青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戸外~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~ ~戸 戸~ ~戸口 戸口~
戸外~
戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~ ~所 所~ ~所以

「戸外~」 1874, 20ppm, 5689位

▼ 戸外~ (496, 26.5%)

94 出て 65 出た 29 出ると 14 出る 12 飛び出して 11 出たが 8 飛び出した 5 出たの, 出ようと, 遊びに 4 出た時 3 出るの, 向って, 走り出た, 飛びだした, 飛び出すと, 飛出した

2 [26件] でて, 出しては, 出た彼, 出ようとして, 出ること, 出る時, 出ろ, 吊り下された, 眼を, 着て, 突出し, 置き残して, 走り出て, 走り出でた, 走り出ようと, 逃げだした, 飛びだして, 飛び出した所, 飛び出そう, 飛んで, 飛出して, 飛出します, 駈け出した, 駈け出し珍, 駈け出る, 駈出して

1 [174件] おいでに, おびき出せッ, お出, かけ出したり, さして帰っ, つれ出す, でると, とびだした, とびだして, とびでた, とび出し, とび出した, とび出して, どどっと, どなられて, まろび出た, まわりお, むくと, もどりかけた, やること, ブラつき出たい, 一散に, 一歩も, 一歩出る, 一歩踏み出した, 不貞腐れて, 乾す, 人を, 人立ちは, 伸ばした初太郎, 何事でも, 出い, 出かけた, 出かけたまま, 出かけて, 出すこと, 出すもの, 出ず, 出たかの, 出たがって, 出たがらないので, 出たくて, 出たくない, 出たよう, 出たり, 出た訳, 出づればかの男, 出てから, 出ては, 出ても, 出で, 出でざる事, 出ない様, 出ました, 出ましたが, 出ましたところが, 出まして, 出ますと, 出ます支度, 出やしません, 出よう, 出ようとも, 出られたもの, 出られては, 出られなかったという, 出られぬかな, 出られるかな, 出られる肝心, 出られる道, 出るだろう右大将家, 出るな, 出るまでは, 出るもん, 出る途端, 出れば, 出ろっ, 出了おうと, 出掛けて, 出降りしきる雪, 去つて, 口を, 向いた戸口, 向った扉, 呶鳴った, 呼びだして, 寝るの, 引き出した, 引き出し抛り出した, 引出し鷲, 引摺り出す, 忍び出, 忍び出した, 投げとばされて, 抛げた, 抜けだして, 抜けだしてるん, 持って, 放して, 放り出した叔父, 来て, 歩きでた, 歩き出しながら, 歩べ, 注意を, 洩らすまいと, 洩れて, 消えて, 消える, 滑り出た, 漏れる, 火光が, 現われた, 突きだされたヒサ, 突き出された, 突き出しました, 突飛ばし四, 立ち去らうと, 立ち去る, 立出で, 耳を, 聞えるほど, 聞える容易, 脱け, 荷物を, 行かない, 衝と, 誰も, 走りでた, 走りでようとして, 走り出し度, 走り出ましたが, 躍りでた, 躍り出て, 転がり出, 転げ出た, 追い出したの, 追ひだす, 追ひ出した, 退けられた, 退却した, 送り出しました, 逃げようと, 逃げ出す事, 逃げ去り土居画伯, 逃げ去る, 逃げ去るなどとは, 逃げ去る土居先生, 逃出しました, 逃出します, 逃走する, 通ずる扉, 通り拔けさせる, 連れて, 連出して, 運び出される, 運び出しそれ, 運び出すもの, 避けしめる例, 飛びだし, 飛びだしてしまつたのぢや, 飛び出さうと, 飛び出さずに, 飛び出したもん, 飛び出し勝手口, 飛び出す, 飛び去つて行, 飛出したから, 飛出したり, 飛出せなどと, 馳け, 駈け出したが, 駈け出て, 駈出しました, 黒く突き出された

▼ 戸外~ (344, 18.4%)

