青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「我が~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

成功~ ~成立 成立~ 成績~ ~成長 成長~ ~我 我~ ~我々 我々~
我が~
我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い

「我が~」 5281, 57ppm, 2026位

▼ 我が~ (238, 4.5%)

14 のよう 11 の顔 4 の上, の愛, の身の上, の面 3 なり

2 [16件] だと, とは認めぬ, ながら美, のこと, のやう, の勝太郎, の可愛き, の叱られ, の名, の姿, の手, の泣い, の腕, は早く, を冷酷, を膝

1 [162件] いとしさ, うつらずなる, がそんな, がどこ, が大宝寺町, が悪い, が生き返る, が病気, が遠方, ぞと思い切り, だ, だったか, であると, でもお, として育て上げた, として與, とも知らず, と呼ん, と思えない, と私, ながらも氣味, ながら呆れ返る, ながら天, なり我が, なればこそ, にあらじ, にあらぬ, にて実は, にむかっ, にめぐり会える, にもった, によって命, に励まされた, に及ぶ, に同情, に名残り, に対してもだんだん, に対する怒り, に対する情け, に廻り, に替らず, に注意, に父, に言い聞かし, に逢っ, に逢わせ, に連坐, に食っ, に首, の, のあえなき, のかたき, のけなげ, のこんな, のすっかり, のため, の亀千代, の事, の仇, の出世, の名誉, の啓す, の囮, の墓前, の大病, の天分, の太郎, の奥津城, の寢顏, の将来, の帰る, の影, の思ひ, の愛情, の成長, の戰, の手柄, の手術, の救い, の敵, の方, の有様, の朝夕, の様, の権八, の武勇, の死顏, の無能さ, の生命, の生殺与奪, の眼玉, の立身出世, の美しく, の聯想, の肩, の袂, の身持, の遅く, の道, の郁太郎, の面影, の首, はなるべく, はふらん, は助からない, は死なず, は行方不明, は非常, への執着, へ書く, みまかり, も同, や友, よ, よと思い, よ汝, をいたわる, をかなたスキュロス, をかわいがりました, をこれ, をさらし, をしっかり, をすすめ, をつれ, をぶつ, を人, を俳優, を冤罪, を刺し殺そう, を勘当, を取り戻す, を取り戻せなかった, を口, を可愛がっ, を叱った, を呼ぶ, を嬉し, を小僧見習, を幼年労働, を思う, を手, を抱きあげ, を抱きしめ, を持っ, を捨て, を教, を殺した, を殺す, を無理, を生, を産みたくありません, を眺める, を社会, を突き, を見た, を見守, を質子, を郎党, を除い, 仕へ, 何故戰場, 同樣

▼ 我が~ (221, 4.2%)

6 に於ける, に輸入 5 の古俗, を倭國 3 に傳來, に將來, に渡來, の古代, の古代法律, の産業, は世界

2 [14件] が建國以來連綿, に通商, のこと, の位置, の佛教, の僧侶, の再建, の孝道, の密教, の發展, の科學, の過去, も唐, 古來

1 [150件] から主として, から幾多, から持ち出した, から派遣, から相, から輸出, がおかれ, が國, が支那, が歐洲, が自主的, が自動車, での冬ごもり, では安部仲麿, では容易, では對等, では年の暮れ, では東京工科大學, では決して, では節分, では金一, でもこれ, でも准后, でも出, でも家毎, でも支那, でも王朝時代, でも黒船來航, で受取らぬ, で書かれた, で父母殺害, としては餘, との通商權, と同一, と外國, と大君, と隨分, などは何等, においては新劇, における, にては人臭い, にて見馴れたる, にとつて, にはか, には古く, にも初夜權, にも採用, にも桟留, にも此例, にも關係法案, に上陸, に來, に來冦, に來航後, に傳, に傳はつ, に入寇, に入貢, に多い, に實, に應用, に採用, に文獻, に於, に朝貢, に法相宗, に豌豆豆, に送り, に通交, に金銀, に附會, に黄金, のそれと, のまれびと, の上流社會, の令, の俊才, の保護, の先覺者, の勢力, の原始状態, の史料, の名, の多く, の天文學者, の奈良朝, の將來, の尤も, の建國以來, の戰艦, の技術, の接吻, の文化, の文學者, の文華, の文運, の新聞, の新聞雜誌, の最も, の村, の東洋學, の東洋學者, の歌舞, の歴史, の死活, の演劇, の現代, の生, の當時, の百萬塔中, の眞言宗, の科學者, の立場, の臣民, の花, の言葉, の記録, の造船術, の道, の道路, の金銀, の金銀流出, の青年, の風俗, の風化, の風教, は, は依然として, は或は, は支那, は日露戰役, は最初, は最近發, は歐米, は絶えず, は蒙, は隋, への入寇, へも元正天皇, へ來, へ渡航, へ通交, をジャパン, を奪, を惱, を觀光, を除外, を黄金國, 初めての, 古來傳統

▼ 我が~ (143, 2.7%)

3 の中 2 にも光りあらしめ, のみ, の誤なら, は利害得失, は清める, また新しく, よ, よりなれ

1 [124件] かな, かの陋巷, が一寸, が根本, し, その鈴, である, で悟る, で疑い, というもの, といふもの, としたる, と一, と顔, なかりしを, なき人, なりけり, なり事, にては何と, には任せぬ, には抽象, にも勝ち得る, にも涙, にも降る, にも非, にやそれ, に作り出した, に分らぬ, に叶わぬ, に外, に尋, に弁解, に恥じない, に映し受けた, に欺かれる, に沁み, に融解, に覚えある, に許せし, に誓う, に誓っ, に誘出, に語り, に面白し, に馴染, のうつろ, のはずみ, のまま, のもう, の一部分, の動く, の向う所, の墓地, の如何, の富, の底, の求める, の淋し, の済む, の潔白, の照応, の萬一, の誠実, の顏, の顔, はなほ其處, はなほ彼, はもはや, は常に, は既に, は汝, は波うつ, は涸れ, は無味乾燥, は秋, は重し, は静, は靜, ふと浮気出し, ふらふらと, また解きうべし, もかの, もだんだん, も定まりたれ, も度々, やく, をさわがし, をのみ叱り懲らしぬ, をも, をもっ, をも安め, を主として, を判然, を励, を叱, を呼ぶ, を変えじ, を大喝, を失っ, を失はん, を寄, を察し, を尊, を幾度, を愉快, を抑, を昵, を曰, を清く, を知れり, を見, を見抜い, を試そう, を躍らしむ, を鎮める, 乱れし髪, 全く足り, 寂し銀糸, 悲しめる, 懸くる, 我と咎, 痛む, 萎えて, 遊ぶはい

▼ 我が日本~ (99, 1.9%)

2 には産, に於, に於ける, の特産, の産

1 [89件] が原動力, が開國, だけに特有, での民衆芸術論者, ではとかく, ではもと, では南, では多年外国, では明治初年当時博物局, では昔, では民族上, で採集, で自然分科, という国, と諸, と雖ども, において国常立尊, において都鄙上下, において開闢以来稀, におきましても畏く, における, について考え, にても隨分適用, にて古来, にて新, にとつて, には出なかった, には絶対, にもある, にもこの, にもさういふ, にもイプセン, に來つて, に分布, に在っ, に昔, に特に, に適当, のため, のみが絶えず, のみはその, のクリ, の之, の九州, の事, の事情, の人心, の会社, の力, の古く, の古代法律, の名, の名花, の国, の国家成立, の土地, の地, の如き, の如く, の婦人, の学界, の学芸, の文芸, の景色, の松, の桜, の植物, の現勢, の稱徳天皇, の開国, の風習, はあたかも, は大, は建國以來, は昔, は最も, は決して, は神国, は鎖国攘夷病, へは来, へ中国, へ渡つて, へ渡来, もいちじるしく, を指した, を発展, を見, を評し, 甘んじて

▼ 我が~ (70, 1.3%)

3 を今宵 2 でその, にさ, に入らず, の中, を

1 [57件] から離れ, が我が, して, でしながら, でわが, で切り落し, で拵, で描き, で水, で苛め虐げる, で鉄砲, と伐りし, なり脣, にあっ, にある, にかき抱きたる, にかけて嫌疑, にしたく, につながれ, にはとりかえせない, には青き, にわたす, に作らるべき, に入った, に入らない, に入れず, に入れた, に入れん, に収めよう, に収める, に取りし, に委ねられ, に打砕いた, に抱き, に持てる, に救, に渡された, に火, に瓦解, に薬, に贖, に赤熊, に身代, の, の雪, はあれ, は原稿, へ転がり込む, もて捉, をとり, をはじめ, をば落葉, を差し入れる, を挙ぐる, を握っ, を握らん, 働かず足

▼ 我が~ (57, 1.1%)

4 はこの 3 の所見 2 の持論, の祈る, の素顔, は今

1 [42件] かつてい, かつていえる, がその, がつかまる, が今, が詩歌, この忠告, その人, とてももとより同憂, と同じ, においては今, のもっとも, のやり口, の僕, の失策, の年来, の忰, の意見, の所業, の注意, の発明, の目的, の眼, の着眼, の知らざる, の見る, の開陳, はここ, はその, はまだ, はもう少し, はもとより, は乱暴, は前節, は単に, は右, は天下後日, は学問, は論者, もすぐ, も好まざる, を捕らえよう

▼ 我がため~ (53, 1.0%)

62 に日本画, に涙

1 [43件] にかく, にし, にのみ, にのみそう, にのみは必ず, にはあからさま, にはいとも, にはこ, にはた爾, には此勸め, には物, には現前, には神, には祭, にヘブライオス, に下, に人びとなんじらをのろい, に人汝等, に作, に作り, に善惡二途, に地, に夫主, に娘, に撫子, に数番, に断つ, に新帝, に日麗, に残した, に水, に永く, に汝, に泣くなり, に燈明, に燈火, に生命, に畫, に起死, に髪, の知識, の菩提, 泣きし男

▼ 我が~ (53, 1.0%)

23 を得 14 を得た 2 を得たる

1 [14件] なるか, に叶ふか, に従わざる, のま, の下, の如く成さしめ, の違, も是, をえた, を強く, を得つ, を枉げた, を遂ぐる, を達する

▼ 我が~ (43, 0.8%)

3 とし, とする 2 と心得, にし, にしよう

1 [31件] か人, である, では, と, という差別観, とさばく, とした, として川瀬, として真に, としよう, とすれ, となす, と云う動かぬ, と充分, と思はない, ならば, なれば, にあらず, にされ, にしたい, にしたけれ, にしてやる, にすべき, にする, に因り, は人, は傘, は我が, を動かす, 思はしげ, 我が物

▼ 我が~ (37, 0.7%)

2 をし, を云わない

1 [33件] が出, が募る, さし過ぎて, だった白面, だっていい, だつた白面, だ剛情, ですけれど, でよそ, で邪推, とかんじない, とは昔, なお嬢様育ち, なところ, な仕打ち, な奴, な子, な根性, に手, の出来る, の多い, の言, は初め, は益, ばっかりいいまし, やった私, やのん, を云う, を何ん, を我が, を母, を言っ, 云うみたい

▼ 我が~ (34, 0.6%)

4 の前 3 の中

1 [27件] おとろふ, が役, が見張られ, くらきに, さらずも, で眺めた, で見つ, にいま何, には, には早, には月, には沁む, には谷地田, には黝, にももろもろ, にも楓, に入れり, に沁み入る, に浮ぶ, に贅沢, のまえ, の晦, はや今, は諸々, を疑い, を疑わざる, 閃く

▼ 我が~ (30, 0.6%)

2 を指し

1 [28件] に, にしもさらば, にもいつの間に, に云い聞かせ, に云い聴かせ, に問いかけた, に嬉し, に尚, に影, に持, に浮ぶ, に燃え, に燃やす, に犇, に突き立て, に約束, に重りき, のあたり, の何処, の奧, の底, の深み, の裡, へ合わする, を前, を力任せ, を打つ, 迫る

▼ 我が~ (29, 0.5%)

2 が勝利

1 [27件] が動きだせ, が勝つ, が大, が少なくとも, が待っ, に主たる, に従い, に関するニュース, の不利, の右翼, の名誉, の戰術, の新式鐵砲, の目的, の精鋭, の糧食, の鐵砲, はいつ, はとうてい, はどしどし, は敵, は河, は間諜, も北満, も容易, を惱, 分捕せぬは

▼ 我が~ (28, 0.5%)

2 にちなめる, のため, を呼ん

1 [22件] に不潔, の呼声, の山田, の珠, よばる, をひろめる, を仮り, を借りられ, を名乗らん, を呼ばれた, を呼びかけられ, を呼ぶ, を大きく, を慌しく, を秘し, を答えん, を萱草, を表向き, 例律の, 御用聞の, 空しく成, 聲は

▼ 我が~ (26, 0.5%)

2 は, は何, よ, 我がど

1 [18件] おりゑ, ないし我が国人, なりし女, なるお, にし, に再会, のなげき, の懷, の涙, の生地, の異母姉, の肉, の誰人, は外, も同じ, や妻子, を盗んだ, を知る

▼ 我が~ (26, 0.5%)

1 [26件] でこの, で梅, にあった, にては麦, にて人民教育, には西洋語, に渡り来り, のいろは, のと, のもの, のサクラ, の人, の俗書, の南北相法, の同胞, の大, の官学哲学, の形勢, の政談上, の最, の歌, の歴史, の特産, の美術界, は陸海軍, を鼓舞

▼ 我が~ (24, 0.5%)

2 に歌, は云, も画

1 [18件] とし, とならざるや, なり, に, には為し得ぬ, に与えん, に人, に自分, に追い附い, の入浴姿, の子, の左手, の病める, も温柔, をもて, を奪, を顧みる, 聞くが

▼ 我が~ (24, 0.5%)

4 を疑った 2 を疑つた

1 [18件] が恐ろしく, には北鎮岳, にも其, に我, に映った, に留め置く, に立つ, に觸, の俄, の前, は常に, へ鹽, をうたがう, を信じかねる, を据え直した, を疑い, を疑ふ, 捕へん牢舎

