青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「待つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

往復~ ~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ
待つ~
待て~ 待遇~ 律~ ~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~

「待つ~」 7040, 70ppm, 1629位

▼ 待つ~ (3266, 46.4%)

270 ゐた 159 ゐる 121 ゐて 98 ゐるの 74 ゐると, 下さい 73 くれ 64 ゐたの 48 ゐました 41 ゐたが 37 居たの 36 居た 32 ゐるやう, 居りました 27 居て 26 居る 24 居るの 23 ゐる間 22 ゐたん, 居ります 21 居ると 20 ゐます 19 ゐても 16 ゐること, ゐるん 15 くれ八, ゐるもの 14 ゐるから, 下さいよ, 呉れ 13 いた, くれよ 12 ゐたと, ゐなければ, ゐるので, 居たん 11 くれと, ゐるうち, ゐるといふ 10 おいで, ゐら, 呉れと, 居ました 9 いらつし, ゐたので, ゐるが, 居る間 8 くれ俺, たんだ, ゐたやう, 下さい親分, 居る樣子 7 おくん, ください, ましたと, ゐるだらう, ゐるのに, ゐる人, 下さいな, 居たやう, 居るから, 居る筈 6 くれお前, ゐたよ, ゐますから, ゐるよ, ゐるより, ゐる事, 呉れ給, 待つて

5 [12件] くれ給, ました, ますよ, ゐたところ, ゐましたとばかり, ゐるだらうと, ゐるのよ, ゐれば, ゐろ, 始めて, 居るん, 居れば

4 [19件] いる, くれその, ゐたかの, ゐたのに, ゐたもの, ゐましたが, ゐましたと, ゐるよりも, ゐるらしかつ, ゐる人々, 入らつし, 始て, 居たが, 居たよ, 居るやう, 居ろ, 貰は, 貰ひたいと, 頂戴

3 [36件] いたの, いたわけ, いると, いるという, いる時, お呉れよ, くれたま, くれもう, たんです, ちやうだい, てね, ます, みたが, ろ, ゐたのよ, ゐた樣, ゐようと, ゐるか, ゐるぜ, ゐるのみ, ゐる女, ゐる手紙, ゐる筈, 一緒に, 居た平次, 居た樣子, 居ても, 居るが, 居ること, 居るぜ, 居るといふ, 居るに, 居るので, 居るよ, 見ると, 貰ひ

2 [134件] いたん, いるから, いるの, いるわけ, いれば, いろ, おいでに, おりました, お出で, お呉れ, お在, くれお, くれすると, くれちよ, くれて, くれへんか, くれ元町, それを, てよ, て呉れとて, ましたとばかり, ましたとばかりに, ましたよ, ましたア, ますから, ますもの, やうやく, やらう, ゐたいの, ゐたお, ゐたから, ゐたぞ, ゐただが, ゐたつて, ゐたといふ, ゐたとばかりに, ゐたま, ゐたらしい, ゐた二人, ゐた敬坊, ゐた方, ゐた時, ゐた間, ゐないの, ゐなくては, ゐますよ, ゐませう, ゐや, ゐやう, ゐよう, ゐられた, ゐられようか, ゐられる, ゐるあ, ゐるお, ゐるかの, ゐるからと, ゐるからね, ゐるさ, ゐるさくらんぼ, ゐるその, ゐるぢ, ゐるであらうと, ゐるとき, ゐるところ, ゐるなんて, ゐるよう, ゐるわけ, ゐる八五郎, ゐる姿, ゐる娘, ゐる客, ゐる家, ゐる必要, ゐる所, ゐる時, ゐる様子, ゐる樣子, ゐる次第, ゐる火, ゐる私, ゐる老人, ゐる者, ゐる音信, ゐろよ, 下さいと, 下さいませんか, 下さい何卒, 下さい御, 下さい親分さん, 下さい諸君, 下され少し, 之を, 二人は, 吾が舌端, 呉れないか, 呉れ待つて, 居さ, 居たこと, 居たので, 居た辰三, 居ましたが, 居ます, 居ますからと, 居ようほどに, 居られないといふ, 居りましたが, 居りますと, 居るお, 居るぞ, 居るところ, 居るのに, 居る女房, 居る家路, 居る様, 居る様子, 居る身, 居れ, 山へ, 平次は, 彼は, 御供水を, 時局を, 欲しい, 決すると, 漸との, 然る, 立つて, 自分の, 自然に, 見たが, 見て, 貰ふ, 駄目なら

