青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~ ~戸
戸~
~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~

「戸~」 11547, 125ppm, 844位

▼ 戸~ (4678, 40.5%)

323 開けて 284 あけて 129 閉めて 66 あけると 64 叩いて 63 開いて 62 開けると 59 しめて 54 叩く音 50 開けた 46 あけた 45 たたいて 41 締めて 34 叩いた 33 明けて 29 たたいた, 閉めた 28 押して 23 ひらいて 19 細目に 18 叩くと, 開けようと 17 明けると, 開いた 16 たたきました 15 閉じて 14 内から, 構えて, 透して, 開けに, 開けば 13 おろして, たたく音, 締めた, 閉ぢて 12 がらりと, しめた, 開くと 11 あけました, た, 締め切って, 鎖して 10 あけようと, あける音, しめると, トントンと, 叩きました, 叩くもの, 排して, 敲いて, 開きて 9 あけては, こじあけて, 叩いても, 叩く者, 外から, 閉して, 開ける音 8 ガラリと, 押しあけて, 閉ざして, 閉てて, 開けました, 開けるの 7 たたくと, たてて, 叩くの, 開けては, 開ける

6 [23件] あけたの, あけに, おあけ, ほと, 叩いたが, 叩く, 引いて, 引きあけて, 敲く, 敲く音, 明け, 明けた, 構へ, 破って, 蹴倒して, 閉て, 閉めに, 閉めると, 開けさせて, 開けたの, 開けた時, 開けながら, 開け放して

5 [17件] あけたり, あけた時, あける, しずかに, たたく, つきあげたの, ホトホトと, 推して, 構えた, 立てた, 細めに, 締めようと, 閉めたり, 閉める音, 閉め切って, 開く, 開けたり

4 [42件] あけますと, あけること, あける時, あけろ, おとなふ, くぐった, しめようと, そつと, たたいたり, たたくの, たたくもの, たたく者, ぴしゃりと, ガラガラと, コツコツと, トン, ノックした, 下ろして, 力まかせに, 叩いたり, 叩きて, 叩きながら, 引開け, 打った, 打つ音, 押し開けて, 押すと, 構へて, 立てて, 締めると, 締める音, 蹴破って, 軽く叩く, 閉ぢた, 閉てた, 閉めたが, 閉めようと, 閉める, 開けてから, 開けても, 開け放って, 隔てて

3 [64件] あけたが, あけたて, あけるの, おして, お開け, こじ開けて, こつこつ叩く, さして, しめさせたのに, しめさせて, しめて寝, しめる, たたいたの, とざして, とんとんたたく, とんとんと, はいって, ひきあけて, ゆする音, われるよう, ギーと, ドンドンと, ドンドン叩く, ノックし, 上に, 倒して, 出で, 割れるよう, 半分ほど, 卸して, 叩けば, 少し開け, 左右に, 引きあけると, 打叩き, 押しあけ, 押し開いて, 押開い, 擡げようとして, 敲くもの, 明けようと, 立てる, 締切って, 繰ると, 見つめて, 見詰めて, 解放し, 蹴飛ばして, 軽くたたく, 閉ざした, 閉じた, 閉めきって, 閉めながら, 閉めるの, 閉める前, 開きました, 開くに, 開けたとき, 開けたところ, 開けたので, 開けたばかりの, 開けなければ, 開けろと, 静に

2 [215件] あけ, あけかけて, あけたかと, あけたので, あけたま, あけたらしい, あけた男, あけた瞬間, あけた結果, あけてから, あけないの, あけながら, あけはなしたまま, あけるや, あければ, あら, いくら叩い, いっぱいに, お叩き, お締め, かすめて, がたりと, がらがらと, がらつと, がりり, くぐつて, こじ開けると, こつ, こつこつと, こわして, しっかりと, しめてから, しめて出, しめながら, しめに, しめましたが, しめるの, しめるん, しめる時, しめ鍵, すかして, すこし明け, そっと叩く, たたいた時, たたいてるよ, たたくよう, たたく気, たて, たてた, つき動かすの, とおして, とざすの, はたと閉づれば, ぱたり, ひらいた, ひらいたん, ひらきました, ひらき三人, ひらくの, ほとほとと, よこせ, ガタッと, ガタピシと, ガラガラ締め, コジ開け, コトコトたたく, コトコトと, ノックする, ハタハタと, バタンと, パッと, ピッタリと, 一二枚宛開けない, 一枚, 一枚あける, 一番先に, 丁寧に, 上げさせて, 下さうと, 中から, 今度は, 倒しいつも, 倒し台所, 入りました, 入ると, 入れて, 内より, 出でて, 出入りし, 前に, 劇しくた, 力一ぱい叩き出しました, 勢よく, 厳重に, 叩いたの, 叩きましたが, 叩くやう, 叩く事, 叩く狸, 啓ける, 固め壁建, 壓し, 外したり, 外すこと, 守って, 少し開い, 引いた, 引き寄せて, 引き退くれば, 引き開けた, 引き開けて, 引くと, 引く間, 引寄せそして, 打破す, 押した, 押しては, 押しました, 押し開いた, 押し開きました, 押ぶる, 押破って, 押開き, 拭いて, 持って, 持つと, 搖つた物音が, 支えて, 敲いた, 敲いたが, 敲くと, 明けないので, 明けながら, 明けに, 明けるので, 構え自分, 欲しがる, 洩れて, 濃霧し, 無理に, 無理無体に, 爪で, 睨んで, 破りて, 破れ, 破れる程, 立てた本堂, 立てた縁側, 立て切って, 立て切つた中, 続けて, 締めきって, 締めたま, 締めたり, 締めに, 締めました, 締めます, 締める, 締める興行師, 締め切つて, 締め切りながら, 見れば, 調べて, 貫いて, 越して, 距てて, 蹴って, 軽く叩い, 通って, 釘づけ, 鍵で, 鎖ざし, 鎖し夜なか洋燈, 鎖し鍵, 閉しながら, 閉じる音, 閉ぢる, 閉ぢ地下室の, 閉づ, 閉てながら, 閉めさせた, 閉めたこと, 閉めた家, 閉めてから, 閉めませうかと, 閉められて, 閉めカナキン, 閉め切つて, 開いたが, 開いたの, 開いたまま, 開いたるペン, 開き, 開きつ, 開きますと, 開き余, 開き鐘, 開くこと, 開く者, 開けさして, 開けたばかり, 開けたん, 開けないで, 開けない方, 開けません, 開けようとして, 開けようとしても, 開けられて, 開けるなり, 開けるや, 開けるより, 開ける時, 降ろして, 静かに, 音の

1 [1645件 抜粋] あくれ, あけかけると, あけしめするす, あけたいそれ, あけたそこ, あけたひとり, あけたら朝日, あけたわけ, あけた途端, あけつづいて, あけてんかいな, あけなかった, あけねえでくだせえ, あけはなした広い, あけよう, あけられて, あけるからね, あけるとともに, あけるやりかた, あける前, あける途端, あけろよ, あけ佃, あけ土間, あけ放した, あけ放した西洋雑貨商, あけ更, あけ船頭, あけ閉, あげて, あらく叩いた, いでて, うけたと, うまく通り, おしあけて, おしひらくやいなや, おどろかすもの, おろしたまま, おろした町家, お安さん, お開き成さい, かじる, かたく外, かまえ母娘三人, がたがた云わせ, がたがた鳴らし, がたひし, がち, がらがらあけたら, きしきしその, くぐると, くり掃除を, くる京, ぐっと睨みつけ, こえて, こじ明けて, こじ開ける外, ことりことり叩く, こわしました, さし固, さやに, しっかりしめ, しめかぎ, しめきった十畳, しめきつた暗い, しめしかも, しめたに, しめたまま, しめた時, しめてい, しめてゐた, しめて休みます, しめて家, しめて嵐, しめて胸, しめとってを, しめました, しめるぞ, しめるのよ, しめる音, しめ下手, しめ切った, しめ女生徒達, しめ窓, しめ郵便箱, すかしただけ, すっかりあけ, すっかり明け放った, すつかり開け放しに, するほど, そっとたたい, そっと閉め, その部屋, たたいたが, たたいたら見覚え, たたかず入って, たたきながら, たたきましたとたん, たたきますので, たたき起こしければ, たたくかも, たたくは, たたく患者, たたけよ, たてると, たて自分, とおし部屋, とざし虫, とじて, とんと叩いた, どんどんたたく, どんどん叩き, なかば開かない, ならして, にくんで, ぬけて, はげしく引っかく, はたいて, はねとばして, ばったり締めた, ひいて, ひき立てて, ひくよう, ひどく締め, ひらいたところが, ひらかなくするほどの, ひらきふたり, ひらき外, ひらき屋内, ひらき現われた一人, ひらく, ひらくと, ひらこうなどとは, ぴたんとしめました, ぴったりしめこん, ぴつたりと閉めき, ぶっ壊せ, まえへ, まともに, みつけました, もち上ぐるや, もれしし, やぶって, やぶる力, ゆるがして, わざわざ開けさせ, ガタと, ガタガタやっ, ガタコリゴトリと, ガタピシ開け, ガチャンと, ガラガラあけお勝手で, ガンガンと, グッと, コジあけさせ, コヂ開け, コツコツ叩き, コトコトいわせ, サッと左右, スーと, トントントントンと, ドンドンたたく, ドンドン叩きはじめる, バタバタと, ピシリと, ピッシャリと, ピーンと, メチヤメチヤに, 一つ開く, 一分又, 一方へ, 一枚あけた, 一枚ひく, 一枚一枚繰っ, 一枚閉め, 丁度腕, 上げた, 下すと, 下らずと, 下ろす黄, 並べて, 二つづつ三つ二つづつ三つ叩くんださうです, 二三枚蹴破った, 二枚とも, 他から, 何か, 借りて, 備へ, 免ぜられて, 入って, 入れた店, 全部閉めさせ, 具へ, 出ずる処, 出たらば, 出て, 出でぬ鶯, 出ると, 切る, 剥して, 割れるばかりに, 動かしたもの, 動した, 半分おろし, 半分明ける, 単位と, 卸した後, 卸すこと, 去りあへず泣き, 叩いたけれど, 叩いたと, 叩いたよう, 叩いた時, 叩いた途端, 叩いてすら, 叩いとる, 叩き, 叩きつつ, 叩きましたけれど, 叩きませんでしたか, 叩き初める, 叩き振り向く夫, 叩き破ったの, 叩き私, 叩くぢ, 叩くにも, 叩くハイ, 叩く勇気, 叩く声色, 叩く格好, 叩けど, 叩こうと, 右に, 吹き破られるかと, 呼び戻して, 啓けに, 固く釘付け, 埋めた, 堅く閉め, 壞し, 外して, 外廻りの, 大切そうに, 守る役, 寄せ掛けた明巣, 尋ねて, 少し明け, 少し開けた, 巧みに, 度す, 建て需め, 引いた時, 引きあげて, 引きめぐらしたいいかげん, 引き引き, 引き開ける様, 引っ掻く様, 引明け, 強くゆする, 彼方此方と, 復た開け, 急が, 悉くあけ払い, 成した, 打ちこ, 打ち破ったり, 打ち破り樹木, 打ち開いて, 打つこと劇, 打つ者, 打砕, 抑えた, 抜け唐碓, 押えようと, 押さえた, 押しあけた仲人, 押しあげ, 押してずッ, 押し上げた, 押し倒すよう, 押し破って, 押し開いたが, 押し開けました, 押す物音, 押ひらき, 押明け, 押開け, 拵え置きそれ, 持ち畳, 指さした, 指先で, 捲き上げた, 排き, 排せば, 推し開きつ, 推ッつけてる, 掴んで, 揺すぶる, 揺って, 搖つて寒い, 撥ね返したもの, 放して, 敲いたので, 敲き人員, 敲くの, 敲こうと, 明くれば, 明けさせ白翁堂, 明けたのに, 明けても, 明けは, 明けますと, 明けようとも, 明けるなと, 明ければ, 明け放した女髪結, 明け氷峰等, 明て, 曳開くれ, 桟を, 検めた末, 構えた代, 構えると, 構え独立, 江戸に, 洩る空気, 海峡を, 渡す時, 漏れる燈, 激しく打ち叩く, 烈しく揺すぶった, 焼きしのみ, 照らし, 片手で, 犇か, 発したの, 皆しめ, 真夜中に, 砕いて, 破ったの, 破りだした, 破り我ら, 破る時窓, 破れるほどに, 破壊した, 移住させ, 突き破った硯, 突っ切って, 立てきった, 立てたうす暗い, 立てた中, 立てた部屋, 立てるため, 立てる程, 立て店臺, 笹尾が, 築き最も, 細う開き, 細っそり, 紹介し, 締む県令張竭忠これを, 締めきりました, 締めさせ心配, 締めたこと, 締めたの, 締めた津田, 締めて了, 締めて學校, 締めて置く, 締めないで, 締めましたそれでも, 締めるだらう, 締める途端, 締め切ろうと, 締め更に, 繰りあけて, 繰り忘れたもの, 繰る音, 肩で, 背負つて三度部屋の, 自分で, 與へ, 荒あらしく開け, 衝くもの, 表は, 見せました, 見ました, 見るのみ, 覗いて, 覗くと, 觸るる, 超して, 踏みやぶって, 踏み破ろうと, 蹴とばして, 蹴りあげて, 蹴ると, 蹴破らなくったって, 蹴返して, 軍隊手袋を, 軽く打ち, 這入つて, 造り雨, 遠慮なく叩いた, 邪魔に, 銃床尾で, 鎖したが, 鎖した寂しい, 鎖し眠り, 鑿で, 閉ざしてる緑, 閉ざし市民, 閉ざす音, 閉したる商店, 閉し泥, 閉じず思い思い, 閉じた室, 閉じなさい, 閉じられて, 閉じ壁, 閉じ幽か, 閉じ独り, 閉た, 閉ぢ人の, 閉ぢ窓を, 閉づる事を, 閉めお茶, 閉めきった一軒, 閉めきった室内, 閉めきっても, 閉めこんど, 閉めそれ, 閉めたとき, 閉めたよう, 閉めた商店, 閉めてる, 閉めない氷店, 閉めましたが, 閉めやう, 閉められると, 閉めるまで, 閉める家, 閉める暇, 閉め人通り, 閉め切った有, 閉め宵, 閉め忘れるなどといふ, 閉め鍵, 開いたま, 開いた隆夫, 開かせて, 開かんと, 開きしは, 開きたる土間, 開きぬ, 開き中, 開き庭, 開き貴方, 開くより, 開く途端, 開け, 開けさせたが, 開けさせるの, 開けしに, 開けただけ, 開けたまえ, 開けたら手前, 開けた公園, 開けた御方, 開けた率八, 開けた隙, 開けつ放しに, 開けねば, 開けますか, 開けやう, 開けられる者, 開けること, 開けるって, 開けるに, 開ける一拍子, 開ける店, 開ける窓, 開ける鍵, 開ければ, 開け兼ねて, 開け展げた, 開け手, 開け放したまま, 開け放しに, 開け放ちたるまま, 開け放った, 開け着物, 開け離座敷, 開て, 闔し, 隙見し, 難なくあけ, 靜かに, 頻りに叩く, 馬を

