青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「房~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

戸~ ~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~
房~
~所 所~ ~所以 所以~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~

「房~」 3155, 34ppm, 3440位

▼ 房~ (739, 23.4%)

16 ように 12 ような 10 中に, 方へ 8 やうに 7 中で 5 なかを, 十手を, 源吉は 4 ことを, ついた匕首, 中から 3 ついたラッパ, 前に, 前の, 前へ, 方の, 母は, 発熱は, 茎は, 鞭を, 顏を

2 [45件] うちから, うちへ, ついた十手, ついた寒竹, ついた赤い, ついた長剣, なかに, やうな, 一つを, 上に, 中の, 二人が, 先の, 先生ね, 内に, 前を, 十手が, 十手は, 四人が, 四人の, 址が, 垂れて, 壁に, 大男が, 姿を, 床の, 戸の, 扉が, 扉を, 手に, 方から, 杖が, 死骸は, 毛が, 温泉に, 秋の, 繩が, 美しさ, 老練な, 葡萄を, 裡にのみ, 襖は, 足は, 長さ, 間に

1 [529件 抜粋] あたりを, あとをめぐって, あのヨルダン河, あらゆる瞬間, あるの, ある幕, いうこと, いらいらした, いるところ, お湯で, お湯屋, かなしみに, かわりに, ことで, この言葉, ご家中, さがったよう, さがった胸掛尻掛, すぐ前, すぐ扉口, すみに, た, たくみ汝を, たてこもって, ために, たわむれの, ついた一種, ついた三角帽, ついた丸紐, ついた唐匕首, ついた小さな, ついた尖がり帽子, ついた尖帽, ついた帽子, ついた御簾, ついた縞, ついた銀, ついた韃, ついた飾, ついて, つかない尺四, つぶら実の, つぶら實の, つれて, ところへ, とっつきの, とびら, ない十手, なかでは, なかな, なかは, なかへ, ぬれ縁, はつきましたろう, は確, ふくれ上がった麦, ふたりしか, ふたりは, ふたりも, まえでは, むすめ, やうな勝れた, ようでも, わが家へ, わきの, アプリケが, ガラスの, バナナが, ブラ下る, ボッチが, 一つの, 一ぱいついた, 一人に, 一字を, 一室なりける, 一室夜いたく, 一棟に, 一間に, 一隅に, 丈長く, 三つ四つ, 三人で, 上淫が, 下が, 下ったいわゆる, 下ったもの, 下った古風, 下った扇子, 下に, 下の, 下屋敷まで, 下屋敷を, 下手人を, 並んで, 中つれ來る, 中へ, 中へも, 中まで, 中より, 中央に, 中納言御, 乱は, 二人に, 二人も, 二室へは, 二間が, 二階も, 云ったこと, 人形氏矢繼早に, 人物を, 他の, 付いた美しい, 付いた黒い, 代に, 代金を, 伽羅の, 位置や, 住持たちも, 作一尺八寸六分の業物であり, 使いは, 供人と, 信頼を, 倒れるの, 側へ, 兄の, 兄哥, 兄哥八五郎の, 兄貴です, 兄貴分だ, 入口に, 八方から, 其の美しい, 具を, 内で, 内へ, 内外を, 内部と, 再三な, 凭れる塀, 出入りを, 刀を, 切れた男物, 前まで, 前世は, 割り前を, 勢力を, 匂を, 十手である, 十手に, 午後, 午後の, 卿から, 厨へ, 取亂, 口は, 句の, 右手が, 合図で, 吉記だ, 名も, 吹螺を, 周囲は, 品物を, 善作が, 四五人は, 四友と, 四天王随一と, 四方の, 址は, 址を, 垂れたかん, 垂れ布を, 垂下った, 堕獄の, 報告に, 墓には, 壁には, 声が, 外で, 外では, 外には, 外へ, 夢に, 大きいの, 大束が, 大臣の, 大黒を, 大黒晨炊を, 天下に, 天井はいちめんに, 奥では, 奥な, 奥に, 女を, 女子は, 女帝と, 好きな, 如きは, 如き小, 如く之, 如く長い, 妹で, 妹と, 姉お, 姫を, 姿の, 娘であった, 嫡中納言藤房の, 子の, 子供たちが, 実力を, 家が, 家に, 家には, 家の, 家は, 家根裏は, 家臣から, 容子は, 寝顔を, 対うで, 小さい扉, 小さな家, 小さな引き出し, 小供, 小母さん, 小母さんは, 尖端へ, 屋上から, 屋敷の, 屋根だ, 山みな見ゆる, 差出口が, 師垂水氏に, 帰りを, 床が, 店の, 庭は, 庵室へ, 建物の, 引延した, 弟子, 弟子達が, 強力で, 強盗が, 形に, 形より, 後に, 後ろに, 御住居, 御定紋, 御身に, 復命に, 心からな説き, 心には, 応接間は, 忠言にも, 念仏の, 患者である, 情景を, 惡戯で, 意の, 意を, 愛宕の, 感じだった, 憂惧, 戸棚の, 扉から, 扉は, 手を, 手代を, 手紙に, 手紙を, 才の, 打明話, 技巧を, 括枕, 持って, 持口に, 掛紐である, 撰だ, 救われるの, 散所, 数花のかぞ, 文筥とともに, 方がたは, 方だ, 方で, 方に, 方へす, 方を, 時とも, 時に, 時の, 時計二ツ鳴りぬ, 普請を, 晴々した, 智か, 暗中の, 書いて, 書も, 有様は, 本は, 材料に, 梢を, 棚の, 業蹟を, 様な, 様子を, 機嫌を, 歓喜の, 死んだ時分, 死骸だ, 死骸の, 死鬼愁魂ともに, 母親が, 母親の, 毛は, 毛脛を, 水の, 沢山ついた, 泊って, 波の, 泣声を, 消息を, 淡い戀心, 深慮な, 温泉, 温泉あたりと, 温泉で, 温泉でも, 温泉にも, 温泉場へ, 湯あそこへ, 湯で, 源吉が, 源吉といふ, 漢文大系を, 潔癖で, 激し易く泣き, 濡れ縁に, 灯らしい, 為に, 為事に, 烈剣, 熱と, 燈籠が, 物を, 犬と, 珠数を, 生ひ, 生涯について, 申分ない, 男が, 番人が, 異様な, 病気の, 癖である, 癩病人たちが, 癩病人達が, 発掘に, 白糸が, 百科全書で, 百科全書の, 監房へ, 目ざましき一領, 相手の, 眸の, 眼が, 神聖な, 禅僧一空から, 秘密を, 種子殻, 空に, 空気は, 窓の, 窓ガラスが, 笑う声, 笑顔が, 笑顔には, 答えも, 籠の, 紅い頬, 紐を, 素性と, 累々と, 細君は, 絨氈, 総てであります, 縁で, 縁に, 罪人善を, 羊毛が, 義妹, 羽目の, 老熟な, 肩を, 背中あたりだ, 背中を, 背後を, 胸元へ, 脇窓が, 腕に, 腕の, 膝の, 舌は, 花の, 花押を, 芸妓の, 草稿も, 荷物を, 華燭前, 葡萄といった, 葡萄の, 葡萄二つ三つか, 蔭での, 藁の, 藤の, 血が, 血に, 行為だけに, 行為に対する, 襖の, 親分が, 親分井戸へ, 親分決して, 訃音に, 許へ, 話に, 話術を, 誇りも, 語気である, 論文豈, 諸具, 謀と, 足が, 足を, 身は, 身体は, 軒下に, 辞典の, 返報に, 遊友達が, 道中で, 道場は, 道柏が, 道柏利安の, 遺物やらが, 邪魔に, 邸は, 重みの, 重畳が, 金網ばりの, 鉄扉が, 鉄扉を, 錠が, 長い寝間着, 長き団扇, 長く垂れ, 長さ五六尺, 長さ五尺, 長子である, 門を, 門流は, 門流を, 間から, 間へ, 間を, 関係から, 附いた十手, 附いた大きい, 附いた牛蒡, 附いた絹団扇, 附きたる, 附近を, 障子の, 雨, 青き実, 面には, 音に, 音物を, 頬が, 頭は, 顔が, 顔にも, 顔の, 顔を, 類蔵大町の, 風情を, 風景と, 飾ある輝く, 餓鬼どもを, 首にか, 馬の, 馬連や, 高慢の, 髪の毛を, 鯨幕を, 黒ぶだう, 鼻を

