青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思案~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思われない ~思われます ~思われる 思われる~ ~思召 思召~ 思惟~ ~思想 思想~ ~思案
思案~
~急 急~ ~急い 急い~ 急ぎ~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~

「思案~」 2117, 22ppm, 5259位

▼ 思案~ (530, 25.0%)

48 暮れて 43 余って 32 くれて 16 耽って 11 沈んで 10 あまって 7 くれた 6 あまること, 暮れた 5 ふけって, 余ること, 暮れました, 能は, 迷って 4 暮れたが 3 あぐねて, あぐんで, あまったという, くれたあげく, くれました, 余るよう, 暮れるも, 餘る

2 [32件] あぐんだの, あまして, あまるという, かき暮れて, くれた挙句, くれながら, くれはてて, くれる阿關, なって, ふけりながら, 余った, 余ったよう, 余った末, 余りました, 余るもの, 余る事, 思案を, 思案凝らせし, 暮るる, 暮れたという, 暮れた平次, 暮れながら, 暮れるの, 暮れる様子, 空費するなら, 耽ったが, 耽るの, 苦しんで, 詰まった揚句, 身を, 迷った, 餘つてお

1 [234件] あぐみながら, あぐんだ, あぐんだその, あたわない時勢, あました, あまったこの, あまったよう, あまったら嚢, あまった顔, あまつたやう, あまつた息苦し, あまつて, あまつて居た, あまつて居る, あまつて藁すべの, あまりきょう, あまりて, あまり思い, あまるよう, あまる不思議, あまる事柄, あまる滑稽, あまる相談事, うつりました, かきくれうち, くれたから, くれたが, くれたよう, くれたらしく猶, くれたり, くれたる若衆, くれた揚句, くれた様, くれた蜘蛛, くれた金魚, くれた際, くれつ, くれてるところ, くれぬ差配どの, くれる, くれるの, くれる阿関, させて, しろ, すぎなかったの, せめられて, つかれて, つきた, つきて, とらわれて, なやむ, ならない頃, なりますが, なり勝ち, なるよう, なる所, のぼらないでは, ふけったが, ふけったの, ふけつて, ふけるの, ふけるばかり, ふけッ, やり切れないまど, われを, 乱れて, 任せようじゃ, 任せようぢ, 何とやら, 余ったあげく, 余ったお, 余ったお店者, 余ったかの, 余ったから, 余ったこと, 余ったという, 余ったの, 余ったらしく腕, 余った上, 余った対馬守, 余った念頭, 余った折々, 余った揚句, 余った時, 余った様子, 余った源助, 余った父, 余った結果, 余った顔, 余ってしもて, 余つた, 余つたら, 余つた連中が, 余つて二人は, 余つて千久馬を, 余つて庭から, 余つて浜勇に, 余て, 余りそれ, 余りましたこと, 余りまして, 余りましてね, 余りますから, 余るお, 余るの, 余るワイ, 余る仲の間, 余る所, 凝るの, 刻む, 半ば窒息し, 及ばず, 及ばずと, 向ったの, 咽ぶ如き痛ましき, 困って, 困ること, 尽きて, 従いたいと, 思い悩まされて, 思わず時, 思案し, 悩んだ, 惑った, 戻って, 打ち傾いて, 打ち沈んだ, 昏れたり, 時を, 晦れる, 暮ました, 暮れいる, 暮れしが, 暮れたあまり, 暮れたの, 暮れたり, 暮れたガラッ, 暮れたガラツ八, 暮れた挙げ句, 暮れた時, 暮れた末, 暮れた独言, 暮れた風, 暮れましたの, 暮れるばかり, 暮れるほどの, 暮れる体, 暮れ乍ら白隠, 暮れ居し, 更けっ, 沈み, 沈みいたり, 沈みながら, 沈む, 沈むは, 沈めり, 沈めるかは, 沈んだ, 沈んだが, 沈んだその, 沈んだ顔つき, 浮かびません, 眼を, 立ちどまった時, 耽った, 耽つた, 耽つて, 耽りながら, 耽り乍ら, 耽り出して, 耽り通して, 耽る, 耽るよう, 耽るらしくこう, 耽る様子, 耽る米友, 能はずさ, 能はずとか, 能わずさ, 能わずと, 能わないの, 能わないよう, 能わぬこと, 能わぬ時, 苦みし, 落した煙管, 落ちこんで, 落ちて, 落ちると, 行きついた, 行き詰まったお, 詰まった上, 詰まった連中, 迷い切って, 迷ったが, 迷ったの, 迷つた, 迷ふ, 陥って, 餘つた, 餘つたお, 餘つたお店者だ, 餘つた時は, 餘つた父は, 餘つた顏を, 餘つていつ, 餘つていつぞや, 餘つてお茶屋から, 餘つてそれを, 餘つての, 餘つてゐる, 餘つて伺ひました, 餘つて兩國から, 餘つて兩國橋の, 餘つて利助に, 餘つて參りました, 餘つて吉住樣は, 餘つて夜分そつと, 餘つて少し, 餘つて居るらしく, 餘つて岡つ, 餘つて昔からの, 餘つて横井を, 餘つて死ぬ, 餘つて私が, 餘つて萬一の, 餘つて親分の, 餘つて言ふ, 餘つて遂に, 餘つて錢形の, 餘つて雙腕を, 餘つて頼みに, 餘り, 餘りました

