青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「懸け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

憂鬱~ 憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 應~ ~懐 懐~ 懐中~ 懷~
懸け~
戀~ 成~ ~成っ 成っ~ ~成った ~成る 成る~ ~成功 成功~ ~成立

「懸け~」 1240, 13ppm, 8264位

▼ 懸け~ (798, 64.4%)

23 ある 16 あった 13 いる 10 あつた 8 あるの 6 あって, いたの, おいて, ゐた, 行って 5 置いて 4 あります, いた, 行く 3 いるの, いるよう, 居る, 眺めて

2 [43件] ありました, ある例, ある袋, いて, いました, おくこと, おくの, おくん, くれた, それを, やりますし, ゐないやう, ゐる程, 一冊の, 下され巾着, 伯爵夫人は, 何か, 來た, 其手で, 四羽の, 地の, 墜落し, 女と, 居ても, 居ります, 形許り, 彼の, 戸を, 来て, 来る, 来る遊山, 渠は, 火のしの, 烟草を, 片頬, 疾風の, 素速く, 置きましたから, 置く黒繻子, 茫然庭を, 行つた, 首を, 黙して

1 [583件 抜粋] あげたもの, あったこと, あったの, あったり, あった昔, あった練習用, あった鉄瓶, あった雄壮, あった額縁, ありがたいお茶, ありますが, あり古ぼけた縞, あり縁, あり隅, あるいて, あるお, あるそれ, あるだけの, あるぢ, あるところ, あるので, あるまた, あるオーバー, あるドザ, あるランプ, ある一冊, ある一聯, ある人, ある又, ある古い, ある外套, ある夜ひそか, ある家, ある小さな, ある旗, ある槍, ある温度表, ある燕, ある琴, ある画, ある絵馬, ある繪, ある鈴, ある鉄瓶, ある鉄砲, ある鍵, ある黒板, いい, いうたらはよ, いかがな, いたかと, いたこと, いたり, いた女, いた文筥, いた由蔵, いた矢先, いった, いない者, いなかったので, いますと, いま詮議中との, いよいよ低く, いらしった方々, いるが, いること, いると, いるね, いるので, いるばかり, いる人, いる先生, いる即ち, いる嫁, いる家, いる朝, いる無法者, いる玄関, いる珠, いる短剣, いる遠方, いる高い, うつむく時, うんと収穫, おいたらよ, おいた弓, おいた琴, おかれました, おくこッ, おけば, おほいな, おやじは, おやぢ, おらんがの, おり又, お兼, お勢, お貞, お雪, お願, きた党派, きっとお, きりりとした, くるもの, くれたらええ, くれた夢, くれやう, くれようとは, くれるほどの, ぐいぐい胃の腑, こぎ付る, この怪しい, これに, さてどう, さへ, しまったし, じっとその, じろ, すまぬ, するすると, すると, するりと体, ずッ, そして例, その害, その腦裏, その裾, その頭, それが, それに, ただ一突き, だらりだらりと, ついでに, つかわせと, どかりと, なら二人, はおらぬ様子, はくらんの, はじめたもの, ひよろ, ぶるぶるといふ, ほつと, また同じ, みなさい他, みろッ, もうこれ, もと堅く, もらいたい, やすむ此君, やった, やりさ, やりましたが, やるがのう, やるに, やれ, やをら相手を, ゆくにも, わずかに, ゐたから, ゐたが, ゐたバンドゥーラ, ゐた私, ゐないの, ゐる, ゐるの, ゐるので, ゐる類の, ウトウトと, ウンウン引張った, ニヤリと, パアテル・ノステルを, フトお, ラジオの, 一ぷくせよ, 一人の, 一団に, 一散に, 一泊したい, 上が, 下さい, 下さいますな, 下さいませんでしょうか, 下さり何, 下すっては, 下枝の, 中山道を, 乃公の, 乗り越そうと, 争うよう, 二三年目に, 二人の, 二人は, 二度と苦しい, 人々は, 人麿忌が, 今しも, 休むが, 休息し, 低く吊つ, 何様な, 作り上げた秘作機械, 使うて, 來て, 來る, 例の, 倒れて, 