼ 所~ (2594, 5.1%)

73 ない 35 なかった 17 ないが 16 ないの 13 ありません 8 なかつた, 少しも 7 ないかと, ないと, 無い 6 あるが, 唯だ 5 かうである, どこでも, ないか, ないん, 中, 他に, 何も, 微塵も

4 [12件] ありませんか, あるまいかと, これを, ございません, どこにも, どんな所, ないで, ないので, 實に, 彼の, 無いと, 私の

3 [27件] あるまい, こういっ, それに, それを, どこか, どこかと, どこだ, ないかね, ないだらうが, ないでしょうか, ないほど, ないよう, なくなった, なくなって, 今の, 何の, 前に, 只, 彼が, 次の, 此の, 無いの, 確に, 社会上の, 私が, 見えなかった, 青に

2 [110件] ありは, ありましたが, ある, いつでも, え, これまで, こんな意味, さすがに, その国, その遠縁, それが, た, たいていは, どこまでも, ないかしら, ないかな, ないから, ないこと, ないじゃ, ないだろうが, ないであろう, なくただ, なさそう, ねえから, もつと, よく嫂, 一々御, 一つです, 一つも, 一ツも, 一度は, 一度射撃, 一種の, 一面に, 三人とか, 上に, 上歯二枚と, 下の, 主義のみ, 九分九厘まで, 事の, 京都の, 人に, 今まで, 今日は, 他の, 伯が, 何う, 何である, 何でも, 何と, 何となく其の, 何ともお, 何処へでも, 侯が, 其の共同者, 別に是, 力を, 勿論秩序, 厚い硝子, 各自の, 唯背, 固より, 壁に, 外に, 大丈夫滑らない, 官職若く, 実に尤も, 寝床の, 屹と, 幾らも, 御免だ, 御理解, 徹頭徹尾煽動家, 必ずしも消極主義, 怖しい, 思ひ切つて自己, 斯うであった, 明治時代に, 昔から, 有名な, 東照宮の, 此二室しか, 江戸の, 決して梅子, 深甚なる, 無いが, 無かつ, 燈台の, 皆な, 直ぐに, 知って, 確かに, 立派な, 精, 糠雨で, 脣に, 自分の, 芝の, 苔は, 薩人の, 褐色だ, 覚えて, 誠吾も, 誰の, 間違つてゐる, 雪の, 静かに, 非常に, 黙って

1 [2002件 抜粋] ああいう, あったけれど, あなたの, あまりに低し, あらゆる区, ありますまい, ありませんが, ありやしねえか, あるだろう, あるの, あるまいなどと, あれは, いい所, いかにし, いきなり斷崖, いけない所, いちばん遠い, いつまでも, いと大, いやに寒い, いわゆる矢筈敷, おそらくこの, お引, お許し下さい, かわれども, こうである, ここに, ことごとく彼, この偉大, この場合, この広い, この時間性, この町なか, この鎌倉, これに, ごく山間, ござらぬ, さしさわりが, さまで深, しかしたいてい, しばらく漢書, すぐ分った, すぐ河原, すっかり修理, すべて日本の, ずっと後, そうそう先日僕, そちらでございました, そのまま音, その実, その生活, その辺, それで, たくさんあった, ただその, ただ一ヶ所ほか, たつの, ちっともない, ちやんと, ちょっとない, でき得るの, とんと竹久夢二君, どうしても捨てられず, どうにもなら, どうも違うらしい, どこが, どこにでも, どこらあたりで, どの位, どれ位です, ないされ, ないでしょう, ないとも, ないやう, ない少しく, ない秀子, なかつたが, なかろうかと, なくた, なくフロック, なく今, なく戦災, なく男, なししようが, なんだかもう帰りたくなりました, なんに, はげしい真夏, ふかく御簾, ほとんどない, ほとんど空家同様, ほんの局部, まあなんとした, またくるしみ, また嫌, まだし, まだ大丈夫, まるで代診, みじんなく, みなさんで, みな駈け廻っ, みんな御, めったに見られないであろう, もうこの, もう一帯, もう八九町後ろ, もう泣きかけ, もっと大人, やっぱり存外不便, やはり思う, よく分らない, よく知らない, わかってるな, わずかである, わたくしの, イタリア人と, エンエンたる, キチンと, クライスラアに, ネパール山中では, バアトン倶楽部一八八五年から, フルーシチュクという, ホーマーも, ラマだの, ロンパン・ゼ・サンゼリゼーであろう, 一か所しか, 一の, 一千三百餘里に, 一息に, 一生かかっ, 一百餘の, 一般に, 一顧のね, 丁度トリオ, 万人に, 三分の一にも, 三四丈も, 三百坪ばかりの, 上手に, 下句に, 不斷, 世界中ない, 両者ほとんど, 主として保さん, 乙まだ, 事件そのものの, 二人の, 二千七十米の, 二百フィートから, 云いすてて, 京橋桜新道, 人が, 人格神と, 人間も, 今義経が, 仕事で, 仕合谷の, 令嬢だ, 仲, 伺候の, 住吉村森囲いで, 何かと問え, 何する, 何です, 何と呼ぶ, 何事も, 何処です, 何所だろう, 何處から, 余光なお, 例へば丸善, 俊子に, 信州諏訪湖畔, 停車場から, 僕でも, 元の, 先祖より, 全くアイヌ, 全く見当, 全然なく, 八十億気圧にしか, 六号活字で, 其一で, 其祖神なる, 内地人の, 冷え冷えし, 凡此の, 出水の, 分らないが, 分らぬとして, 判然せぬ, 別に有る, 到底本人, 前のめりに, 勝敗では, 勤皇志士を, 勿論幾多, 北向きの, 十分御, 十翼が, 千里を, 半分立ちかけ, 南側の, 単なる輪廓, 単に牙, 即ち兩溪, 即座に, 厭でございます, 双方共に, 口に, 古代の, 古本に, 只松崎慊堂, 台湾である, 司令部の, 同一だ, 名に, 吹きめくられて, 咽輪と, 唯ならぬ, 唯信者, 商売がら宵の, 嘘とは, 四五町も, 国境より, 国造と, 國語の, 地を, 堅くて, 外には, 多い, 多く深刻, 夜具を, 大きな病棟, 大人の, 大和高市郡久米道塲の, 大抵似, 大抵腰, 大紛爭, 大阪から, 大阪市南区内安堂寺町二丁目である, 天地の, 太田の, 奈何, 好いよう, 如何なり, 如何にも静か, 妻の, 始終氣, 子供を, 存外不便, 学校である, 孰方かと, 安藤の, 宛ら桜実, 実にこの, 実に不思議, 実に違う, 実際不思議, 宵に, 容易であらう, 寛永年間に, 寧ろ學理, 寺だらけ名所旧蹟だらけで, 尊王主義に, 小さな木箱, 小壺, 小生一時御立替御用立申上候間此の, 小西湖亭と, 少々綿密, 少くない, 少し下手糞, 少し草, 少なからう, 尤もでした, 尾彦楼お, 山なら, 山深い, 山鹿流軍学なりと, 岸の, 崖ごと崩れ, 巡査に, 左右の, 巨鹿城に, 常に遊ん, 幕政下の, 幻の, 幾重にも御, 広縁側の, 店で, 庭前の, 廣い東京にも, 引出しの, 当時創立せられた, 彼れ, 後に其の, 得て, 微笑した, 心の, 必ず參觀, 応急救援所を, 思い存分, 急所らしかった, 恰度南北物の, 悉く舟, 情の, 意外極まる, 感じられなかつた, 我が秘密造船所内, 或る, 手っとり早く済まし, 才も, 拍節に, 捨てて, 敏子そっくり, 散見し, 斉彬の, 新刊書の, 方々に, 日吉山王の, 日本本来の, 旧家十三四家あり, 明かに, 昔事ある, 昨年の, 昼も, 時々覗く, 暑くし, 更に他日, 曾つてどこにも, 最初に, 最高裁判所組織である, 有りませんでしたか, 朝顔が, 未だ發, 本社の, 朱塗りの, 東京と, 東北の, 松本の, 根神の, 棒だけに, 極めてすくない, 極楽も, 樟脳を, 樽形の, 歓喜した, 正に関東, 此に, 此年四月頃の, 武蔵にとって, 死滅だ, 殆ど無い, 残って, 母一人だ, 毒瓦斯の, 気乗に, 氣有り, 水害の, 永久の, 江戸獄中より, 決して勝手, 沢山あった, 沢山あるまい, 油壺の, 波浮よりの, 洛外の, 流石に, 浄瑠璃所作事の, 浜町の, 海岸芹沢の, 海産物製造会社の, 深山の, 清潔で, 渡辺氏の, 滅多に, 火山の, 炭坑や, 無いでしょう, 無い寧ろ, 無く一つフロックコート, 無論彼, 焼け落ちた吾妻橋, 煤払の, 燦爛たる, 牧の, 独立した, 玉田氏著, 理の, 甚だ薄く, 生気を, 田内主税と, 申す迄も, 町から, 番頭が, 畳へ, 病院です, 白泡が, 皆意向を, 皆自由党の, 皆親友で, 目で, 直ぐ失くな, 直径二三間ありました, 省いて, 真暗に, 真赤であり, 眼の, 知らないね, 短けれども, 石山とともに, 碧緑の, 神田川である, 神霊に, 私しも, 秘密の, 空っぽです, 立上った, 竹の, 第一外國, 第三, 答えなかった, 精神の, 純日本風, 終に一つ事, 結局自然その, 絵の, 総て四迷大人の, 美しい, 老人の, 職員六十六名入院患者は, 肥前の, 腋の下か, 腿ほどしか, 自ら活動であり, 自然に, 舞台も, 芝二本榎細川侯の, 若い時分, 英蘭対訳の, 茗渓の, 草履傘等を, 荒仕事を, 蒲団の, 蔵王のみか, 薔薇園へ, 蘭花に対し, 蜜柑畑にな, 血屬の, 袋田の, 西明寺の, 要するに自分, 見なかったか, 見るも, 見出せなかったそれから, 言い得ない, 評せらる, 誠に見事, 読売新聞の, 誰が, 謎と, 豊後国大分の, 豪勢だ, 負け目が, 貴賤, 赤字である, 越後の, 跡も, 躾が, 近衛経煕の, 通商口岸の, 過去未来の, 達成されるであらう, 遠いの, 遠目にも, 邦国組織の, 都市の, 重油か, 金利の, 釜山と, 銀座の, 鐘乳洞の, 閉口です, 間道を, 阿母さん, 附近に, 隅田川の, 隣部落, 雛形を, 霜に, 非番でした, 韓国の, 頗る尋常, 風下に, 飽く迄も直截, 馬関海峡の, 高い雑草, 高潔無比の, 鳥獣を, 黒いが, 黙つて

▼ 所から~ (1480, 2.9%)

34 出て 16 して 13 見ると 9 持って, 推して 8 察する 6 推すと, 聞こえて, 見ても, 見れば 5 人が, 何かの, 来たもの, 自ら遠く 4 何所まで, 借りて, 帰って, 見て

3 [14件] きて, である, 他の, 出た, 当番の, 更にずつと, 来たの, 来て, 無理に, 生れて, 眺めて, 聞えて, 覗いて, 身を

2 [80件] すぐに, すれば, よく呆然, 一つの, 一般に, 上って, 不意に, 主なる, 之を, 人の, 何も, 作り花の, 來た, 光りが, 出たもの, 出発し, 動かない, 十間ほど, 右の, 報らせ, 声が, 声を, 外を, 始めて出, 姿を, 嫁を, 実は利己本位, 幾干, 想像する, 或る, 手が, 手紙が, 数里と, 斜めに, 暗い空, 来た, 東に, 梵語の, 次の, 此の, 此人は, 歩いて, 殆ど町民, 毎日の, 水が, 水の, 水を, 派生し, 物を, 生ずる一種, 発生し, 盗んで, 直接に, 私が, 私は, 立ち現れた, 考えて, 考ふる, 聖堂の, 自分の, 自然に, 茶杓の, 落ちたん, 落ちて, 血が, 西へ, 見下ろすと, 言へば, 貰って, 起ったの, 起る, 起るの, 起る代, 這入つて, 通って, 遠く離れ, 郵便が, 金の, 風が, 骨を

1 [1129件 抜粋] あがりが, あなたがたに, あふれる子供, あり, ある者, いつでも, いまに, いよいよ興味, うけと, うんと力, おやつ, お前の, お前医者奪った, お手, お袖, かういふ風, きたもの, きらきら輝いてる, くる悲劇, こう叫ぶ, ここへ, ことさらな, この名, この山, この新, この綿弓, これで, これらの, こんなに雪まみれ, さうし, さつきの, した方, じきに使, すぐ生活, そう云う, そこまでは, そっくりその, その人, その家, その正義, その起源, それを, そろそろ進行, たとえばもの, だらだらと, ちょうど水路, ちょっと横, ついに行方, つけられたもの, つらつら地, でなく玄関, でも, とび出して, どうも鬱々, どんと襲, なく岩片, なんだか人, のぞき込んだ, はじまる, はじめて見たら, はまる見え, ふたたび通信, べつな, ほのかに, まことに婦人, またまたなんとかしなけれ, また西南, また逗留, みて, みな法王政府に, もう一人小僧, もつと, やっかいな, やり直しました, よく見える, わけなく飛び下りられるよう, わざわざ出直し, わざわざ取り寄せ, オトナやら, ガラス障子を, ダラ, ヂッと, ドブン, ヒロの, ブランと, プロレタリア大衆雑誌が, ホントの, マドレーヌ氏に, ワッと, 一々柱頭, 一ヵ月半休暇を, 一丁も, 一人と, 一尺も, 一斉に, 一望した, 一気に降り, 一町も, 一緒に, 七八町の, 三マイルばかり, 三十分も, 三国峠の, 三軒目の, 上がって, 上へは, 上体を, 下に, 下りて, 下を, 不思議な, 世人の, 中, 丸善へと, 主人公が, 乗り出したと, 乱雑に, 二つ目の, 二三十歩西へ, 二三間先まで, 二人の, 二十五里真, 二十四五マイルも, 云へば, 京へ, 人を, 人間の, 今度は, 今日僅かに, 仕切った奥, 仰向けに, 会社の, 伴藏の, 低い声, 何か, 何かに, 何だか聞き馴れた, 何とかおっしゃる, 何時の間に來, 余分の, 余計に, 使いの, 依頼され, 係官は, 信仰という, 俥に, 借りたの, 倭名抄に, 停車場までの, 傾斜の, 僞の, 入って, 入らしつたかと, 八間あまり隔てた, 六七町の, 其の引き出した, 其名が, 其記行文集を, 写真を, 処に, 出かけるには, 出た一行十人, 出た小, 出た者, 出で, 出る小枝, 出動した, 出来た暦, 出発しなかった, 出立し, 分署へ, 刈り始めるという, 初まら, 判断すれ, 到来した, 前の, 割下水の, 動かなかった, 動も, 勘定する, 匂って, 十二年の, 半歳足らずで, 卑怯にも, 却つて又, 参りやしたが, 収められる, 取り出して, 口笛で, 叫んだ, 各々多数, 吉い, 同類の, 向うの, 君, 吹きおろして, 呼び出されたの, 呼ぶ時, 呼んで, 呼出しのか, 問題を, 嘆くよう, 噴出し, 嚊アが, 四五間ほど, 四畳半の, 団扇で, 困る事, 在所の, 堀田原の, 堺の, 境を, 外に, 外国奉行の, 多少は, 夜旅を, 大てい, 大学を, 天皇が, 失礼し, 奥の, 妙な, 妻など, 始まると, 始めそして, 始めると, 始末書を, 子供の, 孔子へ, 宮本と, 寄って, 富士を, 寝て, 寧描写を, 寺社方へ, 小判を, 小屋の, 小舟に, 小説を, 少し離れ, 届けられたが, 屯所まで, 山の, 山頂小屋までの, 川に, 左に, 市街は, 帰った忠相, 帰つて火箸で, 帰りがけに, 帰る度, 床屋を, 建長寺の, 弁護士へ, 弱い所, 当時は, 彼女に, 後には, 御使, 御奉公, 御無礼, 御褒美, 復生病院に, 必ず音信, 思いついたの, 思ひ附いたの, 思わぬ邪魔, 怪談話が, 悴の, 意義も, 我々は, 戦争は, 戻つて, 扉の, 手を, 手繰って, 折れて, 抜け出して, 持つて, 振り向いて, 振返つて仰が, 掛けた長い, 推察し, 揃つた聲の, 支那哲学の, 支那研究が, 敬, 文字通り持っ, 文学書の, 新しい自転車, 新らしい, 新設道路工事を, 日本の, 早く腐ります, 明治時代の, 昔の, 春雄の, 普通に, 暇を, 暗黒の, 更にずっと卸し, 書き改めたといふ, 最も遠い, 月の, 月末払らいで, 木の葉を, 材料の, 来たか, 来たこの, 来たと, 来たん, 来た名, 来た渾名, 来た自由, 来るとも, 来るよう, 来る一艘, 来る娘, 来る手紙, 来る美し, 来る音波, 東の, 東を, 柔かに, 株主達の, 梢円味を, 横道へ, 正面に, 此辺に, 歸って, 死体を, 段々入ろう, 母子は, 毎晩柳番屋の, 水晶山の, 江戸中へ, 決して目, 河岸に, 法服を, 泥坊に, 流れた非常貝, 流出し, 浪人藤掛道十郎が, 海岸を, 深いドン底, 深い所, 清冽な, 湧き出した温泉, 源さまは, 漢代の, 激流を, 火事が, 無く上着, 無理とは, 無骨らしい, 片づけたり, 牛込見附へ, 物音が, 特別の, 珍芸を, 現れた, 理と, 生じたの, 生ずるという, 生れた芸術, 生気説が, 生活場裡へ, 申しましても, 疑懼が, 病院へ, 発して, 登ったの, 發し, 白服を, 皇族から, 目安箱を, 直ちに開門, 真黒い眼, 眼付の, 瞬く隙, 知り合いの, 破れて, 神と, 神田の, 祭り始めたの, 私へ, 移住した, 突っ返されかえって, 突然曲がり始める, 立ち上がった時, 立派な, 筋かいの, 米吉を通じて, 約三尺, 紺セルの, 絶対に, 纏まらなかつたもの, 美は, 考へても, 耳よりな, 聞えた, 聞こえた, 胡蝶の, 能役者と, 膝歩きに, 自分と, 自然悲劇的な, 舞踊は, 船が, 花鳥諷詠という, 英語そのものは, 荘公に, 莚の, 落ちつかない興奮, 落っこちると, 落合まで, 蒐集した, 螽斯篇を, 行ける場所, 裏門の, 西田哲学で, 見おろしたよう, 見おろすと, 見るの, 見下すと, 見渡すと, 覗いたって, 覗かれても, 解放された, 話して, 誓約の, 諸殿, 警察署へ, 貰った証明書, 貴公に, 貿易品的な, 賢くて, 赤ん坊を, 走り出た, 起こる作用, 起ったとも, 起った名称, 起つたの, 起つた結果, 起るので, 足の, 路は, 身の, 車掌と, 転々と, 転落し, 軽卒にも, 迷ひ, 追っかけ使者が, 退けて, 退去し, 逃げたかね, 逃げた当分, 逃げましたわ, 逃げられる筈, 逃げ出られる, 逃すと, 這いあがって, 這入った, 通いますと, 連れ出すこと, 遂には, 道三橋の, 遠ざかって, 遥の, 都会へ, 金, 金座へ, 銃声を, 鐵漿を, 闇を, 附会し, 随分大事, 雄も, 雇われるしか, 離れて, 雪崩出, 電線を, 電話なし, 震災では, 青緡何貫文かの, 静かに, 頂上までの, 頻りに出没, 飛び下りて, 飛び出して, 飛び降りられないよ, 飛出して, 飯入, 餓鬼の, 首尾よく, 駈け付けて, 高い方, 高輪田長三が, 黒い汚水

▼ 所~ (960, 1.9%)

66 ある 31 あった 25 なかった 24 あろうに 19 ない 16 ないので 15 あるが 14 あつた 13 あって 11 ありますが, ないの 9 あります, あるの, あれば 6 ないが 5 あったが, ないと, 彼所も, 無かつ 4 ありません, ありまた, ないで, ないよう, 何も, 無い, 見える 3 あらうに, あるし, ないから, ない事, ない様, なくなって, 少しは

2 [46件] あったの, あつて, あらうが, あらうし, あり, ありさ, ありました, ありましたが, ありますけれども, ありますよ, ありませんから, あるから, あるけれども, あるです, あると, あるには, あるので, できて, ない筈, なかつた, なかつたので, なくて, なければ, ねえから, ねえので, 一理ある, 今は, 何となく猫, 出來, 多い, 少なくない, 幸福の, 彼の, 御無沙汰で, 模糊として, 海軍所も, 無いから, 無いの, 狭いほど, 見えた, 見せる, 見て, 近頃新しく, 通った, 遠い所, 開成所も

1 [521件 抜粋] あったけれど, あったので, あったもの, あったわけ, あつたらしい, あの煙筒, あぶないと, あらむと云, ありあの, ありかたがた油断, ありこ, ありしと, ありたり, ありだよ, ありは, ありますから, ありませう, ありませうし, ありませんので, あり三人, あり中途, あり二つ, あり又, あり又は, あり可, あり大いに, あり大宮校長, あり子分, あり或いは, あり斯, あり案外よく, あり比島人, あり自分, あり虫けら, あり贊成, あるいうこと, あるかと, あるかも, あるからと, あるけれど, あるしね, あるそう, あるちゅうような事, あるちょっと, あるという, あるね, あるはず, あるべき道理, あるべしという, あるまいし, あるまい台所, あるもの, あるわ, あるわね, ある三寸, ある併, ある平均三寸位, ある故に, ある相, ある芸術, あろうし, あろうと, いささかかた, いろいろある, おましたが, お前の, お聞き申す, ぐるりが, こことは, これが, これだった, これで, これを, こわれた, ございます, ございますので, ございませんが, ございません故, さして遠く, さらさらない, して, じきに, すくない, せまくもちこまれ, せまく張りつけられ, そこに, そのま, その時, その辺, それぞれ中核の, たくさんみせ, ついでに, ついに休電, つい先頃, つき止めると, つくった, つくりました, つくれ, ないうっかり, ないけれど, ないこと, ないであろう, ないという, ないのみ, ないのよ, ないほど, ないほどに, ないほどの, ないまま, ないもの, ないやう, ない位, ない単純, ない唯, ない孤独, ない寂しい町, ない山荘, ない布施, ない故, ない新聞, ない方, ない様子, ない武門, ない気, ない生活, ない私, ない程, ない窮鳥, ない美しさ, ない羞恥, ない處, ない身の上, ない逆境, なかったら, なかつたかと, なき皇叔, なき訳也, なき迫害, なく, なくすべて, なくすませました, なくそこら, なくその, なくそれ, なくなった, なくなってるし, なくなつた, なくなりお, なくなり雑誌, なくなる, なくふらり, なくゆる, なくザッ, なくプラーゲ, なく之, なく兼, なく取りしまる, なく同日, なく品, なく唯, なく大胆, なく寂然, なく専門, なく心から, なく心一杯, なく恐縮, なく振舞うた, なく探し廻った, なく放心, なく来る, なく機械人形, なく此, なく殊, なく河野, なく浮いた, なく照らし, なく熱帯樹林, なく発狂, なく皆, なく藁, なく見る, なく見渡す, なく語りつくされて, なく身体, なく遼東, なけれども, なしと, なし余, なし困っ, なし焼い, なし自身番, ねえ体, のぞいて, のろまじゃ, はからず見ましたこと, はつきり出, ひとつ電燈に, ほど近く二, ほぼ同, まかせきッ, まきこまれて, またこの, また俳句, また決して, また立派, また自ずから, また荘厳, また近衛家, まだ知らなかった, ままあります, まんざら無理, みな同, もうその, もちろん雲の上, もはや意味, やがて総, やけて, やはり昔, やはり等級, よいの, よくない, よくよく申, わかりませずたいへん, わかるまい, アゲち, ドア以外からは, パッサージ, 一つ所に, 一カ所ございます, 一変し, 一寸ずつ, 一寸置いた, 一度や, 一応解体, 一時は, 三十一文字の, 三所も, 不明である, 中, 丸く治, 丸く治まっちまう, 久光が, 事変以来殷賑を, 事實の, 二つ三つ天井界の, 云わず貸して, 亦た, 亦一里, 亦多し, 亦文飾, 人間には, 今し方, 会下山から, 似て, 住吉の, 倦み疲れかけて, 充分に, 充分癒りきらぬ, 先づ正, 全員出動, 八尺か, 兵学伝習所も, 兵学所も, 其大部分は, 其定限内に, 内状も, 再々であった, 出て, 出できつら, 出来たこと, 出来たし, 出来たので, 出来て, 出来ました, 分らないし, 分ろうかとも, 別人とは, 動力室も, 化学工場も, 十分な, 協力し, 南京豆和え, 印刷所も, 印度洋其不屆な, 又尤も, 又激浪, 同じくこの, 同じよう, 同じ万年町, 同じ事, 同じ信州, 同じ大阪, 同じ清洲, 同樣, 名も, 名前も, 問わずに, 善な, 在郷軍人会も, 声を, 変って, 外来の, 多いもの, 多くわけて, 多けれども, 多少は, 大きい, 大抵同じ, 失わせて, 女の, 好えな, 好く知っ, 妙に, 存じません, 存外不便, 定まらずふらふら, 家は, 家内が, 寄宿学校も, 少くありません, 少くない, 少しも, 尤もで, 居を, 屋根に, 市木さんは, 幕府の, 店には, 弁えずに, 弁護します, 引き込んだ所, 御出家, 御存知ない, 御殿の, 微かに, 忌は, 応援に, 急心, 恰度この, 悪いところ, 悪いもの, 悪い所, 悪所も, 想像出来る, 意味が, 所まるで, 手に, 手を, 手配りが, 持たない漂泊, 指で, 日本かと, 日本では, 日本の, 昇降口と, 明いて, 明かに, 明らかに, 明白に, 時により, 暗黙に, 有たり, 有ったらしい, 有て, 有りて, 有りは, 有る, 有る人間, 有る成るほど, 有る窓, 未だ夏草, 本堂も, 本部も, 桟敷も, 棒立ちに, 構はず, 構わず, 此の, 此附近であったろう, 死に所, 殆ど閑散, 永遠に, 決して浅から, 汽車で, 沢山あり, 沢山ある, 油繪の, 泊る所, 洩らさず訪問, 消えて, 深くなる, 灰に, 灰色に, 無いね, 無いので, 無い若い盗賊, 無く, 無くされて, 無くと, 無くなった, 無ければ, 無し上, 無理で, 無理は, 無論ない, 熟睡は, 特攻隊に, 狭いばかりに, 狭く並ん, 狭く天井, 狭く書き並べられ, 狭く棚, 甚だ愉快, 甚だ深刻, 男前上々なり, 略同様, 番地も, 病的な, 瘡だらけの, 皆目なくっ, 相当に, 着る物, 知って, 知ってるから, 知らずという, 知らず名, 知らず繻子, 知らないの, 知らなかった, 知らぬ段, 知れたん, 知れなくして, 知れませんから, 硝子が, 福島出張所と, 私語する, 突き破られるよう, 窺われたが, 符を, 結局は, 經る, 美術館も, 老いて, 考へては, 耳を, 聞かず相手, 聞かないで, 聞かれようかと, 荒れ果てたし, 虚偽では, 虱には, 見えます, 見え服装, 見つけた, 見ませんし, 見る所, 見不思議, 見出せなかった, 見当らないし, 視察し, 角に, 言わなければ, 訊いて, 詞も, 誠に池, 資力も, 越して, 躍起に, 軍艦の, 轉, 辛抱し, 近くなり, 通ったし, 通れば, 過ぎました, 過ぎるので, 遠い北国, 遥かなる, 適当な, 醜所, 釋迦如来の, 鎌倉の, 開け放されて, 開け放して, 開墾し, 閑散で, 附属し, 降る所, 限られて, 隈なく, 随分あったです, 隠して, 隠そうと, 隨分疑, 雨が, 餘り, 首尾よく, 馬鹿には, 駅, 騒がしきだけ

▼ 所まで~ (811, 1.6%)

41 行って 37 来て 28 来ると 12 歩いて 11 行くと 10 来た時 8 くると 7 持って, 行った 6 出て, 来た, 行くの, 送って 5 だ, やって, 帰って, 進んで 4 出かけて, 参りますと, 戻って, 泳いで, 連れて

3 [13件] およいで, きた, 上げて, 下って, 伴れ, 來た, 來る, 往って, 来た姫, 来ますと, 登って, 行かなければ, 読んで

2 [31件] ご同道, たれ下がった, もどって, やって来て, ボタンを, 一緒に, 出ると, 大工や, 手の, 押し寄せて, 来たとき, 来ました, 歩かせて, 登らなければ, 私の, 端書一枚こまかき, 行きつかなければ, 行くこと, 行くには, 行く気, 行く積り, 行った時, 行つた, 訊き質さずには, 訪ねて, 進ませねば, 運んで, 降りて, 雪が, 韋駄天走りに, 飛んで

1 [485件] あるこう, いがみあわなければ, いくと, いった, いったら後, いって, えっちらおっちら持ち出さない, おいでに, おいでねがえません, おおかた今, おくってからの, おちて, おびき寄せて, お供を, お出でを, お引合, お送り申します, お願いに, かけた, かぶせて, かれの, きた時, きて, ぐらつかせた, こうし, こぎつけたん, こまかく気, ころがり落ちずには, ご足労, さし込んで, しのび寄つて, ずり出して, ずんずんおよい, そっくりだ, その人間, たずねて, たどりつく前, たびたび焚き, たれそこ, ついて行って, つけズボン, つづいて, でなくって, でも, にげようと, のぞきに, のぼって, はいりこんで, はい出そう, はこんで, はって, はね上がった, ひとっ走り行って, ひろがって, ぼろば, まいれと, まくって, まくれて, まッ逆さま, めくります, もぐり込んだ, もって, もませるん, やってきたが, やってきた第, やってきて, やってきました, やって来た, やって来ると, やって来るには, やると, やれと, ゆく必要, よく分る, よたよた歩い, わざ, わざわざ持っ, わたくしを, ウカウカ歩い, ズブ, ソッと, ノコノコ附い, ピタリと, ピチピチと, ペトペトに, 一々持っ, 一八一〇年には, 一寸たり, 一気に俵, 一里あっ, 三四マイル行かね, 上げた, 上せて, 上って, 上る, 上衣に, 上衣の, 下がりイギリス, 下げて, 下ってる頭, 与次郎を, 乗せて, 乗り付けた時, 乗り付けて, 二三十分か, 二三十分かかる, 二十町許の, 五十メートル, 井戸の, 人に, 人を, 人家が, 他人が, 会話の, 伝わったかは, 伸びて, 似て, 体を, 何物の, 何里ある, 使いに, 來て, 倉地は, 働いて, 僕を, 入り込みます, 入り込んで, 入る由, 全く遊牧民, 共鳴されない, 出して, 出た時, 出向いて, 出掛けて, 出来上ったの, 分け上, 列を, 到つて, 到達し, 剃るん, 勘定する, 参もの, 参りまして, 参り登城, 参加を, 取り籠め, 叫喚の, 同席し, 同道致す, 吹いて, 国といふ, 国を, 堀端を, 増大し, 壁にて, 変質しきった, 夕影中の, 天堂一角を, 学理と, 宛も, 実現し得る, 尋ねて, 尋ねる, 小馬車, 届かないで, 帰りて, 延びて, 引いて, 引きのばし持ちこたえること, 引き上げた, 引き上げて, 引き下って, 引き出し凍った土, 引き摺つて, 引き返して, 引ッ込ん, 引受けて, 彼は, 彼女を, 往かねば, 後戻りする, 後退した, 御覧に, 御足労を, 御迷惑, 徹底し生じつ, 忍び寄られましたが, 思ひを, 急いで, 急がせて, 恐ろしい, 悪智恵, 想像を, 懷疑説の, 戦に, 戦火は, 戻るの, 手が, 手に, 押が, 押しつぶされた帽子, 押しつめられたの, 押して, 押し寄せたとき, 押し詰めるだろうそう, 押詰めて, 担いで, 拡がつた事, 拡充し, 持ち上げて, 持ち上げ吹いて, 持ち込むと, 掃いたり, 描いて, 摺り落ちて, 撫でて, 教えた上, 旅行し, 昇る, 昇るを, 映した大きな, 書いて, 書いてないから, 書き切つて, 木下君と, 来かかったから, 来かかりますと, 来たが, 来たきり, 来たという, 来たの, 来たよう, 来たろう, 来たわ, 来たん, 来た時車, 来た頃, 来ても, 来ないか, 来ぬゆえ, 来まして, 来やしない, 来られない, 来るため, 来るには, 来るほどの, 来るやいなや, 来着い, 来着いた, 案内させよう, 案内しろ, 様子を, 此方の, 此橇で, 武蔵を, 歩いた, 歩き歩けなくなったらどっか, 歩こうと, 残らずさわって, 母の, 水を, 水田が, 決心した, 波動した, 泥を, 注意し, 深いもの, 源三郎の, 溯って, 演出の, 漕ぎつけたが, 漕ぎつけるは, 漕ぎつけモデル, 漕ぎ付けて, 漕つけました, 火の, 無造作に, 無駄足の, 照し, 照らして, 熱気が, 父は, 父を, 痛くない, 登つ, 登つた時, 登りましたが, 登るの, 登ツた, 白く寂しく雪, 直線を, 真白に, 真逆, 眼が, 着きましたが, 着物の, 着物を, 矢を, 知って, 知れて, 砂中に, 研究が, 研究せんなら, 私しは, 私送り出し, 究めたいと, 突き詰めて, 窓の, 立ち入り唐代, 立ち退いた, 競り詰めて, 等しく, 節穴の, 約四里, 約四頁, 細心に, 経営し, 続いて, 続くと, 綺麗に, 考えねば, 考え得る, 考へて, 考へられる訳ぢ, 聞えます, 聞える, 聞えるとか, 聞えるもん, 聞こえて, 聞こえる, 肉薄し, 腰から, 自分に, 英国の, 萬遍, 落ちこむの, 落ちて, 落ちのび天下, 落ち延び得ないで, 落ち込んで, 行かずして, 行かず兄弟子東雲, 行かないと, 行かねば, 行かれましても, 行かれますと, 行かれるけれど, 行きいかだ, 行きそれ, 行きたいと, 行きたいん, 行きつくすこと, 行きましたが, 行きましょう, 行きましょうね, 行きませう, 行きドサッ, 行き四人, 行き得ないで, 行き着いて, 行き着かず途中, 行き着こう, 行き腰, 行くか, 行くよ, 行くより, 行く前, 行く氣, 行けば, 行けやしない, 行こう, 行こうと, 行ったから, 行ったが, 行ったけれども, 行ったこと, 行ったら往来, 行ったん, 行った人, 行った此, 行つたやら, 行つた時だつた, 行つた時風が, 行つた瞬間だつた, 行つてしまつ, 行つてゐ, 行つてゐる, 行つて婿の, 行つて左側に, 行つて引返した, 行つて開い, 行儀よく, 裂けて, 見えるふっくり, 見届けた, 見届けて, 見抜きましたか, 見送った上, 見送って, 解いたが, 言って, 設けられて, 話が, 話すと, 調べようという, 調べ上げて, 負わせて, 買ったかと, 走った, 走って, 走るなり, 足に, 蹤い, 転り出し, 辿りつくと, 近づいて, 近寄ってなどという, 近寄つて, 迫ったと, 迫って, 迫つて行つて居る, 追いつめて, 追い詰められると, 追い駈けて, 追っかけて, 追ひ詰められる, 追及の, 追求の, 追詰, 退って, 送っても, 送つて, 送つて來, 送つて行つて, 送らせますからと, 送り出しそして, 送り出してから, 送り還した, 逃げて, 逃げましょう, 逃げるにも, 這い出して, 這おりて, 通じ合うもの, 通せ, 通り越して, 進み来たった, 進めて, 進められたの, 進んだの, 進んだもの, 進んだ様子, 進展しなかった, 進歩発展する, 進行し, 遁げようと, 運ぶ, 運ぶの, 運ぼうと, 達した, 達したの, 達して, 達しないの, 達しなかった, 達成した, 遠ざかると, 遣って, 部下の, 針を, 錨を, 陥って, 随い, 響いて, 響き上がって, 預って, 飛び上がったの, 飛退る, 馬に, 馬車で, 馳けて, 駈けて, 駈け込んで, 駕で, 高くそびえ, 鹽原夫婦を

▼ 所~ (762, 1.5%)

27 なって 20 なる 17 なりそして 13 なつた 12 なった 10 なつて 9 なるであろう 7 なりて 6 して 5 した, なるならば, なるの 4 いえば, いって, されて, なれり, 云ふ, 見えて, 言ふ 3 ならなければ, ならねば, なりしが, なり従って, なること, 云ひ, 人によって, 思ふ, 書いて

2 [50件] あるの, いうと, いっては, いっても, いわれて, お名前, そうでない, てないの, なく淋しい感じ, なったが, ならざら, ならざりき, ならず, ならぬは, なり, なりしや, なりぬ, なりまた, なり更に, なり消費者, なるが, なるであろうが, なると, なるもの, なる事, なる租税, なれりと, なれる幹部, なろうと, 云うの, 云ふも, 人との, 伝ふ, 信じて, 名前とを, 君の, 女の, 存候へども, 山頂小屋との, 思って, 成つて居る, 札を, 爲り, 牴牾する, 矛盾し, 短所と共に, 私の, 自分の, 近い所, 違ふ

1 [471件] あった, あってね, あまり親しく, あります, あるでは, あるところ, いい見馴れた顔, いう, いうては, いうとの, いうよりも, いうを, いえましょう, いふに, いへども, いへば, いわずまた, いわなければ, いわねば, いわばいえ, いわれるエムデン海溝, うすいカアテン, おぼしい建物, おまけに, かかり合いを, かれは, きめて, この一ツ, この報告書, この定紋, こんな所, さへ, されたので, したにも, したらいい, したらよい, した冬子, した文字, しました, しますが, し其海岸, し嫁, し東側二間, し祈り, す, する, するしか, するという, するの, する意, する意識, する潜在意識, する用意, する考え, せしは, せよ, せられたやう, その根がた, その界隈, それからこっち, それに, たいして変り, ちがって, ちょうど背中合せ, である, できて, ない所, なく人, なく品位, なく囁き笑, なく小娘, なく暖かい, なく滅入, なく田舎, なく発見, なく身, なしたるは, なし又, なし或は, なす, なったこと, なっただけに, なった点, なつたらしい, ならざりしこと, ならざりしにや, ならざるや, ならず資本, ならず遂に, ならないならば, ならない部分, ならなかった, ならなかったわけ, ならなかつた男子, なりき, なりさらに, なりしかは, なりしがため中止, なりしなりけだし, なりしのみ, なりしも, なりつつ, なりました, なりみすみす, なりもって, なりやがて, なり人道, なり仮名, なり其冷遇, なり内, なり単行本, なり同, なり地代, なり大正九年, なり妄, なり彼ら, なり我, なり換言, なり支那, なり此年江戸, なり江戸伝馬町, なり獄, なり終, なり終生, なり羅馬字会, なり資本, なり遂に, なり須磨明石辺, なり鵠沼辺, なるか, なるかも, なるから, なるその, なるであろうかを, なるであろうしかし, なるであろうという, なるに, なるべき学風, なるべき部分, なるべし, なるも, なる一隅, なる傾向, なる只, なる恐れ, なる毫も, なる頃, なれる者, なろうとも, ひそかに, ふた道, ぶらさがつてる糸瓜, ほとんど同じ, ほぼ知れ, また記し, まったく一致, もはや既に, よく一致, よって, シネマ, プラットフォームとの, 一二丁づゝの, 一方では, 一致させる, 一致し, 一致した, 一致しなかつた, 一致する, 並んで, 九尺とは, 九州鉄道の, 云いそれこれ, 云い猶, 云うもの, 云うより, 云うん, 云う小さい, 云う幕府, 云う牢屋, 云う蘭法医師, 云ったか, 云ったよう, 云って, 云っては, 云っても, 云つた, 云つても, 云ふと, 人と, 今の, 仲買人の, 伝えられた虎ヶ窟, 伝えられて, 伝えるなど, 何の, 信じ雷丸雷矢, 做すは, 傳へられ, 全く同じ, 全く同感, 全く符節, 共同食堂が, 其及ばぬ, 其踈大なる, 其順序を, 別な, 化したの, 化して, 厭は, 厳めしげな, 反対の, 取計って, 台所との, 号しおる所, 合せ考へて, 同じくし, 同じく何ら光明, 同じこと, 同じと, 同じに, 同じ事故, 同じ所, 同一の, 同工異曲で, 同時に離れ, 同様に, 同様の, 同種の, 名づくる, 名前を, 向い合せに, 向き合つてゐました, 否とを, 呼ばれたので, 呼ばれたもの, 呼ばれて, 呼んで, 唱えて, 唱えられて, 唱えるはず, 商売とを, 四辺を, 国との, 土蔵の, 堰堤工事を, 変えたの, 変じ拾い上げて, 変って, 変つた, 多少重複, 大して變ら, 大して離れ, 大なる, 大同小異だった, 大差が, 大差なく, 大差は, 太だ, 姿見の, 存じます, 存候, 定まれるところ, 定めたの, 定められて, 定められ前日来仰せ, 宮廷の, 尋ね廻り, 山崎との, 山頂との, 左右の, 市村字三條との, 建造中の, 後で思い出し, 心の, 心得て, 心構えの, 思います, 思いますが, 思い玉, 思うが, 思ったら其処, 思つたら, 思つてゐる, 思はましかば, 思はれない, 思はれる処, 思ひ玉, 思われて, 思われる方, 恐れられて, 悟りました, 情景とを, 惡い, 想像し, 意識し, 感じた, 我々の, 手洗場に, 打合せの, 指輪だけが, 捨身に, 推定した, 改めてわずかに, 改められるころ, 改められ英仏学伝習所, 政所も, 教員住宅の, 散所民, 文章に, 断念した, 断念めて, 新聞と, 昌林院の, 明るい所, 時とによって, 時とを, 時において, 時を, 時間を, 書いた店, 書き稀, 最後の, 望んで, 札が, 染めぬいた六間通し, 格別の, 楊弓店と, 極つて, 概ね符合, 欠点とを, 正反, 正確に, 殆ど違, 母屋の, 水平線との, 池から, 決めた, 決めて, 油障子に, 泰助は, 洗面所は, 深く恐れ入り, 淳平の, 清むべ, 漢文調が, 灯台とでは, 為した, 為す, 為すべし, 為り伊藤侯, 為り千歳, 為る, 為るか, 為るを, 無く威光, 無智, 無線電信局とが, 爲す, 爲た, 爲る, 爲れり, 爲學術の, 甚しく, 申しける, 申して, 申しますと, 町並が, 異なり, 異なり流れ, 疎なる, 発展し, 白地へ, 目前の, 相反す, 相成り一家城外, 相談し, 相違し, 看板が, 看板を, 真実の, 真面目で, 睨まれるキャバレ・イーグル, 知らないで勤めて, 知れぬ其の, 知れば, 神楽坂とでは, 私達と, 称して, 称し主として, 称す, 称する場所, 符合する, 等しいなら, 結婚媒介所は, 統率を, 美しい芸術的, 美禰子の, 考えて, 考えられて, 考えられますの, 考えられること, 考えるに, 考へて, 聞えたストツクホルム, 聞ゆれ, 聞及し, 聯關し, 背中合せな, 背中合せの, 背馳し, 自宅の, 自然の, 自身とは, 興味の, 舟人から, 色々ある, 苦心せん, 菓子の, 蓋し稀, 薬草園の, 要塞砲とを, 見えるかい, 見えるけれども, 見える一軒, 見えわれわれ, 見え土地, 見え廢磚殘甓累々たる間, 見え満員で, 覚しきあたり, 覚悟し, 解して, 言ったほどの, 言った事, 言っては, 言つた日本楽舞部の, 言つた看板でも, 言ひ伝へ, 言ふお, 計り思つて居た, 認めたそれぞれ, 認めましたが, 諒し, 諸國, 謂ふ, 警察の, 谷戸橋の, 豪信の, 貝の口の, 賤が, 贊成を, 運送を, 違って, 選って, 部屋の, 金物屋との, 金看板が, 銀行との, 障子を, 障子一重の, 雅俗折衷体の, 電灯が, 電車との, 青山に, 韓奕の, 頷かれるであらう, 顎の, 風呂番の, 飯田千村役所との, 馬鍬の, 黒塗の, 黒札の

▼ 所では~ (758, 1.5%)

47 ない 21 なかった 9 ないの 8 ありません 7 ないが 5 あるが, ないか, ないから 4 あるけれども, これは, 私の 3 あるまい, ございますまい, ないと, ないという, なかつた, 此の

2 [29件] ありますが, ありませぬ, ありませんか, ずぼらを, その間が, それは, だ君, ないかと, ない三月, なくして, なくて, パンを, 京二の, 全く同じ, 国境撤兵交渉に対する, 外交は, 奉答文を, 昨年の, 普通の, 此社の, 殆ん, 無い, 病院は, 確かに, 自分に, 藤野さんも, 誰も, 路が, 迎への

