青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「往復~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往 往~ 往々~ ~往く 往く~
往復~
~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~

「往復~」 1300, 13ppm, 8525位

▼ 往復~ (262, 20.2%)

44 ている 30 ていた 11 てゐる 5 てゐた, て居る 3 てその 2 たりする, て, ていました, ております, てみ, て見せる, 初めた

1 [150件] あるもの, おしずまり, そして月, それから, それからなおちょっと, それから部屋, それから香港, それ以上は, たりくれる, たりした, たり鉄門, つつあった, てあとリヤカー二台, てあれ, てい, ていたら, ていなかった, ています, ていよいよ, ているらしかった, ておっ, ておった, ており, ておる, てから急, てから暫く, てきた, てすくなくも, てすっかり, てそれでも, てたくましい, てただ, ての相つぐ, てはいけない, てはどうしても, ては休みし, ては家, ては日, てみた, てもこの, てもできる, ても十四時間, ても往き, ても日本, ても見出されぬ, てようやく再び, てわれわれ, てゐ, てギリギリ, てベルゲン, てヨメさん, て一俵, て二人, て代官山村氏, て充分, て児子家, て入念, て公使, て写真交換, て出陣, て印刷屋, て各, て吉左衛門, て同, て夕刻, て多く, て家族同様, て少なくとも, て居た, て居つた, て居ります, て帰っ, て帰り, て帰る, て平生, て徐, て復, て心臓, て手, て折衝, て数か月, て新茶, て日取り, て時, て暮し, て来ました, て歩い, て死んだ, て殺す, て気, て漸く, て獲物, て生糸商売, て相当, て相談なぞ, て省作, て知, て神, て神経, て立山, て粉, て練習, て聖岳, て警護, て遂に, て運ばなけれ, て運び, て運動, て雨乞, て高度分布, ながらいろいろ, ながら咳一咳, ながら対岸, ながら寿平次, ながら終日大月, ながら薪, また大連, やがて滞り, アトリエの, 一体どんな, 一幅ずつの, 上述の, 下等な, 他の, 仙水峠から, 初志を, 去年の, 又九段坂, 又芥川龍之介, 合つてゐた, 名医と, 多年慶喜の, 家は, 小河内を, 居たる, 彼等の, 御花畑, 指点し, 栃木県には, 母に, 町から, 白山温泉へ, 義昭が, 蝦夷へ, 言葉を, 貞子上京の, 赤石に, 赤石岳へ, 間ノ岳北岳を, 魚や

▼ 往復する~ (193, 14.8%)

10 ように 8 のである 7 ことが 6 のは 5 ことに 4 のが 3 ことを, たびに 2 ことは, ことも, ために, という先輩師岡正胤, のでその, 予定であった, 事をも, 汽船は, 荷船の, 電車の

1 [127件] あいだずいぶん, あいだに, うちに, か知れない, がよい, けれども今, ことである, ことな, ことの, ことをもって, こと一日一夜である, そうである, その功労たる, だけで, だけでも相当, とあの, というえらい, という仕事, という場合, とお, としてもし, とその, となれ, ともう, と六ちゃん, と可, と明日, と経, と麻布, にもただ, に交通, に及び, に国産小型自動車, に綿, のだ, のであつ, ので咳, のには, のにほとんど, のに交通事故, のに今, のに何回, のも, のを, の便, ばかりだつた, ほかには, ほか一寸した, も當然, やうな, やうに, ようでした, ような, をいう, ヨーコの, 一〇〇噸足らずの, 一事なり, 一番しがない, 一行の, 乗合自動車と, 乗合自動車とが, 乗合自動車に, 人の, 人力車を, 他は, 以外には, 以外は, 便船でした, 内に, 呉服船と, 器械を, 堀端は, 姿などには, 定期船である, 小さな蒸汽船, 小僧さんにも, 小蒸汽, 少年や, 川舟その, 川蒸汽の, 広い道, 広い道路, 必要が, 数台の, 旅費を, 日がま, 日暮里駅までの, 時は, 時ほど, 時分ある, 時間が, 時間に, 時間は, 普通の, 機会は, 毎に, 汽船が, 汽船こ, 汽船の, 汽船二隻に, 汽車の, 生徒らが, 生活に, 用事を, 痕が, 程度の, 空機關車の, 習慣に, 老芸術家, 自動車, 自動車の, 自動車は, 自動車や, 芸者の, 見ゆ, 謎の, 軍人軍属の, 通運丸の, 運動に, 運送船と, 道で, 邦人の, 重い靴音, 電車について, 音波の, 馬方なぞの, 鼾が

