青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恐れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恋~ ~恋人 恋人~ ~恋愛 恋愛~ 恐し~ ~恐らく 恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ
恐れ~
恐ろし~ ~恐ろしい 恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖 恐怖~ ~恥 恥~ ~恨み

「恐れ~」 3510, 36ppm, 3201位

▼ 恐れ~ (1603, 45.7%)

94 いた 70 いるの 44 いる 40 いたの 23 いるよう 22 ゐる 15 ゐた 13 いるん 10 逃げて 9 ゐるの 8 いたこと, いると, ゐたの 7 います, いるから, 居るの 6 自分の 5 いたし, いて, いない, いました, いること, いるので, おいでに, ゐるやう, 誰も, 身を 4 いたから, いたが, いたよう, いたん, いるが, いるもの, なり, 之を, 口を

3 [17件] いたと, いたので, いたもの, いながらも, いるという, いるらしい, おりました, ゐて, ゐます, 居る, 急いで, 急に, 手を, 私は, 私を, 自動車に, 馬を

2 [64件] いたという, いた奴, いつまでも, いては, いないよう, いながら, いますが, いよいよに, いるところ, いるらしいの, いるらしかった, いる人, いる彼, いる秘密, いる者, いる自分, おいでな, おいでばかり, おります, このこと, これに, それを, だれも, では, どこかへ, ゐるので, ゐるん, 三千代が, 二人は, 何も, 其の大勢, 出て, 容易に, 寄り付かず仕方, 平次は, 影を, 彼は, 彼らの, 彼を, 彼女の, 後へ, 成る可, 敢て, 早々に, 母を, 気が, 煩悶し, 皆逃げ, 石造の, 羽蟻は, 自らわが, 言った, 話は, 話述体の, 近づくもの, 逃げたの, 逃げた人, 逃げる, 逃れて, 遁げる, 避難し, 雨に, 震えて, 鳥打帽を

