青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

我々~ 我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~ 或は~
戦~
~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~ ~戸

「戦~」 3710, 40ppm, 2906位

▼ 戦~ (628, 16.9%)

8 中に 7 ない日 5 ために, ような, 結果は, 門出に 4 もよう, ように, 前に

3 [12件] あとで, おかげで, 中で, 外に, 後に, 後の, 日に, 準備を, 用意を, 跡を, 間にも, 駈引

2 [35件] あとの, ための, ない世, まえに, ラヂオで, 上で, 中にも, 事を, 先陣を, 前から, 功を, 勝負は, 原則である, 始まる前, 意義は, 方は, 時に, 時には, 時の, 時は, 時代に, 有様見, 様相は, 気配が, 準備が, 火に, 火ぶたが, 直前に, 真最中だ, 神と, 覚悟を, 観客を, 話を, 遊びに, 間に

1 [475件] あいだは, あいだウルリックは, あったこと, あったその, あった九月十五日, あった年, あった最中, あった範囲, あった跡, あった金曜日, あといとど, あとつぶさに, あと波かがやきぬ, あるせい, あるところ, あるの, あるまん中, ある世の中, ある日, ある毎, うち, うちから, うちに, うち今日ほど, おこころ, おこるまえに, お手だて, お疲れ, お蔭で, かざるべきと, きっかけと, きっかけに, けじめは, ことで, こととして, ことなら, ことは, ことばっかり, ことも, ことを, こと羅馬街道の, こと軍隊の, ご評議, さけびが, したくに, すごい人気, すさまじかりし, せいか, た, たびに, ためだ, ためにも, ため一時ここを, ため年々年貢の, ため河止めという, ちまたの, つもりで, つもりなら, とがに, ときそれに, ときに, ときの, ときは, ときまでに, とき流弾にあたって, とき白軍が, どよめきと, ないこと, ない世間, ない方, ない時, ない正月, ない生涯, なかった, のち大, はじまり, はじまるま, はじまる前, はじめから, はて, ひま, ほかに, ほかは, ほかわき目も, まえの, まっ最中, まに, むずかしさ, もとに, もようは, やまに, やまは, やむまで, ようだ, ようで, ようであった, ようである, よしを, わずかの, アナウンサーの, クライマックスとも, タイムを, バリケードこしらえ, パノラマが, ラジオを, 一つである, 一つの, 一員として, 一挙に, 一方は, 一瞬が, 上でも, 上ならで, 上屋鋪ニ引取申べし, 上手でも, 上陸地点の, 下に, 不利は, 中の, 中を, 主体は, 主演俳優みたいな, 乱軍には, 事実を, 二年目マニラや, 交ふべからざる, 人であった, 人呼び, 人気である, 人配り, 仕方と, 仕方を, 仕様に, 仕様も, 体勢を, 余響を, 作戦に, 価値は, 傀儡に, 備えこそ, 傷手も, 傷手を, 傷痕は, 優劣が, 優者が, 先は, 先陣に, 光景や, 入場券一枚を, 内に, 出先で, 出先の, 初めに, 前までは, 前兆として, 前年即ち, 前線から, 前線で, 前線に, 功としては, 功に, 功果を, 勇士の, 勝利から, 勝利者なる, 勝因だ, 勝敗が, 勝敗は, 勝目は, 半ばからは, 危急を, 卵と, 参会者も, 取, 口火を, 叫び勝利の, 叫喚の, 吉報を, 名分も, 味も, 味もはや, 味方の, 喜びが, 噂, 噂も, 地に, 址とは, 坑道, 垢を, 基金募集が, 報告中に, 場で, 場と, 場に, 場合など, 場合には, 場合の, 場所が, 場所とは, 場数を, 士気に, 壮烈な, 声は, 声援に, 多彩活況も, 大事, 大事は, 大勝の, 大将藤原信頼は, 大捷は, 大花形, 天使, 奮発を, 女軍の, 如く桃井, 始めなら, 学問が, 学問を, 守備に, 定則である, 定宿の, 実際を, 対局の, 対局を, 射撃は, 小手調べに, 巧者には, 巷は, 帰結に, 常小勢が, 幕が, 幻は, 幻像の, 序曲と, 底に, 度毎に, 弱味を, 当時この, 形に, 役になど, 後あの, 後ち, 後で, 後では, 後にしか, 後には, 後ソヴェトは, 後三条河原から, 後上州下仁田まで, 後井伏君の, 後姫路城の, 後期においては, 後生け捕りの, 後間もなく, 徹底と, 必然をすら, 忙しさ, 応援団の, 思いを, 惨は, 惨状が, 惨禍は, 想い出話を, 意気を, 意義が, 意義を, 懸引, 成功を, 成果も, 成算が, 成行きを, 戦慄すべき, 所存を, 手伝いを, 手始めとして, 手配りを, 折には, 支えも, 放送だ, 方法を, 旗の, 旗も, 日が, 日である, 日には, 日も, 日を, 日延べを, 日魏延は, 時き, 時だ, 時だった, 時であります, 時である, 時を, 時代それを, 時代であった, 時使う, 時分の, 時分兵隊は, 時期に, 時期は, 時直接戦争に, 智慧者と, 暁に, 暗黒さを, 最中ずっと, 最中で, 最中に, 最初の, 最終回を, 有る節, 期間農民が, 条はなんとなく, 来る日, 根源は, 極意を, 様子は, 様子も, 模型が, 模様や, 模様を, 機微に, 歌である, 歌を, 歴史を, 歴史第, 殲滅に, 比でない, 気構えである, 決意は, 法をまで, 波も, 注意を, 浜などまで, 海を, 済んだ其翌年三月, 準備に, 準備は, 潮合を, 火など, 火蓋ば, 熾烈な, 物語近代日本の, 特色は, 犠牲と, 猛演習, 現場へ, 用に, 用意ある, 用意だに, 異なるによつて, 痛恨事である, 目先は, 目的を, 直ぐ裏, 相手は, 真似を, 真似事でも, 真先に, 真相を, 矢たけびも, 矢を, 砲声が, 砲火が, 砲火の, 祝いと, 祝いに, 神, 神が, 神さまかも, 神としての, 神様という, 神様に, 秘戯を, 秘策を, 立ち上がり, 第一, 第一夜, 第一局, 第一日, 第一義でなく, 第七回戦, 第七局, 第六局, 第四日曜, 策を, 節は, 約を, 終ったあと, 終るまで, 終わるころ, 終局では, 経過を, 結末を, 結果が, 結果とばかりは, 結果を, 結果墜落した, 統率ぶりも, 絶え間も, 続けら, 続けられる道理, 罪悪は, 羅針盤たる, 老巧だけに, 聖人と, 腰を, 至難, 舞台へ, 艱苦を, 花として, 花形として, 花形俳優に, 苦しさ, 苦労も, 英雄的な, 血祭に, 血迷いで, 行われたこと, 行われて, 行進曲や, 街を, 街亭の, 衝突として, 見こし, 見物人にも, 覚悟が, 覚悟である, 覚悟は, 観戦を, 観戦記を, 訓練の, 記録, 試合を, 話か, 話が, 話よりも, 誘導などに, 豊富な, 賞罰を, 贄に, 起った, 起因, 趣旨も, 跡だ, 跡には, 跡の, 軍功帳の, 辱を, 近づきつつ, 途上戦い死せる, 進退を, 過ぎ去つた後, 道具を, 道死を, 邪魔を, 邪魔疾く疾く, 酣なる, 酸鼻を, 門に, 開幕の, 間の, 間ジャガ薯袋を, 間中, 陣頭に, 雄々しい英雄, 雌雄を, 風説は, 首位と, 首途を, 駆け引きは, 騒ぎが, 魂魄に, 黄塵が

▼ 戦~ (551, 14.9%)

