青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戯曲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲
戯曲~
戰~ ~戸 戸~ ~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~

「戯曲~」 2685, 29ppm, 4045位

▼ 戯曲~ (562, 20.9%)

15 中に 6 上演を, 戯曲たる, 生命を 5 本質と, 本質を 4 ジャンルが, 中で

3 [12件] ために, なかに, 上に, 中にも, 文体が, 方は, 方面では, 本質といふ, 本質的な, 演出に, 筆を, 鑑賞は

2 [57件] うちに, ことについて, ことを, なかには, ほかに, もつ, スタイルを, テキストが, リズムに, 一つを, 上演に, 上演も, 中の, 主題が, 今日に, 会話の, 会話は, 作者は, 価値によ, 価値は, 価値を, 内容から, 前に, 創作から, 創作が, 創作を, 名演出, 女主人公, 形式に, 批評を, 文体, 文体から, 文体といふ, 文体として, 文体を, 文学的価値を, 方面に, 映画化私感, 本質, 本質について, 演出, 生命が, 生命に, 生産が, 生産は, 生産を, 筋を, 翻訳と, 翻訳者は, 要求する, 言葉, 言葉といふ, 言葉を, 読めない人, 読者に, 類が, 魅力と

1 [361件] あとの, あるもの, いくつかの, いって, うち凡そ, かける人, ことから, ごときもの, すべてに, そういう抒情的, それとを, それによ, たぐいは, ための, つもりで, どこを, どれもが, もつてるリズム, もつポピュラリティイ, もつ真, もつ韻律, もつ魅力, やうな, ような, わかるもの, イメーヂを, インタアプレエトとしての, ジャンルと, ジャンルや, ジャンルを, スタイル文体を, テキストの, テンポや, テーマにも, トーンを, リズムが, 一つに, 一場面に, 一字一言をも, 一層深い, 一幕は, 一形式, 一種が, 一節, 一節です, 一節として, 一節を, 一般形式が, 一見本を, 一部を, 一面を, 三幕目を, 三部に, 上演, 上演が, 上演という, 上演には, 上演によ, 上演による, 上演は, 上演即ち, 不足に, 世界, 世界では, 世界は, 世界へ, 中から, 中だけで, 中では, 中でも, 中には, 中心には, 中極めて, 主人公の, 主材, 主題と, 主題として, 主題には, 主題よりも, 主題結構, 事に, 事は, 事を, 五幕目の, 人形と, 人物が, 人物に, 人物を, 仏蘭西十九世紀後半の, 仏訳を, 仕事が, 他の, 他は, 会話と, 会話には, 会話も, 会話を, 伝統が, 伝統的分類と, 伝統的本質を, 作者, 作者と, 作者を, 価値と, 価値に, 価値のみによ, 価値や, 保証人とな, 修業と, 傍らで, 傑作を, 全体的価値は, 全体的感銘として, 全般的研究, 全貌といふ, 内容と, 内容に, 内容の, 内容や, 再現とは, 処女上演は, 処女公演は, 出現に, 分野では, 分野を, 分類である, 初めに, 別名の, 制作演技の, 制約, 制約を, 前で, 創作に, 創作には, 創作は, 創作欲が, 力による, 力作を, 勉強を, 印象を, 原形を, 原稿を, 取材が, 台本などからかも, 同じ場所, 名も, 名を, 名作と, 名訳なる, 喜劇的特質を, 地位が, 地位は, 地位を, 場合と, 場合は, 変貌にのみ, 多くは, 大切な, 大衆性といふ, 大部な, 大部分, 如きは, 如く思って, 如く最初, 存する限り, 存在を, 学び方, 完全な, 定型として, 定石としての, 定石を, 密度と, 対話の, 対話は, 常道を, 平凡さが, 幻象は, 幾多の, 序文に, 形で, 形に, 形を, 形式といふ, 形式は, 形式を, 形式及び, 影響を, 役によ, 思想と, 性格はずゐ, 性質に, 悉くに, 感情をも, 成功によって, 或る, 戯曲的価値を, 批評は, 指定せざる, 指導性, 数こそ, 数は, 数も, 文体である, 文体と, 文体としてはね, 文体に, 文体の, 文体劇的本質としての, 文学的価値と, 文学的価値は, 文学的発展が, 文学的評価に, 文学的領土を, 断片位しか, 新しい歩み, 新しい解釈, 方で, 方に, 方面から, 方面でも, 時間的空間的生命, 書き方を, 書き時, 書けるん, 書ける作者, 書方は, 最大欠陥を, 有する本質的価値, 有つ, 朗読だ, 本質から, 本質からのみ, 本質たる, 本質として, 本質に, 本質にも, 本質は, 本質的, 本質的リズムは, 本質的価値が, 本質的価値を, 本質的生命を, 本質的魅力は, 本質美について, 本質舞台の, 本道を, 材料は, 根本思想を, 構成に, 様式と, 標準を, 標題について, 正念場で, 殆ど悉く, 消息を, 深く正しく従っ, 演ぜられる初舞台, 演出が, 演出と, 演出といふ, 演出とは, 演出法を, 演奏に際し, 特色は, 理論という, 生命である, 生命は, 生産といふ, 生産についても, 生産も, 生産をも, 生産即ち, 由来等なれ, 発生熟爛するあり, 発表が, 発表は, 登場人物は, 百合若の, 瞬間, 科白ぢや, 科白の, 立ち遅れが, 立体化, 立体化に, 第一, 第二部, 精神と, 精神を, 素材と, 素材的興味作者の, 細部は, 紹介が, 紹介や, 終着が, 結構についても, 美を, 美学である, 翻訳が, 翻訳に, 翻訳は, 翻訳わけても, 翻訳を, 翻訳及び, 聡明な, 肉体化が, 背景の, 舞台の, 舞台性強調曰く芝居は, 舞台的生命は, 舞台紐育を, 色々の, 芸術としての, 芸術的価値が, 芸術的価値を, 草稿が, 行はれ, 解説なぞ, 言葉に, 訳に, 評価が, 話それが, 話など, 話なども, 話も, 話を, 誕生が, 読み方, 読み方と, 読み方の, 読み方は, 読み方殊に, 読めない読者, 読者は, 諸傾向, 象徴を, 貧困を, 質が, 跋文に, 近代的進化が, 逐字的翻訳や, 運命を, 達し得る領域, 違ひなんかも, 邪道であり, 部分的修正によ, 醜悪に, 長さ, 開花時代を, 開花期に, 面は, 面白さ, 面白味が, 革新は, 音楽を, 頼りと, 類と, 類を, 風変りな, 飜譯語を, 骸骨であっ, 魅力は

