青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「憚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~慌て 慌て~ ~慰め 慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱 憂鬱~ 憎い~ 憎悪~
憚~
憲法~ 應~ ~懐 懐~ 懐中~ 懷~ 懸け~ 戀~ 成~ ~成っ

「憚~」 1386, 15ppm, 7484位

▼ 憚~ (426, 30.7%)

47 ように 17 ような 14 ところも, やうに 12 ことも 9 ことなく, ところなく 7 ことが, ことは, ところが, 者も 6 ところは, やうな, 所なき 5 ものも, 処なく 4 がえ, ところなき, のである, 事は, 樣に 3 という風, ところの, ともなく, に足らざるなり, のだ, ものは, 事が, 所なく

2 [16件] かし, が実は, けしき無く, ことで, こと勿れ, ところなし, にし, のか, 必要も, 所が, 所なかりき, 様子で, 樣子で, 者が, 色も, 處も

1 [172件] あの静か, おそれ, かのよう, からと云っ, からと口実, か将, か楽書, が, がいずれ, がええ, がこの, がしかし, がネとにかく, が嘗て, が大体, が如き, が洋傘, が私, が要するに, が都市警察庁, くらいである, こ, ことある, ことから, ことじゃ, ことだ, ことだけは, ことだつた, ことなかれ, ことなき, ことや, しあるいは, しら雲を, ために, ための, だけの余裕, ってお前さん, というで, というなら, という虚栄心, といふ, といふ風, ところから, ところない, ところに, ところ無く, としよう, とはどう, とも見えない, と云う, と人, と仰し, と数正, と見え, と註し, どころでない, なかれ, なかれとは, なにものかに, な汝ら人間, な汝等人間, におよばぬ, には及ぶまい, にも及ばなかつたらしい, によってちと, に足らず, のであった, のでなんにも, ほどに人臭い, ほどの見る, もの, ものが, ものだ, ものと, ようだった, よりも標局, わけが, 一儀なら, 一大事じゃが, 一種の, 丸屋六兵衞を, 事ありけん, 事じゃ, 事でございまし, 事なく, 事も, 事勿れ, 事暫らくお待ち下さい, 事柄です, 人々であった, 人が, 人も, 人を, 人目, 人目の, 以上に, 低い啜り泣き, 低い声, 儀です, 処あり, 処あるらしく, 処が, 処です, 処も, 出入りには, 切迫した, 勿れ, 卑怯さ政治的なる, 可き, 堂上の, 場合が, 声, 大皇帝, 女であった, 密室の, 小さい小さい声, 小さな声, 小声と, 彼等は, 心も, 必要は, 忍び音で, 所あっ, 所あり, 所ありし, 所あるらしく, 所ぞ, 所である, 所と, 所な, 所なし, 所は, 所も, 所を, 所以でも, 様な, 様に, 様子も, 様子を, 気が, 気勢, 気持が, 気持だつた, 気色は, 気配で, 状なく, 状態である, 理由は, 監視中の, 秘密の, 秘密会議も, 筈も, 筋の, 節が, 者か, 者なら, 者は, 臆病である, 色あった, 色が, 色なく, 荒神も, 處が, 處である, 處なく, 行を, 見物の, 訳で, 身なれ, 険道それを, 雷雲を, 風が

▼ 憚~ (365, 26.3%)

29 ない 21 なかった 20 ずに 11 ず, ないの 9 なかつた 65 ねば 4 ないもの 3 ざれば, ない次第, なければ, ぬもの, ぬ大声, ぬ高