1 [947件 抜粋] ああ云う遣り, あえて近づかず, あとに, あまり彼, あんなにいじらしい, い, いい加減, いたお, いたしかし, いたとおり, いたのに, いたやつ, いたらしかったが, いた不心得, いた両国, いた事に, いた出来事, いた口, いた娘, いた山田, いた幽霊, いた彼, いた探偵, いた村, いた浅ましい, いた発明, いた絶体絶命, いた者, いた説明, いちいちそれ, いつもあの, いないから, いないでも, いないという, いなかった, いは, いましたが, いまだに一兵, いやしない, いらっしゃる, いらっしゃるん, いられるの, いるえらい, いるおかみ, いるかを, いるけれども, いるせい, いるたち, いるだろうという, いるつまり, いるとでも, いるな, いるふう, いるものの, いるらしい不可解, いるらしくこの, いるわけ, いる二匹, いる内, いる叔父, いる如くである, いる怪人四十面相, いる明智小五郎, いる東市正, いる様, いる気色, いる為, いる理由, いる眼色, いる私たち, いる被害妄想, いる返辞, うけなかった悪名, うろうろし, おったので, おった自分, およそ自分, おりましたが, おりますのでのう, おり従って, お勝手から, お帰り, お逃げ, かえって豹変, かくの, かの女, きたの, ぎこちなくなり, こういう文句, こう返事, ここに, ここを, こっそり駅, ことを, このばかばかしい, この種, この頃, これほどの, こわごわ息, さっそく人, しっかと胸, しばらく打, しまつて, すくんでは, すぐさま獲物, すぐ見る, すごした日々, そして団体, そのまま家, そのまま封筒, その上, その口, その室, その手, その考え, それから思考, それに, それ以上言わなかった, そんなにいやがっ, そんな贅沢, たえずビクビクし, ただわが, ただ型ばかりに, たんじゃ, ちかづかず処置, ついに決行, つけ足しました, である, できるかぎり風波, できるだけ表, ともかくも, どうもかう, どこででも, なお走っ, なめらかな, なるべく俗人等, なんとか縁, ぬきあししつ, はじめは, ばら, ほほえみかける時, ますます備え, ますます歩み, まず根室, また大男, まったく黙り込ん, みずから言論の, みんな護謨合羽を, もう来ない, もはや疑い, やむなくわっと, よりつかざりし日ごろ, ろくに顔, わざとお, わざと不思議そう, わざと大意丈, わざと猫, わしに, わたしの, われがちに, ゐたといふ, ゐたもの, ゐた夕闇, ゐた相合客, ゐた飮友達, ゐない, ゐました, ゐますが, ゐるかと, ゐること, ゐるそれ, ゐるもの, ゐる位, ゐる被害妄想, ゐる身, イタリーへ, キョトキョトあたりを, ケリッヒ夫人か, ダイヤモンドを, ツと, ハイさようなら, パッと, ベンチを, 一人も, 一切知らない, 一句ごとに, 一度も, 一度彼ら, 一歩でも, 一足飛びに, 上海した, 下さい, 不意打に, 中には, 中止した, 之に従い, 予め彼等, 事大的に, 二人で, 互いに顔, 京子さんだ, 人家の, 仇に, 今の, 今年の, 仰せられるには, 伝六は, 佐藤は, 何で, 何を, 來た, 便りを, 倉皇と, 停車せし, 僞の, 先に, 入らずこれ支那, 共通な, 其甕を, 兼ねて, 出でずなお, 出合う者, 出合わないの, 初めの, 前進しよう, 割愛し, 勇には, 勘弁した, 十一時と, 半町ばかりも, 去る, 又あわただしく, 反省せね, 取次人も, 口に, 口籠った, 叫喚する, 君に, 吹消し, 呪文を, 命に, 唇を, 喘ぎながら, 四時過ぎには, 地を, 城太郎は, 声を, 外にも, 多くは, 夜に, 夜を, 夜中外出しなけれ, 大いに警戒, 大将は, 大蛇を, 天井裏に, 奥を, 女中は, 女眞の, 妥協する, 姿を, 孔叔, 季節に, 宋江の, 実子上杉弾正大, 宵から, 家には, 宿に, 寺の, 寺を, 小心翼々として, 少しも, 尻尾を, 居たか, 居たから, 居たほどの, 居た樣子, 居つた卑怯者, 居と, 居ないこと, 居らっしゃるのに, 居られない, 居ります, 居るそう, 居るもの, 居る初老, 居る樣子, 居眠りも, 屋敷町や, 崑を, 差控え, 帝の, 帰って, 帰ると, 常に遠ざかる, 常陸へ, 平助は, 平身低頭し, 床天井を, 店先の, 引きて, 引っ返そうと, 引返したこと, 強くいう, 強情に, 彼に, 彼女に, 往復の, 後方に, 後退りを, 御実行, 心配の, 忍び隠した, 忘れよう忘れようと, 思いつきを, 思切って, 恋を, 悪口を, 態度には, 我が姿, 戦々兢々として, 所詮そち, 手をも, 手紙も, 手足を, 打ち殺したの, 承知しなかった, 折れて, 挙手の, 捨てて, 控目に, 教育の, 教課書以外の, 敵意を, 文部大学を, 断わって, 斯る, 早く帰ろう, 明瞭には, 是の, 晋陽の, 更に弁償金, 最初の, 最早跟, 服部社長や, 朝まで, 村外に, 東京へ, 柩を, 桂城の, 棚を, 棲んでるやう, 極めてそろ, 樺木皮を, 次第次第に, 此には, 武勇を, 死んだ人, 殺したと, 毒を, 毛利父子が, 水に, 永くとどまらず, 江戸長崎堺博多の, 決断に, 泣いた, 洛陽へ, 浪人組を, 海獣と, 深くかくれ, 源氏は, 火を, 熱は, 片隅から, 物をも, 牲を, 獣の, 生じたもの, 生んだ子, 用心深く話し, 町を, 病を, 皆家へ, 皆逃げくずれた, 盃にさえ, 直ちに飽食, 省略に, 知ってる事, 碇泊に, 神に, 神妙なり, 禍根を, 私と, 突然口, 立ち去ったの, 立止った, 策動を, 細かには, 綾衣を, 罪の, 義雄の, 翌日紫玉を, 耳を, 聞き糺したの, 職工達は, 胸痛む, 自働車, 自宅から, 船頭に, 苟安は, 苦しまなければ, 茲には, 華陀の, 蚊帳に, 行かなかったの, 表面心中した, 裏の, 裏通を, 見えたが, 見合せその, 見物の, 言うべきこと, 試みること, 詩人を, 談話を, 警官は, 警戒し, 責め逼らる, 賛成しなかつた, 走り去れずアッ, 起つこと, 路を, 蹲る恐し, 躊躇してる, 躊躇を, 車を, 近かね, 近づかず, 近づかぬ, 近づかぬ糞, 近づけない, 近よらぬ, 近寄らないところ, 近寄らぬから, 近附き得ない, 返し送つて, 退いて, 逃ぐることあら, 逃げおったわ, 逃げかけると, 逃げだした, 逃げますので, 逃げようと, 逃げるなら別に, 逃げ出した, 逃げ出して, 逃げ出そうと, 逃げ去ったかとも, 逃げ去らば, 逃げ回って, 逃げ廻わっ, 逃げ走って, 逃げ隱れしてる, 通された奥, 逡巡する, 連夜眠れなかつた, 遂に国, 道に, 遠慮がちに, 避けの, 邪魔でも, 都を, 野の, 鈍くし, 長くは, 除物に, 障子を, 隠して, 隠れるはず, 隱し, 雪見とか, 震ひ, 静まつた, 順えと, 頑強に, 頭を, 顏を, 顔色が, 顫い, 顫へ, 飛び立つ小鳥, 養育する, 駒は, 驅くる, 骨を, 魂の, 魅せられたの, 鰻の, 黙して, 黙って

▼ 恐れ~ (358, 10.2%)