▼ 戸~ (2006, 17.4%)

83 外に 65 隙間から 46 前に 34 外で, 外へ 25 すきま, 方へ 24 外の, 記に, 開く音 23 中に, 外から 21 間から 20 外を 19 外には 18 隙から 17 中へ 13 外は 12 すき間から, そとに, 内に 11 ところへ, 中 10 中から, 方を 9 内側に 8 前で, 外まで, 節穴から, 蔭に, 鍵を 7 そばに, ところに, ような, 上に, 中で, 向うに, 神, 隙間に 6 あく音が, ように, 入口から, 皇子さまの

5 [20件] あいだから, あいて, 下に, 中には, 中の, 中は, 人家が, 側に, 傍に, 前には, 前の, 向うへ, 所へ, 方に, 旧字, 町の, 透間から, 開くの, 陰に, 隙に

4 [19件] あげて, うちで, すき間より, そとの, ところまで, 上の, 下の, 入口に, 内へ, 前へ, 前まで, 向うの, 所に, 握りを, 村を, 軋る音, 鍵穴から, 開いて, 間に

3 [33件] あくの, ある家, かぎ穴から, かげに, しまって, すきから, すぐ外, そばへ, ところで, なかに, ガラスを, 下へ, 側へ, 入口が, 内が, 内側を, 口へ, 向うから, 向側に, 声が, 家が, 引き手を, 引手に, 徒も, 皇子さまは, 透から, 部落が, 錠を, 鍵が, 隙間の, 音が, 音に, 音にばかり

2 [118件] あいだに, あいてる時, あく音は, あるの, うしろに, うちに, うちを, かげから, かわりに, がたがたと, ことを, しまる音, すきより, そと, そとから, そとへ, そばで, そばまで, とのもの小米花, へだて, ほうへ, ほうを, ままである, むこうの, やうに, ハンドルを, 一つを, 一枚だけが, 上部の, 下は, 下まで, 両側に, 中が, 中では, 中より, 主人と, 傍へ, 内から, 内で, 内は, 内を, 内側で, 内側の, 内部から, 冬の, 向うで, 向こうへ, 向こう側で, 向ふ, 外にも, 外にもの, 外までは, 外も, 外れるの, 奥に, 家の, 建築中の, 引手を, 彼方に, 後から, 徒として, 徒は, 御主人, 懸金, 所まで, 掛金を, 数を, 敷居の, 方は, 明く音, 本箱が, 村で, 板越しに, 框に, 桟に, 桟へ, 桟を, 棧に, 横に, 玉突屋日本橋クラブの, 町で, 皇子さまに, 皇子さまも, 穴を, 端が, 節穴に, 芽刈り, 蔭から, 表に, 裏に, 裏には, 裏側には, 裡から, 豐聰耳の, 辷る音, 近くに, 近くまで, 透き間から, 透間より, 鉤を, 鉤穴より, 鋲の, 錠前に, 閉った, 開いた間, 隙からも, 隙ま, 隙より, 隙を, 隙間からでも, 隙間からは, 隙間を, 隙間風さるにても, 音, 音と, 音は, 類であった, 風と

1 [750件 抜粋] あいたところ, あいた所, あいた音, あくとも, あくまも, あく物音走り廻る, あく音を, あけたて, あけたてなどに, あけ方, あたりから, あたりを, あらわな, ある四方見通し, ある柱, ある窓, あわいから, いうこと, いとなみを, うちから, うちとそとと, うち昨年中に, うち現在復興した, おくの, おこしは, お札をさえ, かけが, かげには, かげへ, がた, きしむ音, ぎいぎい言う, くぐりが, ぐるりの, こちらで, こっち側に, さるが, さんにも, しまったその, しまった種々, しまった車庫, しまる響き, しみじみと, しめられる音, しめ切った町, しろがねを, しんばり棒を, すきに, すきまから出られる, すき間に, すき間へ, すぐ前, すぐ向う側, すみから, そとで, その一戸, その蜘蛛, ために, ついた入口, ついた支那料理屋, ついた鍛冶屋, ところだけが, ところにく, とってを, とっ手, ないこと, ない時代, ない階段口, ない障子, なかでは, なかへ, はずれて, はまった明い, はまった長い, はまった風通し, はり紙を, ひまか, ほうにつき, ほかは, まえへ, まへで, ままに, むかうから, むこうから, むこうが, むこうに, むこうへ, やり方という, わきには, われ目に, アチラ側です, カンヌキは, カンヌキも, ガラスの, ガラスまで, ノッブを, ハンドルや, ベルの, 一つが, 一つであるべく思われる, 一つと, 一つ一つに, 一方に, 一枚の, 一枚は, 一種でありまし, 一部落を, 七百九十余人, 三つに, 三寸ばかり, 三百九十九人そして, 上あたりに, 上から, 上には, 上また, 上高き, 下から, 下で, 下りて, 並んだまえ, 中にばかり, 中までは, 中も, 中其三分の二を, 中央で, 中門が, 主だ, 主とは, 九十六人が, 二三寸の, 二度開かれし, 五〇パーセントが, 五つだけ, 亜流と, 亭主においてすら, 人員を, 人家と, 仕事も, 代理を, 住居存在せしか如き, 体も, 倒れた瞬間, 側には, 傍から, 傍まで, 先に, 入った薬品棚, 入口からは, 入口の, 入江の, 六〇パーセントが, 内, 内さんも, 内と, 内なる泣く, 内までも, 内より, 内側へ, 内部に, 冬を, 冷たき皺, 処に, 凸点を, 前なる, 前へは, 割れ目を, 動くと, 半分が, 卍字格子を, 友近藤ブラック, 口から, 口の, 口を, 古い納屋, 右が, 合せ目から, 合わせめ, 合間に, 名称を, 向うの電燈の, 向こうから, 向こうで, 向こうに, 吹き仆, 吹雪は, 命令は, 商店が, 土人の, 圧え, 垣根口に, 城に, 塀が, 壊れて, 声に, 夕間ぐれ, 外からは, 外ただ, 外でした, 外では, 外にけ, 外にて, 外にまで, 外へは, 外をも, 外一面に, 外真透せ, 外面から, 大神とも, 天牛書店で, 奥が, 奥は, 奴は, 奴周章てくさっ, 如く鍛冶屋, 姿さえ, 婆の, 子, 実行組合が, 実費医院へ, 室には, 宮, 家から, 家だ, 家敷が, 富家豪商一度, 寒亭が, 封, 封は, 封を, 小屋が, 小屋の, 小村である, 小窓, 屋根が, 山の, 山村みな素朴な, 山樵や, 山腹の, 嵌った二階, 工合を, 左右に, 左手の, 市場の, 市街地を, 幾つも, 店の, 店を, 庶民は, 建て付け, 引いて, 弟だ, 影から, 彼の, 後では, 後と, 後ろに, 後鎖する, 或る, 戸口あり, 戸棚と, 戸袋という, 扉を, 手前で, 把手がが, 指すもの, 掖に, 掛け金に, 摧け, 撮みに, 方で, 方と, 日ざし, 旦那と, 旧家らしい, 明いた水口, 明けたてから, 春の, 曇りて, 木肌は, 末路も, 本棚に, 材料としては, 村から, 村民これを, 板に, 枠から, 枠と, 枢が, 枢に, 染板数百枚を, 格子とに, 桝屋に, 桟との, 梁に, 棟割長屋では, 棧を, 極めて小さな, 様な, 横について, 歌では, 此方には, 段に, 毛も, 民で, 民と, 水を, 注進で, 流しで, 浜, 海, 消ゆる, 源太郎中新田の, 溝に, 漁村なり, 潜りの, 烟り戸, 無いより, 無花果の, 燈台の, 片蔭, 物語にも, 甚八独りで, 産, 産室に, 産所が, 田地に対して, 田租を, 癩者の, 白い手, 百貨店が, 皇子さまなどは, 皇子さままたは, 直ぐ外から, 真剣な, 真鍮板と, 知行を, 破け穴, 破れから, 破れた所, 破れるすさまじい, 破れる程, 破れ屋根の, 破れ目から, 硝子を, 碎けよとばかり, 神の, 神は, 神大, 神格, 移住者が, 税窓の, 窟の, 立った店, 竹植木屋に, 箱へ, 節穴が, 節穴や, 節間から, 篏って, 粕谷が, 粕谷でも, 継ぎ目を, 緊張した, 締った, 締って, 締まりに関して, 締りだけ, 縁に, 繁栄し, 羽目が, 者ども, 背後を, 脇に, 腕を, 腰に, 腰板に, 臥龍梅は, 色と, 芽刈りは, 華族, 落伍者の, 蔭で, 蔭へ, 藁屋が, 藤見に, 虫を, 蝶番が, 表には, 表側を, 裏を, 裏側に, 裏桟に, 見える高い, 話に, 説を, 象形で, 豪快な, 賑わいに, 賤職を, 起原を, 路で, 路傍に, 軋りの, 軋るよう, 輪金を, 農家が, 農民が, 辺りに, 近くしばらく, 返り閉づる, 透きから, 透より, 透間からでも, 透間が, 透間も, 遺跡也すべて川辺の, 邊に, 邑を, 那裏で, 部落であり, 部落である, 部落らしかった, 部落を, 里だ, 里より, 金網とかに, 鉄車を, 鋲に関して, 鋲へ, 錠前の, 錠前は, 錠口へ, 鍵は, 鍵穴に, 鍵穴を, 鑰には, 長い尾根, 長尾を, 長方形の, 閉じる音, 閉って, 閉つてゐる, 閉まつて, 閉めて, 閉めてない隣りの, 閉らなく, 閉らなくなった, 開いたすき間, 開いたらしい音, 開いた便所, 開いた前, 開いた音, 開いてるの, 開きありたる, 開きグアイが, 開くや, 開く昔, 開く時刻, 開けたて, 開け方, 開け閉てに, 開閉が, 開閉だに, 開閉の, 開間から, 間へ, 間を, 関所が, 防備が, 陰には, 陶器の, 隙からは, 隙き, 隙の, 隙よりは, 隙間が, 隙間などから, 隙間も, 隙間や, 隙間三寸, 隙間洩り, 際に, 障子に, 障子を, 露地に, 面へ, 音にのみ, 音の, 音ひびき, 音らしかった, 音夜の, 顔を, 顔色は, 類は, 風に, 食封に, 騒擾事件から, 高座に, 鳴った風呂小屋, 鳴る音

