青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「急い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思召 思召~ 思惟~ ~思想 思想~ ~思案 思案~ ~急 急~ ~急い
急い~
急ぎ~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~ ~性質 性質~ 怨み~ 怪~

「急い~」 5352, 55ppm, 2096位

▼ 急い~ (5136, 96.0%)

105 いた 71 行った 51 出て 48 帰って 37 それを 36 いる 34 行って 31 いるの 29 家へ 27 来た, 自分の 24 行く 21 来たの, 来て, 行くと 19 そこを 18 家に, 着物を, 降りて 17 封を 15 眼を 14 歩いて 13 いると, ゆくと, 来ると 12 写生した, 外へ, 手を, 階段を 11 くれ, ゐた, ゐるの, 家の, 帰った, 来たが, 歩いた 10 いたの, 彼の, 戸を, 持って, 部屋を, 顔を 9 いたが, いるん, やって, 下りて, 扉を, 来たもの, 立って 8 そこへ, やって来た, ゆく, ゐる, 家を, 支度を, 行きました, 走って

7 [14件] いたので, いて, いました, そっちへ, やつて, 二階へ, 勘定を, 山を, 座を, 戻って, 梯子段を, 目を, 行つた, 逃げて

6 [19件] いった, いますから, いるよう, ここを, そこに, そっちを, その場, 居りました, 帰る必要, 引っ返しました, 来る, 歩き出した, 涙を, 玄関へ, 起って, 身を, 門の, 靴を, 馬を

5 [35件] いって, います, いること, おりますが, しまった, その前, その方, それに, ゐると, 例の, 傍に, 出かけて, 出して, 参りましょう, 外に, 居りまして, 席を, 帰ろうと, 往って, 急いで, 来たので, 来るの, 東京へ, 次の, 母の, 窓の, 答えた, 腰を, 行けば, 言った, 話を, 起きて, 足を, 這入って, 金を

4 [57件] あとを, いきました, いたと, いるから, おくれ, くれよ, そこから, そのあと, つけ加えた, のぞきこみました, ゆくの, ゐるやう, 下駄を, 主人の, 二人の, 二階に, 云った, 云ひました, 受話器を, 口を, 台所へ, 宅へ, 帽子を, 床を, 彼は, 後を, 扉の, 来い, 来たん, 格子を, 立ち上がって, 立ち上った, 立つて, 腕を, 船を, 茶碗を, 草履を, 荷物を, 行かなければ, 行くの, 行け, 行こう, 表へ, 視線を, 読んで, 身支度を, 車に, 車を, 近寄って, 通り過ぎた, 道を, 部屋の, 門を, 食事を, 馳けて, 駆けて, 駈けつけて

3 [108件] いたもの, いつた, おいで, おりて, かけて, くると, こちらへ, こっちへ, これへ, すぐに, そのままやめました, その部屋, ついて, どこへ, ゐたが, テーブルの, ハンケチを, ベッドを, ポケットの, 下さい, 下宿に, 云つた, 人を, 仕度を, 他の, 其処を, 出た, 十字を, 取って, 取りに, 坂を, 女の, 学校に, 宅に, 宿へ, 寝台の, 居た, 居る, 帯を, 帰つた, 帰るにも, 帰る時, 帰庵した, 店から, 店の, 座へ, 庭へ, 引っ返して, 引返して, 彼を, 後から, 後に, 後へ, 応接室に, 戸外へ, 手拭を, 抜けて, 木の, 木の下へ, 机の, 来たと, 東京に, 林の, 梯子を, 此方へと, 歸る, 水を, 湯殿へ, 灰を, 父の, 片づけて, 物蔭に, 用を, 眼鏡を, 私の, 私を, 立ち去った, 紅矢の, 膝を, 自分も, 舟を, 行きすぎようと, 行く人, 行ったこと, 行ったの, 街へ, 衣服を, 表の, 見て, 走つて, 近づいて, 退場, 通って, 通りなさい, 通る, 遣って, 酒を, 鏡に, 鏡を, 開けて, 階下へ, 障子を, 電話を, 電車を, 飯を, 馳け, 駆け寄って, 髪を