1 [563件 抜粋] あくまでも強情, あくまで人, あくまで北条氏, あったが, あなたは, あなたを, あの人, あの昔, あの木像蟹殿, あらかじめ偽っ, ありましたが, ありますまいか, ありませんあなた, ありませんから, ありませんが, ありませんね, ありませんよ, ありまへんから, あるまいか, あるまいかといふ, あろうが, いじらないよう, いつも斯様, いま専門に, いま頃どんなに, いよいよ最後, うたてあり, おれは, お屋敷, お浦, お病気, お祈が, お話の, かう云つて, かっこうに, こいつは, こう云う, こちらから, このうち, このクリストフ, この十分の一, この困難, この島, この手紙, この春駒, この現象, この頃, これを, こんな恐ろしい, ございますが, ございません, ございませんか, ございませんが, ございませんね, さしたる事, しきりにたずね, しつけが, しばしば屋根, しらじらしくも, せつせと, そうとしか, そこら一面の, そのたび, その裁き方, それが, それさえ, たいてい道, たくさん見え, ただ一つ, ただ人の, たまらんが, ちょうどそこ, ちょっと歌, ていよく, とっさに, どうも今, どこででも, どこへ, どの州, どんなに抵抗, ないかという, ないかの, ないかも, ないじゃ, ないであろう, ないまた, ないよう, ないらしい, ないわるくする, ない人並, ない偉い所, ない僕, ない叩い, ない態と, ない斯, ない泣きたく思いました, ない真夏, ない第, なかったらしい, なかつたかしら, なかつたらしい, なからう, なくあちこち, なく一番, なく四邊, なく小, なく広い, なく日本, なく面白く愉しい, なささうですから, なさそう, なし鳥取, なまなか私, なるべく拷問, なんか, ひっくりかえるよう, ほとんど絶え, まして水ぎわ, まず金杉, まだまだ供給, まだ殆ど未, まだ確か, みつからない, もうオリザ刈り, やはりそこ, やはり巣立った, よく其, わからない, わたしたちは, わたし想像が, アーロンの, イヤ貴方, イワン君は, エスペラントを, エー, ガイドレスは, キヤツチボールも, コナン, コムソモーレツの, デモクラシーは, ノオトルダムの, バチバチ篝火を, プロティノス, ホウコの, ホテルの, マルト大学造船科に, ミケランジェロが, 一五〇度にも, 一人の, 一切責任を, 一尺位も, 一昨日上簇が, 一番初め, 一直線を, 一緒に, 一通の, 一部分崩壊した, 万一娘, 三条大詰河原に, 上高井戸の, 世界の, 世界中の, 世論が, 世間並に, 両足を, 中, 中元歳暮の, 丸葉岳蕗が, 主人が, 之を, 之を以て, 事実下の, 事實に, 二三人位で, 二三日前から, 二三日前已に, 交叉も, 人の, 人間は, 今一組の, 今度の, 今日を, 今般二個の, 仏蘭西の, 他の, 仙吉の, 仮令最も大きい, 伏見の, 会議の, 低くなり, 住込で, 何う, 何かに, 何が, 何だか私, 何ら取締り, 何を, 何事が, 何処にも, 余病を, 例えば二十里, 俄に, 信心深い, 俳優といふ, 僞作とは, 僧の, 僧侶の, 優しげ, 元来梅, 兄にも, 先例によって, 全く篇中人物, 八十八夜には, 八尺くらいの, 公債の, 其の教, 其鞍部の, 出し抜けに, 出入りの, 初めは, 別人の, 前に, 割合に, 勉強さえ, 勿論ない, 十三メートルの, 十之, 十年前までは, 十弁の, 千鳥足の, 南寄りの, 南湖院その他菌の, 南瓜を, 原碑と, 厳寒の, 双六谷は, 反乱は, 取扱が, 取落すまいと, 口前の, 合戦の, 同数の, 同日正成以下楠木一族の, 向うの, 君が, 君の, 君一人だけが, 命名法も, 唯一の, 唸るより, 囚人らは, 四代だけは, 四谷の, 国語は, 地方的な, 埴輪圓筒の, 埼玉二ヶ村本年大, 塔の, 声を, 売淫の, 夕菅か, 外に, 外国語学校中途退学の, 多分英国, 夜でも, 大きな不恰好, 大した傷, 大に, 大便所は, 大入道や, 大問題, 大抵はやが, 大抵石, 大阪よりは, 天井に, 天晴女菩薩とも, 太政大臣の, 夫れ, 女子を, 女子供までが, 女工の, 女房の, 婚禮の, 子供でも, 字画さえ, 学問上已に, 孫悟空は, 孰方が, 家を, 宿屋らしい, 寒中にも, 寺に, 小姓の, 小屋が, 尾張に, 尾根の, 山木チト方角が, 岩茸採りや, 川が, 川森さえ, 帝の, 常陸の, 平野謙を, 年の, 幸に, 床に, 庭園でも, 弛緩し, 役にも, 役者は, 彼れ, 後のか, 後者らしく思われた, 従来財政の, 徳子は, 徳川家始めその他の, 心が, 必ず何, 必ず写し, 必ず面会, 快く場内, 思うぞんぶん, 急勾配, 恰も平ヶ岳, 情なくなっ, 慣例によって, 我国に, 批謗としか, 承諾し, 技師職工に, 拍手を, 持久戦争と, 播磨の, 支那へ, 支那人程, 故障が, 断られ或, 斯くの, 新聞紙には, 日光黄菅が, 日本中何処の, 日本人の, 日本人は, 早や, 早月川, 明日一日この, 昼の, 時々独り, 時々獨, 時計が, 普通白, 普通雪片と, 曲折も, 最も詳細, 望月さんの, 望楼の, 木の, 木曾の, 未だ確実, 未来の, 本來筮, 本当に象徴, 村落や, 東京風の, 東北は, 東谷の, 松虫草の, 板べつこに, 某卿, 根気よく, 検挙せられた, 概略先ず, 正月十五日に, 正規の, 此処から, 此山らしく, 殆ど知っ, 母は, 毎日数百, 民主的立候補者の, 気が, 水が, 水本先生は, 決してこれら, 波の, 泥水を, 海中へ, 消えて, 混血児か, 清潔な, 満足が, 源氏の, 漁の, 潮の, 濁黒い, 火を, 火繩銃を, 無いで, 無いの, 無い最うお, 無口で, 父と, 物思いの, 特に舞殿, 玉玲瓏と, 現に三四年前, 現在でも, 現在人気の, 現在平均四十四五円に, 生き得ないだろう, 生物線が, 用心し, 男が, 男の, 男は, 目は, 目方と, 眞の, 矢張芸術界の, 石にも, 砂が, 破れては, 磐城四倉浜にも, 祖母や, 神として, 私と, 私は, 私達には, 秋川駿三には, 秋田ブキは, 科学上の, 種子が, 穀物や, 空気の, 窒息し, 窮屈だったでしょう, 立派な, 笛吹川の, 篠原春子とも, 簑笠を, 紙鳶あげ, 終りの, 経済上英国人に, 絞に, 絶対に, 職員は, 肝心の, 自分の, 自分は, 色々の, 草の, 草地と, 草木を, 菩薩なども, 蒙古, 薬専か, 藤井貞幹の, 融雪促進の, 行燈の, 西行も, 見も, 解き難い, 言わなかったが, 言文一致で, 言語には, 許しを, 試行錯誤的行動は, 読む時, 貰ったばかりの, 赤い紙, 越後の, 距離も, 路の, 車道が, 輜重車は, 近々東京, 逆の, 連中内で, 遊び飽いた, 道化物と, 遠島と, 野宿も, 金科玉条に, 長沢から, 開かずに, 間口の, 間口二間くらいでも, 雪は, 雪渓が, 非常な, 靴を, 頗る怪奇, 頬辺に, 頭に, 飯島君という, 餘り, 首の, 鳥の, 黄豆青豆黒豆の, 黒山の

▼ 所には~ (476, 0.9%)

11 いって 4 いつて 3 何が

2 [24件] あらず, いなかった, きっとこいつ, ちがいない, どこにも, ない, ならなかつた, 今は, 他の, 何の, 何物も, 別席を, 少しも, 屹度同情する, 波が, 種々ある, 級が, 芸者が, 草が, 送らず庭先, 銀の, 長い手紙, 障子が, 非ず

1 [410件] あるもの, あんたが, いかなる新, いささかの, いずれの, いってる由, いつでも, いつもつい, いつも居候, いつも清らか, いないし, いない葉子, いません, いらっしゃらないで, いられないの, いると, うかとすれ, えかかってる, おきまり, おじやれや, おのずからこの, おもしろい話, お客が, かならずこうした, かならず家, かならず明らか, かならず青い, かぶれなくて, きっと影, きっと或は, きつと, きまって松, きまって船, こう書かれ, この入口, この判断, この巻物, この式, これらの, こんもりと, さっきまで, すなわち恋愛, すべての, すべて五名ずつの, そこに, そのころ米国, その切り返し, その晩天祥丸, その背後, その附近, それぞれの, それだけ生活, それ等の, そんな誌, たいてい何, たいてい深い, ただ一面, ただ歌, たとい誓言, ちゃんと裁判官, ちょっとそろえ, どこにでも, どの道かなり無理, どんなもの, なお拾われない, なくって, なしう, なにか取り込み, なんにもない, なんの, ひろ子が, また四千, また寒, また無数, まだ商売人, まだ塔, まだ小, まだ形, まるで西洋菓子, もういたく, もう殆ど人, もう無, もう迷っ, もっとはなやか, ものの, やとい人は, やはり太い, よく製糸工場, よらじ上磨き, アラバスターの, アルヘイ糖の, カミギンフガダルピリカラヤンバブヤンバタアン群島, ガスストーヴが, サーラ・メーバル, チベット語で, トルキスタン文字の, マロニエが, レデイの, 一人乃至, 一刻も, 一定の, 一寸居ない, 一年位も, 一日も, 一本の, 一筋の, 一週間ぐらいしか, 三四軒の, 上からも, 上に, 下の, 下水道の, 下草の, 不安と, 不景気な, 不気味な, 不用に, 不釣合だ, 二三十の, 二三羽の, 二百疋も, 五六人の, 五葉紅梅桜藤山吹岩躑躅などを, 亭が, 亭や, 人々は, 人気が, 人間特有の, 今日も, 似も, 住まえないから, 住み付かれないの, 何か, 何処にでも, 何原という, 何山という, 例の, 供の, 僧侶が, 優待条件を, 入れるつもり, 兩側とも, 八九寸から, 兵士や, 冠服を, 冷かな, 冷厳無比な, 出ず気候, 分所と, 列を, 別に不審, 刻一刻人数が, 力や, 化け物が, 十字架と, 半円形, 厭きた, 参れません, 各与力五十人, 吉岡の, 吉村氏愛猫として, 吉田定房万里小路宣房北畠親房の, 同様の, 向かない, 君の, 品物が, 商人の, 善悪の, 喰うもの, 四布蒲團が, 土筆は, 売店や, 外の, 多くは, 夜具も, 大きい窓, 大きな土管, 大きな松, 大きな残骸, 大きな荷物, 大きな赤松, 大供子供の, 大機, 天井と, 天意か, 天祐が, 好意が, 如何なる小説, 妖気も, 妻が, 姿の, 定て, 実に乾坤, 宿題, 富有が, 寒さ, 實に, 小さい渦動, 小さな白い, 少許, 居れないと, 屋根なし, 山が, 山と, 屹度恐ろしい, 岡から, 岩に, 岩桔梗が, 岩窟が, 崇高と, 崔融とも, 巡警, 帯の, 常にすみ, 常に家族, 常に良き, 幕杭を, 平井夫婦外山文学士などと, 幾種類もの, 広い土間, 弁証法は, 往々に, 心服し, 必ずある, 必ずいた, 必ずひとり, 必ず大小, 必ず奴隷制度, 必ず家族, 必ず悪い, 必ず政治家, 必ず母親, 必ず若木, 必ず鉄, 必ず鶏血草, 必要上妻を, 忠顕が, 怖ろ, 恐らく二三日前, 悉く何らかの, 愉快な, 愉悦が, 戦争の, 戦後水茶屋なる, 戸板や, 擬う, 支流に, 放浪性に, 数限りも, 文章會が, 料理人の, 新しい表現法, 既に暴動, 日本人が, 旧幕時代から, 易の, 昔ながらに, 昔時四斗樽程の, 昨夕彼が, 時としては, 月に, 有りません先刻アノ何, 有り余るもの, 有り余る金, 朝の, 本当の, 本文研究の, 材木が, 材木と, 村が, 柴を, 案内する, 槍が, 権利が, 横に, 欄干が, 止らない, 正副両, 死んだ日付, 殿下より, 殿様も, 毎日毎日安逸な, 水も, 水道の, 氷の, 求めないのに, 汚れた布団, 池が, 決して使わない, 決して大, 決して独創的, 汽船が, 沢山あるです, 沢山生え, 油汗が, 洗練された, 流石争われぬ, 涼しさ, 滴が, 漆黒に, 瀬田と, 火が, 炎を, 無之, 無之候, 無数の, 父親や, 牝が, 猜疑の, 猿階子が, 珍らしく, 現化は, 理想も, 理窟も, 生命は, 用ゆるでございませう, 田畑が, 田舎者らしい, 男と, 留められません身体, 番兵が, 白い上衣, 白雲高く, 百五十余人の, 皆玩具類を, 皆穴が, 相当に, 真の, 石が, 石塔なんぞは, 石扉を, 砲兵が, 祈念台の, 神が, 神の, 神占の, 祭司の, 空馬が, 窓が, 第一版, 納棺の, 絶えず不安, 緑いろ, 緑の, 緬甸から, 縛られた痕, 縦に, 美しい渓流, 美術家が, 肉の, 自治区が, 自然と, 自由の, 至る所, 芸術の, 苦心を, 荷車の, 蚊が, 蝮蛇が, 蟇口が, 行けませんからね, 行宮の, 街の, 表に, 表御殿, 表現に, 裂け目が, 西山さんの, 見えなかった, 言葉の, 詩が, 詩人の, 論文では, 赤, 赤い三角形, 赤い液, 起らない風, 起る事, 返事を, 這入らない處, 違ない, 里の, 野犬の, 針金が, 銀を, 錦繍の, 鏡が, 長く住みたくありません, 長さ三尺, 降る日, 限が, 限度が, 陶土の, 隠居さんと, 雪が, 雪の, 雲が, 電灯が, 霧が, 青いは, 顕微鏡が, 香染めの, 駿河灣が, 騎兵が, 高張や, 鳶色の, 鹿島御子神社が, 黄いろい桜草, 黄金の, 黒と

▼ 所~ (467, 0.9%)

8 新官僚 54 る局面展開, 大新聞, 大玄關 3 又分家, 女らしさ, 新しい芝居, 未完成, 第二

2 [44件] いい景色, ものもち, る一介, る三田, る三角同盟, る主義綱領, る党首, る前, る功, る嚶鳴派, る大, る局面展開論, る強弩, る政党, る政治上必然, る政黨, る歴史的豪傑, る渡り, る眞, る真, る知つて言, る策士, る策略, る至善, る貴族院, る黨首, 人間らしい英雄, 刳磔, 好いた女, 嬉しさ, 弱い商売, 新しき女, 新傾向, 新名詞, 新患者, 新文芸, 旧生気論, 無政府共産主義者, 無目的, 破調, 第四次元, 讀みづらい, 超個人的意識, 鋭い声

1 [339件] あいご, あたらしい男, あの古事記, あの軍官, あまい感じ方, ある作品, いひかけ, えらいが, えらくなりたい, おとなしい小説, おどりという, お友達, お坊主, お稽古, お道楽, かけづくり, かつぷく, かの, かんかん虫, きは, く延言, ことほぎのみだりがは, この油繪, この物語, この生, こわいもの, こわい手紙風, ご沈落, しっかりした, じれったがらない, すね者, ぜえ, その, その強い, その影, その日, その日暮らし, その時代, その献身的, その疑わしき, その直線, それた若い, た, たたき込んだ勘, たぶうである, だね, ちよく, つき過ぎて, つまる, つよいつよいコンプレックス, である, ない事, なきで, に従, のない, の嘘つき, はあらん, はな, はなし, ふくみ水, べくづくし, ほらを, ま, まどこ, まんざらで無い, むくれ返る入り, もでる, もはや吾活, やさしい人, やわらかもの, よい家庭, よい家庭人, よい調子, るんぺん, る下手, る不言実行, る不言實行, る中古的骨董的趣味, る元老団, る元老團, る党則改正, る公闘, る公鬪, る共産主義者, る其の, る半夜燈前十年事, る同窓會, る和光同塵, る和尚さま, る国民, る國民, る大作, る大権, る学校, る富岡先生, る富岡氏, る山県系, る山縣系, る己, る徹底, る應病與, る成上者, る戦後経営, る戰後經營, る掌中, る故紙, る教訓句集, る新, る春愁, る智, る朝鮮, る權利, る武断派, る武斷派, る殺気, る獅子鼻, る知識, る綱, る罪人型, る美的生活, る義務, る職人, る芸術, る藩閥武断派, る藩閥武斷派, る謀叛, る足, る遊侠, る道, る道徳, る鉱毒事件処分案, る鑛毒事件處分案, る降りみ降らずみ, る額, る馬琴, る黨則改正, を聞き, ノンド, バリバリの, 不垢不浄, 不増, 不妄語戒, 不景氣, 不決定性, 不減衰学説, 不穩, 不精密, 不行屆, 不開門, 人間らしい心, 但之, 低コスト高賃金, 低山, 何らかの, 依代, 侮日事件, 停胙一年, 全體主義, 其の人, 凹みに, 前内閣系, 半隷農的, 単なる商品的, 単なる生理, 即物性, 原体, 反技術主義, 反矢, 取子, 古美術, 古聖人, 可愛き子, 同一哲學諸體系, 名探偵, 善く奕, 囃し詞, 固くなり過ぎた, 堆, 多衆, 大事件, 大往生, 大政治家, 大文學雜誌, 大文豪, 大新聞紙, 大烏帽子岳, 大経綸, 大舎人, 大芝居, 大道理, 大魯迅, 女らしい配慮, 女らしい雰囲気, 女らしくない, 女らしくなさ, 女らしく封じ, 好い人, 好い景色, 好んで, 好侶, 好色物, 宜野灣, 実際派, 実際的, 実際運動, 将然形系統, 尖りたる嶺, 常存, 幽蘭也, 御出立, 御祖師花, 忘れられたる名品, 快人傑士, 快樂, 怖いもの, 怪しき女, 悪い事, 悪い思想, 懸谷, 我が信, 戦ひの, 手強い敵, 捨てて, 掘出し好き, 掘出物, 摂北, 散茶女郎, 整った美し, 斬奸, 新しいリアリズム, 新しい傾向, 新しい女, 新しい女優, 新しい戲曲家, 新しい日本画家, 新しき三角形, 新しき意味, 新しさ, 新カント派, 新ヒューマニズム運動, 新学説, 新思想, 新日本再建, 新時代, 新歸朝者, 新羅燒, 新趣向, 新躰詩, 新道徳, 旧事本紀, 旧文壇, 旧時代, 明るいという, 暗い面, 暗さ, 書き下し著書, 書けないからこそ, 書出して, 最も障碍, 最古い, 来り人, 楽しい旅行, 活きたリテラチューア, 消えない寢雪, 準戦時経済体制, 滴るやう, 漂えるの, 無戀愛小説, 無政府共産制, 無教育, 無現, 無碍礙, 無系統コレラ, 狭邪, 現實所謂人生, 生れながら, 男らしい欠点, 男らしさ, 異僧, 異嗜, 痛い思ひ, 真床, 真床襲衾, 破の, 第一内訌是, 第一誤解, 第一部, 第三期自由主義, 第三等, 第二次考査, 第二線ハ海岸要塞海中障碍物水雷艇隊等是ナリ而シテ此, 第六官, 第四次十字軍, 第四種線, 第四級民, 純文化的活動, 純文芸, 純芸術的, 細かいところ, 続徳川実記, 織色, 美しい声, 美しくない, 老恋人, 腐草土, 自反し, 自在天, 若い燕, 苦しい時, 行きづまった文壇, 被搾取階級, 要助万年, 見ざる聞かざる言, 見在, 触穢, 読みづらい, 諸原因, 諸天善神, 買われて, 起るべからずして, 転んでも, 逆手段, 逆語序, 逞しい文学的表現, 重十二銖ニ適ス, 長い学生, 阿父, 非ユークリッド幾何学, 非再建論, 非実用, 非文学, 非立憲内閣, 非論理的行動, 非開化論, 面白くて, 頗る怪, 頼まれ仲人, 馴らされて, 麗しき野

▼ 所~ (416, 0.8%)

14 ね, よ 9 と云う, な 7 という 5 から, と云っ, と思った 4 といふ, と云, と云った, と思う, と見え 3 が, が今, ぜ, そうで, ぞ, ということ, というよう, といっ, と云つて, なア

2 [21件] からである, から今, が平次, が私, けれども今日, そうだ, そうである, そうでございます, そうです, つたのだ, といい, といつた, と僕, と思い, と思っ, と思つて, と思ひます, と聞い, なあ, わ, わね

1 [256件] おいなに, お母アお前, かへはまっ, からいくら, からきめ, からこの, からこんな, からそれ, からそんな, からたちまち, からちょっと, からと云う, からと出, からなあ, からなあこの, からなん, からほか, から上げる, から二人, から住, から余, から例, から俺, から僕, から其任, から別段, から勿論, から半日仕事, から当然, から敬礼, から是, から検める, から此断案, から此街, から殺す, から片手, から特に, から直ぐ, から聞い, から自分, から蕨とり, から裾野, から附近, かわかりません, かを例, か不明, か手, か注意, があすこ, がいくら, がおまえさん, がしかし, がそれ, がそんな, がただ, がちかごろ, がどう, がなにか, がなん, がマア三枚, が一山, が五段里見, が今度, が今日, が仕方, が住む, が偽, が元, が其分化理由, が其時分, が前, が子ども, が山西, が左, が幸徳, が必らずし, が新制小, が書きたい, が書類, が此度, が汽船, が然, が生憎, が知り, が素性, が荒天, が親, が貴女, が近ごろ清水橘村氏, が首尾, が高麗村, くらいはどんな, ぐらいに考え, ぐらゐに考へ, けどしかし, けど今, けれどそんな, けれどまるで, けれども, けれどもまだ, けれども泉南泉北, けれど彼, この部屋, しあの, しねあきらめ, し思想的, し東寔, し生徒, し紅梅, し諸, そうでありまし, そうですね, そこに, っけ然, つた, つたから, つたで, つたの, つたので, つたのです, つたらしい, つた俺は, つた周文とか, と, とある, といいます, というん, という事, という宣伝, という考え, といつたら, といふ戒心, といふ春, とおっしゃる, とおもい, とかいった, とかっ, とかわりあい, とか多少, とか犬, とか經學, とここ, とさえ言われ, とされ, としか思われませんでした, として左団次, とそういう, とちょっと, とつい, とどうしても, となつて, との事, との意味, とは云え, とは思っ, とばかり思っ, とまず, とも, ともいう, とも思はなかつた, と云い伝えられ, と仰, と仰しゃいました, と伝えられ, と信じ, と傍人, と少々, と彼, と後, と思, と思いこん, と思え, と思つた, と思つて其所, と思ひ, と思ひ込ん, と思ふ, と思われます, と悟っ, と感じる, と教えられた, と是, と書い, と歌, と獨言, と申すで, と矢代, と私, と舌, と菜穂子, と見る, と言い, と言う, と言つて, と言われ, と言われます, と話し, と認められます, と説明, と豫, と貞之進, と題, と駈出し, なあそれ, なあと思いました, なと思う, なと思ひ, なんて全体何, な羊, な蕪湖, ねうまく, ねえどう, ねえ此様, ねえ父ちゃん, の, のが, のに, のにと命婦, のに此, のも, また廻り, ものです, ものねえ, もの大抵は, よきっと, よそいつ, よと云った, わなあ, わねえ, アア危いと, アハハハ, ッた, ツて, 一髪の, 何とそう云う, 何に, 何所です, 余は, 兵曹は, 其の時秀子, 彼奴の, 成程, 戸に, 権田の, 爾すれ, 玄關前の, 直に僕, 相である, 神秘性が, 秀子が, 穴の, 等と, 舞踏室で, 講武所の, 遠く霞んだ, 驅け

▼ 所である~ (199, 0.4%)

3 から, が併, と云っ, と同時に, ように

2 [13件] から夜, か一度, がかう, がこの, がしかし, がその, が今, が当時, ことも, という, と思っ, に相違, 而し

1 [158件] ああ敬愛, かそこ, かということ, かといふ, かは勿論, かも知れない, かも知れません, からこれら, からそこ, からそれ, からそんな, からである, からと思っ, からなかなか, からポタラ, から人出入り, から今, から何とも, から十七年目, から大いに, から婦人, から市女, から或は, から折角, から昔, から最も, から椈, から正しい, から立山, から苟も, から若し, から葉, から誰, から逢い, から間断, がここ, がこれ, がそこ, がそして, がそれ, がと思い, がもちろん, がアルプス登山期, が万太郎, が不幸, が之, が予, が仲, が伊沢良子刀自, が例, が兎, が其の, が吾が, が器械的, が夏, が尚, が彼等, が後, が想, が或は, が教化, が木材其他, が此處, が毎食後, が消防夫達, が漱石氏, が猶, が目的, が神經質, が私, が結局, が繰返る, が置い, が若し, が誘拐, が貨幣, が里人, けれども唯, けれども待つ, けれど物好きドコロ, けれど私, ことが, ことを, さうし, し先方, し小中大学, すなわちもし, ため庭を, だけに外来, といい, ということ, というの, というべき, という伝説, という崇敬, といっ, とお, とこう, としか思えなくなっ, とは翌日, とわたくし, と云, と云う, と僧都, と共になお, と共にまた, と共に時代, と思った, と思ひます, と猶, と示したです, と言, と評判, と闊葉樹帯, な, にしろ, に違い, のが, のである, のにすでに, のにイヤ是, のに之, のに二階, もし了解, もし當時, やうに, よりも寧ろ, んで和田, 事が, 二千五百米の, 云々, 人家は, 仄かに, 今の, 但し後, 何も, 何故に, 余は, 其ののち, 其後鑛毒が, 又動植物, 又日本, 吾等人間惟り, 塵箱の, 墓の, 壁が, 多磨全生園の, 夫から, 我既に, 故に彼等, 日本に, 明治の, 昔し, 然るに此, 町を, 石田の, 美くしい, 越前へ

▼ 所でも~ (193, 0.4%)

5 ない 4 あつた, ある 3 ないので, 鬼の 2 あった, あるの, 一種の, 海面まで

1 [166件] あったから, あった事, あつて, あつめるため, あなたの, ありちょっとした, ありまさか, ありました, ありましたかな, ありますか, あり事務所, あり何しろ, あり常吉, あり時には, あり避難所, あり金持, あるかと, あるかの, あるから, あるが, あるし, あるべきだ, あるよう, い, いい人, いろいろな, おありなされ, きまりが, こつそり, こんなじゃ, こんな工合, ございませんから, ございませんもの, さだめの, ずいぶん好意, せめてそういう, そういうよう, その人, その処分, その癖, それに, そんな所, たとえばベルヴィル, たれた夜, てこずって, とくべつの, とどかない所, どうしても, ないよと, ない町, なかったろうはず, なかつた, なかつたさ, なく又, なしなまめかしい種類, ひどく心配, みたの, みんなとんがらがっ, よい思し召し, よういならぬ, よくなる, わしの, チャンと, ノオトの, 一二を, 一号艇や, 一度焼酎を, 丁, 上総を, 予審判事の, 京都人が, 人間に, 人間の, 今や例, 仕拂, 休んだ, 住み慣れると, 何か, 僕は, 先づ間違ひ, 六十三呎ぐらい, 其半分六七俵は, 出したらどう, 動いて, 十五銭高い, 十軒内外は, 半年あまり, 半年位の, 厳重に, 合祀の, 同じこと, 和蘭文法書の, 声を, 大変だろう, 大層風俗の, 女は, 嫌な, 宜しかったら, 家具商の, 家内を, 家来の, 容易に, 察せられる, 差し上げますわい, 平気な, 年を, 彼への, 後日の, 御訴, 御越し, 怯みはせぬが, 悪かった, 態, 我慢しなけれ, 手を, 探す様, 探索を, 揉み手を, 旨く手, 有ったなら蘇生, 有る様, 木曾十一宿から, 枕に, 根戸川亭でも, 構わない一日, 歩き廻る, 気障, 決して上等, 沙埃の, 泣き寝入りと, 泥や, 滔々として, 火事の, 無い, 玩具らしい, 疎略には, 皆さん御, 相当に, 相当の, 眼を, 知ってるの, 空也が, 終末には, 罪人伝蔵の, 自分が, 舞踏と, 若い者, 蟋蟀が, 蠅が, 行って, 見たこと, 見つけられたよう, 見ながら, 見に, 見るやう, 規定の, 親子或は, 読者が, 躍気, 釣れました, 銅山に, 開かれたの, 雪の, 駒の, 黒くは, DDTは

▼ 所~ (176, 0.3%)

35 のだ 26 んだ 14 んです 11 のである 8 の, のです 5 ので 4 のでございます 3 かる可, のか, のであの 2 のだろう, のであろう, のでしょう, んだろう, んで, んでしょう, んでせう

1 [42件] からしめ, けれども興味, のかという, のかね, のぢ, のであっ, のであります, のでお, のでこれ, のでございましょう, のでせう, のでその, のでたれはばかる, のでつい, のでともかく, のでどこ, ので一犬, ので丁度, ので二人濡れ, ので偶然, ので其名, ので冬, ので多分, ので対岸, ので彼, ので思いついた, ので提灯, ので構築, ので次の間, ので漁師達, ので火事, ので第, のに, のにそち, のにその, のによくも, のに通行人, のね, のは, のよ, もんぢや, もんで

▼ 所へは~ (162, 0.3%)

5 どこへでも 2 いつて, 入れないやう, 月に, 来たいん, 来ない, 来んの, 行かなかった, 行くもの, 行って, 車夫も

1 [137件] あまりにしすぎる, いってる, いるや, いる前, お出なさらなく, お婆様, お文, かえらず再び, きのう萱生に, すぐ出掛ける, すっかり電話, そう断つ, その人, その間にも, ただ挨拶, ちっともやって来なくなった, とまりつけて, どうしても通り一ぺん, どうして来なかった, どう出たら, どう往, どう行ったらゆかれよう, どこであろう, どこにでも, どこへ, どんな所, なお時々, なかなか来なかつた, なぜでき, はいれなかった, はじめから, また築山, ゆうべ見た, よく碁, カトリックの, カンプラチンキを, カ氏署名の, 一切顔出ししない, 一番最後に, 三十マイル程度でしょう, 上がりにくく, 二度と戻らぬ, 今朝で, 仏様か, 何里位ある, 來なかつた, 例の, 入道自身すら, 全部行つて見た, 公家の, 出ずに, 出て, 出ないの, 出られない, 出られなかった, 出ん, 出入りを, 初めから, 別に挨拶, 同じ鋳物, 外国人なんぞ, 大分人が, 大抵知らし, 始終伺う, 宵の, 寄らないはず, 寄りつかない, 尋ねて, 届かぬかも, 届きません, 帰さないと, 帰った事, 帰らないよ, 帰りたがらずグッドモーニング, 帰りませぬ, 帰るつもり, 帰れない, 幽霊が, 往くな, 往けないと, 微行で, 情けを, 戻らない, 手が, 手紙だけを, 折々行った, 押し寄せて, 持って, 日参し, 早くも, 昇れないと, 昼の, 時々若い, 曰く, 村人や, 来た, 来たかい, 来ないだろう, 来ないで, 来なかったの, 来なかつた, 来ますまいと, 来れなかった, 毎日の, 毎朝五ツに, 沢山脅迫状, 滅多に, 無反省, 無論通知, 父の, 片付けぬと, 矢張り信頼を, 石城の, 私だって, 私の, 絶対に, 繁, 群蜂来たり, 聞こえて, 舟は, 芳秋蘭という, 落ちて, 落ち込んで, 行かずに, 行かないの, 行かないよう, 行きたくない, 行きませんでした, 行けないだろうと, 行けないの, 行っても, 訪問に, 詩名が, 誰も, 谷合の, 買出しの, 顔を

▼ 所~ (149, 0.3%)

3 知らないが 2 あの娘, あらゆる者, 今では, 出て, 奉公口の, 彼は, 御花見, 沈んだ調子, 見覚, 近所の

1 [126件] あらむや, ありませぬか, あるいはこの, うっかりし, え消える, このあたり, この己, さもなければ製糸所, したたか傷を, すぐに, その一軒, その跡, それとなく様子, そんなら, そんな血腥い, でなければ例, どっちかへ, ならず蜀軍, まず鼓膜, または靴, むしろ其, むしろ憎悪, もつともつと遠く, よく思おう, ホンの, 一層露子, 一時大, 一歩一歩と, 二度も, 二所は, 五十川女史の, 人を, 伊豆, 何かが, 何かに, 何時でも, 僕が, 僕も, 兄の, 全く自家, 其所らあたりを, 其辺へ, 凄腕の, 勝手は, 勤めて, 千九十ポンド四シリングから, 卒然先ず, 却って種々お, 却って苛立った, 又はモスコエ, 叩かれたり, 君の, 唇には, 国籍さえ, 外の, 多分鬘, 大きな軍需工場, 大変目出度い, 大磯の, 奥まつた家, 奸譎い, 嬰児健康相談所かに, 存じませんが, 官庫に, 家に, 宿屋かに, 寝る所, 寧ろ顔, 往來の, 御本宅, 御用の, 心中大いに, 急に, 或場所, 手を, 打ったら犬, 打ったり, 支倉は, 明い空気洋燈, 是あらん, 最も平凡, 月と共に, 柳子の, 此分ぢや, 殆ん, 気に入ったもの, 気の, 水の, 沈んで, 沢は, 生硬なる, 相当可愛がられ, 眤と, 知ら, 知らない田舎, 知れないほど, 石垣でも, 礼の, 私には, 私は, 私柄と, 紫色の, 締りの, 繃帯さえ, 聞きも, 自ら代助を, 自分の, 花びら一つ自由には, 行って, 行つて見たい, 西部の, 要心深くふせられた, 見たやう, 見つかるまで, 見覚えの, 譯者の, 遠いところ, 金峰山の, 鐘が, 離れたお, 非常に, 頓と, 頭の, 頼むやう, 風は, 鼻の

▼ 所にも~ (129, 0.3%)

2 ある, 務めた, 同じよう, 鳥なぞが

1 [121件] あって, あつた, あてはまらない, あらず, あり得ないだらう, あり難波, いさ, いない, お前を, かかわらず縁故, こうした木戸, この語, この調合, これなき, ございますわ, して, しばしば参っ, せよ空想, そうした影響, その所因, そんな現象, どこか, どつた, ない, はいるつもり, へんな, また寝室, やはり開け, ポケットが, 一つの, 一人の, 一匹は, 一掬の, 丘と, 二つぽたぽた, 二匹うずくまっ, 二度ほど, 些細な, 人っ子一人いませんでした, 人間らしい, 今日では, 似ず無, 似て, 住む人, 何かの, 何となく世間, 俗間信仰の, 倉庫から, 入つて, 其記事が, 冬は, 出場が, 匂いの, 又敬語, 古い絵, 善い点, 困つて, 大きな原因, 実はけっして, 寝ず身, 尊氏と, 小さな町, 居ない, 居ませんでした, 居らず, 居られんで, 届けろと, 山が, 巻きつけました, 幸福の, 得て, 思える, 所有を, 手が, 時々訪ね, 来たと, 来りし事, 来れるかなと, 柵が, 案内せられた, 梅は, 残つてゐる, 気を, 泊るもの, 流行って, 温泉が, 源氏の, 理由の, 甚だ多し, 用ゐ, 発見される, 白い革紐, 相違ない, 穴が, 背中で, 脚の, 脱け, 著し, 蓆を, 行かれて, 行き兎, 行ったり, 行つ, 見いだされるであろう, 見えなくなった, 見つかりませんでした, 見ない所, 見出されない, 見出す事, 見受けること, 認むることができない, 這入って, 通つた, 遊び金が, 運び兼, 道理が, 釉薬なく, 間近だ, 響きを, 頒けて, 馬を

▼ 所です~ (128, 0.3%)

161294 から 3 からこれ, からね 2 から私, が, が私, の, ものね, わ, 私が

1 [67件] かとき, かと聞いたら, からいざ, からそんなに, からどうも, からなかなか, からよい, からチベット, から今, から今日, から勿論, から奔走, から少し, から御, から死んだ, から漢中, から罪障消滅, から胸, から自宅, から自然そう, から荷物, から藁工品, から酔い, から随分, があすこ, があなた, がお, がお気, がこの, がそこ, がどうぞ, がどんな, がねただ, が世界, が信心, が先日, が別段, が山, が既に, が村, が此, が渓谷, が甲板, が真に, が私情, が鳥, けれど, けれどしばらく, けれどまだ, けれどもどうか, そこに, そしてそれ, って, とあの世, とたちまち, と答える, どうしても僕, ねえ, のに, ヤモウ先刻も, 今お客, 仲, 併し, 其れ, 初めて, 呉俊陞さんの, 決して当人

▼ 所なく~ (125, 0.2%)

13 して 2 天地の, 常に正義, 精細に

1 [106件] こればかりを, そして等しく, その前, その見る, その運送店, ただ僅か, たちまちわい, てはならぬ, どんなに愉快, もてぞ, んば, ズバ, ノオトを, ンば, 一挙手一投足も, 万豊の, 上座に, 中より, 之が, 乱れ散る涙, 二人を, 今では, 今日からは, 会得せり, 佐久間の, 併呑し, 依然学問, 働いて, 其の本, 其所い, 具る, 内気なれ, 写されて, 出てからも, 勿論この, 包まれて, 単にその, 却つて後世に, 又殆, 受けとりながら, 受用度あり, 叙せん, 周遊巡了つかまつりたき, 喜びも, 売薬の, 太宰府の, 学問即ち, 小楠の, 居廻りに, 彼女は, 往きて, 従って, 從つて無, 必ず細き, 想ふ, 憂ふる所, 手を, 把握された, 拘る所, 招きしが, 捜索した, 描き出して, 斷行した, 智勇交も, 書き記して, 最も大, 材料を, 正面より, 渾然として, 濁声で, 烟霞をこそ, 熱烈に, 特に政友会, 特に政友會, 犯行の, 猛然として, 獄中血を, 現わし, 申述べた, 発揮し, 発揮せしめる, 知る所, 笑ふ, 紀昌に, 綿密に, 腕を, 自由党総務委員の, 自由黨總務委員の, 自讃, 舞台として, 芸者は, 荒蕪の, 落ついて, 虚空を, 解消された, 言下に, 記述し行く, 記録を, 詠みつくされたと, 諸事を, 貪り盡, 通弁し, 連年巡幸を, 難を, 面を, 麻縄を

▼ 所ある~ (122, 0.2%)

7 可し 5 か, が為, を見る 4 に由る, 可から 3 が如く, が爲

2 [13件] と同時に, に非, も故, も清廉潔白, や何, を免, を惜, を見, を見ざりき, を見ず, 原因なり, 可く, 如くに

1 [60件] かも知れぬ, か又は, か否, がごとく, がそれ, がゆえなり, が如く感ず, が如し, が故, が故に, が為也, が結句人, が結句芸, けど親切, こそ眞, というもの, と云, と思ふ, などいふ, にこそ, にぞ余, による, によるべし, に依る, に非ずし, の, のかい, のみならず, の證左, は, はこれ, は独身者, は蓋し, は設令迷信, ひは, もその, もので, ものと, ものに, ものの, ものの如く, も事実, をいふ, を以て聊か, を免れず, を心, を発明, を知らざりし, を知るべし, を覚う, を覚えず, を認む, 事, 人の, 営業の, 建てかた, 最小の, 由, 神話は, 者鶏を

▼ 所~ (120, 0.2%)

3 あると 2 名を, 変圧所の, 待避壕なんかが, 政治や, 筒や

1 [107件] いろいろの, お茶を, その他いろいろ, その他に, その他の, とこと, なにかを, ひどく不手際, または怪しげ, やさしい花嫁, よる, クラブも, バスは, レーニングラードの, 上, 下馬先や, 下駄工場へ, 不明な, 両国の, 両組与力弓削, 二個所で, 人の, 仮名書きの, 何とも云え, 便所で, 保育所の, 兄きが顔に, 公卿将軍および, 公開の, 共同食堂クラブなどが, 利根川と, 医院などの, 印刷局やの, 友人の, 君の, 味の, 和子たちにも, 国家総動員計画や, 城へ, 堂の, 売捌店が, 大きな麦酒店, 大勢の, 妹が, 子供の, 子供公園である, 宴席で, 宿屋の, 寝所に対し, 山下家の, 帳屋といふ, 幼稚園や, 怪しげな, 恐ろしい所, 所司代などの, 政所では, 春日出発電所へ, 春秋社版と, 暗い穴, 本願寺の, 東海道の, 柔かに, 植林道路, 次の間は, 武場の, 段丘の, 決断所で, 河中に, 浴場の, 消毒所, 消毒所で, 淡路市村の, 渋谷発電所の, 湯屋の, 熊笹を, 狡猾い, 狭い庭, 発音の, 磯松の, 秘密警察の, 笹の, 粗末な, 缺落した, 缺陷を, 臨海実験場へ, 色などを, 花卯つ, 蔵などで, 裏の, 西の, 西御, 見えかくれに, 角に, 診療施設など, 議事堂でばかり, 貧乏くさい, 貧乏人の, 贅沢いい, 酸に, 金を, 金属の, 鉄道線路の, 錠の, 開墾役所を, 風呂などを, 骸骨島が, 鬢の

▼ 所へも~ (112, 0.2%)

3 行って 2 寄って, 来て

1 [105件] ああや, あまり行かない, いかなくちゃ, いくでしょう, いっしょに, おいでに, お経, お願いにも, きこえて, きたん, くっついて, ぐつてしまへ, この小さな歌, これからは, それを, そんなの, ちゃんと依頼, ときどきに, どつて行, なかなか出, ふっつり寄りつかなくなる, まいりましたが, まいりまして, もう誰, やって来た, ゆきどころ, よう来ない, 一二度やって来た, 一度往つて暇乞, 上らせて, 二人の, 人目を, 何かしら手土産を, 何とか云っ, 全く分らなかった, 再三出頭, 出られず帰る所, 出入りし, 別れの, 吉江孤雁氏の, 同様に, 和尚さんの, 報告かたがた行きました, 客が, 寄った, 寄ること, 少しの, 就職の, 届けて, 届け出の, 山荘の, 帰れないかも, 帰れなくなるの, 帰れなくなるのに, 常不断御機嫌伺い, 平気で, 年来の, 廻って, 往かす所, 往かれよう, 往けねえという, 御機嫌伺いに, 手紙を, 持って, 捜しに, 捜し方, 時々若い, 来た, 来たかい, 来るだろうから, 来る由, 毎度無心に, 毎晩の, 江藤三輔の, 片上天絃氏, 片付けられませんので, 現われる, 現われるし, 現われれば, 私の, 稀には, 立寄って, 絵手紙を, 行かず余程, 行かず宮中, 行かれまい, 行きつかずに, 行きつつ, 行きました, 行く事, 行けませんし, 行ったらしく帰って, 行ったエ, 訪れて, 訴人が, 詫り, 退路は, 送つて来, 連れて, 遊びに, 遠くな, 遣っては, 長い手紙, 顔を, 養子に

▼ 所なき~ (97, 0.2%)

3 にあらず, に非, 比喩に

2 [14件] か, が如し, ことを, にしも, のみ, のみならず, の故, ものに, ものの, も本, や反, を得ず, を惜, 也

1 [60件] が如く, が如くなる, が如くなれ, が為め, が爲め, こと疵あれ, その饗応, ときは, とき乗りは, にあらざるべし, にあらざれ, にいたれり, にもあらず, に在り, に悶々, に至った, に至つて, に至り, に至るであらう, の感, はその, は之, は必然, は日本, は活溌, は為さん, までに狂, までに発達, まで眉宇, まま袁術に, ものにて, ものは, も他方, も山県公爵, も山縣公爵, も早晩政党内閣, も早晩政黨内閣, を, をいふ, を以て余, を以て屋後, を得ない, を期すべからず, を見る, を認めずん, タニグクとの, 半保護國たる, 唯々慨歎する, 大丈夫である, 妄誣に, 有様とさえ, 本当に若い, 点に, 現代的の, 者に, 者の, 者は, 能はず, 自己陶酔キザな, 身だ

▼ 所あり~ (96, 0.2%)

3 と雖

2 [11件] て我輩, て故, て無理, て生来甚だ, という, とする, とせ, とは他, 出京後重井に, 土佐派は, 次で

1 [71件] あるいはこれ, いまだ同志, かつこの, げな, この点, さてこそ, しばらくこの, そこが, そは, たり, たりといふ, ていまだ, てか人生, てか良き, てか遊学中, てこれ, てなりといふ, て余, て全部完成, て取り, て壮快, て尋常小説, て引き潮, て打解けざる, て明白, て暫く一心に, て曰く, て正午, て浮雲, て清新, て甲, て股, て馬, といふべきなり, といわん, となす, とのこと, ともいひ, と斷, と聞く, と聞けり, と読んだ, なんぞ妄り, ひそかに, また旅館, やわれ, ネトリ川淵と, ロンドンの, 一座白け渡り, 先生が, 十月十三日在京の, 原を, 土越二藩尚, 奮然書を, 如何にもし, 市中に, 或いは好む, 拙妻, 是を, 是昔時の, 東西境遇の, 横鎗を, 物価も, 独りうれしく, 老躯と, 而し, 臥薪甞胆其の, 至聖所あり, 至聖所には, 遂に再び流浪, 雑貨店あり

▼ 所~ (89, 0.2%)

6 である 3 だ, だと 2 で, であらう, ではない, ではなく, でもあつ, で有

1 [65件] か, かその, かぞく, かとも思ひました, かなんぼ, かろくに, か今日, か何, か何となく, か其顏, か天氣, か幹, か村落, か爛れ, か盜, か負, か途中, か非常, か餘計, が多い, すところみな, ぞと一喝, た, だか, だな, だらうか, だわね, だん, であつ, ですな, でせう, でもあらう, でもあるまい, で人間, で散策, で知らなかつた, で私, で致し方, といへ, とかで, となし, とも判明, と思ひ込み, と罪報, と考へ, と考へる, と言句, と遺跡, なきにも, ならむ, なりき, なりと極論, なれば, にし, にした, にてこの, に傚, に有, に由つて, に當つて, の價値, もあるでせう, を以て推す, を捉, を種々