90 ある 24 あるから 21 あった 19 あるので 11 あると 10 あるの 7 あるが 6 あつた 5 あります, あるし, あるという, ないでも, ないとは 4 あったから, あったの, 彼の 3 ありは, ありますから, あること, あるといふ, あるん, なかった, 充分に 2 あったので, ありますのでな, あるに, あろうとの, ないから, 代助, 多分に, 私を

1 [96件] あったが, あったし, あっても, あらう, ありこれ, ありそれ, ありました, ありますが, ありますな, ありますならば, ありますね, ありますよ, ありません, ありまた, あり一方, あり咎められては, あり多く, あり後者, あり此所, あり相, あるか, あるかも, あるからと, あるからな, あるけれど, あるけれども, あるしネ, あるそれ, あるだろう, あるというくらいの, あるとの, あるばかり, あるもの, あるよう, あるらしい, ある七分, ある上, ある傑作, ある新聞, ある時, あろうと, それでございます, どれ程, ない, ないけれども, ないで, ないという, ないと共に, ない気候温和, なくなったため, なくなつた, なくなると, なくは, なく一般, ふと影, 万一あり, 全くない, 其処に, 十分ある, 去らないもの, 増大し, 多いから, 多いし, 多いので, 多い何, 多数の, 女の, 如何に, 始終頭, 少ないと, 常夜, 強くなっ, 最もよく現し, 有りますから, 有る, 有るから, 有るからな, 有るに, 果してない, 段々忌み, 湧いて, 満ちた, 濃厚に, 無くなるの, 生々した, 生じた, 生じて, 私の, 第一, 絶えずある, 胸に, 起って, 転じて, 迫る, 頭を, 黒い影

▼ 恐れ~ (260, 7.4%)

61 なして 11 抱いて 6 いだいて 5 感じた, 感じて, 知らず育てられた大 4 いだいた, なしたの, 懐いて, 為して 3 いだきながら, もって 2 して, なした, なしてか, なすな, 抱いた, 持って

1 [133件] いだいたの, いだかしむるものであった, いだかしめしほど, いだかなかった, いだき煙, いだくところ, いだくに, いだくよう, いだく内気, おこさしむるものにあらざればなり, お感じ, かんじた, こめて, しそう, しない自信, しゃべるばかり, しょっちゅう見せつけ, その顔, そばめ合った, なくして, なくする, なさいます御, なさずには, なし, なしけり, なしたか, なしたでしょうが, なしたと, なしたなど, なしたもの, なしたよう, なしたらしく悄, なしたらしく情ない, なした次第, なした点, なしながら, なしよろめきながら, なし其靈, なし左右, なし給いこれ, なすと, なすとともに, なすの, なすのに, なす人, なす必要, なす政治的統制, なす本格的, はらんだ絶嶺, もてわが, 不忠実, 他人の, 作し, 倍せり, 催させるもの, 催したか, 催した様子, 克服し, 去らしめんため己, 口に, 呼び覚まそうと, 帯びて, 幾度と, 忘れ切なく, 思ひ出したらしく暫らく絶句, 恐れとして, 感じたの, 感じた或, 感じないで, 感じなくなった, 感じましたが, 感じるほど, 感じ遠く, 感ずる, 感ずるから, 愧じる, 慰めに, 懐いた, 懐いたの, 懐かせさらに, 懐かぬこと, 懷くべき, 成さずには, 我より, 打ち消して, 抱いたよう, 抱かせるに, 抱かなかった, 抱きつ, 抱きつつ, 抱きはじめました, 抱きまた, 抱き部屋, 抱くこと, 抱くだけ, 抱くほどの, 抱く人間, 抱く野犬, 持った集団, 棄てよかなた, 為したの, 生じますのに, 生じるの, 生んだ, 知らない, 知らないほど, 知らない巾着頭, 知らない雀, 知らぬ不屈不撓, 知らぬ勇気, 知らぬ少女皆川美奈子, 知らぬ少年, 知らぬ思想, 知らぬ連中, 知ら無いで雀, 知るもの, 知る者, 知れる者, 示しては, 示し船長, 覚えあわてて, 覚えさせ逃げ足, 覚えて, 覚える, 言ひぬ, 追思, 避けようと, 防ぐこと, 防ぐ為, 除いては, 除くこと, 頭被, 願ひ

▼ 恐れ~ (116, 3.3%)

10 しない 7 しなかった 5 しないが, 少しも 4 あるが, なかった 3 しません 2 あるまいと, しないぞ, ない, ないと, ないよう, なく人間, まあ無い, 決してない

