青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「憂鬱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

態~ ~態度 態度~ ~慌て 慌て~ ~慰め 慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱
憂鬱~
憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 應~ ~懐 懐~ 懐中~ 懷~ 懸け~

「憂鬱~」 1640, 18ppm, 6450位

▼ 憂鬱~ (459, 28.0%)

33 顔を 8 気分に 6 影が, 気持に, 表情を 5 表情に 4 ものに, 家職が, 顔に 3 大起重機, 彼の, 色を

2 [47件] お伽噺の, のだ, のであった, ほど不快, もとの, ものは, んだ, んです, 事で, 光を, 内攻に, 冬の, 厭世家めいた, 家, 少年と, 幻だ, 微笑を, 感情の, 散歩に, 旋律ばかり, 日々を, 日が, 日を, 景色である, 気分が, 気持が, 気持ちに, 気持で, 溜息を, 相貌で, 眼とな, 眼を, 眼付を, 笛の, 美しさ, 羨望が, 自然の, 色が, 蒼白い顔, 調子で, 部屋を, 音を, 響が, 顔が, 顔で, 顔には, 風景

1 [280件] いろいろな, お伽噺という, お伽噺なんか, お日送り, くらいに密集, くらいに見せ, くらいの気分, ことだつた, ことで, ことです, ことには, このごろの, その頃の, だけ, ときこの, ときには, ところの, どこか, どこかに, のか, のであろう, のでございます, のでイヤ, のでドラゴン, ので彼, ので東京倶楽部, のも, ひとときを, ほど静か, まじめな, ものが, ものだ, ものである, ものと, やつらだ, ようすで, んでしょう, アッシャー家の, カンシャクを, ニヒリストだ, ロダンさんを, 一家を, 一年あまりの, 一日を, 三吉の, 下半白, 世界の, 人生を, 人生觀を, 人間は, 仕事を, 仮面に, 仮面みたいに, 伝統知識の, 位である, 余生を, 傾向に, 優し気, 光波が, 内部で, 写真を, 処を, 出来事である, 利口そうな, 力が, 十月の, 厭世的な, 又は恥かし気, 又は悪しき, 反唱句, 古典語が, 同時にまた, 哲学に, 囹圄から, 土地を, 坂を, 場所不幸な, 場面の, 境を, 声, 声調で, 夕だ, 夕方の, 外貌は, 夜行列車の, 夢にたいして, 夢想に, 夢想家であった, 夢想的な, 大きな眼, 天然の, 姿を, 娘とは, 媚めかし, 子供が, 子供の, 存在だ, 季節の, 学業などは, 寂しい自画像, 寂寥が, 寛大さ多少, 小学生の, 少女が, 少女を, 少年の, 少年黒吉との, 山脈の, 常磐木が, 幻想と, 幽香子, 影の, 影を, 彼とは, 御気分, 微笑かも, 心の, 心もちを, 心を, 心持で, 心持を, 思いに, 思に, 性格で御座いました, 性質の, 性質は, 恐怖を, 恰好なんか, 患者にとって, 悲しみの, 悲壮な, 情熱っぽい, 情調が, 想いで, 想像に, 意見です, 感じの, 感傷に, 態度で, 憂鬱が, 憔忰した, 手品で, 手風琴を, 指示な, 捜査が, 散歩を, 断崖の, 方らしく, 旋律が, 旋律だった, 日々が, 日常から, 日日を, 昔の, 時には, 暑苦しい日夜, 暗い男, 曇天が, 曲が, 月日が, 有名な, 朗らかさ, 木麻黄が, 杜だつた, 東洋の, 梨葡萄女の, 森林や, 業跡に, 様子と, 様子に, 檳榔樹色の, 欠伸だった, 武蔵野を, 殊勝な, 殻に, 気の, 気まぐれな曇り, 気もちに, 気心の, 気持ちが, 気持ちがか, 気持ちだった, 気持ちで, 気持であった, 気持にな, 気持の, 氣分で, 氣持ちを, 油画を, 沼を, 波の, 淋しい顔, 溜息など, 潮の, 特異な, 状態を, 生活に, 生活を, 男で, 病にか, 病の, 痴想に, 白塗の, 皺を, 目を, 眉の, 真名古の, 眼ざし, 眼つきで, 眼つきに, 眼つきを, 眼にな, 眼には, 眼は, 眼付きで, 眼付きを, 眼付で, 眼光は, 眼差しを, 眼顔を, 瞳に, 瞳の, 神経質な, 私は, 私達の, 空が, 空想の, 空気に, 竹藪が, 笑ひ, 篤介, 紋, 絶望の, 考えに, 胸を, 色に, 若者だつた, 苦悩の, 苦悩を, 葉子の, 薄明を, 藍色に, 街に, 表情が, 表情だった, 視線である, 言葉が, 証拠では, 話だ, 話です, 調子の, 返辞を, 退屈な, 運動と, 道を, 遺憾の, 部屋の, 重々しい態度, 霧の, 青年と, 青年を, 青春を, 青木は, 静けさで, 静穏さを, 音とが, 響きを, 頭脳の, 額, 顏を, 顔とは, 顔の, 顔付を, 顔附で, 顔附を, 首筋の, 香水に, 鳴き声を, 鳴り方であった, 黒い瞳