2 [14件] ざりき, ざる人物, ずと, ず人生, ず声, ず大声, ず女, ず笛, ず肩, ず言って, ず足早, ず鳴らした事, ない人, ぬの

1 [203件] う, ざりけれど, ざりしに, ざること, ざるなり, ざるべし, ざるもの, ざる不敵, ざる人, ざる所行, ずいえ, ずいぎたなく, ずかつ, ずこう, ずこそ, ずこの, ずこんな, ずさすが, ずしくしく, ずその, ずそれら, ずそんな, ずたった, ずたつた一人, ずという, ずとぐろ, ずど, ずばちや, ずひろ, ずぴくつかせてゐた, ずまだピッタリ, ずめしあがっても, ずわれわれ, ずオンオン, ずドシドシ雑誌, ず一家, ず不埒, ず不敬, ず不興気, ず乳虎, ず云って, ず云つて, ず今, ず今夜, ず仰し, ず体, ず何でごろごろ, ず使われて, ず倣然, ず公言, ず出来ようと, ず分際, ず功, ず北国, ず北國, ず厚い, ず参りました, ず反芻, ず叛逆人, ず口汚い, ず后, ず唄つて, ず声高, ず夏, ず大, ず大きな, ず天下, ず奥様, ず子供, ず學海居士, ず官, ず実現, ず山間, ず嶺太郎, ず左様, ず廉介, ず彼, ず往々, ず忙しく, ず思うさま, ず思う所, ず恣, ず所信, ず描かれて, ず攻める事, ず斷言, ず時には, ず暗闇, ず本職, ず来て, ず枕, ず泣くの, ず浮薄, ず涙, ず潜, ず牛, ず猥褻, ず発揮, ず知事等, ず私, ず笑, ず笑い, ず米, ず罵り合, ず而, ず聞き噛, ず肉, ず行われる殿, ず袂, ず装飾, ず裸体一貫, ず見せた, ず見たい丈, ず覚えず, ず親不孝, ず親類, ず言うが, ず言ったという, ず話, ず語って, ず遊弋, ず金蔵, ず頤髯, ず頼んで, ず顫, ず驚き, せて, で穿鑿, ないが, ないこと, ないさうな, ないその, ないつもり, ないで, ないという, ないといふ, ないところ, ないのみか, ないふう, ないほど, ないやう, ないよう, ない人達, ない人間, ない位, ない作家, ない健三, ない先生, ない声, ない小野忠明, ない或は, ない持論, ない時代, ない生活, ない突飛, ない酔態, ない関西人, ない高話, なかつたの, なかつたので, なかつた我我, なかつた浜尾総長, なくなった, なくなりました, ぬから, ぬこと, ぬこども, ぬであらう, ぬと, ぬところ, ぬならば, ぬので, ぬほどの, ぬよう, ぬ一人, ぬ不審, ぬ不思議, ぬ不敵, ぬ不貞, ぬ冗談, ぬ増野俊春, ぬ声, ぬ大きな, ぬ彼等, ぬ御, ぬ所, ぬ所以, ぬ搏, ぬ松子, ぬ正気, ぬ無遠慮, ぬ狂態, ぬ狩, ぬ理由, ぬ男, ぬ者, ぬ聲, ぬ見識, ぬ酒興中, ぬ雑言, ぬ音, ば將ヘクト, る

▼ 憚って~ (145, 10.5%)

7 いた 5 いるよう 4 いるの 2 いたの, 主人の, 何事も, 表沙汰には

1 [121件] あいまいに, あとは, いたもの, いた事柄が, いた室, いた結果, いらっしゃいますか, いる, いるか, いるため, いると, いるに, いるらしかったが, いるらしく思われる, いるん, いる加減, いる様子, いる辰男, いる関係, いわぬの, おったが, おりまする, おるかと, お名前, お町, お答えを, かれは, ここへ, さりげなく, それほど明白地, だろう全く, ちょっと神経衰弱位, ついぞ柱, では, なにかあいまい, なるべく口, はらはらし, まだ親しく, よう遣, ジャネットは, トン公は, ハンケチを, 一口も, 三五郎の, 三返だ, 二人は, 今度の, 佐々領に, 何とも, 其の地所, 参られたの, 口では, 台所の, 呉れたから, 商売を, 四郎兵衛は, 堤から, 場末の, 声には, 好い加減に, 妹は, 嫂の, 嫡出子と, 家老は, 密と, 対座し, 小声で, 居るよう, 居るらしい, 差し出す必要, 差控えた, 幸之助も, 当分遠慮を, 彼女は, 心置の, 慌てて, 打開け兼ね, 押止める, 擲きつけられる, 新聞にも, 新聞を, 明白さまには, 書いて, 本当の, 杖を, 来たこと, 次の, 殺そうと, 母御が, 泣声を, 海づたいに波に, 溝際の, 漠然とした, 無論質素, 用いなかったからとで, 申訳ばかりに, 確と, 祖母が, 秘すッ, 笑い声を, 答え兼ねた, 老臣共が, 肯て, 自分の, 自分を, 興行を, 行かなかった, 表向きは, 袋の, 袴の, 見送りに, 言えぬが, 詳述を, 誰も, 蹴上, 鐘撞堂から, 飽くまでも秘密, 髑髏の, 高い声, 鬼に, 黙ってこそ

▼ 憚から~ (67, 4.8%)

