青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戦場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~
戦場~
戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~ ~戸 戸~ ~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~

「戦場~」 1386, 15ppm, 7484位

▼ 戦場~ (303, 21.9%)

9 出て 6 於て 5 於いて, 立てば 4 臨んで 3 して, なって, 来て, 遺棄された 2 あって, あると, なるぞ, 出して, 出で, 屍を, 彼の, 戯言は, 立って, 赴くが

1 [242件] あたら良き, あっても, あつて, あつてふるさと, あらずして, あられたかたがた, あらわれたなども, あるもの, ある兵士ら, ある思い, ある日, ある曹真, ある期間, ある気分, ある自分, いたり, いると, いるよう, いる兵士, おくったの, おくった母, おもむく朝, おり立たんと, おる気, かつやくしました, かりたてて, きて, きまっとる, ころがって, されやすい, しては, しばしば現われ, すがた, する積り, ついたが, とどまり春, とどまれば, なったという, なった所, ならなくとも, なりました, なるかも, なるが, なること, なるという, なるわけ, なる前, なる街道, のこって, のぞみて, のぞみとうて, のぞみふかく, のぞみまた, のぞむ人びと, のぞんだとき, のぞんでは, はるべきイノチ, ほかならぬ, まき込まれたか, もたらし得たこと, わかれた以上, ゐると, ゐる気分, マリアは, マリユス自身の, 一年半年と, 一陣の, 三百の, 上つて居る, 並べ立てあらゆる, 人間は, 会わない赤兎馬, 倒れて, 入りきたった, 入るが, 入れ代って, 出ずる前, 出たこと, 出たらそういう, 出た兵士, 出づる, 出づる意気組, 出ては, 出で立つ折, 出るが, 出ること, 出ると, 出るとき, 出る時, 出る者, 到来する, 到着した, 功名の, 化すよう, 参加し, 参戦し, 参陣の, 向いたる者, 向うに, 向うの, 向う六百年前, 向う前進, 向う動機, 向う覚悟, 向かうが, 向かって, 向ったが, 向って, 向て, 向ひ, 向ふ, 咲いてると, 問うべきなどでは, 四輪車を, 在った, 在りては, 在り自分たち, 在る, 在るまま, 在る日, 在る覚悟, 埋められたれば, 変りつつ, 大々的殺戮を, 奪って, 婆さんは, 学ばずしては, 実現いたし候わ, 導いて, 居る心地, 居残った方, 引っぱり出して, 弾丸矢石をを, 彎刀を, 役立てるべきこの, 征き, 御名を, 忘れものし, 急ぎつつ, 愛人を, 所は, 打棄て, 押しやられる方, 持ち出したま, 持ち出しても, 捨てられて, 捲き落した, 接して, 放ける将兵, 散る潔き, 敵に, 敵の, 斃れし, 文学は, 於ける一人, 於ける一高級武官, 於ける不名誉, 於ける兵士, 於ける兵士以外, 於ける勇士, 於ける勇者, 於ける彼等, 於ける決戦, 於る, 晒したわけ, 望むやう, 槍を, 横たわって, 死するが, 死するは, 死なせた友, 死ぬは, 残りいまや, 注がれて, 現れた日, 現われると, 生命を, 発するとき, 相敵対, 着いたかと, 着いても, 移らうと, 突然太い, 立ちて, 立ち向ったの, 立ち戻って, 立ち竦んだ手負, 立ったら武者面, 立っては, 立つこと, 立つた時, 立つて, 立つ兵士, 立つ覚悟, 立てた偉勲, 肉親の, 臥して, 臨まぬうち, 臨み敵, 臨み敵中村, 臨むからには, 臨むと, 臨むよう, 臨む覚悟, 臨んだ, 臨んだと, 臨んだとき, 臨んだの, 色々な, 行けば, 行こうと, 見送る母親, 赴き議会, 赴くあるのみ, 赴くこと, 赴くの覚悟, 赴く軍隊, 赴こうと, 起き臥す士卒たち, 趁く, 身を, 身命を, 輸送しよう, 近かった, 送られねば, 送りたいと, 送りまたは, 送り出した家々, 送り込む方式, 送るの, 送るべき弾薬弾丸, 連れ出したん, 進出し, 過ごして, 重大な, 集め得て, 馬を, 馳せ向ったと, 馳せ向ったわけ, 駆け出そうと, 駆り立てる傾向, 驍名を

