青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「或~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~我 我~ ~我々 我々~ 我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~
或~
或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲

「或~」 22249, 240ppm, 404位

▼ 或~ (14455, 65.0%)

340 時は 322 者は 279 種の 250 日の 223 ものは 188 程度まで 161 一つの 153 意味に 125 一定の 124 人は 123 意味で 107 ものが 98 場合には, 意味では 91 程度の 90 人が 77 ものを 61 ときは 59 人の 53 人々は 52 他の 50 日私は 47 年の 42 家の 41 意味での 40 夜の, 特殊の 38 一人の 36 人に, 日 35 晩の, 特定の 34 者が 33 時代の 32 程度までは 31 夏の 30 ものの, 時には 29 時期に, 種類の 28 ことを 27 もの, ものに, 時, 時代に 26 特別な, 男が, 程度に 25 日は, 時の, 特殊な 24 一種の, 女 23 人から, 女の 22 ものである, 物を 21 日私が 19 一部の, 事を, 物が, 秋の 18 冬の, 意味から 17 地方の, 日彼は, 有名な 16 夜は, 意味の, 日その 15 地方では, 時その, 時私は, 晩私は, 朝の, 特別の, 者に, 部分は, 重要な 14 ところで, ところでは, ところに, 点で, 部分を, 重大な 13 人間の, 場合は, 家に, 意味において, 所では, 時彼は, 朝私は, 程度までの 12 作家は, 場合に, 日或, 日突然, 時などは, 男の 11 不思議な, 友人の, 夕方の, 女と, 時期の, 月の, 朝, 雑誌に

10 [14件] 人々が, 人々の, 人を, 作家が, 夜私は, 女を, 家で, 方面から, 日彼女は, 時或, 点まで, 物は, 者の, 者を

9 [21件] 一点に, 事が, 事に, 事情で, 何等かの, 処に, 力が, 力の, 国の, 微妙な, 日この, 日曜日の, 日私の, 時この, 時期には, 晩は, 村の, 点に, 特定な, 町の, 距離を

8 [17件] ものには, 事情の, 人間が, 作家の, 処で, 場所で, 場所に, 家では, 富豪の, 新聞の, 日また, 時お, 時代には, 期間の, 条件の, 男は, 雪の

7 [34件] ひとつの, ものと, ものとして, 一人が, 事物を, 人々にとっては, 人物の, 仕方で, 会社に, 何かの, 偶然の, 友に, 友人に, 夕方私は, 大学の, 婦人の, 寺の, 影響を, 意味においては, 感情を, 新聞に, 日お, 時に, 晩に, 根本的な, 民族の, 知人の, 社会の, 私立大学の, 美しさ, 計画を, 限度に, 雨の, 静かな

6 [42件] とき私は, ところへ, ひとは, ものであり, 一点を, 不安な, 中年の, 事件の, 事件を, 事実を, 事情から, 作品は, 作品を, 先輩の, 午後の, 問題を, 学者が, 山の, 店の, 所で, 批評家は, 方向へ, 日も, 日彼が, 日曜日に, 時彼女は, 時私の, 概念を, 機会に, 漠然とした, 物に, 男と, 男に, 瞬間に, 私の, 程度を, 老人の, 要求を, 部分が, 部分に, 限度まで, 雑誌で

5 [73件] とき, ところは, 一個の, 一部に, 一部分の, 不安を, 事柄を, 人々には, 人達は, 会合の, 会社の, 体の, 作品の, 先輩に, 処では, 力を, 印象を, 友への, 友人から, 問題は, 土曜日の, 場合の, 場所では, 夕方, 夜などは, 婦人が, 学校の, 島の, 店で, 恐怖に, 意味を, 感じを, 所に, 所へ, 所まで, 批評家が, 折, 方向を, 日いつも, 日ふと, 日一人の, 日急に, 日母が, 日私を, 春の, 時期が, 時間を, 晩, 朝その, 期間は, 期間を, 本を, 村では, 村に, 決心を, 海岸の, 理由から, 理論が, 町に, 異常な, 病院に, 目的の, 神秘的な, 程度以上の, 程度自由に, 程度迄, 箇所では, 自然的な, 評論家は, 連中は, 部分では, 部分の, 青年の

4 [104件] ことが, ことに, とし, もので, 一人に, 一人を, 一派は, 一軒の, 一面から, 不吉な, 世界の, 事件が, 二つの, 仕事の, 仕事を, 作品が, 個所で, 先輩が, 別の, 原因が, 友人が, 友人は, 友達が, 国に, 国民の, 地方で, 地方に, 場所の, 場面を, 夜, 夜この, 夜その, 夜ひそかに, 夜ふと, 大名の, 女に, 女学校, 学者の, 客観的な, 家へ, 小説に, 山奥の, 席で, 役割を, 料亭で, 新進作家の, 方向に, 方法で, 方法を, 方面で, 方面へ, 日には, 日例の, 日又, 日同じ, 日彼女が, 日曜の, 日本人は, 時など, 時天皇が, 時彼が, 時期を, 時機が, 時間の, 晩彼が, 暗示が, 暗示を, 書物の, 書物を, 未知の, 本で, 歴史的な, 段階に, 点から, 物, 物には, 物の, 物体を, 状態の, 目的を, 真理が, 瞬間の, 神社の, 私とは, 私立の, 秋晴れの, 秘密な, 程度以上に, 立派な, 範囲に, 能力が, 被造物, 観念を, 貴族の, 農家の, 運動の, 酒屋の, 間隔を, 雑誌から, 雑誌の, 雑誌社に, 雜誌に, 霊は, 音が

3 [241件] おでんやの, お医者, お屋敷, ささやかな, ときには, ところから, ところまで, ひとの, ひとりの, ものな, ものについて, カフェーには, カフェーの, 一人は, 一時代の, 一群の, 一般的な, 一部は, 一隅に, 一面に, 一面のみを, 一點に, 不安の, 不満を, 世話好きの, 丘の, 事から, 事で, 事情が, 事情に, 五月の, 人, 人々を, 人いわく, 人と, 人などは, 人には, 人に対して, 人への, 人物が, 人達が, 人間に, 仏師の, 任意の, 信仰である, 信念の, 個人の, 先生の, 兵士は, 出版会社に, 出版社の, 刺戟を, 力に, 単純な, 友人を, 友達の, 哲学者は, 困難が, 地方には, 地方へ, 地点に, 均衡を, 城下まちの, 場合, 場合では, 場合或, 場所へ, 夕暮時に, 外国の, 外国人の, 夜である, 夜に, 夜私が, 夜遅く, 夢を, 大きなもの, 大学生が, 夫, 女が, 子は, 子供が, 子供は, 季節に, 学問を, 学者は, 宗教的な, 寒い晩, 寒い朝, 対象が, 小さなホテル, 小さな印刷所, 小学校で, 小説の, 少数の, 層を, 島からは, 島に, 島は, 川の, 工場に, 年上の, 座談会で, 形或, 心の, 必要から, 必要を, 思想は, 性格の, 性格を, 性質を, 恐怖を, 患者は, 感じの, 感銘を, 所までは, 手紙の, 政党の, 文章の, 文芸雑誌に, 新聞で, 方向から, 方面の, 旅館の, 日から, 日こっそり, 日であった, 日とうとう, 日ふい, 日やはり, 日を, 日不意に, 日二人は, 日外出し, 日本の, 日村の, 日自分は, 時こんな, 時やはり, 時代と, 時代は, 時代或, 時彼の, 時期から, 時期まで, 時期以前の, 時私が, 時突然, 時翁は, 時間に, 晩僕は, 暗示の, 書肆の, 有力な, 朝ふと, 朝彼は, 朝彼女は, 朝私が, 本に, 本は, 本質的な, 村で, 森の, 横町に, 機会から, 段階の, 母と, 気持を, 海岸に, 深刻な, 湖畔へ, 点において, 点を, 物である, 特徴が, 独特な, 現象が, 理由が, 理由で, 田舎の, 男から, 町で, 町人の, 病的な, 百姓の, 盲目の, 県の, 瞬間には, 矛盾が, 知名な, 知名の, 神秘な, 神聖なる, 秘密の, 程度以上は, 空想的な, 筋から, 範囲の, 組は, 老婦人, 考えが, 考へが, 者から, 者には, 者達が, 自信が, 自然の, 興味を, 船の, 若い女, 華族の, 著述を, 處では, 視角から, 覚悟を, 親しみを, 観念が, 観念に, 詩人が, 誇りを, 認識の, 農家で, 過去の, 適当な, 部分には, 部屋の, 都市の, 量を, 金持の, 銀行に, 関係を, 限界の, 階級の, 雑誌を, 雑誌社から, 電柱の, 霊能を, 面を, 面白さ, 音響を, 高さ, 高原の

2 [712件 抜粋] うら若き美しい人, おでんやで, お友達, お寺の, お方の, ことで, たのしさ, ときに, とき一人の, とき私が, とき私に, はちりちり, は落ち, ひとから, ひとに, ふしぎな, もどかしさ, ものから, ものでなけれ, ものとは, ものによ, ものや, もの以外, やや急, より大きな, システムが, ティ・パアティに, デモーニッシュな, ホテルに, 一の, 一事とは, 一事の, 一国で, 一時代に, 一時期に, 一派が, 一種が, 一箇所を, 一節に, 一部分が, 上級の, 不分明, 不完全性である, 不完全性を, 世界が, 乗客の, 事件に, 事実が, 事実に, 五位の, 些細な, 人々にと, 人からは, 人たちは, 人にとっては, 人また, 人問う, 人夫小屋の, 人物に, 人物を, 人達の, 人間は, 人間的な, 会の, 伯爵の, 作中の, 作家たちが, 作家たちは, 価格で, 侮辱の, 偉大なる, 健全な, 傾向の, 傾向を, 働きが, 先輩から, 公式に, 兵器を, 内心の, 内面的な, 処には, 処の, 処へ, 処まで, 出版社から, 出版社に, 刑事は, 別な, 別様の, 刹那に, 劇団の, 動機から, 動機に, 動物は, 勢力とは, 勢力の, 区に, 区別の, 医者が, 医者の, 午後だった, 午後私が, 半島へ, 印刷所の, 危惧, 原因によって, 原子は, 友人と, 受動的な, 古い意見, 古老から, 合理的な, 同じもの, 同志に, 名の, 否定を, 哲学が, 商店の, 問題が, 喫茶店の, 図形の, 国では, 土地の, 地位を, 場合が, 場合という, 場末の, 場面が, 場面の, 声楽家を, 変化が, 夕光, 夕暮, 夕暮私は, 外的な, 外科の, 夜お前は, 夜ふけの, 夜或, 夜更けクリミヤの, 大きい力, 大会社, 大学生と, 大臣家に, 大邸宅, 大銀行, 奇策を, 契機に, 女の子の, 女学生が, 女教師, 女流作家に, 女流作家の, 姿と, 姿を, 婦人団体の, 学校で, 学者から, 学説に, 學者は, 完全性を, 定まつ, 宮様の, 宵に, 家庭では, 家畜の, 宿, 宿屋に, 寒い夜, 寒村に, 實業家の, 寺へ, 対象を, 専門の, 對象を, 小さい駅, 小さな町, 小料理屋の, 小新聞, 小説は, 小説を, 少女が, 屋台の, 山村では, 島から, 巡査の, 工場の, 工場内の, 巨大なる, 市に, 常数, 幸福に, 幽かな, 広々と, 店に, 庭では, 延長が, 建築雑誌に, 強烈な, 形の, 影像の, 役を, 後家さんの, 微細な, 心境に, 必然性を, 必要が, 思想が, 思想の, 性質は, 恐怖の, 悟性作用を, 悦びが, 悲しみが, 悲痛な, 情誼から, 感じが, 感情が, 感情の, 懇意な, 戰爭は, 所は, 批評の, 折には, 拍子に, 政友に, 文化団体の, 文学者の, 文学雑誌に, 文学雑誌の, 料理屋へ, 料理店へ, 断面を, 新劇団, 新墓, 新聞は, 新聞社から, 新聞社の, 方向の, 方法が, 方面には, 旅館に, 既成の, 日お前が, 日が, 日それに, 日などは, 日ひとり先き, 日ぶらりと, 日めずらしく, 日もう, 日ナポレオンは, 日伯は, 日余は, 日先生の, 日凡太郎を, 日妾が, 日姉は, 日寺町通の, 日思いがけなく, 日指導役の, 日曜日お前たちが, 日曜日私が, 日此の, 日母の, 日水島は, 日神様に, 日絹子は, 日自分の, 日行っ, 日見舞に, 日飛ん, 旦那の, 映像が, 時そこの, 時そんな, 時なぞは, 時ひどい, 時もう, 時ウーズ・ホールの, 時セーラムに, 時一人の, 時二人は, 時代から, 時代が, 時代を, 時余は, 時其の, 時内地人の, 時女中が, 時尋ねる, 時幸子は, 時彼女が, 時期からの, 時期までは, 時父は, 時私に, 時美人の, 時見舞に, 時間が, 晩お, 晩には, 晩も, 晩ゴーリキイは, 晩十二時過ぎに, 晩妻は, 晩彼は, 晩扁理は, 晩秋の, 晩遅く, 晴々と, 暗い晩, 暮方何気ない, 月は, 月曜日の, 朝から, 朝だった, 朝であった, 朝二人は, 朝彼が, 朝涼, 朝突然, 朝院長は, 期待の, 期間に, 本職を, 本能的な, 村へ, 条件での, 条件を, 根本の, 梢は, 概念は, 標準に, 橋を, 機会には, 次の, 武士が, 歴史の, 段階において, 民族は, 気分の, 気分を, 気持の, 永劫に, 決意を, 洋学者が, 洋画家の, 消極的な, 淋しさ, 深山の, 港町に, 港町の, 激しき衝動, 火の, 点までは, 点非常に, 無限なる, 爽かな, 片田舎の, 物だつた, 物について, 物体の, 特別なる, 特異な, 特色を, 狂人の, 玩具屋の, 現在の, 現象の, 理由の, 理論を, 産業に, 田舎に, 男女の, 町を, 町家の, 画家の, 畠の, 疑問を, 疑惑を, 痛みを, 百姓家の, 百姓家を, 百貨店の, 皮肉な, 直覚が, 相当な, 瞬間は, 知人に, 石は, 研究を, 確固不易なる, 社会的発達形態と, 神学者の, 神聖な, 科学が, 秘密を, 程度にまで, 程度は, 空間の, 窓には, 第一, 筋の, 節度を, 精神力の, 精神的な, 組織の, 結果を, 結論を, 練習所で, 縁故から, 習慣から, 習慣を, 考えに, 者で, 者のは, 者達は, 聴取り, 聽取り, 肉屋の, 能動的な, 脚本の, 自叙伝風な, 至高に, 船では, 芝居の, 花を, 芸妓を, 茶屋で, 茶店で, 華族さんは, 落付きが, 薄曇った, 薄氷り, 薬を, 藩中の, 處で, 行動が, 術を, 裏町に, 裏町の, 裏通の, 複雑な, 西洋人が, 親しみの, 觀念が, 計畫, 記憶に, 記憶を, 詩の, 語には, 調和を, 論者は, 象徴的な, 貧乏な, 貪慾な, 貴い塋域, 賤の, 身分の, 農夫の, 農村に, 途中の, 造船所の, 運動を, 道を, 部分において, 部屋に, 部屋へ, 部落の, 都合で, 酒場に, 重大なる, 長さ, 長者の, 門の, 関係が, 闇の, 限定せられた, 限度までは, 限界を, 階段に, 雑誌社の, 離島人の, 霊物が, 霧の, 青年を, 音は, 頁に, 頁には, 風の, 風呂屋の, 駅で, 駅では, 騎兵大隊長の, 高い境地, 高原へ, 鳥は, 點に, 點まで

1 [5668件 抜粋] あたたかみ, おじいさんの, お天気, お茶の, ことから, しるしが, つよい疑問, ときなどは, とき何でも, とき大, とき是れ, とき箱抜け, とき青木は, なごやかな気分を, ひとが, まとまりに, ものだ, ものに対して, ものも, もの足りな, をぢさん, イデーを, カイタイ会社が, カフヱーに, コルホーズ, シンボルである, タイプを, デモ主義者か, ハッキリした, フアンを, ベンチに, ミッションの, ルネサンス風の, 一つに, 一人から, 一国の, 一定した, 一定程度にまで, 一方で, 一日用事を, 一派では, 一瞬間に, 一群だ, 一部例えば, 一面の, 三人が, 下宿屋が, 不可欠な, 不心得から, 不自然さなどが, 世話に, 中隊長が, 予定の, 事の, 事実の, 事物が, 二日つづき, 交換条件を, 人からの, 人之を, 人格の, 人生觀の, 人間像が, 仕事によ, 仮定は, 会合が, 会館の, 体操の, 何物かを, 作品へと, 作者の, 促進を, 信条から, 個人が, 倶楽部に, 偶然性の, 僧侶たちの, 充足理由が, 全きもの, 公家から, 共通を, 写真屋で, 処理を, 出版計画が, 切通しの, 利益を, 前例が, 劇作家が, 効果を, 動物の, 勤勞を, 医学者夫妻の, 午後幸子が, 卑しい心, 印刷技術の, 危険を, 原理, 反對, 古い友達, 古書にも, 可能的な, 同一性に, 名前を, 名高い針醫, 呪文によって, 品位が, 商事会社へ, 問題或, 器械的な, 図形に, 国は, 國と, 土曜日に, 地図から, 地點に, 城主の, 場合とか, 場合偽善的な謂わ, 場所, 墓地に, 変形したる, 夏重夫は, 夕妙達が, 夕方サヨは, 夕方同行の, 夕方私が, 夕暮方見た, 外国人が, 夜こんな, 夜ふけに, 夜ライネル・マリア・リルケは, 夜僕は, 夜同窓生が, 夜尖兵一千余人中村五郎の, 夜御前へ, 夜村尾と, 夜深更椎の木は, 夜秀吉は, 夜語り合った, 夢中な, 大きな丘, 大きな影, 大きな秘密, 大名家老から, 大学校, 大建築, 大計が, 天狗能楽師の, 奇異な, 女で御座います, 女地主, 奴隷は, 威力が, 婦人画家の, 子供絵本漫画の, 学友は, 学者達は, 學者の, 宗徒の, 実体から, 実験が, 宮家の, 家庭的の, 寄席の, 寒い雨, 實體の, 対宮中問題の, 将来に, 小ぎれいな, 小さな別莊, 小さな飲み屋, 小学校の, 小説家は, 小高い丘, 尤もな, 山かげの, 山村を, 嵐に, 工場へ, 已むなき内的の, 常識水準から, 年仙北郡神宮寺山の, 年女を, 年本郷から, 年齢に, 広場に, 店屋では, 廉, 引例として, 強固な, 形体または, 影を, 彼の, 御使い, 微妙に, 心理を, 必要に, 快樂, 思想に, 性質の, 恍惚たる, 恐ろしい意味, 悩ましく花, 悲しさ, 情緒や, 意味が, 意義を, 感想なし, 感覚は, 憂いが, 成算が, 所の, 手続を, 抗抵, 折呉王孫権が, 折韓暹に, 指表であり, 摩擦と, 放火事件の, 教師は, 数は, 敵愾心を, 文句が, 文学運動が, 料理屋の, 新らしい, 新聞へ, 新道の, 方法に, 方面では, 旅行記の, 日お姫さまは, 日それも, 日のぶな, 日わたくしが, 日シングは, 日ピアツツアナヲネ, 日ルンペン風の, 日三七どの, 日両手に, 日二葉亭が, 日仕事を, 日健二が, 日其の, 日勤め先から, 日印絆纏を, 日唖娘がよねん, 日塵くさい, 日女画学生の, 日孔明に, 日小さい, 日崖の, 日師匠が, 日当会から, 日往来で, 日懇意な, 日文案を, 日明子は, 日曜日で, 日本主義者が, 日本郷春日町停留場の, 日横浜から, 日氣まぐれに, 日湖水の, 日猛獣に, 日病師の, 日秀吉が, 日素子が, 日自分が, 日葛西汽船の, 日見おぼえ, 日谷川で, 日道を, 日長井金風さんに, 日非常な, 日魏の, 早朝だった, 昏迷を, 映画館, 時いつ, 時これは, 時とは, 時ふつと, 時セッター種の, 時ヲロヂカが, 時中西の, 時京都へ, 時代または, 時何も, 時側臣たちを, 時出入りの, 時友人と, 時商品を, 時大目玉を, 時妙な, 時小学校時代に, 時常子は, 時当の, 時恐ろしく, 時旗本の, 時期とは, 時木山が, 時植物學の, 時毎度話に, 時瀧口を, 時白髪小僧は, 時私と, 時羽織を, 時舞踏の, 時薫親子に, 時言ひました, 時近村の, 時間水に, 時非常なる辱め, 時龍子に, 晩それらの, 晩ふらり, 晩ロザリーは, 晩二階が, 晩則重が, 晩周平が, 晩太守が, 晩彼女と, 晩朝子は, 晩浩は, 晩眠る, 晩若い, 晩風が, 普遍的に, 暖かい焚火, 曲がり角に, 書生の, 月には, 朝お, 朝はやく, 朝丁度, 朝例の, 朝夜の, 朝彦太郎が, 朝村瀬が, 朝目が, 朝見, 朝食事に, 期間心を, 期間進展し, 未知数な, 本能を, 村或, 枝の, 格段なる, 極限が, 構成的概念が, 権利を, 機に, 欠陥から, 正義感を, 残念さを, 毒気の, 民族的差別観を以て, 気品に, 気象条件の, 水準を, 汽船便で, 法学博士の, 洋菓子店で, 海岸で, 消長が, 淫祠建立の, 清浄な, 温泉地に, 満月の, 演劇研究の, 瀟洒たる, 点には, 烈風の, 無筆の, 牙彫, 物彼の, 物質的な, 特定種類だけの, 特色は, 狂いを, 狭い範囲, 珈琲店へ, 理想への, 理論的結果を, 生新な, 用件の, 田舎家の, 町からは, 画報を, 異国への, 疑懼を, 病的に, 発作を, 皮肉を, 目的地に, 相当の, 眞理や, 真直な, 瞬間駭然として, 矩を, 研究なり, 確實で, 社会正義的な, 社會の, 神秘家の, 私立大, 科学的優越性が, 秘薬を, 程度はね, 程度内で, 程度成功するだらう, 程度絶対必要である, 程度追随し, 種族の, 空虚が, 立場を, 箇人例えば, 範疇は, 粘土から, 約束をも, 素晴らしいヒント, 経済上のより, 統一段階に, 綺麗に, 縁談に, 美しい夕べ, 美男青年が, 老先生, 考え方に, 者によ, 聖い, 職業教育を, 脚本を, 自暴自棄な, 至近距離から, 芝居的な, 芸術は, 若いお, 若い文人, 苦痛を, 草と, 落ち着きを, 著しい特色, 薄暮, 藩士で, 融和事業団体において, 街角には, 裏町で, 西班牙兵の, 見識に, 親は, 観点から, 訂正としては, 記念日に, 評論雑誌に, 詩篇で, 読売雑誌には, 論理的なる, 谿間に, 貴人の, 賤しい, 超越的な, 路傍の, 軍士が, 輝きに, 近頃の, 通俗な持ち, 遊女の, 過渡期に, 適度で止める, 部分や, 部落に, 郷愁を, 醫者は, 重役上りの, 量的関係を, 鉱山で, 長所が, 閑静な, 闘ひ, 限界条件, 隔りが, 雑誌にを, 難問に, 電車製作工場に, 露地そこに, 青年名探偵が, 面での, 面白い結論, 音樂家の, 頑丈な, 風物を, 飽足り, 驚異すべき, 高台に, 鬼魅の, 鮮新な, 黒奴を