30 出て 15 出た 8 出で 7 立って 6 出ると, 出れば 4 出る 3 叫ぶ声, 待って

2 [20件] ある, いる時, でて, 人の, 出たと, 出でて, 出ました, 出も, 向かって, 居るが, 於ける言動, 求める事, 洩れた, 眼を, 立つて, 荒るる, 虫の, 躍り出た, 近づいて, 飛び出した

1 [222件] あかす覺悟, あげまた, あっては, あるの, ある一種, あわただしいようす, あわただしい人, あわただしい跫音, いた, いたので, いた人, いた少年, いること, いるという, いるの, いる彼等, いる方, い続けて, おほ, がらがらと, きらめいて, ざわついて, して, しょんぼりした, すてたり, そっと金学甫, たかつて, たたえて, つきだしたため, つないで, つまみ出さうと, つるして, でた, とびだした, とびだしたさ, とびだした村民たち, とび出した, とび出し門, はおり, ひそんで, ひっこし大いに, ひと声, ほうり出されて, みちて, むかつて, やかましいサイレン, ようやく音, ゐるやう, カッと, チラチラし, ヒューと, ピーと, 一度この, 並べて, 並んで, 人々の, 伴ひ, 佇む敵, 佇立って, 何か, 何事を, 來りぬ, 兵士が, 凄じい騒ぎ, 出さないという, 出して, 出たかった, 出たかつた, 出たちょうど, 出たの, 出た父, 出た田部井氏, 出づべからず, 出づるや否, 出てから, 出でたり, 出ぬこと, 出ようと, 出られたもの, 出られないと, 出られないので, 出ること, 出るし, 出るとき, 出るの, 出る必要, 出る時, 出居るを, 出歩く奇風, 匿し, 叫ぶ雨風, 吉備宮の, 吊して, 吐いた, 向いて, 向けて, 向った六畳, 吹雪の, 在て, 在るを, 変な, 奔走する, 女大臣の, 子供幾人ある, 安置され, 宿り踵, 寢る, 幾分あたたかい, 床を, 当たって, 彼女が, 待たして, 待たせた儘, 悄然と, 憚る, 或いは立ち番, 手間が, 抓み出された, 投げ出した, 持ち出され忙しく, 持ち出でて, 持って, 放つならば, 放棄って, 放置し, 散歩に, 数台の, 整列し, 於る, 日が, 朝から, 棚引いて, 気を, 洩るるよう, 洩れる声, 漏るるに, 照つてゐる, 煮え切らない番頭, 生活し, 盛んに, 目を, 積み上げた石, 積んだまま, 突き出で, 突立っ, 立たしめ自分, 立たせて, 立ったの, 立ったま, 立つたとき, 立つ人, 紫の, 経営し, 置いた, 置きっ放し, 群れ出て, 耳を, 聞いた, 聞いて, 草刈鎌を, 荒れて, 蒼白い瓦斯, 見入った, 設けられた, 貼りつけて, 走って, 走り出されるまでの, 走り出したの, 走り出すので, 走り出ると, 走り出るなり, 足音が, 跳り, 踏み出すと, 踏み出すや, 躍り出で, 迎え街上, 近いて, 迷った身, 迷って, 迷ひ行き, 追出す, 送りいだしま, 逃げ出した, 逃げ出した寒, 逐出し, 這い出す, 通じる小さな, 連れだされた, 連れ出しすべるよう, 運動する, 適当な, 避難し得る, 開くドア, 降り頻る雨, 雨は, 雨音が, 雪でも, 面した壁, 面した縁側, 響いた, 顕微鏡写真装置の, 飛びだした, 飛びだしたの, 飛びだします, 飛び出したい程, 飛び出したこと, 飛び出した私, 飛び出して, 飛び出しては, 飛び出し君, 飛び出し家, 飛び出す, 飛出したが, 飛出したの, 飛出して, 馬の, 馴れた目, 駆けいでたり, 駆け出して, 駆け出る, 騒いでる不気味

▼ 戸外~ (343, 18.3%)

