青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「後ろ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

待っ~ ~待つ 待つ~ 待て~ 待遇~ 律~ ~後 後~ 後で~ ~後ろ
後ろ~
後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後方~ 後者~ 徐~ ~徒 徒~ 従~

「後ろ~」 5790, 57ppm, 2007位

▼ 後ろから~ (1422, 24.6%)

22 声を 19 そつと, 跟い 17 聲を 14 ついて 13 手を 12 一と 10 不意に, 肩を, 顔を 9 見ると 7 無手と, 顏を, 首を 6 口を, 追いかけて 5 ヒタヒタと, 突いて, 突き落した, 脇差で, 静かに

4 [14件] バサリと, 來る, 喉笛を, 囁くの, 尾い, 平次が, 平次の, 平次を, 彼を, 来て, 歩いて, 袖を, 頸筋を, 飛んで

3 [36件] こんな事, その袂, やられたん, ガラッ八, ソッと, ソツと, バタバタと, 人が, 人の, 八五郎が, 八五郎は, 刺したん, 匕首で, 呼びかける声, 呼ぶ声, 女の, 小僧の, 平次は, 彼の, 忍び寄つて, 抱きついて, 抱き上げて, 斯う, 羽交締めに, 羽掻締めに, 背伸びを, 臆病らしく, 行って, 見た木部, 見て, 覗いたの, 覗くやう, 近づいて, 風を, 飛び出して, 駈けて

2 [112件] お富, お辰, この娘, さつさと, せき立てます, そっと顔, その肩, それを, たった一, たつた一, だか, なら門弟, また一人, むずとガラッ八, むずと組み付きました, やられて, わめき立てたの, イソイソと, サツと, ズブリと, チラリと, パツと, ヒヨコヒヨコと, 一人の, 一刀に, 二人の, 二太刀三太刀斬られ, 人に, 伸びた八五郎, 八の, 出て, 刺されたもの, 刺し息, 刺すの, 刺せるわけ, 前へ, 力任せに, 勝造が, 十手を, 叫んだ, 右手に, 呼ぶ者, 呼んだ, 呼止めた, 呼止めます, 姿を, 娘の, 左肩胛骨の, 差し覗く, 差覗い, 平次へ, 引下ろし, 彼女に, 徳松が, 忍び寄った曲者, 忍び寄って, 忍び寄つた曲者, 恐る, 恐る恐る顔, 我を, 抛られたんで, 抱かれて, 抱きつくやう, 抱き止めて, 抱き起しました, 押して, 旦那を, 槍の, 正三君に, 気の, 水を, 浴衣越しに, 灯を, 無理に, 牽制し, 登って, 突いたから, 突いたところ, 突き殺されて, 突くの, 組付きました, 絞めて, 縋り付くお, 聞えて, 肩へ, 胸の, 自分の, 袈裟掛に, 見ても, 見れば, 覗かせて, 覗きました, 覗き込ん, 覗くよう, 覗く八五郎, 足蹴に, 跟けて, 追っかけて, 追って, 追ひ, 逆手に, 重い物, 鏡に, 附いて, 音も, 頭を, 飛びついて, 飛付きました, 首だけ, 馬場要, 馳け, 默つてお

1 [821件 抜粋] あかりを, あんまり早く, いううち, いきなりかかっ, いそ, いった, えりを, おれの, お十夜, お葉, かかえこんだ, かなりの, かばって, かみさんが, きたセシル一味, ぐいと背広, けたたましい音, こう呼び止めた, こう言った, こっそり, この不意, この杖, この部屋, さけんだ言葉, さして, さっと一人, しづかに, しとやかに, じっと眺めてる, すぐ桟橋, すぐ棧橋, すっかり見て取った, ずいと一足, そっとお礼, そっと声, そっと姫, そっと御簾, そっと忍び寄った, そっと忍ん, そっと袖, そっと金次郎, その刃, その少年, その身体, その身體, ただならぬ悲鳴, だったか, だったので, ついて行きながら, ついて行った, つけ加えた, つまり自分たち, でっぷり肥えた, とんきょう, どっと起こる, どんとひどく, なかを, にやにやと, ぬっと面, のぞいて, のぼる朝日, のろのろした, ばたばたと, ひしと抱き止め, ひそかに, ひとりの, ひとりふらふら, ぴょんとまっ黒, ふり向いて, ぶっ斬れ, ぼんのくぼ, またもやどっと揚った, またわれ, ま待つた, むずと組みついた, むずと組み付いた, むずと組付きました, むずと組付きます, むんずとその, もう一度どこ, やくざ者らしい, やっつけろという, やつて, やられた形, よちよち歩き出し, わたしの, わんわん吠えた, ウロウロと, エーイと, カッと, ガツキと, ガラツ八これは, キッと, ギュッと, ギューと, グイグイと, コソコソと, コッソリ死人を, サッと引かれ, スタスタと, ズバッ, ズーンと, ソツト抱き締める, チヨイと, ニコニコした, ヌッと, ハンケチで, バッサリ斬る, パッと, ヒョコヒョコと, ポンと, レントゲン線で, ワッと, 一人追っかけ, 一太刀浴せられた, 一定の, 一挙に, 一條の, 一突に, 下手人が, 与八の, 久恵に, 九ツ梯子を, 二三名ばらばら, 二人三人と, 二十七八の, 云った, 人数が, 仲間が, 低くしかし, 体じゅう血だらけの, 何かが, 何物かが, 何者か, 來た, 僕を, 全速力で, 八五郎格子の, 兵馬が, 写さして, 出し抜けに, 出るか, 出刃庖丁か, 切った時, 切掛る, 刺されて, 刺した, 剃刀で, 前髪に, 劒ヶ岳の, 力が, 助け起し, 匕首らしい, 匕首を, 受けて, 叩くと, 叫んで, 同じよう, 向うへ, 呶鳴りつけられ, 呼びかけた, 呼びかけたの, 呼びかけた声, 呼びかけました, 呼びかけますが, 呼びかける者, 呼びとめる声, 呼び止めた, 呼び止める声, 呼び留めたの, 呼び留めようと, 呼止め, 咽を, 喉を, 喚きたてた, 喜平の, 喰はせる, 嘲りと, 囁くガラツ八, 地図を, 坪井は, 城太郎とは, 声ぐらいは, 壷を, 多数の, 大きな手, 大きな黒犬, 大勢の, 大声に, 大聲, 奥山夫人の, 奧樣の, 奪って, 如才なく, 宙を, 室の, 射して, 射撃する, 小ざつぱりした麻布, 小声で, 小袖を, 少し荒, 少し離れた, 尺取, 居合抜きに, 崩れて, 左の, 巨大な, 差し伸べだんだん, 差覗いた, 帆つ立て, 帆村の, 帯を, 帯際を, 帶際を, 平賀村の, 幸震岳が, 幾人かの, 庭男の, 廻した手, 廻った岡田弥市, 廻つて庭から, 引っぱって, 引っ切った, 引っ掻くよう, 引っ組んだ, 引留めた, 引離して, 弱腰を, 彼が, 後ろと, 従いて, 心臓を, 心配さう, 心配そうに, 忍びよった, 忍び寄り鍬, 忍び足で, 怒鳴った, 怒鳴りつけた, 急いで, 恐る恐るつい, 恐る恐る差し, 悪魔に, 慎ましく顔, 應へ, 懷ろの, 戀女房の, 手つだった, 手笠を, 抑えて, 投げかけた, 抜きうち, 抜剣の, 抱いて, 抱かせました, 抱きかかえやがったもん, 抱きささえた, 抱きしめたまま, 抱きしめた八五郎, 抱きすくめて, 抱きすくめるよう, 抱きつかれた小さい, 抱きとめて, 抱きながら, 抱き支えて, 抱き締めて, 抱き蔦代, 抱き起したガラツ八, 抱へて, 抱へる, 押えて, 押してが, 押し出されでも, 押へ, 拍車を, 招いてる気, 拝み打ちに, 拝むよう, 振り返って, 推したり, 掴んで, 撃つの, 撮った写真, 撲たれたん, 支えた金十郎, 斜めに, 斜視する, 斬って, 斬られた傷, 斬られながら, 斬りつけられたの, 斬り下げられ更に, 新九郎の, 時々文芸部, 時国が, 最初の, 月の, 木片や, 来か, 来た八五郎, 来ます, 来るあかり, 来る女, 来る小作人たち, 来る犬, 来る空ッ風, 東野の, 案内顔の, 森主, 槍で, 欄干を, 正銘の, 歩み寄ると, 殴られたの, 殴りつけられたこと, 気づかれないよう, 油斷させ, 波瑠子の, 注意を, 注視し, 洲崎の, 浴びせて, 滅多斬りし, 激勵の, 火勢が, 焚くの, 無圖, 無言の, 照吉を, 父の, 狭い露地, 猪熊の, 現われたの, 現われて, 男が, 白浪を, 白雲の, 目か, 眞つ, 真っ赤な, 眺めああ, 眼か, 眼尻にかけて, 着せかけて, 着せて, 着物を, 私は, 私を, 穂高岳は, 空の, 突いた, 突きくずせ, 突きのめしたか, 突きのめしたやう, 突き上げるやう, 突き当る奴, 突き飛ばされたかも, 突き飛ばした者, 突当るの, 突然切りかけられ, 突當る, 突転ばされる, 竹箒を, 米友を, 組みついて, 組附きました, 絞めたもの, 絞められた時, 続いて, 締めたの, 締めに, 締められて, 締め上げた, 繼母の, 罵つた, 羽がいに, 羽交締に, 羽掻締に, 耳を, 聞こえた, 肩ごしに, 肩に, 背を, 背延びを, 胤頼の, 脇腹を, 脊筋の, 腕と, 腦天を, 自分も, 自身も, 花やいだ笑い声, 若い逞, 葉子を, 葵の, 蔽いかくして, 虎視眈々として, 行つて聲を, 行灯を, 袈裟がけに, 袈裟掛けに, 裳の, 襟首を, 襟髪を, 襲いかかった, 襲われて, 西村を, 見ただけでも, 見た上半身, 見ちゃ, 見やってるらしかった, 見られて, 見るたび, 覗いてを, 覗かせながら, 覗き警部, 覘い寄る, 言い出したの, 誰か, 誰かに, 誰かの, 貫太の, 走った, 起って, 起る足音, 足音が, 蹴られました, 躍り出したの, 躍り出して, 車の, 軽く叩いた, 軽く抱い, 軽舟, 迅い, 近々と平次, 近づきベル, 近寄つた曲者, 近寄るの, 追いかける吉次, 追いかける船頭, 追いすがる者, 追いついて, 追い付いて, 追い抜こうと, 追うには, 追う二人, 追っかけられた例, 追って来た, 追つかけ, 追つて, 追ひす, 追ひすがる, 追ひ廻されたり, 追ふ, 追手の, 送つて, 這いかかって, 進んだ五十嵐, 道綱が, 遠慮も, 金を, 鈍い重いもの, 鈍く響い, 銭形平次が, 鎌倉の, 鑿を, 長い爪, 長い顎, 門奈伝十郎様の, 間の, 間近に, 際限も, 雪崩れ, 雪駄を, 青い顏, 青龍刀の, 靜かに, 頓狂な, 頸を, 頸筋へ, 顔だけを, 風の, 飛びかかったお, 飛び付いて, 飛び出すと, 飛ぶが, 飛付いて, 飛付くよう, 首筋を, 馬鹿バヤシ, 馴, 駈け上がって, 駒平が, 駿介が, 高く首, 髪の毛でも, 鬼に, 黒い人影, 黙々とし