▼ 或~ (827, 3.7%)

23 はまた 1712 はその 11 はこれ, はそれ 8 はこの, はむしろ 7 は又 6 は曰, は私 5 は此 4 はもつ, は人間, は僕, は單, は彼, は彼女, は曰く 3 はそれ以上, は他, は客觀性, は後, は直, は自分, は認識

2 [50件] はさ, はさう, はそれら, はた, はカムパネルラ, は一つ, は一人, は三角形, は之, は云, は今, は何, は前, は反, は否定, は哲學, は地, は壁, は存在, は寧ろ, は導者, は少し, は屈服, は川, は影, は役者, は恥, は惡, は感謝, は我々, は新, は明日, は時間的關係, は更に, は気, は然, は物, は理論, は發見的, は真実, は習慣, は自, は自ら, は若き, は諸君, は逆, は過去, は遠く, は非常, は8

1 [564件 抜粋] はいちど懷疑的, はいつ, はいろいろ, はおそく, はかう, はかけがへの, はかへ, はくつろぐ, はこ, はこそこそ, はこの聖なる, はさうでない, はしらせ, はそう, はそこ, はその他, はその後者, はそれ以前, はそれ等, はそんな, はつよく, はと, はといふ一縷, はとも, はない, はなかば, ははやし, はひきはらる, はひよつこり, はふところ, はまはりを, はまるで, はもう, はもうこ, はもし, はわが, はわづか, はアッティラ, はアメリカあたり, はアーニオロ, はイダーリア, はウェルギリウス, はウマ, はエフィアルテ, はエロ派, はオルランド, はカッシーノ, はカルキノン, はキリスト, はクリティク, はグイード, はシエーナ, はシャク, はスキュロス, はスティージェ, はスピノザ, はダンテこれ, はチニアールガ, はティフォ, はディアレクティク, はドミトリイ・カラマーゾフ, はニーノ, はハインリヒ七世, はハチス葉, はパルナッソス, はフランス人, はフラーチ, はプチブル間, はプロ, はペテン師, はポウ, はマホメット, はマルクス, はマントヴァ, はモラル, はロゴス, はヴァンニ罪, は一定, は一家, は一度, は一時しのぎ, は一生, は一瞬, は七五年, は上, は上帝, は下, は下界, は不, は不同, は不審, は不幸, は不正, は不穏, は世間, は両方, は主, は主知主義, は九州, は事實, は二三人, は二十, は交戰, は人, は人々, は人中, は人格, は仇名, は今にも, は今後, は今日, は他人, は他日, は伊曾, は会社, は伝達器, は低き, は低く, は何かしら俗世, は何物, は作者, は來らん, は俗事政柄, は倫理, は健実, は偶, は偶然, は傷つく, は働く, は僻地, は儚い, は先驗的還元, は入れる, は入口, は全然, は公然, は六条, は兵, は其處, は内意, は再び, は冗漫, は凧, は出, は分らず, は別に, は利己的, は力, は助け, は勉強, は勝る, は勝利, は勞働, は北, は北奥, は區別, は十五年, は十列車, は十年, は十数年以前, は十数年布教, は十日, は十有三尺, は十有八尺, は半分, は南, は単なる, は単に, は及第, は反抗, は口, は口伝, は古く, は召喚, は右, は合し, は同じ, は同じく, は名士, は呟き, は周圍, は唯物論的, は善, は善き, は喝采, は喫茶店, は單純性, は嘆き, は嚴密, は四方, は四辺形, は四邊形, は国家行政, は國民性, は土, は土御門, は地盤, は地頭, は埃及, は城, は塞, は外国, は外国商館, は多く, は夜, は夜盗, は夢, は夢想家, は大いに, は天主教, は太鼓, は失はれた, は失恋, は奧, は女, は奴隷, は好奇心, は妥協, は妻女, は子, は学者, は安堵, は安東氏, は宝井其角, は実, は実体, は家宅, は家族, は容易, は富士驛, は寛いだ, は實際ぐらゐなものだ, は尊く, は對者, は小林自身, は少く, は尤も, は山, は山羊, は嵯峨, は嶮しき, は常, は平原, は年齢, は幾度, は幾許, は床の間, は引きちぎれ, は弱く, は強く, は当時最初, は形式, は形態, は形態化, は御殿, は徴兵検査, は心, は心理的, は心象, は忘れ, は思想, は思想的, は恋する, は恐怖, は悪徳, は悲壮, は想像, は想像表象, は意欲等, は意識そのもの以外, は感じたがらう, は感傷, は愧あらはる, は懲罰, は戀愛, は我等, は或, は戸外, は折傷, は拘引, は拙し, は探し, は擽り, は支脈, は教育事業, は教訓的, は数学, は敵, は斯, は新しい, は新しき, は新た, は旅嚢, は昆虫学, は昇り, は易々, は星辰, は昨日, は昵懇, は時勢, は普遍妥當的, は曲, は書く, は最後, は月並, は月曜, は有, は有効, は朝野新聞, は材, は極めて, は構成的心理學, は樂, は横坐り, は樹枝, は機構刷新, は機能概念, は欧米依存, は歌心, は正, は正解, は此方側, は此處, は武士, は武藏, は歴史的, は死, は殆, は毎, は毎週, は毒々しい, は気付い, は気付かざる, は汝, は汝我, は池, は決然, は沈香, は河内平野, は河波, は洗練, は流罪, は海辺, は涸, は源氏, は溢れ, は演出, は潜在記臆, は火氣或, は烏木, は無い, は無料, は無産者, は熊野, は爭, は牛, は特に, は特定, は獅子, は獲物, は珊瑚屑, は現, は環境, は生, は生物, は生理學, は生産力, は田舎, は男, は画壇, は畑, は當時ヴェロナ, は疾く, は病死, は病理学研究, は発狂, は白い, は白く, は白味噌雜煮, は目あきらか, は眞, は真, は瞼, は碧藍, は確か, は神, は神そのもの, は神祕的, は福, は私一人位, は私達, は秋田, は科学的観察, は秘密, は稀, は窓外, は答辯, は範疇, は篤疾, は精神性, は素晴らしく美しく, は素知らぬ, は経済, は絞, は絶對者, は綴り, は繞, は罰金若干, は義侠, は考, は聖徒, は聲, は肉體, は肺炎, は背広, は臨時, は自ら生命, は自尊心, は自然形而上學, は舌, は舞, は舞踏者, は色, は色情上, は色慾, は芸術, は若い, は苦惱, は藁葺, は藤原基衡, は藤蔓, は虜, は蟹, は街路, は裏山, は見られる, は親子, は觀念論的, は言, は言つて, は言葉, は詞章, は認識論的意味, は読書, は請負師, は論理的, は諸氏, は變化, は豫行演習, は貯, は赤, は赤い, は超然, は越中, は趣向, は足らざる, は軍事, は輕, は近く津波, は追, は退く, は途, は進歩的, は運命, は過ぎ, は遠足, は適した, は遲, は醜, は里程, は重要, は鋭い, は鐘, は長崎あたり, は長方形, は閉され, は閉ぢ, は開き, は間違つて, は降り, は陰, は隱然, は雇, は非現, は面白げ, は領地, は頭, は頸, は風流韻事, は饗宴, は首飾り, は馴れざる, は骨肉相剋, は高く, は鬼, は鬼柳村, は魔王, は鷹, は黒黨, は齒

▼ 或~ (594, 2.7%)

10 は又, は小 8 は, はまた 7 の彼 6 に於, の如き, は自分 5 は右, は私 4 はお, はその, は彼 3 は同じ, は机

2 [40件] お雪, かう云, その女, には, に當つて, のクリスト, の或, の晩, はあまりに, はおの, はもう, は不, は今戸橋, は他, は俺, は前, は名, は回向院, は地, は奇術師, は寧ろ, は小松君, は山, は岸, は後, は微醺, は故郷, は断然, は日下部君, は極めて, は死なん, は涙, は生活, は粘土, は経, は身, は運命, は高, は高く, 徒然なる

1 [425件] ある事件, お信さん自身, お兄い様, お兄様, お妹さん, お島, お竹, お鳥, かの女, からフランソア, がたつ, が來, が又, このシベリア, この冒険, この御, この手, この稲, この習慣, こんな事, そう云った, その児, その女中, その姫君, その片鱗, その近在, その馬鹿七, たうとう, たしかに夏, つらつら思う, ともし, なぞは牛乳配達, などは全く, などは実に, などは村瀬, などは白魚, などは私, などは自分, など水夫達, なんかは十四円, にねカンタイ, にはそれ, にはピアノ, には余りに, には便宜, には僧侶, には兎角, には其の, には又, には吉原, には坑夫, には彼女, には微妙, には情慾, には斯, には東京, には波, には海, には私, には解っ, には誠實, には諄々, には豪雨, にメールアイランド, に之, に又, に古い古い, に大阪, に家老, に明, に至つて衰, に花, に葉, に行, に講演, に隠居, に黄巾, のこと, のこと師範, のマリア, の事, の人, の変化刺激, の夫, の彼女, の恋, の手紙, の業績, の気持, の淋し, の自然, の試驗, の逢遭, はいろいろ, はお前, はお山, はお歌, はかえって, はかかる, はここ, はこちら側, はこれ, はこんな, はじめじめ, はすい, はすっかり, はその或, はそれ, はそれと, はそれとなく, はたつた, はたま, はむしろ, はもはや, はやむを得ず, はやや, はよそ, はわし, はアスフアルト, はスポーツ, はデレリ茫然, はトオラス山, はフト, はラマンチア, は一分三十秒, は一巻, は一枚, は一種厭味, は一里, は七里, は三年, は三造, は不例, は不在, は不自然, は丸, は主人, は主人破産, は之, は九州, は九折, は事情, は二階, は京都, は人, は人家, は仮装舞踏会, は低く, は体, は何人, は何樣, は何物, は何處, は余りに, は便宜, は俄, は信, は僕, は優婉, は兎口, は全く, は八幡様, は其処, は其弩, は其為, は其爲, は其等, は其聚つて, は内, は円い, は凄, は剣, は劇場, は単に, は却つて一種, は右側, は同性, は向う側, は哲學系統, は唐, は商人, は土方, は坑夫, は塩鮭, は壁際, は夕暮, は夕飯, は多忙, は夜通し帰り, は大木, は大食, は奇妙, は女, は女優, は姉, は宛ら, は宝珠, は家, は密生, は富士見, は寒い, は寒流, は寒酸, は専横, は小さい, は小歌, は左, は左側, は幼時, は底, は彼家, は心細, は必然, は思い, は思いきり, は思出, は恐怖, は悪, は意識, は愛, は我手, は手強く, は手荒く, は指, は捲かず, は捲き, は撲, は支那, は散文, は数寄屋, は料理屋, は断崖, は日, は日の出づる立山, は日暮れ, は日比谷街頭, は春, は春光洋々, は暮方, は暴力団, は書物, は最も, は有頂天, は朝, は村内, は村童, は来客中, は東南, は松並木の間, は枕橋, は梁木, は欲求, は此, は殆, は江州, は沈衰, は流される, は流れ, は海岸, は淋しい, は淨め, は深山, は深謀遠慮, は湯殿, は満天煙, は漢字, は灰色, は為造, は無, は無意識, は無聊, は無駄話, は熱, は父, は牛, は物, は特等席, は独逸, は理由, は瑠璃盤上, は田舎, は町一面, は畑, は疲れたる, は病, は病める如く, は痩せた, は發揚, は白, は白く, は白井様, は白井樣, は百首, は皮肉, は眠げ, は着物, は睡り, は短, は石垣, は確, は磯路, は神通川, は空家, は窓, は籾, は粋, は精神病院, は素敵, は緑, は線香, は美しい, は羯磨, は臨終, は自分自身, は自殺, は船, は色入, は花, は苦笑, は蓮華, は蜘蛛, は蝶, は蟇, は街, は表面, は裏畑, は見る, は覺め, は角闘, は詩, は誠実一方, は谷, は豪放, は財産, は貴, は赤他, は路地, は輕, は逍遥, は通, は部屋, は里, は野良仕事, は野邊送, は金衣玉食, は釣瓶打, は釣瓶打ち, は鉄, は銀, は長く, は閲歴, は陋巷月, は障子細目, は雪, は雲, は霊威, は露骨, は青玉, は非常, は風呂, は飢ゑて, は駱駝, は驚異, は高めら, は高楼酒, は黄塵煙, は黙っ, ふと發見, ふと高知新聞中土佐特産寒蘭, もまた, もやつ, やはり彼, わかるな, わが目, を劃し, 云う, 何だか厭, 借りた数, 停めた馬車, 其の校長, 参って, 又来, 及び腦, 可笑い事, 叱られて, 吐き出すよう, 大きい蝦蟇, 大きな声, 大きな西瓜, 大奮発, 委しく知る, 子鶉, 実に或, 尋ねると, 御綱柏, 思さる, 思ひ切つて, 懶眠, 或る, 或人, 或人々, 或席, 或旅人, 或村, 或機会, 或機會, 或男, 或處, 気に入らねば, 決して見る, 泣きしに, 測らず一種, 漸と, 看読仏祖三経等, 真に迫つた顔, 積む雪, 若き士達, 語って, 語られたの, 軽し罌粟, 近き家の子等, 遠い教場, 長い間往来, 零した赤インキ, 頼んで

▼ 或~ (359, 1.6%)

44 のこと 36 の事 18 の午後 13 の夕方 6 の朝 4 或時 3 いつもの, お千代, でした, の夕暮, の大石内藏助, の昼頃, の晩方

2 [15件] お父様, さる方, その人, だつた, どうした, に雨, の午, の午前, の夕, の如き, も彼, 丁度自分, 不図, 又遊び, 思ひあまつて

1 [187件] いかにも心もとない, お伺い, お妙, お客来, お庭, お政, お桐, お樂, お民氣, お父さま, お稽古, お霜婆さん, から二百八十日, がはう, が來, こういう場合, こう云う, このこと, この三人, この古い, この川, この救済会, こんな馬鹿気, さとした, そのおや, そのかすか, そのほろ馬車, その一人, その会, その女, その家, その書, その武士, その漫歩, その町, その若い, その製する, その酒井, その雑記帳, その風見さん, それとなくお, そんな事, だった, ついつい追い詰められ, であつ, でありましたが, とある山道, とうとう最後, とどいた荷物, とりつけの, とりわけて, などはあの, などは主人, などは昔, にはその, には日本飯, に其の, に外国方, に戻された, に於, のことフランス, のこと一所懸命, のこと孫店, のこと閣上, のこと馬, のことYMDC君, のゆ, のよう, の事主人公, の事京内, の事其老爺, の事子規氏, の事寂照, の事将軍家, の事英軍, の会合, の午後二時半頃, の午後來訪, の午後僕, の午後小石川, の午後霽波, の午過ぎ, の四時過ぎ, の夕ぐれ, の夕方大留, の夕方富岡, の夕方彼, の夕方近所, の夕暮時, の夜, の夜彼, の夜明け時, の太陽, の寂し, の日記, の春, の昼間, の晝すぎ, の晝餉, の晩, の暮, の暮れがた, の暮方, の朝私, の朝重吉, の未, の正午すぎ, の正午前, の正午頃, の留守, の自分, はさ, はつと, はまた, は又, は映る, は暁, は清朗, は砂金, は薄暮, は野火, は霜花, ひょっこりマルクープ老人, ふと何, ふと宗兵衛, ふと思出, ふと氣, ふと猶太廓, ふと納屋, ふと良から, ふらりと, ぶらつと, ぶらりと神戸, ぶらりと遊び, また一人, また一団, また五百, また四老, まるで変った, めずらしく晴れた, もう夕方近く, わがこころ, わが居間, ノ事数人, 其の緊張, 再び小石川, 再會, 到頭三度目, 同県出, 同縣出, 大きな流れ木, 大きな風呂敷包, 太十, 好晴, 帰って, 御代官, 思い掛けなく同氏, 思ひがけ, 思ひ出, 思ひ決したやう, 愈々書庫, 或人, 或処, 或屋敷, 或時行, 或物, 採薬, 来た青年, 正寧, 白い眼, 目ざめる彼, 突如と, 突然お, 突然住民諸共海底, 突然保, 突然向, 突然恩地氏, 突然手紙, 突然殿, 老いたる紀昌, 若い, 若夫婦二人揃, 見たらすっかり, 言われた通り, 試みた千葉街道, 逃げる女, 遠い林

▼ 或~ (325, 1.5%)

7 は彼 4 は之 3 に從, は何故, は又

2 [25件] が, がその, が如何なる, にあ, は, はこれ, はそれ, はドン, は人間同志, は天才, は布団, は常に, は強盗, は彼女, は成金, は手, は曰く, は更に, は正, は永遠, は筑波山, は米国, は自然, は走り, は鳴き