7 闇の 6 空気を 5 声は, 方を, 空気に, 闇に 4 夜の, 方へ, 明るさ, 景色を, 雨の 3 物音を, 雪を, 風に

2 [24件] 人は, 大気中に, 天気の, 娘は, 方から, 日の, 明るい時, 景色に, 暗闇に, 暗闇へ, 様子を, 模様は, 物音も, 空気が, 経営に, 者は, 足音に, 遊戯も, 闇へ, 闇を, 雪の, 雪は, 風の音, 風は

1 [233件] あかつきの, あらしは, あらしを, お藤, かすかな, かなり難れた, ぎらぎらした, ごみ捨てば, さうし, しめった空気, そうした物音, どよめきが, なんとない恐, ほうへ, みぞれ, やみに, ようすを, ように, スポーツにも, ベンチで, 一卓で, 一隅に, 世紀的に, 中庭に, 事と, 事に, 事件です, 二人は, 人々は, 人が, 人と, 人どおり, 人影が, 人影へ, 人通も, 人通りを, 仕事に, 仕事は, 体面を, 何処からか, 作事場な, 作業が, 働きに, 働きも, 光は, 光景であった, 光景を, 公務なる, 公務に, 公徳は, 公徳を, 公権をも, 其音は, 冷かな, 冷たい風, 冷っこい大気, 冷やかな, 処は, 労働に, 匂いを, 吹雪は, 吹雪も, 喧囂たる, 声が, 声に, 夏の, 夜を, 夜光が, 夜嵐が, 夜気を, 夜氣と共に, 夜色が, 夜風に, 大吹雪, 大気に, 大気を, 天気が, 天気も, 天水桶が, 寂しさ, 寂寞しい, 寒いやう, 寒さ, 寒暖計は, 小さい椽, 小鳥たちの, 山風は, 嵐に, 嵐は, 嵐へ, 巷に, 幣場の, 広前へ, 広場には, 広場の, 庭へ, 往来を, 後ろを, 徳は, 怒濤狂瀾, 態, 散歩に, 散歩は, 散歩へでも, 散歩を, 新鮮な, 方が, 方で, 方は, 方まで, 日光が, 日影を, 旦那方ッ, 明い日, 明りを, 明るい陽光, 春の, 景色などという, 暁け, 暑さ, 暗黒を, 暮色に, 暴風雨には, 暴風雨は, 月あかりに, 月の, 月夜を, 松の, 柔かい瑠璃色, 業務ある, 業務に, 業務は, 楽しみは, 様子が, 樹立が, 気候と, 気候の, 気勢を, 気配に, 気配を, 水が, 河鹿を, 泥濘へ, 漫歩生活ばかりを, 激しい風, 照り返しを, 熊檻の, 燕の, 物が, 物音は, 物音や, 猿ヶ馬場そっくり, 用も, 用事あり, 男に, 男の, 相手も, 石上に, 社会に, 祭と, 積雪の, 空を, 空中に, 空気の, 空気は, 竹藪に, 経営は, 縁側へ, 縁台から, 縁台からは, 美くし, 美しい日光, 美木も, 義士は, 老人の, 者とが, 聞えを, 肌寒が, 臨時に, 自動車へ, 芝の, 荒々しい自然, 葉末は, 薄す闇, 薄明り, 薄暗くなる, 藪かげで, 虫の, 街燈の, 街路で, 足音を, 跫音ばかり, 路地で, 軒と, 軒の, 遊び, 遊びから, 遊びを, 運動が, 道を, 道徳と, 鈴索を, 長蛇の, 闇から, 闇く, 闇で, 闇と, 闇には, 闇ばかり, 闇黒から, 闇黒を, 雑沓を, 雨は, 雨ばかり, 雨を, 雨風の, 霜で, 霧から, 霧が, 露地に, 音を, 風, 風が, 風の, 風の音と共に, 風景に, 風景の, 風景は, 風景を, 風物は, 風雨の, 騒ぎに, 騒ぎを

▼ 戸外~ (138, 7.4%)