2 [273件] あるきな, いく様子, いたし, いたん, いつて, いましたので, いるが, いるとは, いるらしい, いる場合, いる様子, いる頃, いろいろな, うちへ, おいでに, おくん, おるところ, お出でに, お宮へ, お迎い, お風呂, かぎを, かけつけて, からだを, きた, きたの, くる様子, くれい, くれなくちゃ, ここまで, これを, したくを, して, しなければ, じぶん, せいの, そつち, そのお, そのそば, そのほう, その一つ, その家, その後に, その言葉, その跡, それと, どうやら下地, どこかの, はねを, また出, みると, もとの, やった, やってきて, やって来て, やって来ました, やりな, やること, やれ, ゆきました, ゆくうち, ゐたので, ゐますから, ゐるので, ゐるん, ゐる者, ズボンを, ドアを, ベッドの, ベルリンの, ページを, ランプを, 一つの, 三人に, 上から, 下に, 下山する, 中を, 二階から, 二階を, 云いました, 云い足した, 仕事に, 仲間の, 体を, 便所へ, 停車場へ, 傍へ, 先の, 入って, 内へ, 写生する, 出かけなければ, 出かけました, 列席の, 別れて, 助けに, 勝手口の, 医者へ, 厨へ, 去る, 参りましたが, 参ります, 取って返して, 口に, 向うの, 呼びかけた, 国へ, 国元へ, 垂幕を, 夜具を, 奥へ, 女と, 娘の, 子供を, 学校の, 室から, 宿に, 封筒の, 小屋へ, 居たの, 居ると, 川の, 己の, 帰ったが, 帰つて来た, 帰ること, 帰る拍子, 帰る気, 帰る途中, 帰途に, 店先へ, 廊下に, 廊下へ, 廊下を, 弁解した, 彼女の, 往きな, 復た, 我が家へ, 我家へ, 戸口へ, 戻つて, 手紙を, 手配しなけれ, 拾い上げて, 探して, 探しに, 支度し, 断つて, 方丈の, 旅館へ, 日向を, 昇って, 書いたもの, 書いて, 書斎へ, 服を, 朝食を, 朝飯を, 来たのに, 来る姿, 来る時, 杭州へ, 東照宮の, 根津の, 楼梯を, 横に, 樽の, 次の間へ, 止めて, 武器を, 歩きだした, 歩きながら, 歩く, 歩み初める丁度, 歸つて來た, 母屋の, 水に, 池の, 決行せね, 汽車を, 洋燈を, 洞を, 活動的に, 派出所の, 海に, 漕げば, 玄関を, 町へ, 登って, 盛岡行の, 矢を, 石段を, 祈願を, 穴を, 窓から, 窓を, 立つ, 立つと, 立去つた, 竿を, 箱を, 箸を, 籠を, 老婆の, 耳を, 胸から, 舞台を, 茶を, 茶室成就よ, 著物, 蓋を, 蚊帳を, 行かうと, 行きな, 行きます, 行くが, 行くもん, 行った処, 行願寺内へ, 衣物を, 表に, 裏へ, 褥を, 襖を, 見に, 見舞に, 話題を, 谷に, 財布を, 買いに, 起きあがって, 起き上ると, 起ちあがって, 跡を, 踵を, 車の, 轟々と通りすぎる, 退場する, 逃げ出した, 逃げ出して, 通りへ, 通り過ぎて, 速度を, 遁出す, 遣つて, 邸へ, 部屋には, 部屋へ, 配所へ, 鏡の, 開いて, 開封し, 階下に, 集まって, 離れへ, 電話口へ, 電車に, 頬冠り, 顔に, 風呂へ, 飛び出して, 食べて, 食堂へ, 馬に, 馬の, 駅の, 駈けて, 駈け出して, 駒を, 駕籠を, 黒い股引