▼ 往復~ (109, 8.4%)

3 電車の 2 切符の, 時間が, 時間と, 省線の, 船賃は, 長い時間

1 [94件] あったこと, いとま, うちに, こんざつをへらし物資の, ごとき文献, ついでに, できる, できるため, できるよう, ほかには, 一回を, 不便は, 不自由は, 中に, 乗物では, 事は, 便を, 便利は, 信書なほ幾多現存する, 出來る, 分と, 大要は, 始った, 帆船を, 御用やら, 必要あり, 必要が, 手紙を, 文書が, 方が, 旅の, 旅を, 旅費と, 旅錢と, 日数も, 時間だけ, 時間は, 時間を, 時間位な, 暇どる間, 書信など, 書信を, 書牘必らず, 書簡を, 書翰を, 書面を, 書類を, 汽車から, 汽車が, 汽車の, 汽車賃や, 涼しい船路, 燃料と, 爪先で, 片棒を, 疲れとで, 舟絡を, 船は, 船中の, 街の, 衣裳殊に, 要衝と, 計算に, 諸駅通路橋等の, 費用が, 費用を, 足数だけでも, 距離を, 踪跡を, 車代は, 近道と, 途上で, 途上昼の, 途中で, 途中には, 途中地質と, 通路とを, 道, 道すがらどんな, 道で, 道と, 道の, 道を, 道伴れ, 里程を, 野路山道と, 間を, 間駅で, 電車で, 電車に, 電車内は, 電車賃を, 靴跡が, 飛行機を

▼ 往復した~ (85, 6.5%)

3 のは 2 ことが, ことに, ことも, のち五郎さんの, のも, ものか, 上夕景から, 手紙を

1 [66件] がそこ, がやがて, が一一二七メートル附近, が一度, が一番山, が千枝ちやん, が普通, が最初, が頼朝, きりで, くらいの猛者, ことでしょう, ことなどが, ことの, ことを, せいであったろう, その橋, って一匹, でせう, という, ということ, といつた, といへ, とかという評判, とか小, と思います, と聞きます, に過ぎぬ, のか, のが, のだ, のち, のです, ので三カ月, ので心, の故, はずよ, ものだ, もので, んだ, んです, 三十石は, 人間には, 四条の, 國際文書の, 大野順平らが, 学問の, 家とは, 小名木川中川隠亡堀あたりの, 手紙が, 手紙などは, 手紙も, 手紙並に, 手紙次に, 時, 時には, 書簡及び, 書翰の, 機会に, 為に, 疲れに, 紙片を, 自動車二台, 足跡を, 路である, 道の

▼ 往復~ (71, 5.5%)

2 どれだけ, 電車の

1 [67件] いつもこの, この女, さきを, ざらざらした, しては, しらべて, その川べり, つながって, とりかかる, なるだろうか, なると, なるの, ひまを, ぼくは, ミルクホールへ, 一時間半かかる, 三十四里それに, 三十銭足らずの, 三田通の, 不便は, 二十日は, 五ヶ月を, 五日近くつぶれます, 五週間の, 依りうち, 俊三の, 公園を, 其の頃, 前後八時間ちかく, 十五日も, 十里歩く, 半日を, 危険の, 友だちは, 取りかかる, 同じ長, 困難な, 如何なる道筋, 寧日なく, 将士までが, 少なくとも三日, 度たびこの, 彼と, 彼女の, 必ずおいで, 我々は, 掲示場に, 於て, 日を, 日数は, 時どき寄っ, 時日がか, 時間を, 普通二ヶ年を, 有利と, 歩き看守, 田圃を, 自分たちの, 蝙蝠傘を, 要する時間, 見えた玄閑, 費した時間, 費やす車夫, 車窓から, 限られて, 難義, 電車で

▼ 往復~ (59, 4.5%)

7 して 2 いれて, したこと, するやう, つづけて, 二枚買った, 重ねて

1 [40件] いれてわ, こんな日数, した, したり, した事, した以外, した末, してから, しなかったもの, しましたが, する, するですが, するの, するので, するよう, つづけた, もしたと, 一つ, 一時増加しよう, 下さいな, 二十日ぐらいで, 五六回も, 人に, 何度と, 便宜ならしめる, 共にし, 合すれ, 始めて, 數回し, 普通と, 欠かさなかつた小萩, 独裁し, 禁ぜられて, 自然そつちの道を, 致しまするには, 見た, 躄の, 重ねた所, 開始し, 頼みたい

