青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「我~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~成る 成る~ ~成功 成功~ ~成立 成立~ 成績~ ~成長 成長~ ~我
我~
~我々 我々~ 我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~

「我~」 21199, 229ppm, 435位

▼ 我~ (2431, 11.5%)

32 婆羅門と 31 爾を 29 汝の 25 爾の 21 爾に 15 汝を 12 これを, 汝に 119 身を 8 こ, 不弥, 彼を, 顔に 7 彼等の, 我の, 汝が 6 ここに, これに, 之を, 彼の, 目を, 見た 5 そを, ゆく, 彼が, 知る, 穢多なり, 見て

4 [16件] その人, 互に憐, 僅に, 唯だ, 奴国を, 始て, 小説家たるを, 彼に, 彼等を, 復た, 我我に, 汝と, 汝に対して, 汝等の, 耶馬台の, 頭を

3 [36件] この時, せず, アヌンチヤタが, 世に, 人の, 人生の, 今日の, 他の, 何の, 君を, 坂を, 夢に, 妙に, 姫の, 帰るであろう, 彼等が, 心に, 心を, 忘れじ, 手を, 整へ, 是を, 来ぬ, 母の, 漢の, 然ら, 知らず, 神を, 米塩の, 羅馬の, 見に, 見る, 詩人なり, 貧しき, 路に, 身に

2 [161件] ありける, あり我, あれども, いよいよその, おん身の, かしこに, かの光, この生, これより, さきに, そなた, そのひとり, その時, ただそれ, ただ花下, とうの, とこしえの, なお君, ぬかづく, ひとりの, ひとり月を, まあ感応寺, ゆくりなくも, わが妻, わが目, ベルナルドオを, 一の, 一体何, 一切の, 云わむ, 人に, 人を, 人生と, 今この, 今も, 今より, 今汝, 今汝の, 兄を, 先口汝は, 免すべから, 兎に, 全身を, 其処に, 凡ての, 処女を, 刺した, 前の, 叫びぬ, 同じ言葉, 喜んで, 嘖ば, 圖らず, 在りけり, 在りけり目, 在来の, 夫人に, 女の, 如何なる場合, 如何に, 子供心にも, 官軍我が, 実にこの, 実に不幸, 寵子ぞ, 屡, 山の, 己を, 帰らねば, 常に, 常に意識, 弟の, 彼女の, 彼女を, 御在さむ, 復讐するであろう, 心とも, 心の, 心も, 心より, 忽ち何びと, 思はむ, 思ふ, 思ふに, 思へども, 悲しみの, 愛子ぞ, 我は, 我を, 我我の, 敢て, 文学者なり, 文明を, 日本の, 日本人なり, 是れ, 時には怯懦, 最初から, 最初の, 未開人種の, 果たして一人前, 極寒の, 榮光の, 横に, 正直に, 此の, 歩を, 死の, 殆ど損害の, 汝らに, 火の玉の, 無政府主義者, 爾らの, 牢獄の, 王の, 王を, 王妃を, 現世に, 生く, 生まれた時, 痩せに, 皆多少, 盗賊殺戮姦淫等に, 石と, 神が, 第一, 第二, 答ふる, 答へ, 聽かざりき, 腑の, 腸を, 自然の, 舟人を, 良心を, 西に, 見たり, 見つつ, 見むとす, 見ら, 見る我が, 覺えず, 言に, 言行共に, 詞なく, 詞を, 誰ぞ, 誰でも, 貧乏で, 賈を, 足るなり, 踏みあ, 身の, 進みて, 長羅, 頼まれて, 顔し, 顔を, 饑ゑなむを我妻も, 馬車自動車オムニブスの, 默せり

1 [1621件 抜粋] あからさまに, あくまでも自ら, あたかも埋られ, あたかも怖, あたかも若葉, あはれみ, あやぶみながら, ありつつ, いかでか, いかなる汝, いざ二人, いたく驚きぬ, いつもの, いづれにも, いと善し, いま一の, うちまもりつ, うるは, え辭, おも, おろかな, おん身を, お雪, かくの, かく彼等, かく衆, かしこにて, かなしや, かの友だち, かの奇しき聖業, かの民, かばかり勇, きく追懐, きに, きみが, ことし其一人に, このとき, このまま石, この上, この二三月, この少, この時ヴィルジリオ, この枷, この獸, この色, この詩人, この郷, これで, これ一切諸, これ日本三菱公司の, これ雪山の, さながらリクルゴ, さらさら仮にだ, しかすがに, しらねど, すでに目, すべての, そこの, そのやさしき, その不幸, その山, その後方, その歩履, その深, その示す, その血ばしる, その遊び戲, その面白, そも何とか, たえずセル, ただ参考, ただ詩, た冥府, ちょっと困った, つねに, ともにゐ, なくわが, なほ止まり, ぬけ道, はかなきもの, はやくも, ひたらん, ひとり長廊を, ぴちぴちと, ふと涙ぐまれぬ, まことに仰, またか, またプラコス, また東, まのあたり行き, もとの, や, やくも底に, ゆめみし, よく彼, わが, わがはや, わが兒等, わが家を, わが彼等, わが愆, わが歩み, わが行末, わが離れし, アクイーノの, アヌンチヤタを, アンヒイゼス, ウルビーノと, エレットラと, カタラーノと, カムミルラと, キリストの, グイード・グィニツェルリなり, シエーナに, チチアノの, トロイア豐沃の, ドメーニコに, ハツバス・ダアダアが, フィオレンツァに, フォーチンに, ベアトリーチェに, ベルリンチオーン・ベルティが, マリアと, メネラオスヂオメーデース兩將を, ヤーコポ・ルスティクッチといへり, ランスロットと, ルッカの, ワンズマンの, ヴィルジリオなり, 一の樹梯を, 一人前の, 一層徹底的, 一生を, 一箭を, 一言をも, 七八貫目の, 三の, 不幸なり, 不義者の, 世に名, 世の常を, 世界人の, 中川渡なる, 久しく打ち, 乱れたる髪, 二女と, 人お, 人間世界より, 今かれ, 今さる, 今オーケアノス, 今宵とともに, 今彼と, 今日まで, 今更戸惑, 今無言, 今聘せられし, 仏に, 仏様と共に, 伊東頼母先夜は, 住みぬ, 何がな夜間, 何を以て, 何事をも, 何種の, 使命を, 例の, 俄に, 信濃を, 値無き, 健奔快飛する, 側なる, 僧アルベリーゴなり, 元来強情, 兄貴の, 先づフイレンチエに, 先の日直ちに, 先生の, 光る物, 入りけり, 全く身, 公子を, 共に坐する, 兵を, 其事を, 其側に, 其魂を, 再び先鋒, 再び往きぬ, 再び破, 冤罪の, 冷たき世, 分れて, 別に一物, 到るべしアキルリュウス, 則ち, 前進せん, 力を, 労働者よ, 勉めて, 勞苦の, 化けんと, 十里外の, 半日あまりも, 卑狗を, 即ち世界一切, 即ち宇宙愛, 即ち第, 去りなん, 又沙利, 友人の, 受けて, 口にて, 只一人居り, 合せたる掌, 向けども, 君の, 命ずまじ, 哄笑しぬ, 唯その, 問は, 喚び起されるの, 嘗てダンテ, 国詩の, 在り, 地底の, 埋伏の, 堪へた, 墮ち行く, 多くの, 夜の, 大いなる喜び, 大学の, 大闢, 天地を, 太だ力め, 夫の, 奈何なる, 奮つて彼の, 奴隷の, 好む, 如何なる人, 妻も, 始めて, 媒妁の, 嬉から, 安心し, 官軍我敵は, 実になつかしき, 実に読ん, 家に, 寂しき片隅, 寒さ, 實に, 寺に, 小児の, 小橋の, 少し用事, 少数の, 山上我らに, 山深く, 崇拜の, 己が, 希直を, 常にまさり, 常に我恩人, 平生多く書を, 幸村と, 幽欝, 庭下駄は, 引き返して, 影に, 彼とともに, 彼をば, 彼木の, 彼翁をだに, 待ちし, 從はんことを, 御身を, 心柔和に, 必ず勉むべ, 忍び得じ, 快よく, 忽ち此詞, 思はず溜息, 思へば, 急げり, 怪訝の, 恥かし, 恩惠と, 恰も消化, 悉皆短, 悟れり明らか, 悲しめりわが, 惜しむに, 愛しき友, 愛を, 慥かに, 懶者, 我が友, 我が竿, 我で, 我ゆゑ竹が, 我子を, 我等の, 或は敵, 或ひ, 戰はむ, 払ひつ, 指示されし, 捕られし小鳥, 掃部頭士某生年十七歳敵なら, 攻める, 故の, 教うる, 数尺の, 文学者を, 斯く第, 新月の, 旅の, 既にこ, 既に出立ち, 既に恐れ, 既に次, 既に魂等, 日も, 早くまた, 旭の, 明らかに, 昔かしこにて, 春秋の, 是非なく, 時に夫婦, 暇乞に, 曰ふ, 更にする, 最早, 最早退るべき, 朝な, 木曜會に, 未だ曾, 本國, 本郷菊坂へ, 来つれ, 果していかなる, 栄光を, 極惡, 櫓を, 歌を, 正しく彼, 此二恩人に, 此境に, 此後沒理想論の, 此景に, 此等の, 武士の, 死すとも, 死せる, 残った, 母様読みた, 水に, 氷を, 永遠に, 汝がまことの, 汝等より, 決して私する, 沿海の, 法律を, 泣かゆ, 洗禮者ジョヴァンニ, 淋しき, 淵瀬そなた, 滅ぼした, 漸く學, 瀟湘に, 火葬を, 烏有先生を, 焼かれん, 熱き唇, 爾と共に, 片手に, 物を, 狂ほしき, 狗にも, 猛然として, 猶心, 猶胴梁, 獨り, 王國の, 理想を, 生きるか, 生れながらに, 用なき, 男子が, 異端者なりと, 疲れたる腦髓, 疾くより, 病理を, 白人なり, 皆せち辛い, 皇妃コスタンツァの, 目が, 目前に, 直行く, 真意を以て, 眠を, 睡りに, 矛盾の, 知らずとの, 知らぬに, 知る心中, 示現の, 神に, 神饌の, 穉かりし, 空行く, 立てり高き, 第三, 籠りつ, 粉骨砕身せりと, 終日怯なりや, 結び, 絶望の, 纔に, 羅馬以北の, 老婆と, 耳により, 聖光を, 聞かぬに, 聞くも, 聽き, 胎より, 能く, 臆すること, 自らはや, 自ら以爲へ, 自ら面の, 自殺の, 致さむ, 良きバルバロッサ, 花咲く, 英国文学を, 荊州に, 落傷した, 蛙に, 行くに, 行歩の, 衣の, 裏切らぬ男, 見き, 見ず, 見た我, 見るに, 見んとて, 覺えず呼びぬ, 言にて, 詞も, 詩人にて, 誓約の, 誠を以て, 諫めて, 變りぬ, 貧し, 貴婦人に, 賊でございます, 走り行き, 越後の, 足痿へて, 車の, 辧へ, 近所の, 送葬, 途すがらか, 逢は, 進んで, 遂に棲むべき, 運命に, 過分に, 遠く望み見る, 遺ったの, 酔うて, 鉾を, 長兵衛の, 限なき, 陳ずべし, 雨風, 青年なり, 音樂のより, 頓かに, 顏, 顔の, 飛来ぬ, 飢を, 餘り, 馬洗川の, 騾馬なり, 高し汝, 魂が, 默し, 黨派的な

▼ 我~ (2274, 10.7%)

286 忘れて 103 して 55 折って 17 折った 14 見て 12 忘れたよう 11 伴ひ 9 顧みて 8 棄て 7 忘れた 6 憐み, 救ひ, 赦せ 5 わすれて, 失って, 忘るる, 愛し給, 支配する, 立て, 誰と, 過ぎて, 驅り 4 いとふ, 促して, 延き, 張って, 張るの, 折りました, 残して, 汝の, 迎へ, 離れて

3 [26件] たすけ我, とらへ, 不弥, 信ずる者, 刺せ, 動かして, 引きて, 御折り, 忘れるくらい, 忘れること, 折つた, 拉き, 招きて, 斥けようと, 棄てたま, 棄て給, 欺いた, 殺さんと, 汝に, 滅し, 立てて, 襲ふ, 迎ふ, 迎ふる, 迷は, 過ぐれ

2 [103件] こ, さへ, せむるのみなり, たぶらかすに, はげまして, ば欺き, わびさ, 主に, 亦我と, 伴ひゆく, 侮りて, 促し立て, 保って, 傾けて, 冷笑した, 利したりと, 剥製の, 力に, 助くとも, 却けた場合に, 厭ふ, 友と, 呼びて, 好漢に, 導いて, 導けり, 尺度として, 張っても, 張つたつて仕方が, 張る者, 彫る, 待つと, 待春又, 御賞美, 忘れたもの, 忘れたる状, 忘れた体, 忘れた時, 忘れてる光子, 忘れようと, 忘れるの, 忘れ彼, 念頭に, 恋愛から, 愛するか, 慈悲の, 慰むるもの, 慰めて, 我とも, 打ちき, 打ち我, 打つかと, 扶け, 投げ出して, 折りて, 折りましたから, 折れば, 指ざし, 掠めたりと, 支配し, 攻むるに, 曲げない妥協, 棄つる, 棄てて, 欺かざりき, 欺き世間, 殺すこと, 沈めて, 没して, 游離する, 牽きて, 率て, 知ること, 知るもの, 破り我, 示す手, 立つるを, 童と, 罵り我, 自由に, 薫ず汝, 襲ひ, 見しこと, 見に, 見よ, 見棄て給, 見送ると, 視て, 解脱し, 誘ひて, 談理の, 識り, 識るなり, 責めて, 赦せ我, 距る, 軽侮する, 輕ん, 辱めたり, 遣は, 酒の, 醉は, 頼まぬが

1 [1365件 抜粋] あが, あた, あやしき巖室, いかんと, いつくしみ給, いふ, うしな, うちまもり, おいて, おそれしめまた, おろし得じ, かくあらしめし, かく深く, かの柴木, かばった保身, この處, さしおいて, さそひし中, さびしがらせよ, さもこそと, じろりと見た, そ, そこに, その妙音界, その縁, その集, たすけ, たすけて, たすけ給えという, だましたな, つよくするあらず, とおすため, とらふる, とらへよ, なくする, なやますや, はぐくみき, はげまし我, はじめ皆, はばめて, ばた, ひきて, ふたたびこう毛, ふみしくや, まだ座, みちびきぬ淵, みること仇, めぐりぬ, めぐれる間, もてなし給ふさま, やしなはんと, よくも識, よぶ, わが君, わな, グリフォネの, フォルコと, レーダの, 一人の, 世にいだせる, 世の, 主として他, 主張しつづけ, 乱さない態度, 争って, 亡さばトロイア人は, 今汝の, 仰ぎ瞻, 伴なえ, 伴ひゆき, 住ましめき死後, 何とか言, 侮らぬ扱い, 侮ること勿, 侮るやう, 促が, 促し男子等, 信じたま, 信ずるもの, 信ぜること, 倒した者, 倚らしめ, 健全なり, 傷けたり, 傷る, 僭越ならしめ, 全くその, 写すに, 凝視せり, 切り突き, 制するあたわず, 刺ししかば, 加へ, 助けしめ給, 助けたれば, 助けて, 助けよ, 動かし我, 動かせば, 動すこ, 勵まし, 包みいま地, 包有する, 十の, 卑んだ, 卻けて, 去らうと, 去れっ, 取らば, 取れるに, 取失うほどに, 叱りもし, 否定し, 否定すべく, 呪ひ, 呼びこれ, 呼び起して, 呼ぶありわれ, 呼べり, 咎むる心地し, 善く勉め, 喉まで, 喚び醒し給, 喜ばしめしならん, 喪へる, 嘆かしむ, 嘲るが, 囚へ, 囲みし人情, 圧迫する, 墓の, 売すもの, 夢の, 天宮の, 失うなりと, 失ったの, 失ひたま, 失へる, 失笑せし, 奈何に, 妨げて, 委すべきや, 威力に, 婢代はりに, 嬉しがらせし, 孤寂に, 守り我, 守るやう, 完成する, 害さんと, 容れし温和, 宿しきもし, 射るとも, 導きたる金剛杖, 導き九, 導き鑰匙取り出, 導ける者, 屈せしむ, 左様視, 幸ひ, 康強に, 弄する, 引いて, 引き寄せんと, 引放しに, 弟子に, 張つて倒, 張りて, 張り合つてゐる, 張り通すこと, 張ると, 張る様, 張通し, 強ふ, 待ちよわれる精神, 待つこと, 待つこと此, 待つ畸人, 待て我, 律せん, 得て, 忘じ果てた, 忘れかけようと, 忘れこの, 忘れさせる瞬間, 忘れし如くおん身, 忘れそう, 忘れたこと, 忘れたの, 忘れたるごとく抱き締めつ, 忘れた不埒, 忘れた処, 忘れた嬉し, 忘れた心持, 忘れた様子, 忘れた無言, 忘れた石川良右衞門, 忘れた血声, 忘れた調子, 忘れた風, 忘れても, 忘れようとして, 忘れるこころもち, 忘れるばかりに, 忘れる前, 忘れる気持, 忘れる混戰, 忘れわ, 忘れ乍ら, 忘れ悲しみ, 忘れ時, 忘れ物を, 忘れ給, 忘れ躍り上がり躍り上がり叫んだもの, 忘れ駆けて, 怒らせ我, 思い込んで, 思ひくれし人, 思ひ給はんこと, 思わぬ友, 怨みこの, 怪しましめたは, 怪むらん, 恋い慕わんと, 恐れざら, 恥かしむる行為あら, 恨み給, 恨む, 恨むべからず, 悦ばしめんこと, 悦ばせ又, 悩殺する, 悪める, 惱めし禍の, 想へば, 愚に, 愛しと, 愛すること目, 愛する歌, 愛せざるなり, 感ぜしむる能はず, 慰めし者, 慰めたり, 慰めるは, 慰め休息, 憎きもの, 憎みて, 憎誹りた, 憐む事面外ニあらわれ, 憚らば, 懷抱し, 懼れず, 我としたる, 手足も, 打つ, 批難の, 抑むといふに, 折ったよう, 折つてあの, 折つてその, 折つて來た, 折つて帰りまし, 折つて此度の, 折つて蛭ヶ小島に, 折らせて, 折らねば, 折りかけた時, 折りそれ程, 折り直様釈, 折るだろう, 折るよう, 抱かんとて, 抱きたり, 抱き上げて, 抱き我, 抱けよ, 押し通すの, 拉き往く, 拒みてこ, 招いて, 拜むこ, 拝せよと, 指して, 挫きたる, 捉へよ, 捕へて, 捨て, 捨てて, 捨てなせそ, 捨て給うや, 控へ, 推して, 掴め, 揖し, 撃たむと身構, 撃つサタン, 擒に, 擲つ力, 支ふる, 攻め我, 救えよ, 救ひし, 救へる, 敗りぬ, 敵人が, 斥ける, 斬らんと, 早くは, 曲げない, 服すること, 服へ, 東天皇と, 梟と, 棄てざらん, 棄てし, 棄てたるよ, 樂ませ, 欺かざるを, 欺くこと勿, 欺くの, 欺けり, 欺けり名匠, 歓迎する, 死なしめし事, 殺さずして, 殺さんかの, 殺すであろう, 殺す其實劇, 殺せ, 毀てるなりこ, 永遠の, 泣かしめ縦, 注意人物と, 淋しがらせよ, 源氏の, 漂し去り, 潤し我, 無くすの, 焼け, 照しつ, 照らし我, 燃す火, 爾の, 犠牲に, 狩りたるコセンツァ, 率ゆべく望む, 生かす路, 生ましける母, 生みプリアモス王, 産みし時, 用いて, 留めて, 疑ふ場合, 痛罵する, 発見し, 益する, 看るか, 着かしめしやを, 睨むが, 知らなければ, 知るが, 知る人, 知れら, 知れる人, 破壊する, 磨き人, 祝する如し, 神なりと, 祭り我名, 移したま, 突っ張った手前, 窶れしむる, 立てその, 立てたり, 立てよう, 笞うつ事一百それより, 粉砕し, 紹介する, 絡めり, 縛する繩索, 繋がず我, 罪する者, 置くヂュウス, 罰し給, 罰する神, 羅馬に, 聖ピエトロの, 肯わん, 育てた環境, 脅さざれば, 自ら卷き, 興起せし, 苦しむる愈, 荒ましめて, 蔽へ, 虜に, 裂くや, 裏切れる人, 襲いに, 襲は, 覆ひ下されし天蓋, 見いでて, 見および, 見し, 見し眼, 見たて, 見よと, 見ると, 見るべし, 見る一双, 見る如く, 見る返す返す, 見われ, 見んとて, 見出し給え, 見得るなれ, 見知れる風, 見詰むる風情, 視よげに, 視るごとくなるべし, 視汝, 覗ふ, 観我, 解する能わず国家, 言へ, 討たしめ燦爛, 訪えば, 訪ふ, 許せ, 評する言, 試さむとての, 認むるさまなりき, 認めて, 認め得ぬ, 誘い入れんの, 誘はん腹黒き, 誘ひ寄, 誘へりさも, 誣いるか, 誤らんと, 誰とは, 誹謗し罵りぬ, 謗るや, 護り給, 譽め我に, 貫こうと, 責め, 責めず, 責めたりき, 責め玉, 賭けるもの, 超越した, 身投げと, 載すること上, 載せて, 輕蔑まう, 辱むる詞なり, 迎うる, 迎ふべし, 迎へよ, 追い退けよう, 追出す工夫, 送りて, 逐ふ, 通さなくとも, 通し他人, 通すの, 通す昂れる恋, 通そうと, 速かに, 造りマレムマ我, 連れんと, 遇する, 遇する手段, 遊歩に, 遠巻きに, 遣はせる, 避けて, 都城に, 酔わせる悪癖, 醫として, 閉め出すその, 陸でも, 隔なき, 雌雉子の, 離れんと, 離脱せ, 霑す, 非道い, 頼めと, 頼るが, 顧みずして, 顧る, 飽かしむる, 養ひはぐくみ, 館の, 駭く, 驚かし異, 驚ろかせぬ, 高うし

▼ 我~ (2248, 10.6%)

48 の主人公 18 の生活, はこの 17 の心 16 が為 14 のため 13 の前, の奉仕, の本質, の間 12 はその, は我等, をし 11 の中 10 の, の上, の劇場, は 9 の手 8 がこの, は又 7 が, に, の方, は唯, は固, は此 6 が我等, の仲間, の眼, の祖先, は自己, を見 5 にとつ, に告げよ, の爲, の自我, の言葉, はこれ

4 [19件] がため, が自己, と同じ, にむかひ, に告げ, に教, の世界, の敵, の智, の歌, の父, の胸, の自由詩, の頭上, はかの, は他, は汝, を導い, を迎

3 [49件] が上, が師, が彼, が心, が民族, が現, が藝術, すなは, にあらはる, にし, のかた, の下, の主人公たち, の主張, の事, の内面的知覺, の家, の師, の愛, の憧憬, の所有, の新しき, の歩い, の段, の気, の生命, の社中, の祖国, の義務, の視力, の言, の許, の身, の青春, の頭, はこ, はた, は一, は人, は其の, は如何, は彼等, は心, は決して, は深く, は自由詩, は詞, は過去, を欺く

2 [157件] うるは, か, がトルストイ, が屋根, が意識, が愛し, が教養, が歌, が父ここ, が申, が皇子あて, が神, が罪, が面, が頼む, この度, と同じく, ながめて, にいと, にいひける, にむかへり, に取っ, に汝, に示し, のいま, のこの, の一団二十一人, の主, の主婦, の仕事, の住む, の何, の側, の先祖, の入江, の内, の凡て, の前衛, の力, の同胞, の同行者二十一人, の名, の周囲, の味方, の哲學, の問題, の姿, の實際生活, の尋, の導, の小さな, の小舟, の屬, の左, の幻術, の往手, の待遇, の後, の後方, の思想, の意見, の感ずる, の態度, の教, の教養, の文化, の日常お手本, の普遍的自我, の本能, の此の世界, の此處, の父キリスト, の生, の生涯, の目, の窓, の精神, の罪, の肉体, の脚下, の船, の芸術, の苦痛, の藝術, の血, の行動, の行爲, の見下し, の詩想, の足, の追求, の運動, の過去, の道, の魂, はさびしき, はすべて, はただ, はなほ, はまた, は之, は二身一体, は今, は今や, は今日, は今朝草津, は何, は何故, は何處, は偉人, は光明, は凡て, は到底, は双方, は古人, は右, は始め, は定まれる, は容易, は常に, は悪業, は斯く, は既に, は日本人, は時として, は暮, は此等, は特に, は現, は目, は相互, は神, は花, は茲, は道, もし彼, もまた, よ, をかく, をこの, を上, を助けん, を導きいだし, を憐, を救, を殺す, を照らす, を罪, を誘惑, を負, を載せ, を離れ, を鞭撻, を顧み, 既に彼, 諸友人, 踊れども

1 [1308件 抜粋] あり, いよいよ疑, おとり, かく大いなる, かく縁, かの處, がいのち露霜, がかく, がその, がみづか, がもつ, がヱネルギー, が一念, が世に, が人類, が他界, が住み, が倶, が其處, が刃金, が前, が召使い候者共, が呼吸, が四王, が坐したる, が塔, が奉仕, が子々孫々, が実際, が山, が引受けた, が往生, が悦び, が感ずる, が我等自身, が指揮, が搜, が敵, が方向, が明日, が木深い, が歓楽, が此所, が武術, が母, が永遠, が泛, が為め, が理想, が皆目, が眞, が祈祷, が祖父大和守, が立てる, が粗, が胸, が興, が茫漠, が行き詰まる, が行くべき, が認むる所, が道, が開放, こそ最初, このたび, この盲, すでにすべて, その傍, ではない, とこれら一切, としてその, とても油断, となりぬ, とは荒れたる, と一緒, と世界, と共にある, と共に在る, と共に笑み給, と同様梟ぢゃ, と四人, と方向, と時勢, と睦び, と衆生, ども此, ならぬもの, にあ, にいへり, にかの亞弗利加, にその, にとって力強い, にとつて唯一, にとつて教養, には不能, には又, には未來, には相, にみづか, にゆるされし, に下す, に与え, に仕事, に似ざる, に來, に前, に向っ, に啓示, に奇, に対して何事, に平安, に御, に我等, に捧ぐべき, に日毎, に正, に死, に注ぎ, に深刻, に滿つる, に現, に登, に着せた, に示す, に祟る, に紹介, に聽, に與, に見, に見れ, に観せしめ, に語れる, に談, に貴い, に近から, に近づける, に適當, に附纏, のあと, のいる, のうち外, のすこしく, のする, のつと, のほか, のまこと, のみ行, のもの, のよき, のグループ, のソヴェト同盟, のノーフォーク, のリズム, の一生, の下る, の不見識, の乳母等, の人格, の人類, の今後, の任, の企て, の住み, の余儀ない, の使命, の借りてる, の偏局, の像, の兄弟, の児, の全く, の内容, の内面, の冐險, の到底, の前途, の功徳, の勢力, の卒業, の友, の受ける, の同志, の咽喉, の商, の善惡, の土地, の変テコ, の夢, の大いなる, の如き, の如く明かならず, の子, の子孫, の學ばなけれ, の實現, の対立, の小, の少しく, の山, の年, の幸, の影, の彼等, の心像, の忍ん, の思ひ, の性格, の悪事, の意一, の意志決定, の意識内容, の感情, の懶惰, の所謂, の批評, の拠る, の掴みたる, の政治的教育的理想, の文物, の旅人, の時代, の普遍的妥當性, の書物, の最早, の未來, の止まらざる, の正, の歩み, の歩履, の母, の求むる, の法廷, の為, の無, の爲事, の犯せる, の狂態, の理性, の理想社會, の生存権, の登つて來, の登れる, の益, の目地上, の相, の瞳, の知つて, の知りたる, の研究, の社会運動, の神宮, の窮理慾, の立つ, の精神的發展, の素質, の結社, の網, の繼承者, の美感, の老幼, の考へなけれ, の聞く, の肉, の脣, の自然的規定, の至, の良心, の處, の行方, の見, の見解, の記憶, の試みし, の誇り, の請ひと, の貧窮, の趣味, の身体, の車, の進むべき, の進ん, の道徳的生活, の選ぶ, の邂逅, の部屋, の鋪甃, の長男, の陸戰隊, の階級, の面前, の音譜, の顏, の飛行機全部, の驚かされし, の魂肉體, はあたかも, はいつも, はおそく, はかはる, はすな, はとある, はと云っ, ははや, はほか, はみんな光, はや待ちあぐみぬ, はよき, はをり, はフエルララ宮中, はマーレボルジェ, はロマンチシズム, は一斉, は一種, は一草一木, は下妻, は主君, は二三町, は互に, は今人, は仮相, は何とも, は俊寛, は信ずる, は倒れたる, は先づ, は光り, は其不法, は其処, は再び, は凶惡無慚, は別れる, は十, は卿等, は反射的本能, は同情, は喜べり, は国民, は城壁, は塔, は多く, は夥しい, は夫人, は嫌, は学ぶ, は定まりき, は將來, は尚, は市街, は彼, は往々, は微笑, は忙しい, は思ふ, は恐れず, は愛, は我等自身, は手足, は教育, は断じて, は新しき, は明日山, は晴やか, は暗黒, は更ら, は未だ, は杯, は樹皮, は正, は此儘, は此時細路, は此際分析, は毎歳春三月, は民族的特性, は氣, は決鬪, は海, は渇, は焦れ, は燃, は猶, は生き, は畢竟, は病み, は皆そのかみ横死, は皆歎, は益, は直に, は矗立, は碎けし, は空想, は節約, は細川, は綱, は罪悪, は肉体, は背, は自ら, は若き, は藝術, は行けり, は見, は認める, は誤謬, は貧し, は車主, は輕, は逡巡, は遠く, は酒家, は開きたる, は雙脚, は青眠洞, は風, は黒點, また彼等, また語らず, も, もことごとく, もさまで, も亦, も哀しき, も大御代, も思ひ掛けざりき, も汝等, も知らぬ, も遠から, も驚かで, よく知り, よりはいっそう, よりもはやく, より少しく, より早く, をいと, をおそれ, をかるや, をその, をてらしゐ, をともなへる, をはなれし, をひき上げ, を一, を促せ, を再び, を出さし, を励ます, を取巻く, を吸いよせ, を囚, を妨ぐる, を将, を導きてく, を引き, を強い, を從, を慰め, を憐れむ, を打, を据ゑて, を揮, を救濟, を普遍, を樹下, を泊め, を漬, を率, を生かす, を目安, を禮, を策, を行かしめ, を裂く, を要し, を見下ろし, を見送っ, を説, を超え, を迎へき, を途中, を長く, を離れし, を魅, 与衆生, 再びその, 各, 如きは, 年来筑摩殿, 悉く媼, 憂ひの, 既に多く, 既に林, 止まること, 生れてから, 祈ぎまつるに, 老夫婦, 行けりし, 足れりと, 近づき一, 進みてた, 遠く物, 養い居りましたるところ