▼ 房~ (335, 10.6%)

3 それを

2 [11件] うす暗く, 二人の, 些と, 垂り, 彼の, 怒って, 急に, 新九郎の, 気の, 路地の, 長い廊下

1 [310件] あたふたと, あの, あやしんだ, あらまし復命を, あるかなしかの, あるべし, あわてて, いちど楠木家の, いったいどういう, いわれたとおり, うなづきました, おふくろに, お六, お萩の, かくも, からからと, からっぽで, きよと, くの, こう言っ, ここまで, ことし二十歳です, このとおり, この石像, こんなこと, さっそく高氏, さらに体じゅう, さらに新九郎, じっとし, じつにきれい, じつは後醍醐, すぐ身装, すなわちともに, そういう, そう言い, そこへ, その不遜, その夜, その夢ものがたり, その後で, その時僅か, その軽々し, その間に, それに, それへ, だれのも, ちと変屈人, ちょっと小首, ちらとでも, ついに明け方, つぶやいた, どうかし, どこだろう, どっちが, なお承知, ふしぎな, ぷるぷるふるえて今にも, まッさき, むしろ平凡, めき, もう娘, もう延び切つ, やがて親王, やっぱり鮎川, やはり母, やはり法然, ゆうべから, よく母, わしにとっては, チヤブ臺を, ニッコリ頷い, ハッと, バカバカしくなっ, ワッと, 一つしか, 一層激しい, 七十ぢかい, 三万二千石という, 三畳の, 上口の, 下司で, 不審に, 不意を, 主人の, 二重屈折の, 今あった, 今ふと, 今寂, 以前から, 会釈した, 伯母の, 何事が, 何事も, 何時の間にか掃除, 余計に, 俄かに, 傍から, 元より, 兄に, 充ち滿, 八人ぐらいを, 八人ぐらゐを樂に, 公平厳正な, 其には, 其の猛烈, 再び大上段, 写山楼と, 冷に, 凡庸の, 出家として, 出過ぎ者, 刀槍を, 初めて愁眉, 初第一部, 別ても, 北山より, 半分眠っ, 即座に, 却って修行者, 厠に, 又云った, 反返って, 可哀想サ, 可恐, 吉報を, 同意せぬ, 周三が, 周三に, 品詩論画の, 唯黙, 單に, 嗚咽しかけた, 垂れて, 垣根の, 基道の, 声を, 夢の, 大きな口, 天台宗を, 天皇の, 妹と, 嬉しそう, 子供ながらに, 室で, 宥めるよう, 家臣が, 家重代の, 寝ながら, 寝衣, 尊大に, 小さい軸木, 小さくも, 小さな掌, 小三郎にも, 小気味よげ, 小鳥の, 居ない, 師の, 師匠にて, 常陸流し, 平凡な, 幾らかの, 幾何学的な, 座を, 彫刻は, 影が, 彼を, 彼女の, 彼等の, 後世に, 後年後宮女房の, 心を, 心中に, 忘れたよう, 快活に, 念を, 思わず顔, 思切ツて, 恥か, 愕と, 憎態, 或もの, 戦死し, 所故と, 手を, 手早く燗瓶, 打木か, 持前の, 掛物を, 政道正しから, 数百万の, 斉彬の, 日に, 春水が, 昨夜も, 智恵は, 更に其處ら, 最初老人の, 最早親, 松の木を, 板塀の, 柄頭を, 柔かな, 椿岳の, 機嫌よく, 櫛箱から, 死んだ, 殆どバラバラに, 母に, 母の, 母を, 母親から, 毛穴を, 気が, 氣が, 氣の, 河に, 泣出した, 浮気者で, 涙を, 淋しく俯, 深い事情, 火に, 烈しく泣いた, 無念だ, 無遠慮にか, 熟睡した, 燗瓶を, 父が, 独り考える, 玉梓の, 生来非常, 男禁制開ける, 畳敷きだ, 病院の, 痛感した, 直に伯母, 真白に, 眠らなかった, 眼と, 神聖な, 私に, 秋の, 簾を, 紅を, 紫色に, 綿と, 繰り返して, 美濃の, 美男子であり, 耳に, 耳の, 肉體美の, 股擦, 背中から, 背中合は, 胸ぐるしくなった, 膳の, 臆病らしく投出す, 自分で, 自分を, 自然ふるえ, 興奮し, 舌うちを, 花を, 茶色の, 薄暗い, 衝と, 表の, 褥を, 襟もとまで, 襟元に, 見るに, 見慣れない他, 言悪, 訊いた, 起きたがって, 車の, 辣腕な, 近習にも, 遉に, 道理を, 酌などを, 酸漿提燈を, 重蔵と, 金剛杖の, 銭の, 鋭く一喝, 間違えられること, 附木で, 隠岐配所にまで, 離れがたい, 露き, 静止し, 面白からぬ, 鞍壺を, 顔を, 顔立なら, 飜弄す, 食事も, 飽くまで止め, 香煎の, 馬上の, 馬場から, 馬琴の, 馬鹿に, 駒の, 驚いて, 黙って, 點首いた

