青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「懷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~憂鬱 憂鬱~ 憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 應~ ~懐 懐~ 懐中~
懷~
懸け~ 戀~ 成~ ~成っ 成っ~ ~成った ~成る 成る~ ~成功 成功~

「懷~」 1044, 11ppm, 9642位

▼ 懷~ (132, 12.6%)

12 して 9 入れて 3 しまひ 2 あつた, した, 手を, 抱いて, 抱かれて, 採り入れられて

1 [96件] あまるものみな, ありあまる金, あるが, いれて, うたふ, しそれ, した儘, した剃刀, した呉, しては, しながら, し幇間, すると, する處, つツ, ふけつて, よると, ブチ込む, 俯したる, 入つた, 入つたる, 入つた右手, 入つて, 入て, 入るやう, 入る時, 入れた, 入れたま, 入れた紙, 入れつちまつたの, 入れてまでや, 入れながら, 入れました, 入れると, 入れ乍ら, 全身倒れ, 兩手をは, 六歳に, 割きしもの, 呑んだ三十兩, 呑んだ鐵磨き, 嘘が, 噛り付いた, 夜風が, 居た與吉, 峰の, 左手に, 幾分の, 往來し, 往來せし, 得る所, 忍ばせた手拭, 感じた時凡て, 成る, 抱いた我, 抱かせた, 抱かれないならば, 抱かれようとして, 押込んで, 捩ぢ, 捩込んだ友達, 捻じ込む眞, 收めて, 暖めて, 朴齒の, 歸り入らしめ, 殘る, 流れ込んだ, 溶て, 溺れきるの, 甘つたれ, 眠りつつ, 稚兒, 稚子, 突つ張らかし, 窮屈を, 納れ, 耽つて, 耽るといふ, 耽る事, 自然に, 蔽ひかさなる, 藏し, 負へ, 財布が, 迫つて幽, 錦に, 鍵の, 隱し, 隱す, 隻手の, 飛びこんで, 飛び込みざまその, 飛び込むの, 飛込んだり, 飛込んで

▼ 懷~ (92, 8.8%)

6 の中 4 に入れ 3 に突, へ入れ, へ手 2 に忍ばせ, をさ

1 [69件] から何, から出し, から出した, から切餅, から取出し, から小判, から平次, から手拭, から斯ん, から欝金木綿, から穴, から紙入, から繰り出す捕, から財布, が少し, で温, などを叩い, などを搜, にある, にせる, にねぢ, には二百, には鬱金, に入り, に入れかけた, に入れた, に小, に捻, に收む, に眠らう, に短刀, に線香, に落し, に落した, に餘裕, の人相書, の十手, の奧, の方, の煙草入, の財布, の金, は狙, ばかり肥した, へお, へころげこん, へし, へねぢ込み乍ら, へ五十兩, へ入れる, へ匕首, へ突, へ草履, へ飛び込ん, へ飛込むだらう, へ飛込ん, をくつろげ, を十手, を孕ませ, を押, を拔, を狙, を狙つたの, を肥し, を膨, を膨らませ, を見る, 深くし, 深く探つ

▼ 懷~ (69, 6.6%)

2 探つて, 探ると, 開いて, 開けて

1 [61件] おさ, きいたとき, さぐつて得意, させたの, さながらのべた, した後, して, すべて彩色る, つくるところ, ときどき耳, なげきながら, のべて, はじめに, ひそかに, むしられるので, もて夜, もて足れりと, もらして, やるとて, 伴つてなほも, 作つたこと, 即席の, 同感の, 射ず牡鹿, 崇うせし, 快くし, 悲しくした, 披瀝しつ, 抱かしめ百發, 抱く, 拔く, 拵らへ, 探して, 探しに, 探りましたが, 探るやう, 搜つて手馴れた, 搜る, 暖めようと, 殆ん, 氣に, 洗つ, 減じまいとのみ, 漏れ聽, 無論無意味, 爲し, 狙つたのは, 聞くと, 肥す者, 見よ汝, 覗いて, 覗かなくとも, 述べて, 述べ侍りける歌, 遂げた上, 遂げた譯, 遂げ得たり, 達し得るの, 遣るの, 邪げない, 離れて

▼ 懷~ (66, 6.3%)

7 中に 5 中で 2 中の, 十手を, 發現が

1 [48件] い, うちに, さむしい, そのかみに, つ, つくり, なかから, なかへ, やうに, 一つと, 一隅には, 三つ卷へ, 中から, 中ばかり, 中へ, 何として, 傍で, 十手なんか, 四文錢六枚で, 大釜, 工合が, 影が, 情が, 手紙に, 捕繩, 機會を, 歌としてのみ, 歌一首を, 汚い縞, 流に, 深い家, 物を, 痛まないこと, 發現といふ, 福神漬を, 積り累なり, 窄いところを, 紙入から, 肌に, 背景を, 與吉は, 草と, 荒地は, 詠なり, 詩, 赤兒が, 金で, 餘り

