青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「我国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

成立~ 成績~ ~成長 成長~ ~我 我~ ~我々 我々~ 我が~ 我儘~
我国~
~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争

「我国~」 1311, 14ppm, 7880位

▼ 我国~ (676, 51.6%)

9 学者は 5 田舎の 4 ように 3 と同じ, に似, 取引を, 同様な, 外国貿易の, 大都市や, 婦人の, 学者が, 方が, 習慣では

2 [34件] と同様, よりも遙, 一切の, 人々が, 人は, 人口が, 人口を, 力と, 労働者が, 古神, 商人の, 商工業は, 国富の, 場合で, 大都市の, 女性の, 婦人は, 子供が, 子供達のと, 学生が, 山名に, 工業は, 批評家に対して, 文化は, 昔の, 普通の, 歴史を, 港が, 独立を, 現在の, 現状においては, 穀物と, 通貨が, 都市では

1 [560件 抜粋] あたり前の, あらゆる地方都市, ある戯曲家, ある町, ある種, いずくに, いわゆる天狗, いわゆる政治家, お嫁さん, かかる軍備, かくも, ことを, それと, それと同, ために, ため悲しい, とこよにも, とは全く, と大差, と違う, は先ず, ものの, ものより, ものよりも, よりも優れた, よりも良い, よりも花, より小さい, アルファベットに, アルブレヒト・ドュウレル学び, カンテロープ, サクラに, サクラの, ジョンソンなる, トランプ札と, ニュートンとも, ハーミット・スラッシの, バンジョーや, ピクニックや, プロレタリア文学も, ペンあるいは, マルキシズムさえが, ヤナギ類について, 一サックすなわち, 一大峡流である, 一年間の, 一般人民の, 一部には, 七反余, 万力とかいう, 万年筆の, 三・一五四・一六の, 上古と, 上品で, 不足の, 中流婦人は, 中部地方に, 事を, 事実形跡に, 事情に, 二大, 五反余, 人々にも, 人々は, 人々も, 人たちは, 人の, 人口問題が, 人口増加に対し, 人口食糧問題が, 人年来恩遇を, 人貴国留居の, 人跡稀なる, 今日ある, 今日の, 今日まで, 伊勢あたりで, 伝統的精神との, 伝統的精神を, 体育は, 価格が, 価格騰貴の, 保有せん, 保食神の, 俳諧は, 倭寇の, 先覚者たちに, 光を, 公論に, 兵士は, 内に, 冥府の, 冬は, 出生の, 利を, 利益は, 制度の, 剰余分は, 剰余栽培は, 劇場で, 労働と, 動物虐待防止会式の, 博物館では, 印刷屋の, 印刷所で, 及ぶ処, 古い五セント銀貨, 古い仏像, 古い小屋, 古代において, 古代民族にも, 古俗, 古俗では, 古制と, 古物商が, 古神学, 古語いつ, 古語稜威と, 古諺に, 古風な, 古風ばかり, 司法官が, 各地に, 各地において, 各所で, 同じ階級, 名声を, 名山富士に, 名誉だ, 商人は, 商工業に, 商工業及び, 商業が, 商業は, 商業及び, 商業的競争国が, 困窮は, 図書館には, 国体の, 国立国会図書館も, 国防の, 園芸家が, 土の, 土地が, 土地と, 地方都市の, 地質を, 坂にあたり, 場合, 場合よりも, 墓地に, 増加する, 変態葬礼は, 夏の, 夏山の, 多きに, 多紀氏に, 多額の, 夜具の, 大きな店, 大きな都市, 大に, 大作家, 大勢を, 大学でも, 大学に, 大学の, 大学生の, 大工が, 大工の, 大工も, 大臣達が, 大衆作家は, 大衆文芸で, 大衆文芸と, 大衆文芸の, 大衆文芸は, 大道講釈の, 大部分, 大都市においては, 天皇が, 奏楽を, 女子教育が, 女子最高学府の, 女工八十万の, 女性が, 女性に, 女流作家の, 如きもの何処, 如き一等国, 如き国, 如き極めて, 如く婦人, 如く甚, 如く甚しき, 如何なる都市, 姿を, 威厳を, 婚礼は, 婦人が, 婦人とても, 婦人には, 婦人も, 