青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「引~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

弁~ 弁当~ 弁解~ 弁証法~ 弁護士~ ~式 式~ ~弓 弓~ ~引
引~
~引い 引い~ ~引いた 引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~ 弘~

「引~」 7624, 73ppm, 1542位

▼ 引揚げ~ (530, 7.0%)

34 て来た 23 てしまった 21 て來 18 て行く 15 て来 12 てしまいました, て行った 11 てきた, て来ました 10 てしまひました 9 て来る 8 ていった, て行きます 7 てし 5 てくる, てゆく, て行っ, になっ 4 てしまっ, て平次, の途中 3 てくれ, てみる, てゐる, の支度, を命じ

2 [35件] それを, てある, ていた, ておいで, てくれた, てしまいます, てしまう, てそこ, てその, てどこ, てひと息, てもう少し, てやりました, て介抱, て休みなさる, て参りました, て家, て居りました, て晩酌, て歸, て江戸, て神田明神下, て茣蓙, て行, て行きました, て見る, て貰った, て間もなく, ですか, の命, の準備, の用意, の船, を開始, 二三日は

1 [214件] あとは, あの年中榾火, いっ, かねて覺, かわりに, がいかに, がその後沙汰やみ, が一瞬, が可能, さえすれ, さするであろう, しに, しばらくそわそわと, そして夕方, たり, たり泣い, たり閉鎖, だ, だからと, だけは掏, だよ, ちゃあいけ, てあと, てあの, てあります, てあれ, てい, ていたら, ていっちゃっ, ていよいよ, ている, てお, ております, ておりまする, てからで, てからのお, てからのこと, てからの生活, てからはからきし, てからは殆ど, てからも高い, てから八五郎, てきたかれ, てください, てくるであろう, てくれない, てこれから, てしまひ, てしまひます, てしまふ, てすぐ, てそれ, てとにかく, てはすべて, ては百事水泡, てふたたび, てま, てまいろう, てまた, てもう, てもつと, てもと, てもよい, ても切れる, ても漢中, ても遅く, てやる, てグレタ号, てスゴスゴ, てボート, て上下交, て上京, て下, て乾いた, て了, て了つたの, て了つた後, て二階, て今朝あたり, て以来, て候う, て兎, て其町, て同心南沢鉄之進, て味方, て園部, て土蔵, て土藏, て小屋, て尾山城, て居た, て居ます, て届ける, て帰り, て帰る, て庄屋, て底, て彼, て戻つ, て施主たち, て日, て早く, て朝日, て本国, て来ただ, て松, て様子, て歸りさうに, て殘つたの, て沖縄, て浜町, て生家, て田舎, て置い, て考, て虎, て行かれました, て見た, て見たら, て貰っ, て風呂, であろう, でございました, でね, でもまだ, で無, という時に, といふ東京直行, とお, とか警察, としよう, とその, とみえた, とやらいつも, と同時に, と急, ながら何ごころ, ながら片手, なすつたさうだ, にかかっ, にかかりだした, にかかる, にとりかかっ, には一方, には光太郎, にマニラ, に困る, に当っ, に着手, に要する, に際し桟道, のこと, のどさくさ, の事, の仕度, の儀, の先頭, の場所, の奥の手, の女, の寮, の帰途, の後, の日, の時, の時刻, の機, の殿, の者, の船中, の貝, の開始, の際, の鼓, はお, はみな, は一緒, は山火事, は明日, も早かっ, らしい冬支度, を, をすすめた, をする, をせがむ, をみる, を仕果した, を企てた, を伝令, を号令, を命じた, を命ぜられた, を命令, を急いだ, を悠々, を断行, を発令, を行う, を行った, を見, 一定数に, 以前の, 内陸探検の, 単純な, 呂曠と, 夕刻に, 寐る, 明神下の, 汀の, 糸子が, 結局掛り合い, 衣田が, 解散する, 辭退する

▼ 引~ (456, 6.0%)

16 張って 13 かかって 12 さげて, 込んで 10 つかんで 9 張った, 立てて 7 掛って, 立てられて, 縛って, 返して 6 かけて, 張られて, 掴んで 5 かついで, たくって, 捕えて 4 こんで, さげ刀, 奪くった, 抱えて

3 [11件] くくって, さげたまま, たくるよう, たてて, ついて, つるんで, 担いで, 捕えろ, 提げて, 立てろ, 込めて

2 [20件] かぶって, からめて, こめて, さらって, たくった, つるし, つれて, 剥いで, 吊れて, 奪くっ, 張ると, 懸って, 括め, 立って, 繰り返るよう, 裂いて, 越して, 込んだ, 返した, 返したの

1 [225件] か, かいた, かえして, かえすほどに, かかえるよう, かかったので, かかったもの, かからねえよう, かかる, かかるたァ, かかると, かかるまいとしてか, かきまわして, かく, かけた, かけたあ, かけては, かけひどい, かけられては, かけると, かければ, かけ帯, かけ後ろ向き, かけ結び, かつぎ, かぶった漁師, からげて, からんだ二つ, くくられでも, くくる, くくんなさいましよ, くくッ, くりかえる, くり返して, くるめて, くるんで, こすった, こすって, こすっての, こすッ, こぬきたまえ, こぬき作業自体, こむの, こむわけ, こめたまま, こめません, こめようと, こめると, こめろ, こめ引ッこめ, こもうと, こんだり, こんでも, さげては, さげ帰りお, たくったので, たくった伝吉, たくられたよう, たくり方, たくるつもり, たくろうと, たてた, たてられて, ちぎり二ツ, ちば, つかえたよう, つかまれた, つかまれた帯, つかまれ路傍, つかみながら, つかみぴしッ, つかみました, つかむかの, つかむと, つかむなり, つらせて, つらせながら, つれた, とらえて, 下げさせて, 剥がした著, 剥がして, 包んで, 取って, 吊して, 吊るしたまま権内, 吊るして, 吊るよう, 吊れるほどに, 外して, 奪く, 奪くり, 奪くる, 張ったり, 張られた, 張られた男, 張られるだろう又, 張られ二十九日, 張りあげて, 張りこんで, 張りだして, 張りっこ, 張り出される, 張り出した釘勘, 張り出せ, 張り出そうと, 張り合ったもの, 張り込んでるだん, 張るところ, 張る後ろ, 張れ, 懸けたかと, 懸っても, 懸りに, 懸るん, 手繰られるお手数, 抱えた生, 抱えなくても, 担がせて, 括って, 捕えい, 捕えたところ, 捕えながら, 捕えられぬやも, 捕えるか, 捕えるの, 捕えろっ, 掛からないよう, 掛けたタア, 掛けながら, 掛け上下左右, 掛け脛, 掛った赤坊, 掠って, 掴まれ不浄門, 掴んだ, 掴んだまま, 掴んだ瞬間, 掴んだ神保造酒, 掻いた, 掻いたよう, 掻いた条痕, 掻いて, 掻いても, 掻かれたかと, 掻かれて, 掻きまわさなくっちゃ, 掻きやがったもの, 掻き廻されたよう, 掻く, 掻くよう, 掻く打って, 掻く音, 提げたまま彼方, 提げだ, 攫うと, 攫うよう, 攫っても, 攫われたに, 散らかして, 浚って, 立つ扮装, 立てずには, 立てよう, 立てられた龍巻, 立てられるの, 立てられ三人四人, 立てる, 立てるから, 立てると, 立てる根締, 立てろとばかり, 立て城門, 組んだの, 縛りそのうえで, 縛り後, 縛るから, 縛れい, 繰りかえすと, 繰り返さなければ, 繰り返された牛乳, 繰り返った, 繰り返ってるの, 繰り返るもの, 繰リ, 繰返した, 裂いた, 裂いた捕手, 裂かんと, 裂けそう, 裂けた, 越したら群馬, 込まれたこと, 込まれただけに, 込まれるわけ, 込み方, 込む, 込め, 込めた, 込めたが, 込めたそれ, 込めた総監, 込めなよ, 込めば, 込めまた, 込めようとして, 込めると, 込めるよう, 込め障子, 込んだが, 込んだの, 込んだ引ッ, 込んだ門構え, 込んぢ, 込んでや, 込んでるが, 返え, 返させなさるか, 返しましょうか, 返すとは, 返す戸口, 返せいッ, 返そうと, 返シタ, 附くので

▼ 引~ (429, 5.6%)

8 くせに, 忠三 5 一人が, 山鳥の 4 吉五郎と, 家へ, 紋を, 辰に

3 [12件] ことを, ない処, 一人は, 仲間でも, 口を, 家を, 平次と, 忠吉が, 手に, 方が, 眼の, 身なれ

2 [51件] たしなみだ, たしなみは, ところへ, ないところ, ない真情, ない言葉, ならぬこと, ように, マゴマゴする, 一人, 上手の, 下には, 勘助と, 勝が, 名人と, 地を, 報告を, 大部分, 女が, 子分に, 子分よりは, 定紋を, 居ないところ, 平次が, 平次も, 忠三にわかにピン, 忠三今度は, 悪弊で, 手が, 松吉に, 梅賀は, 機嫌も, 湯島の, 源次は, 癖に, 真似を, 私には, 竹も, 竹を, 笛が, 紋と, 習慣に, 自在を, 見る前, 辰が, 辰を, 連中は, 配偶は, 門口に, 雁金を, 頭の

1 [249件] あっしなんかには, あの一手, ある商人的, ある某, うまい大, おほ, おほやまつみ, くると, こちと, さかりで, しだれ柳や, たぐいであろう, たしなみと, たしなみという, ために, つけ紐が, ときつよく, と長たらし, ないこと, ない態度, ない覚悟, ない證據, ならなくなったの, ならぬ事態, もの旅人体に, もの知り, ようである, ような, をさ, ダミ声が, ダミ聲が, マントを, 一人から, 一人で, 一人でした, 三山を, 三次だった, 下職でも, 中とは, 中には, 丹後縞のけん, 二つの, 云ふ, 人力で, 人力や, 人格を, 人達の, 付け紐が, 仲間入りが, 件挨拶の, 作業服を, 俥で, 傳授書見, 八五郎と, 八峰踏み越え, 前で, 十吉は, 半七, 卑屈な, 又六, 友蔵で, 句, 台所の, 合羽を, 吉五郎が, 吉五郎に, 吉五郎は, 呪えに, 呼応を, 問答を, 四本の, 因果の, 報告が, 報告で, 場に, 場所まで, 塵埃を, 声, 変装とは, 外套の, 大吹流し, 天神本紀に, 女房が, 女房だ, 女房に, 妙を, 姿を, 子では, 子分で, 子分の, 孫太郎, 宗吉といふ, 宗吉を, 定紋付たる, 宵は, 寄り合場さしずめ, 小役人まで, 山にも, 山の, 山ほととぎす汝が, 山めぐり, 山中治左が, 山姥が, 山橘を, 山沢人の, 山裾が, 山路いと, 差図は, 差圖は, 市助といふ, 常吉であった, 平次は, 床に, 序に, 建前として, 強い手, 役徳で, 徒に, 心眼を, 忙わしきものなる, 忠, 忠三である, 忠三どうにも, 忠三なるほど, 忠三にが, 忠三ひどく, 忠三びっくりし, 忠三ふと, 忠三まず, 忠三もろに, 忠三やみに, 忠三ジリジリ, 忠三ピタリ, 忠三ピッタリ, 忠三ポイ, 忠三全く, 忠三城之, 忠三塀まで, 忠三壁へ, 忠三寝, 忠三意味あり, 忠三改めてじっくり, 忠三最後の, 忠三横っ腹を, 忠三灌木の, 忠三縄を, 忠三胸に, 忠三道中師風の, 忠三部屋を, 忠三闇の, 忠告が, 態度を, 戦術が, 戯れなすさま, 所以である, 手あてと, 手先である, 手先と, 手合も, 手引の, 手数料は, 手綱にも, 持って, 指南を, 数も, 方罫紙, 旗を, 智恵の, 智惠の, 智慧で, 月の, 木兎で, 本性を, 材料と, 来ない宿屋, 梅賀の, 極刑は, 歌の, 此片山の, 法など, 清吉に, 源次が, 源次である, 源次という, 源次に, 源次の, 源次を, 滾る音, 漁船が, 爺が, 物理的研究という, 物理的研究として, 生活は, 男が, 番頭や, 白紙截断紙を, 皆吉という, 皆吉といふ, 相談まで, 眼から, 石, 研究を, 破れへ, 神話を, 童の, 紋散し, 紋附を, 細君と, 耳に, 耳にでも, 耳にまで, 耳へなど, 職分を, 色男なんぞは, 花なら, 花珍敷新枕御, 若者に, 葬式彦兵衛は, 葬式彦兵衛も, 術が, 表紙も, 親分が, 触りを, 觸り, 言いなりしだいに, 言うこと, 話を, 調子, 變裝とは, 責任を, 起き抜け千里などと, 車で, 辰三と, 辰三という, 連中との, 遠慮が, 鈍刀に, 鋳掛勝が, 錨繩で, 鑄掛勝が, 面白さ, 顏を, 顔を, 類でなけれ, 類とも, 風邪でしょう, 馬を, 麻布で, 黒い雨外套

▼ 引~ (252, 3.3%)

19 して 8 動員し 5 つれて, 二三人狩り出し 4 五六人集め 3 やつて, 二三人狩り出す, 五六人狩り出し, 何人でも, 存分に, 狩り出して, 走らせて, 集めて

2 [28件] したり, する約束, 三四人狩り集め, 二三人動員し, 二三人呼ん, 二三人尻を, 二三人歩かせたら, 二三人狩り集め, 二三人連れ, 二三人駆り集め, 五六人飛ばし, 五六人駆り出し, 働かむとしたるに, 六七人集め, 出して, 呼びよせて, 呼び付けるやう, 呼び付けるよう, 呼んで, 手古摺らせて, 狩り出しても, 番人に, 相手に, 稼業に, 精一杯集める, 総動員し, 走らせると, 走らせ平次