▼ 我~ (1831, 8.6%)

57 返って 39 返った 33 返ったよう 28 返ると 20 曰ふ 17 かえった 14 向ひ 12 叛く, 返つて 9 帰った, 與へ 8 いひけるは, かえると, 曰ひける, 返った時, 返つた 7 對し, 帰つた 6 かえったよう, 於て, 答へ 5 かえったとき, かえって, 帰ると, 曰へ, 示せり, 返ったかの, 返つたやう, 返りました

4 [18件] あり, いふ, いふやう, かえった時, かえりました, これを, して, 与えよ, 先だちて, 力を, 告げよ, 帰って, 帰る, 從へ, 復り, 接吻し, 歸つた, 物言へる

3 [32件] いった, いと近き, むかひて, 何か, 光明を, 向って, 告げよ我, 告げよ汝, 命じて, 問ふ, 對ひ, 帰ったよう, 從ひ, 教へ, 数年を, 来れ, 無し, 現は, 相応しからず, 知らせよ, 福を, 請へる, 負は, 返ったと, 返ったとき, 返った心地, 返った様子, 返ること, 返るの, 返れば, 道を, 食を

2 [109件] あらは, ありて, ありと, あるの, いへりまた, かえって見る, かえる, かえること, かくすこと, ことわるため招, さ, さへ, しも, ともな, とりては, はたらく仕事, ふさは, よく似たる, わたし, 一の, 一枚の, 代りて, 先ち, 先立ちて, 兵を, 加ふる, 劣らずと, 勝つ道, 勸めて, 厚し, 及ばざる者, 及ばむ, 向かって, 向つて, 告ぐるに, 告げるが, 告げわが, 命ずるや, 問は, 問ひ, 報い來ら, 導かれて, 帰ったとき, 帰りました, 帰るの, 従わん者, 得しめし山づとぞ, 御用仰せつけ, 復って, 恵まれた自由意志, 惜み, 愛想を, 手を, 打明けよ, 投ずるに, 教ふる, 敵せん, 昵み, 曰ひ, 會釋しつ, 望みを, 来よ, 歸り, 死を, 殊なる, 求めば, 無心なる, 物言は, 現はれ, 益なし, 眞を, 眠りを, 知らしめよ, 示しき, 示したま, 示して, 答へよ, 約し給うた, 続け, 続けと, 罪あり, 聞け, 聞ゆる, 聽くべき, 聽け, 肝煎らせし, 臨むという, 與ふる, 與へて, 與みせざる, 苦痛を, 許したま, 詞を, 語りて, 返ったが, 返ったらしかった, 返つた容子, 返つた時, 返る, 迫りて, 還った, 還って, 還ると, 酒を, 鉅万の, 霊あり, 非ず, 非を, 黙せよと

1 [1083件 抜粋] あきらかに, あたえよと, あっては, あつまる, あゆみ寄り, あらざらむ而し, あらざるなりお, あらざる我, あらずば, あらず泥, あらはるまた, あらはれしかの, ありては, あり多, あること, ある百年, いかに思惟, いはざりし汝, いひがたき, いひさて, いふさらば, いふもの, いへること, いま少し, えさせき, えさせ我はか, おくるべきもの, おとなしく軟, おもしろく世, かえったが, かえった氏, かえった顔つき, かえってから, かえってほ, かえって勝, かえって笑顔, かえって襟, かえらした, かえらせて, かえり, かえり老人, かえるや, かくいへる, かくれて, かせと, かれら, きたらしめよ, くらべて, この御方, この部下, さきだちて, さきの, さし着けたり, さとらせ汝, さる伎倆, しあらぬか, しらしめまた, すがりしもの, その原因, その目, その約, その詩, そんなこと, たぐり寄, たまひつる, つきて, ときあかしたま, とり, ない事物, なくホット, なし, なししなりと, なじまぬ寒, なったの, なほも, のばしぬ, まさりて, まさる者, まさる馨ありて, まゐる, みせむと野老蔓, むかは, むかひ聲, むかへりまた, むくるや, むけつ, むけ悲しき, めでたき夢, よく似る, よせ汝, わが穉, スウィツルを, チプリイの, パンを, ヘスペリアの, ミラノ若く, 一たびも, 一光明面なし, 一封の, 一得ある, 一枚づゝ寫し, 一矢を, 七隻の, 三倍する, 下りながらも, 不利に, 不快なる, 不義の, 与うるによって, 与えし写真, 与えよと, 与える鼓舞, 与へた教訓, 乗ずべき隙, 事へ, 二十坪の, 二頃の, 云ふ, 交番あり, 仕えたいと, 仕官を, 代って, 代りよく, 代言せし, 仰せ置かれしなれ, 任せろと, 似ざれば, 似たり, 似たる処, 似るなかれ, 何を, 作用する, 佳婦有り, 便よき, 信なき, 倍する兵力, 偽る恐れ, 優しかりし, 優しき者, 優るの, 先だつて, 先んじ芳醇, 入らしめぬ船, 内在的な, 再演を, 冥護を, 出來, 出師の, 刃向かうからは, 別後の, 利あり, 利せざるを, 前人未踏の, 力あらせ, 劣らざる怪訝, 勝ち, 勝つ, 勝てる後引き, 勝るもの, 勝れりと, 十二分の道理が, 千四五百円の, 即すれば, 厚きを, 及ばざるも, 及ぶ何ぞ, 反かしむる, 反ると, 反映し, 取つて福利, 取りて, 取り着きて, 受く, 句なし, 合体し, 同じき, 名聲, 向うこと, 向つて言, 向ふ, 向へる, 君命じた, 吹掛ける火, 呉る, 告ぐる所は, 告げし如く彎曲, 告げようれしき, 告げよかの, 告げよわが, 告げよ主, 告げよ我自らこれ, 告げよ汝謂, 告げよ罰, 告げ我, 呼びたる, 呼吸器あり, 命じぬ割り切れぬ數, 命ずるは, 命ぜんか, 命令たまわん, 問う, 啓示し, 噛まる, 回った, 回って, 在りて, 垂れよ主, 執著し, 増し加, 多少の, 女の, 委ねしなり彼盜人, 委ね給, 嬉しい事, 字を, 学な, 安息を, 害心あり, 寄せと, 富與へ, 対抗する, 尋常の, 對立する, 小さう籠る, 就く, 居らずば, 巨万の, 己に, 師たる, 帰したけれども, 帰すとして, 帰ったの, 帰った風, 帰つて, 帰つて再び, 帰つて栄蔵は, 帰り墓地, 帰り草, 年来地を, 弔辭めきたる, 引き合せつ, 引き較べて, 彫刻を, 彼を, 後れ来, 後顧の, 従えとて, 従は, 従わしむる, 從はず命を, 從ふ, 御恵, 復った, 徹透す, 心を, 忍ぶかと, 忠孝を, 怒を, 思はしめしは, 怨みやせんと, 恐るべき破滅, 恥ぢ見する虱ども, 恩惠を, 悲哀を, 情慾と, 惜しまざりし彼, 意を, 愛せられて, 感じ傳, 憐み, 應護を, 我なく, 戯る, 戸外を, 手向ひ, 打たれて, 打ち明けよ委細, 払うとの, 投懸, 抗ふこ, 抱きしや, 持って, 授くる, 授けられたるなり, 接吻け, 接吻せし, 換うべき, 損し, 效なき, 教うる, 教えぬと, 教へよ, 敵し得む, 斬付けたか, 於ても, 日ごとに, 明さ, 明らかならしめし, 昔の, 暖かき日光, 最も適応, 會ひ, 望みの, 未來の, 来たれ, 来よいとしき, 来る者, 来れ我, 果子くだもの玩具など, 梓の, 極美, 樂しかりし, 欺かえ, 歌うたへと, 歎息を, 正宗菊松を, 此金を, 歩み近づきて, 歸つて, 歸つて群衆と, 歸つて體温表を, 死ねとか, 殘つてゐる, 求むるに, 求めしこと, 求めしもの, 求めて, 汝これらの, 汝は, 注ぎ給, 注げるベアトリーチェ, 涙あり, 涙も, 深く沈潜, 渡して, 湯本の, 為したる如く伏拝んで, 無きのみ, 無理情死を, 焦れて, 爾が, 物いへる, 物言ふ, 物隱さんと, 猪と, 現はる, 現る, 理が, 生あり, 生みな, 由らずと, 當時の, 疚しきところ, 百を, 百難の, 益なく, 目を, 相対する, 盾銀二十を, 着いたため, 知らしめき, 知られざりしかの, 砧う, 示し, 示すならむと, 示せるはなし, 示せる頃, 祕し, 神の, 禍す, 禮を, 穢された爾, 立ち帰ったかも, 立ち返る事, 等しき避難者, 答えたら我, 答ふる, 糧を, 約束した, 索めしめし, 絃歌やめ, 給いたると, 罪障を, 耳語し, 聖書の, 聞けアカイア水師おとづれて, 聞け遠く, 聽き, 背かしめ燃えし心, 臣事し, 臨みし事, 臨めるなれ, 至るまで, 與へき, 與へよ, 苦し, 藤作の, 蘇へ, 要なき, 要求する, 見えし球, 見ざる所, 見せしは, 見せること, 見現されぬれば, 親しき神女, 親みき, 解せられず, 触れんと, 言は, 言現は, 訣絶の, 許すに, 許嫁の, 語りしところ, 語りし希臘, 語りぬ, 語れる光, 説き我, 請へ, 諛ふ, 謝し, 證す, 讀ましめわが, 貞なり, 負わされた宿命, 貸し, 貸せ汝, 賄賂を, 賦したる樂天主義, 贈るに, 起させき我, 足らじか, 足る, 身を, 近くし, 近づきぬ, 返ったお, 返ったものの, 返ったらしくペン, 返ったらしく立ち上った, 返ったわたし, 返った伊東, 返った咄嗟, 返った様, 返った私, 返った頃, 返ってからも, 返つたが, 返つた瞬間, 返つた鍛冶屋, 返つて自分, 返へ, 返られると, 返りこれ, 返りて後其声, 返りましたが, 返り二タ仕掛, 返り思ふまじ思ふまじ近, 返り次, 返るから, 返る必要, 返れる時, 返ツ, 迫らず遂に, 迫り我, 迫る, 追及ばんとて, 遇ふ, 過ぎざるもの, 過ぎたり, 遠く, 遠慮なく身, 選擧權を, 還ったとき, 還った張, 還った私, 還つて, 還りたる酔余, 酬いぬ, 鍛への, 関せずと, 闢く, 降らしむ, 降伏し, 隱れ, 非ざりき, 非命を, 頒ちし, 頭脳が, 頼んで, 飛仙の, 食は, 食わる汝, 飮ませ, 飼う俄, 餘白の, 騎れ, 髣髴として, 鴫立つ

▼ 我~ (1066, 5.0%)

25 を忘れ 16 と我が, われの 15 に返っ 14 勝ちに 13 に返った 9 と我が身 8 に返つた, 我れ 7 に返, も人 6 に返る, も我, われが 5 にかえって, われも, 関せず

4 [13件] とわが, にかえった, にもなく, に返つ, の持たざる, は, は即ち, は唯, われに, を忘れた, 先にと, 少年の, 能く

3 [28件] が傍, が出よう, が小僧, が店, が貧乏, さへ, と我身, ながら未練, ながら酷く, にかへる, に復, に心かぎり, の道路, はこの, は此, は知らね, もまた, も浴び, われは, われを, 之を, 人ともに, 人の, 先に, 君に, 故郷に, 獨り, 等は

2 [111件] いつぞや坐, から願, か人, が幸福, が私立, ここに, さきに, ぞかし, とくやしき, とても行きたく, との間, とも思はれず, と今更, と佗, ながら宜, ながら心強し, に, にあり, にかえる, にし, には身, にばかり愁ら, にもあらず, に三つ, に不利, に利, に帰っ, に引, に返り, のみならず, のみは廣野, のみ一人, のみ一人あし曳, の事, の伊藤侯, の如き, の手, の方, の知る, の肩, はいかばかり, はお, はかなく成り, はさて, はむかし, はもと, は一介, は一足, は世, は二タ心, は二心, は同, は君, は女, は尚, は恥, は括られ, は是, は横町, は殿, は生涯大事, は矛盾, は知る, は祭り, は私立, は聞く, は詮方, は首尾, への當, もお, も一人, も他人, も口, も片, も誇りし, よりは花, より人々, より解散, らの, らは, われから, をばあなた, を厭, を嘲ける, を待て, を忘れてる, を我, を打捨て, を累, を腑甲斐, を蔑む, を頭, 一人苦を, 一度お, 不似, 乍ら怪し, 今故郷, 兄上と, 如何に, 寮住居に, 彼に, 我を, 拾ひあげ, 故と, 既に此目的, 男の, 識らず, 酒かもす, 酒醸す, 酔ひに, 陛下の

1 [537件 抜粋] あえて心裡, いかばかり憎く, いか樣, うつくしき, おのづか, かく信ず, かしこしと, から伺っ, から好める, から引き立て, から彼, から我, から案じ出した, から破滅, から踏める, から飛び込んだ, か媒, が, がいくら, がいよ, がいよいよ, がちに, がと思し, がはつ, が前生, が名, が名前, が女房, が我, が毎日衣食, が申訳, が餡, こそは, こそはドンキホーテ, こそ中, この三箇一室, この鎌, さへに, さむるさだめの夢を, すらみすぼらしき, その変化, その遠き, ぞ春, でなすべく, と, とあるのみと, といぶかしく, とが分化, とても人, とても嬉しき, とどう, との相違, とは何, とめじ, と云, と共に天国, と共に歌, と同じ, と同数, と吾が, と唇開き, と我心, と所, と泣く, と深入り, と焼鏝, と笑, と興ぜし, と非常, と高, ながら, ながらいくらか, ながらうらやましく, ながらさもしい, ながらそれ, ながらよくも, ながらをかし, ながら不思議, ながら不愉快, ながら会心, ながら何, ながら余り, ながら全, ながら卑屈, ながら呆れる, ながら夢, ながら嬉しく, ながら少し, ながら心, ながら怖, ながら怪しまれる, ながら恐ろしい, ながら悄然, ながら悔ん, ながら斯く, ながら気, ながら浅ましい, ながら理解, ながら自分, ながら解し, ながら解せられぬ, ながら訝し, ながら醉興, ながら頼もしい, ながら駱駝, ながら驚く, などの爲, にあらず, にかえっ, にかえつ, にかえり, にとって悲しみ, になし, にのみ集まり, にはただ, にはなん, には一人, には妹, には有らぬ, には等しく可愛らしく, にも欲しく, にも語らで, によから, によりて事, に一時, に仏, に代り, に任, に何事, に偽り, に反対, に取っ, に問う, に対する誠, に帰った, に恨みあり, に恨みあれ, に惠む者, に斬りつけ, に有, に歸りき, に殘, に比ら, に汝, に注ぐ, に渡しつ, に温か, に物語る, に男らしき, に立ちむかう, に聞かす, に覚えあれ, に覺, に触れ, に語り, に賜, に返らう, に返れ, に遠慮, に還った, に還り, に靡か, に飽きる, に鳥往き鳥, の, のため, のみに永くかなしき, のみに限っ, のみに限らない, のみは広野, のみわが, のゆく, の一ヵ所, の一部, の上, の五人, の何十倍, の前, の夕ベ, の子, の思ふ, の愚かしき, の此歌, の求める, の涅槃, の濡らし, の物, の矛盾, の見る, の諸, の車, の道, の醉態, の間, はい, はうらぶれ, はさは, はせぬ, はその, はもとより, はやく知らぬ, はアブラハム, は久しく, は二人, は仇, は今, は今日, は何物, は其処, は報い, は存, は宜し, は家, は寺内, は小豆まくら, は屋前, は当然, は思ふ, は悲しみ, は我, は斯, は斯く, は昨日, は未来, は歌, は此東京, は此眼, は気違, は氣違, は氷, は決して, は独り, は猶, は現代, は産, は當然愛蘭尚書, は痩馬, は祖父, は祝, は紛ぎる, は虚偽, は見ぬ, は謀られた, は賢者, は踏まれたる, は醜き, は錦衣, は鎌倉, ばかり態と, ひそかに, ひとり道心あり, への当こすり, へ承認, まさに年老い, まづ, まづ拂, もあの, もとその, もと分け入り, もと店さきへ, もと押しかける, もと日比谷公園, もわからぬ, も一處, も亦, も共に, も嬉しき, も嬉しく, も安堵姫, も安心, も心配, も急, も是, も更ら, も極, も極楽, も此邸, も汗, も為, も真似, も矢張り其中間, も秘め, も行く, も見, も言祝ぐ, も雪中, も飽, より放ち, より詞, わが身を, われでは, われに対して, われ俗物は, われ四人も, われ従軍記者の, われ親子も, をあがめ, をい, をいとど, をうかがう, をごまかし, をし, をぞ笑, をつらし, をも忘れ, を助け, を呼び, を喚ぶ, を喪, を射, を待つ, を忘れる, を慕, を憎しみ, を憎しみ殿, を戀, を投げうつ, を拝, を掟, を支配, を斜め, を構成, を正しく, を武骨物, を父, を白痴, を睨む, を知らざる, を知らん, を突仆, を立たしめ, を笑ふか, を縛っ, を繞, を聞く, を見, を見よ, を見る, を見凝, を記憶, を訪, を訪れ, を責め, を賤, を蹈, を遇する, を鞭打つ, イリオンに, ヘンリーは, 一人たのしく, 一人の, 一人を, 一人死の, 七十に, 三文字屋金平夙に, 且て, 世に, 世に在りし, 主に, 二人身の, 五十歳の, 人共に, 今は, 今まで, 今城壁去る, 今夫, 今官を, 今日遽かに, 今更乞食坊主, 今此賞, 今知る, 今舟師率, 以外みな我が, 何と, 何に, 何事を, 來る, 健脚を, 先づ, 先頭に, 其成規を, 其甲斐も, 其言を, 写真派, 冥王の, 初めは, 南洋カムデン軍港に, 即ち侘, 即ち彼, 去る三十七年, 同列の, 君の, 呉と, 哀れを, 唯, 嘗て汝等, 国王として, 圖らず, 壮年に, 夢さら戀なども, 大砲を, 天啓に, 天涯に, 威力無上の, 嫌に, 安ん, 実子にても, 密告し, 富貴なり, 寡婦と, 實子にても, 平家の, 年来の, 弓を, 従はん, 從軍の, 微りせ, 必ずしも聖, 必ず遠藤, 性來の, 息, 情なくも, 惡を, 戀ひ, 成仏せじ, 成仏せん, 我が意, 我が祖父伝来, 我甥を, 戰はず, 戰鬪に, 戰鬪の, 戰鬪を, 手綱を, 故に君, 故に武士一人, 斯くてだに, 既に生活, 時を, 曰ふ如く, 朋友の, 未だ世事, 未だ生, 本と, 栖む所を, 楽みき, 次なる, 此地に, 此所を, 此處に, 毎夜かの, 水は, 水火を, 汝らに, 汝彼という, 汝等に, 深山に, 牛革の, 狗狼形を, 独り屋上の, 猫狸形を, 玄関に, 王の, 理想派たり, 生先, 田舍には, 痛く, 相談の, 神仏を, 禍を, 福を, 筆とる, 等の, 等も, 自ら知る, 自ら蒸気の, 自身に, 自身にと, 自身も, 舜の, 藍光の, 西郊より, 親しく曰ふところ, 言はむ, 計なる, 詩を, 豈之, 身一つに, 迅速の, 進退を, 道きかむ, 遠き郷よりこ, 酒を, 醜名を, 非情の, 面白の, 頼隆は, 食を, 饑ゆる, 鰻飯を

▼ 我~ (765, 3.6%)

11 ために 8 心を 6 心の, 自己欺瞞は 5 夫を, 行為を 4 中の, 五感に, 妻に, 愚昧に, 態度は, 敵である

3 [13件] いとしさ, 女は, 存在の, 強さ, 影が, 手に, 棲息する, 父と, 父は, 眼には, 祖先は, 身を, 顔を

2 [79件] うつくしみ, ように, 中に, 了見を, 云うこと, 云うの, 云ふ, 五感を, 仕事に, 利益, 利益を, 前だ, 友人知己と, 友人知己に対する, 口に, 口髭の, 命の, 喜劇は, 国を, 地球へ, 地球を, 夫の, 好悪である, 如く亦, 妻である, 妻を, 姫, 存在を, 存在根拠である, 宮を, 家へ, 宿れる血, 対面に, 強気を, 復讐は, 心に, 心意気が, 快不快, 思を, 思案より, 恋人位無数の, 恬然と, 悲劇は, 悲嘆は, 情緒の, 愚を, 愛する女性, 憎惡, 拳固を, 方から, 望は, 未来の, 本心を, 欲するまま, 歯痛などは, 汝と, 汝に, 父, 異見に, 目に, 目の, 社会に, 社会は, 社会も, 祈を, 自由詩は, 良人は, 苦痛を, 行為に, 衣服か, 見るところ, 見慣れた家康, 親切を, 親密なる, 話しの, 誰なる, 顔も, 願ひ, 魂は

1 [503件 抜粋] あきらかに, あやしまざりしや, いかなるさま, いかに荘厳, いとほしき, いふ處, いふ韻律, うちにも, かくゆき, かなしみは, ことである, ことなり, このまま, この羈旅, こわれた当初, ごとき彦, ごとく邪, ごとく邪計, さまでには, しばしがほどに, すぐ後, すること, せしなら, せっかく洗った, せよ, その力, たかぶりあるのみに, ためばかり, つよい佐久間どの, つよい性格, つよい者, とき我の, とりあつ, とる策, と覚しき, どうしても, ない小野さん, なほ生くる, なりと, ほ, ほかに, ほほゑむ, まことにある, まことは, みぞと, みぞとの, めぐりにやすらへり, ものご, もので, も附け, やうな, やうに, よろこびでは, わが疑ひ, われには, バッコは, ピッカルダなる, プロマコス, ラサ府に, 一を, 一人の, 一人まじれる, 一字で, 一部に, 三人のみかは, 不幸とを, 不覚ぞ, 世に, 世界に, 世界は, 中から, 中での, 中にも, 主義なりと, 乘るべき, 事を, 二分三分の一に, 云い草に, 云ひ, 云ふこ, 今宣, 今述, 仕事は, 他の, 伴な, 似能立我, 何の, 作用を, 作略を, 信念も, 信念を, 偏狭を, 健剛の, 健康に, 傍に, 傍を, 優るは, 優るや, 兵車に, 再びこれ, 再び汝, 出でて, 分隊長の, 切実に, 初夏, 初夏を, 判別吾我の, 前に, 剣も, 力が, 力と, 力に, 力を, 加はること, 劣るを, 助手を, 勇氣は, 勇祖父, 勉めてしか, 勝手どこから, 勝手何所から, 勞苦に, 区別も, 十倍以上にも, 半部とを以て, 卑き, 危険の, 原稿なら, 反對者, 受ける傷, 受け方は, 受け方を, 名は, 否定では, 吾たるをも, 周囲は, 呼吸は, 命, 命に, 命は, 命を, 問はんとて, 嘗めしは, 国は, 坐しけり渇くもの, 夢にだに, 大肯定, 大部分, 天あの, 夫と, 夫彼を, 奪った宝剣, 奪ひし, 奮ふ, 女と, 好まざる所, 好むところ人, 好む耶馬台, 好意を, 如くあられんこと, 如くし, 如く信じ, 如く天, 如く昼寝ぬる得, 妻, 妻は, 妻子に, 姉妹たる, 姉妹なる, 姉妹や, 姿を, 威力を, 嬉く, 子と, 子を, 子供は, 子孫に, 存在, 存在に, 存在我を, 室へ, 宮では, 家庭的に, 家族より, 寡兵を, 尊敬を, 少ない人, 少ない虚心, 尚ほ在ら, 尚ほ生ける, 川流は, 己が, 市である, 市は, 帰ッた, 帽子でも, 年齡また, 弓矢とは, 強いところ, 強いの, 強い健三, 強い児, 強い兒, 強い勢, 強い女, 強い嫌い, 強い弘がち, 強い情, 強い感情一方, 強い所, 強い手, 強い未亡人, 強い男, 強い藤尾, 強かった, 強き男子を, 強そう, 強ゆべき, 強壮な, 彼に, 後れて, 得し, 得たるは, 得た捕虜, 得物は, 御世をと, 心は, 心も, 忍びぬところ, 思ひ料らん由, 思ふらん, 思わくありと, 思想の, 急務と, 急所に, 性格上の, 悲しさ, 悲む災難を, 情意には, 情緒が, 意欲を, 意見を, 意識, 意識が, 意識と, 意識に, 意識の, 意識を, 愚かさよ, 愚なる, 愛か, 愛を, 感ずるよう, 態度が, 態度と, 態度に, 憂愁に, 成す所, 成長の, 成長発展の, 我に, 我已に, 戴くべき僧侶, 所攝なら, 所有で, 所業に, 手だ, 手は, 手を, 投影する, 折角洗つた, 持って, 持つところ, 持病です, 損害と, 救ふ, 敗北を, 教うる, 教へ, 整へ, 文明的な, 方で, 方を, 旗皷の, 星或は, 時代の, 智慧分別あり, 曰ふ, 書きしは, 最も誇りたい, 最愛の, 有する作用中, 有する奴隷ら, 望みに, 未だ, 未だ問, 来し方ここに, 杯に, 果敢なさ, 極へ, 横に, 檀波羅密を, 歌に, 正しい生長, 歩みの, 歯痛では, 歴史的登場の, 歸りな, 死を以て, 死體を, 殻を, 母, 母は, 母国, 母夫人, 気分に, 浮薄を, 浸れば, 淨火に, 滞ること, 澄みゆくならむ, 為さんと, 為しならで, 為ばかり, 為ること, 無能が, 照らされる相, 爭は, 爭ひとは, 爲め盟へ, 父を, 物知りの, 玉である, 玉は, 玉を, 王妃に, 王權彼に, 現在の, 理想する, 生めるは, 生れし, 生活に, 生活のみ, 番であります, 病院へ, 発展を, 発見, 発見以前に, 目的は, 直く, 相なり, 相を, 相手に, 相邀, 眼の, 着きて, 矢が, 知ったこと, 知らぬ名, 知る能わざるもの, 知恵分別あり, 知識全く, 短を, 社会的拡大を, 社会的約束例へば, 祈も, 祈りの, 神のみ, 神は, 神經にまで, 租先は, 種ヘーレー我に, 立場において, 立場によって, 答を, 糞を, 素生をなど, 組すべき, 維持すべき, 縁おも, 習慣ことごとく, 者, 耳に, 背の, 胸で, 胸でも, 胸に, 胸中の, 腕より, 膝の, 自然を, 自由詩によ, 自由詩を, 自覚に, 自覚の, 自覚への, 自覚史は, 至らざるなり, 舌の, 舟より, 良人青銅の, 芸術的衝動は, 苦しくも, 葉を, 藝術なりと, 蜻蛉なす, 融会也合一也其の, 血は, 血を, 行かんと, 行くべき道, 行ふま, 表現は, 表象に, 要ある, 見る所, 見る處, 親しみを, 親を, 観を, 観念に, 角を, 言うこと, 言句に, 言句を, 言葉でも, 言葉と, 言葉とお, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 計畫, 詩から, 詩が, 詩では, 詩に, 詩の, 詩は, 詩社に, 詩語は, 誇りと, 誤りあくまで, 誰なるや, 諂ふべき, 謂うこと, 讀者は, 貧しさ, 貧困を, 貴族の, 走りを, 走るを, 足に, 足の, 足らざる所, 足音, 路を, 車は, 輝やく, 輿入れ急, 辛さ, 迅き, 近傍に, 追ひ注ぐ, 送りて, 途上に, 進歩した, 遊ぶ所, 運命も, 運命や, 運命を, 過を, 違へ, 遺骨を, 部分なる, 部屋に, 部屋を, 酒盞を, 量るところ, 鋭槍, 門人で, 間に, 間には, 間不, 關心を, 音樂の, 音樂的嗜好は, 音樂的無能は, 韻律に, 韻律の, 領地なり, 額は, 顏知らず, 願いを, 願を, 食ふ, 食らふ, 骨を, 體も, 魂はをの, 麦を

▼ 我~ (525, 2.5%)

22 人も 11 我もと 5 亦た 4 彼も, 我もと先を, 昔は 3 これに, 人なり, 我もとその, 死して, 汝の, 汝も, 無し

2 [30件] ありけり, きびしき, これを, し汝, するかも, ひとも, また微笑み, 世の, 亦この, 人, 何も, 充分今日, 創痍を, 少し力, 彼と, 微妙に, 悦び今日, 慰めを, 我もと詰め懸ける, 汝が, 汝と, 汝に, 目は, 知らず自然, 見て, 見ほけて, 起たず我筆, 金を, 随分虫持ち, 随分骨