1 [2598件 抜粋] あいずを, あそこまで, あちこち廻り, あのろう人形, あらわな, いかせながら, いき両, いずれへか, いたのに, いた于禁, いた理由, いた金太, いったが, いないの, いますね, いらっしゃること, いるあの, いるし, いるといった, いるなんて, いるのよ, いるらしくありました, いる仕事, いる妻, いる筈, いる青年, うちまで, おいでが, おしたくしなせえよ, おぬいさん, おられお, おりましたが, おりますんで, お人好しの, お千絵, お増, お帰り, お昼を, お父さんと, お知らせ申し, お越し下さいませ, お集まり, かけいでも, きたか, きた途上, きっぷを, きりあげたいよう, くるそれ, くる敵, くる騎馬, くれ異人館, くんろ, ここに, こしらえた花環, この人, この場, この跡, こんなに恐ろしい, さしあげに, さよならを, したくした, しまう軽率放縦, しまふほか, すぐさまお出かけ, すわり直した居ずまいを, そこの, そちらへ, そのま, その不幸, その入口, その壺, その尖, その手, その森, その眼, その茶碗, その銀行の, その首, それからどん, それ相応の, たもれ, ちょうど柳ヶ崎, つける工夫, ととのえて, なおして, ねどこへ, はい上がっ, ひきわけて, ふきんで, ふり返っ, またそこ, また引つ返しました, また熊笹, まるで拂, みたが, めいめいクッションを, もう一枚, もみ消す苦心, やがて小高い, やってきました, やって来たん, やみの, やれと, ゆくこと, ゆく人々, ゆく男女, ゆっくりいっ, よこして, わが家え, われ勝ちにと, ゐるかの, ゐる列, ゐる鼻先, オランダに, ガラス張りの, グローブなし, サモイレンコの, スケッチも, セルゲイの, テーブル, ドヤドヤ入, ハンカチを, バスを, バルナバスの, フロイスを, ボートを, ミコちゃんは, モン, 一と, 一方の, 一群の, 三ツ木は, 上がった, 上へ, 上京した, 上衣を, 下って, 下りるつもり, 下宿へ, 両ほお, 並木通りへ, 中谷助役に, 主館の, 乗船した, 二丁用意しろ, 二条の, 交尾し, 今の, 仏蘭西語を, 仕度する, 他へ, 会う必要, 佐野の, 余悠が, 作る方向, 來年と, 修道女の, 傍の, 僕たちと, 先が, 入ったよう, 入口へ, 八幡宮を, 其の備忘録, 其処へ, 内偵し, 写真を, 出かけたあと, 出したり, 出なければ, 出口の, 出発した, 出頭なされませ, 列を, 別れ去った, 前を, 加わって, 勝手許に, 化粧したらしく, 医者に, 半ば開けた, 博物館へ, 厩舎へ, 去つた, 参った次第, 参りまして, 参る積, 又歩き出しました, 反射されなかった, 取りかかった, 取り片, 受刑者を, 叫ばれました, 台所の, 名所を, 向きを, 君江さんを, 呑み下そうとも, 呼び寄せて, 品川の, 四の, 四時半に, 土を, 土間に, 地下室に, 坐勢, 城に, 塀へ, 塾を, 壁に, 変って, 外出の, 多四郎が, 大きな棺, 大宇宙探検計画, 大理石の, 天神の, 奥書院へ, 女房に, 妻を, 姿を, 子供達に, 安土まで, 宣城へ, 室蘭を, 家と, 寂れた街道, 寝台に, 寝所へ, 寝道具を, 寺へ, 封筒を, 小山の, 小舎に, 少年の, 居りますが, 居る人, 履いて, 山道を, 岸へ, 崖下へ, 巣へ, 差支ない, 