9 負けて 8 出て 6 敗れて 5 於て 4 光秀を

3 [11件] なって, なると, 勝って, 参加し, 参加した, 大勝を, 大敗を, 失敗した, 於ては, 臨んで, 連れて

2 [27件] あたるもの, して, なっても, 依って, 備えて, 入ったの, 出たい, 出るの, 加わって, 勝ちたりとも, 勝っても, 勝つこと, 勝てば, 及ばんと, 及び一泡ふか, 向って, 往った, 敗けて, 敗れたこと, 敵の, 明智を, 来て, 次ぐ戦, 比べて, 賭ける肚, 送って, 長じ

1 [432件] あえいで, あかして, あつた, あらず脳, あり, ありといった, ある, あるの, あれしわ, いろいろ手柄, うしなったから, うつって, おおみずから, おちいっても, お供が, お供を, お味方, お負け, かかった, かかって, かかり出したこと, かかれる緊張, かかろう, かけてだけは, かまわず, くよくよとらわれ, この方, さすが疲れ, さんざん負け, してさえ, しても, すぎずこんど, すぎないもの, すぎなくて, すぎぬ, すべての, すりゃ散々, するなとは, そそごうでは, そのまま駆りたてられ, その方, たいしわれ, たたかった農民パルチザン, ただ一人, ついて行っては, つかれて, つづきかれが, でて, とくに一時的, なくても, なった, なったが, なったらしい, なったらばと, なった今ごろ, なっては, ならずに, ならねえうち, ならん, なりそう, なるぞ, なるだろうよ, なる前, なる昔, なれて, なれぬ者, なろう, なろうと, のぞみ敵合三四十間ニなり, のぞむの, のぞむ勇気, のぞむ正成, はいったわけ, ひきずられ自滅, まき込まれたと, まず気, まず真っ先, やぶれた, やぶれて, やぶれては, やぶれ去った足利方, やぶれ新野, やや用意, やられたの, よく馴れ, よらねば, わが子の, わが子曹彰を, わが守備隊, わたくしどもは, タラスは, フランス軍が, 一位と, 一士を, 一日の, 一燼の, 一番乗りし, 一身一国を, 三態あり, 主力を, 乗入れること, 事を, 二対二から, 亡君の, 介入いたしません, 代々何十名の, 任ずる軍人は, 任双は, 似たる, 似通って, 何ぞ米塩, 何らこの, 使し, 使ったという, 供奉せし, 依り敵, 信仰の, 倦みその後, 倦み戦, 備えたが, 備へて, 優勝し, 充分なる, 先んじて, 入った, 入って, 入らざるを, 入らなければ, 入ること, 入ると, 入るの, 入るより, 入る三害, 全軍凱歌, 兵站の, 出かけました, 出かけるの, 出かけろ, 出して, 出た明智, 出た本位田又八, 出ては, 出でしが, 出よう, 出られるよう, 出る, 出ること, 出るごと, 出る時, 出る資格, 出る馬, 出場した, 出場の, 出発する, 利あれ, 利の, 利益に, 到達する, 加わったの, 加われる, 加わろうという, 劣らず壮烈, 励んだもの, 勇なる, 勝ちながら, 勝ち七月, 勝ち朝鮮, 勝ったが, 勝ったならば, 勝ったわが, 勝った秀吉, 勝った驕兵, 勝つか, 勝つため, 勝つて, 勝つと, 勝つ望み, 勝つ第, 勝つ見込み, 勝てない, 勝てぬ, 勝利を, 勲章を, 化する, 北軍敗れ, 十七騎を, 十三創の, 原地人軍の, 参加する, 及ぼうと, 及ぼうとの, 取って, 名分などは, 向った以上, 味を, 啄を, 国家の, 在り, 執えられて, 外ならない, 多からぬ, 多く拠る, 大なる, 大事を, 大人に, 大勝した, 大勝利, 大捷を, 大損害, 大敗し, 奮戦し, 好成績, 始まった, 客将を, 寺沢勢を, 将軍たちを, 導き敵主力, 少女麻雀闘士の, 巧みである, 巻き込まれては, 帰すべからず, 幕兵之, 引ッかえし, 弱く弱い大将, 弱音を, 張飛黄忠魏延などの, 強がって, 強ければい, 当って, 当っては, 当らんと, 当り大菩薩峠著者, 当るもの, 彼等は, 往って, 征く, 後れを, 従う事, 従軍し, 従軍した, 復敗られ, 必勝の, 忙しかった, 忙しく狩猟, 応じましょう, 応じられるよう, 快勝し, 惨敗した, 惨敗を, 慣る, 懸る, 成実の, 我を, 戦いきった者, 戦い死す, 戦うもの, 手柄を, 打って出たと, 投げても, 押しきって, 支那へ, 敗れこれ, 敗れたが, 敗れたとき, 敗れたの, 敗れた呉軍, 敗れた新免家, 敗れた源治, 敗れるという, 敗れ下総流山, 敗れ灰燼, 敗死し, 敗走した, 敢えて圧倒的, 敬意を, 敵を, 敵弾を, 斃れた, 於いても, 於ける, 於けるその, 於ける全勝, 日本は, 日本甚利すく, 明智が, 時間に, 晋の, 景健後見として, 暮れて, 曝させとうない, 曝されて, 曹軍八十万の, 朝廷の, 東軍の, 楚軍振, 武功を, 死んで, 殆ん, 残るかと, 残念にも, 決して紳士, 決せん, 洩らさせキリスト教興隆, 洩れて, 流す国民相互, 漸く倦んだ, 瀬尾主従の, 無力だ, 焦心って, 焼けて, 熊本城に, 熱狂する, 特別の, 特別命令を, 現れた思い, 用いる, 由る, 甲も, 甲冑も, 甲越両, 疲れるどころか, 疲れ兵, 疲れ果て, 疲労し倦み果てた, 白馬一色の, 真の, 破れさらに, 破れた落人ども, 破れれば, 破れ彼, 秀吉討死と, 私達の, 移った, 移って, 立って, 立つもの, 立つ身, 立つ運命, 立てる, 算を, 終って, 終らないかぎり, 終りは, 統一され, 絶対を, 群がる人間, 義元と, 羽柴様が, 老巧な, 腕を, 臆し, 臨みては, 臨み得る体制, 臨むせい, 臨むと, 臨むとき, 臨むや, 臨む事, 臨む前, 臨む同生, 臨む心事, 臨む時, 臨めそう, 臨めば, 臨んだ今, 自ら出向い, 至つて持久力に, 至る, 興味を, 荊州の, 落ちこんでしまつた, 血を, 行かせて, 行かなければ, 行くつもり, 行くなんて, 行くの, 行く処, 被害を, 見事敵を, 見物人に, 見送る妻, 討死する, 討死をぞ, 訴えて, 訴えること, 誘われて, 谷村計, 負けたこと, 負けたって, 負けたとは, 負けたの, 負けた将軍六名, 負けなければ, 負け掛かった時, 負傷した, 賊軍の, 賭けた心構, 賭しふたたび, 赴いた同門, 赴いてる少年ガヴローシュ, 赴く途中, 蹴散らかさんと, 軍令に, 追いたてられた, 追われて, 追ン, 連れ出して, 遇って, 運命を, 過ぎないという, 適する資質, 適当で, 遺憾は, 配属させた, 酷似し, 金吾中納言の, 鉄条網にか, 長ずと, 長ず鉄兜三尺汗血, 間にあわなかったの, 間に合ったもの, 関係した, 集めること, 雌雄を, 風さへ, 首尾よく, 馴れたか, 駈け入ったまま, 驕り陳宮, 魏の, 鯨波を

▼ 戦~ (439, 11.8%)