1 [255件] から固く, があゝ, がお前, が働いてる, が君, が唯一, が嘗て, が外, が夫, が建議, が恐らくは, が或, が此様, が満腔, が潜ん, が火, が立ちはだかっ, が翻って, が言, が買う, が里, が雜談, が麦秀, とは必ず, と合一, と物語っ, などは一方, に, にはその, には一タラント, には二タラント, には五タラント, には冒涜, には狂人, には神, には鬼, に変じ, に於, に欺かれた, に自ら同情, の仕業, の価値, の影, の派出, の火, はお, はこの, はさき, はだらし, はまじめ, はまた, はまだ, はまるで, はもう, はもはや, はやつ, はアスファルト, はアホダラ経, はオリンプス, はオルゴール, はクリスト, はゲーテ, はステンダール, はドリアン, はパイプオルガン, はポッ, は一揆方, は一時, は万年筆, は上り, は上衣, は世, は世界史上, は中央, は事情, は五度, は亡, は人形, は人間らし, は今, は代言人, は以, は低い, は何かしら, は何事, は何時, は個人, は偉大, は僕, は兄夫婦, は充分, は全く, は六尺, は其の, は其生死, は再び, は出獄帰宅以来, は到底, は剃刀, は勝ち, は半纏, は君, は呼吸, は嘘, は四度雷鳴, は土, は地獄, は堂々, は堅, は妙, は威張り返り, は子, は實用, は專ら以, は屈託, は山奥, は山蔦, は岩, は岩壁, は差當つて, は希臘神話, は帝王, は帽子, は幸福, は床, は当時, は往き, は想像, は感傷的, は懐手, は懐疑, は戀, は我等, は扉, は打たれ, は批評主義派, は放心, は放火, は政宗, は斧, は旋律, は既に, は日本, は昼寝, は朝廷, は村会議員, は棒, は楽しく, は槌, は槍, は権利上, は此閲歴, は歯医者, は殘, は殺害者, は河底, は河童, は浪花節語り, は消しゴム, は温泉, は満足, は潜, は火, は煙草, は熊手, は特に, は狂氣, は独り片隅, は猟銃, は珍し, は生れ故郷, は疑, は疲れ, は疵, は登山鉄道, は直径三尺, は眠った, は石炭桝, は砂利, は破壊, は神丹, は私, は積極的, は空間, は窃盗, は窓, は竹槍, は精神錯亂, は紅, は結婚, は網, は練金術, は縦横, は繕ツ, は罎詰, は耳, は肉, は自ら女性, は自分, は自己, は良心, は苦艱, は英語, は藩主, は被害者, は裾, は角帽, は解決, は詐偽, は足速, は跳躍, は車, は通り過ぎる, は進化變遷, は醉, は重い, は野原, は鉞, は鉱脈, は長々, は陰陽, は障子, は青縞, は非常, は非番巡査, は頬被り, は食, は食器, は養子, は養蚕, は駆け, は高波, は黒い, も交つてかるた, より生ずる, をつき破る, を思惟, を愛し, を感ずる, を批評, を持っ, を有し, を産み出す, を神, を索むら, を自ら空想, を自ら閲歴, を見出す, を認識, ノ如ク一切, 否其の, 少しく昇る, 痛く咎むべ, 近く寄り, 高く或

▼ 或~ (322, 1.4%)

5 はこれ 4 の世話, の説 3 が来, のよう, の或, は, は之

2 [21件] から気味合, が, が法然, が私, に案内, のはなし, のよめる, の名, の夢, の庭, の所, の紹介, の言, はかく, はこの, は或, は曰, は某地, は此, は死骸, は言

1 [252件] いふ蕪村, から一瓶, から下谷, から伝言, から突然, から聞い, から聞いた, から貰つて, があつ, がいただいた, がいっ, がいふ, がこれ, がさぞ, がそう, がなし得る, がね, がはや, がまた, が一合, が三人づれで料理, が不, が不思議, が久しく, が云, が云った, が仙臺特産枝垂櫻, が佛京巴里, が來, が例, が其, が其男, が到達, が剃刀, が君十円, が外国, が夢みた, が好戦論者, が寝, が寺, が往生, が怎, が或, が扇子, が折角, が斯, が新, が書い, が本願, が根岸, が此, が此空, が死ん, が海北友松, が眞理, が真白, が竜飛鰐立, が第, が義母, が茶屋女, が西, が言つた, が評, が金坑, が金銭, が食, が高輪車町, とは互に, とは喧嘩, とは最も, とは知らぬ, に, にあ, においては一生涯, にかく, にとってあまり, にとっていい, にとってはいくら, にとってはそれ, にとっては啓示, にとっては如何なる, にとっては無条件, にとって仲, にとって大きな, にとって無条件, にはあるいは, には散る, によって或, によって馬鹿, に云った, に余り能, に勸め, に対して始め斯, に対して或, に對, に幸, に従, に或, に書い, に照會, に相談, に私, に答, に聞, に誤, に買取られ, に身, に連れられ, に金銀, に限り, の, のこと, の云, の先入主的常識, の力, の句, の周旋, の和歌, の媒介, の強い, の意識, の戯, の扇, の持つ, の書物, の曾, の注意, の無我夢中, の物凄い, の画, の芳野紀行, の薗八節, の話, の調べ, の談話, の論ずる如く, の議論, の運命, の頼み, はおっちょこちょい, はかう, はこ, はそう, はなお, はなし得ない, はまだ, はわたし, はイブセン, はエリヤ, はジャコモ, はドン, は一つ, は一年後, は一目, は一種, は七, は三月二十五日, は中腹, は丸善, は云う, は五十フラン, は五百, は保険, は先生, は共通信条, は其の, は冷, は到達, は動物, は十年, は又, は反駁, は周囲, は哲学, は唯, は営業開始, は嘘つき, は四月八日, は大, は大学帽, は天童, は失恋, は嬉笑, は字余り, は室中, は庄司署長, は弁護士試験, は彼女, は愚癡愛執, は手際, は損害, は斯, は日本人, は明らか, は普通, は東京神田須田町, は極楽, は此書, は気, は気の毒, は永久, は法然, は焼けた, は熱心, は獺, は理智, は生活様式, は疑った, は登山者, は盡, は瞋恚爭鬪, は知つて, は神輿, は私, は答えた, は終生, は経済条件, は経済的必迫, は線, は考察, は耳目, は胃弱, は能楽, は腎虚, は自分, は若い, は身命, は進歩, は酒乱者, は金, は難, は電車, は預言者, は頼朝, は食味, は黙っ, より, よりの通知, よりメリヤス下着, より二十兩出, より安心起行, より聞, をその, をば俺, を人間らしく, を仲, を愛する, を訪ねる, 仰せられしは, 信ずらく, 弁じて, 怪ん

▼ 或~ (166, 0.7%)

4 を持っ 3 が潜ん 2 があった, が存在, として即ち, に向, に對, は, を加, を求める, を独り勝手, を認めた

1 [139件] があつ, がある, がそこ, がない, がなけれ, がまた, がまた必ず, がジィド, が何物, が倶, が半ば蛇, が可, が喉, が増加, が如何, が彼, が感じられた, が早く, が来る, が根調, が欠け, が漂, が激發, が父, が破, が結ぶ, が能, が自然, が草鞋, が見透された, が載つ, が込み上げ, が閃, さえあった, それから又アルプス, だったの, だ私, であった, であるか, でなければ, とが組み合つて, として存, なり, におそはれた, にぶつかる, に伴, に対して公平, に就い, に後髪, に目, に突然, に触れた, に蹉, に身, の上, の名前, の含まれ, の命, の底, の必要, の方, の為め, はけだし, はその, はたしかに, は一匹, は一地方的, は僕, は凝結, は出さない, は女子特有, は寒天, は徒労問題, は文化生活, は決して, は溶けない, は燒, は疑, は皺だらけ, は窓, は閑問題, は黒く, へ集中, も加, をその, をとどめず, をもつ, を予期, を俄, を包む, を口, を叩き込む, を同様, を含ん, を多量, を失つて, を少し, を幸福, を引つ攫ん, を形成, を得る, を得ん, を心, を感じた, を感ずる, を或, を拈定, を持ち初める, を挽囘, を捉, を探す, を掴め, を攫, を暗示, を有せり, を有限, を望ん, を根柢, を殘, を漸, を現, を疑っ, を直接, を知られまい, を示されない, を窓, を胸, を衝動, を見出した, を認めざる, を説明, を読んだ, を通じ, を通じてある, を通じて一種, を隱蔽, を頭, 古い町角, 足らなさ

▼ 或程度~ (129, 0.6%)

2 の健康, の率, まで, までの性格, まで行く

1 [119件] かきましたが, にすりへらされ, に之, に停め, に押, に於, に進むだ, に達し, のスピード, の世間的野心, の共同責任, の処, の収攬, の収果, の合理的基礎, の巧拙, の幸福, の成功, の成熟期, の成金気分, の手腕, の掣肘, の正確, の漢文, の美, の自由, の苦味, の見識, の見透し, の親しみ, の資産, の軍備保存, の間隔, は思切つて大量, は見, までこれ, までさつ, までしみじみ, までその, までそのもの, までそれぞれ, までで, まででその, までの女性, までの科学的知識, までの経済的独立, までの金, まではそう, まではそれ, まではチャン, まではリード, までは予想, までは人相, までは今, までは保護, までは出まかせ, までは応用, までは有, までは注意, までは満足, までは自己, までウェル・ブレッド, まで人, まで人為, まで他動的, まで低級, まで信じ, まで共鳴, まで分った, まで受けね, まで受容, まで同情, まで大人, まで威張らせ, まで學術, まで寛, まで察し, まで幸, まで彼, まで彼等自身, まで従っ, まで必要, まで成功, まで成長, まで支配, まで改善, まで放任, まで早春水辺, まで明, まで是認, まで氣分, まで減退, まで特定, まで相手, まで眼, まで知っ, まで私, まで索, まで統一, まで緩和, まで自己, まで自然, まで芸術, まで落, まで虚榮心, まで許, まで認める, まで譲歩, まで贅物, まで進んだ, まで重なる, より以上, 正しく本質, 迄には折れ, 迄は押徹, 迄は目的, 迄人, 迄無限, 迄現

▼ 或もの~ (127, 0.6%)

7 は彼 64 は又

2 [11件] はその, は一時, は僕, は北の方, は南, は官能主義, は家族, は怠惰, は水上君, は臆病, も彼等自身意識

1 [88件] からわざわざ, がある, が実在, が常に, が育つ, が自分, が語られ, と衝突, には退歩, には進歩, に不平, に対して執拗, の, の持続性, の色, はお, はこの, はこれ, はスタティーチェスキー, は丁度, は不幸, は之, は乱れ, は何, は勝ち誇るであらう, は単純, は友人, は呑気さうに連れ, は外, は天照太神, は希臘哲学, は幼虫, は彼女, は彼女自身, は急, は性格, は恋々, は意識閾下, は所謂接尾語, は手, は断末魔, は既に, は明治天皇, は森, は水, は滑稽, は燃え, は玉川, は畳, は禹, は粛々, は系譜, は素晴らしい, は結婚費, は胎, は脛あら, は草木, は蒼い, は蜜, は袖紫, は裳黄, は西, は誘惑, は近き, は連理, は隠, は雲, は鮮明, は黒檀, を, をよみ, をより, を云, を他, を他日, を其, を周, を微塵, を感じさせる, を捕え, を期待, を殷, を理解, を知ら, を禹, を要求, を認めたらう, を認める

▼ 或~ (100, 0.4%)

7 の人々 6 の人 5 のもの 4 の作家 2 の外國輸入品, の安心, の思想, の男, の経歴, の經驗, の花, の著作権侵害

1 [62件] に通じ, の, のちよ, のひと, のマゾヒスト, の不幸, の不良, の中年者, の事情, の亜流, の人達, の体液, の信念, の信用, の傾向, の力, の動物, の古書, の哀, の国民説話, の土人間, の天才, の如し, の宗教家, の思想家, の感じ, の感動, の所謂芸術家, の数, の文学少女, の文学者, の施政者, の枕, の植物, の武者, の気風, の永遠性, の洞窟, の活動, の煩惱, の犯罪, の状態, の画, の神がかり, の神人, の結婚, の繪, の考, の者, の自由, の芸人, の若い, の表情, の裏書き, の要心, の記念碑, の調和的, の講述, の距離, の選良, の雰囲気, の魔法

▼ 或意味~ (81, 0.4%)

20 に於 2 からいふ, では移入者, に於い, より言

1 [53件] からいう, からし, からする, から云う, から母, であの, でおくれ, でそこ, でのマンネリズム, での不親切, での役に立つ, では, ではいい, ではこの, ではこれ, ではよろこび, ではニイチエ, ではパニック的, では傑作中, では反対, では合理的, では国, では堕落, では幸福, では庇, では御馳走, では恐縮, では敗北, では旧い, では普通, では未, では消失, では金, でふっ切った, でより, で世界, で今, で今日, で前期, で哲人, で存外, で心, で日本古代, で父, で神経, で自分, で遊離, とは何かと, と或, の存, の恐怖, を表, を附着

▼ 或~ (58, 0.3%)

3 あるかも

1 [55件] かぶると, しうさい, すこし高い, それに, ないとも, ひきずって, もつべき芝居, われと戰, 之に, 亡びるかも, 倒れ樹皮, 其以上の, 切られること, 切ること, 初めから, 劣れりとも, 受けられなかったかも, 呼吸する, 在来の, 大国主, 妬んだ大勢, 尊い飯櫃, 当って, 恐れるに, 悲しい諦め, 既にし, 明るいと, 有らん, 有るが, 根絶させる, 殊更に, 段々遠かる, 渡すと, 溺れる者, 滅びるであらう, 滅びるの, 濁りいや, 無い方, 無く或は, 現われて, 砕けるかも, 秘かに, 笑われるかも, 細かい所, 自らかく, 行かないかも, 見えざる現代, 説いたので, 起らんか, 間違って, 離れて, 面白いかも, 飛びつきたい程, 飲まなかつた, 高いかも

▼ 或~ (57, 0.3%)

9 のこと 7 の事 5 の夢 3 である 2 の出来事

1 [31件] こんな事, こんな夢, そのヤンキー達, その小屋, その山, その男, たしか酉の町, だいぶ更け, であった, などは城外, などは門, など雨, に, の中, の感想, の明け方, の湯上り, の物語り, はその, は夢みる, は灯火の, は黒き, まだ暮れ, も然, やんで, を呼び起した, 何気なく雨, 帰られませんので, 見に, 遅く三十五歳, 黄色い帶

▼ 或~ (53, 0.2%)

10 に於 6 より観察 3 では

1 [34件] からもある, から云う, から私たち外部, から興味, から見れ, での究明追求, で云え, で縦横自在, で自分, で興味, にふれ, は和文, は国文脈, は漢文, までの事実, までの距離, までは事実, までは彼, までは確め, までは随分, まで一致, まで偽善的, まで具, まで実行, まで時間空間, まで組織, まで総て, みとめて, やはり感じ, より見る, より観れ, をついた, を考えさせる, 迄推し進め

▼ 或場合~ (51, 0.2%)

9 に於 2 には彼女, には罪悪

1 [38件] において健三, にはこの, にはさう, にはそれ, にはやむを得ない, には両面, には仁義道徳, には会話, には全く, には其, には其事, には子供, には引, には患者, には火事, には物質, には狂的, には甚だ, には真, には足, には身, には面倒くさい, に甲, に遭遇, に限り, の災難, の結婚, の自然, はその, は何樣, は却って, は火山毛, を捉えた, を話し, 受けなければ, 書かれるわが, 最も科学的, 決して作者

▼ 或~ (45, 0.2%)

6 の秋 5 の夏 4 の冬 3 の正月 2 の大晦日, の春

1 [23件] が必要, どっさり社会的, には外人, の丁度, の三月頃, の事, の八月十五夜, の初夏, の四月, の夏先考, の夏小包郵便, の大雨, の大雪, の大風, の正月二日, の秋祭, の除夜翌朝父, の霜月下旬, まではその, まで生活, をとつ, 御降誕, 或月

▼ 或~ (44, 0.2%)

3 の二階 2 ではクワス, では一家, の塀, の玄関, へ嫁

1 [31件] でかん, でのみさせた, ではかう, で湖水, に一人, に夜, に押し込められ, に這入った, に這入つた, のひな型, のサロン, の一間, の中, の中庭, の亭主, の伝, の前, の名, の女, の屋根裏, の崩れた, の手斧普請, の瓦斯燈, の簾, の軒下, の隱居さん, の青年, へやつ, へ戻つた, へ泊め, へ行つて

▼ 或~ (38, 0.2%)

3 を思ひ出した 2 には適當, に就い, をする, を思ひ

1 [27件] かひらめいた, が気, が見出される, で争, とは何ぞ, に一心, に勉勵, に從, に從來, に思い至りました, に気がついた, に気付いた, のため, の為め上京, の隔て, をし始め, を企ん, を思ひ浮べ, を想起, を憶, を成さ, を成さん, を爲, を考え, を言いはじめ, を誘因, を謀

▼ 或~ (37, 0.2%)

2 ではパン, は力, を披

1 [31件] から養女, ではせつせ, では丸葉岳蕗, では声, では夕菅, では大きな, では女子, では女工, では日光黄菅, では松虫草, では水, では神, では自分, で杉浦先生, で萱, で落ち合っ, で落合つた時, で開く, で頼まれ, に一人, に太郎, のお話, の田甫, は雨, へはまた, へは谷合, へ来る, まで会話, まで入り込みます, まで続く, まで連れ

▼ 或時期~ (36, 0.2%)

2 に於, に於い, の詩篇, の間

1 [28件] からフランス人, だけの, だけ労働, だけ夫, では健康さ, などとは違つて, における文芸批評, にこういう, には再び, に人界, に往往, に来る, に至つて魂, に達した, に魂, の作, の生活, の考慮, の詩人, の足溜り, は仏教, までが足場, までの全, までは吾等, まで此島, を境界, を經過, を限り

▼ 或~ (35, 0.2%)

2 の事, の先生, の神, の話, は一人

1 [25件] が或, が結婚, が鐵道往生, とその, との関係, と結婚, に出来た, に産, のおも, のこと, のひと, の人相, の処, の日記, は一夫, は多数, は愛情, は或, は既に, は無情, をうつ, をおっかけた, を伴, を愛し, を見

▼ 或~ (35, 0.2%)

7 の事 6 のこと 2 の如き

1 [20件] あまりに花やか, いつもの, かう叫んで, こつそり風呂敷包, このトラ, この男, こんなこと, そのジョオンズ, その二人連, でした, どうして記憶, などはうとうと, などは彼, などは私, のこと例, ふと女, ふと眼, 最早家, 欺いて, 遅く彼

▼ 或日私~ (33, 0.1%)

1 [33件] がそれ, が乘馬, が大, が山, が秋草, の処, は, はそれでも, はまた, は三脚, は久しぶり, は何, は使, は例, は切通し, は北京土産, は四条, は堪りかね, は好い, は岩倉公, は心易, は思ひ立つ, は案内, は櫟林, は母, は沈丁花, は突然, は買物, は附近, は験し, も, を廊下, を諷し

▼ 或部分~ (30, 0.1%)

4 に於

1 [26件] が凍っ, だけ特殊, では新, などは雪消水, についてゐる, には霊媒, に来る, に笊, の巫女, の臭い, は万事, は実に, は快事, は成, は書中, は異, は確か, は自分自身, は色彩, を人間, を削られた, を圧迫, を爲, を見せ, を除け, を隱

▼ 或時代~ (27, 0.1%)

2 に於

1 [25件] からの陋信, から故, から時代, が来る, と云う, においてこの, にはああ, には參, には多く神, には天師, に上方地方, に築かれ, に編纂, に血, に都合, の一, の人々, の夫婦, の尖端, の或, の習慣, の自分, の言語, の題目, をはっきり

▼ 或るい~ (25, 0.1%)

2 は彼女

1 [23件] とも大きな, はそんな, は三十, は事務的, は二匹, は出会い, は口, は夜明け前, は年上, は新, は本書, は来なかったらしい, は柿沼, は無, は私, は竜宮, は自分, は融け, は誰, は踏み越え, は障子, は風俗習慣, みじき歎

▼ 或日彼~ (25, 0.1%)

2 が何, はその

1 [21件] がいつも, が大陸, に云, の来, の細君, の耳, はいつも, はさ, はアンティフォン, はボルゲビィ・ガアル, は一人, は会社, は僕, は又, は或, は木, は漸く, は父, は疲れた, は誰, は過去

▼ 或~ (24, 0.1%)

2 の鼻

1 [22件] かの婦, から来た, が, が内縁, が外, が太郎坊, が或, が接近, が附け込ん, と一生, と夫婦同様, にこの, に結婚, に言い寄られ, の学者, の行為, の話, は妻, は年齢, を好い, を見, を見つけ

▼ 或~ (23, 0.1%)

2 早く非常, 早く飄然出立

1 [19件] いつもの, この巣箱, この監獄, しらしらあけ, だった, どうだ, などは怖, のこと, のこと妙, の事, ふと気, まだ暗い, まだ醉つて, 不図目, 少し後れ, 忽然と海岸, 或否, 早く家, 起きて