師団司令部へ, 帰ったの, 帰っても, 帰らうと, 帰られたん, 帰りねる, 帰り仕度に, 帰るなあ, 帰ろう, 帰宅する, 平常着, 床に, 店を, 庫裡へと, 廊下の, 弁解しよう, 引きかえして, 引き裂いた皺, 引っ込めて, 引立つれ, 当人の, 彼から, 彼女を, 往きませうね, 得られる物, 御飯を, 慥へて, 我が屋, 戸外に, 戻らなければ, 手の平の, 手当たり, 手足を, 抱きおこして, 押入の, 拭きとらうと, 拾おうと, 拾ひあげる, 振りきって, 捕えようと, 掌を, 探す必要, 揉み消そうとして, 攀じ登る, 故郷へ, 教室主任の, 数えはじめた, 斯の, 新聞を, 方々に, 旅装を, 早口に, 明智たんて, 是に, 時計を, 曲って, 書き揚げられた原稿, 書斎に, 望遠鏡を, 朝食わりに, 木曽へ, 本庁に, 本陣を, 村へ, 来か, 来たこと, 来たわけぢ, 来た母夫人, 来た謂れ因縁, 来つるぞ, 来るころ, 来る燕合羽, 来れば, 松倉町から, 枯草を, 校舎へ, 森の, 椿の, 横へ, 橋の, 次の間に, 止めました, 此宿を, 歩いたので, 歩きなせえ, 歩き出しました, 歩く時皮膚, 歯医者へ, 歸らう, 死体は, 氏や, 水桶から, 求めても, 汽車で, 泊めるよう, 洋服の, 派遣される, 海岸へ, 淀屋橋筋を, 済ましたの, 温泉宿の, 湯の, 漁山を, 潜航する, 炊事場へ, 煉塀の, 燈火を, 片付けすぐ, 牢に, 玄関に, 玄關の, 瑠璃光は, 甲冑を, 男の, 畑から, 病室の, 発足し, 百匁袋を, 目白坂下へ, 真直ぐに, 着物が, 矢立で, 石鹸と, 研究機関を, 社務所へ, 神尾に, 私に, 空に, 竈の, 立ちましたが, 立ち上がろうと, 立ち去りまして, 立てなおさなくては, 立去って, 竹川へ, 筆と, 簡単に, 粟の, 純之進, 結わえた, 結婚の, 絵の, 網を, 縁の, 縫い上ます, 纏を, 羽根を, 考えたん, 肉屋の, 肩と, 腕車を, 自分で, 自己を, 臺所に, 船内に, 芝口から, 茶の間の, 荊州へ, 落ちて, 著更, 蓮華寺へ, 薬の, 蝋小屋の, 行かなくても, 行きかけたが, 行きますと, 行くこと, 行くよう, 行く人達, 行く由良, 行く面, 行けツ, 行ったあの, 行ったところ, 行った時, 行つて乘つた, 行われたの, 衣装を, 袖を, 裏の, 襷を, 見つけて, 見残した, 親しげに, 言いわけ, 言い訳を, 言われるやさしい, 計算書や, 記事に, 話すの, 読み始めました, 調べようとも, 謹んで礼, 谷底から, 買ひ, 走つて行つたの, 起きた薫, 起ち袖, 越すの, 足跡の, 踏み外したり, 辛く間, 迎えた少年, 近づかうと, 近寄る, 追いかけて, 追い立てられる感じ, 追って, 追付いて, 送った, 逃げたので, 逃げ出しましょう, 逃れたとの, 這い出して, 通られた, 通り抜けて, 通り過ぎること, 通過ぎる, 連れ込んだ, 道の, 遠ざけたの, 避難港へ, 部屋に, 郵便局まで, 重助の, 釣竿を, 鉄棒押隠し, 鏡台の, 門から, 閉めようと, 閨へ, 降りると, 陣を, 階段に, 隠すと, 隣りへ, 雨戸の, 電灯を, 青山へ, 須勢理媛を, 顔や, 風呂場の, 飛び出した, 飛んで, 食べた, 食わざなるめえ, 食器の, 飲みさしおいて, 首を, 駅に, 駆け出して, 駈けつけたの, 駈け上つて行, 駈付けると, 験べに, 鳥居を, 黒江氏の