3 真暗な 2 寒い, 春だ, 月の, 真黒で, 美しい夜, 霜が

1 [123件] あたかも真昼, あんなでございます, いいでしょう, いつしか雪, いるに, お寒う, かなり濃い, きれいな, さぞ寒かっ, ざわめいて, しんしんと, すぐ通り, すっかり真っ暗, ずいぶん寒う, そおッ, そよとの, それこそ, ちらほらと, とつぷり日が, なんといい, のどかな, ひやひやと, ほのかに, まことに賑やか, まだ墨汁, まだ散々, まだ明る, まだ明るく, まだ真暗, まるで戦争, まるで白晝, まる見え, もうまっ暗, もう夕暮近く, もう晴れ切つた, もう暗い, もう照りつけ, クッキリと, モウ人顏も, モウ人顔も, 仄, 先の, 全く明け放たれた, 全然戦争, 初夏の, 土地が, 地殻も, 夕陽の, 夜で, 大きな叫び声, 大変な, 大雪だった, 大雪だつた, 大雪に, 大雪よ, 存外寒い, 完全な, 寂しい秋, 寂然として, 寒いこと, 寒い風, 寒うての, 寒く真暗ら, 小雪だった, 少し傾いた, 嵐が, 怖ろ, 恰も真昼, 戦いの, 数万の, 日が, 日光が, 日当りに, 明るいと, 春景色に, 春破れ障子にも, 昼かも, 暑いだらう, 暑い今日, 暑かろう, 暗々たる, 暗いの, 暗いのに, 暮れて, 更らに, 月冴え, 朧の, 朧夜であった, 未だ中, 柔かな, 泥濘って, 泥濘つて居りませう, 海霧と, 物騒でございます, 盥の, 相かわらず, 相変らず, 真っ赤だった, 真昼の, 真白な, 矢張り戸外らしく, 秋日和で, 空気まで, 立迷う人, 至って寂しく, 荒れ狂うめざましい, 薄い霜, 薄ら寒い日和, 薄暗くて, 見えないまでに, 限も, 雨だ, 雪が, 霧が, 静に, 靜に, 音響に, 風が, 風で, 風と, 風雨である, 風雨の, 麗な

▼ 戸外~ (127, 6.8%)

7 覗いて 5 眺めて, 見た, 見て 4 すかして 3 ながめて, のぞいて 2 のぞいた, 指して, 歩く時, 眺めるが, 窺った, 見張って, 通る人, 通る納豆

1 [79件] あるいて, うかがうに, とび散って, どッ, ながめながら, のぞいた時, ふり返った, ほッつき, まわって, めざして, よくも見させず, わたる, ノソ, 二人で, 人が, 人の, 出歩いて, 向いた, 吹すさぶ風, 喚いて, 噛み狂, 山手の, 廻って, 往来う, 急いで, 指した, 掃除し, 春風が, 晩秋の, 暢気な, 更けた新内, 歩いた, 歩いて, 歩かなかった, 歩きまわると, 歩き大気, 歩き廻って, 歩くより, 歩く事, 歩行い, 求めた, 照らしました, 犬が, 白く走る, 眺めたり, 眺めなど, 眺める, 眺めると, 眺め或, 窺ふ, 笑い歩くマドリッド, 背に, 舞靜めた, 草鞋の, 行くしかも, 見あげて, 見しが, 見ると, 見るの, 見るよう, 見守って, 視め, 覗いた, 覗いたが, 覗きましたところ, 覗くに, 走る自動車, 逍遙する, 透かしたが, 透かすと, 透したが, 這いまわらなければ, 通ります, 通るに, 通る揉療治, 通る馬, 過ぐるもの, 金魚売が, 駈けて

▼ 戸外~ (86, 4.6%)