▼ 或~ (23, 0.1%)

2 に同じ, に生れた, の子供達

1 [17件] から離れ, では彼, では日, では炭, には盆, には蓑笠, には鬼, に入り, に限つて, の家, の宿屋, の小山, の百姓忠七, はづれに一人, へはひる, へ差しかかる, へ行

▼ 或る晴れた~ (21, 0.1%)

54 日の 3 日に 1 午後私たちは, 日その, 日地主宇沢家の, 日弟も, 日彼方の, 昼さがり, 朝だった, 朝私は, 秋の

▼ 或とき~ (20, 0.1%)

1 [20件] その議政官, でした, のひどい, の心持, はなだらか, はむかし, はもうすつかり, はわが身, は一室, は単に, は四層, は廃園, は悲劇的, は生じ, は空語, は窓, は蔭, は頭, もういよ, 触れる相当

▼ 或~ (18, 0.1%)

1 [18件] から頼まれ, では原始的, では桂帯, では紫帽子, で一所, で君, で寂心, にて夕飯, にて衝, にまで達せ, の小さい, は吹雪, は少しく, は晴れ, は曇り, は立て込ん, へなんで, へ招待

▼ 或~ (18, 0.1%)

4 の夜 3 の日 2 の夜明け 1 から秋, その地方, の休暇, の晩他所, の朝明方, の深夜, の近づいた, も暮れ, 新しいハンモツク

▼ 或期間~ (17, 0.1%)

2 を過す

1 [15件] そのプログラム, だけこれ, だけ処女生活, だけ蓋, つづけ得ると, のみ男, の神秘生活, は侵入軍, は全く, もの, をぢ, を地上, を経, を經過, 受けん

▼ 或阿呆~ (17, 0.1%)

17 の一生

▼ 或事情~ (16, 0.1%)

4 により 3 の為 2 の下 1 からメエトル夫人, から閉店, が存在, と境遇, に由つて, の為め, の爲め

▼ 或作品~ (16, 0.1%)

8 の芸術的価値 1 では例へば, に, に現れた, のよう, の価値, を仕上げる, を或, を読ん

▼ 或時私~ (16, 0.1%)

2 が何

1 [14件] に向, に語った, に談, の兄, の實驗室, の爪, はそれ, は二階, は座敷, は支那内地, は菓子, は見る, は隣り, は電車

▼ 或ところ~ (15, 0.1%)

1 [15件] での楽しい, で又, で醤油, には大きな, には風情, にセンイチ, に愚, に於, は二度三度, へ出た, へ目見え, へ集, まで来る, まで近づいたら, 迄丈夫

▼ 或会社~ (15, 0.1%)

2 に勤め

1 [13件] なり事務所, にいる, にゐる, に傭, に雇われ, に雇われる, のこれ, の事務, の事務員, の技師, の株式係, へ一手, へ通

▼ 或地方~ (15, 0.1%)

2 に於

1 [13件] から照会, では一種, では甘草, では盆釜, では祝言, で小学校新築落成式, にてはトイチクル, にてはトイチセクル, に天然, の女学校, の裁判所, の講演会, の賞金つき

▼ 或新聞~ (15, 0.1%)

2 で香竄葡萄酒, に

1 [11件] などは直接, にあちら, には, に引き受けた, に連載, に長篇, の劇評記者, の如き, の批評家, の日曜附録, の記者

▼ 或~ (15, 0.1%)

2 です

1 [13件] では乞食, で金貨, に疎開, の停車場, の宿屋, の背後, の裏, の角, の農家, へ反物, へ行く, へ近づいた, を歩い

▼ 或種類~ (15, 0.1%)

4 の思想 2 の人 1 の偶像, の処女, の問題, の書画, の芸術, の草, の衣服, の装飾品, 又

▼ 或一つ~ (14, 0.1%)

2 の方向

1 [12件] のた, の事件, の作品, の形, の恰好, の新しい, の核, の確心, の考, の考え方, の話, の風景

▼ 或事件~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけに人生, で女, について法廷, に依っ, に対しては, に打, の必要, の為, の爲, の爲め, の発生, の進展, を單純, を空想的

▼ 或人々~ (14, 0.1%)

2 が福, は 1 から, から議會, にとつて, に何枚, のやう, の只一口, は人間, は千九百十四五年, は島村抱月氏, は彦山

▼ 或~ (14, 0.1%)

3 のこと 2 の夜, の日 1 の午頃, の夕ぐれ, の夜偶然, の夜半, の除目, も暮れ, も深

▼ 或雑誌~ (14, 0.1%)

2 に送る

1 [12件] から始まった, から寄稿, で, で私, にジヨン・ペイン, に出, に美術記者, の, の記者, へ出た, を読ん, を読んだ

▼ 或一人~ (13, 0.1%)

2 の女

1 [11件] がさうでねえ, が嘲笑, が聞きました, の主婦, の作家, の修行者, の口, の男, の美少女, は当夜, を指せる

▼ 或感じ~ (13, 0.1%)

1 [13件] があった, がある, だ, は慥, をのこし, をもっ, を与えた, を与える, を伴っ, を捉え得, を現し得, を生ずる, を生ぜさせる

▼ 或時彼~ (13, 0.1%)

2 に真, はドロシイ 1 が, がうつ, に云った, は, はまた, は代議士, は又, は湘南, れは

▼ 或条件~ (13, 0.1%)

10 の下 1 ではそういう, の違反, の違犯

▼ 或郊外~ (13, 0.1%)

4 にある, の二階 2 の停車場 1 に家, のガアド, へ新居

▼ 或はさ~ (11, 0.0%)

4 うした 2 うかも 1 うかとも, うで, うであるかも, ちは, もない

▼ 或場所~ (11, 0.0%)

1 [11件] では河原, でふと, で余り, にそれ, に限っ, の石, へつれ, をばその頃, をば其の, を占め, を除く

▼ 或~ (11, 0.0%)

2 には栄蔵 1 ずきの, には, には三方沙弥, には忍壁皇子, に出, に日本, の上, の歌, をよん

▼ 或一種~ (10, 0.0%)

1 の不, の声, の屈曲, の弱性, の愉快, の模型, の考, の預言者, の馳求, 面白い形

▼ 或事業~ (10, 0.0%)

2 に熱心, の失敗 1 で失敗, に携, の爲, の相談, を創始, を遂行

▼ 或停車場~ (10, 0.0%)

2 からその, からやはり, へその, へ横 1 で降りる, で電車

▼ 或~ (10, 0.0%)

3 曇りの 2 の夜 1 の事, の夕暮, の暗い, の朝, の氷

▼ 或友人~ (10, 0.0%)

2 が言つた言葉 1 から巴里人, が来, と一緒, の小さな, の深切, の紹介, は森先生, へ送

▼ 或調和~ (10, 0.0%)

4 を得 1 がある, が行, の保たれる, を保つ, を得る, を持っ

▼ 或る限られた~ (9, 0.0%)

1 一定の, 事物だけに, 地方から, 季節の, 数しか, 時刻の, 時間に, 範囲に, 能力以外に

▼ 或~ (9, 0.0%)

3 の人 2 の者 1 の事, の伝承, の職業, 人種に

▼ 或友だち~ (9, 0.0%)

2 を訪問 1 にこの, のこと, のアトリエ, は私, をい, をいじめ, を尋ねた

▼ 或婦人~ (9, 0.0%)

2 の生み 1 が米国, と行き, なぞは最初三つ, に云つてやつ, のところ, の獨身者, の肖像

▼ 或特別~ (9, 0.0%)

1 な女, な性格, な畫, な障子, に靜かな時, の卵, の地方, の精虫, の興味

▼ 或若い~ (9, 0.0%)

1 事業家だった, 事業家だつた, 女が, 御新造が, 海軍中尉と, 猟人が, 男の, 詩人から, 道路工夫などは

▼ 或~ (9, 0.0%)

4 に於 1 がいくらか, に對, に就い, は西郷隆盛, を認め出した

▼ 或こと~ (8, 0.0%)

1 が閃き, についての自分, に気がつい, に気がつき, に気がつきました, を, を云い得, を話し合う

▼ 或一部~ (8, 0.0%)

2 の人 1 が英国, の内, の批評家, の歐洲人, より變節者, を覗く

▼ 或一面~ (8, 0.0%)

3 に於 1 が妙, には日本人, の成立, より之, 又は或

▼ 或伝承~ (8, 0.0%)

2 に従え 1 によれ, は七世, は此二つ, は浦島説話, は茲, は蓬珠仙郷

▼ 或夕方~ (8, 0.0%)

1 から突然, である, のこと, ふとおれ, も私, 又一人, 又行く, 同じこの畫

▼ 或大きな~ (8, 0.0%)

1 お城の前, 仕事の, 室の, 局へ, 市へ, 悩みに, 森へ, 銀行へ

▼ 或~ (8, 0.0%)

1 い家が, 事件を, 學校の, 官吏だ, 官吏と, 新聞に, 金持の, 駅で

▼ 或批評家~ (8, 0.0%)

4 の代表 2 は佐佐木君 1 は, は私

▼ 或時法然~ (8, 0.0%)

1 が, がこの, が念仏, が月輪殿, の弟子, の撰択集, の真影, を請

▼ 或晩彼~ (8, 0.0%)

1 がその, の机, はふと, はまた, は其の, は斯ん, は矢張一時頃, は鹿児島生れ

▼ 或晩私~ (8, 0.0%)

1 が活字, の枕元, は, はヴィユ・コロンビエ座, は便所, は千枝子, は背戸, も其麼氣持

▼ 或目的~ (8, 0.0%)

2 の為め 1 に向っ, の成功謝礼, の爲め, をもつ, を持っ, を持った

▼ 或雑誌社~ (8, 0.0%)

4 へ電話 2 の二階 1 に若干枚, へ勤める

▼ 或お方~ (7, 0.0%)

1 が旅, のお, のお供, の差金, は無, は理, へ近寄っ

▼ 或る言葉~ (7, 0.0%)

1 のよう, は言葉, を思い出し, を思い出した, を発する, を發, を説明

▼ 或カツフエ~ (7, 0.0%)

2 の隅 1 にやはり, の卓子, へはひつ, へ僕, へ避難

▼ 或~ (7, 0.0%)

1 之ヲ倒シテ, 又痛, 懈ルコト勿レ, 諸隊, 貴ニヨク, 阿輸柯ト名ク, 降人トナリ

▼ 或作家~ (7, 0.0%)

2 を社會, を罵る 1 の姿勢, の技巧, の死んだ

▼ 或~ (7, 0.0%)

2 は君, は朝, は知識 1 の許

▼ 或学者~ (7, 0.0%)

1 が曰, のいわゆる, の書いた, の紹介, は大和魂, は曰く, は此

▼ 或小さな~ (7, 0.0%)

1 ホテルの, 微生物に, 町に, 町まで, 谷に, 谷間の, 路地の

▼ 或~ (7, 0.0%)

2 の軒 1 で一人, にはいる, の中, の店頭, の棚

▼ 或~ (7, 0.0%)

2 に於 1 の洗濯, までは幸福, までは慥, までは比較的, を過

▼ 或新聞社~ (7, 0.0%)

1 に入社, の人, の会計部, の懸賞募集小説, の會計方, へ行つて, へ雇われる

▼ 或日僕~ (7, 0.0%)

1 がその, が夜, が診療所, に今夜, に囲碁, は久し振り, は事務所

▼ 或~ (7, 0.0%)

3 の夜 2 の日暮 1 の午後, の日

▼ 或時間~ (7, 0.0%)

1 だけで張る, に久米正雄, に於, の休息中, までは附添つて差支, を乘, を以て除

▼ 或暗示~ (7, 0.0%)

4 を含ん 1 を与, を与えた, を與

▼ 或會社~ (7, 0.0%)

1 に出, の依頼, の社員, の職工, の臨時雇, へ勤め, を創立

▼ 或田舎~ (7, 0.0%)

2 に轢死 1 での出来事, に書生, に貧乏, の婆さん, の新聞

▼ 或精神病院~ (7, 0.0%)

2 の門, へ曲る, へ電話 1 の患者

▼ 或舊友~ (7, 0.0%)

5 へ送る 2 に送る

▼ 或親しみ~ (7, 0.0%)

3 を感じ 1 が現れ, を与へた, を感ずる, を抱い

▼ 或雜誌~ (7, 0.0%)

1 が特に, で土岐君, で發, で讀んだ, に佛法僧鳥, に依頼, に出た

▼ 或一事~ (6, 0.0%)

2 の蟠るあり 1 に生活, を爲さんこと, を目, を行う

▼ 或古本屋~ (6, 0.0%)

21 の店頭, の番頭, の表, を覗い

▼ 或小説~ (6, 0.0%)

2 や戯曲 1 の価値, の売れ行き, の筋, を読む

▼ 或方面~ (6, 0.0%)

1 では日本, で喧しく, とにおいて日本アルプス, に属する, に於, へ出かける

▼ 或~ (6, 0.0%)

2 の好い 1 の夜, の澄み, の美しい, 或日

▼ 或民族~ (6, 0.0%)

1 が住む, が舟, に徳性, の間, を理解, 乃至國民

▼ 或海岸~ (6, 0.0%)

1 にある, に仙蔵, に滞在, の村, の漁師町, の町

▼ 或特定~ (6, 0.0%)

1 の圏境, の外物, の村, の条件, の楽器, の音符

▼ 或特殊~ (6, 0.0%)

1 の事柄, の個人, の必要, の性情, の状態, の點

▼ 或秘密~ (6, 0.0%)

1 が伏蔵, が包蔵, なる十二種, の符徴, をば其胸, を抱い

▼ 或興味~ (6, 0.0%)

2 を感じた 1 はあった, を感じ, を感ずる, を覚えた

▼ 或階級~ (6, 0.0%)

1 の人間, の利益, の婦人, の巴里婦人, の獨裁, の自堕落

▼ 或~ (6, 0.0%)

2 のふる 1 あがりの, の夜, の降る, を持つた

▼ 或~ (6, 0.0%)

1 の日僕, の晴れ, の降った, 曇った夕方, 曇りに, 曇りの

▼ 或~ (6, 0.0%)

2 のない, の寒い 1 のある, 立った日

▼ 或ホテル~ (5, 0.0%)

2 へ歩い 1 の階段, の露台, へ着い

▼ 或一点~ (5, 0.0%)

1 では, で弱, をながめくらし, を堂々, を蜘蛛

▼ 或仕事~ (5, 0.0%)

1 に對, の上, をし, を初めて, を望み

▼ 或先輩~ (5, 0.0%)

2 の彫刻家 1 から承りました, が雑誌, の送別会

▼ 或~ (5, 0.0%)

2 を恐れず 1 が時, によつて, の湧き出

▼ 或効果~ (5, 0.0%)

1 が生ずる, を持っ, を生ずる, を画面, を齎し

▼ 或~ (5, 0.0%)

1 では氏神, の王さま, の王様, の風土記, 或は或

▼ 或~ (5, 0.0%)

2 或小 1 學の, 工場が, 漁業家が

▼ 或~ (5, 0.0%)

2 からさらでだに 1 から一番, ではコツプ, では十四五歳

▼ 或~ (5, 0.0%)

1 で見た, のみ常, の村, の荒廢, を指し

▼ 或形式~ (5, 0.0%)

1 に完成, に統一, のもの, の短詩, を以つて實際

▼ 或方向~ (5, 0.0%)

1 に向っ, に運動, に類似, へと街道, 正しいと

▼ 或日一人~ (5, 0.0%)

1 でうか, の客, の武士, の金持, の髯

▼ 或日何~ (5, 0.0%)

2 かの用 1 かでけんか, かの折, かの拍子

▼ 或日曜~ (5, 0.0%)

1 のこと, の午後, の夕暮, の日, の朝

▼ 或日曜日~ (5, 0.0%)

2 の事, の午後 1 に巖本さん

▼ 或時僕~ (5, 0.0%)

1 が房州, が脚本, の家, はこの, は始め

▼ 或晩秋~ (5, 0.0%)

2 の午後 1 の日, の日々, の朝

▼ 或短篇~ (5, 0.0%)

2 を続けよう 1 の中, を, を仕上げる

▼ 或神社~ (5, 0.0%)

1 に寝た, に寢, のお札, の奉納額, の流れ出た

▼ 或~ (5, 0.0%)

1 に落ち, に起りし, は廣, は狹, へ打つた

▼ 或青年~ (5, 0.0%)

1 だつた, との恋愛, の夢, の画家, を動かし

▼ 或~ (5, 0.0%)

1 がわかり, が大した, での接触, に私, を思い出し

▼ 或はか~ (4, 0.0%)

1 の使徒パウロ, の条件, の棄てられし, の耶蘇復活祭

▼ 或る言語~ (4, 0.0%)

3 を形づくる 1 においてどれ

▼ 或一派~ (4, 0.0%)

3 の詩人 1 の愛国主義者

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 ひ難き, 皆良民, 見者左夫思母, 見者悲霜

▼ 或人たち~ (4, 0.0%)

1 がその道, が各種, が経済的労働, は反対

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 で教育家, で研究, について用事, の事務一切

▼ 或作用~ (4, 0.0%)

1 のため, を有する, を爲, を爲す

▼ 或個人~ (4, 0.0%)

1 と物, の思想, の物, または一

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 が此処, の妻妖麗他, の談, 出かけて

▼ 或~ (4, 0.0%)

2 のアイヌ 1 の景色, より打ち

▼ 或地点~ (4, 0.0%)

1 では車, に達した, まで通じ, を行きつ戻りつ

▼ 或場末~ (4, 0.0%)

2 に生活 1 に小学生, の小学生

▼ 或大学~ (4, 0.0%)

1 で始め, の講壇, の講座, を出た

▼ 或女人~ (4, 0.0%)

1 のヒステリイ患者, は, はかう, を愛した

▼ 或宿屋~ (4, 0.0%)

1 の中庭, へ着く, へ立ち寄つ, へ行

▼ 或~ (4, 0.0%)

2 を心 1 の一室, を借り

▼ 或小さい~ (4, 0.0%)

2 同人雑誌に 1 商会へ, 時計屋へ

▼ 或少女~ (4, 0.0%)

1 と乙, にかし, に懸想, を凌辱

▼ 或~ (4, 0.0%)

2 にしたら 1 で書く, の下

▼ 或待合~ (4, 0.0%)

1 に女中, のお上さん, へ出かけ, へ飯

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 之侍坐, 之同門諸子, 之壁上之漫題, 之扇頭紙尾

▼ 或想像~ (4, 0.0%)

2 を描い 1 に耽つ, を腦裡

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 あり, だ, に打, を起さし

▼ 或感動~ (4, 0.0%)

1 は受けた, は忽ちに, を与えられた, を受け

▼ 或~ (4, 0.0%)

2 時代の 1 らしい停車場, 劇団所演の

▼ 或日わたくし~ (4, 0.0%)

1 に向っ, はいつも, は洲崎, は銅羅

▼ 或日先生~ (4, 0.0%)

1 の使, の机, はこの, を訪問

▼ 或日学校~ (4, 0.0%)

1 から帰, から帰っ, で生徒, の高島先生

▼ 或日朝~ (4, 0.0%)

1 から, から出, 早くゲーレス, 早く木精

▼ 或旧友~ (4, 0.0%)

4 へ送る

▼ 或時何~ (4, 0.0%)

1 かにつれて人, かの会, かの問題, かの学術雑誌

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 が早く, に感冐, に此, に見えし

▼ 或朝私~ (4, 0.0%)

2 が何 1 は平生, は門

▼ 或本屋~ (4, 0.0%)

2 へ出かける 1 の二階, の店先

▼ 或満足~ (4, 0.0%)

1 とが多少, と悔恨, を与へるであらう, を感じ

▼ 或狂人~ (4, 0.0%)

3 の娘 1 の手紙

▼ 或理髪店~ (4, 0.0%)

4 の主人

▼ 或異常~ (4, 0.0%)

2 な事件 1 なる事件, な歓楽

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 の使者, の氏子, は社, 告げて

▼ 或私立~ (4, 0.0%)

1 の女学校, の女學校, の鉄道会社, 大學

▼ 或~ (4, 0.0%)

2 雪の 1 曇った朝, 薔薇色の

▼ 或詩人~ (4, 0.0%)

1 の作, の作品, の慟哭, は嘗て

▼ 或説話~ (4, 0.0%)

1 には結髪, に於, に曰く, は曰く

▼ 或貧しい~ (4, 0.0%)