▼ 後ろ~ (1270, 21.9%)

44 して 38 立って 22 隠れて 16 廻して 12 立つて 10 手を 8 なって, 廻すの 7 聞いて 6 控えて, 身を 5 した, 坐つて, 小さくな, 廻って, 跟い 4 あって, いた, かくれて, ついて, 一人の, 従えて, 来て, 突っ立った, 聽い, 背負って

3 [17件] ある, いて, さがった, した後, しながら, まわって, 佇んで, 声が, 小さくなっ, 山を, 廻ると, 扉を, 眼を, 立った, 組んで, 船頭が, 飛んで

2 [88件] あつた, ある京伝, ある岩, お絹, かくした, きて, さがりながら, したが, し海, そつて, つれて, どうと, なった, ぼんやりと, ぼんやり突, ガラッ八, キリキリと, 下がって, 乗せて, 二つの, 二十五六の, 人が, 人ごみの, 人間の, 仆れ, 伸ばして, 何か, 來て, 倒れた, 全身を, 八五郎その, 出て, 努めて, 反らして, 反らせて, 取付けた段々, 向うの, 回して, 回って, 坐って, 垂れて, 寄り添, 寄り添ふ, 小さく控, 居りました, 居る曲者, 居流れた善男善女, 帰るも, 平次は, 平青眼, 庇って, 座を, 廻します, 廻し平次, 廻りました, 引いて, 引添ふ, 影の, 従うよう, 従った, 從ひました, 從へ, 慎ましく控えた, 戸を, 控へ, 控へて, 歩き出して, 気を, 消えて, 物の, 私は, 突っ立っ, 立つと, 竹林が, 組んだまま, 続いて, 縛り上げます, 負って, 近づいたと, 迫って, 退いて, 退った, 逃げ込んだ, 金之丞が, 隠れた, 隠れようと, 飛び退いて, 高き芒