▼ 我がもの~ (23, 0.4%)

2 とする, にし, にした, になる

1 [15件] がお, といふ気, とした, としてのこす, として喜び, とも思はね, と一度, と定, と思い, ならば, にしよう, にの念, は何, は球形, よ

▼ 我が日本国~ (23, 0.4%)

1 [23件] が文明, たる周囲みな海, にあっ, においてその, においても仮に, において政府, において見, にても政府, にて外人, にとって非常, には古く, には耶蘇, の不文不明, の事情, の公益, の前, の如き, の捜査機関, の政治家, の教育, の旧, の独立, を救う

▼ 我が~ (22, 0.4%)

3 のよう 2 として我慢, のやう

1 [15件] うるところ, として関わり, となつて, なるぞ, のごとく, の様, はや半ば, は思はず, は棚, も人, を語り, を誹らる, を誹らるる, 破る, 終れりという

▼ 我が~ (22, 0.4%)

32 のいたく, を

1 [15件] が四人, が敢, たらざる也, の一人はた, の助け, の家, の帰る, の弱き涙, の牧水, の苦しみごと, の語れる, は今日, へ, よ僕, を不義

▼ 我が国民~ (21, 0.4%)

2 に普遍

1 [19件] が悪魔, が戦勝, が海外, として依然, と共に奸譎, にし, には適当, に取り, に消化, に深き, の世界, の古今, の彼, の脳裡, はこれ, はどうも, は南洋群島, を惑わし, を愚

▼ 我が~ (21, 0.4%)

2 のみ命, はわが

1 [17件] が私, が裏切る, とが議論, に与え, に逢っ, の口, の同志, の御意, の知る, の談話, はわれ等はらから, より聞きし, を殺し, を父, 及び特に, 我が母, 痛ましきかも

▼ 我が爲め~ (20, 0.4%)

1 [20件] には此詞, には神話中, には隔世, にもをかし, にも天使, に偵知, に其苦痛, に善く, に小, に徒ら, に歌, に正面, に瀕死, に畫, に祈り, に翼, に門, に開かざるならん, に開くべき, に離れ

▼ 我が~ (19, 0.4%)

6 の士 2 の歴史

1 [11件] の光輝, の情勢, の成功者, の決議, の秘密, の足痕, の鉄, は中央執行委員, は中央執行委員会, は党則, を攻撃

▼ 我が~ (19, 0.4%)

3 をやり 2 の姿, の意気地, を行 1 いのう光国どの, この二つ, として迎える, な読み, に穿かせ置く, に食っ, の君, の命, は天, 何卒御

▼ 我が身の上~ (19, 0.4%)

1 [19件] こそ悲しけれ, となった, なり, に, になっ, になりぬる, に引き比べ, に懸けられ, の物語, は安心, までも忘れ, をひしひし, を悲しく, を悲しんだ, を語る, を顧みれ, 悲しくああ, 悲しくいかで, 悲しく浅ましく情過ぎ

▼ 我が同胞~ (18, 0.3%)

2 の心, の未だ

1 [14件] が海外, が粒粒辛苦, であったならば, とともに顧みたい, には必然, に見ゆる, のしかく, の或, の粗, の間, はその, は既に, を待遇, を救済

▼ 我が~ (18, 0.3%)

2 がつよけれ, が負け色, に賜

1 [12件] にはまだ, に何, に宿り, に年, への牛肉, へ入らせ, へ告げ越さぬ, へ来た, へ申し込めり, へ臨席, へ襲, より立

▼ 我が弦月丸~ (17, 0.3%)

1 [17件] が將, が指し, との距離, と雁行, の側面前方, の前, の後, の指し, の檣燈, の進航, は一時間, は何時の間にか, は斯, よりは數分前, を一撃, を彼處, を撃沈

▼ 我が~ (17, 0.3%)

4 は何 2 の, の暗黒 1 がこの, が此, の慄, の自ら動き出, の色, よコボルト, よ君, よ汝融和抱合, を呑む

▼ 我が~ (16, 0.3%)

3 の春

1 [13件] と楽, と続く, なの, なり是, に棄てられたる, の恋, の重荷, はかく, はだめ, は古りし, も楽し, も終れり, をのがれいで

▼ 我が中村屋~ (16, 0.3%)

1 [16件] がいくら, ではいわゆる, でも第, で花祭り, のカリー・ライス, の店員, の急速, の生命, の職人, の過去, は一人一業, は三十余年, は割引, も以前, も雨, を商業研究

▼ 我が~ (16, 0.3%)

2 へ坐らせ

1 [14件] においてその, にし, にその, に夏木夏草動き, に引寄せ, に物, に置据ゑぬ, に行く, に責むるかと, へ投げやり, をも憚ら, をよく, を過ぎぬ, 離れず喋々

▼ 我が良人~ (15, 0.3%)

2 は今宵, をはづかし, を不足 1 が所為の, が所爲の, は学識卓絶, も御, も御覧, を討ち倒し, を顧, 今此処, 今此處

▼ 我が~ (15, 0.3%)

1 [15件] うつる秋, なが, ながら不気味さうに, にさし向け, の心地, の皺, はづか, へ当て, をほれぼれ, をまもりゐた, をメリメリ, を瞶め, を覗き, を載せ, を退い

▼ 我が~ (14, 0.3%)

2 の無い

1 [12件] で空中, なく能, になっ, には消し, に及ばなく, に驚いた, のあらん, のほどを自, や情, を顧みれ, 及ばずと, 少し足らず

▼ 我が~ (14, 0.3%)

2 御国に, 皇子ぞ 1 使命をば, 學に, 學内で, 恩ある, 日本に, 日本の, 日本帝國の, 火山の, 祖神を, 詩人を

▼ 我が民族~ (14, 0.3%)

2 の将来

1 [12件] であった, のもつ, の中心種族, の光輝, の垣, の外來文化, の持つ, の清明心, の生命力, の発展, は伸び, もこんな

▼ 我が~ (14, 0.3%)

2 にも入れられた

1 [12件] で聞返した, に, にひ, に堕ち来れ, に訪づれし悲歌, に響き, の為め, を傾ける, を疑う, を疑う如く問い返す, を聾, 我が目

▼ 我がこと~ (13, 0.2%)

5 のよう 1 さあ, さあさあ一所, となくよそよそし, ながら阿呆, のみ待ち, は我, よ, 引き出して

▼ 我が~ (13, 0.2%)

2 のなつかし

1 [11件] があまりに, がお, ぞ, だ晴信君, とそ, には御, の怯, の爲, は死なず, より書簡, を討ち奉る

▼ 我が姿~ (13, 0.2%)

3 を見る 2 を人 1 がある, がはずかしく, に飽かず見惚れ, を映し, を歴然と, を照らさず, を見, 我が相好

▼ 我が~ (13, 0.2%)

2 は, やま 1 なり恋ゆゑ, の, の仇, は新緑, は蓋, ふらくは, ふる雲井, ふ人, 叶えたまえと

▼ 我が故郷~ (13, 0.2%)

1 [13件] ではない, では特筆, と呼ぶ, にあり, に帰った, の公園, の前橋, の国, の昔, はと問, は某, を認め得ずし, を離れ

▼ 我が~ (13, 0.2%)

1 [13件] うや, さむと, すなきと, にする, には一種, には伯父君, には弱き事, には異腹, に伝録, に年頃, に時皆, に本家, に立て

▼ 我が~ (13, 0.2%)

2 ふ事

1 [11件] に憤り, の必ず, は過ぎざるべし, ひて, ふこと, ふなきと, ふを, ふ活路, へばさらば, へばなよあはれ, へば音

▼ 我が~ (12, 0.2%)

1 [12件] でも見まもる, と顔, にひとしお, に幸あれ, のあどけな, の不憫さ, の不運, の口, の嫁, の手, の明快, 最惜む心

▼ 我が古代~ (12, 0.2%)

1 [12件] でも内膳司, においてそれ, において貴族, における葬儀, における護法, にとう, には珍, の村, の浮浪民, の社会状態, の社会組織, の言語伝承

▼ 我が~ (12, 0.2%)

2 の綱 1 が旦夕, つけて, としほ, なり, なりけり, も常に, を断たしめる, を断つ, を落す, 惜しと

▼ 我が~ (12, 0.2%)

2 ながらもいつしか 1 で有った, ながらいつしか, ながら健気, に料理, のよう, の仲好し, の許, をほめた, を刺し殺し, を芸者

▼ 我が愛する~ (12, 0.2%)

3 者よ 2 ものよ, 甥よ 1 ところの, 友よ, 国民に, 妻よ, 者に

▼ 我が日本人~ (12, 0.2%)

1 [12件] あるのみ, が教育, には栄養価大, の案出, の皇学, の間, はこの, は世界中, は終始, は西洋諸国, は顯著, より約

▼ 我が~ (12, 0.2%)

2 に就い 1 とつみつ, なれども, はをかしき, は拙, は短, は観よ, は觀, ひしは, ひて, をよし

▼ 我が~ (12, 0.2%)

1 [12件] さむと, したる事, すところ, すべきこと, せること, にも行末, に傳録, に哀れ, に善知識, に心づくし, に車駕, の道具

▼ 我が~ (12, 0.2%)

2 ちかく散ぼひたる, は地 1 がよろめい, すらも定か, の爪, の甲, はそれ, は常に, をかすめ, をぶっつけ

▼ 我が大君~ (11, 0.2%)

2 は朝, 現つ 1 とみそなはし, に召されえた, の, のもの, の御, の御名, はきこしめし

▼ 我が~ (11, 0.2%)

1 [11件] で何時草, に吹く, に生, のすゞろ, の杉苔, の梅, の植木の, の芙蓉, の芭蕉卷葉, の黐, は莠

▼ 我が~ (11, 0.2%)

1 [11件] くべき道, たる子, には未だ, の歌, の記念碑, の須臾, は恐ろしい, は淋しから, は生, を如何, を終

▼ 我が皇室~ (11, 0.2%)

3 の御 2 を宗家 1 とこの, の尊厳, の最も, の為, の特に, は万世一系天壌無窮

▼ 我がこの~ (10, 0.2%)

2 様な 1 国を, 境涯に, 家へ, 所に, 手元に, 時の, 苦を, 誓聞し召せ

▼ 我が~ (10, 0.2%)

1 から, で詈, にその, は常に, へ轡, よりい, よりは如何, より出し, を衝い, 濡らすやう

▼ 我が地球~ (10, 0.2%)

1 が漸, が甚, に最も, のみに就, の上, の年壽, へ注意, へ送り, もまた, を凌ぐ

▼ 我が~ (10, 0.2%)

1 だ, であると, なり, なりとてあたかも, なり差別, に噛附, の有無, は, は天地, は正に

▼ 我が文壇~ (10, 0.2%)

2 で言われる 1 ではその, では独り小説, と文学, にはこの, には右, の人, の批評家, の潮流

▼ 我が~ (10, 0.2%)

1 では桓武帝, におきましては宝蔵院, にては何, に斎き帰りし, に渡り, の意気, の熊坂, の神功皇后, の耆婆扁鵲, の賢明

▼ 我が身体~ (10, 0.2%)

2 を大切 1 さえ大切, ながら見違える, にも愛想, の一部分, は宙, ばかりで, も亦, を支え得

▼ 我が國人~ (9, 0.2%)

1 が支那人, が新しい, の如く, の耳, は直接西方, は金, も東洋人, よりも早く, を刺戟覺

▼ 我が宿~ (9, 0.2%)

1 のまつ, の大樹, の心, の荻, の菊一輪, は世にも, へようやく, もせ, よ冬日

▼ 我が一家~ (8, 0.2%)

1 の活計, の犠羊, の縁者, はそもそも, は世界事情, は蘇生, を生かす, 亦世々其恵

▼ 我が一行~ (8, 0.2%)

1 に馳せ加わった, に驚い, の扮装, の荷物, は皇城外, は蘇州, は長, を迎

▼ 我が国土~ (8, 0.2%)

1 に存在, に復活, に生活, に祭らるる, に脚, の空襲, を浄土, を防衛

▼ 我が國體~ (8, 0.2%)

1 でありますから, と同化, と相容れない, と融合, と調和, に同化, の核心, を保存

▼ 我が~ (8, 0.2%)

1 でハッ, ながら変, にひびき, に我と, の吹き戻, の響き, よ, を怪

▼ 我が文学~ (8, 0.2%)

1 なる和歌, にも我が, に与ふる, の祖先, は予想, は言葉, や伝説, をし

▼ 我が社会~ (8, 0.2%)

2 は現代人 1 に対し回生, の各, の栄誉, はほとんど, は今や, を維持

▼ 我が~ (8, 0.2%)

1 に抱いた, のみぞ早, の記, は, はうた, も他, を山陰, を時雨

▼ 我が~ (8, 0.2%)

2 いでて 1 とある, に入らざれ, に千鳥, に集い, のいばら, を

▼ 我が~ (8, 0.2%)

1 にあり, にいた, にいちはやく, にも似たら, にピン, の上, を撫でた, ボーッと

▼ 我が~ (8, 0.2%)

1 に手, に燃, に被ける, の髪, はつねに, を叩き, を喉, を月桂樹

▼ 我が~ (7, 0.1%)

1 ながら急激, にそが, に残り, をそれ, をも語り, を思ふ, を考

▼ 我が~ (7, 0.1%)

4 との一致 1 なるもの, により, を過たす

▼ 我が大和朝廷~ (7, 0.1%)

2 を以て古 1 が直接支那, と古, の御事, の御稜威, を以てその

▼ 我が帝国~ (7, 0.1%)

1 が東方海上, に併合, のどこ, の所々方々, の現行法, の臣民, の顕官連

▼ 我が~ (7, 0.1%)

1 の情, も朦朧, をやこれ狐, を刻ん, を投げ, を涵せり, を鼠牙

▼ 我が思う~ (7, 0.1%)

1 ところを, 丈の, 人は, 壺である, 壺に, 所だ, 通りに

▼ 我が日本民族~ (7, 0.1%)

1 であります, に於い, の発展史, はこの, は成立, も徳川時代, を研究

▼ 我が精神~ (7, 0.1%)