2 町は 1 町はずれの, 草花の

▼ 或運命~ (4, 0.0%)

1 がそう, にた, の鍵, を感じ

▼ 或~ (4, 0.0%)

1 の二つ, の腕, は口惜し, は遠い

▼ 或る与えられた~ (3, 0.0%)

1 問題の, 手法に, 面に

▼ 或る云い知れぬ~ (3, 0.0%)

1 甘いなつかしい感覚, 興奮であった, 輝きが

▼ 或る憤り~ (3, 0.0%)

1 が生れた, を感じ, を感じる

▼ 或る説~ (3, 0.0%)

1 では河内, に, はこの

▼ 或る限られたる~ (3, 0.0%)

1 一部分に, 個人の, 範囲内の

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 ぢちやんが, んな, 成立つで有らうけれども

▼ 或アイノ~ (3, 0.0%)

1 から聽, が穴居, は穴

▼ 或カッフェ~ (3, 0.0%)

1 へはいっ, へ僕, へ避難

▼ 或カッフェー~ (3, 0.0%)

1 にお, に働い, に行っ

▼ 或テエマ~ (3, 0.0%)

2 を捉 1 の表現

▼ 或一二~ (3, 0.0%)

1 の家, の忠実, の點

▼ 或一定~ (3, 0.0%)

1 の人文区域, の土台以上, の尺度

▼ 或一日~ (3, 0.0%)

1 お勢, だけ庭, を其處

▼ 或一民族~ (3, 0.0%)

2 が自己自身 1 の健康状態

▼ 或下宿~ (3, 0.0%)

2 へ移つた 1 に参上

▼ 或不安~ (3, 0.0%)

1 が現れ, と恐怖, を与

▼ 或不自然~ (3, 0.0%)

1 がある, な思いつき, を感じ

▼ 或人びと~ (3, 0.0%)

1 はどちら, は冷笑, は自ら

▼ 或人物~ (3, 0.0%)

1 があっ, が舞臺, に対して作者

▼ 或人間~ (3, 0.0%)

1 が矢張前, の群, を中心

▼ 或作者~ (3, 0.0%)

1 の心もち, の或, の脚本

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 医学校為編書或, 工学寮為講辯, 顯界或

▼ 或制限~ (3, 0.0%)

2 に拘束 1 の中

▼ 或友達~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の故郷

▼ 或商事会社~ (3, 0.0%)

1 に勤務, の雇用人, へ近頃勤務

▼ 或商人~ (3, 0.0%)

1 から三千元, の家, を殺し

▼ 或問題~ (3, 0.0%)

1 と, を, を論じ合う

▼ 或国民~ (3, 0.0%)

1 との相互扶助, の特有, の神話

▼ 或土曜日~ (3, 0.0%)

1 に優, に行きましたら, の夕

▼ 或場処~ (3, 0.0%)

2 は路 1 の為

▼ 或場面~ (3, 0.0%)

1 で清, とか或, 楽しき野原

▼ 或変化~ (3, 0.0%)

1 に赴こう, をうけ, 近頃書けなかった

▼ 或外人~ (3, 0.0%)

1 の別, の通訳, は之

▼ 或夜僕~ (3, 0.0%)

1 が註文, は晩涼, は群集

▼ 或夜父~ (3, 0.0%)

1 から家計, が晩餐, は五歳

▼ 或夜自分~ (3, 0.0%)

2 は例 1 のこと

▼ 或夜非常~ (3, 0.0%)

1 に晩, に淋しい苦しい, に煩悶

▼ 或大きい~ (3, 0.0%)

1 ことに, 別荘の, 機械だつた

▼ 或~ (3, 0.0%)

2 の神 1 に報

▼ 或学校~ (3, 0.0%)

1 で支那語, に講師, の標本室

▼ 或学生~ (3, 0.0%)

1 の塾, の姿, の書いた

▼ 或宝石~ (3, 0.0%)

1 は眼, は腎臓, を持っ

▼ 或実業家~ (3, 0.0%)

1 から金, で仲, の別荘

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 のこと, は君, は浪路さ

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 にはか, に一匹, の女

▼ 或弁護士~ (3, 0.0%)

1 などはやはり, に依頼, は供託金

▼ 或必然~ (3, 0.0%)

1 な決定的, の方則, の法則

▼ 或思想~ (3, 0.0%)

1 によって自己, を吐露, を説明

▼ 或性格~ (3, 0.0%)

1 に属する, の二十何歳, の美点

▼ 或敵意~ (3, 0.0%)

2 のある 1 をその

▼ 或料理屋~ (3, 0.0%)

2 の門 1 につれ

▼ 或新聞紙~ (3, 0.0%)

2 は貴族院 1

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 のお母様, のか, を見

▼ 或方法~ (3, 0.0%)

1 で或, に依, を取りし

▼ 或日お父さん~ (3, 0.0%)

1 が何, に向っ, は男の子

▼ 或日それ~ (3, 0.0%)

1 が見つからず, に自, を窃

▼ 或日わたし~ (3, 0.0%)

1 に俳句, は又, は浦和

▼ 或日主人~ (3, 0.0%)

1 の内儀さん, は外, を乗せた

▼ 或日久しぶり~ (3, 0.0%)

1 によそ, に淀橋, に銀座

▼ 或日例~ (3, 0.0%)

1 のサン・ドニ, の中庭, の如く

▼ 或日學校~ (3, 0.0%)

1 で生徒, の歸, の高島先生

▼ 或日家~ (3, 0.0%)

1 の内, を棄て, を留守

▼ 或日巡査~ (3, 0.0%)

1 が來, が来, と笑い

▼ 或日彼女~ (3, 0.0%)

1 に告げる, は私, は部屋

▼ 或日本~ (3, 0.0%)

1 の倫理學教科書, の海軍将官, の藝術家

▼ 或日森~ (3, 0.0%)

1 が又, のなか, の母

▼ 或日榛軒~ (3, 0.0%)

1 は塾生, は本所, は混外

▼ 或日母~ (3, 0.0%)

1 が私, のお, は常に

▼ 或日菜穂子~ (3, 0.0%)

1 が診察, はそんな, は一人

▼ 或日近所~ (3, 0.0%)

1 のラジオ, の天神さま, の川

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 をジョーヴェ, をマルテ, をメルクリオ

▼ 或時例~ (3, 0.0%)

1 の内弟子, の連中, の金融家

▼ 或時先生~ (3, 0.0%)

1 の枕頭, の試驗, は満

▼ 或時宗助~ (3, 0.0%)

1 がぽかんと, が例, が御

▼ 或時父~ (3, 0.0%)

1 がそれ, に愬, はこう

▼ 或晩僕~ (3, 0.0%)

1 が宿直, はなんだか, は酒

▼ 或晴れた~ (3, 0.0%)

1 夜で, 日, 朝である

▼ 或曇つた冬~ (3, 0.0%)

2 の日暮 1 の日

▼ 或書籍~ (3, 0.0%)

1 との間, による, の大

▼ 或朝一人~ (3, 0.0%)

1 で山, のよぼよぼ, の女

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 の寓, は他, を起さし

▼ 或珈琲店~ (3, 0.0%)

1 で或, に涼ん, へ寄り

▼ 或理由~ (3, 0.0%)

1 でたツ, を理解, を附し

▼ 或生暖かい~ (3, 0.0%)

2 曇天の 1 日の

▼ 或瞬間~ (3, 0.0%)

1 に全く, に起る, 或動作

▼ 或程度以上~ (3, 0.0%)

1 に抑制, に自制, は実行

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 の或, の終り, 或潮

▼ 或範囲内~ (3, 0.0%)

1 では動揺的, のこと, のもの

▼ 或經驗~ (3, 0.0%)

1 を深く, を總攬, を體得

▼ 或美し~ (3, 0.0%)

1 さ, さは, さを

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 僧の, 友の, 夫婦慾が

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 が浮んだ, へが萌し, へは有

▼ 或自然~ (3, 0.0%)

2 は自分 1 な柔軟

▼ 或西洋人~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 から君達

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 というもの, によれ, に浅黄

▼ 或評論家~ (3, 0.0%)

2 は特に 1 が言った如く

▼ 或論者~ (3, 0.0%)

1 の言, は今, は法典さ

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 は現れ, を捉え得, を添える

▼ 或距離~ (3, 0.0%)

1 から二つ, の所, を持った

▼ 或農夫~ (3, 0.0%)

1 が一人, の井, の論理

▼ 或避暑地~ (3, 0.0%)

2 へ自動車 1 の貸し間

▼ 或関係~ (3, 0.0%)

1 がある, がない, の下

▼ 或關係~ (3, 0.0%)

1 がある, を有し, を有つて

▼ 或骨董屋~ (3, 0.0%)

2 に青磁 1 の英語

▼ 或~ (3, 0.0%)

1 さの, さより, さを

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 ぢらし, 霊異なりと

▼ 或うらさびし~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 或という~ (2, 0.0%)

1 字と, 疑が

▼ 或ときディオニシアス~ (2, 0.0%)

1 はフィロセヌス, は友人

▼ 或とき彼~ (2, 0.0%)

1 はイギリス軍, は自分

▼ 或はいふ侯~ (2, 0.0%)

2 は私恩

▼ 或はく~ (2, 0.0%)

1 がにと言う, の語根意識

▼ 或はず~ (2, 0.0%)

1 っとよく, っと二三間前

▼ 或ひと~ (2, 0.0%)

1 のいはく, 曰く孰か

▼ 或まとまり~ (2, 0.0%)

1 を作る, を持つ

▼ 或るきまった~ (2, 0.0%)

1 一つが, 音だけを

▼ 或るくずれ~ (2, 0.0%)

1 も感じます, を感じます

▼ 或るひる~ (2, 0.0%)

1 すぎ青年共産主義同盟員ニキータを, 前の

▼ 或る優れた~ (2, 0.0%)

1 人は, 舞台を

▼ 或る動かし~ (2, 0.0%)

2 難い自信

▼ 或る報道~ (2, 0.0%)

1 が与えられる, を齎し

▼ 或る定まった~ (2, 0.0%)

1 時間の, 配列を

▼ 或る知らない~ (2, 0.0%)

1 人物が, 婦人の

▼ 或る課せられた~ (2, 0.0%)

1 ものを, 概念をば

▼ 或る重なる~ (2, 0.0%)

2 部分を

▼ 或る閃き~ (2, 0.0%)

1 が認められる, を見出す

▼ 或クレイム~ (2, 0.0%)

1 のため, をする

▼ 或タイプ~ (2, 0.0%)

1 といっ, を描いた

▼ 或バア~ (2, 0.0%)

2 を見つけ

▼ 或ビルディング~ (2, 0.0%)

1 の五階, へはいり

▼ 或プウル~ (2, 0.0%)

2 を眺め

▼ 或ポイント~ (2, 0.0%)

2 を与えた

▼ 或ル場合ニハソレヲ~ (2, 0.0%)

1 誇リトスル傾向モア, 誇リトスル傾向モアルノデ

▼ 或ル程度ニ於テ支那~ (2, 0.0%)

1 ヲ保全シツツ, ヲ分割スル者

▼ 或ル種~ (2, 0.0%)

1 ノ性生活ハアルノダ, ノ異状

▼ 或レストオラン~ (2, 0.0%)

2 の硝子戸

▼ 或ロシア人~ (2, 0.0%)

1 のクリスト, は或

▼ 或一時期~ (2, 0.0%)

1 には悲壮, に於ける

▼ 或一枚~ (2, 0.0%)

1 だけがブルブル, には大雪

▼ 或一群~ (2, 0.0%)

2 の芸術家

▼ 或下宿屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, の女

▼ 或下級~ (2, 0.0%)

2 の美少年

▼ 或主義~ (2, 0.0%)

1 と或, と相容れない

▼ 或事象~ (2, 0.0%)

1 の一端一隅, の急所

▼ 或二三婦婦人~ (2, 0.0%)

1 不淫, 不淫不妬忌

▼ 或人人~ (2, 0.0%)

1 が一生, の友

▼ 或人曰く~ (2, 0.0%)

1 この歌, 真淵

▼ 或人申~ (2, 0.0%)

2 しけるは

▼ 或代議士~ (2, 0.0%)

1 が遞相, の息子

▼ 或任務~ (2, 0.0%)

1 に服し, を果たす

▼ 或伝説的動物~ (2, 0.0%)

2 を意味

▼ 或位置~ (2, 0.0%)

1 と位置, に就いた

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 は元, は補訂

▼ 或保険会社~ (2, 0.0%)

1 が彼, に雇われた

▼ 或修行者~ (2, 0.0%)

1 が浄土教, の生れ代り

▼ 或個処~ (2, 0.0%)

2 にも劣る

▼ 或先生~ (2, 0.0%)

1 からは数学, につい

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 或光景~ (2, 0.0%)

2 の描写

▼ 或内容~ (2, 0.0%)

1 を表出, を語らせよう

▼ 或初夏~ (2, 0.0%)

1 の午後, の朝

▼ 或劇場~ (2, 0.0%)

1 の初日, の稽古

▼ 或動き~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 或勢力~ (2, 0.0%)

1 に逐いやらるる, より追

▼ 或南伊太利亜人~ (2, 0.0%)

1 である, を知つて

▼ 或印象~ (2, 0.0%)

2 を与えた

▼ 或原因~ (2, 0.0%)

1 により, より来りし

▼ 或古い~ (2, 0.0%)

1 家の, 寺院の

▼ 或可笑し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 或大

▼ 或名士~ (2, 0.0%)

2 に愛された

▼ 或名高い~ (2, 0.0%)

1 漢学者だった, 漢学者だつた

▼ 或商会~ (2, 0.0%)

1 から広告代り, の支店

▼ 或商家~ (2, 0.0%)

1 の出戻り娘, へ奉公

▼ 或商店~ (2, 0.0%)

1 に買物, に雇

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 ひに, もワクモン

▼ 或器分~ (2, 0.0%)

1 即ち生殖系器, 即ち腦

▼ 或因数~ (2, 0.0%)

1 は数え込む, を数

▼ 或団体~ (2, 0.0%)

1 から招待, をつくり

▼ 或国王~ (2, 0.0%)

1 の女, の許

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の大, の王樣

▼ 或地下室~ (2, 0.0%)

2 のレストオラン

▼ 或地理書~ (2, 0.0%)

1 で讀んだ, の山岳高度表

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の上, の途中

▼ 或基督教会~ (2, 0.0%)

2 の機関雑誌

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 で見た, の内

▼ 或堂内~ (2, 0.0%)

2 で畳

▼ 或境地~ (2, 0.0%)

1 に箝むる, に達し

▼ 或夕方女~ (2, 0.0%)

1 はこらえかねた, は端近く

▼ 或夕方私~ (2, 0.0%)

1 がいつも, の家

▼ 或外国~ (2, 0.0%)

1 の歌劇団, の絵

▼ 或夜中~ (2, 0.0%)

2 に突然

▼ 或夜何匹~ (2, 0.0%)

2 も蝋燭

▼ 或夜半急~ (2, 0.0%)

1 に顏色, に顔色

▼ 或夜夫~ (2, 0.0%)

1 の寝顔, は夕刊

▼ 或夜彼~ (2, 0.0%)

1 の梶井主膳, の腹心

▼ 或夜悄然~ (2, 0.0%)

2 と父合邦

▼ 或夜更~ (2, 0.0%)

2 が闌け

▼ 或夜病院~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ 或夜私~ (2, 0.0%)

1 はテテツクス, は友

▼ 或夜荘公~ (2, 0.0%)

1 は妙, は渾良夫

▼ 或夜莊公~ (2, 0.0%)

1 は妙, は渾良夫

▼ 或夜風~ (2, 0.0%)

1 の氣味, はげしく吹きけれ

▼ 或大名屋敷~ (2, 0.0%)

1 の留守居役, の門内

▼ 或大阪~ (2, 0.0%)

1 の, の人

▼ 或天気~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ 或天皇~ (2, 0.0%)

1 がお, に限つた事

▼ 或女学校~ (2, 0.0%)

1 を出られた, を参観

▼ 或女学生~ (2, 0.0%)

2 はわたし

▼ 或女性~ (2, 0.0%)

1 が皇后, は花

▼ 或女給~ (2, 0.0%)

1 の胸, の言葉

▼ 或好意~ (2, 0.0%)

1 をその, を感じ出した

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 が舞っ, の写真

▼ 或婦人雑誌~ (2, 0.0%)

1 に法学博士三潴信三氏, に連載

▼ 或學校~ (2, 0.0%)

1 で學生間, で支那語

▼ 或學者~ (2, 0.0%)

1 は, は人間

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 料理屋に, 旅籠に

▼ 或寂し~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ 或寄席~ (2, 0.0%)

1 に出, の前

▼ 或富豪~ (2, 0.0%)

1 に望まれ, は近頃

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 さの, 夜の

▼ 或寝台~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 或小さ~ (2, 0.0%)

1 なお坊ちやん, なお嬢ちやん

▼ 或小学校~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の代用教員

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 數者の, 文讃或

▼ 或屋敷~ (2, 0.0%)

1 の桟橋, へ女中奉公

▼ 或山間何~ (2, 0.0%)

2 でも南部領

▼ 或工場~ (2, 0.0%)

1 にも出入り, に働い

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 或右

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 で右, で外務省

▼ 或年故郷~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ 或年月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 或年踊屋台~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 或年齢~ (2, 0.0%)

1 に達する, までそれ

▼ 或幻影~ (2, 0.0%)

2 の印象

▼ 或建築家~ (2, 0.0%)

1 が乾いた, のところ

▼ 或得体~ (2, 0.0%)

2 の知れない

▼ 或微妙~ (2, 0.0%)

1 なもの, な輝き

▼ 或心持~ (2, 0.0%)

1 を波及, 又は或

▼ 或性質~ (2, 0.0%)

1 の混じ, を有し

▼ 或患者~ (2, 0.0%)

1 の如き, は庭

▼ 或悲劇~ (2, 0.0%)

2 の芸術的価値

▼ 或情味~ (2, 0.0%)

1 を寓, を添え

▼ 或情緒~ (2, 0.0%)

1 だけは伴つて, を誇大

▼ 或愉快~ (2, 0.0%)

2 な興奮

▼ 或意志~ (2, 0.0%)

2 の一例

▼ 或感情~ (2, 0.0%)

1 あり, を佯

▼ 或手加減~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 或政治家~ (2, 0.0%)

1 のところ, の次男

▼ 或效果~ (2, 0.0%)

1 が生ずる, を畫面

▼ 或教授~ (2, 0.0%)

1 の留守居, は歯医者

▼ 或數字~ (2, 0.0%)

1 と或, に注意力

▼ 或文芸批評家~ (2, 0.0%)

2

▼ 或旅宿~ (2, 0.0%)

1 でこういう, の亭主

▼ 或旅館~ (2, 0.0%)

1 で隣室, に訪問

▼ 或日すゞちやん~ (2, 0.0%)

1 はよ, をぽ

▼ 或日そこ~ (2, 0.0%)

1 のアマ, を過ぎる

▼ 或日ふつ~ (2, 0.0%)

1 とまた, と或

▼ 或日一行~ (2, 0.0%)

1 に伴, に伴われ

▼ 或日上野~ (2, 0.0%)

1 の動物園, の博物館

▼ 或日九太~ (2, 0.0%)

1 が洋服, は一家中引き

▼ 或日二人~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は有珠岳

▼ 或日五百~ (2, 0.0%)

1 が来, は使

▼ 或日人~ (2, 0.0%)

1 の家, の居らぬ

▼ 或日八五郎~ (2, 0.0%)

1 が今度, はフラリ

▼ 或日同僚~ (2, 0.0%)

1 のドイツ人ユンケル氏, の西園寺

▼ 或日向島~ (2, 0.0%)

1 の家, の百花園

▼ 或日塚山~ (2, 0.0%)

1 はお, は新潟

▼ 或日塾~ (2, 0.0%)

1 から帰る, の祝日

▼ 或日墓場~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ 或日外出~ (2, 0.0%)

1 から戻つ, した時

▼ 或日夜~ (2, 0.0%)

2 更けてから

▼ 或日孤踏夫人~ (2, 0.0%)

2 は小笠原

▼ 或日恋~ (2, 0.0%)

2 になやむ

▼ 或日独逸~ (2, 0.0%)

2 の婦人

▼ 或日町~ (2, 0.0%)

1 から人, を通る

▼ 或日良寛さん~ (2, 0.0%)

1 は国仙和尚, は野中

▼ 或日良秀~ (2, 0.0%)

2 は突然

▼ 或日隣~ (2, 0.0%)

1 の家, の座敷

▼ 或日雨~ (2, 0.0%)