▼ 戸~ (1162, 10.1%)

97 開いて 72 あいて 34 開いた 22 閉まって 18 あいた 13 がらりと, しまって, 閉って 12 あって, ついて 11 開くと 10 あくと, 締まって 9 ある, 外から 8 ガラリと, 内から, 締って, 開く 7 あった, 開く音, 音も 6 開きました 5 あつて, 一枚開い, 細目に, 開いたの, 開かれて

4 [11件] あいたので, おろされて, ひらいて, 内側から, 半分開い, 少し開い, 明いて, 立てて, 閉めて, 開いたので, 静かに

3 [16件] あいたと, あく, あるに, あるの, あるん, がたがたと, しまつて, たって, スルスルと, 内側へ, 外れて, 少しあい, 幽かに, 閉った, 閉る, 音を

2 [66件] あかないので, あきました, あきません, あけられて, ありました, あるが, あると, あるので, おりて, かたりと, ぎいと, しまると, しめられた, しめられて, そろそろと, ないから, なかから, はまって, ばた, ひとりでにスーッと, ガタ, ガタガタと, ガタリと, ガラ, スウッと, スーッと, 一枚邪魔を, 三枚も, 中から, 倒れ唐紙, 六枚其内側に, 切って, 叩かれた, 吹き倒れ突風, 堅く閉され, 壁へ, 外側に, 左右から, 彼の, 日光に, 明け放して, 有って, 横へ, 立って, 締つてゐた, 締めて, 軽く叩かれた, 閉されて, 閉ぢて, 閉ってる, 閉つて居ました, 閉てられない, 閉まる, 開いたかと, 開いたと, 開かなくなった, 開かれた, 開かれてるの, 開けっぱなしに, 開けて, 開けられた, 開け放されて, 開け放しに, 音羽の, 風に, 鳴って

1 [499件] あいたぜ, あいたところ, あいたには, あいたまま, あいたらおれ, あいたり, あいたん, あいた樹明君, あいとったん, あかないの, あかないん, あかなければ, あき大きな, あき歩けたこと, あき足音, あくよう, あく土間, あけて, あけはなされて, あけられた, あけられなかった, あけ放して, あすこの, あったの, あったり, あふられて, ありかれは, ありその, あります, ありますから, ありません, あり人, あり茣蓙, あるあたり, あるきり, あるわけ, ある先, あれば, いきなり開い, いくつも, いつも半開き, いるだけ, うしろから, うまく壊れ, おのずから開く, おろして, かたい, かたかた, からからと, がたがたした, がたっと鳴った, がたついて, がたぴしと, がたんと, がらがらと, がらり勢いよくあく音, きしむたび, きしんで, きた, きっちり閉, ぎいぎいと開く, ぎし, ぎしぎしと, ぎーと, ことこと震う, こわされそこ, こわれます, こわれるじゃ, こわれるという, こん度は, ごとり, ごとりごと, ごろごろと, さっと開い, さっと開いた, さらりと, しばらくふるへた, しまった, しまったあと, しまったから, しまってるの, しまってるドン, しまつ, しまつてから, しまつてゐ, しまつてを, しまらないうち, しまらないの, しまりました, しまる十時, しまる音, しまる頃, しまれば, しめきって, しめきつて, しめこみ, しめて, しめてなかっ, しめやかに, しんとして, すいて, すうっと, すうと, すうー, すぐ見えた, すこしあい, すっかり閉め切っ, すらりと, そっと明く, そっと細目, そっと開い, そのままに, その性質上, たて, たてられて, ときどき鳴る, とざされ人間社会, どうした, どたん, どれも, ない, なかば開い, なくて, なくては, なくなったので, なく奥, なるほど, なる位, にわかに閉じ, はいって, はめられその, ばたんば, ぱったりと, ぱっとひらきました, ひきあけられて, ひとりでにがたりと, ひとりでにすうっと, ひどい音, ひどくた, ひらいたん, ひらかないよう, ひらかれた, ひらかれて, ひらかれるはず, ひらきそこ, ひらきました, ひらき牛乳壜, ひらくの, びりびりと, びりびりふるえ, びりびりふるへ, ぴったりし, ぴつたりと締つてゐる, ぴつたり閉され, ふいに, ほとほと鳴っ, ほんのりと, ぼーっと白んでる, ぽつりと, またあい, またいっぱい, またたいて, またとんとん, またも内側, また開かれた, まだ寝, まだ昨夜, まだ締, まだ閉つて, まだ閉まっ, みなあけ, みんなしまっ, むこうへ, めちゃめちゃに, もう閉つて, やがておとなしく, やったの, ゆすれる, ゆつくり, ゆるゆる開かれ, わを, カタリと, ガタと, ガタガタッと, ガタガタ動く, ガタガタ言い出す, ガタコトと, ガタピシと, ガタピシ致します, ガタンと, ガチャンと, ガチャーンと, ガラガラと, ガラッと, ガラツと, ギイ, ギイと, ギラリと, ギーッと, コト, コトコトと, コトンと, スーと, ズラリと, ノックされた, バタン, パタンと, ビリビリ鳴り出した, ビリリビリリ震えた, ピシャリと, ピタリと, ピッタリしまっ, ピッタリと, ピッタリ閉まらない, ポカンと, ポンと, モウ閉つてゐた, 一つずつ, 一ツ, 一ツずつ, 一勢に, 一寸すい, 一寸ほど, 一尺ばかり, 一年に, 一度あい, 一応閉, 一方へ, 一杯に, 一枚, 一枚あい, 一枚あいた, 一枚あけ, 一枚ある, 一枚づゝ卸し, 一枚ぽかり, 一枚外れ, 一枚敷居から, 一枚残らず, 一枚物の, 一枚開け放した, 一緒映画昔ばなしに, 下りるの, 不安を, 乱暴に, 予定され, 二三寸あい, 二三寸閉め残し, 二尺ぐらい, 二枚そして, 二枚づゝ嵌め, 二枚動かなくなりました, 二枚砕け, 二枚閉てて, 五分程, 五寸ばかり, 人才である, 仆れた, 今は, 今年四十歳の, 今日は, 今西の, 何か, 何んの, 傍へ, 僅かに, 僕の, 入って, 入つて, 入りよろし, 入り酒味噌酢類, 全部五色の, 全部人形操を, 八文字に, 六七分ぐらい, 内の, 出来上り大, 前後し, 動かなくなったの, 勢いよくがらッ, 勢いよく開い, 勢よく, 半ば明い, 半ば開く, 半分あい, 半分しめ, 半分しめられ, 半分締め, 半分開きかかっ, 半開きに, 半開に, 厚いからと, 取り付けて, 叩かれて, 向こうへ, 唖の, 喋って, 四五寸ほど, 四枚たつ, 地上への, 堅く閉ざされ, 声に, 夕日に, 外せるやう, 外へ, 外れたり, 外部から, 多い, 大きく鳴, 完全に, 実に奇態, 寒相に, 少しきしん, 少し普通, 少し開, 少し開かれました, 屏風仆し, 左右に, 平仮名の, 幾つも, 廊下に, 建ち並んで, 引かれた, 引かれる音, 引きうつって, 引き込めて, 強くガタン, 強く開く, 往来の, 急に, 悪く静か, 愈々公権, 手を, 折り重って, 折悪く, 押しあけられて, 押し開けられて, 敲けるほどの, 敷居の, 文久元年二十七歳に, 新しく目立っ, 既に守戸, 明いた音, 明かないので, 明かぬと, 明くの, 明け放されて, 明るく浮き出, 映って, 暖かそう, 有るのに, 机の, 朽ち満足, 来た, 死にかけた小鳥, 毀れらア, 毀れるワ, 深い深い水, 漸くあいた, 漸と, 激しく叩かれ, 激しく叩かれた, 激しく鳴っ, 災に, 無愛想に, 片寄せにな, 片方明い, 特に国法上賤民, 特に奴婢, 猶だ開いた, 現われた, 甘げ, 発見された, 白い粉, 皆おろし, 皆開け放され, 真赤で, 破れたと, 破れた時, 破れち泥水, 破れますから, 破れるじゃ, 破れ品物, 稍朽ち掛けた, 空しい日, 突然細目, 立て切って, 総硝子, 締ってて, 締つてゐ, 締つてゐる, 締つて昨日から, 締まってるに, 締まつ, 締まる, 締めきって, 締め切って, 締切られて, 繰りあけられるに, 脱れました, 自然と, 自然に, 良民と, 良民の, 苦しそう, 見えた, 見えました, 見えるだけ, 見ゆる, 解放せられまし, 賜田一町に, 賤しまれた, 蹴りつけられて, 軋って, 軋みながら, 軋らずに, 軽くたたかれた, 這入つて, 重いなんて, 鈍いきしり, 鈍く反射, 鎖されいた, 鎖されて, 鎖ざされ, 閉ざされた, 閉ざされたから, 閉ざされたの, 閉ざされたまま, 閉じた, 閉じて, 閉じ跫音, 閉つてゐ, 閉つてゐる, 閉つて唯, 閉つて山が, 閉てて, 閉てられねえ, 閉まりゴミ箱, 閉まると, 閉まるらしくバタンバタン, 閉めきッ, 閉められたが, 閉め切つて, 閉め切つてあつ, 閉り, 開いたは, 開いたらしく三十秒, 開いたり, 開いた所, 開いた時, 開いた隙, 開いてや, 開いてる, 開かない, 開かないよう, 開かなかったんだい, 開かなくなって, 開かれそこ, 開かれたの, 開かれました, 開かれる, 開かれるが, 開かれると, 開かれる前, 開かれ中, 開かれ熱狂, 開きそこ, 開き其, 開き室内, 開き片岡さん, 開くの, 開くまでに, 開く人, 開けつ放しに, 開けば, 開けられて, 開けられない, 開けられないので, 開けられなくて, 開けられる併, 開け放された, 開け放して, 開け放しなので, 開け放たれたが, 開け放たれたと, 陵墓の, 隙い, 雑作なく, 雑戸の, 青いペンキ, 響いた, 順々に, 額縁の, 顔を, 駈け出して, 鳴った, 鳴ったので, 鳴りました, 鳴る

▼ 戸~ (617, 5.3%)

33 手を 16 なって 15 鍵を 9 身を 8 耳を 6 倚り, 顔を 5 あたる者, 倚る, 近づいて 4 かぎを, 編せられ, 錠を 3 ぶつかって, 外から, 對し, 日の, 細工を, 触れて

2 [33件] あてて, あり, うつり吾が, くっついて, さわると, さわる音, して, ついて, つかまつて, なつて, のぼりて, ひびく霜夜, よりかかって, カンヌキを, 向いて, 向って, 寄りかかってでも, 属するもの, 打ち突けて, 指を, 月が, 洗った小切れ, 減って, 燈光が, 當て, 白い目, 背を, 自分の, 近いた, 近く行った, 錠が, 閂を, 鮮かに