▼ 所より~ (82, 0.2%)

2 御帰著, 言へば, 遠いか

1 [76件] いでたる血潮, お前などが, して, する批判, たおれた, ないの, また五六段, ズット下った, 上がった火焔, 下流に, 主犯は, 何の, 余儀なく右, 僅か離れし, 先に, 出たる咄, 出で, 出でたり, 出身せり, 博奕場の, 去らしめられたい, 収賄し, 可笑味, 四五間の, 四五間ほどへ, 堀河東入る, 多くの, 大なる, 宿に, 小田原へ, 小金井村境橋まで, 少し低い, 引離さるとも, 意外の, 成立候論なれ, 推測し, 收賄し, 数町を, 望むに, 望めば, 来る, 来るの, 某局へ, 森の, 榎木戸村から, 殷を, 清潔の, 湧くが, 為寒中慰労生牛一疋兵隊へ, 理性の, 痴情怨恨から, 直ちに推測, 第四十三番潜水洞, 筆を, 箱根の, 綱手ひき, 聞き知りしか, 聞こえくる鉄, 自然に, 落した汗, 落ちて, 血液中へ, 覗けば, 言ふと, 許されて, 諸, 起こりしと, 足利若御料の, 跳り出し, 追放さる, 金五拾円を, 金看板は, 願出を, 高所に, 鯉は, 鼓の

▼ 所という~ (79, 0.2%)

7 のは, ものが, ものは 5 のが 4 ものを 3 ところの 2 ところが, ものの, ものも, ような

1 [38件] ことが, ことで, ことに, ところに, ところへ, のに, のへ, ふうに, ものへ, んだ, 世間離れの, 事に, 働くもの, 刑務所の, 名目を, 名称の, 大きな札, 意味, 意味すなわち, 意味では, 意味と, 所へ, 支度を, 教頭心得, 文字が, 文字を, 方は, 札の, 札を, 朱文字を, 標準を, 看板が, 看板を, 紙の, 義であろう, 語は, 貼紙が, 避難所を

▼ 所~ (72, 0.1%)

2 しなければ, に迷, を付ける

1 [66件] ができる, が出来ません, したらう敏捷, したら好から, したろう敏捷, して, しようかと, しようと, し様, するもの, する法, であったが, であるかを, ということ, としては余, として斯く, と心得ます, なさろうと, にしなけれ, については両人, について一言申, について手紙, につき色々, には文句, に一點, に困っ, に困った, に対して始め, に憤り, に窮, に苦しんだ, のみにし, はおもいつかなかった, はすぐ, はどう, は一向, は出来ない, は萬事此二先輩, は見えず, も出来なけれ, も取らず, よりも同情, をし, をしなく, をそのまま, をつけ, をつけた, をつける, をとったら, をとる, を信じ, を其儘, を取った, を取ったろう, を取つたらう, を取らなけれ, を咎め, を嫌う, を怪しまず, を托する, を施す, を是認, を聞き糺し, を錯, 及び文化度赤夷亂妨, 振り何ん

▼ 所なれ~ (69, 0.1%)

2 ども彼, ども斯く, ばこれ, ば極めて, ば痛は

1 [59件] どもいかんせん, どもかつて, どもここ, どもこれら, どもさばかり, ども一歩, ども人間, ども今, ども何ぞ, ども其, ども其名山, ども右, ども唯一概, ども急病, ども我, ども我国古来, ども我輩, ども或は, ども改悛, ども既に, ども本文, ども案ズルニ今日中ニ事, ども流石, ども真実親愛, ども眼, ども芭蕉, ども衣裳, ども講堂, どマ, ど世, ど今日, ど個, ど大, ど如何, ど心, ど河原, ど爾, ど矢張政治科, ばあるいは, ばここ, ばその, ばとて常, ばなり, ばオサキ, ば令嬢, ば吾人, ば姑, ば我が, ば敢えて, ば森閑, ば母, ば猶, ば略し置きぬ, ば目科, ば知れません, ば碑文, ば社会, ば訪, バ持ておる

▼ 所を以て~ (63, 0.1%)

21 すれば 3 これを, 之を, 見ると 2 これに, せば, 観ると, 観れば

1 [25件] しても, すると, するも, ニイチエの, 亡者に, 今まで, 他の, 元義の, 奉公を, 孝経の, 家督相続を, 常世国と, 得意と, 所謂見, 拠るべしと, 推すと, 推せば, 既に明白, 此に, 満足しなけれ, 痴態と, 罪なりと, 花の, 見れば, 読まない所

▼ 所として~ (61, 0.1%)

2 可ならざる, 名が, 奉職する, 有名である

1 [53件] あるいは一つ, えらばなければ, おごそかなる, この山, すでに根柢的, そこが, まさか無責任, やって, わたしたちの, ハッキリ認めた, 伊達黒田島津毛利に, 住って, 何もかも, 余り名だたる, 使用され, 借りた建物, 先づ春秋, 勝たざるは, 占領される, 和歌でも, 大きな堂宇, 居る, 山に, 市内某所を, 希望し, 広々した, 建てたもの, 強制せられるなら, 徳川家に, 心の, 感ぜざる所, 憤り悲しんだ点, 或は秋風, 採るべき方法, 推薦した, 数多い中, 昔から, 有名です, 標の, 玉を, 発表され, 知られます, 私に, 統一された, 考えては, 船場新聞という, 設けたので, 設けた此, 起って, 阿波三好党は, 降嫁せらるる, 隅田川御殿という, 風流男の

▼ 所じゃ~ (58, 0.1%)

10 ない 4 ないか 3 ありませんか 2 ありません, ア無い

1 [37件] ありませんから, ありませんでした, ありやしねえ, ございません, ござりません, その廊下, そんないい, とにかく僕, ないお母さん, ないじゃ, ないぜ, ないぞ, ないだろうね, ないでしょう, ないと, ないの, ないよ, ない一里半, なかったの, なくってよ, なしお, ねえでしょう, わるくない, アありません, アありやせん, アえらく, アございません, アない, 仕方が, 大騒ぎです, 御嬢さん, 時間きっ, 海を, 無い, 猿でも, 腹膜炎を, 買えたもん

▼ 所とは~ (58, 0.1%)

4 違って 3 ならないであろう, 何の 2 ならないという, 反対に

1 [44件] あえて矛盾, いえその, お酒, その辺り, たった廊下一つ, つい三間, どこか, ならずして, ならず消費者, ならないが, ならないけだし, ならないであろうという, ならないと, ならない彼, ならなかった, なりかねた, はたしていかなる, はなはだしく異なっ, ほぼ上述, 一定の, 二町ばかり, 云え折, 井戸の, 余程離れ, 作者が, 大分に, 学生らの, 思いませんでした地, 思えない, 思わなかったわ, 思われなかったの, 思われません, 斯る, 昨夜到着する, 氣の, 淀や, 畫風の, 相違し, 称えなかった, 襖子一重隔てた, 見るところ, 誰々なる, 違ふと, 遥かに

▼ 所にて~ (58, 0.1%)

2 候, 本土安堵を, 論人に

1 [52件] お心静か, かの國人馬, その間一種いふべからざる, またも, めしやの, ジヤルルック君一風呂敷買ひ来りしか, 一人見受け申した, 上下木枝を, 予定の, 仏艦スチツクス号に, 作る, 候ほどに, 催されしが, 其性理學にては, 十人よりは, 受けし餞別, 呼び止められ, 問われなば, 大倉もうけ合ひさうな, 大気焔, 女房の, 学堂の, 屋島の, 巡査の, 待ち伏せたり, 後廻しと, 思いがけなき君, 怯みも, 我は, 承われば, 披講, 斬らる, 此処の, 毫も其痕跡, 求むべしと, 浴せず, 消毒し, 無惨な, 煙管にて, 犬畜生同様名も, 猿に, 白血症の, 種々と, 紀州の, 絵葉書扇子御, 船を, 苧紐にて, 虎に, 見せ参らせ候はん, 越後なる, 配所の, 首を

▼ 所なら~ (54, 0.1%)

5 んや 4 むや 32 むや我輩は, んか

1 [38件] あたし誰とでも, お住ませする, これから度度お, さもうれし, ざらんや, たとえ甲武信, どこへでも, どんな所, ね語学, ね語學, ば僅か, ば先ず, ひとて, まだしもだ, まア豚, もっとずっと安く, ゆつくり, わたしも, ん, ん余は, ん然, 一目で, 何の, 口を, 同志を, 君に, 壬生とも, 外にも, 好い, 孰れ, 宜いが, 海の, 満洲, 無理に, 穀類野菜ともに, 郁芳門の, 野だ, 馬とて

▼ 所へでも~ (54, 0.1%)

2 いらっしゃるが, 斯の, 置いて, 行くの, 行ったの

1 [44件] いらしたん, いらっしゃい, お納めなされ, たよ, どこへでも, よく通り, 伺って, 入って, 入らしったの, 入り込まれるよ, 出かけるよう, 出掛けて, 失走しっ, 始末し, 差しかかった時, 引張られて, 役所へでも, 往きたくな, 往くだね, 往った, 書き足して, 来たよう, 来るの, 構わずあがって, 死物狂いで, 潜り込んで, 登つて見ない, 若年寄の, 行こうかと, 行ったん, 行って, 行つて, 行つてマネキンに, 触れたよう, 話に, 越すより, 身を, 送りこむより, 開店為ようという, 陥って, 預けて, 飛びこんだらよかろ, 飛んで, 食客に

▼ 所番地~ (54, 0.1%)

1 [54件] が何と, が刷つて, が書い, が鉛筆, さえわかっ, である, でございます, というもの, と名前, と地図, と姓名, と野中幸吉, なんか要る, にいる, にとんでも, の大, の家, は, はちゃんと, はッ, は三度び転籍, は書いてない, は次, は知ってるだろう, へ出かけました, もなく, もわからない, も何, も知らなかつた, も飛び, をお, をきい, をたより, をゴム版, を刑事, を告げ, を控え, を控える, を教え, を書き取っ, を書き取った, を書こう, を申し置い, を確かめた, を示した, を紙片, を聞い, を襲っ, を言いました, を言い置き, を言っ, を訊い, を調べ, 書いた紙

▼ 所なる~ (53, 0.1%)

7 可し 32 がゆゑ, が故に, に侯, ものが, ものを, をや

1 [31件] から殊更, か將, か知れぬ, が, がこの, が今, が偖, が可, が四, が如く, が本邦, が馬琴, こと人皆知る, に今, に君, に目科, のみ, は既に, は既に屡々, らむ, を, をもて, を以てこの, を以て仮令, を御, を知らぬ, ポルチウンクウラの, 作者としての, 本家に, 神谷酒造合資會社旭川釀造場を, 臥像は

▼ 所~ (52, 0.1%)

3 太夫の, 太夫義辰の, 太夫義辰は 2 別当へ, 太夫を, 太夫義辰という

1 [37件] あるみに, ケンカヲ, コトヲ, コン意, 二刀流, 働作ナリ, 太夫か, 太夫などが, 太夫などと, 太夫は, 太夫も, 太夫父子をも, 太夫義辰と, 太夫義辰にも, 太夫義辰も, 太夫義辰を, 太夫義辰殿の, 太夫自身の, 宗旨ニ帰依セシムルコトナリ, 寄人, 寄人などは, 市場ニハオレガ乗ル蒲団ヲ, 木蘭舟ハ即, 査問, 毒水ト毒屑ト, 毒水ト毒屑ト久シク澗谷ヲ, 海洋ニ在, 百姓モキモヲツブシテ私共二三年諸方ヘ, 空想ガコノ柔カイ掌, 童ガ汲ンデ用ヰタト騒イデ大内裏中七日, 老人ハチョットシェパードガ足元ニ絡ミ着イタヾケデ転ンデ, 詩筆四十載, 識トハ凡夫, 軍國主義ニ非, 長者とか, 長者の, 頭人造楮幣使中御門

▼ 所だった~ (50, 0.1%)

4 のだ 2 かも知れません, が, のである, のです, んです

1 [36件] からな, がいま, がうまく, がお, がそこ, がその, がそれ, がそんな, が主従, が事務長, が後, が焼けた, が足音, という伝説, という気, とかで, とはなにか, と思っ, と記憶, な, のであろう, のでございます, のでした, のでその, ので少し, ので旦那, ので転じ, のに惜しい, のよ, のを, ものです, よ, わ, んだ, 列車に, 為めに

▼ 所であった~ (48, 0.1%)

2 のだ

1 [46件] あゝ誠に, か, かのよう, からそこここ, からそれら, からだれ, からほか, から中, から九州, から手紙, から物寂しい, から興奮, から高い, か黄昏頃, がそれ, がわれわれ, がテープ, が今や, が晩夏, が甲陽鎮撫, が面倒, が黒い, ことを, しそれに, そうである, と思います, と逆, のかも, ので, ので巻物, ので自分, のにエエ, ように, 中庭の, 之を, 事から, 二階座敷から, 今から, 何ぜ, 国民学校の, 室の, 斯様な, 旅館の, 最早妻, 杉村楚人冠は, 由

▼ 所なり~ (48, 0.1%)

3 而し 2 しに, 云々, 但だ, 閣下或は, 青木氏は

1 [35件] おほ, か, しかれども, しこうし, しと, しなり, や否や, コルレジヨオが, 下官愚昧短慮を以て, 之と, 五十年の, 今に於, 今は, 何の, 假令重忠の, 先づ蜂起を, 其言頗る, 凡そ世, 吾人も, 多寡は, 故に余, 故に勝負, 斯くし, 早く義村, 暫く此処, 然るに彼, 然れ, 爾は, 目安箱なりへ, 義盛鬱陶を, 翌日は, 葢し, 蝉の, 諸君は, 遊び場でありました

▼ 所法師~ (47, 0.1%)

3 と同じ 2 のこと, の如き, の如く, の徒

1 [36件] が延暦寺, が東寺, が諸国, であったと, であった事, である, とある, というの, という下級, という古い, という名称, とか右, となった, との関係, と云った, と呼ばれた, と声聞師, と連, などとあっ, についてはわずか, のあった, の事, の名, の名称, の後裔, の所々, の掃除人等, の文字, の類, は到底, は平安京九条, も常に, や祇園, や高野山, を法勝寺, 同祇園感神院

▼ 所だけ~ (44, 0.1%)

2 あって, 切り抜いて

1 [40件] あそこの, ある, あるなと, この花, すきの, だ, だったの, であって, である, でなく他, では, もとの, よせぎれの色が, ニス塗りの, ハし, 伺って, 似て, 俺に, 全然形, 大体の, 天井の, 子供離れした, 少し低く, 少し動く, 弱点が, 微かに, 明けて, 歩いて, 死ぬよう, 深く掘っ, 照らして, 異様に, 眼を通しても, 紫鉛筆で, 綜合し, 見つけて, 選びそれ, 雨戸を, 霧がか, 食べた

▼ 所までも~ (41, 0.1%)

2 ソシアスとして

1 [39件] およいで, おりて, お助け, かさにか, ついて, のそのそつい, アノ報酬に対し, ズンズン歩い, ハッキリと, 上手, 人を, 其の有罪, 劇烈に, 力まかせに, 夫の, 平気で, 打解けた御, 来たが, 来なかった, 殘し, 没した, 波及し, 疑ひ信ずべき理由, 発達した, 真直に, 着物の, 知りぬいて, 私しが, 聞こえるよう, 自ら信ずる, 自由に, 行ったが, 行って, 見るつもり, 誠しや, 足尾銅山の, 追い込んで, 達した, 際限なく

▼ 所までは~ (37, 0.1%)

2 とどきません, 確かに

1 [33件] あの当時, いいが, まだ二里, まだ遠い, チヤンと, 一番短い, 下り坂が, 中, 二哩ほどしか, 僅かに, 出られないの, 分らぬけれど, 否定しない, 大抵一致, 好いが, 必ず備えられね, 手を, 果されて, 楽に, 母屋の, 白く研磨, 真直ぐに, 続いて, 聞きとれない, 聞こえませんでした, 行かず外観, 行かれない, 行き切りたいと, 見に, 読み入れられないの, 通常の, 進む本気, 雪の

▼ 所~ (37, 0.1%)

1 [37件] から駈けちらし, がこぞ, ではございません, といったかよ, との縁, との間, とも何, と同視, なかま, などもみな, などを書いた, には公共労働, には豊年, に保護, のうち, のわめき, の中, の加勢, の多い, の大, の女, の屋根, の抗争, の板小屋, の狂暴, の生き方, の生態, の男女, の結束, の芸人たち, の袋だたき, は国々, まで, までがこぞって, もまた, や浮浪, をみな

▼ 所~ (36, 0.1%)

2 を根據

1 [34件] であるから, と, との是非取捨如何, との衝突, と發明, と自説, には何等, によるも當時有名, に増加, に異ならぬ, のごとく, のみは幾分, のヂパング, の事實, の佛典, の信じ, の信憑, の如く, の方, の正確, の法句, の法句經, の諸説, の間, は下, は事實, は大, は年代, は發智論, も信憑, も大, も部分的, を自説, 聞する所

▼ 所~ (36, 0.1%)

3 されて 2 される昌造作, して, の古文書, の文書

1 [25件] しなければ, する, する元, する最も, す花山院家忠以後八十人, であつ, で史學會, として紹介, となつて, にし, になつ, に歸, に關, の, のこの, の大福帳型, の天寶五, の弘化年間印行, の後白河院宸影, の書, の標本, の物, の珍本, の蘭, 新疆史料解説

▼ 所であり~ (35, 0.1%)

1 [35件] おもかげ, かつて西行, この仕事, さうし, そして彼, ながらわたくし, ながら実は, ながら当時新, またそれ, またアダム, また寝る, また護り, ジエレミエー第, ヴァティカノの, 乍ら思ふ, 今では, 其処での, 別莊, 単に童蒙, 又世間一般, 又興味, 又降臨, 同時に東, 壇上には, 宗の, 彼の, 彼れ, 我が好む, 根神も, 死刑の, 然も, 礼拝所である, 編輯部である, 蒸溜器である, 輪王寺の

▼ 所だけは~ (33, 0.1%)

1 [33件] きまったとしても, こうやつ, この版, こぼれ種から, ご存知なく, そっくり残し, どうぞ許し, どこに, ほんとうであるまい, ガラスの, ギリギリ縛っ, ノオトを, 一寸此処, 余儀なく修繕, 依然として灯, 保有し, 出来た訳, 刺しましても, 削つて, 取り除ける事, 口に, 墨で, 好かん, 心身の, 早くキマリ, 暫時例外の, 細かい汗, 腐って, 螫しまし, 解た, 言って, 読みにくかっ, 駕籠に

▼ 所などは~ (32, 0.1%)

2 どうしても学校時代

1 [30件] あるかなしかの, かえって朗らか, この人, この時節, しばらく度外視, しょっちゅう浅い, どうでも, ひらかない, ほとんど無意味, よく性質, よく柏木, 一つも, 中, 五寸から, 今でも, 何う, 初演だけに, 前の, 塵ほども, 大形に, 子供の, 寧ろ菊慈童, 少しも, 弘法大師が, 忘れて, 感心じゃ, 袖で, 見当らない, 誠に支那, 通例なら

▼ 所において~ (32, 0.1%)

1 [32件] いつも味方, これを, するも, そのまま使用, それが, だった, どうしてこれら, パリーの, ヨオロッパ人との, 一人の, 久しぶりにて, 九十賀を, 低語歎息, 光って, 加茂川や, 和蘭軍医メールデルホールトの, 営まれつつ, 地底を, 大麦製の, 少弐一族, 曹操と, 死刑の, 毎晩の, 物体を, 盗める品物, 突如と, 自ら首を, 艦艇を, 行われる三分利付フランス国債, 見受けられます, 路傍の, 醗酵する

▼ 所からは~ (31, 0.1%)

1 [31件] いくつも, この趣, すぐに, すぐ前, すぐ去りたくなる, それも, なんの, やがて彼女, よく見えなかった, 二三本寄せ, 何処までも, 勝手方勘定吟味役が, 始終手紙, 始終逢いたい, 惟光を, 手紙で, 早飛脚に, 杉森は, 母の, 毎日会い, 烟が, 生れて, 真赤な, 矢張り宵の, 繻子の, 見えなかったが, 見えぬ先, 見えぬ所, 長い途絶え, 麦小麦の, 黒いけむり

▼ 所さま~ (31, 0.1%)

5 をお 3 はそれ 2 をはじめ

1 [21件] いや足利一類, が建保六年, でございましたから, とそれから, と共に御, と御, と連れ立つ, などは両, のおつき, の女房, の御, の御事, の御物, はかしこき, はご存じの, への御, もさだめし, もすでに, も御, を御, を遠い

▼ 所たる~ (31, 0.1%)

4 に於 2 のみ, のみならず, は無論, 某監獄

1 [19件] が如き, により上聞, に止まらしめ, やもしれなかった, や火, フランス, フランスへ, 丸ビルの, 京流吉岡の, 公園に, 営中に, 奴國の, 本所停車場の, 育児院に, 荘園の, 角に, 豪族の, 越前の, 非人部落が

▼ 所からの~ (30, 0.1%)

5 お召し 2 ように, 帰りに

1 [21件] おたより, お帰り姿, お書付, お触で, お触れが, お触状, お達しでした, きびしいお達し, 一顧の, 使いの, 剪紙, 声である, 崩壞物が, 帰りな, 廻し者であろう, 書状を, 案内状であった, 沙汰が, 脱走者だ, 迎へが, 電話で

▼ 所との~ (30, 0.1%)

4 間に 3 色を 2 間の

1 [21件] あいだを, ある理由, ある脈絡, 交渉が, 仕切りに, 区別は, 御仲, 意見の, 真実なる, 眼を, 結びつき, 連絡も, 連絡滝村が, 長短遠近ある, 間その, 間には, 間は, 間を, 間隔が, 関係, 関係で

▼ 所とも~ (29, 0.1%)

3 いって 2 なって, ならないこと

1 [22件] ある地内, いい得べき場所柄, いったと, なくすざまじい水音, なしに, なる, なるであらう, 似たもの, 共同し, 分りかねミゲル提督, 判らない深み, 定め難い, 思われるもの, 授産場とも, 極らぬ, 申し上ぐる御身分, 知れず二人, 知れず姿, 称すべき百姓道場, 覚しいあたり, 謂つた, 院内とも

▼ 所ありし~ (27, 0.1%)

2 に義侠, は何人, 土佐派は

1 [21件] が今年, が北斎, が天明, が悲しむべし, が東京檢事局, が為, が爲, が終に, と, という, と云, には相違, に不幸, に因るなり, に忽之, に機, に比, に近来, は其心血, は天保八年頃, は寧ろ

▼ 所でした~ (27, 0.1%)

52 から

1 [20件] からどこ, からね, からもう, から学校, から実際, から真宗, から義家, が, がホテル, が女中, が私, が菊人形, が裏路, けれど牢, な, の, よ実は, わ, 写生図を, 本統に

▼ 所へと~ (26, 0.1%)

3 行った 2 やつた, 行くと, 詑に

1 [17件] こころざして, よろめくやう, コツコツ転任, 動く性質, 各方面, 吩付けた, 問へば, 導いて, 思ったが, 急ぎました, 恰も飛石づたひのやうに拾, 持つて, 申すの, 登れば, 運ばれて, 郊外の, 集合した

▼ 所方々~ (25, 0.0%)

1 [25件] から集っ, でさらされた, でザンキ, で持っ, で軍, に移転, に行かない, の借金, の夜空, の小, の水, の陣, へむかっ, へ史蹟歩き, へ手, をうろつきまわっ, をほうつき, をフラ, を探しました, を歩き廻っ, を流浪, を胯, を連れ歩いた, を食いつめ, 食いつめ者

▼ 所殿~ (25, 0.0%)

2 の御

1 [23件] が咎め, が敵党, が見込まれた, には士, のあずかり, のため, の一生, の二世さん, の仰せ, の前, の功績, の命, の後, の急死, の死すべき, の相談対手, の負わね, はこの, への知己, よりお話, を初め, を殺す, を訴え

▼ 所かへ~ (24, 0.0%)

2 失なし, 掃き出されて, 隠し爾

1 [18件] つて興多く, 一晩泊りで, 出て, 寝台だけ, 往った, 押やられ, 散って, 旅行しよう, 消えて, 行た, 行つた, 行つて呉れ, 退かせたの, 逃げた小, 逃げちまうん, 逃た, 隠して, 隠れて

▼ 所であろう~ (24, 0.0%)

43 と思います 2 と思う

1 [15件] かと思っ, か蜘蛛屋, か飛んだ, がとにかく, が余り類, が貴方, けれど夫, ぞッ, とは万太郎, と思った, と私, に, 位の, 此の, 要は円本出版屋

▼ 所なし~ (24, 0.0%)

2 と云う, 則ち

1 [20件] た, という, とのみ只今, とはいい, と一口氣覺, と云うべき, と度胸, と解せられ, と雖ども, には増入, に吐きました, に緑, に関, 二には, 如かず意, 往々死, 必ずしもその, 悲しむ可, 日本の, 進退これ谷まる

▼ 所など~ (24, 0.0%)

2 その息, 注意すべく

1 [20件] あつて, あるの, あんたに, いう名前, いかにも過去, この辺, そんな細かい, どこにも, まるで無い, 今日から, 仔細に, 大馬力, 建てたり, 昔ながらの, 氏が, 石油が, 見ると, 買ふお, 通りすがりに, 餘程面白く

▼ 所ばかり~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるいて, お見せしたく, ぐるぐる廻りする, つぎが, である, です, ですもの, でない, でなく井上氏, でなく検察庁, でほんとに, はずして, 云い張って, 刃こぼれが, 分けて, 寺院の, 崖の, 強く踏み, 拵えるよう, 流浪し, 渡りましたが, 示す工夫, 読ちらし, 長く通った

▼ 所~ (24, 0.0%)

2 云フ, 知ラズ

1 [20件] カイテイル, カク僅カバカリノ間ニ根来寺雑賀熊野山中高野領ニマデ亘リテ悉ク打チナビケ給フ果断決断ノ, 交換スレバ其益タル少小, 以テスレバ善良ナル性質ヲ, 作リタイ考デアルガソレニハ今日マデ婆サンガ反対シテイタ, 作ルト称シテ予, 取リ潰シテ建テ, 已ニ早, 得ザル, 收得スル者ハ國家ノ, 異ニス, 知ラナイ, 移シテ直, 窺フ能ハザルモノアリ是レ其理隠, 聞クニ此酒肆, 補クルノミ, 見テ来タ, 触ラセルノハイヤダヨ, 記シ収ムベシ他日其功ヲ, 駒井甚三郎等ニ見

▼ 所~ (24, 0.0%)

2 來た

1 [22件] エッチラオッチラ運ん, オズ, オヅ, 堀端を, 悪智恵, 押して, 押し寄せて, 持ち上げたの, 有るかを, 本当に私, 来た時, 来やしない, 来ると, 流れて, 行くより, 行った所, 述べる事, 送つて貰, 這い出して, 進んで, 進行し, 遣つて

▼ 所さえ~ (23, 0.0%)

3 ある 2 あるの, ないくらい

1 [16件] あった, あり, あるこれ, あれば, そうじゃ, その通り, ないの, チャンと, 分らなん, 分りますれば, 大抵は, 安全で, 知らず本名, 見えないから, 設けられて, 認めること

▼ 所でございます~ (23, 0.0%)

32 からむづかしい, ね, よ

1 [14件] からお, からな, から驚いた, がせめて, がよそ, が舟, と言, な, のであなた方, ので通りがかり, のに, ほんとうに, 丁度之, 私も

▼ 所でない~ (23, 0.0%)

1 [23件] からだ, から何卒, から手, がこの, ことが, ことを, ただそういう, とする, とは支那人, とやられん, と云う, と困る, と学問, と廣言, ので再び, 余は, 吾輩が, 地は, 場所で, 手先の, 正理, 第一, 裏切者の

▼ 所とを~ (23, 0.0%)

1 [23件] あちらこちら見比べ, きめて, すつかり覚え込むまでには, 一緒に, 兩つ, 兼ねた二階建, 兼ね備, 分かたない昏迷, 嫌わず飛び出すあの, 有するに, 有たぬ, 殘し, 毎日熱心に, 異にし, 眺めて, 知り得るのみ, 突きとめようと, 葉書で, 襲うに, 超越する, 軍隊が, 閉鎖の, 間違えて

▼ 所どころ~ (22, 0.0%)

2 読み返した

1 [20件] に丈, に伐り残された, に嘔吐, に塊, に小豆, に山, に木立ち, に森, に河原, に疣, に白い, に簇, に緋鯉, に膿, に表土, ひょろひょろと, を美しく, 小さなガレ, 白い布, 繁って

▼ 所にか~ (22, 0.0%)

2 南北あらん

1 [20件] あらむ, あるべき, かつたら, かつて来た, やうな, 一人不足し, 其の証拠, 到底罪人, 動き立つ, 墳墓なる, 寮にでも, 帰すという, 悪魔の, 有るだろう, 求めむ, 瀑布が, 禍の, 立たすべき母, 萌さしめなければ, 違った所

▼ 所その~ (21, 0.0%)

1 [21件] せいか, せゐか, 不穏なる, 向うに, 嘉永六年烈公が, 天地をも, 天真爛, 家で, 巻の, 恐ろしき程真摯, 手紙が, 板囲いの, 次の, 次は, 火の, 節は, 詩を, 語の, 邦必ず, 附近の, 音律などは

▼ 所~ (21, 0.0%)

6 やない 3

1 [12件] あない, かくなる, やありません, やあるまい, やが, やといふ, やと名, やね, や一体, や仕方, や御, や駄目

▼ 所なりと~ (21, 0.0%)

8 雖も 2 いふ

1 [11件] ありて, いへども, す, 云ひ, 云爾, 常に警, 案内者は, 答ふ, 聞く, 船澗と, 言わざるを

▼ 所によ~ (21, 0.0%)

7 つては

1 [14件] かくまわれてな, つておのづか, つてそんな, つても, つて吾, つて大, つて大体延喜式祝詞に関する, つて家の, つて愛の, つて推定し得られ, つて極めて, つて様々な, つて行ひ, つて閂を

▼ 所へまで~ (21, 0.0%)

2 来て

1 [19件] いって, でも, 余波が, 出て, 参れるもの, 届けられたが, 川島を, 徳川家で, 敵の, 来るはず, 枝を, 源氏は, 病床を, 落ちて, 行って, 行ってから, 行つて見送, 送って, 進むの

▼ 所~ (21, 0.0%)

3 非ズ 2 て候

1 [16件] いりおり候, ぐず, てお, て何, て御座候, て毛, も相, 入ルコトヲ以テ一種, 参り滞留, 埋メラレタクナインダ, 斬リ, 触ルモノデハアリマセントカ云ッテ, 非ザルナリ既ニ, 非ス, 非ズト謂ハシムルニ至ル, 非ズト雖ドモ

▼ 所~ (21, 0.0%)

4 して 3 であつ

1 [14件] が違, する一, する地區, の十分一税, の宦官, の教室, の旗手, の船舶資産, は大食國, は左, は明白, や功績, を明, を脱し

▼ 所あらん~ (20, 0.0%)

2 が為め, ことを以て, とす, と欲, と欲する 1 ことを, とし, としぬ, とする, とせし, と推察, と欲す, と欲せり, や, 云々

▼ 所かに~ (20, 0.0%)

1 [20件] あった, あてて, ひらひらと, ぼんやりした, まわされる, 入って, 出して, 寝台でも, 必らず, 扁い, 手水場が, 智馬が, 残存する, 生きて, 秘密の, 脚燈を, 術語が, 見出されるなら絶對, 見覚, 釘を

▼ 所だけが~ (20, 0.0%)

2 すり切れて, 生活で

1 [16件] きらきら光っ, すれて, ひやりとする, 中華でない, 光るせい, 堆くなった, 少しばかり, 明るく思われた, 暗い中, 泥でなくっ, 生き生きと, 相通じ, 細いもの, 闇を, 霊魂に, 風蝕を

▼ 所だけに~ (20, 0.0%)

1 [20件] かえって案外の, こ, して, すべての, とどまらない, 何となく鬼気, 型が, 実は想像以上, 小枝, 屋敷は, 庭全体に, 彼方の, 打集へる, 敵の, 昨夜は, 機関士が, 比較的大きな, 流れの, 白く光っ, 限った話

▼ 所とか~ (19, 0.0%)

1 [19件] で実際, 云た, 刺青を, 同僚を, 問注所などという, 固定資本に, 地方長官などとかへ, 引揚船の, 或いは離れ, 或は他人, 或は叔孫通, 或は子, 或は沛郡, 書いた類似, 栄養研究所の, 牛の, 申したところ, 竪穴すなわち, 背後からとか

▼ 所にては~ (19, 0.0%)

2 伊藤侯は

1 [17件] これを, その製本, 一瀬を, 三國志後, 亦政権, 亦政權, 多言なる, 山中に, 我日本は, 手を, 決して聞く, 火の, 独り落涙した, 第一次思想, 第十四議会, 第十四議會, 魏使の

▼ 所をも~ (19, 0.0%)

1 [19件] お見まい下された, かねて, 一見せしめる, 公平に, 厳重に, 忘れるほど, 摂取し, 有しないこと, 歴訪する, 熊吉に, 真似て, 知って, 知らずに, 自分の, 見せられた, 見た, 見ること, 見通す者, 訪ねて

▼ 所~ (19, 0.0%)

2 なもの

1 [17件] あり所好, だつた, だつた癖, でして, ですか, で白粉, で血醒, で飼っ, で馬術, なからざる, なら飲んで, なるは, な歴史, な貸本, に隨, は必ず, は普門品也

▼ 所知者~ (19, 0.0%)

1 [19件] が出来る, が能知者, たる対象, である, として取扱おう, の世界, の中, の成立, の結合, の間, の関係, は能知者, ばかりであり, ばかりの世界, ばかりの間, ばかりを抽出, をし, を切り離し, を記述

▼ 所~ (19, 0.0%)

2 のほか

1 [17件] が態, のもの, の乏しい, の心掛け, の製作, の過去, はあなた, はお金, はこの, はまず, はマント, は大きな, は少し, は彼等, は政治, は詩論, よりも風体

▼ 所からも~ (18, 0.0%)

1 [18件] いちど高氏へ, その夕何, ほとんど同じ, またべつ, 働いては, 分りましたよ, 女房用に, 家がらに, 察し得られるであらう, 推知される, 来たで, 来て, 此所からも, 見えるので, 誰からも, 賊の, 隔って, 集められる

▼ 所だろう~ (18, 0.0%)

2 か, と思い, と思います

1 [12件] が, が皆判, が私, てえんだ, といつも, と思っ, と思われる, と悟りました, と答えました, 位にしか, 我が物, 男だけに

▼ 所~ (18, 0.0%)

2 来テ下サイ, 返サナイト

1 [14件] 一時抛, 人参サント, 出カケテ行ッテ怪我デモナサラナケレバイヽガ, 出タ, 呼出シニナッテオレト黒部篤三郎ト云ウ兄ガ三男ガ同道人ニナッテイタガソレカラソノコトデ一年, 手紙ヲヨコシテ久々逢ワヌカラ近所ヘ, 持ッテ来チマイタイクライダ, 方術ヲ, 移転サセラレルカ分ッタモンジャナイ, 行キマス, 行クワ, 行ッタ, 行ッタ息子ハ蒲団ヲ, 触レテ

▼ 所かも~ (17, 0.0%)

11 知れない 2 知れません, 知れん 1 しれない, 知れないが

▼ 所きらわず~ (17, 0.0%)

1 [17件] おどおどと, からだ, にいためつけた, にくっつい, 一種むっと, 乱打した, 力を, 唾を, 夜どおしな, 彼の, 日本の, 正成を, 火を, 灸を, 真直行く, 砦, 薄弱な

▼ 所であります~ (17, 0.0%)

1 [17件] から今, から土地, から汚さない, から雪山, がまた, がもう既に, が今, が余りに, が傳法大阿闍梨, が其處, が山田長政, が此, が英国人, が西北岸, のでそれ, のに面白い, 玄奘が

▼ 所~ (17, 0.0%)

3 じみて

1 [14件] がかつ, じみた風, じみるに, であれば, で彼等, の人, の稽古, の苦勞, はこれ, は意氣, を持つ, を持つた, 持ちあつかひに, 染みた世話女房

▼ 所謂お~ (17, 0.0%)

1 [17件] てんば, でんの, らくに自分, 品を, 國自慢が, 坊主などで, 嫁に, 帳場なる, 役人に, 役人様今の, 役所であり, 百姓さんの, 穴樣の, 穴樣大發掘の, 羽織と, 酒飮み, 酒飲みでは

▼ 所であっ~ (16, 0.0%)

2 てその

1 [14件] たりあるいは, ていかに, てそこ, てまた, ても他, てキリスト, てミノス, て仏蘭西, て専門学, て幕府, て後, て老女, て要するに, て関東軍司令部

▼ 所といふ~ (16, 0.0%)

2 のへ

1 [14件] ごみ箱に, ところに, のが, のに, のは, もの, ものが, 事である, 土地へ, 意味である, 掛行燈軒提灯を, 木札の, 熟語を, 見当を

▼ 所よりも~ (16, 0.0%)

1 [16件] かえって自然, きたなかった, きれいに, ずっと濃く, ずっと遠く, まだ余程田舎, 三里半ばかり, 交通的には, 何でも, 安易を, 少い時, 気高い空気, 生長する, 軽い, 近かった, 高く上がる

▼ 所名前~ (16, 0.0%)

2 が判れ, が書い, などを書いた 1 が知れる, の広告, は, は山下, も僞, をそこで, をもう一度, を書い, を言っ, を訊かなかった

▼ 所謂文壇~ (16, 0.0%)

1 [16件] からもはなれ, がああ, があゝ, がどんな, とはちっとも, に乗り出す, に対する不満, に話題, の事, の人, の作家, の垢, の実情内容, の拍手, は壇ごとジャーナリズム, を中心

▼ 所謂文学~ (16, 0.0%)

2 と所謂科学

1 [14件] というもの, という伝統的, との交錯現象, とはちがった, とは必ずしも, なるもの, なる者, にだけ限られ, のプラス的, の代り, の精神, の貧困, を文芸, 乃至文芸

▼ 所かの~ (15, 0.0%)

1 [15件] お帰り, つそり, 二階間を, 停車場から, 擦過傷は, 温泉が, 温泉へ, 矢場からか, 美しい町, 若旦那であろう, 若旦那とでも, 葬式が, 血管の, 貧民病院で, 鈕を

▼ 所~ (15, 0.0%)

1 [15件] で渡辺, で見た, と一つ, にさしかかった, に朝日, のやき, の南, の店, の往来, の曲もの, の群集, まで来, を反, を流れ, 主水町

▼ 所~ (15, 0.0%)

2 のお

1 [13件] というの, なかなか源助, にははや, には径六尺, にもこうして, に叱られた, のお宮, のお座, の御, の森, はこっち, はよい, も

▼ 所謂印象批評~ (15, 0.0%)

2 は印象

1 [13件] だ, である, でも所謂文献学的批評, というもの, などではあり得ない, なるもの, の上乗, の権利, の言葉, はいけない, はこの, は法則, も一定

▼ 所謂常識~ (15, 0.0%)

2 なるもの

1 [13件] がすべて今, である, という一連, として通念, となる, とやらを外れた, に含まれ, の一つ, の対立物, の正面, の発達範囲, や科学知識, を豊富

▼ 所謂自由主義~ (15, 0.0%)

4 なるもの

1 [11件] から始め, とはこの, とは云わ, なる一種, に対立, の一つ, の特性, の転落, は可及, や政党政治, 臭いもの

▼ 所ながら~ (14, 0.0%)

2 暇乞に

1 [12件] お伽を, 家々に, 指を, 父母の, 眺めて, 聞いて, 蘆の, 見て, 見届けるまでは, 赤城の, 長者丸一角を, 面倒を

▼ 所なども~ (14, 0.0%)

2 あった, あつて 1 あって, ある, いかめしくは, こもごもに, つまりこの, みて, やはり支那風, 亦一, 実見し, 行きあたりバッタリに

▼ 所にまで~ (14, 0.0%)

2 気を

1 [12件] それが, ひろがって, やたらに, 仕返しに, 出かけた, 咲いて, 持って, 提出し, 注意が, 進學さし, 達したこと, 階級意識が

▼ 所によっては~ (14, 0.0%)

1 [14件] ただ雨乞地蔵, キツネアザミホクチアザミなども, ショモジとも, ネンネンバと, 六月に, 士気を, 大師様自身が, 憲法が, 案外それ位, 炉に, 茶褐色の, 街路の, 車の, 里言葉で

▼ 所謂世間~ (14, 0.0%)

1 [14件] で云, には不人気, には好評嘖々, に対して堂々, に通用, の何等, の名士, の常識, の批評, の温泉, の風声鶴唳, を狭め, 知りも, 見ずの

▼ 所謂哲学~ (14, 0.0%)

1 [14件] から或, だけを指す, である, という形, とをバラバラ, と名, と名づけられた, なの, の思い, の概念, はそれ, や又, をも含む, を今日吾

▼ 所あれ~ (13, 0.0%)

2 ば何時

1 [11件] かし, から密貿易, と告げた, ども之, ばここ, ば也, ば則, ば子, ば常に, ば更に, ば異説爭論

▼ 所かと~ (13, 0.0%)

2 思って

1 [11件] みえる, 云う事, 又も, 可笑しくなった, 思う, 思うこと, 思ったら一面, 思ったら意外, 怪しまれた, 想像し, 推察仕り

▼ 所~ (13, 0.0%)

2 へ塗り, 誰か 1 へあつ, へなかつたら, へも出来, やって来た, 来たこと, 然し来た, 行くだけど, 行って, 酒くらっ

▼ 所だけを~ (13, 0.0%)

1 [13件] お目, チョット着物, 云って, 刷い, 捉まえ, 残して, 殘し, 破ったの, 聞き出すこと, 見せて, 見た, 見て, 読みあげて

▼ 所だの~ (13, 0.0%)

1 [13件] 何だ, 医者の, 小さな飲食店, 我意我説だの, 支金庫だ, 政所に, 日光の, 桑畠だ, 機法だの, 浜町の, 近江町の, 風説は, 養老院に

▼ 所~ (13, 0.0%)

2 れなきに, を人 1 を作る, を利益, を弁知, 儀此程御, 助村井長門守などが, 殿, 殿など, 穢多, 處矢注分明也更難遁其咎之

▼ 所~ (13, 0.0%)

1 [13件] か後妻, か必ず, が故に, っちと, といふ破屋, とかいふつまり, ならば, なりと, にも無い, の相違, もをもわく, も気遣う, を申す

▼ 所~ (13, 0.0%)

1 [13件] かんがへ, 上洛, 催促にて, 出候ツルママ, 参詣の, 呼出しこれ有り, 國内の, 察被, 当家の, 憐察被, 明鑑仰ぎ奉り, 通, 還向

▼ 所明神~ (13, 0.0%)

1 [13件] で琵琶, に近い, の前, の御, の提灯祭り, の森, の真, の社, の社内, の社頭, の神主猿渡氏, の鳥居, を手打式

▼ 所狭き~ (13, 0.0%)

1 [13件] ほどなり, までといふ風, までに並べられ, までに並ん, までに置, までに飾る, までの混雑, まで植駢べた艸花立樹, まで畳積み, まで盃盤, まで置い, まで詰め込ん, 迄列べられた

▼ 所狭く~ (13, 0.0%)

1 [13件] ならんで, ようせず, 並び植込, 並べた絵具, 並べられて, 漲りて, 積んで, 積重ねたる空地, 立ったり, 置きならべて, 置並べた, 鑿も, 陳列し

▼ 所謂理想~ (13, 0.0%)

2 は個人

1 [11件] である, と山房論文, ならぬ理想, ならねど, の一家, の何物, は作者, は逍遙子, もプラトオ, をプラトオ, を世間一般

▼ 所あっ~ (12, 0.0%)

1 [12件] てお, てこれ, てしかも, てそれ, てわれら, て云った, て今, て地上, て多少, て布団, て故, て極楽

▼ 所だつた~ (12, 0.0%)

3 んだ 1 か攝津, が, がその, が幸, が私, ので房一, ので流石, ので藤枝, よ

▼ 所とに~ (12, 0.0%)

2 する声 1 お目, 分離し, 就いて, 従つて変化する, 捧ぐ, 接して, 置いて, 配り附けた上, 関せず毫釐, 関係の

▼ 所即ち~ (12, 0.0%)

1 [12件] これ歴史の, エムビレオの, 作者は, 右側西の, 多くの, 家の, 我が思う, 桝形なり, 水源なり, 砂でなく, 道阿弥の, 顔立を

▼ 所嫌わず~ (12, 0.0%)

1 [12件] お秀, にそれ, に掻きむしられ, に置い, ぴしゃぴしゃ敲き始めた, 接吻した, 滅多やたら, 生出づるを, 突きにか, 紛々と, 部屋の, 雨の

▼ 所~ (12, 0.0%)

1 [12件] さるべきでありその, すべきであろうと, すべき事, としては銃五十梃, なら何で, には定めし, の火炉, は実際, も受けまし, を免, を受けた, を要求

▼ 所謂特殊部落~ (12, 0.0%)

1 [12件] が何, とを対照, と普通民, に属せざる, に於い, に関した, の中, の事, の人々, の大, の待遇, の本

▼ 所謂科学~ (12, 0.0%)

2 と技術 1 が取り扱う, というもの, として待遇, とのこの, との交錯, と所謂文学, の方法, は云わ, も之, より遙

▼ 所~ (12, 0.0%)

6 諸惑業 2 なり 1 でありそれ, である神, の新, の理

▼ 所雑色~ (12, 0.0%)