▼ 懷から~ (64, 6.1%)

6 出して 4 拔いた 2 出て, 取出したの, 手拭を, 紙入を

1 [46件] こぼれ出た, それでも彼, ちよいと, はみ出して, 一本の, 一枚の, 二枚の, 五十圓とり出し, 何も, 例の, 八つ折の, 八兩の, 出されて, 出した手紙, 出した掌, 出す句稿, 出ても, 劒を, 十圓札を, 十手を, 取出した匕首, 取出した地圖, 取出した大, 取出して, 取出すところ, 周圍を, 大きな紙, 守袋を, 小判で, 尻尾の, 手帳を, 手紙を, 新聞紙を, 書附を, 淺黄の, 白磨きの, 私の, 紙片を, 腹掛の, 袂髷節の, 袖珍の, 財布を, 財貨が, 金五圓也を, 離れるの, 頤の

▼ 懷~ (46, 4.4%)

3 しさうな, しみを 2 しき母君の, しき顏

1 [36件] ざるを, しい感, しき, しきかの, しきこと限, しきに, しきは, しきアントニオの, しき名殘の, しき夫の, しき如き情, しき思ひ, しき戀しき節の, しき日の, しき日本へ, しき日本海の, しき母校である, しき海岸の, しき父君母君に, しき穢き, しき芙蓉の, しさうに, しまれる, しまれるの, しみたいと, しみつ, しみとを, しみも, しむ君, しむ感情, しめた, しめられたから, し身, ない者, ぬのに, ぬ事

▼ 懷しい~ (46, 4.4%)

2 と言, 昔構へ

1 [42件] なあと平福氏, のであつ, のでわざと, もので, ものである, ものです, ものとして, ものに, ものね, やうな, ヂュリエット何として, 乳房から, 人柄に, 人間として, 作品は, 吹雪よ, 妙な, 姿である, 姿は, 幸福が, 後影を, 微笑を, 思を, 思出に, 情緒の, 情緒を, 想ひ, 懷しい, 支那風を, 故國, 氣が, 氣もちで, 氣持が, 湯の, 濱と, 町である, 空想を, 記憶を, 調子で, 郷土を, 電柱が, 音響を

▼ 懷~ (40, 3.8%)

4 げに, さに 2 がつて, さが, さを, てゐた

1 [24件] がつ, がつた, さ, さう, さうに云つた, さうに民子が, さうに物語られ, さである, さによる, さの, さをも, さ悲し, てあの, てこの, てつと, てゐました, てゐる, て臥す, て自, ながら庭園, むよすがとして流石に, 氣な, 氣に, 相に

▼ 懷~ (30, 2.9%)

4 て居た 3 てゐた, て居る 2 てゐる

1 [18件] てお, てくる, てここいら邊, てその, てはこつ, ても三十四十五十, てヱネチア, て先生, て其處ら中, て寂しく, て少し, て居つた, て居りませぬ, て戸, て故山, て義雄, 秋の, 聲だ

▼ 懷~ (29, 2.8%)

6 手を 5 入れて 2 入れた, 入れると

1 [14件] こぼしながら, もぐり込んで, ネヂ込む, 一本忍ばせたらう, 入つた右手, 入る金ぢ, 入れるだけで, 入れるもの, 出し入れした, 押し込みまして, 捩ぢ, 落して, 隱し, 飛込まうと

▼ 懷かしい~ (26, 2.5%)

1 [26件] ことも, とも言, のである, のは, やうな, やうな思ひ, フィデリ樣, 何ものにも, 國の, 山である, 影を, 心持にな, 思が, 教師と, 旅の, 東北の, 母の, 氣持ちで, 水郷の, 環として, 硫黄の, 舊知己の, 話に, 靈の, 顏に, 風俗を

▼ 懷~ (22, 2.1%)

2

1 [20件] その羈厄, てしばし, て人なみ, て止む, て逃, ながら今夜, ながら傍, ながら老人夫婦, は嫁菜, 天若く, 室に, 恩に, 是の, 智證大師に, 畏るべから, 羞づべからざるを羞ぢ羞づべきに羞ぢざる, 裁判所が, 言語を, 避くべ, 避くべき

▼ 懷しく~ (18, 1.7%)

1 [18件] ありがたき御方, いとしく思はなけれ, そこへ, つてね, て堪らない, どんなに珍, ないもの, なつた, なつて, なつて其所, なつて涙, 印象された, 嬉しく感じた, 思つた, 悲しい詩集, 秋に, 美しく心細く且つ, 自分の