1 [946件 抜粋] あげたる両国花火猫, いただけ, いたところ, いたよう, いた間, いつまでも, いても, いました, いらしつた, いられなかつたんで, いるなんて, いるん, いるハドスン・セダン, いる時期, いる自動車, いる車, うつとりとして, おくれもう, おくんな, おりましたが, おりました心, おゐでで, お出でよ, お出で僕の, お出で買つ, お呉んなさい, かう切り出した, かう詳しく, くださいな, くだせえ, くれい, くれえ, くれこれ, くれそいつ, くれそれ, くれそれぢ, くれそんなに, くれつて, くれぬか, くれました, くれよと, くれると, くれるの, くれるウ, くれる心地, くれわし, くれ一つ, くれ云, くれ今日, くれ何とか, くれ俺達, くれ兄哥, くれ妬むと, くれ平次殿, くれ御, くれ思いだすから, くれ悧巧者, くれ指ヶ谷町, くれ橋場, くれ氣, くれ無闇, くれ番頭さん, くれ若殿, くれ裏天さん, くれ赤新橋, くれ醫者, くれ錢形, このまま, これを, ございの, ござるさかい, さて話, さへ, すばやくタオル, そして小説, そつと, その線路, それから, たせえにの, たでせう, たべと, たらしく, たんで, て, てちようだい, てやらう, て下さい, て下さいますか, て呉れ, て貰, なさい一寸, のばして, はじめて, ふところへ, まさア, ましたかつて, ましたぢ, ますのに, ますわ, また押入, まだ實行, みたところ, みても, みますわ, みようと, みるつもり, みる風, むだに, もやす子, もらつて, もらひたい, もらふこと, やるから, やること, やる代り, らしつたの, られないわ, ろ今に, わたくしは, ゐたうれし, ゐたくも, ゐたけれど, ゐたこ, ゐたさ, ゐたその, ゐただらう, ゐたとき, ゐたに, ゐたよりは, ゐたらしい顏, ゐたらしく修一, ゐたらとても, ゐたら始業, ゐたりなど, ゐたガラツ八, ゐたコクトオ詩抄, ゐた三人, ゐた井出君, ゐた人たち, ゐた俥, ゐた僕, ゐた八重, ゐた句集代落手, ゐた周三, ゐた女, ゐた子供たち, ゐた客, ゐた年貢, ゐた待つて, ゐた招魂祭, ゐた敬君, ゐた日, ゐた本, ゐた柚太, ゐた様子, ゐた流れ入る朝, ゐた甚次, ゐた百合子, ゐた筈, ゐた聲, ゐた草刈, ゐた譯, ゐた門野, ゐた電車, ゐてね, ゐてよ, ゐない, ゐないと, ゐないやう, ゐない事, ゐない者, ゐなかつたならば, ゐなけりや, ゐなさる, ゐましたとばかりに, ゐましたよ, ゐますからと, ゐますしな, ゐやはり, ゐようかとも, ゐようとも, ゐようなどとは, ゐらして, ゐられた悪行露見, ゐられない程, ゐられます, ゐられること, ゐられるもの, ゐるお母さん, ゐるかと, ゐるかといふ, ゐるかも, ゐること位, ゐるし, ゐるそれだけ, ゐるだけ, ゐるだらうけれども, ゐるだらう万福, ゐるつもり, ゐるであらうか, ゐるに, ゐるにも, ゐるばかりの, ゐるもどかし, ゐるらしい, ゐるらしい一人, ゐるらしく思はれて, ゐるわよ, ゐるんぢ, ゐるソローハ, ゐるヴイヨン, ゐる中年, ゐる乳呑, ゐる二親, ゐる人間, ゐる他, ゐる何, ゐる光景, ゐる兵隊, ゐる半身, ゐる叔母, ゐる吾, ゐる嘉助, ゐる地階, ゐる外, ゐる如きもの, ゐる娘たち, ゐる婦人たち, ゐる子供達, ゐる家族, ゐる容, ゐる幾人, ゐる形, ゐる待つて, ゐる心がま, ゐる恰好, ゐる戀人, ゐる戀女房, ゐる方法, ゐる是非おいで, ゐる有, ゐる根気, ゐる母親, ゐる気力, ゐる氣持, ゐる物, ゐる田植歸, ゐる目, ゐる細君, ゐる自分, ゐる若い, ゐる街, ゐる記者諸君, ゐる路地, ゐる運命, ゐる郵便物, ゐる酒場, ゐる雑草, ゐる首, ゐる駿介達, ゐろと, ゐろ勝つたら連れ, んだ, ストラツトフオード行の, ツ, ハンナが, 一人浅草公園に, 一度に, 一時間ほど, 一番最後に, 三千代を, 下さいあつし, 下さいとても, 下さいまし, 下さいましよ, 下さい今晩, 下さい宗祖, 下さい庚申塚, 下さい必ず, 下さい桑原樣, 下さい直ぐ, 下さい神山樣, 下さい親分方, 下さい鍵, 下され, 下さんせ, 九州の, 云つた, 亥刻半頃フラリと, 今度は, 仕事を, 会つてみ, 何彼と手間取つて, 來た, 來訪し, 兄は, 先の, 入らつした青木さん, 兩人の, 公に, 其の御所柿, 其人の, 其處に, 凝と, 出かける氣, 函館の, 初めて安, 別に發表, 北海道の, 十七世紀の, 双翼を, 取つて, 口早に, 司会者の, 各自発足する, 呉れいとでも, 呉れえタ, 呉れといふ, 呉れとでも, 呉れるなら汽車賃位, 呉れるなら汽車賃位出來, 呉れろと, 呉れカテリーナ, 呉れ今, 呉れ守吉, 呉れ澤山, 呉れ苦しい, 呼びとめる, 啓発されべき, 四人, 夜盜の, 天井を, 奇警な, 官界を, 宮廷の, 對日共同歩調を, 少し顏, 尾久町の, 居ず, 居たさ, 居たぞ, 居たといふ, 居たもの, 居たり, 居たんで, 居た乘客, 居た勘次, 居た子供等, 居た援軍, 居た樣, 居た田中正造, 居た相棒, 居た老爺, 居た處, 居つたの, 居つて, 居なければ, 居なすつたが, 居ましたと, 居ますか, 居ますよ, 居ませう, 居や, 居ようと, 居よ見よ, 居らぬの, 居られず, 居られたので, 居られない事, 居られました, 居られませんでした, 居られる, 居りました口惜し, 居りますが, 居ります近い, 居りやす, 居り一挙, 居り二人, 居り升, 居るか, 居るかを, 居るだらう, 居るだらうし, 居るでは, 居るばかり, 居るほどに, 居るわけ, 居る人, 居る仙女, 居る其の, 居る前, 居る家, 居る強, 居る明神下, 居る時, 居る歟, 居る氣, 居る泡, 居る灯, 居る自動車, 居る錢形平次, 居れと, 居給へ, 届書や, 帰るの, 幾島暁太郎は, 店中た, 廣場を, 張りきつ, 彼を, 待ちくたびれて, 待ち老いた, 後始め, 得られなかつたので, 御出, 御覧, 思ひ切つて宅, 感興相応の, 成立し得べき, 戰いました, 抱き合せ, 拾つて來ました, 控へて, 撃とう, 政府は, 斬つた, 日を, 昨夜家を, 暇を, 村人たちの, 来ねえの, 東の, 楽舞を, 橋の, 次々に, 欲しいと, 毎日交代に, 決すといふ, 泣いて, 湯田へ, 漸く腰, 火の, 爲さざるべからざる, 物と, 理醫農工等の, 生唾ばかり, 甲斐の, 發現する, 盛にな, 確められた, 祝福を, 神に, 私と, 秋以降に, 空しい憤怒, 突つ立つた, 笹野の, 紅茶を, 繰りあけて, 罪過を, 腕を, 自分等は, 苛ら, 葉が, 虚を, 行はれる, 行遣した, 裏が, 見た, 見ました, 見むとて, 見ようかなどと, 見る, 見るだ, 見ろその, 訂正する, 詰めて, 話を, 貰つてこの, 貰つて隆治夫妻へ, 貰ふこ, 貰ふとし, 起きた暫時読書, 起さる, 起つたもの, 身内に, 近所の, 退屈し, 送らなければ, 部屋の, 電車路をの, 頂戴つたら, 頂戴待つ, 領土を, 顏を, 飮む酒, 飯を, 駒平と, 鬼頭は, 黎

▼ 待つこと~ (394, 5.6%)

71 にした 33 にし 18 にしよう 13 にする 11 になった 9 にしました 6 久し 5 である 4 にしましょう, にします, になりました, はできない, はない 3 ができる, だ, とする, となった, にきめた, になっ

2 [17件] およそ小半とき, ができない, が出, が出来ず, だった, であった, であつ, とした, にいたします, にしたら, になつ, になる, になるであろう, に決心, は出来ませぬ, 久しいの, 多し

1 [156件] あり, あるが, あれば, か, がある, ができなかった, が中, が何より, が出来なくなった, が出来よう, が出来るだろう, が出来るであろう, が切, が多, が屡々, が待つ, が徒労, が苦し, しばしに, しばしふたたび現れ, しばしやがて奥, しばらくし, じゃ, すでに久しい, だけが私達, だけで, だけを一生, だけを心, だ耐えること, であると共に, では, で民間, で気, で氣, とし, としてここ, として僕, とそれ, となつ, となりました, と定めた, なかれ汝, なく実行, なし, なしに, なんかありゃしない, にあらず, にいたし, にいたしませう, にしたい, にしたです, にしょう, になり, になります, になるでしよう, にはならず, にまで運ばせた, によって幸福, によりた, に一決, に張り合い, に慣らされた, に慣れ, に慣れた, に決めた, に決定, に相成, に耐えられなくなった, に致しましょう, に覚悟, に話し, に諦め, に集中, のあまりに, のつめたき, のできる, のほか, の厚から, の寛くし, の永き, の特別巧み, の苦しみ, の辛, の頗る, は, はせず, はた, はできませんでした, は七万二千, は不自然, は五百, は今, は出, は出来ない, は出来ぬ, は即, は堪えられない, は多く, は彼, は待つ, は悲しみますまい, は明らか, は最早, は無益, は現在以上, は考へられる, は許され, は許されない, は願, ほとんど幇間, もありました, もありませんでした, もしない, もできない, もできる, もなし, もめずらしく, も出来なかった, も多, も痛切, も考えられなかった, を, をおぼえた, をこまごま, をしない, をせず, をやめ, をよ, を以て策, を会釈, を命じた, を忘れ, を教え, を昔, を正し, を知っ, を考へる, を要しなかった, を要求, を許さない, を遅し, 久しい, 久しとは, 余りに久しく, 半刻, 多かるべし, 多時, 大分長い, 実に二時間半, 小一刻, 日に日に切, 甚だ冷薄, 約三十分, 約半刻, 能わずして, 難し

▼ 待つ~ (259, 3.7%)

26 である 17 であった 16 だった 1176 です 4 でした 3 であるから, 外は

2 [16件] かと思ふ, が三分, さとあさ子, だったが, だと, でありました, であります, ですか, では, と同じ, はいや, よ, 余裕を, 已むを, 碁法を, 道を以て

1 [134件] かい, かしきり, かと思いの外, かと思っ, かと訊ねる, かぼんやり, か一向, がい, がいい, がもどかし, がもどかしく, が一番楽しみ, が上策, が五月蠅, が代議政体, が何, が何だか, が例, が厭, が唯, が当然, が待ちきれなかつた, が習慣, が身, が適切, が釣人, じゃ, だおしっこ, だが, だそう, だぞ, だつた, だといった, だね, だろうか, だろう誰, だわ, だ実に, って, ってくたびれる, であったが, であるが, であるそう, であろう, であろうこうして, でしょう, ですが, です時期, です窺うの, でなく勇敢, でも, と余り, と同様, に倦, に厚い, に大騒ぎ, に小半日, に役立つ, に時間, に木曜, に来, に草臥れ, に裏切者, はいくらでも, はこの, はつらい, はつらかっ, はとても, はどこ, はどんなに, はやはり, はよく, はピン, は一向, は不快, は何, は作者自身, は可笑しい, は嘘, は奇蹟, は当然, は徹夜, は恐い, は愉し, は智恵子, は正しい, は私, は自分, は苦しかっ, は誰, は迷信, は退屈, は間, は雅人, は馬鹿, もいい, もいや, もつらい, ももどかしい, ももどかしく, もよかろ, も一種, も危ない, も好い, も手持無沙汰, も良い, も馬鹿, も駄目, を余儀なく, を楽, 企ても, 国家国民の, 國家國民の, 外なから, 外なき, 外に, 姿勢と, 待たないの, 待たぬの, 徒が, 念だけに, 思ひ依然, 想いであった, 愚を, 態度に, 挙に, 擧に, 楽しみも, 煩多き, 礼を, 腹で, 計か, 計と, 輩は