1 [394件] あながち戰, あまりの, あまり汝, ありきと, ある程度に, いかでか, いくたびかこゝに, いささか肩身, いそぎぬ, いつかこの, いつしか口惜し, いつしか方様, え往かざるべし, おくれじと, おなじく衣食, お辰, かしこに, ここぞと, この力, この天機, この孔, この時, この頃国, こもれり, これほどに, さびしむ百里, し, しその, しば, しんから, し下界, し今, し兎, し学, し学士, し彫工, し心, し忌憚, し戰避, し王者, し神, し脱, し長命, その他の, その好機會, その日, それに, そを, ただ庭, ただ食し, たってお, ために, つづいて, つらなりぬ, ないかも, なき身, なく吸いよせられる, なく怒り, なければ, ならまし初夏, ねむらん, ひとしき武門, ほ, ぼんやりし, またあり, またいそ, またこれ, またその, またついに, また一囚人, また一歩, また五個師団, また人生六十齢, また信義, また兵, また勢い, また十個師団, また四足, また安寧, また家, また幸, また往かざる, また心, また我, また歎, また深く, また絶えず, また言葉, また許し, また詩中, みな酔う, むかしは, やうやく, やましからず人, よろこぶ, わが, わが導者, わが生れし, わが聖等, コクリコ, ドメニカに, ドメニカも, プラトオ以來哲學上に, ベルナルドオと共に, ミノタウロの, ヤソ信者として, 一々の, 一個の, 一度は, 一手の, 一日も, 一条に, 一部を, 一頭を, 三千台また, 世に対して, 世の中の, 世俗の, 世話ついで, 乘り終れ, 二の足を, 云は, 云わぬつまり, 交らんわが, 亦この世, 亦た悲しめるなり, 亦わが, 亦アキルリュウス, 亦ドメニカ, 亦ベルナルドオ, 亦ミソギ, 亦一種, 亦切に, 亦同じく, 亦寒, 亦幼時, 亦早く, 亦曲中, 亦獨, 亦自然, 亦許され, 亦躍, 亦高, 亦默, 人である, 人竝に, 仆れ, 仕へん, 仕合と, 何しら糸の, 何となく自ら, 何物かの, 余りま, 余り汝, 余程どうかし, 依りなむ, 侶等もはや, 倶にと, 偲ばむ, 元の, 光明の, 入らまし, 入り來, 全く人, 共に死, 共に飲む, 共同し, 其方見る, 其日はじめて, 円成せる, 凡ての, 凡人である, 出でず人, 前の, 動かばこその, 只今の, 同じく亦思ふ, 同じく陣中, 同じ人間, 同情の, 同時に消滅, 否とも, 善く出来た, 喚び起されるの, 喞つ, 單蹄の, 四人の, 在るなり, 在るらん, 坐らむ, 坐らむその電, 垂れつ, 墜つ, 大浪の, 姿詞に, 婦人も, 官軍なり, 定かに, 客間へ, 室で, 寂しき秋, 寄せて, 寒かり, 寒けし, 寒むかり, 導者も, 少しは, 尤と, 居向, 居心地こよなく好し, 己れ, 帰らんと, 帽子も, 平家なり, 平家なりという, 幸ひ, 彼とは, 徑に, 御供をこそ, 心安しここ一番雄心ふり, 忘りょう十兵衛汝も, 忘れう十兵衞汝, 快からねば程なく, 思いがけない旅, 思えば, 怪しまず人, 恋しきお, 恋せめ, 悲し草木, 惜めば, 意を, 愛し, 愛せられる汝, 慾は, 戀塚の, 我もとお伴を, 我もとふぐ料理の, 我もとカメラを, 我もとキャアキャア手帳を, 我もと三人五人続い, 我もと乗りゃあがってこつとらは風呂屋の, 我もと四つ目垣を, 我もと天幕を, 我もと安い, 我もと従軍を, 我もと志願する, 我もと慰藉料を, 我もと是を, 我もと未来の, 我もと毎日見物の, 我もと肉を, 我もと花火そこのけで, 我もと質問する, 我もと身の, 我もと随行を, 或は生涯, 戦場の, 手伝うて, 手酷く追使わるる, 折れましたが, 折れ気, 折を, 持て居られない, 数には, 数山の, 敵を, 數書くまじ, 斯くの, 斯く解する, 既に死なん, 既に身, 日毎に, 早く出去らん, 昔と, 昔一たびかの, 昨日までの, 是程に, 暗きいと, 暗き山路, 曾て, 有りと, 望み見ること, 木陰に, 来て, 柳絮も, 欲するの, 欲は, 歎かる, 此より, 武士もののふの, 死なず無事天国, 死ぬ, 殆ど乞食同様の, 気を, 気遣, 汝等と, 泣かるる, 泣きに, 泣き居る, 浅木への, 浅木並に, 淨き, 湯に, 漏れず一日, 無念に, 然り, 然りか, 煙と, 熟し実, 爾りき, 独立せん, 甚だ不愉快, 生きる道, 生けり, 生命も, 甲田の, 男児なりゃ, 男児なりや, 画に, 疾くより, 病むと, 病む意太, 癒えなむ, 発句といふ, 省みな, 真心にて, 眠くなりぬ, 知って, 知らずいわゆる, 知らずに, 知らずひと, 知らない母子, 知る, 移らむ, 穢れたるこの世, 立たしむ, 立ち寄りて, 笑ひ, 笑ふ, 笑みかたぶきて, 罪の, 羨む, 老いゆく, 聊か疲労, 臥なんと, 自ら知らず, 苦に, 苦労した, 草枕旅に, 落つ, 蓮花と, 衆人の, 行かんと, 行く, 行末夫と, 見き, 見ざりき, 覚悟を, 親しく之, 解し人, 言いだしかねつ, 許しいい, 許したこの, 許す検校さん, 許す真, 許そうと, 詩を, 認むるところにておん身が, 語るべし, 誰れ, 諸共に, 諸君と, 貴様を, 路傍の, 輝ひとを, 轅を, 迫って, 迷はず彼も, 迷ひ, 迷ひし, 通りの, 逢ふと, 遂には, 遊魂の, 酒など, 釜貞の, 雛罌粟, 非我と, 食ぶる, 飲みつ, 飽かぬかも, 騒ぐ, 驚き彼, 齢の

▼ 我~ (430, 2.0%)

49 では 15 の人 10 に於 8 でも 6 の学者 5 の有様 4 の劇, の医者, の小児 3 で云, に於ける, に渡来, のよう, の如き, の家庭, の教育, の料理法

2 [14件] とは事情, にあった, における法学教育, に渡った, のサクラ, のスミレ類, の中央山脈, の假名, の家庭教育, の昔, の法律家, の菓子, の葛, 最舊

1 [273件] でいう, でおよそ, ですらも, でその, での魔法, でもそういう, でもや, でも必ず, でも眞, でも軍隊, でも近頃, でも近頃看護, でも道教, でも養鶏, で一人, で出し, で出来た, で出来ます, で出版, で初めて, で往々, で昔葡萄, で昔誰, で検非違使佐, で用いられ, で翻刻, で荀子, で行, で西洋料理, で魔法, で鶏, と通商, などのもの, にあり, にある, においてこの, においてその, においては古来人民, においては慶応二年, においては断じて, においては海波以外天地, においても加藤先生, においても古, においても近藤守重, において人, において鎖国令, におけるこれら, における学問文芸, における歴史, における活字, における犬公方, にき, にて, にては一口, にては明治三十九年, にても早く, にて之, にて此學, になき, にはいまだ, にはこの, にはじまった, にはまだ, には二百円, には今, には動物虐待廃止会, には古来, には峠, には応用, には滅多に, には獅子虎, には百六十目一斤, にまだ, にもポンソンビさん, にも入っ, にも有った, にも現, にも行われる, にも輸入, によほど, にボウ, に他界, に作られ, に入っ, に千人, に及び, に及ぶ, に及ぼせる, に取, に古く, に向っ, に在り, に在る, に売っ, に多き, に存する, に小児用, に往古, に御, に拡まり何処, に挙げられたる, に擬人法無し, に最も, に来ない, に来り, に来遊, に流, に渡っ, に渡つて, に滞在, に漢學, に現, に生まれ, に発達, に知られた, に移植, に縁, に舶来, に行われる, に行われん, に行われ始め, に衛生思想, に起った, に雄大, に非常, に鞦韆, の, のいわゆる, のお, のため, のみは敬祭, のむかし山里, のやり方, のベンサム, の一儀式, の一名物, の上中流社会, の主人, の事, の事物, の交通, の人たち, の今, の何処, の公共事業, の前途, の劇的舞蹈, の北, の古, の古い, の古代, の古典, の台所, の台詞, の史家, の名画, の哲學, の商売人, の困難事, の国情, の城, の大病人, の女性, の女性殊, の如く数千年孤立, の妻君, の婦人, の婦人たち, の婦人中食物上, の子供, の存亡, の学問, の学問界, の学者達, の学術, の学語, の専門家, の將來, の山岳信仰, の川柳, の巫女, の平民社界, の年, の悪い, の政府, の政治, の政治家, の教育映画, の教育法, の文学, の文書, の文章, の文藝, の文運, の新, の旅行者, の最, の最初, の本草学者, の本願寺, の松魚節, の柿, の楽, の歌, の武備機関, の法典, の法学者, の津浪, の潰し麦, の版図内, の牛乳屋, の牛肉屋, の特有物, の王朝, の現在, の現時, の現況, の現状, の現行民法, の生命, の産業中, の病院, の礼式, の社会, の神, の祭祀, の科学者, の稲収穫期, の空前, の立法史上, の竹, の粥, の美術界, の美風, の自然主義, の舞臺, の茄子, の荒浜, の萵苣, の葛湯, の西洋料理, の親たち, の言語文章, の詩, の諸, の諸州, の趨勢, の農家, の遊女, の道徳, の道明寺糒, の雲雀, の霙, の風流, は世界, は勿論, は寒帯, は待っ, は極めて, は漢字カナ混用, は牛乳, は申す, は自由, は露西亜, へは嘉永年間, へは支那, へも渡っ, も出兵, を益する, 到る処, 古文明円熟, 広く野, 諸洲

▼ 我ながら~ (424, 2.0%)

6 不思議な 4 気が, 自分の 3 不思議に, 別人の, 気の, 驚いた

2 [25件] いやな, いやに, びっくりした, ムカムカしてる, 不思議にさえ, 不愉快に, 判らなくなって, 可笑しいほど, 可笑しい気, 可笑しくなっ, 合点が, 変な, 変に, 急に, 怪ま, 恐ろしい形相, 恥かしい, 愛想の, 明瞭な, 狂せる, 自分を, 覚束ない, 足が, 驚いたの, 驚きました

1 [348件] あきれたと, あきれたもの, あきれる次第, あさましいけれど, あさましき心, あさましとは, あとにて, あやし, あんまりな慌て, あんまり気, いいよう, いい気な, いかにもかけちがった, いかにも華々しく, いささか呆れ返っ, いささか滑稽, いじらしいこと, いよいよ情なく, うまい思いつき, うんざりする, おかしい空想, おかしくなっ, おかしそう, おぞましい, おろかなる, おろかにぞ, お怠け遊ばす, きれいに, ぎごちなく感じさせ, くすんで, こういう下らない, ここまで, この物語, この間抜, これは, これほど, さう, さっぱり分からない, しくじったこと, しほら, じいっと見つめる, その巧妙, それにさ, それを, ぞっとした, ぞっとする, たよりに, だらしの, ちょっとしおらしい, ちょっと男, では, とぼけて, どうしていい, どうする, どう気, なが, のぞましくない, はあ呆け, ばかばかしくなった, ばつが, ひどいもの, ひどかった, ひどく小, ほとんど想像, ほれぼれと, まごつくくらい, まずいこと, まづい, よくこんなに器用, よく出来た, わが力量, わが大, わが大胆, わが病気, クダラン所は, サツソウとして, サテ情知り, ハッキリと, ヘタクソな, 一生の, 上げ下ろしが, 上出来という, 不安を, 不思議そうに, 不思議だ, 不思議だった, 不思議と, 不思議の, 不気味に, 不覚だった, 不覚である, 不覺, 世にも怯えた, 人間が, 何ともいえぬ, 何為かう, 佗住居らしく感じる, 余りつきも, 余りの, 余り世間離れ, 佛樣の, 俄に, 其佶屈贅牙な, 冷かに, 凄いもん, 凡夫の, 出過ぎたよう, 刀より, 分らないという, 分らないよう, 分らなかった, 切れっぷり, 勇ましい覚悟, 勢立っ, 厭に, 可哀さうに, 可哀そうに, 可笑, 可笑しい程, 可笑しくなった, 可笑しな, 向う河岸, 吹きだしたくな, 呆けて, 呆れて, 呆れました, 呆然として, 哀れです, 哀れなり, 哀れなりと, 唐突千万, 唖然たりです, 喫驚した, 堂々と, 夢とも, 夢の, 大した度胸, 大した心臓野郎, 大人げない, 大出来, 大得意, 大間拔け, 天晴れ天晴れ感服感服の, 奇と, 奇妙な, 奇怪閉口の, 好い智慧, 好奇心の, 妙な, 妙に, 姿見に, 娘が, 嫌に, 嬉し, 子供ッぽく, 実に先非, 実に驚くべき, 寂しいこと, 寂しい中, 寂しかりき, 寐臭い, 小癪な, 少し不安, 山男なる, 巧妙に, 平凡な, 幸ひよりも, 度胆を, 引き入れられて, 形が, 御苦労千万なり, 心なかりし, 心はずかしく, 心臟が, 忌々しくおもう, 忘れたよう, 忘れて, 怖くなった, 思えば, 思へば, 思われた, 思われること, 思入って, 怪しいほどに, 怪しみながら, 恐しいナア, 恐しかった, 恐ろしい気, 悪趣味, 悲憤慷慨せざる, 情けなかった, 情ない寂しい声, 情ない次第, 情なくなる, 惜しいもの, 惨めで堪らなかった, 意外なる, 意想外だ, 意想外で, 意気地が, 意気地は, 愚の, 愛想が, 感じては, 感ぜられた, 感嘆の, 感心する, 慌しく跫音, 慌てて, 憎くなる, 憐れと, 成程, 我がおぞましい, 我が力, 我が怪しまれる, 我慢が, 我身が, 我音声の, 戦慄した, 手に, 手際で, 批評家という, 抜かったり, 抜け目の, 拙い言分, 拙なく, 攫われて, 敏捷であった, 斯うし, 斯かる, 旨く言った, 早や, 昔忘れぬ, 時の, 智慧の, 月並きはまる, 朦朧として, 極り惡く, 歌を, 歡喜に, 止所の, 死して, 殘酷な, 気がついて, 気恥しく思ふ, 浅ましい, 浅ましいこと, 浅ましい思い, 浅ましく卑怯未練, 浅ましく又, 浅ましく思われた, 浅間しい, 涙声に, 満足しず, 満足出来ない, 滑稽く, 滑稽でした, 滑稽な, 滑稽に, 激昂する, 無条件に, 無細工, 照れ臭いせい, 独りで, 狼狽した, 甘ッ, 男は, 男振, 異常な, 疎ましかった, 相応は, 眠って, 矛盾した, 矛盾である, 知らずに, 知識の, 程知らず, 窶れが, 素気なく, 絶えて, 美しく鏡, 羞恥も, 肝を, 腑に, 腑甲斐なかっ, 腑甲斐なく, 腕前と, 腹が, 腹立たしかった, 腹立った, 若々しいと, 苦笑いを, 荘厳にすら, 萎垂れた, 薄ぼんやり, 薄気味の, 蝶が, 袖も, 見とれるほど, 見られた体, 解らない, 解らぬほど, 言葉も, 訝しいまで, 訳の, 訳も, 詰まらない事, 足を, 路地の, 踏み迷, 身だしなみよく, 辿, 迂濶千万, 遥々と, 遺憾に, 醜態極まる, 鈍ましい, 銀の, 鋭い把握, 閉口なり, 随分辛抱強い, 随意に, 雉子の, 面目次第も, 頭の, 頼母しい, 頼母しく, 風流事極まれり, 馬士めいたり, 馬鹿, 馬鹿らしい事, 馬鹿馬鹿しいと, 驚いたよ, 驚きながら, 驚きヒヤヒヤ, 驚き候は, 驚く, 驚くくらい, 驚くぐらゐである, 驚くごとき絶望, 驚くばかり, 驚くほど, 驚く程, 驚ろかされ, 驚歎の, 鬼の, 魂を, 魔界へ

▼ 我~ (418, 2.0%)

7 で我身 5 に引 4 の内

3 [13件] が嫁入り, が思はれ, ながら分らぬ, ながら我身, に係らぬ, に迫る, のこと, の事, の大事, の潔白, の為, の辛棒, を棄て

2 [33件] か殿, が頓死, だに知らざりし, であった, で持, とぞ思ふ, なれば, にひきそえ, にも遣る, に応じたる, に覚え, に言訳, に附き纏うあり, の今, の危険, の守り, の常, の影, の成, の拙, の果敢なく寂しく, の犠牲, の罪, の自由, の薄命, の行末, の過ぎし, の重, は食はず, をない, を後, を打, を激

1 [297件] いかばかり冷え, いとほしみた, うらめしく春, かと効, かな, があやうい, がどう, がはり, が分り申さず, が怨めしい, が恐ろしく, が煙り, が腹立たしい, が顧みられた, が高く, こそ幸福, さえも棄て去った, さえ富貴, さそはれしなり此時, すらおりおり, そのエライ人, ぞ, ぞと, だから, だにつひ, でお, でわが身, で極め, という関係, となつ, と思ひける, と社楽斎, と観じ, ながら, ながらも余りに, ながらも涙ぐまるるやうにてよし, ながら天, ながら引入れられ, ながら快, ながら恐しく思う, ながら恥かし, ながら恥かしく, ながら悦び身, ながら葬り去った, ながら訳, ながら辛, ならねば, なりけり, なるらん, なるを, に, にあつめし, にあらぬ, にうしろ, にうとき, にし, にすべて, にせまる, についた, につまされ, にとり, にはしなぬ, にはふさ, には取分け, には復, には死なぬ, には罪, にひい, にもまた, にも恥しく, に一つ, に何, に入り, に切実, に加, に危険, に及ぶ, に取, に可能, に吹く, に告白, に就, に強いた, に当った, に応用, に思ひ決め, に恥じ, に悲しみ, に悲痛, に愛想, に於, に積める, に纏, に罪, に自ら矢, に舍, に見せしめ, に誇り, に負う, に負わぬ, に近い, に近く, のいとし, のかなし, のすべて, のなげかしき, のなほ, のはて, のまわり調度, のみかは彼等, のみならず, のめぐり, のもの, のよきあしき, の不幸, の不束, の不甲斐な, の世, の仇, の今昔, の傍ら, の分, の切な, の利害, の力, の危急, の周囲, の周圍, の唯, の境遇, の妄執, の定業, の家, の幸福, の心, の心尽し, の心配, の急, の怪, の恐ろしい, の愚かさ, の愛, の愼, の損, の操, の教訓, の有, の未来, の永劫遁, の浮沈, の熱涙, の生き, の累, の罰, の若, の行先, の親, の誉, の誤なりけり, の運, の運命, の邪慳, の青春, の面目, の體驗, の鬼, の魂, はあらき布かたびら, はくだけ, はこれ, はそ, はづかし, は再び, は冷, は只, は將, は幻, は果敢なく, は熱せり, は獨, は砂丘, は神, は舊, は頭, ばかりで, ばかりの現, みづから, もしばらく, もそう, も不肖, も亦, も人, も咀, も忘れ, も田園等, も空中, も靜むべ, も頼, や, や候, よ, よりあく, を, をあの, をかえりみ, をさ, をしかと, をつきこんだ, をどう, をのろわない, をはふらかす, をば中華, をひきしめき, をひし, をもみくしゃ, をも君憫, をも忘れ, をも終に, をも露, をやき, を亡ぼし, を傷, を共に, を冷笑, を切り刻む, を制, を呪っ, を嘲っ, を囘抱, を大切, を失ふ, を奮, を守る, を引, を引い, を後退, を忌々しく, を忘れ, を惜しむ, を愛し, を愛する, を慎み, を我と, を打込ん, を投出し, を抜け, を抱き温め, を抱き温める, を抱き締める, を抱く, を抱けり, を持て余した, を捨てる, を捻っ, を支え, を月, を欺きし, を殺さね, を殺し, を殺す, を殺そう, を洗, を海, を滅ぼす, を火, を焦, を焦す, を照す, を疑ふ, を省み, を立, を笑, を笑いつけ, を紹介, を繞, を纏, を置き, を苦しめ, を落, を襲う, を観じ喜べ, を詈, を謙り, を責める, を責める思ひ, を距, を遮断, を顧, を顧みざる, を顧みました, を食, を馬鹿, ヲ衣食, 宛ら神, 捨てたき折々, 滅ぶと, 稚より

▼ 我~ (371, 1.8%)

6 の五感, の心, の社会, の自己欺瞞, の行為, の詩, は我我 5 の態度

4 [11件] の, の利益, の友人知己, の地球, の愚昧, の自由詩, は, は互に, は人生, は常に, を支配

3 の中, の情緒, の棲息, の歯痛, の目, の魂, は今日, は坂, は妙, は皆

2 [59件] に恵まれた, に最も, のやう, のよう, の信念, の口髭, の喜劇, の好悪, の妻, の快, の恋人位, の恬然, の悲劇, の愚, の愛する, の未来, の本心, の欲する, の生活, の眼, の祖先, の苦痛, の見慣れた, の親密, の言葉, の運命, の韻律, はとう, は一体, は何, は先生, は兎, は処女, は同じ, は如何なる, は彼女, は忽ち, は文明, は時には, は未開人種, は極寒, は正直, は殆ど損害, は母, は生まれた, は盗賊, は神, は良心, は詩人, は誰, も創痍, も微妙, も慰め, も金, よりは幸福, よりも遙, より安らか, を却けた場合, を恋愛

1 [132件] から見れ, だつたらあゝ, である, にそんな, にはお, にはできない, には嬉し, に一枚, に与, に与えた, に先んじ, に出, に取つ, に愛想, に教, に於, に武器, に眞面目, に見せる, に負, に負わされた, のいふ, のため, のとり, のみ生き残った, の世界, の仕事, の健康, の分隊長, の助手, の原稿, の反, の口, の呼吸, の姉妹, の子供, の存在, の帽子, の急所, の性格上, の情意, の意識, の感ずる, の投影, の持っ, の文明的, の時代, の最も, の杯, の浮薄, の無能, の目的, の相手, の知った, の社会的約束, の神經, の租先, の自然, の芸術的衝動, の表現, の親しみ, の詩社, の詩語, の讀者, の足, の車, の進歩, の音樂, の音樂的嗜好, の音樂的無能, の體, はこの小さな, はこれ, はさつ, はしたい, はそこ, ははげしい, はよい, はロテイ, は一人, は一層, は不幸, は二三十年前, は今度, は何がな, は先づ何, は光, は其処, は友人, は土砂降り, は在来, は堪へた, は外觀, は外部, は多少, は大連, は少数, は彼等, は我我自身, は或は, は早く, は明らか, は時々, は木曜會, は本社, は正午, は独逸話, は理性, は皆我我自身, は皆自己, は目, は結局十八世紀末, は羽根, は耳, は聽, は詩, は詩想それ自身, は近代, は面白い, は音樂の, は黨派的, も気, も諸君, よりも後, を動かし, を反省, を弁ぜず, を招い, を救え, 若い婦人, 若い弟子達, 若い者

▼ 我~ (216, 1.0%)

15 に於 4 に於ける, の人

2 [11件] と支那, に傳來, に於い, の人々, の國體, の大, の學風, の獨立如何, の經濟, の經濟界, 全體

1 [171件] が從來如何, が歐米, が青島, であり又は, であるなら文化, では人間, では國立癩療院その他, では太抵, では御, では支那, では染料, では武士道, では釜, でもいくら, でもなるべく, でも正義以外, でも貨幣經濟, で内, で國粹論, で寛文三年, で早く, で滿洲事變, で製造, とても全, とは密接, と同, にそれだけ, にて松崎慊堂, にて造化, にのみ特に, には六十六所, には別に, には憲法, には鍛冶屋, にむかつ, にも反響, にも影響, にも渡來, にも非常, に不利益, に佛教各派, に來, に來朝せり, に侵入, に傳つて, に分布, に女子大學, に存在, に小説, に強, に應用, に招聘, に持つ, に支那, に新式鐵砲, に服屬, に歸化, に渡り, に渡來, に用, に盡瘁, に移植, に稀薄, に範, に缺, に興味, に行, に起つた, のいづれ, のこと, のみならず, のみの有, の一大市場, の世界戰爭後, の中等學校, の今日, の八紘爲宇, の兵備, の利害, の勝利, の古俗, の史上殆ど空前, の商, の國債, の國情, の國粹, の堪へざる, の外債凡そ千五百萬圓, の太古, の太古史上, の如き, の威信, の學校, の學者, の學者達, の宜しく, の實在, の小説, の小説家, の島, の工業, の弘化三年, の愛國切手, の損亡, の支那學者, の文學界, の文科, の新聞, の最初, の有, の有力, の法律, の洋式印刷術, の浮沈, の海濱, の淨化, の淨瑠璃作者, の淺草奧山, の燃料資源, の物價, の特色, の獨立, の現, の現状, の畫風, の皇室, の皇道, の禮教, の科學不振, の穢, の節奏文, の繪畫, の缺陷, の自動車, の若い, の被害, の諸, の議會, の財源, の貨幣, の輸出貿易, の近世史, の醫史, の金利, の風, の高, はいまだ, はそれ, は二千何百年經つて, は今日, は四五十年, は尚, は常に, は支那, は正に, は神國, は西洋文化, へ來, も亦, より輸入, をさして, をし, を侵す, を引合, を視察, を讚稱, を黄金, 全患者, 新舊, 第一, 第一流

▼ 我~ (214, 1.0%)

5 を動 3 の上, の底, は猶

2 [14件] に彫りつけられたれ, に適, の中, の能, は, はこの, はこれ, は処女, は臆病, を, を厚く, を掠め, を苦む, を迷

1 [172件] あやしきを, いかにおどる, かな, かはらめ, がある, が許さない, だか, で我心, で推測, で生活, とは日, と云う, と化し, と同じ, と膠着, ながら我心, なぜお前, なり又, なり桜花蓮花, に, にあらずや, にさ, にては國王, にと, にとって誠に, には何とも, には覺, には重き, にもある, にも感じた, に入る, に協, に協ひき, に合, に問, に對抗, に帰っ, に彫りつけられ, に従, に従え, に思ふ, に慊, に我靈, に本, に沒, に流れ込む, に満ちる, に溢れ, に畫きしとき, に苦心, に迫り, に銘せり, のいかに, のいま, のかこまれ, のこれ, のまこと, の不安, の世界, の健全, の君, の噪, の奥深く, の平和, の心地, の憂, の歓び, の求める, の清き, の瘡痍, の精, の薄弱, の裡, の錯乱, の錯亂, はかの, はこし, はた, はつねに, はアヌンチヤタ, は一夜, は一物, は一転, は人々, は何故, は又, は吐き, は君, は天, は嬉, は怏々, は怪しく, は我目, は早き, は明, は景色, は次第に, は汚れ, は決して, は清淨無垢, は漂泊, は激動せり, は狂はん, は神, は纔, は處女, は課程, は逍遙子, は遂に全く, は鈍重, は鍼, は風, も未だ, も輕, よりも猶, よー, よ勇ましく, よ我心, よ進み, をくい, をたら, をも引止めし, をも覺ら, を以て我心, を以て汝, を傷ましむ, を充たす, を刺せり, を劫, を動かした, を動かしつれ, を動かす, を奪, を妥, を察し, を少し, を左右, を引く, を得ず, を忖, を悦ばしめ, を感ぜしめき, を慰め, を抑, を推鎮め, を明, を滿, を焦し, を牽きたるなり, を直接, を絞る, を纏, を苦むるものなりき, を表し, を襲ひき, を見, を見ぬき, を計り得, を語らめ, を責, を遺る, を鎭めん, を離れ, を顧み, ヲ鑑ラレヨ, 似秋月, 只専, 我が姿, 或時, 漸く楽し, 猶そのかみ, 誇らず苛酷

▼ 我~ (192, 0.9%)

6 の上 5 の顔 4 のよう

2 [11件] の声, の後姿, の様, は可愛, への感謝, よ, よ今, を叱りつけ, を呼ぶ, を思ふ, を殺し

1 [155件] からその, がかつて, がここ, がつくる, がどことなく, が可愛い, が常人, が急, が独立, が現に, ではない, といえ, となづけ, となる, とに屈従, との固き, とは紀州, とは誰, ともすべき, とも思へる, とを見た, と云, と共にあ, と別れ, と思いました, と我夫, ながら少し, ならねど, なりといいし, なりと知らぬ, なり吾, にあらず, にあらで, にくらべ, にさ, にぢ, にでも対する, にはあらず, には眼, には絶対, にも読ませたく, にをとるべき, に一寸目, に乳, に云, に優る, に報いました, に嫁, に宝, に対, に対してさ, に対しては母, に対して同情, に對, に教えなかつた, に父, に読ませる, に頬ずり, のあはれみと愛, のこと, のすべて, のもの, のやせ, の不, の乱行, の乳兄弟, の前, の味方, の哺育, の善い, の四十歳, の墓前, の姿, の嫁, の嬉し, の家, の容, の寝顔, の寫眞, の悪口, の悪行, の愛, の憎い, の手紙, の承諾, の採れる, の教育, の未來, の果敢, の死, の決心, の災, の熱心, の生, の生立, の罪, の肉, の肉體, の肩, の背中, の苦悶, の苦痛, の言葉, の身の上, の身替り, の逆立, の金蔵, の頬, の顏, の願, は二人づれ, は必ず, は生れ, ばかりでない, ばかりを劬, への愛着, までも何, もギセイ, も同然, よかの大いなる, よこ, よというは母, よと呼び, よと呼びし, よ云々とい, よ口, をおも, をしっかり, をぢツ, をはぐくまん, をも見のがすまい, をよく, を両手, を亡くした, を又, を召され, を委, を寄宿舎, を慰めた, を打った, を打擲, を捨殺し, を救え, を殺した, を求め, を犇, を盗みし, を育てん, を見, を見せし, を誇る, を誘拐, を顧, を飼, 泣かすも

▼ 我~ (163, 0.8%)