1 [62件] あったので, あったろうと, あっても, あらざれども, ありますが, ありませんよ, あること, あるの, いまなお, さらになかっ, したものの, しないこの, しないだろう, しないでしょうね, しなかったし, しなかったであろう, しなかったでしょう, しなかったと, しなかつた, すべて消え去った, するけれども, すれど, せぬが, せぬぞ, せん, せんが, せんよ, それでは, それほどなく, ないかと, ないが, ないだろうね, ないに, ないの, ないもの, ない別に, なかろう, なく猶, なほはるかに, ほとんどまったく根拠, ほんの一瞬間, ましぬ, まづないと, めったにない, もう死ん, やがて大, ようやく目, 万, 二日の, 全然なかっ, 去った, 少ない, 感じないそう, 断じてない, 断じてなかろ, 毛頭なさそう, 無い, 無いが, 皆の, 致さぬ, 見逃すこと, 赤児の

▼ 恐れ~ (104, 3.0%)

5 した 3 ありません, しないで

2 [11件] あったが, ありまた, ある, あるから, あること, せぬ, ない, なく, なくなって, なく深夜, 不安も

1 [71件] あった, あったので, あって, あつた, あらう, ありますから, ありますし, あり結果, あり老人, あるし, あるという, あれば, あろう, いたしませぬ, しない, しないの, しないふたり, しない馴れた鴨, しなかった, しました, しませんでした, しませんでしたが, し憎みも, し諦めても, し讃美, するので, せずに, せず三度ユダヤ横丁, せず嫌い, せず立って, せず醜い, ないから, ないし, ないで, ないといふ, ないの, ないので, なかった, なかったろう, なかつたらう, なくかつ, なくして, なくまたは, なく人, なく人中, なく刄向う者, なく書いた, なく気楽, なく誠に, ほんとうを, また些, 一掃に, 何から, 共におなじ, 又死ぬ, 喜びも, 恥も, 悲み, 感じながら, 感じなければ, 憂いも, 搖ぎもせず恰も, 敵の, 深くあった, 目的も, 知らずに, 罪の, 致しません寧ろ, 薄らぐに, 覚えて, 迷惑も

▼ 恐れ~ (69, 2.0%)

5 ために, なごりに 2 あること, あるところ, あるの, ないこと, ようでも, 為に, 織手, 色を

1 [43件] あるとき, あるもの, あるものの, ある事, ある場所, ある学界, ある官僚政治, ある少壮学者, ある戦争, ある言葉, いろいろな, うえに, ごとき, さけび声, しるし溪を, ためか, ないの, ない信念, ない方, ない生活, ない発作症状, ない身, なくなつた, ほかに, 中にも, 交りあった, 十分に, 少い病気で, 心は, 必要が, 念の, 念を, 方が, 有る場合, 有る物件, 横道へ, 気持と, 目を, 色が, 言葉も, 連続だ, 重みに, 顔を

▼ 恐れ~ (67, 1.9%)

3 悲しみと, 悲しみとが, 驚きと 2 なって, 喜と, 怒りとで

1 [52件] あわれみと, いうよりは, いへども, かなしみが, かなしみと, その美化, それに, なおまっすぐ, なつて, なやみとの, ならざりきその, なろうや, もうひとつ, 一つに, 不安とを, 不安に, 云う様, 伴藏は, 同情とが, 同時に千鶴子, 哀れとを, 喜びとの, 失望とな, 女房の, 娘の, 嫌悪とを, 孤独感との, 尊敬とを, 心痛とは, 心配との, 悲しみが, 悲しみとに, 悲しみの, 意外に, 愛に, 感喜が, 憐れみとを, 懐しさ, 敬虔とを, 歓喜との, 狂的に, 絶望とが, 美しさ, 羞恥とに, 苦しさ, 苦しみで, 遠慮の, 餓えで, 驚きで, 驚きとで, 驚きとの, 驚きに

▼ 恐れては~ (49, 1.4%)

7 ならない 5 いない 4 ならぬ 2 いけない, いけません, いなかった

1 [27件] いず今, いたが, いないし, いないと, いなかったしかし, いませんから, いませんでした, いませんでしたけれども, いられない, いられないの, いられなかった, いられなくなった, いるけれど, いるし, こう言わざる, ならんおちついて, なりません, また攫もう, ゐなかつた, 世間師は, 仕事は, 勿, 困るその, 急に, 敵国へ, 河に, 駄目だ

▼ 恐れ~ (48, 1.4%)

2 なること, 充ちた承認, 前後の, 恐れて

1 [40件] ある, おののくわけ, とりつかれた, とりのぼせて, なり故人, なる, なるばかり, はずむ息, ふるへ, まっくろく見える, みにくくゆがん, やるせなく, 乗じて, 交じった虚勢, 代って, 会いまったく, 似た嬉し, 半分消える, 圧倒され, 宮は, 心を, 我慢できなかった, 打たれたの, 打ち克たなくては, 気づき必死, 満ちたと, 満ちた眼, 満ちて, 現在の, 耐えぬものの, 耐えぬ様, 胆へ, 膽へ, 臨んだため, 負けたり, 超ゆる, 追われたよう, 逆上し, 青ざめ, 駆られて

▼ 恐れ~ (40, 1.1%)