▼ 往復~ (46, 3.5%)

4 あつた 3 あった 2 あって, あつて, あるよう, なにぶんにも, はじまった, 出来て

1 [27件] あちこち道筋を, あったが, あったもの, あった後, あり早速, あるの, たびたびあった, できるそう, はげしくなる, はじまつた, はじまつたの, 一層楽しい, 出來, 出来まする事, 始った, 始まる, 始まると, 始められるやう, 必要な, 楽しいだらう, 烈しくわたくし, 相当ヒンパン, 絶えなかった, 絶えませんでした, 自席に, 芝金杉へ, 酒手に

▼ 往復~ (43, 3.3%)

2 して

1 [41件] あつた, あまりいい, あるの, いまだに絶えない, お婆さん骨らしい, かなりこたえる, この中, しなかつたで, ずっと数多く, ちょっと骨, つきり, ない, なくなつ, 三ツ岳五郎岳と, 不可能です, 僅の, 全く命がけ, 全く恐れ入った, 出来ない人, 取次がない, 子供ばかり, 定て, 寮生にとって, 平均満, 幸いに, 数回にも, 時々する, 更に延長, 本より, 極めて頻繁, 様々に, 橋ごとに, 水色の, 磯打つ, 絶えて, 続いて, 續い, 貨物船に, 重ねて, 飛馬一鞭の, 駄目だ

▼ 往復~ (23, 1.8%)

1 [23件] あながち誤った, いっそう困難, かなりに, くりかえして, したので, しば, するし, はげしくなった, タクシーで, ヒンパンで, ヒンパンである, 一日に, 以前よりは, 便利である, 出来ないと, 大変に, 数分の話で, 極めて興味, 滅多には, 為なかっ, 自由である, 間遠に, 頻繁ならず

▼ 往復とも~ (20, 1.5%)

2 に恆信風

1 [18件] それで, にこの, にクモの巣, に一ヵ月半, に小菅, に快足, に手, 一人で, 中宿り, 使者の, 同時間, 少しも, 徒歩であった, 徒歩な, 旅客機で, 歩いて, 自動車に, 高知伊野間三里だけは

▼ 往復切符~ (16, 1.2%)

1 [16件] と一所, のどちら, の半分, の手配, は一種特別, をもっ, をポケツト, を切らされた, を買, を買う, を買おう, を買っ, を買つて, を買つて乘, を買つて汽車, 勿論乗換札

▼ 往復運動~ (13, 1.0%)

1 [13件] するエレヴェター式, する事, のそれ, のよう, もささい, をさせ, をさせます, をし, をした, をする, を三四回, を示し, を続け

▼ 往復葉書~ (12, 0.9%)

2 にせず, の質問 1 でこんな, で手紙, で貴下, で集めた, に印刷, に書かれ, の返事, を出し

▼ 往復にも~ (10, 0.8%)

1 この石, これを, そこからは, なるべく彼, 人々が, 充分警戒, 同じ汽車, 多くの, 私の, 肩に

▼ 往復~ (9, 0.7%)

2 途中へ 1 いつも逢う, 交渉した, 何里に, 六里ある, 十四銭, 御在います, 静

▼ 往復される~ (7, 0.5%)

1 という, と思った, のだ, ので一日掛り, のは, 場所では, 間には

▼ 往復できる~ (7, 0.5%)

2 ように 1 おそるべき性能, ことに, のである, よ, 距離でも

▼ 往復には~ (7, 0.5%)

1 あきて, いつも壁, その満員, 二十五分か, 必ず立ちよる, 最初オート三輪車を, 此の

▼ 往復飛行~ (6, 0.5%)

1 では, に使用, はその, はアムンゼン, をやり, を成し遂げました

▼ 往復しなけれ~ (5, 0.4%)

2 ばならなかった 1 ばさばけ, ばならない, ばなりませんでした

▼ 往復だけでも~ (5, 0.4%)

2 七八日は, 相当の 1 女の

▼ 往復振動~ (5, 0.4%)

1 が現れ, するよう, になつ, になり, をする

▼ 往復~ (4, 0.3%)

1 いうよりは, すると, 再会との, 食事時間と

▼ 往復なすっ~ (4, 0.3%)