8 思ふ人 4 見るもの 3 振る袖, 見ると 2 居るよりは, 心ゆくもの, 思ふ事, 来なば, 来れるは, 行きし沙漠, 行く道

1 [131件] あり得ようか, ある, あるは, すると, する日, つく息, ないと, ゆくす, よぶ時, わたるなり, ゐる, 乗る汽車, 乗る舟, 云うたあの, 仰ぐ館, 住む森, 住む里, 住める怪しき, 作る木彫, 作る田, 作る詩, 作れる狭き, 作れる縄, 信ずるところ, 信ずる所, 入るを, 入る猩猩緋, 出る, 動くを, 取る所, 吹ける煙, 囁く曲, 在る那須野, 坐する否, 学ぶべき師, 學ぶところ, 守る日, 居るところ, 居る亭, 居る町, 帰りし事, 帰るまで, 帰る心矢, 引く牛, 張れるし, 待つあるを, 待つや, 待てるたより, 忍ぶべきところ, 思うところ, 思うまま, 思ふが, 思ふがま, 思ふこと, 思ふこと誌, 思ふこと静か, 思ふところ, 思ふ半, 思ふ心, 思ふ所, 思ほすが, 愛する, 愛するところ, 折れる, 持てる燭, 暮らす日, 書く文字, 望むところ, 期するところ, 来て, 来る, 来るを, 棲むところ, 死なぬ間, 泣く心拭, 泣く日, 泣く涙, 為ると, 為る日, 無くなるといふ, 生ける間, 生める子手弱女, 知るところ彼, 知れるところ, 知れる其人, 知れる医師, 知れる悲しき, 知れる横笛, 知れる此事, 知れる限り, 砕く酒杯, 立つあ, 立つところ, 立てるところ, 立てる側, 立てる処, 立てる劒ヶ峰, 立てる影さ, 綴りしもの, 聞き返す, 聞く, 聴きに, 聴くに, 至るを, 行くところ, 行くなき, 行く方, 行く路, 見る, 見るところ, 見るところ今先, 見るは, 見る所, 見る方, 見る處, 観るは, 語りて, 語るかた, 説く所, 踏むと, 近づくと共に, 通った事, 通る時裏町, 逝くべきを, 造る諸, 遊ぶよろこびに, 頼む光, 飛ぶと, 飛ぶや, 驚くと, 驚く可

▼ 我から~ (128, 0.6%)

5 進んで 3 求めて 2 我に

1 [118件] あおって, いやに, うなずくよう, おもはゆいばかり, お勢, しんみりと, すてたら人生, そこを, その位置, その苦, それを, それをも, たのみすぎた思い, つきくずして, はじらうところ, はにかむよう, ぱあと, まびれ, めで, もまれるの, わざと身, われて, アドミットした, 一擲変更し, 一飛びに, 不幸を, 不要の, 乙を, 人民の, 働きかけて, 光を, 全幅の, 公綱の, 分疏, 切々と, 制して, 動かすなどという, 否定し, 吹聴する, 問屋に, 喜んで, 四五丁離れた, 壮と, 失格し, 小さな見聞, 帰りたいと, 弾け出ては, 彼の, 心の, 心はりつめ, 心付くところ, 忍びず只, 怪しまないの, 怪しまなくなって, 恋を, 惚れて, 愕き, 我他, 我身を, 我頭を, 打たれて, 抉り出す力, 抑へ, 折れて, 抛棄し, 抹殺し, 押し切って, 押し隔てて, 捨てたよう, 捨てられて, 接近し, 支えて, 攻めるべきでは, 放出し, 機嫌を, 止まりそう, 死んで, 気やすめ, 求めたこと, 求めた苦労, 没入せず, 洩れる事, 溺れ込むこと, 癪に, 破ったもの, 破れる相談, 示す老いさら, 称する横光氏, 立ちて, 粋を, 繙くよう, 聴かそう, 肯き読書, 肯定し, 脱却し, 自分を, 自然に, 興に, 良人が, 苦ん, 苦労し, 荒出し抑え, 虚無的に, 見つくそうとは, 見れば, 言った, 討たれて, 認めて, 買って, 軍を, 遠くへ, 釈明に, 間諜を, 隔の, 非我に, 非我の, 非我へ, 餌に

▼ 我にも~ (119, 0.6%)

3 非ず 2 あらず, あらずそこ, あらず凡て, あらず十分, あらず客間, あらず顔, あらで衝, せ若草我つま, ない一種, 知れたが

1 [96件] あらずいつか気, あらずおずおず, あらずさ, あらずしよんぼりと, あらずそうした, あらずその, あらずそろそろ, あらずたましひも, あらずぬけいでて, あらずまたもや, あらずカラカラ, あらず一斉, あらず他, あらず健康, あらず口ずさんだ, あらず屈服, あらず崖, あらず弾いて, あらず惘然, あらず愚問, あらず懐しく, あらず最後, あらず歳月, あらず浮かれ出して, あらず理学士, あらず突, あらず立, あらず立去りがたい, あらず縁, あらず腕, あらず舐めくる程, あらず荒野, あらず薄, あらず逃げ出し相, あらで, あらで情, あらで立ずみ, あらで素絹, あらで身, あらで迸る泣声, あらぬ小宮山, あらぬ心地, あらぬ感傷, ありただ, ない神経質, なくぐっすり, なくけたたましい声, なくその, なくつい, なくややともすると, なくガンベ, なく一種, なく下, なく力, なく大きな, なく怒鳴るよう, なく拍手喝采, なく持ちだし, なく歩みこん, なく熟, なく私, なく笑い, なく自分, なく面, なく顔, なく驚愕, ひとにも, まして横着, わかって, 事の, 亦第, 人にも, 他人にも, 似たる山茶花, 差等あり, 後々までの, 必ず無, 我が判然, 承認させた, 散佚する, 汝にも, 流行し, 無く殆ど, 無く突, 無く立, 猶此, 疾く往き, 胡乱に, 行衞知れざる, 解つてありがたい, 解らぬ出鱈目, 逐ひつき, 遂に來らん, 防備あり, 難儀を, 青き影

▼ 我まま~ (116, 0.5%)

2 だと, で御, な女房, やさん, をする, を云っ

1 [104件] かしら, かもしれません, からじゃござんせん, があり, がきい, が出まし, が絶頂, が言, が通る, が過ぎました, さ, すぎると, せいとまで, だ, だった伸子さん, だってし, で, でかんしゃく, できまらない, でさんざん, です, でなかったと, ではないでしょう, でもあった, でも許す, でネー, で勝手, で弱小, と, というところ, と云うべし, と小言, と思われない, と気まぐれ, なお嬢さん, なこと, なぜいたく心, なその, なの, なやつ, なよう, なん, な人, な仕方, な千世子, な声, な女王, な好, な好色漢, な想像, な権力, な注文, な結婚生活, な若い, な要求, な顔, な願い, な馴染, になっちゃう, にならなかった, になり, にもおさえ, に呆れ, に失した, に育ち, に育てられた, に食われ, のある, のせい, のつつしみ, の一つ, の不調法, の形, の徹らぬ, の本性, の消極性, の癖, の罰, の車夫さん, はかまわない, は女性, は怠け, ばかりつ, もまた, も少く, も陰性, やおしゃれ, や放肆, らしい風, らしく云い出した, らしさ, をさした, をさせ, をし, をせぬ, をとおさし, を一緒くた, を云う, を愛, を申す, を許し, を認容, 云って, 故申

▼ 我知らず~ (103, 0.5%)

2 あつと, うとうとと, 深い呼吸

1 [97件] あとじさりする, いろんなこと, うとうとし始めた, お時, お清, お留守組町, かの女, きつく云っ, きびしい調子, ぐらぐらと, こういっ, この小さい, こびるとき, こまかく注意, こんな事, されどか, されどかくい, されどわが, されど郷土フィレンツェ, しっかり手, そうし, そこで自分, その方, その生活, その痩せた, その精神, そんなに大, そんなに大胆, たのしむ或は, どきま, にうとうと, にやにや笑, に出た, に口走っ, の便宜的, の孤独, の寝言, の幾時, の様, の癖, はっとさせられる, はつと, ばくりと, ふた足三足, ふと立ち, また見直す, ゆくうち, よろしくない, わが父祖, わっと, わなわな震, ザビーネの, ニキータの, ハッと, ブルブルっと, 両の, 両方の, 互に嫉み合う, 内心の, 出たので, 出て, 又固く, 又文太郎, 又蔭, 叫ぶでしょう, 呟いた時, 堅くなっ, 奥さん, 尋ねて, 小鳥屋, 常にどこ, 強く父親, 彼女の, 応じて, 怪しい声, 恐ろしいほど, 悲しくなりし, 我た, 或は笑い, 打ち叫んで, 打棄, 捜し求めるよう, 次第に引き込まれ, 殺すに, 求めて, 淋しい気持ち, 深くなり行く, 炉辺に, 片足が, 生活の, 示す誇張, 突っ立っ, 脱れ出ずる, 落ちる涙, 重い息, 長い間, 驚いた事

▼ 我~ (96, 0.5%)

12 を握り 5 を把 4 の花 3 に觸, を取り 2 して, にわたし, に接吻, の屆, の背, を握りぬ

1 [57件] づからくわんぬき, でわが, で一思, で仕留めね, で巻く, で成就, で我, で書き写した, で此腦天, で殺し, で殺した, で殺す, で立派, で開け, で鱠切り, にあり, にある, にかき抱き, にすがられ, にわたされぬ, にわたす, に入る, に入れた, に受け, に口づけ, に在り, に委ねられ, に張子, に当り, に戻る, に抱き上げられたる, に持, に捕縛, に掠奪, に留まれり, に縋らで, に置きぬ, に落ち来る, に頭髮, の上, の中, の先, の尖, はらひます御衣の, は之, は磨ける, へ此, をとり, を兩, を力, を引き, を引き寄せ, を引き退け, を役し, を握りつ, を握る, を見ん

▼ 我また~ (78, 0.4%)

4 汝を 3 かくの, 汝の 2 さらに汝, 汝が, 汝に, 見しに

1 [60件] いかで彼, いはじ我, か, かくおしはかり, この事, この時四方, これに, これによりて, さきに, さらに韻語, そのジェリ・デル・ベルロ, アカイアと, アドリアティコの, シケリアに, マイアと, 一事君に, 之を, 乞ひ, 二の腕腋下に, 何ぞ姓, 何をか, 偽と, 其夜の, 君に, 善く特性, 喜んで, 四足あり, 夢を, 奚をか, 害意なし, 小き, 小鳥を, 師よ, 席末を, 彼の, 情願切に, 我心を, 曰はん軍中の, 機會な, 段を, 民が, 永遠の, 生きたり, 盜人の, 盟ふべし, 盲と, 等しく慇懃, 罵辱嘲弄, 英雄を, 萬物を, 行かん迄, 襲はる, 見しにかの, 許すまじ, 語るを, 辭ふ, 進むあたはざれば着く, 重荷を, 音づれむ, 風に

▼ 我より~ (76, 0.4%)

5 さきに, 先に 3 進んで 2 去らしめよ, 古を, 外に, 言へば

1 [55件] いでて, うくる, うけし怨み, これを, そのあらまし, である, とりは, むしろトロイア, よくは, わが心, 二つ四つも, 優れた陰陽師, 先き, 公儀へ, 出づとなして, 出で, 出る主, 前に, 取去れるその, 君こそ, 問われて, 奪はる, 安らかであらう, 安らかであろう, 容さば容さるべき, 少し, 幾通の, 弱きに, 強くは, 彼に, 彼の, 彼は, 往いて, 後にながら, 後我に, 技倆の, 文明婦人の, 昇るとて, 止めしい, 汝が, 深か, 生れて, 當來より, 祖を, 福を, 窺ふべく, 行かんと, 避けて, 隱れ, 隱れし, 離し給, 離すあたは, 離すこと, 離隔し, 高うし

▼ 我~ (64, 0.3%)

2 に砕け入る

1 [62件] と肘, にあふる, には君, には慈愛, には種々, には縦, には縱, には言, に入り, に徹し, に注い, に流れ, に浮びぬ, に湧きぬ, に溢れ, に滿, に滿つる, に畳み込む, に衝き挿した, に迫り, に迫る, に響く, の上, の中, の疑惑耻, の痛む, の罪, の苦し, の跳, の躍る, の闇, はあらゆる, はいたく, は一種, は劇しき動悸, は塞がり, は怒, は愛, は押し, は擴まり, は燃, は若, は跳, は躍りぬ, は騷ぎ, は高く, も, より漲り流れ, を傷けし, を刺す如くなりき, を去来, を噬む卑怯, を圧す, を壓, を張らしむ, を抱き, を押す, を衝い, を衝き, を貫きつ, を鼓盪, 堪難く沈める

▼ 我~ (61, 0.3%)

16 汝に 42 敢て, 疾翔大力が, 行きて, 見聞得受持

1 [33件] あとに, かくの, かの公, すなわち已に, の世, ひとりいへる, まさに何許, まで恋, みづから負, めぐる, より後, ヘクトール敵と, 仕ふる所, 何ぞ殊更に, 善法を, 喜びて, 夢に, 左右に, 心に, 恐る勇, 憤怒鎭むべし, 手を, 最も善し, 汝にかの, 異しみ, 知る, 知ると, 萬物を, 親しくわれ, 訪ひ, 象を, 輕舟の, 默し

▼ 我~ (59, 0.3%)

119 に曰 2 に從, に若し

1 [35件] が御, と共に, と共にいま, にいふ, にこの, にすすめ, にわが, にわれ來, にわれ自ら來, に他, に勵, に地獄, に汝, に異名, に答, に罰當, に詩人, に請, に路, に近く, に願はく, の信ずる, の意, の方, の日メノイチオス, の父, は依然として, より此, より立つ, を, をみし, を呼び, を導い, を指, を累

▼ 我~ (57, 0.3%)

2 なる狭隘, の強い

1 [53件] あるのみ, からのもの, から離れたる, が右徃左徃, だけに狂, だけに狂っ, では無い, と争, と他, と暴虐, と狡猾, と献身, と相, には哲学, にばかり強い, によって国郡, に征服, に感染, に熱し, に目, のため, の中, の事, の問題, の姿, の徒, の樣, の犠牲, の猛火, の節制, の罪悪, の首狩り, の鬼, は充分, を, をみたし, をめぐって三思, を主張, を増長, を張っ, を張らん, を張り, を恣, を果し, を構成, を満たさん, を示し, を肯定, を追, を通す, 一方人, 即ち人為, 小功

▼ 我日本~ (57, 0.3%)

4 に於い 2 の外, の島, の帝室, は亞細亞, は歐米

1 [43件] が世界, が亡國, でも祖父母, で四百種内外, とはこの, と云, に傚, に及ばざる, に對, に流れ入っ, に起つた, に適, のみにし, の卑小, の國人, の大刀, の如き, の学者, の性研究, の戦闘, の文章, の日本, の有, の有様, の歴史文學美術工藝凡て何事, の生んだ, の精神世界, の精神界, の精神的改革, の者, の臣民, の譽, はスミレ, は亞細亞洲, は更に, は此際, は親, へ向はん, へ渡り, へ輸入, をし, を啓蒙, を支配

▼ 我には~ (54, 0.3%)

2 何時にても, 賜さらない

1 [50件] あらで先, あれど, お馴染み, かく言, かく迄, げに憎, この大, できない, まことに弱, わが方便, 一の, 世に名, 仮りの, 何し, 何も, 分らぬともかく, 分らぬ兎, 別に解釋, 命じたま, 命じたまわず源太, 嬉しかつ, 子汝, 就中はてなき, 差したる損害, 差等なし, 当たらない, 当然な, 必ず破る, 情なからね, 情無からね, 我のせ, 手先を, 抵抗力は, 數ならね, 有利で, 欲しいさ, 母なりき, 決して二心, 消えし炭, 猶多少の, 生きたいという, 疎き子, 疾く歌, 紙筆を, 縁なき, 西境北辺に, 見えし其の, 言殘せる, 許せ, 許せ経済

▼ 我~ (52, 0.2%)

246 ふあゝ 5 ひけるは 3 はむ

1 [14件] けるは, はむわが, はむ之, ひけらく, ふわが, ふ師, ふ彼等, ふ恩, ふ悲しめる魂, ふ殺害, ふ胸, ふ詩人, ふ門, へり

▼ 我~ (51, 0.2%)

16 んし 3 んの 2 んする, んを, ん出来た

1 [26件] づその, づひとりいひいでて汝に, づ三度わが, づ先に, づ初め衆軍を, づ告げむ汝等の, づ怒りし, づ成し遂げ, づ毒多き, づ目を, づ聊か, づ語らむ, まして見しょう, まじゃなくしたってそうにきまってるんですもの, んが, んこそが, んしてる, んしなけりゃあいけない, んしました, んします, んだ, んできず, んでも, んなされませ, ん出来なかった, ん出来る

▼ 我~ (49, 0.2%)

37 多文庫 6 多玩具 3 多道具 1 多と, 多文庫売上, 多文庫発行所硯友社

▼ 我~ (48, 0.2%)

2 の元気, の探偵, 大勝利

1 [42件] が占領, が苦戦, としても困る, とその, と違っ, と違つて, にとつて, の, のまえ, のタンク, の兵糧, の出撃, の力, の右翼, の戦術, の探知, の損傷, の損害, の攻撃, の敗北そのもの, の景気, の猛, の精神, の計画, の警備, の輸送, の重砲, の野戦病院, の鉄砲組, の騎兵, は二分, は再戦, は北上, は寧ろ, は少し, は次, は犬, は露兵, へ送っ, を助ける, 大いに力戦, 悉く城中

▼ 我~ (47, 0.2%)

3 に何 2 に一切, に請

1 [40件] が原稿, が命, が家, が為め, とかたる, とともに闘う, と共に闘う, にむかひ, に告ぐべき, に告げ, に從, に答, に血, に誓, に語るべき, に賢き, に道, に鳥人, の好, の孫, の指, の爲, の眞, の罪, の言, の願, の驚き, をいだかん, をこの, を刺さん, を呼びぬ, を善く, を安らか, を愛す, を憩, を戒む, を抱き, を招ぐ, を海中, を知ら

▼ 我~ (46, 0.2%)

2 ただこの, ともえ, 旅行き行きな, 生きて, 言ふすべ

1 [36件] うき世, さしかり, そぐはず, ねたみの, はた, はた歎きわぶ, ひとり離れ小嶋の, みぎりひだりに, みぎりひだりにとみかう, 三つ児の, 下船すべき, 人妻, 何とも, 夜も, 夫いづ, 姉御夫婦の, 子貢, 尾田の, 心いたらぬ, 怒る可, 感情の, 斯くて, 母の, 水の, 汝に, 潮干のみを, 然念, 燐寸を, 父の, 草紅葉, 行きけむ, 行くべ, 誰ぞ, 遠く遊ばず, 音なき, 響するどき

▼ 我~ (44, 0.2%)

2 の使者, の如き, の軍隊

1 [38件] からも一時, から内使, だけは暫時, でしたの, では一時遁, では三津浜, では世子, でも家老, で支弁, と諜, には皆大小, にも軍隊, に取っ, に召し, に始まった, に征討, の事変, の代官役, の兵, の名君定通公, の向背, の士民, の屋敷, の山本, の温和党, の藤野立馬, の要路者, はこれ, は上下, は人心恟々, は俄, は完, は幕府, は既に, へ用捨, もなるべく, も元, も恭順

▼ 我~ (43, 0.2%)

4 とする, にし 3 とした 2 とし, ならずと, にした, にしよう, になる

1 [22件] であるから, でないかと, でないの, としてゐる, として早速, として活かす, として活用, とすれ, とせで, との別, と考へ, なり大, にする, にせり, にせん願, にのみなれれ, のよう, の如く, は無し, を奪, 同樣, 得つと

▼ 我~ (42, 0.2%)

4 を呼び 3 はまだき 2 は立てじ, を呼ぶ, を呼ん, を成さ, を記す

1 [25件] にて出版, にて矢張王, の一字, の出, の呼聲, の此, の辻, はゲーレス, はジエンナロ, はボリス, は漸く, もその, もひろし, をいう, をば呼びき, を三度, を告げ, を呼ばれる, を呼びし, を呼び掛け, を啼い, を忘, を載せたる, を隠し, 呼びきと

▼ 我~ (41, 0.2%)

8 に來 5 に横 2 を過

1 [26件] なる卓, なる杯, なる茶碗, にあり, にさし出し, に咲き, に唱, に在る, に梅, に横はる, に歩み寄り, に湧ける, に現, に立ち, に立ち現れぬ, に立ち留まり, に立てり, に聳え, に落ちたれ, に近づき来たる, に陳ぜられ, をはばからず, を奔, を通った, を過ぎぬ, ニ墜ツ

▼ 我もの~ (40, 0.2%)

65 と思へ 4 にし, にした 3 とし, 顔に

1 [15件] としたい, として身, としよう, とする, とつくり上げ, となつ, と思え, なり, にしよう, にし切れない, になる, に一義, も同, 顏に, 顔でした

▼ 我~ (39, 0.2%)

3 を見 2 に注ぎ, に注ぎたる, を打, を撲, を見る, を見上げ

1 [24件] ならで, に注がれ, のみ打ち, はこの, より消え失せ, をまもり, を仰ぎ見, を仰ぎ見る, を仰ぎ視, を俯視, を凝視, を屹度, を打ち, を打ち守り, を撃ち, を暫し, を注視, を穿つ如く, を見させ, を見たる, を見知り居, を認めたる, を認め得ざる, を顧み

▼ 我この~ (37, 0.2%)

2 ために, 句を, 言を

1 [31件] ことを, ペトラムの, 中にて, 事の, 事をも, 人に, 低き地獄, 国を, 地に, 塔に, 宝を, 尊者とともに, 巖間に, 常世の, 思ひを, 所に, 時はじめて, 林に, 橋の, 歌を, 汽船を, 物と, 物とともに, 石の, 祭の, 船を, 苦患の, 草の, 術に, 郷に, 頃は

▼ 我わが~ (35, 0.2%)

2 師よ, 心の, 心を, 顏を, 願ひ

1 [25件] あたりを, ために, テゾーロに, 前方にのみ, 問ひ, 導者に, 導者にとも, 心に, 思ひを, 悦びの, 想の, 戰利失ふ, 歌を, 死後に, 生命の, 祈りを, 祖先また, 第二, 義務を, 聲を, 脛の, 言の, 財産を, 長き詩題, 魂を

▼ 我~ (34, 0.2%)

4 の限り 2 の幸

1 [28件] いみじと, さびしと, たのしと, とぞ思ふ, と観じた, にあり, に勝てり, に望む, に許され, の, のあらし, のお, の上, の傳奇, の光, の夢, の心, の惱絶, の戀, の春, の果つる如く, の樣, の涙, の秋, は古りし, は夢, をぞ思ふ, を喜ん

▼ 我判事~ (34, 0.2%)

2 に訊問, の手許, は支倉

1 [28件] から貞, が苦心調査, にこう, にどう, には漸く, に次, に答えた, の一行, の前, の周到, の待ち, の所, の狼狽, はこう, はこの, はじっと, はその, はジロリ, は中, は中田かま, は息, は沈思熟考, は直に, は翌, は進ん, は鋭き, は電車問題, を動かそう

▼ 我れ知らず~ (33, 0.2%)

2 石之, 言つてほ

1 [29件] じっと見入る, その問題, それを, にやりと笑った, に小, に片手, もう一足, ガクガクと, ピョンピョンと, 作用され, 傍に, 奮起する, 威丈け, 宗厳は, 廊下から, 引繰返っ, 後に又, 心ひかれる, 接吻を, 本箱の, 涙を, 秀子を, 腰を, 言つてほほ, 言葉に, 身を, 身体が, 身動きした, 雪の

▼ 我~ (33, 0.2%)

2 に留まりし, を射

1 [29件] けはしき秋鏡, とめ, にぞ見, にとまれり, には今年, にも柳, に映じたる, に映らざりし, に留め, に等しく, に見ゆる, に観る, に觸, の前, の必ず, の明き, の開くべき, はアヌンチヤタ, は汝, は青磁, もて見る, よ, をひらけ, を喜ばし, を引き離す, を疑ひ, を疑る, を覆ひし, 正しけ

▼ 我等二人~ (33, 0.2%)

2 はいま, を親友

1 [29件] が入, が入っ, が実に, となつて, の, のさま, のため, のま, の兄弟, の公敵, の外, の性, の相談, の言, の間, は, はその, は命, は忽ち, は手, は普通, は杯, をあわれみ給い, をし, を一つ, を窺, を笑った, を迎, を遠

▼ 我善坊~ (32, 0.2%)

5 の家 2 の伯父, の方

1 [23件] からせ, から毎夜, から狸穴辺, でも, で寢, にある, にはねおれ, に住ん, に出, に置い, の伯父隈井九郎右衛門, の千代子, の泥鰌屋, の窪, の細い, の繼母, の辺, の通り, へ出かける, へ出させた, へ歸つて來, を下, を出た

▼ 我物顔~ (32, 0.2%)

2 に振舞っ, に横行, に横行濶歩

1 [26件] で以前, にこの, にしゃべっ, にしやぶり, にたった, にのさばり歩い, にのさばり歩く, にふるまっ, にアトリヱ, に出入り, に占め, に占領, に咽喉一杯, に声, に娘, に子供, に富山, に思わせぶり, に振舞, に楽, に民衆芸術, に澄ん, に碁会所, に立ち振舞う, に走る, に跳ね廻っ

▼ 我~ (31, 0.1%)

4 の上 3 はこれ 2 なり

1 [22件] がむかし, とおなじ, と同じ, なりしか又は, なる大, なれば, にせ, に目, に逢える, のその, の怒, の為包, の西鶴, はこの, は此時, よ, よ何故, よ私, をいた, をおも, を愛し, を招き

▼ 我これ~ (28, 0.1%)

1 [28件] にはげまされ, に向, に心, に意, に汝, に跨がり, に近づける, をいふ, をその, をめぐらし, を一切, を受, を告ぐ, を喰わん, を姦, を容, を携, を求め, を眞, を知ら, を聞き, を草, を見る, を視れ, を記さじ, を許さる, を逐, を防ぎ

▼ 我~ (27, 0.1%)

3 に入る 2 に入り, に附き, を襲

1 [18件] に付き, に入りし, に新しく, に漑げ, に熟せり, に詣り入るある, に響, に響く, の初めて, の根, の邊, はこの, も未だ, をなで行きし, を信じない, を奪, を打ち, を疑うごとく

▼ 我~ (25, 0.1%)

2 は世, は草

1 [21件] が折角, に届かぬ, に為さし, のごとき, の主, の同じく, の如き, の理想, の行末, の行衛, の論鋒, の諛辞, の運命, の馬, は主, は情, は愛すべき, は畢竟, もさながら, も家, 往くべし

▼ 我~ (24, 0.1%)

2 の士, の総裁

1 [20件] が十八名候補者, たる証拠, でなければ, などにはならない, に近く, のみ与かれり, のみ知れり, の三宅正一君, の主義, の人, の人気, の土地, の太平, の深く, の要求, はこの, は要求, は非常, への活動, を指す

▼ 我来也~ (24, 0.1%)

2 であると, ではありません, を自来

1 [18件] が日本, でその, でないと, という発音, と大きく, の三字, の名, の奸計, の専売, の疑い, はそれ, はほか, は先ず, は外, を大書, を捉える, を捕えろ, を有名

▼ 我その~ (23, 0.1%)

1 [23件] しらせを, まはり, 一を, 一人の, 上に, 不在を, 人々の, 人の, 何なる, 命に, 故に, 昔ピロスより, 昔娶りたる, 時に, 次第を, 歌の, 行状を, 言により, 誰なる, 請により, 項の, 頭に, 髮にと

▼ 我とともに~ (23, 0.1%)

2 いよ, 事を, 今宵を

1 [17件] あった少年, あとより, ある人, こ, これらの, したしむもの, 在せば, 天球に, 奴国の, 山蟹と, 己を, 我の, 来れ, 梢に, 死なんといふ, 爾は, 生きよ

▼ 我にか~ (23, 0.1%)

4 へると 2 へりしとき, へりて, へる, へれば

1 [11件] はらじ, へり, へりけるかな, へりしなり, へりたいもの, へりたれど, へりてかの, へりぬ, へり自分, へり自分自身, へるなり

▼ 我~ (23, 0.1%)

4 に於, のよう 2 成れりと

1 [13件] すでに了, でで, と, と鰌, ながら悲哀, ならざる恨み, なれりと, にか, の如く, は半ば, は既に, も人, 終れり

▼ 我~ (23, 0.1%)

2 では必ず, にも話し, のする, の機嫌, へは当分秘密

1 [13件] から直に, が実母, てんで訳, とともに甘んじ, とは今, とを見つめ, と相識, の現在, はあの, はいつも, は彼通り表裏, をまで失はん, を憐

▼ 我こそ~ (22, 0.1%)

1 [22件] その心配, オレステスなれ, 不死の, 五月の, 今更に, 先鋒の, 姫君の, 山神の, 島田を, 弾正太夫, 彼の, 思へ朝, 我こそという, 振返りしか, 文明人なれ, 日本の, 此題は, 汝の, 百地三太夫よ, 秀吉だ, 義経卿の, 親ら往き見

▼ 我等自身~ (22, 0.1%)

3 ならぬもの, の中 2 の自然的素質

1 [14件] が決して, が誰, だから, ではない, で新, に對, の, のエレメント, の人格, の家, の心, の趣味, も構成, を生かす

▼ 我~ (21, 0.1%)

2 彼か, 戀を

1 [17件] おれかが, ならず雍, 人かの, 國民教育の, 山は, 或はアカイア, 明日の, 枕邊に, 海國民たる者は, 海國民たる者此二譚を, 海軍に, 男兒を, 艦員の, 身の, 軍艦筑波の, 邦教育の, 願を

▼ 我~ (21, 0.1%)

2 もあの

1 [19件] が一人, ぞ病める, に乳, のいと, の事, の可愛い, の愛, の手, の方, の靴, はみな偉大, への切々たる, を, をぐっと, を叱る, を呼んだ, を大, を愛育, を救いし

▼ 我もと~ (20, 0.1%)

1 [20件] いって, その宝, その手, その祝, て嘉助氏, の心, みんな反り返る, よりよく, より貧し, 出かけて, 安い月給, 押しかけて, 押し出して, 押し掛くる事故我ら, 押し迫りその, 持ち運んだ物, 申出るの, 皆立ち上がる, 逃げ帰ったので, 馳せ集る

▼ 我一人~ (20, 0.1%)

1 [20件] して, じゃア手, でものの見事, でも奪回, で物, と井上真改, なりき, なる如くおも, にてあらん, には夢, のため, のみにあらざるなり, のみ天国, のみ能, の所有, の気前, の經驗, を中, を愛し, 行くの勇気

▼ 我若し~ (20, 0.1%)

3 王者たり 2 山頂に

1 [15件] かの非情, この苦, はじめより, わが傲慢, わが答, ヴィルジリオと, 人の, 在世の, 彼を, 攘はむ, 汝が, 汝の, 火を, 目を, 行くを

▼ 我~ (20, 0.1%)