▼ 戦場~ (255, 18.4%)

19 ような 10 ように 3 露と

2 [11件] やうに, ようなさわぎ, 光景が, 兵士と, 勇士が, 団体見物を, 場面の, 外へ, 夜を, 異常性という, 跡です

1 [201件] あとから, あとに, ある地点, いずこ, いろんなこと, ことでも, ことは, ことを, ごとく入り乱れて, すが, それの, ちまた, ちまたで, つもりで, つわ, どういふ, なかを, ならいだ, ならいで, はたらきによって, はなしである, はるか後まで, ふかい闇, ままだった, まッただ中, やうな, やりとりを, ようだ, ようだった, ようなあり, ようなさわぎです, クリークとやらの, 一つを, 一帯を, 一波瀾ぐらいに, 上空より, 不自由思いやらるる, 丘に, 中から, 中でも, 中に, 中を, 事情やら, 人々を, 人間は, 人馬の, 仮宿へ, 体は, 使いである, 働きに, 働きは, 働きを, 儀なら, 先端まで, 先陣と, 光景で, 光景は, 光景よりも, 光景を, 全地域, 兵糧という, 兵隊にも, 兵隊達は, 出合いに, 到るところ, 劉使君より, 功名をこそ, 功名数しれず, 功績なし, 勇士よりも, 勇気と, 勇者と, 勝敗に, 南百浬の, 占領鉄道を, 危険率は, 唱歌が, 噂ほど, 四方を, 土と, 地に, 地へ, 地勢から, 地勢も, 地図を, 地域に, 地域は, 地形敵の, 地獄へ, 墓地の, 壮烈さを, 外と, 外に, 夜, 夢は, 奇観で, 好敵手として, 如き雑沓, 実地に, 実地を, 実地踏査に, 実感や, 実景については, 寺住居では, 対陣の, 小閑に, 広き事, 広さ, 底を, 強さ, 弾丸除けでない, 形勢から, 役には, 役目を, 往来が, 往来は, 微風は, 徳川勢に, 心構えあった, 情景が, 慣いで, 慣わしと, 戦闘開始前に, 折には, 指揮を, 描写が, 数を, 敵は, 方角を, 旅行者は, 時機進退を, 景色を, 有様だけは, 桙は, 様な, 様に, 模型が, 模様その後の, 樹立の, 武士の, 武者が, 歩みと, 死骸から, 殺気を, 水を, 活写で, 消息とか, 消息に, 混雑は, 片すみに, 犠牲と, 生活を, 生理は, 真中に, 真豪傑, 砂埃の, 秋に, 秘話を, 空しかも, 空気が, 笠じる, 経験で, 練習を, 美談を, 肉を, 艱苦も, 華々しい場所, 華であり, 虐殺よりも, 血しおより, 血みどろで, 血を, 血煙り, 行賞の, 表情であった, 規模戦いの, 角笛の, 記録として, 試しと, 話など, 話などを, 譚浮世話を, 賭けは, 跡ででも, 跡に, 跡を, 身なりである, 近くまで, 迫真力の, 選択やら, 野晒と, 野蛮さと, 銃声も, 関羽から, 陣拵えと, 陰影も, 難民が, 響きを, 顔であった, 馳駆を, 駈けひき

▼ 戦場~ (138, 10.0%)