1 [413件] あけくれかかる白雲, あけて, あたつ, あたらない, あったこと, あまりて, あまる小作人, ある沈南蘋, いかやと, いった, いって, いる男, うちし小柄, うち当て, うつして, うつった, うつった時台所, うつる自分, うつる青空, おし照る, おでこを, おでんの, おとづれて帰る, おとづれる音ばかりを, おぼろげに, お出, お立ちにな, かかった時, かかった鍵, かかって, かかりました, かかり電灯, かくれけり, かけがねを, かけたカンヌキ, かけて, かけると, かけ金, ききて, きより, げんじゅうに, さえぎられて, さびしくも, さらさらと, さわった, さわりて, しがみついて, しきられた窓, したの, した方, しっかりと, しばしば人影, じょうをかってしまいました, すがりつき僧形, すきま, すぎない, すぎないが, すぐ接し, ずんずん足音, たたきつけた, たたずめるうつけさ, つかまって, つかまりながら, つきあたりそう, つきあたりました, つきぬ, つけに, つける鍵, どんと打, なったもの, なってる粗末, なつた, ならないまでも, なり階段, なる, なる壁, ぬぎも, のこる灯ゆらぎ, のしかかったので, のぼりやがて, のぼると, はさまれて, はり出した名簿誰, ばた, ぱっと映っ, ひびがはいってしまわあな, ぴったりと, ぴんとじ, ふるる時, ぶっつかる, ぶつかつ, ぶつかつて, ぶつかり弾きかえった, ぶつかり明るい, まあたらしい白木, まちて, めりめりと, もたせかけたまま, やや背, よせかけたまま, よりかかりながら, よりそい凝っと, よりて, わたしの, カケガネが, カーテンと, サラサラと, ドサリ身を, ドタンと, ドンと, ハサまれて, ペンキ屋の, モーニングの, 一々貼紙, 一人ぐらい, 一枚の, 万燈を, 上って, 不似合, 不思議に, 二十俵と, 五色硝子を, 仁王立ちに, 付此の, 似た老人, 似て, 佇める看護婦, 何やら掲示板, 何物か, 倚りかかり, 倚り掛っ, 倚れ, 倚凭って, 充たぬ貧弱, 光って, 光殘さず洩れ, 入らんとも, 入り, 入りて, 入るに, 内側の, 冬は, 冷い, 凄いもの, 凭り, 凭りかかっ, 凭る, 凭れて, 凭懸つて, 出ずる二代目, 出られ御殿, 出迎えて, 分れ一戸, 分割し, 切穴を, 別れた二階建, 力を, 午砲の, 半ばカーテンを, 南京錠と, 南京錠を, 厚板の, 原料不足につき, 去勢無料と, 参りて, 及んだ, 反響し, 反響した, 取りついた, 取り塞, 取塞, 叩きつけて, 向う, 向つて, 吹きつけて, 吹きつけられその, 咲ける罌粟ひとつ, 喜びみちぬお年玉, 在り, 在りし銘酒屋, 坊さんの, 堅く錠, 堪へて, 塗りこく, 増加し, 増額された, 変って, 変り商品, 変るまでは, 外より, 夢たゆ, 大きな貼紙, 大きな釘, 妻の, 姿の, 安全に, 室内の, 寂しくも, 寄せかけました, 寄りかかって, 寄り添って, 寝起きし, 寫る, 小さい南京錠, 小さな穴, 小さな窓, 少くも, 巡査を, 年玉を, 幾つにも, 度々それ, 度々見出し, 引かれて, 張るべき硝子, 当たる音, 当つて気味, 当てたから, 当てて, 当てました, 当り倚, 当る, 当るの, 当る事幾度, 当る音, 影うすく, 彳み, 御簾が, 心づき手, 忍入りし, 慌しくも, 懸け埋めて, 成って, 或いは錠, 手も, 手垢で, 打ちつけ今, 打ち当る吹雪, 打ッ, 折々ザー, 押しあてて, 指の, 挟んで, 挾まつて, 挾んで, 掛って, 掛金を, 掴まったお, 換へ, 換へたまで, 換算し, 敷いたこの, 日が, 映って, 映りそう, 映る姿, 最も深く, 月と, 木綿取り垂で, 松を, 枕し, 栓を, 格子狭い, 桟の, 棧を, 横木を, 機関車が, 櫻ゑがいて, 歪んだなりの, 殖えた, 求むべきもの, 決定した, 汽関車が, 添うて, 添って, 減じて, 満たないくら, 満たない一漁村, 満たない村落, 満たぬ小, 潜んで, 濡るる, 照りか, 燈火が, 燈火の, 爪だ, 物申す女の童, 獅噛みついた, 獻り置き, 産す, 白い李, 白き寝台, 白き寢臺, 直ぐ接し, 真白なる, 真鍮の, 眼は, 眼を, 石を, 穴の, 穴を, 突き刺して, 突き当ったが, 突き当ったよう, 突き当った物音, 突き当る音, 突当つて其, 窓掛を, 立って, 立つと, 立つ人, 立つ男, 立寄りぬ, 立掛けて, 終ったの, 綿紙反, 縋り, 繍の, 置いて, 肩を, 腰かけて, 腰折れ, 腰掛が, 落葉を, 著け, 行くあたり, 行くなり, 行って, 衝突ツて, 袖口赤き, 覆槽, 見えた, 見えで, 見ゆ, 触って, 触わろう, 觸れる, 貸家札を, 貼りついて, 貼りつけた, 賭けて, 走り出て, 走り寄, 足らぬ浦, 足らぬ辺鄙, 足を, 跫音を, 躍りかかって, 転宅した, 転居仕, 轉宅した, 迎える者, 近い側, 近い戸数, 近い方, 近きを, 近き一室, 近き二人三人, 近き玄關, 近く此方に, 近く現れる, 近く行っ, 近く高尾より江, 近づきて, 近づきました, 近づき何やら, 近づく人, 近よ, 近寄って, 迫って, 這い寄って, 這ひ, 遊んだ時, 過ぎざりしものが, 過ぎず, 過ぎなかったと, 過ぎぬの, 達したとも, 達して, 達してるの, 違ひ, 違ひ出でた, 酢を, 釘打つ, 針は, 鈍ば, 鈴を, 錠の, 錠前を, 鍵が, 鍵も, 鑰が, 閂木を, 闖入し, 附いた儘, 附いて, 附着い, 陽が, 随い, 隔てられて, 隙間を, 隠れたり, 隠れわと, 隱れぬ, 集りその, 青い幕, 頭つけ候に, 頭を, 體當り, 麗々しく貼つ, 黄色い反射, 黒い喪, 黒い紋章, 鼻先を

▼ 戸~ (587, 5.1%)

16 開いて 6 しまって, 開かれて 5 容易に, 引き剥がされ其 4 閉めて, 開けて 3 あいて, とうと, とざされて, どうした, 半分開い, 鎖して, 閉ざされて, 閉まって, 閉められて, 開いた

2 [36件] とうとう破れました, ひらかれて, また開かれた, めりめりと, もう一分, わけも, 中, 乃ち盛岡監獄署なり, 今同じ, 僕の, 光線を, 内から, 再び明きぬ, 半ば開きたる, 厳重に, 夏いち早し, 左右に, 庭に, 彼の, 急に, 明るいうち, 無造作に, 直ぐに, 直ぐ閉, 確かに, 締まって, 解放せられ, 鎖されたが, 鎖しに, 閉って, 閉てられ, 開かない, 開きませんでした, 開けり, 開け放されて, 開け放して

1 [439件] あいたが, あかず, あかない, あきて, あきませんでしたので, あけたこと, あけっ放し, あけて, あけとく, あけないよう, あけはなしに, あけられかすか, あけられた, あげ戸, あった, あったけれど, あつて, あなたの, あまり遅い, ありません, あるが, あるの, あるまい, いずれ罪人, いたんで, いって, いっぱいに, いつか閉められました, いつでも, いつの間にか締, いつもあい, いつもの, おしても, おのずから内, おりて, お玉の, お竹, かく筋が, かたくさ, かたく閉まっ, かんぬきを, がたがたと, がらがらがら, がらりと, がら開きに, きまって暮れ方, ぎしぎしと, ぐいぐいあけられかかっ, こう言っ, ここにも, こちらから, ことごとくしめ, この私, これから二年, これだけしか, これより, ごくソーッ, さすがに, さておき半分, さらばといふ, さらりと, しずかに, しっかりしまっ, しばし開け, しばらく音, しまったまま, しまつてゐ, しめきつてあつ, しめるの, すうつと, すうー, すぐ啓, すぐ外れる, すこし顔, すっかり締めきっ, すつかり開かれる, そういった後, そうで, そこで, そっと締, その上, その内側, その家業, その角, その雨戸, それきり動いた, それら絶望の, それを, た, たいてい二重, たたかずに, たたかずガタガタ, ただしめる, たちまちに, たてられないこと, たと, たとい賤民, たぶんお前さん, とく押しあげぬ, とても納まるまい, どこまでも, どっか狂った, なかから, なかなか千人力, なくて, なんなくひらきました, はいって, はなはだそれ, はやく立てさせ, ばたり, ぱんとひらきました, ひもで, ひらいたまま, ひらけ一個, ひろく開かれた, ぴったり閉じられ, ぶんと, ぼんと, またあけられない, またしまる, またたく間に, またピッタリ, また叩かれた, また開かれ, まだできず, まだ村, まだ締, まだ閉, まだ雨戸, まれに, みな戸を, みるみる左, みんながたがた, もうすっかり閉め切っ, もう下ろされ, もう卸し, もう鎖され, もとの, もとより賤民, もとより閉ざし, もはや非人, やっと啓, やっぱり閉まっ, やぶれ屋根, よく締め, よく閉まっ, よほど衝撃, カケガネを, カンヌキに, ガタガタと, ガタガタ揺れ, ガタピシと, ガッシリとして, ガラガラと, サット開かれ, ネジ込み錠が, ノックされた, パイプを, ピタリと, ピッタリしまっ, マブしい, 一つきりだ, 一ぱいに, 一寸も, 一尺ほど, 一應締つて居りました, 一文字に, 一昨日締め, 一時間ばかり, 一杯に, 一枚も, 一枚開けつ放した, 七八寸開いた, 上の, 上總屋の, 下の, 下りて, 中から, 中中思ふ, 中門であっ, 主として他, 事実彼によって, 二人の, 二寸ばかり, 二重に, 二重戸に, 五六七八と, 五寸釘で, 人々の, 人の, 人を, 仆れ, 今とざし, 今にもたおれ, 今朝死骸を, 仲, 何うし, 何でも, 何より一番, 余の, 例よりも, 僕が, 僕たちの, 先ほど, 全く必要, 全然日本風, 六月の, 内へ, 内側へ, 内外両方から, 内部に, 再び啓, 冷然として, 凡そ七寸位しか, 出入が, 別に塞い, 動かなかった, 動かなかつた, 動こうとも, 十年交替と, 半ば開い, 半ば開かれ, 半ば開けはなたれ, 半分おろし, 半分しまり, 半分ほど, 半分閉じられ, 半分閉めかけた, 半数まで, 占められて, 厳しく閉め切っ, 厳格に, 又開いた, 叩かむを, 合図に, 同じく陵墓, 同情に, 吐きだすよう, 商会に, 四枚あった, 固く鎖され, 国法上天平十六年に, 坂田郡へ, 埃に, 執る職業, 堅く締つて, 堅く閉じ, 場内に, 外れた, 外れたま, 夜じゅう鍵を, 夜昼明けは, 夜通し開いてる, 大いに用いられ, 大きく両, 大きく開きあり, 大宝令に, 大桶の, 夫人から, 夫人と, 如何にも巖丈, 妾宅の, 始めから, 官戸の, 寝入ったら引いて, 少しく性質, 少しばかりの, 屍体に, 左右へ, 己の, 市ヶ谷中, 常に開かれ, 幸に, 広かべ, 弁解し, 引いて, 引っ抱え, 引戸, 引戸である, 彼が, 彼へ, 彼女が, 後に, 得意に, 微塵も, 忽地外れ, 恰で, 悉く明け放っ, 悉く開放つて障子, 悪くなってる, 意外に, 意気悄沈今にも, 愛卿の, 押し倒されまして, 押せば, 拒絶と, 指を, 掃は, 撥条が, 数え続ける, 数を, 新知識, 早閉ぢ, 明かなかった, 明けて, 明け放ちたるま, 昼も, 時として新た, 普通の, 暗くな, 木の, 本艇に, 本館の, 歌を, 殆ど呼吸づかひ, 残して, 残らずこわれて, 残りなく, 段々に, 気に, 永い間, 決して閉さるるべからず, 決して静か, 沢庵に, 泥だらけ通行人も, 無理押しに, 無論締つて, 父の, 片寄せて, 由利子が, 皆おろされ, 相変らず, 真中まで, 破れて, 秀英ばかりを, 私の, 科学欄を, 穴を, 穴穂部に, 空屋同然と, 立ち停って, 立てしめず閾, 立てられて, 立てられない, 立てられぬという, 立てられぬの, 立てられぬ人, 立てられねえ, 立てられません, 箒を, 細目に, 網戸で, 締めてあつ, 締りが, 美濃へ, 自働ベル, 自分に, 自分の, 自然に, 苦も, 要慎, 見る見るうち, 言下に, 貴族に, 賤民では, 賤民として, 賦役令に, 蹴る障子, 軋むばかり, 返事を, 逃げた奴, 逸早く閉めきっ, 重いねえ, 重い音, 錠が, 鍵が, 鍵を, 鎖されて, 鎖ざされ, 鎖ざされた, 鎖しありたれども, 鎖したれど時, 鎖の, 閂を, 閉されたり, 閉されて, 閉ざされた, 閉ざされたまま, 閉ざされたまま変り, 閉ざされ家, 閉ざされ窓, 閉ざされ辻馬車, 閉じて, 閉ぢぬ, 閉つてゐる, 閉つて下の, 閉まったまま, 閉めきって, 閉めっきり, 閉めなかつたの, 閉められる, 閉め切ったまま, 閉め切って, 閉め錠, 閉り, 開いたけれども, 開いたま, 開いたまま, 開いた筈, 開かず, 開かれた, 開かれたれど, 開かれ沢山, 開きぬ, 開きませぬ, 開けたま, 開けたれどいと, 開けっぱなしだった, 開けっぱなしで, 開けっ放しに, 開けなかった, 開けようと, 開けられて, 開けられても, 開け放しで, 開け放しに, 開け放ったまま, 開こうと, 開っ放しだ, 防寨には, 難なく内側, 雪の, 雲か, 電気じ, 非常な, 音も, 風流で, 風漏り, 驚いて