3 せずの, せず焉 2 せずで

1 [12件] せざる所, せざる気持, せず, せずえ, せずえんだ, せずと, せずという, せず俗事, せず涼しい, せず無, せず目, せず落付払つて

▼ 我~ (20, 0.1%)

5 を撫で 2 がまち

1 [13件] に, に上りぬ, の上, は火, は燃, を吹きぬ, を彈, を押, を拂, を拊, を撫, を繞, を自分

▼ 我自身~ (19, 0.1%)

2 に対する我我, も亦, を伝奇

1 [13件] さえ知らない, だけに関する経験, に向, の内, の内部, の場合, の心, の持っ, の持つ, の無力, を恥じ, を考へさせた, を飛び込ませよう

▼ 我よく~ (18, 0.1%)

2 是を, 汝の

1 [14件] か, これらの, これを, さとると, そが, その詞, わが, 世の, 時の, 智を, 汝が, 汝等の, 知るこの, 自らとれ

▼ 我~ (18, 0.1%)

1 [18件] とおも, なり, に倒れ臥しぬれ, に當, に翻したる, に關, の方, はともかく, をかく, をも思はざりしならん, をも神, を推し得, を氣遣, を細, を語らん, を語りし, を譽め給, を頼みき

▼ 我即ち~ (18, 0.1%)

3 曰ふ 2 いひけるは

1 [13件] いふ師, かなたに, その意, ふた, 他の, 其児なり, 彼に, 曰ひける, 目を, 神と, 自分の, 身を, 頭を

▼ 我~ (18, 0.1%)

1 [18件] お危う, だいぶお, といふこの, と幸蔵主殿, にはあらざりけり, にも忠実, のお, の手腕, の春, の跡, の雑言, は御名君, よりも一度, よ君, を詈, を連れ, 御聖徳, 眠りませ永久

▼ 我~ (18, 0.1%)

2 はせまりぬ, は絶え, を天

1 [12件] ある内, つ, にも換, に屈従, の親, は惜し, をおしむ, をば助けよ, を刺激, を取り, を惜む餘, を救うた

▼ 我国民~ (18, 0.1%)

1 [18件] が思想上, により, に取っ, に適用, の中, の卓, の心裡, の思想指導, の最大関心事, の栄養不良, の真情, の精神的生命, の血管, の間, はもっと, は同, は始めて, は至仁至慈

▼ 我~ (18, 0.1%)

2 と稱, よ汝

1 [14件] たり, たりし, となれり, の教, の旅, の面, はもう, よかれ, よこれら, よわが, よ彼等何, よ我, よ我等池, よ請

▼ 我~ (18, 0.1%)

2 に背い, の非

1 [14件] ききて, に從はず, に發, の善き, の誤らぬ, をあし, を守り, を是, を納, を聴か, を聴け, を聽, を非, 必ず後

▼ 我~ (18, 0.1%)

2 を固執

1 [16件] だの私慾, と名, にあり, に帰せず, もそれ, ようやく発達, より一歩, を反駁, を唯一, を問はん, を固持, を張っ, を曲げず, を虚大, を言いとおし, を述べ

▼ 我あり~ (17, 0.1%)

32 と言

1 [12件] てその, とすれ, とせよ, と云, と想, と真に, と絶叫, や, 人や, 友尋ね来よ, 天空に, 春の

▼ 我~ (17, 0.1%)

2 歎ける, 野を

1 [13件] さぐりし, よりたる小, よろこぶ, 三十路経, 云は, 問ふ, 来し蟇, 煙に, 綴りし, 聴く沈丁花, 行く我, 踏みのぼる松風, 頭幽かに

▼ 我をも~ (17, 0.1%)

1 [17件] お焼き, しのぶ人, その方, 人の, 人をも, 伴ひ, 何の, 其等の, 忘れるもの, 念わ, 思はでや, 招き給, 知らず人, 知らぬ罪, 立てずして, 立てず非, 驢背に

▼ 我我人間~ (17, 0.1%)

2 のある, は蟻, は衣食住, は過去, を支配 1 と云ひたい, に冷淡, のよう, の先祖, の特色, の生活, の進歩

▼ 我~ (17, 0.1%)

2 に映ぜり, はこの

1 [13件] にとまれる, に入りし, に入れ, に彷彿, の前, の見し, は久しき, は千行, より見る, をひきし, を引く, を病み, を閉ぢ

▼ 我がち~ (16, 0.1%)

1 [16件] にいそい, にその, にと水, にどっと, にやらず, に乗りこん, に大, に岳の下, に帽子, に得物, に日光, に登っ, に絶巓, に舵, に赤, に遁げ

▼ 我と共に~ (16, 0.1%)

2 來よ, 此一片の, 跪づい 1 こ, 名残なく, 我の, 此處に, 法皇の, 独立する, 發足せずやといひぬ, 貧なる, 部屋を, 酒宴に

▼ 我~ (16, 0.1%)

4 敢知 2 愛身命但, 関で 1 愛身命, 成仏, 樂, 殺生を, 関焉, 関焉で, 関焉と, 関焉といふ

▼ 我~ (16, 0.1%)

2 の如く, は余

1 [12件] が我, が自分, ながらこれ, なりき, なるべき, のいたく, の名, の家, の車, もその, を懷, を轢殺

▼ 我~ (16, 0.1%)

2 の後, を焼けり

1 [12件] が全, と行くあり, に入れ, に歌びと秋津三池, に満ちた, のほとり殘, の外, の窓, は徐徐, より後れ, を吹く, を誘引

▼ 我~ (16, 0.1%)

3 の上

1 [13件] に加, に擲げ付け, に觸, に觸れん, の下, の熱, より長, を叩い, を壓, を抱き, を持たせ, を撃ち, を膝

▼ 我をば~ (15, 0.1%)

2 よも憎み, 努な棄て

1 [11件] いづかた, サンタ夫人の, 世に, 他に, 愛す, 抱く一樹, 殺すこと勿, 生したて給, 瞞き果す, 負み, 顧みざりき

▼ 我を以て~ (15, 0.1%)

2 我を

1 [13件] 不義の, 争う時, 他に, 共に醫道, 天地を, 常に人, 後の, 打ち勝とうと, 旭日昇天の, 相對, 絶對を, 迎えなければ, 迫られた時

▼ 我我自身~ (15, 0.1%)

2 に対する我我, も亦, を伝奇 1 さえ知らない, の内部, の場合, の心, の持っ, の持つ, の無力, を恥じ, を飛び込ませよう

▼ 我~ (15, 0.1%)

6 へて彼 2 へて曰 1 ふ, ふらく, ふる間, へず, へて, へて曰く, を待たずし

▼ 我自ら~ (15, 0.1%)

2 を憐れむ思ひ, 知るべきなり

1 [11件] かくいへり, この不同, の眠れる, の風狂, は現に, わが言, をも疑る, を裁く, 情けなくなる, 死しゐたり, 行って

▼ 我~ (15, 0.1%)

1 [15件] には店, に入らぬ, の中, の前世, は一, は端, は花束, を拾, を聞き, を解せ, を評せし, を讀ま, を讀むならん, を讀むべき, を讚め

▼ 我身の上~ (15, 0.1%)

2 なりけれ, にも知られまする

1 [11件] とぞ思はれける, なり宜, におこっ, にも知れまする, に授けられた, に目撃, の今宵如何, の大事, の恐ろし, を打明けし, を顧みれ

▼ 我のみ~ (14, 0.1%)

1 [14件] ならずこ, ならで, 一人葭戸の, 今日の, 嗤はるべき, 戰利失ふ, 物は, 生き残ったとて, 知るという, 負れ, 迷いし愚, 部屋に, 馬を, 高しと

▼ 我よりも~ (14, 0.1%)

1 [14件] こころの, よくその, 上に, 体格脳力ともに, 優れる者, 先んじ醒めて, 後に, 息子または, 母は, 父または, 遙かに, 遙に, 長ずるところ只, 高くその

▼ 我~ (14, 0.1%)

2 を知る

1 [12件] がため, を助長, を受け, を恥, を擒, を繙, を聞き, を見れ, を選ぶべし, を録し, 御魂, 志

▼ 我~ (14, 0.1%)

2 斯の

1 [12件] た食慾, 之と, 在彼摂取中, 多年同, 従彼之, 惟茲二國命, 斯くの, 甲府を, 立つて, 紅は, 紅瑠璃に, 與かる

▼ 我~ (14, 0.1%)

1 [14件] がその, が上京, が出し物, に守護, に汝, のゐる, は大阪, は後, をまねく, を押し出した, を書き出し, 上京し, 和韵以贈, 嵐巌笑尾上多

▼ 我日本人~ (14, 0.1%)

2 の二千年来君, の音楽, も優に 1 にも理解出來, に対して容易, の芸術, の解し, の身, の面目, は前, は菫

▼ 我生涯~ (14, 0.1%)

2 にて尤も

1 [12件] に曾, の一期, の一篇, の境遇, の幻夢, の未來, の海, の第, の運命, はおん身, は終ら, をも一個

▼ 我等夫婦~ (14, 0.1%)

1 [14件] が別居, が牧塲, が素願, に結婚後五十年, の亡, の喰料, は一身, は世上, は大, は抑, は未だ, は此迄医業, は確乎, を忘れ

▼ 我~ (14, 0.1%)

4 の家 1 そのままな, ながらたまらず, ながら浅ましく, ながら淺, の位牌, の方, よりも, よりも舅姑, よりも重んじ, 決して肯

▼ 我こそは~ (13, 0.1%)

1 [13件] せとは, その化けの皮, そを, 信州上田の, 信州真田の, 天帝の, 桓武天皇の, 火星王である, 競輪の, 縫ひし, 羅馬の, 達磨大師に, 音に

▼ 我なら~ (13, 0.1%)

4 なくに 2 で外, む 1 ばとも, ば遠く, め, ん君も, ん月見る

▼ 我なる~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] こと疑, ぞよ, に, に昨夜, ものが, を聞けり, 三作用と, 体に, 概念は, 自我が, 語と

▼ 我既に~ (13, 0.1%)

2 汝の

1 [11件] かの魂等, この大, わが, 之を, 勝ったと, 彼の, 是を, 知れり, 神たる, 第一, 進みよろこびて

▼ 我~ (13, 0.1%)

2 に帰着, を脱する 1 から利己主義, と取りかえっ, に私, に終らね, に見いだす, に陥っ, の基礎, は動揺, を根底

▼ 我に対する~ (12, 0.1%)

2 ものは 1 ためには, のは, 三年の, 呼び掛けは, 客体も, 彼汝も, 汝の, 物を, 異様の, 表敬の

▼ 我我日本人~ (12, 0.1%)

2 の二千年来君, の音楽, も優に 1 に対して容易, の芸術, の解し, の身, の面目, は前

▼ 我~ (12, 0.1%)

1 [12件] にあら, にし, に内応, に向, に多少, に居られよ, に来ら, に歡迎, の退却, へ眞向, へ神, を見

▼ 我楽多~ (12, 0.1%)

1 [12件] が無器用, でも古く, といっしょ, として彼, のやう, のよう, の分子, の瀬戸物, の物置, もだんだん, を取っ, を標榜

▼ 我武者~ (12, 0.1%)

1 [12件] で偏屈人, な前線, な髯面, にかけとばし, にすり, に強い, のろうぜ, の吏, の私, は首, をもっ, を振いおこし

▼ 我~ (12, 0.1%)

43 う故に, ふ故に 1 うという, ふと云

▼ 我~ (12, 0.1%)

1 [12件] に我心, の流れる, の猶, はいよ, は上り, は氷, は湧き, は湧き上り, は湧き返り, を冷さん, を沸き立たし, を湧

▼ 我見る~ (12, 0.1%)

2 に汝 1 ところとある, にかなた, にこの, につひ, に今, に嘗て, に彼, に第, に過去未來, 処一法得べき

▼ 我~ (12, 0.1%)

1 [12件] の入, の眼, は天上, は奪, まことに惡魔, よ, よ君, を, を動, を奪, を御, を震

▼ 我なれ~ (11, 0.1%)

51 ど, ばたやすく, ばよき, ば尋ね, ば春, ば楽しく

▼ 我への~ (11, 0.1%)

2 執念著しく, 大願 1 不孝良人への, 仰せ, 回向は, 大仏事, 降参が, 面当と, 馳走時の

▼ 我~ (11, 0.1%)

2 を飛びのきつ 1 にあり, にある, には怪しき, に來, に來居, に在らざる, に坐し, に寄り, に歩み寄り

▼ 我~ (11, 0.1%)

2 の整合 1 にて行はる, の古色, の塲景, の弊, の楽器, の精神, の舞蹈, は往々, は整合

▼ 我~ (11, 0.1%)

1 [11件] アクトルの, 不善擇人參可否, 喜んで, 夢に, 桝屋清左衛門が, 気の毒ニ不, 汝に, 語を, 語爾駝穿針孔較富人入神之, 配るべし, 黒き夜

▼ 我政府~ (11, 0.1%)

2 も亦, をし 1 が教育上, に対, に要求, の勝利, の自由, の虐政, はマリヤ・ルーヅ号

▼ 我~ (11, 0.1%)

1 [11件] では無い, と呼び, に質問, の冤家, の家, の打ち, は如何, は彼等, を殺しぬ, 微爾列謨第一世王, 約を

▼ 我皇室~ (11, 0.1%)

2 から授けられた, でも初め, に対する罪, の如き 1 が万世一系, が萬世一系, に前途

▼ 我~ (11, 0.1%)

4 に倚 1 に纏, に覺, を拍, を按, を掴み, を撫で, を這

▼ 我身一つ~ (11, 0.1%)

7 の秋 3 の進退 1 の恥辱

▼ 我ある~ (10, 0.0%)

3 ことを 1 がため, と同時に, なし, に非ら, を知らざる, を知る, を知れ

▼ 我かく~ (10, 0.0%)

2 倒嚼み 1 あきらかに, いひベアトリーチェ, の如し, 己が, 彼に, 翔るかの, 脛を, 請へり

▼ 我~ (10, 0.0%)

2 へやまさしく 1 との親, へあはれ, へにこの, へにさる, へにた, へに君, へ無念, へ背後見ら

▼ 我~ (10, 0.0%)

2 から出, より出 1 から事, だけはとおもう, に入りし, より出でし, より申す, を塞げる

▼ 我國民~ (10, 0.0%)

1 が歡呼, であるから, の堪ゆべき, の思想指導, の最も, の根本思想, の膏血, の體力, は已に, を嚮導せり

▼ 我姿~ (10, 0.0%)

1 あるこそ, と君, に泣い, に注ぎ, のすらり, はいつも, はいと, を寫したるなり, を見, を見ます

▼ 我~ (10, 0.0%)

1 なり, のかわらぬ, は, は斗満, は細谷川, ひに, ひめやも, ひ待てる, ふ人, ふ人世

▼ 我我と~ (10, 0.0%)

4 一歩を 2 同じ感情 1 の間, 同じやう, 同じよう, 異った

▼ 我文学~ (10, 0.0%)

2 の他界 1 に他界, に恋愛, に求むる, の不幸, は, も恐らく, を愛す, を繊細巧妙

▼ 我艦隊~ (10, 0.0%)

1 と同, は一斉, は全力, は全速力, は単, は当, は旗艦, は至急, は進路, を粉韲

▼ 我乍ら~ (9, 0.0%)

1 可笑しい程, 大手ぬかり, 好もしいこと, 思い切ったもの, 甚だ氣勢, 見とれる程, 鋭い錐, 飽かず眺める, 驚いたこと

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 なるドメニカ, に來, に引き, に歩み寄り, に集, よりは笑, を過, を離れず, を馳せ去りたるあり

▼ 我妹子~ (9, 0.0%)

1 が吾家, が嘆き, が家, が木綿花, が来, が笑まひ眉引面影, にむかっ, に恋, に淡海

▼ 我思ふ~ (9, 0.0%)

1 ところを, ま, われの, 人は, 儘に, 彼の, 我在り, 所を, 故に

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 いかに一女子, に執着, のまま, の迫る, はこれ, は彼, は猶, を動, を動さ

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 でも此, に, にても以前, にもろもろ, に採用, に白拍子, のもの, の姉様, の文学

▼ 我~ (9, 0.0%)

2 をよみ 1 はこ, を喜べる, を楽, を聞き, を聞きし, を誰, を遮り留め

▼ 我知らず口~ (9, 0.0%)

3 の中 1 に出される, に出し, に出た, のうち, を少し, を開き

▼ 我空想~ (9, 0.0%)

1 に浮び, の世, の燃え, はかの, は忽ち, は未だ, も亦, を喚び起し, を襲

▼ 我~ (9, 0.0%)

3 おあと 1 を問, を犯したる, を神明, を許し, を隠そう, 恐ろしく打

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 の懐, の裾, の説, は斑, は濱風, は青き, をな, を吹い, を拂

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 に接吻, に接吻せり, に當, に触れしめ, に觸, の上, を摩する, を撃ちつ, を撫で

▼ 我~ (9, 0.0%)

1 うつる秋, こそ, に吹きつくる, の映る, は兎, を写し, を出し, を継母, を負

▼ 我鳴り立てる~ (9, 0.0%)

2 もんだ 1 しこつ, し狗, と平次, ので独鈷, ので近頃, 始末, 老婆

▼ 我しらず~ (8, 0.0%)

1 そこへ, 利発そうな, 愚にも, 憮然と, 掩ふ, 胸を, 迷に, 面かへ

▼ 我~ (8, 0.0%)

4 ッて 1 と争った, と取れた, は血迷, わ血迷う

▼ 我ならぬ~ (8, 0.0%)

2 我を 1 人見る, 己れ, 我となり, 我と相成, 獣の, 言ひた

▼ 我なんじ~ (8, 0.0%)

2 らに, らを 1 が冷, の子ども, の子ら, を称賛

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 以テ班揚ニ比ス七齡思ヒ即, 利セズ, 残シ置給フ事恨ミテモ由ゾナキ返, 生ムモノハ父母, 看ル, 知ルモノハ鮑叔ナリ, 育ツと, 解セズシテ後レタル彼等ノ

▼ 我以外~ (8, 0.0%)

3 のもの 1 に一塊, に存在, に抛, に放射, の物

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 との区別, には倍数, の彼, の間, は, は一足, は不意, は少なし

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 におし, に接吻, に觸, の上, はまだ, は清淨, より洩れ, をその

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 の中, の夢, の現に, はいづく, は一瞬, は夢, を載せ, を醒まし

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 に入り, に歸, に泣き, に送れり, の内, の戸, の窓, を去る

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 と同じ, なりと信じ, に戻, に駭, のあまりに, を見, を見た, を見る

▼ 我~ (8, 0.0%)

2 もて繋ぎ 1 でき, とがどう, と結び合, は酬, を傾け, を引き

▼ 我文明~ (8, 0.0%)

1 の中, の余りに, の勢, の民, の進路, も東西列國, をし, を如何

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 に優り劣り, のみならず, の第, はこの, はじっと, は以前, は既に, は直に

▼ 我無者羅~ (8, 0.0%)

2 な人物, に俺達, に喚く 1 でなくある, に飛ん

▼ 我牧塲~ (8, 0.0%)

1 としてかかる, と共に予, なるかと, に向う, の現状, は事業, を立退け, を能

▼ 我物顏~ (8, 0.0%)

2 に振舞 1 にし, に小判, に帳場, に掻き廻す, に横行, に此島

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 の孤獨, の魂, もやらず, や今日, をその, を了らん哉, を慰むる, 足れりと

▼ 我~ (8, 0.0%)

2 をやめずん 1 いかでか, に, に上りし, に倣, を借り, を汚す

▼ 我~ (8, 0.0%)

1 のめでたき, の一群, の威力, の美しき, は恥, は朗, は臆する, は覺

▼ 我~ (8, 0.0%)

3 を打 2 を見 1 を打ち守りつ, を目, を見つめ居たる

▼ 我かの~ (7, 0.0%)

1 こ, しばらくは, テーヴェロの, 帽を, 敵に, 死せる, 靈の

▼ 我さき~ (7, 0.0%)

1 にと勧めた, にと這い出, にと飛びだし, に念じ, に爾, に頭, のごとく

▼ 我であり~ (7, 0.0%)

2 そしてこの, 同時に他 1 我の, 汝である, 汝なし

▼ 我において~ (7, 0.0%)

2 なんの 1 エタ非人の, 仰臥の, 従来通商あり, 損すること, 旧エタ

▼ 我にかへ~ (7, 0.0%)

1 つた, つたといふ, つたやう, つた私は, つて四囲を, つて斯う, つて角の

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 でなかなか, にと飛出した, に体操場, に奪い合っ, に引上げ, に玄関脇, に逃げ出よう

▼ 我~ (7, 0.0%)

2 を人 1 として人, は, を投げ入るる, を求むる, を聞かせ

▼ 我同胞~ (7, 0.0%)

1 から感謝, が西洋, にめぐり, に良法典, の人相, は一刻, は醫師

▼ 我國人~ (7, 0.0%)

2 は彼 1 の研究, の膽, の間, は常に, も今

▼ 我子等~ (7, 0.0%)

41 の育, は, を抱かず

▼ 我~ (7, 0.0%)

2 ヲ看 1 にて我慰候, の三宝助け給, の教法, の石, を看る

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 にあらはれ, にも一本, に幾株, に移さん, はせまい, へも出る, へ放下した

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 の後, は上野, は松原, は榎許, も亦, をめぐらす, を隔つるこ

▼ 我強い~ (7, 0.0%)

5 刀自たちも 1 仙さんに, 先生である

▼ 我当の~ (7, 0.0%)

2 片桐且元芝翫の 1 ころや, 兄弟大阪より, 兄我童の, 弁解は, 汽車マニアが

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 だとさえ, であると, にあらず, にし, は, は古今無双, を討つ

▼ 我未だ~ (7, 0.0%)

1 さる者, 母の, 海の, 甞て, 知ること能, 絶海の, 聞きしことなかりき

▼ 我民族~ (7, 0.0%)

1 の信仰生活, の成立, の法律的統一, の特長, の精神的, の間, を建てよう

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 太少女なる, 揺籃に, 籠りて, 芻豢之, 記え, 釣の, 高き石垣

▼ 我知らず声~ (7, 0.0%)

1 がはずむ, が出ました, をあげた, をかける, を潜め, を立て, を立てた

▼ 我等これ~ (7, 0.0%)

1 が許, によりて共に, によりて物言, に代, をこ, を渡る, を知らざりけれ

▼ 我等何~ (7, 0.0%)

4 をなすべき 2 とせん 1 を為すべき

▼ 我背子~ (7, 0.0%)

1 がふさ, が国, が求むる, に吾が, も愛で, を何, を目

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 の全く, の猶, は戲言, を打消し, を用, を解し得ずし, を語りつぎ

▼ 我~ (7, 0.0%)

1 で占領, に告げむか, の士, の深く, の獨裁, は廼, を指す

▼ 我あれ~ (6, 0.0%)

2 ばこそ電燭, やつゆ 1 ば彼, や漣

▼ 我かつて~ (6, 0.0%)

1 かかる言, 南画を, 哲学を, 日本画を, 見ぬ晝, 誓うらく

▼ 我ここ~ (6, 0.0%)

2 にあり 1 に在り, に在る, に天地, に按ずる

▼ 我ため~ (6, 0.0%)

1 にかく製, にこの, にとて雑誌, に刑, に日はうら, ををし

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 あり得ず超, 受けて, 斬られたもの, 日々使いに, 聴いたの, 通して

▼ 我なり~ (6, 0.0%)

1 いよいよ向上, 二人は, 将軍, 彼なる, 懼る, 早く計略

▼ 我はか~ (6, 0.0%)

2 の飾れる 1 の木の根, の水の上, の異, ほどに嘆くまじ

▼ 我ばかり~ (6, 0.0%)

2 狐の 1 からき世, でなく家中, 何として, 強いといふ

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 そのあらまし事, 告げねば, 移る態度, 膳を, 誓紙を, 返事

▼ 我もし~ (6, 0.0%)

2 これを 1 之れ, 彼の, 眞理に, 語らば

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 張って, 張つてその, 張つてゐ, 張つてゐれ, 張らう, 張るど

▼ 我世界~ (6, 0.0%)

1 である, の破壊時, は何年, は悠久, は由来神, を破れ庇

▼ 我~ (6, 0.0%)

2 よ今宵 1 なりと, の言, よ, よ聖意

▼ 我何ぞ~ (6, 0.0%)

2 顏を 1 故なく, 病まん奸臣, 行くを, 道案内を

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 がゐない, には珍, の床, の胸, の顏, をいだい

▼ 我~ (6, 0.0%)

2 へば 1 の本意, はじ, はで告ぐ, ふて曰く

▼ 我地位~ (6, 0.0%)

2 を明視, を覆へす 1 よりし, よりも知らる

▼ 我地球~ (6, 0.0%)

1 と衝突, のごとき, の分身, の外殻, の表面, はさらに

▼ 我~ (6, 0.0%)

2 日本帝國の 1 はらもひだる, 威徳神力ある, 日本の, 日本帝國は

▼ 我帝国~ (6, 0.0%)

2 の軍艦 1 に取り, に在, に法律, の権利

▼ 我感情~ (6, 0.0%)

1 に満足, の守護神, の承知, を傷, を冷却せり, を愛し

▼ 我戀人~ (6, 0.0%)

2 にてお 1 に奉ずべし, は昔世, は自然, を獲

▼ 我我が~ (6, 0.0%)

1 いい氣, ずらりと列ん, 出入し出し, 定律詩を, 想ふ, 皆ロマンテイケルとか

▼ 我日本国~ (6, 0.0%)

4 に於 1 において今, の帝室

▼ 我昔所造~ (6, 0.0%)

6 諸惑業

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 と, となす, となす者, なり, にし, に非

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 から失う, に止まられる, の平和, を去らなけれ, を去られよう, を去られる

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 でもこれ, で文部省, と海, は広島, へ攻め来り, も承諾

▼ 我知らず涙~ (6, 0.0%)

2 が頬 1 が出, が零れた, を落す, 含みました

▼ 我~ (6, 0.0%)

2 の行く 1 は既に, を八九間隔, を同島, を居

▼ 我邦人~ (6, 0.0%)

1 が旧く, すらかつて, に傳, の中動, はこれ, は或は

▼ 我部屋~ (6, 0.0%)

1 にはこの, に入り, へ帰っ, へ戻り, へ戻ろう, へ来

▼ 我~ (6, 0.0%)

1 に委嘱, に集める, のこの, のアメリカ官庁出版物, の未来, は東洋

▼ 我~ (6, 0.0%)

2 はわぶ 1 と署名, なんかどう, は立つ, まで出来た

▼ 我という~ (5, 0.0%)

1 一字は, 一筋の, 個霊の, 忠勇無双の, 身心地を

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 から公界, から我, んぢに, んぢらに, んぢらを

▼ 我に対して~ (5, 0.0%)

1 同等の, 害を, 我が今日, 独立な, 絶高の

▼ 我のみは~ (5, 0.0%)

1 いつも笑ひき, かくて, 天の, 天地の, 花と

▼ 我よりは~ (5, 0.0%)

1 一ツ二ツ年上らしき, 優ったよう, 幸福であらう, 幸福であろう, 絶へ

▼ 我をな~ (5, 0.0%)

2 視たまひそ 1 殺したまひそ, 見給, 見給いそ

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 たびこゝに, にと押合, に下, の溪, ヲ以テ敵

▼ 我主義~ (5, 0.0%)

1 の思想, は實, は新しき, は系統, 現實主義

▼ 我予審判事~ (5, 0.0%)

1 とに作成, に対し, に提出, は或いは, は直に

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 にてはなし, にも及ばん, の及ば, の弱き, の限り肩

▼ 我善く~ (5, 0.0%)

1 彼の, 汝等の, 知んぬ恩愛, 観ずに, 路を

▼ 我國體~ (5, 0.0%)

2 の精華 1 の原理, は單, を家族的國家

▼ 我州民~ (5, 0.0%)

1 ノ保護, ノ承服セザル賦税, ノ自, ヲ殺害スルトモ, ヲ煩

▼ 我弦月丸~ (5, 0.0%)

1 の右舷, の左方, の左舷船尾, の運命, は今や

▼ 我彼等~ (5, 0.0%)

2 にむかひ 1 にわが, に近づき, を來らせん

▼ 我~ (5, 0.0%)

2 は細谷川 1 の病, はかなあ, を知り

▼ 我折れ~ (5, 0.0%)

1 かよわい女性, しみじみと, 何とも, 染, 深山に

▼ 我~ (5, 0.0%)

21 に嵌め, はもう, を

▼ 我~ (5, 0.0%)

2 せる自己 1 せる時フランチェスコ來, なんとさえ, にて妻子

▼ 我毛利先生~ (5, 0.0%)

1 がまるで, だと, の知られざる, はいつも, はどん

▼ 我~ (5, 0.0%)

3 の子ら 1 にいた, 即ち今

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 いと快く, かなと歌, は千行, は愈, も亦

▼ 我父母~ (5, 0.0%)

1 かはらせ, に背く, に非, の為, ヲ喪ヒ後

▼ 我独り~ (5, 0.0%)

1 なしと, 清めり, 澄めり底, 生きて, 醒めたり

▼ 我~ (5, 0.0%)

2 は母 1 いやまさるべき時, に中れり, を慰めたる

▼ 我知らず顔~ (5, 0.0%)

1 が真赤, が紅く, を赤く, を赤らめ, を近づけ

▼ 我祖先~ (5, 0.0%)

1 が以, が始めて, の作物, の苦心, の見解

▼ 我等汝~ (5, 0.0%)

1 に身, の恩惠, を導い, を称, を讚美

▼ 我聞く~ (5, 0.0%)

1 ことの, エゲオン, 天下ニ仁政ヲ, 犬の, 犯罪の

▼ 我胸中~ (5, 0.0%)

1 なる美しき, には猶少し, に在り, に殘, に蓄

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 く之, く人, く改めん, く汝, く釈迦仏

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 のあたり, へプツリ, へ突, をさすっ, を撫で

▼ 我臥床~ (5, 0.0%)

1 の上, の下, の傍, の前, の跡

▼ 我記憶~ (5, 0.0%)

1 に存する, に留めた, の中, の常, をはなれぬ

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 のすべりし, の尼寺, の爪先, は日, を見詰め

▼ 我頭上~ (5, 0.0%)

1 に加, に灌ぎ, に落ち来らん, に降り, を壓

▼ 我~ (5, 0.0%)

2 を抱きし 1 を卷き, を抱き, を擁

▼ 我~ (5, 0.0%)