▼ 房~ (229, 7.3%)

7 なって 3 ただひとり, 会って, 入って 2 この二, 入りぬ, 入れられてから, 居て, 照りつくるしろき, 筆を, 蔵し, 誰か, 進み入り男女

1 [195件] あずけて, あったの, ありて, ありのままを, あるの, ある美しい, いくらの, いた, いたんだがね, いた人数, いた慧憧, いる岨, いる最も, いる良人, おかれた彼等, おはからい申し, おり最初太田, お会いし, かかる洲崎あたり, かくれた孫権, かわって, く, くれた, こん夜も, して, しても, せまって, そつくりで, たよって, ついたから, つけた鈴, つづいて, つないで, ととのえて, なじんで, なった先, なった毛皮, なった黄色い, なつた, はいった, はっとされた, まいらすべし一人, まかせられ早う, まけない気, まちがいない, もどって, やすんだ, ゐた同志, 一宿した, 一応の, 一泊し, 一空さまを, 一粒づゝ目口鼻を, 与えられた, 与へたり, 二人の, 五人或は, 京都の, 代表せられ, 仰せて, 会せよ, 会ったこと, 住いを, 住せしむ, 住み他, 住んで, 何かと力, 依り人, 倣って, 兀坐し, 入ったと, 入つた, 入つたの, 入らんとて, 入りしか, 入りしとき纔, 入りびたし, 入り檸檬樹, 入るに, 入れて, 入れられた, 入れるので, 再会する, 処り, 出かけた, 出る戸, 出会ったところ, 出入りし, 出離の, 分ちて, 分離され, 別れて, 則って, 勤めを, 収容さるべき, 只ひとり入れられ, 合宿し, 向って, 告げた, 嘱した, 坐して, 変り近頃, 夢中だった, 安臥し, 対面し, 尋ねた, 尋ねられたところが, 尋ね問われるが, 導き之, 小法師ばら, 就いて, 就いては, 就き裁判所, 居り最初太田, 届くまでに, 帰ったこと, 帰って, 座して, 座し気, 座つてゐ, 建て増しした, 引き廻されて, 引渡し平次, 当てて, 待たぬよう, 御夫人感謝, 愕い, 懺悔し, 成る思案, 戸口証が, 戻って, 手を, 推挙した, 於いて, 於ける兄, 於ける婦人, 暮して, 案内する, 欠くべからざる構成分子, 歌って, 残つた, 汝は, 泊まったの, 泊めて, 派出された, 満座の, 燈火の, 生れた卵, 生温い風, 男は, 男夫を, 痕を, 白い糸, 百箇日迄の, 相談し, 眠ってる監視人, 移されて, 移り己, 立ちのぼるこのわが, 等しい静けさ, 答えたとおり, 紋つてゐる, 納る, 美なる, 群賢を, 落着い, 著いた, 藝術的良心を, 行き大庭, 行つた, 要求し, 要求した, 見たる軽羅, 見る, 見現, 親房は, 観せて, 触りながら, 言つたのを, 託して, 赤彦君を, 跪く時, 跳り入りぬ, 身を, 送られたが, 通ずる戸口, 逢うため, 連れり, 達すると, 配る, 閉じ籠, 閉じ籠って, 附着し, 隔てられて, 鼻面とっ

▼ 房~ (213, 6.8%)

5 なして, 出て 4 して 2 何う, 含んで, 呼んで, 成して, 摘みあひて, 棄ていっしんに, 殺した人間, 発見した, 辞した, 連れて

1 [179件] あけたらしい, いじりながら, いぢ, いで藪, うき出させる長い, かけ銀色, かむり狐頭, こぼれる花, さばいた, そっと拾っ, そっと訪う, その任, その美しい, たづねた時に, たらし司馬家, たらし軽い, たれた清浄そのもの, つうじて, つかんで, つくつたらそれ, つくつて, つくらねば, つけたすぐり, つけた清涼茶, つけて, つけはじめた, つまみ上げましたが, どんなに恨めしく, なし雄花雌花, のぞいて, はげしくゆるがし, はじめ藤大納言実国や, ひき合いに, ひっかける, ほそい氷, まさぐるあり, みせその, もぎ取って, もって, よびとめて, よろしくと, よんで, スタンレーに, チラッと, ニホトキヨカダクフザボと, ハチと, 一つと, 一つもぐ, 一ぺんに, 一杯つけ, 下げたの, 与えられ自ら奥地, 並べた窓飾, 乗せて, 予約し, 介して, 仕かけて, 付けて, 伴って, 伴ひ, 借りうけて, 傾ける時, 優雅に, 兄弟を, 充たす為, 先に, 入れて, 出し木組, 出た, 出たはず, 出で, 出る時, 刈る, 列べて, 刺し墨, 副将の, 口に, 召されては, 召使ふ, 問題に, 喰べ, 垂らしそれから, 垂らしたビーチパラソル, 垂れた, 垂れたよう, 垂れ卯の花, 堆くお, 塀越しに, 大切に, 守つてゐた, 守る女, 対手に, 小指を, 巻きたぐつて, 建てその, 建てた, 建てるには, 建て増しし, 引き連れて, 引っ張り出して, 引被い, 当てが, 懌ぶ, 成仏せし, 手舁き, 把り, 抱いて, 抱取って, 持つて, 指さした, 指して, 振りま, 振り払いも, 振るすべ, 振れば, 掌の, 掛けさせて, 描いて, 揺すって, 摘まれた, 摘みに, 敵の, 新聞に, 日蔭者に, 春白楊や, 残した老人, 殺したの, 殺した下手人, 殺す積り, 殺せるわけ, 殺そうと, 水に, 狙った, 監視する, 眺めて, 眼前に, 矢作の, 私は, 窓の, 置きて, 翳して, 背負って, 脚に, 見せました, 見せると, 見た, 見て, 見合わせました, 覗いて, 観せて, 訪, 訪うた, 訪うた事, 訪ねた, 訪ねた日, 訪ねて, 訪ふ, 訪れたの, 訪れるアルコール, 訪れる時, 詮議する, 識って, 踏かくし, 踏み隠した老人, 軒に, 追いつめた, 退けて, 逃げて, 通り抜けて, 連ねること数十, 選んで, 配し迂回, 長く取, 頭に, 頼んで, 飾った紫緞子, 飾つた金銀蒔絵の, 騒がせぬため, 髻華に