3 敵の 2 拾ったもの, 本来各人の, 死ぬの, 死んだと, 自ら氏名を

1 [125件] いのちを, いろいろ痛烈, うんと死ん, おすがた, お目にかかりますぞ, お眼, きたえた図太, きたえた武人, きょうの, ことごとく打ち破られ, たいへん勇敢, ただその, たぶん死ぬだろう, たれも, つぶして, なら知らぬこと, なら骨肉, はたらいて, はたらかねば, ひろい集めた二タ股者, めぐり合う兵士たち, やった非, 三人の, 主人の, 人と, 人間を, 仆れた, 仆れる, 会うは, 会って, 何人斬った, 何度も, 作ったもの, 使ったこと, 使った刀, 倒れた時, 兵に, 兵士の, 出あったね, 出すよう, 功名し, 勲を, 千騎万騎を, 半兵衛の, 報道部員として, 多くの, 多少の, 大怪我, 天下の, 家臣たちの, 寝泊りし, 将軍が, 幾度か, 弔え, 張飛が, 弾丸の, 役立たなければ, 彼の, 得意に, 御奉公, 快く会おう, 恐らくその, 愛馬が, 手柄を, 打ちのめすでしょう, 拾って, 敵に, 敵を, 敵味方の, 斃れた, 日本の, 最新式の, 最期を, 有名を, 本当の, 槍や, 武勇を, 死なせた悲し, 死にたいもの, 死ぬよりも, 死んだの, 死んだ人, 死んで, 殺し合って, 気づよいか, 瀕死の, 片輪, 産まれました, 用いて, 用いられた弾丸, 用立てるもの, 目撃した, 眼を, 秀吉子, 私は, 篤と見覚え, 終ったもの, 組打ちした, 臆病を, 自分の, 艱苦を, 行くえ, 見かけ申した, 見たばかり, 見なれて, 討ち死に遊ばした, 討死する, 討死を, 誰かしら, 負傷し, 負傷した, 負傷したきず, 起った殺傷, 足腰も, 軍隊同士が, 遁げたからとて, 運用する, 錦旗に, 鍛えた体, 鍛えた筋骨隆々, 鎬を, 陣歿された, 陥り易い, 韓徳は, 首を

▼ 戦場~ (116, 8.4%)

11 出て 2 でると, 出ること, 向って, 帰れ

1 [97件] あらわした, いそぐもの, おもむいたり, おもむくの, そそぎこんで, ついたの, つくだろう, つながって, つれて, でるとか, とんで, どん, はるばるそ, まいります以上, むかわせました, もどった, やられた一人一人, やられる, 乗込むよう, 会せよ, 何し, 働きに, 入って, 共に出よ, 共に来, 兵士と, 出すよう, 出た, 出たそう, 出たら取り返すが, 出ても, 出ないほう, 出ようもの, 出られんぞ, 出るやつ, 出るよう, 出向いた筈, 出陣の, 勇気づいて, 参ったら皇叔, 参っても, 向うこと, 向うの, 向うべくやがて, 向うよう, 向ったぎり行方不明, 奮迅した, 引張り出すとは, 引返した, 急いだ時, 急ぐ, 急ぐの, 戻って, 打立つ, 放つこと, 来たぞと, 来てから, 殺到した, 目を, 着いてから, 立たれると, 立ち向うよう, 立った, 立って, 立つの, 罷り下る途中, 臨むという, 臨む心, 臨んだかの, 臨んだが, 臨んで, 行くという, 行く気, 行った, 行ったらその, 行って, 行っては, 走って, 赴かれるもの, 赴くべきだといった, 赴けない, 返せ, 追いやって, 追いやられて, 追いやるの, 送って, 送ってからは, 送られつつ, 送られる日, 送り込まれようと, 連れられて, 飛び出した, 馬を, 馳せつけよ, 馳せ向おうと, 駆けまた, 駈けつけて

▼ 戦場~ (89, 6.4%)