2 マグネシウムを, 待って, 犬の, 誰かが, 遊んで, 騒いで

1 [74件] お風呂, こういう声, すごす時間, する, するは, だだだだだン, なされたこと, なされたその, ひそかに, まだ暗い, やったん, やって, やる, やるわけ, ガス, ストーブを, ニャオと, ポチが, 中庭で, 事務長の, 何を, 半日でも, 友達と, 吠える犬, 吹く風の音, 呼びに, 問答を, 寝る方, 少しでも, 山を, 底冷えの, 彼等は, 待機する, 御案内, 感じた一番, 戸を, 手荒く用いる, 授ける方, 支那ソバ屋の, 数時間もの, 文次が, 暮した, 暮す男, 暮らしたあと, 書いて, 活溌に, 消魂, 涼を, 涼んで, 物音を, 狗の, 立小便を, 立聞く, 紙芝居を, 絞殺し, 絞殺した, 自分の, 荒れ狂う吹雪, 蒙古, 行なわれた, 行なわれたの, 見張って, 話し声が, 話を, 遊んだの, 過ごす時, 酒など, 雪が, 電車が, 食事する, 騒がしい声, 騷いでました, 鳴き出すと, 鵞鳥の

▼ 戸外には~ (67, 3.6%)

2 夜と共に, 嵐が, 車を, 風が, 風の

1 [57件] あたたかい日光, いつか風が, いつしか煙, いまの, ちかちかする, ときどき小さい, とても藪蚊, なか, なかなか雨, ぽくり, まだ, まだ斜, まだ涼, れいの, カリンの, サッと降っ, 下男の, 丑満の, 両女, 人の, 何も, 余程前, 光も, 出でずと, 出ないほど, 出られないが, 初夏の, 十五米ぐらいの, 吹雪の, 唯ひっそり閑, 夜の, 夜露に, 天気の, 天鵞絨の, 寒気と, 日光が, 明るくて, 春の, 昨夜の, 横顔を, 正月の, 深々と, 灰色の, 物の, 積もって, 空中に, 空也念仏の, 薄く霧, 谷間の, 足音も, 雨が, 霧の, 靄が, 青空が, 風の音さらさら, 風も, 風雨が

▼ 戸外から~ (60, 3.2%)

5 帰って 2 四人の, 声を, 来て, 覗いて

1 [47件] お入りなさった, かすかに, はいった形跡, はいって, みると, スルスルと, ピンカートンの, 一目に, 二人の, 入って, 入り込んだ形跡, 叩く者, 叫んで, 声高に, 大きく戸, 夫の, 射し込む陽光, 射たれて, 帰つて来る, 廻って, 忍び込んだに, 愛吉が, 我々を, 手に, 拝見いたしまし, 来た眼, 格子を, 歸つて來た, 締めること, 聞えて, 聞き覚えの, 聲高に, 舞いこんだ桜ふぶき, 見えない土間, 見た時, 見上げる栄三郎, 覗くやう, 誰か, 走りこんで, 這入って, 部屋の, 鋭く聞こえ, 閉めて, 開けられたかと, 開けられて, 隔ての, 雨戸を

▼ 戸外では~ (59, 3.1%)

3 霜の 2 いつか雨が, まぶしい程, 無心の, 雨の, 雪が

1 [46件] ここを, さらさらと, すべてが, それでも少し, ない, ないか, ひゅうひゅうと鞭, また東京, また返事, まだ三平が, オルガンは, 一層笑いだした, 依然として返事, 北海道の, 号外売り, 吹雪が, 呼吸を, 土を, 城太郎, 寒いからっ風, 小鳥たちが, 嵐の, 幼い声, 松の, 歩心一歩でも, 泰軒が, 猛犬稻妻が, 生活の, 発育し, 立てもの, 続けざまに, 罪ある, 若い馭者, 赤坊が, 起こって, 返事を, 酷寒が, 野良犬の, 降りつづいて, 陰鬱な, 雀が, 雨も, 雪片が, 零下三十六度を, 風が, 風の音が

▼ 戸外~ (25, 1.3%)

2 すっかり暗く, 寒くなく, 騒々しくなっ

1 [19件] あけば, いい, うす明るくな, けたたましくバタバタ, だんだんあかるく, にわかにそうぞうしく, 一種異様に, 凄かった, 厳寒で, 大分騒がしかっ, 宵の口だ, 急に, 暗くなる, 死の, 氣持よい, 見えるよう冬, 近いから, 門外牀頭が, 静かな