偃松が, 先刻手前役宅へ, 写真を, 出た, 初さんも, 別にさわぐ, 削り失, 前へ, 北叟笑み, 午後は, 半身を, 厳格な, 去る, 参った処, 参りました, 参れば, 又市, 取って, 取りかかっても, 受取つて來て, 名を, 名前だけでも, 向直った, 君を, 呉れしに, 呉れないので, 呶鳴りつけられる, 呼び留めて, 呼ぼうにも, 唐松尾への, 唯ぢ, 唾を, 在る手綱, 地に, 地上の, 塹壕に, 壁の, 夜中に, 夢中に, 夢見るごとき対手, 夢見る如き対手, 夫が, 奮然として, 始めて, 威張って, 宇宙の, 客に, 家の, 家根を, 寢た, 小い, 少し俯向き心, 居た, 居たから, 居たつけ, 居たの, 居た淡, 居りこれ, 居りました, 居りますが, 居るといふ, 居るの, 居るまこと, 居る人, 居る処, 居る所, 居る私, 居る色眼鏡, 屋根の, 岩壁の, 島野は, 川を, 巡査の, 己れ, 希代さね, 帰りを, 年寄か, 幻の, 度々の, 庭を, 廊下伝いに, 引捕え, 往くから, 後ざま, 御一同, 御互に, 御覧に, 忘れること, 応酬文字を, 思はぬ月, 思ひ決めしこと空, 急ぎ足で, 恨めしそう, 愛賞し, 慌てて, 慕つてゐる, 慾も, 我々にも, 我々を, 戻る風, 扇屋を, 手足に, 打って, 托鉢に, 振り廻す, 摩耶を, 支那に, 攻めよせた, 教えて, 敢て, 敵の, 文三は, 斬り込むと, 新聞を, 旅人は, 日の目の, 昇の, 暖簾に, 曳, 有ったの, 朝夕眺め, 本でも, 朱に, 来た入って, 来た訳, 来た身, 来なくなった, 来ようもの, 来る過去, 松島は, 桜の, 桶へ, 棚の, 楽しむつもり, 樂んで, 樹の, 機嫌聞き, 歌を, 歌詞を, 歩いてるだろう, 歸り, 殺さる, 殺したら俺, 毎日書を, 気も, 水を, 江戸昌は, 沢山の, 沼の, 海に, 海の, 海岱門と, 消して, 済まぬの, 渋茶に, 湯を, 滑川にぞ, 漸と, 潮を, 焼き了, 物を, 猟官者を, 獵官者を, 球の, 生糸相場は, 病癒えぬ, 登らなければ, 白い烟, 白き二の腕, 白糸に, 盆棚同様の, 眞を, 眠って, 眠つて居る, 眺めたり, 矢鱈に, 短剣を, 示された, 祝詞を, 私と, 穴へ, 突きかかる, 突こうと, 突進した, 立ち留まり, 立つほどに, 竪樋の, 笑いながら, 笠衣類合財袋煙草入れ, 純吉, 縊死し, 縋りつく倉橋君, 置かせたが, 置かれないね, 置きそう, 置くこと数年, 置くだけの, 置くと, 置くの, 置くのぢ, 置く時, 罷めたよう, 罷出た, 翼として, 考へ, 肌身に, 胡蝶胡蝶とぞ, 能く, 自と, 自は, 自分から, 自分の, 自由党を, 苦しんでるモドキ, 草を, 萩原の, 落ちて, 落下し, 落着て, 藪を, 行き八倍, 行くの, 行く女, 行く旅費, 行く足, 行った, 行ったが, 行ったそして, 行ったとき, 行ったん, 行っては, 行つて無理に, 衣兜に, 袋の, 襲って, 襲つて來た, 見た, 見たが, 見たくなるの, 見たりなんか, 見べ, 見ましょう, 見ようと, 見る必要, 視め, 覺束なき, 討死しよう, 詛い波婆利, 誓った, 議会に, 貨幣すなわち, 貯えた書物, 貰い度ような, 貰へ, 賄方を, 走って, 走りだそうと, 躍り込まんと, 身に, 身を, 輕薄武士と, 返して, 追つて, 追つて來, 遂に関羽, 遣つた, 遣は, 重さ, 銭を, 鎭宅除災の, 長篇小説を, 闇の, 闇を, 降りて, 集めたもの, 頬の, 頷く小宮山, 頼んだって, 頽れ落ち, 飛びかかって, 飛びこんだの, 飛び出して, 飛び込まんと, 飛ぶ, 飛んで, 食卓に, 飾れる人, 駈け出して, 駈け出しました, 驀地に, 驀進した, 驚く人々, 黙って, 鼻を

▼ 懸け~ (34, 2.7%)

3 目を, 行って 2 なり片手, なる方

1 [24件] ぐいと結んだ, なったのに, なつたんで御座います, なられたん, なりましたら首, なりますので, なるだらう, なると, なるところ, なるの, なる時, よらず親切, よらない者, 一風呂浴び, 何気なく振り返っ, 婆, 寄らぬ剽軽もの, 持って, 机の, 梁に, 母親さんの, 結んで, 行こうぞ, 行ったって

▼ 懸け~ (33, 2.7%)