▼ 思案~ (336, 15.9%)

69 ていた 60 ている 1514 てゐる 7 てみる 6 てみた 4 ているらしかった, てゐた, て居る 3 ています

2 [15件] たりする, てかまわず, てから, てから兵古帯, てから言った, てこう, ても今, てよろし, て大変, て居ります, て晝間, て自分, て見, て請取, ながら歩い

1 [120件] いかにも夫婦, いしいいっ, それからのそのそ, それも, つつ下宿屋, つつ徐々, つつ黒, てある, ていまし, ていました, ておきやしょう, ておそく, ておった, ておられる, ておりました, ております, ておれ, てお松, てから大声, てから急, てきた, てここ, てこんな, てそつ, てその, てない, てはまた, てまとめ, てみ, てみました, てもみる, ても変, ても工夫, ても頭部, てやる, てらっしゃる, てゐたら, てゐました, て一計, て今度, て伊助, て伸子, て何, て元, て兄さん, て前, て半, て取あえず, て右左, て吉利支丹, て好き, て家来たち, て寂しい, て帝大, て彼, て心, て忠之, て思い出した, て押入, て明し, て昼間, て来た, て松, て權三, て生き, て町, て突飛, て立ち上りました, て立ち停まっ, て立つ, て答える, て素子, て自身番, て見い, て見た, て見なさい, て見ませう, て貰われまい, て跪い, て路地, て身, て軽い, て進み出た, て避け, ながら, ながらいう, ながらその, ながらそれほど, ながらもう一度ジロジロ, ながら付近, ながら佇んだ, ながら兵馬, ながら半, ながら去った, ながら唸った, ながら帽子, ながら幸次郎, ながら数寄, ながら松並木, ながら決心, ながら洗濯, ながら火事, ながら火鉢, ながら然, ながら知らない, ながら立去る, ながら自分, ながら舞台, ながら言った, ながら豆タン, ながら道, もう一度パーヴェル・パーヴロヴィチ, ようにも, 上に, 乍ら首を, 兄弟姉妹の, 工夫を, 戀愛する, 揚句この, 背中むけ

▼ 思案~ (247, 11.7%)

37 して 6 した, 定めて 5 したが, しました 4 きめて, めぐらして, 凝らして, 考へ 3 さだめても, したもの, しながら

2 [13件] いたしました, したよう, めぐらせた, 中断し, 凝らせしが, 凝らせし絵図, 変えて, 定めた, 定めまして, 決めた, 決めると, 致しまして, 費やして