1 [131件] いう私, いたして, いふ私, かわしたり, さる, されないよう, したこと, したところ, したので, しながら, しましたから, しまた, し合つて, する, すること, するでは, するの, するまでの, するよう, する女, する必要, つとめるやり方, なすもの, なす時, はいた足, はきシベリヤ, ひとり連れ, まだ覚え, みるの, もいたし, もって, やって, やめた, やめるよ, 一人づつ付け, 一人づつ連れ, 一人づつ附け, 一人跟けさした, 一寸試し五分試しに, 三人でも, 三四人使っ, 三四人使つて權三郎と, 三四人狩り出し, 下た, 二三人やつたくらゐ, 二三人使っ, 二三人使つて片つ, 二三人呼び出し, 二三人狩り出せ, 二三人駆り出し, 二三人駆り出せ, 二人加え, 二人走らせ, 二人迎え, 二冊先生に, 五六人駆り集め, 五六人驅り出し, 作つたこと, 使って, 使つて一日の, 使つて前から, 使わなければ, 兼ねた馬来人メラメデイン, 出すの, 出すん, 勤めて, 十人も, 取らず座敷, 取らないよう, 四五人狩り出し, 四五人駆り出し, 変ずべからず, 天下の, 干物繩にかけ, 引かねば, 引きながら, 引っ張り込んで, 忘れない, 怖がるやう, 怖がるよう, 憎む凶暴性, 手傳はせ, 抄出する, 指図し, 指圖し, 掌る, 案内し, 止して, 狩り集めて, 狩出して, 理由に, 用意し, 監視に, 監視につけ, 督勵し, 知らないらしい純, 知らない代り, 知らねエ, 立って, 総出に, 縛って, 總動員し, 考へたり, 自然に, 致しますゆえ, 見せて, 見ると, 見るに, 見送って, 見送つて, 見送るの, 覚えて, 買い被るの, 買収する, 買收する, 走らせました, 走らせ人混み, 走らせ店, 迎えるといった, 迎へる, 追いまわして, 追いまわし網, 連れて, 部屋に, 配置し, 除いても, 集めると, 頼めとでも, 願って, 駆りもよおし, 駆り出して

▼ 引寄せ~ (238, 3.1%)

7 てその 6 て, て膝, ながら 3 てこれ, てそれ, てグイ, て一服

2 [14件] そして飛ぶ, ている, てはひっぱたき, ては叩き, て八五郎, て叺, て坐つた, て坐る, て好, て火, て玉, て甲斐性, て見せ, て頬摺り

1 [173件] あそばさるる趣, あそばさるる趣き, おかん, お賤, しとねを, すわった, そして初めて, その上, その細腰, それから前, たり, たりはらはら, つつ眼, てあなたさま, てあやし, てある, ていた, ていつぞや, ていました, てうれし, てお, ておい, ておいた, ておかなけれ, てかつて, てから人々, てから雨, てぐい, てこぐち, てしまいました, てすぐさま, てそいつら, てそんな, てたまらなく, てど, てどつか, てなぐさむ, てのしかかっ, ては巌端, てぽ, てまた, てみた, てみました, てみる, ても遁げ, てよく, てわが, てゐるで, てカラリ, てボタン, て一篇, て一艘苫, て丑松, て両手, て中, て乞食, て二つ, て二人, て二十, て今度, て仰臥, て何, て元, て光, て入口, て其の, て内懐, て冷えた, て力, て半身構え, て又一, て及腰, て取っ, て同じ, て唇, て囁いた, て土居, て埋, て壁, て好悪, て妹, て子供, て寝た, て少し, て居た, て左斜, て広く, て引出, て引金, て待, て御, て悪鬼, て戦う, て手拭, て手盛り, て折鶴, て抱きしめた, て拡げ, て撃つ, て斬っ, て斯ん, て日頃好き, て朝飯, て枕, て横抱き, て此方, て水, て水平坑道, て池上, て涙, て火箸, て無言, て照れ隱, て熟, て犇, て狂, て男, て相手, て竈, て結び目, て縁側, て置い, て考える, て肩, て腰, て腰掛け, て腰掛けた, て腹切り道具, て自分, て莨, て落着き, て袖, て言, て譜面通り, て起き出よう, て踏台, て踏絵, て踏臺, て遠慮, て郵便局, て鉛筆, て銀色, て震え, て鞘, て頸環, て食, て食後, て馬糞, て黙, て黙っ, というもの, ともいふべき, ながらあの, ながらお, ながらかう, ながらこう, ながら二, ながら云った, ながら偉い, ながら天井, ながら接吻, ながら新しい, ながら爪先, ながら片, ながら立つ, ながら襖, ながら黙っ, に掛りました, まする, もする, もせず, やって来た女中, 終に首尾

▼ 引続い~ (231, 3.0%)

107 てこの 6 て同じ 5 てお, て起った 4 てその 3 ていた, て来た, て行われた

2 [11件] てはその, て二度, て各, て大, て岸近く, て明治, て来, て種々, て自分, て起っ, て長い

1 [163件] てあった, てあとの, てある, てい, ていちばん, ていった, ている, てがんりき, てずっと, てそこ, てそれ, てのこと, ての円本形式, ての多忙, ての寝不足, ての審問, ての展開, ての庭いじり, ての神楽, ては兵隊饅頭, てまた, てやっ, てやっぱり, てゐる, てキャッキャッ, てムクムク, てモンテエニュ, て一寸, て一弾, て一日, て七, て三代, て三台, て三味線, て三回, て三幕もの, て下早川田, て世, て中学校, て二三台, て二人, て二十五年以内, て交互, て人間, て今井, て今日, て今晩, て他, て仰々しく, て使用, て例, て僅か数日, て儀式, て先生, て凡て, て出, て出まする, て切支丹宗門, て判断, て勇気, て勤めさせ, て十分毎, て南方, て又, て取調べ, て受取った, て吐いた, て呼鈴, て善い, て営田, て囈言, て国立科学研究所, て場内, て夜警, て夫人, て失った, て女, て女房, て如何, て季候, て安住, て小学, て居た, て居る, て常陸坊, て幽, て広く, て彼女, て後, て後世, て従事, て微熱, て必ず何故, て忠告者, て悪い, て或, て探索, て攘夷論, て文学, て日比谷, て早く, て明日, て時々, て有ります, て服用, て木の根, て未だ, て本艇, て材木その他, て来るべき, て梅原氏, て武器, て母, て母親, て毎度ここ, て毎日, て毎日御馳走, て江北, て河童路地, て波瀾万丈, て然し, て熱心, て物理学, て現代, て理化学研究所, て理研, て病気, て発掘, て発揮, て盛ん, て相続, て祖母さん, て祝宴, て神経衰弱, て私, て移民船, て第, て級長, て細長く, て練習, て繁栄, て聞こえ, て船内, て艦隊, て良好, て色々, て若林博士, て苦労, て葬儀, て藩知事公新邸, て誰, て警視庁, て起こった, て起る, て迯げ, て野営, て鋭い, て開場, て随分, て面白い, て頻々, て頼んだ, て願上候

▼ 引~ (195, 2.6%)

4 飛んで 3 有るから, 鵜の

2 [30件] ありました, あろうとも, そんなこと, ならない, 一生懸命松五郎を, 三人で, 三人喜八に, 二三人, 二人で, 二千五百石の, 五六十人十重二十重に, 五日がかりで, 十手を, 厭に, 口を, 嗅ぎつけて, 固めて, 帰って, 平次の, 強くつて, 思いも, 持って, 持つて, 明神下の, 束に, 武士を, 神田中の, 腕に, 袖の下を, 飛出すに

1 [125件] あって, あるか, あると, あるの, あるので, あるもの, あるん, あれば, あわてて, いつた, いました, いる, いるので, いろ, いろいろの, うまい, うまいの, お隣り, これだけ, ございますわ, ごとくかれが, して, その探索, それだ, それを, そんな事, ついて, ないとは, ない大手, なくて, なりませんそれ, もうここ, ウロウロし, クルクル江戸中, ブウブウ言う, ヨチヨチし, 一人う, 一人うさん, 三人狭い, 三人狹い, 上手いとて, 不審の, 二三人付い, 二三人内も, 二三人必死と, 二三人町役人と共に, 二三人階下と, 二人入, 二人八方から, 二人川から, 二人待っ, 二人待つ, 二人此方へ, 二人飛ん, 何とか面倒, 何の, 來た, 來て, 來る, 先に, 入って, 入つて來, 八五郎を, 六人, 六人八五郎に, 出入り出来る, 動員されました, 四人がかりで, 外へ, 多くその, 大きな眼, 大事な, 嫌に, 実際平次, 客を, 少しあわて, 左右に, 店賃を, 引っ切り, 引っ叩き, 強さ, 当るの, 待って, 待つて, 徘徊し, 思うよう, 思ひも, 教えて, 教へて, 来た, 椋鳥を, 歸つて來れ, 気が, 氣が, 泥坊に, 泥棒の, 無いの, 町役人と, 目を, 知らせて, 知らせに, 聞いて, 脇差を, 腹を, 良平の, 草履を, 蚯蚓を, 血眼に, 血眼にな, 行なわれ墺軍, 調べに, 負に, 追い立てて, 逃げて, 逃げまわる, 逃出しました, 部屋の, 野次馬を, 金を, 間断なく, 陣を, 雲を, 顔を, 飛出したところ, 鼠一匹も

▼ 引揚げる~ (162, 2.1%)

20 外は 10 ことに 8 のです 5 としよう, のが 4 のでした, より外, 外に 3 といっ, んだ

2 [14件] ことが, その日, ところです, と八五郎, と縁側, のと, のは, ほかは, 前に, 始末です, 時に, 時利助の, 時宗次郎を, 時床に

1 [68件] いずれ又参る, からには難, か埋葬, か誰, が得策, ことにでも, ことを, こと網を, すべさえも, ためじゃ, ためぢや, だけです, つもりです, という報道, といった初歩, とき見る, ところか, としつかり, とせ, とその, となる, と即日, と唇, と平次, と松明, と葬, と言い出した, と鉄作, と頸, には相当, のだ, のであった, のにお前ら, のも, はずは, までに準備, まではとにかく, やうぢや, ようだったら, ような, ように, 三輪の, 三輸の, 人達の, 前薩軍が, 平次でした, 方が, 方法も, 日取, 時には, 時にも, 時の, 時五番組の, 時全, 様子, 氣に, 準備が, 相である, 積りな, 迄もなく, 途, 途中だ, 途中だった, 途中で, 途中であった, 途中よく, 途中平次は, 頃が

▼ 引取り~ (161, 2.1%)

10 に来る 6 に行く 5 に來 4 になりました, に来た 3 を入れ

2 [14件] て, て之, て治療, て養育, になっ, になった, にならない, になりましたら, に来い, のお, を願う, 内儀の, 方を, 私は

1 [101件] お松さんの, くだされい, くだされたよし, けり夫, さう, そして兼子, たり, たりということ, ちゃんと葬式, てやれ, て妾, て末永く, て背後, ながら順送り, なさいませ今, におい, にしたい, になつ, になりまし, になります, に乘つた譯, に出かけた, に出た, に参りました, に来ぬ, に行, に行かなけれ, に行きました, に行くだらう, に行っ, に諏訪, ねがいたいの, ねがえませんでしたそう, のため上京, の上, の人, の使, の折, の荷車, の親類, の際, はしなかつた, ませいと, または少なくとも, もしめ, やがて野辺, やア, ゆくゆくは, を, をねがいましょう, を入れまし, を願いましょう, を願うなれ, 下さつて, 下女代りに, 両親にも, 二十二三年頃これを, 二十四の, 会葬者の, 伯父の, 何事も, 元主人五兵衞方, 先方で, 兼ねた, 剣術を, 十一の, 十分介抱し, 厚く埋葬, 回向万端手落なく, 回向萬端手落なく, 夜の, 夜具を, 女房に, 学校に, 家内は, 年一兩の, 御座元間近, 承應三年, 支倉は, 江戸において, 漸く日暮方, 申して, 申しても, 申し度, 申すこと, 直様屋敷に, 真の, 祖父が, 粕谷に, 線香の, 育み強力, 自分の, 船を, 葬り得させよと, 行, 見直したのち, 遊ばして, 野辺送りを, 隆少年は, 隠居所は, 音信不通に

▼ 引~ (157, 2.1%)

6 見張らせて 5 しては, 任せて 3 案内され

2 [16件] 六助を, 取つて, 叩き起されて, 商法が, 恥を, 死骸と, 癪の, 睨まれた日, 絡んで, 縛られる前, 脅かされて, 見張りを, 調べさせると, 負けて, 預けた平次, 預けて

1 [106件] あげられて, あれを, いゆり, うっかりつれこまれよう, おいたてられま, かう云つて, がんりきの, くれるかくれないか, こだ, されたといふ, したい位, した雨戸, して, してやらうと, してやろうという, しなきゃなるまい, しなきや, しましょうと, しようと, すね当て草鞋ば, するわけぢ, せよ何, そう言っ, つれられて, なったと, なったの, なって, なつた, なつたんだ, ならぬ事, なるか, なれば, ひかれず又, 二十一人の, 云く, 付け狙われて, 余吾, 使った中年増, 充ちて, 出る場所, 出る女, 包圍され, 化物退治を, 又夕方, 取つて扱, 声を, 夜を, 對し, 少々胆, 引かれぬから, 引拔いた, 後を, 御用呼ばわりなどを, 心を, 忙殺され, 応用した, 戻ったガラッ, 所謂, 捕へられ苦, 探索を, 擧げられたこと, 時刻は, 桜場と, 止められて, 泊られるよりは, 渡して, 狙われて, 猪之, 用いること, 用いる法螺, 用は, 番所へ, 睨まれて, 筧の, 精通し, 精魂を, 紺の, 緊められ, 縄張なんか, 縛られた成瀬九十郎, 縛られて, 縛られるよう, 繩張りなんか, 而金百円受取候事, 聞いて, 背広を, 興味は, 蘭軒は, 蝸牛の, 見張つて貰, 言いつけて, 言ひつけ, 言ひ含め, 訊くと, 誘われて, 護らせて, 護られた若い, 転向し, 送らせて, 逢いましたがね, 逢ひました, 釣れて, 雇われお前, 頭の, 頼まねえで, 頼んで

▼ 引取る~ (153, 2.0%)

13 ことに 3 ことが, ために, のだ, のは, ように, ようにと, 時も

2 [14件] ことを, といふこと, ときに, と浪人者, と裃, のが, のである, やうに, ような, わけに, 人の, 前に, 時には, 間際まで

1 [91件] かどう, かなぶり殺し, かも知れない, から, からいと, からとか何とか, からと約束, から何事, がいい, がよろしかろ, が疾, ことあり, ことその, ことと, ことにな, ことによって, ことの, ことは, この条件, し凶, し藩, っていうん, ついでに, という間際, とき宇津谷峠で, とき約束した, とき自分で, とき金子を, とも金, と云いだした, と云う, と同時に, と思っ, と思ひ, と早々, と聞く, と親戚二人, と言, と言い出した, と言っ, と言った, と言つた時, と言つて來, のです, のなら, の権利, はずだった, ばかりのところ, ほかに, までこそ志, までの苦労, まで堅い, まで愛し, ものか, ものぢや, やうな, やら香の物, や否, や直に, わけにも, 下受負い, 事に, 事は, 人も, 処を, 又筑前, 四五時間前に, 意思が, 敵將に, 料簡では, 方が, 方針だ, 時に, 朝は, 様に, 段は, 決心を, 法が, 理由を, 瞬間までも, 筈は, 約束で, 約束を, 結果疲れはて, 者とは, 訳に, 訳には, 迄ねお前, 間際の, 騷ぎの, 魚の