4 つて居ります 3 つて今日までも 2 つた者なれ, つてを, ッて

1 [27件] つた, つたが, つたのです, つた御, つた樣を, つた樣子で, つた熟字までも, つた熟字迄も, つた言葉だ, つた調子と, つた額に, つた顏を, つてう, つてお, つてし, つてゐました, つてゐる, つて了ひました, つて坐, つて申し, つて白状し, つて立て, つて領承した, つて頭も, つて頭を, ッた, ッちまう

▼ 恐れ~ (33, 0.9%)

25 もなく 3 もない 1 もなく坐, もなく坐っ, もなく近寄った, もなく近寄りました, を弱く

▼ 恐れ入り~ (32, 0.9%)

11 まする 6 まするが 2 奉ります, 奉りまする

1 [11件] だ, まするから, まするそういう, まするので, まする何, やの, 候えば, 奉りました, 奉る, 奉るぐらいの, 奉るとは

▼ 恐れたり~ (25, 0.7%)

3 して

1 [22件] おびえたり, しなくなりました, しなければ, する, すること, すると, するの, する筈, する者, 取りつくろったり, 囚はれ, 嫌ったり, 憎んだり, 憤おったり, 或る, 疑ったり, 芽の, 著しい心, 輕蔑し, 迷ったり, 邪推し, 震えたり

▼ 恐れ乍ら~ (23, 0.7%)

1 [23件] この丸藥, その儀, その前, その御, その術, だ, とやらかさない, と名, と土地, と極める, と訴, と龍, も想った, 可笑しいほど, 唯御, 当国, 御下屋敷, 御墨附, 御奉行様, 御察し, 御賢慮, 御願い申上げ, 持たせ奉指上候

▼ 恐れながら~ (19, 0.5%)

1 [19件] それを, だ, つとめて無, なおいつ, もう一つ, 今再び, 何気ない風, 例の, 便所で, 入って, 外で, 奉り存じ候, 子供を, 子供達の, 暮して, 然しじい, 白く垂れ下った, 眼を, 際どい隙

▼ 恐れながらも~ (19, 0.5%)

2 着物を, 私は

1 [15件] さすがに, それと, とうとう両国橋, どこまでも, なお英子, わたしは, 席に, 彼は, 思い切って, 楽しみに, 猶待ち望む, 自分の, 蠕動に, 黙って, 黙つて

▼ 恐れ多く~ (19, 0.5%)

2 も御

1 [17件] も, もお上一統, もこれ, もわが, も両, も中村東京市長, も今, も公方様, も六年後, も品川宿, も天下, も天皇, も女王, も寛成, も後白河法皇, も皇祖彦火火出, も近侍

▼ 恐れてか~ (16, 0.5%)

1 [16件] あるいはひそか, あるいは曲がりくねった, それを, どうか, べつに忍び, ワッと, 中国人ボーイは, 何れとも, 卑劣にも, 只の, 容易に, 断じて知らぬ, 日没と共に, 本多様は, 甚だ遠巻き, 頭を

▼ 恐れでも~ (14, 0.4%)

6 するよう 2 して, するかの 1 ありは, したの, するやう, 悲しみでも

▼ 恐れても~ (13, 0.4%)

1 [13件] いない, いない私, いなかった, いなかったが, いません, いませんが, いませんでした, いられまい, 其の甲斐, 居らぬ, 彼の, 恐れ足りない程, 恨んでも

▼ 恐れから~ (11, 0.3%)

1 [11件] あの善良, あるいは相互, かすかな, して, だれにも, つきこんだ話, どうしていい, 同じ運命, 津田は, 無理に, 結婚を

▼ 恐れ~ (11, 0.3%)

6 した 1 した古狸, する不可思議, する道, せらるる事, へなかつたら

▼ 恐れまた~ (9, 0.3%)

1 この高, これに, どんなに深く, 下宿屋の, 彼らの, 恐怖の, 火を, 現今多くの, 自分の

▼ 恐れある~ (8, 0.2%)

1 ことと, ことには, こと顕著なる, ところを, を憂えられ, を遺憾, 出版物は, 被疑者も

▼ 恐れつつ~ (8, 0.2%)

1 その反面, それでいてたえず, 伸子は, 大きくなっ, 幾たび此処をと, 行いおりし秘密, 進んで, 露天湯に

▼ 恐れ~ (8, 0.2%)

1 制せられて, 半分気が, 大急ぎで, 心が, 心を, 戦慄させる, 戰慄させる, 足が

▼ 恐れなし~ (8, 0.2%)

2 としない 1 と証言, にあなた, にはそれ, に委せ得る, に泣く, に自分

▼ 恐れあり~ (7, 0.2%)

1 いずれの, という, と見る, と認むる時, と長吉, 小生の, 自己所有家屋を

▼ 恐れあれ~ (7, 0.2%)

2 ばなり 1 どこれ, ばなるべく, ば今ここ, ば満身貴下, ば諸君

▼ 恐れとを~ (7, 0.2%)