▼ 戸~ (174, 1.5%)

6 障子も 3 なければ, 窓も

2 [16件] あいて, あけて, あけられず内, あって, しめずに, 仔細なし, 明けて, 有らうと, 直させ自分, 第二, 裏の, 見ゆ, 閉まって, 閉められない眠りがたい, 開いて, 開けずに

1 [130件] あいてたよう, あけそっち, あけないので, あけ机, あった, あったという, あらうか, あるこの, あるであらうか, あるよ, ある個人商店, あろうか, あろうかと, おそくあくる, かげやけど, がらす戸, ささ, しっかり錠, しまって, しめて, しめられて, すっかり明け放し, そのま, そのままに, そのまま開い, それぞれ後漢文化の, たたいて, たたかなかった興録, たて切ったまま, とじ処女, ない, ないの, ない土間, ない屋根, ない廂, ない廊下, ない本堂, ない草原, なかった, なく荒板, にっと笑っ, ぴしゃりと, ぴたりと, また二ツ, また板戸, また雑戸, みなひとりでに, もう締め切っ, やけたその, よく締つて, エレベーターの, 上げたまま, 下から, 中から, 之に, 何にも, 何も, 何もかも深い, 出ずに, 前の, 半分ほど, 叩けずすごすご, 同じ材料, 吐き出すやう, 固くとざし, 壁も, 外から, 外れさ, 外れよとばかり, 市も, 広く開い, 床板も, 廂も, 引き開けて, 彼女を, 後部も, 数年前に, 早くから, 早く閉めました, 明いて, 明けずに, 柱も, 殆ど人の, 無い私, 煽つたま, 皆開かれ, 盲の, 硝子で, 窓の, 立てて, 立てられるよう, 箱の, 結び丸太, 締まったきり, 締めさして, 締めずに, 締めてない, 締めないで, 締められて, 締りも, 荒らかに, 蔀風に, 表の, 見えぬ家, 観音びらきに, 軽かった, 途端に, 這入つて, 部屋の, 釘が, 釘付けに, 鉄ごうしです, 鎧戸も, 閉ざされその, 閉ざされたと, 閉じて, 閉った, 閉って, 閉てて, 閉めきッ, 閉めて, 閉込んで, 開かれた, 開けず門口, 開けっ放しに, 開けよう手, 開け放して, 開け放しの, 開放せし, 鳴れば

▼ 戸から~ (148, 1.3%)

6 出て 4 ひそ, 外へ 3 例の, 入って, 覗くと 2 一人ずつ, 兵藤が, 外を, 客間を, 手を, 真一文字に, 誰か, 走り戻っ

1 [109件] あさぎ色, あると, お出かけに, お庭, かけて, こちらを, こっちへ, さしこんで, さして睡い, しずかな, して, すいて, すぐ庭, そとに, その家, そらの, なる大, ぬけ出した, ぬけ穴, のぞいた, はいって, ひそかに, ひそひそと, ひょっこり姿, もれる青白い, チャラチャラ幾挺もの, 一人づゝ一門中一かたまり, 一人二人の, 一度に, 一銭出した, 下を, 中へ, 事務所の, 二尺ばかり, 人の, 人目を, 側の, 先刻プラットホームで, 入ったとき, 入るよう, 八戸あたりに, 冬に, 凉しい, 出した, 出た若者, 出這入りして, 南瓜を, 去らずに, 四十九日前に, 四尺ほど, 地上へ, 埃が, 城介は, 声を, 外に, 外の, 大将を, 女中の, 広間を, 庭を, 弁当を, 弱い明るみ, 悠然と立ち, 慶造が, 成る小, 戸へ, 斜陽が, 朝日が, 死骸の, 沁み込む, 洩れる蜘蛛, 流れ込む春, 海が, 消えこんで, 燈火が, 盗んででも, 眉の, 空地へ, 窓の, 腕だけ, 自分の, 見えた, 見えてる戸外, 見えるよう, 覗き見し, 覗く中, 試そうと, 認め自分, 身を, 転がし出された若い, 逃げ出しました草鞋, 透いて, 透かして, 運び去った武士たち, 道頓堀千日前へ, 部屋には, 都合よく, 鉄砲玉の, 階段が, 離さなかった, 離れようと, 雨が, 電燈の, 電話二時に, 静山は, 頭だけ, 風とともに, 首を, 黒い物体

▼ 戸~ (97, 0.8%)

5 直角に 4 戸の 3 障子と 2 一緒に, 噤みつれ, 障子を, 雨戸が

1 [77件] ある, いう, いっしょに, いって, いっても, し一戸平均五人, する傳えも, する場合, する説, その友中村, その板の間, それからそれ, それ以外に, なしたるが, なす, なす癈疾, なったもの, なって, なりそれ, なり七十六以上, なり今, なり或いは, なり数年目, なると, ひと口に, ミミとは, 一棟の, 並んで, 二人で, 二重を, 云いつまり官戸, 云い非人, 云う戸, 云ふ, 人っ子一人いない, 傍の, 僕は, 卑まれた, 卜へて, 反對, 合せての, 同じ窯, 同性質, 唯だの, 喋ること, 壁との, 天井との, 奴婢との, 守戸とを, 平行に, 戸との, 掛手拭と, 敷居の, 書けと, 来たらいちいち, 東宝支社宣伝部の, 板壁の, 柱と, 柱の, 申して, 目の, 称する者一国, 窓が, 窓の, 結縁する, 聞くと, 表戸を, 覚しきところ, 言はれ, 賤民, 賤民との, 違つて寧ろ, 鉢合わせを, 閂を, 障子とで, 非人とに, 食事日比谷で

▼ 戸越し~ (88, 0.8%)

5 に見える 4 に外 3 に私 2 にも空, に庭, に果物, に水中, に白く, に見る

1 [64件] て望月, でくぐもった, にあちこち, にうかがわれた, にうすく, にこちら, にさし, にさしこん, にそれ, にながめ, にながめる, にのぞく, にはこれ, にぼんやり, によく, にイリュミネーション, にダラリ, にビール会社, にホカ, にホテル, に一人悄々, に三吉少年, に下弦, に主人, に伊豆, に向う, に喬木, に大里貢, に好奇, に富士, に射し, に差し入り, に差す, に幾度, に書斎, に朝, に朝夕, に机, に柔かい, に椎の木, に汚い, に泡立つ, に注意, に海, に眺め, に眺める, に空, に街道, に表, に西洋小間もの, に見, に見え, に見えた, に見た, に見詰め, に部屋, に降りしきる, に隣, に黙っ, の月明, の次, の鰯子, の麗らか, 大き店

▼ 戸~ (82, 0.7%)

9 手を 4 錠を 3 顔を 2 ぶつかりました, 後ざま, 近づいた, 鍵を

1 [58件] あたる, あてた, うち側から, すがりついた人, すがると, どしりと, ぴしやツと, もと吉原の, ものの, よっかかって, 一つ一つ鍵を, 三人ながら, 伝へられると, 体を, 信天翁を, 入らずに, 入れる, 出ると, 参つて平伏する, 吹きつけて, 四インチ釘を, 外から, 寄って, 引き取ったの, 当たる身体, 当てた耳, 当りますな, 往来の, 心張りを, 抜ける一戸街道, 抜足さし, 押しつけて, 消えるの, 盗賊の, 着いたの, 矢を, 突き当てられて, 突込んで, 立つ音, 耳を, 行く途中, 行つた歸り, 行つてそれを, 行つて深川へ, 衝突かり, 走って, 走らせ老い, 足を, 躍りかかった, 躰當り, 近く来, 近寄ると, 透いて, 附着いた, 面したとき, 響かせる計画, 頭が, 駒を

▼ 戸~ (76, 0.7%)

40 まりを 7 まりが 6 まりの, まりは 3 まりに 2 まりし, まりも 1 まりする, まりでも, まりと, まりなど, まりまで, まりよく, まり一重次に, まり別に, まり厳重な, まり火の

▼ 戸~ (57, 0.5%)

4 なの中 3 なのすみ 2 から戸越し, なが, なの戸, なを開け

1 [42件] あなアイヌ語だ, か一寸, か知りません, が柵, けれども裏の, て火事, と, という説, といわれ, との説, とよく, と最早, なあ, ないっぱい, なからそつ, なから千世子, ながあっ, ながあるだろう, ながたち, なだろう, なで, なであった, なとかそういう, なと壁, なにかくれる, なにしまっ, なにも, なに入れた, なのうしろ, なのそば, なのなか, なの中じゅう, なの火, なの隅, なへはいっ, なもありません, なや古風, なや押入, なをかきまわし, なをちょっと, なを落した, なを開ける

▼ 戸~ (56, 0.5%)

4 窓を 3 窓は, 障子が, 障子の, 障子を 2 しまく夜霧, 窓が, 窓の, 門竝の, 雨戸が

1 [30件] あちこちです, ぬけ穴, 二戸で, 八戸地方に, 内の, 品部が, 壁に, 壁の, 壁まで, 家人と, 家人奴婢陵戸の, 扉を, 抜け道が, 抜道は, 木の葉の, 柱に, 柱は, 柵を, 水差しの, 破れた壁板, 硝子窓の, 秘密の, 窓に, 裏口を, 襖まで, 路地の, 農倉を, 近くの, 邸門は, 障子は

▼ 戸~ (52, 0.5%)