1 [137件] いたして, いたしまして, いたしまする, いたしわかぎみ, おろそかに, お持ちな, お決め, お決めなされませ, かえたぞ, かえたと, かえらあ, かせ, がらりと, きめた, きめなくっちゃあ, きめなくては, きめねば, きめまして, きめる前, こらすうち, させて, さだめ和泉路, したあげく, したって, したの, したばかりに, した後, してから, しても, しなおすつもり, しなおすふう, しなほすつもり, し兎, し尽して, し直したが, すぐ実行, するじゃ, するだ, するもの, するよう, する事, する必要, する様子, する間, せがむに, せねば, つけるまで, つづける, つぶやきながら, なさいますの, なさるが, はじめて炉, めぐらされ言葉, めぐらした, めぐらした時, めぐらしますから, めぐらすよう, 一ときに, 中絶しなけれ, 之れ, 交換する, 仕替えて, 代へ, 仰ぐの, 仰げないもの, 侮蔑する, 借りて, 傾けて, 凝しぬ, 凝らしたその, 凝らした一行, 凝らしはじめた, 凝らしました, 凝らすまでも, 前に, 反芻し, 吟味する, 回らさなければ, 固めました, 変えずば, 変えた, 変えやうわ, 定め, 定めたよう, 定めた上, 定めなければ, 定めました, 定めること, 定めるだけの, 定める工合得心, 定め並木, 定め余, 巡らした後, 形作ッ, 思い浮べました, 抱いて, 捨てて, 授けて, 握りけり, 改めたもの, 改めます, 極めて了, 極めて調子, 極めなくツちやア, 極めようと, 決しかねて, 決め, 決めたの, 決めたらしかったが, 決めて, 治郎左衛門の, 煎じつめた挙句, 生み出そうと, 続けた間, 繰返して, 纒める, 考えつきそう, 聞いて, 致して, 致しては, 致しましたところ, 致しました結果, 装った粟野さん, 見せよう, 見出されなかったこと, 親切に, 訊くの, 訊こうと, 試みた後, 話すあいだ, 述べて, 述べようと, 重ねた, 重ねたり, 重ねた上, 重ねて, 飜然と

▼ 思案~ (241, 11.4%)

8 末に 6 ほか, 末が 5 首を 3 ほかと, ほかの, 体に, 外と, 眼を, 臍を

2 [16件] うちに, しどころぞ, しどころと, しようも, 体で, 体である, 体です, 外という, 外の, 少年に, 揚句凡ゆる, 方法伝承的な, 果さる, 果てに, 道具と, 頭重く低

1 [166件] あげくが, あげく分岐点に, あげく私の, あって, あまりの, ありさうに二人, ありそう, ある風, あろうはず, いろはあった, お品, かかるほど, きまらない心持ち, して, しどころで, しようがない, すえならば, すえ変身男は, そこを, その鳥, つかないうち, つかないもの, つくまで, つくもの, ていで, ていであった, ところが, ないところ, ないもの, ない紅葉, のちに, のち快く, はてが, はてに, ほかであった, ほかである, ほかです, ほかとして, ほかとでも, ほかなら, ほかにも, もとを, やうだ, ようであった, ように, より糸あとに, 上で, 上句一生懸命に, 人々には, 仕方も, 仕様も, 仕甲斐, 付くもの, 体, 体であった, 体なり, 余り氏は, 余地が, 余地を, 余暇を, 側から, 出ること, 加え様, 及ばぬところ, 吉蔵が, 問題では, 外, 外で, 外である, 外でございます, 外とは, 外とやらを, 外なんめり, 外に, 外色情から, 大事ばかり, 大頭, 女だった, 定まるが, 定め時だ, 尽きたの, 差込み来る, 巻頭の, 帯引締め, 平次が, 平次を, 底に, 役目だ, 後で, 後では, 後に, 御様子, 態なりし, 手を, 折柄当時政府に, 揚句あの, 揚句その, 揚句ふと, 揚句娘は, 数々が, 数々深謀遠慮ぬかり, 暇も, 有り丈, 有るらしい様子, 末, 末いよいよ, 末であった, 末の, 末人の, 末半幅帯を, 末却ってあっさりこう, 末新八太七の, 末礑と, 末自身が, 末課目が, 末謡曲の, 末酒に, 末酒肴の, 果だ, 果てが, 果家の, 柳ヶ瀬の, 様は, 樣なりし, 泣いてばかり, 洪水から, 浮かぶの, 浮かぶはず, 浮ばぬ質, 浮んだため, 滓が, 片岡八郎が, 男だ, 男だった, 男だつた, 男で, 癖に, 皺が, 眼色を, 種に, 種は, 端緒すら, 糸筋が, 素振りで, 素振りであった, 結果, 結果そうです, 結果では, 結果市に, 結果新宿へ, 結果新宿停車場へ, 線が, 胸に, 腕を, 腕組に, 腹を, 膝を, 行き止まりに, 足らない御, 足手ま, 頭を, 顔いろ, 顔に, 餘裕は, 首傾けつ, 體なり

▼ 思案~ (94, 4.4%)