1 にし, に違, の情, は所有者未定, を休める, を純粋, を自信自重

▼ 我が~ (7, 0.1%)

2 のやう 1 は, は覚悟, は覺悟, を想う, 無きを

▼ 我が~ (7, 0.1%)

1 では田町, にはかつて, に注入, の屋敷, の有司, の銃隊, は直ちに

▼ 我がロシア帝国~ (6, 0.1%)

1 では祖国, にもたらした, に数限り, に於ける, に齎ら, の地方

▼ 我が一身~ (6, 0.1%)

1 の内, の怱忙, の有様, の独立, を独立, を重んじ

▼ 我が人生~ (6, 0.1%)

2 に対しては最も, の旅 1 であったの, は地獄

▼ 我が国家~ (6, 0.1%)

2 を表わす 1 が始め, としてヤマト, の名, 我が社会

▼ 我が国語~ (6, 0.1%)

1 さえも表現, には地名その他, に翻訳, の自, は他, をもっ

▼ 我が國民~ (6, 0.1%)

1 がこの, の前途, の精神問題, の腦裡, は不幸, は決して

▼ 我が女房~ (6, 0.1%)

2 おくの 1 が死んだる, とも知らず, は気, を邪慳

▼ 我が好む~ (6, 0.1%)

3 は憫 1 人の, 所でも, 枇杷の

▼ 我が如き~ (6, 0.1%)

2 はただ, ものを 1 は少から, 穉子をか

▼ 我が思ひ~ (6, 0.1%)

3 かな 1 に薄墨, の長閑さ, 哉

▼ 我が悪い~ (6, 0.1%)

2 塔を, 我が悪い 1 けれどもええ, けれどもゑゝ

▼ 我が~ (6, 0.1%)

2 とする 1 とした, となす, にあらず, 爲の

▼ 我が汝兄~ (6, 0.1%)

6 の命

▼ 我が生涯~ (6, 0.1%)

1 に似たる, の此樣, の運命, をし, を芸術品, 言い捨てし句

▼ 我が~ (6, 0.1%)

3 へ水 2 に水 1 にのみ水

▼ 我が皇統~ (6, 0.1%)

4 の尊厳 1 の最も, の特異

▼ 我が~ (6, 0.1%)

1 とるはまこ, の跡, は誠に, もミケランゼロ, を折らん, 執りて

▼ 我が運命~ (6, 0.1%)

1 の多端, の如く, も極まったり, を刻み出し, を司どる, を悲しまない

▼ 我が~ (6, 0.1%)

1 なが, はづか, へひしと, を瞶め, を見る, 見れば

▼ 我が~ (5, 0.1%)

2 ちのこの, ちや言にこそ 1 ちは

▼ 我がもの顔~ (5, 0.1%)

1 にされた, に侵す, に舞いくるっ, に駈け廻る, の栄華

▼ 我が四畳半~ (5, 0.1%)

1 に入れ, の活光景, は実に斯く, は蓋し, を蓋

▼ 我が国体~ (5, 0.1%)

1 にあ, の力, の命ずる, の認識, は真に

▼ 我が大王~ (5, 0.1%)

1 が母王, の告げた, の御名忘ら, はも, は応

▼ 我が尊敬~ (5, 0.1%)

1 すべき父母, する哲人, する富田博士, する永井先生, する父母

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 商店に, 商店の, 圓太圓生門に, 妹の, 學へ

▼ 我が~ (5, 0.1%)

2 したに 1 の積, も八十五, 久しき願

▼ 我が店員~ (5, 0.1%)

1 について見る, の一人, の場合, はもとより, は平日

▼ 我が待つ~ (5, 0.1%)

5 ものを

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 亭主の, 心なり, 心清淨し, 魂として, 魂を

▼ 我が御子~ (5, 0.1%)

2 の知ら 1 のお, のマサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミ, の治

▼ 我が恋人~ (5, 0.1%)

1 のゆく, の声, の身の上, は今頃, は他

▼ 我が慶応義塾~ (5, 0.1%)

1 においては上等, において初学, の教育法, の生徒, を開きし

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 のごと, のため, の寂しき, の肩, 果てぬ

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 中グリークラブは, 稻田學園でも, 稻田文壇に, 稻田文學に, 稻田文學の

▼ 我が本来~ (5, 0.1%)

1 のクグツ, の地, の生活, の職業, の願望

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 の, の慍, の財, よ, を思ふ

▼ 我が海軍~ (5, 0.1%)

1 が失敗, と唐, と決戦, のため, の兵曹

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 に興奮, はかなく土, ほど, また落つ, 浅い世間

▼ 我が理想~ (5, 0.1%)

2 に適った 1 なぞという生意気, に適する, を高潔神聖

▼ 我が~ (5, 0.1%)

2 の御 1 が異, の怨敵, の武威隆盛

▼ 我が眼前~ (5, 0.1%)

1 に横, に現われ, に立っ, に雪, の風景

▼ 我が~ (5, 0.1%)

2 を分つ 1 とする, を得ん, 無福

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 に向け, の小, の後, を乘越, を撃沈

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 かったものの, とても其の, と思い, にまでいつ, を愛

▼ 我が親愛~ (5, 0.1%)

1 なると, なる両親, なる妻, なる櫻木君, なる税関吏

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 には新鋭山川, に発表, の創作欄, は決して, を蛇蝎

▼ 我が足下~ (5, 0.1%)

1 には何さま異形, に人, に落ちたる, に開い, の此磧

▼ 我が邦人~ (5, 0.1%)

1 にし, に伝へたる, の悪き, の製, はどうして

▼ 我が部屋~ (5, 0.1%)

1 へ帰りまし, へ退き, へ駈入り, をかざり, をその

▼ 我が~ (5, 0.1%)

1 の不徳, の田野, の秋告げ, は善し, 犯し入り

▼ 我が頭上~ (5, 0.1%)

2 に在 1 に圧し来る, に翻れり, に黒

▼ 我が~ (4, 0.1%)

2 ぶろ髪, ぶろ髪母も

▼ 我がシバルリイ~ (4, 0.1%)

1 のごとく, の如く, は彼, は生命

▼ 我が主人~ (4, 0.1%)

1 に肩身, の危急, の娘, は信長公

▼ 我が今日~ (4, 0.1%)

1 ある恨, のすべて, の牢獄, の農家

▼ 我が住む~ (4, 0.1%)

1 森に, 横町へ, 町内に, 足羽山に

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 にあり, に子, に我, へさし

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 なの, のそれ, の足, の顏

▼ 我が半生~ (4, 0.1%)

1 に於ける, の痼疾, の詐り, を切放し

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の習俗, 伝説及び, 小説家の, 神道を

▼ 我が古史~ (4, 0.1%)

1 には見えませぬ, に徴, の伝, の紀年

▼ 我が咽喉~ (4, 0.1%)

1 ならば, に擬した, に等しい, を刎

▼ 我が国内~ (4, 0.1%)

1 にある, にはもちろん, の人心, 各方面

▼ 我が國號~ (4, 0.1%)

1 が始めて, はマルコ, を傳, を知つた所

▼ 我が天孫民族~ (4, 0.1%)

1 が絶えず, とはいかなる, の国家, は土壌

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の, の名, の死, の魂

▼ 我が学界~ (4, 0.1%)

2 のため 1 における考古学人類学方面, の恨事

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の前, は四畳半, へは帰らず, へは歸ら

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の導師, は落葉繁, を向, を春

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 だけで, で縮緬, の賑やか, の近隣

▼ 我が強く~ (4, 0.1%)

1 しつかりして, 素直に, 菊次郎と, 陰気で

▼ 我が思ふ~ (4, 0.1%)

1 こと, ままに, 人, 子ら

▼ 我が~ (4, 0.1%)

2 を慰むる 1 を曰, を賦せり

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 にも尊敬, は初めて, は汝, 我が心臓

▼ 我が敬愛~ (4, 0.1%)

1 する下町, する大佐, する櫻木海軍大佐閣下, する母

▼ 我が文化~ (4, 0.1%)

1 の上, の当, の悠遠, は不消化

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 なる境界, に獲たる, に醒めたる, 道路の

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の容態, の立てる, の馬はじめ, 思ひを

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 にざま, を佐渡, を慰むる, を歎くに

▼ 我が海底戰鬪艇~ (4, 0.1%)

1 が帝國軍艦旗, が日本帝國, が機關, も今日

▼ 我が父君~ (4, 0.1%)

1 の兄君, の家, は再び, は御

▼ 我が父母~ (4, 0.1%)

1 いかにお, はただ, は忘れせぬ, を生み

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 いえなば, に抗すべき, も長く, 癒えむと

▼ 我が知らぬ~ (4, 0.1%)

1 とに, 新しき事, 猶太, 西洋の

▼ 我が祖国~ (4, 0.1%)

21 いざさらば, の光栄

▼ 我が~ (4, 0.1%)

2 六の 1 二京丸の, 二回目の

▼ 我が~ (4, 0.1%)

3 へは考 1 へを打消し

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 が影, と接せ, に突伏, へ

▼ 我が自由~ (4, 0.1%)

1 にてその, にて其時, は彼, を達し

▼ 我が薄井~ (4, 0.1%)

2 の家 1 の家名, の聟

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 にし, の欲求, をば分けざりし, を絞り出される

▼ 我が言葉~ (4, 0.1%)

1 に従って時, をもっ, をも吐く能わず, を聞き

▼ 我が説明~ (4, 0.1%)

4 をお

▼ 我が~ (4, 0.1%)

3 ふに 1 つたよ

▼ 我が足もと~ (4, 0.1%)

1 に蟋蟀, に逃ぐるこほろぎ, まで來, を透し視よう

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 唐副使の, 唐大使が, 唐大使の, 唐大使藤原葛野麻呂の

▼ 我が郷里~ (4, 0.1%)

1 に去勢術, の人, の先輩, へ鮎漁

▼ 我が開国~ (4, 0.1%)

1 とついで, に次, の初, の初め攘夷論

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 の忘れ, をうち, をじっと, を知れる

▼ 我が~ (4, 0.1%)

1 はねた, を切る, を刎, を打ち取りなされ

▼ 我がいかに~ (3, 0.1%)

1 君の, 幸ある, 頑固に

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 京さんを 1 珊の

▼ 我がおも~ (3, 0.1%)

2 ふ人 1 ひみし

▼ 我がかずかず~ (3, 0.1%)

3 の姿

▼ 我がキヨルネル~ (3, 0.1%)

1 に学ばざる, の如き, は即日筆

▼ 我がフリイドリツヒ・ニイチエ~ (3, 0.1%)

1 と特殊, の哲学, の如き

▼ 我が一里~ (3, 0.1%)

3 に當

▼ 我が上代~ (3, 0.1%)

1 にもあった, の氏族制度, を推測

▼ 我が二人~ (3, 0.1%)

1 いたり, 寝し, 寝し我が

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 ふことは, ふた彼云, へど信ぜぬ

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 として討ち果たし, なる両人, を復さん

▼ 我が俳句~ (3, 0.1%)

1 が季題, が日本, の使命

▼ 我が傀儡子~ (3, 0.1%)

1 によく, の祖先, の起原

▼ 我が先生~ (3, 0.1%)

1 と仰ぐべき, の御作, を正し

▼ 我が全幅~ (3, 0.1%)

3 の精神

▼ 我が半部~ (3, 0.1%)

2 と彼女 1 とを有し

▼ 我が叔父~ (3, 0.1%)

2 と離別 1 の顔

▼ 我が古俗~ (3, 0.1%)

1 なりし, にて婦女, に於い

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 ひ辿る高 1 ふ内庭

▼ 我が命令~ (3, 0.1%)

1 けて, けてさせ, のよう

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 のあたり, を圧余, を焼い

▼ 我が固有~ (3, 0.1%)

1 の教え, の鹿舞, の鹿踊

▼ 我が国民思想~ (3, 0.1%)

2 の研究 1 の上

▼ 我が圓朝~ (3, 0.1%)

1 のみを責むるははなはだ, の原作, は敢然と

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 と皇孫領ら 1

▼ 我が大使大師~ (3, 0.1%)

3 の一行

▼ 我が大師~ (3, 0.1%)

1 と特別, も往復とも, を加

▼ 我が太陽~ (3, 0.1%)

2 を今や 1 はその

▼ 我が太陽系~ (3, 0.1%)

1 と同等, に属する, の如き

▼ 我が夫人~ (3, 0.1%)

1 に於ける, の手, を見る

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の心, むところなるにましてこ, 模範は

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 に運ぶ, を信ずる, を訪

▼ 我が子供~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 と共に燃

▼ 我が子孫~ (3, 0.1%)

1 が継げる, に厭, を教育

▼ 我が学者~ (3, 0.1%)

1 には出来なく, の名, の誤認

▼ 我が學界~ (3, 0.1%)

1 に普及, に發表, のため

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の情急, の首, を天皇

▼ 我が家庭~ (3, 0.1%)

1 に対してすら共, に対しても主人, に対して非

▼ 我が家族~ (3, 0.1%)

1 に対してすら共, に対して気の毒, 悉皆然るにあらず

▼ 我が富士山~ (3, 0.1%)

1 が光る, とは似ない, の如く

▼ 我が少年時代~ (3, 0.1%)

2 の記憶 1 に読んだ

▼ 我が居れ~ (3, 0.1%)

1 ばおのれ鼠, ばとこ世, ば常世

▼ 我が山県公爵~ (3, 0.1%)

1 が其の, とウエリントン, に見る

▼ 我が山縣公爵~ (3, 0.1%)

1 が其の, とウエリントン, に見る

▼ 我が帝國~ (3, 0.1%)

2 の軍艦旗 1 大學所藏

▼ 我が平民界~ (3, 0.1%)

1 の, の侠客, の理想

▼ 我が幼き~ (3, 0.1%)

1 日における, 日及び, 頃より

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の厠, は三輪, は夏

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の, の顔, よ

▼ 我が形体~ (3, 0.1%)

1 に関係, の寒熱痛痒, の苦楽

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 と交, に近づかん, 猶太

▼ 我が心一つ~ (3, 0.1%)