1 [801件 抜粋] あお向け, あったという, あったの, あなたが, あの白い, あやつり手, ありますが, あり万物, あるといった, あるといふ, あるは, あるわ, ある万両分限, ある二百坪, ある園丁, ある小さい, ある東方, ある煉瓦, ある葉子, ある葱畠, ある距, ある高順, いたん, いた伊藤五, いた兵馬, いた帆村, いた手代, いた旅姿, いた校正係り, いた浪岡, いた藤田大佐, いない, いようとは, いると, いるやつ, いる佐兵衛, いる唐人, いる売り子, いる小姓, いる河童, うずくまって, おいた, おられるの, かがんで, かきあげた揉上, かくされて, かくしながら, かこった金, かばいここ, かばいながら, きちり, くっつけ腕, こっそりと, この会下山, この長, さがり, さけて, さげようや, さつと, さばきながら, しきりとこなたへ, しずしずと, したがった, したピアノ, した寂しい, した疲れたらしい少年, した自分, しっかりと, しめながら, しよんぼり立つて, し今度, し松山, し無, じっと私, すさって, すっかり隠れ, すっくり, すわった, ずるずると, そそり立って, そっと引きそっ, その夢, その惨め, そびえる山々, そらせながら, そらせるよう, それを, たぢろぎながら, たれ小さな, ちら, ちらッ, ついたもの, ついて行くの, つきささ, つけた, つこうと, つづく後陣, できました, なかった, なつた, なつて, なで上げて, なびいて, なんだかぴかぴか光る, のけぞった僕, のけぞり返るよう, のぼって, はいります, はいれば, はねた制帽, はね返しながら, はらった, ひかえて, ひざま, ひそみお, ひそみ狙い, ひそむ人々, ひっくりかえった, ぴったりと, ふうわりと, ふり向き, ぼんやり一人佇ん, ぼんやり突っ, まげて, また閉ざされた, まだ額面, まはさ, まわした両手, むしろその, もう一つ山, もう一町四方, ものを, やって, やはり聳えてる, よろけ込んで, わかい赤楊, ゐるお, ゐるの, ゐる新, ゐる男, ゐる自分, カピが, ガラツ八は, キヨトンとして, コショウの, ゴサン竹という, ゼルビノは, ソツと, トンカタントン, ヒタと, ブラ下がっ, ロベエル・コンシャアルが, 一つうつむい, 一つの, 一団を, 一方は, 一本堅く, 三人くっつい, 三四人の, 下りて, 不安さうに突つ立つ, 並んだま, 丸くなっ, 丸く縮める, 久米が, 乗せたまま, 乗り捨てて, 乳呑児を, 二三歩よろけ, 五人の, 五寸も, 人力車を, 人間としての, 今度は, 伏して, 伝える, 低く身, 何十という, 何十年も, 倒さうと, 倒しつつ, 倒れたちょうどなにか, 倒れながら, 倒れますよ, 備えるの, 傾いたが, 八五郎を, 出づれば, 別れ去ると, 労働者の, 動いて, 千兩箱を, 半町ほど, 卷かれて, 反つて椅子, 反らすと, 反りかえっ, 反り返らして, 取って, 受話器を, 合せて, 名探偵花房一郎, 向いて, 向き直る, 向け, 向けて, 呼ぶ声, 商人風な, 囲いながら, 圍ふ, 在りしが, 坐った, 垂らして, 垂らし前髪, 垂れ下, 埋め替へた, 墓守が, 声援の, 大きく一つ, 大町人, 太い禿げ, 学界の, 宛てた, 室の, 寄つて默つて弟の, 寄りそれ, 密着い, 寝台に, 尊氏, 小さき身, 小さく坐りました, 小さく束ね, 尻餅つき槍は, 居た筈, 居て, 居るお, 居る若い, 屈竟の, 崩れて, 巻煙草の, 席を, 広大なる, 庇い彼, 庇うよう, 庇つたなりで, 庇ひ, 廂を, 廻された姿, 廻されキリキリ, 廻したの, 廻したま, 廻ったお, 廻つて念入りに, 廻つて片, 廻り男優, 廻るという, 廻わして, 引きずって, 引きつめられた艶, 引きます, 引き倒された, 引き右, 引き戻したり, 引き連れて, 引くよう, 引っかけたの, 引戻す, 張つて其処に, 強力の, 彼は, 彼女も, 待たせて, 従いて, 従いながら, 従うガラッ, 従えた優さ男, 従えながら, 従って, 従つた, 従ひ, 從ふ, 從ふお, 心もち顔を, 忍び寄って, 悠や, 想像する, 惹いて, 愼ましく覗い, 慎ましく控, 房, 打倒れ, 投ぐれ, 投げ出し両, 投げ捨てると共に, 抜け約, 担いでる方, 拡げて, 拵えた隠し穴, 拵へ, 挟み塗木履, 振り向いた, 振り返って, 捨て置いたま, 据ゑた火鉢を, 掛って, 接近し, 控えさせて, 控えたから, 控えたこの, 掩蔽された, 撫でつけた青い, 撫でつけて, 攻撃縦列を, 数名の, 方丈あり, 日和ぼっこ, 映って, 曲げて, 最も派手, 来た, 松本平を, 枕に, 柳生の, 桶に, 機械的に, 次第に消え, 止まった, 歩いて, 歩き出した, 残したお, 殺到した, 母屋の, 汗が, 沢山ゆとり, 流れて, 清くし, 渦巻を, 澄まして, 無造作に, 燕尾を, 現われた, 生きた大頭, 當つてゐた, 痣が, 白い円い物, 直立し, 眞つ, 真面目に, 眠って, 眼ばかり, 石の, 石油ランプを, 秘密が, 積んだ鉄屑, 突いた渠, 突き出た距, 突き出て, 突ッ立っ, 立ちして, 立ち並ぶ商, 立ち塞がつて, 立ち心, 立ったの, 立った父, 立った藤次郎, 立つた, 立つた徳之助, 立てて, 笑いながら, 箱を, 精鋭が, 約百名, 組み巻き煙草, 結んだ妙齢, 結んで, 続くよう, 続くガラッ, 続く関羽, 綺麗な, 縛され, 縛られたまま, 縛られながら, 繋ぎっ放し, 置いて, 置かれたから, 置き骨, 美少年の, 翳されて, 翳して, 聞いた, 聞えたり, 聞きながら, 聞き高氏, 聞こえて, 聞こゆる, 聳え立つ神斧山, 聴いて, 肥ッちょな, 背負った素晴らしい, 背負つた界隈一番の, 胡坐を, 胡床草履取り小者広敷番侍女数人, 腕を, 腹ばいに, 自ら身を, 芳公が, 若い女中, 若い海軍, 若い眇, 苦い顔, 落ちた櫛, 落つる冬日, 蒼くなっ, 蔵れ, 血潮の, 行くと, 行った, 表門が, 西郷が, 見えて, 見えない武蔵, 見える, 見える田原屋, 見て, 見るくらいに, 見馴れない男, 覗いても, 角の, 詰め所の, 誘ひ出しました, 誰かが, 講談倶楽部か, 走った米友, 起こって, 起っては, 足音が, 跫音が, 跳びかわして, 身長の, 転げた, 轉びます, 近く立つ, 迫ったが, 迫ってるよう, 迫る敵以上, 追ひやる, 追ひ詰められ, 退いた, 退き垂れた両手, 退き自分, 退って, 退る, 連なつて, 連れ国司, 連亘し, 遠くなっ, 遠ざかり行く此等, 遠ざかる村, 金屏風を, 金峰山, 長々と, 長く引く, 長く足, 閻婆の, 關東の, 陣取った, 随える, 随き従っ, 隠して, 隠し持った太い, 隠るるも, 隠れほっと, 隠れると, 隠れ夜半, 隠れ専門家, 隠れ耳, 隣接した, 隱され, 隱れ, 隱れたらう, 離れて, 霞み去り, 青々と, 靜子の, 靡いたり, 靡きて, 頭だけを, 頼朝の, 飛びしさる, 飛びしざった, 飛びのいた, 飛び乗ったうえ, 飛び亂, 飛ぶ, 首垂れ, 駈けて, 高まって, 魂屋が, 黒板を, 默つて考へ

▼ 後ろ~ (790, 13.6%)

64 方に 45 方で 40 方から 21 方へ 12 方を 11 ほうから 10 方の 8 壁に 6 ほうで, ほうを, 山の, 方は 5 山へ, 扉を 4 ほうの, 戸を, 方が, 方には, 森の

3 [13件] ほうに, ほうへ, 人は, 山で, 山に, 山を, 席に, 戸棚の, 方, 柱へ, 襖が, 襖を, 隅の

2 [44件] ドアが, ポケットに, 中庭に, 八五郎は, 古い戸棚, 唐紙が, 墓地, 声に, 女の, 客へ, 小高い丘, 山も, 岩壁へ, 崖へ, 廊下, 廊下を, 方見物人の, 木戸から, 柱に, 浪宅を, 潜戸は, 灌木の, 灯が, 焔硝樽へ, 片隅に, 用箪笥は, 男が, 空を, 窓を, 納屋の, 者が, 者の, 者は, 者へ, 藪で, 藪の, 襖の, 谷間へ, 連れへ, 部屋に, 金屏風が, 障子, 障子の, 障子を