▼ 戯曲~ (421, 15.7%)

33 書いて 8 書くこと, 読んで 7 書いた, 書くため, 書くの 5 書かうと 4 上演し, 読む場合 3 書く, 書くと, 書く興味, 評して, 読む時, 読んだこと

2 [28件] いくつか, お書き, かいて, かき, して, よろこばないの, よんで, 二つか, 如何に, 書いたが, 書かなくな, 書く人, 書く作家, 書けば, 活字に, 発表し, 素材として, 舞台に, 観ること, 評価する, 読みながら, 読むこと, 読むと, 読むもの, 読む訓練, 読んだ, 貶すかと, 選んで

1 [264件] ある一座, あゝいふふう, いたづら, いつまでも, かいたが, かきました, かくと, かく種, かの女, この光輝, この翻訳, これくらゐ取りあげれ, これまで, さうし, さほどには, その上演目録中, その出来栄え, その初期, その国, その流儀, どの産業, のせて, ひとつ書い, みると, やつて, やらうといふ, よく学ん, よく読み, よむ, よむ様, わが文壇, モスコオ芸術座以外の, 一つ書い, 一人の, 一度読ん, 一篇きり書けなかった, 一篇も, 一編書きあげる, 丁寧に, 三分の一ほど, 上演する, 並べるといふ, 主として書い, 主体と, 二十五篇読ん, 二篇書い, 今は, 何んと, 作って, 作ると, 作るや, 作る時, 僕は, 優れた翻訳, 前後の, 勉強した, 半分ばかり, 単行本に, 原作と, 原文で, 取りあげましたが, 取寄せて, 同志会館の, 同時に読んだ, 味は, 執筆しよう, 多勢に, 夢にも芝居, 天衣無縫の, 夫妻に, 専門に, 尊重する, 小説と, 尻目にかけて, 平面的な, 律する尺度, 思い出した, 思ひ出した, 感じて, 感じること, 感じ得る, 感じ得る舞台監督, 戯曲たらしめる, 手に, 手はじめに, 批評する, 拾つてみる, 指すため, 排し俳優, 排除せん, 提げて, 提出した, 提出しよう, 撰ぶといふ, 支柱として, 数多く読ん, 数日の, 文学として, 文学の, 斥けるため, 日本人流に, 普遍的な, 書いたこと, 書いたの, 書いた事, 書いた時代, 書いてさえ, 書いても, 書かうぞと, 書かせること, 書かないか, 書かない作者, 書かなかつたか, 書かなくなる理由, 書きかけて, 書きこれ, 書きしぶつ, 書きそして, 書きその, 書きたい, 書きだしてから, 書きつ, 書きつつ, 書きつづけるため, 書きながら, 書きはじめた, 書きはじめた人, 書きはじめた新人, 書きはじめて, 書きましたが, 書きまた, 書き上げたといふ, 書き不用意, 書き写実的戯曲, 書き出したよう, 書き同志, 書き得るに, 書き得るものの, 書き新た, 書き演出, 書き続けたこと, 書き続けて, 書き続け得られると, 書き自ら上演, 書き舞台, 書くし, 書くだん, 書くという, 書くとき, 書くには, 書くの適, 書くもの, 書く人々, 書く仕事, 書く以上, 書く傾向, 書く勇気, 書く場合, 書く場合の, 書く希望, 書く張合, 書く意志, 書く時, 書く書かないは, 書く楽しみ, 書く気, 書く筈, 書く連中, 書けとの, 書けるなら書いて, 書こうと, 最もよく理解, 最初読んだ, 朗読する, 朗読でも, 本業と, 極めて限られた, 横行せしめる, 歌舞伎劇は, 此の, 殆ど専門, 求めて, 活字で, 渠が, 演ずるに, 演ずる俳優, 演出演技する, 特色の, 理解させ, 生み出した劇作家, 疎外し, 発明した, 発表した, 発表する, 知つ, 私は, 私も, 称して, 筆頭に, 紹介する, 綴る気, 翻訳し, 翻訳する, 耳で, 聴くこと, 舞わしめたること, 舞台で, 舞台化し, 舞台脚本と, 舞台芸術を, 芸術的に, 見せる相手, 見ても, 見るな, 見るに, 見出すこと, 見捨てて, 観よ, 解釈する, 計るのに, 訳したこと, 訳したり, 訳して, 訳す参考, 試み批評, 誤りなく, 読みこなす為め, 読みその, 読みそれ, 読みましたか, 読みまたは, 読み何故, 読み又は, 読み得るもの, 読み易く, 読み此, 読み直すやう, 読み耽って, 読み耽る冬夜, 読むたび, 読むとき, 読むの, 読むよう, 読む上, 読む場合小説, 読む術, 読む資格, 読めば, 読んだ後, 読んだ時, 読んでと, 読んでを, 論じて, 論じる場合, 讀んでは, 買ふ, 軽い頬杖, 載せるの, 進んで, 選びそれぞれ, 選択し, 鑑賞すれ, 除外し, 雑誌に