2 感じた 1 もって, 取り去つて, 含んで, 感じないでは, 懐いて

▼ 恐れ~ (7, 0.2%)

1 おびえの, がって, 不安などの, 小さい恐れ, 暗さ, 策略が, 胸の

▼ 恐れおののい~ (6, 0.2%)

3 ている 1 て涙, て深くふかく, て物語る

▼ 恐れ~ (6, 0.2%)

1 しこみ弓箭, しこみ潜み隠れわなないて, しこむ他, しこむ態度, しこんで, 赤鬼の

▼ 恐れこれ~ (6, 0.2%)

1 には七機一反, をふせがん, を主人, を女裝, を立て, を羨み

▼ 恐れいります~ (5, 0.1%)

2 がその 1 が事, が大事, が若様

▼ 恐れそれ~ (5, 0.1%)

1 こそ極, に抵抗, は男, は相互作用, を待ちかまえ

▼ 恐れてでも~ (5, 0.1%)

2 いるよう 1 いるかの, いるらしかった, 若者の

▼ 恐れての~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことであった, ためでも, 事と, 戦慄か

▼ 恐れなき~ (5, 0.1%)

2 にあらず 1 あたわず, 富よ, 屈強の

▼ 恐れ謹しん~ (5, 0.1%)

5 で居る

▼ 恐れそして~ (4, 0.1%)

1 往々思い, 現実に, 白昼も, 直義との

▼ 恐れとが~ (4, 0.1%)

1 どんな事, まじって, 一時に, 戦って

▼ 恐れとに~ (4, 0.1%)

1 彼は, 押っ, 気を, 脅かされて

▼ 恐れとは~ (4, 0.1%)

1 ならないだろうが, 何時しか消え, 俗に, 医学における

▼ 恐れながらと~ (4, 0.1%)

1 とび込んで, 名乗って, 訴え出ると, 訴出る

▼ 恐れをさえ~ (4, 0.1%)

1 いだいたよう, 感じた, 感じて, 抱いて

▼ 恐れを以て~ (4, 0.1%)

1 ささやいた, 暫くは, 暫らく黙っ, 神の

▼ 恐れ且つ~ (4, 0.1%)

1 あわてて, 嫌つてゐた, 憎まぬ者, 良心の

▼ 恐れとも~ (3, 0.1%)

1 つかない衝動, つかぬ感情, なく陽子

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 慎めおお, 憂さよ, 神

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 あ, るる, るる天狗

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 に諛, の眼, は虎

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 をか憚らん, を憂えん, を憚ら

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 くの, くや, く状

▼ 恐れ我が~ (3, 0.1%)

3 横町組の

▼ 恐れ戦い~ (3, 0.1%)

2 ている 1 て飛びすさる

▼ 恐れ戦き~ (3, 0.1%)

1 そしてまた一方, つつ建て, 遅疑躊躇逡巡し

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

1 いて, のき葦, を

▼ 恐れ~ (3, 0.1%)

2 もなく 1 もなく長

▼ 恐れいっ~ (2, 0.1%)

1 たりする, てゐた

▼ 恐れいった~ (2, 0.1%)

1 か, よ謹聴

▼ 恐れいりました~ (2, 0.1%)

1 がとにかく, とだけ云う

▼ 恐れおの~ (2, 0.1%)

1 のかしてる, のかせる

▼ 恐れおびえ~ (2, 0.1%)

1 ている, てもいない

▼ 恐れきらっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 恐れこの~ (2, 0.1%)

2 快い幻想

▼ 恐れざら~ (2, 0.1%)

1 しむる, しめんため

▼ 恐れずし~ (2, 0.1%)

2 て全く

▼ 恐れその~ (2, 0.1%)

1 慘酷さに, 真実であり

▼ 恐れため~ (2, 0.1%)

1 にやむをえず, に物議

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 て, よう

▼ 恐れだけは~ (2, 0.1%)

1 なくな, 毎日の

▼ 恐れてなんか~ (2, 0.1%)

1 いないむしろ, いなかったし

▼ 恐れという~ (2, 0.1%)

2 ものを

▼ 恐れとか~ (2, 0.1%)

1 怒りとかいう, 驚きとか

▼ 恐れとして~ (2, 0.1%)

1 正しく恥ぢ, 誠に結構

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 ので, ば我

▼ 恐れなんと~ (2, 0.1%)

1 かして, 云いければ

▼ 恐れはばかり~ (2, 0.1%)

1 あるいは憎む, 日日に

▼ 恐れをの~ (2, 0.1%)

2 のく栗

▼ 恐れをも~ (2, 0.1%)

1 感ぜずには, 持たずに

▼ 恐れゲートル~ (2, 0.1%)

2 を両手

▼ 恐れ丁度~ (2, 0.1%)

2 珈琲の

▼ 恐れ入谷~ (2, 0.1%)

2 の鬼子母神

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 僕に, 尊敬した

▼ 恐れ大小~ (2, 0.1%)

1 の事総て侯, の事總

▼ 恐れ女房~ (2, 0.1%)