▼ 憂鬱~ (401, 24.5%)

71 なって 21 なつて 17 なった 10 した, なる 6 ならずには, なるの 5 して, なったが, なつた 4 なったり, ならざるを, 閉された主人 3 なったの, なるばかり, 沈んで, 襲われた, 陥って

2 [19件] させた, させて, します, すること, するに, なつたり, なりながら, なりました, なり次, なるもの, はまり込んだとき, 云った, 沈み込んで, 落ち込んだ, 落ち込んで, 這ひまはる, 閉されて, 黙って, 黙りこんで

1 [180件] ありありと, いつも捕はれ, うごめいてた, うなずいた, お角, かかる垂れ毛, かつ懶, かりたてる, させました, させる, させるため, させる調子, させ前, さも堪へかねた, されて, し, したこと, した事, した位, しめつぽく, すぎますが, する, するが, すると, するの, するもの, する種, せよ世界的, そうし, その声, ちかい気持, つながったもの, では, ながめる人たち, なったこと, なったとたん, なったので, なったジャナリズム, なった事, なった彼, なった私, なっちゃった, なつたの, ならないと, なられましては, ならん, なり, なりあと, なりがち, なりそして, なりその, なりだしたの, なりついで, なりとうとう, なりのろのろ, なりはじめた, なります, なりますが, なりますな, なりますので, なりまた, なりやすい, なりやすかっ, なりホテルニューグリル, なり人心, なり何事, なり元, なり出した, なり出すと, なり夜, なり床, なり易, なり物事, なり空虚, なり結婚, なり腹立たしく, なり苦悶, なり部屋, なるか, なるが, なるきり, なること, なるだろう, なるだろうなどと, なるといった, なると共に, なるほど, なる彼, なる独り, なる癖, なる自分, ふさわしいよう, またポケット, みちたヴァイオリン, よつて, ベッドから, 世の中も, 傍について, 傾いて, 凝り上っ, 垂れた蓋, 埋められた, 変って, 夜は, 始められた, 對し, 形を, 微笑みかけた, 心を, 思われて, 悩されなけれ, 感じて, 感じるばかり, 感ぜられた, 感傷的に, 打たれるん, 抑えて, 捉えられた時, 暮した, 曇った, 曇って, 最も愁傷, 歩いて, 沈みきって, 沈み込んだ, 沈み込んだの, 沈むよう, 沈思し, 浮かんで, 浸って, 消沈し始めた, 渇いて, 潰されて, 烈しくなやまされ, 燻され, 物を, 眉根を, 眼を, 硬ばっ, 空を, 終始し, 繰り出されて, 美しい夕映, 美しく輝い, 考えこんで, 聴いた, 胸を, 苦しめられて, 落ちて, 蝋燭の, 襲はれ, 襲はれた, 襲われたとき, 襲われて, 襲われます, 襲われること, 襲われるの, 襲われる事, 襲われ易かっ, 見えたとは, 見えるの, 言った, 返る, 送った, 這い靡いて, 陥ちこんで, 陥ったとの, 陥つた, 陥らしめた, 陥られたが, 陥り一時, 陥る, 陥るの, 陷ります, 陷る, 響いて, 頭に, 額を, 食卓の, 黙り込むよう