2 ように, 問題に, 綺麗な

1 [27件] いい子, いい愉快, ほどが, ような, よくない, よろしき, よろしき朝妻, イスといふ, 功名を, 友禅模様違い棚の, 好い実体, 帰りで, 恋, 悪い女房, 撥を, 日和下駄が, 本を, 森, 樹の, 樹も, 略服なりと, 興味であった, 良い婦人, 街路樹が, 装束の, 譽れある, 魚も

▼ 懸け~ (28, 2.3%)

3 をし 2 もろ

1 [23件] がいさましく, がし, がどの, が近づい, して, だ, だけで近づかなかった, だけのもの, でごまかし, ではしっ, とザァザッ, と共に眉間, と共に第, にはならなかつた, に同じ, のもと, の度々, は深井, までし, もきかれよう, もろとも艇外, をあげた, を出し

▼ 懸けては~ (16, 1.3%)

2 その都度靴音

1 [14件] いけないかね, いつでも, それぢや, ない, ぴょいぴょいと飛ん, 下し土用, 家々の, 居ないぜ, 居らぬ様子, 我等が, 滑り墜ち攀上, 濟むまい, 眺めて, 頗る活溌

▼ 懸け~ (16, 1.3%)

3 なれて

1 [13件] あっぱれだ, こんなもん, したが, しないか, なれた, なれたと, なれたもの, なれた本質, なれた爽快, もつての, 地震國の, 望ましく洋楽, 決して悪い

▼ 懸けながら~ (14, 1.1%)

1 [14件] お勢, その音, ふら, 一枚の, 云った, 口へ, 店の, 慌しく追い行きたる, 漸く追い着いた, 繰返した, 職員室に, 背後へ, 茫乎見, 近寄り虎

▼ 懸けても~ (12, 1.0%)

2 返事が 1 いたそうと, きっと約束, 前回の, 唄が, 思ひ寄りませぬこと, 枉げようとなんか, 果さでは, 果たさでは, 聞えぬらしいので, 返答も

▼ 懸け~ (11, 0.9%)

2 えの, 一つ下つてゐる, 必要である 1 なかった, なだらかな, よかった, 出た, 出ない以上

▼ 懸けたり~ (10, 0.8%)

2 して 1 ける, した, すると, する多忙, それらの, 名誉を, 敷いたり, 眼の

▼ 懸け~ (9, 0.7%)

1 かけ杖, くれる, するなどとは, だらしなくしめ, 乞うの, 仰ぐこと, 引き剥いで, 装った目, 返して

▼ 懸けての~ (8, 0.6%)

1 侠客といふ, 広告などに, 心願である, 意志が, 意志までも, 決心を, 眺望が, 遺言とも

▼ 懸け~ (8, 0.6%)

1 世を, 備えて, 動きの, 抜け出して, 拭込む, 暮らして, 防疫に, 馬糧の

▼ 懸け~ (7, 0.6%)

1 が下し, の持ち逃げ, はもう, をはずした, を下し, を外した, を懸ける

▼ 懸けその~ (5, 0.4%)

1 下に, 傍に, 光気の, 己の, 病を以て

▼ 懸け~ (5, 0.4%)

3 しなければ 1 なく終日原野, 陳べも

▼ 懸け~ (5, 0.4%)

21 るべし, るべしとは, るる事

▼ 懸け~ (5, 0.4%)

1 はさ, はせ, ひが, ひすること, ひの

▼ 懸けから~ (4, 0.3%)

2 であった 1 暴風雨模樣で, 飲めるぜとばかり

▼ 懸けつつ~ (4, 0.3%)

2 手に 1 とうとう, 雨にも

▼ 懸け~ (4, 0.3%)

1 なしに, のない, をし, を少くよい

▼ 懸け引き~ (4, 0.3%)

1 がない, で気に入った, のない, の必要上

▼ 懸け~ (4, 0.3%)

1 は取り, を眺め, を買っ, 懸け花入

▼ 懸け~ (4, 0.3%)

2 に先程, の引出し

▼ 懸け具合~ (3, 0.2%)

1 が思ひ出せない, が至極, を乞

▼ 懸け~ (3, 0.2%)

1 を亡失, を披閲, を焼き失い

▼ 懸け~ (3, 0.2%)

1 へば左衞門, へば我, へり

▼ 懸けごえ~ (2, 0.2%)

1 につれ船上, をし

▼ 懸けそう~ (2, 0.2%)

1 だったが, なもの

▼ 懸けそして~ (2, 0.2%)

1 その為め, 条件付で

▼ 懸けちゃ~ (2, 0.2%)

1 こう云, 置かん骨

▼ 懸けちゃあ~ (2, 0.2%)

1 いるけれど, ちと縒

▼ 懸けてから~ (2, 0.2%)