1 が大層, の降る

▼ 或日須藤氏~ (2, 0.0%)

2 が編輯局

▼ 或日馬賊~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ 或日鷲郎~ (2, 0.0%)

1 は慌しく, は食物

▼ 或時それ~ (2, 0.0%)

1 を筑山左衛門, を見た

▼ 或時バー~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 或時ベルナルドオ~ (2, 0.0%)

1 のいふ, の我

▼ 或時一人~ (2, 0.0%)

1 の学生, の老

▼ 或時二人限~ (2, 0.0%)

2 ゐた時

▼ 或時人~ (2, 0.0%)

1 に伴, に対

▼ 或時信吾~ (2, 0.0%)

1 は眞面目, は真摯

▼ 或時偶然~ (2, 0.0%)

1 に, にさういふ

▼ 或時兄~ (2, 0.0%)

1 が私, などの話

▼ 或時六月~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ 或時其書~ (2, 0.0%)

2 かうとして

▼ 或時博物学教室~ (2, 0.0%)

2 へ行き

▼ 或時君~ (2, 0.0%)

1 の令弟, はみづか

▼ 或時国~ (2, 0.0%)

1 の親類筋, へ帰っ

▼ 或時大阪~ (2, 0.0%)

1 へ下, へ下った

▼ 或時妙~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ 或時娘~ (2, 0.0%)

2 の風邪

▼ 或時宿~ (2, 0.0%)

2 の女中

▼ 或時小使室~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 或時己~ (2, 0.0%)

1 が其の, の考

▼ 或時我~ (2, 0.0%)

1 は又, を疑

▼ 或時政治~ (2, 0.0%)

1 が静子, が靜子

▼ 或時斯~ (2, 0.0%)

1 う云って, う言つた伯父

▼ 或時智恵子~ (2, 0.0%)

2 は訪問

▼ 或時朝~ (2, 0.0%)

2 早く野村

▼ 或時村~ (2, 0.0%)

1 の友達, の若者

▼ 或時母~ (2, 0.0%)

1 の不在, は

▼ 或時渠~ (2, 0.0%)

2 は不意

▼ 或時痩馬喰~ (2, 0.0%)

2 の嬶

▼ 或時自分~ (2, 0.0%)

1 の今, の田

▼ 或時赫~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 或晩それ~ (2, 0.0%)

1 がどちら, は欧洲

▼ 或晩夜中~ (2, 0.0%)

1 に法然, に猟人

▼ 或晩散歩~ (2, 0.0%)

1 に出, をし

▼ 或晩春~ (2, 0.0%)

2 の午後

▼ 或晩遲~ (2, 0.0%)

1 く彼, く田原

▼ 或曰くま~ (2, 0.0%)

1 は暈, は韓語

▼ 或曰人~ (2, 0.0%)

1 と命運, の唾

▼ 或書店~ (2, 0.0%)

1 から人, で偶然英訳

▼ 或月夜~ (2, 0.0%)

1 に近く, の晩三藏

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 援低枝, 攀高枝

▼ 或朝わし~ (2, 0.0%)

1 はわし, は彼女

▼ 或朝焼け~ (2, 0.0%)

1 の消えかかった, の消えかかつた

▼ 或朝竹山~ (2, 0.0%)

2 の室

▼ 或東かぜ~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 を執らん, を執る

▼ 或機会~ (2, 0.0%)

1 から一ヵ月, をもっ

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 は三行, は二行

▼ 或歳安政三年~ (2, 0.0%)

2 か四年

▼ 或段階~ (2, 0.0%)

1 ではこの, で直接

▼ 或殿下~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 或気安~ (2, 0.0%)

1 さの, さを

▼ 或河童~ (2, 0.0%)

1 の夫婦, を掴まへよう

▼ 或河辺~ (2, 0.0%)

1 に天女八人, に来る

▼ 或油屋~ (2, 0.0%)

1 の升, へ行き

▼ 或洋服屋~ (2, 0.0%)

1 とかの若旦那, の店

▼ 或温泉宿~ (2, 0.0%)

1 へやられた, へ出かける

▼ 或漁村~ (2, 0.0%)

2 へ嫁

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の或, 或は又

▼ 或煙草屋~ (2, 0.0%)

2 に第

▼ 或物静か~ (2, 0.0%)

1 なホテル, な家

▼ 或独逸人~ (2, 0.0%)

2 の集めた

▼ 或生理的~ (2, 0.0%)

1 の恐怖感, の異常

▼ 或用事~ (2, 0.0%)

1 があっ, のため

▼ 或男やもめ~ (2, 0.0%)

2 の植木屋

▼ 或男爵~ (2, 0.0%)

2 の長男

▼ 或病室~ (2, 0.0%)

1 の前, の扉

▼ 或病院~ (2, 0.0%)

1 で看護婦, の薬剤師

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 からは堕落, からは成功

▼ 或知り~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 或知合~ (2, 0.0%)

1 の商人, ひの

▼ 或社会主義者~ (2, 0.0%)

1 に, のいった

▼ 或神話~ (2, 0.0%)

1 の成分中, の結びつき

▼ 或空気~ (2, 0.0%)

1 を描き出し, を描き出す

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 は註, を以て齊論

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 からの使命, から内命

▼ 或箇処~ (2, 0.0%)

1 はこの, 或言句

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 或連

▼ 或老人~ (2, 0.0%)

2 を尋ねる

▼ 或老女~ (2, 0.0%)

1 に聞く, の話

▼ 或者これ~ (2, 0.0%)

1 を天, を治め

▼ 或耶蘇教學校~ (2, 0.0%)

1 で同級, に自分等

▼ 或聖書会社~ (2, 0.0%)

2 の屋根裏

▼ 或自殺者~ (2, 0.0%)

2 を描い

▼ 或自警団員~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 で最後訣別, へ世話

▼ 或芸者~ (2, 0.0%)

1 の為, の記念品

▼ 或若者~ (2, 0.0%)

1 が來, が来

▼ 或菓子屋~ (2, 0.0%)

2 に雇

▼ 或薄ら寒い~ (2, 0.0%)

1 朝ファウストは, 秋の

▼ 或藝術~ (2, 0.0%)

2 や或

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 から出た, の重職

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 まりが

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 の角

▼ 或親戚~ (2, 0.0%)

2 を尋ねる

▼ 或観念~ (2, 0.0%)

1 を以て臨まなかった, を以て臨み

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の菓子屋, を曲った

▼ 或解釈~ (2, 0.0%)

1 による時, に従え

▼ 或言葉~ (2, 0.0%)

1 が出, についての感想

▼ 或評家~ (2, 0.0%)

1 は後世, は胡麻塩頭

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 が種, をききたい

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 には五代, には既に

▼ 或資料~ (2, 0.0%)

1 の中, の精

▼ 或資本家~ (2, 0.0%)

2 の論理

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の夫, の女

▼ 或趣味~ (2, 0.0%)

1 にまとまつ, に堕し

▼ 或~ (2, 0.0%)

2 或跪

▼ 或農家~ (2, 0.0%)

1 の中庭, の前

▼ 或辺僻~ (2, 0.0%)

2 の山中

▼ 或迷信~ (2, 0.0%)

1 をも伴っ, をも伴つて

▼ 或過程~ (2, 0.0%)

1 を經, を頭

▼ 或遠方~ (2, 0.0%)

1 の姻戚, の海浜

▼ 或部屋~ (2, 0.0%)

1 へはひりました, へ行

▼ 或都会~ (2, 0.0%)

1 であった, の外れ

▼ 或重大~ (2, 0.0%)

1 な役目, の秘密事

▼ 或野分~ (2, 0.0%)

1 立った日, 立った朝

▼ 或鉱山~ (2, 0.0%)

1 から利得, の方

▼ 或銅像~ (2, 0.0%)

1 を思い出した, を思ひ出した

▼ 或限定~ (2, 0.0%)

1 された正当, に拠った

▼ 或階段~ (2, 0.0%)

1 に於, へ踏みかける

▼ 或隻脚~ (2, 0.0%)

2 の飜訳家

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 の小説家, の河童

▼ 或雑貨店~ (2, 0.0%)

2 へインク

▼ 或雜誌社~ (2, 0.0%)

1 からの稿料, から受け取つ

▼ 或雪霽~ (2, 0.0%)

2 の薄暮

▼ 或雰囲気~ (2, 0.0%)

1 がああ, の存在

▼ 或露地~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 或非常~ (2, 0.0%)

2 な長篇

▼ 或額縁屋~ (2, 0.0%)

2 の飾り窓

▼ 或駄菓子屋~ (2, 0.0%)

2 の店先

▼ 或~ (2, 0.0%)

1 で止った, へ止る

▼ 或高い~ (2, 0.0%)

2 岩鼻を

▼ 或高等学校~ (2, 0.0%)

2 の文科

▼ 或魅力~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, も感じられるであらう

▼1* [1946件]