1 だけ母, は固, を, 梳きて, 濡らせ通り雨

▼ 我鳴り立て~ (5, 0.0%)

1 てはならない, てゐた, てゐる, て呉れる, なすったもの

▼ 我いかに~ (4, 0.0%)

2 して 1 しけん今, 棄て

▼ 我~ (4, 0.0%)

3 さへ 1 て上層

▼ 我すな~ (4, 0.0%)

3 はち 1 はちいふ

▼ 我すら~ (4, 0.0%)

1 かくの, 口を, 思ふに, 曇り声

▼ 我たち~ (4, 0.0%)

1 の一分, の弟子筋, もこれから, 掃く劉單子劉單子

▼ 我では~ (4, 0.0%)

3 ない 1 ございますまいか

▼ 我とは~ (4, 0.0%)

1 なんだ, 別物だ, 別物であっ, 我に

▼ 我なく~ (4, 0.0%)

2 して 1 ただこれ感激, ば何

▼ 我ならず~ (4, 0.0%)

2 何か 1 学問こそ, 學問こそ

▼ 我なりと~ (4, 0.0%)

1 われは, 明日霊銑邨の, 白状する, 知れ

▼ 我にと~ (4, 0.0%)

1 つては, つて絶對的他者である, てにはあらざり, 強いて乞い

▼ 我まさに~ (4, 0.0%)

1 唐の, 形を, 汝を, 雑小虫を

▼ 我まんが~ (4, 0.0%)

1 ない, ならないの, 仕切れなくなって, 出来ないん

▼ 我むし~ (4, 0.0%)

1 やらに攀ぢ, やらに猛りたつ, やらに砂, やらに頬ばつた

▼ 我もと先~ (4, 0.0%)

2 を争う 1 を争, を争っ

▼ 我~ (4, 0.0%)

2 あはれと 1 わがため, 尊むべ

▼ 我を通して~ (4, 0.0%)

1 他人の, 多少でも, 行くの, 見た所

▼ 我一身~ (4, 0.0%)

2 の大事 1 に負う, のため

▼ 我~ (4, 0.0%)

2 彼此する, 彼此の

▼ 我劣らじ~ (4, 0.0%)

1 と奮闘, と權勢, と水盃, と罵る

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 に讓ら, はいか, は兒童, を分ち

▼ 我嘗て~ (4, 0.0%)

1 人性に, 夕ぐれ野路を, 彼を, 騎兵の

▼ 我在り~ (4, 0.0%)

2 といふ 1 と自覚, みたいに

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 ながら若く, に驚, の吹き戻, の吹き飛び

▼ 我大学~ (4, 0.0%)

2 で学術的, の教師

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 の夫, の書斎, の美, は文三

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 が遂に, と見れ, は中学三年, を談

▼ 我子夫婦~ (4, 0.0%)

1 から財養, とも愛, に対するこういう, は既に

▼ 我学界~ (4, 0.0%)

1 のため, の水準, の長者, への苦言

▼ 我學問~ (4, 0.0%)

2 は荒みぬ 1 の不, の彼

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 の, の状, の鐘, 貴しの

▼ 我~ (4, 0.0%)

3 仮寐 1 休矣

▼ 我屬國~ (4, 0.0%)

2 と爲 1 たらしめば, としたる

▼ 我常に~ (4, 0.0%)

1 之に対して, 客を, 牙を, 猫児三五箇し

▼ 我幻境~ (4, 0.0%)

1 にかへりけり, の往事, の門, を照らし

▼ 我心上~ (4, 0.0%)

1 に印せり, に落ち, に血書, に起り

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 は春秋, をば既に, を果す, を言はん

▼ 我~ (4, 0.0%)

2 に往來 1 けるところ, には猶

▼ 我手背~ (4, 0.0%)

1 に受け, に接吻, に觸, を敲き

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 の戲場, をば人皆稱せり, を稱, を讚め

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 て宣んし, て曰, て省みず, て道

▼ 我文界~ (4, 0.0%)

1 に人間派, に小天地想, に紹介, はいと

▼ 我文部省~ (4, 0.0%)

4 の仮名遣改定案

▼ 我斯く~ (4, 0.0%)

1 いへるに, して, 彼に, 行きて

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 となりぬ, には子, に答, は往々

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 の攻撃, の総動員, は途中, は途中これ

▼ 我永く~ (4, 0.0%)

4 都会に

▼ 我汝等~ (4, 0.0%)

1 と爭, に告ぐ, に誨ゆ, のため

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 勇, 沙羅な, 洒羅な, 洒落に

▼ 我生き~ (4, 0.0%)

1 たり, てあら, て見る, て詩

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 なもの, な男, に信頼, の信仰

▼ 我知らず微笑~ (4, 0.0%)

2 せざるを 1 が唇, を洩した

▼ 我知らず心~ (4, 0.0%)

1 が澄ん, の中, の時めく, を華やか

▼ 我知らず熱心~ (4, 0.0%)

2 になつ, になる

▼ 我知らず立~ (4, 0.0%)

2 上った 1 上ったそして, 上って

▼ 我等かしこ~ (4, 0.0%)

1 にむかへる, にゆき, に歩める, に行かん

▼ 我等こと~ (4, 0.0%)

1 がウドン, を笑うとる, 何故に, 多少の

▼ 我等三人~ (4, 0.0%)

1 とも同意, のうち一人, はいま渓向う, は一疋づつその鯛

▼ 我等同志~ (4, 0.0%)

1 がため, が主義主張, の役に立つ, を売る

▼ 我義仲~ (4, 0.0%)

1 が富樫入道仏誓, にし, に比肩, に肩随

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 からも, から道子, ラ不便ニ苦シム國語ヲ, 傳を

▼ 我良人~ (4, 0.0%)

3 のもと 1

▼ 我謹厳~ (4, 0.0%)

4 なる委員諸公

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 にいかで, に試験, 汝の, 賤人なら

▼ 我~ (4, 0.0%)

2 には爭ひな 1 も開ける, 将さ

▼ 我邦固有~ (4, 0.0%)

1 な土産植物, の大切, の旧, の美術工芸

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 に停りぬ, に来さう, の茶, 敲く夜寒

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 との思召, の前, の尾, を主君

▼ 我~ (4, 0.0%)

1 とともに永久, には復, を刺す, を埋めつ

▼ 我鳴り~ (4, 0.0%)

1 ちらして, ねえ, 散らして, 返した

▼ 我ありし~ (3, 0.0%)

1 かな, ことを, 事薄が

▼ 我いかで~ (3, 0.0%)

1 か我, 意の, 汝の

▼ 我かしこ~ (3, 0.0%)

1 に, にありき, にて魂

▼ 我からと~ (3, 0.0%)

1 惜気も, 縮めて, 顔の

▼ 我からも~ (3, 0.0%)

1 噴飯ながら, 感じる事, 手繰り寄っ

▼ 我こそと~ (3, 0.0%)

1 大刀を, 己惚の, 手ぐすねを

▼ 我こそという~ (3, 0.0%)

1 意気を, 自信を, 自負が

▼ 我こと~ (3, 0.0%)

1 と, なれりと, になる

▼ 我すでに~ (3, 0.0%)

1 勝てり, 地神に, 大事を

▼ 我すなわち~ (3, 0.0%)

1 これに, 彼を, 教えんと

▼ 我である~ (3, 0.0%)

1 から, という分析的統一, と同時に

▼ 我とも~ (3, 0.0%)

1 に一身中, に殿中, 知らぬ安易

▼ 我なお~ (3, 0.0%)

1 従わざれば, 死なず, 若し

▼ 我ながらの~ (3, 0.0%)

1 失敗に, 愕きで, 苦笑を

▼ 我ながらを~ (3, 0.0%)

2 かしさ 1 かしいくら

▼ 我にしか~ (3, 0.0%)

1 するなかれ, する能, 云うもの

▼ 我にて~ (3, 0.0%)

1 ありき, ありしか, 行かば

▼ 我にとっては~ (3, 0.0%)

1 命の, 客観一般が, 懸け声

▼ 我のみか~ (3, 0.0%)

2 揺れそよぐあり 1 母様を

▼ 我のみぞ~ (3, 0.0%)

2 知る 1 知ると

▼ 我のみの~ (3, 0.0%)

1 ものま, 哀れは, 悦びを

▼ 我はと~ (3, 0.0%)

1 こしへに, こしへの, 思ひあがりたるさましたる云々

▼ 我はも~ (3, 0.0%)

1 たらさむ, ふ斑鳩, 恋の

▼ 我はもや~ (3, 0.0%)

2 石と 1 自然の

▼ 我はや~ (3, 0.0%)

1 汝の, 飛ばむ, 餓ぬ

▼ 我はを~ (3, 0.0%)

1 ぢが, ぢの, り

▼ 我ひとり~ (3, 0.0%)

1 冷えたる苦茗, 安き道, 見き

▼ 我ままもの~ (3, 0.0%)

1 だネエ, なん, を暑

▼ 我まま娘~ (3, 0.0%)

1 と仲, のよう, の真弓

▼ 我まま者~ (3, 0.0%)

1 であったが, ですからって, の癖

▼ 我みずから~ (3, 0.0%)

1 の力, の新, 我が王

▼ 我ゆゑ死~ (3, 0.0%)

3 ぬる人

▼ 我れこ~ (3, 0.0%)

1 のたび, の勝地, の山

▼ 我れだ~ (3, 0.0%)

2 とて其樣 1 とてその

▼ 我れなら~ (3, 0.0%)

1 で我, ばきっと, め

▼ 我れ知り~ (3, 0.0%)

2 顔に 1 て冬柏院

▼ 我われ~ (3, 0.0%)

2 がとった 1 の苦心

▼ 我一代~ (3, 0.0%)

2 を何 1 は兎角

▼ 我乃ち~ (3, 0.0%)

1 その意, わが導者, 命ぜられし如く答

▼ 我五位~ (3, 0.0%)

1 の同情, の外貌, の心

▼ 我今君~ (3, 0.0%)

1 を救, を訪う, を訪え

▼ 我今皆懺悔~ (3, 0.0%)

1 しつかりしろ, すべきである, そして私

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 の心, をか今, を彼

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 さずと, によりて我友, をお

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 と鉤, の如き, 迄感泣

▼ 我及び~ (3, 0.0%)

1 意識以上の, 我に, 自然的人間情緒が

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 にゆかん, に出でき, に出る

▼ 我國史~ (3, 0.0%)

2 に特に 1 に於

▼ 我夕ぐれ~ (3, 0.0%)

1 と心頼み, なりの摘象文, を前

▼ 我夢中~ (3, 0.0%)

1 きらめく刃, でその, に入りぬ

▼ 我大君~ (3, 0.0%)

1 の, のあした, のいでまし

▼ 我太平洋艦隊~ (3, 0.0%)

1 なる香取, の奮闘, も又

▼ 我婦人~ (3, 0.0%)

1 です, の実状, はこの

▼ 我学問~ (3, 0.0%)

2 は荒みぬ 1 の博

▼ 我學界~ (3, 0.0%)

1 に紹介, のため, の進歩

▼ 我少年~ (3, 0.0%)

2 は尊徳 1 の歌

▼ 我山房論文~ (3, 0.0%)

2 にて曲 1 とまことに

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 にゆかん, の腹, の袖

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 で交易, と相, に

▼ 我強く~ (3, 0.0%)

1 も貫一, 仏教は, 同時に痛み

▼ 我往かん~ (3, 0.0%)

1 と, 悪魔の, 縦令い

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 主, 主内間御, 罪のほど

▼ 我心目~ (3, 0.0%)

1 に上り, に浮び, の前

▼ 我必ず~ (3, 0.0%)

1 彼を, 爾より, 至るべし

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 ひざれや, ふなし, ふ追慕

▼ 我愛する~ (3, 0.0%)

1 本願に, 田舍娘に, 美人倉子の

▼ 我感ずる~ (3, 0.0%)

1 所に, 所の, 所を以て

▼ 我慾凡俗~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の衆生

▼ 我我執~ (3, 0.0%)

1 に対する信頼, をさえ, を払い去った

▼ 我我婦人~ (3, 0.0%)

1 です, の実状, はこの

▼ 我手中~ (3, 0.0%)

1 にはその, の詩篇, の銃

▼ 我折っ~ (3, 0.0%)

1 て下手, て噂, て帰っ

▼ 我教信~ (3, 0.0%)

1 が調戯半分, と懇ろ, と相談

▼ 我文壇~ (3, 0.0%)

1 に待つべき, の貧弱さ, はその

▼ 我日本国民~ (3, 0.0%)

1 が外敵, に固有, は斯く

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 を凝ふ, を彼, を疑ふ

▼ 我木石~ (3, 0.0%)

2 に非 1 ならぬ令孃

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 かの国, のこ, 因地

▼ 我武者ら~ (3, 0.0%)

1 な三下, な気狂い, に乗り出した

▼ 我歴史~ (3, 0.0%)

1 であるが, にあらず, に於

▼ 我深く~ (3, 0.0%)

1 妻を, 憂慮に, 涙垂るれ

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 せる事, に人, の玉

▼ 我生ける~ (3, 0.0%)

1 にあらず, 我にか, 時汝等の

▼ 我生活~ (3, 0.0%)

1 の虚僞殘酷, は今彼, は楽

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 に水, に水引き, へ水

▼ 我目前~ (3, 0.0%)

1 で尾籠, には猶, に露呈

▼ 我知らずそこ~ (3, 0.0%)

1 に自分たち日常, へ立ちどまった, まで動い

▼ 我知らずつり~ (3, 0.0%)

2 込まれて 1 上った二つ

▼ 我知らず眼~ (3, 0.0%)

1 に涙, をその, を閉じた

▼ 我知らず耳~ (3, 0.0%)

1 をひかれる, を側, を欹てた

▼ 我知らず聲~ (3, 0.0%)

2 をかける 1 を立てた

▼ 我知らず苦笑~ (3, 0.0%)

2 した 1 を洩した

▼ 我知らず身~ (3, 0.0%)

1 を引いた, を起した, を起しました

▼ 我知らず面~ (3, 0.0%)

1 を上げる, を赤め, を赧らめ

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 の企て, の危急存亡, の調べる

▼ 我端艇~ (3, 0.0%)

1 の周圍, の歸艦, は沙魚

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 一に, 一の, 二の

▼ 我等人間~ (3, 0.0%)

2 の歴史 1 の多数

▼ 我等会員~ (3, 0.0%)

1 はホツプ夫人, は年齢順, は相次い

▼ 我等十七名~ (3, 0.0%)

3 の会員

▼ 我等如何~ (3, 0.0%)

3 に生

▼ 我~ (3, 0.0%)

2 に懸け 1 に倚らんこと

▼ 我脈搏~ (3, 0.0%)

1 と同じく, の亢進, の忽ち

▼ 我~ (3, 0.0%)

3 の前

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 を把, を握り, を搖

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 は結ぼれ, は緘, を結び

▼ 我若い~ (3, 0.0%)

1 婦人の, 弟子達の, 者の

▼ 我草紙~ (3, 0.0%)

1 にてこれ, にて無意識哲學, を所謂

▼ 我蕎麦~ (3, 0.0%)

3 存す野分

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 かむと, を了, を聞き

▼ 我行李~ (3, 0.0%)

1 の中, を卸さしめき, を整

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 に來, に來給, に来さしめ

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 に詳, を以てこと, を難ぜし

▼ 我誠に~ (3, 0.0%)

1 信ずらく, 汝に, 汝らに

▼ 我身のほど~ (3, 0.0%)

3 をも忘れ

▼ 我身体~ (3, 0.0%)

1 の重み, をし, を愛し

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 に上り, の方, ややもすれば人

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 ぞといひ消し, はざる間, ひの

▼ 我運命~ (3, 0.0%)

1 なり我因果, の柄, の此媼

▼ 我邦従来~ (3, 0.0%)

1 の学者, の習慣, の諸

▼ 我邦文学~ (3, 0.0%)

1 に罪, の他界, の為

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 なり, の大国隆正, の大岡春卜

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 から天王寺, という所, の真

▼ 我領土~ (3, 0.0%)

1 に上陸侵入, に入らしめ, の上空

▼ 我~ (3, 0.0%)

2 くは 1 にあらず

▼ 我鳴り立~ (3, 0.0%)

3 る都合

▼ 我~ (3, 0.0%)

1 は二十六, は早く, を算

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 またたび海に, 折って

▼ 我あきらか~ (2, 0.0%)

1 に汝, に見れ

▼ 我あり跳ぶある~ (2, 0.0%)

2 のみ

▼ 我いま~ (2, 0.0%)

1 そのよろこび, もこれ

▼ 我うそ~ (2, 0.0%)

1 にほれ, に惚れ

▼ 我うち~ (2, 0.0%)

1 と思っ, に生き返る

▼ 我おくれじ~ (2, 0.0%)

1 と馳, と駆けだした

▼ 我おろか~ (2, 0.0%)

2 なるな

▼ 我かくい~ (2, 0.0%)

1 へり是, へるも

▼ 我かとも~ (2, 0.0%)

2 思ふ朝

▼ 我これら~ (2, 0.0%)

1 の画, の者

▼ 我さらに~ (2, 0.0%)

1 多くの, 語り汝

▼ 我すみれうり~ (2, 0.0%)

1 に似たる, の子

▼ 我そのもの~ (2, 0.0%)

1 がすでに, で

▼ 我たつ~ (2, 0.0%)

1 みちに, 道に

▼ 我つま~ (2, 0.0%)

2 はや

▼ 我でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 我との~ (2, 0.0%)

1 あるは別人, 差は

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ちは, ち追

▼ 我なほ~ (2, 0.0%)

1 動かずわが, 少しく眉

▼ 我にとぞ~ (2, 0.0%)

1 來る, 来る

▼ 我にのみ~ (2, 0.0%)

1 傲慢害を, 憂しと

▼ 我にやは~ (2, 0.0%)

2 あらぬ

▼ 我によ~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 我に対しては~ (2, 0.0%)

1 汝であり, 獄吏と

▼ 我に従って~ (2, 0.0%)

1 朝廷の, 爾は

▼ 我ぬ取り着き~ (2, 0.0%)

2 ていひし

▼ 我のみかは~ (2, 0.0%)

1 これらの, 妻も

▼ 我のみや~ (2, 0.0%)

2 命あり

▼ 我はじめ~ (2, 0.0%)

1 よりかの, より彼

▼ 我はた~ (2, 0.0%)

1 何に, 行きて

▼ 我はよ~ (2, 0.0%)

2 源太様はよ

▼ 我ひたすら~ (2, 0.0%)

1 に汝, 神に

▼ 我ほか~ (2, 0.0%)

1 に出ずる, に遊ぶ

▼ 我ほど~ (2, 0.0%)

1 世に幸福, 端厳きものあるべきや

▼ 我まま一ぱい~ (2, 0.0%)

1 などといっ, に育てられた

▼ 我まま一杯~ (2, 0.0%)

1 に六つ, に暮らし

▼ 我もと詰め~ (2, 0.0%)

2 懸ける

▼ 我もろ~ (2, 0.0%)

1 とも十分, とも思う

▼ 我ゆき~ (2, 0.0%)

1 て手, て見むか

▼ 我ゆたか~ (2, 0.0%)

1 なり足り, にわ

▼ 我れで~ (2, 0.0%)

2 も着

▼ 我れなり~ (2, 0.0%)

1 と主張, 天より

▼ 我れ代らん~ (2, 0.0%)

1 と叫べ, と思ふ

▼ 我れ始め~ (2, 0.0%)

1 て蒸気機械, て電信

▼ 我れ死せ~ (2, 0.0%)

1 ば此, む

▼ 我れ知らぬ~ (2, 0.0%)

1 暗涙を, 疲労の

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 我を通しても~ (2, 0.0%)

2 始らぬ

▼ 我アヤマテリ~ (2, 0.0%)

1 と云わなけれ, と思いなさい

▼ 我カ帝國~ (2, 0.0%)

1 ノ位置, ヲ觀ルニ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 をこたる, 新領土内ニ雜用セシメザルベカラズ

▼ 我ガ扶導擁護~ (2, 0.0%)

2 ヲ外ニシテ自立

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 不明不通ヲ, 大ニ

▼ 我ママ~ (2, 0.0%)

1 が出来る, を感ズルこと

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 張るの, 張る僕

▼ 我一生~ (2, 0.0%)

1 だけは思い出し, は破れ

▼ 我一番~ (2, 0.0%)

2 に福田

▼ 我上手~ (2, 0.0%)

2 なるを

▼ 我下宿~ (2, 0.0%)

1 の主人公, の妻君

▼ 我不可~ (2, 0.0%)

2 不監于有夏

▼ 我不幸~ (2, 0.0%)

1 なる運命, にし

▼ 我中心~ (2, 0.0%)

1 に満足, に滿足

▼ 我中情~ (2, 0.0%)

1 は此, より出

▼ 我中腹~ (2, 0.0%)

1 に向, をさして

▼ 我主耶蘇基督~ (2, 0.0%)

2

▼ 我乃ち彼~ (2, 0.0%)

1 に汝我心, に請

▼ 我久保田万太郎君~ (2, 0.0%)

2 と為す

▼ 我乍ら滑稽~ (2, 0.0%)

1 い程狼狽, なり

▼ 我事分別~ (2, 0.0%)

2 をいふ

▼ 我二人~ (2, 0.0%)

2 居れども

▼ 我今皆懺悔私~ (2, 0.0%)

1 はお, は跪い

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 をのみ尊く, を得ん

▼ 我仰ぎ~ (2, 0.0%)

2 まつりて

▼ 我伊藤侯~ (2, 0.0%)

1 の出処進退, の出處進退

▼ 我何処~ (2, 0.0%)

1 にか往く, より来り

▼ 我作家~ (2, 0.0%)

1 に与へる, の心

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に所謂厄年, の今日

▼ 我俳諧撰集~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 我個人~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ 我假名~ (2, 0.0%)

1 あり, 遣と

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 を作ら, を作らん

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に悟る, に携

▼ 我僑居~ (2, 0.0%)

1 に來, に来し

▼ 我儕エジプト~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 我儕人間~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 でメッチャラコ, のさとり

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 人格を以て, 國の

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の人, は尽忠報国

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 びこれをみるをえんことを, 遊の

▼ 我凡人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 我創痍~ (2, 0.0%)

1 に灌ぐ藥油, を刺し

▼ 我即興詩~ (2, 0.0%)

1 は始まるべし, は漫

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 て心, て遺

▼ 我同様クレオパトラ~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 我同行~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 我君秀次公~ (2, 0.0%)

1 には幸蔵主, を危険

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 は一滴, を削

▼ 我嗜好~ (2, 0.0%)

1 の狭, を惹きし

▼ 我図らず~ (2, 0.0%)

1 も十兵衛, も十兵衞

▼ 我国土~ (2, 0.0%)

1 に生じ, に育った

▼ 我国民生活~ (2, 0.0%)

1 が目下, に欠乏

▼ 我國固有~ (2, 0.0%)

1 の優しい, の文化

▼ 我國威~ (2, 0.0%)

1 に關, を燿

▼ 我國家~ (2, 0.0%)

1 に酬, の主

▼ 我國最初~ (2, 0.0%)

1 の經濟大衆車, の試み

▼ 我國民性~ (2, 0.0%)

1 の弱, を害毒

▼ 我國法~ (2, 0.0%)

1 にし, もまた

▼ 我國經濟界~ (2, 0.0%)

1 の實情, の膨脹

▼ 我國語~ (2, 0.0%)

1 は充分, を英語

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 となし, 狭き国

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ながらにし, になおり

▼ 我堪へ~ (2, 0.0%)

1 がたしと, むとす

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に子, は泡立つ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 馬車が, 馬車の

▼ 我多く~ (2, 0.0%)

2 答へ

▼ 我大日本帝国~ (2, 0.0%)

1 も独国, をし

▼ 我大隈伯~ (2, 0.0%)

2 を評する

▼ 我天皇~ (2, 0.0%)

1 の下位, 猶阿

▼ 我失行~ (2, 0.0%)

2 をもさ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の, ま袖

▼ 我娶るまじ~ (2, 0.0%)

1 王を, 美に

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 を免じ

▼ 我官長~ (2, 0.0%)

2 は余

▼ 我室内~ (2, 0.0%)

1 に向け, を炊事場

▼ 我容色~ (2, 0.0%)

1 と我音聲, のおとろえ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の彼, よりも幸

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 くば, し然

▼ 我封建~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 我射ちぬ~ (2, 0.0%)

2 彼射ちぬ

▼ 我小家~ (2, 0.0%)

1 の戸, は暗く

▼ 我小屋~ (2, 0.0%)

1 のみにて夫, へ立

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 壯に, 壯時代の

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ほ騎兵ら, 何存

▼ 我左翼~ (2, 0.0%)

1 に, については別

▼ 我帝国海軍~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 我師父~ (2, 0.0%)

2 といふべき

▼ 我平生~ (2, 0.0%)

1 の習, 務めて

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 長けて

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 なくて, にし

▼ 我当局者~ (2, 0.0%)

1 の施設, の苦慮痛心

▼ 我彫ら~ (2, 0.0%)

2 むみづか

▼ 我往か~ (2, 0.0%)

1 ば彼, むの

▼ 我心地~ (2, 0.0%)

1 を損じ, 悪しくなり

▼ 我心緒~ (2, 0.0%)

1 はいよ, は此不幸

▼ 我心裡~ (2, 0.0%)

1 に印, に留むることを

▼ 我心跳~ (2, 0.0%)

1 のかく聞做さる, は常に

▼ 我心魂~ (2, 0.0%)

1 に徹する, を奪

▼ 我忘れ~ (2, 0.0%)

2 めや

▼ 我忠勇~ (2, 0.0%)

2 なる将士

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 ふ所

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に喩, を譽め

▼ 我性命~ (2, 0.0%)

1 は價, を救

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 かしい事, を表

▼ 我恩人~ (2, 0.0%)

1 の独り, の館

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 はいよ, を解く

▼ 我意識~ (2, 0.0%)

1 が非常, は稍

▼ 我愛媛県~ (2, 0.0%)

1 にも教育協会, は讃岐国

▼ 我愛我慢~ (2, 0.0%)

2 のこころ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 は忽ち, を拂

▼ 我我作家~ (2, 0.0%)

1 に与へる, の心

▼ 我我個人~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ 我我入~ (2, 0.0%)

1 でメッチャラコ, のさとり

▼ 我我凡人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 我我同様クレオパトラ~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 我我少年~ (2, 0.0%)

2 は尊徳

▼ 我我素人~ (2, 0.0%)

2 よりも政治上

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 なし二, に至る

▼ 我所天~ (2, 0.0%)

1 の活智, よりも大切

▼ 我所有~ (2, 0.0%)

1 たる馬匹, としてゐる

▼ 我所説~ (2, 0.0%)

1 の法, の法以

▼ 我手段~ (2, 0.0%)

1 の劇藥, は悉く

▼ 我批評眼~ (2, 0.0%)

1 の太, より見

▼ 我折れた~ (2, 0.0%)

1 ように, 根気の

▼ 我持て~ (2, 0.0%)

1 ば, ば利殖

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に留りぬ, の汚れたる

▼ 我掌中~ (2, 0.0%)

1 に在り, の物

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 はかれ, は我

▼ 我政治家中~ (2, 0.0%)

2 にては最も

▼ 我政界~ (2, 0.0%)

2 の主動力

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 と聞け, 國では

▼ 我故郷~ (2, 0.0%)

1 とうなづけ, なる

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ふべく先, へ

▼ 我文学史~ (2, 0.0%)

1 の証しする, を読む

▼ 我文学界~ (2, 0.0%)

1 にボルテア, は侠勇

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 境界とを, 藩主には

▼ 我日本人民~ (2, 0.0%)

1 と環視列国人民, と環視列國人民

▼ 我日本帝国~ (2, 0.0%)

2 を始め

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 かにわが, かに感じ知る

▼ 我明治~ (2, 0.0%)

1 に生れました, の西洋文明鼓吹者

▼ 我是鬼~ (2, 0.0%)

2 の三字

▼ 我智慧~ (2, 0.0%)

1 を以て取り, を燬くに

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 は能, を聽

▼ 我會社~ (2, 0.0%)

1 にて製する, 既に牧牛馬

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 を領す

▼ 我木曾冠者義仲~ (2, 0.0%)

1 が其燃, は白馬金鞍

▼ 我木曾義仲~ (2, 0.0%)

1 にかへらしめ, も亦

▼ 我本性~ (2, 0.0%)

2 なりける

▼ 我本意~ (2, 0.0%)

1 にあらず, も通じ

▼ 我本領~ (2, 0.0%)

2 を悟りき

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 から三里四里先, の由緒

▼ 我村落~ (2, 0.0%)

2 まで七里

▼ 我東京大学~ (2, 0.0%)

2 で先生

▼ 我松山藩~ (2, 0.0%)

1 のみが真面目, へも三十人

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の低き, を眺め

▼ 我枕元~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 我某省~ (2, 0.0%)

2 の官長

▼ 我楽しめり~ (2, 0.0%)

1 南天の, 竹の

▼ 我武者一方~ (2, 0.0%)

1 で無い, の男

▼ 我死なず~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 我母上~ (2, 0.0%)

1 の如く, をおの

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に帰りし, に帰る

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 であるかが, も野人ぶり

▼ 我波奈~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 我海軍~ (2, 0.0%)

1 の歴史, は彼

▼ 我清吉~ (2, 0.0%)

2 を突き放さ

▼ 我清氏~ (2, 0.0%)

1 によって第, は自宅

▼ 我渾身~ (2, 0.0%)

2 の血

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の中, をえ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 が行かなかつた, でもされたら

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 さむ, には皆仇

▼ 我牢獄~ (2, 0.0%)

1 なり是, にあり

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 りに, り清めり

▼ 我獨尊~ (2, 0.0%)

1 だつた, の地位

▼ 我獨立~ (2, 0.0%)

1 の權力, は歐米

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 も, を以てヨヰス

▼ 我生命~ (2, 0.0%)

1 として目覚め, の上

▼ 我男子~ (2, 0.0%)

1 にはなり得られぬ, には正に

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に拙く, を学ばん

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 はず, ヲ解クニ足ラズ解疑

▼ 我疲勞~ (2, 0.0%)

1 の稍, は甚だしく

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の名, 成両

▼ 我眼前~ (2, 0.0%)

1 に往来, に躍如

▼ 我着る~ (2, 0.0%)

2 物の

▼ 我知ら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば換言

▼ 我知らず一足二足踏み~ (2, 0.0%)