▼ 憂鬱~ (127, 7.7%)

3 原因は, 影が, 顔を

2 [16件] あまり自殺を, ひびきを, 中で, 中に, 原因を, 川邊, 日かげは, 日かげを, 櫻も, 溜息では, 総勘定, 表情を, 谷に, 連なりだ, 間断ない, 闇の

1 [86件] あな父なし, かげの, ことを, こもって, ために, ときは, どん底で, なかにも, ながれを, なやみふかい, ようすに, ようだ, 一つである, 上に, 中にも, 中味が, 伽藍が, 伽藍を, 何であった, 全部では, 全音階, 半年身を, 原因が, 原因ことに, 原因である, 原因と, 原因な, 原因らしく, 堆積の, 声で, 大部分, 姿を, 寄せて, 小政治家, 尾を, 底から, 底に, 底において, 底には, 底へ, 底へと, 度が, 度を, 影など, 影も, 徘徊を, 情熱を, 支配たる, 放射と, 方は, 日が, 日ざし, 日を, 時に, 時期に, 暗がりの, 曇りが, 本能的な, 気が, 気の, 気持に, 水底から, 浪に, 海から, 海は, 状態が, 状態を, 現象が, 癒らない, 種は, 結果か, 結果であった, 胸に, 色と, 色に, 色を, 苦い汁, 蔭が, 虜と, 詩人を, 質であった, 重たくたれた, 雰囲気の, 雲が, 霧を, 鞄を

▼ 憂鬱~ (111, 6.8%)

5 感じた 4 味は 3 もって 2 つつんで, 好み日頃煩悶, 感じて, 感じないの, 慰むべく世間, 消すため, 深めたのに, 舐めて

1 [83件] あくまで味わいつくそう, おさえつけた, おぼえそして, この黒い, さばさばと, そっとし, つのらせた, ひろげた, まぎらされた事, みて, やわらげようと, プルウストの, 一人占めに, 京子との, 人には, 取り戻した, 叩き潰して, 君と, 吹き飛ばしたり, 吾ながら, 嗅ぎだして, 嘗め, 埋めよう, 増させるばかり, 多少その, 宿して, 宿す額, 帯びた諦めの, 底に, 強ひられた, 心の, 忘れる為, 思ひ知らしめた事, 想外の, 感じたこと, 感じつつも, 感じながら, 感じはじめて, 感じるよう, 感じるわ, 感じ茶器, 感ずるどころ, 感ずるの, 感ずるやう, 感ずるわけ, 感ぜしめた, 感ぜずには, 慰むる為, 慰める責任, 憤らせいら立たせるもの, 払いのけて, 投げかけられながらも, 持たない, 持つこと, 捨てきつ, 掃う, 散じ希望, 晴らすかと, 曳きながら, 柿に, 極めた表情, 沈めて, 湛え皮肉, 漂わせ雑踏, 燃やせ, 瞬間吹き飛ばし, 知らしめたかの, 知らない男, 紛らせるため, 繰返すこと, 花嫁の, 表現する, 装いたくなるかと, 見て, 見て取る, 見逃がさなかったの, 覚へる, 解せぬもの, 誘うよう, 語った, 追払うよう, 高潮させ, 齎したの