2 で又 1 よりこそ愁

▼ 我が悪事~ (3, 0.1%)

1 が早, を知った, を知る

▼ 我が悲恋~ (3, 0.1%)

1 はよどみよどみ, は新たまり, は雪風凛々

▼ 我が情婦~ (3, 0.1%)

3 の上

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 かしき, かしき日本, かしき母校

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 ならぬ我と 1 を張り合っ

▼ 我が所天~ (3, 0.1%)

1 に勧めん, よりも猶, より猶

▼ 我が折れ~ (3, 0.1%)

1 て了, て愚, て改心

▼ 我が拿破里~ (3, 0.1%)

1 に往く, の劇場, を發

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 に相 1 を眺める

▼ 我が政府~ (3, 0.1%)

1 でも一旦, の外交, を始め

▼ 我が故国~ (3, 0.1%)

1 の女性, の婦人, よ

▼ 我が敬慕~ (3, 0.1%)

2 に値する 1 する山岡鐵舟先生

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 ぞ僞, ながら涙こ, は讀み

▼ 我が方寸~ (3, 0.1%)

2 の海 1 にある

▼ 我が明智小五郎~ (3, 0.1%)

1 がいた, のこれ, の姿

▼ 我が書斎~ (3, 0.1%)

1 たりし, にかざる, の茶煙

▼ 我が最も~ (3, 0.1%)

1 嬉しかりし, 小さき兄弟, 親密なる

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 に事, の方, へと飛ぶ

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の先, の赴く, は

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 せざる所 1 するところ

▼ 我が欲しく~ (3, 0.1%)

3 て我が

▼ 我が汝妹~ (3, 0.1%)

3 の命

▼ 我が汽車~ (3, 0.1%)

1 はし, ははなれ, は物憂

▼ 我が為し得る~ (3, 0.1%)

2 程度を 1 ところなら

▼ 我が生み~ (3, 0.1%)

1 たる子, の娘, の母

▼ 我が甲板~ (3, 0.1%)

1 に放, に飛込ん, の前後左右

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 から出た, にとり, はその

▼ 我が祖先~ (3, 0.1%)

1 の主, の嗜み, の術

▼ 我が神代~ (3, 0.1%)

2 の巻 1 の古伝説

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 かりし頃, き問, き詞

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の峰, は, ばかりは

▼ 我が立て~ (3, 0.1%)

1 ば, ば二方, ば虚栄

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 に成る 1 の三羽がらす

▼ 我が老い~ (3, 0.1%)

1 たる慈親, たる母, たる親並

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 に痛感, をかくし, をさすっ

▼ 我が背子~ (3, 0.1%)

1 と夜床, を大和, を納めし

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 にと思う, を知らん, 白きは

▼ 我が臆病~ (3, 0.1%)

2 な自尊心 1 なる心

▼ 我が艦隊~ (3, 0.1%)

1 の誇るべき, の長官, は遂に

▼ 我が行か~ (3, 0.1%)

2 ば何 1

▼ 我が記憶~ (3, 0.1%)

2 の世界 1 に殘

▼ 我が詩壇~ (3, 0.1%)

1 が詩, の暁鐘, はこの

▼ 我が財産~ (3, 0.1%)

1 が牛, の主, は松山

▼ 我が踏む~ (3, 0.1%)

3 土のみ

▼ 我が身一つ~ (3, 0.1%)

1 が自分, に七重花さく, の罪

▼ 我が~ (3, 0.1%)

1 の隙, をば横ぎれる雁, をば焦がす

▼ 我が農業~ (3, 0.1%)

1 が我が, に対して同一, に対して為した

▼ 我が過去~ (3, 0.1%)

1 における社会組織, の我, の罪

▼ 我が那邇妹~ (3, 0.1%)

3 の命

▼ 我が~ (3, 0.1%)

2 惡な 1 を浄むる

▼ 我が金玉~ (3, 0.1%)

2 の身 1 の一身

▼ 我が門前~ (3, 0.1%)

1 に樂隊來, に産声, に産聲

▼ 我があゆむ~ (2, 0.0%)

2 なりかく

▼ 我があるき~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ 我がいとし~ (2, 0.0%)

1 子の, 子を

▼ 我がかたき~ (2, 0.0%)

1 討なる, 討に

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 しかたをか, やる

▼ 我がごと一人~ (2, 0.0%)

2 思はる

▼ 我がその~ (2, 0.0%)

1 人の, 限なき

▼ 我がなか~ (2, 0.0%)

2 まの

▼ 我がなき~ (2, 0.0%)

1 後頼り, 母の

▼ 我がひた~ (2, 0.0%)

1 向ふ, 噛るくれ

▼ 我がほか~ (2, 0.0%)

1 に眷属, は日

▼ 我がまた~ (2, 0.0%)

2 なく慕

▼ 我がもと~ (2, 0.0%)

1 において殯, に齎す

▼ 我がもの顏~ (2, 0.0%)

1 に先, に少し

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 しへ, ぢは

▼ 我がアシビキ号~ (2, 0.0%)

1 は故障, も同じ

▼ 我がクグツ~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 我がコペイキン~ (2, 0.0%)

1 はその, は例

▼ 我がモンビシユウ街~ (2, 0.0%)

2 の僑居

▼ 我がヤマト~ (2, 0.0%)

1 の名, の国家

▼ 我がロシア~ (2, 0.0%)

1 でよく, よ

▼ 我が一代~ (2, 0.0%)

1 にと, にとどまらず

▼ 我が一族~ (2, 0.0%)

1 が誅滅, を亡ぼす

▼ 我が三越~ (2, 0.0%)

1 は世界いずれ, ほど繁昌

▼ 我が不器用~ (2, 0.0%)

2 をあきらめ

▼ 我が不時~ (2, 0.0%)

2 の免官

▼ 我が不知火~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 我が世子~ (2, 0.0%)

1 に命ぜられた, を挙げ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 を明暗

▼ 我が中学~ (2, 0.0%)

1 の体操教師, の友

▼ 我が九州~ (2, 0.0%)

1 にも及ばぬ, に襲っ

▼ 我が九州地方~ (2, 0.0%)

1 なる所謂倭人, にわたりてその

▼ 我が二百九十餘里~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざれ, の短距離

▼ 我が亡き後~ (2, 0.0%)

1 で何, は汝等二人

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の親, をし

▼ 我が人口~ (2, 0.0%)

1 はその, も必ず大いに

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 もなお, 少し詳

▼ 我が今理屈~ (2, 0.0%)

2 を味方

▼ 我が仏教~ (2, 0.0%)

1 がこの, の世間門

▼ 我が仕事~ (2, 0.0%)

1 ある如し, に寄生木

▼ 我が代り~ (2, 0.0%)

1 の年礼, の年禮

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の家, 住居を

▼ 我が企図~ (2, 0.0%)

1 を暴露, を秘匿

▼ 我が伊藤統監~ (2, 0.0%)

2 を以て此

▼ 我が佇つ~ (2, 0.0%)

2 地の

▼ 我が住家~ (2, 0.0%)

1 についてどこ, へ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 す美女, を欲する

▼ 我が作品~ (2, 0.0%)

1 の自慢, を礼

▼ 我が信仰~ (2, 0.0%)

1 する本師釈迦牟尼世尊, によって理由

▼ 我が假名~ (2, 0.0%)

1 の如き, 遣とは

▼ 我が偉大~ (2, 0.0%)

2 なるドン

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に取寄せし, を走り過ぎぬ

▼ 我が兄弟~ (2, 0.0%)

1 か奉公人, よ我が

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 へ汝

▼ 我が先祖~ (2, 0.0%)

1 の開きたる, は白痴

▼ 我が入唐僧侶~ (2, 0.0%)

1 に對, の天分

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 サモア人への, 生活を

▼ 我が全国~ (2, 0.0%)

1 に於ける, に渉

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2

▼ 我が兵力~ (2, 0.0%)

1 に依らず, をもっ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 障眼すべ

▼ 我が内地~ (2, 0.0%)

1 には固, の古代

▼ 我が処女~ (2, 0.0%)

2 を何と

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 てくれ, 行きし迹

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の中心, の鳴物

▼ 我が劇界~ (2, 0.0%)

1 の不幸, を腕一本

▼ 我が勇敢~ (2, 0.0%)

1 なる侵略者, なる東京区裁判所判事

▼ 我が友李徴子~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 くるところ

▼ 我が受け~ (2, 0.0%)

1 らりょうか, 納るべき

▼ 我が古伝説~ (2, 0.0%)

1 が明らか, や歴史

▼ 我が古語~ (2, 0.0%)

1 においてエミシ, に遍満

▼ 我が同志~ (2, 0.0%)

1 の赤毛布, を欺く

▼ 我が名指し~ (2, 0.0%)

2 をる

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に抗し, は自らこれ

▼ 我が味方~ (2, 0.0%)

1 となりたる, と芳

▼ 我が呼吸~ (2, 0.0%)

1 する雰圍氣, を促

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に突立てん, のすがすがしから

▼ 我が唯一~ (2, 0.0%)

1 の母校矢留小学校, の頼

▼ 我が商業~ (2, 0.0%)

1 が我が, に対して為した

▼ 我が善良~ (2, 0.0%)

1 なる僕胡, なる読者諸子

▼ 我が四境~ (2, 0.0%)

1 の内, を覗えり

▼ 我が四肢~ (2, 0.0%)

1 に, をいためる

▼ 我が国人~ (2, 0.0%)

1 が殖産工商, は感傷

▼ 我が国書~ (2, 0.0%)

1 には, を見

▼ 我が国民性~ (2, 0.0%)

1 に適合, の一弱点

▼ 我が国民精神~ (2, 0.0%)

1 の涵養, を作興

▼ 我が国風~ (2, 0.0%)

1 でもあり, とはあまりに

▼ 我が國史~ (2, 0.0%)

1 に喧傳, に於

▼ 我が國固有~ (2, 0.0%)

1 の方術, の神女

▼ 我が國情~ (2, 0.0%)

1 の充分, は鎖國

▼ 我が國民性~ (2, 0.0%)

1 とはどう, の第

▼ 我が國生得~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 我が國自動車工業~ (2, 0.0%)

1 の前途, 全體

▼ 我が國近時~ (2, 0.0%)

1 の判決, の裁判

▼ 我が國際法學者~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 なるべきか, に誓う

▼ 我が大使一行~ (2, 0.0%)

1 の福建滯留, は十二月二十一日

▼ 我が大日本帝国~ (2, 0.0%)

1 の国家, は世界

▼ 我が大神~ (2, 0.0%)

1 その神, 現しおみま

▼ 我が大隅~ (2, 0.0%)

2 の種子島

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の父, 稚彦

▼ 我が天地~ (2, 0.0%)

1 を蔽, を造ら

▼ 我が天孫~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, 並びにこれ

▼ 我が太郎眼~ (2, 0.0%)

2 もまじろがず

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の語る, はもと

▼ 我が好み~ (2, 0.0%)

1 のま, を云

▼ 我が好める~ (2, 0.0%)

1 やうに, 道に

▼ 我が如く~ (2, 0.0%)

1 做せ, 自己の

▼ 我が妻子~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 我が姉さま三年~ (2, 0.0%)

2 の馴染

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の不朽, 我が名

▼ 我が姓名~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の上

▼ 我が姿昨夜~ (2, 0.0%)

2 も扮

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 には募らるる, に輝

▼ 我が学問~ (2, 0.0%)

1 に入れあげた, の領分中

▼ 我が宇宙~ (2, 0.0%)

1 が爆撃, は畢竟

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 の修業

▼ 我が家業~ (2, 0.0%)

1 は昼, は晝

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 てからは稼ぎ人

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, へ帰る

▼ 我が寺内~ (2, 0.0%)

2 に骨

▼ 我が封建制度~ (2, 0.0%)

1 との根本, の上

▼ 我が専門~ (2, 0.0%)

1 の植物, の植物研究

▼ 我が將士~ (2, 0.0%)

1 が敵, が鐵砲

▼ 我が小願~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 我が居室~ (2, 0.0%)

1 と定め, は幸

▼ 我が居間~ (2, 0.0%)

1 の事, の床脇

▼ 我が屋敷~ (2, 0.0%)

1 として住みたい, の始末

▼ 我が市民諸君~ (2, 0.0%)

2 に語る

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 と敬う, 我が友

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 は殿下

▼ 我が帽子~ (2, 0.0%)

1 も亦, 我が衣服

▼ 我が平民~ (2, 0.0%)

1 のシバルリイ, を貴族

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 な謡, な遊び

▼ 我が広島市~ (2, 0.0%)

2 へは東京

▼ 我が庄亮~ (2, 0.0%)

1 が浴衣, はまた

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 を立ちし, を離れ

▼ 我が弟子~ (2, 0.0%)

1 に非, のこと

▼ 我が弱い~ (2, 0.0%)

1 を恥, を耻

▼ 我が張子房~ (2, 0.0%)

1 である, なり

▼ 我が強い~ (2, 0.0%)

1 から仲直り, らしいところ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 なり嬉しき, を罷めし

▼ 我が彼女~ (2, 0.0%)

1 と相, を愛する

▼ 我が往き~ (2, 0.0%)

1 しは, て訪

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 から続い, に来り

▼ 我が心臓~ (2, 0.0%)

1 の鼓動, はいと

▼ 我が心血~ (2, 0.0%)

1 を漑, を濺ぎたる詩

▼ 我が心身~ (2, 0.0%)

1 にこれ, を養っ

▼ 我が心頭~ (2, 0.0%)

1 に入れり, に受取り終る

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 はなく, ふ妹

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 かな, もかはらず

▼ 我が思う思う~ (2, 0.0%)

2 心の

▼ 我が思はなく~ (2, 0.0%)

2

▼ 我が思ひし~ (2, 0.0%)

1 は之, 桜の

▼ 我が思想~ (2, 0.0%)

1 なり, の自由

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 は生れ, をし

▼ 我が怨敵~ (2, 0.0%)

1 だしかし, であるどうして

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ひの, を吹き

▼ 我が想像~ (2, 0.0%)