1 [12件] が多い, といい, というの, とは室町時代, とも呼ばれ, と呼ばれる, の名, の名称, の語, をし, 多くもっ, 散所随身

▼ 所かで~ (11, 0.0%)

2 見たこと 1 この話, 会うよう, 座料を, 弥撒を, 打ったの, 滝の, 狐猿が, 私が, 秘密の

▼ 所それ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がみんな別々, が後に, に若殿, はぐず, はさぞ, はそれ, は実に, は袋, は賄付, よりまた, を解決

▼ 所ない~ (11, 0.0%)

2 事情から, 筈である 1 かいなぁ, かね, から私, ものか, わ, 会に, 者な

▼ 所における~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっさいの, 一定の, 何時聞か, 公債について, 出来事にまで, 弓術や, 彼女と, 意向も, 會見以外一歩も, 目方である, 行宮の

▼ 所によって~ (11, 0.0%)

1 [11件] いろいろと, その生え, わかるとおり, 保護観察に, 堀は, 実践からの, 推しますれば, 明らかな, 深い淵, 用いる枡, 鱒の

▼ 所に従って~ (11, 0.0%)

2 矩を 1 之が, 之を, 二三の, 優美敏活誘惑奸智等の, 専ら老, 急に, 言う, 諸証, 遂に許

▼ 所へか~ (11, 0.0%)

2 やうな 1 叩き落された, 往った, 御出掛け, 行きましたか, 行き今, 走って, 身体を, 隠して, 隠れて

▼ 所への~ (11, 0.0%)

1 [11件] お参りに, かりだしに, 出仕を, 勤めの, 土産は, 差立てを, 御出入り, 水の, 水蒸気の, 申譯だけの, 細い山道

▼ 所~ (11, 0.0%)

1 [11件] があつ, が存する, である, であるこの, の解らぬ, は事, は単に, もまた, も無い, を考え, を若い

▼ 所~ (11, 0.0%)

1 [11件] から預けられ, だけれど, と仰がれぬべく, に仕え, のかわり, の不意, の仁蔵, の身, れ悉く, をこんなに, を虎

▼ 所~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるは, があり, と書かれた, は却って, は身肉五根, へ這入りこむ, も石, を含ん, を探り得, を泊り, 実に美

▼ 所~ (11, 0.0%)

1 [11件] と, という機関, とよばれる, のうち, の列座, の割竹, の座席, の面々, はここ, まで棒キレ, や武者所

▼ 所謂ヒューメーン~ (11, 0.0%)

2 なるもの 1 だという, という奴, とはどういう, と謙譲, な作品, な領域, を事, を去れ, を標的

▼ 所これ~ (10, 0.0%)

1 があなた, と同じ, と類似, はよほど, は水止, へ建言, もやはり, を待遇, を文字, 有り候

▼ 所でなけれ~ (10, 0.0%)

5 ばならぬ 2 あ大きい 1 ばならん, ば見られない, ば食べられる

▼ 所での~ (10, 0.0%)

1 お話の, そういう経験, ように, 光景と, 噂を, 琴三味線, 話, 過飽和の, 長い悪習, 飽和水蒸気圧

▼ 所などが~ (10, 0.0%)

1 あって, あり財団法人, ある, あれば, 他には, 建って, 建造され, 彼女の, 総角の, 鎌倉初期において

▼ 所にでも~ (10, 0.0%)

1 いるほう, 如何なる幸福, 平気で, 建てたの, 発達する, 移転しなけれ, 行つて見る, 触れたよう, 訴えたの, 鼻を

▼ 所により~ (10, 0.0%)

1 それぞれ防禦の, またこ, 作られて, 寒中出入の, 彼既に, 掛って, 穀精と, 米升を, 身のほどに, 鰐や

▼ 所まだ~ (10, 0.0%)

6 らに 1 一枚の, 少数の, 見たこと, 間違いだらけで

▼ 所~ (10, 0.0%)

2 必らず, 頗る異彩 1 た略, 如何とも, 尋ね難し, 益々姿, 自ら一の, 自ら然

▼ 所~ (10, 0.0%)

1 さるべきもの, されし者, された賊徒, せらるるの, にし, にする, に上げ, の場, の有様, は九年ごろ

▼ 所多く~ (10, 0.0%)

2 して 1 の人, は先生, また彼, 之に, 予め其方法, 半年を, 帝の, 禪宗には

▼ 所屋敷~ (10, 0.0%)

2 の方 1 から見えた, とよぶ, に引き取っ, の大, の岡, の若殿, の若殿さ, の門前

▼ 所~ (10, 0.0%)

1 の云う, の名づけ, の機嫌, の法廷, の通り, はまったく, は二万人, は前記, は苦り切, は顔色

▼ 所必ず~ (10, 0.0%)

1 かかる詩人, 仏は, 勝つ, 毒蛇が, 火あり, 私の, 虎あり, 誤あらんと, 随所に, 音楽界の

▼ 所~ (10, 0.0%)

2 の途次, をなさいまし 1 からお, に御, のお供, の歌, は将軍家, 物萬般也先有御所的之

▼ 所謂感覚~ (10, 0.0%)

1 が強度, が心理的事実, のそれ自身, の上, の感覚内容, の理智, の飛躍, は, は云わ, は理智

▼ 所謂政治~ (10, 0.0%)

2 の線 1 でもなく, としての, にぞくする, に色眼, の上, の本, は他方, は良い

▼ 所謂教育~ (10, 0.0%)

1 ある人士, ある人達, が有ったら, というもの, なるもの, の効果, は我, は斷, は果して, は社会

▼ 所謂文芸批評~ (10, 0.0%)

1 が貧弱, だと, というの, という意味, とは何, とは少し, などは寧ろ, につきる, には概して, に権威

▼ 所だらう~ (9, 0.0%)

1 か, がとに角常識, が関さん, とか蒼海, と呑みこん, と思つて, と思ふ, と独り合点, 廣庭の

▼ 所でし~ (9, 0.0%)

2 ている 1 ていらっしゃる, てな, てね, てねえ, てね妻君, てはた, やがん

▼ 所でなく~ (9, 0.0%)

2 ちや張合が 1 てはこの, ては元, ては残され, ては起り得ない, とも大, 上の, 何か

▼ 所なりし~ (9, 0.0%)

2 が今 1 が埋立, が而, が鍛工組合, といい, といえ, を以て運動, 也

▼ 所ばかりを~ (9, 0.0%)

2 飛ぶよう 1 丁寧に, 見た, 覗いて, 観るの, 連れ歩くの, 選んで, 集めて

▼ 所ほど~ (9, 0.0%)

1 でも, 余計鉱毒, 尚よく, 念を, 暑く頭, 気色の, 波長が, 煙が, 美しい燐光

▼ 所~ (9, 0.0%)

2 も常識 1 として空しき, として自, と息, ならず何れ變ら, なれば, にし, に血

▼ 所~ (9, 0.0%)

3 の經典 1 たり, としてゐる, となす, の経, よりどころ, 住ノ

▼ 所其の~ (9, 0.0%)

2 敵にも 1 主人が, 决心の, 多きに, 婦人が, 手帳が, 知覚鋭敏に, 知覺鋭敏に

▼ 所~ (9, 0.0%)

61 の記, の記事, は福建

▼ 所文芸~ (9, 0.0%)

2 といふもの 1 とか癩文芸, とはその, とは一体, とは同一, などいふ, の発展策, の発展策その他

▼ 所~ (9, 0.0%)

3 を亡 1 ではなく, で無き如き運動, として読者, との雑, とを説明, のみを対象

▼ 所謂教養~ (9, 0.0%)

1 ある, ある婦人作家, というもの, と地位, にもかかわらず, に重点, のため, の中, はつまらなく

▼ 所謂新劇~ (9, 0.0%)

1 が滅び去る, たる殻, でははてな, と称せられる, に対してこそ革命, の先駆的傾向, の大同団結運動, の将来, の組織

▼ 所謂神~ (9, 0.0%)

1 である, とは汝等, と一般, と人, なるもの, に對, の域, の捌, を祭る

▼ 所謂自然~ (9, 0.0%)

1 であらうと, とは異, と自然, なるもの自身, に就い, に帰る, の療法, を宗, を頭

▼ 所あら~ (8, 0.0%)

1 ば之, ば命, ば外界, ば弁明, ば必ら, ば願, むとす, むと欲し

▼ 所この~ (8, 0.0%)

1 山に, 影の, 木を, 樹は, 死骸の, 百合は, 老人に, 財布が

▼ 所すなわち~ (8, 0.0%)

1 セーヌ川の, ヴィレルの, 京都だ, 人よりも, 佐比の, 彼等の, 散処, 正門内より

▼ 所とが~ (8, 0.0%)

1 あつた, ちらっとこっち, できるわけ, ない, 一二寸ずつ, 似て, 何か, 設けられ大嶋行

▼ 所などを~ (8, 0.0%)

1 あれか, あわてて, 中心に, 夜遅く, 寄, 後から, 読んだ, 読んでは

▼ 所なんか~ (8, 0.0%)

1 いいじゃ, ないの, ないのにね, ねえん, やらなきやよ, 実に具合, 幾らも, 想像が

▼ 所やら~ (8, 0.0%)

1 どっしりと, 似通って, 共通の, 埠頭である, 御政治向き, 我が心, 暗いよう, 謙遜の

▼ 所らしい~ (8, 0.0%)

1 がこれ, けどそれでも, のでございます, のでまた, ものが, トタン葺き, 余は, 趣は

▼ 所~ (8, 0.0%)

2 そのお 1 から待ち兼ね, に一人, に轟かした, の上席, の人, 泊りがけで

▼ 所~ (8, 0.0%)

1 ハ街頭ヲ, 一寸分らぬ, 决シテ少, 南御堂より, 山王台と, 山陵の, 知らうと, 西方との

▼ 所治部~ (8, 0.0%)

1 で治部, の悪事, の龍, はこう, は思わず, は戦没, は狂人, は眼

▼ 所狭い~ (8, 0.0%)

1 ほど置かれ, までに並ん, までに各種, までに大小, までに張られ, までに手文庫, までに氾濫, 胸に

▼ 所~ (8, 0.0%)

2 となる, ともなる 1 とならず, となり, とはならない, の議

▼ 所~ (8, 0.0%)

1 と判斷, のすばらしい, のもの, のココア色レイン・コート, の桜印ダイナマイト, の砕氷船, の耐圧潜水艦ウラル号, の茶筅

▼ 所謂エタ~ (8, 0.0%)

1 と普通人, なるもの, なる一大流れ, になった, の中, の人達, の仲間, はただ

▼ 所謂家庭~ (8, 0.0%)

2 の女王 1 での点, の和楽, の道具立て, らしい秩序, を作る, を守る

▼ 所謂意識~ (8, 0.0%)

1 でかかれた, という如き, によって物そのもの, に関係, の作用, の流れ, の自由, を出来る

▼ 所謂氣~ (8, 0.0%)

6 といふもの 1 が血, なるもの

▼ 所謂社会学~ (8, 0.0%)

1 から区別, であること, ではこの, の前身, は, はこの, は後, を圧倒

▼ 所鬼王丸~ (8, 0.0%)

1 が砦, であった, で四人, の手, は得意気, は生き, は神, を指揮

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 つての, つて屈せなかつた, つて志村玄叔を, つて昼食の, つて略する, つて試に, づけて

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 あわれみ下せえまして, ぬしが, 一方が, 日誌に, 時に, 民は, 酌だ

▼ 所からとも~ (7, 0.0%)

2 なしに 1 なくみのる, なく訪ね, なく降っ, なく雪, なく青い色

▼ 所その他~ (7, 0.0%)

1 に仕事, に斎く, に石, の例, はまるで, をよく, 少なくも二十余り

▼ 所~ (7, 0.0%)

2 故に我輩 1 かし, 一期の, 白雲幽, 議会開設以来属僚は, 議會開設以來屬僚は

▼ 所なけれ~ (7, 0.0%)

1 ばなつかし, ばシャロット, ば之, ば余, ば吾妻鏡後半, ば尚, ば我が

▼ 所にな~ (7, 0.0%)

2 つて居た 1 つたも, つてたら, つても, つてゐた, つて居ります

▼ 所また~ (7, 0.0%)

1 あえて尠少, かくの, 御維新後, 爲すべから, 相當, 線の, 苦情を

▼ 所をと~ (7, 0.0%)

1 云ったので, 学生の, 徳利の, 思って, 探して, 探すと, 選んで

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 ドコカナイデショウカト木村サンガ云ウカラオ友達ノ, 働ク決心ヲシタ, 僕ヲ, 寝ナイデヨ, 私ハ同, 筋違イノ不, 自分ダケサッサト食事ヲ

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 が暗い, けで, けの一局部, けをやっと, は銀緑, を見た, 恋しいヱネチア

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 がため, が新, が此樂器, には一言, の尤, は, は上

▼ 所出仕~ (7, 0.0%)

1 という先代, といえ, として名誉, の一員, の命, の息子, を命じおけ

▼ 所~ (7, 0.0%)

2 かりしと, かるべきを 1 かりしがため, かりし由, かるべけれど

▼ 所多し~ (7, 0.0%)

2 と雖 1 と, とて, と聞く, 敢て, 遠江国には

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 であったもの, であるが, 成功だった, 故に較, 教を, 法会を, 激論

▼ 所~ (7, 0.0%)

3 に對 1 が親戚, と會, を失ふ, を見ざる

▼ 所~ (7, 0.0%)

1 か因, せめてせがれ, とケロリ, ゆつくりし, 別段立ち退き, 土蔵など, 振向き

▼ 所無く~ (7, 0.0%)

1 いきなり無条件, て養, 今日此処に, 所謂之を, 歓待した, 淡々述, 遺跡亦

▼ 所謂ヒューマニズム~ (7, 0.0%)

1 がもし, との間, とは一体, と少しも, なるもの, にとって決して, の考える

▼ 所謂ファシズム~ (7, 0.0%)

1 がその, と直面, なるもの, による大衆概念, に於, の台頭, の政治哲学

▼ 所謂思想~ (7, 0.0%)

1 が哲学, であると, なの, なるもの, に於, の混乱, はそれ

▼ 所謂方法論~ (7, 0.0%)

1 が如何, であったの, としてのそして, などが仮定, などは少し, に他, 又は特殊科学自身

▼ 所謂暴力団~ (7, 0.0%)

2 が特別 1 でも又, としては主として, のよう, ばかりがやる, 乃至所謂ギャング

▼ 所謂純文学~ (7, 0.0%)

1 が或, ではなく, というもの, にたずさわってる, の作家たち, は従来, よりもより

▼ 所謂自然弁証法~ (7, 0.0%)

1 と共軛的, と合わせ, なるもの, に対しては弁証法, の自然, の諸, は之

▼ 所謂自然科学~ (7, 0.0%)

2 の危機 1 が対象, とこの, と歴史科学, と精神科学, の階級性

▼ 所謂非常時~ (7, 0.0%)

1 でなか, という空気, なの, に際してブルジョアジーそれ自身, の呼び声, の暮し, は容易

▼ 所迄も~ (7, 0.0%)

1 うぬぼれの, 事実を, 復讐し, 思想である, 恰当な, 悪いとは, 愛嬌の

▼ 所附近~ (7, 0.0%)

1 では平均気温, では年平均氣温, にある, にもある, に住ん, の日の出町, の畠地

▼ 所あたり~ (6, 0.0%)

1 から火, でしょうか, の払い下げ, の火一つら, までくる, をそんな

▼ 所~ (6, 0.0%)

1 はゆる知らず, らに, らの, らは, らを, 気イ廻る

▼ 所がら~ (6, 0.0%)

1 かおもしろく, でそう, で面白い, もはる, や, 物寂しい

▼ 所そこ~ (6, 0.0%)

1 にはいつも, には何一つ, に天才, に自己, の禅寺, はどうやら

▼ 所たり~ (6, 0.0%)

2 さりながら 1 し而, 自由党の, 自由黨の, 若し未

▼ 所だって~ (6, 0.0%)

1 え, えや, きっとお守り, ごいっしょ, 他家の, 顔を

▼ 所でありまし~ (6, 0.0%)

1 てその, て主観, て大衆向, て恐らく, て段々, て決して

▼ 所としての~ (6, 0.0%)

1 同校専攻科を, 文化が, 玉といふ, 維持員を, 親子の, 貫禄を

▼ 所としては~ (6, 0.0%)

1 きわめて寂しい, ただ教区, できるだけこの, 唯一の, 堅牢な, 貧弱な

▼ 所などで~ (6, 0.0%)

1 そうやった, 二三年前から, 何を, 彼等は, 私は, 落ち合う時

▼ 所などという~ (6, 0.0%)

2 看板も 1 ものは, ヒラヒラした, 役所を, 文字を

▼ 所などへ~ (6, 0.0%)

1 お嫁, 入れて, 参る身の上, 往った, 行けば, 通うの

▼ 所にと~ (6, 0.0%)

1 いって, くると, 共に廻し, 執権方からの, 戻った, 誰もが

▼ 所にゃ~ (6, 0.0%)

1 いられないけだし, ア二度と再び, 届けといたか, 近づかないがね, 違ない, 電話は

▼ 所みたい~ (6, 0.0%)

1 でした, なところ, な一種, な気, な観, な高い高い

▼ 所ゆえ~ (6, 0.0%)

1 かねての, そんな狼藉, に良民, 大いに敬神, 届けるには, 留まって

▼ 所~ (6, 0.0%)

4 をし 1 の調達, をした

▼ 所先生~ (6, 0.0%)

1 が小使溜, の小鼻, の御, の意見, は, は一息

▼ 所問題~ (6, 0.0%)

1 が掲げられ, などがどしどし, につき, に関係, に關係, は有罪無罪

▼ 所~ (6, 0.0%)

1 にいろいろ, になつ, に左, に赤彦君危篤, に送られた, の事

▼ 所~ (6, 0.0%)

2 を促 1 せねば, にしよう, を促した, を促す

▼ 所~ (6, 0.0%)

21 が其, が尠, のみで, の貧弱さ

▼ 所無き~ (6, 0.0%)

1 なりと, を見るなり, ベッドの, 苦紛れに, 身なる, 魅力は

▼ 所~ (6, 0.0%)

3 の學術 1 の人師, の學術内, の平面

▼ 所笑左衛門~ (6, 0.0%)

1 が一人, と改名, のこと, は十年, は年一度, を訪い

▼ 所~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 の書, の歴世略伝, 方書以千金名, 諸書

▼ 所~ (6, 0.0%)

1 と違う, に至り, の主義いかん, の論説, の雄, 未有高於此山者也

▼ 所謂おつ~ (6, 0.0%)

2 母さんが, 母さんを 1 母さんの, 母さんよりも

▼ 所謂動詞~ (6, 0.0%)

2 を排除 1 といふ形, に添, の活段, を以つて言

▼ 所謂大衆~ (6, 0.0%)

1 からいくらか, から遠ざかっ, とまでは行かない, と呼ばれる, に相違, の末席

▼ 所謂実験~ (6, 0.0%)

2 となる 1 が一つ, が一般, とは認識, をなし得る

▼ 所謂小説~ (6, 0.0%)

1 の要素, の鬼神, めいた架空, らしい小説, らしい趣向, らしさ

▼ 所謂形式論理~ (6, 0.0%)

1 という立場, と弁証法, のこと, はこの, はそれ故実, は現実

▼ 所謂文人~ (6, 0.0%)

4 と做 2 の為す

▼ 所謂文化~ (6, 0.0%)

2 でもない, も亦 1 ですれた, の蹂躙

▼ 所謂文学的~ (6, 0.0%)

1 すぎる欠点, で多く, な言葉, な辞句, に意識, に書い

▼ 所謂文明~ (6, 0.0%)

1 なるもの, に乱暴, の利器, の器械, の弊, の手

▼ 所謂日本~ (6, 0.0%)

1 で云, のプロレタリアート, の伝統的風俗習慣, の先住民族, の小, の文壇的気流

▼ 所謂歴史~ (6, 0.0%)

1 が如何, となっ, にはなく, に対する愛着, の概念, の非合理性

▼ 所謂民衆~ (6, 0.0%)

1 とが街頭, の友, の観念, は社会科学的用語, をなだめ, を軽蔑

▼ 所謂河原者~ (6, 0.0%)

1 すなわち小屋者, となった, にも坂, の輩, は彼ら, をなし

▼ 所謂論理学~ (6, 0.0%)

1 なの, の側, の単なる, の領域外, はだから, を一応

▼ 所謂非人~ (6, 0.0%)

1 でありますが, という訳, に関す, の一部, の古, よりは上位

▼ 所近く~ (6, 0.0%)

1 に捨て, のバス, の物音, へ用達し, へ這入った, 流れて

▼ 所部落~ (6, 0.0%)

1 が見え, のもの, の屋根, の岸, の路地, を成し

▼ 所あつ~ (5, 0.0%)

1 た, たと, ちへ, てお, て疑念

▼ 所あらしめ~ (5, 0.0%)

2 よ, 終に自ら 1 たり既に

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 くれば, 愚図ついて, 来て, 津田三郎氏, 炭斗を

▼ 所かく~ (5, 0.0%)

4 の如し 1 の如く

▼ 所かまわず~ (5, 0.0%)

1 からみつけました, 尿水を, 歌の, 火を, 船に

▼ 所からでも~ (5, 0.0%)

1 そこに, 出て, 取って, 実証される, 平気で

▼ 所がね~ (5, 0.0%)

1 あなた卓一さんは, 側に, 向うへ, 奥さん, 石子君困る

▼ 所すら~ (5, 0.0%)

1 ない乱れ, わからなかった, 少くない, 彼自身知っ, 知って

▼ 所って~ (5, 0.0%)

1 いいもの, ねえ貴方, ものは, 何処, 野郎の

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 中あそこから, 中こ, 中だ, 中は, 中默

▼ 所でしょう~ (5, 0.0%)

1 がその, と答えた, ね, やっぱり何町, 私と

▼ 所なぞ~ (5, 0.0%)

1 へ顔, 克明に, 思わず見かえる, 私は, 箔屋町

▼ 所などには~ (5, 0.0%)

1 ところどころ雪, どうやら使, 和田義盛といった, 必ず黄, 町の

▼ 所ならず~ (5, 0.0%)

2 や茶儀 1 宮方に, 我の, 而し

▼ 所にさえ~ (5, 0.0%)

2 置けば 1 住所が, 舗石が, 迷惑てる

▼ 所について~ (5, 0.0%)

1 いうの, それぞれ表示され, 特別関心を, 考えようと, 調べて

▼ 所にのみ~ (5, 0.0%)

1 ある, あるの, その責任, 成立する, 棲んで

▼ 所にばかり~ (5, 0.0%)

1 出入りし, 尚侍は, 居られないので, 引きこもって, 永くとまっ

▼ 所にや~ (5, 0.0%)

1 あらん, あらん後世, 一生帰つて来る, 一生歸つて來る, 来てない

▼ 所へなど~ (5, 0.0%)

1 帰るまいと, 来て, 置けん, 行くこと, 診て

▼ 所へばかり~ (5, 0.0%)

1 いらっしゃるん, 兵を, 案内したがっ, 目を, 行って

▼ 所やぶら~ (5, 0.0%)

2 小路藪柑子, 小路藪柑子パイポパイポパイポの 1 小路藪柑子パイポパイポの

▼ 所一つ~ (5, 0.0%)

1 あれば, にしろ, の奇怪, もなかりけり, 作られないこと

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 包, 図今日御, 少と, 敢辞也, 顧若

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 しかない, なもん, のもの, の限定, まで水

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 と称, にし, の寺, 之非人等, 之非人等吉野法師

▼ 所全く~ (5, 0.0%)

1 この二冊, 判らないと, 敵なし, 社會主義に, 行方不明です

▼ 所変れ~ (5, 0.0%)

3 ば品 1 ば風俗, ば風習

▼ 所子供~ (5, 0.0%)

1 が泣き出した, の家, の目, の遊び場, の遊場

▼ 所巡査~ (5, 0.0%)

2 と村役場 1 がこの, とは俊夫君, の方

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 に遂, の欲する, もまた, をつくし, を許し

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 ありと, が知れぬ, なきに, も無く, を明らか

▼ 所方面~ (5, 0.0%)

1 からも武蔵, からも相当, に疾走, に落ち激つ, の武術家

▼ 所果して~ (5, 0.0%)

1 何處ぞ, 如何, 安くに, 正しきか, 秀子は

▼ 所~ (5, 0.0%)

2 して 1 あり, するかは, わなけれ

▼ 所直ちに~ (5, 0.0%)

3 これを 1 手にも, 行わんと

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 ではあるまい, の舟人, の風情, は気, は荒っぽい

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 にした, に対して容喙, に対して関心, や所爲, を発表

▼ 所謂ジャーナリズム~ (5, 0.0%)

1 である, でも必ずしも, と雖, は一般感情, を未だに

▼ 所謂世論~ (5, 0.0%)

1 と云った, なるもの, の方, の輸入品, や所謂ジャーナリズム

▼ 所謂人~ (5, 0.0%)

1 に忍び, のもちもの, の以, の悪い, の惡

▼ 所謂今日~ (5, 0.0%)

21 の澎湖諸島, までの新劇俳優, までの西洋劇

▼ 所謂匿名批評~ (5, 0.0%)

1 が善い, が新聞, の特異, はこの, は今日

▼ 所謂啓蒙期~ (5, 0.0%)

1 が遠く, に於ける, の, のもの, の啓蒙思想

▼ 所謂宗教~ (5, 0.0%)

1 である, と呼ばれる, なるもの, なるものの, の規格統一

▼ 所謂客観~ (5, 0.0%)

1 である, という平面, とかいう哲学, との対立, などというプロジェクション

▼ 所謂延言~ (5, 0.0%)

1 だと, である, の一種, の一種々, の多く用

▼ 所謂形式論理学~ (5, 0.0%)

1 でいう, と全く, に止まる, の一分科, は従来

▼ 所謂形而上学~ (5, 0.0%)

1 だという, であり観念論, なの, は批判主義, 乃至本体論

▼ 所謂支那通~ (5, 0.0%)

1 から離れ, と稱, の人, の豫言, や旅行家

▼ 所謂新~ (5, 0.0%)

4 らしい女 1 らしいと

▼ 所謂有~ (5, 0.0%)

1 となる, と所謂無, のまま, の儘, は所謂無

▼ 所謂物質~ (5, 0.0%)

1 といふ言葉, とかの存在, の構成, は実は, を身

▼ 所謂理解~ (5, 0.0%)

1 から区別, とは性質, に較べ, は受動的, は静観的

▼ 所謂生~ (5, 0.0%)

3 の哲学 1 を否定, を養

▼ 所謂知識階級~ (5, 0.0%)

1 と民衆, と称する, に相当, の人たち, の持つ

▼ 所謂論理~ (5, 0.0%)

1 として一般的, なるもの, のもの, は単に, への愛

▼ 所謂随筆~ (5, 0.0%)

1 にまで徹底, に於ける, の体, の内, はまだ

▼ 所頗る~ (5, 0.0%)

2 多きもの 1 厚く賤吏, 多し, 簡潔である

▼ 所~ (5, 0.0%)

1 と思う, の医院, の家屋, の髷, の髷先

▼ 所あて~ (4, 0.0%)

1 に弟, に提出, に願書, の願書

▼ 所あらざる~ (4, 0.0%)

1 也, 可きなり, 可し, 能は

▼ 所あるらしく~ (4, 0.0%)

1 声も, 死体の, 谷山の, 魏延の

▼ 所からか~ (4, 0.0%)

1 ヒヨコヒヨコと, 妻を, 此の, 犬の

▼ 所がよ~ (4, 0.0%)

2 ひの 1 かつた, かもんなあ

▼ 所きら~ (4, 0.0%)

1 はずピシ, はず乱打した, はず吐い, はず抜いた

▼ 所こそ~ (4, 0.0%)

1 世の中という, 問わずして, 正にそれ, 誰もに

▼ 所だつたら~ (4, 0.0%)

2 屹度恁う 1 おた, 今のとは

▼ 所であれ~ (4, 0.0%)

2 ば毎月若干宛 1 ば愛, ば非道

▼ 所でございましょう~ (4, 0.0%)

21 と云った, 大木の

▼ 所でさえ~ (4, 0.0%)

1 あれば, 欠乏の, 歩る, 灯光の

▼ 所とては~ (4, 0.0%)

1 さすがに, 天上天下ただ, 少しも, 更に無い

▼ 所なから~ (4, 0.0%)

2 んと 1 ずや, んか

▼ 所なかりし~ (4, 0.0%)

1 が如し, が維新, なり, 也

▼ 所なぞは~ (4, 0.0%)

1 うまいもの, 何だか感じ, 誰が, 面白いじゃ

▼ 所などの~ (4, 0.0%)

1 あるべき筈, 問題を, 徒の, 氏は

▼ 所においては~ (4, 0.0%)

1 どうであろう, 先進篇の, 彼の, 普通民よりも

▼ 所にしか~ (4, 0.0%)

1 はいれないん, 住むで, 存しない, 行かぬの

▼ 所によっても~ (4, 0.0%)

2 デカルトは 1 彼女の, 明らかなごとく

▼ 所によるに~ (4, 0.0%)

1 キリストの, 如何に, 注意を, 黒羽二重などの

▼ 所に従い~ (4, 0.0%)

1 そして国家, 勉む可き, 或いは詩歌管絃, 間接的利用を

▼ 所へだって~ (4, 0.0%)

1 あの大将さん, 献残, 理由が, 行って

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 から見, が現存佛教, が進化的哲學, は一定

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 唯天下国家, 御眉目モ美シウ情モ, 御聞取, 異ナレドモ

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 に悪感, の出入り, は初め七人, ヲ感動シテ忽チ笑ヒ忽チ泣クニ至ラシムルモノ其レ

▼ 所借り~ (4, 0.0%)

3 をし 1 をした

▼ 所全体~ (4, 0.0%)

1 で目, にとって全然, はすっかり, を驚ろか

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 と披露, の屆, の爲果, 重らせ給

▼ 所又は~ (4, 0.0%)

1 仲介業とでも, 会社や, 周旋所口入所なぞ看板を, 自身番に

▼ 所多から~ (4, 0.0%)

1 ざりしは, ず, ずン, ん

▼ 所多けれ~ (4, 0.0%)

1 ば國民其煩, ば妻子, ば左, ば巧拙

▼ 所大きな~ (4, 0.0%)

2 タマナ樹の 1 成績の, 葉の

▼ 所如何にも~ (4, 0.0%)

1 取扱いにく, 天狗倶楽部らしい, 子供らしい, 薄っぺらな

▼ 所或は~ (4, 0.0%)

1 公衆の, 其の一膜, 彼自身すら, 道の

▼ 所教授~ (4, 0.0%)

3 となつ 1 はその

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 な天の川, な孔雀明王, に燦, に赤く

▼ 所日本~ (4, 0.0%)

1 で出版, の映画, の植民, 第一

▼ 所最も~ (4, 0.0%)

1 パルコルの, 広くし, 欲する所, 興味あり

▼ 所権現~ (4, 0.0%)

1 があり, と唱え, の杉木立, は熊野

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 の如し, の所, の死骸, の老人

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 に用, に錺屋, の改訂版, の辭書

▼ 所~ (4, 0.0%)

2 きまで 1 く押し, く湛

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 の三字, を得し, 切屑払う, 心に

▼ 所自分~ (4, 0.0%)

1 が若い, ながら又, の考, よりは腕

▼ 所芸者~ (4, 0.0%)

1 がいる, が這入つ, といっ, は随分

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 の上, の名物, の雑人たち, はどこ

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 へ集る, りだ, りで八百四十三萬六千圓, り見て

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 に基づき, の浅き, を予, を幾分

▼ 所~ (4, 0.0%)

1 お役人方, のもの一同, の一員, を勤め

▼ 所謂不幸~ (4, 0.0%)

1 というよう, なもの, なる人間, にはならない

▼ 所謂世界観~ (4, 0.0%)

1 だという, との区別, と方法, と関数関係

▼ 所謂主觀~ (4, 0.0%)

1 の概念, は作者, は審美感, は私情

▼ 所謂人情~ (4, 0.0%)

1 が無い, にはもろい, の従来, の領域

▼ 所謂人間~ (4, 0.0%)

1 の堕落, の理想, の皮, の皮一枚

▼ 所謂俳優~ (4, 0.0%)

1 であるという, としての意識, とはなんぞや, の芸

▼ 所謂写実~ (4, 0.0%)

1 からどの, でないこと, とはなれかけ, の境界

▼ 所謂反動期~ (4, 0.0%)

2 に於ける 1 に於, の意味

▼ 所謂唯物論~ (4, 0.0%)

1 というレッテル, となった, は社会, を水

▼ 所謂啓蒙~ (4, 0.0%)

2 の第 1 だと, に較べ

▼ 所謂国民性~ (4, 0.0%)

2 を描け 1 に触れたる, の描写

▼ 所謂大衆文学~ (4, 0.0%)

1 の域, の方, の浅薄, 即ち大衆

▼ 所謂天~ (4, 0.0%)

1 つのりとの, つ祝詞, の數, は

▼ 所謂官吏~ (4, 0.0%)

1 だけで, の代表者, はみずから, を強制

▼ 所謂実証主義~ (4, 0.0%)

2 なるもの 1 の多く, はそれ

▼ 所謂客観的~ (4, 0.0%)

1 なる論理的推論, に物事, に現実, に観察

▼ 所謂幸福~ (4, 0.0%)

1 と才能, なる幾多, について語れる, 快樂

▼ 所謂才子~ (4, 0.0%)

1 が作る, で頗る, とは何ぞ, に負

▼ 所謂批評家~ (4, 0.0%)

1 が馬鹿正直, だ, の批評, の注意

▼ 所謂技術~ (4, 0.0%)

1 から区別, だけで, なるもの, なるもの自身

▼ 所謂政治家~ (4, 0.0%)

2 はワルポール 1 でございますけれども, でもない

▼ 所謂文化的~ (4, 0.0%)

1 である, で品, な気風, に考へ

▼ 所謂文学者~ (4, 0.0%)

1 でなくソシアリスト, とはフィヒテ, のチヤホヤ, はせかせか

▼ 所謂文明開化~ (4, 0.0%)

1 の大, の点, の表面, の風

▼ 所謂文藝~ (4, 0.0%)

4 映畫

▼ 所謂新聞記者~ (4, 0.0%)

1 から始め, につきない, のこと, の職業

▼ 所謂普遍妥当性~ (4, 0.0%)

1 にとって見, の古典的, は一つ, を意味

▼ 所謂概念~ (4, 0.0%)

1 に堕し, に相当, のこと, をあの

▼ 所謂模写説~ (4, 0.0%)

1 とは非常, と呼ばれる, に対する非難, は哲学概論

▼ 所謂武士道~ (4, 0.0%)

1 なるもの, のあらわれ, の本, は云う

▼ 所謂気~ (4, 0.0%)

2 の利いた 1 にする, の利いたつかい

▼ 所謂流言飛語~ (4, 0.0%)

1 とを本質的, の方, の類, も民衆生存

▼ 所謂現象学~ (4, 0.0%)

1 に於い, の方, よりもより, を論じ

▼ 所謂理論~ (4, 0.0%)

1 というもの, と実践, の純粋性, を学説

▼ 所謂男性美~ (4, 0.0%)

3 といふもの 1 を捨てた

▼ 所謂空~ (4, 0.0%)

1 な呑氣, の空, の紙幣, を撃つ

▼ 所謂第六感~ (4, 0.0%)

1 が彼等, というもの, というやつ, と云う

▼ 所謂素人~ (4, 0.0%)

1 が多い, たれ黒人, でひそか, や或

▼ 所謂統制~ (4, 0.0%)

1 が積極的, なの, にまで行かない, に反対

▼ 所謂聖人~ (4, 0.0%)

1 といふ聖人, とは如何なる, なる者, を始め

▼ 所謂自然派~ (4, 0.0%)

1 の人々, の作品, の文学, を引き立てた

▼ 所謂芸術~ (4, 0.0%)

1 に理解, の一般, の天分, の永遠性

▼ 所謂虫~ (4, 0.0%)

1 がすかなかった, が知らせる, の知らせ, も殺さぬ

▼ 所謂身~ (4, 0.0%)

2 を殺し 1 から出た, をば人

▼ 所謂転向~ (4, 0.0%)

1 であるか, なるもの, の真相, を伝えられる

▼ 所謂道徳~ (4, 0.0%)

2 なりとする 1 と全く, のこと

▼ 所謂飛鳥式~ (4, 0.0%)

1 たる事, であると, なるべき事, の古

▼ 所非常~ (4, 0.0%)

1 な急, に寒冷, に精鋭, に親しみ

▼ 所ここ~ (3, 0.0%)

2 に偉大 1 にある

▼ 所こんな~ (3, 0.0%)

1 古書が, 楽しい明るい歌, 煮え切らぬ感情

▼ 所しか~ (3, 0.0%)

1 ありません, ない, 行く所

▼ 所しかも~ (3, 0.0%)

1 もっともその, 洒堂凡兆らも, 雪の

▼ 所ずつ~ (3, 0.0%)

1 あって, 殊に多く, 絵が

▼ 所せまき~ (3, 0.0%)

1 までこれ, までに品物, までに物

▼ 所せまく~ (3, 0.0%)

1 かけ渡した紙屋, 流れて, 金具に

▼ 所そして~ (3, 0.0%)

1 そんな風, 彼女が, 美しい山水

▼ 所そんな~ (3, 0.0%)

1 ものが, 噂ばかり, 恐ろしいところ

▼ 所だけの~ (3, 0.0%)

1 利潤では, 手には, 記載でも

▼ 所づき~ (3, 0.0%)

1 の中, の役人, 大奥の

▼ 所でありました~ (3, 0.0%)

1 か, が却つて, それが

▼ 所ででも~ (3, 0.0%)

1 さし向い, 二条の, 安ん

▼ 所でなかった~ (3, 0.0%)

2 が二 1 大いに賞め

▼ 所でばかり~ (3, 0.0%)

2 雷を 1 お遊び

▼ 所で無い~ (3, 0.0%)

1 が此, と同じ, と想

▼ 所といった~ (3, 0.0%)

1 ことは, 時分から, 風の

▼ 所とな~ (3, 0.0%)

1 つたのださうだ, つた而し, つてゐた

▼ 所どこ~ (3, 0.0%)

1 にもない, にも茶道, へでも宝石

▼ 所なぞを~ (3, 0.0%)

1 私は, 見つけた時, 見て

▼ 所などから~ (3, 0.0%)

1 人を, 声こそ, 見ると

▼ 所などでは~ (3, 0.0%)

1 いい加減な, ときどき二人, 焼いた餅

▼ 所などに~ (3, 0.0%)

1 入夫を, 毎日塹壕が, 泊るやつ

▼ 所ならじ~ (3, 0.0%)

2 凡ての 1 一部に

▼ 所にこそ~ (3, 0.0%)

1 あるであろうと, あれ, 存する

▼ 所にね~ (3, 0.0%)

2 桜草が 1 ぢあやめ咲く

▼ 所によりて~ (3, 0.0%)

1 ダンテは, 推すとき, 變る

▼ 所に関する~ (3, 0.0%)

1 上引諸書の, 出願の, 長編でも

▼ 所はね~ (3, 0.0%)

1 まあ謂わ, 今日委しく, 紫錦さんは

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 こん通りだ, らい長く, グルグル廻りはじめ

▼ 所ばい~ (3, 0.0%)

3 りを

▼ 所へさえ~ (3, 0.0%)

1 出れば, 早く為替, 知らせなかったこと

▼ 所へま~ (3, 0.0%)

1 はってそれから, はつて解説, ゐツ

▼ 所までの~ (3, 0.0%)

1 由來であります, 運賃は, 頁を

▼ 所みな~ (3, 0.0%)

1 前同様, 守り努めて, 実際に

▼ 所よりの~ (3, 0.0%)

1 事ニ御座候, 来状に, 来状を

▼ 所らしく~ (3, 0.0%)

1 うれしかった, て恰, もない寂しい

▼ 所をば~ (3, 0.0%)

1 お目, 小供等, 挾まれる様

▼ 所を通じて~ (3, 0.0%)

1 いわれたの, 海軍思想の, 炭坑夫の

▼ 所一人~ (3, 0.0%)

2 も釣り師 1 の自

▼ 所与力~ (3, 0.0%)

1 だ, として今度, と町与力ふたり組

▼ 所主義~ (3, 0.0%)

1 であって, の実行, の實行

▼ 所付き~ (3, 0.0%)

1 の御, の所員, の者

▼ 所以上~ (3, 0.0%)

1 ではほとんど, に何物, に刑部

▼ 所以外~ (3, 0.0%)

1 ならどこ, に完全, の者

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 如, 爲大蒙, 爲太蒙

▼ 所兵衛~ (3, 0.0%)

1 という信心, と対談, などは正直朴訥

▼ 所別当~ (3, 0.0%)

1 が御, が首肯, のお

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 をがみである, チ我居ナリトノ語アリ, 楽土と

▼ 所及び~ (3, 0.0%)

1 巷間の, 製造器具を, 角

▼ 所~ (3, 0.0%)

3 散所

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 方面に, 理あり, 詰所揚屋仮

▼ 所同人~ (3, 0.0%)

1 は落涙, も云, 又

▼ 所変え~ (3, 0.0%)

1 などいたす, をしよう, を強いられ

▼ 所天下~ (3, 0.0%)

1 に敵, の事ハ危共, 第一候

▼ 所定めず~ (3, 0.0%)

1 切貼した, 浮浪し, 漂積する

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 と須々木家, に仕え, の家来

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 た知らんとも, に測るべからざる, ニ測

▼ 所少し~ (3, 0.0%)

1 は先, もその, も濃淡

▼ 所少なから~ (3, 0.0%)

2 ず之 1 ぬの

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 であの, で苦労, の台所

▼ 所役人~ (3, 0.0%)

1 か, が何, に至る

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 に曹大家, の帝国大学, 來恐れます

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 に討たる, に討たれ, の放免

▼ 所志す~ (3, 0.0%)

2 所は 1 所の

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 である, の道, よりし

▼ 所悉く~ (3, 0.0%)

1 予の, 挙げて, 正しいとすら

▼ 所我が~ (3, 0.0%)

1 山県公爵と, 山縣公爵と, 攀ぢ登る

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 の先祖書, の過去帖, の錦橋行状

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 で無き如きもの, ならざる, の事

▼ 所早速~ (3, 0.0%)

1 の御, 呼びましたが, 願之

▼ 所時代~ (3, 0.0%)

1 から仕事, の本木氏, は面白かっ

▼ 所更に~ (3, 0.0%)

1 なかりしが, 師の, 無く

▼ 所有る~ (3, 0.0%)

2 物を 1 可し

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 でも旧家, という, の部落外れ

▼ 所欲する~ (3, 0.0%)

1 所ことごとく, 所と, 所は

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 に功, に縫い合せました, に部落

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 のよい, の様, の色

▼ 所~ (3, 0.0%)

2 之候 1

▼ 所甚だ~ (3, 0.0%)

1 一致せざる, 奇妙である, 明甚だ

▼ 所病院~ (3, 0.0%)

2 の塀 1 の数

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 この俺, どふ致し, 然り

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 のお, の眼, 必ず答

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 一の, 一台場第, 一矢が

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 どういうはず, のついた, の割羽織

▼ 所置振り~ (3, 0.0%)

1 がなる, が並大抵, も女

▼ 所藏本~ (3, 0.0%)

1 とし, につき卷數等, に據

▼ 所見物~ (3, 0.0%)

1 させたうえ, した後, して

▼ 所設立~ (3, 0.0%)

1 に反対, に賛成, の第

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 の五言絶句, を得, 之歌

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 でも戦争, も彼, よりもあの

▼ 所~ (3, 0.0%)

2 のごとく 1 の得失

▼ 所謂イデオロギー~ (3, 0.0%)

1 とは段階, の如き, は成立

▼ 所謂インテリゲンチャ~ (3, 0.0%)

1 の一部分, の内, 乃至学生層

▼ 所謂オオミタカラ~ (3, 0.0%)

1 なる公民, なる里人, になっ

▼ 所謂ケット~ (3, 0.0%)

1 に接触, の名, はその

▼ 所謂モダーニズム~ (3, 0.0%)

1 がブラブラ, は, も実は

▼ 所謂不義~ (3, 0.0%)

2 の念 1 の財貨

▼ 所謂世界~ (3, 0.0%)

1 に對, も亦, 大拡布説話

▼ 所謂世界像~ (3, 0.0%)

1 との間, と所謂世界観, は決して

▼ 所謂主観~ (3, 0.0%)

1 という平面, と所謂客観, の苦悶

▼ 所謂事件~ (3, 0.0%)

1 が迷宮, の運び, をたのまれた

▼ 所謂価値~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の問題, は吾

▼ 所謂俗物~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の眼, も単なる

▼ 所謂健全~ (3, 0.0%)

1 なという, なもの, な文化

▼ 所謂写実主義~ (3, 0.0%)

1 の古典的価値, の理論, の領域

▼ 所謂創作~ (3, 0.0%)

1 と評論, の芝居, の苦心談

▼ 所謂右翼出版物~ (3, 0.0%)

1 がこの, が又, の遠く

▼ 所謂合理的~ (3, 0.0%)

1 なる迂路, な行い, に実行

▼ 所謂名士~ (3, 0.0%)

1 が参観, ではない, とか申す

▼ 所謂名文~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, と呼ばれる

▼ 所謂国家~ (3, 0.0%)

1 なるもの, は戦争, は無

▼ 所謂大学~ (3, 0.0%)

1 がラジオ, の言論的, の講義

▼ 所謂大衆文芸~ (3, 0.0%)

1 というもの, と俗, に於

▼ 所謂天才~ (3, 0.0%)

1 なるもの, はカント, は少い

▼ 所謂女房~ (3, 0.0%)

1 になつて, の文学, を質

▼ 所謂存在~ (3, 0.0%)

1 が如何, の論理, は常に

▼ 所謂密集部落~ (3, 0.0%)