▼ 急い~ (72, 1.3%)

3 いるので, 来る 2 いた, いるん, 鐙の

1 [60件] あとの, いたから, いたが, いたこと, いたもん, いた城太郎, いて, いましたので, いる, いるあんばい, いるお, いるが, いるの, いるもん, いるよう, いる二人, いる折柄, おりましたせい, おりますから, おりますので, おるの, おる場合ゆえ, お出でに, きた, しみじみ話, すぐそれぞれ, そういう結果, それではまず, てどうしても, ふりか, ほとんどその, まっしぐらに, ゐても, ゐるので, ドアを, 不可から, 九郎右衛門が, 事を, 出て, 又燐寸, 又長い, 呶鳴った, 呼ばれても, 喰は, 四五人押込も, 居りますから, 息が, 智恵子は, 智惠子は, 来た, 来るの, 猛って, 登りながらも, 納戸に, 老夫婦, 訊く, 追撃戦へ, 飯も, 馳け, 駆け附けた

▼ 急いでも~ (57, 1.1%)

2 その回復, 夕方に, 時間が

1 [51件] あたり前に, いた, いやしない, いるし, いるようだつた, おるの, かえってまずい, ここだけは, こちらは, そわそわし, ときた渓畔, ぬれないという, また夜, もう無駄, われんぞ, 一昼夜の, 一語づつしか, 三日がかりの, 二日路ほど, 五時間近く費し, 亥刻, 人形は, 今から, 今までの, 八日には, 半月や, 只今の, 四半刻は, 四里の, 容易に, 少しも, 山東までは, 帰りは, 廿日は, 急いでも, 急がいでも, 捗る道のり, 明日の, 書き残して, 歌川家まで, 決して早, 片道一時間かかる, 牛車は, 着く船, 私は, 詩の, 追ひつけない, 遲く, 顕家が, 駄目だ, 駄目です

▼ 急いでは~ (32, 0.6%)

3 いって, いなかった 2 いけない, ならない, ならぬ

1 [20件] あぶないと, あるかれない, いかんと, いけないの, いけないよ, いけない伯次, いけません十分, いる, いるが, いると, ならないこと, ならない茲, ならぬと, ゐないの, ゐるものの, ムリだ, 失敗の, 成りません花, 来ましたが, 転ぶわ

▼ 急いては~ (13, 0.2%)

8 事を 1 いけない, いけません, いけませんよ, ならぬ, 困るな

▼ 急いだり~ (12, 0.2%)

1 [12件] した, して, する, すること, まあいい, ゴチャゴチャかたまっ, 努力し, 打算が, 案じたり, 焦ったり, 狼狽てたり, 立止まっ

▼ 急いても~ (3, 0.1%)

1 お検察め, すぐ駕, 舌は

▼ 急いでを~ (3, 0.1%)

1 はりの, りました, る

▼ 急いじゃ~ (2, 0.0%)

1 いけねえ, 駄目だ

▼ 急いたり~ (2, 0.0%)

1 あんまり喜ん, する時

▼ 急いでとは~ (2, 0.0%)

1 おっしゃらないん, またどう

▼ 急いでの~ (2, 0.0%)

1 帰るさ, 素気ない

▼ 急いでや~ (2, 0.0%)

1 がるな, ぐらの

▼1* [14件]

急いたっていけない, 急いだりはつつしまなければ, 急いちゃァ事, 急いちゃあいけない, 急いやいけない, 急いてでもいると, 急いてね急いで, 急いてのことでござる, 急いでかうつけ足した, 急いでけえ, 急いででもいるの, 急いでねまきに, 急いではとのおことば, 急いくれやすえ