3 往来し 2 去って, 描いて, 見て, 逃れて, 馳駆し

1 [76件] あとに, いかに処し, うしろに, うろつきある, えらばねば, かえりみた, これも, さまよ, しかも真, すでに観, たずねやがて, ただ食う, ぬける, のりこえて, はなれた運送船, ふりかえって, ほんの十数秒, まごまごし, まわりフランス, シサイに, 一巡し, 一望し, 下に, 与えられたい, 予感し, 前に, 包囲するであろう, 去った, 国の, 天王寺附近と, 奔馳し, 引き払った, 引取り, 御覧に, 思い出すもの, 捨て, 捨てて, 描き美麗, 暗示し, 暴れまわって, 横断し, 歩いて, 決定づけて, 活写し, 無限に, 疾駆する, 眺めて, 縦横する, 脱した藤田伝五行政, 自分の, 若い尼, 落ちたが, 虐遇する, 行く旅人, 見つけましょう, 見廻って, 見捨てて, 見渡したが, 見物し, 走つて, 踏みても, 踏んだ卒, 退いたわけ, 退いて, 退けようか, 逃げて, 逃げる人々, 遁れ, 除いて, 離脱し, 離脱した, 駆け回った人たち, 駈けめぐつて, 駈け廻ること, 駈け廻るなぞ, 駈け敵

▼ 戦場から~ (46, 3.3%)

2 帰って, 戻って, 片眼

1 [40件] あたかもウェルギリウス, あるいは南方, お帰り, お残り, お飛脚, さまようて, そちの, はこぶ戦女, ひっ返しまた, よこす便り, 北近江の, 反省という, 子々孫々までの, 帰っても, 引っ返せる, 引上げさす, 戦場が, 戦場を, 拾って, 拾われて, 早馬が, 本隊と, 束に, 来たやう, 歩いて, 直ぐある, 立帰っ, 脱れた, 花田が, 落ちて, 落ちのびたこと, 足に, 身を, 輿に, 近いかと, 退却きた, 逃げて, 道を, 離脱する, 鷹の

▼ 戦場~ (45, 3.2%)

5 化した 3 いわざるべからず, 化して 2 なり私

1 [32件] いいお, ここでは, こことの, した市街戦, その背後, ちがい不覚, ちがって, なった処, なった所, なった農村, なって, なると, なるべき附近, なれば, 云うこと, 化したの, 化し去って, 化すよう, 同じだ, 同じ御, 同様でござる, 味方の, 居城の, 心得られよ, 思うたら行けるはず, 思へば, 時刻を, 申ても, 申セバ人夥しく, 異ならなかった, 等しい一所懸命, 見なすべきである

▼ 戦場~ (41, 3.0%)

2 殆ど到る

1 [39件] いつも余りに烈しく, いとど寒々, おろか平時の, すくない, それに, ないの, なお土煙, まざまざと, またちがう, まだ遠い, もっとも強力, 分って, 刻々西, 墓場の, 大なる, 大和では, 天地を, 川中島, 弾琴台と, 形が, 必ずしも多く, 戦場ここは, 最も激しい, 最後の, 水田が, 無理少なくも, 現今の, 知らないの, 私を, 秋の, 街路であり, 輿に, 通り越して, 遠くだ, 遠く離れた, 遮断され, 食い物の, 飽く迄書斎, 黒田の

▼ 戦場では~ (39, 2.8%)

2 非常に

1 [37件] あるし, お互いに, この後, これは, ござらぬ, さして気づかなかった, それが, たとえ戦友, どこが, ない, ないに, なかった, なかなか保護, なく病魔, ひとりの, ほとんど盲唖, 一層それ, 一歩も, 不必要, 中らなかった水, 人に, 個人の, 前田利家に, 平常の, 強くなる, 当面の, 役に立たないと, 機関銃の, 殊の, 父子の, 独り者の, 療養も, 立ち分れ, 脂物に, 見られない膳部, 見られぬほど, 鉄砲が

▼ 戦場~ (22, 1.6%)

3

1 [19件] あった, あらわれ出た, ここだ, その土地, どこであった, 人間の, 原と, 原に, 原は, 想起されたであろう, 拡大された, 昼間と, 殆ど良人, 消えると, 特に怖し, 現われる, 生まれどこ, 生んだ, 開かれようとして

▼ 戦場において~ (20, 1.4%)