1 四年目明治十年四月三日に, 御飯は

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 さに, さりは

▼ 懸けまた~ (2, 0.2%)

1 これによりて, 鶏を

▼ 懸けもの~ (2, 0.2%)

1 しかありゃしない, をかけ

▼ 懸け作り~ (2, 0.2%)

1 になっ, のよう

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 がこれ, によれ

▼ 懸け取り~ (2, 0.2%)

1 に来た, に行った

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 をやっ, をやつ

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 えて, える度

▼ 懸け替え~ (2, 0.2%)

2 のない

▼ 懸け終日~ (2, 0.2%)

2 睨み暮らすこと

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 を切り払った, を固く

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 ねたる, ねられ板敷

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 でな, でもなく

▼ 懸け誠に~ (2, 0.2%)

1 御面倒, 殊勝なりき

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

2 をのみ

▼ 懸け~ (2, 0.2%)

1 ったよう, るごとく互

▼1* [139件]

懸けいみじき頸を, 懸け綾が, 懸けがたり腰障子を, 懸けこの者の, 懸けこれに美女四十八人, 懸けごえと共に彼, 懸けさえすれば, 懸けさきから取りあつめた, 懸けざま飜然と下立った, 懸けじたばたする手, 懸けせっかくで御在, 懸けそうしてほとんど一人, 懸けそれを振り廻し, 懸けそれで東京へ, 懸けたりなどして, 懸けたりばかりしてやがるん, 懸けだけは松さんが, 懸けっ放しになっ, 懸けてと顧みて, 懸けてをり又, 懸けでも編んで, 懸けなや横笛も, 懸けには刈り込んだよう, 懸けべと思つた, 懸けほんの僅かの, 懸けへん其の, 懸けやうといふ船頭, 懸けようではない, 懸けを以て人に, 懸けアそりや感心, 懸け放しに, 懸け一年間餘歐洲諸國を遊歴, 懸け一度交換台を, 懸け一梵士来りて, 懸けの枝, 懸けの枝, 懸けを潜つて中, 懸け乍ら尋ねた, 懸け二三日して, 懸けて四方, 懸け以下天照らす大神, 懸けのない, 懸けでございますか, 懸け其余公事出入等に彼是申威し金子為, 懸け内部には水, 懸けで前途, 懸けを設け, 懸け南面して, 懸け取りみたいにし, 懸けの手, 懸け合つて今日までも鎭, 懸け合ひで連ねて, 懸け吊してあつた, 懸け四辺をきょろきょろ, 懸けにつく, 懸け夕暮には皆, 懸けの長方形, 懸け大小を括り付けた, 懸け大手を振っ, 懸け太陽を迎, 懸けは我と, 懸けには悲しみ, 懸け密かに自ら我, 懸け専一に存じ, 懸けは淡紅色, 懸けるした淺葱, 懸けにはなろう, 懸け引起し移ろい, 懸け得物を押ッ, 懸け熟練と, 懸け忽ち雪を, 懸け怪訝な顔, 懸けえる足, 懸け手拭を冠, 懸け持ちで勤務, 懸けへてしまつたの, 懸け換えのない, 懸けは, 懸け時には激し時, 懸け更に自己の, 懸けに映じ, 懸け杖つきつつ前, 懸けの辻, 懸けを添え, 懸け桃符をその, 懸け桜色の肌理細やか, 懸け次第で随分, 懸け比類なきの, 懸けを下る, 懸け流しという傾き, 懸けはそれ, 懸け片足はその, 懸けの行方, 懸けひ態, 懸けを吐きた, 懸け眞拆の蔓, 懸けを閉じ, 懸け磐余に懸けた, 懸け種物の袋, 懸けを持っ, 懸け粗末な葦簾, 懸けで見た, 懸け絹壁代などというもの, 懸け緩く進退し, 懸け老爺は麻袋, 懸けをし, 懸け股倉の間, 懸けに抱ける, 懸けにひ, 懸け花入の霜菊, 懸け花生けをつくる, 懸け蛛網を張る, 懸け行燈が油紙, 懸けが空, 懸け下候はば, 懸け袷短に草履, 懸け装束で芝生, 懸け装置の如き, 懸けとなっ, 懸け谷川へヂャブヂャブ, 懸けをふみ開い, 懸けもない, 懸けの留め金, 懸けの前, 懸け長い頸を, 懸け長刀持ちて, 懸け長旅を致した, 懸け長襦袢の色, 懸け階下を診察室, 懸けのま, 懸け須臾も忘, 懸けを少し, 懸けに日本名勝風景, 懸けをかしげた, 懸けを焼き, 懸け香花を供, 懸け騎兵群の乱取り, 懸けが一羽, 懸けの高