2 の状態 1 ともなる

▼ 所謂實~ (3, 0.0%)

1 におなじ, に應, 在即ち

▼ 所謂専門家~ (3, 0.0%)

1 なるもの, に仕立て上げない, に対して押し

▼ 所謂小新聞~ (3, 0.0%)

1 との区別, の発達, は処

▼ 所謂左翼~ (3, 0.0%)

1 が有っ, なるもの, に三郎

▼ 所謂批判主義~ (3, 0.0%)

1 などは吾, によれ, の結局

▼ 所謂批評~ (3, 0.0%)

1 であって, の無い, はなぜ

▼ 所謂技術批評~ (3, 0.0%)

1 という観念自身, に限る, はそういう

▼ 所謂支那~ (3, 0.0%)

1 の聖人, は寧ろ, 即ち廣州

▼ 所謂文化住宅~ (3, 0.0%)

2 の波濤 1 をのぞきまわっ

▼ 所謂文士~ (3, 0.0%)

1 と稱, の仲間入り, の生活

▼ 所謂文学青年~ (3, 0.0%)

1 では無い, になっ, らしくは

▼ 所謂文明国~ (3, 0.0%)

1 では非常, でよく, なるもの

▼ 所謂新派劇~ (3, 0.0%)

1 こそは滅ぶべきである, と絶縁, の舞台

▼ 所謂方法~ (3, 0.0%)

1 のこと, は多く, は真理性獲得

▼ 所謂日~ (3, 0.0%)

3 の本

▼ 所謂日本アルプス~ (3, 0.0%)

1 のやう, の主脈, を中

▼ 所謂日本人~ (3, 0.0%)

1 だけで出来, として声高, の姿

▼ 所謂旦那~ (3, 0.0%)

1 だったの, にその, の秘蔵

▼ 所謂普通~ (3, 0.0%)

1 の人間様たち, の民衆, の解放

▼ 所謂智慧~ (3, 0.0%)

2 の力 1 の発達

▼ 所謂有名~ (3, 0.0%)

1 な作品, な文筆家, になっ

▼ 所謂正統派~ (3, 0.0%)

1 の人々, の教, の教条

▼ 所謂民族性~ (3, 0.0%)

1 から必然的, というもの, の解釈

▼ 所謂江戸趣味~ (3, 0.0%)

1 と称する, に余り尊敬, も自分

▼ 所謂浩然~ (3, 0.0%)

1 の気, の氣, 之気

▼ 所謂無~ (3, 0.0%)

1 との云わ, との矛盾, に於

▼ 所謂牛蒡種~ (3, 0.0%)

1 という名称, の性質, の本場

▼ 所謂物理学~ (3, 0.0%)

1 が如何, の危機, は物理現象

▼ 所謂特殊部落以外~ (3, 0.0%)

1 にも少く, にも真に, のもの

▼ 所謂独立~ (3, 0.0%)

1 とはその, の点, の生活

▼ 所謂理想主義~ (3, 0.0%)

1 というの, とではその, を叙情詩

▼ 所謂生活派~ (3, 0.0%)

1 でも, と称する, の何物

▼ 所謂生物学~ (3, 0.0%)

1 なるもの, は, を生理学

▼ 所謂白鳳期~ (3, 0.0%)

1 の物, の製作, の遺物

▼ 所謂相対主義~ (3, 0.0%)

1 と所謂絶対主義, は絶対主義, は絶対的相対主義

▼ 所謂相当~ (3, 0.0%)

1 なところ, な生活, の地位

▼ 所謂真~ (3, 0.0%)

1 つ盛り, のキリスト教的愛, の自由

▼ 所謂矢~ (3, 0.0%)

2 も楯 1 ぶみ

▼ 所謂社会心理学~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれ, は社会心理学, は自ら

▼ 所謂科学方法論~ (3, 0.0%)

1 がどういう, なるもの, に該当

▼ 所謂科学的~ (3, 0.0%)

1 な態度, な要素, に高められ

▼ 所謂立場~ (3, 0.0%)

1 なき立場, なるもの, を終局的

▼ 所謂精神科学~ (3, 0.0%)

1 に就い, に於, や文化科学

▼ 所謂純粋~ (3, 0.0%)

1 なフランス語, の新劇運動, の津軽

▼ 所謂素朴実在論~ (3, 0.0%)

1 とは正確, とは要するに, なるもの

▼ 所謂胡語~ (3, 0.0%)

1 とは决, とは如何なる, と云つた

▼ 所謂自分~ (3, 0.0%)

1 の恐れ, の線, の考え

▼ 所謂自然主義~ (3, 0.0%)

1 と聯絡, の牛, も所謂象徴主義

▼ 所謂自然主義者~ (3, 0.0%)

1 たるべく余りに, のそれ, の作物

▼ 所謂自由~ (3, 0.0%)

1 が味, というもの, になっ

▼ 所謂自由詩~ (3, 0.0%)

1 はその, は真に, は詩

▼ 所謂良心的~ (3, 0.0%)

1 であるが, という人間, な劇

▼ 所謂芸術小説~ (3, 0.0%)

1 とは必, とは異, のごとく

▼ 所謂芸術映画~ (3, 0.0%)

1 だけを以て映画芸術, と峻別, のよう

▼ 所謂藝術家~ (3, 0.0%)

1 である, としての誇り, も時々

▼ 所謂観念論~ (3, 0.0%)

1 の諸, の軌道, を採用

▼ 所謂言論~ (3, 0.0%)

1 が一定, だけを含む, の中心

▼ 所謂記者~ (3, 0.0%)

1 から新聞出版資本家, とは区別, もあり

▼ 所謂評論雑誌~ (3, 0.0%)

1 の内容, の読者層, を含む

▼ 所謂詩人~ (3, 0.0%)

1 の霊感, はその, もこの

▼ 所謂読者~ (3, 0.0%)

1 として考え, なるもの, はお前

▼ 所謂論理的~ (3, 0.0%)

1 でないところ, でないもの, な時間

▼ 所謂識者~ (3, 0.0%)

1 が音樂, だけに委し, の観察

▼ 所謂警察眼~ (3, 0.0%)

2 なるもの 1 で一目

▼ 所謂通俗小説~ (3, 0.0%)

1 とは詩的性格, と紅毛人, は探偵小説

▼ 所謂進歩的~ (3, 0.0%)

1 であるか, といわれる, な意見

▼ 所謂道士~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の一群, の手

▼ 所謂風流~ (3, 0.0%)

1 がつた作品, とを考え合わせ, な対手

▼ 所謂食通~ (3, 0.0%)

2 と称する 1 と言われる

▼ 所謂鬼~ (3, 0.0%)

1 の面, の首, を標榜

▼ 所~ (3, 0.0%)

1 なること, の一部, の在家

▼ 所遂に~ (3, 0.0%)

1 か, 勅許を, 自ら漁舟を

▼ 所配下~ (3, 0.0%)

1 の与力同心たち, の同心, の士分

▼ 所随身~ (3, 0.0%)

1 のこと, の語, または散

▼ 所あなた~ (2, 0.0%)

1 はもう直に, を探し廻っ

▼ 所あらざりし~ (2, 0.0%)

1 とはいへ, 也

▼ 所ありや~ (2, 0.0%)

1 と, と問

▼ 所あるいは~ (2, 0.0%)

1 裁判所を, 軟かい場所等様々

▼ 所あるべき~ (2, 0.0%)

1 は至當, ものである

▼ 所あるべし~ (2, 0.0%)

1 という議論, 音と

▼ 所ある如く~ (2, 0.0%)

1 容易に, 身を

▼ 所いかにも~ (2, 0.0%)

1 そへ, 荒涼として

▼ 所いずれ~ (2, 0.0%)

1 か粗雑, も蜀

▼ 所かが~ (2, 0.0%)

1 がたがたし, 特に取り立て

▼ 所かつ~ (2, 0.0%)

1 かと爛れた, の警察

▼ 所からが~ (2, 0.0%)

1 おなじ様, 他力の

▼ 所がき~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 所がら是非~ (2, 0.0%)

2 もなや昨日河岸店

▼ 所くま~ (2, 0.0%)

2 なく見

▼ 所ぐらい~ (2, 0.0%)

1 あったとしても, 一つ潰した

▼ 所ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 褒めたといふ, 見るには

▼ 所さすが~ (2, 0.0%)

1 女の, 高田氏だ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 ゃあござりませぬが, や話し

▼ 所じゃあ~ (2, 0.0%)

1 何も, 此頃キリスト教を

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 がたで, なは

▼ 所せき~ (2, 0.0%)

1 まで咲き匂っ, まで濡

▼ 所せまい~ (2, 0.0%)

1 までに置き並べた, までに送り込まれ

▼ 所そういう~ (2, 0.0%)

1 所に, 極めて瞬間的

▼ 所それからまた~ (2, 0.0%)

1 彼が, 田圃であった

▼ 所ぞと~ (2, 0.0%)

1 ほ, 宣ま

▼ 所ぞへ~ (2, 0.0%)

1 お引越, 行つたの

▼ 所だけで~ (2, 0.0%)

1 たくさんです, 堅い頭

▼ 所ださうで~ (2, 0.0%)

1 小ぎれいな, 湯の

▼ 所ださうです~ (2, 0.0%)

1 からね, よ

▼ 所だったら~ (2, 0.0%)

1 澄ちゃんが, 芳子との

▼ 所ちょうど~ (2, 0.0%)

1 ラシーヌが, 便所の

▼ 所つて~ (2, 0.0%)

1 ねえ貴方, 一体何処

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 のへ

▼ 所であったろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と思う

▼ 所であり従っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て彼

▼ 所でが~ (2, 0.0%)

1 して, しょう

▼ 所でございました~ (2, 0.0%)

1 が, が大きな

▼ 所ですますらしい~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 所でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃあやっぱり, ちゃ行きっこない

▼ 所でなけりゃ~ (2, 0.0%)

1 あ生えない, 話は

▼ 所で御座います~ (2, 0.0%)

1 か, と奉答

▼ 所とかに~ (2, 0.0%)

2 大きな藤

▼ 所としても~ (2, 0.0%)

1 申し開き, 第一流

▼ 所としも~ (2, 0.0%)

2 見えざりき

▼ 所とて~ (2, 0.0%)

1 これからその, 我を

▼ 所とても~ (2, 0.0%)

1 そのへん, 西の

▼ 所とでも~ (2, 0.0%)

1 いへよう, 云う様

▼ 所とへ~ (2, 0.0%)

1 伺候する, 引き上げさせた

▼ 所とや~ (2, 0.0%)

1 いはん, 実におもしろく

▼ 所どころ昔~ (2, 0.0%)

2 の激烈

▼ 所どころ水~ (2, 0.0%)

1 がかれきっ, はこい

▼ 所どれ~ (2, 0.0%)

1 も皆怪しげ, も表通り

▼ 所なかりき是~ (2, 0.0%)

1 れ単に, れ單

▼ 所なぞへは~ (2, 0.0%)

2 行かない方

▼ 所などと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 書かれた家屋

▼ 所ならざる~ (2, 0.0%)

2 可き

▼ 所なるべけれ~ (2, 0.0%)

1 ど一つ, ど多少

▼ 所なるべし~ (2, 0.0%)

1 と雖, 故に予

▼ 所なるほど~ (2, 0.0%)

1 ふとったオカミさん, ふとつたオカミさん

▼ 所なん~ (2, 0.0%)

1 かが並ん, でもいい

▼ 所なんぞは~ (2, 0.0%)

1 冬が, 大黒天の

▼ 所なんぞへ~ (2, 0.0%)

1 お持ち, 行ったって

▼ 所なんて~ (2, 0.0%)

1 懲, 電話が

▼ 所にあたって~ (2, 0.0%)

1 バリバリと, 丹生川平が

▼ 所にぞ~ (2, 0.0%)

1 ある, 寐る

▼ 所にだって~ (2, 0.0%)

1 人足アいくらでも, 長く居られる

▼ 所にても~ (2, 0.0%)

1 よしかの, 自活の

▼ 所によつ~ (2, 0.0%)

2 てすでに

▼ 所に対する~ (2, 0.0%)

1 不断の, 気持の

▼ 所のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず我が, 多く出でき

▼ 所はた~ (2, 0.0%)

1 うとう塞がれ, 隠者の

▼ 所はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 梁川君に

▼ 所はも~ (2, 0.0%)

1 はら吾, 一歩進んだ

▼ 所はわ~ (2, 0.0%)

2 づかに

▼ 所ばかりに~ (2, 0.0%)

1 住んで, 節の

▼ 所ふう~ (2, 0.0%)

1 の建物, の髷

▼ 所へだけは~ (2, 0.0%)

1 届けて, 当分顔を

▼ 所へなども~ (2, 0.0%)

1 沢山あろう, 突然随時随意

▼ 所へなんか~ (2, 0.0%)

1 来れるもの, 行くもの

▼ 所へなんぞ~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 来たの

▼ 所へまでも~ (2, 0.0%)

1 のぼって, 届いた

▼ 所または~ (2, 0.0%)

1 幼稚園遊び場は, 霊地と

▼ 所までや~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, つて來る

▼ 所まばら~ (2, 0.0%)

1 に立ち連なった, に見える

▼ 所まるで~ (2, 0.0%)

1 ないの, 申しあわせでも

▼ 所もう~ (2, 0.0%)

1 三四年も, 楽に

▼ 所もっと~ (2, 0.0%)

1 悪い所, 面目を

▼ 所やや~ (2, 0.0%)

1 暫らく舞台は, 曖昧である

▼ 所よく~ (2, 0.0%)

1 人を, 当れり

▼ 所らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 所わが~ (2, 0.0%)

1 すべての, 窓近き

▼ 所をぞ~ (2, 0.0%)

2 射たり

▼ 所をまで~ (2, 0.0%)

1 究めて, 見て取り得たの

▼ 所ナキト民人~ (2, 0.0%)

2 ノ痛苦其極ニ達セルトヲ

▼ 所ピール~ (2, 0.0%)

2 然り

▼ 所一寸~ (2, 0.0%)

1 ありさ, そういう風

▼ 所一面~ (2, 0.0%)

1 には一種特別, の笹原

▼ 所丁度~ (2, 0.0%)

1 彼の, 谷間田が

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に余等, に社長

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の汽船, の郵船

▼ 所了解~ (2, 0.0%)

2 し得ぬ所

▼ 所二三~ (2, 0.0%)

1 の木挽き小屋, を補

▼ 所人間~ (2, 0.0%)

1 の住む, は同じ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 は知らず, 又知友上村海軍少佐

▼ 所今度~ (2, 0.0%)

1 の号, の学校停止

▼ 所今日~ (2, 0.0%)

1 に始まる, 計らずも

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 にありし, の一方

▼ 所付近~ (2, 0.0%)

1 の警察, はその

▼ 所以前~ (2, 0.0%)

1 の乳母, 教わったこと

▼ 所会頭~ (2, 0.0%)

1 をはじめ, 某男爵

▼ 所何方~ (2, 0.0%)

2 が個人

▼ 所作為~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の炭化, の箱惣

▼ 所例えば~ (2, 0.0%)

1 地上二千米まで, 此所とか

▼ 所假牢~ (2, 0.0%)

1 に送つ, に送られました

▼ 所傳通り凡慧心僧都以後~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の相続人, の知っ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 か花, 蒸して

▼ 所入り~ (2, 0.0%)

1 が悪い, だよ

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 世界的空間に

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の無法, も早

▼ 所切っ~ (2, 0.0%)

1 ての怪力, てリボン

▼ 所刑臺~ (2, 0.0%)

1 には素顏, に乘

▼ 所利き~ (2, 0.0%)

2 所の

▼ 所動的~ (2, 0.0%)

1 な方向, に霑うた

▼ 所動的器械的~ (2, 0.0%)

2 の人物

▼ 所勤務~ (2, 0.0%)

1 の女医小川正子さん, の小島常吉

▼ 所即刻願~ (2, 0.0%)

1 之通, 之通山岡衛士殿

▼ 所参籠所~ (2, 0.0%)

1 から位牌堂, も附属

▼ 所叔父~ (2, 0.0%)

1 は, は日増しに

▼ 所古昔~ (2, 0.0%)

1 の賢哲シセロー, より神仙住居

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 ならざるなき, ならざるはなし

▼ 所同一~ (2, 0.0%)

1 であったから, である

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の辻占, まえが

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 渠は

▼ 所吾人~ (2, 0.0%)

1 が甚大, は

▼ 所和歌集~ (2, 0.0%)

1 の記事, は一体

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 これ一片の, 日向一州ある

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に当たろう, ふ童

▼ 所国務多端寸時~ (2, 0.0%)

1 を争, を争う

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 がへこん, もまた

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 旅得知者, 邸の

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 之美豆能小佩

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 によれ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に密接, に足

▼ 所増設~ (2, 0.0%)

1 によって今後北氷洋, のため

▼ 所多い~ (2, 0.0%)

1 に比する, 作品である

▼ 所多き~ (2, 0.0%)

1 にあり, も

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 になっ, はふかし

▼ 所大名屋敷旗本屋敷~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ 所好個~ (2, 0.0%)

2 の外務大臣

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 が云う, が房州

▼ 所嫌はず~ (2, 0.0%)

1 なぐりつける男, 踏付けるので

▼ 所嫌わず生え~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 所宛然~ (2, 0.0%)

2 として是

▼ 所寄人~ (2, 0.0%)

1 では最古參, の一員

▼ 所小屋~ (2, 0.0%)

1 に入り, の壊れたるあり

▼ 所少き~ (2, 0.0%)

1 に帰, 二人の

▼ 所少なく~ (2, 0.0%)

2 理想に

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 からず, くない

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の斜面, は益々

▼ 所帶持ち~ (2, 0.0%)

1 でない身, の苦勞

▼ 所広く~ (2, 0.0%)

1 時も, 神秘観を

▼ 所役人手先北条~ (2, 0.0%)

2 の喜平

▼ 所彼等~ (2, 0.0%)

1 は死人, は頓

▼ 所御免~ (2, 0.0%)

1 だけの輕, の上

▼ 所御歌~ (2, 0.0%)

1 としてから大体, などは後で

▼ 所御用~ (2, 0.0%)

1 と声, のさら

▼ 所御用係~ (2, 0.0%)

1 となる, に登用

▼ 所必ら~ (2, 0.0%)

2 ず一段

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 しみじみ嬉しく, にもう

▼ 所應作~ (2, 0.0%)

1 を作, を忽

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 を披瀝, を述べ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 になつ, ひを

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 ひにも, ひ極

▼ 所支那~ (2, 0.0%)

1 と大分生活, と日本

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の, の孔安國注

▼ 所故に~ (2, 0.0%)

1 今に, 他に

▼ 所既に~ (2, 0.0%)

1 一秒時三十キロメートルに, 前に

▼ 所明神大宮~ (2, 0.0%)

1 の氷川神社, の氷川神社等

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の黒河, はもつ

▼ 所有り~ (2, 0.0%)

1 意を, 誠に以

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の菩提樹枝, 与山室士彦

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 だ, とバラバラ

▼ 所構内~ (2, 0.0%)

1 で衆人環視, の水路

▼ 所欠点~ (2, 0.0%)

1 がある, が凝っ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の如し, の年度

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の有る, は堰い

▼ 所正し~ (2, 0.0%)

1 されど彼, そは

▼ 所正直者~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ 所此処~ (2, 0.0%)

1 でわが, と置き直し

▼ 所殆ど底~ (2, 0.0%)

2 止す可

▼ 所毫も~ (2, 0.0%)

1 ノルウェー西岸と, 翻訳の

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の世話, はいけない

▼ 所民たち~ (2, 0.0%)

1 だそう, は大

▼ 所民ら~ (2, 0.0%)

2 の反感

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に映り, はわれ

▼ 所江戸~ (2, 0.0%)

1 へ入り込んだ, へ行つて

▼ 所決断所~ (2, 0.0%)

1 を置かる, を置かれた

▼ 所法師興福寺~ (2, 0.0%)

2 の唱門

▼ 所瀟洒~ (2, 0.0%)

2 なモオニング

▼ 所為す~ (2, 0.0%)

1 仕事は, 所を

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 に聞い

▼ 所無い~ (2, 0.0%)

1 じゃない, でもない

▼ 所無し~ (2, 0.0%)

1 と, と古人

▼ 所狭けれ~ (2, 0.0%)

2 ば自分

▼ 所狭し~ (2, 0.0%)

1 と並んだ, と置かれ

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 となり, 内閣を

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 多く最も, 多し

▼ 所生命~ (2, 0.0%)

1 かけての, に絶え

▼ 所生活~ (2, 0.0%)

1 の中, の雰囲気

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の河岸, まで兵馬

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 といふもの, と号す

▼ 所登記所~ (2, 0.0%)

2 も近頃

▼ 所盡其南~ (2, 0.0%)

2 有狗奴國

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に入る, 懸けて

▼ 所直々~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 所神社~ (2, 0.0%)

1 で義貞, にいた

▼ 所秀子~ (2, 0.0%)

1 が何者, が先刻気絶

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の乱心, 何とも申し

▼ 所篠宅~ (2, 0.0%)

1 の前, の戸

▼ 所紋付黒木綿~ (2, 0.0%)

2 の羽織

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 諸劫数

▼ 所繃帯~ (2, 0.0%)

2 し他

▼ 所置ぶり~ (2, 0.0%)

1 には不親切, に慊焉

▼ 所聞く~ (2, 0.0%)

1 所が, 所傳聞する

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 の田楽祭り

▼ 所至極~ (2, 0.0%)

1 手狭なる, 道理である

▼ 所芸人たち~ (2, 0.0%)

1 の群れ, の野芝居

▼ 所苦痛~ (2, 0.0%)

1 も快, も快楽

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 にあり, に小生

▼ 所藏主~ (2, 0.0%)

1 は左, は理科

▼ 所行為的直観的~ (2, 0.0%)

2 なる所

▼ 所~ (2, 0.0%)

2 の御門

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 のアバラ屋, の林

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 と同日, を一書

▼ 所謂いい~ (2, 0.0%)

1 ものいい, 生活という

▼ 所謂さつき~ (2, 0.0%)

2 の鯉

▼ 所謂ふう病~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 所謂アジア的生産様式~ (2, 0.0%)

1 は何, を多分

▼ 所謂アプリオリ~ (2, 0.0%)

1 ではあり得ない, なるもの

▼ 所謂アントロポロギー~ (2, 0.0%)

1 のこと, は人間

▼ 所謂インテリ~ (2, 0.0%)

1 だった, と呼ばれる

▼ 所謂インテレクチュアル~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 所謂エタ源流~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ 所謂エティケット~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を知らぬ

▼ 所謂キリスト教~ (2, 0.0%)

1 の正統派, の精神

▼ 所謂サロン~ (2, 0.0%)

1 で彼, の寝

▼ 所謂シエクスピイヤ~ (2, 0.0%)

1 が主, の主

▼ 所謂ジャーナリスト~ (2, 0.0%)

1 としての文明批評家, は知能上

▼ 所謂スピリット~ (2, 0.0%)

1 も攫まない, を攫まなけれ

▼ 所謂ヌシ~ (2, 0.0%)

1 だ, と成り

▼ 所謂ハイカラ~ (2, 0.0%)

1 などという奴, にした

▼ 所謂フランス唯物論~ (2, 0.0%)

1 となり, もこの

▼ 所謂プロヒレンチヤ城~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 所謂プロレタリア文芸~ (2, 0.0%)

1 の大衆化, の運動

▼ 所謂マット狢~ (2, 0.0%)

1 の如き, は明治

▼ 所謂モダーン~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, に現代文明

▼ 所謂レアリズム~ (2, 0.0%)

1 の文学, は客観

▼ 所謂レッテル~ (2, 0.0%)

1 といふ西洋紙刷り, は外

▼ 所謂一つ~ (2, 0.0%)

1 の予言, の創作技術

▼ 所謂一大事~ (2, 0.0%)

1 がこれからどう, の訴

▼ 所謂七五調~ (2, 0.0%)

2 を基

▼ 所謂三史~ (2, 0.0%)

1 であつ, の包含

▼ 所謂三拍子~ (2, 0.0%)

1 揃い柳, 揃った訳

▼ 所謂三木哲学~ (2, 0.0%)

1 の大成, への構想

▼ 所謂上流~ (2, 0.0%)

1 にも勢力, の席上

▼ 所謂不浄~ (2, 0.0%)

2 な人々

▼ 所謂不良少年少女~ (2, 0.0%)

1 の二百余名, もこの

▼ 所謂丑~ (2, 0.0%)

2 満刻

▼ 所謂世~ (2, 0.0%)

1 にいふ, に云

▼ 所謂世の中~ (2, 0.0%)

1 の信用, は半信半疑

▼ 所謂世俗~ (2, 0.0%)

1 が解する, の義務論

▼ 所謂世界的~ (2, 0.0%)

1 な名品, 大洪水説話

▼ 所謂中小商業者~ (2, 0.0%)

1 ということ, の利益

▼ 所謂中継~ (2, 0.0%)

1 か, として信栄

▼ 所謂之~ (2, 0.0%)

1 より生ずる, を放て

▼ 所謂五湖~ (2, 0.0%)

1 めぐりの, を

▼ 所謂亡者ども~ (2, 0.0%)

1 を済度, を濟度

▼ 所謂人民戦線~ (2, 0.0%)

1 に対する反対物, を典型

▼ 所謂人生~ (2, 0.0%)

1 からはまるで, という奴

▼ 所謂人生観~ (2, 0.0%)

1 の上, や生活知

▼ 所謂人間性~ (2, 0.0%)

1 には乏しい, の無

▼ 所謂人間的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な心理

▼ 所謂人類学的解釈~ (2, 0.0%)

1 はラング, は此等

▼ 所謂体系~ (2, 0.0%)

1 だと, は之

▼ 所謂作家~ (2, 0.0%)

1 でない作家, というもの

▼ 所謂作者~ (2, 0.0%)

1 のлицо, の素質

▼ 所謂侍~ (2, 0.0%)

1 である, なるもの

▼ 所謂侠客~ (2, 0.0%)

1 となつ, は隠然

▼ 所謂価値関係~ (2, 0.0%)

1 づけだけによっては, づけでは

▼ 所謂俗言~ (2, 0.0%)

1 と云, を稍

▼ 所謂個人主義~ (2, 0.0%)

1 ではない, に反対

▼ 所謂個人主義化~ (2, 0.0%)

1 は同時に, をも意味

▼ 所謂個人主義自由主義~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 所謂個性~ (2, 0.0%)

1 とも考え, をさえ有っ

▼ 所謂倭人~ (2, 0.0%)

1 の豪族ら, は朝鮮半島

▼ 所謂偉大~ (2, 0.0%)

1 なもの, な思想家

▼ 所謂儒教主義~ (2, 0.0%)

1 の偏頗論, を複活

▼ 所謂先輩たち~ (2, 0.0%)

1 がその, の悪口

▼ 所謂光栄~ (2, 0.0%)

2 を好ん

▼ 所謂党派性~ (2, 0.0%)

1 の問題, や階級性

▼ 所謂公式主義~ (2, 0.0%)

1 となる, になる

▼ 所謂内在的~ (2, 0.0%)

1 であること, 又内部的批判

▼ 所謂写実派~ (2, 0.0%)

1 と雖, なるもの

▼ 所謂写生~ (2, 0.0%)

1 に近い, の歌

▼ 所謂処世上~ (2, 0.0%)

2 の経験

▼ 所謂利己主義者~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 所謂化物~ (2, 0.0%)

1 とは餘程範圍, は一

▼ 所謂南朝~ (2, 0.0%)

2 の諸国

▼ 所謂南画~ (2, 0.0%)

2 の神品風

▼ 所謂危機~ (2, 0.0%)

1 から他愛, が外部

▼ 所謂厳密科学~ (2, 0.0%)

1 であるの, の基礎

▼ 所謂反動的~ (2, 0.0%)

1 であるかでは, な文化理論家

▼ 所謂古典主義~ (2, 0.0%)

1 の拘束, 又は擬古典主義

▼ 所謂只今~ (2, 0.0%)

2 申す神経病

▼ 所謂合理主義~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を徹底

▼ 所謂名人~ (2, 0.0%)

1 が同じ, となる

▼ 所謂吏道~ (2, 0.0%)

1 という道そのもの, 振粛

▼ 所謂哲学者達~ (2, 0.0%)

1 が造り上げた, は夫

▼ 所謂唯心論~ (2, 0.0%)

1 とカント, と唯物論

▼ 所謂唯物科学~ (2, 0.0%)

1 では絶対, の原則

▼ 所謂唯物科学的~ (2, 0.0%)

1 な研究, な論法

▼ 所謂啓示~ (2, 0.0%)

1 として解釈, の中

▼ 所謂善巧方便~ (2, 0.0%)

2 とは畢竟

▼ 所謂喜劇~ (2, 0.0%)

1 という概念, の部類

▼ 所謂因縁~ (2, 0.0%)

1 きいても, でしょう

▼ 所謂国家社会主義~ (2, 0.0%)

1 のやう, 乃至ファシズム

▼ 所謂国策~ (2, 0.0%)

1 に沿, に沿う

▼ 所謂坑儒事件~ (2, 0.0%)

1 である, の實相

▼ 所謂報告文学~ (2, 0.0%)

1 がもたらされ, のよう

▼ 所謂墨家~ (2, 0.0%)

1 の説, を成立たせた

▼ 所謂壮士芝居~ (2, 0.0%)

2 の劇中人物

▼ 所謂夢~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の国地上

▼ 所謂大~ (2, 0.0%)

1 疑現前, 疑現前抔

▼ 所謂大人~ (2, 0.0%)

1 がその, の文学

▼ 所謂大名~ (2, 0.0%)

1 のお家騒動, の御殿二棟

▼ 所謂大家~ (2, 0.0%)

1 というもの, と称せられる

▼ 所謂大目~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ 所謂大義名分~ (2, 0.0%)

1 より論ずる, を干犯

▼ 所謂大船~ (2, 0.0%)

1 に乘つた氣, に乘つた氣持

▼ 所謂大衆小説~ (2, 0.0%)

1 と呼ばるる, と称せられ

▼ 所謂天意~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ 所謂天文~ (2, 0.0%)

1 と稱, に關

▼ 所謂女~ (2, 0.0%)

1 の, の我まま

▼ 所謂娯楽~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を主

▼ 所謂婦人問題~ (2, 0.0%)

1 の題目, をつき抜け

▼ 所謂孝子孝女~ (2, 0.0%)

2 は唐宋以後

▼ 所謂学問~ (2, 0.0%)

1 なぞすれ, は希望次第

▼ 所謂学者~ (2, 0.0%)

1 が好き, とは正に

▼ 所謂學者~ (2, 0.0%)

1 の俸給, めいた人間

▼ 所謂官僚~ (2, 0.0%)

1 なの, は電車

▼ 所謂客観性~ (2, 0.0%)

1 に癖, を有

▼ 所謂客観的精神~ (2, 0.0%)

1 だ二つ, でなければ

▼ 所謂家庭的~ (2, 0.0%)

1 な空気, な雰囲気

▼ 所謂家系~ (2, 0.0%)

1 の継紹, の継紹等

▼ 所謂寝殿造り~ (2, 0.0%)

1 の, の中門

▼ 所謂寺~ (2, 0.0%)

1 の亡者, 詣りを

▼ 所謂山人~ (2, 0.0%)

1 の一種, の類

▼ 所謂左翼出版物~ (2, 0.0%)

1 としての単行本, としての雑誌

▼ 所謂左翼思想~ (2, 0.0%)

1 が資本主義, といふもの

▼ 所謂巧妙~ (2, 0.0%)

1 な発達, な空小切手

▼ 所謂師~ (2, 0.0%)

1 として之, の房ら

▼ 所謂幽霊~ (2, 0.0%)

1 が気, になっ

▼ 所謂強力内閣~ (2, 0.0%)

1 が出現, の真

▼ 所謂役人村~ (2, 0.0%)

1 たる旧, として知られ

▼ 所謂彼~ (2, 0.0%)

1 の暗示, れの

▼ 所謂循環論法~ (2, 0.0%)

2 に過ぎない

▼ 所謂心~ (2, 0.0%)

1 が真直, も軽く

▼ 所謂心得違~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 所謂心理学~ (2, 0.0%)

1 の対象, は個人心理

▼ 所謂心理小説~ (2, 0.0%)

1 で扱った, なるもの

▼ 所謂忠孝~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, の道

▼ 所謂快男児~ (2, 0.0%)

1 ではない, などの類

▼ 所謂思想問題~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, の発生以後

▼ 所謂思想性~ (2, 0.0%)

1 が果して, とか社会科学的公式

▼ 所謂思慮~ (2, 0.0%)

2 の廻

▼ 所謂性~ (2, 0.0%)

1 とは其の, と荀子

▼ 所謂性的魅力~ (2, 0.0%)

1 と云, を十分

▼ 所謂恋愛~ (2, 0.0%)

1 というもの, らしい形

▼ 所謂恒産~ (2, 0.0%)

1 がある, 無き者

▼ 所謂悲劇~ (2, 0.0%)

1 は高められ, への否定

▼ 所謂情熱~ (2, 0.0%)

1 の噴出, の子

▼ 所謂想~ (2, 0.0%)

1 に應, に適

▼ 所謂想像力~ (2, 0.0%)

1 が全く, なるもの

▼ 所謂感動~ (2, 0.0%)

1 の, の語尾

▼ 所謂感情~ (2, 0.0%)

1 の完全慾, の論理

▼ 所謂懐疑論~ (2, 0.0%)

1 なるもの, はマッハ主義

▼ 所謂成功者~ (2, 0.0%)

1 すなわち立志伝中, 又は伝統的

▼ 所謂我~ (2, 0.0%)

1 を尺度, を解脱

▼ 所謂我々~ (2, 0.0%)

1 の宇宙, の時代

▼ 所謂批判~ (2, 0.0%)

1 とは単に, を歪んだ

▼ 所謂技術そのもの~ (2, 0.0%)

1 ではない, ではなく

▼ 所謂指導者~ (2, 0.0%)

1 なるもの, やその

▼ 所謂挨拶~ (2, 0.0%)

1 の言葉, らしい感じ

▼ 所謂探偵小説~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の小

▼ 所謂操行点~ (2, 0.0%)

2 だけは一度

▼ 所謂支那料理~ (2, 0.0%)

1 を食べ, を饗応

▼ 所謂改造~ (2, 0.0%)

2 なんていふ

▼ 所謂改革~ (2, 0.0%)

1 はその, は下層人物

▼ 所謂放蕩~ (2, 0.0%)

2 とは大いに

▼ 所謂政商~ (2, 0.0%)

1 なぞにも商売上, などは莫大

▼ 所謂政治家実業家~ (2, 0.0%)

2

▼ 所謂政治的価値~ (2, 0.0%)

1 と反発, と所謂芸術的価値

▼ 所謂政界~ (2, 0.0%)

2 の名士達

▼ 所謂政策~ (2, 0.0%)

1 に於, に訴えなけれ

▼ 所謂敗残兵~ (2, 0.0%)

1 がまだうろうろ, の出没

▼ 所謂数~ (2, 0.0%)

1 なりの語, なるもの

▼ 所謂数理経済学~ (2, 0.0%)

1 などに於, の如き

▼ 所謂文化危機~ (2, 0.0%)

1 や文明, を打開

▼ 所謂文化科学~ (2, 0.0%)

2 の観念

▼ 所謂文壇人~ (2, 0.0%)

1 の生活, の領域

▼ 所謂文学的価値~ (2, 0.0%)

1 ではない, の問題

▼ 所謂文学趣味~ (2, 0.0%)

1 に堕す, に毒

▼ 所謂文殊岩~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を発見

▼ 所謂文献学的批評~ (2, 0.0%)

1 でものよく, は既成

▼ 所謂文芸復興期~ (2, 0.0%)

1 が来り, の二

▼ 所謂新劇俳優~ (2, 0.0%)

1 にも通用, の技術

▼ 所謂新進作家~ (2, 0.0%)

1 と称せられる, の作品

▼ 所謂方士~ (2, 0.0%)

1 であ, は多

▼ 所謂既成政党~ (2, 0.0%)

1 からは比較的, の有名

▼ 所謂日本主義~ (2, 0.0%)

1 が横行, が流行

▼ 所謂日本民族~ (2, 0.0%)

1 なの, のすべて

▼ 所謂日本的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 所謂日本精神~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, のこの

▼ 所謂映画~ (2, 0.0%)

1 なの, らしいいきさつ

▼ 所謂映画芸術~ (2, 0.0%)

1 というもの, というカテゴリー

▼ 所謂暗示~ (2, 0.0%)

1 にかかり, にブツカル

▼ 所謂月表~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 所謂有神論~ (2, 0.0%)

1 に立, に關

▼ 所謂木曾~ (2, 0.0%)

1 の番所, はギフ

▼ 所謂本場所~ (2, 0.0%)

2 の相撲

▼ 所謂本格~ (2, 0.0%)

1 に生き, の探偵小説

▼ 所謂本能~ (2, 0.0%)

2 は自由

▼ 所謂本質~ (2, 0.0%)

1 にこの, は決して

▼ 所謂構成説~ (2, 0.0%)

1 となっ, に即ち

▼ 所謂構造~ (2, 0.0%)

2 ではなく

▼ 所謂模写~ (2, 0.0%)

1 に於, や改釈

▼ 所謂機械説~ (2, 0.0%)

1 の極端, を樹

▼ 所謂機械論~ (2, 0.0%)

1 と所謂生気説, の誇張

▼ 所謂欧州哲学~ (2, 0.0%)

1 だけな, もその

▼ 所謂歌~ (2, 0.0%)

1 から生じた, になり

▼ 所謂歌よみ~ (2, 0.0%)

1 には到底, の中

▼ 所謂武士~ (2, 0.0%)

1 の意気地, はあの

▼ 所謂歴史上~ (2, 0.0%)

1 の定評, の家康

▼ 所謂歴史哲学~ (2, 0.0%)

1 にもあてはまる, に代行

▼ 所謂歴史小説~ (2, 0.0%)

1 とはどんな, を書こう

▼ 所謂歴史的連続~ (2, 0.0%)

1 は従って, は恐らく

▼ 所謂毒~ (2, 0.0%)

1 を知らざる, 消に

▼ 所謂氏~ (2, 0.0%)

1 なくし, の芝居絵

▼ 所謂民族自決主義~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 所謂民衆たち~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, はほとんど

▼ 所謂民衆芸術家~ (2, 0.0%)

2 の民衆

▼ 所謂民間語源論~ (2, 0.0%)

1 の発生, は説話構成

▼ 所謂永遠~ (2, 0.0%)

1 なる理論, の謎

▼ 所謂江戸~ (2, 0.0%)

1 つ兒, の敵

▼ 所謂決定論~ (2, 0.0%)

1 に於ける, は存在

▼ 所謂沒却理想~ (2, 0.0%)

1 の旨, の詩

▼ 所謂沒理想~ (2, 0.0%)

1 なりしならん, は沒理想

▼ 所謂泥炭地~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 所謂洋行帰り~ (2, 0.0%)

2 を利用

▼ 所謂流言蜚語~ (2, 0.0%)

1 が実に, だったから

▼ 所謂浮浪~ (2, 0.0%)

2 の徒

▼ 所謂深川言葉~ (2, 0.0%)

2 といふ奴

▼ 所謂演繹~ (2, 0.0%)

1 の原理, も帰納

▼ 所謂演繹論理学~ (2, 0.0%)

1 が成立, とを結合

▼ 所謂無念無想~ (2, 0.0%)

1 で仕事, となり

▼ 所謂無色~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 所謂煩悩~ (2, 0.0%)

2 に即した

▼ 所謂熟練~ (2, 0.0%)

1 が機械, は科学主義工業

▼ 所謂熱誠~ (2, 0.0%)

2 が足りない

▼ 所謂父~ (2, 0.0%)

1 の, はてて

▼ 所謂物~ (2, 0.0%)

1 の間, は虚空間

▼ 所謂特殊内容~ (2, 0.0%)

1 に外, を成り立たせる

▼ 所謂犯人~ (2, 0.0%)

2 の足跡

▼ 所謂猿~ (2, 0.0%)

1 の人真似, の如く

▼ 所謂玄人~ (2, 0.0%)

1 が上演, の通俗作家的

▼ 所謂王道~ (2, 0.0%)

1 という如き, といふ如き

▼ 所謂珍本~ (2, 0.0%)

1 ださうである, に属する

▼ 所謂現在~ (2, 0.0%)

1 の大衆小説, の新劇

▼ 所謂現地~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ 所謂現象~ (2, 0.0%)

1 の予料, を指す

▼ 所謂理想派~ (2, 0.0%)

1 と雖, なるもの

▼ 所謂理想状態~ (2, 0.0%)

1 が原理的, として選択

▼ 所謂理研コンツェルン~ (2, 0.0%)

1 が他, の指導者

▼ 所謂生気説~ (2, 0.0%)

1 であります, とのかの

▼ 所謂生活~ (2, 0.0%)

1 のなか, は多く

▼ 所謂生活力~ (2, 0.0%)

1 と云, と粗雑さ

▼ 所謂男~ (2, 0.0%)

1 に対して性的, の心

▼ 所謂疎開生活~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 所謂療養所文芸~ (2, 0.0%)

1 とは一体, の発展策

▼ 所謂真理~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の客観的妥当性

▼ 所謂真面目さ~ (2, 0.0%)

1 という低, は真

▼ 所謂知己~ (2, 0.0%)

2 だね

▼ 所謂石~ (2, 0.0%)

1 のやう, 取の

▼ 所謂研究~ (2, 0.0%)

1 と信仰, をやめさせる

▼ 所謂社会主義~ (2, 0.0%)

1 だって国家主義, の世の中

▼ 所謂社会主義的リアリズム~ (2, 0.0%)

1 との云わ, と之

▼ 所謂社会政策~ (2, 0.0%)

1 というもの, なるもの

▼ 所謂祝詞~ (2, 0.0%)

1 で長い, と称せられる

▼ 所謂神代文字~ (2, 0.0%)

1 と云, の豫備知識

▼ 所謂神学~ (2, 0.0%)

1 がわれ等, なるもの

▼ 所謂神秘主義~ (2, 0.0%)

1 と異, のもの

▼ 所謂神聖~ (2, 0.0%)

1 なる恋, は茲

▼ 所謂私~ (2, 0.0%)

1 の, の世間的

▼ 所謂科学的批評~ (2, 0.0%)

1 は実は, や文芸作品

▼ 所謂穢~ (2, 0.0%)

1 多非人, 多頭相当

▼ 所謂穢多~ (2, 0.0%)

1 は出来ました, や非人

▼ 所謂穢多町~ (2, 0.0%)

1 です, で草葺

▼ 所謂端倪~ (2, 0.0%)

2 すべからざる時代

▼ 所謂竹切~ (2, 0.0%)

2 の会式

▼ 所謂等質的空間~ (2, 0.0%)

1 が何, に干与

▼ 所謂筋~ (2, 0.0%)

1 が鍛, をなす

▼ 所謂範疇~ (2, 0.0%)

1 なるもの, について立入つた論述

▼ 所謂簿録~ (2, 0.0%)

1 で全く, の上

▼ 所謂精密科学~ (2, 0.0%)

1 にはぞくさない, に於

▼ 所謂精神療法~ (2, 0.0%)

1 の一助, は固

▼ 所謂純粋直観~ (2, 0.0%)

1 であり純粋直観, としての純粋直観

▼ 所謂素人下宿~ (2, 0.0%)

1 といふ奴, の一つ

▼ 所謂細民窟附近~ (2, 0.0%)

1 を捜し, を搜

▼ 所謂経済~ (2, 0.0%)

1 と一つ, と呼ばれる

▼ 所謂経済関係~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, に対比

▼ 所謂経験~ (2, 0.0%)

1 で知つて, 乃至認識

▼ 所謂美人~ (2, 0.0%)

1 ではない, の彫刻

▼ 所謂美文~ (2, 0.0%)

1 だつた, よりも根本的

▼ 所謂翁~ (2, 0.0%)

1 の句, の枯淡さ

▼ 所謂耽溺生活~ (2, 0.0%)

1 に陥, に陥っ

▼ 所謂職業婦人~ (2, 0.0%)

1 というの, の型

▼ 所謂能動精神~ (2, 0.0%)

1 にその, の問題

▼ 所謂腐儒~ (2, 0.0%)

1 であったと, の腐

▼ 所謂腰弁生活~ (2, 0.0%)

1 の時代, をやつ

▼ 所謂自意識~ (2, 0.0%)

1 は人, は必ずしも

▼ 所謂自我~ (2, 0.0%)

1 に目ざめた, の探究

▼ 所謂自然哲学~ (2, 0.0%)

1 から離れ, にまで再

▼ 所謂自然生~ (2, 0.0%)

1 の大, の放浪者

▼ 所謂自由主義者~ (2, 0.0%)

1 であった, と自由主義反対者

▼ 所謂自白心理~ (2, 0.0%)

2

▼ 所謂良妻賢母~ (2, 0.0%)

1 といった型, を説い

▼ 所謂良心~ (2, 0.0%)

1 なの, に会っ

▼ 所謂芝居~ (2, 0.0%)

1 という点, らしい快感

▼ 所謂芸術家~ (2, 0.0%)

1 というもの, なるもの

▼ 所謂芸術的価値~ (2, 0.0%)

1 とが即ち, にある

▼ 所謂芸術的演劇~ (2, 0.0%)

1 としてわれわれ, に

▼ 所謂苦界~ (2, 0.0%)

1 でつらい, の勤め

▼ 所謂英語~ (2, 0.0%)

1 で言, の慣用的

▼ 所謂薩派~ (2, 0.0%)

2 と進歩派

▼ 所謂薫育~ (2, 0.0%)

1 はこの, は此父子

▼ 所謂藩~ (2, 0.0%)

1 の岸上, の役人

▼ 所謂虚構~ (2, 0.0%)

1 の語, を案出

▼ 所謂行動主義~ (2, 0.0%)

1 の文学, をどう

▼ 所謂要路~ (2, 0.0%)