23 して 6 やって 4 するの, 挑んで, 行って 3 した, するか, なして, やめて, 交えること, 持って, 挑む, 避けて, 開始し

2 [21件] あたりに, したり, すると, なくする, はじめました, もって, 交えて, 交えようと, 交える準備, 交へ, 宣し, 挑むの, 挑むやう, 最初から, 目の, 考えて, 見物した, 試みようと, 起して, 開いたの, 開始した

1 [329件] あえてし, あたしたち, いかにせ, いたしました, いたすならば, いどまれたその, いどみかけたの, いどもうと, いどんで, おこすかも, おっぱじめたん, お諫め, くりかえして, くり返した, ここでも, こころみたの, こころみ一方, この地上, こわがって, さいごとして, させたら家康, させること, しかけたの, しかけたら勝つまでは, しかけて, しかけました, しかける人, しかける決意, しかければ, したこと, したとして, したならば, したもの, したら何方, したりという, した広野, しだしました, してやるかな, しないでも, しなければ, しろと, し始めて, し損じ自分, すすめられた由, する, するだけの, するという, するなら死ぬの, するにも, するほど, するよう, するわけ, するん, するメンバー, する事, する今, する気, する考え, する阿呆, すれば, せぬか, せまったの, それとなく展開, たくらんで, たのむ, つ, つづけたの, つづけるだけの, とげに, とげ帝, なさいました, なさろうと, なさんには, なしあまっさえ, なす用意, なそうとは, のせて, はじめて, はじめてはたして勝利, はじめるため, はじめるという, はじめるのに, はじめ出した, ひらいて, ひらけば, まじえこれ, みな心に, むこう河岸, もう初め, やったじゃ, やったり, やったん, やったんだい, やめない, やめふたたび, やめる日, やめろ, やらかす, やらせて, やらなけれやあ, やらねば, やりあうという, やりおまけ, やりたいと, やりはじめました, やり通した人達, やること, やるその, やるつもり, やるて, やるという, やるところ, やるなんて, やるの, やるべし, やる運命, やれッ, やろうと, 下の, 与うとも, 与へる, 中心と, 中心として, 中心に, 主と, 主としてその, 主体と, 主題と, 予想する, 予期し, 争うと, 事と, 二十年間続け得る, 交えたこと, 交えたまま, 交えつつ, 交えてから, 交えましたが, 交えやがて, 交える場合, 交える外, 交える覚悟, 交えろ, 交へて, 仕懸けた, 仕掛けんなどという, 仕損じてからは, 仕損じてしも, 休め決戦, 休め沢山, 催し敵, 催し武田家, 凝視し, 切った, 初め江戸城の, 前に, 励まし御, 半ばに, 厭う者, 取り引きする, 合理化する, 否定し始め, 含めても, 呪って, 呼ぶ角笛, 嗅ぎ付け, 図ろうと, 報ずる爆音, 外に, 大いに叱った, 大星場に, 好む各種, 好んだという, 始むるの, 始めた, 始めたん, 始めますぞという, 始めれば, 宣するの, 宣告された, 導火線として, 展開し, 展開した, 展開しよう, 展開する, 引き受けて, 張って, 強行した, 彼女の, 待って, 待機し, 得意と, 忘れたの, 思い出しながら, 思い捨てぬ瀬兵衛, 思うと, 思わせるよう, 戦いつ, 戦ふ国民, 戦わなければ, 打ち切った, 抛って, 指揮すべし, 挑ましめて, 挑まれながら, 挑まんの, 挑みかけるという, 挑みければ, 挑みクラス, 挑み官兵賊兵, 挑み平軍, 挑み給, 挑むから, 挑むと, 挑むの風, 挑むよう, 挑んだ, 挑んだが, 挑んだこと, 挑んだの, 操し, 放棄する, 最後に, 期して, 期せし女軍, 期待し, 未だせざる, 果さんため, 果たそうと, 果てなくやって, 楽しむ漢, 機会に, 歌った当時, 求めて, 決しかの, 決しよう, 決し直ちに, 決せずんば, 決意した, 決行しよう, 済まして, 演じて, 演じ警吏等, 演出し, 為さんと, 異にする, 眼で, 眼前に, 知らぬ顔に, 策した, 策し山, 紙の, 終えこんな, 経た漁師, 経て, 経ての, 経ても, 続けたら何一つ, 続けつ, 続けて, 続けること, 続けるため, 習って, 聞きつけて, 脱退した, 自分の, 自我の, 興すの, 華やかに, 蜂の巣を, 行うの, 行うべき時代, 行う一方, 行なった, 行わないこと, 見たあい, 見て, 見に, 見ぬいて, 見ぬ日, 見るため, 見るに, 見物し, 見物の, 見物申さん, 覚悟した, 覚悟の, 観に, 観る鉄条網, 計画し, 計画する, 計画中で, 記する, 評して, 試みたの, 試みたること, 試みて, 試みるつもり, 試みるばかり, 試みるよう, 説く, 起こすに, 起されて, 起したという, 起すの, 起せと, 起そうと, 辞せず, 迎えたの, 遂げたる後, 遂げた秀吉, 遂げて, 遂げようと, 遂げ且つ, 遠望する, 避けたいと, 避けようと, 重ねたの, 重ねるごと, 鎮める迄は, 開いて, 開くにおいては, 開く巍, 開始すべく, 開始する, 開始せり, 闘いそして, 隔てて, 願おうか

▼ 戦~ (278, 7.5%)

2 ここに, これからだ, したが, しない, 味方の, 曹操の, 熄んだ, 終った, 絶え間が

1 [260件] あきらかに, あたかも同, あたかも大阪陣, あたかも肉, ある内心, いずれに, いずれも, いつか熄むものだしなあこんな, いつでも, いよいよ白熱化, おれどもが, おろそかに, お父さま, お角さん, かなわん, きょうまで, この一局以外, この手, これから, これで, これまで, これまでと, ごめんだ, さうでは, したと, したもの, した例, しますが, すでに冬期, すでに開始, すべきでは, すべて王平の, すまじと, すんだ, すんだかの, そのとき五体, そのまま一兵, その主力, その安宅, その後進まなかった, その日, その日未, その陣押し, それが, それまで, そんな旧い, たちまち混乱状態, たまらんぞ, たれが, つづけられた, できなかったし, できぬ, とくに京都南禅寺, どうでした, どこに, どんなもの, なお冷たく, なお補助戦法, なくつ, なんの, ほとんど絶望, ほとんど興味, まず味方, まず敵, まず織田, また千日手, また始まった, まだつづい, まだ河, まだ終っ, まだ鎮まらない, まぬがれないの, まぬがれまい, まぬがれますまい, むつかしいところ, もうこの, もうよし給え, やはり盛ん, やれません, わしを, アラビア人が, カラ下手な, バイより, マターファに, ヨーロッパ戦争に, 一式大砲や, 一斉に, 一段落した, 一転野戦に, 七年戦争または, 九年も, 乱です, 予定どおりの, 事実である, 二月で, 人を, 人間の, 今度ばかり, 今日に, 今日の, 以後数日にわたって, 伊米の, 伏見附近か, 休止の, 体では, 何の, 何事だ, 侍の, 侵略だ, 信長の, 先ず誰, 光秀を, 全く実戦, 全く死活問題, 全国的に, 六月である, 典厩の, 切レ, 到底免, 前の, 勝ったぞ, 勝って, 勝てり, 勝です, 勝敗なし, 勤王の, 北米政戦史の, 午を, 午頃から, 単に口舌, 単に英仏両派, 厳格な, 反復せられる, 叢林の, 同時に色慾戦, 商法については, 四方を, 四郎の, 坂田にと, 夜に, 大そう, 大空の, 奈何と, 好きでない, 好まぬが, 始まろうとして, 嫌いだ, 完全に, 実に惨憺, 実に近世神話史上, 家康が, 家康の, 富士山麓から, 富江方の, 寧ろ結婚, 局部的に, 川中島以後も, 常に人智, 常に大義, 常世常世は, 幕軍に対して, 平貞蔵教授の, 弟の, 彼の, 彼らの, 徒労だ, 必至と, 急速に, 恐いか, 惨澹たる, 戦を, 投石に, 指揮進退玄蕃に, 敗けだなと, 敗れたかたち, 数の, 文化の, 文士の, 既にその, 既にたけなわ, 既に半局, 日ごろの, 日本高麗分目の, 早慶戦を, 明日に, 暁に, 最後の, 有利に, 朝五時に, 木戸に, 本来どういう, 来らん, 根気だ, 槍, 次に述べる, 正月五日に, 毛利氏の, 永く続かん, 池田勝入, 河北軍の, 潮の, 無いで, 無事に, 焼け落ちる建物, 熄むまい, 猛烈な, 生物的人間を, 甲越ともに, 病人に, 目前に, 真田父子の, 眼を, 瞬間に, 秀吉の, 私の, 空中で, 立場の, 精神的並に, 終ったそう, 終ったばかり, 終つた, 終りました, 終始張飛, 終局した, 経綸の, 結局天皇を, 結果的に, 総敗北, 義兄関羽の, 義貞との, 聞いたこと, 自衛, 自衛の, 良人の, 苛過ぎる, 苦戦である, 要するに曹操, 見て, 規定通り同時一回の, 言わば天下分け目, 記録文学の, 貪慾だ, 起らずに, 逆に, 遂に始まった, 道義と, 避けられまいに, 避けられるだけ, 銑吉が, 銚子海岸を, 長く続く, 開始され, 開始された, 陶が, 難儀だった, 霜月の, 面白かった, 風前の, 魏の, 魏蜀の