7 ある 2 ございますか, ない

1 [83件] あったと, あつたらしかつ, あらば, ありそう, あります, ありまする, あるか, あるかい, あるから, あるが, あるこんど, あるぞ, あるなら聞かして, あるの, あるよ, あるん, いよいよ重く, いるが, いるもの, うかばない, うかばないもの, うかんだ, きまつたから, きまらないの, きまらないよう, きまること, きまると, ございました, ござりましょう, そう囁く, ついたか, ついたと, ついて, つかず, つかずに, つかないならふた, つかなかった, つかなかったの, つかぬとの, つかぬの, つきし様, つきて, つきましたかい, つこうでも, ないこと, ないらしい, ぼやけた部屋, まとまって, もうちゃんと付い, 付かねエ, 入って, 咄嗟に, 増したあの, 壁辰の, 大事と, 定まったらしい蒼白, 定まった時分, 定まらぬに, 定まりません, 宿った, 尽きて, 弔詞を, 必要だ, 決せぬ, 決まったところ, 泛みいた, 浮かばなかった, 浮ばない, 浮ばないやう, 浮ばない近頃, 浮ばなかつた, 浮びさ, 浮びそう, 深入りし, 無かった, 納まらない, 纏まらない, 見当らないから, 進まないの, 過って, 附いて, 青年の, 頭を

▼ 思案~ (92, 4.3%)

4 泛ば 3 ありますまいけれど, ないので 2 し盡, ないから, なく, なくなりました, 何も, 手段も, 智慧も, 附かずに

1 [66件] あらうし, ありそう, ありませんしね, あるまいが, あろうし, あろうという, うかばぬこと, うかびません, ございましょうわい, ござれば, し迷って, せず, せずに, そこまで, つかずに, つかずぼんやり, つかないでしょうに, つきて, つこうから, ない, ないであろう, ないでな, ないと, ないという, ないの, ないわ, なかった, なかりしが, なく有る, なく正念寺, なく赤い薔薇, またござりましょうに, まだ二十歳代, まだ極まらぬ, やりましょう計画, 付かずに, 出ない, 出ようと, 分別も, 変ったよう, 定まらない様子, 定まらぬ樣子, 尽きて, 度外視した, 御座らぬが, 智惠も, 有るまい, 極めにくかろ, 浮かばないの, 浮かばないので, 浮かばなかつた, 浮ばず立ち上って, 浮ばないから, 浮ばなかつたので, 浮ばぬので, 浮びましょう, 浮びませう, 浮びません, 浮んで, 無い, 盡き, 相談も, 聞いて, 致してを, 長崎生まれだった, 面倒に

▼ 思案した~ (77, 3.6%)

3 がふと, がやがて, のである 2 が, が理由

1 [64件] あげくいつ, あげくようやくこう, あげく火の, あと, あとで, うえに, うえの, おれは, がこれ, がしかし, がそうこう, がその, がつと, がどちら, がやはり, がよく, が上松, が例, が四里, が新宿, が早く, が結局, が結局龍巻村, が肚, が言葉, が足, が追, けれどそれ, けれども尚, ところあつ, ところです, のか, のちに, ので, のであった, のでしょう, のに違い, ものか, ものだ, やうに, ような, わけである, 位で, 半七, 後, 後たとい, 後此度は, 挙句京極裏の, 揚句忍び込んだ, 揚句思い出した, 時その, 末に, 末やはり, 末内蔵助の, 末右の, 末彼女は, 末遂に, 果てに, 点を, 甚内が, 私は, 葉之, 記憶が, 道庵が

▼ 思案~ (59, 2.8%)

3 極めながら 2 あるまいか, あるまいかと, つねに恐怖

1 [50件] あととして, あると, いくらも, いらない, お家を, この二ツ, この可否茶館, これに, そもそも日本人, それが, ちよつと, ついた, とうに去年, どうだ, どうやら上々, ない, ないか, ないしさ, ないだろうか, ないであろう, ないでしょうか, ないもの, なかった, なかつたの, なかろうか, ねえか, ねえや, ほかに, またその, まだまとまらぬ, もう沢山, 傾いた, 出ぬ, 出ぬ秀子, 好くあるまい, 左次郎の, 後の, 後ろから, 忽ち, 毛頭ない, 泰平な, 浮ばないけれども, 無用, 聞いた私, 自分亡き, 謙遜からじゃ, 豫て, 軽くすべし, 重くすべし, 野盗山賊の

▼ 思案する~ (48, 2.3%)

4 ような 3 ように 2 がよい, ときにでも, 程に

1 [35件] かのよう, ことあり, ことも, こと暫く, すべも, ために, と, という次第, としてともあれ, のだった, のであった, のである, の区別だけは, ひまも, ほどなゆとり, までもなく, もここ, もまた, ようだった, よりは, 予猶を, 体なりし, 日が, 様な, 様子に, 様子も, 気で, 気にも, 源氏は, 老婆さよの, 足を, 身に, 迷いの, 間に, 間もなく長谷川等伯