▼ 戯曲~ (197, 7.3%)

2 [13件] こ, その小説, ついに書かれなかった, ない, 何れも, 何処を, 全く進化, 勢ひ, 小説ほど, 小説よりも, 戯曲の, 文学座からも, 私の

1 [171件] あくまでも実在, あまりにも, あまり上手, あらゆる意味, あらゆる文芸上, ある程度まで, いつの間にかこれら, いつもその, いよいよ本物, この作者, この頃, これまで, さう, すくなくとも三歩, すべての, そこで散文, そのままの, その劇的価値, その取材, その布置, その後相次い, その思想的内容, その本質, その芸術的手法, たいてい宿命, ただ絵画的彫刻的舞踊的, たぶん私, だいたい戯曲, だんだん舞台, とにかく小説, どうしても普遍的, どんな戯曲, ないないと, ほかには, ますます舞台的, また小説, まだ日本, まとめて, もはや存在, やはり舞台, よくこの, よせん, より舞台的, インテレクチユアルだ, ジヤック・ルウシェ君の, ヘレニズムより, ユニックであり, リズムが, 一と, 一体どの, 一読し, 上演によつ, 上演不可能な, 世評の, 主として翻訳者, 主題として, 乾いた土, 云ふまで, 人物が, 人生の, 今日まで, 以前二つほど, 仲, 余の, 作者が, 作者としては, 作者の, 例外の, 俳優によって, 俳優の, 倫理的の, 元内地, 元来何等かの, 兎も, 全く孤影悄然, 全体として, 共にわれわれ, 内容の, 写実的演出を, 初期に, 助からないこと, 勿論例外, 同じ訳語, 同氏の, 君に, 味へ, 商売に, 啻に不幸悲惨, 多く悲劇的外貌を, 多く此傾き, 多数に, 夢にも, 大して面白く, 大体標準語たる, 大抵は, 失明した, 如何なる俳優, 如何に, 実によく読んだ, 実を, 対話の, 小説では, 小説などと, 広大な, 当時演劇的には, 待つて, 必ずしも, 必ずしもない, 必ずその, 忠実な, 恋愛に, 恐らく彼自身, 恐らく戯曲, 戯曲で, 戯曲である, 戯曲として, 戯曲としての, 戯曲に, 技術的に, 抑も, 散文で, 文学である, 文学としての, 文学ならざるべからず, 文学の, 文学座の, 文学者の, 断じて芸術的作品, 新劇史上記念すべき, 日本の, 日本古来の, 明かに, 昔から, 最も純潔, 果してどの, 概して前半, 概ね今日, 機智と, 次ぎ次ぎに猿之助, 比較的長い, 決して文字, 活字として, 渠を以て, 生き物です, 申し合せたやう, 直すと, 純情が, 純粋に, 経験に, 脚本または, 舞の, 舞台で, 舞台監督が, 要するに一定, 言うところ, 言葉を, 詩や, 誇張なく, 読まれたこと, 読むが, 読むこと, 近く脚光を, 退屈だ, 退屈だった, 過去の, 雑誌でも, 音楽に, 題材を, 飽くまでも演劇的, 驚くべき熱, 高級雑誌の

▼ 戯曲~ (164, 6.1%)

4 書けるか 3 出て 2 あると, 今日の, 他の, 戯曲として, 文学である, 文学の

1 [145件] あなた方の, ありその, あり得る, ある, あるし, あるばかり, あるん, あれば, いかなる動機, いかに舞台映え, いったん舞台, いつも話題, きっかけで, この一種, これまで, さういふ風, ざらに, そこから, その, その上演, その文学性, その真価, それによ, それほど不足, たとへ, どしどし上演, なかなか盛ん, のらないので, ほとんど戸ごと, ほんた, ぼつぼつ眼, まじって, まだ読まるべき, まづ文学, もつ, もつと, ものに, よつて以, わかつたとか, わかつたの, わかつて, わが国にも, わが新劇史始, イギリスの, ギリシア劇の, コメデイ・フランセエズの, ヘタに, ベックルナアルポルト・リシュキュレル扨ては, リズムに, 一つでも, 一つ二つ現われる, 一二篇づゝ載つ, 一体どこが, 一冊も, 上演された, 上演される, 下手な, 二通り翻訳され, 人形の, 低級な, 何人にも, 何処かに, 何故に, 何故新劇, 何時現れ, 余りに多, 作られ舞踊, 作者自身によ, 偶然その, 傲然として, 先づ戯曲, 出ない, 出ないから, 初めて制作劇場, 劇作家の, 勧善懲悪の, 受けたかく, 可なり, 可なりの, 同時に上演, 多少流行, 如何なる俳優, 如何なる意味, 如何に, 如何にも, 学び取られようぞ, 実はその, 実際どれ, 専門化し, 小説の, 少しも, 常にそれ, 常に舞台, 当時ロンドンで, 戯曲たる, 戯曲としての, 文学として, 文学としての, 文学的に, 文学的にも, 時間芸術として, 書いて, 書けると, 本質的に, 果して温室, 極端な, 次第に小説的, 歌舞伎俳優によ, 此の, 殆ん, 殊にわが国現代, 永久に, 求めて, 活き舞台, 活字として, 活字としてのみの, 活字に, 演じられた, 演ぜられて, 演ぜられるに, 演劇として, 演劇の, 現はれ, 現はれ出した, 現れて, 甚だ, 生れず戯曲, 生れては, 生れる理由, 生れる筈, 生れ所謂, 発表され, 発表された, 真に, 真にすぐれた, 真にその, 自立劇団の, 舞台から, 舞台に, 要求する, 見物を, 近頃ちよいちよい現, 達し得ないといふ, 雑誌に, 顔に