婦人労働者は, 婦人界における, 婦人運動が, 婦人運動の, 婦人達が, 婦人達と, 子供に, 子供達みたいに, 子供達も, 学問の, 学校児童の, 学校園に, 学生の, 学界に対する, 学界は, 安い壁紙同様, 官民が, 宜しく学ぶ, 家事は, 家屋に, 家庭に, 家畜の, 家禽や, 密集した, 富すなわち, 富の, 富は, 将棋で, 将棋よりも, 小学校の, 小村では, 少壮学者たちの, 屋根の, 屋根板釘の, 屋根葺き, 山の, 山地の, 山岳景観中に, 山東出兵それに, 峠に, 工匠たちが, 工場や, 工業品に, 工業家と, 市井の, 帝の, 常道中頃武家が, 年死亡の, 幸運な, 店先きで, 建築に, 建築家が, 弐円弱に, 往来喧嘩を, 御守護神, 徳川時代における, 思想から, 思想界には, 急進派婦人を, 怪談という, 手動ポンプに, 手風琴師に, 批評家を, 捕物作家諸氏の, 政府と, 政治という, 政治界経済界科学界に, 救済調査会の, 教育の, 教育制度を, 教育者は, 教養が, 文壇は, 文壇を, 文学にとっては, 文学は, 文学を, 文学漸く, 文学界が, 文学者が, 文教の, 文献には, 文禄元年西暦の, 文芸として, 料理ほど, 新聞にも, 新聞紙の, 新聞記者に, 新興勢力たり, 日本画壇では, 日本画壇に, 明治維新も, 暫く前, 書物では, 最も普遍的, 最大の, 有名な, 有様では, 有様に, 有様は, 木屋は, 木彫と, 本草学者などは, 本草学者は, 村の, 林檎の, 桃山式を, 植民地と, 植民地独占と, 植物を, 横笛より, 歴史に, 歴史には, 歴史は, 殉死は, 民譚飜訳者の, 気象を, 気象学者の, 江戸時代は, 江戸時代よりの, 沙翁と, 河川で, 沿岸に, 沿岸及び, 法令の, 洋画界には, 洗礼名つけ式みたいな, 消防夫に, 消防夫のとは, 渓谷の, 温室で, 温室に, 漁夫が, 漁夫も, 演劇を, 焼跡に, 牛と, 牛の, 牛乳鑵みたいに, 牛馬の, 牢獄や, 物の, 物価に, 特有な, 特色の, 状態では, 狂人病院で, 狂言風な, 独占と, 猫騒動などという, 獅子舞については, 獅子舞は, 現下の, 現代の, 現在において, 現情, 現状では, 現状に, 現行の, 球糖菓も, 生産力を, 生産物が, 生産物である, 産でも, 男の子達と, 男子に, 男子の, 発音の, 登山界には, 白箸翁の, 皇室は, 皇道には, 真実剰余生産物または, 睡蓮に, 知識的で, 社会を, 神の, 禁止や, 科学方面に, 科学界の, 科学界は, 科学者は, 租借地外である, 移住民が, 移住民に, 穀物に対する, 穀物の, 空には, 箒と, 精神其物である, 紙幣の, 紡績工場に, 経済界をも, 絵で, 綿工業は, 綿製品が, 美術批評界には, 美風を, 義犬伝説には, 羽衣説話は, 習礼では, 耕作と, 耕作は, 聖人なり, 職工や, 職業的都市住所姓名簿製作人が, 胡瓜に, 能力は, 膳部におけるや, 自然主義作家を通じて, 船毎年長崎に, 芸術が, 芸術家は, 若い僧達, 著作権法は, 著名な, 著者の, 葬儀に, 蒸気機関や, 薬種で無からう, 蚯蚓に, 蛇妖は, 行行子である, 製造業における, 製造業者達は, 西部諸州に, 要路要路の, 言語上に, 記録に, 記録簿から, 記録簿に, 詩に, 説話の, 読者層に, 誰人にも, 諺なり, 講和委員たちが, 講演制度に, 警察の, 議事堂に, 議会では, 豆打も, 負債が, 貧弱な, 貨幣の, 資本が, 資本は, 資源が, 跳びはね人形, 軍備が, 軍勢が, 軍隊で, 軍隊は, 農夫も, 農家における, 農村に, 農村地方の, 農村教区一般の, 農業に, 農業状態における, 近海にも, 通俗小説の, 通名と, 通常の, 連枷は, 過去の, 都会でも, 都市と, 都市人口の, 重量で, 金に, 金庫の, 銀価の, 銀行制度の, 鍛冶屋が, 鍛冶屋で, 鎖国制度の, 雀より, 雲助にも, 青年には, 静かな, 非常時は, 音楽と, 音楽の, 領事館や, 風俗に従って, 風習では, 飛行界の, 養蚕地に, 馬車屋が, 駅馬車も, 鳩の, 鹿舞と, 鹿踊は, 麦に, 麦畑に, 麻紐ほどの