あいまい屋で破れた, 或あけがた私たち, 或あわれさを, 或いやさもあり, 或いやしい問題を, 或い死の工場, 或えらい人の, 或屋敷の, 或おとくいの, 或おどろきを感じ, 或お姫様がどう, 或お嬢さんを其処, 或お客が手, 或お客様が自動車, 或かすかな物音, 或かなり大きい寺, 或ふの, 或こみ入つた用件, 或さびしい脇道へ, 或しぐれた夕方尼は, 或しめやかな家, 或すがすがしさを, 或その時代の, 或そばやで二十銭, 或思ったの, 或ときアフリカのカイロー, 或ときイギリスのシェフィールド, 或ときイドリスはいつも, 或ときウイリイがこやし, 或ときパナマに駐在, 或とき予が老父良鉄, 或とき二三人の旅人, 或とき今度は或, 或とき犬は一ぴき, 或とき知合の家, 或どんより曇った, 或なおしものの, 或なつかしみに近い, 或日私が, 或の病いがある, 或はいのりが, 或はいふ上総介, 或はいふ北国筋の武家何某, 或はかま風呂おけら餅土地の名物, 或はかれのかれ自身を, 或はきらひな国民だ, 或はくづれ或はた, 或はけふならんと, 或はげてものめいた, 或はしかすと, 或はしほり戸に凭, 或はしまりのわるい, 或はずみに遂に, 或はたふれた, 或はたとへ此時腰, 或はちよんびり米, 或はぶざまなもの, 或はぶつきら棒から救, 或はまらか, 或ひとつのドア, 或ひはもうとつく, 或ひはやりかねないであらう, 或みすぼらしい山家に, 或ものそれは自分, 或もの害もなく, 或ゆとりと或, 或よりしろの, 或よろこびを感ずる, 或るあき間が, 或るうらぶれた鳥獣剥製所の, 或るかういふ夜の, 或るきまつた, 或るさびれた禅寺において, 或るしかじかの関係, 或るたとへやう, 或るふるぼけた本の, 或るむすびつきがあり, 或る与えられたる要素の, 或る云い難い陰鬱さ, 或る仕組まれた物語を, 或る充たされない人生の, 或る光ったものが, 或る冴えた晩秋の, 或る判り切ったことを, 或る動かすべからざるもの, 或る動き出そうとする, 或る在りようを, 或る報告文学の試み, 或る尖った石塊には, 或る忌むべき遺伝的の, 或る思ひに懊悩, 或る慣らされた観点から, 或る憧れやロマンティック, 或る探險家が, 或る映畫俳優養成所に, 或る曇った朝の, 或る朽ちかけた墓の, 或る気付かれなかつた意味が, 或る気負ったものを, 或る洒落た小物屋の, 或る活きものだ, 或る焦立たしさ語られない, 或る焼け残った建築物に, 或る生きたものを, 或る眠られぬ一夜自分の, 或る知られざる神の, 或る知り合の, 或る秘せられた深い事情, 或る秘め事を, 或る窶れと衰え, 或る築かれた立場又は, 或る群がりを強く, 或る聴き手に, 或る苛立たしさを以て, 或る苛立ちが彼, 或る落ちついた寂しさ, 或る行き詰りに当面, 或る見かたを, 或る見えざる力に, 或る言語学者に質し, 或る説文学者の説, 或る説文學者の説, 或る近づき難い冷たさ, 或る退縮を, 或る遣唐大使の, 或る避けがたい悲しみ, 或る避けることの, 或る量以上つく, 或る閉じた社会に, 或る開き殆ど直角, 或る隠秘な, 或る驚くべく恐るべき秘密, 或る骨肉に徹する, 或アパアトらしい二階建, 或イズムと名づけるなら, 或イハ退陣ニ際シテ追撃ヲ断ツ手際ナドニイウ, 或ウネメノとある, 或エツセンシヤルな一面, 或エロテイツクな場面, 或オペラの楽屋, 或カッフエへ腰, 或カフエの隅, 或クライマックスのとき十二月二日, 或クラブに紅毛人, 或ゴルフのグループ, 或ショックを感じた, 或タイプ変なデカダン, 或ディシジョンを下す, 或ドイツ人と話, 或ハアブリテ皮を剥食フ, 或ハブチ殺サレ, 或ハ一大種族, 或ハ三葉或ハ五葉, 或ハ亂雜ニ書スル等ノ不規則, 或ハ五葉秋ニ淡緑花, 或ハ五軒ト号ケ或ハ局ト呼ブ者, 或ハ人爲ニ諸遺跡, 或ハ以テ遠キニ寄ス, 或ハ元老院議官ニ或ハ貴族院勅選議員ニ任ゼラレ, 或ハ和睦ヲ議シ, 或ハ國庫ノ負, 或ハ土中デ骨ト骨トガカタ, 或ハ夏期ニ於テ採収シタル時ハ灰乾シトシ, 或ハ妥当ノ訳字ナクシテ, 或ハ学料欠乏ヲ致ストキハ隊長建議シ, 或ハ小商人ニ過ギザリキ, 或ハ小店ト称シ或ハ五軒ト号ケ, 或ハ局ト呼ブ者ノ若, 或ハ屋ヲ造ルニ皆, 或ハ已ムヲ得サリシ所ナルヘキモ今ヤ帝国, 或ハ師ヲ出, 或ハ弟妹ニ学資ヲ与, 或ハ心ニ従フ故ヲ以テ, 或ハ意外ノ變, 或ハ更ニ北方ニ移リテ今尚ホ其血統, 或ハ書説ニ与シ時ニ, 或ハ条約ヲ結ビ, 或ハ森アリ畑アリ牧場アル原野ニ自然ヲ友トシ, 或ハ此レヲ取, 或ハ此一句之前後, 或ハ殉ジ或ハ, 或ハ淫肆放縦ニシテ獲ル所ノモノハ, 或ハ湯煮ニスレバ却テ, 或ハ湯花ヲ汲来ツテ, 或ハ火ヲ雨ラセ, 或ハ熱湯ニ浸シ及ビ灰ニ, 或ハ礙磚石ナレバ則チ間ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, 或ハ空気ガ這入ッタヾケデモ, 或ハ粉ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, 或ハ細字ヲ書シ或ハ石盤全面, 或ハ義足ガ公然製造使用セラレタルコトハ, 或ハ老親ヲ養フモノアリ, 或ハ薬ヲ灌イデ老樹腐爛, 或ハ貿易ヲ為ス等, 或ハ賤ニヨシ上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 或ハ陷穽ヲ作リ他蟲, 或ハ颯チャンハソノ効果ヲ考エテワザト篏メタノカモ知レマセン, 或ハ颯子ノ入, 或ハ食フ時一二顆ヲ用テ掌ニ握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, 或ハ駅所駅所ニテ立チ所ニ斬リ, 或ビルデイングへはひり, 或プロテストをよみ, 或マンネリスムの美, 或ミスがまい, 或モティーヴをもち得ません, 或モメントに一つ, 或ユーモアを感じる, 或ラインを地球, 或ル信仰ニ基キテ徴兵ヲ在, 或ル分科的專攻ヲ許スベキ年齡ニ, 或ル商店デ買イ物, 或ル外人ニ聞イタンデスガアメリカンファーマシイニ神経痛ノ薬デドルシント云ウノガアルソウデス, 或ル日信雄卿ニ群疑出態シケルニ, 或ル時ハ弱クトギレトギレニ繰リ, 或ル時ハ強ク或ル時ハ弱ク, 或ル満足ヲ, 或ル独得ナ長所ガアル, 或ル理想又ハ, 或ル疫病ノタメ部下ハ相ツギテ死シ, 或ル省ヲ犧牲トシテ, 或ル知者階級ノ命令, 或ル程度可能デハナイカ, 或ル美術商カラ手ニ入レタモノダガ, 或レン憫が感じられる, 或の方向, 或一乗院領東大寺領以下在, 或一個の樹, 或一個人はよしや, 或一処雲が薄れ, 或一区画に限られ, 或一団と一, 或一團體と合同, 或一夜文三が散歩, 或一定点からその, 或一寸した作家, 或一年春の末つ方, 或一方面から明り, 或一本の錫, 或一氣の流行, 或一物の上, 或一瞬時の心, 或一筋の雀, 或一篇の詩, 或一處に停まつた, 或一貫性を生じ得る, 或一部分は印度, 或一隅に遷, 或一頁を読, 或一點では彼等, 或丁抹人が話した, 或三年生が刑事, 或三月の夜, 或上級生に艶書, 或臣亡考濟實忿寇讐壅塞天路控弦百萬義聲感激方欲大, 或不便或不自然, 或不平があつ, 或不思議な因縁, 或不易なる人生, 或不満に似た, 或不道徳的行為の結果, 或世界がほのか, 或の中腹, 或千置於霊几舞踏畢臥干, 或中学校へ通った, 或中學で倫理, 或中尉ひどいカンシャクモチ, 或主張を立て, 或恐一物, 或乞食の話, 或事務所の入口近く, 或事実を捉, 或事實の二つ, 或事態が何故, 或二三の画家, 或云是れ大, 或云玄慧法師始講之藤房玄慧同時, 或云高須人或云竹鼻人, 或亜米利加人へ雛, 或京都人の書いた, 或人いふちつち蝉, 或人ツて誰, 或人ドラコーに向っ, 或人下界に関する種々, 或人中禅寺の山, 或人事を叙, 或人云へり, 或人云是老苔変成者, 或人云難波は常に, 或人偶然に, 或人家では厳格, 或人情然しスケール, 或人曰くわれわれが梅, 或人曰くダンテがカッシウス, 或人曰く古来歌といひ来りたる, 或人曰く名所の特色いち, 或人曰く子の歌, 或人曰く字餘りの, 或人曰く漢語にても俗語, 或人生の実相, 或人相見を訪ねた, 或人種が文化, 或人自ら屑屋と名のり, 或人苔を封じ来る, 或人著者に問う, 或人達は決め, 或人間以上の存在, 或の主, 或代表か, 或以爲有親必須宮室宮室既備事資器用今謂, 或仮説の法則, 或休憇所に車, 或休日自分は時事, 或会合の席上, 或伝統の上, 或伯爵の娘, 或伯爵家へお針女, 或位地が女子, 或住南天竺弘法利人或遊師子國, 或余裕がある, 或使命を持つ, 或便宜を得る, 或俚諺の来歴, 或信心家は最初片, 或信頼を担う, 或修正を加, 或俳優が実見, 或俳友に答, 或個性型に屬, 或倫理的な背景, 或偏向を持った, 或停留場から一人, 或健全の要素, 或偶像は嘗て, 或偶然の事情, 或偶然事が私, 或傍觀者も亦, 或傾向を全然, 或傾斜地に立った, 或の芽ばえ, 或僧都が家, 或優し味が, 或優越を感じ, 或兇漢ありて, 或堂, 或兩或三女人不淫不, 或公爵夫人のところ, 或共通したところ, 或共通点をもつ, 或兵衛佐を選ん, 或其前生在世之時, 或其因果孫彦に報, 或其身にむく, 或典薬之助, 或冷やかさがあった, 或さが, 或凝塊が凡て, 或出入りの呉服屋, 或出版店の顧問, 或出版業者は, 或分らない単語を, 或列車のすいた, 或初秋の日暮, 或別荘で一会, 或利益と交換, 或刹那には女らしい, 或刹那彼は不思議, 或刺戟を受けた, 或刻限まで待たね, 或割り合に寒い, 或劇場監督の事, 或力量より發遣, 或努力次第で一躍, 或勇氣が生まれ, 或動かすべからざる隱れたる, 或動かせない思考方法の, 或動作を起した, 或動揺を起さしめた, 或ひを, 或ひを, 或医学博士に嫁, 或医師が主張, 或医者が訴訟, 或匿名の友人, 或十二三のお嬢さん, 或午前である, 或午後は又, 或午後僕は未亡人, 或午後机に向っ, 或午後玄鶴は仰向け, 或午後青木さんが二階, 或午後騎馬のトルコ兵, 或午頃急に南面, 或半日の事, 或半開の扉, 或卑しげな, 或単純のやう, 或博士の祕藏息子, 或博物館で見出した, 或印刷所の主任, 或危急をもちこす, 或危惧を懐かしめる, 或危期であろう, 或危機は直ちに, 或さだけ, 或反動的の運動, 或反感を呼び起さず, 或古びた家, 或古刹に行, 或古屋敷で一夜, 或古老の話, 或古道具屋の店, 或叩き大工のある, 或恐しい, 或可也大きい寺, 或可能性を与へる, 或史家の云, 或右馬頭の息子, 或同行者が芭蕉, 或名前をくつ, 或名工にその, 或呪言を以て外来, 或を感ずる, 或味いをもっ, 或唐物屋の店先, 或商會の支店, 或商館に這入つ, 或啓示が胸, 或嘘つきを知つて, 或が立ち, 或器物の中, 或囚禁枷鎖手足被, 或四十がっこう, 或四川の少女, 或因襲に捉, 或國手を訪問, 或國民譬へば英吉利人, 或國王が自分, 或圏境に於ける, 或團體と一二, 或土地会社の宣伝係, 或地理的環境に或, 或地盤の上, 或地質学者によって容れられ, 或地面などは生姜, 或地點を, 或坂上の家, 或坊さんを誘惑, 或へ推, 或型通りに断つ, 或堅い定式かと, 或場合永久にわれら, 或場合私の生きよう, 或場合種々の冒険的事業, 或場合自己だけを守りたい, 或場合言葉の表面, 或場合遥かに怖, 或場合野上さんと同, 或場合鑛毒の無い, 或場合非常に相互, 或場景の描寫丈, 或塲所ではあるまい, 或境界線を作っ, 或境遇に人間, 或士官の紹介, 或壮麗な恍惚, 或が耳, 或売笑婦と一, 或夏ニズニイといふ町, 或夏七月の休暇, 或夏信州の沓掛, 或夕ぐれなどにふと, 或夕一封の書, 或夕大友は宿, 或夕方それを楽器屋, 或夕方ロオド・チャンドスはいつも, 或夕方一番上の息子, 或夕方主人が不在, 或夕方信州の奥, 或夕方急に, 或夕方東京から帰つて, 或夕暮三藏は京極, 或外務省に勤め, 或外国人には矢張り現代, 或外国婦人が死んだ, 或外国語学家の玄関, 或外國人が, 或外面的の記號, 或或少, 或夜お茶に呼ばれた, 或夜ここまで書いた, 或夜そつと其串柿, 或夜ひそかに逃げださなけれ, 或夜ゆき子は杉夫, 或夜わしの戸口, 或夜わたくしは玉の井稲荷前, 或夜コツソリと一そう, 或夜バルタザアルが塔, 或夜バルビューは博士, 或夜メソポタミヤのその, 或夜一生を車馬, 或夜七時頃から出かけ, 或夜予の或, 或夜二三の文学者, 或夜人取の, 或夜今其処で同, 或夜何でも五月雨, 或夜何者か城内, 或夜利休は供, 或夜半は酔, 或夜友人に招かれ, 或夜右大弁は又, 或夜同宿の女給すみ子, 或夜嚴重な締り, 或夜城砦の望楼, 或夜夕飯も過ぎ, 或夜夜ふけまで姉, 或夜夢を見た, 或夜大なる鼠, 或夜大友は二三, 或夜大変混雑な文学者会, 或夜奈良原到は, 或夜女牢の方, 或夜婆さんの家, 或夜学校の英吉利語講演会, 或夜宋金花を訪れた, 或夜寝所でお, 或夜山に入りける, 或夜巖本天聲, 或夜巡査に咎められ, 或夜師の坊, 或夜改正道路のはずれ, 或夜故人と鴎外博士, 或夜文一郎はふと, 或夜日暮から降出した, 或夜日比谷公園を歩るい, 或夜春のよう, 或夜正遠と定, 或夜水木が帆足, 或夜焼酎をさんざん, 或夜玉屋の二階, 或夜珍らしく従者, 或夜琴之助, 或夜男は姫君, 或夜神明社の辺, 或夜神農樣とやらが夢枕, 或夜私たちはアザミさん, 或夜窃に有金, 或夜紀昌の家, 或夜翁助は興奮不安, 或夜聖霊に感じ, 或夜蚊帳が吊っ, 或夜衣類を脊, 或夜裏長屋から一本, 或夜賊が入, 或夜遁げ出して, 或夜酔狂を以て鳴つ, 或夜重吉はもう, 或夜門さしたる後, 或夜鮎の瀬付, 或夜鰻を誂え, 或夢久しぶりで, 或大名のお抱え, 或大学寄宿舎に居た, 或大学生と芒原, 或大官の病, 或大寺の和尚, 或大工と懇意, 或大胆な決心, 或大藩の家老, 或夫人に由つて歌, 或夾冊子内経歳不枯取置沙土中以水澆之俄頃復活, 或遠なる, 或奥さんがこう, 或女ゾラの小説, 或女ニホレテ困ッタコトガアッタガ, 或女仕立屋の書いた, 或女優に言つた話, 或女友達のため, 或女學校の校長, 或女流作家が私, 或から少し, 或妓館の梯子段, 或婆さんが振撒いた, 或が教, 或婦人雑誌主催の文芸講演会, 或嫌疑が晴らされる, 或子供がよく, 或が分らぬ, 或存在周囲など明るく, 或季節の趣, 或学生さんが買物, 或学究の第一人者, 或安定が生じる, 或宗教上の必要, 或官職を抛った, 或実感で呼ぶ, 或がかの, 或客観力と経験, 或客観性を年月, 或客観的標準の定規, 或客車の踏み段, 或宴会へ招待, 或家さ瞽女がとまった, 或家庭へ傭, 或容易ならぬ悪, 或宿根草は舊根, 或寂しい町の, 或寒い朝の, 或だいだ, 或實業家から金, 或を買い, 或寺院の一室, 或対比ははっきり, 或小さいつまらないことについて, 或小家のところ, 或小屋にては白き, 或小村へ來, 或小橋を渡る, 或小説家がその, 或小雨もよい, 或少年が行方, 或山の上にさびしい, 或山中の宿, 或山国の町, 或山奥へ狩, 或山峡の村, 或山村の農夫, 或山林から枕木, 或山道に十二人, 或山間に生れ, 或山頂に立つ, 或れ道, 或島民は人, 或の烈しい, 或川添ひの, 或工學士の細君, 或巧妙な彫刻家, 或市場の人ごみ, 或師匠の意地, 或だけ円形線, 或平凡な男, 或年の暮れであつ, 或年の暮れ神保町の店, 或年上の宿屋, 或年下の友人, 或年以後の日本文学史, 或年來に天鵞絨, 或年元日の祝言, 或年北国を旅, 或年復た姙娠, 或年意を決して, 或年洪水に押倒, 或年浜田より人, 或年淺草公園の或, 或年清川玄道の家, 或年疱瘡が流行, 或年花の咲く, 或年財布を忘れ, 或年輩の骨董屋, 或年長雨で水, 或年雲飛用事ありて, 或年頃に達し, 或幸いがこの, 或幸福な朗, 或幸運にし, 或幽遠な世界, 或広々とした, 或広場の前, 或底力を得た, 或廢園の上, 或廣場後には神地, 或建築事務所に勤め出し, 或引手茶屋の女房, 或さが, 或弱りをあらわす, 或弱点に負かされ, 或張強弓以弦鋸其項或置小石於沸湯中, 或國との, 或強い力に, 或強制を以て人生, 或形状或性質, 或彫刻家などは大きい, 或影響を與, 或得意先へ持運ぶべく, 或得體の知れない, 或降りの, 或御大名のところ, 或御茶屋で新年会, 或復塚間露地居捨於一切, 或復讎或忠孝等, 或微かな身ぶり, 或微笑を禁じ得ないで, 或の發動現象, 或心もちは動, 或心強さを, 或心理的変化の上, 或必要な瞬間, 或られないよ, 或忠孝等の故, 或思いが来, 或思想上の主張, 或思想家なり学者, 或思潮の為す, 或な坂, 或急進的意見を持つ, 或性情二千六百年の長き, 或怪いもの, 或恐ろしい運命が, 或恐怖に襲, 或情景を見, 或情趣を添, 或意図のもと, 或意昧ではこういう, 或意義と作用, 或愚男が海, 或愛書狂に自著, 或愛蘭土の新聞記者, 或感傷とをもっ, 或感情情熱を持たぬ, 或感覚に触れる, 或慈善音樂會に於い, 或態度に突当つた, 或憎悪を感じ, 或憤懣の情, 或懇意な芸術家, 或懐しみに近い, 或扇屋で財産, 或手段を思ひついた, 或手筋の人, 或承認を獲る, 或技巧を感ぜし, 或に云, 或へがたい, 或この女将, 或抜裏へ一足, 或招待会の席上, 或掃除後のこと, 或提議に承認, 或擔保を提供, 或支那人の話, 或支配を受け, 或政治雜誌の記者, 或教会に籍, 或教會に籍, 或数個の源泉, 或数学の学校, 或は3, 或文化が形成, 或文化住宅の前, 或文壇の老大家, 或文学的内容はある, 或文学的潮流に対するより, 或文学的苦境を感じ, 或文學者の弟, 或文芸が志し, 或断面が現れ, 或新しい覺悟と, 或新式裝甲板にて櫻木海軍大佐, 或新聞記者に向, 或新進の豪傑, 或旅亭に着き, 或旅人が通り過ぎ, 或旅人宿の一間, 或旅僧が峠, 或旅先で悪友, 或旅商人が京都, 或旅行家の記事中, 或旅行用具或は其, 或旗下の家, 或旗亭へ往, 或日おとうさんと銭湯, 或日おれは檻, 或日お母様がお, 或日これで白縮緬, 或日どこがどう, 或日なにかのこと, 或日の出來事です, 或日の出會がよみ返つ, 或日ひとりの画, 或日れいのとほり, 或日わしが平素, 或日われはサンタ, 或日インドネシアの女, 或日エデインバラの市街, 或日エドモンド・ゴスが訪ね, 或日カルマン婆さんが見た, 或日ガスケル兄弟は商用, 或日ギンが湖水, 或日クレオパトラメリヤスのシャツ, 或日ケイコニ行ク道ニテ病犬ニ出合ッテキン玉ヲ喰ワレタガ, 或日ゲエテ街の安宿, 或日コクランがやつ, 或日タバコ屋の方, 或日テニスをし, 或日テル子といふおばさん, 或日トラングボムから加野久次郎, 或日ドゥイノでリルケ, 或日パリから二人, 或日フランスの兄, 或日ブーラールの書庫, 或日ホテルの窓, 或日ホームスさんのところ, 或日ポオル叔父さんは皆, 或日ユゴオの注意, 或日リルケと散歩, 或日ロダンさんからのお, 或日一しょに散歩, 或日一個の小さな, 或日一家を携え, 或日一新聞紙上にクロイドン陸軍飛行場, 或日一日中ちっともす, 或日一瓢をたずさえ, 或日一通の厚い, 或日七面鳥さんから手紙, 或日三の路, 或日三田が事務室, 或日上条の晩飯, 或日下宿の細君, 或日中嶋三郎助と云う, 或日主水は斯, 或日交叉点よりの本屋, 或日亭主と神さん, 或日仁科少佐は参諜本部, 或日今も良人, 或日今出川通りではたと, 或日今年は親類, 或日仕入れの爲海邊, 或日伏見の寺田屋, 或日会社の出がけ, 或日伯母の所, 或日伯父が六条, 或日伸子はそんな, 或日佐佐木からの電話, 或日何處かへ散歩, 或日健は朝, 或日偶然来て, 或日偶然八重洲口の駅, 或日偶然六阿弥陀詣の旧道, 或日僕達に顕, 或日優善は宴会, 或日元気の可, 或日兄栄次郎が鮓久, 或日先方の奴, 或日先生役所よりの帰途, 或日公判を傍聴, 或日其処の応接間, 或日其土地で一番, 或日其男がカシエル, 或日其處へ, 或日其都に二人, 或日其隣の何とか, 或日冨子が二階, 或日別の友達, 或日劍持がさう, 或日加藤弘之と今一人, 或日加野のところ, 或日勤務先に田原, 或日勿體ない程, 或日十風の眠つて, 或日千住ヘ行ッテ胴ヲタメシタガ, 或日午後五時頃から友人夫婦, 或日危く重大な侮辱, 或日厄介ものを棄て, 或日友を会し, 或日友人に, 或日友田は東京, 或日叔父さんは子供等, 或日古本屋ばかり並ん, 或日古賀と吹抜亭, 或日吉原ニワカヲ見ニ行ッタ晩, 或日同君が江戸川べり, 或日名古屋のお, 或日周禎は嗣子周策, 或日品川へ一, 或日商人某が柳原, 或日四五人の友人, 或日四方に散り行きぬ, 或日四郎は只一人, 或日国仙和尚は良寛さん, 或日圖書館で讀んだ, 或日土蔵番の者, 或日圭介は丸の内, 或日塩谷判官高貞が良, 或日増田が例, 或日壮助はまた, 或日夏がくらい咳, 或日夏姫の家, 或日外山正一氏から一寸, 或日多田氏の平生窟, 或日夢を見, 或日大根の所, 或日天気が悪, 或日天長閑に晴れ渡り, 或日天香さんと話し, 或日太郎はお母さん, 或日夫人が私, 或日奥さんお嬢さんそれに女中, 或日奥平の屋敷, 或日女が丸, 或日女人魚はこの大した, 或日女房にこう, 或日妾は一日, 或日婆あさん, 或日婦は薪, 或日子供が自身, 或日孫悟空に向, 或日宗右衛門は生来, 或日宗春は軽装, 或日定例の袋敲き, 或日定基にむかっ, 或日室生は遊び, 或日宿のお, 或日寄宿舍の窓, 或日富士川さんの家, 或日小使がやつ, 或日小林さんの経営, 或日小雪のちらつく, 或日少女の母, 或日屋根裏へ昇つて行つてキキイ, 或日山に入り, 或日巳代吉は手頃, 或日巴里から手紙, 或日市中の芸妓, 或日市場からの帰り, 或日師の金百両, 或日帰つて五百に謂, 或日帰途に弁天, 或日平次はかう, 或日幸坊が学校, 或日幼王が此石像, 或日庄吉は堅吉, 或日店のもの, 或日庭先から梢, 或日弟が呉れ, 或日志丈が尋ね, 或日思い出の一番奥, 或日急に思, 或日悟空は虱, 或日惠梅比丘尼は山, 或日愚老此寺へ参詣, 