2 捕虜と

1 [18件] またお目にかかりまする, フランスの, 主人が, 信玄を, 喰べて, 太刀よりも, 思い知らすべきこと, 敵に, 日露両国兵の, 書かれたホメロス的, 某将軍, 水ぎわ立った, 父の, 男が, 神の, 端なく, 華々しい最後, 馬首を

▼ 戦場往来~ (15, 1.1%)

2 の古兵

1 [13件] に用, のあいだ, のおぼえ, の俤, の兵, の功, の古, の古強者, の古武士, の時是, の業師, の武士, の若者

▼ 戦場にて~ (13, 0.9%)

2 予を

1 [11件] うしろ足を, まみえんもの, ハ悪く, 一命相果たし申すべき, 命を, 大差物を, 暗殺され, 甚内死せりと, 砲丸か, 討死なし, 負いたる創口

▼ 戦場~ (11, 0.8%)

1 [11件] いまは, ここのみ, 世の中の, 変りが, 居間の, 手頃である, 手頃の, 甲板の, 訪れた, 遠くない, 駈け生れて

▼ 戦場での~ (10, 0.7%)

1 あの強行軍, この直感, すさまじい砲声, 功名手柄も, 最初の, 望みは, 歯痛は, 決戦さえ, 色々な, 荷厄介が

▼ 戦場でも~ (10, 0.7%)

1 いとま, そうだ, その間から, つねに不壊, 一かどに, 戻ってからも, 杯を, 死なず山中, 覚兵衛の, 鳥居強右衛門の

▼ 戦場として~ (10, 0.7%)

1 互に誇りあう, 利用せられ, 又戦時資源, 名乗り合うよう, 屡その, 敵を, 死志を, 父子主従たった, 選ばれるだろうこと, 駈け上がりうる利

▼ 戦場~ (10, 0.7%)

1 あわれ, 将兵や, 工事場火事場には, 廃墟の, 暴力で, 病院だ, 表方では, 被空襲地, 部隊から, 都市を

▼ 戦場には~ (9, 0.6%)

1 もうもうと煙幕, 丸腰で, 出ないでも, 立たされたこと, 立たないで, 老功, 見えません, 貞盛の, 資本家の

▼ 戦場における~ (7, 0.5%)

1 ノックには, 一番鎗より, 人命の, 家康を, 日露兵の, 鉄砲が, 陰惨な

▼ 戦場~ (6, 0.4%)

1 お見舞, からな, といふ実感, ね, よ, 親分ちょい

▼ 戦場という~ (6, 0.4%)

1 ものの, ものを, 時と, 時に, 気持は, 異常な

▼ 戦場より~ (6, 0.4%)

1 出る者, 南一里の, 帰陣いたしました, 抜けて, 故郷へ, 苦しいと

▼ 戦場~ (5, 0.4%)

1 て人, て是, も鞭, 出て, 駆ルモ

▼ 戦場~ (4, 0.3%)

2 のである 1 のであった, んだ

▼ 戦場生活~ (4, 0.3%)

1 から帰っ, だの僻地, にある, をざつと

▼ 戦場からの~ (3, 0.2%)

1 ご急使, 快報で, 身を

▼ 戦場である~ (3, 0.2%)

1 ぞ, とはいえ, 下街らしく

▼ 戦場においては~ (3, 0.2%)

1 打倒されてる, 敵と, 某将軍

▼ 戦場にでも~ (3, 0.2%)

1 出るやう, 出るよう, 雨の

▼ 戦場まで~ (3, 0.2%)

1 お越したまわりたい, 恋人を, 行って

▼ 戦場からは~ (2, 0.1%)

1 たくさんな, 何の

▼ 戦場こそ~ (2, 0.1%)

1 年々に, 織田家の

▼ 戦場であり~ (2, 0.1%)

1 その首級, またその

▼ 戦場としての~ (2, 0.1%)

1 光華門では, 名を

▼ 戦場なら~ (2, 0.1%)