1 の因循吏, の大官

▼ 所謂親~ (2, 0.0%)

1 の威光, の言

▼ 所謂親友~ (2, 0.0%)

2 は寧ろ

▼ 所謂親日派~ (2, 0.0%)

2 なる中国側代表者

▼ 所謂解放~ (2, 0.0%)

1 せられたる多数, は真

▼ 所謂言葉~ (2, 0.0%)

1 の問題, の采配

▼ 所謂言語~ (2, 0.0%)

1 の写真法, の原料

▼ 所謂評論~ (2, 0.0%)

1 の意外, は発達

▼ 所謂詩~ (2, 0.0%)

1 であ, を作る

▼ 所謂誤謬~ (2, 0.0%)

1 である, は余り

▼ 所謂論理主義~ (2, 0.0%)

1 の嚴密さ, はそう

▼ 所謂護法~ (2, 0.0%)

1 に関する思想, 実に護法

▼ 所謂象徴主義~ (2, 0.0%)

1 の迷路, もその

▼ 所謂象徴詩人~ (2, 0.0%)

2 の象徴詩

▼ 所謂貴婦人~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, に属する

▼ 所謂貴族~ (2, 0.0%)

1 のいかがわし, の生れ

▼ 所謂資本主義~ (2, 0.0%)

1 の第, 第三期

▼ 所謂賊軍~ (2, 0.0%)

1 は最も, を

▼ 所謂趣味~ (2, 0.0%)

1 に富んだ, を要求

▼ 所謂足掛~ (2, 0.0%)

2 の算法

▼ 所謂軍部案~ (2, 0.0%)

2 による議会政治否定説

▼ 所謂近世的婦人~ (2, 0.0%)

2 が此女

▼ 所謂近代的女性~ (2, 0.0%)

2 で無い

▼ 所謂近代的婦人~ (2, 0.0%)

2 も案外

▼ 所謂迷信~ (2, 0.0%)

1 なの, に止まらず

▼ 所謂逐語譯~ (2, 0.0%)

1 は必らずし, を施し

▼ 所謂通俗小説中~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 所謂進歩~ (2, 0.0%)

1 し懐疑, ということ

▼ 所謂遊び~ (2, 0.0%)

1 にはまりこめない, をあり

▼ 所謂運命~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 所謂道~ (2, 0.0%)

1 の者, を備

▼ 所謂道徳家~ (2, 0.0%)

2 から見

▼ 所謂道教~ (2, 0.0%)

1 のやう, の起る

▼ 所謂邪教~ (2, 0.0%)

1 の夫, 即ち新興宗教

▼ 所謂長州征伐~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 所謂開化期~ (2, 0.0%)

1 の文化, の文学活動

▼ 所謂雪~ (2, 0.0%)

1 と炭俵, は秦嶺

▼ 所謂靜的實在~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の不可解

▼ 所謂非常時局~ (2, 0.0%)

1 に処し, は国家千万年

▼ 所謂順養子~ (2, 0.0%)

2 となつ

▼ 所謂頑強~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 所謂頭~ (2, 0.0%)

1 のよ, のよい

▼ 所謂風刺文学~ (2, 0.0%)

1 というもの, の巨匠

▼ 所謂骨董~ (2, 0.0%)

1 です, を有難く

▼ 所謂高等警察~ (2, 0.0%)

1 との違い, の取り扱う

▼ 所謂高級~ (2, 0.0%)

1 では, な作品

▼ 所謂高蹈的思想~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 所謂高遠~ (2, 0.0%)

1 なる理想, に過ぎる

▼ 所謂鬼筋~ (2, 0.0%)

1 はその, や護法胤

▼ 所謂魔王大僧正~ (2, 0.0%)

1 は当, を始め

▼ 所謂鮑~ (2, 0.0%)

1 の片思い, を得る

▼ 所謂鶴首~ (2, 0.0%)

2 としての概念

▼ 所議員~ (2, 0.0%)

1 の改選, は三票

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 なり, の庭

▼ 所通い~ (2, 0.0%)

1 も幾度, を始めました

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の告げる, は一応

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 なる邪馬臺國, に至る

▼ 所開き~ (2, 0.0%)

1 の日, はお待ち

▼ 所関係~ (2, 0.0%)

1 の役人たち, の書類

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 に転じた, のもの

▼ 所陣屋~ (2, 0.0%)

1 などを焼く, を組み

▼ 所随分~ (2, 0.0%)

1 よろしかるべしとて, 眼を

▼ 所革命~ (2, 0.0%)

1 の業, の精神

▼ 所~ (2, 0.0%)

1 の凹込ん, を勤める

▼ 所高い~ (2, 0.0%)

2 所に

▼1* [4498件]