或日憤怒の余, 或日成瀬はふとした, 或日房奴は我, 或日所長が事務所, 或日手島良助というもの, 或日抽斎が, 或日斯う云って, 或日新小岩の町, 或日旗本伊沢の墓, 或日旗行列に参加, 或日日向守は腰巾着, 或日旦那様は銀行, 或日昔の屋敷跡, 或日春三郎の枕許, 或日昼餉を終える, 或日普請場で棟梁, 或日暮にわし, 或日暮れにあぜ道, 或日曜一日東京中を歩い, 或日會社の歸, 或日望月さんらが白, 或日木戸を通る, 或日未明に一隊, 或日本人の言葉, 或日本東京の少女, 或日本郷に居る, 或日本郷通りの雑誌店, 或日村から出, 或日村外れの青葉, 或日東堂が役所, 或日柏軒抽斎枳園等が榛軒, 或日栄蔵は家, 或日椅子に腰かけ, 或日植物見本としてご, 或日楼の窓, 或日榊原公が山猟, 或日槇と一, 或日武助さんはまた, 或日武将達が集っ, 或日水の中, 或日永井荷風君から電話, 或日決心して, 或日治部は家来, 或日波江に逢つて, 或日津藤が禅超, 或日浜口君が学校, 或日海上で破船, 或日深川の町はずれ, 或日渋江抽斎の次男優善, 或日渥美の主人, 或日源太が不在, 或日澤庵和尚は千代田城, 或日瀧口閼伽の水, 或日燿子はそっと, 或日父につれられ, 或日父母に従って馬車, 或日爺やたち, 或日爺さんと婆さん, 或日片肌脱の父, 或日牧柵を潜り抜け, 或日猟人の生れた, 或日獨逸の友達, 或日獨逸文化研究所に, 或日玄関に人, 或日珍らしく午, 或日珠運に向っ, 或日用達に参っ, 或日田原さんは妙, 或日畑に出, 或日病院の方, 或日発作を起し, 或日白隱が一つ, 或日皆なが, 或日目科は当時, 或日相携へて大, 或日相沢は尋ね来, 或日相澤は尋ね, 或日知己の幕人, 或日石橋が来, 或日神主は谷, 或日祭礼のあった, 或日秋の日暮れ, 或日立寄つた茶店の老婆たち, 或日立山に猟, 或日竹田は郊外, 或日箕輪の内儀, 或日精舍の奪掠, 或日精舎の奪掠, 或日素戔嗚が宮の前, 或日細君が, 或日細川は学校, 或日細川潤次郎が私, 或日細木は榛軒, 或日絵の具を溶い, 或日編輯室で忙, 或日編輯局で私, 或日繪の具, 或日翁から一封, 或日老僕先生の家, 或日肥後七左衛門が不意, 或日自分は何時, 或日自身がくさくさ, 或日舅が斯ん, 或日與吉が行つた時, 或日與田先生が興奮, 或日良人に対, 或日芥川の書斎, 或日若僧が二三人, 或日葛の葉が縁側, 或日蓮見が藤子, 或日蔵書を整理, 或日藪の中, 或日藪柑子數本をいろ, 或日蘭軒は一病者, 或日行き馴れし近, 或日裏庭の茅葺小屋, 或日裔一の内, 或日西の風, 或日試に體温, 或日話のついで, 或日語学の教師, 或日諏訪部ガ来テ常盤橋ニテ明後日狐バクチガ有ルカラオレニ一ショニ行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, 或日謎は解けた, 或日貞白は柏軒, 或日貴婦人が女中大勢, 或日貸家札を眺め, 或日賀古氏から私宛, 或日趣味に関して人, 或日身づから病院, 或日軒端にけたたましい, 或日近くの桂庵, 或日途中でふと, 或日遊びから帰つて, 或日道綱は往来, 或日道頓堀の雑踏, 或日遠出の客, 或日遠賀と稲荷, 或日部落の人達, 或日郵便局長ミハイルアウエリヤヌイチは中食後, 或日郵便局長ミハイルアウエリヤヌヰチは中食後, 或日重助は少し, 或日金井君は教場, 或日金沢の士, 或日金澤蒼夫と云, 或日銀座で泥酔, 或日鑑三郎は現住所福島市大町, 或日阿部家の女中, 或日陳山茶が金花, 或日陸の清書, 或日雨宮紅庵といふ昔馴染, 或日雨降り出だせし時, 或日雪に埋った掘, 或日電灯会社から, 或日青木さんがお, 或日青石横町の角, 或日静かにし, 或日非常な心細い, 或日風葉葵山活東の諸子, 或日食事の時, 或日食堂への行きずり, 或日養家を訪問, 或日養父とごたごた, 或日馬に乗った, 或日驟雨が晴れ, 或日鶉がひよつこりと, 或日鶯は, 或日鶴さんは一日, 或日黄金丸は用事, 或旧家の猟, 或旧記も同じく, 或早春の夜, 或早朝のこと, 或りの, 或昆虫の分類, 或春先の日曜, 或或誤, 或時これを見付けた, 或時ぼんやりさせて, 或時よその年寄, 或時わたしに言った, 或時われは詩稿, 或時アーサ王が悪者, 或時イプセンの書斎, 或時エヂウォルスがこの, 或時カランが陪審官, 或時キキイ自身がおれ, 或時コネクチカツトの議員, 或時コロボックルの女子貿易, 或時サローンに這入ったら, 或時シュレーデル氏から長い, 或時スリイヴリイグに近い, 或時ディオクレスは敵軍, 或時ピエルミ氏に, 或時フト竹釘に懸け, 或時マダム平岡に舞踏場, 或時ライオンが一疋, 或時レオナルドが例, 或時一少年からの手紙, 或時一首の和歌, 或時三十分たっても, 或時三藏が聞く, 或時上官から大石, 或時不審して, 或時不意に紛失, 或時世界各国の風俗, 或時九段の角力, 或時二人がかりでこしらえ, 或時云ひました, 或時五百にこう, 或時井口は其不敬, 或時京都に火事, 或時亭主の留蔵, 或時亭主殺しの疑い, 或時人間に人間, 或時仁徳天皇が吉備, 或時今度は自分, 或時代人として時代, 或時代文人は貧乏, 或時代革命のこと, 或時仲善しの, 或時何処かで見た, 或時余は客観的, 或時係官がお, 或時保胤は大, 或時健康状態で脈搏, 或時傍の骨格, 或時傷を得, 或時優善は松川飛蝶, 或時八條堀河の御堂, 或時其婆さんが一口吸, 或時分にある, 或時利根川へ魚釣り, 或時勝手許に通ろう, 或時医者のチヤツク, 或時十風は夜遲, 或時博文館の, 或時原口は田原さん, 或時又その倶樂部員, 或時又ペツプやチヤツク, 或時友達と二人, 或時叔母さんに智子, 或時句作をする, 或時吉原の玉屋, 或時吉野の主人, 或時同人の一人, 或時同所御座敷ニテ大草能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト, 或時咲子は意地, 或時問答をした, 或時喜太郎の新居, 或時四つ又に, 或時四郎は父, 或時城の外, 或時塾を出で, 或時増田の留守, 或時士官学校の前, 或時夏の日, 或時外敵にせめられ, 或時夜更けに法然, 或時大殿様の御, 或時大殿樣の御, 或時大臣を左右, 或時天台智者大師の本意, 或時天皇遊行しつつ, 或時太夫晏子に向っ, 或時夫婦連れで一日家, 或時奥平藩の家老, 或時女中にあの, 或時女中部屋で長く, 或時女教師はどんなに, 或時女王が海賊, 或時女達に向っ, 或時好条件の株, 或時委員の一人, 或時安井が其奴, 或時宗右衛門が家庭, 或時宮内省からのお, 或時家に帰っ, 或時家光將軍に申, 或時家内の留守, 或時家内太夫は, 或時寂心は横川, 或時小園は新吉, 或時小島宝素と辻元, 或時小店で遊ぶ, 或時少年は先生, 或時市中より何, 或時延子はさ, 或時当世の文人, 或時彼女は餅, 或時彼等の一人, 或時往来繁き都, 或時志賀直哉氏の愛読者, 或時忽然ヨオロッパの都会, 或時忽然ヨオロツパの都会, 或時思いも寄らず, 或時息子に言った, 或時惡戯好な兼博勞, 或時慈眼房の前, 或時戸沢は公事, 或時手狭な家, 或時播磨の信寂房, 或時新来の駐在所巡査, 或時新聞社から電話, 或時日は暮れ, 或時日曜日の朝向島, 或時旦那さまは髯, 或時明日の申, 或時春三郎は何となく, 或時是真翁, 或時暁かけて, 或時暗黒の中, 或時書生さんがお勝手, 或時曹再興をし, 或時最勝講の聴衆, 或時月輪殿で叡山, 或時有名な掏摸, 或時朝っぱらから飛ん, 或時期以後の語尾, 或時期以後生活の形, 或時期誰彼に対する自分, 或時机の上, 或時東京へ戻る, 或時東大寺に参詣, 或時松倉権助という士, 或時梅野博士が其, 或時椿岳がフラリ, 或時横須賀から東京, 或時櫻木大佐に此事, 或時此奴が自分, 或時此話を十風, 或時歳時記の中, 或時殺人罪を犯した, 或時母自身の口, 或時氏郷の懸, 或時氏郷邸で雁, 或時法隆寺の僧善, 或時浅草辺で五人, 或時海から上り, 或時海辺へ仕事, 或時深山に入り, 或時父兄の前, 或時牛乳搾の, 或時牧互秀先生門下の二三名, 或時狡猾な人間, 或時獅子に虐待, 或時獨逸の新しい, 或時獵に出, 或時王の息子, 或時珈琲店で落合つた悪戯, 或時生前其の人, 或時生活に対する強, 或時病人は云, 或時病気でなやん, 或時知名の蔵書家, 或時石河の瀬見, 或時祖父が僕, 或時神地上を巡行, 或時神明館の横, 或時神様は汝, 或時神田孝平が私, 或時私等一二人の間, 或時稲葉一鉄が来, 或時窃盗事件の審問, 或時窓の外, 或時筆者は稽古, 或時籠に近く寄つて, 或時素人連の女, 或時細君は亭主, 或時紺飛白の筒袖, 或時継母は父, 或時群盜に遇う, 或時義雄が見舞, 或時翁と新聞社, 或時老人が熊, 或時聖光房法力房安楽房等の弟子達, 或時肌に着けられ, 或時舎生に親, 或時英人であったか, 或時英文を作つて, 或時茂左衛門会所に独り閑然, 或時草庵を立ち出で, 或時荷物は背負つて, 或時蓬亭に熱心, 或時蘭軒が病ん, 或時蟒が遊び, 或時行かむと, 或時被告となっ, 或時親友の一人, 或時言つた, 或時詩の中, 或時談此の事, 或時谷畠の里, 或時身寄を頼っ, 或時近所の今, 或時近臣の者, 或時近親の娘, 或時近頃は忙, 或時返事が少し, 或時邂逅った時, 或時釣をし, 或時長屋の隅, 或時長頭丸即ち, 或時阿弥陀経転読のこと, 或時雑談が鼻, 或時雜誌の方, 或時雨の渡つた夜, 或時雪の降る, 或時電話をかける, 或時震へながら私, 或時風と戦つて, 或時風邪を引いた, 或時飯田町の三畳, 或時餘りに, 或時魔子がイツモ, 或時鶴戯に二個, 或時黄金丸を膝近く, 或時黒暗澹たり, 或時齊の宣王, 或晩だれか, 或晩ほんたうにサロメ, 或晩わたしが或, 或晩イワンは牢屋, 或晩ジョオンズ君が, 或晩マオが何氣, 或晩ユウゴオの宅, 或晩一番美しい女, 或晩主人がちょっと, 或晩伯爵の心配, 或晩余は帳場, 或晩信一は絹子, 或晩偶然に見た, 或晩勘次はがらつ, 或晩十一時も既に, 或晩十時頃まで色々, 或晩古賀がお上, 或晩和田垣博士と僕, 或晩地主ノオマエサマガ忍ンデ来, 或晩地震が来た, 或晩多勢の人, 或晩夜廻りが倫敦, 或晩夜襲の命, 或晩女中の居ない, 或晩安井が一人私, 或晩庫裏の大戸, 或晩弓張提灯など勿体らしく, 或晩成瀬と二人, 或晩戸を締め切っ, 或晩松田が相談, 或晩柏軒が多紀, 或晩森のまん中, 或晩楽友館の広間, 或晩母が伯母, 或晩気た, 或晩気弱者のお, 或晩氣弱者のお, 或晩清之介君は帰宅, 或晩爺さんに何, 或晩玄関に客, 或晩男が夜道, 或晩番人のお, 或晩百合子は不, 或晩皆で茶の間, 或晩祖父は斯ん, 或晩竜子は母, 或晩細君は落ち着いた, 或晩美奈子の実家, 或晩舞台で稽古, 或晩芝居へ行ったら, 或晩蕎麥屋で二合餘, 或晩薪や麁朶, 或晩蝦蟇をうつ, 或晩近江医学士が偶然専門, 或晩酒保から源氏豆, 或晩閣下が独り言, 或晩風呂を貰, 或晩風雨に紛れ, 或晩香之助, 或晩高橋が一人私, 或晩龍馬と二人, 或晴朗な日, 或暗澹たる一家, 或に私, 或暮れ方余り身なり, 或暮年の頃廿五六, 或暮方の事, 或暮方僕等は一ノ宮, 或暮方菜穂子は用事, 或暴徒がおそっ, 或曇った冬の, 或曇り日の, 或曇天の午前, 或曰エヴァと, 或曰オデリジはフランコ, 或曰カルカブリーナと, 或曰キケロの, 或曰シエーナの町, 或曰ダンテ自身よくグイード, 或曰チヤッコは一二八六年, 或曰トロイアは町, 或曰ピエールはこの, 或曰俗語の謂, 或曰兄弟等は侶, 或曰六日と七日目, 或曰天と, 或曰廣く偶像信者, 或曰聖靈の七, 或曰黒黨の士卒, 或曲り角で石ころ, 或書かたとして研究的, 或書云高市連黒人と注せられ, 或書家なり画家, 或書房で詩人マラルメ, 或書生のハガキ, 或書籍中日本の事, 或月あかりの夜, 或月齡の時, 或有三十三所順禮行者打簡とみ, 或有力なる軍器, 或を持っ, 或望遠鏡を彼, 或望遠鏡製作所に居る, 或朝おれの所, 或朝そこから直ぐ, 或朝アパートの寝台, 或朝アムブロアジヌお婆, 或朝ガラツ八の八五郎, 或朝テントの中, 或朝万太夫座の道具方, 或朝三田は紺サアジ, 或朝偶然大真理, 或朝千代子は義雄, 或朝妻は赤児, 或朝家の外, 或朝按吉はふと, 或朝日の出る, 或朝村の小屋隅, 或朝洞穴から子供, 或朝父の小言, 或朝珈琲を飮, 或朝田辺校長が腹, 或朝石川の下宿, 或朝窓枠にのせた, 或朝紅葉を飯田町, 或朝自分が未だ, 或朝菜穂子は床, 或朝親爺は, 或朝道綱に無理, 或朝鏡を見る, 或朝非常によく, 或朝頭中におでき, 或朝食事の時, 或期間勤め上げると, 或期間小説をかき, 或期間山籠りを, 或期間持続せられ其間, 或期間此風の吹き溜り, 或期間禁欲生活をする, 或期間部落民の間, 或期間魂の生死, 或朧月夜を詠んだ, 或木曜日の晩, 或未亡人などは日本, 或未知の世界, 或本歌に, 或本歌一首というの, 或本質的な意義, 或毎訊究獄訟, 或東京新聞の記者, 或松の内の事, 或松の木から他の, 或松山へ登っ, 或果物問屋の娘, 或の上, 或い物, 或株屋の店, 或案内者に申すべき, 或の中, 或植物は漸, 或植物学者が花, 或の赤い, 或まつた目的, 或極めての寒村, 或極度の發達, 或極端なる公羊, 或極限まではかくして, 或楽しみをもっ, 或構想がはっきり, 或樂曲を社會, 或標準の上, 或権利でも其の, 或横町である, 或が流され, 或機会螽を喰, 或機會からこの, 或機會螽を喰, 或機関がある, 或機関手を或, 或機関車へ乗らせる, 或欠点に気がついた, 或正しいカンでも, 或正直さなどを話し, 或武士が仇打, 或死体の顔, 或然至其相, 或残暑の厳しい, 或殺人犯人の言葉, 或殿が領分巡回, 或殿上人の車, 或気分を表し, 或気持から考えられた, 或氣持を有する, 或に浴する, 或決定的な転向, 或決心をし, 或決意をうながされ, 或を遡っ, 或法則的に用, 或法科の学生, 或洋品店の贈り物, 或洋服店へ住, 或洋画研究所に油画, 或洋酒問屋にいる, 或洋間のたたずまい, 或洋食店に行く, 或活動の後, 或派出婦会の接待婦, 或或杖, 或海軍将校はかう, 或海邊の旅舍, 或が湧く, 或淋しい山寺に, 或深い苦痛を, 或深夜のこと, 或混氣のない, 或清吟小班, 或清算した後見ゆ, 或渠流を引い, 或温泉にゐる, 或温泉場に着いた, 或源泉は附記, 或滑稽味が伴っ, 或漂流巨海竜魚諸鬼難, 或漢學者から聽, 或火山からはヘリウム瓦斯, 或火災の場所, 或火葬場へ走っ, 或炭山には今, 或炭鑛の無煙炭, 或点これは自分, 或点ダラクして, 或点却つて卵の王, 或点大変リアリスティックですが, 或点強靭であるし, 或点感服します, 或点苦痛を克服, 或点訣るところ, 或為収生或為整骨, 或學な, 或無位の侍, 或無駄話の一節, 或熱心な女, 或片側道の粗末, 或片腹痛さであり, 或牧師の顔, 或物件又は或, 或物品を附けた, 或物好きが十八世紀, 或物悲しく曇った夕暮, 或物置小屋の砂埃, 或物識りの説, 或物質を注射, 或物質主義者の信条, 或物體をできるだけ, 或特性を表し, 或特色があります, 或状態を句, 或狂信者のポルトレエ, 或狂言作者が巧, 或独特な箇, 或い既成概念, 或猛者の如き, 或猟師山深く分け入り, 或は赤, 或獨逸語の先生, 或玄人上りの細君, 或王さまのところ, 或王様が宮廷, 或理解をもっ, 或琵琶彈きの家のさき, 或瑣末なこと, 或さに, 或趣を, 或生活から踏み出させ, 或生活面のテクニック, 或生温い曇天の, 或産婆の手傳, 或用漢唐伝疏或用宋明註解, 或田舍の町, 或由緒のある, 或男中年自分が若い, 或男女の仲らい, 或町裏を通り, 或に賛, 或了普学書於真栄以其善書世亦, 或疑問を髣髴, 或病棟の二階, 或病氣を急激, 或病者に快癒, 或痛みを感じる, 或百姓の家, 或百姓家の庭, 或百年或八九十年, 或を見, 或目印の處迄ちやん, 或相当の出版業者, 或相手と組ん, 或に奉職, 或省ニハ殊更ニ投, 或省察をいだかしめ, 或看護婦がお, 或の書記官, 或真似がたい鷹揚さ, 或真夜中にお, 或真夜中お松は子供達, 或眼つきを形容, 或瞬間情熱の爆発, 或知られざるもの, 或知性が人類, 或短い時間が, 或短歌的情調の為, 或の利器, 或研究をし, 或硝子屋へ懸けあい, 或確かなもの, 或確信を与える, 或礼儀などに固執, 或社会の種的形成, 或社会人としての力量, 或祝祭で法王, 或神事舞踊に附随, 或神人の間, 或神功皇后が仲哀天皇崩, 或神来の力, 或神秘的奇怪さあり, 或神話論者が此点, 或祭日を期し, 或禁制を破りし, 或禅僧詩の事, 或禅寺の住職, 或ひを, 或としての問題, 或私立中学の校長, 或私立大学の学生, 或私立学校を卒業, 或私設の展覽會, 或秋晴のつづいた, 或科学的実験をやっ, 或今斗, 或まで心, 或程君を叱つたつ, 或程度刺戟されるの, 或程度勉強しなくては, 或程度私の感覺的, 或程度自由をのばし得, 或程星火榴彈に一次一發, 或種族が他, 或より地中, 或空き地を愛し, 或空洞の中, 或に赤い, 或立派な家, 或竝木のある, 或範囲に於, 或篆刻家は, 或米国人から聞いた, 或粉薬を飯, 或精神的薄明り, 或精神的危機に佇ん, 或素封家の婿, 或細心な会員達, 或紳士の拝まれたる, 或の果報, 或統一を保つ, 或絵葉書屋を漁つて, 或經濟的報酬を齎す, 或で彼我一致, 或編輯は自分, 或緻密なる機械, 或に於い, 或缺點を伴, 或を以て職, 或罪人が己, 或罪悪を犯すべき, 或置小石於沸湯中令所競者探之, 或置蛇瓮中令取之, 或美しき説話に, 或美術談罷呼茶, 或義士の一撃, 或耀やかしき境地, 或老人ガ教エテクレタガ世ノ中, 或老妓の言った, 或老翁之を見, 或考えを払いのけ, 或考えかたがちょい, 或者たちはそれぞれ自分, 或者ハ温厳兼ネ備ヘタル秀麗, 或者ハ國境ヲ超越シタル大社會, 或者ハ此非難ニ對抗センカ爲メニ個人ノ名, 或者地に歸, 或者曰く南方の水軍, 或者村役人宅前抔, 或聯想を従, 或聯隊に軍曹, 或能役者がカゲ清, 或脳髄の上, 或のすぐれた, 或腰掛茶店に立寄った, 或自信に到達, 或自尊心の為, 或自殺希望者はその, 或興奮に似た, 或航海學の本, 或を與, 或芝居へ行った, 或苛立たしさを, 或若者年上の女, 或苦痛である, 或英人の病院, 或英吉利人の客間, 或英雄神の出生譚, 或茶亭に休憇, 或茶屋を思ひ出した, 或茶話會があつ, 或華族のお, 或落ちつきがあった, 或著しい部分を, 或蒐集家のところ, 或蔵人の五位, 或蕎麥屋の出前持, 或蕎麦屋の出前持, 或蕪雑さに心付い, 或藝者に夢中, 或藝術的價値がある, 或はとり, 或虫その他心配で迚, 或螺旋形を描く, 或にアラス, 或行き詰りを持ち始めた, 或行動を拘束, 或行為に就, 或衝動を与え, 或悪人逐, 或裁縫學校へ再び, 或裏町を歩い, 或裏通りにある, 或補充を求める, 或製作をとら, 或製作品或樂曲, 或製本屋へ頼む, 或要求と歓楽, 或見ゆべき原因に, 或見地をもった, 或規道を廻り, 或親切な人, 或親孝行と評判, 或親族の骨, 或親爺が河童, 或角度へ来る, 或を聴く, 或言句からというの, 或計画がなされ, 或記憶の連想, 或記憶感情豫想追念, 或記録による, 或許されたる小範圍, 或訳書の序文, 或で既に, 或詩人會へつれ, 或話村松梢風の或, 或とかの回想, 或語根がつい, 或誤謬の存するある, 或説礦業或美術, 或読或耕だとにかく, 或課題のむづかしき, 或諧調のある, 或諧謔を思ひついた, 或諫曰子既, 或諸君よりは御, 或謔浪笑罵, 或識者は, 或警告を与へ, 或谷間へつれ, 或象徴に用, 或豪農の若旦那, 或貞婦を殺し, 或負担をし, 或責任と義務, 或夫人が, 或貴族が彼, 或貸席に開かれた, 或資金を貸し, 或かな酒場, 或質店の店さき, 或賭ものの中った, 或趣向が主, 或りが, 或身縁を頼り, 或軒下へ着いた, 或転化の迹, 或辯護士のおや, 或辻角に出た, 或近在に玄鶴, 或退職軍人が坊主, 或或不, 或通りへ近く洋物店, 或通信社へ這入り, 或通学生がにや, 或進化の途中, 或逸話はお, 或悪羅刹, 或遊師子國勸接有縁とあり, 或遊牧民上りのアラビア人, 或過剰があります, 或道會議員から少し, 或遠縁のお婆さん, 或遭王難苦臨刑慾寿終念彼観音力刀尋段々壊, 或選択を試みる, 或へ, 或郡司の息子, 或郡縣を失ひ, 或部分等は全く, 或部落に家毎, 或郵便局長はその, 或都市で相, 或都會の水道建設費二百寓圓, 或酒宴で柏木, 或酔後夜行途次往々顛, 或醫學生が墓場, 或醫書を取り出し, 或醫者がかの, 或さを, 或野心を包藏, 或金屬の合成, 或金持の隱居, 或金細工師の店, 或金貸から借りた, 或金貸しから今朝十圓, 或鉄橋が崩壊, 或銀行へ勤め, 或鋳型の中, 或錯覚を思い出した, 或鐵鏃或骨鏃, 或鑵詰問屋の主人, 或鑵詰屋へ縁, 或長病に苦しんだ, 或長雨の続いた, 或限りある, 或階級的人間の姿, 或障害に遭遇, 或集会で十, 或雑木林の片, 或雑貨商の家, 或雜誌記者が博士, 或難い謎を, 或雨上りの朝, 或雪ぐもりの日ふいと, 或雪上りの午後, 或雪後の朝, 或電気工場の持主, 或電灯会社につとめ, 或電車の運転手, 或震えというもの, 或霊力を発散, 或曇りに, 或の深い, 或露西亜人の半身像, 或実際を, 或面魯鈍であり自然, 或音楽をきく, 或音樂講習所の生徒, 或音響が配合, 或を朗々, 或から満里子君, 或をもっ, 或の下, 或類似からよく, 或類型的な祭り, 或類属の, 或風情を認め, 或飢饉の年, 或餓鬼大将にいじめられ, 或をかぐ, 或骨董店で昔ヴニズ, 或骨鏃所有無與, 或がある, 或高原のサナトリウム, 或高原療養所が選ばれた, 或高台一方は長い, 或高等専門学校の生徒, 或魔術的な幻惑, 或鮮明なる色, 或鴉おのれが人物, 或黒奴縄に攀じ, 或點迄の進歩, 或の中