▼ 戦~ (205, 5.5%)

7 行われて 3 あつた, ある, あるの, はじまって, 始まった 2 あった, あって, あり, はじまった, 始まったん, 始まります, 済んでから, 行われた, 起って, 近づいて

1 [163件] あったあの, あったに, あった日, あっても, ありその, ありて, ありました, あること, あると, あるという, ある前, ある時, うせる, おきるの, おこされた, おすき, くりひろげられて, こ, このあたり, これから引き起され, こんなにセチガライ性質, しばしば繰り返される, すっかりすん, すべて勝負は, すんだあと, そのあたり, その皮, ただの, たびたびあったらしい, できるか, できるかよ, できるもの, なるもの, はげしくなれ, はじまったこう, はじまった当座, はじまってから, はじまつた, はじまりました, はじまる, はじまると, はじまる垂井, はなばなしかろう, ひきつづきおこなわれ, まだ酣, みじめな敗れ, むずかしく遠矢合戦, やりにくかっ, わが勝利, オッ始まっ, 一時止められた, 三対二と, 三月から, 不利でも, 中部地方の, 主体と, 主要である, 交わされて, 何を, 全八段, 全日本の, 出来ぬであろうか, 出来ぬ位, 出来よう, 出来ようかと, 出来ること, 出来るだ, 初まつ, 初まる前, 劇甚と, 勃発し, 勝てば, 勝利と, 因と, 報じられて, 塚田二勝一敗で, 多くの, 始った, 始まったの, 始まったので, 始まって, 始まらうと, 始まりうっかり, 始まりました, 始まると, 始まるとしても, 始まるの, 始まれば, 始まろうという, 宝塚球場である, 展開され, 展開された, 必要な, 戦われたか, 拡がって, 捲き起されて, 描けるもの, 敗れた時, 敵の, 斯くも, 方々で, 日常だった, 旺と, 暇で, 最も勝負, 来る, 柴田側の, 次の, 次第に鋭く, 永引く, 江戸まで, 決勝な, 決戦戦争の, 流行した, 熄んだ, 熄んで, 生じた, 生じたの, 生じて, 用意せられました, 田原坂攻略に, 益々, 盛り返されるところ, 盛んに, 相互に, 眼の, 瞬間的に, 終ったの, 終った時, 終った頃, 終って, 終つた頃隣県の, 終ろうとは, 絶えたため, 続くもの, 繰り返されたこと, 繰り返されてからも, 行なわれて, 行われたり, 行われた所, 行われること, 行われ両, 見られた, 負けと, 起きる予想, 起ったかナ, 起ったため, 起ったら嵯峨, 起つて, 起り相な, 起るかも, 起ると, 迫つた折から, 遂に勝てない, 部落の, 酣なる, 酣に, 重要であり, 長びけば, 開かれ七日, 開始され, 開始される, 闘われた

▼ 戦~ (94, 2.5%)

3 死んだの 2 わたくしが

1 [89件] あつた, お果て, かくわれ, きずを, ごまかして, さへも, そして味わっ, どう間違っ, なしに, なら負け, はいや, はどうしても, またやぶれ, むかし木曾義仲を, わが軍, アーノルド・アラビューを, ミナモト, 下った代り, 世界の, 予は, 亡われた, 人道でない, 体験した, 倒れた, 傷を, 勝たう, 勝ち味が, 勝てた戦はない, 勝とうと, 勝利を, 同志は, 命の, 四十五人と, 城内の, 大きな戦果, 奮戦の, 官軍から, 幕軍が, 店の, 強豪を, 彼女の, 徐州兵は, 急戦持久戦この, 惨敗するだろう, 惨敗を, 想い出した多分, 感じる武者, 我の, 戦争の, 戦死し, 打算戦である, 打負かされる, 捕えた俘虜, 敗れた所, 敵の, 敵は, 斃れた, 暖簾を, 最も苦戦, 末子が, 死なして, 死ぬ負傷, 死んだと, 死んだ二人, 死んだ者たち, 殺された日本人, 毎日毎日おおい, 沓掛で, 洛中洛外の, 深傷, 煙火師だけに, 狙射を, 第一, 織田信長に, 義仲の, 脚の, 衣の, 襄老は, 見た時, 討死した, 討死に, 讃岐高松藩は, 負傷した, 賊将張虎が, 身に, 選挙を, 革命的労働者前衛を, 魏の, KOが

▼ 戦~ (87, 2.3%)

2 せぬうち, ぜひあるまい, 辞すまいなどと, 辞せず, 酉の

1 [77件] あった, あり得ません, ある意味, あれば, うまくいくだろう, お交しあそばされず, ここで, これまで, これまでよ, こんな戦, すみ軍勢, せずに, せずば, せず御所, せず日, せず避けて, その念入り, そんなに負けいくさ, できないし, できないでしょう, ないのに, なかった, なくなったので, なさん春, なるまいし, はかばかしからず, まだ片づい, やがて飽い, やんだので, ゆるむよう, よそに, ラヂオに, 一定と, 一段落と, 一瞬の, 上手だった, 主命を, 交えずし, 交えず一兵, 交えず京都, 交えず国, 交えず正成, 交えなかった, 交えぬうち, 交えぬに, 交えぬのに, 交えぬばかりか, 交じえずに, 交じえぬに, 今年から, 出来可, 大戦も, 女買いも, 将門方の, 弾丸も, 彼の, 忘れ盾, 政治も, 敗れたの, 斯くは, 新院方, 時と, 果てたあと, 果てた今頃, 次の, 止みまして, 水ものそれを, 熄んだ, 珍しくない, 繰返されたが, 花見も, 覚悟は, 辞さぬ態度, 辞さんと, 長くない, 長びくうち, 開始しない

▼ 戦つて~ (83, 2.2%)