▼ 待つ~ (194, 2.8%)

13 ほどなく 4 に, の退屈, の退屈しのぎ, もなかつた 3 に私, ももどかし, を法壇 2 にも児, のつれづれ, のもどかし, の徒然, の時間, もなかっ, を

1 [142件] あの唄声, あらせず駈けて, おそしの, かがよ, が思いがけない, が花, が長く, が長引く, きまつて, このまま, しかゴーリキイ, そのこと, その飾り窓, だけの宿題, とてもあ, とパン, などにはかなり, などの手, なんとなくドテ, にいそいでした, にお, にこの, にさ, にさえ茶事, にと思いつい, にはスケッチ, には必ず, にもそのまま, にゆっくり, にラッシュ, に一睡, に不, に九鬼弥助, に今, に土産物合財袋, に墓石, に夕霜, に富士, に小, に少し, に微か, に斯, に本, に朽ちかかった, に歌, に此方, に母, に渡船, に狩人, に瓢, に私たち, に紐, に美沢, に聞いた, に自分, に菊千代, に葛西靈松, に見まわす, に買った, に身, に霞亭, に驛前, に鹿, のある, のあわただしい, のいとど, のお伽, のこと, のしじま, のしんきくさ, のばかばかし, のまみ細め罪, の一分, の五分間, の人間, の寒, の小鳥, の彼, の心, の心細, の所在, の手持無沙汰, の持久戦, の時, の来客, の東京会館休憩室, の椅子, の沈黙, の渋茶, の温気, の焦心, の牽牛花, の玄關先, の私, の空, の談笑, の長, はいかに, はこんなに, はそわそわ, はなかっ, はばかばかしい, はほととぎす, は久し, は吉, は椀, は煙草, は長く, ひどく土砂降り, また暫く, も, もあらず, もあらせず, もありませんでした, もぞくぞく, ももどかしく, も岸本, も新聞, も早く, も気, も永い, も胸, も遅緩, も電車, よく矢代, よつくづく, よむ, をそこ, をゆるされ, を休息, を口実, を秀子, を私たち, を面白く, 単に患者, 明るく燃える, 程なくうれし, 見て, 話して, 起きてるの, 開け放された窓, 随分のびる

▼ 待つ~ (174, 2.5%)

8 しよう 5 いふこと, いふの 4 いって, するか 3 云ふ, 君が, 吾が恋

2 [15件] いう, しようか, すぐに, する, ならねど, 云う事, 云った, 人には, 家居るならず, 居りし間, 心澄みゐる, 眼の, 結んで, 言っても, 黄筋入

1 [109件] あたりは, ある, あれば, いいまた, いい張った, いうでも, いうところ, いうので, いうほど, いうほどの, いうほども, いうより, いう以上, いえども, いたそう, いたそうか, いったか, いふことさ, いふ事, いへども, いや今, お手紙, くれ, くれゆ, くんな, して, しばらくし, しばらく隙, しましょう, しませう, しも, しようじゃ, しようじや, しよう十左, し思えば, し聞かば, すこし大きく, するかな, すると, すれば, せし間, それに, つてね, つても, つとくれん, ない悶え, なったの, ならぶ河辺, なると, ふけだしその, またもと, むかしの, やつて, わかつて, われ立ち, われ立ち濡れぬ, ポーンと, 乳母ぐるま, 云い出すかも, 云うの, 云う猾, 云って, 云つて女中相手に, 云ふこ, 云ふなる, 仰せられそして, 侍りぬ十四, 凋れたる, 同じ心, 同様で, 吾立ち濡れぬ, 告來し, 将た, 居りし, 居りし鶯鳴き, 市木さんが, 思うて, 思うん, 成つては, 我立ち濡れぬ, 手斧かたへに, 敵の, 時刻が, 時間が, 書いて, 来居し, 来棲, 東京からの, 椅子に, 極めていた, 氷は, 海に, 清水は, 百日を, 皆の, 等しく一様, 約束した, 聞く三木俊連, 聞けば, 致そう, 見えて, 言い送りぬ, 言う若い, 言った, 言って, 言はれ, 言わない人, 間もなく肩, 魏の

▼ 待つより~ (136, 1.9%)

21 ほかは 19 外に 16 外は 11 ほかに 9 仕方が 6 他は 5 しかたが, 他に 4 外ない 3 ほかなかっ, 為方 2 ほか仕方が, 仕方あるまい, 外仕方が, 巴里へ, 手は, 爲方が

1 [22件] ここで, これから和田峠, しようがないでしょう, しようがねえ, ないが, ほかない, ほかなかつた, ほかには, ほかの, ほか仕様が, われわれの, 仕方がねえ, 他爲方, 外しかたが, 外なかっ, 外の, 外施すべき, 外為方が, 家で, 少しは, 待って, 手段が

▼ 待つよう~ (135, 1.9%)

11 に, になった 9 にし 4 なもの, になっ 3 な気, な気持, にじっと, になりました, になる 2 にした, にまた

1 [77件] すでいっかな, な, なら私, なりなば, な下心, な不安, な危険, な命, な尊氏, な待たないよう, な心, な心もち, な心配, な態度, な様子, な渇き, な灰色, な独特, な生活, な真剣, な眼色, な落着, な量, な間, な顔, な風流, にあんなに, にお, にささやき, にすすめた, にする, にというオルガ, にときどき, にとのこ, にとよく, にと念, にと泰軒, にひきとめ, にみな苛, にわたし, に一同, に一言, に世, に互に, に人, に例, に又次郎, に咲い, に大人しく, に実は, に彼, に成っ, に朱房, に極めて, に歩, に煮え切らぬ, に眼前, に碧玉, に笠井, に耳, に自分, に薄く, に見えました, に見え候, に言った, に言わせ, に誓約書, に身, に過ぎ行く, に間, に隅, に隣, に静まっ, に面, に頭, に黙っ, 伝えて

▼ 待つもの~ (104, 1.5%)

14 のよう 54 が来ない 3 がある, である, は来ない 2 あり, たらざる, でない事, なり故に, の如く, は来なかつた, 多し

1 [58件] あって, あり彼, か, かと走り行き, かは, があった, があろう, が何, が切窓, が来る, が頗る, た, だが, だよ, であるが, であるは, である限り, でございます, でしたが, です, でないから, では, でも, といっ, ときまつ, としてもこの, とては何, と考えた, なり, にとっては甚だ, に極, のいない, のご, のごとく, のやう, の様, の純潔, はこれ, は与, は何, は何時も, は優しき, は先づ郵便, は全, は妻, は弟, は死, は諸国, は譬, は貴下, もなく, らしい, らしく三人共, を眸, 彌多き, 来ないだいたい, 来らず, 来らずさびしい

▼ 待つても~ (98, 1.4%)

14 待つても 3 誰も 2 歸らない, 現れずつい

1 [77件] あなたは, いい, いいと, お友達, お孃さん, お母さんの, お蝶, だめでした, ちつとも, なにも, なりさうに, やつて, らちが, ゐなかつたので, ゐられないから, 一向に音沙汰, 主人役の, 二時間待つ, 人通りは, 何の, 來ない, 來る, 先生は, 其人が, 出なかつた, 動かぬところ, 參りません, 可い, 呼ばれないので, 天人の, 夫人の, 安里は, 容易に, 富岡が, 島の, 希望は, 帰つて来ない, 帰つて来ません, 影も, 彼女は, 悪魔は, 戻らないので, 敬君は, 敬治君は, 昼中は, 来ない木の葉, 来ない糸瓜, 来ない老人達, 来なかつた, 来なかつた頭, 来らず泊る, 權次は, 歸らず, 歸らなかつた, 歸參叶はず二君に, 決してそんな, 汽車に, 流しは, 点かない, 男はつひ, 目賀田は, 祖父は, 私の, 聖人が, 蜜を, 見えなかつた, 見て, 起きて, 返されなかつた, 返事を, 金の, 金を, 銀之助は, 音沙汰無き, 駄目な, 鹿島丸が, 鼠を