▼ 憂鬱~ (61, 3.7%)

3 ある 2 そんなもの, 彼の, 立て罩め, 身体に

1 [50件] あった, あったり, あつて, あらわれた, ありその, あり倦怠, あるもの, この雑音, しばしば絶望, すっかり心, すっかり立, とけて, とみに軽く, どうならう, なくなっちゃって, はれるもの, また彼, もし内攻, 一層はげしく, 一掃され, 三筋たなびい, 何処に, 半蔵を, 印せられて, 執念く, 女の, 完成する, 常にあった, 心に, 心の, 日々加はるのを, 早くも, 来るだろう, 残ってるのみ, 気に, 漂うて, 眼の, 私の, 続くよう, 聞いて, 胸中から, 自己の, 襲つてゐる, 調子を, 谷や, 身に, 軽くなる, 込みあげて, 込み上がって, 鞭の

▼ 憂鬱~ (45, 2.7%)

3 である 2 不安とに, 同量, 暗い不気味さ

1 [36件] けちくさ, なりて, なるお, オリヴィエの, ストイックな, 一緒くたに, 不安とから, 不安との, 二重に, 云つて云へ, 云ふ, 倦怠とが, 坪田氏の, 寂寥とを, 屈辱と, 山の, 微笑する, 悩ましい感じ, 懊悩は, 戦いそう, 気づかひに, 淋しさ, 混って, 焦慮と, 焦躁に, 笑い, 素朴な, 緊張とを, 老年とで, 腹だたしさ, 苛立たしさ, 親和が, 軽蔑の, 退屈あそび, 銷沈とに, 隠さざる快活

▼ 憂鬱~ (42, 2.6%)

9 あつた 3 はなく

1 [30件] かつ幸福そう, けわしかった, この女, しかなかつた, それに, たまらないだらう, なしに, ならなかった金五郎, ね, はなかっ, はなかろう, 仕方が, 僕は, 億劫だった, 冥想的な, 北国的な, 厭世的で, 同伴し, 哀傷的の, 堪らない, 子供も, 彼女の, 心配げな, 悩ましかった, 憂鬱で, 折角の, 涙もろい, 蕪村は, 陰惨な, 険悪な

▼ 憂鬱そう~ (36, 2.2%)

5 な顔 2 だった, にし

1 [27件] である, でした, ですね, な夫, な感じ, な曇りが, な気分, な溜息, な眼, な硝子窓, な表情, な顔付, な風付き, にお, に呟いた, に奥, に寝室, に日, に眉, に胯火鉢, に膝, に言った, に言葉, に身の上話, に金五郎, に顔, に黙りこんだ

▼ 憂鬱~ (35, 2.1%)

2 深まるばかり, 羽ばたきながら

1 [31件] お信, けし飛んで, この教区, その悔い, それから間, どこから, なんの, われを, 一ぺんに, 二月には, 全宇宙, 再びかえって来た, 完成する, 影も, 彼には, 彼の, 急に, 持たざるもの, 晴らされずわたし, 消散する, 相変らず, 矢張岸本と, 礼節によ, 経験した, 脱した, 花を, 見る由, 解決される, 酒にも, 随った, 食料不足よりも

▼ 憂鬱~ (27, 1.6%)

2 が消え

1 [25件] うです, うで面白く, うねえ, から救われた, があつ, が事物, が急, が感じられた, が漂っ, が私, が空気, が腰かけ, だろう, と新鮮さ, に陥ってる, はひとしお, はもし, は幾分, を吐きまぎらせる, を感じた, を沁み込ませ, を知る, を綺麗, を考え, 又は年老い

▼ 憂鬱なる~ (27, 1.6%)

32 横笛の, 櫻が, 花見, 衣裳を, 裏町の, 重き態度にて

1 [12件] きりよ, それは, ものを, セレナーデ, 一時を, 一生を, 人間が, 作家とも, 勝盃, 厭世思想の, 忍耐者, 憂鬱なる

▼ 憂鬱~ (22, 1.3%)