▼ 戸外運動~ (10, 0.5%)

1 が不足, だけにする, といふもの, と実務, と恋愛, にふけっ, に耽る, のこと, のため, をしない

▼ 戸外へと~ (7, 0.4%)

2 出て 1 伴れ出した, 彷徨い出たもの, 押し出された, 踵を, 駆け出して

▼ 戸外へは~ (7, 0.4%)

2 近うござん 1 伝えた, 出さないらしいので, 出なかった, 出ぬけれど, 水を

▼ 戸外まで~ (6, 0.3%)

1 ぷんぷんする, 洩れ輝いたという, 迎えに, 送って, 送り出して, 顔を

▼ 戸外~ (4, 0.2%)

1 云つても, 同じ冷めた, 変りなく, 言っても

▼ 戸外にも~ (4, 0.2%)

1 いなかった, 人が, 出るもの, 騒音は

▼ 戸外~ (4, 0.2%)

1 依然として静か, 内外も, 歩けませんね, 真暗で

▼ 戸外生活~ (4, 0.2%)

2 に就 1 では神経, をする

▼ 戸外からも~ (3, 0.2%)

2 扉を 1 見える

▼ 戸外でも~ (3, 0.2%)

1 この女, 歩いたらまた, 歩いて

▼ 戸外にて~ (3, 0.2%)

1 戸を, 機関銃爆発, 言ふ如くなれ

▼ 戸外にては~ (3, 0.2%)

1 四十度くらいに, 申しあげかねます, 言途絶え

▼ 戸外へも~ (3, 0.2%)

1 出ずに, 出たのにと, 出なさらない何

▼ 戸外散歩~ (3, 0.2%)

1 して, をよく, を許された

▼ 戸外からは~ (2, 0.1%)

1 まだ暖, 容易ならぬ

▼ 戸外にでも~ (2, 0.1%)

1 出て, 海上にでも

▼ 戸外ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく壁, 探すが

▼ 戸外へばかり~ (2, 0.1%)

1 出たがった, 出たがるので

▼ 戸外より~ (2, 0.1%)

1 のぞきしのみ, 下婢の

▼ 戸外をも~ (2, 0.1%)

1 かけ廻る野性的, 歩いた

▼ 戸外公共~ (2, 0.1%)

1 の事, の事務

▼ 戸外同様~ (2, 0.1%)

2 に風雨

▼ 戸外百般~ (2, 0.1%)

1 の営業, の経営

▼ 戸外遊戯~ (2, 0.1%)

1 はま, をさせる

▼1* [45件]

戸外からか若しくは自分, 戸外からの微かな, 戸外ちょっとした横町の, 戸外やな, 戸外でしか吹かさなかつた, 戸外でないと寒, 戸外での乱暴な, 戸外とがまるで違った, 戸外なお薄暮の, 戸外なる町が, 戸外なればひそか, 戸外にあたり閧を, 戸外において最も大切, 戸外においては生命に, 戸外にぞ火は, 戸外につれ出されて, 戸外にまで流れて, 戸外へなんか出た事, 戸外へなんぞ出られやしないわ, 戸外への輻射との, 戸外へまでも響いて, 戸外めがけて飛びだし, 戸外らしく私は, 戸外をとほる牝牛, 戸外ゲームたとえば射的, 戸外スポオツにし, 戸外パン焼場の概念, 戸外二階の突外れ, 戸外五十メートルのところ, 戸外交際の事, 戸外公徳の本源, 戸外兵馬の事, 戸外労作の少いシベリア, 戸外労働から室内給仕, 戸外屋上窓辺などにいた, 戸外歩心両道を合せ, 戸外演説があつ, 戸外の一人, 戸外緑楊春繋馬牀頭紅燭夜呼盧相逢還解有情, 戸外舞踏会が催され, 戸外舞踏會が催され, 戸外遊歩や日向, 戸外運動場には桜, 戸外運動家だった, 戸外遠く監視員の