▼ 待つまでも~ (85, 1.2%)

4 なく 3 ありませんでした, なかった 2 ない, なくすでに, なくそれ, なく早くすでに, なく石臼, なく途中

1 [63件] ないこの, ない俺, ない此, ない肉親, なくあたり, なくいったい, なくいま, なくお, なくおそらく, なくこっち, なくこれからすぐ, なくし, なくすぐ, なくそういう, なくそれと, なくそんな, なくただ, なくどうか, なくならべられた, なくわれわれ自身, なくガラッ, なく七人, なく三人, なく事態, なく人, なく今, なく仏徒自身, なく例, なく傘, なく前, なく力一杯, なく古来存在, なく君, なく夜, なく天下公論, なく実に, なく寝っちまった, なく寢, なく屋敷, なく常識, なく怪電気, なく悲劇, なく手, なく手術, なく掴みかかり, なく既に, なく日常, なく旧いもの, なく早くも, なく明日, なく本間さん, なく栗原山, なく江戸末年, なく燻製, なく甕江川田博士, なく疾風, なく社會學, なく薛蘭, なく藤井, なく賊, なく迫りきっ, なさそう, 無く私

▼ 待つばかり~ (82, 1.2%)

15 である 1311 です 7 だった, であった 3 だつた, でした, なの 2 だが, であると

1 [16件] だそう, だったと, だったの, だと, だね, だよ, であつ, であります, でございます, ですが, ですぜ, でやがて, なり, な運命, 前祝いに, 心に

▼ 待つ~ (76, 1.1%)

20 よい 13 いい 5 よかろう 3 宜い 2 よいと, よからう

1 [31件] いいきっと, いいこの, いいその, いいだろう, いいと, いいもう, ごとく興味, その船, ただ自分達, なかなか姿, よいか, よいこと, よいとな, ようがんす, よろしい, よろしかろう, 丈夫の, 二時に, 好い, 好いと, 好からう, 好かろう, 如きもの, 如くに, 如く太い, 如く靴, 如し, 故にのみ, 来ない, 程なく男, 肝腎だ

▼ 待つ~ (66, 0.9%)

2 し來, つけては, 師父の, 越したこと

1 [58件] あらず, あらず待たぬに, あるばかり, きまって, しろまず, すぎない京, どんなに張合, ひとしい, ひとしいこと, ふさわしい目立たぬ, や, よろづ心, われ打ちし, 一室の, 一決し, 不死を以て, 其父の, 厚かつ, 及ばない時, 及ばぬ, 同くし, 堪えず来る道, 堪へざら, 堪へず, 外ならぬ, 如かなかったであろう, 如くなし, 如くは, 客禮を以て, 寝て, 思はず例, 挙り入り, 故人を以て, 時日の, 松を, 楽しきなり, 物をば, 由なかつた, 甲斐なき, 相当の, 相違ない, 眞の, 真の, 等しからむ, 結びて, 若かず, 薄くは, 読書家を以て, 足るか, 逋亡を以て, 過ぎません, 道別來たる, 長い山上, 長くか, 限る, 雨降りに, 非ざれ, 非ず

▼ 待つという~ (62, 0.9%)

4 ことに 3 ことが, ことの, ことは, ような 2 のが, のであった, 若やいだ心, 風であった

1 [38件] あのおもしろい, ことか, ことだけに, ことだった, ことで, ことです, ことほど, これが, その真実さ, そんな態度, のかい, のなら, のは, のびやかな, ものは, わけには, アッシェンバッハの, 一人の, 一般の, 事も, 仕組みだった, 希望が, 情調であろう, 意味を, 方法である, 時刻は, 次第で, 正月の, 気持で, 無為閑散な, 物々しさ, 空な, 約束で, 諦めとは, 譬の, 趣意でなく, 進み方, 鳥の

▼ 待つ~ (53, 0.8%)

9 はつらい 8 のつら 6 につらき 4 の辛 2 になった

1 [24件] が愛, でありながら, でない, ではあるらしい, となりました, となる, なるその, につらい, になっ, になる, にはなる, には四半刻, に宿命, に幾倍, の人々, の何とか, の憂きつら, は, はつらき, はなかなか, は待たざる, は暑い, は案じ, を想像

▼ 待つため~ (50, 0.7%)

3 だ, に 2 だった, に幾日莫斯科

1 [40件] その角, だけに僕ら, だったが, だったの, だろう, であった, である, なの, にあすこ, にことさら, にしんと, には理想, にもなろう, にやはり, にわざとゆっくり, にわたし, に一室, に一時間, に丁度, に事務室, に出, に加納さん, に向き合っ, に四五日, に多額, に妾, に山手, に彼, に彼女, に彼等, に故意, に生き, に私たち, に腰, に行列, に費やす, に逗留, に駅前, の足溜り, ばかりで

▼ 待つ~ (47, 0.7%)

2 のやう, の心

1 [43件] おそき踊, があった, があつ, がある, があるだっ, がいた, がおられます, がきた, がまだ大分, だまり, といくら, ならで, のいる, のくる, のこ, のよう, の不安, の不平, の姿, の家, の数, の来ぬ, の気, の眼, の知る, の群, の船, の辻占, の遂に, はなかなか, はなけれ, は四五人, は多く, は左近, は皆, もあらじ, もある, もない, や來, を眼中, を見よう, 少きこと, 来らず待つ物

▼ 待つてを~ (41, 0.6%)

12 りました 6 ります 2 りますが, るの

1 [19件] つた, つたのだ, らう, られます, られる, りましたが, りましたところ, りますから, りますぢ, りますと, りまする, りまするほどに, りやしたで今朝, るといふ, るより, れ, れさ, れと, れよその

▼ 待つうち~ (40, 0.6%)

2 に, にお, に下, に漸く, に節子, はまだ

1 [28件] にいつ, にいつか, にこの, にさあ, にさらに, にたぶん, にとうとう, にはさすが, にもと, にもよほど, にやがて, に勝重, に午前四時過ぎ, に半蔵, に悪運, に扉, に旅費, に日本, に病死, に西伯利亜経由, に遺骸, に酔いつぶれた, に間もなく, に陽, に雨戸, 怪しの, 曇りと, 空しく五年

▼ 待つやう~ (39, 0.6%)

7 になつ 4 にし 3 な気持 2 な心, な心持, にした, にと云, に言

1 [15件] な哀れ, な心持ち, な態度, な眼つき, に, にすれ, にとのお, にと思ひ, にゆる, に両手, に動き, に待つ, に老, に銚子, に默

▼ 待つ~ (36, 0.5%)

3 になっ 2 は丁度表通

1 [31件] おちついて, か兩樣, が同時に, が彼, が探りあっ, が自ら定, すら影, であって, でいた, で何, で満たされる, にある, になる, に焦燥, の一変形, の烈し, の絶えぬなるべし, の苦, はあまりに, は張られた, は愈, は日, は有, は無意識, もない, よ, をあら, を慰める, を深く, を語らせ, 定まりぬ

▼ 待つとも~ (33, 0.5%)

9 なく待つ 2 なく待ちかま, なく眺めやる, なしに, 知るや

1 [16件] なくあと, なく三日月, なく寝込ん, なく少し, なく待ちかまえ, なく待っ, なく憧れ, なく樹明君, なく縁側, 待ちえずして, 待って, 思われないし, 無う夜, 知らずに, 知らず三四日, 遅くは

▼ 待つ~ (29, 0.4%)

10 はない 3 はありません, はなかつた 2 に道, はあるまい 1 あるまい, ないの, ない時, なしと, に仕方, に方法, はないでしょう, はなかっ, は無い

▼ 待つ~ (29, 0.4%)

2 は勝つ

1 [27件] ありとも, あるいは間道, がありました, がある, がくる, がどれ, が凭れる, であ, であった, であること, なりと, なるを, にか, の心, の手, の楽しみ, はげに, は幸, は救, は法, は礼, は腐る, もある, もない, も膝, よ唐様, を迎えた

▼ 待つほか~ (25, 0.4%)

9 はない 4 はありません 3 ないの 2 は無い, は無かっ 1 ないて, はありますまい, はあるまい, はなかっ, は手段

▼ 待つ~ (25, 0.4%)

6 にした 2 だ, にしました, になった

1 [13件] が出来る, が当時, となった, にしませう, に致しました, に集中, はたえ切れなかった, ははなはだ, は出来ぬ, は恩人, は相, もある, も私

▼ 待つ~ (24, 0.3%)