1 に活動, に酔つて

▼ 我が想思~ (2, 0.0%)

1 の注ぐ, の趣

▼ 我が意匠ぶり細工ぶり~ (2, 0.0%)

2 を是非

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 を慚愧, を憐

▼ 我が愛生園~ (2, 0.0%)

1 にはさき, には曩

▼ 我が慰め~ (2, 0.0%)

1 とはなり, は読書

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 うる所以, はしげ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ならぬ懺悔物, にあたたまるべき

▼ 我が所有~ (2, 0.0%)

1 といふもの, にはならず

▼ 我が投げし~ (2, 0.0%)

1 石は, 鞠

▼ 我が拙き~ (2, 0.0%)

1 か兄上, 著作の

▼ 我が撓む~ (2, 0.0%)

2 心を

▼ 我が攀ぢ~ (2, 0.0%)

1 し草, 登るに

▼ 我が政治家~ (2, 0.0%)

2 の美徳

▼ 我が教団~ (2, 0.0%)

1 は使徒相伝ローマ教会, を信ずる

▼ 我が文学界~ (2, 0.0%)

1 においても屡々すでに, に大

▼ 我が文明~ (2, 0.0%)

1 の歩, の為

▼ 我が文楽~ (2, 0.0%)

1 の, の自愛

▼ 我が新劇~ (2, 0.0%)

1 の為, の観客

▼ 我が新劇団~ (2, 0.0%)

1 に加へた, の為

▼ 我が新劇界~ (2, 0.0%)

1 の事情, の人

▼ 我が新築~ (2, 0.0%)

2 の社屋

▼ 我が日本国家~ (2, 0.0%)

1 の仏教, を表わす

▼ 我が日本國~ (2, 0.0%)

1 にこの, の發展

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 エタにも, 里中津の

▼ 我が明治二十年~ (2, 0.0%)

1 に発行, の陰暦六月

▼ 我が映る~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の海, を

▼ 我が昨日~ (2, 0.0%)

2

▼ 我が智識~ (2, 0.0%)

1 の増し, 我が経験

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ての実験, て經歴

▼ 我が最愛~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 が成就, は基督

▼ 我が朝廷~ (2, 0.0%)

1 から派遣, にも採用

▼ 我が未だ~ (2, 0.0%)

1 知らざるところ, 語り厭かぬ間

▼ 我が未来~ (2, 0.0%)

1 の所天, の遼遠

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 我の, 讀の

▼ 我が本国~ (2, 0.0%)

1 の利害, の品価

▼ 我が本師釈迦牟尼仏~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の加護

▼ 我が本陣~ (2, 0.0%)

1 へきりこまれ, を移せ

▼ 我が来れ~ (2, 0.0%)

1 ばた, ば外

▼ 我が東亜~ (2, 0.0%)

1 の地域, は今日

▼ 我が枕辺~ (2, 0.0%)

1 に, に立ち

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の檐月, の盛り

▼ 我が椅子~ (2, 0.0%)

2 は一段と

▼ 我が植ゑて霜~ (2, 0.0%)

2 に傲

▼ 我が植物学界~ (2, 0.0%)

1 ではこの, では花

▼ 我が椿~ (2, 0.0%)

1 と同視, を継い

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 と君, の目的

▼ 我が業務~ (2, 0.0%)

1 を尽さね, を怠った

▼ 我が横町組~ (2, 0.0%)

2 の太郎吉

▼ 我が歌興~ (2, 0.0%)

2 の煙霞

▼ 我が歌調~ (2, 0.0%)

1 を這個, を這箇

▼ 我が正義党~ (2, 0.0%)

1 は国民, は最近二回

▼ 我が此樣~ (2, 0.0%)

2 な丸髷

▼ 我が歩み陸橋~ (2, 0.0%)

2 にかかり

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に入り, の冴

▼ 我が水上~ (2, 0.0%)

1 はみ, はわけ

▼ 我が求め来れ~ (2, 0.0%)

2 ばそのかみ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 から喚び起され, に出会った

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の中, の教

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 における

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 と大君

▼ 我が滝本総領事~ (2, 0.0%)

1 が, は常に正々堂々

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 を抱き, 焚き塲

▼ 我が為め~ (2, 0.0%)

1 にこの, に其の

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 名丸の, 禮なる

▼ 我が独逸軍~ (2, 0.0%)

1 の一切, は二月

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 たらんと, にも益

▼ 我が王朝~ (2, 0.0%)

1 の次第に, の歌人在原業平

▼ 我が現行~ (2, 0.0%)

2 の法律

▼ 我が生き方~ (2, 0.0%)

2 の何物

▼ 我が生みの子~ (2, 0.0%)

1 に対する盲目的, を取り扱わない

▼ 我が生命~ (2, 0.0%)

1 であると, を断った

▼ 我が生国~ (2, 0.0%)

1 の大儒, の恥辱

▼ 我が生存~ (2, 0.0%)

1 の唯一, の意義

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に緑樹, を亡ぼさず

▼ 我が畏友朱雲~ (2, 0.0%)

2 の紹介状

▼ 我が発行所~ (2, 0.0%)

1 の仕事場, の門

▼ 我が目ら~ (2, 0.0%)

1 に塗らせりしか, に塩塗り

▼ 我が目前咫尺~ (2, 0.0%)

1 の処, の處

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 へ触る, を視る

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 にそれ, の主立った

▼ 我が真実~ (2, 0.0%)

1 の謬, を知らし

▼ 我が真率~ (2, 0.0%)

1 ならざる, なる心

▼ 我が眼先~ (2, 0.0%)

1 しろきに, には揺れ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ると, るなる我

▼ 我が知る~ (2, 0.0%)

1 所に, 方の

▼ 我が短歌~ (2, 0.0%)

2 に念持

▼ 我が石本君~ (2, 0.0%)

2 の極めて

▼ 我が社会史~ (2, 0.0%)

1 は完成, を専攻

▼ 我が祝歌~ (2, 0.0%)

2 はいち早し

▼ 我が神力~ (2, 0.0%)

1 にて, もて滅すべし

▼ 我が神聖~ (2, 0.0%)

1 なる国体, なる甲板

▼ 我が科學~ (2, 0.0%)

1 が日本, の盛衰

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 と皇孫領ら

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 さらん後

▼ 我が立たせれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば引

▼ 我が立脚點~ (2, 0.0%)

1 にあり, よりみる

▼ 我が端艇~ (2, 0.0%)

1 は何時の間にか, は秋

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 をはかりかね, を成す

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 の絹はんけち

▼ 我が経験~ (2, 0.0%)

1 した内界, の目科

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 がね

▼ 我が職員室~ (2, 0.0%)

1 を目掛け, を目蒐

▼ 我が肉虜~ (2, 0.0%)

1 おのずから肥, ひとりでに肥える

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 するる婦, のめぐりにひろごり

▼ 我が背後~ (2, 0.0%)

1 で微, に方

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 く少時, まだ上手

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に沁み, は断

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 へ突き立てた, を撫で

▼ 我が腹中~ (2, 0.0%)

1 に入る, に在り

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 より出でたる, を沸かす如き

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 を視

▼ 我が自ら~ (2, 0.0%)

1 燃やした情火, 造れる天地

▼ 我が自然親方~ (2, 0.0%)

2 の情

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に造られ, へし

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に, は余り

▼ 我が若い~ (2, 0.0%)

2 命を

▼ 我が著書~ (2, 0.0%)

2 を進捗

▼ 我が蔭口~ (2, 0.0%)

2 を露

▼ 我が藤枝探偵~ (2, 0.0%)

1 が急, はシャーロック

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の, の辛夷

▼ 我が衣服~ (2, 0.0%)

1 の如き, を剥ぎき

▼ 我が要求~ (2, 0.0%)

2 を明示

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 が欲し, て一つ

▼ 我が見た~ (2, 0.0%)

1 きもの見せ, 所の

▼ 我が言う~ (2, 0.0%)

1 ことを, ところ誠実なれ

▼ 我が言語~ (2, 0.0%)

1 に甚だしき, はつねに

▼ 我が託宣~ (2, 0.0%)

2 を聞く

▼ 我が記録~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の上

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に來, へまことふた

▼ 我が詣で~ (2, 0.0%)

2 に来れ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の心, もて規

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 の材料, の誤解

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 る人, れるデウベン

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひ来しもの

▼ 我が起き起き~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 我が跫音~ (2, 0.0%)

1 大御軍, 大皇軍

▼ 我が踏み~ (2, 0.0%)

1 て, て木の実

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 とて平民主義, の行

▼ 我が身内~ (2, 0.0%)

1 に在る, も顫

▼ 我が身命~ (2, 0.0%)

1 は立処, を愛さず

▼ 我が軍隊~ (2, 0.0%)

1 に附属, は敗走

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に棄てられた, 通る

▼ 我が送る~ (2, 0.0%)

1 情の, 日の

▼ 我が遣りそこね~ (2, 0.0%)

1 を恥, を耻

▼ 我が都市~ (2, 0.0%)

1 が崩壊, の貧しい

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 しからうか, しかろうか

▼ 我が醜悪~ (2, 0.0%)

1 な今, な姿

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 におりました, を

▼ 我が里遙~ (2, 0.0%)

2 かに離れ

▼ 我が里遥か~ (2, 0.0%)

2 に離れ

▼ 我が鐵車~ (2, 0.0%)

1 は險山深林何處, を見る

▼ 我が長歌~ (2, 0.0%)

1 の総て, も亦

▼ 我が開闢史~ (2, 0.0%)

1 によりてもその, の上

▼ 我が閑天地~ (2, 0.0%)

1 がむさくるしき, を見出し得ん

▼ 我が霊魂~ (2, 0.0%)

1 の半, を導く

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に母, を撫で

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 に擬し, に纏

▼ 我が飛翔~ (2, 0.0%)

1 しきりにかなし, 挙り出て

▼ 我が飜訳界~ (2, 0.0%)

1 は痩せ, は非常

▼ 我が食う~ (2, 0.0%)

1 もんも, 分を

▼ 我が飲食~ (2, 0.0%)

1 を制す, を斟酌

▼ 我が養家~ (2, 0.0%)

2 は大藤村

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 取とは, 取は

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 を噛み, を埋

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 千穗, 皇帝三代の

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 ながらヒヤリ, の元結ひも

▼ 我が黒髪~ (2, 0.0%)

1 には紛, をさ

▼ 我が~ (2, 0.0%)

2 の士

▼ 我が~ (2, 0.0%)

1 も薙刀, を頸窪

▼1* [1695件]