1 [398件] あかり取りが, いわゆる日本アルプス, おそこ, お乗物, お富, お方は, が, がそれ, がまさしく, がよい, ささやかな, つづらの, ところを, なだらかな, はまだ, は世間並み, は天蓋, は得, は机竜, ほう, ほうからも, ほうが, ほうなどへ, ほうにさえも, ほうや, むしろの, ものが, やや低い, わが家の, わたしと, われわれ, をあと, をあの, アプスに, カーテインを, カーテンを, シェードを, ドアの, ドアを, ビルの, ベンチで, ボックスで, ポケットの, ワナに, 一けん, 一つが, 一人の, 一人は, 一列一帯は, 一団は, 一段高い, 一群を, 一角も, 一院に, 丁字街の, 丈高き, 下の, 下男郎屋で, 不安も, 丘から, 丘の, 両手に, 両脚とをか, 並み木の下に, 中央には, 中庭にばかり, 中庭の, 中庭を, 丹波山の, 二手で, 井戸端で, 人の, 人よ, 人数へ, 仲間と, 仲間へ, 低い垣, 侍者の, 便所で, 倒潰した, 傍に, 傍聽席を, 光と, 八荒坊の, 兵へ, 冬の, 切下げを, 力という, 勘定台を, 十兵衛が, 千枝子と, 半五郎, 卓子へ, 反対の, 叔母に, 叢の, 口へ, 古沼, 同勢へ, 味方であった, 味方へ, 咽びは, 唐紙へ, 唐紙を, 四つの, 四五人の, 四角い硝子窓, 土堤の, 地平線が, 坂を, 坂道を, 城門へも, 墻の, 壁と, 壁には, 壁の, 壁や, 壁を, 壁際に, 声が, 変を, 夜景を, 大薮に, 大野屋を, 天水桶から, 女も, 女性の, 妃たちへ, 安心も, 室へ, 宿所と, 富士見の, 将士は, 小さい方, 小さな家, 小屋の, 小箱, 小部屋, 屏風が, 山から, 山などには, 山はと, 山伏へ, 山津軽の, 山谷に, 岡が, 岡など, 岡の, 岡へ, 岩も, 岩湧山や, 岸を, 峠に, 峰の, 峰へ, 崖から, 崖の, 崖を, 崖土の, 巡査に, 布団に, 席から, 席で, 席を, 常磐木, 幔幕について, 幔幕の, 幕, 幕が, 幕を, 幹へ, 広場には, 床を, 床柱の, 床脇の, 座席に, 廂から, 建物の, 形が, 影が, 役人と, 従兄弟に, 従者たちを, 憂いの, 戸が, 戸の, 戸へ, 戸口の, 戸棚を, 扉ぐちに, 扉も, 手へ, 手下の, 折釘へ, 押入を, 提灯の, 敵に, 方からは, 方ですつかりむくれ, 方と, 方とが, 方にも, 方はるかの, 方ばかり, 方へと, 方まで, 方も, 方一間半も, 方台所の, 方広く, 方社司の, 方見上ぐる, 方霞の, 日向に, 明いた窓, 暗い廊下, 暗い森蔭, 暗がりに, 曳出しに, 朋輩を, 木々に, 木の, 木の間に, 木立に, 木立の, 木蔭を, 木連格子を, 本箱に, 朱武の, 机に, 机の, 杉や, 杉林は, 松林の, 板, 板に, 板へ, 板壁まで, 板敷きへ, 林から, 林に, 林冲を, 架空線を, 柱の, 柳の, 桃の, 棚から, 棚へ, 森には, 棹を, 椅子も, 椽の, 楽和が, 楽和へ, 楽屋へ, 楽屋格子を, 樂屋へ, 樅の, 樹蔭に, 櫺子を, 次の間に, 死神に, 段が, 母を, 母親を, 水面を, 池に, 河岸の, 浜屋の, 浪人二人は, 清を, 源十郎へ, 溜へ, 牛小屋へ, 物の, 物を, 物置部屋に, 物蔭から, 物蔭に, 田舎紳士も, 男の, 男は, 男を, 畑を, 畠, 番の, 番頭の, 疊へ, 疎らな, 白ペンキの, 百合子達を, 盥で, 眼が, 石段ぎわへ, 社につれ, 社外に, 神山の, 祭壇や, 禿げなどを, 禿山を, 穴には, 穴を, 窓の, 窓際に, 竹林の, 第一列, 箪笥の, 箱から, 箱に, 糸革袋の, 紅玉石の, 紗の, 細殿, 紺看板が, 縁へ, 縁側を, 罠の, 美しさ, 群れを, 群衆の, 群集を, 羽目板でも, 羽目板に, 老爺を, 老練な, 肩が, 肩輿の, 胆吹山が, 胴の間で, 脇差へ, 自分だけの, 自分の, 船で, 船頭の, 若者が, 草むらを, 草やぶの, 荒壁を, 荷物へ, 荷駄に, 蔦王へ, 蔭だ, 裳は, 襖からの, 襟の, 襟へ, 見えないの, 誰れ, 谷へ, 谷を, 赤い帯, 赤坂の, 足おとを, 足音は, 距が, 跫音に, 車には, 車一つだけ, 辺りを, 辻を, 連れを, 遊部の, 違ひ, 遠い森影, 遠くに, 郁太郎を, 重味に, 金方は, 鏡台の, 長椅子に, 門の, 間違だけで, 闇でした, 闇に, 闇にとり, 闇へ, 障子が, 電灯が, 青年達も, 靜子の, 鞍の, 音に, 頼春へ, 風入口から, 首筋に, 馬丁台に, 駕籠を, 駕籠屋が, 騎兵に, 高い土壁, 高い山, 高い巌角, 高い樫, 高札場と, 高札場の, 鯨幕が, 黒本尊も, 黒煙を

▼ 後ろ~ (670, 11.6%)

23 廻って 13 手を, 来て 10 身を 9 廻して 8 廻ると 5 寄って, 引いて, 後ろへと 4 來て, 向って

3 [16件] まわして, 下げて, 反って, 反らせて, 廻されて, 廻した手, 廻った, 廻りました, 引いた, 引くと, 戻って, 流れて, 跳んだ, 退いて, 隠れて, 飛びさ

2 [42件] かくれた, さが, さがって, そらせて, ついて, はいって, ひいて, ひっくり返って, まわって, やって, よろめいた, よろめいて, ヒラリと, 下って, 並んで, 入れるの, 半分も, 取って, 回って, 奉公人は, 妾の, 存分に, 平次の, 廻す, 廻つて背中を, 廻れないわけ, 引っくり, 打ち萎れた孫三郎, 斜めに, 突き拔ける, 立って, 言った, 跟い, 退いた, 退がった, 退がって, 退って, 退りながら, 逃げようと, 長々と, 飛びのくと, 飛んで