103 だよ 2 だね, です, ですか 1 だが, だナ, でござんすかい, ですね, でもいい

▼ 待つ~ (24, 0.3%)

3 になった 2 がしなかった, はなかっ

1 [17件] がする, である, でいるらしい, でゐる, で手, で暫く, で読ん, で謹慎, と見える, なの, なら, になっ, になつて, になれなかった, になれまし, にもなれず, も別に

▼ 待つつもり~ (19, 0.3%)

1 [19件] かも知れない, かネ上っ, だったそう, だったの, だったん, であったが, である, であるから, であれ, でいた, でいます, でいる, でおる, でゐた, で暗に, で柳屋, なの, らしいが, らしく口

▼ 待つところ~ (19, 0.3%)

2 には断じて, へ行った

1 [15件] がなけれ, が多い, ではござるまい, なき点, のきわめて, の象, はたなから, へアンマサン, へホンモノ, へ下手, へ歩い, へ降りた, へ馬上, まで行つて, 多し

▼ 待つほどに~ (19, 0.3%)

3 あるじの

1 [16件] ある日無名氏, その日, やがて鼻息, ゆがみよろぼいたる, ゆがみよろぼひたる, ガチャン, 二時と, 定飛脚, 更くる, 東国方の, 目付奉行の, 葉は, 車は, 郷里にては, 醉ふ, 首尾よく

▼ 待つあいだ~ (18, 0.3%)

2 に食事

1 [16件] あの川ば, かれは, で彼, にちょっと, にちらりと, に何処, に千右衛門, に大将, に文次郎, に甲斐, に私, に言っ, も汝ら, も癇癪もち, も絶えず, を英語

▼ 待つ~ (18, 0.3%)

2 つらかろ, 彼れ, 愚に

1 [12件] よいが, 則ち, 寄客の, 戦略の, 敵に, 機の, 此れ, 此岸區なりと, 永遠の, 潔きには, 若き小鳥, 迂闊も

▼ 待つかの~ (17, 0.2%)

8 ように 2 やうに, ような 1 ごとくに, ごとく妻, やう, 如き言いぶり, 姿で

▼ 待つだけの~ (17, 0.2%)

2 ことである

1 [15件] あるいは少なくとも, ことだった, ようである, ような, 事で, 勇気は, 忍耐が, 時間さえ, 準備は, 熱心の, 目的で, 精神的強靱さを, 貯へが, 閑散に, 隙を

▼ 待つては~ (17, 0.2%)

2 ゐたけれど, ゐなかつた

1 [13件] あげられませぬと, いけない, まだ算, ゐない, ゐないから, ゐられない, ゐられなかつた, ゐられません, 子供たちは, 居ません, 居られぬ腹, 居られません, 居られんだが

▼ 待つのみ~ (17, 0.2%)

3 だ, であった 2 である 1 だった, だと, であつ, であります, でした, です, でなく彼, で鳴り, なりきげに

▼ 待つ間もなく~ (16, 0.2%)

2 千代子は

1 [14件] クラリモンドは, 一時とは, 両手を, 人魂の, 俺達は, 広場の, 次の, 母親と, 汽車が, 眉山と, 私は, 細面の, 針めどに, 間一髪発砲の

▼ 待つ~ (15, 0.2%)

2 待たぬか

1 [13件] そうでなけれ, それともサッと, だ, ともかくもと, どうか, なにかしたい, ドンドンと, 三四の, 他は, 待たないか, 或は一週一回, 歓びの, 遠いところ

▼ 待つには~ (15, 0.2%)

2 待たじ, 短き日

1 [11件] 一つきりの, 余の, 及ばない今, 及ばなかつた, 及ばぬという, 如かじ, 如かじと, 如かないの, 恐れ入りました, 長き日, 長き時間

▼ 待つばかりの~ (15, 0.2%)

2 果敢ない身の上

1 [13件] あわれ, お前さんに, ていだった, ような, ように, 哀れな, 心で, 心算だった, 心細さ, 状態と, 病人は, 自殺者が, 花の

▼ 待つ必要~ (15, 0.2%)

5 はない 3 はなかっ 1 があらう, がある, がなかっ, はなかつた, は無論, もない, もなから

▼ 待つ~ (14, 0.2%)

1 [14件] がいい, がまし, がよい, がよし, がよろしい, が安全, が宜, が得策, が旦, が静的, なん, になる, の人, は女

▼ 待つわけ~ (13, 0.2%)

2 である

1 [11件] がある, ですね, でも, などはない, にいかない, にいきません, にはいかない, には行かなかつた, にもゆかない, にも行かぬであろう, もない

▼ 待つとは~ (12, 0.2%)

2 知らずに 1 いえ腕, なしに, 云へ, 人に, 威を, 日頃なら, 殆ど堪え難い, 知らない, 誰の, 革命家の

▼ 待つほども~ (12, 0.2%)

1 [12件] ないうち, なく, なくぞろぞろ, なく九時三十分ごろ, なく先づお土産, なく正面, なく矢部, なく私たち, なく返って, なく階段, なく香取司令官, 自分は

▼ 待つ気持~ (12, 0.2%)

1 [12件] がこれ, だった, でいた, でぼつぼつ, と云ったら, どんなでし, なぞも持合せ, になる, になれた, のつら, の歌, も次第に

▼ 待つだけ~ (11, 0.2%)

3 だから 1 だ, だった, であった, である, では, で皆, 奴等は, 楽しみが

▼ 待つ~ (11, 0.2%)

2 の過ぎ行く 1 に行, のかずに, のロング, の江, の行事, の長き, は冴えかえる, は雲, もあった

▼ 待つ~ (11, 0.2%)

1 [11件] さては唯窓, その惡しき心, だった, であると, にその, には毎日汗, には緊張, に夾竹桃, に弟宇迦斯, の待遠し, は墺国

▼ 待つ迄も~ (11, 0.2%)

2 なく向う 1 ありません, ありませんでした, ない, なく十一人, なく古き一般論, なく天皇, なく掴みかかり, なく焦眉, なく飛ん

▼ 待つとて~ (10, 0.1%)

2 ゆふ 1 いそいそと, そは, まんまるい月の, ピンの, 夏帽子投げ, 李の, 油幕を, 結婚を

▼ 待つほどの~ (10, 0.1%)

2 ことは 1 お心, きのふ過ぎに, ことも, 少年でした, 忍耐を, 悠長は, 意久地の, 星の

▼ 待つ積り~ (10, 0.1%)

32 でゐる, で上り込ん 1 であった, で今夜, で昼飯

▼ 待つのほか~ (9, 0.1%)

3 はない, はなかっ 2 はありません 1 にはどう

▼ 待つばかりに~ (9, 0.1%)

4 なって 1 して, なったの, なったわけ, なつた, 紅血の

▼ 待つよりは~ (9, 0.1%)

1 いっそ夜, いつその, このこと, まだしも楽, 今一度活路を, 来春ふたたび, 機を, 自分から, 野戦に

▼ 待つにも~ (8, 0.1%)

1 おのずから際限, かかわらず受け取るもの, 及ぶまいと, 及ぶまい来たまえさ, 形が, 心持ちが, 水の上は, 見えずなりぬれば

▼ 待つので~ (8, 0.1%)

7 あつた 1 あらう

▼ 待つ~ (8, 0.1%)

1 どうか, 亦疎, 取返しは, 待たずも, 待たないも, 悪人や, 時には緩慢, 来らざるべし

▼ 待つ人々~ (8, 0.1%)

1 おほ, だとは, で一杯, で長い, に異状, の皮膚, はしいんと, は事

▼ 待つ~ (8, 0.1%)

2 空しく過ぎ 1 が多かっ, の炭火かさ, の間, は, はしずか, は来た

▼ 待つちや~ (7, 0.1%)

1 あゐ, あ居られ, おらんの, ゐません, ゐられません, 居られませんよ, 居らんね

▼ 待つといふ~ (7, 0.1%)

4 やうな 1 やうな励まし, 悠長な, 気持が

▼ 待つばかりと~ (7, 0.1%)

2 なりました 1 あいなりました, いふとき, いふ頃, なった, なって

▼ 待つよりも~ (7, 0.1%)

1 きまった時刻, こういう問題, なお久しく, 却て, 居士自身で, 帝城の, 泥亀の

▼ 待つ~ (7, 0.1%)

1 いふ, 否むなかれ, 宵, 常と, 欲せんや, 知りながら, 見るなり

▼ 待つ~ (7, 0.1%)