2 てまた 1 ていらっしゃった, ていらっしゃる

▼ 往復ビンタ~ (4, 0.3%)

3 をくらわせた 1 を五ツ六ツ

▼ 往復一時間~ (4, 0.3%)

1 ずつかかります, の山道, を損, 歩かなければ

▼ 往復六里~ (4, 0.3%)

1 の山道, の野良道, 少々草臥れた, 歩いたが

▼ 往復~ (4, 0.3%)

1 にい, に四等客車, に軍艦, 同じ歩幅

▼ 往復させた~ (3, 0.2%)

2 後とうとう 1 だけで

▼ 往復された~ (3, 0.2%)

1 その道筋, 後, 漢文の

▼ 往復したる~ (3, 0.2%)

1 時日は, 話, 話も

▼ 往復してる~ (3, 0.2%)

1 という不自然, ライン河の, 小舟から

▼ 往復します~ (3, 0.2%)

1 から, が後, 時は

▼ 往復すれ~ (3, 0.2%)

1 ば元気, ば最も, ば肉

▼ 往復~ (3, 0.2%)

1 に立寄っ, に見た, のできる

▼ 往復文書~ (3, 0.2%)

1 が数通発見, には強い, 並びに神戸

▼ 往復致し~ (3, 0.2%)

1 ております, ておるでしょう, 候へど

▼ 往復~ (3, 0.2%)

1 と競争, のよう, は合衆国

▼ 往復頻繁~ (3, 0.2%)

2 なり 1 になっ

▼ 往復させ~ (2, 0.2%)

1 て世間, 秘かに

▼ 往復させる~ (2, 0.2%)

1 といふ意味, 方法について

▼ 往復せし~ (2, 0.2%)

1 ことが, 頃尾張町の

▼ 往復せる~ (2, 0.2%)

1 ものなり, 短詩

▼ 往復~ (2, 0.2%)

1 と七銭, 絶対の

▼ 往復だけが~ (2, 0.2%)

1 唯一の, 唯一無二の

▼ 往復では~ (2, 0.2%)

1 一日仕事こっちに, 足りよう

▼ 往復によって~ (2, 0.2%)

1 互に慰め合う, 映出される三人

▼ 往復はがき~ (2, 0.2%)

1 が配達, はしばしば

▼ 往復~ (2, 0.2%)

1 使者の, 遍歴する

▼ 往復ハガキ~ (2, 0.2%)

1 で下らない, を出し

▼ 往復一里~ (2, 0.2%)

2 もある

▼ 往復一里半~ (2, 0.2%)

1 だった, だつた

▼ 往復七日がかり~ (2, 0.2%)

1 で木遣り音頭, の參宮

▼ 往復三十六里~ (2, 0.2%)

2 の山道

▼ 往復三里~ (2, 0.2%)

1 の山路, の道

▼ 往復二日~ (2, 0.2%)

1 がかり, の予定

▼ 往復二里~ (2, 0.2%)

1 ほど歩い, 半餘

▼ 往復五日~ (2, 0.2%)

1 の豫定, を要するであろう

▼ 往復八里~ (2, 0.2%)

1 の山坂, の道

▼ 往復六時間~ (2, 0.2%)

1 を要する, を費された

▼ 往復出来る~ (2, 0.2%)

1 ものか, やうに

▼ 往復十二円~ (2, 0.2%)

2 の月末払い

▼ 往復四日~ (2, 0.2%)

1 かかるとして, を費したる

▼ 往復四時間~ (2, 0.2%)

1 だが, もあれ

▼ 往復四里~ (2, 0.2%)

1 おなじく, の道

▼ 往復多忙~ (2, 0.2%)

1 である, をきわめた

▼ 往復書簡~ (2, 0.2%)

1 は自然, を送っ

▼ 往復書翰~ (2, 0.2%)

1 は皆, も是非譯

▼ 往復書類~ (2, 0.2%)

1 などが出た, 及び横濱

▼ 往復端書~ (2, 0.2%)

1 も駄目, を出した

▼1* [168件]