6 居る 5 ゐる 4 ゐるの 3 来て 2 ゐるやう, ゐるん, ゐる時

1 [59件] くれさ, この大業, た方, とう, は, は来た, ばかりゐる, もそれ, も先づ君, も勝つ, も屹度, も結局敗北, も見ない, やらう, やらうと, やる時, ゐた, ゐたが, ゐたもの, ゐては, ゐましたが, ゐるか, ゐるで, ゐるといふ, ゐる北海道, ゐる時期, ゐる状態, ゐる私, ゐる証拠, 之れ, 勝たざる者, 勝たねば, 勝つ機械化, 勝つ者, 呉れ給, 堂々と, 居ねば, 居ります, 居りまするうち, 居るなんて, 居るに, 思はぬ時間, 改めて起き直る, 来い, 来たが, 来たこと, 来たの, 来られたの, 死なれた事, 死んださうです, 生きるの, 行くかど, 行くわけ, 行けるだけの, 見たいと, 見たの, 見ようと, 見ると, 見る覚悟

▼ 戦~ (77, 2.1%)

2 [12件] と申す, などと申す, に負けた, の中心, の凄まじ, の成行き, はできぬ, は楽々, は負けた, をし, 守る京極勢, 果てても

1 [53件] がいくら, がはじまった, がやられた, が出来ぬ, が出来るであろう, が始ま, が始まっ, が始まる, が持ち, が続い, が行われた, が起こった, が長州方, だと, でどんなに, でもする, で儲かった, どうやら持久戦, になる, にはどうしても, にはむろん, に出る, に勝ち, に勝つ, に勝て, に敗れた, に斃, に現に, に行く, に負ける, に負けるつ, のあった, のこと, のすんだ, のやう, の噂, の始まる, の臭, の見物, の長びく, の間, はできん, は出来さう, は無常, をしかけた, をした, をしなくなった, をはじめた, を国民全体, を始め, を続け, を起した, 親子兄弟敵に

▼ 戦~ (75, 2.0%)

6 なれば 2 ちがって, なった

1 [65件] あれば, いい秀吉, いう, いえば, いえよう, いっしょに, いったが, いへば, お文, きては, きまって, くらべると, すれば, なったの, なったらこういう, なったわけ, なって, なっては, なり伊達, なり各国, なり新田軍, なり江戸, なり申そう, なる, なると, なるや, なる日, なろう, はいっても, ブルジョア婦人雑誌の, 云うもの, 云えば, 云って, 云っても, 云へば, 云やあ, 信長の, 做し, 内乱から, 内乱とが, 化し本質的, 即答する, 同じこと, 同時にここ, 国境戦とを, 大ざっぱに, 定め金津川, 平和と, 強敵に, 思ったので, 恋は, 所存せね, 期して, 潜水戦を, 男どもに, 留守がちでござれ, 考えまするが, 聞くや, 自己の, 見たこと, 言わないで, 違う点, 風も, 飢饉と, 飢饉の

▼ 戦には~ (42, 1.1%)

2 きっと勝つ

1 [40件] あまりつよく, あやかりたいもの, いる, かなり勇敢, こういう因縁, さこそ, ぜひ初陣, とても勝てる, ほとほと夫人, ほとんど訓練, まったく晦, 一語をも, 乞いに, 乞ひ, 優った遣りにくい, 先頭に, 全健康男子, 勝ったかも, 勝ったぞ, 勝つに, 反対だ, 君の, 大敗を, 天秤の, 始終玄徳, 応じえない, 惨敗を, 手が, 深い自信, 熟練し, 熱が, 秀吉方も, 立てん, 絵が, 自信の, 蜀軍の, 趙雲が, 銃の, 風の, 馬の

▼ 戦では~ (38, 1.0%)

3 ない

1 [35件] あった, あったの, ありません, かなり味方, かねて若年, これこれこういう, ないが, ないはず, なくて, まだ鉄砲, もう先手組, 一番乗りを, 予が, 二三年来の, 住んで, 何万人が, 先頭に, 出来ない相談, 初め江上の, 劉辟, 参謀の, 命までも, 大局既に, 彼が, 敵は, 新田の, 新田軍は, 死ななかったと, 無いの, 留守隊勤務に, 直に破れた, 絶対に, 駄目である, 魏の, 魏軍は

▼ 戦~ (31, 0.8%)

5 を着 2 を着た

1 [24件] である, で斎藤実盛, とを賜わった, と黄金, に名馬, に白い, に白銀, のお, の下, の袖, の赤い, の類, へ銀, も脱ぎ捨て, や, をつけ, を取寄せ, を拝領, を捨て, を敷き, を火, を脱ぎ捨て, を褒美, 良い馬

▼ 戦という~ (29, 0.8%)

6 ものは 3 ものが, ものを 2 ものの

1 [15件] うわさだ, ことが, ことに, ことについては, のは, ものに, ゆえんは, ような, 共にこれ俳優的所作, 大刺戟, 形で, 意味で, 意外の, 歴史的な, 自然力の

▼ 戦にも~ (27, 0.7%)

2 断々乎として

1 [25件] およばず敵, ならず呉, まず一応強国, まず勝った, 出なかったの, 出られなかった, 勇よりは, 勇気を, 勝てないまして, 参加し, 参加しなかった, 及ばず徳川三百年, 及ばず馬超, 及ばぬうち降旗, 増して, 多くは, 大に, 屈指な, 法則が, 直接行動が, 負けて, 負けなし, 転じ得ずかえって, 運不運が, 重大な

▼ 戦~ (26, 0.7%)

32 という

1 [21件] から, から却つて隊長, から真剣勝負, か数字, がさりとて, がその, がもう, が応戦, しもちろん, ぞ, ぞそ, ぞよっ, つたの, ということ, というつきつめた, な, のと, まるで戦, ッ, 敵の, 糧道を

▼ 戦~ (22, 0.6%)

2 が立っ

1 [20件] があった, がうごき出した, がない, が見え, すでに呉, で膨らむ, に燃え, に雲, はたしかに, はまさに, はみちみち, は立っ, も怠っ, も見えず, をふくん, を孕ん, を帯び, を感じとっ, を昂め, を養っ

▼ 戦から~ (19, 0.5%)

3 帰って 2 お帰り, して

1 [12件] もう五年目, 二日後両, 免れるため, 夜も, 寄手に, 彼は, 後は, 戦までの, 柴田も, 決まって, 熱意が, 終盤の

▼ 戦でも~ (18, 0.5%)

2 あった

1 [16件] あったわけ, ある, たいへんな, です, なきゃア, なければ, 五分に, 他の, 兵糧責では, 坂田は, 始まるんで, 戦は, 最優秀の, 胡蝶が, 負け完膚, 起ったかと

▼ 戦~ (18, 0.5%)

1 [18件] かけつけること, かけての, かりそめと, つれ出したの, でられるよう, とびだしてから, 仏をも, 出た後, 出て, 出やしなかったか, 出ん方, 声に, 持って, 狩り出されるらしい, 移って, 立たなければ, 赴いたとき, 遣って

▼ 戦とは~ (16, 0.4%)

2 どんなもの, 何か

1 [12件] こうする, さて皮肉, 一個の, 事が, 外道な, 思って, 思わないので, 決して思う, 激情に, 言い条本来芝居気たっぷりの, 較べもの, 難しいこと

▼ 戦ごっこ~ (15, 0.4%)

4 をし 2 をする 1 がはじまっ, です, とは事, に夢中, の中, をしました, をはじめた, をやった, を見

▼ 戦つた~ (15, 0.4%)

2 が秀吉方無残

1 [13件] かしれなかつた, がたま, が其間民衆, が官軍, が惨敗, ことだらう, とのこと, と言いきれん, のぢ, のであつ, ので余波, 戦ひは, 目ざましい彼女

▼ 戦~ (14, 0.4%)