▼ 房~ (199, 6.3%)

4 パタパタと 3 ついて, 碁布せられ 2 あって, ずらりと並ん, 傍に, 問うて, 垂れた, 腹を, 見える

1 [175件] あつた, あなたの, あり鉄, あるが, ある永井玄蕃, いくつか, いくつも, いつのまにやら, うららかな, うれしさ, かかった, かの摧邪輪, このこと, こんなこと, さが, さがりました, さしつけて, さっきから, すすんで, するすると, そこで, その手紙, たずねた, たった二セント, たれて, とつぜん身, どういう理由, どうしてお萩, どうして出来, ない, なかなか易く, のみこんで, ひかえて, まだ燈, もう一言, もう出てる, もう四五寸, ゆらゆらと, ゆらりとゆれた, よい, よいよう, よろしうございます, われて, ゐて, ウォール街の, トルストイの, ハラリと, バサリと, リボンの, 一つ大きく, 一ふき毎に, 一番怪しい, 一緒だった, 上の, 上人入滅後何処を, 下つたやう, 世間の, 中心で, 二つ下つた見, 二タ間あった, 云うのに, 互いに触れあっ, 何だか大きく, 兄と, 先ごろ, 入って, 入院し, 六波羅から, 其塀に, 出かけたの, 出た後, 十二の, 十五銭か, 十房も, 却ってこの, 厭世的な, 反対だ, 可愛くて, 同苗弥三郎広, 向き直って, 周三の, 四天王の, 垂れさ, 垂れて, 垂れ鈴蘭, 声を, 外の, 大きくて, 大床, 始めて筮, 子刻, 孤軍奮闘した, 導師と, 居る, 左右へ, 布地に, 幾たび足を, 広沢重信を, 店主の, 廊下の, 引き受けた, 引ッ提げ, 後には, 後日また, 得意の, 御簾の, 復春日左衛門尉を, 思はせ振り, 恟ッと, 愚図, 戒を, 手を, 折入っ, 押し返して, 持って, 揺れて, 揺れる, 暫く思案, 朝の, 木樵や, 来て, 此処で, 死んだとき日蓮, 殺されたの, 法然の, 泣止まない, 漸く小豆大, 灯つてゐる, 無理に, 父の, 現われた, 現場に, 甘酸く唇, 男を, 病んだ熱, 知って, 立って, 答えつづいて, 累々と, 結ばれ皮, 続けて, 続往生伝, 縁から, 美術家の, 老臣近侍を, 耳の, 肩の, 背中を, 興福寺東大寺を, 艷艷した, 若しも御用, 見た程, 見て, 見ないもの, 覗きに, 言った, 誠によく何, 讃岐へ, 赤橋殿を, 路上から, 路地に, 身に, 追っかけて, 遊女たちの, 遽てて, 都へ, 鈴生に, 長く垂れ, 阿波で, 雨戸を, 預つた, 頬の, 顏を, 驚いて, 黙って

▼ 房~ (175, 5.5%)

11 の顔 5 の姿 4 の傍, の前, の手, の胸 3 にとつて, の中, の方

2 [12件] に向, に声, のところ, の心, の目, の竿, の紅, の肩, の腕, の足, の身体, の頭

1 [110件] からさういふ, から全快祝ひ, から対, から聞かれる, が今, が帰つて, だといふ, とあんなに, とは切つて, とは違, と結婚, と親しくつき合, にくれよう, にし, について歩き, につけられた, につめよつた, にはした, にはしなやか, にはその, にはそんな, にはよく, にはよけい, には初めて, には判らない, には少し, には欠け, には殆ど縁, には病中, には直接関係, には相手, には窮屈さうに, には老, には自分, には見覚え, には追, には連れ, には間もなく, によそつた, に余裕, に呼びかけた, に寄り, に対, に対する尊敬, に感じ, に或, に押しつけた, に気づいた, に着させよう, に興味, に話しかけた, のうしろ, のこと, のすぐ, のすゝめ, のま, のもの, の上, の乗つた, の予測, の借家主, の出先, の去つた, の口, の奥さん, の妻, の席, の帰り, の幼時, の幼馴染, の底, の往診用, の後, の微笑, の忙しい, の思ひち, の恰好, の悪戯, の態度, の成功, の所, の来訪, の様子, の死んだ, の気, の気質, の活気, の父, の生家, の癖, の眼, の義母, の老父, の腹の中, の見た, の見つけ, の視線, の記憶, の診察, の診断, の話, の身心, の追, の醜い, の隠す, の魚籠, へぎろりと眼, も登り, より四五級上, を自分

▼ 房~ (85, 2.7%)

4 云ふ 3 お菊, お萩は 2 房との, 手代の, 河内房の, 逢引し

1 [67件] いいその, いって, おふくろを, お萩が, お萩と, お萩の, する説, その中, どの房, ならんで, はなしこんで, よごれた女, よんだし, パルテノンと, 云う女中, 云って, 云はれた, 京極丹後守は, 以上四つの, 伏姫との, 修練女の, 六条の, 別れた娘, 別れねば, 勘解由, 台所とに, 号し一向, 号し実名, 向い合って, 向かい合った部屋, 喧嘩ばかり, 因縁の, 変りが, 大原に, 季房の, 小河内藏允との, 少将忠顕は, 平紐で, 彌八, 御親しい, 忠顕が, 忠顕とは, 忠顕に, 忠顕には, 忠顕の, 忠顕のみは, 忠顕も, 抱擁を, 書きそして, 格太郎の, 申す者, 相語る, 確執ただならぬ, 私とは, 稱すべきならん, 細川和氏とが, 細川和氏の, 細川和氏は, 緋色の, 腰抜け彌, 見た女, 言ふ, 話を, 関係深かっ, 須賀左衛門とが, 駈け落ち, 鮎川とは