我があこがれの都, 我があたり邊は明, 我があな何事のお, 我があはれに短命, 我があやまりよ今, 我があらゆる暗黒面を, 我がありしを, 我がある方様と, 我があるは上の, 我がある時の実際, 我がへにかへり, 我がいい氣にな, 我がいかばかり戀といふ, 我がいたづらに, 我がいっさいの能力, 我がいつのみ手もち, 我がいとほしの, 我がいのちただこれ, 我がいひ甲斐なき, 我がいみじ和魂, 我がでに, 我がうしろに隠す, 我がうつつなり, 我がおきし剣の, 我がおぞましいことを, 我がおろかなるよりのみには, 我がかたはらの, 我がかちに歸, 我がこころ和みしづまるをあやしと, 我がこころ二行くな, 我がこころ今は寛けし, 我がことしの祭, 我がこもり春は, 我がこれを飮, 我がごと夢に酔はん, 我がささやかな寝台, 我がさし伸べたる手, 我がさとはかくしも, 我がさまの吾, 我がかおも, 我がしょうやわが, 我がしんじつを感ぜよ, 我がずらりと列んで, 我がせこが, 我がせし狼藉の, 我がそこに入らん, 我がぐひかは, 我がたたみに坐し, 我がたつ杣, 我がため仇を報ずなれ, 我がちの我身専一を男, 我がつきそれし, 我がつねに望む所, 我がつまり自分の本体, 我がつりかへぬ, 我がてぶくろのうへにしも, 我が名乗って, 我がなす笛の, 我がなつかしき故山の, 我がなみならぬ頑強, 我がには生えずなに, 我がねたを首, 我がこらば, 我がのぼれば川, 我がはらから誰と遊ぶ, 我がひけいなば泣かじ, 我がひとり寝む, 我がひとり君がみ, 我がひろき額髪を撫でこする, 我がふたつなき楽み, 我がンリ・シメレも, 我がほしいままに, 我がぽきと首, 我がことか, 我がまことに失ひしは, 我がますら男は, 我が冬しろき, 我がむかし蒔きて, 我がめぐまれたる米国で, 我がもしも嫌やなど, 我がものごころのもよほし, 我がもの云へば更に, 我がまひいちじるしく, 我がやつて見やう, 我がやどに小松, 我がよくなし得ざる, 我がアジアの大, 我がアジサイを中国, 我がアルセーヌ・ルパンは決して, 我がアンジエリカが家, 我がイギリスにおいては前, 我がウイッタンバーグ大学から出た, 我がエゴノキだと, 我がエタとインド, 我がカキツバタの様, 我がカムパニアの野, 我がカリフォルニヤの到る, 我がガラッ八, 我がガラツ八の八五郎, 我がクグツ族との間, 我がコペイキン先生はそんな, 我がサクラと同種, 我がサンタを畏れ, 我がサヽグリにあて, 我がシバグリにあて, 我がジャコビン黨全員の耳, 我がジヤコビン党全員の耳, 我がスタンレー・オホッキーであった, 我がスミレの何れ, 我がセントー・ハヤオを救い出す, 我がタンバグリにあて, 我がナポリに來, 我がニイチエはシヨオペンハウエル, 我がノスタルジヤは, 我がヒルガオとは全然, 我がフランスの財源, 我がフランス語はラテン語, 我がブーラール大人の百年祭, 我がベルナルドオに別れ, 我がペガッサスよ永久, 我がマキアベリイ映画にあらゆる, 我がミハエルの姿, 我がヤマト帝国の位置, 我がリヒヤード・ワグネルも亦, 我がロマンスを話した, 我がヱネチアに來, 我がヴァイリマの森, 我が一たび絶望の境, 我が一丁三十四間に過ぎざれ, 我が一合当り邦貨三銭であった, 我が一命のある, 我が一夜づまひとに知らゆな, 我が一存をふるひ, 我が一心を主として, 我が一日の情, 我が一樹も可, 我が一生を思う, 我が一等運轉手は急, 我が一般国史の研究者, 我が一里強に當, 我が一里程行くと, 我が一風を興せし, 我が七年の浮沈, 我が万世一系の皇統, 我が万世一系天壌無窮の皇運, 我が万事引受けて, 我が万延文久元治年間に渡った, 我が万能をやむ, 我が万葉壇へ喙, 我がより高き, 我が三丁五十五間後漢建武銅尺, 我が三味線の意地, 我が三昧境に我, 我が三町五十一間より四, 我が三百の兄弟, 我が三百里を下らざるべし, 我が三角測量標の下, 我が三谷青年のもの, 我が三輪山神婚説話型に当る, 我が上りて詩稾, 我が上下共に非常, 我が上古に氏族制, 我が上古史に全く, 我がに嘉穂, 我が下ごろもかへし, 我が下郎に向い, 我が下野男子も少しく, 我が不品行を救, 我が不在の間, 我が不安の思い, 我が不平を李斯, 我が不幸なるは, 我が不注意であつ, 我が不風流は牢獄, 我が世帯持ちよき, 我が世界にし, 我が世馴れたることの, 我が両手に捉え, 我が両親に向っ, 我が中グリにあてる, 我が中世の語, 我が中古の神道, 我が中學の體操教師, 我が中級都市の多く, 我が丸善が尽く, 我が親しくこれ, 我が主君に奏上, 我が主義の為め, 我が主良に用, 我が主非我が賓, 我が久し振にて, 我が久しく觀ん, 我が乏しき書庫に, 我が乗った車も, 我がるところ, 我が乙女子よ, 我が九十里と百里, 我が九十餘里なり, 我が乳母そのかの, 我が乳牛は多く, 我が亂暴を看守り, 我が了簡から一部始終, 我が事人の事, 我が事業は凡て, 我が二十五銭に当ります, 我が二十六里となる, 我が二千五百餘年の長き, 我が二里乃至二里半, 我が二里許りの, 我が二階家を狹い町, 我が五丁十七間なり, 我が五十七里となり, 我が五十年の生涯, 我が五尺を視, 我が五色七いろの, 我が五躰は悉く, 我が五階の前, 我が井の上の香木, 我が亡き父である, 我がりそめし, 我が交換者の求める, 我が交番所に比すべき, 我がけたる, 我が京都帝國大學, 我が亭主だけに厭, 我が人々の爲め, 我が人夫となれり, 我が人数を先, 我が人文のなお, 我が人民の智力学芸, 我が人生記録である, 我が人間たる系統, 我が今友に對, 我が今夜の醜態, 我が他日壯歳にし, 我がも知ら, 我が仰ぎ瞻し, 我が伊予の国, 我が伏見丸に乘, 我が伐木の谺, 我が休んだあたりの, 我が伝統俳句本来の性質, 我が伝統詩である俳句, 我が伯母の孤, 我が伯母君を捨て, 我が似しと, 我が住みうくて, 我が住居を出, 我が住居さへ保ち, 我が佐伯好郎氏なども, 我が佐川小學校時代, 我がに鳴る, 我が体力と心力, 我が体力心力の寡, 我が何ぞわななく, 我が佛教の前途洋々, 我が佛教界の奮起一番, 我が作中就中拙きもの, 我が使に謂っ, 我が使者たりし, 我が來んを待て, 我が俊敏にし, 我が保身の法, 我が信ずるところを, 我が信玄に十, 我が信號旗上る, 我が信願をかくる, 我が修行の道場, 我が俳諧の歴史, 我が俳諧師其角一茶の如く, 我がりたり, 我が借家の地主, 我が倣宋活字本を主として, 我が假借し來, 我が健全を祈る, 我が備えが不合理, 我がに能, 我がを画き, 我が僧侶の努力, 我が僧尼令の厳禁, 我が儒者はたいがい皆, 我が儕はしかぞかしこき, 我が儘もんですさかい, 我が儘一杯に育っ, 我が儘勝手な願ひで, 我が儘息子と無知, 我が儘者か変質者, 我が龜天正時代の, 我が元来の虚弱, 我が元治元年に丁, 我がとも頼み, 我が兄弟健在なれ, 我が先住民族が随分, 我が先師にたずねた, 我が先覺者が外國, 我が先身牝虎は今, 我が先輩たり恩人, 我が光輝ある忍術道, 我が免職になッ, 我が児以上に春琴, 我が党人であるから, 我が党出身の史上, 我が入りて宝蔵, 我が入唐求法の僧侶, 我が入唐船が本, 我が全く忘れたるもの, 我が兩人の中, 我が公子穀臣と襄老, 我が公民の標準, 我が六十年の苦難, 我が六畳の書斎, 我が兵士の精神, 我が兵法のすべて, 我が兵船を曳き上げ, 我が兵車妨げしこと, 我が冀州へ頼っ, 我が内心に何者, 我が内田百間先生は随筆界, 我が内裏に當つて, 我が円き喉を, 我が來を, 我が再び面を, 我が冒されたと承知, 我が冷えわぶる, 我が凡てはある, 我がる椅子, 我が出入し出してからでも, 我が出入りまではとめ置き, 我が出兵となった, 我が出征者は先ず, 我が出所をば, 我がに相手, 我が刀自にかはり, 我がをうけよ, 我がに甘んじ, 我が切りとよも, 我が刈る草の, 我がの数, 我が初夏の胡坐, 我が初空もうつくしき, 我が判然とは分るまい, 我が別れの涙こぼれ, 我が別荘の背戸, 我が利害を棄て, 我が利益のすべて, 我がく白粉, 我が前檣を掠め去つた, 我が前身又分身, 我が創作は殆ど, 我が創造したる境, 我が力能く之, 我が助手は例, 我が労働者未だ自覚, 我が労苦に護られし, 我が勇しき船頭は波打際, 我が勇ましき武村兵曹は, 我が勇気の足らざる, 我が勇猛の威, 我がに成り, 我が勝利我が幸福, 我が勢力の消長, 我が勢力範圍となる, 我が勤むる会社の社長増田, 我が北の方にし, 我が北支派遣軍の手, 我が北方民族の祖先, 我が北極探険船は, 我が北海道はじつに, 我が区内の者, 我が医学士の不, 我が十七里なり, 我が十二三歳の頃愛読, 我が十二歳ぐらいの頃, 我が十五万円の収入, 我が十五歳二十歳の我, 我が千島列島を侵し, 我が千行の涙, 我が千里を距, 我が魂の, 我が卓上の物, 我が協會は目下支那在留中, 我が南朝弘和元年に当る, 我が南洲翁もやや, 我が衣の, 我が占領地区より駆逐, 我が原稿は唖, 我がぬるまでに, 我が去就を紛々, 我が友マカロフよ, 我が友瀧口玲泉は水戸, 我が友田君にぴつたり当て, 我が友趙大煥, 我がの手, 我が双肩にかかる, 我が反撃の條, 我が取り計ふて遣る, 我が取り計ろうてやる, 我が受けたるところの, 我が叙情詩の時代, 我が古い俗諺に, 我が古代人も亦, 我が古代史の上, 我が古代史上の最も, 我が古代法律中に時々, 我が古代特殊民構成の三, 我が古代社会の指導力, 我が古代芸術史の研究, 我が古代芸術変遷の系統上, 我が古代語の, 我が古墳の中, 我が古墳出土の鏡鑑, 我が古帽との歴史, 我が古道の妨げ, 我が只圓翁であった, 我が召使國と不義姦通, 我が懐しき明神, 我が可愛い忰を, 我が可能を尽す, 我が台所のもの, 我が史上に見え, 我がの頬, 我が号砲ならざれば, 我が國人と, 我が同好各位の同情, 我が同朋たるビジテリアン, 我が同盟國である筈, 我が同級のもつ, 我が同胞中の或, 我が同胞新聞の社会, 我が同胞諸君は服装, 我が同胞間にあり, 我が同類の万太, 我が名づけしものなり, 我が名義にて営みし, 我が君主無禮, 我が君今年正月七日の連歌, 我が吹かしたのだ, 我が吾妻村のみならず, 我が告發せん折に臍, 我が周囲に行わるる, 我が呪われた胆嚢は, 我がうところ, 我が呼びならはしぬ, 我が命終の時, 我が和子連れぬ, 我が商人は事業, 我が商工業は当時立派, 我が商業人口がこれ, 我が善き所を, 我が善光寺の五千, 我がの縊, 我が喜びに継ぐ, 我が喫茶部の成績, 我がみ啣め, 我が嘆く息嘯の, 我が嘗て早稻田文學, 我がをはさみたら, 我がなるべしと, 我が器量勝れたる男, 我が噸数の過少, 我が四丁四十二間大尺, 我が四五十間幅の道路, 我が四五里なりしこと, 我が四十里餘りの, 我が四国西国の人民, 我が四面環海の邦, 我が図写する所, 我が国会運営に就, 我が国体霊妙の力, 我が国分寺すべての本尊, 我が国劇の主流, 我が国力は之, 我が国史をかへりみる, 我が国名を英語, 我が国家全体を表わす, 我が国家社会の生存発達, 我が国家開闢より以来, 我が国情の異なる, 我が国民全体が激昂, 我が国民国語の曙, 我が国民意識の最, 我が国民権の拡張, 我が国民的繁栄の永続, 我が国民経済は然, 我が国津神の中, 我が国産たる絹布, 我が国産中実に重要, 我が国立国会図書館は出来上った, 我が国立国会図書館法はその, 我が国語音韻の変遷, 我が国防の目的, 我が国防力の充実, 我が圃中に植えた, 我が國上代の風俗, 我が國再建の基礎, 我が國力の大陸, 我が國古代では地方, 我が國土の上, 我が國外と國, 我が國文壇の最高權威, 我が國文獻時代の地方, 我が國民將來の方針, 我が國民文化の結晶, 我が國現行の東洋史, 我が國粹を保存, 我が國美術の精華, 我が國自動車界の人達, 我が國語に通ぜり, 我が國農村に近世, 我が國運の障碍, 我が國體上より觀, 我がと眺め足ら, 我が圓蔵はたしか, 我が土産でないから, 我が滿居留民保護の, 我が在らぬを知りたる, 我が在満兵力は, 我がだと, 我が地位を思い出した, 我が地方では春蚕, 我が堪ふること能は, 我が堪へて瞼, 我が塑像ふくらみ黒き, 我がをきづく, 我が塚田巡査は孫子, 我が塲景の余りに, 我が境界の内, 我がの記憶, 我が夕闇は迫れるごとし, 我がに出でし, 我が外交官がパリジエンヌ, 我が夜雨の詩, 我がを悲, 我が夢寐の間, 我が夢物語めきたる生涯, 我が大事な殿御, 我が大佐閣下の上, 我が大使であつ, 我が大内裏に相, 我が大和の名, 我が大和朝廷そのものであると, 我が大宝令にも僧尼乞食, 我が大宝律では雑戸, 我が大家の如き, 我が大岡越前守とひとしく, 我が大御病の, 我が大志を託す, 我が大成を所期, 我が大日本帝国今上皇帝陛下の万歳万万歳, 我が大衆に未だ, 我が大衆文芸作家のもっ, 