▼ 戯曲~ (141, 5.3%)

7 於て 5 筆を 4 書直した, 書直す 3 なつて, なると, 於ても, 盛られて 2 した結果, 小説に, 就て, 於ける, 於ては, 現はれる, 関心を

1 [95件] あつて, あてはまらないと, あらざるなり, あらずして, あらずと, あらわれたよう, あらわれたよりも, ありそう, かいても, しさ, したそれ, すると, するの, せいぜい二つ, せずとも, せずに, それらが, ちがいない, でつちあげる工夫, とつて, とりかかって, ならないもの, なり詩, なる小説, はじめて接した, ぶつか, よったもの, トラゼヂーある, ナチュラリズムなる, 不必要, 与へられる例, 京極内匠が, 仕立てた島田清次郎, 仕組まれしもの, 仕組むに, 代るべきもの, 倶に, 傾倒し, 全部かかっ, 冷淡だ, 劇的価値あり, 取りいれられたある, 取りかかって, 古今の, 含まれる, 含まれる戯曲的魅力, 執心を, 奉仕した, 奉仕する, 就いて, 就いては, 帰れば, 志すほどの, 慣らされた日本, 手を, 描かれた人物, 描かれた様々, 敬意と, 於いて, 於けるこの, 於ける会話, 於ける場面転換, 於ける文学性, 書かれて, 書くこと, 書くため, 求めるもの, 求め得られなかつた, 没頭する, 清正の, 演劇の, 熊野詣り, 特有なる, 球突の, 盛つたのは, 盛り得る最高, 等級を, 織り込みながら, 脚色し, 至つては, 興味を, 行く, 親しむかたわら, 親み, 触れるべき所, 詩に, 読みふけって, 近き形式, 近く誠に, 通じて, 関係しない, 限つた, 限らず興味中心, 頼らうと, 馴れないせい

▼ 戯曲~ (141, 5.3%)

3 としての才能 2 が戯曲, としての氏, のある, の作品, の門, は自分, もまた

1 [124件] がかう, がその, がゐないだらう, が会話, が住ん, が優れた, が共通, が戯曲家, が戯曲的, が文字, が無, が登場, が腕, たらずさうかと, たりともい, たる動機, で, である, であること, であるという, でない方, ではありません, でもそれ, でもなるほど, でも一方, で出発, で戯曲, で通つて, といふ折紙, としてどうにも, としてのある, としてのひとつ, としてのイプセン, としての出発, としての失敗, としての存在, としての成長, としての才, としては関口次郎, としてやはり, として一家, として世, として世間, として今後, として出発, として初, として危げ, として大, として立たう, として立つ, として自分, として認められ, と云, と俳優, と装置家, と言, などもどうして続々, ならずとの, ならたいてい, なりがある, にならう, になるだらう, によつて意識的, に仕立てあげる, の仮面, の作意, の全, の創作, の創造精神, の幸福, の思案, の息, の批評, の擡頭, の方, の書いた, の業績, の生活, の真価, の着目, の立場, の若干, の著書, の蔭, の跡, の近松, の風貌, はい, はお, はこれ, はそこで, はないです, はまだ, はみんなどこ, はゆゑ, はシェイクスピア, は主として, は如何なる, は少く, は必ず, は戯曲, は民衆, は決して, は現代生活, は生れ, は繊細, は翻訳, は舞台, ばかりを指す, も俳優, も実は, も居た, やはその, や小説家, らしい狡計, らしき戯曲家, をし, を以て任ずる人々, を友, を呼ぶ, を真に, を育てる, を軽蔑, 乃至戯曲批評家

▼ 戯曲作家~ (77, 2.9%)

2 である, であること, について, の, の第, は一面

1 [65件] がこれから, が何故, が徒ら, が生れ, が自作, ではない, で能楽, としてかう, としての修業, としての満身, としての菊池寛, として出発, として恵まれた, として決して, として絶えず, として舞台, と俳優, と地方, と雖, なら誰, なるもの, にあまり, になれる, に忌憚, に遠く, のうち, のすべて, のなか, のもと, のもの, の一群, の不, の仲間入り, の側, の場合, の多く, の対話, の悲哀さ, の本質的才能, の果した, の皮肉, の群, の評論, の読者, の間, の陣営, はさ, はその, は前述, は小数, は普通, は生れ, は知らず知らず, は自ら, は舞台, は西洋劇, は読者, も小説作家, も自分, らしい戯曲作家, をひとしく, を刺戟, を舞台, を通じ, を頭

▼ 戯曲~ (55, 2.0%)

2 では, なもの, な場景, な対話

1 [47件] かつとう, であったので, であった日蓮, であり誇張, な, なやり方, ならざるもの, なる, な不自然, な世界とい, な中, な主題, な事実, な光景, な効果, な原因, な喜憂, な恐怖, な感激, な感覚, な戯曲, な文体, な物語, な狙い, な空想, な色彩, な表現, な要素, な言葉, な詩, な転回, に, にすら聞えた, になつ, には狙い, に人生, に力強い, に死, に発展, に考えれ, に設定, に面白, の事実, の筋, の表現手段, の醜悪, 或は俳優的衝動

▼ 戯曲~ (47, 1.8%)