1 [22件] が誇大妄想狂, であった, で葵, と殆ど, なの, にかかり, にとり憑かれ, にをかされ, に出, に取り憑かれた, に罹った, に罹り, に陥っ, に陷つたの, のあら, のため, のゆめ, の方, はタンポヽ, をなほす, を付け加え, を救

▼ 憂鬱~ (12, 0.7%)

2 忘れて 1 そういっ, そのため, なければ, 忍耐も, 感じられる, 憤懣も, 極く小さい, 次第にほぐれ, 煩悶も, 知り始めた私

▼ 憂鬱だった~ (9, 0.5%)

1 からそんなふうに, が, が出癖, ことだろう, し昼間下宿, のが, のだ, のです, ばかりでなかった

▼ 憂鬱~ (9, 0.5%)

2 にかかっ 1 が募つ, ではなく, と恐怖症, の初期, の悪魔, を予防, を胸底

▼ 憂鬱とが~ (8, 0.5%)

2 目まぐるしく交替, 私の 1 ある, かわるがわる彼, その基調, なおひとしお

▼ 憂鬱から~ (7, 0.4%)

1 して, のがれたい気, はからずも脱し得られる, 完全に, 救った事情, 紛らかした, 自己を

▼ 憂鬱である~ (7, 0.4%)

1 ことを, だけだつた, とすれ, 一は, 上に, 手足などに, 東京へ

▼ 憂鬱さうな~ (6, 0.4%)

2 顔を 1 姿に, 樣子で, 物腰や, 自分の

▼ 憂鬱~ (6, 0.4%)

2 偏執に 1 多産の, 寂寥が, 希望や, 悲しみなぞといった

▼ 憂鬱~ (5, 0.3%)

1 からこうして, つたのだ, とか不安, な講演, ね

▼ 憂鬱とか~ (5, 0.3%)

1 ユーモアとか, 感傷とかと, 感傷を, 苦い顔, 虚無とか

▼ 憂鬱との~ (5, 0.3%)

2 半面を 1 抱合より, 海を, 無味乾燥は

▼ 憂鬱とは~ (5, 0.3%)

1 光と, 意識的に, 最早彼, 生命そのもの私たちの, 自分と

▼ 憂鬱~ (5, 0.3%)

1 であったらしい, であり発作的放浪性, となっ, と躁狂性, の狂い

▼ 憂鬱~ (5, 0.3%)

1 だった, に対して主として, に襲われ, は桜, や強迫観念

▼ 憂鬱~ (5, 0.3%)

1 だつたの, な態度, な曲, な構え, な洋画青年

▼ 憂鬱至極~ (5, 0.3%)

1 である, で不愉快, で堪らないから, な顔付, な顔付き

▼ 憂鬱だろう~ (4, 0.2%)

1 がそんな, が私, とさえいわれ, なと共感

▼ 憂鬱です~ (4, 0.2%)

1 からさ, から店, から逆ま, など

▼ 憂鬱とに~ (4, 0.2%)

1 ある, 導きつつ, 胸を, 面と

▼ 憂鬱とを~ (4, 0.2%)

1 交, 感じて, 感ずるとき, 暗示し

▼ 憂鬱状態~ (4, 0.2%)

1 と見る, にあった, に陥っ, に陥った

▼ 憂鬱そのもの~ (3, 0.2%)

1 だった兄弟, と言っ, のご

▼ 憂鬱という~ (3, 0.2%)

1 お言葉, のは, 言葉が

▼ 憂鬱なら~ (3, 0.2%)

2 ざるを 1 ば時代

▼ 憂鬱には~ (3, 0.2%)

1 見えなかった, 触れるよし, 調和する

▼ 憂鬱にも~ (3, 0.2%)

1 なった, なるでせう, 飽き果てた

▼ 憂鬱病患者~ (3, 0.2%)