1 きが順序だ, きである, きなり, き筈, き者也, き靜, し

▼ 待つ~ (7, 0.1%)

2 を日 1 に更, の小, の男, は三日四日, 過ぎて

▼ 待つしか~ (6, 0.1%)

2 ない 1 ないで, ないと, なかった, 方法は

▼ 待つとき~ (6, 0.1%)

1 である, のよう, の寂し, の感じ, は我, までである

▼ 待つ~ (6, 0.1%)

2 久し 1 それらの, 切なり, 急なり, 蓋し人禽

▼ 待つ以外~ (6, 0.1%)

2 に手 1 になかっ, にはテ, に仕方, に方法

▼ 待つ~ (6, 0.1%)

2 は石川 1 が, が斎, は, は来まさず

▼ 待つ~ (6, 0.1%)

3 もなく 1 に, に旅行家, の心

▼ 待つ~ (5, 0.1%)

2 ひだに 1 ひだここで, ひだ夢聲君から, ひだ私たちは

▼ 待つたり~ (5, 0.1%)

2 した, 物思ひ 1 六道に

▼ 待つてから~ (5, 0.1%)

2 持出さうと 1 コツプを, 出かけようと, 隆治はや

▼ 待つとく~ (5, 0.1%)

5 なはれ

▼ 待つなり~ (5, 0.1%)

21 これらの, その罪, 片隅の

▼ 待つのに~ (5, 0.1%)

1 ありったけの, 人通りは, 停車場で, 又暫く, 総ての

▼ 待つほど~ (5, 0.1%)

1 おとなしくよろこん, その待った, 夫の, 気に, 沈黙が

▼ 待つ~ (5, 0.1%)

1 ポケットから, 待遠, 澄みつつ, 程なく一方, 程なく袴

▼ 待つまでの~ (5, 0.1%)

2 ことは 1 ことも, つなぎだった, 蓮の

▼ 待つわれ~ (5, 0.1%)

41 を不幸

▼ 待つ心地~ (5, 0.1%)

2 であやしい 1 で, で立っ, やらんと

▼ 待つ心持~ (5, 0.1%)

1 が寂し, だ, で出かけ, にはいつも, または微風

▼ 待つ~ (5, 0.1%)

1 に源氏, の極めて, へ魏軍三万, を耆闍崛山, 多く予め

▼ 待つ運命~ (5, 0.1%)

1 についてはただ, になっ, に任せ, も長途, をまだ

▼ 待つかも~ (4, 0.1%)

1 しれない, 予知は, 知らず颯爽, 知れない

▼ 待つから~ (4, 0.1%)

1 であります, 全部返済しろ, 可笑しい, 是非あの

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

2 またげを 1 いちゅうでした, へわが

▼ 待つてや~ (4, 0.1%)

1 がれ, しない, しないかと, しないさ

▼ 待つてる~ (4, 0.1%)

1 にはま, の変, よりこつち, 若いしと

▼ 待つてる間~ (4, 0.1%)

1 が大変, に僕, に妾, に殘つた一册

▼ 待つとか~ (4, 0.1%)

1 代りに, 待たぬとか, 詑の, 馬鹿らしさ

▼ 待つなんて~ (4, 0.1%)

1 いふやう, およそこつけいだ, つらいし, 殆ど屈辱的

▼ 待つのみと~ (4, 0.1%)

1 する清々し, なった, なって, なつた

▼ 待つほう~ (4, 0.1%)

1 が, で気, の人, を好み

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

4

▼ 待つ時間~ (4, 0.1%)

1 が気, が長, といえ, の確率

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

1 になっ, に余, に必, に鄭重

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

1 だつた, になつ, になる, になれない

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

2 に停車場前 1 に泊つた事, に立つ

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

1 はない, は剣, 受け取れないさびしい, 来らずほんとう

▼ 待つ用意~ (4, 0.1%)

1 であった, で寝, をする, をはじめた

▼ 待つ罪人~ (4, 0.1%)

3 のよう 1 のやう

▼ 待つ覚悟~ (4, 0.1%)

1 だ, でい, なの, を気長

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

1 り, りだ十時, りであつ, りに

▼ 待つ~ (4, 0.1%)

2 だった 1 があつ, であったが

▼ 待つこと二時間~ (3, 0.0%)

1 なりし, の後, ばかり

▼ 待つさま~ (3, 0.0%)

1 である, を描い, を見

▼ 待つその~ (3, 0.0%)

1 根の, 法師へ, 焼がまを

▼ 待つそれ~ (3, 0.0%)

1 が最も, が英国種, は眠る

▼ 待つたか~ (3, 0.0%)

1 しれないの, ね, 知れなかつたが

▼ 待つたん~ (3, 0.0%)

1 だからな, だけれど, だね

▼ 待つてでも~ (3, 0.0%)

2 ゐるやう 1 ゐたやう

▼ 待つといった~ (3, 0.0%)

1 ような, 在来の, 海上の

▼ 待つとの~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, こと腹が, 仰せゆえ

▼ 待つやら~ (3, 0.0%)

2 クルクルと 1 うろうろする

▼ 待つ一方~ (3, 0.0%)

1 だと, ですが, ではなかつたらしい

▼ 待つ人達~ (3, 0.0%)

1 が並ん, が居る, のこと

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 れしか, れ事, れ我

▼ 待つ姿~ (3, 0.0%)

2 でした 1 にて烟草

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 の側, も少い, や軍務

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 と金字, へ, へ裸

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

2 休処も 1 墓前で

▼ 待つ心構え~ (3, 0.0%)

1 であった, で天井, はちゃんと

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

2 と十一二 1 のもと

▼ 待つ気もち~ (3, 0.0%)

1 でいる, のおっ, は売文

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 があった, などはわれ, の船

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 か大抵停車場, であつ, で東南

▼ 待つ群衆~ (3, 0.0%)

2 が溢れ 1 と後

▼ 待つ行列~ (3, 0.0%)

2 の死骸 1 の中

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 にもいかない, に行かず, に行かぬ

▼ 待つ部屋~ (3, 0.0%)

1 に, になっ, に人形

▼ 待つ間彼~ (3, 0.0%)

1 はさすが, は伊之助, は掛軸

▼ 待つ~ (3, 0.0%)

1 がほのか, の夜, 之丞

▼ 待つうち中~ (2, 0.0%)

2 で木枕

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 気持ちも, 藤の

▼ 待つかと~ (2, 0.0%)

1 他目には, 思えば

▼ 待つくらい~ (2, 0.0%)

1 ならなに, な覚悟

▼ 待つけしき~ (2, 0.0%)

1 かな, にて庭

▼ 待つこころ~ (2, 0.0%)

1 で, で草

▼ 待つこそ~ (2, 0.0%)

1 よけれ待っ, 自分の

▼ 待つことかく~ (2, 0.0%)

1 のごとくであった, の如く

▼ 待つこと三十分~ (2, 0.0%)

1 ばかり, ばかりで

▼ 待つこれ~ (2, 0.0%)

1 あるが, が私

▼ 待つだけで~ (2, 0.0%)

1 一日潰した, 自ら名乗ろう

▼ 待つだけに~ (2, 0.0%)

1 すごしなに, なった柱組み

▼ 待つてつ~ (2, 0.0%)

1 かはさい, から早く

▼ 待つてと~ (2, 0.0%)

1 いひ残して, いふほど

▼ 待つてなんか~ (2, 0.0%)

1 居ずに, 居られやしない

▼ 待つてね~ (2, 0.0%)

2 ちよつと

▼ 待つての~ (2, 0.0%)

1 仕事だ, 面会としては

▼ 待つてよ~ (2, 0.0%)

1 ちよつと, 今空樽を

▼ 待つとい~ (2, 0.0%)

1 で, へりジャンチオット

▼ 待つとして~ (2, 0.0%)

1 ほかになんぞ, 若君の

▼ 待つとね~ (2, 0.0%)

2 こいつは

▼ 待つなどと~ (2, 0.0%)

1 いわれぼく, 附記し

▼ 待つなんざ~ (2, 0.0%)

2 洒落たもの

▼ 待つの策~ (2, 0.0%)

1 はいたって, を立つる

▼ 待つばかりという~ (2, 0.0%)

1 このうえ, 人生の

▼ 待つばかりにな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて納戸に

▼ 待つふう~ (2, 0.0%)

1 だが, であった

▼ 待つふり~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 かりけり, けんや

▼ 待つやつ~ (2, 0.0%)

1 がある, てき

▼ 待つよと~ (2, 0.0%)