3 小説との 2 なる, 称せられるもの

1 [40件] いい寓言, されて, する, でない限, なしこれ, なったばかり, なった伊太利, ならず日常, ウエルスの, 三篇の, 云うもの, 云ひ得る, 云へば, 云わず小説, 人生, 倶に, 合せて, 同じく尊重, 同じ作者藤木稠子さん, 密接な, 小説, 小説家や, 書簡文学の, 殊に歌謡, 沙翁劇の, 演劇との, 異る, 称するもの, 答へ, 能楽の, 舞台との, 舞台は, 舞台劇作家と, 言うもの, 言う面, 詩との, 較べて, 遊廓とにて, 銘打つて, 面白くない

▼ 戯曲~ (42, 1.6%)

2 不正な, 小説も, 書くと

1 [36件] あると, ある程度まで, ある種, お書き, さうだ, そういう条件, そうだ, その幾分, その素朴, それに, それ等の, なかにはある, エッセイも, 亦同様, 亦条理, 何う, 何も, 同じ読物, 同様の, 悪い意味, 書いた, 書いたガイヤー, 書かずアラン群島, 書かれるよう, 書くよ, 書ける人, 書こうと, 有り得ない, 現實, 甚だつまらない, 紅毛人の, 結構です, 解る, 読んで, 載せるの, 農村の

▼ 戯曲~ (28, 1.0%)

3 小説の, 小説を 2 小説に, 小説にも

1 [18件] である, ミケランジェロの, ラジオドラマを, 何でもかでも書きとばし, 又評論, 小説などは, 小説などを, 小説や, 旧時代, 演出などに際しては, 演劇は, 詩という, 詩などの, 詩や, 詩を, 論説など, 道成寺の, 音楽にも

▼ 戯曲といふ~ (23, 0.9%)

7 ものは 2 もの, ものを

1 [12件] ものが, ものに, ものに対する, ものの, 一つの, 当時私の, 戯曲の, 文学の, 文学形式が, 文学的形式が, 楽譜を通して, 違つた道を

▼ 戯曲として~ (23, 0.9%)

2 その本質的

1 [21件] さしたる特色, 何故に, 傑れ, 傑れた, 劇として, 即ち例, 多分の, 大きな本質的, 如何に, 完成された, 弱い歌舞伎劇, 後世の, 本質的に, 本質的の, 欠点の, 生れた戯曲, 舞台にかけて, 表現する, 読む堅苦し, 通用し, 高級である

▼ 戯曲~ (22, 0.8%)

10 の人物 2 最も奇矯 1 に出る, に含まれ, に次, に現れる, のハムレット皇子, の一人物, の傑作中, の如何なる, の美化, 最も

▼ 戯曲とは~ (19, 0.7%)

2 如何なるもの

1 [17件] あらゆる, なるほどこれ, ジャンルを, 一体どんな, 云い難い, 今の, 何れも, 全然別, 別物, 取りも, 同じ尺度, 名ばかりの, 大学生と, 常に傑, 此の, 限らず小説, 非常に

▼ 戯曲~ (19, 0.7%)

3 したもの 2 した

1 [14件] さうと, されたもの, された時, された歴史, され一九〇〇年舞台, したクララ, した藝術, して, し得るに, し得る小説, する場合, せられた大内鑑, などを指す, を試み

▼ 戯曲文学~ (19, 0.7%)

1 [19件] が普遍的, として新しい, について公正, に対する熱情, のうへで明らか, の創造, の地位, の思想, の成長, の立場, の精神, の重要, の頂点, の領域, はここ, への時代的, を対象, を通じてこれ, を通じての時代的推移

▼ 戯曲~ (16, 0.6%)

1 [16件] が様々, が活気, にある, にぞくぞく, には存在, にも及ん, に対する私, のこの, の上, の大立物, の現状, の相続者, は必ずしも, もさまざま, もそろそろ, を見渡す

▼ 戯曲では~ (15, 0.6%)

3 ない 2 それが 1 いきおい日常, いきほひ日常, その戯曲, ないから, アメリカに, チェーホフルナアルボルトリッシュヴィルドラック岸田国士などが, 時間的に, 筋を, 雑誌, 食って

▼ 戯曲~ (15, 0.6%)

1 [15件] として, としては甚だ, などに凝っ, など担ぎ出すべき, なるもの, に結びつける, の一節, の説明, を, を整理, を映画専攻者, を発表, を立つる, を筆, を裏

▼ 戯曲である~ (14, 0.5%)

2 ために

1 [12件] がこれ, がため, がフランス十八世紀, が家庭, が故に, が私, ことを, ためには, といふこと, ところの, と思います, 以上これを

▼ 戯曲には~ (14, 0.5%)

1 [14件] こういう長所, さうい, その時々, ならない, めまぐるしい生命, 上演記録が, 冷淡だ, 可なり, 文学的表現として, 真の, 種々の, 舞台が, 見られない新鮮さ, 飽き飽きした

▼ 戯曲創作~ (14, 0.5%)

2 の場合, の要諦 1 から遠, について知り, に於ける, の上, の出発点, の希望, の楽しみ, の興味, を志す, を続け

▼ 戯曲~ (13, 0.5%)

2 あつた

1 [11件] あちらで, あつて, あらう, それぞれジャンル, 一八三〇年その, 僕が, 出発した, 彼の, 示した, 芸術作品としての, 難点と

▼ 戯曲~ (13, 0.5%)

2 の諸, を一冊二冊 1 が出た, たる, だと, と重複, についてのお話, の, のあとがき, を一冊, を出す

▼ 戯曲~ (12, 0.4%)

2 と騒ぐ 1 からか小説, が日本, けれどもそれ以前, つて今の, つて通俗戯曲だ, といふ, とする, と云, と云う, と須磨

▼ 戯曲にも~ (12, 0.4%)