▼ 我国~ (132, 10.1%)

14 於る 9 於て 7 於ても 5 於ては 3 来て 2 あっては, ありそして, あるの, 入って, 渡来し, 輸入され, 輸入された

1 [80件] ありかつ, ありては, あるかを, いて, いるの, いるもの, いる普通, それと, 二〇ないし, 二十三夜様という, 伝へた, 伝わったの, 伝わりしこと, 伝わりしは, 伝播する, 入り来ったこと, 出たという, 出たら我れこ, 出兵を, 初めて自転車, 及ぼす影響, 取って, 同様の, 固有なる, 在ったの, 在る所, 報ぜられて, 多い言語伝承, 多かった奉, 存し, 存在し, 存在する, 対したりしも, 帝国議会という, 忠誠を, 於いて, 於いても, 於きましても, 於けるそれ, 於ける化学界, 於ける戦術, 於ける畸形的, 於ける登山, 於ける社会主義, 於ける社会思想史, 於ける自然主義文芸運動, 於ける露国, 於ける高山, 施されて, 本格的な, 来朝せり, 来遊し, 来遊する, 栽え, 棲んで, 比べて, 海外文芸が, 渡来した, 現れたか, 益せしこと, 紹介された, 翻訳された, 翻訳されてない, 興そうと, 行ったり, 行われて, 行われるいわゆる, 言語直, 貢献した, 貧民法が, 跡を, 輸入する, 輸入せられ, 輸入せられん, 遣は, 遣わした如きも, 野生は, 雲の, 風船に, 飼育され

▼ 我国では~ (69, 5.3%)

2 十分に, 自然の

1 [65件] おそらくこれ, この下水, この衛生的, こわれた窓硝子, そういう後ろ, まだ写実的, もとは, ややもすれば, よく第, ろま, ハゼの, ハゼノキの, 一時的な, 上古に, 不節度, 人種平等の, 何と, 使用しなかった, 儀式とか, 先ず鵺, 参りませんネ, 友人の, 古来より, 多数取れ, 大工場, 大形の, 女子が, 学校児童までが, 富の, 少いの, 延暦十八年に, 想像だ, 新聞小説が, 昆虫学者達に, 明治の, 時刻の, 普通に, 最初の, 最後に, 検閲官は, 極めて有名, 死人に, 殊に必要, 殺人犯発見の, 比較的稀, 江戸で, 決して見る, 漢字の, 特に毒薬劇薬, 獣畜の, 玉蜀黍の, 男の子の, 畏くも, 美しい景色, 美術館の, 英語が, 葛の葉狐などが, 蛇が, 行われない方法, 見る事, 雨に, 霊魂は, 青年どもが, 非常に, 魅力に

▼ 我国~ (50, 3.8%)

2 これに, 同様な, 見るよう, 観測される

1 [42件] いえば, いわば十二束, ことに大きな, こと古りた, このよう, するよう, つくられる瓜類, もし鉄, ジョゼフ・コウロと, ストーヴに, 一番古い, 乱離の, 例を, 古く屍体, 古く鎮花祭, 大人物と, 大雪に, 太陽が, 屡々記録, 恐らく女同士, 悪い排水, 所謂耐火金庫の, 支払われて, 時々見られる, 普通に, 最近行われた, 有産階級は, 木を, 樺の, 毎年必要と, 湿った手布, 牛を, 発行された, 私が, 科学が, 納屋に, 羊の, 見て, 見られたこと, 見られる劇的, 見受ける鼻持, 魔法の

▼ 我国には~ (41, 3.1%)