5 哭き喚いて 3 仕切って 2 戸を

1 [42件] あつた, あつた相, あつて, いくつにか, これが, しきられこの, しまる長い, そのうち定着, それで, それは, そんなもの, なお徳川時代, はデデポッポ, は藩政, また必要, 仕切られて, 傷を, 其位置は, 冷く, 出来て, 初めは, 割って, 囲って, 女の, 安普請の, 家から, 容易に, 平常は, 店の, 後で云え, 後世の, 昔の, 此處で, 熟皮の, 行脚托鉢の, 西洋風な, 見透かすこと, 見透すこと, 賤民では, 足の, 金網の, 風致を

▼ 戸には~ (52, 0.5%)

7 錠が 3 かぎが 2 必ず節穴, 錠を, 鍵が

1 [36件] いよりた, うちの, お倚, この塚, こんな高い, しぶく雨滴, ちゃんと掛け金, みんなかぎが, カーテンを, ネジ込み錠が, 三越の, 中から, 五寸四方くらゐ, 先住の, 内側から, 内側に, 冬の, 古板, 同業者, 堅牢な, 大きな錠, 寝る前, 新らしい, 早や, 明るい斜陽, 未だ僅か, 李白一人が, 梅屋敷や, 正月の, 炎の, 獻身者の, 白布が, 締りを, 藻脱の, 釘を, 錠までも

▼ 戸~ (51, 0.4%)

8 ひを 5 ひして 4 ふばかり 2 ひしたの, ひしては, ひの, をした

1 [26件] したやう, して, せるかと, つた, つたやう, ひさせないとも, ひさせるかも, ひした, ひしたらし, ひしたるかたち, ひした梟, ひした様, ひしても, ひしとみに, ひしながら, ひするの, ひするばかり, ひするほか, ひするやう, ひする様, ひする頭脳, ひすれば, ひたれど, ひ結局時間, ふよりも, をし

▼ 戸~ (50, 0.4%)

9 をし 3 をする 2 が厳重, を厳重

1 [34件] がない, でも平気, とてもない, なき家, なしで眠っ, には何処, のない, の必要, の注意, の為め, の無い, の無き, の音, はし, は皆中, もこれから, もせぬ, も宵, も掛金, や何, をかって, をした, をしよう, をどうして, を充分, を固め, を外ずし, を少々, を忘れた, を為, を為し, を破, を破っ, を調べ

▼ 戸検事~ (44, 0.4%)

2 が声, の声

1 [40件] がいい出した, がいつも, が大寺警部, が帆村, が本格的, が真先, が突然, であった, に声, に対しても仕事, に対して試みた, に話しかける, のよう, の手, の捜査法, の方, の視線, の訊問, の顔, はすぐ, はそれでも, はそれ以上, はようやく, はわれ, はピストル, は不満, は予, は大いに, は小, は小さく, は帆村, は早速, は椅子, は無言, は煙草, は相, は警官, は部下, も俄, も大寺警部

▼ 戸ごと~ (38, 0.3%)

2 に, に酒

1 [34件] から行水, から逃げ惑っ, にくぐる, にたたずみ, には糸, には花見幕, にわが, に大賢良師張角, に常葉木, に水桶, に演ぜられ, に点されない, に燈火, に神棚, に祭った, に篝, に絵行灯, に菊, に誦, に貼, に貼らせた, に賑わした, に踊り祝っ, に飜, に馬, の商店, の燈火, の瓦斯, の老御, の軒下, の軒燈, はまったく, へまで銭何貫, 鎖しつつ

▼ 戸まどい~ (34, 0.3%)

7 して 5 をし 2 をした

1 [20件] させた, させる原因, したよう, した燕作, した赤とんぼ, しては, するところ, せざるを, のある, の態, もし, をさせた, をさせられる, をする, をちょっと, をとりもどす, をふと, を感じ, を覚えた, 流れ水面

▼ 戸~ (33, 0.3%)

2 に不順, を覗き初める

1 [29件] から酒気, に人, に勤労奉仕, に命じ, に唄う, に大, に宿舎割当, に尋ね, に小腰, に掛つて, に日章旗, に絵行灯, に絵行燈, に聞くでありましょう, に荷物, に菊, に蚕, に訪ね, に貼られ, の人員, の入口, の大小, の戸袋, の軒下, の軒行燈, の鍵, もひと頃, をまわっ, を覗きこみ

▼ 戸~ (28, 0.2%)

7 運転手は

1 [21件] という若造, にもダンマリ, に夕飯, の繃帯頭, の関係, は, はモウ, は一, は一度, は三徳材木店専属, は千番トラック, は又, は喜ん, は昂奮, は蟹口, を色々, 市松, 市松が, 市松を, 運転手が, 運転手の

▼ 戸という~ (25, 0.2%)

4 のが, ものが 2 ところの

1 [15件] その割, ものにも, 同一数が, 名称は, 報告も, 大被害, 戸が, 戸を, 数です, 文字を, 武官の, 番頭新造と, 番頭新造は, 盗人が, 者が

▼ 戸~ (24, 0.2%)

13 しに 4 しに西 1 しにじっと, しにそ, しにそんな, しに外, しに大きな, しに長者門, しに雪

▼ 戸台さん~ (22, 0.2%)

2 のところ

1 [20件] がお, がそう, がゆうべ, が三十七歳, が来合わせ, たらお, でも来, という人, という家, と皆あっち, にきのう, にたのん, にたのんだら, に手伝っ, のアパート, の友人, の友達, も保田, も或は, も来る

▼ 戸ばかりの~ (21, 0.2%)

2 並倉に

1 [19件] もので, 一寒村で, 一族の, 中から, 家が, 家族と共に, 寒村だった, 小さい駅, 小部落, 横浜に, 水村が, 漁村で, 牢番が, 町で, 異人屋敷最初の, 竈を, 部落であった, 部落の, 開拓団が

▼ 戸~ (20, 0.2%)

2 が垂れ

1 [18件] が人, が物静か, が自ずと, のなか, のよう, の奥, の奧, の後, の模様, まづ, や蓄備倉, を, をおろした, を作り, を内, を見かえり, を閉め, を開き

▼ 戸にも~ (19, 0.2%)

2 廊下の, 障子にも

1 [15件] こびりついた, みんな同じ, 上って, 仏教経巻などの, 刈り込められた萩, 同じ目, 変らない格子戸, 大きな錠, 手を, 曇り一つ残つて, 月の, 気を, 氣を, 簾にも, 金文字で

▼ 戸浪三四郎~ (19, 0.2%)

1 [19件] が, がこれ, が乗り合わせ, が元, が目星, が第, だった, である, とを疑う, のうわずった, の向い, の憔悴, の方, の質問, の隣り, は, は呪い, は彼女, は目立たぬ

▼ 戸~ (18, 0.2%)

1 [18件] が, が寺入, が彼, が犯行, が相当, が立ち上る, と千代, と差向い, に会っ, に叱られ, の思いちがい, はバルバラ・ガーネー, はピストル, は探偵小説家, は洗いざらし, は西洋風, は軽蔑, は黙っ

▼ 戸~ (17, 0.1%)

2 から甲斐駒, へ下る

1 [13件] から東駒, から登った, では何, という処, にい, に着いた, の俊一さん等, の帰らない, は日本プロレタリア文化連盟, までは人家, より入り, を経, を訪れ

▼ 戸~ (15, 0.1%)

2 が減じ

1 [13件] が十餘萬, と千八百足らず, に對, の七割五分, の二三パーセント, の比例, の豐, はその, は四百五十戸, は現在四十一戸, は略左表, を比較, を記したる

▼ 戸~ (14, 0.1%)

2 あり士女老幼, 一握りに, 二十戸か 1 であったと, ほんの飛び飛び, わからない, 三戸か, 何かは, 何んか, 六戸の, 守戸か

▼ 戸より~ (13, 0.1%)

3 出で 1 入りて, 出でて, 外に, 左折し, 引き出す内, 従三位百戸までの, 従四位八十戸に, 真暗き, 立ち出でたり, 離れ立ち止って

▼ 戸~ (13, 0.1%)

6 りを 2 りの, りは 1 りが, りだけは, りに

▼ 戸ある~ (12, 0.1%)

1 [12件] きりである, のみ, ようです, ビリンスキー村の, 一つは, 君が, 四百五十戸ある, 村の, 村を, 町である, 等けだし, 裏切者を

▼ 戸まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] しずかに, ガタガタと, 何ほどの, 具し, 歩いて, 泥棒は, 甚蔵が, 立去るを, 行かなきや, 送り出すとき, 連れて, 開けて

▼ 戸迷い~ (12, 0.1%)

4 をした 2 をし 1 が重力, して, しグランパ, するが, する自分, をなすっ

▼ 戸しか~ (11, 0.1%)

3 無いの 2 無かつ 1 すきま, ない貧しい村, なかった, 無い村中, 無かった, 見えぬ

▼ 戸でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あいたよう, あいて, あけるよう, あけろい, あって, あつたら, あるかと, あるん, こしらえ新しい, 入れたら, 戸棚でも

▼ 戸ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつた, であつ, でした, ひどくさびれた, 並んで, 宿屋は, 建つこと, 焼いた地方的大火, 見つめて, 零落の, 風俗も

▼ 戸~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, から伏兵, から聞こえる, では順序よく, におく, にはいっ, には燈明き室, の剣闘, の空気, へつれこむ, を覗く

▼ 戸~ (11, 0.1%)

1 [11件] あった, あるだけ, ある筈, が建て列ねた, というやつ, とかあった, ともに古かっ, には黒川, 持たすせに, 朽ち残って, 焼け落ち自火

▼ 戸泉さん~ (11, 0.1%)

1 [11件] から聞いた, がくださった, がここ, がこりゃ, が中学生三人, が私, と日日新聞, の頭, は, は手短, は私

▼ 戸一枚~ (10, 0.1%)

2 を隔て 1 だつた, だつて, で中, の外, の家, も勝手, を隔てた, 隔てたすぐ

▼ 戸~ (9, 0.1%)

1 だお, だよ, であろうと, ですよ, でも喧嘩, に因縁, ふざけやがるな, らしいその, を敲き殺す

▼ 戸~ (9, 0.1%)

2 ひを, をし 1 ひさせるもの, ひさせ何, ひしてるのよ, ひしながら, ひながら

▼ 戸などを~ (8, 0.1%)

1 かたくとじ, しめはじめた, はたくの, 外して, 探りましても, 海に, 見て, 開けたの

▼ 戸~ (8, 0.1%)

4 ぶる 3 ふる 1 あけて

▼ 戸あけ~ (7, 0.1%)

1 が旨い, てわが, て乱れたるらし, て入りし, て桜明り, て音, よと指さしし

▼ 戸ぐち~ (7, 0.1%)

1 のところ, へ近づいた, をう, をくぐった, をすべり出た, を人影, を出

▼ 戸だけ~ (7, 0.1%)

2 でした 1 だった, であった, とびはなれて, カンヌキを, 残って

▼ 戸であった~ (7, 0.1%)

1 というで, とは言えませぬ, と云う, ものの, 上に, 京都の, 為に

▼ 戸敲き~ (7, 0.1%)

1 だよ, であった, と見ない, にはそれ, に眼, を戸敲き, を留め

▼ 戸~ (7, 0.1%)

1 が連つて, に屆, は泥土, は溪流, を仰ぎぬ, を偃, を流れる

▼ 戸~ (7, 0.1%)

2 瀬が, 瀬も 1 瀬で, 瀬に対して, 瀬の

▼ 戸~ (7, 0.1%)

1 であつ, で七時, といふ所, には当時ひところ外国船, の谷間, へでかけ, へ行っ

▼ 戸神宮~ (7, 0.1%)

1 が別して, が神, では自然石, という伝え, などの俗, にいたる, の岩窟

▼ 戸足らず~ (7, 0.1%)

2 の家並 1 のうち, の中尾, の家, の寒村, の民家

▼ 戸近く~ (7, 0.1%)

5 に時として 1 に人かげ, に来た

▼ 戸ざし~ (6, 0.1%)

1 ころ, て人影, て火影, に手, に障り, のない

▼ 戸との~ (6, 0.1%)

2 間に 1 三種と, 細い隙間, 隙間と, 馬鹿に

▼ 戸とは~ (6, 0.1%)

1 区別せられ, 土地と, 官庁に, 種々の, 般若寺坂における, 違って

▼ 戸までも~ (6, 0.1%)