1 [12件] それぞれ之を, チェホフの, ミュッセイプセンストリンドベリイの, ラシイヌの, 以前の, 似て, 優れた戯曲, 共通な, 共通の, 存すること, 小説にも, 比せらるべき

▼ 戯曲乃至~ (12, 0.4%)

8 演劇の 1 一般普通の, 戯曲体の, 演劇とは, 演劇なる

▼ 戯曲~ (12, 0.4%)

1 [12件] が戯曲, が比較的, に及ぼした, に多く, の今日, の最近十年間, の瞥見, はどう, は才能, は文学的, を顧み, 乃至劇界

▼ 戯曲でも~ (11, 0.4%)

1 [11件] あると, この創造的努力, そういう場面, はじめの, よいかと, マスタァする, 一句一節毎に, 一度優れた, 恋愛を, 求められて, 隅々まで

▼ 戯曲としての~ (11, 0.4%)

1 [11件] リズムを, 価値小説としての, 密度が, 強味は, 文学性を, 文学的所産から, 新しさ, 本質に, 構成には, 野心的な, 魅力に

▼ 戯曲そのもの~ (10, 0.4%)

1 であるとは, に対する寛容, のなか, の人生的意義, の性質, の文学的進化, の方, の生命, の魅力, は云

▼ 戯曲から~ (8, 0.3%)

1 いろいろの, さへも, その主題, 促進される, 十分の, 浮び出るテンポ, 直接何らかの, 遠ざかつてゐた

▼ 戯曲とを~ (8, 0.3%)

1 もて有名, 交, 区別する, 取上げるとき, 数多く交, 書いたもの, 比較し, 永遠に

▼ 戯曲~ (8, 0.3%)

1 から少く, から離し, の一頁, の上, の巻頭, の頂点, を繙く, を説き

▼ 戯曲たる~ (7, 0.3%)

2 所以は 1 形式が, 所以だ, 所以を, 本質的生命に, 条件だけは

▼ 戯曲としては~ (7, 0.3%)

1 つまらないと, 価値が, 千九百年三月アントワアヌ座で, 未完成作品, 無理な, 生彩に, 高く評価

▼ 戯曲らしい~ (7, 0.3%)

2 戯曲を 1 ものを, 小説は, 戯曲が, 戯曲といへる, 戯曲をと

▼ 戯曲時代~ (7, 0.3%)

1 が来た, といふ素晴らしく, と呼ばれる, と呼ん, のため, は百花爛漫, もどうやら

▼ 戯曲~ (7, 0.3%)

1 の創造, の基本的, の本質, の構成, の要素, を摂取, を逸する

▼ 戯曲に対する~ (6, 0.2%)

1 世評は, 尊敬を, 岸田さんの, 心持は, 自分の, 興味が

▼ 戯曲をも~ (6, 0.2%)

2 大胆に 1 含めて, 書いた, 自己の, 読み直しさまざま

▼ 戯曲作品~ (6, 0.2%)

2 を発表 1 だ, と異, のこと, をのせる

▼ 戯曲批評~ (6, 0.2%)

1 なるもの, に対する意見, の圏外, の角度, はこれ, を試み得る

▼ 戯曲とか~ (5, 0.2%)

1 にわか造りの, セルバンテスの, 小説とか, 小説とかいふ, 近代

▼ 戯曲なら~ (5, 0.2%)

1 いくらでも, ばそれ自身, ば原作, ば国, 少し

▼ 戯曲なる~ (5, 0.2%)

1 が故に, にあらずや, 文学形式を, 文学様式に, 様式の

▼ 戯曲よりも~ (5, 0.2%)

1 先俳優を, 劇らしい, 小説を, 進んだところ, 面白く美しく人

▼ 戯曲形式~ (5, 0.2%)

1 の上, の基礎, への不敵, をよろこばない, を大胆

▼ 戯曲という~ (4, 0.1%)

1 ものを, ような, ジャンルの, ジャンルは

▼ 戯曲について~ (4, 0.1%)

1 云へば, 自ら語つてゐる, 言えば, 語ること

▼ 戯曲のみに~ (4, 0.1%)

2 必要な 1 あるべきもの, 通用する

▼ 戯曲以前~ (4, 0.1%)

4 のもの

▼ 戯曲小説~ (4, 0.1%)

1 と同じ, におけるよう, に於ける, の善本

▼ 戯曲的価値~ (4, 0.1%)

1 が空しく, とが或, とは微々たる, を

▼ 戯曲的要素~ (4, 0.1%)

1 が失はれ, の少ない, への注意, をのみ見るなら

▼ 戯曲~ (4, 0.1%)

1 に多し, の場合, も悲哀戯曲, を論ずる

▼ 戯曲~ (4, 0.1%)

1 として全然, に於, のうち, を断念

▼ 戯曲院本~ (4, 0.1%)

2 の長所 1 には戯曲, には戯曲院本

▼ 戯曲からは~ (3, 0.1%)

1 つまらない演劇, まだ学ぶべき, 絶縁し

▼ 戯曲だけ~ (3, 0.1%)

2 書いて 1 で演出家

▼ 戯曲との~ (3, 0.1%)

1 分野は, 関係だ, 関係連絡の

▼ 戯曲などが~ (3, 0.1%)

1 あらわれた, それの, 文明に

▼ 戯曲において~ (3, 0.1%)

1 その才能, 初めて日本語, 題材は

▼ 戯曲のみを~ (3, 0.1%)

1 書かうと, 読む時, 貴重し

▼ 戯曲への~ (3, 0.1%)

1 新たな, 歩みよりが, 興味が

▼ 戯曲より~ (3, 0.1%)

1 一切の, 楽な, 読みい

▼ 戯曲作法~ (3, 0.1%)

1 といふもの, に就い, は成るべく

▼ 戯曲作者~ (3, 0.1%)