6 なかった 4 ずに 3 ず, ぬ, ぬもの 2 なければ, れるの

1 [44件] ざるは, ざるもの, ざる人の, ざる人も, ざる以上, ざる勿, した, ずあなた, ずお, ずとか, ずのうのう, ず冗談口, ず地, ず大声, ず常に, ず横行, ず気, ず申すもの, ず英語, せたの, ない, ないの, ないもの, ない婦人, ない通り, なかったなら, なけりゃなるまい, ぬが, ぬその, ぬの, ぬ人, ぬ大声, ぬ山, ぬ澄んだ声, ぬ酔うた濁声, ぬ醉うた, ぬ高, ぬ高話, ねば, る, るる, るる心強けれ, れる事, んよう

▼ 憚かる~ (34, 2.5%)

4 ように 3 ような 2 やうな, 小声で, 様な, 様に

1 [19件] が, ことが, ことなく, ところなき, としか受取れない, のか, ほどの奇観, ほどの男, ほど弱く, やうに, 中に, 事なく, 厄介者であった, 囁きが, 者も, 色も, 處に, 跫音が, 遠慮と

▼ 憚った~ (30, 2.2%)

3 ものである 2 からである, のである

1 [23件] か, からであろう, から今, が, がとにかく, のが, のだ, のであった, のであります, のは, のを, ばかりで, ものであろう, ものらしい, 内証笑, 女が, 恥び音だ, 故か, 故である, 物腰の, 男の, 赤切れた, 鋭い声

▼ 憚られる~ (30, 2.2%)

6 ような 2 ものが, 様な

1 [20件] からだつた, があはれ, が何, が私, なあ, のか, のだ, のでちょっと, ので小さな, ので西岡, のとで, やうな, ようだった, ように, 人の, 人間が, 工合だった, 思い出と, 点も, 訳で

▼ 憚つて~ (29, 2.1%)

2 か言はず

1 [27件] お取上げ, お粂, かこの, さう, ばかりゐた, よく, わざとそうしていたのだか, ゐて, ゐるやう, ゐるらしかつ, をり, 之れ, 互に顔, 名儀, 小さくなります, 居たの, 居ては, 居るやう, 思ひ切り遠方, 成るべく其の, 来たもの, 歩くお, 省く, 表向, 見まい, 認める程, 高い声

▼ 憚られ~ (27, 1.9%)

3 ている 2 て, ていた, て腋の下

1 [18件] うつかり, つい言葉少な, ているらしかった, てすぐ, てそっと, てちょっと, てならぬ, てゐた, て卑怯, て只, て彼, て憶, て我慢, て手, て来た, もしよう, わざとよそよそしく, 奥州の

▼ 憚られた~ (13, 0.9%)

3 のである 2 のでありました 1 が, がお, がもう, しそれ, ので, 場合において, 山野夫人が, 程でございました

▼ 憚~ (13, 0.9%)

2 ながらこの

1 [11件] ながら, ながらお嬢さん, ながらこう, ながらそんな, ながら今, ながら博多, ながら大橋, ながら揶揄一番, ながら江戸ッ児, ながら私, ながら違います

▼ 憚らざる~ (12, 0.9%)

3 なり 1 が故に, さえある, なりと言った, にも係らず, はこれ, は人情, ものなり, を得なかった, 不届

▼ 憚かって~ (11, 0.8%)

1 [11件] その対象, ちょいちょい気, わざとそっぽ, 不断の, 僅に, 寄り付く親類縁者, 思い切れないよう, 手が, 此の, 殆ど聞きとれぬ, 表面は

▼ 憚かり~ (11, 0.8%)

1 [11件] さん, てともに, て黙止, のある, の世の中打割り, の呼吸, まめだち, 乍ら格子の, 地を, 様とも, 金力を

▼ 憚るべき~ (11, 0.8%)

1 [11件] が如くである, ことだ, こととして, ものという, 人と, 実とが, 悪漢です, 次第かも, 異な, 色は, 身である

▼ 憚らずし~ (7, 0.5%)

1 て, てこれ, ては事, て伽藍, て和議, て往く, て遊廓

▼ 憚かつて~ (6, 0.4%)

1 これ以上の, ゐた, ヤタの, 來ず, 檢死前, 言は

▼ 憚かられ~ (6, 0.4%)

2 て田町 1 たり気, ていた, て居た, 気味悪がられ恐れられ

▼ 憚~ (6, 0.4%)