▼ 懷ろ紙~ (18, 1.7%)

4 の中 3 を出し

1 [11件] か何, に挾ん, に捺した, の上, の皺, の間, へお, をお, を二枚, を取り出す, を取出し

▼ 懷かし~ (17, 1.6%)

3 さに 2 さを

1 [12件] さ, さうに佛蘭西式調練の, さうに擦, さうに言つて築山の, さうに音を, さで, さと, さとも, とか, と思ふ, の日本, や櫻木海軍大佐

▼ 懷~ (16, 1.5%)

1 [16件] え, この飜譯, 夢か, 實に, 彼の, 想像も, 次第に父親, 決して餘裕, 深かつ, 温かである, 瀧口却て, 益々平次, 空つ, 筋立つて少し, 陰鬱な, 際限も

▼ 懷~ (13, 1.2%)

1 [13件] ある, まざ, むしろ最, 幾らか暖か, 強かつ, 急にげつ, 板橋雜記に, 痛まないの, 痛まなくて, 目に, 窮し, 窮屈でなく, 見たいんで

▼ 懷~ (13, 1.2%)

1 [13件] といふこと, といふの, ときは, ので有る, のを, ひまなし, までには日數, を悦ぶ, 人が, 可らず, 愛も, 私の, 者と

▼ 懷かしく~ (9, 0.9%)

2 思ふか 1 て耐ら, なつた事, なるもの, 思ひ出されたり, 感じた, 聞いたの, 見えるの

▼ 懷いた~ (8, 0.8%)

1 が又, と稱, のであつ, のは, 三四歳の, 今頭, 宦官達は, 文公は

▼ 懷しか~ (8, 0.8%)

6 つた 2 つたもの

▼ 懷~ (8, 0.8%)

1 あつた, 仙人が, 何如なる, 大きくな, 昔話に, 此所迄, 眠つた與吉を, 眠つて居る

▼ 懷ろ時計~ (8, 0.8%)

1 だ, ですよ, のト, はもつ, は何時, を一つ, を入れ, を搜

▼ 懷ろ鏡~ (8, 0.8%)

1 があつ, が怖い, が落ち, でこいつ, は, を敵討ち, を林彦三郎, を死骸

▼ 懷には~ (7, 0.7%)

1 一錢も, 何かしら八五郎などには, 小錢, 心を, 猶一, 霜柱が, 青い色

▼ 懷ろ手~ (7, 0.7%)

2 をした 1 をし, をする, を拔, を拔くん, を襟

▼ 懷ける~ (5, 0.5%)

1 ところに, より外, わが企圖, を嫉み, 疏勒于

▼ 懷~ (5, 0.5%)

1 が爲, ことを, はアヌンチヤタ, 情は, 爲に

▼ 懷より~ (5, 0.5%)

1 かしこくも, 來れる, 劒を, 取り出す一封, 小き

▼ 懷ろ具合~ (5, 0.5%)

1 が大事, などを八五郎, なんか盲目, のプラス, までは知りません

▼ 懷かしい思ひ~ (4, 0.4%)

1 がした, の血, 出として, 出の

▼ 懷しがる~ (4, 0.4%)

1 が二日, ことに, のは, のも

▼ 懷しき~ (4, 0.4%)

2 かも 1 は只, わが同僚

▼ 懷しく思ひ出し~ (4, 0.4%)

1 て居る, ながら, ながらいつしか, ながら今

▼ 懷~ (4, 0.4%)

1 が又, て歌, ドメニカを, 春の

▼ 懷~ (4, 0.4%)

1 とぼしい, 浮びいづるがまに, 無いらしい, 説明も

▼ 懷ろ子~ (4, 0.4%)

2 に育つ 1 で何, のお人好し

▼ 懷具合~ (4, 0.4%)

1 だ, は餘計, まで訊い, もそんなに

▼ 懷かし氣~ (3, 0.3%)

1 な眼, に倚子, に進み寄る

▼ 懷かし相~ (3, 0.3%)

1 に姉よう, に武村兵曹, に眺め

▼ 懷かせる~ (3, 0.3%)

1 のは, までには至らなかつた, 樣に

▼ 懷くべき~ (3, 0.3%)

1 を勸むるのでは, 正當, 金錢の

▼ 懷こい~ (3, 0.3%)

1 微笑を, 芭蕉が, 處が

▼ 懷しみ~ (3, 0.3%)

2 とも知れぬ 1 こそ

▼ 懷しむ~ (3, 0.3%)

1 のである, 人達の, 心地ばかりが

▼ 懷~ (3, 0.3%)

2 ね何 1 から其處

▼ 懷~ (3, 0.3%)

1 せよとは, 袂に, 香色とを

▼ 懷かしか~ (2, 0.2%)