▼ 引~ (146, 1.9%)

9 込んで 8 張られて 6 返して 5 かけて, 込めて 4 返した 2 か, たくつて, 張ると, 括め, 捕へ, 裂いて, 込む時, 込んだ, 込んでしまつた, 込んでばかり

1 [89件] かかつ, かからうと, かかれたと, かきむしりに, かきむしるなんか, かけないやう, かけようと, かける, かけるが, かける北條, かけ指輪, かけ眞白, くるまつて目, こんで, たくられて, たくると, つめたる無, 剥がして, 剥ぎながら, 包むで, 張らうとしても, 張らせて, 張らはりましたやろ, 張られたが, 張られたらとても, 張られた網, 張られながらも, 張られるやら, 張られグルグル, 張られ定吉, 張り, 張ります, 張り出さうと, 張り出した, 張り出したので, 張り出すな, 張り込まれかけたこと, 張るつもり, 張るもの, 張るわけ, 張る女, 張れ, 張れたのに, 張れたやう, 張れて, 張れば, 懸けられて, 括むでゐる毒ガスさ, 掛けて, 掛けるか, 掛けろ, 掛け白い, 掛りましたね, 掻いだ, 掻かれたとお, 擦る響, 攫まれて, 攫むで, 立たぬ處, 立てる樣, 絡むで色, 絡んで, 縛らねば, 被つて姉さん, 被つて寢, 越さうか, 越させたの, 越させるだけの, 越したか, 越したら, 越すの, 越すん, 込まう何, 込め, 込めたかと, 込めたり, 込めても, 込んだが, 込んだの, 込んだ時, 込んだ樣, 込んでしまつたが, 込んでしまつた頃, 返すと, 返すなり, 返せないわよ, 返せ水車場, 返へ, 釣らせて

▼ 引取られ~ (131, 1.7%)

6 て居る 4 ている, てこれ, て今 3 てお, てゐる, て下女代り, て育った

2 [13件] てからは浪人者, てブラブラ, て兄, て年上, て枕, て育つた, て育てられました, て行った, て養子分, 女中頭の, 尾久の, 店の, 掛り人とも

1 [75件] いろいろと, それから, それから自分, てあっし, てあつし, てい, ていた, ていつた, ていました, てお出で, てからはさすが, てからは俺, てからは小学校, てからもお, てからも気強い, てから足かけ二年, てしまった, てそこ, てそれから, てというもの, ては来し, てまあ, てゆきました, てよりは昨日, てわづか, てゐた, て上京, て世話, て人, て出, て参る, て坐禅学問, て奉公人並, て寝, て居た, て居ります, て後, て成長, て掛り人, て昨夜, て殿, て江島屋, て江戸, て私, て終に, て育てられ, て育てられた, て行, て行く, て豐田さん, て足掛八年, て轟, て退, て遠く, よ, 二年ばかり, 人別を, 人力車に, 内儀の, 厭應言は, 厳しく仕込まれた, 同町にて, 后宮に, 否応言わさず, 四歳の, 外国へ, 大音龍太郎, 大黒屋の, 奉公人同様に, 実の, 少年は, 玉の輿に, 男の, 翌々日享保四年極月十六日初めて, 鎌倉町の

▼ 引~ (125, 1.6%)

2 [13件] さすがに, ないぜ, よく人, よっぽど考慮, 何百人とも, 止めだ, 用事が, 砧右之助を, 結局自分の, 罪ばかり, 苦手だ, 醜男に, 重三郎に

1 [99件] ありません, あるまいか, いかが, いかが導引は, いやだ, いよいよちらつい, うまいん, おもに夜, かうである, こうして純粋, こちらには, させないこと, して, そちより, それを, たしなみが, できないでは, できない羽目, できなかった, できませんから, なされたまま, なされた者, なされ自分, なし後, なれて, ふところへ, まことにまま, もっと重大, もつと, 一団に, 一團にな, 一礼し, 一禮し, 上が, 上がったりだ, 主殺し, 人柄を, 他に, 休みが, 何か, 何と, 八五郎に, 八方に, 出来なかつた, 力を, 功に, 原則として, 厭だ, 口の, 和泉屋の, 四つの, 国々の, 夕方から, 大工の, 嫌ひでな, 尋常な, 平気で, 店へ, 引っ切り, 思いも, 思ひも, 手も, 抜きに, 拔に, 救はれた, 斯う, 日夜の, 日本橋へ, 早くも, 朝飯まえ, 本当に怖い, 本當, 止して, 此時まだ, 田山白雲の, 相当達者, 科の, 稼業でも, 立去って, 精一杯, 素分割し, 自惚れちゃ, 自惚れちや, 舌打ちを, 良平の, 表裏から, 見事に, 親子の, 証拠を, 諷刺の, 軍記で, 道を, 部下として, 部隊部隊を以て, 銭形の, 錢形の, 長く引延, 難かし, 顔を

▼ 引揚げた~ (108, 1.4%)

16 のは 6 のです 5 時は 4 平次は 3 ときは 2 かも知れない, 後へ, 方が, 時で

1 [66件] か, かもわかりません, がいい, がさすが, が井戸, が如何, が町, きり差当り縁談どころの, こと, ことで, ことの, さうだ, さうです, そうです, という, というの, という後, といふ後, ときお, ときから, ときに, ところで, ところへ, などと自, なりに乱れ, のかい, のが, ので, のであります, のでもちろん, ので主人, ばかりで, ばかりな, ばかりのゆき子, ほうが, ものだらう, もののこれ, もののその, やうだ, やうで, よ, ような, んじゃ, んだ, んだらう, んだろう, 以上その, 千両箱を, 四手を, 平次の, 後で, 後でした, 後に, 後一人残った, 後八五郎は, 敵の, 時も, 時塔の, 時大急ぎで, 晩はじめて, 樣子です, 端艇を, 翌日の, 船が, 邦人二千四百名を, 阿武隈大膳正は

▼ 引掛け~ (105, 1.4%)

4 ている 2 てある, ておく, て来た, て置い, ながら溜息

1 [91件] あるいは井戸端, が巧み, これに, その枝, て, てあり, ていた, ていなかった, ておき, ておきゃ, てから脈, てくれ, てす, てすぐ, てとんとん, てのろのろ, ては小さい, ては食物, てふらふら, てぶら下げ, てぷいと, ても千万無量, てゐる, て三回, て三尺, て二ツ三ツ飛石, て人, て仕事着, て休ん, て來, て全速力, て内玄関, て出, て刎橋, て取った, て受けました, て妙, て家, て尻, て居た, て居ります, て居る, て帯, て幕, て引く, て扶, て曳い, て木, て梅三郎, て横, て源護, て然, て爪, て白木, て窓, て結ん, て置き, て置きました, て置く, て耳, て肩, て艶, て若者, て葮簀張, て行く, て起ち上った, て軒, て遠, て針, て釣, て釣る, て馴れ馴れしく, て鸚哥, ながら, ながら岡本, ながら私, に黒地, または分けられる, やしめ, を手繰っ, 刀を, 力委せ, 建部の, 急ぎ行き, 手拭糠袋を, 方も, 玄関に, 胸の, 腰に, 雪卸し, 髪は

▼ 引取っ~ (93, 1.2%)

12 てくれ 8 てくれる 5 ている, てしまいました, て行った 4 ていった, てくれた, てしまった 3 て下さる 2 ていた, てしまう, てもらう, てやる, て下さい, て来る, て行く

1 [29件] たりと聞えた, てあげる, てある, ていただきたく, ておい, ておく, てからと思いました, てからものの五分, てから二十日, てから咽喉, てから後, てきた, てくれない, てくれ給え, てみる, てもらいたい, てもらいてえ, てもらえたでしょう, てやった, てやりました, てゆく, てゆこう, て下さった, て参りとう, て参ります, て来, て頂き, て頂きたい, て頂きました

▼ 引取った~ (77, 1.0%)

6 のは 5 のだ 4 ということ, のです 3 のも 2 そうです, と聞いた, のが, んだ

1 [47件] あと二人の, お米, からです, が, がお, が他, が私, くらいで, けれどおっ, ことも, という, とかお前, ところが継, とし, との事, と言いました, のじゃ, のであるらしい, のでした, ので二万円, ので騒ぎ, のや, ほどの昨夜, ものかと, ものじゃ, もので, わけじ, アトの, 切りです, 切籠燈を, 土蔵, 娘の, 小六, 我が身の, 方が, 時つくづく, 時刻は, 時私は, 次第を, 清澄の, 甥で, 男だ, 程である, 米友は, 西海寺だ, 身投げの, 頃は

▼ 引廻し~ (63, 0.8%)

11 の上 3 になっ, の上淺草 2 だ, のうえ火焙り, の上火焙り, の上獄門, の上獄門申付, の出る, の子, の日, の馬

1 [28件] だと, でございまして, ならあの, にあずかりたい, に処した, に及ばず, のほどをという, の三人, の上千住小塚原, の上浅草, の上獄門仰せ付, の中, の恥, の時, の格, の節上, の者, の裸馬, の陽炎, の際, の馬舎, へ斬込む, を申し渡された, を着, を見, を見た, を願い, を願います

▼ 引摺られ~ (62, 0.8%)

10 て行く 3 てゐる 2 ていく, てゆく, て出る, て動く, て行った

1 [39件] そうだ, て, てあの世, てい, ていつの間に, ている, ておい, てた, てほんの, ても行きます, てトントン拍子, て一年, て井戸端, て何時の間に, て嘘許, て妙, て居る, て帰った, て張った, て斯ん, て春, て来, て横倒し, て歩きつづけた, て母屋, て私, て積, て穴, て行き, て行きました, て行きます, て行つて了, ながらも縄, ながら伸子, ながら後, ながら掌, 乍らこんな, 当然に, 状態に

▼ 引~ (59, 0.8%)

3 云ふ

2 [11件] いって, めして, モデルの, 一つは, 一緒に, 三人夜の目も, 手を, 水茶屋の, 瞳を, 知って, 聞くと

1 [34件] いう, きものの, つて云つた, めに, め申し, ゲジゲジが, 三百人に, 二百人にも, 云うの, 八五郎を, 利害の, 前髪の, 力を, 合一点から, 変らない, 思うよう, 手先とは, 易者と, 来たら水沢山, 知つて居る, 知れちゃ, 繁雑きわまる, 聞いて, 聴いて, 聽い, 臆測と, 見やがったな, 見破るはず, 言うと, 試合の, 鉄心道人とは, 鐵心道人とは, 間違えられちゃ, 飯盛女が

▼ 引~ (59, 0.8%)

3 あろうとは, ない話, 切ず 2 あらうとは, ありませんでした, これだ, ないこと, 兵法の, 嘘も, 打算も

1 [36件] ありさ, あるまた, つけます, つれより, ない, ないと, ないところが, ない皆勤, ない聲, なく斯, ならず他, ふし薬六ふく計ものみ, みんな血眼です, ナゼか, 上手判決例が, 何んの, 偽も, 僞も, 切らずと, 切らず藥取, 前者の, 好い顔, 少し好い, 御座りません, 技巧も, 欠席も, 濟しかば, 知らないやう, 知らないよう, 細工も, 罪が, 致しません, 見習つて置き, 誘ふ隙, 跟い, 顔を

▼ 引摺る~ (57, 0.7%)

25 ように 8 やうに 3 やうな, 様に 2 術も

1 [16件] かと思はれる, が海禪, ことに, と, のかと, のです, ばかり, ばかりの寛衣, ほどにその, やうで, ような, んでございましょう, 位で, 彼の, 時閉め, 様子だ

▼ 引~ (53, 0.7%)

2 これを, しるせり, 上代の, 物を, 羽子板は, 薪を

1 [41件] あり, いる, けり, しつぺい, にげ候事ハ, めぐり出れば, クベラは, ソレを, 云く, 半天を, 叫けんだ, 善くない, 噴嚔する, 天下の, 天下国家のの, 寢る, 小説を, 屋敷を, 山に, 廓の, 彼の, 待ッて, 待伏たり, 悪寒を, 戦ひしに, 戦争セし, 本字は, 来て, 百十七兩二歩と, 皆, 瞽家を, 自から, 莞爾笑ひ, 見たなど, 見ても, 見物甚おもしろし, 記して, 記する, 調べさえ, 靈帝光和中の, 餘計に

▼ 引揚げよう~ (50, 0.7%)

113 という時, とした 2 か八, といふ, として裏口, とする, と約束

1 [23件] いつまで, かここ, かと山田, かと思っ, かと考えた, か此處ぢ, ぜ, ではありません, という気持, という間際, といふ寸法, とし, として帝, としました, とすれ, と全く, と思, と思っ, と思った, と思つて, と決心, と言, と言う

▼ 引籠っ~ (50, 0.7%)

19 ている 17 ていた 5 てしまった 2 ております 1 ていなけれ, ていられた, ており, ておりまし, ておりました, てからは平次, てみる

▼ 引~ (40, 0.5%)

2 その妹, 八五郎と, 申すの, 空理空論よりも

1 [32件] あつた, い, いらつし, おやすみであった, げす, その日, その時分家, まだ二十四五, やって, 一々引き合わし, 傍らに, 八五郎とは, 出來, 出来ること, 化粧を, 叩き上げたせゐか, 四角い字, 坐って, 好い子分, 役割を, 御武家, 拵へ, 日の出の, 毎日毎夜独り勉強又或は, 漸く読み覚えた, 澤山だ, 蔭で, 表店の, 読んで, 逃げも, 頻りに遊蕩, 食堂に

▼ 引摺っ~ (40, 0.5%)

6 て来 5 て行っ 4 て行く 3 ている, て来る, て行った 2 てゆけ, て行き

1 [12件] たりしたらしい, たりなどし, てい, ていた, ていらっしゃった, てっ, てまいり, てゆき, てゆく, て来い, て行きまし, て行け

▼ 引ならぬ~ (38, 0.5%)

4 証拠を 3 羽目に 2 ところへ, 二人の, 窮境に, 青年の

1 [23件] お声がかり, きずなであった, と見え, 同行者が, 問いを, 問ひ, 場合の, 場面へ, 大事な, 決断で, 状態にまで, 現状を, 相手に, 破牢の, 義理ずくめに, 義理で, 義理も, 聲を, 解決の, 談判を, 関係に, 電報の, 頼みが

▼ 引寄せる~ (38, 0.5%)