1 [439件] あしらったお玉, あのまま, いう, おいた, おすわりに, かえした, かくされた, かくしかけた, かけた庇, かけ浅草辺, かすかに, かわした弾み, ころがした, ころげる, こんな捨て, さか, さがった, さがったの, さがつた, さがりながら, さがりました, さがります, さがりもたれるよう, さがるもの, さがる者, さがる間, さがろうと, さばきながら, しがみついて, しなだれかかって, しょんぼりと, しよんぼりと, すぐ炎, すさった, すされば, すべつてゐる, すわった小僧達, ずっとひろがっ, ずらさなければ, ずらして, そっと忍ん, そつと, そる, たずねた, たれて, たれ目, ちょっとでも, ついた, つく, とびかかった孫策, どなった, なでつけて, なよら, ぬウ, ねじ上げたかと, のけるよう, はいった, はいろうと, はさんでばかり, はね返して, はね飛ばされた, ひいた, ひくわけ, ひたと両手, ひっくりかえった, ひっくり返ったもの, ひっくり返った裸松, ひっくり返りそう, ひっくり返りました, ひっくり返る, ひっくり返ると, ひっくり返るところ, ひっくり返ると共に, ひと纒めに, ひらめかせる, ふんぞり返ったまま, ほうると, ほかの, ほどよく綾なす, ぼくを, ぽんと, まわしおとなしく, まわした, まわした手, まわした手首, まわしにんじん, まわりました, まわり不意, むけて, めぐって, もどった, もどって, もどるよう, もんどりを, もんどり打たせた, やった, やった刀, やり過して, よろけた, よろけたは, よろけると, よろめきどっ, キョトつき何か, チラと, ニヤリと, ニヤリ笑つて突, ノソリと, ピョンと, フラフラと, ヨロヨロと, 一つづつ突き出, 一段高く, 上陸ったら, 下げたなり, 下げた態, 下つたワクーラ, 両手を, 二三歩さがった, 人力車の, 仆した, 仆したら, 体を, 倒れかかったが, 倒れかけたが, 倒れた, 倒れたが, 倒れたまま, 倒れて, 倒れました, 倒れるかと, 倒れるの, 倒れる所, 倒れ近づき合つた顔, 兄が, 凭れ気味, 出た, 出たり, 出て, 切り下げに, 切り返すよう, 削りかけの, 力まかせに, 反らして, 反らし議論嫌い, 反らないよう, 反りかえって, 反り返つたま, 反るもの, 取上げて, 叫んだ, 同じそろい, 向かそう, 向き直, 向き直ると, 向けたり, 向けた籠, 向けました, 向けられると, 向けると, 向つて, 呼びかけた, 呼ぶと, 呼ぶには, 回ると, 垂らし白羽二重, 垂れイヤ, 外したけれど, 姫君は, 室の, 寄つてみた, 寄り添った, 尼も, 差した最前, 差出した一枚, 巻き上がって, 巻き返しました, 帰って, 幾つもの, 庇ふ, 床几を, 延びて, 廻しました, 廻し子供, 廻し年, 廻し神妙, 廻し肩, 廻し薄氣味惡き, 廻すと, 廻った下女, 廻った二人, 廻った妻, 廻った重太郎, 廻っては, 廻つた姿でした, 廻つてそつと, 廻つてまだ, 廻つて不意に, 廻つて兩掛の, 廻つて喉を, 廻つて外科の, 廻つて娘の, 廻つて窓を, 廻つて縮緬の, 廻つて袷の, 廻つて見る, 廻つて首へ, 廻らせは, 廻らんと, 廻りそこ, 廻り今度, 廻り彼, 廻り我が, 廻り肩, 廻り肩越し, 廻る, 廻るが, 廻るところ, 廻れと, 廻ろうと, 廻わして, 廻わって, 引いたが, 引いたり, 引いた髪, 引かれた, 引かれて, 引きあげられた, 引きさ, 引きちやう, 引きつかねて, 引きつけて, 引きつつ, 引きもどした, 引き戻しながら, 引き据ゑる, 引き退いた, 引き退けると, 引っくり転, 引っぱって, 引っ返した, 引下がると, 引廻し, 引張つた, 引戻される, 引戻そう, 引込みました, 引返して, 張って, 従って, 忍び寄って, 忍び寄つて, 忍び足で, 悶え凭れただけ, 戻されるやう, 戻ったり, 戻る, 戻る煩わし, 戻ろうと, 手が, 払いながら, 払って, 投げた, 投げて, 投げ上げた, 折れて, 抛ると, 抜いて, 抜ける, 押えた額, 押しやった, 押し倒した, 押し合った, 押し戻した, 担いだ方, 括り上げられて, 振り向いた途端, 振り向きます, 振り向くならもう, 振り向けるよう, 捕られながら, 捩じあげて, 捩じ向けた, 摺り抜け持ったる鉄扇, 撥ねあつ, 撫であげいかに, 撫でつけた生え際, 撫でつけて, 撫でつけ男, 撫で髯, 放げ, 放り出す, 文字通りに, 方向をかへ, 日除の, 曲げねば, 曲げようと, 曳き込めろ, 曳っ, 朝夕の, 束に, 束ねて, 束ね袖, 来ると, 次第に高く, 沢庵坊の, 流し三味線, 流し小, 流れた, 流れた男, 流れる, 深くしごい, 渡して, 片足立ち, 眼を, 移って, 穴を, 突き戻した, 突き抜けるほど, 立たされました, 立った, 立った時, 立つた時, 立入りじっと, 立戻った, 紙数を, 結えつけて, 結び下げ, 続いて, 置かれた手, 聴き耳, 肱を, 脱ぎ捨てた, 脱走を, 腰を, 舞いその, 薙ぎつけて, 行くと, 行け桝目, 行ったが, 行って, 衝いて, 詰め寄って, 詰め寄つて, 誰か, 豹の, 走られて, 走り出しました, 走ると, 足を, 足取りも, 跪坐んで, 跳びかかった, 跳びかかるが, 跳びのいた, 跳び元, 跳び退いた, 跳び退がって, 跳び退がりながら, 跳ぶ, 跳んで, 踊るやう, 踏ん張った後脚, 踏臺を, 蹌めく, 蹴あげるやう, 躄るよう, 転倒り, 軽くささえた, 近よって, 近寄れるわけ, 返す, 迫って, 追いかかった, 退いたとき, 退いたの, 退きました, 退き皆, 退く, 退く道, 退こうと, 退らせて, 退り乍ら, 退却した, 送って, 逃げたよう, 逃げて, 逃げること, 逃げ帰る, 逃げ退りざま, 這いさ, 連れた, 連れて, 避けた, 避ける, 避けること, 銭形平次が, 錢形平次が, 長く伸ばし, 開いた, 開いて, 開かれる, 隠して, 隠れある, 隠れこんだ, 隠れた, 隠れるやう, 隱し, 隱れる, 離れた, 雪崩返った, 靡くん, 顔を, 飛びしさり両手, 飛びしさる, 飛びしざってまたにらみ, 飛びすさった, 飛びすさつた, 飛びのいて, 飛びのくやう, 飛びのく身構え, 飛びました, 飛び退いたムク, 飛び退ったの, 飛び退る竜, 飛ぶ, 飛ぶ途端, 飛んだの, 飛んだ時, 飛出せ, 飛退き, 飛電を, 駈けこむ御仁, 駈け戻って, 駈け込んで, 駈け迫ろうと, 高くなっ, 高く跳ね上がっ, 黒いの, 黒い人影

▼ 後ろ~ (600, 10.4%)

37 向いて 15 振り向いて 14 顧みて 13 振り向くと, 振り返って 11 見せて, 見ると 9 振り返つて 8 向けて, 振り返つた, 振返って, 見た, 見て 7 ふり返っ 6 向くと, 振り返ると, 閉めて 5 振り向いた, 振り向きました, 振り返った, 振り返りました, 振返つて 4 ふり返った, 振り向く, 振り返りながら, 振向いて, 振顧, 見れば 3 ふりかえって, ふり向いた, ふり返り, 払って, 振りむいて, 振り向きも, 振返りました, 歩いて, 見る目, 顧みながら

2 [41件] ふりむいた, ふりむいて, ふりむけば, ふり返つた, ふり返りました, まわって, 伏し拜, 向いた, 向いたま, 向けたまま, 向け窓, 指さしました, 振りか, 振り向かずに, 振り向くどころか, 振り返つて云, 振り顧, 振向いた, 振向きました, 振向くと, 振返った時, 振返つた, 掻きながら, 気に, 竹刀で, 締めて, 見せた, 見せたまま, 見せるという, 見せる拙者, 見せれば, 見たが, 見ても, 見まわして, 見るの, 見ろ, 見廻します, 見返り, 返り見ると, 通って, 顧みると