1 [41件] あまりに超, いかなる社会主義的組織, いかなる荒廃, かかる徴候, こんな怪談, そのよう, どこにでも, はやらない, ほかの, 万世一系の, 今日まで, 仏国巴里府ルーモルグに, 先にも, 全く新しい, 前述の, 古くから, 古く鹿舞, 古来墨流しという, 国を, 天明本が, 専制的な, 居らぬの, 恥しい程, 憲法が, 昔から, 未だ, 正しい意味, 無数の, 牛馬は, 猶開, 産しない, 稀れである, 自生は, 葬式の, 虎が, 行われずに, 西洋に, 諷刺文学が, 鍛冶屋の, 鳥船信仰と, 黄金は

▼ 我国でも~ (32, 2.4%)

1 [32件] この会員, この形, この時代, たつと, ちょっと想像, よく起るであろう, 上代に, 人間の, 作った方, 充分流布され, 加納一郎氏著, 北海道の, 単に万事, 古くは, 古く開けた, 同じ五月, 和歌の, 墓地で, 多くの, 実用化されかけ, 少しずつ, 弁士的の, 所により, 水道の, 牛を, 男の子達は, 真似し, 神聖な, 葬礼に, 西鶴の, 読売新聞が, 鑑賞される

▼ 我国~ (28, 2.1%)

2 直ちに輸入国

1 [26件] この世の, その必要, その面積, よろづの国, ノルウェイと, 二百万クヲタアか, 人口が, 今日敗戦国として, 他の, 何の, 働く能力, 国を, 平和的活動の, 徐々に国, 支那と, 旧と, 最もこれ, 未曾有の, 条約を, 正義を, 此事件に, 穀物を, 自らの, 自国の, 貧乏に, 貧民法において

▼ 我国にも~ (21, 1.6%)

1 [21件] あったらしいの, あるが, あるとして, そのままの, 古代においては, 同様の, 増大し, 天父地母の, 実現されるでしょう, 幽玄高妙なる, 怪鳥という, 押寄せて, 放送無線電話が, 明治維新前には, 有形無形の, 来り時々, 爆発の, 発生し, 稀であろう, 自生が, 遠からず起るでしょう

▼ 我国において~ (19, 1.4%)

1 [19件] その濃厚, もっぱら標準, 一クヲタアにつき, 一二〇磅に, 一樽につき, 二日の, 使用され, 初て, 前世紀, 十分の作用を, 奨励金の, 年々貧民の, 復活させた, 最も緊急, 最初覚醒運動を, 機械の, 絵画に, 絶えず働い, 著しい程度

▼ 我国~ (17, 1.3%)

1 [17件] あったならば, その平均消費分, 一八一五年に, 不作の, 予め特定, 他国の, 取て, 対外関係に, 彼地と, 慎慮, 戦争の, 消費分以上を, 独逸から, 生産する, 百万クヲタアか, 自分の, 貴国に

▼ 我国における~ (12, 0.9%)

2 労働の, 雪の 1 学術研究熱の, 将来の, 栽培価格が, 独創的の, 現在の, 考証学の, 貨幣の, 高い労働価格

▼ 我国~ (11, 0.8%)

2 して 1 ほろぼし我家, 他国の, 愛するが, 文学史的に, 最も脅かす, 睨んで, 穀物が, 覘って, 除けば

▼ 我国~ (10, 0.8%)

1 が日本, に取っ, に放縦, に毎日, の悟性, の熊, の記念, は維新以後, は背肉, ヲ捕

▼ 我国においては~ (9, 0.7%)

1 一六八八年に, 一切の, 労働は, 産児の, 空前の, 自由なる, 葡萄酒は, 藤原咲平, 非論理性

▼ 我国~ (8, 0.6%)

2 の精華 1 の原理, の神聖, は単に, を害しない, を家族的国家, を心配

▼ 我国~ (7, 0.5%)

1 帰りわが, 来た, 来て, 移植した, 税を, 輸入され, 輸入された

▼ 我国古来~ (7, 0.5%)

2 の美風 1 の刺繍, の剣道, の定論, の怪談, の習俗

▼ 我国~ (6, 0.5%)

1 同じである, 外国とは, 少しも, 怒鳴りながら, 最も深い, 違って

▼ 我国固有~ (5, 0.4%)

1 の国民思想, の思想, の文化, の美風良俗, の習俗

▼ 我国においても~ (4, 0.3%)

1 ラテンや, 早くから実行, 殺老, 漸く四

▼ 我国ぶり~ (3, 0.2%)

1 でいる, はいつ, も時

▼ 我国古代~ (3, 0.2%)

1 のあきつかみ, の作り話, の紳士淑女達

▼ 我国各地~ (3, 0.2%)