▼ 思案~ (26, 1.2%)

3 しよう

1 [23件] いい一つ, お米, しようか, なげ首, ならば, 丸岡九華が, 仰っしゃったのは, 仰っしゃるのは, 信忠以下全, 創作とに, 多くは, 妍を, 小事の, 思って, 探索が, 森の, 申せば, 紅葉とが, 紅葉の, 見えて, 言わなければ, 詮術も, 返辞とに

▼ 思案~ (26, 1.2%)

3 をし

1 [23件] がもどかしく, して, だった, だったが, だ苦, であったが, である, でいる, でストランド, で佇ん, に, にひと, に夫人, に童顔, に落ちる, に見えた, に車, のまま喰, をした, をする, をその, を見くらべ, を重

▼ 思案外史~ (20, 0.9%)

3 の巻頭 2 の名

1 [15件] かと知った, が二, が如何なる, だとは, であった, である, とも称し, と予備門, と共に早く, の博覧, はその, は中坂, は早くから, も伯父さん分, をこの

▼ 思案~ (18, 0.9%)

1 [18件] おまけに, こう答えた, せう, そんなに陰氣, ただ家にばかり, つい, とつおいつです, またまたお, やれぬこと, よかろう, 一間に, 厭人的であった, 実業家の, 小作争議の, 小判五枚を, 弱氣, 持ちあげて, 色の

▼ 思案~ (16, 0.8%)

6 です 2 だと 1 さう, だが, であつ, なのよ, にお, のもの, よ, をやっ

▼ 思案~ (12, 0.6%)

2 から 1 とか親切, とせめたてた, とも思えない, と思った, と言われる, と軽蔑, どちらでも, な無理, よい思案, わい

▼ 思案~ (12, 0.6%)

1 [12件] からざる, のだ, ものは, 女じゃった, 性情としては, 指導者たちと, 東北人の, 気性が, 男でありました, 考えで, 者で, 臆病小賢しく

▼ 思案~ (11, 0.5%)

1 [11件] だの見返り, といふの, に出た, の往来, または親爺橋, も勇ん, も舟, を渡つて, を過ぎ, を隔て, 又は親爺橋

▼ 思案では~ (9, 0.4%)

1 あそこの, ある, ござらぬか, どう答え, なくて, なく首謀者, 幸いに, 重きが, 駄目だ

▼ 思案~ (9, 0.4%)

4 げに 3 げな 1 げにその, そうな

▼ 思案投首~ (7, 0.3%)

1 で私, というところ, なるほど聡明, のてい, の体, の體, をし

▼ 思案でも~ (6, 0.3%)

2 して, するよう 1 するが, なし

▼ 思案~ (5, 0.2%)

5 洩し

▼ 思案せざる~ (5, 0.2%)

5 を得なかった

▼ 思案という~ (5, 0.2%)

1 ところだ, のが, ものが, ものも, 顔だった

▼ 思案には~ (5, 0.2%)

1 のぼって, 余りました, 余りましたので, 及びますまい, 屈託の

▼ 思案なら~ (4, 0.2%)

2 どうだ, 自分の

▼ 思案にも~ (4, 0.2%)

1 及ばずして, 及ばず快く, 心配にも, 能はず凋れ

▼ 思案深い~ (4, 0.2%)

1 やや老獪, ような, 与里の, 目容を

▼ 思案あり~ (3, 0.1%)

1 げな, げに, そうな

▼ 思案いたし~ (3, 0.1%)

1 てもそ, 升た, 諸大名

▼ 思案から~ (3, 0.1%)

1 そんな風, 出たこと, 呼び覺

▼ 思案せる~ (3, 0.1%)

1 はその, 侯爵, 鴫沢の

▼ 思案である~ (3, 0.1%)

1 かのよう, に違, 余と

▼ 思案ばかり~ (3, 0.1%)

1 して, だ, でなくその

▼ 思案~ (3, 0.1%)

2 かい目色 1 かくなった

▼ 思案入道殿~ (3, 0.1%)

1 の方, の館, をさえ煩わした

▼ 思案最中~ (3, 0.1%)

1 です, なん, 突然一人

▼ 思案あまっ~ (2, 0.1%)

1 て療養所, て貧乏くじ

▼ 思案いたしました~ (2, 0.1%)

1 がつまるところ, が浅知恵

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 何かの, 屹と

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 な皺, に手

▼ 思案しか~ (2, 0.1%)