4 忍びよる 1 参加する, 忍びよると

▼ 戸をば~ (6, 0.1%)

3 たんと閉め 1 はたと閉し, 下して, 開かせ給

▼ 戸を通して~ (6, 0.1%)

1 プラスビイユ及び, 一対の, 外を, 庭の, 海上の, 秋の

▼ 戸以上~ (6, 0.1%)

1 のおかみん, の住民, の烏山, の町屋, もある, をかぞえた

▼ 戸~ (6, 0.1%)

2 の溺死者 1 ぐらいの巣, の余地, を三町五反歩, を家賃二十八円

▼ 戸婚律~ (6, 0.1%)

3 には 1 に, の中, は戸籍

▼ 戸~ (6, 0.1%)

1 に, に挨拶, に行き逢っ, は僕, は連れ, を呼び出そう

▼ 戸~ (6, 0.1%)

1 に待, へと立出し, へと走り出, へ出, へ出た, へ駆出した

▼ 戸針康雄~ (6, 0.1%)

1 が帰っ, の御器所, は, は大平氏宅, は暫らく, は訪問者

▼ 戸~ (6, 0.1%)

1 とか黒姫, に上つて, の坊, の險峯, へゆく, もこれから

▼ 戸がば~ (5, 0.0%)

3 たっと 1 たんとあい, たんといきなり開けられた

▼ 戸さん~ (5, 0.0%)

1 じゃありません, でいらっしゃいます, にし, についてそんな, にも云おう

▼ 戸といふ~ (5, 0.0%)

1 ところです, ところの, ものを, ガラス戸が, 巣窟の

▼ 戸なる~ (5, 0.0%)

2 ものの 1 ものが, ものは, 餌取

▼ 戸~ (5, 0.0%)

2 そに 1 そは, そや, そを

▼ 戸らしい~ (5, 0.0%)

2 一枚岩が 1 ものが, ものや, 戸が

▼ 戸~ (5, 0.0%)

2 の家 1 だつた, の大川, の構え

▼ 戸当り~ (5, 0.0%)

1 がタッタ二十銭, の人数, の御, 少なくも十名以上, 約十二万円

▼ 戸針さん~ (5, 0.0%)

1 がおい, がたずね, が仰し, の御, は一たい

▼ 戸あり~ (4, 0.0%)

1 て寝間, としたらしい, 一家に, 札差は

▼ 戸かの~ (4, 0.0%)

1 なかで, 家族それは, 戦災家族を, 苦しい世帯

▼ 戸からは~ (4, 0.0%)

1 それぞれ五色の, なれて, 海や, 煙を

▼ 戸こそ~ (4, 0.0%)

1 まもれ, もう唐紙, 僕を, 幸いだった

▼ 戸である~ (4, 0.0%)

1 からとてすべて, がしかし, という事, 牢獄の

▼ 戸として~ (4, 0.0%)

1 卑品と, 実務を, 昔からの, 燈籠の

▼ 戸ほど~ (4, 0.0%)

1 カラフト移住を, 居住し, 散らばって, 村道を

▼ 戸ほどの~ (4, 0.0%)

1 半農, 小村にも, 村が, 村でした

▼ 戸~ (4, 0.0%)

2 どひし, どひした

▼ 戸~ (4, 0.0%)

2 開ケテミル 1 シメタガ事無, 釘ヅケニシテ里ニ去

▼ 戸ヶ崎熊太郎~ (4, 0.0%)

1 の秘蔵弟子, の道場, の門下, や甲源一刀流

▼ 戸一戸~ (4, 0.0%)

1 から一人二人, が不安, に別れた, のうち

▼ 戸伯爵~ (4, 0.0%)

1 からも今年六月, は自分, を経, を通じて改めて

▼ 戸~ (4, 0.0%)

1 しか無い, の小さい, はあけ兼ねないでしょう, は開け

▼ 戸~ (4, 0.0%)

2 に封じ 1 という大身, をも辞せし

▼ 戸~ (4, 0.0%)

1 秋と, 秋に, 秋も, 秋来り

▼ 戸叩く~ (4, 0.0%)

1 水鶏, 秋の, 音に, 音は

▼ 戸将監~ (4, 0.0%)

1 が奪い, その人, でござる, の一人娘

▼ 戸覗い~ (4, 0.0%)

4

▼ 戸~ (4, 0.0%)

1 の山, の山中, の山奥, の炭焼

▼ 戸閉し~ (4, 0.0%)

1 たり, てある, ていたら, て榾火

▼ 戸~ (4, 0.0%)

1 にがッしり腕組, には銀杏返し, に待伏せ, まで送り出でた

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 ていた, てからも多く, て小林城三

▼ 戸たたき~ (3, 0.0%)

2 消ゆる 1 がつい

▼ 戸だけは~ (3, 0.0%)

1 墓守, 燃え上るに, 締めて

▼ 戸では~ (3, 0.0%)

1 あるまい, この室, ない格子戸

▼ 戸とを~ (3, 0.0%)

1 これにて, 区別し, 糸で

▼ 戸と共に~ (3, 0.0%)

1 ころげ出して, 庭に, 欄干から

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 のです, ので風, んざ叩破り

▼ 戸などは~ (3, 0.0%)

1 ひしひしと, 全くない, 全くなかっ

▼ 戸なんか~ (3, 0.0%)

1 ぜったいにありません, 開けて, 開けると

▼ 戸にあたる~ (3, 0.0%)

1 忍びやかな, 雪の, 風と

▼ 戸まど~ (3, 0.0%)

2 ひを 1 ひでも

▼ 戸まどっ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てへま

▼ 戸みたい~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な小さな

▼ 戸をも~ (3, 0.0%)

1 あけて, 繰って, 閉めるほどの

▼ 戸ヶ崎~ (3, 0.0%)

1 に三ツ獅子, の小僧弁天堂, の葮簀張

▼ 戸一重~ (3, 0.0%)

1 のこちら, へだてた茶の間, まで秋

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 だの, に五戸, の夜道

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 という五百石積, の船頭, は五日

▼ 戸二戸~ (3, 0.0%)

1 あってこそ, はあった, 寒し木屑

▼ 戸~ (3, 0.0%)

21 にあるごとく

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 の家, の小, 旧幕末

▼ 戸天神~ (3, 0.0%)

1 に詣, の梅林, は益

▼ 戸~ (3, 0.0%)

2 には 1

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 が透い, の風, より出し

▼ 戸惑つて~ (3, 0.0%)

2 ゐる 1 行く

▼ 戸惑ッ~ (3, 0.0%)

2 たの 1 たのみ

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 がつく, の中, を叩く

▼ 戸検事たち~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の一行, の困惑

▼ 戸~ (3, 0.0%)

2 が御 1 に伴われ

▼ 戸焼失~ (3, 0.0%)

2 の由 1 の火事

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 になっ, の限り, より溢れ

▼ 戸端口~ (3, 0.0%)

1 にすぎない, に来, をのぞかせた

▼ 戸迷った~ (3, 0.0%)

1 がそう, という現象, ような

▼ 戸閉まり~ (3, 0.0%)

1 などはない, もせず, をしっかり

▼ 戸閉め~ (3, 0.0%)

1 をくれた, をし, を喰い

▼ 戸開け~ (3, 0.0%)

1 てはひる, て今, よ

▼ 戸~ (3, 0.0%)

1 に入る, より入る, より内

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 くれば

▼ 戸あった~ (2, 0.0%)

1 ものが, 訳である

▼ 戸あまり~ (2, 0.0%)

1 がかたまっ, の小さなその

▼ 戸いつ~ (2, 0.0%)

1 ぱいに, ぱいにふさがつてゐた

▼ 戸おそ~ (2, 0.0%)

1 ふる, ぶる

▼ 戸ぎわ~ (2, 0.0%)

1 に大石, に立っ

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 さむと, へあい

▼ 戸ずつ~ (2, 0.0%)

1 二三戸ずつと, 同居させ

▼ 戸たる~ (2, 0.0%)

1 シュクで, 餌取

▼ 戸だけに~ (2, 0.0%)

1 したので, 委せて

▼ 戸だけの~ (2, 0.0%)

1 小家である, 浜小屋だった

▼ 戸つき~ (2, 0.0%)

2 の本棚

▼ 戸とか~ (2, 0.0%)

1 品部とか, 浮浪人とかいう

▼ 戸とが~ (2, 0.0%)

2 バタ

▼ 戸とともに~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, 転げ込みし身

▼ 戸など~ (2, 0.0%)

1 いうの, 入れては

▼ 戸などに~ (2, 0.0%)

1 今も, 映った像

▼ 戸なら~ (2, 0.0%)

1 ばゆすつ, ば良民

▼ 戸なり~ (2, 0.0%)

1 又或は家計, 壁なりに

▼ 戸なんぞ~ (2, 0.0%)

1 でも, 開けたまんま

▼ 戸につき~ (2, 0.0%)

1 平均五千株を, 桑圃は

▼ 戸にて~ (2, 0.0%)

1 口より, 昼飯す

▼ 戸はがたりと~ (2, 0.0%)

2 ひらき犬ども

▼ 戸びら~ (2, 0.0%)

1 のよう, の片方

▼ 戸ぴつたりと~ (2, 0.0%)

1 閉めなにもの, 閉め音

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 くろから雨戸, くろへ

▼ 戸をは~ (2, 0.0%)

1 づしてやると勇んだ, づすほかはありません

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 い, 前ニ行キ

▼ 戸一つ~ (2, 0.0%)

1 ないので, の戸口

▼ 戸一人~ (2, 0.0%)

1 ずつがで, の助け人足

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 船司の, 鷹司の

▼ 戸二十戸~ (2, 0.0%)

2 の村

▼ 戸二枚破損~ (2, 0.0%)

2 の由

▼ 戸付き~ (2, 0.0%)

2 の勝手出入戸

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 のお, は

▼ 戸全戸~ (2, 0.0%)

1 に二百五十, に病人

▼ 戸内外~ (2, 0.0%)

1 にし, の小

▼ 戸利休~ (2, 0.0%)

1 はわし, 実は松井田四郎太

▼ 戸叶武君~ (2, 0.0%)

1 が演説, の如き

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 くずれ秋谷, 地震の

▼ 戸官奴婢~ (2, 0.0%)

1 とも, と家人

▼ 戸寂然~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 戸小学校~ (2, 0.0%)

1 の前, も新築

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 開けて

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 をひらい, を締め

▼ 戸數及人口~ (2, 0.0%)

2 の減失

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 で近江, の楽人たち

▼ 戸構え~ (2, 0.0%)

1 ちゃんとした, の家

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 という郷党, のおばさん

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 で戦っ, に陣

▼ 戸浪三四郎さん~ (2, 0.0%)

1 から何, でしたな

▼ 戸渡船場~ (2, 0.0%)

1 から乗る, とならん

▼ 戸玉緒~ (2, 0.0%)

1 という方, といっ

▼ 戸町番所~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 りの, り年

▼ 戸疾く~ (2, 0.0%)

2 さしてよ

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 を蹴破る

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 を擣

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 が知っ, の両人

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 が女, に娶ひ

▼ 戸~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の実例

▼ 戸透き山茶花~ (2, 0.0%)

2 あかく見え

▼ 戸野山~ (2, 0.0%)

1 の生活, へ夜

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 戸閉した~ (2, 0.0%)

1 ままな, 一軒の

▼ 戸開かせ~ (2, 0.0%)

1 と言, なんて事

▼ 戸間口~ (2, 0.0%)

1 からさう, の方

▼ 戸~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 戸鳴り~ (2, 0.0%)

1 とどろき, 家動く

▼1* [414件]