1 ばあなた, ば今日

▼ 戦場なる~ (2, 0.1%)

1 が故に, 米国ブルックリン病院看護婦学校の

▼ 戦場においても~ (2, 0.1%)

1 いまだいかなる, 平時においても

▼ 戦場にわたって~ (2, 0.1%)

1 柴田軍の, 秀吉方の

▼ 戦場ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく平時, 飛び歩いて

▼ 戦場へでも~ (2, 0.1%)

1 でるよう, 急ぐよう

▼ 戦場へも~ (2, 0.1%)

1 出て, 行けないし

▼ 戦場よりも~ (2, 0.1%)

1 寧ろ歪んだ, 心を

▼ 戦場万馬往来~ (2, 0.1%)

2 の古

▼ 戦場以上~ (2, 0.1%)

1 であろうと, に実は

▼ 戦場~ (2, 0.1%)

1 しては, を見

▼ 戦場同様~ (2, 0.1%)

1 の大, の有様

▼ 戦場場数~ (2, 0.1%)

1 の功者, の豪

▼ 戦場~ (2, 0.1%)

1 が殿中, のおも

▼ 戦場変じ~ (2, 0.1%)

2 て日本一

▼ 戦場暮し~ (2, 0.1%)

1 がつづくであろう, の侍

▼ 戦場~ (2, 0.1%)

1 けにくすぶり, けの色

▼ 戦場生き残り~ (2, 0.1%)

1 という感懐, の士

▼ 戦場見物~ (2, 0.1%)

2 に行こう

▼1* [85件]

戦場いらいの硬, 戦場持出しの, 戦場火事場へでも, 戦場かけ引きがの, 戦場かせぎの野武士, 戦場かと疑われるほど, 戦場かという問題に, 戦場ここはここ, 戦場さながらだッ, 戦場じゃヘタを, 戦場そちにとっては一人前, 戦場そのままだと, 戦場たるにふさわしかっ, 戦場だけを武士の, 戦場だったが底流, 戦場ってものは, 戦場であってものすごい, 戦場であったときから, 戦場であったら汝らは, 戦場でしたから初め, 戦場ですから, 戦場でなかったら落涙も, 戦場とて失礼を, 戦場とは大いに違う, 戦場どの瞬間に, 戦場などはいったい何, 戦場ならでは貪れぬ, 戦場なり軍は, 戦場なりといえないこと, 戦場なれば急い, 戦場にもまた命, 戦場のみとは申しません, 戦場のみに充血し, 戦場へと出て, 戦場へという十五日の, 戦場への出発し, 戦場へのみ向けて, 戦場へは刃尖, 戦場へ迄さがしに, 戦場ほどなお効果, 戦場また決戦に, 戦場ゆえ平馬め, 戦場わずかな所, 戦場をも馳駆したらしい, 戦場ニユースに関する軍人, 戦場ニ而引取り而は又, 戦場長袖, 戦場一番槍ほどの功, 戦場主将たる御身, 戦場の二人, 戦場付近で仏英軍, 戦場以外ではさて, 戦場なら二百石, 戦場勝負で片づけ, 戦場十字軍がサラヂン, 戦場叱咤の猛者声, 戦場名うての豪傑, 戦場姿のまま, 戦場常識ではありえない, 戦場往来軍馬の胸, 戦場或いは戦争の, 戦場挿話としては是非, 戦場描写の部分, 戦場文学ともいうべき, 戦場文筆家であるが, 戦場最後の線, 戦場最期の有様, 戦場泥棒の根性, 戦場火事場地震の跡, 戦場生残りらしい老, 戦場な意味, 戦場的ゆとりと申しましょう, 戦場稼ぎを考え, 戦場稼ぎ火放け殺人誘拐, 戦場窶れに少し, 戦場美談として広く, 戦場舞台は戦場, 戦場落伍の遊民たち, 戦場視察を終っ, 戦場から始まった, 戦場鍛えのさびた, 戦場間近くたどり着いて, 戦場闘士の一員, 戦場風景である, 戦場引きの