1 [251件] いくらそうっと下りた, おびやかされて, かいて, かすめたので, かためる程, さえぎろうと, さし招くと, じっとながめました, じろりと見, すり抜けて, そっと擽られる, そっと閉めた, たたいた, ついて, つけて, ふりかえった, ふりかえり見るが, ふりかえる, ふりかえると, ふり向いて, ふり向きしかも, ふり向きました, ふり向きも, ふり向くと, ふり返ります, ふり返り見ない, ふり返ること, ふり返るだけの, ふり返ると, ふり返るべきでは, ふり返る余裕, ふり返る必要, ふり返れ, ふり返れなかった, みせて, みたけれど, みたら兄たち, ジャン, パタンと, ポリポリと, ポリポリ掻い, 一寸振り向い, 一払いした, 丈高い, 丹波鉄道が, 何気なく通り, 具えて, 具へて, 円く三ツ組, 制しながら, 向いたきり, 向いたの, 向いたまま, 向いた船長, 向かされて, 向かない用心, 向きいるから, 向きながら, 向きました, 向きましたが, 向き其処, 向き返った, 向き鏡面, 向く子供, 向けた, 向けハッチ, 向け電車, 垣に, 壁で, 守って, 山崎は, 巻いたりと, 幾度振り返った, 引っ掻くと, 後ろを, 怖れ, 思いきりアップ, 怪しげな, 恐る恐るのぞく, 恨めしげ, 抜けた様子, 押えるもの, 押して, 担ぐ私, 振かへ, 振りかえると, 振りむいた, 振りむいた時, 振りむくと, 振り仰いで, 振り仰ぐと, 振り向いたが, 振り向いた平次, 振り向いた時, 振り向いた狐, 振り向いては, 振り向いても, 振り向き, 振り向き振り向きこちら, 振り向くどころ, 振り向くな, 振り向こうと, 振り見た, 振り返ったが, 振り返ったり, 振り返つたら同じ, 振り返つた彼女, 振り返つて素子, 振り返らない女, 振り返らなかった, 振り返りすぎる, 振り返りましたが, 振り返りも, 振り返り乍ら, 振り返り少し, 振り返り振り返りした, 振り返り振り返り早足, 振り返り見ないもの, 振り返る, 振り返ること, 振り返るよう, 振り返る勇気, 振り顧ら, 振向かないお, 振向きて, 振向く, 振向くこと, 振向けば, 振返ったが, 振返ったの, 振返り, 振返りざま, 振返りながら, 振返り振返り山, 振返り見た, 振返り踏み止まって, 振返ると, 振返るの, 振返る元気, 掛り向きました, 掻き乍ら, 撫でて, 撲った, 攻めて, 断たれいわば, 断たれたら孤軍, 断たれよう, 断つ策, 桶の, 歩いたので, 気を, 浴びせに, 潜るには, 照らすこと, 狙って, 現し出した, 眺めなおした, 睨み廻した刹那, 睨めつけた, 空坊主に, 突いた, 突くぞという, 繞り, 襲いますから, 襲え, 襲われない用心, 見い見いお, 見い見いやさしく, 見ずに, 見せかけたから, 見せそして, 見せたか, 見せたがるの, 見せたこと, 見せた日, 見せないの, 見せない者共, 見せねえが, 見せるといふ, 見せるな, 見せるの, 見せるは, 見せるほど, 見せるよう, 見たから, 見たわけ, 見つつ, 見ない, 見ないで, 見ない鉄, 見ながら, 見やり後, 見る, 見るがい, 見ること, 見るという, 見るよう, 見るん, 見るんで, 見廻した, 見廻したけれども, 見廻して, 見捨て死, 見込んで, 見返ったが, 見返りました, 見返り見返り, 見返り見返り路地, 見返れば, 見送った, 見送ったが, 見送ったまま, 見送って, 見送つて, 見送つてガラツ八, 見送りながら, 見送るほどに, 覗くと, 越えて, 追うて, 追って来た, 追っ駆けて, 追つかけはじめた, 追つて, 追ひかけ, 透かしながめよろめきつつ, 通った, 通った人間, 通りか, 通り千代子, 通り南, 通り唐門, 通り果樹, 通り過ぎる, 通る女中ども, 遠くから, 鉄砲の, 閉じた, 開けて, 顧みざる者, 顧みずただ, 顧みた, 顧みたところ, 顧みたら北, 顧みるも, 顧みる必要, 顧みれば, 顧りみた, 顧れ, 風の, 飛ぶが

▼ 後ろ~ (179, 3.1%)

5 声が 3 不意に, 聞えた, 誰か, 誰かが 2 いった, 人の, 彼の, 結んで, 絲を, 言った

1 [150件] あッという, いいの, いう, いえば, いきなり大きな, いやほとんど, うなずいて, うめき声を, おーいと, お蔦の, くくりつけて, くすくす笑つた, こまかく震えました, ささやく声, しきりに人, しっかと握り合せ, しないで, する, するやう, そつと, それから大神宮, だしぬけに, だれの, ちょっと盗み聞き, ちょっと立ち, つかねた宮内官, つかんで, であった, ひびいた, むすび片, やさしい聲, よんで, カルタを, ニヤニヤ見, バタンと, ボンヤリ伝さんの, ワイワイ騒い, 不意な, 両手を, 二人が, 仏頂寺を, 仲間らしい, 何か, 何やら密, 兄の, 光って, 円く三ツ組, 厳粛な, 口説いてるところ, 叫び聲が, 叫ぶ声, 叫んだ者, 吹いて, 呼び止める声, 呼び返して, 呼ぶ者, 呼んだ, 呼んで, 咎めた者, 唯ならぬ, 噴き出す者, 四つ五つの, 城太郎の, 堅く縛っ, 声を, 多少の, 大変な, 奇声を, 妻が, 妻の, 宋江は, 家の, 宿禰の, 小さくな, 小さな子供たち, 小姓が, 少し陰気, 峻が, 嶺太郎が, 張り始めた, 彼を, 御食, 怒鳴って, 怪しいと, 恭, 息を, 悠々閑々と, 意地の, 戦争が, 手先を, 拗ねて, 持ったまま, 斯んな, 時々破裂, 暖炉の, 李固, 束ねた髪, 束ねて, 武蔵の, 母に, 活躍し, 深井が, 火を, 無論見える, 爆発する, 爆發する, 父の, 独り託つ, 病人が, 眠さ, 着物の, 知ったらしく山伏, 石川の, 破裂致し, 突然劉夫人, 窪地の, 立座を, 立竦ん, 章房の, 笑ったり, 笑って, 笑つてゐる, 糸を, 組んだ反り身, 結び整つた口元, 綾に, 縛つて居た, 縛れるわけ, 聞えました, 聞きながら, 聞こえる僕, 聴いて, 聽い, 自分を, 若い女, 荷物の, 衣ずれの, 見物し, 言ってるの, 訴訟の, 話を, 誰かこ, 足音が, 長髪の, 閉められると, 隠現, 靴の, 響いた, 鳰が, 鳴った

▼ 後ろには~ (150, 2.6%)