▼ 房~ (67, 2.1%)

4 入って 3 入った, 行って 2 往って, 来た事, 行くと, 這入ろうと, 連れて

1 [47件] あつまって, いささかまとまった, かくれて, きょうの, ついた時, はいって, ぶらりと這入っ, もどって, わたすと, 下ると, 入つた時, 入らず厠, 入ると, 入れたの, 入れられた男, 出た, 出て, 出向き, 別居し, 参ろう, 告げた, 告げて, 寄り合った時, 差し伸べて, 帰った時, 帰って, 引返して, 折入っ, 持ち出した, 曹操は, 歸つ, 歸つて來た, 歸る, 泊めて, 王来る, 籠った, 行きましたか, 見に, 訪ねて, 越えるの, 遊び場を, 遣わされると, 遣わしたという, 配給する, 音も, 飛込むと, 馳け

▼ 房~ (62, 2.0%)

1 [62件] ありとい, いけなかったかい, いづれも, お菊, かけつけて, ここの, ここは, さすがに, すぐこう詠んだ, すこし御, ついて, また, またあらたまっ, また何処, また大連, ゆうべは, ゆらゆらと, よく歌った, ジリジリ下がり, 三日までは, 二十房も, 交じって, 亦た, 亦奧州, 人に, 仆れる, 却って弟子, 同じく天狗, 同様残る, 同陣, 名のった, 喜んで, 固より, 坊で, 好いが, 季房も, 宗人の, 家中の, 小士の, 念仏読経四威儀を, 探題の, 杖を, 来合せて, 杯を, 気慊を, 無下に, 皆焦土, 真紀子さんの, 眼の, 知って, 短くは, 神様の, 程なく毛利三家連名, 綯ひ出す, 背中合わせに, 色を, 見たこと, 言い物蔭, 言うまでもなく緑灰色, 誠意が, 返答を, 髪切りの

▼ 房さん~ (43, 1.4%)

2 といふの, にお願い, には毎度お世話

1 [37件] お俊さん, か, が, がこんな, が張り合った, が流し, が神田祭, が驚い, さお萩さん, だと, でこっち, ですもの, といふん, とか言, とやらに逢, と云っ, にその, のこと, の噂, の年, の片づい, の考, は, はどう, はよく, は十八, は相, は禿頭, は船, へちよ, もおしまい, も大方, も帰りました, も最後, も行った, をもらわない, を呼ん

▼ 房から~ (40, 1.3%)

2 わたくしの, 出て

1 [36件] けたたましい狂女, こぼれて, そのこと, 出され持ちもの, 出した詩集, 出版した, 出版しました, 十房まで, 右へ, 夜半に, 姿を, 孟獲, 意外な, 放たれたよう, 新潟県の, 昼餉の, 東沢乗越を, 松本へ, 松本まで, 法然著わす, 発行し, 發行した, 糸を, 習ったの, 聞いて, 自由に, 苦情が, 説明する, 謂れを, 走って, 軍の, 追つ, 逃げ出して, 途中でも, 開板した, 飛び出して

▼ 房ちゃん~ (40, 1.3%)

3 が一号 2 に従い, も菊ちゃん, 御土産

1 [31件] いいかげんに, いつもいう, がこれ, が眼, じゃ有りません, すまないわねえ, ですか, で御座いますか, なんか半日, に好く, に薬, のため, の玩具, の股眼鏡, の肥っ, はあんな, は何, は何事, は余程, は僕, は全然, は幾歳, は直に, は真実, は色, もあんな, をお世話, を抱い, 御医者様, 御城址, 被入っしゃい

▼ 房という~ (39, 1.2%)

5 のは 2 のに, 村に, 犬に, 者が

1 [26件] のが, のを, ものを, 侍を, 僧に, 僧は, 公卿が, 名である, 名門の, 地並みの, 坊さんが, 女が, 女と, 女の, 女を, 山伏は, 常磐津の, 弟, 本や, 村落に, 松助以上の, 歌人で, 母娘ふたりの, 犬の, 聖が, 陣僧が

▼ 房~ (37, 1.2%)

3 あつた 2 半分以上も

1 [32件] あツ, お待ちし, さけんで, なかなか小ざっぱりした, みじか夜, みんな其処に, 一枚の, 中央に, 何分にも, 偶然太田と, 元肉, 半ば捲上げられ, 太陽の, 左右が, 支那の, 新人と, 法然の, 無慈悲に, 物音の, 玩具の, 瓦葺の, 糸を, 絵を, 網綱及び, 見たこと, 見つかった時, 話しするか, 話に, 阿片の, 面体を, 馬と, 黒板塀の

▼ 房五郎~ (30, 1.0%)

4 の娘 2 の家, の野郎, は淺草

1 [20件] かでなければ, がボロボロ, が二階, が恩人, だ, に取つ, の分, の後添, の跡, の身上, の驚き, はお, は四年前, は大病人, は憎い, は私, は評判, への怨み, も女房, を苦しめる

▼ 房~ (30, 1.0%)

2 と東京堂, に行っ, へまわりました

1 [24件] からノート, から原稿紙三百枚, から買っ, では同じ, でやはり, でパイロット, で万年筆, で原稿紙, で見つけました, で買った, と中西屋丈, にあれ, によって万年筆, によりペン, により原稿紙, により表紙, に万年筆, の原稿紙, へこの, へよったら, へ寄り, へ引返し, へ行き, へ行っ

▼ 房~ (29, 0.9%)

7 お菊 2 かになる

1 [20件] お六, かな双の, かな長い, かな黒髪は, かに結いたる, かに萠えて, かに附いたる, 三河党の, 些と, 前栽に, 包装紙を, 千浪や, 客堂が, 山岡鉄太郎や, 忠顕らも, 星雲の, 汝が, 硝子会社の, 部屋つきの, 麻や

▼ 房~ (22, 0.7%)

5 でもなし 2 があつ

1 [15件] が多, が廻り, が此, である, ではなかつた, と書い, と言, になりたい, のよう, の建立, の生活, は実は, は皆, もいや, をはじめ

▼ 房には~ (15, 0.5%)