2 おみね

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 の利己心, を忌む

▼ 恐れ彼ら~ (2, 0.1%)

1 の気に入らん, の良心

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 いたくなやみ, の競

▼ 恐れ恐れ~ (2, 0.1%)

1 ている, 進んで

▼ 恐れ惑い~ (2, 0.1%)

1 なかには, ながら

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 った, る大

▼ 恐れ或は~ (2, 0.1%)

1 彼を, 板敷の

▼ 恐れ戦く~ (2, 0.1%)

1 が如き, ということ

▼ 恐れ枕もと~ (2, 0.1%)

2 に本

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 み浄蔵, んで

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 が筆まめ, は一人

▼ 恐れ秘密~ (2, 0.1%)

1 がもれ, を保つ

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 ひて, へば佻

▼ 恐れ縮ん~ (2, 0.1%)

1 でいる, ではならない

▼ 恐れ~ (2, 0.1%)

1 は死, は鳴かず

▼ 恐れ銀貨~ (2, 0.1%)

2 を一枚

▼ 恐れ驚ろ~ (2, 0.1%)

2 いた

▼1* [289件]

恐れあそばされたからであった, 恐れあらんその共に, 恐れありし昔, 恐れあるいは政府の, 恐れいかに愛して, 恐れいっちまうよ, 恐れいりまするこれには, 恐れうたがひ, 恐れうろたえた民心を, 恐れ部屋様も, 恐れおののいた人々は, 恐れおののく風に, 恐れおののけば藍光, 恐れおびえた様子で, 恐れお前たちの伸び, 恐れお盆を持っ, 恐れかくは注解的, 恐れかしこまつて, 恐れかつ防衛し, 恐れかつて捕えて, 恐れかなたに下, 恐れこそすれ私, 恐れさうにない大胆, 恐れさえ生じるの, 恐れさらめや, 恐れしも夜中の, 恐れすらある, 恐れと叫ぶ, 恐れそうして自分でも, 恐れそれで島子を, 恐れはやきお, 恐れたりなどした, 恐れだってなくは, 恐れだれにも告げずし, 恐れちぢんで逃げ出した, 恐れちゃいけないよ, 恐れちょる, 恐れついには之, 恐れつつも兵を, 恐れてからして, 恐れてさう呼んだ, 恐れてさえいる証拠, 恐れてにぐること奇妙なり, 恐れてのみ通しける, 恐れてはをりませんです, 恐れてばかり居つたこと, 恐れてばかりはおられないから, 恐れてをりませうとも, 恐れではありません, 恐れとかいう残酷の, 恐れとかいふ殘酷の, 恐れとから発せられたもの, 恐れとで始終心, 恐れとでも云える, 恐れとになつて彼女は, 恐れとの混じたもの, 恐れとをののき, 恐れなく安全に, 恐れなどであった, 恐れなどというものを, 恐れなどはない筈, 恐れなどを超越し, 恐れなんか通り越して, 恐れなんどあるべくも, 恐れにはまさらじ, 恐れにばかり追はれ, 恐れにもなって, 恐れはばかるところなく, 恐れ願わくは神速雄断, 恐ればかりが先に, 恐れほど惨痛, 恐れまさあのそら, 恐れまたは苦しめら, 恐れまどひて, 恐れまどいて怠らず, 恐れまどって居る, 恐れむ神靈の, 恐れもし敬いも, 恐れもしくは避ける論議, 恐れより解き放たんため, 恐れよりはおかしさ, 恐れわざともちろん軒燈も, 恐れわしを尊び, 恐れわななくのみ, 恐れわなないた宮司や, 恐れわれらがまた, 恐れクレタ人に命じ, 恐れモーターの音, 恐れ一日説くに, 恐れ七十二個の贋塚, 恐れ不安は自分, 恐れ恥ぢたり, 恐れ且怪みながら, 恐れを藏め, 恐れ乍ら人の去就, 恐れ乍ら和宮様御降嫁, 恐れ乍ら売弘めの, 恐れ乍ら書取を以て奉, 恐れ乍ら申上げます, 