5 のです 4 ように 2 とお, 力が, 平次は

1 [23件] くらいに思う, ために, とあと, とその, とちょっと, とよろめい, と口早, と同時に, と引立てる, と御方, と悠々, と権あにい, と物憂, などと言う, のだった, のでした, やうに, 旅僧に, 為亭主の, 綱にでも, 茶道具の, 途端に, 魂膽さ

▼ 引開け~ (37, 0.5%)

2 てパッ, て中, て入, て外, て見る

1 [27件] その余勢, て, てあらん, てうとうと, てしまった, てずっと, てその, てなんにも, てぬっと, てみた, てやった, て一歩廊下, て二三歩, て例, て出, て垂布, て小脇, て案内, て突入, て衝, ながら, ながらフト小径, 中へ, 候に, 戸と, 立出る, 身を

▼ 引あげ~ (36, 0.5%)

3 てぬり 2 てきた, て来, て来る, の辛苦

1 [25件] が目, その人力, てい, てしまえ, てしまひました, てしまふ, てゆく, てパラグアイ, て一, て一休み, て人目, て休息, て來, て寛永寺横手, て我々, て行った, て行つた折, に役立つ, の人たち, の日々, の辛酸, の際, 後年繪島, 裳を, 質の

▼ 引掛けた~ (36, 0.5%)

2 羽織の

1 [34件] かを怪しみ, か覚え, が何, が尊き, が銭, と思う, と言, なり洋燈, のが, ので忽ち, ま, まま出雲守頼門は, まま床の, まま飛出した, んだろう, んです, 丈の, 中折帽を, 事が, 件の, 儘で, 儘岡を, 奧さんが, 手拭を, 打掛, 時には, 桃色の, 淺ましい, 焼出された, 艶な, 草鞋穿の, 衣桁の, 衣裳の, 銘酒屋タイプ今の

▼ 引掴ん~ (36, 0.5%)

4

1 [32件] じゃ不可, でいこう, でせいせい, でそこら, でひ, でぴしぴし, でまで撫でつけた, でゴッツン, で上つたの, で両手, で何, で双方腰, で土間, で封目, で席, で引金, で彼, で散々骨, で来, で来いっ, で横, で盥, で突, で肩, で膝, で行っ, で行つて, で追, で階, で電光石火, で頭, で飛出した

▼ 引籠り~ (35, 0.5%)

3 勝ちに 2 がちに, て人, 縄鉢巻にて

1 [26件] うつ, がちだった, がちで, て求め, とあつ, と言, になっ, やら恐らく, を仰せつけられ, 三年ならずし, 中な, 中大変, 中大變な, 中家來を以て, 人知れず諸家, 勝ちな, 天滿の, 手細工など, 机に, 病気の, 病氣の, 織田方の, 誰れ, 雜學を, 静に, 鬚蓬

▼ 引移り~ (33, 0.4%)

3 になる, をする 2 になりました, を願いたい

1 [23件] がちょうど, しかば與惣次, その行き先, ついに卒業, てより, ということ, という始末, になつたん, になりまし, の日取り, の由, の際, は八月, までに, を, を断行, 二川家から, 今は, 或会社, 更に小, 未だ昨今, 母は, 私娼の

▼ 引寄せられ~ (31, 0.4%)

2 て塀, て来, て来た, て行, て行く

1 [21件] けむ裾, こんな物, て, ている, ておい, てその, てまた, て心持, て慕っ, て来ました, て水の上, て灯, て社, て行った, て行つたの, て長命寺, でもした, または土地, 何も, 肝腦, 褄の

▼ 引~ (30, 0.4%)

5 剥いて 2 ために, むいて

1 [21件] に後醍醐天皇新田義貞, まるめたよう, むいてるの, むけるほど, めくりに, もいで, もぎって, 丸められ肌, 剥いた, 剥いたばかりの, 剥いだ御, 剥かれ曼陀羅, 廻すと, 抜いて, 捻って, 曲った溝, 曲り灰皿, 歪め半ば虚空, 歪め実に, 歪んだ顔, 歪んで

▼ 引~ (28, 0.4%)

2 嘘が, 御用聞などの, 手先ばかり

1 [22件] いっさいの, さあと伏見, どれが, 下っ引, 事件の, 今度は, 何かが, 力ぢや, 和君裸に, 坊主は, 引っ掛けは, 引つ掛, 手先から, 手先が, 手先は, 手続を, 町役人に, 番頭に, 貝掩を, 買物に, 長座の, 雲母引の

▼ 引戻す~ (28, 0.4%)

3 ことは, ことも 2 がやう, ことである, とグイ

1 [16件] ことであろう, ことにのみ, と共に文学, なり何, には作者自身, に義理, のであった, のであつ, やう努力すべきであらう, わけにも, 余裕は, 作用を, 工夫を, 手に従って, 氣だつた, 程の

▼ 引摺られる~ (28, 0.4%)

12 ように 6 やうに 2 のでした, 外は, 恰好に 1 のです, のも, ような, より外

▼ 引取られた~ (26, 0.3%)

2 お頼, ことは, のは

1 [20件] お關, かはしらない, が家, が父, とか言, とか言った, と聞いた, のが, のだ, のである, のでした, はずな, 上は, 事が, 時から, 時には, 浪子は, 男です, 相です, 飛青磁の

▼ 引据え~ (26, 0.3%)

2 て置い, て詮議

1 [22件] ていた, ているで, ております, てから窮命, てこれ, てさんざん, てその, てサッサ, て三人, て低, て威, て少し, て引き, て散々, て獲物, て男共, て眺め, て置いた, て罵倒, て跪かせよう, て青物町, 奔流を

▼ 引取られる~ (25, 0.3%)

4 ことに 3 ことを 2 前から, 話が

1 [14件] が他, ことだらう, という, という話, といふ, といふ話ぢ, のが, のみである, ま, までに一時, ままこの, 事に, 前は, 生別離苦

▼ 引寄せた~ (25, 0.3%)

2 と思ふ, 一刀に

1 [21件] が女, が寝際, けれども駒井, のかも, のです, ばかりで, カーテンに, 一刀を, 下着の, 久馬は, 工合という, 席亭の, 手を, 時友染は, 椅子に, 椅子の, 百姓が, 空の, 網の, 若侍, 蜂屋文太郎は

▼ 引移った~ (24, 0.3%)

2 のであった, のは

1 [20件] がいずれ, が中洲, ということ, という丈, のである, のであろう, ばかりのところ, ものであろう, わけである, 事が, 六条村民は, 処でした, 実の, 当時の, 後には, 後は, 後重吉は, 未墾地から, 本拠だった, 神尾主膳と

▼ 引移る~ (23, 0.3%)

9 ことに 2 前に

1 [12件] つもりだ, とすぐ, と聞いた, にしかず, のにも, まで一年あまり, や否, 日が, 時永井と, 準備に, 為に, 都合である

▼ 引続いた~ (22, 0.3%)

1 [22件] この二つ, その晩, ものを, 上天気であった, 信仰に, 働きの, 地盤は, 夜であり, 後僕は, 感情を, 来島の, 正月は, 気もちを, 火沙汰の, 精神的緊張の, 練塀に, 翁の, 話である, 軍隊及び, 遠見の, 錯覚な, 長い訊問

▼ 引~ (21, 0.3%)

2 から武家方, から相手, が女房, な, 遠慮なんか

1 [11件] からと思っ, からと思つて聽, から訊い, か何, が万七兄哥, しまた, そうじゃ, つたから, つたと, つた新米が, つて鬼や

▼ 引取りました~ (21, 0.3%)

5

1 [16件] から小三郎, が, があの, がこの, がその後, が下女, が下手人, が何, が何もかもそのまま, そうで, と申します, のです, カルロ・ナイン嬢は, 一寸前にも, 葛籠を, 銭形平次の

▼ 引捕え~ (20, 0.3%)

2 てこれ

1 [18件] てくれる, てくれ給え, てございます, てぴしぴし, てみなけれ, てやらね, て是, て横っ面, て白状, て糺明, て膝, て自身, て談ずる, て遣ろう, て頭, ながら逆さ, 以来手を, 手も

▼ 引移っ~ (20, 0.3%)

2 ていた, てくる, て来, て行った

1 [12件] ていった, てかね, てからというもの, てからの事, てからの私ども, てからの経験, てから初めて, てから彼, てから間もなく, てしまいました, てしまった, て来る

▼ 引~ (18, 0.2%)

2 穴へ

1 [16件] てある, ていかれる, ては参詣, てイソ, て外, て本堂, て林, て此處, て氣, ながら既に, 來り, 廣書院へ, 給へり, 者の, 行し, 那落に

▼ 引風情~ (18, 0.2%)

4 の平次 2 が大名, が武士, に何, に手 1 には許されるべき, に斯, に立入つた, に詫びる, の真似, の銭形平次

▼ 引には~ (17, 0.2%)

2 勿體ない, 十手の, 相違ない, 過ぎた物の本 1 かう云つて, こうした世才, なろう, めいめいの, 勿体ないほど, 安全第, 岡つ, 斯うし, 違げえ

▼ 引担い~ (17, 0.2%)

1 [17件] でお前, でしまえ, でその, でそのまま, でドンドン, で下駄, で偃松, で山路, で山道, で彼女, で後退, で投げた, で来た, で来る, で行く, で行け, で逃げよう

▼ 引寄せられる~ (16, 0.2%)

3 ように 2 ような

1 [11件] というの, といふ, と煙, のだ, ので, のは, のを, ままに, やうな, 様に, 者が

▼ 引続く~ (16, 0.2%)

1 [16件] いろいろの, ものである, 不作窮民の, 不景気に, 世紀に, 余震には, 信用組合の, 富豪の, 心痛に, 暑さ, 甲板上の, 空しい努力, 第三段, 第二段, 資本主義の, 身神の

▼ 引~ (15, 0.2%)

2 ている, て当った, は藤本, 明月記の 1 て瞑想, て調べた, て道楽半分, なんの, ゆゑいかに, 廻轉し, 更に水洗

▼ 引ならない~ (15, 0.2%)

2 ように

1 [13件] で出掛ける, ところへ, と観念, のであります, ものが, ものへ, やうに, 事情が, 場所で, 弱点を, 方へ, 用向きが, 羽目に

▼ 引延ばし~ (15, 0.2%)

2 というの, のほう, 作戦と 1 たりし, ていた, てともかく, てなるべく, て描かせた, て揺曳, となっ, には被告, も被告

▼ 引立つ~ (15, 0.2%)

2 かも知れない, んです

1 [11件] お駒, ことも, ことを, じゃあ, たか知れません, て来ない, て来る, のである, ものです, やうな, わけだ

▼ 引ッこ~ (14, 0.2%)

4 抜いて 2 ぬいたり 1 ぬいて, 抜かれたん, 抜かれて, 抜きかけたが, 抜き捕手, 抜くが, 抜くこと, 抜け侍

▼ 引取れ~ (14, 0.2%)

1 [14件] たり折柄太守, ては我が, て居た, という人, と云つた, と申す, と言, の価, ばさしずめ, ばよし, ば京極家, 一生安樂に, 弟子と, 長庵は

▼ 引掛っ~ (14, 0.2%)

6 ていた, ている 1 ていたらしい, てしまった

▼ 引提げ~ (14, 0.2%)

1 [14件] ていた, てこけつ, て上っ, て乗ったる, て二階, て入った, て勝手, て帰っ, て御, て来ました, て母様, ながら悠々, ながら横町, 勢猛に

▼ 引揚げました~ (14, 0.2%)

2 がもう, が一二町, よ 1 から金次郎, が, がその, が幸, が幸い, が萬屋さん, のが, 夜中に

▼ 引~ (13, 0.2%)

2 剥いて, 抜いて 1 ねじるぞ, むいても, 抱く, 捩ツ, 捲って, 捻じって, 捻じるぞ, 捻るぞ, 裂いて

▼ 引抱え~ (13, 0.2%)

1 [13件] て, てこう, て何処, て後, て手拭, て押, て横, て歩行, て立った, て行っ, て身体, ながら馳, になります

▼ 引掛ける~ (13, 0.2%)

1 [13件] とガラッ, などという者, などといふ者, などは人柄, のは, のも, 中にも, 羽織が, 習わしが, 者が, 釣針には, 間も, 風が

▼ 引籠った~ (13, 0.2%)

1 [13件] かと思う, きり出ません, ところで, ままうつらうつら, ままである, まま島の, まま徐州城へも, まま身を, んでございましょう, 切りで, 時分には, 書斎の, 私は

▼ 引詰め~ (13, 0.2%)

3 て結う 2 て櫛巻 1 ての束髪, て在る, て小さく, て疣尻巻, て芝居, にし, に結った, の洋髪

▼ 引較べ~ (13, 0.2%)

2 てね

1 [11件] ていた, てその, てちょっと, てよれよれ, て人, て左様, て我身, て自分, て読ん, 彼を, 餘り

▼ 引開ける~ (13, 0.2%)

2 と, のが 1 ととたんに, と何, と後向き, と案内, と石, と裏階子, なり中に, 手に, 手に従って

▼ 引ならず~ (12, 0.2%)

2 アタフタと 1 お供を, お銀様, この唯一無二, とは言い, ともよく, 一膝乗り出し, 二階で, 数珠を, 新子は, 身を

▼ 引伸ばし~ (12, 0.2%)

2 ながら, 写真の 1 てじ, て浴びせかけた, て白旗直八, ともなるであらう, と見る, ながら土間, ながら微妙, 薄い白髪鬢

▼ 引懸け~ (12, 0.2%)

1 [12件] がたり腰障子, てず, てぶるぶる, て上, て二三年目, て低く, て消し, て片手, て置い, にぐいと, に結ん, 不作法に

▼ 引捉え~ (12, 0.2%)

1 [12件] てくれ給え, てやろう, て井戸, て出せ, て化, て型, て投獄, て来た, て馬, 掴戻せる, 確と, 膝の

▼ 引掴み~ (12, 0.2%)

2 毛脛に 1 ながら素見, ぬき出しは, めい, めいめい後をも, 壇を, 宙に, 引掴み, 忽ち其所, 片手で, 罠を

▼ 引擦る~ (12, 0.2%)

4 ように 1 ともの, と火, やうな, やうに, ような, 様な, 様に, 樣に

▼ 引あげる~ (11, 0.1%)

3 かと疑ふ 2 前の 1 ことに, といきなり, の, のは, わけには, 時の

▼ 引とめ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ている, ておかない, てこれ, て一つ, て下さらなかった, て盃, て見る, て訊ねた, 材としか, 申たつ, 遊すもんなら

▼ 引剥い~ (11, 0.1%)