1 [14件] ヨーロッパ戦争で, 反逆の, 宣伝戦にとっても, 思いどおりな, 政治の, 日々の, 最近の, 木曾川出陣などを, 桃太郎の, 歩兵戦では, 狩や, 船に, 飢饉時代の, 鳥羽伏見の

▼ 戦~ (12, 0.3%)

2 て危 1 ている, てみよっ, てゐる, て之, て居た, て斥けた, て活路, て王, に船, 前田方の

▼ 戦であった~ (11, 0.3%)

1 [11件] かは別, から全, から掛け声, か免れぬ, が此方, が淀君, といえる, に疑無い, のであろう, のでこの, フリードリヒ大王の

▼ 戦である~ (11, 0.3%)

1 [11件] かも知れない, から理, ことに, ことを, だけに大阪方, という信条, とみる, と思ふ, ばかりかその, 彼の, 文化ファシズムとしての

▼ 戦~ (9, 0.2%)

1 たらい, たりさびし, たりとにかく, たり政治経済, てきた, てきました, てくれた, てみた, てやる

▼ 戦ばかり~ (9, 0.2%)

1 しつづけて, だと, だ若武者, でこの, でなくその他, でなく日常, やりすぎて, 多かった, 続けついに

▼ 戦~ (9, 0.2%)

3 の話 1 が必要, としての望み, にしたて, のお話, のま, の見

▼ 戦~ (9, 0.2%)

2 を待ちうけ 1 がしきりに, の伝わった, ばかりで, ばかりであった, も次第に, を手, を朝

▼ 戦こそ~ (8, 0.2%)

2 蜀の 1 主力戦と, 大事な, 天下分け目と, 彼の, 彼らの, 日頃の

▼ 戦において~ (8, 0.2%)

1 かく大, 二十三名の, 勝利を, 多くの, 敵の, 秀郷の, 第一, 試合総数四七六試合という

▼ 戦~ (8, 0.2%)

1 すなわち決戦状, の答え, をも送った, を一読, を交わし, を発した, を贈, を送った

▼ 戦する~ (7, 0.2%)

1 ことを, は豈, ものも, ものハ戦ひ, 外は, 男はよ, 身に

▼ 戦つたの~ (7, 0.2%)

1 だとは, であるから, であるが, では, と今一つ, に比べ, よりも更に

▼ 戦~ (7, 0.2%)

1 にあらず, にてありし, に出, に戦はず, に赴かず, は一局部, は実に

▼ 戦道具~ (7, 0.2%)

1 のほか, の旗差物, まで取り出した, もそろつ, をも片づけさせ, を取っ, を持った

▼ 戦だった~ (6, 0.2%)

1 がそち, ことが, といっ, にちがい, ね, のでしょう

▼ 戦時代~ (6, 0.2%)

1 だと, とは性質, に較べる, は赤衛軍, を世界, を迎え

▼ 戦~ (6, 0.2%)

1 としてばかり名高い, なの, についていちいち, の諸, をのこした, を歩い

▼ 戦遊び~ (6, 0.2%)

1 か, の友達, の陣屋, も面白い, をなす, をやりおる

▼ 戦~ (6, 0.2%)

2 を打ち 1 のひびき, の響き, をうつ, 鳴を

▼ 戦であり~ (5, 0.1%)

1 ギリシャローマ時代の, 具体的には, 反抗であった, 東亜と, 鎗刀血みどろ大童という

▼ 戦によって~ (5, 0.1%)

1 ぐんぐん地位, 屈するよりも, 引おこされた, 得た領土, 得られた平和

▼ 戦への~ (5, 0.1%)

1 参加といふ, 必勝態勢を, 気づかいに, 興味を, 革命であろう

▼ 戦上手~ (5, 0.1%)

1 でありそして, といわれる, の男, よ, わけて平場

▼ 戦~ (5, 0.1%)

1 から顔, に静思, のうえ, や書類, を拡げた

▼ 戦~ (5, 0.1%)

1 から一歩, にあった, に入り, をもっ, を作り

▼ 戦研究班~ (5, 0.1%)

1 というもの, の編成, の編成方, へ引張りこまれた, をお

▼ 戦~ (5, 0.1%)

1 に珠, のくず, を着, を脱い, を解かない

▼ 戦です~ (4, 0.1%)

1 か, から, な, よ

▼ 戦とか~ (4, 0.1%)

1 さう, 宣伝戦とか, 御国の, 思想戦とか

▼ 戦として~ (4, 0.1%)

1 あらゆる手段, すわりこんで, 応答し, 端を

▼ 戦とも~ (4, 0.1%)

1 なれば, にやる, 云う可, 見ること

▼ 戦なら~ (4, 0.1%)

1 お手, ば大敗, より以上, 私は

▼ 戦にでも~ (4, 0.1%)

1 その出陣, なったら足利, 出るよう, 出掛ける者

▼ 戦はむ~ (4, 0.1%)

1 と欲, と試み, 乎否乎, 乎水島室山の

▼ 戦ぶり~ (4, 0.1%)

1 である, と云われ, はつねに, を見る

▼ 戦やめる~ (4, 0.1%)

4 けふ

▼ 戦やらう~ (4, 0.1%)

1 ぢや, と田村家, と約す, と言

▼ 戦より~ (4, 0.1%)

1 いでて, つまらぬ無事, はるか岡崎に, ほかは

▼ 戦を以て~ (4, 0.1%)

1 一挙に, 始まり東北地方, 対するならば, 決しは

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 ている, てみね, ても勝てず, て全

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 の世音, の国民, の建設, の武田家

▼ 戦以上~ (4, 0.1%)

1 だったと, に強い, の生活苦, の黄金時代

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 と政略, と相互, にたえぬ, の大切

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 の庇, の後ろ, は小さ, をぬい

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 である, の和, の日本, 我が国民

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 の血, はまだ必ずしも, を呼びさまされた, 共にこ

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 が現, とを説明, をながめ, を新聞

▼ 戦~ (4, 0.1%)

3 一の 1 一日に

▼ 戦~ (4, 0.1%)

1 をとり, をひそか, を慰め, を暗誦

▼ 戦ある~ (3, 0.1%)

1 ごとに, のみです, 山嶽の

▼ 戦さあ~ (3, 0.1%)

1 さしてえ, 出たら首, 出来るもん

▼ 戦さごっこ~ (3, 0.1%)

1 だ, はどんな, はやる

▼ 戦じゃ~ (3, 0.1%)

1 あがんなさい, ありませんか, よ

▼ 戦その~ (3, 0.1%)

2 最終戦を 1 勝敗を

▼ 戦だの~ (3, 0.1%)

1 そうした話題, 挑戦者決定戦だ, 血を

▼ 戦~ (3, 0.1%)

1 十四年に, 昼は, 漸く除隊

▼ 戦などは~ (3, 0.1%)

1 すぐに, せぬが, まだしも

▼ 戦にかけては~ (3, 0.1%)

1 われらが, 恐ろしく強い, 百戦の

▼ 戦にのみ~ (3, 0.1%)

1 あって, 備えよ, 日を

▼ 戦まず~ (3, 0.1%)

1 混乱を, 第一回, 驚いたの

▼ 戦やら~ (3, 0.1%)

2 スポーツやら 1 その後の

▼ 戦をも~ (3, 0.1%)

2 交えないで 1 辞さないであろう

▼ 戦~ (3, 0.1%)

1 て命, も一ばん, 懸レリ

▼ 戦下手~ (3, 0.1%)

1 という者, な公卿大将, の兄者

▼ 戦~ (3, 0.1%)

1 が前, の買込遊説, を払う

▼ 戦即決~ (3, 0.1%)

1 が可能, だ, を期し

▼ 戦~ (3, 0.1%)

1 せしむるもの, をし, 之至

▼ 戦終っ~ (3, 0.1%)

1 てアメリカ文化, て功, て後

▼ 戦~ (3, 0.1%)