1 えるは, へて

▼ 思案しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 思案しぬいた~ (2, 0.1%)

1 すえであろう, 揚句ぎんは

▼ 思案じゃ~ (2, 0.1%)

1 いけなくってよ, 仕方が

▼ 思案すれ~ (2, 0.1%)

2 ばする

▼ 思案せし~ (2, 0.1%)

1 がヨシヨシ船尾, が名誉

▼ 思案せず~ (2, 0.1%)

1 には居られない, に何事

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 いったって, のを

▼ 思案でございます~ (2, 0.1%)

1 か, がなんだか

▼ 思案です~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 思案とは~ (2, 0.1%)

1 お勢, 日光ホテルに

▼ 思案なし~ (2, 0.1%)

1 か, けもの

▼ 思案につき~ (2, 0.1%)

1 候ま, 当ったもの

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 分別が, 分別によりて

▼ 思案より~ (2, 0.1%)

2 先に

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 候, 更る

▼ 思案凝らせし~ (2, 0.1%)

1 が思い, が思ひ定め

▼ 思案外史石橋氏~ (2, 0.1%)

1 の居, 各その

▼ 思案橋片側~ (2, 0.1%)

2 には鎧橋

▼ 思案深く~ (2, 0.1%)

1 なるだろう, なる男

▼ 思案~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 思案賞め~ (2, 0.1%)

2 ませぬ賞め

▼ 思案~ (2, 0.1%)

1 にこちら, にた

▼1* [108件]

思案あって可, 思案あったがよかろ, 思案あらばこそ雨戸, 思案あるか, 思案あろうと長政様, 思案いたしたところにより, 思案かも知れない, 思案きめて急, 思案これ程歯痒き事, 思案さえ与えません, 思案させる物は, 思案さりげなく, 思案されたところ思い当る, 思案しいしいお島, 思案しいしい歩いています, 思案しいしい眺めていた, 思案しかもそこに, 思案したら何人でも, 思案しだいでしょう, 思案しつ又も, 思案してるとき縁側を, 思案しない日は, 思案しなおしてもらう, 思案しました末に, 思案しようと思っ, 思案し出すとどっち, 思案し合っている, 思案し引返して小屋, 思案し直して親方様, 思案し直すように, 思案するなら谷中へ, 思案するらしい様子を, 思案するらしくそっぽを, 思案するらしく立っていた, 思案ずく出るところ, 思案せねばなるまい, 思案せられるらしかつた, 思案だけでかなり, 思案や埒, 思案であったと自分, 思案というか拘泥を, 思案といったところで, 思案といふ感じ, 思案としてどうしてここ, 思案としてはどんなもの, 思案とて外に, 思案となさりませ, 思案ともつかぬもの, 思案とをめぐらして, 思案と共に世間に, 思案ながらに其の日, 思案なければなりますまい, 思案なげ首で, 思案なさいなこんど, 思案なさるるか, 思案なされてお作り, 思案などするらしい, 思案などからかような, 思案などとはおそいくらい, 思案なりしと後悔, 思案なんかして, 思案なんぞは廃に, 思案なんぞを誰が, 思案にか暮れて, 思案にてあすは, 思案にばかり耽って, 思案に対して遠慮は, 思案ひとつだ, 思案までもなく, 思案もし尽しての, 思案よりは急速の, 思案らしい方です, 思案をば御知り, 思案を以て駒井を, 思案アマリ外ヘ, 思案シロ所詮, 思案一つでお, 思案中治山事務所長の太田重良君, 思案乃至は億劫, 思案九華と硯友社創立時, 思案に心, 思案仕りましたが禁裏, 思案仕直して親方様, 思案うでも, 思案半ばに思いついた, 思案変えをされ, 思案外史丸岡九華漣山人私と五人, 思案外史石橋先生の居邸, 思案外史鴎外なぞも漁った, 思案尽して格子, 思案尾崎紅葉などがいた, 思案工夫して, 思案才覚勘考ありたけ, 思案投首煙管銜へて腕, 思案橋博物館農人町住吉町の通り, 思案橋親父橋下を過ぎ, 思案次第で二度と, 思案な顔, 思案漣眉山の四人, 思案眉山九華錦簔露紫虚心柳蔭いづれも, 思案紅葉月の舎円, 思案自己の放棄, 思案致しましたのです, 思案致しますと判りませぬ, 思案致すが好い, 思案見た様な, 思案で私, 思案過ぎる