1 [11件] てくれ, てくれる, て了, て恨み, て持出しまし, て遣ろう, でこれ, で持っ, で着込んだ, で見ます, で見る

▼ 引取り手~ (11, 0.1%)

3 がない 2 のない 1 が來, が来ません, はあるまい, はうんと, もございません, を探した

▼ 引寄せよう~ (11, 0.1%)

3 とした, とする 1 という腹, としてかえって, とすれ, と思う, は無く成った

▼ 引廻す~ (11, 0.1%)

2 ものだ 1 つもりで, つもりでしょう, のが, ような, ように, 六枚屏風の, 刃に, 時にも, 際に

▼ 引揚げられ~ (11, 0.1%)

2 て半死半生 1 たり, たりぬらぬら, てあった, ていた, ている, てしょせん, て二の丸, て土地, 翁屋内外一切の

▼ 引揚げられた~ (11, 0.1%)

1 [11件] かも知れぬ, が彼, ので明るい, んだ, 時に, 時には, 時は, 漁船には, 申松の, 舟の, 黒人は

▼ 引摺られた~ (11, 0.1%)

2 のと 1 かそれ, からぐらぐら, からとあっ, が美しい, のか, 上に, 古股引, 恰好です, 長吉は

▼ 引附け~ (11, 0.1%)

2 俯向い 1 か, ている, てお, てゐた, て尤も, て居りました, て置いた, 一冊覚書らしい, 支那の

▼ 引うけ~ (10, 0.1%)

2 て鼻唄交 1 てくれ, てゐなさる, て世話, て了つたん, て書くだ, て鼻歌交, 候, 近頃ぐん

▼ 引取らせ~ (10, 0.1%)

2 家主に 1 すぐさま親, ていただかう, てほしい, て島, て野辺送り, 度い, 申候, 直ぐ樣親

▼ 引据えられ~ (10, 0.1%)

1 ていた, ている, て殿様, て紅, て縛りつけられた, て縦横無尽, て荒筵, て離屋, て駒井, 真名古は

▼ 引比べ~ (10, 0.1%)

1 ておれ, てそれ, てみる, て何, て俥上, て初, て推察, て考へ, て見た, 終には

▼ 引籠る~ (10, 0.1%)

2 事に 1 から安全, がよい, こと度々, のである, のです, よりほか, 決心を, 組も

▼ 引させぬ~ (9, 0.1%)

1 ことに, 厳しい調子, 嚴しい, 強いところ, 手厳しさ, 手詰, 理詰の, 膝を, 袋の

▼ 引する~ (9, 0.1%)

2 即ち是 1 が一番, ことが, こと実に斯く, こと實に, のである, の時, 店の

▼ 引たる~ (9, 0.1%)

2 に新年, 北越奇談玉の, 日本風土記 1 が初め, と落てありし, などいと

▼ 引なんか~ (9, 0.1%)

2 手を 1 しあがつて, しちゃ, しちや, しやがって, やめっちまえ, やめつちま, 足もとへも

▼ 引ぱり~ (9, 0.1%)

3 出して 2 出されて 1 出されたの, 出すの, 込まれた, 込みました

▼ 引取ろう~ (9, 0.1%)

3 と云う 1 という, というの, という警察令, と云っ, と言い出し, と言い出した

▼ 引懸った~ (9, 0.1%)

2 ように 1 がどれ, だぼ鯊を, のである, ままその, ような, 小枝と共に, 策略の

▼ 引掴む~ (9, 0.1%)

1 とともに外, と危くツンノメリ, と大きな, と小, と忽ち, と杯盤, と雪, ように, 機会が

▼ 引摺った~ (9, 0.1%)

2 ように 1 か引, のは, ような, カーテンの, 幽霊でも, 跡が, 青い裳

▼ 引歪め~ (9, 0.1%)

21 ていた, ている, て争う, て声, て意味, て爭, て聲

▼ 引締まっ~ (9, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ておりまする, てこれ, てどてら, て居た, て来る, て黒ずん

▼ 引じゃ~ (8, 0.1%)

2 ないか 1 あるまいし, ないあれ, ないと, ねえか, ねえよ, 手が

▼ 引です~ (8, 0.1%)

31 からどんな, から何ん, がすべて, が使, が使い

▼ 引よせ~ (8, 0.1%)

21 あつけ, てじっと, ては中, て寢たる, ながら彼, にか

▼ 引ッぱり~ (8, 0.1%)

3 出して 1 上げると, 出した, 出すよう, 出そう, 込まれたら何

▼ 引包ん~ (8, 0.1%)

1 でしまう, でしまった, で凝結, で居る, で帰ろう, で抱い, で誘き出す, で餓鬼諸共

▼ 引取りたい~ (8, 0.1%)

2 と望んだ 1 という篤志家, と幾たび, と思う, と思ふ, のだ, 旨を

▼ 引寄せられた~ (8, 0.1%)

1 かと足, のだ, のです, のは, まま抱擁の, ように, 大長持, 愚僧に

▼ 引挙げ~ (8, 0.1%)

1 ていた, てしまう, てそれ, てはまだ, て了, て手ひどく, て来た, ようやく事なき

▼ 引掛った~ (8, 0.1%)

1 その響, ね, のだろう, ので, んじゃあ, んです, 感じな, 死骸の

▼ 引立ち~ (8, 0.1%)

1 が欠け, て美しき, の出た, よる, 彼女は, 気の, 笑ひも真柴大領の, 肩衣を

▼ 引背負っ~ (8, 0.1%)

1 たって羽, てこの, て一度内, て二人, て出向いた, て行く, て跣足, て附

▼ 引請け~ (8, 0.1%)

1 てさて, てしまふ, てしまわれた, て世話, て是, て法廷, で有難う, をし

▼ 引違い~ (8, 0.1%)

2 にこの 1 にいま問題, にガラッ, に反対, に御, に部屋, の戸

▼ 引ちぎっ~ (7, 0.1%)

2 てある 1 てしまう, てしまったなら, てすてた, て持っ, て部屋

▼ 引ちぎった~ (7, 0.1%)

2 のだろう 1 のは, ものだ, ように, 写真版の, 形跡が

▼ 引~ (7, 0.1%)

3 やない 1 やありません, やあるまい, やどう, や手

▼ 引という~ (7, 0.1%)

2 のは 1 ことは, のが, 商売柄こういう, 私の, 関係が

▼ 引などに~ (7, 0.1%)

1 お目, お目にかかる旦那, 取つて, 用事は, 縛られる覚え, 縛られる覺, 較べますと

▼ 引ぱって~ (7, 0.1%)

1 来て, 行くこと, 行こうと, 行って, 踏みそう, 連れて, 鳴いてるの

▼ 引~ (7, 0.1%)

1 いつたらへえ, おでん食ひ, 付け文する, 來る, 奔走し, 来るより, 附け文

▼ 引二人~ (7, 0.1%)

2 をつれ 1 に引張られ, のうち弟分, は少なから, もだ, を何やら

▼ 引剥ぐ~ (7, 0.1%)

1 とその, とな帯, と死ん, と江戸川べり, と面目, のを, ように

▼ 引取られました~ (7, 0.1%)

2 が母, が船頭 1 がそれでも, が母親, が貴下

▼ 引取り下さい~ (7, 0.1%)

1 お引, たって伺候, という, といっ, と言つて, 今日の, 子供たちは

▼ 引懸っ~ (7, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ていった, ているで, てしまった

▼ 引懸り~ (7, 0.1%)

1 がある, が出来, が有る, て難儀, は忘れ, 候, 肥前屋小兵衞方にて

▼ 引抱えた~ (7, 0.1%)

1 ような, 処の, 勢は, 多津吉, 手ずさみだ, 手に, 黒塗の

▼ 引据えられた~ (7, 0.1%)

1 お珊, お静, という次第, のは, ように, マドロスは, 婦人たちを

▼ 引掛る~ (7, 0.1%)

1 という手段, とどうせ, と咳, に相違, のだ, やつが, 物ありし

▼ 引本能~ (7, 0.1%)

2 に操られる, を鼓舞 1 がジッ, がヂツ, を働かせ

▼ 引繰り返し~ (7, 0.1%)

1 てしまった, てゐた, てゐる, て大伏樋, て掻き, て見せる, て見る

▼ 引被い~ (7, 0.1%)

2 で打 1 でぞ居, で出た, で寝, で寝た, で来ん

▼ 引だって~ (6, 0.1%)

2 勘弁しない 1 みんな神様じゃあ, 金紗, 顔の, 鬼や

▼ 引では~ (6, 0.1%)

2 身分に, 身分は 1 ない刑事, 身分が

▼ 引とは~ (6, 0.1%)

2 縁の 1 あまりに違っ, あまりに違つて, 云え重ね重ね, 間違えねえが

▼ 引なし~ (6, 0.1%)

1 とまで言われ, に事物, に持ちかけました, に欲しい, の肚, 品物は

▼ 引~ (6, 0.1%)

2 どの烟こ 1 とひ, どの明, はし, はしたる

▼ 引より~ (6, 0.1%)

2 あの方, 易者へ 1 武者修業を, 武者修行を

▼ 引ツ越し~ (6, 0.1%)

1 する者, なの, の時前, は嫌ひなの, は巧, をしよう

▼ 引上る~ (6, 0.1%)

2 時には 1 と浅瀬, 時に, 運びに, 雲も

▼ 引倒す~ (6, 0.1%)

2 とその 1 と云う, と何, 何者か, 音が

▼ 引切る~ (6, 0.1%)

1 とぶつ, とぷつりといってようよう, と袖, にも目, ように, 事が

▼ 引包む~ (6, 0.1%)

1 かと見る, から酸類, と思う, と思ふ, ように, 緞子の

▼ 引取らせる~ (6, 0.1%)

2 がよい 1 かお, ことに, 事に, 外は

▼ 引取りまし~ (6, 0.1%)

1 てそして, て下谷, て久振り, て別に, て実, よう

▼ 引挙げた~ (6, 0.1%)

1 ことが, そうです, のは, んです, 助役は, 時に

▼ 引添う~ (6, 0.1%)

1 ている, てまだ, て来ぬ, て進んだ, ように, 彼女が

▼ 引着け~ (6, 0.1%)

1 あの右角, たり法華経八軸, てある, て待設ける, て渠, 雁の

▼ 引立たない~ (6, 0.1%)

1 から取るべきでない, ことに, でお, ものです, 交際振りでありました, 野郎姿

▼ 引被せ~ (6, 0.1%)

21 てお, ておく, てやりました, て青月代

▼ 引釣る~ (6, 0.1%)

1 と斉, のです, ようで, 皮膚の, 眉ギラギラ, 身体が

▼ 引あけ~ (5, 0.1%)

1 ている, てはいっ, てまるで, て中, 飽かず打

▼ 引しめた~ (5, 0.1%)

1 から今日大家, ところで, ままの, 唇の, 表情で

▼ 引~ (5, 0.1%)

1 つるは, ので此書, もんです, 一話で, 經説も

▼ 引づら~ (5, 0.1%)

3 れて 1 ひ我が, れること

▼ 引でも~ (5, 0.1%)

2 お前なら 1 するやう, 手先でも, 目明しでも

▼ 引として~ (5, 0.1%)

2 異常な 1 使うこと, 参考書の, 朱総を

▼ 引ども~ (5, 0.1%)

1 が来, が見おっ, はおもしろ, は霜, を骨

▼ 引など~ (5, 0.1%)

1 いう博奕, はまるつ切り齒, やろうという, 実にこの, 気恥しくて

▼ 引まで~ (5, 0.1%)

2 六十七刻正 1 あわせると, 江戸つ, 江戸ッ児の

▼ 引ツ張つて~ (5, 0.1%)

1 ゐるので, 行かうと, 行かれた, 見たが, 見たろか

▼ 引二三人~ (5, 0.1%)

1 が勝ち誇った, が勝誇つた, と共に嚴重, は念入り, を狩り出し

▼ 引包んだ~ (5, 0.1%)

1 その袖とも, のを, ようでしょう, ように, 祇園の

▼ 引取ります~ (5, 0.1%)

2 から左様 1 が種々用, とも貴方, 節に

▼ 引取れる~ (5, 0.1%)

2 ことか, ものなら 1 ことに

▼ 引挙げる~ (5, 0.1%)

2 ことに, 事に 1 ほうが

▼ 引据える~ (5, 0.1%)

2 ように 1 と, とそれ, と刑事

▼ 引揚げ者~ (5, 0.1%)

1 があった, なン, に変り, の無慙, の風体

▼ 引擦っ~ (5, 0.1%)

2 て行った 1 ていた, てみる, てゆく

▼ 引擦り~ (5, 0.1%)

2 乍ら先に 1 仆された, 会ふ, 引擦り立ち上った

▼ 引歪めた~ (5, 0.1%)

1 二十二三の, 唇の, 唇を, 顔と, 顔を

▼ 引歪められ~ (5, 0.1%)

1 ている, てゐた, て二タ目, て毒々しい, 引歪められ

▼ 引移りました~ (5, 0.1%)

2 のは 1 がここ, がどんな, 日ヘルンは

▼ 引立たし~ (5, 0.1%)

2 て居る 1 てゐた, て貰っ, むる等その

▼ 引被け~ (5, 0.1%)

2 て外 1 て臥しける, 寸志の, 転宿でも

▼ 引被っ~ (5, 0.1%)

3 てしまった 1 ていた, てまで且つ

▼ 引釣り~ (5, 0.1%)

1 が出来た, 上る若旦那, 勢が, 口は, 額の

▼ 引開けよう~ (5, 0.1%)

3 とした 1 とし, とする

▼ 引あげた~ (4, 0.1%)

1 ところ本郷には, のであった, のも, んだ

▼ 引うけた~ (4, 0.1%)

1 のが, のだ, 家から, 蜂谷学士は

▼ 引うける~ (4, 0.1%)

3 ことに 1

▼ 引おろし~ (4, 0.1%)

1 ている, て扱帯, て扱帶, て見る

▼ 引させず~ (4, 0.1%)

1 お秀, にお松, に言, に追究

▼ 引しめ~ (4, 0.1%)

1 ていた, てうつむい, て声, 気を

▼ 引そばめ~ (4, 0.1%)

2 雄々しき声 1 て上げつ, て木戸口

▼ 引たれ~ (4, 0.1%)

2 どこ 1 ども外の, ども得動

▼ 引とっ~ (4, 0.1%)

1 て, て世話, て朝子, て答え

▼ 引とめられ~ (4, 0.1%)

1 ている, てしまつ, てついそのまま, て御

▼ 引とめる~ (4, 0.1%)

1 ところは, のを, わけにも, 義務を

▼ 引~ (4, 0.1%)

1 かまに, ぐりにもう一刀肩さきをか, のかい, のであった

▼ 引などの~ (4, 0.1%)