2 かけて

▼ 我知らず云~ (2, 0.0%)

1 ひ出したる限り挨拶さ, ひ出づれば

▼ 我知らず何~ (2, 0.0%)

2 か叫んだ

▼ 我知らず其処~ (2, 0.0%)

1 へ落, まで走っ

▼ 我知らず叫び~ (2, 0.0%)

1 を立てました, 出すと共に

▼ 我知らず唇~ (2, 0.0%)

1 のところ, をなめる

▼ 我知らず外~ (2, 0.0%)

1 へ出た, をながめた

▼ 我知らず夜具~ (2, 0.0%)

2 踏み脱ぐほど

▼ 我知らず手~ (2, 0.0%)

1 をあげ, をやっ

▼ 我知らず気~ (2, 0.0%)

1 が進んだ, を急ぎ

▼ 我知らず私~ (2, 0.0%)

1 は苦笑, も声

▼ 我知らず胸~ (2, 0.0%)

1 が躍っ, が迫っ

▼ 我知らず衣紋~ (2, 0.0%)

2 が締

▼ 我知らず足~ (2, 0.0%)

2 を止め

▼ 我知らず頭~ (2, 0.0%)

1 へ手, をあげ

▼ 我知らず顏~ (2, 0.0%)

1 が紅く, を反

▼ 我知らぬ~ (2, 0.0%)

1 エゴイズムに, 渇望から

▼ 我知る~ (2, 0.0%)

1 ところでない, 人知る

▼ 我研究~ (2, 0.0%)

1 せんと, の資料

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 と縁先, と跳ね起させる

▼ 我社中~ (2, 0.0%)

1 の人, は悦

▼ 我社会~ (2, 0.0%)

1 に実現, の総べて

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の御, よ

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 すべき物

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の爲, の状況

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ふして, を飛び

▼ 我競爭~ (2, 0.0%)

2 の記録

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 ひしも, へば彼笑

▼ 我笛吹~ (2, 0.0%)

2 けども汝等

▼ 我等かなた~ (2, 0.0%)

1 にすゝ, にゆかざる

▼ 我等すべて~ (2, 0.0%)

1 と, の知る

▼ 我等なほ~ (2, 0.0%)

1 少しくこれ, 少しく先

▼ 我等はつ~ (2, 0.0%)

1 ひこの, ひに

▼ 我等一行~ (2, 0.0%)

1 の期せし, を引き

▼ 我等人類~ (2, 0.0%)

1 の恋愛理想, の祖先

▼ 我等仲間~ (2, 0.0%)

1 では矢張り一番, の中心

▼ 我等兩人~ (2, 0.0%)

1 が目指す, と逢

▼ 我等凡夫~ (2, 0.0%)

1 に於, は必

▼ 我等国民~ (2, 0.0%)

2 は戦争

▼ 我等女子~ (2, 0.0%)

1 が現代文明, に代る

▼ 我等彼~ (2, 0.0%)

1 を殘, を離れぬ

▼ 我等死者~ (2, 0.0%)

2 の目醒むるとき

▼ 我等父子~ (2, 0.0%)

1 が休ん, の姿

▼ 我等芸術~ (2, 0.0%)

1 にたずさわる, の憐

▼ 我等路~ (2, 0.0%)

1 の中央, を尋ねん

▼ 我等躰之者~ (2, 0.0%)

1 罷出世に, 罷出何

▼ 我米人~ (2, 0.0%)

2 は最も

▼ 我米国~ (2, 0.0%)

1 もあぶない, を想った

▼ 我精神~ (2, 0.0%)

1 の及ばざる, の此

▼ 我素人~ (2, 0.0%)

2 よりも政治上

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 を解い

▼ 我肉身~ (2, 0.0%)

1 の子, の弱き

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に着け, の温かみ

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 には火, を循

▼ 我脚底~ (2, 0.0%)

1 に又, に畫

▼ 我脳中~ (2, 0.0%)

1 には唯, の人

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 を我と, を縛り

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に押付, へグッ

▼ 我自らこれ~ (2, 0.0%)

1 を想, を見ん

▼ 我自然~ (2, 0.0%)

1 に帰依, の風物

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 を催さ, を損

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に背き, を和らげ

▼ 我英国~ (2, 0.0%)

1 と兄弟, の法曹界

▼ 我藩地~ (2, 0.0%)

1 へ来た, を占領

▼ 我衣手~ (2, 0.0%)

1 に朝夕, は露

▼ 我衣服~ (2, 0.0%)

1 の卑しから, を剥ぎき

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 からのみ湧き立っ, に感じる

▼ 我親友~ (2, 0.0%)

1 の木下杢太郎, の細君

▼ 我言靈~ (2, 0.0%)

1 の助くる, の幸

▼ 我討論法~ (2, 0.0%)

1 に不親切, の過失

▼ 我評論~ (2, 0.0%)

1 とに及びぬ, の立脚點

▼ 我試み~ (2, 0.0%)

1 に, にこれ

▼ 我詩卷~ (2, 0.0%)

1 は炎々, を問

▼ 我読書~ (2, 0.0%)

1 の, の方向

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 惡を, 竜王を

▼ 我諸州~ (2, 0.0%)

1 ヲ抑圧セリ, 正シク此

▼ 我足音~ (2, 0.0%)

2 に驚かされ

▼ 我跡弔~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 我身知らず~ (2, 0.0%)

1 で困るとこ, の性悪

▼ 我身限つて~ (2, 0.0%)

2 腥きもの

▼ 我軍艦~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 我邦の~ (2, 0.0%)

1 と同じ, も元

▼ 我邦俗~ (2, 0.0%)

2 のゴッタ

▼ 我邦土~ (2, 0.0%)

1 には何処, の上

▼ 我邦現代~ (2, 0.0%)

2 における西洋文明模倣

▼ 我邦現在~ (2, 0.0%)

1 の一般, の牛乳

▼ 我邦現時~ (2, 0.0%)

1 の演劇, の通患

▼ 我邦諸処~ (2, 0.0%)

1 で農夫等, に植

▼ 我邦諸州~ (2, 0.0%)

1 によりいろいろ, の田面

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 と云, のうち

▼ 我酔堕渺莽~ (2, 0.0%)

1 と, の方

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の親, は木曾

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の山, は二塊

▼ 我~ (2, 0.0%)

2 に向き

▼ 我霊魂~ (2, 0.0%)

1 と為す, は其半部

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 に燃え, は我肉

▼ 我面色~ (2, 0.0%)

2 の土

▼ 我面色帽~ (2, 0.0%)

2 をばいつの間にか

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 を取, を抱き

▼ 我~ (2, 0.0%)

1 の白き, を烹

▼ 我鬼大将~ (2, 0.0%)

1 であつ, になれた

▼ 我鳴れ~ (2, 0.0%)

1 ば十兵衛, ば十兵衞

▼ 我黄金~ (2, 0.0%)

1 なす夢, をおん身

▼ 我黨小子~ (2, 0.0%)

1 に援, を援

▼1* [2073件]