我が大軍をひきつけ, 我が大阪市のよう, 我が天下を誇る, 我が天壌無窮の皇運, 我が天孫民族以外において所謂毛人, 我が天心へ反響, 我が天授の齡, 我が天智天皇の九年, 我が天皇の関知, 我が天皇陛下の御, 我が天神地祇までが肉食屠殺, 我が天翔る時ちかづきぬ, 我が天職なりこれ我々, 我が太刀と鞘, 我が太郎まこと直なり, 我が太陽系統以外の恒星界, 我が夫たるを得る, 我が夫子は假廬, 我が失禮の我, 我が失脚に乗ぜん, 我が奈良原少年で仲間, 我が奉つる麁食を, 我がに, 我が女二人竝べたてまつれる, 我が女同志にても見よ, 我が女王に渡し, 我が女須世理毘賣を嫡妻, 我がぞ鳴く, 我が妻外に得難き, 我が妻女がまさしく, 我が姉石長比賣あり, 我が姿忍び車を引く, 我が姿水に映つし, 我が威力彼に優り, 我が娚日出雄少年の安否, 我がを取り還し, 我が婦女に與, 我が婿はこういう, 我が嫡出の子, 我が子らを東国, 我が子何時まで悲しみ, 我が子同様に思われ, 我が子為家に和歌, 我が子等の手, 我が子綱吉を殺し, 我が子與之助, 我が子規居士を中心, 我が子辛加知の任地越前, 我が孔子も世, 我が孝謙天皇の天平勝寶五年, 我がの煢然, 我が孤窶を憫む, 我が学問界以外の小人, 我が学問社会の面目, 我が學園を支配, 我が學術のため, 我がへ帰っ, 我が守り本尊の前, 我が安心を人, 我が宗主權は一旦, 我が宗教世界に於, 我が宗教教育の歴史的考察, 我が官府をそしる, 我が官憲に知られる, 我が定律詩を捨て, 我がと思っ, 我がの妹, 我が実力の増加, 我が実子を相続人, 我が室のは薄き, 我が宮一味の盟約, 我が宮内省御用掛といふ格, 我がの冷感, 我が家屋を装い, 我が家産を斯, 我が寂寥の調, 我が寄宿時代を思い出し, 我が寄席がもつ, 我が寐床の上, 我が亦その, 我が寛政令の好意, 我が寝そべつてゐる, 我が寝室の内, 我が寢惚て見し, 我が審判はた, 我が審美學の美世界, 我が対夷政策の本体, 我が対岸へ廻, 我が対等国家の礼, 我が封内に盛ん, 我が封建の諸, 我が中てた, 我が将兵の中, 我が將卒は土, 我が尊信する母, 我が小さく拙い毛の, 我が小倉家が昔, 我が小児の黒髪, 我が小刀を袋, 我が小学校に在り, 我が小説の低落, 我が小説史上余り認められない作家, 我が小額をも運転, 我が少しくこれを, 我がの穴, 我が尼寺の一窓, 我が局促たるを嘲る, 我が局量を嘲る, 我がとなす, 我が居たる町は, 我が居らば武陵桃源, 我が居らざりし時の, 我が居宅から低い, 我がへ帰っ, 我が屋戸に月おし照れ, 我が屋數を打見やれ, 我が屋根地は我が, 我が山ずみの憂さ, 我が山岳国には欠かれない, 我が山庄に書, 我がの板屋楓, 我が島々と我が, 我が島田髷のがつくり, 我が工女は気, 我が工業を進め, 我がの腰, 我が左京で右街, 我が左翼方面に於, 我が左舷の紅燈, 我が巻中に入れたる, 我がは今や, 我が帆船の水夫, 我が希望の湧く, 我が帝国盲教育上に一大辰, 我が帝國軍艦の視線, 我が師法然上人はあんな, 我が師翁其儘だと, 我が帰りしを知らざる, 我が帶劍を以て容易, 我が常識界に及ばず, 我が平常は知り, 我が平民社界に起りし, 我が平生の夢想, 我が平生忖度するところ, 我が年紀十四の時, 我が幼児が親, 我が幾たび空中に樓閣, 我が幾千件にわたる権益問題, 我が広大なるロシア, 我が庇蔭被たる身, 我がなりと, 我が底延へを言出つる, 我が店員等が明日, 我が座敷へ戻り, 我が庭園の景趣, 我が庶兄建波邇安の王, 我が建てしもの壊れしなら, 我が廻り気がどこ, 我が弁説の上, 我が引いてゐる, 我が弱き心を刺激, 我が弱点に乗ぜられ, 我が過ぎた, 我が強くって云い出した, 我が弾丸兵糧も残, 我が当局の軟弱無気力, 我が当局者の優柔不断, 我が当時の口, 我が当面の地獄, 我が形容を観よ, 我が影像を写す, 我が役人らを撮影, 我が往かなくに, 我が待ちし, 我がは唐律, 我が後一条天皇の長元, 我が後來の半身二世, 我がたる幽, 我が得た所を以て, 我が得べき筋の, 我が得意はいかばかり, 我が得意出世の門, 我が得手勝手に取扱, 我が御世の事, 我が御代を, 我が御前に祭らしめ, 我が御子正勝吾勝勝速日天の忍穗耳, 我が御身に對, 我が御酒ならず, 我が微弱を誇らん, 我が微衷なり, 我が我が力能, 我が徳川政府二百五十余年の泰平, 我が徳川政府封建の時代, 我が徳川時代の中世以後, 我が徳義を円満無欠, 我が徳風斯くまでに, 我が心やりなれば, 我が心われに告ぐる, 我が心一ツの煩, 我が心中の迷い, 我が心事を語り出ずる, 我が心大人になりぬ, 我が心安き方にても, 我が心宮を観ずる, 我が心柿の葉, 我が心水つく稻, 我が心清明ければ, 我が心狂はねば, 我が心胸に鑿入, 我が心覺束なきを, 我が心青柳町の, 我が必勝は明かだ, 我が忍ぶこと能は, 我がを傷つけ, 我が忘れたり, 我が応神天皇が使い, 我が忠告を容れね, 我が忠良なる帝国臣民, 我がるるも, 我が思いなしにやいたく, 我が思うつぼにはまっ, 我が思ひと我が言葉, 我が思ひ掛けざるところなりき, 我が思惟像があの, 我が思想的激変はたしかに, 我が思慮あさ, 我が思止まず, 我が性命ある活思想, 我が性格の弱き, 我が性玉の如し, 我が性質として後, 我が怪しき恋と, 我が恋妻を, 我がを大道, 我がを受け, 我が恩人はどうして, 我が恫喝の特性, 我が息吹蘇らむ, 我が息子が若者, 我が悉有を認識, 我がかつた, 我が悪かったああ, 我がみを, 我が悲哀の記憶, 我が情懐は推し, 我がはぬ, 我がう御座いました, 我がふ程, 我が想中に立入り, 我がをばい, 我が意中を傾潟, 我が意中人の音信, 我が意志の烈しき, 我が意思をもっ, 我が意気地なきを, 我が意気組を知らせる, 我が意識の外, 我が愚かなる眺め, 我が愛しみも洗, 我が愛せし盲の, 我が愛づる端嚴のテチス, 我が愛人よ, 我が愛児の上, 我が愛好するもの, 我が愛嬢を中心, 我が愛子の頭, 我が愛蔵の明治二十年代, 我が愛誦の書, 我が愛読書の一つ, 我が愛讀の, 我が感覚を疑おう, 我が感覺を引く, 我が慈覺大師もこの, 我が慌てたるを知る, 我がひて, 我が慾海の波, 我が憎々しい友の, 我が憲政史上に残した, 我が憶出されて, 我がに合ふところ, 我が懐かしき母校である, 我が懐疑の所見朋友, 我が懶惰の習, 我が戀人のゆく, 我が戒法を守る, 我が物の, 我が疑ふと, 我が戦力に屈伏, 我が戯曲の中, 我が戸籍の標準, 我がは王, 我が所在を探ら, 我が所得の芸能, 我が所行を慈悲, 我が所論を証明, 我が所謂實に應, 我が所謂文学者とはフィヒテ, 我が手ずから相手を, 我が手なれども, 我が手俣より漏, 我が手心を覚, 我が手業にあた, 我が手段もて追い出し, 我が手紙未だもどらず, 我が手腕の程, 我が手腕たしかと思はれざりし, 我が手術の巧妙, 我が手足を憐む事, 我が手首をも青むる, 我が才識を研ぎ, 我が打てばうつろ, 我が批評壇が殆ど注意, 我が承知が出来ぬ, 我が技倆を顯, 我が抒情の興, 我が投ぜられたる獄室は, 我が折れたのでございましょう, 我が折れたらしくとうとう両親, 我が抜苦与楽の説法, 我が抱負理想を枉ぐべきに, 我が拘泥して, 我がたる物, 我が持たば, 我が持っている, 我がの, 我が指して行く, 我が指揮に従, 我が指頭に眼, 我が挙動を悦ん, 我が挨拶夏は青田, 我が振り直せ他店, 我が掌中にあり, 我が掌底に落, 我が探訪の職, 我が接吻する者, 我が描きし絵に, 我が撰目に入り, 我が支那の如き, 我が支部図書館は生まれ, 我が攻囲軍の死傷, 我が攻撃を避け, 我が放埒のやるせなき, 我が放恣の生涯, 我が政府部内の者, 我が政治社会の徳義, 我が故ますらをの争, 我が故郷上州前橋市にあり, 我が救助なく斃, 我が教えを受けられい, 我が教会を建てん, 我が教育は全力, 我が教育策の大, 我が散策子は其処, 我が散策者は独言つた, 我がするところ, 我が敷島のあきつ, 我が文化國日本で嫌, 我が文壇多くの芸術家, 我が文字の上, 我が文学史より抽, 我が文学史上に於, 我が文学座の若い, 我が文学陣の選手, 我が文學上の評論, 我が文界に望むべからざる, 我が斑白の髭染め, 我が料理法を弁護, 我が料簡し感, 我が断章の, 我がかる気儘, 我が斯く解すること, 我が新作大日本青年団, 我が新日本は時, 我が新聞に発表, 我が新鋭の手練, 我が方丈の闇, 我が方向に逆行, 我が方略とし, 我が旅故郷の閑古鳥, 我がすでに一人, 我が旗本粉骨をつくす, 我が我が夢, 我が日ごろの行, 我が日の本の帝国, 我が日出の宝土, 我が日和下駄の散歩, 我が日本アルプスでも上高地, 我が日本仏教とチベット, 我が日本南アルプスの大王, 我が日本国人が外国交際, 我が日本国号の制定, 我が日本国民の血潮, 我が日本帝国とチベット国, 我が日本文学の中, 我が日本朝廷開創以来雄略天皇の御代, 我が日本植物の誇り, 我が日本民族上いかなる地位, 我が日本民族中にもまた, 我が日本民族中堅の階級, 我が日本産のコブシ, 我が日本臣民中には甚だ, 我が日本艦隊は真, 我が日本語の堕落, 我が日記中彼邊にて聞し, 我が日頃無口の唇頭, 我が早稲田にありし, 我が早稲田大学教授たる浮田, 我がぶれる五感, 我が明治四年に於い, 我が昔日の生涯, 我が春日は果, 我が春秋の短き, 我が昵懇のもの, 我がは来れり, 我が普通劇の父, 我が晶子さんは子, 我が智恵袋を絞る, 我が智慧思案を凝らせし, 我が智足らず豫想密ならずして, 我が暗き人に, 我が暴戻を制せ, 我が暴行を防, 我がふ處, 我が書きたるものに, 我が書き溜めし草稿の, 我が書き行く文字の, 我が最上府の命ずる, 我が最初の目的, 我が最少の子, 我が最強の味方, 我が最後をかくる, 我が最近の生活, 我が有為の人物, 我が朋友はいづち行き, 我が朝日新聞社員横川勇次氏を送らん, 我が朝餉の膳, 我が朝鮮駐屯軍を襲うた, 我が期するところの, 我が木彫の勢力, 我が木彫芸術の衰頽, 我が木戸過ぎて, 我が木造の霊廟, 我が未だ嘗て敢て, 我が本体を焼きおる, 我が本分を守っ, 我が本望でない, 我が本田のよう, 我が本田成之君が本誌上, 我が本草学者があて, 我がの抽斗, 我が村境に立たせた, 我が杜陵に入り, 我が来し妹が, 我が来たことを, 我が来なば, 我が来遊を告げしめ, 我が東上の好機, 我が東京で飜刻, 我が東京市中のもの, 我が東北地方は同じ, 我が東大泉の家, 我が東洋芸術の真髄, 我が東海の楽土, 我が東郷大提督, 我が松明を踏み消した, 我が松林は今や, 我が枕頭に座っ, 我が林田英三君は現れる, 我が柳屋の姉さん, 我が柳田先生も亦, 我がで養成, 我が校友會の同志, 我が校歌は, 我が校長田島氏の如きで, 我がの周囲四方, 我が桂文楽はまさしく, 我が桂正作を支配, 我が桂海老団治は岡村, 我が案山子は少し, 我が梅子嬢は何, 我が梅子汝の為め, 我が梅津只圓翁の至純至誠, 我がを走りおりし, 我が梶棒には心, 我がに抱い, 我が植ゑし庭の葉鷄頭, 我が植物に充てられし, 我が植物学の研究, 我が楊子が一本立ち, 我が業力ここに尽き, 我が極東帝国の上, 我が極楽浄土に生れん, 我が楽しみであるばかり, 我が槍ヶ岳という心臓, 我が樸直なるをや, 我が機嫌をとり直し, 我が櫻木海軍大佐の破天荒, 我が欲情するもの, 我が欺かれつる事の, 我が歓喜とすれ, 我が正しとする, 我が正等よ競駒, 我が此川を見た, 我が此手元に近, 我が此書に於, 我が此處へ泊つた, 我が武ちゃんよ, 我が武士道の神髓, 我が武者小路実篤氏が自作自演, 我が武道は此後, 我がむこ, 我が歩兵操典に大隊, 我がきはまりて, 我が歴史の全, 我が歴史上の侠, 我が歴史的文化との融和, 我が死ぬ日迄, 我が死後幾何の間, 我が死期來れりと, 我が殺したのだ, 我が母一身死に向, 我が母人よりさまざま, 我が母君は御, 我が母校の愛する, 我が母様のみは朝夕, 我が母親の年齡, 我が氏子を他, 我が民族発展の閉塞, 我が民族研究上の一分野, 我が民族自体は決してさ, 我が民衆史上風俗史上最も重要, 我が民謡の精神, 我が気力は衰, 我がは張らざる, 我がのひとし, 我が水鏡する青玉, 我が永く藏する, 我が永遠の姿, 我が求むる處は, 我が江戸文学の恩師川柳久良伎翁, 我が決して敢て, 我が沈設水雷に触れ, 我が河野家の理想, 我が沸きかへる, 我がじみし櫛笥, 我が沿岸を親しく, 我が沿海に出没, 我が泉先生の作品, 我が法力を知, 我が法王においてもお迎え, 我が泣かむ見, 我が泣く声は, 我が脚, 我が注意を惹きし, 我が注連縄を張った, 我が洋袴の衣兜, 我が活字本の影宋本, 我が流寓のうち, 我が浮浪の幾歳月, 我が海軍部内では特別, 我が海陸軍は連戦連勝, 我が淀橋町の役場, 我が深く二大家に, 我が清涼殿の荒海, 