2 中には, 生活に

▼ 引なら~ (4, 0.1%)

2 ねえ 1 しし菅原の, ない難儀

▼ 引にも~ (4, 0.1%)

2 お前ばかり 1 よるもの, 砂埃り

▼ 引ッこぬき~ (4, 0.1%)

1 に失敗, に成功, の話, は金額

▼ 引ッぱって~ (4, 0.1%)

1 もうすぐそこ, 来い, 来たもの, 来た百姓

▼ 引伸ばした~ (4, 0.1%)

2 耳朶に 1 と思し召せ, ように

▼ 引傾げ~ (4, 0.1%)

1 て剥い, て横睨み, て私, 楫棒を

▼ 引入られ~ (4, 0.1%)

3 て一生 1 て見たくなる

▼ 引取らう~ (4, 0.1%)

2 とする 1 とした, とはしない

▼ 引取り人~ (4, 0.1%)

1 のない, のヒラメ, の来る, はまだ

▼ 引延す~ (4, 0.1%)

2 やうに 1 だけの事, のは

▼ 引延ばす~ (4, 0.1%)

1 ことを, という悪い, アクションの, 意である

▼ 引括られた~ (4, 0.1%)

2 ように 1 後広い, 方がよ

▼ 引挟ん~ (4, 0.1%)

1 で, でがっき, でほう, で片手

▼ 引捕える~ (4, 0.1%)

1 ことは, ことも, ためであった, に相違

▼ 引据えた~ (4, 0.1%)

1 のだ, のは, 檻車の, 福松の

▼ 引揚げられる~ (4, 0.1%)

1 とやはり, と矢張り, もので, 樣な

▼ 引攫う~ (4, 0.1%)

1 とご, ものだ, ものであろう, ように

▼ 引歪んだ~ (4, 0.1%)

1 屋体を, 顏つきを, 顏を, 顔ばかり

▼ 引着ける~ (4, 0.1%)

1 からうっかり, に足る, ように, んだ

▼ 引立たぬ~ (4, 0.1%)

1 を見, 上に, 事おびただしい, 会話を

▼ 引繰り返っ~ (4, 0.1%)

1 てぐうぐう寐, て寐, て投げ出された, て眼

▼ 引詰めた~ (4, 0.1%)

1 ぼんの, 束髪といった, 総髪の, 銀杏返

▼ 引釣った~ (4, 0.1%)

1 って言う, ような, 凄い顔, 私は

▼ 引釣らせ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ながらようよう, ながら哀願, ながら涙

▼ 引~ (3, 0.0%)

1 ぐる也, つて黙, ひて

▼ 引あける~ (3, 0.0%)

1 とまろび, と中, と同時に

▼ 引うけし~ (3, 0.0%)

3 にやそれとも

▼ 引おも~ (3, 0.0%)

3 ほゆる

▼ 引さかれ~ (3, 0.0%)

3 て背中

▼ 引され~ (3, 0.0%)

1 て今に, 一ツは, 夫を

▼ 引しめる~ (3, 0.0%)

1 ために, だけで事, 棒柱の

▼ 引たくる~ (3, 0.0%)

2 様に 1 ように

▼ 引たほした~ (3, 0.0%)

3 意趣が

▼ 引たり~ (3, 0.0%)

1 それに, 熱が, 爾

▼ 引だの~ (3, 0.0%)

1 ペテンだ, 朝鮮方の, 緋羅紗の

▼ 引である~ (3, 0.0%)

1 から己ア方, と同時に, と言います

▼ 引といふ~ (3, 0.0%)

2 おでんやで 1 ものは

▼ 引とめられぬ~ (3, 0.0%)

3 働きを

▼ 引とも~ (3, 0.0%)

2 見えぬ秀麗 1 見えるが

▼ 引とり~ (3, 0.0%)

1 て人, を願います, 金吾さんは

▼ 引なぞ~ (3, 0.0%)

2 では 1 全くございませぬ

▼ 引なども~ (3, 0.0%)

1 ありなかなか, その家, 知らなければ

▼ 引なんかに~ (3, 0.0%)

2 して 1 口説かれる私

▼ 引なんて~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 いうもの

▼ 引ぬい~ (3, 0.0%)

1 て, てしまつ, て来た

▼ 引のばし~ (3, 0.0%)

1 て見, て長い, 策であろう

▼ 引はが~ (3, 0.0%)

1 されたり, して, そうと

▼ 引めくる~ (3, 0.0%)

1 と丘子, ように, 方が

▼ 引よりは~ (3, 0.0%)

1 よっぽど敏捷, 家主の, 湯引という

▼ 引れたる~ (3, 0.0%)

2 書にて 1 上宮紀に

▼ 引わたす~ (3, 0.0%)

3 事を

▼ 引~ (3, 0.0%)

1 取ッテイタ, 続キ手, 返シタ

▼ 引キ胡粉~ (3, 0.0%)

3 デ抹消

▼ 引ッかけ~ (3, 0.0%)

1 にきりりと, にし, に結んだ

▼ 引ッ張ッ~ (3, 0.0%)

1 て, てッ, て来る

▼ 引ツ込み思案~ (3, 0.0%)

1 でつい, にならない, 過ぎるよ

▼ 引上手~ (3, 0.0%)

21 で荒っぽい

▼ 引傾いた~ (3, 0.0%)

1 ために, 日陰の, 湯沸の

▼ 引傾けた~ (3, 0.0%)

2 同じ方 1 まま受ける

▼ 引冥利~ (3, 0.0%)

2 お倉 1 だ心配

▼ 引取らない~ (3, 0.0%)

1 ことも, ぢや, わけにも

▼ 引取らなく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, てもいい, てもよろしゅう

▼ 引取り下さいます~ (3, 0.0%)

2 ように 1 よう御

▼ 引取り度~ (3, 0.0%)

1 いといふ, いと思, くと

▼ 引叩い~ (3, 0.0%)

1 てやった, てやりたく思ふ, て見ませう

▼ 引御用聞~ (3, 0.0%)

1 が投, に縄張, に繩張

▼ 引懸かる~ (3, 0.0%)

1 かどう, というの, ような

▼ 引懸ける~ (3, 0.0%)

1 を合せ, んです, 鯉に

▼ 引懸る~ (3, 0.0%)

1 ことである, ものかい, ように

▼ 引戻さう~ (3, 0.0%)

2 とする 1 として彼

▼ 引戻せ~ (3, 0.0%)

1 さうもなく, そうも, と大音

▼ 引担ぐ~ (3, 0.0%)

1 と踵, やうに, ような

▼ 引括られ~ (3, 0.0%)

1 てみようで, ても詰らねえ, て突き

▼ 引括る~ (3, 0.0%)

1 からそう, のです, 事が

▼ 引掛かる~ (3, 0.0%)

1 が自分の, とかの新しい, のだ

▼ 引揚げたら~ (3, 0.0%)

1 どうじゃ, 何う, 郷里の

▼ 引揚げなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならなかった, ばならなかつた, ばならなくなる

▼ 引揚げ作業~ (3, 0.0%)

1 が済ん, でした, を見

▼ 引擦られ~ (3, 0.0%)

2 て行った 1 ながら起き上ろう

▼ 引攫い~ (3, 0.0%)

1 人の, 又ち, 高飛を

▼ 引断る~ (3, 0.0%)

1 ように, 膝を, 音圧折る

▼ 引束ねた~ (3, 0.0%)

1 姿で, 黒髪には, 黒髪の

▼ 引着けた~ (3, 0.0%)

1 その一人, またその, 腕車が

▼ 引立たせる~ (3, 0.0%)

1 ためだった, 仕方だ, 待女郎の

▼ 引立った~ (3, 0.0%)

1 ことは, のだ, 気分で

▼ 引組んだ~ (3, 0.0%)

2 ままで 1 まま甲板に

▼ 引結ん~ (3, 0.0%)

1 で下, で低, で真直

▼ 引結んだ~ (3, 0.0%)

1 口元を, 唇の, 唇は

▼ 引締まった~ (3, 0.0%)

1 着こなしで, 顔が, 顔を

▼ 引締まる~ (3, 0.0%)

1 のに, のを, やうに

▼ 引繰り返した~ (3, 0.0%)

2 ように 1 お蝶

▼ 引繰り返す~ (3, 0.0%)

1 と僕, ほどの結果, 事が

▼ 引纏め~ (3, 0.0%)

1 ていつ, て一, て赴任

▼ 引背負った~ (3, 0.0%)

1 は民, ほどな, 四季の

▼ 引自由~ (3, 0.0%)

2 になりません 1 ならざるところ

▼ 引被り~ (3, 0.0%)

1 て南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏, ながらヨロヨロ, 鳶子合羽に

▼ 引開けた~ (3, 0.0%)

1 が玄関, とたんに, のは

▼ 引附ける~ (3, 0.0%)

1 は失礼, 名で, 時に

▼ 引離れ~ (3, 0.0%)

1 てことさま, てしまいました, て行く

▼ 引~ (3, 0.0%)

2 なげ繩 1 なげ縄

▼ 引あけ水~ (2, 0.0%)

1 の如く, の如く入っ

▼ 引あるき~ (2, 0.0%)

2 て戯れあそぶ

▼ 引おろす~ (2, 0.0%)

1 のが, ように

▼ 引さら~ (2, 0.0%)

1 って室, ひ女房

▼ 引さらっ~ (2, 0.0%)

1 て行く, て遠く

▼ 引~ (2, 0.0%)

1 て凧, て闇

▼ 引その他~ (2, 0.0%)

1 については何, の御用

▼ 引たつれ~ (2, 0.0%)

2 ば音

▼ 引たりと~ (2, 0.0%)

1 あり然, 僞り

▼ 引だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, で多数

▼ 引だし~ (2, 0.0%)

1 からマッチ, て夫人

▼ 引だす~ (2, 0.0%)

1 ことが, と早く

▼ 引だった~ (2, 0.0%)

1 から銭形, な

▼ 引ちぎり~ (2, 0.0%)

1 恰度同じ, 目も

▼ 引てか~ (2, 0.0%)

2 へるに

▼ 引てく~ (2, 0.0%)

2 はしくいへり

▼ 引とか~ (2, 0.0%)

2 手先とか

▼ 引としての~ (2, 0.0%)

2 平次の

▼ 引とつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 引との~ (2, 0.0%)

1 ために, 多い劇界

▼ 引とられ~ (2, 0.0%)

1 この間それも, て養生

▼ 引とる~ (2, 0.0%)

1 ように, 寸前に

▼ 引なき~ (2, 0.0%)

1 自由発言家なり, 自由發言家なり

▼ 引なら殺し~ (2, 0.0%)

1 てみせる, て見せる

▼ 引なんど~ (2, 0.0%)

1 を用, 知るに

▼ 引にでも~ (2, 0.0%)

1 見つかろうもん, 見付かろうもん

▼ 引にとっては~ (2, 0.0%)

1 くみし易い, 少し脳味噌

▼ 引によって~ (2, 0.0%)

1 定まる地用, 自分の

▼ 引はらっ~ (2, 0.0%)

1 てしまえない, て国男夫婦

▼ 引~ (2, 0.0%)

1 天一坊は, 此方は

▼ 引べき~ (2, 0.0%)

1 や此儀合點, 石と

▼ 引~ (2, 0.0%)

1 しゃらくせえ真似, どうしてあんな

▼ 引よせられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てそれ

▼ 引らしい~ (2, 0.0%)

1 これが, やつも

▼ 引らしくない~ (2, 0.0%)

1 平次は, 穏やかさが

▼ 引れし~ (2, 0.0%)

1 は無, 後ろ髮の

▼ 引イテ~ (2, 0.0%)

1 見ル, 見血液ガ混入シタカドウカヲ念ノタメニ慥メテ

▼ 引キ受ケテ~ (2, 0.0%)

1 極メテ, 続ケタ

▼ 引ッくり~ (2, 0.0%)

1 返された, 返った新造

▼ 引ッぱずされて~ (2, 0.0%)

1 あッと, よろめく足

▼ 引ッぱずして~ (2, 0.0%)

1 あッという, 持って

▼ 引ッコ~ (2, 0.0%)

1 抜いて, 抜かれるか

▼ 引ッ立て~ (2, 0.0%)

1 申すぞ, 行こうじゃ

▼ 引ツぱり~ (2, 0.0%)

1 出した, 廻して

▼ 引ツ切り~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ 引ツ張り~ (2, 0.0%)

1 ながら言, ながら面

▼ 引ツ詰め~ (2, 0.0%)

2 に結つた

▼ 引三人~ (2, 0.0%)

2 に見張らせ

▼ 引上戸~ (2, 0.0%)

1 で困ります, となつ

▼ 引五人~ (2, 0.0%)

1 に手伝わせ, に手傳

▼ 引付いた~ (2, 0.0%)

1 ものなる, ような

▼ 引伸ばす~ (2, 0.0%)

1 とま, ように

▼ 引停め~ (2, 0.0%)

1 てくれなけれ, てゐる

▼ 引傾い~ (2, 0.0%)

1 て落, でゐる借

▼ 引傾いだ~ (2, 0.0%)

1 小屋に, 濡縁づき

▼ 引剥いだ~ (2, 0.0%)

1 その底, のです

▼ 引剥がす~ (2, 0.0%)

1 ように, 為に

▼ 引包め~ (2, 0.0%)

1 て二両, て袖

▼ 引卸す~ (2, 0.0%)

1 なんては罪, に相当骨

▼ 引取ってる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 奥さんにも

▼ 引取らせた~ (2, 0.0%)

1 上麻繩を, 後御

▼ 引取らなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばいけない

▼ 引取らぬ~ (2, 0.0%)

1 うち生埋, 不覚人の

▼ 引取らね~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 引取られてる~ (2, 0.0%)

1 のさ, んだ

▼ 引取りなさる~ (2, 0.0%)

1 がよい, んなら

▼ 引取り下さる~ (2, 0.0%)

1 よう, ように

▼ 引取れし~ (2, 0.0%)

1 後其身病勝の, 由故

▼ 引呼吸~ (2, 0.0%)

1 になつて, に魂

▼ 引善く~ (2, 0.0%)

2 機宜に

▼ 引寄せそこ~ (2, 0.0%)

1 に腰かけ, に重点的

▼ 引寄せそれ~ (2, 0.0%)

1 に片手, へ彼女

▼ 引寄せたい~ (2, 0.0%)

1 くらいの夜寒, と思ふ

▼ 引寄せまし~ (2, 0.0%)

1 て, て三つ四つ

▼ 引寄せました~ (2, 0.0%)

1 がやがてすやすや, けれど少し

▼ 引寄せん~ (2, 0.0%)

1 とする, とすれ

▼ 引寄せ中~ (2, 0.0%)