1 が若, として近年巴里, 及び国立劇場役員

▼ 戯曲即ち~ (3, 0.1%)

1 文学の, 脚本が, 脚本であります

▼ 戯曲家的才能~ (3, 0.1%)

1 があれ, がどれほど, を示した

▼ 戯曲殊に~ (3, 0.1%)

1 本書に, 知識階級の, 近代劇に

▼ 戯曲生産~ (3, 0.1%)

1 の方向, の飛躍, を通じてこれ

▼ 戯曲的対話~ (3, 0.1%)

1 といふもの, として取扱, の表現

▼ 戯曲的構成~ (3, 0.1%)

1 という形式的要求, の柔軟さ, を持った

▼ 戯曲こそ~ (2, 0.1%)

1 滅ぶべきである, 迷惑千万だ

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 へあつ, へ傑

▼ 戯曲です~ (2, 0.1%)

1 か, がその

▼ 戯曲でなく~ (2, 0.1%)

1 ては現, 甚だ

▼ 戯曲としても~ (2, 0.1%)

1 また有名, 最大の

▼ 戯曲なぞ~ (2, 0.1%)

1 書くの, 書けても

▼ 戯曲などの~ (2, 0.1%)

1 作家の, 描写にも

▼ 戯曲なども~ (2, 0.1%)

1 でて, 同様に

▼ 戯曲ならざる~ (2, 0.1%)

2 戯曲

▼ 戯曲なり~ (2, 0.1%)

1 何なりに, 小説なりが

▼ 戯曲なんて~ (2, 0.1%)

1 いふもの, え変

▼ 戯曲における~ (2, 0.1%)

2 岡本綺堂が

▼ 戯曲についての~ (2, 0.1%)

1 大衆的反響が, 認識が

▼ 戯曲については~ (2, 0.1%)

1 この雑誌あたり, 何も

▼ 戯曲にまで~ (2, 0.1%)

1 それが, 作られた赤蜂本瓦

▼ 戯曲によ~ (2, 0.1%)

1 つて有望な, つて男女の

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 書直した, 稿料つけ

▼ 戯曲ほど~ (2, 0.1%)

1 あつため, 根本的で

▼ 戯曲らしき~ (2, 0.1%)

1 もの, 戯曲の

▼ 戯曲ジャンル~ (2, 0.1%)

1 の新, の混淆

▼ 戯曲三篇~ (2, 0.1%)

1 はいづれ, はそれぞれ

▼ 戯曲不振~ (2, 0.1%)

1 の時代, の理由

▼ 戯曲中心~ (2, 0.1%)

1 の演劇, の芝居

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 による一つ, の

▼ 戯曲全集~ (2, 0.1%)

1 と近代劇全集, は幾通り

▼ 戯曲六篇~ (2, 0.1%)

1 という尨大, について

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 でよ, でよの

▼ 戯曲制作~ (2, 0.1%)

1 の根本的技術, の過程

▼ 戯曲創作上~ (2, 0.1%)

1 に齎した, 最も大

▼ 戯曲創作慾~ (2, 0.1%)

1 が再燃, を燃え立たせる

▼ 戯曲創作熱~ (2, 0.1%)

1 から脚本上演熱, がさう

▼ 戯曲及び~ (2, 0.1%)

2 戯曲作家について

▼ 戯曲学校~ (2, 0.1%)

1 に入れる, の年

▼ 戯曲家エルマー・ライス~ (2, 0.1%)

1 は今日, を山本有三氏邸

▼ 戯曲家シェクスピア~ (2, 0.1%)

1 が生きた, は大胆

▼ 戯曲家ブウエリエ~ (2, 0.1%)

1 の面目, はやはり

▼ 戯曲家志望~ (2, 0.1%)

1 の人達, の青年

▼ 戯曲家批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.1%)

2 の素人等

▼ 戯曲小説等~ (2, 0.1%)

1 の発生, の種類

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 でやる, で演ぜられる

▼ 戯曲本位~ (2, 0.1%)

1 であれば, の芝居

▼ 戯曲演出~ (2, 0.1%)

1 の基調, の場合

▼ 戯曲理論~ (2, 0.1%)

1 から見る, というもの

▼ 戯曲界不振~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ 戯曲的主題~ (2, 0.1%)

1 と構成, の故に

▼ 戯曲的手法~ (2, 0.1%)

1 は今日, よりもはるか

▼ 戯曲的狙い~ (2, 0.1%)

2 の範囲

▼ 戯曲的生命~ (2, 0.1%)

1 が生じ, に乏しく

▼ 戯曲精神~ (2, 0.1%)

1 の文学的発見, を探究

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 でひらき, によく

▼ 戯曲~ (2, 0.1%)

1 は盛ん, も相当

▼1* [193件]