1 つた, つた詩人文學者に

▼ 懷かしげ~ (2, 0.2%)

1 に久濶, に喚ん

▼ 懷きし~ (2, 0.2%)

1 かば莊公, にあらず

▼ 懷くに~ (2, 0.2%)

1 いたれり, も及ばざるべし

▼ 懷けり~ (2, 0.2%)

1 とおも, 彼等を

▼ 懷~ (2, 0.2%)

1 に不埒, はどんな

▼ 懷しう御座んしたらう~ (2, 0.2%)

2 と我身のほど

▼ 懷しき心地~ (2, 0.2%)

1 したれば, す

▼ 懷しき故郷~ (2, 0.2%)

1 にわれ, の庭

▼ 懷しく忘れ~ (2, 0.2%)

1 難いもの, 難い處女作

▼ 懷しく思ふ~ (2, 0.2%)

1 ことが, だけの意味

▼ 懷する~ (2, 0.2%)

1 ともなく, 奇妙な

▼ 懷すれ~ (2, 0.2%)

1 ば朕歔欷セサルハナシ, ば音容

▼ 懷である~ (2, 0.2%)

1 が著者, と信ずる

▼ 懷でも~ (2, 0.2%)

1 探られる樣, 覗う

▼ 懷といふ~ (2, 0.2%)

1 ものかも, ものが

▼ 懷にな~ (2, 0.2%)

1 つてともすれば, つて何やら深々

▼ 懷にね~ (2, 0.2%)

1 ぢこん, ぢ込みました

▼ 懷へば~ (2, 0.2%)

1 ふるさとや, 琵琶の

▼ 懷まで~ (2, 0.2%)

2 かき廻して

▼1* [105件]

くれば, 懷いたるときは, 懷いたれば自然, 懷いた考へ方に, 懷て遂に, 懷うて見ようかとも思, 懷え入えた筈, 懷おこるごとに, 懷かうよりも各自, 懷かざらんやう御願ひ申します, 懷かざることを, 懷かざれば諸, 懷かしがらせたと見える, 懷かしき我が帝國, 懷かしくちよつとその, 懷かしくなつた, 懷かしく他人のやう, 懷かしく望みに充ちた, 懷かしく眼を揚げ, 懷かしく立停つて, 懷かし不動堂やさしき主, 懷かし味を有つて, 懷かねばならぬ, 懷からは青い椋, 懷かれて居つた, 懷かれるかも知れない, 懷きしことなし, 懷きしときあるべし, 懷きはじめるのである, 懷きゐたりと見, 懷き寄るこれは, 懷き得られないものである, 懷くつて涙ぐまるゝやうでした, 懷くに相違ない, 懷くべく決して剋殺, 懷くものはありません, 懷る説の, 懷けて落着かせ, 懷ける疑ひを解き, 懷ける見とは俘囚たる, 懷さうに絡つて來る, 懷しい思ひ出の, 懷しがられて殊に, 懷しき名にほかならず, 懷しき土地に期待, 懷しき梅津の里, 懷しき者を享受, 懷しき記念を喚び起し, 懷しき面影にはら, 懷しくも思はれたのである, 懷しく思はずには居られなかつた, 懷しく思ひやつて, 懷しく思ひ出されるのです, 懷しく隔てない口を, 懷した恐ろしい事件, 懷しまれる事で, 懷しむごとく見る者は, 懷しんできた二つ, 懷する思ひ出だつた, 懷めざめぬる, 懷こい手紙, 懷つこさうにこの, 懷つたのである, 懷つぶさに云ひ, 懷濡鼠の, 懷ではなかつたか, 懷といふはバードヴァ人の, 懷淺見君の, 懷なる宙外君は, 懷にかへる舟, 懷にも行かなかつた, 懷にをさめつ, 懷はよかつぺ, 懷ばかり覗いて, 懷ひし眞心は, 懷ひ浮べた時は, 懷ひ起さざるを得むや, 懷ひ起して愁然, 懷ふものは, 懷へでも入れたので, 懷へねぢ込む, 懷へはひるだけ, 懷へも袂へも, 懷へれば母, 懷みたいにこつち, 懷めいたことを, 懷まざること, 懷ゆたかなる勝者, 懷らしいことばで, 懷ろ加減のい, 懷ろ手六法を踏む, 懷ろ煙草入で銀, 懷ろ煙草入銀延の細い, 懷をも想ひ遣らせる, 懷セシムルモノニアラズヤ漱石明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 懷眠レル以上, 懷太子の後漢書, 懷れを, 懷慕い點が, 懷深きかがやきぞ, 懷煙草入れが一つ, 懷である, 懷見たいな顏, 懷えず法衣, 懷足りなむ