ああ我辛き, 我あげまきの, 我あしかりきといふべきなりき, 我あとにた, 我あに一度は, 我あやまてりあやまてり今更之, 我あゆむとき, 我あらばこそこの, 我あらゆる者の, 我ありき今や汝, 我あるべきか今, 我あわただし書きは, 我あゝ何事も, 我いかれば彼, 我いささか箭を, 我いつそう身の, 我いでや出立前, 我いとうや, 我いぬるまでたもた, 我いのちかも, 我いのち今日もまた, 我いはじ汝自らこれを, 我いふ我を導く, 我いふ所の客観的, 我いまだ徳を, 我いま彼を勇猛, 我いま汝に曰, 我うでに来る, 我もひ, 我おくれて來, 我おそらくは善人たる, 我おとらじとはら, 我おのずから敗れたり, 我おぼえずこれわが, 我おもへらく彼等は, 我かとてさし出でたる, 我からぞいささめ, 我からでも言わせたるよう, 我からはなれた我, 我きたりてへ露, 我くつがへる, 我ぐらいなもの, 我ふの, 我にいかに, 我こころ君を殺しき, 我ことばを遮り, 我この世にたたかはむ, 我ごとき土民までも, 我さえなければ, 我さくらの国, 我さしおきてトロイア, 我さだかに彼, 我さま知り給, 我さむさ訪ひ, 我しかするあたは, 我しきりに人を, 我しづかに思へらく, 我しばしあたりを, 我しばしば来し百穂, 我しもひとり瀧水の, 我しらで戀路, 我しらずにらまへもしつべし, 我なほなり, 我すこしも不義には, 我すばやく起上つて敵の, 我すべてこれをな, 我すみ憂くて, 我すみかとなりぬ, 我すらもなほうけいる, 我すらや神に, 我することをば, 我を遣り, 我を教, 我その間を歩みゐたる, 我ぞと着すれ, 我たえず歌を, 我ただ一人の愛しい, 我たとへ柳, 我たとい微禄小身なり, 我ためらはずかたり, 我ためらはず岸を去り, 我たるを其, 我だって天狗の, 我だつたらあゝ簡單, 我だにも死にて, 我ちょうものの如何, 我ついにこの人, 我つく息の, 我つねに戒厳する, 我つひに還り, 我つぶやけり, 我であったのである, 我でなくむしろ汝, 我でもなく他人, 我今しも, 我といふ一個簡単なる, 我として私は, 我とてもそれは, 我とてもそうである, 我とになる訳, 我とものいはずし, 我とらへられ, 我どうにもこうにも仕様, 我なかぬおのれや, 我なかりせばいづくんぞ, 我ながらに掴え, 我ながらも不思議な, 我なきもの誰か, 我なけなくに, 我なせることに, 我なつかしく端坐したまう, 我などかたゆまむこの, 我などではない, 我などは勿論太吉, 我なほトロイアの, 我なほ曰はむ今, 我なほ生を保つ, 我なほ衆の憤慨, 我なほ語を繼, 我なまじいに弓馬, 我ならざりせば一月前, 我ならじその一夜, 我ならでは読まれぬ, 我ならねば負, 我ならんため, 我なりしと, 我なりしかと叫びたり, 我なりとは先の, 我なりを見かけて, 我なんかしたん, 我にかの開きたる入口, 我にかはりて, 我にかも似る, 我にさえ解らず, 我にてはよもあらじ, 我にとって対象として, 我にともなふこの, 我にともなへる徳, 我になせり桓, 我にものいひ我顏, 我によって動いて, 我にをしへながら, 我に対してもまた同様, 我むるといへどもまことのねむりならず, 我のうくるは, 我のせむやうあり, 我のどつかに, 我のみが存在し, 我のみと神懸け, 我のみにてはなかりけり, 我のみにはあらず, 我のみにもあらざらむ, 我のみをいとほし, 我はけふの謝肉祭, 我はげにはてしなき, 我はしか爲さむ, 我はしもひとりか, 我はじめてトスカーナの, 我はぞ退る, 我はつひに, 我はなど憎きと, 我はねもとお, 我はのつそり, 我はめぐらむ天の淑女, 我はや死ぬる, 我はよと羨ましいが, 我ばかりを残して, 我ひそかに思へらく, 我ひとりこ, 我ひとつの発明, 我ひとりあとに殘, 我ひとり人のこの世, 我ひとり後よりゆけり, 我ひとり横に長く, 我ひとり殘らざるをえず, 我ひとり神がかり的に無邪気, 我ひとり頂上に登っ, 我ひと共に思い, 我ひめ歌の, 我ひろく世に, 我へともなく神, 我ほどの声望が, 我まことに汝等に, 我まずこれを, 我まだ君の, 我までの悪事を, 我までも町の, 我ままお願いいたしたく存じます, 我ままさだって, 我ままそうな様子, 我ままその他気にさわる, 我ままついでに此, 我まま不公平原始的さを感じる, 我まま勝手に育てられ, 我まま様さぞお, 我まま物外では知らぬ顔, 我まま申上げて, 我まま男愛想が尽きるで, 我まま至極の身, 我みしは一つ眼, 我みずから中軍を率い, 我みずから使用せんと, 我みちのくの流人, 我みづからの, 我むしゃらな私ですけれど, 我むしゃら頭からつっかかっ, 我むしやらな事を, 我むしろ死を待つべし, 我めぐりを馳せ, 我もうここが, 我もかはらじ左, 我もかの處にて, 我もさこそ思へ, 我もしさらに説進まず, 我もてば利殖, 我もとお伴を志願, 我もとふぐ料理の看板, 我もとカメラを取り出す, 我もとキャアキャア手帳をつきつけます, 我もと一日を争い, 我もと三人五人続いて, 我もと乗りゃあがってこつとらは風呂屋の煙突, 我もと八人の女, 我もと四つ目垣を乗りこし, 我もと天地間の一粒子, 我もと天幕を出, 我もと従軍を希望, 我もと志願するもの, 我もと慰藉料を請求, 我もと是を真似る, 我もと未来の大, 我もと毎日見物の山, 我もと注文して, 我もと漢朝の臣, 我もと肉をなげ, 我もと花火そこのけで圓朝, 我もと質問するよう, 我もと身のまわり, 我もと随行を望んだ, 我ももの足らぬ, 我ゃ姉御夫婦の門辺, 我やすらかにして, 我やにほひて, 我やらむといふ処虎之助がやら, 我やりてみたく, 我やんぬるかな, 我ゆゑ竹がうれし, 我よそに, 我よの恋の, 我よめは, 我よりぞ浄まる, 我よるべなき, 我よわき時に, 我れあらずこの日, 我れありし爲め浮世の, 我れある以上は, 我れいかばかり憎し, 我れおくれじと徐州城, 我れかきつけてなげやれ, 我れしらず亢奮し, 我れとて多少, 我れなくは, 我れならぬ召使ひ, 我れなれど, 我れぬけ出でし, 我れみとる日も, 我れむくろ美し, 我れもすとて硯, 我れもてど, 我れやかたき, 我れんちさう籠る, 我れ呻かねど内, 我れ失せけんを, 我れ忘れめや, 我れ思はず応と, 我れ思ひ人は, 我れ思ふ戰爭惡癘わが, 我れ感じ我れ生き, 我れ振りすてられしやうな, 我れ握る時同じ, 我れ死すとも魂魄, 我れ死なざらむ, 我れ生きてなほ, 我れ知らずつかんでいた, 我れ知らず出てしまった, 我れ知らず眠ってしまえ, 我れ知らず立って逃出, 我れ知らず耽けるやうな果し, 我れ知らず躍り上るを禁じ得なかった, 我れ知らるる如く我れ知らん, 我れ破り彼の, 我れ苦しみて君, 我れ行きて彼, 我れ行こうというもの, 我れ見たり, 我れ許さずと御, 我れ走らんとする, 我れ走り求めざれども必ず, 我れ逃れんに道, 我れ飲まむ, 我が立てる, 我わかくわが力昔, 我わが身を思ひ, 我われ一同が遠から, 我われ凡手には考察, 我をかあちや, 我をかかへ我を, 我をかはゆきもの, 我をさえ殺し遠ざけようと, 我をと名告, 我をともなはむといふ, 我をのみかく貪り見る, 我をへだつるところ, 我をや切に, 我アいつでも言ふん, 我アひょっとすると, 我アカイア陣にありし, 我アヤマテリ罪は男の子, 我エーネアに非, 我オロカニモ先頭ニ走ッテオクレヲトリシカ, 我カムサツカの漁業, 我カ國勢次第ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 我カ民族ノ滅亡, 我カ海國人士ニ紹介スルノ利アルヲ知リ淺劣, 我カ第一線ヲ以テ敵, 我ガ前生ヲ示告セ, 我ガ古器ヨリ勾玉管玉ノ類, 我ガ古物ヲ愛重スルコトヲ務メズハ, 我ガ四国衆ノ鎧毛モ切レ, 我ガ子ノ督, 我ガ子弟ニ異ナランヤ, 我ガ家ノ門前, 我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 我ガ心ハ渺トシテ際リ無ク, 我ガ技ヲ然, 我ガ日本亦五十年間ニ二倍セシ人口増加率ニヨリテ百年後, 我ガ日本ハ彼ニ於テ破壞, 我ガ末廣澤田二子ヲシテ久シク囹圄ノ中, 我ガ海軍ヲ設クルノ計, 我ガ王世子ト定ム, 我ガ王父従五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 我ガ禅ヲ会スヤ, 我ガ邦人ノ全, 我ヂュウスはわれ, 我トハカツテ一度ハ桃園ニ義ヲ結ンダ仲デアルガ, 我トロミエスは一つ, 我ト志ヲ同, 我ドイツ諸国の独立, 我乏シキ者ナルカノ如ク彼, 我ニシテ彼幼者ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 我ニ上下スルニ論ナク皆悉ク, 我ニ兵ヲ送, 我ニ数年ヲ加エ, 我ニ百難ヲ与, 我ニ自由ヲ与, 我ニ質子ヲ送, 我ノスタルジアを癒し, 我ハートは喜び, 我ハ是役ノ優婆塞, 我ハ父が病, 我パウロに非, 我ホトトギスの俳句, 我ママ正直より発す, 我マンして, 我メネラオス咎めむよしや親しく, 我一旦敢テ不忠, 我ヤーコポの魂, 我ヨオロッパの最大, 我ヨリ先ニ之ヲ聴クモノバ生ルヽノ我ヨリ先後ニ論ナク, 我ヨリ先後ニ論ナク皆悉ク, 我ヨリ幼ナルヲ見, 我リキエーを訪はん時君, 我レ刄ヲ出, 我レ是ヲ再, 我レ東ヲ征チシヨリ, 我ローマの国, 我ヱヌスと美, 我ヲ産ミ母ヤ我ヲ育ツ, 我ン張つてゐた角頤, 我ン張りのない, 我一たび杼を投げ, 我一人かくは心怡, 我一人払ふた邪魔, 我一人村の中央, 我一人残りと, 我一人金貸世渡も手, 我一体の三昧, 我一個または一団体, 我一圓五十錢に當, 我一家の事, 我一己として考え, 我一座を小さく, 我一方に在らず, 我一日も暮れん, 我一曲の主, 我一石を下す, 我一等の賞, 我一行より不用, 我一途なる心, 我一面審美學の評, 我一風を興せし, 我一齊に集り, 我七ツのほどの事, 我万葉人或は其以前, 我万葉集の動植, 我三区衆議院議員候補者として民軍, 我三十年間の進歩, 我三日月の名, 我三海を征, 我上下の諸, 我上代でも山, 我上帝が正義, 我にある, 我不二に下らざる, 我不在にはわが, 我不屈不撓の氣象, 我不足を補, 我世すゞしと, 我世の中を過ぎゆく, 我世夢ぞと狂歌乱舞, 我世琴に斧うつ音, 我両人も読者階級者, 我両方ははやく, 我に入り, 我中央天文台に達し, 我中学伝習館を学業卒, 我丹心も寛假, 我主として試みんと, 我主人の如く, 我主人惡漢六名の狼藉, 我主君は他人, 我主觀の好き對象, 我開かしめん, 我乃ち身を起し, 我久しきより羅馬, 我久しく饑ゑゐたればなり, 我乍ら不思議な自責, 我乍ら余り汚く書いた, 我乍ら唾棄の思ひ, 我乍ら必然の歩み, 我乍ら餘り汚く, 我乍ら髪も衣紋, 我乗せて行け, 我九膓を裂き, 我第一我也, 我事オワレリ白扇サットヒライテスネノ蚊追イ払ウ, 我二人災難を, 我二十年の交一朝, 我二圓十五錢許に當, 我二等客の選手, 我二錢許に當, 我云所の俳諧, 我五ツといふ年, 我五人が久し振り, 我五官は鈍り, 我亡き後は誰, 我交際の技倆, 我今おほいなる, 我今かなたアルゴスに主として, 我今これまでと思い, 我今三倍を與, 我今名をいはん, 我今回の行い, 我今国のため, 我今子のため, 我今彼に向, 我今彼ら訪ひ行きて, 我今日は芝居, 我今更となり, 我今死無悔, 我今生分尽きたれば, 我今皆これを知る, 我今身のため, 我仕合のあしき, 我他日翁の為, 我他皆狂騰し, 我仙台に入る, 我以外人と稱, 我仲間であったこと, 我伏糸が見られる, 我休み又我民, 我の忍び, 我なく姿美, 我位地より見たる, 我住まずなりなん後も, 我住む岩窟に, 我住所の絶滅, 我をあの, 我体内に宿っ, 我何ものも恐れね, 我何人ぞとの気象, 我作らば如何, 我作りたる者, 我る, 我に命じ, 我を措き, 我かにわが, 我俗これを幽霊, 我俗ニ来リ附ス志姓ヲ給ハランコトヲ願ハバ, 我俗杉の丸箸, 我俗眼もて見れ, 我の薄き, 我信じ難くし, 我信ずわが信, 我信玄の時, 我俳諧もしくはそれ, 我を訪ねん, 我を幻炎, 我健康を祝せ, 我側らに迷, 我傍らに咲く, 我儕日本人民の至頂, 我儕軍医の職務, 我生死海頭客不, 我元無特操, 我兄わいのー, 我先ず先んじて, 我先覚の諸, 我光明を見る, 我克ちに先, 我に角此後署長さん, 我児危い目盲, 我兒ゆゑと感念したか, 我党ハ老人六名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 我党中の先輩, 我党内閣を信用, 我入りにけり, 我入滅すとも, 我兩人に如く, 我兩手を把, 我公使をし, 我公学ヲ好, 我六十尾を獲ん, 我兵備の不足等, 我其言に從, 我内地の文献, 我内界とも疎く, 我内面に燃え, 我再び語りいづれば, 我冥司に挙用, 我出版界のため, 我を以て独り身, 我分別で結局, 我むるは不可なら, 我初めて詩人といふ, 我初心を變, 我判断は十中八, 我判斷を輕, 我る, 我別墅に寄せ, 我制統に光, 我劇界の一疑問, 我力もて我, 我じと, 我を慰する, 我なるべきを, 我勇敢なる大, 我勝手や, 我勢力の伸張, 我と武具, 我勸む子ゆゑの, 我北国の田園, 我北地に到りし, 我北海道をはなれ, 我北陸の革命軍, 我医方は漢医方, 我十八の秋, 我十六歳にし, 我十字架なり, 我十年の約, 我千島に及べり, 我半球に來, 我の長者三重機関長, 我卜居す鳥道人跡, 我危ぶみゐたりし, 我歓喜, 我即神となりたる, 我卻弔遺芳, 我君来, 我参る度々に, 我参謀本部の陸地測量部, 我友二葉亭の大人, 我友吉本夫人, 我友情を催す, 我友皆いへれば, 我友誼なれば, 我友點頭きて, 我取って代らん, 我受けむ, 我叙情詩に薄く, 我古代より現代, 我古代人には神, 我古代生活に於, 我古市がある, 我古語に, 我只一人斃るべしされども, 我史学史の中, 我右臂には衝動, 我司令官もそれ, 我國人中の, 我同僚の探偵吏, 我同国人に就, 我同志の中, 我同郷の人小一, 我名告らずも, 我秦と, 我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, 我君今日の珍しき, 我君様たる神様, 我の喝采, 我尚に, 我周公の成王, 我呼びしに畫工, 我呼吸の未だ, 我命乞ひを, 我命以上にも此料理店, 我命喪はむとせしもこの湖, 我命拾ひしも, 我和中国人不是一様, 我を悔い, 我はまだ, 我哲學の期, 我を唄, 我唯今を忘れける, 我唯利の風, 我唯獨り蒙りし如き禍難, 我商業世界に於, 我商業者に対してこれ, 我問はず優れし計, 我善き導者よ, 我善しと思ふ, 我善坊谷上宮内省御用邸裏の石垣, 我喚ぶを後, 我喜びて君, 我嘆かんや笑はん, 我囈語の間, 我四十五銭六厘ほど, 我四十尾を獲ん, 我四圍を照す, 我四方に遊び, 我四綱領の一つ, 我四邊を圍め, 我因果なりとやいはん, 我囲われて居る, 我より汝, 我国家の主体性, 我国家民族の進展, 我国民一般に守る, 我国民思想の研究, 我国民性に如何なる, 我国際学友会並に国際学友会館, 我圃秋芳誇許多, 我國一般の人士, 我國人形界の權威者, 我國今日までの一般, 我國他人よりは吾人, 我國債は商, 我國全盛時代の中國, 我國冢田虎も全く, 我國初期の留學生, 我國及支那の談理者, 我國史上如何なる地位, 我國命之趣, 我國學史の位置, 我國宗教史上の偉, 我國家朝鮮の爲め, 我國從來の漢學者, 我國文の格式, 我國文壇の浪漫的幻夢的, 我國方に憲法政治, 我國方言學の權威東條先生, 我國最高裁判所たる大審院, 我國未曾有の妙技, 我國植物學界の權威者, 我國民今後の責任, 我國民生活が佛教, 我國民肉食を缺, 我國滯在中接する人, 我國特有の主, 我國王の御名, 我國生糸貿易の爲め非常, 我國産業の發達, 我國稀有の作品, 我國第一人者といはれる, 我國經濟の爲, 我國肖像畫の全盛期, 我國自動車界に一大センセーシヨン, 我國製作肖像畫としては高野山普門院, 我國議會有つて以來最も醜, 我國足利時代の土一揆, 我國近代文學をくま, 我國過去の文明, 我國野球界の覇王, 我國高僧も彼國, 我を跳, 我の竹, 我よ, 我土州で固め, 我在らずは背き, 我地上は陽気, 我の外, 我堪えがたくならば, 我報ゆべし, 我塗り替へん唐土, 我塵界に落, 我境遇に因, 我墓穴は我, 我が始まった, 我士官の宿石井町桝屋清左衛門方ニ帰ル, 我売文の徒, 我売文業者は余り, 我外交の始末, 我外債の高, 我外国人に対して少し, 我夙起の癖, 我多く流血の無, 我多く睡眠を知らざる, 我大審院が今, 我大敗に期せり, 我大日本国の開闢以来, 我大東亜共栄圏内にあり, 我大東京はだらし, 我大聖ソクラテスは遂に, 我天地を数尺, 我天皇陛下から申し上げる, 我天窓を御, 我天賦の情, 我太刀に心, 我夫すべて愛するもの, 我夫わいのー, 我夫仮睡などキメ込んでる, 我夫婦の旧知, 我夫我子の災, 我夫明日の教会, 我夫私の顔, 我夫自ら來りて, 我失望我苦心と相, 我夷人僻在海隅, 我奮然と進み出, 我女房を客人, 我傲骨男子と, 我好む所を, 我好古の眼, 我妄想の罪, 我妹雪白の祭壇, 我姉君リオノルス姫が居りまする, 我より深く, 我姓名の下, 我委員諸公の簡, 我はその, 我を振, 我を求むれ, 我嫌うところを, 我子これや何者, 我子ゆえに捨, 我子らは箪笥, 我子孫のツブヤカ, 我子孫たる者に其創業, 我子応治故寄, 我子我夫すべて愛するもの, 我子我子と云, 我子正男の一生, 我子舎へ戻り, 我子訪ひけり十三夜, 我子貫一をも人, 我孔明に及ばずであった, 我存在の中心, 我学者間に軽蔑, 我學者の勉, 我學術の研究發展, 我宇宙は無限不動, 我守護神たる聖母, 我安居す心づかい, 我宗徒のこの, 我官家たるに止らしめず, 我官民一般も達観, 我と思ふ, 我の父母, 我と主, 我客二世全安さんは別に, 我客人となり, 我客幸作さんである, 我客舍に來, 我家族よ小生, 我寂びにけり, 我寄愁心与明月, 我富士の孫子, 我寝る狩衣, 我を實, 我えて曰く, 我封建時代と同じく, 我專らわが願, 我尊しの冗語漫語, 我小園の見所はまこ, 我小臥像と一つ, 我小説界にて人間派, 我少女なりしならん, 我少年子弟ヲ感化シテ不知, 我居得たりと落附, 我居間に閉じ籠っ, 我に父, 我屋敷に帰り, 我之勢, 我山口図書館の巡回書庫, 我山房の謀, 我岩村県令や高知, 我岩野泡鳴氏は殆ど, 我をなし, 我州内ノ人民, 我工房の縁, 我己許呂安可志能宇良爾, 我已にあること, 我已むをえずしてこゝに記せり, 我布薩法を受けた, 我希望は一瞬, 我の護衛等, 我帝國に在, 我帝國海軍の爲め, 我帝都の夜, 我師右の方, 我師団に帰る, 我師彼等のよば, 我師法然上人にお尋ね, 我師迦葉波如来は今何処, 我を繞, 我を撫で, 我帰りしも君未, 我独在御馳走が, 我と杖, 我平和は失せ, 我平手打を啖, 我平民の如く, 我平民社界には之, 我幸福なる七年, 我幼くて見, 我幼時小学にある, 我なり, 我幽かなり雲, 我には呪水, 我床頭にあり, 我が, 我店専門が主眼, 我の力, 我庭園の如く, 我庭園中の最も, 我庭時雨見上げたる, 我廬吟興黙支頤, 我延期戦の後, 我超世願, 我廿一の春, 我廿歳といふ年, 我引き取られたる頃に, 我を殺さん, 我弟子たること, 我弟実名は武田信玄, 我弱冠郷関を出, 我彈丸の汝, 我当局の忌違, 我当路者は之, 我彝倫攸敍の中國, 我つらむぞ, 我待君はの歌, 我に技, 我に至り, 我徒らに力自慢, 我てこれ, 我得る所の, 我得意たらんと, 我御身に願, 我復何顏有乎是智士識己之度量, 我躯を, 我徳川時代に於ける, 我心そことし, 我心中を忖, 我心人に通ぜず, 我心今は返さん, 我心以外の物, 我心何所之, 我心君もし知ら, 我心惱ましむるぞ, 我心我れを, 我心斗満の水, 我心春潮にあり, 我心無し仏の, 我心爭でか, 我心胸に徹し, 我心腸為に寸断, 我心血なりき, 我心證かす證かし, 我心鏡に映ずる, 我心間に拘わらざる, 我心頭には時として, 我志す所に, 我の喜捨金, 我忠誠の友, 我念ずあゝ友愛, 我念頭に上り, 我怒る時一朝に, 我を埋, 我思いよ高まり, 我思いおる時に, 我思う故に, 我思はめや, 我思ひかな, 我思ひ居れば蓬, 我思へりと彼, 我思想上互に連合, 我性命樹上に墜ち, 我性尤も侠骨を愛す, 我性朽木の如く彫, 我性格と我意志, 我恋人の姿, 我恋愛なり世, 我恋愛道の肉情, 我恐るあらば, 我恢復は頗る, 我恨めしくもらさぬ君, 我恨らくは石崇, 我息子で主人公, 我がやっと, 我悦ばむ, 我悦べば其の, 我謔一番し, 我情調はこれ, 我想うが故に, 我想像の外, 我想界に求むる, 我を笑, 我愛づる山吹の花, 我愛国忠君の赤誠, 我愛國忠君の赤誠, 我愛女に衣食, 我愛子を殺し, 我に襲, 我慈念すおよび, 我慰候に誰, 我慰安を求め, 我慾リンショクその素裸, 我慾一点と見られ, 我慾争乱の都会, 我慾念のこれ, 我慾火の勢, 我慾罪への批判, 我慾者と善から, 我憲法の条規, 我憲法史上に汚点, 我憲清と呼ばれし, 我懺悔を聞き, 我戀何ぞ協, 我我がこの様な, 我我と共に生まれた, 我我のどつかに, 我我両人も読者階級者, 我我二等客の選手, 我我五人が久し振り, 我我人類の先祖, 我我同国人に就, 我我売文の徒, 我我売文業者は余り, 我我外国人に対して少し, 我我夫婦の旧知, 我我文明の民, 我我日本の臣民, 我我日本婦人は特に, 我我明治に生れました, 我我煙草好きには甚だ, 我我男子には正に, 我我看客へ広告, 我我門外者の観察, 我或は夢むるにあらずやと疑ひ, 我戦わずんば彼, 我戦国時代に一銭切, 我戰裝を着くる, 我れに, 我の外, 我所謂才子に負, 我手元へ引寄, 我手柄にせん者, 我手許より, 我手足は震慄せり, 我打つて飜, 我を賞し, 我つた, 我折つて下手に出れ, 我折つて噂仕合へばまして, 我折つて帰つて来たが, 我の一たび爾, 我持たずと云, 我持てりと云, 我指揮に随, 我探偵たる義務, 我搖籃のありつる, 我政治ニ異ナル一殊, 我政治家をし, 我故に再び流される, 我故老旧知児童を前, 我敍述する所, 我しふ朝夕, 我教会に斯, 我教法の使徒, 我数奇を憐, 我敵方の歩兵隊, 我敵軍に対すれ, 我數奇を憐, 我し血染, 我の骨格, 我文久年間に続, 我文化の真髄, 我文學界に益, 我料理は甚だ, 我斯く再び彼等の, 我新作家を以て未だ, 我新婚を祝し, 我旅行は医術修行, 我の御身, 我既にいとさだかに, 我日の出艦長松島海軍大佐は一令, 我日夜悶々辛酸の極, 我日常専攻した論理学, 我日本といはん事其人を差別, 我日本固有な樹, 我日本国憲法及ビ法律ヲ正当ニ実行シテ, 我日本國の肺病, 我日本國中にさう, 我日本國人の性質, 我日本婦人は特に, 我日本帝国憲法及び法律, 我日本文学の源, 我日本武士の気風, 我日本臣民の至情, 我日課の外, 我旧幕時代の, 我昆姉と同じく, 我明らかにソロモン, 我明日讐と戦う, 我明治三十六年北清事件のあ, 我明治初年から二十一二年頃, 我明治四年に當, 我明治維新当時の大, 我の家, 我昔ボローニアにて鬼, 我昔前座が原, 我ぞゆく, 我昨夜の夢, 我是時身を轉, 我晴衣はとり出されぬ, 我は我, 我智識に満足, 我智馬の力, 我曰くうまい, 我曰く予を以て夫子, 我曰く誰か我, 我曰はず汝にわれ, 我曲亭種彦などに此流義, 我更に父母の, 我書く文字の, 我書ける小文章, 我最も憾と, 我最初の詩料, 我最愛の妻, 我最早すっきりと思い断ち, 我最期の場所, 我であるから, 我有りと云, 我望む所の, 我朝はいふに及ばず, 我朝日島の海岸, 我だか, 我未來の事, 我未知の境, 我本多に親しけれ, 我机上を飾る, 我机地下八尺に置かね, 我机辺に泣く, 我李下の冠, 我材能に疑, 我来し後の, 我来つるかな, 我来れど我が父母, 我来れり泰助あり, 我来世厄難に遭う, 我東京開成学校で, 我東洋は西洋文化, 我東洋人の立場, 我松山人なので, 我枕辺に集まる, 我枕邊の椅子, 我をもっ, 我はこ, 我校八百の生徒, 我校長田島氏の如きで, 我案ぜしよりは生む, 我棚つるか釘, 我植学ノ域内ニ, 我植学ニ在テモ資, 我楚国以て宝, 我の進まむこ, 我業病の全快, 我樂多までかつ, 我樂多文庫の發刊, 我に寐, 我權利なり我が, 我次第に縁に, 我歌我詩は端, 我は知らぬ, 我止まりて見し, 我止む事を, 我正しうして他, 我正直に過て, 我を全く, 我此上の出來ごと覺悟, 我此作を讀ま, 我此劍で永く, 我此土安穏天人常充満, 我此塔に銘じ, 我此等をピエル, 我此船を押し流さ, 我此處に在り, 我此郷に來, 我武紗羅で命知らず, 我武者共をも事, 我武蔵野の野, 我歩み行く街路の, 我歩武を向けざるべからず, 我歸君未復, 我死すともよし, 我死なずして物言, 我死ぬか彼, 我死期の近づきたる, 我死骨即朽, 我り他, 我殺さるるを助けたまわ, 我殺されて還らず, 我殿御かへしてた, 我比量界にあり, 我毛髮の彼銚中, 我氏名を注し, 我を抑, 我民法としよう, 我民草の, 我気に入りたるとて用, 我水陸兵力漸蹙, 我求むるところありて人頭を用いたい, 我汝命の為め, 我決して汝等を, 我決心の期, 我沐浴す我今君, 我にハッ, 我法典延期戦に酷似, 我法律ニ戻リ, 我法律政治を受けず, 我法科大學, 我波何為わが中, 我泣いて汝, 我泣かゆ, 我泣かしむる人の, 我泣かじ彼を, 我泣きて曰, 我泣くともあやしむ, 我泣けど君, 我泣声は秋, 我泰助は寸鉄, 我活水を汝, 我浪漫派抒情主義などと云う, 我浮世絵の作家, 我海岸ニ寇シ我都府ヲ焼, 我海軍砲は幾たび, 我涸れたる咽を, 我淑女我に曰, 我渇き水氣により, 我源平の末, 我漢復振, 我点したと見え, 我烟草を取った, 我無き故に悲め, 我無しやらに組みつい, 我無しゃらで年寄の云う, 我無しゃらで条約も何, 我無上の娯楽トナスノ外敢テ富貴, 我無情を譴め, 我無慮識の, 我無聊は愈, 我無言にし, 我無遮羅に, 我するを, 我煙草に舌, 我煙草好きには甚だ, 我く知れり, 我を冷す, 我熱情の徒ら, 我き, 我でかおん, 我父ゆゑにこそ悲しくも, 我父フレデリック老人を思い出した, 我父存命ナラバ二度本意ヲ遂ゲ, 我父庄右衛門を悪逆無道, 我父母不在なるに, 我父母存命ならば, 我父蓄ふる種々, 我爾曹に我が, 我牢室を距, 我牢獄以外を我が, 我牧塲内の熊害, 我牧者の家, 我牧農の小, 我物心覚へてよりはともすれば, 我物界も真俗二諦共, 我物語を傍聽, 我物面に横暴, 我するに, 我独り同意せざるを, 我独逸の社会党, 我独逸軍の衛生隊, 我くなりに, 我獄室の構造, 我獨リ怕兮トシテ嬰兒ノ未, 我獲ねば人, 我ひろふ沖, 我を殺し, 我現実の主観, 我を貫く, 我理想の女子, 我理想境と背馳, 我甘んじて敗れ, 我甚哀汝今以汝爲親魏倭王, 我生きんと生命, 我生き居るなれ卿ら悪意を, 我生るに非, 我生れて, 我生れ故郷富山に向つた, 我生処種姓形色力勢皆師子に勝る, 我生存の上, 我生徒たりし, 我生本散誕, 我生死を尽くす, 我生活我願望はこれ, 我生活P三四〇選皇帝の光景, 我生血に指, 我を懸念, 我となしたる, 我田中首相の政友会, 我田引雪の話, 我由来傘を嫌, 我男神は御身, 我画かくにもよう, 我画家よどうか, 我の胡瓜, 我留過半載, 我畫反古を見, 我狂を, 我疑懼鬱悶苦惱は幾何, 我疲れて曰, 我病みてい, 我病めば母, 我病める日の, 我病児は遂に, 我痩足の先俄, 我白峰がある, 我的活動なるもの, 我汝に, 我皇帝に於かせられ, 我皇統を歴史上, 我目下の境遇, 我目的動かず, 我ひに, 我合して, 我相場師となら, 我となる, 我看客へ広告, 我真心を固めけり, 我の穩, 我眼底を照せり, 我眼我耳の初めて, 我眼曇れるか, 我眼豆の如く, 我着物に愛着, 我よりも小さく, 我知らじとやお, 我知らすお出向き, 我知らずあっちにこづき, 我知らずあと叫んで, 我知らずいろいろ観察したり, 我知らずうとうととして時計, 我知らずうるんだ目の, 我知らずぎよつとしてコンクリイトの床, 我知らずこれまでの日本, 我知らずとんでもない事, 我知らずぬいでいる, 我知らずアグーシャの腕, 我知らずクスリと笑った, 我知らずホテルの室, 我知らずポーッと上気, 我知らずロシア人のする, 我知らず一人で儚い, 我知らず一歩程體, 我知らず一般的な生活, 我知らず下唇を噛ん, 我知らず不安の眼, 我知らず二足三足歩いて, 我知らず云い出したるぎり挨拶さえ, 我知らず亢奮した早足, 我知らず人数に加わっ, 我知らず人気ない街, 我知らず偽善的に鬱屈, 我知らず先廻りをし, 我知らず光の路, 我知らず刀の柄, 我知らず加って進駐軍, 我知らず勃然起上ったが, 我知らず包蔵して, 我知らず反問した, 我知らず口吟んでゐる, 我知らず口走ってニコチン, 我知らず叫んだがはっと, 我知らず右の方, 我知らず右手を八ツ口, 我知らず吐息づいて, 我知らず吐露して, 我知らず吹き出して大いに, 我知らず周囲を見廻し, 我知らず呼吸を吹く, 我知らず咬んだのか, 我知らず唸るその気持, 我知らず問題は解決, 我知らず喉がつまっ, 我知らず嘆息した, 我知らず噛みながら考えつづけた, 我知らず団扇づかいを, 我知らず固唾をのん, 我知らず地を撃つ, 我知らず坐蒲団の, 我知らず夢の中, 我知らず大声で唄, 我知らず失敗談よりも成功談, 我知らず女全体の代弁者的立場, 我知らず姉の手, 我知らず婦人に近づい, 我知らず安心の情, 我知らず屈して唯, 我知らず嵌り込んで遣り切れない, 我知らず左手でミス, 我知らず引き込まれて行き, 我知らず弛みきつて, 我知らず形に出, 我知らず彫刻のま, 我知らず彳みける, 我知らず彼の一つら, 我知らず彼女の家, 我知らず後ろを振向きました, 我知らず微笑みかけた笑顔を, 我知らず急に立ち上った, 我知らず急ぎ足になる, 我知らず性格のまま, 我知らず恍惚したよう, 我知らず息を潜め, 我知らず慎一は自分, 我知らず手足を折られ, 我知らず持って立っ, 我知らず指を折っ, 我知らず捲き込まれてゐた, 我知らず掌でその, 我知らず排他的になっ, 我知らず新聞をとりあげた, 我知らず早鐘を打ちだした, 我知らず時間を費した, 我知らず暗示的な微笑, 我知らず暫らく佇立って四辺, 我知らず月給取りの根性, 我知らず松之介, 我知らず椅子を離れ, 我知らず機械的唯物論に陥っ, 我知らず歎息の詞唇, 我知らず歩みを運ん, 我知らず比較して, 我知らず氣が進んだ, 我知らず泪含んだ, 我知らず洩されている, 我知らず流した涙を, 我知らず涙ぐんでいた, 我知らず溜息が出る, 我知らず溢れさせている, 我知らず火鉢の中, 我知らず独言を云った, 我知らず狼狽して, 我知らず甘えなければ無用, 我知らず甥と同じ, 我知らず皮肉に出, 我知らず着ものの前, 我知らず石河岸の前, 我知らず祈を捧げる, 我知らず秀子の両手, 我知らず穿った事を, 我知らず窮屈になっ, 我知らず立ちどまって地団駄, 我知らず立ち上って大, 我知らず立ち上ったがまた, 我知らず立上って室, 我知らず笑っている, 我知らず笑顔と為っ, 我知らず答へた, 我知らず答えようとした, 我知らず籠めている, 我知らず繰返して眺め, 我知らず罪もない, 我知らず老婆のまわり, 我知らず聴き入ってることが, 我知らず肩を聳やかす, 我知らず膝を進め, 我知らず自分もまだ, 我知らず自己の全力, 我知らず舞い立てて来た, 我知らず良心シンセリティー等々のもつ, 我知らず色傘を地, 我知らず複数をつかった, 我知らず襖一つ向うの病室, 我知らず見上た顔, 我知らず言過ぎたと, 我知らず言ッて文三, 我知らず語りつくせない心の, 我知らず貪るような, 我知らず走つて逃げよう, 我知らず足音も穏やか, 我知らず跡逐駈ると, 我知らず跳出して, 我知らず身体を少し, 我知らず身震いいたしました, 我知らず追懐に胸, 我知らず道徳家めいた口調, 我知らず郷土的な風趣, 我知らず鉛筆を口, 我知らず闘っていた, 我知らず電車道を横ぎると, 我知らず飛立ったが気, 我知らず食い入るように, 我知らず首を夫人, 我知らず馳込んだの, 我知らず騷ぎ立てて, 我知らず驚き叫んで, 我知らない悦びに, 我知るでいつが, 我知れず耳を, 我石棺を引き上げる, 我石狩の最後, 我となし, 我破屋なり, 我社仙台の鶴鳴社, 我社員あれば, 我を妨ぐること, 我祕言をサンタ, 我祖国も王位, 我祖父の鎧, 我神典中の一大疑問, 我神功皇后とし, 我神國の貴き, 我神州をし, 我神州万国の上游, 我神意を発揮, 我神我父と呼び, 我神明の懐, 我禁斷の果, 我福島県山口小林区署よりもまた, 我福祉を預言, 我禮隱魂ゆく登む靈實, 我秋天の如く, 我租税をば我夫自ら來, 我称泰西第一人, 我働き者は, 我種族伝来の最善, 我き目, 我にお, 我の外, 我立たずんばといい, 我立ちて曰, 我立つ杣の, 我立てる白雲岳が, 我立国の為め, 我立場に立つべき, 我立所に答, 我竹叢の中, 我等あぐらゐ冷, 我等いつまでも身, 我等ここに眠る, 我等こと二名の弥次喜多, 我等こと捜査のヒント, 我等すずしむ, 我等すゝみて, 我等といへるは, 我等なにをなすべき, 我等はかの愛する, 我等はくづれおちたる石をわたりてく, 我等ふたり天使をはなれ, 我等みな汝の助け, 我等みな默せりあゝ, 我等ゆるやかにくだりゆくべし, 我等アケロンテの悲しき, 我等ガ両三日昼夜カカリテ分別ナリ難キ事モ, 我等テゼオに襲, 我等ニンフェなり天, 我等ハココニアリ至急スクイ出シ, 我等ハタトヘカヽル設備ヲ有, 我等マーレボルジェの最後, 我等一同感謝, 我等一人の期せ, 我等一党の事, 我等一党其儘に草, 我等一切の重力, 我等一族の休戚, 我等一昨年九月四日の夜奧州屋, 我等万倍の利益, 我等三十余人賤しき身品同じきもの, 我等三名は川, 我等三歳の時父, 我等上は国恩, 我等上杉景勝の家老直江山城守, 我等両人の事, 我等両人当所に於, 我等両人率先して, 我等主の懼, 我等主人に於, 我等主人胸中には刑部, 我等主題を遠く, 我等乳臭の口, 我等二人ぎり廣いの, 我等五者みな坐しゐたり, 我等仏教徒はまず, 我等以外のもの, 我等修業の妨, 我等儀主家滅亡の後八ヶ年, 我等儀年罷寄, 我等兄妹を見忘れ, 我等凡愚にはただ, 我等北方人の頭上, 我等十人十方に分れ, 我等十餘人の乘, 我等危険に瀕せり, 我等参合せきよと, 我等君等カベイロイを迎, 我等四五人なつかしく, 我等四人で, 我等四人内密に行うべき, 我等壞れし橋, 我等変態なる人間, 我等多年思い立ち候事, 我等大海に浮びし, 我等夫婦殊に老, 我等奮へり, 我等女性が忘れ, 我等子供はうろたへ, 我等子供たちの遊戲, 我等宅に出入り, 我等宿将を此処, 我等小僧としてたびたび, 我等少年生徒の眼, 我等己を愛する, 我等幸ひに, 我等式百姓に別荘づくり, 我等彩色れる民, 我等彼等とわかる, 我等律法にてキリスト, 我等後にむかはむ, 我等心をとめゐたる, 我等必死のお願い, 我等悲観なり, 我等意を盡, 我等懐中甚だ欠乏, 我等扈従記者の一行, 我等手を額, 我等拿破里人は傘, 我等播州ヘ入国, 我等救命の故, 我等教子の友, 我等数年兵法などをし, 我等新聞配達人様だオイ村井君, 我等日常生活の上, 我等日本の女子, 我等日本人の夢, 我等日本民族にあらずや, 我等旧友に先, 我等星ぞかし, 我等正義を主張, 我等此処を去ろう, 我等此方に止まるべき, 我等武人としてはこの, 我等歩みを停めず, 我等死の溝, 我等永遠の法, 我等汝等にき, 我等池をいでざる, 我等河童は如何なる, 我等浪人者の時間, 我等海員の仲間以外, 我等淨火門内にある, 我等火にあたり携, 我等無政府主義者が革命, 我等猫属に至る, 我等猫族が親子, 我等現代人を指導, 我等現実の華やか, 我等理想のため, 我等皆これらの言葉, 我等皆心織筆耕, 我等相談の上, 我等看客には都合好き制度, 我等知を先生, 我等石垣をくだらん, 我等石橋を渡り, 我等社会民主党の外, 我等祖先の悠久, 我等福なる天使, 我等秋田さんと鳴海さん, 我等組下の者矢部藤十儀, 我等網を張ら, 我等縁いと近き, 我等羅馬のかの傭兵, 我等股の曲際腰, 我等腹を切り, 我等自らの幸福, 我等自ら車を押し, 我等自ら軌道を作り, 我等自由に且つ, 我等舟が覆へり, 我等萬倍の利益, 我等詩人の卑し, 我等読者を哄笑, 我等誰が名, 我等谷間に寝そべつ, 我等負ひ行きつ, 我等足を邑, 我等近く来るたび, 我等配達人も亦, 我等鉱毒被害民は秩序, 我等門の閾, 我等階の頂, 我等難路に入りし, 我等静かなる片, 我等頂上を棄て, 我等顏色なし, 我等風情とは全く, 我等黯める波, 我の爲め, 我粉砕ヲ受ケルカ, 我系統の主, 我は左巴, 我素性を枉げしめず, 我終焉に臨み, 我組合が尊敬, 我経済界のため, 我経験する処, 我結婚の日限, 我經歴に徴, 我維新の初, 我維新史を觀察, 我縱帆架に飜, 我いて, 我罪障なるべし, 我置きて行く, 我羅苦多もの, 我羅馬日記を披, 我かしい, 我が島, 我翁行脚の頃伊賀越, 我吟なり, 我老いたりと思ひけり, 我老いぬただに, 我者北方に一両公御座候事, 我へむ, 我耳ニ新シキコトアリテ, 我耶蘇基督に祈る, 我を表, 我聖手のわざ, 我聯隊はその, 我聴けりかつこう, 我職分なりと曰, 我と鬪, 我肉体の内外, 我肩上に置き, 我肺腑より流れ出で, 我肺腑中より流れ出でたる, 我恋すれば, 我胸一つに畳ん, 我胸裏には萬感叢起せり, 我胸跳りしは, 我胸踴る, 我脈絡にカムパニア, 我脈絡中なる山羊, 我を緊, 我脚下に沒, 我脳裡に一点, 我腕前の遙, 我腕立を謝, 我腦中には唯, 我腦裡に一點, 我腦髓を役せん, 我へ差そう, 我を充, 我の上, 我を試みるべき, 我膽力は漸く, 我臥せばすなわち, 我自ら三千以上の, 我自ら之を棄つる, 我自ら來れるに, 我自ら我を高う, 我自ら我身を顧, 我自ら汝に誇りたれ, 我自ら爲す所なきに, 我自ら種を蒔き, 我自ら負はんとさけぶ, 我自ら運命を支配, 我自利に偏する, 我自治は半, 我自訴の事, 我臺所の小僧, 我ふラーオトエー, 我興會は漸く, 我舊作家を以て類想, 我舊夢を喚び返す, 我船泊てむ磯, 我に命中, 我艦眼掛けて, 我艦要撃之于宮古, 我艦長松島海軍大佐は流る, 我良人我子これや何者, 我良於毛保之売之弖, 我芭蕉翁の生涯, 我芸術の花園, 我しこ, 我若うして, 我若き時九州に, 我若く逝くべく老, 我若者よ, 我苦心と相, 我草廬を敲き, 我荷物草鞋杖笠など両手, 我の消, 我蔵本に交, 我藩上下一同まず愁眉, 我藩主を畏れ, 我藩内ではこの, 我藩屏と信じ, 我藩知に属す, 我藩等の如き, 我す, 我號衣を見る, 我蜻蛉洲は茜, 我蝸菴を其坤角, 我血肉を以てかの餓虎, 我くして, 我衆人を引きつれ, 我行かんといふの外, 我行き立てば, 我行く先に這い居るなら, 我行けども殆, 我行けりせば韮, 我行力を試, 我行末のため, 我行為す我意, 我衛生隊附のピョートル, 我衣兜にさし, 我へて国栄, 我に入れた, 我にさ, 我聰明誤, 我裳裾を握り, 我の鳥, 我西遊を企つる, 我見れば, 我視るに地水火風, 我視力乏しけれども, 我視線は覺, 我親しく遇いたり, 我親ら千人の垢, 我親切こそはこれ, 我親里の能こと, 我観我説を唯一, 我観社といふところ, 我観論を書き, 我の記者, 我觀棚は極めて, 我れず, 我言かくのごとく違わじ, 我言葉の過, 我言責を明証, 我略図に, 我なきこと, 我記不当日旧牛医, 我記念の墳墓, 我ひて, 我詞章に耳, 我詩中のもの, 我詩思を養, 我詩才を産み出しし, 我詩界に求むる, 我詩稾を閲し, 我詩稿を刪潤, 我の腰, 我語り彼答え, 我誠告爾富人入天國, 我てり, 我誤りもう是, 我説かんとする, 我読書界のため, 我論的な意味, 我諸州ニ向テ師, 我諸州ニ人口ノ繁殖スルヲ妨ゲント欲シ, 我諸州ニ内乱ヲ起サシメテ, 我諸州ニ加フルコトニ付テハ我輩屡々之ニ忠告シ, 我は到底, 我へらく, 我謂うところの, 我だりていまだ, 我譫語も人, 我譯家肇て彼言詞習得, 我讀書の, 我豊太郎ぬし, 我豊葦原の民族, 我豐太郎ぬし, 我負けじと同, 我を輕, 我責務の果し, 我資材を引, 我はむわが家, 我赤樫を割っ, 我起きいでんかと, 我越後のごとく, 我を求め, 我足下の大地, 我足利時代の歐洲, 我足袋つぐ妻, 我足迅く心驍勇, 我からも鉦鼓, 我踏む土は, 我身おん相手となるべけれ, 我身おん身に請, 我身さへ富貴, 我身つねつて人の痛, 我身なりしを, 我身なりふさはずあらじ恋, 我身なり真実の我身, 我身のかひ, 我身ひとつの故, 我身ひとりが苦痛, 我身ハ居ニ常処ナシ, 我身一人と云う, 我身一人内裏へかえって, 我身一代の諸, 我身万一の時, 我身上は今や, 我身上話を繰り返しつ, 我身中の美, 我身以上なもの, 我身分の耻, 我身半はその, 我身命ヲ賭シテ其成功, 我身夜中にこの, 我身専一を男, 我身悉に傷, 我身是なり五百師子, 我身瀧口時頼命とともに受繼, 我身独立んと思へ, 我身生れ効も無く, 我身草葉の蔭, 我身邊に帶び來, 我身雖老又若, 我軍これより, 我軍之を追わん, 我軍今は誓約, 我軍功の封国, 我軍攻撃に際しては諸, 我軍死傷少なく負傷者何名, 我軍門ニ降ルカ, 我軍隊が北京城内, 我を負, 我舸を, 我辛きこの世に, 我辛ふじて身, 我せず請, 我辞世いかにと, 我辞安其体には有, 我辞安行路之人, 我辞退したの, 我辯舌の暢達, 我かこむ, 我濶と, 我國, 我近海ヲ掠, 我る, 我かに逐, 我遅れじと頭, 我遅参の罪, 我ひに, 我運命論者は淋しき, 我にはあらざり, 我過ぎたり矣, 我道一以貫之, 我の利益, 我きに, 我選挙区民は此, 我選擧區民は此, 我是處子未, 我邊民カ片タル葉舟ニ棹シテ浩渺タル怒濤, 我那勢之命為如此登詔雖直, 我那勢命入り来ますこと, 我那邇妹命吾汝と作れりし, 我那邇妹命汝為然者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也, 我邦なぞも人, 我邦ニテ古今無双ノ古, 我邦ニハ是レ迄公私トモニ, 我邦ニ舶来ス可キ理無キヲ熟考セ, 我邦ホド古物ヲ疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ, 我邦モ日ニ月ニ開明ニ進ム故今日, 我邦中部以北の山地, 我邦中部以西の山中, 我邦人心に浸染, 我邦人類學上重要ノ事ト信ズレバ, 我邦儒者の作つた史乘, 我邦劇の前途, 我邦千余年間の和歌, 我邦南方の暖地, 我邦古来の貞淑, 我邦史家が本文, 我邦各地に野生, 我邦垂水広信崇信読之藤房従而受業或云, 我邦外交史中における一大関鍵, 我邦学術の進運, 我邦屈指の大, 我邦山野の景色, 我邦彼邦の古筆, 我邦復讐の事, 我邦感傷主義を一寸, 我邦斯学界一般に用いられ, 我邦新聞界に稗益, 我邦有史以来の忠臣, 我邦未来の文学, 我邦東北の奥羽地方, 我邦植物学者はホングウシダ, 我邦植物書中の最も, 我邦楽器の性質, 我邦理想詩人の前途, 我邦神代からのもの, 我邦等でも漢, 我邦経済界の好景気以来, 我邦統一の業, 我邦蘭書を講ずる, 我邦蜜柑類の専門大家, 我邦言語の母韻, 我邦詩壇に於, 我邦識者の国防的観念, 我邦革命史上においてマヂニー, 我邪念なし往返徒労, 我邸内に忍び込み, 我郷土の研究者, 我郷訪ひこ見に, 我郷里のみならず, 我都市の貧しい, 我都府ヲ焼, 我都比登云神乃言武惡事爾相麻自許理云々, 我配所に赴かずん, 我配處に赴かずん, 我出させ早, 我酔ひけらし斑鳩, 我酔ウテ眠ラント欲ス君且ク, 我だこの, 我重ねてこれ, 我野川越熊谷深谷本庄新町以上合せて, 我野通りと称え, 我金峰山に登り, 我を打つ, 我を竊む奴, 我鍾愛の物, 我鐘楼によぢ, 我ならば, 我長き眠りより, 我長剣を好む, 我長崎の港, 我門外者の観察, 我開国の後, 我開国以来世に行われた, 我閑中却多忙或説礦業, 我閲歴なりしなり, 我陣屋へ帰る, 我を激励, 我障る事あり, 我集合を命じ, 我雑ものを, 我雑者で人, 我雛鷲よ, 我と思へ, 我霊界も我物界, 我露伴子の, 我靈魂を護り, 我青太藺綯ひし小縄, 我青年諸氏に利益, 我青春の名残, 我なれば, 我面前に来れる, 我韓神のから, 我音声の変ッ, 我音聲とのみ, 我を撃つ, 我を抱き, 我順番になり, 我領有たらば, 我頭のを逐え, 我頭腦の中, 我頸筋にからまり, 我申者, 我額我唇に觸, 我額髮を撫で上げ, 我顔色を悟られまじ, 我願ふところは富, 我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 我願望はこれ, 我顱頂の上, 我風体と云, 我風流吟客を迷, 我飛びつつあり, 我飛行界新進の花形, 我食う草を, 我食うべきものを, 我食時には雕物, 我を医せ, 我養家は大藤村, 我館界の理想, 我香取艦長は直に, 我馬夫は兼, 我馬造が隠居所, 我の行く, 我骨髓に徹し, 我は海底, 我は器分, 我高きにのぼら, 我高僧の肖像畫, 我高安あたりの散, 我高等中學校に道徳會, 我をば, 我鬼久米三汀等来り共, 我鬼先生の愚, 我鬼先生佐佐木味津三君の文, 我鬼國提案の寫眞, 我鬼時代の芥川, 我鬼神の思想, 我鬼窟澄江堂の額, 我魂魄に対する二元的, 我魘夢の儼然, 我魯扶古連者, 我鳴っている, 我鳴った時よ, 我鳴つたが運転手, 我鳴らしつけがお, 我鳴りこんできた, 我鳴りたててゐた, 我鳴りたてた揚句の, 我鳴りたてるが誰一人, 我鳴りつけたものと, 我鳴りつけ怒鳴り立てていた, 我鳴り散らすので将軍, 我鳴り立ておったのは, 我鳴り立てたが隅, 我鳴り立てようがビク, 我鳴り通しなん, 我鳴るのです, 我鳴る嗄れ声は, 我麻祠の前, 我麻都良牟月者倍爾都追, 我黄帯は敵, 我黄種は危機, 我黄色な顔, 我黒き泥水の, 我し, 我默せりともこ, 我を視る, 我の寄る