1 [15件] いって, おのずからの, お目, まだすすり泣き, 七八つから, 人影が, 兄貴が, 奥にて, 客が, 寸暇も, 弓, 気の毒だ, 漆器あり, 甥高氏の, 被害が

▼ 房楊枝~ (15, 0.5%)

1 [15件] である, とを持っ, のよう, の毛, を, をかけ, をく, をくわえ, をつかい, をとった, を井戸端, を井桁, を啣, を持, を横

▼ 房論文~ (13, 0.4%)

2 にて曲

1 [11件] とまことに, に活差別相, に烏有先生, に答, の理想, の縁起, の逍遙子, の附録, は寓意語, を作る, を著す

▼ 房~ (12, 0.4%)

1 [12件] でその, に満, に衣食財物, のこと, の事, の粧飾, の術, は寂, へ姿, もたちまち, をうかがった, 寒くむなしくて

▼ 房~ (10, 0.3%)

1 がいわゆる, が二条城, が未だ, というもの, に一切, の名声, の後, の指図, をも彼等, を殺そう

▼ 房~ (10, 0.3%)

2 は今, は自ら 1 と一緒, に会い, の紹介状, の賢徳, の輩, を可

▼ 房覚明~ (10, 0.3%)

1 という者, と申し, と見えた, の血, の道場, は旅装, は無反, みるみる怒気心頭, を使者, を斬っ

▼ 房さり~ (8, 0.3%)

2 と結ん 1 と垂れ, と濡れ, と生い茂っ, と髪, 達筆に, 髪を

▼ 房では~ (7, 0.2%)

1 あったが, どうにもなるまい, ないか, なくこれ, なくて, 木村市長などから, 毎年百人ずつの

▼ 房とは~ (7, 0.2%)

1 似ても, 僧に対する, 奥さんの, 彼を, 江戸へ, 違いお, 面白い

▼ 房りした~ (7, 0.2%)

1 その黒髪, 島田の, 束髪と, 爺さま一人かん, 男髷に, 花月巻で, 髪を

▼ 房~ (7, 0.2%)

1 でも黒木, という, というの, という高い, と呼ばれる, に温泉, 与相

▼ 房にも~ (6, 0.2%)

1 その願望, 下賤, 八百比丘尼にも, 当然いろんな, 群る, 黒き布

▼ 房~ (6, 0.2%)

1 からじかに, がお上, がよろしく, のこと, の突然, までがそう

▼ 房~ (6, 0.2%)

1 に語りぬ, の來, の来, はけふの, は客, は我

▼ 房~ (6, 0.2%)

1 と代わる, の人々, の坊さん達, の弟子達, の念仏者, は樫井

▼ 房~ (6, 0.2%)

1 の掴みあひ, をたく, をひつ, をむしれ, を斬り取られ, を耳

▼ 房~ (5, 0.2%)

2 何かを 1 ありや, 聖尋か, 重く垂れ

▼ 房でも~ (5, 0.2%)

1 三省堂でも, 手に, 眺めるよう, 眼を, 起き仕度

▼ 房といふ~ (5, 0.2%)

1 のは, 一方の, 二十歳の, 娘は, 家を

▼ 房より~ (5, 0.2%)

1 出でしかば, 多きに, 廊下に, 遠くへ, 離れて

▼ 房八郎~ (5, 0.2%)

1 とその, の師弟, は去年, は嘆息, は弟子

▼ 房~ (5, 0.2%)

1 におろされた, には筆硯小説等備, の事, は忽ちに, へ下宿

▼ 房~ (5, 0.2%)

3 の渡し 1 の渡, の船渡し

▼ 房~ (5, 0.2%)

1 の入っ, の夢みる, の思った, の殺された, へ贈っ

▼ 房~ (5, 0.2%)

1 の先, の出た, の重い, をつまん, をのぞかせ

▼ 房~ (5, 0.2%)

2 の間 1 の山, の里見, 第一

▼ 房~ (5, 0.2%)

2 のさやか 1 によって語られ, に少女, は藤なみ

▼ 房~ (5, 0.2%)

1 によって治される, の祖, の観念, も施す, をもって神僊

▼ 房あたり~ (4, 0.1%)

1 か, に行く, の名, の易説

▼ 房ちゃんと~ (4, 0.1%)

1 あの人, 一緒に, 同じ病気, 菊ちゃんとも

▼ 房との~ (4, 0.1%)

1 からみあひ, 境の, 天井際の, 関係から

▼ 房などが~ (4, 0.1%)

1 ささって, ずいぶん大きい, 先頭の, 玉座の

▼ 房などは~ (4, 0.1%)

1 おそらく, なかった, 真っ蒼, 隅にも

▼ 房まで~ (4, 0.1%)

1 行くが, 行く間, 逃げて, 順々に

▼ 房垂れ~ (4, 0.1%)

1 て, ている, てひと鉢, て冷気加はる林間

▼ 房~ (4, 0.1%)

1 したこの, した亞麻色, した後髪, として居る

▼ 房楊子~ (4, 0.1%)

1 と塩, をくわえた, を井戸側, を使い

▼ 房~ (4, 0.1%)

1 が奥山, とどっち, なり兄上, を御存じ

▼ 房法語~ (4, 0.1%)

1 にいう, の如き, の建て前, 並びに覚海伝

▼ 房~ (4, 0.1%)

1 からも同様, だった, とか聞え, の部隊

▼ 房した~ (3, 0.1%)

1 この髮, 亞麻色の, 後髪を

▼ 房ずつ~ (3, 0.1%)

1 おいてから, ついた唐辛子三把, 肩の

▼ 房~ (3, 0.1%)

1 から何分, という, と云

▼ 房であった~ (3, 0.1%)

1 あの雑居房, がどことなく, 雑居房に

▼ 房である~ (3, 0.1%)

1 とのみ思っ, とのみ思つて, に過ぎぬ

▼ 房とか~ (3, 0.1%)

1 何某御, 大和の, 方干

▼ 房どの~ (3, 0.1%)

1 がおられた, は, を数日

▼ 房なども~ (3, 0.1%)

1 まッ先, 自分の, 騒めい

▼ 房などを~ (3, 0.1%)

1 ひらいて, 復職させ, 綜合し

▼ 房ゆらゆら~ (3, 0.1%)

1 と藤, と陽, に

▼ 房一たち~ (3, 0.1%)