1 に三度グリ, に拡, に植え

▼ 我国~ (3, 0.2%)

1 に翻訳, の字書, の言語的精神

▼ 我国から~ (2, 0.2%)

1 時々留学, 輸出されるであろう

▼ 我国での~ (2, 0.2%)

1 モルガンロックフェラアと, 野生品は

▼ 我国としては~ (2, 0.2%)

1 それでも破天荒, 破壊的の

▼ 我国とは~ (2, 0.2%)

1 甚だ事情, 違って

▼ 我国にとって~ (2, 0.2%)

1 最大の, 重大な

▼ 我国ばかり~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 我国上古~ (2, 0.2%)

1 の遣外使臣達, より山陵

▼ 我国人口~ (2, 0.2%)

1 の周知, の大

▼ 我国~ (2, 0.2%)

1 に見えし, の示す

▼ 我国最初~ (2, 0.2%)

1 のこの, のオリンピック選手

▼ 我国現在~ (2, 0.2%)

1 の特有, 及び将来

▼ 我国自身~ (2, 0.2%)

1 のプロレタリア文学, の貨物

▼ 我国開国~ (2, 0.2%)

2 の次第

▼1* [109件]

我国たるや現今戦勝後, 我国だけでは, 我国だけに限られるならば, 我国だったら瓜や, 我国であれば梯子, 我国でだって喰えぬという, 我国でもかの八股の, 我国でもという考えを, 我国でよりも欧米各国に, 我国として之に, 我国との怪談の, 我国などでイデオロギーと, 我国においてほど器が, 我国について云えば, 我国にて従五位下の, 我国にては扇は, 我国にでもあったら最も, 我国にとりまことに幸福, 我国に対する最大の, 我国に関してはアダム, 我国のによく似, 我国のみに数多い人玉, 我国のみの現象では, 我国へは徳川時代に, 我国へも入って, 我国ほどの大きさ, 我国欧羅巴の, 我国よりもポルトガルにおいて, 我国をはいづる虱, 我国ト世界中トノ貿易ヲ絶ントスル為メナリ, 我国送リタリ, 我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 我国ニ欠損シテ而シテ未ダ備ハラザルヲ思ヒ此ニ, 我国古ヘノ草, 我国ヒイキ我家ヒイキにて男子, 我国近キユ, 我国メインの最も, 我国一流の宴会請負人, 我国上代の正史, 我国国家機構図, 我国人目下の要求, 我国ふる所, 我国俗民情に適, 我国内ニ大兵ヲ送, 我国内ニ於テモ到ル処, 我国の進展, 我国及び他の, 我国及支那で万病, 我国古来老病者遺棄の忌む, 我国右近衛将監を右近太夫, 我国唯一のモダニズム作者, 我国夏季の気侯, 我国外交の明朗性, 我国実業家中の, 我国大宝の学令, 我国女子の境遇不幸, 我国女流教育家の泰斗, 我国婦人界の宝, 我国宋儒の最初, 我国工業で使用, 我国平民の歴史, 我国当世のさま, 我国当面の悩み, 我国従来の学者, 我国徴兵の令, 我国も亦, 我国憲法の根本原則, 我国文学に他界, 我国文学上の妖魅力, 我国女優の, 我国新派劇の沿革, 我国に憲法政治, 我国からの習慣音, 我国の七草, 我国暖国の海浜, 我国最良の社交界, 我国有史以来初めてであり, 我国木版術の精巧, 我国曽有の, 我国本土の中, 我国本草学中興の明星, 我国植物界で婆羅門参, 我国毒瓦斯学の権威椋島才一郎, 我国民間暦法の変遷, 我国海藻学のオーソリティー, 我国淫本の権輿, 我国特有の主体的原理, 我国独特の硬, 我国独自の家族主義, 我国現在総べての詩人, 我国男女間の関係, 我国画壇の全部, 我国石佛中屈指の古い, 我国社交界の最上級, 我国科学界の最高権威, 我国一の, 我国維新以後の教育, 我国人口の, 我国興行界の事情, 我国言語の特色, 我国語調査会の委員諸公, 我国政党の, 我国議会有つて以来最も醜悪, 我国財界の不景気, 我国農業の衰退, 我国近世の農村問題, 我国近代の学者, 我国鉱業の祖神, 我国開闢以来最初の辞書