21 て逃れ, ど, ばこそその, ば自

▼ 憚~ (5, 0.4%)

2 あると 1 あったので, あつて, 解けたから

▼ 憚つた~ (4, 0.3%)

1 が遂に, のであつ, ものである, やうに

▼ 憚ながら~ (4, 0.3%)

1 お布施申しましょう, 御と, 此松太郎には, 武略の

▼ 憚あれ~ (3, 0.2%)

2 ど同郷人 1 ばここ

▼ 憚かっ~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 てきた

▼ 憚かつ~ (3, 0.2%)

1 た, たか, たので

▼ 憚~ (3, 0.2%)

1 たりはじ, たり知られまい, たり道理

▼ 憚っての~ (3, 0.2%)

1 今の, 深夜の, 話し声でありました

▼ 憚っては~ (3, 0.2%)

1 いられない, いるが, 愛撫し合った

▼ 憚~ (3, 0.2%)

1 たいこと, ております, ての業

▼ 憚ある~ (2, 0.1%)

1 ことには, 次第だ

▼ 憚~ (2, 0.1%)

1 つたのである, ろう

▼ 憚かった~ (2, 0.1%)

1 のか, 細君の

▼ 憚かるべき~ (2, 0.1%)

1 ものに, 道理は

▼ 憚~ (2, 0.1%)

2 大隈伯の

▼ 憚~ (2, 0.1%)

1 ぴくつかせていた, 主張する

▼ 憚ってか~ (2, 0.1%)

1 その頃一寸話, 廊の

▼ 憚つて日~ (2, 0.1%)

2 が暮れる

▼ 憚つて裏~ (2, 0.1%)

1 からそつ, からつれ

▼ 憚~ (2, 0.1%)

1 持ちませんでした, 無く人

▼ 憚られよ~ (2, 0.1%)

2 人間は

▼ 憚らん~ (2, 0.1%)

1 でも構わんです, や

▼ 憚るで~ (2, 0.1%)

1 もない, も無い

▼ 憚るらしい~ (2, 0.1%)

1 ふうにも, 小声で

▼ 憚るらしく~ (2, 0.1%)

1 そっと小坂部, 自分の

▼ 憚る如く~ (2, 0.1%)

1 満枝は, 言葉も

▼ 憚~ (2, 0.1%)

2 受くる

▼ 憚~ (2, 0.1%)

1 ながらあした, ながら駕籠定

▼1* [67件]

あり先ず姑, 憚旦那方の, 憚かられたがちょうど, 憚かりし荒気大将佐々成政の, 憚かるごとく地に, 憚かれという内, 憚ったひそやかな声, 憚ってばかりおるが, 憚たらしくアラ, 憚つたのであります, 憚つた刑場の二つ胴試し, 憚つた実例がある, 憚つた樣にし, 憚つた町家造りには違, 憚つてアンナと亜米利加, 憚つてツイそれを打明け兼ね, 憚つて一人も治療, 憚つて世話を為, 憚つて來なかつたの, 憚つて兩刀は置い, 憚つて叫び上げたもの, 憚つて女は闇, 憚つて小声ではあつ, 憚つて常体に改めて, 憚つて平次の傍, 憚つて情夫に会見, 憚つて手をつけかね, 憚つて江戸の場末, 憚つて河原町の傍, 憚つて男にし, 憚つて町人の住居, 憚つて祝言は極, 憚つて細君に冷やか, 憚つて繼母とは別に, 憚つて自分を息子, 憚つて誰一人大ぴらに學校, 憚つて身を耻ぢ, 憚つて隅の方, 憚つて隱す必要, 憚つて頭から鵜呑み, 憚つて鶏は飼, 憚ですがお冷, 憚候, 憚かられて, 憚いらっしゃいます廊下, 憚らいでもいい, 憚らうにも人, 憚らざる一個の婦人, 憚らざる所なりとす, 憚らしめ給ふに, 憚られまして, 憚られますが女, 憚られ恐れられる丈それだけ, 憚られ憎まれもした, 憚られ憎まれるように, 憚られ畏れられざる子よりも, 憚られ畏れられし点を, 憚られ疎まれかつ卻, 憚るごとき低い声, 憚るだろうが右, 憚るべからず財を, 憚るべきだが密, 憚る要らぬ遠慮, 憚を以て行き違うもの, 憚ラザル致方不届, 憚リナガラ正月中七日マデノ間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 憚以之外之事に候