2 から玉葱

▼ 引寄せ加減~ (2, 0.0%)

1 にし, に腰

▼ 引寄せ筆~ (2, 0.0%)

1 を取り上げ, を秉

▼ 引居られ~ (2, 0.0%)

1 たり此日伊勢屋三郎兵衞方, 伊奈半左衞門殿は

▼ 引延ばした~ (2, 0.0%)

1 ネエの, 雲の

▼ 引廻し気味~ (2, 0.0%)

1 だった, に見える

▼ 引廻せる~ (2, 0.0%)

1 と信じ, と思う

▼ 引彦兵衛~ (2, 0.0%)

1 と死んだ, の頭

▼ 引従え~ (2, 0.0%)

1 五尺に, 御前様の

▼ 引~ (2, 0.0%)

2 腰の物の

▼ 引懸かっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまう

▼ 引抓ん~ (2, 0.0%)

1 で晩方背戸, で飛ばう

▼ 引括っ~ (2, 0.0%)

1 てしまいます, て来る

▼ 引括られる~ (2, 0.0%)

1 としても薪ざっぽうや麦藁, もんなら

▼ 引括り~ (2, 0.0%)

1 さう, 上へ

▼ 引括れ~ (2, 0.0%)

1 ば何, ば先ず

▼ 引挟んだ~ (2, 0.0%)

1 のかと, 三人の

▼ 引挾ん~ (2, 0.0%)

1 で居る, で膝小僧

▼ 引捕えよう~ (2, 0.0%)

1 というの, とした

▼ 引捕まえ~ (2, 0.0%)

1 て糺明, て面談

▼ 引捕らえ~ (2, 0.0%)

1 て牢, て罰

▼ 引捩り~ (2, 0.0%)

1 ては歩み, て間

▼ 引捻れた~ (2, 0.0%)

1 唇の, 四角な

▼ 引掛かり~ (2, 0.0%)

1 今にもはずれ, 対山の

▼ 引掛けよう~ (2, 0.0%)

1 として投げた, と云

▼ 引掛けられ~ (2, 0.0%)

1 てギュウギュウ, て全速力

▼ 引掛けられた~ (2, 0.0%)

1 んです, 物

▼ 引掛け帯~ (2, 0.0%)

1 などをし, の女

▼ 引掴んだ~ (2, 0.0%)

1 まま, ような

▼ 引揚げたい~ (2, 0.0%)

1 ところだ, とはおもい

▼ 引揚げない~ (2, 0.0%)

1 と危険, 連中も

▼ 引揚げなさる~ (2, 0.0%)

1 なんて, 由何やら

▼ 引揚げましょう~ (2, 0.0%)

1 か親分, 汚ない

▼ 引揚げます~ (2, 0.0%)

1 とこんど, よ小夜菊

▼ 引揚げよ~ (2, 0.0%)

1 とか, と父

▼ 引揚げろ~ (2, 0.0%)

1 といった, と言う

▼ 引揚げ後~ (2, 0.0%)

1 か直前, 調べると

▼ 引揚げ際~ (2, 0.0%)

2 に砂利

▼ 引摺ってる~ (2, 0.0%)

1 といっ, のが

▼ 引摺れ~ (2, 0.0%)

1 てその, ば済む

▼ 引擦った~ (2, 0.0%)

1 なり中二階, 燃立つ

▼ 引放す~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事の

▼ 引放れ~ (2, 0.0%)

1 ていぬべき, て本

▼ 引散らし~ (2, 0.0%)

1 てある, てずぶ濡

▼ 引断れた~ (2, 0.0%)

1 なりで, やうに

▼ 引本朝未曾有~ (2, 0.0%)

2 の奇工

▼ 引東晉~ (2, 0.0%)

1 の常, の王隱

▼ 引止る~ (2, 0.0%)

1 をお, 故安五郎

▼ 引歪められた~ (2, 0.0%)

1 その顔, 口から

▼ 引歪められる~ (2, 0.0%)

2 のでした

▼ 引添い~ (2, 0.0%)

1 悠々と, 米は

▼ 引添っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て行っ

▼ 引添った~ (2, 0.0%)

1 お千世, 二人の

▼ 引無し~ (2, 0.0%)

1 に持ちかけました, に諦め

▼ 引移し~ (2, 0.0%)

2 が始まります

▼ 引移せ~ (2, 0.0%)

1 ば俺, ば果して

▼ 引移らう~ (2, 0.0%)

1 といふ, とした

▼ 引移りたい~ (2, 0.0%)

1 と思い, と言つて

▼ 引移り來~ (2, 0.0%)

1 たりし, りしは

▼ 引立たず沈んだ~ (2, 0.0%)

2 調子で

▼ 引立っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来る

▼ 引籠りし~ (2, 0.0%)

1 が俳優厭, とも傳へて

▼ 引籠りまし~ (2, 0.0%)

1 てからはどなた, て夫

▼ 引籠り居り~ (2, 0.0%)

1 一向, 候て

▼ 引組む~ (2, 0.0%)

1 ことで, 状の

▼ 引組ん~ (2, 0.0%)

1 だりほぐれ, で勇ましく

▼ 引結ばれ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 引絡まっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て歩行

▼ 引続いてる~ (2, 0.0%)

1 廊下の, 海軍造船所へ

▼ 引締り~ (2, 0.0%)

2 ました

▼ 引繰りかえっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまった

▼ 引繰り返~ (2, 0.0%)

1 つて寐て, へつてる

▼ 引繰り返つ~ (2, 0.0%)

1 てぐう, てしまひます

▼ 引繰り返る~ (2, 0.0%)

1 ことは, とその

▼ 引罹り~ (2, 0.0%)

1 とんだ目, 既に路用

▼ 引脱い~ (2, 0.0%)

1 で小脇, で真裸

▼ 引落す~ (2, 0.0%)

1 ような, 鈴慕でした

▼ 引被せられた~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 引被った~ (2, 0.0%)

1 のか, まま穢れた

▼ 引被る~ (2, 0.0%)

1 とトントン, と開いた

▼ 引解い~ (2, 0.0%)

1 たり鋏, て広げる

▼ 引解いた~ (2, 0.0%)

2 のも

▼ 引請けた~ (2, 0.0%)

1 のは, ものだった

▼ 引跨い~ (2, 0.0%)

2 で腰

▼ 引過ぎ~ (2, 0.0%)

1 に密ッ, の情夫

▼ 引違え~ (2, 0.0%)

1 て彼, て徐に

▼ 引開けさせた~ (2, 0.0%)

2 平次

▼ 引開けられ~ (2, 0.0%)

1 寅造は, 警視総監を

▼ 引隠れた~ (2, 0.0%)

1 場処である, 浴場の

▼ 引隠れる~ (2, 0.0%)

1 のでした, 場処を

▼1* [807件]