往復あたかも織るが, 往復ある由なり, 往復いくらになる, 往復かする間に, 往復かのバスが, 往復かをして, 往復ぐらいの週期で, 往復ぐらゐで交代して, 往復ぐらゐ當り前, 往復この飾窓の, 往復させふいに彼, 往復させ食べ終るまで下, 往復されそうにも, 往復しうるや否, 往復したであろうか, 往復したらしく消された足跡は, 往復したらつかれてしまった, 往復してりゃすむかも知れない, 往復しないもので, 往復しなかったせいで, 往復しなくてはならなかった, 往復しなけりゃアならない, 往復しはじめたかと思ふ, 往復しましたがやっと, 往復しようと日々, 往復すべき國際文書に, 往復すべく運命づけられた, 往復せざりしは遺憾, 往復せねばならぬ, 往復その他の諸, 往復だけで既に二時間, 往復だけにも百六十六里の, 往復だけは続けて, 往復つづいて白馬, 往復であるという事, 往復できたらと思いました, 往復でしたが小, 往復での交り, 往復という天来の, 往復といふのである, 往復なさるのよ, 往復なされるように, 往復などどこの, 往復などはする気, 往復にすら多くの, 往復に際して景色を, 往復ばかりして, 往復ぶらぶら歩いて, 往復ほどの道を, 往復ほぼ半月も, 往復また槍ヶ岳に, 往復よく相馬の, 往復よりも京都の, 往復りして淡紅色, 往復りするだけの足数, 往復ストライキの裏面, 往復ヒンパンの人種, 往復一か月の余, 往復一刻足らず何もかも解った, 往復一時間半乃至二時間近く, 往復一時間許りを, 往復一本ずつの線路, 往復一週間をみ, 往復一里餘も徒歩, 往復七日ばかりの留守, 往復三十分を費し, 往復三十四マイルに及ぶ, 往復三十回の間, 往復三四日の旅行, 往復三日はかかるであろう, 往復三日ぐらゐの予定で来, 往復三日ぐらゐの豫定で來, 往復中余分の食糧, 往復九十里横須賀への往復, 往復九里は暑苦し, 往復九銭というの, 往復二か月を要した, 往復二ヶ月間の割引二等乗車券, 往復二三回もした, 往復二円だ, 往復二十三マイルなり, 往復二十五マイルあり, 往復二十日ばかり山, 往復二年かかるぞよ, 往復二度通り過ぎたが, 往復二度半荷物は大小九個, 往復二時間は懸るであろう, 往復二本の靴跡, 往復二百五マイルあり, 往復二等にする, 往復二里あまり歩いてよ, 往復五六里歩まずば, 往復五円ちと贅沢, 往復五十二マイルなり, 往復五十里の余, 往復五時間あれば, 往復五銭であつ, 往復何事もなかっ, 往復便乗させて, 往復僅か五六里と油断, 往復八千キロの旅路, 往復八千円だ, 往復八里距てたる竜神大字, 往復八銭の切符, 往復公文書の写し, 往復六里ドライヴしましたが, 往復六里山のよ, 往復六里弱の道, 往復共全速力で走り続けた, 往復共後をつけ, 往復共電車ですもの, 往復出来るでしょうか, 往復切符利用者等はその, 往復十二里の道, 往復十六里の道, 往復十四哩では, 往復十四銭をいただく, 往復十数日をついやし, 往復十日間の暇, 往復十町あまりに過ぎない, 往復十里の練馬, 往復十里余も歩いた, 往復十間位のところ, 往復里以上も, 往復双六岳抜戸岳および笠ヶ岳, 往復合せて一日, 往復問答する事, 往復四五日の遠足, 往復四十里して, 往復四十銭かかること, 往復四回駆けて, 往復回数を減らし, 往復外出の道筋, 往復封書の紛失, 往復山道一里乃至五里, 往復平均十ヶ月を費す, 往復幾日かの旅程, 往復に関する統計, 往復数十回を累, 往復数回した事, 往復数度なさったが, 往復数日のわずか, 往復旅費が四千余円, 往復旅費四千マルクと月給二百マルク, 往復日数に比べ, 往復更に三里弱であった, 往復書信が印刷, 往復書簡体の感想, 往復書簡集三巻におさめられ, 往復此処に立寄つ, 往復歩いたんだ, 往復毎日北元町を通る, 往復水路およそ百九十マイル, 往復汽車二百十一マイル馬車十二マイルあり, 往復百八十八マイルなり, 往復さとの, 往復はその, 往復繁くなる, 往復致せしかと尋, 往復課長となった, 往復の予算, 往復賃銭の割引広告, 往復途中の出来事, 往復里程二十三マイルなり, 往復鋤くのみに日, 往復電車賃もすべて店主持ち, 往復震動は急, 往復を払っ