我が清濁は見ゆらん, 我が済まん明日厳しく, 我が渡辺の家, 我が渡邊の家, 我がなる手, 我が港口に泊, 我がと木立, 我が満蒙の旅, 我が溯ればあ, 我が漂民を護送, 我が演じいだす所の, 我が演劇界に於ける, 我が漢字のため, 我が潜水艦の行方, 我が濁れる目に, 我が濟勝の具, 我が瀕死の人, 我が瀧太郎さんは目, 我が瀬川の家, 我が火星にはこんな, 我が為したる事なら, 我が為んやうは, 我が為不自由あらせじ憂き, 我が為厳しかりしも, 我が為末宜かれと, 我が無いのだ, 我が無上の楽, 我が無学無識, 我が無情を恨み, 我が無能をさらけ出し, 我が熱心を顕わし, 我がの, 我がれる火, 我が父大國主の神, 我が父大弐と藤井殿, 我が父母神の命, 我が父祖の国, 我がに従って不, 我が版図になつて, 我が牢獄は我, 我が牧塲は忽ち, 我が物ゆゑに裸川, 我が物語りしよりも, 我が物貨の輸入, 我が物顏に小判, 我が特殊民に関する報告, 我が牽け行な, 我が犠牲となりし, 我が独り子の道, 我が独自の見解, 我が獄室を守る, 我が獲し者の, 我が玄耳蘭を愛する, 我が率寢し, 我が王国の指導者, 我が王子に伝う, 我が王朝文弱の時代, 我が現状の裡, 我が理学者たちの意見, 我が理想境の事業, 我が環境がなつかしい, 我が生まれし日なれ, 我が生命これさえ熱烈, 我が生地にも居られない, 我が生家は今, 我が生来の道, 我が生活にもよい, 我ががここ, 我がゆる處, 我が田鶴見の家, 我がに嫌われた, 我が甲斐国の各, 我が男子が徳義上, 我が画壇をふり, 我が画興に適する, 我が畏敬する天知子, 我が留學生及び學問僧, 我が留守に来り, 我が番組編成の指導方針, 我が番附に書かせし, 我が畫題中に沒入, 我が當時の夢, 我が當面の地獄, 我が疑われたる投身の, 我が疲れし心を, 我が疾患蝕金の掌, 我が病室の蓬莱, 我が病気も長く, 我が病院生活も半, 我がさより, 我が痩せ痩せてゐき, 我が痩腕をもて, 我が癇癪は我が, 我が癇癪全で別, 我が発明の実益, 我が白桜下に来り, 我が白髮首の生甲斐, 我が百四十里に當, 我が百里もあるべし, 我が百間先生になる, 我が皆ロマンテイケルとかナトウラリスト, 我が皇国の現状, 我が皇威発展の真相, 我が皇道即ち王道, 我が相好必ず一体, 我が相続をさせる, 我が相識れる婦人, 我が相識らんことを欲する, 我が眉みそらに昂る, 我が眉目を掠め, 我がの心, 我が眞率なる心, 我が眞理の聖使, 我が使命の, 我が真に我でなけれ, 我が真影の写る, 我が真赤なる心, 我が真面目を知らしめ, 我が眷族を何故, 我が眼中に置く, 我が眼先鋒鋩の蒼, 我が眼前朦朧として物, 我が眼力敢なかりけり, 我が眼盲ひむか, 我が眼過ぎぬる, 我が着けた石帯を, 我が着用の, 我が睫毛には, 我が知らざる神よ, 我が知らぬ人なれども, 我が知りてより, 我が知人たちの消息如何, 我が知識の蓄積, 我が知音中村何某其の時, 我がをすて, 我が石器時代からも存, 我が石川啄木が自分, 我が研究を進め, 我が破れて意外, 我が碧梧桐氏のため, 我が社会組織の上, 我が社会組織上常に重要, 我が社友と認むるのみ, 我が祖國の血, 我が祖宗創業の際, 我が祖母我が母, 我が祖父伝来の鎧, 我がに, 我が祝福されたる創造, 我がと同一體, 我が神功皇后の御事, 我が神威を以て敵, 我が神学博士のごとき, 我が神明甚だしく穢れ, 我が神明これを忌み給う, 我が神明穢れを忌み給う, 我が神經を空色, 我が神話中に織り込まれ, 我が祭歌を浮かべる, 我が私設代表たる後藤新平氏, 我がに対する感, 我が秋川一家はまさかそう, 我が科學政策を擔當, 我が秘密はあくまでも, 我が秘密造船所内の何處, 我が秘法の敢, 我が移民の活動, 我が稚き耳にも, 我が稲門健児は不幸, 我が突殺したの, 我が困して, 我が立ちたる所以なり, 我が立つは丸善, 我が竜城に属する, 我がなり, 我が競争者となる, 我が竿を良し, 我が笑顔写真ニユースに見し, 我が筆墨書籍に事欠かせまじ, 我が筑紫なり声に荒く, 我が策戦をさとる, 我が箇人的成長の頂点, 我が籠り楽しくも, 我が米軍の警戒, 我が粋癖はうち, 我が粗忽にし, 我が粗忽さに思わず, 我が精根を打ち, 我が精神修養の一助, 我が糧道を絶ちたる, 我がにつく, 我が清の, 我が紳士風は彼, 我が組合の運動消息, 我が経済建設の指標, 我が経済的勢力の絶対, 我が絳泥色の帽子, 我が日本紀を, 我が維新革命史中における位置, 我が綱吉将軍に似た, 我が総身はそが, 我が縛られたる手は, 我がひし羽織打ち掛け, 我が縵さ百合の花, 我が罪業を詫びた, 我が罪過を悔い, 我が羅馬に在り, 我がを軽重, 我が美くしいナルシス, 我が美術界に取っ, 我が群れいなばひけ, 我が群島国は決して, 我が義兄禍の基, 我が義塾においては生徒, 我が義塾同社の士, 我がに引かれ, 我が習俗の不, 我が習癖はふるひ, 我が畸人を, 我が老舗酒はよろし, 我がも流石, 我が耻辱を世人, 我が聖武天皇の御世, 我が聚美の堂, 我が聞きて声, 我が聞きしは然, 我がに驚き, 我が職務の恥辱, 我が職掌をいうべきなれ, 我が肉体によって差し当り, 我が肉體が其の, 我が肖像を呈し奉る, 我が肖像畫の歴史, 我がかけ窓, 我が肥前長崎港に到る, 我がもこの, 我が胃腸を虐待, 我がを拊, 我が背けたる横顔を, 我が背中へ引かぶせ, 我が背戸に出た, 我が背負って行っ, 我が背負つて行つて遣らう十兵衞, 我がに居る, 我がに緊, 我が胸一ツに蔵め, 我が胸中一片の氷心, 我が胸懐に快, 我が胸板の上, 我が能くせざるところに, 我が脇腹へ突き立てた, 我が脚下に開け, 我がも知る, 我が脳天を保護, 我が脳髄に新しき, 我がははや, 我が腕一ツにて善き, 我が腦膸は空虚, 我が腹心は停車場, 我が腹立は木片, 我が腹立ちはどこ, 我がの在り, 我が臚列する所, 我が臣民らを罰しません, 我がから聞きし, 我が自ら味ひたるところ, 我が自治寮の自治, 我が自覚的であるという, 我が至誠の鑑, 我が與謝野晶子さん位沢山の歌, 我がの高き, 我が舊辭の時代はか, 我が舊辭時代には著名, 我がを知らざる, 我がの前面, 我が艇尾の大尉, 我がます, 我が艦上の視線, 我が艦上機が汕頭, 我が艦列の彼, 我が良心的であれば, 我が花柳に耽る, 我が花粉を柱頭, 我がまことに上手, 我が芸未熟なればこそ, 我が苛責をうく, 我が若者よ, 我が苦しみの輕, 我が英一君は癩者, 我が英国の兵法, 我が茅屋の中, 我が茶受とし, 我が草卒に筆, 我が草堂に宿り, 我が草履を取る, 我が草庵の門前, 我が草苺を好む, 我が荒地を拓き, 我が荒鷲が敵, 我がをおろし, 我が荷物ながらオイ, 我が菊池寛氏の東京, 我が菩提をとむらい, 我が著述に筆, 我がの扉, 我が蒙りたる黙示の, 我が蒲生氏郷とを比較, 我が蒼雲と戴くであらう, 我がする菊塢, 我が藤原佐世の, 我が藤子九つながら, 我が藤子風引くなかれ, 我が藩屏となる, 我が藩邸と違っ, 我が藪椿の堅き, 我が處女作は明治四十四年三月相州湯河原, 我がに, 我が融合するその, 我が蟹江博士の, 我が血涙を絞り, 我が血筋に伝わる, 我が衆軍を起たしめ, 我がにせず, 我が行かぬ法は, 我が行かんと欲する, 我が行きし時に, 我が行く先きは, 我が行けば蟲力, 我が行先は何処, 我が行為のお, 我が行脚の掟, 我が行衛に生涯手, 我が術中に陥った, 我が衣手の上, 我が衣類調度は更, 我が衣食のため, 我が姪王二姐とて, 我がに君, 我がを探る, 我がの一種, 我が袖鏡と御覧, 我が眼布は, 我が製品を売っ, 我が製造業がそれ, 我が褐色の友, 我が西京に留学, 我が西部戦線某軍団所属, 我がなき生涯, 我が見し乘鞍は, 我が見たる人の, 我が見つるかも, 我が見ぬことを, 我が見慣れたるものなれ, 我が見聞の広い, 我が視界も亦, 我が視野にし, 我が親うらみなり聞かれぬ, 我が親しき友の, 我が親友の為め, 我が親友島村清吉という方, 我が親子を迎, 我が親方に重, 我が親族にはあらね, 我が観察せんと, 我が言いしはパン, 我が言はんと欲, 我が言條は何所, 我がふて得させんと, 我が計ろうて得させん, 我がを能, 我が記實の務, 我が記紀の古, 我が証言して, 我がを交, 我が詩不滅の信, 我が詩人諸士, 我が詩心界を代表, 我が詩淵明を慕, 我がによつて落ち, 我が誕生日の祝, 我が誘惑の, 我が語学に志ざす, 我が語部式に口傳, 我が誠心の願望, 我が誤ちなりし, 我が誤り第一国内, 我が読まずなりてすでに, 我が読まんとする, 我が談理を以て美, 我が諫めを納, 我が諸手は常に, 我が謂った通り金時計は, 我が講壇をし, 我が講義に当る, 我が警備関係のもの, 我が警察界に入っ, 我が警視総監以上であって, 我がある日章旗, 我が讀むべき詩を, 我が豐臣秀吉が天正十五年, 我が豫感する心, 我がなり, 我が財政の責任者, 我が財産中おのれの詩稿, 我がてもの慰藉也, 我がへし, 我がさを, 我が賀川豐彦の君, 我が資本家マルタンに負う, 我がならそちら, 我がという態度, 我が賤民史上最も注目, 我がひ来しは, 我が起ちて望める, 我が起居を問, 我が越えてすでに, 我が趣味の全部, 我が足ども踏処さだまらず営門, 我が足ども踏處さだまらず營門, 我が足袋白き冬, 我がに寄り来る, 我がつまづく, 我が身なりとは, 我が身の上大事がるが, 我が身の上話に幾頁, 我が身中に入る, 我が身分を打, 我が身辺にたぎり立った, 我がの外, 我が軍事界のため一つ, 我が軍全員戦死の報道, 我が軍勢である, 我が軍用飛行機の壮挙, 我が軍船を掠めな, 我が軍艦は撃ち破られ, 我が軍襲ふ時, 我が軍部によって作られた, 我が軍隊その他の出征者, 我が軟弱外交を攻撃, 我が軽き合金属の, 我が軽率なりしを, 我が輩ひと通りの考, 我が辛勤を察し, 我が辛苦を甞め艱難, 我が辞世はいかに, 我が農業者または田舎紳士, 我が農民は大, 我が辺海の波濤, 我が迎え寄せたるを, 我が近代の発見, 我が近江の梵釋寺, 我が近海の交通, 我が迷い実に仏罰, 我が迷える母とは, 我が迷惑顔にも心付かず, 我が通仕込の御, 我が通学せし学校, 我が速記法の功用, 我が造り出した勢に, 我が連れて帰る, 我が遂にアントニオに, 我がふ所, 我が遊ばざるの理屈, 我が遊蹤を印しける, 我が過ちを深く, 我がを進まん, 我が道伴れとともに, 我が道具を持ち, 我が道徳は数千年, 我が道昭と前後, 我が達成のよう, 我が遠からず分れ去るべきを, 我が那勢の命, 我が那邇勢の命, 我が邦上古にその, 我が邦今日の有様, 我が邦沿海に臘虎膃肭臍, 我がを訪, 我が邸内の君侯, 我が郷田三郎は不思議, 我が都新聞で自分, 我が都民が配給, 我が配偶を定める, 我が酒井と主税, 我がふを, 我が酔眼に映じた, 我がを得べき, 我が金玉一点の瑕瑾, 我が釣った鮎を, 我が釣意を誘う, 我がを着せし, 我が鉄砲玉に勝った, 我がを飛ばせやり, 我が銑吉を視, 我が鍛工組合の評議員篠田長二君, 我がも太刀, 我が開國に關, 我が開業以来の取引, 我が開業以来五ヶ年ばかり変らず, 我がの生れ, 我が間人の意義, 我がり知る所, 我が関興張苞らの軍, 我が閣下等よ閣下等, 我がの傍, 我が阿Qにおいてはこの, 我が降りたてる駅のけ, 我が院長に至っ, 我が陣所に捕虜, 我が陳列館の建築, 我が陸海軍に一兵, 我が陸軍大学で絶えず, 我がは出来る, 我が階級のため, 我が沼, 我が隠しには二三, 我がの子, 我が隨意たるべし, 我がしには, 我が雄略天皇が宋, 我が雑誌に訳載, 我がる, 我が難問を一々, 我が電光艇も亦, 我が霊妙なる壁画, 我が露西亜には無い, 我が青年は答えた, 我が青年会に適用, 我が青春は淪落, 我がを知り, 我が非我に対する態度, 我が面上の些細, 我が面壁独語ははしなくも, 我が面影を覗く, 我がを脱ぎ, 我が韃靼の海, 我が音楽趣味に感謝, 我がめ期したる, 我が領土として進んだ, 我が領海に近づき, 我が頭脳の中, 我が頭髪がその, 我が頼み事を言, 我が顔さびしこゝにだにあけに映えよと, 我が顔つきが気, 我が願いのかく, 我が願ふところなり, 我がへし, 我が風俗の中, 我が飛びていつ, 我が飛行将校は飛行甲板, 我が飛行艇隊が近づい, 我が食客たるをもて, 我が食通のごとき, 我が飮友達蟒さんはひく, 我が飯島の家名再興, 我がりに, 我がの組織, 我が首肯する所, 我が馨子高貴なる人生, 我がに騎, 我が馬車の待てる, 我が駒込辺ではそう, 我が驚愕と憤怒, 我が高橋克己君である, 我が高知公園は私, 我が高野山の奧院, 我が燃えむとす, 我が鬼怒川の鮭, 我がのため, 我が鶯笛を吹き, 我が鹿兒島に來, 我がの大, 我が黄金をも何とも, 我がを活かし, 我が黽勉の民, 我が鼓膜に気がつく, 我がすでに知命, 我が齢僅に二十歳