1 の場所, の組, はその

▼ 房一はさつき~ (3, 0.1%)

1 から自然, よりもぽ, 起き出したばかり

▼ 房一自身~ (3, 0.1%)

1 にとつて, の奥, の顔

▼ 房中家~ (3, 0.1%)

1 である, などが入り乱れ, などというもの

▼ 房主頭~ (3, 0.1%)

1 で地蔵様, で紙冠, の

▼ 房~ (3, 0.1%)

1 は舌打ち, ばかりを見, を見

▼ 房~ (3, 0.1%)

1 が振り, は二人, を知らん

▼ 房叡空~ (3, 0.1%)

2 の庵 1 は随喜

▼ 房~ (3, 0.1%)

1 かね, に出, に出で

▼ 房生活~ (3, 0.1%)

1 のこと, の話, を染

▼ 房胤栄~ (3, 0.1%)

1 という人, という先代, は小柳

▼ 房重源~ (3, 0.1%)

2 は上 1 を推挙

▼ 房飾り~ (3, 0.1%)

1 のよう, を肩, 善美を

▼ 房ごと~ (2, 0.1%)

1 に, に裂い

▼ 房さま~ (2, 0.1%)

1 も居られます, 御長子泰時さま

▼ 房その~ (2, 0.1%)

1 人の, 隣の

▼ 房それ~ (2, 0.1%)

1 は何事, を取っ

▼ 房ぞと~ (2, 0.1%)

1 咎めたの, 詰り咎めた

▼ 房だけが~ (2, 0.1%)

1 ただ一人障子の, ふと見

▼ 房ちゃん達~ (2, 0.1%)

1 から見る, のこと

▼ 房ちやん~ (2, 0.1%)

1 もお, ものむべゑ

▼ 房でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばこう, ばならない

▼ 房として~ (2, 0.1%)

1 たれて, 居る

▼ 房とともに~ (2, 0.1%)

1 これへ, 未来の

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 のだ, ので

▼ 房ながら~ (2, 0.1%)

2 まろき

▼ 房なる~ (2, 0.1%)

1 清暑堂, 英吉利婦人の

▼ 房のみ~ (2, 0.1%)

1 動く醒めに, 揺れつつ

▼ 房ふさ~ (2, 0.1%)

1 して, とした

▼ 房へは~ (2, 0.1%)

1 二度と来る, 近づいても

▼ 房みたい~ (2, 0.1%)

2 に一塊

▼ 房めいた~ (2, 0.1%)

1 八畳の, 粗末な

▼ 房もみじ~ (2, 0.1%)

2 かかりけり

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 の姿, の弾く

▼ 房らしい~ (2, 0.1%)

2 が今

▼ 房~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 房三房~ (2, 0.1%)

1 あげたの, ゆらゆらと

▼ 房下がってる~ (2, 0.1%)

2 ぢゃぃ

▼ 房主人孫氏~ (2, 0.1%)

2 は大

▼ 房了海~ (2, 0.1%)

1 という六尺豊か, はさすが

▼ 房以上~ (2, 0.1%)

1 です, に生かし

▼ 房以下~ (2, 0.1%)

1 あらかた宗家, の僧達

▼ 房信空~ (2, 0.1%)

1 に向っ, の処

▼ 房千種忠顕~ (2, 0.1%)

1 の二人, の二名

▼ 房唯願房等~ (2, 0.1%)

1 の坊さん達, の念仏者

▼ 房外見~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ 房守さん~ (2, 0.1%)

1 の声, もしんせつ

▼ 房守安芳~ (2, 0.1%)

1 であった, で十人

▼ 房守様~ (2, 0.1%)

1 より下, を泊める

▼ 房~ (2, 0.1%)

2 の安否

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 の陣, を後軍

▼ 房尊意~ (2, 0.1%)

1 が四明, も宣旨

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 の傾頽, を顧みず

▼ 房幸西~ (2, 0.1%)

1 といった, は共に

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 の署長, の署長討伐どころ

▼ 房文庫~ (2, 0.1%)

1 はついで, は殆

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 に檄し, 走りて

▼ 房河内房~ (2, 0.1%)

2 の二人

▼ 房源智~ (2, 0.1%)

1 は, は備中守師盛

▼ 房籠り~ (2, 0.1%)

1 という, の折

▼ 房絞っ~ (2, 0.1%)

1 ては一枚, ては文芸倶楽部

▼ 房自身~ (2, 0.1%)

1 に和睦, 出迎えて

▼ 房蝶子四~ (2, 0.1%)

2 の五

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 なの, の娘親長

▼ 房附き~ (2, 0.1%)

1 の毛糸, の赤天鵞絨ばり

▼ 房~ (2, 0.1%)

1 ちらつけば, の末子

▼ 房静厳法印~ (2, 0.1%)

1 という者, の弟子

▼1* [305件]