2 になつて 1 の私

▼ 憂鬱症患者~ (3, 0.2%)

1 が彼, に与え, の心

▼ 憂鬱がち~ (2, 0.1%)

2 なる私

▼ 憂鬱~ (2, 0.1%)

1 て神, て計

▼ 憂鬱じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないよ

▼ 憂鬱であり~ (2, 0.1%)

1 一時の, 冬は

▼ 憂鬱でも~ (2, 0.1%)

1 あった, ない全く

▼ 憂鬱とで~ (2, 0.1%)

1 あつた, 何かしら自分にも

▼ 憂鬱な目ざし~ (2, 0.1%)

2 を落し

▼ 憂鬱にな~ (2, 0.1%)

1 つたのは, つてし

▼ 憂鬱ばかり~ (2, 0.1%)

1 である, なんだ

▼ 憂鬱~ (2, 0.1%)

1 少し刺戟, 驅り込んだ

▼ 憂鬱らしく~ (2, 0.1%)

1 は見えない, も倦怠

▼ 憂鬱極まる~ (2, 0.1%)

1 ぢや, 面を

▼1* [78件]

憂鬱いっぱいの顔, 憂鬱はやしの, 憂鬱烈しい強暴, 憂鬱かも知れないが, 憂鬱がっている, 憂鬱きわまる問答の, 憂鬱このうへも, 憂鬱さうな小さい声で, 憂鬱さうに口を突ら, 憂鬱さうに応へるの, 憂鬱さうに氣むつかしげに, 憂鬱さうに答へた, 憂鬱さえ彼の, 憂鬱さそれが釈けない, 憂鬱じゃのウ, 憂鬱すぐれた人間だ, 憂鬱だったらしいのです, 憂鬱だつたんです, 憂鬱だの感傷に, 憂鬱だらうなと思つたの, 憂鬱であってしかも, 憂鬱であった新子の, 憂鬱であろうぞ, 憂鬱でしたがね, 憂鬱でないのだ, 憂鬱でなく生まねばならぬ, 憂鬱で言うことまでが, 憂鬱といった不快な, 憂鬱といふものは, 憂鬱とかいうものつまり, 憂鬱とも形容したい, 憂鬱とを以て横向い, 憂鬱ないぶかりを示し, 憂鬱ながらその真理, 憂鬱なたたかいである, 憂鬱など言ふべき, 憂鬱などの象を, 憂鬱などは可笑しい程, 憂鬱なむぎばたけのうつくしさ, 憂鬱ならしめ人生に対し, 憂鬱なんかいっぺんに消しとん, 憂鬱なんてのは, 憂鬱なんとかして, 憂鬱な唱い手の, 憂鬱な感じさへ, 憂鬱な曇った眉と, 憂鬱について語ったが, 憂鬱ばかりが巣食って, 憂鬱めいたものが, 憂鬱もどつかへけし飛んでしまつた, 憂鬱より救はんと, 憂鬱らしい姿勢で, 憂鬱をなほさうとしての, 憂鬱を以て絶えず死, 憂鬱ジョリーの学問, 憂鬱ナアヴァスネスをひたかくし, 憂鬱作家の魂胆, 憂鬱千万な顔, 憂鬱危機すぐに, 憂鬱同時に美しい見識, 憂鬱が勝つ, 憂鬱堪えがたいばかりの粗末, 憂鬱がそれら, 憂鬱性フーテンというの, 憂鬱愛すべき風景画たる, 憂鬱時々来る, 憂鬱淫酒の王デイオニソス, 憂鬱無論その憂鬱, 憂鬱然し考へて, 憂鬱のよう, 憂鬱的退屈と申す, 憂鬱破裂しさ, 憂鬱の非難, 憂鬱続きであ, 憂鬱要因に気がつき, 憂鬱詩人レナウのついた, 憂鬱謹厳戯謔さまざまの心持, 憂鬱質神經質多血質の人間