あく口の悪き, 引あげましたがどう, 引あげませうか, 引あげようか八, 引あげられて籠, 引あって黙っ, 引なかみ, 引うけなれバよろしく, 引うけようとは言, 引うけられた事は, 引うつって世帯, 引おこされし, 引おこされた一時の, 引おこすことは, 引おろされるにきまってる, 引おろしたよ, 引おろせば即, 引おろせるやうに, 引お前もまだ, 引がねを引けば, 引ぎずりを始めたの, 引ぐど大変だから, 引ぐらいなもん, 引ぐらいはする, 引のせ, 引さいた細紐を, 引さく作用をする, 引さげつか, 引させず見る人の, 引させないように, 引させまいとの構え, 引させられぬ思いを, 引さばいたように, 引さらえて塾, 引さらげて見, 引されしなり去れば其留守前日, 引さ旗本屋敷の奧, 引しかと問けれ, 引した新妻の, 引しないという, 引しぼられたりひろがっ, 引しぼる程苦勞が, 引しむる利慾の, 引しめて書きすすめて, 引しめられて鼻, 引しもしほ時, 引しりぞくを東, 引し呵殿し, 引し如き黒雲の, 引し給い静御前乃振袖大谷氏に, 引じゃねえお前の, 引すうる嵐かな, 引すえられたが父親, 引すつ時にや, 引せけるに曲者, 引せず男の, 引せられ其後名を, 引せられよ随分一ト合戦, 引がりょう, 引そいだ切尖, 引そえて感じない, 引そっくりのこと, 引その他日々の一家, 引そばめるように, 引それにしてもちょっとばかり, 引たくって無, 引たくつて卵提燈片手, 引たくり早足に, 引たぐるという意味, 引たちに家中, 引たつてまるで, 引たりける此時は, 引たる書に見えたる, 引だけは専門家同様しなく, 引だされているで, 引だらう此處へ, 引だらけで眞心, 引ちぎらなくても防ぐ, 引ちぎられたものに, 引ちぎられるともエーベルトシャイデマン, 引ちぎれて辷った, 引ちゃ何も, 引づりながら音楽室の前, 引づり込此樣に打, 引てかの正殿に, 引であり語彙であった, 引ときを表, 引とき衣の藍, 引ところを見れ, 引としてはもうもう充分科学的, 引とったから当分, 引とでは丁度新しい, 引とに焦らされて, 引とにはいつも自分, 引とめませうか親分, 引とめ破壞すべき, 引とらした, 引とらうと云ふん, 引とられたときに, 引とり下さいませとハッキリ, 引とり下さつて結構, 引とり世話して, 引とり申さんと云, 引とり重ねて勢, 引どころでは, 引ども押ども動かねば, 引なおまた討入って, 引ながらたっぷりあっ, 引なく三年間という, 引なぐりに絞る, 引なされたしといふ, 引なぞに探索され, 引などが檢屍の, 引などというものは, 引などといふ人種は, 引などにとっては一と, 引などにはうとい女性, 引などをからかいたがる物好き, 引などをからかひたがる物好き, 引ならざるを得ない, 引ならずお目にかからなければならない, 引ならず預かってはみた, 引ならなくなり安宅先生は, 引ならなくなれば棘, 引ならぬこんがらかりに導いた, 引なり手代なり, 引なりと断じた, 引なるものが, 引なれて斯, 引なんぞには並々ならぬ, 引にこそ凡百虚偽が, 引にて満座に, 引にとって扱いいい, 引にゃア見えねえ, 引重四郎如何, 引ぬきて爰, 引ぬく魚は, 引のけて二分間, 引のせ奉るさへに, 引のばすように, 引のみ山も, 引はなせない心持に, 引はらうぢ迄も, 引はるや空, 引ばかりで流れるの, 引ぱいだ紙を眺め, 引ぱずしぶちこわし, 引ぱずしてやったんですと突然, 引ぱずすと途端の与五郎, 引ぱずそうと思ったが, 引ぱたいた瞬間にも舞台, 引ぱっていて結局日本国民を懶惰, 引ぱっているので死ぬ程, 引ぱってきてこの象, 引ぱってこっちに走って, 引ぱって小屋の方, 引ぱって往って主婦, 引ぱって浅草あたりまで行っ, 引ぱって連往きます, 引ぱつて鳴いてるの, 引ぱつてゐるのは餘り見受けなかつた, 引ぱつて行つた, 引ぱづして肩を噛め, 引ぱられて出たところ, 引ぱられてからの感想が聞きたい, 引ぱられて往った, 引ぱられでもした様に引込ん, 引ぱられましたが考えに考え, 引ぱられるので段々ぬげ, 引ぱりだして見ながら, 引ぱりも百までさ, 引ぱるような困惑の表情, 引ぷるって八方へ手, 引べし夫を, 引がされ, 引まくれ胸あらわに, 引また逢おうぜ, 引までは氣が, 引まとめて小丸山, 引まわされた国々の, 引まわしても足, 引まわせる気の, 引むいでしまう, 引むけよ郭公, 引むしった金庫の, 引めくつたのが, 引めくったのが, 引めみんなぶち殺し, 引め俺が怪しい, 引もぎって一個, 引もどさるべきあさまし, 引もどされたりし, 引もどす事か, 引もどそうとした, 引ものか左右, 引やせんと是, 引やと湯引とでは, 引やり給へば, 引へる縮緬, 引ゆゑはてな羽織の紋, 引ぢて, 引よせれば女, 引の報告, 引らしさなどは, 引を待, 引るるような, 引れけり扨又喜八は, 引れける斯くて, 引れけん一足行ば, 引れゆきしにはじめ濘落, 引れ行くこそ不敵, 引わけてさて, 引わたし中央に高札, 引をもってはいられない調子, 引を以て給するという, 引イタガソノ時居所ニ困ッタカラ, 引イテ吾ガ密法ヲ壊リ, 引オモロのヤマト, 引カナイヨウニ毛布ヲ沢山, 引カネバキサマもいと子, 引キズリナガラ書店ヘ駈, 引キテ書セシムベシ塗板ヘ書スルトキ, 引キ伸バシモシタイト思ウノダガ家ニハ暗室ヲ作ルニ適当, 引キ其内ニ正シク書シ, 引キ参リ或ハ駅所駅所ニテ, 引クト云ウカラオレガイロイロ工夫シテ翌日カラ登城サセテタラ大御番ニナッタ, 引ヲ取, 引ケル者ハ彼ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, 引ッかき廻して, 引ッきりなしであったらしい, 引ッくらかえして, 引ッくり転り方, 引ッさらッて往こう, 引ッつるように顔, 引ッぱいでやらなきゃ死ぬにも, 引ッぱずした重蔵は刹那, 引ッぱずして外へ首, 引ッぱずして浪路は, 引ッぱずして駕のまわり, 引ッぱたいて彼が生年月日時, 引ッぱっては置けません, 引ッぱってゆかれてしまうしなけなしの衣裳小道具, 引ッぱって日吉も後, 引ッぱって来やがったの, 引ッぱられて大きな耳たぶ, 引ッぱりながら歩きだした, 引ッぱりながらそれを言った, 引ッぱるので伊兵衛は金吾, 引ッぱる者がある, 引ッぱッておい, 引ッぺがしてドンドン焚火, 引ッぺがしてきた厨子の金物, 引ックリ返シタヨウナ東京トハ比較ニナラナイ, 引ッ切りなしな, 引ッ剥うという, 引ッ張つて来たの, 引ッ張ッテ行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, 引ッ掛りで仕様, 引ッ提刀の浪人, 引ッ搦げて独龍岡, 引ッ搦んだよう, 引ッ立ッて見える, 引ッ組み首を鞍, 引ッ越しすべて背水の陣, 引ッ込まして, 引ッ込みのつかない, 引ッ込ミ思案デアマリ外, 引ッ込メル早サト云ッタラナイノ, 引ッ込ンデイテ殆ド一日テレビヤラジオヲ聞イテイル, 引ッ込ンデイルノカ一向姿, 引ッ返し大神宮際の床店, 引ツかかりができたら, 引ツくり返つた切り, 引ツこ拔かうと, 引ツつまツた間に合せ物, 引ツつりだこがある, 引ツぱたくやうに風早の頬, 引ツぺかすと力をこめ, 引ツパリオロサウトウロタヘテヰルウチニガタンゴトント, 引ツ張つたが首, 引ツ張つて來るなり, 引ツ張つて來たんぢやない, 引ツ張つて室に引き入れる, 引ツ張つて疊つづきの, 引ツ張つて行き窪んで, 引ツ張つて行つて處分を付けます, 引ツ張つて道を進み, 引ツ張らいで早う, 引ツ張り合ひを, 引ツ張ツたり裾, 引ツ掛つちや, 引ツ掛り相なもの, 引ツ摺ふやう, 引ツ籠つて義雄は筆, 引ツ裂れた自暴女, 引ツ詰つたのもをかしい, 引ツ詰つた束髮や色氣, 引ツ越したてに云, 引ツ越し好きだね, 引ツ越し費の過半, 引ツ込み初めて體, 引ツ込み通しで來, 引ツ返しその手綱, 引ツ返し馬上八里の疲れ, 引ツ釣鬢の束髮, 引テカノスヘヲ下ヘ前浜, 引ナシとは大層, 引マントを敲きつけ, 引モシ若旦那然行, 引モタヘズ詣テ, 引モ切ラズ馳セ参候然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ, 引一同に対してかれ, 引三味線の調子, 引三島文書の, 引三輪の萬七親分, 引上しに出, 引丸めたのが, 引二人迎へてあんまり, 引まいり青柳, 引付いてある, 引付きして, 引付きそうで思わず, 引代えわたくしが今度池上, 引代えクリストフに起こった, 引代え出すって言います, 引代え若山は打, 引代え袁氏は家, 引代え軍の先鋒, 引代りに遣, 引任せでまだ, 引伏せて鎌首, 引伏せた練絹に, 引伏せられたように, 引会わせたりなぞ, 引伸すような, 引伸ばされた鋼線の, 引伸ばされたる人間の, 引して, 引倭王武の, 引側め通学に, 引入られたものか, 引入りたる路, 引入るばかり物心, 引兵庫のシュク, 引冥利一度は見, 引冥利一遍は見, 引切ってみれ, 引切ったそのまま獅子, 引切りざまに玉香, 引切りました若林博士は, 引切り紙包みを破, 引切れそうに, 引切れたとでも思いなさっ, 引別れて伊勢, 引別れたる事の, 引剥いたのです, 引剥きもしかねまじき, 引剥きたいと思った, 引剥ぎその醜, 引剥くと云う, 引剥くなれば君, 引割っている, 引割られるのだ, 引割り始めたのである, 引割るのだ, 引割当てた寄附金の, 引動かし友禅を, 引包まれたかの思, 引包みますが包みよう, 引千切つた時一緒に轉げ, 引千切つた紅鹿の子縮緬の扱帶, 引千切つた紙片で, 引千切つて玉垣の下, 引占めて夫, 引占めると肩, 引卸さうとする, 引取った与茂吉さんを, 引取っとくなはれ, 引取らせたらどうか, 引取らせられたのを, 引取らなかつたところで, 引取らなきやなりません, 引取らなきゃなりません金高に, 引取られしが大, 引取られたいより他, 引取られたならば自分, 引取られないでも今, 引取られなさいましたのが, 引取られぬでござりましょう, 引取られようと思った, 引取られれば立派, 引取りくださるように, 引取りしを知る, 引取りたがつて, 引取りたがってるのは, 引取りたくつても, 引取りなさいまた悪者, 引取りなさいましたのです, 引取りなさらなければ拙者, 引取りなすってはどう, 引取りましょうよ, 引取りますだでの, 引取り下すって, 引取り下さいませんか, 引取り下さらなければこちら, 引取り介抱しその間吉利支丹宗旨, 引取り候はば何より, 引取り先がわからなかったら, 引取り出す迄もなく, 引取り助かるもんなら助かっ, 引取り勘當の詫, 引取り去らんため, 引取り同人の世話, 引取り娘に致し, 引取り小学校へ通わせ, 引取り少年の頃, 引取り検視沙汰殊に上役, 引取り男の方, 引取り給へ, 引取り而ハまたかけ仕, 引取り親子共に夫婦, 引取り頂くやうな, 引取り願いたいと思います, 引取るなら旗が, 引取るべき画商が, 引取るべし依て直, 引取る間ぎわまで, 引取れけり其内に, 引取れないと云われ, 引叩いたその手, 引叩かれる為め千篇一律の, 引叩き其奴が, 引叩くものが, 引吊ったような, 引吊ってると思われる, 引吊り唇を, 引向けて予定通り, 引向けんとすれ, 引向け胸に抱い, 引嗣いだフェアウェザー嬢も, 引四時過の, 引変えて見る見る, 引外交の術策, 引大根畠の金太, 引奪ったり襟飾り, 引奪ったから此方, 引女らしいのが, 引宛てることを, 引寄せあとは各, 引寄せし事も, 引寄せます抱緊めます, 引寄せむとするにぞお艶, 引寄せむとするに王はふり, 引寄せられし宮は, 引寄せられたいのだ, 引寄せられないし部屋, 引寄せ乗遷り船中, 引寄せ其に包ん, 引寄せ合切嚢の中, 引寄せ壁のほう, 引寄せ姿態を逞, 引寄せ小刀をも抜出し, 引寄せ屈強の書生達, 引寄せ布団に腹這い, 引寄せ度いや, 引寄せ得る良港とは, 引寄せ悠々として煙草, 引寄せ手盛で飯, 引寄せ書を読み, 引寄せ決然とした, 引寄せ火ばちの, 引寄せ無造作に入れ, 引寄せ玉網を入れ, 引寄せ穴から押し出し, 引寄せ紙を重ね, 引寄せ紙幣とともに鹿児島, 引寄せ縊め殺しかねない顔, 引寄せ耳元に囁く, 引寄せ脇の下へ手, 引寄せ脛の前, 引寄せ蓋をとり, 引寄せ親指にて鯉口, 引寄せ過ぎてそれ, 引寄せ顔を見, 引寄せ默つてお先煙草を二三服立て續, 引寄られる儘に, 引寄るをお, 引将軍様の前, 引將軍樣の前, 引居られし體此世の, 引居候而已か所持, 引差出不申, 引帰るとそこ, 引延せば一篇, 引延ばされた数十枚の, 引延ばされぬ時間の, 引延ばしなるものの, 引延ばし取消せば事, 引延ばすならば朋友, 引延ばすべき理由が, 引延ばせて面白く, 引廻さなくもよろしい, 引廻し者は道, 引廻せとて役所, 引廻らしてこれ, 引廻りたる処にて, 引慣れた青という, 引懸かったのは, 引懸けたのなどは, 引懸け引張りまたは菫, 引懸け連れて退く, 引懸られて堪る, 引懸りましたが熊井君, 引懸り包まれ易い危険, 引懸るまいとしてこそこそ, 引戦いで見える, 引戻さずに歩き始めた, 引戻せしことを, 引戻ったことを, 引戻らせたい意を, 引戻るには余りに, 引扱き鳥を, 引承けて万端, 引抓れたる者に, 引折らるる虞なかりき, 引折衝が社員, 引抱えとっとっと走る, 引抱えると窓, 引抱える残った奴が, 引抱きて壮佼, 引抱きいづれも身材貫一, 引押すように, 引担がれた手は, 引担ぎ既に数里, 引拗るやうに, 引拡げて行った, 引括った間に合せの, 引括らせる法も, 引括りなさるとよずいぶん, 引括り上げるつもりであった, 引拭うても済もう, 引按摩によって養性延命, 引按摩等の手近, 引挟まるように, 引挟まれた御新姐, 引挟み縛って宙, 引挾み御旅人酒代, 引挾んだ色の, 引捉えた夷民を, 引捉えようとしました, 引捉えられてこの, 引捉えられなければならなかった, 引捉えるとそれ, 引捉え恐しき声にて, 引捕えた所が, 引捕えなければならん, 引捕えられて猫, 引捕えられるものなら, 引捕えるべく飛びかかったものに, 引捕らえたいからと申し出た, 引捜すと何, 引捩りしがはや, 引据えつと見る, 引据えましてやはり, 引据えようとする, 引据えられると共に下し, 引捲り小躍りした, 引捲る時には, 引掛かって仕方, 引掛けず我が家の, 引掛けた寝白粉の, 引掛けなくても金銭, 引掛けますから味, 引掛ければい, 引掛けろ何でも, 引掛け合う遊びが, 引掛け合って首, 引掛け得るのだ, 引掛け損ねたら荒れるが先方, 引掛け結びの帯, 引掛ってたというの, 引掛ってることが, 引掲げると唇, 引掴まえられて行く, 引掴まって人間らしく, 引掴まるる心地が, 引掴まれ計らずも一九三四年, 引掴めば洩れたる, 引提げたまま透かさず, 引提げてずうと入り, 引揚げくださいませんか, 引揚げさしていただきましょう, 引揚げさせてみる, 引揚げざるを得なかった, 引揚げたまう日と, 引揚げたらしいが行方不明, 引揚げてるでせう, 引揚げなかったんです, 引揚げなきゃなるめえ兄弟, 引揚げなさいと云う, 引揚げなすったそうだ, 引揚げぬか, 引揚げねばならぬ, 引揚げはじめていた, 引揚げまいと思った, 引揚げませうか親分, 引揚げるだとこの, 引揚げ下さいますように, 引揚げ以来の事, 引揚げ促進運動のデモ, 引揚げ切れないところを, 引揚げ去ったとは庁, 引揚げ場所のこと, 引揚げ始めたのを, 引揚げ後内火艇に繋がれ, 引揚げ操作は難業, 引揚げ支度をなし終った, 引揚げ時が肝腎, 引揚げ物だと, 引揚げ盗られた筋に, 引搦めてこいつ, 引搾られるように, 引摘んで別に, 引摺らずには歩く, 引摺らぬばかりにし, 引摺られすぎる弱さ, 引摺られ散三責められた, 引擦った突かけ草履, 引擦られたのか, 引擦りこまれてしまっ, 引擦りこんでおかみさん, 引擦り倒されて縮める, 引擦り出して根, 引擦り込まうとする, 引擦り込まれて, 引擦り込むように, 引擦り込んで布団, 引攫って行っ, 引攫われてしまった, 引攫んで二つ三つ, 引散らかしてある, 引敷くがごとく, 引断られてしまい, 引断れて片足, 引断れよと引いた, 引早耳三次が手がけた, 引暮らしの分, 引曲げるように, 引替る約束にて, 引李時珍猴の記載, 引束ねて敷い, 引柳原の國松, 引柳田君の, 引棄てし豆の, 引棄てたあとへ, 引次ぎ邸外へ, 引次ぐべき事務は, 引止られ檢使の, 引歪みあからさまな, 引歪むような, 引歪める事が, 引歪んで少し, 引殺す心配も, 引比べられて遣, 引比べるとさあ, 引毛勝の裾山, 引沢山な言葉, 引浚い死骸は, 引浚うとすっと, 引添うごとくにし, 引添えにならない, 引漬菜洗い若い, 引狩り集めた組子, 引留られて余儀なく, 引留られしがやがて, 引留るを辞し, 引百姓などとりまぜ, 引なもの, 引直すだけの労, 引着き十三の, 引着けられて廓中, 引着たように, 引知らずな若殿気質, 引破りて地, 引破るか知れた, 引祝いをし, 引移さうと決心, 引移すと何時の間にか, 引移らずにいる, 引移らせけるに日數立, 引移らねばならぬ, 引移られるはずだ, 引移りし家は, 引移りしやと尋, 引移りたまひたれば, 引移りましてからも尋ね, 引移り世話になりける, 引移り以前の武者小路, 引移り以後であるらしい, 引移り候次第並に慈元寺住職日寛殿, 引移り元服して, 引移り商賣を, 引移り夫婦共三州者の由, 引移り来たりし, 引移れば済む, 引移ろうという相談, 引立たしたのは, 引立たしめるかも知れない, 引立たずとて都下, 引立たせず衿元など, 引立たなかった跡を, 引立ちますですから全体, 引立ちませんから美人, 引立ちませんでナ, 引立ち過ぎて何となく, 引立つだろうのに, 引立方等が深切, 引籠らなければならなかつた, 引籠りでござったか, 引籠り居たりける, 引籠り罷在其内, 引籠り遣ひ殘りし, 引籠れば気随気儘, 引約めて本甲蒔絵, 引終るを見済まし, 引組み崖から二三十間, 引結いてはソト, 引結うのに撓った, 引結え引結えし, 引結えしておく, 引結えた頭重げに, 引結ばれた大きな唇, 引結びて, 引結びまさきく有らば, 引結ぶとグウグウ, 引絡げて川, 引絡まった日には, 引絡んで厭, 引続けて二度, 引締まる思ひがした, 引縛った角川安行を, 引縛られて小便, 引縛るか斬る, 引縮むさまを, 引縮めて部屋, 引繕う元気も, 引繰りかえしていた, 引繰りかえしたから失敗, 引繰りかえり身体の, 引繰り返ったまま眼を, 引繰り返つた以上は, 引纏うて身, 引纏めようとした, 引罹りたる事を, 引罹りましたが夫, 引考へて見る, 引行けるに是, 引被けた其の姿, 引被けんが為, 引被らせられたように, 引被れば衾, 引の倉, 引補え珠子に, 引覆るだもの, 引観世音と刻んだ, 引解きらしい汚れた縞の, 引詰めるように, 引請けましたなんぞと汝, 引請けようと言, 引請けるには引, 引請ければ郷右衞門, 引請けん事を, 引谷三山宛岡本黄中の書信, 引足るべきにあらず, 引跨ぐ体に, 引転覆して, 引載ると今度, 引近衛家領の淀, 引逢わせてくれる, 引連立出ながら跡, 引違えただけだった, 引釘抜藤吉が乾児, 引釘抜藤吉乾児勘弁勘次に葬式彦兵衛, 引釣りだらけの顔, 引釣り咽び泣くさまは, 引銜えた形に, 引銜えるとふ, 引鎌倉時代の, 引開いては部屋, 引開けたるトタンに, 引開けましたが外, 引開けられた四角な, 引開け抱き上げてそのまま, 引開け這入って来た, 引附いた上を, 引附けずに置かない, 引附けられて行く, 引附けられるのを, 引除かれている, 引除けて石, 引除けられて, 引集めて要領, 引靡けて, 引音頭のよう, 引馴れている, 引鳴らせ糸瓜の, 引鹿猿たぬききつね鳥類物数の程莫大