2 お町, 与八が, 弟子達が, 竹藪が, 誰か

1 [140件] あちこちに, いこんだ, いつでも, いつの間にか鼠色, いつも作者, いつも黙っ, おおかた耡, お倉婆, お北, お品, お婆さんが, かならず女, きっとその, こういう軽蔑, このため, この十月, ささやかな, さっきから, しずんで, そうした馬, その仲間, それは, だれかが, だれも, ちゃんとおまえ方, ちょっとした茂み, どんなもの, ななか, まだこれ, もうたくさん, もう全然肉, もう闇, やっぱりのがれられない, よく見えた, わしの, イギリスの, ガラッ八, ソマーセットが, リーズの, ワナワナと, 一群の, 三人の, 不思議の, 不用な, 丸山勇仙の, 九つ梯子が, 人に, 今この, 仏頂寺丸山の, 仲間の, 位の, 位牌を, 何も, 何んにも, 侍童も, 供の, 倉地が, 停車場, 六枚屏風の, 六歳から, 兵隊が, 刑事が, 加奈子と, 古雅な, 各街路, 同数の, 名城取立て当時の, 呉羽之, 命がけで, 塀なく, 多勢の, 夜と, 大きなフェルト, 大きな軍刀, 大太鼓, 大敵ところは, 大敵を, 好い男, 妾の, 宮方始め三条太政大臣その他の, 宵の, 容易ならぬ, 寺社奉行の, 小姓が, 小山の, 少し離れ, 山が, 山岳を, 山形雄偉なる, 幾つも, 広い森, 座敷の, 影の, 後押しが, 必ず仏像, 愛子が, 或る気付かれなかつた, 戸板に, 手燭を, 打ちのめされたよう, 拳に, 挟箱が, 暗の, 李応朱同, 棟木の, 森を, 死神が, 波の, 滝の, 狭い中庭, 王九媽が, 男の, 疊の, 眠ってる二門, 秋草を, 秘密な, 窓が, 羊どもが, 老人や, 自分が, 自分の, 芳夫が, 若干の, 萬七の, 覆面の, 許宣を, 赤ん坊の, 遥かに, 部屋の, 鈴の, 銃を, 阿弥陀如来の, 陰影が, 雑沓した, 顔良文醜, 食堂で, 餌を, 駿介のと, 鬱蒼たる, 鳥打帽子などを

▼ 後ろ~ (73, 1.3%)

2 お勝手と, 母親と, 知らない人間

1 [67件] かなりの, からっぽだった, ところどころ打, どうなっ, どこまで, ひどくえぐられた, また見物, ものすごい上野, 一杯の, 下女の, 二かいの, 何千丈の, 僅かに, 共同井戸が, 冬木立に, 切り立てたよう, 切岸に, 前よりも, 十分ゆったり, 土蔵で, 垂井の, 少しばかり, 山に, 山を, 山続きで, 峨々たる, 峰谷の, 師範学校である, 常磐木の, 幔幕を, 平屋に, 広い草原, 廊下で, 廊下の, 廣い, 建仁寺の, 御仏, 拝めねえぜ, 控えの, 日本海を, 暗い死, 暗である, 杉の, 栗林を, 桑畑で, 楽屋曲輪表門の, 水族館である, 海です, 深いどんぐり林, 深い暗の, 生蕃である, 男體山を, 登り口の, 羽目板の間を, 背を, 腰高塀に, 自然空つ, 見せられない羽目, 見せられねえ何, 谷です, 逢坂の, 遐かの, 錦山前は, 隣りの, 須走り, 高台で, 鯰の

▼ 後ろ~ (48, 0.8%)

10 を見送っ 3 を見, を見送る 2 を見送った, を見送り

1 [28件] が見えました, さえ見えなくなっ, に見入つて, はすらり, は早, をじっと, をつくづく, をにらみ, をはるか, を七兵衛, を不破, を伏し拝み, を伏し拝ん, を伸び上っ, を凄い, を呆然と, を小さく, を我が, を指す, を机竜, を模糊, を町並, を眺めわたす, を見つめ, を見やっ, を見送つ, を踏まざる, を追う

▼ 後ろからは~ (36, 0.6%)

2 むずと組みつく, 伊三松の, 八五郎の, 手代の, 虎視眈々たる

1 [26件] お神楽, お神樂, ぞろぞろと, また御厨, まだ雨, まるで蒸汽船, もう跟, ガラッ八, 何やら物, 八五郎が, 円い麦稈帽, 十六七ばかりの, 女房が, 子供達の, 平次, 押せ押せと大きな, 攘夷家が, 殺到する, 清子と, 猿が, 痩せた百姓馬, 肉へ, 誰も, 追い風に, 長ん, 陰気な

▼ 後ろ~ (36, 0.6%)

18 見ずに 3 振り向かずに 2 前も, 念入りに

1 [11件] ふり返り得ない, めまぐるしいばかりの, 一尺五寸以内に, 振り向かねえ往來, 振り向かねえ往来, 敵であった, 敵前も, 敵軍前も, 絶対に, 見つつ, 見分けの

▼ 後ろ暗い~ (36, 0.6%)

6 ことが 4 ことは 2 ことで, ことの, ことも, ことを, ところの, ところは

1 [14件] ところも, ものを, 事など, 人間に, 仕事の, 仕事を, 奇人に, 思いを, 所業を, 稼業を, 自分の, 行動は, 行為でも, 酒場に

▼ 後ろ~ (27, 0.5%)

9 になっ 5 になつ 2 になつて人

1 [11件] になった, になつたま, になつて, になつて合せ鏡, になつて水, に働い, に寝る, に欄干, に答えた, に風呂, のまま

▼ 後ろにも~ (21, 0.4%)

2 暗の

1 [19件] あり, うつれる人, そしてその, たれて, ちょうど人影, ムク犬が, 人が, 人影見えず, 何の, 何物も, 働いて, 動くまいと, 同じ恰好, 手紙だの, 数名の, 海へ, 湖水を, 破壊, 見渡す限り

▼ 後ろ~ (20, 0.3%)

2 切通しに

1 [18件] またずっと, わからなくなっちまった右, 二階から, 寒いぞ, 恐ろしくなっ, 押すん, 押入に, 振向きたくなる, 気に, 疲れて, 窓で, 糞の, 自分の, 見られるよう, 豊年師匠隣が, 遽かに, 閉まった, 青く痣

▼ 後ろについて~ (20, 0.3%)

2 いて, 来た

1 [16件] かけ合いを, きたの, きた男, その女, ゆきかかりますと, 二人連れで, 内に, 千種は, 女の, 廻ってたよう, 来させながら, 来てる三千子, 来る家臣たち, 知らない土地, 西廻廊の, 靴の

▼ 後ろより~ (20, 0.3%)

1 [20件] これを, そんなら, ヤツと, 上下左右洩らす, 下僕たち, 不意を, 來り, 危し, 吹く, 吾助, 大袈裟に, 好奇心で, 婦人が, 我子よというは, 未だ十七八, 来て, 火の手を, 苛む苦痛, 若旦那お早うと, 追いかけさせ私

▼ 後ろなる~ (18, 0.3%)

2 駕籠の

1 [16件] が先んじ, が呼びかけた, が拾得, はお, はお雪ちゃん, はめざす, は机竜, は頭, を誘う, 三十六峰の, 大きさ二抱え, 山も, 忍び足が, 或る, 抱茗荷のは, 書生は

▼ 後ろ袈裟~ (12, 0.2%)

1 [12件] にあびせた, にば, にザックリ, にズーン, にバッサリ, にバツサリ, に一名, に斬っ, に斬られた, に斬り, の一刀, を狙った

▼ 後ろざま~ (11, 0.2%)

2 に倒れた 1 にあおむけ, にその, にどう, によろけます, に倒れかけた, に帯, に石階, に蹴った, に飛び

▼ 後ろでは~ (11, 0.2%)

1 [11件] かなり辛辣, なかった, ガラツ八の, 二人の, 勢を, 子供たちが, 彼を, 町じゅうの, 薄鈍, 透し紙, 電光が

▼ 後ろ~ (10, 0.2%)

3 右と 2 左右とは 1 左右とに, 思われる山, 手を, 日野の, 話すとき

▼ 後ろまで~ (9, 0.2%)

1 ひるがえして, ふところ手を, 来て, 来ると, 蹴飛ばして, 迫った, 迫って, 追いついて, 食み出して

▼ 後ろ~ (9, 0.2%)

1 か首筋, だけなら, のぐあひから, の見えた, ばかり見, をきる, をチョイとき, を板の間, を箱

▼ 後ろからも~ (8, 0.1%)

1 きかかった車, のぞきに, ばらばらと, むずと抱きすくめた, 後ろからも, 敵が, 背中を, 自動車が

▼ 後ろ~ (8, 0.1%)