あけながら夜, 所あたかも最高き, 所あちらではそう, 所あつかいおばけあつかい, 所あの広場の, 所あまりに鄭重に, 所あらざれども彼, 所あらしむれば, 所あらしめた彼の, 所あらぬやうに, 所あらねど巧, 所ありけん漸く今回事件, 所ありしかど何故か, 所ありたれど風, 所ありてと一字一字, 所ありますから, 所ありませんわ, 所あり依てここ, 所あり嗜まざる所有り, 所あり驚く可き, 所あれへんとそう, 所あろうためそんな, 所あッか, 所いい人の, 所いうのを, 所いざという場合, 所いずこも, 所いたって遠く, 所いたる所に, 所いちめんから喚きかかっ, 所いっぱいにかんだかく, 所いつ其が, 所いで我は, 所いまだその蒐集, 所いやねえ住ん, 所いろいろな誤謬, 所いわば境界の, 所いわんやわれわれ計画する, 所い行くわなあ, 所い逃げたんや, 所い連れてエ, 所い閉じ籠ったりする, 所うち過ぎて, 所うつりかへけれどいづ, 所うのきみといひける, 所うろうろして, 所え可申立萬一かくし, 所え諸藩士竝に, 所おとなしいしそれ, 所おのづから, 所おのずから民を, 所おらぬので庭, 所おん身がおわさで, 所お前の話, 所お前さへよけれ, 所お前さんは仮装, 所お前さん御新造様と出来た, 所お御頼則チ阿弥太寺伊藤助, 所お母さんが赤坊, 所お父さん掘ったん, 所お開きの上, 所かお悪う御座います, 所かお帰りの所, 所かから電光が, 所かしつかりしたところ, 所かしらそして月夜, 所かたきなく攻むる所, 所かつて僕が, 所かというような, 所かならずあるよう, 所かなりくさい芝居, 所かなりの定説と, 所かは退ける所, 所かまわず吐きちらしてあるい, 所からけふ突然, 所からじゃ見えない, 所からだって這入るが, 所からと弟様とこから, 所からのみものを, 所からばかりなの, 所からへし折れて, 所からまで臣民が, 所かわれば品, 所か弱い蔭地に, 所がかへつて来た, 所がからである前, 所がちがふ, 所がってそう改, 所がにはかに, 所がねえ僕は, 所がのう婆さま忘れ, 所がらくた道具を積上げた, 所がら人前もわきまえず, 所がら人柄によるもの, 所がら比類のない, 所がら芸妓やや料理店, 所がをかしい, 所きらわずえぐり回すような, 所きらわずたたきつけながらのたうち回っ, 所きらわず出て来, 所きらわず吐き捨てて噛, 所きらわず投げつけてくる, 所きらわず抜いたのであっ, 所きらわず歩きまわり何やら奇妙, 所きらわず殴ったり足蹴, 所きらわず踏み潰しは, 所きらわず這いまわっている, 所くらいしかないが, 所置いたの, 所けんめいにその, 所さへ, 所こそは変わりたれ同, 所ことごとく神意と, 所このごろハお, 所これから一修業という, 所これらの言葉, 所これ等に手, 所勘考下す, 所さえも知らないの, 所さかいとすかい, 所さす所から, 所させると, 所さだめずに棲ん, 所さびしい所と, 所さまそれから相州さま, 所さらにその次, 所さるすべりと蓮, 所されば妾, 所さんのため, 所さんざめく小袖幕の, 所さ枕と敷布, 所しもたやの貸, 所じゃということを, 所じゃによって天上皇帝も, 所じゃねえ火に, 所じゅうに知れわたった, 所すでにそのまま総司令部, 所すなわちただそれ自身を, 所すべて人人は飛び散っ, 所すべて敵軍だった, 所すべて是くの, 所すましてまいりました, 所ずいぶん気を, 所くもや, 所せき斗りに, 所せましと平伏し, 所せましとおいてある, 所そうしない方, 所そこでやや小半刻, 所そちの好き, 所そなえつけの衣服, 所そのままを見せ, 所そのものによって否定, 所その他二三の幕舎, 所それから転地療養それから, 所ただ一つあり, 所たらしめむと欲す, 所たるべき隠れ家を, 所だから詩が, 所だけででも几帳面に, 所だけでも犀の, 所だけにしか残っちゃ, 所だった覚えて無い, 所だになき無産者, 所だます所恐い, 所だらけになっ, 所だれにもわかる, 所だ呆れた話だ, 所ちかき故入れし, 所ちっとも働かないじゃ, 所ぢゃと思ったの, 所ぢやござりません, 所ついそのままで姿, 所つげ給はねど, 所つてものは本当に, 所つまり三好先生, 所づくりの一亭, 所づけで度々, 所であったらその眼, 所であったらしい小さい四角い塔, 所でありませうが長く, 所であり併せて幾重にも, 所であるのみならず此學派は, 所であるらしいそれである, 所である乾くまで待つ, 所である見すぼらしいカツフエの, 所であろう憎むべし呪うべし俑を, 所でか見た様, 所でございましてやはり, 所でござるぞ, 所でござれば, 所でしたらうか, 所でだけはよして, 所でと相生さんが, 所でなかったら於菊は, 所でなきゃ育たないんだ, 所でなくなってしまい, 所ではぞきりと, 所ではともかくさういふ機運, 所でよりも多くこの, 所といへり, 所とかいふ諸説を, 所とかの事で, 所とから見ると, 所とが人を寂し, 所とさえ進化し, 所としか見えないそれ, 所としてだけ使われて, 所とでわたしは, 所とでは金の, 所とにおいて自由に, 所とによって大いに違う, 所ともして悠々, 所とやらに居ると, 所とやらへ様子見に, 所とより外には, 所とりつぎが申ニハ高柳, 所と共に一方には, 所どうにかという程度, 所どころまばらに落ちる, 所どころ実戦に参加, 所どころ建物のかげ, 所どころ森や疎林, 所どころ石の現われ, 所どころ虫に喰われた, 所どころ要点を確かめる, 所どころ雲はあった, 所どころ電燈をつけた, 所どころ高低はあっ, 所どちら様にも義理, 所どっちかといえ, 所なかりしも, 所なかるべからざるが, 所なかるべからず候, 所なかるべしそは, 所ながらも家々に, 所なきめでたきためしの, 所なくなったのよ二三日, 所なく廻っている, 所なぞには粘り強い意力, 所なぞのすでに開かれ, 所などこそ子供が, 所などにも心覚えが, 所などへは足が, 所などへも人を, 所なにぶん女の, 所ならざるべきを思い, 所ならずしていずれ, 所ならでは何処, 所ならねば疲れし, 所なら噛む事も, 所なら為さんを呼ぶ, 所なら知らずお父様, 所なりいな大いに世, 所なりしも調金の, 所なりとかそも, 所なりとして強いて自ら, 所なりとはヱマルソンの, 所なりとも同派の, 所なるべきか, 所なるべく候, 所なれさればこれ, 所なんかには行かなかつた筈, 所なんかはたまらなくいいけども, 所なんかへ行くよりか, 所なんかやつて儲け, 所なんかをこさへるのに, 所なんぞ有りは, 所なんぞとは違った思い, 所なんぞも女中は, 所なんぞを箒い, 所なんとしても, 所においての面目たり, 所においてのみである, 所にかへつたと, 所にすら形見が, 所にずつと住み着いて, 所にだけ一つ残つてゐた, 所についての記録は, 所につき落とされて, 所につけ黒子を, 所につつ立つて, 所にとっては過去の, 所にとのいした両, 所になんぞ跡を, 所にのんの, 所にまでも闖入し, 所による就職率は, 所によるも其間に, 所にわづかばかりの, 所にわたって追跡中で, 所にわたりをつけて, 所にをりましても, 所に対して彼等が, 所のみがわが世界, 所のみにあらず男, 所のみの高札に, 所のみをみるキリスト, 所のみを以てしても, 所のよかりしおかげ, 所のれんじ窓から, 所はた甚だ快しと, 所はねならば飛ぶ, 所はのうおれに, 所ばかりか近郷の, 所ばかりで発見せられた, 所ばかりの小空地, 所ばかりは悲喜転倒の, 所ばかりへ出入りを, 所ばっかり投げるじゃ, 所ひどくやつれて, 所ひらき申候, 所びたいとするどい眼, 所ふかく侍りし, 所ふさげのがらくたもの, 所ふと蔵ハ外の, 所へけふの, 所へこそまっすぐに, 所へだけ穴を, 所へというように, 所へともなく目的, 所へなどは度々次, 所へねぢ込ん, 所へばっかり引きよせられて, 所へまでは大変だ, 所へよりそれからめいめい, 所へををつけて, 所いで夫婦, 所べつな所, 所ほこりの積, 所ほとんど皆馬あり, 所ほどに高く盛塩, 所ほんとに泣けた, 所かなひし侍る, 所まことに哲人の, 所まだはっきりしませんが, 所まだ甚だ乏しいの, 所まつたく無智, 所までくらいは送り出して, 所までしかない, 所までといって, 所までに恐ろしい岩, 所までには実際において, 所まではとただ一念一道, 所までをぜひともその, 所まわしに附した, 所まわりの下級官吏たち, 所みたようの, 所むつかしい小説だ, 所めぐりをさせられる, 所め何う申す, 所もう一度弾いて, 所もかはらず人, 所もござりませぬが藩政, 所もさほどでない, 所もしくは両方に, 所もちやんと, 所もはや平穏に, 所やったな, 所やはりいつもの人形, 所やはり近頃多い武者修行, 所ややもすれば自身に, 所やらに潜む一種, 所やれそうだ, 所ゐご, 所ゆえ往古よりこれ, 所ゆえ誰も来, 所ゆゑ残れる也, 所ゆゑ自然子供への玩具, 所杉崎先生の, 所よくよくに思たま, 所よりずつと南に, 所よりとしてこの宿場, 所よりはよほど上品, 所よりもずつと古代に, 所らしかったお通, 所りして生涯相良, 所ろアレは何, 所ろ一寸と君, 所ろ一昨日が其出来, 所ろ二人とも早速, 所ろ何かは以, 所ろ女房の外, 所ろ後で見れ, 所ろ此人殺しの噂, 所わかったようで, 所わきの町会所, 所わたくし家神のべと申, 所われわれだけは何, 所をけなばと, 所をでも覗くやう, 所をといふ夢は, 所をめぐって展開される, 所をもって牛若へ, 所をようく知っ, 所ををがんと, 所を通じての勤労への, 所アピア市には事, 所アリ主トシテ大名旗本, 所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 所アルニ似タリ, 所アレバ況ヤ自ラ機軸, 所アヽ子供が独楽, 所連れて, 所エボン村共同宿泊所などと書かれた, 所エボン村共同宿泊所等と書かれた, 所ガアツテ好キ勝手, 所ガラス屋から日立造船, 所ガラス工場ガス製造所にはどんな, 所サッサと飛ぶ, 所サヴァイイ族は飽く迄, 所サーベルの傷, 所シェフィルドの鉄器製造所, 所シラッカリ沢入口ヲ距ル一里, 所スタッフ一同とこっち, 所センチメンタリズムのほか, 所ダケハ奇蹟的ニ火災ヲ免レタノデ, 所ダヴィンチボッカチオマキアベリジオットシマブエセリニ皆この街, 所て写真さ, 所デハ颯子ノコト, 所貼出サレテアリ, 所トナリ其身ヲ終テ後世ニ益スルナシ是レ書, 所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 所ト如何ナル御作集録致サレ候ヤマタ貴殿ノ諸, 所ドック造船場倉庫等の従来東洋, 所ナキヲ以テモ之ヲ知ルベシ, 所ナキ也雖然其説ク所必ズシモ, 所ナシ故ニ曰ク財, 所ナリ之ヲ自, 所ナルヘキモ今ヤ帝国, 所ナレドモ黄金時代或ハ黄金世界ナル名稱ハ形容, 所ナレバ急需ニ應ジ, 所ニイラツシヤラナイデコノ涼シイ草ノ葉ノカゲヘイラツシヤイ, 所ニオ誂エ向キノ家屋ガ一軒売リ物ニ出タノデ, 所ニシテ当ニ務テ, 所ニシテ人ニ向ツテハ, 所ニシテ土地ノ閑静ナノ, 所ニテ豈文明, 所ニテハ唯二道アルニ, 所ニテ立チ所ニ斬リ, 所ニハ未御談判ニ, 所ニハ乙様の御, 所ニヨリテ勞働省之ヲ裁決ス, 所ニヨリテ半年以上三年以下ノ體刑, 所ニ從テ其數ヲ増スヲ得其版圖ノ鋭利ナル, 所ニ從ヒ其數ヲ増スヲ得, 所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 所ニ於テモ亦然, 所ニ於テ断獄ノ際, 所ニ答ヘ我等ガ, 所ニ至ルニ吉井幸助もまち, 所ニ行ッテ血壓ノ検査ヲシテ貰ウ, 所ニ隨ヒ各家, 所ニ風呂場ヲ二ツ作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカ, 所ノモノハ直ニ濫費シテ惜シマザルモノアリ, 所ノートル・ダーム橋の角, 所ハ人ソレ諸ヲ舎テンヤ, 所ハ此四月頃宇和島候より長州, 所ハ淡路釜口デスカ, 所ハ牛込矢来町三番地字中ノ丸丙六〇号, 所ハ相はこび, 所バッカスのお, 所フハイ所だと, 所ヘカケツケテ夫婦デ来, 所ヘモイズレ一晩ハ厄介ニナルガネ今日ハ取リ敢エズ京都ホテルニ泊ルヨ, 所ヘヤッテオレハ銚子ノ広, 所ペルシャの, 所マダム塚本の所, 所マデ行キ二人ガカリデ車ニ入レタ, 所ミッテンワルドという, 所ランプは消え, 所ルイズに出会った, 所有ル耶, 所ロシアは三田, 所ロニ非ズ, 所ロニ相違無シ抔ト断决スルハ, 所ン所だった覚えて, 所一つ授産所一つ作られないこと, 所一つ道寄りをせなかった, 所一ぱいに出る, 所一二字添削して, 所一分とは何, 所一同なん, 所一向知りませんので, 所一団の強盗, 所一寸王が玉座, 所一屋あり浴舍, 所一度は泣く泣く, 所一座の誰, 所一応は道理, 所一方の入口, 所一旦右樣意外の, 所一條の赤土, 所一様に配置, 所一歩を進め, 所一理あり, 所一種類の階級, 所一羽の雉, 所一肉の味, 所一膳飯の看板, 所一般の判事諸公, 所一葉ごとに五七語, 所一見できるの, 所一覧のため, 所一語読み難し, 所の日, 所七寸の鬼, 所の神, 所と所, 所三ヶ村の政治, 所三十金に過ぎず, 所三十錢かく儉約, 所三味線のある, 所三嶋日光その他あまたの神社, 所三所に黒い, 所三男君は例, 所三角形になっ, 所三間許を踏崩, 所上モナク恐多キ儀, 所の関ハ, 所下ろされてあった, 所下之より甚しき者, 所下文に, 所不動候とも事, 所不在に付, 所不尽生理朕甚憫焉所以親閲方書俾令撰集溥天之下, 所不能變者蓋淪於塵俗而莫之覺也, 所与力熊谷六次郎と申す, 所与力筆頭叔父森川庄兵衛の組下, 所ヲ経テ失サルカナ, 所世の中に居る, 所世間に通用, 所が其の, 所中川謙次郎氏の居所, 所中鎌倉からはるばる, 所丹波篠村の領家, 所司, 所主人三島屋祐玄樣が殺されました, 所主任の水上氏, 所主任土岐健助宛の無名, 所主君も大いに, 所而分與之, 所也本文挿絵は道柳子図, 所乾燥室などの急造, 所事務を扱った, 所非ズ, 所二つのもの, 所二ヶ所から来た, 所二三分に足らず, 所二人は確か, 所二十を越え, 所二十一年も孤独, 所二十七八歳くらいらしかった, 所二十五年を一期, 所二十余種に至つて, 所二十八日の喜多, 所二千八百石に添え物, 所二千年の昔妖姫クレオパトラ, 所二所に御, 所二間の壁, 所云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 所互に異同ある, 所五十・五十二番地の家, 所五千石の一部, 所五周年記念の大会, 所五手掛の管轄, 所井上兄より御, 所亡弓箭出來願坐爾, 所京師の急報, 所京都の次位, 所亭主より豪い, 所人々の出入り, 所人体自から, 所人参畑の血塚, 所人生至樂の境地, 所人目の憚り, 所人跡稀なる北亜米利加, 所人身賣買, 所人身売買に異ら, 所今日非常に古い, 所他人の熱, 所他方が隱, 所の人々, 所以来のこと, 所仲間で華族, 所企画部の海老原氏, 所伊東にも外, 所休息所といわなけれ, 所の中, 所会員拓殖銀行其他の株主, 所会議だが, 所会頭郷誠之助氏は或, 所伯爵夫人の心状, 所伺候にさし加, 所天地一沙鴎と, 所低い所いちめんから, 所低温でありその, 所住むとこの, 所住居は繭, 所住民となった, 所住而生其心と云う, 所崩して, 所体頽して, 所何ぞそれ雍容悠長なる, 所何だか馬道の, 所何と申して, 所何レ急成ハ, 所何人もよく, 所何分手ニ入かね候, 所何卒御快諾, 所何時より何時, 所何物も遮り得ぬ, 所何百年の其間, 所何等疑うべき動機, 所何者の仕業, 所余り勢がよい, 所余り突然のこと, 所作りながら出, 所作る手伝い柱を, 所作家団等が協力, 所作業に向かっ, 所る紐小刀, 所たよ, 所例会再興第一回, 所便所湯殿と一, 所信州の平野, 所信濃守を招, 所信濃守様とたい, 所倉庫病院郵便局購買組合などの建物, 所個々の個人, 所個人の権威, 所は, 所がこんなに, 所健康相談所はどの, 所の係員, 所備中国阿賀郡村尾村一向宗穢多寺永宝寺と申, 所傳一致を缺, 所傳以外に少く, 所傳聞異辭とあ, 所僅少ならざりしと, 所僻境を望ん, 所元気の始まる, 所兄弟中もみな, 所兇行直前貞を連れ, 所先づ此処に集つた三人以外, 所先代の庭掃, 所先王の時代, 所先生袴の股立, 所光っていた, 所免許せしめたるは, 所児童をし, 所の顔触れ, 所入会者引きも切らず, 所入口や水路工事, 所全般を通じてのこと, 所全部に鉄筋, 所八ヶ嶽山上へ取って返し, 所八十か九十, 所八州又は代官所, 所八幡神の信仰, 所八年ぶりで宇之助さん, 所公事方の許可, 所公学堂等の日本人, 所公平に寂靜, 所公方様の米倉あたり, 所公設洗濯所公設物干場の設置, 所公設物干場の設置, 所公領の地, 所六千圓内外正味の利益, 所によろこびでなけれ, 所共に強烈なる, 所共同食堂の経営, 所共同食堂クラブなどはつきもの, 所共同食堂無料産院等はドンドン, 所共同食堂等があり, 所共聖殷本紀述湯誥曰古禹皐陶久勞於外, 所其人達の仕業, 所其他を二三縦覧, 所其外の名所, 所其弁論に一種, 所其所で喝采, 所其時英雄的な人道的, 所其辯論に一種, 所其風を慕, 所具合よく行き, 所兼売捌場に充て, 所兼炊事場があり, 所兼発行所とし, 所兼監督の詰め所, 所兼薬局らしい, 所兼食堂に使用, 所丹説外丹説いろいろ, 所内外餘程御六ヶ敷, 所内容余りに僧家, 所内部から田原藩家老渡邊登, 所して, 所凡てが近頃, 所の神社, 所て来, 所出入りをゆるされ, 所出入商人の手形, 所出席は御, 所出張所と云った, 所出来ない所, 所出身でこれから, 所も授かり, 所切りなの, 所切り裂かれいまだに血, 所刈っている, 所のもの, 所刑せられるのに対して, 所刑台に上げる, 所別状ない様, 所到底理論の, 所制作的身体的なる所, 所刻率誤本, 所前後二囘しか無い, 所剥げのした, 所剥皮場獣皮塩蔵所乾燥室などの急造, 所近猶, 所創設の案, 所劉向の傳, 所加七曰ク仙台の役人及河内, 所労働者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 所の人間, 所動物に対して疳癪, 所動的意味の, 所動者であって, 所勘次の母, 所に当っ, 所勝手次第と被, 所勝負なしの, 所を顧, 所勤め太鼓腹をゆすっ, 所勤務中遠山藤と申す, 所勤務兵として例, 所匈奴の大, 所化粧室が附属, 所北印度の界, 所北寮が百軒, 所区々にし, 所医者の見立て, 所十カ所もあり, 所十一日にする, 所十四吋半以上の裝甲, 所十坪程もある, 所十方諸仏出身門だ, 所千代までおわしませ, 所千態万容の世界, 所千鳥系のマキノ撮影所, 所半ば客観的に叙したる, 所半ば客觀的に敍, 所半町ばかりもございましたろう, 所卑賤なる素生, 所南北ある, 所単に貴方の, 所単語は符号, 所卜其辭如令龜法視火, 所卯時ばかりに篠, 所印刷工場が日本, 所い技巧, 所危険だという, 所て興, 所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 所でもあらう, 所厳閤の薨去, 所六月中より, 所参加の記録, 所及廿六日より御, 所双手を擧げ, 所双方の間, 所反って小, 所収入の方, 所なく安, 所取立の折, 所取締三人適所に伎倆, 所の身, 所より戻れ, 所口入所なぞ看板をかけた, 所古くはない, 所古人に在り, 所古今を問はず, 所古代はイ列, 所只幻惑の悲音, 所可愛いよ, 所右側に一個所, 所番地石川一とせられた, 所同じからず縦し, 所同大と見なす, 所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 所同月廿五日此度願之趣無拠義被思召御表医師, 所同様であります, 所名前書を持つ, 所名古屋城にし, 所名高い霊場でございます, 所向きの小, 所の手際, 所吟味与力の石本, 所吟味与力石本勘十郎と申す, 所吟左のごとし, 所吟数首あり, 所含月荘のご, 所れ人諸共, 所吾人凡俗を遥か, 所告父祖等此時乍驚自閨中述出一通書状, 所呪いがあります, 所命令は政府, 所和歌集裏書きの意訳, 所哲理の及ぶ, 所ふ奴, 所唯今より愚察, 所問い合せてみましょう, 所にあり, 所善光寺あり, 所の銅山, 所嘉永安政に到り, 所嘘ぢやない, 所囚人ヘ落語無料長演シ奇特千万ニ付キ, 所四五十間四方は小田, 所四十程も年, 所四囲みな彼, 所四日間実に大, 所図書館等にまで, 所より知り得べからず, 所国家に在, 所の申す, 所圧しつ圧されつ動揺する, 所在所の山道, 所が平, 所地下の抗戦運動, 所地中海の汐風, 所坂下で待受けました, 所坂東十州の平野, 所坂野医院大繁昌, 所均等な分布, 所坪村にてありし, 所とぞし, 所執事以下の奉行人七, 所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 所堂一宇次信, 所堂一宇継信忠信の両, 所堯舜の名, 所堰堤と各所, 所場銭寺銭この盆, 所によって変幻極り, 所境相分と見分, 所増加にて被, 所増設食堂の増設, 所についてる, 所士女雅宴楼閣清集等ヲ画ケルモノ, 所声調乃ち異なり詩人たる者此理, 所に随, 所変えして大, 所変わり人長け, 所変われば品, 所夏装束にて恥しけれ, 所夏野様の旦那様, 所にはせん, 所多々有りと, 所多かったのみ, 所多かるべし, 所多少程度の, 所多数の婦人, 所夜会に出す, 所夜光蟲が群集, 所夜前申合候通伏水ニ相待と申, 所よりは一層, 所大いなる熱火の, 所大いに崩れ住民, 所大きに急いて, 所大まかな明るい, 所大佐の家, 所大名の勢威, 所大抵熟練した連中許, 所大正写生と異, 所大略次の如し, 所大破に相成, 所大野侯御人数乗組, 所天保調が生れ, 所天命の向, 所天産に衣食, 所天竺木綿の大きな, 所太い調子放れ, 所太夫義辰なる者, 所太平打續候餘り人, 所太平洋の初まる, 所太郎兵衛のうわさ, 所夫ハ三日路も外, 所夫レハ清次郎が天下, 所夫人は頑強, 所れたる茶羅紗, 所失ふ所に, 所奇蹟の起らざる, 所套靴の方, 所奥大白州では今, 所女三人で歩ける, 所女苦労などうるさく, 所好不関貧, 所如何に遠き, 所如來身體の上部, 所如是縁庵等と号, 所妄信者なの, 所な所, 所妻恋村へ出よう, 所妾宅にはま, 所始まって以来, 所姿が見えない, 所婦人に主君, 所婦人小兒を略し, 所嫉妬ありで蓋し, 所嫋々として長く, 所はぬ, 所嫌はず乘廻し其處此處, 所嫌はず西洋種の苜蓿, 所嫌はず雨のやう, 所嫌わずつッ, 所嫌わず吹き出てい, 所嫌わず塗りつけるそうであります, 所嫌わず打ち空けながら畳, 所嫌わず放り出された儘に, 所嫌わず舐めようとしてやまなかった, 所嫌わず這い摺るように, 所孔雀は動物園, 所存外御手間とり候, 所助殿, 所孤児院等を巡見せり, 所学校革命の家, 所宇宙の秘密, 所守りてのみあるなるべし, 所守備の武士ども, 所守雜染に梵行嫌疑, 所安部君は教授, 所完全に静か, 所官制が公布, 所定めず坐右に, 所定めず行くことは, 所定めず遊び歩くのであった, 所定次郎は本人, 所欽重是令翻譯俾用流行卿夙慕忠勤職司禁衞省, 所ニ同, 所実に此の, 所家厳はこれ, 所家司の詰め所, 所家居取払い空地となし置く, 所家康之を愛し, 所家来だからと, 所家畜野菜畑果樹園を置き, 所宿所の前, 所宿泊所飲食所それがみんな別々, 所寂しい片すみ世に, 所寄宿舎私はただ, 所寒村のうちなほ, 所すること, 所寡少としません, 所に朝鮮, 所将軍家並びに御, 所尊崇と罵詈, 所故に較, 所小さな男の子や, 所小児らしき所, 所小学校と名, 所小弟ニハ誠におもしろく, 所小生卒業論文にて毎日ギュー, 所小高い丘の, 所少からず, 所少く田舎の, 所少しく眼を, 所尠クマタ猿ハ阿諛ヲ知ラヌナリ, 所尤も酸鼻を, 所尼崎汽船などの大, 所て松原, 所尽く取つて以, 所居らぬので庭, 所居絶島方可四百餘里土地山險多深林, 所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 所居而安者易之序也, 所屋根の穴, 所に屍, 所屬以外の部曲, 所屬物とを君, 所山崩れがあっ, 所山河清シといった, 所山脚遠く長く走り, 所山腹に洞穴, 所山藤がはびこっ, 所の途切れ, 所岩壁の腰, 所岩石ヶ城などと申す, 所はくずれ, 所に沿う, 所のよう, 所工場集団農場夥しくふえた, 所の如し, 所左京皇別吉田連の祖鹽乘津彦命, 所左右の山脚急, 所左手の屏風, 所左衛門出で合い, 所左衛門鎌鑓を打ちかけ, 所左門奴頑固に断わった, 所巨大な石, 所差し当り私一人で, 所を比況, 所市中の人心, 所市役所の塔, 所ありで人, 所帰国後一向に御, 所帶持などには全く, 所常に勝てり, 所幅三フィートの板, 所平すも, 所平凡な南画, 所平和の居る, 所平安は大師, 所平常の腰, 所平臥中故御無音申候, 所年齢は二十歳余り, 所幸いお繼, 所幼兒の頭蓋, 所幼稚園のない, 所幾乎村山水の奇態, 所幾何もない, 所幾十里今日過くる所幾乎, 所海子爵主人の, 所広田新左衛門が中門, 所序三十八篇としてその, 所庵室の舞台, 所廃止種々な助, 所で続けられた, 所建因冒譴責坐北遷, 所建設のほんとに, 所廻りの小, 所の結果, 所の, 所引用した, 所引磐石と書したる, 所引谷三山宛岡本黄中の書信, 所引越公私のさわぎ, 所弱い所を, 所弱点缺陥を剔抉, 所強固なる反対説, 所弾薬庫各士官室, 所彈問と云, 所にはならない, 所当時のフランス, 所当時楊枝を削っ, 所彩色硝子の採光窓, 所の心得, 所役人通詞出島乙名その他友人蘭館出入りの者, 所役召上げられ七石, 所彼これを行え, 所彼女は無論, 所彼竹島行の事ハ兼而御聞ニ, 所往古の一致思想, 所後ろはものすごい, 所徐々にアルプス連山が, 所徒に多岐に, 所従而その説く, 所の神たち, 所從來のもの, 所從來中央政府の帳簿, 所御家人か小禄, 所御座候に付, 所御用一条につき, 所復讐者の意図, 所心盲ひし, 所しも一致, 所必ズシモ正トスルニ足ラザルナリ, 所必政治上の勢力, 所志賀の花園, 所が腹, 所念水江之浦島児, 所念真珠は海, 所念述ぶとせば, 所あり恋, 所恋してるか, 所恐い所の, 所恐れずに真実, 所恐ろしくなって, 所恐怖あるのみ, 所が通つて, 所悉ク大帝降世, 所路の, 所悪い女じゃ, 所たる征驂, 所を顧, 所惣方長州の論, 所とすこぶる, 所意味する所, 所愛する所は, 所感じた所を, 所感じたる所すべて是く, 所感情が喪失, 所慇懃われ之を多, 所にや堪へざりけん, 所應行を服膺, 所にし, 所成就覚束なき因縁, 所我國家に酬, 所我当路者は之, 所我等亦多言, 所時は, 所の血迷い, 所所員侍所の面々, 所所在に此慘, 所所払ひを, 所所長として国際天文連盟, 所に取, 所手洗場は階段, 所手錠に処せられた, 所の字, 所托児所病院の数, 所批評の的, 所技師ジェイムス・シャンク姉妹船ジイロング号機関長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 所択ばず緑り, 所択ばず散らついている, 所押し返された民衆が, 所抽斎父子の遺愛, 所拙者の朋友間瀬金三郎, 所拝借とて私, 所括り呪言を, 所で触れた, 所指合にて隣家, 所捜しは伝六, 所の小母さん, 所掛かっている, 所の論文, 所換えに依っ, 所の帽子, 所摧靡せざるなし, 所播磨守くだって, 所写千金方中, 所支配のお, 所支配人久禰田孫兵衛君に面会, 所收詩篇僅かに拾八篇, 所改造の挙, 所改革案のよう, 所放浪して, 所のま, 所教員がうんと, 所教授森山は才氣, 所教授殖田三郎さんと共に相模川, 所教授神田孝平訳の経済小学, 所教權の統一, 所但搏手以當跪拜, 所知れず其内, 所数限りない石祠等, 所文学と呼ばう, 所斑らに色, 所からぬ, 所断巌の上, 所斯んな文章, 所文芸の, 所新聞記者席參觀人席など區別, 所旅館の設備完全, 所日本人の方, 所日本橋二丁目の茶屋新四郎, 所日本美術協会というもの, 所日記には当時, 所旧蹟を眺める, 所早く御着眼これ, 所明けて置い, 所明智の姿, 所明神ここへ来た, 所明神様でひっかかり, 所昔幽霊塔の持主, 所星塚敬愛園にはいっ, 所春三郎は唯, 所昨夜婢の亡霊, 所昨夜藩邸吉井幸輔よりこと伝, 所れを, 所是非描いて, 所として清長, 所時人譏誚, 所時間三十分も過ぎ, 所となく, 所景色のいい, 所暑い中を, 所暗い所と, 所曲淵甲斐守のお, 所書記溜り与力, 所書記長の肩書, 所へたる昼寐犬, 所最初の独逸的日本人, 所最高所に登仙, 所會頭の高山彦九郎, 所にあらず, 所有りしならんとは, 所有るべけれど土偶, 所望む所貞世紀行尽せり, 所未だ室に, 所未だ全く松陰手録の, 所未だ嘗て人に対して, 所未来の神田川, 所未熟だが, 所本人は何, 所本当かね, 所本所に渡御, 所本流にあり, 所朱文字の提灯, 所村人の答弁, 所東京は京橋, 所東京電気株式会社や日本放送協会, 所東配殿に木彫り, 所松平家の溜り, 所枯れた株との, 所枯朽を摧, 所染法儀七患辭過三辯尚賢上, 所染篇の末, 所校長も勿論, 所根から梢まで, 所格調の如何, 所桐楊塾の楊, 所主水, 所によって虚無, 所有無如何者也蔡之建國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之, 所構はず何処へでもふり, 所構わず大声を, 所構わず積んであっ, 所樂而玩者爻之辭也とあ, 所の山西屋, 所横縁に立つた, 所樹木繁る中, 所機械類などを払下げ, 所折れ舷, 所欠けている, 所欠員はない, 所次ぎが大橋発電所, 所次舊無明解或以爲有親必須宮室, 所撃つに, 所止むを得ざる, 所正しき所が, 所正しくば然, 所此家も国家, 所此島の模樣, 所此度図らずお, 所此度戸籍偏製御取調, 所此度棟付御取調, 所此度私え相譲候段, 所此方は一家, 所此書亦た, 所此程に至り, 所此處は内務省大藏省復興局, 所此頃ハ病気なりとて, 所此頃御国より相, 所歩いたあげく我々は, 所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ家馬ガ不快デ六七日逗留ヲシタイトイウカラ, 所歩イタ道ニ他流ヘ行キテツカイツツ行ッタガ, 所の暮, 所歸國後一向に御, 所は人, 所んど, 所殆ど新春野屋, 所段々その脅迫, 所殺人ではなし, 所殿堂なら外廓, 所殿治部殿最所治部め, 所母子健康相談所共同食堂の経営, 所比木村勿論朝比奈村上十五日, 所の利いた, 所気の毒なる見張人, 所水色に塗り立てた, 所永井曰ク然レバ, 所或用漢唐伝疏, 所求めて得られざる, 所江岸の山添い, 所決したので, 所決して立派な, 所決するといふ, 所河童の皿, 所治部めが叛, 所治部船山城には須々木豊前, 所法師原を間人, 所洋銀両替承の, 所洗濯場などの簡単, 所派遣の本庄鬼六, 所流浪して, 所流石に大家, 所流行痢疾にて八月三日相果候, 所浜次郎氏から女房, 所浴舍の結構頗る, 所墨一抹人は, 所深い谿を, 所清八の利口, 所湯本なれば, 所満目た, 所滞留中磯山逃奔一件に就き, 所演奏場などその他万般, 所漢文の老, 所正気づき, 所澄子さんに優つて, 所ありて, 所灯台高くそびえ, 所と瓦礫, 所灸所は教え, 所炊事場浴場があり, 所焚火があり, 所無からん, 所無神論者の経営, 所無銭宿泊所労働者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 所無類珍重嬉しかりし, 所然るに熱意は, 所焼き払いながら進攻, 所煩悩の雲, 所煮染酒と書い, 所熱いのが, 所燃料として使用, 所燕兵披靡す, 所にあらず, 所爲ぢやあんめ, 所爲のをさ, 所も母, 所牧氏は直ぐ, 所の理窟, 所物見をとげました, 所物静かだった, 所の罪, 所狭くわずらわしく置きならべた五層楼, 所甚だ多く家巨富, 所献仏の本, 所猶概して印象の, 所猿沢の池, 所獅身女の砂, 所詩殆二百首, 所が暗殺, 所王位は震動, 所現在が現在自身, 所理事高山新三郎こちらは家内, 所の酒, 所甘んじない所止む, 所甚五郎の許, 所生々存續の勢力, 所生れし世かくの, 所生徒の銃隊長, 所生身と異ならぬ, 所産院等五ヵ年計画では大した, 所用人の役目, 所用地百六十五エーカーを買入れ, 所用地面積は二万五千坪, 所用達十人に委託, 所甲冑の人影, 所男子も悩み, 所町場と近在, 所が君, 所界隈にあった, 所留者也余驚且喜梅舎与余, 所略儀はお, 所番等の寛, 所番頭という役, 所れば, 所異なる也, 所は明日氷解, 所発掘されて, 所発行の中部地質図, 所發行の限り, 所百万遍黒谷永観堂辺ニ杖ヲ曳イテ, 所百種や二百種, 所百貨店対抗問題と考え, 所的和歌の歌詞, 所皆竜骨ありとは, 所皆粟田口忠綱位の目利, 所益々多助を, 所盛りにめど萩, 所なる奴國, 所監察に進み, 所盤連亙数千里間, 所目ざしつつ悲し, 所目當無之銘々, 所目科の名前, 所目障りな櫓, 所盲法師の弁信, 所直属のカンカンムシ, 所直径二里前後なるを, 所直得於宮庫或学士, 所相当教養もあり, 所相応だろう, 所相談所が附属, 所ニ測, 所真赤にすん, 所なし, 所着的な取り合わせ方, 所知っていらっしゃる, 所知らんよって頼む, 所知れざりしが次第に, 所知れずと, 所知唯四人曰迂斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 所知天皇が大命ら, 所知者相互の関係, 所知者自身の間, 所知識の低い, 所もまた, 所砂丘の雑草, 所砂石皆赤く苔, 所研究生終了の証書, 所の義, 所硝子の窓, 所硯友社なる看板, 所確かに誰, 所たる外界, 所社交場とみる, 所社会の厄介, 所社員の内, 所社長は彼, 所祈祷と勤行, 所神人ということ, 所神田竪大工町の御, 所禿のある, 所私たちだけで, 所私むねをさすり, 所私儀御儒者, 所ありと, 所秘密の出入扉, 所称名寺があった, 所稚気紛として近づく, 所稲畑染工所尼崎汽船などの大, 所突当りが湯殿, 所立てる坂の, 所立所願と解釋, 所童子ともいう, 所竪穴ハ石器時代人民ガ住居セシ跡ナル事是等ノ中, 所競子の亭主, 所競者探之, 所竹竿の通らない, 所笑左の密貿易, 所笹屋とし, 所筆墨縦横などと云, 所等しくして, 所等しければ幸村, 所のこと, 所筑前第一, 所筑波山新たに光彩, 所管理の各, 所篠娘死去致し候由, 所篠無言の儘, 所篠私袂にすがりつき候う, 所の弓, 所の内側, 所粗末な書きなぐりの, 所精細一様ならず互に, 所紀州家にてもいろいろ, 所納戸前御台所の上, 所納経所を目的, 所紙一枚に大概一日半掛り也, 所紛失屍体たる余はガニマール, 所素直げに働き始める, 所累々たる瓜, 所紹介所又は会社, 所組合の者共名前取調べ, 所組合遠藤但馬守胤統から酒井忠学, 所組頭木村敬蔵が, 所経歴りました, 所経過宜しからず, 所結び頸に掛け, 所結局こういうこと, 所結果は比較的, 所統歸崇天極道遙百濟, 所少者, 所に就い, 所緑町の宅, 所といふことに, 所あって, 所縦しありたりとも, 所總體は右, 所置仕度何卒よろしく奉, 所置振に慊焉, 所置方にも偏頗, 所罰するのは, 所罰令により一円, 所なるも, 所美しい所も, 所美人ありと, 所美容院さては深更, 所義時政子の熟知, 所老人に似合わず, 所老兄ハ小弟を愛する, 所して, 所耕作せられる土地, 所綺社の, 所聖上にも御, 所聞一として新, 所聞異辭所傳聞異辭とあ, 所聯合会の開会, 所聯合會の開會, 所職員の多い, 所肉屋の車, 所能見之物論, 所の二挺堰, 所脇本氏から重ね, 所の下, 所腐敗の極度, 所膨んだ, 所は己, 所自ら守りて, 所自体の内部, 所自動車なんて一ぺん, 所自由自在なところ, 所興人力不與, 所舞楽人の家数多, 所船七村の上荷船, 所なれは, 所良人と既に, 所芙蓉の帳, 所ある所, 所芸人といわれる, 所夫人と, 所若しそれ花下舟に, 所若しくは散所法師, 所英国の部会, 所英雄の心事, 所茶屋等一向無, 所茶店などが小さな, 所草丈が高く, 所荒ぶる波に, 所荷物に木札, 所葉山左内なる者, 所著しいのは, 所蒼々と澄ん, 所蓋し少なからざるべし, 所見の, 所蔵本とが今, 所薄氷が張る, 所薩藩は開戦, 所を使用, 所藏其右のもの, 所藏品とわが, 所藏家先から借り, 所藏文書の中, 所藏文書等である, 所蘆一むらさへあれ, 所虚勢で支, 所虚栄と卑怯, 所虚礼廃止同盟の会合等, 所虹霓半弓を見る, 所蝦夷の血, 所蠅男の跳梁, 所血腥い風に, 所行う所吾人凡俗を, 所行く所で, 所行方不明です, 所街道へ西, 所衛兵と合同, 所仰下, 所被告支倉はなし, 所裁きの結果, 所裾野の色, 所複合の形, 所複雑な形, 所西班牙の領地, 所西遊勝覧詩あり後, 所西野郷に住居, 所要旨は次, 所阿黨射, 所さ来る, 所見えて室香嬉敷, 所見たような, 所見たいか, 所見張り修繕工場などを見, 所見当をきい, 所見渡す限り広々, 所見舞に来た, 所規定にもまったく, 所規約の大事, 所を滅する, 所親王は少し, 所観せていただきました, 所観正観邪観のごとき, 所の相, 所觀音の縁起, 所解ったか, 所言う所一として, 所計画の進行, 所記紀萬葉の以外, 所記録を調べ, 所訪問記を書く, 所設たるを免れず, 所設立問題をいよいよ, 所設置の運動, 所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 所診療所母子健康相談所共同食堂の経営, 所診療所食堂水のみ所, 所証拠は無い, 所証日に深く, 所詠一首を掲ぐ, 所詠五絶二首あり, 所か歌, 所詩律の示さ, 所詰めの巡査, 所語る所の, 所誠に著しく今日, 所誤謬があった, 所唯一部傷寒論, 所読み来り読み去つて感興反, 所読んではいたれ, 所読書に取かかり候え, 所を献ず, 所課物を献ず, 所諸君皆云, 所諸国の郷名, 所謂あしびではない, 所謂あまのさ, 所謂ありのままを写した, 所謂いたずらッ児というもの, 所謂うるさ型で細々, 所謂えびす顔になっ, 所謂おいろけに傾く, 所謂おじさんであ, 所謂おひら様は, 所謂おみと称する, 所謂おめでた詞を述べた, 所謂おやじさん達の生活, 所謂お伽双紙の中, 所謂お伽話というもの, 所謂お側去らずの, 所謂お家騒動に仕立てられ, 所謂お寺に来た, 所謂お忍び的行為が全然, 所謂お茶のお, 所謂お茶目に見られる, 所謂かめがらである, 所謂くどき式な部分, 所謂くろがね天狗の手足, 所謂げて物, 所謂げら刷りとやらをせき立てられ, 所謂こころの姿, 所謂ことわざといふもの, 所謂この世の現実, 所謂ざくろ鼻といふやつ, 所謂せんみん, 所謂そつけない声, 所謂その道の, 所謂そば屋であつ, 所謂それらの人人, 所謂ただの, 所謂ちゃんとした, 所謂のりと言を略した, 所謂ばらけ髪, 所謂ひいきの引倒, 所謂ひとところの新派大悲劇的悪人, 所謂ひとり者の暢気, 所謂ふちなし眼鏡, 所謂ぷろれたりやの文章だと, 所謂ぼんのくぼの, 所謂ますら雄ぶりから遠, 所謂まつりごとであ, 所謂もどき開口の儀式, 所謂ものの機, 所謂やくざ者が追っかけ, 所謂ゆきあひ, 所謂ろうまんす, 所謂アイソポス以外の, 所謂アウフクレールングが免れ得ない, 所謂アカデミー自身の立場, 所謂アペンニノ連峰にはあらず, 所謂アミーになろう, 所謂アメリカニズムとして日本, 所謂アメリカ式の大量生産手段, 所謂アンデルセンを忘れる, 所謂アンフィシヤタア風の演技場, 所謂イギリス式庭園を愛する, 所謂イギリス風に消え去る, 所謂イシツツイなりと爲す, 所謂イデオロギー理論に於, 所謂イデーを初め, 所謂イヤなおばさん, 所謂インスピレーシヨンの所作, 所謂インターナショナリズムでは勿論, 所謂インテリ風に化, 所謂イージーな, 所謂ウオールフラワアの一人, 所謂ウラルアルタイ語族通有の語, 所謂ウーブリエットが中世, 所謂エスペラントが世に, 所謂エタ仲間と見, 所謂エタ寺の僧, 所謂エタ源流中の本流, 所謂エライ人物と立派, 所謂エログロノンセンスのモノスゴイところ, 所謂エロチックに感覚的, 所謂オダテが利く, 所謂オッチョコチョイの蛆虫野郎, 所謂オホカミを指した, 所謂オリジナリティーはここ, 所謂オリジナルは屍人, 所謂カッティングと同, 所謂カフェーの女, 所謂カントの純粋幾何学, 所謂カント・ラプラス仮説である, 所謂カント学徒達によって往々, 所謂キユーピーさんのこと, 所謂キヨメの徒, 所謂キレイな色, 所謂ギャップのない, 所謂ギャングには限らない, 所謂ギリシア自然哲学として知られ, 所謂クツ石を見た, 所謂クワツと其邊中, 所謂グリンソン氏式シュリンゲト云ウ奴デアル, 所謂グロテスクの不, 所謂ゲエテを常に, 所謂ゲエテ・クロオチエ・スピンガアン商会の美学, 所謂ゲレンデーであるから, 所謂コムアカデミー事件などがそう, 所謂コメデイと称せられる, 所謂コンツェルン論議の内, 所謂コンベンションの本質, 所謂コンペンセイシヨンの大法, 所謂ゴーゴリのリアリズム, 所謂サイコロジーというもの, 所謂サイパンの玉砕前, 所謂サラリーマン重役で報酬, 所謂サンカモノの何, 所謂サンボリスムの習練, 所謂ザクが美味い, 所謂シシ踊りなるもの, 所謂シノロジーの純, 所謂シムボルとしての天皇, 所謂シャーマンではなく, 所謂シュトゥルム・ウント・ドランクの時代, 所謂シンセリティーの欠如, 所謂シークなパリ, 所謂ジャンル乃至所謂スタイル, 所謂ジャーナリスティックな文筆, 所謂ジャーナリズム自身の立場, 所謂スウェデンボルグもこの, 所謂スタイルの場合, 所謂スターシステムの弊害, 所謂スツデントスキーの写真, 所謂ステンショが波打ち際, 所謂スペイン風として異国趣味, 所謂スポーツマンシップというもの, 所謂ズールー叛亂及び今度, 所謂センセーショナリズムであって, 所謂センセーションなの, 所謂ソーユですきや, 所謂ゾイリア日報なるもの, 所謂ゾチオロギーだけを今日, 所謂ダラ幹と一つ, 所謂ダリ的主観と合理化, 所謂ダンジョンは尤も, 所謂チャンスです, 所謂チャン酒と云う, 所謂ヂパングたる日本, 所謂テエマ小説の型, 所謂デイング・アン・ウント・ヒユウル・ジヒ即ち実在, 所謂デマであるが, 所謂デマゴギーなの, 所謂デーデキント公理を得る, 所謂トスカではない, 所謂トミとを後, 所謂トラウベ・ヘーリング氏の弛張, 所謂トルストイアンのいかがわしい, 所謂トロピズムとかタキシス, 所謂ナンセンス文学などのうち, 所謂ニウス・ヴアリユウのない, 所謂ニコヨンの労働, 所謂ニヒリズムは存在, 所謂ニヒリズムリベラリズムさもなければ極端, 所謂ニュウス・ヴァリュがあった, 所謂ニヨチミは同じ, 所謂ニル・アドミラリな人間, 所謂ヌーボー流に描き, 所謂ネオ・コンクレチスムの理論, 所謂ネッキングヲ恣ニシタ, 所謂ネッタレは是, 所謂ノタも鹿, 所謂ノツペリした美男, 所謂ハイカラーという, 所謂バラック建ての仮, 所謂バラモンの聖典, 所謂パウロの四, 所謂パリっ子であるとか, 所謂ヒステリー病的な老, 所謂ヒビの入っ, 所謂ヒューマニズム論の多く, 所謂ヒョングリの瀑, 所謂ビュース・プロパーにぞくする, 所謂ピタゴラス團體なるもの, 所謂ファウスト文献一層広く, 所謂ファシスト等を, 所謂ファシズム運動の台頭, 所謂ファッショの波, 所謂ファッショ化現象であるが, 所謂ファッショ風景を点, 所謂フアンドシエクルの神経, 所謂フィロロギーと呼び慣わされる, 所謂フェノメノロギーになる, 所謂フォクロアの無意識, 所謂フテ寢と云, 所謂フランス・イデオローグをも含む, 所謂フランス装などは当然, 所謂フランス風に立ち去る, 所謂フリーマーケツトです, 所謂ブウルヴァアル劇場と呼ばれる, 所謂ブルジョア一等国で強制徴兵令, 所謂ブルジョア的階級性に他, 所謂ブルジョワ劇団と歩調, 所謂ブルヂヨア的である故に, 所謂ブルーベヤドのランドルー, 所謂ブレントラストは実は, 所謂ブールジヨアジーの意義, 所謂プチブル・インテリゲンチャなるもの, 所謂プラットフォームなし, 所謂プロザイックであること, 所謂プロレタリアが自身, 所謂プロレタリア作家とは較べ, 所謂プロレタリア文学はその, 所謂プロレタリア詩の如き, 所謂ヘルクレス結びを解き果す, 所謂ヘンテコなところ, 所謂ペリオディカル・エッセイズなどを思い出せ, 所謂ホカヒビトの仲間, 所謂ボヴァリスムである, 所謂ボヴアリスムである, 所謂ポエジイ・アンチイム即ち日常生活, 所謂ポークチャップであった, 所謂マリヴォオ式の突い, 所謂マルクス主義の退潮, 所謂マルクス主義文学を, 所謂マルクス主義的目的意識文学への転換, 所謂マルクス主義者達と一緒, 所謂ミラージュとか蜃気楼, 所謂メンデルの法則, 所謂モダアンだつた, 所謂モダーン・チャイナでさえももう, 所謂モラリスト達が大抵一種, 所謂モラルのこの, 所謂モンタージュの藝術, 所謂モーラリストと呼ばれる, 所謂ヤミ物品だから, 所謂ユークリッド性の実際, 所謂ユーフューエズ體といふやつ, 所謂ユーモア文学ではあっ, 所謂ヨボヨボ状態に陥っ, 所謂ラジオの黄金時代, 所謂ラヂオは聴取者, 所謂ラッシュアワアであった, 所謂ラーメン看板の支那そば屋, 所謂リベラリズムをそして, 所謂ルネサンスとなれ, 所謂ルンペン的存在のもの, 所謂ルンペン道ではそう, 所謂レンズの度, 所謂レーニン的段階にまで進められ, 所謂ロシアの百姓気質, 所謂ロシア文学の中, 所謂ロシア文学的印象が多かっ, 所謂ロシア気質というもの, 所謂ロシア舞踊は世界的名声, 所謂ロシア通の一人, 所謂ロマンティシスムでもてる, 所謂ロマンティシズムをドイツ, 所謂ロマンティック・アイロニーのこと, 所謂ロムバルディアより廣, 所謂ローレンツ変換が理論的, 所謂ヴァンパイアの型, 所謂一大疑問, 所謂一世一代名残狂言であつ, 所謂一人の跨, 所謂一人称小説とか三人称小説, 所謂一切智を成就, 所謂一切経類音である, 所謂一妻一妾は扨, 所謂一家仁一国興仁もの是也西郷南洲氏は是, 所謂一挙両全の策, 所謂一文なしに, 所謂一本薄の例, 所謂一朶の梨花海棠, 所謂一枚起請である, 所謂一柄三尖の, 所謂一流の人々, 所謂一犬虚に吠え, 所謂一生奉公を為し遂げむこ, 所謂一男一女にし, 所謂一目惚れとは, 所謂一種の平民的虚無思想, 所謂一筋繩では行かぬ, 所謂一致と云, 所謂一致団結して, 所謂一音に一義, 所謂一類の枕詞, 所謂七十五疋の眷属, 所謂七種は胡枝花, 所謂七重の絹, 所謂万分一を勉める, 所謂万年学士という奴, 所謂万年松之説, 所謂万機一新の朝廷, 所謂万機公論に決せ, 所謂万歳歌を唱, 所謂万葉ぶりの消え, 所謂万葉的常套を脱し, 所謂万葉調として受けとられる, 所謂丈夫な人, 所謂三大ヴァイオリン協奏曲, 所謂三つ子である, 所謂三三年型時代で從來, 所謂三位一体制になる, 所謂三太郎と九大, 所謂三家者の賤民, 所謂三寒四温どころのもの, 所謂三年の喪, 所謂三弦は五万, 所謂三文判が押し, 所謂三日天下であって, 所謂三昧に入る, 所謂三歌式以来各家, 所謂三武の一人, 所謂三段階説は実は, 所謂三民五憲の説, 所謂三派連合の氣勢, 所謂三田の文人, 所謂三番勤務で日勤, 所謂三種祝詞と称する, 所謂三箇の目標, 所謂三綱である, 所謂三繋平と称する, 所謂三観である, 所謂上品から野暮, 所謂上層建築の変化, 所謂上意による, 所謂上流サロンの鼻持ち, 所謂上流夫人といふ階級, 所謂上流文化人の社交性, 所謂上流社會に餘程, 所謂上流般涅槃にし, 所謂上流階級ナル者ヲ除ケル中産以下, 所謂下司法師であった, 所謂下層階級の出身, 所謂下廊下は此附近, 所謂下手に見える, 所謂下町情話物が私, 所謂下町物の中, 所謂下界に下りる, 所謂不偏不党の説, 所謂不健全な文化, 所謂不健康とかいう私, 所謂不可思議とは, 所謂不問療法で寧ろ, 所謂不孝な観察, 所謂不安とが一緒クタ, 所謂不朽の傑作, 所謂不条理な子供いじめ, 所謂不正不徳進んでは, 所謂不正入学ということ, 所謂不滅の存在, 所謂不祥なる出來事, 所謂不穏文書の他, 所謂不自由の無, 所謂不言実行を以て自ら任ずる政治家, 所謂不言實行を以て自ら任ずる政治家, 所謂世俗的のつとめ, 所謂世慾に適する, 所謂世界三大睦, 所謂世界漫遊を思い立った, 所謂世界的日本建設の掛声, 所謂世界的洪水説話の大, 所謂世界的舞台でスポイル, 所謂世話好き人の媒妁, 所謂世話料受取り荷物運送, 所謂世路の曲折, 所謂世道人心の革命, 所謂両立というところ, 所謂中つ臣, 所謂中世紀君主の権力失墜以前, 所謂中國は黄河, 所謂中國魂の成否, 所謂中央文壇に求めざる, 所謂中央線の沿線, 所謂中年の苦痛, 所謂中年中産階級の者, 所謂中手山はススケ峰, 所謂中流のしきたり, 所謂中流的なもの, 所謂中流社会が先, 所謂中産階級という社会, 所謂中産階級層以上の子供, 所謂中肉中背丈だが, 所謂中語に当る, 所謂中道なり八正道, 所謂中道的態度の如き, 所謂中間法師の亜流, 所謂丸ボチャの愛嬌顔, 所謂丸山邸は即ち, 所謂丸燒である, 所謂主体とか所謂客観, 所謂主体的要因としての労働力, 所謂主客の対立, 所謂主客対立という根本仮定, 所謂主幼にし, 所謂主題小説なるもの, 所謂久米氏を指し, 所謂久遠の都府, 所謂九代の祖父, 所謂九州浪人の名, 所謂九星の表, 所謂九牛の一毛, 所謂也ト心得不用之参詣, 所謂乾分はつくらなかった, 所謂予言者の類, 所謂事務に迂, 所謂事務所の横暴, 所謂事変ものの氾濫, 所謂事変後の工作, 所謂事変活の入った, 所謂事実も略正体, 所謂事実問題と権利問題, 所謂事實を改造, 所謂事業をその, 所謂事業不振で閉鎖, 所謂事業家とか政治家, 所謂二所とは, 所謂二日目ダレでとても, 所謂二日酔というの, 所謂二種の別, 所謂二足四足を食う, 所謂二重人格にし, 所謂互訓といふ重複, 所謂五りん五たい満足, 所謂五・一五事件なるもの, 所謂五七調や七五調, 所謂五傑中韓凹巷河敬軒の二人, 所謂五分の隙もない, 所謂五大学リーグ戦と違う, 所謂五月雨のやう, 所謂五氣質即ち粘液質, 所謂五相会議は之, 所謂五胡と稱, 所謂五色の色, 所謂五遁の術, 所謂五郎作改五郎兵衞は明了軒自身, 所謂五郎作母も清常, 所謂井中の蛙, 所謂井伏鱒二論は私, 所謂井蛙ノ見, 所謂亞拉比亞數字と印度, 所謂交際と云う, 所謂京都学派の発展, 所謂人事を尽す, 所謂人倫の理, 所謂人倫道徳の教, 所謂人好きのする, 所謂人柱とか人身御供, 所謂人格的の關係, 所謂人格的特質環境を考察, 所謂人民と官憲, 所謂人民自治自治して, 所謂人物論と呼ばれる, 所謂人物論風である, 所謂人生派の論客たち, 所謂人生記録の尊重, 所謂人相食と申し, 所謂人禽の間, 所謂人種差別撤廢問題ノ中, 所謂人道主義運動である, 所謂人間像も芸術, 所謂人間味の教育, 所謂人間学の出発点, 所謂人間派に至り, 所謂人間苦労をし, 所謂人類的国家は菩薩国, 所謂今の女, 所謂今日文化と云, 所謂仏国の, 所謂仏教文化であった, 所謂仏蘭西婦人でないと, 所謂仕合わせであるという, 所謂仙人と同じく, 所謂仙台騒動が発展, 所謂仙境に遊ぶ, 所謂代官支配地として明治, 所謂以下の数句, 所謂仮想の怪魔人, 所謂仲人の話, 所謂任侠所謂家系の継紹, 所謂伊沢分家は今, 所謂伝統主義からも区別, 所謂伝統的ドラマツルギイの定石, 所謂伽藍神で前, 所謂位置解析は空間そのもの, 所謂低回趣味や何, 所謂低級な醜業婦, 所謂佐太大神, 所謂体系的な著書, 所謂何も無き, 所謂何事に就い, 所謂何某が女性, 所謂余戸の里, 所謂余生のない, 所謂佚道を以て民, 所謂佛蘭西時刻は羅馬, 所謂作劇術の定石, 所謂作品も評論, 所謂作家生活が崩壊, 所謂作文というもの, 所謂作用に相当, 所謂佯狂苦肉の計, 所謂使用人の地位, 所謂侃々諤々の議論, 所謂例の, 所謂価値哲学は心理主義, 所謂便乗線とかいうもの, 所謂俗人と文學者, 所謂俗党の言, 所謂俗謡なるもの, 所謂俚耳に入り, 所謂保吉物に始まり, 所謂保護施設なるもの, 所謂保険魔で同時に, 所謂信仰にあらぬ, 所謂信心深い連中, 所謂信条とは, 所謂信頼すべき, 所謂俳優学校無用論についてである, 所謂俳画なるもの, 所謂個人より國家, 所謂個性的なもの, 所謂倒装法を俳諧, 所謂倭寇の時代, 所謂健全偉大よりも一層, 所謂健全家の貪る, 所謂健全性がその, 所謂健否の境界, 所謂健実な同時に, 所謂健康な手段, 所謂健達婆式結婚法に相, 所謂傀儡子すなわちクグツ, 所謂傑作と称せられ, 所謂備さに難, 所謂備後表である, 所謂傳通院殿のお, 所謂僞古文の中, 所謂僞道徳家であ, 所謂僧兵の兇暴ぶり, 所謂僻地窮境に来た, 所謂儒流の故, 所謂儡すなわちくぐつ, 所謂元禄時代の姿, 所謂兄弟妻争説話の一個, 所謂先入主と爲, 所謂先哲の遺訓, 所謂先天性だったの, 所謂先生に対して云, 所謂先秦の古書, 所謂先見の明, 所謂先覚婦人は兎角, 所謂先覺者の一人, 所謂先輩大家の仕事, 所謂先進に對, 所謂先験性からその, 所謂光指が現われ, 所謂児童読物としては遺憾, 所謂兒童讀物としては遺憾, 所謂入門者は概皆医, 所謂全体主義ではない, 所謂兩掛といふもの, 所謂八〇年代の空気, 所謂八個の, 所謂八方破れの構え, 所謂八朔の儀式, 所謂八村の桃, 所謂八百長が一つ, 所謂八虎の隨一, 所謂八重岳の群巒, 所謂公の立場, 所謂公明なる所以, 所謂公武一丸となつて神洲, 所謂公然の祕密, 所謂六所様の御, 所謂六朝風の書家, 所謂六条派の歌学, 所謂六桁数字式の日附法, 所謂六菖十菊の愚, 所謂六道の辻, 所謂共和主義者たち恥などというもの, 所謂兵家の争地, 所謂兵法家者流の祕奧, 所謂其もお, 所謂具注暦, 所謂具体などはそれ自身抽象的, 所謂具体的な普遍性, 所謂内助の力, 所謂内在的批評であるかの, 所謂内弟子の出入, 所謂内部的環境の中, 所謂円本流行時代が始まった, 所謂円熟の悠々, 所謂再建時代の悲惨, 所謂再建論の内容, 所謂写実性によってのみこれ, 所謂写生文派の人々, 所謂写生文流行時代の影響, 所謂写真のやう, 所謂冥罰に依り, 所謂冬が居座り, 所謂冬眠を行, 所謂冷害から満, 所謂冷淡中の一物, 所謂凝脂が眞珠色, 所謂凡人である恨む可, 所謂凡常の徒, 所謂凡悩なるもの, 所謂処女作と呼ばれ, 所謂処女峰を征服, 所謂出入商人の種々, 所謂出入扶持十人扶持を給, 所謂出刄庖丁の入, 所謂出雲の於国, 所謂分家の徳さん所著, 所謂分析の理論, 所謂分析論理と呼ばれ, 所謂分福の一事, 所謂分詞法がある, 所謂切支丹版のこと, 所謂切支丹物である, 所謂刑事上の罪人, 所謂刑事眼で又, 所謂列強の平和, 所謂初期の短篇小説, 所謂判断の一種, 所謂利口さを持っ, 所謂利根水源は文殊菩薩, 所謂刹那の生, 所謂前人未発の業, 所謂前半後半の經界, 所謂前書である, 所謂前衛的展覧会が沈着, 所謂副葬品であ, 所謂割烹店でなし, 所謂劇場広場を中心, 所謂劇壇なるもの, 所謂劇評家がしきたり, 所謂劇詩の伝統, 所謂劇通から笑, 所謂力作主義ではある, 所謂力学的法則と統計的法則, 所謂加判の列, 所謂労働手段の体制, 所謂労働手段体制と労働力技能, 所謂労働者に較べ, 所謂労働者派風な傾向, 所謂労農尊重主義が必要, 所謂勉強は毛穴, 所謂動物祖先の学説, 所謂動物電気なるもの, 所謂動脈血となっ, 所謂動詞組織を國際語, 所謂務去陳言戞, 所謂勝地に建つ, 所謂勞は半, 所謂勞作を見れ, 所謂勤向覚書, 所謂勤人ばかりの軒並, 所謂勤人手工業者乃至小売商人, 所謂勤勇所要の勞力, 