1 思へば, 跡より

▼ 待つらむ妹~ (2, 0.0%)

2 が面影

▼ 待つらん人~ (2, 0.0%)

1 に山里, を

▼ 待つツモリ~ (2, 0.0%)

1 だったらしいが, ではいたんだ

▼ 待つ余裕~ (2, 0.0%)

1 が無い, を生じる

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 へ料理, をまだはっきり

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 も失, も失っ

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 がたそがれ, はこよ

▼ 待つ場所~ (2, 0.0%)

1 になっ, へその

▼ 待つ姿勢~ (2, 0.0%)

1 そのままに, になった

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 もたひらけく, も柞葉

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 の障子, へ彼

▼ 待つ役者~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 であつ, に迫り

▼ 待つ心それ~ (2, 0.0%)

1 はまことに, は大切

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 がある, の絶えた

▼ 待つ思い~ (2, 0.0%)

1 でい, でかち

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 という歌, 忍ぶ恋

▼ 待つ恋人~ (2, 0.0%)

1 などというもの, の馨しい

▼ 待つ意味~ (2, 0.0%)

1 で罪人, の通交

▼ 待つ態度~ (2, 0.0%)

1 であります, のもの

▼ 待つ扶揺万里~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 待つ支度~ (2, 0.0%)

1 などに忙しい, に世間

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 の量, は利劍

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 の夜, を人間

▼ 待つ時分~ (2, 0.0%)

1 にこの, にはとっぷり

▼ 待つ時期~ (2, 0.0%)

1 が長引く, の感懐

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 なくまた, もない

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 あさ愛し金網, の鏡

▼ 待つ様子~ (2, 0.0%)

1 である, で一人

▼ 待つ決心~ (2, 0.0%)

1 である, をした

▼ 待つ準備~ (2, 0.0%)

1 がし, が全く

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 もそっくり, もそつくり

▼ 待つ為め~ (2, 0.0%)

1 にです, にな

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 に, に艀

▼ 待つ甲斐~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, もない

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 のある, を知っ

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

2

▼ 待つ考え~ (2, 0.0%)

1 なの, を定められ

▼ 待つ自分~ (2, 0.0%)

1 だけを思い描い, の悲しみ

▼ 待つ花橘~ (2, 0.0%)

2 の香

▼ 待つ苦痛~ (2, 0.0%)

1 をまぬがれる, を言っ

▼ 待つ藝術~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 待つ装飾~ (2, 0.0%)

2 と考へられ

▼ 待つ設備~ (2, 0.0%)

1 と形式, もなし

▼ 待つ退屈~ (2, 0.0%)

1 なとき, を多少

▼ 待つ退屈さ~ (2, 0.0%)

1 に捕え, に捕へ

▼ 待つ郵便~ (2, 0.0%)

1 の空頼, を敬坊

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 もいか, を思ひやれ

▼ 待つ野明さん~ (2, 0.0%)

2 は坊主頭

▼ 待つ間船~ (2, 0.0%)

2 の汽笛

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 とはなりけり, はまだ

▼ 待つ~ (2, 0.0%)

1 の手綱, は急坂突兀

▼1* [484件]