あげたのが, 房ありともいへり, 房六お萩祭, 房お前はわし, 房かに分れて, 房からの道兵馬の, 房からは返礼に, 房くださいと隣, 房くらいはございますから, 房ぐらいなもの, 房ここはどの, 房ことごとに長き, 房この日また, 房これなり, 房さげて, 房さりしており, 房さりした禾本科の, 房さん板新道の, 房しだれたり空しき, 房すなわち花床, 房すら持って, 房するすると指, 房ずくめの四角い, 房せねばなりません, 房そちには駸々, 房その他の公達, 房ぞや尊くも, 房たち離れ十二, 房たらりと額際, 房だけにその非業, 房だの各々主人公, 房だ急いで, 房ちぎって口, 房ちゃんお前さんにもお, 房ちゃんこれ秘密だけれど, 房ちゃんシイコが出ます, 房ちゃん後生だから, 房ちゃん橋本の伯母さん, 房ちゃん母さんが好い, 房ちゃん螽捕りに, 房さり, 房っさりした散髪を, 房って来る然, 房つかんで, 房つきビロードの丸椅子, 房づいた長髪を, 房づつちぎつて下へおとした, 房づゝに括つた, 房もの, 房ですよ, 房でなく紺房の, 房といへるが, 房とかいふ上手も, 房としては桔梗河原の, 房とつた, 房とてほかに, 房とも一つに, 房とやらの腕前が, 房とを観て, 房どこでん, 房どもがよく, 房どんお房どん, 房どん若だんなが呼ん, 房なあこの舟, 房なき人の, 房などでなく店先, 房などと称するの, 房などの姿も, 房ならば誰, 房ならずとも泣き伏す, 房なんどは供, 房にこそ珠以て, 房にすら脊丈及ばず, 房について敷が, 房につき門弟と, 房になつて長短を, 房に対して父親としての, 房はかぶとの, 房はじめ並居る諸, 房はじめ義姉の清子, 房ばかりでなく二歳, 房ばかりは救いたいという, 房ばかりを話すよう, 房ひとりに幕末史, 房へかへりみると, 房へともどつて來, 房への戸を, 房へまで来て, 房へも会うた節には, 房ほたほたと赤し, 房ほどな髯, 房までが如何にも美術的, 房まるでちょこんとした花, 房むらくは, 房むらくもか, 房むらくも酔いどれの噺, 房がたしかに, 房もう一間に, 房もしくは蜂, 房もと牛込照武蔵の, 房もはや死を, 房もろとも伏姫, 房ようじに塩, 房よりの道中の, 房よりも仇ツぽい, 房りしながら清らか, 房り結った島田が, 房わしは死なぬ, 房を以て我国宋儒の, 房を通じて法皇の, 房一はじめ神原喜作も練吉, 房一はめつたにない, 房一一人でもとの路, 房一人そう云う, 房一房の朝露, 房一方を書房, 房一達の来る, 房三房とつた, 房上林房以下二三十人の法師武者ら, 房名が, 房中ニオケル彼女ノ態度, 房中剤とか実際, 房中堂上の屬, 房中無人となる, 房中神仙の四通り, 房中秘密の中, 房主たちをおし臥せる, 房主以外に一つ, 房主従の影, 房主等兩客被申云, 房主長谷川巳之吉君は演劇そのもの, 房進同人と, 房二人の恐ろしい, 房云つてたど, 房仕込みの西洋味, 房以下二三十人の法師武者ら, 房以下請僧七人と云々, 房以果酒禮壻而用素帛一幅置之壻袖中謂之交親壻拜受之厥明以驗女, 房伏姫を背, 房修まらず池田王は, 房といい, 房僧正験者にめさるる, 房儀平という男, 房いといった, 房八千五百房と, 房公さへが, 房円照は入道少納言通憲, 房円空が許, 房出版のもの, 房利安の兩隱居, 房頭部の, 房卯三郎両人にて, 房助たけは奴婢, 房勝浦方面の釣り案内舟, 房北畠親房の三卿, 房半位で草鞋, 房取出して私, 房吉田定房北畠親房の三名臣, 房同じく道犬等浅野長晟の, 房名和悪四郎, 房は鑑識家坪井晋氏, 房咲いた藤の, 房四具を取り揃え, 房四谷より君花, 房土窓築くに従って, 房堂その他でクリスマス, 房注連小菊中雁丸元祖身禄宿坊そういった, 房大納言鷹に飼わん, 房太田資時長島鷲太郎小川平吉竹内平吉信岡雄四郎今村力三郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 房奥様の出る, 房奴われに語りぬ, 房奴來りて, 房如成と云う, 房季房も三日, 房季房二人の恐ろしい, 房守ひとりの名前, 房安楽房等の弟子達, 房寄場に物の本, 房輔という, 房少しむしりて, 房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 房山岡鉄太郎の諸氏, 房山田耕筰一つ部屋に居, 房島原城主として四万石, 房の欲, 房の両方, 房店署長は云う, 房店警察署長以下十三名を密輸問題, 房は昼夜数百, 房当時の状, 房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形小ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, 房彙鈔などの大部, 房形勢の地, 房律師行勇さまの御, 房の疲労, 房従而受業或云, 房御中などとある, 房愚癡の法然房, 房感西に書かせる, 房慶政上人の著, 房或は西伊豆と, 房に入り, 房手拭かいがいしくからげた, 房投げ入れたような, 房揚枝を井戸側, 房数席数は初, 房數百人の舞妓, 房文慶等があり, 房既に家に, 房日記を読む, 房の精, 房普光院の畳二百畳, 房有明なぞがない, 房林室のうち, 房模様の絵羽, 房少僧都, 房は松平直矩, 房次郎君だけで, 房残っている, 房母子諸共一年間位は何, 房毛まっ白な聖重挽馬, 房氏銀三十両を結納金, 房法力房安楽房等の弟子達, 房法印とかに諫め, 房法印権大僧都, 房法印胤栄と申し, 房法印証真にこの, 房法印順昭が麾下二十万石, 房法橋隆宣導師たり此事日来, 房洞院ノ実, 房海尊曾我物語では虎御前, 房深き所芙蓉の, 房湛空は徳大寺, 房源光が許, 房源空という若い, 房澄空は入道加賀権守親季朝臣, 房父子のごとき, 房をなし, 房玄慧同時与交, 房のよう, 房珠鶏の気, 房瑞鸞てふ, 房の親戚, 房の装飾品, 房田中へ行き, 房男爵を始め, 房あり, 房痩せ侍の, 房発行の, 房百科全書の, 房百科文庫で森槐南, 房だぜ, 房皆一代のその道, 房直伝じゃ, 房祖堂宝庫傭人たちの住む, 房秘戯の図, 房程の感じを, 房を貰う, 房種田代安定中島仰山織田信徳の諸氏, 房がある, 房を掲げよ, 房の熟, 房粧飾というよう, 房組織の二重張, 房結わえてある, 房総常野武信の諸州, 房の裏柳葉色, 房總志料に見え, 房總方面に上陸, 房美人仕女, 房義平などいう, 房のところ, 房老人などが寄つて集つて北畠准后, 房胤栄どのが耄碌, 房談罪跡真耶仮, 房はない, 房も無用, 房の臥具, 房舎聖教皆相続, 房舞臺などを見めぐる, 房花扇箸三種の護摩木, 房行空成覚房幸西は共に, 房行高の時, 房衣房舞臺などを見めぐる, 房覚阿弥陀仏等月輪殿の子息, 房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 房だの婦人論, 房にとうまく, 房転宅の際, 房連山の中, 房遅くなつたら閉めても, 房鐵砲の上手, 房長からず, 房長き燈籠も, 房長西は法然, 房関係を誤解, 房ありけり, 房限りで表面, 房には瓔珞, 房須賀左衛門そのほか十騎, 房から学寮, 房と戰, 房飾つきの水盃, 房骨董武器一として彼, 房鴻吉に彼