あく音に主人, 戸あけ傘造り居ぬ, 戸あたり八百円という恐し, 戸あってこそ彼ら, 戸あつたが, 戸あまり富士登山の道, 戸あり開けて入れ, 戸ッぱいに, 戸いかに固いとも, 戸いでてい, 戸うちたたきても, 戸おしあけ庭の面, 戸おして大空を, 戸および斗南の, 戸お客が入っ, 戸かいあれは, 戸かたと過, 戸かと諸手を, 戸かとも思われる戸, 戸かに分れ戸, 戸かもしれないぞ, 戸からのみ起り或いは, 戸がたがた言わしたはりましたな, 戸がはまつて, 戸きりだと, 戸くらいずつ残って, 戸ぐらい在るかなあ, 戸ぐらしに衣裳, 戸ここの廓, 戸ことごとく入獄されよ, 戸ごとあけたる町, 戸ごと大抵馬を飼う, 戸さえ開けて, 戸さす比何く, 戸さん誰方でございますか, 戸ざした施米小屋の, 戸ざし埋火かきおこしつ, 戸しめて, 戸じゃないか, 戸すなわち封戸に, 戸すべて灰燼に帰した, 戸すらも無いこと, 戸ずつと百戸ほど, 戸とくるわれ, 戸そいつを押し, 戸その隙間から, 戸それもほとほと, 戸脇戸の, 戸たたく者あり, 戸たちならんでいる, 戸たらずを移した, 戸だけが遠い旅, 戸だけで雨戸の, 戸だけを引寄せ, 戸だって言って, 戸だ叩いてるより開け, 戸ってボンヤリし, 戸つまり大の男, 戸であってみれ, 戸であり内から, 戸でありましてそう, 戸であろうと思います, 戸ですからとても, 戸とある農民の, 戸というは次の, 戸ともあろうもの, 戸とを通して黒い空, 戸ないし三戸であった, 戸なき八尋殿を, 戸なぞは一軒も, 戸などが幾何も, 戸などで室内の, 戸などとかいう様な, 戸などをも自ら繰り, 戸ならず十数戸樹木を, 戸なればこれ, 戸なんかは警察で, 戸なんぞは金箔を, 戸にかたつと, 戸にかけてスルスルと, 戸についてゐる鈴, 戸にどたりと突きあたった人, 戸にねもごろふふむ, 戸にまで舞い込んで, 戸によりかかるの, 戸に対していいたいこと, 戸に対する一頭の, 戸のこらず立上りこ, 戸のちょうつがいのところにおしあてたなり長いことそこ, 戸のぼりあわただし谷地, 戸のみならず家屋, 戸のみがここに, 戸のみは賤民扱いでありました, 戸はいぜんとして鉄壁, 戸はなど叩かぬやうぐひすの友, 戸ははたりと, 戸はめぬ絶えずこぼれ居る, 戸はん見なましよ, 戸はん後生お願いなんざますが一本燗, 戸はん能く考え, 戸ばかりがさむざむと, 戸ばかりで止みました, 戸ばかりをあつかい慣れて, 戸ひとつがくろがね, 戸へだてて月夜, 戸へもたれて, 戸ほそく立つ煙, 戸ほどはあると, 戸ほどを焼いたこと, 戸までがことごとく真宗, 戸までの食封を, 戸まどったような, 戸むしろに紅葉, 戸めがけて集まっ, 戸もてとざせるらしき, 戸やいた時には, 戸やがてイシカリ川の, 戸やらに蔦が, 戸立ち來, 戸よりは跛盲遇はむ, 戸わきに仁王立ち, 戸をかたこと, 戸をかもあくる, 戸をがたびし, 戸をけ破って, 戸をてぎてぎてぎてぎと打つ, 戸をとほして, 戸をのみいって, 戸カラ颯子ガ首ダケヲ此方ヘ出, 戸ガタガタゆすぶるから, 戸シノロに四十二戸, 戸ダイさんがアパート, 戸ダナへしまっ, 戸ツイシカリに二十四戸, 戸当リテ立ツ, 戸ニ加へ賜ハリテ悦バセ給ヘル歟, 戸ニ耳ヲ当, 戸ハホンノ僅カ動クカ動カナイクライニ触レタヾケデアッタガ, 戸ハ玲瓏トシテ紫烟ヲ圧ス, 戸バンナグロに三十九戸, 戸ヶ崎十松の門, 戸ヶ崎夕雲の夕雲流, 戸ヶ崎村と申す, 戸ヶ崎村大字戸ヶ崎に三ツ獅子, 戸ヶ崎熊太郎それから島田虎之助, 戸まいが, 戸一ぱいに映り, 戸一万二千四百五十二人にも達し, 戸一万六千人にも達し, 戸一人以上の勤労奉仕, 戸一千士農あり工商, 戸一升と触れ, 戸一房の小さな, 戸一杯に差, 戸一枚きりで寒中, 戸一枚ソトその半ば, 戸一枚向うに現在敵, 戸一枚柱一本にも並々, 戸一様の有様, 戸一番少ないの, 戸一重外には山颪, 戸三人の挺身振り, 戸三十戸の部落, 戸三千七百余人の人員, 戸三戸の近世, 戸上野村より出, 戸不足の場合, 戸は眞, 戸中八十二戸潰れ六十五名, 戸の済んだ, 戸ノ木戸, 戸二ノ木戸三ノ木戸, 戸二十九棟を焼き, 戸二枚の大きな, 戸二百人の旧, 戸二郡の郡境, 戸五千三百六十六人を数, 戸五戸くらいずつ残っ, 戸五百円以上ぐらいに計算, 戸人口二萬一千九百六十六人を有せり, 戸人口千五百人イタリア人過半を占め, 戸人口男二百〇七人女二百九十七人合計五百〇四人なり, 戸人家絶ユルコトナク倡女群ヲ成シテ扁舟ニ棹サシ, 戸人畜の死傷, 戸人間にし, 戸仁王門から二ノ木戸, 戸は十戸, 戸以上自余の王, 戸以下の四色, 戸仲間よりも特別, 戸倪諒というもの変, 戸に体, 戸の大, 戸入りの玄関, 戸八十歳以上の老齢者五人, 戸六千人以上に達した, 戸六百二十六人はこの, 戸兵役可能の男子, 戸兵衛閣下は帰郷, 戸其翌日持来植之, 戸典薬寮の薬戸, 戸内ニ盈ツルヲ, 戸分一兩一ヶ年に納金, 戸前三戸前の白い, 戸務君を訪れる, 戸十五人といふ出動率, 戸つぶれ二千二百二十五戸, 戸及び官奴婢は, 戸可十萬其俗殺人強盜及姦皆死盜者計贓酬物, 戸台といへる処, 戸台俊一は日本プロレタリア文化連盟, 戸台君本をもっ, 戸という家, 戸叶方へ須磨子, 戸の書, 戸を為しぬ, 戸四枚を追加, 戸次に戸惑い, 戸の間道, 戸を通してかすか, 戸夜風に鳴り, 戸天牛書店の二階広間, 戸太政大臣においては一町, 戸夫婦は女, 戸奴婢の場合, 戸婀娜ヲ養フ, 戸婚律中の條文, 戸守り符を作る, 戸官戸家人官奴婢私奴婢の五種, 戸向ひ, 戸だが, 戸家人官奴婢私奴婢の五種, 戸宿高阪宿, 戸寒し木屑干し, 戸小さな家が, 戸の西, 戸崩壊したもの千何百戸, 戸巫筋とも唱門師, 戸帳龍鬢の板疊, 戸へ小倉, 戸幡姫兒及び萬幡姫兒, 戸平均一分間位だ相, 戸平均二人半として約, 戸平均五人として約, 戸引きあけつ, 戸引きあけざま兄さんといふ嬌声, 戸引啓けて酔ひ, 戸引開くる音さ, 戸弘柯三氏とは日本思想史, 戸張りの奧, 戸当りいくら宛出せば, 戸当り一万円近い現金, 戸当り一町三反三畝余となし, 戸当り三十二銭松屋で四十銭, 戸当り六千円から一万五千円程度, 戸当り千円の借金, 戸当り幾人という労力, 戸当り数百円の借金, 戸当り毎年二十銭ずつ各, 戸惑つた姿です, 戸惑つた気持を感じた, 戸惑つた私の魂, 戸惑つて彼を将来, 戸或いは品部として, 戸戸婀娜ヲ養フ, 戸戸戸を締め, 戸指川などである, 戸指川グル川大重沼押っ堀, 戸探偵でいらっしゃいましょう, 戸擦れに土間, 戸政實が叛, 戸數一萬ばかりの某, 戸數七千人口三萬五六千もある, 戸數三千百三十五戸人口二萬一千九百六十六人を有せり, 戸數五十に滿, 戸數五十戸ほどの村, 戸數六七十の一區劃, 戸數六十戸ほどの半, 戸數及官名を擧げたる, 戸數官名を記せる, 戸數道程は前文, 戸數道里は略, 戸料米等を納, 戸方面を見渡し, 戸の隆慶時代, 戸明け放しありて向い, 戸最後に一つ, 戸有ったが今, 戸材木倉庫から米松, 戸松山近来の大火, 戸の間, 戸栗川波木井川早川常葉川など何れ, 戸栗川福士川佐野川稲子川芝川など渓流魚, 戸梅屋敷と違つて, 戸棚田氏宅から夫人光子, 戸検事一行を案内, 戸検事以下の全員, 戸構えてる話でねえ, 戸樹木を隔て, 戸橋ここから面河渓, 戸死傷者三千人を出した, 戸死者三千人負傷者は数, 戸殿に安置, 戸毎家毎には近隣, 戸氷結して, 戸池さん達の日, 戸泉さんあなたはカトリック, 戸泰平を謳歌, 戸洪水にひたされ, 戸に出, 戸浪さん貴方は弾丸, 戸浪三四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 戸浪君は車内, 戸浪団十郎の源蔵, 戸浪自身が犯人, 戸浪菅秀才村の子供たち, 戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 戸でいや, 戸渡りとある場所, 戸渡る梶の, 戸温泉は五箇所, 戸溺死怪我人算なし, 戸滑りが悪い, 戸漢土手の甚蔵, 戸漢青木弥太郎の事蹟, 戸潰れ六十五名の, 戸無き八尋殿を, 戸同宇曾利郷中濱御牧等, 戸玉の井燒亡後直に出, 戸王子の摂政, 戸王子甲斐黒駒太宰大弐弘継土竜とある, 戸現今三戸巫筋とも唱門師, 戸のついた, 戸田畑の流没二十一町, 戸百何十人かはここ, 戸百八十五人ヒラギシには士族平民取り, 戸蔵君の, 戸石高五十五石の検地, 戸をうつ, 戸破損三百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 戸福岡などの荒物屋, 戸密集し, 戸程に増して, 戸のほか, 戸の山々, 戸つれば, 戸立蜘蛛の有様, 戸競うて之, 戸簿を整理, 戸紫瑠璃黄玉の城楼宮門, 戸締めをしつかりする, 戸叩きやる, 戸縛りだけはやかましい, 戸して, 戸の神, 戸自ずから開くの, 戸自分の家, 戸華魁と書い, 戸華魁ぢやア, 戸葺けるだけの萱, 戸からつと, 戸藤吉は大, 戸の藩船, 戸街道の分れ道, 戸製薬者は八百人近く, 戸見え伯母見えぬるき水, 戸覗きやる, 戸覗くは, 戸りの, 戸詣りをさせない, 戸課せ神やら, 戸談話室との間, 戸赤き卵の, 戸は寂然, 戸に娶ひ, 戸近く旅館の三軒料理屋, 戸迷うものの, 戸迷って了, 戸迷ったらしく同様に, 戸透きて疊, 戸透く陽は, 戸造兵司の雑工戸, 戸道路狭し, 戸郡五戸町の観音堂, 戸酒舗また四, 戸重ければ難産, 戸金田一福岡と来りし, 戸金色燦爛として遠目, 戸の若旦那様, 戸も, 戸の響, 戸門番や飲食店, 戸閉されてあった, 戸閉すことを, 戸閉まりしつねに隠さん, 戸閉塞りて, 戸開かれきといふ, 戸開きて危き難, 戸開くればかの, 戸附近ではえ, 戸障子と云う, 戸障子欄間の張紙, 戸障子窓の限り, 戸障子雨戸もカタリ, 戸隠し山の故事, 戸隠りの後, 戸隱山か黒姫山, 戸隱飯綱の諸山, 戸集つてゐるところ, 戸雑貨店一軒あるのみ, 戸の文字, 戸颯と開きぬ, 戸と云, 戸高十三石余の一部落