1 に興, は縮め, ます

▼ 戦~ (3, 0.1%)

2 総司令部 1 総司令官

▼ 戦あり~ (2, 0.1%)

1 てより, 新聞記者なかるべからず

▼ 戦した~ (2, 0.1%)

1 所ね, 部下どもの

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 な, 義兵多く

▼ 戦そのもの~ (2, 0.1%)

1 が藤吉郎, の中

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 ことが, 所が

▼ 戦たら~ (2, 0.1%)

2 滅多に

▼ 戦たる~ (2, 0.1%)

1 一來法師も, 一八四八年六月の

▼ 戦だけは~ (2, 0.1%)

1 一命仕事いのちを, 鎬を

▼ 戦つた事~ (2, 0.1%)

1 もない, を覚え

▼ 戦つた日~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 戦つて討死~ (2, 0.1%)

1 したの, するも

▼ 戦といふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 大事の

▼ 戦とを~ (2, 0.1%)

1 問わずすべて戦役, 胯に

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 のだ, んだ

▼ 戦なき~ (2, 0.1%)

1 を思ひ, 日は

▼ 戦なれ~ (2, 0.1%)

1 ども此分, バ余程

▼ 戦なんか~ (2, 0.1%)

1 あるもん, やりません

▼ 戦においては~ (2, 0.1%)

1 必定わが, 早くも

▼ 戦においても~ (2, 0.1%)

1 さながら平地, ただ将帥

▼ 戦における~ (2, 0.1%)

1 兵士は, 神経中枢とも

▼ 戦にて~ (2, 0.1%)

1 きを, 敵少し

▼ 戦に対して~ (2, 0.1%)

1 一騎討の, 彼自身の

▼ 戦に対する~ (2, 0.1%)

1 国防が, 完璧の

▼ 戦のみを~ (2, 0.1%)

1 意味する, 眺めて

▼ 戦ばかりか~ (2, 0.1%)

1 こういう世, 恋にかけても

▼ 戦ばなし~ (2, 0.1%)

1 だ, としては以上

▼ 戦また~ (2, 0.1%)

1 一戦ある, 戦と

▼ 戦やっ~ (2, 0.1%)

1 てみます, てみる

▼ 戦やろう~ (2, 0.1%)

1 てん, と私

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 大変よ, 早く終結

▼ 戦下行政~ (2, 0.1%)

1 はいや, をおのずから

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 事, 覚書

▼ 戦以前~ (2, 0.1%)

1 においてはハムムラビ, に信長

▼ 戦以後~ (2, 0.1%)

1 のモダアニズム, は日ごと

▼ 戦体制~ (2, 0.1%)

1 という, という譬喩的体制

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 である, をいただい

▼ 戦出場選手~ (2, 0.1%)

1 と決定, は直ちに

▼ 戦前後~ (2, 0.1%)

1 に於ける, までは幾多

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 を変転, 頗る危険

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 た塵戦, 再戦を

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 から手, の丘

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 にも似た, を積んだ

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 に燕兵, 勝利の

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 とでも云いたげな, もいない

▼ 戦巧者~ (2, 0.1%)

1 な大将, な斎藤どの

▼ 戦当時~ (2, 0.1%)

1 からソヴェト, におけるソヴェト農民大衆

▼ 戦挑みかけたい~ (2, 0.1%)

2 闘争意識が

▼ 戦支度~ (2, 0.1%)

1 の気持, を一瞬

▼ 戦未だ~ (2, 0.1%)

1 合せずして, 鬨の声ばかり

▼ 戦気烈々~ (2, 0.1%)

1 たるもの, であると

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 が打ち揃っ, には有力

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 した, をもつ

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 で不成績, の絵

▼ 戦苦戦~ (2, 0.1%)

1 だ大砲小筒, を通っ

▼ 戦見物~ (2, 0.1%)

1 と申し, にでかける

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 として次, のほか

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 がありあり, を聴いた

▼ 戦語り~ (2, 0.1%)

1 である, を炉ば

▼ 戦運動~ (2, 0.1%)

1 を始むる, を始めた

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 なる時迂回, に

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 など一時, をうち

▼ 戦~ (2, 0.1%)

1 が, などをぞくぞく

▼1* [396件]