恐れが公, 恐れ事物をある, 恐れ二つのもの, 恐れ互に信ぜず何, 恐れの民, 恐れ侍りぬと語りぬ, 恐れ侮蔑するもの, 恐れか白痴, 恐れ俗吏根性から極力, 恐れ俗論を憚り, 恐れ信じられてきた, 恐れ健康の太陽, 恐れ先手を打っ, 恐れ兎害を止める, 恐れ共に働くその, 恐れれの, 恐れは輿論, 恐れ初めやがて鏡, 恐れ勝ちを忘れる, 恐れ北軍を敬遠, 恐れ医師が勧むるまましかるべき看護婦, 恐れ半ば期待して, 恐れ卑怯な詭計, 恐れふやう, 恐れ又は排撃する, 恐れ合つてゐるの, 恐れ同じ方面で, 恐れ吹雪を恐れ, 恐れはし, 恐れ咽喉の渇き, 恐れ囁く声を, 恐れ四方に逃げ散んず, 恐れ土鼠のよう, 恐れへ詫びる, 恐れ地震を恐れ, 恐れ堅く口を, 恐れを造り, 恐れ壮年の後, 恐れ変名をし, 恐れ夜回りをする, 恐れなるは, 恐れ大河に気, 恐れ天下の心, 恐れの昇進, 恐れふ可, 恐れ嫌っている, 恐れに諂い, 恐れ定評を嫌, 恐れの気配, 恐れ宮中に召し, 恐れ宮外の適当, 恐れの内, 恐れ尊めるよりの, 恐れ少しく和ぎぬこ, 恐れから時雨りよ, 恐れ崇めたのだ, 恐れ左盻右顧したる, 恐れ已むなく彼を殺す, 恐れ常に戦々兢々たる, 恐れ平門の卿相十人, 恐れ当座の小遣, 恐れ当時諸方の通信, 恐れ役人の前, 恐れ彼等の言い分, 恐れには女, 恐れ徐行して, 恐れ快楽の嗜好, 恐れれて, 恐れ思切って森, 恐れ怠慢はわれ, 恐れ怨みの餘, 恐れ恍惚を憎ん, 恐れ恐れ夜回りをする, 恐れ恐れ徐行して, 恐れ恐れ近づき来たる, 恐れ悲しみなどの激情, 恐れみてこそ, 恐れ感情の貞節さ, 恐れ愼しんで承り, 恐れ慎むの心もっぱら, 恐れ慎んで面, 恐れ憂い悲しんで, 恐れ憚つて隅の方, 恐れをすき見す, 恐れ戦争を恐るる, 恐れ戰場引き去るを, 恐れ抱くもの一人も, 恐れ捉まりはしない, 恐れ掏摸の心配, 恐れ排斥する餘, 恐れ敬われ尊ばれていた, 恐れ文治五年閏四月三十日不意に義経, 恐れは一通り, 恐れ日夜奔走して, 恐れ旨く拵え事を, 恐れ曲つた腕を擦り, 恐れ極端な党派心, 恐れを見る, 恐れ殊更図書室の, 恐れ毒虫を恐れ, 恐れ気づかわしいものの, 恐れ気味だった, 恐れ水災を恐れ, 恐れ水蛭の歯形, 恐れ水面を恐れ, 恐れを恐れ, 恐れを走らしめん, 恐れ深川の成田山, 恐れ清国保全の旨義, 恐れ清國保全の旨義, 恐れ無知なるが, 恐れりとも, 恐れ煙草を惡, 恐れ煩悶しようとしても, 恐れをあやめた, 恐れ爾後の行動, 恐れ牧者に近く身, 恐れひて, 恐れ狂つて当てども, 恐れ猛獣を恐れ, 恐れ甘え纏わる京子, 恐れ甚だしくしかも横隊戦術, 恐れ生活力の弱い, 恐れ畠山庄司重能をし, 恐れ疎遠して, 恐れ疲れを最も, 恐れ病患を恐れ, 恐れ病的な臆病, 恐れを恐れ, 恐れを恐るる, 恐れ白状して, 恐れ近寄る事, 恐れを塞ぎ, 恐れ顧みて, 恐れに唾, 恐れを, 恐れ神仏に祈請し, 恐れ神前に謙り, 恐れ窃かに介抱, 恐れかに介抱, 恐れ竦んでいる, 恐れよりはふ, 恐れ終身苦海に一生, 恐れ結合の結果, 恐れ給はずや, 恐れ絶えずびくびくとして, 恐れ絶えずびくびくとし, 恐れ絶望する, 恐れ維持力がなくなる, 恐れ縄尻を持つ, 恐れ美しさに, 恐れ老い去り衰え, 恐れ肱掛椅子にいつ, 恐れをわずらえ, 恐れ自ら悼み且つ, 恐れ自分の本能, 恐れ自分たちの悪, 恐れ自分一人になる, 恐れ自然に運動, 恐れを捨て躍っ, 恐れ華容に関羽, 恐れ落ちなん, 恐れ掻いて, 恐れ蜘蛛といふ名, 恐れ行掛けの駄賃, 恐れと袖口, 恐れを好ん, 恐れ謹しむ可し, 恐れ謹んで教授, 恐れ譯者はまた, 恐れ賞銭を顧みずし, 恐れ逃げた一点ばかりの, 恐れにて毒殺, 恐れ進んでいられる, 恐れ遠く来て, 恐れ遠慮したから, 恐れくるか, 恐れ避けたい気持を, 恐れの方, 恐れで雇われ, 恐れを恐れ, 恐れを恐れ, 恐れ電光を投じ, 恐れ静安を乱される, 恐れ韓信股くぐりさ, 恐れ頑迷な満足, 恐れ頻繁新進強度を殆, 恐れく振り, 恐れ飢渇を恐るる, 恐れをおさえる