戯曲ありてより, 戯曲小説を, 戯曲さえ言い合いの, 戯曲しか発表した, 戯曲そういうものは, 戯曲その曲に, 戯曲だけしか読まないという, 戯曲だけの問題として, 戯曲だけは少くとも, 戯曲だけを死に身, 戯曲だって通俗戯曲だ, 戯曲つてやつはよく, 戯曲であったらその時, 戯曲でさえ京伝馬琴以前は, 戯曲でないやうに, 戯曲でなければ現せない, 戯曲といへるの, 戯曲とかいふ境界を, 戯曲とかの部類に, 戯曲とが一時代前に, 戯曲としてよりも何かしら, 戯曲とでいくらかの, 戯曲とも称べ, 戯曲と共に束の間も, 戯曲のだ, 戯曲なしと思惟, 戯曲なぞにはそんな註文, 戯曲など書いて, 戯曲などとはいわないすべて正本, 戯曲などに力強く写され, 戯曲などに対してどのよう, 戯曲などに対しても抜目なく, 戯曲などは所謂喜劇の, 戯曲などを書くもの, 戯曲なりを書いて, 戯曲なんか書かなければ, 戯曲なんかにしない, 戯曲においては同じ足ならし, 戯曲にたいしてパリーへ, 戯曲についても何事も, 戯曲になつてゐ, 戯曲にのみ含まれる生命, 戯曲によってロシアの, 戯曲によっては現実に, 戯曲によつて何, 戯曲に対して常に考へさせられる, 戯曲に対しては標準を, 戯曲に対するの意見此の, 戯曲はちよつと思ひ当らぬ, 戯曲はもうちやんと, 戯曲ばかり幅を, 戯曲へと遷つて行くであらう, 戯曲またやや複雑, 戯曲よむ冬夜の, 戯曲らしく整ってい, 戯曲をさえ書いて, 戯曲をと志し次第に, 戯曲をといふ先入感が, 戯曲を以て上演不可能なる, 戯曲を通してこれを, 戯曲を通じてこれほど, 戯曲アルト・ハイデルベルヒを聯想, 戯曲スタイルによる論文, 戯曲チロルの秋, 戯曲ファウストの稿, 戯曲フエードル中の人物, 戯曲フランチェスカの名訳, 戯曲ペールユーミリヱーを読む, 戯曲リベディンスキーの, 戯曲ロメオとジュリエット, 戯曲一本道を倦まず撓まず歩い, 戯曲一篇を送りたる, 戯曲一軒の割合, 戯曲三段目に白太夫, 戯曲の類型, 戯曲不毛は日本, 戯曲に戯曲創作, 戯曲並びに今後の, 戯曲中眼ざわりの個所を指摘, 戯曲を証せり, 戯曲二十五種を選び出し, 戯曲二篇はまだ, 戯曲以外のあなた, 戯曲伯爵令嬢ジュリアの役, 戯曲作家たちが良い, 戯曲作家ブルガーコフが, 戯曲作家戯曲そのものの方, 戯曲作法的からくりでこれ, 戯曲例へばコクトオの, 戯曲俳優がもつ, 戯曲俳優舞台演出それから観客, 戯曲全体を通じて舞台的生命, 戯曲公募を続け, 戯曲其他の部門, 戯曲其物を頭, 戯曲冒涜と俳優機械視, 戯曲初演の当夜, 戯曲創作界はたしかに, 戯曲である謡曲, 戯曲勃興の時代, 戯曲勉強から逆説的, 戯曲十中の八九, 戯曲協会がマキャヴェリ, 戯曲及俳優を論じた, 戯曲叙事詩叙情詩とするなれ, 戯曲史上重要な頁, 戯曲へ三十枚, 戯曲命数小説の弊, 戯曲啓蒙フィルムなどは活溌, 戯曲に戯曲, 戯曲家うちでもこの, 戯曲家その他の屈伏, 戯曲家たちに形式, 戯曲家シヱーキスピーアが, 戯曲家チェホフもいっ, 戯曲家バナアド・ショウアメリカの詩人, 戯曲家モリエエルの理智, 戯曲家ヴィルドラックはその, 戯曲家側としてはまだまだ, 戯曲家大川竜太郎はしかし, 戯曲家大川竜太郎氏方に押入り, 戯曲家山本有三の, 戯曲家文学者を招待, 戯曲家本来の才能, 戯曲家演出家といふやう, 戯曲家的手腕は初めて, 戯曲家的稟質の成長, 戯曲家的素質が悪く, 戯曲家的血液はどこ, 戯曲家等を作れる, 戯曲家総評のやう, 戯曲家総論といふやう, 戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 戯曲家評論家をこめ, 戯曲専門家には容れられる, 戯曲小説映画にまで発展, 戯曲必ずしも優れた戯曲, 戯曲の討究, 戯曲愚劣なる脚本, 戯曲手紙銀行人力車等も近代生活, 戯曲批評家の頭, 戯曲批評論をしよう, 戯曲朗読は零点, 戯曲本来の用途, 戯曲構成の論議, 戯曲に外国戯曲, 戯曲演技舞台機構演出それらの組合せ, 戯曲を盗み, 戯曲界並に演劇界, 戯曲界当分君の作品, 戯曲的リズムの法則, 戯曲的会話だけで表わす, 戯曲的光景がいろ, 戯曲的内容を導い, 戯曲的出来事だと, 戯曲的劇的乃至文学的効果, 戯曲的動作を恐れた, 戯曲的展開をもって章, 戯曲的感銘に於い, 戯曲的才能を示し得る, 戯曲的技巧が細君, 戯曲的排置にする, 戯曲的方面しか知らない, 戯曲的本質が傑, 戯曲的構図を持った, 戯曲的表現に興味, 戯曲的詩人の起るあり, 戯曲的諷刺のみで, 戯曲的起伏をもつた, 戯曲的雰囲気の把握, 戯曲的魅力を彼, 戯曲研究熱が勃興, 戯曲研究舞台美術研究等の科目, 戯曲美構成のルツボ, 戯曲群盗のうち, 戯曲翻訳の天才, 戯曲である, 戯曲至上主義者の前, 戯曲規則の一, 戯曲評価の第一歩, 戯曲評論伝記その他いろいろなもの, 戯曲詩歌なんでも書きました, 戯曲論上の疑問, 戯曲論中に用, 戯曲講座の一部, 戯曲を新しく, 戯曲通常戯曲等も悲哀戯曲, 戯曲選定方針について興味, 戯曲選集について参照, 戯曲鑑賞眼を指摘, 戯曲随筆等長短錯落として五百余編, 戯曲集それも後進, 戯曲の感動