1 としたら, についてい, には旧い, に傷, のふくら脛, の処, の吊り, の板戸

▼ 後ろへと~ (7, 0.1%)

1 去って, 寄って, 引きずって, 彼女を, 狙け, 言えば, 逃げて

▼ 後ろ~ (7, 0.1%)

1 庭の, 扉の, 普請小屋, 柱時計の, 樹木の, 納屋の, 襖子の

▼ 後ろ~ (7, 0.1%)

2 さを 1 えこと, え人間, さが, さに, さは

▼ 後ろばかり~ (6, 0.1%)

2 掻いて 1 でなく横, では, 振り返って, 振返って

▼ 後ろ~ (6, 0.1%)

1 から屏風, に置かれた, の景色, の石垣下, は崩れなかつた, をながめた

▼ 後ろ~ (5, 0.1%)

2 がたを 1 がたが, がたに, がたの

▼ 後ろへも~ (5, 0.1%)

1 たれたま, どなった, 少し綿, 行かなくなり声, 行かなくなり聲

▼ 後ろ備え~ (5, 0.1%)

1 として参った, にし, にやり, はあった, を当て

▼ 後ろ~ (5, 0.1%)

2 で立ち上 1 でぬつく, でスクッ, で立ちあがつた

▼ 後ろ~ (5, 0.1%)

1 から馬, に刷毛先, に少し, に差した, に廻す

▼ 後ろ鉢巻~ (5, 0.1%)

2 をし 1 で門, のいでたち, をした

▼ 後ろ~ (5, 0.1%)

1 で結ん, に打ち身, の一ヶ所, まで切, を吸った

▼ 後ろからの~ (4, 0.1%)

1 からだつきなんか, 声に, 突き傷の, 追撃に

▼ 後ろ~ (4, 0.1%)

2 か知らない 1 から人, ね

▼ 後ろへは~ (4, 0.1%)

1 ほどけかかった帯, 一歩も, 土地の, 逃げず行手

▼ 後ろへま~ (4, 0.1%)

1 はす, はつて, はつて親切, はつて首筋

▼ 後ろ~ (4, 0.1%)

1 が負わせ, で往生, の身, をと言う

▼ 後ろ~ (4, 0.1%)

2 へかけ 1 にハンケチ, の頸もと

▼ 後ろあたり~ (3, 0.1%)

1 になるだろう, に隠れ, へ来た

▼ 後ろです~ (3, 0.1%)

21 よと注意

▼ 後ろとか~ (3, 0.1%)

2 戸袋の 1 襖子の

▼ 後ろ~ (3, 0.1%)

1 だけがちら, に木刀, を引摺

▼ 後ろ~ (3, 0.1%)

2 を閉め 1 をピーン

▼ 後ろ斜め~ (3, 0.1%)

1 に凭れ, に岩, に障子

▼ 後ろ~ (3, 0.1%)

2 にもその 1 に下流

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 前か, 右か

▼ 後ろかげ~ (2, 0.0%)

1 だに見る, を合掌

▼ 後ろからでも~ (2, 0.0%)

1 灰色の, 見える

▼ 後ろさがり~ (2, 0.0%)

1 にジリジリ, に奥

▼ 後ろすさり~ (2, 0.0%)

1 の永, の永左衛門

▼ 後ろつき~ (2, 0.0%)

1 も小, を見送っ

▼ 後ろでも~ (2, 0.0%)

1 いい要は常に, 一人の

▼ 後ろとを~ (2, 0.0%)

1 悲しい目つき, 見終つたので

▼ 後ろむき~ (2, 0.0%)

1 になっ, に後部

▼ 後ろめ度~ (2, 0.0%)

1 い, いのでしょう脇息

▼ 後ろ向い~ (2, 0.0%)

1 てメズサ, て人

▼ 後ろ向け~ (2, 0.0%)

1 にアグネス, 再び飛び乗っ

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 くださること, は某

▼ 後ろ数歩~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ 後ろ梳き~ (2, 0.0%)

1 にし, の尼額

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 にパタパタ, に引倒

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

2 をのべた

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 を射た, を射つけ

▼ 後ろ立て~ (2, 0.0%)

1 がある, にする

▼ 後ろ縁側~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 で聞い, に聴い

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 に支え, の凝っ

▼ 後ろ袈裟虚空~ (2, 0.0%)

2 を掴ん

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 て住む, らる

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 卷きでお, 卷きを

▼ 後ろ~ (2, 0.0%)

1 をひかれ, をや引

▼1* [109件]

後ろえりを引っ, 後ろかの一番はじに, 後ろからくね, 後ろからはがいじめに, 後ろからばたんと閉ざされた, 後ろくそっぽ洗われ, 後ろさびしいものは, 後ろさまに身, 後ろざしの金簪, 後ろざま気合を抜い, 後ろすなわちモン, 後ろずさりによろめく, 後ろだ殺されたお駒, 後ろちょうど毛の, 後ろってお前, 後ろつき菊五郎に似たる, 後ろでございますよ, 後ろでのことだった, 後ろとに代る, 後ろともつかずに, 後ろなどから出て, 後ろなどで聞いて, 後ろなどに栽え, 後ろなどには滅茶滅茶に, 後ろなどの陰気な, 後ろなどへ来て, 後ろなんかふり返る, 後ろにあたってバタバタという, 後ろにがたりと扉を, 後ろにくッつい, 後ろにでもいるよう, 後ろにとって下緒, 後ろにね大きな家, 後ろに従い伊織は, 後ろに従って主従の, 後ろのみかど座, 後ろばかりを見て, 後ろへの手合図を, 後ろへまで近よっ, 後ろめく覚えの, 後ろよりに非ずして, 後ろをも前をも, 後ろ一二間も離れ, 後ろ一面の浅黄幕, 後ろ丁度背の, 後ろ上がりに何列, 後ろ上方にぼんやり, 後ろを持つ, 後ろ倒しにしてやった, 後ろを仰がね, 後ろ入口の扉, 後ろ出羽屋の裏, 後ろ前後同時に攻めなけれ, 後ろ北向の薄寒, 後ろ十米ぐらゐの距離を保つ, 後ろ十間とは隔たらない, 後ろ半分に楽器, 後ろ半分乘出したやう, 後ろ厳粛な寂寞さ, 後ろ反対側から同じ, 後ろから薄暗い, 後ろ合せにする, 後ろ大きな釜の, 後ろを引摺つて, 後ろの裾, 後ろ平次の横手, 後ろ廻しにひそめた, 後ろが極めて, 後ろ影蓬なす頭, 後ろ或いはその左右, 後ろを閉めました, 後ろ指ささるるような, 後ろ指さされたことだろう, 後ろ振り向くさまの, 後ろ捨身に投げられた, 後ろに岩, 後ろ明りだった, 後ろ暗い罪ぶかいものが, 後ろ暮れゐし焚火, 後ろ木の間がくれ, 後ろ構えを多少, 後ろに倒れ, 後ろ歩きにさせ, 後ろ泣けといえ, 後ろ湯島の吉, 後ろ目たい思ひを, 後ろとしてつっかえ, 後ろに近く, 後ろ納戸次の間口の間, 後ろ結びの頑固, 後ろを臨ん, 後ろを叩く, 後ろに脇差, 後ろ衣嚢へ手, 後ろ見せねば, 後ろ見できぬ気持に, 後ろに駈けろ, 後ろ跳びに庭, 後ろにかこっ, 後ろ退さりに火, 後ろ退りに罌粟畑, 後ろ鉢巻きを取り, 後ろ鉢巻もも引にすね当て草鞋, 後ろ鉢巻姿で俵天王, 後ろ錢箱を抱, 後ろ隠しに持たれ, 後ろの下, 後ろに入る, 後ろに蜜柑