待つあいだの源吾, 待つあいだタキシイでざっと, 待つあいだ三人が寺門前, 待つあいだ二人がいろ, 待つあいだ五人は階下, 待つあいだ人々は川原, 待つあいだ伸子と喋る, 待つあいだ内記どのや関どの, 待つあいだ受話器越しに言われた, 待つあいだ母夫人は娘, 待つあいだ煙草を吸い, 待つあいだ神妙に八五郎, 待つあいだ私たちはかの, 待つあいだ筒井と土手, 待つあしひきの山, 待つあの寥々と, 待つあらしむ而, 待つある時を, 待ついとまもなく無慙に, 待ついわばシガーの, 待つうち塚田八段五分考へて, 待つうち時節到来先頃より, 待つおぼろげなある期待, 待つおもしろいニユースが, 待つかすみ網のよう, 待つかはたた, 待つぐらゐ厭な時間, 待つこころごころに, 待つこころもちその嘆き, 待つことこれまた袂, 待つこと一二時間こんな暇, 待つこと一分ならざるに, 待つこと一時間以上その間に将軍, 待つこと三時間ようやく私, 待つこと久矣速に白旗, 待つこと五分間ばかりだしぬけ, 待つこと今日で四日目, 待つこと八ヶ月のうち, 待つこと寛宏なるを, 待つこと幾時なりけむ, 待つこと惟久しかりき, 待つこと日を過さ, 待つこと此の如し, 待つこと須臾にし, 待つこと頗厚かつた, 待つこの時趣味において, 待つこまやかな愛情, 待つこれから露草の, 待つごと君をこそ待て, 待つさまざまの美しい, 待つさわやかな気持, 待つしるしなきわが, 待つすべもがな, 待つそれから誰か, 待つえ, 待つぞと問へ, 待つためマニュエラへ入る, 待つため数日ここに泊っ, 待つため白木屋の店頭, 待つため練兵場に並んだ, 待つたらしい形跡が, 待つだけが望みである, 待つだけでも城兵の, 待つだけと答えた, 待つだけにも可成, 待つつれづれにふと, 待つてからにしようと, 待つてさう言, 待つてさえいれば, 待つてといふ人も, 待つてなはれ, 待つてなと囁くので, 待つてねと言つてマリマリ嬢は, 待つてはをりやしない, 待つてる子がいい, 待つあらう老母, 待つでも待たぬでも, 待つとかと云つてゐる, 待つとかの松陰に, 待つときどき天上沢槍平方面の, 待つときレスタア夫人は入口, 待つとしもなく動かずゐたり, 待つとでも思はなかつたら私達, 待つとにはあらねど, 待つどころでは, 待つどちらをどちら, 待つなといふお前の, 待つなどという先廻りは, 待つなんていう優美, 待つなんとうららかな, 待つにやあらん, 待つに際しなお人類円満, 待つのほか秀吉家康の上, 待つのみの身の上だ, 待つの余義なきを, 待つの比ほひ常陸介藤原維幾朝臣, 待つはずの吉次, 待つつかり, 待つばかはない, 待つばかりじゃないか, 待つばかりにて候う, 待つばっかりでこちらむきに, 待つひととき温きいのち愛, 待つひまはなし, 待つぶんはいくら, 待つほかわれわれのほう, 待つほど遠い遠いほど愉しい, 待つほんの仮の, 待つまで君を, 待つまでに木を, 待つまもなく小僧の, 待つみちのくの夢, 待つものの如し, 待つもの來るものの, 待つもんかお, 待つやと生垣の, 待つやはり一つの, 待ついくらでも, 待つよは落鮎や, 待つよろしいです, 待つらむなど益荒武雄, 待つらむものぞはや大, 待つらむ人に山里, 待つらむ月は経, 待つらめとまた, 待つらんごとし, 待つらんものを, 待つらんやうに思做さ, 待つらん宇治の橋姫, 待つらん若者あり, 待つわかい男の, 待つわが家庭の, 待つわが子の部屋, 待つわが身の気, 待つイナゴは寂しい, 待つウ身にイ, 待つカスミ網みたいなもの, 待つソレから段々, 待つダンテは夢, 待つてきかない, 待つホテルかな, 待つポプラが並木, 待つマルモ隊長はついに, 待つ一年が如何, 待つ一種の逃避手段, 待つ一間へ連れ, 待つけな, 待つ三人の老い, 待つ三十分の隙つぶしに自動電話, 待つ三千歳のやう, 待つ下ごころには春雨, 待つ不安の色, 待つ丑松の身, 待つに四五日, 待つ中華料理の卓, 待つ主義傾向流派形式等によって自然的, 待つに遇, 待つ乗客ですでに, 待つ事ここに久し, 待つ事なき呑気な一人坊, 待つ事半時いと古代め, 待つ事少時三発の号砲, 待つ二三の客, 待つ二三時間は速, 待つ二人の身, 待つ是鬼窟裡の, 待つ京都においては惨状, 待つ人影がある, 待つ人混みの中, 待つ人皆ゆるく歩き, 待つのわずか, 待つ今日まで眼, 待つ今日来庵の通知, 待つなかつたわけ, 待つ以外正季にべつ, 待つ伊太利人の老, 待つ佐助の小舟, 待つ何ぞ一向薄情是の, 待つ何ものもござらぬ, 待つや馬, 待つ俳優がモリエエル夫人, 待つ側近の人々, 待つ催しの如く解せられた, 待つ儀式といっ, 待つ優しき心づかい知りたれ, 待つかな, 待つ八時頃迄来ず, 待つ内退屈じゃ, 待つの沈默, 待つれた花, 待つ出目洞白の面箱, 待つから勇ましい, 待つ列車は青森発東北本線, 待つ刺客の刃, 待つ刻限だ, 待つ勇気がなかっ, 待つ十一時近く迄おあ, 待つ十年でも二十年, 待つ原子のよう, 待つ可愛い生兒, 待つ右側も品川, 待つ横町は, 待つ吾が宿に, 待つの奸智, 待つ唐沢上高地明神方面ときどき見え痛快, 待つ商人とは思えなかった, 待つ商人犬を愛しけり, 待つ問題は山積, 待つ四年の月日, 待つ四時同道して, 待つ国法の罪人, 待つはわが, 待つ土産物も色々, 待つ地上の何物, 待つ地下の墓所, 待つ地方源氏の人々, 待つ場合とがある, 待つ場合思考の内容, 待つ堺港から立った, 待つ境遇に置かれ, 待つばかりな, 待つ夕ごころうらひもじ, 待つ夕涼をほのか, 待つ外がまへ簾垂, 待つ外途中何も得る, 待つ夜さや父, 待つ夜明けはなかなか, 待つ夜明け前のあの, 待つ大きな運命は, 待つばかりでなく, 待つ奉行や留守居, 待つ如くに彼, 待つ如君待つ我, 待つは藤吉郎その他, 待つとして垂れこめ, 待つ妻子眷族というもの, 待つと弟, 待つ子供みたいに言った, 待つ客七八人声立てて, 待つ宿引女の廂はずれ, 待つ尊大なブルジヨア, 待つ小刀も水中, 待つ小舟と紅, 待つ少女子が, 待つ山家かな, 待つに繋がざれ, 待つ岸本の側, 待つ平城の男女, 待つ幾通かの書類, 待つが少く, 待つ度胸もない, 待つ庶民の悲願, 待つ弁信は容易, 待つ弱みはない, 待つ当てもなく, 待つが変, 待つも見えた, 待つ彼女のため, 待つ待機の姿勢, 待つ心もちがあつ, 待つ心切ですね, 待つ心境とはなった, 待つ心太やの姿, 待つ心算ででもいつ, 待つ心細さを, 待つ忍耐なんかもっ, 待つ忍耐力もある, 待つ忍耐希望をはらむ, 待つ応接室へでかけ, 待つ思慕者ともすれば忘れ, 待つ患者たちであろう中年以上, 待つ患者控え室へ出, 待つ意志と日本, 待つの齋戒, 待つは, 待つ我身と観じ, 待つ所あれと告げた, 待つ所大であるが, 待つ所存だ, 待つ所甚多く最も, 待つ手紙は来ない, 待つ持彦の姿, 待つ振りの頭巾, 待つ数多の乗客, 待つ数時間ホテルに坐るなら, 待つ數通の手紙, 待つ新聞を待つ, 待つ方法であるが, 待つの宿, 待つ旅客は, 待つ日に日に落葉ふかう, 待つ日野俊基の方, 待つ早く用達て, 待つ春さきの桜, 待つ春の町飾りを見る, 待つ春日燈籠の灯, 待つ時刻には未だ, 待つ時務や訴え, 待つ時潮の調子, 待つ時節の到来, 待つ景色は転た, 待つ暢気な親密, 待つ月夜風吹くな, 待つ有様は風変り, 待つ望みも絶えた, 待つ木村の顔, 待つ松浦の浦, 待つ枇杷葉湯売りなぞ, 待つ果報の数々, 待つ枯萩の風情, 待つ検察官のやう, 待つ楽しい心地を, 待つ楽しみもなかっ, 待つ樹明君はたしかに, 待つ歡びの日のいつか來, 待つれ以外, 待つ歳月はわが, 待つ母上にもなんとなく, 待つ気ぶりも見える, 待つ気持ちに立ち還った, 待つ気構えの優しく白い, 待つ気長に待つ, 待つ氣持が有, 待つ江戸広しと, 待つ河原に焚火, 待つ沿道の薄, 待つ泉太や繁, 待つ津田の手紙, 待つ温泉もある, 待つの川, 待つ炉火のかげん, 待つ為め自らを俎上, 待つ無きをいう, 待つ熱いさびしい思いを, 待つに古き, 待つ爲めに, 待つ牝鶏のよう, 待つ物売りだの, 待つなる一, 待つ猛獣のよう, 待つ獄中でこの, 待つ用事が起った, 待つなりと伝, 待つ當來の命, 待つ畸人あり楼下, 待つ疑懼の情, 待つ病人を待たせ, 待つ看客が押合, 待つ神社の横, 待つひの, 待つの心, 待つ私服の群, 待つの野, 待つ稀代な七斗星, 待つの言葉, 待つ窮地とは京都, 待つ立場に置かれ, 待つの影, 待つをとった, 待つ約束であった, 待つ絶好な道場, 待つの羽織, 待つ緊張と畳廊下, 待つ羽根のた, 待つのさびしき, 待つ老母や妻, 待つ者我を導き, 待つは少, 待つ胸中を描き得た, 待つ脊髓の跼つた, 待つ腰掛茶屋の緋, 待つであったか, 待つ臣下たちと共に, 待つ舟子らのよう, 待つ舷門の邊, 待つを頻り, 待つ船頭が波打ちぎわ, 待つの, 待つ花樹をひさぐ, 待つ苛酷な試練, 待つ若き妻の, 待つ若人が河, 待つ草木と, 待つ薔薇ではない, 待つであったが, 待つなる山, 待つ處來りて, 待つ蝙蝠のやう, 待つはない, 待つ観念はある, 待つ言動は始, 待つ計りになった, 待つ許婚と三々九度, 待つ将の, 待つ諸国の呼応, 待つ謙虚さが大切, 待つ貞之進は何, 待つ赤松の白旗城, 待つ足音が断続, 待つ身夜具重く寝る, 待つ身構へをした, 待つ身油断があろう, 待つ軍兵どもにその, 待つ辛抱を与, 待つ迄の事は, 待つ迦葉と鶏足, 待つ通夜の人々, 待つ連中は声, 待つ遊びがある, 待つ運転手に声, 待つはない, 待つ那方を那方, 待つには高氏, 待つ重要なお, 待つ野武士共の群, 待つ鉢植の植木, 待つ羅の, 待つへよく, 待つ間そこにあった, 待つ間それから鹿島丸, 待つ間の手ずさみだと, 待つ間はさほどで, 待つ間ひとり西洋間のソファ, 待つ間みんなガヤガヤと自分, 待つ間サーロインステーキとポタアジュ, 待つ間ロワイヤンに一, 待つ間一字三礼妙典書写の功, 待つ間一時谷中辺の寺院, 待つ間三人の話, 待つ間二時間ばかりに輕, 待つ間休憩室の壁, 待つ間何かお話, 待つ間俊夫君は, 待つ間健吉画伯はそこら, 待つ間傍らの生駒雅楽助, 待つ間公使らは思い思い, 待つ間半蔵は寿平次, 待つ間吉左衛門はすこし, 待つ間墓石を二つ三つ写生, 待つ間夫人はお, 待つ間奥さんと話, 待つ間娘も同様, 待つ間小川によった, 待つ間小田さんと私, 待つ間少年は令嬢室, 待つ間広告でもう, 待つ間座敷に通った, 待つ間思出すとも, 待つ間手を握った, 待つ間控室で吉川氏, 待つ間明日の休み, 待つ間横坐りに足, 待つ間歌川の二階, 待つ間水タキを食う, 待つ間氷のごとく, 待つ間渡船場の下流, 待つ間矢代は間もなく, 待つ間示威運動を行う, 待つ間私は態と, 待つ間腕時計を落し, 待つ間落付いた気持, 待つ間身内も冷え切る, 待つ間金魚の水, 待つ間際まで進ん, 待つ障子の真っ白, 待つのよう, 待つ雛人形が百貨店, 待つは一向, 待つの夕, 待つ領民の背, 待つ頼りの無い, 待つ風情に置い, 待つ風景は眼, 待つ風流はなかつた, 待つ風鈴のしきりに, 待つ飼犬の裾, 待つ餘裕あるにつれて, 待つ騎列の方, 待つめきを, 待つ高崎山と諸共, 待つ高齢の祖母, 待つの声, 待つの, 待つOKへレンラク