所謂勧懲主義教訓主義の再興, 所謂北斗会とて陸軍省, 所謂北方山戎のこと, 所謂北条九代記の, 所謂北面の下臈, 所謂北馬で馬車, 所謂匪賊道と称する, 所謂医者の不養生, 所謂十三年前は寛政九年, 所謂十中三の望, 所謂十二の冒険, 所謂十分間演説といふ奴, 所謂十字の鐵牌, 所謂千人風呂位ゐ直ぐ, 所謂千葉心中もこの, 所謂千里眼順風耳の所有者, 所謂午後の風さ, 所謂卑俗な言葉, 所謂卑彌呼を全く, 所謂卑彌呼時代を來, 所謂南方への先駆移民, 所謂南洋系の構成法, 所謂南蠻系統のもの, 所謂単一劇団の結成, 所謂単純だったから, 所謂単語としての副詞, 所謂博士官と云, 所謂博士論文なぞとは到底, 所謂博愛とはそれぞれ, 所謂卯杖が十二本, 所謂印度日耳曼語と日本語, 所謂印税の制度, 所謂印税成金になっ, 所謂印象であると, 所謂印象そのものがすでに, 所謂印象派の画, 所謂危急存亡の秋, 所謂危篤少くとも, 所謂危険なる洋書, 所謂危險思想撲滅手段があらゆる, 所謂即座師繭買をし, 所謂即物弁証法は吾, 所謂厄年と符, 所謂原つぱ, 所謂原始儒教は, 所謂原始共産制が出現, 所謂原始性が慕, 所謂原子爆弾症に罹り, 所謂原書是也可謂希世, 所謂原爆症で殺した, 所謂原理を魔術的, 所謂厭世家の態度, 所謂参正池田家譜, 所謂友達のあいまい, 所謂双務契約なん, 所謂双生児の片, 所謂反動にも何等, 所謂反射的に閉じます, 所謂反省によっては掴めない, 所謂収縮拡張に比すべき, 所謂受苦聖母という像, 所謂受身になる, 所謂叙情と世相, 所謂叢桂社の末流, 所謂口惜しみの念, 所謂口腹の奴隷, 所謂口角沫を飛ばす, 所謂口語体が奨励, 所謂口語体さへも, 所謂口銭もなし, 所謂古代薩摩焼などを見た, 所謂古典劇より明瞭, 所謂古典劇時代からである, 所謂古典復興なの, 所謂古典文芸の復興, 所謂古典的量子論であ, 所謂古典語なるもの, 所謂古史家である, 所謂古史神話の源泉材料中, 所謂古図とは主として, 所謂古文體を復興, 所謂古狸の連中, 所謂古狸連はこの, 所謂古色蒼然たるもの, 所謂句割れであるし, 所謂台湾ボケなども克服, 所謂台湾笠をかぶり, 所謂史実らしい記事, 所謂右翼反動団体的な哲学, 所謂右翼団体の存在, 所謂合理的心理学は不可能, 所謂合議制を認めない, 所謂吉事祓へ, 所謂吉野仙媛に関する者, 所謂同気相求め同類相, 所謂名のある, 所謂名主となり, 所謂名人太兵衛三代が安政四年, 所謂名器とても裸, 所謂名声なるもの, 所謂名所旧跡といふもの, 所謂名流家庭の親たち, 所謂名負地すなわち名田, 所謂名門なるもの, 所謂名門旧家の人々, 所謂君子により, 所謂君子蕩々然と, 所謂君臣の關係, 所謂否定の否定, 所謂否定的肯定若しくは肯定的否定, 所謂含蓄より顕現, 所謂吾骨天賦予なるもの, 所謂呉服屋後藤の女, 所謂呉須赤繪鉢の如き, 所謂呑込流の八百長, 所謂周東周西伊南伊北庁南庁北の健児, 所謂味噌の味噌, 所謂和して, 所謂和算書について研究, 所謂和蕃公主を下, 所謂咽喉仏が一度, 所謂哀訴嘆願と云う, 所謂品のよい, 所謂哲学指導部等はその, 所謂哲学概論や哲学史, 所謂哲学的では, 所謂哲学的基礎とはそうした, 所謂哲学者の専門領域, 所謂哲學も其の, 所謂哲學的飛躍を爲, 所謂唐三彩がさうである, 所謂唐人達の手柄, 所謂唐天竺といはれた, 所謂唐風の輸入, 所謂唯心的とは絶対, 所謂唯物弁証法なの, 所謂唯物論者たること, 所謂唯美主義の運動, 所謂商人根性に陥れる, 所謂問ふに, 所謂問題である, 所謂問題劇の道, 所謂啓蒙期的啓蒙から或, 所謂啓蒙風のもの, 所謂善人善を為す, 所謂善光寺平は近く, 所謂善悪はしん, 所謂喇叭袖を尾行, 所謂喜作新道なるもの, 所謂喜劇悲劇の意, 所謂喜怒哀楽を色, 所謂喧嘩は喧嘩口論, 所謂單一狂で智能, 所謂嗜好を支那古代人, 所謂器械と同じく, 所謂四大文豪以來, 所謂四十七士で, 所謂四姓も晉室南渡, 所謂四目四鼻孔云々の法, 所謂四窟は立派, 所謂四軒屋敷の中, 所謂因果律は物理学的対象それ自身, 所謂因果的な見方, 所謂因縁時節である因縁, 所謂固有派の死したる, 所謂国体明徴運動である, 所謂国内相剋の緩和者, 所謂国力の発展, 所謂国史は続, 所謂国威を発揚, 所謂国学院的で一般学者, 所謂国家経済なるもの, 所謂国家老のお, 所謂国栖の奏, 所謂国民代表に可能, 所謂国民政府の軍事施設, 所謂国民文学論であろう, 所謂国民的なる狭, 所謂国民精神の涵養, 所謂国津神の系統, 所謂国津神系統の民族, 所謂国粋的演芸ばかりでなく, 所謂国粋論者なる者, 所謂国維会の陰謀云々, 所謂国語として扱, 所謂国語改良運動について書かれた, 所謂国語整理と云, 所謂国際愛の話, 所謂国際連盟委員がドヤドヤ, 所謂國家に功勞, 所謂國民精神の擁護者, 所謂國造生活が擴つて, 所謂圓本のはじめ, 所謂圓滿なる意味, 所謂土手の小林, 所謂土手八丁と言, 所謂土民の上位, 所謂土着兵であるから, 所謂土蜘蛛という穴居人種, 所謂土蜘蛛田油津媛なるもの, 所謂圧制政府である昔, 所謂地主側の先住民, 所謂地主筋のもの, 所謂地久而して, 所謂地方の文化人, 所謂地方主義に陥る, 所謂地方文化の粋, 所謂地方色は芸術美, 所謂地獄に落ちた, 所謂地獄篇は第, 所謂坂田の将棋, 所謂坊主巻に巻いた, 所謂埃や垢, 所謂埋没さるること, 所謂基督教会なるもの, 所謂基督教信者なるもの, 所謂基礎づけを, 所謂堂衆なる名, 所謂堯舜時代より遙, 所謂報道価値が報道, 所謂場違ひの, 所謂士大夫の教養, 所謂変な偉く, 所謂変態心理と性慾, 所謂変格の探偵小説, 所謂外ヶ浜の中央部, 所謂外交の失敗, 所謂外交上の深慮, 所謂外交家の見本, 所謂外人教師を雇, 所謂外台は即, 所謂外国流の政治, 所謂外来思想は日本, 所謂外法頭の人, 所謂外的リズムを高調, 所謂外見的な面子, 所謂外道佛教の外, 所謂外部的な経験, 所謂外面がよく, 所謂夙の名, 所謂多くの崇拝者, 所謂多情なるもの, 所謂多摩の横山, 所謂多面多臂仏, 所謂夜宮の必要, 所謂夜桜の光景, 所謂大まかな放逸的, 所謂大乗の徒, 所謂大乗的な仏教, 所謂大井党の支流, 所謂大人君子なるもの, 所謂大人君子連に与へ, 所謂大人者不失其赤子, 所謂大佐渡のシベリヤ寄り, 所謂大切なもの, 所謂大吉なるもの, 所謂大型の乗合, 所謂大家的取引とは何, 所謂大師の面目, 所謂大明律成り同じ, 所謂大東亜戦争の終り, 所謂大根で不恰好, 所謂大病のあと, 所謂大膳職に座す, 所謂大臣とは道, 所謂大蔵が洗骨, 所謂大衆向きであっても, 所謂大衆常識による現下, 所謂大衆的本質を固持, 所謂大衆読物の型, 所謂大衆車としては外國車, 所謂大通の一人, 所謂大部屋連下まわり, 所謂大量生産なるもの, 所謂大陸ボケかとも思える, 所謂大風の吹いた, 所謂大食國の地理的位置, 所謂天上のイエルサレム, 所謂天下に周, 所謂天位の覬覦者, 所謂天使が通った, 所謂天保の大改革, 所謂天地人に象つた作, 所謂天地分離の神話, 所謂天孫降臨の伝説, 所謂天寶の亂, 所謂天平前期にあたる作, 所謂天平時代の風俗, 所謂天平雲を背景, 所謂天才少年といふの, 所謂天才的直感を通じての芸術的陶酔, 所謂天民の秀傑, 所謂天津會議を開き, 所謂天然の荘厳, 所謂天然神話説或は驟雨神話説, 所謂天狗様だ, 所謂天眞爛漫といふ奴, 所謂天神髯か, 所謂天譴の不公平, 所謂天運が唯, 所謂天閹であつたらしく, 所謂天降り着く神, 所謂天領の人, 所謂太一では, 所謂太刀風を知らなけれ, 所謂太陽神話説を証明, 所謂夭折というの, 所謂失礼の問題, 所謂夷を以て夷, 所謂夷守はこれ, 所謂奇蹟が現われた, 所謂奉公摺れの, 所謂奉公人仲間の群, 所謂奥仙丈山脈の一部, 所謂奥仙丈岳である, 所謂女仲間に入っ, 所謂女優らしさ, 所謂女嫌いな私, 所謂女子參政權の問題ぢ, 所謂女学生っぽい潔癖さ, 所謂女学生徒などが自, 所謂女徳のなよよかなるい, 所謂女特有の感覚, 所謂女豪の萌芽, 所謂奸智に長け, 所謂奸策とは, 所謂好き嫌ひが, 所謂好戦的な原始人, 所謂好景気につれ, 所謂好男子ではない, 所謂好男子金と力, 所謂好色文士とは品, 所謂好色本の原稿, 所謂好色的恋愛を主, 所謂妖術がどんな, 所謂妙な伝説, 所謂妥当の世界, 所謂妹で時代, 所謂始元として選ばれた, 所謂姐さんなる者, 所謂娘役許りして, 所謂娯楽的大衆劇もよろしい, 所謂婚期を逸した, 所謂婦人の保護, 所謂婦人解放論者の男女対立, 所謂婦人連に会った, 所謂婦人雑誌の低俗さ, 所謂媚仕の, 所謂嫉妬心なれども, 所謂子宮内膜炎という病気, 所謂孔伝に優る, 所謂孔安國の注, 所謂孝悌忠信で純粋, 所謂孝行の一つ, 所謂孝道の執拗, 所謂孝道主義の埒内, 所謂季題である限り矢張, 所謂孤独とは異質, 所謂学問芸術はそれぞれ, 所謂学校出でなくては, 所謂学校論理学の延長拡大, 所謂学生劇なるもの, 所謂学生生活を仕た, 所謂学生運動全体に甚大, 所謂学的価値を発揮, 所謂学者連に通有, 所謂學問は螢雪, 所謂學者ナル者ノ反省, 所謂學術的研究をする, 所謂學術研究の材, 所謂宇宙の持つ, 所謂安定性の物質, 所謂安定状態に在る, 所謂安物とて一朝一夕, 所謂安藤の無, 所謂宋板の書, 所謂完全な化物, 所謂完全犯罪だね, 所謂完成の姿, 所謂宗匠に視せる, 所謂宗家分家又分家, 所謂宗教思想のもの, 所謂宗教批判を当面, 所謂宗教教育の外, 所謂宗教的なもの, 所謂宗教的感情といふもの, 所謂宗教的施設に關, 所謂官員さま後の世, 所謂官服で神楽坂署内, 所謂官軍は所謂賊軍, 所謂定命の死, 所謂定家假名遣が, 所謂定常状態のみが許される, 所謂定評に自分, 所謂宝素である, 所謂実写に限らず, 所謂実在だけが認識, 所謂実業家というところ, 所謂実生活に対する自己, 所謂実見記等の類, 所謂実践と呼ばれ, 所謂実践性乃至物質性, 所謂実験科学に於, 所謂実験談其儘である, 所謂客観主義の文学, 所謂客観的現実の客観的運動法則, 所謂客觀の沒理想, 所謂宣下式と奏上式, 所謂宣伝の対照, 所謂宣伝列車を仕立て, 所謂室清めの産飯説, 所謂室町時代記録の素朴, 所謂家事勞働のすべて, 所謂家人奴婢に相当, 所謂家具附ホテルの七階, 所謂家内医官を罷められた, 所謂家庭教育というもの, 所謂家庭看護を施した, 所謂家族制度を眼, 所謂家系問題にあらずし, 所謂家附の女, 所謂容貌愚なるが, 所謂宿昔青雲の志, 所謂密語が亞拉比亞, 所謂富士南に豪農, 所謂寒練である, 所謂寡婦の愚劣, 所謂實用とか學生, 所謂實説物などと云つて, 所謂實踐とは直接, 所謂實際主義を叙事詩, 所謂實際派をおの, 所謂審判にも似た, 所謂寫生文を書く, 所謂対象との関係, 所謂封建時代らしい自然, 所謂封建的な残存, 所謂封建骨董の江戸渇仰, 所謂専売特許の制度, 所謂専門家達の極端, 所謂専門的な文芸批評家, 所謂専門雑誌らしい色彩, 所謂尊攘家に違い, 所謂尊攘派の觀方, 所謂尊王の大義, 所謂小乗の徒, 所謂小學校だけの教育, 所謂小本の型, 所謂小桃なる者, 所謂小理想所謂小理窟所謂杓子定規等是なり, 所謂小理窟所謂杓子定規等是なり, 所謂小田原評定的な調子, 所謂小舎人或は小, 所謂小若い衆と稱, 所謂小菅大菩薩峠即ち天狗棚山, 所謂小説家とちがっ, 所謂少壮の幹部どころ, 所謂少女歌劇などは変, 所謂尖端的傾向を取入れ, 所謂尚々書である, 所謂尾大振はず, 所謂局所徴験を一言, 所謂屋敷内は丸山邸内, 所謂山の移り, 所謂山ノ神尾根なる者, 所謂山吹色の國分, 所謂山家などという類, 所謂山岳病が肉体的, 所謂山紫水明処なり, 所謂山鳥のお, 所謂岡目八目で他人, 所謂岩乗ないい, 所謂岩乘ないい, 所謂岸區なりき, 所謂崖塩なるべし, 所謂川金である, 所謂州壊の浮び漂い, 所謂左翼公式主義者なるもの, 所謂左翼出版を行なっ, 所謂左翼文化団体特にプロレタリア科学研究所, 所謂左翼的立場に立つ, 所謂市井の民衆, 所謂市価を有する, 所謂市價を有する, 所謂帖學家の親玉, 所謂帝国主義の時代, 所謂帝國主義の時代, 所謂師弟としての絆, 所謂常人が, 所謂常識学派の, 所謂常識的空間概念と呼ぶ, 所謂常識階級があの, 所謂幕末の形勢, 所謂平和主義ナル者ハ其ノ暴戻惡逆, 所謂平和塔が青空, 所謂平和建設の建築技師, 所謂平均主義者に向っ, 所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 所謂平次殿のお, 所謂平談俗話に錬金術, 所謂年増美とか姥桜, 所謂年始客から逃, 所謂年寄ではない, 所謂年忌は形, 所謂幹事の才, 所謂幼な馴染, 所謂幽玄を本, 所謂幽玄体と称する, 所謂幾何学的精神と繊細, 所謂広大となった, 所謂広小路伯爵はカフエー, 所謂広義国防の建前, 所謂序歌的なもの, 所謂底光りして, 所謂底魚であるが, 所謂度はずれなバルザック, 所謂度胸は伝三郎, 所謂度量の大小, 所謂庵らしい庵, 所謂庵室は昔馴染, 所謂庶子である, 所謂庶民的なもの, 所謂建築の根本義, 所謂建設期の熱, 所謂弁士口調が型, 所謂弁慶と同様, 所謂弁慶岩の岩壁, 所謂弁証法と呼ばれ, 所謂弁証法的唯物論が或, 所謂引用というもの, 所謂弗の国, 所謂弘仁期直前に製作, 所謂弘安本の古文孝経孔伝, 所謂弥生式土器には朱丹, 所謂弥生式系統の民族, 所謂強きを挫, 所謂強弩の末勢, 所謂強烈生活にある, 所謂強者に対する愛, 所謂当代の名士, 所謂当節の成功家ぢ, 所謂形假名唐文字の第, 所謂形容詞の生命, 所謂形容詞語根につく, 所謂形式はとり, 所謂形式主義はこの, 所謂形態そのものである, 所謂形態心理学は全く, 所謂彫塑的に表象, 所謂影響のこと, 所謂役徳を積, 所謂彼らの神, 所謂彼岸の中日, 所謂彼等の戦闘能力, 所謂征夷の軍これ, 所謂律に違, 所謂律格論者の思想, 所謂後世山のあと, 所謂後世式の感動, 所謂後立山は鹿島槍, 所謂後進に對, 所謂御上通りの人, 所謂御家騒動の大, 所謂御方便なもの, 所謂復古現象は必ず, 所謂復興なるもの, 所謂心機霊活なる者, 所謂心理学的解釈は未開人民, 所謂心理的な雑談, 所謂必然その範囲, 所謂必然性とはこういう, 所謂必要であるとは, 所謂志を立つる, 所謂志士としてある, 所謂忘却の心理, 所謂忠孝所謂任侠所謂家系の継紹, 所謂忠孝所謂家系の継紹等, 所謂快刀乱麻を絶つ, 所謂快方は痛, 所謂怒りの虫, 所謂怒髪天を衝く, 所謂怛土羅派の左行派, 所謂思想丈けなら, 所謂思想史的記述を以て思想, 所謂思想家ではない, 所謂思想統制に力, 所謂思案とはお, 所謂思考や思惟, 所謂急所であつ, 所謂性悪をし, 所謂性格転換とでも云おう, 所謂怪奇小説と称, 所謂怪文書を弾圧, 所謂恆産がある, 所謂恋をする, 所謂恋愛曲線の製造元, 所謂恋愛結婚が破綻, 所謂恒の産, 所謂悔改とは即ち, 所謂悟り後の聖胎長養時代, 所謂悟道を商売, 所謂悟道徹底した者, 所謂悪人では無かっ, 所謂悪友になる, 所謂悪徳生活をしとおす, 所謂悪性インフレを惹き起こす, 所謂悪書と云つて, 所謂悪漢と見, 所謂悪魔主義がこの, 所謂悪魔精神なる事, 所謂情況証拠ちゅう奴, 所謂情理をつくし, 所謂惜福の工夫, 所謂惡化程度境遇家庭の事情, 所謂惡税は徴收簡易, 所謂惻隱の心, 所謂意の発達論理, 所謂意欲的な創作意図, 所謂意氣な袷, 所謂愚人であるた, 所謂愚姪は山崎, 所謂愚者闇他之淺深, 所謂愛詩家及び自己, 所謂感性的な感性, 所謂感激に満ちた, 所謂慈善をほどこす, 所謂慈悲善根でありまして, 所謂慰安などは些, 所謂慾なんか少し, 所謂憂國の士達, 所謂憑きものと違, 所謂憑き物はやはり, 所謂憲法はそういう, 所謂懐疑説と呼ばれる, 所謂懦夫を起たし, 所謂成象といふもの, 所謂我武者羅謡を推奨, 所謂戒石の銘, 所謂戦争ジャーナリズムに食いつき, 所謂戦争プロパーだけのジャーナリズム, 所謂戦争未亡人に多々, 所謂戦国時代だ, 所謂戦場ニユースに関する軍人, 所謂戦場往来のおぼえ, 所謂戦後派と言われた, 所謂戦線ルポルタージュには何となく, 所謂戦袍で斎藤実盛, 所謂戦車壕と呼ばれる, 所謂戯作者の群, 所謂戯曲が余りに, 所謂戯曲的に発展, 所謂戰場の手柄, 所謂戸主の三等尊親, 所謂所有や占有, 所謂扉一枚の次に, 所謂手に入った, 所謂手ごろな女, 所謂手合違ひの, 所謂手打をした, 所謂才人の文章, 所謂打荷の破片, 所謂批判主義的宗教哲学によれ, 所謂批判期からドイツ国語, 所謂批評主義乃至批判主義, 所謂批評家たちの気にいられぬ, 所謂批評家等は創作, 所謂批評期に這入る, 所謂技巧としての露出, 所謂技巧内容と云う, 所謂技術主義が発生, 所謂技術家が今日わが国, 所謂投書には既に, 所謂抗日テロリストの群, 所謂抗日人民戦線の存在, 所謂抜萃の各, 所謂拓殖政策ナル者亦實ニ歐人, 所謂拙速的仕事もしなけれ, 所謂括弧づきの, 所謂拮据二十余年改刪補正幾回か稿, 所謂挙世伝播頼家脚都門一様字渾肥といふもの, 所謂挙国内閣の顔ぶれ, 所謂挾書の禁, 所謂捜査方針については一言, 所謂掠奪結婚の遺風, 所謂探訪から論説記者, 所謂接尾語或は緊張辞, 所謂接待婦の肉体, 所謂推理とか想像, 所謂推理小説より文学, 所謂損をしない, 所謂搖り戻しは, 所謂摩訶支那即ち長安, 所謂擧揚されたる契機, 所謂支那浪人などという概念, 所謂支那通どもが大, 所謂改名は道号, 所謂改悔救拯信仰復活の如き, 所謂改良をした, 所謂改葬を經, 所謂放心を求め得, 所謂放浪とやらをおしなさい, 所謂放蕩書生の類, 所謂政事家なるもの, 所謂政党内閣は出現, 所謂政府の役人, 所謂政所派の重鎮, 所謂政治学なるもの, 所謂政治家實業家法律家教育者の生活, 所謂政治家的の氣分, 所謂政治小説が最高文学, 所謂政治放送は広告, 所謂政治界の大人, 所謂政治的な政略上, 所謂政治的リベラリズム之は, 所謂政治的関心国際的話題の出しよう, 所謂政策的諸科学, 所謂政見によっても与えられない, 所謂教だの政, 所謂教化別伝の秘術, 所謂教育上の学説, 所謂教育映画や伝染病予防, 所謂教訓主義には絶対, 所謂散文劇の五六篇, 所謂散文家ではない, 所謂散財の客, 所謂敬して, 所謂敬語階級的な感情, 所謂数学は歴史, 所謂敵を衝く, 所謂敵国に向っ, 所謂敵性なるもの, 所謂敵情偵察である, 所謂數學點より目覺, 所謂文のかける, 所謂文人墨客と称する, 所謂文人的教養の趣味, 所謂文化人の表皮, 所謂文化人たちをクソ, 所謂文化哲学乃至歴史哲学, 所謂文化問題が含まれ, 所謂文化国家を建設, 所謂文化式で単に, 所謂文化性が稀薄, 所謂文化方面の人達, 所謂文化的女性化主義へ潮流, 所謂文化社会学がまだ, 所謂文化職能人の独占, 所謂文化講演会だの座談会, 所謂文壇ぎらいでそういう常套, 所謂文壇交游がなかつた, 所謂文壇内の存在化, 所謂文壇生活何年か知らぬ, 所謂文壇的作品に遜色, 所謂文壇的文学的関心以外の諸, 所謂文壇的野心など全く, 所謂文壇的雰囲気の狭, 所謂文士仲間に左, 所謂文妖の一人, 所謂文字の國, 所謂文学プロパーという地域, 所謂文学上の創作, 所謂文学史の内容, 所謂文学大きらいとは全く, 所謂文学好きは構成派, 所謂文学派言葉派小劇場派, 所謂文学的専門術は身, 所謂文学的磨きなどに拘泥, 所謂文学的範疇は実は, 所謂文学談そのものも想像, 所謂文學の惡影響, 所謂文學書生も新聞記者, 所謂文學者と云, 所謂文官ばかりで, 所謂文才というもの, 所謂文明人としばらく, 所謂文明史から見, 所謂文明国人と野蛮人, 所謂文明國民ヲ啓蒙スルコトニ存ス, 所謂文明民族なるもの, 所謂文明開化時代にも向上進歩, 所謂文明駸々乎として進歩, 所謂文珠の知慧, 所謂文章が書けない, 所謂文章語と稱, 所謂文芸から大衆, 所謂文芸家の手, 所謂文芸映画のふくん, 所謂文芸時評を以て典型, 所謂文芸評論が作品, 所謂斎部祝詞の中, 所謂料亭と名, 所謂料理通食通がる人々, 所謂断乎たる処置, 所謂断絶は書香, 所謂新人のうち, 所謂新人四名の作品, 所謂新体詩である, 所謂新作史劇中には脚本, 所謂新劇団体がなにか, 所謂新劇運動なるもの, 所謂新堀にし, 所謂新大陸を發見, 所謂新奇に浮かれ, 所謂新撰組の濫觴, 所謂新派以後の演劇, 所謂新派俳優の強味, 所謂新聞がその, 所謂新聞紙に限られない, 所謂新興国独逸にあらずや, 所謂新造閑院殿遷幸之時瀧口衆事自關東可, 所謂新野峠が其境目, 所謂新鮮ならん, 所謂方言や訛, 所謂方言訛音なるもの, 所謂旅の歌, 所謂旅情をそそる, 所謂旅館の二階三部屋, 所謂日なた水になる, 所謂日出処すなわち, 所謂日向ぼつこに候日向ぼつこ, 所謂日常生活者も又, 所謂日本ルネサンスのとき, 所謂日本人町にある, 所謂日本画の新しい, 所謂日本的洋食を大久保さん, 所謂日本的美という特殊性, 所謂日本精神主義の立場, 所謂日本贔屓なぞに見る如き, 所謂日雇取りをもなし, 所謂旦那方の慈悲心, 所謂旧劇の畑, 所謂旧式な体操, 所謂早朝興行といふ奴, 所謂早発性痴呆となった, 所謂早稲田界隈に出かけた, 所謂昇叙の報道, 所謂明快さに欠け, 所謂明白感情や普遍的理性必然性, 所謂明白説に満足, 所謂昔流の小説, 所謂映画国策といふやう, 所謂春氣が發動, 所謂時の人々, 所謂時代の中心, 所謂時代的英雄の力, 所謂時局的な, 所謂時計室の広い, 所謂普請道楽だ部屋, 所謂普通人と名付け, 所謂普通教育としての科学教育, 所謂普遍妥當的なるイデオロギー, 所謂智識を世界, 所謂智識感情とは古参, 所謂智識階級に屬, 所謂智識階級中に発見, 所謂暁の手入, 所謂暗記物ではない, 所謂暗黒時代で學問, 所謂暴力やギャング, 所謂暴野なるルーソー, 所謂曲中人物の主, 所謂曳船で行く, 所謂書評として発表, 所謂最下等の人物たち, 所謂最後の通告, 所謂月に六回, 所謂月並にもなり得る, 所謂月並式のもの, 所謂有史以前の人類, 所謂有史以後奈良朝以前の日本人, 所謂有名婦人のメモアル, 所謂有対自動詞であつ, 所謂有志者中には種々, 所謂有能な青年女子, 所謂有識婦人の集まり, 所謂有財餓鬼てえん, 所謂有閑婦人的な軽快さ, 所謂有限的自由意思論者であるから, 所謂朋友あらしめたり, 所謂朗らかでは, 所謂朝寝坊が起さるる, 所謂朝田屋の假宅, 所謂木に縁り, 所謂木曾地方悉く花崗岩, 所謂木芙蓉の子, 所謂未来に属する, 所謂本当の仕事, 所謂本格探偵小説なるもの, 所謂本質的傾向に目覚めた, 所謂杉並村あたりから北多摩, 所謂李朝物は大正中期以後今日, 所謂李朱医学は此, 所謂杓子定規等是なり, 所謂杖殺を, 所謂条件反射を起させる, 所謂条件文の型, 所謂東京の言葉, 所謂東人は昔, 所謂東周を爲す, 所謂東夷と同意, 所謂東洋は東洋, 所謂東洋學者の研究, 所謂松雨山房は春水, 所謂枕詞の格, 所謂柏軒の乗船問題, 所謂柔剛その宜しき, 所謂柔和忍辱の意, 所謂柳原通りは洋服屋, 所謂栂で越中, 所謂校讐は意義, 所謂校風にはまだまるきり, 所謂桃のにこう, 所謂桃山時代がやはり, 所謂桃花鳥色である, 所謂桜川善好であらう, 所謂梅干といふ例, 所謂梅林的ならずして, 所謂梅氏古文が出, 所謂梅泉荘の遺, 所謂梅渓書院本である, 所謂棘を負う, 所謂棟梁である, 所謂椋鳥のやう, 所謂植民政策ナルモノニ鐵槌一下セザル可カラズ, 所謂楔子を演じよう, 所謂楠公権助のごとき, 所謂業界の方, 所謂極限や微分, 所謂概念分析は博士, 所謂概念的なるもの, 所謂榛原の平, 所謂榮譽幸福に執着, 所謂構成主義が科学的前面, 所謂槍一筋の家柄, 所謂様式化による舞台, 所謂樂浪海中百餘國とある, 所謂標本的若くは, 所謂模型的なもの, 所謂模範生型の怜悧さ, 所謂権力への意志, 所謂横紙破りの我慢, 所謂樺太葡萄酒である, 所謂橋渡をした, 所謂橘夫人の厨子, 所謂橘恵風である, 所謂橙黄橘紅を盛つた窪坏, 所謂機械文明は私ども, 所謂機械的なこの, 所謂機械的世界観実は唯物論的世界観, 所謂機構だったと, 所謂機略縦横神出鬼没の行き止まり, 所謂機関説の是非, 所謂機関説排撃が突発, 所謂檀林が, 所謂檀那場すなわち得意先, 所謂檀那様お家はんであって, 所謂欧化主義の一時期, 所謂欧米の権益, 所謂欧米風にしよう, 所謂歌よみどもは多く, 所謂歌よみ等の之, 所謂歌人だけを数, 所謂歌物語と言, 所謂歌舞伎俳優によつて, 所謂歌舞伎新派に慊ら, 所謂歡喜衣を衆, 所謂正中の奇, 所謂正学先生の精神面目奕, 所謂正式礼法にかなったいただき, 所謂正式礼法どおりの陰気, 所謂正直な者達, 所謂正義の規準, 所謂正義派でその, 所謂正規共軛の二つ, 所謂正調なるもの, 所謂武士道的の性格, 所謂武士道的形式に従う, 所謂武家なるもの, 所謂武蔵野が見え, 所謂武陵桃源の昔話, 所謂歯が浮い, 所謂歳の字, 所謂歴史的法則と考えられ, 所謂歴史自身の内, 所謂歴史論風な歴史, 所謂死の色, 所謂死人同様の状態, 所謂死線を越える, 所謂殉葬の内, 所謂残燈滅して, 所謂殺伐には馴れ, 所謂母家とく, 所謂母性愛の発露, 所謂比較神話学派の勃興, 所謂毛の, 所謂毛人五十五国衆夷六十六国の民衆, 所謂民主主義の本質そのもの, 所謂民主主義文学発言者の一部, 所謂民俗記憶はいつ, 所謂民族主義を鼓吹, 所謂民族的自覺, 所謂民族的宗教であ, 所謂民族自決主義ニ非ルハ論ナシ, 所謂民衆芸術の唱道者, 所謂民衆詩人は不幸, 所謂民間伝承といふ言葉, 所謂民間療法はこの, 所謂民間語原説である, 所謂氣象學的現象に關, 所謂水を變, 所謂水上瀧太郎廢嫡問題なるもの, 所謂水呑百姓の果て, 所謂水帳とは, 所謂水成岩の厚, 所謂水明の觀, 所謂水草を逐う, 所謂水陸之府蔵, 所謂氷を裂く, 所謂氷魚であ, 所謂永劫の戦慄, 所謂汎論理主義となっ, 所謂汝とは必ずしも, 所謂江戸ッ子の中ッ腹, 所謂江戸子の張り, 所謂江戸引越は霞亭, 所謂江戸詞の積り, 所謂江海ノ浸, 所謂池田の新開地, 所謂決死連の己達, 所謂河原巻物に江田, 所謂河村氏は嘗て, 所謂河童と謂うた, 所謂河西地方に住居, 所謂油を注, 所謂治世の好, 所謂沼津の千本松原, 所謂法印神楽などに関聯, 所謂法学的訓練とは何, 所謂法師とは南方佛典, 所謂法律を能, 所謂法悦なるもの, 所謂法然あたま, 所謂法隆寺再建論を学界, 所謂法隆寺式にて法輪寺金堂, 所謂泡の行列, 所謂波動力學を樹, 所謂泥火山を円錐形, 所謂泥酔の境地, 所謂洋服といふもの, 所謂洋食などはペケ, 所謂洒落本こんにやく, 所謂洛陽の紙價, 所謂活歴なるもの, 所謂派手者の間, 所謂流れ職人の少し, 所謂流行作家ではなかっ, 所謂流言蜚言は横浜, 所謂浅草太郎稲荷の流行, 所謂浅草式レヴィウが必要, 所謂浅草気分は数層倍濃厚, 所謂浦島物語は前, 所謂浪人はし, 所謂浮世の転変, 所謂浮気者は人目, 所謂浮浪民になる, 所謂浮游微生物類だ, 所謂海の霊, 所謂海國男子であつ, 所謂海外出稼の天草女, 所謂海府地方ではまだ全然, 所謂海老鯛式の作法, 所謂海賊衆で当時, 所謂海阪の彼方, 所謂海防掛として外交, 所謂浸水です水, 所謂消極の禍, 所謂涙酒を出し, 所謂淡々でなし, 所謂淫祠邪神に事, 所謂清新なる色彩, 所謂清水の境界, 所謂清水山塊の大, 所謂清水越なる坂路, 所謂清浄な人々, 所謂清貴の家, 所謂減刑運動に対して警告, 所謂渡世の辛酸, 所謂温泉場と思へよう, 所謂温泉場人種の一人, 所謂温泉岳高良山阿蘇山霧島山耶馬渓筑後河の類皆彼, 所謂源平藤橘の四氏, 所謂源波響である, 所謂滑稽な言葉, 所謂漁業界の魔王, 所謂演出法が演出家, 所謂演劇学者ではない, 所謂演劇学者らの手, 所謂演劇性を昂揚, 所謂演劇時代なん, 所謂演劇青年と称する, 所謂演繹法或は先験哲学, 所謂演芸が指導的, 所謂演芸分子の愈, 所謂漢名和名の詮議, 所謂漢奸の重なる, 所謂漢字に隱, 所謂漢文学者を通してでない, 所謂漢語が過半, 所謂潔白の獨立親和, 所謂澆季の世, 所謂濡れ場があつ, 所謂濫僧との関係, 所謂瀬戸内海の晴れた, 所謂灌水は単に, 所謂火の洗礼, 所謂火定の終, 所謂火山脈であ, 所謂火炎界に近き, 所謂灯台下暗しの, 所謂炭焼長者譚なるもの, 所謂点だけの占拠, 所謂為政者等は彼等, 所謂烏仗那國で昔僧徒一萬八千, 所謂焚經臺を親覩, 所謂無常の風, 所謂無心無知の境, 所謂無熱の光, 所謂無産政党なるもの, 所謂無産派の進出, 所謂無用の用, 所謂無礼なもの, 所謂無礼講の乱痴気騒ぎ, 所謂無秩序中の秩序, 所謂無茶苦茶になつ, 所謂無菌的に手術, 所謂無血革命が成就, 所謂無邪気さで踊る, 所謂無限性を決定, 所謂煩悶時代であります, 所謂熊の子, 所謂熊祭を挙行, 所謂熟練工の問題, 所謂熟蝦夷が活躍, 所謂熱情に駆られ, 所謂燕山である, 所謂爛柯の故事, 所謂片恋の悲しみ, 所謂牛が其, 所謂牛飲馬食とも云うべき, 所謂牧歌的のもの, 所謂物好きは決して, 所謂物持筋は立派, 所謂物理的三次元性と彫刻, 所謂物自体は絶対自我, 所謂物質的文明は今世紀, 所謂物部氏の専有, 所謂物部連を形づくつた, 所謂特別な主観性, 所謂特殊民の意味, 所謂特殊部落内務省では細民部落, 所謂特殊部落民と懇意, 所謂特等席の誤った, 所謂特許商人です, 所謂犬儒派の哲学者, 所謂犯罪事実なるもの, 所謂犯罪型という一タイプ, 所謂犯罪等と混同, 所謂犯罪関係の高等常識, 所謂狂人と云う, 所謂狂癲となり, 所謂狒々然たる, 所謂狗奴国に当る, 所謂独創天心流なる一種, 所謂独占業と少, 所謂独善といふこと, 所謂独善主義と呼ばれる, 所謂独立化して, 所謂独立心の居処, 所謂独立性とは何, 所謂独逸流演劇学者の作劇術, 所謂狭長式である, 所謂狹義の洞察, 所謂猫と一緒, 所謂猫足なる脚, 所謂猿人に近く, 所謂獅子身中の虫, 所謂獨存強者である, 所謂玄人批評とか同人, 所謂玩具というの, 所謂班田にあずからざる, 所謂現世の悪, 所謂現代が嘲笑, 所謂現代人が嫌う, 所謂現代劇作家の擡頭, 所謂現代社会の機構, 所謂現地報告が昨秋, 所謂現実主義とは現実的利害, 所謂現実家みたいなこと, 所謂現実暴露的な状態上, 所謂現実的な人々, 所謂現時の上流社会, 所謂現象的擡頭をし, 所謂理を知る, 所謂理外の理, 所謂理学的論理的に如何なる, 所謂理屈詰めで責める, 所謂理性とか理知, 所謂理性的で理論, 所謂理想的なるもの, 所謂理想的國家には二個, 所謂理想詩をば類想詩, 所謂理智の逞, 所謂理知の命令, 所謂環境ではない, 所謂瓦全で蜀, 所謂生きがひ, 所謂生体解剖反対運動が盛ん, 所謂生命も要らず, 所謂生命哲学者達にとっては個性, 所謂生態描写との本質上, 所謂生気論の思い過ごし, 所謂生氣といふもの, 所謂生活者的私のところ, 所謂生活能力が無い, 所謂生物學的認識でなければ, 所謂生産技術の内, 所謂生身の辨天樣, 所謂産土神を祀る, 所謂産業合理化が之, 所謂産業技術の公開, 所謂田園詩人らしい才能, 所謂田威字は伯孚, 所謂田池がこんな小さな, 所謂田舎臭いもの, 所謂甲の部類, 所謂甲武信岳又は三宝山, 所謂男二人女二人では, 所謂男勝りの肌合, 所謂男女問題の域, 所謂男嫌いな彼女, 所謂男根形と呼ばれる, 所謂男逸女労の外貌, 所謂男達の殘, 所謂町人の生活, 所謂町役者となり, 所謂町育ちなので, 所謂画龍の点睛, 所謂畑の鼻曲り, 所謂留守を待つ, 所謂畜生腹だとても, 所謂畠水練でさてと, 所謂番新というの, 所謂番町の井戸, 所謂異国の人, 所謂異端外道に違い, 所謂當代の名士, 所謂疑心暗鬼といふ奴, 所謂癡話でやすな, 所謂発作後の健忘状態, 所謂発明や発見, 所謂発起人の一人, 所謂登山家でなく冒險家, 所謂登山法の本, 所謂白河夜船ですな, 所謂白痴美というの, 所謂白禍の害毒, 所謂白米のもの, 所謂百余国を為し, 所謂百姓兵の為す, 所謂百年を期する, 所謂百済観音像や夢殿, 所謂皇化の及ばざる, 所謂皮膚呼吸と称し, 所謂盆の月, 所謂監獄部屋の虐待, 所謂目暗蛇, 所謂目的主義を全然, 所謂目的論に外, 所謂目録學校讐學の大, 所謂目附柱の方, 所謂直接の被, 所謂直接行動とは議會政策, 所謂直接証拠のない, 所謂直覚性乃至直観性, 所謂直観ではなくし, 所謂直観主義者の内, 所謂直観空間はこの, 所謂相対性が実は, 所謂相対性理論をつかえ, 所謂相手代れど, 所謂眞の自由, 所謂眞劍な人々, 所謂眞古文の出現, 所謂真人村の住民, 所謂真善美といふやう, 所謂真面目な恋愛小説, 所謂眼光紙背に透る, 所謂眼鏡連で毎, 所謂着ぶくれになる, 所謂瞭樓なるもの, 所謂知命の年齢, 所謂知性の時代的, 所謂知的な読者, 所謂知識層の動向, 所謂知識社会学を圧倒, 所謂矩を越え得ず, 所謂短篇なるもの, 所謂石台本である, 所謂石城たる神籠石, 所謂研究室に引込まれ, 所謂研究方法だという, 所謂研究的演出の名, 所謂破邪顯正の誓, 所謂社交らしいもの, 所謂社交的な話許, 所謂社交道徳なんていう, 所謂社会の人, 所謂社会主義競争の本質的, 所謂社会劇万能の時代, 所謂社会学者の内, 所謂社会学者達が新聞, 所謂社会的な地位, 所謂社会的不安が宗教運動, 所謂社会科学であること, 所謂社会関係からで, 所謂社会階級性を否定, 所謂社内の評判, 所謂社會に對, 所謂社會經濟とか國家經濟, 所謂祖父谷であって, 所謂祝詞風の色彩, 所謂神事ばかりに用, 所謂神仙がある, 所謂神代史は悉く, 所謂神体を安置, 所謂神來即是なり, 所謂神来の興, 所謂神楽の様, 所謂神祕的象徴主義の哲理, 所謂神秘的なるもの, 所謂神経衰弱であつ, 所謂神經といふもの, 所謂神話伝播説は聊か, 所謂神話解釈に至り, 所謂神農本草経であること, 所謂神馬厩作りだから, 所謂祭事であ, 所謂禁厭の断り, 所謂禁厭咒詛の法, 所謂禅坊主はあまり, 所謂禍を未, 所謂福山城である, 所謂福岡浪人の濶歩, 所謂福本主義はルカーチ, 所謂福耳というやつ, 所謂禪味なるもの, 所謂秀手の占, 所謂秀才の集る, 所謂秀才教育からもその, 所謂私徳に対して仰々しく, 所謂私設待合が到る, 所謂科学主義などと之, 所謂科学主義工業つまり科学的研究, 所謂科学小説の架空性, 所謂科学性の自覚, 所謂科学教育とあんまり, 所謂科学文学や評論, 所謂科学概論であっては, 所謂科学的世界形像は実は, 所謂科学知識及びこれ, 所謂科学論が何故, 所謂科學の任務, 所謂科學的に進歩, 所謂秘密主義は云う, 所謂秦篆を作り, 所謂秩父奥山が僅, 所謂秩父盆地に限られ, 所謂種本の貴重性, 所謂稲羽の兎, 所謂積極に廻転さそう, 所謂積極消極両様の変態恋愛, 所謂積極的戦争参加の客観的, 所謂穏健な思想, 所謂空想的社会主義と科学的社会主義, 所謂空費された時間, 所謂空間と考えられる, 所謂空間的アプリオリティから, 所謂空間知覚も規範, 所謂突発的問題が歴史, 所謂窃礼之不, 所謂窮鳥懷に入, 所謂立国の有らん, 所謂立身出世的成功ではなく, 所謂竜宮のお, 所謂章魚の糞, 所謂童心を描く, 所謂童話と思っ, 所謂童顔とでも云う, 所謂竹林楽なる挽歌, 所謂竹町物を商, 所謂竹里の居, 所謂笑いやユーモア, 所謂筆は立っ, 所謂筆禍によって投獄, 所謂等価値論も今日, 所謂箇性的で音色, 所謂箋疏の學問, 所謂箒木で有り, 所謂管見の小, 所謂箱根八里の峠, 所謂箱根竹を束ね, 所謂範疇論がとった, 所謂米国通は臭い, 所謂米塩の資, 所謂米英文化に影響, 所謂粟を生じた, 所謂精神である, 所謂精神主義へ又, 所謂精神力だけが横行, 所謂精神生活が息, 所謂精神病系統の人間, 所謂精神的の片, 所謂精神科學において確立, 所謂系図に於い, 所謂系譜的作品がそういう, 所謂紀の日本訓, 所謂紅玉色で硝子, 所謂納った状態, 所謂純情が探索, 所謂純情さにホロリ, 所謂純文学作品と新聞小説, 所謂純文学全体が囚われかかっ, 所謂純料なるもの, 所謂純粋幾何学はこういう, 所謂純粋行為みたいなもの, 所謂紙を造, 所謂素人一般世間人自身についても直接関係, 所謂素人劇団は沢山, 所謂素人文学というもの, 所謂素材主義の作品, 所謂素王説が出, 所謂素町人の子, 所謂素質というもの, 所謂索得と云, 所謂紳士即ち旦那連, 所謂紳士泥坊を逮捕, 所謂紳士淑女の裡面, 所謂紳士淑女連中が自分, 所謂紳士風なる者, 所謂組織としての科学, 所謂経営の心労, 所謂経済史観などとしては性格, 所謂経済哲学に就い, 所謂経済問題が起るです, 所謂経済的自由主義の内, 所謂経験批判論やイェルザレム, 所謂経験渉りに, 所謂経験的作品の如く, 所謂経験論も所謂フランス唯物論, 所謂経験論的な経験, 所謂結婚に対するあらゆる, 所謂結婚制度なるもの, 所謂結跏趺坐するの, 所謂統制観念への発達, 所謂統計的操作がすぐ, 所謂統計的法則は法則発見, 所謂絵具の盛上, 所謂絶ゆるが如く絶えざるが, 所謂絶好のチャンス, 所謂絶対に法律, 所謂絶対主義の対立, 所謂絶対思想といふもの, 所謂絶対的なるもの, 所謂絶対科学探偵の事実小説, 所謂絶對的眞理の發見, 所謂絶對者を排斥, 所謂絶海の孤島, 所謂經驗論と見, 所謂維新の元勲, 所謂綺羅星の如く着飾った, 所謂総ての活段, 所謂総合社会学は行き, 所謂総合評論雑誌を選ぶ, 所謂総合雑誌や評論雑誌, 所謂総髪をがつ, 所謂緞帳役者が出演, 所謂練獄の境涯, 所謂縁は異, 所謂縁談の進行, 所謂縄文式の土偶, 所謂繁文縟礼の学問, 所謂繁華は羅馬, 所謂繪具の光, 所謂繰延は既定年限内, 所謂罪人でございましたのね, 所謂罪悪などというもの, 所謂罹災民の悲慘, 所謂羅甸區の界隈, 所謂羅馬の共和政, 所謂羊頭を掲げ, 所謂美人画はその, 所謂美名に隠れ, 所謂美声なるもの, 所謂美学上の美, 所謂美文学なるもの, 所謂美田を買, 所謂美男型に屬, 所謂美的生活に徹した, 所謂美術と云う, 所謂美術版でルウビル, 所謂美談とは全く, 所謂美辞麗句の空虚, 所謂美食に飽きた, 所謂群衆という個々, 所謂群集心理流行心理もしくは弥次馬心理, 所謂羸弱になつ, 所謂羹に懲り, 所謂羽ぶりのよく, 所謂羽織ごろの運動屋並び, 所謂翼賛運動としての新しい, 所謂老人の口腹, 所謂考證學に於, 所謂耐火金庫のある, 所謂聖人型だったので, 所謂聖人者此心此道同也, 所謂聡明なる識者, 所謂職業なるもの, 所謂職業作家が彼等, 所謂職業俳優の糟粕, 所謂職業化を目ざし, 所謂職業芸術とかいう非難, 所謂職業話術家のなす, 所謂肉慾描写というよう, 所謂肚の藝, 所謂肝胆相照す底, 所謂育の字, 所謂背景などというもの, 所謂背水の陣, 所謂胡人と称せられ, 所謂胡蘆により, 所謂能動的理性においては, 所謂能感の情, 所謂能率としてのエフィシェンシー, 所謂脳病とか精神病, 所謂脳貧血は病的症状, 所謂脾肉の嘆, 所謂脾腑を揉ん, 所謂腕が少し, 所謂腰が据ら, 所謂腰弁街道の裸, 所謂腰拔文學者の樣, 所謂腹芸という奴, 所謂膝を打っ, 所謂膽力養成と云, 所謂臣であるが, 所謂臨時の客, 所謂自ら云ふところの, 所謂自ら墓穴を掘る, 所謂自動書記と称する, 所謂自在を得た, 所謂自己超越の要求, 所謂自律性なるもの, 所謂自治ヲ許容シテ, 所謂自然そのものには弁証法, 所謂自然主義運動に走らず, 所謂自然哲学時代のこの, 所謂自然成長的に換言, 所謂自然療法である, 所謂自由主義排撃なる広田内閣, 所謂自由主義的でそれ, 所謂自由思想家というタイプ, 所謂自由民権論も日本, 所謂自由結婚と信じ, 所謂自由芸術とそして, 所謂自画像は常に, 所謂自称玄人画家が少く, 所謂自縄自縛であっても, 所謂自覚された正直さ, 所謂自警団なるもの, 所謂至高象徴にまで及びたい, 所謂興味ある病症, 所謂興行界とは無縁, 所謂興言利口の練習, 所謂舊土人が己, 所謂舊套時代に屬, 所謂舊跡廻りをし, 所謂舎人が此, 所謂舞台度胸のある, 所謂舞台装置と云, 所謂舞踊ではあります, 所謂舞踊劇が生れる, 所謂船橋説話と同一, 所謂良家の娘, 所謂良心的作品阿部知二の, 所謂良心的知識人的要素が経済的文化的現実, 所謂良書なるもの, 所謂良民だという, 所謂良税なるもの, 所謂良賤の別, 所謂艶麗な作品, 所謂芝居道の礼, 所謂芦毛山脈の突端, 所謂芭蕉の七部集, 所謂花柳街に相当, 所謂花臉も仮面, 所謂花鳥風月歌理窟歌言語の綾, 所謂芳賀博士の言, 所謂芸の臭い, 所謂芸人の域, 所謂芸術写真風な印画美, 所謂芸術家達は何故, 所謂芸術小説家達から往々, 所謂芸術派についてもプロレタリア派, 所謂芸術的新戯曲, 所謂芸術的劇場が限られた, 所謂芸術的磨きはかけられ, 所謂芸術的貴族主義の思想, 所謂芸術社会学ではない, 所謂芸術至上主義でないところ, 所謂芸術製造品の俗悪, 所謂苦勞人のない, 所謂苦学ということ, 所謂苦心談を語り出した, 所謂苦痛なるもの, 所謂英国の紳士道, 所謂英国人の沢山, 所謂英雄なる者, 所謂英雄剣を揮, 所謂英雄譚の如き, 所謂茶の湯者流の儀礼, 所謂茶房の彼等, 所謂茶道坊主であるから, 所謂草とは如何なる, 所謂草木も眠る, 所謂草芥とともに朽ちた, 所謂莎草で編んだく, 所謂莫逆の友, 所謂華燭の典を挙げる, 所謂萬理想所謂分析の理論, 所謂萬葉崇拜者が能, 所謂萬里の長城, 所謂落下縞を寫生, 所謂落人村がある, 所謂落付きでもなけれ, 所謂落着いた古来, 所謂落着きの無い, 所謂落胤である, 所謂落胤東清の表, 所謂落草の談, 所謂葉隠れ魂のあらわれ, 所謂蒐集家の市価, 所謂蓮峰を聳, 所謂蓼喰ふ蟲, 所謂蔭口では三郎, 所謂蕃長の職, 所謂蕉隠公子でこれ, 所謂薔薇色の未来, 所謂薩州邸の燒打, 所謂薩摩閥と進歩党, 所謂薩長土肥の藩閥諸公, 所謂藪下の人家, 所謂蘆竹杖である, 所謂蘭医である, 所謂虎の威, 所謂虎ヶ窟なるもの, 所謂虚栄というもの, 所謂虚梅雨なるべしと, 所謂虚靜謙柔即ち世, 所謂虞の十二章, 所謂蚩尤伝説は巨人, 所謂蜆が嫌ひな, 所謂蝦夷荒なる, 所謂蝦夷征伐の必要, 所謂衆小理想の一つ, 所謂衆理想所謂萬理想所謂分析の理論, 所謂行当ばつ, 所謂行動主義者達は行動主義, 所謂行宮の跡, 所謂表現派の代表者フアン・ゴーホ, 所謂被害地區域に入り, 所謂被害者でなく被害者, 所謂袴腰山に当り, 所謂装置なし, 所謂補瀉の別, 所謂裳階を有する, 所謂裸になっ, 所謂襟を正さしめ, 所謂西奥仙丈岳が臥蚕, 所謂西安府の景教碑, 所謂西欧主義者である, 所謂西洋劇独特の色彩, 所謂西洋料理に呆れ果てた, 所謂西湖十景よりは浙江, 所謂西田哲学とは異, 所謂見かけ倒しといふ, 所謂見栄を切る, 所謂見物氣分物見遊山の氣分, 所謂見越の松風, 所謂親分の仕事, 所謂親善關係を構成, 所謂親子の名乗り, 所謂親馬鹿ちやんりん, 所謂観客の卑俗, 所謂観念性に思い, 所謂観念的な傾向, 所謂観念論哲学は一般, 所謂観念論的弁証法も亦, 所謂観念論的歪曲を警戒, 所謂観音力で何ん, 所謂観魚亭に北, 所謂角帽の草分け時代, 所謂解剖學は一種, 所謂解脱したる楽天, 所謂解脱道住の云々, 所謂解釈学的現象学の根本テーゼ, 所謂解釈法律学がいかなる, 所謂解釈法律学的の教育, 所謂言文一致体の文章, 所謂言語学や言語哲学, 所謂言語学自身の問題, 所謂言語活用の妙, 所謂言語疾病の根本原理, 所謂計量幾何学即ち座標幾何学, 所謂訓戒の必要, 所謂記憶術なるもの, 所謂訛りといふ原則, 所謂許嫁の間柄, 所謂診察医の考, 所謂証拠なるもの, 所謂評価の革新さ, 所謂評判は団十郎, 所謂評論調を脱し, 所謂詛ひを, 所謂詞霊と称せられ, 所謂詠歌国文に力, 所謂試験的感冒に罹, 所謂詩壇に出る, 所謂詩学が持てる, 所謂詩客なる者多く, 所謂詩家なる者, 所謂詩的特權に因つて, 所謂詩藻の涸渇, 所謂詭計にかける, 所謂認識論との間, 所謂認識論側のもの, 所謂誘拐される四日前, 所謂語呂の上, 所謂語根のま, 所謂語部の実際, 所謂語韻語調である, 所謂誠意をお, 所謂説得療法は人, 所謂説明派合則主義にとどまった, 所謂読後感を某, 所謂読書子や, 所謂読書氏の或, 所謂読者層からでも考えついた, 所謂論より證據, 所謂論理的制約が想い起こされる, 所謂論理的基礎とか根拠, 所謂論理的思惟というよう, 所謂論理的解析の, 所謂論難やら一向, 所謂諸子の説, 所謂諺と称すべき, 所謂謀反人だと, 所謂謀叛の徒, 所謂謀叛人が必ずしも, 所謂謎が生れ, 所謂講座派は山田盛太郎, 所謂講演に至る, 所謂謹上衆と稱, 所謂識認というもの, 所謂警察式捜査法でバタリピシャリ, 所謂議会主義という手段, 所謂議会政府の我日本, 所謂議論歌といふべき, 所謂護法童子である, 所謂護法筋と認められた, 所謂護法胤の人々, 所謂谷の者, 所謂谷神死せずこれ, 所謂谷蟆なるもの, 所謂象形文字である, 所謂象徴派とは一般, 所謂豪傑は獨, 所謂豫期感情に打たれ, 所謂財産が無, 所謂財界は大してハッキリ, 所謂貧すれば, 所謂貧乏旗本で先ず, 所謂貧僧のかさね, 所謂貧民窟なぞと呼びならわす, 所謂責任と称し, 所謂貴婦人像牡牛にのっ, 所謂貴族主義の上品さ, 所謂貴族的文學の間, 所謂賃譯をし, 所謂資本主義時代になる, 所謂資本家支配階級の悩み, 所謂資本家連中が棄て, 所謂賢明な者, 所謂賤種階級を数, 所謂賭博の宿, 所謂贔屓役者の, 所謂赤の喰い込む, 所謂赤兀白兀である, 所謂赤化しつつ, 所謂赤安山の西, 所謂赤岩で百米近く屹立, 所謂赤本漫画であ, 所謂赤石板岩が少し, 所謂赤繪を模倣, 所謂超人が人間, 所謂超自然的現象には寸毫, 所謂超越的の謂, 所謂越中平の平野, 所謂足取手, 所謂踊をする, 所謂踐みつけられても, 所謂蹌踉状態に陥りたる, 所謂蹶起部隊の行動原理, 所謂躍進日本の他, 所謂身もちもいい, 所謂身邊小説にかかる, 所謂軍事衛生を心得, 所謂軍国主義なるもの, 所謂軍國主義ニ非ザル事ハ, 所謂軍都であった, 所謂転向はとに角, 所謂転向文学のモラル, 所謂軽度の意識溷沌, 所謂輩出した婦人作家たち, 所謂輪廓上の釣合, 所謂輪廓的の美人, 所謂農ではありません, 所謂農工一体の体制, 所謂農本主義となる, 所謂辺境精神一種の清教徒的精神, 所謂近世の民衆劇, 所謂近代の生んだ, 所謂近代主義からも所謂伝統主義, 所謂近代劇運動なるもの, 所謂近代感覚による象徴詩, 所謂近代文化の領域, 所謂近代文明って奴, 所謂近代物理学の諸, 所謂近代的大新聞, 所謂近代芸術こそがみずから, 所謂近江八景は, 所謂近江商人の血, 所謂近江商人的のやり方, 所謂近畿に於, 所謂返し祝詞或は覆, 所謂迷宮事件ですな, 所謂迷宮裡に遺棄, 所謂追い込みの制度, 所謂追想なるもの, 所謂退潮期に這入った, 所謂逃亡主義の文学, 所謂透察的学問性に関わる, 所謂透視なるもの, 所謂逐語訳は必らずし, 所謂通人にもなれない, 所謂通俗な常識, 所謂通俗化ではない, 所謂通俗小説論はポピユラア・ノヴエル, 所謂通俗文学に堕す, 所謂通俗的作品にあっ, 所謂速筆ではありません, 所謂連体形なるもの, 所謂進化理論はただ, 所謂進歩性の本質, 所謂進歩派開通派の連中, 所謂遊ばせ言葉は上流婦人, 所謂遊び足となっ, 所謂遊侠の徒, 所謂遊廓の目的, 所謂遊戲は眞, 所謂遊蕩ではない, 所謂遊覽船も一艘, 所謂運り合せ, 所謂運氣論といふもの, 所謂過去との連関的総和, 所謂過失及び刑法, 所謂過激な議論, 所謂道化者の如く, 所謂道学者達がああ, 所謂道家の那處, 所謂道徳上のゾルレン, 所謂道徳的な範疇, 所謂道徳的理想の不断, 所謂道蔵本と道蔵本, 所謂遥拝所であるから, 所謂適材を適所, 所謂適者獨存などいふ, 所謂遭汚の間, 所謂遲延戰略を用, 所謂選挙権を有する, 所謂選良たちを選び出し, 所謂遺留品らしいもの, 所謂避暑地でないため, 所謂還元作用がある, 所謂還元性ではない, 所謂還元物があり, 所謂那須の五岳, 所謂邦国の元首, 所謂邪宗の他, 所謂邪宗門事件なり, 所謂郊村に育つた, 所謂郡望なるもの, 所謂部分的内容という考え, 所謂郷南の何処, 所謂郷土文化といふもの, 所謂郷土舞踊の約束, 所謂都会芸術はその, 所謂鄙には稀, 所謂酒客の性, 所謂酒池肉林の大, 所謂酒狼では断じて, 所謂酢に化, 所謂醍醐の花見, 所謂醜女の深, 所謂里心が起る, 所謂里見式の仕事, 所謂重臣があまり, 所謂重臣ブロックなるもの, 所謂野蛮人かも知れない, 所謂金もちになり, 所謂金丹の術, 所謂金利生活者の経済学, 所謂金持に運命, 所謂金時計に山高帽子, 所謂金策のため, 所謂針ノ木の雪渓, 所謂針ノ木谷がつんのめる, 所謂針木に当る, 所謂鉄と血, 所謂鉢叩きである, 所謂銀行者弁護士流の筆法, 所謂銃後運動との区別, 所謂銅脈といつた, 所謂銘酒屋のやう, 所謂錦上更ニ花ヲ加ル者, 所謂鍛煉道の本義, 所謂鎌をかけね, 所謂鎌倉時代に入り, 所謂鎖の断たれる, 所謂鎭西派の開祖, 所謂鎮圧されて, 所謂鎮護詞である, 所謂鏡花會の人々, 所謂鐘路裏でカフェー, 所謂長者そのものの存在, 所謂長蛇の陣, 所謂開化物に屬, 所謂開発のこと, 所謂閑雲野鶴頗る不, 所謂間が御座いました, 所謂間に合せが行われた, 所謂間事を営み, 所謂間人なるもの, 所謂間接のもの, 所謂間違いのない, 所謂関係妄想でも有りません, 所謂閻魔王にし, 所謂閼伽桶の中, 所謂關東豪族の歴々, 所謂關西の産, 所謂防共政策なの, 所謂防寒衣でありまして, 所謂阿蘇の五岳, 所謂陣笠連が多, 所謂陪臣の身分, 所謂階級性が発生, 所謂階級的なヒロイズム, 所謂階級闘争の本質, 所謂際物でないと, 所謂際物出版物に対する反感, 所謂隠亡の徒, 所謂隠坊に堕落, 所謂隠岐本は正確, 所謂雁峠で一ノ瀬, 所謂雑戸であろうと, 所謂雑文は書きません, 所謂雑誌なるもの, 所謂離魂病にかかっ, 所謂難句集に見る如き, 所謂難波寺形という大樹, 所謂雲井桜の仙境, 所謂雲助根性を発揮, 所謂雲隱と云, 所謂霊媒に該当, 所謂霊感を感じる, 所謂霊界通信なの, 所謂霊魂第十号, 所謂露台を造つて, 所謂靈臺の眞火, 所謂靈魂の不死性, 所謂靈魂不死性の論證, 所謂青大將, 所謂青大将であったが, 所謂青天に霹靂, 所謂青年としての典型, 所謂青年将校と組ん, 所謂青年文士の談話, 所謂青春の生甲斐, 所謂青春人で如何, 所謂青春的現代の紛糾, 所謂靖難の役, 所謂非人仲間に這入っ, 所謂非人情を理解, 所謂面をとる, 所謂革新派と見, 所謂鞘の中, 所謂鞭藻或は蟲藻, 所謂韻律や韻文, 所謂韻文が意味, 所謂頑強性を帶びてゐるから注意, 所謂領土は広大, 所謂頭韻をもつ, 所謂頼遷字は子, 所謂顔見せの, 所謂風の便り, 所謂風俗歌の感じ, 所謂風俗習慣を遵守, 所謂風刺という形, 所謂風火水土の四葬, 所謂風説が大, 所謂颱風性のもの, 所謂飛躍とは本質, 所謂飛騨の工, 所謂飛騨人の存在, 所謂飛鳥時代の遺物, 所謂飜譯して, 所謂飜譯家にあり, 所謂食人々種だとて, 所謂食国の祭事, 所謂飢餓の状態, 所謂飼放しは, 所謂飽和液である, 所謂飾菓子と言う, 所謂餅蓮根なり, 所謂養生法にかなつた生活, 所謂養花の天, 所謂餓鬼の田, 所謂餓鬼ヶ岳は或は, 所謂餘氣になつて, 所謂餘震を指す, 所謂餞は前, 所謂館本である, 所謂首すじである, 所謂馬は, 所謂馬の背越である, 所謂馬子にも衣裳, 所謂馬糞紙の箱, 所謂馬耳に東風, 所謂駒ヶ岳は, 所謂駭き心, 所謂騎虎の勢い, 所謂驚異は単に, 所謂骨にしみる, 所謂骨董いじりではない, 所謂骨董屋を生じ, 所謂高位高官の人, 所謂高天原傳來との交錯状態, 所謂高度国防の機能, 所謂高持となった, 所謂高等になる, 所謂高等下宿で学生, 所謂高等教育を授け, 所謂高等課の積極的, 所謂高級神話に就, 所謂高貴な骨董趣味, 所謂髯とも見得る, 所謂鬼役即ち毒味役, 所謂鬼神をも泣かし, 所謂魅力ある言葉, 所謂魔のさした, 所謂魔女に現われた, 所謂魔群と称する, 所謂鳥其巣を焚かれた, 所謂鳥居坂の宗家, 所謂鳥獣譬喩談として知らるる, 所謂鳶肩である, 所謂鵺のやう, 所謂鶯横町の東京, 所謂鹽出沈澱の一例, 所謂鹽加減を見はじめた, 所謂鹿踊りを見る, 所謂麒麟児にし, 所謂麻自那布, 所謂黄帝の曲, 所謂黒山鬼窟裏の活計, 所謂黒潮に打, 所謂黒田武士の葉隠れ魂, 所謂黒船を寄せ, 所謂黒衣大食が白衣大食, 所謂黨派といふもの, 所謂鼻ツ張が強い, 所謂龍宮のお, 所謂龜の子文字の三十二行バイブル, 所講堂などのあちこち, 所謝知とある, 所證判役小頭役とやら云もの, 所なりといふ, 所警衛仰付けられ修理儀, 所議員市会議員をやっ, 所貞世紀行尽せり, 所貧者の一燈, 所貴女はいつの間にか, 所買占めて來月, 所貼つてあつた, 所資乎蓋以先作者居前増益者處後作非一時, 所資産家階級を撲滅, 所賜錦三百端と, 所賢善にし, 所賤夫馬を草, 所賭場は閉鎖, 所贅沢な流浪, 所云是立田種, 所贋物の骨董, 所越後屋簡易旅館だぞ, 所越訴奉行などのおびただしい, 所趣向の面白き, 所足下の手, 所足痛にて御, 所のまわり, 所身体を伸し, 所身心一如なる所, 所く袖口, 所迄が素描であっ, 所迄に向つて先づ手, 所迄は行き盡, 所近い奥庭まで, 所近づけなかない, 所返済の期限相立申, 所送りになっ, 所造作を直さね, 所造船所を設け, 所連合会の席上, 所を怖, 所遊戯場などを設備, 所遊興所免許せしめたるは, 所のところ, 所過皆亡国志士何勝唇歯寒, 所遐方より送致, 所の右側, 所道樂或は裝飾, 所道理は則, 所道理至極と聞かれるで, 所道草を食っ, 所道觀が起り, 所道誉だけははしゃぎ, 所邇ある, 所遠きに在る, 所遡りて尊王, 所郵便局それから中央, 所都新聞と云う, 所都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升, 所のみと會, 所醜い所弱い, 所釋始乎明終乎幽也といつた, 所里程の標準一定, 所といわず, 所釣手がひきちぎられ, 所な馬, 所鉄蹄縦横周馳して, 所鉤裂きがあったの, 所鋭敏なる観察力, 所鎖国家の口吻, 所鑑札が作り物, 所河の, 所長三は私, 所長安は大師, 所長官の首, 所長屋などの作事, 所長崎三菱造船所の四, 所長等からなる, 所など庁内, 所門前で焼き棄て, 所は誰栽, 所開始以後も以前, 所開拓されて, 所開港以来諸品高価, 所開闔源家長が清書, 所をおい, 所間もなく江戸城お, 所間遠にておもしろから, 所も異ならざる, 所関係者の宿舎, 所関係諸氏間接には内務省, 所限りで後, 所する所, 所陰気な暗い, 所陰陽町は加茂氏吉備大臣真備公, 所陸軍兵器廠ノ移管經營等, 所隆吉は大した, 所は算, 所の厠, 所隣室にて, 所隣家の旗下, 所雇いの御用浪人, 所雙眼鏡に親, 所離欲の人, 所難所の戦い, 所の山原, 所のかかっ, 所需而分之, 所露顕するの, 所青山ありさ, 所青芝と糸薄, 所静寂であったが, 所面白い場所を, 所須々木の二大名, 所預かり細川頼春さえ, 所領地にある, 所領地内にある, 所頭取となつ, 所頭取佐久間修理じゃが, 所額殿祓殿それに信者, 所の見える, 所顔色もすぐれない, 所風呂牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 所風景を考え, 所食堂水のみ所, 所のたき, 所飲食所それがみんな別々, 所馬丁走卒, 所駅所ニテ立チ所ニ斬リ, 所駈け廻るうち蛇に, 所駒の家の抱小みつとい, 所驛吏が言, 所雲寺平等坊の, 所高き所物の, 所高氏は癇, 所高遠にし, 所鬚摩と称する, 所鬼王丸めはどこ, 所鮮少ならさる, 所黒いしみが, 所黒部川が穹, 所黙して図, 所の下, 所齎称我魯扶古連者