あげくの血気一途, 戦あしてると, 戦あって以来, 戦ありし時加特力派の, 戦ありて後僅に, 戦あるべき前の, 戦あれば半年, 戦あろうと云われた, 戦いずれとも考え, 戦いつでもとこなた, 戦いなみ難し, 戦いよいよ烈しき日, 戦えと挑戦した, 戦および市場戦の, 戦おわりぬのこと, 戦偵察だった, 戦かと顫い, 戦かという岐れ, 戦かわせたりする, 戦ぎがぢつと熟視めて居る, 戦ぐらゐのことは厭でも話しかけず, 戦ここの正面, 戦この岐れ, 戦ごとに足利勢, 戦さえすめば, 戦さしている, 戦させられたが勝目, 戦さだと思ひ直す, 戦された当時東京座に, 戦さわぎに馴れきっ, 戦さ下手な男, 戦し始めたので, 戦せるも大将王権, 戦せんとて黒坂備中守, 戦そしてその勝利, 戦そちが遠く, 戦それは乱, 戦将門が, 戦だけのこる, 戦だけが今日の, 戦だけというような, 戦だったでしょうな, 戦つたたくさんの争い碁, 戦つたらよいの, 戦つたらうあんなに酷く, 戦つた功に依つ, 戦つた勇士ではあるまい, 戦つた勇敢な人々, 戦つた後には平岡, 戦つた忠節を褒め, 戦つた所長はそこ, 戦つた時乗て, 戦つた時秦の白起, 戦つた村が横つて, 戦つた格闘した角力, 戦つた男女先駆者の偉大, 戦つた話壮大な話, 戦つてこれを征服, 戦つて俘虜になつ, 戦つて刻一刻に敗け, 戦つて大に敗れ, 戦つて孤往独邁して, 戦つて幸に彼, 戦つて彼女の僅, 戦つて戦つて刻一刻に敗け, 戦つて捕手を二人, 戦つて日本犬の鍛, 戦つて来最後に運命, 戦つて此処迄辿り来た, 戦つて相手の悪意, 戦つて立派に名誉, 戦つて而して, 戦つて自由に自分, 戦つて貴女に決して, 戦であってそれ, 戦であったならその歴史的意義, 戦であれほど近代棋戦, 戦であろうと斟酌, 戦でなければまた, 戦での局部的勝敗と, 戦とが一つに, 戦としては作戦の, 戦とで低下した, 戦となつて爆発こ, 戦との攻略二面の, 戦ないたそう, 戦なかに戦, 戦なすも決して, 戦などやめたが, 戦などではないという, 戦などでも単騎奮迅の, 戦などという一家名を, 戦などとは決して考へなかつた, 戦などにならないという, 戦などをやって来たが, 戦なんぞ勝てっこはね, 戦なんぞにお出, 戦なんてそういと, 戦なんどに夢中, 戦にかけて悔いないの, 戦にかけての時代に, 戦にかけてはから下手よ, 戦にくらい魏軍の, 戦にけ散らしに, 戦についてはそれから, 戦にても敵合三五十間に, 戦にとっても不可欠である, 戦になつたの, 戦になど行くの, 戦になんか行ったの, 戦にぶざまな, 戦にまで向上する, 戦にわかに変じて, 戦のきッかけと, 戦のく対象物の, 戦のさいちゅうだからいずれ, 戦のにわに, 戦のみくり返して, 戦のみに関わること, 戦はじまらんと思へ, 戦はやてがある, 戦ひとたび開かば, 戦ひとつたこと, 戦ぼこりの中, 戦までの間の, 戦までは新撰組の, 戦みたいだ, 戦もってこれ, 戦ものばかりをのせる, 戦やむなしとなる, 戦やる覚悟を, 戦やれると見込, 戦ゆえ誰も大事, 戦よりは難しいぞ, 戦らしい戦が, 戦をさえ芸術化した, 戦をばなすべからずと, 戦スポーツ万端よろずやる, 戦ト之ヲ同日ニ論ズ可ケンヤ, 戦ニハ之ヲ敵トシ, 戦ニ出候人ニハ少々御, 戦ニ勝ツコトヲ得ン, 戦ニ及バヽ先初ニ此談ニ, 戦ニ固着シテ愚ヲ重, 戦ニ於テ彼等ノ鋭気, 戦をこすまい, 戦ハんとす, 戦ハセとふ, 戦ヒ有リト思ヒ急ニ引退ク気ニ浮キ立ツベシ, 戦フト云ヒ我ニ自由ヲ与, 戦ワズシテタダ守ラバイヨイヨ彼等ヲ誇, 戦退のみを, 戦一八〇七年アルレンスタインに向う, 戦一席の浪花節, 戦一度もせず, 戦一戦戦うにも, 戦一進蜀陣は屍, 戦万度勝也と書いた, 戦三勝の意気, 戦には実に, 戦不利と見, 戦不戦の打診, 戦主義の参謀, 戦主義者とは大いに, 戦之時ハ銃の音, 戦を議する, 戦事手負大病院, 戦二十余合火をとばした, 戦二合の, 戦二回の大, 戦二度の大捷, 戦五十余合に及ん, 戦交えたまでは判っ, 戦交渉は交渉, 戦候ハず, 戦仕りと存候間, 戦仕出かすには何, 戦仕掛けては如何, 戦も出ない, 戦以外に左様, 戦住居の伽藍, 戦に接し, 戦偶然の勝利, 戦八十余合に及んだ, 戦の馬, 戦であった, 戦具変遷の魅力, 戦凡そ八箇月わずかに, 戦処是前洲, 戦でぬ, 戦出場の名馬, 戦加盟の大学, 戦から解かれ, 戦勃発前後国内の体制, 戦勝ちての後, 戦勝利者たるべき第, 戦が様式化, 戦に用いる, 戦区視察で秀吉, 戦半ばにし, 戦半日の矢戦, 戦危きを冒す, 戦即ちこれである, 戦即決主義だった, 戦厳島の戦, 戦参加の権利, 戦又は劇等に, 戦取する人間の, 戦充ち暗, 戦史上未曽有, 戦名人戦も水もの, 戦において損, 戦に勇む, 戦の軍費, 戦図上でみれ, 戦に喘ぎ哭かね, 戦地方へ行く, 戦が絶えた, 戦変革でいにしえ, 戦外交戦思想戦宣伝戦謀略戦などはすぐ, 戦大事と見, 戦女みたいなてんで, 戦好き才略好きで自分, 戦好き無名のたたかい, 戦り幸村, 戦ひの, 戦嫌いな彼, 戦存分の働, 戦官軍大敗の日, 戦実に屋かましくたまり, 戦実は早慶二大学リーグ戦だ, 戦宣伝戦謀略戦などはすぐ, 戦容易には勝ち, 戦将十人を付与, 戦利を, 戦展覧会の余興, 戦崩れの爆撃隊, 戦川越の夜戦, 戦巧者較ぶべき者, 戦まず軍士等, 戦已に合して, 戦巴里の開城, 戦第一図, 戦にやどし, 戦幾年そのあげく, 戦幾度と無く畏, 戦序の口二百や三百, 戦当時コムソモールと政治部員, 戦当時自身経験し又, 戦後北畠軍に大いに, 戦後当時一時気が荒く, 戦後昌幸父子既に危, 戦必至と, 戦忌々しいメリケン兵などが, 戦応援団の真剣性, 戦思想戦宣伝戦謀略戦などはすぐ, 戦性譫妄症に罹り, 戦とした, 戦の状, 戦れ必ず, 戦或はナップ等が, 戦戦うにも一令一令政治, 戦戦って勝たざる, 戦にはその, 戦打倒同盟というもの, 戦拳闘のリング, 戦挑もうなんてそんな, 戦両略, 戦敗れて生, 戦数刻相支候て半分, 戦敵味方混み合って, 戦をはじめ, 戦の疲れ, 戦既におさまりて, 戦昨日も戦, 戦時代歴史的な過去, 戦時代赤軍で働き, 戦更に洪水の, 戦最中の関係, 戦之夫, 戦にうつらん, 戦本因坊戦スポーツ万端よろずやる, 戦果せば直ちに, 戦にも甲板, 戦楼矢狭間が諸, 戦止まらずその中, 戦正面の惨劇, 戦武士らしい死に様, 戦武者押しの声, 戦武門の名, 戦死なされるか知れません, 戦残したなどの説, 戦に良将, 戦毎勝す, 戦民政党総務の頼母木桂吉, 戦気ただならずとべつな, 戦気分であった上, 戦気殺気みちみちて, 戦気満々に発向, 戦気立ッて御, 戦気紅日を蔽い, 戦水木の渡し, 戦江戸ッ児はかくして, 戦沙汰なら足利どの, 戦河原戦畑合戦など酸鼻, 戦はまき起っ, 戦の手勢, 戦となろう, 戦けとでもいう, 戦爆連合の大, 戦物語も済ん, 戦特に腹の中の, 戦状申越只今青森表より申来, 戦品や, 戦生命ある身, 戦用決戦兵器を敵, 戦畑合戦など酸鼻, 戦ふとには, 戦疲れを隠そう, 戦病兵収容のため, 戦百余合をかぞえた, 戦百勝の英雄, 戦百勝疑いなしと, 戦皇帝が駱駝, 戦い寝る家, 戦盲兵見て, 戦盲者のため, 戦秀吉はかならず, 戦科学研究所において研究ずみ, 戦突発の飛報, 戦箱館の籠城, 戦十五六時間相手は, 戦終った後で, 戦終り既に潰滅, 戦終ると禅, 戦終わるや衣食, 戦終了したる一日, 戦終結を告げ, 戦絵図をひろげた, 戦を引く, 戦練磨の人, 戦罷んで営に, 戦の最後, 戦の幾人, 戦育児模倣等の一つ, 戦がとっさ, 戦は主, 戦闘です, 戦船百八十隻がたがい, 戦に影響, 戦苦闘をはじめて, 戦英雄雲のごとく, 戦をね, 戦蘆名佐竹相馬岩城二階堂白川畠山大内此等を向う, 戦血地を染め, 戦血杵を漂わす, 戦行動に入った, 戦袈裟をかけ, 戦袍朱柄の槍, 戦見事我大敗に期せり, 戦覚悟で不破, 戦を生かし, 戦評定をする, 戦の山県昌景, 戦諭者はそれでも, 戦謀略戦などはすぐ, 戦と云う, 戦負けて舞台裏, 戦の鳴り物, 戦赤松円心則村の居城, 戦起れりミカエルその, 戦蹟巡覧のバス, 戦蹟慰問や第一線慰問, 戦輸車戦車の合戦, 戦近しとも知らず, 戦に上っ, 戦速決で得意, 戦連勝の勢, 戦遊ばされ寛蓮見事に, 戦遊び抱腹絶倒に値する, 戦部隊の指揮官, 戦都市を荒野, 戦野戦又は水戦, 戦長きに, 戦長篠の戦い, 戦闘ってみ, 戦隊員につげる, 戦隊長をテレビジョン電話, 戦の世紀, 戦革命に関する文学, 戦革命児アンジョーラ下水道中の逃走, 戦風陣雨の幾春秋, 戦饑饉チブスの中, 戦馬上の騎兵戦, 戦馬金銀犀角などのおびただしい, 戦が忽